このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

上条「学園都市主催野球大会?」インデックス「そうなんだよ」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 20:41:17.13 ID:i2tX7ewA0
・時期的には22巻後、なんやかんやで世界は平和になって上条さんも戻ってきた
年度も変わり、夏休みに
・独自設定・解釈あり
・初ss
・タイトル通り、野球について書くつもりですが、ルールが間違ってるところもあるかも
その場合はご容赦を
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【シートン学園】スペランカーミユビ @ 2020/01/28(火) 19:13:14.19 ID:grKsXoKB0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1580206393/

【モバマス】12歳小学生組! 的場梨沙CDデビューおめでとう編 @ 2020/01/28(火) 12:47:24.51 ID:tQ9zRTuCO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1580183244/

【書籍化】パートスレッドまとめスレ【漫画化】part.2 @ 2020/01/27(月) 23:04:07.08 ID:yLhmENBT0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1580133846/

【ガンダム】アリア「安価とコンマでデラーズ〜グリプス?」 @ 2020/01/27(月) 20:35:32.88 ID:1PF0CEhh0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1580124932/

善子「暖冬が続いて気分がいいから安価で行動するわよ」 @ 2020/01/27(月) 19:44:57.19 ID:W1X83+uw0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1580121896/

さてと @ 2020/01/27(月) 15:41:57.06 ID:jIdWZrAKO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1580107317/

果南「善子ちゃん、ダイヤ、ちょっといいかな?」 @ 2020/01/27(月) 13:53:17.98 ID:wL9OCFnwO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1580100797/

【ガルパン】ダージリン「私はどんな時でも紅茶を一滴たりともこぼしませんわ」 @ 2020/01/27(月) 07:52:06.31 ID:OHuhzL+3O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1580079126/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 20:42:24.20 ID:i2tX7ewA0
上条「で、それがどうしたってんだ?」

インデックス「優勝チームには賞金が出るって、チラシで見かけたんだよ!
年齢、経歴、性別一切が不問なんだよ!」

インデックス「でもね、その大会に登録できるのは先着7チームまでなんだよ!
       だから急いでメンバー集めて、登録しなきゃいけないかも」

上条「マジか。だったら急いでメンバー集めて登録しないと。ちなみに賞金て言うのは
いくらなんだ?」

インデックス「優勝チームには1000万なんだよ!」

上条「マジか!だったら今すぐメンバー集めないと!」

インデックス「頑張ってねとうま!私は応援するから!ちなみに大会開催は1カ月後
だから、それまで練習するんだよ!」

上条「分かった。まずはメンバー集めからだな…」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 20:44:37.73 ID:i2tX7ewA0
翌日 学校廊下

上条「と言う訳なんだ。どうだ土御門、青髪、一緒に野球やらないか?」

青ピ「せやな〜。僕は暇やし、やってもええよ」

上条「さすが青髪!土御門は?」

土御門「にゃー。やっても良いんだけど、他のメンバーはどうなってんの?」

上条「いや、お前らを初めに誘ってるところだよ」

土御門「つーことは、他のメンバーのアテは?」

上条「ぶっちゃけない…」

土御門「そんなことだろうと思ったにゃ。いいぜ、俺が3人は都合付けてやる。
    残り3人は自力で何とかしろ」

上条「分かったよ。つっても野球やってくれそうな奴なんて俺の知り合いにいたっけなあ…。
あ、居たわ」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 20:46:14.45 ID:i2tX7ewA0
教室

上条 ガラッ「吹寄はいるかーっ!?」

吹寄「な、何の用?」

上条「一生のお願いだから、俺と(一緒に野球を)やってくれ吹寄ー!!」

吹寄「ふざけんな貴様はー!」ボカッ

上条「ビブルチ!」

吹寄「ったく…」パンパン

土御門・青ピ「「今のはカミやんが悪い」」

その後なんとか誤解を解き、吹寄には「その自慢のフォークを試したくはないか?」などとプライドを刺激し強引に引き込むことに成功。吹寄と一緒に話してた姫神も一緒に野球をやってくれることになった

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 20:48:14.12 ID:i2tX7ewA0
同日 放課後廊下

上条「一気に2人集まったわけだが…。あと1人どうしよう」

雲川「また何か悩んでいるのか?上条」

上条「ええ、まあ。実は学園都市主催の野球大会に出たいんですけどメンバーがあと1人
   足りなくてですね。どうしようかと悩んでいたんですよ」

雲川「ふうん。なら知り合いに熱血馬鹿が1人いるんだが、紹介してやろうか?」

上条「マジすか先輩!!ぜひお願いします!!」

雲川「ちょっと待ってろ」

そう言うと雲川はおもむろに携帯を取り出す

雲川「もしもし、雲川だが」

削板『おう!何の用だ!!』

雲川「実はな、私の可愛い後輩が困っていてな。助けてほしいんだよ」

削板『何だと!?よし!今すぐそっちに行く!!』ブツッ ツーツーツー

上条「ちょ、通話切れたみたいだけど大丈夫なんですか!?なんかいろいろ説明してないみたい
   ですけど!?」

雲川「大丈夫だ。もうすぐ来るから、一緒に校門に行くぞ」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 20:50:34.77 ID:i2tX7ewA0
校門前

上条「あ、誰かがものすごいスピードで来てる」

削板「うおおーーーーーーーーーーーーー!!!!!」ズシャアアアア

雲川「待っていたぞ。こいつが助けを求めてるやつだ」

上条「あ、どうも」(まだ電話してから3分もたってないのに)

削板「おう!ところで助けてほしい事は何だ!?」

上条「いやーそのなんて言うか野球大会に出たいんですけど、メンバーがあと1人足りなくてですね…。
   一緒に野球やってほしいなあーなんて」

削板「なんだそんなことか。この俺でよければ野球ぐらいやってやるぞ。もちろん
   やるからには優勝目指すんだよな!?」

上条「ええまあ。そのつもりです」

削板「よし!その根性気に入った!!今から猛特訓して優勝目指すぞ!!」

上条「はい!分かりました!」

雲川「話はまとまったみたいだな。じゃあ私はこれで」

上条「先輩もありがとうございました。それで練習なんですが、今日はもう遅いんで
   明日からにしませんか?」

削板「う〜ん。それもそうだな。しかし練習する場所はあるのか?」

上条「やべ…。忘れてた」orz

土御門「ちょっと良いかいお二人さん」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 20:52:31.09 ID:i2tX7ewA0
上条「何の用だ?土御門」

土御門「にゃー。さっき俺がメンバーの都合付けるって言ったよな。実はもうこっちに
    来てもらってるんだ。顔合わせだけでもしてもらった方が良いかと思って」

上条「マジかよ。いったいどんな人達なんだ…?」

一方・結標・海原 ヒュン

上条「うわぁ!いきなり空中から人がっ…って一方通行に海原に…誰だ?」

一方「ったく…。かったりィ」

上条「な、何でお前らが!」

海原「今日は土御門に呼ばれて来たんですよ」

上条「まさか、土御門が呼んだ3人って…」

土御門「そう。こいつらが俺が呼んだ助っ人さ。カミやん。ちょっとこっち来い」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 20:54:56.80 ID:i2tX7ewA0
グループの3人と削板から少し離れた場所

上条「なんで一方通行と海原が居るんだよ。てかあの女の人誰?」

土御門「まあまあ焦るなカミやん。あいつらは今回は味方だ。実はアイツらとは
    昔仲間だったんでな。俺がちょっと頼んだら協力してくれるって言ってたぜい」

上条「よくわかんねぇけど、今回は味方ってことで良いんだな?」

土御門「ああそうだ。安心しろカミやん」

上条「ありがとう土御門!これでメンバーは集まった!」

土御門「別に感謝なんていらないにゃー。ただちょ〜っと欲しいものがあってだな…」

上条「なんだ?俺に出来る事なら何でもするぞ」

土御門「カミやんの少年時代の写真と、超電磁砲の写真が欲しいんだ」

上条「何だ、そんなので良いのか?でも俺の少年時代の写真は一杯あるけど御坂の
   写真はないなあ」

土御門「なん…だと…。あれだけいちゃいちゃしていて写真が1枚もないだと!?」

上条「いやそう言われてもないものはないし、いちゃいちゃもしてないし…。
   あ、そういえば俺との2ショットなら1枚あるな」

土御門「まあそれで良いか。じゃあ明日9時に、ここに書いてある住所に写真を
    持ってきてくれ。ここが練習場になる。他のメンバーにはもう知らせてあるから」

上条「何から何までありがとう土御門!」
(写真をどうするのか気になるが、いろいろしてもらってるし文句は言えねえよな)
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 20:57:20.39 ID:i2tX7ewA0
上条の少年時代の写真は結標に、御坂の写真は海原にあげます。それが彼らが
仲間になる条件でした。一方通行(杖なしで歩けるまでに回復)は土御門との電話の
会話を打ち止めに聞かれ、打ち止めが『野球をやってるかっこいいアナタも見たいかも、
ってミサカはミサカはお願いしてみたり』と言われたため野球をやることを決意しました。
余談ですがもう1人の同居人である番外個体には『あなたが野球やるとか笑えるね。
ぎゃはっ☆』と馬鹿にしてましたが一方さんは聞いてなかったようです
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 20:59:11.37 ID:i2tX7ewA0
翌日グループアジト

上条「やっべー!俺のガキの頃の写真探してたら、30分も遅刻しちまった!」ハァハァ

上条「皆さん初日から遅刻してすいませんでしたー!」orz≡

吹寄「初日から遅刻とかふざけんなー!」ドゴッ

上条「オゥフ」ドサッ

吹寄「全く…。もう皆練習始めてるわよ!!気が抜けてるんじゃないの貴様は!!」

上条「」

吹寄「練習場所とかユニフォームとかその他もろもろ全部ここでやってくれるらしい
   から、私たちは心おきなく練習できるわ。登録もやってくれたみたいよ」

上条「」

吹寄「ちょっと!ちゃんと私の話聞いてるの!!返事しなさいよ!」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 21:00:09.72 ID:i2tX7ewA0
土御門 ガチャッ「おお〜来たかカミやん。って気絶してるじゃないか」

吹寄「え?本当?そこまで強くしたつもりはなかったんだけど」

土御門「本当だぜい。ここは俺に任せて、吹寄は練習に戻れ」

吹寄「そう。分かったわ。早くその馬鹿起こして、練習に来てよね」

土御門「分かった分かった…。おい、起きろカミやん!」

上条「う〜ん、土御門か」

土御門「ああ。ところでカミやん。例の物を」

上条「ああ。ほらよ。御坂のはもう携帯に送ったよな」

土御門「確かに受けっとたぜい。じゃあまた吹寄に怒られる前に早く着替えて練習しろカミやん」

上条「ああ、分かってるよ」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 21:02:25.81 ID:i2tX7ewA0
そう答えると上条は素早くユニフォームに着替え、練習場に向かった
軽く練習した後、上条も含めた自己紹介がてら休憩。休憩後削板の怒涛の
地獄ノックがあったり、吹寄の健康管理に関して徹底するよう指導が入ったりした
そんなこんなで初日の練習は終了した

翌日からは吹寄や雲川考案の練習法を実行したりした
そして1か月の月日はあっという間に過ぎていった
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 21:03:53.91 ID:i2tX7ewA0
1ヵ月後 第20学区 とあるスタジアム

上条(ここで試合するのか…。練習はかなりしてきたが試合は初めてだからな…)

吹寄・姫神(うぅ〜緊張する〜)

一方(あァ〜、暑ちィしだりィ)

海原・結標(報酬はもらったからなあ。さっさと優勝して終わらせますか)

土御門「お〜い皆。トーナメント表もらってきたぜよ。ちなみに鳳凰学園で登録したから」

青ピ「どれどれ見してみ。あちゃ〜これはヤバいで。第1試合の上に1回戦から名門常盤台中学や。
   他にも霧ヶ丘、長点上機と曲者揃いやで」

吹寄「うわぁ〜。本当に強敵じゃないの…。私たち勝てるかしら…」

削板「どうした?いつも強気なお前がえらく弱気じゃないか。大丈夫だ。俺らはあれだけ
   練習してきたんだ。根性で勝てるさ!!」

土御門「そうさ。俺たちは勝つために来たんだ。弱気になってる場合じゃないぜい。
    さっさと開会式に行くぞ」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 21:06:50.35 ID:i2tX7ewA0
とあるスタジアム 開会式

アレイスター「全チーム入場したかな。さて、それではこれから学園都市野球大会を開催する。
       今回はこの大会を盛り上げるため特別枠としてイギリスチームを招待している。
       ちなみに1日目で1回戦、2日目が準決勝、3日目が決勝戦という日程で行う」
      
土御門「登録が先着7チームという奇数だったのが引っかかってたがそういうことだったのか」

開会式終了 とあるスタジアム 一塁側ベンチ

上条「常盤台と聞いたときからまさかとは思っていたが、御坂相手かよ…」

土御門「おい海原。『超電磁砲』相手だからって、手は抜くなよ」

海原 ギクッ「ま、まさか自分がそんなことするわけないじゃないですかアハハ…」

一方「おい土御門!なんで常盤台中学に、打ち止めと番外個体と妹達が居やがるンですかァ?」

土御門「んなもん俺が知るかにゃー。超電磁砲が誘ったんじゃねえの?そんなに知りたきゃ
    お前が直接聞いてこいよ」

一方「おい三下ァ。オリジナルに訳を聞いてこい」

上条「何で俺なんだよ!」

一方「オリジナルに会うのは色々気まずいンだよ。オマエならオリジナルと仲良さそうだし
   頼むから聞いてきてくンねェかなァ?」

青ピ「カミやん。行きたくないなら、僕が代わりに行ってきてもええねんけど?」

上条「あ、やっぱ俺が行くわ。お前に行かせるととんでもない事になりそうだからな」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 21:10:18.67 ID:i2tX7ewA0
三塁側ベンチ

御坂「ねえ黒子。なんであの馬鹿がこの大会に出てると思う?」

白井「さあ?そんなこと知りませんの。大方賞金目当てではないでしょうか」

御坂「あいつ…。そんなにお金に困ってるなら、少しぐらい援助してあげるし
   料理とかだって作りに行ってあげるのに///」

白井(むっきぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!あんの腐れ類人猿がぁぁぁぁぁぁ!!!
   わたくしのお姉様を乱しやがってぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!)

御坂「あ、あれ?ちょっと黒子あいつこっちに向って走ってきてるんだけど///」

上条「お〜い御坂〜。ちょっと聞きたいことがあるんだけど」

御坂「な、何よいきなり。何か用?」

上条「いや、だから聞きたいことがあるんだけど。何でお前この大会出てんの?
   あと、なんで打ち止めと御坂妹がいるんだ?」

御坂「私が誘ったの。この大会に出るためにね。皆協力的で助かったわ。それより何で
   アンタこそここに居るの?あと一方通行とかも居るのは何で?」

上条「俺が出るのは賞金目当てさ。それでメンバー足りないから、一方通行とかに
   協力してもらってるだけだよ。お前が一方通行のことどう思ってるかは知らないけどさ。
   あいつも改心して今では良い奴だよ。だから許せとは言わないけど、変につっかかるのは
   やめてほしい」

御坂「そんなことアンタに言われなくても分かってるわよ…。ただちょっと気になった
   だけなんだから」

上条「そうか。じゃあ俺もう戻るわ。言っとくけど試合に負けるつもりはないからな!」

御坂「望むところよ!」

上条(そういや、結局あいつ自身が出る理由は聞いてなかったな。金には困ってないだろうから
   賞金目当てではないだろうが…。まあどうでもいいかそんなこと)
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 21:11:22.52 ID:i2tX7ewA0
再び一塁側ベンチ

一方「で、どうだった三下ァ」

上条「御坂が誘ったんだとさ。てかいい加減三下って呼ぶの辞めてほしいのですが…」

一方「三下は三下だろ」

土御門「はいはい、お喋りはそこまでだぜい。試合の時間だ。行くぞ皆!」

全員「おー!」

審判「これから鳳凰学園vs常盤台中学の試合を始めます。礼!」

全員「よろしくお願いします!」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 21:13:11.94 ID:i2tX7ewA0
オーダー
先攻 鳳凰学園          後攻 常盤台中学
1番 土御門元春 遊       1番 白井黒子 捕
2番 青髪ピアス 二       2番 御坂妹(10032)一
3番 上条当麻 三        3番 番外個体 遊
4番 削板軍覇 中        4番 御坂美琴 投
5番 一方通行 右        5番 婚后光子 中
6番 海原光貴 左        6番 佐天涙子 左
7番 結標淡希 一        7番 初春飾利 右
8番 姫神秋沙 捕        8番 御坂10777三
9番 吹寄制理 投        9番 打ち止め 二

試合のルール
9イニング。延長は12回。
能力使用は1人3回まで。無能力の人が能力者に使用回数を分けることはできない
能力が持続するもの(一方通行や窒素装甲など)は5秒の使用で1回分とする
コールドは無し
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 21:14:45.13 ID:i2tX7ewA0
誰も見てないっぽいですがとりあえず明後日までには投下したいと思ってますと宣言しときます
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/14(月) 21:15:51.94 ID:mI2i9Ft0o
見てるよ。期待してる

VIPで見たことある気がする
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/14(月) 21:19:46.01 ID:kYZp1/+X0
何かいろいろ突っ込みたいけど乙
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/14(月) 21:19:49.26 ID:kYZp1/+X0
何かいろいろ突っ込みたいけど乙
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/14(月) 21:20:23.72 ID:kYZp1/+X0
ごめん間違えて連投してもた、以下ROMに徹する
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/14(月) 21:20:51.01 ID:0nOaYhkAO
テレポーターはチートすぎるwwww
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/03/14(月) 21:22:25.14 ID:2x7Yi5if0
禁書の野球SSは3つくらいあったな
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/14(月) 21:28:49.29 ID:6JXS4O/10
ていとくんがいない……
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/14(月) 21:34:40.54 ID:/OhL86sho
能力の使用は…?

昔使っちゃいけないのを当日知るのがあったな
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/14(月) 21:39:36.62 ID:hi72fnEIO
>>26
>>17
テレポーターはとりあえず内野に転がせば内安打確実だなw
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/14(月) 22:10:52.67 ID:cQPbAAiBo
そこはホームランでいいだろ
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/14(月) 23:09:08.11 ID:GTWDbE6E0
>>1乙です
続き楽しみに待ってるよー

そして海原の呼び方って「土御門さん」だと思うって細かいことにつっこんでみたり
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/14(月) 23:17:07.07 ID:6NWKbVuqP
能力使わないと一方さんはゲームに参加できないよな
全面禁止はなしとして、テレポートは使用禁止か可能か
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/15(火) 00:16:02.38 ID:V76A0r9V0
あわきんのムーブポイントが一番ヤバいだろ
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/15(火) 01:22:29.07 ID:pWinh+1AO
つか姫神まだセリフなし?
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/15(火) 03:30:11.92 ID:GSHcrtUG0
? 御坂妹(10032号)はまだしも、
なんで10777号・・・?
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/15(火) 14:37:47.77 ID:IHPBlWnpP

他の野球物って一方通行「野球大会、だァ…?」のやつとあとどれ?
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/16(水) 23:45:17.67 ID:5gsVdiqV0
>>1です。ちょっと説明不足のところがあると思ったので補足しときます
この野球大会は全8チームのトーナメント戦で、1日目1回戦4試合、2日目準決勝2試合
3日目決勝戦で行われます

それとこれから試合になりますが、自分は地の文が苦手なので極力使わないようにしています
そのため、なんでもかんでも擬音で表現しようとしているので分かりにくくなってると思います
ですので、脳内補完しながら見ていただけると幸いです

質問などがあればなるべく答えていこうと思います

>>33
固法とかでも良かったのですが、できるだけ禁書のキャラだけでやりたかったのです
しかしそうなるとメンバーが足りなくなるし、佐天さんは扱いやすそうだと思ったので出しました
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/16(水) 23:46:49.29 ID:5gsVdiqV0
審判「プレイ!」

ウグイス「1回の表、鳳凰学園の攻撃は、1番遊撃手土御門君」

土御門「やっぱ投手は、常盤台のエース様か」

白井(さあお姉様!どんと投げて下さいまし!)

御坂(行くわよ。この大会絶対優勝して私はMVPになる!!)

御坂「ふっ!」ビシュ

土御門(サイドスローか)

白井 バシィ

審判「ストライーク!」
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/16(水) 23:47:44.30 ID:5gsVdiqV0
全員「は、速えぇぇぇ!」

青ピ「おい皆!電光掲示板見てみ!」

全員「ひゃ、150キロ…だと…」

上条「やるな御坂。女の子なのに150キロの球を放れるなんて…。野球もレベル5かよ!?」

白井「どうしましたそこの殿方?あまりに速すぎてビビりましたか?」

土御門「……」

白井(無視ですの?まあせいぜい吠え面かくといいですわ)

御坂「ふっ!」ビシュ

白井 バシィ

審判「ストライクツー!」

白井「ナイスですわ。お姉様」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/16(水) 23:48:36.45 ID:5gsVdiqV0
白井「まだバットすら振ってないようですが。このままだと完全試合決めてしまいそうですが」

土御門「よく喋るお嬢様だにゃ〜。たった2球ストライク入ったぐらいで粋がり過ぎぜよ」

白井(な、なんですのこの殿方!良いですわ。三球三振で終わらせましょうお姉様)

御坂「ふっ!」ビシュ

土御門 キン

審判「ファール」

白井(大口を叩いていましたが、所詮当てるのが精一杯というところですわね)
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/16(水) 23:49:59.70 ID:5gsVdiqV0
御坂「ふっ!」ビシュ

土御門 キン

審判「ファール」

白井「球は当てても、前に飛ばなきゃ意味ないんですのよ」

土御門「んなこと分かってるにゃー」

御坂「ふっ!」ビシュ

土御門 キン

審判「ファール」

白井(またファールですの?もう次で6球目…。まさかこの殿方――)
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/16(水) 23:52:03.11 ID:5gsVdiqV0
一方「何をもたついてンだァあいつは。さっさと打てよ」

上条「違う!あいつはファールで粘ることで御坂の体力を削ろうとしてるんだ!」

キン ファール

白井(しつこすぎますわ…。しょうがないですの。初回はストレートだけでいけると
   思いましたが…。お姉様ここは変化球を)

御坂(仕方ないわね。いくわよ黒子!)

御坂「ふんっ!」ビシュ

土御門(来た!ど真ん中のチャンスボール!)ブンッ

ギュア 土御門(!?)スカッ

白井 バシィ

審判「ストライク!バッターアウト!」
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/16(水) 23:53:43.21 ID:5gsVdiqV0
御坂・白井(よし!)

土御門「いや〜すまんすまん。いつか変化球が来るとは思ってたんだが、まさかあんなに
    変化するとは。あのスライダー一筋縄では打てないぜい」

上条「まあ仕方ないさ。粘ってくれただけでもお前はよくやったよ」

ウグイス「2番二塁手青髪君」

青ピ「よっしゃー、打つでー。この僕に任しときなさい!」

バシィ ストライクバッターアウト!

一方「何やってンだか」

青ピ「すんまへん。手も足も出なかったわ…」

上条「気にすんなって。まだ1回だ」

一方「おい三下ァ。次はオマエだぜ」

上条「ああ。分かってるよ」
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/16(水) 23:54:37.60 ID:5gsVdiqV0
ウグイス「3番三塁手上条君」

上条「こい!ビリビリ!」

御坂「ビリビリって言うなああぁぁぁぁ!私には御坂美琴って名前があるって
   言ってんでしょうがぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」ビシュ

上条「うわっ!」

白井 バシィィィン

審判「ストライーク!」
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/16(水) 23:55:29.49 ID:5gsVdiqV0
青ピ「153キロやと!?あほかカミやん!相手怒らせて覚醒させるとはどういうことやねん!」

上条「確かに悪いけど、打てなかった奴に言われたくねーよ!」

青ピ「なんやとカミやん!やんのかコラァ!」

審判「うるさいぞ!」アオピユビサシ

青ピ「え?僕?僕が悪いの?…すみませんでした」
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/16(水) 23:56:28.81 ID:5gsVdiqV0
土御門「カミやん!とりあえず当ててファールにするだけでもいい!相手は所詮女子中学生だ!
    体力を削れば勝機はある!」

御坂(あの金髪の人なめてるみたいだけど私は体力には自信があるんだっつーの!)ビシュ

上条「くっ」キン

審判「ファール」

土御門「よし!いいぞカミやん!」
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/16(水) 23:57:43.53 ID:5gsVdiqV0
上条(追い込まれたか。きっと次はウイニングショットのスライダーで来るはず!)

御坂「ふんっ!」ビシュ

上条 ブンッ

ギュアッ 上条(逆方向に曲がった!?)

白井 バシィ

審判「ストライク!バッターアウト!チェンジ!」

上条「シュ、シュート…だと…」

白井「お姉様の変化球は、一つだけではありませんの」
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/16(水) 23:58:38.11 ID:5gsVdiqV0
上条「すまん、皆」

一方「全く…ドイツもコイツも役立たずだなァ」

削板「おい一方通行!さっきから何なんだ貴様は!まだ1回なんだぞ!
   文句言う暇があったら、さっさと守備位置につけい!」

一方「はいはい。分かったよ分かりましたよ」

吹寄「ま、心配ないわよ。私の自慢のフォークで三者三振よ!」

削板「おう!その意気だ!」
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/16(水) 23:59:29.13 ID:5gsVdiqV0
白井「初春、相手投手のデータを」

初春「とある高校の2年生みたいですね」

白井「…」

初春「…」

白井「え?それだけですの?」

初春「はい。ぶっちゃけ書庫のデータでは多少のプロフィールは分かっても野球の実力は
   分かりません。まあ白井さんなら打てますよ。頑張ってください」

白井「ふざけるなですの」グリグリ

初春「やめてください」アウアウ
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2011/03/17(木) 00:00:39.86 ID:tnDN7Ugwo
150キロとか女子中学生が投げる球じゃねぇ
男子高校生がまともに当てられる球でもねぇ
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/17(木) 00:00:51.34 ID:Vug29/zJ0
ウグイス「1回の裏、常盤台中学の攻撃は、1番捕手白井さん」

白井(とりあえず1球目は様子見ですわね)

吹寄(さあ行くわよ姫神さん)ビシュ

姫神 バシィ

審判「ストライーク!」

佐天「へぇ〜140キロかあ。女子にしては速いよね」

初春「確かにすごいですよね。でも御坂さんのストレートのほうが速いですね!」フンスッ

佐天「なんで初春が威張ってんのさ」
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/17(木) 00:02:02.97 ID:Vug29/zJ0
白井(ただのストレートですか。球速もなかなかとはいえ、お姉様に比べれば大したことはない。
   次は打って見せますの)

吹寄 ビシュ

白井 ブンッ

ギュルル 白井(!?)

姫神 バシィ

審判「ストライクツー!」
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/17(木) 00:03:20.35 ID:Vug29/zJ0
姫神「ナイスボール」

白井(なかなかキレのあるフォークですの。でも次きたら絶対打ちますわ)

吹寄 ビシュ

ギュルル

白井(やはり来ましたの!)ブンッ

姫神 バシィ

審判「ストライク!バッターアウト!」

姫神「ナイスボール」

吹寄「ふん!私のフォークを1球見ただけで打とうってのが間違いなのよ!」

上条・削板「ナイスだ吹寄!その調子で頼むぜ!」

一方「うるせェンだよテメエらァ!」

白井(くっ。意識してたのに打てませんでしたの。あのフォーク一筋縄ではいきませんわね)
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/17(木) 00:04:31.48 ID:Vug29/zJ0
ウグイス「2番一塁手御坂妹さん」

御坂妹「次はミサカの番ですか、とミサカはバッターボックスに向かいます」

御坂「アンタ、この私の妹なんだからホームランぐらい打ってきなさいよね!」

御坂妹(無茶言わないでください、とミサカは心の中でお姉様の要求を却下します)

吹寄 ビシュ

御坂妹 カキィン 

吹寄「サード!」

上条「まかせとけ!」パシ シュ

結標 パシ

審判「アウト!」

佐天「あちゃ〜。ただのサードゴロかぁ」
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/17(木) 00:05:33.39 ID:Vug29/zJ0
ウグイス「3番遊撃手番外個体さん」

番外「さぁ〜て。ミサカかっとばしちゃうよ〜」

バシィ ストライクバッターアウト!チェンジ!

番外「あっはっは。ごめんごめん。思ったよりコントロールも良くてさ〜。なんか打てなかったわ。
   でも次は必ず打つ」
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/17(木) 00:06:26.31 ID:Vug29/zJ0
上条「ナイスだぜ吹寄!調子よさそうだな!」

吹寄「まあね。貴様の守備もなかなかだったわよ」

上条「まあただのゴロですし。あれぐらい上条さんにかかれば余裕ですよ」

削板「この調子で、この試合勝とうぜ!」

全員「おう!」
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/17(木) 00:07:37.51 ID:Vug29/zJ0
御坂「あっちのチーム盛り上がってるわね」

白井「まあわたくしたち名門常盤台と今のところは五分なのですから、盛り上がるのも
   無理ないかと」

御坂「てかなんでアイツあんなに女子と仲よさそうなのよ…」

佐天・初春「あれぇ〜?御坂さん嫉妬してるんですかぁ〜?」

御坂「んなっ!?そ、そんなわけないでしょ!!」

番外「まあまあお姉様落ち着いて」ニヤニヤ

御坂「アンタは、何でニヤニヤしてんのよ!」ビリビリ

初春・佐天「ちょっと電撃はやめて下さい〜」

打ち止め「お姉様も素直じゃないよね、ってミサカはミサカは黒子お姉ちゃんに同意を
     求めてみたり」

白井「あの腐れ類人猿めが」ブツブツ

打ち止め「黒子お姉ちゃん?」

白井(そもそもお姉さまがこの大会に参加する理由が許せませんの)
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2011/03/17(木) 00:08:39.25 ID:Msm+2uX9o
御坂 黒子以外名門じゃない件について
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/17(木) 00:09:40.26 ID:Vug29/zJ0
〜回想 1か月前 常盤台中学 御坂・黒子の部屋〜

御坂「ねえ黒子。野球大会があるんだって」

白井「はあ…。それがどうかしましたの?」

御坂「いや優勝したら賞金が出るのよ。だからメンバー集めて出てみない?」

白井「お姉さまは既に多額の奨学金をもらっているでしょうに」

御坂「い、良いじゃない。たまには運動もしないとね」

白井「お姉様はつい先日までは動きっぱなしでしたわ。黒子の知らないところで
   研究機関つぶして回ったりロシアへ行ったりなど、もう一生分動いたでしょうに。
   もうゆっくり休んでいても良いのでは?黒子はずっと心配してましたのよ?」

御坂「だからその件についてはもう何度も謝ったでしょ?良いじゃない。たまには
   野球やりたくなる時もあるのよ。黒子は初春さんと佐天さん誘うだけで良いから
   他のメンバーは私が集めとくから」

白井「ですが風紀委員の仕事もありますし…」

御坂「お願〜い黒子。駄目?」ウワメヅカイ

白井(むっふぉぉぉぉぉぉ!お姉様の上目遣いぃぃぃぃ!なんという破壊力!
   ここまでお姉様にお願いされてこの黒子断るわけにはいきませんの!)

白井「分かりましたわお姉様。この黒子にお任せを」キリッ

御坂「さっすが黒子〜。愛してるぅ〜(嘘)」ダキッ

白井(ぶっひゃあぁぁぁぁぁぁぁ!もうわたくし死んでも良いですの!)
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/17(木) 00:13:40.08 ID:Vug29/zJ0
翌日 ジャッジメント第177支部

初春「へ?野球ですか?」

白井「そうですの。風紀委員の仕事は1ヶ月の休みは貰いましたの。佐天さんには電話して
   OKもらってますの」

初春「う〜ん。そうですねぇ。佐天さんも出るなら良いですよ。風紀委員の仕事も
   つまらないですからね」

白井「では早速今日から練習を。もう皆さん常盤台中学のグラウンドに集まってますの」

初春「ぬっふぇ!今日からですか!?いくらなんでも急すぎる気が…それにどうして野球やろうと
   思ったんですか?」

白井「さあ?知りませんの。やりたいといったのはお姉様ですから」

初春「へぇ〜御坂さんが言い出したんですか。でも御坂さんってレベル5ですから
   学園都市からたくさんお金貰ってるはずですよね?賞金目当てじゃないとしたら
   なんでわざわざ?」

白井「だから知りませんの。皆さんを待たせていますし、さっさと行きますわよ」

初春「待って下さい白井さん!何か裏があるとは思いませんか?1分だけ時間ください。
   ちょっと野球大会について調べますんで」

白井「全く…。初春は昔から言いだしたら聞かない頑固者ですの。早めにお願いしますの」

初春「はい!」
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/17(木) 00:14:46.55 ID:Vug29/zJ0
20秒後

初春「分かりましたよ白井さん!どうやらこの大会MVPになると『ペアで行く!7泊8日の
   ハワイ旅行』のチケットがプレゼントされるらしいです!きっとこれを狙ってるんですよ!」

白井(ひょっとしてそのお相手はわたくし?いや違う…。だったら昨日わたくしに
   言ってくれてもいいはず…。なのに賞金が欲しいだの野球をやりたいだのと
   ごまかした…。もしや誘う相手はあの類人猿!?くそがぁぁぁぁぁぁぁ!)

初春「し、白井さん?なんか負のオーラがで出ますけど大丈夫ですか?」

白井「さっさと行きますわよ初春!お姉様に真相を聞きに行かないと!」ガシッ

初春「ちょっと、白井s」ヒュン

〜回想終了〜
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/17(木) 00:15:43.11 ID:Vug29/zJ0
白井(あのあとグラウンドに行ってみたらお姉様に瓜二つの双子と、大きいお姉様と
   小さいお姉様がいたから許しましたが、やっぱイライラしてきましたの)

打ち止め「さっきから黒子お姉ちゃんから負のオーラが出てる、ってミサカはミサカは
     怯えてみたり」ガクブル
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/17(木) 00:17:44.13 ID:Vug29/zJ0
>>48
現実的な野球バトルを期待してたならすいません。はっきり言って今後も
そりゃねえだろ。と思う展開が続きます

>>56
仰るとおりです
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/17(木) 00:18:39.18 ID:Vug29/zJ0
ウグイス「2回の表、鳳凰学園の攻撃は、4番中堅手削板君」

削板「よっしゃぁぁぁぁ!かっ飛ばすぜぇぇぇぇ!」

御坂「元気ねぇ。まあでも打たせやしないけど、ねっ!」ビシュ

削板「ぬおらっ!」ブンッ

カッキィィィン

青ピ「これはいったでぇぇぇ!」

御坂「センター!」

青ピ「どうあがいてもこれはホームランやろ!」
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2011/03/17(木) 00:18:55.52 ID:Msm+2uX9o
すまん
俺達の婚后光子さん忘れてた
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/17(木) 00:20:10.46 ID:Vug29/zJ0
婚后「このわたくしを常盤台中学の婚后光子と知っての狼藉ですの!?」

そう言うと婚后は地面に手をかざす。そしてその能力『空力使い』で『噴射点』を創る
婚后はその噴射点から出る空気を使い大きく『飛んだ』。

婚后「ほっ」パシィ

ヒュゥゥ スタッ

審判「ア、アウト!」

御坂「助かったわ。婚后さん」

婚后「わたくしにかかれば、この程度どうってことないですわ!」オーホッホッホ

青ピ「な、なんてことや…。あのホームランボールを捕りおったでぇ!しかもあの高さから
   無傷で着地やし。ただのお嬢様かと思ってたけど、さすが常盤台。運動神経は人並み以上
   いやズバ抜けてるで!」

上条「こりゃホームべースは遠いな…」
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/17(木) 00:22:04.23 ID:Vug29/zJ0
>>63
自分も忘れてました

今日はここまでということで。続きは明後日3月17日(木)までには投下したいと思います
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/17(木) 00:24:05.64 ID:Vug29/zJ0
>>65
間違えました。明後日3月18日(金)でした
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [saga]:2011/03/17(木) 00:50:26.11 ID:6Hidj5cW0
1乙
>>34
佐天「禁書高校VS超電磁砲学園!プレイボール!」
☆「もう戦闘飽きたな。それ以外で決着をつけよう」ローラ「望む所なりけるのよ」の冒頭
の二つ
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2011/03/17(木) 07:41:58.48 ID:tnDN7Ugwo
普通の身体能力をどうやって補って野球するかを期待したんだけどな
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:09:15.70 ID:coXBUIPP0
>>1です
予告通り投下します
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:10:59.31 ID:coXBUIPP0
削板「すまん…」

姫神「あのホームランボールを。捕られちゃ仕方ない。誰も削板君を。責めることはできない」

ウグイス「5番右翼手一方通行君」

上条「打ってくれ一方通行!」

御坂(一方通行。能力ではかなわないけど、野球では勝たせてもらうわ!)ビシュ

バシィ ストライクバッターアウト!

上条「おい何やってんだよ一方通行!」

一方「1打席目は球筋を見極めるのに使ったンだよ。次の打席ではかっ飛ばしてやるぜェ」

土御門「まあそう責めるなカミやん。こいつは実力は確かだからな」
71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:12:16.10 ID:coXBUIPP0
ウグイス「6番左翼手海原君」

土御門「おい海原。手は抜くなよ」

海原「分かってますよ」

バシィ ストライクバッターアウト!チェンジ!

