このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

男「アイドルの巴マミと同じクラスなんだけど…」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/19(土) 21:43:09.88 ID:T9HAnYO40
http://logsoku.com/thread/hayabusa.2ch.net/news4vip/1336010458/
http://logsoku.com/thread/hayabusa.2ch.net/news4vip/1336271814/
http://logsoku.com/thread/hayabusa.2ch.net/news4vip/1336881641/
http://logsoku.com/thread/hayabusa.2ch.net/news4vip/1337260257/
の続き

ルール
・選択肢のある安価を選択肢以外で踏んだ場合基本下
・QBは見えないし触れない

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1337431389(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

テスト @ 2018/11/14(水) 21:15:26.07 ID:+BYKaVSX0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aneken/1542197725/

冷泉麻子「そど子卒業に際して」 @ 2018/11/14(水) 19:05:49.00 ID:Nn2yIfhz0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542189948/

【デレマス】智絵里「奈緒ちゃんたちとの秋の一幕」 @ 2018/11/14(水) 17:27:04.84 ID:NzZ+Gdqd0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542184023/

testスレ @ 2018/11/14(水) 13:32:41.79 ID:cRHlYvPxO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542169961/

testスレ @ 2018/11/14(水) 13:14:56.60 ID:N7HN5TprO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542168896/

testスレ @ 2018/11/14(水) 13:14:24.13 ID:ETeo3ZXeo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542168863/

うららハウス 【19軒目】 @ 2018/11/14(水) 05:19:24.43 ID:u4mZHChF0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1542140363/

唐澤貴洋「当職と心ある15人の弁護士たち」 @ 2018/11/13(火) 23:53:36.98 ID:uviXQjDcO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542120816/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/19(土) 21:44:09.26 ID:T9HAnYO40
男「ほら、俺ってかっこいいよね?」

マミ「えっ?」

男「だからさぁ……アイドルとかモデルとかとしてもやっていけるんじゃないかと思ったワケ」

マミ「え、えーと……そう、かしらね……?」

男「そこで巴さんに白羽の矢が立ったわけよ。一つスカウトさんに口利きしてやってよ!」

マミ「う、うーん……私からそういうのはちょっと、難しいんじゃないかしらね、多分……」

男「え?なんでだよ!事務所としても俺みたいなイケメンが入ってくれたら助かるはずだろ?いいから紹介してよ!」

マミ「あ、男君!先生が来たわよ、ほら!」

先生「はよーっす。朝会始めるぞー」

男「ちっ……まあいいや。ちゃんと考えておいてよ!」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/19(土) 21:52:24.94 ID:T9HAnYO40
男「マミさんでもアイドルになれたんだ。俺ならきっとトップスターになれるに違いない」

男「それにしても退屈な授業だ。こんなときは……」

男「自分に秘められた真の能力が覚醒する妄想でもしよう」

男「俺の真のチカラ……それは>>4だ」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/19(土) 21:53:15.16 ID:R/lu6+TVo
ゴミを木に変える
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/19(土) 22:06:48.35 ID:T9HAnYO40
男「俺の真のチカラはゴミを木に変える能力だ!」

男「存在自体がエコな俺にピッタリの能力だな」

男「早速試しに使ってみよう。何か手ごろな物は……」

男「お、外を杏子ちゃんが歩いているぞ。彼女は自分だけでなく、まだ物事の判断を自分で出来ないゆまちゃんまでも住所不定生活に巻き込む人間のクズだ」

男「だから、きっと俺の能力の対象になるに違いない」

男「よし、手を振って能力の射程範囲内に来てもらおう」

男「おーい!杏子ちゃーーーーん!!!」

マミ「ぶっ!え、さ、佐倉さん?」

男「おーい!おーーーい!!!」

先生「男!貴様何をやっとるんだ!!」

男「あ、やべ。授業中だったの忘れてた……」

男「いや、地球のために人間のクズを始末しようと思って……」

先生「人間のクズはお前だろ……授業中に騒ぐなカスが!」

男「すんません……」

男(杏子ちゃんのせいで怒られてしまった……しかも当人は俺の事を無視してどっか行ってるし……やはり彼女はクズだな)
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/05/19(土) 22:09:55.90 ID:p2S0/ffyo
今までのスレ見てないけど、男はゴミキャラなのか
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/19(土) 22:21:46.23 ID:T9HAnYO40
男「昼休みになったぞ」

男「よし、鹿目さんの事について聞くため、マミさんをお昼に誘おう」

男「巴さん。お昼一緒に食べようよ」

マミ「あ、うん……鹿目さんたちも一緒なの?」

男「いや、二人がいい。朝言ってた相談があるから」

マミ「あれは、えっと……うん、わかった。行きましょう?」

男「よし、屋上は鹿目さんたちがいる可能性があるから中庭に行こう」



マミ「でね、男君。男君が芸能界に興味があるのはわかったけれど……そういうのはやっぱり、自分でスカウトの人の目に留まる努力をしてみるべきじゃないかしら?」

男「?」

マミ「芸能界は厳しい世界よ。誰かにチャンスを与えられるより、自分の実力でチャンスを掴み取った方が自信を得ることが出来るし、後々の勝負どころでそういうのが……」

男「何の話してんの?鹿目さんってどういう子かと思って相談してるんだけど」

マミ「……」

男「あのさ、鹿目さんって……」

男(どんな質問をしよう)

↓1
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/19(土) 22:25:36.40 ID:R/lu6+TVo
趣味とかなに?
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/19(土) 22:42:34.61 ID:T9HAnYO40
男「どんな趣味持ってるのか、とかわかる?」

マミ「趣味ね。うーん、実はこれといって聞いたことがないんだけど……」

マミ「そうね、彼女は園芸部に所属していて、自宅でも彼女のお父さんが野菜を育てているなんて話を聞いたことがあるわ」

マミ「少なくとも興味がある、と見て間違いないんじゃないかしら?」

男「ふーん」

マミ「後は……以前CD屋に一緒に行った時、演歌のコーナーを真っ先に見ていたわ」

マミ「きっと好きなのね。今度カラオケに誘ってみようかしら?」

男「推測ばっかりだな……もっとちゃんと後輩と向き合って話したほうがいいんじゃない?」

マミ「う……」

男「巴さんって自分のことばっかり話して相手の話とか聞かないタイプ?」

マミ「な、何よ!知り合ってまだ間もないから、ちょっとそういう話をする機会がなかっただけよ!」

男「まあ、わかったよ……植物と演歌だな。助かる。やっぱり巴さんは頼りになるな」

マミ「え……あ、うん……」

男「また何かあったら次も頼らせてもらうからな」

マミ「う、うん……」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/19(土) 22:43:27.87 ID:WHBmSlKIO
おー来たか!
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/19(土) 22:45:22.46 ID:T9HAnYO40
男「さて、午後の授業も終わって放課後になったぞ」

男「どうしよう」

↓1
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/19(土) 22:51:51.56 ID:WHBmSlKIO
裏サイトの件でさやかを問い詰める
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/19(土) 23:04:30.43 ID:T9HAnYO40
男「美樹さんに裏サイトの件を問い詰めよう」

男「俺が何をしたっていうんだ。あんな風に休日にまで粘着されちゃたまらん」

男「2年の教室に行くぞ」



男「たのもう」ガラッ

まどか「あ……」

さやか「げっ、男先輩……」

ほむら「……」

男「鹿目さん、土曜日は付き合ってくれてありがとう。家族との食事は楽しかった?」

まどか「は、はい……」

男(鹿目さんは顔を赤らめ、目をそらしながら返事をした)

さやか「ちょ、土曜日って……二人は既に休みの日にデートする仲なのかー!?」

まどか「や、やめてよさやかちゃん!そんな大声で!」

男「いや、ちょっとした成り行きだよ。割とすぐに解散したし」

男「それより美樹さんに話があるんだけど……」

さやか「あ、あたし?」

男「うん。放課後時間取れる?」

さやか「まあ、いいけど……まどかも来るよね?」

まどか「え?えっと……わたしが居てもいい話なんですか?それにほむらちゃんも一緒に帰る約束してたんですけど……」

男「そうだな……」

↓1
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/19(土) 23:10:43.54 ID:9Lyx84zIO
構わない
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/19(土) 23:29:24.34 ID:T9HAnYO40
男「いいよ、別に。暁美さんもまっすぐ帰りたいわけじゃないなら一緒に来ない?」

ほむら「……お邪魔するわ」

男「じゃあどこかのお店で話そうか。お店の希望とかある?」

まどか「あの……あんまり高いところは、ちょっと……」

さやか「あたしたちがいつも使ってるハンバーガーのお店がいいかな」

ほむら「どこでもいいわ」

男「よし、じゃあ美樹さんの案で」



さやか「それで話って何なの?」

男(白々しいな……大方予想はついているんだろう?美樹さやか……!)

男「うん。学校の裏サイトの件なんだけど」

ほむら「ぶっ」

まどか「ほむらちゃん!?だ、大丈夫?はい、紙ナプキン」

ほむら「あ、ありがとう、まどか……」

さやか「裏サイト?」

男「そう。よく聞かない?有志が設立し、生徒が利用する学校内の話題限定の自由な掲示板」

さやか「あー、なんか聞いたことある。個人への陰口とか、そういうことが多く書かれてるんでしょ?」

男「まあ、そんな感じかな。で、そのウチの学校の裏サイトがこれなんだけど」

男(俺はスマホを美樹さんに差し出した)

さやか「えっ、ウチにもあったの!?どれどれ」

さやか「ぷっ、何これ!『3年○組の男がAKBのセンターだったときの画像ください』だって」

さやか「えーと、画像は……あははははははは!きもっ!首から下はアイドルなのに顔だけ男先輩じゃん!」

男「……」

ほむら「……」

まどか「さやかちゃん、笑っちゃ悪いよぉ、……てぃひひひ……」

さやか「あー、ごめんごめん。それで、この画像がどうしたの?」

男「とぼけるなよ……」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/19(土) 23:44:08.28 ID:T9HAnYO40
さやか「えっ?」

男「美樹さんなんだろ……?この画像……いや、これだけじゃない、他にもいっぱいある俺のコラ画像作ったの……」

ほむら「……」

さやか「えっ?えっ?」

まどか「そ……そうなの?さやかちゃん……」

男「酷いよ、美樹さん……そりゃ確かに俺はいい先輩とは言えないかもしれないけどさぁ……」

男「何もこんな、人を勝手に笑いものにするようなやり方で復讐するなんて……」

さやか「ちょ、ちょっと待ってよ!あたしじゃない!このサイト今初めて知ったし、こんな画像なんて作り方知らないし!」

男「俺、昨日悔しくて眠れなかった。こんな風に悪意を向けられる人間である自分が情けなくって……」

まどか「男さん……」

さやか「い、いや、マジであたし知らないから!あーもう、誰だよこんなの作った奴は!」

ほむら「……」

まどか「そうだよね……うん、きっとさやかちゃんはやってませんよ、男さん。さやかちゃんなら文句があるならきっと直接言いにいきますから」

さやか「まどかー!さすがはあたしの嫁だー!」

まどか「うぇひひ……」

男「本当にやってない……?」

さやか「やってないやってない!あーもう、なんか腹立つなあ!ホント誰がやったんだよ!」

まどか「そうだよね……最初は笑っちゃったけど、ちょっと酷いですよね。ごめんなさい男さん……」

男「……」

↓1
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/19(土) 23:46:22.31 ID:R/lu6+TVo
こっちこそ美樹さんを疑ってごめん
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 00:05:09.50 ID:1mDZ20Pa0
男「そうか……美樹さんじゃなかったんだな。よかった……」

