このスレッドは製作速報VIP(クリエイター)の過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

麦野「ねぇ、そこのおに〜さん」 - 製作速報VIP(クリエイター) 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 01:05:56.84 ID:1tK4ZOQ0
上条「え〜っと、上条さんはこういうの初めてです」

麦野「そう? 結構カッコイイのに〜」

上条「あ、ありがとうございます (なんだろう)」

麦野「んじゃあ、どっかお茶でもしに行こうか。奢ったげるよ」

上条「それはありがたいです (すごく嬉しい場面のはずなのに)」

御坂「……」ジー

上条「……(悪い予感しかしない!!!)」


〜 〜 〜 〜 〜
・アイテム解散前。キャラ崩壊等あるかもしれませんがよろしくお願いします
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、この製作速報VIP(クリエイター)板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

蘭子「混沌電波第192幕!(ちゃおラジ第192回)」 @ 2019/11/19(火) 06:12:20.16 ID:nI191EuFO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574111540/

苗木(145cm)「希望は前に進むんだ!」再 @ 2019/11/19(火) 03:58:11.99 ID:aJWxplrG0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574103491/

的場梨沙「ごはんにする? お風呂にする? それとも――」 @ 2019/11/19(火) 00:28:27.92 ID:dTloBLzK0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574090907/

【安価・コンマ】「相性メーター?」【ダンガンロンパV3】 @ 2019/11/19(火) 00:11:12.51 ID:+6GT1/Ca0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574089872/

【たぬき】前川みく「女子寮の開かずの間?」 @ 2019/11/19(火) 00:09:45.28 ID:E7gBVku20
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574089785/

【モバマス】報復は愛と友情のために @ 2019/11/18(月) 21:36:05.15 ID:hjXivazDO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574080564/

【艦これ】愛宕「パンパカさん」 @ 2019/11/18(月) 20:47:14.93 ID:M9eaaSqT0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574077634/

【シャニマスSS】芹沢あさひの恋愛観 @ 2019/11/18(月) 19:44:37.11 ID:LWwQ8mWzO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574073877/

2 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 01:08:52.87 ID:Xr3bpADO
俺は今日も麦のんを愛すよ
支援
3 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 01:11:51.70 ID:1tK4ZOQ0
-数時間前-

麦野「んなわけないでしょ」

絹旗「超嘘ですね」

フレンダ「遅刻の言い訳だね。しかも結局嘘」

浜面「本当だって! 街で逆ナンされてさ、喫茶店につれてかれたんだ!」

滝壺「大丈夫だよはまづら。そんなウソツキはまづらでも私は受け入れてみせる」

浜面「滝壺……でも嘘はついてないぞ?」

絹旗「滝壺さんに超ヒットしてないで実際にあったことを超話してください」

浜面「あ、あぁいいだろう! ―――あれは、夏の暑い日で」

麦野「その作り話長い? 長いならドリンクバー行ってきてからにしてくれない?」

絹旗「あ、じゃあ私も超頼みます」

浜面「話すらさせないのかよ!」

滝壺「はまづら……」

浜面「何!? 何も言ってくれないの!? もう救えないってこと!?」

フレンダ「結局、もう浜面には期待してないってことだね。私はそもそも期待してないけど」

麦野・絹旗「「私も(です)」」
4 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 01:15:30.61 ID:1tK4ZOQ0
麦野「でも浜面が逆ナンねぇ……」

絹旗「超物好きな人もいるんですね」

滝壺「はまづらはカッコイイよ……多分」

浜面「そこは言い切ってほしかった!」

フレンダ「ホイホイついてった浜面が結局悪いんだね」

浜面「うっ。それを言われると何にも言えない」

麦野「やってみよっか」ボソ

4人「「「?」」」

麦野「やってみようか、ナンパ」

4人「「「えっ!?」」」

絹旗「超ナンパですか?」

麦野「なんか面白そうじゃない。ちょうど仕事もないし」

フレンダ「結局、暇つぶしってわけだね」

浜面「でも誰がやんの?」

絹旗「浜面ですね。それを私達が遠くから見て超笑いものにします」

フレンダ「私も結局それに賛成ね」

滝壺「大丈夫、はまづら……大丈夫……」

浜面「あぁ!なんかありがとうな滝壺。とにかく励まそうとしたんだな!それだけで十分だ!」
5 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 01:21:29.25 ID:1tK4ZOQ0
麦野「いや、私がやる」

4人「「「えぇっ!?」」」

麦野「なんか面白そうじゃない!」

絹旗「で、でも相手がもし超襲ってきたりしたら」

麦野「だいじょぶだいじょぶ。私レベル5だし」

浜面「相手に悪い気が……」

麦野「は〜まづらあ? 何か言った?」

浜面「いや何にも」キリッ

麦野「じゃ、ナンパに出発! 適当に声かけてくるわ」

―――

麦野「…………」

―――

絹旗「麦野は超綺麗ですから、黙ってても超逆ナンされるんじゃないですか?」

浜面「黙ってれば、な」

フレンダ「結局、浜面は後で死刑ってわけだね」

浜面「チクんの!? ていうかこれだけで俺殺されんの!?」

滝壺「大丈夫だよはまづら。骨は回収してあげる」

浜面「結局死ぬのか……回収っていう言い方がなんとも」

絹旗「あ、超動きましたよ!」
6 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 01:25:05.26 ID:V2.fqA.o
期待
7 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 01:27:17.59 ID:1tK4ZOQ0
麦野「あ、あのぉ」

一方通行「あァ?」

麦野「もしよかったらぁお茶しませんかぁ?」

―――

浜面「うぜぇ! あのしゃべり方うぜぇ!」

絹旗「……ぷっくっくくくく」

滝壺「はまづら、きぬはた、今までありがとう」

絹旗「えぇ!? 浜面と一緒に死ぬなんて超嫌なんですけど」

浜面「嫌がんのそこかよ!」

―――

一方通行「チッ」スタスタ

麦野「待ってくださいよぉ」

一方通行「なンだよ」

麦野「そのぉ…えっとぉ、カッコイイなぁって」

一方通行「そりゃどうもォ。じゃあなァ」

麦野「スマートな体と白い髪の毛とかぁもやし、じゃない。クールでカッコイイよぉ」

一方通行「うっせェババァ。消えろ」

麦野「」

麦野「ふふふふふふふふふふふふふ」

―――

浜面「うわぁ! あの白いの死んだ! はい死んだ!!」

フレンダ「結局ご愁傷様ってわけだね」

滝壺「……南無南無」

絹旗「助けましょうよ!!」
8 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 01:34:09.90 ID:1tK4ZOQ0
>>5いきなりミス  訂正>絹旗「麦野は超綺麗ですから、黙ってても超ナンパされるんじゃないですか?」


麦野「っと(落ち着くのよ沈利。キレちゃ駄目よ)」

麦野「えぇ〜? じゃあ私っていくつに見えるぅ?」

一方通行「35ォ」

麦野「」

麦野「こ、このもやしぃいいい!!!」

一方通行「あァ? やるってェのかァ?」

麦野「ブ・チ・コ・ロ・シ・か・く・て・い・ね」

一方通行「いいぜェやってやンよ」カチッ

浜面「うわあぁぁ! すいません!」

絹旗「ウチの麦野が超迷惑かけました! 超ごめんなさい」ペコッ

一方通行「るせェ! ガキは引っ込ンで……ガキ…?」

絹旗「?」

一方通行「っ(上目遣いだとォ……!?)」

一方通行「ま、まァこンくらいでキレンのも大人げねェからなァ」

麦野「ふっざけんなぁぁああああああああ」

浜面「今のうちに向こうに行くぞ! フレンダと滝壺も手伝え!」

―――

フレンダ「結局、失敗ってわけだね」

滝壺「むぎの、どんまい」
9 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/06(木) 01:39:16.49 ID:pcHxy6AO
面白い
支援
10 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 01:41:39.90 ID:1tK4ZOQ0
麦野「…………」イライラ

―――

絹旗「麦野、超イライラしてますね」

滝壺「さっきの白い人が原因」

浜面「つかまだやんのかよ」

フレンダ「さっきのが結局悔しいって訳だね」

浜面「お」

―――

麦野「ね、そこのボク」

青ピ「僕?」

麦野「そそ。一緒にお姉さんと遊ばない?」

青ピ「くぅっ! ついに僕の時代が来たってことか!!」

―――

浜面「次はどんなキャラだよ!!」
11 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 01:42:45.35 ID:5L.0vMDO
ツッチーとエツァリも宜しく
12 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 01:45:00.97 ID:V2.fqA.o
ていとくん・・・は面識あるのかな
13 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 01:45:47.06 ID:s2dxWkDO
上条さん×麦のんかと思ったけど違うのかな?

支援
14 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 01:49:10.56 ID:1tK4ZOQ0
麦野「ふふっ」

青ピ「へへへ」

―――

絹旗「今回は超上手くいきそうなんじゃないですか?」

フレンダ「結局、失敗は成功の元って訳だね」

―――

麦野「どこか行きたいところってある?」

青ピ「お姉さんと一緒ならどこでもええよ〜」

麦野「……」

青ピ「……」

麦野「どっか行きたいとこは?」

青ピ「え? だからどこでも……」

―――

浜面「あいつ、ナンパって何すりゃいいのかわからないんじゃ……」

滝壺「2回目だからね」
15 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 01:55:01.53 ID:1tK4ZOQ0
>>13 上条・麦野です
>>11 >>12 書き溜めにはないんですけど、書いたほうがいいかな

麦野「チッ」

青ピ「舌打ち!? でもそこがまたええなぁ」

麦野「とりあえず歩こうか。好みのタイプってどんな女の子?」テクテク

青ピ「落下型ヒロインのみならず、義姉義妹(ry」テクテク


青ピ「というわけで……あれ?」

青ピ「さっきのお姉さんは!?」

―――

麦野「チェンジ」

浜面「もうやめろよ……」

麦野「ん〜? じゃあ成功するまでってことで」

浜面「(いつになるんだか……)」

絹旗「麦野、超頑張ってください!」

麦野「ありがと〜」ナデナデ

絹旗「えへへ//」

滝壺「……はまづら、はまづら」

浜面「あぁ、わかってるよ」ナデナデ

滝壺「……//」

フレンダ「…………結局こうなるんだね……別にいいもん」
16 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:00:36.95 ID:V2.fqA.o
別に無くても全然問題ないんだけど
あったら嬉しいな!
17 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:01:58.45 ID:V2.fqA.o
麦野に撫でられて嬉しがる絹旗かわいい
18 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:02:06.57 ID:KN7nbic0
みてるよー
19 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/06(木) 02:06:14.38 ID:TeF7iwAO
フレンダばっちこぉぉぉい!
20 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:07:23.80 ID:1tK4ZOQ0
麦野「何か作戦でもたてようかしら」ナデナデ

フレンダ「にへへ//」

滝壺「可愛い系、とか」

麦野「え〜? 最初のやつ可愛い系なんだけど」

浜面「いやいやいや、ないない」

麦野「ん〜」

絹旗「語尾に何か付けてみたらどうです?」

麦野「あ、いいわね。それでいってくるわ」

―――

土御門「……」テクテク

麦野「……にゃー♪」バッ

土御門「うわっ! び、びっくりしたにゃー」

麦野「えへへ〜お兄ちゃん、あそぼ〜?」

土御門「」

―――

浜面「」

滝壺「」

フレンダ「」

絹旗「」
21 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:12:19.06 ID:KN7nbic0
ババァwwwwwwwwてめェwwwwww
22 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:16:27.84 ID:5L.0vMDO
>>21

屋上こいや、モヤシ野郎
23 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:16:51.20 ID:1tK4ZOQ0
浜面「決定的に何か間違ってる。間違ってる!!」

フレンダ「麦野は結局選ぶキャラがいまいちってことかな」

絹旗「う〜ん……」

―――

土御門「……い、いったい何の冗談だ」シリアス

麦野「えへへ〜」ニコニコ

土御門「……金か? 俺が言うのもなんだがそういう危ないバイトはやめた方が」

麦野「バイトじゃないも〜ん。ちょっと遊びたかっただけだもん」

土御門「はぁ……」

麦野「むぅ、ため息つくと幸せがにげるゾ☆」

土御門「…………」

麦野「な〜に? その変人を見るような顔。も〜むぎのん怒っちゃうよ〜」プンプン

―――

浜面「もう駄目! あんなあいつ見たくない!!」

絹旗「たしかに、刺激が超強すぎます……」

滝壺「……りこりん怒っちゃうぞ」ボソ

浜面「ん?」

滝壺「なんでもない」
24 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:20:14.66 ID:Nwz/0wAO
にやけ過ぎて顔が戻らなくなった
25 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:21:32.30 ID:4pQx/AAO
見た目大学生の女が演じるキャラじゃないな
暗部同士非番は仲良くしても良いんでない?
内心は腹のさぐり合いとか
26 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:21:37.40 ID:9n6ONIM0
笑いがとまらねえwwwww神裂さんじゅうはっさいとかのレベルじゃねえwwもっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ
27 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:23:54.70 ID:1tK4ZOQ0
土御門「ま、まぁ困ったことがあったら相談に乗るからにゃー」スッ

麦野「名刺?」

土御門「じゃっ!」ダダダダダ

麦野「ちょ、ちょっと……」

―――

浜面「はい、反省か〜い」

絹旗「なんだかんだで浜面も超ノってきましたね」

麦野「何がいけなかったのかしら」

4人「「「「全部」」」」

麦野「えぇっ!?」

滝壺「仕方ない。私が行ってくる」

浜面「気をつけてな」

―――

滝壺「……」ビシッ

―――

麦野「あの子、妙にビシッっと立ってない?」

浜面「そうだな」

絹旗「超緊張してるんでしょうか」
28 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/06(木) 02:30:39.72 ID:3Jd7ja.0
りこりん可愛いよりこりん
29 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:32:22.66 ID:1tK4ZOQ0
滝壺「っ!」ドサッ

―――

4人「「「「!!?」」」」

浜面「何だ!? 急に倒れたぞ」

麦野「熱中症?」

フレンダ「結局体が弱すぎるんじゃ……」

―――

垣根「お? どうした?」

滝壺「……」

垣根「お、おい!! しっかりしろ! きゅ、救急車……いや、間に合わねぇ!」

滝壺「あ、なおった」

垣根「うぉ!?」

滝壺「心配してくれてありがとう」

垣根「おぉ……大丈夫か?」

滝壺「でも、まだちょっとダルいかも……」ギュ

垣根「!!?」

―――

浜面「……」

麦野「浜面泣いてるわよ?」

絹旗「……浜面」

フレンダ「……」
30 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:37:37.07 ID:4pQx/AAO
浜壺信者の俺も涙が止まらないや
31 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:38:32.22 ID:1tK4ZOQ0
滝壺「ねぇ、あなた結構カッコイイね」

垣根「お? ありがとうな」

滝壺「まるで……」

垣根「?」

滝壺「売れないホストみたい」

垣根「売れないは余計じゃね!? あと俺実はホストとかチャラチャラしてんのじゃなくてもっと硬派な……」

滝壺「硬派といえば、はまづら」

垣根「? 誰だそいつ」

滝壺「私の……大切な人」ポッ

垣根「じゃあとっととそいつのとこに行けよ」

滝壺「うん」テクテク

垣根「なんだったんだろうな。常識が通用しねぇ奴だった……」

垣根「……」




垣根「結構、胸あtゲバッ!?」

垣根「だ、誰だ!? サッカーボールぶつけやがったのは!」キョロキョロ

―――

浜面「滝壺!」

滝壺「はまづら」

麦野「で、何だったの? さっきの」
32 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/06(木) 02:38:50.69 ID:3Jd7ja.0
りこりん酷いよりこりん
33 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:46:47.45 ID:1tK4ZOQ0
ていとくんの口調とか覚えてなかった……
なかなか上条さんにいかないけど、海原消化したら上条さんいきます

麦野「よし、行ってくるわ」

浜面「滝壺〜」ギュ

滝壺「はまづら…」ギュ

フレンダ「2人は結局ラブラブってわけか」

―――

麦野「あ、アンタ!」

海原「僕ですか?」

麦野「そうよ! アンタよアンタ」

海原「何でしょう?」

麦野「ち、ちょっと私に付き合いなさいよ!」

―――

浜面「あれ何?」

滝壺「いわゆるツンデレ口調」

絹旗「どんどん超訳がわからない方向に行ってますね」
34 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:47:08.36 ID:V2.fqA.o
垣根きたー
35 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/06(木) 02:50:09.62 ID:xb9brXY0
中3の俺がこのスレ見ててニヤニヤしてるのは病気かな?
36 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:51:11.54 ID:4pQx/AAO
偽原もロリコンだからな
大学生は無理だな
37 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:54:18.98 ID:1tK4ZOQ0
海原「でも、今は少々忙しくてですね」

麦野「ど、どこに行くのよ」

海原「友人と遊びに」

麦野「へ〜アンタに友達なんていたんだ?」

海原「……はい(この人誰?)」

麦野「え〜ま、結構イケメンだけど、私は別に趣味じゃないかな〜」ギュ

海原「ではこの手を離してもらえませんか?」

麦野「え、えとえと」パラッ

海原「?(メモ?)」

麦野「べ、別にアンタのことが好きな訳じゃないんだからね!」

海原「はぁ、あの、僕そろそろ失礼します」スタスタ

―――

麦野「うん、今回は私が悪かったわ」

浜面「今回は≠カゃないけどな」

絹旗「いっそ、超普通でいったらどうですか?」

麦野「む?」

浜面「ぎ?」

フレンダ「の?」

麦野「じゃなくて! あーじゃあ次で最後ね」
38 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/06(木) 02:55:23.05 ID:3Jd7ja.0
む ぎ のwwww
39 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/06(木) 02:56:36.79 ID:xb9brXY0
そろそろkmjさん来るかな?
40 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:59:26.65 ID:SNRYScDO
>>35
子供はもう寝る時間
41 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 03:01:37.61 ID:1tK4ZOQ0
滝壺「むぎの、ナンパは最初が肝心。逆ナンの基本はお姉さんっぽくだからむぎのは自然に行けば間違はない……はず」

絹旗「滝壺さん何でそんなこと超知ってるんですか?」

滝壺「はまづらの雑誌で読んだ」

浜面「いつのまに!?」

フレンダ「結局、浜面もナンパしたかった訳だね」

麦野「よっし、次の勝負行ってくるわ!」

麦野「……」

麦野「ん?」

???「うぉおおおおお! 特売ぃいいいい!!」ダダダ

麦野「(ツンツン頭に黒髪……よっし)」

麦野「ねぇ、そこのおに〜さん」ダダダ

上条「はい? 上条さんですか?」ダダダ

麦野「えっと、時間ある?」ダダダ

上条「今は忙しいです!」ダダダ
42 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/06(木) 03:02:07.07 ID:xb9brXY0
>>40
なんか眠れないwwww
43 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 03:03:20.56 ID:V2.fqA.o
>>42
そういうのいいから
44 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 03:03:33.81 ID:ZRYn8Rgo
む、麦野wwwwwwww超走ってますwwwwww
45 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 03:07:05.87 ID:1tK4ZOQ0
麦野「い〜じゃんい〜じゃんあそぼ〜よ〜」ダダダ

上条「でも大事な特売が……(走るの結構速いな……)」ダダダ

麦野「ね〜オ・ネ・ガ・イっきゃっ」ドテッ

上条「!?」

麦野「いたたたた……」

上条「大丈夫ですか?」

麦野「え?」

上条「ま、特売はいいや。まだ他の店にもあるし」

麦野「あ、ありが痛っ」

―――

3人「「「おぉ〜」」」

フレンダ「結局、3度目の正直って訳だね」

絹旗「しかも超優しい人じゃないですか。あれ? 浜面は?」

滝壺「飲み物買いにいった」

―――

上条「ん? 足、血が出てますよ」

麦野「えー? あ、本当だ」

上条「このハンカチどうぞ。立てます?」

麦野「痛ぁ〜ちょっと派手にやりすぎたかな」ボソ

上条「え?」

麦野「ん? 何でもない。ありがと」
46 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 03:10:10.32 ID:1tK4ZOQ0
>>42よし、じゃあお兄さんが一緒に寝てあげよう

すいません、寝ます。。。
明日も来れると思いますが時間は未定です
レスくれた方、見てくださった方ありがとうございます
47 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/06(木) 03:10:54.49 ID:3Jd7ja.0
乙おやす
48 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 03:11:43.63 ID:V2.fqA.o
乙!ていとくん登場させてくれてありがとん
49 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/06(木) 03:11:57.66 ID:xb9brXY0
お疲れです、楽しみにしてます。
50 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 03:12:26.80 ID:SNRYScDO
>>46


期待してる
51 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 03:12:48.26 ID:4pQx/AAO
>>1
鉄塊で殴られても戦える女の台詞じゃないなwwww
52 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 03:13:11.13 ID:Nwz/0wAO
並んでダッシュしながらナンパする麦野を想像したらシュール過ぎて吹いた

53 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 08:49:09.86 ID:439h3AAO
乙!

これは期待
54 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/06(木) 09:45:38.61 ID:KeTRpISO
超期待してます
55 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 17:03:58.35 ID:bJlFTkAO
むぎのんと聞いて飛んできました
がんがれ
56 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/06(木) 18:58:04.76 ID:1tK4ZOQ0
帰宅
10分後くらいから再開します
57 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/06(木) 19:01:08.87 ID:KeTRpISO
キター−−−−(・∀・)−−−−−−!!
58 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 19:10:18.44 ID:1tK4ZOQ0
>>45続きから

上条「で、何か用でせうか?」

麦野「用っていうか……ちょっとナンパを」

上条「ナンパ?」

麦野「そ。ナンパ」

上条「俺を?」

麦野「君を」

―――

浜面「ただいま〜っと。お前らの分も買ってきたぞ」

絹旗「浜面にしては超気が利きますね」

浜面「ん? 成功したの? ってアイツどっかで見たような……」

滝壺「はまづら、お知り合い?」

浜面「知り合いっていうか前に殴られたような」

滝壺「はまづらを殴るなんて10年早い。ちょっと殴ってくる」ムカムカ

浜面「大丈夫だから! ってか10年後には殴っていいの!?」

―――

上条「え〜っと、上条さんこういうの初めてです」

麦野「そう? 結構カッコイイのに〜」

上条「あ、ありがとうございます (なんだろう)」

麦野「んじゃあ、どっかお茶しにいこうか。奢ったげるよ」

上条「それはありがたいです(すごく嬉しい場面のはずなのに)」

御坂「……」

上条「……(悪い予感しかしない!!!)」
59 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 19:18:57.42 ID:1tK4ZOQ0
麦野「んと、名前は上条君だっけ?」

上条「はい、上条当麻っていいます」

麦野「私は麦野沈利。よろしくね当麻君」スッ

上条「あ、はい(まぁ悪い人じゃなさそうだし)」ギュ

麦野「……ねぇ」

上条「はい?」

麦野「もしかして、彼女とかいる?」

上条「え? いえ、いませんけど」

麦野「そっか。ふふっ」ギュ

上条「えぇ!? 突然どうしたんですか!?」

麦野「いいじゃない腕を組むくらい。それに上手く立てないから杖代わりってことで」ニヤッ


御坂「!?」

―――

絹旗「うわ、腕組むなんて麦野超大胆です」

フレンダ「結局、女は度胸って訳だね」

浜面「ていうか、もう怖くて見てられない」

滝壺「どういうこと?」

浜面「後ろの方、常盤台の制服がすっげぇ目で睨んでる」



4人「「「「…………」」」」




4人「「「よし、(超)逃げよう(ましょう)」」」
60 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 19:23:23.65 ID:Jv4Xk4co
追いついた
61 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 19:24:39.22 ID:c7s2rPU0
面白いな、支援
パリイくるー?
62 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 19:29:00.54 ID:1tK4ZOQ0
麦野「ここでいい?」

上条「えぇはい、奢っていただけるならもうどこでも」

麦野「苦学生ってやつ?」

上条「まぁ、なんというか……家に1匹飼ってるんで」

麦野「ペット?」

上条「あ、じゃあ2匹か」

麦野「???」

―――

御坂「あ、アイツ……!」

御坂「デレデレしちゃって……しかもあの女1回こっち見たってことは気づいてる?」

御坂「見せつけてくれちゃって!」ビリビリ

白井「お、お姉さま?」

御坂「ここ入るわよ」

白井「でも今日はわたくしと一緒にお買い物を」

御坂「入 る わ よ」

白井「はいですの」

―――

麦野「何頼んでもいいわよ(あ、結局着いて来るんだあの常盤台)」

上条「じ、じゃあこの〈デラックスパフェ〉とか頼んでも……?」

麦野「あら? パフェだったらこっちの〈レベルFIVEスペシャルジャンボパフェ〉の方が色々凄くない?」

上条「え? でもこれってカップル限定ですよ?」

麦野「いいじゃない」

上条「俺なんかとカップルに見られて嫌じゃないですか?」

麦野「全然。あと、敬語じゃなくていいわよ」

上条「じゃあ遠慮なく。そういえば、金持ちってことは高レベルの人?」

麦野「ん〜一応、このパフェと一緒」
63 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 19:35:08.30 ID:1tK4ZOQ0
上条「へ〜じゃあビリビリと一緒だ」

麦野「ビリビリ?」

上条「知り合いにもレベル5がいるんですよ」

麦野「ふ〜ん(斜め後ろの席からチラチラ見てきてるのがビリビリちゃんかしら?)」

麦野「当麻君はレベルはいくつ?」

上条「いや、俺は無能力者ですよ」

麦野「じゃあ浜面と一緒か」

上条「浜面?(どっかで聞いたような名前だな)」

麦野「じゃ、頼んじゃおうか」

上条「麦野は?」

麦野「私はこれ、シャケ弁」

上条「いやいやいや。駄目でしょう」

麦野「えっ? でも何にも言われないよ?」

上条「とにかく、駄目ですって」

麦野「えー? じゃあこの紅茶で」

―――

上条「おぉ……さすがレベル5、なんともボりューミーだな……」

麦野「えぇ……ここまでとは思わなかったわ」

店員「では写真を撮りますのでパフェを中心に近くにどうぞ」

上条「え?」

麦野「あら、ここに書いてあるわ」

上条「[2人の想いを写真に]……パフェでやることじゃないんじゃ」
64 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 19:40:15.58 ID:Xr3bpADO
>麦野「ん〜一応、このパフェと一緒」

う、うわああああああん麦のんかわいいいぃぃいぃいい
65 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 19:44:25.77 ID:1tK4ZOQ0
麦野「じゃ、当麻君。あ〜ん」スッ

上条「えっ!?」

麦野「あれ? こういうものじゃないの?」

店員「いえいえ。さ、彼氏さんもどうぞ」

上条「っじゃあ……(何だこれ公開処刑か? 恥かしすぎる……!)」

上条「む、麦」

麦野「沈利」ボソ

上条「え?」

麦野「カップルらしくしないとね。だから下の名前で呼んで」

上条「し、沈利」スッ

店員「はい、撮りますよー」カシャッ



麦野「写真ってどのくらいでできます?」

店員「お会計の際お渡しします。それではごゆっくりどうぞ」

麦野「ふふっ」ニコニコ

上条「(沈利楽しそうだし、いっか……って俺今『沈利』って)」
66 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 19:54:24.29 ID:1tK4ZOQ0
上条「じゃ、いただきます」

麦野「この紅茶、なかなかおいしいわ」ズッ

上条「うわクリームが崩れ……今度はこっちが!」

麦野「ふふふ」ニコニコ

―――

御坂「(な、なななな、なによアイツ!)」

白井「あ、お姉さま! このカップル限定の〈レベルFIVEスペシャルジャンボパフェ〉というのを……」

御坂「……(ちょっとナンパされたくらいでデレッデレしちゃって……わ、私だって『あ〜ん』ってやりたいのに)」

白井「……(……無視が一番辛いですの)」

御坂「あーもう! ヤケ食いよ!!」

白井「! で、ではこのパフェを」

御坂「すいません、ここからここまで全部! あとこっからここまでテイクアウトね。お持ち帰り!」

店員「わ、わかりました(て、店長ぉぉおおおおお!!)」

白井「(わたくしは負けませんのぉぉぉおおおおお!!!)」
67 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 19:54:56.87 ID:4pQx/AAO
信じられるか、このお姉さん実は
ゴリラでタァミネーターなんだぜ
68 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 20:03:46.51 ID:1tK4ZOQ0
麦野「じゃ、手伝ったげる……ムグ、甘くておいしいわね」

上条「量が多いけどな」モグモグ

麦野「ふふっ頑張れっ」

上条「え? お手伝いもうおしまい!?」

麦野「じゃ、はい。あ〜ん」スッ

上条「うぇ!? (こ、これって間接キスってやつじゃ)」

麦野「ん〜?」グイッ

上条「あ、あ〜ん」パクッ

麦野「ふふっ間接キス」

上条「!! ゲホッゲホッ」

麦野「ホント、からかい甲斐があるな〜」

上条「(な、なんか遊ばれてる……?)」


上条「あ、そういえば大学生? 歳はいくつ?」

麦野「」ピタッ

上条「?」

麦野「ふふふふふ(そういえばあのもやし、35とかぬかしてたわね……ふふふ)」

上条「あ、いえ、な、なんでもないです」モグモグモグモグ
69 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 20:14:22.18 ID:1tK4ZOQ0
>>67 屋上
↑みたいな馴れ合い?的なの、嫌いな人もいるらしいけど俺は好きなんだけどなぁ……

――
上条「ふぅ、なんとか食べきった」

麦野「へ〜すごい。あ」ズイッ

上条「ん?」

麦野「……」ペロッ

上条「!!??!!!???」

麦野「頬、ついてたわよ」ツン

上条「あ、あ、ありがとう」

麦野「じゃ、出ましょうか」

―――

白井「も、もう食べられませんの……」

御坂「く〜ろこっ。はい、あ〜ん」

白井「あ、あ〜んですの(嬉しいのに! 嬉しいのにぃぃいいい!!)」

御坂「あ、あれ?」

白井「どうかしました?」モッシャモッシャ

御坂「ううん、なんでもない(あいつらどこいったんだろ)」
70 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 20:18:40.33 ID:1tK4ZOQ0
-外-
麦野「……ごめんね」テクテク

上条「え?」テクテク

麦野「急いでたのに……それにせっかく時間まで割いてもらったのにその理由が適当なナンパなんて」テクテク

上条「いや、俺は楽しかったしいいよ。むしろ俺なんかと居て沈利は楽しかったか?」ピタッ

麦野「私は…… (『沈利』……)」テクテク

麦野「私も」クルッ



麦野「楽しかった」ニコッ

上条「っ」ドキッ

麦野「この写真、大切にするね。今日はありがとう。さようなら」テクテク

上条「あぁ!」

―――

白井「おねーさま……」

御坂「これ追加!」ムッシャムッシャ

白井「おねぇさまぁああああ!!」
71 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 20:25:46.93 ID:bJlFTkAO
超電磁砲引きこもりピザニートエンドか・・・















プッwwwwww
72 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 20:27:06.18 ID:1tK4ZOQ0
麦野「(上条当麻……か)」

麦野「(良い人っぽかったけど無自覚であぁいうこと言ってそう)」クスッ

麦野「(……本当にいい人。ヒーローみたいな、そんな人)」

麦野「(だから、私には眩しすぎるかな)」

prrrr prrrr


麦野「はい。はい。わかりました。えぇ、仕事≠ナすね。(ホントは『さようなら』じゃなくて『またね』って言ってやるつもりだったのに…………)」



麦野「……」



麦野「ん?」


麦野「あ (ハンカチ……)」


麦野「(ふふっ。また会わなきゃいけなくなったね)」クスッ

麦野「またね、当麻君」



書き溜めでは終わりだけど、不完全燃焼気味だ……
すいません、もう少しだけお付き合いください。書かせてください。
あと、ネタとかあったら提供お願いします。

とりあえず今回の投下は終了します
73 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 20:30:46.12 ID:4pQx/AAO
お仕事中に上条さんと接触
美琴も一緒で美琴に負けて殺される所を上条さんが来て
麦野を守る為に上条さんと美琴が戦うみたいな感じの頼んます
74 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/06(木) 20:31:18.49 ID:KeTRpISO
o(^-^)o
75 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 20:32:48.97 ID:c7s2rPU0
乙!麦のんかわいい

麦のんの恋を全力で応援するアイテム(+α)が見たいです…
滝壺に恋愛相談する麦のんとか
76 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 20:45:56.38 ID:9jPjXyEo
>>71
さっきそこで尖った石持ったお兄さんが呼んでたよ
77 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 21:03:12.58 ID:V2.fqA.o

他のレベル5登場とかどうだろう?削板とかまたもやだけど垣根とか一方さんとか
ややこしくなっちゃうかな?
78 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 21:17:28.84 ID:4pQx/AAO
>>77
二位と七位の名前あべこべに成ってないか?
一通さんとていとくんは一応出たし
79 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 21:20:12.65 ID:9qapMV60
最近の美琴が不憫でならない
80 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 21:26:47.47 ID:V2.fqA.o
>>78
いや
レベル5組出して上条さんと麦野メインにわいわいやってくれないかなーと
言おうとしたつもりだったんだ
ややこしくてすまない
81 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/06(木) 21:58:23.58 ID:6lWSwIAO
そう言えば他のサイトに一方通行まで震え上がらせる程ヤンデレになった麦野さんが
上条と出来結婚するファンフィクションSSあったな
82 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/06(木) 22:03:27.34 ID:TeF7iwAO
あと900も残ってるぞ!
83 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 22:05:21.47 ID:Jv4Xk4co

ゆっくりでいいから是非完結させてくれ!
84 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 22:17:00.46 ID:UaesToso
とりあえず、逃げた浜面(他)ブチコロシ確定編とか
85 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 22:20:10.45 ID:azfJDNko
>>81
なにそれkwwsk
86 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/06(木) 22:40:03.42 ID:AwdeFVM0
>>85
「麦野さんと上条君と不幸な最強」
http://mai-net.ath.cx/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=all&all=14729&n=0#kiji
87 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/06(木) 22:40:11.17 ID:kascNoAO
さあヤンデレールガンVSヤンデレスーパー麦のんを書くんだ!
88 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 00:11:33.53 ID:wxgD/.Y0
日付も変わったことだし、そろそろ書きたいから書き溜めしてくる
色々出してくれてありがとうございます!

>>75くらいの感じが一番好きだけど、グダグダにならないかな
>>77削板=熱血 くらいしか知らないんだけど……
>>82 >>83頑張ります
>>84 >>87ヤンデレか…………好きだけど

最後に一言、お姉さんむぎのんが大好きです
89 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 00:16:49.11 ID:Sy7bBVso
待ってるー
90 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 00:17:09.57 ID:A/Dps6AO
期待
俺も75が読みたい
91 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 01:05:14.89 ID:WG7G5gQ0
メンヘラVSヤンデレ
92 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 01:10:00.93 ID:Reg/qN20
>>75
麦野-浜面はあったけど
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271786241/
麦野-上条ってここ以外はあまり見あたらないね
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1261579618/
これぐらい?
93 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 01:10:58.47 ID:CrjpAj.0
ビリビリの立場になるむぎのん
相手はかんざきさんか五和あたりでどうだろうか
94 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 01:13:56.27 ID:uQi6JkAO
投下はいつ頃になんだろうか?
95 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 01:20:50.39 ID:wxgD/.Y0
すいません、書き溜め途中に課題思い出してそっちやってました
今から投下してみます
96 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 01:24:07.84 ID:wxgD/.Y0
ちょっと深夜のテンションでヤバいかもしれない

麦野「…………」

滝壺「むぎの、ごめん」

絹旗「この前は逃げちゃって超すいません」ペコッ

フレンダ「私も結局謝るよ」

浜面「あ、悪「ま、怒っちゃいないわ」ええっ!!?」

浜面「何で? どうして? ほわーーい!!? あの麦野が? ためらいも無く人[ピーーー]ようなやつが!?」

滝壺「はまづら」ボソ

絹旗「超不味いですよ」ボソ

浜面「ハッ す、すまん麦野! 悪気があったわけじゃ……だからバラバラとかやめて!はま/づらにしないで!」

フレンダ「?? 浜面は結局何を言ってるの?」

麦野「ふふっいいわよ。私が勝手にナンパしにいっただけだし」

4人「「「「!!!」」」」

絹旗「超天使的笑顔です!」

麦野「あーそれより、このハンカチ届けに行かなきゃな〜♪」

―――

滝壺「むぎの、変」

絹旗「そんな超率直に言わなくても」

フレンダ「でも結局違和感というか、そういうのが……」

浜面「ふっ」

3人「「「?」」」

浜面「この名探偵シアゲ、原因がわかっちったぜ!」クワッ

絹旗「早く超教えてください。いや、教えろ」

浜面「……(最近、絹旗が俺に高圧的態度をとってくる)」

滝壺「多分、むぎのは恋をしている」

絹旗・フレンダ「「恋!?」」
97 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 01:27:02.93 ID:uQi6JkAO
さてと、どんな物語にしたのか
98 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/07(金) 01:28:22.16 ID:wxgD/.Y0
>>96 [saga]で回避でしたっけ……忘れてました

浜面「……(先に言われた)」ドンヨリ

絹旗「ど、どういうことですか?超滝壺さん」

フレンダ「き、絹旗、『超』をつけるところ間違ってるよ! 驚きすぎ!」

絹旗「フレンダだって『結局』が超死んでますよ」

フレンダ「『死んでる』とか言わなくても……」

滝壺「むぎの、最近うわの空な事が多い」

フレンダ「たしかに、この前のナンパの後の仕事≠ナは結局一人も殺さなかったし」

絹旗「なんだか妙に超ニヤけて時折血のついたハンカチ握り締めていたそうですよ。まぁ、それがまた恐怖になったらしいですけど」


浜面「そういうことなんで、麦野が優しいんだ。この前、うっかり着替え中に部屋に入ったときだって」

滝壺「はまづら、浮気は許さないよ?」スッ

浜面「滝壺? 何でどこからともなくナイフ取り出してんだ? OK、落ち着いてくれ」

絹旗「いつもなら超罵声を浴びせて浜面が酷いことになりますもんね」

フレンダ「結局、恋をすると人は変わるもんなのよ」
ウワ、ヤメテクレ
ハマヅラ、マッテ

―――

麦野「『あ、この前のハンカチどうも〜』……駄目」ウロウロ

麦野「『はいこれハンカチ』……冷たいわ」ウロウロ

麦野「『はい、ハンカチと一緒に私もア・ゲ・ル』……ってまだ早いわよーー」キャーー

麦野「どう渡すのがベストなのかしら……」
99 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 01:31:37.79 ID:Ih/SjQAO
は/ま/づ/ら
100 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 01:33:18.03 ID:wxgD/.Y0
>>97(やっべぇ……書き溜めも途中で特に考えてませんなんて言えねぇ……)

滝壺「おまかせを」

麦野「うわっ!!」

滝壺「恋の悩みならこの脱力系☆少女りこりんにおまかせ」

麦野「え〜?」

滝壺「ん、信用してない?」

麦野「むしろどこに信用できる要素があるのか知りたいわ。ていうかアンタのそのテンションなに?」

滝壺「しょうがないなぁ……はまづら」


浜面「第1回ッッッ」バッ

滝壺「恋に悩む」

フレンダ「ぎ」

絹旗「の」

浜面「を、救う会ッッッ!!!」

フレンダ「サブタイトル、結局麦野は散りました」

滝壺「開催〜〜」

麦野「あああ!? ツッコミどころが多すぎるわ!!」
101 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 01:34:39.58 ID:j8dLu4go
ドストライクなんじゃね
102 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 01:36:19.06 ID:nKcq5820
おもしろいからどんどん続けてください
103 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 01:39:06.43 ID:uQi6JkAO
>>101
ところがギッチョン
作者いわく、上条さんの年上の管理人が好み発言は
只のウケ狙いなんだってさ
104 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 01:39:14.49 ID:wxgD/.Y0
絹旗「ていうか、何ですか!私の台詞『の』だけですか!超不満です!」

滝壺「どうどう」

絹旗「そんなに超興奮してません! 馬みたいに扱わないでください!」

麦野「で? 何なの?」

滝壺「ごほん……ゲホッゲホッ」

浜面「咳払いしようとしたら本当に咳が出てしまった滝壺に変わって俺が説明。ようは、面白そうだから麦野の恋路を見守りつつ何か相談に乗ってみようっていう企画」

絹旗「ささ、麦野。私達に超お話してみてください」

麦野「こ、恋!? そんなのしてないわよ!」

フレンダ「ここにきてのツンデレか! 結局バレバレだけどね」

麦野「第一、私は闇の方の人間で、あっちはもう普通どころか光り輝いてて、ヒーローみたいで……ポッ」

絹旗「超重症ですね」

浜面「そういやハンカチがどうのとか言ってなかった?」

麦野「そ、そうなの。ハンカチを借りっぱなしだったから返したいんだけど」

滝壺「返せば?」

浜面「失敗したからってすねるなすねるな」ナデナデ

滝壺「……//」

麦野「どんな風に返せばいいのかなって……」モジモジ

絹旗「そんなの、超普通に『この前はありがとう』でいいんじゃないですか?」

フレンダ「それじゃ結局つまらん、ということかな?」

浜面「てかとっとと返した方がよくないか?」
105 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 01:47:05.88 ID:wxgD/.Y0
麦野「……そうよね。なんか変な風に浮かれてたわ」

滝壺「でも、ハンカチ返すついでにデートに行けばいいと思う」

麦野「! それよ! 行ってくるわ!!」ダッ


浜面「さて、俺らも行くとするか」

絹旗「どこにです?」

フレンダ「結局ストーキングするのよん」

絹旗「えぇ? 駄目ですよ〜」棒読み

滝壺「では、出発。でも4人で行動するとバレるから2チームにわけよう」

絹旗「そうですね。じゃあクジでm」

滝壺「じゃ、デートに出発」ギュ

浜面「お、おぉ」スタスタ


絹旗「……」

フレンダ「……」

絹旗「…………」

フレンダ「……デートに出発!」ギュ

絹旗「や、やめてくださいよ」

フレンダ「え〜?」ナデナデ

絹旗「ふにゃぁ//」

フレンダ「結局子供なんだから」スタスタ
106 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 01:51:36.59 ID:IyryiLM0
よし、浜面もげろ
107 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 01:57:48.65 ID:wxgD/.Y0
-街-
麦野「(とはいったものの……)」

麦野「(ここどこよ!? ボーっとしてたら知らない街に来てたわ!)」

麦野「(とにかく、当麻君探さなきゃ)」キョロキョロ

―――

浜面「ここどこ?」

滝壺「さぁ」

浜面「まずくない?」

滝壺「大丈夫。はまづらとなら、私はどこ行ってもこわくな」

カラスの群れ「……」ジーーー

滝壺「はまづら、はまづら」ウルウル

浜面「おーよしよし」ナデナデ

―――

絹旗「んっ、や、やめてください」

フレンダ「前から思ってたけど、結局さ、絹旗って可愛いよね。肌すべすべ〜」ツツッ

絹旗「ちょ、ちょっと!」チッソパンチ

フレンダ「んぎゃっ」

絹旗「い、いきなり何をするんですか!」

フレンダ「にへへへ、つい」

絹旗「つい、じゃありません! 麦野を超見失ったじゃないですか」
108 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 01:59:11.81 ID:42zZTRM0
>名探偵シアゲ

浜面かわいいよ浜面
109 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 02:06:23.72 ID:wxgD/.Y0
麦野「(う〜ん)」テクテク

麦野「ん?」


不良「おい、アンタだろ? この頃不良相手に暴れまわって、何人も病院送りにしてる奴って」

???「えぇ!? なんか色々違うんですが……」

不良2「チッしかもうわさじゃ何人もの女連れてマンションで猫と暮らしてるらしいじゃねぇか」

???「ところどころ合ってるけど!」

不良1「とりあえず、殴らせてもらうぜ。いやなら金だしな」

???「無理! 上条さんにはそんなお金はありません!!」


麦野「(『上条』!)」

麦野「さて、助けに行きますかね」スタスタ

―――

絹旗「見つけました!」

フレンダ「お〜いたね」

絹旗「で、あの不良達の方に超向かってる訳なんですけど」

フレンダ「ま、結局大丈夫でしょ」
110 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 02:19:54.33 ID:wxgD/.Y0
麦野「あれー? 当麻君、久しぶり〜」

上条「あ、えっと、沈利!」

麦野「やっほ(やっぱり名前で呼んでくれるんだ)」

不良「あ?」

不良2「おほっ! ドストライクだぜ!」

不良3「じゃ、こいつシメたらこの女であsブファッ!!」

麦野「悪いけど、そんな軽い女じゃないのよ。これ以上は能力使うわよ?」

麦野「あと当麻君はここで退場。じゃ〜ね」

上条「は!? 女の子残して逃げれるかよ!」

麦野「だいじょぶだいじょぶ。私強いから」

上条「で、でも!」

麦野「いいから!!」

上条「っ! あぁ、じゃあまたあとで」ダッ

麦野「(……[ピーーー]ところなんて、見せたくないのよ)」

不良2「チッ能力者か!」

不良s「へっへっへ」ニヤニヤ

麦野「? もしかして、殴られて悦ぶ趣味とかあるの?」

不良3「じゃ、これでもくらいな」

キィィィィィィィィィン

麦野「っっ!?(何これ!?)」

不良s「「「「キャパシティダウンもどき!!」」」」

麦野「ハモってんじゃないわy痛っ」ズキズキ
111 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 02:29:49.26 ID:wxgD/.Y0
不良3「とあるお方に作ってもらったもんだ。能力の使用を困難にさせるだけじゃないぜ」ニヤニヤ

不良2「しかも、能力が強ければ強いほど、痛みは増す」

麦野「あ、あ、あ痛い痛い痛い」ズキズキズキ

不良「おい! お前らも出て来い」

不良s「……」ゾロゾロ

麦野「はぁはぁ……チッ(ちょっと、不味いんじゃないかしらね)」

不良「さ〜てと、まずどうしよっかな〜」

麦野「……」キッ

不良2「おーこえーこえー」

不良3「じゃ、目玉でもえぐる?」ニヤニヤ

不良「なぁ、能力は使えないし相手はこんだけいるんだぜ? おとなしく俺らの言うことに従えば痛いことはしねぇ」

麦野「ハッ! 誰が……あんたらなんかに!」ズキズキ

不良「それとも、さっきのバカみてぇに逃げる?」

不良2「お、それもいーねー。逃げるやつ捕まえんのとか結構燃えるなー」

麦野「……オイ」

不良「あ?」

麦野「バカって誰のことだ?」
112 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 02:34:37.59 ID:A/Dps6AO
超頑張って下さい!
113 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 02:35:08.89 ID:nKcq5820
ちくしょう・・・このスレのせいで寝れない・・・
責任とれよ
114 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 02:36:00.87 ID:uQi6JkAO
そんなの関係ねぇモード来たか
115 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 02:39:55.56 ID:wxgD/.Y0
不良「もちろん、さっき逃げたあのツンツン頭nぎゃああああああああああ!!腕がぁああああああ」ボトッ

不良s「「「!?」」」

麦野「私の愛する人をバカ呼ばわりなんて……」

麦野「ブ・チ・コ・ロ・シ・か・く・て・い・ね」




不良2「お、おい! もっと音量上げろ!!」

不良3「あ、あぁ……あれ?」

麦野「あー痛ってぇー……いてぇ……いてぇなぁもぉ……いたかったぞ、これ」グシャッ

不良4「あ、あれ?」

麦野「じゃ、あんたらにはもっとすげぇ痛みってもんを味あわせてやろうじゃないの」ニヤッ

―――



麦野「…………」ペッ

麦野「血、とれねぇ……」グシグシ

―――

絹旗「フ、フレンダぁ……」ダキッ

フレンダ「き、絹旗ぁ……」ダキッ
116 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 02:42:10.17 ID:1N8rdsAO
恋する乙女はムテキング
117 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 02:50:49.23 ID:wxgD/.Y0
上条「お、おいだいじょ!!」

麦野「……」

上条「お、おい……こ、これ「そうだよ」

麦野「私がやったの」

上条「……」

麦野「幻滅した? でも、ごめんね。これが本当の私。レベル5第4位、麦野沈利」

上条「沈利……」


麦野「…………ねぇ」

上条「え?」

麦野「最初に私に会ったとき、正直どう思った? 正直に答えて」

上条「……あぁ。ちょっとオカシな人で、なんかフラフラしてて、すっげぇ怪しい人で」

麦野「……」

上条「とっても、良い奴だと思った」

麦野「ふふっ、そう。で、今は? どう?」

上条「……」

麦野「答えろよ!!!!!」
118 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 02:58:59.21 ID:uQi6JkAO
メタボ野郎片手でぶん投げる怪力有るんだから
能力無しで無力化すればいいのに
まぁ自己コントロールが甘いせいで浜面に倒されてんだが
119 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 02:59:41.91 ID:wxgD/.Y0
上条「……」

麦野「チッ、ダンマリかよ」

上条「なぁ」

麦野「あぁ?」

上条「あんたは、俺のことどう思ってんだ?」

上条「なぁ『どうでもいい』なんて思ってないんだろ!? だから助けたんだろ!? だから逃がすフリして…」

麦野「うっせぇ!!! うっせぇ!!!! うっせぇうっせぇうっせぇ!!!!!」ガンガンガン

麦野「るっせぇんだよ!!! 何もシラネェ癖にピーピーピーピーと。ぶっころすぞ!!!」ガン!

上条「……みろよ」

麦野「あぁ?」

上条「やってみろよ!!」

麦野「なぁ、わかってんの? 私レベル5。アンタ、無能力者。てめぇなんざ100回でも1000回でも殺せんだよ!!!」

上条「いいや、アンタはできない」

麦野「はぁ?」

上条「アンタに俺は殺せねぇっつってんだよ!!」

麦野「てめぇ……」
120 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 03:12:04.33 ID:42d1XZM0
畜生
寝れないぜ
121 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 03:13:01.79 ID:wxgD/.Y0
上条「アンタ言ったよな『これが本当の』って」

麦野「あぁ、そうd「じゃあなんで、そんな悲しそうな顔してんだよ!!!」

上条「アンタがどんなトコにいんのか知らねぇ。何を見てんのか、何を見てきたのかもわかんねぇ」

上条「生き方変えろなんざ、そんな偉そうなことは言わねぇ」

上条「だが、アンタが悲しそうな顔してやってることは、アンタが本当に望んでやったことじゃねぇと思ってる」

麦野「……」

上条「俺はアンタに比べれば、平凡な毎日を過ごしてる平和な野郎だ。だからアンタが何を抱え込んでんのかなんてわからねぇ」

上条「でもな、こういう麦野沈利が本当のアンタだとしてもこの前の、あの笑顔の麦野沈利が嘘の麦野沈利だとは思えねぇ」

上条「なぁ、本当は楽しかったんじゃねぇのか? そして、こっちの世界にいる今のアンタは、苦しんでるんじゃねぇのか?」

麦野「わたし、は……」

上条「いいぜ」

上条「お前が何か抱えてんなら、俺が半分持ってやるよ」

麦野「っ」

上条「誰かと居たいって思うなら俺がお前のそばにいてやるよ」

麦野「っっ」

上条「だから、もう自分に嘘つくのはおしまいにしようぜ」

麦野「…………」

上条「お前が笑顔になれないような、そんな苦しい世界、俺がぶち壊してやるよ」

麦野「とう……ま……君」ギュ
122 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 03:15:11.00 ID:IyryiLM0
上条△
123 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 03:16:06.38 ID:uQi6JkAO
あらあら殺し合いは無しか、残念
まぁバトル描写は難しいしね
124 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 03:16:52.40 ID:nKcq5820
バトル模写ほしかったなあ
125 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 03:18:53.53 ID:42zZTRM0
上条△…って書こうとしたら先に書かれてた
126 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 03:20:01.84 ID:L8rqA2AO
上条「お前に俺は殺せねぇよ」

〜10分後

上条/当麻「・・・・グスッ」
127 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 03:20:13.94 ID:wxgD/.Y0
助けて間違いなく黒歴史だよこれ

-数日後-
麦野「……」

上条「……」

麦野「ねぇ、当麻君」

上条「うん?」

麦野「ずっと、一緒にいてくれるんだよね?」

上条「あぁ」

麦野「でさ、質問なんだけど」

上条「え?」

麦野「『ぶち壊す』って具体的に?」

上条「えぇっ!?」

麦野「何? 何でも私の思い通りってこと?」

上条「い、いやそうじゃなくて」

麦野「ふふっやっぱからかい甲斐があるわ」クスッ

上条「……(やべー。具体的に、なんてわかんねー)」

麦野「目、瞑って」

上条「え?」
128 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 03:25:58.61 ID:wxgD/.Y0
上条「は、はひ」ギュ









麦野「なーに期待してんの?」ツン

上条「えええええええええ!!? 今上条さんのハートは崩壊すんぜんですよ!?」

麦野「じゃあ」クスッ





麦野「私が、壊しちゃおっかな」ギュ
上条「はは……」ギュ
129 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 03:27:54.08 ID:wxgD/.Y0
うわあああああ
うわあああああ
反省だらけの駄文ですが、見てくださってありがとうございました

戦闘描写は、ちょっとハードルが高すぎた
130 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 03:28:59.57 ID:nKcq5820
え?おわり?
131 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 03:31:01.60 ID:42zZTRM0
ちょっとおおおおおお乙


ところで浜滝はどうなったんですか?
別の所でいちゃいちゃしてるんですか?
132 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 03:33:39.23 ID:nKcq5820
ゲームをやめて寝るの我慢してこのSSで一日を過ごすか…と、思ってたのに終わり?
133 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 03:33:59.80 ID:wxgD/.Y0
>>131
超電磁砲以外幸せになってると思います。
いや、超電磁砲も黒子ENDで……

うわあああああまだ叫び足りねぇええええ恥かしいどころじゃねぇええええ
134 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 03:37:33.91 ID:wxgD/.Y0
>>132 俺、6時起きなんだぜ……!
いや、6時くらいじゃまだまだか

よく考えるとイチャイチャでもなんでもなくね
じゃあ1000まで頑張らせていただいてもいいでしょうか?
短い話とかちょこちょこと……
135 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 03:40:29.33 ID:nKcq5820
駄作じゃないし普通におもしろいから続きかいてよ
書いてください
136 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 03:43:45.85 ID:42zZTRM0
麦のんも良かったけど浜面滝壺が今まで見てきた作品で
一番可愛いと思ったわ

続き期待してるよー
137 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 03:48:20.83 ID:IyryiLM0
かみむぎは稀少で貴重だから続き期待
138 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 03:49:36.86 ID:wxgD/.Y0
ありがとう……GEPPERって暖かい……
>>128から続き書きます。書かせていただきます。


上条「……」ギュ

麦野「……」ギュ

上条「あの……」

麦野「『俺がそばにいてやるよ』」ボソ

上条「うっ、はい……」

麦野「……」スリスリ

上条「あ、あの……」

麦野「ん〜?」ギュゥゥ

上条「ぐえっ苦しっ」

麦野「んふふふ。離さないもん」ギュ

上条「あ、あ、あのおおおお!!」

麦野「まったく……なぁに?」パッ

上条「ト、トイレ」ダッ
139 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 03:50:44.29 ID:uQi6JkAO
ギャップ萌え、て知ってるか
麦野が暗部抜けようとして上条さんに守られるヤツを書くんだ
普段守って感ゼロの麦野が守られる側に立つ、萌えるねぇ
時間が掛かっても良いから
140 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 03:51:57.23 ID:nKcq5820
>>138
それでこそ>>1だ。俺がみこんだことはある。


>>139
余計なこといわなくていいから
141 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 03:54:24.19 ID:L8rqA2AO
>>139

わざわざそんな事言わなくても上条さんのアイデンティティーは守る事だろ
あれか、バカなのか
142 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 03:56:37.28 ID:wxgD/.Y0
麦野「ったく……ん?」

絹旗「」

フレンダ「絹旗〜」ギュ

浜面「滝壺〜」ギュ

滝壺「はまづら〜」ギュ

麦野「あ、あれ? 絹旗? フレンダ?」

絹旗「ハッ ってちょっとおおおおお」チッソパンチ

フレンダ「ぐえっ」

絹旗「もう!何なんですか!」

フレンダ「結局さ、麦野は「話を超そらさないでください!!」

―――

上条「っとと、早く戻んなきゃな〜」

上条「(にしても彼女ねぇ……)」

上条「(実感わかねぇなぁ……)」

土御門「お? カミやん!」

上条「土御門?」

土御門「奇遇だにゃー」
143 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 04:04:54.62 ID:wxgD/.Y0
>>139 学校で構成考えておきます……多分。もう課題とかシラネ

上条「何でここに?」

土御門「いや〜ちょっと行き着けのメイドな喫茶店ににゃ」

上条「そうか……」

土御門「カミやんは?」

上条「あぁ、俺は彼女と」

土御門「」

上条「ん?」

土御門「か、かか、彼女?」

上条「あぁ! ついにできたんだ!」

土御門「」

土御門「……」prrrprrr

上条「?」

土御門「……ねーちん、すまん」
『は? ちょっと、どういうこ』プツッ

土御門「……」prrrprrr

上条「?」

土御門「いつわ、すまねぇ……すまねぇ」
『いいえ……グスッ 別にいいです グスッ』



上条「五和?」

土御門「で、カミやんの彼女って誰だにゃー?」

上条「あ、あぁ……」スタスタ
144 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 04:12:35.01 ID:wxgD/.Y0
土御門「ま、やっぱりデルタフォースやらせてもらってるからにゃー」スタスタ

土御門「やっぱり、挨拶くらいはちゃんとしないと」

麦野「あ、当麻く〜ん」フリフリ

土御門「」

『麦野「お兄ちゃ〜ん」』

土御門「……」ダラダラ

上条「あ、土御門。俺の彼女、沈利」

麦野「どうも〜」

土御門「カ、カミやん! 絶対だまされてるぜい!! いいからねーちんに変え」

麦野「あぁ?」

土御門「ひっ」

上条「何言ってんだ? こんな可愛い彼女、他にいないぜ」

麦野「もう、当麻君たら!」ペシペシペシ

上条「あ! 痛っ痛い!」
145 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 04:19:40.89 ID:wxgD/.Y0
土御門「……ま、まぁ2人がいいんならそれでいいんだにゃー」

麦野「あ、ねぇあなた」

土御門「なんだにゃー?」

麦野「余計なこといったら、つちみ/かど、ね」ボソ

土御門「は、はい!(よくわからないけど、やばいにゃーー!!)」

―――

滝壺「はまづら」

浜面「どうした?」

滝壺「あのサングラス、すごいおびえてる」

浜面「あ〜、麦野に何か言われてるみたいだな」

滝壺「はまづら」

浜面「ん?」

滝壺「私は、どんな時も後ろにいてはまづらを守ってあげるよ?」

浜面「うん。ありがとう。でもお前の場合『どんな時でも』ってのが怖すぎる!!」
146 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 04:26:07.61 ID:wxgD/.Y0
麦野「じゃ、この後デートにでも行こうか」

上条「あぁいいな」

麦野「じゃ、ちょっと行ってくるね〜」


浜面「第2回!」

フレンダ「かみむぎストーキング!」

絹旗「か「開始〜」ちょ、ちょっと!!私が超言うとこ!」

フレンダ「いいからいくよん最愛ちゃ〜ん」

滝壺「もう、名前で呼ぶ仲に……うんうん。良いことだ」

浜面「そうだな〜」

―――
上条「あ、この店」

麦野「うん。最初に行ったときの店」

麦野「ここで私がでっかいパフェぺろってしたんだよね」

上条「そうだけど、ちょっと違うかな」

麦野「???」

上条「いや、普通ぺろっとしたって言ったらこの場合ぺろっと食べたっていう」

麦野「うん。ぺろっとなめたよ」

―――

滝壺「……」ジー

浜面「どうした?」

滝壺「私も、ぺろって……」

浜面「いや、でっかいぺフェなんて食べられないだろ」

絹旗「えっ」

フレンダ「えっ」

滝壺「……」

浜面「えっ?」
147 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 04:28:38.14 ID:wxgD/.Y0
麦野「なつかし〜」

上条「そんな、なつかしむほどでは……」

麦野「あ、写真飾られてる」

上条「マジで!?」

麦野「マジ」

上条「うわぁ……ふk「不幸だぁ?」恥かしいなぁ///」

―――

浜面「……」

フレンダ「結局さ、それ犯罪じゃない?」

浜面「だって中入ったらバレるだろ」

滝壺「うん。仕方ない。だからはまづらは間違ってない……と言うことにする」

浜面「その最後のいらないから!」

絹旗「遠くから双眼鏡……」


限界。ねる。むぎのんが見える。
ありがとうございました
148 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 04:32:24.82 ID:nKcq5820
____
    \    ───___
    <             ̄ ̄ ̄ ̄|
    > _________     |
     ̄ ̄ | /       \ |    |
        | /⌒ヽ  /⌒ヽ  |    |    
        | | ‘ |  i ‘   |  |    | 
        | ヽ.__ノ  ヽ._ ノ   レ⌒ヽ
       ノ   o          6 |.
      /__   \      _ノ.    
          >        ノ
         <、___   イ
             |───┤
           / |/ \ / \

149 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 04:59:29.68 ID:vlffZkDO
誰かむぎのんのAA!あるだけくださあい!