土御門「海原テメエ!」

海原「違いますって!普通に打てなかっただけですよ!150キロのストレートにキレのある
   スライダーとシュートですよ!そう簡単に打てませんよ。あなたもスライダー空振った
   じゃないですか」

削板「まあまあ抑えて。次の常盤台の攻撃を0点で終わらせて、また攻撃すればいいさ」

土御門「ちっ!」
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:13:10.29 ID:coXBUIPP0
ウグイス「2回の裏、常盤台中学の攻撃は、4番投手御坂美琴さん」

御坂(ここで打てばMVPに1歩近づける!そしてあの馬鹿を誘う!)ゴゴゴ

吹寄・姫神(なんて気迫なの?)

吹寄(でも、相手がレベル5だろうが打たせやしない!)ビシュ

ギュルル

姫神(うん。良い球。これなら―――)

御坂 カッキィィィィン

吹寄(わ、私の全力のフォークが…)ガクッ
73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:14:03.25 ID:coXBUIPP0
削板「な〜にを諦めてるんだぁ!?」

削板(さっきは常盤台の嬢ちゃんがやってくれたからなあ!今度は俺の番だ!)

削板「すごいジャーンプ!」ドッカーン

削板 パシィ

審判「ア、アウト!」

青ピ「あいつも凄いで。爆発して飛んでいったと思ったらホームランボール捕りよった。
   この調子なら僕らまだまだ行けるで!」

姫神「制理。削板君が。ホームランボールを捕ってくれた。無駄にするわけにはいかない。
   気持ち切り替えて。次の2人を打ちとろう」

吹寄「ええそうね。ありがとう姫神さん」
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:14:59.33 ID:coXBUIPP0
ウグイス「5番中堅手婚后さん」

婚后「わたくしはバッティングも得意ですのよ!」

吹寄(もう打たせない!)ビシュ

姫神 バシィ

審判「ストライーク!」

吹寄 ビシュ

婚后 スカッ

姫神 バシィ

審判「ストライクツー!」

白井「何やってるんですの!ボールをよく見て!」

吹寄 ビシュ

婚后(分かってますわよそんなの!でも)スカッ

姫神 バシィ

審判「ストライク!バッターアウト!」
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:15:36.22 ID:coXBUIPP0
ウグイス「6番左翼手佐天さん」

御坂「頑張ってね。佐天さん」

佐天「もちろんです。ヒット打ってきます!」

バシィ ストライクバッターアウト!チェンジ!

初春「全くちゃんと打って下さいよ〜」ハァ

佐天「何だよその言い方!初春のくせに生意気な〜」

土御門「吹寄もすぐ立ち直ったみたいだし、反撃だ!」
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:16:12.91 ID:coXBUIPP0
ウグイス「3回表、鳳凰学園の攻撃は、7番一塁手結標さん」

上条「打ってくれー結標さん!」

結標(そんなこと言われてもあんなの打てないわよ〜)

土御門「カミやん。過度な期待はよした方が良いぜい」

バシィ ストライクバッターアウト!
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:16:43.02 ID:coXBUIPP0
上条「ま、まあ仕方ねえよ。姫神打ってくれ!」

ウグイス「8番捕手姫神さん」

姫神(上条君に。応援された。期待に応えたい///)

バシィ ストライクバッターアウト!

上条「どんまいどんまい」

姫神(上条君の期待に。応えられなかった)ズーン
78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:17:51.38 ID:coXBUIPP0
ウグイス「9番投手吹寄さん」

上条「行けー吹寄!」

吹寄(同じ投手やってるからかな。あの子の考えてることなんとなくわかる)

御坂「ふっ!」ビシュ

吹寄(あの子はきっと私と同じ負けず嫌い。だから私みたいな相手にはきっと変化球なしの
   真っ向勝負のストレートで来るはず!)ブンッ

カキィン 御坂「やば」

上条「打った!」

番外「とうっ!」バッ

バシィ

審判「アウト!チェンジ!」

上条「あぁ〜良い当たりだったのに!ファインプレーに阻まれたか…」

御坂「助かったわ番外個体」

番外「これくらいミサカにかかればどうってことないよ☆」
79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:18:51.42 ID:coXBUIPP0
ウグイス「3回の裏、常盤台中学の攻撃は、7番右翼手初春さん」

佐天「さっきあれだけ生意気な口叩いたんだ!打たないとユニフォーム脱がすからね!」

吹寄 ビシュ

初春(もうデータは集まりました。内角低めなのは分かっています!)カキィン

吹寄「セカンド!」

青ピ「任しとき!」パシ シュ
80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:20:00.26 ID:coXBUIPP0
結標「ちょっとどこ投げてるのよ!」

佐天「送球エラーだ!走れ初春!」

初春は一塁を蹴って二塁へ走る。その間に土御門はセカンドベースに入る

土御門「結標、能力を使え!」

結標「分かったわ!」ヒュン

土御門 パシ

初春「ぬっふぇ!どうしてボールがグラブの中に!」

土御門「ご苦労さん」タッチ

審判「アウト!」

上条・土御門「おい青髪!!しかっりしろ!!」

青ピ「すまんって。でも結果オーライだから許して」

土御門「ふざけんな!貴重な能力使用回数が減ったんだぜい!エラーはバットで取り返せよ!」

青ピ「分かったって。次は打つから勘忍して」
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:20:57.62 ID:coXBUIPP0
ウグイス「8番三塁手ミサカさん」

ミサカ(ミサカでは打てそうもないですね)

バシィ ストライクバッターアウト!

ウグイス「9番二塁手打ち止めちゃん」

打ち止め「ようし!ミサカ絶対打つからね、ってミサカはミサカは意気込んでみたり!」

白井(か、可愛いぃぃぃぃ!鼻血がでそうですの)

一方「タァーイム!」
82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:21:45.51 ID:coXBUIPP0
一方「吹寄さンよォ、分かってるとは思うが、ど真ン中スローボール投げろよ」

吹寄「はぁ?なんでよ!?」

一方「ガキに本気とか大人げねェだろ?大丈夫だって。打たせて取るだけだ。
   あンなチビガキがホームランになンかできるわけねェだろ?それに体力も温存できるしなァ」

吹寄「それもそうね。でもちゃんとアウトにしなさいよ!」

一方「あァ」

審判「プレイ!」

吹寄 シュ

打ち止め(!?)

姫神 ポスッ

審判「ストライーク!」
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:22:52.23 ID:coXBUIPP0
打ち止め「ちょっと!ミサカを馬鹿にしてるの、ってミサカはミサカは憤慨してみる!」

吹寄 シュ

打ち止め(むぅ〜完全にミサカを馬鹿にしてる!こうなったら皆力を貸して、って
     ミサカはミサカは全妹達に呼びかけてみたり!)

その瞬間ミサカネットワークを介して、全妹達の演算能力が打ち止めに移った。
そして一時的ではあるが打ち止めは大幅にパワーアップした

カッキィィィン

一方(な、なンだと!?)

佐天「は、入ったぁぁぁぁぁ!」

打ち止め「ミサカをなめてるからこういうことになるんだよ、ってミサカはミサカは
     勝ち誇ってみたり!」
84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:23:42.88 ID:coXBUIPP0
青ピ「こ、この1点はでかいでぇ…」

土御門「大丈夫か?吹寄」

吹寄「え、ええ」

一方「すまねェ…。ガキだと思って油断してど真ン中に投げろなンて言ったからだ」

上条「ま、仕方ねえよ。後悔してもはじまらねえ。次抑えて反撃しようぜ!」
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:25:10.74 ID:coXBUIPP0
ウグイス「1番捕手白井さん」

白井「わたくしも1発ぶちかましてきますわ」

初春「待って下さい白井さん!確かMVPがどうとかで悩んでいましたよね」

白井「そうなんですのよねぇ。試合に勝ってもお姉様がMVPになって、あの類人猿を誘うと思うと
   やる気が出ませんの」

初春「なら白井さんがMVPになればいいんじゃないですか?そうすれば白井さんがチケット使って
   御坂さんとハワイに行けるじゃないですか!」

白井 ハッ(そ、その手がありましたの!初春のくせに良い事言うじゃありませんか!)

佐天「ねえ初春。なんでそれを早く言わなかったの?」

初春「ここぞと言う時に言ってやる気を出させようと思ったんです。相手投手はさっきの
   アホ毛ちゃんのホームランで動揺しています。この回まだまだ点とれますよ」
86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:25:53.62 ID:coXBUIPP0
白井 ゴゴゴゴ

姫神(さっきまでと気迫が違う)

吹寄 ビシュ

ギュルル

姫神(さっきのホームランで。意気消沈してないか心配だったけど。これなら――)

白井 カキィィン

御坂「抜けたーっ!レフト前ヒットね!」

姫神「大丈夫。球は悪くなかった。ただのマグレ」

吹寄「ええ」
87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:26:52.07 ID:coXBUIPP0
ウグイス「2番一塁手御坂妹さん」

御坂妹(このタイミングでミサカかよ、とミサカはプレッシャーを感じます)

吹寄 シュ

白井 ダッ

土御門「まずい!盗塁だ!」

姫神 バシ シュ

ズシャァァ 審判「セーフ!」

佐天「さすが白井さん!盗塁成功だね!」
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:27:53.33 ID:coXBUIPP0
吹寄 シュ

白井 ヒュン

土御門「今度は『空間移動』を使った盗塁だ!」

姫神 バシ(いくらなんでも。刺せるわけない。でもバッターは。ツーストライクで追い込んでる)

吹寄 シュ

御坂妹(さっきまでの2球を見て確信しました。球威は初回から比べて落ちてるので
    ミサカでも打てます、とミサカはバットを振ります)ブンッ

カキィィン

佐天「今度はライト前ヒット!2点目だ!」
89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:28:48.40 ID:coXBUIPP0
一方(まだだ!俺が10032号をアウトにすれば点は入ったことにはならねェェェ!)カチッ

一方「ベクトルビーム!」ギャルルル

結標「こんなの捕れるわけないじゃない!」サッ

バゴン←壁にボールがめり込んだ音

一方「なに避けてンだ!結標!」

佐天「よし!そのまま走r」

御坂「駄目!走らないで!」

土御門(ちっ!結標が能力でボールを転移してることがばれたか)

結標(走ってたらアウトにできたのに!)
90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:30:08.36 ID:coXBUIPP0
土御門(今の一連のプレーはまずかったぜい。なんせ貴重な能力使用回を2回も消費した上に
    2点目を獲られた。とりあえずここは)

土御門「タイム!」

一方「ちっ!俺の送球を結標がとってたらアウトだったのによ」

結標「あんなボール受けたら、手首が吹き飛ぶわよ!」

土御門「まあまあ抑えろ。さっきのプレイに関してだが一方通行も純粋にアウトにしたかっただけ。
    だが確かにあの送球を受けると手首は吹き飛んでただろうな。何が言いたいかって言うと
    さっきのは仕方ない。切り替えていこうぜ」

上条「土御門の言う通りだ。まだ試合が終わったわけじゃない。さっきも言ったけど
   今度こそ抑えて反撃しようぜ」

青ピ「なんか初回から比べて、球威おちてるようやけど大丈夫なん?」

吹寄「ええ大丈夫よ。あんたら三馬鹿に心配も励ましもされる筋合いはないわ」

青ピ「それならええねんけど」
91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:30:54.87 ID:coXBUIPP0
ウグイス「3番遊撃手番外個体さん」

吹寄(球威が落ちてるですって?この私がそう簡単にへばるわけないでしょうが!)ビシュ

姫神 バシィ

審判「ストライーク!」

土御門(多少は球威が戻ったみたいだが…)

吹寄 ビシュ

番外 カキィン

佐天「レフト前ヒット!」

番外個体(ま、ミサカが本気出せばこんなもんだよ)
92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:31:46.87 ID:coXBUIPP0
ウグイス「4番投手御坂美琴さん」

土御門(ツーアウト一、二塁で4番の『超電磁砲』か)

土御門「タイム!」

姫神「制理。ここは。セオリー通りにいくなら。敬遠するべき。1打席目は。
   削板君のおかげで助かったけど。完璧に捉えられてる」

土御門「姫神の言う通りだゃー。さすがに勝負は危険すぎる。お前が負けず嫌いなのは
    知ってるけど、勝負はあまりにも危険すぎるにゃー」

吹寄(今の私じゃ、抑えるのは無理なのかな…)

上条「俺はどっちでもいいと思うぜ」

吹寄(!?)
93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:33:43.36 ID:coXBUIPP0
土御門「正気かカミやん!?吹寄の球は『超電磁砲』には1打席目で完璧に
    捉えられてるんだぜい!」

上条「確かにそうだけど、もしここで敬遠した後5番に打たれたら、尚更良くないだろ?」

青ピ「それはそうかもしれへんけど」

上条「それにさっきのはマグレかもしれねーじゃねーか。俺は吹寄の気持ちを曲げてまで
   敬遠する必要はないと思うけどな」

土御門「……」

上条「もちろん吹寄が勝負したくないって言うなら、しなくても良いけどさ。もし勝負したいなら
   俺はするべきだと思うぞ。大丈夫。もし打たれても俺らが体張ってでもアウトにするからさ」

吹寄「私は、勝負したい!」

吹寄「わがままかもしれないけど、私は負けたままで終わりたくない!」

上条「そうか。吹寄がそう決めたんならそれでいいと思うぞ」
94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:34:58.89 ID:coXBUIPP0
姫神「待って。さっきから上条君は。ゴチャゴチャ言ってたけど。あの4番は危険すぎる」

吹寄「大丈夫よ!絶対私が打ちとって見せる!」

土御門「はぁ〜、仕方ないぜい。いいぜ、投げろよ。もし点を取られても
    取り返しゃーいいだけだしな」

姫神「ちょっと。それは正気で言っているの?土御門君」

土御門「ウチのエースが投げたいって言ってんだ。それにこのメンバーを集めた
    キャプテンのカミやんも認めているんだしな。ま、何とかなるだろ」

姫神「でも」

吹寄「姫神さん。絶対に抑えるからここは勝負させて」ジッ

姫神「…分かった。制理がそこまで言うなら。良いよ」
95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:35:57.27 ID:coXBUIPP0
審判「プレイ!」

御坂「もう作戦会議は良いのかしら?」

第1打席で吹寄の球を完璧に捉えられていた余裕からか、御坂は姫神を煽る

姫神「……」

しかし姫神からは反応がなかった。黙ってミットを構えて集中している
何かを感じた御坂は吹寄の方を見た

吹寄 ゴゴゴゴ

御坂(さっきまでとは集中力が段違いね。面白いじゃない!)
96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:36:45.96 ID:coXBUIPP0
吹寄 ビシュ

御坂 キィン

審判「ファール」

御坂(球威が戻った…。いや寧ろ1打席目より速い)

吹寄 ビシュ

御坂 キィン

審判「ファール」
97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:37:32.86 ID:coXBUIPP0
キィン 初春・佐天「…」

キィン 上条・土御門・青ピ「…」

キィン 番外・打ち止め・婚后「…」

キィン 削板・一方・海原「…」

キィン ファール

御坂(この私が段々振り遅れている!?)ハァハァ

吹寄 ハァハァ

削板「いけえぇぇぇぇ!根性見せろぉ!」

吹寄「はぁぁぁぁぁぁぁぁ」ビシュ

ギュルルル

御坂(私は、負けない!)ブンッ

姫神 バシィィン

審判「ストライク!バッターアウト!チェンジ!」
98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:38:15.14 ID:coXBUIPP0
吹寄「よしっっっっ!」ガッツポーズ

上条「よっしゃぁぁぁ!さすが吹寄!」

削板「よくやったぞ!根性あるじゃねえか!」

白井「まさか、お姉様が三振なさるとは…」

御坂「やるわねあの女。でも次の打席は絶対打つ!」
99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/18(金) 19:40:02.10 ID:coXBUIPP0
今日はここまでということで
続きは明後日3月20日(日)に投下したいと思ってます
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2011/03/18(金) 20:52:55.64 ID:7NbmfnI/o
乙乙
101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:02:11.39 ID:FXdyjokq0
>>1です
では続きを投下したいと思います
102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:03:32.42 ID:FXdyjokq0
ウグイス「4回表、鳳凰学園の攻撃は、1番遊撃手土御門君」

御坂(さっさと抑えて、また攻めさせてもらうわよ!)ビシュ

土御門(吹寄があれだけ頑張って抑えてくれたんだ。そろそろ反撃させてもらうぜい!)

カキィィン

上条「センター前ヒットだ!」

御坂(いつかやられるとは思ったけど、容赦なく打ち止めがいるセカンド狙ってきたわね)

土御門(勝つためには手段は選ばないにゃー)
103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:04:33.77 ID:FXdyjokq0
ウグイス「2番二塁手青髪君」

青ピ(ここはやっぱり)

御坂「ふっ!」ビシュ

青ピ(送りバントやろ!)スッ

コン

白井(送りバントなんてさせませんわ!わたくしのテレポートでボールをセカンドへ!そして
   ダブルプレーですの!)ヒュン

打ち止め パシ

審判「セーフ!セーフ!」
104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:05:24.35 ID:FXdyjokq0
白井「な!?あの金髪の殿方!なんて足の速さですの!?」

土御門「俺の脚をなめてもらっちゃ困るぜい」

御坂「打ち止め!早くファーストに投げて!」

打ち止め シュ

青ピ「うおおおおおおお!」バッ

御坂妹 パシ 

ズシャァァァ 

審判「アウト!」

青ピ「くっそおおおおおお!」
105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:06:06.44 ID:FXdyjokq0
ウグイス「3番三塁手上条君」

上条「よっしゃあ!今度こそ打つぜ!」

御坂「ふっ!」ビシュ

上条「おらっ!」カキィン

御坂「サード!」

ミサカ パシ シュ

御坂妹 パシ

審判「アウト!」

上条「ちっくしょう!」
106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:06:58.70 ID:FXdyjokq0
ウグイス「4番中堅手削板君」

削板「今度はホームラン決めてやるぜ!」

白井(お姉様が負けず嫌いなのは分かりますが、ここは)スッ

御坂(ええ、分かってるわよ)シュ

白井 パシ

審判「ボール」

上条「な!?あの御坂が敬遠かよ!?」

パシ 

ボール フォアボール

一方「ま、一塁が空いてる状況で、さっき打球を完璧に捉えていた削板を敬遠するのは
   妥当だわなァ」
107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:07:54.18 ID:FXdyjokq0
ウグイス「5番右翼手一方通行君」

一方「まァその敬遠を後悔させてやるがなァ」

御坂(コイツは能力は私より上でも所詮もやし!野球では私の方が上なのよ!)ビシュ

一方(馬鹿が!もうお前の球筋は1打席目で完璧に見極めた!もうお前の球はアジャスト済み
   なンだよ!)カキィィン

白井「ライナーがお姉様に向かっている!」

御坂 バシィン

審判「アウト!チェンジ!」

上条「あの顔面に向かっていたライナーを捕るとは。さすが御坂。反射神経が半端じゃないな」

海原「結局、この回も無得点ですか…」
108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:08:30.07 ID:FXdyjokq0
その後はさっきの御坂の打席以降調子に乗っていた吹寄が好投を続けた。一方御坂も
安定したピッチングを続け、両チームヒットがいくつかあったが無得点のまま0対2で最終回を迎えた

109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:09:06.91 ID:FXdyjokq0
ウグイス「9回の表、鳳凰学園の攻撃は、9番投手吹寄さん」

吹寄(この試合、私はあの子を打ちとりはしたけど、あの子からヒットは打ってない)

白井(お姉様。最後まで油断は禁物ですのよ)

御坂(そんなこと分かってるっつーの!)ビシュ

吹寄 スカッ

白井 バシィ

審判「ストライーク!」
110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:11:08.97 ID:FXdyjokq0
吹寄 ハァハァ

御坂(だいぶ疲れてるようね。でも容赦なくいかせてもらうわ!)ビシュ

吹寄 キン

審判「ファール」

御坂「ここにきて当てるとはやるわね」ハァハァ

白井(さすがにお姉様にも疲れが見え始めてますの。ここはスライダーで終わらせましょう)

御坂「ふんっ!」ビシュ

白井(変化しない…!)

吹寄 カキィン

上条「よっしゃあ!レフト前ヒット!」
111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:12:03.12 ID:FXdyjokq0
ウグイス「1番遊撃手土御門君」

上条「そしてここで今日2安打の土御門だ!頼むぜ!」

土御門「任せるにゃー」

白井「お姉様。疲れが見え始めているようですが大丈夫ですか。次はあの金髪の殿方ですが」

御坂「この私が疲れてる?冗談言わないでよ。まだまだ行けるっつーの。あいつには今日2回
   打たれてるけど、今度は打ちとって見せるから」

白井「なら良いですが」
112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:12:43.32 ID:FXdyjokq0
御坂(さっきは勝負を焦り過ぎた。今度は絶対抑える)ビシュ

ギュア

土御門 スカッ

白井 バシィ

審判「ストライーク!」

土御門(いきなりスライダーか。今日2安打されてる俺を本気で抑えるつもりだな)
113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:13:40.96 ID:FXdyjokq0
御坂「ふんっ!」ビシュ

土御門(外角に逃げるスライダーを見た後に内角に抉り込むシュートかよ!)キン

審判「ファール」

上条「頼む!なんとか打ってくれ!土御門!」

御坂(絶対に打たせない!私がMVPになってあの馬鹿を誘うまでは!)

御坂「ふっ!」ビシュ

土御門(ど真ん中!)ブンッ

白井 バシィン

審判「ストライク!バッターアウト!」

青ピ「こ、このタイミングで今日最速の155キロやと!?」

土御門「すまんぜよ…」

上条「ま、まあ仕方ねえさ…」アハハ
114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:14:23.85 ID:FXdyjokq0
ウグイス「2番二塁手青髪君」

青ピ(無理や…。さっきまでの疲れてる状態やったら、打てるかと思ったのに)

上条(はぁ…。賞金欲しかったのに1回戦負けかぁ…。練習も頑張ったのに)

バシィ ストライーク

青ピ(やっぱ無理や。もう打てん)

今の青髪はバットを振ることすら諦めていた。その時観客席から声が聞こえた
115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:15:07.07 ID:FXdyjokq0
小萌「なにをやっているのですか青髪ちゃーん!」

青ピ「小萌先生!?」

小萌「やる気あるんですか青髪ちゃん!!ちゃんと背筋伸ばして!」

青ピ「で、でも僕にはこの球は打てへん」

小萌「何を弱気なこと言ってやがるんですか!先生はそんな弱い子に育てた覚えはないのです!」

青ピ「…」
116 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:16:16.33 ID:FXdyjokq0
小萌「確かに御坂さんの球は凄いです。でもだからってバットを振らないのはやめて下さい。
   同じ負けるにしてもせめてバットを振って負けてほしいのです」

小萌「上条ちゃん達は名門常盤台相手に2対0なんて善戦をして先生はとても嬉しいのです!
   この試合ここで青髪ちゃんが打てなくても青髪ちゃんのことは誰も責められません。
   だから後悔の残らないよう、残り1イニング精一杯プレイしてほしいのです!」

青ピ「先生、僕、目覚めました!」

青ピ(そうや。小萌先生の言う通りや。この試合まだ終わってへん!それに小萌先生が
   わざわざ応援に来てくれたんや!ここで打たなきゃ男やない!)
117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:17:14.30 ID:FXdyjokq0
御坂(そんな少し応援された位で打たれるような球じゃないっての!)ビシュ

青ピ スカッ

白井 バシィ

審判「ストライクツー!」

小萌「惜しいですよ!青髪ちゃーん」

青ピ(この試合、ツッチーは打撃に守備と活躍した)

白井(スライダーで終わりですの!)

青ピ(カミやんは得意の言葉責めで、吹寄を励ました)

御坂「ふんっ!」ビシュ

ギュア

青ピ(僕だけ。僕だけまだ何もしてへん)キン

審判「ファール」
118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:18:14.29 ID:FXdyjokq0
青ピ(吹寄は好投した。結標さんは能力使ってアウトにした。削板君も攻守ともに活躍した。
   姫やんは捕手として頑張った。海原君と一方通行君は…何もしてへんか)

御坂(私の自慢のスライダーを当てるとはね。でもこれでジ・エンドよ!)ビシュ

青ピ(それに比べて、僕はエラーをする始末。だったら)

白井(終わりですの!)

青ピ(バットで取り返すしかないやないかーっ!)ブンッ

カキィィン
119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:19:26.27 ID:FXdyjokq0
上条「また御坂に向かってライナーだ!」

御坂 バシィィィ

上条「捕られた!?」

御坂 ズバァン

上条「グラブを弾いた!走れ青髪!」

青ピ「うおおおおお!」(今度こそセーフになるんや!)バッ

御坂「まだよ!アウトにしてやる!」シュ

ズシャアアアア

審判「セーフ!セーフ!」

削板「よっしゃあ!これでワンアウト一、二塁!」
120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:20:19.91 ID:FXdyjokq0
ウグイス「3番三塁手上条君」

上条「ここまで来たら、もう打つしかねえだろ!」

海原「ちょっと待って下さい」

上条「なんだ海原?」

海原「実は気づいたことがあってですね。御坂さんは直球を投げるときは『ふっ!』と言って
   変化球だと『ふんっ!』と言うんですよ」

土御門「なんでそれを早く言わねーんだよ!」

海原「い、いや、ここぞというチャンスに言うべきだと思いましてね」

土御門「まあ良い。カミやん行って来い」

上条「ああ」
121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:21:03.79 ID:FXdyjokq0
インデックス「とうまー。応援に来たんだよ!」

上条「インデックス!」

インデックス「早く優勝して賞金獲得して、私にたらふくおいしいもの食べさせてね!」

上条「お前は賞金しか頭にないのかよ!俺を応援してくれよ!」

インデックス「優勝して賞金獲得したらいくらでも褒めてあげるんだよ!」

小萌「上条ちゃーん!頑張ってくださいね〜」

上条「小萌先生!」
(インデックスと違ってちゃんと応援してくれてる!なんか嬉しい!よし!絶対打つ!)
122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:21:49.60 ID:FXdyjokq0
御坂(次のバッターはあの根性馬鹿。ここでこの馬鹿に打たれるわけにはいかない!)ビシュ

白井 バシィ

審判「ストライーク!」

上条(海原の奴掛け声の違いで球種がわかるって言ってたけど、声なんて聞こえねーぞ!)
123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:22:24.06 ID:FXdyjokq0
土御門「何をやっているカミやん!せめてバットを振れ!」

上条「分かってる!」

御坂「ふんっ!」ビシュ

ギュア

上条(やっぱ声なんて聞こえねえ!)スカッ

白井 バシィ

審判「ストライクツー!」
124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:23:24.58 ID:FXdyjokq0
上条(大体バッターボックスからマウンドまで約18メートル。声なんて始めから
   聞こえるわけねえ!)

白井(さあ、これで終わりですの!)

上条(もういいや。考えるのはもうやめだ。ただ来た球を打ち返す!)

御坂「ふんっ!」ビシュ

ギュア

上条 カキィィン

土御門「抜けたーっ!」

結標「これでワンアウト満塁ね!」

姫神「そして。次のバッターは」
125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:24:24.37 ID:FXdyjokq0
ウグイス「4番中堅手削板君」

削板「俺が逆転ホームラン打ってやる!」

白井「お姉さま。どうやら敬遠は無理みたいですわね」

御坂「ええ。でもまあ良いわよ。もともと私は敬遠なんてしたくなかったからね。正々堂々
   抑えて勝つ!」

削板「かかって来い!」

御坂「ふっ!」ビシュ

削板「おらっ!」カキン

審判「ファール」

御坂「ふんっ!」ビシュ

ギュア

削板「せいっ!」カキン

審判「ファール」

上条(頼む…。打ってくれ削板)

白井(直球もシュートも駄目ですの。やはりここはお姉様お得意のスライダーで!)

御坂(いやここは直球で行かせて)

白井「タ、タイムですの」
126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:25:17.05 ID:FXdyjokq0
白井「お姉様!あのハチマキの殿方がどれだけ危険かわかってますの!?」

御坂「分かってるわよ。でもあのハチマキ馬鹿には小細工なんて通用しないわ。それに
   私の1番の得意球って直球なのよ。もう技で向かうのは飽きたわ。力と力の勝負がしたいの」

白井「ですが!」
127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:26:45.72 ID:FXdyjokq0
番外「もういいんじゃない?お姉様の好きなようにやらせれば」

白井「大きいお姉様!」

御坂妹「ミサカもお姉様の言う通りで良いと思います、とミサカはお姉様側につきます」

ミサカ「ミサカもお姉様の言う通りで良いと思います、とミサカは10032号に続きます。
    本当は不安だけど」

白井「双子お姉様まで!」

打ち止め「ミサカも皆の言う通りだと思うよ、ってミサカはミサカは宣言してみたり」

白井「小さいお姉様まで!何故ですの!?ここがどれだけ危険な状況か分かっているんですの!?」

初春「大丈夫ですよ。打たれても私たちが体張って止めますから!」

佐天「それに万が一逆転されても、逆転しかえせばいいだけですしね!」

白井「佐天さんに初春まで!」

婚后「もともと御坂さんの作ったチームなんですから、御坂さんのやりたいようにやれば
   いいですわ。もう見苦しいですわよ白井さん」

白井「なんだかわたくしが悪者みたいですの。もう意見するのが馬鹿らしくなってきましたわ。
   良いでしょう。そこまで言うなら直球で勝負しましょう!その代わり絶対抑えて下さい
   ですの」

御坂「分かってるって」
128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:27:53.42 ID:FXdyjokq0
審判「プレイ!」

御坂(皆MVPになることしか考えてなかったこの私についてきてくれた!この勝負絶対に
   負けるわけにはいかない!)

御坂「これが私の全力、だああーっ!」ビシュゥゥ

削板(根性あるいい球だ!だが俺とて負けられん!)

削板「すごいスイーング!」ブオンッ

白井 バシィィン

審判「ストライク!バッターアウト!」

土御門「今日最速の160キロか…。打てなくても仕方ないな」

削板「すまん皆!」orz

姫神「今のは。仕方ない。土下座なんてしないで」

削板「でもこの大事な場面で打てなかった!」

海原「まあまあ落ち着いて。あとは彼がどうにかしてくれますよ」
129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:29:27.44 ID:FXdyjokq0
ウグイス「5番右翼手一方通行君」

一方「捕手のツインテールが見当たらねェが」

白井「お待たせしましたの」ガチャガチャ

一方「なンだァその重装備は?」

白井「お姉さまのボールを受けるにはこれぐらいの装備でなきゃいけませんの」

一方「はァ?何言って」

バギュゥゥゥン

白井 ドゴォン
130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:30:41.83 ID:FXdyjokq0
白井「お姉様はここまで能力を使っておりませんでしたの。今のは能力を使ったボールですわ。
   ま、捕る側のわたくしもさっきまでの装備では怪我をしてしまいますので、こういう
   重装備に変えたわけです」

結標「ちょ!?そんなのアリなワケ!?」

土御門「まあルールでは着替えちゃいけないとか、特別な道具を使っちゃいけない、とは
    書いてなったからな」

結標「いやでも常識的に考えておかしいでしょ!」

土御門「これは学園都市主催の野球大会だ。ルールは学園都市が決めるんだぜい。
    学園都市側が何も言わないんだから良いんだろ。この試合に勝てたら、
    次の試合からは俺たちも色々使わせてもらうか」
131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:31:59.76 ID:FXdyjokq0
御坂「喰らいなさい!これが私の必殺技『超電磁球』(ボールガン)!!!!」バァン

バギュゥゥゥン

白井 ドゴォン

土御門「摩擦でボールが溶けないように、かなり力をセーブして放ってるな。それでも200キロか。
    しかも金属バットじゃ当たっても砕けるかもな」

結標「あんた冷静に解説してるけど、これかなりヤバいでしょ!?最終回ツーアウト満塁
   ツーストライク!このままだと私たち負けちゃう!!」

土御門「まだ分からないぜい。ウチの一方通行だって能力使用回数を後2回残してるんだ。
    それにアイツは学園都市第1位。もう球筋は見極めたんじゃないか」
132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2011/03/20(日) 20:33:15.64 ID:91B/fQmZ0
ファミスタの世界だなおい
133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:33:32.98 ID:FXdyjokq0
一方(この試合、結局俺はオリジナルから未だにヒットを打ってねェ)カチッ

白井(さあ、これでラストですの)

御坂(ええ)バァン

バギュゥゥゥゥン

一方(学園都市第1位の俺が第3位に後れをとるわけにはいかねェよなァ!)ゴッ

その時、一方通行は常人では当てることすらできないであろう200キロのボールを当てた
しかし、当てたところで金属バット程度では砕けるはずだった。だが一方通行はベクトル
操作能力をバットにまで付与し、打ち返せるはずがない球を打ち返した。

一方「ギャハッ!」ギィィィィィィン

バリィィン
134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:34:38.09 ID:FXdyjokq0
上条「ホ、ホームランだ!電光掲示板直撃の満塁ホームランだ!」

青ピ「よっしゃあ!これで逆転!4対2や!」

御坂「さすがに第1位。能力使えば何とかなると思ってたけど甘かったようね」ガクッ

白井「お姉様…」

御坂妹・ミサカ・番外・打ち止め「お姉様元気出して」

初春・佐天「大丈夫ですよ!試合はまだ終わってません!」

婚后「大丈夫ですわよ。わたくしのバットですぐに逆転して差し上げますから」

御坂「ありがとう皆。もう大丈夫だから」
135 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:35:27.46 ID:FXdyjokq0
上条「続け海原!お前掛け声で球種わかるんだろ!絶対打てよな!」

バシィ ストライクバッターアウト!

土御門・青ピ「お前球種分かんじゃなかったのかよ!何あっさり三振してんだ!」ボカドカ

海原「す、すみません」ボカドカ

上条「吹寄、残り1回だ。いけるか?」

吹寄「誰に向かって言ってんのよ。もちろん大丈夫に決まってるじゃない」
136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:36:18.63 ID:FXdyjokq0
ウグイス「9回の裏、常盤台中学の攻撃は、9番二塁手打ち止めちゃん」

吹寄 ビシュ

バシィ ストライクバッターアウト!

御坂「あの子は1打席目不意打ちで打ったようなものだからね。今のあの人には通用しないか」

上条「よっしゃあ!あと2人だ!」
137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:37:04.79 ID:FXdyjokq0
ウグイス「1番捕手白井さん」

吹寄 ビシュ

バシィ ストライクバッターアウト!

御坂「ここにきてなんて集中力なの!?黒子まで三振に取るなんて」

白井「申し訳ありませんお姉様…」

御坂「仕方ないわよ。ここまで私のボール捕ってくれてありがとね」ナデナデ

白井「お姉様〜。こんな黒子を励まして下さってありがとうございます〜」ウルッ
138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:37:57.19 ID:FXdyjokq0
ウグイス「2番一塁手御坂妹さん」

吹寄 シュ

姫神 パシ

ボール フォアボール

吹寄 ハァハァ

土御門(吹寄はここまで100球以上投げてるからな。疲れるのも無理はないか)

上条・削板「頑張れ吹寄!あと1人なんだ!」

吹寄 コク
139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:39:09.35 ID:FXdyjokq0
ウグイス「3番遊撃手番外個体さん」

吹寄(私がとられた2点を皆がチャラにしてくれた。あと1人なんだ。ここでへたれるわけには
   いかないのよ!)ビシュ

ギュル

姫神(変化が甘い!)

カキィン

吹寄 「いっ!?」ゴッ

上条「打球が吹寄の足に!」
140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:40:17.67 ID:FXdyjokq0
土御門「結標!ボールをテレポートしろ!」

結標「分かったわ!」

番外「させない!」

そう言うと番外個体は持っていた鉄釘を結標の目の前を通るように放った

結標「ひっ!」

ヒュン ポト

ビビってしまった結標は演算が狂いボールを見当違いのところへテレポートしてしまう
その間に、番外個体も御坂妹も余裕でセーフとなる

上条「審判さん!今のは守備妨害じゃないんですか?」

審判「今の釘を直接当てたならダメだが、あれは能力使用で惑わせただけだからセーフだよ」

上条「そうっすか…」
141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:41:44.71 ID:FXdyjokq0
ウグイス「4番投手御坂美琴さん」

御坂(まさか私までまわってくるとわね。このチャンス絶対無駄にしない!)

上条「おい吹寄!足に打球当たったみたいだけど大丈夫か?」

吹寄「ごめん。ちょっと無理そう」ポロポロ

上条「お、おい!?泣くほど痛かったのか!?」

吹寄「違う!ここまでやってきたのにもう投げられなくて、皆に迷惑かけると思うと
   なんかやり切れなくて…!」ポロポロ

土御門「そうか。よく頑張ったな吹寄。あとは俺達に任せろ」

吹寄「え?」

土御門「削板。交代伝えてこい」

削板「おう」
142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:42:47.96 ID:FXdyjokq0
ウグイス「鳳凰学園、ポジションの変更をお伝えします。投手吹き寄せさんに代わりまして
     削板君。捕手姫神さんに代わりまして、土御門君が入ります。吹寄さんは中堅手へ
     姫神さんは遊撃手に入ります」

吹寄「ちょ、本当に大丈夫なの!?」

削板「おう!任せとけ!」

御坂(相手が誰だろうと負けない!)

削板「土御門、準備は良いかぁ!」

土御門「OKだにゃー」

削板「ぬおおおおおおおおおお!」ドギュン

御坂(え?)

土御門 ズドォン

審判「ス、ストライーク!」
143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:43:55.28 ID:FXdyjokq0
御坂(な、何なの今の速度!?能力なしでこの速度!?)

白井「いきなり160キロ!?やはりとんでもない殿方ですの」

削板「うおおおおおらああああああ!」ドギュン

御坂(速いけど、負けるわけにはいかないのよ!)ガキン

審判「ファール」

白井(170キロ!?あの殿方は本当に人間なのでしょうか…?でもその剛速球を当てるお姉様も
   さすがですわ!)

