このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

アスカ「学園都市……か」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/19(水) 21:31:02.94 ID:YVLJXmDAO
アスカ「さて、今回は学園都市なる都に滞在するのか……どんな所だろう……」

アスカ「ん、巻物……?」ヒョイ

アスカはそげぶの巻物を呼んだ!

アスカ「何々……『このSSはアスカ見参!と禁書のクロスです。需要?知らんがな』」

アスカ「『ちなみに

10666「これが超電磁砲……」
http://ex14.vip2ch.com/test/mread.cgi/news4ssnip/1294926773/l20
http://ex14.vip2ch.com/test/mread.cgi/news4ssnip/1294926780/l20

の合間に書くから更新遅いよ!キャラ崩壊とかに気をつけてね!後俺は厨二だからそれもね!』……意味が分からぬ。投げる巻物なのだろうか?」

アスカ「まぁ、少しばかりだが、付き合って貰えると助かる」
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【安価とコンマ】自分の手で切り開く幻想郷生活七日目 @ 2020/01/28(火) 19:52:29.12 ID:YM6naC9i0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1580208748/

【シートン学園】スペランカーミユビ @ 2020/01/28(火) 19:13:14.19 ID:grKsXoKB0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1580206393/

【モバマス】12歳小学生組! 的場梨沙CDデビューおめでとう編 @ 2020/01/28(火) 12:47:24.51 ID:tQ9zRTuCO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1580183244/

【書籍化】パートスレッドまとめスレ【漫画化】part.2 @ 2020/01/27(月) 23:04:07.08 ID:yLhmENBT0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1580133846/

【ガンダム】アリア「安価とコンマでデラーズ〜グリプス?」 @ 2020/01/27(月) 20:35:32.88 ID:1PF0CEhh0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1580124932/

善子「暖冬が続いて気分がいいから安価で行動するわよ」 @ 2020/01/27(月) 19:44:57.19 ID:W1X83+uw0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1580121896/

さてと @ 2020/01/27(月) 15:41:57.06 ID:jIdWZrAKO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1580107317/

果南「善子ちゃん、ダイヤ、ちょっといいかな?」 @ 2020/01/27(月) 13:53:17.98 ID:wL9OCFnwO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1580100797/

2 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/19(水) 21:56:16.69 ID:YVLJXmDAO
アスカ「しかし何というか……都会ですね。ハイカラ過ぎて良く分からない物ばかりです」スタスタ

アスカ「気付いた時にはここにいましたし……私の大量の保存のツボ『10』は無くなっているし……不幸です」ハァ

アスカ「幸いギタンはあるから困る事はないでしょうが……」ジャラリ

所持ギタン 9999999ギタン

アスカ「武器も盾も無くレベルも1……アイテムと言えば何故かいつも開始時持ってる大きなおにぎりだけ……」フゥ

アスカ「アイテムも落ちてなければマムルもいない……」キョロキョロ

アスカ「そもそもここはダンジョンではないのだろうか……大きな都なのか……?しかし昼日中だというのに村人一人見当たらない」

アスカ「――むっ?」ピクッ

ケケッアニキ、キョウハナニシヤス?

アスカ「おぉっ、人が……話を聞くとしよう」タタッ
3 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/19(水) 21:56:56.13 ID:YVLJXmDAO
アスカ「済まない、少し話を聞かせて貰っても構わないだろうか?」

スキルアウト1「あぁ、何だ姉ちゃん?」

スキルアウト2「うほっ、いい女……」ニマッ

アスカ「ここは何という都なのだろうか……もし都なら、拙者が一泊出来るような所を教えてくれなませんか?」

スキルアウト1「おぅ、田舎者だぜ」

スキルアウト2「ラッキーですね、兄貴!」

アスカ「(む、小悪党の類いか。少し気をつけるとしよう)」

アスカ「ご存知ないだろうか?」

スキルアウト1「そうだなぁ……、姉ちゃんが一発ヤらせてくれたら思い出すかもなぁ……」

アスカ「一発、ヤる?ファイトの巻物でも読むのか?」キョトン

スキルアウト2「こういう事さ」

ムニュッ

アスカ「ひゃ、あ?」
4 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/19(水) 21:57:40.74 ID:YVLJXmDAO
スキルアウト2「おぉ……見た目より中々……」モミュモミュ

アスカ「ひゃァァァァァ!?な、何をする!」バキッ

スキルアウト2に3ダメージ!

スキルアウト2「こ、このアマ!」

アスカ「(油断した、やはりダンジョンだったか……確かにさっきの場所と比べると薄暗い……)」※路地裏なだけです

アスカ「くっ……」タタッ

スキルアウト1「待て!」

スキルアウト2「逃がさねぇ!」
5 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/19(水) 21:58:14.22 ID:YVLJXmDAO
――――

スキルアウト1「こんな狭い路地に逃げ込むなんてな……」

アスカ「基本だろう」バッ

スキルアウト2「兄貴、やっちまえ!」

アスカ「せいっ」バキッ

スキルアウト1に2ダメージ!
スキルアウト1は思いきり殴ってきた!アスカに5ダメージ!

アスカ「がはっ……!」

HP 3/8

アスカ「(重いな……こうなったら仕方あるまい……)」チャリンッ

アスカ「ギタン投げ!」ポイッ

アスカは1000ギタンを投げた!
スキルアウト1に1000ダメージ!

スキルアウト1「ギャアァァァァァ!?」ドタッ


スキルアウト2「あ、兄貴ィィィ!?に、逃げろォォォ!?」ピュー!

ドドドンドドドンドドドンドッ、ハッ!

アスカ「あ、レベル結構上がったな……これで暫く安心だろう」

Lv.4

アスカ「ドロップも無しか……ふぅ。降り出しに戻ってしまった……不幸だな」ハァ

アスカLv4
所持品
大きなおにぎり
まさかの祝福ギタン9998999

路地裏、クリア!
6 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/19(水) 22:00:41.82 ID:YVLJXmDAO
少ないけどこれで終わりwww

一方さんどうやって倒そう……魔法反射投げ物反射に打撃無効……巻物無効……

とりあえず飛ばず読むか……
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/19(水) 22:04:49.89 ID:RPilGxCEo
アスカの口調が違いすぎるだろ…
8 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/19(水) 22:07:53.84 ID:YVLJXmDAO
あれ?
こんな感じじゃなかったっけ……どんな感じ?

ぶっちゃけ魔天と裏白しかやらなくなるから曖昧になってやがるwww
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/01/19(水) 23:03:45.69 ID:9i/+ZFQB0
なぜチャゲアス?と思いながらスレ開いて驚愕した
とりあえずブクマしておく
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/19(水) 23:10:29.81 ID:pEslDU/AO
なんだアスカ違いかよksg
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/19(水) 23:25:35.86 ID:WKimRB7yo
惣流かと思ったけど、これはこれで
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/20(木) 03:39:23.96 ID:r6jjyYhAO
    ,-, '´>-、   ,.イ ,' /  _..>、  /!::{  ̄ /´: : : ト、  .{ ー'´_ ̄`ヽ.:_:_:.ノ i  }-ri´_);;`ト、__..ノ}   <興味深い。  ト、`'、::_:ノ_ノ  _,..イ  `i、ヽ、___.. -‐´, イ   r!::! | | r..'´: : :ト、  {. V i  ! !: : : : :ノ .}   \_{  ! ゝ-‐'´ ノ     `ー'`ー― '´
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/20(木) 04:00:26.09 ID:r6jjyYhAO
    ,-, '´>-、
   ,.イ ,' /  _..>、
  /!::{  ̄ /´: : : ト、
  .{ ー'´_ ̄`ヽ.:_:_:.ノ i
  }-ri´_);;`ト、__..ノ}   <実に興味深い。
  ト、`'、::_:ノ_ノ  _,..イ
  `i、ヽ、___.. -‐´, イ
   r!::! | | r..'´: : :ト、
  {. V i  ! !: : : : :ノ .}
   \_{  ! ゝ-‐'´ ノ
     `ー'`ー― '´


  γl」」`ヽ
   l//<O >ニl <ちょっと大型地雷ふんだだけなんだからねっ!
   〉 | .|〈
    ー-― '
14 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [sage]:2011/01/20(木) 08:13:25.39 ID:9IgzVA1AO
>>13
何してるんすかゲイズ先生wwwwww
15 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 11:20:32.06 ID:9IgzVA1AO
――――

アスカ「レベルが下がらない所を考えると、不思議のダンジョンではないらしい……いや、まだダンジョンの中なのかもしれない」

アスカ「うーむ……しかし困った。何も解決していない……む、あれは……」

姫神「……出番の気配!」キラーン!

アスカ「ほっ……この都にも巫女はいるのか……済まない、そこの巫女」

姫神「やった。一番最初に出た禁書キャラが私。最高の気分」ホクホク

アスカ「……もし?」

姫様「はっ。少しトリップしていた。いけないいけない。何?」

アスカ「もしかして、この都の巫女の方でしょうか?」

姫神「はい?」キョトン
16 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 11:21:06.46 ID:9IgzVA1AO
――――

アスカ「なるほど……学園都市、か……」フムフム

姫神「だからダンジョンは無いの。19学区あたりならありそうだけれど」

アスカ「23学区……興味深いですね」

姫神「で。住む所に困ってると」

アスカ「えぇ。野宿には慣れているのですが……やはり無いよりはある方が」

姫神「……小萌に聞いてみる。連絡先を教えて」

アスカ「連絡先?」キョトーン

姫神「……持ってないよね。困った」

姫神「じゃあとりあえず聞いてきてあげる。一時間後にまたここで」

アスカ「忝ない……この礼はいつか必ずさせていただきます」

姫神「……気になってたのだけれど。年も近そうだし。何で敬語?」

アスカ「それは巫女殿ですから。きっとこの都の祭事を受け持つ重要なお仕事をされているのでは?」

姫神「価値観が違い過ぎて何も言えない。でも悪い気しない」
17 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 11:21:40.00 ID:9IgzVA1AO
――――

アスカ「一時間とは確か異国の時の数え方だったな……もうそろそろだろうか」

ヤメテ。ホシイ。

アスカ「またダンジョンから声が――しかもこれは巫女殿!?」※ただの路地裏です

アスカ「巫女殿!?」ザッ

姫神「あ。アスカ」

能力者1「何だ、二人目だ」

能力者2「今日はついてるぅ。お嬢さん、いいことしなーい?」ニヤニヤ

アスカ「断る。巫女殿を離せ!」ブンッ

能力者1に5ダメージ!
18 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 11:22:08.10 ID:9IgzVA1AO
能力者1「痛っ!暴れんなよ!」ゴウッ

能力者1は火を吹いた!
テロリ♪
ミス!

アスカ「(な、ドラゴン種か!?いや……火炎草辺りか?)」ザッ

能力者2「甘いぜ!」バチッ

能力者2は稲妻を放った!
アスカに10ダメージ!

HP 10/20

アスカ「ぐっ……強い!(プルンか?にしてはダメージが低い……)」

能力者1「そりゃそうさ。俺はレベル3の発火能力者だからな」

能力者2「そして俺はレベル2の電撃使いだ」
19 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 11:22:41.36 ID:9IgzVA1AO
アスカ「まずい……このままでは」

姫神「あ。アスカ……」

アスカ「巫女殿……っ!?巫女殿、そのツボは!?」

姫神「え。さっき拾った……」

アスカ「貸して下さい!」バッ

保存のツボ『0』

アスカ「やった!私のだ……メモは?」

サブ剣と趣味武器

アスカ「チクショォォォォォォォォォォォォ!!!」ガバッ

一同「」ビクッ
20 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 11:25:24.97 ID:9IgzVA1AO
アスカ「はっ、取り乱してしまった……いや。無いよりマシだ!」ゴソゴソ

アスカは保存のツボ『0』からヤリ+28を投げた!
能力者2に32ダメージ!能力者2は倒れた!ヤリは地面に落ちた!