俺のむぎのんに対する幻想ぶち[ピーーー]ようなのを
150 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 05:51:18.43 ID:7PYeWpIo
                 _,... -- ..._
              ,. '´': : : : : : : : `ヽ
            ///: : : : : : : : : : : : \
            / /  / 、: : : : : : : : : : : : : ヽ
              / /  / / \: : : : : : : : : : : : : ハ
          / / / 〃,.公、: : : : : : : : ヽ : : : : ∧
          ハ| | レ'/  ヽ\\ ヽ. : : i: : : :i: :∧ 
        彳ハ: :!: :レへ、 \\_><´ |: : : |: : : ヽ
        /:i: : : :V : :ドぇァミ=' `こ>セァ!: : : :|: : : |: :ハ
       / : |: : : : V: :|`=´   `ー=刋!: : : :|: : : | : : i
      i: : : |: : |: : : : :!             !: : : :!: : : !: : : !
       |: : :∧ : !: : : : ヽヽ._ _`..´_,. ィ' /: : :,.イ: : : !: : ∧    ヽ
    _,. イ: : /: ヽ: ヽ: : : : ハ、` こ ´ /|:{: :/: |: : : i: :/: : \__ノ
   〃≦レ': : ,.小: : :、: : : i: | .>‐<,.≪!:V: : :ヽ: : ヽ{: : ヽ``ヽ
( / >う: /: : }: : : : }: : :|: |≫=ラ≪八: :\_:ヽ: :_>ー:≫ヽ`
 `T´{し'/: : : ノ: :/ ノ: : / /V_/__/_/ 》へ: :/: :∠_<: : 〃: : : V
  >: /: : 丶`ー=ニ三彡'≫V__/_/_/ヽ≫/: : / ̄ヽ: メ、: ヽ: : :ヽ
 ,イ: : /:i: : :ハ〃`ー=夭 `≪≫V__/_/》'´ /: : /  /  V∧V: :|: :ハ: |
〃{: : {: :V/:ノ{しヘヽ   \`≪ヘ//_,.. イ 〃_  /    !しリ: : !/ } !
{  ヽ: ヽ/イ´  Y ≫    \\'/    `7/´V      V: : /`ー'乂_ノ
乂ノ 冫 /    Y´      ,`ヽ    〃  V     V {    ´
(__,.イ: :/      |      弋'ハ    {し'   i       vヘ  ,
 `ーイ/      |         |           |      〉 `´
    〈         |           |          !     /
     \       !        !          /    ,.〈
     / `ーヽ_ヽ     ,.-、 i       /-―‐'   }
      ヽ       ト、    弋.ソ |      /L_    _,.イ
      / `ー‐┬へ  ヽ      !  ∠,.≦、 「 ̄   !
      !  ヽ  レ'  冫`ー===≧{{三}}彡'ヽ ヽ|     ハ
     ,'     /  / ` ̄7==≠´ ̄ ヽ   ヽ     
151 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 05:53:24.56 ID:IyryiLM0
  /: : : : : : :/: : :./: : : :./: : : : : : : : ://:!: :ハ
. /: : : : : : /: : :./: : : :./: : :/: : : : :/: /:./: : :ハ
/: : : : : : /: : :/: : : :./: : :/: : : : :/: : :/:./:!: : : : !
: : :/ : : /: : :/: : : :/ : : /: : : : :/: : :/:./: ;i: : : : :!
: :/: : :./: : /: : : : : : /: : : : :/: : : ,イ: .:/: :/|: | : : :|
:/: : :./: : /: : : : :./: : : : :/:./://:.:/ // .|: |: : : |
: : : /: :/: : : : ://:./: :/; ;彡''" /: /:.: /  |/: :.!: :i
: : /: :/:l: : : ://斗;;;彡/;;~\_ ,/7:/: :./ _,,斗: : :i: :|
: /: :/: :}: : :.:/ /;;イ"~ヽ;;ミ /'.;/:// ;/  /: : : :!:.:|
/: :/: :,イ: : / {;;;;;;;ヽ-,イ;;;;} ,//ンャッ''ナ/:./: : /: :!
: :/: /: |: : :{  ヾ;;/|/;;;ゞ"///'" `" ~ /:./: : / i!:.|
:/: /: ,イ: : ∧   {          {    /: /: : /: :i.i:|
: :/: / !: : |::∧ ヽ、_        /   ./: :.!: : : !: :.! !i
:/: / i: : :l ::::ヽ `ヾミ= ==ァ‐   イ:l : : |: : : |: :.| |' ,イ            l、
-'"  .|: : i   ::::::\    ̄  <: : : :i!:.:,ィ|: /{:|: :.|//            | !  }、
 !  i: : i   ::::/ヽ- ' |   \:i/ レ'  {i/ /__,           |∧. | ハ
l ∧ i: : i   /    |   i    {         /   ,/     }. ∧|  ヽ
|  ト、j: : !.  /   / !.  !     〉       厶.  /i!      〈   ゝ  ,ゝ
|、 ∨:.:/‐-、  ィ'"  /  /     ン        / /  i!      / /´ | /
| ヽ/: :/         /  /   /  〈      < 厶   |     / /   | !
| ,/: :/'、      /  /   {/    ゝ    て´    ヽ |    / .{   ,/ |
レ: :./ ∧     /  /    /   乂      <     } `- "´     "~   L
|:/   ∧   /  /     |   〈: : ヽ    フ     }    , -‐   ̄ ̄ ̄´
|l     \ \ }/  /     ハ   l/: : :∧    〈    /  /

「もう、当麻君たら!」ペシペシペシ
152 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 06:02:17.75 ID:IyryiLM0
       / /  /               .ヽ
      / /   .|        :          \
     /  /  / :\ `ヽ    ヽ.          .ヽ
     ′/  | 丿 人 ヾ      ヽ  ヽ     :ヽ
    /  {   !/ /  \      ヽ   ヽ   ` \
   /  {    | /    ヽ      、    }    ノ .\
   {  {  |  | /      ヽ  ヽ  ヾ   }    |    ヽ
  /   ヽ |  | ヽ _     ミ  乂 __レ   }    |      、
 /〃  ||  |  l__`ヽ、__ 八 _‐弋´=彡从. リ    l   ヽ . ヽ
/ /   ゞ   \ヽ゚ 入、    彳__゚ __/ソ ソ    |    |  ヽ
  l |  l ヽ  !  ‐ -      `´  ' |/    /    /   l  んふふふ。離さないもん
 | ヽ    ヾ :ヽ               l    丿 /   l   /
 ヽ  、    l  !      _ _       l  〃   /   /  イ
  ヽ  ヽ | 乂 ヽ  _        / / 仆  从   /  人
  / ゞ  ヽ|    `ヽ `、ヒ二二彡゙゙ ィ ! l   〃l   /   / \
/   ヽ  ヾ   .|ヽ ヽ _  一 ´ / | | l  /  |   l  / l  . \ 
   ソ 八   冫 :丶 |  ` ー ´   l/ | ヽ |  乂  ヽ  : \   彡ィン
彡" :从 ヽ /    | l        / l  \ ヽ  \ \    \ヽヽヾ
   /     | i / ゞ |_z=二二二 :::..乂  \ \      ̄彳ミフ ヽ \
:::: 丿 ノノ  :リ    〉 :|;;;;; ;;;;;; ;;;;;;;  ゙ ;;;ヽ   ゞ  ̄  ̄∠´i〃 /   :\
  /  /ノ  丿/  丿 ノ ;;  ;;;; ;;;  ;;;;;;;...:: ;;;;;;;;ハ ノ  / ⌒ヽ、、、 /  ヽ   )
::/ ンテモ彡ゞ / / /;;´ ;;;; ;;..... ;;;;;;  ;;;;;;;.. メ ノ  /    l  ヽ `/  )  乂リ
ハルィ ──/  \ ..;;;;  ;;;;;  ;;;;;; ;;;;;; / /  /     /   ヽ 川   l  乂ル
153 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 06:59:09.39 ID:vlffZkDO
むぎのんかわいいよむぎのん
154 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 07:56:10.45 ID:QKNh/sDO
一方×絹旗がほしいな
155 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 07:59:12.84 ID:oYvTRLA0
もう
むぎのんは甘えんぼさんなんだから///
156 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 09:44:26.88 ID:7PYeWpIo
: . : . :|. : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ
: . : ./,ィ: .\: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ハ
: . :/./ヽ\: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . ハ
: /:./  '、: .\: . : . : . : . : . : .ヽ . : . : .:!. : ハ
/ ./ ./  \\: . : . \ヾ : . : . i!: . : . :|!: . ハ
/ヽ||.   \\\: . \ヽ: . :.i!: . : . :||: . : .:\
|,.-‐|l|ヽ、_   \_,,ミ‐<~ヾ、. :.i!: . : . :|!: . : . : . \
|::::/⌒ヽ::~"ハ ゞヽ_,ミャッ'"フ: .:}: . : . :.i!: . : . :}: . : ヽ
:i::::ゝ- '〃::从    ヽ -‐ " }: /: . : . :.i!: . : . :.| : . : .|
:.i:::|l|:::〃::彡         i/: . : . : /: . : . : .|: . : . |
: !. ||X''""             i!: . : . : . :/: . : . /. : . :/
: ヽi!       ` "   _,,  /!: . : . :/: . : . :/: . : ,イ          
: . :.\ `ミ==‐‐-==メ" // : . : /: .i!: . : . {: . : /: ヽ,
: . : i! :\ ` `二"  / ,.ト, : . :|!. : i! : . : i! : /: . : . \    /
: . : .|: . | ヽ、   /  /i! :、: . i!: . :ヽ: . : i!: :{: . : ヽ: . `=="
: . : .|: . |    `."   / :i! : ヽ:.|: . : . :.\: .\:\: . :.\:ミヽ
:./ : |: . |ヽ==≡二三 ≡ |: . : .'メ; \: . : . : . : ヽ .,.ィ : . : ,イ:.ヽ/
/ : /: ./=三  三 ≡ 三:\: . : .\-\:._, イ-‐'" /: . //:./ /、
: .:/: ./≡ 三 ≡ 三 ≡ : \:/ : . :〈      ム/ '/  /: .ヽ
//三 ≡ 三 ≡ 三 三/'. : . :/ \          -<,: . : ヽ
..<≡ 三 三 ≡ 三≡/ /: . : ./    >           /: .ハ: .i!
  \三 ≡ ≡ 三 /  , |: . : /    <        /_;;.斗 }: .|
\  \ ≡ 三 /   / .|: . /    <"        ̄ ̄__/ |:./
.  ヽ   \≡ /  ィ´   i!: /,,   <,         _`フ //
     \ ヽ/ ./       レイ/  ヽ|/ >        ,> ゞ、 ,ノ
      `ヽ \        /   y /         __て   ヽ,彡'
157 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 11:34:33.36 ID:0XhaUYDO
一方絹旗とかイラネ

フレンダ絹旗美味しいです
158 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 11:41:31.75 ID:A/Dps6AO
同意だフレ絹に一票
159 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 12:21:18.10 ID:ngobWcE0
麦のんはこっち系のAAしかねーんかよw
160 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 12:26:29.62 ID:w3vHi1ko
           /: : : : : : : : : : : : : : :..ヽ: : : : : : : : : :\
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.l: : : : : : : : : : : :ヽ
       /: : /: ∧: : : : : : \: : : : : : |: : : : : : : : : :l: : : |
        /: : /: / ヘ、: : : : : : :\: : : : |: : : : : : : : : :|: : : |
.       }: : l: /_  \:.丶: : : : : ヽ: : |: : : : : : : : : :|: : : |
        |: : :l:.l  \   \ \:.:.:.:.:.:.ヽ:|: : : : :l: : : |: l: : : :|
        |: : :l:.| '^圷ミ     `>=::.十: : : :リ: : ::|/: : : 人
        }: : :l:.l 弋zリ    ´^「た卞 |: : : :./: : : |: : : /: : :\
       Y八ハ  ´     弋沙'´ |: : :./: : : : |:.:.: :}: : : l: :\
         /:.:l   〈           l: : /: : : : : |:.:.: :|: : : 八:..: :\
         }:圦            |: /: : : : : 八:.:. |: : /: : ヽ:..: ::ハ
         |: : :ヽ   _          |/: : : : : ∧:.:\l: /: : :..: :}: : ::|
         |: : :.:.:.\  `    .イ /: : : : : /: :.:\:.:.:.≧ト、: ノ: : : :|
         |: : :.:.:.:._:.>ー <_:.\_/: : : : : :/>―ァ`─<` V: : : :.|
         〉:.:.:/       }:: }: : : : :./:./ /       V:.:.:.人
         r‐〈   __   〉::::|: : : : //::::/    /   V:.:.:.:.:.\ _,-..、
       _/ヘ \_ノ〉:.:.r、j  /:::::::|: : : /:::::::::/   彡     }:.:.:.:.: ヽー‐'`):}
      / />- -´∧:.:.`ー' V::::::|: : :.{::::::::/            |:.:./:ハ:.|  彡'
      /       / |:.:.:.:}^} V:人: : :ヽ:/              V::/ }:|
.     /       /  .|:.:.://   .V:::\: :/       /__ <   V く:〈
    /       /  ノ//      V::::::/       /    `ー V  `)}
.   /       /  ./  j        V:/       /         }  ノ
161 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 15:24:47.05 ID:TS1e78Io
pixivはいむらのやつとかAA化されないかなー
162 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 16:17:50.32 ID:nKcq5820
>>147からまだ?
163 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 16:52:44.18 ID:wxgD/.Y0
>>1です
今帰ってきました。書き溜めできしだい投下します。
あまり長い間これないようなら再度連絡しにきます

>>154それも有りかなって思ってたけどフレ絹がいいかな
>>160
帰ったら寝ようとしてたのに寝れなくなった
164 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 17:04:44.09 ID:kKAUiDM0
>>1キター続きお願いします
165 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 17:30:56.89 ID:wxgD/.Y0
>>147から
上条「ふぅ」

麦野「さ、なんでも頼んで」

上条「いや、今回は俺が出すよ」

麦野「え? でも苦学生で毎日にぼしを3mmずつ食べる生活なんでしょ?」

上条「何その盛大な情報偽造! そこまでじゃありません!」

麦野「ま、今回はお昼を食べにきたわけだしね」スッ

上条「だからお店でそういうことしちゃいけません!」

麦野「?」キョトン

上条「なんでそこでキョトンとしてんの!? 前回はちゃんとわかってくれたのに!」

麦野「まったく……」

上条「俺!? 俺が悪いの!?」

―――

4人「「「「……」」」」

黄泉川「まったく……4人で、しかも男女混合で真昼間から覗きなんてどうかしてるじゃん」

黄泉川「ま、浜面が主犯なんだろ?」

浜面「え「「そうです!!」」フレンダぁあああ!?絹旗ぁあああ!?」

滝壺「大丈夫だよはまづら。私はそんなはまづらを、応援していた」

浜面「過去形!?」

黄泉川「じゃ、ちょっと浜面くるじゃん」

浜面「俺!?俺が悪いの!?」
166 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 17:40:13.75 ID:wxgD/.Y0
上条「おーこのハンバーグうめぇ」モッシャモッシャ

麦野「そう? じゃ、一口」

上条「あぁいいぜ」スッ

麦野「わ、こういうの、ちょっと照れるわね」

上条「前回はこっちがやられたからな。仕返しだ」

麦野「当麻君のくせに、なまいきな」パクッ

上条「どうだ?」

麦野「うん。おいしい」

上条「じゃあそっちのも」

麦野「それは駄目」

上条「えぇ!?」

―――

絹旗「うぅ超お腹減りました」グゥ

フレンダ「結局朝から何にも食べてないもんね」

絹旗「で、浜、いえバカ面はいつ帰ってくるんです?」

フレンダ「さぁ。しばらくは帰ってこないんじゃない」ワキワキ

絹旗「な、何で指を超わきわき動かして……」

フレンダ「ふふふふふ」

絹旗「た、滝壺さん! 超助けてください」
167 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 17:41:12.22 ID:MzFGZ620
りこりんかわいいよりこりん
168 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 17:50:41.55 ID:kKAUiDM0
支援
169 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 17:53:48.27 ID:wxgD/.Y0
上条「う〜ん、満足」

麦野「ごちそうさま」

上条「で、会計は……(た、たけぇ……)」

麦野「……ふふっ割り勘ね」ニコニコ

上条「ありがとうございます!!」


上条「あ、この後ってどうする?」

麦野「そうねぇ……」ピト

上条「……(あごの下に人差し指添えて考えてる仕草とか、反則すぎです)」

麦野「じゃあ上条君の家に」

上条「お、俺ん家は「しゅっぱ〜つ」ちょ、ちょっと!」

麦野「ペットちゃんにも会いたいし」

上条「あ〜そういえば、そんなことも言ったなぁ」

麦野「2匹いるんでしょ?」

上条「え? うちには猫が…………」

麦野「どうしたの?」

上条「い、いや何も(インデェェェェックスウウウ!!)」

―――

滝壺「……」フイ

絹旗「た、滝壺さん?」

滝壺「……『バカ面』」

絹旗「う、超すいませんでした!浜面はバカなんかじゃなくて、超賢くて、超カッコ良くて……」

滝壺「……浜面は渡さないよ?」

絹旗「超いりませんよ!」

フレンダ「最愛ちゃ〜ん」

絹旗「ぃ!?」
170 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 18:00:12.42 ID:wxgD/.Y0
――
上条「ここです……(きちまったぜぇ……)」

麦野「お、寮なんだ」

上条「えぇ……(頼むインデックス、小萌先生でも舞夏のとこでもどこでもいい。とにかく今だけは家にいないでくれ)」ガチャ

麦野「お邪魔しま〜す」


???「お腹へったんだよ!」

???「シスターちゃん、さっき食べたでしょう?」

???「うぅ……でもでもぉ」

???「そうだぞ腹ペコシスター。乙女の自覚を持つべきだぞー」

???「ったく、私以外みんなちっさいわね」

???「うるさいんだよピンクさらし!」

???「ピンクさらしって何よ! 小萌がどうしてもっていうから来たのに」

上条「な、なんでだよぉおおおおお!!!」

インデックス「あ、とうま!」

小萌「上条ちゃん? まったく、女の子をほっといてフラフラ遊びあるいてもう!」

舞夏「お、上条当麻ー」

結標「あ、お邪魔してるわ」




麦野「……ねぇ」

上条「すべて説明させていただきます!!だから、あ、あ、あ、やめうわあああああ」
171 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 18:06:22.94 ID:0XhaUYDO
あわきんきたあああ!
172 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 18:07:58.86 ID:wxgD/.Y0
麦野「……でぇ?」

上条「この人は俺の担任の先生」

小萌「わ〜上条ちゃんにも彼女が出来たんですね……なんだか、先生は寂しいです」シミジミ

上条「そういう発言やめてください!」

舞夏「私はこの隣の部屋に住んでる兄貴の妹だー。そろそろ兄貴もかえってくるから、じゃあなー」

結標「……あんた、第四位ね?」

麦野「んなことはどうでもいいだろ。てめぇ誰だよ」

上条「お、落ち着いて! ていうか俺この人知らない!(うわああこえぇ!)」

結標「そういうこと。私この家主さんとは面識なしだから。ついでに言うとこの人が同居人でこの人の家に居候してるの」

小萌「そうなのですよー」

麦野「……(胸、けっこうあるのね。ま、負けないけどね)」

結標「どこみてんの?」

麦野「ま、それならいいわ」

結標「? ま、いいわ。 小萌帰ろう」

小萌「じゃ、上条ちゃん先生は失礼するのですよー」

麦野「……で、あんたは?」

インデックス「い、インデックスなんだよ(大変!とうまが変な女連れてきたんだよ!)」
173 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 18:13:27.30 ID:Ih/SjQAO
インなんちゃらさんはいらない子姫■さんよりいらない子
174 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 18:15:21.09 ID:nKcq5820
まってたーーーーー
まってたぞ>>1
175 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 18:16:40.87 ID:wxgD/.Y0
麦野「へぇ、で何であんたは帰んないの?」

インデックス「そ、それは私の家がここだからかな」

麦野「……」ギロ

上条「こいつはなんというか、ただの居候でそういうのじゃないから!」

麦野「へぇ……」

上条「(どうすりゃいいんだ……)」

インデックス「……とうま」

上条「うん?」

インデックス「この人は、誰? 彼女っていうことは、私は……」


麦野「ふっ、あっははははは」

2人「「!?」」

麦野「ちょっと睨んだら怖がっちゃって、かわいいな〜」ナデナデ

インデックス「ふぇっ!?」ダッ

麦野「も〜なんで逃げんの?こんな可愛いのを取って食うわけないじゃない」

インデックス「それだと『とって食べる』こと自体は否定できてないかも!」

麦野「だって」




麦野「こんな可愛いペットだしね」ナデナデ

インデックス「えっ」

上条「えっ」
176 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 18:25:41.15 ID:wxgD/.Y0
>>173ぶっちゃけ、書き溜めはじめるまで素で忘れてて普通に部屋に行く予定だった

上条「……」

インデックス「ペットってどういうことかな!」

麦野「ま、いいじゃない」

インデックス「よくないんだよ! 今まで様々な冒険を共に過ごしてきた相棒を犬・猫のように扱うのは納得できないんだよ!」

上条「いや、そう言われましても」

インデックス「とうまのバカぁ!」ガブ

上条「ぎゃああああ不幸だーー!」


麦野「おいでー」

スフィンクス「ニャー」

―――

絹旗「ヒック……グスッ…ヒック」

フレンダ「ご、ごめんよ最愛〜結局ちょっと調子に乗っちゃったわけで」

絹旗「……グスッ」

フレンダ「な、泣くなよ! 結局最愛も男だろ!!」

絹旗「男じゃないですよぉおおおおおお!!!」チッソパンチ→チッソキックのコンボ

フレンダ「わっ! やめ、ちょ、本気で痛い!」

浜面「……どうしたんだ?」

滝壺「ふれんだがきぬはたを襲った」

浜面「……ゴクリ」

滝壺「きぬはたがこけて地面に頭ぶつけて泣いた」

浜面「なんだ……」
177 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 18:28:35.55 ID:MzFGZ620
いや窒素装甲働けよwwwwwwww
178 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 18:33:34.29 ID:wxgD/.Y0
上条「さて、と」

インデックス「おなかすいたんだよ」

麦野「あ、じゃあ私が何か作ろうか?」

上条「マジですか!」

麦野「ってアンタはさっき食べたじゃないの」

上条「沈利の手料理だぞ? 食べないわけにはいかない!」

麦野「も、もう! わかったわよ」

インデックス「楽しみにしてるんだよ!」

―――

滝壺「…………」ジー

浜面「な、なんだよその目!」

滝壺「別に」ジー

浜面「うっ……」


フレンダ「ほ、ほら! 痛いの痛いのとんでけ〜」

絹旗「そんなので超治ったら苦労しません!」

フレンダ「結局気休めだもんね」

絹旗「というより少しは反省してください!」

フレンダ「はいはい、結局ちょ〜反省してます」

絹旗「口調パクんなぁぁぁああああ!!」
179 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 18:37:40.38 ID:Fy8GK6AO
絹旗も滝壺も可愛いなチキショウ
180 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 18:40:00.74 ID:Ih/SjQAO
アイテムは皆可愛いからな
181 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 18:42:40.91 ID:gnNtjv60
>>180 同意
182 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 18:44:30.41 ID:wxgD/.Y0
>>177 うわ、これは酷い。なんとか色々妄想して補完お願いします

上条「そらインデックス、ご飯だぞ」ニコニコ

インデックス「とうま先にどうぞなんだよ」ニコニコ

上条「なンだインデックス。遠慮なンかしてねェで食ェ」ニコッ

インデックス「口調が変わってるんだよ!!」

麦野「ん? 食べないの?」

上条「い、いや、今食べるぞインデックスが」

インデックス「とうまが食べるんだよ」

上条「ふざけんな、あんな未元物質食えるか!」ボソ

インデックス「私はあんなダークマターは食べたくないんだよ!おとなしく犠牲になるんだよ!」

上条「お、おい!」

インデックス「あっ」

麦野「……」シュン

上条「し、沈利?」

麦野「あんな垣根のクソヤローに例えられるのはちょっと……」シュン

上条「そこ!?」

―――

垣根「へっくち!」

ドレスの女「な、何その可愛いくしゃみ!」

垣根「うっせぇ」

ドレスの女「ほ、ほら! 次行くわよ」

垣根「えー? ったく女の買い物はなんでこんなに長いんだよ……」
183 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 18:48:33.50 ID:uQi6JkAO
お妙さんみたいな料理出したのか
184 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 18:52:05.55 ID:Ih/SjQAO
ありゃたしかに未元物質だなwwww

>>182多分襲われそうになって焦って演算出来なかったんだよ(棒
185 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 18:53:50.35 ID:wxgD/.Y0
上条「」

インデックス「とうま、今までありがとう」

インデックス「思い返せば色々あったね」

インデックス「私は感謝してるんだよ」


上条「死んでたまるか!」

インデックス「うわ!」

上条「せっかく彼女もできたのに、こんなところで死んでたまるか!!」

麦野「わっ上条君元気だね!」

上条「あぁ! なんか元気がガンガンでてき」ムクムク

上条「……(な、なぜだ!? 今ここにそんな要素はないはずなのに!)」

麦野「? 前かがみになってどうしたの?」

インデックス「おなか痛いの?」

麦野「あ、じゃあ擦ってあげる」スッ

上条「ま、ま、待てい!!」

麦野「え?」

上条「とりあえず、トイレいってくる」ダッ

麦野「う、うん」

インデックス「じゃ、私はまいかと遊んでくるんだよ」
186 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 18:57:44.73 ID:W4a4SoDO
なんで一方と浜面がそんな人気あんのか理解できぬ。できぬ。
187 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 19:03:00.40 ID:wxgD/.Y0
上条「(なぜだなぜだなぜだ!!?)」

上条「(何でいきなり息子さんはこんなに元気になってるのでせうか!?)」

麦野「当麻君、大丈夫〜?」

上条「あ、あぁ!ちょっと腹痛くて」

麦野「ごめんね……私、帰ろうか」シュン

ガチャッ
上条「そんな!」

上条「あ」↑

麦野「と、当麻君?」

―――

浜面「あ〜どうすっかなぁ……双眼鏡没収されちまったし」

滝壺「あ、肉眼でも見えるよ」

浜面「うそっ!?」

滝壺「私、視力6.5あるから」

浜面「うそっ!?」

滝壺「嘘」

浜面「くっ……不覚にも信じちまったぜ」

滝壺「でも」

浜面「?」

滝壺「はまづらの心なら、何km先でも見える」クワッ

浜面「こ、怖いから! 今のお前怖いから!」
188 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 19:03:29.29 ID:8dJCVsDO
俺はなんで上条が人気あるのか理解できぬ。できぬ。
189 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 19:04:24.63 ID:42zZTRM0
>>188
同意

完璧すぎるよりちょっと駄目な所があるほうが俺は好きだ
190 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 19:10:57.90 ID:wxgD/.Y0
上条「い、いやあああああ!」ダッ

麦野「あ、ちょっと」


上条「(見られた見られた見られた!)」

麦野「当麻君?ふとんにくるまってないで出ておいで〜」

上条「無理です! せめて落ち着くまで待って!」

麦野「え?じゃあ……」ギュ

上条「えええええ!?」

麦野「ん、落ち着いた?」

上条「そうじゃなくてですね!」

麦野「ん?」

上条「ってか今の位置はいったいどうなってんだ!?」ジタバタ

麦野「あ、ちょっと、暴れないで!」


2人「「!?」」

上条「あ、わ……(顔近ぇ……)」

麦野「…………」ジー

上条「ん? なんで下の方……あ」

麦野「……」スクッ

上条「?」

麦野「……」グニュッ

上条「なんで踏むんですか!?」
191 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 19:14:57.90 ID:N2r7P6AO
超支援です
192 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 19:16:20.89 ID:wxgD/.Y0
麦野「ねぇ、どうしてほしい?」

上条「え、えぇ?」

麦野「ふふふ」ニヤニヤ

上条「あ、あはは(何かスイッチ入っちゃったのかな……?)」

―――

絹旗「どうしてほしいですか?」

フレンダ「や、やめて最愛」

絹旗「窒素を使って思いっきり蹴ったら、どうなっちゃいますかね?」

フレンダ「い、いやっ!」


絹旗「……これで超いいんですか?」

フレンダ「う〜ん……結局いまいち。結局さ、やっぱりこっちかな」ムニムニ

絹旗「ひぃ!」

フレンダ「うんうん」ニコニコ

絹旗「何超満足そうに笑ってるんですか!!」

浜面「お前達、変態だったんだな」

絹旗「達≠カゃありません! しかも超変態の浜面に言われたくありません」

浜面「はあああ!?」

フレンダ「まあああ!?」

絹旗「づらあああ!?」

フレンダ・絹旗「「(超)決まったね(決まりましたね)」」

浜面「………」

滝壺「今日もアイテムは、元気です」
193 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 19:26:43.92 ID:wxgD/.Y0
投下と平行で書き溜めしてますが、それも尽きてきた

麦野「……う〜んからかい耐性≠ツいちゃったのかな?」

上条「え?」

麦野「ドキドキしてくんなきゃつまんない」

上条「あ、いや」

麦野「?」

上条「実はかなりドキドキしてます。もういつ理性が飛んでもおかしくないです」

麦野「……きゃっ」ポッ

上条「さて、と」スクッ

麦野「?」

上条「落ち着いたから、コンビニ行ってくる」

麦野「あ、行ってらっしゃい」

麦野「……」




麦野「……あれー?」

―――

上条「ふ〜」

上条「これ、一応買っとこうかな……ちゃんとしないと、責任とかあるし」

ウィーーン

一方通行「……」

上条「あれ? 一方通行?」
194 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 19:28:05.88 ID:gnNtjv60
コンドかな?wwww
195 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 19:29:28.78 ID:NQTozbco
      /: : : : :./: : : : : : : : : : :l/: : : : : : : :: : : : : : : : l: : : : : :|
.     /: : : : :./: : : : : : : : : l: : |ー-ミ: : : : :ヽ: : : : : : : |: : : : : :|
     |: : : : : :| : :/: : : :.ハ: :.l: : |   ヾ: : : ハ: : : : : : :.|: : : : : :|
     |: : : i: : |: /: : /l:/ ,': ハ: :.|    \ミ: l: : : : : : :|: : : : : :|
     |: : : l: : |/: : / / /:./ }:.|      Vミ:}: : : : : : |: : : : : :|
.      V: : l: : |: : / / /:./  ノ:/      `i:.l:/⌒Vリ: : : : : :|
        V: l: : ト、/   斗≦二 __      V / _i }: : : : : : |   ・・・・・・・・・・・・・・
       ヽ:ヽ:.伐}   ´^ 弌ゥ炒´       〉r' /l: : : l: : : |
        \八ノ       ^`         __,ィ: : ::}: : :l: : : |    このスレは・・・・・・
          く               イ.!: : : : /|: : : !: : l:|
             l\             /  |: : : :/ |: : : l: :.:l:|    レールガンに・・・・
             }:.:.:ト、‐ 、       /   |: : :/l |: : : !: :リ:|
             l八l:.∧      イ   /リ: :/lリ |: : :八/lリ    監視されています。………
            }:.:.:.:` ー‐</ _j___.ィ  /: /  /ヽ/:/|
            |:ハ:.:/  /: /´|     // /: . : . V: }
                }/  /: / ,' |     /´/. : . : . : . :∨
               /:/^/ j      /: . : . : . : . : . :.ヽ
               /: ./ ,.' ,.イ─‐‐<: . : . : . : . : . : . : . :ヽ
             /〃:/ / /: . : . /: . : . : . : . : . : . : . : . : .ハ
               /: . :/=/: . : . : 〃 . : . : /: :/´ ̄  ̄`丶: :}
           /: . ://: . : . : . : . : . : ./: :/        V|
196 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 19:31:33.83 ID:2JYJz6DO
近藤さんだと思う
197 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 19:35:55.25 ID:wxgD/.Y0
一方通行「チッ なにやってンだ三下ァ?」

上条「いや、特には」

一方通行「そォかよ」ガラガラガラ

上条「うわ、コーヒーそんなに買うのか?」

一方通行「悪ィか?」

上条「よくそんな金あるな。レベル5ってやっぱ皆そうなのか? あっさり奢ったり……」

一方通行「知らねェ……ン? 奢ってもらったってェ超電磁砲にか?」

上条「いや、第4位だったかな?」

一方通行「ほォ」

上条「ちなみに俺の彼女ね」

一方通行「ほォ〜(超電磁砲哀れってなァ!カカカッ)」

御坂「……アンタ、何やってんの?」

一方通行「あァ?」

上条「ビリビリ……」

御坂「ま、いいわ。実験はもう終わったんだし。仲良くするつもりはないけど、戦うこともないわね」

上条「なぁビリビリ」

御坂「ビリビリって言うな! で、何?」

上条「……太った?」
198 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 19:37:06.98 ID:1RcOKwUo
マカビンビンに決まってるじゃないか!!
199 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 19:38:16.82 ID:gnNtjv60
まさかの発言にふいたwwww
200 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 19:39:15.93 ID:42zZTRM0
>浜面「はあああ!?」

>フレンダ「まあああ!?」

>絹旗「づらあああ!?」

何この子達可愛い
201 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 19:41:49.74 ID:hbWP6KE0
>>197
>上条「……太った?」

・・・これは・・・怒って上条にビリビリ攻撃をかける美琴 vs それを助けようとする麦野戦勃発の恐れが・・・コワイ…
202 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 19:43:33.14 ID:wxgD/.Y0
御坂「」

一方通行「お? じゃあちっと失礼」ムンズ

御坂「な、何すんのよ!」

一方通行「(解析……クソガキの4年後の予想体格と照合……)」

一方通行「4,31キロってとこかァ?」

御坂「!!?(な、なんでそんな細かいとこまで!?)」

上条「なんかムカつくことあってヤケ食いでもしたのか?」

御坂「そっ、そうよ!」

上条「俺でよければ相談に乗るけど」

御坂「……じゃあ聞くけど」

御坂「前、一緒にご飯食べてた茶髪の人って誰?」

上条「あ、沈利か」

御坂「(名前!?名前で呼んでるの!?)」

上条「俺の彼女」

御坂「えっ?」



御坂「えっ?」

上条「俺の、か、の、じょ!」

一方通行「(うぜェ)」
203 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 19:46:55.81 ID:wxgD/.Y0
>>201そげぶ

御坂「……」ボー

一方通行「?」

御坂「かの、かのじょ?」

上条「うん」

御坂「彼氏じゃなくて?」

上条「? うん」

一方通行「あァ?三下ァ、この風船みたいなのはどういうことですかァ?」ニヤニヤ

上条「あ、それは!」

一方通行「ま、がンばンなァ。ガキの世話ってンのも大変だぞォ?」

上条「ま、まだ早ぇよ/// ありがとうな! お前って……」

一方通行「見直したかァ? それとも崇めたくなったかァ?」

上条「ロリコンでもやしで主にセンスとか何か勘違いした変人でぜってぇ話したくねぇって思ってたけど、いいやつなんだな!」

一方通行「……うン」

御坂「」

上条「じゃあな!」
204 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 19:47:04.92 ID:Fy8GK6AO
あっくん万能すぎるだろww
205 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 19:49:53.37 ID:wxgD/.Y0
上条「♪」

上条「たっだいま〜」

―――

浜面「滝壺……それはなんだ?」

滝壺「必要かなって」

浜面「いや、その、な?」

滝壺「はまづらは私としたくないの?」

浜面「そ、そそ、それは……」


フレンダ「あれ結局水風船だけどね」

絹旗「はぁ…はぁ…」

フレンダ「ん? ずいぶん息が……発情期?」

絹旗「あなたが超買いにいかせたんでしょぉおおおお!!!」


夕飯で投下終了
浜面・滝壺 フレ旗が人気ならそっち書けばよくねって思った。でもむぎのんをやめるつもりはない
206 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 19:50:39.16 ID:Ih/SjQAO
この上条さんは殺られてもしゃーない
207 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 20:02:18.54 ID:MzFGZ620
上条さんは彼女作らない方が世のためかもしれん
似たような感じのハーレムの成功例は衛宮士郎くらいしか知らんし
208 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/07(金) 20:36:51.34 ID:Zsf9HCIo
ヤンデレーるガンwwktk
209 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 21:10:29.83 ID:nKcq5820
こんのせいで俺は一日寝てないんだぜ
そろそろ睡眠とるか・・・2時間ほど
210 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 00:11:52.58 ID:IY.dFUDO
>>207
征木天地を知らない世代か
211 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 00:20:28.03 ID:p0NuYSo0
ペットとして飼われることになったインモラルさんの運命やいかにww
212 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 00:24:40.94 ID:i2Vj062o
柾木じゃね?
213 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 03:11:35.51 ID:nbek.eM0
浜面かわいいよ浜面
一方通行ァ…
214 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 11:41:15.96 ID:/lUaqZMo
>>86みたいなのってみんなどうやって知るんだ?
もしかして2chじゃない他のコミュニティとかにも参加してるのか?
215 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 12:07:16.33 ID:pI91BZwo
小説家になろうとか理想郷とかそういうのみてるやつは多いんでね?
216 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 13:06:20.35 ID:.poy0cDO
>>214
俺の場合は
なんかいいSSないかな→アニメタイトル SSでググる
それで見つけたのが小説家になろうだったり理想郷だったじゃん
217 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/08(土) 13:29:35.39 ID:br.O5z20
ついに休日だ〜
というわけで今から投下
218 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 13:31:12.46 ID:br.O5z20
sage忘れた……

>>205から

麦野「で、どういうこと?」

絹旗「だから、フレンダが超襲ってきて怖いんです!」

フレンダ「え〜? 結局喜んでるくせに」

絹旗「んな訳ないです! もう最悪アイテム抜けます!」

フレンダ「それはやめて! 私の生甲斐が結局119個になっちゃう!」

絹旗「そんだけ超あるならいいじゃないですか!」

上条「……」

麦野「あ、おかえり」

絹旗・フレンダ「「お邪魔してます」」

上条「え〜っと……誰?」

絹旗「麦野の……同僚?」

フレンダ「絹旗の恋人です」キリッ

上条「そうですか、それはそれは……」

絹旗「ちょ、超違います! 誤解しないでください!」
219 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 13:34:53.71 ID:br.O5z20
>>218 あ、ちょっと時間的に無理があるかもだから>>205は外から見てるってことで

上条「まぁいいんじゃない? 人の趣味はそれぞれだし、俺の知り合いにも同じようなのいるし」

フレンダ「だよね〜 結局この人わかってるわ〜」

絹旗「……はぁ」

フレンダ「あ、ごめんよ最愛。結局私が構ってあげないとヤキモチ焼くんだね」

上条「へ〜可愛いとこもあるんだな」

絹旗「あーもう! っていうかも≠チて何ですか!他に私のどんなとこを知ってるんですか!」

麦野「……」

―――

浜面「……」

滝壺「赤と黒と……白どれがすき?」

浜面「また唐突だな! てかそれ、何の色だ?」

滝壺「バニー」

浜面「う〜ん、黒かな」

滝壺「へぇ」

浜面「え?それだけ?」

滝壺「はまづらは何を期待してたの?」

浜面「うっ、なんでもない」

滝壺「意気地なし」ボソ

浜面「ん?」
220 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 13:40:19.58 ID:br.O5z20
>>219 外から見てるってなんだよ畜生

フレンダ「で、結局これが麦野の彼氏?」

上条「これ≠チて……」

フレンダ「……」ジロー

上条「な、なんでせうか……」

フレンダ「う〜ん……」

上条「?」

フレンダ「その前に質問なんだけど」

上条「はい?」

フレンダ「窓の外に張り付いてこっち凝視してるのは結局誰?」


御坂「……」ジー


絹旗「あ、超こっち見てますね」

麦野「ね〜」

上条「え!?何でそんな冷静なの!?」

―――

滝壺「これかこれ。もしくはこれでも可」

浜面「え〜?これじゃないのか?これの方が似合うんじゃ」

滝壺「……ふっ」

浜面「何そのこれだからはまづらは≠ンたいな笑い」

滝壺「じゃあこれにする」

浜面「結局俺が選んだやつじゃねぇか!」

滝壺「浜面が選んだやつだからだよ」

浜面「じゃあ買うか」

滝壺「ううん買わない」

浜面「冷やかし!?」
221 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 13:52:06.64 ID:br.O5z20
上条「えっと……俺の知り合い」

麦野「あ〜そういえば前にもこんな事あったわ」

絹旗「へ〜超恨まれてるんですかね」

フレンダ「あれ、結局第3位じゃない?」

麦野「あ、ビリビリちゃんか」

上条「っていうか今にも窓割ってこっち来そうなんですが」

絹旗「超強い麦野がなんとかしてくれますよ」

麦野「それなんだけど、私もう殺しの仕事≠竄゚ようかなって」

上条「いや、何も殺さなくても……」

フレンダ「え?結局邪魔者は消すんじゃないの?これ常識じゃないの?」

3人「「「えっ」」」

上条「どういう教育されてんだよ」

麦野「テヘッ」

上条「アンタか!」

―――

滝壺「あれがむぎの達がいるとこ」

浜面「お〜……なんか変なのがくっついてんな」

滝壺「俗にいう、レールガン」

浜面「わ、怖ぇ」

滝壺「大丈夫だよ浜面。私が守ってあげるから」

浜面「わ!久々にまともな発言でびっくりした」

滝壺「……じゃ、ちょっと引き剥がしてくる」

浜面「やめとけ殺されるって!」
222 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 13:54:04.23 ID:br.O5z20
急用
続きは5時頃
223 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/08(土) 14:03:11.46 ID:lgOqnTQ0
数時間後、窓の外には約1万人の人々が集まったとさ
224 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 14:34:47.53 ID:trU4SWko
窓に同じ顔が約1万も並ぶのか・・・怖ぇww
225 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 14:41:27.11 ID:ec3gWLQo
それはそれで幸せな気も
226 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 15:21:06.55 ID:O.VtL9Y0
恨み妬みでギトギトの顔でもか?
227 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/08(土) 15:45:30.49 ID:M66cY0I0
窓から除いてる御坂想像したらワロタ
228 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 16:51:55.93 ID:TOlfeIAO
やっぱり超電磁砲引きこもりピザニートエンドか















プッwwwwww
229 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 17:06:47.09 ID:br.O5z20
>>228エツァリさんが待ってますよ

バリン!

上条「うわ来た!」

御坂「ちょっと、アンタ!麦野沈利ってどいつ!?」

フレンダ「これ」スッ

絹旗「え?」

御坂「こんな小さい子に……!」

絹旗「え、ちょ、私じゃな「頑張れ絹旗〜」フレンダぁぁああああ!」


垣根「お、よう!第3位と4位が揃ってやがる!俺、第2位。よろしく〜」バサッバサッ

上条「なんでだよ!何で空飛んでんだよ!!」

ドレスの女「ちょっと、早く行ってよ」

垣根「はいはい」バリン

上条「なんで窓割ってくの!?」

垣根「いや、中途半端とか嫌いだから」バサッバサッ

上条「もうやだ。レベル5っておかしなのばっかじゃん……」

―――

浜面「うわ〜可哀そう……」

滝壺「じゃ、私がちょっと事態を収束してくる」

浜面「待て、お前じゃ無理だ」

滝壺「むっ、はまづら黙れ」

浜面「唐突に何!?『黙れ』って!!」

滝壺「行ってくる」ダッ

浜面「待て待て待てー!」ダッ
230 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 17:15:04.30 ID:br.O5z20
御坂「で」

麦野「私、麦野沈利。当麻君の彼女」ギュ

御坂「……」バチッ

上条「はは……」

フレンダ「私、フレンダ。最愛の彼女」ギュ

絹旗「超やめてください!違います!」


滝壺「私、滝壺理后。はまづらの下僕」

浜面「やめてくれ!誤解だ!」

上条「てかアンタら誰!?」


御坂「ま、いいわ。じゃあね」

麦野「バイバイ」

フレンダ「じゃ、私も結局失礼するわ」ギュ

絹旗「何で私も超連れて行こうとするんですか?」

フレンダ「え?」

絹旗「まぁここにいるのも超悪いですから失礼します」

麦野「ばいば〜い」


上条「この窓ガラスどうすれば……」
231 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 17:24:30.23 ID:br.O5z20
-なんだかんだで夜-

麦野「じゃ、お風呂入ってくるけど覗いちゃ駄目よ?」

上条「ムー ムー」

麦野「あ、何?」ビリッ

上条「痛っ! ってかなんで縛って口にガムテープ張ってるの!?」

麦野「いや、襲われたら怖いじゃない」

上条「そんなことしませんって!」

麦野「男は狼らしいしね。じゃ」スタスタ

上条「あー!ちょっと!! インデックス、助けて」

インデックス「い、いやなんだよ! 助けたら何されるかわかんないんだよ!」

上条「そんな!今まで一緒に様々な冒険に行った相棒じゃないのか!?」

インデックス「じゃあ解約するんだよ」

上条「ちくしょぉおおおおお!!」

―――

麦野「♪」
232 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 17:34:07.98 ID:br.O5z20
麦野「ふ〜」

上条「……」

麦野「あれ?なんで体縛ってんの?そういう趣味?」

上条「あなたがやったんですよ!?」

麦野「あ、そうだっけ」

インデックス「じゃあお風呂入ってくるんだよ」


上条「で、いつまでいるの?」

麦野「ん〜どうしよっかな〜とりあえずこの本読み終わるまでは」パラパラ

上条「……ってそれは!」

麦野「天井裏に隠してあったよ」

上条「あーあーあー!!」

麦野「ほーこういう趣味ね〜」

上条「……男の子は仕方ないんです……はい」

麦野「クスッやっぱり縛られるの好きなんだ」

上条「えっその本からどうやったらその結論に?」

麦野「だって、これどう見てもお姉さん′nでしょ?」

上条「だからっていきなりそんな!」
233 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 17:42:55.90 ID:br.O5z20
上条「いつになったらこの拘束は解除?」

麦野「さぁね〜」

上条「……」ガックリ

麦野「……」ツンツン

上条「ん?」

麦野「あ〜風呂上がりはあっついな〜」バサッ

上条「!」

麦野「……」ニヤ

上条「あわわわわ」

麦野「ふー」パタパタ

上条「や、やめて!」

麦野「えー何が?」ニヤニヤ

上条「くっ(で、でかい……)」

麦野「ふふっ」ズイ

上条「っ!?」

麦野「こんなに近いのに、手は出せません!残念」

上条「い、いや、上条さんはそんなこと考えてません」

麦野「ん?じゃあ触ってみたくないの?」

上条「え……?」
234 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 17:51:21.12 ID:br.O5z20
麦野「……ん?」ズズイ

上条「わ、近っ」

麦野「本当は?」

上条「上条さんは紳士です!」

麦野「紳士なら女性には従うべきじゃない?」

上条「で、でも……」

麦野「ねぇ」ズイ

上条「(み、耳元で……!)」

麦野「どう? し・た・い・の?」

上条「……」

上条「……じ、じゃ「さて、そろそろ帰るか」……え?」

麦野「じゃ〜ね」

上条「本当に帰っちゃったよ……」

インデックス「ふーいい湯だったんだよ」

上条「インデックスぅ……」

インデックス「どうして涙目なの? じゃ、私はもう寝るんだよ」

上条「え、ちょっと」

インデックス「おやすみとうま」

上条「ふ、不幸だーー!!」
235 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 17:59:24.83 ID:br.O5z20
-朝-
インデックス「ふわぁ……おなかへったんだよ」

上条「」

インデックス「あれ?とうま?」

上条「あ、インデックスか」

インデックス「おなかへった」

上条「うん、俺もだ」

インデックス「じゃあ作って」

上条「じゃあこれ解いて?」

インデックス「で、でもそれ解いたら爆弾とか……」

上条「そんなバカな!」

インデックス「……」ソー

インデックス「大丈夫かな……」

上条「早く解いてくれ!」

インデックス「待つんだよ!私の命に関わることだからね!」

上条「爆弾だったら俺の命にもかかわるけどな!」
236 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 18:07:36.00 ID:br.O5z20
上条「全身が痛てぇ……」

インデックス「ふぉんまい(どんまい)だよ」モグモグ

上条「食いながら喋るな。というか俺のは?」

インデックス「もう食べたんだよ」

上条「なんてことを!」

インデックス「あ、これが残ってるよ」っ昨日の未元物質

上条「あ、いいや」

インデックス「あ、そういえば今日からしばらくイギリスにお仕事に行くんだよ」

上条「いやっふーーー!」

インデックス「その反応は失礼以外の何ものでもないんだよ!」

上条「スマンスマン。気をつけてな」

インデックス「まったく……とうまもね」

上条「え?」

インデックス「これ以上居候増やさないでね」

上条「あ、居候って自覚はあったんだ」

インデックス「そこじゃないかも!」
237 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 18:16:04.31 ID:br.O5z20
神裂「迎えにきましたよ」

インデックス「待ってたんだよ」

上条「迎えがくるのか」

神裂「お、お久しぶりです」

上条「……あーとっとと行ってくれると助かるかも」

インデックス「失礼すぎるんだよ!」

上条「そうじゃなくてだな、まぁ確信はないんだ「当麻君」……きちゃった」

麦野「おっはよ〜……わかってるね?」

上条「ち、違っ」

麦野「……」ビーム

神裂「あ、危なっ」

上条「うわっ……あ、生きてる!さんきゅー右腕!」

麦野「え?今どうやって……」

神裂「……」ギロ

上条「す、ストップ神裂!」

麦野「……」

上条「今説明いたしますとも!」
238 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/08(土) 18:18:30.71 ID:zKbIFik0
修羅場キター
239 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 18:21:14.99 ID:92y2JJ2o
さんじゅうはっさいをいじめないで!!
240 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 18:22:30.03 ID:br.O5z20
上条「と、いうわけ」

麦野「ふ〜ん……この右手がねぇ」ニギニギ

上条「はは……」

神裂「ではインデックス、行きましょうか」

インデックス「うん」

上条「じゃーなー」

麦野「とっとと行け」

神裂「チッ」

インデックス「こ、怖いんだよ……」

―――

滝壺「おはようはまづら」

浜面「あぁ、おはよう。で、ここはどこだ?」

滝壺「?はまづらの家だよ?」

浜面「うん、そうだな。じゃあなんでお前がいるんだ?」

滝壺「何か?」

浜面「いや……ここ結構侵入とか難しいらしいんだけど」

滝壺「そんなの、私とはまづらの間では何の意味も」

「警告:侵入者の可能性有り。警備員に連絡します」

浜面「……」

滝壺「最近のセキリュティはすごい」
241 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 18:30:26.82 ID:br.O5z20
上条「……」

麦野「……で、解いちゃったの?縄」

上条「え?」

麦野「ま、いっか。でさ、何でアンタの周りは女が多いわけ?」

上条「ひっ! そんなこと言われましても……」

麦野「色々助けてたらいつのまにって?」

上条「その通りでございます」

麦野「アンタらしいわ。ってことは私はそいつらの頂点なわけね」

上条「う〜ん……そうなんですかね」

麦野「ふぅ」ドサッ

上条「その荷物は?」

麦野「今日泊まるから」

上条「……えっ」

―――

絹旗「……」スースー

フレンダ「よっと、あれれ?まだ寝てんのかな?」

フレンダ「じゃあちっとこの爆弾なんかをしかけて……拘束をって訳よ」

絹旗「……超何してるんですか?」

フレンダ「え、夜這い?」

絹旗「もう朝ですよ」

フレンダ「あはは、じゃあ朝這いって訳だね」

絹旗「フレンダは相変わらず超バカですね」

2人「「あはははは」」

絹旗「あ、警備員ですか?」
242 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 18:38:44.07 ID:br.O5z20
上条「さて」スクッ

麦野「?」

上条「朝食べてないから」

麦野「行ってらっしゃい」

上条「ついてこないの?」

麦野「荷物重くて疲れちゃってね」

上条「ま、いいや」

麦野「気をつけてね……ふふっ」

上条「?」

―――

絹旗「……あの」

フレンダ「何?」

絹旗「結構超マジな質問ですけど、フレンダは本気なんですか?」

フレンダ「?」

絹旗「その、私のこと……」

フレンダ「さぁ」

絹旗「え?」

フレンダ「よくわからないけど、面白いのが一番な訳よ」

絹旗「はぁ……」

フレンダ「だからこれからもよろしく」スッ

絹旗「……はい」スッ
243 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 18:46:03.76 ID:br.O5z20
フレンダ「……」ギュ

絹旗「!ちょ、ちょっと」

フレンダ「今だけ……ね? あとちょっと聞いてもらいたい話がある訳よ」

絹旗「……?」

フレンダ「……小さい頃にさ」

フレンダ「私、爆弾とか作ってるじゃない?だからその練習中にさ、結局誤作動しちゃって」

フレンダ「両親、結局殺しちゃったんだよね」

絹旗「!」

フレンダ「火薬の量。バカな私はとにかく多め多めに入れてて、それでバァンって訳」

フレンダ「それで、私を庇って……」

絹旗「フレンダ……」

フレンダ「……」

絹旗「…………」グスッ

フレンダ「!?」

絹旗「そうとは知らずに……すいません、いつも超殴ったりして」

絹旗「私でよければいつでも超胸貸しますから!」

フレンダ「……う、うん(どうしよう、嘘だなんて言えない……)」

―――

滝壺「盗み聞きしたらすごい話を聞いてしまった」


平日の方が人いるのかな?それとも時間帯? とりあえず、中断
244 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/08(土) 18:49:23.93 ID:aLzQVKE0
フレンダなぜに嘘ついたしwwww
245 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 18:52:07.67 ID:FY7WkU.0
見てるぞ

ふれんだぁーッ!!
246 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 18:52:56.24 ID:TOlfeIAO
超見てます
247 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 18:54:44.51 ID:OuvZHpYo
早く書けッてんだよォ
248 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/08(土) 19:11:15.34 ID:zKbIFik0
見てますよォォォォォォ
249 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 19:20:31.08 ID:aGMYCtIo
準備OKだから早くしてくれないかな
250 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/08(土) 20:05:48.12 ID:2XSkzwI0
むぎのさんのバカップルっぷりが見たいんだよ!
251 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/08(土) 20:56:11.45 ID:jYb9vQDO
浜面さんパートはいらないんだよ!
252 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 21:05:46.44 ID:35VM0UDO
>>251
いるだろjk

滝壺可愛いよ滝壺
253 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 21:06:20.03 ID:bQ1sCAAO
フレ絹超幸せです
これからも期待してます
254 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 21:34:36.33 ID:19LtIzoo
追いついた
255 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/08(土) 23:04:47.88 ID:br.O5z20
>>1です
すいません、人がいないから中断したんじゃなくて夕飯だったんです……

今から書きますけど、ちょっと本編のネタ思いつかないから時間稼ぎに短編投下
256 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 23:11:15.07 ID:bQ1sCAAO
バッチコイ!
257 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 23:12:16.64 ID:br.O5z20
とあるアイテムの恋愛物語

恋の爆弾と窒素装甲

フレンダ「……(調べたところ、百合っていうのか……)カチカチ」

フレンダ「(う〜ん)……しかも相手は見た目12歳、対する私は女子高生って訳よ)」バタッ

フレンダ「(でも、仲良い姉妹に見えないかな……髪も眼も色違いだけど)」ガサゴソ

フレンダ「(ハッ ていうか結局何本気になってるの!?)」アミアミ

フレンダ「(た、たしかに絹旗は可愛い訳よ)」アミアミ

フレンダ「(でもでもそれは冗談のつもりじゃ……)」ガサガサ

フレンダ「うわぁああ(わっかんねぇ!)」

絹旗「?」

フレンダ「うわっ! いつからそこに!?」ガタッ

絹旗「えっと、何か超ガサガサしまってたとこですが」

フレンダ「じ、じゃあ結局大丈夫か」

絹旗「どうしたんです? 今日のフレンダ、超おかしいですよ。というかガサゴソ何やってるんです?」

フレンダ「あ、これはその……な、なんでも……」

絹旗「そうですか」スタスタ

フレンダ「行ったか……」

フレンダ「むぅ(これは誰かに相談しなくては)」
258 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 23:22:52.76 ID:br.O5z20
白井「で、わたくしですの?」

フレンダ「はい!」

白井「はぁ、事情はわかりましたけど……」

フレンダ「とある筋からの情報によるとあなたは結局お姉さま≠ネる人物を愛しているとか」

白井「そうですの。わたくしはお姉さまを敬愛してますの」

フレンダ「それは結局性的な意味で?」

白井「!?」

フレンダ「あ、違くて結局恋愛とし「そうですの」えぇっ!?」

白井「媚薬を盛ろうとしたこともありますし、夜這いしようとしたこともありますの」

フレンダ「っ!(この人本物だ)」

フレンダ「私は、結局その子に恋してるんですかね」

白井「お姉さまったらいつも照れてばかりで、またそこが可愛らしくて」

フレンダ「あ、あの」

白井「類人猿もどっかの女とくっ付いたらしいのでわたくしにチャンス到来というわけですのよ!」

フレンダ「は、はぁ……」

白井「ハッ いけませんわ! 早く帰ってお姉さまのベッドにダイブしなくては!」ダッ

フレンダ「……」
259 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 23:23:45.18 ID:ql1bURQo
百合好きの俺としてはこれが本編でも何ら問題は無い
むしろそうなってほしい
260 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 23:27:31.42 ID:bQ1sCAAO
きたァ俺特がきたァ!
261 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/08(土) 23:31:10.80 ID:T1/f50w0
wktkwktk
262 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/08(土) 23:31:46.15 ID:2XSkzwI0
そこで彼氏持ちに相談ですよ
263 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 23:32:58.98 ID:br.O5z20
フレンダ「って訳よ」

一方通行「あァ、事情はわかったがなンで俺に?」

フレンダ「1、なんとなく。2、そこにいたから。3、髪の色が目立った。以上の理由からって訳よ」

一方通行「ようは適当ォか。あと3番、オマエに言われたくねェ」

フレンダ「で、結局どうでしょう?」

一方通行「そォだなァ……ちなみに、ソイツはどンな奴だ?」

フレンダ「えっと、見た目12歳……私にはもう少し幼く見えるけど」

一方通行「……」ゴクッ

フレンダ「? だけど、結局中学生なんだって」

一方通行「……」ガクッ

フレンダ「?」

一方通行「まァいいンじゃねェ?」

フレンダ「そ、そう?」

一方通行「あァ。趣味は人それぞれだしなァ(こう言っときゃいいだろ)」

打ち止め「あー!こんなとこにいたっ!ってミサカはミサカは声をかけてみる」

一方通行「あァ?なンだクソガキ」

打ち止め「ん?そっちの金髪さんは彼女?」

一方通行「はァ?ンな老婆が彼女なわけねェだろ」

フレンダ「ろ、老婆ぁあああ!?」

一方通行「じゃあな」スタスタ

フレンダ「……外国人は老けて見えるのかなぁ」
264 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/08(土) 23:36:38.34 ID:zKbIFik0
ヒドスwwwwwwww
265 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 23:37:22.48 ID:kYzeMADO
昨日某所でちょうど切ないフレンダ見たからハラハラするw
百合期待
266 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 23:42:14.94 ID:br.O5z20
フレンダ「って訳なんですが」

御坂「はぁ」

フレンダ「結局どうなんでしょう」

御坂「ていうか、何で私に?(結構ポピュラーなのかしら黒子みたいなのって)」

フレンダ「だってシスター(修道女)なんでしょ?」

御坂「え?シスター(妹)じゃないわよ」

フレンダ「あれ?」

御坂「ていうか、どこからそんな情報を?」

フレンダ「とある筋からって訳よ」

御坂妹「あ、お姉さま、とミサカは挨拶をします」

御坂「いいところに! こっちがシスター(妹)よ」グイ

フレンダ「わっクローンみたい!」

御坂妹「『みたい』ではなくミサカはムググ」

御坂「それは黙っときなさい」ボソ

フレンダ「?」

御坂「じゃ、私は行くから」スタスタ

御坂妹「で、ミサカに用ですか?とミサカは用件を伺います」

フレンダ「あ、あなたシスター(修道女)なんでしょ?」

御坂妹「はい、ミサカはシスターズの1人10032号ですがとミサカは答えます」

フレンダ「えぇっ!?そんなにいるの!?」
267 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/08(土) 23:45:07.46 ID:M66cY0I0
きてたーー!!
まってたよ!
268 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 23:46:49.01 ID:bQ1sCAAO
超甘酸っぱいオチを期待
269 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 23:53:13.77 ID:br.O5z20
御坂妹「はい、正確には20000いましたが……ところでシスター(妹)であることが重要なのですか?とミサカは問いかけます」

フレンダ「そう! シスター(修道女)って子羊をなんとかって訳でしょ?(過去形ってことは辞めた人もいたって訳かな?)」

御坂妹「? ミサカは猫の方が好きですが、とミサカは好物を語ります」

フレンダ「子猫っていう表現もあるって訳かな?」

御坂妹「あ、もうミサカが飼ってるイヌ≠ノ餌を上げる時間、とミサカは急いで移動します」

フレンダ「あ、さよなら……」




フレンダ「猫が好きなのに犬=H よくわからない訳よ……」

―――

インデックス「何か呼ばれた気がするんだよ!」

上条「は?」

インデックス「ちょっと迷える子羊の予感が。シスターの血が騒ぐんだよ」

上条「じゃ、昼食はなしか。頑張って導いて「やっぱやめるんだよ」
270 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/08(土) 23:58:13.77 ID:bQ1sCAAO
インさん復権運動不発……
271 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/08(土) 23:59:56.54 ID:2XSkzwI0
それでも女教皇なら…女教皇なら何とかしてくれる
272 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 00:02:14.77 ID:cnBMMsU0
フレンダ「……はぁ」トボトボ

フレンダ「結局、これからどうしよ……」

フレンダ「ん?」

???「超……で、……」

???「……それは、……」


フレンダ「(最愛と浜面……?)」


浜面「で、最近のフレンダはどうだ?」

絹旗「超ベタベタしてきてうざいです」


フレンダ「……」


絹旗「でも、今日は超変だったんですよね」

浜面「へぇ。でもフレンダって元々変なやつだけどな」

絹旗「そこはいやいやながら浜面に超同意します」

浜面「するんなら普通に同意しろよ……」


フレンダ「やっぱ、変、かなぁ、」グスッ  ←「、」のところで「グスッ」を入れるイメージ
273 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 00:09:48.95 ID:cnBMMsU0
絹旗「でも、そうじゃなくてなんだか超よそよそしいというか、何かを隠してるみたいな……」

浜面「心配か?」

絹旗「超当然です。仲間ですから!」

浜面「ははっ、なんだかんだ言ってフレンダの事が大切なんだな」

絹旗「そうですよフレンダは超変なサバ缶女ですけど仲間ですし超大事ですし」



絹旗「超大切な親友ですから」






フレンダ「……最愛、ありがとう……ありがとう」


浜面「じゃ、その親友にお土産でも買ってく?」ボソ

絹旗「なぜ超小声で?」

浜面「あとお前、そんな恥かしいことよく平気で言えるな」

絹旗「は、浜面が!」

浜面「俺そこまで聞いてないぞ」

絹旗「うっ」


フレンダ「クスッ」
274 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 00:13:48.31 ID:cnBMMsU0
>>272 横のメモ書ぎごと投下しちまった……まぁ、結局表現できないわけなんだが
-その後-
絹旗「あれ? フレンダ、眼が超赤いですよ? それに頬になんか跡みたいな……」

フレンダ「えっ!?」

浜面「お前……泣いてんのか?」

滝壺「はまづら、何かシリアスな感じだよ」

フレンダ「そ、そんなことないもん! 汚染された訳よ!」グシグシ

浜面「ごみが入ったって言いたいのか?」

フレンダ「それよ!」

浜面「ふ〜ん」ニヤニヤ

フレンダ「ブ・チ・コ・ロ・シ・か・く・て・い・っ・て・ワ・ケ・よ」

浜面「やめて!その台詞はやめてくれ!」


絹旗「はい、どうぞ」

フレンダ「え?」

絹旗「お土産、帽子です。今日浜面と映画を見た帰りに超買ってきました。サバ缶でもよかったですけど」

滝壺「……映画?」ピクッ

浜面「あ、いや、その」

フレンダ「……ありがとう」ギュ

絹旗「!」

フレンダ「大切に、する」ポロポロ

絹旗「ま、まぁ今回は超特別に抱きついても許してあげます。ち、超感謝するんですよ!」ギュ

フレンダ「うん…うん…」ギュ


浜面「ふっ」

滝壺「はまづら、父親みたいな笑い」

浜面「そうか?」

滝壺「じ、じゃあ私は奥さん……はまづら、りこう……」
275 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 00:19:04.22 ID:cnBMMsU0
フレンダ「あ、そういえば」ゴソゴソ

絹腹「?」

フレンダ「これ」

絹旗「ぬいぐるみ?」

フレンダ「これで夜寝るとき私がいるような感じで寂しくない訳よ。ボーっとしながら作った部分もあるから所々ほつれてるかも」

絹旗「さ、寂しくなんかないです! でも、どうせなので超貰っときます」

フレンダ「ふふっ」

絹旗「し、仕方なく、超仕方なくですからね!」

フレンダ「うん」ニコッ


滝壺「あのぬいぐるみ、ふれんだの髪の毛で出来てる」

浜面「うそっ!?」

滝壺「う・そ」

浜面「くそっ、また信じちまった」



後日、ぬいぐるみが何故か爆発し、絹旗家が全壊。絹旗は外出中で帰ったら家がなくなるというどこぞの不幸少年にも負けない不幸を体験。
結局フレンダの家にしばらくお世話になることに。
絹旗は「超ワザとですよね!!」と怒りを込めてフレンダに殴りかかり、フレンダは「ボーっとしてたって言ったじゃん!つい癖で爆弾にしちゃった訳よ!わざとじゃない!」と言ったが絹旗は信じてくれなかった。
また、フレンダ曰く「結局さ、愛情は爆発って訳よ!」らしい。当然、絹旗に殴られた。

その夜、絹旗はぬいぐるみにしていたようにフレンダと一緒に寝ましたとさ。

おしまい

次からは本編だけど、正直こっちが本編でもよくなってきた
276 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 00:21:02.39 ID:9wzG37c0
乙ー
277 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 00:27:13.66 ID:v4S75Oc0

あまり百合、とまではいかない所がいいね
超仲良しって感じで
278 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 00:32:49.16 ID:cnBMMsU0
>>277 あんまり「百合」ってのにハマれないのもあるけど、くっつくなら本編でくっつけたいので

>>243から

絹旗「さ、どうぞ!」

フレンダ「え?」

絹旗「ガンガン泣いちゃってください! 泣きたいときは超泣くべきです」

フレンダ「あ、あの……」

絹旗「?」

フレンダ「…………嘘」

絹旗「えっ」

フレンダ「嘘なんだ……テヘッ」

―――

滝壺「はまづら」

浜面「?」

滝壺「ふれんだを、応援しよう」

浜面「えっ!?お前も変態に」

滝壺「貴様!」

浜面「えっ?『貴様』?」

滝壺「はまづらがそんな人とは思わなかった」

浜面「え、ちょっと!」
279 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 00:35:56.43 ID:tTDeIYAO
何、本編になるだと!?