初春・佐天「頑張って!御坂さん!」

番外・打ち止め「打ってーお姉様ー!」

御坂妹・ミサカ「頼みます。打って下さいお姉様…!」
144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:44:43.37 ID:FXdyjokq0
削板「よく当てたな!だがこれで終わりだ!」

削板「すごいストレーーーーーーート!」ドギュン

御坂(皆が私を応援してくれてる!絶対負けない!)

御坂 ゴッ(捉えた!)

全員(当たった!?)

御坂「ちぇいさーっ!」キィィン
145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:45:17.33 ID:FXdyjokq0
青ピ バシィィィン

審判「アウト!ゲームセット!」

上条「よっしゃあああああああああ!勝ったぜ!」

土御門「最後は青髪への二直で決着か」

姫神「青髪君。少し。見直した」

青ピ「え?何やて?惚れ直したって?」

姫神「調子に。のらないで」バシッ

青ピ「いたっ!なにもそこまですることないやん!」
146 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:46:04.00 ID:FXdyjokq0
白井「お姉さま…」

御坂「負けちゃった…」ピクピク

白井「お姉さま!?両腕が…」

御坂「ええ。最後のストレート180キロはあったみたいだけど、球の重さも半端じゃなかった
   みたいね。両腕ともヒビが入ったみたい」

初春「そ、それ大丈夫なんですか!?早く病院に行った方が…」

御坂「大丈夫よ。それよりまだ挨拶してないでしょ」
147 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:47:26.24 ID:FXdyjokq0
審判「鳳凰学園vs常盤台中学は4対2で鳳凰学園の勝利!礼!」

全員「ありがとうございましたーっ!」

佐天「うわぁー。金属バットがへこんでるよ」

御坂妹「とんでもない球威ですね、とミサカは驚きを隠せません」

削板「第3位!俺のせいで腕の骨にヒビが入ったと言うのは本当か!」

御坂「まあね。でも気にしなくても良いわよ」

削板「いや、それでは俺の気がすまん。病院まで送らせてくれ!」ダッコ

御坂「ちょ!?やめてよお姫様だっこなんて!」

白井「こぅらこのゴリラお姉さまを降ろしやがれですのーっ!」

削板「よっしゃあ!病院まで3分で行くぞぉ!」ダダダダダ

白井「お、お姉さま〜」

佐天・初春「あはははははは」
148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:48:38.67 ID:FXdyjokq0
上条「なんかあっちの方にぎやかだな」

土御門「どうした?そんなに女の子のところに行きたいのか」

上条「そんなんじゃねえよ!」

青ピ「なんやカミやん。抜け駆けは許さへんでー」

吹寄「うっさいわよ三馬鹿!少しぐらい黙れないの!」

土御門「とか言いつつ、本当は吹寄も嬉しいんだろ〜」

吹寄「ま、まあそりゃあね」

土御門「おいおい。『あの』吹寄がデレたにゃー」

吹寄「うっさいわね」バシッ

土御門「いたっ!さっきまで泣いてた女の子とは思えないにゃー」ニヤニヤ

吹寄「う、うるさいわよバカ御門!」グリグリ

土御門「ギブギブ!」

結標「からかうのもその辺にしときなさいよ」

上条「そういや海原と一方通行はどうしたんだ?」

青ピ「海原君はなんか急いで出てったみたいやね。一方通行君はなんかあっちのベンチ行ったで」
149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:49:25.47 ID:FXdyjokq0
一方「帰るぞ。打ち止め、番外個体」

打ち止め「はーい、ってミサカはミサカは試合に負けて悔しいけど、あなたと一緒に帰れるのが
     嬉しくて、元気よく返事をしてみたり」

番外「そんなにミサカと一緒に帰りたいの?」

一方「あァ?嫌なら置いてくが」

番外「いやいやいやいや嘘だって!頼むからミサカとも一緒に帰ってよ〜」

一方「じゃあさっさと帰るぞ。疲れたしな」

打ち止め「あなたは相変わらずのもやしだね、ってミサカはミサカは馬鹿にしてみたり」

一方「うっせェぞ。クソガキ」
150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:50:15.58 ID:FXdyjokq0
青ピ「なんやねん一方通行の野郎!ハーレム築いてるやないか!」

結標「ならこれから私と一緒にデートでもする?青髪君」

青ピ「ぜひとも喜んで!」

結標「もちろん青髪君の奢りだけどね」

青ピ「かまへんかまへん!」

結標「じゃあそういうことだから皆またね〜」

土御門「じゃあ俺ももう帰るぜい。義妹が待ってるからにゃー」
151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:51:10.13 ID:FXdyjokq0
上条「吹寄。お前は一応病院行った方がいいんじゃないか?」

吹寄「そうね。まだ結構痛いし。そうするわ」

小萌「吹寄ちゃ〜ん。足を痛めたみたいですが、大丈夫ですか?なんなら先生が連れてって
   あげますよ?」

吹寄「そんな。子供じゃないんだし1人で行けますよ」

上条「せっかく先生が送ってくれるって言ってんだ。送ってもらえよ」

吹寄「では言葉に甘えさせてもらっても良いですか?」

小萌「もちろん!おーけーなのですよー」

小萌「そういうことなので上条ちゃんも姫神ちゃんもさよならなのですー」

上条・姫神「さようならー」
152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:52:02.87 ID:FXdyjokq0
上条「ふぅ。じゃあ俺も帰るかな」

姫神「待って。どうせなら私と一緒に「とうまー。お昼ご飯食べに行くんだよ!」

上条「あれ。もうそんな時間か」

インデックス「もう12時なんだよ!おなかが減ってしかたないかも」

上条「じゃあ行くか。姫神も一緒に行くか?」

姫神「え?私も。一緒に行っていいの?」

インデックス「もちろんなんだよ!私たちとあいさは友達なんだから」

上条「よし。行こうぜ」

姫神「うん」(本当は上条君と2人きりが良かったけど。これもこれで良いかな)

こうしてそれぞれの1日は過ぎて行った
153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/20(日) 20:53:43.05 ID:FXdyjokq0
これで今日の分の投下は終わりです。次回からは準決勝です
明後日の3月22日までには投下したいと思います
154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) [sage]:2011/03/20(日) 21:02:48.90 ID:GEZc2XTAO
普通のルールだと番外個体の行為って立派な守備妨害なんだよな
バットが折れて守備出来なかったことと、当たらなくてもバットを守備方面に投げることの違いで

ま、ここでは>>1がルールだから関係ない話なんだけどなww

何はともあれ乙です〜
155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2011/03/21(月) 00:32:13.24 ID:A/Y4BSfyo
バットならまだしも鉄釘とか
156 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:14:59.75 ID:9cv4Hz1v0
>>1です
それでは投下していきたいと思います
157 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:15:27.42 ID:9cv4Hz1v0
翌日 とあるスタジアム 一塁側ベンチ

上条「次の相手はどんなやつらなんだ?」

青ピ「トーナメント表で言うと、次の相手は長点上機か暗黒学園のどちらかになるはずや」

吹寄「暗黒学園?聞いたことないわね。きっと長点上機が相手ね。私のピッチングが
   通用するかしら…」

土御門「いや、それが勝ったのは暗黒学園らしい」

結標「ええ!?あの名門の長点上機に勝った相手って…相当ヤバいじゃん」

一方「誰が相手だろうと構わねェ。叩き潰す」

土御門「一方通行の言う通りだぜい」

削板「相手チームが入ってきたぞ」
158 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:16:37.49 ID:9cv4Hz1v0
上条「おい一方通行!あいつは浜面じゃねえか?」

一方「ちょっとあっち行ってくる」

上条「ちょっと待てよ一方通行!」

三塁側ベンチ

一方「垣根くゥーン。何でここに居やがるンですかァ?」

垣根「よぉ一方通行。何でここに居るかなんて理由は一つしかないだろ。野球しに来たに
決まってんだろ」

一方「何で暗部のオマエがこンなところに居るかって聞いてンだ」

垣根「おいおい勘弁してくれよ。学園都市の『闇』はお前が解体したんだろ。それに
   俺はもう暗部から完璧に足を洗った。ここには賞金目当てで来ただけだっつーの」

麦野「驚きだよね〜。こいつ一時期は脳を3つに分けられて冷蔵庫に繋がれてたってのに
今では野球なんてしちゃってさ〜」

垣根「うっせぇよババア。テメエも義手に義眼だろうが」

麦野「ああ?もう一遍言ってみろテメェ」

一方「第4位か。オマエら打ち止めや番外個体に手ェ出したら、ただじゃおかねェからな」

垣根「だから、俺らは賞金目当てなだけだっての」
159 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:18:53.84 ID:9cv4Hz1v0
再び一塁側ベンチ

土御門「一方通行。あそこに居るのは『未元物質』に『原子崩し』に見えるんだが。
    俺の気のせいか?他にも有名な能力者が何人かいるみたいだが…」

一方「気のせいじゃねェよ。第2位に第4位だ。まァただの不良少年も居るみたいだがなァ」

上条「おいおい。浜面もいるかと思ったら、あれは風斬じゃねえか?」

姫神「そうみたいだね」

土御門「皆聞いてくれ。相手チームには学園都市第2位と第4位がいる。他にもレベル4が何人か
    いる。そして長点上機を倒した相手だ。心していくぞ!」

全員「おう!」

審判「これから鳳凰学園vs暗黒学園の試合を始めます。礼!」

全員「よろしくお願いします!」
160 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:19:26.41 ID:9cv4Hz1v0
オーダー
先攻 暗黒学園   後攻 鳳凰学園
1番 服部半蔵 中    1回戦と同じ
2番 郭    右
3番 浜面仕上 左
4番 垣根帝督 投
5番 麦野沈利 三
6番 絹旗最愛 遊
7番 風斬氷華 一
8番 滝壺理后 二
9番 心理定規 捕
161 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:20:27.11 ID:9cv4Hz1v0
ウグイス「1回の表、暗黒学園の攻撃は、1番中堅手服部君」

審判「プレイ!」

吹寄(いくわよ!)ビシュ

姫神 バシィ

審判「ストライク!」

姫神(うん。良い感じ)
162 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:21:17.15 ID:9cv4Hz1v0
吹寄(凄い!カエル顔の医者に診てもらって、100球までは投げられるようにしてやるって
   言われたけど、足は全く痛くないし、本当に調子が良い!)

吹寄(これならいける!)ビシュ

半蔵 スッ

姫神(セーフティバント!?)

半蔵 コン

コロコロ

上条「させるかよ!」シュ

結標 パシ

審判「セーフ!セーフ!」

上条「足速えええ!」

郭「さすが半蔵様!絶妙な三塁線へのセーフティバントでしたね!」
163 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:22:08.34 ID:9cv4Hz1v0
ウグイス「2番右翼手郭さん」

土御門「吹寄!盗塁に気をつけろ!」

吹寄「分かってるわよ」

一方(どンだけ気をつけたところで、あのツインテールにも盗塁されるようなバッテリーじゃ
   あの男の盗塁は防げないだろうな)

吹寄 ビシュ

半蔵 ダッ

姫神 バシィ シュ

土御門 パシ

審判「セーフ」

吹寄(わざとボール球にしても盗塁を防げないなんて!)
164 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:22:56.18 ID:9cv4Hz1v0
吹寄(ならもうバッターを打ちとることに集中するしかない!)ビシュ

半蔵 ダッ

土御門(三盗だと!?)

郭 ブンッ

姫神 バシィ(!?この女が邪魔で投げれない!)

土御門(1回からいきなりノーアウト三塁か…!)

青ピ(セオリー通りならここはスクイズが来る)
165 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:24:32.88 ID:9cv4Hz1v0
吹寄 ビシュ

郭 スッ

上条(やっぱスクイズが来ると)ダッ

結標(思ってたのよね!)ダッ

郭 スッ

上条・結標(構えを戻した!?)

土御門「バスターか!」

吹寄(そんなの関係ない。私のフォークはヒットはもちろんバントすらさせないわよ!)

ギュルル

郭 カキィン

ライナーは結標の方向に向かっていく。普通なら捕れたかもしれないが、スクイズが来ると思って
近づいた結標には避けることしかできなかった。その間に半蔵はホームベースに帰還してしまった

結標「くっ」サッ

一方「ちっ」

上条「あっさり…1点目をとられた…」

吹寄「私のフォークがこんなにもあっさり打たれるなんて…」

土御門「皆落ち着け!まだまともにヒットされたわけじゃねえ。今のは不意を突かれただけだ。
    落ち着いて対処すれば余裕だ」
166 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:26:05.58 ID:9cv4Hz1v0
ウグイス「3番左翼手浜面君」

麦野「打てよ浜面ぁぁぁ!打てなかったらブ・チ・コ・ロ・シ確定だからなぁ!」

垣根「うるせぇな。お前は男か。つうかそんな恐怖与えて大丈夫なワケ?」

麦野「あいつにはあれぐらいのプレッシャーが丁度いいんだよ」

浜面(悪いが打たせてもらうぜ。打たなきゃヤバいんでな)

土御門(さっきのフォーク悪くなかった。だがライナーとはいえ、あっさり打たれた。
    もしや、既に吹寄のフォークは対策されてるのか!)

吹寄(さっきのはマグレ!私のフォークがそう簡単に打たれるはずがない!)ビシュ

土御門「待て吹寄!簡単にフォークを投げるな!」

吹寄「え?」

ギュルル

浜面(悪いな。1回戦の試合でもうあんたの球はみたんでな。その後特訓もさせられたし
   打たせてもらうぜ!)

カキィィン

滝壺「さすがはまづら。レフト前ヒットだ」
167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:27:15.64 ID:9cv4Hz1v0
ウグイス「4番投手垣根君」

一方「ノーアウト一、二塁でメルヘン野郎か」

土御門「吹寄。どうやらフォークはある程度対策されてるっぽい。迂闊に投げるな」

吹寄(そんなこと言ったって、この人学園都市第2位なんでしょ!?フォークなしで
   どうやって抑えろって言うの?)

上条「大丈夫だ吹寄!お前はフォークだけじゃない!コントロールだって良いじゃないか」

吹寄(そうよ。何を弱気になっていたんだ私は。1回で弱気になってちゃ、この先
   抑えることなんてできない。学園都市第2位と言っても能力の話。野球では
   そんなに差はないはず!)

姫神(内角高めのブラッシュボールでビビらせよう)

吹寄 ビシュ

姫神 バシィ

審判「ボール」

姫神(全く動じていない!?)

垣根「その程度ではビビらないぜ?」
168 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:28:20.99 ID:9cv4Hz1v0
吹寄(ならもう小細工なんてしない!このフォークで抑えて見せる!)ビシュ

ギュルル

垣根「懲りねえなぁ!効かないぜ!」カキィィン

姫神「レフト!」

海原 パシィ

審判「アウト!」

上条「ナイス海原!」

海原「いえいえ。ただのフライですし」

垣根(ちっ!少し球威に押されてただの左飛どまりかよ)

麦野「学園都市第2位様も大したことないにゃ〜ん?」

垣根「言ってろババア」

麦野「なんだと似非ホスト!」

風斬「け、喧嘩はやめて下さい…」
169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:32:02.37 ID:9cv4Hz1v0
ウグイス「5番三塁手麦野さん」

麦野「ま、私がかっ飛ばしてきてやるよ」

吹寄(今度は学園都市第4位か)

吹寄 〜脳内回想〜

土御門「学園都市第2位『未元物質』こと垣根帝督だが、これといった対策はない。
    気合で抑えてくれ」

吹寄「これといった対策はない、って…何そのどうでもいい情報」

土御門「まあ聞け。第2位相手には頑張ってもらうしかないが、第4位麦野沈利には多少の対策が
    ある」

吹寄「何よそれ」

土御門「ああ見えて第4位はかなり短気らしい。だからまるで麦野を狙うような球を投げたり
    ランナーがいるときは無意味に牽制球を投げたりすれば、イラつかせることができるかも
    しれない。そうすりゃ勝手に打ち損じてくれるさ」

吹寄「ふ〜んなるほどね。思ったんだけど、あんたって馬鹿なのにこういうところは
   意外と考えてるわよね」

土御門「優勝して賞金が欲しいからにゃー。ない頭を頑張って振りしぼってるんだぜい」

吹寄「ふ〜ん」

〜脳内回想 終了〜

吹寄(悔しいけど、今の私の実力じゃ、まともに勝負して抑えられるなんて保証はない。
   土御門の作戦やってみるか)
170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:32:55.77 ID:9cv4Hz1v0
吹寄 シュ

土御門 パシ

審判「セーフ」

絹旗「そんな牽制やっても超時間の無駄だと思いますが」

吹寄 ビシュ

麦野(!?)

姫神 バシィ

審判「ボール」

麦野(あのアマ!顔面近くに投げやがって!顔に傷が付いたらどうしてくれんだ)

吹寄 シュ

土御門 パシ

審判「セーフ」

麦野(早く投げろよ)イライラ

吹寄 シュ

土御門 パシ

滝壺(また無駄に牽制…)

土御門(良し。そろそろ投げてやれ)
171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:34:21.33 ID:9cv4Hz1v0
吹寄 ビシュ

麦野(ようやく来たか!)ブンッ

カキィン

吹寄「サード!」

上条 パシ シュ

青ピ パシ シュ

結標 パシ

審判「アウト!スリーアウトチェンジ!」

削板「よっしゃあ!ダブルプレーでチェンジだ!」

土御門(どうやら作戦はうまくいったみたいだな)

麦野「ちっ!打ち損じまった!」

垣根「ようババア。敵にうまくしてやられたな」

麦野「いちいちうっせぇぞ粗チンが」

垣根「せっかくアドバイスしてやろうと思ったのに。いいか、お前はその短気さを
   利用されたんだよ。分かったか」

麦野「ああ分かったよ分かりましたよ。さっさと守備位置につくぞ」

半蔵「なあ浜面。1回戦の時も思ったけど、あいつら仲悪すぎねえか?」

浜面「まあ昔いろいろとあったんだよ。つか俺も怖ぇよ」
172 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:35:07.62 ID:9cv4Hz1v0
ウグイス「1回の裏、鳳凰学園の攻撃は、1番遊撃手土御門君」

垣根「さてちゃっちゃっと終わらせるか」

上条「打てー土御門!1点くらいあっと言う間に逆転してやろうぜ!」

垣根(うるせーやつだな…俺の球がそう簡単に打てるはずねえだろ!)ビシュ

上条「球速は遅い!いけるぞ!」

土御門(アンダースローか)ブンッ

ギュオ 

土御門 スカッ

心理 バシ

審判「ストライク!」
173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:35:49.62 ID:9cv4Hz1v0
土御門「なかなかキレのあるカーブだな」

垣根 ビシュ

ギュオ

土御門(今度はスローカーブ!?)スカッ

心理 バシ

審判「ストライクツー!」

土御門(なんて奴だ。普通のカーブにスローカーブ、2種類のカーブを使いこなせるのか)
174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:36:40.75 ID:9cv4Hz1v0
垣根 ビシュ

土御門(でもこの球速ならヒットは難しくても、ファールにすることは簡単だ!)ブンッ

ギュオ 

土御門(縦のカーブだと!?)スカッ

心理 バシ

審判「ストライクバッターアウト!」

土御門「すまんぜよ…どうやら相手は3種類のカーブ使いで軟投派らしいな」

上条「土御門がバットにかすりもしないなんて…」
175 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:37:31.23 ID:9cv4Hz1v0
ウグイス「2番二塁手青髪君」

青ピ「ツッチーでもかすらなかったのに、僕が打てるはずないやん」

削板「何弱気なこと言ってるんだ!お前あの小さい子に言われたこと忘れたのか!」

青ピ「はっ!そうや、削板君の言う通りや。僕は小萌先生から諦めない事を学んだんや!」

垣根 ビシュ

ギュオ

青ピ「うおおおおお」スカッ

心理 バシ

審判「ストライク!」

上条「青髪!ボールをよく見ろ!」
176 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:39:06.25 ID:9cv4Hz1v0
垣根(そんな叫んだぐらいで当たるかよ)ビシュ

ギュオ

青ピ ガキン

審判「ファール」

垣根(当てやがったか。やるじゃねえか)ビシュ

ギュオ

心理 バシ

審判「ボール」

垣根(なんだこいつ。ただの馬鹿かと思ったが、案外冷静じゃねえか)

青ピ(なんて球や!バットを振ることすらできんかったわ)

土御門「青髪!ヒットにしなくても良い!何とかファールで粘ってくれ」

垣根(ふん、ファールで粘って俺の体力削ろうってか?無理に決まってんだろ)ビシュ

青ピ(当てるだけなら…!)ブンッ

ギュオ 

青ピ(カーブやない!?)スカッ

心理 バシ

審判「ストライクバッターアウト!」

土御門「シンカーまであるのか!?」

結標「さすが学園都市第2位ってところね…」

海原「学園都市の序列が高い人は何やっても上手なようですね」
177 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:39:46.23 ID:9cv4Hz1v0
ウグイス「3番三塁手上条君」

土御門「カミやん難しいと思うが、ファールで粘ってくれ」

上条「ああ、分かってるよ」

垣根 ビシュ

ギュオ

上条 ガキン

審判「ファール」

垣根(いきなり当てやがったか)

上条(何だ今のは…まるで鉄球を打ったような…)

土御門(さっきの青髪のときもそうだったがバットにボールが当たる音がおかしい様な…)
178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:41:11.82 ID:9cv4Hz1v0
垣根 ビシュ

ギュオ

上条 ガキン

審判「ファール」

上条(何なんだよ!この鉄球を打ったような感覚は)

土御門(今のも音がおかしかった。まるで鉄球を打ったような音だ)

垣根 ビシュ

土御門(そうか分かったぞ!)「カミやん!そのボールを捕れ!」

上条「はあ!?何言って」

土御門「良いから早く!」

上条「くそっ!」バシ

キュイーン

上条「ボールが消えた!?」

審判「バッターアウト!スリーアウトチェンジ!」
179 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:42:05.84 ID:9cv4Hz1v0
上条「お、おい土御門!ボールが消えちまったぞ!」

土御門「そうだろうな。あれは能力でできたボールだったんだよ」

上条「そうか。だから俺の幻想殺しで消えたのか」

一方「きっと味方チームには普通の野球ボールとして機能するンだろうが
   俺らには鉄球のように重く機能するようになってたンだろうな」

上条「そんなことが出来るのか?」

一方「あいつの能力は『未元物質』。この世には存在しない物質を作れるらしいなァ」

上条「もう何でもアリじゃねえか」

一方「あのメルヘンの口癖は『俺の未元物質には常識は通用しねえ』だからな」

土御門「ちなみに今ので垣根とカミやんは能力1回使ったことになるからな」

垣根(俺の『未球物質』(ボールマター)が消されただと!?なんなんだあいつの能力は?)
180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:43:15.42 ID:9cv4Hz1v0
ウグイス「2回の表、暗黒学園の攻撃は、6番遊撃手絹旗さん」

吹寄(小さい女の子ね。でも油断は禁物)ビシュ

絹旗 カキィン

吹寄「セカンド!」

青ピ パシ シュ

結標 パシ

審判「アウト!」

麦野「な〜にやってんのかにゃ〜、絹旗ちゃん」

絹旗「超うっさいです。打ち損じただけです」
181 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:45:00.99 ID:9cv4Hz1v0
ウグイス「7番一塁手風斬さん」

ビシュ

バシィ ストライクバッターアウト!

麦野「うちのチームって上位打線はなかなかなのに下位打線が弱すぎるのよねえ」

ウグイス「8番二塁手滝壺さん」

浜面「滝壺ー。無理しなくていいからなー」

垣根「アツイねえ」

滝壺(はまづらに応援された///頑張ろう)

吹寄 ビシュ

滝壺 カキィン

吹寄「レフト!」

海原 パシ

審判「アウト!チェンジ!」

土御門「どうやら下位打線は大したことないようだな」

上条「まあ当ててくるだけ、常盤台より強いかもな」

青ピ「そうやね。それより問題はあの投手と上位打線やね」

姫神「でも。うちの次のバッターは。期待できる」
182 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:46:09.82 ID:9cv4Hz1v0
ウグイス「2回の裏、鳳凰学園の攻撃は、4番中堅手削板君」

削板「よっしゃあ!いくぜ!」

垣根(こいつが噂のナンバーセブンか。こいつは直球にはやたら強いだろうが
   俺みたいな変化球タイプは駄目だろうな。この回もとっとと終わらせるか)ビシュ

ギュオ

削板「超すごいスイーーーーーーーング!!!!」ブォォォォン

垣根(こいつハナっからバットにボールを当てる気なんてねえ!スイングの風圧だけで
   俺のボールを――)

ドゴォン←ボールが風圧だけでセンターのフェンスまで行ってめり込んだ音
183 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:47:25.56 ID:9cv4Hz1v0
半蔵「壁からボールが抜けねえええええ」

削板「ぬおおおおおおーーーーー」ドドドドドド

上条「ランニングホームランいけるぞ!」

浜面「どけ半蔵!俺が取り出す!」

青ピ「二塁回って三塁へ行ったで!」

浜面「よっしゃ抜けた!」

絹旗「浜面超早く投げて下さい!」

上条「三塁回った!行けー!」

浜面「おらっ!」ビシュ

絹旗 パシ ビシュ

青ピ「突っ込めーっ!」

心理 パシ(残念ねどうやら私たちの方が少し早かったみt)

削板「うおおおおーっ!」バッ

ドガァ

心理「きゃあ!」コロコロ

審判「セーフ!セーフ!」

上条「ナイス体当たり削板!」

削板「すまんな」スッ

心理「かなり痛かったわぁ」ガシ
184 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:48:55.61 ID:9cv4Hz1v0
観客席

御坂「本当あいつって女子でも容赦ないわよねえ」

佐天「でも怪我したおかげでお姫様だっこされたじゃないですか。どうでした?お姫様だっこ
   された気分は?」

初春「ちょっと佐天さん不謹慎ですよ!」

御坂「からかわないでよ佐天さん。あんなのただ恥かしかっただけに決まってるじゃない」

佐天「ええーそうですかね。あの人なかなかイケメンじゃないですかぁ〜。ぶっちゃけ
   惚れたりしてないんですかぁ〜」

御坂「そんなのないない」

佐天「な〜んだつまんない。ここに来た理由はあの人の応援かと思ったのに。じゃあ
   なんでここに来たんですか?」

御坂「え?い、いや、特に深い意味はないわよ。べ、別にただ暇だから来ただけよ」

佐天「ふ〜ん」

初春「駄目だ。佐天さん人の話聞いてない。白井さんは御坂さんが何でここにきたか
   分かりまs」

白井「糞が!あの腐れ類人猿がぁぁぁぁ!マジムカつく!あんな馬鹿そうな殿方のどこが
   良いんだか」ブツブツ

初春(駄目だ…。白井さんがトランス状態に入ってる…)

一応席順は 黒・初・佐・御です
185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:50:16.20 ID:9cv4Hz1v0
再び とあるスタジアム 一塁側ベンチ

青ピ「これで1対1やでぇ!」

ウグイス「5番右翼手一方通行君」

一方「さァて軽く捻ってくるか」

上条「おい一方通行。1打席目を見極めに使うとかもうやめろよ」

一方「そンな小細工なくても1点入れてきてやるよ」

垣根(忌々しい第1位め。まあ初戦を見る限り、俺の球は打てそうにねえな)ビシュ

一方 カチッ カチッ

一方通行は一瞬だがチョーカーのスイッチを入れてすぐ切った。その間に
空気のベクトルを操り、垣根の変化球をただのストレートに変える。この間約1秒

一方 カキィィン

上条「レフト前ヒットだ!」

垣根「ハッ!たかがヒットの為に能力使っちまうたぁもったいねえな!」

一方「なンか勘違いしてるみてェだから一応言っとくが、俺はまだ能力3回使えるぞ」
186 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:51:22.27 ID:9cv4Hz1v0
垣根「何言ってやがる。使ったじゃねえか」

一方「1秒だけな」

垣根「1秒でも使ったことには変わりねえだろうが」イライラ

一方「このルールを思い出してみろ。俺やそこのショートのチビガキみたいな持続系の能力は
   5秒の使用で1回分の使用だろ?つまり1秒ずつしか使わなけりゃ15回使えるわけだ。
   だからさっきはあと3回使えるって言ったが、正確には2回と5分の4ってことだ」

垣根「はぁ?そんな屁理屈認められるか!1秒だろうが0.1秒だろうが使ったんなら
   使ったことになるだろ普通」

一方「でも審判も何も言わねェってことはアリってことだろ。オマエら俺らの1回戦
   見てたンじゃねェのか?ツインテールが途中で重装備になっただろ?ルールに
   正確な明記がないって理由だけで、あンなのがアリなンだ。これもアリだろ」

垣根「糞が!」
187 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:52:18.78 ID:9cv4Hz1v0
ウグイス「6番左翼手海原君」

垣根(訳分かんねえ理論振りかざしやがって!まあ良い。こいつを抑えりゃいいだけだ)ビシュ

一方 カチッ カチッ

心理 バシ

審判「セーフ!」

垣根「は?何がセーフなんだ?」

一方「どンくさいねェ。垣根くゥーン」

垣根「いつの間に三塁へ!?」

一方「何言っちゃってンの垣根君?俺の能力使えば盗塁なンて1秒なンだよ。
   だから無駄に牽制なンてしないで、とっとと投げろよ」

浜面(おいおいあいつ何でもアリかよ。あの調子じゃホームスチールされるぞ)

海原(もう僕は何もしなくていいみたいですね)
188 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:53:35.12 ID:9cv4Hz1v0
垣根 ビシュ

一方 カチッ

垣根 ニヤ(今だ麦野)

麦野 キーン

垣根(今の音は一方通行だけに通用する携行型妨害電波装置の音!終わりだ!)

一方 カチッ

心理 バシ

審判「セーフ!」

垣根「な、何でお前がホームベースに普通にたどり着いてやがる!」

一方「オマエらのことだから何らかの小細工をしてくると思った。だから対策しといただけだが?
   妨害電波か何かを流してくると思ったからそれを妨害する装置を背中につけてただけだ」

垣根(どこまでも馬鹿にしやがって!)

一方「海原、奴は動揺している。打てよ」

海原「はい」
189 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:54:26.38 ID:9cv4Hz1v0
垣根(とりあえずこいつは三振で終わらせる!)ビシュ

ギュオ

海原(くっ!)カキン

海原(しまった!打ちあげてしまった!)

土御門「今だ結標!『座標移動』でボールをスタンドにブチ込め!」

結標「分かったわ」

ボール ヒュン

スタンド ポーン

審判「ホームラン!」

上条「よっしゃあ!これで3対1だ!」

土御門「俺はアホだった。1回戦は結標の能力を守備面でどう活かすかしか考えてなかった。
    こうして攻撃面で使えるのにな」
190 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:55:32.65 ID:9cv4Hz1v0
垣根(この俺がここまでコケにされるとは…!)

心理「大丈夫よ。落ち着いて。あなたはやればできる人だから」

垣根「ああ?ああそうだな。今までのは全部能力ありきの失点だもんな」

心理「そうよ。ところで何で『未球物質』をまた作らなかったの?」

垣根「全員余裕で抑えられると思ったからだ。すまねえ。俺のワンマンプレイで逆転されちまって」

心理「大丈夫よ。あなたのバットで逆転してくれればいいわ」

垣根「ああ分かった」
191 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:56:51.98 ID:9cv4Hz1v0
ウグイス「7番一塁手結標さん」

垣根(『未球物質』は再び精製した。もう打たせねえ!)ビシュ

ギュオ

心理 バシ

ストライクバッターアウト!

土御門「結標…。能力以外は使えない女だぜい」

結標「うっさいわよ土御門!」

上条「土御門。その言い方はないだろ。結標さんだって頑張ってくれたんだ。能力も凄いし」

青ピ「そうやそうや」

土御門「はいはい分かったぜよ」(ったくカミやんは自分の写真がどう使われるか知らないくせに)

その後姫神、吹寄も呆気なく三振で終わった

姫神・吹寄「ごめんなさい」

土御門「たたみかけて少しは動揺したと思ったんだがな。すぐに調子を取り戻しやがった。
    あの捕手、投手を巧くコントロールしているな」

上条「まあ逆転はしたんだ。あとは抑えるだけだ。頼むぞ吹寄」

吹寄「言われなくても分かってるわよ」
192 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/22(火) 19:58:16.98 ID:9cv4Hz1v0
今日はここまでということで
続きは3月24日(木)までには投下したいと思います
193 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/03/22(火) 20:08:25.49 ID:YRq3BUrSO
>>1
くそ…超すごいスイングがツボにハマってしまったじゃないか
良い意味で馬鹿馬鹿しくていいなww
194 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2011/03/22(火) 22:15:59.09 ID:qIab8VVqo
「あなたのバット」って卑猥な
195 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 21:50:46.85 ID:CLGBCwiV0
>>1です
それでは投下していきたいと思います

>>194
言われてみればそうかもしれませんね
「あなたのバッティング」にすればよかったかもと少し後悔
196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 21:51:16.23 ID:CLGBCwiV0
ウグイス「3回の表、暗黒学園の攻撃は、9番捕手心理定規さん」

心理「よろしくお願いします。審判さん」ニコッ

審判「は、はあ」

姫神(下位打線だから。落ち着いてコーナーに投げれば。大丈夫)

吹寄 ビシュ

姫神 バシィ

審判「ボール」

姫神(ボール?さっきまでは。ストライクのコースだったのに)
197 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 21:52:21.45 ID:CLGBCwiV0
吹寄 ビシュ

姫神 バシィ

審判「ボールツー」

姫神(ここも。さっきまではストライクのコースだったのに。何かおかしい)

吹寄 ビシュ

姫神 バシィ

審判「ボールスリー」

姫神(まただ。さっきまでストライクだったコースが。悉くボールになる。
   こうなったら。多少甘いコースに投げるしかない)

吹寄 ビシュ

心理 カキィン

吹寄「ショート!」

土御門 バッ バシ

審判「アウト!」

上条「ナイス土御門!」

心理「あのショート、結構厄介ね」

垣根「ああそうだな。あいつにも能力使っておけ」

心理「ええ」
198 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 21:53:56.75 ID:CLGBCwiV0
姫神(上位打線か。よくわからないけど。さっきまでの2回に比べて。審判のジャッジが
   厳しい。コーナーにも投げられない。フォークも通用しない。どう抑えれば)

吹寄(とりあえずコーナーに投げるしか)ビシュ

審判「ボール」

吹寄 ビシュ

審判「ボールツー」

吹寄 ビシュ

審判「ボールスリー」

姫神・吹寄(駄目だ…。やっぱりさっきまでのストライクコースは全部ボールにされる
      フォークも対策されてるみたいだし、どうすれば…)

土御門(明らかに先程までの2回とはジャッジが違う。もしや、相手チームに既になにか
    仕掛けられているのか!?)
199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 21:55:06.04 ID:CLGBCwiV0
上条「何やってんだ吹寄!コントロール定まらないならど真ん中で良いからストライク
   に入れろ!この調子じゃまたランナー出して盗塁とかされるぞ!」

吹寄「はぁ?何言ってんのよ!これは私のせいじゃなくてジャッジが厳しくなったからであって」

上条「うるせぇ!そんな言い訳聞けるかよ!だったらお前が制球再調整しろよ!
   できないならど真ん中に投げろよ!俺らが絶対止めるから!」

吹寄(このバカ条が!日本語通じてないのか!いいわよ、そこまで言うならど真ん中に
   投げてやるっつーの)ビシュ

半蔵(本当にど真ん中に気やがったぜ!)カキィン

郭「さすが半蔵様!これは抜けますね!」

上条「青髪!」

青ピ「ぬおりゃっ!」バッ パシ シュ

結標 パシ

審判「アウト!」

上条「やるじゃねえか青髪!」

青ピ「ま、僕が本気出したらこんなもんやね」
200 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 21:56:14.55 ID:CLGBCwiV0
郭「惜しかったです。半蔵様」

半蔵「慰めありがとう」

浜面「いやマジで惜しかったよ。ファインプレーに阻まれなければ、確実にライト前ヒット
   だった。いやショートに転がってたら、お前の足なら内野安打出来たかもしれんのに」

半蔵「そうだったかもしれないな」

ウグイス「2番右翼手郭さん」

浜面「行けー郭ちゃん!」

滝壺「はまづら、応援するのは、私だけにして?」

浜面「え?応援くらい別に良くない?」

滝壺「じゃあはまづらは、私が他の男の人応援しても良いの?」

浜面「別に良いけど…。まあでも確かになんかムカつくな」

滝壺「それと同じ」

浜面「そうか。分かったよ滝壺。俺お前以外応援しないわ」

滝壺「うん」

浜面・滝壺 イチャイチャ
201 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 21:57:22.48 ID:CLGBCwiV0
垣根(ムカつくのは目の前でイチャイチャ見せられてる俺だっーの。応援しろとまでは
   言わねえが、イチャイチャやめろや)

心理「あら。そんなにイチャイチャに憧れてるの?」

垣根「また心読んだのか。てか俺はムカつくと思っただけで、憧れなんて抱いちゃいないが」

心理「ふ〜ん」

垣根「なんだお前ムカつくな」

吹寄 ビシュ

郭(またど真ん中ですか。舐められたものです)カキィィン

半蔵「今度はなかなかでかい当たりみたいだな」

一方 パシ

審判「アウト!スリーアウトチェンジ!」

垣根「結局三者凡退か」
202 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 21:58:36.56 ID:CLGBCwiV0
観客席

打ち止め「凄ーい一方通行。打撃に守備に大活躍だね、ってミサカはミサカは称賛してみたり」

番外「打撃は能力使っただけだし、今のもただの右飛なだけじゃん」

打ち止め「素直じゃないのね、ってミサカはミサカは上から目線で言ってみる」ヤレヤレ

番外「だって事実だし。もっと過激な試合が見たいなー」

打ち止め「何か物騒なこと言ってる、ってミサカはミサカは戦慄してみる」

一塁側ベンチ

上条「なんだかんだ言って、3対1で俺らがリードしてる。このまま逃げ切るぞ」

一方「いや、逃げ切るだけじゃ足りねェ。まだ点をもぎ取る」

削板「一方通行の言う通りだな。2点リードじゃまだ油断できない。10点差ぐらいつける
   意気込みでいこうぜ!」

全員「おう!」
203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 21:59:42.06 ID:CLGBCwiV0
ウグイス「3回の裏、鳳凰学園の攻撃は、1番遊撃手土御門君」

垣根(あんま調子に乗ってんじゃねえぞ)ビシュ

ギュオ

土御門 ガキン

審判「ファール」

土御門(また能力でできたボールか…!)