能力者2「何故投げたし……」ドサッ

アスカ「車印が付いてるからな」

ドドドンドドドンドドドン、ハッ!
アスカのレベルが3上がった!

能力者1「テメエ!」ゴウッ

アスカ「ちっ!」ゴソゴソ

能力者1の攻撃!アスカに8のダメージ!

HP 14/32
21 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 11:25:54.26 ID:9IgzVA1AO
アスカは保存のツボ『1』からアイアンヘッドの頭+52を取り出した!

アスカ「装備……まだ一発は」ガチャッ

能力者「何言ってやがる、食らえ!」

アスカはアイアンヘッドの頭+52を装備した!
能力者1の攻撃!
テロリ♪
ミス!

アスカ「よし、これで!」ジャラッ!

姫神「何アレキモい」

能力者1「ごふぅゥゥゥ!?」キラーン!

アスカの攻撃!会心の一撃!能力者1に87ダメージ!能力者1を倒した!

ドドドンドドドンドドドン、ハッ!

アスカ「ふぅ……打開したか」

姫様「ありがとう。助かった」

アスカ「いえいえ。お安い御用です、巫女殿」ニコッ

姫神「どきーん」ポッ

アスカ「(ん……この反応。確かシレン殿が言っていたな……)」ポワンポワン
22 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 11:26:31.42 ID:9IgzVA1AO
――――

アスカ「――という訳でして。裏白蛇島はなかなかでした」

シレン「……まだまだだな」

アスカ「……何がですか?」ムッ

シレン「アスカは風来人として大事な事を忘れてる」

アスカ「……宜しければ、ご教授願えるかな?」

シレン「現地妻だ」

アスカ「――はい?」
23 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 11:27:22.48 ID:9IgzVA1AO
――――

アスカ「(あの後ひたすら語られたが……確かに、着いてきていたミナモ殿を抱いてみたが満更でも無かった様子だった。コヨリ殿やカヤエ殿にも手を出すべきだったのだろうか……)」フム

姫神「アスカ?」

アスカ「いえ、貴方が無事で良かった」ニコリ

姫神「いや。うん。ありがとう」テレテレ

アスカ「ところで、宿は見つかったでしょうか?」

姫神「あ。それなら――」

クリア!
アスカLv10 HP44/44
アイアンヘッドの頭+52
会回必金眠銀衰
所持品
ヤリ+28祝福会回必金眠車三衰
大きなおにぎり
保存のツボ『2』
如意棒+10金回必眠
モーニングスター+35会回金必衰識
ぶっとびハンマー+21必金回三眠衰会
使い捨ての剣+1車カ祓
根性の竹刀+23根根根根根根根根根根根根根根根根
火迅風魔刀+8
金会三回火火火火火火火火火火火火
黄泉水底の鎖+18帰回眠衰車扇扇扇扇扇扇扇扇扇扇扇
龍神剣+21金必仏水目ド月



アスカ「黄泉鎖暫くメインかな……」

姫神「?」
24 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [sage]:2011/01/20(木) 11:30:04.86 ID:9IgzVA1AO
ようやく宿が手に入るよやったねアスカちゃん!

五箱潜りたいけど入院中だよチクショウ!
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/20(木) 15:03:12.41 ID:G4JwpSFso
ギタン投げに吹いたwwww
26 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 18:21:58.49 ID:9IgzVA1AO
>>25
原作ではこんな器用な事出来ないけどね!
27 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 18:24:14.95 ID:9IgzVA1AO
――――

アスカ「ふむ、ここが宿……と言うよりは下宿か。ちょうどいい、暫く拠点にさせて貰おう」

アスカ「何だかここは通過が違うようだが、ギタンが貴重みたいで助かった……とりあえず100万円手に入れたし」※ギタンは金塊みたいな扱い。

残り9898999ギタン

アスカ「隣人は妙な喋り方の男だった……土御門と申したかな?」

アスカ「とりあえず眠ろう……」

チュンチュン

アスカ「……レベルが下がらない?何て簡単な世界だ……」

アスカ「その割には大きなおにぎりが……」チョコーン

アスカ「さて、窓を……つっかえが。これかな?」ガチャッ

アスカ「開いた……良い天気――」

インデックス「…………」ブラーン

アスカ「…………」

インデックス「…………」

アスカ「…………」

インデックス「ご飯くれると、嬉しいな!」ニパッ

アスカ「(強制イベントかっ!?)」
28 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 18:25:07.07 ID:9IgzVA1AO
――――

インデックス「美味しいんだよ!」バクバク

アスカ「そりゃ満腹度100回復しますからね……ハァ」チラッ

保存のツボ『0』
趣味装備在中

アスカ「(流石にこの中身は握られたくない……くっ。餓死したらどうしよう……に印入りのは別のツボですし……)」ズーン

アスカ「そもそもにぎりへんげはいるのだろうか……」

インデックス「?」

アスカ「……幾つか話を聞いても宜しいだろうか?」
29 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 18:25:41.64 ID:9IgzVA1AO
――――

アスカ「なるほど……異国の巫女で在らせられましたか。これは失礼を」スッ

インデックス「見た目と違って敬虔なんだよ……少し感動したかも」

インデックス「お礼にさっき拾ったよく分からない箱をあげるかも!科学は専門外なんだよ」ジャンッ

アスカ「あ……こ、これはーっ!?」

インデックス「わっ!?」ビックリ

シハンの箱 Lv30
不鎮見

アスカ「手塩に育てたエレキ箱シリーズ……良かった……」ウルッ

インデックス「何だかよくわからないけど、また迷える子羊を救ってしまったんだよ!」
30 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 18:26:25.29 ID:9IgzVA1AO
――――

アスカ「『歩く協会』?」

インデックス「そうかも!ありとあらゆる害を無効にするんだよ!」

アスカ「そんなまさか。大店長にだって効く物があるでしょうに」ニコニコ

インデックス「なら何かやってみると良いんだよ!」フンス

アスカ「……ふむ。では黄泉を」ジャラ……

インデックス「な、何なのかなその鎖は……流石にちょっと引くんだよ……」タジッ

アスカ「行きます!」ブンッ

アスカの攻撃!
しかしインデックスにダメージは無い!

アスカ「ほう……(いい装備だなー)」カンシン

インデックス「ね、言った通りなんだよ!(ちょっと怖かったんだよ……)」

アスカ「じゃあ、エレキ箱を試させて下さいね」ワクワク

インデックス「え」

シハン(アスカ)「じゃ、行きますね」

インデックス「(何か合体したんだよォォォォォォォォォ!?)」ガビーン!
31 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 18:28:30.80 ID:9IgzVA1AO
シハン(アスカ)「えいっ」パシッ

インデックス「――へっ?」

シハンは歩く協会を弾き飛ばした!
歩く協会は床に落ちた!

インデックス「みゃ、みゃ……」ゼンラッ

アスカ「あ、弾きは効くんですね……必着の腕輪は強いなぁ」ヌギッ

アスカはシハンの箱を脱いだ!

インデックス「あ、あ……」プルプル

アスカ「と、とりあえず服を……」アセッ

インデックス「アスカー!」バッ!

アスカ「なっ!?」

カプカプッ
32 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 18:29:08.89 ID:9IgzVA1AO
アスカ「(噛み付いてるみたいだけど黄泉装備してるから痛くない……)」

オイラが解説しよう!
アスカの武器『黄泉水底の鎖』には扇の印が11個も付いているんだ!
つまり防御力は33!これは無強化の風魔の盾なんかじゃ歯が立たないぐらい堅いんだ!分かったかい?
あとオイラはネズミじゃねぇ、語りイタチだ。間違えないでくれよ?アデュー!!

カプカプ

インデックス「むっ!むー!」カプカプカプ

アスカ「(――はっ、これは……シレン殿の言っていた状況と似ているような気が!裸の女人が口を使って……)」

――――

シレン『だからアスカは……俺はケヤキちゃんと――』ヤレヤレ

――――

アスカ「インデックス殿――」グイッ

インデックス「何なのかな!反省したのかな!?」プンスカ

アスカ「気付かなくて申し訳無い――」ドサッ

インデックス「へっ、アスカ――」
33 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 18:31:22.47 ID:9IgzVA1AO
――――

チュンチュン

アスカ「……外見の割に、何と妖艶な女人でしょうか……ついつい夢中になってしまった」ツヤツヤ

インデックス「むぅ……おはようなんだよ、アスカ」オナジフトン!

アスカ「おはようございます、インデックス……んっ」スッ

インデックス「アス――ふっ、むぅ……」チュクッ、チュパッ

アスカ「ん……ふぅ」クチ……チュッ

インデックス「んむ、むぅ……」ヌチャッ、チュクッ

アスカ「む、ふぅ……」スッ

インデックス「あ……」ホケー……

アスカ「ご飯にしましょう。インデックス?」

インデックス「……あ、頂くんだよ」モジモジ

アスカ「ふふっ」ニコッ

アスカ「(シレン殿……確かに現地妻、悪くないですね!)」キラキラ
34 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 18:32:07.86 ID:9IgzVA1AO
――――

インデックス「じゃ、じゃあ、居たら魔術師に狙われるかもしれないから……おいとまするんだよ」

アスカ「分かりました……インデックス殿。旅の恥は書き捨てと申します。どうかお気になさらず」

インデックス「じゃ、じゃあね!」トテテー!

アスカ「……お腹空いた。今日もおにぎり無しは流石に……」

アスカは使い捨ての剣+1をかじった!
アスカは使い捨ての剣をかじった!
アスカは使い捨ての剣-1をかじった!

アスカ「ふぅ……持ってて良かった使い節……」マンゾク

アスカ「さて、何かあってもいけないし、素振りしておこう」チャキッ

アスカは根性の竹刀+23を装備した!

アスカ「1、2、3、4、5、6」ブンブン

力が1上がった!

アスカ「1、2、3、4、5、6」ブンブン

力が1上がった――

――――

ステイル「一日中出られなかった件について詳しく……」

ステイル「……こんなに大きくなるものなんだな……」ビンビン!
35 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [sage]:2011/01/20(木) 18:33:58.19 ID:9IgzVA1AO
投下以上で終わり。僕もインデックスと合体したいです。
36 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 22:09:31.80 ID:9IgzVA1AO
ムラムラしてるとSSにも出るね。いかんね。だが私は謝らない。
37 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 22:12:34.04 ID:9IgzVA1AO
――――

学園都市散策中!

アスカ「とりあえず力は99になったから下手な相手以外には負けはしないだろう……」スタスタ

アスカ「使い節と黄泉しか持ってきてないからパチると怖いが……むっ!保存のツボか!」ダッ

保存のツボ『0』

アスカ「やった、私のだ……メモは……」

趣味盾、矢

アスカ「落ち着け……落ち着け私……ここで投げたら割れてしまう」フー、フー

保存のツボ『0』
矛の盾+53金う眠識祭
グランドカウンター+10金消身弟弟弟弟弟弟
黄泉巫女神の盾+8身トゴ爆丼祓眠識帰弟弟弟弟弟弟弟弟
木の矢99
鉄の矢99
毒矢99
かまいたちの矢99
会心の矢99
銀の矢99

アスカ「……まぁ、祭来国でしっかりやっておいたから、これでも困らないな……武器より盾かな」

アスカは黄泉巫女神の盾+8を装備した!
アスカは木の矢99を装備した!
38 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 22:13:37.78 ID:9IgzVA1AO
――――

テクテク

アスカは使い捨ての剣-2をかじった!
お腹が少し膨れた!

