このスレッドは製作速報VIP(クリエイター)の過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

【安価進行】幼馴染「ねえ、用事無いなら切るよ?」【ちかこい!】inGEP 〜その5〜 - 製作速報VIP(クリエイター) 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/05/30(日) 23:17:02.49 ID:txhDUCko
VIPから引っ越してきました。
安価で進行する参加型恋愛シミュ風SSです。
遅筆なので投下ペースは遅い上不定期ですが、ぬるい目でお見守り下さい。
人物紹介等々があるので、掲載は少し↓からになります。
本文の掲載が始まるまで、レスはお控え下さい。
なお、初めてこられた方は出来れば>>1からちゃんと読んで頂けると馴染みやすいかと思います。

※深夜等の場合安価付きのレスを書き込む時間を予め告知する事もあります。


―――――――――――――――

※次回レスで安価だけ出します※
書き込み予定時間??:??
レスを考えながらお待ち下さい

―――――――――――――――

前スレ

【安価進行】幼馴染「ねえ、用事無いなら切るよ?」inGEP
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1267876016/l50

【安価進行】幼馴染「ねえ、用事無いなら切るよ?」inGEP 〜その2〜
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1269165624/l50

【安価進行】幼馴染「ねえ、用事無いなら切るよ?」inGEP 〜その3〜
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1270397848/l50

【安価進行】幼馴染「ねえ、用事無いなら切るよ?」inGEP 〜その4〜
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272632080/l50


【スレ専用ロダ】
下記のロダはスレ専用のロダになってます。
ヒロイン達のイラストがたくさんあるので、覗いてみて下さい。
なお、アップされてるイラストはスレに遊びにきてもらってる絵師さんに描いてもらったものです。
(凸)作ではないのであしからず……。
絵師さんいつもありがとうございます。

http://loda.jp/tikakoi/

※スレと関係ない画像のアップローダーとして使うのはお控え下さい
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、この製作速報VIP(クリエイター)板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

阪大受験をした話 @ 2019/12/08(日) 00:45:46.67 ID:Lu8H5kY9O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1575733546/

【コンマ・安価】リキシマン「超人界の頂点にたつ」旧:キン肉マンSS PART34 @ 2019/12/07(土) 23:19:56.04 ID:Jwh8IdbE0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575728395/

【バンドリ】ガールズバンド対抗・安価とコンマで箱根駅伝・復路 @ 2019/12/07(土) 21:33:34.94 ID:157o+GGb0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575722014/

ハリー・ポッター「僕の言うことを聞け」ドラ子・マルフォイ「……はい」 @ 2019/12/07(土) 21:13:04.37 ID:kNKMPaOnO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575720784/

ID加速中ことF9が身バレしたのにSS速報は過疎過疎だ @ 2019/12/07(土) 20:35:45.82 ID:OLLtvj+h0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575718545/

【アズールレーン】惣菜基地【安価】 @ 2019/12/07(土) 18:35:30.85 ID:xAO+pSWR0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575711330/

エロゲ作る企画 @ 2019/12/07(土) 17:47:25.56 ID:T7FCt+WPo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1575708445/

特殊能力少女駆除部隊、今日も行く @ 2019/12/07(土) 16:25:48.37 ID:jfYgW6sL0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575703548/

2 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/05/30(日) 23:19:21.22 ID:txhDUCko
【製作速報とVIPの違い】
VIPとは違い、ここ製速はスレが半永久的に閲覧可能です。
なので、「定期的な保守age」等の必要はありません。
肩の力を抜いてまーったりお待ちください。
それから、VIP特有の「煽り」なんかの文化も、製速にはあまり無いようです。
せっかく引越してきたので、特定の誰かを叩いたりは極力控えてもらえるとやりやすいです。


【おやくそく】
まったり進行なので、皆さん殺伐としないでお待ちください。
安価は取られても泣かない。ヒロイン潰しもほどほどに……笑
このお話は皆さんの安価で成り立っています。
展開が困難になるような鬼畜安価は(なるべく)出さないようにしましょう。
でも出しちゃいたい時はガンガン出しちゃって下さい。
その辺のさじ加減は前スレ参照。どんな安価でもがんばるよ!
話が破綻しないように気をつけているので、安価を正しく実行出来ない場合もあります。
そういう時はどうか少しだけ目を瞑って頂けるとありがたいです。


【そのほか】
雑談やヒロイン談議もどんどんやっちゃって下さい。
「ぼくのかんがえたさいきょうの○○ちゃん」イラストもどんどん投下して下さい。やる気が出ます。
ここはニュー速VIPではなく、「製作速報GEP」です。
創作や製作を見せるのに恥ずかしがる必要はありません。
「ゲーム化」の企画を立てましたが、スレが完結するまでは本格的に動く事はしません。


【安価取り合戦について】
安価を取る時に、一秒間に数レス一気に書き込むツールのような物を使う方が居ました。
安価の取り方に関しては自由だと自分は思いますが、どうせなら、皆気持ちよく終われるようにいきたいです。
話も終盤に差し掛かってきて、安価の数も少なくなってきましたが、どうか最後まで皆でいい話を作りましょう。
3 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/05/30(日) 23:19:55.47 ID:txhDUCko
【あらすじ】

家がお隣同士で、幼馴染の「サナミ」と「男」。

ずっと変わらないと思っていた”幼馴染”という二人の関係は、

突然の告白からゆっくりと確実に変わり始める。

そんな中、同級生で親友の元気なちびっこ「トミー」とも急接近。

更に更に、淑やかだが変わり者と評判の料理部部長「アマネ」ともあんな事に……・!?

揺れ動く気持ちに悩める「男」だが、一体彼は、彼女達はどうなってしまうのか。


作者さえも予測不能!

笑える?切ない?

ほんの短い間の、青春の1ページ。

〜貴方も安価、取ってみませんか?〜
4 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/05/30(日) 23:22:45.23 ID:txhDUCko
【登場人物紹介】

・男
このお話の主人公で、高校三年生。
少しだらしない所もあるが、ごく普通の青年。
優柔不断で、八方美人に振舞ってしまう所を自己嫌悪気味。
時折閃光の様にとんでもないアイディアや馬鹿な行動を起こす癖がある。
人生初のモテ期(?)の到来で、迷える気持ちは何処へいくのか。


・サナミ(http://loda.jp/tikakoi/?id=18.jpg
男の幼馴染で、さっぱりした性格の女の子。口癖は「ばか」
料理部に所属する等家庭的な一面もある。
カジュアルな服装が好きで、スタイルは良い。
男の姉であり妹であり、親友でもある彼女だが、
男の告白から、その気持ちが少しずつ変わり始める。



・トミー(http://loda.jp/tikakoi/?id=6.jpg
学食をぶちまけた回数学内ナンバー1。
ころころ変わる口調と一人称が特徴的な、元気なちびっこ。
誰からも好かれる明るい性格。意外な事に部活は茶道部に所属している。
親友である男に対して、特別な気持ちを持っているようだが…?
可愛いポンポンがついたふわふわ帽子がお気に入り。



・アマネ(http://loda.jp/tikakoi/?id=3.jpg
料理部部長で、独創的なスイーツ(?)発明家。
甘い物に目がないため、いつの間にかアマネが本名のようになってしまった。
そんな彼女の本名を覚えている人間は数少ない。
ちなみに、本名は「茜(あかね)」
淑やかで美しい外見とは裏腹に、スイーツの事になると暴走してしまう。
男を毒見係りのように扱う裏には、彼に対する隠れた気持ちが……。
すらりと細い黒髪美人。近づき難いオーラだが、コアなファンも増殖中。



・あやめ(http://loda.jp/tikakoi/?id=3.jpg
アマネの実の妹で、西洋人形を思わせる雰囲気を持つ少女。口癖は「〜だから」
完璧な「姉さま」依存症で、姉さまと卵さえあれば生きていけるらしい。
中学生には見えない幼い容姿を気にしたり、
「ちゃん」付けで呼ばれる事を嫌がるなど女の子らしい一面も覗かせる。
姉と親しい男に敵対心のようなものを抱いている反面、少し興味もあるようだ。
姉のスイーツを喜んで食べられる唯一(?)の人間でもある。
5 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/05/30(日) 23:24:29.82 ID:txhDUCko
・母
男の母で、夫とは男が幼い頃に死別している。名前は「京香」
仕事をしながら女手一つで男を育てた強い女性で、
男のバカな行動にも笑ってスルー出来る良い性格。
WEBデザイナーを職業としていて、基本はいつも家にいる。
あられもない薄着がデフォルトスタイル。
子持ちとは思えない容姿でスタイルも良いが、酒に弱いのがたまにキズ。
歳の話をされる事と、「オバサン」と呼ばれる事を嫌い、話そうものなら笑顔で鉄拳がキレる。


・ヤリダ先生
男の通う高校のゆるーい英語教師。
茶髪にリングとどう見ても教師には見えない風貌で、男によく絡んでくる。
時折真面目な顔を見せる事があるが、どちらが本当の顔かは判らない。
そして、彼がどうして教師になれたのかも、誰も判らない。
本名は「ヤリタ」だが、「やりたいだけだ」と女学生を中心に言われ続けたため、
ヤリダという不名誉なあだ名がついた。本人は気に入っているらしい。
しかしそんな風貌が原因か、教師になってから一度もバレンタインにチョコはもらえていない。


【ちかこいロゴサンプル】
http://loda.jp/tikakoi/?id=13.jpg

サンプルンなのでこれで決定ではありません。


【最後に】
多分、このスレでこのお話は完結になると思います。
最終的に男がどのヒロインと結ばれるかは、今までの安価結果次第です。
明確な数値等の形で決めているわけではありませんが、皆さんの安価取りはちゃんと意味があります。
だから「最後の安価だけ取ればおk」という訳ではありません。
どうか暖かい目で男とヒロイン達をお見守り下さい。



――――テンプレここまで―――――
6 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/05/31(月) 00:14:10.23 ID:gNk1eYko
〔凸〕このスレも5つ目か……。
遅筆のせいもありますが、こんなに長く皆さんに愛されてるヒロイン達に嫉妬さえ覚えそうです笑
どうかどうか、最後まで楽しくいきましょう。

絵師さん……見てない見てない。私は何も見ていない
7 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 00:14:31.67 ID:YDUcw.I0
ジム乙
8 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 00:15:09.91 ID:VcdIJWko


めっちゃ楽しみだああああ
9 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 00:18:56.05 ID:kD9YqJk0
>>絵師さん……見てない見てない。私は何も見ていない
大丈夫…トミーの上半身はノーカウントって信じてる
たて乙です、続きも超期待してます
10 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 00:24:41.13 ID:n/bI6Oco
乙です
11 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 00:33:50.40 ID:yYPyHoDO
ジム乙
今のペースで問題ないから無理せずにやってくれよ

しかし事後トミー可愛すぎて抜けなかった……あれは反則
12 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 00:43:14.89 ID:xnMboMA0
もう五スレ目か…
はやいもんだねぇ。

私男だけどヤリダ遠藤に持って行きたい。
13 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 01:07:48.64 ID:0sbDS4.0
ジム乙
トミーいいよトミー
14 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/05/31(月) 02:02:45.02 ID:gNk1eYko
Σ〔;凸〕サンプルン!?なんじゃそりゃ…!!しまった急いでたせいで誤字った……しにたい……
母とヤリダの画像もリンクしとくの忘れてるしもう……

自己嫌悪ですがとりあえずトミーの○絵みながらキー叩く作業してきます……
15 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 02:04:42.97 ID:zbruwGc0
ジミーww
16 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 02:19:46.14 ID:yYPyHoDO
サンプルンてなんかかわいいなwwwwww


ふと思ったんだけど、トミーと男がイチャこらする時すぐ隣にサナミが居るんだよな
耳澄ましたらギシアン声なんか聞こえてきて………

トミーendならサナミがend
17 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/05/31(月) 03:13:30.13 ID:gNk1eYko

「…ーっ!!」

目と鼻の先に、サナミの顔がある。
鼻腔に感じる甘ったるい香りと、優しく触れる彼女の唇の温もり。
そうする事が当然であるかのように、俺の服をきゅっと握るサナミを、強く抱き返した。
サナミの唇と今、触れ合っている。
正に今、彼女とキスをしている。
唇を不器用に重ね合わせるだけのぎこちないキスが、俺の鼓動を爆発させた。
初めての出来事に戸惑う俺は、見開いた目を閉じ、ただぎゅっと、彼女を抱く事で精一杯だった。
形の良い唇は嘘のように柔らかくて、暖かかった。


「………」

サナミ
「………」

刹那の内に永遠の時は終わり、どちらともなく俺達は唇を離した。
ゆっくりと目を開けと、頬を赤く火照らせるサナミがそこに居た。
唇に残った温もりが冷気にふっと冷やされて、ぼやけた意識に輪郭が戻る。
それと同時に、今彼女としていた事がリアルな色を持って、俺の胸を圧迫した。
淡く唇に残る香り。
俺の初めての。
初めての幼馴染とのキスは、甘い甘い、とろけるようなチョコレートの香りだった。


「……えっ…と……」

彼女の瞳をただ見つめるだけで、俺は何を言えばいいのかわからなかった。
腕の中で俺を見るサナミは、下唇をそっと噛んで、絡んだ視線を解いた。
そしてもう一度、俺の背に腕を回して赤くなった耳を胸へ押し付けた。

サナミ
「……女の子に……言わせないでよ……ばかっ…!」


「……は、はは……ごめんな」

サナミの細い腕は、痛いほどに俺の身体を抱き締めた。
何故か溢れる笑みをかみ締めて、そっと彼女の髪に触れる。
するりと髪の上を滑る手を、二度、三度と往復させて、俺はもう一度彼女の温もりを感じた。
心臓の高鳴りは、もう止んでいた。

――――――

サナミ
「……んーっ…!!」

どれくらいの時間、抱擁を交わしていたかは判らかった。
俺の腕に熱い温もりを残して離れたサナミは、月に向かって、大きく背筋を伸ばしていた。
18 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 03:17:38.82 ID:GPv/6.SO
オイオイここまでやられたらアマネ安価取りづらいな
19 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 03:22:53.68 ID:zpN49QAO
もうなんかいろいろ爆発した
20 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 04:18:48.62 ID:OZMqJzMo
童貞の俺には眩しすぎる…
だけど見ちゃう…ビクンビクン
21 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 04:19:58.73 ID:5v23mkDO
>>18
もう今回は素直にサナミだ
22 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 06:59:11.68 ID:jQ/tl.DO
>>21
だが俺はあえての殺めで逝かせてもらう
23 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/31(月) 08:55:04.54 ID:VOaeTgDO
サナミ…お前がナンバーワンだ!
24 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 08:57:45.91 ID:9zFL3ugo
まだだ、まだ終わらんよ!
25 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/31(月) 09:01:40.24 ID:HgvDguE0
新スレ…き…来てた…

ビクンビクンッ
26 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 09:45:02.88 ID:F828Nrc0
ここまできたら意地でもあまね安価とって見せる!
27 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 11:52:07.74 ID:acV8c7k0
トミーを忘れんなあ
28 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 14:10:31.90 ID:UhNSmXYo
サナミ一筋で生きてきてよかった
29 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 14:26:39.70 ID:GPv/6.SO
うむ平日は静かでよいな
30 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 14:45:18.33 ID:c8U0Ric0
2日間こなかったら新スレできてた。
サナミ最高。
31 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 15:05:07.66 ID:jW9sW6s0

俺達はまだ気が付かなかった…

物陰から俺とサナミを見ている存在に………


ヤリダ「そ…んな……。男…君……。」
32 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/05/31(月) 15:13:43.99 ID:gNk1eYko
相変わらず外は肌寒い。
だが身体の奥の、触れられない部分には心地よい暖かさが満ちていた。

サナミ
「さ……寝よっかな!」

力を抜いて肩を下ろすと、サナミがトーンの明るい声を出した。
手すりにもたれて、こちらを向いた表情も声と同じように明るく、満ちた笑顔だった。


「え、えぇ!?」

沈黙から明けた第一声は、心の何処かでもっと甘い言葉を想像していただけに、
安直な言い方だが”恋人染みた空気”を、一刀両断した彼女の発言に俺は素っ頓狂な声が出てしまった。

サナミ
「なに?まだ一緒に居たい?」

つんのめりそうになる俺に、彼女は悪戯な顔で聞いた。


「そ…そんな事は……無い…ような……あるような……」

サナミ
「ふふ……どっちなの?」

唇を合わせるような距離になっても、俺が彼女の手の平で簡単に転がされるのは、昔から変わらない。
ただそれは決して嫌なものではなく、むしろ心地が良い気さえする。
乱暴に自分の髪を触って、俺は苦笑いを返した。

サナミ
「……あたしだって……」

そこまで言って、サナミは言葉を切った。
恥ずかしげにつぐんだ口に、胸が疼く。

サナミ
「ほら、明日も学校だし…早く寝なきゃね」


「それもそうだけど……」

サナミ
「………」

急に静かな空気が流れ始める。
遠くに聞こえていた街の音も、今ではとうに静かになっていた。
時間の事などすっかり忘れていたし気にしたくもなかったが、
満ちる静けさに、ベッドタウンが眠る時間だという事を気付かされた。
33 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/05/31(月) 15:15:06.86 ID:gNk1eYko
〔;凸〕仕事前に一個だけ……
今日は少し帰りが遅くなりそうなので、更新はまた夜明け間近かと……
相変わらずの遅筆で申し訳ないです…
34 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 15:17:59.37 ID:GPv/6.SO
労働ご苦労様であります

自宅、およびスレの警備は我々警備員にお任せ下さい
35 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 15:27:33.46 ID:n/bI6Oco
乙であります。
36 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 16:09:54.16 ID:yYPyHoDO
ジムカスともなれば小隊の指揮も大変なんだろう
機体の整備はしっかりな
37 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 17:47:30.85 ID:srO2icYo
男は奥手だなぁ
素晴らしい設定だ
38 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 19:19:05.13 ID:yYPyHoDO
これで彼が肉食系ならどう見てもただのエロゲです。本当にありがとうございました。

絵師ちゃんジムのイラストまだー?
39 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 19:41:12.90 ID:qNidCco0
BB2Cで見らんなくなっちゃった…
が,張り付いてるぞ!
ラストスパート頑張れっ( *`ω´)
40 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 20:17:24.47 ID:qNidCco0
BB2Cで見らんなくなっちゃった…
が,張り付いてるぞ!
ラストスパート頑張れっ( *`ω´)
41 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 20:22:36.54 ID:P60LKgQ0
>>40
普通にBB2Cで見れるぜ?
42 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 20:41:36.22 ID:pI9qEADO
>>39-40
この36分の間はなんだよwww
43 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 20:55:03.90 ID:kD9YqJk0
>>38
ジムとトミー
http://loda.jp/tikakoi/?id=24.jpg
44 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/31(月) 20:58:08.65 ID:EwigO/k0
やべぇ…かわぇぇ…
45 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 21:00:48.34 ID:srO2icYo
>>43
太ももがたまらん…
あやめの事後絵なんかあった日には狂乱喜するから是非描かないでほしい
46 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 21:25:11.39 ID:GPv/6.SO
ジムに萌えた
47 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 22:03:08.50 ID:5v23mkDO
>>43
ありがとうございます








ありがとうございます
48 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 22:13:00.86 ID:HZkhXoSO
ジムを華麗に操るヒロインたち

果たして誰が一番上手くジムを操れるのか…
49 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 22:27:20.04 ID:YDUcw.I0
>>48
なんか卑猥だ…
50 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 23:19:32.26 ID:6lkligc0
サナミみたいなお刺身ほしいよぉぉぉおおお
51 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 23:21:11.74 ID:xSkmOJs0
>>50

食うの?
52 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 23:23:00.46 ID:AKEgSvco
お刺身みたいな幼馴染欲しいよぉぉぉおおお
53 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/31(月) 23:24:55.68 ID:srO2icYo
女体盛りってことだろ言わせんな恥ずかしい

…画像頼む
54 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/01(火) 00:07:43.73 ID:5zahPYDO
ジム可愛すぎクソワロタ
陰のヒロインはジムなのは確定的に明らか
55 :〔凸〕 ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/01(火) 17:01:03.22 ID:BheLLOA0
〔;凸〕ただいまです…遅くなって申し訳ない
仕事→そのまま朝まで引っ張られる→先程帰宅の強行軍
ちょっとさすがにアルクォールが抜けてないので休んでから更新がんばります…

>>43
ちゃんとジムカスなのとトミーの帽子とが芸細かすぎですよ笑
各ヒロインの搭乗機を考えようそうしよう
56 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/01(火) 17:12:34.00 ID:t3f0TwSO
アマネは俺の腰の上に搭
57 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/01(火) 20:59:57.67 ID:sPgdtu60
BB2Cで書き込めなくなってる・・・・・・
最期の最後で安価がとれない・・・・・・だと・・・・・・
58 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/01(火) 21:03:28.58 ID:BheLLOAo

「……なんか……さ」

サナミ
「なに?」


「……急にだったから、びっくりした」

サナミ
「え?あ……あははは……」

率直な感想を告げると、サナミは照れ笑いを浮かべて、指先で前髪に触れた。
さらさらとそよぐ髪に、もう一度触れたいと思った。

サナミ
「……だって…」

サナミは後ろ手を組んで一呼吸ついてから口を開いた。


「だって?」

サナミ
「……後でしとけばよかったなんて」


「……」

サナミ
「そんな後悔は……したくなかったから」

目線を落としたサナミは、そう言って長い息を吐いた。
俺の迷いが、サナミを迷わせ、苦しめている。
俯いた彼女の姿が、胸を締め付けた。
また訪れた意味深な沈黙の後、サナミはふっと顔を上げた。

サナミ
「………あたし、戻るね」


「そ、そっか…わかった」

暫くぶりに顔を上げたサナミは、いつもの明るい顔に戻っていた。
だから俺も、軋む胸をぐっと堪えて、笑顔を作った。

サナミ
「……よっ…と」


「き…気を付けろよ?」
59 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/01(火) 21:06:13.62 ID:BheLLOAo
サナミ
「今度はだいじょーぶ…!」

身軽に手すりの上に座ると、くるりと身体を回して向かい側のベランダに着地した。

サナミ
「ね?」


「……お見事」

首を傾げて微笑むサナミに、俺は笑い返した。
近づきすぎる事を恐れていた俺達は、またベランダ越しに笑いあう。
いつもと同じ空気に、俺は心から安堵していた。

サナミ
「じゃあ……おやすみ」


「………」

手を振るサナミに、軽く頷いて応える。
ゆっくりと振り返る後姿が名残惜しくて、俺は声をかけた。


「…サナミ」

サナミ
「なに?」

サナミは俺の声に素早くこちらに向き直った。
上がった口角が、呼び止められるのがお見通しだったと言っていた。


「……”おやすみのキス”は無いのか?」

サナミ
「ばっ……!」

手すりに肘をついて軽口を叩くと、サナミは右手を振りかざして顔を赤くした。
予想通りに反応に、思わず顔が綻ぶ。
冗談半分で言ったつもりだったが、月明かりに光る唇を見つめていると、
少なからずも”あわよくば”と思っている自分が居るのも事実だった。
とはいうものの、この後はいつも通り軽く叱られて、二人して笑って、終わる。
そう思っていたのだが、サナミから返ってきた言葉は俺の予想とは違っていた。

サナミ
「………わかった。じゃあ……恥ずかしいから目瞑って?」


「え?お、おう……」
60 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/01(火) 21:20:18.55 ID:P9rABwAO

やべぇ、Wktkすぐるwwwwww
61 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/01(火) 21:26:33.95 ID:h/oczKQ0
wktk
62 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/01(火) 21:51:06.65 ID:BheLLOAo
思わぬ言葉に胸の鼓動が高まる。
俺は嬉しいような、申し訳ないような展開に、言われるままに目を閉じた。


「………」

広がった暗闇の中、耳の奥でどくりどくりと血流の音。
擦れる服の音が、サナミが近づいてくる事を悟らせた。
まさかこんなにも早く、二度目のキスが許されるとは。
正直に言って、浅はかにも俺は興奮を隠しきれなかった。
しかし。


「……いっっ……てえええ!!!」

鼻先に衝撃があったかと思うと、鋭い痛みが走った。
突然起こった事態が飲み込めずに、俺は仰け反って顔を押さえた。

サナミ
「ぷ……あははははっ!」

違う意味でばくつく胸を押さえる俺を見て、サナミはお腹を押さえて笑っている。

サナミ
「ばーか、調子に乗りすぎ!」


「う……」

いつもの下手なウインクをしながら、サナミは空中で中指と親指を合わせ、弾いた。
要するに、してやられた。
浅ましい願望を抱いた自分が情けなくて、俺は耳が熱くなった。

サナミ
「……素敵なキスでしょ?」


「……とっても」

痛む鼻を擦りながら、俺は自分を笑った。

サナミ
「……ねえ……あたし……待ってるね」


「……」

彼女の言葉に、俺はただ頷く事しか出来なかった。


「……俺…」
63 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/01(火) 22:49:20.53 ID:VJJX8oA0
wktk
64 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/01(火) 22:53:07.09 ID:5zahPYDO
駄目だこれ誰も勝てないじゃん……かわいすぐる

しかし今日はVIPくさいのが多いな
65 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/01(火) 22:55:29.46 ID:PfzqZJMo
vipから来たから当然じゃね
てかむしろwktk使うとvipperなのか
66 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/01(火) 22:56:35.59 ID:TiwIatwo
そんなばかな
67 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/01(火) 23:11:09.72 ID:wt3GhGwo
いいぞ…
68 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 00:07:18.62 ID:t0kp.9E0
やっと追いついた・・・
69 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 00:10:47.75 ID:nuZsSgDO
うわっ…
70 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 00:17:22.50 ID:qv9To.DO
確かに今北の人たちは追いつくの大変だろうなwwwwww
量が半端じゃないしなこれ
71 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 01:16:17.08 ID:bkVVPkMo
気になったからちょろんと数えてみた

製作来てからのジムの総レスが732、1回のレスで大体500~700文字か
間をとって600文字として732*600=43万9200文字!?
手元のラノベが1行40字、1ページ16行だから686ページ分か
1.5〜2冊文くらいはあるな・・・
ストーリーじゃない普通のレスもあるし参考にはならんだろうけどね
72 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 01:24:44.40 ID:qv9To.DO
確か前に誰かも数えてたな
800字超えのレスもあるみたいだし実はもっと多かったりして
73 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 01:38:39.90 ID:Qbq8QWg0
こまけぇこたぁ((AAry
74 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/02(水) 03:01:12.61 ID:KlkWCbEo
サナミ
「……なに?」


「……サナミが幼馴染で良かった」

サナミ
「…ーっ…!」


「……ありがとう」

サナミ
「……どういたしましてっ!」

サナミは、顔をいっぱいの笑みで満たした。
淡い光を浴びる幼馴染は眩しくて、目を細めないと見つめる事さえ出来ない。
俺は、何も言えないが、感謝の気持ちでいっぱいだった。
優柔不断な俺を、いつも優しく見守ってくれている彼女に。
情けない俺を、いつも叱ってくれる彼女に。
後ろを歩く俺を、いつも振り返って笑いかけてくれる彼女に。

サナミ
「じゃあ……また明日ね!」


「…おう!おやすみ!」

サナミは大きく手を振って振り返ると、暖かい光の中へと消えていった。
そして窓を閉めてこちらを暫く眺めた後、ゆっくりとカーテンを引いた。
向かいのベランダに細く細く、零れた光が筋を作っていた。
二本の手すりと、薄い硝子、カーテン。
たったそれだけの物質を間に挟んだだけで、途端に遠く感じる。
一人見上げれば、真っ白で丸い月が俺を見下ろしていた。
浴びる明かりが冷たくて、細く吐いた息が二月の空へ溶けて消えた。


「………おやすみ」

もう一度彼女が居た場所を見つめてから、俺は幾許かぶりに部屋へと戻った。
暖房をつけていたわけでもないが、部屋の空気はやはり外よりも暖かかった。


「………」

ベッドに身を投げて、天井を見上げる。
恋だとか愛だとか、そういうのはよく分からない。
ただ一つ分かるのは、人を好きになるという事はとてもとても難しくて、
こんなにも胸を痛く締め付けるものだという事だった。
目を閉じると唇が思い出す温もり。
月が一瞬、煌いたように見えた。
75 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/02(水) 03:07:34.76 ID:4Wf8tmQ0
ttp://jlab-tv.uploda.info/2/s/tv1275415334137.jpg
76 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/02(水) 03:12:00.57 ID:4Wf8tmQ0
ttp://zip.2chan.net/7/src/1275415459739.jpg
77 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 03:20:07.79 ID:qv9To.DO
ジム━━━〔凸〕━━━━!

こいつあちこちでけいおん画像張りまくってんな
通報しとく
78 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 03:28:39.53 ID:c6p0H6SO
どうでもいいけど、小さいころ「どういたしまして」のことを「どういたました」ってずっと言ってた事を思い出した
79 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/02(水) 03:34:46.21 ID:4Wf8tmQ0
ttp://areya.tv/up/201006/01/13/100602-0130580458.jpg
80 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 03:37:24.96 ID:jJxFho6o
ホントにどうでもいいな
81 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/02(水) 03:49:06.48 ID:KlkWCbEo
〔;凸〕けいおん……何故……
さて、休憩したらとりあえずこの日の最後まで一気に書きます。頑張ります。
といってもあとちょっとですが……。
それが終わったら話の9割以上は終わりになりますね……。なんだか信じられないです。
82 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:05:03.64 ID:c6p0H6SO
感動のラストをみのがすなッッ!
83 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:05:41.35 ID:SF4HSnU0
私男だけど、ジムのその男気に惚れそう////

更新は嬉しいがあんま無理すんなよ。キリッ
84 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:09:06.18 ID:jjHKBaU0
もうそろそろ終わっちゃうのか…
楽しみな反面淋しいもんだね。

俺はジムも、絵師も、
なによりこのSSに勇気、性欲、生きる意味を貰った同志達を忘れないぞ!

85 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:10:50.57 ID:RjRo0260
>>84
あたし・・あたし泣かない・・・・・ッ!!!
86 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:11:56.05 ID:13ACHaI0

ヤリダ「あたしも泣かないわ・・・!!!」
87 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:13:26.84 ID:rW2FGqo0
>>86
男「おやおや…鳴かないんじゃなかったのか……なッ!!!!!」ズンッ
88 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:14:51.91 ID:F2rFhoE0
>>87
ヤリダ「ひぎぃぃいいい!!」
89 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:16:35.53 ID:F2rFhoE0
>>86-88
折角>>84がイケメンな事言ったのに…無茶しやがって。
90 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:18:34.50 ID:F2rFhoE0
>>89
果たして>>84はホントにイケメンかな…?
さりげなく性欲混ぜた野郎だぜ…?
91 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:20:34.71 ID:PAMzzvs0
>>88-90
なにこれID被り?
92 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:20:43.29 ID:qv9To.DO
やだこの子一人で喋ってるこわい……

頑張ってるジム頑張れはおかしいから、ありがとうと言っとく
93 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:22:38.97 ID:XK/2QYU0

頑張ってるジムに頑張れはおかしいから、愛してると言っとく
94 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:24:34.98 ID:2fQazec0
やだ変な自演してる子がいる気持ち悪い………

頑張ってるジムに頑張れはおかしいから、イかせてくれと言っとく
95 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:27:09.71 ID:zov4UPk0
ってか話し飛ぶけど
今部屋でチン毛燃やしてたら火災報知器鳴ったんだが  
96 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:27:58.59 ID:ulAxDHc0
どんだけ燃え盛ったんだよ
97 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:28:22.27 ID:t0kp.9E0
やだこの子一人で自演してる気味が悪い

頑張ってるジムに頑張れはおかしいから、スナイパーライフルあげる
98 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:28:43.36 ID:RT3zW2U0
>>95ようパイパンマン
99 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 04:31:15.35 ID:RT3zW2U0
やだチン毛の話してる子がいる、飯が上手い……

頑張ってるジムにうんたらかんたら
パイパン置いときますね。
100 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/02(水) 04:38:03.61 ID:KlkWCbEo

「……腹減ったな……」

時計を見ればもう日付が変わるまであと少しという所だった。
サナミのチョコレートは美味しかったが、あれで腹は膨れない。


「そういや晩御飯食べてな……あ……!」

まずい。
全身が冷水を浴びたようにさっと冷えて、俺はベッドから飛び起きた。
つんのめる身体を必死に立て直して、ドアを開け階段を駆け下りた。
家に満ちているのは夕飯の香り。
焦りとは無縁とばかりに、俺の腹は情けなく鳴った。


「ば……晩御飯でき……てた?よね……?ははは……」

食卓に入ると同時に目に入って来たのは、
ずらりと並んだ夕飯達と、その前に座って頬杖をついている母だった。
色とりどりの料理と、母の冷めた表情のコントラストが言いようの無い威圧感を醸しだしている。


「……で……”青春”はもうお済みでしょうかおぼっちゃま」


「あ…ははは……は、はい……」

流した目線で俺を射抜いた母が口を開いた。
その口ぶりからみるに、俺が何をやっていたのか察しがついている様子だ。


「……ちょっとおいで」


「………」

にっこりと微笑む母。嫌な予感がするが行かないわけにはいかない。
呼ばれるままにおずおずと母の前に立つと、母は手で”頭を下げろ”というジェスチャーをした。

―――ゴンッ!


「……ーっってえええええ!」

膝を曲げ下げた頭に、骨ばった鉄拳が炸裂した。
目から火花が出るかと思うほどに衝撃が響く。
こうなると予想はして身構えていたものの、その痛さは両膝が床に着くほどだった。


「もー!すっかり冷めちゃったじゃない!遅すぎる!」
101 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/02(水) 05:20:51.64 ID:KlkWCbEo

「いたたた……悪かったよ……」

痛む頭を擦りながら、向かいの席に座った。
結局俺は、母とサナミの両方から怒られる事になってしまった。
自分のせいとはいえ、余りにも情けない。


「待ちかねて呼びに行ったら”デート中”だったから邪魔しないでやろうと思ったのにもう……はぁ」


「な……見てたのかよ!」

大袈裟なため息をつく母に思わずつっこみを入れた。
二人で居たのを見られた事と、彼女が部屋に来たのに気付かなかった自分の愚鈍さに耳が赤くなるのを感じた。


「ちらっと見ただけ。盗み見するほど悪趣味じゃないわよ」


「……」

どのシーンを見られたかで恥ずかしさの度合いが変わってくるが、
そこまで突っ込んだ所でどうせ恥ずかしい事には変わりない。
俺は黙って息を吐いた。


「食べるの?食べないの?それともチョコでお腹一杯?」


「食う!食うよ!」


「……仕方ない、許してやるか」


「すいません……オムライスとか久しぶりだなぁ」

改めて並んだ料理を見ればどれも俺の好物ばかりで、
中でも流行の半熟タイプではない、綺麗に卵の巻かれたクラシックなオムライスは”大好き”の部類に入る。
何かの栓が外れたように、口の中に唾液が溢れた。


「ほら、ケチャップライス」


「ん?うん……え?」


「赤いでしょ?だから、お赤飯のかわり」
102 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/02(水) 06:08:50.15 ID:KlkWCbEo

「あぁ……はははは……なるほど」

母らしい茶目っ気に肩の力が抜けて、それと同時に、派手な音で腹が鳴った。
俺の空腹はいよいよ限界が近いようだった。


「食べていい?」


「駄目って言ったら食べないのね可哀想に。じゃあ駄目って言うわ私」


「……いただきます」

とりあえず無視して、俺はスプーンを手に取った。
並んだおかずにも目移りするが、とりあえずはオムライスだ。


「ケチャップで名前は書かなくていいの?」


「い、いいよ!幾つだと思ってんだよ……」

子供の頃のささやかな楽しみは、恐らく誰でもやったがあると思うが、
ケチャップで自分の名前を書く事だった。
流石にこの歳にもなってそんな子供染みた事はやらない。
波模様に赤いケチャップをかけると、黄色と赤の配色がなんとも食欲を刺激した。
スプーンの裏で少しだけ平たく伸ばして卵をほぐすと、唾液を飲み込んでから遅い夕飯を口に運んだ。


「……美味い!」


「当たり前の事言われても嬉しくないわねー」

そういいながらも、母は嬉しそうだ。
久しぶりに食べるオムライスは少し冷めていたが、余りにも美味しい。
シンプルな料理をきちんと美味しく作れる人が本当に料理が上手い人だとアマネが言っていたのを思い出した。
夢中でスプーンを進める俺を見てから、母は自分の分を食べ始めた。


「で、結局今年のチョコは”三つ”になったわけ?」

他愛も無い話を交わしながら食事も半分ほど進んだ頃、母が唐突に言った。
鋭い指摘に、俺は思わず口に含んだお茶を噴き出しかけた。
義理はノーカウントだと常々言っている母がそう言うのだから、
サナミのチョコレートが”義理”では無いという事を悟っているようだ。


「……ご想像にお任せする」
103 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/02(水) 06:09:24.18 ID:KlkWCbEo

「まーサナミちゃんがあんたをねー……もったいないと言うかなんと言うか……」


「…………」

随分と失礼な物言いだが、言われてみると面と向かってそれに反論できるほどの器量が
俺にあるのかどうか分からなくて黙ってスプーンを動かした。
解れた薄い卵の間から赤いチキンライスが溢れた。


「あ、卒業式に着る服買いに行かないと……」


「わざわざ買うの?」


「そりゃ大事な息子の卒業式よ?当然じゃない」

サラダを取り分けながら、母は言った。
”らしい事”を平然として言われると、妙にくすぐったいものだ。


「……しかし、あんたがもう高校卒業とは早いもんね」


「お陰様で大きくなりました」


「ふふ……さっさと大きくなって、私に楽させなさい」


「なんだよそれ……まぁ、善処するよ」

なんだか恥ずかしくなって、俺は軽口で流した。
しかし、女手一つ、俺をここまで育ててくれた母に感謝しない日は無い。
今はまだ、学生の身分で母に楽をさせてやる事は出来ない。
だから俺は、その代わりに並んだたくさんの夕食を腹一杯に食べる事で感謝を表した。
一つ一つをかみ締めながら、味わって。
母はその様子を柔らかい笑みで眺めている。


「……ま、親子二人でも結構幸せよね」


「……」

頷くように、口いっぱいの夕飯を飲み込んだ。
乾き始めたコップに、音を立てて琥珀色のお茶が注がれた。
なんとなくいつもより暖かくて、美味しい。
そんな夕食だった。
104 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/02(水) 06:36:29.91 ID:KlkWCbEo
――――――


「ふー………食ったなぁ」

苦しいほどに一杯になった腹を押さえながら、濡れた髪のままベッドに倒れこんだ。
珍しく長めに湯に浸かったせいで、冷房でもかけたい気分だ。
流石にそれはしなかったが。
時刻はとうに零時を回っていて、開きっぱなしのカーテンの向こう側は真っ暗だった。
夜が透ける黒い硝子に、頬の赤い俺がぼやけて写っている。


「……あ」

バスタオルで頭を拭きながら、乱暴に放ってあった鞄を拾い上げると、だらしなく開いた鞄の口から青い箱が見えた。


「……そういや、まだ食ってなかったな……」

手に取る箱は小さくて、一瞬でトミーの姿が浮かび上がった。
本人曰く”ギリギリ”チョコレートだそうだが、どういう代物なのだろうか。


「……寝る前だけど、ありがたく頂くか…」

寝る前にチョコレートというのもどうかとは思う。
だが貰ったのだから今日中に食べるというのが礼儀だろう。もう日は変わっているが。
それにトミーの事だ、明日会った瞬間に出来栄えについてつっこんでくるに違いない。
俺は首にタオルをかけたままベッドに腰掛けて、箱の紐を指で摘んだ。
甘い物好きの俺は、箱を開けながら一杯だった腹に少々の余裕が出来るのを感じた。


「おー……可愛いな」

箱を開けると小さな丸いチョコレートが綺麗に並べられて入っていた。
見た目からすると、どうやらトリュフチョコレートのようだ。
実は割と酷い見た目を想像していたのだが、予想外に綺麗な出来に素直に驚いた。
一生懸命ころころとチョコを丸めているトミーを思い浮かべて、顔が綻ぶ。


「ん?なんだ……?」

箱の裏に、小さく畳まれた紙を見つけた。


「……”食べる前に、読む”……?」

なんだか胃腸薬の広告のような文句が書いてある紙を広げてみると、
それは可愛らしい猫が描かれた便箋に綴られた、トミーからの手紙だった。
チョコレートの香りが移った甘い香りのする手紙に、心臓が一度どくりと揺れた。
そう大きくない紙には、なかなかの量の可愛らしい文字が書き込んであった。
105 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 07:04:29.21 ID:QBc1DKco
読んじゃだめぇ…
106 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/02(水) 07:18:46.71 ID:8rvU0yk0
読みたいでつ
107 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/02(水) 07:26:52.59 ID:KlkWCbEo
チョコレートを枕元に置いて、俺はベッドに座りなおした。
どんな事が書いてあるのか、色んな妄想をしながら息を吐いて、紙を綺麗に開く。
どうにも自分の動きが硬く、何かの”儀式”のようで、俺は自分で笑ってしまった。


「さて……」

半乾きになってきた髪をざっと後ろに掻き揚げて、俺は視線を手元に落とした。
可愛らしいイラストと共に書かれたトミーの文字は、
読んでいるだけでまるで彼女が隣で話しているかのような錯覚さえ覚える。

―――――――――――Dear 親愛なるきみ―――――――――――


やっほー!トミーちゃんからのラブラブレターだよー!

