このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

とある科学者と絹旗最愛 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/19(火) 22:33:59.07 ID:m8/OVveo0

最初に簡単な注意を


・主人公は絹旗最愛と木原数多になります

・というか木原×絹旗の恋愛ものです(苦手な方はバックしてください)

・作者が台本形式を苦手としているため、セリフの前に名前はつきません

・少し(本当に少し)大人な描写が含まれます

・原作は完全に無視しています


これらの点を踏まえて、お付き合いしてくださる方はよろしくお願いします


【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

超次元恋愛シュミレーションネプテューヌ @ 2020/01/24(金) 22:03:52.85 ID:Wuw7ZToSO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1579871032/

速水奏「人形の夢」 @ 2020/01/24(金) 21:08:57.59 ID:W4W9+UtG0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1579867737/

氏家むつみ「初夢冒険記」 @ 2020/01/24(金) 21:04:16.78 ID:DFxqowIC0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1579867456/

幼じょりーん「じょじょのきみょうなぼうけん」 @ 2020/01/24(金) 17:57:05.44 ID:N9ueLkkN0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1579856225/

【ポケモン】サトシ「最近になってセレナを意識してしまう」 @ 2020/01/24(金) 12:58:15.24 ID:JoVrZ05o0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1579838294/

【安価】オルランドゥ大武術会11【コンマ】 @ 2020/01/24(金) 12:51:29.00 ID:XPVkI76CO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1579837888/

心「吐きながらプロデューサーに撫でられるの好きになっちゃった」 @ 2020/01/24(金) 00:28:29.56 ID:w5ZYHw6E0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1579793309/

かせんちゃんのエロゲ実況 @ 2020/01/23(木) 20:53:55.97 ID:7adIw3r40
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1579780435/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/04/19(火) 22:34:29.57 ID:/3jHMVDBo
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■■□□□□□□■■■□□□□□□□□□□□□■■□□□□□□■■■■■■■■■□□□□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■■□□□□□□■■■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□□■■■■■■■■■■□□□□□□
□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□□■■□■■□□□□□□□□□□■■□□□□□□■■□□□□□□□■■□□□□□
□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□■■□□□□□□□□□■■□□□□□□■■□□□□□□□□■■□□□□
□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□□■■□□□□□□□□■■□□□□□□■■□□□□□□□□■■□□□□
□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□□□■■□□□□□□□■■□□□□□□■■□□□□□□□□■■□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■■□□□□□□■■□□□□□■■□□□□□□■■□□□□□□■■□□□□□□□□■■□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■■□□□□□□■■□□□□□□■■□□□□□■■□□□□□□■■□□□□□□□□■■□□□□
□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□□□□□□■■□□□□■■□□□□□□■■□□□□□□□□■■□□□□
□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□□□□□□□■■□□□■■□□□□□□■■□□□□□□□□■■□□□□
□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□□□□□□□□■■□□■■□□□□□□■■□□□□□□□□■■□□□□
□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□□□□□□□□□■■□■■□□□□□□■■□□□□□□□■■□□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■■□□□□□□■■□□□□□□□□□□□■■■■□□□□□□■■■■■■■■■■□□□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■■□□□□□□■■□□□□□□□□□□□□■■■□□□□□□■■■■■■■■■□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
3 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/19(火) 22:34:41.21 ID:m8/OVveo0

科学の進んだ街、学園都市。

そんな特殊な場所にも、寂れた景色というものは存在する。


「ち……降ってきやがったか」


第19学区のとある小道は、まさしくそんな場所だった。

おまけに、まだ昼過ぎにもかかわらず雨が降り出した所為で辺りは暗い。


「止みそうにねーな、クソッタレ」


たった1人、小道を歩いていた男が足を速める。

悪路故かすぐに道に溜まった泥水が白衣に跳ね上がるが、男は微塵も気にせずバシャバシャと音を立てて駆けた。

白衣。

男は科学者だった――それも極めて優秀な。


その名を、木原数多(きはらあまた)と言う。
4 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/19(火) 22:35:15.36 ID:m8/OVveo0

「……あ?」


迎えの車まで走る木原だったが、ふとあるモノを見つけて足を止める。


「おいおい面倒くせーな。生きてるかー?」


彼の視線の先には、血塗れで倒れる少女の姿があった。

年の頃は10歳そこそこ、少し明るめの茶髪をボブにしている。


「……う、あ」

「生きてんのかよ、マジで面倒だな。死んでてくれりゃー処理班呼ぶだけで済むっつーのに」

「ま、さか……『計画』の……追手……?」


少女の敵愾心に満ちた言葉を聞いて、木原がキョトンとした。


「テメェ、追われてたのか」

「……無、関係……ですか。……だったら、超逃げ……て……くだ……さい」


こんな状況なのに、他人の事に必死になる少女を見て、木原は。


「どーすっかなー」
5 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/19(火) 22:35:48.93 ID:m8/OVveo0











それから、5年が経過した。











6 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/19(火) 22:36:25.89 ID:m8/OVveo0

とある日の早朝、午前6時。

とある高級マンションの1室で、少女の罵声が響き渡った。


「だー!! さっさと起きろって超言ってるじゃないですかー!」

「zzz」

「このっ……木原ァああああああああ!!」


あっという間に忍耐の限界を超えた少女が、勢いよくベッドをガシッと掴みあげる。

そしてそのまま、片手であっさりとダブルサイズのベッドを持ち上げて垂直に立てた。

当然、そこで寝ていた木原は重力に従って落下する。


「おわ!?」


ドサリと尻餅をついた木原は、その原因である少女にキレた。


「このクソガキ、何しやがる!?」

「絶対にこの時間には起こせって指示したのは超ソッチでしょう! 時計見てくださいよ!」

「げ」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/04/19(火) 22:36:32.77 ID:/3jHMVDBo
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/04/19(火) 22:36:58.85 ID:/3jHMVDBo
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
9 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/19(火) 22:37:08.58 ID:m8/OVveo0

急いで洗面所に向かう木原の背中に、少女があっ!と言葉を発した。


「朝食の準備は超出来てますけど……どうします?」


その声色に、巧妙に隠された怯えを感じ取った木原が歯磨きしながら返答する。


「ん、食うからテメェも座ってろ」

「超分かりました」


少女の口元が緩み、嬉しそうに食卓へ向かう。

そして2分もしないうちに現れた木原と一緒に、朝食を食べ始めた。


「ちょっと、付け合せの野菜も超食べてくださいよ!」

「肉さえありゃイイんだよ。むしろテメェがたっぷり食っておけ」


だからいつまでも幼児体型なんだ、とつぶやく木原。

その言葉が引き金となり、少女が本日2回目の『能力』を発動した。


いつもの光景である。

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/04/19(火) 22:37:25.20 ID:/3jHMVDBo
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
11 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/19(火) 22:37:44.19 ID:m8/OVveo0