「何アレ……」ヒソヒソ
「金属食べてる……キモッ」ヒソヒソ

アスカ「……極力隠れてかじるとしよう」ズーン
39 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 22:14:03.96 ID:9IgzVA1AO
――――

アスカ「むっ、あれは……」

アスカ「女の子が囲まれてる……全く、都の治安が悪いのは何処も共通なのだろうか……放っておく訳にもいかぬか」フゥ

アスカ「やぁ、済まぬ。待たせたな」ザッ

チンピラ1「あぁ、何だテメエ?」

アスカ「いや、この者拙者の知り合いでな。迷惑をかけたみたいで済まない。さ、行こう」スッ

御坂「……アンタ誰よ。馴れ馴れしいわね」ツンッ
40 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 22:14:31.27 ID:9IgzVA1AO
チンピラs「…………」

アスカ「…………」

御坂「…………」

アスカ「ふむ、困った。連れ出す作戦だったのだが――」

御坂「何でそんなめんどくさい事しなきゃならないのよ?」

チンピラ1「何だテメエ!文句でもあんのかァ!?」ガァッ

アスカ「……仕方あるまい」ギンッ

御坂「(雰囲気が変わった?)」
41 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 22:15:00.44 ID:9IgzVA1AO
アスカ「文句がある、と問われれば是と答えよう。こんな大勢で少女一人囲むとは男として情けなかろう」

御坂「」ピクッ

アスカ「それに見るがいい。まだ精神的にも未熟な童ではないか」

御坂「アンタ……」バチバチッ

チンピラ1「あんだと!?」

アスカ「群れなければ少女一人囲む事も出来ない者は、見ていて不快だ」

御坂「私が今一番不快に思ってるのは……」バリバリバリッ!

アスカ「む?」

チンピラs「へ?」

御坂「お前だァァァァァァ!!」バリバリバリバリ!

御坂は電撃を放った!
チンピラ1に100ダメージ!
チンピラ2に100ダメージ!
チンピラ3に100ダメージ!
チンピラ4に100ダメージ!
チンピラ5に100ダメージ!
チンピラ6に100ダメージ!
チンピラsは倒れた!

チンピラ1「こ、高位能力者の方でしたか……」ピクピク

御坂「ふぅ……え?」

アスカ「お、驚いた……プルンプリンの比ではないな」

アスカはダメージを受けない!
42 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 22:18:18.94 ID:9IgzVA1AO
御坂「アンタ……何で?」バチッ

アスカ「いや、何でと申されても……これのおか――」

黄泉巫女神の盾+8身
ト『ゴ』爆丼祓眠識帰弟弟弟弟弟弟弟弟

御坂「まぁ良いわ、喰らえ!」バチバチッ

アスカ「むむっ、いかづちは回りに広がってしまうな……一旦逃げるとしよう」タタタッ

御坂「あ、コラ!待てっ!」ダダッ
43 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 22:18:55.84 ID:9IgzVA1AO
――――

アスカ「……大分人気が無くなってきたな。よし」ピタッ

御坂「な、何で電撃が効かないのよ……アンタ!レベルいくつよ!?」

アスカ「レベル?10だが……」

御坂「……あぁそう。ふざけるのね。アンタ」イラッ

御坂「レベル5の第三位。『超電磁砲』の御坂美琴よ。聞いた事くらいあるでしょう?」バリッ

アスカ「いや、拙者こちらに来たばかりで如何せん勝手が分からぬ物で。レベル5とは凄い事なのだろうか?」

御坂「当たり前じゃない。レベル5は7人しかいない、学園都市のトップの能力者よ?」

アスカ「随分簡単なダンジョンですね……99無くても打開できるのですか」

御坂「……あぁイライラする!アンタの能力何なのよ!」

アスカ「能力……レベルとは能力の強さの事なのだろうか?」

御坂「そうよ!それ以外に何があるって言うのよ!」ガウッ

アスカ「なら拙者はレベル0だ。特別これといった特殊能力は持っておらぬ。投げられた武器を装備出来る程度だが、それは風来人の基礎であるしな」
44 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 22:19:46.43 ID:9IgzVA1AO
御坂「レベル、0」

御坂「レベル0が私の電撃を無効化する……?」バチッ

御坂「有り得ないだろうがコラァァァァァァ!!」ピンッ

アスカ「むっ、ギタン投げか!?(流石にマズい。ひまガッパに祝福ギタン投げられたトラウマが保存に入れ保存に入れ保存に入れ!?)」バッ

御坂「喰らえ、『超電磁砲』!」バシュン!

アスカ「何だ、いかづちでしたか……」ホッ

御坂はレールガンを放った!
アスカはダメージを受けない!
45 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 22:20:20.05 ID:9IgzVA1AO
御坂「な……これもダメなの?」ガクッ

アスカ「も、もう諦めてはくれぬだろうか……」

御坂「……まだまだ!じゃあこれなら!」ジャリジャリ

砂鉄剣が現れた!
砂鉄剣が現れた!

御坂「えい!」

アスカ「な、剣が一人でに!!」

砂鉄剣の攻撃!
アスカに38ダメージ!(56回復)

御坂「えっ」

アスカ「良かった……ギリギリ死なない……」フゥ

御坂「このっ!このっ!」

砂鉄剣の攻撃!
アスカに38ダメージ!(56回復)
砂鉄剣の攻撃!
アスカに38ダメージ!(56回復)
砂鉄剣の攻撃!
アスカに38ダメージ!(56回復)
砂鉄剣の攻撃!
アスカに38ダメージ!(56回復)
砂鉄剣の攻撃!
アスカに38ダメージ!(56回復)
砂鉄剣の攻撃!
アスカに38ダメージ!(56回復)
砂鉄剣の攻撃!
アスカに38ダメージ!(56回復)

アスカ「もう少し体力上がっていたら回復役に出来たかもしれぬな……」ノンビリ

御坂「何なのよ、もー!?」ハンナキ

黄泉巫女神の盾+8
身トゴ爆丼祓眠識帰『弟弟弟弟弟弟弟弟』
※弟印1につき3.5回復します
46 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 22:22:58.14 ID:9IgzVA1AO
ヤッベ、修正だよテヘッ!

御坂「な……これもダメなの?」ガクッ

アスカ「も、もう諦めてはくれぬだろうか……」

御坂「……まだまだ!じゃあこれなら!」ジャリジャリ

砂鉄剣が現れた!
砂鉄剣が現れた!

御坂「えい!」

アスカ「な、剣が一人でに!!」

砂鉄剣の攻撃!
アスカに25ダメージ!(28回復)

御坂「えっ」

アスカ「良かった……ギリギリ死なない……」フゥ

御坂「このっ!このっ!」

砂鉄剣の攻撃!
アスカに25ダメージ!(28回復)
砂鉄剣の攻撃!
アスカに25ダメージ!(28回復)
砂鉄剣の攻撃!
アスカに25ダメージ!(28回復)
砂鉄剣の攻撃!
アスカに25ダメージ!(28回復)
砂鉄剣の攻撃!
アスカに25ダメージ!(28回復)
砂鉄剣の攻撃!
アスカに25ダメージ!(28回復)
砂鉄剣の攻撃!
アスカに25ダメージ!(28回復)

アスカ「もう少し体力上がっていたら回復役に出来たかもしれぬな……」ノンビリ

御坂「何なのよ、もー!?」ハンナキ

黄泉巫女神の盾+8
身トゴ爆丼祓眠識帰『弟弟弟弟弟弟弟弟』
※弟印1につき3.5回復します
47 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 22:23:43.37 ID:9IgzVA1AO
アスカ「……もう止めぬか?」

御坂「このっ!なら――」ガッ

アスカ「む」

御坂「(この盾みたいなのから直接電流流し込んでやる!)」グッ

シーン

御坂「(電流が出な――通らない!?)」

アスカ「……」フゥ

アスカ「……」スッ

御坂「きゃっ……(殴られる!?)」ビクッ

アスカ「…………む」ハァー

アスカ「参ったよ」トサッ

御坂「へっ?」

アスカ「参ったと申したのだ。そなたの勝ちだ」

御坂「ふ、ふ……」プルプル

御坂「ふざけんなコラァァァ!!」バリバリバリバリッ

アスカ「おっと」

御坂はいなづまを放った!
アスカはダメージを受けない!

アスカ「……(うしわか丸に虐められてるミナモ殿を見ているようだ……)」
48 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 22:26:10.39 ID:9IgzVA1AO
御坂「ちゃ、ちゃんと戦いなさいよ!」バリバリ

アスカ「……混乱した時以外で女人を殴る趣味は無いのだが――」

アスカ「――本気でやっても良いのか?」ギンッッッ!!

御坂「っ」ビクッ

御坂「良いわよ!それっ!」バリッ

アスカ「甘い!」

御坂はいなづまを放った!
アスカはダメージを受けない!
アスカは御坂に体当たりした!
御坂は抑えつけられて動けない!

御坂「こ、このぉ……(ち、力強っ!?)」モゾモゾ
※力99です。誰かこのつこうたアスカを止めて下さい。
49 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 22:26:38.93 ID:9IgzVA1AO
アスカ「な、敵わぬだろう?」

ドドドンドドドンドドドンドッ、ハッ!

アスカ「……経験値凄く入った……強いのだな」

アスカのレベルが10上がった!

Lv20

御坂「最初から言ってるじゃない……分かった、負けを認めるから放してよ」

アスカ「ようやく分かってくれたか――はっ!」

アスカ「(そういえばシレン殿が――)」

――――

シレン『そういう奴に限ってまた襲ってくるんだ。山賊なんか――』
50 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 22:27:24.08 ID:9IgzVA1AO
――――

アスカ「……放せば、また襲ってくるのか?」

御坂「当ったり前じゃない!私が勝つまでアンタに安息の時間は無いわ!次こそヒクヒクいわせてやるから遺産分配やっとけや!」バタバタ!

アスカ「…………」

――――

シレン『そういう時は完膚無きまで叩きのめすか、どうしようもない屈辱を与えるに限る。あんまりやりたくは無いけど』

シレンさんマジ外道。
51 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 22:28:00.95 ID:9IgzVA1AO
――――

アスカ「……それは困るな」グッ

御坂「何よ、放さないつもり――ふむぐっ!?」

チュクチュッチュ――

御坂「むぐー!?(キス!?キスされてる!?)」

アスカ「む……」

レロ――

御坂「ん……ふっ」ピクッピクッ

――――

御坂「――――」クテー

アスカ「……大人しくなるものだ……やはりシレン殿は経験豊富だ。そなた、これに懲りたらもうやんちゃをするなよ?」

御坂「あ……う……」ポケー

アスカ「やり過ぎたか……?手加減も覚えなければな……」

クリア!
アスカ Lv20 HP 84/84 力 99

黄泉巫女神の盾+8
身トゴ爆丼祓眠識帰弟弟弟弟弟弟弟弟

所持品
黄泉水底の鎖+18
使い捨ての剣-3
木の矢99
保存のツボ『2』
52 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/20(木) 22:29:10.12 ID:9IgzVA1AO
アスカは天然ドS。異論は認める。
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/20(木) 22:52:39.11 ID:nJxLFF6AO
すごいチート
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/20(木) 23:47:36.74 ID:Tem5BJoIo
あ、悪魔め……あらゆる意味で
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/21(金) 00:02:18.59 ID:gf3jjtH+o
いいぞもっとやれ
56 :伊吹 ◆Mp/g12hBkLzB [saga]:2011/01/21(金) 19:14:55.33 ID:SJ076AvAO
アスカ「さて、何とか撒いた……今日は疲れた……もう休もう」フゥ

ステイル「それは困るな」ザッ

アスカ「……何奴」ギンッ

ステイル「答える程お人好しじゃないよ」フッ

アスカ「……ふむ。その装い……インデックス殿の追っ手か?」

ステイル「……さて」

アスカ「……何故若干前屈みなのだ?」キョトン

ステイル「気にしないでくれ」キリッ
57 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/21(金) 19:15:28.57 ID:SJ076AvAO
ステイル「彼女は何処にいるか知らないかな?」

アスカ「知らぬ。知っていても簡単には吐かぬよ」

ステイル「なら吐けるかどうか試してみるか……」

ステイル「さて、名乗らないとは言ったが魔法名は教えておこう。『Fortis931(我が名が最強である事を証明する)』」

アスカ「参る!」ザッ

ステイル「ふっ」ポイッ

ステイルは炎剣を放った!
アスカに30のダメージ!(28回復!)
火が強くなった!
アスカに20のダメージ!