ちゃんと食べる前に読んでるかなー?

ほらほら、嬉しいからってにやにやしないのー!

で、アマネっちとサナミンのチョコは美味しかったー?このこのー!

二人からもらってるのは、名探偵のぼくにはすっかりとお見通しです。

身体は子供!頭脳は大人!ってねー

あ!ワタクシは身体も大人のレディーだからそこんとこよろしく。うん。


―――――――――――――――――――――――――――――――


「ははは……身体も子供だろ」

なんともトミーらしさが溢れた手紙に、自然と頬が緩んでいた。
彼女の予想どおりの反応をしてしまっている自分が情けないが、仕方ない。
何枚かに分かれた手紙の一枚目を捲って、俺は続きに目を通した。


――――――――――――――2枚目!――――――――――――――


コホン。実は、ぼくがこの手紙を入れたのには、ちゃーんとりゆうがあります。

君に言わなくちゃいけないことがあるのです。

おどろかないでね。

えっと、たぶん。

きみがこの手紙を読んでいる頃には、ぼくは遠い所に行っているとおもいます。
108 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 07:29:27.35 ID:jJxFho6o
えっ
109 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/02(水) 07:50:28.00 ID:KlkWCbEo
―――――――――――――――――――――――――――――――


「え……」

二枚目は、そこまでで終わっていた。
小さくて、可愛い文字。
ずっと読んでいたくなるその文字から、俺は目を反らした。
理解不能な言葉に、自分でも驚くほどに鼓動が速くなった。
先が知りたいのに、手紙を捲る手が全くといっていいほど動こうとしない。
恐る恐る視線を戻して、手紙を読み直す。
何度読んでも、やはり手紙の内容は読み違いでも何でもなく、変わらずに俺の胸を締め付けた。
努めて深い息を吸い込んで、頭に手をやる。
既に乾ききった髪は冷たかった。


「…………」

続きを知りたいのに、知りたくない。
どくどくと疼く鼓動が耳の奥で響いている。
この手紙を捲った先に、一体何が書いてあるのか。
俺は黙って何度も何度も手紙を読み返して、二度深呼吸をした。
指先が妙な汗で湿って、手紙が張り付く。


「……勘弁してくれよ……」

俺は誰かに訴えながら、やっとの思いで二枚目の手紙をゆっくりゆっくり捲った。
拒む目を怖い映画を見る子供の様に細めて、書かれた文字に嫌々ながら焦点を合わせた。


――――――――――――3枚目!―――――――――――――――


そう。

ぼくは遠い遠い、ねむりの世界へ旅立っている頃でしょう。

今なんじだとおもってるんだー!良い子はねる時間だよ?

・・・・・・えへへーびっくりした?びっくりしたー?

トミーちゃんが居なくなっちゃうかと思って、びっくりした?

もーきみは可愛いやつだなー!ぼくが居なくなるわけないじゃないかー!よしよし。

あ、おこって読むの止めちゃだめだよ!ちゃんと最後まで読んでね!

次のページは、ぼく、ちゃんと真面目に書いてるから。

―――――――――――――――――――――――――――――――
110 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/02(水) 07:52:52.69 ID:KlkWCbEo
〔;凸〕ぐ……今日の終わりまで書くと言ったものの…予想外に長くなって体力が持たない……。
あとほんの少しで終わるのに……。ごめんなさいごめんなさい……。見捨てないで下さい……。
今日の夜、ちゃんと終わらせるので……申し訳ない。〔凸〕一時戦線離脱します……。
111 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 08:03:41.00 ID:TYyq9AAO
トミーがいなくなったら今日から俺は何を支えにしたらいいんだ・・・
脅かさないでくれよジム
112 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 08:20:34.53 ID:f9rPXIDO
ジムお疲れさま。
とりあえず今何時だと思ってるwwww
あと少しだろうけど期待して待ってるよ!
113 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 09:12:12.50 ID:GxUAC0Io
相変わらず文章うまいなぁー。
114 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 09:34:00.63 ID:YPOnXto0
心臓止まったかと思ったじゃねーか、ドッキリさせんなばかやろー!!
仕事忙しそうなのに無理してんじゃねーよちくしょー!!
続きなんて期待してねーんだからな、だからゆっくり書けこのやろー!!
115 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/02(水) 10:22:29.50 ID:yaeqpoDO
久しぶりにトミーのターン!

ジムあんま無理せんといてくれよ
116 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 10:44:35.50 ID:Nigc.PUo
撃墜数ナンバー1のトミーが登場か
117 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 10:54:42.85 ID:M78E0/Io
乙です。
無理はしないでくださいね。
118 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 11:48:53.28 ID:WxDWDlI0
トミーェ…
119 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 13:45:12.32 ID:vg87rADO
大した奴だ……
120 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 14:35:57.05 ID:ihbEXi20
俺、この戦いが終わったらトミーと結婚するんだ、、、
121 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 14:37:03.14 ID:qv9To.DO
皆スルーだからあえて言っとくか

京香さん可愛い
122 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/02(水) 18:03:09.40 ID:ul1dLADO
>>121
当たり前のことを言われても嬉しくないわねー
123 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 18:19:29.13 ID:Nigc.PUo
そう言いながらも>>122は嬉しそうだ。
124 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/02(水) 19:53:58.74 ID:vfI0jwDO
トミー…
脅かすなよ…
頭フリーズしたぜ…
125 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 20:23:55.75 ID:QBc1DKco
こんな手紙見たらすぐにコピー取ってコピーの方をびりびりに破ってトミーに投げつけて
「こんな手紙よこすなびっくりしただろ馬鹿」って言って抱きしめるわ
126 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/02(水) 20:29:32.94 ID:KlkWCbEo

「………」

言いようの無い脱力感と安堵感が一度に押し寄せて、俺は手紙を落としかけた。
トミーのどっきりには慣れていたつもりだったが、今度ばかりはまんまと引っかかってしまった。
なによりも驚いたのは、彼女が居なくなるのかもしれないと考えただけで、こんなにも動揺する自分が居たことだ。
それほどトミーは俺の中で大きな存在になっているという事なのだろうか。
やっと手の汗も引いた頃、俺は再び手紙を読み始めた。
忌々しげな三枚目はさっさと一番後ろへ回して。


―――――――――――――――――――――――――――

きみと出会ってから、もう3年もたっちゃったね。

あっという間だった気もするし、長かった気もする。

いつもいっぱい迷惑かけちゃってごめんね!おこってる?

そんなワケないよねトミーちゃん可愛いから!

・・・なんて冗談はすみっこにおいといて・・・。

こほん。

ぼくがきみに言いたかったのは、「ありがとう」です。

―――――――――――――――――――――――――――



「…ありがとう……?」

少し太い字で書かれたその言葉を、指でなぞった。
明らかな空気の変わりように、俺は少々戸惑った。
緊張を保ったまま、手紙を捲る。


―――――――――――――――――――――――――――

「いきなり何言ってんだー!」ってつっこんでるかな?

まぁまぁそう言わずに!

ちょっとだけくらーい話になっちゃうけど、きみには聞いて欲しいです。

・・・・ぼく、中学校の頃はぜーんぜんともだちが居なかったんだよ。

あ。ふつーに喋ったり、ごはん食べたりする子達は居たけどね。

でも、なんていうのかなー。「親友」っていうやつ?がぜんぜん出来なかったんだー。
127 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 20:35:20.29 ID:iSh5a2DO
>>126
ともだちか…
なんか目から汗がでてきたぜ
128 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 20:41:55.90 ID:QfprDvUo
そうだよ 僕がともだちだよ
129 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 21:17:27.05 ID:c6p0H6SO
一緒にご飯食べる相手……







あぁ便器のことですね
130 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 21:21:10.02 ID:4ie1utko
おい便器が食ってるのって…
131 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/02(水) 21:21:16.59 ID:KlkWCbEo
それに、嘘みたいだけどぼく、すっごく静かだったんだよ?ほんとに!

小学校はふつーで、中学校で静かになって。

高校生でうるさくなったって感じかな?あはははー

―――――――――――――――――――――――――――



「………」

出来るだけ何も考えない。
何も考えないように心を鎮めて、俺は黙って手紙を読み続ける。


―――――――――――――――――――――――――――

ちびー!とかみじんこー!とか。馬鹿にされたこともあったんだよー?

それで、目立っちゃ駄目なのかなと思ってどんどん静かになっちゃった。

それじゃー親友なんて出来るわけないよね。

ほんと、むかしのぼくは馬鹿だなーまったくー。

でも、一番堪えたのは「あたま」。

あ、頭がわるいっていみじゃないよ!頭は良いもん!

ぼくって、生まれつき髪の色が明るいんだよ。知ってると思うけど。

それをね、ずーっと変な色だ変な色だって言われてさー!

「ぼくのせいじゃないじゃないかー!」って、言えばよかったのにねー。

その時のぼくは、ただ黙って笑われてたの。

・・・それからぼくは帽子が大好きになりました。明るい頭を隠せるから。

明るい頭のせいで暗くなっちゃうなんて、笑い話だよねーまったく!

―――――――――――――――――――――――――――


「……」

胸が詰まる。
可愛く彩られた字と紙とは裏腹に、その内容は余りにも。
俺は、トミーは天性の明るさを持った少女だと思っていた。信じていた。
なのに、あの笑顔の裏にそんな事があったなんて、知りもしなかった。
132 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 21:22:39.16 ID:qv9To.DO
さて、トミーを虐めてた奴を探しに行くか
133 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 21:25:06.23 ID:QBc1DKco
長い手紙だな
トミーはこれを手書きで書いたのか…
134 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/02(水) 21:55:19.00 ID:yaeqpoDO
トミー…(´・ω・`)
135 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/02(水) 22:11:53.75 ID:8rvU0yk0
富竹さん…
136 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 22:18:48.33 ID:8I5ZzJso
>>132
手伝うわ
137 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 22:52:20.23 ID:/uw5UGc0
>>132
よし、行こうか
138 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 22:57:29.37 ID:vfI0jwDO
>>132
とりあえず木刀とトンファーと縄跳びとライターとロウソクは準備してきたぜ
139 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 23:09:48.62 ID:YPOnXto0
>>132
バールのような物は俺の分含めて4本でいいのかな
140 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/02(水) 23:10:50.46 ID:KlkWCbEo
いや、俺が知ろうとしていなかっただけなのかもしれない。
下唇を噛んで、残り少ない手紙を、捲った。

―――――――――――――――――――――――――――

さてさて!そこでもんだいです。

高校の入学式の日、あら大変、かわいいトミーちゃんは一人階段で帽子を落っことしてしまいました。

階段をころころ落っこちる帽子を追いかけて大慌て。

でも、ある男の子が拾ってくれました。

嫌でしょうがなかった髪をまじまじと見られて、

不安と恥ずかしさでパニックになったトミーちゃんは何故か聞いたのです。

「へんかな」って。

その男の子は、何と答えたでしょう!

―――――――――――――――――――――――――――

トミーの手紙は、俺の中の埃を被った引き出しを揺さぶった。
薄ぼんやりとした記憶が、少しずつ輪郭を取り戻してくるのを感じる。
どくり、どくりと鳴る心臓の更に奥で、モノクロのフィルムが軋んで動いた。


「………あ……!」

―――――――――――――――――――――――――――

「いい色だな」 って、言ってくれたんだよ。

もう気付いた?

そうだよ。大急ぎで階段を駆け上がってきた男の子は、

きみだったの。

お礼も聞かないでまたびゅーんって走っていっちゃったから、

たぶん、覚えてないかもしれないけどね。入学式に遅刻するなよー!まったくー。

ぼく・・・本当に本当に嬉しかったんだよ?もう、飛び上がっちゃうくらい!

それからきみと同じクラスになって、またすっごく嬉しくて。ぼくは決めたんだ。

きみと、絶対「親友」になるんだ!ってね。

―――――――――――――――――――――――――――
141 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 23:12:00.61 ID:Yvopt5co
>>132
一緒にトミーを虐めるんだよな?
俺も行くぜ
142 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 23:14:07.24 ID:YPOnXto0
↑見つけた、コイツだ
143 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/02(水) 23:17:57.52 ID:UUVhh6DO
>>141をなぶるスレはここですか?
144 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 23:18:57.17 ID:y.IrveIo
さて、調理に取り掛かろうか…
145 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/02(水) 23:19:27.38 ID:qv9To.DO
男がかっこよすぐる……そりゃ惚れるわ
トミーの帽子がまさかそんなアイテムだったとは…!!
146 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 00:02:04.06 ID:LkNOkLc0
>>141
ちょっと屋上へ行こうか…
147 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 00:14:11.93 ID:TVmyFcSO
男テライケメソ
148 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 00:28:56.10 ID:hELUoUAO
まぁ昔のことは水に流そうって俺の横で寝てるトミーが言ってるよ
149 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/03(木) 00:36:03.82 ID:jUN1VY20
>>148
それトミーじゃなくて便器だぞしっかりしろ
150 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 00:39:31.39 ID:CQUdxBYo
俺もトミーと親友になりたい…
151 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 00:43:41.42 ID:/jJR/NI0
髪の色なんて
二次では赤かろうが
青かろうが緑だろうが
無問題だよな?な?
152 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 00:45:54.32 ID:TVmyFcSO
まあ黒髪ロングのアマネが至高なんですけどね
153 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/03(木) 01:00:55.88 ID:kT7vtEgo

「……トミー……」

靄のかかったフィルムに、ぴたりとピントが合った。
忘れかけていた、いや、忘れていた記憶が鮮明なイメージで蘇る。
そうだ、俺は彼女が声をかけてくれる前に、彼女と話していた。
一番最初に声をかけたのは、俺からだったのだ。

―――――――――――――――――――――――――――

だから、ありがとう。

ぼくにいっぱいの元気と、いっぱいの笑顔をくれて。

ありがとう。

ぼくと出会ってくれて。

きみが居たから、今のぼくが居るんだよ?

だからきみは、ぼくのとってもとっても大切で、だーい好きな人です。

この先ぼく達がどうなっても、それは変わらないからね。

さて、こんなに長い手紙を読んでくれてありがとう!褒めてつかわそー!

チョコの感想、たっぷり聞かせてもらうからちゃんとまとめておくように!

甘いのが好きって言ってたから、ちょーすごいよ!ちょーだよ!

・・・それじゃあね。

ありがとう、大好きだよ。

                          with Love...TOMMY

―――――――――――――――――――――――――――



「…………」

何枚にも重なった手紙は、そこで終わった。
ありがとう。
こんなにも不甲斐ない俺を救ってくれたトミーが、そう言ってくれた。


「……あれ……?」

何故か、両の眼から二粒、光る雫が手紙に落ちた。
154 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 01:04:42.86 ID:Ba5MA.Ao
破壊力やべぇ。
155 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/03(木) 01:38:19.55 ID:kT7vtEgo
流れた涙の理由は、分からない。
ただ、言いようの無い気持ちがこみ上げてくる。
俺は手紙を綺麗に畳み直して、ベッドに倒れこんだ。


「あー……なんだこれ……」

情けないが、また一つ二つ、目から雫が落ちて、枕に染みを作った。
冷たくなったバスタオルで乱暴に顔を埋めて、俺は昂ぶる気持ちを落ち着かせた。
好きだと言われた事よりも、恩人だと思っていたトミーに感謝をされた事の方が俺の心を揺さぶった。
トミーが俺の事を大切だと思ってくれているのと同じ様に、
俺も彼女の事を大切に思っている。
それは恋愛感情だとかそういうものとは別の所にある感謝の気持ち。
この心の温かさが、それを再確認させてくれた。
きっと彼女とは、何があってもずっと親友で居られるはずだ。
それがもし、もっともっと近い距離になったとしても。


「………うし…!」

俺はベッドから身体を起こした。
腕で擦った目頭がじんわりと熱い。
枕元においてあった箱を手にとって、俺はその中から一粒チョコレートを摘んだ。
見た目は普通のチョコレートだが、一体どの辺りが”超”なのだろうか。
若干の不安を覚えつつも、丸いそれを一口に放り込んだ。


「……………」

口の中で暫く転がしてから、噛む。
少し冷たいチョコレートは柔らかく解れた。
思っていたよりもずっと普通のチョコレートじゃないか。
そんな事を少しでも考えた自分は、数秒後には消え去った。


「……ーっ!!!!」

甘かったのだ。
それも、とてつもなく。
俺は生まれて初めてチョコレートを食べて仰天した。
甘さが一周回って、若干の苦ささえ感じる。
飲み込むと喉の奥が焼けるように縮こまった。
最後の最後にふわりと香るカカオの香りが、やっと”美味しい’と思える風味を残していく。


「あんめええええ……!!!」

確かに、超だ。甘さに関しては。
どうやって作ればこれほど甘くチョコレートが作れるのかわからない。
箱の中を見ればあと五つほど残っている。俺はとりあえず、何か飲み物をとってこなければと思った。
156 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 01:49:06.32 ID:hELUoUAO
そうだな、俺とトミーは突き合ってるけど男とはいつまでも親友だよな
157 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/03(木) 02:10:53.68 ID:kT7vtEgo

「………ごちそうさまでした…」

暖かいお茶を飲みつつ、かなりの時間をかけてトミーのチョコレートは空になった。
何度お茶を飲んでも吐く息がチョコレートの香りがする。
不味くは無い。決して不味くは無いのだが。


「……ん?」

畳んで置いておいた手紙の裏に、何か走り書きがあるのを見つけた。

―――――――――――――――――――――――――――

※ご注意※

たぶん、一日に一個の半分くらいにしといたほうがいいかも・・・。
作ったぼくが言うんだからまちがいない。
糖分はとりすぎちゅーいだね!

―――――――――――――――――――――――――――



「…………………………」

チョコレート臭い、乾いた笑いが漏れた。
158 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/03(木) 02:27:02.04 ID:kT7vtEgo
――――――


「………はぁ……」

顔を洗って、部屋の電気を消す頃には、時刻はもう深夜の二時近くになっていた。
今年のバレンタインは、本当に疲れた。
嬉しい事が重なった時に疲れたというのも申し訳の無い話だが、疲れた。
ベッドに倒れこむと、少し冷えた枕と、肌触りのいい布団に身体中の疲れが染み込んで溶けていく。

開けたままのカーテンの向こう側に、濃紺の空に浮かぶ月が見える。
俺は細く息を吐きながら、下唇を噛んだ。

一日というのは、いつのまにこんなにも早く終わってしまうようになったのだろう。
きっと、サナミの言うように卒業する日まであっという間に流れてしまう。
あと何十日かで、高校時代という、俺の人生の一つの歴史が幕を閉じるのだ。
そんな事を考えていると、感慨深いというより、現実感が湧かなかった。

永遠に続くとさえ思えた楽しい日々は、もう終わる。
そしてそこから、また新しい日々が始まっていく。
その時俺の隣に歩いているのは、一体誰なんだろう。

答えはもう、深い部分で出ているのかもしれない。
後はそれに、俺自身が気付けるかどうかだ。

二月の空は、明るくて暗い。
一筋の星が、光る道を作ってから、また闇に吸い込まれた。

今夜はきっと、甘い夢が見れるだろう。
俺は波の上に浮かぶように身体の力を抜いて、ゆっくり眼を閉じた。
159 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 02:29:31.22 ID:TVmyFcSO
ここに来てのハイクオリティ
160 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/03(木) 02:32:04.05 ID:kT7vtEgo
〔;凸〕お……終わった……!遅くなってごめんなさい。
ここまでで、昨日言ってたように、お話の9割以上は終わりました。信じられない!
書いておいて気付いたんですが、安価全然出してないですね……。出さないと…。

書きながら長くなっていくのは悪い癖をもってしても、
ここからラストまでは、もう本当にそんなにありません。たぶん。
どうしよう、本当に悲しくなってきた……笑

随分早いですが、先に読んでくれている皆さんに心からのお礼を言わせて下さい。
本当に本当に、長い間ありがとうございます。
明日からも、後少しだけ〔凸〕にお付き合い下さい。ありがとう、おやすみなさい。
161 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/03(木) 02:34:49.83 ID:kT7vtEgo
Σ〔;凸〕大事なとこで噛んでる……。
書きながら長くなっていく悪い癖をもってしても!ですね。はい。
かっこつかないなぁ……。ハハハ…。
162 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 02:36:28.58 ID:TVmyFcSO
ジムが大事なとこで誤字ライフル撃つのはいつものことさ!HAHAHAHAHA!
163 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/03(木) 02:48:14.24 ID:5MnlakDO
お休みなさい。ゆっくり休め!
164 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 02:50:50.61 ID:zSkJQMU0
ジム乙
最後気になるがそれよりも消失感のがでかいね
165 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 03:05:57.70 ID:otX3p2w0
ジムカスいいわぁかわいいわぁ
誤字なんて気にしない〜正本でもないんだし
でも、安価はよろしゅうお願い申し上げます
166 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 03:28:06.67 ID:zkdxxnMo
次の安価が俺たちのラストシューティングになるのか?
167 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 06:07:36.19 ID:09zUUgDO
絵師ちゃん二人の出会いシーンを……!!階段の踊り場……!
168 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/03(木) 08:25:22.63 ID:A8romcDO
安価出せるなら出してくれ
無理はしなさんな
169 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/03(木) 09:41:55.75 ID:3Ed87gDO
安価によって誰にいくか決まるんだよね?

頑張ってトミールートにするか
170 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 09:43:53.96 ID:FlVDuZso
トミールートとか誰得
171 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 10:36:38.45 ID:p.UT2kgo
サナミエンドは確定でしょ
トミーに迂回するかあやめに立ち寄るか…そんな感じじゃない?
172 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 11:00:15.34 ID:/jJR/NI0
>>169
今までの話のトータルで
決めるって言ってたぞ
173 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 14:41:30.80 ID:zkdxxnMo
ジムの中ではもうラストは決まってるんだろうか
174 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 14:55:43.49 ID:7vD5cLQ0
まぁトータルだとしても
もうアマネ√は存在しないな。

男アマネフラグ折る率半端なかったからな
175 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 15:40:23.28 ID:yu5Hh2SO
ヒント スレタイ
176 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 15:49:38.42 ID:sl1vVYU0
ヒント 安価進行ss

あとはわかるな?
177 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 16:30:17.99 ID:osU/zADO
ヒント ジムの姉妹百合萌え
178 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 17:12:56.08 ID:4SGEOIAO
トミー・男

アマネ・妹

サナミ・八百屋の店員
「りんごありがとう///」
179 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 17:34:43.80 ID:09zUUgDO
ドチビでぼくっこで毎日帽子かぶってる物静かな子居たら普通いじられるわな
同性からも嫌われてそう
180 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 20:27:40.58 ID:hELUoUAO
おっとトミーの悪口はそこまでだ
トミーエンドも見てみたいが、ここはサナミエンドでいいな
181 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/03(木) 22:16:48.97 ID:kT7vtEgo
〔;凸〕です。今戻りました。まだ色々あるので今日も深夜に頑張りますよー。
安価に関してなんですが、こればっかりは話の流れの中で入れられるかどうかが決まるので今のところはなんとも…。
設定云々があるだけで基本的にPCの前に座った時に思いついたまま書いてるので…。

最後にどのヒロインとゴールするかは、皆さんのご想像にお任せします。
残りの話はエピローグ的に楽しんで頂ければ幸いかと思います。
それではまた深夜に。
182 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 22:23:08.10 ID:RLWplvc0
機体のメンテナンスか..

無理せずがんがれよ

俺はジムを支持するよ
183 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 22:23:41.37 ID:p.UT2kgo
あぁなるほどそういうわけね…
それはそれで妄想が膨らんでいいけど
184 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/03(木) 22:27:39.00 ID:kT7vtEgo
〔;凸〕あ、少々語弊がありそうなので言い直しますと、
エピローグとは言っても急に未来の話になるとかそういう訳ではないのでご安心を…。
どうも脚部バランサーの調子が悪いです。
185 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/03(木) 23:35:45.35 ID:j4ZJVZko
最終回の残り5ページでいきなり20年近く経った漫画思い出した
186 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 00:31:05.35 ID:LYiWm2DO
結婚しよう
187 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 00:31:22.15 ID:e7b8lBUo
お断りします
188 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 00:32:09.59 ID:/gqow.so
189 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 02:25:59.24 ID:xS5OvT.0
まだだ!
何度でも甦るさ!
190 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 04:52:55.50 ID:CDYFgoDO
ジムは今日来れなかったのか
残念だが、無理せず完結まで頑張って欲しい


サナミとトミーの人気が高いみたいなのでアマネは貰っていきますね
191 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/04(金) 05:46:15.33 ID:HBdgNNYo
【最終章】


―――三月某日、晴天


「高校生最後の思い出作りに行こう」

サナミからそんな誘いを受けたのは、テストも無事終わって、
いよいよ卒業まで、何もする事が無くなった頃だった。
窓を開ければ、吹き抜ける風が心地よく頬を撫でて通り過ぎていく。
何処が変わったかは判らないが、街の姿も少し前とは違って華やいで見える。


「やばいやばいやばいやばい……!!」

そして俺はといえば、猛烈に急いでいた。
爽やかな三月の空気を感じる余裕など、もちろんなかった。


「ふぁぁ……うるっさいわねー……今何時だと思ってんのよ……」

自室を飛び出して階段を転がるように駆け下りると、
和室の襖が開いて、大きな欠伸をしながら頭を掻いている母が出てきた。
寝ぼけ眼を擦っている所を見ると、どうやら昨日は徹夜だったらしい。
今日も随分と涼しげな服装だが、彼女にとって気温の変化や季節の変遷はもちろんあまり関係無い。


「何時って……出来れば十二時ぐらいだとありがたい!」


「……また寝坊か……まったく誰に似たんだか……」


「…………」

あきれ顔の母をスルーして、俺は洗面所へと駆け込んだ。
ありがたくない事に、視界に入ってしまったデジタル時計は、午後二時前を差していた。


「……絶対無理だ……」

よりにもよって。
鏡の前、手強そうな寝癖頭の自分を見てがっくりとうな垂れた。
母の指摘の通り、俺はどっぷりと寝坊をしていた。
よほど楽しみだったのか、今朝は休みだというのにかなり早起きをした。
そこまでは良かったのだが、待ち合わせ時間と準備の時間を逆算した結果、
”もう少しだけ…”という結論に達したのがいけなかった。
とある理由で夜更かししていたせいもあって、俺の”仮眠”は”熟睡”に変わってしまったのだ。
そして眼が覚めたのが一時半。それは待ち合わせ時間の三十分前だった。
192 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 06:43:12.61 ID:LYiWm2DO
大丈夫
アマネなら待ってくれる
193 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/04(金) 07:35:09.96 ID:Ui3KLrA0
サナミだろ?
194 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 07:39:52.64 ID:UhibFMoo
5人でハーレム卒業旅行に決まってんだろ…
195 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 09:09:25.44 ID:cJjarMAO
なに言ってんだよ
ヤリダと逃避行に決まってるだろ
196 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/04(金) 12:54:09.34 ID:7yCUFe60
隣んちなんだから30分あれば余裕だろ
197 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 14:09:14.64 ID:AJE4zcAO
>>194
4泊5日で
198 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 16:19:36.42 ID:xwiPlUMo
毎晩取っ換え引っ換え…
199 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/04(金) 16:44:48.12 ID:HBdgNNYo
待ち合わせ場所は家からどんなに急いでも二十分以上はかかる。
つまり、どうやっても俺には遅刻以外の道は残されていなかった。
そうなると出来る事はただ一つ、”とにかく急ぐ事”だった。


「あーもう……!」

濡らしても乾かしても気だけが焦るばかりで、強情な寝癖は直らない。
これもきっと、毎朝近代オブジェの様な寝癖を作る母の遺伝に違いなかった。
申し訳程度に直った所で、俺は髪を弄るのを止めて顔を洗う事にした。
冷水が顔に触れた瞬間、背筋が毛羽立った。


「あれ?あんた今日待ち合わせ二時とか言ってなかった?」

タオルで顔を拭いていると、後ろから母の声が聞こえてきた。


「そーだよ!覚えてたんなら起こし………」

やっと半分ほど眼の開いた母を見て、俺は言葉を切った。
こんな状態の母に期待するほうが間違いだというものだろう。


「サナミちゃんは?一緒に行くんでしょ?」


「いや、サナミは……」

サナミは今日の準備をするために、午前中からアマネの家に行っている。
俺も行こうかと一応聞いてみたのだが、”使えないから”という理由で却下された。
もっとも、昼過ぎに眼を覚ましているくらいだから、断られて正解だったかもしれない。


「ふーん……ま、頑張ってきなさい」


「…な、なにをだよ」


「そりゃ色々よ。私お風呂はいるから鍵ちゃんと閉めていくのよー」

意味深な激励を飛ばされて、俺はたじろいだ。
髪を束ねた母は何故かにやけている。


「……一緒に入りたいの?」


「なわけないだろ!じ、じゃあ俺行くから!」
200 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/04(金) 16:45:27.68 ID:HBdgNNYo

「照れちゃってまー…。あ、アレ忘れずに持っていきなさいよー」


「分かってるって!」

洗面所を出ると、駆け足で自室へと戻った。
後は服を着るだけだ。
俺はクローゼットを開けて、数枚服を引っ張り出した。


「いい天気だなー……」

部屋に差し込んでいる日差しはかなり強い。
今朝見た天気予報通り、薄手の上着だけで快適に過ごせそうだった。
俺は真っ白な陽光を眺めながら、手に取った濃い目のデニムを置いて、淡い色のものに変えた。
手早く足を通して上着を羽織ってから、
姿見の前で最後のファッションチェックをする。
といっても飛びぬけたセンスがあるわけでもないので、汚れが無いかとか、
糸くずがついていないかとかその程度のチェックなのだが。


「よし……!」

唯一気になった寝癖は、お気に入りのキャップで隠す事にした。
今日の陽気なら、帽子本来としての意味もありそうだ。
携帯と財布を学校用とは別のボディーバッグにつっこんで、カーテンに手をかけた。
向かいの部屋にはもちろん誰も居ない。
陽射しが眼球を刺激して、俺はカーテンを引いた。
部屋を出て、母に言われたものを忘れずに持ってから靴を履く頃には、
遠足前の小学生の様に、俺は足が浮くような感覚が、いよいよ高まってきていた。


「うわ……あったかいなー…」

玄関を出ると、思っていたよりも外はずっと暖かく、
少し前までとは比べ物にならないほど日の光は強く身体を差した。
だが吹く風は涼しく爽やかで、文句なしに素晴らしい天気だった。


「あ……やべ…!」

心地よく背伸びなんてしていた俺は、眼に入った時計を見て現実を思い出した。
こんな悠長に季節を感じている場合では無い。
少々大きな荷物を右手左手と手持ち無沙汰に持ち替えながら、俺は見慣れた下り坂を走り出した。
201 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/04(金) 16:47:12.19 ID:HBdgNNYo
――――――


「……そうだ、連絡……」

駅についたのは待ち合わせの十分前だった。
平日の午後というだけあって、ベッドタウンの駅は疎らにしか人が居ない。
あと数分で電車は来るが、どう頑張っても十五分以上は遅刻する。
何も言わずに遅刻するのも申し訳が立たないので、ひとまず連絡を入れる事にした。
とはいうものの、一体誰に連絡しようか。
俺はベンチに腰掛けてから携帯を取り出して、電話帳を眺めた。







―――――――――――――――

※次回レスで安価だけ出します※
書き込み予定時間24:00
レスを考えながらお待ち下さい

―――――――――――――――
202 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 16:47:57.65 ID:8krT.W.o
ハーレム旅行か……
203 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/04(金) 16:50:34.58 ID:HBdgNNYo
〔;凸〕随分遅い安価時間で申し訳ないです……。
偉くのんびり走ってきましたが、ゴールまでは更にのんびり歩きましょう。
どのヒロイン派の人も、最終章は微笑ましく眺めてもらえば嬉しいです。
204 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/04(金) 17:01:10.72 ID:v0hbSNco
ぼくは三人とも大好きだ!
誰でも後悔はしないさ!