それから10分後。

まるで泥棒に荒らされたかのような部屋の有様を一瞥して、少女がため息をつく。

家主である木原は、片づけを少女に任せて仕事へ出かけてしまった。


「く……自業自得とはいえ、超納得できません……!」


少女――絹旗最愛(きぬはたさいあい)が悔しそうに拳をプルプル震わせる。

が、結局は諦めていそいそと掃除を開始した。

彼女が身に着けた能力『窒素装甲』を以てすれば、大抵の家具は問題なく動かせる。


「こういう時は、パーッと気晴らしをするに限ります」

「確か今日あたり公開する映画がありましたし、少し遠出しましょうか」


そうと決まれば、善は急げだ。

1時間ほどで要領よく片づけを終えると、彼女も外へと出かけて行った。
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/04/19(火) 22:37:53.35 ID:/3jHMVDBo
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
13 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/19(火) 22:38:16.05 ID:m8/OVveo0

同じ日の昼過ぎ。

珍しく当たりの映画を見つけた絹旗はご満悦だった。


(はわー。クライマックスのインド象ダンスは超最高でしたね)

(今度木原にも超教えてあげるとしますか)

(イヤイヤ、どうせなら一緒に超見に行く方が……)


実は度々木原を映画に連れ出してはブーイングを受けているのだが、彼女は全く反省していない。

くー。

その時、彼女のお腹が切なそうに空腹を訴えた。

彼女は少し考えて、近くにあるカフェでランチを取ろうと足を向ける。


「あれ、絹旗じゃん」

「垣根……超久しぶりですね」


が、そんな彼女に。

超能力者第2位、『未元物質』こと垣根帝督が話しかけた。

以前ちょっとした事件で知り合った、絹旗の友人だ。
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/04/19(火) 22:38:19.07 ID:/3jHMVDBo
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/04/19(火) 22:38:45.93 ID:/3jHMVDBo
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
16 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/19(火) 22:38:51.87 ID:m8/OVveo0

お昼時と言うこともあり、カフェの中はほとんど満員状態である。

それでも2人はタイミングよく空いたテーブル席を見つけて腰を下ろした。


「相変わらずクソ映画マニアなのか、お前」

「マイナー映画愛好家と言ってくださいよ」


絹旗の趣味は映画観賞だが、普通の人と異なりB級やC級の怪しげな映画ばかりを好むという変わった楽しみ方をしている。

そのことをよく知っている垣根が絹旗をからかうのも、お馴染みの事だ。


「あ。そういえば、ここは当然垣根のオゴリということで超良いんですよね?」

「任せろ、好きなだけ食えよ。つーかこんな店じゃ、幾ら食ったって大した額にはならねーだろ」


至極当然と言った感じで淡々と頷く垣根。

対照的に絹旗は、これはデザートまで楽しめそうです!と素直に喜んだ。

尤も、どこぞのシスターと違い彼女は人並みにしか食べないのだが。


「「いただきまーす」」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/04/19(火) 22:39:13.52 ID:/3jHMVDBo
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
18 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/19(火) 22:39:38.50 ID:m8/OVveo0

運ばれてきた料理を食べながら、唐突に垣根が尋ねた。


「で、進展はあったのか?」

「何がです?」

「同居してるオッサンだよ、木原だっけ? ……ヤレた?」

「ごふぉ!?」


絹旗が身構える前に発せられた一言は、彼女の心にクリーンヒットした。


「汚ねーな、何してんだ」

「だ、誰の所為で超こうなったと思ってるんですか!」

「関係は変わらずか、まあ順当なとこではあるが面白くねえ」

「……」


普段なら突っかかってくるはずの彼女が、言い返さない。

疑問に思った垣根が、おや?と顔を上げた。

目の前にいる絹旗は俯いており、よく見ると彼女は涙目で体を震わせている。
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/04/19(火) 22:39:38.71 ID:/3jHMVDBo
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/04/19(火) 22:40:05.02 ID:/3jHMVDBo
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
21 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/19(火) 22:40:21.19 ID:m8/OVveo0

予想外の事態に焦った垣根が、慌てて絹旗を慰めにかかった。


「ちょ、泣くんじゃねーよ!」

「……泣いてません」


彼にとっては最悪なことに、若干鼻声でそう返答されてしまう。


「進展なんか超ある訳ないでしょう。今朝も超子ども扱いされました」

「あー、それはしょうがないだろ。年の差が有るしな」


迂闊に質問した事を悔いる垣根だが、すでに手遅れだった。

スイッチが入った絹旗は、感情のまま捲し立てる。


「もう5年も超一緒にいるのに、ぜんぜん見向きもされないのはどういう事ですか!」

「だから」

「こんな超可愛い女の子が一つ屋根の下だというのに、手を出す気配なんか超ありませんが!?」

「それは」

「超熟女趣味ですか!? それとも超男好きですか!?」

「周り見ろよ、頼むから!」


店員や客の好奇の視線が集中していることに気づいた絹旗は、顔を赤くして動きを止めた。
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/04/19(火) 22:40:31.72 ID:/3jHMVDBo
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
23 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/19(火) 22:40:58.12 ID:m8/OVveo0

それからそそくさとカフェを出た2人は、広間のベンチで話を続けている。


「俺まで社会的に抹殺する気かよ」

「すいません……超周りが見えてませんでした」


元気なく謝る絹旗。

そんな彼女を元気づけるように、垣根がそっと頭を撫でる。


「お前は十分魅力的だよ、俺が保証してやる」

「……超当てになりません」

「そこは感動するトコだろーが!」


笑いあう2人。

傍から見ると、その光景は仲の良い兄妹のようだった。


「なあ。いっそ告っちまえば?」

「それが出来れば苦労してないんですよ」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/04/19(火) 22:41:01.28 ID:/3jHMVDBo
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
25 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/19(火) 22:41:34.09 ID:m8/OVveo0

追われていた自分を拾ってくれて、早5年。

その年月は、両者の距離を作り上げてしまっていた。

ずっと親子の様に過ごしてきたのだ。

今更男女の情を伝えたところで、相手は困惑するだけだろう。

そんなことは分かっているからこそ、絹旗は動けない。


「でもなあ、色仕掛け作戦じゃ後何年かかるか……」


ぼやく垣根を、絹旗が眼力で黙らせる。


「向こうが私を押し倒したくなるまで、自分を磨くしかないんです!」

「そりゃ正論だ」


そんな決意も空しく。

とある研究所で、1人の男が「お父さん……パパ……いや、まだ無理か……?」と葛藤していた事は誰も知らない。
26 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/19(火) 22:42:28.01 ID:m8/OVveo0