男「あ、ご、ゴメン!疑ったりしちゃって!本当に申し訳ない!」

さやか「いーっていーって!先輩も追い詰められてたんでしょ?わかってくれたらそれでいいから!」

男「美樹さん……!ありがとう!こんな不甲斐ない先輩を許してくれるなんて、君はなんていい奴なんだ!」

まどか「うぇひひ……さやかちゃんはわたしの自慢の友達なんです」

さやか「いやー、照れますなー!それにしても許せないのはこんなコラ画像を作った奴だよ。隠れてコソコソとこんな事して、なんて卑怯な奴なんだろ!」

まどか「うん……ちょっと許せないかも……」

男「きっとひねくれた根性のクズ野郎に違いないな。知らずにこんな奴と友達になってしまったらと思うと恐ろしい……」

さやか「確かに……どこの誰だかわからないから、知らずに話してる可能性だってあるんだよね」

まどか「うー、怖いなぁ……」

男「俺の顔見知りである可能性が高いんだよな……鹿目さん達はこんなことする奴と友達になんてなっちゃ駄目だぞ?」

まどか「あ、はい!うぇひひ、大丈夫ですよ。わたしのお友達はみんないい人達ばかりですから。こんなこと絶対にしません!」

ほむら「……」

男「普通に生活していて人知れず恨みを買うことだってあるんだから、次の被害者が自分じゃない保障だってない。みんな気をつけようぜ!暁美さんもな!」

ほむら「!!」ビクッ

ほむら「そ、そうね。特にまどかはかわいいから逆恨みを買う可能性が高いわ」

まどか「もー、ほむらちゃんたら!」

男(その後、俺達は雑談を楽しんだ)
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 00:06:57.20 ID:1mDZ20Pa0
ここまでにします

今日の昼前にまた来るかも
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/05/20(日) 01:34:05.66 ID:OSQt7R4Ko
立ってたか、乙
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山口県) [sage]:2012/05/20(日) 01:44:35.25 ID:xt4/049po
なんだろう男が普通になっている・・・
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/05/20(日) 03:54:57.89 ID:rNXNR5dAO
まどかの前でだけはまともだからな
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/05/20(日) 05:17:47.08 ID:rNXNR5dAO
というか自分もさやかコラ作りまくっておいてのこの態度なんだよな
24 : [sage]:2012/05/20(日) 09:37:42.76 ID:1mDZ20Pa0
昼は用事出来たので無しでまた夜に来ます
っていちいち言わなくてもいいのかな?
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/05/20(日) 09:53:34.59 ID:xEZMnTiHo
言ってくれた方が嬉しい
26 : :2012/05/20(日) 18:27:37.38 ID:1mDZ20Pa0
まどか「それじゃ、ほむらちゃんまた明日ね」

ほむら「ええ、また明日」


さやか「じゃ、あたしこっちだから」

まどか「うん、バイバイ。また明日」

さやか「先輩もまた明日〜」

男「おう」


男(鹿目さんと二人になったぞ)

まどか「……」テクテク

男「……」テクテク

男(土曜日の別れ際のことがあったせいか鹿目さんは何も話さない)

男(よし、ここは先輩としてナイスな話題を提供してやろう)

男(そうだな……>>27の話なんていいんじゃないか?)
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 18:39:32.79 ID:MIaPFt1Fo
マミさん
28 : :2012/05/20(日) 18:41:59.28 ID:1mDZ20Pa0
男(やはり無難に共通の知人の話がいいだろう。マミさんの話をしよう)

男「巴さんってさあ……>>29だよね」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/05/20(日) 18:43:28.58 ID:rNXNR5dAO
肥満
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/05/20(日) 18:43:46.85 ID:xEZMnTiHo
(アカン)
31 : :2012/05/20(日) 19:02:15.75 ID:1mDZ20Pa0
男「巴さんってさあ……かなり太ってるよね」

まどか「えっ!?そ、そうでしょうか?わたしはそう思ったことはありませんけど……」

男「うん、よく見てみなよ。前からちょっとぽっちゃり気味だったけど、アイドル始めてから更に肥満の傾向が強くなってるから」

まどか「う、うーん、そうなのかなぁ……?」

男「だって考えてもみなよ。来るかどうかもわからない後輩や俺のために、常にケーキみたいな生のお菓子を用意してくれてるんだぞ」

男「お客に出さなかったお菓子は自分で全部食べてるに違いない。そんな生活をしていたら太ってしまうのは当然だろ」

まどか「え?クラスのお友達とかを誘ってるんじゃないんですか?」

男「巴さんにそんなのいるわけないじゃないか……」

まどか「え……でもマミさんアイドルだし、クラスでも人気者なんじゃ……」

男「鹿目さん……友達作るのって実はすごく難しいことなんだぞ」

男「巴さんがアイドルになったくらいで友達が出来るわけないじゃないか……彼女はいつもロンリーだぞ……」

まどか「そ、そうなんですか……?」

男「とにかく、巴さんはお菓子の食べすぎでブクブク太ってしまった。これは変えようのない事実だ」

まどか「うーん、そう言われるとそう見えるような……」

男「だろ?まあそこが俺好みなんだけどね」

まどか「えっ?」

男(しまった、つい本音が出てしまったぞ。なんとかごまかさないと……)
32 : :2012/05/20(日) 19:03:54.05 ID:1mDZ20Pa0
男(俺は鹿目さんに一目ぼれしたという設定になっていたはずだ。このままでは軽い男に見られてしまうぞ。どうやってごまかそう?)

>>34
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 19:06:14.15 ID:MIaPFt1Fo
まあ鹿目さんの方がもっと好みだけど
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 19:06:28.18 ID:DML/8+zfo
巴さんに対する鹿目さんの優しさが、とごまかす
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 19:26:50.79 ID:1mDZ20Pa0
まどか「えっ、と……男さん……」

男「ん?」

まどか「その……マミさんみたいな感じの人が好きってことですか?」

男「???」

まどか「今、自分好みって……」

男「あ、あーーー。いや、今のはそういうことじゃなくてね!」

男「巴さんじゃなくて、巴さんの事をかばおうとする鹿目さんの優しいところが俺は好きだって言ったんだよ」

まどか「!! す、好きって、あの、そんな!」

男「いや、ごめんね!俺は相変わらず鹿目さん一筋だよ!」

まどか「あう、あう……」

男「というか巴さんみたいな相撲少女は全然好みじゃないっていうか、豚は屠殺場に行けって感じなんだ!」

まどか「///」

男(鹿目さんは顔を真っ赤にして俯いたままだ。俺の言った事は途中から聞こえてないみたいだぞ)

男(なんて脇の甘い子なんだ……最後に好きって言ったらなんでも無かった事にしてくれるのか?)

男(もしかしてこの子、DV男に引っかかる典型なんじゃないか……?)

男(俺はそんな鹿目さんに対して……)

1.しっかりさせないと駄目だと思った
2.守ってあげないと駄目だと思った
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/05/20(日) 19:27:52.24 ID:xEZMnTiHo
1
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 19:27:58.60 ID:MIaPFt1Fo
2
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 19:28:44.35 ID:DML/8+zfo
1
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) :2012/05/20(日) 19:32:39.15 ID:nwVvM1Q1o
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 19:41:22.39 ID:1mDZ20Pa0
男「はは、鹿目さんはちょろいなあ」

まどか「え、ちょろ……?」

男「うん、鹿目さんって何かあったらすぐ恥ずかしがって俯いちゃうだろ?」

男「俺、それが可愛いと思うし面白くてさ!ついさっきみたいな意地悪言っちゃたよ。ぐへへ!」

まどか「あ……も、もしかしてからかわれてたり……?」

男「そういうことだね」

まどか「えー……ひ、酷いよ男さん。そんなのってずるいよ……」

男「いや、だって鹿目さんが顔真っ赤にして恥ずかしがるのすごく可愛いし。オトコはみんな女の子が恥じらう姿が大好物でそれを見るためならなんでもするんだ」

まどか「うー……いいです、そんなこというなら、今後はそんな所見せないように気をつけますから!」

男「ははは」
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 19:44:48.80 ID:1mDZ20Pa0
しまった、安価先書いてなかった
>>35は↓1のつもりだったのでそう進めました。すみません
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 19:54:20.53 ID:DML/8+zfo
ドンマイ気にすんな
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 19:54:31.94 ID:1mDZ20Pa0
男「お、あそこにエイミーがいるぞ」

まどか「あ、ほんとだ。おいでエイミー」

男「俺、今は何も餌持ってないぞ。鹿目さん持ってるの?」

まどか「え……?餌なんて無くても呼べば来ますよ?」

男「そ、そうなのか……畜生なんて見返りが無ければ人間に寄ってくるわけないと思ってた」

まどか「畜生って……てぃひひひ、おかしな言い方」

男「ん?こいつ怪我してるぞ」

まどか「え!あ、ほんとだ……」

男「自転車か何かにぶつかったか。どうする?」

まどか「うーん、手当てしてあげたいけど……どうぶつに怪我の手当てなんてしたことがないので……」

男「救急用具も無いしな」

まどか「うー……」

男「ネットで調べながら手当てすればいいんじゃないか?」

まどか「あ、そうですね」

男「じゃあ……」

1.俺の家に行こうか
2.鹿目さんの家に行こうか

↓2
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/05/20(日) 19:55:39.16 ID:xEZMnTiHo
2

ゴトゥーザ様にシメられるのが見てみたい
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/20(日) 19:55:45.71 ID:1fnYfUif0
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 20:05:18.73 ID:1mDZ20Pa0
男「鹿目さんの家に行けば手当て出来るかな?」

まどか「はい、多分。出来ると思います」

男「そっか、じゃあ頑張ってね」

まどか「えっ……」

男「また明日」

まどか「え、あ、あの……」

男「ん?」

まどか「えと、その……」

男「???」

まどか「つ、ついて……」

男「頑張って!あとちょっと!」

まどか「きて、もらえたら……って、あ……。もしかして、わたし、またからかわれてます……?」

男「うん」

まどか「ううー……」

男「エイミーは鹿目さんが抱きかかえて運んであげて。鞄は俺が持つから」

まどか「は、はい……」


男(鹿目さんの鞄を受け取った。まだ鹿目さんのぬくもりが残っているぞ。俺はこの鞄を……)

↓2
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/05/20(日) 20:05:55.72 ID:xEZMnTiHo
アフリカ人の如く頭にのせて、腰をくねらせながら歩く
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) :2012/05/20(日) 20:06:07.73 ID:nwVvM1Q1o
服の中に抱きかかえて運ぶ
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 20:25:49.38 ID:1mDZ20Pa0
男「はぁ……はぁ……」

男(俺はエイミーを抱きかかえて歩く鹿目さんの後ろで、制服の前ボタンを外した)

男(インナーの裾から鹿目さんの鞄を潜り込ませ、鹿目さんを抱いた気分になりながら道を行く)

男(この鞄の取っ手を……俺の乳首にこすり合わせて、と……)

まどか(妄想)『くりくり。てぃひひ、男さん、男の子なのにわたしに乳首いじられて感じるなんてとんだ変態さんだね』

男「はぉぉっ」

まどか「そういえば男さん、わたしの家に行くのは初めてですよね」

まどか「多分パパがいると思うんですけど、気にしないでくださいね」

男(いかん、おかしな声を出しては鹿目さんに変態行為がバレてしまう。自重しないとな)

男(よし、それならば……鹿目さんの鞄の取っ手が鹿目さんの手とするならば)

男(鹿目さんの鞄の留め具は鹿目さんの性器といえるんじゃないか?)

男(そして、鹿目さんの鞄の留め具が鹿目さんの性器とするならば……)

男(俺の鞄の留め具は……俺の陰茎……?)