つーかハーレム希望
205 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 17:21:51.75 ID:kZwe22DO
トミートミートミー!!!
トミーちゃんに電話してあげて!!!!
206 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 17:31:36.42 ID:iNuJlwSO
久しぶりに全力で行くか
207 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 18:00:19.12 ID:8/6m1YAo
おれバイトだよ・・・
サナミ派の人達頼んだぞ
208 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 18:08:11.38 ID:cJjarMAO
トミーちゃん狙うか!
209 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 18:28:38.70 ID:IIRIcl.o
今からでも遅くないからきょーちゃんと一緒に洗いっこしたい
210 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 18:37:41.55 ID:i9vmtwDO
このスレはあやめ派に監視されてます
211 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 18:43:17.78 ID:kZwe22DO
そいやAAないね
あってもよさそうなもんだが職人が居ないか
212 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 18:46:18.77 ID:UhibFMoo
絵師さんがいればそれでいい
あやめに電話してほしいなー
でも電話番号知ってるんだろうかwwww
213 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/04(金) 20:00:11.93 ID:2BaAxwAO
アレ、って まさかコ・・・
214 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 21:31:59.12 ID:C27/CIAO
215 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 21:32:21.31 ID:2dHWHDwo
216 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 21:33:18.01 ID:Yh6DbgI0
>>212
アマネの自宅に電話したらあやめが電話に出ちゃうパターンがあるぞ
217 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 21:36:11.37 ID:BYd/2NU0
>>212が良いこと言った!
218 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 22:26:40.43 ID:UhibFMoo
安価取りには参加できない…
みなさんあやめの面倒をよろしくお願いします
219 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 23:49:29.25 ID:0tMBdIAO
そろそろだな・・・wktk
220 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 23:53:16.86 ID:m3Ncwaco
>>218
まかせろ
221 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 23:56:06.17 ID:iNuJlwSO
アマネしかいないだろjk
222 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/04(金) 23:56:18.03 ID:BhhP1VQ0
サナミに電話
223 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/04(金) 23:56:53.86 ID:HBdgNNYo
〔凸〕こんばんはー。
ええと、一応電話番号を知ってると思しき人だとありがたいです。
サナミ「達」と言っているので、アマネ邸に居る人は分かると思いますが……
224 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 23:57:42.87 ID:1GyPmswo
アマネの母か
225 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/04(金) 23:58:38.01 ID:HBdgNNYo
〔;凸〕あ、語弊がありましたね……
アマネ邸に誰が来てるのかは大体察しがつくと思います。という意味ですね。
226 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/04(金) 23:58:49.32 ID:0tMBdIAO
サナミに電話
227 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/05(土) 00:00:32.88 ID:t6YfzjAo
>>237
228 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/05(土) 00:00:49.51 ID:V4aD22SO
>>221

229 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:00:53.26 ID:ujepisDO
>>226
230 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:02.16 ID:VRnowQDO
あまね
231 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:02.89 ID:ugPTx6AO
さなみ
232 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/05(土) 00:01:03.11 ID:LYrnWRo0
ksk
233 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:09.39 ID:0UISTYAO
サナミに電話する
234 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/05(土) 00:01:10.22 ID:V4aD22SO
>>221

235 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:16.45 ID:LOKcdIDO
トミーちゃん!!!!
236 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:17.75 ID:BN9Lid2o
トミーに電話
237 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:23.24 ID:Unmg.gSO
サナミに電話
238 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:22.43 ID:LYrnWRo0
サナミたん
239 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:22.29 ID:fK2UMEUo
サナミ
240 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:22.62 ID:Unmg.gSO
サナミに電話
241 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:26.19 ID:0UISTYAO
サナミ
242 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:23.22 ID:t9ou7ADO
>>226
243 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/05(土) 00:01:23.97 ID:V4aD22SO
>>221

244 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:22.56 ID:Unmg.gSO
サナミに電話
245 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:22.53 ID:ujepisDO
>>226
246 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:24.03 ID:TYSdmF20
amane
247 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/05(土) 00:01:29.38 ID:V4aD22SO
>>221

248 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/05(土) 00:01:31.27 ID:V4aD22SO
>>221

249 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:31.85 ID:EVjNqADO
サナミだろjk
250 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:31.91 ID:TYSdmF20
amane
251 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:28.50 ID:ujepisDO
>>226
252 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:31.60 ID:6NMABIM0
サナミに電話
253 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:01:33.69 ID:ujepisDO
>>226
254 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/05(土) 00:01:36.74 ID:ugPTx6AO
さなみ
255 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/05(土) 00:01:49.03 ID:V4aD22SO
>>221

256 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:02:11.91 ID:TYSdmF20
サナミTUEEEEEE!!!
257 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:02:26.52 ID:ugPTx6AO
あっと言う間に安価過ぎてったなwwwwwwww
258 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:02:32.43 ID:.ZDbZ2M0
>>237
GJ!!!!!!
259 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/05(土) 00:02:33.40 ID:V4aD22SO
サナミ圧倒的杉ワロタ
260 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:02:42.26 ID:Unmg.gSO
きた
261 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:02:43.89 ID:ujepisDO
>>237
GJよくやった
262 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:03:10.45 ID:LYrnWRo0
サナミキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!
263 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:03:14.72 ID:t9ou7ADO
>>237
GJ
264 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:04:00.72 ID:V4aD22SO
久しぶりに吊ってくる
265 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:04:05.59 ID:BN9Lid2o
1レス差か…
266 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/05(土) 00:04:06.08 ID:7.py7oDO
>>237
愛してる!!
267 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:05:03.43 ID:0UISTYAO
237さんGJ!!
0時まで待ってた甲斐があった
さすがはサナミだったなww
268 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:05:51.89 ID:.ZDbZ2M0
>>265
敢闘賞ってとこだな
269 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:06:39.14 ID:G6xTUQDO
来るの忘れてたああああああああまね
270 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/05(土) 00:09:08.19 ID:t6YfzjAo
〔;凸〕なんという勢力図…男の幼馴染は化け物ですか……!
一つ前がトミーというのもなんだか因果染みたものを感じますねー…

ではまたぼちぼち更新頑張っていくので、ちょくちょく覗きに来て下さい!
各軍の皆様お疲れさまでした。
271 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:10:41.58 ID:6NMABIMo
>>237
よくやった
272 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:11:45.12 ID:OyDIFsDO
時空が乱れまくりだな
273 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/05(土) 00:12:20.48 ID:LOKcdIDO
トミー………やはり運命か……

終わりが見たくないから出来るだけゆっくりやってくれ……
274 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:14:31.44 ID:BN9Lid2o
なんにせよ結末まで見守るだけだな、がんばれジムちゃん
275 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:24:13.50 ID:G6xTUQDO
このスレが終わったら俺を構成するすべてのうち
3割が持っていかれる
276 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:27:05.11 ID:qxibgnwo
風呂入ってたら安価終わってた\(^o^)/

というか人多すぎだろwwww
277 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/05(土) 00:29:50.01 ID:VlIoDsDO
こんなに人いたのかよwwww
278 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 00:49:16.68 ID:rQ09Baoo
今北>>237よくやった
279 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 01:28:40.96 ID:lcykdAQ0
サナミならもういいや。見るのやめる
280 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 01:40:23.77 ID:a03NIwwo
勝手にしろよ
281 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 02:42:36.90 ID:Unmg.gSO
>>279
心底どうでもいい
282 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 02:43:24.23 ID:c8WTU3o0
サナミTUEEEEEEEEE!!!!

ヤリダが一票もないってどうゆー事だい?
283 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 02:54:53.31 ID:V4aD22SO
正直、ヤリダヤリダ言ってる奴はそろそろ寒い
284 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 02:54:54.04 ID:V4aD22SO
正直、ヤリダヤリダ言ってる奴はそろそろ寒い
285 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 02:56:47.78 ID:a03NIwwo
そうだね
でも1回で分かるよ
286 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 06:57:32.25 ID:yH1M5T2o
バイト終わったぜ
全てのサナミ派に栄光あれ
287 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 07:59:30.94 ID:mROgco.o
まぁ正直安価なんてどうでもいんですけどね…4人が出てくれば
288 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/05(土) 08:47:20.74 ID:t6YfzjAo
〔凸〕おはようございます……。ちょいとデスクワークが入りまして更新できませんでした……。ごめんなさい……。
その上今日は珍しく朝から一日仕事なのでゆっくりPCの前に座れるのは遅くになりそうです。
ちびちびやるので、気が向いた時にちらっと覗いて下さい。たぶん安価も暫くは出ないかと思います。

それにしても、久々の安価に余りに多くの人が来てびっくりしました。こんなにいらっしゃったんですねー。
有難い反面プレッシャーが……笑
スレに活気があると励みになるので、〔凸〕が居ない時はわいわい雑談でもしててくださるとありがたいです。
それでは行ってきます…行きたくないけど……。
289 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/05(土) 09:00:16.65 ID:veawioDO
おはようジムノシ
このスレがいかに人気かよくわかるよなwwwwwwww
仕事がんがれ!!
290 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 10:12:50.68 ID:V4aD22SO
俺も自宅警備の仕事頑張るよ
291 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/05(土) 11:47:39.12 ID:BnDy.ego
サナミ勢強いなwwww
ジムお仕事頑張れ!
292 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 14:27:34.68 ID:O1rkQUAO
サナミは男にやるよ
あと、トミーちゃんは卒業したら俺の嫁になります
293 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 14:32:33.19 ID:BWBaYbEo
どうぞどうぞ
294 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 14:44:24.44 ID:VI7Kq1A0
トミーくれんの?
ありがとう。
295 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 15:34:59.35 ID:9hnxM6SO
ついでにヤリダも持ってけよ
296 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/05(土) 15:52:11.72 ID:LOKcdIDO
トミーとかちっちゃくてかわいくていい匂いで元気で素直で最高じゃん
どう考えてもメインヒロイン
297 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 15:55:09.24 ID:1o/M58Qo
所詮かませチワワ
真打にはどうあがいても勝てない運命
298 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 16:38:20.28 ID:yH1M5T2o
>>296
いい加減スレタイくらい覚えろよ
299 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 16:55:26.76 ID:O1rkQUAO
トミーは確かにメインヒロインの器じゃないかもしれん
だから俺だけのメインヒロインになってもらうんだ
300 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 17:14:43.47 ID:J9gmzvE0
>>299
いや俺のだから
301 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 17:27:39.78 ID:LOKcdIDO
俺真面目に友美と結婚を考えてるんだけど、お前等式には呼んでやるわ
302 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 19:00:21.95 ID:9BEHatE0
男の服装どんな感じなんだろう、って悩んでる間に安価が過ぎ去っていきおった
303 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 19:03:00.07 ID:BWBaYbEo
もちろんアレだろ
304 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 19:10:15.21 ID:LOKcdIDO
パイロッ……

絵師ちゃん?ならジムに聞くのが一番早いんじゃない。流石にそろそろ男描いてあげてwwww
305 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 19:39:46.23 ID:9BEHatE0
>>303
>>304
もちろん
http://loda.jp/tikakoi/?id=25.jpg

ありふれた前髪で顔隠す戦法、しかしこれ髪型バリエきかないねぇ
あと男が服装センス悪く無いらしい、うーむ…
やっぱり凸さんに聞くのが一番なのかな
たーすーけーてーぇー
306 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 19:43:44.37 ID:LOKcdIDO
ぽいなぁ……
つうかイケメンだなおい

俺は顔書いてもいいと思うんだが皆はどうなんだろう
そのへんも含めてジムに聞くのがいいんじゃなかろうか
307 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 20:21:13.80 ID:1o/M58Qo
あだ名は村神で
308 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 20:34:49.67 ID:8O.0FoDO
あれ?これ俺じゃない?
309 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/05(土) 20:40:03.51 ID:V4aD22SO
顔は書くべきじゃないな
310 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 00:06:06.57 ID:VJCHluc0
>>305
俺お前に似顔絵書いてくれっつったっけ?
311 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 00:52:26.03 ID:5qUaQwko
>>310
お前顔ないのかよ
312 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/06(日) 02:38:31.43 ID:PbtdQCUo

「……やっぱりサナミだよなぁ…」

やはり、今日のイベントを企画した張本人であるサナミに連絡を入れるべきだろう。
頭をだらしなく背もたれに乗せて、液晶を眺めた。
色々と言い訳を考えつつ、俺は緑のボタンをプッシュした。


「………」

電話というのはいつかけてもこのコール音で緊張してしまう。
結局大した言い訳も思いつかないまま音は途切れ、サナミの声が聞こえてきた。

サナミ
『はいはーいおはよー』


「あ…おはよう。俺だけど……」

電話の向こうからは明らかに外で話していると判る風音が聞こえている。
時間的に考えれば、もう彼女達が待ち合わせ場所に到着していてもおかしくは無かった。

サナミ
『どしたの?もう着いた?』


「いやー……それが……」

サナミ
『……まさか、寝坊したとか言うんじゃないよね?』


「………そのまさかです……」

隠した所で時間が戻るわけでもないので、俺は素直に認めた。

サナミ
『信じらんない!こっちは午前中から準備してたのに……』


「う……」

サナミ
『大体!待ち合わせ二時だよ?いつまで寝て……え?そうそう。ち、こ、く、だってさ』

正論を突きつけられて縮こまっていると、サナミは誰かに向かって話しかけた。
その直後に、サナミの後ろから大きくて明るい声が聞こえてきた。

トミー
『な、なんだってー!どーしよーもない奴だな!』
313 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/06(日) 04:21:50.81 ID:PbtdQCUo
よく通る彼女の声は、電話口から離れていても何の問題もなく聞き取れた。
サナミと同じ様に、トミーも午前中からアマネの家へお邪魔していたらしい。

サナミ
『ねー?』

トミー
『ねー!』


「…………」

女同士の団結というやつは、得てして男への非難に発揮されるものだ。
古ぼけた時計を見れば、あと数分もしないうちに電車が来る時間だった。


「もうすぐ電車が来るから、たぶん十五分くらいで行けそうなんだけど……」

サナミ
『もー……。あと十五分くらいだってさ』

トミー
『もー来なくても大丈夫だよ?ぼくあやめが居るからー!もふもふ……!』

あやめ
『きゃっ……!うぅー…!』


「………」

はしゃぐトミーの声と、あやめの小さな悲鳴が聞こえてきた。
一体何をしているのかとても気になる。
俺はテレビ電話が標準化していない現代の社会を呪った。

サナミ
『だってさ。どうする?帰る?』


「おい!行くよ!除け者にすんな!」

サナミ
『あはははは!冗談冗談!』


「冗談に聞こえないから恐ろしいよ……」

きゃあきゃあと騒がしい黄色い声を聞いていたら、なお更行かないわけにはいくまい。


「サナミも早起きしたんなら起こしてくれればよかったのに」
314 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/06(日) 04:22:16.36 ID:PbtdQCUo
サナミ
『えー?人のせい?朝くらい自分で起きなさいよ!ていうか昼じゃない』


「う……それもそうだけど……」

せめてもの恨み言は即座に正論でかき消され、俺は言葉を飲み込んだ。全く、本当に情けない。

トミー
『はいはーい痴話げんかは他所でやってくださーい』

サナミ
『そ、そんなんじゃない!』


「そんなんじゃねぇ!」

外野からの野次に、全く同じタイミングで答えてしまった。
漫画のような反応に、俺達は苦笑した。


「あ、サナミ。電車来たっぽい」

閑散としたホームに喧しいベルが鳴り響き、豆粒大の電車が遠くに見えた。
伸びる線路は白い陽光に照らされて、目に眩しかった。

サナミ
『はーい。じゃあ”仕方ないから”待っててあげる』


「あはは……感謝しますサナミ様」

サナミ
『電車で寝ないでよ?』


「わかってるって…!それじゃあまた後で」

サナミ
『ん、わかった。じゃあバイバーイ』

サナミの声の後ろで、トミーも同じ様に別れを告げていた。


「……ふー…」

電話を切ると、頭から切り離されていた日常の音が耳に流れ込んでくる。
俺はベンチから立ち上がって大きく背を伸ばした。
見上げた空は蒼すぎるほど蒼く、綿のような雲が散り散りに浮かんでいる。
浮かび上がりたくなる青を眺めていると、定刻通りの電車がホームへと滑り込んだ。
315 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 04:51:32.64 ID:mOCI1oSO
アマネ……
316 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/06(日) 06:05:56.47 ID:PbtdQCUo
――――――

電車は暖かな風を切って滑っていた。
人の居ない車内、俺は幼い子供の様に窓に張り付いて、流れる景色を眺めた。


「……いー天気だなぁ…」

窓の外に見えているのは、街の少し外れに位置する幅の広い河だ。
水質が良い事でも有名なこの河には、釣り人や水遊びを楽しむ人が遠方からも訪れる。
陽光を受けて小粒の光を反射しながら揺らめく水面は、
少し暑く感じる車内の中から見ていると、思わず窓を開けて飛び込みたくなる。
もっともそんな事をすれば、残像となって流れていくオレンジの鉄骨に激突するか、
上手くすり抜けたとしてもはるか下の水面に打ち付けられて魚の餌になるかのどちらかだが。

大学に実家から通うとなると、必ずこの電車に乗る事になる。
俺は静かな車内を眺めながら、朝方の満員電車や来る大学生活について考えたりした。
そのうち電車が鉄道橋を渡りきると、独特の調子で到着のアナウンスが流れた。
徐々に緩やかになる景色と、身体に感じる慣性。
下車する駅の名前が書かれたプレートが見えると、俺のそわそわと落ち着かない遠足気分はいよいよ高まった。

――――――


「えっと……何処かな…」

電車を降りて歩くこと数分、俺は青々と緑が茂る河川敷を歩いていた。
土手の上から見下ろす河川敷は涼しげで、愛犬と散歩をする人が居たり、
小さな子供がはしゃぎ回ったりと暖かな陽気に相応しい光景だ。
時間は既に待ち合わせから二十分以上経っていたが、
ここまで来ればあと少しだと、もう気にしない事にした。
もちろん、内心では冷や汗をかいていた。

きょろきょろと辺りを見回しながら砂利を踏みしめていると、ポケットで携帯が震えた。
俺は立ち止まってから、通話ボタンを押した。

サナミ
『もしもーし!今何処?』

電話の相手は、サナミだった。
俺は近くまで来ている旨を伝えると、大体の場所と、目印になる物を教えてくれた。
それを頼りにふらふらと歩いていると。

サナミ
『あ……居た居た…!こっちこっち!』

少し遠くに、携帯を耳に当てたまま大きく手を振るサナミが見えた。
そして俺は、彼女と合流出来た事でここに来るまでずっと故意に目を逸らしていたある物に、やっとピントを合わせた。
土手の上に並び咲き誇る、美しい色の桜。少し早い春の息吹を、俺は胸いっぱいに吸い込んだ。
陽を浴びて、舞う花びらの中きらめく幼馴染の姿に、胸が一度、どくんと鳴った。
317 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 08:46:35.09 ID:Gv7WwsDO
終盤の香りがやべぇ
318 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 09:43:45.78 ID:SLj.djco
こういう爽やかな終わり方はかえって寂しいな…
319 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 15:25:51.09 ID:iH52aew0
俺もこんな青春送りたかったなぁ

なんて13年も引き込もってんだろう
320 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/06(日) 15:35:46.17 ID:oF1azAU0
今からでも遅くない、働け
321 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 15:41:59.35 ID:mOCI1oSO
>>319俺の一年先輩だな
322 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 15:45:31.69 ID:2fEHqxso
10年以上もひきこもってる人って本当にいるの…
ひくわー
323 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 15:45:36.48 ID:oUW00MDO
まさか13歳って意味じゃねーだろうな
こちとら数字が逆だってのに

ほんとキャラの喋らせ方うめーよジム……終わらないでくれ
324 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 18:49:35.76 ID:4sts0gAO
さなみが電話で「ん」って言うのが好き
325 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 19:28:23.47 ID:P7oAyCso
ヤリダ「ん」
326 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 19:47:02.18 ID:nm4F/qw0
トミー
「ん......ああっ......ひあぁあっ!!」
327 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 22:35:05.39 ID:5DTc1Bc0
俺、明日ハロワいくよ....
この話見てたら引き込もってるのがアホらしくなった。

ちゃんと働いてかぁちゃんに旅行プレゼントするんだ。
328 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 22:36:12.97 ID:2fEHqxso
といいつつ1日また1日と過ぎていくのであった…
329 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 23:23:32.20 ID:/7TWgQAO
かぁちゃんにもいずれ終わりが来ると言うことも忘れて…
330 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 23:31:32.09 ID:6IYy34.0
うわぁぁああああ









そんな僕は母の日に
小さな植木鉢をあげました(´・ω・`)
331 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 23:35:01.77 ID:5DTc1Bc0
かぁちゃんに

俺、働いてみようと思う。
いままでごめんな
こんな俺でも見捨てないでくれてありがとう
っていったら号泣された。

俺本気で働くわ、、
332 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 23:37:37.48 ID:mLwa/oDO
いつもの嘘だと思って一人でずっとテレビ見てた
333 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/06(日) 23:59:01.73 ID:5eI5v2AO
>>331
目標持って行動するのはいいことだ
ちゃんと親孝行してやれよ
334 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/07(月) 00:25:59.65 ID:.15ymAgo
このスレのお陰で一人のニートが更正したぞ!!やったなジム。
応援してるよ。
335 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/07(月) 00:27:17.06 ID:zhhVoYAO
寝る前に美しいものを見た
頑張れ超頑張れ
おやすみ
336 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/07(月) 00:32:01.17 ID:gngZhPEo
お前らジムのいないところで何やってんだ…wwww
337 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/07(月) 03:29:00.25 ID:wUed55Uo
ジムもきっと喜ぶよ
338 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/07(月) 03:50:13.77 ID:NSGxuYSO
チッ……一人労働厨になっちまったか…

俺は自宅警備員を続けるからな!絶対!
339 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/07(月) 06:08:59.38 ID:mlKTuYDO
最近気付いたんだけど、ここでほぼ毎日のペースで何ヶ月も更新途切れないの珍しいっぽい
大抵何日に一回とか>>1生存不明が殆どだ
で何が言いたいのかというとだな、


ジム……たまには休んでもいいんだぞ…………
340 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/07(月) 06:43:20.91 ID:.Y68a160
そのやさしさに濡れた
341 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/07(月) 09:19:32.72 ID:psEZELM0
こりゃお股も湿る訳ですわ
342 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/07(月) 16:19:35.89 ID:XfIPqMDO
か〜わいいーなんてー
343 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/07(月) 18:21:06.26 ID:1AUOcOQo
〔凸〕です。暫く更新が滞ってて申し訳ない……少々忙しくて……。今日の夜更けは少ないかもしれないけど必ず更新します。

>>331さんが釣りか本当かは判らないので大きな事は言えませんが…
この話で少しでも何か感じてくれた人が居るなら、それは自分にとって凄く凄く嬉しい事です。
例えフィクションでも、何か得る物があれば、それはその人にとってのノンフィクションですから。
現実って楽しい事ばかりじゃないけど、それだから非現実の世界に夢を見れるんだと思います。
書き手と読み手、立場は違うかもしれませんが自分もこの話をきっかけに色んな事を考えさせられて感じている毎日です。
暇潰し、ストレス発散のために始まった与太話が支えになるとは、現実ってのは面白いですね。

あれ、何故か熱くなってしまった恥ずかしい……
それではまた夜更けに。
344 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/07(月) 19:06:34.60 ID:NSGxuYSO
ジムテライケメソ
345 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/07(月) 19:06:47.79 ID:DWckz3Mo
濡れた
346 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/07(月) 20:17:03.28 ID:5edTmhw0
あらやだジムが
かっこよくて漏れた
347 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/07(月) 21:06:50.39 ID:1AOjtDg0
ジムェ
348 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/07(月) 21:11:15.95 ID:mlKTuYDO
>例えフィクションでも、何か得る物があれば、それはその人にとってのノンフィクション

名言過ぎてびっくりすんだけど
何者だよジムは
349 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/07(月) 21:12:25.96 ID:DyuVOT6o
そろそろジェガンに改修しても良いんじゃなかろうか
350 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/07(月) 23:10:00.21 ID:APdnu2AO
F5事件が懐かしいな
あの時見失ってたらトミーに恋することもなかった
351 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 00:14:20.63 ID:b5v/pKE0
今日ハロワ行ってきたよ。

ネクタイ結ぶの軽く苦戦しながらスーツに着替え、
いざ家を出ようとしたらまたかぁちゃんに泣かれました。


どんだけ迷惑かけてきたんだよ俺...

ハロワ人多くて焦ったけど
これもかぁちゃんの為だ!

心折れないよう頑張るぜ!
352 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 00:50:09.95 ID:bF3HUwSO
頑張ってほしいが自分語りしたいならよそでやってね
353 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 00:55:55.44 ID:jsDzIkAO
頑張れ超頑張れ

なかなかいい仕事はないかもしれないけど
どんな仕事でも一生懸命働いてる人は尊敬に値すると思うんだ
学生の俺からみたらそう見える
社会に出て働くって、どんな仕事でも大変なんだろうなって
大変だけど毎日毎日働いてるんだから
ちゃらんぽらんした学生の俺は社会人って偉いと思う

つらいこともあるだろうけど
そんなときは母ちゃんの顔思い出して腐らずに頑張ってください
応援するから!!

頑張れ超頑張れ!!
354 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 00:56:51.46 ID:u43N7DU0
>>352が憎まれ役を買って出たことを俺は忘れない
355 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 00:57:59.39 ID:6X1pGPco
>>352
何だツンデレか
356 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 01:12:45.96 ID:.xr7Dok0
確かにここは>>351の社会復帰スレじゃないもんな
357 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 01:14:05.14 ID:AgostZ2o
というかコピペじゃないの
358 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 01:20:14.37 ID:.xr7Dok0
なんだコピペか。

仕方ないね
359 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/08(火) 01:27:58.98 ID:TUWTfkIo
携帯を切って一度呼吸を整えると、俺はサナミの元に駆け寄った。
吸い込んだ空気は新緑と桜の混じった、春そのものの香りだ。

サナミ
「遅いよ……ばか!」

桜木の幹に持たれかかっていたサナミは、腰に手を当ててため息をついた。
すぐに笑顔に変わった頬は、桜と同じ色をしていた。


「ごめん……皆は?」

サナミ
「もうちょっと向こうに居るよ。丁度良い所にウッドテーブルがあって……って、なにそれ?」


「あ……これ?」

こくこくと頷くサナミは俺の手荷物に視線を送っている。


「まぁ……気にすんな!後で言うよ。ほら行こうぜ」

俺はその視線を払いのけるように、手の平を振った。
どうせ言う事になるのだが、今はまだそのタイミングではない。

サナミ
「えー?……まいいや。行こっか!皆待ちくたびれてるよ」

なんとか話題が元に戻った。
くるりと振り返って歩き出したサナミの後を追って暖かな土手の上を歩く。


「そーかー、皆そんなに俺を待ってたかー……照れるなーははは……」

サナミ
「………それが遅刻した人の態度?ふーん…」

冗談のつもりだったのだが、顔だけ振り返ったサナミの表情は笑っていなかった。


「……申し訳ありませんでした……」

サナミ
「……ふふ…桜、綺麗だね」

その言葉に、二人して立ち並ぶ桜を見上げたまま歩く。
桜の種類には詳しく無いが、薄紅色に染まった早咲きの桜は、陽射しの中でひらりひらと揺れ、とても綺麗だった。
この土手に並ぶ桜も河と同じ様に有名で、よく見ればあちらこちらに俺達と同じ様に空を仰いで歩く人が居た。
皆一様に同じ格好をしているのは、なかなかに面白い光景だ。
360 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/08(火) 01:32:29.10 ID:TUWTfkIo

「五分咲きぐらいだと思ってたんだけど……ほぼ満開って感じだな」

サナミ
「ね。近所にこういう所があるといいねー」

そう言うと、サナミは一度手を広げてくるりと回ってみせた。
放射状に揺れる髪とスカートが眩しかった。

サナミ
「ねぇ、すっごく小さい頃、幼稚園くらいの時にさ、ここに来たの覚えてる?あたしのお父さんとお母さんと一緒に」


「え?ここに?んー……」

俺は必死に幼い頃の記憶を引っ張り出したが、今目の前に広がる光景と合致するものはなかなか出てこなかった。
サナミの両親には色々な場所に連れて行ってもらったものだが、そのどれも小学校の半ばくらいの事で、
さすがにそれより昔の事となると途端に靄がかかって思い出せなかった。


「……駄目だ。思い出せない」

自分の記憶力の無さに俺は頭を振って答えた。

サナミ
「……実はあたしも思い出せないの」


「え、えぇ!?」

思いがけない言葉に、思わずつんのめった。

サナミ
「あははは!写真がね、残ってたのよ。今日ここに来るって行ったらお母さんが引っ張り出してきて……ほら!」

立ち止まったサナミはポケットから一枚の写真を取り出した。


「……あぁ……確かにこの辺りだなぁ……」

受け取った写真は、フィルムを使わなくなって久しい今はもう余り見なくなった、日付入りの年代を感じるものだった。
それでも大事にしまってあったのだろう、少しだけ褪せているものの非常に綺麗な一枚だった。
青いビニールシートの上で、サナミの母の前に並んで座る小さな子供が二人。
バックには今と同じ様に満開の桜が咲き誇っている。
その写真を見ると、ほんの薄っすらとだが記憶の琴線に触れるものがある気がした。


「ていうか……俺なんて顔してんだよ」

目元と口元で、すぐにサナミだと判る幼子の隣で、涙を堪えているのか俺は顔をくしゃくしゃにしていた。
361 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 01:36:41.68 ID:KOSgiFYo
きてたー!

サナミかわいいよ…はむはむ
362 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/08(火) 01:58:31.61 ID:UyC6v2DO
もう今回は素直にサナミって感じがするな

だが…次回こそアマネかトミー!
363 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/08(火) 02:28:58.84 ID:TUWTfkIo
満面の笑みで写るサナミと彼女の母に比べて明らかに浮いていて、
子供特有の愛くるしさと微笑ましさを除けば、お世辞にも可愛いといえる顔ではない。

サナミ
「ふふ……可愛いじゃない!」


「これ、母さんが居ないからぐずってるのかな?」

まだ幼稚園ぐらいの頃、母は外に働きに出ていて俺はよくサナミの家に預けられていた。
聞いた話では別段それに関してぐずるような子供では無かったらしいのだが。

サナミ
「違う違う、お母さんに聞いたら、写真撮るちょっと前に……虫に刺されちゃったんだってさ」


「えー……?虫…?そんな事くらいで泣くなよ俺……」

思いがけない情けない理由に、俺は写真の中の自分と似たような顔になる。
苦笑いを浮かべたまま、声を上げて笑うサナミに写真を返した。
まぁ、彼女が可愛いと言ってくれたのがせめてもの救いだろう。

サナミ
「……この時の事はさ、もう覚えてないけど」


「……」

サナミ
「……今日の事は、ずっと忘れない思い出にしようね?」


「……おう…、そうだな」

振り返ったサナミは、写真の中の幼子と全く同じ愛くるしさで笑った。

サナミ
「ふふ……ほら、皆居たよ!おーい!」

手を大きく振りながら駆けていくサナミの少し後ろをついていくと、
青々とした芝がそよぐなだらかな河川敷の斜面に、見慣れた顔が見えた。
心地よさそうに芝のベッドに寝そべるトミー、淑やかに腰を下ろすアマネ。
そして姉の膝の上に頭を乗せて、猫のように丸くなるあやめ。
サナミの声に振り向いて、手を振っている。
なにやらトミーが叫んでいるが、たぶん遅れた事への叱責だろう。


「おーっす!悪い悪い!」

吹き抜けた強い風で聞こえないフリをして、俺は桜木の下、皆の元に駆け寄った。
364 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/08(火) 02:34:12.87 ID:TUWTfkIo
〔;凸〕コピペだったのですか…!コピペにマジレスカコワルイ…でもそれならそれでよかったよかった。
今日は少し疲労が強いので、この辺りで……。
全然進まないのは、決して終わらせたくないからではないようなあるような……。
一文字一文字打つ度に不思議な焦燥感が募ります…。

お気づきの方も居られるかもしれませんが、この絵と共にお読みくださるとより良いかと思います。
http://loda.jp/tikakoi/?id=26.jpg  絵師さん感謝です。
365 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 02:44:05.72 ID:KOSgiFYo
おぉ懐かしい絵…
この絵は前フリだったのかww
366 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 13:57:44.61 ID:uH1/3sDO
うわ懐かしい……
絵からアイディア頂戴したわけか
ほんと綺麗にまとめるもんだなぁ
367 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/08(火) 18:41:09.11 ID:5HhSMMQ0
これ読んでたらvipやここでやってる他のSSが霞んで見えるな
地の文もリズムよく読めるように工夫してあるし・・・なによりキャラが「活き活き」してる
何度かSS書いた事あるけどこれに比べたらガキの落書き帳だわ・・・
純文学は畑が違うんだろうけど、オリジナルでこれだけのもん書けるならラノベ作家とかなればいいのに。まじで
368 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 20:00:55.75 ID:5qXURaY0
昔を思い出すなぁ
369 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 20:02:30.82 ID:5qXURaY0
途中送信してしまった。
昔、VIPで色が名前のキャラクターたちが織り成す話は面白かったなぁー
タイトルは、大好きですご主人様。だったかな。忘れてしまったが、それに並んでいい仕事だよジムクェル!
370 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 20:04:40.50 ID:JbVaMR.o
>>369
そんなんあったな。見た覚えあるわ
どうでもいいけど最近新ジャンル見ないな。この前「猫かぶり」とか言うのはあったけど
流石に出尽くしちゃったのかねえ
371 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 20:56:36.75 ID:3986SSM0
>>369
あれブログでちょくちょく更新してるぞ
知ってたらスマソ


絵師さんちかこいロゴに色つけてくだしゃい
372 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/08(火) 21:00:36.90 ID:8HbSEwDO
>>369だから愛しています"ご主人様"の事かな?
あの人はゲームのシナリオ書く卵とか言ってたね
ググるとブログ出てくるからよかったら見るべし
後日談とか結構多い

長々とスレチスマン
373 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 21:02:27.87 ID:uH1/3sDO
余所の話はあんましない方がいんじゃね。宣伝乙wwwwwwwwwwwwになるよ

ちかこい!って既出かと思ってググったら一番目にここが出てワロタ
374 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 21:05:13.77 ID:vnF2JiQo
どこもまとめてないとはどういう事だ
375 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 21:11:03.86 ID:bF3HUwSO
Wiki作成に移るんだ!
376 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 21:11:53.68 ID:NynyWFko
VIPのときのログとかどっかにないんですかね?
377 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 21:16:38.69 ID:uH1/3sDO
wiki作るならジムの事だから自分でやるだろうし、なにより完結間近に作ってどうすんだwwwwww
378 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 21:17:06.19 ID:vnF2JiQo
ググればすぐ出るよ
379 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 21:55:51.12 ID:XXWGHik0
>>371
描き直そうかな…なんて…、手抜きしすぎたんで
そのうちヒマな時に色ぬるかもしれません
↓zipで落書き、キスシーンありますよ。苦手な男練習中。
http://loda.jp/tikakoi/?id=27
お前等描きづらいんだよ!!
380 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 21:59:44.33 ID:KOSgiFYo
おおお重いぜえええ
381 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 22:04:37.13 ID:hJqV3q2o
ウイルス注意
382 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 22:05:47.63 ID:uH1/3sDO
携帯の俺涙目すぎワロタ
383 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 22:05:59.66 ID:S4b5KIgo
         .l l \| | !ノートン先生 ! //U ヽ___/
パソコン蛾人  \ !!大激怒!! //   U     :::U:
ぶっ壊れ(__)   \ !!!!! / // ___   \  :::
たお! (__)    \∧∧∧∧/   |  |   |    U ::::
     (`Д´#)   < ぶ パ >   |U |   |     ::U:
   _| ̄ ̄||_)_ <  っ ソ >    | ├―-┤ U.....::::
 /旦|――||// /| < 壊 コ >    ヽ     .....:::::::::
─────────< れ ン >──────────
<   _,ノ , 、ヽ、_ ノ< た 蛾>  プスプスプス・・・・・∬∬
 (y○')`ヽ) ( ´(y○')<  !!!   >踏んじゃったよぉ___
  ⌒ /    ヽ⌒ /∨∨∨∨\   ∧_∧  ||\  
うわあ |~ ̄ ̄~.|ぁぁ/パソコン蛾ぶ \ ( ;´Д`)  || |
ぁぁ| |||! i: |||! !|ぁ/っ壊れた!ディス \(  つ/ ̄||/
ぁぁ| |||| !! !!||| :|/プレイが砕け散った! \ヽ |二二二」
384 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/08(火) 22:10:15.96 ID:nSYkBwg0
君は、生き残る事が出来るか?
385 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 22:11:36.34 ID:bF3HUwSO
俺とアマネが抱き合ってるじゃねぇかいつの写真だこれ
386 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/08(火) 22:29:07.36 ID:TUWTfkIo
〔;凸〕>>379 oh...これは……なんだろう物凄くにやけてしまったんですが……どうしよう変態かもしれない
ほんといい絵書きますねー……負けないように頑張って書こう

>wiki作成
こっちに移った時に作ろうか迷ったんですが、どうせ長くはないだろうと思って作りませんでした。
あれば便利なんでしょうが……いかんせんもうすぐ完結なので終わった後潰しが聞かないんじゃないかと。

じゃちょっと頑張ってカタカタしてきます。にやにやしながらお待ち下さいませ。
387 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 22:36:58.02 ID:FNm433.0
ニヨニヨニヨ
388 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 22:42:54.11 ID:VCRQ7a.o
ノートン先生の必死ブロックによって見られませぬ
先生よう…
389 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 22:56:49.14 ID:3986SSM0
>>379
めっちやニヤニヤしてしまった
新しいのくるまで全裸でまってます
390 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 23:03:24.98 ID:XXWGHik0
>>382
これを携帯画像には…ちょっと厳しいです、ごめんなさい
でも本当に、色すらついてない落書きですよ
>>388
ノートン先生何故ェ
391 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 23:04:59.09 ID:bF3HUwSO
だからファイ(ry
392 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 23:14:44.43 ID:TB40h8Eo
ククク……ごちそうさま
393 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 23:14:55.22 ID:KOSgiFYo
ようやっと見れたーっ
あやめかわいいよぅ…男がイケメンすぎるぜww
394 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 23:27:23.34 ID:VCRQ7a.o
拝見しました。
土下寝。
395 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 23:46:59.14 ID:4PHCGsDO
男やりすぎだろお前…
396 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 23:53:59.96 ID:XXWGHik0
http://loda.jp/tikakoi/?id=28.jpg
一応一枚にまとめて88kbまで落としてきました
文字がツブれて見えないかもしれません、オフレコで音声をあててあげて下さい
397 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/08(火) 23:59:26.63 ID:KOSgiFYo
落下してるのはトミー?あやめ?
398 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/09(水) 00:08:15.43 ID:Z1El7Os0
>>397
あやめだよ。髪型隠れると見分けつかないのが申し訳ない

うっかりすると男に自分の服ばかり着せてしまいそうなので
皆の服装をこっそり教えてくれると嬉しいです
399 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/09(水) 00:26:16.46 ID:PbJ1IHco
基本、ジーパンとパーカー合わせておけばいいだろうという体たらくですまない
400 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/09(水) 00:28:24.78 ID:0a4/D2DO
男の服装聞く場所間違ってるだろ……
ジムはリア充臭いから洒落たナイスガイだなきっと
401 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/09(水) 00:40:10.25 ID:TVSaIcMo
サナミ
「ただいまー。はー疲れた…!」

アマネ
「ふふ…お疲れ様です」

木陰の下、サナミはアマネの隣に腰を下ろした。
あやめは身体を起こして姉の陰からこちらを覗いている。
何度会っても俺は警戒されているんだろうか。

トミー
「おっそーい!!」


「あはは……ごめんごめん」

座ったサナミに代わって、今度はトミーが跳ねるように飛び起きた。
その動きはまるでシーソーのようだ。

トミー
「さなみんに何もしてないだろーなっ!」

サナミ
「な、トミー……!」


「何をするんだよ何を……」

悪戯な顔の突拍子もない軽口に、俺は頭を掻いて笑いを返す。
だが内心、二人きりで歩いていた時間を思い出して少々焦った。

アマネ
「”おはようございます”。……寝坊ですか?」


「いやぁまぁ……はい、申し訳ない」

今度はアマネがこちらに向いて微笑んだ。
にっこりと口角を上げているものの、今の時間にそぐわない挨拶が何処となく刺々しい気がする。

アマネ
「ほら、あやめ。挨拶は?」

あやめ
「………こんにちは…」

姉に促されて、身体の影からあやめがひょっこりと姿を見せた。


「こんにちは。遅れてごめんな?」
402 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/09(水) 01:58:38.96 ID:MZZZhS60
服装なんてジーパンにポロシャツの下に七分丈のTシャツ着させとけば充分お洒落にみえるぜっ

403 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/09(水) 04:51:23.42 ID:TVSaIcMo
あやめ
「………お弁当、あげないんだから…」


「う…厳しいなぁ…。それは勘弁してくれよ…」

苦笑いの俺を見て、あやめは顔をふっと綻ばせた。
どうやら彼女なりの冗談だったらしい、俺は少しだけ気を許してもらえた気がした。


「にしても……いい場所だなぁ…」

一通りの挨拶と謝罪を済ませてから俺は河川敷へ降り、改めて辺りを見回してみた。
並木の中でも一際太く、悠然と咲き誇る桜と嘘のように青い空、千切れた細い雲。
香るのは芝特有の少々の青臭さと、色になって見えそうなほど濃い桜の香り。
深い緑が眩しい芝が透き通る川を囲んでいて、時折吹く涼やかな風がその長い毛足を撫で、反射する光がグラデーションの様に流れていく。
又その風は、透明感のある微かな水音と、さぁさぁという心地よい葉鳴りを耳に届けた。
水の流れが行く先に見えるのは、緑多い茂る低い山の連なり。
緩やかで浅い川で小さな子供が黄色い声で遊んでいて、迸る水滴がきらきらと空中で揺れていた。
俺には写真や美術の心得は無いが、出来ることならどうにかして切り取りたい景色だった。

サナミ
「なーにかっこつけてんのよ!」

トミー
「そーだぞー!キャラを大切に!」

確かに、そう思って笑いが零れた。
後ろから聞こえる野次に、肺一杯に春の空気を吸い込んでから俺は振り返った。
木陰では姉妹がくすくすと笑っている。


「悪かったな!」

サナミ
「皆集まった事だし、そろそろ”お花見”、始めよっか」

トミー
「おー!花はもうとっくに見ちゃってるけどねー!」

アマネ
「ともちゃん、それを言い出したらお花見なんて電車の中で終わっちゃうわよ?」

あやめ
「……姉さまのおべんとー……」

誰もが皆、降り注ぐ陽の下で笑顔を携えている。
そして俺は気がついた。
桜の下には、景色に負けないほどに可憐な四輪の花が咲いている事に。
きっと今日は、何処へ行くよりも鮮明に記憶に残る、そんな日になるだろうと確信した。
404 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/09(水) 06:56:51.94 ID:1cwXIago
シャツにジャケットが多いなー
しかしハーレム花見うらやましいのう
405 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/09(水) 13:05:39.50 ID:0a4/D2DO
男が羨ましすぎて生きるのが辛い……
406 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/09(水) 13:31:16.51 ID:CCIV4qE0
>>405
羨ましく無いもんな……
407 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/09(水) 20:55:28.69 ID:ky9iuGso
笑ってるあやめが見たいです
絵師さんお願いします
408 :407 [sage]:2010/06/09(水) 21:06:57.39 ID:rPBHNMIo
でもサナミの方がもっと見たいです
409 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/09(水) 21:14:40.32 ID:zyr4tMSO
四人でふにゃんふにゃんしてるとこ描いてくらはい絵師さん
410 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/09(水) 21:20:15.07 ID:BMZn/iU0
あえてアマネエンドキボンヌ

そして傷心してるサナミにさり気なく優しい言葉をかけるわけだ
そこで彼女は照れるわけだ
そこで俺は素敵な笑顔なわけだ
パぁぁーフェクトなわけだ!!!