誰得?俺得!なお話の始まりでございます

別スレが行き詰ったので、わりと平和なお話を書きたくなりました

こちらの更新は極めてゆっくりになりますが、お付き合いくだされば幸いです

一応話としては

「学校行事編」

「浜面仕上編」

「黒夜海鳥編」

「一方通行編」

なんかをバラバラに書いていく予定です

後は適時過去編を導入していきます

では、おやすみなさい
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/04/19(火) 22:42:46.48 ID:/3jHMVDBo
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
男子中学生のズリネタ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1239934255/
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2011/04/19(火) 22:45:59.23 ID:8klllQ+30
中々斬新な構想だな

期待

アビスパ……
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2011/04/19(火) 22:46:09.88 ID:axvAes1AO
福島さんチィースwwwwwwwwwwww
さっさと半島に帰れ滓やろう
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/19(火) 22:46:35.60 ID:Z/6uSZxPo
まさかの同時進行とは
しかも両方とも木原ものとか木原くン大好き過ぎだろwwww
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2011/04/19(火) 22:48:37.49 ID:JRQRtCXAO
別人さんは木原くンが大好きなんだね
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/19(火) 23:01:50.62 ID:9sgWfeSIO
別人……だと………

しかも絹旗だなんて見るしかないじゃないか
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2011/04/19(火) 23:57:17.60 ID:uaMjdJ79o
お、同時進行だと…?
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/20(水) 00:43:54.14 ID:3Q4QqzLi0
しかしあっちの殺伐っぷりとは正反対だな
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/20(水) 01:22:05.66 ID:FEwKgYWIO
スレタイの感じからしてもしかしたらと思ったら…やっぱり別人だったか
しかし木原×絹旗とかどこからくる発想なんだwまあ俺得だし結局読むんだけどさ
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/20(水) 01:32:20.65 ID:y8AAMUFSO
>>35
絹旗=暗闇の五月計画=一方通行→木原くン

の連想ゲーム的なアレかもなァ



しかし同時進行とは……
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州) [sage]:2011/04/20(水) 02:01:22.71 ID:MbDIb70AO
なんか新鮮な二人だがおもしろそう
支援!
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/20(水) 07:00:42.77 ID:MJTrIGZG0
期待!

てか誰だよ荒らしてんのは まじで自重しろ
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/20(水) 14:25:01.71 ID:agOnIlHt0
スレタイを見た瞬間、もしかして別人!?と思ったわwwww
鬼畜木原も良いけど保護者やってる木原くンも捨てがたい
簡単にオとせる相手じゃないけど、絹旗がんばれ超がんばれ
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/20(水) 18:12:16.49 ID:sD3WNjeF0
乙!早速お気に入りに入れたぜ
5年後って事は、絹旗17、8歳なのか?
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/21(木) 05:15:25.18 ID:jyxfKw1V0
なんだと…大人絹旗か…

ロリ絹>>>越えられぬ壁>>>少女絹>>>>>>>>>>>>>>>>>>>大人絹か
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/21(木) 07:40:15.71 ID:VWZk0CXE0
いやいや、スタートが10才なんだから
ちょうど原作通りの中学生でしょ
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [saga]:2011/04/21(木) 16:44:39.46 ID:jyC5AdQro
木原装甲か、窒素神拳か……

>>42
絹旗は見た目12歳程度と言う設定があるから、見た目通りならここでは原作よりは年上じゃね?
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/21(木) 17:23:29.27 ID:Tc2uUNlDO
同時進行って福岡の荒らしと同時進行って思ってしまった。福岡さんパネェっすwww
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga sage]:2011/04/21(木) 20:53:42.16 ID:NnylFuPO0
なんでこんなにニヤニヤしながら読んでしまったんだろう

続き期待してます
46 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/24(日) 03:04:44.63 ID:yoM+Kufw0

こんばんはー、レスありがとうございます

そして分かりにくくてごめんなさい

この話登場キャラは、すべて原作+3年ぐらいという設定です

絹旗や黒子、佐天さんは高校1年

垣根や一方通行、上条さんは大学2年……ぐらいでしょうか

絹旗が中学生だと色々問題がゴニョゴニョなのでこうなります

では、投下



絹旗が垣根と出会った翌日――月曜日。

いつもより少し遅めに登校した絹旗を、クラスメイトの佐天涙子(さてんるいこ)が出迎えた。


「おいーっす、アイちん。ちょっと聞いて――」

「? どうかしましたか?」


言葉を止め、自分の顔をマジマジと見つめては難しい顔をする友人に、絹旗が問いかける。

それに対し佐天は、どことなく心配そうに返答した。


「んと、あのさ。ひょっとしてアイちん、ちょっぴり元気ない……?」

「げ……超バレてましたか。佐天に気づかれるとは超ダメダメですね」

47 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/24(日) 03:05:39.52 ID:yoM+Kufw0

言いながら笑う絹旗を見て、佐天は彼女の悩みがそこまで深刻なものではないと読み取る。

もしも本当に重要な問題を抱えているなら、絹旗は決してそれを表に出そうとしない。

その事を佐天は“2年前のあの事件”で良く知っていた。

絹旗が追及を素直に認めて、明るく自嘲する――そんなレベルの落ち込みは、まま有ることだ。

事実、彼女は続けてこう嘆く。


「言われた通り、実は元気がありません。何しろ乙女の悩みは超深刻ですから」

「ああ、また木原さん?」

「今の私の前で、その名前を出すとは超いい度胸してますね」

「きゃー助けてー、大能力者が無能力者を苛めるのー」


きゃあきゃあと楽しそうにじゃれ合う2人に、背後から声が掛けられた。


「おはよう。朝から元気だね」


どことなく暗い感じの少女だ。髪はショートで、目の下には少し隈がある。

が、少女の最大の特徴は両手にはめられた白い手袋だろう。

クラスにいるほとんどの人間が、その手袋が外されたところを見たことがない。


「おはようモーちゃん」

「超おはようです、鉄網」
48 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/24(日) 03:06:53.10 ID:yoM+Kufw0