男(……)

1.そんな馬鹿な
2.性器の大発見をしてしまった

↓2
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 20:27:23.13 ID:pQ9qWBm20
今更だけど、キチガイすぎるwwwwwwwwwwwwww
安価↓
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 20:27:54.59 ID:MIaPFt1Fo
1
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 20:35:43.97 ID:DML/8+zfo
今日もすがすがしいくらい変態だな
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/20(日) 20:37:48.81 ID:nwVvM1Q1o
男が変態なのだけはブレないな
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 20:38:45.76 ID:1mDZ20Pa0
男(そんな馬鹿な。留め具は留め具だ……そんなこじつけで興奮するのはVIPPERくらいのものだろう)

男(急激に冷めた俺は鞄を服から取り出し、鹿目さんの鞄の取っ手を股間に擦り付けてから服のボタンを止め直した)

まどか「着きましたよ。ここがわたしの家です」

男「おー、立派な家だね!」

男(もうこんな近くまで来てたのか。更なる変態行為に及んでいたらどうなっていたことか……)

まどか「えっと、パパに家の中で手当てをしてもいいか聞いてきますね」

男「ああ、じゃあ俺はここで猫の手当ての仕方をスマホで検索してるよ」

まどか「よろしくお願いします!」タタタッ

まどか「ただいまー」ガチャ

男「さて、検索検索……」

男「……」ペチペチ

「うん?君は……」

男「!?」

男(眼鏡をかけたいかにも変態っぽいオッサンが庭から出没した!)

男(どうする……!?)

↓2
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/20(日) 20:42:58.08 ID:b3Eg+hk20
一目惚れする
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 20:43:12.25 ID:pQ9qWBm20
とりあえず様子を見る。
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 20:48:38.71 ID:1mDZ20Pa0
男(こいつ……コソ泥か何かか?いや、このいかにもいやらしそうな顔だ。女が近づいたらそれだけで妊娠して姉と弟が出来るくらいのエロスを感じる)

男(ここは様子を見よう。下手に刺激して鹿目さんが妊娠させられたら大変だからな)

「えっと……まどかの友達かい?」

男「……>>60

58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/20(日) 20:54:41.36 ID:1fnYfUif0
心友です
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/20(日) 20:55:30.98 ID:b3Eg+hk20
セフレです
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 20:55:54.47 ID:pQ9qWBm20
自分はまどかさんの友達の男と申します(とりあえずこれでさらに様子を見よう)
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 20:56:48.38 ID:pQ9qWBm20
やべぇ。彼氏の、にしておくべきだったか?
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 21:00:10.47 ID:1mDZ20Pa0
男「……自分は男といいます。まどかさんの友人です」

「ああ、やっぱりそうなのかい?ごめんね、まどかが男の子を家に連れてくるなんてこと、今まで無かったから」

男(……そうか、今の言葉でわかったぞ)

男「そういう貴方は……>>63ですね?」
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) :2012/05/20(日) 21:00:24.76 ID:nwVvM1Q1o
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 21:08:13.58 ID:1mDZ20Pa0
男「そういう貴方はっ……ううっ……」ボロボロッ

「え!?い、一体どうしたんだい?急に泣き出して……」

男「おお、神よ……貴方と相見えることができるとは……」

「か、神……?」

男「ええ、そうです。私には理解ります。貴方こそこの街を守護せし神……」

「ち、違うよ!僕は……」

知久「まどかの父親の知久といいます。普通の人間だよ……」

男「おお、トモエル……?」

知久「いや、知久だよ……」

まどか「あ、パパ。庭にいたんだね」
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 21:17:19.66 ID:1mDZ20Pa0
知久「へえ、その猫が前に言ってたエイミーかい?」

まどか「うん……さっき見かけたらケガしちゃってて……。ねえパパ、手当てするだけだから、家にあげちゃダメかな?」

知久「ああ、そうだね。構わないよ。でも、せっかくお客さんが来てるんだからまどかはお茶でも入れておいたらどうだい?手当てなら僕がやっておくから」

まどか「えっと……いいの?」

知久「ああ。男くん、そういうことだからゆっくりしていくといいよ」

男「>>68
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) :2012/05/20(日) 21:23:05.71 ID:nwVvM1Q1o
それでは婿入りして死ぬまでこの家でゆっくりしたいと思います、お義父さん
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 21:24:14.01 ID:6mIzoDVIO
神よ、感謝します。(おもむろにゴッドイーターやり始める)
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/20(日) 21:24:39.78 ID:1fnYfUif0
>>67
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 21:25:23.82 ID:pQ9qWBm20
それじゃ、お言葉に甘えて。お義父さん
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/20(日) 21:26:47.81 ID:nwVvM1Q1o
男のキチガイさだけは歪みねぇな
71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 21:31:41.48 ID:1mDZ20Pa0
男「神よ、感謝します」

知久「はは……変わった子だね」

まどか「そ、そうかな……?でも、すごく優しいんだよ。それに頼りになるし」

知久「へえ……」

男「[ピーーー]![ピーーー]ぇっ神!!人間を舐めるなよ、こらぁ!!」カチカチ

知久「!?」

まどか「うぇひひ……ダメだよ男さん、パパをからかったら……」

男「あ、ゲームの話です」

知久「そ、そうかい……じゃあ行ってくるから、まどか、お客さんに失礼のないようにね」

まどか「はーい」
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 21:34:05.15 ID:MIaPFt1Fo
一部のワードが変になるのはメ欄にsagaで回避できる
73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 21:42:40.60 ID:1mDZ20Pa0
知久「うーん、一応手当ては済ませたけど……これは治るのに時間がかかりそうだね」

まどか「そうなの?」

知久「ああ。継続して処置をすればちゃんと完治するけど、この子は野良なんだったね?どうしたものかな……」

まどか「えと……う、ウチで……」

知久「うーん……」

男「……」

1.自分が預かると申し出る
2.鼻をほじる

↓2
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/20(日) 21:43:08.44 ID:1fnYfUif0
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 21:43:25.29 ID:pQ9qWBm20
2.鼻をほじる

おい



おい
安価なら1
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/05/20(日) 21:44:15.05 ID:OSQt7R4Ko
2をしながら1
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 21:56:04.26 ID:1mDZ20Pa0
男「あー、ウチなら預かれますよ!」

まどか「えっ?」

男「うん、知らない猫じゃないし、そいつならいいですよ。今家に両親居なくて一人暮らしだから許可もいりませんし」

知久「でも、野良猫を家で飼うのはそう簡単なことじゃないよ?」

男「あー、確かに最初は大変かもしれませんけど、そいつ賢い部類ですから。飼い方も調べるし、ちゃんと躾ければ平気ですよ」

知久「そうかい?最近の子はたくましいね。まどかはそれでもいいかい?」

まどか「あ、うん。男さんなら安心かなって」

知久「へえ……」

まどか「さ、さっきからなんなの、そのへえって……」

知久「何でもないよ。じゃあ男君。その子、預かっててもらえるかい?」

男「はい、任せてください」

知久「電話番号を交換しよう。何かわからないことがあったら連絡をくれるといいよ」

男「わかりました」


男(俺はエイミーを連れて帰宅した)
78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) :2012/05/20(日) 21:58:58.84 ID:nwVvM1Q1o
父親と電話番号を交換するほどの仲になるとは
これで男からまどかへの好感度とまどかから男への好感度が釣り合ってれば普通のラブコメなんだが
79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 22:05:24.16 ID:1mDZ20Pa0
男「ふう、やることもやったし……裏サイトでも覗くか」

男(おっ、俺のコラブームも終わったようだな。新しいスレは特に立っていないぞ)

男(チャットルームにFORMULAがいる。とりあえず入ってみるか)

〜〜〜〜〜

OKOTO「こんばんは〜^^」

FORMULA「こんばんは」

FORMULA「ねえ、OKOTO……」

OKOTO「ん、何?」

FORMULA「私、コラ作りを引退しようと思うの」

OKOTO「えっ!なんで?あんなに熱中してたのにいきなりだね?」

FORMULA「その……やっぱり、やられた人がかわいそうだし……」

OKOTO「うわっ、いまさら過ぎてびびるわ」

FORMULA「うう……とにかく、私はもうコラ作りを続けるわけにはいかなくなったのよ」

OKOTO「ふーん……わかった。好きな子にばれたか、ばれそうになったか、特定こそされてないけど批判されたんでしょ?」

















OKOTO「おーい、落ちた?」

FORMULA「居るわ」
80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 22:10:40.57 ID:1mDZ20Pa0
FORMULA「貴女って本当に鋭いわ。そうよ、匿名でコラ作りをしてさらし上げなんてする人間はあの子の友達にふさわしくない……その事に気づいたのよ」

OKOTO「はあ、はあ。まあいいんじゃない?好きにすれば」

FORMULA「ええ……それでね、OKOTO」

OKOTO「うん」

FORMULA「コラ作りをやめても……私と友達でいてくれる?」

OKOTO「>>83
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) :2012/05/20(日) 22:12:16.33 ID:nwVvM1Q1o
コラ作りはともかく、人に言われて自分のSTYLEを曲げるようなヤツはSOUL FRIENDSとしてはな……
82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/05/20(日) 22:12:50.58 ID:xEZMnTiHo
なにいってるんだ、そんなんで辞めるようなもんは友達なんて言わねえよ。
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/05/20(日) 22:12:54.13 ID:rNXNR5dAO
セフレになってくれるなら
84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 22:12:54.79 ID:MIaPFt1Fo
おk
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 22:13:13.86 ID:pQ9qWBm20
ははは。何言ってんだよ。当たり前だろ、FORMULA
86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) :2012/05/20(日) 22:14:30.39 ID:nwVvM1Q1o
ゲスすぎワロタ

つうかFORMULAはOTOKOが男だって知ってるんだっけ?
87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/05/20(日) 22:14:49.25 ID:xEZMnTiHo
ゲスwwwwwwwwwwww
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/20(日) 22:16:59.88 ID:8CnAYTrqo
>>86
知らない
ただし一回間違えてコテハンを男にしたことがあったはず
89 :86 [sage]:2012/05/20(日) 22:18:30.41 ID:nwVvM1Q1o
>>88
すまん固有名詞としての「男」じゃなくて性別として男性だと知ってたっけってつもりだったorz
90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 22:24:41.70 ID:1mDZ20Pa0
OKOTO「うーん……いいけど」

FORMULA「本当?」

OKOTO「セフレとしてなら」

FORMULA「せ、せふ……ダメよ!私はまだ、自分のあの子への気持ちがどういうものなのかわかってないのに……」

OKOTO「えー」

FORMULA「あ、そうだわ。チャットルーム専用のセフレとしてなら構わないわよ!」

OKOTO「もっとえーだわ。それFORMULAがエロチャしたいだけじゃん。この淫乱ドスケベJC」

FORMULA「ち、違うわ!別に好きでやってるわけじゃなくて、あの子への気持ちを確かめるためにやってるのよ!」

OKOTO「……」

FORMULA「うう……」

FORMULA「私は貴女に、とても友情を感じていたのに……もう、友達としてはやっていけないの……?」

〜〜〜〜〜

男「暁美さんってかわいいな……」

〜〜〜〜〜

OKOTO「まあ本当は別にコラ作りとかどうでもいいんだけど」

FORMULA「えっ」

OKOTO「一過性のものだよあんなのは。また楽しい遊びが見つかったらそっちをやればいいし」

FORMULA「ほ、本当に?」

OKOTO「本当に」
91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 22:25:32.69 ID:pQ9qWBm20
メガほむらちゃんが元だからこの反応は・・・・・ありだな!
92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 22:30:35.03 ID:1mDZ20Pa0
まどか「まあそっちは知らないけど私は今年で卒業だからそれまでの話だけどね」

ほむら「準備が出来たわ、まどか!」

まどか「えっ……ほむらちゃんもう裏技入力したの?」

ほむら「まどかぁー!」

まどか「まあ、いいけど……」

1.吊り橋プレイ
2.リョナ

↓2
93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) :2012/05/20(日) 22:31:01.09 ID:nwVvM1Q1o
94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 22:31:16.64 ID:pQ9qWBm20
95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/05/20(日) 22:31:31.70 ID:xEZMnTiHo
えっ