うんうん
411 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/09(水) 22:42:24.34 ID:0a4/D2DO
一時は最大派閥サナミ派さえ駆逐せん勢いだったトミー派も、
今や兵どもの夢の後ってか……
412 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/09(水) 22:46:07.31 ID:PCWa2cAO
引き取り手のいなくなったトミーちゃんは俺がもらっていきますね
413 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/09(水) 22:57:29.69 ID:aVhP6oI0
>>407
>>409
ふにゃんふにゃんではないけれど…
http://loda.jp/tikakoi/?id=29.jpg
414 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/09(水) 23:23:20.63 ID:fQ1szEDO
>>413すっげぇええええ可愛い!!!
415 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/09(水) 23:24:50.66 ID:PhtNzwAO
>>413
光速で保存した。
絵師GJ
416 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/09(水) 23:28:48.43 ID:TVSaIcMo
〔凸〕いや昨日はレス2つで撃沈して申し訳ない…。今日は風呂入ったらもちっと頑張りますー。

>>413
この真ん中に入れるのは男だけだと思ったらイラッっとしゴホゴホ
417 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/09(水) 23:30:44.45 ID:ky9iuGso
>>413
男がつまらんギャグを言ってみんなが白けてるのにあやめが一人笑っちゃって赤面してる図を想像した
萌えた
418 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/09(水) 23:50:02.84 ID:0a4/D2DO
あやめは同年代の友達居なさそう可愛い
419 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/10(木) 00:20:00.45 ID:.dH8d.SO
ならぼっちだった俺が昼休みの過ごし方をご教授する事を口実にハァハァ
420 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/10(木) 04:59:19.85 ID:KtsnBS2o
――――――


「皆コップ持った?」

アマネ
「あやめは何が良い?」

あやめ
「姉さまと一緒が良い…」

トミー
「じゃあじゃあ!えーとえーっと……何に?」

サナミ
「……卒業でしょ?」

トミー
「そう!ぼくたちの卒業を祝って!」


「かんぱーい!」

キン、とグラス同士がぶつかる音が響いた。
ウッドテーブルの上に幾つか水滴が落ちて、俺達のお花見は始まった。
手に手に持った厚めのグラスは、「紙やプラスチックでは味気ないから」とアマネが持ってきた物だ。
紙なら洗う手間が無くていいのだが、そういう所が凝り性の彼女らしい。
俺は飲み物で喉を潤してから使い込まれて少し色褪せたウッドテーブルに腰掛けた。
俺の右隣にはサナミ、向かい側にトミーが座り、あやめを挟んでアマネという席順だった。
椅子に座ったらあやめとトミーの頭がほぼ同じ高さにあって、少し笑ってしまった。
テーブルの上には細かな花模様のテーブルクロスが敷かれている。
各々の前にもきちんと食器が並べられていて、母の前では口が裂けても言えないが、家の食卓よりも綺麗にさえ見える。
流石に男が準備したのならこうはいかないだろう。


「重箱とは……気合いはいってんなぁ…!」

アマネ
「はい!皆で腕に縒りをかけて頑張りました!」

あやめ
「…あやめも頑張ったんだから」

アマネ
「ふふ…そうね?」


「そりゃ楽しみだ……しっかしまた、こりゃ随分高そうな……」
421 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/10(木) 05:00:22.00 ID:KtsnBS2o
サナミ
「でしょー?あたしもびっくりした!」

隣でサナミが目を丸くしている。
これに驚いたのが自分だけでは無くて少しほっとした。
机の真ん中に堂々と置かれた三段の重箱は、陽を浴びて黒く艶めき辺りののどかな雰囲気の中で異彩を放っている。
細やかに入った金の装飾が余りにも美しく、素人目で見ても高級な事が一目で判った。
家を見た時から薄々は感じていたのだが、どうやら彼女は正真正銘”深窓の令嬢”という奴らしい。

トミー
「……これって、”会津塗”だよねー?」

黙って重箱を見つめていたトミーが唐突に口を開いた。


「ははは…また適当な事を……」

アマネ
「正解!流石ともちゃん!」

あやめ
「…ぱちぱちぱち…」

トミー
「やっぱりー!準備してる時からそっかなーとは思ってたんだー!」


「え、えええええ……!?」

サナミ
「…………」

何と、適当かと思いきやトミーは重箱の塗りを一発で当ててしまった。
サナミさえ俺の隣で絶句している。


「さ……流石って…?流石の勘って事だよな?」

トミー
「なっ、失礼なやつだなー!」

アマネ
「ともちゃんは茶道部ですから、茶器や漆器には詳しいですよ?知りませんでした?」

トミー
「そーそー!あと、お茶の種類にもくわしかったりする!」


「し……知らなかった…」
422 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/10(木) 05:01:13.12 ID:KtsnBS2o
サナミ
「……あたしも」

トミーの発言だけなら運の一言で片付くが、アマネが言うのだから間違いなさそうだ。
俺は彼女が茶道部だという事は知っていた。
いや、実の所今の今まで忘れてはいたが。
それにしてもまさかあのトミーにそんな特殊技能が備わっているとは思わなかった。
類稀な運動神経といい、本当に謎の多い少女だ。

トミー
「それより!なかみがだいじ!早くあけよっ!」

あやめ
「あやめお腹空いたー……」

サナミ
「そっ…そーだね!食べよう食べよう!」


「お、おう……そだな!」

アマネ
「ふふ……じゃあ開けますね」

アマネの細い指が金の蝶が舞い飛ぶ蓋にかかった。
調理の現場に居合わせてなかった俺はまだ中身を知らない。
空腹の上にこの重箱、そして料理上手な彼女達が総出で作ったとなれば否応無しに期待が高まるというものだ。
俺は不覚にも口の中が唾液で溢れて、”花より団子”をまさに地で行く自分が情けなかった。


「うわぁ……すげぇ……!」

開いた口が塞がらなくなるなんて事はそうそうあるものでは無いが、今はその時だった。
最上段は一見すると高級な仕出し弁当を思わせるほどの豪華さで、
和、洋、中に加えて創作料理に至るまで様々な食べ物が溢れんばかりに詰め込まれていた。
香りもぶつかり合っている訳ではなく、上手く交じり合って得も言われぬほど食欲をそそる。
何よりも嬉しいのは、知ってか知らずか俺の好物が多分に入っている事だった。

サナミ
「すごいでしょ!作っといて言うのもなんだけど、すっごく美味しそう!」

トミー
「なんという…!これはいいものだ!」


「いいな!これは良い物だな!」

アマネ
「まだ一段目ですよ?」
423 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/10(木) 05:06:09.23 ID:KtsnBS2o
俄然テンションの上がる俺を見て笑いながら、アマネは一段目を持ち上げた。


「うわ……こっちもすげーな!ていうか卵が…!」

あやめ
「うふふふ……」

案の定豪華な二段目を見て、あやめが満面の笑みを浮かべている。
それもそのはずで、二段目にはありとあらゆる卵料理が入っていた。
出し巻き、蟹玉、オムライス……。
中には料理名さえ判らないものまである。
判らなくとも美味しい事は間違い無さそうだが。

アマネ
「すいません、あやめがねだるものでつい……」


「いや、すげー美味そうだから全然良いよ!」

サナミ
「でも三段目が一番大変だったかも…」

アマネ
「そうですね……確かに手間はかかったかもしれませんね」

トミー
「うんうん確かに!」

あやめ
「…大変だった」


「な、何?これ以上大変って……」

ここまでで十分凄いのに、まだ上があるというのか。
普通、こういう三段重箱の最下段といえばご飯物が入っているのが相場だ。
素人意見で言えばおかずの方が大変だろうと思ったのだが、
アマネが二段目を持ち上げて見えたそれを見て、俺は即座に納得した。


「ははは……職人か!」

思わずつっこまざるを得なかった。
入っていたのは太巻きや稲荷寿司といった手で食べられるご飯物だった。
確かにご飯物には違いなかったのだが、その造りが凄かった。

アマネ
「”桜巻き”にしてみました。味も美味しいですよ?」
424 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/10(木) 05:12:05.28 ID:KtsnBS2o

「……手が込み過ぎて食べるのがもったいないんですが」

所謂太巻きなのだが、丸い断面の中に海苔と具材によって綺麗な桜の花が咲いている。
寸分の狂いも無い形がその技術の高さを物語っていた。
それを筆頭に、アボカドの緑が映えるカリフォルニアロール、海苔の代わりに厚めの卵で巻いてある卵巻き等、どれも手のかかりそうな様々な”変り種”が入っている。

トミー
「カリフォルニアロールはぼくの提案ー!」

あやめ
「…卵巻きはあやめのだから」

サナミ
「あ、お稲荷さんはあたしだよ?」


「……こりゃ確かに俺が参加しても何もする事ないよ、ほんと……」

アマネ
「ふふふ……じゃあいっぱい食べて下さい!そのために作ったんですから」


「食べる食べる!こんな美味そうな弁当初めて見たよ」

トミー
「じゃー食べよー食べよー!」

あやめ
「…いただきます」


「頂きます!」

手を合わせた三人の箸が競うように同時に伸びた。
俺はまず一段目の好物から口に運んだのだが、味はもう、もはや言うまでも無かった。


「うまーーーーーい!!!」

トミー
「うるさーい!美味しいー!」

あやめ
「…ともちゃんもうるさいんだから……。卵おいしー…!」

サナミ
「全く、子供が何人居んのかわかんないね」

アマネと顔を合わせて笑い合って、残る二人も箸を伸ばした。
425 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/10(木) 05:14:37.90 ID:KtsnBS2o
〔;凸〕ふぅ…ふぅ…(〔凸〕含め)料理好きが多いせいで食事シーンの多い事多い事……。さりとて割愛もしたくないし……。
書いててお腹空いてくるのが困ったもんです……。キリのいい所で今日はここで前線離脱しますー…。
426 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/10(木) 05:49:49.79 ID:WOeQGsAO
ほう、サナミのおいなりさんとな・・・









ふぅ
427 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/10(木) 06:40:49.66 ID:KVizUI.0
貴様...ッ!!!
なぜサナミにおいなりさんがついてにゃならんのだ!!!



...ふぅ
428 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/10(木) 06:54:29.52 ID:l2zxAmY0
可愛いよなおいなりさん
429 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/10(木) 08:04:29.38 ID:CNwjKcDO
ジム乙ー
無理せずまったりやっとくれー

しかしあやめが可愛すぎておなか空いたんだけど
430 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/10(木) 08:30:40.99 ID:mbR8yYDO
まれに見せるトミーの意外な一面にドキっとする。
431 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/10(木) 08:51:45.54 ID:aUlJTc.0
ジムに伝えてくれ・・・
トミーはいいもの・・・だと・・・





でも、アマネが好きです。サナミの方がもーっと好きです!
432 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/10(木) 10:38:50.09 ID:bsRKD2AO
その上をいくあやめ
433 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/10(木) 14:50:24.07 ID:G7lDuCU0
お前らとジム両方に一言いっておきたい。

ヤ リ ダ 空 気 じ ゃ ね ?
434 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/10(木) 14:51:40.69 ID:CFHx/vo0
ヤリダなら普通にお花見に混ざってるけど?
435 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/10(木) 15:17:01.92 ID:EV7Aufo0
木の役やってんのヤリダだろ?
436 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/10(木) 15:36:33.91 ID:7bxQ5MAO
ヤリダネタつまんね
437 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/10(木) 16:30:10.72 ID:bsRKD2AO
ヤリダネタは今の流行りだからな
438 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 01:13:24.91 ID:.MPSOnU0
ヤリダ「卵焼きうめぇぇえええ」
439 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 01:52:13.30 ID:kQoa55Mo
あやめに「バカ…」って言われたい
440 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 02:34:12.36 ID:X83iu520
ヤリダ「殺めうめぇぇえええ」
441 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 03:30:45.42 ID:NLGlWpI0
もし>>440みたいな展開になったらふぅヤリダを[ピーーー]
442 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/11(金) 05:46:28.58 ID:wLtJY0oo
心地よい陽射しと満開の桜、美味い料理。
それに加えて、少々下世話に言えば俺以外は全員女の子という素晴らしい状況。
自然と笑いも増え、少し遅めの昼食の時間は非常に楽しいものだった。

サナミ
「はー……ほんと気持ちいいねー…」

アマネ
「そうですねぇ。今日はほんとにいいお天気ですし、桜もとっても…」

あやめ
「あー…!ともちゃんあやめの卵食べたー!」

トミー
「え、ええーっ!お、お、同じのいっぱいあるよっ!?」

あやめ
「うぅー…それがよかったのにー……」


「ん…ぐ……お…お茶……!」

サナミ
「ってちょっとくらい桜も見なさいよ!」

アマネ
「あはは……食欲旺盛ですね…」

次から次へと口に運ぶ三人を見て、サナミが呆れた声を出した。
言われてみれば、さっきから視界に弁当しか入っていなかった事に気が着いて、
俺は喉に詰まりかけた唐翌揚げを飲み物で流し込んで、一旦箸を置いた。
目の前のちびっこ二人は相変わらずきゃあきゃあと食事に勤しんでいるが。


「いやー悪い悪い……あんまり美味しいもんだからさ、ついつい……」

サナミ
「まぁ、確かにこういう時に食べるお弁当って美味しいから判るけどさー」

アマネ
「ふふ……こんなに喜んで食べてもらったら、作った甲斐があります」


「ご馳走になってます。しかし……、お花見っていうアイディアは正解だったな」

河川敷の所々にブルーシートを広げている一団がいるものの、
時期としては比較的早い事と、今日が平日だという事もあって意外なほど静かだ。
”思い出作り”と言われたものだから、俺はてっきり何処かに足を伸ばすのだろうかと、
詳しい話を聞くまで少々艶かしいものも含めて、色々な想像をしていた。
443 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/11(金) 05:46:56.84 ID:wLtJY0oo
サナミ
「最初はほら、あそこ。”キスミーランド”もいいかなーって話してたんだけどねー?」


「あぁ…キスミーランドかぁ……」

サナミの言葉に向かい側に座るアマネが何度か頷いた。
その様子から察するに、サナミだけでなく二人で考えいたらしい。
”キスミーランド”とはこの街からは少し遠方に位置する日本最大のテーマパークで、
恐らく知らない人は居ないほどの知名度を誇る。
入場口で様々なキャラクターが頬にキスをしてくれるサービスが有名で、
老若男女を問わず毎日数え切れない程の入場者が居るまさに”夢の国”だ。
俺も小さい頃に母と二人で何度か行った事があるが、その時の事は今思い出しても楽しい。
要するに、そこはとてもつもなく楽しい場所なのだ。

アマネ
「ただ三月となると……」


「あー……滅茶苦茶混む時期だな」

そう、テーマパークで体感的に最も人の多い時期はこの時期だ。
特にキスミーランドの様な全国的にも有名なテーマパークともなると、
全国各地から修学旅行生が殺到する。
のどかな北海道だった俺達からすると、羨ましいのか可哀想なのか少々微妙な修学旅行だ。

サナミ
「そ。あんた人苦手でしょ?」


「人苦手ってなんだよ!」

サナミ
「あぁごめんごめん、人込みね、人込み」

アマネ
「……くっ……」


「アマネ…どうせなら思い切り笑ってくれ……」

漫才の様なやりとりにアマネは俯いて笑いを堪えている。
確かに俺は人込みが苦手だった。
人が苦手というのも、まぁ大体当たっている。

トミー
「んー…ぼくも人込み嫌いだなー」

あやめ
「……あやめも」
444 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/11(金) 05:47:24.71 ID:wLtJY0oo
一旦休憩に入ったらしいちびっこ達が会話に参加した。
二人とも可愛らしい仕草で口を拭っているのが微笑ましい。

アマネ
「私もあまり得意じゃないので、キスミーランドは無しになったんですよ」


「そっかー……。トミーとあやめは人込みで埋まっちゃいそうだもんな」

あやめ
「…ーっ!」

トミー
「失礼なー!あやめはともかく、ぼくはへーきだよ?あやめよりおっきーもん!」

そう言うなり背筋を伸ばして胸を張るトミー。
しかし残念ながらあまり効果は無い。


「ほんとかー?じゃちょっと立ってみ?」

トミー
「ほほう背比べか!よかろう望むところじゃ!」

あやめ
「………」

トミーに続いてあやめも渋々といった表情で立ち上がって、俺の前に立った。
どう見てもかなり微妙な争いだが、トミーはもう勝った気で自信満々といった顔つきだ。


「じゃ背中合わせてみて」

あやめ
「……こう?」

トミー
「ほらどーだ!」

二人はぴったりと背中を合わせた。
だが正直な所。

サナミ
「び……微妙だね……」

アマネ
「そ……そうですね……」

俺の気持ちを後ろで見ていた二人が代弁してくれた。
肩の位置はほぼ同じか、あやめが少しだけ高いようにも見える。
445 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/11(金) 05:48:29.82 ID:wLtJY0oo

「ん?あ、これは取らなきゃ駄目だろう」

そこで俺はトミーが帽子を被っている事に気が着いた。
いつも被っているせいで、ほぼ身体と同化しているといっていいほど自然だ。

トミー
「あー!待って待って!それは無し!」

抵抗するトミーからトレードマークをひょいと取ると、
帽子の下から明るい髪が現れ揺れて、背比べの答えが出た。


「……おめでとうあやめ。君の勝ちだ」

あやめ
「…ほんと?あやめの勝ち?」


「うん。ほんのちょっとだけどな」

あやめ
「やったー…!ふふふ……」

トミー
「う、うそだー!そんな馬鹿なー!さっ、さなみーん!」

中学二年生に負けた高校生が、サナミに助け舟を求めた。

サナミ
「……トミー……」

しかしサナミは細い目でトミーを見つめるだけだった。
その目は何処となく哀愁さえ漂っている。

トミー
「うぅー……あ…アマネっちー…!」

アマネ
「……と、ともちゃんだってまだ伸びるから……ね?」

トミー
「……そ…そんな……ばかな……」

アマネの”励まし”が決定打となって、トミーは芝の上に崩れ落ちた。
四つん這いになったトミーをあやめが複雑な表情で見下ろしている。
勝負の世界とはかくも冷酷なのものだ。
俺はトミーの頭にそっと帽子をかぶせて、席に戻った。
その後を追って、あやめも姉の隣に座りなおし、
更にそれ続いてよろよろと力なく、俯いたトミーも戻ってきた。
446 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 05:50:24.88 ID:UUgx09I0
トミーかわええw
447 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/11(金) 05:58:20.46 ID:wLtJY0oo
こうして並んでいる所を見ると、あやめは本当に淑やか落ち着いていて、
元気いっぱいのトミーと比べると、あやめの方が年上に見えなくもないのが笑えてしまった。

サナミ
「トミー……ほ、ほら今からでも牛乳とか飲んでさ…」

意気消沈しているトミーをサナミが必死にフォローする。


「あ、サナミ、トミーは……!」

トミー
「さなみんぼくがぎゅうにゅう苦手なの知ってるくせに……」

俺の制止も空しく、それはしっかり裏目に出た。
俯いたトミーの背景がまたワントーン暗くなる。
うっかりしていたという顔で俺を見たサナミに、俺はため息を吐きながら首を振った。

あやめ
「…あやめはミルク好き」


「ははは………そ、そっか偉いなー…?」

アマネ
「あやめがたくさん飲むものだから、家の冷蔵は牛乳がいつも三本は入ってるんですよ?」

サナミ
「へー……あやめちゃん偉いなー。あたしももっと牛乳飲んどけばよかったなー」

あやめ
「えへへ……」

照れるあやめの隣でがふるふると肩を震わせていたトミーが、勢い良く顔を上げた。

トミー
「くっ……!牛乳がなんだー!食べる!食べておっきくなるもん!あやめは牛乳だけ飲んでればいい!」

あやめ
「うー…!ずるい…!あやめも食べるんだから!」

追い討ちが闘志を再燃させたのか、トミーが箸を片手に叫ぶと、
あやめも負けじと箸を手に取った。
そうしてまた二人の喧しい食事が再開された。
ああだこうだと言い合いながら口を動かす二人は本当に相性が良さそうだった。

アマネ
「ふ、二人ともゆっくり食べてね…?もう……」

妹が増えたアマネが長いため息を吐いて、俺とサナミは思い切り笑った。
448 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/11(金) 06:03:24.42 ID:wLtJY0oo
〔;凸〕ふぅ…ふぅ…。皆がまだまだ喋りたいと叫んでるのでお花見はまだまだ続きそうです…笑
暫くこんなテンションが続くと思うので、ニヨニヨしながら覗きにきてくださいな。

では前線離脱します……。
449 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 06:12:41.26 ID:dQU74Nk0

あやめかわぃぃぃいいいいい
450 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 07:14:39.42 ID:UUgx09I0
乙なんだよ!
451 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 08:32:16.74 ID:dToI6.AO
俺の嫁は一番ちっちゃいのか・・・







大好物ですwwwwwwww
452 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 11:34:57.48 ID:6a1LZqko
乙です!
453 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 11:46:36.34 ID:e6ygCf.0
乙です〜
じっくりゆっくり続きまってまーふ

ん、あやめより小さいトミー・・・





・・・ぃぃょ
454 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 11:56:46.68 ID:ej.C4Yk0
冨澤さんとアマネ、サナミって仲良かったっけ
455 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 13:44:13.44 ID:82C.NcDO
男目線だから語られてないけど仲良しだよと昔ジムが言ってたよ。しかしこのほのぼの感やべえwwwwww
書き方が丁寧だから頭の中で完璧にアニメーション再生されるのがすごい
456 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 14:30:49.61 ID:kQoa55Mo
図々しいですが絵師さんあやめとトミーが背比べしてるシーンをお願いします
457 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 16:03:21.84 ID:H2uHyGg0
図々しいですが絵師さん>>456のリクエストの背後にヤリダを立たせてあげてください
458 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 16:07:22.06 ID:82C.NcDO
そういうのはいいよつまんねえ
459 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 16:32:41.74 ID:4UNDBLko
俺は>>457のほうが見たいな
460 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 18:41:41.53 ID:hLab8ZE0
>>457
二人を見てやれやれ、って感じなヤリダさんですねわかります
461 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 18:51:18.62 ID:NLGlWpI0
どっちかって言ったら
ヤリダは笑堪えてプルプルしてそう
462 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 20:17:37.57 ID:RbeoVASO
(OMO)
463 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/11(金) 23:07:29.93 ID:nWyDErwo
バロスッ!
464 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/12(土) 03:03:37.83 ID:0LvuL/Yo
ちかこい!でググったらまじでこのスレが一番に出たよ…なんか複雑な気分だww
465 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/12(土) 13:35:50.60 ID:Df4j4YAO
ヤリダネタ出すと途端に過疎るな

いい加減つまんね
466 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/12(土) 13:44:17.90 ID:U/iYYQA0
むしろヤリダネタに過剰反応してつまらんやめろと嘯くもしもしがうざいんだが。

ヤリダまんせー。
467 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/12(土) 13:45:55.27 ID:FEnGp2oo
糞して寝ろ
468 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/12(土) 13:54:34.88 ID:vmvac7o0
>>467がいいこといった気がする
469 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/12(土) 13:58:55.78 ID:/5QfGuQ0
どうでもいいけど牛乳じゃ背は…
470 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/12(土) 14:01:22.78 ID:zUYpGOo0
むしろ>>466だろ
471 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/12(土) 14:48:23.04 ID:MO83zok0
>>470
それもないな
472 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/12(土) 15:05:48.93 ID:P97J69g0
ヤリダ「やめて!私の事で争わないで!!」
473 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/12(土) 15:08:05.00 ID:Qv6rI5Mo
あ、出てこなくていいです
474 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/12(土) 16:31:11.31 ID:Pr5JqEDO
延びてると思ったらよくわからん論争だったでござる
ちびっこコンビでスピンオフ希望
475 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/12(土) 16:53:24.40 ID:obblno2o
そんな調子で団欒とした会話は続く。


「……アマネってほんといいお姉ちゃんだよなぁ」

アマネ
「え、ええ!?そ、そうですか…?」

妹の口元に付いたソースを拭いてあげている手が止まった。
あやめは俺の言葉に無言のままこくこくと頷いている。

サナミ
「うん、あたしもそう思うなー。料理だってすっごく上手いし……」


「和洋中全部いけちゃうんだもんなぁ。大したもんだよ」

もちろん彼女の場合スイーツまでカバーしているのだが、
ある意味ですごい物も作ってしまうので、それはあえて言わなかった。

トミー
「ぼくもアマネっちみたいなお姉ちゃん欲しいなー」

あやめ
「うー…姉さまはあげないんだから…!」

トミー
「だめかー…。じゃあやめみたいな妹でもいいかな!ほらほらーとも姉さまだよー?」

あやめ
「うー……」

あやめの頭を撫でるトミーの顔は満足げだ。
俺からすればじゃれあっているちびっこ二人は上も下もなく同じに見えるのだが。

アマネ
「でも……サナミさんだって上手じゃないですか!」

サナミ
「あはは……どーもどーも。でも部長には勝てませんでしたー」


「……流石料理部だよなぁ…、うんうん」

サナミ
「…あんたも部員でしょうが……」

そう言われればそうだし、料理部に居たおかげで大分出来るようになったが、
こんなレベルの中じゃ俺なんて居ないのと同じだ。
476 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/12(土) 16:54:16.04 ID:obblno2o
アマネ
「でもほら、洋食は殆どサナミさんが作ったんですよ?私より全然手際が良くて……」


「そーなのか?なんだ随分美味いからてっきり全部アマネが作ったのかと……ていってえ!」

冗談のつもりだったのだが、思惑とは裏腹に右腕に重いストレートが決まった。

サナミ
「ばか!もう食べるな!」


「じょ、冗談だって……いてー……」

トミー
「きみは本当にばかだなー。いつも一言多い!」

サナミ
「ねー?ほんっと…ばかなんだから」

アマネ
「あ、あはは……」

なんだか今日のサナミはいつもより少々乱暴な気がしないでもない。
口を尖らせてトミーと俺の話をしている様子を見て、後で言おうと思っていた賛辞の言葉を飲み込んだ。


「…じゃあこの辺は全部アマネが作ったのかー」

アマネ
「はい!味付けも冷めても美味しいように工夫したんですよ?」


「へー……すごいもんだ」

サナミ
「おほん!あたしは、これとこれと……これ!後は”桜”稲荷寿司!」

アマネへ向けた羨望の視線を断ち切るようにサナミはわざとらしく咳払いをして注目を集めた。
それがやきもちなのか料理家としてのライバル心なのかどっちなのかわからなくて少々困惑した。


「桜?これのどこが……」

丁度口に入れようとしていた稲荷寿司をくるくる回して見ても、どこにもそれらしい所は見当たらない。
噛めばじゅわりとダシの染み出るごく普通の稲荷寿司だ。

サナミ
「えぇ!気付いてなかったの!?裏向けて裏!」
477 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/12(土) 16:54:42.57 ID:obblno2o

「裏?……おお!すげーピンク色だ!」

言われた通りに裏を向けると、全く気付かなかったがコメが薄いピンク色をしていた。
こんな事に気付かないほどがっついていたのかと思うと、幾らか情けないし申し訳ない。

サナミ
「………はぁ…あんたって……」

トミー
「……どーんかーん」

あやめ
「…かーん…」


「う……」

アマネ
「う、梅で色をつけてあるんですよ?サナミさんのアイディアで……」


「そ、そうなのか!いやーすごいなぁサナミ!あははは……!」

呆れてため息をつくサナミに必死のフォローをするものの、完全に無視だった。
言われてからやっと気付く味覚の曖昧さに、口の中のものを飲み込んでから、自分でもため息が出た。

アマネ
「後は……」

あやめ
「…あやめはこれとこれ。……頑張ったんだから」


「へー…!こんな手の込んだもんを……すごいなあやめ。すげー美味しいよ!」

あやめ
「…ーっ…!」

あやめが指差したのは何料理にも属さない様な、所謂創作料理風のものだった。
これは一目見ただけで手がかかるのが判る。
珍しく自慢気な顔のあやめの頭を数回撫でると、途端に眉をひそめたからすぐに手を退けた。
嫌だったのかと思ったが、耳が赤い所を見ると恥ずかしいらしかった。
あやめはそういう少女らしい仕草が本当に可愛らしい。


「でー…………トミーは?」

トミー
「うっ…ふぇぇ!?ぼ……ぼくっ?」
478 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/12(土) 16:55:14.29 ID:obblno2o
話を振ると目を真ん丸くしたトミーの箸の先から、皿の上に玉子焼きが落ちて柔らく揺れた。


「うん……皆で作ったんだろ?」

トミー
「うー……うん…そ、そうだね…みんなでつくったよ?みんなで……」

とは言うものの、彼女の言葉はぎこちない。
アマネとサナミは二人とも苦笑いを浮かべてその様子を窺っている。
まぁ、お手製チョコレートのぶっ飛んだ味から考えれば彼女の料理の腕前は大体想像がつくのだが。

あやめ
「…ともちゃん味見しかしてない」

トミー
「あ、あやめ…!言っちゃ駄目じゃないかーもー!」

あやめ
「…だってー…ほんとの事だから…」

トミー
「盛り付け!もりつけも手伝ったよ!」


「あはは……」

あやめの言葉で俺の予想の裏づけがとれた。
どうやらトミーは料理には参加していなかったらしい。
もっとも、料理部のツートップと同じレベルで考える方がおかしいのだが。

トミー
「それからぼ、ぼくはえーっとえーっと……あ、そーだ!お茶!お茶をいれた!ほ、ほらぼく茶道部でしょ?だからー、ね?」

慌てふためいたトミーは鞄から一人用サイズの水筒を取り出して俺の方に突き出した。

トミー
「ほらほら、どうぞ一杯一杯…」


「あ…あぁ……どうもどうも…・」

差し出されたコップにお茶が注がれる。
確かに彼女は茶道部だし、わざわざ水筒に入れてくるぐらいだからもしかすると本当に良いお茶なのかもしれない。
周りの皆のなんとも言えない視線を浴びながら俺はコップに口をつけた。

トミー
「どう?美味しい?僕が”いれた”お茶。特別な奴なんだよ?すっごい奴だよ?」
479 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/12(土) 16:55:57.38 ID:obblno2o

「ん……うん…!確かに!」

そんなに言われると、確かに他のお茶とは違う気がした。


「なんというか…まったりとしている中にも飲み応えと深みがあって……」

トミー
「ふんふん…それでそれで?」

自分のお茶が褒められて嬉しいのか、トミーの顔はみるみる笑顔に変わっていく。
何故か周りの皆まで笑顔だ。
きっと俺の評論が余りにも的を得て関心しているのだろう。
俺は得意になって続けた。


「飲み込んだ後にふっと鼻の奥に抜ける香りで、まるで目の前に茶畑が見えるようだったよ。流石いい物をいい人が煎れると違うね」

言い切ってどうだ、といわんばかりにコップを机に置くと、
そんなにも素晴らしいレビューだったのだろうか、皆一様に静まり返った。
すると。

サナミ
「……く……」

アマネ
「…ふ…ふふ……」

あやめ
「…………く…ふふ……」

トミー
「ぷ……くく……あはははははは!!!」


「えっ…?え…!?」

トミーの笑い声を皮切りに、皆お腹を抱えて笑い出した。
サナミに至っては机さえ叩く始末。
一体何が可笑しいのか理解出来ない。


「え、何?なんだよ!」

サナミ
「そっ……あははは……!それ……ふつーの……あははは!」

トミー
「やっすい…コンビニ……ぷ……くく…の…お茶……だよ!あはははは!!!」
480 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/12(土) 16:56:57.70 ID:obblno2o

「…………………」

なんてこったい。
そんな言葉が脳裏によぎった。
俺は一気に顔が熱くなり、今なら顔面でそれこそいいお茶が沸きそうだった。
次第に緩やかになっていく皆の笑いと反比例して、どんどん恥ずかしさが増していく。
どう思考のベクトルを変えても、自分の”どや顔”を思い出して、今すぐに川に飛び込みたい思いだった。

アマネ
「ご……ごめんなさい……私もつられて……ふふ…」

あやめ
「うー……姉さまー…おなかいたい…」

サナミ
「はー…涙出てきた……ほんっとばか……」

トミー
「くっ…ふふ…ね、ねえ、そんなに美味しいならもう一杯のむ?のむ?」


「く……い、いらねー!!ひ、卑怯だぞ皆して!」

サナミ
「あんたが勝手にべらべら喋りだしたんでしょー?もー勘弁してよー…」

一番爆笑していたサナミが机に肘をついて涙を拭っている。
俺はこんなに笑ってもらえたなら良いかと無理矢理に開き直る事にした。
そうでもしないと羞恥心のキャパシティを越えてしまう。