垣根 ビシュ

ギュオ

土御門 ガキン

審判「ファール」

土御門(だが何とか当てられる。ファールで粘るか)

垣根 ビシュ

ギュオ 

土御門(カーブでもシンカーでもない!?)スカッ

心理 バシ

審判「ストライクバッターアウト!」

土御門「くそ!チェンジアップまであるのか!」

海原「凄いですね。3種類のカーブに、チェンジアップに、シンカーですか。化け物ですね」

一方「いや多分それだけじゃねェ」

海原「え?」
204 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:01:09.11 ID:CLGBCwiV0
ウグイス「2番二塁手青髪君」

ビシュ バシィ ストライクバッターアウト!

青ピ「すんまへん。あっさり三振してもうた」

土御門「今の青髪の打席、また違う変化球使ってなかったか?」

一方「パームと高速シンカー使ってたな」

海原「3種類のカーブに、チェンジアップとパーム、そして速度が違うシンカーとは…。いやはや
   参りましたね。ですがそれなら何故もっと早くに全力を出さなかったのでしょう?」

一方「あいつのことだ。どうせ俺らなンて余裕だと思ってたンだろ」

土御門「そんなことはどうでもいい。これは結構まずい状況だぜい。7種類の変化球に
    未元物質で作られたであろうボールの二重の構えだからな」

青ピ「そんなアホな。なら僕らはどうすればええねん」

土御門「なぁに次はカミやんの打席だ。とりあえずボールに触れて消してこい」

上条「でもボールを直に捕るとアウトになるだろ。俺の打席を捨てるのか?」

土御門「大丈夫だ。ストライクゾーンに入ってるボールをバントしようとしてデッドボールに
    なればノーカウントだ。それを利用して消してこい」

上条「OK。分かったぜ」
205 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:02:06.80 ID:CLGBCwiV0
ウグイス「3番三塁手上条君」

垣根 ビシュ

ギュオ

上条 スッ

キュイーン

審判「ストライク!」

上条「な!?ノーカンになるんじゃねえのかよ!!」

土御門「先程の相手の攻撃の時にも思ったが、明らかに相手側に有利なジャッジになってるな」

一方「もう既に何か仕掛けられてるってワケか」

土御門「仕方ない。カミやん!アウトにならずにストライクで済んだんだ!何とか頑張ってくれ」

上条「くそっ!」
206 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:03:04.48 ID:CLGBCwiV0
垣根 ビシュ

上条(もう1回消してやる)スッ

ゴッ 上条「ぐあっ!」

審判「ストライクツー!」

上条(あいつ、普通のボール投げてきやがった!)

垣根(狙いがバレバレなんだよ。『未球物質』は消されちまったが、それはあくまで保険。
   お前なんて変化球だけで十分なんだよ!)ビシュ

ギュオ

上条 カキィィン

垣根「なに!?」

青ピ「ライト前ヒットや!」

垣根(何故だ?何故打てた?)

土御門「カミやん。なんてやつなんだ。まさか普通にヒットを打つとは…。数々の死闘を
    乗り越えてきたカミやんは追い込まれるとさらなる力を発揮するのか」

姫神「常盤台戦でも。ここぞと言う時には打ってた」

青ピ「そして次のバッターは」
207 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:05:09.50 ID:CLGBCwiV0
ウグイス「4番中堅手削板君」

青ピ「期待してるでぇ」

削板「おう!任せとけ」

垣根(また凄いスイングとかやられちゃ困る。『未球物質』を精製しとくか。これなら
   風圧程度なら大丈夫だ。さあ行くぜ)ビシュ

ギュオ

削板(当てさえすれば何とかなるんだよ!)ガキン

土御門「今だ結標!もう一度『座標移動』決めてやれ!」

結標「ええ!」

ボール ヒュン

垣根 ヒュン パシ

審判「アウト!チェンジ!」

土御門「おい結標!何やってんだ!」

結標「違うわよ。私はちゃんとスタンドにテレポートするように演算したわよ!」

青ピ「じゃあ何であのイケメンのグラブにボールがいったんや?」

一方「多分あいつの仕業だろうな。やつの『未元物質』でできたボールは、テレポートの
   演算すら奴の都合の良いように操作されてンだろうな。やるじゃねェか」

姫神「そんなことが。できるの?」

一方「さっきも言っただろ。あいつのキャッチコピーは、俺の『未元物質』に常識は
   通用しねえ。だと」

海原「凄いですね。学園都市第2位。もう何回驚かされている事やら」

一方「まァ俺はその奴を超えた第1位だがなァ」
208 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:06:48.13 ID:CLGBCwiV0
ウグイス「4回の表、暗黒学園の攻撃は、3番左翼手浜面君」

浜面(この回は俺からか。打たねえと麦野が怖いからな)

土御門「吹寄。多分審判は相手側の能力か何かで、有利なジャッジをするように操られている。
    多分カミやんが審判に触れば洗脳が解けるんだろうが、カミやんは第2位が創り出す
    ボールを消さなきゃならない。だからど真ん中ストレート作戦でここは粘るしかない」

吹寄「ええ、分かったわ」
(でも、さっきまでは細い人たちでパワーはなさそうだったから良いけど、この人体格良いし。
 私のストレートが通用するのかな)

滝壺「はまづら、頑張って」

浜面 グッ
209 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:07:57.99 ID:CLGBCwiV0
吹寄 ビシュ

浜面 カキィィン

半蔵「かなりいい当たりだ!」

削板 タッタッタッタッ

上条「削板ー!捕れるぞー!」

削板 パシ(よし捕った!)

(――その球を落とせ。これは命令よ――)

削板 ポトッ「しまった!」

絹旗「超エラーです。浜面二塁まで行ってください」

上条「削板!お前何やってんだよ!」

削板「す、すまねえ!」
(何か声が聞こえたような…。絶対に逆らえないような威圧感の…)
210 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:08:47.85 ID:CLGBCwiV0
ウグイス「4番投手垣根君」

土御門(ノーアウト二塁で、4番の垣根か)

姫神(制理。一塁も空いてることだし。悔しいだろけどここは)スッ

吹寄(仕方ないわね。私の実力じゃこの人を抑えらる保証はないし。意地になって
   点取られたら意味ないもんね)シュ

姫神 パシ

審判「ボール」

半蔵「そりゃ敬遠が妥当だわな」

シュ パシ 

ボール フォアボール
211 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:10:14.14 ID:CLGBCwiV0
ウグイス「5番三塁手麦野さん」

吹寄(さっきみたいにイライラさせればいけるはず)シュ

土御門 パシ

審判「セーフ」

絹旗「また超無味な牽制ですか」

そしてその後も2回ほど牽制とボールを麦野の顔面近くに決め込んだ

姫神 チラッ

麦野 イライラ

姫神(この状態ならフォークでいける)

吹寄 ビシュ

ギュルル

麦野「なぁ〜んてね」ニヤ

吹寄・姫神(!!)

麦野「二度も同じ手が通用するかっつーの!」カキィィィン
212 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:11:21.36 ID:CLGBCwiV0
絹旗「レフト方向に1直線です!これは超ホームランですね」

麦野「パリィパリィパリィ!」

一方 カチ ギューン パシ

審判「アウト!」

絹旗「ライトからレフトに行ったホームランボールを捕るなんて!超反則です!」

半蔵「浜面!戻れ!」

浜面「くっそ!あんなのアリかよ!」ダッ

一方「土御門ォ!オマエなら捕れるだろ!ベクトルビーム!」ギュィィン

土御門 バシィィン

審判「アウト!」

土御門(痛ってぇ〜。常盤台戦の時の送球よりは加減してあるんだろうが)

一方 フワッ カチッ
213 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:12:13.61 ID:CLGBCwiV0
海原「さすがですね。第1位さん」

一方「オマエ俺をおちょくってンのか?」

海原「まさか。単純な感想ですよ」

一方「まァ良い」
(そンな事より、今ので能力を4秒も使っちまった。あと1回と5分の3しか使えねェ)

麦野「忌々しい!ただのモヤシのくせに!」

滝壺「まあまあ、落ち着いてむぎの。むぎのは悪くない」

浜面「そ、そうだぜ。寧ろ一方通行の能力使用回数が減って良かったじゃねえか」

麦野「うっさいバカ面!お前がもっと早くセカンドに戻っていれば」

浜面「ええ!?俺のせい!?」
214 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:13:23.73 ID:CLGBCwiV0
ウグイス「6番遊撃手絹旗さん」

絹旗(一方通行の理論でいけば、私の能力も使い方次第では3回以上使えるわけですね)

土御門「吹寄。少し作戦がある」ゴニョゴニョ

絹旗(いったい何を話しているんでしょうか)

吹寄「はぁ?私に人を傷つけるような真似をさせる気?」
土御門「仕方ないだろ。あの6番は能力を使うとパワフルになっちまう。ど真ん中に
    投げれば間違いなくホームランにされる。でもこの作戦だとホームランは
    打たれないし、うまくいけば能力を使わせることもできるかもしれないし」

吹寄「でもそれであの子が怪我したら」

土御門「大丈夫だって。奴はきっと能力を使わざるを得ないさ。能力を使えば怪我はしないさ」

吹寄「もう分かったわよ。あの子が怪我したらあんたが責任とってよね」

土御門「分かったから」
215 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:14:43.87 ID:CLGBCwiV0
絹旗(お喋りは終わったみたいですね。この私にど真ん中が超通用するとは思ってないでしょう
   から、何らかの作戦があるのでしょう)

吹寄 ビシュ

絹旗「え?」

ゴッ

審判「デッドボール」

姫神「大丈夫?」

絹旗「ええ超大丈夫です。直前に能力を発動させましたから……。あ」

土御門(ランナーは出ちまったが狙い通り、能力は使用させた)

絹旗(まさか超初めから私にボールを当てる気でいたのでしょうか。能力を使わせるために)
216 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:15:35.47 ID:CLGBCwiV0
ウグイス「7番一塁手風斬さん」

土御門「吹寄。そいつは敬遠しろ」

吹寄「はぁ?何でよ?」

土御門「あの7番は普段は弱気なんだが、本当は相当パワフルな子でな。ど真ん中だと
    ホームランにされる」

吹寄「はいはい分かりましたよ」

上条(前から思ってたけど、土御門って何でも知ってるな。スパイなだけあるぜ)

シュ パシ 

ボール フォアボール
217 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:16:27.93 ID:CLGBCwiV0
ウグイス「8番二塁手滝壺さん」

浜面「デッドボールに敬遠までして、わざわざ滝壺と勝負しようってか。なめられてるな。
   滝壺!そんな相手の思惑をぶち壊してくれ!」

滝壺 コク

吹寄 ビシュ

滝壺(球は真ん中。打てる)カキィン

浜面「よし!良い当たりだ」

土御門 タッタッ パシ シュ

結標 パシ

審判「アウト!スリーアウトチェンジ!」
218 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:20:42.35 ID:CLGBCwiV0
浜面「またあのショートのファインプレーかよ」

滝壺「ごめん。はまづら」

浜面「良いって良いって。気にするなよ」

心理「あの2人本当に仲が良いわね」

垣根「俺らには謝らないで浜面だけには謝ってるんだもんな」

心理「羨ましいの?」

垣根「さっきも言ったが、ムカつくだけで羨ましくはねえ」

心理「ふふ、そう」

垣根「何なのお前?一発殴って良い?」

心理「嫌よ」

垣根「じゃあ、その生意気な口をふさげ」

心理「はいはい分かったわ」
219 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:21:49.59 ID:CLGBCwiV0
ウグイス「4回の裏、鳳凰学園の攻撃は、5番右翼手一方通行君」

垣根(この鉄球並の『未球物質』なら、さっきみたいに空気のベクトルを操られただけじゃ
   ストレートになんかならねえだろ!)ビシュ

ギュオ

心理 バシ

審判「ストライク!」

垣根(手も足も出ないみたいだな。能力さえなければただのもやしだな!)ビシュ

一方「面倒臭せェ」ガキン

コロコロ

垣根「良く当てたな。ただのゴロだがな」パシ シュ

垣根(!!)

風斬 パシ

審判「セーフ!」

垣根「なんでお前が既に一塁に居るんだよぉ!」
220 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:24:07.21 ID:CLGBCwiV0
一方「何でって、ボールが当たって前に転がった瞬間に、能力を使って一塁まで行っただけだが?
   勿論1秒だけな。そンな事も分かンねェのか?はっきり言っておく。別にヒットになンか
   しなくても、オマエの打球を少しでも前に転がせれば、俺は能力で余裕でセーフになれる」

垣根「糞がああああああああ!」

心理「落ち着いて。次のバッターを打ちとれば良いじゃない」

垣根「うるせぇ!テメェは黙ってろ!」

心理「…」
221 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:25:25.50 ID:CLGBCwiV0
ウグイス「6番左翼手海原君」

心理(当然、また能力を使った盗塁してくるだろうし、どうするべきか…)

垣根 ビシュ

一方 カチ

心理 バシ

審判「ストライク!」

一方 カチ

心理(やっぱりもう三塁に!てかあの第1位せこすぎよ!デッドボールにして一塁に出しても
   盗塁されるだろうし、敬遠しても盗塁されるだろうし、もうどうしようもないじゃない!)
222 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:26:23.50 ID:CLGBCwiV0
垣根 ビシュ

一方(ホームスチールで終わりだ)カチッ ビュン

心理(駄目だ!また点をとられる!)

一方 ガクッ(!?な、にが)

ドサッ

心理 タッチ

審判「アウト!」

滝壺「ふぅ。うまくいったみたい」
223 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:28:12.21 ID:CLGBCwiV0
上条「一方通行!何やってんだよ!」

一方「能力が途中で切れやがった。何故だかは分からねェが、電波障害とかではねェ」

土御門「まさか…『能力追跡』?」

上条「何だよその『AIMストーカー』って言うのは」

土御門「一度記録したAIM拡散力場の持ち主を、たとえ太陽系の外に出ようが追い続け
    検索・補足出来る能力だ。基本的には探索用の能力なんだが、AIM拡散力場に
    干渉して能力者の『自分だけの現実』を制御することも理論的には可能らしい」

上条「難しくてよく分かんねぇ!つまりどういうことなんだよ!」

土御門「まあ使い方次第では学園都市第1位をも超えるかもしれないくらい、凄い能力と
    言うことだ」

一方(この俺が『自分だけの現実』を乱されただと?それで能力を多少の間だが
   使えなくなってたってのか。しかも俺とした事が焦って能力使用権を失っちまった)

土御門(確か滝壺理后は『体晶』を使わなければ能力を使えなかったはずだが…。成長したのか)
224 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:29:38.76 ID:CLGBCwiV0
バシ ストライクバッターアウト!

土御門「海原も使えないし」

海原「常盤台戦の時から思ってたんですけど、なんか僕の扱いひどくないですか!?」

土御門「そうでもないにゃー」

その後結標・姫神も三振で終わった

姫神(はぁ〜。また三振しちゃった。淡希は能力があるから。まだいいけど。私は未だに。
   大した活躍をしていない)

上条「姫神。思いつめてるみたいだけどそんな気にすんなよ。得点もこっちが
   リードしてるんだし。お前はキャッチャーで充分頑張ってくれてるしさ」

姫神「上条君///ありがとう///」
225 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:31:26.92 ID:CLGBCwiV0
ウグイス「5回の表、暗黒学園の攻撃は、9番捕手心理定規さん」

浜面「なあ、さっき第1位が能力が途切れて転んでたけど、それって滝壺がやったのか?」

滝壺「うん。うまくいくか自信なかったけど。私まだヒットとか打ってないし
   役に立ちたいと思ったから」

浜面「そうか。滝壺は俺と違って凄いな」ナデナデ

滝壺「そんなことないよ。私にとっては、はまづらは世界で1番凄いし、かっこいいと思ってる///」

浜面「そんなこと言ってくれるのは滝壺だけだよ」

浜面・滝壺 イチャイチャ

垣根(あいつら、チームメイトの応援もしないでまたイチャイチャしてるよ…。
   そう言う俺も応援してないけど)
226 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:32:19.90 ID:CLGBCwiV0
吹寄 ビシュ

心理 カキン

上条 パシ シュ

結標 パシ

審判「アウト!」

ウグイス「1番中堅手服部君」

吹寄 ビシュ

半蔵 カキィン

郭「一、二塁間を綺麗に抜いたライト前ヒット、さすがです半蔵様!」

ウグイス「2番右翼手郭さん」

吹寄 ビシュ

半蔵 ダッ

郭 カキィン

一方 コロコロ パシ

絹旗「やりました!ヒットエンドラン超成功でワンアウト一、三塁です」
227 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:33:22.13 ID:CLGBCwiV0
ウグイス「3番左翼手浜面君」

浜面(あのグラサンのショートと上条は守備がうまい。三遊間は狙うべきじゃない。
   ホームランを狙っても、第7位に常盤台戦の時のような守備をされたら駄目だし)

吹寄(やっぱど真ん中だけで抑えるのは厳しいわね…)ビシュ

浜面(だとするとやはり狙いはさっきまでの2ヒットと同じ一、二塁間!)カキィン
228 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:34:38.71 ID:CLGBCwiV0
浜面(よっしゃ!やっぱ俺の狙いは当たったみたいだぜ!)

土御門「結標、能力でホームの姫神にボールをテレポートしろ!」

結標「分かってるわよ!」

滝壺「させない!」ギン

ボール ヒュン

ポトン

海原「おや。ボールが僕の目の前に」

その間に半蔵はホームベースに帰還する

絹旗「これで2対3!」

土御門(また『能力追跡』の仕業か!)「何落ち着いてんだ海原!早く投げろ!」

半蔵「郭!お前もいけるぞ!」

郭「はい!半蔵様!」タタタタ

海原「は、はい」シュ

土御門 パシ ビシュ

姫神 バシ

郭 ズシャァァ

審判「アウト!」

郭「す、すいませんでした半蔵様!」

半蔵「いやナイスランだったよ。惜しかった」
229 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:35:38.68 ID:CLGBCwiV0
ウグイス「4番投手垣根君」

垣根「さて、今度こそ今までの分やり返させてもらうぜ」

吹寄「どうすんの土御門?また敬遠すればいいの?」

土御門「いや、勝負していいぞ」

吹寄「え?良いの?」

土御門「いいのいいの。勝負したいんだろ?勝負しろよ」

吹寄(な〜んかよくわからないけど、私を信頼してくれるって言うなら
   期待に応えなきゃね!)ビシュ

姫神 バシィン

審判「ストライク!」
230 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:36:43.73 ID:CLGBCwiV0
垣根(ほう。多少は球威が上がってるみたいだな)

姫神(この調子なら。フォークもいけるはず)

吹寄(ええそうね。やっぱ私にはこれしかないでしょ!)ビシュ

垣根(だがそれで俺を抑えられると思ってたら大間違いだぜ!)ブンッ

ギュルル スカッ

姫神 バシィン

審判「ストライクツー!」

垣根(このタイミングでフォークか。油断したぜ。だが次は直球だろうが
   フォークだろうが捉える)

吹寄(これで終わりよ!)ビシュ

ギュルル

垣根(2球続けて同じ球とかなめてんじゃねぇぞ!)カキィィン

絹旗「大きい当たりです!これは超ホームランでしょう!」
231 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:37:39.59 ID:CLGBCwiV0
一方 カチ ギャン

一方 パシ フワッ カチ

審判「アウト!スリーアウトチェンジ!」

浜面「なんであいつまた能力使ってんだよ!?」

垣根「おいおいちょっと待ってくれよ。ルール忘れたのか?能力を3回以上使うとか
   反則なんじゃねえの?」

一方「忘れちゃいねェよ。俺は能力使用回数をもらっただけだ」

垣根「能力使用回数分けるのも駄目だろうが」

一方「ああ駄目だな。『無能力』が『能力者』に分けるのは」

垣根「何が言いたい」
232 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:38:37.44 ID:CLGBCwiV0
一方「ここまで言っても分からねェとは。これで学園都市で2番目に頭が良いとか
   聞いて呆れるな。確かに『無能力』が『能力者』に分けるのは駄目だが、
   『能力者』が『能力者』に分けちゃ駄目だとは、言われてねェだろ」

垣根「また屁理屈か。本当にムカつく奴だぜ」

一方「今回は物わかりが良いじゃねェか」

垣根「その理論は俺のチームでも使えるからな」

上条「また能力使えるようになったんなら、何でもっと早く使わなかったんだよ!」

一方「うるせェなァ三下が。雑魚に使うより強打者の垣根の野郎に使った方が良いに
   決まってるからじゃねェか」

上条「そう言われてみればそうか」
233 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:40:26.79 ID:CLGBCwiV0
垣根「そう言うことで、俺に能力使用回数を分けろ絹旗。どうせお前はまたデッドボールで
   能力使用せざるを得ない、且つ歩かされるから。あと麦野の能力は野球では役に立たない
   だろうから分けろ」

麦野「お前に分けるくらいなら滝壺に分けるわ」

絹旗「じゃあ私も滝壺さんに」

垣根「待て待て。俺の『未球物質』が詳細は分からねえが、あの3番に消されちまう。
   だがあいつは次、俺の能力を消せば能力を3回使ったことになり、俺の『未球物質』
   を消せなくなる。そうすればまず点を獲られることはなくなる」

麦野「仕方ない。絹旗、あんたはこいつに能力分けてあげなさい。私は2回分滝壺にあげるわ」

絹旗「超仕方ないですね」

滝壺「そう言えば、あなたは能力使用回数分けないの?」

心理「私は既に2回使ってるし、残りの1回も誰に使うかは決まってるから」

滝壺「ふ〜ん」
234 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:42:02.23 ID:CLGBCwiV0
ここまでのまとめ
5回の表まで終了。3対2で鳳凰学園がリード


能力使用回数について
上条→残り1回
青ピ・姫神・吹寄・土御門→一応権利自体は3回あるが、能力が使えないため意味なし
海原(エツァリ)→魔術師である彼には能力は使えないが、レベル4の念動力能力者で
登録してあるため、一方通行に能力使用回数3回をあげることができた
結標→残り0回
一方通行→全部使ってしまったが、海原に分けてもらったため、残り2回と5分の2
削板→残り2回

垣根→絹旗に分けてもらったため残り2回
浜面・半蔵・郭・風斬→青ピ達に同じ
絹旗→垣根に分けたため残り0回
麦野→2回を滝壺に分け、残り1回
滝壺→残り3回
心理定規→残り1回
235 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/24(木) 22:43:09.05 ID:CLGBCwiV0
今日はここまでと言うことで
続きは3月26日(土)までには投下したいと思います
236 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2011/03/24(木) 22:48:27.97 ID:gKzdNIjKo
青ピ・姫神・吹寄・土御門の回数は分けちゃだめなの?
237 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/03/25(金) 03:51:59.17 ID:yIGFSLVFo
むしろ上条さんは無能力者の筈だから、そもそも使用回数とか無いんじゃ?
238 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(群馬県) [sage]:2011/03/26(土) 10:31:25.19 ID:QFuqK9/Po
>>237
こまけぇこたぁいいんだよ
239 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:39:49.53 ID:T7tWrnld0
>>1です
>>236
青ピ達『無能力者』が『能力者』である、一方通行、結標、海原、削板に回数は分けられません

>>237
上条さんは無能力ではありますが、垣根の『未元物質』を消したという事実があるため
能力を使用したことにカウントされます

ということで投下したいと思います
240 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:40:17.55 ID:T7tWrnld0
ウグイス「5回の裏、鳳凰学園の攻撃は、9番投手吹寄さん」

ビシュ バシ ストライクバッターアウト!

ウグイス「1番遊撃手土御門君」

心理「ねえあなた」

土御門「何だ?」

心理「よく見るとイケメンね。貴方」

土御門「そりゃどうも」

心理(これで能力はかけた。私はこのグラサンにとっての神となる)
241 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:40:55.62 ID:T7tWrnld0
垣根 ビシュ

ギュオ

(―――打つな―――)

土御門 キン

審判「ファール」

心理(私の能力が効いてない?)

垣根 ビシュ

ギュオ

土御門 キン

審判「ファール」

キン ファール

垣根「タイム」
242 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:41:54.54 ID:T7tWrnld0
垣根「おい、ちゃんとあのグラサンに能力かけたのか?」

心理「ええかけたわよ。それで打つな、って命令もしてる。にもかかわらずバットを振るのよ。
   多分一方通行と同じく例外なんだわ。神に逆らうだけの何かが彼にはあるのでしょうね」

垣根「つーことは能力の無駄遣いってことかよ」

心理「そういうことになるかもね。でも大丈夫、あなたなら能力なしでも抑えられるから」

垣根「当たり前だ。お前の能力なんて保険でしかないんだよ」

心理「ええそうね」クス
243 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:42:30.22 ID:T7tWrnld0
垣根(そうさ、あいつの能力なんて失くても抑えられるんだよ!)ビシュ

ギュオ キン ファール

土御門「そんなB級変化球既に全部見極めたぜい。悔しかったら直球で勝負して来いよ」

垣根(ムカついた!)ビシュ

ギュオ

土御門 キン

審判「ファール」

垣根「ハッ!いくらカットが出来ても俺の『未球物質』は鉄球並の重さだ。
   結局まともにヒットすることは出来ねぇだろ!」
244 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:43:12.59 ID:T7tWrnld0
土御門(確かに奴の言う通りだ。だがそんな鉄球並の重さのボールでも、ヒットにする方法が
    一つだけある)

垣根 ビシュ

土御門(それは一本足打法だ!)カキィィン

上条「ナイス土御門!センターの頭を超えるツーベースヒットだ!」
245 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:43:52.07 ID:T7tWrnld0
ウグイス「2番二塁手青髪君」

垣根(俺の鉄球並の『未球物質』を強引に打っただと?)

上条「続け青髪ー!」

垣根「1本まともなヒットが出たからって調子に乗るなよ!」ビシュ

バシ ストライクバッターアウト!

青ピ「皆、すんまへん」

上条「気にすんなって」
246 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:45:00.26 ID:T7tWrnld0
ウグイス「3番三塁手上条君」

上条(さっきやったみたいに、また能力のボール消せばいいんだよな)

垣根(ふん。俺の『未球物質』は今投げてるのも含めて残り3回。原理は不明だが奴の能力を
   消す能力は残り1回。厄介な第7位はこれで抑えられるだろうし、一方通行は滝壺で完封。
   あとは俺らが逆転さえすれば、勝利ってわけだ)

垣根(ほうら、いくらでも消せ)

上条 スッ キュイーン

審判「ストライク!」

垣根(また精製してっと。これで奴の能力使用権利は失われた!終わりだ!)ビシュ

上条 スッ

垣根(まともじゃ打てないからって、セーフティバントでもしようってか!)

上条 キュイーン

審判「ストライクツー!」
247 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:47:14.45 ID:T7tWrnld0
垣根「いやいやストライクツーじゃなくてさ。そいつ能力3回使ったよな?4回目とか反則じゃね?」

上条「反則ではないさ」

垣根「何だと?」

上条「俺もさ、能力使用回数譲ってもらったんだ。この大会のルールは『無能力』は『能力者』に
   分けては駄目なんだよな。だけど『能力者』から『能力者』はアリだろ?だったら
   『能力者』から『無能力』と『無能力』から『無能力』もアリなんじゃねえのか?ちなみに
   今回は後者の方だがな。幸いウチには無能力が俺を含めて5人いるんでね。はっきり
   言っとくけど、俺は能力をあと9回使えるぞ」

垣根「ふざけんなよ。テメェの『それ』はどう考えたって能力だろ。レベル5の俺の能力ですら
   打ち消せんだから」

上条「俺のこの右手に宿る能力『幻想殺し』って言うんだけどな。身体検査上では
   レベル0判定なんだよ。だから俺は『無能力』扱いだ。ちなみに審判も削板も
   元に戻させてもらった」
248 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:48:12.64 ID:T7tWrnld0
垣根「調子に乗るなよガキがぁぁぁぁぁぁ!」バサッ

上条「羽が生えやがった!」

垣根「おらよっ!」ビシュン

上条(!?)キン

審判「ファール」

青ピ「いきなり羽が生えたと思ったら、投げ方はアンダースローからオーバースローに変わるし
   変化球やなくて160キロのストレート投げてきおったで!」

垣根(良く当てたなぁ!だがこれでお終いだ!)ビシュン

上条「くそっ!」コン
249 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:49:05.49 ID:T7tWrnld0
垣根(一塁線にセーフティバントだと?)「風斬!」

その間に垣根(羽あり)は一塁にベースカバーに入る

風斬 パシ シュ

上条 バッ

垣根(こいつ、ハナっから俺がベースカバーに入るのを見越して、一塁線にバントしたのか!?
   俺の羽を消すために!)

上条「うおおおおおおお!」ズシャァァ キュイーン

審判「セーフ!」

上条「っしゃあ!」

垣根(能力を消された…。その上セーフにまでさせちまうとは)
250 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:50:05.06 ID:T7tWrnld0
ウグイス「4番中堅手削板君」

削板「上条に殴られて目も覚めたことだし、打たせてもらうぜ」

心理「ツーアウト一、三塁でナンバーセブンだけど、どうするの?敬遠でもする?」

垣根「いや、良い」

心理「私の能力も打ち消されちゃったのよ。はっきり言って今のあなたじゃ、ナンバーセブンは
   打ちとれないと思うけど」

垣根「誰に向かって口きいてやがる。もう俺に能力なんて必要ねえ。最早この『俺』に
   常識は通用しねえ」

心理「ちょっと何言ってるか分からないけど、まああなたがそう言うなら良いわ」
251 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:50:56.77 ID:T7tWrnld0
削板「かかってこい!ホームランでとどめを刺してやる!」

垣根(打たせやしねえ)ビシュン

心理 バシィィン

審判「ストライク!」

削板(速い…!)

青ピ「オーバースローのままや!さっきまで凄かったのは能力のおかげではなく、素でここまでの
   人やったんか…」

垣根 ビシュン

削板 スカッ

心理 バシィィン

審判「ストライクツー!」
252 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:51:36.86 ID:T7tWrnld0
削板(速球に強いこの俺を、速球で空振りさせるとは…)

垣根 ビシュン

削板(だがヒットは無理でも、当てるだけなら――)ブンッ

心理 バシィィン

審判「ストライクバッターアウト!スリーアウトチェンジ!」

削板(裏をかかれまくって、能力使用権利も失ったと思ったら、覚醒しやがった。
   これが第2位の底力なのか)
253 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:53:23.25 ID:T7tWrnld0
その後は審判も元に戻ったので、吹寄はある程度のピッチングを取り戻した。それでもヒットは
3本打たれるし、2回ホームラン級の当たりをされたが、削板の能力を使ったファインプレーもあり
7回までを0点に抑える。打撃面では覚醒した垣根に好投されて同じく7回まで無得点。頼みの
一方通行も滝壺に『自分だけの現実』を乱され、強引に能力を引き出されたため、能力使用権利を
失う。滝壺も一方通行の『自分だけの現実』を乱すために能力を使いきる。これで大方の能力者は
能力を使い切ってしまった。残りは麦野の『原子崩し』1回と上条の『幻想殺し』7回だけ(土御門
にかかっていた能力を解除するために1回使った)である。そして3対2で鳳凰学園リードのまま
8回を迎える
254 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:54:10.62 ID:T7tWrnld0
ウグイス「8回の表、暗黒学園の攻撃は、5番三塁手麦野さん」

吹寄(あと2回。根性で抑えて見せる!)ビシュ

麦野 カキン

審判「ファール」

麦野(もう打たねえとさすがにヤベえ)

吹寄 ビシュ

麦野(こうなったら――)カキィン

吹寄「よし!ゴロだ!上条!」

上条「任せとけ!」
255 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:55:13.80 ID:T7tWrnld0
麦野「ゴロとか関係ねえよ!!カァンケイねェェんだよォォォ!!」シュ ボッ

そう叫んだ麦野は、持っていた『拡散支援半導体』(シリコンバーン)を投げ、それに自身の能力『原子崩し』でできたビームを当て、そのビームを拡散させた。それは内野と外野の一部の
グラウンドの地面を抉りとり、莫大な煙を発生させる。しかもそのうちの一つが上条へと飛んでくる

上条「くそ!」キュイーン ポロ

上条「ボールを落としちまった!しかも煙で一塁が見えねえ!」

審判「セーフ」

煙が晴れたころには既に麦野は一塁に居た

上条「すまない」

吹寄「あんたのせいじゃないからいいわよ。謝られても困るわ」
256 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:57:09.34 ID:T7tWrnld0
観客席

御坂(あの女本当非常識ね。グラウンドがめちゃくちゃじゃない!)ゴホゴホ

佐天(いくらなんでも、グラウンドに能力ブチ込んで煙を発生させるとか強引すぎるよ。
   ここまで煙来てるし)ゴホゴホ

初春「御坂さん、佐天さん大丈夫ですか」ゴホ

佐天「そう言う初春も大丈夫じゃないじゃん」ゴホゴホ

初春「ふぅ。私はもう大丈夫ですよ。白井さんは大丈b」クル

白井「わたくしは確かに見ましたわ。あのビームの一部があの殿方に向っていったところを。ですが
   ビームを消えてしまったので殿方は無傷ですの。あのまま当たればよかったのに」ブツブツ

初春(聞かなかったことにしよう)
257 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 17:59:08.36 ID:T7tWrnld0
スタジアム

上条(おいおい、このボコボコのグラウンドのまま続行するのかよ)

ウグイス「6番遊撃手絹旗さん」

麦野「絹旗ー。いくらテメェでも、もうそろそろ打たないとおしおきだぞ!」

絹旗(それは超勘弁です)

吹寄(落ち着くのよ私。今のは能力を使われたから仕方ない。それになんだかんだ言っても
   私はこの女の子に打たれてない。絶対抑えられる!)

吹寄「いくぞ!」ビシュ

姫神 バシィ

審判「ストライク!」
258 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 18:00:58.01 ID:T7tWrnld0
絹旗(超ヤバいですよ〜。私なんて能力がなければ超か弱い女の子なのに)

浜面「絹旗!せめてバット振れ!」

絹旗「超うっさいです浜面!言われなくてもバットぐらい振ってやりますよ!」

浜面「せっかくアドバイスしたのに…」

滝壺「大丈夫。私はアドバイスしてもうざがられるはまづらを応援してる」

絹旗(ったく何なんですか超浜面のくせに。生意気なんですよ。……あれそう言えば私さっきまで
   麦野のおしおきとか、大事な場面で回ってきたプレッシャーで、超押しつぶされそうに
   なってましたが、浜面の声援でそれが少し吹っ飛びました。今なら超打てる気がします)

吹寄 ビシュ

絹旗 カキィン

吹寄「結標さん!」

結標「任せt」

ガッ
259 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 18:01:49.54 ID:T7tWrnld0
青ピ「ボールがさっきできた地面の窪みでイレギュラーしおった!」

土御門「何してる結標!早く捕りに行け!」

結標「え、ええ」

しかし結標がボールを拾いに行ってる間に、絹旗は一塁まで辿りつき
麦野に至っては三塁に到達していた

結標「くっ」

土御門(まずいな。垣根覚醒から徐々に流れが傾き始めているとは思っていたが
    完全に流れは今相手チームに来てる)
260 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 18:02:44.19 ID:T7tWrnld0
ウグイス「7番一塁手風斬さん」

浜面「頑張れ風斬ー!」

滝壺「頑張れ、かざきり」

風斬(ここまで、私は皆の足を引っ張ってばっかり。誰も私になんて期待してないだろうし)

吹寄 ビシュ

風斬 カキィン

審判「ファール」

吹寄(下位打線だからなんとかなると思ってたけど、さすがに3打席目は当ててくるわよね)
261 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 18:03:27.32 ID:T7tWrnld0
浜面「いけるぞー。そんなに力むなよー。犠牲フライでもいいからなー」

滝壺「いけるよ、かざきり。はまづら少しかざきりの事応援しすぎじゃない?」

浜面「そ、そうか?」

滝壺「そうだよ。私の時の応援より応援してる」

風斬(そんな私を、あの二人はいつも私を気にかけてくれた)

吹寄 ビシュ

風斬 カキィン

審判「ファール」

姫神(段々合わせられてきてる)
262 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 18:04:24.31 ID:T7tWrnld0
浜面「だんだんタイミングあってきてるぞー」

滝壺「あってきてるよ〜」

風斬 チラッ

上条

風斬(あの人もだけど、あの二人は私の正体を知っても、私を化け者ではなく
   一人の人間として接してくれた。私の居場所を作ってくれた!)

吹寄 ビシュ

風斬(そんな二人の期待に応えたい――!)