1
96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 22:32:23.28 ID:1mDZ20Pa0
まどか「おはよっ、ほむらちゃん!」

ほむら「おはよう、まどか」

まどか「今日も授業頑張ろうね。わたし、ほむらちゃんと同じ高校に行けるように頑張るから!」

ほむら「ふふふ、そんなに頑張らなくても私が貴女に合わせるのに……でも、いい成績は取っておいて損はないものね。応援してるわ、まどか」

まどか「えへへ……ねえ、ほむらちゃん。手、つないでいい?」

ほむら「ええ、いいわよまどか」

まどか「ありがとっ」

ほむら「まどかの手、柔らかいわ……」

まどか「っ……!い、痛いよほむらちゃん。ちょっと強く握りすぎだよ……」

ほむら「あ、あら?ごめんね、気が付かなかったわ。これくらいでいいかしら?」

まどか「あぐぅぅっ……!!い、痛い!痛いよぉ!!」

ほむら「!? ご、ごめんなさいまどか!すぐに手を離すわ!」

まどか「ぐすん、痛いよぉ……酷いよほむらちゃん……」

ほむら「ごめんなさいまどかぁ……そんなつもりじゃなかったのよ……」
97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 22:33:04.34 ID:1mDZ20Pa0
まどか「朝からこんなイジワルするなんて酷いよ……もしかしてわたしの事が嫌いになっちゃったの?だからこんな事……」

ほむら「ち、違うのまどか!本当にわざとじゃないのよ!そうだわ、手を見せてちょうだい。私が手当てをしてあげるから!」

まどか「うん、いいけど……もう痛くしちゃやだよ?」

ほむら「もちろんよ、まどか。可能な限り丁寧に扱うわ。はい、手を出して?」

まどか「うん……」

ほむら「うーん、どこも悪くはなさそうなのだけれど……」

まどか「あ……が、あぁぁぁぁぁっ!!」

ほむら「まどか!?」

まどか「痛い!痛いぃぃぃぃぃっ!お願い、やめてよほむらちゃん!こんなのやだよぉ!!」

さやか「こらーーー!何やってるんだよ転校生!」

ほむら「美樹さやか?ま、まどかの様子がおかしいのよ……一体どうしたらいいの……」

まどか「あ、さやかちゃん。えっと、ほむらちゃんがね。わたしにたくさん痛い事してくるの……やめてって言ってもやめてくれなくて……ぐすん」

さやか「転校生、最低!」

ほむら「そ、そんな……」
98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 22:33:47.50 ID:1mDZ20Pa0
さやか「いこ、まどか。もうあいつとは関わっちゃ駄目だよ」

まどか「うん、そうだね……ほむらちゃんがあんな酷い事する人だとは思わなかったよ……」

ほむら「まどか……お願い、待って、まどかぁ……」

さやか「ひっ、追っかけてきた!」

まどか「に、逃げようよさやかちゃん!」

ほむら「まどかぁーーー!捕まえたわ、まどか!ねえ、私の話を聞いて!私はまどかを傷つけるつもりなんて微塵も……」

まどか「あぅっ!う、あああああああぁぁぁぁ」

まどか「……ぁ……」

ほむら「……まどか……?」

まどか「……」

さやか「い、いやーーー!人殺しーーーーー!!」

マミ「暁美さん、貴女なんてことを……!よかった、まだ息がある!すぐに治療すれば間に合うわ!」

織莉子「一部始終見ていました。酷い事をするのね。私でもここまではしないわ」
99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 22:34:38.70 ID:1mDZ20Pa0
ほむら「ち、違うの……私はただ、まどかと話がしたくて……」

警官「話は署で聞くから。ほら、早く乗って」

ほむら「ま、待って!せめてまどかの無事を確認させて!」

マミ「生きてたら止めをさすつもりなのね?そうはいかないわ!」

さやか「まどかはあたしとマミさんが守る!」

織莉子「一部始終見ていました。酷い事をするのね。私でもここまではしないわ」

警官「さっさと乗れ!」

ほむら「まどかぁーーーーーー!!」

〜〜〜〜〜

OKOTO「どう、興奮した?」

FORMULA「トラウマを抉られたわ……」

FORMULA「ね、ねえ。こんなことより普通にしたいのだけれど」

OKOTO「えー」
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 22:35:39.13 ID:pQ9qWBm20
妄想オチwwwwwwwwwwwwwwww
101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 22:36:50.41 ID:1mDZ20Pa0
男「普通にチャHしてしまった……」

男「今日はもう抜いて寝よう」

男「誰で抜こうかな……」

男からの好感度が変動します
↓2
102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/05/20(日) 22:37:32.76 ID:xEZMnTiHo
知久
103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/05/20(日) 22:37:42.20 ID:OSQt7R4Ko
まどっち
104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/20(日) 22:37:44.50 ID:83jYBTFTo
マミ
105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/05/20(日) 22:39:21.54 ID:rNXNR5dAO
おりこ黙れwwwwww
106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 22:52:48.67 ID:1mDZ20Pa0
男「はぁ……はぁ……!」シコシコ

男「鹿目さん……鹿目さん……!その天使のような心を俺の劣情で汚したい!」シコシコ

男「俺が誘ったら家に来てくれるだろうか?エイミーの様子を見においでとか言って……!」シコシコ

男「何の警戒もせずに俺の部屋に来た鹿目さん。俺は後ろ手で部屋の鍵を閉めるんだ」シコシコ

男「そこで鹿目さんはようやく貞操の危機を感じる。『あの……男さん、どうして鍵を閉めるんですか……?』」シコシコ

男「なんでって……?そりゃあ今からヤルことヤルからに決まってるじゃないかぁ!」シコシコ

男「『や、やだ、わたし達まだ中学生ですよ?それに付き合ってもいないし……』」シコシコ

男「関係ないよそんなこと!いつまでも告白の返事を保留してる君も悪いんだぜっ!?」シコシコ

男「『いやっ、服を脱がさないで!』」シコシコ

男「へえ……ピンク髪の鹿目さんの乳首もやっぱりピンクなんだね……」シコシコ

男「『恥ずかしいよぉ、見ないでぇ……』」シコシコ

男「さて、そろそろ入れ……うっ」ドピュ

男「……ふぅ……」



鹿目さん★★★☆☆
美樹さん☆☆☆☆☆
マミさん★★★★☆
暁美さん(FORMULA)★★★☆☆
杏子ちゃん☆☆☆☆☆
ゆまちゃん☆☆☆☆☆
織莉子ちゃん☆☆☆☆☆
107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 22:53:36.02 ID:1mDZ20Pa0
今日はここまでにします。
遅筆にお付き合いいただいてどうもでした
108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/20(日) 22:53:38.50 ID:pQ9qWBm20
キリカなんていなかったんや!
109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/20(日) 22:55:00.78 ID:1mDZ20Pa0
キリカは攻略しようがないと思ったので外しました
110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/20(日) 23:00:56.35 ID:nwVvM1Q1o
マミさんの好感度の高さと、これだけしてほむほむと変わらないまどかの好感度の普通さにびびる
111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/21(月) 19:52:58.77 ID:T9Azu1c40
男「さて、今日も登校するか」

「にゃー」

男「お前大人しくしてろよ。家の中荒らしたらマミさんの家の子にするからな。即成人病になるぞ」



まどか「……」

男「鹿目さんがいつもの場所にいる」

男「多分俺を待ってるんだろう。どうしよう?」

>>112
112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/05/21(月) 19:54:23.97 ID:on5PkXJAO
陰に隠れて観察
113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/21(月) 20:03:20.61 ID:T9Azu1c40
男「よし、電柱の陰に隠れて観察だ」

まどか「……」

男「……」

まどか「……」

男「……」

まどか「……」ソワソワ

男「……」

まどか「……」テクテク

男(よし、尾行しよう。鹿目さんが危険な目に遭わないように俺が見張るんだ)

男「……」テクテク

男(電柱の陰から陰に移動しながら鹿目さんを追いかけた)


さやか「おっ!遅いぞ、まどかー!」

仁美「おはようございます、まどかさん」

まどか「おはよー!てぃひひ、ごめんね」

男(なんてことだ……美樹さんに志筑さんと合流したぞ!)

男(あまりにいつも通りの光景に俺は戦慄した)

仁美「……?」

さやか「どしたの、仁美」

仁美「いえ、何かおかしな気配を感じて……」

男(おかしな気配だと?まさか鹿目さんを狙うストーカーでもいるのか?)

男(どうしよう)

↓2
114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/21(月) 20:08:14.97 ID:pzFksQl3o
このまま観察を続ける
115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/05/21(月) 20:08:31.92 ID:on5PkXJAO
スネーク続行
116 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/21(月) 20:08:36.42 ID:9bJ1Z5Sio
素知らぬ顔で挨拶
117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/21(月) 20:09:09.12 ID:YJc96VwO0
もしかして俺じゃなかろうな・・・と思って普通に出てみる
118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/21(月) 20:22:31.17 ID:T9Azu1c40
男(よし、このまま尾行を続けるぞ……)

まどか「でね、昨日男さんってば、エイミーは俺が責任持って面倒見る!なんて言って連れて帰っちゃったんだよ」

まどか「さやかちゃんの言うような悪い人じゃないんだよ、きっと。だから……」

さやか「いや、口だけならなんとでも言えるって。ちゃんと面倒見きれたらあたしの娘のまどかとの交際を認めることを検討してやってもよい可能性が出るんだがのう?」

まどか「うー、厳しいよさやかちゃん……」

男(角を曲がった。距離を詰めるぞ)

男「……」スススス

男(さて……)

仁美「おはようございます。男先輩」

男「うわあー」

男(角のすぐ側で志筑さんが待ち伏せしていた!)

仁美「あの……どうして声をおかけにならないのでしょう?」

男「それは……」

↓2
119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/21(月) 20:24:03.27 ID:9bJ1Z5Sio
ksk
120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/21(月) 20:24:08.41 ID:pzFksQl3o
盛り上がってるみたいだし声をかけづらくて…
121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/21(月) 20:34:20.48 ID:T9Azu1c40
男「いや、女の子同士で盛り上がってるところに男子が入っていくのって勇気がいるんだぞ」

男「ましてや下級生の輪の中にずかずかと入り込んでいくなんて……紳士の俺には出来ないよ」

仁美「なるほど、空気を読んだ。というわけですのね?」

男「そういうことだね」

仁美「ご配慮恐れ入ります。ですが、その下級生達の会話を盗み聞きするのはいかがなものかと思うのですけど」

男「……」

男(気づかれていた……?いや、カマをかけられてるのかも知れない)

男(よし、ここは)

1.とぼける
2.そんなことしてないと怒る
3.腹パン

↓2
122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/21(月) 20:37:28.86 ID:8Jpj96r80
1
123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/21(月) 20:37:58.03 ID:pzFksQl3o
124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/21(月) 20:45:16.82 ID:T9Azu1c40
男「いや、会話の内容とか聞こえてないし……」

仁美「あら、そうでしたの……ごめんなさい」

男「いや、いいけど」

男(確信を持ってたわけではないのか?)