もう全然構わない。短編で続けてくれても構わない。ああ構わんとも。
280 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 00:42:41.93 ID:cnBMMsU0
滝壺「かくかくしかじか」

浜面「なるほどな……」

滝壺「だから」

浜面「あぁ……フレンダ、負けるな!」

滝壺「ファイト!」

―――

フレンダ「ガッ ヒュー ヒュー」

絹旗「はぁ、はぁ、はぁ」

フレンダ「ヒィ ヒィ」

絹旗「……え?」

フレンダ「し……にたく……ない……よぉ」ポロポロ

絹旗「そんな超殴ってませんよ!!」
281 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 00:49:39.28 ID:cnBMMsU0
>>279 とりあえず本編終わらせたいけど、落ちどころか一歩先すら見えない
ぎぶみーネタ! それを短編もしくは本編に使わせていただきます。「むぎのんめんどくせぇ」って思ってしまった>>1でした

上条「う〜ん……金、大丈夫かなぁ」

上条「お、なんとか足りるか」

―――

上条「ただいま〜」

シーーーーーーーーーーーーーーン

上条「……?」

上条「あれ?帰っちゃったのか「ちょ、ちょっとやめてよ!」「いいじゃんいいじゃん!ちょっとだけ!」

上条「」


「か、帰えってきちゃうから……んっ」

「あんな彼氏より、俺の方が数倍よくね?」

「で、でも」

「何ならセフレでいいから!」

「う……うん」

「決まり〜」

「わっいきなり、や、やめ」

上条「」
282 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 00:55:19.88 ID:cnBMMsU0
上条「」フラフラ

上条「」ダダダダ

麦野「あれ?どっか行っちゃった?」カチッ

CD「ん、もっとやさしプツッ」

麦野「ちょっとからかい過ぎたかなー。電話電話っと」prrrr

―――

上条「」フラフラ

御坂「ん?」

上条「」prrrr

御坂「ね、ねぇ、電話なってるけど」

上条「みさか、か」

御坂「ど、どうしたの?」

上条「……」ポロポロ

御坂「!?」

―――

麦野「出ない……」

麦野「自殺とかしないでしょうね……」

麦野「探しに行くか」ダッ
283 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 00:59:35.66 ID:eAu8Up60
あららやな予感
284 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 01:02:39.88 ID:j6kuWTo0
これは
むぎのんが悪いぞ。
285 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 01:03:15.01 ID:V.NIDKQ0
さぁ、どうなる
286 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 01:04:44.00 ID:cnBMMsU0
上条「……グスッ」

御坂「え、えと……どうしたの?」

上条「みさかぁ」ポロポロ

御坂「よしよし……」ナデナデ

上条「実は……」

―――

麦野「あれ?どこいったんだろ……」

麦野「……こうなったら滝壺に、ってアイツ無能力者か」

麦野「……」prrrr

『あれ?麦野?どうし「急いで上条当麻を探して!」あ、あぁ』

『はまづら、どうしプツッ

―――

御坂「まぁ……それはそれは」

上条「もう俺、どうしたら」

御坂「……許せないわ」バチッ

上条「え?」

御坂「……」バチバチバチ

上条「あ、あの」

御坂「……」スクッ

上条「みさか、さん?」
287 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 01:05:27.67 ID:4LZyOWg0
>>1の考える展開は予想すらできないんだよなあww
色々とどうなるか予想してたけどこの展開wwwwwwすげえ
288 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 01:06:40.39 ID:tTDeIYAO
>>281
プールでフレンダ、触るために画策(ベタかな)
敵の仕掛けた爆弾解体で絹旗との絆深まる(これは良いかも)
浜面のジュース飲んだら酒でした、酔ってハプニング(自由度高し、飲むのはフレでも絹でも面白くなりそうな方で)

中々難しいね、とりあえず言いたい事はさっきの短編、オチがすごい好き
289 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/09(日) 01:15:18.14 ID:cnBMMsU0
なんか地の文を入れてみる

「はぁ、はぁ……」キョロキョロ

「っもう!どこにいんっ!?」

麦野が避けた、今まで立っていた場所はもうとても人が立てるようなところではなくなっていた。どうしてこうなったかはわからないが、殺すつもりで故意にやったことは間違いない。なぜなら……

「誰? 出てきなさい!」

なぜなら、丁寧に地面に文字が浮かんでるから。

【殺 す】と

麦野は思う。私のような、レベル5に挑戦≠キることはままある話だ。実際過去に何人か自分を倒しにきたやつらは、いる。だが皆それは倒す≠フであり自分の能力がどの程度通用するのか試すような、その程度のものなのだ。だから簡単に潰せる。
いくら能力が凄かろうがその程度の覚悟ではレベル5、超能力者には勝てない。
それに自分は闇の人間だ。仕事≠ヘ殺し。人を殺めた数など今まで潰してきた蚊と同等かそれ以上かもしれない。だから自信を持ってこう言える。

「私を殺す? ハッ上等じゃないの!」

一瞬、彼≠フ姿が思い浮かんだ。そして思い出す過去の自分の発言。

――もう、殺しの仕事はやめようかなって

麦野はそれを無理矢理奥へねじ込む。知っているのだ。こんな気持ちでは殺す≠ツもりでかかってくる相手には勝てない。
自分を殺すやつにはこっちも殺すつもりでいかなければいけない。
290 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 01:16:20.38 ID:rTGEPd.o
GEP
291 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 01:16:57.15 ID:4LZyOWg0
いいね!
292 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 01:20:05.47 ID:9wzG37c0
あーあどーすんだよ
293 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/09(日) 01:25:39.30 ID:cnBMMsU0
人が立っていた。麦野以外の人だ。上条当麻か、そう思った時にはもうその人は動いていた。そして電がバチバチと音を出して飛んでくる。
それでわかった。奴は、私を殺そうとしている奴は

「第3位ビリビリの御坂美琴、だっけ?」

ランクで言えば相手が上だ。だが、それはあくまでも数字の話。常盤台だかなんだか知らないが、そんな甘いところで育ってるやつには負けない

「……ビリビリって言うな。アンタが口にしていい名称じゃないのよ」

「へぇ、じゃ、何だっけ?」

ビリビリ≠チていうのが何を指してるのかようやくわかった。ビリビリと電気を飛ばすからビリビリ。まったく、誰がつけたのかわからないがレベル5相手に命知らずなことをする奴だな、と麦野は思う。

「超電磁砲の御坂美琴よ!!」

言うと同時に電撃が放たれる。
電圧が何ボルトだろう、だとか
電流は何アンペア、だとか抵抗の計算だとか、そういうのは必要ない。
当たったら死ぬ

「いいわぁ、久々に運動ってわけね」

それでも麦野沈利は妖艶≠ニいう表現が相応しいようなそんな恍惚な笑みを浮かべた
294 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 01:28:38.18 ID:cnBMMsU0
うわ、戦闘って難しい……ちょいと時間を下さい
その間短編
295 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 01:35:53.53 ID:cnBMMsU0
とあるアイテムの恋物語 2

フレンダ「あつぅ……」パタパタ

滝壺「」グダー

浜面「大丈夫か滝壺、生きてるかー」パタパタ

絹旗「超暑いです……」パタパタ

浜面「あぁ、いったい今日は何度「るっせんだよ!!!」は、はいすいません!」

絹旗「超イライラするのはわかりますけど、怒鳴っちゃ駄目ですよ」パタパタ

フレンダ「……よし」スクッ

4人「「「「?」」」」

フレンダ「そうだ、プールに行こう!!」クワッ
296 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 01:39:26.31 ID:31zlCCo0
超甘ったれなむぎのん超うざったいですとか思ってたら
超展開が
297 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 01:40:16.75 ID:3IOadbk0
ロケットウォータースライダーをだな…
298 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 01:41:48.21 ID:1uVFgAAO
津波プールですね
299 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 01:45:21.83 ID:cnBMMsU0
滝壺「たきつぼ、たきつぼ」

浜面「どうした?」

滝壺「滝≠ニかついてるし、口に出したら少しは涼しくなるかなって」

浜面「そうかぁ?滝壺滝壺……」

滝壺「……//」

麦野「滝壺……」

絹旗「滝壺さん……」

フレンダ「うわ、何この宗教染みた連呼! 結局涼しくならないし!」

絹旗「で、超プールでしたっけ?」

フレンダ「あ、浮き輪あるから大丈夫って訳よ」

絹旗「私超泳げますから!」


滝壺「それは、ありがたい」

浜面「だよな、何か予想通りで安心したかもしれない」

麦野「じゃ、ちょっと貸切ってくるか」

絹旗「いや、超駄目ですよ」
300 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 01:48:14.07 ID:lUtqTUAO
そして客から売店の人まで全員シスターズか
301 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 01:49:27.25 ID:cnBMMsU0
その頃の上条さん。上条含めアイテム以外がプールに来た方がいいんだろうか

インデックス「暑いんだよ!」

上条「……」カリカリ

インデックス「何してるの?」

上条「宿題」カリカリ

インデックス「以外すぎるかも! で、暑いから何か涼しいものが食べたいんだよ」

上条「ない」カリカリ

インデックス「うがーーー!」

TV「いやぁ、夏といえばプールですね。アイスなんかを食べながら」

インデックス「プールに行くんだよ!」

上条「無理」カリカリ

インデックス「諦めたらそこで試合終了なんだよ!!」

上条「……」カリカリ

インデックス「無視はよくないんだよ!」

上条「……」カリカリ

インデックス「うー」

上条「じゃあ」

インデックス「?」

上条「服、脱げば?」
302 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 01:50:08.22 ID:4LZyOWg0
本編だけ早くみたいのは俺だけか・・・
303 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 01:51:43.70 ID:tTDeIYAO
>>299
やっぱ>>1とアイテムはギャグパートが輝くわww
304 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 01:52:42.76 ID:lUtqTUAO
短編も面白いからええねんただの時間稼ぎだって言うし
305 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 01:53:43.53 ID:cnBMMsU0
フレンダ「とうちゃく〜」

麦野「ここね、先週オープンしたとこって」

絹旗「ていうか、何でこの車クーラー無いんですか!?そして今回の車超狭すぎます」

フレンダ「むふふ、感触、忘れないって訳よ」

絹旗「がーー!!」

滝壺「」シーン

浜面「うわ、滝壺!」ガクガク

滝壺「あーうーあーうー」

麦野「じゃ、また後でね」

浜面「へーへー」

絹旗「ちょっと」

浜面「ん?」

絹旗「何でプールに超来ようとしてるんです?」

浜面「えっ?」

麦野「アンタはアッシー君でしょ」

フレンダ「結局『アッシー君』ってどうよ……」

浜面「な、な、何ですと!?帰れってか?ここからこのクーラーも無ぇ車で帰れってか!」
306 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 01:56:32.95 ID:tTDeIYAO
>>301
アイテム以外でネタ浮かぶなら書くと良いし。
主要人物は割りと他で書き尽くされてるから、出しとくか、くらいなら要らないかな
307 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 02:03:01.77 ID:cnBMMsU0
>>302 すいません…
>>306 わかりました

-更衣室-
フレンダ「ふー」ジー

絹旗「?」

フレンダ「いくら【2階級特進】が売りでも【A―C】は無理がある訳よ」

絹旗「う、超うるさいです!」

滝壺「わ、むぎの大きい」

麦野「そう?」

滝壺「……」ツンツン

麦野「ちょっと、くすぐったいわよ。お返し」ツンツン

滝壺「あ、あぅ……じゃあお返しのお返し」ムンズ

麦野「そ、そんな掴まなくても……」

滝壺「少しくらい、くれない?」

麦野「……無理よ」


フレンダ「……」ソー

絹旗「わーさすが麦野です。超綺麗です」

麦野「絹旗も可愛いって」ツン

絹旗「きゃっ」


フレンダ「……」
308 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 02:05:22.48 ID:lUtqTUAO
アイテムは麦のん以外はちっぱいだったな
309 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 02:06:17.01 ID:tTDeIYAO
>>302
浮かばないのに苦しんで書いても、良い本編にならないって訳よ!
同じ読むなら良い本編でしょ!
310 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 02:08:23.37 ID:cnBMMsU0
浜面「……はぁ」

浜面「(なんとかプール入りを許可してもらえたが)」

浜面「(帰り皆寝るんだろうな……俺、疲れてんのに運転か)」

浜面「(滝壺の寝顔か……見とれて事故らないようにしないと)」

浜面「ん?」

???「……」

浜面「(うわ、怖ぇ……白髪・赤い目って中二病全開だし……)」

浜面「(でも……)」

???「……チッ、小銭がねぇ、だとォ?」ボソ

浜面「ぶふぉっ(ヒョロッヒョロ!超もやし!!)」

一方通行「おィ」

浜面「は、はい!(やべぇ)」

一方通行「金貸してくれ。50円ロッカー代。100倍にして返すから」

浜面「……あ、あぁ50円くらいなら」
311 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 02:15:12.77 ID:cnBMMsU0
-プール-
麦野「あれー?浜面まだ来てないの?」

絹旗「ですね。超遅いです」

浜面「スマンスマン!」

フレンダ「……(さて)」

麦野「おっそいわよ」

浜面「いや〜何故かロッカーに金入れても鍵かかんなくてさ」

フレンダ「……(いよいよ始まるわ)」

絹旗「超不幸ってやつですね」

浜面「まったくだ……ま、金はあとで100倍にして帰ってくるらしいけど」

フレンダ「……(ポロリ、どさくさにまぎれてタッチ等等あっても、事故ならしょうがない訳よ!!)」

滝壺「?」

―――

打ち止め「おっそ〜い!ってミサカはミサカは待たされたことに不満を感じたり!」

一方通行「悪ィな」
312 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 02:15:46.39 ID:4LZyOWg0
>>309
そうだな…すまない
313 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 02:19:04.96 ID:tTDeIYAO
>>312
良いって訳よ!
>>311
来たww
314 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 02:22:23.55 ID:cnBMMsU0
フレンダ「じゃ、ウォータースライダーでもやる?」

浜面「いきなり?」

絹旗「超のびりしたいんで、流れるプールに行きたいです」ペタペタ

フレンダ「い、いや、ウォータースライダーを……」

麦野「う〜ん、私も流れてたいかなぁ」スタスタ

滝壺「私も、これで」ペッタペッタ

麦野「あ、浮き輪つけてるんだ」スタスタ

2人「「……」」

浜面「あ、じ、じゃあ俺はウォーター「さて、流れるプール行きますかね」


浜面「……」スタスタ

―――

打ち止め「あれ!あれに乗りたい!ってミサカはミサカは指差してみる」

一方通行「駄目ですゥ! 身長制限でどうせ無理ですゥ」
 
打ち止め「む!そんな子供じゃないもん!ってミサカはミサカは自慢のバディを披露してみたり!」

一方通行「……」

打ち止め「どう?ってミサカはミサカは質問してみる」

一方通行「おとなしくこっちのプール行きましょうねェ」ヒョイ

打ち止め「あ、ちょっと!ってミサカはミサカは……」ジタバタ
315 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 02:31:23.51 ID:cnBMMsU0
麦野「あ〜」プカプカ

滝壺「そういう声、おばさんみたい」

麦野「なんだとっ!」

滝壺「あぶない。浮き輪に挟まってる時に前に倒れた恐怖を知らないからそんな軽率な態度に……!」

絹旗「じ、若干、足が、超届かないかも」

フレンダ「(ここだっ!)」

フレンダ「じゃあ私が抱っこしてあげるって訳よ」

絹旗「滝壺さん、浮き輪つかまらせてください」ガシッ

滝壺「うん」

フレンダ「くっ(ま、負けない!)」

―――

浜面「一人でウォータースライダー来ちまった……結構高ぇ」


浜面「うぉ!結構速ぇ!」


-後ろの方-
一方通行「保護者つきッてことで大目に見てもらッたが」

一方通行「遅ェ!」カチッ

ギュイイイイイイイイイイン

打ち止め「きゃぁ!!ってミサカはミサカは抱きついてみる」ギュ

一方通行「ヒャッハーーーーーーーーーーーーー!!!!」
316 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 02:37:31.61 ID:cnBMMsU0
麦野「?なにかしら」

絹旗「ウォータースライダーで超事故ったらしいですよ」

滝壺「怖い」プカプカ

絹旗「いきなり超スピードが上がったとかで、一人頭ぶつけて救護室行きですって」プカプカ

麦野「ウォータースライダー行かなくてよかったわね」

フレンダ「(くそっ!これじゃ警戒が……)」

絹旗「う〜ん、でも超興味あるので後で行ってみます」プカプカ

フレンダ「(きた! 多分身長制限で無理だから、保護者で!)」

絹旗「? フレンダ、さっきから喋りませんね」

フレンダ「え、えぇ?そう?」

麦野「アンタが言ったんじゃないの、プールって」

フレンダ「いや〜そうなんだけど、実は結局あんまり泳げないから」

滝壺「そうなんだ」

フレンダ「だから、最愛につかまるって訳よ」ギュ

絹旗「何でですか!」

フレンダ「(強引だけどタッチ成功!やわらけぇ〜)」
317 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 02:41:56.67 ID:tTDeIYAO
プールで無言→ムッツリ
基本ですねww
318 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 02:43:23.84 ID:cnBMMsU0
一方通行「打ち止めァ!流れるプールらしいが、随分と遅ェじゃねェの」

打ち止め「そ、そんなこと無いんじゃない?ってミサカはミサカはさっきの恐怖を思い出しつ「遅ェ!」ひぃっ」

一方通行「どォせなら速ェ方がいいンだよ!」カチッ

ギュイーーーーーーーーーーーーン

―――

4人「「「「?」」」」

麦野「わっ」

滝壺「わ〜〜〜〜」

絹旗「うわっいきなり超スピードが上がりました!」

フレンダ「きゃあっ」ギュ

絹旗「ちょ、どこを超触ってんですか!」

フレンダ「流れ速いから仕方ないって訳よ!(僥倖!)」

滝壺「っ」ピョーーン

絹旗「わ!滝壺さんが浮き輪から超飛び出ました!」

麦野「ちょっと、止めてよ!」

絹旗「能力で超なんとかならないんですか?」
319 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 02:47:46.10 ID:cnBMMsU0
フレンダ「ば、爆弾」

絹旗「超やめてください!」

麦野「ビーム」

絹旗「やっぱり超やめてください!」

フレンダ「最愛〜怖いよ〜」棒読み

絹旗「あ〜もう!だからって超くっつかないでください!」グイッ

フレンダ「うわっ!」

麦野「あ、流されてったわ」

―――
「うわあああああ」

一方通行「あン?」

打ち止め「きゃあ!」

一方通行「打ち止「きゃあ!!」ってお前、この前の老婆」

フレンダ「失礼な!!」
320 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 02:56:15.57 ID:cnBMMsU0
一方通行「チッ」

フレンダ「舌打ちってそんな!」

一方通行「打ち止めァああああああ!」ザバザバ

フレンダ「うわ、なんか流れに逆らってるし!」

一方通行「わァあああ」

フレンダ「あ、負けた」

ギュイーーーーーーーーーン

フレンダ「何かまた速くなった!」


―――

-数分後-

フレンダ「あ、あれ……」ムニ

フレンダ「!これは、結局偶然という名のお約束!?」
321 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 02:58:32.41 ID:tTDeIYAO
一方さんが居たのはこういう事だったのかww
322 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 03:04:40.56 ID:cnBMMsU0
一方通行「あァ?」

フレンダ「ふざけんなぁあああああ!!」ドガッ

一方通行「お、おィ」ムンズッ

フレンダ「ふぇっ!?」

一方通行「あ、悪ィ」

フレンダ「どこ触ってんだよぉおおおおお!!!」

―――

絹旗「あたたた……あれ?」

麦野「ん?」

絹旗「あ、はわわわ、超すいません」ムニッ

麦野「あ、ちょっと!」

絹旗「で、でも超やわらかいですね……悔しい」ギュウウ

麦野「痛いから!」

―――

滝壺「大丈夫?はまづら」

浜面「あれ?どうしてここに?」

滝壺「なんというか、プールに投げ出されて上がっちゃったからついでに」

浜面「そっか」

滝壺「痛いトコとかない?」サスサス
323 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 03:11:03.77 ID:cnBMMsU0
一方通行「で、いくらになンだァ?修理費ってのは」

オーナー「こ、このくらい……」スッ

一方通行「チッ、払ってやるよォ」

麦野「悪いわね」

一方通行「ったく……」スタスタ

打ち止め「ばいばいってミサカはミサカは手を振ってみる」フリフリ

フレンダ「……触られた……触られた」ブツブツ

絹旗「いたたた」

麦野「さて、最後に何か入りますか」

フレンダ「!じゃあウォータースライダーを!!」

絹旗「そうですね。超興味ありますし」

フレンダ「(きたわぁああああ!!)」

―――

土御門「うひょーこいつはなかなかだにゃー」

結標「はぁ?女の体撮って楽しいの?」

海原「ちょっと理解できませんね」

土御門「いやいや、そうじゃなくてこいつを売るんだにゃー」

海原「ち、ちなみにこの小さい御坂さんはいくらで?」

土御門「あ、そいつは先客がいるから無理だにゃー」

結標「ん?この小さい子と金髪の子は?」

土御門「あぁ、今回は変わったお客さんが2名いるからにゃー」
324 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 03:21:34.98 ID:cnBMMsU0
俺には水着描写や事故≠ヘ難しかった……

フレンダ「……」ドキドキ

麦野「さてっとじゃ、行ってくるわ」ビュー

係員「ちょっとこの身長計で……」

絹旗「あ、はい」ペタペタ

フレンダ「……」ドックンドックン

係員「あーう〜ん……ギリギリ……いや、でも」

絹旗「だ、駄目ですか?(ちょっと窒素を使って……)」

フレンダ「……」バックンバックン

係員「まぁ、ギリギリいいかな」

絹旗「わ〜」

フレンダ「ふ ふ ふ、き た わ〜」バタッ

絹旗「わぁ!フレンダ!!」

―――
-帰りの車内-

フレンダ「……」シクシク

滝壺「ふれんだ、泣かないで」
325 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 03:26:10.63 ID:cnBMMsU0
浜面「はっはっはっは」ヒック

麦野「うわ、酒臭っ!」

滝壺「駄目だよはまづら、飲んで運転したら。それ以前にまだ未成年だし」

浜面「大丈夫大丈夫。短い距離だし、事故ったって他人の車だし」

滝壺「でも、浜面が」

浜面「お前らが守ってく「「「(超)無理(だよ)(ですよ)」」」……」サーー

麦野「んじゃ、これ貰うわ」プシュッ

浜面「あぁいいぞ〜 なんせ50円が100倍になって返ってきたからな〜」

滝壺「5000円だけどね」グビッ

浜面「俺にとっちゃ大金なんだよ。というかお前も飲むのかよ」

浜面「あ〜フレンダ、お前も飲め。嫌な事は忘れるべきだ」

フレンダ「……うん」プシュッ

絹旗「あ、私に下さい。喉かわいちゃって」ヒョイ

絹旗「いただきます」グビッ

4人「「「「あっ」」」」


おしまい & 続く……?

一言言うと、ごめん
326 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 03:32:42.75 ID:tTDeIYAO
乙〜!浮かばなくなってきたらストップして後日投下で構わないんだぜ
スゲェ面白く作ってくれて嬉しかった!
おやすみ!!
327 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 03:32:51.47 ID:RdNGp6AO
今日はもう寝て本編はまた今度にしてほしい。
ちゃんとおもしろいのみたいしな
328 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 03:54:18.99 ID:cnBMMsU0
>>327 実はそのつもり
でも期待しすぎると酷い結果になるので注意

短編と両方あわせて作りたい……
そういえば「第二火曜日」ってのをチラチラ見たんだけど、鯖落ち定休日とか?
よくわからないけど、明日もこれたらいいな……
329 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 04:38:08.77 ID:cOtiCdEo
>>328
調整だかなんだかで第二火曜日から数日間つながらなくなる。
ちなみに前回は金曜日に復旧した
330 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 04:46:25.23 ID:EuvaU6Qo
調整じゃないよ
管理人が鯖代払うのに使ってるクレカ無くした?とかでしばらく止められるだけ
一時期は赤字で払えなかったらしいから広告踏んであげるといい
331 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 06:12:33.07 ID:cOtiCdEo
>>330
ちょっくら広告踏んでくる

絹フレいいなぁ、でもむぎのんはもっといい!……ガハッ
332 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 13:46:28.88 ID:cnBMMsU0
おはようございます >>1です
絹フレが本格的にキてる感じなのでそっちの書き溜めしてます
333 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 13:49:35.81 ID:pMJNnok0
きたーーー!!!
まってたよおん
334 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 14:04:46.89 ID:cnBMMsU0
安価使いたいからそこまで投下

とあるアイテムの恋物語 3

フレンダ「最愛をデートに誘いたい訳よ」

一方通行「毎度毎度どォしてオマエは俺に相談する?」

フレンダ「なんだか親近感がわいてしまった訳よ! あ、でも私最愛一筋だからそういうのはお断りね」

一方通行「興味ねェよ」

フレンダ「で、どうすれ「帰る」ええっなんで?」

一方通行「こっちは忙しいンだよ。代わりのやつ呼ンでやっから」prrrr prrrr

フレンダ「まともなの頼むよ」

―――

土御門・フレンダ「「(金髪……なんか怖いにゃー(訳よ))」」

土御門「で、なんだにゃー?」

フレンダ「わーあなた猫語を喋れるんだね」

土御門「はぁ?」

フレンダ「にゃー」

土御門「はぁ……」
335 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 14:07:25.01 ID:cnBMMsU0
フレンダ「――というわけ」

土御門「普通に誘えばいいんじゃないかにゃー?」

フレンダ「う〜ん……でも、デートって何やればいいんだか」

土御門「あ、そういや知り合いに1級フラグ建築士の奴がいるぜい」

フレンダ「本当!?(フラグ……?)」

土御門「あ〜でも、紹介するのはちっと条件があるにゃー」

フレンダ「?」

土御門「写真、撮らせてくれない?」

フレンダ「ん?いいよ〜」

土御門「じゃあ床に四つんばいになって上目遣い、頬は少し蒸気させ、服も少しはだけて」

フレンダ「え、えぇっ!? ちょっとそれは無理な訳「じゃあこっちも無理だにゃー」外道!!」

フレンダ「で、でも……」

土御門「な、頼むぜい」

フレンダ「うぅ……ん、い「土御門、死んでください」ん?」

土御門「ねー……ちん……?」ダラダラ
336 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 14:09:23.42 ID:cnBMMsU0
土御門(だったもの)「」ピクピク

神裂「知り合いが失礼しました」ペコッ

フレンダ「あ、全然気にしてない訳よ」

神裂「で、どうしたのでしょう? 私でよければ相談にのりますが」

フレンダ「あ、実は――という訳よ」


神裂「これはいわゆる百合というものでしょうか」

フレンダ「らしいね」

神裂「(く、正直逃げたい……でも、救われない者に救いの手を)」

神裂「あなたは、その子が好きなのでしょう?」

フレンダ「はい! 恋愛的な意味で大好きな訳よ!!」

神裂「それだけ私の前で言えるならその子の前でも言ってみなさい」

フレンダ「え?」

神裂「思いは伝わるものですよ」
337 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 14:13:42.22 ID:cnBMMsU0
フレンダ「最愛ぃいいいいいいい!!」

絹旗「うわっ」ドテッ

フレンダ「椅子から落ちたけど、結局大丈夫?」

絹旗「いたたた、なんですか?」サスサス

フレンダ「私とデートしよう!!」

絹旗「超丁重にお断りします」

フレンダ「じゃあ、私と遊びに行こう! 映画なんかを見ようじゃないの!!」

絹旗「まぁそれなら……って言葉超変えただけでニュアンスが全然違うんですね」

フレンダ「じゃあ出発! お昼前だし、見た後ご飯ね」

―――

麦野「なんとか上手くいったらしいじゃないの」

浜面「そうだな」

麦野「じゃ、私も当麻君と行って来ようかな」

浜面「暗闇だからって襲うなよ」

麦野「……ふふっ」

浜面「否定しようぜ!!」
338 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 14:16:16.89 ID:RdNGp6AO
本編考えてきた?
339 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 14:16:36.73 ID:cnBMMsU0
フレンダ「ところで、結局どんな映画を見るの?」

絹旗「どうしましょうか……」

1,恋愛映画

2,C級恋愛映画(シーン有り)

3,ホラー映画

4,C級ホラー映画(とにかくグロい)

5,GEKOTA THE MOVIE

>>339
>>340
>>341
>>342
の統計で。同数なら>>341
340 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 14:17:51.92 ID:pMJNnok0
341 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 14:18:39.36 ID:qe87fqEo
4
342 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 14:18:39.37 ID:1HBxCxM0
5
343 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 14:18:50.22 ID:cnBMMsU0
>>338
一応、書いてありますがまだまだ推敲するつもりです

>>339安価数字ずらしてください

>>401
>>402
>>403
>>404

安価踏んでしまってたなら↓
344 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 14:19:24.42 ID:v4S75Oc0
5
345 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 14:20:00.84 ID:R0lgu8Qo
遠いよ!VIPでも遠いよ!
346 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 14:20:02.41 ID:pMJNnok0
ksk
347 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 14:20:28.98 ID:pMJNnok0
ksk
348 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 14:20:41.71 ID:cnBMMsU0
うわ、俺何してるんだろ

5が多いらしいので5ルートで
349 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 14:20:47.54 ID:pMJNnok0
ksk
350 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 14:21:12.22 ID:1HBxCxM0
ksk
351 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 14:21:32.75 ID:RdNGp6AO
5
352 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 14:21:42.18 ID:pMJNnok0
ksk
353 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 14:22:15.98 ID:1HBxCxM0
ksk
354 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 14:23:38.04 ID:pMJNnok0

ksk
355 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 14:23:44.95 ID:1HBxCxM0
ksk
356 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 14:24:50.23 ID:cnBMMsU0
>>343
安価数字のミスです、すいません

GEKOTA THE MOVIE

フレンダ「……」ニヤニヤ

絹旗「な、なんですか?」

フレンダ「最愛ちゃんも可愛いところあるね〜これアニメでしょ?」

絹旗「え? 元ネタはアニメですがこれは実写ですよ?」

フレンダ「えっ」

絹旗「入りましょうか」

フレンダ「その前に飲み物とポップコーン買ってくる」

――GUEST : 御坂美琴と妹達
357 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 14:32:08.80 ID:cnBMMsU0
フレンダ「……(い、今更だけどドキドキしてきいた訳よ)」ドキドキ

フレンダ「(暗闇で2人きり……むふふ)」ニマニマ

―――

絹旗「……(これは、C級というよりやってしまった♀エ超バツグンですね)」

絹旗「(しかもゲストで超電磁砲……と妹さん?)」

絹旗「(色々な意味で超ドキドキします)」ドキドキ

―――

フレンダ「あ、始まった」

絹旗「……」ジー

フレンダ「(なんだかんだで子供なんだから……)」

―――

一方通行「(あの金髪、もっとくっつけよォ……)」

打ち止め「わ、ゲコ太!ミサカはミサカははしゃいでみたり」
358 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 14:32:24.18 ID:pMJNnok0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org872573.jpg
359 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 14:40:15.52 ID:cnBMMsU0
>>358数秒間見つめてしまった

絹旗「……」ビクッ

絹旗「……」ウルウル

絹旗「…………」ドキドキ

フレンダ「……(リアクションが面白い訳よ)」

フレンダ「(にしても、これは結局失敗かな……眠い訳よ)」フワァ

フレンダ「(でも寝るのも失礼だし、何か食べて……)」スッ

絹旗「……」スッ

2人「「!?」」ビクッ

フレンダ「わ(手、ちっちゃい……)」

絹旗「……」

絹旗「……」ギュ

フレンダ「!」

絹旗「い、今だけですからね」ボソ

フレンダ「うん」ニギ
360 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 14:41:41.21 ID:rTGEPd.o
リアルゲコ太……
361 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 14:49:44.89 ID:31zlCCo0
超電磁砲と妹達の恥ずかしいシーンで気まずくなるんですね
わかります
362 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 14:51:54.46 ID:cnBMMsU0
フレンダ「……(ねむ……)」

絹旗「(こ、これ、敵が吹っ飛ぶシーンとか感電するとことか妙に超リアルです)」

絹旗「(こ、怖い、超怖いです……感電の表情が、本物です)」ギュ

フレンダ「……」スピー

絹旗「(ふ、ふれんだぁ……?ね、寝てしまったのでしょうか)」

ギャアアアアアアア
絹旗「……ヒィッ」ビクッ

グシャッ
絹旗「う、うぅ……」

絹旗「(超おかしいでしょ! これ幼児向け映画では……)」

オペノ ジュンビヲ
絹旗「(手術?)」

―――

打ち止め「」

一方通行「お、おォ……」ゾクゾク
363 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 14:56:42.19 ID:pMJNnok0
一方さんがいいキャラしてるなあ
364 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 14:57:15.48 ID:cnBMMsU0
マモッテヤルワヨ アンタト アンタノマワリノ セカイヲ
絹旗「(演技が超最悪です)」

絹旗「(あ、アレ妙に超リアルゲコ太……)」

オペヲ カイシ スルヨ ハンマー
絹旗「(ハ、ハンマー?)」

絹旗「(ってこれ医療とかの映画だったんですか……)」

ドウゾ ト ミサカハトンカチヲテワタシマス

絹旗「(スタッフが全員同じ顔……)」

ア ヤベ……マイッカ
絹旗「(え)」

絹旗「(この患者役も同じ顔……)」

―――

ミサカ「綺麗です……とミサカはつぶやきます」

御坂妹「や、やめ……マジやめrあああああああ」

絹旗「……」
365 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 15:02:33.94 ID:cnBMMsU0
『フレンダ「綺麗な訳よ……」』

『絹旗「や、やめ……」』

絹旗「ハッ (な、ないです!超ないです!!)」


ミサカ「んっ、そこはぁとミサカは台本どおりのお芝居に乗じて少し触ってみます」

御坂妹「もうやだ……とミサカは初めて、涙を、流します」

絹旗「(……超マジ泣きです)」

フレンダ「……」スピー

―――

『「打ち止めァ……」』

『「うざいんだけど。あ、洗濯物別にしてねってミサカはミサカは……この口調めんどくせー」』

一方通行「ハッ 夢かァ……」
366 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 15:08:35.99 ID:cnBMMsU0
オペハ シッパイダ
絹旗「(超失敗するんかい!)」

〜〜エンドロール

絹旗「……終わり?」

フレンダ「……」スピー

絹旗「え、ちょっと、何あのラスト。超バッドエンドとか超展開とかそんなチャチなもんじゃないですよ」

絹旗「でもこれだからC級が超やめられません」

絹旗「あ、フレンダ」ユサユサ

フレンダ「んーー」

絹旗「起きてくださいって」

フレンダ「うぅ……」カクッ

絹旗「ハッ か、顔が……ゴクッ」

―――

フレンダ「……あれ、結局終わったの?」

絹旗「は、はい///」

フレンダ「ん? どうして赤くなってるの?」

絹旗「な、なんでもないれす……//」
367 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 15:16:19.57 ID:tTDeIYAO
ニヤニヤ
368 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 15:18:47.10 ID:cnBMMsU0
フレンダ「ふー、あんましお腹減ってないなぁ」

絹旗「そうですね」

絹旗「あ、そういえばこの映画の場合何か玩具的なものが超もらえるらしいです」

フレンダ「じゃあそれ貰ってくか〜」

絹旗「あれ、貰うんですか? 超馬鹿にしてもらわないと思ってたのに」

フレンダ「まーね」

―――

絹旗「ひぃっ」

ミサカ「どうかしました?とミサカは問いかけます」

絹旗「…………な、なんでも」

御坂妹「」

フレンダ「?」
369 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 15:25:09.52 ID:cnBMMsU0
-帰り道-

絹旗「超楽しかったですか?」

フレンダ「まぁ」

絹旗「でも9割超寝てましたよね」

フレンダ「あー、それは悪かった訳よ。ビクビクしてる絹旗が可愛くてつい」

絹旗「お、起きてたんですか!?」

フレンダ「えへへ」

絹旗「もう!」

フレンダ「でも、結局一つわからないことがあるの」

絹旗「なんです?」

「頬がスースーしてた訳よ。なんか濡れてるような」

「っっし、知りませんよ!」

「ふふっ」

「?」

「もう一回、して」ツンツン

「わーーーー!!やっぱり超起きてたんですか!!」

手も繋いだし、キスまでした。A,B,Cで言うとAくらいはいったかもしれない、そんなアイテムの日常でした
370 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 15:27:54.07 ID:cnBMMsU0
上条「………」

麦野「あはっ、よかったわぁ……」ウットリ

上条「もう、無理っす」

麦野「何言ってんの?もう1ラウンド!」

上条「ひ、ひぇえええ」





麦野「今度はこれね」

上条「もうやだああああホラー、しかもありったけグロいシーンを詰め込んだやつなんてやだあああああ」


次は本編、かもしれない
371 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 15:40:34.86 ID:cnBMMsU0
>>293から
超展開過ぎですけどむぎのんの戦闘狂と美琴の愛で補完してください

「っ!」

美琴の電撃の槍≠ェ麦野を襲う。
が、麦野はこれをスイスイと避けていく。しかし逆に麦野から攻撃することはなかった。

「アンタ、攻撃しないわけ?」

美琴が質問する。
殺しにこないのか≠ニ

「うっせェ!、関係ねぇだろ!!」

言葉はこうだが内心麦野は焦っていた。
何故、何故、なぜ――そういう疑問でいっぱいだった。
かなり前から隙はある。まるでワザと作っているような隙が。
だが攻撃できない。能力原子崩し≠使えない。
出てくるのは彼の前で言った言葉。
もう、殺しの仕事はやめようかなって

「つぅか、何でアンタは攻撃してくんの?」

特に疑問に思っているわけではないが質問した。
そしてかなり追い込まれてると自覚した。

「アンタ、それ本気で言ってんの?」

「へぇ、あの男に惚れてんだ」

一瞬相手の攻撃が止まる。隙が出来た。ここだ、と思うが何故か出来ない。
演算をするが実行に移せない。イライラする。何で、何で、何で、何で。
372 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 15:41:47.75 ID:pMJNnok0
本編きたか・・・

















































wwktk
373 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 15:45:35.56 ID:cnBMMsU0
私が今こいつに攻撃したら彼≠ヘ悲しむだろうか。

私が今こいつに攻撃されたら彼≠ヘ悲しんでくれるだろうか。

私が――

自分の行動に対する彼≠フ気持ちが気になってしょうがない。イライラする。何で、何で。

「遊びなの?」

「は?」

「アイツに近づいて、恋人にもなって、それは遊びなのかって聞いてんのよ!!」

絶叫にも近い声で発せられた声は電撃と一緒に麦野に向かう。

麦野沈利は考える。何でこんなことに……

思い返せば私が悪い。でも――

「お前には関係ねぇんだよォォ!!!」

初めて能力が発動した。

その放たれた光線は美琴のすぐ横の電柱に当たり、その電柱は粉々になった。

「やっとやる気になった?」

「うぜぇよ。吠えんなガキ!!」
374 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 15:52:17.88 ID:cnBMMsU0
上条当麻は動けなかった。
美琴に言われた言葉を思い出す。

「アンタ、アイツが遊びでアンタと付き合ってるとしてたらどう?」

そんなことはない≠サの一言が出ない。

「今から私はアイツを[ピーーー]。絶対[ピーーー]」

やめろ≠サの一言が出ない。

そして最後の言葉

「好きだよ、当麻」

これが一番上条当麻を狂わせる。
美琴が俺を好き、その事実を知るが返す言葉はでない。
俺には彼女がいるから≠フ一言が、出ない。

「どうすりゃいいんだよ……」

天を仰ぐ。空は今日も青く雲一つない明るい空だ。
そんな空に不釣合いな音が響き、光が見えた。美琴が戦ってるんだろうか。
麦野沈利は、という疑問より先に美琴が出たことに戸惑う。

「よくわんねぇ」

自分は馬鹿だなと思う。だから、やっぱり行くしかないのだと思う。

上条当麻は走り出す。2人の超能力者のもとへ
375 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/09(日) 15:57:44.95 ID:cnBMMsU0
>>374回避忘れ どこに入ってるかわからないから常にsagaにしときます

「はぁ、はぁ……」

「あれー? 息が荒いわよ? 殺すんじゃないの?」

原子崩し≠ノ美琴は戸惑っていた。
自分が電撃を放つと、それが軌道を変えられるのだ。前にもこんな風に自分の電撃がまったく通じ無かったことがあった。
絶対能力進化――実験
一方通行に何度電撃を浴びせても一発も届かなかった。

「じゃ、こっちからいこうかなー」

笑いながら放たれる白く輝く光線。

「くっ!」

美琴の後ろ、2つ目の電柱が崩れ落ちる。

「まだまだァ!」

今度は四方八方へ分散された光線。
美琴は思う。ここで戦うのはマズい。まず、狭すぎる。
そう考えた美琴は走り出す。

「逃げんな売女ァ!! 愉快にケツ振りやがって、第三位の名が泣くぞォッ!!」

美琴は走る。
376 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 16:00:10.02 ID:RdNGp6AO
いいね
377 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/09(日) 16:03:16.81 ID:cnBMMsU0
着いた先は鉄骨で囲まれた廃屋らしきところ。本来の使われ方はわからないが、今は誰もいない。

美琴はコインを握る。レールガンを撃つ体勢に――

「!?」

突然鉄骨が崩れはじめた。

ガランガランと音を立てて上から降りそぐ。美琴は急いで電撃でそれらすべての鉄骨をくっ付け、空中で留める。

「んー? チッ、生きてるし」

不満そうな声をもらして美琴の姿を見る。

「やるわねぇ!! 面白いわァ!!」

あの電撃の電子を操ってしまえばあの鉄骨は武器になるんじゃないか。

ゲーム感覚で超電磁砲の攻略≠始める。完璧にクリアするのも良い。気持ちがいい。

でも、やっぱり楽しいのが一番かもしれない。以前の私は完璧こそが至高だったのに。

美琴は鉄骨をすべて麦野の方へと放る。

チッ、と舌打ちして自分の前に壁のように能力を展開させ鉄骨を防御する。

「へぇ、やるじゃない!!」

美琴が言う。
378 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/09(日) 16:11:26.15 ID:cnBMMsU0
美琴は2枚目のコインを握る。レールガンを、全力で撃つ。

「それ、何?」

のん気に麦野が質問するが答えるつもりはない。変わりに

「いいじゃない。漫画みたいに一撃で勝負ってのも、なかなかいいもんよ」

と言ってやる。

「んのガキがァ!! 舐めたことをォ!! バラバラにしてやるよォ!!!」

正直迫力で怖気づく。今にも逃げ出したくなる。

お姉さま≠ニ呼んでくる後輩や御坂≠ウんと呼ぶ後輩にビリビリ≠ニ呼ぶアイツに会いたい。

これが終わったら、会いに行こう。皆に。

そして、レールガンを放つ。


麦野は左腕に違和感を感じた。マズい、能力を制御しないと左腕が吹っ飛ぶ。

「ま、それでもいいか」

そう考えているがどうにも踏み出せない。怖い。

痛いのが、飛んでくるレールガンが、怖いわけではない。左腕が飛んで醜くなった姿を彼に見せるのが怖い。

「って」

もう会わなければいいんじゃない。結論が出たところでレールガンが放たれた。
379 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/09(日) 16:19:01.32 ID:cnBMMsU0
上条当麻は走っていた。

電撃の跡は凄かったが2人の姿が見えない。

さっきガランガランと音のした方へと走っていた。

その間に考えていた。結論を出していた。

麦野は、麦野沈利は俺の彼女だ。

これが結論。従って御坂美琴とは付き合うことはできない。

そんな簡単なことを悩んでいたのか、と自分の愚かさを思う。

そして思った。アイツはからかうことが大好きなのだ。今回もきっと自分をからかっていたのだ、と。

不安なのだ。自分は本当に愛されているのか。

だったら、

だったら上条当麻がかけるべき言葉は決まっている。

上条当麻はどうにも鈍感に出来てしまった脳で一生懸命に考えた結論を持って走る。
380 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 16:20:28.71 ID:mfZdEZEo
んー
381 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 16:22:16.06 ID:pMJNnok0
さすがKJさん














































wwktk
382 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 16:25:04.43 ID:rTGEPd.o
電子を操る能力はむしろ御坂じゃ
383 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/09(日) 16:25:27.95 ID:cnBMMsU0
上条が着いた場所は、跡形も無い≠サの表現が一番似合うようなところだった。

「うぅ……」

少女が倒れている。ボロボロな姿で。

「大丈夫か御坂!!」

自分の為に戦ってもらったと思うととても辛い。

「はぁ、はぁ、あ、あ、あ」

ブルブルと震える指で上条の後ろを指差す。上条が恐る恐る振り返る。

「さいっこう!! 最高に楽しいわァッ!!!」

悪魔≠ニいう表現が似合うのかもしれない。

そんな彼女の雰囲気、容姿に上条が恐怖する。

「あー? アンタ、きたの? 今さら、おそ……」

そこまで言って悪魔≠ヘ思いっきり後ろに倒れた。ガン!という音が鳴る。

急いで駆け寄り、そこで気づく。

左腕が無い
384 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 16:32:46.98 ID:xw1yaEo0
なんだこれwwww超展開wwwwwwww
385 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 16:34:24.97 ID:pMJNnok0
そこは上条さんが助けてほしかったな・・・
386 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/09(日) 16:34:26.44 ID:cnBMMsU0
>>382 wikiか何かで見ましたが「結果的に電気も操れる」らしいのでいけるかな、と思ってしまいました

「お、おい! 沈利!!」

呼びかけるが返事はない。

上条当麻は絶叫する

「なんでだよ!! 何で!! ようやく答えが見つかったのに!!」

お前が、大好きなのに≠サの言葉を言う前に、後ろから聞こえる物音に振り返る。

「はぁ、はぁ、はは、ざまないわ」

バチバチと音をたてて発せられる電撃。

その中心の少女は笑っていた。そして右手には能力で作られた砂鉄剣チェーンソー

「な、何して」

「殺すのよ。言ったでしょ、絶対殺す≠チて」

一歩一歩美琴が近づいてくる。

だが、美琴の相手をしている時間はない。早く腕の中の麦野を医者に見せないと

「どいてよ。はぁ、はぁ……どきなさいよ!!」

「もう、やめてくれ」

「はぁ? アンタ、ふざけてんの?」

「でも、早く診せないと……」

「どこまでお人よしなのよアンタはぁあああああ!!!」

砂鉄剣を持つ美琴の右手が振るわれる。マズい。上条の右手は麦野を支えている。
387 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/09(日) 16:39:53.29 ID:cnBMMsU0
>>385 レールガン止める→後ろから光線で 光線止める→後ろからレールガン 二つとも→上条死亡 かな、と
地の文は難しい、次からなくなります


死んでない

それがわかった。次に手足を動かしてみる。足は動くし手には血がベットリとついている感覚がある。

嫌な感覚だがその感覚が自分の命を感じることができるものだと思うといとおしくてたまらない。


「麦野死なせたら超許しませんからね」

声が聞こえた。

感謝の言葉を述べる間もなく次の言葉が飛んでくる

「早く乗れ!」

車が用意されている。よくわからないが外国車だと思う。

急いで乗り込む

「ったく、奮発してこんなのパクっちまったが姫と王子乗せるのには上等か?」

「はまづら、恥かしいこと言ってないで早く」

車が発進する。乗り心地とかそんなのはわからない。

とにかく夢中で名前を呼び続ける。沈利、沈利と
388 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 16:44:49.14 ID:cnBMMsU0
-病院-
上条「はぁ、はぁ、はぁ」

医者「ん?」

上条「お、おねがいします」

医者「よし、急いで手術だ」

上条「……」

浜面「……」

滝壺「……」

―――

絹旗「この人、超お願いします」

御坂「……」

医者「まったく、今日は患者が多いな」

フレンダ「結局、助かる?」

医者「当たり前だね。僕を誰だと思ってるんだい?」
389 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 16:45:26.40 ID:3FrOvFU0
>>382
御坂は電位差を操る能力。
麦野は電子のスピンや動きを操る能力。
まあ似たようなもん。
390 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 16:49:27.96 ID:cnBMMsU0
上条「なぁ、アンタらは」

浜面「俺らは、麦野の友達かな」

滝壺「……」コクコク

上条「そっか」

浜面「ったく……ちっと立て」

上条「?」スクッ

浜面「……」バキッ

上条「うっ!」

浜面「……」ガン

上条「げほっ!」

滝壺「は、はまづら……」

浜面「もう二度と、離すなよ」

上条「……ゼーゼー、あ、あぁ」

浜面「わからねぇようなら何度でも殴るからな!」

上条「痛ぇ……骨、折れたんじゃ」ズキズキ

浜面「えっ!マジか、悪ぃ!ついでだしお前も入院してこい!!」

上条「えっ」

滝壺「はまづら……でも」

浜面「ん?」

滝壺「根本的に悪いのは、むぎのかも」

浜面「」
391 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 16:50:22.89 ID:R0lgu8Qo
火の鳥に出ていた
太陽系も巨大な原子の一部かも知れないという説が本当なら
麦野は天体をも動かせ(ry
392 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 16:53:48.46 ID:cnBMMsU0
―――数日後

麦野「ったく、なんでアンタまで入院してんのよ」

上条「いや〜なんでだろうな」

麦野「ま、いいわ。ていうかとっとと消えてくんない?」

上条「なんで?」

麦野「は?」

上条「俺はお前の彼氏だろ」

麦野「え?」

上条「もう迷わねぇし、離さないからな」ギュ

麦野「……!」


上条「…………好「痛ぇ!! 触んな!!」……」

麦野「……っ」ゲシゲシ

上条「痛っ痛い!」
393 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 16:57:46.82 ID:cnBMMsU0
一方通行「よォ三下共ォ!! ざまァ見ろォ、第三位なンかに負け」

麦野「こんのやろ」ゲシゲシ

上条「ひぃ! お、お許しを沈利さま!」

一方通行「あァ、そのなンだ、避妊はしろよォ?」

上条「どこをどう見たらそんなアドバイスが!?」

打ち止め「何のお話?ってミサカはミサカは尋ねてみたり」

一方通行「オマエにゃ関係ねェ」

打ち止め「それより聞いて!この人ったら、一番にお見舞い行くって聞かな痛い痛い!チョップはやめてってミサカはミサカはお願いしてみる」

一方通行「何でも一番だァ!悪ィか!」

麦野「否定はしないのね」

一方通行「あァ、それと超電磁砲だがな」

上条「なんかあったのか?」

一方通行「ぶッ壊れる一歩手前だッたッてよ。精神ボロボロ」

上条「そうか……」
394 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 17:02:25.92 ID:cnBMMsU0
絹旗「こ、こんにちは」

麦野「あ、絹旗」

フレンダ「ど? 結局元気?」

麦野「あちこち体が痛いわ。左腕は吹っ飛んだし……」

上条「沈利……」

一方通行「あァ? 何を心配してンだァ?手ならくっつけられるっつゥの」

麦野「え?」

一方通行「この病院の医者はちッとばかし腕がやべェンだよ。任せとけばなンとかならァ」

打ち止め「この人もお世話になったんだよってミサカはミサカは補足してみる」

フレンダ「あらあら、まぁまぁ……」

上条「ん?」

フレンダ「結局麦野にはもう子供がいたのね……名前は?」

麦野「あ、いやこの子はこっちの白髪の子供でしょう」

一方通行「違ェよ!!」

「病院では静かに!!」

一方通行「あ、すみませン」
395 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 17:04:01.61 ID:pMJNnok0
一方wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
396 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 17:06:37.70 ID:xw/dbW20
一方通行「あ、すみませン」

わろた
397 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 17:07:13.91 ID:cnBMMsU0
一方通行「ンじゃ、帰るか打ち止め」

打ち止め「またねってミサカはミサカは手をふってみる」

バリン!

フレンダ「あ、結局窓ガラス割って飛び降りて帰ってったけど……」

絹旗「超デンジャラスな人なんですね」


垣根「あ」バッサバッサ

上条「お前は「バリーン」あああああ!!」

垣根「テヘッ」バッサバッサ

上条「テヘッじゃねぇ!!!」

絹旗「じゃあ私は超帰ります」

フレンダ「じゃ、またね。行こうか最愛」

麦野「あの子達、なんだかんだで上手くいったのね」

―――

滝壺「はまづら、お見舞い行かないの?」

浜面「まだ行かねぇ。そっとしとくべきだろ」

滝壺「骨折ったしね」

浜面「それは……事故だ」
398 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 17:12:19.59 ID:cnBMMsU0
上条「ふぅ〜」

麦野「ね」チョンチョン

上条「ん?」

麦野「ガラス割れて寒い」

上条「あ、じゃあガムテープかなんか……」

麦野「そうじゃないでしょ。近くにきなさい」

上条「じゃっ、し、失礼します」モゾモゾ

麦野「いらっしゃい」

ガラッ

土御門「カミや〜ん、また入院なんてついてな「あ、あったかいな」「そう? あなたもあったかいわ」

土御門「」

青ピ「どうしたn「ちょっと、どこ触てんの?」「さ、触ってねぇよ」

青ピ「」

青ピ・土御門「「失礼しました(したにゃー)」」
399 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 17:17:34.47 ID:cnBMMsU0
白井「……お姉さま」

御坂「……」

初春「御坂さん、何か食べたいものとかあります?」

佐天「何かしてほしいことがあったら言ってくださいね」

白井「…………」

初春「…………」

佐天「…………」

御坂「買い物」ボソ

白井「はい?」

御坂「退院したら、行こうか。皆で買い物」

白井「……はいですの」

初春「楽しみにしてます」

佐天「早く治してくださいよ!」
400 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 17:22:06.75 ID:cnBMMsU0
-その夜-

上条「……寒い?」

麦野「うん。だからもっと近くに」

上条「あ、あぁ……でもいいのかな、1つのベッドに患者が2人って……」

麦野「構わないでしょ。それとも嫌なの?」

上条「いえいえ滅相もない!」


麦野「……子供は何人欲しい?」

上条「それは冗談ですよね!? 上条さんまだ学生ですから!」

麦野「さーてね」フイッ

上条「…………」

麦野「……ねぇ、したい?」

上条「え?」

麦野「退院したら、ね」クルッ

上条「っ」ゴクッ


「なーにマジになってんの」

「えぇ!? 今の上条さんのドキドキ純情ハートを返して!!」

「やっぱからかい甲斐≠るわぁ……でも」

「ん?」

「次は、本気かもしれないわよ。もうこんな目は嫌だからね」

「き、期待して待ってます」


おしまい
401 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 17:23:29.47 ID:mfZdEZEo

( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?
402 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 17:24:02.72 ID:pMJNnok0
おつ!!
これで早寝早起きができる・・・

だが楽しみがなくなったのはきついな
403 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 17:25:22.74 ID:R0lgu8Qo

これでブラウザが少し軽くなる
404 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 17:31:35.94 ID:cnBMMsU0
>>1です
見てくださってありがとうございました!
正直浜面に頼りまくった感じです。
405 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 17:50:03.14 ID:.zdKH9go

面白かったよ〜
406 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 17:57:00.07 ID:3FrOvFU0

地の文もなかなかいいんじゃないかと思うよ
続編期待してます
407 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 18:11:37.44 ID:n454KhU0
美琴・・・
408 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 18:11:55.47 ID:tTDeIYAO
超アイテム満喫できました
幸せ麦野に超子供作って欲しいです
409 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 18:56:05.26 ID:cOtiCdEo
>>408
なになに、子供が欲しいの?
結局絹旗がその気なら、私も一肌脱いじゃう訳よ!