アスカ「くっ……火柱かっ!?」ゴウッ

アスカは木の矢を撃った!
木の矢は燃えた!
58 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/21(金) 19:16:16.39 ID:SJ076AvAO
アスカ「何!?」

ステイル「そんな攻撃は燃やしてくれと言っているような物だ」

ステイル「灰は灰に――

――塵は塵に――

吸血殺しの紅十字――!」ゴウッ

ステイルの吸血殺しの紅十字!
アスカに20のダメージ!(28回復)
アスカに20のダメージ!(28回復)
火が強くなった!
アスカに20のダメージ!

アスカ「……なっ、にれんぱつか!?こまった、さすがにたえきれないかー!」

ステイル「ふっ、ひとたまりも無いだろう……」ニヤッ
59 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/21(金) 19:16:58.03 ID:SJ076AvAO
アスカ「……(蒙昧な……しかし火柱が痛い。打開アイテムも無し……歩けば火柱……積みか?)」

アスカ「なら、見えてる罠に賭けるのみ!」バッ

ステイル「なっ!?」

アスカは火災警報スイッチを押した!
床が水浸しだ!

アスカ「これで火は消えましたね……」

ステイル「だがまだ炎は撃てるぞ!何だか別世界で失敗したような気がして紙は良いのを使っているからな!」フハハハッ

ステイルの紅十字!
アスカに20のダメージ!(28回復)
アスカに20のダメージ!(28回復)

アスカ「この程度!接近して……」
60 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/21(金) 19:17:42.75 ID:SJ076AvAO
ステイル「そして紹介しよう――
世界を構築する五大元素の一つ、偉大なる始まりの炎よ

それは命を育む恵みの光にして、邪悪を罰する裁きの光なり

それは穏やかな幸福を満たすと同時、冷たき闇を滅する凍える不幸なり

その名は炎、その役は剣

顕現せよ、我が身を喰らいて力と為せ

『魔女狩りの王(イノケンティウス)』!」

ステイルはイノケンティウスを喚んだ!
イノケンティウスが現れた!
イノケンティウスの攻撃!
アスカに60のダメージ!(28回復)

アスカ「う、うわァァァァァァ!?」ドサッ
61 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/21(金) 19:20:06.01 ID:SJ076AvAO
アスカ「(つ、強い……火炎入道のレベルじゃない……火炎入道!?)」ハッ

ステイル「どうだい、いい加減に負けを認めてくれると楽なんだがね」フゥ

ステイル「君は勝てない。イノケンティウスの意は、『必ず殺す』」

アスカ「……ジャガールも驚くな」ヨロッ

アスカ「……(炎の剣は一発耐えれる……二連発は余裕で耐えれる……あの巨人のは耐えれない……)」

アスカ「……一歩下がるっ!」タッ

イノケンティウス「――――」ズズズッ

アスカ「――遠距離は無いとみた!!済まないが退かせて貰う!」ダダッ

ステイル「な、待てっ!」
62 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/21(金) 19:21:06.56 ID:SJ076AvAO
――――

アスカ「追ってこない……?あそこから動けないのか?」

アスカ「体力も回復したし……後は打開アイテムさえあれば……むっ!ツボが二つ?」

水がめ『0』
保存のツボ『0』

アスカ「保存のメモは……」

メイン腕輪

アスカ「よし……」ニヤッ

保存のツボ『0』
 透視の腕輪(風魔)
 よくみえの腕輪(風魔)
 気力の腕輪(風魔)
 ワナ師の腕輪(風魔)
 パコレプキンの腕輪(風魔)
 たかとびの腕輪(風魔)
 値切りの腕輪(風魔)
 とうぞくの腕輪(風魔)
 身代わりの腕輪
 識別の腕輪(風魔)

水がめ『0』
 水
 水
 水
 水
 水
 水
 水
 水
 水
 水

アスカは透視の腕輪を装備した!
アスカはパプレコキンの腕輪を装備した!

アスカ「奴は動いていないか……とりあえず壁抜けで接近……」ヌルリ
63 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/21(金) 19:21:54.11 ID:SJ076AvAO
――――

ステイル「ちっ、逃げるとは思っていなかった……まぁ良い。ここで待っていれば帰ってこざるを得ないんだ」

アスカは透視の腕輪を外して気力の腕輪を装備した!

アスカ「後ろだ、少年」ザッ

ステイル「何っ!?」バッ

アスカ「今度はこちらの番だ!」

ステイル「くそっ、行け!イノケンティウス!」

イノケンティウス「――」ズォッ

アスカ「……」スゥー

アスカ「『心頭滅却』」

アスカは心頭滅却を使った!
火に強くなった!
イノケンティウスの攻撃!
アスカはダメージを受けない!

ステイル「な、なっ……!?」

アスカ「覚悟せよ、私の一発は少しばかり重いぞ――」バキィッ

アスカの攻撃!!
ステイルに103のダメージ!
ステイルは倒れた!
アスカはイノケンティウスに水をかけた!
イノケンティウスは消えた!

ドドドンドドドンドドドンドッ、ハッ!

アスカ「火炎入道99を彷彿とさせる経験値だな……というか本体が打たれ弱いとは……ベルトーベンを見習うべきであったな」

Lv25

クリア!
所持品略!
64 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/21(金) 19:23:46.49 ID:SJ076AvAO
急いでインデックスを探しに行くのでステイルとの濡れ場はありません。投下終了。
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/21(金) 20:35:24.45 ID:D0N0sjLSo
アッー!が無い……だと……?
66 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/21(金) 23:54:05.06 ID:SJ076AvAO
何か携帯から見たら色々変わってて驚いた。
67 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/21(金) 23:55:01.93 ID:SJ076AvAO
――――

アスカ「あの男は縛って一応介抱しておいたし、大丈夫であろう……アイテムも全部持ってきた。早くインデックス殿を探さねば……」タタッ

――アブナインダヨ!

アスカ「……インデックス殿の声!急ごう!」ダッ

――――

アスカ「インデックス殿!」ザッ

インデックス「アスカ!来ちゃダメなんだよ!」

神裂「ほう……貴方がここに来れたと言う事は、ステイルはしくじりましたか……」

アスカ「あの者か……少し眠って貰った」

神裂「なかなかやるのですね。ですが、ここで排除させて頂きます」ジャキッ

インデックス「危ないんだよアスカ!」

神裂「――――『七閃』」ズバァッ

神裂は七閃を放った!
しかし何ともなかった!
68 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/21(金) 23:55:31.13 ID:SJ076AvAO
アスカ「ぐっ……外れた?」

神裂「外した、のです。貴方と私の力量の差は明確。大人しくしていれば何もしません」

アスカ「……インデックス殿、逃げなさい」

インデックス「でもっ……!?」

アスカ「お早く、頼み申す」ニコッ

インデックス「――――ん」

インデックス「わ、私アスカの使えそうな物探してくるんだよ!」ダッ

アスカ「分かるのですか?」

――マリョクヲスコシカンジルンダヨー!

アスカ「行きましたか……追わないのか?」ザッ

アスカは黄泉巫女神の盾+8を装備した!
アスカは会心の矢99を装備した!アスカはたかとびの腕輪を装備した!
アスカは気力の腕輪を装備した!
69 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/21(金) 23:55:57.33 ID:SJ076AvAO
神裂「追えば止めるでしょう?」

アスカ「……何故あの子を狙う?」

神裂「それは――」

――――

アスカ「記憶、消去?」

神裂「えぇ」

アスカ「そんな、いけない!幾ら事情があっても、例え空腹で倒れそうでも、物忘れの草は食べてはいけない!」

神裂「……うるさい」ジャキッ

神裂「うるっせぇんだよこのド素人が!!お前に私達の何が分かるんだ!」バッ

神裂のジャンプ蹴り!
アスカに90のダメージ!(28回復)

HP 42/104

アスカ「ごふっ……重い」ガクッ
70 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/21(金) 23:56:26.40 ID:SJ076AvAO
アスカ「が、せめて一発!」ブンッ

アスカの攻撃!
神裂に2ダメージ!

アスカ「なっ、バカな!?力99だというのに――」

神裂「この程度ですか?」ブンッ

神裂の攻撃!
アスカに40のダメージ!(28回復)

HP 30/104

アスカ「ぐっ……」

アスカはワープした!

神裂「……瞬間移動ですか?」チラッ

アスカ「くっ……(運良くはなれられた……なら)」

神裂「次は当てます。『七閃』!」ズアッ!

神裂は七閃を放った!
アスカはかわした!

神裂「なにっ!?」
71 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/21(金) 23:56:58.21 ID:SJ076AvAO
アスカ「ふう……一応投げ物らしいな」
黄泉巫女神の盾+8
『身』トゴ爆丼祓眠識帰弟弟弟弟弟弟弟弟

アスカ「(離れていれば攻撃を受ける事は無い……なら!)」

アスカは木の矢を装備した!
アスカは木の矢を撃った!
神裂に1ダメージ!
神裂は七閃を放った!
アスカはかわした!

神裂「ちまちまと……うっとおしいんだよこのド素人が!」

インデックス「アスカー!ツボを見つけてきたんだよー!」

アスカ「でかしました、インデックス!」

インデックス「えいっ!」ポーイ

アスカ「あぁーっ!!?」

インデックスは保存のツボ『0』を投げた!
72 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/22(土) 00:01:36.75 ID:uC4N3zcAO
――保存のツボ『0』は地面に落ちた

アスカ「――――っ!!」ダッ

神裂「『七閃』!」

神裂は七閃を放った!
アスカはかわした!

アスカ「(割れずと言う事は――)」

アスカは保存のツボ『0』を拾った!

メイン武器盾、その他

秘剣カブラステギ+99
金回会三眠衰必帰にサ衰衰ち衰ちち
ラセン風魔の盾+99
金う見山返識眠ト弟弟弟弟弟弟弟弟
必着の腕輪(風魔)
会心の腕輪(風魔)
聖域の巻物
白紙の巻物
転写の巻物
モンスターハウスの巻物
復活の草
無敵草
73 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/22(土) 00:02:27.35 ID:uC4N3zcAO
アスカ「…………」

アスカはラセン風魔の盾+99を装備した……
アスカは秘剣カブラステギ+99を装備した……
アスカは会心の腕輪を装備した……
アスカは気力の腕輪を装備した……

神裂「――――っ」ゾクッ

神裂「な、『七閃』!」ズバァッ

神裂は七閃を放った!
アスカは七閃を弾き返した!
神裂に18のダメージ!