仁美「遠慮なさらず来てくださって結構なのですけどね。それでは私はこれで」

男「うん」



男「学校についたぞ」

男「さて、HRまで何をしよう」

↓2
125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/21(月) 20:46:08.16 ID:8Jpj96r80
睡眠
126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/21(月) 20:46:35.09 ID:9bJ1Z5Sio
教室の観察
127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/21(月) 20:53:45.04 ID:T9Azu1c40
友「……」カリカリ

幼馴染「……」カリカリ

委員長「……」カリカリ

男(皆何らかの形で学習をしているようだ)

男「友、何の勉強してるんだ?」

友「あ、男。見てくれよこれ。巴さんのセックス想像してイラストにしてみたんだ」

男「ほう、どれどれ」

男(イラストのマミさんはおっぱいがスイカほどにまで盛って描かれ、頭のツインドリルは巻きが約2倍になっていた)

男「ぎゃははははは!!化け物じゃねーか!!!」

友「へへへ、今日の夜はこれで抜こう」

男「クレイジーだ」
128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/21(月) 20:55:44.09 ID:T9Azu1c40
すんません、今日はここまでにします
129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/21(月) 20:58:04.02 ID:9bJ1Z5Sio
薄い本では普通にあるから困る

130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/21(月) 21:30:36.05 ID:yB8AjDRIO
友人も同類だったのか……乙
131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/05/22(火) 11:33:37.92 ID:WJPT3AlAo
クラスの三人久々の登場だな
132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 19:43:38.48 ID:WL8xbriq0
男「授業が始まったぞ」

男「退屈だ。寝よう」

男「ぐう」

男(夢の中で俺は自分の前世を知り、同時に現世での自分の使命を思い出した)

男(……が、起きたら忘れていた)

男(しかし忘れていないものもあった。万事を可能にする俺に秘められた真のチカラだ)

男(俺のチカラ、それは……)

>>133
133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/05/22(火) 19:46:13.78 ID:D7YoYHIAO
全てを無に帰す最強の破壊魔法
134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 19:46:16.63 ID:pt1JHXuno
死体を操る
135 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 19:46:40.44 ID:dNkVNkVIo
手から餃子を生成する
136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 19:57:12.63 ID:WL8xbriq0
男(そう、全てを無に帰す最強の破壊魔法だ)

男(よし、試しに街に向けて撃ってみるか)

男(俺は人差し指と中指を揃えて街に向けて鼻フックの要領で突き上げた)

男「挨拶代わりだ」クンッ

ドゴオオオオォォォォォォォン

男(たくさんのビルが、家屋が、跡形も無く消え去り、代わりに大穴が残された)

男(子供の泣きじゃくる声が、大人の悲鳴があちこちから聞こえてくるぞ!大成功!!)

男(……)

男「あわわわ……」



男「はっ、夢か……」

男「なんて物騒な能力なんだ。使いどころが無さ過ぎるぞ」

男(俺はこの破壊魔法にナッパという名前を付けて封印をした)
137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 20:01:42.99 ID:WL8xbriq0
男「さて、昼休みだ」

男「巴さん、メシ食いに行こうぜっ!」

友「巴さんは今日休みだぞ。レッスンだとかなんとかで」

男「そうなのか……」

友「男、たまには俺と飯食ってくれよ。一人飯ばっかりで寂しいよ!」

男「どうするかな」

↓2
138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 20:05:39.19 ID:uTbQrDZIO
お前はQBと食ってろと言い捨ててまどかを誘いにいく
139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 20:06:35.70 ID:pt1JHXuno
仕方ねえな
140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/05/22(火) 20:07:50.55 ID:qqgzfEiLo
QBは見えないし触れない←唯一の良心的ルール
141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 20:13:44.71 ID:WL8xbriq0
男「仕方ねえな……」

友「ヤッホゥーーー!!早速机くっ付けようぜ!」

男「ほらよ」ガタガタ


男「ところでお前、先週紹介した傭兵のバイトどうなったんだ?」

友「ああ、あれ!最高!雇用主の人にも褒められちゃったよ!!」

友「俺はもしかしたら傭兵になるために生まれてきたのかもしれん!!」

男「やっぱりか、紹介してよかったよ。お前なら死んでも別に俺は困らないからな。次もお前向きっぽいのがあったら紹介するわ」

友「おう、サンキュー!へへ、やっぱり持つべきものは親友だな!」

男「そうだな!」
142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 20:19:37.52 ID:WL8xbriq0
男「午後の授業が終わって放課後になった」

男「さて、エイミーも待ってるし帰るか」


男「ふんふふーん」

さやか「おっ、男先輩」

まどか「あ、男さん。もう帰るんですか?」

男「おう、エイミーが大人しくしてるか心配だからな」

まどか「あ、そうか……じゃあわたしもエイミーのこと見に行ってもいいですか?」

男「うーん」

↓2
143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/22(火) 20:20:45.47 ID:E1MvB4jko
いいよ、友達とかも誘いたかったらどうぞ
144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/05/22(火) 20:20:51.21 ID:gYbqYOyAO
いいよ
145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/05/22(火) 20:21:00.14 ID:qqgzfEiLo
これ、合鍵ね
146 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 20:24:56.46 ID:YaU01aQIO
ν速vipと違ってマジキチ安価する奴が居なくていいな

安価なら下
147 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 20:34:26.46 ID:WL8xbriq0
男「もちろんいいぞ。エイミーも喜ぶに違いない」

さやか「むっ……先輩の家にまどかを一人で行かせるのは心配だなぁ……」

男「えっ?」

まどか「ちょ、ちょっとさやかちゃん!」

さやか「男先輩がまどかにハレンチな行為を働かないとも限らないからなぁ……」

まどか「さ、さやかちゃん!」

男「ど、どういう意味だよ……?」

男「美樹さんは俺がエイミーをダシに鹿目さんを家に連れ込んで無理やり体中のあちこちをクンカクンカしたりするっていうのかよ!?」

さやか「!?」

まどか「!?」

男「酷いよ!俺は鹿目さんが本当に好きなのに、卑劣な手でモノにしようなんて考えるわけないじゃないか!!」

さやか「あー……うん、そうだね……ゴメン……」

まどか「お、男さん、声大きいよ……恥ずかしいです……」

男「いや、いいよ……昨日の裏サイトの件で美樹さんのこと疑っちゃったからね……これでおあいこだ……」

男「さあ、行くなら行こう!美樹さんももちろん来てくれて構わないぞ!」
148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/22(火) 20:35:39.87 ID:E1MvB4jko
マジキチ安価をすると>>1が上手く拾ってくれるし
マジキチ安価をしないと>>1が上手く拾ってマジキチにしてくれるしで
根本的に男がマジキチだからどうしようもないなwwwwww

安価なら下
149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 20:36:11.11 ID:WL8xbriq0
男(三人で俺の家に向かうことになった)

男(何かいい話題は無いかな?)

↓2
150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/05/22(火) 20:37:32.74 ID:D7YoYHIAO
誰か屁こいただろ
151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 20:38:04.99 ID:pt1JHXuno
エイミーの可愛さについて熱く語る
152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/22(火) 20:38:13.79 ID:E1MvB4jko
マミさんて太ったよね
153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/05/22(火) 20:46:44.01 ID:qqgzfEiLo
な〜〜〜にがマジキチ安価がないだ
154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 20:48:54.27 ID:WL8xbriq0
男「あいつさー、俺の家来て最初にしたことって何だと思う?」

まどか「えと……なんだろ?」

さやか「あ、わかった。怪しい風貌をした男先輩に食べられると思って逃げだそうとしたとか?」

男「おいおい、気品の滲み出る俺を出で立ちを見てなんでそう思うんだよ。むしろ猫界でもロイヤルな扱いだよ俺は!」

まどか「てぃひひ……また冗談ばっかり言ってる」

男「正解は柱で爪を研ぎやがった、でした」

男「尻をぷりぷりしながらやりだして楽しそうだったから、俺も隣の柱で尻振りながら爪研いじゃったよ」

さやか「ぷっ。な、何それ!想像したらマジで可笑しいんだけど!」

まどか「あははは。もー男さん、嘘ばっかり!」

男(本当なんだが)


男「ん?あれは……」

男「おい見ろよ!あんなところにカブトムシがいるぞ!」
155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 20:59:02.37 ID:WL8xbriq0
まどか「えっ、こんな街中に?」

さやか「どこ?」

男「ほら、あそこ。病院の壁に突き刺さってる」

さやか「あ、ホントだ……ってちょっと!?」

まどか「あれ、グリーフシードなんじゃ!?」

男「いや、カブトムシだろ。捕まえに行こう」

さやか「いやいや、どう見てもカブトムシじゃないから!」

まどか「ど、どうしよう……そうだ、マミさんに連絡を!」

さやか「そうだね、早速……ってあたしマミさんの電話番号知らない!」

まどか「わたしもだよ……男さんは知ってますか?マミさんの電話番号!」

男「いや、知らない……」

まどか「うう……あれはグリーフシードっていって、魔女の卵なんです。放っておいたら魔女が生まれるんですよ」

男「そうだったのか……カブトムシじゃなくて残念だ」

男「でも、魔女退治なら巴さんじゃなくて暁美さんを呼んだらいいんじゃないのか?」

まどか「それが……」

さやか「転校生、今日学校休んでるんだよ……熱が39度出たとかで……」

男(全裸で[田島「チ○コ破裂するっ!」]なんてしたからだな……)
156 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 20:59:57.69 ID:WL8xbriq0
最後の行は

男(全裸でオナニーなんてしたからだな……)

です
157 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 21:08:12.16 ID:WL8xbriq0
男「わかった、ひとまず冷静になろう……大丈夫、巴さんのいる場所は把握している。駅前のスタジオだ」

まどか「じゃあ、急いでそこまで行ってマミさんを呼んで来ないと!」

男「そうだな。それもしないといけないけど……同時にグリーフシードに一般人が近づかないように見張る役も必要だ」

さやか「そ、そっか。何も知らない人が結界に巻き込まれたら一大事だもんね……」

男「二手にわかれよう。巴さんを呼びにいく巴組とグリーフシードを見張る見張り組の二つにだ」

男「内わけはこうだ。まず鹿目さんが↓2、美樹さんが↓4、そして俺が↓6だ!」
158 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 21:09:02.73 ID:dNkVNkVIo
ともえグミ
159 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 21:09:05.50 ID:HLiJzxzno
巴組
160 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 21:09:15.88 ID:IrQrNm/ko
この場で服を脱いで待機する組
161 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/05/22(火) 21:09:40.79 ID:gYbqYOyAO
巴組
162 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/05/22(火) 21:10:01.69 ID:K7Afg+7AO
>>160
163 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/22(火) 21:10:12.86 ID:E1MvB4jko
カブトムシを観察
164 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/05/22(火) 21:10:14.16 ID:K7Afg+7AO
ksk
165 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 21:19:28.77 ID:WL8xbriq0
男「よし、二人は巴さんを呼びに行ってきてくれ。俺はグリーフシードを見張る!」

まどか「えっ、一人でですか!?」

男「うん」

まどか「あ、危なくない、ですか……?」

男「危ないけど……もしもいざ結界が出来てそれに巻き込まれちゃったら、一人のほうが逃げ回りやすいからね」

男「まあ、鹿目さんが魔女を殴り倒してくれるっていうなら一緒に居てほしいけど」

まどか「む、無理です無理です!!」

さやか「まあ、そりゃまどかじゃ無理だわ……ていうか殴り倒すのは魔法少女でも無理な気がする……」

男「さあ、二人とも早く行くんだ!早い方がいいけど、車に気をつけろよ!」ババッ

まどか「何で脱ぐんですか!?」

男「ノリだよ」

さやか「うー……こ、この男は結界に入れられても死にそうに無い気がするわ……。まどか、早く行こ。心配なら尚更マミさんを早く連れて来ないと」

まどか「そ、そだね……男さん、気をつけて……」


男(行ったか……)

男(さて、目の前にグリーフシードがあるけど……どうしよう?)

↓3
166 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/05/22(火) 21:20:54.52 ID:qqgzfEiLo
チャイルドシードをぶちまける
167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/05/22(火) 21:21:08.72 ID:gYbqYOyAO
グリオナを試みる
168 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 21:21:10.18 ID:IrQrNm/ko
カブトムシが食べたくなってきたのでグリーフシードを食う
169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) :2012/05/22(火) 21:21:10.47 ID:zVxHOovfo
シロップ塗ってみる
170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 21:29:01.14 ID:WL8xbriq0
男「よし、食ってみるか」

男「いただきまーす」カチカチ

男「……とても硬い。食えたもんじゃないぞ」

男「ふう……いまいち盛り上がらないな。もっと死なない程度のピンチに陥ってなんとか生き残る、みたいなことにならないかな……」

男「それでボロボロに傷ついた俺を見て鹿目さんが泣きながら俺に抱きついてくるんだ。無事でよかったよぉ……って感じで」

(なるほど、それはいい案かも知れないね)

男「ん?」

ペチッ!ペチッ!