トミー
「じつは飲み物は途中で買ったからいらなかったんだけど、ぼく家からもってきちゃってたんだー」


「……それでか……随分手の込んだ引っ掛けだ事で……」

トミー
「まんまと騙されたねー!だいせーこー!てってれー!」

アマネ
「私は絶対気付くって言ってたんですけどね……ふふふ…」

サナミ
「あー無理無理、この人勢いだけで言っちゃうタイプだから」


「う、うるさいな!ったく、トミーにしては上出来のどっきりだったよ…」
481 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/12(土) 17:17:00.29 ID:obblno2o
あやめ
「……でも…、これ思いついたのサナミさん……」

サナミ
「あやめちゃん!しーっ!しーっ!!」

口を滑らすあやめを必死に止めるサナミ。
なるほど、首謀者はサナミだったわけだ。
それなら一人飛びぬけて笑っていた理由も納得がいく。
俺は相も変わらず彼女の手の平で簡単に転がされる自分を嘲笑した。


「トミー…お茶くれ、”やっすい”やつ」

トミー
「はいはーい、ぼくが直々に入れてあげよう!それだけで高級だね!」


「…光栄至極に存じますよ……」

丁寧に注いでもらったお茶を、一息に枯れた喉に流し込んだ。
それなりに美味しかったが、まぁ、やはりそれなりだった。


「……あやめは今日学校は?平日だろ?」

皆のくすくすと湧き上がる含み笑いがやっと落ち着いた頃、俺はあやめに聞いた。
話の矛先を変えようと思ったのもあるが、単純に気になったという部分もある。

あやめ
「…お休みだから」


「休んだのか?」

アマネ
「いえ、たまたま学校の創立記念日だったんです。ね、あやめ?」

あやめ
「うん…」

トミー
「平日でも休んでついてくるよねー?とも姉さまがいるからーうりうりー」

あやめ
「うー……」

あやめはトミーに撫でられると大抵眉をひそめるが、嫌というよりは照れているという感じだ。
この二人を見ているとなにやらじゃれ合う子犬のようで、本当に微笑ましい。
そんな事を思ったのは丁度彼女達の後ろで、まさに二匹の犬がじゃれ合っていたからだ。
482 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/12(土) 17:19:10.26 ID:obblno2o
〔;凸〕ふぅ…。今朝方書いてたやつ投下するまえに撃沈してました……。出かける前に投下しておきます。
流石にキャラが多い分台詞も増えて長くなりますねー…テンポ良くするために地の文も大分減らしてるんですが……。
また夜更けに頑張りますよー。こっしょり覗きにきてくださいね。
483 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/12(土) 17:25:28.20 ID:N472aiIo
来てたのか
484 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/12(土) 17:27:42.64 ID:zUYpGOo0
乙なんだよ!
485 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/12(土) 17:34:28.58 ID:oxmxkYSO
すげーピンク色だ!、でいやらしい想像をしてしまいました
486 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/12(土) 17:44:22.89 ID:Pr5JqEDO
男あほすぎワロタ
それにしてもこんだけ美少女に囲まれて動じないこいつ何なの
パーフェクトリア充じゃん
487 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/12(土) 19:52:11.54 ID:y9TysIDO
お前らなら動じないどころか動くことすらできないだろ
488 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 00:06:19.32 ID:ZT/QOmA0
>>456
ペンタブさんが壊れちゃいました
復活までしばらくかかります。ごめんね
>>485
お前は 俺か
489 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 00:16:15.42 ID:B9GI8gAo
知り合いからペンタブ壊れた死にたいってメールが来てるなぁと思ってスレ見たら>>488のレスがあってびっくりした

いやまぁ絵柄違うから別人だろうけどこんな偶然あるのね
490 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 00:24:30.23 ID:U37r262o
>>488
な、なんだと!
だからペンタブの手入れは怠るなとあれほど…くっ!
このダメージは計りしれん…
491 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 00:49:06.72 ID:ZT/QOmA0
「絵描いてる最中にペンタブが召された、死にたい」って友人にメール打って送信したら>>489のレスがあってビックリした
こんな偶然あるのね。ご友人がんばって、俺も頑張る
>>490
住んでる場所の関係で通販が使えないので、ペンタブ復活までしばらくかかると思います
その間にすげーピンク色だ!の部分について妄想を膨らませておこうと思います
492 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 01:15:54.41 ID:k1V.JsSO
絵師が復活したらだれがいちばんピンク色なのか描いゲホゲホ…
493 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/13(日) 03:11:30.10 ID:lxMFiwso
〔;凸〕アイタタタ……頭イタタタタス……。ちょっと頭が痛いので直り次第更新頑張ります……。

>絵師さん
ペンタブ故障とは災難ですね……。復旧を心待ちにしておりますー。
あの、もしえちぃ絵をうpるならzipであげてくださると助かります……。
「俺は見たくないんだ!」「純潔命!」「踏んじまった!」っていう人も中にはいらっしゃると思うので。ま、少数派だとは思いますが……笑
494 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 03:47:16.40 ID:k1V.JsSO
お大事厶
495 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 08:59:14.12 ID:YdTpIJIo
みんなが考えるこの物語のテーマソングってなんかある?
ヒロイン目線なら奥華子のガーネットがぴったりだと思うんだけど
496 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 09:28:38.45 ID:VL9VcsDO
時かけか
確かに良い曲だが歌詞悲しいしなぁ。サナミよりはトミーが聞いてそう

ゲーム化したらOPはあるんだよな!誰か作曲しろよ。歌詞はジムで
497 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 10:18:26.10 ID:DHInKMAO
バレンタインの夜のベランダのシーンだったらB'zの「今夜月の見える丘に」がいいなーって思った。
498 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 10:31:16.10 ID:O3RGDH6o
モノノ怪のEDで
499 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 10:35:21.29 ID:1YcMXiI0
>>496
時かけが時オカに見えた
500 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 10:57:13.29 ID:hnU2wsQ0
モノノ怪のOPでwwwww
501 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 15:50:08.42 ID:B9GI8gAo
>>491
ほんとに偶然ってこわい
まさかとは思うけど青森じゃないよな?
まぁ一応だよ……一応
502 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 15:58:49.73 ID:VL9VcsDO
偶然が嬉しいのかもしれんがあんま特定っぽい事やめようず
別人なのは解るだろ

あやめを膝の上にのせて一緒にぷよぷよとかしたい
503 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 17:18:38.59 ID:gc5IFgAO
今ショーションクの空に見たんだけど・・・
トミーェ・・・
504 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 22:19:01.18 ID:GVdTfrMo
会津人参上
じいちゃんに手伝わされたけど、漆でめっさ手が被れた思い出がある
505 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 23:24:34.43 ID:O3RGDH6o
>>504
関係ないけど、もしこの作品の登場人物の中に
山口県民がいたらやっぱりそっとスレを閉じたりするの?
506 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 23:39:00.20 ID:X5j01kDO
山口県民は漆に触れたら被れるって展開じゃないと気にくわないってこと?
507 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/13(日) 23:57:32.98 ID:ou/9QwDO
恐るべし会津若松の執念
508 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/14(月) 00:45:58.76 ID:Xk1vK5k0
>>501
えっ
青森なんだけどまさか……
509 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/14(月) 00:52:18.06 ID:uCuGEwSO
とりあえずりんごでも食って落ち着け
510 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/14(月) 00:57:00.96 ID:cXaJ/kDO
じゃあおれも青山
511 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/14(月) 00:57:42.62 ID:GRrYonAo
そういや登場人物たちの得意科目ってなんだろな
そんな設定あったっけ?
512 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/14(月) 01:12:42.16 ID:PJdYugoo
>>505
そんなの気にしてんのは一部の年寄りぐらい
基本的に過去の執着とかどうでもいいです
513 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/14(月) 16:00:48.20 ID:cXaJ/kDO
おまえら!結婚しようぜ!
514 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/14(月) 16:18:26.10 ID:e6Y/ozA0
>>513すまない、私にはアマネという嫁がいるのでな、残念だが断らせて頂こう
515 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/14(月) 17:37:38.37 ID:bvymKADO
>>513
すまんな、京香さんを幸せにするって約束しちまった。
516 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/14(月) 17:39:36.90 ID:/8njTPE0
福島と山形にいったい何が…
517 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/14(月) 18:13:44.82 ID:GRrYonAo
あやめと結婚するにはあと2年待たないとだめか…
それまでに悪い虫がつかないといいが
518 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/14(月) 18:26:28.06 ID:uCuGEwSO
アマネの腹には俺の子が宿る予定だからみんなは富沢さんとにゃんにゃんしててね^^
519 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/14(月) 18:43:10.92 ID:cXaJ/kDO
うるせーおまえの腹にはぎょう虫が宿ってんだろうが
520 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/14(月) 19:39:44.88 ID:JCrXCdw0
>>501それ以上いけない
>>502がいいこと言った
あと>>519でフいた

http://loda.jp/tikakoi/?id=30
ヘア見えてるからヘアヌード?注意zip
521 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/14(月) 19:52:07.91 ID:3ew.YqUo
絶対に許さない
522 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/14(月) 20:08:04.68 ID:NM5QWuco
期待したらこれだよ…女の子のほう頑張れよ!
523 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/14(月) 20:40:24.68 ID:G4m26BA0
てめーは俺を怒らせた
524 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/14(月) 21:00:05.81 ID:UmDSUqso
>>520
ふぅ…





期待した結果これだよ
525 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/14(月) 21:13:22.00 ID:GAsBwCoo
Σ〔;凸〕ギャボー なんという良い体……。流石皆の希望にきちんと応える絵師さん……ふぅ。

随分おさぼりしてましたが今晩は必ず更新しますー。
526 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/15(火) 00:00:22.79 ID:G3.KRMk0
ジムが‘…ふぅ’だと!!?
ジムが‘…ふぅ’だとッ!?
いい酒が飲めそうだ


527 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/15(火) 00:14:14.53 ID:MBz8HkSO
ここからジム萌えの技師スレになります!
528 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/15(火) 00:28:22.04 ID:7fm2tYEo
脳みそ沸いてんじゃねぇの

脳姦すんぞオラァ
529 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/15(火) 00:40:30.87 ID:h58WvMDO
アマネ「脳姦って…何ですか?」
530 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/15(火) 01:10:50.50 ID:tjHXBp2o

「トミーとあやめはいつの間にそんなに仲良くなったんだ?俺なんてアマネに妹が居るって知ったのも割と最近なのに」

トミー
「ふぇ?けっこー前だよ?ねえさなみん」

トミーはあやめの頭に手を置いたままサナミに話を振った。

サナミ
「そーだね。アマネちゃん家に行くようになったの三年になってからだし…」


「え?そーなのか?」

素っ頓狂な声にアマネが何度か頷いて答えた。
俺は二人がアマネの家に行くのは今日が初めてだと思っていた。

アマネ
「二人共よくうちに来られてたんですよ?四人でお茶会を……」


「へ、へー……」

そんなに以前から行っていたなら、どうりであやめとも仲がいいはずだ。
余りに自然で気がつかなかったが、人見知りのあやめがそんなに早く懐くはずが無かった。
俺がこの一年間一度もそのお茶会に呼ばれていなかった事にショックを受けたのは言うまでもない。


「お、俺呼ばれてないんだけどなー……ははは…」

アマネ
「あ、そ、その…それは……」

サナミ
「あたしが呼ばなくていいよって言ったの!女の子同士の話もあるからねー?」

トミー
「そーそー!きみが来たらあやめが怯えちゃうじゃないかー!」

あやめ
「……うぅー…」

トミーに抱擁されて、あやめは困った声をあげた。
怯えさせているのはどっちだ。

アマネ
「すいません…私は誘ったほうが良いかなとは思ったんですけど……」


「い、いやぁ…確かにサナミの言う事も一理あるから……はは……」
531 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/15(火) 01:11:26.78 ID:tjHXBp2o
一体会合の席でどんな話が行われていたのか気になるが知りたくは無い。
俺は申し訳無さそうなアマネに渋い笑いで応えた。

サナミ
「それよりあたしは、あんたがあやめちゃんと普通に話せる方が不思議なんだけど?」


「え、えぇ!?」

トミー
「ほんとだよー!スーパーで一回会ったくらいでぼくのあやめと話せるなんて……」


「そ、それは……」

アマネ
「………」

向かい側に座るアマネを見ると視線がぶつかった。
落ち着かなさそうな目でこちらを見ている。
どうやら、そういう事らしい。
俺が家まで行った事は言わずに済ませるという彼女の意図を汲み取った。
アマネが少しだけ事実を湾曲させたのは、恐らく余計な誤解や詮索を招きたくなかったからだろう。
それは彼女なりの友達への気遣いなのだろうが、二人で秘密を共有しているような感覚は、
何処となく新鮮でくすぐったい気もした。


「や…やっぱりあれじゃないか?ほら…俺って子供に好かれるし……」

あやめ
「子供じゃないんだから…!うぅー……」


「あ、ごめんごめん……あはは…」

サナミ
「ふーん……あやめちゃん、あんまり親しくなるとばかが移っちゃうよ?」

トミー
「ほんとだ!だめ!あやめに近づいたら駄目!」


「お……お前等なぁ……」

頬杖をついているサナミの眼は細く、トミーはあやめをひっしと抱いている。
何とか話は逸らせたものの、あまりにもと言えばあまりにもな扱いだ。
一体俺を何だと思っているのか。

アマネ
「でも、あやめが男性と普通に接するのは、たぶん貴方が初めてですよ?ね、あやめ?」
532 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/15(火) 01:12:52.67 ID:QCTJaRko
あやめをあやめたい
533 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/15(火) 01:29:54.95 ID:f3cBoE20
>>532
殺め「ほう…随分大きくでたな、小僧…。死合うか?」
534 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/15(火) 01:35:24.19 ID:h9zoI6AO
サナミとトミーとあやめは馬鹿がうつらないように俺の家に行こうね
535 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/15(火) 01:56:11.49 ID:MBz8HkSO
アマネは頂いていいんですね分かりました
536 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/15(火) 02:55:14.39 ID:2mIHh.AO
確かにトミーのいれたお茶はうまかったわ
537 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/15(火) 05:08:19.21 ID:tjHXBp2o
あやめ
「………」

姉の問い掛けにあやめは黙って俯いた。
それを見てアマネはにっこりと微笑んでいた。
周りの反応がどうあれ、この言葉少なな少女と仲良くなれた初めての男だと思うと、
ちょっとした優越感に浸れるというものだった。

アマネ
「ふふ……まさかあんな所で会うなんて、びっくりしましたね」


「そーだなぁ…ほんとびっくりしたな」

トミー
「あ……!びっくりしたといえば……」

トミーが唐突な声をあげた。

サナミ
「したといえば?」

サナミが聞き返すと、トミーの口角がゆっくりとあがっていく。
なんだか嫌な予感がした。
俺と視線が合うと、彼女の顔はいよいよ悪戯な笑みに変わった。
水っぽい生唾が音を立てて喉の奥へ落ちた。

トミー
「……ぼく、君とアマネっちのお邪魔しちゃった事あったよねー?」


「……邪魔って……あ!」

アマネ
「とっ…ともちゃん!?あ…!あれは……っ!!」

刹那のフラッシュバックに、背中の底から熱が這い上がってくる。
しかし俺が声を出す前に、アマネが一層大きな声を出した。
手をばたつかせて判りやすく慌てている。

サナミ
「え?なになに?なんなの?」

あやめ
「…なに?姉さまがどうしたの…?」

時既に遅し。
トミーが軽く一押ししたボールは、その勢いを止める事無く転がりだした。
あやめは複雑な表情でトミーを見つめ、サナミは興味津々といった様子で身を乗り出している。
悪戯好きのトミーを恨みながら、俺とアマネは同時に諦めの深い息を吐いた。
538 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/15(火) 06:01:29.19 ID:tjHXBp2o
――――――

サナミ
「押し倒……って…あっ…あんた何考えて……っ!」

あやめ
「うぅー……!」

ハリウッドも驚きの脚色を加えたトミーの話を聞き終えた後、
サナミは驚きと怒りと苦笑いが複雑に入り混じった顔で、拳を握っていた。
震える手は今まさに俺の身体へと伸びてきそうだ。
向かい側に座るあやめは、サナミとは逆に自分の服をきゅっと握り、
潤む瞳で俺をじっと見つめていた。

アマネ
「さっ、サナミさん!」


「違う!違うって!!おいトミー!そういう冗談はやめろって!」

トミー
「さっ、さささなみんおおお落ち着いて落ち着いて!じょーだんだよっ!じょーだん!」

一触即発の状況の中一番慌てていたのは、騒動の張本人であるトミーだった。

トミー
「ほ、ほんとはこっ…転んじゃったんだよね!?そ、そうだよねアマネっち!ね?ね!?」

アマネ
「そっ、そうです!だ、だから落ち着いて…!」

サナミ
「………」


「………ーっ…!」

俺は目を閉じて雷が振り下ろされるであろう頭を引っ込めた。

サナミ
「………………ーっ!もうっ!トミー!!」

しかし、聞こえてきたのは鈍い打撃音ではなく、悪戯が過ぎた子供を叱るような尖った声だった。

トミー
「あ……あはは……ご…ごめんなさい……つい……」

ゆっくりと目を開けると、サナミはため息と同時に全身の力を抜いて椅子に腰を下ろした。
俺の代わりに雷の矛先を向けられたトミーはただでさえ小さな身体をより一層縮こまらせて、
サナミの雷がよほど怖かったのか、大きな瞳を潤ませていた。
539 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/15(火) 06:50:09.16 ID:fya/dzY0
とみーかわえええ
540 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/15(火) 07:13:33.91 ID:AekgzKY0
朝早くの更新乙です
541 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/15(火) 08:33:26.10 ID:UUSP3YDO
相変わらずトミーがかわいくて今日もメシがウマい
542 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/15(火) 13:53:23.75 ID:MBz8HkSO
相変わらずジムは朝早いな

俺なんか今起床だぞ
543 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/15(火) 22:44:24.32 ID:EFVvuyEo
仕事探せ
544 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 00:15:43.67 ID:4l6dIADO
探すだけな
545 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 02:24:16.92 ID:u099HASO
働いたら負けなんだよ
546 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/16(水) 03:26:42.35 ID:gmF0jbUo
〔;凸〕はぁ…やっと終わった……。
後々必要になるかと思ったのでこっちにきてからの本文レスだけメモ帳にひたすらコピペしてました…。
めんどくさがらずに最初からこまめにやっておけばよかった……これからはそうしよう……。

■文字数(スペース込み)
351598
■文字数(スペース無視)
321286
■行数
26427
■段落数
12863
■原稿用紙換算(400x?枚)
879

……よく書いたもんだなぁ……。
さて感慨にふけってないで更新作業頑張ってきます。
547 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 03:29:51.32 ID:OV/pVsg0
35万。。。乙!
548 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/16(水) 05:27:49.81 ID:gmF0jbUo
サナミ
「はぁ……もう……。ほんとにびっくりした…」

アマネ
「あはは……」

やれやれと頭を振りながらサナミは長いため息を吐いた。
それと同時に強張らせていた体の力が抜けて、俺はうな垂れた。

トミー
「こ……こわかったよぉ……」

助け舟を求めるようにトミーが潤んだ瞳をこちらに向けた。
一瞬可哀想にと思ってしまったが、それは思うツボだ。
危うく変質者扱いされて鉄拳制裁まで食らう所だったのだ、
俺はわざとらしく顔をそむけた。


「……そんな顔しても、トミーが悪い」

トミー
「あぅー……」

サナミ
「そーだよ?ほんと、有り得そうだから信じちゃったじゃない…」


「お、おい!それはおかしいだろ!信じるなよ!……てっ!」

いわれの無いイメージを声を荒げ否定していると、机の下で俺の足に何かが当たった。
右側の右足の痛みで、当たったのはサナミの足だとすぐに気付いた。

サナミ
「…………ばーか」

頬杖をついて前向いているサナミはこちらを見ないまま、口を動かした。
声こそ出ていなかったが、何と言ったかは判って、俺は緩い笑いを漏らした。
サナミの耳は少しだけ赤い。
トミーの悪戯のせいとはいえ、勘違いで騒いだのが恥ずかしかったのかもしれない。
彼女が怒り出したのは、自分の友達に何かをされた事に対してだったのか、
それとも、俺へのやきもちだったのか。
どちらかと言えば、やきもちだと思いたかった。

トミー
「うー……あやめー……」

未だにむくれた顔をしているあやめにトミーがすがりついた。
しかしあやめは表情を変える事無く悪戯っ子にとどめを刺した。
549 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/16(水) 05:30:15.83 ID:gmF0jbUo
あやめ
「……ともちゃんのうそつき」

アマネ
「あ、あやめ…っ!」

トミー
「…あ……あ……」

椅子からよろよろと立ち上がって後ずさるトミー。
口数が少ない分、あやめの一言にはなかなか重みがある。

トミー
「あ……あ…アマネっちー!!」

アマネ
「きゃっ…!と、ともちゃ……!」

拠り所を失ったトミーはアマネに飛びついた。
アマネはその突然の抱擁にバランスを崩してよろけている。

トミー
「うー…アマネっちー…!」

アマネ
「も、もー……よしよし…」

目を白黒させながらも、しっかりトミーの頭を撫でているアマネは本当に姉の鏡だ。

あやめ
「あー…!ともちゃんずるい…!」

しかしそれを隣で見ていたあやめがトミーを押しのけるように姉に抱きついた。
アマネを取り合うようにきゃあきゃあと押し合いへし合いしていると。

アマネ
「ちょ、ちょっとあやめまで……!きゃー!!」


「あっ……あぶね…っ!」

立ち上がって手を伸ばすものの届くわけもなく、
遂にアマネは二人の体重を支えきれず、滑るように三人仲良く椅子から転げ落ちた。

サナミ
「ちょ、ちょっと大丈夫!?」

アマネ
「は……はい……なんとか…」
550 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/16(水) 05:41:25.39 ID:gmF0jbUo
サナミと二人して覗き込むと、柔らかい芝の上に仰向けに倒れるアマネは苦笑いで応えた。
どうやら芝と、椅子が低かったおかげで怪我はないようだ。
俺達は顔を見合わせて同時に胸を撫で下ろした。

あやめ
「姉さま…!もー!ともちゃんが押すからー…!」

トミー
「あ、あやめだって急にひっつくからー!だ、大丈夫?アマネっち!」

寄り添うように寝そべった二人がアマネの顔を覗き込む。

アマネ
「………ぷ……ふふ……あはははは…っ!」


「あ、アマネ…?」

するとアマネは、空を見上げたまま笑い出した。
何が可笑しいのか判らずに、皆の動きが止まる。
ようやく少しずつ笑いが収まると、アマネはあやめとトミーの身体を引き寄せて言った。

アマネ
「…………二人に……押し倒されちゃいました」


「…………」

サナミ
「……ぷ……あは……あははははは!!」

サナミの声をきっかけに、皆一斉に笑い出した。
青い青い空の下、成り行きはどうあれ五人全員の顔にまた笑顔に戻った。
551 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/16(水) 05:52:20.52 ID:t7zuNOU0
早朝から乙です
見てるよ
552 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/16(水) 05:53:10.56 ID:gmF0jbUo
〔;凸〕ふぅ。とりあえずこのへんでお花見は半分は終わったかな……
本当に残り少ない!怖い!
もうほんの少しだけお付き合いくださいませ……。

余談ですがロダの画像は何度も見てる人が居ると思うのであれなんですが、
zipは二度DLする人は居ないと思うのでzipのDL数=見てくれてる人の数だと勝手に思っております。
流石にそんなに多いわけないだろうとつっこみましたが。そんなに居るはずがない! それではまた次の更新で。
553 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 07:41:51.85 ID:HFQhLmMo
やっぱりサナミはかわいいな
554 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 08:18:26.10 ID:IFdSDAAO
あやめに罵られたい
555 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 09:15:22.72 ID:cAhHSgAO
>>552
携帯からしか見てない俺もいるんだぜ
556 : ◆DGo8FNliSc [sage]:2010/06/16(水) 09:22:46.82 ID:CgTjhF.0
>>552
最初からiPhoneなのも忘れちゃ困るぜ
557 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 09:23:21.69 ID:CgTjhF.0
おぉう、酉がつけっぱなしだったOTL
558 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 10:20:08.41 ID:a.CJTiw0
http://loda.jp/tikakoi/?id=31.jpg
ペンタブ復活まで塗りをしようと思ったが、塗るほどの線画を残してなかった件について
やることネぇ…

>「姉さま…!もー!ともちゃんが押すからー…!」
普段喋らない子の セリフの 破壊力っっ!!
「ともちゃん」呼びが俺の心にダイレクトアタックすぎて困る
559 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 11:33:53.46 ID:dEPZrnw0
>>558さぁ、ヤリダを隠し事が待っているぞ〜
560 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 15:30:14.35 ID:6yL0.0U0
>>556
つ goodreader
561 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 16:15:19.78 ID:ZCcISpco
>>558
いつだったかの痴漢来いに色を塗ってエロくしてください・・・
562 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 19:39:02.49 ID:a.CJTiw0
http://loda.jp/tikakoi/?id=32.jpg
>>561
いつだったかの痴漢来いは線と画像サイズ云々の関係で塗れないっす
なのでじわじわシーンを書き直ししようかなと思って、アヤメ描いて力尽きた
パスってなんぞ…
気力戻ったら他のキャラも描く
563 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 19:51:43.85 ID:mvZjgsDO
ジムには是非痴漢来いの方の執筆も
564 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 19:57:28.51 ID:AR/KXQEo
ふぅ…
565 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 19:58:44.07 ID:DDpdocAO
ふぅ…
566 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 20:01:37.14 ID:deOk4jwo
ふぅ…
567 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 20:04:13.25 ID:u099HASO
なんという賢者の祭
568 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 22:36:22.65 ID:bj5uPYDO
うひょー、待ってました!
絵師様すばらし過ぎるぜ。
569 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 22:46:46.20 ID:bj5uPYDO
あやめをいやらしい目で見るとか最低だな。
570 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 22:58:33.50 ID:AR/KXQEo
この間、わずかおよそ10分半の出来事である
571 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 22:58:56.26 ID:TR/toIwo
アマネ顔つき、毎回微妙に変わってるな
572 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/16(水) 23:33:59.06 ID:ZCcISpco
たしかにアマネの絵は毎回安定してない気がする…
逆にトミーとあやめはイメージが出来上がってるww
573 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/17(木) 01:06:13.85 ID:BQe7nMQ0
つまり、絵師はロリコンってこt(ry
574 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/17(木) 01:20:11.44 ID:nVVwuwSO
ああなるほどロリコンだったのか




なるほど
575 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/17(木) 01:27:21.97 ID:QP6ZPec0
>>573
名探偵現る
576 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/17(木) 01:54:24.32 ID:kZHkhHYo
――――――

さざ波のように揺れる芝の上で、二人の少女が向かい合っている。
俺はその様子を見つめていた。

トミー
「……じゃ、いっくよー!」

あやめ
「……」

トミーが声を上げると、向かい数メートル先であやめがこくこくと頷いた。
二人の手に握られているのは白い小振りなラケットだ。
トミーが突き出した左手の先には、先端が丸く後ろに羽のついたシャトルが握られている。
彼女達はバドミントンに興じていた。

トミー
「……ほっ!」

トミーの手からシャトルが落ちると、彼女は掬い上げるような動作で右手を振った。
パン、と小気味良い音が響くと、シャトルは綺麗な放物線を描いて一瞬空の一部になった。

あやめ
「…あっ…あ…!」

シャトルが落ちるであろう場所で、あやめが右往左往している。
位置を定め、彼女が細い腕を引き振りかぶろうとした瞬間。

トミー
「あー!!あやめの後ろにUFOが飛んでる!」

あやめ
「えっ…!!」

あやめが振り向いたと同時に、シャトルはラケットの隣をすり抜けて芝へと落下した。
もちろん、空には千切れた雲と悠々と飛ぶ鳥しか見当たらない。

トミー
「ふふーん、まーたとも姉さまの勝ちー!」

あやめ
「…うぅー…もー…!ともちゃんずるいんだからー…!!」

トミー
「あまぁーい!勝負の世界にずるいもゆるいもぬるいもないのだ!」


「……ははは……」

まったくなんとも、微笑ましい。
577 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/17(木) 02:47:00.89 ID:nVVwuwSO
本日はお早い更新で
578 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/17(木) 02:50:47.57 ID:kZHkhHYo
サナミ
「……どっちが高校生でどっちが中学生だっけ?」

アマネ
「あはは……ほんと、こうしてると同級生くらいに見えますね」

サナミとアマネは、机に座ったまままるで保護者の様に二人を見つめている。
俺はといえば、心地よい満腹感を味わいながら椅子ではなく芝の上に座っていた。


「おーいトミー。ズルしてないで手加減してやれよー」

トミー
「こらー!ズルしてない!」

あやめ
「…手加減なんかいらないんだから!」

野次を飛ばすと倍以上の音量で、二人から同時に声が返って来た。
少女二人の眼は真剣そのものだ。
ただし傍から見ればホームビデオ並の和やかさだが。


「さ、さいですか……はは…ヒートアップしてんなぁ……」

あやめ
「…もーいっかい!」

トミー
「おー!かかってこーい!あははは……!」

何が楽しいのか、二人は笑いながら走り回っている。
用意周到にあんな物を持ってきている所は関心したものだが、
本当に幾つだか判ったものではない。


「……よっと…」

俺は立ち上がってズボンを何度か手で払うと、背を伸ばした。
まだ陽は明るく、相変わらず空気が心地よい。
じゃれる少女達をもう暫く眺めてから、机に戻った。

サナミ
「あれ?なんで戻ってきたの?今ガールズトークしてたのに」

肘をついたサナミはそう言って笑った。


「それはそれは……ご迷惑でしたかね、お嬢さん方」
579 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/17(木) 20:51:18.67 ID:9V6kxNso
古泉だ!こいつ古泉だ!
580 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/17(木) 23:14:33.80 ID:my5yVkDO
んっふ
581 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/17(木) 23:26:19.74 ID:ekE/qYY0
セカンドレイドッ
582 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/18(金) 06:33:53.02 ID:bRaNi2.o
アマネ
「ふふふ…いえいえ、どうぞどうぞ」


「しっかし……あれだけ食ってよく動けるよなー、あの二人」

アマネ
「ええ、あやめは家でも不思議な位たくさん食べます……」

サナミ
「トミーも相変わらずほんっとよく食べるしねー…」

ちびっこ二人はたくさん、とかよく食べる、とかいうレベルの話では無かった。
今日食べた重箱に詰まった弁当は、今の倍の人数で食べても良さそうな程の量だった。
早々と箸が止まった俺達三人を尻目に、トミーとあやめは平然と食べ続けた。
何よりも驚いたのはトミーが箸を置いた後も、文字通り重箱隅を突付きながら一人でもくもくもくもくと食べていたあやめだ。
細かく口を動かして食べる仕草はリスやウサギを連想させた。
そして二人の小さなフードファイターのお陰で、今は空になった重箱が机の隅に置かれている。


「あのちっこい身体の何処に入るんだろうな。二人とも」

アマネ
「食べすぎないようによく噛んで食べなさいって言ってるんですけどね…」


「ははは……でも確かによく噛んでたな、あやめ」

困ったように笑うアマネ。あの調子では家で料理を作るのもさぞ大変だろう。
よく噛めば満腹中枢が刺激されて早く満腹感が訪れるというのは、
トミーとあやめに関しては当てはまらないようだ。

サナミ
「あたしはもーだめ……。お腹くるしくて動けない」


「サナミが食べすぎとは珍しいな……そういや何処となく顔のラインが……いってえ!!」

軽口は足に感じる鋭い痛みによって中断された。
また机の下で鋭いローキックがヒットした。
今度は脛に直撃してかなりの痛さで、俺は悶絶した。

サナミ
「それはもういい!ばか!」


「いたた……可愛い冗談なのに…」

サナミ
「誰が可愛いのよ、だ、れ、が」
583 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/18(金) 06:36:41.92 ID:bRaNi2.o
〔凸〕おはようございますー……出かける前に一つだけ……シカシネムイ……。
ちょっと私用仕事含め暫く忙しくなるので、更新がかなり少しずつになりそうです……。
絵師さんにリクエストをちぎっては投げちぎっては投げして待ってて頂けたら幸いです。
584 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/18(金) 06:45:10.70 ID:e.a.UJU0
気をつけていてらっさいーノシ
585 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/18(金) 07:39:40.36 ID:vY49qqYo
完結が先延ばしになると聞くとむしろうれしいのはなぜだろう
586 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/18(金) 07:59:21.33 ID:aj18jis0
それは絵師さんが居るからだよ!
587 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/18(金) 08:16:12.93 ID:9H.uFAAO
では、黙々と食べるあやめをお願いします
588 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/18(金) 08:18:30.12 ID:5TyEaYDO
いや、あやめよりまずはトミーを!
589 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/18(金) 08:21:16.72 ID:vGQBgIk0
小動物二匹が可愛くて辛い、もひもひ食べてる姿ちょう可愛い
凸さん無理しないようにネー、気をつけてネー
ちっちゃく更新楽しみにしてるヨー
画像は、以前描いたものを弄ってたらアカネと男に見えたもの
http://loda.jp/tikakoi/?id=33.jpg

>>585
見守ってきた親戚の子が嫁にいく心境みたいな
590 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/18(金) 09:47:12.52 ID:YRiVoZAo
サナミ派が圧倒的に多いはずなのに絵のリクエストでサナミが少ないのはなぜだろう?
591 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/18(金) 09:54:16.51 ID:GEYO2Tko
俺はサナミ派だけど絵に興味はないな
592 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/18(金) 17:41:00.73 ID:Q4RWhk20
描いたんなら見るけどリクエストしたいとか思わんな
593 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/18(金) 20:40:25.68 ID:OWPbsEso
>>589
ガチで鼻血出たwwww
594 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/19(土) 03:17:32.64 ID:kDC37bE0
>>589
アマネのポテンシャルはすごいと思う。
フードファイターあやめのリクエストをちぎっては投げます

しかし前から思ってたんだが絵師ってもしかしておんn
誰も言わないのは暗黙の了解なんだよな。
595 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/19(土) 03:28:10.33 ID:EOwVR6SO
やめろ厨房が食いつく
596 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/19(土) 03:40:42.97 ID:kDC37bE0
いやすまん、確かに迂闊だった。許せ絵師。
ジムロダ見てたらzipがもう200近いけどマジでそんなにROMいんのかな
遅くても来月には終わっちゃうと思うと切ないねぇ
597 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/19(土) 10:27:31.81 ID:nkLyeQ2o
書き込むやつの10倍はROM専がいるっていうしな
フードファイターあやめ…
598 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/19(土) 12:05:15.27 ID:O1SANTk0
最初のスレからずっとROMってたよ。

ジムも絵師も楽しみにしてるやついっぱいいるから頑張ってくれ。
599 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/19(土) 16:01:25.56 ID:pMtDPWA0
おれもROMってた
ちょくちょく見る書き込み数の統計って人物名の部分も入ってんのか?
説明してあったらすまん
600 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/19(土) 16:45:27.91 ID:Q7h2hws0
最初でvipは書き込み制限で書けなかったなぁー
そこからずっとROMでした
601 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/19(土) 23:53:09.36 ID:pcY9p560
ROM専大杉濡れた
602 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/20(日) 00:17:49.28 ID:qIejOfko
アマネ
「……幼馴染って……いいですね」

二人のやり取りを正面で見ていたアマネが、ゆっくりとした口調で言った。
その目はとても穏やかで柔らかい笑みを浮かべている。

サナミ
「え、えぇ?そう?これだよ?」


「これとはなんだコレとは……!」

アマネ
「えぇ…。幼い頃から一緒に育って、一緒に笑って……。でも、兄弟じゃなくて……。そういう距離感がすごく羨ましいです」

改めて言われると、当たり前だと思っていた幼馴染というものが特別なものに感じて、
なんとなく気恥ずかしくなった。
それはサナミも同じだったようで、隣で照れた笑みを浮かべていた。

サナミ
「あはは…こんな幼馴染よりあやめちゃんみたいな妹が欲しかったかなー?」


「……そりゃ悪かったな」

アマネ
「ふふふ……。お二人は小さな頃から一緒だったんですよね?」

サナミ
「そ。幼稚園から始まって小学校も中学校も、高校まで一緒で挙句には大学まで一緒だって。やんなっちゃうよねー」

言いながら浮かべるサナミの笑みは、嘲笑のそれでは無い。
そんな本当に小さな仕草で、胸の奥が握られるのが自分でも不思議だった。


「あ…大学といえばさ、合格発表まだなんだろ?アマネ」

アマネ
「はい……。明日か、遅くても明後日には届くと思うんですが……」

サナミ
「それなら発表は明日なんでしょ?インターネットですぐ見れるんじゃないの?」

アマネ
「そうなんですけど…やっぱり形のある物で見たいので…」


「ははは…なんか、アマネらしいな。俺だったらすぐ確認しちゃうよ、たぶん」
603 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/20(日) 00:18:39.68 ID:1..uAuAo

「ははは…なんか、アマネらしいな。俺だったらすぐ認知しちゃうよ、たぶん」
604 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/20(日) 00:39:25.58 ID:qIejOfko
テストの出来は俺もサナミもあえて聞かなかった。
調理師の大学の試験がどんなものかは判らないが、アマネの事だから、きっと上手くいったはずだ。
それは彼女の曇りない表情から見てもよく判る。

サナミ
「なんかさ、自分達が大学生ってちょっと信じらんないよね」

俺とアマネの顔を交互に見て、サナミは笑った。


「確かに……。それに、俺達は入試らしい入試も無かったから、余計そう思うのかもな」

アマネ
「三年なんて、今思えば一瞬で過ぎたように思いますね……」

入学、進級、体育祭に文化祭、嫌気が差すテスト地獄に、部活、そして卒業。
湿り気を帯びた雰囲気が過ぎた記憶を断片的に蘇らせる。
他の二人もそうなのだろう、春の日差し、穏やかな空間に少しの沈黙が訪れた。

サナミ
「……アマネちゃんが違う学校だと、寂しくなるなぁ…」

飲みかけのカフェオレの、長細い箱から飛び出したストローを指先で弄りながら、
サナミがため息混じりに漏らした。

アマネ
「そ、そんな言い方しないで…!私だって……悲しくなっちゃいます……」

持ち応えていた何かが崩れ出したように、アマネの表情が潤んだ。
それを知ってか知らずか、サナミは続ける。

サナミ
「あたし…、料理部に入って、アマネちゃんに出会えたお陰ですっごく楽しかったよ?」

アマネ
「サナミ……さん…」

サナミ
「お料理もたくさん覚えたし上手くなれたし…、まだ部長には勝てないけどね」

アマネ
「…ーっ……」

目を細めて笑いかけるサナミの言葉に、アマネはみるみる涙顔になっていく。
間に入ろうかとも思ったが、女の子同士の会話、まして雰囲気が雰囲気だけに、俺は二人の様子を黙って見守っていた。
というより、自分自身もセンチメンタルな感傷に飲まれて言葉が出なかった。

アマネ
「……私…料理部を創って…本当に良かった……」
605 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/20(日) 00:42:24.18 ID:VMzliV.o
アマネえええええ…
606 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/20(日) 01:11:45.34 ID:GrYqFgSO
>>603IDかっこよ杉だろ……
607 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/20(日) 01:14:06.23 ID:qIejOfko
明らかに震える喉で、アマネは一つ一つかみ締めるように言った。

アマネ
「とても…楽しかったし……なにより…お二人と……仲良く…なれ……」

そこまでで、限界だった。
俯いたアマネの瞳から一粒、光る粒が机に落ちた。

サナミ
「…もー泣かないでよー…!」

アマネ
「…ーっ…!!」

気がつけば彼女の隣に移動していたサナミの胸に、アマネはもたれ掛かった。
慰めの言葉を口にしながらも、髪を撫でるサナミの眼にも光るものがあった。
部長と、副部長。
一足早い二人の別れの風景は、男の俺でも胸にくるものがある。
自分も駆け寄って抱擁に加わりたかったが、それは流石にしなかった。

サナミ
「卒業してもまたお家行くから…、また一緒に料理つくろうね…?」

アマネ
「…はい…っ……」

一度流れ出したものは、その勢いを増して止まらなかった。
心地良くそよぐ風に、水っぽい涙声が響いて、髪が揺れる。
一人の声を呼び水に、隣でもう一人、同じ声を上げる。
俺は笑顔で流す涙の、その少し不思議な光景をただ眺めていた。

――――――

サナミ
「あー……泣いたら化粧ぐちゃぐちゃになっちゃった…」

アマネ
「サナミさん、お化粧してたんですか…?」

サナミ
「んーん、してないよ?」

アマネ
「もう…なんですかそれ…!」

泣き止んで暫く経った後、二人は顔を見合わせて笑った。
その顔は本当に楽しそうで、さっきまでの湿った空気はまるでない。
涙は、心の痛みや悲しみを雫に変えて、ゆっくりと溶かして消してゆく。
ハンカチを片手に笑い合う二人を見て、俺はそんな事を思った。
608 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/20(日) 01:30:04.49 ID:26nUD.DO
さすがアマネかわいい
609 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/20(日) 01:32:52.66 ID:qIejOfko
〔;凸〕合間合間にちょっとずつ書いてやっと三つ……。この調子だと今月中にはきっと終わるはず。death。
気長にお待ちくださいませ…。さっきニュースで見ましたが日本負けちゃったみたいですね……ガンバレニポン。
610 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/20(日) 07:07:39.14 ID:xST6OcI0
おむつ
611 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/20(日) 07:08:49.05 ID:VMzliV.o
vipで立った最初のスレを見直してきた
今とテンション違いすぎて笑った
612 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/20(日) 07:25:11.84 ID:GxOEX9Y0
むしろニポンもジムも頑張り過ぎかと
いつまで〜なんて言わずにやれる時にヤればいいジャナイ
613 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/20(日) 09:52:50.79 ID:1..uAuAo
うあうあお〜頑張れジム
614 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/20(日) 11:18:17.84 ID:7hNZx6DO
サナミはすっぴん・・・だと!?