彼女の名は鉄網(てつもう)。

その手で触れた人物の心を読み取り、プロフィールを明らかにする『意見解析(スキルポリグラフ)』という能力を持っている。

読心系能力としては極めて優秀なのだが、彼女の場合制御が効かなかった。

触れたそばから自動的に心を読んでしまうので、それを防ぐためにいつも手袋で枷をしているのだ。

過去にこの能力の所為で深く傷つき、今もその影響かやや陰気で大人しい性格をしている。


「今日は何があったの?」

「いつもの事だよモーちゃん。またアイちんが木原……」

「超黙らせてあげます!」


顔を赤くした絹旗が、能力を使って教卓を持ち上げた。

流石にこれはシャレにならないと思ったのか、佐天が両手を上げて降参する。


「ゴメンゴメン。落ち着いてよ、ね?」

「むうぅ」


その光景を見て鉄網は、佐天が絹旗の片思いをからかったと正確に把握し、静かにコックリと頷いた。


「理解した。これからもめげずに頑張ってね絹旗」


それがトドメとなり、絹旗はガックリと項垂れる。
49 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/24(日) 03:07:46.12 ID:yoM+Kufw0

それから5分もしないうちに、絹旗達のクラスの担任が姿を見せた。


「おはよう、みんな出席してるかしらん?」

「……ん、全員居るわね。お姉さん嬉しいわ」


ボタンを3つも外したスーツを着て、豊満な肉体を惜しげもなく見せつける教師。

特に男子生徒からの絶大な人気を誇る彼女は、オリアナ・トムソンと言う。


「じゃあ早速、朝のホームルームね。まず連絡事項が――」


オリアナが話している最中、後ろの席にいる佐天が絹旗にコソコソ耳打ちした。


「そういえば、朝話し忘れたことなんだけど」

「あ。確かに超話の途中でしたね」

「今度学園都市で、『香港赤龍電影カンパニー』が新作映画のロケをするって」

「超マジですか!?」

「ホントホント。この学校の校舎も撮影に使うかもって、張り紙がしてあったよ」

「私としたことが、超チェック漏れです……」


ゴホン。

聞き覚えのある咳払いに2人がハッと気づいた時はもう遅く、満面の笑みを浮かべたオリアナが目の前に立っていた。

そして響き渡る悲鳴、それを楽しそうな歓声が包み込む。

聖トアール学園高等部1年C組の教室は、いつもと同じく平和そのものである。
50 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/24(日) 03:09:01.66 ID:yoM+Kufw0

聖トアール学園。

ミッション系の学校で、幼稚舎から大学院まで存在する学園都市最大のマンモス校だ。

大学部学生会長、垣根帝督を筆頭に超能力者5名が在籍する等、能力開発の分野でもトップの実力を誇る。

もちろん無能力者にも門戸を広く開放しており、学業では高位能力者と同じように扱われるので人気が高い。

佐天のような無能力者と、絹旗のような大能力者が同じクラスなのもこの校風のおかげだった。

学園都市の象徴ともいえるこの学園は、超能力者でさえクラスに混ぜ込んでいる。

無論その危険度を勘案して、学園の設備は極めて頑丈な素材と最高峰の科学技術によって作られた。

ただし、それ以上に抑止力となっているのは“教師の戦闘能力”であるのは疑いようがない。


(うう……オリアナ先生超怖いです)

(アイちんは叩かれても痛くないからいいじゃん! 私なんかタンコブ出来るかと思ったんだから!)

(その代わりに、私は後で超強制労働ですけどね!)


5年前に木原に拾われた絹旗は、彼の勧めで中等部の時にこの学園に編入した。

佐天及び鉄網とは、それ以来の親友である。

ちなみに、垣根と出会ったのはもう少し後――今から2年前だ。

51 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/24(日) 03:10:07.60 ID:yoM+Kufw0

2年前、学園都市は大きな方針転換を実施した。

非道な実験を全て禁止し、チャイルドエラーを手厚く保護するようになったのである。

勿論今までも対外的にはそのスタンスだったのだが、それが真実に変わったのだ。

また、それと同時に暗部も消滅した。

ありとあらゆる学園都市の“闇”が駆逐されたそれは、劇的な変化だった。

命を失った者、奪った者、泣いた者、笑った者、怒った者、絶望した者、救済された者。

それら全てが、静かに消え去った。

この街で暮らす大多数の人間にとっては、知覚すら出来ないその事件。

絹旗はその数少ない例外、事件の関係者である。

木原や垣根、そして第1位やとある無能力者をも巻き込んだその事件について、今はまだ語らないでおく。

現在重要なことはただ1つ。

この街は平和で、静かで、なのにどこか物足りない。

そんな場所になっているという事だ。
52 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/24(日) 03:10:55.21 ID:yoM+Kufw0

そして今。


「2人とも? ちゃんと反省してくれなきゃイヤよ?」

「じゃないとお姉さん、次はもっと刺激的なコトをしちゃうから」


オリアナがそう言い含めるのと同時、壮麗な鐘の音が学び舎を駆け巡った。

1時間目の予鈴である。


「じゃ、ホームルームはおしまいよん」


満足そうに笑って教室を出る担任オリアナ。

コッテリと絞られた絹旗達は、鉄網によしよしと慰められながら1時間目の準備を始めた。

と、その時佐天が素っ頓狂な声を上げる。


「あー!? 資料集忘れた……どうしよう……」

「超間抜けですね。隣のクラスから借りたらどうです? 白井か初春から超借りれるでしょう」

「そだね、ちょっとあたし行ってくるよ」

「……」

「どうしましたか鉄網?」

「絹旗、資料集は?」

「何言ってるんですか、超ここに……アレ?」


ギャー!?と叫び、慌てて隣のクラスへ走る絹旗。

彼女の学校での日常は、大体こんなものである。
53 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/24(日) 03:11:54.93 ID:yoM+Kufw0

放課後になって。

1人居残り掃除を命じられた絹旗は、友人への呪詛を紡ぎながら印刷室を掃除していた。


「超あっさりと見捨ててくれやがりましたね……」

「そこは手伝いを超申し出るところでしょう!」


新作の服が出たとかで、佐天達はセブンスミストへ繰り出すらしい。

当然絹旗も一緒に行こうとしたのだが、校舎を出た瞬間オリアナに捕まってしまったのだ。

10分ほど静かに床を掃いていたのだが、それで限界だった。


「うがあ!……やたらめったらとこの部屋超広いんですよ!」


バシィッとモップを床に叩きつけ、頭を掻き毟る。


「ちょ、ちょっとどうしたのよ、絹旗さん」

「へ?」


いつの間にか、背後には1人の女子生徒が立っていた。


「あれ、御坂じゃないですか……そっちこそ何故ここに?」


レベルファイブの第3位、『超電磁砲』御坂美琴が。
54 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/24(日) 03:12:50.83 ID:yoM+Kufw0