シュー

男「???」

バシュン



171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 21:31:22.96 ID:WL8xbriq0
男「うおっ!一瞬で周りの景色が変わったぞ!」

男「これは結界に巻き込まれたんじゃないのか?」

男「あー……どうしよう」

↓2
172 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) :2012/05/22(火) 21:32:14.87 ID:zVxHOovfo
魔女を倒しにいく
173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 21:32:18.83 ID:HLiJzxzno
探検
174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/05/22(火) 21:32:29.28 ID:gYbqYOyAO
服を脱ぐ
175 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/05/22(火) 21:32:37.25 ID:K7Afg+7AO
座禅
176 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 21:37:37.81 ID:WL8xbriq0
男「よし、これは貴重な体験だからな。この機会を逃さず探検をしてみよう」

男「とはいえ、今の状況はいきなりダンジョンの中に放り込まれたような形だ。どっちに進めばいいのか全く見当がつかないぞ」

男「とりあえずは……前に進むか」



男「うーん、壁も床も装飾も、全部お菓子で出来てるぞ」

男「少し腹が減ったな……これ……食えるのか……?」

177 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/05/22(火) 21:38:21.02 ID:IrQrNm/ko
食べつくす
178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) :2012/05/22(火) 21:38:25.50 ID:0iCv5ZXA0
QB
179 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 21:39:06.20 ID:HLiJzxzno
たべてみる
180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 21:39:18.70 ID:WL8xbriq0
ミス
ここから↓2でお願いします
181 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 21:40:06.59 ID:pxP2DTtao
食べつつ肛門に挿入する
182 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 21:40:15.26 ID:IrQrNm/ko
とにかく食べる
183 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 21:40:24.52 ID:HLiJzxzno
貪る
184 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/05/22(火) 21:40:25.72 ID:WJPT3AlAo
柔らかそうなケーキにチンコ突っ込んでみる
185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 21:46:10.85 ID:WL8xbriq0
男「……」モシャモシャ

男「うめえ!」モシャモシャ

男「うめーうめー!!」モシャモシャ

男「ん……?」

男「なんか変だぞこれ……食っても食っても腹が満たされない」

男「まあいいか。もっと食おう」モシャモシャ


男「ふうー。よく食った」

男「……はずなんだけど、空腹感が消えないぞ」

男「はあ……探検再開するか……」

男「……あ」

よちよち

魔女「……」

男「……」

よちよち

魔女「……」

男「……」

男(どうしよう)

↓2
186 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 21:46:29.89 ID:IrQrNm/ko
好みなのでチャイルドシードをぶちまける
187 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/05/22(火) 21:46:47.92 ID:gYbqYOyAO
性的に襲いかかる
188 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 21:46:53.81 ID:/TgTo+7IO
捕まえて愛でる
189 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 21:49:52.99 ID:pxP2DTtao
お、このキチスレこっちに建ってたのか
知らなかった

あんかした
190 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 21:57:57.01 ID:WL8xbriq0
男「へへ……こんな前線で綺麗な姉ちゃんに出会えるとは幸運だぜ!」

男(俺はぬいぐるみのような形の生き物に襲い掛かった)

男「んちゅっ……んぅぅ……ぷはぁ」

男(いきなりの口付けにもぬいぐるみはまったく動揺を見せないな。それなら……)

男「へへ……ここをいじられるのは初めてだろ?お嬢ちゃん」

男(股間に指をすりつけての愛撫。夢の中で何度もマミさんにやったからテクニックはかなりのものなはずだ)

男「どや……?気持ちええやろぉ……?」

魔女「……」プルプル

男「お……感じ始めたみたいやな……?」

魔女「」ヌロォ

男「あ……?」

恵方巻き「あーん」

男「ぎゃーーーーーーーー!!」ババッ

男(ぬいぐるみの口から出てきた中の人の口撃を俺は地面を転がりながら避けた)
191 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 22:06:21.57 ID:WL8xbriq0
男(中の人は俺に喰らい付こうと、何度も体ごとこちらに飛びついてくる)

男「はおっ!あひぃっ!」

男(俺はその一撃一撃を、どれも間一髪、這う這うの体で避けながら)

男「ひい!のほぉ!」

男「ちくしょお!なんで俺がこんな怖い目に遭わないといけないんだ!」

男(ようやく中の人に一瞬の隙を作る事に成功した!)

男「こういう目には美樹さんが遭えばいいんだ!!!」

1.オナティッシュ
2.拳銃
3.カブトムシ
4.土下座


↓3
192 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 22:07:02.60 ID:HLiJzxzno
193 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/05/22(火) 22:07:23.09 ID:IrQrNm/ko
194 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/22(火) 22:07:23.13 ID:nKbovgLG0
195 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 22:16:16.37 ID:WL8xbriq0
男「うわああああああ!昆虫大好きー!!」

ポーイ

男(俺はポケットに入っていたカブトムシの死骸を中の人に向かって投げた!)

恵方巻き「あーん」

男(食われた!)

恵方巻き「モゴモゴ」カチッ、カチッ

男「よし、食い意地の張った卑しい奴でよかった。今のうちに逃げよう」

恵方巻き「???」カチッ、カチッ

男「スタコラサッサー」ダダッ

バッシュウウウウウウウウウゥゥゥ

男「ん?」

鎧の魔女「……」

恵方巻き「……」

男「……」

↓2
196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 22:16:54.01 ID:KvCeOWF+o
鼻からうどんを射出
197 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 22:17:06.16 ID:fAm+V3WIO
能力覚醒
198 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 22:17:08.39 ID:HLiJzxzno
逃走
199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 22:17:54.80 ID:Bri7e4bu0
こうなったら魔翌力を自由に操れるようにしよう(提案)
200 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 22:25:28.62 ID:dCr4DbkTo
男「俺は太陽の子!!」
201 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 22:28:19.48 ID:WL8xbriq0
男「はぁぁぁぁぁぁ……!!」

男「コォォォォォォォ……!!」

男「ふふ……形勢逆転だ。俺の真のチカラが覚醒したからには、貴様らには万にひとつの勝ち目もないぞ!」

男「ふぅぅ……はぁぁぁぁーーーーっ!!」

男(俺は能力覚醒シーンの引き伸ばしでマミさんが来るまでの時間稼ぎをする道を選んだ)

男「シュインシュインシュイン……」

男(せっかくなのでオーラの音も自分で用意してみた)

男「うおおおおーーーーっ!!」

男「はははははっ!すこぶるいい気分だぜっ!!」

男「こんなパワーを手にしたのは生まれて初めてだ!!」

男「首を洗って待っていやがれ!!すぐにてめえらを血祭りにあげてやるからな!!」

男「ちゃああああぁぁぁーーーっ!!」

男「シュインシュインシュイン……」
202 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 22:31:46.43 ID:KvCeOWF+o
男「手淫手淫手淫…」


…安価↓
203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 22:32:13.88 ID:IrQrNm/ko
相変わらず人間の発想じゃねえwwwwww

安価なら下
204 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 22:32:36.66 ID:WL8xbriq0
恵方巻き「あーーーーん!!」

鎧の魔女「……!!」

キィン ガキン!

男「はぁぁぁぁーーーっ!」


恵方巻き「あーん!あーん!」スカッ

鎧の魔女「!!」シュッ

ズバッ!ザクッ!

男「ふおおおおおおおおーーーーーっ!!!」


恵方巻き「……あーん!がぶっ」

鎧の魔女「!!……!!」

ジタバタッ

男「であああああーーーーーっ!!!」


恵方巻き「けぷっ」

グリーフシード「」

男「のおおおぅりゃぁぁぁぁぁーーーーっ!!」




タッタッタッタッタ...

マミ「男君!大丈夫!?」

男「はぁぁぁぁぁーーーーっ!!!」

恵方巻き「あー」ボロボロッ

マミ「!?」

マミ(気合の入った雄たけびをあげる男君とボロボロの魔女……?一体何があったというの!?)

男「あ、巴さん。遅かったね」

マミ「男君、あの魔女の傷……貴方がやったの?」

男「もちろんだ」
205 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 22:33:59.97 ID:Bri7e4bu0
キチガイすぎるwwwwwwwwwwwwwwwwww
いろんな意味でwwwwwwwwwwww

その内、軍に呼ばれて魔女と戦う羽目になりそうだ・・・・
206 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 22:34:03.31 ID:pt1JHXuno
クソワロタwwwwwwww
207 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 22:35:16.91 ID:IrQrNm/ko
もちろんだじゃねえよwwwwwwwwwwww
208 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 22:38:21.90 ID:WL8xbriq0
男「ふう、少し気を使い過ぎた……巴さん、後は任せてもいいか?」

マミ「わ、わかったわ……」

マミ「さあ、来なさい!ここからは私が相手よ!」

男(俺はそそくさと鎧の魔女のグリーフシードを回収した。ボロボロになった魔女をマミさんが倒すのは時間の問題だろう)
209 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 22:40:25.17 ID:/TgTo+7IO
もはや人外www
210 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 22:41:15.58 ID:Bri7e4bu0
元々色んな意味で人外だっだろwwwwwwwwwwwwww
211 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 22:41:32.93 ID:KvCeOWF+o
どんな能力だよこのキチガイ
212 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 22:43:22.55 ID:WL8xbriq0
男「お、結界が消えたな」

マミ「ふう……一件落着ね」

さやか「マミさん!男先輩!」

まどか「あ……よ、良かったぁ……」

まどか「男さんが結界に巻き込まれたって聞いて……わた、わたしぃ……!」

男(鹿目さんが泣いてるぞ……?もしかして俺が心配過ぎて泣いてしまったのか?)

男「鹿目さん……」

男「↓2」
213 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/05/22(火) 22:44:12.21 ID:WJPT3AlAo
抱き締める
ついでにクンカクンカもしておく
214 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 22:44:39.00 ID:KvCeOWF+o
スケベしようやぁ・・・
215 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 22:45:03.79 ID:Bri7e4bu0
大丈夫だよ。俺は死なないから(今、俺かっこよくね?)
216 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 22:45:11.56 ID:fAm+V3WIO
俺の辞書に脂肪と言う文字はない
217 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 22:45:59.42 ID:fAm+V3WIO
誤 脂肪
正 死亡

っつーかこれ…うわぁ…
218 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 22:46:02.15 ID:pt1JHXuno
最低だ
219 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 22:46:13.68 ID:KvCeOWF+o
基地外の語源って、戦ってる最中に基地の外で踊ってる奴が元ネタらしいな
嘘だけど
220 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 22:47:09.68 ID:IrQrNm/ko
スケベしようやはもう男のまどかに対する口癖と化してきてるな……
221 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 22:48:55.48 ID:WL8xbriq0
男「スケベしようやぁ……」

まどか「ぐすっ、ひっぐ……」

男「もう我慢できへん……なあ……」

男「こないだの返事……聞かせてぇなぁ……」

まどか「ひっく……はい……」

まどか「わたしで……ぐす……よかったら……」

まどか「お付き合い……します……」

男「うれしいわぁ……ほな、スケベしにいこか……」
222 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 22:49:56.31 ID:/TgTo+7IO
本当にそんなんでいいのかwww
223 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 22:50:23.71 ID:HLiJzxzno
チョロいなまどかww
224 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 22:50:33.99 ID:Bri7e4bu0
はいはい妄想オチオチ
225 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 22:51:06.57 ID:WL8xbriq0
すみません、ちょっと状況わかりにくかったですね
男が叫んでる間に魔女同士で戦って、鎧の魔女は倒れて恵方巻きはボロボロになってしまいました
226 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 22:51:12.33 ID:KvCeOWF+o
最低だな此奴
俺が攻撃しに行きたい
227 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 23:02:06.47 ID:WL8xbriq0
男「ほないこかぁ……ウチでスケベしようやぁ……」