がんがれー
615 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/20(日) 17:09:15.57 ID:s5r.Hj60
>>611
俺も何だこいつとか思ったなwwwwwwこんなに謙虚になるとは思わなかったwwwwwwww
ジムがんがれ
616 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/20(日) 17:45:08.41 ID:0evLYTI0
VIPの頃は黒歴史だ。察してやろうぜ。
617 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/20(日) 19:19:18.57 ID:2Skvg9Eo
乙です
618 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/20(日) 21:34:04.53 ID:OkaQv.DO
>>611
今じゃいい思い出だな
619 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/20(日) 21:36:32.01 ID:FpO0QvEo
>>611
割と興味無いですとかなww
620 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/21(月) 00:28:58.88 ID:GqOm.ZAo
おまえらこの物語の真のヒロインがジムだってこと忘れるなよ
ジムかわいいよジム
621 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/21(月) 00:49:18.09 ID:xseEksDO
俺じゃなかったのか…
622 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/21(月) 00:50:08.99 ID:xseEksDO
セーっクス!
623 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/21(月) 19:03:10.56 ID:PgVw8ng0
こんなに続くとは思わなかったなあ
624 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/21(月) 22:57:00.48 ID:hYEhF2Mo
あぁっ!
トミールートが見たくなってきたぜ…
625 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/21(月) 23:14:38.60 ID:.QQQy.oo
サナミにお見舞いした時の話がキュンキュンしよる
626 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/21(月) 23:44:14.80 ID:xseEksDO
>>625
いいIDだな
627 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/21(月) 23:59:35.24 ID:VUNRkv.o
〔;凸〕お久しぶりです皆々様……。いや、ほんとに遅くなって申し訳ございません……。
vipの頃は黒歴史だから見ちゃやーよです。
胸の中心に動けないほどの激痛が走る謎の症状に苦しみながら更新頑張ります。
数年前から時々発症するこれは一体なんなんでしょうね。お医者怖い。
628 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/22(火) 00:01:59.43 ID:w39UA8Qo
ジムの健康を祈る
629 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/22(火) 00:06:23.27 ID:4OiA6oAO
>>627
なっ、何だって!?
早く病院に行って検査するべきだ。
俺、一気に心配になったよ(´・ω・`)
630 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/22(火) 00:07:32.80 ID:fgM7B8Ao
それは恋だよ
631 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/22(火) 00:07:59.93 ID:WCZs1rUo
つまりこのスレの真のヒロインはジムだったと
632 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/22(火) 06:19:55.40 ID:sw2tKAAO
俺じゃなかったのか…
633 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/22(火) 17:20:14.61 ID:.NzdEJoo
あやめは男のことなんて呼ぶんだろうな
そんな描写あったっけ?
634 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/22(火) 19:51:40.50 ID:ewxBiwDO
古泉→キョンみたいなもんだな
635 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/22(火) 22:38:35.13 ID:SchNTUwo
〔;凸〕ええ、はい。判ってます。更新できませんでした……。書いてる途中に力尽きて…。
今日こそは量はさておき更新します、絶対。痺れるほどマジなの。

>>629
信頼筋からの助言によるとどうやら疲労やストレスからくるものらしいです。病院にはいきますよー近々きっと

>>633
決まってるのは決まってますが、登場するかどうかは未定ということで……。
636 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/22(火) 23:40:55.62 ID:4lwbQUSO
間違いなくお兄ちゃん
637 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/22(火) 23:43:32.28 ID:eTeZWWQo
いや、おじさんだろ
638 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/23(水) 00:12:40.53 ID:m8sq1YAO
肋間神経痛てきなやつか
639 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/23(水) 05:27:16.88 ID:FHYke1so

「……二人とも、目が随分赤くなってるぞ」

二人の眼がこちらを向いて、やっと二人の空間から三人の空間に戻った。
一瞬、「居たのか」という顔をされたのが少々悲しかった。
彼女達の眼は少しばかり赤く、その”泣き具合”がよくわかった。

アマネ
「そ、そんなに赤いですか?」

サナミ
「うわ、ほんとだー…冷やすといいんだっけ?」

アマネは何度かハンカチで目を擦ると、鞄から手鏡を取り出した。
白く透き通るような肌の上で、丸い光が瞳を輝かせている。
顔を寄せるようにして鏡を覗き込んだサナミも、自分の瞳を気にしている。

アマネ
「ふふ・…ウサギさんみたいですね」

サナミ
「あはは…!でも、アマネちゃんが居なかったらあたし寂しくて死んじゃうかも」

アマネ
「もう…!また泣いちゃいますよ?」

サナミ
「あははははっ!もう駄目!」


「………」

女の子二人が身を寄せて笑い合っている光景というのは、
微笑ましい反面目の前で見せられるとどうにもむず痒いものがある。
ウサギよろしく寂しくて死んでしまうのは、またも取り残される俺かもしれない。

サナミ
「ていうか、女の子が泣いてるの黙って見てるなんて趣味悪いねーあんた」


「な…!二人がいきなり泣き出したんだろ?」

やっとこっちを向いたサナミが悪戯に笑う。
少し赤い目に、言いようの無い不思議な色香のようなものを感じて、俺の方は顔が赤くなりそうだった。

アマネ
「ほんとですよ…。酷いです」


「あ、アマネまで……」
640 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/23(水) 05:28:50.89 ID:FHYke1so
アマネ
「ふふ……冗談です!」


「……冗談じゃなかったら俺が泣いてるよ」

そして三人の笑い声が重なった。
そこに湿った空気はもう無く、少しだけ落ちた陽と風があった。

サナミ
「でも卒業した後、料理部ってどうなっちゃうんだろーね」


「うちの学校の事だから、来年には無くなってたりしてな」

アマネ
「そんな事ありません…!後輩達がきっともっと大きくしてくれます!……に、人数は少ないですけど…」


「まぁ…活動してたのもほぼ俺達だけだしなぁ……」

前にも言った通り、年々増え続ける我が高校の部活は、それと同じ様に潰れていく部も多い。
一年ともたない部があるのも珍しい事ではなかった。
まして人数の少ない料理部の事だ、アマネには悪いが廃部も無い話ではない。

サナミ
「ちょっと待った、”達”じゃないでしょ?あんた殆ど居なかったし」

アマネ
「なにせ幽霊部員さんですからね?」


「う……」

部長と副部長に言われては返す言葉が無い。
事実俺は今までの活動の半分も参加してればいい方だった。
もっと早くアマネの本当の人となりさえ判っていれば毎日でも通っていたのだが。

サナミ
「ちゃんと包丁も使えないしねー?」


「う…うるさいな…!」

左手の指に刺さるサナミの視線から俺はさりげなく机の下に手を隠した。
確かに、仮にも料理部の一員が負った傷としては不甲斐ない。


「お……そんな事より、ちっこいのが二匹帰って来たぞ」
641 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/23(水) 05:35:08.81 ID:FHYke1so
にやにや顔のサナミから目を反らすと、土手の向こうから小さい人影が近づいてきていた。
声は聞こえないが小さく見える表情から笑っているのが判る。

アマネ
「そういえば二人ともどこ行ってたんでしょうね?」

サナミ
「…あれ、何持ってんの?」


「ん…?あれは……」

途中からトミーが駆け足になり、それを追うようにあやめも走る。
しかしスピードはまるで兎と亀だ。
後方を追うあやめに至っては走っているのかどうかも遠目には怪しい。

トミー
「へっへー!またぼくの勝ちー!たっだいまー!」

あやめ
「…た……ただいまー……」

先に戻ってきたトミーから、ゆっくりと間を置いてあやめも到着した。
苦しそうに息も絶え絶えだ。
そんなにしんどいのなら無理に追わなくてもいいと思うのだが。
姉に似てかどうかは判らないが、あやめは随分と負けず嫌いらしい。


「おーっす、おかえりー」

アマネ
「お帰りなさい、二人とも。あやめ……大丈夫?」

あやめ
「うぅー……ともちゃん急に走って…ひきょうなんだからー……」

トミー
「甘い!しょーぶの世界に卑怯もお経も宗教もなぁーい!」

サナミ
「はいはいわかったわかった……で、その膝は?どしたの」

トミー
「あははー、ころんだー」

サナミ
「……」

サナミは首を振りながら笑いともため息ともとれる声を漏らした。
トミーの膝には擦り傷のような汚れがついていた。
642 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/23(水) 06:10:54.69 ID:FHYke1so
若干の緑も付着している所から見れば、大方走って芝の上で転んだのだろう。

トミー
「しばふが悪い!でも痛くないよ!ぜんぜんまったく!」

サナミ
「………」

あやめ
「…あやめ置いて走るから」

アマネ
「あ、あはは……消毒と絆創膏持ってきててよかった…後で貼ってあげるね」

鞄の中を覗いているアマネにトミーは大丈夫、と笑う。
絆創膏なんか持ってくるあたりが、アマネの姉らしい所だ。
俺は心の中で妹が増えたアマネを労った。


「……で、それは何だ?ちびっこ達」

サナミ
「…あたしもいつつっこもうかと思ってた」

トミー
「ふぇ?これ?ふーせん」

あやめ
「…ふーせん」

さっきからずっと気になっていた事を俺はやっと聞いた。
口を揃える二人の手に握られていたのは細く白い紐だった。
その先に結ばれているのはそれぞれ青と紫の風船だ。
二匹の犬と思しきものが、気持ち良さそうに風に揺れている。


「そりゃ見りゃ判る……。どうしたんだ?」

あやめ
「…もらった」


「も、貰った?」

トミー
「うん!なんかこうボールをいっぱいお手玉してる人がいたの!あれなんていうんだっけ?」

サナミ
「…ジャグリング?」
643 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/23(水) 06:18:18.29 ID:FHYke1so
トミー
「そう!それ!すっごいんだよ!?ちょーすごかった!球がいっぱい!」

何度か風船と手放しそうになって慌てながら、トミーは身振り手振りを交えて熱弁を振るう。

トミー
「それで近くで見てたら作ってくれたんだー」

あやめ
「…”練習してる”って言ってた」


「ははは……確かにいいお客さんだろうな、君達」

一際大きな歓声を上げているトミーが容易に想像出来る。
きっと見知らぬパフォーマーの眼には、随分元気な子供と映った事だろう。

アマネ
「そういえばたまに見かけますね、大道芸を練習してる人って…。ちゃんとお礼した?あやめ」

あやめ
「…うん!ちゃんとしたんだから」

手に消毒液の小さなボトルを持ったままアマネは空中に浮かぶ紫の犬を眺めた。
確かにこういう河川敷や川原なんかでは、そういう事を練習している人を見るには見る。
俺も小さい頃は華麗に客を楽しませるパフォーマーに熱い視線を送ったものだ。
小さい頃は、だが。

トミー
「あー、もしかしてさなみんも欲しかった?」

サナミ
「あはは…あたしは別に風船なんか……」

トミー
「……ほんとにー?」

サナミ
「………ち、ちょっと欲しかったかも」


「……ぷっ…」

サナミ
「な、なんで笑うのよ!ばか!」

肩口になかなかの重さで拳が飛んできたが、俺は思わず笑ってしまった。
あやめの風船を眺めるアマネも含めて、どうやら女の子というのはこういうのに弱いらしい。
一瞬自分も練習しようか等と浅はかな考えが浮かんだが、すぐに消した。
暫くぶりに重なる五人の声の間を、二匹の犬がじゃれ合って浮かんでいた。
644 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/23(水) 06:43:09.39 ID:qfdUnCwo
碧いうさぎか

相変わらずジムは朝が早いな
ちゃんと寝てるのか?
俺ジムのことが心配だよ・・・
645 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/23(水) 21:11:19.68 ID:r89lteso
くそ…リア充な男め…
646 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/23(水) 23:23:19.65 ID:0GCytQDO
主人公が終始非リアだったらこんな展開になりません
647 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/24(木) 02:02:02.88 ID:aG6M1Bs0
もういっそ5Pしちゃえよ

一夫多妻でヒロイン達平等に幸せ
展開4通り、興奮4倍で俺も幸せ

問題といえば男に殺意湧くくらいだし
648 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/24(木) 02:30:48.92 ID:EWuEtQSO
アマネとあやめで妻妾同衾
649 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/24(木) 02:55:10.56 ID:cTYOWbE0
これだからもしもしは
650 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/24(木) 21:16:29.00 ID:5RnT9too
男は4人を平等に愛せるだろうか

俺ならできる
651 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/24(木) 23:38:08.38 ID:hzh4kvwo
――――――

差すような陽射しは穏やかになり、空の青に、温かみのある色が混じり始めていた。

アマネ
「ちょっと染みるわよ…?」

トミー
「う…うん……」

あやめ
「…いたそう……」

椅子に腰掛けたトミーの前に、”染みますよ”と言わんばかりのデザインの消毒薬を握ったアマネがしゃがんでいる。
あやめはその後ろで、まるで自分の事のように顔を強張らせているのが可笑しい。


「あーあー…痛いぞー?染みるぞー?」

トミー
「ぐぬぬ……!」


「怪我した時より消毒の方が……っていてぇっ!」

明らかに怖がっているトミーが面白くて冷やかしていたら、
傷を消毒されるより痛い拳骨が頭に落ちた。

サナミ
「…ばか、幾つよあんた」


「若く見えますが、もうすぐ高校を卒業します」

サナミ
「”バカに見えますが”の間違いでしょ?」

馬鹿にされたのだが、なかなか上手い切り替えしだと関心してしまった。
こういう所がサナミの言う”バカ”なのだろうが。

アマネ
「……はい終わり。もう転ばないでね?」

トミー
「ふぇ?もう終わり?おー!痛くなかった!さすがアマネっち!」

アマネ
「ちょ、ちょっとともちゃん重い……」

可愛らしい柄の絆創膏をつけたトミーが、アマネに飛びついた。
652 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/24(木) 23:39:27.85 ID:hzh4kvwo
〔;凸〕とりあえず一つ。晩御飯作り終えたら今日は時間があるので深夜にかけて更新頑張ります。
暫く何も出来てなかったので、愛想を尽かされてないか心配ですが……。やりますやります超やりますよー。
653 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/25(金) 00:46:05.03 ID:6hbbvMDO
ま、まあ見てあげてもいいけど…
勘違いしないでよねっ
654 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/25(金) 00:55:40.79 ID:h2SFN72o
愛想を尽くす、だと…?冗談だろ
655 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/25(金) 00:58:40.93 ID:h2SFN72o
尽かすだよ何噛んでんだよ
656 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/25(金) 06:37:15.66 ID:2O.cxico
もちろんあやめはそれを恨めしそうににらんでいる。
こうなると、もはやトミーがわざとやっているようにしか見えない。
二人の少女に挟まれて、アマネは困った笑みを浮かべていた。

サナミ
「結構暮れてきたねー……。そろそろお開きにする?」

赤みが刻々と増していく空を眺めながら、サナミは言った。
時計を見ればもう随分遅い時間になっていた。
この季節の割には今日は日が長く感じるが、撤収するには頃合と言えた。
成人していれば、酒も入りこここから、という所だろうが、俺達は残念ながらそうはいかない。
よしんば酒が呑めた歳だったとしても、この面子と酒を呑むのはなかなかに気構えが必要そうだ。

アマネ
「そうですねー……あ、帰りに家に寄りませんか?美味しいお茶を煎れますから」

トミー
「はいはーい!それさんせー!」

あやめ
「……あやめも」

サナミ
「じゃ決定ー!それじゃ後片付けを……」


「ちょーーーっと待った!!!」

帰宅ムードが高まった四人の視線が、一点に突き刺さった。
自分の声が予想以上に大きくて、自分でも驚いてしまった。
突き出した手のひらの汗腺から、じっとりとした汗が出た。

サナミ
「な……なに?」

トミー
「と……トイレ?それなら近くのコンビニに……」


「ち、違う!まだやる事がある!」

全く理解出来ないといった表情で俺を見つめる四人。
複雑な表情は、突然叫んだ男を見るものとしては適切だった。
全員が次の言葉を待っているのが、簡単に見て取れた。


「……みんな、まだお腹に余裕あるかな」

何の言葉も返ってこないままで、四人はそれぞれの顔を見合った。
緊張という名の嫌な汗が背中を伝う。
657 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/25(金) 06:37:43.00 ID:2O.cxico
サナミ
「な……なんなの?」

アマネ
「なんでしょう…?」

トミー
「なになにー?」

あやめ
「……気になるんだから」

口々に質問を投げかける四人の前で、俺はずっと置いてあった大きな袋を手に取った。
袋の重さがそっくりそのまま緊張に加算されて俺の脈拍は早くなる。


「そんなに注目されるとすごく出しにくいけど……」

白く平らな袋を机の上に乗せると、四人の視線がそれを追うように動いた。
ここに来て、タイミングを掴めず出し渋った自分を酷く後悔した。
注目されるというのは必ずしも嬉しいという感情に直結しないものだ。


「……その、なんだ。よ、良かったら皆で食べないかなーと思って……」

いそいそと袋を開ける。
無言のまま机を囲む視線が指先に刺さって何度か手が滑った。
やっとの思いで包みを開くと、俺は緊張を振りほどくように円形の箱を一気に開けた。


「…………」

サナミ
「…………」

トミー
「…………」

アマネ
「…………」

あやめ
「…………」

痛い。
これは痛い。
沈黙が耳に痛い。

サナミ
「これは……」
658 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/25(金) 06:38:38.38 ID:3UvCOcSO
投下見て寝るかな
659 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/25(金) 06:42:17.37 ID:2O.cxico
トミー
「もしかして……」

アマネ
「…………アップルパイ?」

あやめ
「……なんだから」

ゆっくりと全員の視線が俺の方に戻ってきた。
この後に及んでまだ緊張が解れない自分が情けない。


「……正解。ほら……俺、貰ってばっかりだったからさ。少し早いけど……、皆への”お返し”」

家から大事に抱えてきたもの。
それは、アマネの言う通りアップルパイだった。
俺がバレンタインに全員から何かを貰ったのは、トミーの追求による追求で翌日には周知の事実となってしまった。
元から隠すつもりがあったわけではないが、どうせバレてしまったのならと、
四人全員が集まる今日、少し早めのホワイトデーのつもりで用意したという訳だった。


「あの………皆さん…?」

まるで信じられない物を見るように、全員が一様に目を丸くしている。
俺がこんなものを持ってきた事がよほど信じられないらしい。
そこまで驚かなくても、とは思ったが、よくよく考えてみれば、驚いても当然かもしれない。

サナミ
「え…?これ……え?」


「な、なに?」

明らかな困惑の色を浮かべた瞳で俺を見るサナミが、まとまりの無い言葉を発した。
それに乗っかるように、他の皆も口を開く。

アマネ
「……つ、作ったんですか?」

アマネはサナミの一回りは大きく目を見開いている。

トミー
「まっさかぁー!買ったんだよね?……え?」

あやめ
「…えっ」


「えっ……」
660 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/25(金) 07:34:27.39 ID:2O.cxico
漫画的に言えば、まさに「……」という状況。
また暫く続いてしまいそうな状況を俺は声を上げてかき消した。


「し、失礼だな!これでも…一応、料理部部員だぜ?」

サナミ
「じ、じゃあ……もしかして……」


「……おう。作った」

サナミ
「……」

トミー
「……」

アマネ
「……」

あやめ
「……」

たっぷりの沈黙の後、四人が同時に「えぇ!」という悲鳴にも似た叫びを上げた。
あまりの音量に思わず仰け反ってしまう。


「う、うるせー…!そ、そんなに驚くこたないだろう!」

サナミ
「ほんとに作ったの?え?結構美味しそうなんだけど……」

アマネ
「そうですね……照りもよく出てますし…上手に焼けてると思います……」


「なんだろう……褒められてるのに釈然としない…」

半信半疑なサナミと、品評会の審査員の如き目で見つめるアマネ。
部長と副部長に褒められた事は単純に嬉しかったが、
それが俺の料理に対するイメージとのギャップが生み出したものだと思うとすんなり飲み込めない。
とはいえ、心配していたリアクションがひとまず上向きな事で、俺はやっと肩の力が抜けた。
ふと見れば、ちびっこ二人はもう食べる準備で忙しそうだった。

トミー
「………は、はやく!はやく準備しないと」

あやめ
「…お皿と……フォークと……えっとえっと…」
661 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/25(金) 09:24:14.92 ID:eAXgWVk0
男SUGEEEEE

日本KAKKEEE
662 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/25(金) 10:42:43.88 ID:hb16sU.o
さすが京香さんの息子
やればできる子なんだな
663 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/25(金) 12:24:49.08 ID:.KB28MAO
痛々しい空気がビンビン伝わってくる…スゲー…
664 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/25(金) 12:37:23.31 ID:Lzq.gmE0
ペンタブ復活しました
http://loda.jp/tikakoi/?id=34.jpg

沈黙部分でフいた、ああもうこいつら可愛い
665 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/25(金) 13:05:14.33 ID:/RhdJpc0
絵師復活ktkr
666 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/25(金) 13:22:19.83 ID:yf4B5PMo
乙です
667 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/25(金) 14:48:24.77 ID:t5hMr1I0
ロリコン復活
668 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/25(金) 15:42:26.17 ID:zH9VT2.o
>>664
そうだ!ちっちゃい娘が好きなだけだ!
669 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/25(金) 16:12:19.68 ID:FE3IT6AO

やべぇwwwwww
ロリコンになりそうで怖いですwwwwww
670 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/25(金) 16:57:10.13 ID:6hbbvMDO
ロリコンなのは悪いことじゃないんだぜ
671 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/25(金) 18:48:52.53 ID:2O.cxico
〔;凸〕 >>664もくもくもくもく……。復活おめでとうございますー超嬉しいですー。
今晩も頑張りますよー。YESロリコン、NOタッチですよ皆様。
672 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/25(金) 19:01:55.70 ID:K0BKtWco
>>664
あぁ…ぴこぴこする耳…わしわししたい…
673 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/25(金) 23:14:34.48 ID:.KB28MAO
俺のならしてもいいけど
674 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/26(土) 00:23:33.13 ID:RD0dBL60
あ、遠慮しときます。
出てこなくていいです。
675 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/26(土) 02:33:41.98 ID:uyrxV2ko
少し大きく作りすぎたかと心配していたのだが、この二人が居れば大丈夫だろう。。
暮れ始めた空と桜の下で、かちゃかちゃとフォークが鳴った。

――――――

トミー
「うっ……まぁーーい!!!」

あやめ
「……うん…おいしい…!」

トミーとあやめは、小さな口に不釣合いなほど大きく切ったパイを次々に運んでいる。
見ているだけでこっちまで満腹になりそうだ。
ただ、二人とも顔いっぱいに笑みを浮かべているのが、素直に嬉しかった。

サナミ
「……うーん……ま、まぁ悪くはない……かも…」

アマネ
「ふふ…素直に”おいしい”って言ってあげたらどうですか?」

サナミ
「う……」

切り分けたパイを一口食べたサナミは、複雑な顔で唸っている。
よほど俺が美味しいパイを焼けた事に納得がいかないようだ。


「ほらほら、認めてもいいんだぞー副部長殿ー?」

サナミ
「……あーもう!美味しい美味しい!!美味しいわよばか!」


「ば…ばかは要らないだろばかは!」

アマネ
「あはは……二人とも落ち着いて食べましょうね……」

理不尽に声を荒げるサナミの前でアマネは苦々しく笑っている。
ちびっこ二人は我関せずといった様子でもくもくもくもくとフォークを動かしている。

サナミ
「大体、ほら。どうせ殆ど京香さんが作ったんでしょ?あんたにこんな美味しいの作れる訳ないじゃない」


「ぐ……!失礼な!手伝ってもらったのは…ち、ちょっとだけだ!第一、あの人の性格知ってるだろ?」

アマネ
「あの……京香…さんという方は?」
676 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/26(土) 02:53:07.35 ID:uyrxV2ko

「あ、あぁ。アマネは知らなかったっけ。俺の母さんだよ。料理は上手いんだけど、めんどくさがりでさ……」

アマネ
「へぇ…。貴方のお母様なら、きっと素敵な方なんでしょうね。一緒に料理なんて、仲が良くて羨ましいです」


「ははは……普通だよ、普通。まぁ、色々と面白い人だけどね」

実はサナミの言う通り、パイの殆どとは言わないが、半分程度は母の手が入っていた。
いつもなら「やーよ、めんどくさい」の一言で一蹴されるのだが、今回ばかりは珍しく本腰を入れて手伝ってくれた。
その代償として、終始にやつきながら寝掘り葉堀り質問攻めにされたのだが。
めんどくさがりのくせに、人を冷やかすのは飽きずにやるものだから、見上げた性格だ。

サナミ
「……ま、あんたがこんなの用意してた事は……褒めてあげてもいいかな?」


「お…おう…」

アマネ
「ふふ……素直じゃないですね」

トミー
「……んっ…ぷはぁー。でもさー」

頬袋に溜めたものを飲み込んで、トミーが唐突に話の輪に加わった。
口の横についたパイ生地が器用に舌でなめとりながら、悪戯な目で俺の方を向いた。


「な、なんだ?」

トミー
「パイも美味いけど……いっぺんにお返ししちゃおーっていうきみが一番”上手い”よねー?」


「な……!」

あやめ
「……一石四鳥…」


「あ、あやめまで…!」

思わぬ方面からの指摘に、俺は不覚にもたじろいでしまった。
そんなつもりがあったわけではもちろん無い。
いや、正直に言えば無いことも無い。
本来なら一人一人にお返しをするべきなのだが、少なからず面倒だなと思ってしまった自分が居たのも事実だった。
しかしそれはほんの一瞬思っただけで、こういう形にしたのは全員への純粋な感謝からだ。
全く、トミーのこういう痛い所をピンポイントで突くセンスだけは群を抜いている。
677 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/26(土) 02:54:47.08 ID:uyrxV2ko

「……よーし判った、そうか、ちびっこ二人はもう食わないんだな」

トミー
「あー!」

あやめー
「…あー…!」

やられてばかりでは面子が保てない。
俺は悪戯好きの皿を取り上げて、二人の届かない位置まで掲げた。
二人ともこの世の終わりかと思うような顔で口を開けている。


「なに?どうしたんだ?」

トミー
「ぐぬぬ…・…ひきょーもの!ぼくがもっとおおきければ!」

あやめ
「うぅー…まだ食べてるんだから…!」


「はっはっは…!みたか!大人をからかうとこうなるのだ!」

サナミ
「……ねえ、誰が大人だって?」

アマネ
「…………さぁ……誰でしょうね……あはは…」

ひとしきり大人の威厳を見せ付けてから皿を返してやると、二人は恨めしそうな目つきで俺を睨んだ。
全く、俺の手にかかればこんな小娘など相手にもならない。


「ふー…。これに懲りたら大人を…ごふぅっ…!」

トミー
「……かなしきおとこよ…お前はもうしんでいる」

あやめ
「……べー…」


「あ……あべし……」

見えない速さで拳が突き刺さり、あやめがとどめさした。
そして俺の勝利の余韻は、一瞬で打ち消された。
サナミといいトミーといい母といい、俺の周りにはサディスティックな女性が多すぎる。
心配そうな目でおろおろと声をかけてくれるアマネが救世主にさえ見えた。
678 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/26(土) 04:37:03.09 ID:uyrxV2ko
サナミ
「……この二人の胃袋ってどうなってるの?」


「…俺に聞くなよ」

アマネ
「ほ、殆ど無くなりましたね……ていうかもう無い…」

予想通り、作りすぎたと思ったパイはほぼ二人の少女の胃袋に納まった。
録画して早送り再生でもすれば、面白ビデオ番組にでも投稿出来るかもしれない。
そういえば大食いで有名なタレントに太っている人を見かけた事がないが、彼女達もその類なのだろうか。

トミー
「ん…ぐ……。でもさー、こーんな可愛い女の子達にバレンタイン貰っちゃうなんてモッテモテだね、きみー!」


「あっ…あぶ…!急になんだよ…!」

皿の上に残った一欠けらを放り込んで、トミーは俺に向かってフォークを突きつけた。
自分の事を可愛いと言ってしまうトミーの事はさておき、確かに皆可愛いのは事実だ。
全員一般的に見ても美形の部類に入るだろう。
改めて言われると、男が一人だけの状況に椅子のすわり心地が悪くなった。

サナミ
「……」

アマネ
「……」

わざとらしいほどに聞こえなかったフリで目を逸らされる。
それが余計の俺の気まずさを加速させた。

トミー
「そこんとこ、どう思っちゃってるのかな?」


「どうって……、そ、そりゃぁ……う……嬉しい…です…けど?」

トミー
「ふふーん……素直でよろしー!で、さなみんはなんであげたの?」

サナミ
「あ、あっあたし!?あたしはほ、ホラ!幼馴染だし……ま、毎年の…ね?あれっていうか…別にそんな特別なアレとかじゃ…!」

急に話を振られたサナミは目を泳がせて明らかな動揺っぷりだ。
いつも俺を転がして余裕があるサナミらしくない様子に、思わず笑いがこみ上げる。
それと同時に今年のそれが言葉とは裏腹に”特別なアレ”だと言う事の証明になって、気恥ずかしかった。
しかしこういう時のトミーの悪ノリは油断していると何を言い出すかわからない。
既にその目に小悪魔が宿っているのを俺は見逃さなかった。
679 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/26(土) 07:36:09.08 ID:uyrxV2ko
トミー
「ふーん……じゃアマネっちはー?」

アマネ
「…ーっ!」

次は自分だと身構えていたのだろう、アマネの両肩がぴくんと跳ねた。
放課後の茶会を嫌でも思い出して、また背筋から身体が熱くなる。

アマネ
「わ、私は…!その……お…お友達として…ですよ?大切な……」


「……」

恥ずかしい。
サナミもアマネも、皆俯いてしまっている。
一体誰が得しているのだ、この状況は。

トミー
「ふっふっふー……アマネっちかーわいー」

アマネ
「も、もう…ともちゃん……!」

こいつだ。
間違いなく楽しんでいる奴が一人居た。
にやにやと嬉しそうに皆の顔を見比べている。
かといってこの話をやめさせるのも不自然だ。
俺はごく涼しい顔を作りながら座りなおして、口元を隠すようにして頬杖をついた。

トミー
「じゃあじゃあ、あやめは?あんまり会った事ないんだよね?」

あやめ
「うぅー……」

いよいよ最後はあやめに的が絞られた。
この状況で思春期真っ只中の女の子にそんな事を聞くのは可哀想だとも思ったが、
実の所俺自身も何故もらえたのかが気になってはいた。
呆れ顔を作りながら、横目であやめの顔を覗き見る。

トミー
「あ……もしかしてー……ひとめぼれ…」

あやめ
「ち、違うんだからっ!…姉さまに作った…ついでなんだから…!」

トミー
「へー…ほんとかなー?」
680 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/26(土) 07:37:38.73 ID:uyrxV2ko
あやめ
「うぅー……!ともちゃんきらいー…!……あやめそういうのわかんない…」

トミー
「ごめんごめんー!嫌いとか言うなよぉーあやめー!」


「ははは……」

あやめの口からは予想通りの答えが出てきた。
少しばかり残念だったが、桜色に染まる白い肌がとても可愛く思えた。

サナミ
「じ、じゃあそういうトミーはなんでなの?」

アマネ
「そ、そうですよ!どうしてなのともちゃん?」

あやめ
「………」

トミー
「え……ぼ、ぼく?」

ここまでくれば、一人舞台だったトミーに、反撃の矛が向くのは当然と言えば当然の流れだった。
目を丸くして自分を指差すトミーの元に、視線が集まる。
しかし、所謂ガールズトークが繰り広げられている中に混じっているだけでもくすぐったいというのに、
その話題が自分だと思うとどうしても居心地が悪い。
悪い、というのは語弊があるかもしれないが、心地良いものではなかった。
俺はさっきから足先から背中、耳にかけてがじわじわと熱くなっているのを感じていた。

サナミ
「そ。さー聞かせてもらおうじゃない?」

さっきまでの照れを振り払って、腕を組んだサナミはにっこりと微笑んでいる。
やはり彼女にはサディスティックな表情がよく似合っているのが恐ろしい。

トミー
「ぼくはー……」

アマネ
「………」

あやめ
「………」

次の一言に、皆の注目が集まる。
もちろん、俺を含めて。
考えているようで、考えていないようで。
トミーは口元に笑みを浮かべたまま、じっとただ一点、俺を見つめていた。
681 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/26(土) 07:46:18.03 ID:uyrxV2ko
〔;凸〕し、死ぬかもしれない……!
出るのが昼からだからと余裕かましてたらもう朝でした……仮眠しかできないなこれ……
今日は帰りが遅くなる上、恐らくお酒が入ると思うので更新は難しいかもしれませんが出来れば身体に鞭うってでも頑張ります…!
682 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/26(土) 08:12:23.90 ID:fOk6ua.0
あんまり無理すんなよー、乙
683 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/26(土) 09:03:14.50 ID:K3NC1eA0
いいところでえええええうぇ



684 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/26(土) 09:16:17.96 ID:25UxMnAo
トミーならきっとやってくれる

ジム乙
685 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/26(土) 10:11:41.79 ID:L4ljCj2o
久しぶりにトミーに焦点が
686 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/26(土) 12:55:15.56 ID:kzf706DO
サナミカワイッ
687 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/26(土) 13:57:21.47 ID:zzm0WQAO

いやいや、無理しないで良いよ。
それで体壊したら本末転倒だしね。
俺たちは何時までも待つよ(´ω`)
688 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/26(土) 16:49:53.79 ID:VEX9TnM0
おい


