同時刻、聖トアール学園の事務室


職員の1人、芳川桔梗(よしかわききょう)が電話をしていた。

彼女にしては珍しく、困ったような表情をしている。


「今説明した通り、急な欠員が出てしまって……貴方以外に頼めそうな人がいないのよ」

『んなの、俺には関係ねーだろーがよ』

「そこを何とかお願いするわ。人格的な問題はともかく、研究者としては申し分ないもの」

『ケンカ売ってんのか。他ぁ当たれ』

「でも貴方が来たら、きっとあの子は喜ぶわよ」

『……そんな訳あるか。とにかく俺はやらねえ』

「え、木原、待って、待ちなさい!」


だがそのセリフを最後に、電話は切られてしまった。


「どうしましょう……私の人脈って、あまり広くないのだけれど……」


そう悩む芳川の右手には、『高等部職業セミナー講師一覧表』と書かれた書類。

“能力開発研究者”の部分が空欄になっているリストが握られていた。
55 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/24(日) 03:13:37.40 ID:yoM+Kufw0

今日はここでおしまいです

絹旗のクラスメイトを考えるに際し、既存の学校だと絶対に無理が出るのでこうなりました

基本的に、原作の学生はこの“とある学園”に通っていると思ってください

超電磁砲組や暗部組織の構成員なんかもです

そして教師は魔術サイドのメンバーが多く登場します

と言っても、学校生活がメインの話ではないのでそれなりですが

では、おやすみなさい
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中国地方) :2011/04/24(日) 10:22:26.94 ID:WQXjxds90
乙!
鉄網が出てくるSSは珍しいですね……原作通りだとしたら、指大丈夫なんだろうか
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中国地方) [sage]:2011/04/24(日) 10:23:23.61 ID:WQXjxds90
下げ忘れた……ごめん
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/04/24(日) 19:26:34.54 ID:czIu7Aqd0
鉄網とか初めて見た、超期待
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/24(日) 20:02:55.25 ID:bFlUGukSO
木原「〉〉1が俺の事好きすぎてヤバい」

超期待してます!
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/24(日) 20:04:53.39 ID:bFlUGukSO
安価ミスったorz
携帯ェ…

何はともあれ応援してるってことですごめんなさい
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/24(日) 20:39:48.02 ID:b7XsKbNG0
フィアンマも先生だと…

注意は第3の腕パンチか死ぬな
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/25(月) 10:32:12.28 ID:xapeStbJ0
むしろ恋愛よりもこの学校メインで進めて欲しい
佐天さんと絹旗の絡みとか俺得だ
63 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/29(金) 03:42:29.87 ID:xNJzxr5z0

こんばんはー、レスありがとうございます

色々突っ込まれてますが、私は木原くン大好きです

ペットにしたい感じで

では、投下


聖トアール学園の印刷室


右手に大量の書類を抱えたまま、御坂が左手でモップを拾う。

それを受け取った絹旗は、バツが悪そうに「……超すいません」と謝った。


「ココって掃除当番の対象外じゃなかったけ。あ、ひょっとして罰則?」

「そのとおりですよ。拳骨が効かない私だけ、超居残り掃除をすることになって」


悔しそうに歯をギリギリさせる絹旗を、御坂がポンポンと頭を撫でてあやす。


「まあまあ。でもそっかー、私も昔は黒子とプール掃除をさせられたりしてたわ」


どこか懐かしい気持ちを抱いたのか、御坂はそのまま絹旗の掃除を手伝うことにした。
64 :超電磁報最新分ネタバレあり ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/29(金) 03:44:18.57 ID:xNJzxr5z0

モップを流れるように動かしながら、絹旗が問う。


「で、さっきも超聞きましたけど何で御坂が印刷室に来たんです?」

「ちょっとリドヴィア先生と芳川先生に頼まれて、資料をコピーしにね」

「第3位の超有名人が、わざわざそんな雑用をするなんて超変わってます」


そう言われる事を予想していた御坂が、わざとふくれっ面をして反論した。


「困った人を助けるのに、能力のレベルは関係ないじゃない」

「それは……確かに超その通りなんですが」

「でしょ? それに、こう見えて私は暇だったのよ。黒子や食蜂は風紀委員とか派閥の管理とかで忙しいみたいだし」

「そうでしたか。まあ別に貶したわけじゃないですよ。御坂のそういう超お人よしな所は美点だと思ってます」

「ちょっとー、それって褒めてるの?」


そんな感じで喋りながら、御坂は部屋の備品を素早く拭いていく。

2人がかりで取り組んだので、割と早く掃除は完了した。
65 :超電磁砲最新分ネタバレあり ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/29(金) 03:45:10.18 ID:xNJzxr5z0
綺麗になった印刷室を満足そうに見渡すと、絹旗は御坂に頭を下げた。


「おかげで超助かりました。もし良ければ、今度は御坂の仕事を超手伝いましょう」

「ありがと。正直助かるわ」


御坂は嬉しそうに微笑んで、持ってきた書類の一部を絹旗に手渡す。


「えっと……60部ずつコピーをお願いね。それを後で揃えてホチキス止めするんだけど」

「超任せてください」


受け取った書類は、今度開かれる『高等部職業セミナー』の打ち合わせ用資料だった。

高等部生徒の就活対策として、様々な職種の人を講師として招く大規模なセミナーが近々開催される。

絹旗にとっても無関係ではない書類だったので、コピーしながら自然と目が文面を追ってしまう。


(日時、場所、そして講師の一覧……)

(所々抜けがあるのは、まだ超決まっていない部分ですね)

(ふむふむ)


学園都市製の最新型コピー機が、極めて高速かつ静かに稼働した。
66 :超電磁砲最新分ネタバレあり ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/29(金) 03:46:28.61 ID:xNJzxr5z0

コピーを終えて、絹旗が御坂とホチキス止めの作業に取り掛かった頃。

どこか困った様子の芳川が印刷室を訪れた。


「悪いわね、こんなことお願いしちゃって」

「いえいえ。これぐらいお安いご用です」

「ふふ。面と向かって言うのもおかしな話なのだけれど……変人ぞろいの超能力者の中で、キミはずいぶん真っ当に育ったのね」


この学園に通う超能力者は、御坂の他に4人。

垣根、麦野、食蜂、削板。

彼らは悪人と言うわけではないのだが、とにかく扱いづらいことで有名だ。

所持する能力の強大さから見れば無理もない事なのかもしれないが、はっきり言って“変人”と言うのはかなり優しい部類の評価である。

いかに平和な学園都市とはいえ、超能力者で穏当な人間だと見なされているのは第3位の御坂しかいない。

とは言うものの、彼女にも若干素行不良の気はあるのだが。

それでも他の超能力者と比較すれば、笑ってしまうぐらいまともで“いい子”なので教師の受けはいい。

苦笑してお礼を言う御坂。

笑みを返した芳川が、その隣にもう1人生徒がいることにようやく気づいた。
67 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/29(金) 03:47:22.56 ID:xNJzxr5z0