410 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 19:04:18.66 ID:v4BFM.SO
乙んつん
411 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 19:08:30.66 ID:tTDeIYAO
>>409
色んな意味で超無理ですから!

良い忘れてました>>1超乙です!
412 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 19:15:09.28 ID:cnBMMsU0
>>1ですけど、1000までやるって言ってた気がするので何か浮かんだら投下しようと思います
>>1の練習として

書き溜めしてからの投下ですけど
何度もすいませんが、お付き合いください
413 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 19:27:55.16 ID:XAsOuQSO
どんどん書いてくれー
麦のんのデレがあったら俺に良し
414 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 19:31:43.26 ID:/nMdd8k0
>>387
この説明で浮かんだのはミュウツーの逆襲
415 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 19:59:37.23 ID:cOtiCdEo
>>412
手こずっているようだな、尻を貸そう

気体
416 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 21:32:27.93 ID:EuvaU6Qo

だがていとくんはマジで何がしたかったんだwwwwいちいち出てくんじゃねーよ吹いたじゃねーかwwww
417 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 22:01:07.82 ID:VczW3oko
続きがいいな
418 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/09(日) 22:02:45.51 ID:A1KO0wAO
面白かったお


超電磁砲引きこもりピザニートエンドか

プッwwwwww
とかいって申し訳ない
419 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 22:05:02.15 ID:R0lgu8Qo
現実的にはもっと酷いが
描写的にはマシだったな
420 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/09(日) 23:27:42.48 ID:j6kuWTo0
後日談的なものを期待してみる
421 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/10(月) 18:12:45.44 ID:gmgNLNE0
>>1です

>>414 関係ないけど大好きだったよ

>>416 窓割って欲しかった。あと心理定規とくっつけとけばなんか役にたつかと思った

>>419 それは作者の力不足です。

上条or麦野NTR考えた昨日の俺死ね
少ししたら投下します。今日中に終わらせることはできないと思いますが
422 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 18:30:48.89 ID:tVGw7l60
>>421
上条×美琴で、むぎのんが寝取ってしまうのを希望します
423 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 18:34:42.63 ID:gmgNLNE0
>>422
えっ超マジですか?
ていうかこっからどうやって上琴に……
一応考えてはおきますが、とりあえずは続きという感じにさせてください
424 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 18:47:05.96 ID:gmgNLNE0
麦野沈利は隣に寝ている不幸少年の不幸を返済し、おつりまで来てしまいそうな幸せそうな顔を浮かべて眠っていた。

ちなみに隣の少年はというと、息を切らし体が重くなったような疲れに現在進行形で襲われている。額からは汗も流れ落ちている。

余談だが、彼にとって初めて≠フ人は麦野沈利であるが、今回が初めてではなく2回目だったりする。前回よりも若干上達した気もしなくも

ない行為だったので満足といえば満足だが

「つ、疲れた……はぁ、はぁ、はぁ」

現在時刻は午前5時40分。不幸な少年上条当麻はこれから準備をして学校に向かうのである。

いつもなら全然余裕で眠っていて、インデックスに占領されてからずっと使っている相棒の風呂場ベッドから落下し

そのままトイレなんかに行く時間なのだが、今日はもう出かけなければいけない。

何故ならここは上条当麻の家ではなく、麦野沈利、彼女の家だからである。

「……」

ふと隣で寝ている女の姿を見る。豊満な胸や瑞々しい肌が薄い毛布に包まれている。どちらもさっきまで自分が触れていたものだ。

首というより鎖骨に近いのだが、そこには赤い虫刺されのような跡もついている。

閉め切られたカーテンの隙間から朝日が差し込む。季節は夏も過ぎ、これから冷えてくる秋に突入するのだが

まだまだ暖かい日は続いていたりする。

「じゃ、行ってきます。沈利」

そう言って頬に自分の唇を当てる。当てられた側の人間は一段と幸せそうにむふふ、とうなっている。

鍵をかけポストにつっこんで学校へと向かう。太陽が黄色いというのは本当だったと上条当麻は新たな発見をした
425 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 18:54:34.31 ID:gmgNLNE0
幸か不幸か上条当麻が見ていないところで死闘が繰り広げられ、結果的に左腕を失うことになってしまった麦野沈利は

常識では考えられないスピードで退院することになった。何故そうなったかというのも医者の腕がいいからであり

決して同室でのん気に寝ているツンツン頭の少年に合わせてだとかではないのである。ちなみに今彼女の左手は義手になってはいるが

能力は使えるし今までと変わらない生活ができる。跡もまったく残っていない。

若干握力が落ちてしまったが、自分が求めている動きが出来る為特に不満はない。

学園都市の技術というのはすごいものだと実感した。

「それじゃ今日で退院だね。まぁ何かあったら連絡をしてくれ。あ、左腕の調子はどうだい?」

このカエル顔の医者が学園都市が誇る名医、冥土返し℃c念ながら名医の貫禄をカエルに似た顔が台無しにしていたりする。

「調子は良いわ。それじゃお昼前にはここ出ようかしら。あんまり長くいても邪魔でしょ?」

左手をニギニギと動かしつつ答える。

カエル顔の医者は患者が求めるのならいくらでも入院してもらって構わないらしいが

生憎こっちは仕事≠烽ったりする為早く退院しなくてはいけない。

麦野は上条を蹴飛ばし身支度を整え始めることにした。蹴飛ばされたツンツン頭の少年は何事かと驚き身構える。

そんな姿がおかしいのか麦野はあははと笑い声を上げた。冥土返しは苦笑いを浮かべ、病室を出て行った
426 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 19:03:21.37 ID:SWAMDE.o
最中をカット・・・だと?
427 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 19:04:05.87 ID:gmgNLNE0
午前11時20分、病院をあとにした無能力者と超能力者のカップルは少し早めの昼食をとっていた。

「病院の食事って味気ないのよね。やっぱりシャケ弁がいいわ……最後に食べたシャケ弁と違うきがするけど」

もふもふと口を動かして弁当を食べている麦野、その隣で上条は同じく彼女のおすすめというシャケ弁を口に運んでいた。

この後の予定について聞くと彼女は入院中にたまった仕事があるからそれをやるという。ちなみに書類関係が主で仕事というよ

り大学のレポートとかそんな感じに見えるのだがあまり追及はしないでおく。

「じゃあ俺は学校に顔出しに行くかな」

そう言って2人は別れた。

何も退院した日に行かなくてもいいとは思うのだがこう何度も入院退院を繰り返していると心配はおろか、単位だとかそういう話

すらされなくなり、それはつまりもうこれ以上入院するなら諦めてくれと言っているように感じて恐怖を感じる。

担任の教師月詠小萌には何度もお世話になっている。それは例えば補修だったり、例えばインデックスだったり。

電話によると現に今もインデックスは彼女の家でピンクさらし≠ネる人物と戯れているらしい。

とにかく、あの随分とミニマムな教師には頭が上がらないのである。

ちなみに数時間後、本日は休日であり学校はやっていないことを学校についてから知り不幸だーとつぶやくのである。
428 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 19:12:39.32 ID:gmgNLNE0
>>4262回目≠ナすから……初めては、描写するかも

麦野沈利は幸せだった。

どれくらい幸せかというと、恋人が出来てその恋人と相思相愛、苦難や試練もいくつか乗り越えてしまったくらいである。

「麦野、あいかわらず超幸せそうですね」

見た目12歳くらいの少女が話しかける。幸せをすぐに表情に出してしまうらしく、すぐにバレてしまう。それもそのはず

初めての彼氏について想うと自然と笑みがこぼれ、むふふと笑ってしまうのである。ちなみに浜面仕上と滝壺理后はそんな彼女の以前とは

別人の姿に戸惑いを隠せないでいたりする。もう一人のアイテムのメンバー、フレンダはそんなことお構いなしに最愛、最愛とベタベタ

見た目12歳くらいの少女、絹旗最愛にくっついている。

「えー? ふふっそうかも」

「正直不気味だぞ」

「はまづらあ……むふふふ」

「うわぁ……」

「はまづら、そっとしておこう」

麦野沈利は、幸せである。
429 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/10(月) 19:14:30.14 ID:nIvj0Z60
支援
430 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 19:22:57.42 ID:gmgNLNE0
ハッとした。あわきん居候してるけど、時系列的には大丈夫だろうか


「せっかくお仕事から帰ったのに、またお仕事なんだよ。しかも何故か家に帰りにくいし」

「上条当麻だっけ? たしかに彼女がいるのにあんたがいたらややこしくなるわね」

「でもあそこはインデックスの家でもあるんだよ!」

「『あるんだよ!』って言われても、仕事なんでしょ?」

「うぅ……」

仲良くなった結標淡希とインデックス。お互いまったく違う、だが色々ある人生を歩んでいる為なんだか気があうのかもしれない。

とはいえやはり違う世界で生きる者同士、あまり近すぎるのもよくない。それを自然に感じているのか両者一定距離から近づかない関係である。

「ま、うっさいあんたがいなくなって部屋が3倍くらい広く感じるわ」

「それはずるいかも! ぜひ私も3倍になったこの部屋を体感したいんだよ!!」

「……時々あんたがよくわからなくなるわね」

こんな冗談を言える仲にまで発展したのは小萌のおかげかもしれない。女の友達があまりいない結標はこっそり彼女に感謝していたりする。

「ま、これでも食べて元気出しなさい」

とお昼用に買ったが食べきれなかったパンを差し出す。

「わぁ! ありがとうなんだよ! えっと、あわきに神のご加護があらんことを」

「思い出したようにシスターしてんじゃないわよ!」
431 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 19:32:25.43 ID:gmgNLNE0
『明日デートね。10時に駅前。こなかったらと/うま』

そんなメールが届く。最後のスラッシュの位置からして首が刎ねられるらしい。了解、とメールをして上条は久々のベッドを堪能する。

苦笑いを浮かべながら彼女からのメールを見つめる。上条当麻は今まで守って≠ォたものがたくさんあると思う。

その右手、幻想殺し≠ナ最強に挑んだこともある。それを自慢するするつもりもないし豪語するつもりもないが

男としては彼女を守りたいものである。

だが当の彼女は自分よりも何倍も強い存在なのだ。彼女は自分をどう思ってるのだろう。

まぁ、ようは何を言いたいのかというと上条さん的には好きだ∞愛してる≠ニいった言葉より

守ってやる≠ニいうような、それこそ最強のレベル5なんかが使えるような洒落た言葉を言ってみたいのである。

「はぁ……でもなぁ」

言ったところでバカにされる気しかしない。自分は肝心な時にいなかったし、無能力者だ。右手は特殊なものだがその右手で

不幸を呼んでしまいそうな気もする。

「彼氏ならしゃんとするんだよ!」

「でも…………!?」

さっきまで一人だった部屋にパンを片手に持ったインデックスの姿があった。と、そこでいきなり腹に衝撃が加わる。

「ん? 家主さんは?」

「あわき、踏んでるんだよ……」

「あー、ごめんね。 ついトラウマで上の方に移動しちゃったわ……動かないでね? 見えちゃうから」

言われなくても踏まれているので動けない
432 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 19:42:09.18 ID:gmgNLNE0
よっと、とベッドから降り、そこでようやく上条は結標淡希の姿を確認する。どうしてここに、と問いかける前に

「このチビが暇だから会いたいって言うから来たのよ」

と説明された。思ったより常識的な人かもしれない。

「チビじゃないんだよ! インデックスなんだよ!!」

激昂するインデックスはほっといて上条は質問をぶつける

「はぁ……空間移動の能力者さん?」

「ま、それに近いわ。正直ここに来るの躊躇したけど」

「いや今日は沈利はいないから大丈夫だぞ」

上条当麻的には結構心を読んだ質問だと思った。

「いやいやそうじゃなくてね」

「?」

「オトコの子の事情」

「あわき、どういうこと?」

それはね、と説明しようとする結標を慌てて止める上条であった
433 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 19:53:35.49 ID:gmgNLNE0
翌日、やっぱり不幸な少年であることが照明されてしまった。時刻は9時53分。もう駄目かもしれない。と/うまかもしれない。

それでも一応走る。服を考える暇もないので制服で行くことにした。ちなみに今日も頭はツンツン絶好調である。

「…………」

玄関の扉を開けると麦野沈利が立っていた。

「どうせ寝坊したんでしょ? アンタのことだから30分前くらいにはくるでしょうし」

読まれた。でも本当の事なので何もいえない。

「じゃ、行こうか」

あはは、と笑うことしかできない上条当麻であったが事実上初デートである。緊張もする。

だからなのか、やっぱり鈍感なのかはわからないが気づけなかったことがある。

上条、麦野カップルを後ろ40mくらいからつけている金碧眼髪と不良とピンクジャージを着た少女の姿があった
434 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 19:54:00.04 ID:BUK/V36o
このあわきんは常識人だな、いまのとこ
435 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 19:56:52.11 ID:m6sgP/Mo
大丈夫、絹旗は俺の隣で寝てる
436 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 20:02:56.44 ID:gmgNLNE0
>>433訂正「それでも一応走る」→「それでも一応急ぐ」 あと一番したの行。とんでもないことになってる


「むむっ、結局むぎのんも恋する乙女な訳よね」

「むぎのんってなんだ? あとちっと乙女は無理かもな」

「はまづら、ばいばい……」

「前もこんなことなかったっけ!?」

3人がそんな会話をしながら後ろからつけていく。

「あれ、きぬはたは?」

「ちょっと、初めてのおつかいに行ってるよ」

「??」

まぁ、気にすんなと浜面は言い尾行を再開する。だが彼は知らない。上条の隣をニコニコ顔で歩いている麦野にはすでにバレていて

後に恥かしいから着いてこないでと照れ隠し≠烽ニい粛清≠ェ行われるのだ。彼だけに。

「でもでも今日はオールで結局最後までいっちゃうかもね」

「そうなったら心配かもしれない。男は狼らしいし」

「いや、大丈夫だろ。あっちの男が消されるって。文字通り能力で」

「右手」

あ、と滝壺と浜面は声をもらす
437 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 20:13:31.64 ID:gmgNLNE0
昼までの約2時間は正直退屈な時間だった、と上条だけでなく麦野も思う。映画が失敗だった。

「絹旗のおすすめ、駄目じゃない……」

彼女の好きなジャンルはC級≠ネのだから仕方ない。ちなみに上条は映画の途中にあったとあるシーンを見てドギマギしつつ

隣に座ってスクリーンを見つめている彼女をチラっと見ていたりした。だがその行動を読んでいた麦野はクルッっと上条の方へ顔を向け

憎たらしく勝ち誇ったような笑顔をオミマイした。そして上条の手を握ろうとしてきた。

それに気づかない鈍感上条はトイレに逃げていった。席はガラガラの為すんなりトイレへと行くことができたが、途中どっかで見た人が

いた気がしたのは気のせいだ。もう気のせいであってほしい。サバ缶を映画館でつっついている人なんて絶対まともじゃない。

一人残された麦野はそのサバ缶乙女の方へ移動し、ちょっといいかしらと横の不良を粛清≠キることにした。

隣のジャージ女がおびえていたが気にしない。サバ缶を持って一目散に逃げ出したが気にしない。

上条がトイレからかえったら麦野がふくれっ面だった。しかしそれよりも右手についた血らしき液体が、怖くて仕方がなかった。

そのことについて話すと、あらあらうふふふと不気味な笑顔を浮かべてちょっと失礼、とトイレへかけていった
438 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 20:22:03.77 ID:gmgNLNE0
ということでお昼ご飯なのだが、麦野はあいかわらずファミレスにも関わらずシャケ弁をつっついている。

上条はというとその向いでとってもリーズナブルなドリアを食べている。

「それ冷凍食品でしょ?」

と夢がないというか言ってはいけない事を言っている。

「いえいえおいしければそれでいいんどすよ」

「最後おかしいわよ。あ、じゃあこの後って服見てもいい?」

「あぁ」

「それとも水着?」

ブッっと噴出してしまった。まだまだ彼女にペースを握られているちょっと情けない彼氏である。

「ふふおもしろいわぁ」

恍惚な表情を浮かべる彼女に、この人アルファベットで言ったらSだと上条は思うのであった。

「でもね」

「次は本気かも≠チて言わなかった?」
439 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 20:31:34.92 ID:gmgNLNE0
これは? と聞いてくる彼女に似合ってると返すと、当然よねと返ってきた。じゃあ自分に意見を求めたのは何だったんだろうと

疑問に思ってしまう。水着については今のところ話がない。

じゃあこれは? と今度は少し露出が高めのセレブリティな服を着ている。目線は胸元に行ってしまうが彼女は満足そうな表情をする。

「ん、買うのはやめとこうかな〜」

水着は――思わずそう思ってしまった上条当麻はやっぱり読まれてしまうのである。

「はいはい、わかってるわ」

しばらく選んで、彼女数着持って試着室に入った。この時間は何度か経験がある。とても気まずい。

「ん、今服脱いでる。今胸〜」

「じ、実況しなくていいから!」

「へへっ」

パサッシュルッっと服が肌をすべる音がする。心臓の動きがドンドン早くなる。

「どう?」

胸元を強調するようなセクシーなポーズをとる。

「っ」

「勃った?」

「その一言で台無しですけどね!」
440 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 20:41:40.78 ID:gmgNLNE0
シャッっと仕切りをしめて、なにやらまたゴソゴソやってる。

「あ」

「どうした?」

「ちょっと入ってきて」

「えぇっ!?」

「いいから」

ニュッっと手が伸びて上条の服を掴むとそのまま強引に試着室の中へと引き込んだ。

「これは、どう?」

「これ水着……? にしてはなんだか……」

「これは下着」

「な、ななななな」

急いで試着室から出て行こうとするが麦野の右手がそれをさせない。なんて腕力。

「わ、やめっ」

あわてて手を着いた先は胸――になるのは阻止すべく、あわてて体勢を変える。それが不味かった
441 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 20:43:03.53 ID:.eAbA8Io
>>433
>金碧眼髪

これはやっぱりフ/レ/ンダ位になって

フンダレみたいな感じでくっついたってことかな?
442 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 20:52:37.76 ID:gmgNLNE0
「んっ!?」

と麦野が驚いた声を上げる。思いっきり豊満な胸へダイブをしてしまった。この種類の不幸、久しぶりだなぁと上条は思う。

ただ仕切りの服が無いので直に感触を感じてしまう。とっても弾力があり、なんだか甘い良い香りもしてくる。顔を動かそうとすると

ムニムニと感触が返ってくる。

ふわふわしているレースが鼻をくすぐる。そしてくしゃみが――

「へっくしゅ!」

あ、と思った時にはもう遅い。

さっきのふわふわレースは無くなり、ピンク色の蕾がフッっと見えたような気がしたがなんだか暗くなりガンッっと頭に衝撃が来て

視界が……最後に見たのはタイルの床だった気がする。でも、なんだか気分がいいような

―――
――


「ごめん」

「痛い……」
443 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 20:59:52.50 ID:gmgNLNE0
「で、今何時?」

「夜の12時半。日付も変わっちゃいました」

「えええ!?」

「いや〜そんな気絶してるとは思わなくてね。もしかして寝不足だったりした?」

「あ、そうかも」

キョロキョロと辺りを見回すと何だか見慣れない。家具もあんまり置いてない。

「ここどこ?」

「ホテル。結構高かった、と思う。まぁ相場なんてよくわかんないけど」

「はぁ……そういえばベッドがふかふかで」

そこまで言って気づく。手足、動かなくね?

「って縛られるの2回目ーー!!」

「どこの女!? 浮気!?」

「あなたでしょうが!!」


駄目だ、頭がまわらない。上琴NTR考えてきます。
444 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 21:05:29.82 ID:OkmS.GY0
おいやめろ馬鹿
この上条は早くも終了ですね
445 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 21:14:30.56 ID:LUKTVDso
NTRはやめろマジで
446 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/10(月) 21:18:57.03 ID:6v3XJME0
NTRはダメだ
上琴はダメだ
447 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 21:26:38.24 ID:.eAbA8Io
上条→美琴←麦野からの美琴×麦野ですね、分かります

まったく想像できないけどな
448 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 21:36:11.22 ID:KfRvV2AO
せっかくの麦のんスレで上琴なんて誰得…
449 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/10(月) 21:41:01.35 ID:S.qZafM0
続き書いてください、お願いします、本当にお願いします<m(__)m>
450 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 21:52:36.58 ID:frh1azIo
なんで美琴だす必要あんだよ
無理矢理考えてつまんなくなるんならやんないでいいよ
451 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/10(月) 21:59:53.57 ID:uIW6qgSO
お願いだから上条×麦のんをやってくれよ
452 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 22:02:58.29 ID:l2gxYo.o
>>1が思うように続けるよろし
まわりの意見でねじ曲げてつまらなくなるより遙かにいい
453 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 22:03:57.70 ID:QJM3kdIP
そもそも美琴自体いらんよね
454 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 22:07:01.02 ID:zcYT4Mso
お前ら偉そうだな
455 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 22:18:29.95 ID:ZTQKUsAO
だってここにきて美琴なんて・・・

あんまりだっ
ウワアアアアアン
456 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 22:30:14.58 ID:CBz/2X.o
何、別のお話として書けばいいだけだ
457 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 22:30:35.15 ID:rljNaZwo
好きなように書けばいいよ
どちらにしろ支援
458 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 23:03:47.68 ID:SWAMDE.o
つまり両方・・・そしてこれからの要望のを全部書けばいいんだよ。
だから早く。今日はちょっと気温が低いからさ。早くね。
459 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/10(月) 23:27:27.58 ID:.l8kGuE0
ぜひかいて欲しい
460 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/10(月) 23:40:13.25 ID:G1gHToE0
ヤンデメルトダウナーも一興だと思うんだよ!!
461 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/11(火) 00:05:55.02 ID:5X/W9gDO
麦のん以外を書くんなら他でやれ!!



やれ!!
462 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 00:08:51.76 ID:Yot6n8A0
美琴は一方と付き合えばいいんだよ!
463 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 01:39:56.23 ID:BeIejIDO
むぎのンスレなのに、御坂とかいらねェよ
書くなら総合に書いてくれ
464 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 01:49:50.46 ID:4ibp6G2o
ここは>>1の書きたいように書くスレなんだし自由に書いてくれ

でもまぁ・・・麦のんかわえええええええええええ
465 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 02:04:37.64 ID:qdKnQqc0
>>462
それはイラン
466 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 03:24:24.24 ID:bZGAPY.o
>>462
おね……美琴にはもっと良い人が身近にいらっしゃると思うのですの!
467 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 04:18:23.44 ID:0iiIQsg0
>>1です
朝起きたら「ふぅ……さて、むぎのん書くか」状態でした。美琴さんはエツァリさんがなんとかしてくれると思います

…………上琴なんて冗談じゃないですの
468 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/11(火) 04:24:48.45 ID:/6ZKcXYo
まあ上琴NTRやるんだったら、名前欄に「上琴NTR」とでも入力しといてくれ
その分だけNGするから
469 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 05:45:24.06 ID:0iiIQsg0
人がいない、少し投下するなら今のうち……
そして問題は>>1が童貞であるということだ


「さて、これからどうする?」

「その前に縄はずしてほし「むりぃ」ですよね」

「ていうかキツく縛りすぎてはずれないかも」

「うぅ……じゃあ焼ききっていいからさ、むぎのん頼むよ」

「む、むぎのんって何よ!」

動揺したようなそぶりで上条の頭を平手打ち。パコンと音がする

「痛いっつの!」

「あら、ごめんなさい。じゃあ縄切るわ」

右手から白く光る光線を出力最小で発射。斬るというより削る感じで縄を細くする。

「っと、服焦げたけどいいわね」

「はぁ……」

もう慣れました、というようなため息。
470 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 05:53:46.65 ID:0iiIQsg0
「ねぇ」

声は震えたりしないが、実は意を決して声をかけた。

「ん?」

焦げた服を気にかけつつ顔をこっちに向ける。

「前にさ……覚えてる? 病院で」

「えーと……なんだっけ」

この男はホテルという響きでドキッとしたりしないのだろうか。しおらしく説明してもいいが、それはなんとなく癪だ。

そこで上条の手をとり自分の自慢の胸へと運ぶ。一瞬手がビクッと震えた。

「い、いったい何を」

こいつ、気づいてないのかしら。だから言ってやる。もう言ってやる。

「わざわざホテルとったの。意味、わかるわね?」

正直不安もある。いくつか苦難的イベントはこえた気がするが付き合ってからはそんな経っていないと思う。軽い女に見られてないか。

こっちは初めて≠ネのだ。向こうがどうかは知らないが実は手順というのもよくわからない部分がある。

だからリードしてほしいのが乙女心だったりする。まぁ、男の方が近寄ってこないから乙女がどうとか言えない気もするが。

「じゃ、シャワーあびてくるから」

多分シャワー浴びるのが普通なんだと思う。だって、ドラマでもそうじゃない。
471 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 06:00:47.29 ID:0iiIQsg0
「つ、ついに上条さんは青春の1ページを綴ってしまうのでせうか……」

彼女がシャワーを浴びている音にドギマギする。向こうはどうだろう。大人びた雰囲気があるからきっと初めてじゃないんだろう。

じゃあ彼女の初めては誰だろう……複雑な気分だ。

ずっと座ってるのも退屈なので適当に探索してみる。戸棚、タンス、カーテン。どれも自分とは縁の無い高級品だ。

「ん?」

これはなんだろう。ベッドの近くの小さい戸棚から清潔感あふれる真っ白な箱をとりだす。

あぁ、これが一流のホテルなのだろうか。むしろラブホテル感があるがあれ≠ェ入っている。これで困らない。一安心…………。

緊張する。多分自分は上手くできないと思う。あぁ、こんな事なら土御門に勧められたあのマニュアル本みたいなやつ見とけばよかった。

「く、今からでも電話して土御門に……」

と、バスルームから麦野が姿を現す。彼女は多分ホテルの、白いバスローブを着ている。心なしか頬が紅潮してる気がするが

多分シャワーを浴びていたからだろう。

「んと、俺もシャワー浴びた方がいいのでしょうか……」

「えっと……じ、じゃあ行ってらっしゃい」

「う、うん」

急いでバスルームへ入り急いでシャワーの水を出す。

「冷たっ!?」

間違えて水の方の蛇口をひねっていたらしい。ベッドの方から彼女の笑い声が聞こえる。
472 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 06:09:19.78 ID:0iiIQsg0
彼女を待たせてはいけないのでやや急いで出る。服は着ていくことにする。

ベッドにつくと電気が消えていた。かわりに小さいカンテラみたいなのが火を灯してある。

1つしかない大きめのベッドに、彼女は入っていた。

「えと……」

「あ、あのさ」

「ん?」

「その……私、初めてなのよ」

その一言でなんだかホッとする。同時に喜びがこみ上げてくる。自分が初めてというのはこんなにも嬉しいものなのだろうか。

「あぁ、俺も初めてで」

そうじゃなくて、という声で遮られる。

「その……優しく、してほしい」

普段勝気というか大人びた、何もかも見透かされている彼女の様子とは違う一面にドキリとする。

「が、頑張ります」

ふふっと彼女が笑う。


それでは元気に登校してまいります……帰って落ちてなければ今日。多分6時頃
473 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 07:36:44.57 ID:diYK41I0
ニヤニヤ
474 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 10:56:28.55 ID:nHVPSoAO
俺きめぇ
475 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 13:19:20.03 ID:ZLO.b7ko
>>472
やっと追いついたが…
おい











おい学校休めよ
476 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/11(火) 17:42:11.93 ID:iV1y8cDO
ですの
477 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 17:53:19.37 ID:0iiIQsg0
帰りましたの
非童貞の友人に話聞いて資料的なの集めてみようとしたら話聞くのが辛すぎた。
しかも参考にならなかった。

こっからの展開的に投下は夜の方がいいかもしれないが来れるかわからない
とりあえず書き溜め追加したりしてます
478 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 18:05:42.67 ID:jq1B7.so
無茶しやがって・・・
479 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 18:28:59.50 ID:VWjViOco
惚気話になっちまうわな…
480 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 18:32:40.49 ID:D.yfQqAo
wwwwww
481 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 18:39:10.76 ID:0iiIQsg0
7時頃投下します
しばらくお待ちを
482 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 19:03:34.04 ID:0iiIQsg0
>>472から

「電気着けていい? 暗くてよく見えないし」

人差し指の先端で壁にくっついたスイッチを押す。あ、待って! という声がしたが指が急停止できるはずもない。

「っ」

思わず息をのむ。さっき気づいたけれどやっぱり大きい彼女の胸。ふくらはぎから足首にかけては細く、太ももはむっちり
とした脚。アイドル顔負けのまさに出るところは出て締まるところは締まってる体。

脚の露出的には普段とあまり変わらないはずだが、とっても美しく目に映る。

肌は見るだけでも弾力があるとわかり、明るい茶色の髪はシャワーを浴びたからかしっとり濡れている。

「ぅ、あ、恥かしいからあんまり見ないでよ」

それでも彼女の体から目をそらすことなど出来ず、おずおずとベッドに入ってみる。暖かい。

入院の時にも同じようなことをしたが、今の方が暖かい気がする。それはこの掛け布団が高級品だからではない

「……」

「……」

沈黙が訪れる。
483 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 19:11:40.27 ID:0iiIQsg0
「ぬ、脱ぐわね」

いちいち報告してしまう感じがなんとも、いつもの自分との違いを感じる。

シュルシュルとバスローブを脱ぐ音が妙にうるさい。心臓の音はもっとうるさい。

自分の体に自信が無い訳ではないのだが、見られて気持ちよさを感じる趣味は持ち合わせていない。それでも嫌悪感を抱かないのはこの男が自分の大切な人だからか。

ちなみに、いきなり裸という勇気はないので生地は淡いピンク色で白い飾りのリボン着下着をつけている。

「あ」

当麻の声にドキリとする。何かあったのかしらと慌てるが、理由はすぐにわかった。仕事≠フ関係上肌に傷が多少ある。

手術した左腕の傷は無いのに背中に少しだけ、ほとんど見えないが近くにいると見えてしまう斬り傷みたいなものがある。まぁ、この傷もじきに消えてなくなるらしいのだが。

「やっぱ仕事ってその……」

彼は気にかけてくれているらしい。

「まぁ、仕方ないでしょ。実際ね服脱がされたこともあるわ」

過去に1回だけ。そいつは2度と動けないように潰してやったけど、と付け加えると彼は苦笑いを浮かべる。

「ちょっと我慢してね。なるべく見ないようにでも……」

「いや、気にしないし。ていうか体綺麗だなぁ」

こ、この男は自分に熱でも出させる気かしら
484 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 19:21:25.58 ID:0iiIQsg0
「触る?」

聞くまでもないと思うが、聞かないといつまでも向こうから来ることは無い気がしてくるので自分からいってみる。

う、うんと答えて手を恐る恐る近づけてくる。緊張している様が可愛らしい。

「んっ」

胸に手が触れた瞬間、思わず声が出てしまう。出すつもりは全然ないのにくすぐったいような、そんな感覚。

「やわらけぇ……女の子の体って男と全然違うんだな」

感想だろうか。女の子≠ニいうあつかいを受けたことに、今度は違うくすぐったさを感じる。

「そう?」

自分も手を伸ばす。って

「私が脱いだんだからアンタも脱ぎなさいよ。不公平だわ」

よくわからないことを言ってる気がするが、こっちは羞恥と緊張で精一杯なのだ。

制服と学ランの上着を脱いでカチャカチャとベルトをはずしている。黒の制服のなかに着ている赤いシャツを脱ぐと当麻はパンツだけになった。

「あ、結構鍛えてる?」

「いや、天然というか……いつのまにか」

「ふ〜ん」

ツンツンとお腹をつっつくと少し恥かしがるようにピクッっと動いた。お返しよと
485 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 19:31:17.06 ID:0iiIQsg0
「えっと……どうすればいいの?」

次に何をすればいいのだろうか。いきなり挿れるのは違う気がするがずっとこうしていても仕方が無い。麦野沈利はどんどん行動していく性格なのだ。

「か、上条さん的にはこうして二人でベッドに入っているというのでもかなり幸せなのですが」

「じゃあ質問変えるわ」

ここで発動、スーパーむぎのん上目遣い。

「私にこの後どうしてほしい? 言ってくれれば、してあげる」

角度は10から20度くらい、なるべく相手が自分を見るために顔を下に向けさせる。そうすると谷間も見えるのだ。

これは受け入りで、滝壺理后が対浜面用に編み出した技なのだ。彼女の胸では谷間はできないが、大きめでぶかぶかの服を着ればそれは
それであるものが見えそうで興奮してくれる気がすると熱弁していた。
ちなみにその話を聞いた後フレンダは絹旗最愛に実行していた。結果は知らないがなんだか彼女達を纏う雰囲気が桃色だった気はする。

麦野沈利は知らない。男にとってそれはまさに凶器で、理性という名の配線コードを焼き切るには少々強すぎるものだと。

当麻の体が麦野の体を押しつぶす感じで雪崩れ落ちてきた。今まとは違う、乱暴な男≠感じさせる。

「んぐぅ、重いわよ……どいムグッ!?」

唇がふさがれる。過去を振り返ってもこんな感触はない。つまり――

「は、は、初めてのキスがこれなんて、最悪だわ……んぐッ!」

言葉の後にもう一度ふさがれる。女の子のキスはレモン味らしいが自分はどうだろう。まさか、シャケ弁とか?
486 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 19:40:41.88 ID:0iiIQsg0
「優しくしてって言ったはずだけど」

「わ、悪い! でもあれは沈利がいけないだろ。あんな……」

「あんな?」

「っっか、可愛いこと、するから」

3回目はこっちから。多分こんな感じだ、と舌を入れてみる。決して甘い味とかはしないがどうでもいい。

唇を重ねたまま当麻の後ろに手を伸ばす。なかなか定位置にできる場所がなくしばらく彷徨った後、ようやく最も安心できる場所が見つかり手を置く。

それから何秒か何分かわからないがしばらくの間ずっと舌だけを動かす。くちゅくちゅ音が響く。口の中でどう舌を動かしても相手の舌の肉の感触が離れることはない。

ふっと離れた後、二人の口の間には白い糸のような光を反射した唾液の橋がかかっていた。

あぁ、なんだかぼぉっとする。顔ばかりか体全体が熱い感じだ。

「息がかかってくすぐったかったりしないか? 何だか目がトロンとしてるけど大丈夫?」

「あ、そ、そうか、ハァ、ハァ」

「何が?」

「ぼぉっとすると、ハァ、思ったら、息、吸うの、忘れてたわ」
487 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 19:50:25.60 ID:0iiIQsg0
「そういえばさ、沈利の能力名って原子崩し≠ナメルトダウナー≠セっけ」

「えぇ。それで、何?」

「あ、いや。なんでもない」

「ふぅん……溶けちゃいそう、とか言ってほしかったり?」

「いやただの素朴な疑問というか、とっても難しそうな能力だよな。演算とかってやっぱ難しい?」

「どうして今聞くの……まぁ、慣れれば問題はないわ。アンタがやろうとしたら脳が溶けちゃいそうだけど」

ふと気づく。いつからだろう、沈利が俺のことをアンタ≠チて呼ぶようになったのは。御坂みたいだなと思ったところで思考を中断。
絶対気づかれるんだ、他のことを考えると

「ふぅ、他の女……じゃないわね。あ、もしかして呼び方気に入らない?」

この人はいったい自分をどれだけ読めば気が済むんだろう。

「いや、いいんじゃないか。何だか親しそうな感じが出てるし」

「へぇ、じゃああの子とも親しいんだ」

不満そうにぷくっっとふくれっ面になりソッポを向いた彼女だが、その後思いついたように顔を向け一言

「じゃ、あの女忘れちゃうくらい愛して。溶かすくらい、あっついのね」

上手く言ってやったつもりだろうが、恥かしいだけである。
488 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 20:00:34.66 ID:0iiIQsg0
下着の上から胸を触る。やわらかいが、しっかりと押し返してくる感触がある。

「ふぅ、ふぅ……んんっ!」

漏れ出す声で上条的ドキドキ指数はドンドン上がってインフレを起こしまくりである。
こっちの力加減によって出される声も変わるのだ

「これ、邪魔だからとっちゃおうか」

え、と言う間もなくパチッっという音と共に豊満な胸をつつんでいた布がはずされる。ブルンッと言った擬音が合う胸があらわになる。

「プ、プリン?」

「何言ってんの」

真ん中に少し充血したような赤めの桃色をした突起が目に映る。反射的に指先で触ってみるとなんだか硬い。

「もしかして感じて」

言い切る前に、頬に朱色の差した顔でコクッと頷く麦野。

「もうちょっと、強めでも……」

「欲しがり屋さんだなぁ」

「う、うっさい! そんなことないし! 第一似合わないわよ!!」
489 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 20:08:41.39 ID:0iiIQsg0
もう我慢できません、と少し下品に左がわにしゃぶりつかれる。ちなみに右側は右手でお相手されてる。

「んやっ、ふ、むぅ、む、むぅ」

自分でもよくわからない声をあげる。ちなみに後半からは口を手で押さえているためぐぐもった音になっている。

「られもきいれらいんらから(誰も聞いてないんだから)、らいひょうぶれすよ〜(大丈夫ですよ〜)」

「しゃ、喋らないでっ、んっ」

喋る度に変形する口と自分の乳首を舐める舌。もしかして私は感度がかなり良いのか

「……?」

「あれ、無意識にこうしてた」

両手で彼の頭を包むようにしている自分の姿に気づく。一時止めた手と口の動きが再開される。思わずぎゅうううと力を込める

「く、くるひぃ」

「あ、あぁ、ごめんね」

頭を解放してやる。いえ上条さん的には幸せでした、とか言いやがるのでもう少し堪能させてやることにする。

「よっと、両方一遍に……」

両方の乳房を鷲掴みにして先端のぽっちを2つ一遍に舐め始める。

ちなみにこんな芸当を天然で思いつくはずもなく、上条当麻はどこかで学んだ知識を総動員している。
490 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 20:14:47.03 ID:0iiIQsg0
「あ、あふぅ……」

何かを我慢してるような鋭い眼光。だが何だかトロンとしていて、息もあらく、体が少し震えてる気がする。

と、上ばっかりだった攻撃を下の方へ移動する。主に太もも。

「にゃぅ!?」

可愛いなぁとつぶやくとなんとも悔しそうな表情をする。

「あ、これ……」

ももの内側になんだか粘着性のある液体で濡れている。麦野の前でその液体を指で弄ると、彼女はまたしおらしくなり元々赤い頬がさらに赤くなる。

「るっしゃい!」

「何も言ってないのですが……もしかして、ここはもっと凄いんじゃ」

下の方の、今まで見たことも触れたことも無い秘境。そこを覆う布を脱がしてみる。一瞬抵抗しようとしたが麦野の手は力なくベッドに落ち、潤んだ瞳で当麻の行為を見守っている。

「……挿れる?」

その言葉で心臓の鼓動がまた一段と早くなる。ドックンドックンと波を打つ。

自分のパンツを脱ぎ捨ててから作業を再開。予想通り……いや、予想以上に下着は水を含んで重くなっている。

「ほ、本当に入るの?」

「う〜ん……なんとかなるんじゃねぇの。女の子の体やわらかいし。わからんけど」



作者もわからない、 
落ち及びこの先の展開 ていうか何してんだろうね。方向性がわからない
飯。投下中断
491 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 20:41:43.97 ID:nHVPSoAO
早く書け
風邪引く
492 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 20:44:59.41 ID:D.yfQqAo
おかしいな……むぎのんは守備範囲外だったはずなのに
493 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 20:46:28.44 ID:oGwwDQSO
巨乳だからさ
494 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 21:04:16.40 ID:KJjudTMo
I'md Finish(イキました)
495 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 22:35:04.99 ID:ZLO.b7ko
おいコラ速くしろよ、イキそうなところで止めるっての繰り返すとチンコいたくなんだぞ
496 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/11(火) 22:49:59.14 ID:AOxRJKw0
早漏も治るぞ
497 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 23:24:29.78 ID:0Fpdslw0
始めは誰でもこんなふうに初々しいんだよな・・・それが時間がたつと・・・
498 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 23:36:31.73 ID:0iiIQsg0
ふぅ……すまない、ちょっと相対性理論について考えていた。

書き溜め尽きたから書いてくるけど、空気を読まず短編いい?良い話でもなんでもないやつ。ついでに面白くもない気がする
499 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 00:07:58.76 ID:lxNSRpU0
やっぱり普通に投下。
えっと、もうしばらく完結はかかると思うので>>1出現時間帯を。

平日は5〜6時頃から夕飯までと夜は0時頃
休日はほぼ一日中OK かな
もう少し書き溜めしたら再開。
500 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/12(水) 00:25:55.21 ID:dNNruVA0
>>499

裸で待ってるよ
501 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/12(水) 00:41:06.66 ID:lxNSRpU0
「その……」

「わかってるよ。でも俺も初めてだし、痛かったら言ってくれ」

「背中気をつけてね」

「あぁ爪跡? まぁ今更爪あとくらいで……刺さったら痛いかな」

ううん、そうじゃなくてね。

「もしかしたら……能力暴発しちゃうかも」

「ええっ!? そんなことされたら死んでしまいますって!」

だから

「手繋いでて欲しい……な」

「ん、わかった」

私のより大きい彼の手は、何もかも包んでくれそうな安心感がある。幻想殺し≠ネんて名前のついてる右手だが実際は守ってくれるのよね、と――

「左手から出た場合、どうすんの?」

その時は、諦めてもらおう。骨は拾います
502 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/12(水) 00:49:08.83 ID:lxNSRpU0
「あ、これ付けなきゃ」

シャワーを浴びる前に発見した道具。これを付けるのも初めてだがこれは意外となんとかなるものだったり

「ん〜と、多分今日は都合よく安全日だけど」

「多分≠チていうところに不安がありすぎます」

「じゃあ絶対」

「う〜ん……でも……」

「だって、無い方がなんだか良さそうな気がしない?」

「え、でも……」

うぅ、と麦野がうなる。つまりどういうことなのだろうか。

「じゃあ、挿れる前にちょっと失礼」

そう言って彼女は観察するような目でジーっとみつめだす。

「そ、そんな見なくても……はぅあ!?」

急に暖かい刺激が下半身から体全体へと突き抜ける。少しざらざらした感触が一瞬あった。

「ん〜味はしないなぁ……でもちょっとしょっぱい?……胸はいいわね。あんまり気持ちよくないかもしれないし」

どこから仕入れてきたのだろうかその情報。でも彼女がそういうのなら、それは次回≠フお楽しみということにしておく。

「舐めるのと咥えるのだったら咥えるほうがいいの? それとも手?……あと何かあったっけ」

「わかりません!」
503 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 00:59:50.41 ID:lxNSRpU0
>>502 sagaのままだった

「でもちょっとグロテスクよね」

今まで色々な場面に出くわしたであろう彼女に言われるということは、かなりのグロさを誇っているということだろうか。

「んん、じゃいただきます」

はむっっといった感じで彼女の口に咥えられる。多分ちょっと前のキスみたく舌を動かしているのだろうと予想する。その舌の動きプラスアイスキャンディーを咥える時みたいに口がすぼめられている。その状態で上下運動で、それらがもたらすのは何かというと

「お、ちょ、ちょっと、気持ちよすぎるかもしれない!」

「ふぅふい(ズルい)! ふぉれふぃふぇるふぁいふぁ(これしてる間)、ふぁんふぁふぃふぇ(何かして)」

「喋らないでくれ! 喋られるとまずいです!」

さっき麦野が言った事と同じことを言ってしまう。その言葉を聞いた麦野はいつもの、あの憎たらしい笑みを浮かべる。ニヤッと。
と、攻撃されてばっかりなのでこっちも何かしたい。何かしたいのだが……とりあえず胸を触る。さわさわ、といった感じやギュっと掴んでみたり、揺らしてみたり、クリクリしたり、色々してみる。それらすべてに違う表情とリアクションをとってくれる彼女が面白く、つい意地悪く強く握ったりする。

「「痛っ」」

二人の声が重なる。

「歯立てんなよ!」

「思いっきり握らないでよ、痛いんだから!」
504 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/12(水) 01:01:05.74 ID:5ShLpESO
舐めてほしいんだよ!
505 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 01:08:55.19 ID:lxNSRpU0
初めてっぽく描写できてますかね



「顎疲れた……で、どうする? 思いっきり出したくない?」

「…………はい」

それじゃ、と手を繋ぐ。いよいよあれが自分のナカへ入るのかと思うと……正直今は興味と探究心と好奇心が占めている。

「ニュルニュルすべるなぁ……どこなのか全然わから」

言葉の途中で詰まる。あ、ここかもという場所が特定できたってことかな。彼は優しいから多分ゆっくり来るかな。

「じゃ、挿れるよ」

ついにきた。ググッっと体に力が入ってしまう。

「き、きつ……もう少し力抜けない?」

とりあえず挑戦はする。なるべくリラックスを――

「痛っっ!」

「あ、悪い! いきなり入った!」

言ってやりたいことがあるが声が上手く出ない。今どうなってるんだろう、どんな感じだろう。多分まだ処女膜は破れてないと思うけど。とりあえず握ってる手に力を込めてやる。

「痛っ、えっと、とりあえず半分くらいまで入れてみるか」

入れば入るほど痛い……あ、涙出てきた。嬉し涙70%、痛み涙30%くらいの涙。
506 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 01:19:13.99 ID:lxNSRpU0
>>504 ごめんなさい、投下前に1回レス確認すべきですね……なるべく要望にこたえたいので。というかそっちの方が練習になるからで決してネタゲットとか、そういうことでは


「痛っ、いつつっ」

「あ、一旦抜く?」

「だいじょぶ」

何度か聞いてみても大丈夫と答えるのでとりあえず奥へと侵入。壁を無理矢理こじ開けていく感覚。彼女の中はとっても暖かく、それと同時にその暖かさで彼女の事がいとおしくなる。

「うぅ、はぁ、はぁ」

まだ半分くらいだがすでに2人とも汗をかいていた。ベッドには血の跡、いつのまにか処女膜を突き破っていた。

「はぁ、はぁ、もう、痛すぎ……めんどうだから一気にやっちゃって」

「え? でも……痛っ、わかったわかった」

途中で右手に彼女の爪が食い込んだ。

よし、と意を決し一気に突き抜けることにする。

「じゃ、せーの」

合図と同時に思いきり腰を打ちつける。入っているところすべてが暖かく、体中があったかい。というより熱い。
507 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/12(水) 01:26:26.89 ID:z75UFLY0
明日会社説明会なんだ、早く寝かせ…イカせてくれ
508 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 01:27:49.45 ID:lxNSRpU0
>>507 了解した。ちょっとペースアップ

「つ、う、うぅ、う」

絶対声はあげない。下唇を噛んで我慢する。涙が出てくるし、脚が痛みで震える。多分、すごい顔をしているので見られたくない。手を離し背中にまわし抱きつく。

「ふー、ふー、ふぅ、ふぅ、ハッ、はぁ」

「大丈夫か?」

問いかけられても答えられない。そんな状況じゃないのよバカ。

「あー、あ、あぅ、う、うん」

なんとか答えて、痛みを我慢する作業に戻る。そんな自分を気にかけてか、彼は髪の毛をやさしくなでてきた。

「う、動かないでね……」

今動かれたら本当に死んでしまう気すらしてしまう。

「あぁ」

彼はやさしく髪を撫で続け、私が付けてしまった手と背中の傷も気にせずただずっと待ってくれていた。

509 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 01:33:49.77 ID:lxNSRpU0
「痛み、和らいできたかも」

「お、そうか」

まだ若干痛むがこれ≠ェ完全に入ってる間は引くことはないだろう。

「んじゃちょっと動いてみる」

背中に回していた手を引き戻す。

「手はもういいわ。動きにくいでしょ」

じゃあ、とゆっくり彼の腰が動き出す。胸を触られた時よりも全然大きい声が出る。

「あ、ああ、んんっ、はぁ、はぁ、く、んぐ、むあっ」

自分でいったい何を言ってるのかわからない。ただ肺の空気を押し出している感じ。

「うあ、気持ちいいどころじゃないって」

その一言を皮切りに、何回も腰が打ちつけられる。

「あ、あ、待っ、んんん、ぐぅ……!」

なんとか止めたいのに、声が出ない
510 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 01:42:13.14 ID:lxNSRpU0
「はぁ、はぁ気持ちいいか?」

そんなこと、聞かなくてもわかってるクセに。

「あ、あぅ、うぅっ」

やば、またボーっとして意識が朦朧としてきた。

「あのさ、俺1ヶ月くらい抜いてないんだよね」

つまり――

「すっげぇ大量に出ると思うけど、よろしく」

何がよろしくよと言ってやりたいのだがやっぱり声が出ない

「あ、んんっ、あああっ、だ、だめっ、ちょっ、待って!、んっ!!」

段々快楽が近づいてくる。これに飲まれたらどうなるんだろう

「ひ、ひゅ、あがっ、あ、あっ、あっ、あっあっああっ!!」

うめく感じの喘ぎ声を出すのが精一杯。

「ふ、ふ、んむ、うっ、うぅ、あぁっ、は、ひっ、と、まっ、とうまっ」

彼の名前を呼ぶ。

「りゅ、んむぅ、ちゅりゅ」

2回目の深いキス。
511 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 01:54:38.37 ID:lxNSRpU0
パン、パン、パンと部屋に音が響く。

「あっ!、あっ!、だ、ら、めっ!!、も、だめっ!!」

ここまで気持ちよくなれるものなのかと上条当麻は思う。まぁ、自分もとても気持ちよいのだが。

内側の肉が押し戻そうとしてくるのがわかる。だが、それよりも向こう側へ行くとむしろ引き入れてくるのだ。

もうぐちゃぐちゃだ。シーツは愛液でベトベトだし、においは性≠あらわすようなツンとしてそれでいて甘いにおい。

麦野沈利は時々目の焦点が合わなくなり、目玉の黒いのが上の方に行く。つい声もさっきまで聞き取れたがもう何を言ってるのかわからない。

さっきからずっと止まらず動き続けてる為かなり疲れたがそんなことに構ってはいられない。

「あ、あぁ、あぁああ!」

彼女の力が抜け、こちらへ倒れ掛かってくる。もうあ≠ニしか言えていない。

ただ突くだけなのも面白くないので彼女の大事な場所、そこにある豆粒みたなものを弄る。その途端、体がビクンッっと跳ね、思いっきり自分締まり≠ェ強くなる。

「あ、そろそろ出すっ!」
512 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 01:55:26.36 ID:z75UFLY0
ありがとう!でも幸せそうな麦のんみてたら、もう就活とかどーでもいいや。>>1頑張って!自分のペースでいいから!
513 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 01:59:10.82 ID:lxNSRpU0
>>512 ごめんね、正直作者的にも初めてが多いから色々難儀してる
あと誤字脱字は多いと思うから補完してくれるとありがたい
514 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 02:01:34.57 ID:y31GggDO
>>512賢者になっただけだろww
515 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 02:09:47.53 ID:z75UFLY0
>>513
補完なんて朝飯前だ。気にせずのびのび書いてくれたらうれしいよ。

>>514
何度も寸止めしてるんだよwww今晩は冷えるから風邪引かないようにしなきゃな…
516 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 02:17:21.61 ID:lxNSRpU0
「ひゃっ……!」

そんな声が聞こえたはず。それがイった¥態なのかどうかわからないが、ウワゴトのようにそんな言葉を繰り返していた。

顔は涙でぐちゃぐちゃになっているが頬が少しつりあがって笑っている

「すっげ……全部膣内に入った」

そんな感想を持った上条当麻。全部というのは彼が不幸にも色々とあったために処理≠ナきなかった分すべて。

「あの、もしも〜し」

しばらく起きれそうにない彼女をとりあえずベッドのかろうじて平気な部分に寝かせる。

先にシャワー浴びにいくか、と立ち上がったとき声をかけられた。

「ん、どこにいくのぉ?」

「あ、シャワーでも……先使う?」

「……ねぇ、もう1ラウンド」

「ええええ!?」

夜は終わらない



作者も原因不明の賢者かもしれない。それに眠いんだよ。


うん、色々やった。色々書いたんだけど、これが一番難しかった。

地の文が難しすぎるからかなり練習しないと無理だ……

で、次回はそろそろ [甘い]^3 くらいにしようと思うんだけどどうかな?
517 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 02:18:22.02 ID:lxNSRpU0
>>515 えっ、待ってくれよ
もう抜いた→もうやめておk って流れじゃないのかよ
518 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 02:31:07.08 ID:lxNSRpU0
とりあえず、>>516から続き。抜きたいなら画像検索だ!


「……」

流石に第4ラウンドまで戦い抜いた為、少年は力尽きたように眠っていた。反対に少女の方はとっても気分が良い。

寝ている間、観察してみることにする。あいかわらず頭はツンツンしているが、天然なんだろうか。

ふと思いつき、耳元で麦野沈利≠ニ連呼してみる。するとうぅ蹴らないでください、とうめきだす。

頬を平手打ち、ぺチッっと音が響く。

すっかり暇になってしまったのでカーテンを開けて外を眺めてみる。ここ学園都市は学生の街なので比較的夜は静かなのだが

確実に闇≠ニいうのは存在する。学生の街なので不良も多い。だが、そんなものは薄暗い程度である。

喧嘩をしたところでせいぜい補導、しばらくすれば解放される。そこからやり直すのに問題はない。

ここ、第7学区は夜になると様々な色を見せる。

例えば赤。サイレンが鳴り響き今日もどこかの馬鹿が捕まる。

例えばピンク。ネオンの街が見せる夜の色。

例えば――

「失礼します」

ホテルといってもここはいわゆるラブホテルではないのでサービスをうりにしている。だが、こんな夜中に誰が。

「あなたにお仕事です。アイテム≠ニしてではなく麦野沈利本人に」

まだ幼さの残る顔立ちからして、相手は中学生くらいだと思う。力で比べられるこの世界では年齢など関係ない。

「へぇ、聞かせてもらうわ」

今夜もまた、確実に闇≠ヘ生き続けている。
519 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/12(水) 02:31:21.33 ID:z75UFLY0
>>517
夜は終わらないんだろ?

お前が、一度抜いたら終わりなんて思っているなら、まずはその幻想をぶち殺す!(AAry
520 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 02:33:00.06 ID:y31GggDO
>>515ちろう
521 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/12(水) 02:42:19.91 ID:OyyeSy20
キスシスとかいう糞アニメのせいで上条さんの顔があいつの顔でしか思いうかばない
522 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 02:44:05.03 ID:y31GggDO
>>521そうろう
523 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 02:44:32.97 ID:lxNSRpU0
>>519 なんですと……

「っと、超渡してきました」

「ご苦労」

「浜面、超えらそうにしないでください。超絞め殺しますよ」

「ご機嫌ナナメだなおい」

「当たり前でしょう!!今何時だと思ってるんですか!!!」

左手につけた腕時計を確認する。

「3時だな」

「超ふざけないで下さい!私は超おねむの時間なんです!!」

「きゃー、『おねむ』なんて可愛いにゃぁ最愛は」

「フレンダもテンションがおかしひゃっ!? なにするんですか!?」

「こんなとこにいたらちょっと……ねぇ、しない?」

「しません!!」
524 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 02:55:22.68 ID:lxNSRpU0
――むぎのん へ

これ、当たっちゃったんであげます。

【2泊3日 船の旅】ペアチケット

期間9月15日〜17日


「……」

「滝壺、どうした。眠いか?」

「ううん、なんでも、ない」

「?」



――グループ の皆様

今回依頼したいお仕事は 幻想殺し の殺害

尚、依頼を拒否された場合

超電磁砲軍用クローン:検体番号 20001 最終信号

を殺害する。

「打ち止めァ……」


「(……怖いにゃー。釣りでした、なんていえないぜい)」
「(土御門発案なんだからアンタいきなさいよ)」
「(一方通行さん、マジになってます)」
525 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 03:07:22.00 ID:1h2FK7Y0
これはwwwwwwばれたら確実に死人が出る、ばれなくても死人が出る
526 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 03:49:36.51 ID:3yT.jlAo
ちょとこれァsYレならンしょ…
527 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 10:58:34.19 ID:p.kmGMAO
なにこの展開
528 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 11:05:50.24 ID:8YSdRroo
この展開は予想外ww
529 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 12:29:31.91 ID:WufbTpEo
はい死んだ。土御門死んだよ
530 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 16:46:49.71 ID:lxNSRpU0
ちょっと早めの帰宅。実は何も考えてないが今から考えれば問題ないと思う

SS、SS2購入してきたのでそれ見つつ書き溜めしてきます
531 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 17:20:40.08 ID:U637CRQo
>>530
SS2読んだら、きっと削板さん気に入るよ。だってかっこいいもん
532 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 18:03:54.61 ID:3yT.jlAo
SS,SS2って未だに書店に並んでるとこ見た事ないんだが何処もこんなもんなのかね
533 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 18:27:30.57 ID:/2wH6wAO
俺は古本屋で両方買ったけど、連番作品じゃないから普通の書店じゃ重要視されてないのかもなあ。

SSは本編に組み込んでおかしくない内容だし、SS2は鎌池さんがこの板でSS書いたら、みたいな作りで面白い。
是非手に入れるべき。
534 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 18:56:37.41 ID:1En2St20
SSってそんなに入手困難だっけ?

てかまだ落ちてないな
だいたい火曜に落ちるのに
535 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 18:57:29.14 ID:lxNSRpU0
>>534 今月は落ちないらしいですよ

『サバ』……?

絹旗最愛はそのカタカナで表記された文字を見つめる。

「まったく、またサバ缶ですか……しかもこんなに」

総数120個。大き目のダンボールで今朝運ばれてきたサバ缶セットは今絹旗がお世話になっているフレンダの家にピラミッド型に鎮座されていた。缶のラベルには『カレー』やら『焼肉』といった文字が書かれている。ていうか、肉じゃないでしょうこれ。

「…………!」

後ろからゴソゴソという音が聞こえたので後ろを振り返り警戒する。そこには――

「ダンボール……? ありましたっけ?」

さっきまで無かった、大きな文字でサバ≠ニ書かれたダンボールがドンッっと居座っている。
しばらくジッっと見つめるとパカッと上の方にのぞき穴のような小さい穴が開く。何だろうこれ。とりあえず警戒しつつ側にあったほうきでツンツンつっついてみる。と、いきなり四角いダンボールの上面が勢いよく開き、真っ赤な液体がついた巨大なクマのぬいぐるみが現れる

「わぁあああああ!!」

急いで逃げ出し、大きめのソファにおいてある犬のぬいぐるみフゥちゃん≠抱きしめる。何故こういう名前なのかは教えるつもりはない。ただフ≠ニいう文字が使いたかったのだ。た、他意はない!

