このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

とある魔術の禁書目録 パラレル・ザ・学園都市伝説 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 00:10:30.11 ID:i0u8AT4Z0
これは「とある魔術の禁書目録」のパラレルなお話。うまくできるかは書き溜めしてない俺でもわからない。
一応説明を付けておこうと思う。

・登場人物は全員とあるキャラでオリキャラは出ない。だがキャラ位置がメチャクチャ変わってる。
・2年ほど前の某映画のリメイク。

じゃ書きます
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【ミリマス】P「美奈子が料理を作ってくれなくなった」 @ 2021/05/16(日) 01:06:54.96 ID:B2170q+f0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1621094814/

スヤァ... @ 2021/05/16(日) 00:34:33.65 ID:JEwIU8Az0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1621092873/

勇者「賢者モーン!」賢者「どうしたんだい?勇者くん」 @ 2021/05/15(土) 23:42:06.70 ID:/Ec4vOWpO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1621089726/

まどか「ゲッターロボサーガ!!」 @ 2021/05/15(土) 17:49:58.89 ID:wHbaGeEk0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1621068598/

【神様になった日】阿修羅「調査の日」 @ 2021/05/15(土) 16:32:17.37 ID:hcVFI7qb0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1621063937/

狐娘「妾は老いることも死ぬこともないケモノじゃ」 @ 2021/05/15(土) 02:40:12.05 ID:mXZF2/3A0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1621014011/

探偵「事件当日のアリバイを教えて下さい」男「被害者をブン殴ってました」 @ 2021/05/14(金) 20:05:24.53 ID:SV8FI+m30
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1620990324/

ゲーム製作雑談スレ@GEP @ 2021/05/14(金) 09:58:37.50 ID:OT7ogzFR0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1620953917/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 00:17:41.00 ID:i0u8AT4Z0
ーーー第349学区ーーーーー

杉谷「……グハッ…………」ガタ

火野「ウァァ……」

ヴェント「……フフッ。やはり学園都市の人間も、私の天罰術式には勝てるわけがないわね」

ヴェント「さて、ゆっくり侵略でもしましょうか」

??「待てっ!!そこのイエローシスター!!」

ヴェント「…ん?」

シュッ!!

ヴェント「…あんたは……」



削板「侵略者だな!俺が倒す!!」

ヴェント「『LEVEL5』の削板軍覇…」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 00:32:52.22 ID:i0u8AT4Z0
削板「はぁっ!!!」

ヴェント(…無駄。あのlevel5といえでも、私の天罰術式は破られないわ)

削板「根性ショット!!!」

ヴェント「ふん……!!」

ダン!!ダンダン!!!!


ヴェント「………グハァッ!!!!」バタッ

ヴェント「……な…なぜ、『天罰術式』が…」

削板「お前、前方のヴェントってやつだろ?服と顔ですぐに分かったよ」

削板「お前のその天罰術式っていうのは、美琴の姉御から聞いていたんだ。お前に悪意を向けた人間は倒れるっていう仕組みは、もう勉強済みさ」

削板「学園都市で開発された「ファイアソウル」は、お前の天罰術式の効果を無効化する炎。その熱き炎を取り入れた俺達「level5」に、お前の天罰術式は通用しない!!」

ヴェント「……クッ…!!!」

削板「無能力者の人達を気づ付けた罪は重いぞ!!くらえ!!」



「……すごいショット!!!!」



ヴェント「グハァァ………」

前方のヴェント、遥か空へ消えていった

削板「…さて、戻るか」

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 00:33:28.20 ID:i0u8AT4Z0
削板「はぁっ!!!」

ヴェント(…無駄。あのlevel5といえでも、私の天罰術式は破られないわ)

削板「根性ショット!!!」

ヴェント「ふん……!!」

ダン!!ダンダン!!!!