「あら絹旗。キミも手伝ってくれてたのかしら?」

「こんにちは。……私は超オマケ扱いですか」


不服そうに口を尖らす絹旗だが、芳川はそれを無視して話し続ける。


「丁度良かった。実はキミに頼みたいことがあるの」

「?」

「実は今度の職業セミナーで、何人か講師が決まっていない職種があって」

「確かに空欄がありましたね」


コピーをした時に見つけた抜けを思い出して、絹旗は頷いた。


「ええ。その中の1つ、能力開発研究者の講師として木原数多を呼びたいのよ」

「なんだそうなんで……はあ!?」


驚いた絹旗が、ホチキス止めを盛大に失敗した。

歪んで止められた業務用のホチキス芯を、素手でむしり取る。

彼女の顔には、誇大妄想狂を見たかのような呆れが広がっていた。
68 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/29(金) 03:48:10.29 ID:xNJzxr5z0

「だから、キミから木原数多に口添えを――」

「木原が講師とか、超ありえない話ですよ!」


そう言って絹旗は、首を勢いよく横にブンブン振る。


「そうかしら。彼が優秀な研究者であることは間違いないでょう?」

「性格が超問題なんです!」

「木原数多……って、確か絹旗さんの保護者だったわよね?」


他学年の御坂でも、絹旗の保護者である木原の名前ぐらいは知っている。

何しろ“あの”木原数多なのだ。


「確かにイロイロぶっ飛んだ噂は聞いたことあるけど……」

「いいですか御坂、本物は噂より超イカレた人間なんです。アレが講師だなんて、生徒は超トラウマになりますよ」


妙に力強く断言する絹旗に、御坂はコクコクと頷く。

それでも芳川は諦めなかった。
69 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/29(金) 03:49:36.83 ID:xNJzxr5z0

「別に教職に就くわけじゃないのよ。ただの職業セミナーで時間も3日間程度だし」

「3日もあれば、受講者全員を超再起不能にしかねませんが?」

「ならキミも受講して見張ればいいじゃない」

「へ?」

「真面目に想像してごらんなさい。幾ら木原数多でも、教壇に立つとなれば今までとは違った部分を見せてくれるのではないかしら」

「……」


正直な話、どう頑張ってみても罵倒と嘲笑の嵐しか想像出来ない。


(ですが……これは超チャンスでは?)

(木原が講師で私が生徒)

(=今までとは違った関係)

(=それまで気づかなかった私の魅力に木原が超メロメロ)

(=木原から「最愛、好きだ愛してる!」と言われる……!)

(つまり、木原を講師にすれば私は超告白される!)


どう考えてもおかしい方程式が、絹旗の心で完成した。

ここに鉄網や食蜂がいたらツッコんでくれたかもしれないが、生憎この部屋に精神系能力者は居ない。

それこそB級映画でも滅多に見ないようなチープな未来を、絹旗は真面目に夢見てしまう。

元々彼女は、傍目からはそう見えないだけで結構乙女なのだ。
70 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/29(金) 03:50:30.47 ID:xNJzxr5z0

目をキラキラと輝かせた絹旗が、すっくと立ち上がる。

そして芳川に宣言した。


「分かりました。私が木原に超頼んでみましょう!」

「そう? ありがとう、期待しているわ」


まんまと絹旗を上手く乗せた芳川は、頼むわねと言い残して足早に立ち去った。

残された御坂は、絹旗が突如やる気を出した事に驚いてポカンとするだけ。


「じゃあ、超さっさとコレを片づけますよ御坂!」

「う、うん。……頑張ろっか……」


豹変した乙女の心境など分かるはずもなく、御坂はそう言葉少なく同意した。

結局、その後猛然と作業を進めた絹旗の功績もあって、2人は日が沈む前に作業を終了する。
71 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/29(金) 03:51:16.15 ID:xNJzxr5z0

そしてその日の夕食で。

絹旗は、木原に講師の誘いを受けるよう勧めてみたのだが、彼は相手にしなかった。


「アホかテメェは。ガキ共の相手なんか面倒なだけだろーが」

「そもそも能力開発は、子供に対して超やるものじゃないですか」

「開発と講義はまるで別物なんだよクソガキ」


普段ならここで怒る絹旗だが、彼女はぐっと堪えて我慢する。

木原の好む日本酒を持ち出して、お猪口に注ぎながら甘ったるくねだってみた。


「いいじゃないですかやりましょうよーきっと講師も超面白いですよねー木原ねーねー」


それを見て木原は。


「うぜぇ」


ちゃっかり酒は飲んでおきながら、くっ付いてくる絹旗をぽーいと放り投げる。
72 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/29(金) 03:52:10.49 ID:xNJzxr5z0

これには堪忍袋の緒が切れたのか、投げられた絹旗が起き上がって詰め寄った。


「この鬼畜! 可憐な美少女を超ぞんざいに扱うにもほどがあります!」

「どこにいるんだその“可憐な美少女”サマは? 俺の前には、うるさく喚くガキしかいねえ」

「うがぁぁぁ! その目は超節穴ですか!? ここに! こ・こ・に!」

「あ?」

「超美少女、絹旗最愛ちゃんがいるじゃないですか!」

「あー……チェンジで」

「超殺す!!」


心底呆れたような眼差しを向ける木原に、絹旗が完全にブチ切れた。

これでも本心から講師になってほしかったのに、あまりにもこの態度は酷い。

そんな気持ちも有った所為で、“スイッチ”が入ってしまったのだ。


「少しはこっちの話を聞いて欲しいンですがねェ!」

73 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/29(金) 03:53:02.46 ID:xNJzxr5z0

絹旗の両手に、轟!と風が集まる。

より正確に言えば、彼女の制御下にある窒素が集まったのだ。

一方通行の精神性や演算方法の一部を植え付けられたことにより発現した、極めて強力な『窒素装甲』。

ライフルの狙撃を阻み、車すら持ち上げる凶悪なチカラ。

常人なら恐怖で動けなくなるかもしれない、圧倒的な戦闘力である。

しかしそれでも、木原は動じない。


「おお、久しぶりにキレやがったな」


むしろ、かえって余裕を見せてケタケタ笑ってのけた。

何しろ木原にとって、“これ”は最も攻略しやすい相手だからだ。

飛んでくるパンチをヒョイと避けると、彼は――。



ピュウ、と口笛を吹いた。

それだけで劇的な変化が訪れる。


74 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/29(金) 03:53:56.80 ID:xNJzxr5z0