おいトミーの出番増やせ
689 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/26(土) 17:45:40.31 ID:DRmxXf20
    ウァ゛ー  
    ∧ ∧γ⌒'ヽ
    (,, ・∀i ミ(二i
    /  っ、,,_| |ノ
  〜( ̄__)_) r-.! !-、
          `'----'


    ウェ゛?
    ∧ ∧γ⌒'ヽ
    (,・∀・ i ミ(二i
    /  っ、,,_| |ノ
  〜( ̄__)_) r-.! !-、
          `'----'
690 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/26(土) 21:12:47.25 ID:L4ljCj2o
絵師さんあやめが>>689やってるとこください
691 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/27(日) 00:41:20.85 ID:90IvYvE0
それでスカートがひらひら
しちゃうんだな
692 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/27(日) 09:12:40.91 ID:rPIlBVg0
そんでそのひらひらしたのを
チラ見してる男がいるんですねわかります
693 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/27(日) 10:45:27.88 ID:PKa/QgAO
そんな男にサナミが
「バカ!!この変態!!」
って言うんですねわかります
694 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/27(日) 14:37:28.12 ID:EAO1Mwg0
その一部始終を見ていたヤリダが
「・・・ごちそうさまでした。」
って言うんですねわかります。
695 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/06/28(月) 05:19:06.48 ID:pPwsucYo
〔;凸〕です。おさぼりしてましたが頑張ってきますー。
毎日毎日ベタベタ湿気でやんなりますねほんと……。

絵師さんがまた可愛いものを……ふぅ
http://loda.jp/tikakoi/?id=35.jpg
696 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/28(月) 05:49:13.51 ID:BtRP7ngo
膝でいじられて「あーっ、おっぱいーっ!!」って頬を赤らめて言うともちゃんかわゆすと思ったらそうでなくてでもおれからしたらそうとしか思えなくて愛しくて夏
697 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/28(月) 06:21:51.40 ID:pPwsucYo
トミー
「……好きだからかな」


「え……?」

一筋の風が吹く。
心臓には雷が落ちた。
そして視線が重なったまま、時間が止まった。
彼女以外の人間が、皆彫刻に変わる。

サナミ
「すっ………え…?」

アマネ
「と……ともちゃん……?」

あやめ
「……………」

たっぷりの時間の後、まずサナミが口を開いた。
それが硬直を解く合言葉だったかのように、他の皆も動きを取り戻した。
かくいう俺も、酸欠寸前でやっと呼吸の仕方を思い出した。
振動で身体が揺れているんじゃないかと思うほど心臓の動きは早い。

トミー
「ん?なに?何かへんなコト言った?」

視線を集めて、トミーは笑っている。
その笑顔は、無邪気な子供にも、余裕ある大人にも見えた。

アマネ
「へ…変というわけじゃ……ね、ねぇ?」

サナミ
「う……う、うん…ただ…びっくりしただけで……」

トミー
「ふふふー……好きだよ!だって……なにせぼくはこやつの親友だからね!」


「…ーっ!」

細い拳がとん、と胸を突いて、早すぎる脈は急に打つのをやめた。

トミー
「あっれえー…?もしかして……ドキドキしちゃった?」

彼女が悪戯な笑みを浮かべるのと、皆が笑い混じりのため息を漏らすのは同時だった。
そしてトミーはトミーらしく、いっぱいの笑みをふりまくのだった。
698 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/28(月) 07:05:20.33 ID:pPwsucYo

「……誰がするか!」

トミー
「よいよい!照れるな照れるな!ういやつよのー!」

空へ抜ける笑い声につられて、俺達も笑った。
冗談と本気の境目を上手く渡り歩くのは、彼女が彼女である証だ。
人を驚かせるギリギリのバランスを保つのは、簡単そうで案外難しい。
それを軽くやってのけるトミーは、俺にとって、本当に。


「親友……ね」

トミー
「ん?なにかご不満でしょーか?」


「……いえ、とてもとても光栄な事でございます」

きゅっと握った拳がゆっくりと揺らめくのを見逃さず、俺は深々と頭を下げた。
冗談交じりに聞こえたかもしれないが、光栄なのは本当だ。
耳の熱さが頬の火照りを教えてくれる。
暮れる陽の色でそれを誤魔化せれば良いのだが。

サナミ
「……あー…びっくりした…。”公開告白”かと思っちゃった」

アマネ
「ふふ……私もです」

まんまと騙された二人が顔を合わせて笑っている。
あやめはといえば安堵とも呆然ともとれない複雑な表情だ。

トミー
「えーだってー、みんなもきらいだったら渡さないでしょ?」

サナミ
「そ、それはそうだけどねー……」

アマネ
「えぇ、確かに……」

あやめ
「……うぅ」

トミー
「ほらほらー、どーするー?モテモテだよー?ちょーモテモテだよー?こいつぅー!」

肘でわき腹をくすぐるこいつは、親友というより、悪友の方が良さそうだ。
699 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/28(月) 13:23:30.18 ID:GH98CIDO
>>695
やーっが可愛すぎてもう
ふぅ・・・
700 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/28(月) 19:58:36.35 ID:F7iTUCI0
トミー…(´;ω;`)ブワッ

だがサナミ派の俺には関係ない
701 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/28(月) 23:47:49.24 ID:sdCpMFgo
もう6月も終わりですね
702 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 00:43:09.99 ID:m36oEt.0
>>696でなんか爆笑しちまったww
703 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 01:11:14.10 ID:E/fi8ASO
そろそろ夏厨が蔓延しだすころか
704 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/29(火) 06:28:49.82 ID:nqRkIW6o
トミー
「しかーし!あやめはあげない!」

あやめ
「…と、ともちゃ…くるしー……」


「あははは……」

モテモテ、か。
男一人が四人の女の子からバレンタインを貰い、こうしてお花見をしている。
確かに誰がどうみても、そうとしか言いようのない状況だ。
年頃の男としては嬉しい事この上無い。
少しずつ胸の内に溜まっていく、ある感情を除けば。

サナミ
「ばかが調子に乗っちゃうからやめときなよ、トミー」

アマネ
「ふふ…厳しいですね?」

サナミ
「調子に乗りすぎてどっか行っちゃいそうだしね、あいつ」

何やら失礼な事を後ろで言われているのが聞こえるが、あえて聞かないでおいた。
俺が調子に乗りやすいのは本当の事だし、それを誰よりも、俺よりも判っているサナミの言葉だったから。

トミー
「あ、ねえねえ」


「ん?どした?」

あやめの頭の上に顎を乗せて、トミーが言った。
肩の後ろから回した手をあやめの胸の前で交差させている。

トミー
「………ひとつきいていーい?」


「お……おう…いいけど……?」

答えた瞬間、俺はトミーの眼にあの悪戯な光が灯るのを見た。
後悔先に立たず。
もう俺が出来る事といえば、とんでもない質問が飛んでこないことを祈るだけだった。

トミー
「ねーさなみん、アマネっちー。あやめも」

またも視線を集めたトミーは、にっこりと微笑んで言った。
705 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/29(火) 06:57:33.60 ID:nqRkIW6o
トミー
「……きにならない?」

アマネ
「気になるって……」

サナミ
「な、なにが?」

あやめ
「………なに?」

トミーはゆっくりゆっくりとこちらを向いて、たっぷりと俺の緊張が溜まるのを見計らってから言った。

トミー
「……彼がだれのをいちばんお、気、に、召、し、た、かー!」


「…ーっ!」

全員の身体がぴくりと反応を示した。
全く、この少女は俺を困らせる事が最大の喜びなのかもしれない。

サナミ
「べ、別にあたしは……!」

あやめ
「あ……あやめも……つ、ついでに作っただけだから……」

トミー
「いーじゃんいーじゃん!どうせ皆あげたのは判ってるんだしー…聞いちゃおー?ねーアマネっちー?」

アマネ
「……………」

判りやすい建前の否定を見せるサナミと、小さく俯くあやめ。
それとは対照的に、アマネの顔色は変わっていた。
温厚で淑やかなアマネのもう一つ顔、部長としての顔が姿を見せ始めている。
こと自分の料理の味については人一倍、いや、人十倍かそれ以上敏感なアマネだ。
俺はその恐ろしさをよく知っていた。
背中に嫌な汗が流れる。

サナミ
「……アマネちゃん?」

アマネ
「……ーっ!…そ、そうですね…!その……競うわけじゃありませんけど……今後の参考として…感想を聞きたいですね」

自らの変容に気がついたアマネが、ぐっとそれを押し殺して淑やかな表情へ戻った。
706 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/29(火) 07:05:45.68 ID:nqRkIW6o
サナミ
「……そーかも……ね。味音痴の評価を聞いてみるのも面白いかもね?」

トミー
「きっまりー!あやめも実は気になってるもんねー?」

あやめ
「な……なってないん…だから…!」


「あの……まず俺の意思を確認してほしいんだけど」

トミー
「そこ、ごちゃごちゃ言わない」


「は……はい…」

サナミ
「さながら、女同士のスイーツ対決ってとこ?それにしちゃ審査員がびみょーだけど」

アマネ
「ふふ……それなら、望むところです」

あやめ
「………」

一体全体、どういう状況だこれは。
矢面に立たされるとは正にこの事だ。
笑いとも真剣とも取れる四人の視線が刺さり、俺は胸と背中が痛くなった。
女の子の団結力というのの恐ろしさを、俺は痛感していた。

トミー
「さー……しんみょーに答えてもらおう!」

サナミ
「正直に答えてよ?あたしは……別に怒ったりしないから」

アマネ
「その……どう……でしたか?」

あやめ
「……教えて…?」


「……う……そ……それは……」

詰め寄られて、椅子からずり落ちそうになる。
これじゃ、正に”公開告白”じゃないか。
四人から貰ったそれぞれの味を精一杯思い出しながら、俺は深く息を吸い込んだ。
707 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/29(火) 07:11:50.93 ID:nqRkIW6o
―――――――――――――――

※次回レスで安価だけ出します※
書き込み予定時間20:00
レスを考えながらお待ち下さい

―――――――――――――――

〔;凸〕誰のが一番美味しかったんでしょうかね。楽しみです。

さて、本当に本当に久しぶりの安価なんですが、
中途半端なものなのですが、どうもこれがラストの安価になる可能性が……。
話の展開次第で入る可能性もありますが、無い方が高いかもしれないです。
なので、一応ラストのつもりで皆さん頑張って下さい!
無計画で本当に申し訳ない限りです。

これ自体大した安価じゃないですけど、
安価進行でやってきて、遂に最後の安価かと思うと、非常に胸が熱いです……。ハイ。

なお、「その時間無理だ!ずらしてー!」って方が多そうでしたら時間はずらします。
それでは……。
708 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 07:16:20.19 ID:Zxz0.UDO
サナミ
709 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 07:50:20.71 ID:YTxTB6AO
むしろ俺
710 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 08:17:20.63 ID:ZmpQ9.DO
ラス安価…楽しみだな…
711 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 08:41:28.75 ID:9jSR9QAO
サナミの唇
712 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 08:55:59.65 ID:aMoLUMUo
トミーちゃんちゅっちゅ
713 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 09:28:56.56 ID:YTxTB6AO
トミーのお茶
714 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 10:42:58.25 ID:WEaGyMAO
715 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 10:43:34.20 ID:r5A3gRU0
美味しいのはあやめ!話的にも俺うま
716 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 11:10:00.88 ID:ej7vVMYo
ヤリダ「ドキドキ・・・」
717 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 13:58:35.70 ID:ObZnDUDO
なんで…よりによって今日バイトがあるんだ…

トミー派の皆良い報告を頼んだ
718 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 14:38:39.52 ID:hAyCLA.0
お母さんのオムライスだよ!!!
719 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 15:21:09.13 ID:IoVRLRA0
サナミの太もも
720 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 16:01:26.20 ID:rhE6yrg0
サナミwwktk
721 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 17:25:16.68 ID:h1sHPSko
ここはあやめでいくのが一番無難
722 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 17:56:59.36 ID:WQ6xO.DO
アマ姉だろJK
723 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 18:12:17.89 ID:YTxTB6AO
最後の安価はパイロットスーツ並の明言で終わらせるべきだろjk
724 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 18:36:39.52 ID:PU7vY060
たしかになんか名言が欲しいなww
パイロットスーツは無いけどww





ただし空気嫁よな・・・
725 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 19:12:00.94 ID:E/fi8ASO
こりゃ安価で900越すな

ジムは次スレの用意が必要
726 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 19:12:30.45 ID:OQ1C6EAO
ラス安価かぁ!
今回こそ取ってやるぜ!
頑張ろう(´ω`)
727 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 19:36:48.02 ID:bsJbGzA0
そしてここの住人は晴れやかな気持ちでサッカーを見ましたとさ、めでたしめでたし
728 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 19:50:05.68 ID:OyZPh6DO
皆美味しくて優劣をつけられないって選択を!
729 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 19:52:05.35 ID:ZmpQ9.DO
>>717
ごめんトミー派だけど今はサナミを取りに行く
今のメインヒロインはサナミ
730 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 19:52:49.28 ID:hAyCLA.0
トミーはおれに任せろ
731 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 19:53:04.51 ID:YTxTB6AO
>>728
そんな君にお勧めな選択

っ「サナミの料理とアマネの料理とあやめの料理を一度に口に含んでトミーのお茶を飲んだ瞬間」
732 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 19:53:04.82 ID:E/fi8ASO
アマネですよね
733 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 19:56:24.31 ID:ZmpQ9.DO
更新ばっかりしてるでござるよ

安価ならもちろんサナミのがおいしかった
734 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 19:59:06.54 ID:uyXm/Fk0
やっぱりサナミかな?
735 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/29(火) 20:00:23.87 ID:nqRkIW6o
〔凸〕さぁ……いよいよですねー……。
サナミ、トミー、アマネ、あやめ。一体誰が選ばれるのか……。
核心的な安価じゃないのが少し申し訳ないですが、どのヒロイン派の人も頑張って下さい。

ここまできて野暮な事を言うのも何ですが、最後(予定)なので、出来れば無茶な安価は……笑
安価内容は「誰を選ぶか」です。さじ加減の程よろしくおねがいしますね。

では、遠めになりますが。

>>800
736 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:00:52.13 ID:uyXm/Fk0
ksk
737 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:01:17.63 ID:E/fi8ASO
ksk
738 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:01:17.04 ID:E/fi8ASO
ksk
739 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:01:21.55 ID:YTxTB6AO
サナミの唇が一番おいしかった。
つまりはサナミが好きだ。
740 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:01:28.61 ID:ZmpQ9.DO
>>735
ジム時間ぴったりご苦労様です

サナミ!
741 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:02:11.18 ID:E/fi8ASO
ksk
742 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:02:30.60 ID:OyZPh6DO
トミー派ではないが>>717のためにもトミーを!
743 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:02:31.39 ID:E/fi8ASO
ksk
744 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:02:52.75 ID:ZmpQ9.DO
ksk

安価下
745 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:02:57.62 ID:E/fi8ASO
ksk
746 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:03:30.39 ID:0H78dUDO
ksk
747 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:03:32.50 ID:0H78dUDO
ksk
748 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:03:44.53 ID:uyXm/Fk0
ksk
749 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:03:51.27 ID:E/fi8ASO
ksk
750 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:03:54.88 ID:Zxz0.UDO
708
751 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:04:01.98 ID:0H78dUDO
ksk
752 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:04:14.75 ID:E/fi8ASO
ksk
753 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:04:23.65 ID:ZmpQ9.DO
ぬるぽ
754 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:04:25.68 ID:h1sHPSko
かつてない速度!
あやめにしとこうぜあやめに
755 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:04:39.96 ID:E/fi8ASO
ksk
756 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:05:08.32 ID:E/fi8ASO
>>753ガッ
757 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:05:31.08 ID:E/fi8ASO
ksk
758 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:05:30.28 ID:YTxTB6AO
>>731
759 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:06:00.79 ID:E/fi8ASO
ksk
760 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:06:20.82 ID:E/fi8ASO
ksk
761 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:07:19.88 ID:E/fi8ASO
ksk
762 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:07:22.84 ID:ZmpQ9.DO
速さが足りない


ksk
763 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:07:26.82 ID:Zxz0.UDO
サナミの唇
764 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:07:41.96 ID:OyZPh6DO
トミー!トミー!
765 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:07:44.81 ID:YTxTB6AO
>>739
766 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:07:45.43 ID:E/fi8ASO
ksk
767 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:08:08.14 ID:E/fi8ASO
ksk
768 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:08:31.99 ID:E/fi8ASO
>>732

769 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:08:54.40 ID:uyXm/Fk0
ksk
770 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:09:09.23 ID:jzABN.SO
ksk
771 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:09:17.48 ID:E/fi8ASO
>>732

772 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:09:33.30 ID:YTxTB6AO
>>739
773 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:09:37.43 ID:jzABN.SO
ksk
774 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:09:38.29 ID:E/fi8ASO
>>732

775 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:09:37.50 ID:jzABN.SO
ksk
776 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:09:55.36 ID:E/fi8ASO
>>732

777 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:10:03.12 ID:uyXm/Fk0
ksk
778 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:10:23.58 ID:hAyCLA.0
お母さんのオムライス
779 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:10:24.47 ID:0H78dUDO
kskst
780 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:10:32.71 ID:uyXm/Fk0
kak
781 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:10:49.02 ID:E/fi8ASO
>>732

782 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:10:49.93 ID:0H78dUDO
kskst
783 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:10:58.99 ID:ZmpQ9.DO
みんなおいしかったけどサナミが一番おいしかった!
784 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:11:08.10 ID:uyXm/Fk0
ksk
785 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:11:09.13 ID:E/fi8ASO
>>732

786 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:11:23.11 ID:hAyCLA.0
kas
787 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:11:23.18 ID:YTxTB6AO
>>778
アップルパイだドアホwwwwww

kskst
788 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:11:29.47 ID:E/fi8ASO
>>732

789 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:11:50.52 ID:uyXm/Fk0
ksk
790 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:11:59.19 ID:hAyCLA.0
まじか
お母さんのアップルぱい
791 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:12:11.21 ID:0H78dUDO
kskst
792 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:12:30.47 ID:E/fi8ASO
>>732

793 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:12:30.09 ID:YTxTB6AO
>>739
794 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:12:45.00 ID:jzABN.SO
サナミ
795 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:12:46.42 ID:jzABN.SO
サナミ
796 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:12:48.88 ID:jzABN.SO
サナミ
797 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:12:52.03 ID:gEoadDso
サナミ
798 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:12:54.70 ID:YTxTB6AO
>>739
799 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:12:56.13 ID:ZmpQ9.DO
>>783

来い!
800 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:12:58.88 ID:E/fi8ASO
>>732

801 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:12:58.28 ID:tpuFGvko
トミー
802 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:12:58.25 ID:geDcHSUo
アマネええぇぇぇぇぇええ
803 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:12:59.72 ID:mFX1z.DO
アマネ
804 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:12:59.98 ID:0H78dUDO
サナミ
805 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:12:59.68 ID:mjCsP7Mo
サナミ
806 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:13:01.18 ID:0H78dUDO
サナミ
807 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:13:02.46 ID:0H78dUDO
サナミ
808 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:13:07.89 ID:uyXm/Fk0
kskst
809 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:13:31.33 ID:MfI79Jo0
>>790
810 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:13:52.76 ID:ZmpQ9.DO
>>800

負けたぜ…麻生さん…
811 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:13:58.17 ID:MfI79Jo0
ばかなああああ
812 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:14:02.77 ID:E/fi8ASO
遂に来た

1スレ目からアマネ安価狙い続けて初めての
813 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:14:43.88 ID:uyXm/Fk0
>>812
おめww
814 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:16:56.52 ID:ZmpQ9.DO
>>812
アマネに届いたな
おめでとう!



さぁジム待ちだ
815 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/29(火) 20:22:58.36 ID:nqRkIW6o
〔;凸〕思ったより参加人数が少なかったですね…最近深夜更新が続いてたから見てないのかな…笑
ともあれ、無事安価が終わって一安心です!彼らの物語がどうなっていくのか、あとほんの少しだけ見守ってあげてください。

安価取り逃がした人も、また安価が入るように祈っててください……笑

それではまた次の更新で。
816 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:32:21.33 ID:eLUpL5o0
ジムのことだ
アマネと見せかけてサナミフラグだな
817 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:40:39.14 ID:PU7vY060
ぎゃあああああああああああああああああああああいいいあああいかああああいあああいあああああああいあああああああああいあ!!!!!!!!、!
参加できなかったああああああああああああいああああああああああああああああああいあああいあああいああああいあああいあああああいああああ!!!!!!!!!、!
818 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/29(火) 20:52:35.07 ID:KMkdJYDO
>>812おめでとう
819 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 20:54:03.53 ID:vuUaRADO
サナミン派の俺だが、後は>>1の考え次第か。
wktk
820 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 21:59:42.49 ID:qF/fJSMo
気がついたら安価が出てたと思ったら終わってた
821 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 22:01:35.33 ID:kVq94gA0
なんという時空の歪み・・・
822 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/29(火) 23:42:05.94 ID:M7SqKkU0
初期時代から苦節、アマネ安価を狙っていたが、ここに来て見ましたとさをつけたぜ……!
823 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 01:03:08.64 ID:yFX4aJk0
気が付いたらラスト安価普通に終わってたでござる
824 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 01:58:41.90 ID:oiHl8dc0
>>800よくやった!
825 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/06/30(水) 04:28:41.48 ID:cKGs7q6o
(;凸)です。日本残念でしたね……でもよく頑張った!
安価に関してはほんと、時間をもう少し考えればよかったと後悔してます……。もし次があれば、深夜にしますね。あれば、ですが。

ええと、次の更新はある程度(最低でも十レス以上は)書き溜めてから更新する事にします。
少し時間はかかるかもしれませんが、後はゴールに向かうだけなのでニヨニヨしながらお待ちください。
今月中の完結は厳しいかもしれませんが、あと暫くお付き合い下さいね。

あ、「スレを節約しろ」と言ってるわけではないので、雑談にはお使い下さい。
もし足りなくなったらまた立てさせてもらいます。中途半端になりますが、ここまで来て焦っても同じですから…笑
スレは覗いてるので何かあればお声をどーぞ。


息抜きにアンケート作りました。よかったら答えて下さいね。さー頑張りますよー!
http://enq-maker.com/8jMDfLk
826 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 04:38:05.91 ID:QNOZjMSO
一番乗りで投票してきた
827 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/30(水) 07:46:56.00 ID:mBHmxQDO
投票してきたぜ!
828 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 08:16:29.92 ID:UBLBrvs0
ジム乙
トミー派だったがアマネも好きだ
体壊さないように頑張ってくれ
ていうかサナミも好きだしアヤメも好きだ
京香さんも好きだけどジムも好きだ



ただしヤリダ、テメーはダメだ
829 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 08:17:33.82 ID:UBLBrvs0
あれ?2行目と3行目が逆になってるorz
830 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 11:10:24.14 ID:dK/.ZYAO
この先どうなるのか
考えただけで胸がドキドキする!!
サナミエンドななってほしいが
安価はアマネ
どう展開して誰に行き着くのかな!!
楽しみだな!!
831 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 13:01:45.57 ID:Ki1OKEDO
ジムも大変だろうなー。
どのキャラも愛着すごいだろうし。

それにしてもアマネがここまで株上げるのが凄い。
最初出てたときとか邪険にされてたのに…。
832 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 14:04:39.51 ID:RSavbowo
おいなぜこんなにあやめの人気が薄いんだ

俺がもらってもいいってことか?
833 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 14:26:19.09 ID:xZPLjASO
いやいや、俺とあやめは既知の仲だから誰も邪魔できないのだよ
834 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 15:19:30.07 ID:QNOZjMSO
ヤリダに投票してるやつなんなの
835 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 16:10:44.84 ID:M.k5vwwo
お前に誰に投票してはいけないと言われる筋合いはない
836 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 19:58:43.07 ID:dK/.ZYAO
確かにそうだけど
ヤリダに入ってたらと考えたらゾッとするよな
837 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 20:14:16.40 ID:kTNj5Sso
ヒロイン・・・ねぇ・・・
838 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 20:27:05.22 ID:M.k5vwwo
そんなヤリダに入れられたくないなら最初からジムがヤリダの選択肢を作らなきゃよかったな
839 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 20:44:25.11 ID:gTCWcpgo
コメント見るだけで胸、いや目頭が熱くなるな…
840 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 20:51:37.78 ID:ECDaw020
ま、サナミは最後は俺の元にくるんだけどな
幸せにするよ、サナミ
子供の名前はサトミにしようか
841 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 21:27:58.48 ID:sm.BKwDO
>>840
^^;
842 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 22:22:33.41 ID:6R.DlCw0
>>840
サトシなにやってんだ
843 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/30(水) 23:27:07.35 ID:g.QAHAo0
永遠亭。

優曇華院
「うぅ.....お師匠様すみません.....」

永琳
「.....地下室で寝かせたら完成ね」ボソボソ

優曇華院
(ガン無視いいいいいいい!?)ガーン

永琳
「あ、丁度良いところにうどんげが。この薬、地下室に持ってってくれない?」

優曇華院
「あ、分かりました....」

鈴仙・優曇華院・イナバは永琳に言われた通り、その得体の知れない粉末を地下室に持っていった。基本的に師匠に忠実である。

優曇華院
「ふう....。ところでお師匠様。結局あの黄色はなんなんですか?」

永琳
「ふふ....知りたい?」

「そうね....あれは言わば...背中を押してくれる薬なのよ!!」
844 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 23:27:45.85 ID:g.QAHAo0
>>843
誤爆ったまじすまんスルーしてくれまじすまん
845 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 23:29:00.22 ID:gc0IAzYo
どんまいwwwwww
846 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/30(水) 23:32:26.57 ID:Z60ocCQo
気化爆弾を大都市に間違って落としちゃった♪級の誤爆
847 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/01(木) 02:44:46.80 ID:aDLw2yI0
どこのスレだwwww
848 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/01(木) 06:51:18.37 ID:byyvQwDO
誤爆するということはこのスレを見ているということか…
849 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/01(木) 12:06:30.42 ID:KX7.mBIo
貴様見ているなッ!
850 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/01(木) 20:39:09.00 ID:MAOvAhM0
>>843
これはひどいwwwwww
851 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/01(木) 20:53:44.41 ID:jcgABwQ0
もう許してくれよ....w

>>847
東方のSS少ないんで探したらすぐわかると思う
852 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/01(木) 20:56:14.81 ID:KX7.mBIo
絶対に許さない絶対ニダ
853 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/07/01(木) 21:18:50.80 ID:6COcHdoo
〔lll凸〕oh……。自治スレ誤爆の黒歴史がフラッシュバックして泣きそうです。どんまいです……。
書き溜めがなかなかはかどりませんねー…でもちょっとずつ進んでるので今暫くお待ち下さいませ。
恐らくこの日の終わりまでは書き溜めてからあげるので。

アンケート結果はやっぱりサナミ嬢がぶっちぎりで暫定女王ですね…笑
それに比べてあやめ票の少ない事少ない事……きっと今頃姉にしがみついてメソメソしてることでしょう。
スピンオフに京香さん票が多いのに驚きました。案外人気ですねお母様。母は強し!

コメントたくさん頂いて真面目に胸が熱くなりましたよー。メインカメラがぼやけました。
皆さんの期待を裏切らないように最後まで頑張ります!
854 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/01(木) 23:13:34.49 ID:PRDt2/o0
からあげ
855 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/01(木) 23:21:17.58 ID:C4koYE.0
あさがお
856 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/01(木) 23:42:30.17 ID:WEb/6AQo
好きなヒロインの順位と見たいスピンオフの順位が反比例してる…ヤリダ除く
興味深い現象だ
857 :あぼーん :あぼーん
あぼーん
858 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/02(金) 00:04:24.33 ID:9ZGxQYo0
かんばっ
859 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/02(金) 02:04:42.38 ID:YDfeyMAO
姉にしがみついてシクシク泣くあやめを
絵師さんどうかお願いします
860 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/07/02(金) 07:13:03.94 ID:W0KPTo2o

「わ、判った言うから……まずこれだけは先に言わせてくれ」

椅子から半分ずり落ちたままにじり寄る彼女達を制した。
全員が目だけで「早く言え」と返事をする。


「本当に!皆すごくて誰が一番とか……そういうのは無い。無いけど……」

「けど?」と、四つの声が重なった。
全員が前のめりに俺の答えを待ち望んでいる。


「……ほんと……あえて……あえてだぞ?強いて言うなら……」

言葉を口の中に留めて、一人一人の目を見る。
溜まった唾液が音を立てて喉の奥に落ちた。
そして俺はたっぷりと時間をかけて、留めていた言葉を吐き出した。


「…………………アマネ……かな…」

アマネ
「…ーっ!!ほ、ほんとですか…!?」


「ちょ…!近い近い……!」

低い姿勢から飛び出す陸上選手のように、
前のめりになっていたアマネの頭が一つ分前へと動いた。
ぐっと顔の距離が近づいて、俺は更に後ろへと仰け反る。
彼女が揺らした空気は甘い香りがした。


「う…うん……。その……どれも美味しかったけど、一番凝ってたっていうか……」

頭の中で、あの日のお茶会がフラッシュバックする。
口の中に広がったあの豊かな味と、暖かな紅茶。
そしてクッキーと同じ様に甘かった、あの時間を。
サナミのも、あやめのも、どれも素晴らしい出来栄えだったが、
厳しく公平な目で見れば、やはり料理部部長の貫禄にはあとほんの少しだけ及ばず、といった所だった。
名誉のために言うが、断じて”部長”のオーラに気圧されたわけではない。
断じて。いや、本当に。

サナミ
「……はー…。やっぱり部長には勝てないかー」

少しだけ残念そうにため息を吐くサナミを見て、俺は胸が軋んだ。
861 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/07/02(金) 07:15:51.85 ID:W0KPTo2o
アマネ
「…ともちゃん……もう…」


「…ははは……」

パフォーマー顔負けの身振り手振りを交え”悪乗り”を続けるトミーを、サナミの鋭い眼光が射抜く。
顔に笑顔を浮かべてはいるものの、言い知れない圧力が滲み出ていた。
身を竦めるトミーの頭に耳が生えていれば、きっとしっかりと畳まれている事だろう。

あやめ
「………ねぇ」


「…ん?どした、あやめ」

不意に頬杖をついていた方の服の袖を、あやめの細い指が摘んでくいくいと引っ張った。
視線を向けると、それに合わせて目をそむける仕草があやめらしい。

あやめ
「……あやめ……何番?」


「んー……そうだなぁ…。何番…とかじゃなくて、ほんとに皆美味しかったぞ?”皆一番”…って感じかな」

あやめ
「んー……」


「あやめのなんて、プロ顔負けだったよ、ほんとに」

あやめ
「………えへへ…」

世辞でもなんでもなく、あやめのプリンを食べた時は本当にそう思った。
率直な感想を聞いて嬉しそうに微笑むあやめを見ていると、こっちまで少し恥ずかしかった。
自分にも妹が居たら、きっとベタベタに甘やかしてしまうんだろうなと、そんな事を考えた。

サナミ
「あーぁ、あたしもあやめちゃんのプリン食べたかったなー」

あやめ
「…じゃあ、おいしい卵があったら、また作る」

アマネ
「あ…じゃあ今度は皆でお菓子作りでもしましょうか?」
862 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/07/02(金) 07:24:04.77 ID:W0KPTo2o
サナミ
「それいいかも!やろうやろう!」

アマネ
「じゃあいつごろにしましょうか?私はいつでも……」

はしゃぐサナミに、アマネが笑って答える。
もう具体的な日取りを話している辺りがきちんとした性格をよく表している。

トミー
「じゃあぼく味見担当ー!」

アマネ
「きゃっ…!ともちゃん……」

嬉々とした表情でトミーが二人の間に割って入った。
押し退けられて困った顔もするものの、まるで自然な動きで、アマネはトミーの身体を腕の中へそっと引き寄せた。

あやめ
「もー…!ともちゃんだめー…!」

それを今度はあやめが押し退けて、結局アマネの両腕に小さな少女が二人きちんと納まった。
ここまできたら姉というより母といった方がよさそうにも思える。

サナミ
「トミーが味見したら食べる前になくなっちゃうからだーめ」

トミー
「うー……ほ、ほら、ぼく、そだち盛りだから……」

アマネ
「ふふ……ともちゃんはそのままで可愛いわよ?」

あやめ
「…あやめは?」

アマネ
「もちろん、あやめもね?」

サナミ
「……あたしもくっつこ!」

アマネ
「ちょっ…!さ、サナミさん……!?」


「………」

黄色い笑い声が湧く女性陣。彼女達が盛り上がれば盛り上がるほど、男としては情けない疎外感を感じざるを得ない。
実は茶会に呼んでもらえていなかった事実に結構堪えている自分に、乾いた笑いが一つ漏れた。
863 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/07/02(金) 07:25:52.87 ID:W0KPTo2o
〔;凸〕書き溜めと言ったものの、結構時間がかかりそうなので区切りのいい所まであげときました。
あまり何もあげずにお待たせするのも悪いので……。ではまた後日。頑張ります。
864 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/07/02(金) 07:40:09.84 ID:W0KPTo2o
〔;凸〕うわしまった……!レスが一つ抜けた……!!
↓にもう一度>>860の頭からあげなおします…読みにくいと思うので…。寝ぼけてて本当に申し訳ない事をした……。
865 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/07/02(金) 07:41:10.82 ID:W0KPTo2o

「わ、判った言うから……まずこれだけは先に言わせてくれ」

椅子から半分ずり落ちたままにじり寄る彼女達を制した。
全員が目だけで「早く言え」と返事をする。


「本当に!皆すごくて誰が一番とか……そういうのは無い。無いけど……」

「けど?」と、四つの声が重なった。
全員が前のめりに俺の答えを待ち望んでいる。


「……ほんと……あえて……あえてだぞ?強いて言うなら……」

言葉を口の中に留めて、一人一人の目を見る。
溜まった唾液が音を立てて喉の奥に落ちた。
そして俺はたっぷりと時間をかけて、留めていた言葉を吐き出した。


「…………………アマネ……かな…」

アマネ
「…ーっ!!ほ、ほんとですか…!?」


「ちょ…!近い近い……!」

低い姿勢から飛び出す陸上選手のように、
前のめりになっていたアマネの頭が一つ分前へと動いた。
ぐっと顔の距離が近づいて、俺は更に後ろへと仰け反る。
彼女が揺らした空気は甘い香りがした。


「う…うん……。その……どれも美味しかったけど、一番凝ってたっていうか……」

頭の中で、あの日のお茶会がフラッシュバックする。
口の中に広がったあの豊かな味と、暖かな紅茶。
そしてクッキーと同じ様に甘かった、あの時間を。
サナミのも、あやめのも、どれも素晴らしい出来栄えだったが、
厳しく公平な目で見れば、やはり料理部部長の貫禄にはあとほんの少しだけ及ばず、といった所だった。
名誉のために言うが、断じて”部長”のオーラに気圧されたわけではない。
断じて。いや、本当に。

サナミ
「……はー…。やっぱり部長には勝てないかー」

少しだけ残念そうにため息を吐くサナミを見て、俺は胸が軋んだ。
866 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/07/02(金) 07:42:20.88 ID:W0KPTo2o
すぐに笑顔に戻って小さく手を叩くサナミに、心の中で何度も謝る。
どうして謝るのかは、自分でもよく判らなかった。

あやめ
「…やっぱり姉さまが一番なんだから…!」

トミー
「おー!さすがアマネっちー!やるぅー!よっ、日本一!」

あやめはまるで自分の事のように喜び、トミーは指笛を鳴らしている。
鳴らしている仕草だけで、実際には空気が漏れる音しかしていないのだが。

アマネ
「…あっ…!は、恥ずかしいですね……改めて褒められると……」

目の鼻の先にある俺の顔にやっと気がついたのか、アマネはすっと身を引き椅子に腰掛けた。
口元に手を当てて照れたように笑っている。

サナミ
「でもま…、あのクッキーなら負けてもしょうがないか」

トミー
「んー……確かに…。あれはよかった!かぎりなく満点にちかい!」

あやめ
「…満点なんだから」


「え?あれ、皆食べたのか?」

アマネ
「あ……はい。たくさん作りましたから、次の日学校でお二人にも差し上げたんです」


「そ、そうなのか……ほんと…仲良いね君達…」

てっきり自分だけに作ってくれたものと思っていた俺は、少々がっかりした気分だった。
ともあれ、どうなるかと思ったがなんとかトミーの小悪魔的悪戯を凌げたようだ。
一番恐れていたアマネの”暴走”も起こらず、俺は肩の力を抜いてやっと椅子に深く座りなおした。

トミー
「じゃあじゃあ、ゆーしょーしたアマネっちに審査員からごほうびのチ……」

サナミ
「…と、も、ちゃ、ん?」

トミー
「はっ…はいごめんなさいごめんなさい……こわぁ…さなみんこわぁ……」
867 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/07/02(金) 07:43:13.23 ID:W0KPTo2o
アマネ
「…ともちゃん……もう…」


「…ははは……」

パフォーマー顔負けの身振り手振りを交え”悪乗り”を続けるトミーを、サナミの鋭い眼光が射抜く。
顔に笑顔を浮かべてはいるものの、言い知れない圧力が滲み出ていた。
身を竦めるトミーの頭に耳が生えていれば、きっとしっかりと畳まれている事だろう。

あやめ
「………ねぇ」


「…ん?どした、あやめ」

不意に頬杖をついていた方の服の袖を、あやめの細い指が摘んでくいくいと引っ張った。
視線を向けると、それに合わせて目をそむける仕草があやめらしい。

あやめ
「……あやめ……何番?」


「んー……そうだなぁ…。何番…とかじゃなくて、ほんとに皆美味しかったぞ?”皆一番”…って感じかな」

あやめ
「んー……」


「あやめのなんて、プロ顔負けだったよ、ほんとに」

あやめ
「………えへへ…」

世辞でもなんでもなく、あやめのプリンを食べた時は本当にそう思った。
率直な感想を聞いて嬉しそうに微笑むあやめを見ていると、こっちまで少し恥ずかしかった。
自分にも妹が居たら、きっとベタベタに甘やかしてしまうんだろうなと、そんな事を考えた。

サナミ
「あーぁ、あたしもあやめちゃんのプリン食べたかったなー」

あやめ
「…じゃあ、おいしい卵があったら、また作る」

アマネ
「あ…じゃあ今度は皆でお菓子作りでもしましょうか?」
868 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/07/02(金) 07:44:14.12 ID:W0KPTo2o
サナミ
「それいいかも!やろうやろう!」

アマネ
「じゃあいつごろにしましょうか?私はいつでも……」

はしゃぐサナミに、アマネが笑って答える。
もう具体的な日取りを話している辺りがきちんとした性格をよく表している。

トミー
「じゃあぼく味見担当ー!」

アマネ
「きゃっ…!ともちゃん……」

嬉々とした表情でトミーが二人の間に割って入った。
押し退けられて困った顔もするものの、まるで自然な動きで、アマネはトミーの身体を腕の中へそっと引き寄せた。

あやめ
「もー…!ともちゃんだめー…!」

それを今度はあやめが押し退けて、結局アマネの両腕に小さな少女が二人きちんと納まった。
ここまできたら姉というより母といった方がよさそうにも思える。

サナミ
「トミーが味見したら食べる前になくなっちゃうからだーめ」

トミー
「うー……ほ、ほら、ぼく、そだち盛りだから……」

アマネ
「ふふ……ともちゃんはそのままで可愛いわよ?」

あやめ
「…あやめは?」

アマネ
「もちろん、あやめもね?」

サナミ
「……あたしもくっつこ!」

アマネ
「ちょっ…!さ、サナミさん……!?」


「………」

黄色い笑い声が湧く女性陣。彼女達が盛り上がれば盛り上がるほど、男としては情けない疎外感を感じざるを得ない。
実は茶会に呼んでもらえていなかった事実に結構堪えている自分に、乾いた笑いが一つ漏れた。
869 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/07/02(金) 07:45:44.47 ID:W0KPTo2o
〔;;凸〕>>866が↑で抜けていた分です。ここにきての大チョンボ……しにたくなてきた。
頑張りますからどうか見捨てないでくださいね……それでは。
870 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/02(金) 08:16:45.84 ID:YDfeyMAO
頑張れ〜
超頑張れ〜
871 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/02(金) 10:20:27.18 ID:nalISnoo
がんばれー
872 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/02(金) 11:06:32.61 ID:sLarD2AO

そんなことで見捨てるわけがないでしょww
凸よ頑張ってくれな!
873 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/02(金) 13:23:44.61 ID:OtgRM2AO
生きろ!
874 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/02(金) 19:07:24.03 ID:YDfeyMAO
そなたは美しい!
875 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/02(金) 22:43:37.11 ID:zSEhi2s0
お前にサンを守れるか?
876 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/03(土) 01:23:02.28 ID:6KqLncAO
お前にサンが救えるか
じゃなかったっけ
877 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/03(土) 04:46:26.00 ID:i345Wp60
わりとどうでもいいっ!