ヴェント「………グハァッ!!!!」バタッ

ヴェント「……な…なぜ、『天罰術式』が…」

削板「お前、前方のヴェントってやつだろ?服と顔ですぐに分かったよ」

削板「お前のその天罰術式っていうのは、美琴の姉御から聞いていたんだ。お前に悪意を向けた人間は倒れるっていう仕組みは、もう勉強済みさ」

削板「学園都市で開発された「ファイアソウル」は、お前の天罰術式の効果を無効化する炎。その熱き炎を取り入れた俺達「level5」に、お前の天罰術式は通用しない!!」

ヴェント「……クッ…!!!」

削板「無能力者の人達を気づ付けた罪は重いぞ!!くらえ!!」


「……すごいショット!!!!」


ヴェント「グハァァ………」

前方のヴェント、遥か空へ消えていった

削板「…さて、戻るか」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 00:48:09.43 ID:i0u8AT4Z0
ここは学園都市。

30年ほど前に開設した、宇宙の神より与えられた、超能力及び魔術を極めるための学園である。
この学園の存在理由は、世界で事件を起こす魔術師を殲滅する事である。
最初は超能力のみを極め、魔術を使い人々を苦しめる魔術師を倒す学園であったが、15年ほど前に、自分たちも悪い魔術師を倒すため、学園都市に協力したいと言う正義の魔術師の機関が現れ、超能力者と魔術師が手を組んだのである。
以来、この学園都市は、超能力だけでなく、魔術も学ぶ学園となった。
この学園の生徒は、超能力か魔術の特訓カリキュラムを重ね、levelが4以上になると、世界に渡り魔術師を倒す事を任されるようになる。

この学園のベテランが、「level5」。
超能力ないし魔術を極め、いついかなる時、どんな敵でも倒すことのできる力を持ち、尚且つゆるぎない正義の心を持っていると判断されたものが、この「level5」に任命される。
現在「level5」は、10人いる。削板もその一人だ。
そして学園都市の生徒たちも、level5に近づけるよう、日々精進している………
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 01:11:46.79 ID:i0u8AT4Z0
学園都市・闘技場

駒場「フッ!!…はぁぁっ!!!」

海原「おっと!!」シュッ!

駒場「…早いな…相変わらず…」

海原「いやぁ、この前原典をまたもう一冊手に入れてしまいまして〜」

駒場「…お前は…原典の取り入れ過ぎだ……」


テッラ「ねえねえ、君達可愛いですねー今暇かなー?ちょっと僕とお茶でも飲みませんかー?」

初春「えっ」

佐天「いや、私たちはちょっと、今暇ではないといいますか」

テッラ「まあまあ、ゆっくりしましょうよーねえねえ」ハァハァ

??「おい、困ってるじゃねえか。ナンパするにはちょっと老け過ぎに見えるぜ」

テッラ「あ?なんなんですかー?って」

テッラ「」

佐天「あ…」

垣根「お前も学園都市に住む学生っていうなら、ナンパじゃなくて超能力の鍛練でつんどけよ。あぁ、そういやお前は魔術科だったっけ?」

初春「垣根帝督さん…level5の…」

テッラ「しっしっ失礼します!!」ダッ

垣根「ったく、ナンパして女が惚れるような顔付きでもないっつーの。っていいすぎかこりゃ」

佐天「あ、ありがとうございました!垣根さん!!」

垣根「いいよいいよ。ま、性質の悪いナンパにゃ、今度からは面と向かって断れるようにしないとな?」

初春「はっはい!!」

垣根「…それにしてもー」

シャフダ!クラエ!
オット!トラウィスカルパンテクウトリ!!

垣根「いいねいいね。皆がんばってやがる。熱いぜ。」

level5は、やはり学園の超能力者や魔術師のあこがれの存在なのである。
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 01:32:48.23 ID:i0u8AT4Z0
学園都市・中央対策本部