さやか「こらー!どさくさに紛れて何しようとしてるんだよあんた!」

まどか「え……」

さやか「ダメだよまどか!あんた今冷静さを失ってるからOKしちゃっただけなんだから!今のはノーカウント、無効!」

まどか「はう……」

男「え……そんなのアリなの?ずるくない?」

さやか「まどかが弱ってるのに付け込んで告白の返事させるほうがずるい!」

男「そうか……?巴さんはどう思う?」

マミ「えっと……鹿目さんがいいって言ったならいいんじゃないかしら」

さやか「ほら、マミさんもダメって言ってるじゃん!」

マミ「え?」

男「ちっ、空気読めよ巴乃関」

マミ「え……?」

まどか「……あ、あの、わたしは……///」

さやか「わーーーーー!!わーーーーー!!!喋るな!!帰るよまどか!!早く行こ!!!」

まどか「えっ、でもエイミー……」

さやか「明日あたしが見てくるから!じゃ、そういうことで!」ダダダッ

男「行ってしまった……」

マミ「あの、男君、巴乃関って?」

男「↓2」
228 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/22(火) 23:02:55.17 ID:nKbovgLG0
気にするな
229 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 23:03:29.71 ID:fAm+V3WIO
ピブっ
230 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 23:03:29.85 ID:HLiJzxzno
今日も綺麗ですねって意味です
231 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 23:03:33.79 ID:/TgTo+7IO
友情と親愛を込めたニックネーム
232 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 23:06:00.73 ID:IrQrNm/ko
ピブっ、ってなんだよwwwwwwwwwwww
233 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 23:06:08.36 ID:KvCeOWF+o
なにこれ
234 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 23:06:21.91 ID:WL8xbriq0
男「ピブっ」

マミ「?」

男「今のはピッグでブタという意味だ」

マミ「……そう。巴って私のことよね?」

男「否定するほど間違ってはいないな」

マミ「男君は私がピッグでブタだっていうのね?」

男「↓2」
235 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 23:06:38.11 ID:KvCeOWF+o
巴親方!ごっつぁんです!!
236 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 23:07:06.41 ID:fAm+V3WIO
デタぁぁ!!
237 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 23:08:10.68 ID:KvCeOWF+o
「ピブ マミ」でググった

…あぁ、そう言う事…
238 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 23:11:10.39 ID:WL8xbriq0
男「デタぁぁ!!」

マミ「?」

男「今のはデブでブタという意味だ」

マミ「……そう。さっきのとブタが被ってないかしら?」

男「確かに……ご指摘痛み入る。ごっつぁんです!」

マミ「……」

男(あれ……?今って結構いい雰囲気なんじゃないか?)

男(今だったらマミさん落とせるかも……?)

男「↓2」
239 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 23:11:40.16 ID:A9VpGzS2o
お突き合いください!巴親方!
240 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 23:11:43.28 ID:/TgTo+7IO
やらないか
241 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/05/22(火) 23:11:46.58 ID:IrQrNm/ko
鹿目さんへの愛と、マミさんへの愛で揺れ動く俺の心を察してよ
242 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/22(火) 23:14:56.15 ID:A9VpGzS2o
男「アイドルの巴マミと同じクラスなんだけど…」
http://read2ch.com/r/news4vip/1336271814/

340:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/05/06(日) 20:43:53.45 ID:F/VXQ7QP(57)
マミ
[ピザ]
ブタ
ピザ
マブ
デミ
ブミ
ピミ
マザ
デザ
ブザ
ピブ
ピタ
マタ
デタ
ブブ



ピザで[ピザ]てピブに[ピザ]でブタか…
あんかした
243 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 23:17:27.95 ID:WL8xbriq0
男「やらないか」

マミ「やらないわよ」

シュルシュル

男「あふん」

男(リボンで縛られてしまった……)

マミ「一時間ほどで解けるわ。そこで頭を冷やしなさい」

男「ウスッ!親方!!」

マミ「……」パチーーーン

男(顔をはたかれた……)

マミ「……」スタスタ

男「え……マジで行っちゃうの?」



男「取り残されてしまった……」

男「なぜだ……俺は今日、魔女を瀕死にまで追い詰めたヒーローのはずだぞ……」
244 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 23:19:58.88 ID:WL8xbriq0
男「よし、拘束が解けたな」

男「帰るか」



男「家に着いたぞ」

男「疲れた……眠い……」

男「今日は裏サイト、どうしようか?」

↓2
245 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/05/22(火) 23:20:07.73 ID:gYbqYOyAO
裏サイトでピブさんコラを流行らせる
246 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/05/22(火) 23:20:09.07 ID:IrQrNm/ko
マミさんに酷い目に遭わされた、信頼してたのに、と泣きながらまどかに相談
247 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 23:21:58.53 ID:Bri7e4bu0
FORMULA「貴方の変態じゃなければいいんじゃない?」

OKOTO「えー。俺から変態成分を抜いたら何が残るんだよ」

こうですか?わかりません。
248 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 23:27:21.22 ID:WL8xbriq0
男「鹿目さんにメール送ろう……」

男「はあ……眠い……」

男「信頼してた巴さんに張り手打ちされたTT」


ピリリリリ


男「『平手打ちですか?男さん、またマミさんに体重の話したんじゃ……』か……」

男「眠い……もう寝よう」

男「ぐうー」
249 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/22(火) 23:27:53.55 ID:WL8xbriq0
今日はここまでにします

ありがとうございました
250 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/22(火) 23:30:27.23 ID:IrQrNm/ko


体重の話がNGなのは共通認識なのなwwwwww
251 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/22(火) 23:36:47.57 ID:/TgTo+7IO
乙!
252 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山形県) :2012/05/23(水) 00:02:57.89 ID:MfRcGNw4o
253 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2012/05/23(水) 20:19:14.97 ID:i338qkoD0
今日は更新無しです
FORMULAパートのストックがもう吊り橋プレイ しか残ってないので
何かリクエストあったら書いてくれれば選択肢に追加されるかもしれません
254 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/23(水) 20:33:21.57 ID:eY/mpca40
乙、じっくり休んでね。
じゃあ、ディオ風のキスという選択肢をいれよう(提案)
あれでうまくいった安価スレがあったから。
255 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/23(水) 20:35:05.97 ID:XW+40PQ+o
>>254
最初は上手くいってましたね(デビルスマイル
256 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/05/23(水) 20:44:16.77 ID:X6VWrKhAO
スカトロ
257 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/23(水) 20:52:54.42 ID:qotgsY5Xo
陵辱
258 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/05/23(水) 21:04:00.99 ID:6p2vDWNAO
コスプレ
259 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/05/23(水) 22:26:07.65 ID:CmAcIriAO
2人で魔女姦
260 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/05/23(水) 22:28:58.78 ID:j4JG3Ffmo
催眠プレイ
261 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/24(木) 20:08:13.95 ID:bL4lJlzz0
男「さて、学校行くか」

「にゃー」

男「大人しくしてろよ。家の中荒らしたらマミさんの餌にするからな」



男「おはよう、鹿目さん!今日もいいピンクが映えるね!」

男「まあ居ないんだけどね」

男「どうしよう、先に行ってる可能性もあるけど待とうかな?」

>>262
262 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/24(木) 20:09:07.09 ID:dDA90sZF0
瞑想しながら待つ
263 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/24(木) 20:18:30.24 ID:bL4lJlzz0
男「瞑想か。丁度いい、寝すぎて体がだるかったんだ」

男「あと3時間くらいは寝たいと思っていた所だ」

男「さて……」

男「……」

男「Zzz……」



男「……はっ」

男「なぜ俺は自分で起きてしまったんだ。鹿目さんかマミさんに優しく起こして欲しかったのに」

男「時間は……午後12時か」

男「今から学校に行くのはだるいな、どうしよう」

1.ほむらの家
2.街
3.学校

↓2
264 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/24(木) 20:18:54.14 ID:dDA90sZF0
265 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/24(木) 20:19:09.21 ID:/Wmo6Bsuo
266 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) :2012/05/24(木) 20:19:10.64 ID:c/mbubOQo
267 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/24(木) 20:28:06.70 ID:bL4lJlzz0
男「そういえば昨日暁美さんは39度の熱を出したらしいな」

男「そのレベルの熱なら今日も学校を休んでいる可能性がかなり大きい」

男「よし、ここは一つお見舞いにでも行くとしよう」

男「見舞いには見舞い品が必要だ。何を持っていく?」

男「最低限街で買えるものにしてくれよ。釘を刺しておかないとお前らはすぐに戦闘機とか特定個人のパンツとか言い出すからな」

↓2
268 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/24(木) 20:29:16.73 ID:dDA90sZF0
パズルと果物
269 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/24(木) 20:29:24.71 ID:X3P1xpb+0
かわいいぬいぐるみ
270 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/24(木) 20:30:37.75 ID:X3P1xpb+0
まどポでマミさんと杏子が取ったくまのぬいぐみみたいなやつ。
271 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/24(木) 20:42:25.97 ID:bL4lJlzz0
男「そういえば前に暁美さんの家に行ったとき、かわいい系のアイテムは一つも無かったな」

男「よし、ここはぬいぐるみを持っていこう」

男「『え……こ、こんなかわいいぬいぐるみ、私には似合わないわ』」

男「そんなことはない。それは君が勝手にそう思い込んでいるだけだ。このぬいぐるみは君の魅力を更に引き出してくれるはずだよ」

男「『そんな風に言ってくれたのは貴方が初めてよ……ぽっ』」

男「というような事になり、フラグが立つこともあり得るぞ」

男「種類は……定番のクマでいいか」


「いらっしゃいませー」

男「テディベア、プーさん、リラックマか……」

男「うーむ、どれでもいいと思うだけにどれも選べないぞ」

男「おっ……これはいいんじゃないか。グルーミー」

男「暁美さんは鹿目さん大好きだからな。ピンクのグッズもきっと気に入るだろう」

男「すみません、これください」
272 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/24(木) 20:43:15.78 ID:X3P1xpb+0
それは失敗フラグwwwwwwwwwwww
273 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/24(木) 20:45:00.03 ID:bL4lJlzz0
男「暁美さんの家に着いたぞ」ピンポーン

男「……」

ほむら『はい』

男「↓2」
274 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/05/24(木) 20:45:35.79 ID:5zg/thAto
さやか急便です
275 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/24(木) 20:45:53.41 ID:c/mbubOQo
崇めよ
276 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/24(木) 20:49:06.45 ID:bL4lJlzz0
男「我は全能の神。崇めよ、そして奉れ」

ガチャ

男(切られた……)

男「……」ピンポーンピンポーン

男「……」

男「……」ピンポーンピンポーン

男「……」

ほむら『何?』

男「↓2」
277 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/24(木) 20:50:06.54 ID:dDA90sZF0
早く開けてくれ死ぬほど追われてる
278 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/05/24(木) 20:50:10.39 ID:5zg/thAto
ピンクの可愛いのを届けにきた
279 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/24(木) 20:50:20.04 ID:X3P1xpb+0
すいませんでした。ほむら様。お見舞いに来たので許してください
280 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/24(木) 20:50:32.31 ID:+EwUebnwo
お見舞いに来たんだけど
281 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/24(木) 20:58:38.73 ID:bL4lJlzz0
男「ピンク色のかわいいものなーんだ?」

ほむら『ま……何、なぞかけ?見当もつかないわね。今忙しいからもう切るわよ』

男「実は今一緒に来てる」

ガチャ

ダダダダ...