「ぎゃははははは」

という笑い声と共に金髪の少女がダンボールからぴょこっっと飛び出す。
536 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 19:04:12.32 ID:lxNSRpU0

「超酷いです!!」

「ごめんよ〜最愛。でもでも好きな人はいじめたくなる訳よ…………こんな風に」

ずっと背中を向けていたフレンダが振り向く。が、顔が――

「か、顔が、にゃぃいいいいい!!?」

「はぁ〜この最愛は脳内永久保存フォルダにしまわなきゃ」

床に仰向けになってい気絶してしまっている親友の様子を見て、少し申し訳ない気持ちになりつつ顔からペリペリとのっぺらぼうマスク、250円をはずしとりあえず布団まで運んでおく。

この倒れてしまった少女、絹旗最愛はフレンダによる偶然(本人談)のぬいぐるみ爆発事件によって家を失ってしまった。だからこうしてフレンダの家に泊まっているのだ。
ちなみにこの家は妙に和風なつくりをしているが所々彼女の出身が日本ではない感じが出ている部分がある。具体的には布団が敷いてあるのは畳ではなくフローリングの床だし、テーブルに置いてある湯のみにはコーヒーが注がれている。

フレンダ曰く、日本をもっと知りたいけれど時々祖国が恋しくなるらしい。
彼女の日本語は暗部入りした際、連携をとる為に叩き込まれたものだ。主に麦野に。あと、絹旗や滝壺も手伝ってくれた。浜面はその頃はいなかったため、片言の日本語でメモ帳を片手に喋るフレンダを知らない。

「うん、これにしよう」

ピラミッド型に積まれたサバ缶の、一番上のやつをとりちいさい起爆ツールで開ける。

「うんうん、結局今日も平和でサバ缶がおいしい訳よ」
537 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 19:04:30.91 ID:1En2St20
キタ━━━━

そしてマジか
538 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 19:13:01.72 ID:lxNSRpU0
「……なァ」

「なにかしら?」

「俺が『グループ』に入ってからどれくらい経った?」

「日数など数えていませんのでわかりませんね。でもあまり経っていないように思えます」

「でも色々あったよなァ……」

と、彼はグループ≠ニしての過去を振り返る。

「オマエも、何だかんだでいいヤツだった」

「貴方がそんなことを言うとは思いませんでしたよ」

「まったくね。そんな言葉が出るくらい人間が出来たのは私のおかげね」

ははは、と一方通行、海原、結標の3人は笑う。

「じゃ、おわかれだな」

ズボンの左ポケットから黒光りする銃を取り出す。そしてゆっくり、ゆっくりと向ける。

「わ、悪かった! そんな、冗談も通じないやつが第一位だなんて打ち止めが悲しむぞ!!」

土御門元春は必死の命乞いを決行する。この男なら本気このままやりかねない、そう思っての行動だ

「まァ今回だけだぞォ」

悪魔の優しい一言で全身の力が抜けほっとする。だが悪魔というのはそんな優しいものではないのだ。

「こいつの義妹を呼べ。どんな声でなくのかなァ。聞かせてやるよ。なァ、アニキィ?」

ニヤリと笑う白い悪魔に、土御門は本気で泣く羽目になった。そして誓う。もうからかうのはよそう、と。
539 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 19:19:06.58 ID:SbSzvLA0
スネェェェェイク
540 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 19:19:27.52 ID:lxNSRpU0
少しの間地の文消し

浜面「さて問題です。明日から3日間麦野と上条のカップルは船の旅に行きます。どうしますか?」

3人「「「尾行」」」

浜面「行き先ってわかるか? わかるんなら先回りって手も……」

絹旗「京都って書かれてますよ」

滝壺「そんな筈は……あ、京都だ」

浜面「京都って海あったっけ? ていうか船の旅じゃなくない?」

絹旗「船って行っても潜水艦で行くらしいですよ」

浜面「おかしくない!? 素直に新幹線のチケットとか渡せよ!!」

フレンダ「まぁ、結局それが第15学区商会のやりかたなんだからしょうがないよ」

―――

麦野「さて、と。これで準備はいいわね」

上条「はい、はい……ですから3日間くらい学校はお休みをします、ゲホッゲホッ、失礼しま〜す」

麦野「仮病バレバレ」

上条「上条さんはそろそろ単位が心配になってきましたよ」

麦野「まぁ、それならアイテム≠ノくればいいじゃない。浜面席を消すから」
541 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 19:24:24.58 ID:lxNSRpU0
>>539
フレンダ「知らないの?ジャパニーズスネークって言うんだよ?」

絹旗「一応言っておきますがスネークは日本語じゃないですよ」

浜面「それってゲームかなんかじゃなかったっけ」

絹旗「あ、じゃあフレンダはそのゲームに超ハマってるんですか?」

フレンダ「ううん。まったく。興味なし」 っていう感じか




-翌朝-

浜面「ったく……ねみぃ……事故らないように祈るか」

滝壺「はまづら、応援してるから……」

浜面「お前も寝ちゃっていいぞ」

滝壺「ううん、起きてるよ」

―――
542 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 19:32:17.70 ID:lxNSRpU0
>>540 描写し忘れたシーンがあるけど、大丈夫かな

麦野「う〜ん……ここどこかしらね」

上条「迷った……何故か迎えの船は来ないし、不幸だー」

麦野「まぁとにかく京都まで行ってみようじゃないの」

上条「でもさ、徒歩で行くとか無茶すぎないか?」


垣根「はっはっは〜、ざまぁみろ。掛けてレベル0コンビがぁ!!」バッサバッサ

上条「なんで掛けるんだよ! そしてお前は何やってんの!?」

垣根「よっと、いや〜飛行機に乗ってトイレ入ったら便器ごと落下しちゃってな」

上条「いやそれ確実に殺しにきてますよ!? 故意にやられてますって」

垣根「心理定規とも離れちまったし、結局垣根様は超不幸だー」

上条「色々混ぜんな!!」

麦野「心理定規と付き合ってんの?」

垣根「ふっ、どうかな。当ててごら、ビーム!? 面倒なやつだからって撃つことはないでしょうよ麦婆……2発目!?」

上条「あ、いいこと考えた。お前俺ら乗せて飛んでくんない?」

垣根「できるか!」

上条「垣根、できないできないと諦めてばかりじゃ道は開けんぞ!」

垣根「いや、んなこと言われても……」
543 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 19:39:13.22 ID:lxNSRpU0
垣根「じゃあヒッチハイクをしようじゃないか。超ホスト顔な俺がやってきてやるよ」

―――

垣根「やぁ、子猫ちゃん。俺と京都に金閣寺を見に行かないか?」

「で、でも……」

垣根「……な、いいだろ?」キラッ

「う、うn「うぜェ[ピーーー]。早くいけよ結標。運転練習だからって事故ンなよ」「わかってるわよ!」

垣根「…………相手が悪いぜ。しかし、何であの金髪グラサンは走ってるんだろうか」


垣根「よし、俺も男だ。覚悟を決めたぜ。掴まれ!!」

上条「おぉ!」

麦野「どさくさにまぎれて触らないでね」

―――

垣根「ひょぉおおおおおおおおお!!!!!」パタパタパタ

上条「うわぁああ怖ぇえええ!! 命綱無しだしコイツブルブルしてるし!」

544 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 19:43:06.35 ID:lxNSRpU0
>>543回避忘れ 死 ねです

垣根「見えてきたぞ! 金色の建物……あの中に、俺達の求めてきたものが……!」

上条「変なシリアス感だすな」

麦野「まぁ、ふぉふぇも(これも)、なかなかふぉふ(乙)なものふぁふぁ(だわ)」モッシャモッシャ

上条「弁当食ってるし!」

麦野「お腹空いちゃったからね」

垣根「…………トイレいきたくなった。間に合わないしここで失礼して……」

上条「やめろ!絶対やめろよ!!」

垣根「……もう飛ぶの無理! じゃ、生きるのはあきらめてくれ」パッ

上条「うっそぉおおおおお!!!」

麦野「ん〜やっぱり、このシャケ弁は「今落ちてるんですよ!?」

垣根「っと、達者でな〜」




垣根「ふぅ、トイレトイレ〜っと」バッサバッサ
545 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/12(水) 19:47:30.47 ID:lxNSRpU0
―――

「いててて」

ここどこだ?

「よし生きてるわね。よかったよかった」

上の方から声が聞こえる。

「いや〜助かったわ」

「……まぁ、助かったからいいや」

麦野が木に引っかかっている。ちなみにその状況でもシャケ弁は離さず、今も手をとめず口に運んでいる

「今行くから、絶対暴れるなよ」

数分後、久々に地上についた麦野は辺りを見回して一言

「京都って結構自然が多いのね」

「いやここはただの森だろ」

ガサッっと茂みから音がする。

「垣根のクソヤローだったら殺すわ。異論はないわね?」

茂みから姿をあらわす。

上条「あれ? >>560?と……そっちは>>565


休憩。ネタとか書いてくれるとやっぱり嬉しい
546 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 19:55:14.07 ID:WlTMpdg0
ksk
547 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/12(水) 19:55:44.95 ID:IQFd.eI0
ksk
548 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 19:57:17.01 ID:QOD75/EP
ksk
549 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 20:04:05.41 ID:h/PNHyk0
ksk
550 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 20:04:36.57 ID:h/PNHyk0
ksk
551 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 20:09:18.78 ID:/2wH6wAO
ksk
552 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 20:12:19.88 ID:Q8aYqrk0
ksk
553 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 20:13:36.35 ID:02a3PKUo
ksk
554 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 20:15:15.88 ID:AVmToOgo
ksk
555 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 20:24:45.25 ID:.txBhUSO
つか遠い
556 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 20:27:17.13 ID:quzBUTU0
ならば加速だ
557 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/12(水) 20:32:19.56 ID:Rh.Xe/s0
ksk
558 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 20:41:01.81 ID:p.kmGMAO
がんばれあとちょっと
559 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 20:45:37.42 ID:WlTMpdg0
kskst
560 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/12(水) 20:45:48.07 ID:8kLtkEAO
オルソラ
561 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 20:46:09.37 ID:ChYk2sAO
ていとくん
562 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/12(水) 20:47:06.76 ID:KRwRYBE0
加速するんだよ!
563 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 20:49:10.75 ID:WlTMpdg0
kskst
564 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 20:49:33.87 ID:Ct/ojzgo
アニューゼ
565 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/12(水) 20:49:48.33 ID:KRwRYBE0
五和
566 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/12(水) 21:05:37.25 ID:TSdrTRk0
なんでアウトなチョイス
567 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/12(水) 21:07:40.49 ID:G/UgXKU0
魔wwwwwwwwwwww術wwwwwwwwwwwwサwwwwwwwwwwwwwwイwwwwwwwwwwwwドwwwwwwwwwwww
568 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/12(水) 21:16:35.35 ID:KRwRYBE0
む、むぎのんは同年代の女性とも付き合うべきだと思うんだよ!
569 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/12(水) 21:28:58.30 ID:ZnkflsE0
五和と麦野のヤンデレコンビか……
570 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 21:28:59.65 ID:WufbTpEo
女の戦いで上条さんがやばい
571 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/12(水) 21:29:43.30 ID:V4jm5eE0
なんという俺得wwwwwwwwww
GJ!
572 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 21:55:55.11 ID:ZIzIf9A0
しゅらば
573 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 22:04:52.37 ID:Sakj94Mo
五和は土御門に言われて知ってなかったっけ?
574 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 22:08:26.54 ID:C49vzk.0
魔術サイドオンリーとか>>460>>465は打ち合わせでもしたのかwwwww
575 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/12(水) 22:34:05.67 ID:WXEAGJ20
オルソラと五和と麦野といったらヤンデレか料理か
576 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/12(水) 22:35:22.58 ID:WufbTpEo
いいや、おっぱいだね
577 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/12(水) 22:37:26.26 ID:Rh.Xe/s0
>>576 それだ
その展開に期待
578 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 21:25:15.89 ID:/XENVIE0
まだ?
579 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 21:50:58.19 ID:SaSiu.M0
麦のんが可愛ければそれでいいよ
580 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 00:30:11.75 ID:7B1Y7oAO
そしてまた新しい1日が始まる
581 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 20:22:04.29 ID:N90yekE0
マダー?
582 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 23:37:17.75 ID:SNWIA8k0
>>1です
何故か突然多忙になってしまったので書き溜めが進んでません……
3日〜1週間後くらいに来れると思いますのでもうしばらくお待ち下さい
落ちも決めてそろそろ完結させたいところ
583 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 23:56:35.97 ID:CyE3Ovk0
待ってます!
584 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 15:48:30.42 ID:s5rT/sw0
待ってるー
585 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 21:25:09.36 ID:ianZuro0
どうもです
なにやら久々に一嵐来ているようで

粘着は結構ですが、もう何度か経験したことですので気が済むのならどうぞ。スレはまだまだ余力ありますし
ただ、ゴミスレや粕スレといったレスでは単なる荒らしでは?理由を述べた上で罵倒しなきゃリア消乙と思われるのが関の山ですよと老婆心を働かせてみたりするわけですがいやはや

まあ、自治スレの方も覗いたので荒らしている理由は一応理解していますが
ただ、オリキャラやらなんやら大体vip時代に説明したことですし、前スレの扱いに関しても前スレの最後の方やこのスレの初めの方で説明済みですよ。強いて言えば、せめてきちんとレスを読んだらいかがでしょう?

やや空気を濁すレスですが、俺から言えるのはこんなところです
このまま放置するのも可哀想だったので仕事の合間にレスしてみました
では、皆さま以後お手を触れぬようお願いします

そして再開はまだですorz
586 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 21:58:02.29 ID:/i9kyO6o
自分で触れといて放置しろってのもどうなのよ
587 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 22:16:06.68 ID:r2LYQVUo
てかコピペじゃん
588 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 23:24:14.93 ID:DRkWObo0
>>585
つまりどういうことだってばよ…
589 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 00:43:04.57 ID:KzLF0cDO
>>588
コピペェ…
590 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/17(月) 18:46:47.58 ID:shHneC20
しかし、五和との絡みは想像できてもオルソラはできぬ
591 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/17(月) 19:11:03.22 ID:fjEZLYAO
         /
      (^o^)/
     /( )
    / / >

   (^o^) 三
   (\\ 三
   < \ 三
592 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 19:12:48.02 ID:neUIroso
まだですか
593 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 19:13:33.38 ID:uB0Sk5Mo
携帯が無理してAA使うな
594 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 19:06:51.89 ID:mqv13AAO
  いいぜ ヘ(^o^)ヘ
        |∧
        /
てめえが
何でも思い通りに
出来るってなら
         /
      (^o^)/
     /( )
    / / >

   (^o^) 三
   (\\ 三
   < \ 三
`\
(/o^)
( / まずは
/く そのふざけた
   幻想をぶち[ピーーー]
595 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 19:12:18.86 ID:T1nqOkEo
ずれてんぞ携帯用AA
596 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 19:12:48.47 ID:mKeMRIso
IDまでAAなのにな
597 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 00:02:40.73 ID:MEb58.20
諦めよう
598 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 19:54:50.93 ID:R6nBOp20
支援
599 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 21:18:56.52 ID:WQl4kIAO

         , '´ ̄ ̄` ー 、
       /: : : r‐r==========、
      /: : /├l‐1―‐――‐―.|
     ,': :∧〉}‐ヒL二二二二二」
      { :/:/ /ゝノイ ノ l/ ヽ、 l :}
      | :レ |  ノ    \ l :|
     |: i: (|.  ●    ● l:/
     }  : :⊂⊃ 、_,、_, ⊂.ル|
    ,.イ/イ:}从ヽ,、  __, イ从/
      ,.< ゙i.i:.:\__八__/:i.i>、
     ( ⌒ )}.}:.:.:.ヽゝoi|.|:.:.:( ⌒ )

ミサーん
600 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 15:44:21.81 ID:8m3botwo
続きがまだ・・・だと・・・?
601 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/22(土) 19:05:41.48 ID:IMQENww0
もう運営に頼んでこいよ
畳め畳め
602 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/22(土) 19:54:12.30 ID:xnwQgUAO
諦めませんのことよ
603 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 20:04:47.26 ID:VMAWMAAO
待ってればいいだろ>>1はニートじゃねえんだから忙しい時もあるだろ
604 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 23:49:54.87 ID:p5fmwoDO
誰か上麦でイチャイチャ書けよー
605 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/29(土) 16:57:25.63 ID:vIRLMlk0
--------------終了--------------
606 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/29(土) 18:03:49.38 ID:fJQDvTk0
--------------再開--------------
607 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/29(土) 20:43:58.52 ID:Gwxx8Ms0
12日から書かれてないのか
やめちまえ
608 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/29(土) 21:00:23.87 ID:hZpzK6AO
辛抱できない厨房ばかりか
609 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/29(土) 21:00:28.18 ID:2k2hA.2o
ふざけんなし
610 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/31(月) 11:27:41.06 ID:ZYim8Ss0
582 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 23:37:17.75 ID:SNWIA8k0
>>1です
何故か突然多忙になってしまったので書き溜めが進んでません……
3日〜1週間後くらいに来れると思いますのでもうしばらくお待ち下さい
落ちも決めてそろそろ完結させたいところ


現在31日 これはもうだめかもわからんね
611 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 11:29:09.54 ID:zxDSYMAO
ダメじゃないし
612 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/31(月) 11:36:21.76 ID:L88o.gAO
まつし
613 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 18:36:40.52 ID:k1h.ufg0
頭を地面にこすりつけてそのまま地球の裏側までいってしまう程謝罪したい
>>1です

放置すいません!!
614 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/31(月) 18:47:47.14 ID:pCXqM1Ao
>>613
早く書け太郎
615 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 19:49:55.00 ID:qOLHCUSO
>>613
HKB
616 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/01(火) 19:56:19.34 ID:tKGoHgAO
きた?
617 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/02(水) 03:08:48.98 ID:yM6wTMg0
追いついた,けど放置されてた…
滝壺が可愛いからもっと出番を!
618 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/09(水) 16:33:05.53 ID:AysUXGAo
お願い早く
619 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/09(水) 22:25:25.59 ID:4cpAO8Yo
http://live28.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1276060121/
620 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/12(土) 02:31:36.26 ID:XjONisoo
>>1こないなー
621 : [sage]:2010/06/13(日) 02:55:13.85 ID:tXPl/sQ0
本当に、本当に申し訳ない。

言い訳としましては


テストと同時期に新PC(貰い物)が届く、ということで一時的に更新をストップさせた訳なのですが、テストの後の課題というのが予想以上に多くて手間取る&PCの調子が悪い(ネットに繋がったり繋がらなかったりと安定しなかったり、PC自体が起動しなかったり)


最近ようやく安定してきまして、なんとかネットに繋げる状態になってます。


ところが、新たに課題がガーーッっと出てしかもテストが近い。
というわけでこれからしばらくは生存報告しか出来ないと思います

あまりにも長い間投下出来ないようならHTML化依頼を出そうと考えています


ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません
622 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 08:40:24.06 ID:YbBf3dIo
>>621

がんがれ
623 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/13(日) 20:42:21.92 ID:oGQvlY20
頑張ってくれい
624 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 23:32:14.15 ID:HH5Az2go
まぁ頑張ってくれ
625 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/15(火) 06:47:23.99 ID:lrMtDv60
頑張るんだ!
626 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/19(土) 11:04:17.25 ID:UJOg4Vko
VIPの麦のんスレも落ちたか・・
627 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/19(土) 21:04:08.28 ID:J0uKCXY0
やる気がないならやめちまえ
628 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/19(土) 21:49:27.81 ID:V47RucIo
>>626
GEPにきてるぞ
629 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/27(日) 11:32:47.53 ID:YlBi1cAO
多分W杯が終わったら来るんじゃね?
630 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/30(水) 17:25:10.90 ID:ACm0sPQ0
頑張るんだ!
631 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/03(土) 20:45:01.39 ID:wiK9p.I0
待ってます
632 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 13:01:22.15 ID:jlPCzSc0
報告だけでもいいから>>1帰ってきて!
633 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 18:46:02.31 ID:lqaofcDO
本人言った通り忙しい上にまだ書けないんですとしか言えないんだからわざわざ来ないだろ普通
後俺が自治厨だったら無駄にageて悪目立ちするスレからHTML依頼すると思うよ
634 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/09(金) 19:03:46.29 ID:ozjYPoAO
じゃあ無駄にageるわ
635 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 19:41:07.77 ID:SoI/SlE0
sageろよ カス
636 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 21:39:47.51 ID:cCyM6EEo
sageろゴミ
637 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/09(金) 22:41:49.39 ID:ozjYPoAO
age
638 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 23:29:04.65 ID:SoI/SlE0
sage
639 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/09(金) 23:44:09.05 ID:ozjYPoAO
age
640 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/10(土) 01:40:45.90 ID:/diix2AO

641 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 01:52:42.72 ID:se7ND.AO
相変わらず夜更かしするな
642 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/10(土) 13:31:48.62 ID:/diix2AO
HTML依頼出せよ
643 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/10(土) 21:09:18.76 ID:/diix2AO

644 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 21:30:55.98 ID:se7ND.AO
でお前はなぜ出さないんだ?大好きなスクリプトするヤツに潰してもらいたいのか?
645 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/10(土) 23:13:05.92 ID:/diix2AO

646 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 01:19:38.21 ID:ZZKVl/Yo
ダメだこいつ嫌いなスレをスプリクトに献上して自分の好きなスレを目立たせなくしようっていう無駄な努力をしてやがる
647 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 02:13:26.26 ID:iZQ3jcAO
スプリクトwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
648 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 03:06:43.70 ID:c7hWhAAO
>>647
どっか面白いところあったのか?
649 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 03:33:51.45 ID:iZQ3jcAO
スプリクトてwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
650 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 03:47:45.89 ID:c7hWhAAO
>>649
んで何で自分で申請しないのか教えてくれよ
651 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 09:25:22.61 ID:iZQ3jcAO
ただageたいだけだからwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
652 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 11:52:33.13 ID:ZZKVl/Yo
どうみてもスプリ・・・スクリプトに献上しようとしてます、本当にありがとうございました
ageんなカス
653 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 12:18:05.79 ID:iZQ3jcAO
何とでも言えよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
654 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 12:32:04.46 ID:ypXg.Us0
NGしよか
655 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 12:35:42.06 ID:ZZKVl/Yo
ごめんなNGちゃん君の存在忘れてたよ
656 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 13:18:43.43 ID:iZQ3jcAO
age
657 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 13:32:50.06 ID:3aAIbb.0
sage
658 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 16:37:14.68 ID:iZQ3jcAO
age
659 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:38:40.11 ID:VJWSP7Eo
sage
660 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 23:56:02.18 ID:iZQ3jcAO

661 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 00:00:15.04 ID:td6OW.AO
お?もう起きたのか案外規則正しいんだなwwww
662 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/12(月) 00:19:39.80 ID:KyYMI2AO
おはよーございまーすwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
663 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 00:30:59.52 ID:9Yxvyrk0
sage
664 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/14(水) 19:15:01.05 ID:aWgHUwAO
面白いスレだからageるよぉwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
665 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 19:37:54.90 ID:IMVOrs.o
そういやもう基地外いないらしいな
666 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 12:13:53.86 ID:AvWLYD6o
>>665
焼かれたの?
667 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/15(木) 22:43:58.06 ID:uwpGzkAO
良スレage
668 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/15(木) 23:36:40.93 ID:fxyKI2AO
―――数分前―――


?? 「??さん、本当にこっちの方角で合ってるのでしょうか?」

?? 「そうですね。そろそろいいお時間なのでお昼にでもしたいですわね」

?? 「あぁ、はい。なら今からでも元来た道ひきかえしm」

?? 「間違いありません。魔道書解析した私の目に狂いはございません」

?? 「…グスン」

ガサガサッ

??「あらあら?」

上条「あれ? オルソラ?と……そっちは五和!?」

麦野 「 」






ってことがあればいいな…………うん、ごめん吊ってくるorz
669 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 23:38:28.25 ID:3N6lX2AO
>>668
で続きは?
670 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 18:23:16.45 ID:RSRi1Tg0
>>1です
長い間、スレを放置してしまい申し訳ありませんでした。
諸事情で時間に余裕がなくなってしまったため、続ける事が困難になってしまいました。
大変残念ですが、ここで打ち切りという形にさせて頂きます。
スレ見ていただいた方どうもありがとうございました。
671 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/20(火) 20:56:17.47 ID:8XkUvSEo
他のスレにもいたけど
ここにも偽装終了するやつが来てんのかよ。
672 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 21:13:11.15 ID:5bPOg7oo
俺がみてるほとんどの禁書スレに投下してるマルチである、気にしてはいけない
せめて文章とかIDとかぐらい変えてからと思わなかったのだろうか
673 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 21:16:12.61 ID:h0YP/VQ0
>>672
>せめて文章とかIDとかぐらい変えてからと思わなかったのだろうか
ま、悪気はあるんだろ
674 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 18:02:06.92 ID:TqRib.DO
>>1ですが諸事情により投下の継続が困難になったのでここまでとさせていただきます
長い間放置してしまいすみませんでした
675 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 18:05:39.03 ID:8uKK6Pgo
前日のマルチのせいで俺が見てる限り他のスレには一個もないのに>>674が信用できない
676 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/23(金) 21:40:25.41 ID:UPQSoJwo
>>674
ちょっと何言ってるかわからないです
677 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 21:54:14.51 ID:.4JitvMP
信用以前にID末尾が違いすぎるだろ
678 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/08/06(金) 15:33:30.54 ID:CPLD0a60
おいまだか
679 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/06(金) 20:03:25.74 ID:TwTolgAO
いやもう無理くさくね?
680 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/08/07(土) 19:57:37.25 ID:NJKEtEAO
麦のん21巻用紙なのに何で殆どいないん?
681 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/08(日) 00:33:35.64 ID:9yV.g7Eo
むぎのんが真ヒロインとは言ってもヒロインを食っちゃったらダメなんじゃね
今後に期待なんだぜ

21巻読んでないけど
682 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/08/10(火) 01:04:08.64 ID:MJLpTIo0
生存報告だけでもいいから>>1帰ってきて
683 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/10(火) 23:24:01.01 ID:h8RbcrA0
オルソラ五和が無理だったからやめたんだろうな
684 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/12(木) 15:45:28.77 ID:dMXkI7co
全て安価取った奴のせいだな
685 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/12(木) 18:59:49.39 ID:Eabo/nAo
さすがにもう無理かな
Jeneのタブにたまった停止SSスレがまるで不良債権のよう
686 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/13(金) 00:13:34.15 ID:MQN9YkAO
流石に3ヶ月はだめだろ生存報告入れたって
687 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/08/20(金) 14:30:52.45 ID:MLHh4sAO
オイオイヨ
688 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/08/20(金) 15:40:02.18 ID:MUPhxkDO
http://neet.sk2w.jp/?inviteruser=522
689 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/20(金) 16:02:18.48 ID:7NiFSoSO
>>688
宣伝するな消防
690 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/08/31(火) 01:36:31.56 ID:tEUGFsA0
誰でもいいから書いてくれ
691 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/09/02(木) 19:07:33.47 ID:WYdOacSO
俺は・・・諦めない!!
692 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/09/03(金) 20:50:38.42 ID:CvJNcMAO
書く気ねーだろ
693 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/04(土) 19:57:35.24 ID:WvwJvlEo
書き手のレスがないまま1ヶ月以上が経過したのでHTML化のご案内です

製作速報VIP(クリエイター)は長期間書き込みがなくてもdat落ちしません
もし続ける意思がなくなった場合は、以下のスレでHTML化依頼をお願いします
■ HTML化依頼スレ Part1
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1190564438/

続ける意思がある場合は、2週間に1度ぐらいでいいので生存報告をよろしくお願いします
放置スレを減らし、製作速報をみんなで住み良い場所にしていきましょう
694 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/12(日) 00:27:14.01 ID:3uCBuAEo
1週間の間に書き込みがほとんどなかったので、放置スレと判断してHTML依頼してきます
おつかれさまでした
695 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/25(土) 19:44:48.51 ID:YacPC8Eo
期待してたのに...
696 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/09/27(月) 18:26:05.99 ID:OFMteqIo
oh...
697 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/27(月) 20:14:11.09 ID:.m1dZ6AO
oh...
698 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/27(月) 21:04:02.32 ID:0hXzSVs0
oh...
699 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/28(火) 19:35:50.13 ID:ueTkbYwo
oh...
700 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/29(水) 12:59:02.28 ID:2vqiuIIo
oh...
701 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/30(木) 08:14:18.48 ID:I5E.AAko
oh…
702 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/30(木) 16:17:54.60 ID:PwY3ZlYo
oh...
703 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/10/02(土) 21:00:15.42 ID:nObtL8Uo
oh...
704 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/10/02(土) 21:23:27.44 ID:dH.OMoAO
欧米かッ
705 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/10/02(土) 21:34:34.22 ID:x2mObwIo
あ?
706 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/10/02(土) 21:47:43.95 ID:fCszRMco
oh...
誰か書いて欲しかった...
707 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/10/05(火) 00:43:15.28 ID:iqhnytso
ah...
708 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/10/05(火) 03:02:55.42 ID:Uo9FSrco
oh...
709 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/07(木) 03:41:18.39 ID:DJXSXnso

710 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/10/08(金) 04:58:28.67 ID:pkGeqCgo
oh...
711 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/10/09(土) 17:56:39.65 ID:ZBLPP.AO
最新刊麦のんでれでれだよ麦のん浜面に構ってもらえなくて拗ねてる麦のんカワイイよ麦のん
712 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/10(日) 01:07:53.06 ID:hE2xLrYo
no...
713 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/10/12(火) 16:31:00.79 ID:o4crIlAo
aha…
714 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/10/12(火) 23:31:36.46 ID:B.j5eAI0
まだ残ってたんか…
715 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/10/13(水) 15:20:30.81 ID:C2cf7J.o
あの狂信的なむぎのスキーたちはどこへいったんだ
716 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/10/21(木) 01:49:52.34 ID:voKeODoo
oh...
717 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/28(木) 10:38:12.37 ID:0.7yqY6o
まだ残ってたのか
718 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/10/28(木) 13:41:25.94 ID:TvFrySgo
>>715
おれはまだいるんだが、無力だからなにもできぬ
719 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/10/28(木) 13:46:10.33 ID:fUJpLWUo
俺は待っているんだぜ
720 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/10/28(木) 19:53:01.75 ID:d0XhlUAO
原作で呆気なくデレたしなぁ……
721 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/01(月) 10:09:15.92 ID:yANdbrko
愛してる
722 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/06(土) 08:09:10.44 ID:K/eeqbco
寒いなぁ
723 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/07(日) 03:57:44.76 ID:6ZzNOEUo
誰もいないようだな
今ならいける

麦野はもらった
724 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/07(日) 04:20:14.38 ID:aCbq1RIo
>>723
時間が指定されてないから無効だな

3時間むぎのん
725 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/07(日) 04:24:58.62 ID:v56752Io
>>724
パリィ
726 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/07(日) 13:24:10.56 ID:lL.nBm.0
むぎのんならお前らの隣で寝てるよ
727 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/07(日) 14:00:38.49 ID:o/ZnHzwo
あたりめーだ
728 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/08(月) 16:37:15.13 ID:usB.QTIo
むぎのん、ペロペロ
729 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/08(月) 20:11:10.19 ID:mKaLBa2o
続きが・・・
730 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/11(木) 13:20:50.20 ID:dNoc7cUo
そろそろ半年か
731 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/14(日) 18:42:21.03 ID:7a8Gxq6o
おやすみむぎのん
732 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/16(火) 19:54:42.15 ID:fxaklZI0
おわた
733 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/17(水) 01:36:06.56 ID:twkc5gAO
はじまた
734 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/19(金) 18:53:10.25 ID:D5IZR8so
1家に1むぎのん
735 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/21(日) 00:40:29.70 ID:H8VfbuU0
麦のん…愛されてるなあ
736 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/21(日) 00:54:03.57 ID:nxS9CIAO
むぎのんにちゅっちゅしたお
737 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/21(日) 22:07:25.68 ID:kZJE3ygo
oh...
738 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/26(金) 15:26:55.84 ID:DsUzqC60
上条「ちくしょう……不幸だ……」
とある日曜日の午前10時、上条は熱で寝込んでいた。
実は今日は11時から麦野と遊ぶ予定だったのだが不幸にも風邪を引いてしまったようだ。
約束の時間までには後一時間ほどあるがさすがに下がらないだろう…というより段々上がってきている状態だ。

上条「はあ、絶対麦野怒るだろうな」

小声で呟きながら上条は携帯を手に取った。

『プルルルル、ガチャ』
上条『麦野さんでせうか……』

麦野『上条君、どうしたの?約束って11時からじゃなかったっけ…って言うより大丈夫!声死んでるわよ』

上条『すいません……ちょっと風邪を引いてしまいまして……』

麦野『はあ、嘘でしょ?今熱何度よ』

上条『えっと……段々上がってきて最後に計ったので39度2分でした…本当にゴメン……今日の埋め合わせはちゃんと明日するから……』

麦野『分かったわ…ちょっと待っててね上条君、今から行くから』

上条『えっでも悪いですよ…』
麦野『病人が何言ってんの、いいから!待っててね』

正直上条は「後一時間で完璧に治しとけ」とか「関係ねえよ!! カァンケイねェェんだよォォォ!! 」とか言われると考えていたので予想外の麦野の反応に驚いていた。
              〜続かない?〜
寂しすぎて書いてみたけど…麦のんって何故か口調難しいですね

初心者なのでおかしいトコあるけど気にしないで下さいね

739 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/26(金) 21:21:19.46 ID:W8h8FMDO
麦のんの口調禁書と超電磁砲でも若干違うから難しいよね
740 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/26(金) 22:06:09.65 ID:h6HTk8go
どんなむぎのさんでもいいんです
741 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/27(土) 01:03:37.67 ID:7PgZ3kAO
初心者でもカァンケイねぇ(r

さぁむぎのん看病こいコラァァァァああああ!!!

すみません興奮しました、続き超待ってます
742 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/27(土) 02:08:55.08 ID:T..Qvbc0
続き書いてみました。

〜30分後〜
麦野「上条くーん生きてる?」


上条「何とか……でもちょっと熱上がって今39度6分です…」

麦野「……病院いく?」

上条「上条さん家にはそんな余裕ないのですよ……」

麦野「ああ成程ね……あっ一応スポーツドリンクと風邪薬とか買ってきたわ、お米ある?今からおかゆ作るから」

上条「麦野様……ありがとうございます…」ウルウル

麦野「(涙目の上条君……可愛い…//)」

麦野「いっいいわよ、別に……//」

上条「ありがとうございます……ああ…麦野が天使に見える」

麦野「バカ///」
麦野は顔を真っ赤にさせて嬉しそうに台所へと入っていった。

『カシャカシャ』

台所で米を研ぐ音が聞こえる、毎日自分で米をたきおかずを作っている上条はその時少しだけ違和感を感じた
上条「…(おかしい……研ぐ音が大きい?それに何でせうかこの金属音は?)」

違和感が段々上条の心を不安にさせていく、我慢できなくなった上条は風邪でボロボロの体を引きずり台所を覗きに行った。

台所では特に変わったところもなく、麦野が笑顔で泡だて器で米を混ぜている
                       ・・・・
743 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/27(土) 02:12:41.99 ID:T..Qvbc0

まだここまでなら許せる、というよりありえる。上条が苦笑いしているともう一つ、ある重大な異変に気付いた。
泡だて器ではない米を入れているであろうざるの中が白いもので埋まっている。

上条「(……ありえねえ……米が…泡で埋もれていやがる!)」
中身に気付いた上条は膝から崩れ落ちた、風邪でしんどいのとあまりの現実にいろいろな部分が耐え切れなくなったのかもしれない。
しかもよく見ると買ったばかりの皿洗い用の洗剤が綺麗さっぱりなくなっている。

上条「麦野サーン…それは……」

麦野「上条君?どうしたの」

上条「いや……あの…何で米がこんなに泡だっているのでせうか?」

麦野「えっ……だってお米って洗うんじゃないの?」

上条「あの〜お米は洗剤で洗うんじゃなくて、水で研ぐのではないでせうか」

麦野「いっしょじゃない?どう違うのよ」

上条「麦野さん…もしかして料理…ていうより家事苦手?米を洗剤で洗うなんて小学生でもしな…」

『ブチッ』
麦野から何かが切れてしまった音が聞こえた。

麦野「うっせえんだよォォォ!そんなもんどうでも良いだろォがよォォォォ!食えたらいいだろ!、食えたら!」
麦野が突然やくざ顔負けの形相で逆切れし始めた。
                続くかな

すいません続き投下しました。

この頃忙しいので続きかけるか分かりません。
744 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/27(土) 02:24:18.70 ID:bopZieoo
いや麦のん20代でそれはやばい


いや時代設定的に意外とあり得るのか?
745 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/27(土) 05:36:28.94 ID:7PgZ3kAO
麦野「うーん……まあ良いわよ、私の物語書いてくれてるからさ。私もココロ広くなった。
それよりさ、滝壺! あーゴメンうん、あんた顎で使うようなマネ金輪際したくないんだけどさ>>744がなんかスッゲェ間違ってんだろおがァァァああああああああああああ!?」
746 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/27(土) 09:26:58.78 ID:DtpV7U20
別人でも良いから書いてくれると嬉しい
747 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/27(土) 16:49:27.20 ID:Flh4DcDO
ぴちぴちの大学生
748 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/27(土) 20:29:12.47 ID:riT0oI.o
最近むぎのスキーが増えて喜ばしいことだ
749 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/27(土) 21:40:48.87 ID:a4BBkwAO
麦野「アンタ、ついてないわね」

最初に見た色は赤。

麦野「あーあ。ついてない。ホッッントついてないわ。アンタも、私も」

空を染める鮮烈の朱。地を染める鮮血の紅。そして佇む影を染める―――赤。

麦野「アンタ、コイツらの仲間?それともただの通りすがり?」

くすんだ路地裏の石畳に、血と肉で描かれた凄惨なキャンパスの中―――二人は出会った。

麦野「ねえ、アンタ星占いって信じる?私さ、占いって良かった結果しか信じないタチなのよ」

薄く淹れた紅茶を溶かし込んだような毛先に飛び散った肉片をうっとおしそうにかきあげながら、その影は問い掛けた。

麦野「まして、天気予報が100%のこの街(学園都市)でそんな占いなんて信じるだけナンセンスだと思わない?違う?」

投げやりな声音、それでいて攻撃性を秘めた切れ長の瞳、虫螻を見下ろすような無関心さと、油断なくこちらの退路を見渡す視線。

麦野「でも残念。今日は厄日みたい。アンタにとっても、私にとっても」

それは―――獰猛な捕食者が獲物に相対した時に見せる、絶対矛盾の微笑。
目撃者の生存を決して許しはしない、返り血に塗れた殺人者の笑顔。

麦野「ブ・チ・コ・ロ・シ・カ・ク・テ・イ・ね」

これが学園都市第四位にして「原子崩し」の名を冠するレベル5・麦野沈利と

上条「不幸だ…」

上条当麻の最初の出会いであった。
750 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/27(土) 23:21:08.22 ID:T..Qvbc0
>>749
乙、キター!
続き書いてくれると嬉しいです


やっぱり怖い麦のん大好きです
751 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/27(土) 23:26:10.12 ID:a4BBkwAO
時は僅かに遡る―――

上条「特売!特売ぃぃぃ〜!!」

もはやカリキュラムに組まれた補習を消化し、上条当麻は夕暮れの街を疾走する。
目指す先は慎ましやかな上条家の家計を支える行き着けのスーパー。

上条「やばい!やばい!あと三分しかない!うおおおぉぉぉー!」

今朝は目覚まし時計が壊れ、アラームを告げる携帯電話は電池が切れていた。
起床を促してくれる同居人もいなければ、モーニングコールやモーニングメールを寄越してくれるようなガールフレンドもいない。

あまつさえ、今月頭に仕送りの入った財布を落としほぼ素寒貧。
折り重なる度々の不幸は、上条の星の巡りの悪さを如実に表していた。
それがこうして特売セールにひた走る理由である。

上条「ひーっ、ひーっ、ま、間に合っ…!」

球のような汗を流し、肩で息をつく。スーパーまでおよそ20メートル足らず。紙のように薄かった望みはどうにかつながった。

上条「はあっ、はあっ、なんだ、やれば出来るじゃないか上条さん!―――ん?」

…かに見えた。

スキルアウトA「おいおいどこ見て歩いてんだよお姉ちゃん?目ついてんのか?聞こえてんのか?耳ついてんのかアア!?」

上条「!?」
752 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/27(土) 23:33:06.67 ID:a4BBkwAO
視線の先―スーパーの出入り口付近で届く怒声に上条の意識は向けられた。

女「………」

上条「あー…」

数人の見るからに粗暴そうな集団。それらに相対する女性と地面にぶちまけられた弁当…中身はシャケ弁だろうか?などとあらぬ方面に向けた意識は再び響き渡る怒号に奪われた。

スキルアウトB「あー弁償だな弁償。これ鹿皮なんだぜ?どうしてくれんだよマジで」

スキルアウトC「まーまー落ち着けって。金なんかよりいいもん持ってるぜこの女」

スキルアウトD「はははっ、ちげえねえや。オイ、この女のガラ攫うぞ。現物支給で弁済してもらおうぜ」

スキルアウトE「学校も行ってねえくせに弁済なんて難しい言葉使ってんじゃねえよ!ひゃっひゃっひゃっ!」

スキルアウトF「まあそういう事だからさ?大人しくついて来てよお姉さん?」

思ったよりも状況は悪そうだ、と上条は感じ取った。

上条「やばいな…あれ」

恐らく肩がぶつかっただの、そのせいでぶちまけられた弁当が相手のジャケットを汚しただの、その程度の因縁でつけられた因縁の末路は容易く予想がついた

上条「うう〜特売セール…ああちくしょおー!」

集団が動く。女性を囲みながら。上条は追う。その後を。

上条「(くうっ…!今晩はゆで卵だけか…!)」

目と鼻の先にある今夜の慎ましい食事。しかし、見知らぬ誰かを見捨てて食うメシが美味かろうハズなどない。上条はそう考える。

上条「(不幸だぁー!)」

しかし彼の考えはそう遠くまで及ばなかった。

近くまで迫る、本当の「不幸」にまでは…
753 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/27(土) 23:48:56.29 ID:a4BBkwAO
上条「(やべえなここ…こんな奥まで…ってか長かったのかよ?)」

スーパーからやや離れた路地裏。上条当麻はその入り組んだ迷路のような都市の死角を足音を立てずに進んでいく。

上条「(一人二人蹴散らしたら逃げよう。そうしよう)」

路地裏へ入っていったスキルアウトの集団の数、連れて行かれた女性、こちらは身体一つに右腕一本。出来る事はそう多くない。
もしこの入り組んだ路地裏がスキルアウトの根城ならば、他にも仲間がいないとは限らない。短期決戦、一撃翌離脱、電撃作戦である。

上条「(いた…!)」

路地裏の行き止まり、ビルの林の狭間に解体工事を半ばで放り出されたかのようなやや開けた空間に、女性とスキルアウトの集団は居た。

意を決する。たまたま通りがかったにしては奥まった場所で女性の知り合いを装うには不自然過ぎるきらいはあるが、上条は変わらずいつものように―

上条「おお!こんな所にいたのか!悪い悪い待たせちまって―」

出来うる限りフランクに、可能な限りクレバーに―

ビヂャァッ
754 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 00:02:24.17 ID:DRgkW9Yo
シャケ弁で切れたのか?ww
755 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 00:19:51.02 ID:vAbF8YAO
上条「えっ…?」

聞き覚えのある音がした。

スキルアウトA「ああぁ…!あああああァァァァァァあぁぁあァァー!!?」

それは以前、上条が買い物袋から落としてしまったトマトを誤って力一杯踏み潰してしまった音に似ていた。

スキルアウトB「な、なっ…なんだなんなんだなんな…がああああぁああぁあ!!!!」

嗅いだ覚えのある匂いがした。

スキルアウトC「う、腕、うでが!俺の腕が!わああああアアアアアア!!」

それは以前、上条が家族と囲んだ焼肉で、隅に追いやられたまま焦げ尽くされた肉の匂いに似ていながら、鼻粘膜がそれを拒絶するほど強烈なそれだった。

女「…どーお?緩んだ頭のネジがケツの穴まで締め直されちゃったぁ?」

テレビで見るハンドソープのCMに出るタレントよりも艶めかしくたおやかな手を僅かに上げ、白磁の指先から眩い光の残滓を輝かせながら、その女性は歌うように―吐き捨てた。

スキルアウトの一人の腕が肩口から…いや、鎖骨から真っ二つに両断されて地面に落ちた。同時に、切り開かれた傷口が鮮血が噴き出した。

スキルアウトD「うわあああ!?やべえ!やべえなんだコイツ!なにがどうなって…!わああくるなこっちにくるなぁぁ!」

突如起きた眼前の凶行は、瞬く間にスキルアウトの優位を恐慌へと塗り替える。

いや―塗り潰すのだ。アイスブルーの妖光が。

上条「…なんだよこれ!!」
756 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 00:21:13.20 ID:iV3MlHAP
遅いと思ったら携帯か
大変だろうが頑張ってくれ
757 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 00:45:08.61 ID:vAbF8YAO
上条の制止の言葉をかけるより早く、スキルアウト達の生死を分かつ閃光は速く、その空間全てを静止させた。

女「あっはっはっはっはっはっはっ!!クッサいわねえ…ブタだってこんなヒドい匂いしないわよ?やっぱり食用に改良されたブタやウシとは違うのねえ?人の肉って」
瞬き一つする間もない虐殺、息一つつく間もない殺戮、これで生首の一つでも手に携え掲げ持つならばサロメの一幕を演じてのけるだろう。

女「あーあ…くっだらねえ。くっだらないわ。もうコレ着れないわ。最悪。何が鹿皮よ。安物のクセに」

先ほどぶちまけられた弁当の中身がそっくり解体された人体に入れ替わったような惨状を引き起こしながら、女は返り血と血煙に染まった衣服の心配をしているようだった。

上条「(ヤバい…!)」

上条は戦慄を覚える。いくつかの路地裏の喧嘩、常日頃「勝負」という名目にかこつけて追い掛け回してくる中学生とも違う、遊びのない暴力。

女「フレンダー?第七学区のスーパー近くの路地裏まで着替え持って来て。あと下っ端の連中に足と後始末の用意させて。そうそう。お気にのシャケ弁売ってるあのスーパー」
758 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 00:55:36.48 ID:vAbF8YAO
そんな上条の心胆寒かしめた当の張本人は、返り血にまみれた美貌になるべく当たらないよう少し顔から離しながら携帯電話で何処へと連絡を取っている。

女は気づかない。もし上条が欠片でも敵意を、悪意を、殺意を抱いていたならばすぐさま女は察知しただろう。
この猛獣が食い散らかしたような惨状を生み出した殺戮本能で。

が、しかし

カァァァーン…カラン…カラカラ…

女「んっ…?」

女の放った幾つもの光芒による激しい余波の置き土産か、解体途中の工事現場の足場から工具が音を立てて落ちた。

女「あら…?あらあら?あれー?あれー?」

音の出どころを探すべく周囲を見渡した女の視線が…女を救おうとした足を踏み出せず、また女が生み出した惨劇から足を後退る事も出来ずにいた

上条「はっ…ははっ…」

女「…ごめーんフレンダ。また後でかけ直す。うん、すぐだから」

偽善使い(フォックス・ワード)上条当麻の姿を捉え

そして時間は現在にいたる。端役の退場した血塗れた舞台で。
759 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 01:06:31.43 ID:vAbF8YAO
読んでくれた方々がいらっしゃるようで嬉しいです。SSは初めてで、かつPCがぶっ壊れてモシモシからですがありがとうございます。

蛇足ですが、ノープランで書き始めてしまった上に、時間軸がおかしいです。

簡単な設定としてはインデックスに会う前で、この上条さんは記憶を失っていません(家族で焼肉の思い出があるのはそのためです)

ただし、御坂御琴とはすでに出会っている設定です。
本当に蛇足ですが、スキルアウトから麦野を救うという王道の出会いから少し外れて書いてみたかったので…では蛇足失礼します。
760 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 01:47:43.89 ID:vAbF8YAO
それは明確な殺害予告だった。それは明白な死刑宣告だった。

女「ハッ!」

差し伸べた手に幾つもの光球が宿る。電子は波形と粒子の狭間を揺蕩い、アイスブルーの光芒が牙も爪も持たぬ狩られるばかりの狐(フォックス)へと。

上条「ッ!」

対する上条は見定める。退路を求めて駆け出せばその背を撃たれる。
対する偽善使い(フォックス・ワード)は見極める。光球の角度を、女の息遣いを、凝縮された殺意を、濃縮された集中で―!
轟ッッ!!

放たれるアイスブルーの閃光。突き出される右手。共に仮名遣いの字を持つ

上条「うおおおおぉぉぉぉーっ!!」

原子崩し(メルトダウナー)の光芒を

上条「ハアッ!!!」

パキィィィィィィン!

幻想殺し(イマジンブレイカー)が打ち砕く!

女「!!?」

瞬間、女の整った顔立ちが驚愕に見開かれる。思わずバックステップを踏む。
刹那、上条は食い縛った歯にさらに力を込めて迂回するように回り込み距離を詰める。

女「なんだ…!なんなんだよテメエは!!」

詰められた距離を引き離そうとすべく再び放たれる光芒。しかし間近で撃たれたそれを上条は払いのけるように振った右手が打ち消す。

上条「ただの―――レベル0だよ!!!」
761 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 02:11:15.13 ID:vAbF8YAO
振り払った右手を固く握り締め強く振り下ろす。女性に紳士たらんとする上条にとってさえ、目の前の女は―――

女「ふっ…ざけんなァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!」

上条「!?」

振り下ろされる右手を、栗色の髪を宙に広げながらかいくぐり、踏み込み、頭から突っ込むようにしてタックルを食らわせる。その辺りのスキルアウト以上の当たりの強さだ。


上条「しまっ―――!」

踏ん張ろうとした矢崎、「不幸」にも先程のスキルアウトの肉塊に後ろ足に取られ仰向けに倒れ込む上条。

女「―――[ピーーー]っ!!」

押し倒し、「幸運」にも先程落下してきた解体工事の工具―レンチを手に取り襲いかかる女。

上条「―――るかよっ!!」

打ち下ろされるレンチを顔を背けて避ける。そして女の手を―――右手で掴む!

女「なによけてんだ獲物の豚野郎!狐狩りの最後は―――皮剥がしだ!!!」

演算終了。彼我の距離も、出力の加減も、逃れようのない死を与えるには―――充分に過ぎる!

………………

女「なっ…んで?」

原子崩しが………出ない!?
762 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 02:34:30.06 ID:vAbF8YAO
上条「いっ、イチかバチかだったけど…上条さんはやれば出来る子ですよ?」

女「テメエ…!なにが…レベル…0だ!」
レンチを握った左手は上条の右手に掴まれ、放とうと演算を終えた原子崩しが…発動しないのだ。
まるで力の出掛かりを、見えざる神の手に阻まれているかのように…!

女「この私を…!」

32万人に一人の超能力者、レベル5の第四位…原子崩しの字を冠し、暗部組織アイテムを束ねる自分を…たかがレベル0の無能力者が―――!!!

フレンダ「麦野ーーー!!!」

麦野「!!?」

そこに…女の名前を呼ぶ、金髪碧眼の美少女…フレンダが現れ―――

上条「っおらぁぁぁぁぁ!!!」

麦野「っあ!!」

思わぬ声音に一瞬力の緩んだ麦野のマウントを押し返し、はねのけ、上条は駆け出す。

麦野「逃がすか狐ぇぇぇ!!!」

右手が離れた途端、力が戻る。演算が終わる。背中を向けた上条目掛けて照準を―――合わせ―――

麦野「―――!?」

射線上に駆ける上条と―――立ち尽くすフレンダが重なる!

麦野「―――チッ!」

すぐさま原子崩しを放つのを止める。しかしその僅かな逡巡の先に


―――上条当麻はフレンダの脇をすり抜け、路地裏を駆け抜け、姿を消した。
763 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 02:56:53.76 ID:vAbF8YAO
フレンダ「む、麦野!?これってば結局どういう訳よ?うわ臭い!何人殺ったんですか?ってさっきのアイツはー!?」

麦野「…はあっ、いいわフレンダ。あんたが私の元にいのいちに駆けつけたその心根は誉めてあげるわ」

名も知らぬ闖入者…いや、先程自分の事を「上条さん」と呼んだ少年を追跡し、見失ってから数分後…迎えのワゴンと事後処理の下部組織とフレンダがやってきた。
どうやら下校する生徒達の雑踏の中に紛れこんだらしい。特徴的なツンツン頭も無個性な制服が隠れ蓑となり、フレンダは終ぞ発見する事が出来なかったのだ。

そして二人は今、迎えのワゴンの後部座席に並んで揺られている。

フレンダ「そりゃそうよ!なんせあそこのスーパーはサバ缶の品揃えも特売セールも…って違う違う!結局、麦野がいきなり電話切るから急いで駆けつけたって訳よ!」

ダダ漏れの本音を適当に聞き流しつつ、それでもあのスーパーにフレンダがいた偶然は得難い。運は時としてどんな戦力より強力な味方だ。しかし…

麦野「ふーん?で、まんまとあの狐野郎に煙に巻かれてすごすご帰ってきたと?」

フレンダ「うっ…む、麦野まさか…!」

自分達は「アイテム」。言うなれば道具。先程麦野が得物に使ったレンチと同じ…使えなければ何の価値も生み出さない…消耗品だ。

麦野「オ・シ・オ・キ・カ・ク・テ・イ・ネ」

フレンダ「むっ、麦野っ…いやぁー!!」
後部座席から響き渡る甘やかな悲鳴を、無骨な運転手は黙って聞き流した。
こんな仕事は落ちぶれたスキルアウトにでもやらせればいい、そう胸中で苦虫を噛み潰しながら。
764 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 03:20:46.57 ID:vAbF8YAO
そして一頻りフレンダへの制裁を終えた麦野沈利は乾いた返り血も気にせず頬杖をつきながら、車外に広がる夕闇を見つめていた。

麦野「(今日の損害。お気にのシャケ弁、それと服、あとはあの狐野郎)」

名乗った上条という字、原子崩しを真っ向から無力化したレベル0、見ようによっては見れなくもない顔、歪な情報を整理しながら麦野は思いを巡らせる。

麦野「(アイツ…なんであそこにいたの?あのクズ共の仲間じゃない…?見られた…フレンダの馬鹿が私の名前呼んだ…迂闊…多分顔も覚えられた…殺さなきゃ)」

今回の件は「仕事」ではない。どうとでももみ消せる。「仕事」とは関係ないからフレンダへの制裁もお仕置きの範疇だ。しかし

麦野「([ピーーー]前に…調べなきゃ。そうだ。フレンダにやらせよう。失敗を挽回するチャンスを与えるのもリーダーの役割ってね)」

麦野沈利は完璧主義者である。ノーミスでクリア出来なければエンディングにすら価値を見い出せない。最低でもハイスコアを更新しなければ満足出来ない。そう言うタチなのだ。

麦野「(見つけたら、殺さなくちゃ。そうよ、引き裂いてやる…上下左右バラバラに)」

だからこそあのイレギュラーは看過出来ない。する訳にはいかない。しかし―

麦野「(左手が…熱い。あの狐野郎に掴まれたから―)」

麦野の手首にしっかりと残り、今なお熱を持つ―上条当麻の手形を見やってから…麦野沈利は返り血にまみれたまま、舟を請いで微睡みの中へ落ちていった。

お仕置きされてヒクヒクしているフレンダを踏んづけたまま―



「偽善使い×原子崩し」終わり
765 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/28(日) 10:25:10.13 ID:d8YAq.AO
乙乙。記憶無くす前のKJと麦のんか
766 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 10:58:49.63 ID:nXB5YGAo
超頑張れ
767 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage saga]:2010/11/28(日) 12:19:21.53 ID:9FiPTH.0
超乙です
768 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 12:49:43.53 ID:UKj7HkDO
続きはまだかね
769 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/28(日) 13:09:36.97 ID:UFifzWk0
終わらせないで〜
770 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 13:19:46.01 ID:vAbF8YAO
レスをありがとうございます。「偽善使い」を書いた者です。
相変わらずPCはオシャカですが、なんとかPCで売った文章を携帯に移しながら投下出来そうです。(何故かネットに繋がらなくて…)
ですので投下の続きをさせていただきます。


注意点
・この物語は七月以前の時間軸となっているため上条当麻の記憶は失われていません。
・ただし御坂御琴と上条当麻は既に出会っています。
・アイテムの面々も出て来ますが、時間軸の都合上、浜面仕上は出て来ません。
・基本的にノープランのSS初心者です。申し訳ありません。口調が変だったらお許し下さい…

では投下いたします。
771 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 13:22:27.71 ID:DRgkW9Yo
二次創作なんだしいちいち矛盾に突っ込んだりはしないから存分に書いてくれ
772 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)1 [sage]:2010/11/28(日) 13:23:54.31 ID:vAbF8YAO
〜とある高校〜

土御門「おーいカミやん。その背中どうしたんぜい?またいつもの人助けかにゃー?」

青髪「なんやなんやー?その爪立てられたみたいなやらしー痕は!“昨夜はお楽しみでしたね”って抜け駆けは許さんでカミやん!」

上条「はあ…上条さんにそんな浮いた話は一つもないっつの。へこむような不幸には売るほどあるけどな…」

「偽善使い」上条当麻と「原子崩し」麦野沈利の会敵から一夜明け…四限目の体育に向けて着替える中、デルタフォースの内二人は目敏く上条の身に起きた異変を見抜いたのだ。

麦野のスピアータックルをまともにくらい、砂利だらけの路地裏に倒れ込み痛々しいまでに赤く擦り切れてしまった上条の背中に。

土御門「痛そうだにゃー…こりゃあ染みるなカミやん。ご愁傷様ぜよ」

上条「ったく…でもこんくらいで済んだのは不幸中の幸いだぜマジで。でもシャワー浴びたら痛くってさあ…」

青髪「なんやて!いつもはもっと激しいんか!?」ズイッ

上条「だからないっつの!近い青髪!顔が近い!つーか授業始まる!グラウンド行くぞ!」

背中に刻まれた痛みが否応無しに告げる。あれは幻想(ゆめ)ではなく紛れもない現実だったのだと。どんな言葉より雄弁に。

麦野『ブ・チ・コ・ロ・シ・カ・ク・テ・イ・ネ』

逃げ帰る最中もあの女の言葉が絶えずリピートされ、登校する道中も誰かに尾行されているように感じる。もう一度鉢合わせたら今度は振り切る自信がない。そう考えると上条は吐かざるを得ない。大きな溜め息を。

上条「(不幸だ…)」

青髪「………」

そしてそんな友人の嘆息を、青髪は微苦笑を浮かべながら見つめていた。
773 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2 [sage]:2010/11/28(日) 13:26:14.81 ID:vAbF8YAO
〜とあるファミレス〜

絹旗「麦野、その包帯どうしたんですか?超大丈夫ですか?」

いつものファミレス、いつもの席、いつもの面子で卓を囲う四人の面々の内、最も幼く愛らしい顔立ちをした少女…レベル4「窒素装甲」絹旗最愛が口火を切った。

麦野「大丈夫よ絹旗。少しひねっただけ。で、フレンダ?何かわかった?まさか昨日の今日でまた手ぶらだなんて事はないわよね〜?」

それを受けて包帯の巻かれた左手をプラプラと振って返すは学園都市第四位にしてレベル5…「原子崩し」麦野沈利。暗部組織「アイテム」を束ねる最年長者だ。

フレンダ「も、もっちろんよ!結局、あの後下っ端の連中でハッキングが上手いヤツがいて、ちょちょっと書庫(バンク)を漁らせたって訳よ!ほら!」

水を向けられた金髪碧眼の美少女、フレンダが慌てたようにポーチから何枚かの書類を取り出しテーブルに広げる。
そしてそれを無感動な視線で…遠くを見るような寝ぼけているような眼差しで一人の少女が読み上げる。

滝壺「かみじょうとうま…レベル0(無能力者)…○○高校一年七組在籍…住所、第七学区○○高校男子学生寮…うん、大丈夫。覚えたよ」

滝壺理后。レベル4「能力追跡」を持ち、麦野を頂点とする「アイテム」の中にあってその中核を担う少女である。そのどこか浮き世離れした雰囲気とピンク色のジャージ姿とのミスマッチさが、他の三人とはまた違った華を添えている。
774 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3 :2010/11/28(日) 13:28:27.38 ID:vAbF8YAO
麦野「○○高校ね…よくスクールバスが走ってるの見かけた事あるわ…よし、下校時刻になったら行きましょう」

絹旗「えっ!?ちょっ、超待って下さい麦野!」

麦野「なによ絹旗。見たい映画でもあった?」

絹旗「あっ、いや、その…麦野も超行くんですか?たかがレベル0に?」

麦野「そうよ」

怪訝そうに絹旗が上目使いで麦野を見上げる。「仕事」ならいざ知らず、いくら顔を見られたからと言っても今回の件については十分にもみ消せる範疇だ。現に証拠となるスキルアウトの連中の遺体はとうに炉の中である。

加えて現場となった解体工事現場はフレンダがまとめて爆破した。もともと途中で放り出されていたものだ。故に「上条当麻」なる学生がアンチスキルに通報した所で、もはや検証は不可能。そして今のところアンチスキルに動きはない。