削板「今戻った!やっぱ前方のヴェントだったぜ!!」

アックア「やはりそうだったか。よく戻ってきたな、軍覇」

アックア「最近の侵略者は、どうも2カ月ほど前からかなり急増している」

一方通行「…近々何か起きるのかもしれねェなァ…」

削板「何か…?」

美琴「学園都市の侵略者をはじめ、日本を含めた世界中でも同じよ。どうも前より増えている気がするの」

美琴「ステイルや火織姉さん、原子崩しも今調査に行ってもらっているの」

アックア「これは異常事態だと、我々は判断している。早々に原因を解明しなければならない」

削板「そうだな…level5は10人しかいねぇし、level4だってまだまだ未熟なんだ。」

美琴「……ねぇ…アイツをそろそろ解放したら、って思うんだけど……」

アックア「御坂……」

一方「……何を言ってやがる。まだまだ全っ然早ェんだよ」

削板「んあ?」

??「侵略者の凶悪さは、日を増すごとに着実に上昇してきている」

4人「!!」

アレイスター「一方通行の言うとおりだ。近いうち、私も何か危険なことが起こる気がする」

アックア「総長…相談役も…」

エイワス「油断はするな。お前達も気をつけろ」

アレイスター(……まさかとは思うが……)

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 01:46:28.36 ID:i0u8AT4Z0
学園都市・重罪者監獄前

警備員「あーあ、何で学園都市の警備員なんてなったんだろ」

警備員「別に檻からは絶対出れねえ訳だし、厳重にロックや脳六を使えねえように霊装仕込んでるし、見張り役なんていらねえはずだよなー」

警備員「あーあ、ねみー」

??「それじゃあ、眠らせてあげましょうか?」

警備員「へ?」ジャキッ

バタッ

結標「……ふふっ。刑務所っていうのも、案外侵入は簡単なものね」

結標「さて、と…ターゲットは……いたいた」




<厳重要注意取締・浜面仕上>

結標「一昔前の凶悪な事件を起こした浜面仕上……この私の手で、もう一度世界にその名を馳せさせてあげるわ」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 01:49:48.55 ID:i0u8AT4Z0
眠いからここまでにしよう ここまで誰のコメもないがおもしろくなかったら早々にやめるか
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2011/10/30(日) 06:53:21.35 ID:V3BwUOlAO
元ネタがこの辺まで出てきてるんだが……

面白いからこの調子でファイト
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/10/30(日) 08:02:32.01 ID:Znll7uIV0
>>1

元ネタが全然分からない……

始まったばかりだけど面白いよ頑張れ

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 12:04:46.93 ID:i0u8AT4Z0
結標「これが噂で聞いていた、300重ロック…」

結標「冗談だとは思っていたけど、ここまで厳重だとは思ってもいなかったわ」

結標「物理的な方法では、level5の一人のベクトル変換能力を持つ能力者の力を借りなければ壊せない話だけど……」

シュッ

ガタッ

結標「私の座標移動(ムーブポイント)では、案外簡単に解けるものなのね」

ガタッ…ガタッ…

結標(……いたいた)


浜面「うっ…」

浜面「ぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 12:16:24.00 ID:i0u8AT4Z0
結標「…浜面仕上……まだ無能力者という生徒達が存在していた時期に学園都市を襲った、最低最悪な男」

結標「私の世界を壊滅させるという理想には、なくてはならない要と成り得る存在・・・」

浜面「……ここは……」

結標「大丈夫よ……私は貴方の味方」

結標「これを貴方にあげる」

結標「ーーーーかつて貴方が身に纏っていた、「滅魔神の武装」…その力はlevel5と同格がそれ以上、一品で聖人の5人分の強さに由来し、「天使」すらも倒すことのできる最低最悪な鎧。−−−受け取りなさい」

浜面「……あァa」

ガチャッ・・・キシッガシャッジャキーーーン!!!

浜面「…あぁ…滅魔神の武装…か…懐かしいな…」

結標(ここで浜面仕上を手なずけて…まずは学園都市を完全破壊に持ちこむのが得策ね…フフフh)



浜面「……何十年も身動きとれなくて訛ってるんだ。お前で試させろ」

結標「……!!」




14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 12:38:30.23 ID:i0u8AT4Z0
結標(チッ!)