それよりサナミかわいいよぉぉぉ
ちゅっちゅ
878 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/03(土) 11:02:29.22 ID:8pEJfBY0
トミーやーい
サナミやーい
アマネやーい
あやめやーい

今思ったけどなんであやめだけ
平仮名なん?
879 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/03(土) 11:36:12.92 ID:3KGHXv60
>>878
アマネと区別しやすいようにって前にジムが言ってた
880 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/04(日) 13:19:20.71 ID:Gp8t5cDO
ん?
881 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 20:39:23.84 ID:Hs54jE2o
>>879なっるほど
thx
882 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/07/05(月) 05:28:19.33 ID:V4Bxkhco
――――――


「………空、赤くなってきたな」

サナミ
「正に”黄昏時”ってやつ?」

アマネ
「こうなると暗くなるまですぐですね」

あやめ
「……晩御飯なに?」

アマネ
「えぇ…!?もうお腹空いたの…?」

一通りの片付けを済ませる頃には、もうすっかり辺りは夕暮れに染まっていた。
河川敷に居た人々も、もう殆どが居なくなっていた。

トミー
「みよ!東方は紅に染まっているっ!」

何かのアニメで聞いた事がある台詞を叫びながら、トミーが西の空を指差す。


「……師匠、あっちは西方です」

トミー
「あ……ば、ばかもん!細かいことに捕らわれるでない!だからお前はだめなのだ!」


「だめって……痛い痛い!わかったわかったわかったから!」

トミーはこちらに向かってくるなり細い拳を突き出した。
伸びてくるのを、手のひらで受け止める。
皮膚を弾く音が響いて、破裂したような痛みが走った。

トミー
「うむ……わかればよいぞ?」


「……」

しかし、冗談とは思えないほどに手の平が痺れる。
悪戯な笑みとは裏腹に彼女は冗談でも全力だから恐ろしい。


「……楽しい時間って、なんか、あっという間だよな」
883 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/07/05(月) 05:30:59.63 ID:V4Bxkhco
示し合わせたわけでもなく、気がつけば皆淡いオレンジが満ち、流れる大きな川を並んで見つめていた。

アマネ
「えぇ……高校生活と同じですね」


「…だな」

サナミ
「あれ?あんた楽しいとか思ってたの?」


「……あのなぁ」

夕日で頬を赤く染めながら、サナミはくすくすと笑う。
彼女の瞳の中に揺れる光が強くて、俺は目を細めた。
俺の高校生活が胸を張って面白かったと断言出来るかどうかは、自分では判らない。
だが今、皆でこうしているとどうしようもなく締め付けられる胸の痛みが、その答えなのだろう。

サナミ
「……なんか、寂しいね」

息を吐きそう言うと、そっと視線を逸らした。
弱い笑みを浮かべ物憂げな目で、視線を漂わせている。

アマネ
「……そう…ですね…」

サナミの隣に立つアマネにも、哀愁の色が移る。
心配そうに姉の顔を見上げるあやめの手を握り返すのが見えた。

アマネ
「……今更ですけど……私も皆と同じ大学だったらなんて…思っちゃいますね」

サナミ
「アマネちゃん……」

アマネ
「…………」

俯く二人の長い髪が揺れて、甘い香りが鼻をついた。
確かに、このまま皆で同じ学校に通えたら。

トミー
「……ねえねえ、皆何がそんなにさみしいの?」


「…え?」

静かだったトミーの唐突な声が、満ちていた湿った空気を割った。それはごく、平然と。
884 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/07/05(月) 06:06:10.76 ID:V4Bxkhco
アマネ
「と…ともちゃん……」

サナミ
「え……トミーは……寂しくないの…?」

二人は驚きと悲しさが入り混じった表情で、トミーを見た。
伸ばした手をポケットに突っ込んだまま、彼女は事も無げな顔で遠くを見ていた。


「トミー……」

驚いたのは、俺も同じだった。
いつも騒々しくて、悪戯と悪乗りが得意技の彼女だが、その心根にある優しさが人一倍な事を知っていたから。

あやめ
「…ともちゃん……ひどいん…だから…」

ぼやけた重い空気を察したのか、あやめが言った。
寂しげな姉の、皆の心の機微を汲み取ったのだろう、手を握る指先に力が篭っているのが判る。
そしてやっぱり、俺も同じ事を思っている自分が居た。

トミー
「………」

それでも彼女は平然としていた。
それどころか、少しだけ下を向いた口元には、薄っすらと笑みさえ浮かんでいる。


「……トミー……お前…」

トミー
「……ぜーーんぜんっ!」

俺の言葉が出切る前に、彼女の言葉が重なった。

トミー
「……さみしくないよ」

声の無い視線を浴びたまま、トミーは一歩、
そしてもう一歩と俺達の前へと歩み出ると、踵でくるりとこちらへ振り返る。
向き直ったその顔は、真っ赤に染まった満面の笑顔だった。

トミー
「しつもーん!……ぼくたちは何?」

一人、一人。
言いながら、見据えるように目を合わせていく。
ゆっくりと向けられた視線が俺の戸惑い色の眼と重なった。
その目には、前に立つ小さな少女に優しく抱かれるような、不思議な、それでいて確かな温もりがあった。
885 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 07:47:12.79 ID:ncDlHKko
やっぱりトミーだなうん
886 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 12:46:43.11 ID:YeOIoYAO
トミーちゃんちゅっちゅ
887 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/05(月) 19:00:34.22 ID:o0GBOtY0
>>882はわざと?
888 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:14:14.95 ID:bskxv220
>>887
俺のトミーがガチオタなわけないだろjk
889 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 00:38:28.55 ID:OrKhLdY0
トミーやるからサナミくれ
890 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 02:55:28.51 ID:u0nodsSO
トミーもサナミもやるからアマネはいただきますね^^
891 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/07/06(火) 07:07:12.37 ID:Kqm5Okko

「………」

普段とは全く別の、優しく、落ち着いた声。
包み込まれるような雰囲気に、俺と同じく皆黙って彼女を見つめていた。

トミー
「……ぼくたちは……”友達”だよ。ずっと、ずーーーっと。とーっても大切な、友達」

アマネ
「ともちゃん…」

トミー
「何処にいても、何をしてても、ぼくたちがどうなっても。それは変わらないでしょ?」

サナミ
「トミー……」

トミー
「会いたくなったら……会えばいいもん。アマネっちの大学も遊びにいっちゃうよー?」

あぁ、そうか。

トミー
「だから………ぜーんぜん寂しくなんかない!」

やっぱり彼女は、トミーだった。
俺は後ろで揺らめく夕日が眩しくて、目を伏せた。
いや、少しでも彼女を疑った事を恥じたからかもしれない。

サナミ
「そっか……そうだよね…!」

アマネ
「……えぇ…。私、とても簡単な事を忘れていました」

あやめ
「…うぅー……ともちゃんごめんなさい…」

トミー
「まったくー……やっぱり皆ぼくが居ないとだめだねー。先が思いやられるよー?」

さっきまでの空気が嘘のように引いて、トミーの笑顔が皆にも移った。
恥ずかしくて最後まで顔を強張らせていた俺の表情も、
あの悪戯な顔で覗き込むトミーに、やがて根負けしてその口角を上げた。

トミー
「よしよし、いい顔いい顔!」
892 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/07/06(火) 07:07:39.73 ID:Kqm5Okko

「…ったく……紛らわしい事言うなっつーの!」

トミー
「あははは…ぼくはふつーの事言っただけだもーん」

アマネ
「……ともちゃん」

トミー
「んー?なにーアマネっちー」

酷い奴呼ばわりされた仕返しとばかりに、
あやめの頭をくしゃくしゃと撫でるトミーをアマネがごく静かな声で呼んだ。

アマネ
「………ありがとう」

トミー
「…ーっ!…えへへ……」

照れくさそうに下唇を甘く噛むトミーを、アマネは本当に暖かい目で見つめていた。

サナミ
「ねぇ…大学に行ってもまた集まろうよ!こうやって……皆で!」

アマネ
「いいですね!じゃあ…また頑張ってお弁当作らないと」


「おっ、それは今から楽しみだな…」

サナミ
「あんたも呼ぶとは言ってないけど?」


「えぇ!?ここまで来てそりゃないだろ…!」

冗談とはわかっていても、お茶会に呼ばれていない実績がある分笑えない。
笑えない俺を見て、皆が笑っているのがせめてもの救いだ。

トミー
「ま、”誰かさん”がどっかで彼女とか作っちゃってー、集まりが悪くなっちゃうー…とかがなければいいのにねー?」


「なっ……!」

さっきみた深い瞳の色は見間違いだったのだろうか。
小悪魔に戻ったトミーから発せられた完全な不意打ちに、大袈裟なほど驚いてしまった。
あまりにもタイムリーな話題に、返す言葉を失った口が情けなく何度か動いた。
893 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/07/06(火) 07:08:16.43 ID:Kqm5Okko
サナミ
「………」

聞こえていないフリをしているサナミが嫌でも目に入った。
あれじゃどうやっても”聞き耳立てています”という風にしか見えない。
何を思って彼女がそんな態度を取ったのかは、あえて考えない事にした。
ただ、それが何故か嬉しかったのは間違いなかった。

あやめ
「……………」

トミー
「あっれぇー…?なんであやめが赤くなってるの?」

あやめ
「…ーっ!!!な…っ…!なってないんだから!と、ともちゃんがくっつくからあついの…!」

顔を覗き込まれたあやめはトミーをぐいぐいと押し退けた。
言われてみれば、彼女の白い頬は夕日とはまた違う赤さに染まっているように見える。

トミー
「あ……!やっぱりあやめってー…」

あやめ
「…もー!もー!!ともちゃんきらいー!」

トミー
「あはははは…!!」

アマネ
「こらあやめ!ともちゃんも…!もう……」

呆れる姉のため息が一つ。
そうして、また少女二人の追いかけっこが始まった。
あやめが赤くなった理由は、たぶん俺が考えるのは無粋というものだろう。
赤く染まる河川敷を走り回る二人の笑い声が風音に混じって流れた。


「……”友達”……かぁ……」

サナミ
「…ばーか、何かっこつけてんの?」


「うおっと……」

もっともなご指摘と共に、サナミが背中を小突いてきた。
背を思い切り伸ばしていたものだから、前のめりにバランスを崩して慌てて両手を振り回した。
894 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/07/06(火) 07:09:10.00 ID:Kqm5Okko

「あっぶねーなー…」

アマネ
「ふふ……大丈夫ですか?」

心配してくれるアマネの横で、サナミは舌先を少しだけ出して笑っている。
全く、性格の違いがよく現れている構図だ。
俺は息を吐きながら、鼻先を掻いた。


「いや…俺達……変わんないかな、ずっと…こんな感じでさ」

そんな事を言ったのは、”変わって欲しくない”という願望もさることながら、
”変わってしまうかもしれない”という予感と、不安があったからだと思う。
サナミとアマネは互いの顔を一度見合ってから、同時微笑んだ。

アマネ
「ともちゃんの言う通りですよ。きっと……少なくとも、私はずっと仲良くしていたいです」

サナミ
「うん…そうだね。ずっと四人で仲良く遊ぼ!」


「…サナミさん、一人数え忘れてますよ」

サナミ
「……そだっけ?」

アマネ
「………ふふ……やっぱり……」

サナミ
「…なに?アマネちゃん」

アマネ
「…いーえ。なんでもありません!」

ずっと。
俺も、そうであって欲しいと思っている。
何があっても、ずっと。
残酷か幸運か、時間には限りがある。
もう何度かの朝を迎えれば終わる、高校生活の様に。
だから、”永遠”なんてものは存在しないのが世界の決まり事だ。
それでも俺は、今この瞬間。
何にも変え難いこの時間が、永遠に続けばいいと本気で願っていた。
ずっと、ずっと。

サナミ
「おーい!二人ともー!」
895 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/07/06(火) 07:09:45.64 ID:Kqm5Okko
サナミの呼び声に、競い合うようにしてちびっこ二人が駆け戻って来た。
笑顔で満ちる二人は、何がきっかけで追いかけっこをしていたかはもはやどうでもよさそうだった。

トミー
「たっだいまー!」

あやめ
「ただいまー」

サナミ
「わっ…!」

アマネ
「きゃっ…!」

トミーはサナミに、あやめはアマネに。
それぞれがそれぞれの胸に飛び込んで、小走りの勢いを止めた。
こういう時は、奇数という数字を恨まざるを得ない。

サナミ
「よーし…これなーんだ!」

そう言うとサナミはポケットから何かを取り出した。
手の平に収まった白い何か。


「…デジカメか」

サナミ
「ん!最後にさ、皆で写真撮らない?」

サナミが取り出したのは彼女が普段から使っている白いデジタルカメラだった。
部活で作った料理なんかを撮影しているのを何度か見た事がある。

トミー
「おー!さんせーさんせー!!何処で撮る!?あっち?そっち?」

サナミ
「あそこは?一番おっきい桜のとこ!あそこなら丁度机にカメラ置けそうだし……」

あやめ
「…姉さま…あやめ髪くちゃくちゃになってない…?」

アマネ
「んー…ちょっと元気な感じになってるかな?おいで、直してあげるから」

タイミングの良いカメラの登場で女性陣は早速準備に忙しそうだ。
写真、中でも集合写真なんかは苦手だが、こんな時ならしょうがない。
なんて言ったら、サナミかトミーからきつい何かが飛んできそうだが。
896 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/07/06(火) 07:10:27.49 ID:Kqm5Okko

「……ん?サナミ。カメラ持ってたんならなんでもっと撮らなかったんだ?昼の間にさ」

サナミ
「え…えぇ!?あー……っとー……忘れてた」


「…………」

サナミ
「あははは…!いーじゃない思い出は心に残るもんでしょ!それよりほら、あんたカメラの設置やってよね!」


「お…!おっと…!投げるなよ……」

下手で放り投げられたカメラを身体で受け止めた。
サナミはしっかりしている様に見えるがちょくちょく抜けている所がある。
もっとも、それでもなお俺は彼女に簡単に動かされてしまうのだが。

トミー
「ぼくここー!背の順だから前!」

サナミ
「はいはい、じゃあアマネちゃんとあたしは一緒に後ろだね」

アマネ
「そうですね。あやめはともちゃんの隣ね?」

あやめ
「…うん。桜、きれー…」

デジカメなんて滅多に触らない俺が悪戦苦闘してる間に、
女性陣はすっかりベストなポジションに収まっていた。
後ろ立つサナミとアマネの前で、ちびっこ二人が小さくなっている。
屈む意味があるのかないのかは微妙な所に見えるが。


「えーっと……タイマーは……」

ファインダーを何度も覗いてきちんと収まる位置を探す。
高さがいまいち合わなかったが、それは空になった重箱が解決してくれた。

サナミ
「どうー?いけそうー?」


「おー!なんとか!……よし、これで後はシャッターを押すだけだな…」

触りなれていないから若干の不安はあるものの、恐らく大丈夫そうだ。
後は三十秒以内にあちらに行って、精一杯”良い顔”をするだけだ。
897 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/07/06(火) 07:11:14.07 ID:Kqm5Okko

「うーし、じゃあ押すぞー!」

俺の声に、皆が頷いて返事をする。
俺は最後にもう一度ファインダーを覗いて位置を確かめた。
太く立派な桜の前に、四人の可憐な女の子が立っている。
こんな所に俺が入っていいものか、悩ましいほどだ。


「……よし」

一度短い息を吐いてから、俺は小さなシャッターを素早くだが確実に押し込んだ。

サナミ
「早く早く!」

アマネ
「急いで下さい!」

急かされると余計に焦って、躓きそうになった。
三十秒もあればゆっくり間に合うに決まっているのだが、こういうのはなかなか焦る。

あやめ
「…はやくはやく!兄さ……あっ…!…ーっ!」

トミー
「に……?ん?今なんて……」

あやめ
「とっ、ともちゃん!ちゃんと前向かなきゃ駄目なんだから!ほ、ほらもうシャッターが降りちゃうんだから!!あ、あのっ…ほら…もー!!!」

なにやら前列の二人が騒いでいるが、いまいち聞こえなかった。
あやめ慌て方から見てまたトミーが何か悪戯したのだろう。


「…お、俺何処!?」

トミー
「ここ、ここ!美少女二人の間だよーこいつめー!」

あやめ
「……ーっ!」

トミーに引っ張られて、俺は”美少女”二人の間に入った。
俺のカウントが正しければ、シャッターはあと十秒ちょっとで下りるはずだ。


「……もうすぐだぞー…」

皆同じ場所を見つめたまま、辺りは急に静かになった。
898 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/07/06(火) 07:11:45.86 ID:Kqm5Okko
聞こえるのは少しの風と、水の音。
まるで、十秒という名の永遠が訪れた気さえした。


「……」

サナミ
「……」

トミー
「……」

アマネ
「……」

あやめ
「……」

静かだった。
赤みがかった世界は、何処か胸を切なくさせる。
柔らかい風に戦ぐ芝も、咲き誇る桜も。さらさらと流れる川も、全てが。
皆、全身が暖かな赤に包まれて染まっている。
これがどんな気持ちなのかは判らない。
それでも俺は、胸の奥に苦しいほどの暖かさを感じていた。

トミー
「3…2……」

俺の脳内時計と同じタイミングで、トミーがカウントを呟いた。
二人の時計が合ったのだから、正確なはずだ。
目をつぶってしまわないように、しっかりとレンズを見据える。
そして。

トミー
「……いち!!」


「…ちょ……!!うわ!!!」

そんな風に、高校生活最後の思い出作りは、一枚の写真の中で永遠になったのだった。
899 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 07:14:19.90 ID:xyebdY.0
いいよいいよ
900 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/07/06(火) 07:19:44.24 ID:Kqm5Okko
〔;凸〕………。長く長くなりましたが、これで彼らの「お花見」はおしまいです。
そして後は、エピローグを残すのみとなりました。
きっとそれも多少の時間はかかるでしょうが、今までの事を考えれば、ごく僅かの時間です。
今少しフライング気味の消失感がじわじわと……笑

でも!しみったれた事も言ってられないので最後の最後まで、頑張ります!
エピローグは前にも言った通り、最後まで完全に書き溜めが終わってから、投下時間を指定した後に投下したいと思います。
最後なのに流れを切るのは無粋というものですしね。

二日か三日か…もしかしたら仕事の都合でもう少しかかるかもしれません。
それでも、あとそれだけしか無いのかと思うと………ふぅ。
あ、スレはレスを控えるとかしなくても大丈夫です。埋まったら次を立てに来ますから。



それでは皆様、ひとまずここまでありがとうございました。
ラストシューティングまで、こんな出来損ない〔凸〕を、あとほんの少しだけお待ち下さい。
901 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/06(火) 09:06:16.05 ID:yhMOfEo0
ぁぁぁぁ…もう終わるのか…
嫌だなぁ…
902 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 10:37:06.34 ID:USIKT4M0
がんばってください
いつも楽しみにしてます
903 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 10:37:44.75 ID:zLTR1vYo
904 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 11:02:18.46 ID:Jo3J4sAO
あやめに兄さんと呼ばれたい
905 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 11:48:37.46 ID:sF5SvsAO

もうこんな時期かぁ(;´Д`)
寂しいなぁ(´・ω・`)
とりあえずエピローグ楽しみにしています!
906 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 01:10:39.70 ID:tVlhZcAO
読んでるだけなのに何故か達成感を感じる
907 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 10:37:14.05 ID:VFytTGA0
>>904そこは
兄さまだろjk
908 :殺め [sage]:2010/07/07(水) 17:46:07.89 ID:6oJOuAAO
>>907
兄さま^^
909 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 18:16:14.70 ID:/QiGHkUo
>>908
殺めんぞ
910 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 18:19:39.45 ID:Izp7naoo
>>908
ぺろぺろ^^
911 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 22:16:29.64 ID:kGRgD6oo
兄さまー
912 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 22:26:43.30 ID:aaEqTQo0
次スレに突入するか微妙だな
913 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 23:11:39.71 ID:fVWU.USO
次スレはジムの仕事だから心配いらんだろ
914 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/07/08(木) 02:10:24.84 ID:HFRdxSQo
〔凸〕です。エピローグの投下は早くても今週末以降になりそうです。
書き溜めが進んでいないのもありますが、それに加え諸々の事情がありまして……。
お待ち頂いた分皆さんに納得してもらえるようなものを投下するつもりです。まったりお待ち下さいませ……。

今月は落ちるのかなここ……。
915 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 02:11:44.68 ID:HN61MDUo
まったり待つよ
トミーちゃんちゅっちゅ
916 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 14:06:12.75 ID:E2RAAEDO
長くて短かったな…
917 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 17:39:11.99 ID:CNuA0H2o
あやめたんはぁはぁ
918 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 00:28:23.80 ID:ikXVCCwo
919 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 00:29:38.46 ID:ikXVCCwo
ミスった
920 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 13:44:13.05 ID:xnbYa/2o
絵師さんがいないと盛り上がらないよー
921 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 03:26:54.15 ID:MhWAtRY0
サナミともっと色んなことしたいなぁぁぁあああ

一緒にゲームやってさ、サナミはあんま上手く無くてさ、
ずっと俺が勝ち続けちゃってさ、サナミはだんだんムキになってきちゃってさ、
「もー!少しは手加減しなさいよ!」とか言いながら俺の腕をポカポカ殴ってきてさ、
俺は「いってー!わかったよ、ちょっと手加減してやるよ」とか言って次もやっぱ勝っちゃってさ、
「意地悪ー!」ってまた俺の腕をさっきより強くポカポカ殴ってきてさ、
別にそれほど痛く無いけど「痛い痛い痛い!」とか言いながらニヤニヤしていたい


ありがちな展開だが今日も妄想が止まりません。
922 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 03:33:21.24 ID:0oVh3zko
そしてフルボッコされる>>921
923 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/10(土) 10:15:09.43 ID:YKYqHG.0
うん?それはサナミにかな?俺たちにかな??>フルボッコ
924 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 11:05:18.03 ID:.IhQPBEo
アマネ達にだろ

なんてうらやましい
925 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/07/10(土) 20:36:23.64 ID:RyQ4.YIo
〔凸〕です。仕事等々が少し片付いてやっとぼちぼち筆が進んでいるところです。
たぶん長さ的にはこのスレ内で足りるんでしょうが、そうなると随分せわしなくなりますね。
なので、エピローグは次スレを立ててから投下する事にします。

どのみちスピンオフもか……ゴホゴホンゲフン

というわけで来週まで暫し雑談しながらお待ち下さい。
定期的に覗いてるので、>>950超えたあたりから次スレは〔凸〕が用意します。
今月は落ちないといいですね。


>>921ヒロイン達はサディスティックな子が多いので気をつけて下さいね
926 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 20:39:27.01 ID:0oVh3zko
サナミとトミーはゲーム得意そうなイメージあった
927 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 21:05:16.66 ID:DLGD20Y0
スピンオだtあごめんやめてサナミさん踏まないであ そこは踏んだらつぶれちゃうよトミー待ってアマネそこは鳩尾だから死んじゃうってあやめほっぺつねったらいたいいたいいたいいたいいたい


って夢を





みたい
928 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 22:24:47.08 ID:jmPIWsSO
スピンオフはおかーさまのだろ?アンケート的に
929 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 22:57:51.19 ID:aac2j.U0
スピンオフ!!!!
なんて太っ腹なジムだ!
けしからん,ちゅっちゅしたいお
930 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 11:23:54.12 ID:1yxpY2AO
京香さんの昔の話と
ヤリダの最近の恋愛事情と
アマネとあやめの家での生活

をスピンオフでお願いします
931 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 11:32:33.00 ID:2w4nsYDO
あやめ視点の
1日とか見たいな
932 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 12:29:15.33 ID:xFGS..AO
女子会
933 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 12:48:52.83 ID:hD891HIo
あやめの一日だって?
学校であやめが男の子に声かけられたりしたら嫉妬でなにするかわからん
934 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 22:09:34.50 ID:h5yNBsAO
母のスピンオフが見たいとか、ネタだろ?







ネタだろ?
935 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 22:50:58.67 ID:haFVEfgo
あ゛?
936 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 22:51:24.67 ID:Go.iow.o
い゛?
937 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:00:12.72 ID:fAA8EUSO
ゔ?
938 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 23:00:33.55 ID:NX6WN32o
え゛?
939 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:03:39.57 ID:fEG/9GEo
( ^ω^)お゛っ?
940 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:03:54.38 ID:agmq4yc0
(´・ω・`)あ?やんのか?
941 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 00:35:37.97 ID:S30ZPz60
>>935-940の結束力の高さに
このスレの安泰を感じるとともに
破滅の危機も感じた
942 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 13:37:50.94 ID:OJgG1qA0
全員違う人でこれはすごい
943 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 16:58:21.51 ID:GUEOPcDO
携帯で見てみたらすごい広告いれてきたな
944 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 21:14:05.82 ID:9/O5ogAO
アウアウ
945 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/13(火) 01:30:27.88 ID:krWmsASO
さてそろそろ次スレだな>>950まで早くkskしやがれ
946 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/13(火) 09:32:41.84 ID:orSXem20
ksk
947 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 13:48:08.12 ID:4YTmmkQo
回復してた
948 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/07/14(水) 15:20:18.72 ID:XhnuwTEo
〔;凸〕やっぱり落ちてましたね。いやー……なかなか進まない。
三分の一くらいは書き終わりましたが、最後だからと丁寧に書いてたら思ったより長くなりそうな気配が……
なかなか更新出来なくてお腹痛いです、ごめんなさい。
949 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 15:43:11.65 ID:sQIcINwo
まぁ気長に待ちますよ
950 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 16:06:51.48 ID:E4KlRQAO
凸よ頑張ってくれな!
俺たちは待っているぞ。
951 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 18:11:00.80 ID:CII0jcSO
復活してたか
952 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 20:54:52.14 ID:nt9YaWQo
うんちしておいで。
気分よく書くんですよ。
953 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 20:57:00.97 ID:byHft6I0
ゆうべヘルシア飲んだら
今朝下痢になった

ジムもうんこしてこい
954 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 04:07:17.99 ID:bDcsx8c0
んっ。。。!

い、痛いか?

痛い、けど、大丈夫。。。

動いても平気か?

うん。。。



こういう展開のやつ有り過ぎませんかね
ワンパっていう奴じゃないですかね
実際初めてで感じる人は滅多にいない
大抵初めては痛いだけ
痛みに慣れるまでこっちはしばらく動かさずにじっとして、
慣れてきたらゆっくり抜くだけ
まともに出来るのはそれから一週間後くらいだな
それでも痛い人は痛いから、根気よくな

955 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 04:08:39.25 ID:bDcsx8c0
やらかしたorz
忘れてくれ。。
956 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/16(金) 04:15:47.91 ID:hrmUUyU0
なんだ?このスレには誤爆する呪いでもかけられているのか?
957 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/07/16(金) 06:35:59.73 ID:3kV3jWUo
〔;凸〕お待たせして申し訳ない、〔凸〕です。生存報告。
暫くスランプでして全然筆が進みませんでした……が、
やっと流れが戻ってきたので、今は快調に書いております。大体半分を過ぎたくらいかと。
言い訳ばかりでほんとにごめんなさい。お待たせした分、近い内に必ずお返ししますので…!

自分も応援してくれる皆さんにちゅっちゅしたいです。

>>952-953
モ、モビルスーツはうん○ちなんてしないです…!〔//凸〕
ご心配かけて申し訳ない。痛んだカボチャが原因でした。

>>954
誤爆の恥ずかしさはよく判りますよ……。ご冥福をお祈りします……。
958 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 00:42:53.83 ID:qI.TMFwo
あやめが夢に出てきた
やばいやばい
959 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 21:56:11.73 ID:K1rbw/co
さっんぷ〜ん あっまっね!
960 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 22:22:27.64 ID:I8bzkJco
おい
俺も三分サナミすっぞ
961 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 22:23:48.71 ID:K1rbw/co
だめだよ
962 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/19(月) 14:18:08.21 ID:sh1d7fs0
お前ら、ageてから三分系やれよな
三分アマネ
963 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 14:18:25.59 ID:0/9Bs7Mo
アホかよ
964 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 16:41:06.29 ID:QW7YYEwo
今から3分間書き込みがなかったらあやめは俺の妹
965 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 17:43:35.20 ID:.U31Euo0
阻止
966 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 17:56:22.38 ID:y6Y.uXgo
うん、そういうのはいらないわ
967 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/19(月) 21:37:11.34 ID:VCK3PT20
この流れは何だろう
968 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 21:38:15.77 ID:HNVpgSko
このスレは進化しようとしている…
次の段階へとな…
969 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 21:49:27.98 ID:u01xXKAo
チカコイACT2ってことか
970 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 21:51:29.93 ID:HNVpgSko
このスレってジムのスタンドだったのか
971 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 03:02:42.04 ID:0up.j7.0
サナミを抱きしめつつ、あやめの唇を奪い
なおかつアマネの脇のにおいを嗅ぐ

同時に俺は死ぬ
972 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 03:53:32.30 ID:1NjQkIMo
>>971
トミーが無事でよかった
本当によかった
973 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 06:11:45.33 ID:L1cQiQo0
トミーならたった今処女じゃなくなったけど?
974 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/20(火) 10:27:59.07 ID:75iQPcDO
30万字だっけ?
分かんないけど、とりあえずジム凄い。
あしたくらいには更新あるかな?
まあ、無理せず頑張って下さい
根をつめすぎないように
975 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 20:35:48.61 ID:8ljGhAAo
まだかーー
976 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/07/20(火) 21:01:36.64 ID:lcnUi3.o
〔;凸〕です。いやはや、忙しい……。
冒頭部分だけでも投下したりしたほうがいいでしょうかね…?あんまりお待たせしすぎるのもどうかと思いますし……
977 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 21:07:40.34 ID:z6TknYIo
凸がそれでいいのなら良いと思うが、途中で切れてもんもんするのも嫌だしねww
まあ凸に任せるよ
978 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q [sage]:2010/07/20(火) 21:25:18.23 ID:lcnUi3.o
〔;凸〕うーん……。では、次スレを立てたら触りの部分だけ投下しますね。
綺麗にキリが良い様に書いてるので、もやもや感は多少マシだとは思います……。

ほんとにお待たせして申し訳ないです。
979 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 21:28:49.21 ID:bkcd.oYo
ジムキター
980 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 00:43:08.38 ID:KqBzngAO
俺実はジムが1番好きなんだ
981 :(凸) ◆vzyXO.Rw6Q :2010/07/21(水) 01:06:44.75 ID:k4Ab3R.o
【安価進行】幼馴染「ねえ、用事無いなら切るよ?」【ちかこい!】inGEP 〜その6〜
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1279641453/l50


〔凸〕です。
次スレたちましたよー。

今やってる用事が済んだら、冒頭部分、キリのいい所まで投下しますね。
982 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 03:39:45.53 ID:9CnIcsg0
しょうがないにゃあ…ちょっとだけ埋めるだけだよ?
983 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 06:10:54.89 ID:X7arl6Ao
おてつだいす
984 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/21(水) 09:36:43.52 ID:xB/ShQE0
985 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 09:53:21.64 ID:8ZvrkUDO
もしかして半年くらいやってる?
986 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 15:45:07.72 ID:84tSXgAO
987 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 16:09:12.03 ID:k1s9B6DO
988 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 21:00:16.63 ID:skuhu8go
あやめに後ろから抱きつきたい
989 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 21:11:08.02 ID:egXZN7Eo
うるせぇ殺めんぞ
990 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 00:12:39.18 ID:vGA1dAI0
(´・ω・`)そんな言い方ってない
991 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 00:15:25.97 ID:9YblG0Eo
梅さん
992 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 00:19:43.07 ID:ZT4B3yoo
うめ
993 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 01:07:33.77 ID:QyUDPUAO
うめ
994 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 01:09:00.27 ID:K0WKnxAo
うめ
995 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 01:11:43.65 ID:K0WKnxAo
ママレは好きだけど

ママレ房は逝ってください
996 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 01:19:00.20 ID:nwgymYSO
今がチャンス
997 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 01:22:34.44 ID:nwgymYSO
誰にも気付かれずに
998 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 01:23:42.88 ID:nwgymYSO
俺が
999 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 01:25:07.56 ID:nwgymYSO
1000ゲット
1000 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 01:25:19.89 ID:ZT4B3yoo
1000
1001 :1001 :Over 1000 Thread
    ´⌒(⌒(⌒`⌒,⌒ヽ
   (()@(ヽノ(@)ノ(ノヽ)
   (o)ゝノ`ー'ゝーヽ-' /8)
   ゝー '_ W   (9)ノ(@)
   「 ̄ ・| 「 ̄ ̄|─-r ヽ
   `、_ノol・__ノ    ノ   【呪いのトンファーパーマン】
   ノ          /     このスレッドは1000を超えました。
   ヽ⌒ー⌒ー⌒ー ノ      このレスを見たら期限内に完成させないと死にます。
    `ー─┬─ l´-、      完成させても死にます。
        /:::::::::::::::::l   /77
       /::::::::::i:i:::::::i,../ / |
       l:::/::::::::i:i:::、:::/ / |
       l;;ノ:::::::::::::::l l;.,.,.!  |
        /::::::::::::::::l/ /  冂
       /:::::::;へ:::::::l~   |ヌ|
      /:::::/´  ヽ:::l   .|ヌ|               製作速報VIP@VipService
      .〔:::::l     l:::l   凵                  http://ex14.vip2ch.com/news4gep/
      ヽ;;;>     \;;>

1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
【Hは】インターハイ出場経験ある元jkだけど質問ある?第17試合【恥かしい】 @ 2010/07/22(木) 00:53:04.08 ID:chuhMnk0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1279727584/

【星に願いを】妹に気になると言われた 九本目【二人の幸せ】 @ 2010/07/22(木) 00:45:03.49 ID:A0NwSKgo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1279727103/

こ、ここがリア充たちの巣・・・ッ!!? @ 2010/07/22(木) 00:31:16.27
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4vip/1279726276/

【クリスマス・年末】連休暇ならアニソン聴こうぜ・・・【避難所】 @ 2010/07/22(木) 00:23:03.42 ID:WhnNrCwo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1279725783/

夏限定おでん! @ 2010/07/21(水) 23:54:05.19 ID:CwyhaAAo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1279724045/


Powered By VIPService http://vip2ch.com/

286.07 KB   

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)