カキィィン
263 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 18:05:57.39 ID:T7tWrnld0
浜面「これは良い当たりだ!二塁まで行けるぞ!」

上条「海原ーっ!」

海原「くっ!」

ポトン

滝壺「まわれ、かざきり」

土御門(風斬氷華、通称『正体不明』。AIM拡散力場の塊だけあって、腕力と脚力が尋常じゃない。
    もう二塁にたどり着こうとしている!)

土御門「海原!風斬はもう間に合わない!せめて『窒素装甲』をアウトにしろ!」

海原(ここまで、青髪さんを除くほとんどの人がある程度の活躍をしていた。
   それに比べて、僕は常盤台戦から通して、これといった活躍をしていない。
   ここでやらなきゃ僕は男じゃない!)

海原「うおおおおおおお!」ビシュ

上条 バシ

ズシャァァ

審判「アウト!」
264 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 18:06:53.86 ID:T7tWrnld0
上条「海原ナイス送球!」

土御門(何とかワンアウトにできたか。だが『原子崩し』はホームに帰って同点。
    風斬も二塁に居るし、未だにピンチな事に変わりはない。どうするか…)

麦野「絹旗、お前もう少し早く走れねえのか」

絹旗「超全力疾走しましたよ!あのレフトの送球が超良すぎたんです」

麦野「言い訳は良いから」

絹旗「ぐぬぬ」

浜面「まあまあ麦野。一応同点にもできたし、許してやれよ」

滝壺「そうだよ。きぬはたはよく頑張ったよ」

麦野「まあ滝壺がそう言うなら別に良いけど」

絹旗「滝壺さんのフォロー、超助かりました」

浜面「あれ?俺もフォローしたんだけどな〜。何も言ってなかったことにされてる?」
265 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 18:08:10.02 ID:T7tWrnld0
ウグイス「8番二塁手滝壺さん」

浜面「まあどうでもいいかそんなこと。頑張れ滝壺〜」

吹寄 ズキッ(!)ビシュ

姫神 バシ

審判「ボール」

吹寄(ヤバいわね。足が痛み始めた。まだ100球は投げてないはずだけど)ビシュ

ズキッ

滝壺(これなら打てる)カキン

コロコロ

浜面「くそ!正面かよ!」

吹寄 タッタッ ズキッ(くっ!)シュ

上条「バウンド送球!?」

結標 ポロ

審判「セーフ!セーフ」

姫神(制理。もしかして。足が痛みだしてるの?)
266 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 18:09:14.86 ID:T7tWrnld0
ウグイス「9番捕手心理定規さん」

吹寄(さっきも本来ならアウトにできたんだし、せめてこの回だけでも)ビシュ ズキッ

心理 クス スッ

姫神(もしかして。制理が足を痛めてることを見抜いてバントを?)

コン コロコロ

吹寄(またか)タッタッ 

吹寄 ズキッ「ぐっ!」ガクッ ポロッ

上条「大丈夫か吹寄!」

吹寄がもたついてる間に心理定規は悠々と一塁にたどり着く。これで暗黒学園は
ワンアウト満塁となった
267 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 18:10:28.90 ID:T7tWrnld0
ウグイス「1番中堅手服部君」

姫神(さすがに。これはまずい)「タイム」

姫神「制理。正直に言って。足が痛みだしてるでしょ」

吹寄「…ええ」

上条「それは本当か吹寄!」

吹寄「だから本当って言ってるでしょ。ごめん。私がこれ以上投げたら、皆に迷惑かけちゃうから
   削板君に交代してもらえるかな」

土御門「分かった」

ウグイス「鳳凰学園ポジションの変更をお知らせします。土御門→捕手、削板→投手
     姫神→二塁手、青ピ→遊撃手、吹寄→一塁手、結標→中堅手となります」
268 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 18:12:33.44 ID:T7tWrnld0
審判「プレイ!」

半蔵(このタイミングであの剛腕リリーフかよ…)

削板「おっしゃああ!行くぞー!」ドギュン

土御門 バシィィン

審判「ストライク!」

半蔵(やっぱ速えええ!)

浜面「いきなり160キロか…。半蔵!なんとか打ってくれー」

半蔵(無茶言うな浜面!)

削板「どおりゃあ!」ドギュン

半蔵 スカッ

土御門 バシィィン

審判「ストライクツー!」

浜面「今度は170キロ…。能力なしでこれとか化け物か!?」
269 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 18:14:22.55 ID:T7tWrnld0
半蔵(この球だとヒットはまず無理だ)

削板「ふんぬらばっ!」ドギュン

風斬 ダッ

半蔵(だったらスクイズなら――!)ガキン

半蔵(打ち上げちまった!)「戻れ風斬!」

風斬「は、はい!」

土御門 パシ

審判「アウト!」

土御門(さすが『正体不明』といったところか。もう三塁まで戻ってやがる)
270 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 18:15:40.25 ID:T7tWrnld0
ウグイス「2番右翼手郭さん」

郭(あの半蔵様が、バントすら失敗する球なんて打てっこないよ〜)

垣根「郭。少し作戦がある」

郭「え?あ、はい」

削板(何を話していたか知らんが、この俺に小細工は通用しないぞ!)ドギュン

郭 スッ

上条(満塁とはいえ、ツーアウトでバント!?セーフになるつもりか!?)

郭 ゴン

コロコロ

郭(何とか一塁線にバント成功!)

上条(そうか!狙いは足を痛めてる吹寄だったのか!)

吹寄 タッタッ ズキッ「あぁ!」(また私のせいで皆に迷惑を…!)
271 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 18:16:49.78 ID:T7tWrnld0
郭(ふっふ〜ん。あとは一塁まで走ってセーフになれb)シュン

郭(今横を何かが通り過ぎたような…)

削板 パシ

審判「アウト!スリーアウトチェンジ!」

郭「え、ええーーーーーーーー!」

土御門「バント成功で安心したか?お前らが足を痛めてる吹寄を狙ってくるなんて見え見え
    なんだよ」

上条「何とか同点のまま抑えた。この回でまた突き放してやろうぜ!」

全員「おー!」
272 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/26(土) 18:19:55.60 ID:T7tWrnld0
今日はここまでということで
続きは3月28日(月)までには投下したいと思います
273 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(宮崎県) [sage]:2011/03/26(土) 20:35:56.81 ID:2fOWeiM/o
乙〜
274 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) [sage]:2011/03/26(土) 20:37:38.94 ID:ztB9ffhAO
さすがに麦野はやりすぎだろ……ってツッコミはなしかな?
275 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2011/03/26(土) 21:36:57.49 ID:fxoDDCwNo
姫神は確実に無能力者じゃない
276 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/03/26(土) 23:19:00.06 ID:PMDEODDD0
姫神は「原石」だったよな、確か。
277 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:15:04.80 ID:gjKXZzzx0
>>1です
>>274
学園都市が黙認した場合は何でもありです。今後も現実では、そりゃねえだろって展開が続きます

>>275>>276
姫神には『吸血殺し』と言う能力がありますが、削板と違い明確なレベル設定がないので
とりあえず今回は無能力ということにしました

ということで投下していきたいと思います
278 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:16:13.01 ID:gjKXZzzx0
とは言ったものの、覚醒してから絶好調の垣根に、青髪も上条も手も足も出ず
あっさり三振してしまった

上条・青ピ「すみませんでした」

土御門「打てなくても仕方ない。奴が投げてる速球はおそらくジャイロボールだからな」

青ピ「なんやねん、そのジャイロボールって言うのは」

土御門「ジャイロボールって言うのは、ライフル弾丸のように横回転をしながら前に進む
    ボールの事だ。螺旋状に回転しながら進んでくから、普通の直球と比べると空気抵抗が
    少なくなって、投げてからホームに到達するまでの間の減速加減が少なくなる。だから
    打者にとっては予想したよりも早く到達する、手元で変に伸びる球に見えるってわけだ」

上条「つまり、どう言うことなんだよ」

土御門「簡単に言えばものすごいストレートって訳だ」
279 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:17:01.10 ID:gjKXZzzx0
ウグイス「4番投手削板君」

削板(そんなもん関係ねえ!さっき三振したからな。俺は根性で打つぜ!)グッ

垣根 ビシュン

削板 スカッ

心理 バシィィン

審判「ストライク!」

垣根 ビシュン

削板 スカッ

心理 バシィン

審判「ストライクツー!」

上条「前の打席から、5球連続空振り…。削板でも駄目なのかよ!」

削板(情けねえ。バットに当てることすら出来ないなんて、俺には打てないのか!?)

あの諦めの悪い削板ですら、諦めかけていた。その時だった
280 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:19:08.11 ID:gjKXZzzx0
御坂「情けないわよアンタ!私のストレート打ったんだからそれぐらい打ちなさい!
   じゃないと打たれた私が惨めじゃないの!」

削板(この声は第3位?)

佐天「み、御坂さん?」

御坂「だってあいつ腹立つじゃない!私のストレートは打って、両腕にヒビまで入れてくれて
   なのに、あれぐらいで諦めるなんて、そんなの私が許さない」

白井「分かったかこのゴォウリラ!お姉様の声援を受けたんだから、打たないと承知しませんの!」

初春「な、なんで白井さんがそんなにヒートアップしてるんですか…?」

削板(そうだ。第3位の言う通りだ。ちょっと空振りが続いたくらいで諦めるなんて
   どうかしてたぜ)

垣根(ちょっとぐらい応援されたからって、俺の球が打てるかよ!)ビシュン

削板(打つ!)「どおぉらああ!」カキィィン

上条「おっしゃあ!センター前ヒット!」
281 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:20:02.27 ID:gjKXZzzx0
ウグイス「5番右翼手一方通行君」

垣根 ビシュン

心理 バシィィン

審判「ストライク!」

青ピ「一方通行君…。打てるんかいな」

土御門「さあな」

一方(今のアイツには油断も隙もねェ。5回までは驕って俺らの事なめてたから、だから
   その隙を突いてきた)
282 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:21:51.02 ID:gjKXZzzx0
垣根 ビシュン

一方(だが今はそれが一切ねェ。ただ勝ちに、完膚無きまでにねじ伏せようとしてる)

心理 バシィィン

審判「ストライクツー!」

一方(だがそんなことは関係ねェ。お前らが失点してしまったのは驕りでも油断でもなく)

青ピ「ちょっとあれ大丈夫なんか!?バットを一度も振ってないし!」

土御門「大丈夫なんじゃないか?あいつはただ、ボーっと突っ立ってるだけの様な人間じゃない。
    知ってるか?学園都市第1位って言うのは、学園都市で1番頭が良いってことだぞ」

青ピ「そんなこと分かるよ。てか運動神経とは何も関係ないやん」

土御門「俺が言いたいのは、あいつは自分ならどうやって打つかちゃんと考えてる。
    そんな心配すんなってことだ。それに火事場の馬鹿力ならあいつ案外あるんだぜ」
283 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:22:45.37 ID:gjKXZzzx0
垣根 ビシュン

一方(ただ純粋に格の差だァ!)カキィン

上条「またヒットだ!」

青ピ「おいおい。あのストレートは凄いんやないんかい。あっさり打たれてるやん」

土御門「打てなかった奴が言うな。てかお前どっちの味方なんだよ」

青ピ「いやだって〜、一方通行君ってモヤシやん?何で打てたのかな〜って」

土御門「だからさっき言ったろ?あいつは火事場の馬鹿力ならあるって。追い込まれると
    力を発揮するタイプなんだよ。なんだかんだ言ってもあいつは正真正銘化け者だよ」

青ピ「そんなもんなんかねー」
284 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:23:34.65 ID:gjKXZzzx0
観客席

打ち止め「なんだかんだ言っても、ここぞと言う時にヒットを打つあの人は凄いよね
     ってミサカはミサカは同意を求めてみる」

番外「そうかな〜。あれぐらいミサカなら余裕だけどね☆」

打ち止め「巨乳のお姉ちゃんの球すら打てなかったくせに何を言ってるのか分からない
     ってミサカはミサカは若干馬鹿にしてみたり」

番外「1打席目だけでしょーが。あとはちゃんと打ったもーん。そういう君は〜1打席目に妹達の
   演算能力借りて不意を突いただけだよね〜」ニヤニヤ

打ち止め「ミサカを馬鹿にするな、ってミサカはミサカは憤慨してみる!」ポカポカ

番外「はいはい分かったからもうやめて。地味に痛いし」
285 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:25:23.00 ID:gjKXZzzx0
スタジアム

ウグイス「6番左翼手海原君」

垣根 ビシュン

海原(僕だって、ちょっと良い送球したぐらいで満足してませんよ!)カキィン

上条「3人連続ヒット!流れはこっちに来てるぞ!」

土御門「どうやら奴も疲れてきてるみたいだな」

滝壺「かきね、大丈夫なの?」

垣根「何がだ?」

滝壺「体力とか」

垣根「ああ、大丈夫だ。それより一方通行の能力を防いでくれてありがとな」

滝壺「え?う、うん」

垣根「お前もだ風斬。さっきのタイムリーヒット、良かったぜ」

風斬「へ?は、はい。ありがとうございます///」

絹旗「いきなり皆を褒め出して何なんですか?超気持ち悪いです」

垣根「お前は小さいのに、ここまで良く頑張ってくれたよ」

絹旗「私の場合、褒められたと言うより、超馬鹿にされた気がするんですが」

麦野「つか絹旗も言ってるけど、お前どうしたの?頭逝っちゃったの?」

垣根「お前は男言葉さえ直せば、普通に綺麗な女なのにな」

麦野「は?いきなり何言いだしてんの!?テメ…あなたに言われる筋合いなんてないわよ!」

垣根「そうそう、そっちの方が似合ってるって。あとさっき能力まで使って反撃の口火を
   切ってくれてありがとうな」

麦野「ま、まあね。感謝しなさいよね!」

垣根「ああ、感謝してるって」

心理「あなた本当にどうしたの?」

垣根「俺は純粋に皆に感謝してるだけだよ」

心理「なら私にも感謝してほしいわね」

垣根「ああ。感謝してるよ。ここまで俺のボールを捕ってくれてありがとう」

心理 ドキッ(ま、まさかそこまでストレートに感謝の言葉を言われるとはね///)
286 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:26:58.27 ID:gjKXZzzx0
ウグイス「7番中堅手結標さん」

垣根 チラッ

一方(何でこっち見てンだ。気持ち悪りィ)

垣根(今ならあいつが何であそこまで表の世界にこだわってたかが分かるな。
   俺は今まで表の世界に逃げたあいつを弱いと思ってた)

垣根(でも表の世界で少し働いてみて、そしてこの野球大会を通して、それは間違いだと
   気付いた。今なら分かる。あいつが何であんなに強かったのか)

垣根(『アイテム』のやつらに野球を誘われた時は、賞金稼ぎ位にしか思ってなかったが今は違う。
   ただ勝ちたい。表の世界が、野球がこんなに楽しいものだったなんて知らなかった)

垣根(俺がこの野球大会に出ようと思って発足したチームではないが、このチームで優勝してぇ。
   負けたくねえ!)ビシュン

心理 バシィン

審判「ストライク!」

垣根 ビシュン

結標 スカッ

心理 バシィン

審判「ストライクツー!」

垣根 ビシュン

心理 バシィン

審判「ストライクバッターアウト!スリーアウトチェンジ!」

結標「あんなの打てるわけないじゃない」ジワッ

青ピ「涙目の結標さんもまたええわ〜」

土御門(実際そこまで強打者ではない、というか雑魚の結標相手にまで一切手を抜かなかったな)
287 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:27:50.42 ID:gjKXZzzx0
ウグイス「9回の表、暗黒学園の攻撃は、3番左翼手浜面君」

バシィン ストライクバッターアウト!

麦野「ちょっと三球三振とか不甲斐ないわよ、浜面!」

浜面「そんなこと言ったって、打てねえもんは打てねえええ、って心なしか言い方が少し
   優しくなってるような…」

麦野「そんなことないわよ。私は普段からこんな感じだし」

浜面「そ、そうか?」

麦野「普段からこうだって言ってるでしょ!」

浜面「は、はいぃぃぃ!」
288 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:29:11.53 ID:gjKXZzzx0
ウグイス「4番投手垣根君」

土御門「学園都市第2位だぞ。油断するなよ」

削板「分かってるよ」

垣根 ゴゴゴゴ

削板(凄い集中力だ…!根性あるじゃねえか!)ドギュン

垣根 カッキィィィン

削板「ぬあっ!?」

審判「ファール」

削板(危ねえええ!良い根性してるじゃねえか!だが根性では俺も負けねえぞ!)ドギュン

垣根(確かに速いがお前の速球は、所詮棒球なんだよ!)カッキィィィン

スタンド ガン

審判「ホームラン!」

上条「勝ち越し…ホームランを…打たれた…」

浜面「さすが第2位!こんな大事な場面で打ちやがった!」

心理「ナイスバッティング」スッ

垣根「おう」パン

削板「ふぅ。打たれちまったか」

青ピ「まだや!まだ終わってへん!抑えて裏でサヨナラにすればいいだけや!」

上条「そうだよな。青髪の言う通りだ!まだ終わってねえ!」
289 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:30:06.90 ID:gjKXZzzx0
ウグイス「5番三塁手麦野さん」

削板 ドギュン

土御門 バシィィン

審判「ストライク!」

麦野(あんなに必死な垣根初めて見た)

削板 ドギュン

麦野 スカッ

土御門 バシィィン

審判「ストライクツー!」

麦野(初めはこんな大会、ただの賞金稼ぎにしか考えてなかった。でも今は賞金なんて
   どうでもいい。なんだか垣根を見てるとそんなの馬鹿らしくなってきた)

削板 ドギュン

麦野(今はあの馬鹿に手を貸してやりたい!素直にそう思えた!)カキィン
290 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:31:03.03 ID:gjKXZzzx0
土御門「ショート!」

削板「どらっ!」バッ バシィン

上条「右手で捕った!?」

削板「ぐあっ!」ポロ

上条「馬鹿野郎!右手で捕ろうとするからだ!」

削板「まだだ!一塁をアウトにすれば問題ねえ!」シュ

麦野(絶対セーフになる!)タッタッ バッ

結標 パシ

ズシャアア

審判「セーフ!セーフ!」
291 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:31:41.78 ID:gjKXZzzx0
麦野「へへへ…」

浜面「あの麦野が…。ヘッドスライディングをするなんて…」

滝壺「どうやら本気になったようだね」

垣根「ナイスラン麦野!」

麦野 ビシッ

浜面「垣根が、麦野を労った…?」

滝壺「ようやくチームが一つになったね」

上条「てかお前、右手大丈夫なのか?」

削板「ああ。こんなもん唾つけときゃ根性で治る」

土御門(ここにきて相手チームは一致団結したか)
292 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:32:22.40 ID:gjKXZzzx0
ウグイス「6番遊撃手絹旗さん」

絹旗「よし!私もこの流れに乗って超ヒットを」

バシィィン ストライクバッターアウト!

絹旗「くぅぅ。打てませんでしたぁ」

滝壺「どんまい、きぬはた」

浜面「気にするなよ。あんなの打てなくても仕方ねえさ」

垣根「惜しかったぞ、絹旗」

絹旗「滝壺さんも垣根さんも優しいですね」

浜面「あれ〜?また俺のフォローなかったことにされてる?」
293 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:33:07.11 ID:gjKXZzzx0
ウグイス「7番一塁手風斬さん」

浜面「まあいいや。気を取り直して、頑張れ風斬ー!」

滝壺「無理しなくても大丈夫だよ、かざきり」

絹旗「風斬さーん、超頑張ってくださーい」

垣根「勝ち越しはしたんだ。気楽にいけよー」

心理(さっきから自主的に応援してる。この人本当に変わったんだ)

垣根「何やってんだ。お前も応援しろよ」

心理「はいはい」

麦野「勝ち越してはいるけど、もっと点ほしいから打ちなさいよねー」
294 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:34:13.59 ID:gjKXZzzx0
削板(相手チームは本格的に一つになったみたいだな。だがそんなことで打たれる
   俺ではない!)ドギュン

風斬 スカッ

土御門 バシィィン

審判「ストライク!」

全員「惜しいぞー。次は打てるぞー」

風斬(皆が私を応援してくれてる。私を化け者だって知ってても応援してくれてる。
   ここはもう私の第2の居場所なんだ。皆に貢献したい!)

削板 ドギュン

風斬(私はこのチームで優勝したい!)カキィィン

浜面「またまた良い当たりだーっ!」

上条「海原ーっ!」
295 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:35:16.28 ID:gjKXZzzx0
海原「今日はレフトばっかりに打球が来ます、ね!」バッ

ガンッ 海原「ぐはっ!」

上条「大丈夫か海原!」

海原(フェンスに激突してしまいました)

海原がフェンスに激突してる間に、麦野はホームベースに到達する。そして風斬も
既に二塁を蹴り、ホームへ走っていた

土御門「海原!速く投げろ!もうそろそろ三塁回るぞ!」

海原(さっきのランナーが帰って、既に5対3。これ以上の点差はさすがに厳しい。
   たとえ僕の指がちぎれてもアウトにして見せる――!)

海原「うおおおおおおおおおお!」ビシュウ

浜面「かなりいい送球だ!」
296 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:36:22.20 ID:gjKXZzzx0
土御門 バシィ

風斬 バッ

ドゴォン

土御門「ぐはっ!」ゴロゴロ

風斬の体当たりにより土御門は地面を数メートル転がった

上条「土御門おおおおお!」

土御門「かなり…痛かった…けど、ボールだけは…落とさなかった…ぜい」スッ

審判「アウト!」

風斬「あ、あの大丈夫ですか?」オロオロ

土御門「自分から体当たりしといてよく言うぜい」ゴホゴホ

風斬「ご、ごめんなさい」ペコペコ

土御門「嘘嘘。冗談だよ。これは勝負なんだ。謝らなくても良いぜい」

風斬「は、はい」

その後滝壺を三振に取り、5対3で暗黒学園リードのまま、9回裏を迎える
297 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:37:09.92 ID:gjKXZzzx0
ウグイス「9回の裏、鳳凰学園の攻撃は、8番二塁手姫神さん」

姫神(常盤台戦から通して。ここまで私が一番活躍してない)

垣根 ビシュン

姫神 スカッ

心理 バシィィン

審判「ストライク!」

姫神(皆は優しいから。捕手として頑張ってるから、って言ってくれるけど。皆は
   ちゃんと守備もこなして。+α打撃とかファインプレーで活躍してる)
298 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:38:05.82 ID:gjKXZzzx0
垣根 ビシュン

姫神 スカッ

心理 バシィン

審判「ストライクツー!」

姫神(それに比べて。私は野球で使えるような。特別な能力もないし。私だけまだ何もしてない)

垣根 ビシュン

姫神(私だって―――!)カキン

打球は麦野の足元に向かっていく

麦野 ガシ(良し捕った!)

そう思いグラブを見る麦野だったが、グラブの中にはボールがない

麦野(な、何で?)

滝壺「むぎの、上!」

麦野「何?」

青ピ「さっきのビームで出来た窪みでイレギュラーしたんや!」

上条「走れ姫神ー!」

姫神 タッタッタッ

麦野「ちっ!」パシ シュ

姫神「うわあああ!」バッ

風斬 パシ

ズシャァァ

審判「セーフ!セーフ!」

姫神 ハァハァ

上条「普段冷静な姫神があんなに感情的になるなんて…」

青ピ「姫やんの本気度が伝わってくるな」
299 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:38:43.67 ID:gjKXZzzx0
ウグイス「9番一塁手吹寄さん」

吹寄(姫神さんがこんな大事な場面で打ってくれたんだ。私も何が何でも続かなきゃ)

しかし、そんな思いもむなしく空振り三振で終わってしまった

吹寄「くっそ!何で…何で…」

上条「落ち着け吹寄。まだ試合が終わったわけじゃない」
300 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:40:07.98 ID:gjKXZzzx0
ウグイス「1番捕手土御門君」

土御門(何としても打たなければ…。ここで打てば最低でもカミやん、うまくいけば削板に回る)

垣根 ビシュン

土御門 キン

審判「ファール」

垣根 ビシュン

土御門 キン

審判「ファール」

垣根 ハァハァ

心理(疲れるのも無理はないわ。彼はここまで100球以上投げてる。でもここは踏ん張って!)

土御門(疲れて尚この球威と速度。さすがだ)

垣根 ビシュン

土御門(だがこちらとて負けるわけにはいかない!)カキィン

垣根 バシィン 

審判「ア、アウト!」

一方「あの野郎、ライナーを右手で捕りやがった…」

削板「良い根性だ」

土御門「くっそぉ!」(ここまで悔しいと思ったのは久々だぜい)

心理「ちょ、大丈夫なの!?」

垣根「大丈夫だ。心配すんな」
301 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:42:53.46 ID:70XXEwBk0
ウグイス「2番遊撃手青髪君」

青ピ(まだや。まだ終わってへん。僕はまだ諦めへんぞ)

垣根 ビシュン

青ピ スカッ

心理 バシィィン

審判「ストライク!」

上条「あいつ…右手でライナー捕って、痛いはずなのに、未だにこの球威と速度…。
   能力なしでこれとか…あいつ人間なのか?」

垣根 ビシュン

青ピ(絶対に諦めへん!後悔だけはしないように精一杯プレイすることを、僕は小萌先生から
   学んだんや!)スカッ

心理 バシィィン

審判「ストライクツー!」
302 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:43:48.33 ID:70XXEwBk0
観客席

インデックス「ねえ、こもえ。あの人の事応援しなくて良いの?」

小萌「青髪ちゃんはもう大丈夫ですよ。見て下さい。あの諦めない姿勢。5対3で負けてて
   最終回ツーアウトランナー一塁、ツーストライクノーボール、土御門ちゃんですら
   打てないような球で、限りなく絶望的な状況ですが、それでも彼は諦めていません。
   青髪ちゃんは最後の1球がミットに収まるまで、諦めないでしょう。先生は感動している
   くらいです。もう先生から青髪ちゃんに言うことはありません」

インデックス「ふ〜んそうなんだ。まあ私は優勝して賞金が入ればそれで良いんだよ」
303 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:44:50.12 ID:70XXEwBk0
バッターボックス

垣根(これで終わりだ!)ビシュン

青ピ「負けるかーーーーーーーーーっ!」スカッ

その時、誰もが暗黒学園の勝利に終わったかと思っていた。だが――

心理 ガッ(あっ!)

コロコロコロコロ

土御門「捕手がボールを捕り損ねたぞ!走れ!青髪!姫神!」

青髪・姫神 ダッ

心理(やってしまった!)パシ

心理定規は落とし、転がしてしまったボールを拾い投げようとするが、既にそれぞれ
一塁、二塁に到達されてしまった
304 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:45:52.89 ID:70XXEwBk0
上条「まさか捕手がボールを落としてくれるなんてな」

土御門「いや、寧ろ今までが捕れてたのがおかしかったんだ。軟投派の投手の変化球を
    捕ることに慣れた人が、いきなり160キロ級のジャイロボールを捕れと言われても
    普通できない。きっと今まではものすごい集中力で、ボールを捕ってたんだろうが
    最後の最後で一瞬気を緩めてしまったみたいだな」

一方(勝利の女神は、まだ俺達を見離してはいねェようだな)

心理「ご、ごめんなさい」

垣根「気にすることはねぇよ。次の打者を抑えりゃいいだけだしな」

心理「そう言ってくれてありがとう。もう絶対落とさないから」

垣根「ああ」

心理(以前なら、こんな失態許してくれなかったでしょうけど。優しくなったのね)
305 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:46:47.24 ID:70XXEwBk0
ウグイス「3番三塁手上条君」

上条「よっしゃ来い!!!!!」

上条(日頃から不幸不幸って言ってきたけど、姫神のイレギュラーヒットと、
   青髪の振り逃げ、こんだけの幸運が連続して起こってるんだ。絶対打つ!)ゴゴゴゴ

心理(集中力が今までとはまるで違う!)

垣根(凄え集中力だな。だが負けるわけにはいかねえんだよぉ!)ビシュン

上条「うおおおお!」カキン

審判「ファール」

垣根(さっきまでは手も足も出なかったくせに、今度は初球で当ててきやがった)
306 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:47:18.53 ID:70XXEwBk0
観客席

小萌「シスターちゃんこそ、上条ちゃんを応援しなくて良いのですか?」

インデックス「私は祈っているから、わざわざ声に出さなくても良いんだよ!」

小萌「その割には、常盤台戦の時は声を出してましたよね」

インデックス「あれは応援じゃなくて忠告だから別に良いんだよ!」

小萌(なんかもう良くわからないですが、突っ込むのはもうやめにしましょう…)
307 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:48:51.42 ID:70XXEwBk0
バッターボックス

垣根「ぬおおおおおお!」ビシュン

上条「うおおおおお!」カキン

審判「ファール」

心理(普段冷静なあなたがここまで感情的になるなんてね)

垣根(今度こそこれで終わりだぁ!)ビシュン

上条(いいぜ、ジャイロボールぐらいで俺を抑えられると思ってるなら―――
   ―――まずは、その幻想をぶち殺す!)カキィィン

結標「センターに、かなり大きいわ!」

浜面「半蔵ー!」

半蔵「忍者をなめるなよ!」タタタタタ

そう言うと半蔵は、センターのフェンスを駆け上がり、5mほどジャンプした
308 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:49:34.73 ID:70XXEwBk0
半蔵「うおおおおおお!」パシン

浜面「よし!」

半蔵(なんとか捕ったか、ってうわぁ!)ドスン コロコロ

空中でバランスを崩した半蔵はそのままグラウンドに落ちてしまった。そしてボールも。

浜面「半蔵!」ダッ

郭「半蔵様!」ダッ

土御門「全力で走れ皆!」
309 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:50:57.12 ID:70XXEwBk0
浜面「くそ!」

半蔵とボールのもとに先にたどり着いたのは浜面の方だった。浜面はボールを拾い上げた
その時には既に姫神はホームインで5対4、青髪はホームへ走っているところ、上条は二塁を
蹴って、三塁へたどり着こうとしているところだった

麦野「速く投げて!浜面!」

浜面「おらっ!」ビシュ

浜面が投げた2秒後青髪がホームイン。これで同点。そして上条も三塁を回り
ホームに向かって走っていた

上条(この回でサヨナラで決める!)ダダダダ

麦野 バシ「いくらなんでも調子に乗りすぎよ!」シュ

上条(例え俺よりボールが速く着いたとしても、あの女の子なら体当たりで吹き飛ばせる!)
310 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:52:06.82 ID:70XXEwBk0
垣根 パシ

しかし、ホームに居たのは心理定規ではなく、垣根だった

垣根「かかってこいやぁ!」

上条「いいぜ、歯を食いしばれよ、第2位―――――
―――――俺の体当たりは、ちっとばっか響くぞ!」

ドガァァン

垣根「ごっ!」ドサッ

上条「ぐあっ!」ドサッ

垣根 スッ

審判「ア、アウト!スリーアウトチェンジ!」

上条(くそ!延長戦かよ)

垣根(何とか延長戦に持ち込んだか)

上条「すまない。俺があそこでセーフになってればサヨナラだったのに」

青ピ「そんなことないで。惜しかったで。カミやん」

姫神「上条君は。同点タイムリーだけで。充分だよ」

上条「青髪、姫神、ありがとう」
311 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:53:07.33 ID:70XXEwBk0
ウグイス「10回の表、暗黒学園の攻撃は、9番捕手心理定規さん」

バシィン ストライクバッターアウト!

心理「ごめんなさい」

垣根「仕方ねえって」

ウグイス「1番中堅手服部君」

浜面「何とかして打ってくれー!半蔵」

郭「半蔵様なら打てます!」

半蔵(皆は気を使って何も言わなかったけど、俺がさっきちゃんと捕っていれば
   この試合は俺達の勝ちで終われたんだ。ここで打たねえと申し訳が立たねえ)
312 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:54:34.82 ID:70XXEwBk0
削板 ドギュン

半蔵(せめて当てることさえできれば――!)カキン

コロコロ

削板 パシ シュ

半蔵(くそ!ただのピッチャーゴロになっちまう!あんま使いたくなかった手だけど)シュ

瞬間、半蔵は持っていた煙玉を一塁の吹寄に向って投げた

吹寄 ボンッ「きゃっ!」ポロッ

当然、視界が一面にして煙しかなくなった吹寄には、削板の送球を捕り損ねる
その間に半蔵は一塁へたどり着く

半蔵(ふぅ。なんとかセーフにはなったか)

垣根「なにやってんだ服部!そんな卑怯な手で勝っても嬉しくないだろ!」

半蔵「え!?す、すまねえ!」

浜面「ま、まあまあ垣根さん。あいつはさっきのプレイで責任を感じて、純粋に
   名誉挽回しようとしただけだから許してやってくれよ」

垣根「まあ仕方ねえか」

浜面「ふぅ」
313 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:55:24.89 ID:70XXEwBk0
ウグイス「2番右翼手郭さん」

バシィィン ストライクバッターアウト!

郭「ごめんなさい皆」

浜面「打てなくても仕方ないよ。郭ちゃん」

滝壺「大丈夫だよ、くるわ。私は打てなくて謝ってるくるわを応援してる」

郭「励ましの言葉ありがとうございます。滝壺さん」

浜面「いや〜何だろう。俺って苛められてるのかな〜。二度あることは三度あるって
   本当だったんだな〜」ジワッ

滝壺「大丈夫だよ、はまづら。私はそんな無視されてるはまづらを応援してる」

浜面「おお〜ありがとう滝壺。やはり我が姫は違うな〜」
314 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:56:23.42 ID:70XXEwBk0
ウグイス「3番左翼手浜面君」

垣根「ほら、彼女とイチャイチャするのはやめて、さっさといってこい。なんとかして
   俺につなげ」

浜面「ま、出来る限りは頑張るつもりだけどさ。あんま期待しないでくれ」

土御門「こいつに打たれると、垣根まで回ってしまう。基本的には打たれることはないと思うが
    油断はするなよ」

削板「俺は今までずーっと手を抜いてきたことなんかないぜ」

土御門「なら良い」

削板(俺はいつだって全力で生きて来たんだよ!)ドギュン

土御門 バシィィン

審判「ストライク!」

浜面(やっぱ速ええ!どうやって打つんだよこんなもん!)
315 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:57:23.19 ID:70XXEwBk0
半蔵「浜面!せめてバット振れ!」

浜面 グッ

土御門(浜面仕上。元はただのスキルアウトの一員だったが、大切な人を守るためならば
    独力で超能力者である麦野沈利を二度倒し、第三次世界大戦を潜り抜けるほどの
    ポテンシャルを持っている。油断はできない)

削板 ドギュン

浜面 スカッ

土御門 バシィィン

審判「ストライクツー!」

土御門(とは言え、野球の試合ぐらいじゃ、どうと言うことはないか)

浜面(畜生!こんな球考えたって打てる球じゃねえ。あいつが投げた瞬間にバットを
   振るぐらいじゃねえと!)
316 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 19:58:46.89 ID:70XXEwBk0
削板 ズキッ「ぐっ!」シュ

土御門(あいつ、まさか『原子崩し』のライナーを受けたせいで右手を――)

浜面(なっ!)スカッ

削板が投げた球は、80キロ位しかなかった。浜面は160キロのボールが来ると思っていたので
バットを振ってしまっていた。しかし、ボールはまだミットにまではたどり着いていない

浜面(まだ終わってねえ!この勢いのまま1回転すれば!)グルン

カキィン

絹旗「超浜面のくせに、やるじゃないですか!」

浜面(ふぅ。何とか成功したみたいだな)

上条「大丈夫なのか削板!」

削板「大丈夫だ。それより打たれてすまねえ。でも今度こそあの最強バッターを抑えて見せるから」
317 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 20:00:19.49 ID:70XXEwBk0
ウグイス「4番投手垣根君」

土御門(『未元物質』まで回ってしまったか…)

削板 ドギュン

垣根 カキィィン

審判「ファール」

一方(危ないピッチングしやがって。あと数cmずれてたら、ホームランだったぞ)

土御門「タイム!」

土御門「やはりこのバッターは危険すぎる!ここは敬遠した方が…」

削板「そいつは出来ねえ相談だ」

土御門「そうか。なら一つだけ約束しろ」

削板「なんだ?」

土御門「あいつを絶対抑えろ。それと次の回で絶対に打つと」

削板「何だそんなことか。元からそのつもりだ」

土御門「ならいいだろう」

土御門 スタスタ スッ
318 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 20:01:16.02 ID:70XXEwBk0
浜面「座った?てっきり敬遠してくるのかと思ってたのに」

垣根(ここまで完璧に捉えられてるのにも関わらず勝負か…。面白れぇ!)

削板 ドギュン

垣根 カキィン

審判「ファール」

垣根(この俺がさっきより若干振り遅れただと?)