そう、言わば「念には念を」入れる程度の後始末だったハズだ。追跡に失敗したフレンダだけでは心許ない、だから自分達を呼び出したのではないかと絹旗最愛は考える。しかし

麦野「…詳しい事は私にもわからない。けれどね絹旗。そのレベル0の狐野郎はね―」

そこで麦野はチラと包帯の巻かれた左手を見つめる。その下にある、絹旗の知らない「上条当麻」が麦野につけた手形を。

麦野「私の原子崩し(メルトダウナー)を破ったのよ。アンタの言う“たかが”レベル0が、ね」
775 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 13:32:27.88 ID:vAbF8YAO
昼間の投下はここまでです。推敲無しなので誤字脱字は申し訳ありません…
読んで下さった方々、本当にありがとうございます。
776 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 13:35:22.84 ID:46T.QQA0
夜まで待つ
777 :VIP [sage]:2010/11/28(日) 13:44:15.98 ID:CR6UMUAO
待たない。早く書けよ
778 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 16:00:57.47 ID:vAbF8YAO
「とある星座の偽善使い(フォックスワード)」の者です。投下させていただきます。読んで下さる方、レス下さる方、ありがとうございます。
779 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)4 :2010/11/28(日) 16:03:31.63 ID:vAbF8YAO
〜第七学区・通学路〜

青髪「うーわ!仕送り無くすとかとことんついてへんなあカミやんは…どないする?僕の下宿先来る?売れ残りのパンやったら分けたるで〜?」

上条「頼む青髪…もう限界だ…昨日から何も食ってない…あ、肉の入ったヤツは勘弁してくれ…」

青髪「なんやダイエット中?あかんで〜無理なダイエットは。僕みたいに大きゅうなれへんで!」

下校時刻。上条は中間テストのあまりの悪さから、青髪は担任教師によるつきっきりの補習目当てに、それぞれ居残り勉強を終え二人並んで通学路を歩む。上条の顔色は優れない。

上条「(あんな衝撃映像見てお肉が食べれるほど上条さんの胃袋と神経は太くないの事ですよ)」

麦野が繰り広げた地獄絵図の後、上条はゆで卵を食べる気さえ起きず、昨夜からこの時間まで断食同然であった。
その上今月分の仕送りをまるまる失った上条の事情を知り、見かねて青髪が誘い水をかけたのだ。持つべき者はパン屋住まいの友である。

青髪「なあカミやん?サンドイッチって卑猥な響きがせえへん?」

…前言撤回を心に誓う上条であった。
780 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)5 [sage]:2010/11/28(日) 16:04:35.17 ID:vAbF8YAO
上条「はあっ…ま、いいか!よーし食いまくるぞ食いまくるぜ食いまくってやるの三段活用!」

上条当麻は知らない。間もなく訪れる夕闇が、古来どのように呼ばれていたかを。

青髪「現金やなあカミやん…ん?なんやああれ?うわ見てみーなカミやん!ものごっつどえらい別嬪さんやで!」

上条「えっ?」

青髪が指差す先。通学路の終わり。
沈み行く夕闇を指して、光源を持たず、己の足元もわからぬ夕闇の中で古来の人々はこう言った

誰(たそ)彼(かれ)は…『彼は誰?』と。

麦野「はあーい?奇遇ねえ?」

上条「…!」

それが現在に連なる黄昏(たそがれ)の語源となる言われの一つ。そして夕陽が沈み夜の帳が降りるその時をこうも言った。

麦野「昔ねえ?星座占いの本に書いてあったのよ。一度会うのは偶然、二度逢えば必然、ってね」

『逢魔が時』…魔と対峙しやすくなる危険な時間帯、だとも。

麦野「こんばんは“上条当麻”クン?“昨日はありがとう”?」

人の形をした魔―――麦野沈利が、そこにいた。
781 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)6 :2010/11/28(日) 16:06:28.33 ID:vAbF8YAO
青髪「なんやなんやカミやん!こないな美人なお姉さんの知り合いおるんやったらなんで僕に言うてくれへんねん水臭いわ!」

麦野「あらあら?当麻くんのお友達ですか?はじめまして、麦野沈利と申します」

上条「(………ヤバい、ヤベえぞ!)」

どうやって調べたのか、上条は待ち伏せされていた。よりにもよって関係ない青髪がいるのを狙いすまして。親しげなふりまでして、名乗りまであげて。それはつまり―――

上条「(オレが逃げたら…青髪が殺される!)」

上条がこの場で遁走すれば間違いなく青髪は殺される。この女はやってのける。このような無言の人質宣言をするまでもない。上条は知っている。この女は必ず[ピーーー]。二人で逃げ出す算段をつける間に、必ず。

麦野「ねーえ当麻くーん?お姉さん昨日の『お礼』がしたいなあ…これから、どっか食べに行かない?青髪くんも良かったら…」

上条「だ、ダメだ!!!」

青髪「ええっ!?そない殺生な〜!」

思わず大きな声が出る。青髪は連れていけない。麦野は今、この通学路だから強引な手段に出ず牽制に留めているだけだと上条は察する。青髪は連れていけない。だから―

上条「ははっ、悪いなあ青髪?このお姉さんとどうしても『二人っきり』になりたくてさ!すまん!今度ジョセフでなんかおごるから!」

青髪「は〜カミやんは友情より恋を優先するんやね!あ〜もうシドいわシドいわ僕という者がありながら!」

麦野「あら…ごめんなさい青髪くん…当麻くん(の顔)ちょっと借りるわね?」

青髪「たは〜かなわんわあ!えーもん!明日はカミジョー裁判やで覚悟しいや!根掘り葉掘り聞いたんで!ほなお邪魔虫は馬に蹴られて死ぬ前に帰るわ!ばいなら〜」

即興の道化芝居。麦野と上条にしかわからない符帳を使いながらなんとか青髪を丸め込み、三人は二人と一人に別れて通学路から散った。
782 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)7 [sage]:2010/11/28(日) 16:10:38.15 ID:vAbF8YAO
〜第七学区・スクランブル交差点付近〜

麦野「へえ…?ちょっと見直しちゃったわ。通ってる学校のランクほど血の巡りは悪そうじゃないのねえ?」

上条「…何の用でせうか…」

上条当麻は今、右腕を麦野沈利に組まれ、はたから見ればカップルのように信号待ちをしている。
もちろん、内情はそんな甘ったるい話では決してない。単に上条を逃がさないためにそう振る舞っているに過ぎない。

麦野「決まってるじゃない…テメエを[ピーーー]ためだよ狐野郎。さっきのイカレた青頭にも私の仲間がついてる…下手な動きをしたらすぐさまあの世行きよ」

上条「…!」

この場にフレンダ・絹旗・滝壺がいないのはそういう理由である。思わず上条は息を飲む。
目の当たりにする、自分の住んでいる世界とは違うやり口に。徹底して遊びのない殺し間に相手を追いやる『暗部』の手口に。
上条「…どうにもならないのか?オレが死ななきゃ、青髪は助からないのか?」

信号が変わる。赤から青へ。人混みが動き出す。麦野が上条の腕を取る。歩みを進める。死出への旅路へと。

麦野「そうね。でも光栄に思ってくれていいわ。こーんな綺麗なお姉さんのエスコートつき地獄にいけるんだ・か・ら」

上条「クソッ…!」

ニコッと瞳の笑わない微笑を向ける麦野。もちろん上条を始末した後は青髪も消す。フレンダと絹旗が跡形も残さずやり遂げる。自分達は『アイテム』。暗部組織の一角を統べる存在。今や麦野は首狩りの女王だった。


―――だった。

スキルアウトG「見つけたぞ売女ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

上条・麦野「!!?」
783 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)8 [sage]:2010/11/28(日) 16:12:02.58 ID:vAbF8YAO
〜第七学区・スクランブル交差点路上〜

スキルアウトGは復讐に猛り狂っていた。仲間が塒(ねぐら)に帰って来ないのだ。それだけなら気ままな彼等の事だ。或いは喧嘩でもしているのかと。

しかし、彼等の消息を知る者がいた。『第七学区でいい女を拉致った。これから輪姦すから良かったら来いよ混ぜてやるから』という一本の電話だった。

それは麦野の原子崩し(メルトダウナー)によって右腕を切り落とされ、挽き肉にされたスキルアウトCからの最後の通話だった。

スキルアウトGは一晩中彼等が姿を消した第七学区で聞き込みを始めた。時に恫喝で、時に暴力で。そして知る。彼等が消える直前に、栗色の髪の女と一悶着あった事を。

輪姦すはずだった女だけが裏路地から血塗れで現れ、自分達以上に剣呑な空気を纏った男達の並ぶ車に乗り込み去って行った事を…スキルアウトGは血痕を覆い尽くすような瓦礫の山を前に、目撃者からその話を聞いたのだ。

だから…彼は今―――

スキルアウトG「見つけたぞ売女ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

上条・麦野「!!?」

アンチスキルの武装にも対抗し得る、大砲を受けても横転すらしない特注の装甲ハンヴィーでスクランブル交差点に突っ込む。第七学区にスキルアウトならではの人海戦術を駆使した網に掛かった麦野を―――!
784 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 16:13:27.70 ID:DRgkW9Yo
ハイペースだな
頑張れ
785 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)9 :2010/11/28(日) 16:29:48.04 ID:vAbF8YAO
〜再び第七学区・スクランブル交差点路上〜

麦野「湧いてんじゃねぇぞブタ野郎!ブリキのオモチャ引っさげてこの私(ハートの女王)を潰せるつもりかよぉぉぉぉぉ!!!」

麦野は察知する。どの敵対勢力かなど考えない。あれは敵。敵は潰す。敵は[ピーーー]。煮えたぎる殺意が心を沸騰させ、冷徹なまで原子崩しを放つ演算を行う―――終了。

麦野「いーち…」
逃げ惑う人々、立ち尽くす麦野。捧げるように差し伸べる左手。

麦野「にー…」
光球が現出する。あんなチープな装甲車など、原子崩しの光芒の前には濡れたウエハースも同然だ。

麦野「さーん…!」
思い知らせてやる。ウェルダンにしてやる。骨の欠片、血の一滴、灰のひとつまみも残さずメルトダウナーで焼き尽くして殺してやる…!

そう、決めていたはずなのに

「――――――避けろ麦野ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ――――――!!!!!!」

ドンッ、と突き飛ばされた。

麦野「へっ…?」

なんの取り柄もないはずの、なんの力も持たないはずのレベル0(無能力者)

上条「――――――」

ゴガッ、ガッシャァァァァァァァァァァァァァァァァン

―上条当麻が麦野沈利を突き飛ばし、装甲車からの車線上から彼女を追いやり…

麦野「あっ…あああ…」

ひしゃげた信号機、歪む電信柱、飛び散る血潮がアスファルトを染める。

麦野「ああ…ああっ…」

初めて出会った時とは逆に、麦野は返り血を浴びておらず、上条は自分の血の海の中に沈んでいた

上条「…ははっ…今日は…ついてる…誰も怪我…してねえぞ…」

へたり込む麦野、つくばう上条。[ピーーー]側であった人間が、殺される側であった人間に救われるという絶対矛盾。

上条「だから…青髪を…青髪だけは…」
血溜まりの中、別れた友達を呼びながら…上条当麻は―――

上条「見逃し―――………」
偽善使い(フォックスワード)上条当麻は、意識を手離した

麦野「ああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁアアアアアアアアアアァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!!!」
誰に向かって叫んだのか、内なる何が叫ばせたのか、それすらわからない麦野沈利を残して。
786 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 16:31:50.35 ID:vAbF8YAO
以上、投下でした。ありがとうございました。
787 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 16:35:56.33 ID:DRgkW9Yo
寸止めだと…
788 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/28(日) 16:43:31.92 ID:IqjznUSO
続き待ってるよ 乙です
789 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 17:16:42.16 ID:scyUZbA0
神があらわれた…
乙です
790 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 21:40:05.45 ID:UKj7HkDO
私待つわ

夜中まで待つわ
791 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/28(日) 23:21:39.83 ID:vAbF8YAO
「とある星座の偽善使い(フォックスワード)」の者です。本日最後の投下をさせていただきます。
一応、これで第一部が終わる感じです。よろしくお願いいたします。
792 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)10 [sage]:2010/11/28(日) 23:24:15.38 ID:vAbF8YAO
〜第七学区・とある病院〜

ピコーン…ピコーン…ピコーン

麦野「………………」

麦野沈利は病院にいた。

ピコーン…ピコーン…ピコーン

規則的な山なりの形を示す心電図を、光を失った闇色の瞳で。

上条「シュー…シュー…シュー…」

見つめている―――酸素マスクと無数のチューブによって繋ぎ止められている、上条当麻を。

麦野「…とんだザマね、偽善者(ヒーロー)さん?」

麦野が一人言ちる。鼻で笑うような冷笑を湛えて。

麦野「なに?あれ?まさかあれで私を助けたつもり?自分が救おうとする命はみんな正しいモノだとでも思ってるの?」

それは上条に対してか、はたまた自分に対してか―――恐らく、両方。

麦野「あんな事で私が死ぬって?こんな事でアンタの友達が助かるって?はっ…バカは死ななきゃ治らないんだから本当に死んじゃえば?」

しかし、上条当麻はその言葉に対して返す術を持たない。麦野沈利はベッド脇に備えつけられたパイプ椅子から立ち上がり―

麦野「手伝ってあげよっか?このチューブ一本外せばアンタはお陀仏よ?ねえわかる?アンタの命を握ってるのは…私なんだよ!!」
793 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)11 [sage]:2010/11/28(日) 23:26:25.39 ID:vAbF8YAO
上条の首筋に、擦過傷から痛々しい絆創膏の貼られた穏やかな寝顔に、息巻くように…チューブの一本に手をかける。

麦野「一人助けりゃ良いことか!?救った命は正しいの?答えろよヒーロー(偽善者)!!!テメエのくだらねえ[田島「チ○コ破裂するっ!」](自己満足)で勝手にイって一人で寝てんじゃねえよ!答えろ!!答えろよ狐野郎!!!」

麦野沈利は揺れている。生殺与奪を握っていた相手に身を呈して庇われ、命を救われ、そしてさらに悪い事に

麦野「このまま死んだら…あんた…犬死にだよ?ねえ…なにやってんのよ…あんなクズの命まで背負い込んで死んで満足かよ!ええ!?」

今回の事件で、死傷者はいないのだ。ただの一人も。あの装甲車で襲撃してきたスキルアウトさえもが
794 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)12 :2010/11/28(日) 23:28:48.25 ID:vAbF8YAO
〜とあるファミレス〜

フレンダ「…あの後、アンチスキルが来て事態は収集、あの馬鹿なスキルアウトは装甲車の中で伸びてただけでそのまま連行…結局…世は事もなしって訳よ」

絹旗「…麦野、超見てらんなかったです。あんな取り乱した麦野…見た事ないです。…滝壺さん?」

滝壺「…大丈夫。むぎのはきっと大丈夫。…かみじょうもきっと…大丈夫」

一人欠けた「アイテム」の面々は第七学区のファミリーレストラン「ジョセフ」に集まっていた。

三人は元々麦野からの指示が出れば即、上条当麻と最後に接触を果たした青髪ピアスを抹消する手筈であった。しかし、待ちわびた電話の第一声はこうだった。

麦野『上条当麻が轢かれた。今第七学区の病院にいる。もう持ち場を離れてもいい』…そう言っていた。震える声で。自分が轢かれたように苦しげに。

当のスキルアウトは衝突の瞬間、つきすぎた勢いのまま防弾ガラスを破らん勢いで顔面を強打しそのまま失神。通行人にも怪我は一人もなく、犠牲者は信号機と電柱、そして上条当麻ただ一人であった。

フレンダ「結局、ババ引いたのはあのウニ頭一人って訳よ。…馬鹿じゃないですか。たかがスキルアウト一人に、麦野が遅れを取る訳ないって言うのに」

滝壺「ふれんだ…」

事件のあらましを聞いたフレンダはすぐさま調べ上げ、上条当麻が麦野を庇ってひかれた事を知った。第一はリーダーである麦野の安否。元々[ピーーー]はずだった予定の標的も消え、結果としてアイテムに損失はない。が

絹旗「…なんであのツンツン頭は麦野を助けたんでしょうね…なんで麦野はあのツンツン頭の側にいるんでしょうね…超気になります…」

三人「………………」

カラン、絹旗のアイスコーヒーの中の氷が音を立てた。
795 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)13 :2010/11/28(日) 23:31:10.89 ID:vAbF8YAO
〜再び第七学区・とある病院〜

冥土帰し「気分は少し落ち着いたかい?」
麦野「…はい」

冥土帰し「うん。そう落ち込む事はないよ?こういう時、誰しも気が動転するものだし、冷静さを失うのも無理からぬ話だからね?」

麦野沈利はアイスコーヒーを片手に病院内にある自販機にカエル顔の医者と共にいた。
先程病院内で目を覚まさない上条に対し激昂する麦野を見咎めて、患者の様子見に回っていた冥土帰しが連れ出したのだ。
『一息いれよう?これでは君が先に参ってしまうよ?』と

冥土帰し「…君は彼の…ええと恋人かい?」

麦野「違うわ…今日会ったのだって二回目…そういうんじゃない」

冥土帰し「そうかい?」

そのあまりの憔悴ぶりに、冥土帰しは麦野を上条当麻の恋仲かと思ったのだ。しかしまさか麦野も「[ピーーー]はずだった目撃者」とは言えない。

冥土帰し「僕は何度かこの病院で彼を目にした事があるよ?もっとも、その時は患者ではなかったがね?」

麦野「…?」

冥土帰しはコーヒーを一口あおるとフッと息を一つ吐いて語る。上条当麻という人間を。

冥土帰し「ある時はスキルアウトから抜けようとしてリンチを受けた少年を連れてきた事も、またある時は怪我をした女の子を連れてきた事もあった。彼自身も少なからず怪我をしていてね?」

麦野「………………」

冥土帰し「みんな、彼に感謝していた」
796 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)14 [sage]:2010/11/28(日) 23:35:55.12 ID:vAbF8YAO
冥土帰しは語る。上条当麻という人間を。自らを偽善使い(フォックスワード)と嘯く少年を。フレンダに漁らせた書庫(バンク)には載っていない、剥き出しの上条当麻という人間の生き様を。

冥土帰し「きっと彼の腕は長いんだろう。あれもこれも誰も彼も…助けようとする。まるで、両手いっぱいにオモチャを持ちたがる子供のようだ。捨てる事を知らない」

麦野「…それだって、あのワケのわからない腕の力のおかげでしょう?なんでもかんでも消しちゃう、あの能力で」

麦野は俯きながら呟く。自分のメルトダウナーを防ぎ、未だに痣の残る手形を残し、自分を装甲車から救い出した…あの腕で。あの能力で。

冥土帰し「いや?それはあまり関係ないんじゃないかな?」

が、冥土帰しはそれをやんわりと否定した。

麦野「え…?」

冥土帰し「―――前に彼が言っていたよ?この右手は異能の力しか打ち消せない、だからスキルアウト達にナイフなんて出されたらもう逃げ出すしかないとね?」
797 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)15 :2010/11/28(日) 23:38:55.26 ID:vAbF8YAO
〜第七学区・上条当麻の病室〜

麦野「…聞いたわよ。偽善使い(フォックスワード)さん。アンタ、私が思ってたよりずっとずっと…頭、悪いわ」

麦野沈利は横たわる上条当麻の手を握っていた。全ての異能を打ち消すその右手を。されど、己の幸福すら掴めない不運な右手を。

麦野「…本当に馬鹿よアンタ…私、アンタとアンタの友達、殺そうとしたのよ?あんなにたくさんたくさん…人を殺してきたんだよ?アンタが助けて来た人達より…ずっとずっとたくさん」

麦野沈利は祈るように手を握り締める。何故そうしているのかわからない。何故こんな、ロクに言葉も交わしていない男のために、自分にすらしない神頼みの祈りを捧げているのかが。

麦野「ねえ…答えてよ。私は壊す事しか知らない。私はこれ以外の生き方がわからない―――ねえ、私、どうしてこんなのになっちゃったのかな?」

何が偽善使い(フォックスワード)だ。ふざけるな。
身体を張って、心を砕いて、魂を削ってまで、そこまでやってまだ偽善か。だとすれば上条当麻の言う『善人』とは―――

麦野「目を、覚ましなさい…こんな、こんなくっだらねえ女救って、死んで、アンタ満足?違うでしょ?ねえ違うでしょ?」
798 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)16 [sage]:2010/11/28(日) 23:40:38.33 ID:vAbF8YAO
能力の有る無しなど関係なく誰も彼も救おうとする上条当麻。誰もが羨むレベル5の力を持ちながら暗部に身を落とした麦野。

きっと、能力を交換しあっても上条は麦野のような生き方を選ばない。麦野だって上条のような生き方を選べない。

でも

でも

麦野「私が、アンタが今まで救った来た“何百人の人間の一人”に過ぎなくても」

昼間の、表の世界で生きる上条当麻と

闇夜の、裏の世界で生きる麦野沈利とが

麦野「アンタは、私を救った“たった一人”の人間なんだよ…?」

初めて出会ったのは、そのどちらでもない夕闇の中であった事は、如何なる意味を持つのか

麦野「ねえ―――」

今はまだ、誰も知らない。
799 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)17 :2010/11/28(日) 23:43:45.28 ID:vAbF8YAO
〜第七学区・とある病院・朝〜

上条「ん…おお?」

午前五時過ぎ。見知らぬ天井を見上げながら…上条当麻は目を覚ました。

上条「(…どこだ…ここ…痛っ、イタタ…!?)」

身体が起き上がれない。口元に取り付けられた酸素マスクに違和感を感じる。
どこからだ?どこから記憶が―――そうだ、確かあのスクランブル交差点で―――

上条「(んっ…んおおおおお!!?)」

そこで上条当麻の薄ぼんやりした思考の糸は断ち切られ、一気に覚醒へと促される。それもそのはず―――

麦野「スー…スー…スー…」

上条「(な、な、なんでこのお姉さんがここにいるんでせうか…)」

朝焼けの光の中、上条の手を握り締めながらベッドに上体を預け、微睡む麦野沈利が、そこにいたからだ。

上条「(なにがどうなってこうなってああなったんですかと上条さんは三段活用ですよ!)」

冥土帰しの腕は、致死必至だった上条当麻を容易く現世へと連れ戻した。しかし、その上条当麻を現世へと繋ぎ止めていたのは
麦野「くー…くー…くー…」

血塗られた微笑でも、妖絶な艶笑でもない…疲れきっていながらも穏やかな寝顔を浮かべて眠る、一人の少女だった。
800 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 23:45:15.86 ID:iV3MlHAP
良いね頑張れ
801 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)18 [sage]:2010/11/28(日) 23:46:27.73 ID:vAbF8YAO
上条「(そっか…)」

少女に傷らしい傷は見当たらない。それだけで上条は『良かった』と思えた。
近い将来出会うであろう修道女がこれを見れば、『とーまは他人の事ばっかりなんだよ!』と憤慨して見せただろう。
すでに知り合った女子中学生がこれを見れば、『アンタ少しは自分の身体の事も考えなさいよこの馬鹿!』と発憤して見せただろう。

なら―――この少女は?

上条「(とりあえず、ナースコール押してもらおうかなー…ちょっとなんか催してきた)」

まだ痺れと微熱の残る右手を、麦野の栗色の髪へと乗せる。そして身体をわずかに起こし病室を見渡すと―――

フレンダ「………………」

絹旗「………………」

滝壺「………………」

上条「(んなっ!?)」

病室のドアの隙間から、こちらを伺う6つの瞳と目が合って思わず声が出そうになるも

フ・絹・滝「(シー!)」

三人の少女達は皆、悪戯っぽく人差し指を唇に当ててそれを制した。

上条「(ああっもう!上条さんはいつまでこの体勢でいればいいんですかー!?)」
麦野沈利は知らない。自分が今、こんなにも無防備を寝顔をこんなにも優しくみんなに見守られている事を。

フレンダは知らない。麦野が一晩中、どんな言葉を上条に語り掛け続けたのかを

絹旗最愛は知らない。自分達が飲んでいたドリンクバーのコーヒーと、麦野が自販機で飲んでいたコーヒーの銘柄が同じだった事を。

滝壺理后は知らない。寝起きの尿意に悩まされるも自分の視殺に上条がナースコールを押せない事を

上条当麻は知らない。この無防備な寝顔を晒す少女に、これから自分が振り回される未来を

上条「ふっ、ふっ、ふっ…」

彼は―――これから思い知らされる。誰もが笑って過ごせる、ハッピーエンドを

上条「不幸だぁぁぁぁぁぁぁー!!!」

とある星座の偽善使い(フォックスワード)第一部、了
802 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/28(日) 23:50:19.04 ID:iV3MlHAP
一先ず乙かな
続き期待してるぜ
803 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/29(月) 00:03:22.26 ID:/SFe/wAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。読んで下さった方、レスを下さった方、ありがとうございました。とても励みになりました。

出来る限り短くまとめたかったのですが、少しばかり膨らんでしまいました。
麦野が丸くなるのが早いだとか、上条に勢いが足りないだとか、悔いがたくさん残りましたが…読んで下さった方がいて嬉しかったです。

青髪が実は○○○だったとか、スクランブル交差点で御坂美琴や黄泉川を出そうかなど考えましたが、麦野と上条の物語なのでカットいたしました。

ノープランで書いたため、続きもノープランですが、また麦野と上条を書けたら良いなと思います。それでは失礼いたします。
804 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/29(月) 00:04:52.02 ID:34zLyMDO
激しく乙

何部構成なんだろうか
805 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/29(月) 00:23:33.68 ID:/SFe/wAO
>>804
うすぼんやりですが、頭にあるのは

第一部・路地裏と病院
第二部・入院と日常
第三部・七夕と借りっぱなしのプール
最終章・『禁書目録』

です。もしネタを下さる方がいらっしゃいましたら、出来る限り取り込んでみたいな、と思っています。
806 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/29(月) 00:29:09.44 ID:htyiEJ2P
個人的には出すのはアイテムぐらいでいいと思うよ
これで長いと思うなら尚更ね
俺はいい感じにまとまってると思ったが
807 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/29(月) 00:59:03.79 ID:34zLyMDO
>>805
記憶がなくなる前までって感じか…

頑張れ
808 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/29(月) 01:36:58.40 ID:MTbt9REo
メル欄にsagaって入れれば
[ピーーー]とか勝手に変換されないよ
809 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/29(月) 02:09:49.65 ID:32oHjtw0
面白い!!
待ってるよノ
810 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage saga]:2010/11/29(月) 14:49:50.43 ID:1s2yg3U0
スゲー面白いよ!

あと>>808も言ってるけどsaga入れようぜ?
811 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/29(月) 18:11:43.05 ID:/SFe/wAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。たくさんのレスをありがとうございます。sagaの事をお教えいただきすいません。今度から入れるようにしますね。

昨日の今日ですが、21時頃に第二部を投下したいと思います。
今回は入院生活編まで書きためるつもりですが、その先の日常編はノープランです。
どなたか日常編で「こんなん書いて」というようなネタがあれば、是非お願いいたします。それでは失礼いたします
812 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/29(月) 19:47:37.42 ID:htyiEJ2P
>>810 携帯だと面倒だし仕方ないさ
PC復帰の可能性はあるの?
813 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage ]:2010/11/29(月) 19:48:45.91 ID:aj.GgDE0
待ってた! >>1
814 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage saga]:2010/11/29(月) 20:44:44.92 ID:1s2yg3U0
すまん!
そういえばPC壊れたんだっけ。忘れてたよ。
815 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/29(月) 20:58:25.66 ID:/SFe/wAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。書きためが終わったので投下いたします。
文章自体はPCから携帯に移せるので苦ではありませんが、ネットに繋がりません…

少し量がかさみますが、入院パートを投下いたします。

念の為に…
・このSSでの上条当麻は記憶を失っていません(インデックスと出会う前、中間テストが終わった辺りの時間軸です)

・時間軸の都合上、浜面仕上はアイテムに加わっていません。
・しかし御坂美琴とは既に出会っています。

それでは投下いたします。
816 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―1 [sage]:2010/11/29(月) 21:01:15.34 ID:/SFe/wAO
シャリ…シャリ…サリ…サリ…

麦野「ふんふふん♪ふんふふん♪ふんふんふーん♪」

初夏の風がカーテンを揺らし、柔らかな陽光が優しく窓辺に降り注ぐ。白を基調とし、清潔を旨とするその部屋は一般に『病室』と呼ばれる場所であった

麦野「んっ…こんなもんかしら?」

病室内に響き渡るはリンゴの皮むきの音…ペティナイフを手慣れた様子で操り、カットしたリンゴの皮を木の葉細工に剥いて行くのを、少年は見つめていた…この上なくげんなりした表情で

上条「も、もう上条さんはお腹いっぱいですよ…ってお姉さんはいつまでリンゴ剥いてるんですかー!?」

麦野「かーみじょう?私が今手に持ってるのが何かわからないほど頭のネジ飛んじゃったー?締め直してあげよっかー?」

ギラリ、と鈍い輝きを放つペティナイフをちらつかせながら麦野沈利はニンマリと笑みを浮かべた。
逆らえばダンボール一杯分になるリンゴと同じくして上条は皮を剥かれる事であろう。それくらいはこの数日間の付き合いでもわかっていた。

上条「結構です!だからこれリンゴ何個分ですか!?こんな食える訳ないっての!」
麦野「上条に足りないのは食物繊維よ。そうカリカリしてたら身体に響くわよ?」

上条「もう間に合ってるっつの!ウサギさん止め!手は膝の上!」
817 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―2 [sage]:2010/11/29(月) 21:03:30.47 ID:/SFe/wAO
皮剥ぎの刑も嫌だが、すでに片手を越え両手に届く数のリンゴを次々と口に放り込まれ、これ以上食べたら喉元までせり上がって来たリンゴで窒息しそうな予感に襲われ、上条は制止の言葉をかけた。それを受けた当の本人はと言うと

麦野「こーんな綺麗なお姉さんの付きっきりの看病がお気に召さないのかなーかーみじょう?」

腰掛けていたパイプ椅子から立ち上がり、ほとんど体重をかける事無く上条の寝そべるベッドの縁に腰を下ろす。面白い悪戯を思いついた子供のように。
ウサギの形にカットされたリンゴの一つを―――口に咥えて。

麦野「それともぉ…」ズイッ

上条「!!?」

麦野「リンゴより甘いのがいーい?かー・み〜じょ・う?」」

置かれていた上条の手に自分の手を重ね、悪戯っぽく細められた眼差しで、手を伸ばせば何かに届いていい加減始まってしまいそうな距離までウサギリンゴを咥えたまま顔を寄せて―――

麦野「ほらほら、ウサギさんは逃げ足が早いよー?どうするー?どうするかーみじょう?」

上条「ぬぐぐっ、ぬぐぐっ…!」

間違いなくからかわれている。間違いなく飛びつけば手痛いしっぺ返しを食らうに決まっている。しかし上条とて男である。一糸報いてやりたい気持ちがない訳ではない。が…

上条「だああああああ!!もうっ!そんなに怪我人の上条さんをいじめて楽しいんですかー!?」バサッ

上条が取った行動は布団をかぶって不貞寝の体勢を決め込んだのである。女性に対して紳士たらんとする、彼なりの意地である。しかし…
818 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―3 [sage]:2010/11/29(月) 21:05:59.19 ID:/SFe/wAO
フレンダ「結局、据え膳食わぬは男が廃るって訳よ(チッ、殺り損ねた)」

絹旗「上条チキンです超チキンです情けないです(チッ、あとちょっとだったのに)」

滝壺「だいじょうぶ。わたしはそんな意気地無しのかみじょうを応援してる(むぎのかわいい)」

そんな二人のやり取りを相変わらず病室の扉の隙間から覗き込んでいたのはアイテムの三人娘、フレンダ・絹旗・滝壺である。

上条「いつからいたんでせうか!?」

麦野「最初からよー。良かったねーかーみじょう?手出してたら今頃ボッコボコにされてるわよ?入院長引かなくって良かったわねー?」

上条「ひでえ!!」

ナデナデと尖らがった上条の髪を満足げに撫でる麦野。誰が想像出来るだろう?数日前まで一方的とは言え、命を狙う側であった麦野と、命を狙われる側であった上条がこうして同じ部屋でこんな他愛ないやり取りを交わしているなどと。

麦野「はいはい。ちょうど良かったわ。アンタ達もリンゴ食べて行きなさい。まだまだいっぱいあるからねー」

フ・絹・滝「「「はーい」」」

上条「ここは幼稚園かっ!」

おおむね、上条当麻の日常は平穏であった。
819 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―4 [sage]:2010/11/29(月) 21:09:07.66 ID:/SFe/wAO
〜第七学区・とある病院、昼下がり〜

麦野「そう言えばさ、上条」

上条「なんでせうか?」

麦野「アンタって彼女とかいる?」

上条「ぶふぉっ!?」

三人娘はリンゴを平らげた後にそれぞれの帰路へ着き、病室には元の通り上条と麦野の二人きりである。
唐突に投げかけられた質問に麦野が淹れてくれた紅茶を噴き出し思わず咳き込む。
マリアージュフレールと言う上条が見た事も聞いた事もない銘柄だが、今やその味もわからない。

麦野「あれ?熱かった?ジッとしてて今拭いてあげるから――」

上条「けっ、結構ですノーサンキューです自分で出来ますの…」

麦野「三段活用出来てないわよ。で?彼女いるの?いないの?」フキフキ

ごく自然に上条の口元を拭いながら麦野は問い掛ける。最初の出会い方はマズかったが、麦野は美人だ。街中を歩けば十人中八人は振り返る。そんな美貌が、目の前にある。

上条「か、上条さんにそんな浮いた話なんてあるわけないじゃないですか…ううっ、自分で言ってて悲しい…」

麦野「へー?看護師さんか聞いたわよ?常盤台の超電磁砲がここに来たって。あとこのリンゴ持ってきた委員長さんみたいな娘とか」

上条「ビリビリと吹寄の事か?アイツらは別にそういうんじゃ…」

麦野「じゃあフレンダ達は?どう思う?あの変な趣味に目を瞑れば結構イイ線行ってると思うけど?」

上条「いやー上条さんじゃ全然釣り合わないっすよ。なんつーかみんな個性的だし」

麦野「―――私は?」

上条「―――えっ?」

麦野「アンタは…私をどう思ってる?」

風が、吹いた。
820 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―5 [sage]:2010/11/29(月) 21:10:50.64 ID:/SFe/wAO
〜第七学区・とある病院〜

上条「…どう、って」

麦野「答えて」

初夏の風にたなびくカーテンがそよぎ、傍らの麦野の表情を一瞬隠した。

麦野「――どうして、あの日私を助けたの。こんな大怪我してまで。アンタを消し炭にしようとしていた私を…アンタ死ぬかも知れなかったのに…どうして私を助けたの?」

先程までの冗談めかした雰囲気は既にない。どちらかと言えば…最初に出会った時に近い空気。

上条「どうしたもこうしたも…目の前で誰かが危ない目にあってたら普通、助けるだろ?」

麦野「アンタの“普通”は“普通の人”じゃなかなか出来ないのよ。それに私は“普通”じゃない…アンタも見たでしょう?私は――人殺しだよ」

投げやりな言葉。自嘲めいた笑み。退廃的で攻撃的で―――それでいてどこか寂しげで。

上条「――人殺しだったら助けちゃいけないなんて、誰が決めたんだよ?」

麦野「………………」

上条「麦野さんが人殺しだって…その人殺しの面しかあっちゃいけないのか?他の面の麦野さんまで助けちゃいけないのか?」
821 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―6 [sage]:2010/11/29(月) 21:13:09.91 ID:/SFe/wAO
麦野「…上条…」

上条「助けるから正しいとか、[ピーーー]から間違ってるとか、どうでも良かったんだよ。善人だから助けて、悪人だから助けない、そんな区別のせいで目の前で一人の女の子も助けられない、オレはそっちの方が嫌だ。だったらオレは――偽善者でいい」

麦野「………………」

上条「オレは誰かを助けられる――偽善者でいい」

上条当麻は知らない。麦野沈利がレベル5の四位である事も、暗部組織を率いている事も、それ以前に年齢も所属する学校も知らない。何一つ。しかし

麦野「…ホンット、アンタってお人好しの馬鹿ね」

綺麗な顔をしていながら口が悪く

上条「はい!!?」

落ち着いて見えて人をいじるのが好きで

麦野「病院だし、ついでに頭の中まで検査してもらえばー?」

リンゴの皮むきが上手くて淹れる紅茶が美味くて

上条「な、なんてひどい!」

危うい狂気と冷たい孤独と仄かな母性を時折覗かせる…そんな『麦野沈利』がまた危ない目にあったならば――

麦野「…かーみじょう」

何度だって助ける。何回だって救う。上条当麻はそう言っているのだ。

麦野「私に関わった事、いつか後悔させてやるんだからね」

そして―――麦野沈利は柔らかく微笑んだ
822 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/29(月) 21:16:19.47 ID:/SFe/wAO
以上、本日の投下を終了いたします。レスを下さる方々の一言一言がものすごく励みになります。感謝感激です。

それでは失礼いたします。sagaを教えてくださった方、ありがとうございました。
823 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sagesaga]:2010/11/29(月) 21:23:35.54 ID:htyiEJ2P
wが増える影響で唐揚げとか魔力にも翼が挟まれたりと思わぬところで誤字っぽくなるから出来ればデフォルトでsaga推奨
まあ携帯だし元は何かは大体分かるから無理する必要もなし
824 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/29(月) 22:45:39.57 ID:ZajOBNk0
超乙

むぎのんやっぱいいねぇ
825 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/30(火) 01:23:12.51 ID:yR/yYH2o
826 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/30(火) 02:23:45.12 ID:PTlAJEAO
上麦スレはなかなか無いから頑張ってほしい
827 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/30(火) 02:33:03.95 ID:UW9S0p2o
そうか?むしろ浜麦よりよく見かけるが。
まあ何にせよ続き期待
828 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/30(火) 16:03:43.31 ID:El.i1yc0
上条「オレは誰かを助けられる――偽善者でいい」←この上条さんは間違いなくイケメンAA

上麦は最近増えてきたけど、記憶喪失前の上条さんと麦のんってはじめてじゃないか?
このじわじわがたまらぬ
829 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage saga]:2010/11/30(火) 16:05:28.54 ID:k8LQHcM0
見かけることはあっても、一発ネタだったり未完だったりで
ちゃんとしたの見たことないんだよな
830 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/30(火) 18:08:01.45 ID:kM6rkQAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。今夜の投下も21時頃になると思います。よろしくお願いいたします。

今回は
・買い占められた缶コーヒー
・歩道橋の出会い
・退院の日

になる予定です。では失礼いたします。
831 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―7 [sage]:2010/11/30(火) 20:59:31.40 ID:kM6rkQAO
〜第七学区・とあるコンビニ、夜〜

麦野「あれー?売り切れ?あれー?」

冥土帰しの病院から程近いコンビニにて、麦野沈利は飲料水コーナーの前で小首を傾げていた。
目当てのシャケ弁のお供にと、この間冥土帰しと飲んで以来お気に入りとなったブラックの缶コーヒーを探してみた所…ないのだ。それこそごっそり、根刮ぎ持って行かれているのである。

店員「ありがとうございましたー」

麦野「?」

その店員の声に振り返ると…居た。一角のブラックコーヒーを買い占めて去っていく、いささか前衛的過ぎるデザインで有名なブランド物のシャツを着た、ホワイトヘアーの華奢な後ろ姿が。

麦野「変な服…流行ってんのかしら?あれ」

取り立てて気分を害した訳でもないのでチョイスをブラックコーヒーから日本茶に切り替える。
店内はそれなりに賑わっており、ガラの悪そうなスキルアウト、育ちの良さそうな常盤台中学の学生、巡回中の警備員、白衣のまま病院から買い出しにきた医者と様々である。

「お姉様!また立ち読みですの!?そろそろ戻らないと寮監に絞られますのよ!?」
「まっ、待ってよ黒子!今いい所なんだから!ああ〜あと10秒!ううん5秒!」

「浜面!駒場!お前らまたビールなんて買いに来て!没収じゃん!」

「…手加減しろよ、警備員」

「おい!なにちゃっかり自分の買い物袋にビール入れてんだよ!返せっ!」
832 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―8 [sage]:2010/11/30(火) 21:04:00.76 ID:kM6rkQAO
麦野「…かーえろ」

喧々囂々の店内を尻目に麦野沈利は夜の街へと歩を進める。
ここ最近はコンビニに立ち寄る機会が増えた。ここしばらく電話の女からの指令もないからだ。
以前、「仕事」帰りにコンビニに立ち寄った所、店員にギョッとされたからだ。

人間を焼き滅ぼす原子崩しの副産物、人間焼肉とも言うべき匂いが服に染み付いてしまったのだ。
ものの数時間の間に。以来、返り血を浴びてなくても「仕事」帰りにコンビニに立ち寄るのは控えている。
暗部に近い人間ほど麻痺しがちな嗅覚、感覚の鈍化である。

〜第七学区・歩道橋〜

麦野沈利は歩く。シャケ弁の入ったコンビニ袋と、あたたかい日本茶を片手に。
今日はこのまま家路に着き、食事を終えた後お気に入りの牛乳風呂に浸かる。
それで一日の終わりを迎えるハズであった。

?「こん・ばん・は〜」

――この、麦野の行く手に待ち構えていたような男の存在さえなければ。

麦野「………………」

麦野沈利は一般人以下までに鈍麻した嗅覚の代わりに、一般人以上に危険に対する嗅覚を手にしている。
それは一言で言えば――『きな臭い』男だった。いや、『胡散臭い』男だと言うのが麦野の第一印象であった。

?「おお〜怖い顔ぜよ。タイプじゃないけど綺麗な顔が台無しだにゃー」

ベコッ、とスチール缶を握り潰し、立ちふさがる男をねめつけ、睥睨し、牙を剥く。
833 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―9 [sage]:2010/11/30(火) 21:05:54.28 ID:kM6rkQAO
麦野「…誰だよテメエ。穴に突っ込みたいんだったら余所あたんな。テメエの粗末な×××で満足出来るような頭とケツの軽い女にさあ…!」

臨戦態勢、迎撃体勢。ただのナンパなら軽く鼻であしらう。いつもの事だ。だが違う。歩道橋の中ほどで佇むこの軽薄そうな金髪のアロハシャツ男は違う。

?「噂以上の狂犬ぶりだメルトダウナー。今にも喉笛を咬み切りそうな勢いだ。とんだ嫌われようだな」

視線で心臓を握り潰せるほどの狂気を宿した麦野を前に動じないどころか軽口を叩いて見せる余裕。
自分と同じ深い闇の底で『人を喰って』生きている人種だと断じるに足る匂い。
背を向ければ必ず刺される。そう確信出来る、見えざる刃のような男。

土御門「“上”からのメッセージだ。上条当麻に手を出すな」

天才陰陽師にして風水術の天才、必要悪の教会に属する魔術師にして学園都市暗部に住まう多角スパイ――土御門元春である。
834 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―10 [sage]:2010/11/30(火) 21:09:24.24 ID:kM6rkQAO
〜第七学区・歩道橋2〜

麦野「はあ?なんでそこで上条が出て来るのよ?それも“上”?学園都市上層部から?アンタ頭のネジ緩んでんじゃない?」

当初は同じ暗部…『ブロック』『メンバー』『スクール』と言った主だった組織からの接触かと踏んでいた麦野の読みは外された。
学園都市上層部?あの選民主義と特権意識の塊のような連中が何故、たかが一人のレベル0(無能力者)のためにこんな使いを寄越す?

土御門「理解する必要も信用する必要もない。お前はただこの言葉に従っていればいい。用件はそれだけだ」

麦野沈利が思考する僅かな逡巡の合間に、土御門は歩道橋の欄干に腰掛けていて…そして―――背中から、頭から落ちていった。

麦野「!?待てテメエェッ!!」

土御門「じゃ、伝言はそれだけだにゃー。ただし」

―――単なる色恋沙汰だったなら、それはオレの知る所じゃないんだにゃー――

駆け出し、欄干から麦野が身を乗り出して見下ろした時…土御門の姿はもうどこにもなかった。まるで虚空に消えてしまったように

麦野「(割らせてやる。あのニヤケ口。そうだ。首から下を無くしてやる。手足がもげようが知った事か…潰す!!)」

まだ間に合う。追跡し追走し追撃しなければならない。聞き出す。拷問にかけてでも。麦野は逆立てた髪を一撫でし、新たな狩りに赴かんとする。しかし―――

『pipipipi!pipipipi!マヨエー!ソノテヲヒクモノナドイナイーカミガクダスーソノコタエハー…』

麦野「…!」

突如として鳴り響く着信音…『電話の女』からだった。
835 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―11 [sage]:2010/11/30(火) 21:12:41.92 ID:kM6rkQAO
〜第七学区・とある病院、昼〜

冥土帰し「うん、じゃあ気をつけてね?幸いにも明日は土日だ。ゆっくり身体を休めなさい?」

上条「はい!お世話になりましたー」

退院の日。上条当麻はいくつかの荷物を纏めて冥土帰しの病院を後にする。
迎えや付き添いは…なかった。上条一人での帰宅である。
もともと平日の金曜日である。土御門や青髪も学校で、当然と言えば当然なのだが…いつも傍らにあった顔がいない。

麦野『――私と関わった事、いつか後悔させてやるんだからね――』

そう言って微笑んだあの日から、麦野達はパッタリと病室を訪れなくなった。
一応、交換していたメールアドレスや電話番号に送って見たが音沙汰がない。

上条「(オレ、なんかマズい事言ったかな?)」

ワシャワシャと特徴的なウニ頭を掻きながら上条は少し落ち込む。
出会った経緯はともあれ、ああもあれこれ世話を焼いてもらえば多少なりとも意識せざるを得ない。
ましてや麦野沈利は綺麗だ。同年代のクラスメートとはまた違った、年上のお姉さん的な部分が上条に強く印象を残している。

上条「(まっ…その内ひょっこり会えそうな気もするし…また危ない事に首突っ込んでなきゃいーんだけどな)」

そうこうしている内に上条はおよそ一週間ぶりとなる愛しの我が学生寮へと到着した。
まずは入院中に溜まりに溜まったゴミと洗濯物を片付けねば…そんな事を考えながら階段を登る。
一段、また一段と。そして登りきった頃には…
836 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―12 [sage]:2010/11/30(火) 21:15:32.51 ID:kM6rkQAO
上条「んん?なんか美味そうな匂い…また舞夏来てんのか?」

上条と土御門の部屋のどちらからか美味しそうな匂いがする。
今の今まで病院に居て帰りを待つ人間のいない自分を除外すれば隣人の土御門しかいない。その妹の舞夏であろうと当たりをつけたのだ。
ましてや昼間の学生寮。十中八九無人である。

上条「ったく、いいなあ…土御門のヤツ。はあっ、上条さんにもメシ作って待っててくれるお姉さんが欲しいですよ…」

男寡婦の侘びしい我が身を呪い、隣人に微かな羨望を感じながら上条は家の鍵をポケットから漁り、鍵穴に差し込む…

上条「…あれ?」

いつもと感触が違う。カチャンカチャンとした開錠の音しかしない。どう言う事だ?と首を捻る上条に――

?「はぁい、おにーさん?」

上条「!?」

扉が開く。この数日ですっかり聞き慣れた、透徹ながら涼やかな声音と共に

麦野「おっかえりー♪」

上条「……わああああああ!!?」

麦野沈利がエプロン姿で上条当麻を迎え入れたのである
837 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/30(火) 21:22:44.83 ID:kM6rkQAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。レスくださった方々、ありがとうございます。
今日の投下はここまでです。ハッピーエンドを目指して頑張りたいです。

簡単ですが、次回予告を…

・むぎのんクッキングin上条家
・オレの愛に常識は通用しねえ
・未定

の三本です。それでは失礼いたします。
838 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/30(火) 21:47:30.93 ID:1po4f3Io

着信No butsかしら
839 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/30(火) 22:08:33.53 ID:zjoOog2o
超頑張れ

スレタイの題材もこのまま消えるにはもったいない希ガス
840 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/30(火) 22:19:56.29 ID:tTzUe0Ao
おつおつ

PINKな板だと浜麦が多くて
VIPな板だと上麦が多い、ふしぎ!
841 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/30(火) 23:55:10.22 ID:kM6rkQAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。皆さんのレスと上麦愛が私のガソリンです。いつも助けられています。スレを間借りさせていただいて感謝してもし足りません。

早めの予告ですが、明日も同じ時間に投下いたします。次で第二部が終了の予定です。
第三部から上条と麦野の短い夏になると思います。相変わらず内容はノープランですが、よろしくお願いします

はい。麦野の着信はNo Buts!です。後に絡んでくるネタなのでちりばめました。それでは失礼いたします。
842 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/01(水) 01:15:56.39 ID:Sz7ql16o
モンハンする手を休めても見に来なければ
843 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/01(水) 02:45:30.88 ID:yFuPWQ6o
クソッなんてことだ寝る隙がない
844 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/01(水) 13:50:32.29 ID:yicOewM0
麦のんクッキングとかマジ俺得
次回予告でていとくン参戦フラグも立ったし、このssはどこに向かうかわからん
845 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―13 [sage]:2010/12/01(水) 20:55:42.23 ID:UaCZJUAO
〜第七学区・上条当麻の部屋〜

上条「なんで麦野さんがここにいるんですかいらっしゃるんですかおられるんですかの――!!」

麦野「三段活用出来てないわよ?いつまで玄関で突っ立ってるつもり?アンタの部屋でしょ?」

激しく狼狽する上条を尻目に、麦野はコトコトと味噌汁をかき混ぜる作業に戻りつつシレッと言ってのける。
ギャルソンが身につけるような黒のエプロンを纏いながら。結い上げたサイドポニーをゆらゆら揺らして。

上条「どうやってオレの部屋を突き止めたんでせうか!?ってかどうやって上がったんだよ!」

麦野「そんなのアンタを抹[ピーーー]るって決めた時調べたに決まってるでしょ?鍵ならウチの下っ端に開けさせたわ。あっ、洗濯物出しちゃって」

上条「んがー!!会話が繋がってるのに意志が通ってないー!!」

空き巣でも入ったかと身構えてみればこのザマである。しかもその侵入者は上条から荷物を奪い取るとポイポイ洗濯機に放り込み、まるで母親のようにテキパキと動いて回っている。
抗議しようにもそのタイミングが掴みきれないほど麦野の手の動きは流れるように、切れ目なく動き続いた。

麦野「最初に言ったでしょ?アンタを抹[ピーーー]るのは私だって。これは監視よ監視」

上条「終わったんじゃなかったのか!?」
麦野「私と関わった事を後悔するのね。あっ、そうそう…」

すると麦野はサッと何かを取り出した。見覚えのある雑誌…扇情的なポーズを取ったグラビアアイドルが表紙を飾る…世に言う「Hな本」を上条にチラつかせた。
846 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―14 [sage]:2010/12/01(水) 21:02:08.57 ID:UaCZJUAO
麦野「いくら一人暮らしだからってベッドの上に投げっ放しはお姉さん関心しないにゃーん?」

ニヤニヤとこの上なく楽しそうに、わざわざ見開きまで開いてからかう麦野に上条は完全に慌てふためいた

上条「うわああああ!か、返せえ!返して下さいぃぃぃ!死ぬ!死にますぅっ!」

麦野「きゃー触んないでかみじょう菌が移っちゃうー♪」

上条「不幸だあああぁぁぁ!!!」

その後、上条当麻は目撃する。ベッドの上に綺麗に整えて置かれたHな本の束を。
そして麦野特製の鮭を主菜とする昼食に呼ばれるまで、上条は燃え尽きた灰のようになっていた。

〜第七学区・上条当麻の部屋2〜

上条「御馳走様でした!」

麦野「…すごい食べっぷりだったわね。やっぱり上条も男の子なんだねー」

結論から言って、麦野の鮭料理は上条にとって非常に美味しかったのである。
ただでさえ今月頭から食うや食わずの生活で、かつ入院中は塩気の少ない病院食。
つい先日まで死にかけていたとは思えない健啖ぶりに麦野も後半は呆れ顔であった。

上条「いや…本当マジで美味かったっす。学園都市に来てから誰かに料理作ってもらうなんてなかったから」

麦野「…彼女いないって嘘じゃなかったんだ」

食事の間にも、麦野は少しだけこの数日の事情を上条に語った。ここ数日立て込んでいて見舞いにいけなかったこと、たまたま仕事帰りに寄ったことなどを『バイト』などとボカシながら。
しかし変な所で鈍感な上条は気づかなかった。仕事帰りだと言うのに、わざわざ食材やエプロンまで麦野が用意して来た事に。
847 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―15 [sage]:2010/12/01(水) 21:05:16.53 ID:UaCZJUAO
上条「ははは、麦野さんみたいな綺麗な彼女がいてご飯作ってくれたら上条さんの日常は薔薇色なんですけどねー」

麦野「!」

そして、頬杖をついていた麦野が急にあらぬ方へそっぽを向いている事も。

麦野「…じゃなくていい」

上条「えっ?」

麦野「…別に、麦野“さん”じゃなくていい。ただの麦野でいいわ」

麦野沈利は揺れている。この鈍感なお人好しの前に立つと、『アイテムのリーダー』『レベル5の四位』どちらの側にも立てない自分がいる事に揺れている。
この…人殺しの自分すら助けると言ってのけた偽善使いの前では『ただの麦野沈利』に戻されてしまう自分に揺れている。

麦野「復唱」

上条「はい?」

麦野「復唱!」

上条「あっ!はいぃ!え〜…“麦野”」

麦野「…20点。もう一回」

上条「…“麦野”」

麦野「よろしい」

『仕事』があった。狂ったように笑いながら命を刈り取り、むしり取り、奪い取った。それはフレンダ達も同じだ。
四肢を焼き切り、首を落とし、血煙と血溜まりの中で笑い転げた。
狂わなければ正気でいられない絶対矛盾。だから仕事が終わった後――上条当麻に会いたい、そう強く思った。
848 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―16 [sage]:2010/12/01(水) 21:10:49.40 ID:UaCZJUAO
麦野「じゃ、片付けるから。テレビでも見てれば?」

上条「いや、流石にそこまでしてもらうのは流石の上条さんも心苦しいですよ。ってな訳で皿洗いくらいリハビリ代わりにやらせてくれないか?」

麦野「リハビリね…なら、それとは別にアンタに頼みたい事があるんだけど?」

上条「なんでせうか?」

この思いがどこから湧いてくるのかわからない。あの胡散臭いタヌキ野郎の言う『色恋沙汰』なのか、上条当麻に対するある種の『依存』なのか、麦野沈利にはわからない。だがしかし――

麦野「服、買いに行くの付き合いなさいよ。寝てばっかりで身体固くなってるでしょ?リハビリよ、リハビリ」

押し掛け同然に柄でもないお節介まで焼いて、それを口実に上条に会いにくるこの気持ちは、一体なんなんだろう――それは、レベル5の四位たる明晰な頭脳を持つ麦野沈利をして、もう少し時間のかかる感情であった。

〜第七学区・Seventh mist〜

上条「はあ…」

上条当麻は弱り切っていた。病み上がりの身である事を加味しても疲労困憊といった様子で、セブンスミストから少し離れたジュースバーにいた。原因はもちろん…

上条「女の子の買い物って…本当に時間かかるんだな…」

店から店へ跳び移り、次から次へと服をとっかえひっかえし、あれでもないこれでもないと一人ファッションショー状態の麦野に付き合うのも一時間が限界であった。
そんな上条を麦野は見やると

麦野『かーみじょう?久しぶりに歩いて疲れちゃった?あそこで休んでる?』

こんな調子である。服を誉めるボキャブラリーも尽きた所で上条はこのジュースバーで椅子に座りバナナジュースを啜っていた。
849 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―17 [sage]:2010/12/01(水) 21:13:04.15 ID:UaCZJUAO
上条「長いなあ…」

?「だよなあ」

上条「?」

ふと声のした隣の椅子を見やると、そこには自分と同じように女の子の出待ちなのか、垢抜けた様子の青年がキウイジュース片手に話し掛けて来た。

?「おたくも彼女待ち?長いよなあ女の服選びは。どうせ脱がしちまえば変わらねえのによ」

上条「ブッ!」

てらいもなく飛び出した爆弾発言に思わず噴き出す上条。傍らの男は見るからに女のあしらいを心得た、遊び慣れたホストのように見えた。

?「はっはっは。ウブだなおたく。こんなので動揺してちゃ身が持たないぜ?」

上条「さ、さいですか…」

?「こちとら身体がいくつあっても足りねえよ…お、来た来た」

カラカラと笑うジゴロのような男が上条の傍らから離れる。するとそこへ…

「ていとくー!ごめーん!」

「待たせてごめんねー!行こっ!」

?「おう。じゃあな。おたくも頑張れよ」

上条「あ、ああ」

二人の全く異なるタイプの美少女と美女が駆けてきた。男はごく当たり前にその輪に加わり、両手に花状態で上条に背を向けて去っていった。

上条「提督…?艦長さんかなんかか?」

たった今まで傍らにいたホスト風の男…その男こそが学園都市第二位、未元物質(ダークマター)垣根帝督である事を、上条は終ぞ思い当たらなかった。

麦野「かーみじょう?」ムニッ

上条「!!?」

後頭部に当たる、柔らかな感触に遮られて
850 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―18 :2010/12/01(水) 21:16:59.24 ID:UaCZJUAO
〜第七学区・ジューススタンド〜

麦野「こぉ〜んなキレイなお姉さんとデートしてるって言うのにもう他の女の子に目移り?しずりん悲しいなあ?」ムニムニ

上条「ちょっ、ちょっ麦野さん!胸!胸当たってますって!人が見てますって!」

麦野「麦野って呼んでくれなきゃどかな〜い」ムニムニムニ

垣根帝督の後ろ姿を見送っていた上条当麻の背後からたおやかな細腕を回してその特徴的なウニ頭を胸に抱える麦野沈利。
ただでさえ華がある彼女は同性からも目を引き、結果として一方的にじゃれついている様子も耳目を引くのだ。

「はや〜…あのお姉さんってば大胆〜」

「さ、佐天さん!あんまりジロジロ見ちゃダメですよぅ!」

上条「むっ、麦野!頼む離れてくれ!離れてくれ麦野ぉぉぉ!」

麦野「本当に免疫ないのねアンタ…あっ、そのジュースちょうだい」

長い黒髪と頭に花飾りをつけた中学生と思しき女の子連れの見つめる中、ヒョイと上条が飲んでいたバナナジュースに手を伸ばし、ストローに口をつける。

上条「(こ、これが噂の間接キス…!)」

次から次へと鈍感な上条さえ揺さぶる麦野。わざとからかっているのか、上条を男として見ていないのか…

上条「(ははっ…オレなんかじゃ釣り合うはずないよな)」

きっと麦野が自分を構いたがるのは大怪我をさせてしまった負い目や、もしくは姉が弟をいじるような感覚なんだろうな、と一番納得出来る答えに落ち着く上条。が

麦野「(…ここまでしてんだからもう少しなんかあるでしょうが)」

対する麦野はテンションが原子崩し(メルトダウナー)である。
『色恋沙汰なら関知しない』というあの言葉が、上条の側に居たいという麦野のスキンシップに拍車を駆けていると言うのに…
851 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―19 [sage]:2010/12/01(水) 21:21:49.10 ID:UaCZJUAO
上条『ははは、麦野さんみたいな綺麗な彼女がいてご飯作ってくれたら上条さんの日常は薔薇色なんですけどねー』

という言葉すら、今の麦野には

上条『麦野…いや沈利。俺のために毎朝味噌汁を作ってくれ…二人の薔薇色の未来のために…』イケメンAA

麦野「違うわよ!!」

上条「!?」

降って湧いたビジョンを振り切ろうとする。セブンスミストの中でもそうだった。外で待つ上条が頭をよぎって結局決め切れずに終わってしまい、手ぶらのままだった。

麦野「上条!」

上条「は、はい!」

だから

麦野「………………」ギュッ

手ぶらだから、腕を絡める事だって出来る。

上条「麦野…?」

最初に腕を絡めた時は、上条を抹[ピーーー]るため、逃がさぬようにするための方便だった。

麦野「病み上がりなんだから付き添いがいるでしょ?ほら行くわよ!」

今は…上条の『右手』に抱き付くように腕を、指先を絡める。

上条「…ああ!頼むよ!」
852 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)2―20 [sage]:2010/12/01(水) 21:24:01.76 ID:UaCZJUAO
全ての異能と幻想を打ち消す右手。こうしていれば…麦野は原子崩しを撃ちたくても撃てない。

麦野「ホンット…世話の焼けるヤツね」

つまり…上条の側にいる限り、自分は『ただの女の子』だ。

麦野「…まっ、いっか。ねえ上条?退院祝いにどっか食べに行こうか?」

上条「うへぇ!?じ、実はな麦野…上条さん今月ちょっとピンチでして…」

レベル5の四位でも、アイテムのリーダーでもないただの『麦野沈利』でいられる。この上条当麻がいる限り。ただの女の子でいたって、怖くなんかない。

麦野「バカねえアンタ…ガキ(年下)が色気出してんじゃないわよ」

世界で一番、自分らしくあれる腕が、何度だって引きずり上げてくれる。そう信じているから。

麦野「――黙って年上には甘えなさい♪」

この、麦野沈利だけの偽善使い(ヒーロー)がいる限り




とある星座の偽善使い(フォックスワード)第2部・終了
853 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/01(水) 21:34:14.95 ID:UaCZJUAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。これにて第二部は終了です。呼んで下さる皆さんからのレスを受けて、とても嬉しいです。

次回から第三部になります。麦野と上条の短い夏、ようやく始まります。今現在仕上がっているのは…

・上条当麻の初体験
・麦野沈利の薔薇色の世界
・御坂美琴と女の聖戦



・麦野沈利と白い闇
・絹旗最愛の憂鬱
・上条当麻と天使再臨

です。デレた麦野、甘えた麦野、狂気に捕らわれた麦野、色んな麦野になると思います。明日の投下はいつも通りの次回です。それでは失礼いたします。
854 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/01(水) 22:02:51.63 ID:C.BXi7I0
超乙

・上条当麻の初体験
・麦野沈利の薔薇色の世界
・御坂美琴と女の聖戦

3つとも楽しみすぎて困る
855 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/01(水) 22:25:35.52 ID:sC/YfoAO
垣根もげろwwwwwダークマター爆発しろwwww

いきなり初体験とか・・・上条ェ・・
856 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/02(木) 03:05:25.44 ID:BVHf4YAO
超乙ぅ!ニヤニヤが止まらんww
>>849のていとくん…素晴らしい名言を残していったな。
857 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/02(木) 10:10:52.43 ID:s846lM60
帝督爆発しろ。ついにレールガン参戦ktkr

麦のんと取り合いになるのか?胸が熱くなるな…
858 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/02(木) 14:24:32.77 ID:D/4.nH6o
俺・・・ずっと前から思ってたんだが
もしかして上条さんって・・・・・・・不幸じゃないんじゃないか?
859 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/02(木) 15:21:11.47 ID:nPJQdUDO
女にモテて、フラグ建てまくりだろ?
……不幸じゃねぇか
860 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―1 :2010/12/02(木) 20:56:51.21 ID:uq.AbkAO
上条「む、麦野…オレ、もう我慢出来ない!」ハアッハアッ

麦野「ふふふ…男の子なんだから頑張りなさいよ…ねっ、当麻ったらすごい汗…」

上条「そ、そう言う麦野だって…くっ、もうイク!もうイクぞ!」ハアッハアッ

麦野「ああ当麻!イッちゃダメ!イクなら、一緒じゃないとイヤッ」

上条「ああ〜もう限界だあああぁぁぁ…出る!」ハアッハアッ

バタバタバタッ!ガチャン!!