ヒュン

浜面「…座標移動か…エリートくせえ能力だな」

結標「余計なお世話ね。これでもまだlevel3なのよ?」

浜面「…お前が俺を解放した理由は知らねえが……」

結標(ここはむやみに戦う必要性はない。こいつなら無条件で暴れてくれるでしょうから、私はひとまず退散しましょう)



ヒュn




浜面「運の尽きだったな、姉ちゃん。滅魔神の武装について勉強不足だったか?」

バギッ!!!!

結標、浜面に飛び蹴りを喰らわされ、30m先までぶっ飛ばされる


ナンダ!?
オンナガイキナリムコウカラ…
オイ、シュッケツヤベェゾ!!キュウキュウシャ!!!イソイデ!!!

結標「…か………はぁ………」

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 12:50:11.88 ID:i0u8AT4Z0
浜面「そんなに訛ってねえか」

浜面「ん?この長い槍のような棒、使えそうだな」

浜面仕上は、ナポレオン・ボナパル〇の持っているような槍を手にした

浜面「まさか俺がまた出てこれるとはな…」

浜面「まあいい…ふっ…くっ…ふーーっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁぁぁぁ!!!!」

座標移動を瞬時に瀕死の状態に追い込んだ男は、どこぞのマッドサイエンティストのような高笑いをあげた。

浜面「はっはっはっは……ん?」

ジュン!!!ジャァァン!!!!

たくさんの光線が、浜面の周りを囲むように襲う

浜面「きたか……ハッ!」

光線を再び暴れようとする罪人に放ったのは、

垣根帝督「動くな浜面!…牢獄に戻るんだ」

level5、垣根帝督と、8人のlevel4達。

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 12:57:05.36 ID:i0u8AT4Z0
浜面「…あぁ…見たことがあるな……

準 備 体 操 に は ち ょ う ど 良 さ そ う だ」

垣根「行くぞ!!!はぁぁぁあっ!!!」

レッサー「蹴散らしてあげますよ!!」

マーク「ここで潰す…!」

フロイス「ランシス!ベイロープ!いくよ!!」

暴風雨の様な激闘が始まる。
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 13:11:49.90 ID:i0u8AT4Z0
学園都市・中央対策本部

エイワス「監獄に向かった垣根達からの伝達が届いた。…アレイスター」

アレイスター「……最悪の事態だ」

アックア「300重もののロックを厳重に仕掛けておいたはずだが…破られるとは…」

アレイスター「浜面仕上の狙いは、学園都市の機能の停止と都市内の能力者の能力、魔術師の魔術を一時的に使用不能に陥れてしまう効果の持つ『ターミナル』の破壊だ」

エイワス「…絶対にターミナルを守れ。でないと、世界が滅びてしまう」

一方「……おい。行くぞ!」

削板「おう!!」

美琴「ええ!」

アックア「ふっ!」ジャンプ

level5の4人は、対策本部を立つ。
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 13:33:45.55 ID:i0u8AT4Z0
そのころ。浜面の投獄されていた監獄では。

ランシス「きゃっ…!!」

フロリス「あぁっ!!」

バタッ

空を飛び初陣を任せられたフロリスと、接近戦で戦おうと試みたランシスが、一瞬で浜面の棍棒になぎ倒される。

浜面「…ほらよ」

レッサー「くっ……!!あっ!!」

レッサーも棍棒に叩きつけられ、意識を失い、

御坂妹1「遠距離からの銃撃を開始します、と、ミサカは宣言します」ダッダッダッダッ!!!

御坂妹2「ミサカは上空から電撃を放ちつつ応戦します、と、ミサカ
グガゴッ!!!

妹達の二通りの作戦も、身体能力が尋常じゃなく向上している浜面にはまるで利かなかった。
銃撃を本当の意味で目にもとまらない動きで回避し、上空に跳び電撃を放つlevel4に飛び蹴りを喰らわす。
喰らったミサカは、銃撃していたミサカの上に隕石のように落下し、2人とも戦闘不能の状態となった。

残るlevel4勢は、ベイロープ。8人のうちの3人目のミサカとマーク=スペースは、既に倒されていた。

ベイロープ「槍なら負けない、よ!」

ベイロープが「鋼の手袋」を使い、浜面に勝負を挑む。

だが、

浜面「いいや、俺とお前じゃ正に月とすっぽんさ」

槍と棍棒の対峙などもなく。ベイロープの槍捌きを軽く後退して避けた浜面仕上は、
音速ともいえるほどの速さでベイロープの後ろに回り込み、手にした棍棒で一気にたたきつけた。