神裂「うわぁっ!?……七閃を……弾いた!?」

ラセン風魔の盾+99
金う見山『返』識眠ト弟弟弟弟弟弟弟弟

アスカ「インデックス殿」

インデックス「アスカ……」

アスカ「下がって下さい」

インデックス「わ、分かったんだよ……」タタッ
74 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/22(土) 00:03:22.13 ID:uC4N3zcAO
神裂「……さっきとは打って変わって別人のようですね」

アスカ「訂正が一つ」

アスカ「拙者は素人では、ない」ジャキッ

アスカの攻撃!
会心の一撃!神裂に23のダメージ!

神裂「ぐっ……この!」ズバッ

神裂の攻撃!
アスカはかわした!

ラセン風魔の盾+99
金う『見』山返識眠ト弟弟弟弟弟弟弟弟

アスカの攻撃!
会心の一撃!神裂に23のダメージ!

神裂「くっ……このままでは……あまりやりたくは無いが仕方ない……」ジャキッ

アスカ「(構え……嫌な予感がする!)」ビクッ

アスカは気力の腕輪を外して身代わりの腕輪を装備した!

神裂「『唯閃』」ス――――

ズバンッ!!!

神裂は唯閃を放った!
アスカに235884922のダメージ!

アスカは倒れた!
75 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/22(土) 00:04:30.54 ID:uC4N3zcAO
アスカ「あ――――」ドサッ

神裂「――ハァ、ハァ……まさかここまでとは……」

アスカ「―――っ」グッ

神裂「な――」

しかし不思議な力でアスカは蘇った!

アスカ「ぜぇっ、ぜぇっ……」

神裂「何と……」

アスカ「(歯が立たない。聖域を張れば戦えるだろうが私が動けなくなる。根絶やしは効くとも思えない……そもそも書く暇が無い。あの抜刀が強すぎ――抜刀?)」

アスカ「(諦めるな!どんな状況だって打開出来ない事は無い!あの剣さえなければ……いや!!注意を引けさえすれば……)」

アスカ「(あの一撃に『何度も』耐えれるような……そんな……)」
76 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/22(土) 00:05:21.92 ID:uC4N3zcAO
インデックス「アスカー!また箱を見つけたんだよ!それー!」ポイッ

アスカに当たった!アスカに2ダメージ!

アスカ「――行幸、何という行幸!!」





おうごんマムル「ピキー!」





おうごんマムルの箱 Lv99
不鎮必身ままま倍倍倍会会会会体体
77 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/22(土) 00:07:46.95 ID:uC4N3zcAO
神裂「これで終わりです!『唯閃』!!」ズバァッ!

神裂は唯閃を放った!


おうごん「ピキー!」

おうごんマムルに『1』のダメージ!

神裂「え?」

おうごん「ピキー……」

おうごん「ピキィィィィィィィィィ!!」クワッ!

神裂「ひぃぃっ!?」ビクゥッ!

おうごんマムルの攻撃!
神裂に13のダメージ!
おうごんマムルの攻撃!
神裂に13のダメージ!
おうごんマムルの攻撃!
神裂に13のダメージ!

おうごん「Pi・Keyyyyyyyy!!!!!!!」ボコボコ!

神裂「ちょ、ま、これ速、痛、痛い!?」

インデックス「」ポカーン

アスカ「インデックス殿、良く見つけてくれた……見るがいい。幾ら我々が修行を積もうとも、いきなり来るおうごん様には勝てないのだ……」シミジミ
78 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/22(土) 00:08:13.95 ID:uC4N3zcAO
アスカ「さて、仕上げだ!」ポイッ

アスカはシハンの箱を投げた!

シハン「ぬんっ!」

神裂「何!?」

シハンは七天七刀を弾いた!
アスカは七天七刀を拾った!

アスカ「これがなければ、唯閃とやらは撃てまい?」

神裂「くっ……」

アスカ「……降参しろ」

ドドドンドドドンドドドンドッ、ハッ!

Lv40

クリア!

七天七刀 両手持ち
印数8
攻撃力255
錆びない
全方向攻撃
会心80%

アスカ「(なにこれ欲しい)」
79 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/22(土) 00:10:07.63 ID:uC4N3zcAO
何とか打開出来た……強かった。深層開幕大部屋明瞭ドラゴンハウスよりはぬるいけど。投下終了。
80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/22(土) 00:17:21.53 ID:AO6E8XL4o

さすが七天七刀、うっかり懐に収めたくなる性能だな
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/22(土) 12:48:02.89 ID:fmZ3jdRAO
素人玄人とは笑止
廃ry
82 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/24(月) 20:34:05.87 ID:1Ax1vcRAO
――――

アスカ「インデックス殿……」

インデックス「うーん……苦しいんだよ……」

アスカ「何かインデックス殿の魔法の力を打ち消すようなアイテムがあれば……」

神裂「……そんな都合の良いアイテムがあるのですか?」

アスカ「……(打ち消す……か)」

アスカ「無いことは無いだろう」

ステイル「本当か!?」

アスカ「あぁ。この都に飛ばされてから手に入れた数々のアイテム。それらは全て拙者がかつて所持していた物だ」

アスカ「予測するに、他のアイテムもこの街に散らばっているはずだろう……」

アスカ「……この箱を見てくれ」

神裂「!!?」ビックゥ!?

ステイル「仮にも聖人の神裂にトラウマを植え付けたと言う、例のアイテムだね?」

神裂「おうごん様こわいおうごん様こわいおうごん様こわい」ブルブル

アスカ「……もっと恐ろしい状況は沢山あるのだが……(たとえしろがね様でも召喚スイッチで囲まれた時は死を覚悟したものだ……)」

アスカ「まぁよい。これと似たようなアイテムを探してきてはくれないだろうか?その中に、必ず打開の道はある」

ステイル「……分かった。不本意ながら、協力しよう」
83 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/24(月) 20:35:07.15 ID:1Ax1vcRAO
――――

神裂「見つけました!これでしょうか?」

アスカ「むっ……」

火炎入道の箱

アスカ「残念ながら違う……」ポイッ

火炎「俺も探そうか?」

ステイル「い、イノケンティウス?」

イノケンティウス「呼んだ?」

ステイル「えェェェェェェッ!!?」ビクーン!?

アスカ「いや、一般の民が怯えるからよしてくれ……」
84 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/24(月) 20:35:35.61 ID:1Ax1vcRAO
――――

ステイル「これは?」

アイアントドの箱

アスカ「これも違うな……」ポイッ

神裂「へっ?」

アイアントドは神裂のパンツを盗んだ!

神裂「キャアァァァァァァ!?返して下さい!?」

神裂は七閃を放った!

アイアントド「トランザム!」ヒュンヒュン

アイアントドはかわした!

アスカ「あ、それ身かわし回路入ってます」

神裂「ひ、ひぃィィィ……擦れて動けません……」

アイアントドは神裂のパンツを置いた!
アイアントドは神裂のブラを盗んだ!
アイアントドは神裂のブラを置いた!
アイアントドは神裂の……

アイアントド「HAHAHA」

神裂「それ以上はァァァ!?」
85 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/24(月) 20:38:38.53 ID:1Ax1vcRAO
――――

神裂「これは……?」ゼェゼェ

イヌワシ天狗の箱

アスカ「要らない箱です……」ポイッ

神裂(イヌワシ)「要らないとは全く失礼な!」プンプン!

ステイル「……これはまた凄い」

神裂「化けるアイテムですか……」

神裂(イヌワシ)「やぁやぁアスカちゃんおひさ!」

アスカ「……何で育ててしまったのだろう」ハァ

神裂(イヌワシ)「酷いなぁ……しかしこの身体凄いよ、乳が!あと感度凄いよ!」

神裂「ちょっ、何でこんな役回りばっかり!?」

アスカ「神裂殿は作者のお気に入りであろう?」

神裂「知りませんよ!?」

神裂(イヌワシ)「くっ……あふぅ……」クチュクチュ

神裂「止めてェェェェ!?」

アスカ「登録解除して売る」

イヌワシ「勘弁してつかあさい」ドゲザ
86 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/24(月) 20:39:21.81 ID:1Ax1vcRAO
――――

ステイル「これでどうだ?」

アスカ「余り期待はしていないが……いや、これだ!」

ドドロの箱

神裂「ようやく終わったぁ……良かった、まだ処女だぁ……」マジナキ

アスカ「……モンスターに対する耐性が無さすぎるのだ」ハァ
87 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/24(月) 20:42:12.44 ID:1Ax1vcRAO
――――

アスカ「このエレキ箱なら、例え魔法反射だろうが能力を消す事が出来る……これでインデックス殿を縛る魔法を解く」

ステイル「……上手くいくのかい?」

アスカ「サビよけの腕輪でも無ければ止めれぬ」

神裂「……では、お願いします」

アスカ「うむ」

アスカはドドロの箱を装備した!

神裂「(うわ……何あれ)」

ステイル「(ヘドロの塊だな……)」
88 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/24(月) 20:42:40.97 ID:1Ax1vcRAO
インデックス「うーん……うーん……」

おうごん「ピキー……」シンパイ

神裂「……この子は何で?」ビクビク

ステイル「いざというときの為に控えてるらしい」

ヌッチョヌッチョ……

アスカ(ドドロ)「むぅ……全身くまなくやってみたが効果が無い……後は」

アスカ「口……か?」ヌチョッ

ドドロはインデックスを封印した――

インデックス「深刻な封印術式確認。再構成……不可。自動書記、起動します」ピカー
89 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/24(月) 20:43:11.98 ID:1Ax1vcRAO
アスカはドドロの箱を脱いだ!

アスカ「大当たりらしいな!」ザッ

ステイル「インデックス……」

神裂「来ますよ!構えて下さい!」

インデックス「最優先敵性1、他3。効率的な解決……『竜王の息吹』発動準備……『聖ジョージの聖域』起動完了」

アスカ「竜王の伊吹とは!?」

神裂「敢えて言うなら反射無効、回避不能、大ダメージ……」

ステイル「風来人にはこう言った方が分かり易いかな」

インデックス「『竜王の息吹』、発射」

インデックスは竜王の息吹を放った!

アスカ「ま、マズ――(復活草はまだ壷の中――)」







おうごん「ピ、キィィィィィィ!!!」バリバリバリバリッ
90 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/24(月) 20:43:58.30 ID:1Ax1vcRAO
おうごんマムルに1ダメージ!

アスカ「おうごん様!?」

インデックス「敵魔物の解析開始……『神々の黄昏(おうごんマムル)』と判断。体力確認……残り14ポイント。攻撃を続行」

おうごんマムルに1ダメージ!

おうごん「ピ、キィィィ……」プルプル

アスカ「こ、このままじゃおうごん様が持たない!?」


アスカ「(どうする!?どうすれば打開出来る……ドドロか?もう一度封印すれば……要は接近!)」

インデックス「『神々の黄昏』に最適な攻撃に切り替え、完了。続行します」

インデックスの竜王の息吹!









おうごんマムルに2のダメージ!!!
91 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/24(月) 20:44:51.07 ID:1Ax1vcRAO
おうごん「ピキィ……ピキィ……」プルプル

アスカ「くそっ!」

ステイル「……こんな、こんな事なら最初から彼女の記憶を消しておくべきだった」

アスカ「っ!貴様!?」

ステイル「曖昧な可能性なんていらない。とりあえず記憶を消せばあの娘の命を助けることができる。僕はそのためなら誰でも殺す、いくらでも壊す。そう決めたんだ…ずっと――前に!」








「――とりあえずだぁ!?」








92 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/24(月) 20:46:43.32 ID:1Ax1vcRAO
アスカ神裂ステイル「!!?」

おうごん「――ふざけやがって!!そんなつまんねえことはどうでもいい!!」

神裂「――え?」

おうごん「たった一つだけ答えろ、魔術師!!テメェはインデックスを助けたくないのかよ!?」

ステイル「……!!くっ……」

おうごん「テメェらずっと待ってたんだろ?インデックスの記憶を奪わなくても済む、インデックスの敵に回らなくて済む、そんな誰もが笑って誰もが望む最っ高なハッピーエンドってヤツを!!…ピキッ!?」

おうごんマムルに2ダメージ!