絹旗の周囲にある窒素が、制御不能となって掻き消えた。

木原が吹いたのは、風の攻撃をジャミングする、つまり演算を狂わせる音だ。

窒素を操る演算式は、かつて彼がが開発した一方通行のそれと酷似している。

ましてや、彼女の頭脳は学園都市最高の頭脳に比べると明確に未熟。

あえて特別なツールを用意するまでもなく、無力化することが彼には可能だった。


「手間を掛けさせんな、クソガキ」

「うわわわ」


元に戻った絹旗が逃げるより早く、限りなく薄くなった窒素の膜を突き破って木原の拳骨が直撃。

鉄拳制裁を食らった彼女は、大きなタンコブを作ることになった。





翌日、痛む頭をさすりながら絹旗が起床すると。

テーブルの上に、1枚の紙が置かれていた。

それはセミナー講師の任命届出書だ。

そこにしっかりと署名があるのを見て、絹旗はようやく笑顔になった。

75 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/04/29(金) 03:54:35.29 ID:xNJzxr5z0

今日はこの辺でおしまいです

口笛で干渉とかありえない?

木原くンには無限の可能性がありますから!

では、おやすみなさい
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2011/04/29(金) 03:59:00.34 ID:x1mOwJSPo
乙乙
木原くんだけが解除できる窒素の貞操帯ということですね!

そげ部? あぁさっき木原くんがぶち殺せない現実をたたきつけてたよ
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(栃木県) [sage]:2011/04/29(金) 04:23:42.13 ID:cOxht+mYo

さすが木原くン、あっさりと窒素装甲やぶりやがるww
78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州) [sage]:2011/04/29(金) 04:47:44.08 ID:LJz0g7bAO
ま、木原くンだからなァ
79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga sage]:2011/04/29(金) 15:22:27.19 ID:XUXVzWb20
木原先生か
何割の生徒が無事に教室から帰れるのだろうか
80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage ]:2011/04/29(金) 20:30:42.24 ID:MSgjIPnP0
コレは何と呼ぶべきだろう
神拳じゃあないよな
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2011/04/29(金) 22:08:42.03 ID:ezlK1MjRo
進研
82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/29(金) 22:55:18.98 ID:D/TVDcZf0
地味にここにも食蜂さんでてたな……
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/04/30(土) 11:59:44.99 ID:g9GwfZgc0
どう考えても
「これから皆さんに殺し合いを(ry」
にしか見えない
84 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/05/05(木) 17:30:35.98 ID:oqaGu3ZI0

こんにちはー、レスありがとうございます

では、投下


同日、聖トアール学園高等部1年C組の教室


佐天が教室に来たとき、すでに絹旗は着席していた。

それも、どことなく機嫌が良さそうに口元が緩んでいる。


(昨日は1人で罰掃除だったから、怒ってるかなーって思ってたんだけど)

(……何かイイ事でもあったのかな?)


お詫びと言うか、ご機嫌取り用に買っておいた物をカバンから取り出して近づく佐天。


「ういーっす! おはようアイちん」

「いつも超元気ですね、佐天」

「まあね。それよりさ、今日はいつもより嬉しそうじゃん。どうしたの?」


うりうりー、と頬を指で突っつかれて(と言っても『窒素装甲』で皮膚に触れることは出来ないのだが)、絹旗はさらに表情を柔らかくした。
85 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/05/05(木) 17:31:23.85 ID:oqaGu3ZI0

「佐天には超内緒です。これは絶対教えませんから」

「えー? そう言われるとますます気になるなー」


そう追及されても、絹旗は口を割らない。

彼女がご機嫌な理由は極めて単純である。

教室に来る前、彼女は事務室に寄って、木原のサイン入りの書類を芳川に提出した。

それを受け取った芳川は、彼女に対しこう述べたのだ。


――「驚いたわ。たった1日で木原数多を説得するなんて」

――「やっぱり、あの男はキミの事を大切にしてるのね」


木原が受諾した理由は、「これ以上ガキの我儘に付き合ってられねぇ」という

諦めによるものなのだが、そんな真相は絹旗にとって重要ではない。

他人から“そう見られた”という事実が、彼女にとっては何よりも嬉しいのだ。


「それよりも佐天、その持っている物が超気になるのですが」

「あ。これはアイちんのだよ」

「私の?」

「そうそう。昨日セブンスミストで買ったの。3人お揃いのストラップ」
86 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/05/05(木) 17:32:06.10 ID:oqaGu3ZI0

ストラップを受け取ったまま、ピシリと絹旗が硬直した。

それまで笑っていたのに、徐々に表情が険しいものへと変わっていく。


(コロコロ表情変えて、面白いなあ)


佐天が呑気にしていられたのも、そこまでだった。


「そうでした! よくも昨日は私を超見捨てていきましたね!?」

「しまった、藪蛇っ」


わたわたと逃げる佐天を、絹旗が猛ダッシュで追いかける。


「この薄情者、超覚悟してください!」

「ちょ、あたしだって先生に殴られたのに」

「1人で掃除の方が100倍辛いんです!」

「どんだけ寂しがり屋さん!?」


その後、朝に弱くのんびりと登校してきた鉄網に止められるまで、2人は追いかけっこを繰り広げた。
87 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/05/05(木) 17:33:01.55 ID:oqaGu3ZI0

放課後。

ぞろぞろと教室から生徒が出ていく中、3人はこれからの予定を話し合っている。

ちなみに絹旗はすっかり機嫌を回復し、お揃いのストラップを嬉しそうに携帯に取り付けていた。


「今日はどうしましょうか? 個人的には本屋に超行きたいです」

「私も。今日は雷撃文庫の新刊発売日だから」


そう主張する絹旗と鉄網に、佐天はゴメンと頭を下げる。


「忘れてた……今日あたし、『一七七支部』に行く予定があったんだ」

「ああ、初春達ですか?」


絹旗の確認に、佐天が大きく頷いた。


「そうなの。何かここ3日間、ずーっと仕事に追われてるらしくて。だからちょっと差し入れする約束をね」

「でも何故? 風紀委員が動くような、大きな事件が最近あった?」


鉄網の疑問に、絹旗も首をひねるが答えは見つからない。


「うーん。超思い当りませんが……」

「あたしも詳しい話を聞いたわけじゃないけど、スキルアウト関係らしいんだって」
88 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/05/05(木) 17:33:58.47 ID:oqaGu3ZI0