削板 ドギュン

上条・青ピ「…」キィン

姫神・吹寄「…」キィン

海原・結標・一方「…」キィン

浜面・滝壺「…」キィン

絹旗・麦野・風斬「…」キィン

半蔵・郭「…」キィン

キィン

審判「ファール」

垣根(なんて奴だ。次で10球目…。こいつ本当に右手を痛めてるのか…?)ハァハァ
319 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 20:02:13.29 ID:70XXEwBk0
削板 ハァハァ

上条「気ばれ!削板」

削板「ふぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」ドギュゥン

心理(お願い!打って!)グッ

垣根「どおぉらあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」カッキィィン

一方「センタァァァァァ!」

結標 タッタッタッ パシ

審判「アウト!スリーアウトチェンジ!」

削板「よっしゃあああああああああああああ!」

心理「惜しかったわね」

垣根「ああ。捉えてはいたんだが、いかんせん球の重さがな…」ピリピリ

心理「大丈夫なの?その両腕」

垣根「大丈夫に決まってるだろ」

上条「この回で決めるぞ!」

全員「おう!」
320 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 20:03:10.65 ID:70XXEwBk0
ウグイス「10回の裏、鳳凰学園の攻撃は、4番投手削板君」

垣根(まだ両腕がしびれてやがる…。だがここで弱音を吐くわけにはいかねえ)ピリピリ

削板(さっきの打席は何とか打ちとったが、その前の打席はホームラン打たれたからな。
   土御門との約束もあるし、この打席で絶対てぇリベンジする)

垣根 ビシュゥ

削板 スカッ

心理 バシィィン

審判「ストライク!」

上条「やっぱ削板でも駄目なのか…!」

垣根 ビシュゥ

削板 スカッ

心理 バシィィン

審判「ストライクツー!」

姫神「削板君…」
321 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 20:04:22.97 ID:70XXEwBk0
垣根(まずはこれでワンアウトだ!)ビシュウ

削板 カキン

審判「ファール」

心理(やはりストレートは危険かしらね。どうする?変化球でも投げてみる?)スッ

垣根 フリフリ(いやここはストレートで勝負させてくれ)

心理(そう。あなたがそう言うなら、それでいいわ)

垣根「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」ビシュウウウウウン

削板「負けるかああああああああああああああああ!」カッキィィィィィン

上条「じょ、場外サヨナラホームランだーーー!」

青ピ「お前は、ほんまに凄い奴やでぇ!」

土御門「まさか、本当に俺の言ったことを実行してくれるとはな。お前は大した奴だよ」

垣根「打たれちまったか…」

麦野「悔しい?」

垣根「悔しいに決まってんだろ。でもそれ以上に楽しかった」

麦野「奇遇ね。私も同じ気持ちよ」

審判「鳳凰学園vs暗黒学園は6対5で鳳凰学園の勝利!礼!」

全員「ありがとうございました!」
322 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 20:05:02.73 ID:70XXEwBk0
削板「すまん皆。今日はさすがに疲れた。俺は先に帰らしてもらう」

上条「それは良いけど、右手とか大丈夫か?」

削板「大丈夫だ。明日までには根性で治す。そういうことだから、じゃあな」

上条「ああ。また明日な。そういえば一方通行はどこ行ったんだ?」

青ピ「一方通行君ならもう出てったで」
323 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 20:05:44.21 ID:70XXEwBk0
観客席

一方通行「帰るぞ。打ち止め、番外個体」

番外「わざわざ、応援に来てた私たちを迎えに来るなんて、そんなに一緒に帰りたいの?」

一方「嫌なら置いてくが。今日も疲れたンだ。さっさと帰るぞ、打ち止め」

打ち止め「はーい、ってミサカはミサカは番外個体と違って、素直に返事をしてみたり」

番外「あぁ〜ん。だからミサカを置いてかないで〜」
324 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 20:06:28.09 ID:70XXEwBk0
一塁側ベンチ

上条「本当、あいつは帰るのは速いよな。ところでこの後どうする?」

青ピ「そうやな〜。今日は皆でどっか行かへん?」

海原「すいません。僕はパスで」

青ピ「そっか。じゃあそれ以外のメンバーで行く?」

土御門「俺はOKだにゃー」

結標「私も奢りなら良いわ」

姫神「私も。良いよ」

上条「俺も良いぜ」

インデックス「私も良いんだよ!」

上条「って、インデックス!?いつの間に居たんだ?」

インデックス「今さっきなんだよ!こもえも来てるよ」
325 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 20:07:23.67 ID:70XXEwBk0
小萌「吹寄ちゃーん。また足を痛めてるみたいですが、また病院まで送り届けましょうか?」

吹寄「でもそう何度も先生に迷惑をかけるわけには…」

小萌「迷惑などではないのです。それに子供は大人を頼っても良いのですよ〜」

吹寄「では、またお言葉に甘えさせてもらっても良いですか?」

小萌「もちろんなのです!」エッヘン

吹寄「そう言うことだから、私は行けないわ」

青ピ「じゃあ最終的にはカミやんにつっちー、姫やんに結標さんと、シスターちゃんと僕で
   良いのかな?」

インデックス「それで問題ないと思うんだよ」

青ピ「じゃあそう言うことで決定〜」

上条「ちょっと待て。もう一人だけ誘いたい奴が居るんだが」
326 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 20:08:32.46 ID:70XXEwBk0
三塁側ベンチ

半蔵「はぁ…。俺があそこでちゃんとボール捕ってればなぁ」

郭「そんな…。半蔵様は一杯活躍したじゃないですか。それにあのボール普通の人なら
  ホームランにされてましたよ。半蔵様が頑張ったから2点タイムリーで済んだんですよ。
  だからそんなに落ち込まないでください」

半蔵「郭…」(よく見るとこいつ結構可愛くないか?)ジッ

郭「どうしたんですか半蔵様?そんなに見つめられると、照れちゃいます///」

半蔵「え、あ、あぁすまねえ。それより俺の事励ましてくれてありがとう。励ましてくれたお礼と
   言っちゃあ何だが、これから二人で飯食いに行かないか?」

郭「私で良ければ是非お願いします!」

半蔵「じゃあ行こうか」

郭「はい!」
327 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 20:09:18.68 ID:70XXEwBk0
浜面「負けちまったなぁ」

滝壺「そうだね」

絹旗「超悔しいです」

浜面「でも楽しかった。最後らへんはチームが一つになってたし」

滝壺「暗部に居た時よりも、全然楽しかったよね」

絹旗「超機会があれば、またこういうこともやってみたいですね」

麦野(見てる?フレンダ。こんな私にも、最高の仲間が出来たよ)

麦野「じゃあ気分転換にいつものファミレスにでも行きますか!」
328 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 20:11:03.79 ID:70XXEwBk0
心理「あの時、私がちゃんと捕球出来ていれば…」ヒッグエッグ

垣根「お前のせいじゃねぇよ。だから泣かないでくれ」

心理「でも…でも…!」

垣根「お前は、笑ってた方が可愛いんだからさ。お前が泣いてるの見ると、俺まで辛くなる。
   だから頼むからもう泣かないでくれよ」

心理「ほ、ほんとに…?」

垣根「本当だ」

心理「許して、くれるの?」

垣根「う〜ん。一つだけ俺の願いを聞いてくれたら、許してやる」

心理「な、何?」

垣根「今日さ、俺滅茶苦茶疲れたんだ。だから今日俺に一日付きっきりでいろ。いや
   一生付きっきりでいろ」

心理「え?何それ?プロポーズ?この状況で?」

垣根「俺に常識は通用しねえ。分かったら早く二人で一緒に帰るぞ」

心理 クス(本当に常識破りな人)
329 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 20:12:31.63 ID:70XXEwBk0
風斬(せっかく私の居場所が出来たと思ったのに…。もうお別れなんて…。寂しすぎるよ…)ポロポロ

上条「お〜い、風斬ー!」

風斬「へ?」

上条「どうした?そんな沈んだ顔して。負けたのがそんなに悔しいのか?」

風斬「そうじゃないんです。せっかく皆と仲良くなれたのに、もうお別れかと思うと寂しくて」

上条「そうだったのか…。じゃあさ、これから一緒に遊びに行かないか?インデックスもいるぜ」

風斬「え?」

上条「何で不思議そうな顔するんだよ。俺達友達だろ。友達と遊ぶのは普通の事だろ」

風斬「私なんかで、良いんですか?」

上条「当たり前だろ。皆待ってるから、行こうぜ」

風斬(こんな私にもまだ居場所はあったんだ)

こうしてまた一日が過ぎていった
330 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/28(月) 20:16:47.86 ID:70XXEwBk0
ということでvs暗黒学園編が決着ということで今日の投下は終了です
この戦いで自分のやりたいことを、詰み込み過ぎて、かなりゴチャゴチャになってすいません
特に>>285>>286で垣根変わりすぎだろと思ったことと思います。てか自分でもそう思います
でもそれは、垣根に良い奴&活躍してほしかったがためにやってしまったことでした。
後悔はしていません

決勝戦は3月30日(水)までには投下したいと思います
331 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2011/03/28(月) 20:17:49.64 ID:DuhDyqYLo
乙乙
332 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/03/28(月) 23:02:19.81 ID:JrXopnu70
決勝…なんとなく予想がつく…
333 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:20:05.84 ID:uzdgoCQW0
>>1です
短めになると思いますが投下したいと思います
334 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:22:48.00 ID:uzdgoCQW0
翌日 とあるスタジアム 一塁側ベンチ

上条「いよいよ決勝戦だな」

海原「決勝戦の相手は誰なんですか?」

土御門「グレートブリテンズだ。開会式で統括理事長が、特別にイギリスからチームを
    招待してるって言ってただろ?そのチームだ」

青ピ「ふ〜ん。でも僕らは常盤台に勝利して、長点上機に勝利した暗黒学園に勝利したんや。
   負ける気がせえへんな」

土御門「これを見てもまだそんな余裕が言えるかな?」ピラッ
335 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:26:23.56 ID:uzdgoCQW0
海原「これは何なんですか?」

土御門「グレートブリテンズ1回戦と準決勝の試合結果だ」

青ピ「1回戦vs断崖大学…。あまり聞いたことないところやね。試合結果は…20対0で勝利!?
   桁一つ間違ってるんちゃうの?」

一方「断崖大学とか言うのが、あまりにも雑魚すぎただけじゃねェの?」

青ピ「そ、そうやそうや」

海原「2回戦vs霧ヶ丘…。こちらも15対2で勝利と、圧倒的ですね」

結標「あらあら。霧ヶ丘相手にもそのパフォーマンスだと、どうやら本当に強いみたいね」

土御門「それだけじゃない。相手の選手にな、神裂火織って言うのが居るんだが
    こいつがまた普通の人間じゃないんだ。『聖人』と呼ばれる世界に20人ほどしかいない
    体質の持ち主でな。とにかく凄いんだ」

一方「その『聖人』とか言うのは、何がどう凄いンだ?」

土御門「そうだな…。踏み台とかがなくても10m以上のジャンプとか、走る速度とかも100キロは
    超えてるかもな。しかもこれは能力ではなく体質だから常にこのスペックということだ」

海原「何ですかそれ…。既にイカサマじゃないですか…」

上条「てか神裂が投手やってたら、もう誰も打てなくないか?」

土御門「そう思ったんだが、どうやら前2試合では投げていないらしい。イギリスチームは
    あくまで大会を盛り上げるためのものだから、圧倒的勝利展開にならないために
    あえて神裂は投げていないっぽいな。まあ守備でも十分脅威になるが」

土御門「取り敢えず、対策としては初めから『能力者』は能力使用回数を全て一方通行に分ける。
   『無能力』の俺らもあまり意味はないかもしれないが全てカミやんに分ける。これで
    一方通行は能力を60秒、カミやんは『幻想殺し』を15回使用できる」

海原「それにしても前2試合、充分盛り上がりを無視した圧倒的勝利展開に見えますがね」

土御門「神裂が投げなくても、それだけ強いってことだろ」

土御門「だが臆することはない。俺らだってそれなりの奴らを倒して来たんだ。俺らなら勝てる」

上条「土御門の言う通りだぜ。誰が相手だろうと勝つ!」

全員「おう!」
336 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:27:29.49 ID:uzdgoCQW0
審判「これから、鳳凰学園vsグレートブリテンズの試合を始めます。礼!」

全員「お願いしまーす!」

オーダー
先攻
鳳凰学園
1回戦、準決勝と同じ

後攻 グレートブリテンズ
1番 ステイル=マグヌス 投
2番 キャーリサ 二
3番 建宮 斎字 左
4番 神裂 火織 中
5番 五和    右
6番 ウィリアム=オルウェル(アックア)捕
7番 オリアナ=トムソン 遊
8番 シェリー=クロムウェル 三
9番 アニェーゼ=サンクティス 一

魔術の使用=能力の使用とみなす

審判「プレイ!」
337 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:28:36.27 ID:uzdgoCQW0
ウグイス「1回の表、鳳凰学園の攻撃は1番遊撃手土御門君」

土御門(投手はステイルか…)

ステイル ビシュ

ウィリアム バシィ

審判「ストライク!」

土御門(2mの長身だけあって、まるでビルの屋上からボールを投げられたかのようだ)

ステイル ビシュ

土御門(だが決して打てない球じゃない!)カキィン

オリアナ「とうっ!」バッ バシン

審判「アウト!」

上条「いきなりファインプレーに阻まれたか」

土御門(違う。今のはファインプレーのせいだけじゃない)
338 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:29:15.96 ID:uzdgoCQW0
ウグイス「2番二塁手青髪君」

ステイル ビシュ

青ピ「そらっ!」カキン

キャーリサ パシ シュ

アニェーゼ パシ

審判「アウト!」

青ピ「いったと思ったんやけどな〜」
339 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:30:06.83 ID:uzdgoCQW0
ウグイス「3番三塁手上条君」

ステイル ビシュ

上条 スカッ

ウィリアム バシィン

審判「ストライク!」

上条(気のせいか?土御門や青髪より、一段と球威が強い気がするんだが)

ステイル ビシュ

上条 キン

審判「ファール」

ステイル ビシュ

上条 カキィン

シェリー バシ

審判「アウト!スリーアウトチェンジ!」

上条「ちくしょう!三直かよ」
340 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:31:49.95 ID:uzdgoCQW0
ウグイス「1回の裏、グレートブリテンズの攻撃は、1番投手ステイル君」

土御門「油断するなよ、吹寄!」

吹寄「分かってるわよ」

吹寄(とは言え、1回戦で20点、準決勝でも15点も得点してる相手に、私のピッチングが
   通用するの?また100球以上は投げられるようにしてやるって言われたけど、足も不安だし)

削板「吹寄ぇぇぇぇ!弱気になってんじゃねえぞ!根性見せろぉ!」

吹寄 ムカッ「うっさいバカ板!誰が弱気になってるんだっつーの!」ビシュ

ギュルルル

姫神(結構いい感じ。これならいk)

ステイル「爆炎の打撃!(バーニングインパクト!)」カキィィン
341 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:33:35.62 ID:uzdgoCQW0
ステイルがボールをミートした瞬間、ボールが炎に包まれた。そのボールはセンターの
後方へと落ちた

上条「削板ーっ!」

削板「くそっ!熱ちぃ!だが根性で!」グッ ジュ シュ

削板は、なんとかボールを掴み、投げたが、ボールの炎で手の皮膚が溶けてしまい、送球が
すっぽ抜けてしまう。その間にステイルは既に二塁を回っていた

土御門「仕方ない!カミやん、悪いがボールを捕りに行ってくれ!カミやんがボールに触れば
    炎は消えるはずだ!」

上条「それしか方法は無えみたいだな!」ダッ

上条はセンターに向けて走りだす

ステイル(させるか!)「灰は灰に、塵は塵に、吸血殺しの紅十字!」ボォウ

そう言うと、ステイルは炎を両手から出し、上条にではなく、上条の進路方向の地面に向けて放つ

バゴォォン

上条「ぐあっ!」ゴロゴロ
342 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:35:09.58 ID:uzdgoCQW0
土御門・青ピ「カミやーん!」

その間にステイルは三塁を回る

ステイル(これでまず1点はもらった!)

一方「三下がァ!調子に乗ってンじゃねェぞォ!」カチ 

一方通行はチョーカーのスイッチを入れ、ボールのもとに向い拾う。そして一瞬で演算し
ボールから炎を消す

一方「手加減してやるから捕れよォ!ベクトルビーム!」ビシュゥゥゥゥ カチ

そして投げてスイッチを切る。この間2秒

姫神 バシィィン(何とかキャッチできた)

ステイル(悪いね。『吸血殺し』)

ステイル「原初の炎その意味は光優しき温もりを守り厳しき裁きを与える剣を!」ボォウ

先程の上条と同じく、直接狙うのではなく、ホームベース数m前に炎剣を投げつける

バゴォォン

姫神「きゃあああああああ!」ゴロゴロ ポロ

審判「ホ、ホームイン」
343 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:36:11.14 ID:uzdgoCQW0
上条「ステイル!テメエ!俺だけじゃなく姫神にまで!」

ステイル「何を熱くなっている?勝つためにはこれ位普通だろ?」

青ピ「そこまでして勝ちたいんか!」

ステイル「当たり前だろう?はっきり言っておくが、そんな甘ちゃんの考えじゃあ、僕たちには
     勝てないよ」

上条「くっそがあ!絶対許さねえ!」

土御門「落ち着け、カミやん。とりあえずあいつは3回魔術を使ったからもう炎は出せない」

土御門(しかし、勝つためとは言え、野球ごときでここまでするとはな。スパイの俺でも
    少しひくぜ)
344 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:37:03.55 ID:uzdgoCQW0
観客席

佐天「うっわぁ〜。滅茶苦茶やりますね。あの大男」

御坂(なんなのあの大男。あの馬鹿をふっ飛ばすなんて。あとで絶対私がぶっ飛ばす)ビリビリ

佐天「み、御坂さん、ちょっと電撃が漏れてますよ!ど、どうすれば」アタフタ

初春「ちょ、ちょっと白井さん!御坂さんの電撃を止める方法を!」クルッ

白井「あの大男やりますの。見事に殿方が吹っ飛びましたわ。でもどうせならあの炎に
   直接当たればよかったのに」ブツブツ

初春(また何かヤバい事になってる…!誰か助けてー!)
345 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:37:47.51 ID:uzdgoCQW0
バッターボックス

ウグイス「2番二塁手キャ−リサさん」

吹寄(あんな強引に1点をもぎ取ってくるなんて、やってくれるじゃないの!)ビシュ

キャーリサ カキィン

五和「レフト前ヒットです!」

ウグイス「3番左翼手建宮君」

吹寄(随分と簡単に打ってくれるじゃないの!)ビシュ

ギュルル

建宮 カキィン

アニェーゼ「今度はセンター前ヒットですね」

土御門(甘く見ていた。吹寄がここまで通用しないとはな。打撃力が半端じゃない)

吹寄(くっ!ストレートもフォークもまるで通用しない!どうすれば)
346 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:38:50.82 ID:uzdgoCQW0
ウグイス「4番中堅手神裂さん」

神裂 スッ

上条「お、おい、左打席に入ったぞ!あいつって確か右利きじゃなかったっけ?
   しかもあの刀持ってるし!」

土御門「多分だが、居合い斬りのように打つつもりなんだろう」

上条「そう言うことか」

土御門「とりあえずだ。吹寄、ここは敬遠しろ!」

吹寄「分かったわ」シュ

神裂 カチャ

上条「あいつ刀に手を添えたぞ!」

土御門(まさか、ねーちんのやつ…!)

神裂 カキィン
347 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:40:09.82 ID:uzdgoCQW0
上条(敬遠球を刀で打ちやがった――!)

土御門 ドゴォン「ぐはっ!」ポト ドサッ

神裂の打球は土御門に向かって行った。時速300キロぐらいで。さすがの土御門も反応できず
ライナーをモロに腹に喰らって倒れてしまう

青ピ「つっちー!」

あわててボールを捕りにいく青髪だったが、既に満塁となってしまっていた

神裂(土御門は日頃私をからかっていますからね。これ位は良いでしょう)

土御門(いいぜ、ねーちん。テメエがその気なら、こっちもやり方を変えさせてもらう)
348 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:41:40.21 ID:uzdgoCQW0
土御門「吹寄、はっきり言ってお前のピッチングはまるで通用してない。投手交代だ。いいな?」

吹寄「え?」

上条「お、おい、はっきり言い過ぎだろ!吹寄だって頑張ってるのにそんな言い方!」

吹寄「良いの上条!その通りだから。交代しましょう」ウルッ

上条「吹寄…」

土御門「吹寄。その程度で目を潤ませるんじゃねえ」

上条「土御門!お前さっきからその言い方は何なんだよ!吹寄の気持ちも考えろよ!」

土御門「ゴチャゴチャうるせえぞカミやん!俺だって出来れば吹寄に投げさせたいさ!
    だが今の状況を見てみろ!ノーアウト満塁だぞ!しかも全部初球で捉えられて
    アウトどころか、1球だってストライクが入ってない状況で、これ以上吹寄が
    投げることに意味があると思うのか!」

上条「でも5番6番抑えれば下位打線だし何とかなるんじゃねえのかよ!」

吹寄「もうやめて上条!土御門の言う通りだからもうやめて…」

上条「…吹寄がそこまで言うなら、もう俺は何も言わないけどさ。せめて言い方には気をつけろよ」

土御門「その点について謝ろう。少しイライラしてたんでな」

ウグイス「鳳凰学園ポジションの変更をお伝えします。削板→投手、結標→右、一方通行→中
     吹寄→一となります」

上条「捕手はお前じゃなくていいのか?」

土御門「今の姫神なら削板の球でも捕れるさ」
349 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:42:36.32 ID:uzdgoCQW0
ウグイス「5番右翼手五和さん」

審判「プレイ!」

ステイル「早くもあの剛球リリーフか」

削板 ドギュン

姫神 バシィィン

審判「ストライク!」

五和(確かに速いですが)

削板 ドギュン

キャーリサ ダッ

五和(スクイズなら簡単です!)ゴン

土御門「ホームは間に合わない!一塁に投げろ!」

削板 シュ

吹寄 パシ

審判「アウト!」

キャーリサ「これで2点目だし」
350 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:44:17.29 ID:uzdgoCQW0
ウグイス「6番捕手ウィリアム君」

上条(『君』ってそんな歳じゃねえだろ…)

削板 ドギュン

ウィリアム(速いが、所詮速さだけ。ノビがない。所謂棒球なのである。この私には
      通用しないのである!)カキィン

姫神「レフト!」

海原 パシ

審判「アウト!」

建宮・神裂 ダッ

海原 ビシュ

姫神 バシ

審判「ホームイン」

建宮「ちょっと遅かったのよな」

ウィリアム(ふむ。ノビは無いが球威が半端じゃないな。外野の頭を超えるつもりだったが
      犠牲フライで終わるとは)

上条(ちくしょう!これで3点目…。削板ですら打たれるのかよ!しかも神裂まで
   ちゃっかり進塁してるし)
351 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:45:20.09 ID:uzdgoCQW0
ウグイス「7番遊撃手オリアナさん」

削板 ドギュン

オリアナ カキィン

上条(!)バシィ

審判「アウト!スリーアウトチェンジ!」

上条「下位打線ですら、削板の球を余裕で当ててくるのかよ」

青ピ「でも削板君に変わってからはまだ、まともにヒットは打たれてないし反撃しようや」

上条「そうだな」
352 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:47:53.79 ID:uzdgoCQW0
ウグイス「2回の表、鳳凰学園の攻撃は、4番投手削板君」

削板「よっしゃ!」

土御門「待て削板。そして皆も聞いてくれ」

一方「何だァ?手短に済ませろよ」

土御門「ああ。相手の投手が投げてるストレートについてだが、あれは多分普通の
    ストレートじゃない」

一方「そう言うのいらないから、もったいぶらずにさっさと話せ」

土御門「奴が投げているストレートは多分、ムービングファストボールだ」

青ピ「何やねん。そのムービングなんとかって言うのは」

土御門「ムービングファストボールって言うのは、主に左右に小さく変化する速球全般の事だ。
    握り方や投げ方の違いで様々な変化をするんだが、速い速度で小さく鋭い変化を
    する事から、バットの芯を外して打たせて取る球なんだ」

土御門「今までは三振をとってくるタイプの投手だったが、今回の投手は打たせて取とる
    タイプだ。ある意味今までで一番厄介かもな」

削板「なーんかよく分からんが、とりあえずホームラン打てば問題ないだろう!」

土御門「まあそれが出来るならやってくれよ」

削板「もちろんさ」

審判「鳳凰学園のバッターはまだかね」

削板「はい!今行きます!」
353 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:49:18.07 ID:uzdgoCQW0
ウグイス「グレートブリテンズポジションの変更をお伝えします。投手→神裂
     中堅手→ステイルになります」

上条「ここで神裂だと!?」

神裂 ビシュ

ウィリアム バシィィン

審判「ストライク!」

青ピ「は、速ええええええええええ!」

海原「時速200キロですか…。どう頑張っても打てそうにありませんね」

一方「俺なら打てるぜェ」

結標「それは能力を使ってでしょ。素では無理でしょ」

上条「そんなこと言いあってる場合じゃねえだろ!今の状況相当ヤバいぞ!」

神裂 ビシュ

削板 スカッ

ウィリアム バシィィン

審判「ストライク!」

神裂(これで終わりです)ビシュ

削板 ガキン

オリアナ パシ

審判「アウト!」

神裂(私の球を初見で当てるとは…やりますね)
354 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:50:52.20 ID:uzdgoCQW0
ウグイス「5番中堅手一方通行君」

一方「時速200キロ程度でどうにかなると思ってンですかァ?」

神裂 ビシュ

一方(ちっ!)カチ

ギィン

神裂 バシィィン

審判「デッドーボール」

一方(ふン。そう言うことかァ)カチ

土御門(ねーちんのやつ、わざとデッドーボールのコースに投げやがった。俺達が『窒素装甲』に
    対してやったときと同じように、能力を少しでも使わせるためか)
355 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:52:38.40 ID:uzdgoCQW0
ウグイス「グレートブリテンズポジションの変更をお伝えします。再び神裂→中堅手
     ステイル→投手になります」

土御門(ねーちんは削板と一方通行の時しか投げないのか)

ウグイス「6番左翼手海原君」

一方(どンな形であれ、俺が塁に出た時点で1点はとったようなもンなンだよ)

ステイル ビシュ

一方 カチ ギャン

ウィリアム バシィ

審判「ストライク!」

一方 カチ

上条「だが一方通行は三塁にたどり着いてるぜ!」

ステイル ビシュ

一方 カチ ギャン

ウィリアム バシィ

一方 カチ

審判「ホームイン」

青ピ「よっしゃ!これで1対3や!」

土御門(相手チーム、妙に冷静だな。一方通行だけは対策のしようがないと諦めたのか?)

一方通行 能力使用権利 残り55秒
356 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:54:03.50 ID:uzdgoCQW0
ステイル ビシュ

海原 カキン

シェリー パシ シュ

アニェーゼ パシ

審判「アウト!」

ウグイス「7番右翼手結標さん」

バシィ ストライクバッターアウト!スリーアウトチェンジ!

一方「打たせて取るタイプの投手相手に三振とか…能力以外は本当に駄目だな」ヤレヤレ

結標「う、うるさいわね!仕方ないでしょ!」

上条「おい一方通行。そんな言い方はねえだろ」

一方「はいはい、すンませンでした」
357 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:56:25.86 ID:uzdgoCQW0
土御門「カミやん、青髪、海原、守備につく前にちょっとこっちに来てくれ」

青ピ「なんやなんや」

土御門「これを体につけてくれ」

青ピ「なんやこれ?」

土御門「これは『発条包帯』(ハードテーピング)と言ってな、超音波伸縮性の軍用特殊テーピング
    で筋肉を補強することができるんだ」

上条「ふ〜ん。でもそれってずるくないか?なんか卑怯つーか」

土御門「おいおいカミやん。お前はステイルにやられただろ。姫神もだ。野球に勝つため
    大会を盛り上げるためにしちゃやり過ぎだろ?だからこれぐらいしたって罰は
    当たらねぇって。ねーちんなんて刀も使ってるんだぜ」

上条「そう言われてみればそうかもな。これぐらいしたって罰は当たらねぇよな」

青ピ「要するにドーピングみたいなもんやろ?でもそれだったら全員につけた方が
   ええんやないの?」

土御門「これは筋肉を補強するために、使用者の身体に甚大なる負担をもたらすんだ。
    だから女性陣はまず無理。一方通行は華奢だし、能力もあるからいらないとみた」

海原「なるほど。それで僕ら男性陣だけ呼ばれたんですか。ですがそれなら削板さんにも
   つければ尚いいのでは?」
   
土御門「いやさっき注文したから、4人分しか届かなくてな。それにあいつはこういうイカサマ
    やれって言われても多分やらないだろ」

海原「確かにそうかもしれませんね」

土御門「これで話は終わりだ。さっさと体につけて守備につくぞ」

一方三塁側ベンチ

キャーリサ「ステイル、神裂、いー調子だ。はっきり言って一方通行とか言う奴は
      あー言う風に、徐々に能力使用権を失わせてくしかないし。その調子で頼むぞ」

ステイル「分かっている」

神裂「はい」
358 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/03/30(水) 19:59:32.58 ID:uzdgoCQW0
今日はここまでということで
続きは4月2日までには投下したいと思います
359 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2011/03/30(水) 20:36:05.78 ID:b6J0NDOwo
ステイル体力ぎれするだろ
360 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/03/30(水) 22:38:11.34 ID:bvmCZcIo0
アックアって聖人としての力失ったんだっけ
361 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2011/03/30(水) 22:58:11.62 ID:b6J0NDOwo
失ってない療養中
362 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2011/03/30(水) 23:58:14.02 ID:Cn2TrIQqo
原作では、聖人及び神の右席の力は失ったはず。
363 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2011/03/31(木) 21:52:49.72 ID:Gmm+D9iXo
弱体化してるだけだろ
364 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 13:55:14.43 ID:vramWZgZ0
>>1です
アックアについてですが、原作21巻の285ページに
『聖人』としての力は失われた
『神の右席』としての力を使うこともできない
と書かれています。このSSの設定は22巻後なので
このSSの中ではアックアはただのマッチョなおじさんです

では投下していきます
365 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 13:58:26.57 ID:vramWZgZ0
ウグイス「2回の裏、グレートブリテンズの攻撃は、8番三塁手シェリーさん」

削板 ドギュン

シェリー カキン コロコロ

削板「上条!」

上条「任せとけ!」パシ

シェリー「エリス!」シャッ

シェリーはそう叫ぶと、懐からオイルパステルをとり出し、虚空へ線を描くような
素振りを見せる

エリス「ルオオオオオオオオオオ!」
366 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 13:59:34.42 ID:vramWZgZ0
上条「ぐ、お、おおおおおおおおお!?」

するとゴーレムエリスは、上条の足元の地面から現れた

上条「くっそ!」ガン

キュイーン ガラガラガラ ゴォォォン

上条がゴーレムエリスを殴ると、ゴーレムは崩れさる

上条「ゴホゴホ!」

しかし、そんなことをしているうちに、シェリーは一塁にたどり着いてしまっていた

青ピ「めちゃくちゃやでぇ」

審判「一時プレイ中断」
367 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:00:20.56 ID:vramWZgZ0
さすがにこのままでは続行不可能だと思われたのか、上条の三塁付近の地面を直すために
一時試合が中断される。普通なら再試合でもおかしくないレベルだが、学園都市最新技術
で出来た機械を使い、ものの2分でグラウンドを直す

青ピ「やっぱ学園都市の機械は凄いなあ」

神裂(学園都市の機械というものは本当にすごいですね)

上条 幻想殺し残り14回 シェリー残り2回
368 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:01:20.93 ID:vramWZgZ0
ウグイス「9番一塁手アニェーゼさん」

上条(もうね。バットじゃなくて『蓮の杖』持ってるし。絶対何か仕掛けてくるよな)

削板 ドギュン

アニェーゼ キィン

コロコロ

削板「上条!」

上条「よし今度こそ!」

アニェーゼ ガン ガン

上条 ゴッ「ぐあっ!」ヨロッ

アニェーゼ「ふん」

上条がよろめいてる間にシェリー、アニェーゼはセーフになる

青ピ「どうしたんやカミやん!いきなりよろめいて」

上条「攻撃を喰らったんだよ」

青ピ「はぁ?」

土御門(『蓮の杖』による座標攻撃か)

青ピ「よくわからんけど、次はちゃんと守備しろよ」

上条「あ、ああ」(傍から見れば俺がいきなりよろめいたように見えるのか。不幸だ…)
369 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:02:54.45 ID:vramWZgZ0
ウグイス「1番投手ステイル君」

削板(ったく…。さっきからまともにヒットも打たないで、能力頼りのプレイばっかしやがって。
   根性なさすぎるんだよ!)ドギュン

ステイル スッ コン

コロコロ

上条(送りバントか!)ダッ

上条 ゴッ「ごはっ!」グラリ

上条(また座標攻撃!?)

青ピ「おいカミやんどうしたんや!?」

アニェーゼ(本当馬鹿ですねあの人は。さっき既に2回分仕込んどいたんですよ)

例のごとく上条がふらついてる間にそれぞれセーフとなる

上条(何で俺ばっかり…。不幸すぎる…。てか土御門の言う通りだな。初めはこの包帯を
   巻くことに後ろめたさがあったが、あいつらがあんだけやりたい放題だと、こっちも
   これぐらい良い気がしてきた)

アニェーゼ 残り1回
370 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:04:19.97 ID:vramWZgZ0
観客席

佐天「うっわー。あの人フルボッコすぎるでしょ。爆発で吹き飛ばされたり
   なんかゴーレムみたいなのに足をすくわれそうになったり、いきなりよろめきだすしさ」

御坂(よし、相手チーム全員ぶっ飛ばすか)ゴゴゴゴ

初春「あわわわわわ、御坂さんから黒いオーラが…。白井さん何とか言ってあげて下さいよ!」クルッ

白井「いやいやいや、あの殿方がボロボロになって、黒子は嬉しくてたまりませんの!
   もっと、もっとボロボロになればよろしいですのに!」ブツブツ

初春(あの人も不幸なんでしょうが、私もかなり不幸ですー!)
371 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:05:15.01 ID:vramWZgZ0
スタジアム

ウグイス「2番二塁手キャーリサさん」

削板 ドギュン

キャーリサ スッ

上条 ダッ

吹寄 ダッ

キャーリサ スッ カキン

青ピ(バスターか!)

ライナーは走ってきた吹寄の顔面へ向かう

吹寄(ここで、なんとか避けることなら多分できる。でもそれだと点をとられてしまう。
   3失点もしてしまったのは間違いなく私のせいだ。ここで避けるわけにはいかない!)

吹寄「なめるなぁ!」ゴッ グラリ

吹寄は顔面に向かうライナーをおでこで迎え撃った

パシ

審判「アウト!」
372 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:06:33.75 ID:vramWZgZ0
キャーリサ「な!?」

吹寄 フッ ユラリ ドサッ

上条「吹寄ーっ!」

削板「帽子かぶってるとは言え、おでこで止めるなんて無茶しやがって」

吹寄「ごめん。少しだけ休んでいいかな」

上条「もちろんだ。お前が無事でいてくれるのが何よりなんだから」

審判「タンカだ!タンカを持ってこい!」

ウグイス「ただいま、選手治療のため、一時試合を中断しております」

審判「10分だ。10分後にこの子が試合続行不可能の場合、この試合棄権してもらう」

青ピ「そ、そんな!?」

海原「いざとなれば、僕らは8人でも出来ますが」

審判「う〜ん。ちょっと待ってくれ」

プルルルル ピッ

審判「私だ。この試合についてなんだが、8人でやっても良いのかね?」

審判「ふむ。分かった」ピッ
373 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:08:17.52 ID:vramWZgZ0
審判「いざとなれば8人でやっても良いそうだ」

上条「じゃあ」

審判「ただし相手チームが認めた場合な」

土御門「ならその交渉は俺が行ってくるぜよ」

土御門は、そう言うと立ち上がり、ゆっくり三塁側ベンチへと向かう

2分後

土御門「駄目だったぜい」

上条「なんでだよ!別に不利なのは俺らなんだからいいじゃねえか!」

土御門「そう言う風に言ったり、色々言ったんだが、勝負とはそんなに甘くはないの一点張りでな」

姫神「制理。無理しなくても良いからね。いざとなれば棄権するから」

結標「そうよ。あんな野蛮集団と戦うぐらいなら、棄権した方がマシってもんよ」

吹寄「皆、優しいね。ごめんね、私のせいで」ポロポロ

海原「そんな、あなたのせいではないですよ」

上条「そうさ。全部あいつらのせいだ」

上条(いいぜ、グレートブリテンズ。テメエらが人を傷つけてでも、不戦勝でも良いと思ってるなら
   まずは、そのふざけた幻想をぶち殺す!)
374 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:09:42.73 ID:vramWZgZ0
観客席

小萌「吹寄ちゃん、おでこにあんな強烈なライナー喰らって大丈夫でしょうか?それに
   上条ちゃんも、土御門ちゃんも、姫神ちゃんも結構いろんな人が傷ついてますが
   大丈夫なんでしょうか?」アワアワ

インデックス「とうまは人より丈夫だから、あんなぐらいなら全然大丈夫かも。でも
       あいさと、つちみかどって人とふきよせって人は心配だね。でも私達が
       ここで慌てても仕方ないかも。とりあえず無事を祈ろうよ。ひょうかも一緒に」

風斬「うん」(どうか私の友達が無事でいますように)

8分後 一塁側ベンチ

審判「どうだい、プレイできそうかい?」

吹寄「はい」フラッ

審判「まだふらついてるじゃないか。この分だと厳しくないかい?」

ザッ

審判「どうしたのかね君達」

グレートブリテンズの面々が一塁側ベンチにやってきた音だった
375 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:11:13.96 ID:vramWZgZ0
ステイル「もう素直に棄権したらどうだい?」

上条「あと1分!あと1分だけ待ってくれ!」

ステイル「駄目だ。これ以上待つのは観客に失礼だし、僕らも迷惑なんだ」

上条「何だと!元はと言えばテメエらが原因だろうが!」

キャーリサ「勘弁してほしーな。別に顔面にライナーが向かったのは偶々だし。
      避けることもできただろーに、避けずにおでこで受け止めアウトにするのは
      その嬢ちゃんが選んだことだし。私たちがとやかく言われる筋合いはないんだが」

上条「ふっざけんな!お前らが今までにしたこと分かってんのか!俺はまだいい。  
   姫神や土御門まで傷つけやがって!」

ステイル「上条当麻。まだそんな甘い事言ってるのか。僕らは勝つために当然のことを
     してるだけのことだよ」

上条「テンメェェェェェェ!」

青ピ「ちょ、やめとけカミやん」ガシ

削板「うるせーーーーーーーーー!」
376 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:12:11.78 ID:vramWZgZ0
結標「ちょ、いきなり大声出してどうしたの?」

削板「確かに勝負事には『甘え』は許されない。だが貴様らは不戦勝なんて勝ち方で
   満足できるのか?」

ステイル「どんな形であれ、勝てばいいのさ」

削板「この根性無しがぁぁぁぁぁ!一から根性叩きなおしてやる」

海原「やめて下さいって」ガシ

アニェーゼ「本当に血の気が多い連中ですね」

一方「ガタガタうるせェぞテメェら」
377 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:13:28.18 ID:vramWZgZ0
上条・削板「あ!?」

一方「吹寄さんよォ。結局、オマエ的には出来るのか、それとも出来ないのか。
   どっちなンですかァ?」

吹寄「出来るって、言ってるでしょ」フラッ

審判「だがまだふらついて」

一方「あれェ〜。本人の意思を無視してでも、棄権にさせるつもりですかァ?」

審判「だが」

一方 ガシッ「本人が出来るって言ってるンだから出来るンだよ。本当にやばくなったら
      勝手に棄権するからよォ。とりあえず試合続行ぐらいさせろや」ギロ

審判 ビクッ「き、君。本当にできるのかね」

吹寄「出来ます」

審判「し、仕方ない。なら試合続行だ」
378 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:16:13.56 ID:vramWZgZ0
観客席

麦野「ようやく試合再開ね。全く、観客待たせすぎだっつーの」

浜面「仕方ないだろ。顔面にライナー喰らったら、普通気絶するっつーの。寧ろ
   試合再開できたことが凄いくらいだろ」

麦野「私なら、あの距離でもライナー捕れたけどね」

浜面「あの子はお前と違って普通の女の子なの!捕れないのが普通だろ」

麦野「なんかさっきから、私が普通じゃないみたいな言い方してない?」

浜面「正直言っちゃうと、そう言う風に言ってるつもりです、はい」

麦野「なんだと〜浜面のくせに」ガッ

浜面「や、やめろよ!」
(言葉づかいはだいぶ女の子らしくなったが、中身が変わらねえ。つうかヘッドロックだから
 む、胸が当たってる!)