上条「ぷはー!!…って一時間もサウナに入れるか〜!!」

麦野「出る時は一緒に行こうって言ったのに…我慢弱いわねえかーみじょう?」

〜第六学区・『アルカディア』、フィンランドサウナ〜

誤解を招きかねない際どい会話を繰り広げていた舞台は天蓋付きのベッドではなく、うだるような熱さのフィンランドサウナである。
そう、二人が来ているのは第六学区に新設された総合アミューズメント&スパリゾート『アルカディア』である。
その規模、収容客員数、共に学園都市最大と目されるそこへ麦野沈利が優待券を受け取り、上条当麻を誘った形である。
そして二人は今の今まで…フィンランドサウナ一時間耐久我慢大会をしていたのだ。

上条「あのままじゃぶっ倒れちまうだろ!!なんでもっと石に水かけてくれないんですか!?あれじゃ蒸し風呂じゃなくて窯焼きだってーの!!」

麦野「倒れたら色々脱がして置いてっちゃおうかなって☆」バチコーン

上条「色々脱がすって何を!?ウインク止めい!」

麦野「だぁってぇ…」

初体験となるフィンランドサウナで文字通り茹で蛸となった上条が水風呂に浸かって呼吸を取り戻そうとしている傍ら、その縁に腰掛けて嫣然と見やり
861 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―2 [sage]:2010/12/02(木) 20:59:03.96 ID:uq.AbkAO
麦野「当麻ったらチラチラ私の方見てくるんだもん…あーんなにお熱な目で見られたら色んな所が火照っちゃいそう」

上条「ぶふぅ!?」

わざとらしく胸元に指先をかけて迫る麦野。それを受けてサウナに入っていた時以上に顔を真っ赤にする上条。
もちろん女の嗜みで上条が考えているような場所はバッチリとガードされているからこそ、麦野もこうして悪乗り出来るのだが…

上条「よ、嫁入り前の娘がそんな珠の肌をさらすような破廉恥な真似するんじゃありません!ってやりすぎだろいくらなんでも!」

麦野「傷物にされたら当麻がもらってくれる?」

上条「麦野さん!?」

麦野「…かーみじょう?」

迫る麦野、退く上条、慌てて水風呂から上がり逃れようとする上条の『右腕』にしがみつきながら、麦野は少し背伸びするようにして唇を寄せ…

麦野「“さん”付けは止めなさいって何回も注意したでしょー?えいっ」カプッ

上条「痛だあああぁぁぁー!!!」

思いっきり首筋を噛んだ。

麦野「(見ちゃダメなんて誰も言ってないでしょ…バ上条)」
862 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―3 [sage]:2010/12/02(木) 21:01:51.44 ID:uq.AbkAO
〜第六学区・『アルカディア』ローズバス〜

上条「不幸だ…」

麦野「なに?泣くほど良かった?」

上条「泣くほど痛かったんですぅ!!」

カップル用サウナルームから出た二人は今度は薔薇の花片の浮かぶローズバスなるモノに浸かっていた。
大浴場一面に揺蕩う真紅の薔薇はなかなか壮観であり、入浴客も九割がた女性である。
気後れする上条を強引に引っ張って来たのは他ならぬ麦野だ。

上条「見ろよこの歯形!こんなクッキリ跡ついちまってるじゃねーか!」

麦野「虫除けよ、虫除け」

私以外の女(虫)除けにね、と続く言葉は飲み込む。とは言え、こうもあの手この手で迫っていてもこちらの秘めた感情に気づかない原石級の鈍感男なら多分大丈夫だろうと思うが…

麦野「(やっぱり連れてくるんじゃなかったわ…)」

珍しい男性客というのもあるが、ローズバスに浸かる女性達の中に上条の意外に広い背中や、筋トレではつかない引き締まった二の腕などに視線を送る者がいるのだ。

麦野「(残念…コイツの右腕は私の居場所だから。ごめんねー?)」
863 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―4 [sage]:2010/12/02(木) 21:04:05.71 ID:uq.AbkAO
上条当麻の右手、幻想殺し(イマジンブレイカー)。全ての異能を打ち消し、原子崩し(メルトダウナー)すら封じ込める…麦野沈利という『刃』に対する『鞘』

麦野「(でも…この幻想殺しがあってもなくても…きっと私は)」

上条「そろそろ上がろうぜ麦野。でもスゲーなこの風呂。ドラマみたいだぜ…ほらよ」スッ

麦野「うっ…うん…」

ローズバスから立ち上がる上条。滑らないようにと差し伸べられる右手。変な所だけ紳士的だ。しかも誰にでも。一つくらいお前の何かを独占させろと麦野は思う。だが…

ガシッ

その右手を取る。引き上げられる。冥土帰しの腕を持ってしても、お湯の温度でうっすらと浮かぶ白い疵痕は残ってしまった。麦野のせいでついた傷。なのに

麦野「(それが嬉しく思えるなんて、私はやっぱり歪んでるね)」

それがたまらなく、愛おしく麦野には思えた。
864 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―5 [sage]:2010/12/02(木) 21:06:50.11 ID:uq.AbkAO
〜第六学区・『アルカディア』デッキチェア〜

上条当麻と麦野沈利の血みどろの出会いから、早二週間が過ぎていた。
最初の一週間は入院に当てられたが、もう半分の一週間はなにくれと理由をつけては上条の元に押し掛けたり呼び出したりした。
もちろん『アイテム』としての仕事や集まりは当然ある。それでも時間があるのは学校に行っていないからなのだが――

上条「そう言えば麦野って、どこの学校なんだ?」

麦野「えっ?」

ラン[ピザ]ーゾーンにある一角のデッキチェアにて、上条と麦野は火照った身体を冷ますべく並んでジュースを飲んでいた。二人ともバスローブ姿である。

上条「いやさ、麦野って基本いつも違う服だけど私服だろ?常盤台みたいにずっと制服って訳じゃなさそうだけど、私服OKの学校も確かあったはずだったからさ」

麦野「ああそれで…○○女学院よ。あの学舎の園の中にある」

上条「うへぇ…麦野って本当のお嬢様だったんだな。確かあそこは私服OKだもんな」

麦野「そうよー。同じ服一度でも着ていったら“その服お気に入りなんですね、オホホ”なんて言われるのよ」

カラカラと笑って見せる麦野。もちろん言われた事はないし、そんな輩がいたらそれなりの報復の仕方があるのだ。男にはわからない女のやり方で。が

上条「そっか。なら残念だなあ。麦野の制服姿って、想像出来ないけどちょっと見てみたかったかもな」

麦野「えっ…」
865 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―6 [sage]:2010/12/02(木) 21:09:20.58 ID:uq.AbkAO
思わず、手にした『木莓と柘榴のディアブロソーダ』を落としそうになる。上条が?私の事を話すまで聞いてこない上条が?この…

呼び方を『当麻』に変えても、全然リアクションを返してこない原石級の鈍感男が?

麦野「…かーみじょう」

上条「ん?」

誰の側にいるより落ち着くのに、誰の言葉より容易く自分を揺さぶる。ズルい。

麦野「アンタって制服フェチだったのかなーん?そういえばアンタの部屋の…」

上条「んなー!?違うっ!違うって!あれは青髪のヤツが!」

麦野「ハイハイわかりましたわかりましたーそういう事にしといてあげるわ。寛大な心で」

上条「ご、誤解だあああぁぁぁー!!」

だからやり返してやるんだ。困った顔くらい私の好きにさせろ。そうだ。困れ!困れ!もっと困り顔を見せろ。少しでも私を楽しませろ!!

?「なっ、なにやってんのよアイツ…!」
?「あれ?あのお姉さんどこかで見たような…」

多くの人々が立ち寄る待合所でのドタバタ騒動。その中で一際強い輝きを宿す眼差しが向いているのを、上条当麻は気づかなかった。
866 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―7 :2010/12/02(木) 21:12:26.91 ID:uq.AbkAO
〜第六学区・「アルカディア」ショッピングモール〜

ひとしきり休憩した後、二人は着替えると施設内のアウトレットモールを闊歩していた。夏がもう目の前だと言うのに新作のサングラスをまだチェックしていないから、という麦野たってのお願いからである。

麦野「あっはっはっは!アンタって全然サングラス似合わない〜!背伸びした小チンピラみたぁ〜い」

上条「ううっ…上条さんにはこう言うオシャレ向かんの事ですよ…それに誰かさんとキャラがかぶるしな」

麦野「まっ、そうね。私も今ムカつくグラサン野郎思い出しちゃったし」

二人してサングラスをかけ、ケラケラと笑う麦野。上条も慣れないファッションにやや戸惑っている。そんな上条に、麦野は

麦野「それに…」スッ

上条「!」

手を伸ばす。背を伸ばす。上条の顔からサングラスを外し、ニッコリ頬を緩める。

麦野「こっちの方が、アンタがよく見える」

上条「(か、顔が近い!サングラスかけてても可愛い!)」

が、角度によってはキスをしているようにも見えるほど急激に接近した二人の様子に物言いが入った。

?「なにやってんのよアンタはあああぁぁぁ!」

上条「ゲッ!ビリビリ中学生!?」
867 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―8 [sage]:2010/12/02(木) 21:14:59.39 ID:uq.AbkAO
御坂「誰がビリビリよ!私には御坂美琴って名前があんのよ!…って人前で何しようとしてんの離れなさいよゴラアアアァァァ!」

上条「うおおおぉぉぉ!?」

佐天「みみみ御坂さん!電気出てます!電気出てますって!」

常盤台中学のエースにして第三位『超電磁砲』御坂美琴である。そして傍らには佐天涙子の姿がある。
お馴染みのカルテットで新たにオープンされた『アルカディア』に来る予定が、初春と黒子はジャッジメントの仕事が急に入り、結局二人で来る事となったのだ。
そこで待ち合わせのために時間を潰している間に、美琴は見つけてしまったのだ。この二人を。

麦野「(コイツがあのレールガン?マジでガキなんじゃん。テレビや評判ってあてになんないわね)」

そんなやり取りを麦野沈利はサングラス越しに冷めた眼差しで見つめる。気にいらない。自分を無視して進むやり取りも、突っかかりながらも上条に向ける直向きな眼差しも。全てが――気にいらない。

麦野「…おい、クソガキ共?誰の前でケツ振って跳ねてんだあ…?アアッ!?」

佐天「…!」ゾッ

御坂「…あんたこそ誰よ?」

上条「おっ、おい止めろ二人とも!店の中で暴れんじゃないっての!」

佐天の背中に怖気が走る。サングラス越しにすら煮えたぎるような赫怒と底冷えするような狂気を宿した名も知らぬ女に。
だが御坂も一歩も譲らない。人喰いライオンの尾を踏んだにも関わらず。

麦野「関係ねえよ!!カァンケイねェェんだよォォォ!!有名人気取りかぁ?おえらいもんだなぁ第三位『超電磁砲』様ぁぁぁねえェェ!?」
868 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―9 [sage]:2010/12/02(木) 21:17:44.04 ID:uq.AbkAO
麦野の左手に光球が収束し始める。原子崩しは暴発寸前だ。タガが外れ一線を超えるまで秒読みすら必要ない。
第三位に対する敵愾心、上条と親しげに接し、自分とは異なり光だけを見つめる眼差しに加速度的に狂気が膨らんでいく。

麦野「キラキラお目めの夢見るお姫様気取りか売女ぁ!光に群がる虫みたいにブチュッて潰してバラ撒いてやるよぉ!!第三位の首と引き換えなら腕の一本安い買い物だよなアアアァァァ!!!」

暗部に属する者の闇。人を殺める事への忌避感と危機感の鈍麻が麦野を怪物に戻して行く。
上条当麻の傍らに寄り添う事を覚えてから、時に姉のように可愛がり、妹のように甘え、母のように世話を焼き、友人のように親しく、恋人のように距離を重ねる事に乖離していく『何か』

『敵』か『まだ敵ではない』人間しかいない暗部の麦野。『上』か『下』しかいないレベル5の麦野。『上条当麻』と『それ以外の人間』しか知らないただの麦野。強すぎる光と影の二面が麦野の怪物性を浮き彫りにする。

御坂「…佐天さん離れて!」

身構える御坂、後退る佐天、踏み出す麦野。そして――

上条「止めろ麦野!!!」

パキィィィン!

その麦野の左手を掴み、幻想殺しで打ち消す。御坂達を背中で守り、麦野をしっかり見据えて

麦野「…当麻アアアァァァ!!!」

上条「…!」グッ

何故庇う。何故私の前に立ちふさがる。何故…

パンッ

御坂・佐天・麦野「「「!?」」」

私に、手を上げるのだ
869 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/02(木) 21:23:37.97 ID:uq.AbkAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。本日の投下はここまでです。垣根帝督を話題にしてもらえて嬉しいです。第三部から梅雨〜夏になる予定です。

明日も今日と同じ時間になります。それでは失礼いたします。
870 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/02(木) 21:46:48.12 ID:TPl6C12o
美琴はやはりうんこだな
871 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/02(木) 22:55:20.29 ID:uZuYjDE0
乙です

…美琴がうんこは今更だなwwwwいや、いい意味でねww
872 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/02(木) 22:57:50.77 ID:vAPRQUAO
麦のんの
「かーみじょう」


っていうのが凄いいい
873 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/03(金) 00:46:44.41 ID:njuOiwDO


相変わらず御坂はクソだな
874 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/03(金) 01:16:49.20 ID:9YAGmYAO
どう考えても御坂が悪い
875 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/03(金) 01:19:19.69 ID:CU0gkH2o
御坂が邪魔しに来ないカップリングってあったっけ?
876 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/03(金) 09:18:10.82 ID:njuOiwDO
上条くんと吹寄さん
877 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/03(金) 11:36:18.62 ID:6kHTw1g0
>>お湯の温度でうっすらと浮かぶ白い疵痕は残ってしまった。麦野のせいでついた傷。なのに

>>麦野「(それが嬉しく思えるなんて、私はやっぱり歪んでるね)」

>>それがたまらなく、愛おしく麦野には思えた。


むぎのんがヤンデレ過ぎて宇宙がやばい。
878 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage saga]:2010/12/03(金) 17:35:04.79 ID:xHo6PiU0
>>876
それなんてタイトル?
879 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―10 :2010/12/03(金) 20:53:49.40 ID:K/aH0sAO
〜第六学区・『アルカディア』アウトレットモール〜

サングラスが落ちる。店内から音が消える。麦野の視界がぼやける。

上条「…頭冷えたか?麦野」

あれほど荒れ狂っていた狂気が水をうったように引いて行く。代わりに頬が熱い。上条の平手打ちがではない。双眸から零れ落ちてくる熱い何かが

麦野「…どうして?」

上条「どうしたもこうしたもないだろ!!どうしちまったんだよお前!?どうして超えようとしたんだ!絶対に超えちゃいけない線を!お前は超えようとしたんだぞ!!麦野!!」

ビクッとうなだれた麦野の双肩が震える。今私は何をしようとした?上条の側では『ただの麦野沈利』でいると決めたハズなのに…

麦野「…五月蝿い…黙れよ…!」

無力感が一気に押し寄せてくる。なんてザマだ。目の前が暗くなってくる。こんなに耳鳴りがするのに、上条の声だけがやけに響く。

上条「…黙らねえよ」

麦野「…五月蝿い…!」

上条「黙らねえって言ってんだろっ!!」

麦野「黙れって言ってんだろォォッ!!」

佐天「…!」ビクッ

後に引けない。でも前に進んで上条の顔も見れない。頭の悪い女のようにヒステリックな金切り声しか出て来ない。御坂の陰に隠れた黒髪の少女が怯えている。きっと今、自分は見るに耐えない顔をしている。
880 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―11 :2010/12/03(金) 20:56:32.05 ID:K/aH0sAO
麦野「私の手は壊す事しか知らねえんだよ!知ってんだろ!オマエと!出会った時だって!出会った後だって!私は…私は!!」

上条「…ならなんでお前は今泣いてんだ!!」

止めてよ。誰か止めてよ。止まらない私をもう一度引き戻してよ。さもなきゃ

麦野「…オマエに私の何がわかるってんだよオオオォォォッッ!!!」

御坂「(この光…まさか…この女!?)」

照準を合わせる。第三位、黒髪、そして――上条当麻に。
壊れろ。全部ブッ壊れちまえ。何もかもなくしてやる。何もかもくれてやる。
内なる獣が叫ぶ。後戻りなど無くしてしまえと―――

上条「麦野が作ってくれたメシの味を――オレは知ってるぞ」

これ以上しゃべるな。これ以上しゃべらせるな。聞きたくない。聞きたくない…!

上条「病院で淹れてた紅茶、全然名前知らないヤツだったけど、すげえあったかかった。吹寄が持って来たリンゴだって、あんな器用に剥いてたじゃねえか」

止めろ、やめろ、やめろ、やめろやめろやめろやめろやめろ…ヤメロ!

上条「オレが死にかけてた時…ずっと手ぇ握ってくれてたじゃねえかよ…!さっきの風呂の時だって握り返してくれただろうがっ!!あんな小さい手で!細い指で!オレを掴もうとしただろうが!!」

演算・失敗・再演算・失敗・再々演算・失敗

上条「いいぜ…オマエが、自分の手は壊す事しか知らないってなら、自分の手から何も生み出せないって思い込んでんなら…!!」

原子が…崩壊する―――!!!

麦野「来るなあああぁぁぁアアアァァァー!!!」

上条「まずは―――その幻想をぶち壊す!!!」

眩い光が溢れだす。指向性を持たぬ光の奔流。狂乱状態の麦野自身まで焼き尽くす白い闇が店内に迸り―――

パキィィィン…!

上条当麻が、その全てを粉砕した。
881 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―13 :2010/12/03(金) 20:59:02.61 ID:K/aH0sAO
〜第六学区・『アルカディア』医務室〜

佐天「ごめんなさい!ごめんなさい!私達が話し掛けたりしたから…!」

上条「いいって。えーっと…佐天さんだっけ?悪いのはオレ達だから…な?」

御坂「うっ…わ、アタシも悪かったわよ!佐天さんもほんとごめん!怖い思いさせちゃってごめんなさい!」

…アウトレットモールでの一件は幸い店にも損害を与える事もなく、一人の怪我人も出なかったため『能力の暴走』という形で御坂美琴がこの場にいない白井黒子を電話で必死に説得し、なんとか事なきを得られた。
だがその過程で上条当麻は御坂から聞かされた。麦野沈利…レベル5の第四位に間違いないと。

佐天「確かに怖かったです…けど」

佐天は医務室のベッドを見やる。憑き物が落ちたように安らかで静謐な麦野の寝顔を。御坂が言うには極度の錯乱状態でのムチャクチャな演算を行い能力を行使し、それを幻想殺しに打ち消されて糸が切れ気絶したのだと。だが佐天は

佐天「なんだか…いっぱいいっぱいに見えました。この人。抱えこんじゃったものが溢れちゃったみたいに」

だが、御坂は
882 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―13 :2010/12/03(金) 21:04:07.35 ID:K/aH0sAO
御坂「…同じ、レベル5だから」

やや苦しそうに言う。レベル5にしか見えない世界は、そのままレベル5の抱えた闇そのもの。高みを舞う脚のもげた猛禽類。止まり木を持てない…傷だらけの翼。

上条「…関係ねえ。麦野は、麦野さ…」

レベル5の四位。だがそれは上条にとってただの記号だ。
上条にとっては麦野沈利は…泣き叫びながら必死に手を伸ばす、一人の迷い子にしか見えなかった。

佐天「…どうしたら、こんなにボロボロになるまで傷つくんだろう…」

無能力者の佐天にはレベル5の重圧や孤独は想像の埒外だ。
しかし、一人の人間としてこの疲れきった寝顔を浮かべる少女を見ると…垣間見たその抱えた闇の深さ、暗さに身震いした。
きっと自分なら心が壊れてしまう、そう思った。

〜第六学区・『アルカディア』駐車場〜

絹旗「…超迷惑ですよ」

上条「…悪い」

絹旗「…超迷惑ですよ、あなたの存在は」

上条当麻はアルカディアの駐車場にいた。御坂と佐天を先に帰し、麦野の携帯電話にあった絹旗の番号にかけたのだ。
未だ眠りから覚めない麦野の自宅を知らない上条は、どう言う繋がりかはわからないが絹旗に託す以外の方法が思い浮かばなかった。
絹旗はすぐさま強面の運転手と共に『アルカディア』へ乗り付けてきた。麦野を迎えるために。

絹旗「最初から私は超不安だったんです。上条が轢かれた時、麦野の取り乱しようを見てからずっと」
883 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―14 :2010/12/03(金) 21:05:48.28 ID:K/aH0sAO
上条「………………」

絹旗「あなたは麦野にとって超危険な人間なんですよ!!あなたといると麦野はどんどん壊れていく!!麦野はあんなに弱い女じゃない!あなたが麦野をねじ曲げたんですよ!!」

見た目からは想像もつかない膂力で上条の胸倉を掴む絹旗。如何なる能力なのかは上条は知らない。だが一つ確かなのは――絹旗の怒りが頂点に達していると言う事。

絹旗「何考えてんだか知りませんが半端な偽善や色恋沙汰で引っ掻き回されたら超迷惑なんですよ!死ぬんですよ!?あなたの一言(ワード)一つで、麦野も、私も、フレンダも滝壺さんも!みんな!!」

上条にはわからない世界。麦野が属している世界。ついさっきまで麦野がレベル5だと事を知り、今ですら麦野の家も知らない上条では手の届かない世界。

弱くなる事、即ち死に繋がる麦野の世界。

絹旗「…もう、いいです。とっととどこへなりと超消えちゃって下さい。これっきりにして下さい。私があなたを潰さずにいるのはー…あなたが、あなたが麦野の…!」

もう絹旗は言葉が続けられなかった。もう上条には言葉が発せられなかった。絹旗の目に大粒の涙が溜まっていたから。

上条「…麦野を、頼んだ…」

力無く絞り出した上条の声音は、果たして届いたのかどうかわからない。

雨が降ってきたからだ
884 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―15 :2010/12/03(金) 21:09:10.48 ID:K/aH0sAO
〜第三学区・繁華街〜

上条「………………」

上条当麻は夜の街をさ迷っていた。予報の事などとうに頭から消え去っていたからだ。どことはなしに向かう足取りのままに、皆が傘を差して行き交う中、ただ雨に打たれて濡れる上条はやや目立っていた。

これが恋愛小説ならば、アウトレットモールでの御坂美琴との遭遇など、ヒロインの焼き餅が見せ場となり、それで終わるはずだった。

だが、そうはならなかった。いつ音を立てて崩れるかわからない幻想に麦野はしがみつきすぎ、上条はそれに無自覚だった。悪者すらいない、一人の一人の人間で出来ている世界の中で、今上条当麻は独りだった。

上条「…麦野…」

降り注ぐ雨の中、上条当麻は路地裏に腰を下ろした。助けるといったのに、救うといったのに…麦野の幻想(くらやみ)を打ち砕けなかった。

とんだ偽善者だと…うなだれた。


?「ああ?でっけえゴミだなあ…おーい寝てんのか?コンクリのベッドがそんな寝心地がいいとは思えねーが?」

その時

上条「…オマエ…」

?「なんだなんだぁ?誰が書いた安っぽい筋書きだよこりゃ?普通女だろ。こういう時はよ」

降って湧いた声音。同じく傘を持たずにいるのにまるで濡れた様子のない瀟洒なスーツ姿

?「あー…女切らしてっからって男に走る趣味はないぜ?そんくらいの常識はある」

肩口までかかるブラウンの髪、チャラチャラと鳴るガボールのチェーン。自信と皮肉と懐の広さ、深さを感じさせる佇まい。その男の名は――


垣根「湿気たツラしてやがんなぁ?女にでも逃げられたか?」

――学園都市二位にして暗部組織『スクール』のリーダー…垣根帝督である
885 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/03(金) 21:19:24.35 ID:K/aH0sAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。本日の投下は以上です。
申し訳ありません。通し番号3―13の最初は3―12の誤りです。内容は順番通りですがすいません。

簡単にですが今後の予定です。

・とある垣根の無手勝流(ウルトラマイペース)
・catch me if you can(星空の下で捕まえて)



・むぎのとたきつぼ
・高速道路で正面衝突
・paradise lost

です。では失礼いたします。
886 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/03(金) 22:01:36.44 ID:kVrs.pw0

垣根キター!!!

美琴さえいなければ…
887 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/04(土) 01:13:03.24 ID:VhdPIUDO


これが二次創作ってのはわかってるけど御坂ホントイラつく
888 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/04(土) 02:14:38.51 ID:AO4N5koo
おまいらおちつけ
889 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/04(土) 10:55:07.40 ID:lOL8TwAO
ミサカ嫌われすぎワロタwwこのミサカはそんなにウザくないだろおちけつ

病んで壊れるむぎのんかわいいよむぎのん。
890 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/04(土) 12:07:16.93 ID:3bSOrAAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。休みなのでこの時間ですが投下させていただきます。
891 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―16 :2010/12/04(土) 12:10:40.22 ID:3bSOrAAO
〜第三学区・ホテル「カエサル」〜

垣根「ひっでえ雨だ。これだから梅雨ってのはムカつくぜ。髪は決まらねえし服は濡れるし足場は最悪だ。何より気分が滅入る」

コーヒーを啜りながら窓を打つ雨に一瞥を送り、垣根帝督はソファーに腰掛けた。
ここは第三学区の中にあっても飛び抜けて格調高いと言われるVIP御用達のホテルで、彼が逗留するスイートルームは一泊200万を下らない。
だが、時として伊達と酔狂が過ぎる彼にとってさえ、今夜の『拾い物』は珍奇であった。それは…

垣根「なんだありゃ?雨浴か?毛沢東じゃあるまいし、なんだってあんな所に捨てられた子犬よろしくたそがれてやがったんだ?」

上条「それは…」

上条当麻である。路地裏で座り込んでいた所を、ホテルの食事に飽きて街に降りて来た垣根帝督が戯れに連れ帰ったのだ。
セブンスミストで軽い世間話したというだけで互いに名乗る事もなかったと言うのにだ。

上条「…悪い。上手く言えないんだ」

垣根「そりゃそうか。ふられた直後ってのはだいたいそういうもんだ」

上条「ふられた…か。ははは、違うけど似たようなもんですよ」

垣根「ま、飲めよ。こちとら人との会話に餓えてんだ。付き合え」

そう言いながらタオルが頭を拭いた上条にコーヒーを渡した。
暗部に身を置く垣根にとっては、何気ない世間話ですら相手を選ぶ。
少なくとも同じ世界の人間と会話を楽しむ気にはなれない。
だが誰でも良いという訳でもない。気分的には心理定規の取っている客のような気分だ。そう、単に『気分』なのである。
892 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―17 :2010/12/04(土) 12:12:53.02 ID:3bSOrAAO
上条「いただきます…えーっと…艦長さんでせうか?」

垣根「帝督だ帝督。垣根帝督。おいおい自信無くすぜ…これでもちっとは名も売れてると思ったんだがな」

上条「?芸能人とか?」

垣根「嬉しいが違え。レベル5の二位だ。あの若白髪の下ってのはムカつくがな」

上条「レベル5!?」

垣根「捻りのねえリアクションだ。生で拝むのは初めてか?」

上条「いや…見た目が見た目なんで上条さんはてっきり夜のお仕事の人かと」

垣根「心配するな。自覚はある」

ようやく気分が持ち直してきたのか、上条は訥々と語り始めた。そして垣根は知る。上条がレベル5の女の子と一悶着あった事を。

垣根「(どいつだ?第三位の超電磁砲か?顔は知らねえが第五位の心理掌握か?それとも行方知れずの第六位か?)」

『コイツだけはありえない』と垣根の実体験から候補より外した第四位の麦野沈利がまさか本命とは垣根は露とも知らず、やや考え込んでしまう。
そんな垣根の様子に、思わず上条は問い質してみたくなった。

上条「あのー…垣根さん?」

垣根「あん?」

上条「今更なんですが…なんで上条さんの話を聞いてくれるんでせうか?」

垣根「…あー…」

そこで垣根は天井のシャンデリアを仰ぎ見た。まるでそこにある記憶の宮殿を覗き込むように、舞台俳優のように朗々たる口調で。

垣根「“一度出会えば偶然、二度逢えば必然だ”」

上条「!?」

今度はその言葉に上条が目を見開いた。その言葉はかつて、自分を通学路で待ち伏せていた時の麦野と同じセリフ。

垣根「昔一回口説いた事のある女の受け売りだがな。何でも星座占いの言葉らしいぜ?それが妙に頭に残っててよ。オマエに会ったのも一つの縁じゃねえか?」
893 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―18 :2010/12/04(土) 12:15:43.34 ID:3bSOrAAO
まあ、結局その女にはその場でふられてそれっきりだったんだがな。と垣根は付け加えた。

垣根「それ以来会ってねえ。とどのつまりはそういう縁がなかったってこった。けどよ――オマエはどうなんだ?」

上条「オレは…?」

カチャッとソーサーにカップを戻し、手指を組ませながら垣根はニッと笑った。不貞不貞しいまでの不敵な表情で。

垣根「確かに女は星の数ほどいる。けどな、手を伸ばさなきゃ星は掴めねえんだよ。それを一度や二度のヘマで諦められんのか?」

上条「…オレの腕はそんなに長くなんかないっすよ」

垣根「バーカ」

気障ったらしい所作が嫌みなほど様になっている。野心と自信に満ち溢れた表情。世を統べ天界を意味する『帝』の字に恥じない傲慢さで

垣根「欲しいもんがあるなら力づくで奪え。守りてえもんがあるなら腕づくで浚え。オマエの言うレベル5の女が誰かは知らねえが、女は女だ。女は言葉じゃ納得しねえ。男だってそうだろ?お前だってそんな小利口な生き物に出来てねえハズだぜ?」

上条「…垣根…」

垣根「掴めよ。お前だけの星を。さもないとその星は――」

そこで言葉を切った垣根の目の色が妖しい輝きを帯びる。黒水晶のような艶消しの光で

垣根「――あっという間にこの街の闇に呑み込まれるぜ?」

上条「………………」

思わず、押し黙る。時折麦野が見せる闇と似た色をした男の歩んで来た、血の斑道とも言うべき過去の片鱗が伺えたからだ。

同時に、麦野の抱えた闇を上条は幻視する。深く抉れたクレバス、噴き出すマグマのような激情…自分という存在が、麦野の闇を否応無しに引き出す。それが麦野を傷つける…そう絹旗に断罪されたのはついさっきだったハズなのに

ハズなのに

『サケベー!イマユクコノミチシカナイトー!タヨリナイムネソノココロヲー…』

もう、こんなにも諦められない。
894 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―19 :2010/12/04(土) 12:18:05.81 ID:3bSOrAAO
上条「…電話、いいか?」

垣根「ああ」

鳴り響く着信音、ディスプレイに表示された名前、通話ボタンを押す、彼女とは違う声音、切迫した内容、体の芯から縮まるような衝撃、思わず垣根に視線を送る上条、鷹揚に頷く垣根

垣根「…行けよ。星が沈む前に。見な」

そして垣根が腰掛けたソファーから顎をしゃくって見せた。雨が…いつの間にか止んで星空が淡く輝いて見えた。

上条「…行ってくる!コーヒーごちそうさん!」

垣根「ああ、行け行け。毎日違う女引っ張り込んでてただでさえホテル側に目つけられてんだ。男まで泊めたと思われたら体裁悪いからな。あばよ」

そうして上条は垣根の部屋を後に駆け出していった。そして残された垣根はと言うと…あまりの自分のらしくなさに苦笑していた。なんだこの役回りはと。まるでメルヘンなアドバイスを贈る恋のキューピットだ。

垣根「…安心しろ。自覚はしてる」
895 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―20 :2010/12/04(土) 12:21:12.66 ID:3bSOrAAO
〜第三学区・遊歩道〜

上条「本当なんだな絹旗!?麦野達がいなくなったって!!」

絹旗「こんな時に嘘吐く馬鹿がどこにいるんですか!超真面目にやって下さい!」

フレンダ「結局こうなるって訳よ!滝壺までついてっちゃうし、もう〜!」

上条当麻は携帯電話を片手に第三学区の遊歩道を駆け抜ける。麦野の携帯から上条の番号にかけている絹旗の声は切迫しており、フレンダもカッカしている。
『アイテム』の隠れ家から麦野がいなくなったのだ。ついさっきまで倒れていたにも関わらず。
滝壺が麦野の看病についたきり部屋から出て来ないのに気づいた絹旗が、様子を見に行くと一通の書き置きと共に二人の姿は消えていたのだ。

『ほしのみえるばしょで』

というメッセージを残して。

絹旗「最初は超さらわれたかと思ったんですよ?麦野はあんなんだし滝壺さんには戦う力がほとんどないし…!あなたに聞くなんて超癪ですよ!」

フレンダ「それで上条の所に行ってないか聞いたって訳よ!滝壺がいないから麦野の場所もわからないの!結局、星の見える場所ってなんな訳よ?!」

上条「だー!二人いっぺんにしゃべるなっての!!今考えてるから!」

代わる代わる通話口に出る少女二人に走りながら返す上条は必死に考える。
星の見える場所?この光源の絶えない学園都市で、星が見える場所?

上条「…また後で連絡する!絶対見つけて連れ戻す!」

絹旗「ちょ、上じょ…」ブツッ

思考を纏めるために通話を一度切る。上条は走る。考えてながら走る。
上条は学校では赤点の常習者だが、決して頭の血の巡りが悪い方ではない。
考えろ。手掛かりを纏めろ。砂粒のように小さな可能性に懸けろ

上条「どこだ…どこの学区だ!?」
896 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―21 :2010/12/04(土) 12:23:36.23 ID:3bSOrAAO
携帯電話を置いて消えた麦野。上条に詳しい事はわからないが能力者の居場所がわかる滝壺を連れての雲隠れ。そして謎めいた書き置き。

本当に消えるなら書き置きなど残さない。絹旗とフレンダの追跡を封じるために滝壺を伴ったりしない。そう、これはなんて事のない――隠れ鬼だ。

上条「この歳になって鬼ごっこするなんて思ってなかったぜ!」

そして上条は再び夜の街を疾走する。完全下校時刻はとうに過ぎている。家に帰る時間だ。だが上条は帰らない。行かなくてはならない。

この暗闇の中、膝を抱えて泣いているだろう迷子…麦野沈利の元へと。傷つけるだけかも知れない。拒絶されるかも知れない。『偽善』を通り越して『独善』だとも理解している

――それでも――上条は――麦野を――

「「カミやん!!!」」

上条「!?」

そこへ…遊歩道のガードレールを飛び越え滑り込むようにしてやって来た…一台のバイクと、二人の少年達。

土御門「盗んだバイクで走り出すには最高の夜だぜい!カミやんもどうかにゃー?」

闇夜にも関わらずサングラスという奇妙さに、闇夜の中でも輝いて見える金髪の少年…土御門元春がハンドルを握り

青髪「初乗り百万円やけどデルタフォース(三馬鹿)割引で勘弁したるわ!早よ乗りぃ!」

人混みの中でさえ浮いて見える珍妙な青い髪のエセ関西弁を操るピアスの少年…青髪ピアスが二人乗りで手招きしていた。

上条「お前ら…!」

何故彼等がここにいるのか上条は知らない。わからない。だが…だが!

上条「…三人揃って停学と行くかぁー!」

男には、言葉がいらない時がある
897 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―22 :2010/12/04(土) 12:25:51.57 ID:3bSOrAAO
〜間奏〜

『ほしのみえる場所』

上条の頭に最初に浮かんだのは第二十一学区の展望台。だが違うと思えた。根拠はないが、そんなわかりやすいヒントを麦野が残すとは思えない確信があった。

次に浮かんだのは第二十三学区の航空宇宙施設。だがあの学区は警備が厳重だ。完全下校時刻も過ぎた今は近づく事も難しいだろう。それは麦野達も上条も変わらないハズだ。

星の見える場所。それは他ならぬ…暗く、他の光源が少ない暗闇に近い場所。暗闇――そう、暗闇だ。深く暗い闇の中だからこそ、見上げる星はより輝いて瞬く。

上条「(父さんの実家に帰った時もそうだった。なんにもない山とか海しかない夜の方が星がうんと見えてたハズなんだ!)」

皮肉にも、インデックスと出会い記憶を喪う前の家族とのささやかでありふれたエピソードが、上条の行く道を決めた。

上条「お前ら!第十九学区だ!」

青髪「うん。『知っとる』よ!」

土御門「…飛ばすぜよ!ブッ飛んでいくにゃー!」

第十九学区。再開発に失敗した、古めかしい建物だけが墓石のように立ち並ぶ忘れられた学区。後の乱雑解放事件の嚆矢となる舞台。

あの学区は夜には完全にゴーストタウンとなる。学園都市で最も暗く…最もうら寂れた場所であろう。

麦野沈利は―――そこにいる。
898 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/04(土) 12:30:12.37 ID:3bSOrAAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。昼間の投下はここまでです。
垣根、土御門、青髪と男臭くなってしまいましたが、夜の投下には麦野が姿をあらわします。

いつもレスをいただき、心から感謝しています。それでは失礼いたします。
899 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/04(土) 12:41:01.84 ID:/wTRZoYo
野郎どもがいい味出してるなぁ。
つーかていとくん恰好良過ぎwww

乙!
900 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/04(土) 12:48:19.74 ID:bqAHygo0
乙。俺のていとくんがこんなイケメンなはずがないwwwww

キャラを無駄なく使ってるな
901 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/04(土) 13:08:32.61 ID:YR.x9Hko
男達がとても良いww
ていとくんマジイケメン
902 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/04(土) 13:55:01.36 ID:02P/FIQo
ていとくんのかっこつけマンめ!
903 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/04(土) 14:28:04.11 ID:VhdPIUDO


ていとくんになら…
904 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/04(土) 17:10:29.47 ID:x6xnWt2o
ていとくんにも穴はあるんだよな・・・
905 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/04(土) 17:35:28.82 ID:bqAHygo0
おまえらwwwwwwwここは麦スレだぞwwwwwwwwwww

でもいじられキャラでも暴走キャラでも敵でもないイケメンていとくんなんて…このていとくんになら抱かれてもいい
906 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/04(土) 19:26:54.26 ID:se6S25c0
麦スレなのにていとくんの方がイイ感じで存在感があるww
907 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/04(土) 20:30:56.92 ID:3bSOrAAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。垣根帝督のレスが集まっていて少し驚きましたが、とても嬉しいです。

それでは夜の投下を始めさせていただきます。
908 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―23 :2010/12/04(土) 20:33:01.22 ID:3bSOrAAO
〜第十九学区・建設途中の高速道路〜

麦野「…謝らないわよ。こんな所まで付き合わせといてなんだけど」

滝壺「いいよ」

アイテムの隠れ家から姿を消した二人はゴーストタウン同然の第十九学区のハイウェイ上にいた。雨上がりのアスファルトを踏み鳴らして。

滝壺「むぎののいる場所が、わたし達の居場所だから」

麦野「…そう」

パチャッと水溜まりを蹴りながら麦野が消え入りそうな声で呟いた。
麦野の内面はもう滅茶苦茶だった。ヤケになって隠れ家を飛び出し、引き止めようとした滝壺まで振り回して連れてきてしまった。『どこにもいかないから』と言う保険代わりに。

麦野「(無くしちゃったな。私だけの居場所)」

無論『アイテム』は麦野の帰る場所だ。『アイテムのリーダー』麦野沈利として。『レベル5の第四位』として。しかし

麦野「(もう“麦野沈利”はどこにもいない)」

上条当麻と出会ってから正気と狂気の振り幅が増した。それは人間としてプラスであっても、超能力者として…暗部の人間としては致命的なマイナスだった。
そして今回の暴発は…自分と同じレベル5でありながら表の世界で光を浴び、挙げ句自分とは違った角度で上条に接する御坂美琴への――全てへの嫉妬だ。

麦野「笑ってくれていいわよ滝壺?許してあげる。天下の第四位麦野沈利様の弱った姿をライブで、アリーナで見れるアンタは幸運よ?」

滝壺「むぎの…」

麦野「たかがレベル0の無能力者に負けて、浮かれて、のぼせて、叩きのめされて、あのクソッタレの第三位の前であのザマだ!あっははっははははっはっはは!」

滝壺「むぎのやめて!」

見上げる星空。彼方にあって瞬く星辰。闇の底でもがき、足掻く、打ちのめされる自分を見下ろし嘲笑うように。大仰に両手を広げて口角を吊り上げる。
909 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―24 :2010/12/04(土) 20:35:01.84 ID:3bSOrAAO
麦野「笑えよ!笑えよ滝壺ォォォッ!愉快だろ傑作でしょねえ滝壺ォオ!なんだこのザマはぁ?初めて股割られたションベン娘みたいにさあぁぁぁ!」

堕ちて行くのが気持ち良い。汚れて行くのが心地良い。光が眩しいなら…光も届かない闇の底まで身を投げてやると。

あの偽善使い(ヒーロー)の手が届かないくらい…深い闇へと。今の麦野は精神的な自殺志願者も同然だった。

麦野「こんな事ならヤらせてやろば良かったわねえ?まだ童貞食った事なかったからさあ!トラウマになるような初体験でもさせてやりゃあ良かったなぁ滝壺ォオ!」

滝壺「むぎの…むぎの!」

麦野「それとも今頃はあの第三位の所かしらねえ!?自家発電覚えたての猿みたいに腰振ってねえ?こんな血で汚れたメンヘラ女よりかは腐れ売女の×××の締まり方がまだしもマシってさぁァ!」

滝壺「(なら…どうして!)」

あんな書き置きを残した?すがろうとしたのではないか?どこかで期待しているのではないか?試しているのではないか?

あんな手掛かりとすら言えない手掛かりで…それこそこの広大な学園都市の中で…たった一人の麦野沈利を見つけ出すような…

――そんな…砂粒のように小さな可能性を、奇跡のような物語を…麦野は――

キキィィィィィィ!

麦野「!?」

遠くからバイクのブレーキ音がした。三人乗りの内誰か一人が降りて来る。眩いほどの星明かりが、その人物を映し出す。同様にその人物にも、月明かりに照らされた自分達が見えたのだろう。

「…迎えに来たぜ、麦野。病み上がりに付き添いがいるって行ったのは…お前だぞ」

滝壺理后は昔読んだ本の一節を思い返していた。

「滝壺…ありがとう。向こうに『友達』のバイクを待たせてある…先に行っててくれないか?」

『闇を覗き込む者よ心せよ。貴方が闇を見つめる時、闇も貴方を見つけている』と

滝壺「…むぎのを、おねがい…!」

「当たり前だ!!!」
910 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―25 :2010/12/04(土) 20:39:15.71 ID:3bSOrAAO
フレンダでは助けられない。絹旗では救えない。自分では守れない。麦野の『闇』…それを打ち砕けるかも知れない…『最後の希望』

麦野「…なんで来れるのよ…なんで来たのよ…なんで来ちゃったのよ!」

もう奇跡なんてたくさんだ――麦野沈利の中の『闇』が、ついにその萼を剥き出しにした。

麦野「上条…当麻ァァァ―――!!!」

上条「麦野…沈利ィィィ―――!!!」

出会いは偶然だった。再会は必然だった。ならばこの戦いは…運命だった。

三度目の激突、始まる。

〜第十九学区・ハイウェイ〜

麦野「なんで!なんでまた来やがった!!なんでテメエはいつも私の前に立ちふさがるんだよォォォ!」

突き出した左手から無数の光芒が上条目掛けて降り注ぐ。それを叩き落とすように振るった右手が原子崩しを打ち消し、衝突の余波がハイウェイのアスファルトを粉々に砕け散らせた。

上条「決まってんだろ…お前を、引きずり上げるって…決めたんだよ!!」

崩落しかける足元を蹴って上条は前に躍り出る。彼我の距離は10メートルもない。横薙ぎに麦野が揮った左手から、幾重にも折り重なった光芒の網の目が盾となり、光の蜘蛛の巣が上条の進路を阻まんとする。

上条「お前の中の闇から!お前を呑み込もうとしてるこの街の闇から…!」

麦野が後ろに跳びすさると同時に、光の糸で編まれた蜘蛛の巣が制御を失い爆発する。
対戦車地雷を軽々と凌駕する威力が崩れかけたアスファルトの欠片を跳ね飛ばし、上条を吹き飛ばす。だが――上条は右手を突き出し、原子崩しの炸裂を最小限に留め尚言い放つ。

上条「引きずり上げてやるってなァァァァァァ!!」

麦野「巫山戯るなァァァ!!!」
911 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―26 :2010/12/04(土) 20:41:49.41 ID:3bSOrAAO
それを『偽善』と断じるように麦野が高々と挙げた左手を真っ直ぐに振り下ろす。天空から光の雨のように降り注ぐ原子崩しの一部が、上条の背中を掠め、足元を抉り、右肩に穴を穿ち、膝をつかせた。

上条「ぐっ…ああ!」

麦野「私みたいな…人殺しの手掴んで…地獄の底まで堕ちていく覚悟がテメエにあるかってんだよこの偽善者野郎がァッ!」

イマジンブレイカーがある限りアウトレンジに徹するしかない。だが『線』の攻撃では仕留め切れない。なら――

麦野「私と!テメエの!住んでる世界が!立ってる場所が!どれだけ違うか能天気にぬくぬく生きてるテメエが考えた事が一度でもあるのか上条当麻ァァッ!」

原子崩しを細かい『点』…小さな光球へ無数に形を変え、それを一気に『面』として押し出す。ショットガンの性質を併せ持つ光の弾丸が、マシンガンの勢いで上条を押し潰す!

上条「がああああぁぁぁあ!!」

麦野「テメェがどんな力を持ってようが関係ねェェんだよォォッ!所詮表の世界の無能力者なんざ、指先一本で100回ブチ殺せんだよォぉぉぉぉぉッ!!」

麦野の中の闇という食塩水の、結晶部分が剥き出しになったような攻勢。遊びのない正真正銘の殺意。暴走と制御の紙一重の場所にある力全てを以て殲滅する。


――しかし――

上条「…そんなもんかよ、レベル5(超能力者)」

麦野「!!?」

上条当麻は…立ち上がる。致死量を遥かに超えた出血を『無視』して

上条「…こんなもんで…オレの幻想を壊せるって本気で考えてるのか?」

麦野「…ああそうだねェェ!ならそのネジの緩んだ頭ごと吹き飛ばしてやらないとダァァメだってなあぁ!!!」

再び光芒が奔る。上条の顔面目掛けて。しかし上条はそれを察知し、半身ずらしてかわす。
912 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―27 :2010/12/04(土) 20:44:21.13 ID:3bSOrAAO
上条「住んでる世界?お前は世界を見て回った事あるのかよ?立ってる場所?――周りを見ろよ!今ここに立ってるだろうが!お前も!!オレも!!!」

麦野「テメェと私を同じ量りにかけるんじゃねぇええ!!見えてるよ…見えてるわよ当麻…どうしようもないバケモノ(人殺し)とヒーロー気取りのクソガキがねェェ!!」

即死しなければ物理的におかしいほどの光芒を撃つ、撃つ、撃つ…だが上条の叫びは、歩みは、意志と意志は立ち止まる事を止めない…!

上条「見えてねえじゃねえか…ちゃんと狙えよ…オマエが浴びる返り血はオレで最後だ…オレで最後にしろ麦野!」

麦野「…っざけるなぁぁぁ!テメエみたいなガキの血で私が潰してきた命が!壊してきた世界が!このバケモノの命と釣り合うとか思い上がってんじゃねぇぞぉぉぉっ!!!」

バキッ…バキバキ…

上条「ふざけてんのはお前だ麦野ォォッッ!!そうやって何もかも諦めて、捨てて、壊して…何が暗闇だ。何が怪物だ。何が超能力者だ…!」

ミシッ…ミシミシ…

上条「関係ねえ…関係ねェェえんだよ麦野ォッ!お前がどこの誰で、お前がどんな世界にいるかなんてもう関係ねえんだよォオオオ!!」

ビシッ…ビシビシ…

上条「オレは決めたぞ…お前を縛ってる闇も罪も傷も全部全部抱えて…」

ビキッ…ビキッビキッ…

上条「お前の全部抱えて引きずり上げてやるってなァァア!!」


全ての幻想を破壊する右手を繰り出す右手を。

麦野「なら…こんな取り返しのつかないバケモノを…まだ救えるとか思ってるお前の幻想をぶっ壊してやるよ上条当麻ァァァァァア!!!」

全ての現実を破壊する左手を突き出す麦野。

――決着は直後だった――

ボゴオオオオオオォォォォォォン!

上条「!?」

麦野「?!」

ハイウェイが、崩落したのだ。
913 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/04(土) 20:45:25.96 ID:e.g8Eo.o
保守
914 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―28 :2010/12/04(土) 20:48:00.68 ID:3bSOrAAO
〜第十九学区・崩落のハイウェイ〜

麦野沈利の目の前で上条当麻が落下して行く。足元から雪崩のように崩壊していくアスファルトと共に。二人の戦いの余波に耐えきれずに。ジェンガを崩すより呆気なく。

麦野「上条ォォォォッッー!!!」

その瞬間、麦野の頭を占めていた怪物のうなり声はかつて冥土帰しとかわした会話にすり替わっていた。

『―――前に彼が言っていたよ?この右手は異能の力しか打ち消せない、だからスキルアウト達にナイフなんて出されたらもう逃げ出すしかないとね?』

自分とあれほど渡り合った男が、崩落して行くハイウェイから飛ぶ事も、迫り来る瓦礫から身を守る術も持たない無能力者であると言う現実。

麦野「(こんなか弱い生き物に、私はすがっていたのか)」

この時、麦野沈利はきっと始めて『上条当麻』を真っ直ぐ見据えた。そこに上条のかつての言葉が重なる。

『どうでも良かったんだよ。善人だから助けて、悪人だから助けない、そんな区別のせいで目の前で一人の女の子も助けられない、オレはそっちの方が嫌だ。だったらオレは――偽善者でいい』

そう。麦野が描いていた上条当麻(ヒーロー)だった。幻想(あこがれ)だった。今墜ちて行く上条こそが――『現実』だった。

無能力者という蔑みと共に見下ろすでもなく、ヒーローという憧れと共に見上げるでもない、ただの『上条当麻』を…今麦野沈利は始めて対等の目線で見つめた。

『オレは誰かを助けられる――偽善者でいい』

なら

私も

偽善者でいい

アンタと同じ

―――偽善者でいい!!!

麦野「当麻ァァァァァァァァァァアア!」

その瞬間――麦野は、翔んだ。
915 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―29 :2010/12/04(土) 20:53:46.56 ID:3bSOrAAO
麦野「当麻ァァァァァァァァァァアア!」

壊すことしか知らない左手を伸ばす。一瞬でいい。一度でいい。一歩でいい。麦野は叫ぶ。腹の底から。心の底から。魂の底から

電子よ跪け

光子よ首を差し出せ

原子よ平伏せ

私は女王

私は原子を統べる女王

原子崩し(メルトダウナー)麦野沈利だと!!!

麦野「っらああああああアアアアアアぁぁぁぁぁぁァァァァァァー!!!」

その時…墜ちて行く上条当麻は見た

上条「…すげえ…」

闇色の殻を突き破り、眩いほどの翼を広げる麦野沈利を…麦野が背負った翼…六対十二枚の…『光の翼』で舞い降りるのを

上条「本物の…天使みたいだ」

一方通行の漆黒でも、垣根帝督の純白でも、御坂美琴の水浅葱の翼でもない…麦野沈利だけの『光の翼』が

ガシィッ!

上条当麻を抱き締め、崩落するアスファルトを消し飛ばし

麦野「…聞いて、当麻」

泣き疲れた子供のように澄み切った、全てを洗い流さされたような麦野沈利の美貌が寄せられ――

麦野「私、アンタの事が―――」

唇に触れるあたたかく柔らかい何かが触れた瞬間…上条当麻の意識は光に抱かれながら途絶えた。

血の味がする、初めてのキスとともに
916 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/04(土) 21:00:50.43 ID:3bSOrAAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。本日の投下はここまでです。簡単にですが次回の予告です。

・とある個室の爆心地(グラウンドゼロ)
・とある屋上の天使再臨(エンジェルフォール)
・とある原子の恋愛談義(ガールズトーク)
・とある高校の第六位(ロストナンバー)
です。次の次から、原作には存在しない七夕祭りですが『織女星祭(しゅくじょせいさい)』を予定しています。

少し長いプロローグになりましたが、次回もよろしくお願いいたします。失礼いたします。
917 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/04(土) 21:38:09.57 ID:sCydB1Uo
乙です!
すげえ展開に胸が熱くなった
918 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/04(土) 21:45:52.23 ID:NdL026DO

滝壺との喧嘩といい電子の翼といい麦恋思い出した。
久々の麦野の良作期待
919 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/04(土) 21:59:34.37 ID:p0Ijdks0
乙としか言いようが無い…
920 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage saga]:2010/12/04(土) 23:00:04.03 ID:.Gy8A060
激しく乙!
921 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage ]:2010/12/05(日) 01:33:02.35 ID:MKsIv7Y0
青ピ=第6位フラグ。
922 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/05(日) 13:46:24.78 ID:hxJOroAO
読んでて泣きそうになった。むぎのんマジ天使。
923 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/05(日) 18:29:22.49 ID:juA/C6AO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)のモノです。本日の投下をさせていただきます。
感想くださり本当にありがとうございます…しみじみと嬉しいです
924 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―30 :2010/12/05(日) 18:30:44.18 ID:juA/C6AO
麦野「………」ニヤニヤ

御坂「………」イライラ

フレンダ「………」ガクガク

黒子「………」ブルブル

絹旗「………」キョロキョロ

初春「………」オドオド

滝壺「…南南西から信号が来てる」ボー

佐天「(ここなんてグラウンドゼロ?)」

上条「…不幸だ…」

上条当麻と麦野沈利の最終決戦から早一週間…順調に回復して行く身体に比例して悪化して行く状況に上条は頭を抱えていた。

麦野「とーうま、アーン♪」

上条「あ、あのですね麦野さん?上条さんはTPOという言葉を最近覚えましてですね、流石にお見舞いに来てくれている人達の前ではちょっと…」

麦野「沈利」

上条「え?」

麦野「し・ず・り」

御坂「」プルプル…!

上条のベッドを挟んで右側がアイテム、左側が超電磁組である。
麦野沈利が口にマスカットを咥えながら上条にしなだれかかるように迫り、それを対岸の御坂美琴がブチ切れ寸前の顔で睨み付けている。
佐天の言うグラウンドゼロ(爆心地)という表現は非常に的を得ているのだ。悪い意味で。
925 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―31 :2010/12/05(日) 18:32:18.13 ID:juA/C6AO
上条「し、沈利…人が!人が見てますって!ってかもう右手使えるから!上条さんは一人で食える食います食べれますの」

麦野「三段活用出来てないわよかーみじょう…ああそっか?うんわかった♪『二人っきり』になったら『いつもみたいに』しようねえ〜かーみ〜じょーう〜?」

御坂「うああああああぁぁぁぁぁぁー!」ビリビリバリバリ!