学園都市には、『武装無能力集団(スキルアウト)』と呼ばれる不良の集まりがある。

主として落ちこぼれである無能力者で構成され、時として集団で能力者を襲ったりと様々な問題を引き起こす。

風紀委員の仕事の1つに、このスキルアウト対策も含まれているのだ。


「そういう事なら、今日は2人で本屋に超行きますか」

「うん」


そう話す2人に、佐天がパン!と両手を合わせて謝罪する。


「ごめんね。じゃあまた明日!」

「はい。初春達に超よろしく」

「バイバイ、佐天」


手袋をはめた左手を小さく振る鉄網。


「あれ? 鉄網、手袋超変えました?」

「昨日セブンスミストで買った。いい感じ」


そんな会話をしながら、2人は学校を出て本屋へと歩いて行った。
89 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/05/05(木) 17:35:01.90 ID:oqaGu3ZI0

同時刻、『風紀委員活動第一七七支部』


※この話では、風紀委員の活動支部は、原作に準拠して校内に存在する設定となります。


風紀委員の白井黒子(しらいくろこ)と、初春飾利(ういはるかざり)の2人は無言だった。

各支部から寄せられる“被害状況”が、想像以上に酷かったからである。

それでも、やがて白井がため息交じりに言葉を発した。


「報告にあるだけで17名。それもレベル3以上の高位能力者ばかりが、この数日間で襲われている。……これは由々しき事態ですの」

「やっぱり、スキルアウトによる能力者狩りなんでしょうか……?」

「それはまだ分かりませんの。被害者の話が真実ならば、なおさらに」


この事件の解決を難しくしているのは、他ならぬ被害者自身の証言だ。

初春も、それを思い出して顔を曇らせる。


「妙ですよね。“能力を奪われた”なんて……」


上層部は、この事件を『能力強奪(インキャパシティト)事件』と命名した。
90 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/05/05(木) 17:35:58.90 ID:oqaGu3ZI0

その手口はすべて同一で、まず突然背後から犯人に体を触れられる。

すると同時に能力の発動が出来なくなるのだ。

それだけでなく、犯人は被害者の所有する能力を自由に扱って攻撃した。

犯人の顔はフードで隠されており、目撃者は誰もいない。

声を聞いた者もいないが、犯人の背格好は小さめで細く、女性または華奢な少年と思われている。


「スキルアウトはほとんどが無能力者。被害者の言うような現象を、引き起こせるとは思えませんの」


事件当初こそスキルアウトによる犯行かと思われていたのだが、無能力者にこんな事は不可能だ。

いや、それどころか――。


「まあ、それは能力者にも同じことですわね。これが事実だとすれば、犯人は複数の能力を使えることになりますもの」


証言通りなら、実現不可能と言われた『多重能力者(デュアルスキル)』こそが犯人になる。

だからこそ、今回の事件の捜査は難航していた。


「……そうでしょうか?」


だが、初春はその考えに疑問を口挟んだ。

91 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/05/05(木) 17:36:48.71 ID:oqaGu3ZI0

興味を引かれた白井が、どういう事ですの?と目で続きを促す。

初春は、やや興奮気味に自分のを考えを主張した。


「白井さんの話で1つ仮説が立てられました。犯人は、きっと1つの能力しか持っていないんですよ」

「? ですが、犯人が実際に様々な能力を使用しているのはすでに明らかですの」

「それはあくまで結果論なんです」


言いながら、初春はパソコンを素早く操作する。


「そもそも、私達の能力は『自分だけの現実(パーソナルリアリティ)』によって決まります」

「ええ」

「犯人の能力は、触れた相手の『自分だけの現実』を自分のモノにするという能力なんじゃないでしょうか?」

「……確かにそれなら能力は1つと言えなくもないですが……それはあまりにチートですの」


そんな能力の持ち主がいたら、間違いなくレベル5に認定されているはずだ。

そう思って白井は否定するが、初春はさらにこう続ける。
92 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/05/05(木) 17:38:18.03 ID:oqaGu3ZI0

「でもこれは、裏を返せば相手がいなければ意味がない能力になります」

「まさか……!?」

「はい。『身体検査(システムスキャン)』で測定出来ない為、無能力者判定されている可能性があるんですよ」


白井は愕然とした。

学園都市の6割が無能力者の判定を受けているのだ。

能力の性質故に、レベル5クラスの人間がその中に紛れ込んだとすれば。


(それを隠れ蓑にして、こんな事件を起こしている!?)


学園都市では、『書庫(バンク)』を使えば大体の事件の犯人を絞り込める。

だが、今回の事件には通用しない。


「……それか、精神系能力者の線も有りますけど」

「なるほど。記憶や思考を読み取る能力者がいる以上、その先を読める人間がいても不思議はありませんの」


と、その時である。


「こんちわー! 差し入れお持ちしましたー!」

「あ、佐天さん!」

「2人とも、難しそうな顔して……どうしたんですか?」


無能力者の佐天が、差し入れを持ってニッコリと近づいた。
93 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/05/05(木) 17:39:20.41 ID:oqaGu3ZI0

そして、本屋では。


「うがー! 映画ガイドが売り切れだなんて、超ついてないです」

「残念だね。私の方は欲しい本を買えた」


目当ての雑誌が売り切れていた所為で、絹旗が地団太を踏む。

対照的に鉄網は、欲しい本を買えた為かどことなく嬉しそうだった。


「うっうっ、こうなれば今日は超とことん探しますよ!」

「うん、いいよ。今日は最後まで付き合うから」

「流石は鉄網ですね。超持つべきものは親友です」

「じゃあ行こう?」


そっと手を差し出す、精神系能力者。

鉄網の手を握ると、絹旗は駆け足で次の店へ向かった。
94 :別人 ◆Q7pSHpMk.k [saga]:2011/05/05(木) 17:39:48.97 ID:oqaGu3ZI0

今日はここで終わりです

楽しい話を書くつもりが、どうしてもシリアスに行くのは何故なんでしょうかね

まあそんなに酷い話にはなりません(予定では)

次は木原くンのターンになります

では、また
95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/05/05(木) 20:23:01.76 ID:4zUFnBJh0
駄目だこの別人……早く何とかしないと……
佐天も鉄網も怪しすぎて笑えない
96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/05/06(金) 06:46:06.48 ID:CUoP+cA90
だから鉄網をこの立ち位置で登場させたのか
面白いな
97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/05/06(金) 12:08:16.42 ID:uekYG79m0
どういう事だ俺の絹旗は大丈夫なのか
98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/05/06(金) 19:35:41.55 ID:vXZmLeQk0
佐天さん悪役にすんなカス
99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州・沖縄) [sage]:2011/05/26(木) 23:55:32.66 ID:u3j1N5VAO
待ってるよー
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2011/06/21(火) 23:26:49.28 ID:T7P7zRlw0
超待ってます
101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/07/22(金) 01:22:14.86 ID:dCf4n89q0
待ってるぜ
77.15 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)