ベイロープ「あっ………くっ……かっ……」

その場に覆いかぶさるように倒れるベイロープ。

浜面「はっ!!これがlevel4だと?…真面目にやれ!!」

垣根「そこまでだ!!」

浜面「っ!!」

何かを感知したのか、浜面が眼前の空を棍棒で切る仕草を見せる。彼は、この世に存在しない物質による、透明の光線を感知し、弾き飛ばしたのだ。

垣根「やってくれたな、浜面。テメェだけは絶対に許さねぇ」

浜面「お前は遊べそうだなぁ…!!」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/10/30(日) 13:44:09.63 ID:oh/BgDW+0
誤字が多すぎる
テッラ、佐天、ソギーの一人称が違う
「御坂妹」は1人だけ

SSの知識のみで書いてるの?
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 13:51:10.07 ID:i0u8AT4Z0
浜面が監獄の屋上へ飛び立つ。もちろん、聖人を超えたその脚力で、だ。
垣根も自信の超能力「未元物質」で瞬時に対応する。
先に仕掛けたのは垣根帝督。6枚の翼から斬撃や衝撃の効果を持つ光線を撃ち放つ。
対して浜面仕上は、棍棒でその全てを跳ね返す。
垣根は上空に舞い、一斉に光線を放った。
これは避けることはできない。
だが浜面は、光速とも音速とも区別のつかぬスピードで回避し、少しでも自信に当たりそうな光線は全て棍棒で回避をした。

垣根(…「滅魔神の武装」には光線は効かねえらしいな…あの棍棒にも効果が写っちまった見てぇだし…直接皮膚に当てなきゃ駄目か…)

垣根(あの身体能力にはついていけねえ……だが、俺には未元物質がある)

垣根は未元物質を使い、自身の体の周りに薄く、しかしダイヤモンドの硬度を超える「鎧」を作りだした。
そう、垣根帝督は肉弾戦で浜面に対抗すると言う事だ。

浜面「俺に接近戦で挑むとはなぁ、流石はlevel5ってところかぁ!?」

垣根「さぁて、な!!」

垣根は未元物質で鎧を纏って接近戦で戦うなんて戦法は今の今まで使ったことがなかった。
しかし、その戦いは互角。垣根は細かい戦法で少しずつダメージを与え、浜面の拳や蹴りを受けても、そこまで痛みを感じていない。

垣根「ふっ…!はっ!!」

浜面「…っ!…ちっ!!」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 13:54:27.05 ID:i0u8AT4Z0
>>19 テッラはまぁ一応「学園都市の学生」という設定だから、男で一人称が私というのはちょっと変だと思いませんか?
あとはまぁ、新鮮な気持ちで読んでいただけたら幸いです。パラレルな話なんで。
ちなみにこのlevel5に順位付けとかはありません。
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 14:10:19.68 ID:i0u8AT4Z0
垣根が浜面を追い込む。垣根も殴られたり蹴られたりしてダメージを受けているが、それは浜面も同じだ。
そして垣根の狙い。それは隙を見て、浜面の足に「未元物質」の光線を放ち、怯ませる事。

垣根「…そろそろか…!」

垣根は浜面の動きに幾分かなれた様で、棍棒の振りも素早くかわし、力を溜めて浜面の腹に殴りこむ。

浜面「ぐっ!」

垣根「今だ!くらえ…!」

垣根が光線を放とうとした瞬間、浜面も垣根の思惑に気がついたのか、棍棒で垣根の横腹をたたきつける。

垣根「がはぁっ!!」

とんでもなく痛かった。だが、ここで怯むlevel5ではない。
叩かれたが瞬時に体制を整え、渾身の光線を浜面に放つ。
だが、それでも遅い。
「滅魔神の武装」を纏う浜面は、目にもとまらぬ動きでその光線を回避した。