ステイル神裂「……!」

おうごん「今まで待ち焦がれてたんだろ、こんな展開を!

何のためにここまで歯を食いしばってきたんだ!?

テメェのその手で、たった一人の女の子を助けてみせると誓ってきたんじゃねえのかよ!?

お前らだって主人公の方がいいだろ!脇役なんかで満足してんじゃねえ!!

命を懸けて…たった一人の女の子を守りたいんじゃねえのかよ!?
……だったらそれは全然終わってねえ!……始まってすらいねえ!
ちっとぐらい長いプロローグで、絶望してんじゃねえよ!!

……手を伸ばせば届くんだ!いい加減に始めようぜ!魔術師!!」
93 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/24(月) 20:47:12.27 ID:1Ax1vcRAO
アスカ「おうごん様……」

ステイル「……イノケンティウス!!」ゴォッ!

神裂「Salvare000!」ズバァッ!

アスカ「『轟天雷』!」ビシャン!

アスカはドドロの箱を拾った!

アスカ「(しかし隙が無い……私では一撃貰えば即、死。せめてしろがね様ぐらいがいれば……)」

神裂(イヌワシ)「アスカ、見つけてきたよ!それっ!」ポーイ

「ピキー!!」

アスカ「――これなら!」

どうくつマムルの箱 Lv99
不鎮必身ままま倍倍倍倍倍倍会会
94 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/24(月) 20:48:13.20 ID:1Ax1vcRAO
どうくつ「ピキィィィ!!」ニヤッ

どうくつマムルの攻撃!
インデックスに21のダメージ!
どうくつマムルの攻撃!
インデックスに21のダメージ!
どうくつマムルの攻撃!
インデックスに21のダメージ!

インデックス「損傷拡大。敵性反応増加……『夜明けの星(どうくつマムル)』と判断。排除――」

どうくつ「今だ!行けェェェェェェ!!」

神裂「えぇェェ!!?」ガビーン!

アスカ「――まずは」

アスカはドドロの箱を装着した!

アスカ(ドドロ)「そのふざけた印を――」




アスカ(ドドロ)「剥がしきる!」ヌチョッ

ステイル「(地味ーーー!?)」ガビーン

インデックス「あ――――」ドサッ

神裂「インデックス!?」

アスカ「もう、大丈夫だろう……む、何だこの羽は――」



アスカに羽が突き刺さった――
95 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/24(月) 20:49:07.39 ID:1Ax1vcRAO
なんかマムル喋ったんだけど。
96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/24(月) 21:55:16.53 ID:jTBD5KERo
上条さん、居ないと思ったらそこに居ましたか
97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/25(火) 21:59:33.23 ID:DAMKDsh5o
わろた
98 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/25(火) 23:19:16.60 ID:CbMamzzAO
――――

アスカ「……眠っていたのか」パチッ

アスカ「ここは……?」キョロキョロ

冥土返し「病院だよ?」

アスカ「いまカエル?」

冥土「まだ帰っちゃダメさ?」

アスカ「……そうか。私は――」

――――

神裂「うぅっ……そんな……」プルプル

ステイル「記憶破壊、か……悪い事をした、な」フゥ……

神裂「……彼女には?」

おうごん「伝えておいたぜ。なぁに、あの程度でへこたれるアスカじゃねぇよ」

ステイル「(ナチュラルに会話に入ってきたんだけど)」
99 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/25(火) 23:20:46.80 ID:CbMamzzAO
――――

インデックス「……アスカ」

アスカ「……お久しぶりです」

インデックス「――っ」ズキンッ

インデックスはアスカに優しく抱きついた――

インデックス「良いの、アスカ……無理しなくて良いの」ギュッ

アスカ「……ありがとうございます――」






――インデックス殿






インデックス「――あるぇー?」

アスカ「どうされましたか?」

インデックス「いや!?何で覚えてるのかな!?」アセアセ

アスカ「いや、綺麗さっぱり忘れていますよ?」キョトン

インデックス「じゃ、じゃあ――」

アスカ「あ、帰ったら一つ手伝って欲しいのですが――」




アイテムの識別、手伝って下さいね?

インデックス「物忘れですね分かりました……」
100 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/25(火) 23:24:56.00 ID:CbMamzzAO
クリア! アスカ Lv 50 HP 204/204

秘剣カブラステギ+99
金回会三眠衰必帰にサ衰衰ち衰ちち
ラセン風魔の盾+99
金う見山返識眠ト弟弟弟弟弟弟弟弟
気力の腕輪(風魔)
会心の腕輪(風魔)

所持品
アイアンヘッドの頭+52
会回必金眠銀衰
ヤリ+28祝福
会回必金眠車三衰
如意棒+10
金回必眠
モーニングスター+35
会回金必衰識
ぶっとびハンマー+21
必金回三眠衰会
使い捨ての剣-3
車カ祓
根性の竹刀+23
根根根根根根根根根根根根根根根根
火迅風魔刀+8
金会三回火火火火火火火火火火火火
黄泉水底の鎖+18
帰回眠衰車扇扇扇扇扇扇扇扇扇扇扇
龍神剣+21
金必仏水目ド月
矛の盾+53
金う眠識祭
グランドカウンター+10
金消身弟弟弟弟弟弟
黄泉巫女神の盾+8
身トゴ爆丼祓眠識帰弟弟弟弟弟弟弟弟
木の矢97
鉄の矢99
毒矢99
かまいたちの矢99
会心の矢99
銀の矢99
透視の腕輪(風魔)
よくみえの腕輪(風魔)
ワナ師の腕輪(風魔)
パコレプキンの腕輪(風魔)
たかとびの腕輪(風魔)
値切りの腕輪(風魔)
とうぞくの腕輪(風魔)
識別の腕輪(風魔)
水がめ『0』
水水水水水水水水水水
ギタン9898999祝福
シハンの箱 Lv30
不鎮見
必着の腕輪(風魔)
聖域の巻物
白紙の巻物
転写の巻物
モンスターハウスの巻物
復活の草
無敵草
おうごんマムルの箱 Lv99
不鎮必身ままま倍倍倍会会会会体体
アイアントドの箱 Lv99
山山返返倍倍倍見
火炎入道の箱 Lv99
不鎮必倍倍倍
イヌワシ天狗の箱 Lv30
必身鎮不倍倍倍仏目ド月竜
ドドロの箱 Lv99
不鎮身倍倍倍倍倍倍
どうくつマムルの箱 Lv99
不鎮必身ままま倍倍倍倍倍倍会会

インデックス「廃人ってレベルじゃないんだよ……」
101 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/01/25(火) 23:26:25.68 ID:CbMamzzAO
とりあえずきりが良い所まで。
次は一方通行か……
102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/26(水) 22:12:14.17 ID:tyPGXQbRo
おつ
103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/01/27(木) 08:45:51.27 ID:jmsZuaVAO

竜王の息吹の余波を食らったのに被害少なww
さすが風来人
104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/02/10(木) 09:33:27.63 ID:wOcp6cvTo
おいおいこんなのも書いてたんだったら教えてくれよ
105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/02/10(木) 09:53:20.29 ID:wOcp6cvTo
というかアイテムの横にある印を教えてくれ
106 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/02/10(木) 10:48:37.76 ID:3o0w+ekAO
あ、そうか向こうだけだと気付かないよな……

武器印効果


錆びない。レベルが下がらなくなる。

与えたダメージの三割回復する。ぶっちゃけ描写忘れてた。


1/4の確率で会心の一撃が出る。同じ効果の会心の腕輪と同時に装備すると何故か5/8の確率になってヤバい。


前三方向に攻撃出来る。


たまに攻撃した相手が寝る。


相手の力が下がり、衰弱状態になる。ぶっちゃけ忘れて(ry


攻撃が必中する。


死んでも持って帰れる。


倒した敵がたまにおにぎり落とす。


壁が掘れるが壊れない。


武器の基礎攻撃力が上がる。


壁の中でも攻撃出来る。実は最初ステイルはパプレコ装備で壁の中から殴り殺す予定だった。


投げても当たっても無くならない。


攻撃した相手の正体が分かる。


食べれる。


呪われない。


100回武器振ると力1上がる。


体力満タンの時にダメージ10くらいだった気がする火が出る。


盾の基礎防御3上がる。


アンデット系に大ダメージ。


水中系に大ダメージ。


一つ目系に大ダメージ。


ドレイン系に大ダメージ。


爆弾系に大ダメージ。
107 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [sage]:2011/02/10(木) 11:07:00.17 ID:3o0w+ekAO
あああ上げちまったすんません皆さん。

盾印

錆びない。

毒にならない。力が下がらない。

たまに殴って来た奴が寝る。

殴られたら正体分かる。

仲間の数だけ強くなる。

う印と同じ。

投げられた物を避ける。

殴られると体力が3.5回復する。(切り上げ)

盗まれなくなる。

電撃が効かなくなる。

爆発ダメージを抑える。

殴られるとちょっとお腹ふくれる。

呪われない。

死んでも持って帰れる。

回避率が上がる。

魔法を跳ね返す。ペンデックスさんの魔法弾くプランもあった。

投げられた物を弾き返す。

エレキ印


一枚発動。動かされなくなる。

一枚発動。魔法が効かなくなる。

一枚発動。回避率が上がる。

一枚発動。必中攻撃。

一枚発動。投げられた物を避ける。

一枚発動。受けるダメージが下がる。

三枚発動。移動速度が上がる。

一枚発動。会心攻撃が出る。

二枚発動。体力が上がる。

二枚発動。魔法を跳ね返す。

二枚発動。投げられた物を弾き返す。
仏ド目月竜
特効
108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/02/10(木) 11:11:16.10 ID:wOcp6cvTo
終了?
109 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [sage]:2011/02/10(木) 11:19:27.65 ID:3o0w+ekAO
印の説明の事ならイエス。まだ種類あるけど。

この物語の事ならノー。
110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/02/10(木) 16:07:42.47 ID:pPKB1qDGo
よし、遅くなったけど説明ありがとう。
111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/02/20(日) 22:27:06.73 ID:S6qNKOR+0
このアスカの持ち物って>>1のデータと同じなの?
中々やるな
112 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [sage]:2011/02/20(日) 22:37:34.07 ID:0o2G8PfAO
バカなwwwwww
武器防具はある程度何とかなるし、風魔石は猿鬼回せば楽だけどここまでは無理wwwwww火迅風魔刀とか無駄過ぎるだろwwwwww

ただどうくつ99とかにぎり元締め99とかはガチであるよー。無いと隠し穴とか五箱とか無理だしね。つまり俺はヌルゲーマーさ。
113 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/02/23(水) 17:05:50.28 ID:GRpCoesAO
よっしゃ詰まった時はこっち書くに限るわ。短いが落とすぜ!
114 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/02/23(水) 17:07:46.53 ID:GRpCoesAO
――――ファミレス

青ピ「たまには外食もええなぁ、アスやん!」

アスカ「そうだな。しかしその呼ばれ方は些か恥ずかしいな……」

土御門「アスやんは堅いにゃー、もっと柔軟に生きるべきぜよ」

アスカ「そ、そうか?」

青ピ「ん、あれは巫女さん?」

青ピは巫女装束の女を見つけた!