麦野「じゃあ謝ってよ」グリグリ

浜面「すいませんでした」

麦野「よろしい」スッ

滝壺「はまづら、今少しむぎのの胸がほっぺたに当たってたから、少し興奮してたでしょ?」

浜面「は?そ、そんなわけねえだろ」

麦野「え?そうだったの?浜面って変態なのね」

絹旗「やっぱり浜面は、所詮超変態浜面ですか。気持ち悪いのでもう話しかけないでください」

浜面「二人ともそんな言い方なくね?良いもんね。俺には滝壺という絶対的な味方が居るから!」

滝壺「むぎのの胸が少し当たったくらいで、興奮するようなはまづらは、ちょっと応援できない」

浜面「違うんだって!そりゃ全く興奮しなかったと言えば嘘になるけどさ。
   俺が愛してるのは滝壺だけだからさ」

滝壺「ほんと?」

浜面「本当本当」

滝壺「じゃあここでキスして」

浜面「えっ」

絹旗「えっ」

麦野「えっ」

滝壺「証拠として今ここでキスしてほしい」

浜面「いやそれはちょっと厳しくないか?公衆の面前だし、絹旗と麦野もいるしさ」

滝壺「はまづらの嘘つき」

浜面「…よし分かった。ほっぺな。ほっぺにするから」

滝壺「仕方ない。それで良いよ」

浜面(もうどうにでもなれーっ!)チュ

滝壺「///」

麦野(羨ましいわねえ。私もそれぐらいイチャつける相手が欲しいわ)

絹旗(うぜぇ〜。この甘々空間超うぜぇ〜)
379 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:18:00.24 ID:vramWZgZ0
スタジアム

審判「ワンアウト満塁、打者建宮君から再開します。プレイ!」

削板(奴らが根性無しってことは分かった。ならこの試合、こいつら根性無しに負けるわけには
   いかねぇよなぁ!)ドギュン

建宮 スカッ

姫神 バシィィン

審判「ストライク!」

五和「今まで160キロ前後だったのが、いきなり170キロに!」

削板 ドギュン

建宮 スカッ

姫神 バシィィン

審判「ストライク!」

五和「今度は175キロです!」

神裂「何をやっているのですか建宮!彼の球は棒球ですから、電光掲示板に表示されている
   速度よりは、そこまで速く感じないはずです!」

建宮(女教皇。そんなこと分かっているのよな。だが)

削板 ドギュン

建宮 スカッ

姫神 バシィィン

審判「ストライクバッターアウト!」

建宮(いくらなんでも速すぎるのよな)

五和「180キロですか…。さすがに打てなくても仕方ないですね」
380 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:19:49.66 ID:vramWZgZ0
ウグイス「4番中堅手神裂さん」

五和「女教皇、頑張ってくださいね」

神裂「ええ」

土御門(ツーアウト満塁でねーちんか)

削板 ドギュン

姫神(さっきと同じくらい良い球)

神裂(確かに速いですが、これで終わりです)

神裂「唯閃!」カッキィィィィィィィィン 

バガァァァァァン

神裂が打った球は放物線を描くことなく、音速を超えたライナー性の電光掲示板貫通
満塁ホームランだった

一方(この俺が、反応すらできなかっただと…)

五和「やりましたね女教皇!これで一気に7対1です!」

建宮「さすが女教皇なのよな」

神裂「皆、ありがとうございます」

青ピ「まだや!まだ2回の裏、野球は9回まであるんや!この程度大したことあらへん!」

上条「そ、そうだ。青髪の言う通りだ!」

キャーリサ「奴ら、それなりの点差だと言うのに、まるで心は折れてないし」

ステイル「それでこそ、潰しがいがあるってもんさ」

神裂 残り2回
381 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:20:57.35 ID:vramWZgZ0
ウグイス「5番右翼手五和さん」

削板 ドギュン

バシィィン ストライクバッターアウト!スリーアウトチェンジ!

五和(6点差だと言うのに、動揺してないんでしょうか?)

ウグイス「3回の表、鳳凰学園の攻撃は、8番捕手姫神さん」

上条「姫神ー!打って奴らの事見返してやろうぜ!」

姫神 コク

ステイル ビシュ

姫神 カキン

キャーリサ パシ シュ

アニェーゼ パシ

審判「アウト!」
382 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:21:42.44 ID:vramWZgZ0
ウグイス「9番一塁手吹寄さん」

吹寄(まだ視界がぼやけてる…)

バシィ ストライクバッターアウト!

吹寄「皆、ごめん」

姫神「そんなことより。制理は大丈夫なの?」

吹寄「ええ何とか」
383 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:22:49.25 ID:vramWZgZ0
ウグイス「1番遊撃手土御門君」

上条「何とかしてくれ土御門!」

ステイル ビシュ

土御門 カキィン

アニェーゼ「がはぁ!」ドサッ

上条「土御門のライナーがアニェーゼの顔面に!」

アニェーゼが顔面にライナーを喰らい、尻餅をついてる間に土御門は余裕でセーフとなる

アニェーゼ「レディーになんてことしやがるんですか!」

土御門「わざとじゃないにゃー。被害妄想も大概にしてほしいぜい」ニヤニヤ

アニェーゼ「うるさいうるさいうるさい!」

審判「コラ君!少し落ち着きなさい」アニェーゼユビサシ

アニェーゼ「へ?す、すいませんでした」

一方(明らかにわざと顔面に向けてライナー打ってたな。やるじゃねェかあいつ)
384 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:25:07.21 ID:vramWZgZ0
ウグイス「2番二塁手青髪君」

ステイル ビシュ

土御門 ダッ

ウィリアム バシィ シュ

ズシャァ

審判「セーフ」

神裂(なかなかの俊足ですね)

ステイル ビシュ

土御門 ダッ

青髪 スカッ

ウィリアム(調子に乗りすぎなのである!)バシィ

と三塁に投げようとするウィリアムだったが、青髪は郭がやったようにバットのスイングで送球の
邪魔をしようとする

ウィリアム(その程度の策では、私には通用しないのである!)ザッ シュ

ウィリアムは1歩踏みだし、手首のスナップだけで送球する

シェリー パシ(さすがに調子に乗り過ぎたようだな)ニヤ

土御門 ズシャァァァァ

シェリー(こいつ!?)

土御門は強烈なスライディングをかまし、シェリーを転ばせる

審判「セーフ」
385 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:26:10.63 ID:vramWZgZ0
ステイル ビシュ

土御門 ダッ

青ピ スッ コン

コロコロ

キャーリサ(ツーアウトで三塁線にスクイズだと!?セーフになるつもりか!)

シェリー「させやしないわよ!」パシ シュ

アニェーゼ パシ

審判「セーフ!セーフ!」

建宮「あいつも相当の俊足なのよな」

青ピ(『発条包帯』の効果絶大やね。ただその分、体の負担も大きいみたいやけど)ミシミシ

結標「これで2対7ね」
386 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:28:30.89 ID:vramWZgZ0
ウグイス「3番三塁手上条君」

土御門「カミやん。少し話がある」

上条「何だよ?」

土御門「はっきり言って、外野は全部ねーちんの守備範囲だ」

上条「じゃあどうやってヒット打てばいいんだよ?」

土御門「簡単な話だにゃー。内野だけで安打すればいい話だぜい。さっきの俺然り、青髪然り」

上条「青髪みたいなセーフティバントはリスク高いし、お前みたいな器用な真似も出来ねーよ」

土御門「そんなことは無いぜい。俺はこの2試合のカミやんの活躍ぶりを見て、正直野球の才能
    あるんじゃないかと思ってる。今のカミやんならステイルレベルのボールなら顔面に
    ライナー叩きこむこと位できるぜい」

上条「顔面ライナーって、やりすぎだろ。お前もしかしてさっきわざと顔面に向かうように
   やったのか?」

土御門「ぶっちゃけな。だってやられっぱなしじゃ悔しいだろ?カミやんだって
    色々被害受けてたよな。それぐらいやり返したって罰は当たらないだろ」

上条「そうだよな。それぐらいやったって良いよな。出来るか分からねえけど」

土御門「そうそう」

上条(なんかさっきから土御門に言いくるめられてるような)

審判「まだかね」

上条「はい。今行きます」
387 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:29:36.19 ID:vramWZgZ0
ステイル ビシュ

青ピ ダッ

上条(出来るか分からんけど顔面ライナー狙ってみるか!)カキィン

ステイル ゴッ「ぐはっ!」

上条の打球は見事にステイルの顎へと直撃した。思わずステイルは仰け反ってしまう
しかも青髪が走り出していたので、ヒットエンドラン成功となる

結標「これでツーアウト一、三塁ね」

ウグイス「4番投手削板君」

姫神「このチャンスで。我がチームの主砲」

海原「ですが、削板さんと一方通行さんは、対策として『聖人』と投手交代なんですよね」

削板(さっきは満塁ホームラン打たれたからなぁ。リベンジしてやるぜ!)
388 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:30:43.87 ID:vramWZgZ0
神裂 ビシュ

削板 スカッ

ウィリアム バシィィン

審判「ストライク!」

神裂 ビシュ

ウィリアム バシィィン

審判「ストライク!」

削板(くっそ当たらねえ!)

一方「削板ァ!ボールをバットに当てろォ!そうすりゃあ俺が何とかしてやる」

神裂 ビシュ

削板「う、おおおおおおおおおおおおおお!」キィン

キャーリサ「打ちあげたか」

一方 カチ

フワッ ギュイーン

五和「ボ、ボールが勝手に!」

スタンド ポーン

審判「ホ、ホームラン!」

一方「ふン」カチ
389 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:31:53.23 ID:vramWZgZ0
アニェーゼ「い、今のは何が起こったと言うんですか!?」

キャーリサ「多分一方通行の能力で大気のベクトルでも操って。強引にボールをスタンドへ
      ブチ込んだんだろ。マジ忌々しーし」

一方通行 残り52秒

青ピ「これで7対5やな。追いついてきたでぇ!」

ウグイス「5番中堅手一方通行君」

神裂とウィリアムのバッテリーは、先程と同じくわざとデッドボールのコースへ投げ
一方通行に能力を使わせた。と言っても1秒だけであるが。そして再び投手はステイルとなる
390 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:33:10.49 ID:vramWZgZ0
ウグイス「7番右翼手結標さん」

ステイル ビシュ

結標 スカッ

ウィリアム バシィ

審判「ストライク!」

ステイル「どうした?能力を使った盗塁はしないのかい?」

一方「結標ェ!バットに当てろ。何でもいいから当てろォ!あとは俺の能力で何とかしてやる。
   出来なかったら、オマエを一生ショタコン呼ばわりしてやる」

ステイル「作戦が筒抜けだけど良いのかい?」

一方「理屈が分かったところで、オマエらには何も出来ないだろうからなァ」

ステイル「なめられたものだね!」ビシュ

結標(言いたい放題言ってくれるじゃない!そもそもロリコンにショタコンとか
   言われる筋合いないのよ!)キィン

キャーリサ「まーた打ちあげたか」

一方 カチ

フワッ ギュイーン

キャーリサ「神裂!」

神裂「はぁあ!」ドンッ
391 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:34:19.73 ID:vramWZgZ0
一方通行は大気のベクトルを操り、ボールを強引にホームランにしようとしていた
しかし何の冗談か、神裂は助走も踏み台も何もなしに20mは飛び、ホームランボールを
捕ろうとしていた

神裂(よし、これで)

スルッ

神裂(え?)

ポーン

ボールは神裂を避けるように、スタンドへ入っていった

審判「ホームラン!」

青ピ「や、やったでぇ!これで同点や!」

一方「まァ、ざっとこンなもンだろ」カチ

一方通行 残り49秒

キャーリサ(やはり一方通行の能力がある限り、ステイルでは厳しいか)
392 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:35:49.91 ID:vramWZgZ0
ウグイス「8番捕手姫神さん」

上条「流れは今ウチのチームに来てる!いけるぞ姫神!」

ステイル(あまり調子に乗るなよ。素人の集まりが!)ビシュ

姫神 キィン

ウィリアム パシ

審判「アウト!スリーアウトチェンジ!」

姫神「ごめんなさい」

上条「まあ仕方ねえよ。一応同点にしたんだし、この調子ならまだまだ点とれるぜ!」

3回の裏グレートブリテンズの攻撃は、ウィリアムからであったが、今や最高潮の削板相手に
三者凡退で終わってしまった

上条「よし!この3回裏を無失点で抑えた。まだ流れはこっちにある。一気に突き放すぞ!」

全員「おー!」
393 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:37:19.52 ID:vramWZgZ0
キャーリサ(まずいな。なんとか同点で抑えて、さあ反撃だと思ったら、三者凡退。
      流れが完全に相手チームにいってるし。この状況を打破するには)

ウグイス「グレートブリテンズ、ポジションの変更をお伝えします。ステイル→中堅手
     神裂→投手となります」

上条「削板でも一方通行でもないのに、投手神裂だって!?」

土御門「6点差も追いつかれ、最高潮に達している削板の攻略も難しいと思ったんだろうな。
    いよいよ打たせて取るのではなく、三振狙いの神裂に変えたってわけだ。一方通行の
    能力で強引にホームランも、バットに当てなきゃ意味ないからな」
394 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:38:39.69 ID:vramWZgZ0
ウグイス「4回の表、鳳凰学園の攻撃は、9番一塁手吹寄さん」

当然、試合に出てるとは言え、まだまだ本調子ではない吹寄は三振で終わる
その後土御門、青髪も三振で終わり、スリーアウトチェンジとなる

上条「あんなもん誰が打てるんだよ」

土御門「そうぼやくな。今の削板なら、ねーちん以外なら抑えられると思うぜい」

上条「神裂は無理なのかよ」

土御門「まあ敬遠すればいいんじゃね?それでも結局盗塁され放題、ホームスチールも
    され放題だろうが、ホームランよりはマシだろ。精神的にも体力的にもな」
395 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:39:31.27 ID:vramWZgZ0
ウグイス「4回の裏、グレートブリテンズの攻撃は、9番一塁手アニェーゼさん」

バシィィン ストライクバッターアウト!

アニェーゼ「あんなの打てるわけねぇです。一応『蓮の杖』による座標攻撃はセットして
      おきましたが」

ウグイス「1番中堅手ステイル君」

バシィィン ストライクバッターアウト!

キャーリサ「せめてボールをバットに当てることすらできないの?」

ステイル「出来ないね」
396 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:40:34.08 ID:vramWZgZ0
ウグイス「2番二塁手、キャーリサさん」

キャーリサ(くっ!やはり神裂まで回さないと話にならないか)

削板 ドギュン

キャーリサ(とりあえずバントなら!)コン

コロコロ

削板「セーフティバントなんてさせねえよ!」ダッ

削板 ゴッ「ぐっ!」グラ

キャーリサ(アニェーゼの攻撃が発動したか!これで)

削板「ってこんなもん効くかーっ!」パシ シュ

吹寄 パシ

審判「アウト!スリーアウトチェンジ!」

上条「4回も無失点で切り抜けた。この回は一方通行に回るし、引き離してやろうぜ!」

全員「おう!」
397 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:41:21.52 ID:vramWZgZ0
とは言ったものの、上条はあっさり三振してしまう

ウグイス「4番投手削板君」

神裂 ビシュ

削板 カキィィン

上条「あの球を打った!?」

神裂「五和!」

五和「はい!」パシ

審判「アウト!」

海原「結構惜しかったですね」

五和(女教皇の球をここまで飛ばすなんて…)
398 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:42:26.26 ID:vramWZgZ0
ウグイス「5番中堅手一方通行君」

神裂でもやはり一方通行相手にはどうしようもないのか、デッドボール→出塁→盗塁
→ホームスチールという流れで1点をもぎ取る。それに使った能力は合計3秒。よって
一方通行能力使用は残り46秒となる

上条「これで8対7勝ち越しだ!」

しかし、その後の海原は三振となり、チェンジとなる
399 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:44:39.30 ID:vramWZgZ0
ウグイス「5回の裏、グレートブリテンズの攻撃は、3番左翼手建宮君」

削板 ドギュン

建宮 ガキン

コロコロ

上条 ダッ

姫神「待って。多分ファールだから。見送って」

コロコロ ピタッ

上条・姫神「な!?」

ボールが止まったのはフェアライン上だった。あえて見送ろうとして、突ったっていたうちに
建宮はセーフとなってしまう

姫神「ご、ごめんなさい。私が。見送れなんて言ったから。処理してればアウトだったのに」

上条「姫神のせいじゃねえよ」
400 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:46:13.96 ID:vramWZgZ0
ウグイス「4番投手神裂さん」

姫神「どうする削板君。敬遠でもする?」

削板「敬遠しても刀で打たれるんだろう?ならまともに勝負した方がまだマシだ」

姫神「そうかもしれないね」

削板(さぁて、さっきは打たれたが、今度はリベンジさせてもらう!)ドギュン

建宮 ダッ

神裂 スッ コン

コロコロ

削板「上条!」 

上条「分かってるけどよ!」パシ

しかし『聖人』である神裂は、素で1秒もかからず一塁にたどり着いてしまう
削板が投げた瞬間に走り出していた建宮にも送球が間に合う訳もなく、ノーアウト
一、二塁となってしまう

土御門(なるほどな。まともに外野ヒットを狙っても一方通行の能力で、アウトにされてしまう。
    だから内野だけでヒットを量産しようと言う訳か)

上条「ずりぃ。神裂マジずりぃ」
401 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:48:41.65 ID:vramWZgZ0
ウグイス「5番右翼手五和さん」

削板 ドギュン

五和(これが『聖人崩し』の応用技!)

五和「稲妻の打撃(サンダーインパクト!)」ガキィン

ベゴォ

まさに稲妻のごとき一撃は外野フェンスに直撃して、めり込む。その打球速度に一方通行ですら
反応が遅れてしまう

一方(この俺が、反応できねェだと!?)

一方「だがアウトにはさせてもらうぜェ!」カチ ギャン ベゴォ ビシュ カチ

一方通行はチョーカーのスイッチを能力使用モードにし、フェンスにめり込んだボールを
速攻で引き抜く。そして投げる。この間わずか2秒。建宮は三塁、神裂は二塁を回っていたが
一方通行の送球を以ってすれば、建宮は余裕で刺せるはずだった

建宮(能力を使った超送球が来ることは分かっていたのよな!)

だが建宮は水の魔術を使い、ただ走るよりは圧倒的に速く、地面を滑っていく

姫神 バシィィン

ズシャアア

審判「セーフ!セーフ!」

上条「これで再び同点かよ…」

土御門(しかもノーアウト二、三塁とまだピンチは続いている)
402 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:49:32.79 ID:vramWZgZ0
ウグイス「6番捕手ウィリアム君」

土御門(つかねーちんなら、ホームスチールできるな)

削板 ドギュン

神裂 ダッ

姫神 バシィィン

審判「ホームイン」

キャーリサ「これで勝ち越したし」
403 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:50:42.19 ID:vramWZgZ0
削板(逆転はされちまったが、こいつは打たせねえ!)ドギュン

ウィリアム スッ コン

コロコロ

上条「バントか!」ダッ パシ

土御門「カミやん!一塁に投げろ!」

五和(上条さんには悪いですが、させません!)

五和はバラバラに持っていた『海軍用船上槍』(フリウリスピア)を取り出し、素早く組み立て
地面に突き刺す。そして地面に電流を流す。

バリバリバリ

内野全員「うわっ!」

土御門「カミやん!地面に触れろ!そうすれば電気はなくなる!」

上条「おおおおおお!」ガン

キュイーン

上条「よし!これで電気は」
404 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:51:54.11 ID:vramWZgZ0
審判「ホームイン」

五和「ふぅ」

上条「な…」

上条が地面を殴ってる間に、五和はホームイン、ウィリアムも二塁へと進んでいた

青ピ「これで10対8…点差は広がるばかりや」

一方通行 残り44秒 五和 残り1回 幻想殺し 残り13回 建宮 残り2回
405 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:54:43.20 ID:vramWZgZ0
観客席

佐天「ねえ、御坂さん。あの5番って御坂さんと同じ『電撃使い』(エレクトロマスター)
   なんですかね?」

御坂「さあね。でも私的には、なんとなく違うと思うけど。理由はうまく説明できないけどね」

佐天「御坂さんでも分からないのかあ。それにしてもイギリスチームって巨乳が多いですよね〜。
   羨ましいなあ」

初春(それを佐天さんが言いますか)

御坂 ピク

白井「胸の大きさなんて関係ありませんの。大事なのは形ですの!」キリッ

佐天「え?そ、そうなんですかね〜」ヒキッ

初春「白井さん。佐天さんが引いてますよ」

白井「あらあら。この程度のガールズトークができないと、淑女として嗜みが足りませんの」

初春「ちょっと何言ってるか分からないです。御坂さんも何とか言ってやって下さいよ」

御坂「なんなのあの地味女。胸がちょっとでかいからって調子に乗ってるんじゃないの。
   訳分からない力使いやがって。しかもこの試合まともに野球してない、ただの
   能力バトルじゃん!てかどいつもこいつも明らかに『超能力』じゃない何かを
   使ってるわよね。何なのホント。皆してあの馬鹿を傷つけて。とにかくこの試合が
   終わった後、あの馬鹿を傷つけた奴全員ぶっ飛ばす」ブツブツ
 
初春(こ、今度は御坂さんがトランス状態に…!言ってることが支離滅裂です…!)

初春「佐天さん、白井さん。御坂さんが、御坂さんが!」

佐天「でも胸はあるに越したことは無いじゃないですか」

白井「胸なんてあったところで、肩が凝ったりするだけですの!」

初春(そんな胸の談義はしなくていいですからーーーー!)
406 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:55:48.76 ID:vramWZgZ0
グラウンド

ウグイス「7番遊撃手オリアナさん」

土御門(依然、ノーアウト二塁とピンチは続いている…。ここは思い切って)

土御門「タイム!」

ウグイス「鳳凰学園ポジションの変更をお伝えします。結標→二、青ピ→中
     一方通行→遊、土御門→右となります」

キャーリサ「ほー。随分と思いきったポジション変更をするじゃないか」

削板 ドギュン

オリアナ ガキン

コロコロ

姫神「ただのゴロ。私に任せて」

オリアナ「ふふ」ビッ

オリアナは少し微笑んだ瞬間、持っていた単語帳の1ページをちぎり、魔術を発動させる
407 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:57:12.35 ID:vramWZgZ0
姫神 パシ

オリアナ タッタッタッ

上条「ど、どうした姫神!何故投げないんだ!」

オリアナ(ふふ。今の魔術は『ボールを投げよう』『アウトにしよう』という気力を奪う術式。
     『表裏の騒静(サイレントコイン)』の応用技よ。あの女の子がボールを持っている限り
     私たちは何をしてもアウトにならない)

それを示すかのように、オリアナが二塁、ウィリアムは三塁を蹴って、ホームに向かって
いるのにもかかわらず、姫神はただ突っ立ったままでいた。

土御門「カミやん!オリアナの『速記原典』(ショートハンド)が発動しているんだ!
    速く姫神を触りに行け!」

上条「あ、ああ!」ダッ
408 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 14:58:16.91 ID:vramWZgZ0
姫神 ボー

ウィリアム ズシャアア

審判「ホームイン」

上条「戻れ姫神!」パン

キュイーン

姫神「あ、あれ。私」

一方「何やってやがる!速く三塁に投げやがれ!」

姫神「え?え?」

上条「くっ!すまん姫神!」バッ シュ

上条は、少々手荒に姫神からボールを奪い取ると急いで三塁に投げる
しかしオリアナは既に三塁へとたどり着いていた

オリアナ「女の子はもっと大切にしてあげないと、嫌われちゃうよ?」

上条(うぜぇーーーーーーーーーー!)

幻想殺し 残り12回 オリアナ 残り2回

土御門(これで11対8…。依然ノーアウト三塁。強い。強いぞイギリスチーム。
    今までの奴らとは段違いに)
409 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/02(土) 15:01:50.56 ID:vramWZgZ0
今日はここまでということで
続きは4月7日までには投下したいと思います
410 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) [sage]:2011/04/02(土) 15:04:28.46 ID:Rg+13zLAO

乙です
411 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2011/04/02(土) 15:43:38.37 ID:T8mIQIjgo
選手交代はないのか
412 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) [sage]:2011/04/02(土) 20:37:26.89 ID:O6loGVZAO
>>1

にしても原作創作SS含めてやっぱステイルはウザいな〜
413 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2011/04/02(土) 23:32:12.63 ID:nbE+M28+o
英国外道過ぎww
414 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:32:57.53 ID:9zf8KWh40
>>1です
今日の投下で終わります

>>411
選手交代はありません。全チーム9人ぴったりで登録しています
415 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:33:44.57 ID:9zf8KWh40
ウグイス「8番三塁手シェリーさん」

削板 ドギュン

オリアナ ダッ

シェリー スッ コン

コロコロ

上条「一塁線にスクイズ!」

シェリー「エリス!」シャッ

エリスは一塁線に現れる

エリス「ルオオオオオ!」

吹寄(駄目!私にはどうしようもない!)
416 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:34:40.34 ID:9zf8KWh40
一方「調子乗ってンじゃねェぞォォォォォ!」カチ

シュルルルル

一方 パシ ギャン

一方通行は能力モードになると、転がっていたボールを大気のベクトルを操り
自分の手元に引き寄せる。そしてゴーレムエリスへ向けて突っ込んでいく

エリス「ルオオオオオオオオオ!」

ドガアアアアアア
417 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:35:50.29 ID:9zf8KWh40
一方「吹寄ェ!テメェは一塁に戻れェ!」ギャン

吹寄「え、ええ」

一方通行はゴーレムを破壊。吹寄に指示を飛ばし、ホームへ

一方 ズシャア

一方「よォ、姉ちゃン」

オリアナ「くっ!」ダッ

オリアナは驚きながらも三塁へと引き返す

一方「ンだァその逃げ腰は。愉快にケツ振りやがって誘ってンのかァ!?」

軽口をたたきながらも、一方通行は一瞬でオリアナに追いつき、タッチする

審判「アウト!」

一方「捕れよォ、吹寄ェ!」シュ カチ

普通の送球より圧倒的に速く、だが威力は最小限に抑えた、絶妙な送球を繰り出す

吹寄 バシ

審判「アウト!」

上条「よっしゃあ!ダブルプレーだ!」

吹寄「助かったわ。一方通行」

一方「なンてことはねェよ」

一方(だが今のプレイで、能力を4秒も使っちまった。あと40秒しか能力は使えねェ)
418 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:36:51.21 ID:9zf8KWh40
ウグイス「9番一塁手アニェーゼさん」

バシィィン ストライクバッターアウト!スリーアウトチェンジ!

キャーリサ「やはり一方通行の能力が邪魔だな。だがリードはした。あとは守るだけだし」

上条「なんとしてでも逆転するぞ!」

全員「おう!」

しかし、そんな思いも神裂の前では虚しく、結標・姫神・吹寄の三者三振で終わってしまう

キャーリサ「ま、下位打線だし、この程度のパフォーマンスはやってもらわなきゃ困る」

神裂「はい」
419 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:37:32.18 ID:9zf8KWh40
ウグイス「6回の裏、グレートブリテンズの攻撃は、1番中堅手ステイル君」

削板(もうこいつは能力使えないし、ヒットになることは無いだろ!)ドギュン

ステイル カキン

青ピ パシ シュ

吹寄 パシ

審判「アウト!」

ステイル「ちっ!セカンドゴロか」
420 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:38:32.81 ID:9zf8KWh40
ウグイス「2番二塁手キャーリサさん」

削板 ドギュン

キャーリサ(ダメ元ではあるが…)スッ コン

コロコロ

削板「一塁線にセーフティバントだと?そんな手が通用するか!吹寄!」

吹寄 ダッ

吹寄 ズキッ「うっ!」ユラリ

ガクッ

上条「吹寄!大丈夫か!」

キャーリサ タッタッタッ

審判「セーフ!セーフ!」

キャーリサ(ふー。賭けみたいなもんだったが、成功したな)

土御門(なるほど。まともに打てないからって、まだ不調な吹寄を狙ったってわけか)

吹寄「ゴメンね。削板」

削板「なーに、気にするな」ズキッ
421 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:39:25.80 ID:9zf8KWh40
ウグイス「3番左翼手建宮君」

削板 ドギュン

建宮 スカッ

姫神 バシィィン

審判「ストライク!」

建宮(やっぱり速いのよな)

削板 ズキッ「ぐお!」シュ

建宮(!、良く分からんがチャンスなのよな!)カキィィン

五和「これは大きい当たりです!」

青ピ ドドドドドドド パシン

審判「アウト!」
422 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:40:18.55 ID:9zf8KWh40
五和「あの打球を捕るなんて!」

ステイル「戻れキャーリサ!」

キャーリサ「呼び捨てにするな!」ダッ

青ピ ビシュン

吹寄 ポロ「ああ!」

ズシャアア

審判「セーフ!セーフ!」

五和「危なかったですね。送球的にはアウトでしたが、あの子がボールを落としてくれたおかげで
   なんとかセーフです」

吹寄「ご、ごめん皆」

一方「タァーイム」
423 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:41:19.73 ID:9zf8KWh40
一方「吹寄さンよォ、ちょーっとこっちに来てくれませンかねェ」

吹寄「え、ええ」

一方 ガシ

一方通行は吹寄を近くに呼ぶと、吹寄の頭を鷲掴みにする

吹寄「え?え?」

一方「動くな」カチ

5秒後

一方「俺の能力で血液の流れをよくした。これで本調子とはいかずとも、腫れも痛みも
   引いたはずだ」

吹寄「え?…あ、本当だ。ありがとうね」

一方「ふン。これ以上エラーされる方が迷惑なンでな」

結標(素直じゃないわね。あいつも)

一方通行 残り35秒
424 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:42:55.46 ID:9zf8KWh40
一方「さて、これでタイムを」

土御門「ちょっと待て一方通行。まだタイムを終了するな」

一方「あァ?何でだよ?」

土御門「削板、お前もう限界だろ」

削板「何言ってる?さっきの投球は、ちょっと手が滑っただけだ」

土御門「違うな。お前の右手はもう限界だろう。昨日の『原子崩し』のライナーを捕ったダメージが
    まだ残ってるんだろ?それに今日も炎の球を触って右手の皮膚が溶けたはずだ」

削板「お前に隠し事は出来ないな。確かにお前の言う通りだよ。だが俺はまだ投げられるし
   仮に限界だとしても、俺以外に投手はいないしな」

吹寄「ならもう一度私が」

土御門「いや、俺が投げる」

削板・吹寄「はぁ?」

削板「お前、投げられるのか?」

土御門「投げられるから立候補してるんだよ」

吹寄「あんた意外と万能なのね」

土御門「勝ちたいからいろいろと努力してんだよ」
425 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:44:47.81 ID:9zf8KWh40
ウグイス「鳳凰学園ポジションの変更をお伝えします。土御門→投手、削板→右となります」

ウグイス「4番投手神裂さん」

土御門「姫神ー!俺は変化球一つしかないから、頑張って捕ってくれ。あと俺
    変化球しか投げないから!」

上条「土御門!お前何大声で叫んでんだよ!」

神裂(馬鹿ですか土御門。敵の目の前で何を)

土御門「ねーちーん。お前が何を考えてるか手にとるように分かるぜい。敵の目の前で何を。
    とか思ってるんでしょ?大丈夫。変化球しか来ないことが分かったって
ねーちんごときじゃ打てないから(笑)」

神裂 ムッ(絶対打ちます!)
426 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:47:01.91 ID:9zf8KWh40
土御門「いくぜ姫神!ちゃんと捕れよ!」ビシュ

神裂(こ、この球は!)スカッ

姫神 バシ

審判「ストライク!」

五和「な、何ですか今の球は!」

建宮「あれはおそらく、ナックルボールなのよな」

五和「ナックルボール?」

建宮「ナックルボールって言うのは、ほぼ無回転で放たれたボールが左右へ揺れるように
不規則に変化しながら落下するボールだ。その様は「氷の上をつるつる滑るような変化」
「木の葉がひらひらと落ちるような変化」と形容されるほどなのよな。右へ曲がったボールが
左に曲がって戻って来るなど、常識的には考えにくい不規則な変化から、現代の「魔球」と
呼ばれるほどの凄い変化球なのよな」

五和「まだそんな切り札を隠し持っていたんですね」

建宮「ああ。おそらく女教皇でも、1打席目じゃ当てるのも難しい球なのよな」

土御門 ビシュ

ブブブブ

神裂(なんて不規則な変化!)スカッ

姫神 バシ

審判「ストライク!」

神裂(やりますね土御門)

土御門 ビシュ

神裂(ですが、私の場合、バットにボールを当てることさえできれば)

姫神 バシン

神裂(え?)

審判「ストライクバッターアウト!」
427 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:48:24.88 ID:9zf8KWh40
ステイル「ス、ストレートを投げただと?」

神裂「つ、土御門!あなた変化球しか投げないって言ったじゃないですか!嘘をつきましたね!」

土御門「ああ嘘だよ。嘘に決まってるじゃん。何?信じてたの?ばっかじゃね〜の?
    ねーちんってば、馬鹿正直だね〜」

神裂「うるっせぇんだよ嘘つきが!」

上条「うわっ、キレた!謝っとけ土御門!」

土御門「ああ、そうだぜねーちん。俺って天邪鬼(ウソツキ)なんだぜい」

上条「俺の言ったこと無視かよ…」

神裂「あとで絶対つぶす」ブツブツ

五和「建宮さん!女教皇が怖いです」ガクブル

建宮「まあ、しばらくは放っておくしかないのよな」

建宮(個人的には、キレたら五和の方が怖いのよな)
428 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:49:16.41 ID:9zf8KWh40
ウグイス「5番右翼手五和さん」

五和(女教皇でも打てない球を私が打てるはずが)

バシ ストライクバッターアウト!スリーアウトチェンジ!

上条「凄いな土御門。神裂が三振するぐらいだから、しばらく失点は無いだろう。あとは
攻撃に集中して逆転するだけだ!いくぞ皆!」

全員「おー!」
429 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:50:11.61 ID:9zf8KWh40
ウグイス「7回の表、鳳凰学園の攻撃は、1番投手土御門君」

神裂(いつもいつも私を馬鹿にして。ケチョンケチョンにしてやります!)ビシュ

土御門 スッ コン

コロコロ

神裂(私相手にセーフティバントとは、良い度胸です!)ヒュン パシ シュ

アニェーゼ パシ

審判「セーフ!セーフ!」

神裂「な…」

上条「土御門の奴、『発条包帯』の力があるとはいえ、とんでもない速さだな」
430 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:51:19.20 ID:9zf8KWh40
ウグイス「2番中堅手青髪君」

神裂(あの足の速さだと、盗塁を刺すことは出来そうにありませんね)

そんな神裂の不安通り、青髪をツーストライクまで追い込むが
土御門を三塁まで盗塁を許してしまう

神裂(やはりスクイズをしてくるでしょうか…)

神裂(とりあえず)ビシュ

ウィリアム バシィィン

審判「ボール」

神裂(やはり走りませんか)

その後も2球連続でボールとなるが、やはり土御門は走らない
431 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:52:12.79 ID:9zf8KWh40
神裂(ここでフォアボールにすると、一方通行とやらまで回ってしまう。この人を
   歩かせるメリットはありませんね)ビシュ

土御門 ダッ

青ピ スッ

神裂(スクイズなんてさせません!)ヒュン

青ピ「ほいっ!」カキィン

神裂(な、バントで強引にヒットするなんて!)