浜面「さっきの連中に比べりゃ随分俺と対等に戦えるが…まだまだガキだな」

強い。
浜面仕上は投獄されるまではlevel0だったという事を知っていたが、棍棒を持っているだけでここまで強いとは垣根も思わなかった。
それも全て、あの鎧のせいか。
しかし、垣根帝督は逃げはしない。
接近戦から最も得意とする、上空戦に変えるため、再び6枚の翼を創造する。
そこまでして彼を動かすのは、
後輩の生徒達を一瞬にして倒されたことからの、怒りであった。

垣根「……上等じゃねえか。一方通行達が来る前に、倒してやるよ」

再び彼は、空を飛び、重罪を犯した男に勝負を挑む。
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 14:26:41.82 ID:i0u8AT4Z0
一方、学園都市の総合講演広場では、level5の4人と、学園都市内のlevel4が集まっていた。
理由は一つ。浜面仕上が何者かの手により、牢獄から姿を現したことを告げるために、level4達を招集したのだ。

アックア「…現在は垣根が部下を数名連れて向かっている。我々も直ぐに向かうべきである」

一方「浜面がどういう経緯で脱獄できたかはまだわからねェ。近くで女が一人血まみれで倒れていた情報があったから、その女が何か知っているってことも考えられる」

建宮「…その浜面って奴は、どれぐらい危険なのよな?」

美琴「彼自体は無能力者なんだけど、実は一週間ほど前から、あの『滅魔神の武装』が何者かによって窃盗されてしまっているの。だからもしかしたら、盗んだ何者かが装着しているか、あるいは浜面が『滅魔神の武装』を装着している可能性があるの」

アンンジェレネ「め、滅魔神の武装って…じゃあ結構深刻な状況なんですか…?」

黒子「…はっ!!お姉さま!あれは一体なんですの!?」

美琴「え…?」

50mほど前方の上空から、何やら隕石のようなものが飛来してくる
そして、落下。



バーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!

海原「な、なんですか…?」

一方「……!」







垣根「……か…はぁ…すまねぇ……な…」




学園都市level5の垣根帝督が、脱獄したという情報の男に首根っこを掴まれていた。





浜面「帰ってきたぜぇ……!!!」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 14:28:28.61 ID:i0u8AT4Z0
疲れたからここまで。そろそろ元ネタ分かった人もいる気がするなー
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2011/10/30(日) 16:11:31.79 ID:V3BwUOlAO
>>21
別に変じゃないだろ。リアルにだって私って一人称の男はいるぞ。
っつかいっそ学園都市舞台にしてオリキャラでやればいいのに……
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 16:32:55.30 ID:vSCxxLXEo
ひさびさに清々しい程の下手くそSSだ!
期待してる!晒しage
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 16:33:45.68 ID:vSCxxLXEo
ひさびさに清々しい程の下手くそSSだ!
期待してる!晒しage
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 16:34:27.78 ID:vSCxxLXEo
ひさびさに清々しい程のクソSSだ!
期待してる!晒しage
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 17:12:36.86 ID:i0u8AT4Z0
>>25パラレルなんで。でも言われてみればそうかも
>>26->>28興味失せたらもうくんな

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 17:20:47.35 ID:i0u8AT4Z0
アックア「垣根!」

浜面「そらよぉ!!」

垣根「がっ……」

垣根がその辺に投げ飛ばされてしまう。

浜面「……ふんっ!!」

浜面が学園都市生徒に挑みかかる。

建宮「いくぞ!!」

天草式十字凄教「はい!!」

アニェーゼ「いきますよ!!」

アニェーゼ部隊「はっ!!」

黄泉川「全員総出動じゃん!!」

アンチスキル「了解!!」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/10/30(日) 17:29:54.12 ID:oh/BgDW+0
もう少し大人になるべきだと思う
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 17:40:36.73 ID:i0u8AT4Z0
途中だけど浜面がこんな強いのをどうも想像できない方もいると思うから、浜面とか他のキャラのスペックを書いときます