アスカ「む、あれは巫女殿ではありませんか」

青ピ「アスやん知り合い?」

アスカ「袖すり合う程度ではあるが」

アスカは姫神に声をかけた!

アスカ「もし、巫女殿。その様に卓に伏せて如何致したのですか?お加減でもよろしくないのですか?」

姫神は顔だけ上げた!

姫神「聞いた事ある声だと思ったら。アスカ」
115 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/02/23(水) 17:10:00.23 ID:GRpCoesAO
アスカ「えぇ。ご無沙汰しております」

姫神「……100円」

アスカ「……はい?」

姫神「食べ過ぎて。帰りの電車賃が足りない。100円貸して」

青ピ「なんや見た目と違って図々しい子なんやな」

土御門「質悪いにゃー」

姫神「……そっちには。聞いてない」

青ピ「なんやとー!?こう見たらアスやんがどれだけえぇ女か分かるわー」

アスカ「こら、口が過ぎるぞ。青髪殿」

アスカ「いや、申し訳ありません。このような乱暴な言葉遣いですが、心根は良い者たちなのです。どうか容赦を」

姫神「……前から思っていたのだけれど。貴女は何か勘違いしている。私は巫女みたいな恰好をしているだけで。巫女ではない」

アスカ「……何ですって?」

姫神「聞いた通り」

アスカ「ではつまり……」

姫神「貴女の。勝手な。勘違い」

アスカ「……いやはや、ハハハッ!これは一本取られました!」ケラケラ

姫神「」ポカーン
116 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/02/23(水) 17:11:20.53 ID:GRpCoesAO
アスカ「ハハハ……では、改めてお名前をお聞かせ願えるかな、巫女殿?」ニコッ

アスカのイケメン度が暫く三倍になった!

姫神「どきーん。何と。これは」

青ピ「なぁ……ボクちょっと自信無くすわ……」

土御門「奇遇だにゃー、俺もぜよ」

アスカ「?」

姫神「……姫神。姫神秋沙」

アスカ「『あいさ』……良い名ですね」

姫神はオーバーヒートしそうだ!

姫神「もう。だめ。貴女には。メインヒロインがいるはず。それを忘れないで」

姫神は逃げ出した!
しかしアスカは姫神の腕を掴む事に成功した!

姫神「な。なに?」

アスカ「姫神殿……」

アスカは100円硬貨を姫神の右手に握らせた!

アスカ「これで間違ってないだろうか?拙者はいまいちこの街の貨幣に疎いので……」

姫神「みゃ。みゃ……」カーッ

アスカ「?」

姫神「ひみゃー!?」ダダダッ

姫神は今度こそ逃げ出した!

アスカ「……どうしたのでしょう?」

土御門「……いや、辛いにゃー青ピ」

青ピ「そうやね土御門クン……」
117 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/02/23(水) 17:12:24.48 ID:GRpCoesAO
ちょっと姫神が可愛過ぎる。
118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/02/23(水) 22:35:39.17 ID:5aqyb7Ujo
これはいいアスカ
なぜにこやつが一人身だったのだ
119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(青森県) :2011/03/24(木) 15:33:24.15 ID:VZVZzIbeo
なんという男の娘。
120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/24(木) 18:31:46.78 ID:bxErdYMto
まだー?
16666だけじゃなくてこっちも書いてくれよぅ
121 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/24(木) 23:47:56.46 ID:P1gLlZkAO
そう言われちゃ書かない訳にはいかないな。
いや、構想は練ってたのよ。うん。

投下開始。
122 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/24(木) 23:49:51.02 ID:P1gLlZkAO
――――川原

アスカ「……ふう、また見つけたぞ」

アスカは保存のツボ『0』を拾った!

アスカ「あらかた持ってたアイテムは回収出来たな……それに、街を回って得た物も多い。おっ……ここにも」

アスカはにがそうな草を拾った!

アスカ「おっといけない……」

アスカは識別の腕輪を装備した!
アスカはにがそうな草を置いた!
アスカはにがそうな草を拾った!
にがそうな草は弟切草だった!

アスカ「よしよし……レベルの割に体力が低くて弱っていたからな……薬草、弟切草、命の草は数欲しいな」ゴソゴソ
123 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/24(木) 23:50:27.17 ID:P1gLlZkAO
禁書「アスカー!こっちにも弟切草あったんだよー!」

アスカ「助かります」



仲間『インデクス・リブロールム・プロヒビトールム』

投げられたアイテムを識別して受け流せる。
拾ったアイテムが識別される。
満腹度の減る速度四倍。

歩く教会

物理無効
魔法無効
投げ物身かわし
罠抜け



アスカ「モグモグ……」

禁書「ひたすら草食べるとか流石にシュールなんだよ……」

HP204→352

アスカ「けぷり」

禁書「実際猿鬼魔天はこんな感じだから困るんだよ」

アスカ「ありゃ、よくご存知ですね。薬草で餓えを凌ぎますからね」

禁書「私が言うのもなんだけど、風来人って悪食過ぎるかも……」
124 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/24(木) 23:52:07.32 ID:P1gLlZkAO
――――

ピピピピッ、ピピピピッ、ピピ――カチッ

アスカ「……むー、この目覚まし時計とは便利ですね」ムクッ

アスカ「インデックス殿、朝ですよ」ユサユサ

禁書「んー……おはよ、アスカ」

アスカ「同衾には慣れましたか?」

禁書「んぅ……慣れるものなのかな?」ムクッ、スタッ

アスカ「あ、はしたないですよ。せめて下着くらいは穿かないと」

禁書「誰も見てないし構わないんだよ……」ガチャッ、ギュウニュウドコナンダヨ

アスカ「しかし……西洋の巫女は皆こうなのですか?」ヤサイシツトヤラニ

禁書「もちろんダメに決まってるかも。でも今更そんな事言ったって始まらないんだよ。大体昨日もあれだけしといてそれはないんだよ」ゴッキュゴッキュ

アスカ「……いや、それを言われるとこちらも何も言えないでござるな」

禁書「今日何か予定はあるのかな?」

アスカ「うーん……昼から食料の仕入れに行こうとよろず屋に行こうと思っているのですが……それだけですね」
125 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/24(木) 23:52:36.45 ID:P1gLlZkAO
禁書「よろず屋?」

アスカ「スーパーとやらですね。肉類や野菜、果物。果ては衣や寝具、家具まで売っていて驚きましたよ」

禁書「ふーん……それじゃ朝はゆっくりするのかな?」

アスカ「えぇ。さて、朝餉にしましょうか」

禁書「……いや、待つかも」チュクッ

アスカ「ふっ、うむ――――」

アスカ「……牛乳の味がします」

禁書「言わない約束なんだよ」

アスカ「……仕方ありませんね」

禁書「満更でもないくせに」

アスカ「うぐぅ」
126 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/24(木) 23:53:05.06 ID:P1gLlZkAO
――――

神裂「ステイル、あの子の様子は?」

ステイル「特に問題無しだよ。時に神裂」

神裂「どうしました?」

ステイル「僕はそろそろ神を超えるやもしれない」

神裂「はい?」
127 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/24(木) 23:55:06.11 ID:P1gLlZkAO
――――

禁書「おでかけ、なんだよー」トテトテ

アスカ「少々買いすぎてしまいましたね。持ちきれない……インデックス殿、そこの茶屋で休憩したいのですが宜しいですか?」

禁書「ファミレスなんだよ!美味しいもの食べれるかも!」ピョンピョン

アスカ「ハハハ。夕餉が食べれる程度にして頂けると、用意致す方としても助かるのですが」

禁書「心配無いんだよ!」

アスカ「む……あれは、姫神殿か。あの様子だとまたもしや……」
アスカ「もし、姫神殿。そんな突っ伏して如何なされた?」

姫神「っ!?」ビクンッ

禁書「アスカ、誰なのかな?」

アスカ「姫神殿と申します。訳あって知り合いとなった次第です」

姫神「アスカ……」ムクッ

アスカ「姫神殿、この大量の皿……まさか」

禁書「ずいぶんたくさん食べたのかな」

姫神「食い倒れた。食べ過ぎて。帰りのバス代が無い。100円貸してくれると。嬉しい。かも」

アスカ「またですか」アチャー

姫神「む。乙女には。色々あるの」
128 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/24(木) 23:55:38.86 ID:P1gLlZkAO
禁書「なんて図々しいんだよ……アスカ、貸さなくていいと思うんだよ」

姫神「貴女には。聞いてない」

禁書「な、失礼かも!」プンスカ

アスカ「(あぁ……また話題が冥炎魔天の如く輪廻してる……)」

黒服「失礼」

アスカ「――む」チャリッ

アスカは咄嗟に腰の長巻+1に手を掛けた!

禁書「わ、大きいんだよ」

姫神「迎え。遅い」スクッ

黒服「……」

姫神「100円」スッ

黒服「……」チャリンッ

姫神「ん。じゃあね。アスカ」スタスタ

禁書「……何だったのかな?」ポカーン

アスカ「…………」

禁書「アスカ?」

アスカ「あ、あぁ。何でもないでござるよ」ハッ

禁書「……そう」ジロッ

アスカ「(あの雰囲気、ただ者ではありませんね。風来人の勘は、無下にすると碌な事が無いし……そもそも私の直感は当たる)」

アスカ「さ、食事にしましょう。注文して頂けますか?」

禁書「任せるんだよ!」

ファミレスの店員「(シスターに侍に巫女ってどういう組み合わせだよ)」
129 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/24(木) 23:56:22.29 ID:P1gLlZkAO
――――

アスカ「……参じましたよ」ジャリッ

ステイル「あの子は?」シュボッ、フー

アスカ「……行方が知れません。何かありましたね?」

ステイル「ふむ。呑み込みの良さは舌を巻くね」

アスカ「御託は構わぬ。ステイル殿から呼び出しと言う事は、インデックス殿絡みの問題であろう?」

ステイル「察しの通りさ。実はアウレオルスと言う魔術師がインデックスを狙っているのさ」

アスカ「何故?」

ステイル「そもそもアウレオルスはインデックスのパートナーだった。だが、年々記憶を消されていく彼女を見て何か思う所があったのだろうね。彼女を救う為に、魔術協会を追われる身になった」フー

アスカ「……彼女を救う事と、それに何の関係が……いや、蔵書か」

ステイル「多分、そうだろうね。そして、彼女を救う術式は完成したのだろう。だが……」

アスカ「彼女は既に救われている、ですか。しかし、それならそれで説明をすればよいのでは有るまいか?」

ステイル「まぁ、そうなんだが……奴の拠点が少し厄介そうでね。乗り込むに当たって助けが欲しかったのさ」
130 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/24(木) 23:56:53.57 ID:P1gLlZkAO
アスカ「そう言う事なら、是非ともお供させて頂こう」

ステイル「助かる。さて、時間も推している」

アスカ「えぇ。共に参りましょう」

仲間「ステイル・マグヌス」

投げられたアイテムが燃える。
火炎の遠距離攻撃が出来る。
火柱を立てられる。
火を無効化する。
火炎の術式(地雷)を仕掛けられる。
本気で火炎の術式(大型地雷)を仕掛けられる。

イノケンティウス
ステイルの満腹度が0でない限り召喚でき、維持を続けられる。
無敵。
召喚中ステイルの腹へり20倍。
131 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/24(木) 23:59:27.24 ID:P1gLlZkAO
――――

アスカ「……ここか」

ステイル「三沢塾……間違いないね。行こう」ガチャッ

アスカ「え、正面から行くのですか!?」

ステイル「どこから入っても同じさ」スタスタ

アスカ「あいつ絶対開幕大部屋明瞭モンハウでパチるタイプだ……待って下さい!」タタッ

ガチャン!