結標「一、二塁間に抜けたわーっ!」

姫神「これで。11対9」

キャーリサ(あの青いやつと、土御門、いくらなんでも動きがおかしーし。もしや
      何かドーピングのよーなものでもしてるのか?)

青ピ・土御門 ミシミシ
432 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:53:11.12 ID:9zf8KWh40
ウグイス「3番三塁手上条君」

土御門「カミやん。さっきの青髪みたくヒットしろ。ねーちんの球もバントでなら
容易に当てられるはずだ」

上条「ああ」

神裂(またバントで強引にヒット作戦をするつもりでしょうが今度はそれもさせません!)ビシュ

上条 スッ

ガキン

上条「やっべ!」

審判「ファール」

一方「なァーにやってンですかァ、三下ァ!」

上条「やべー」

神裂 ビシュ

上条 スッ

ガキン

上条「げっ!」

審判「ファール」

一方「三下ァァァァァ!しっかりしやがれェェェェェ!」
433 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:54:12.19 ID:9zf8KWh40
上条(くっそ、もういいよ。どうせバントも出来ないなら―――)

神裂 ビシュ

上条(ヒッティングのほうがまだマシだ!)ブンッ

カキィィン

結標「レフトにかなり大きい当たりね!」

五和「女教皇の球が打たれるなんて!建宮さん!」

建宮(普通に走っても間に合いそうにないのよな。仕方ない!)

建宮は、再び水の魔術を使い、ただ走るよりは圧倒的に速く、地面を滑って行く

建宮(捕れるのよな!)
434 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:55:29.10 ID:9zf8KWh40
一方「チッ!仕方ねェ!」カチ

フワッ

キャーリサ(また一方通行の能力か!)

建宮「逃がさんのよな!」ズシュオア

外野フェンスを越えようとするボールをフェンスを滑るながら追う

建宮「捕ったのよな!」

スルッ

神裂「またボールが避けるように移動して!」

建宮「まだ終わらないのよな!」スッ

建宮は、どういう理屈かは分からないが、大きさ的に明らかに入るはずがない懐から
『フランベルジェ』をとりだす

建宮「はあっ!」ザク

結標「あのクワガタ、剣にボールを突き刺したわよ!」
435 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:56:56.49 ID:9zf8KWh40
一方「ここで引けるかァ!」キューーン

一方通行によって操られているボールは、刺さった剣から抜けようとする

建宮「させないのよな!」

建宮がそう叫ぶと、剣が凍り始め、ボールも凍らせてしまった。剣から抜けようと
蠢いていたボールも、凍ってしまったことにより、完全に動きを止める

一方「クソが!」カチ

土御門「戻れ青髪!」

青ピ「本当めちゃくちゃやな!」ダッ

神裂「建宮!」

建宮「分かっているのよな!」パリーン パシ ビシュ

建宮は氷を一瞬で解き、ボールを剣から抜き、一度グラブに入れてから一塁へと投げる

アニェーゼ パシ

審判「セーフ」

姫神「青髪君は。何とかセーフだね」

一方通行 残り30秒 建宮 残り0
436 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:58:00.50 ID:9zf8KWh40
ウグイス「4番右翼手削板君」

神裂 ビシュ

削板(さすがにもうそろそろ、打たねえとな!)カキィン

神裂「頼みましたよ五和!」

五和「オーライです」

土御門(このままだと、ただのライトフライになっちまう!)

土御門「カミやん!」ゴニョゴニョ

上条「はあ?今俺がそれをしてなんか意味あんのかよ!つか俺が恥かしすぎるし!
   つかあっちにも迷惑だろうし!」

土御門「いいから!今俺が言ったことを叫べ!」

上条「ああもうどうにでもなれ!」

上条「五和ーっ!大好きだーっ!」
437 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 21:59:38.21 ID:9zf8KWh40
神裂「えっ」

御坂「えっ」

アニェーゼ「えっ」

インデックス「えっ」

五和「ええ〜〜〜〜〜!」

ポトン

土御門「よしボールが落ちた!走れ!削板!青髪!」

青ピ ダッ

削板 ダッ

五和(え?何?今の何?え?告白?こんな大勢の人の前で?え?え?)

キャーリサ「五和!五和!」

五和 ポカーン

キャーリサ(くっ!こーいうときは天草式の長である、神裂が何か言わないといけないのだが)

神裂 ポカーン

キャーリサ(神裂もこの調子だし。仕方ない)

キャーリサ「もういいステイル!お前が捕りに行け!」

ステイル「もう行ってるよ!」

ステイル(ようやくボールのところまで来た)パシ ビシュ

キャーリサ パシ

審判「ホームイン」

五和が落としてしまったボールをステイルが捕りに行ってる間に、青髪はホームイン。
削板も三塁まで辿りついていた

海原「これで11対10。しかもワンアウト三塁とチャンスは続いています」

キャーリサ「おい!五和!しっかりしろ!」

五和「は、はい!」

上条(ああ、点数が入ったのは嬉しいが、なんかこの後いろいろ大変な気が…)
438 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:01:12.59 ID:9zf8KWh40
観客席

佐天「うひゃ〜。こんなに大衆の前で告白とか大胆ですね〜。私もこういう風に告白されたいなぁ」

初春「え〜、そうですかぁ〜?確かに、こういう風に告白されたら嬉しいですが
   恥ずかしさの方が上じゃないですかぁ〜」

佐天「全く分かってないなぁ〜。これだから初春は」

初春「何ですかその『これだから初春は』って!私の存在全否定ですか!」

佐天「そんなこと言ってないじゃん。そんなに怒らないでよ」

初春「全く!御坂さんは、こんな大勢の前で告白なんて嫌ですよね!」

御坂「なんで、なんで私を選んでくれなかったの?私ってそんなに嫌な子だった?
   どうして?どうして…」ブツブツ

初春「はわわわわ…。御坂さんがヤンデレ化しそうです。白井さん!白井さんが
   何とかしてください!」

白井「何なんですの、あの殿方!ただの女垂らしではありませんか!お姉様一途なら
   認めてあげても良かったですのに!ふざけやがって!」ブツブツ

初春(ああああああああ!ついに二人ともヤバいです!てか白井さんが情緒不安定すぎです!
   誰か助けてー!)
439 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:02:21.89 ID:9zf8KWh40
一方 別の観客席

インデックス「とうま、ついに、いつわにまで手を出すのかな?とうまの女垂らしぶりは
       酷過ぎるかも!そう思わない?こもえ」

小萌「です!上条ちゃんの女垂らしぶりは最近ひどいのは全面的に賛成です!
   この2日間、吹寄ちゃんを病院に送ったんですが、吹寄ちゃん、上条ちゃんの
   話しかしないんですよ!」

インデックス「あとで制裁が必要かも!そうだよね、ひょうか!」

風斬「わ、私は別に、良いと思うよ。あの人が幸せなら、それで」

インデックス「ひょうかは優しいんだね。でもそれはとうまの女垂らしぶりを知らないからかも」

風斬「そうかもね。でも私はずっと私と友達でいてくれれば、それで良いかな」
440 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:03:48.41 ID:9zf8KWh40
さらに別の観客席

垣根「あいつ、確か俺の『未元物質』を消した奴だろ?よくあんな大胆なこと出来るな」

心理「何言ってるのよ。あなたも私にプロポーズしてくれたじゃない」

垣根「えっ」

心理「えっ」

垣根(俺がこいつにプロポーズ?そんなのした覚えないが…。そういや俺試合の後半
   半分意識なかったから、記憶にねえんだよな。気づいたら、こいつと一緒に
   病院に居たんだよな…)

垣根「つかずっと思ってたんだけど、お前、今日俺にくっつきすぎじゃね?」

心理「あなたのほうから、ずっと俺のそばに居ろ。とか言ったくせに」

垣根(ヤベー。そんなの言った覚えないぞ)

心理「私、あなたにプロポーズされて嬉しかったんだから」

垣根(ま、こいつの笑顔が見れるならそれで良いか)
441 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:04:31.38 ID:9zf8KWh40
そのまた別の観客席

浜面「あいつも大胆だな」

滝壺「公衆の面前で、あんなこと普通できないよね」

浜面(これはツッコミ待ちなのかな?)

麦野(キス要求しといて何言ってんだ?)

絹旗(やっぱ滝壺さんは、超滝壺さんですね…)
442 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:05:51.75 ID:9zf8KWh40
さらにまた別の観客席

打ち止め「やだ、あの人大胆すぎ、ってミサカはミサカは赤面!」キャー

番外「ませガキが。てかあんたが告白されたわけでもないのに」

打ち止め「ミサカもあの人にあんなこと言われてみたいなぁ、ってミサカはミサカは
     夢見てみたり」

番外「は、はぁ?あの人はミサカのもんだし!」

芳川「まあまあ落ち着きなさい。なんか論点がずれてるわ。私達は野球を見に来たのよね?」

打ち止め・番外「うるさい!」

芳川「どうして私が怒られないといけないのかしら」ハァ

黄泉川「あれって、小萌センセのところの、確か…上条って言う生徒じゃんよ。良いなあ」
(教えがいがある、面白そうな生徒という意味で)

打ち止め「ヨミカワ、それはちょっと禁断の愛かも、ってミサカはミサカは忠告してみる…」

番外「ま、本人が幸せなら、少しぐらいの年齢差なら問題ないんじゃない?」

芳川「違うでしょ。生徒と先生って言うのに問題あるんでしょ。愛穂、さすがの私も
   禁断の愛を勧めることは出来ないわ」

黄泉川「は?」
443 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:07:12.00 ID:9zf8KWh40
ようやくスタジアム

ウグイス「5番遊撃手一方通行君」

一方「そろそろ小細工は止めにしねェか?」カチ

上条「神裂が投げる前から、チョーカーのスイッチを?」

神裂 ビシュ

神裂は、ボールのコースに投げる。だが

グググ

キャーリサ(球がストライクゾーンのど真ん中に引き寄せられて――!)

一方「終わりだァ!」カッ

キィィィィィィン

バゴォォォン

一方通行がベクトルの力で打った球は、神裂ですら反応できなかった

上条「で、電光掲示板貫通逆転2ランホームランだー!」

一方「ふゥ」カチ

海原「これで11対12ですね」

キャーリサ(逆転を許してしまったし。だが一方通行は今ので相当能力を使ったはず)

一方通行 残り22秒

その後海原・結標は三振となる

上条「ついに、ついに逆転した。あとは抑えるだけだ。頼んだぞ土御門!」

土御門「分かってるにゃー」

キャーリサ「まだ1点差だし。すぐに逆転するぞ」
444 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:08:07.08 ID:9zf8KWh40
ウグイス「7回の裏、グレートブリテンズの攻撃は、6番捕手ウィリアム君」

バシ ストライクバッターアウト!

キャーリサ「せめて当ててほしかったな」

ウィリアム「すまないのである」

ウグイス「7番遊撃手オリアナさん」

土御門 ビシュ

ブブブブ

オリアナ「大分器用なプレイもできるみたいだけど、その程度ではお姉さんには
     通用しないのよん♪」カキィン

ガッ

オリアナの打球はそこそこ高くバウンドした
445 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:09:39.08 ID:9zf8KWh40
土御門「俺が捕る」ダッ

オリアナ「魔術発動♪」

オリアナは単語帳の1ページを口でちぎり、放つ

ヒュオォォ

土御門(これは…)

オリアナが出したのは風の球体だった

土御門(まずい!)

土御門がそう思った瞬間、風の球体から、全方向へ拡散するかまいたちと暴風が吹き荒れた

ビュオアアアア

ズドドドドドド

内野全員「ぐわああああああ!」

土御門「カミやん!なんとか風の球体にふれろ!」

上条「分かってるけど、あんなに上にあるんじゃ…」

風の球体は地上から5mほどにあった。『発条包帯』をしている上条にとって
その高さは通常ならさほどでもないが、この暴風とかまいたちのなかでは
5mの高さのものを直接触れに行くのには無理があった
446 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:11:14.32 ID:9zf8KWh40
一方「仕方ねェ。俺が直接捕りに」カチ

オリアナ「させないんだから♪」

オリアナは再び単語帳のページを口でちぎり、放つ

ビガッ キィーーン

その瞬間、内野が莫大な光と耳障りな音に覆われた

一方「が、ァァァァァァ!」

他全員「ぐあああああ!」

審判「ホームイン」

鳳凰学園の内野陣が、かまいたち、暴風、光、音に苦しめられている間にオリアナは
ホームへと帰還していた

一方「くっそがァァァァァァァァ!」カチ

一方 ハァハァ

内野は散々な状況だった。かまいたちと暴風により、グラウンドの地面は抉れ
光と音により、内野陣の三半規管もやられてしまっていた

一方(何とか能力をOFFには出来たが、軽く10秒以上は無駄にONだったな)

一方通行 残り8秒 オリアナ 残り0

キャーリサ「よくやったオリアナ!これで再び同点だし」
447 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:13:14.16 ID:9zf8KWh40
ウグイス「8番三塁手シェリーさん」

土御門(今のは効いたぜい。だがこの程度ではピッチングに支障は出ない!)ビシュ

ブブブブ

シェリー スカッ

姫神 ポロ

審判「ストライク!」

姫神「ごめん。土御門君」

土御門(そうか。姫神もやられていたのか。内野陣もまだ駄目だろうな。なら)ビシュ

シェリー(ただのストレート!チャンス!)カキィィン

土御門「削板!」

削板「はぁ!」バッ パシ

審判「アウト!」

土御門(外野に捕らせるだけだ)

五和「ライトフライですか…」
448 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:16:27.71 ID:9zf8KWh40
ウグイス「9番一塁手アニェーゼさん」

土御門 ビシュ

アニェーゼ(外野が駄目なら内野です!)コン

コロコロ

アニェーゼ(へっ!これで)

土御門 ダッ パシ ダッ

アニェーゼ(げっ!)

土御門 タッチ

審判「タッチアウト!スリーアウトチェンジ!」

土御門「俺をなめてもらっちゃあ、困るぜい」

その後、8回表鳳凰学園の攻撃だったが、姫神・吹寄は、神裂の前にあえなく三振
土御門はセーフティバントをしようとするも、神裂の気迫のピッチングの前に三振
8回裏、グレートブリテンズの攻撃も、土御門の力投と、外野陣の活躍で三者凡退に終わる

9回の表、再び鳳凰学園の攻撃だったが、神裂の前に、青ピ・上条・削板も三者凡退で
終わってしまう。特に上条の打席の時は、心なしか、一段と球威が増していた。そして
449 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2011/04/07(木) 22:18:19.29 ID:A1xQrvL0o
まだねーちんへの愛の言葉は使える
450 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:18:29.24 ID:9zf8KWh40
「9回の裏、グレートブリテンズの攻撃は、4番投手神裂さん」

土御門(2打席目か。もうナックルでも確実に抑えられる保証は無いし、ここはデッドボールで
    歩かせるか)ビシュ

神裂(敬遠球だと、七天七刀で打たれるから、デッドボールで歩かせる。そう来ると
   思ってましたよ!)

神裂「唯閃&回転斬り!」グルルッ

カキィィン

一方「させるかァ!」ギャン バシィィィィィィン

審判「アウト!」

一方 カチ

神裂(なぜ私の打球に反応できたのでしょうか…)

一方(念のため能力ONにしといて良かったぜ)

土御門「助かったぜ。一方通行」

一方通行 残り3秒 神裂 残り1回
451 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:19:48.78 ID:9zf8KWh40
ウグイス「5番右翼手五和さん」

五和(さっきの上条さんの言ったこと、本気だったんでしょうか)

土御門 ビシュ

ブブブブ

姫神 バシ

審判「ストライク!」

五和(いけません!打席に入って何をウダウダ考えているんだか。キャーリサさんにも
   とりあえずこの試合が終わるまでは集中しろと説教されたばかりじゃないですか!)

土御門 ビシュ

ブブブブ

五和「くっ!」カキン

コロコロ

土御門 ダッ

五和(このままではアウトになってしまいます。仕方ありません!)

五和「七教七刃!」シュルルルルル

土御門に七本の鋼糸(ワイヤー)が襲いかかる!

土御門「その程度、効かないぜよ!」スルッ

土御門は、七本の鋼糸を全て避ける

土御門 パシ シュ

吹寄 パシ

審判「アウト!」

五和「私の七教七刃が避けられるなんて…」

その後ウィリアムも三振とする
452 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:20:45.36 ID:9zf8KWh40
ウグイス「10回の表、鳳凰学園の攻撃は、5番遊撃手一方通行君」

神裂 ビシュ

一方 カチ

カキィィン

上条「いったーっ!」

シェリー「エリス!」

あらかじめ仕込んであったのか、シェリーが叫ぶと外野の地面から、ゴーレムエリスが現れる

エリス「ルオオオオオオオ!」

ゴシャアアア

ベクトルの力を受けた打球が、エリスに直撃する

エリス「ル、オ、オオオ…」

ゴーレムエリスにヒビは入るも、崩れ去りはしなかった

審判「アウト!」

一方「くっそォォォォォォォ!」

シェリー「エリス、ありがとう」
453 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2011/04/07(木) 22:21:18.48 ID:A1xQrvL0o
アックア役立たず
第三王女がないてる
454 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:21:41.20 ID:9zf8KWh40
観客席

垣根「一方通行の野郎、ついに能力を失ったか」

心理「鳳凰学園の要である、一方通行が能力を使えなくなったんじゃ、もう負け決定かな」

垣根「どうだろうな。奴らの恐ろしいところは、ここぞと言う時の集中力だ。能力的にも
   野球センス的にも、長点上機を破った俺らの方が上で、勝つはずだった。にもかかわらず
   俺達は負けてしまった。俺には奴らがこのまま終わるとは思えねえ」

心理「あなたが他人に期待するなんてね」

垣根「期待じゃねえ。分析だ」

心理「そう」
455 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:22:49.32 ID:9zf8KWh40
一方 別の観客席

番外「あの人、ついに能力使えなくなっちゃったかぁ〜。能力ないとただのモヤシだもんな〜」

打ち止め「そんなことない!あの人は能力が無くたって、やる時はやる人だもん、って
     ミサカはミサカは否定してみる!」

番外「分かったから、そんなムキにならないでよ」

打ち止め「うう〜」

芳川「全く。そんなに子供をからかわないの」

番外「製造番号的には、ミサカの方が年下になるけど?」

芳川「でも考え方とかは、あなたのほうが大人に設定されてるでしょ」

番外「ちぇ。分かったよ」

黄泉川「まあそんなことはどうでもいいじゃんよ。あいつに仲間が出来て、楽しんでいるなら
    それでいいじゃんよ」

一方通行 残り0秒 シェリー 残り0
456 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:24:04.35 ID:9zf8KWh40
率直に言うと、鳳凰学園は一方通行で成り立っていると言っても過言ではなかった。
事実この試合での鳳凰学園の得点のほとんどが一方通行によるおかげのものだった。
それに今の神裂の球を、まともに確実にヒットできるのは、能力使用状態の一方通行ぐらいだった。その一方通行がついに能力を使えなくなったのだ。土御門のナックルだって
絶対無敵という訳ではない。いつかは打たれるであろう。いつサヨナラ負けしてもおかしくない。
一方通行の能力は使えない。鳳凰学園の空気は悪かった

バシィィン ストライクバッターアウト!

海原「すみません…」
457 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:26:00.97 ID:9zf8KWh40
ウグイス「7番二塁手結標さん」

神裂 ビシュ

結標 スカッ

ウィリアム バシィィン

審判「ストライク!」

海原も三振。そして下位打線。この状況に、土御門、上条、削板は半ば、姫神、吹寄
海原、一方通行、そして打者である結標すら完全に諦めていた。ただ一人の男を除いて。

青ピ「結標さん!あんたそれでええんか!一方通行君に散々バカにされて!皆からも
   期待されないで!そんなん耐えられるんか!」

結標「…」

青ピ「まだ試合は終わってへん!諦めるには早すぎるで!」

結標(ふん。私より1個下の坊やのくせに言ってくれるじゃない!)

神裂 ビシュ

結標 キン

審判「ファール」
458 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:27:10.48 ID:9zf8KWh40
青ピ「当たってるで〜。もし打てなくても相手に攻撃が移るだけだから、気楽に行こうや」

結標 コク

神裂 ビシュ

結標 キン

審判「ファール」

その後3球連続でファールが続いた

五和(あの女の人、今までバットにかすりもしなかったのに、ここにきて連続ファールで
   粘るなんて…。凄い集中力です)

神裂(やりますね。ではこれでどうでしょうか!)ドン

上条「めっちゃ高くジャンプしやがった!」

神裂(このジャンピング魔球、あなたに打てますか!)ビシュ

結標「なめるんじゃないわよ!」カキィン

上条「セ、センター前ヒットだ!」

ウィリアム「今のはただのマグレである。この先も下位打線なので焦る必要は無いのである」

神裂「焦ってなどいませんよ」
459 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:28:35.81 ID:9zf8KWh40
ウグイス「8番捕手姫神さん」

青ピ「打てるで、姫やん!」

姫神 コク

神裂(なんの根拠があって、打てると言うのですか!)ビシュ

姫神 スカッ

ウィリアム バシィィン

審判「ストライク!」

青ピ「姫やん!肩に余計な力入ってるで!深呼吸して落ち着こう!」

姫神 コク スーハー

神裂 ビシュ

姫神 カキン

神裂「任せましたよシェリー」

シェリー「ああ」

コロコロ ガッ

シェリー(何!?)

姫神の打球は、オリアナのかまいたちで出来た地面の溝でイレギュラーする

シェリー「くっ!」パシ

姫神 タッタッタッ

審判「セーフ」

シェリー「マグレが2回続いたからって、調子に乗るなよ!」
460 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:30:57.99 ID:9zf8KWh40
ウグイス「9番一塁手吹寄さん」

神裂 ビシュ

吹寄(最初の方の失点は私のせいだから、もうそろそろバットで汚名返上しないとね!)

カキィン

上条「レフト前ヒットだ!」

海原「これでツーアウト満塁ですね」
461 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:32:19.15 ID:9zf8KWh40
ウグイス「1番投手土御門君」

上条「行けー土御門!お前のバッティングで勝ち越せ!」

神裂(仕方ありません。手を抜いたわけでも、油断していたわけでもありませんが
   もう少し本気を出すしかありませんね)

神裂 ゴゴゴゴゴ

神裂(ウィリアム。多少傷つくかもしれませんが受け止めたくださいね!)ビシュン

ウィリアム バシィィィィン

審判「ス、ストライク!」

上条「に、220キロ!?」

神裂 ビシュン

土御門 キン

審判「ファ、ファール」

青ピ「さすがやつっちー。当ておったでぇ」

神裂(やりますね。ですが土御門、これで終わりです!)ビシュン

土御門(どんなに速くたって、ストレートだけで何打席も俺を抑えられると思うなよ!)

カキィン

上条「これは良い当たり!」

神裂 バシィィン

上条「み、右手で…捕りやがった…」

審判「ア、アウト!スリーアウトチェンジ!」

五和「だ、大丈夫ですか!女教皇!」

神裂「ええ、大丈夫ですよ」
462 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:33:05.96 ID:9zf8KWh40
10回の裏、グレートブリテンズの攻撃は、オリアナ、シェリー、アニェーゼの三者凡退で終わる

土御門「今の神裂は右手を痛めてる。この回は上位打線からだし、勝ち越しのチャンスだ!
    気合入れてくぞ!」

全員「おう!」

神裂相手に、青髪は粘るも、結局三振で終わってしまう

青ピ「すんまへん」

上条「大丈夫だ。俺が打って勝ち越してくる」
463 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:34:48.79 ID:9zf8KWh40
ウグイス「3番三塁手上条君」

その後、上条は10球連続ファールで粘る

神裂 ハァハァ

上条(もう分かってんだろ。神裂火織)

神裂 シュ「しまった!」

上条「テメエの右手はとっくにぶち壊れてるんだよ!」カッキィィィィィン

青ピ「勝ち越し場外ホームランやー!」

吹寄「あんた、やってくれるじゃないの!」

結標(あ〜あ。上条君がもう少し幼かったらなあ)

姫神「上条君。凄い」

青ピ「僕はやってくれると信じてたで〜」

一方「やるじゃねェか。三下」

海原「僕の想い人も惚れるわけです」

削板「上条!俺はお前ほど根性ある奴を見た事ねえぜ!」

土御門「盛り上がってるとこ悪いが、まだ試合が終わったわけじゃない。最後まで
    油断は禁物だ」

全員「分かってるって」

キャーリサ「神裂!まだ終わったわけじゃないし!気合入れろ!」

神裂「分かっています」
464 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:36:19.42 ID:9zf8KWh40
その後、削板を三振に打ち取る

削板「あいつ、本当に右手怪我しているのか?全く、大した根性だ」

上条「ついに勝ち越した!あとは抑えるだけだ!」

全員「おう!」

キャーリサ「まだ終わったわけじゃないし!この回で追いつけ追い越せサヨナラだし!」

ウグイス「11回の裏、グレートブリテンズの攻撃は、1番中堅手ステイル君」

バシ ストライクバッターアウト!

全員(あと2人…)

ウグイス「2番二塁手キャーリサさん」

土御門 ビシュ

キャーリサ カキン

上条 パシ シュ

吹寄 パシ

審判「アウト!」

全員(あと1人…)
465 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:37:07.67 ID:9zf8KWh40
ウグイス「3番左翼手建宮君」

建宮(終われない。このままでは終われないのよな!)

土御門 ビシュ

ブブ

姫神(変化が甘い―――!)

建宮 カキィン

上条 ズバァン(グラブが弾かれた!)

建宮 タッタッタッ

審判「セーフ、セーフ」

ステイル「勝利の女神は、まだ僕らを見離してはいなかったみたいだね」
466 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:38:28.01 ID:9zf8KWh40
ウグイス「4番投手神裂さん」

土御門「タイム」

上条「どうしたんだよ土御門」

土御門「はっきり言って、俺はもう限界だ」

一方「ナックルって言うのは、握力を相当使うからな。俺から見ても、明らかに変化が
   甘くなっているし、ここが限界だろうなァ」

青ピ「じゃあどうすんねん」

土御門「カミやん。お前が投げろ」

上条「はあ?俺が?」

土御門「1か月前から言っといただろ?もしかしたら投げてもらうかもしれないから
    1日25球でいい。投げ込みをして来いと」

青ピ「なんやカミやん。そんなことしてたんか」

上条「ま、まあ一応。でも俺の球が神裂に通用するとは…」

土御門「どうせ俺が投げたって、吹寄が投げたって、削板が投げたって打たれる。
    だから、カミやんの可能性に懸けてみたいんだ」

吹寄「悔しいけど、もうあんたしかいないんだから、黙って投げなさい!」

姫神「上条君なら。きっと大丈夫」

一方「やれよ。ヒーロー」

結標「頑張りなさいよ」

海原「もうあなたしかいませんよ」

削板「もうお前しかいない!最後に根性見せろ!」

上条「……分かったよ。勝つぞ!皆!」

全員「おう!」

ウグイス「鳳凰学園、ポジションの変更をお伝えします。土御門→三塁手
     上条→投手となります」
467 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:39:28.31 ID:9zf8KWh40
ステイル「ここで上条当麻か。神裂!遠慮はいらない!上条当麻を打ち砕いてくれ!」

神裂 コク

上条(いくぜ姫神!)ビシュ

姫神 バシィィン

審判「ストライク!」

五和「160キロ!?かなり速いです!」

キャーリサ「だが神裂なら、打てない速さじゃないし」

上条「うおおおおおおおお!」ビシュ

神裂(この程度の速度では、私は抑えられませんよ!)ブンッ

スカッ

姫神 バシィィン

審判「ストライク!」

神裂(そんなに球は速くないのに、何故!?)
468 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:41:07.19 ID:9zf8KWh40
キャーリサ(今の神裂のスイング、ボールの下を振っていた?もしやあの球――)

上条「神裂火織、いまだに俺の球を打てると思ってるんなら―――
   ―――まずは、その幻想をぶち殺す!」ビシュ

神裂「唯閃!」ブンッ

姫神 バシィィン

審判「ストライクバッターアウト!ゲームセット!」

上条「おっしゃああああああああああ!」

神裂「な、何故…」ガクッ

キャーリサ「多分だが、やつが投げていたのはライジングショット。全身のバネと回転をボールに
      伝えて、拳銃の弾丸のよーに、高速横回転をかけて放つ直球で打者の手前で、わずかに
      ホップするんだ。まー簡単に言うとジャイロボールの強化版みたいなもんかね」

神裂「そんなすごい球を投げられるなんて、彼は凄いです」

キャーリサ「そーだな」
469 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:42:33.20 ID:9zf8KWh40
青ピ「カミやんは、ほんま凄い奴やでぇ!僕惚れそうになったもん」

上条「気持ち悪い事言うんじゃねえよ!」

青ピ「冗談やって」

上条「お前が言うと冗談に聞こえねえんだよ」

吹寄「あんた、『不幸だ』とか言って、人生に手を抜いてる腑抜けかと思ってたけど
   この大会を通して、す、少し見直したわ」

上条「そうか?ありがとな」ニコッ

吹寄「///」

姫神「制理。少し顔が赤い気がするけど」

吹寄「な、何言ってるのよ、姫神さん」

結標(いいな〜。青春してて)

青ピ「ついに吹寄まで陥落か。大会優勝した嬉しさが、一気に憂鬱にシフトしたわ」

海原「全く。彼はいくつフラグを建てれば、気が済むんでしょうか」ヤレヤレ

上条「何わけのわからないこと言ってんだよ!」

土御門「盛り上がってるとこ悪いが、まだ挨拶が終わってないんだぜい」

土御門(それにしても1日25球、1ヶ月投げ込みしたからと言って、あんな球を
    投げれるなんて。カミやんはプロ野球選手になれるな)

審判「鳳凰学園vsグレートブリテンズは、13対12で鳳凰学園の勝利!礼!」

全員「ありがとうございました!」

審判「そのまま閉会式に移る。君たちはその場で待機していなさい」

全員「はい!」
470 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:46:49.80 ID:9zf8KWh40
10分後

アレイスター「全チーム入場したかな。さてこれから学園都市野球大会、閉会式を行う。
       まず結果発表だが、準優勝グレートブリテンズ」

アレイスター「そして優勝は…鳳凰学園だ」

上条達「イエーーーーーーイ!」

アレイスター「優勝チームの諸君らには、1000万を贈呈する。続いてMVPの発表だ。
       この大会を通して、最も活躍したと思われる選手に贈呈する賞だ。
       1週間のハワイペア旅行券つきのな。さてそのMVPは」

青ピ「どうせお前やろカミやん。もう前行っとけや」

上条「そ、そうかな。じゃあ」

アレイスター「土御門元春君だ」

青ピ「マジか」

アレイスター「土御門君、前へ」

土御門「お、俺かにゃー」

アレイスター「君はこの大会、投・打・守においてコンスタントに活躍した。
       この賞は君にこそふさわしいだろう」

女性「おめでとう」

パチパチパチパチ

土御門「どうもどうもー」

青ピ「まあよくよく考えたらつっちーが妥当やね。カミやんはおいしいところはもってったけど
   つっちーは常に良い感じに活躍していたからなぁ」

上条「まあいいや。賞金だけでも」

そして閉会式が終了した

※アレイスターはあくまでモニターから喋っているだけ。土御門は普通の女性から
賞状と旅行券をもらいました
471 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:51:21.02 ID:9zf8KWh40
上条「さ〜て、賞金は銀行に振り込んであるんだよな。さっさとおろして
   贅沢でもすっかな〜」

姫神「ちょっと。上条君」ガシ

上条「な、なんでせうか?姫神さん」

姫神「さっきまでやってた試合で。相手の女の子に。告白してたよね。あれはどういうこと?」

上条「あ、あれはですね…。えーっと、土御門に話聞いてない?」

姫神「何も。聞いてないけど」

上条「あれはですね。相手を動揺させるうs」

御坂「ちょっとアンタ!」

上条「み、御坂?」

御坂「私さ。決勝戦ずーっと見てたんだけどさ。試合中に告白してたわよね?あの地味女に。
   あれ何なの?」

上条「じ、地味女って、そんな言い方は」

御坂「今私が質問してるんだけど!アンタは私の質問にだけ答えなさい!」ビリビリ

上条「うわあ!」バッ

キュイーン

上条「あ、危ねえじゃねえ…か」

御坂 ゴゴゴゴゴ

上条「御坂さん、少し落ち着きませんか?」

上条「つーか土御門!お前が説明してくれよ!」

土御門「さーて、何のことを言ってるか分からないにゃー」

上条「ちょっとそれはないんじゃないですか!」

土御門(日頃からフラグばっか建てやがって。少しは苦しめ)

土御門「じゃあな。カミやん」

上条「ちょ、おい!あ、青髪!助けてくれー!」

青ピ「リア充爆発しろ」

上条「青髪まで…。一方通行、海原、結標さん、助けて!」

海原「少しは反省してください」ニコッ

一方「自業自得だ。オマエ自身でどうにかしろ。あと結標なら帰ったぞ」

上条「うわあああああ!削板!吹寄ー!」

吹寄「削板なら、もう帰ったわよ。全く、この大会を通して少し見直したけど、結局女子か。
   やっぱ上条は上条ね。やっぱ貴様とは一生打ち解けられないわ。じゃあね」
472 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:52:58.78 ID:9zf8KWh40
五和「上条さん!」

上条「い、五和!?」

五和「あ、あの、さ、さささ、さっき言ったことって、ほ、本当なんですか?」

上条(ヤベえー。これ嘘って言ったら、ただじゃ済まないな。でも嘘をつきとおすのも
   失礼だし。ええい!もうどうにでもなれーっ!)

上条「ご、ごめんなさい!あれは嘘というか、勝つために仕方なく…とにかく
   すいませんでしたーっ!」orz

五和「で、ですよね。そんな、おかしいですものね。勝手に勘違いした、私が
   悪いんですよね」ウル

上条「あ、あのー、五和…さん?」

五和「ご、ごめんなさい。私の勘違いのせいなのに…」ヒックエッグ

姫神「上条君が。泣かせた」

御坂「アンタ、女の子泣かすなんて最低ね」

御坂妹「最低ですね、とミサカはお姉様に便乗します」

上条「み、御坂妹!聞いてくれ!これはだな、土御門のせいであって」

御坂妹「言い訳とは見苦しいですね、とミサカは軽蔑した眼差しで見つめます」

上条「敵しかいねえ!どうすれば」

神裂「上条当麻。五和を泣かせましたね!」

上条「か、神裂」

小萌「上条ちゃーん」

上条「こ、小萌先生!助けてくだs」

小萌「結標ちゃんから聞きましたよ!女の子を泣かせるなんて、男の子としてはタブーなのです!
   その辺りちゃんとわかっているのですかー!そもそも上条ちゃんはですね」ガミガミ

上条「もう女子は駄目だ。男だ。男は…」キョロキョロ

浜面

上条「いた!お〜い浜面ー!少し助けてくれー!」

浜面「うるさい!俺は滝壺一筋だと言うのに、お前ときたら…。俺を見習え!」

上条「説教!?」

滝壺「はまづらから聞いたよ。かみじょうって言うんだよね?女垂らしの
   かみじょうは、ちょっと応援できない」

上条「唐突!?」

麦野(ふ〜ん。初めて顔よく見るけど、大したイケメンじゃないじゃん)ジー

絹旗(超浜面より獣とか。超引きます)ジトー

上条「もうね。なんかもう駄目だ」

インデックス「とうま!」

上条「い、インデックスさん!?」

インデックス「試合中の告白は聞いてたんだよ。いつわが泣いてる理由とか、こんなに
       たくさんの女の子に囲まれてる理由はよく知らないけど、とりあえずとうまが
       悪いってことで良いんだよね?」

上条「い、いや、これにはですね。いろいろと深い理由が」

インデックス「問答無用なんだよ!」ガブリ

上条「ふ、不幸だーっ!」
473 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [saga]:2011/04/07(木) 22:56:41.94 ID:9zf8KWh40
これで終わりです

こんな少ない語彙力&拙い文章のSSを最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。

区切りとかも正直言っちゃうと、自分の気分次第でものすごく短くなったり、変に長くなったりして
大変読みずらかったことと思います

SS書くのは結構疲れるけど、面白いもんですね
474 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2011/04/07(木) 22:58:06.67 ID:0wAO/eap0
乙ーでした
>>473謙遜することは無い十分面白かったぞ次回作も期待しているから頑張ってくれ
475 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(岩手県) [sage]:2011/04/07(木) 23:26:55.45 ID:kcJ5fnNRo
おつ!
476 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2011/04/08(金) 02:42:38.21 ID:p9PumiQzo
乙です!
477 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(滋賀県) [sage]:2011/04/08(金) 10:58:15.03 ID:DhnGzRYEo
五和への謝罪から始まるワールドシーリーズ編に期待
478 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2011/04/09(土) 01:28:20.63 ID:MrtQqOLZ0
>>473
読みずらい→× 読みづらい→○でしたね。ごめんなさい

続編はちょっと無理そうです。ですが今度はシリアスものでも書きたいなと思ってます

あとちょっと遅いですが、アニメ最終回良かった。
禁書Uはいろいろ残念だったけど、最後の最後のグループ挿絵完全再現がものすごくよかった
今から禁書Vが楽しみです
479 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/11(月) 20:32:24.74 ID:EbW3HJ5ro
あんまりおもしろいとは思わなかったけど何故か最後まで読んでしまった
>>1
295.57 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)