性格 凶暴 優しくはない 全盛期の一方通行くらい

強さ level0だが「滅魔神の武装」を纏っているのでめちゃくちゃ強い。level5〜6くらい?聖人の約5人分ほど
滅魔神の武装(めつましんのぶそう)…
・筋力が通常の4倍になる。
・走力、パンチスピード、キックスピードなどが通常の3倍になる
・天使と互角以上に戦える


一方通行 原作より冷静 中二病ではない 悪党じゃなくて正義のlevel5

美琴 性格は禁書の美琴より超電磁砲の美琴寄り。つまり冷静。

垣督 もちろん正義のlevel5。クールな性格だが男女問わず人気がある

削板 原作よりもうちょいまとも?そこまで根性根性うるさくない



33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 17:53:56.52 ID:i0u8AT4Z0
五和「はぁっ!」

浜面「ふっ!!」

五和「きゃっ!!」

建宮「五和!くっ!!」

天草式十字凄教「うおおおーーー!!!」

浜面「お前たちは邪魔だ!!」

天草式十字凄教「うわぁぁあっ!!」

建宮「ぐはっ…」

黒子「そこまでですの!!」テレポートで金属矢を数本放つ

海原(くらえ…!) 海原はトラウィスカルパンテクウトリの槍を撃つ

だが、浜面はテレポートの針を鎧でガードし、天空からの光の攻撃も素早く避け、白井の元へダッシュする。

黒子「くっ!!」テレポート

浜面「後ろだろう!!見えているぞ!!」

バギッ

黒子「うぅ…かはぁっ!!」

浜面「お前も目障りだ!!」

ダァン!!!

海原が蹴り飛ばされる


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 18:19:52.84 ID:i0u8AT4Z0
ルチア「なんとしてでも!浜面仕上を抹[ピーーー]るのです!」

アンジェレネ「はっはい!」

アニェーゼ「遠距離から!遠距離から魔術で攻撃をしやがってください!!」

ルチアは車輪を散布させ、アンンジェレネは硬貨袋で狙いを定め、アニェーゼは蓮の杖を浜面に向ける。

だが、浜面はそれ如きではひるまなかった。
彼は次々と盾になっていくアニェーゼ部隊を退け、アニェーゼのその小さな体に回し蹴りを放った。
蓮の杖がアニェーゼの手から離れる。

アンジェレネ「シ…」

ルチア「シスター・アニェーゼ!!くっ!貴様!!」

車輪の破片と硬貨の積まれた袋が、大気から一つの的へ集中して襲いかかる。
だが浜面は、両手に持ちかまえた長き棍棒を風車のように早く鋭く回し、破片と硬貨袋を地に落とす。
そしてあろうことか、アニェーゼの蓮の杖を拾い、その効果でルチアとアンジェレネを襲った。

アンジェレネ「きゃぁっ!」

ルチア「く…あぁぁっ!!」

浜面「そんな小手先の魔術じゃ、つまらないぜ!?もっとでかいのをかましてみろよ、オイ!!」

と、そこに。

この乱闘にはあまりにも不釣り合いな、
兎のぬいぐるみが投げ込まれた。

浜面「…あぁ?」

瞬間。
場違いなぬいぐるみが爆発を起こす。


フレンダ「おっどっろいたーん?」

半蔵「派手にやってくれたじゃねえか」

駒場「…俺達が…相手だ…」
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2011/10/30(日) 21:55:59.71 ID:C2qwcilT0
これはひどいwww
キャラ違うってそれもうオリキャラじゃんwww
パラレル(笑)ってついてりゃ何でもありかよwww
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/10/31(月) 00:43:49.86 ID:69PeYv6K0
不人気だからやめるわ 多分もう来ねえよ忙しいし 
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2011/10/31(月) 09:42:45.49 ID:dQFZsDIAO
依頼だしとけよカス
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/10/31(月) 11:09:26.10 ID:RF2QTyUIO
にじファンあたりでやればよかったかもね
あそこならここまで叩かれなかったのに
俺はそこまで嫌いじゃないけど書かないならここで依頼出しとけな
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1319808816/
24.72 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)