アスカ「っ、しまった!?」

ステイル「二重の意味でね」

アスカ「…………」キラン

ステイル「分かった。謝るからその小刀をしまってくれ」

アスカ「長巻です」チャキッ

アスカ「しかし、ここは……どこか懐かしい雰囲気がしますね」

ステイル「そうかい?僕にはただの『ダンジョン』にしか見えないね」

アスカ「っ」ゾクン

ピキー!

ステイル「ん、何の鳴き声だ?」

アスカ「ステイル殿!!!!3時の方向に火炎を撃て!!」

ステイル「な――――」

アスカ「早く!!!!手遅れになる!!!!」

ステータス確認

アスカ Lv50 HP352/352 ちから99/99 0ギタン

長巻+1
○○○○

所持品
大きなおにぎり
132 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/25(金) 00:00:22.68 ID:tl419+uAO
アスカ「くっ、マズイぞ……不思議なダンジョンだ!」シャキンッ

ステイル「灰は灰に、塵は塵に。吸血殺しの紅十字!」

ステイルは吸血殺しの紅十字を放った!

おうごんマムルに1のダメージ!
おうごんマムルに1のダメージ!

ステイル「な、凄い速さで近づいてくる!?」

アスカ「良いから撃ち続けるんだ!!!幸いそれは二連攻撃、おうごん様には効果大です!」

ステイルは吸血殺しの紅十字を放った!

おうごんマムルに1のダメージ!
おうごんマムルに1のダメージ!

アスカ「くっ、仕方あるまい!」ダッ

アスカの攻撃!おうごんマムルに1ダメージ!

おうごんマムルの攻撃!
アスカに86のダメージ!
アスカに90のダメージ!

アスカ「ガハッ……盾無しじゃ無理か……」ヨロッ

ステイル「イノケンティウス!」ゴウッ

ステイルはイノケンティウスを呼んだ!
イノケンティウスの攻撃!
おうごんマムルに1ダメージ!

アスカ「下がるっ!」

おうごんマムルの攻撃!
イノケンティウスに128のダメージ!
イノケンティウスが再び燃え上がる!
イノケンティウスに135のダメージ!
イノケンティウスが再び燃え上がる!
133 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/25(金) 00:00:57.66 ID:tl419+uAO
ステイル「喰らえ!」

ステイルは炎剣を飛ばした!
おうごんマムルに1ダメージ!
イノケンティウスの攻撃!
おうごんマムルに1ダメージ!

おうごんマムルの攻撃!
イノケンティウスに128のダメージ!
イノケンティウスが再び燃え上がる!
イノケンティウスに135のダメージ!
イノケンティウスが再び燃え上がる!
ステイルは炎剣を飛ばした!
おうごんマムルに1ダメージ!
イノケンティウスの攻撃!
おうごんマムルに1ダメージ!
おうごんマムルを倒した!

アスカは10000ギタンを拾った!

アスカ「し、死ぬかと思った……」

ステイル「何だ、おうごんマムルとやらも案外雑魚なんだな」

アスカ「……いつか制裁する」
134 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/25(金) 00:01:33.70 ID:tl419+uAO
――足踏みタイム

ステイル「じゃあ、ここはその不思議なダンジョンと言う訳か」

アスカ「あぁ、恐らく。アイテムを持っていれば楽勝なのだろうが、拙者は今長巻しか持ち合わせておらぬ」アシブミチュウ

ステイル「出直そうにも外には出られない、か。まぁ僕がいれば余裕なんじゃないかな」

アスカ「ダンジョンを嘗めてはならぬ。罠は隙あらば殺しに来る上、モンスターハウスは総力戦になる。気を引き締められよ」

ステイル「ふむ。ベテランが言うなら、従うしかないな。頼んだよ」

アスカ「任せて下さい。長巻一本分楽な白蛇島だと思えば余裕です……よし、回復しました」

ステイル「じゃ、まずは?」

アスカ「フロアの探索を。階段が何処かにあると思われますから、まずはそれを。後は、随時アイテムを回収します」

ステイル「じゃ、僕はこっち――」

アスカ「単独行動は死を招きますよ?」グイッ

ステイル「やれやれ、ダンジョンとやらは面倒だな……」
135 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/25(金) 00:02:41.56 ID:tl419+uAO
投下終了。
136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2011/03/25(金) 01:26:46.37 ID:2Caz5uUA0
学園都市にダンジョンがあっただと!?
137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/25(金) 19:15:30.21 ID:fSU3hARFo
おつおつ
催促してすんませんでした
138 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/31(木) 08:53:43.17 ID:WEpReWvAO
投下開始
139 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/31(木) 09:00:59.10 ID:WEpReWvAO
――――

ステイル「何だか随分簡単だな……モンスターが見えたら焼くだけの簡単な作業じゃないか」

アスカ「それだけステイル殿がお強いと言う事です。助かりますよ」

ステイル「そ、そうかい?」テレテレ

ステイルは炎剣を放った!
おおチンタラに35ダメージ!
ステイルは炎剣を放った!
まじしおいやんに28ダメージ!
アスカの攻撃!
あなぐらマムルに89ダメージ!
ステイルは炎剣を放った!
スーパーゲイズに25ダメージ!
イノケンティウスの攻撃!
スーパーゲイズに63ダメージ!

アスカ「(楽過ぎる)」
140 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/31(木) 09:07:26.33 ID:WEpReWvAO
ステイル「うん?アスカ。杖が落ちていたが……」ヒョイッ

アスカ「貸してもらえますか?」スッ

灼けるような紅色の杖

アスカ「まずは適当なモンスターを……いた」

アスカは灼けるような紅色の杖を振った!
にぎりおやかたは焼けた!20ダメージ!

アスカ「ひばしらですね」

ステイルは炎剣を放った!
にぎりおやかたに48ダメージ!

ステイル「振るだけで分かるんだね」

アスカ「まぁ大体は。イカリやオオイカリ、とうめいや倍速、幸運やけものみちなんかは振ると危険だったりしますが……回数は分かりませんしね」

ステイル「じゃあ、これは何だい?」

透き通る水色の杖

アスカ「ふむ……」

アスカは透き通る水色の杖を振った!
しかし何も起こらなかった!

アスカ「ころばず」

ステイル「ほう、何故だい?」

アスカ「回数が0ですから。初めて振る杖なら確定です」

ステイル「なるほど」ヘー
141 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/31(木) 09:13:33.92 ID:WEpReWvAO
ステイル「お、また杖だね。これは?」

迸る深緑の杖

アスカ「そろそろけものみフラグ……」ブンッ

アスカは迸る深緑の杖を振った!

ポワーォ。

アスカ「回復」

ステイル「え、何で分かったんだい。システムメッセージも出てな――」

アスカ「メタいですよ。音がしましたから」

ステイル「何と……」ホエー

ステイルは炎剣を放った!
シハンに29のダメージ!
イノケンティウスの攻撃!
シハンに84のダメージ!

ステイル「じゃあこれは?」

吼え猛る漆黒の杖

アスカ「ふむ……」

アスカは吼え猛る漆黒の杖を振った!



あなぐらマムル「ピキー!」

ステイル「また何も起こらないね……何故僕の後ろに隠れる?」キョトン

アスカ「入れ替えでした。今私体力5です」ガクブル

ステイル「うえぇぇぇっ!!?」ビクーン!

ステイルは炎剣を放った!
あなぐらマムルに53ダメージ!
142 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/31(木) 09:18:42.72 ID:WEpReWvAO
アスカ「ちなみに何も起こらなかった時は……」ドキドキ

ステイル「どうするんだい?」ゼハー

アスカ「モンスターの様子を見ます。最大レベルなら幸福の可能性が、最低レベルなら不幸の可能性が。体力が入れ替わっていれば入れ替え。どれでもなければ痛み分けですね」

ステイル「ほうほう」

アスカ「後は効果が無い場合ですね。モンスター最大沸きしてる時のけものみちやよくみえの腕輪を装備している時の透明なんかがそうです」

ステイル「ふむ……なるほど。大変なんだね」

アスカ「まぁ、一応風来人ですから。さぁ、サクサク探索です」
143 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/31(木) 09:26:58.36 ID:WEpReWvAO
――――

ステイル「巻物だね。これはなんだい?」

古ぼけたスクロール

アスカ「流石に読まないと分からないですし、読んだら無くなるから基本被るまで放置です。値段からある程度の識別は出来ますが、それはどれも一緒ですからね」

ステイル「それは厄介だね。いざと言うときに使いたいのに、本末転倒じゃないか」

アスカ「しかし効果が強力な物が多いです。モンスターハウスなんかで打つ手が無くなったら未識別の巻物に賭けるのも手段です」

ステイル「命懸けだね……」
144 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/31(木) 09:37:28.41 ID:WEpReWvAO
――――

ステイル「壷だ」

アスカ「これは……『かそて』っと」

ステイル「『かそて』?」

アスカ「回復、倉庫、底抜け、手封じの略です」

ステイル「何で分かったんだい?」

アスカ「…………」エート

アスカ「壷にその壷を入れようとした時のゴニョゴニョした挙動で」

ステイル「メタいんだね」

アスカ「……はい」
145 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/31(木) 09:37:54.25 ID:WEpReWvAO
――――

ステイル「草があるよ。これはなんだい?」

アスカ「死ねと申しますか」

ステイル「え?」

アスカ「未識別の草は怖くて飲めませんよ。物忘れや超不幸などがありますし、値段も割りと同じのが多いですから……」

ステイル「なんと……恐ろしいね」
146 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/31(木) 09:39:03.70 ID:WEpReWvAO
――――

ステイル「盾を見つけたよ」

獣王の盾

アスカ「良くやりました!」グッ

アスカは獣王の盾を装備した!

ステイル「そんなに喜ぶ事かい?君には武器があるのに……」

アスカ「武器より盾ですよ。武器は有った所で確定数が変わるだけですが、盾が無いと回復が出来ませんから」

ステイル「回復?」

アスカ「許す限り弟印を詰めるのです!」

ステイル「しかし余り回復しないと聞いたよ」

アスカ「ド素人は黙ってて下さい」

ステイル「えっ」
147 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/31(木) 09:39:31.36 ID:WEpReWvAO
――――

ステイル「あ」カチッ

ステイルは木の矢の罠を踏んだ!
木の矢は燃えた!

ステイル「危ない危ない……」

アスカ「良くやりましたね、ステイル殿。助かります」

ステイル「え、何がだい?」

アスカ「ステイル殿が今踏んだ罠は壁際にありますね?」

ステイル「? ああ」

アスカ「矢は右から飛んできますから、罠に対して斜めに立って長巻を投げます」ポーイ

ステイル「ほぅ」

木の矢の罠が発動した!

アスカ「飛んできて壁に当たって床に落ちた矢とさっき投げた武器を回収して、罠が壊れるまで繰り返します」

ステイル「おぉー」

アスカ「あら不思議。矢が増えました!」

ステイル「罠も使い様だな」

アスカ「車輪の刃とよくみえがあればまた世界が違って見えますよ」
148 :伊吹 ◆LPFQRD/rxw [saga]:2011/03/31(木) 09:41:30.88 ID:WEpReWvAO
投下終了
149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2011/04/07(木) 01:05:49.23 ID:ON77anP00
このステイルは有野課長と同程度とみた
150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/07(木) 09:38:14.00 ID:rPRgoGRXo
ゆっくりさんはつおい
79.90 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)