黒子「お姉様落ち着いて下さいまし!ここは病院ですの!病院ですの!あばばばばばば!!!」

初春「白井さん!御坂さんも止めて下さい麦野さんも煽らないでぇぇぇ!」

絹旗「麦野!麦野!超ヤバいから自重して下さい!滝壺さんもなんか言って下さい!」

滝壺「だいじょうぶ。わたしはそんな女二人の恋の鞘当てを応援してる」

絹旗「超面白がってるじゃないですか!?」

佐天「あっ、お母さーん?うん。私だよ。元気にしてるよー」

絹旗「病院内での通話は超控えて下さい!ってそれ携帯じゃなくて超バナナじゃないですか!」

フレンダ「結局、収集がつかないって訳よ」バチコーン☆

絹旗「誰にウインクしてるんですかフレンダ!超現実逃避ですよ!」

ワーワーギャーギャー

冥土帰し「出入り禁止にするよ?」

ピタッ

冥土帰し「よろしい」
926 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―32 :2010/12/05(日) 18:35:17.13 ID:juA/C6AO
〜第七学区、とある病院・屋上〜

上条「ふい〜…ったく、病室なのに気が休まらないってどうなんだよ実際…」

パタパタと洗濯物やシーツが風に靡き、揺らめく屋上に上条は点滴台を引きずりながら難を逃れにやって来た。
今年は降雨量が少ないのか、梅雨にも関わらず澄み渡った青空が連日広がっている。
むしろあのキャッツ&ドッグスな病室に吹き荒れる暴風雨の方が上条の心を曇らせていた。

上条「…あれから一週間か…」

麦野が顕現したあの『光の翼』…もはや光そのものとなった麦野はすぐさま上条を冥土帰しのいる病院まで飛んで運んで来たのだ。

あと十分遅ければ間違いなく助からなかった致命傷を与えた麦野自身が、上条の命を救ったという絶対矛盾。

あのスキルアウトの装甲車に襲撃された時すら感謝も謝罪の言葉も表さなかった(行動で示していたが)麦野が…冥土帰しに土下座してまで上条の救いを求めたのだ。

上条「といってもふりだしに戻って四日目なんだけどな…ははは…なんかこの病院が別荘みたくなってきちまった」

目が覚めた時、傍らにいた麦野は三日間も寝ずに上条の側に付き添い、それから三日間謝り続けた。死刑を目前にした囚人すら舌を巻く勢いで謝罪し、懺悔し、悔悟した。

以来…麦野の目から時折覗く、信管の壊れた爆弾のような狂気はすっかりなりを潜めた。
あの『光の翼』が目覚めた時、己の中に巣食う何かとの決別を果たしたように…

上条「ん…?待て待て…ってああああああぁぁぁぁぁぁ!」

無我夢中だったあの戦いの最後…そう、上条は確かに言ったのだった。

上条『本物の…天使みたいだ』イケメンAA

上条「あぁあぁあぁあぁあぁあぁ!!!」
927 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―33 :2010/12/05(日) 18:37:12.28 ID:juA/C6AO
コンクリートの上をゴロゴロ転がりながら上条は悶絶した。『光の翼』を顕現させた麦野…あまりに神々しいその輝きに心奪われ思わず発したクサいセリフ。さらに翼ある女神のように呟いた麦野の言葉は…

麦野『聞いて当麻…私…アンタの事が――』

上条「おぉおぉおぉおぉおぉおぉー!!」

極限状態の中とは言え、お互いにもう引っ込みのつかない取り消しの効かない言葉を発してしまった一週間前の自分達の幻想をぶち壊してやりたい。

上条「(そうだ…あの時…オレ達は…キ、キッ、キッスを…!)」

今度は上条当麻の精神状態が瀕死である。カエル顔の医者だって匙を投げるに違いない。なんせ―――

垣根「恋の病と馬鹿につける薬はねえからな」

上条「おわあ!?」

思わずコンクリートの上で上条は後退った。それはそうだろう…屋上の手摺の向こうに、メルヘンな翼を生やして浮翌遊している垣根帝督の姿があったからだ。

上条「垣根さん!?なんでここにいるんでせうか!?羽!その羽は!?」

垣根「オレの未元物質に常識は通用しねえ」キリッ

上条「なんだよそのドヤ顔!?ここ病院ですよ?お迎えの天使もやってるってのか!?」

垣根「いや、白衣の天使を迎えに」

上条「上手くねえよ!?」

垣根「心配するな。自覚はある」

バサバサとどういう原理で羽ばたいているのかわからないが垣根帝督は屋上に降り立った。
話を聞いてみれば本当に口説いた看護師の彼女を迎えにきただけらしい。だからって何も飛んでくる事はないだろうと上条は考えたが口に出さなかった。

垣根が口を開いたからである。
928 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―34 :2010/12/05(日) 18:38:18.71 ID:juA/C6AO
垣根「…スッキリした顔しやがって。ムカつくぜ」

上条「ははっ…でも、上条さんは掴みましたよ」

垣根「そうか」

短いやり取り。上条が知るレベル5は御坂美琴と麦野沈利と垣根帝督だが、中でも垣根の落ち着きとゆとりは確かに学園都市最高位に相応しく感じられた。

垣根「離すなよ」

上条「離しませんよ」

垣根「向こうが離してくれませんってか?」

上条「だったらいいんだけどなあ…」

垣根「諦めろ。お前の女が誰かは知らねえが…その怪我を見る限り地獄の底まで追い掛けてくるぜ?思い込んだら一直線ってヤツだ」

恋愛経験までレベル5の垣根と恋愛経験すらレベル0の上条の間に隔たる壁は厚く、高く、そして――変な共感がそこにあった。

垣根「まっ、経験者からの忠告だ。せいぜい傷口が塞がるまではやめとけ。上になっても下になっても痛い目みるぜ」

上条「なにをでせうか!?」

垣根「ナニだよ」

上条「上手くねえよ!?」

垣根「安心しろ。自覚はある」

そんな上条の肩を一つ叩いて、垣根はカッカッカと笑いながら背を向けて屋上出入り口へと消えていった。
929 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―35 :2010/12/05(日) 18:40:41.25 ID:juA/C6AO
〜第七学区・とある病院・当麻の病室〜

麦野「当麻の匂いがする…」モフモフ

御坂「うわ…アンタってそういうヤツだったの?ちょっと引く…(黒子みたい)」

麦野「序列が上だからって気安くアンタ呼ばわりすんじゃねえよ売女。どの面下げてのこのこケツ振りに来やがった」

上条と垣根が話し込んでいる間に白井と初春はジャッジメントに、佐天はこの空気に耐えきれず退散。フレンダはサバ缶を買いに、絹旗は上条が嫌いなので早々に引き上げ、滝壺は気がついたらいなくなっていた。
病室に残っているのは御坂と、上条が脱いだパジャマに顔を埋めている麦野の二人だけである。

御坂「アイツの前と態度違い過ぎない?そりゃあお世辞にも友好的な関係とは言えないけど…」

麦野「これでも譲歩してやってんのよ。アンタもそうだろうし、私もアンタの顔なんて見たくない。当麻の友達でなきゃ誰がアンタなんかと」

御坂が今一つ勢いがないのは、アルカディアでの一件において自分が引き金になった事…そして麦野沈利の変貌ぶりである。
出会った時の事を考えれば、ずいぶん丸くなったように思えた。
上条のパジャマを愛おしそうに抱く麦野からは…かつての剥き出しの殺意も狂気も伺えない。
930 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―36 :2010/12/05(日) 18:41:49.53 ID:juA/C6AO
御坂「じゃあアンタはアイツのなに?友達なの?そ、それとも…まさか…本当に…アイツの…か、かっ、かのじ…痛っ」

麦野「あれー?あっれー?どうしたのっかにゃーん?どうしたのっかなーん?あれー?噛んじゃったー?あれれー?」

御坂「うるっさいわよこの馬鹿!人をおもちゃにして遊んでんじゃないわよぉぉぉ!質問に答えなさいよぉぉ!」

それどころか…余裕…自信…ゆとり…同性の目から見ても心無しか髪艶や肌艶まで輝いているように感じられる。
御坂が10の力で突っかかれば30の勢いで返してきたのが…今や受け流し、手のひらで転がすようにさえしてくる。

…まさか…

上条「ただいまーって…麦野とビリビリだけか?」

御坂「!?アンタ!?」

麦野「おっかえりー。ねぇねぇ当麻?聞いて聞いて?この娘ったらねー…」

御坂「うわあああ言うなぁー!言うなぁー!」

上条「?なに言ってんだか全然わかんねえ…」

麦野「(テメエには譲らないからね)」

御坂「(アンタには渡さないからね)」

戻ってきたばかりで状況が読めていない上条に耳打ちする麦野。それを止めようと食ってかかる御坂。散らす火花。見えざる視線の鍔迫り合い。

日常が帰ってきた――
931 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―37 :2010/12/05(日) 18:44:30.29 ID:juA/C6AO
〜第七学区・とある高校1―7〜

青髪「うっわ両手に花やで両手に花!カミやんもげろ!カミやん爆発しろ!」

土御門「…お前にしか『見えて』ないのにそんな事言われてもこまるにゃー」

土御門元春、青髪ピアスは昼休みに机を並べて食事にありついていた。土御門は義妹の手作り弁当、青髪は店の残りのパンである。
常ならばそこに加わるウニ頭の少年がいるが今は入院中だ。にも関わらず…青髪ピアスには上条の様子が『見えて』いるのだ。
土御門「せっかくの“第六位”の力も、覗き目的にしか使われてないなんてアレイスターも草葉の陰で泣いてるに違いないんだぜい」

青髪「ええやん。僕あの人の事嫌いやもん」

『第六位』…青髪ピアス。能力名は『俯瞰認識(ハイアングル)』…第七位にして世界最高の原石たる削板軍覇とはまた違った意味合いで…彼は超能力者の序列に加わっている。

一般的に超能力とは予知能力、読心能力、透視能力、念動力、サイコメトリー、瞬間移動、発火能力、念写、霊視などが最も最初に浮かぶだろう。

だが能力開発を受けた学生は一人につき一つの能力しか持てない。幻想御手を用いた木山春生の『マルチスキル』や、魔術師としての力を制限する代価として能力を授かった土御門のような例外を除いて『デュアルスキル』は存在しないとされる。

だが…生まれついて透視を行い、未来を見通し、神が下界を見下ろすような千里眼で世界の果てまで念写出来る力を青髪ピアスが持っていたとしたら?

青髪「それにカミやんにはエラいとこ助けてもらったし。『アイテム』なんかに狙われたら逃げるしかないもん僕」
932 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)3―38 :2010/12/05(日) 18:45:44.92 ID:juA/C6AO
一方通行のように万物を統べる力も、垣根帝督のような物理法則を歪める術も、御坂美琴のような汎用性も、麦野沈利のような破壊力も、心理掌握のような特殊性も、削板軍覇のような潜在力もない。

ただ見る事に全能化した力。戦闘能力は皆無の上技術転用が難しく、生まれついての多重能力者などこれまでの学識を覆す異才の徒…それが彼の序列が第六位に甘んじている理由である。

土御門「まあ、いきなりバイク盗めって言われた時はびっくらこいたぜい。あんな華麗な登場シーンでカボチャの馬車役やるとは思わなかったにゃー…あれも予知か?」

青髪「僕にわからんのは自分の未来と小萌センセーの秘密だけや!」

だが、全てを見通すとは即ち…情報戦において『最強』の存在であると言う事…核兵器など及びもつかない危険な異才。
全知に等しい力を持った彼は、道行く老人の寿命から世界の終わりまで見通せる。それが存在の明かされない『第六位』の秘密。

青髪「借りは返したで、カミやん」

そう呟いて、青髪ピアスは残りのパンに取り掛かった。
933 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/05(日) 18:53:35.72 ID:juA/C6AO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)のモノです。本日の投下はここまでです。
感想レスくださった方、本当にありがとうございました…

蛇足ですが、上条VS麦野は本当に苦しかったです。
ヒーローが救うのではく、バケモノが折れるのでもなく、麦野自身が自分を乗り越える結末は本当に難産でした。
ですから感想は本当に嬉しかったです。

次回から織女星祭(しゅくじょせいさい)です。では失礼いたします。
934 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/05(日) 19:00:01.20 ID:AatvZqUo
乙!
ハラハラしたはwwwwwwww
935 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 19:54:42.52 ID:8n3O8ro0
やれやれ。たまに青髪がカッコいいスレがあるから困る・・・GJ!
936 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:45:07.19 ID:rraRzsAO
記憶失ったらどうなるんだろ
937 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/06(月) 10:33:27.62 ID:XJCuP6DO


ヒロインが御坂以外の時の御坂のかませっぷりは異常
938 :sage :2010/12/06(月) 20:11:24.51 ID:TedRqmc0
>>936
確かに麦野にはハッピーエンドが訪れることなんてないかもしれねぇ……
だけどよ!だからってそれを望んじゃ悪いのかよ!ハッピーエンドを望んじゃ悪いのかよ!
確かにそいつは同じ人間とは思えねぇほど残虐なことを、最悪なことをしてたかもしれねぇ……
だけどよ!人間根っからの悪なんていねぇんだよ!誰しも『0』からはじまんだよ!
どこかでそいつはねじまがっちって今のそいつなんだよ!
もう、そいつの『心』が救われたんなら!
そいつにだってハッピーエンドはあったっていいはずだ!
かっこよく終わる必要なんかねぇ……どんなにかっこよくたってバッドエンドじゃ意味ねぇじゃねぇか!
格好悪くたっていい!グダグタだってみんなが!関わったやつみんなが笑って終われるような!
そんなハッピーなエンドを望んじゃ悪いのかよ!
暗部だからってあきらめんなよ!確かにそれは理想郷という名の『幻想』かもしれねぇ…!
だけど……その理想郷も口にしなきゃ!やろうとしなきゃ!理想で終わっちんだよ!『幻想』で終わっちまうんだよ!
やりもしないのにできないって決めつけてんじゃねぇよ!目指してみろよ『ハッピーエンド』を!

さぁ! 書いてみろよ偽善使い!理想はここから始めるんだ!

頼むから記憶喪失悲恋バッドエンドはやめてくれ…orz


939 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/06(月) 20:18:20.28 ID:hGc.wdco
>>938
がんばって考えたのは認めるがsageるところが違う
940 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/06(月) 20:56:22.30 ID:e/mhDMAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。本日の投下をさせていただきます。

レスを下さる方、いつもありがとうございます。何より心強い思いです。
941 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)織女星祭編―1 :2010/12/06(月) 20:58:31.60 ID:e/mhDMAO
〜第七学区・とある高校〜

上条「おっ…終わった…」

青髪「あたたたたたた!…おわったぁ!」

小萌「は〜いバカの上条ちゃん青髪ちゃんお疲れ様なのですよ〜明日はHRの前に来て下さいね〜」

上条「へっ…へへ〜い…」

青髪「はーいセンセー!ほなまた明日〜」

退院後、上条当麻は都合二週間にも及ぶ欠席日数を埋めるべく日夜補習に明け暮れていた。
ただでさえ赤点と追試の常連客だと言うのに更に欠席日数が加われば進級すら危うい。
たった今も何時間目になるかわからない居残り授業を終え、精も根も尽きたと言った様子で上条は机に突っ伏した。

上条「頭が爆発しそうだ…」

青髪「いっつも爆発してるやん」

上条「バカ。これはオシャレだっつーの。ってか何でお前はそんなピンピンしてるんだよ…」

青髪「僕の髪かてオサレやで。ピンピンやて?僕の小萌センセーへの愛はピンピンやなくてビンビ(ry」

上条「言わせねえよ!?」

その傍らには青髪ピアス。
第十九学区での上条と麦野が繰り広げた大立ち回りに一役買ったものの、その際使用した盗難車を乗り回していたのを通報され敢え無く五日間の停学処分となった埋め合わせのため彼もこの場に居るのである。
尚、何故か共犯である土御門へは追求の手が伸びなかった。目立つ金髪より悪目立ちする青髪の方が通報者の印象に残ったためだろう。

青髪「固い事いいなカミやん。固いのはアッチだけで充分やで」

上条「んが〜!お前と話してると上条さんのおバカな頭がますます悪く…」

青髪「同じアホやん。補習仲間やし…ん、ちょい待ち」

上条「?」

というような馬鹿話を繰り広げるかと思いきや、不意に青髪が遠くを見据えるような見通すような視線を、あらぬ方向へと向けながら言った。

青髪「そんな事より、校門前で待ってる彼女さん迎えにいったらんでええのん?」

上条「へっ?」
942 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)織女星祭編―2 :2010/12/06(月) 21:01:13.29 ID:e/mhDMAO
〜第七学区・とある高校校門前〜

上条「本当にいた…」

麦野「かーみじょーう!」

青髪ピアスの言う通り、校門前には男子生徒の人集り。その中心に彼女…麦野沈利はいた。
上条達の居た教室の位置からは正門の様子など肉眼では決して捉えられない角度であるにも関わらず、だ。

青髪『リアルすけすけ見る見る君や!』

麦野「かーみじょうってば!…当麻!」

上条「はっ!?」

回想の青髪の姿を打ち消すと…そこには初めて見る、女学院の制服姿の麦野が叫んでいた。

麦野「なにボーっとしてんのよ?私の制服姿に見蕩れちゃった?」

純白を貴重とし、ところどころ金糸のアクセントが織り込まれたブレザー&スカートの麦野沈利がそこにいた。
学園都市でも稀な真っ白な制服姿はイヤでも人目を惹きつけて止まず、黙ってさえいれば完璧な美形である麦野沈利が身に纏えば尚更であった。
周りに群がる男子生徒達はさながら砂糖に群がる蟻のようで。

男子生徒A「うわ〜すげー綺麗なお姉さん…○○女学院の制服じゃね?アレ。お前声掛けてみろって」

男子生徒B「また上条絡みかよ…なんでアイツばっかり」

男子生徒C「沈利たんの太めの足にチュッチュッしたいお!」

喧々囂々である。しかし、上条の放った第一声は――

上条「む、麦野…いや、沈利…」

麦野「にっ…似合う?久し振りに引っ張り出して着てみたんだけど…」

上条「…本当に…学生だったんだな…?」

ブチッという何かが勢い良く切れる音がした。

麦野「…かーみじょう」

上条「確かに前に聞いてたけど、オレずっと二十歳過ぎかと思っててさ!まさかな〜って…あ、あれ?麦野サン?」

上条は見た。俯き加減で栗色の前髪が目に被さりながらも動く、麦野の形良い唇が…

麦野「ブ・チ・コ・ロ・シ・か・く・て・い・ね」
943 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)織女星祭編―3 :2010/12/06(月) 21:04:04.86 ID:e/mhDMAO
上条「んなっ!?」

と呟かれるのを見た次の瞬間、麦野は左手を突き出し目に青白い光を宿して吼えた。

麦野「さんにーいちドバーン!!!」

上/条「ごっ、がァァァァァァアアアあああああああああああああああああッッッ!?」

男子生徒ABC「「「!!?」」」

黒山の人集りを突っ切って放たれた上条を焼き切る原子崩し。
先ほどまで綺麗と可愛いの理想的な中間点を極めていた純白のお嬢様の変貌ぶりに狼狽する男子生徒達。
当の麦野と言うと…ドン引き状態の男子生徒達に白眼を剥かんばかりの勢いで叫んだ。

麦野「パリイ!パリイ!パリイ!ってかァ?見せ物じゃねえぞクソガキ共!!誰の脚が太いだァ!?使い道のねぇ皮付き×××ジュージュー焦がしてグリルパーティーにしてやろうかぁ!?」

男子生徒ABC「「「しっ、失礼いたしましたぁぁぁー!!!」」」ピャー

上/条「   」ブスブス…

麦野「ったく…はあっ、当麻!お茶して帰るわよ」

焼け焦げた上条の手を持ちズルズルと引きずって行く麦野。御披露目となった制服姿は見事御破算となった。せっかく抱いた恋心までイマジンブレイカーされてしまいそうだ。

青髪「こ、怖わー…第四位怖わー…」

それを『見て』いた青髪は七月に入ったと言うのに髪どころか顔まで青くして震えていたそうな。
944 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)織女星祭編―4 :2010/12/06(月) 21:07:46.24 ID:e/mhDMAO
〜第七学区・ファミレス〜

上条「死ぬかと思った…」

麦野「私も死んだかなって思った」

不死鳥の如く蘇った上条当麻はクリームソーダを、麦野沈利は早めの夕食にシャケ弁とストロベリーサンデーを食べていた。
窓際の奥の席で、ブラインド越しにも夕陽が眩しい。茜色の入道雲が彼方に窺える自然のパノラマだ。

上条「悪い悪い…つーかマジで上条さんもびっくりですよ。いきなり校門の前にいるだなんて思ってもなかったぜ」

麦野「教えちゃったらサプライズの意味ないでしょ?あっ、一口ちょうだい」

上条「あ、ああ(また、間接キス…!)」

麦野「…かーみじょう。唇見過ぎ。なーに考えてんのーかーみじょう?」

一口ストローからクリームソーダを飲む麦野の口元を知らず知らずの内に見つめていたのを目敏く麦野が指摘した。

麦野「もう直接チューしたじゃない」

上条「うっ」

麦野「続きしたい?」

上条「んおっ!?」

麦野「今度は血の味のしないキスがいいね」

第十九学区にて、麦野は上条と口づけを交わした。大量出血による朦朧とした意識の中に感じたそれは、未だ上条を懊悩させるには充分に過ぎた。
クスクスと含み笑いを浮かべる麦野は確かに上条よりも年長者のそれだった。どちらに転んでも自分の優位は揺らがないと確信している目で。
そんな麦野の吸い込まれそうな目から泳ぐように視線をそらせた先に…壁に張り付いた一枚のポスターが。

上条「織女星祭か…そういやそろそろか」

麦野「ん?ああ織女星祭…たしか第十五学区でやるやつよね?花火の」

上条「ああ。去年は中学の頃の友達と行ったよ」

上条が見ていたポスター…それは織女星祭(しゅくじょせいさい)の案内である。学園都市最大の繁華街を構える第十五学区で催される七夕祭りで、同時に花火大会でもある。
その規模たるやほぼ全ての学生がごった返すほどの盛況ぶりで、花火大会に至っては三万発もの花火が打ち上がる。
945 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)織女星祭編―5 :2010/12/06(月) 21:10:02.67 ID:e/mhDMAO
麦野「ふ〜ん、まあ私は人混み苦手(ry」
上条「行かないか?麦野」

カラン、とシャケ弁を頬張っていた割り箸が転がる。いつも自分が押し掛けたり誘ったりの割にはあまりそういう話題を振ってくれない上条に面食らったのだ。

麦野「なーに?さっきの事ならここの払いで勘弁してあげるわよ?」

上条「それならなんとか…じゃなくて、沈利と回ってみたいな…って思ったんだけど、やっぱりオレみたいなのが並んで歩いてたらお前と釣り合わないよな、はは…恥ずかしいもんな(ry」

ガタン!!!

と今度は割り箸を叩きつけるようにして身を乗り出し上条に詰め寄る。その勢いでシャケ弁が僅かにこぼれる。

麦野「関係ねえよ!!他人の目なんてカァンケイねェェんだよォォォ!!私は当麻と二人で回りたいんだよォォォ!!」

上条「!?」

…シーン…

?「水出しコーヒー1つ」

店員「あ、あ、お客様、水出しコーヒーなるものは当店には…コーヒーでしたらあちらのドリンクバーに…」

?「はァ?なンなンですかァ?この店の品揃えの悪さはァ?客舐めてンですかァ?」

一人のホワイトヘアーの客が注文を告げる以外の声が皆無の店内。静まり返った周囲を見渡すと麦野は再びストンと椅子に直った。
上条も口をあんぐりとさせ二の句が告げずにいて、麦野も若干トーンを落とした。

麦野「…行くわよ」

上条「え…」

麦野「行く。せっかく誘ってくれたんだしね。ただし、歩くのあんまり得意じゃないからちゃんとエスコートしなさい」

上条「ああ!」

麦野「…たーのしみだねー、かーみじょう」

それを聞いて上条がホッと一息ついたように麦野には見えた。遊びに誘う言葉一つ気の利いた事が言えないいじらさが、どこか微笑ましく思えた。

麦野「(どこぞのチャラ男とは大違いねー。同じ男でもずいぶん)」

一方、ホテル『カエサル』では

垣根「ぶえっくし!」

女「ていとく〜いつまでも裸でいるからだよ〜」

垣根「モテる男には噂がつきものなんだよ」
946 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)織女星祭編―6 :2010/12/06(月) 21:13:51.55 ID:e/mhDMAO
〜第七学区・とあるゲームセンター〜

麦野「あっはっはっはー!逃げろ逃げろゾンビ野郎!ケツの穴増やしてやるよォォォ!!!」バンバンバン!

上条「おい!人質まで撃つなって!うわわまた来たぞ!キリがないっつの!」ドンドンドン!

ファミレスでお腹を満たした二人はいつしか河岸を変えゲームセンターにいた。
銃を横倒しにして乱射しまくる麦野、両手で構えて撃ち漏らしたゾンビを狙う上条。純白の制服姿でガンシューティングとは言え顔芸しながら乱射する光景はかなりシュールである。

mission complete!

麦野「Yahooooo!!!」

上条「(すっげえはしゃいでる…)」

クリア画面を見てご満悦の麦野。意外とこういうゲームなどをした事がないのか、小さくガッツポーズなどしている。
上条が聞くところ、普段はダーツバーやプールバーにいるらしく、たまにクレーンゲームをする程度らしい。

麦野「あースッキリした…なんかいいね、制服デートって感じで」

上条「デート、か…」

しみじみと語りながらネームエントリー画面に『KMJ&MGN』と撃ち込んで行く麦野。その横顔を見ながら上条は思う。あのキスからだろうか?自分が麦野を…強く意識し始めたのは。

麦野「当麻?またボーっとしてる」

上条「あっ、ああっ、悪い悪い…クリアしてなんか浸っちまったな」

麦野「ふーん?」

こうして覗き込んでくる視線やふとした時に香る香水など、以前はフィルターを通したように気に留めなかった些細な事柄の一つ一つを意識する。

麦野「んっ…上条上条。プリクラ」

上条「おー。好きだよなあ女の子は」

麦野「撮った事ない?」

上条「いや、前にクラスのヤツらと撮った。土御門…ってわかんないか。オレの友達なんだけどさ、あと青髪とオレで変顔やって――」
947 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)織女星祭編―7 :2010/12/06(月) 21:17:58.69 ID:e/mhDMAO
そんな上条を麦野は見つめる。無能力者と見下すでもなく、ヒーローと見上げるでもなく、同じ目線で同じ立ち位置で見られる男として

麦野「じゃあ、一緒に撮らない?」

上条「いいのか?」

麦野「いいからいいから。よっ…フレームはこれにするか…っと、っと、美白はオススメでと」

それがいつまで続くかわからない。それでも一緒に居たい。出来るだけ長く。かなうならこの先もずっと。

上条「む、麦野!ちょっとくっつき過ぎじゃねえか!?って、てか胸が顔に…」

麦野「だって狭いでしょ〜?くっつかないと顔切れちゃうし?」

上条「二人しかいねえだろ!?」

麦野「ほらほら。あの顔やってあの顔」

上条「こうか?」イケメンAA(ry

麦野「あ〜らいい男」

だから、この宝物をたくさん増やしていきたい。

パシャッ

上条「うおっ!?しまった半目だ!」

麦野「えいっ」ポチッ

上条「だあああそれ使うなよ!!!」

麦野「プリ帳の一番頭に貼ってやるよォォォ!ピンナップにして晒してねぇぇぇかーみ〜じょーう〜!」

上条「勘弁してくれぇぇぇ!」

『死』が、二人を分かつその日まで
948 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/06(月) 21:26:16.38 ID:e/mhDMAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。本日の投下はここまでです。

それでは失礼いたします。
949 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/06(月) 21:27:52.51 ID:pJDWrBE0


MGNの言葉遣いが酷いなww
950 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/06(月) 21:40:21.39 ID:961gR2AO
一方さんがカメオ出演してるwwwwwwwwww
951 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/06(月) 22:01:41.04 ID:I4X5ZXQo
> 『死』が、二人を分かつその日まで


不吉だ・・・
952 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage saga]:2010/12/06(月) 23:21:52.45 ID:.TGQ.IU0
ていとくん、そろそろ爆発しようか
953 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sagesaga]:2010/12/07(火) 00:09:44.21 ID:lWq/Q720
え?どちらかの死亡フラグ立った?
954 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/07(火) 01:17:56.79 ID:MLUZI3E0
……上条さんの記憶喪失(死亡)フラグは立った。
955 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/07(火) 18:53:55.01 ID:lN.pGEg0
記憶喪失はさけられないのか…ハッピーエンドはないのか…

956 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/07(火) 20:34:51.59 ID:D9wBUgAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。たくさんのレスをいつもありがとうございます。最大の原動力です。

それでは本日の投下を始めさせていただきます。
957 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)織女星祭編―8 :2010/12/07(火) 20:36:51.21 ID:D9wBUgAO
〜第十五学区・噴水広場〜

上条「あっちいー…やっぱ早く来すぎたか…」

バサバサと羽ばたき白い羽を真夏の青天へと振りまいて行く鳩の群れを見送り、上条当麻は僅かに汗を吸ったシャツの胸元を伸ばしたり引っ張ったりして風を送る。
時刻は15時30分。小萌との補習もなんとか正午には切り上げられ息巻いて待ち合わせ場所まで来たものの…

上条「まだ30分もあるしなあ…けど土御門が言うには“30分前行動は紳士の嗜みだにゃー”なんつーし」

木陰を選んで広場全体を見渡せるベンチに腰掛けたもののやはり暑い。さっき買ったばかりのコーラがもう汗をかいている。
ファミレスでのやり取りの流れから勢いとはいえ初めて自分から誘ったシチュエーションに恋愛経験までレベル0の上条は緊張していた。

上条「麦野か…どうなんだろうな、結局のところ」

第十九学区での告白とも取れる言葉と、薄れていった意識の中にも感じた唇の感触。なのに麦野は茶化すように蒸し返す事はあっても本筋には触れない。
また上条もどう返して良いのか態度を決めかねていた。一本気な性格ではあるが、こうした経験に乏しいが故である。

上条「ったく、わかんねーっつの…自分で自分がわっかんねえよ」

一度目は狂気に満ちた殺人者、二度目は泣き叫ぶ子供のようで、今は…時折口の悪さが出るものの普通の女子高生に見える。
出会って、触れ合って、ぶつかって。まだ出会って1ヶ月かそこらなのに…驚くほど近くに、側に、傍らに、麦野沈利はいた。

――そして今も――

麦野「かーみじょう」ダキッ

上条「おうわっ!?」

慣れぬ物思いに耽っていた当麻のベンチに音もなく近付くとその豊かな胸に後頭部を抱くようにくっついてくる。
思わず振り返ると16時5分を示す時計台と、ノースリーブの服を来た麦野とが見えた。こんなに時間が立っていたのかとやや驚く。コーラは既にぬるくなっている。
958 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)織女星祭編―9 :2010/12/07(火) 20:38:49.20 ID:D9wBUgAO
麦野「待った?」

上条「あ、ああ。ちょうど今来たところだ」

麦野「嘘。20分前からここにいたじゃない」

上条「見てたんなら声かけろよ!」

麦野「だって、当麻の顔見てたから」

思わず首を回して抱きつく麦野を見上げる。当の麦野はそんな上条に鼻面をコツンと合わせて間近で囁く。

麦野「気づいてたかなーん?アンタってボーっとテレビ見てたり、こうやって一人で待ってる時が一番カッコいいの」

上条「一人でいる時の自分の顔なんかわかるわけないだろ…って普段上条さんどんな顔してるんでせうか…」

思わず鼓動が高鳴る。見慣れた麦野のはずなのに、何故か一段高く見えた気がした。

麦野「じゃあ移動する?それとも少し涼んでから?遅れちゃった分ご馳走してあげてもいいんだけど?」

上条「そうだな、少し涼んでからにするか!」

麦野「じゃあボックス。歌いたいし」

そして二人は連れ立って歩く。麦野が腕を絡ませながら。広場を出て歩行者天国の至る所から伸びる笹の葉。そこに吊り下げられた幾多の願い。

麦野「ねえ当麻?」

上条「ん?」

麦野「こんな綺麗なお姉さんと連れ立って歩けて嬉しい?」

上条「自分で言うなっての!」

笑いながら答える。確かに麦野は美人だ。この人混みの中でも振り返る男が何人もいた。確かに悪い気はしないのだが…

麦野「そう?どんな服や高い腕時計つけてるより目立てるよ〜かーみじょう」

上条「麦野はモノじゃないだろ」

麦野「モノでいいよ。アンタのモノで」

たまにこういうとんでもない爆弾発言をする。返答に窮した上条はその特徴的なウニ頭をかいて誤魔化した。
この雑踏の中で聞かれる事はないだろうが、こんなことを言われて勘違いしない男などいるのだろうか?

麦野「その代わり、腕時計くらいには大切にして欲しいわね」

麦野は答えを出した。次は己の番だと言われた気がした。
959 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)織女星祭編―10 :2010/12/07(火) 20:41:38.84 ID:D9wBUgAO
〜第十五学区・カラオケボックス『ハウリング』〜

麦野「っざけんなァァァ!あと4点はどこいったんだよぉぉぉー!」ガンガン!

上条「落ち着けって麦野!マイク叩くな!見ろ!全国一位だろ!!何が不満なんだ!?」

麦野「なーにが全国一位だ。そんなのカぁンケイねェェんだよォォ!94点なんてしょっぱい点数ジジイの××××の方がまだ気合いが入ってんだよぉぉぉ!」キーン!

上条「マイク切ってから叫べよォォォ!」

シルビィ・バルタンの『IRRESISTIBLEMENT』を天使のように歌い上げるも、採点の直後にご覧の有り様である。
歌い上げるその儚い横顔は麦野の新たな一面を上条に感じさせるが、やはり麦野は麦野である。
ヨーロピアンポップよりスラッシュメタルの方が似合いそうとは言わなかった。

上条「そ、それに良い歌声だったと思うぞ?上条さん英語はわかりませんがこう、麦野サンの熱いハートが伝わるような…」

麦野「(絶対わかってないなコイツ)」

IRRESISTIBLEMENT…日本語に意訳すれば『あなたのとりこ』という曲だが、洋楽に明るくない上条はその歌詞を知らない。知っていれば上条の顔が真っ赤だ。
麦野なりの愛のメッセージだったのだが、そんな上条の鈍さはもはや今更であった。

麦野「はー…次アンタなんか歌いなさいよ。90点以下ならオ・シ・オ・キ・か・く・て・い・ね」

上条「ったく…わかったよ。オレも久しぶりだからお仕置きはやめてくれよっと」ポチッ

チャンチャチャラチャンチャチャラ…

麦野「BACK-ON?バクオン?」

緩やかなイントロの後激しいパートへと移り行く様を麦野は見ていた。熱唱する上条の姿がPVのツンツン頭の少年とかぶって見えた。『CHAIN』という曲らしい。

麦野「(英語わかんないって言ったクセに上手いじゃない)」

上条の意外な一面を見たような気がした。採点が始まり…終わった。点数は…
960 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)織女星祭編―11 :2010/12/07(火) 20:45:21.19 ID:D9wBUgAO
上条「は、89点…!」

麦野「ざぁぁぁんねェェェんでぇぇぇしたァァァかーみじょうー!!」ガシッ

上条「不幸だぁぁぁー!な、なにすんだ麦野!おいなんだ!なにすんだよ!?」

麦野「あっはっはっはー!なーんで私がわざわざこんなボックス選んだと思うかわかるかしら?…音が漏れようが声出そうがカァァンケイねェェんだよぉぉぉー!」

上条「だ、誰かー!」

〜第十五学区・人工湖〜

夕刻。時間は17時35分を示していた。行き交う人々はそれぞれ繁華街を有する第十五学区と商業区画を有する第十六学区を結ぶ大桟橋か、その下に広がる森林公園内にある人工湖に集まっていた。

麦野「花火って何時からだったけ?」

上条「確か六時から九時までだろ」

二人は広大な人工湖の畔にいた。至るところにあるストーンサークルの一つに腰掛けながら。

麦野「腰痛いわねえ…当麻、膝だっこ」

上条「へいへい…よっと」

手の『マスクメロンのジーザスブレンド』を飲みながら上条の膝に移る麦野。歩くのが苦手というだけあって不得手な人混みで少々くたびれたようだ。

麦野「ふんっ…あーいい気分。あのお子様のクソガキが見たらどんな顔するかしらねー?」

上条「?」

麦野「あのいけ好かない第三位よ。今の私達、付き合ってるみたいに見えない?」

膝の上からもたれるようにしながら腕を後ろに上げて上条の首筋に触れる。勝ち誇ったような表情で。

麦野「それとも…アンタはあの第三位みたいな方がタイプ?」

上条「ビリビリは違うだろ。あれはケンカ友達っていうか…う〜ん友達か?未だに見つけたら電撃飛ばしてくるし…オレって嫌われてるのかな…」

リンゴ飴を舐めながら溜め息をつく上条。ただし肝心の『付き合ってるみたい』という部分には敢えて触れない。だが麦野は追求の手を緩めない。
961 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)織女星祭編―12 :2010/12/07(火) 20:50:06.17 ID:D9wBUgAO
麦野「じゃあ、私は当麻のなに?」

上条「…えっ」

麦野「ただの女友達?どうして他人の事には一生懸命なのに自分の事はいつも後回しなのかしらね、アンタは」

屋台からの呼びかけ、出店の賑わい、人々の話し声、雑踏の音、薄暗くなり始めた空に、迷子のアナウンス、目の前の麦野の顔が…見えない。

麦野「私、アンタとお祭り来るって決めてから浴衣買おうかなって思ったんだけど、やめたんだわ。歩きにくいし似合わないし。来年にしようかなって」

こんなに近くにいるのに、麦野が遠い。

麦野「でも、今ちょっと後悔してるのよ」

『――間もなく織女星祭、大花火大会を開催いたします――』

時計が、六時を指し示した。

麦野「――来年が来るだなんて、どうして言えるの?当麻――」

ドン!ドーンドーン!ドーンドーン!

花火が上がる。夕闇が晴れる。腕の中の麦野の顔が見えた。

〜第十五学区・人工湖2〜

上条「なんだよそれ…ははっ、そんな…死ぬかも知れないみたいな」

麦野「私には今しかねえんだよ上条当麻。来年どころか、明日の保証なんてお上品な代物あのクソッタレな暗部では聞いた事すらないわ」

赤色、黄金色、大輪の菊。様々な花火が夜空というキャンパスに描かれては消え行く。周囲から歓声や拍手が上がる。にもかかわらず

麦野「何が最後になるかわからない。私はそういう覚悟でアンタの側にいんだよ…見くびってんじゃねえぞクソガキ」

麦野から目を離せない。痛いほど真っ直ぐな眼差しだ。
962 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)織女星祭編―14 :2010/12/07(火) 20:52:46.95 ID:D9wBUgAO
麦野「まっ、こういう言い方は卑怯だったわ。ごめんね当麻。今私スッゴい嫌な女だった」

そういって麦野は目元を和らげた。それが一層、上条の胸に突き刺さった。

上条「…沈利」

麦野「…なに?花火見なさいよ。そのために来たんじゃないのかーみじょ…う!?」

その時、上条は麦野を抱き締めた。小さな背中、細い肩ごと力強く。

麦野「…イッタイわね…何よいきなり」

上条「………………」

手を握る事や、腕を組まれる事や抱きつかれる事は今までいくらもあった。だが…こうして麦野を抱き締めた事は上条にはなかった。

麦野「あれー?どうしたのかーみじょう?さっきの話聞いて不安になっちゃったー?あれー?…大丈夫よ当麻。私はレベル5の第四位よ。それは私と三度も戦ったアンタが一番良く知ってるでしょ?」

上条「でも…その前に麦野だって女の子じゃないのかよ!」

無理にシリアスな空気を和らげようとした麦野に上条が押し[ピーーー]ように言った。不意に、垣根帝督の言葉が上条の脳裏に浮かぶ。

垣根『――オマエの言うレベル5の女が誰かは知らねえが、女は女だ。女は言葉じゃ納得しねえ――』

今やっと、上条当麻は自分の思いを自覚した。最初は冷徹な抹殺者、次は情緒不安定な女の子、今は…今の麦野沈利は上条当麻の…

麦野「…なら行動で示してみなさいよ上条。紛い物の言葉なんていらない――本当のアンタを、私に寄越しなさいよ」

垣根『――男だってそうだろ?お前だってそんな小利口な生き物に出来てねえハズだぜ?――』

上条の膝の上にいた麦野が顔を寄せる。遠い夜空に夢の中のような花火が上がっている。いくつもいくつも。皆がそちらを向いている。だが

麦野「…二度目は、アンタから来て…」

麦野は上条しか

上条「…ああ、見せてやるよ。オレの答えを」

上条は麦野しか見ていなかった。
963 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)織女星祭編―14 :2010/12/07(火) 20:55:26.23 ID:D9wBUgAO
ドン!ドン!パラパラパラパラ…ドーンドーン…

花火が上がる。照らされた二人の男女の影絵が2つに重なる…2人しかこの世界にいないように…

麦野「…ヘタクソ」

上条「…悪い、初めてだったんだよ」

麦野「…知ってるわよ童貞」

上条「童貞って言うなよ!!!」

麦野「…でも」

上条「?」

永遠にも感じられた一瞬が、1つの影絵を2人のシルエットに戻して行く。少しはにかんだようにうつむく麦野と、バツが悪そうに顔を赤くする上条。

麦野「…もう一回…」

七月七日…二人にとって、この『織女星祭』は最初で最後の記念日となった。

出会って、触れ合って、ぶつかって、ようやく結ばれた二人。

しかし

?「ハッ…ハッ…ハッ…あ、あそこかも!やっと見つけたんだよ!学園都市!!」

夜闇を駆ける、純白の修道女は光を求めてゲートを目指す。二人と同じく、花火を目印にひた走る。その先に待ち受ける運命も知らずに…

上条当麻と麦野二人の短い夏…残り13日。

夏への扉を開く、夢のような一夜はこうして幕を閉じた。
964 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/07(火) 21:03:44.53 ID:D9wBUgAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。通し番号の最初の14は13の誤りです。内容にはズレはありませんが申し訳ございません。

織女星祭編はこれにて終了です。次回はノープランですが…最初の予定通り「借りっぱなしのプール編」か「突撃!麦野家お泊まり編」のどちらか、または両方になると思います。

それでは本日はこれで失礼いたします。ありがとうございました。
965 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/07(火) 21:05:46.31 ID:OhMqSdco
乙なのである
966 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/07(火) 21:59:46.22 ID:3R.yaQAO
キスktkr
でもインデックスきちまった・・
967 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/08(水) 00:26:56.13 ID:MrrabwDO


むぎのんがヤバいくらいに精神崩壊して終わりそう…
968 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage ]:2010/12/08(水) 07:32:12.68 ID:g0A6IhA0
BAD END になりそうで胸が張り裂けそうだ……

作者さん乙です!
969 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/08(水) 12:30:37.27 ID:BWAA39o0
乙。IRRESISTIBLEMENTの歌詞と曲調べたら泣いた。この麦のんは救われなきゃダメだ。

そしてこんなにインデペンデンスさんに出てきてほしくないssは初めてだ。シリアルじゃないのに
鬱の予感がとまらねえ…精神崩壊したら…
970 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/08(水) 20:16:09.71 ID:tfdxl9U0
>>969
むしろどこにチョコワがでてきたんだよww
971 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/08(水) 20:43:37.34 ID:WbRv2oAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。本日の投下をさせていただきます。
そしてたくさんのレスをありがとうございます。記憶喪失についてですが…恐らく、自分でもギリギリ最後の瀬戸際までハッピーかバッドか決まらないと思います。

スレも残り少ないですが、よろしくお願いいたします。
972 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)お泊まり編―1 :2010/12/08(水) 20:46:15.94 ID:WbRv2oAO
〜第十五学区・モノレール〜

麦野「苦しっ…」

上条「(むっ、胸が…!)」

織女星祭終了後、2人は帰りのモノレールの車内にすし詰めにされていた。
最初から予想されていた事だが、思った以上に帰り道である大桟橋は混雑を極め、2人は長蛇の列を並び終えて一時間遅れで帰路への足掛かりを得た。
今は上条が身を挺して麦野に身体を預けさせ仲良く揺られている形である。そのせいか麦野沈利の豊かな胸元が上条当麻の身体に密着している体勢だ。

麦野「…かーみじょう。伸ばした鼻の下に穴もう一個増やして欲しい?」

上条「はい!?か、上条さんはそんなふしだらな男ではありませんの事ですよ」

麦野「…嘘吐きは鼻が伸びるってのも絵本で読まなかった?かーみじょう」グリグリ

上条「イタタタ!?沈利!足!足踏んでるって!」

麦野「ごっめーん狭くってつい☆」

乗客「「「(うぜえ…)」」」

先程までの照れ隠しなのか密着しながらも仕返しする麦野。悶える上条。車内の温度を違った意味で上げる二人への冷たい視線を送る乗客。

麦野「(彼氏、かぁ…)」

ポフッと麦野は上条の胸板に額を預ける。少し高めの体温、少し早めの鼓動、少し汗臭くなっているが嫌ではない。
部屋にあるかなり年季の入ったぬいぐるみに顔を埋めるように目を細める。肌を重ねたでも身体を交わしたでもないのに、麦野はもう離れられる気がしなかった。

上条「(かっ、かっ…彼女、かぁ…)」

先程抱き締めた時の華奢な身体の感触がまだ腕に、手に、指に残っている。
幸福過ぎて現実感が無く、もしやこれは真夏の妖精が見せる一夜の夢ではないかと上条は思う。だがしかし…

麦野「………………」キュッ

上条「…どうした沈利?疲れたちまったのか?もう少し我慢してくれよな。あと二駅だから」

麦野「………………」フルフル

上条「沈利?」

麦野「当麻…」
973 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)お泊まり編―2 :2010/12/08(水) 20:51:01.58 ID:WbRv2oAO
上条に身体を預けたままジッとしていた麦野がシャツの裾を握り首を横に振る。
モノレール内の蒸し暑さに気分を悪くしたのかと上条は訝った。だが麦野の口から出た言葉は――

麦野「ウチくる?」

上条「」

麦野「おいおい黙んないでよ。優しくさすってやれば感覚戻るかにゃーん?」ナデナデ

〜第?学区・麦野沈利の別宅〜

上条「(拝啓…私こと上条当麻は、今カノジョの部屋におります)」

ひと月分の家賃で軽く一年分の仕送りと奨学金を凌駕する高級マンションの一室に上条当麻は放り込まれていた。
麦野曰わく、イタリア製の聞いた事もない家具ブランドのソファーに座り、頭を抱えて。

上条「どうしてこうなった…」

初めて自分からデートに誘った、初めて自分からキスをした、初めて自分に彼女が出来た、初めて尽くしの一日の帰路の中…麦野が告げた言葉に上条は激しくうろたえ、最初は固辞しようとした、が…

麦野『タマ落としてんじゃねえよこのエセ紳士!まだ早いとか関係ねえよ!!初めてとかカァンケイねェェんだよォォォ!!女が腹くくって誘ってんのに恥かかすんじゃねえぇぇ!』

と、強制連行されてしまったのだ。当の麦野は今シャワーを浴びている…年上の綺麗なお姉さん系にして初めての彼女…初めて上がる部屋…

上条「お、大人の階段の〜ぼ〜る♪」

何故か父が口ずさんでいた歌を歌ってしまう上条当麻であった。

〜第?学区・麦野家バスルーム〜

麦野「どうしてこうなった…」

麦野沈利は浴槽に身を沈めながらバチャバチャとお湯を弾きながら顔を真っ赤にしていた。羞恥と湯当たりに。
電車内でのやり取りはもっと可愛らしく誘いたかった。女の子らしくしたかった。なのに上条がビビって拒もうとしたから…

麦野『なんだなんだぁその引け腰はぁ!そんな腰使いじゃ○○○もイケねえぞォォッ!ウブなネンネじゃねェェんだよォォ!遅いか早いかやるかどうかなんだってんだァァ!』

麦野「…どうしてこんなにひどい流れになっちゃったのかな」
974 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)お泊まり編―3 :2010/12/08(水) 20:53:11.15 ID:WbRv2oAO
めでたく恋仲となり、舞い上がって、帰りのモノレールで別れ離れるのがたまらなく怖くなり、勢いで誘い、吐いた唾を飲み込めずにここまできてしまった。

麦野「あああぁぁぁー!当麻が!当麻が!ここから出たら当麻があああァァァ!」

バスルームから出る勇気が湧いてこない。自分の家なのに。そこで

〜ムギノ(M)ネット(N)ワーク(W)〜

【初夜】彼氏とお泊まりなんだが…【初体験】

1 :以下、名無しにかわりましてアイテムがお送りします ID:Mugino
誰か助けて。今彼氏来てるけどどうしていいか全然わかんない。バスルームから出られない。

2 :以下、名無しにかわりましてアイテムがお送りします ID:Kinuhata
またあの男ですか!またあの男ですか!バスルームとか>>1超不潔です超ふしだらです

3 :以下、名無しにかわりましてアイテムがお送りします ID:Furenda
結局、>>1も男に走るって訳よ!あああグッバイマイラブ!!でもバスルームなら>>1のオッパイうp

4 :以下、名無しにかわりましてアイテムがお送りします ID:Takitsubo
だいじょうぶ、わたしはそんな乙女な>>1を応援してる(o*′ω`*)

5 :以下、名無しにかわりましてアイテムがお送りします ID:telephone
YOUヤッちゃいなYO!男はみんなケダモノ☆ナッシングパンティで迫っちゃいなYO!相手はきっと期待してるYO!

6 :以下、名無しにかわりましてアイテムがお送りします ID:Hamadura
バニーガールのコスプレすりゃ楽勝だ、レベル5

麦野「ダメだコイツら使えねえ…やっぱりあがろう…」

脳内会議を打ち切る。なんか知らないヤツまでいるし。それにひどくのぼせた。もうあがらなければ――

クラッ…

麦野「アレ…?」

力が…入らな――

バタンッ
975 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)お泊まり編―4 :2010/12/08(水) 20:57:11.48 ID:WbRv2oAO
〜第?学区・麦野家リビング〜

麦野「ごめん…当麻」

上条「いいって。疲れてたんだろ?」

今麦野沈利はリビングのソファーで上条の膝枕に頭を乗せていた。
夏の陽射し、織女星祭、告白と成就、そして不安と長湯が重なり疲れていた麦野はのぼせて倒れてしまったのである。
その物音を聞きつけた上条に引っ張り出され、今はバスローブ姿だ。

麦野「せっかく来てもらったのに…」

上条「いいんだっつの」

麦野「期待してたでしょ?」

左手を伸ばして上条の頬に触れる。その言葉に上条の方がのぼせたように熱い。その手を取られる。

上条「無理すんなって。焦る事ねえよ…俺達は俺達のペースで行こう…今は沈利の身体の方が大事…だろ?」イケメンAA

麦野「(ずるい…)」

だがもうそんなムードではない事も確かである。女慣れしていないくせにこういうところだけガツガツしていない。
こっちは離れるのが忍びなくなって、決死の思いで誘ったというのに…

麦野「じゃあ、朝までいて」

上条「!?」

麦野「それともぉ…こ〜んなフラフラの女の子ほったらかして帰れるのかなか〜み〜じょ〜う?」

〜第?学区・麦野家寝室〜

上条「(〜〜〜ッッッ!!!)」

麦野「あれー?あれー?さっきまでのイケメン面はどこに行ったのかなー?あれー?」

2人は天蓋付きのクイーンサイズのベッドに同衾していた。向かって左側が寝ているのにほぼ直立不動の上条、その右側に侍るは麦野。
上条の腕枕に頭を乗せ、胸板に手を乗せ、際どく脚を絡めている。逃がすまいとでもするように。

上条「むっ、ムギノサン?カミジョウサン、フロバネル、イキナリヨクナイ」

麦野「なにインディアンになってるのよ…“ただ”寝るだけじゃない?お客さんをバスに寝かせるなんて出来るはずないでしょ」

上条「カミジョウサンソファーデネル、マダハヤイ、イマナンジ?ソーネダイタイネー」

『ただ』という点を敢えて麦野は強調する。上条が理性を無くせばこちらの勝ち、手を出さなくても上条がヘタレという事でやはり勝ち。どちらに転んでも麦野の優位は動かない。
976 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)お泊まり編―5 :2010/12/08(水) 20:59:19.14 ID:WbRv2oAO
麦野「(上条当麻…この土壇場に来て…やっぱりアンタは童貞よ…ふふふふ…ごくありふれたラブコメしか知らない人間の考え方をする…)」
麦野「(付き合ったその日にお泊まりイクナイ』とか女から誘うのなんてありえないだとか…)」
麦野「(便所のネズミのクソにも匹敵するそのくだらない物の考え方が命取りよ!フッフッフッフッ…)」

麦野「(この麦野沈利にはそれはないわ…あるのはたったひとつの思想だけ…たったひとつ!“惚れさせて独占する”)」!

麦野「(それだけよ…それだけが満足感よ!過程や…!方法なんざ…!関 係 ね ェ ェ ん だ よ ォ ー ー ー ッ」)」

どこぞの吸血鬼が乗り移ったように勝ち誇る麦野。一方、上条当麻は…

上条「(どうする?なにをどうすれば…方法は?タイミングは?武器は?何を…どう選べば!?)」

メスライオンに求愛されるオスのシマウマの図である。紳士である前に上条は男である。男に戦いは常である。

上条「む、麦野!本当に寝るだけだぞ!寝るだけだからな!いいよな!?」

麦野「だからそう言ってるじゃない…ちょっとアンタ鼻息荒すぎ」

どこまで奥手なんだ新手の焦らしか?それともフリか?とジト目になりながら麦野は上条を見上げる。
だが当人はひどく弱気な表情で…

上条「わ、悪い…オレこういうの初めてで…」

ブチッ

だが…我慢に我慢を重ねていた麦野にとってはそれが限界点であった。

麦野「わ、私だって初めてだってんだよぉぉぉ!!!」

上条「!?」

麦野「?!」

二人の間に天使が通り過ぎて行った。
977 :とある星座の偽善使い(フォックスワード)お泊まり編―6 :2010/12/08(水) 21:05:48.13 ID:WbRv2oAO
上条「は、初めてって…?」

麦野「………!」

言った、言った、言ってしまった。地金と馬脚の両方を晒してしまった。一度に

麦野「ああそうよ!初めてだよ!キスしたのだって彼氏出来たのだって男を家に上げたのだって!」

ボスンと上条に覆い被さり麦野が吠える。肩を小刻みに震わせながら

麦野「重いだろぉがぁ!私アンタより年上なのに!年下のアンタと同じなんて重いでしょうが!!」

上条「痛っ、痛っ!?」

ボスボスと上条の胸を叩く。しかしその力はひどく弱々しい。

麦野「小学校は化け物扱い、中等部は腫れ物扱い、女学院に至っては暗部入りだレベル5だ第四位だ!声かけてくんのはモルモット扱いの研究者かヤリたい盛りで頭カラッポのチャラ男ばっかりだってんだよ!んな重てぇ女アンタ以外の誰が必要とするってんだよォォオッ!」

後半はほとんど涙声だ。必死に築いてきた『自分が周りにどう見られているか』という壁が崩れていく。過剰なスキンシップは、言わば防衛反応。踏み込まれるのが怖いから年上の女を演じる。
まともな恋愛をした事がないから距離感がわからず過ぎた手探りを繰り返す。
上条を手放したくないから身体で繋ぎ止めようとする。でなければ二度目のキスをあんなにしおらしくしない。お風呂でのぼせたりしない。

麦野「ううっ…こうでもしなきゃあの第三位がまた来るでしょうが!あのリンゴ持って来た女の子も!アンタを…当麻を盗られるじゃない!」

上条「………………」

それを上条は黙って聞いていた。しかしそれは涙で目元がグシャグシャの麦野にはわからない。

上条「沈利」

麦野「(ビクッ)」

麦野の身体の震えが上条に伝わる。上条の声音が麦野の耳朶を震わせる。

上条「オレはそんなに頼りない彼氏か?」

麦野「ちっ、違う…!」

上条「言っただろ…お前の全部抱えて引きずり上げてやるって!」

麦野沈利はまだ見誤っていた。上条当麻という男を。

上条「いいぜ…お前が自分の事を重い女だって思い込んでるってなら…オレが年下だから本当の“麦野沈利”を偽るってなら――」

麦野「と、当麻…!あうっ!」

泣いている女の子を前にしてヘタレ続けるほど上条当麻は臆病ではなく…安っぽい同情や薄っぺらい使命感で動くほど人間が出来ていないと言う事を

上条「――まずは、その幻想をぶち壊す」

麦野「とう――んむっ!」
978 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/08(水) 21:13:13.33 ID:WbRv2oAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。本日の投下はここまでになります。次回よりお泊まり編から借りっぱなしのプール編に移行します。

それでは失礼いたします…上麦に幸あれ…
979 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/08(水) 21:19:54.11 ID:3p7/z6s0
乙!

麦のんかわいい……


なぜに浜面wwwwww
980 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/08(水) 21:36:34.14 ID:MrrabwDO


そげぶは必要あったのか?
981 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/08(水) 22:13:54.34 ID:BWAA39o0
>>980
麦野「小学校は化け物扱い、中等部は腫れ物扱い、女学院に至っては暗部入りだレベル5だ第四位だ!声かけてくんのはモルモット扱いの研究者かヤリたい盛りで頭カラッポのチャラ男ばっかりだってんだよ!んな重てぇ女アンタ以外の誰が必要とするってんだよォォオッ!」

↑この幻想はそげぶしてやらにゃ麦のんが重い処女になっちまうだろwwwwwwwwwwwwwww

ん?こんな時間に誰かきたみたいだ
982 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/08(水) 22:32:39.42 ID:nqQAKAAO
無茶しやがって・・

強気な処女むぎのんかわいいよむぎのん
983 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/08(水) 22:48:02.80 ID:bxNuKh20
>>981は多量の電子線の餌食となりました( ーノー)o/"Ω ポクポクポク…
984 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/08(水) 23:09:11.54 ID:OZJ.FkAO
>>976の上条さんがアニェーゼの台詞言ってて
何故か笑ってしまったww
985 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/08(水) 23:33:46.22 ID:WbRv2oAO
とある星座の偽善使い(フォックスワード)の者です。皆様にお願いがあります…

やはりPC復活のメドが立たず、新たにスレ立てが出来ません…恥を忍んでお願いいたします。力を貸して下さい…
986 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/08(水) 23:37:09.23 ID:XKjMYEAO
みんなー!オラに…じゃない >>985に力を分けてくれー!
987 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/08(水) 23:39:43.34 ID:vfnnpncP
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1291819165/
ほい
988 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/12/08(水) 23:42:29.28 ID:WbRv2oAO
>>986さん
>>987さん
ありがとうございます…本当にありがとうございます…!
感謝の言葉が他に出てきません…ありがとうございますありがとうございますお疲れ様です…!
989 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/08(水) 23:49:32.32 ID:XKjMYEAO
>>987さん NICE! GJ!

あれ、俺…何にもしてなくね?
Zソード並に貢献してないのに感謝されるって、なんか申し訳ないorz
990 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/09(木) 01:44:52.52 ID:FVp9YgAO
Zソードwwwwwwww
言い過ぎだwwww
991 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/09(木) 11:52:49.63 ID:kRk18a60
zソードってトランクスが持ってた剣?
992 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/09(木) 14:32:25.93 ID:P7xCSlc0
界王神のご先祖様が封印されていた媒体の事じゃなかったっけ

それはともかく麦野さん禁書格ゲー登場おめでとう!
続編が出るなら相手を踏んづけた後高笑いしながら回転した後決めポーズをする技もやってね!
993 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/09(木) 15:02:38.39 ID:GzULgWko
格ゲーになるのかwwwwww
994 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/09(木) 17:11:29.80 ID:nzsfsBg0
>>743の続きwwwwww


上条「…(えええええええええっていうかまず食えねえだろおおおお)」

麦野「大体この私がわざわざ家に来て飯を作ってくれてるって時点でてめえは頭を下げて感謝すべきだろォがよォオオオオ」

上条「すいませんでしたあああああああああ!頭下げるからビームは止めて上条さん、そんなのよけれるほど元気じゃないですことよ!」

麦野「もう遅えんだよォ上条ォオオ」 
麦野の手が光で覆われその手を上条に向けそれを放つ、
『パキィ』
麦野「手ェおろせよ、童貞がァァアア」

上条「くうっ……着実に上条さんの精神を削りやがって、おろしたら上条さん死んじゃいますよ……っていうよりもう許して下さりませんか麦野様
   何でもいたしますので……」
麦野の動きがピタッと止まる、
麦野「……本当に何でも?」

上条「…あっ上条さんが出来る事なら何でもということでございましてですね、あとお金のかかること以外で」

麦野「じゃあ上条が風邪の間ずっとここに泊まってていい?治ったらそのままデートで」

上条「いや…その……女性が男の家に一人で泊まるっていうのはちょっと…」

麦野「チッお前…何でもいいって言ったよな……大体こんな綺麗なお姉さまにこんなこと言われて断る?チ○ポついてんのかてめえは?」

上条「分かった!分かったから汚い言葉使わないで!上条さんからのお願い」

そんな感じで風邪が治るまで止まることになったのだが。
次の日風邪が治って麦野がブチ切れましたとさ

めでたしめでたし
995 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/09(木) 17:51:03.99 ID:Td4mkwAO
>>994
乙です!風邪が治って切れる麦野さんが可愛い…
996 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/15(水) 00:29:03.52 ID:XY815CUo
乙です!
997 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/15(水) 00:29:47.92 ID:XY815CUo
998 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/15(水) 00:30:22.87 ID:XY815CUo
999 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/15(水) 00:31:21.13 ID:XY815CUo
大トリに一言どうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
1000 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/15(水) 00:41:16.18 ID:HF3zEUQo
麦のんは俺の母ちゃん
1001 :1001 :Over 1000 Thread
    ´⌒(⌒(⌒`⌒,⌒ヽ
   (()@(ヽノ(@)ノ(ノヽ)
   (o)ゝノ`ー'ゝーヽ-' /8)
   ゝー '_ W   (9)ノ(@)
   「 ̄ ・| 「 ̄ ̄|─-r ヽ
   `、_ノol・__ノ    ノ   【呪いのトンファーパーマン】
   ノ          /     このスレッドは1000を超えました。
   ヽ⌒ー⌒ー⌒ー ノ      このレスを見たら期限内に完成させないと死にます。
    `ー─┬─ l´-、      完成させても死にます。
        /:::::::::::::::::l   /77
       /::::::::::i:i:::::::i,../ / |
       l:::/::::::::i:i:::、:::/ / |
       l;;ノ:::::::::::::::l l;.,.,.!  |
        /::::::::::::::::l/ /  冂
       /:::::::;へ:::::::l~   |ヌ|
      /:::::/´  ヽ:::l   .|ヌ|               製作速報VIP@VipService
      .〔:::::l     l:::l   凵                  http://ex14.vip2ch.com/news4gep/
      ヽ;;;>     \;;>

1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
幼なじみに安価メール @ 2010/12/15(水) 00:18:49.70 ID:g.Z0q6AO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1292339929/

これはひどい @ 2010/12/15(水) 00:11:09.07 ID:Y2XV0.60
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1292339469/

【クリスマスが】きのこたけのこ大戦 戦闘場&会議所★35【今年もやってくる】 @ 2010/12/15(水) 00:10:27.84 ID:4zFYMOM0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1292339427/

○○から帰ってきたけど雑談スレ @ 2010/12/14(火) 23:50:15.04 ID:lURvCyAo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1292338215/

ここだけ全員焼肉店(他スレの恨みは持ち込まないように)313店舗目 @ 2010/12/14(火) 23:48:28.56 ID:flPsCVQ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1292338108/


Powered By VIPService http://vip2ch.com/

440.82 KB   

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)