バタン

ほむら「何かしら?答えが気になって仕方が無いわ」

男「正解はグルーミーちゃんでしたぁーーー!!!」

ほむら「……」

バタン

男「こらーーーー!!!開けろ!!開けんか!!!先輩様がお見舞いに来てやってるんだぞ!!!」ドンドンドン!!!

ほむら(ドア越し)「う、うるさいわ!ご近所様に迷惑でしょ!?」

男「じゃあ開けろ!!!開けろぉーーー!!!!!」ドンドンドン!!!

ガチャ

ほむら「ああ、もう……本当に何の用なのよ……」

男「お見舞いにきた。はい、見舞い品」

ほむら「はあ……どうも、ありがとう」
282 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/24(木) 21:13:20.27 ID:bL4lJlzz0
ほむら「? 貴方、一体……」

男「上げて。喉渇いた」

ほむら「……いいわ。入って」


男「風邪の具合はどう?」

ほむら「問題無いわ」

ほむら(というか仮病なんだけど)

ほむら「それより男先輩。貴方からわずかに魔力を感じるのだけど……」

男「俺は大魔法使いだ。昨日覚醒して魔女をボコボコにした」

ほむら「……まあ、魔女を倒したのは嘘だとして。結界の中に入ったのね?」

男「入ったな」

ほむら「ひょっとして、結界の中にあった物を今身に付けていたりする?」

男「いや、無いよ。……あ、でも落ちてたケーキとかいっぱい食べた」

ほむら「多分それね……今貴方の体には、少量だけど魔力が宿っているわ」

男「ふーん」

ほむら「それはただの人間である貴方が持っていても、プラスに働くことはないわ。今すぐ捨てなさい」

男「何か具体的に悪いことでも起こるの?」

ほむら「……知らないわよそんなこと。とにかく良くないから早く捨てなさい」

男「どうやって?」

ほむら「え? ……つ、使えばいいんじゃないかしら?」
283 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/24(木) 21:26:27.93 ID:X3P1xpb+0
ttp://blog-imgs-48.fc2.com/m/o/e/moeimg10/lhpwfda0itcg4dz.jpg

こんなシュチュレーションになるまでがんばるよ!
284 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/24(木) 21:26:49.92 ID:bL4lJlzz0
男「使う……?どうやって使うんだ?俺は一般人だぞ」

ほむら「……」

男「おい、黙ってないでなんとか言ったらどうなんだ!!」

ほむら「ちょっと待って、今考えてるから……」

男「ふん……!この程度の質問にも即答出来ないようじゃ君の魔法少女としての実力もたかが知れるな!!」

男「毎度毎度、事情通ですと言わんばかりに偉そうな態度を取って、自分だけが正しいかのように振る舞い人に指図をする癖に……!」

男「『あー、この人魔法とか詳しいのかな?なんか偉そうだし、多分そうなんだろうなあ』と思って、ちょっとこっちが質問したらそれには即答出来ない!」

男「はっきり言って無能だよ君は!!振る舞いに実力が伴ってない!!」

ほむら「う、うるさいわね!」

男「はあ……逆ギレか。もういいよ、巴さんにどうしたらいいか訊くから」

ほむら「くっ……」

男「それより、今日は他にも用事があって来たんだ」

ほむら「……何」

男「トイレ貸して」

ほむら「絶対に嫌よ!!貴方のせいで便座を買い換えるハメになったんだから……!!」

男「じゃあ……」

1.遊びに行こう
2.何か手伝える事無い?
3.織莉子ちゃんはどこにいる?

↓3
285 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/24(木) 21:27:25.44 ID:dDA90sZF0
286 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/24(木) 21:27:55.57 ID:/Wmo6Bsuo
287 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/05/24(木) 21:28:33.15 ID:X3P1xpb+0
288 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/24(木) 21:37:39.43 ID:bL4lJlzz0
男「えっと、その……てぃひひ……」

ほむら「その気持ちの悪い笑い方をやめなさい。本気でどうにかするわよ」

男「ほむらちゃんと遊びにいけたらなって、思ってしまうのでした。ティヒ!」

ほむら「……」ゾクッ

男「遊びに行こうぜ!」

ほむら「言っている事が無茶苦茶だわ。そもそも貴方、私が熱を出して休んでいるからお見舞いにきたんじゃなかったの?」

ほむら「それなのに遊びに行くために来たって……どうかしているとしか思えないのだけど」

男「黙れぇっ!!!!!」バンッ!!

ほむら「きゃあ!」ビクッ

男「行くか行かないのか聞いてるんだ!どっちだ!!」

ほむら「い、行かないわ。用事があるのよ」

男「ふーん、じゃあ……」

1.何か手伝える事ない?
2.織莉子ちゃんはどこにいる?
3.帰る

289 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/24(木) 21:38:05.75 ID:nteOJq69o
2+3
290 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/24(木) 21:38:10.07 ID:dDA90sZF0
1
291 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) :2012/05/24(木) 21:38:36.42 ID:c/mbubOQo
292 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/24(木) 21:50:08.42 ID:bL4lJlzz0
男「用事って何。俺の誘いを断ってまで優先される用事って何」

ほむら「貴方の誘いなんて炊事洗濯レベルの用事にも優先されることはないけれど……」

ほむら「武器の作成と整理よ。ワルプルギスの夜が来るまでに、少しでも多くの武器を、いつでも使える状態で用意しておかなければいけないから」

男「そうか……それは大変そうだな」

男「よし、俺も手伝おう!見滝原の平和は俺が守る!!」

ほむら「結構よ……他人、ましてや貴方の作った武器なんて怖くて使えない」

ほむら「それに私の武器庫には私以外は入れない。貴方に手伝える事は掛け値なしに何も無いわ」

男「……」

ほむら「あ、でも……貴方が私の事を手伝ってくれるというなら、お願いしたい事はあるわ」

男「あ……わかった。↓2だろ?」
293 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/05/24(木) 21:51:04.52 ID:jVkCY6cAO
マッサージ
294 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/24(木) 21:51:58.02 ID:+EwUebnwo
強盗
295 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/24(木) 21:59:19.99 ID:X3P1xpb+0
この主人公ならすぐに捕まりそうだwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
296 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/24(木) 22:04:48.72 ID:bL4lJlzz0
男「強盗だろ?君は他人の物を平気で盗むからな。当然他人に犯罪の片棒を担がせるのも抵抗なんてないんだろう?」

ほむら「ち、違うわよ!私は自分のやったことに対しては自分で責任を持つつもりよ!」

ほむら「貴方に手伝ってほしいのはそんな事じゃない。まどかが契約をしそうになったら……何をしてでも止めて欲しいのよ」

男「え、そんなの個人の自由だろ?」

ほむら「貴方には話しておくわ。この間話した魔法少女システムの裏……キュゥべえが私達に隠している、魔法少女の真実を」




ほむら「……これが魔法少女の本当の姿。この事はマミや杏子も知らないし、決して教えないで欲しい」

ほむら「貴方にだけ教えた理由はわかるでしょう?当事者でない貴方なら、これを知って取り乱すことはないし、まどかの契約を阻止することに肯定的になってくれると思ったからよ」

男「……」

1.取り乱してみる
2.納得したので帰る

↓2
297 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/24(木) 22:05:39.82 ID:dDA90sZF0
298 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/24(木) 22:06:09.43 ID:+EwUebnwo
1
299 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/24(木) 22:06:11.93 ID:c/mbubOQo
泣きわめく
嘘だすまん
300 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/24(木) 22:06:12.27 ID:nteOJq69o
2
301 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/05/24(木) 22:06:13.28 ID:CtBnfar2o
1
302 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/05/24(木) 22:06:29.60 ID:X3P1xpb+0

303 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/24(木) 22:07:16.57 ID:nteOJq69o
>男「強盗だろ?君は他人の物を平気で盗むからな。
>当然他人に犯罪の片棒を担がせるのも抵抗なんてないんだろう?」

草加雅人で再生されたでござる
304 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/24(木) 22:18:08.52 ID:bL4lJlzz0
男「う、うわああーーーーっ!!」

ほむら「!?」

男「巴さんも、暁美さんも、杏子ちゃんもゆまちゃんも!!いつかは魔女になっちゃうんだ!!」

ほむら「お、落ち着きなさい!」

男「ソウルジェムが魔女を生むなら……みんな死ぬしかないじゃないか!!!」

男(俺は暁美さんから貰った拳銃を彼女自身に向けた)

ほむら「!!」

男「お前も!!俺も!!」

ほむら「!?」

男「……いや、俺は死ななくていいだろ!!!!!いい加減にしろよ!!!!!」

ほむら「ふ、ふざけないで……!銃を下しなさい!」

男「あ、はい……すんませんでした……」

ほむら「はあ……」

男「なあ……」

ほむら「何……」

男「ゆまちゃんのソウルジェムって変身した時首の後ろにあったよな……」

ほむら「……それが何なのよ」

男「砕かれたら死ぬんだったらみんなそこの位置につけたほうがいいんじゃないか?」

男「なんで頭とか胸とかに付けてる奴が多いんだ……?」

ほむら「知らないわよ……」
305 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/24(木) 22:38:43.04 ID:bL4lJlzz0
男(俺は暁美さんの部屋を後にし、帰宅した)

男(いつの間にか夕方になっている)

男(さて……俺の体に入った魔力だけど、言われて気づいたが、実は俺の自由に使える)

男(暁美さんの言った通り、使えば無くなってしまうだろうから、一回だけの使いきりだ)

男(せっかくのタナボタだ。大事に使おう……)

男(ちなみに使える能力は次の通りだ)


その1 トランシッコポーテーション
自分の膀胱内のおしっこを他人に移しかえることができる

その2 予知
予知ができる

その3 インキュベーター・カモン
珍獣キュゥべえを召喚出来る ただし見えないし触れない

その4 ナッパ
攻撃魔法 ただし持っている魔力が少ないので威力は大した事無い

男(どれを使っても一回限りだ。よく考えて使おう)

prrrrr

男「ん、鹿目さんからメールだ。よく見ると昼休みと1時間前にも一件ずつ来ていたぞ」

男「『今日はどうしたんですか?もしかして昨日のでケガとかしてたんじゃ……?』」

男「『返事をください。心配しています。』」

男「『本当に大丈夫なんですか?男さんの家を知ってたらすぐにでも行くのに……』」

男「うーん……なんて返信しよう……」

↓3
306 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/24(木) 22:39:47.58 ID:dDA90sZF0
ほむほむの見舞い行ってたら学校行けなかった
307 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/05/24(木) 22:40:38.43 ID:TVh9BwTAO
愛してるぜベイベ
308 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) :2012/05/24(木) 22:40:40.16 ID:c/mbubOQo
自分の家の住所を送って、まどかにきてもらう
309 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/24(木) 22:45:09.04 ID:bL4lJlzz0
すみません、時間切れなので落ちます次は安価308の続きからで
310 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/05/24(木) 22:45:25.53 ID:NM1bABp5o
まどか逃げてぇー
311 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/24(木) 23:44:48.68 ID:7DtmZ8xIO
312 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2012/05/25(金) 18:06:20.12 ID:n6SuTguho
まどかわいい
313 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2012/05/25(金) 20:43:40.65 ID:nXayuthi0
今日は更新無しです
314 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/25(金) 20:49:53.09 ID:WnJmBtyPo
はい
315 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 18:14:29.89 ID:Tw5tVHVh0
男「よし、ここは住所を送って鹿目さんに家に来てもらおう」

男「本来昨日来ていたはずのところを、魔女に邪魔されてお流れになったからな。鹿目さんもきっと俺の家に来たがっているに違いない」

男「どんな文面で送ろうか?」

1.無事であることを前面に押し出しつつ寂しさを醸し出し誘い受け
2.魔女の口づけを受けたふりをして危機感を煽る
3.構ってもらうために突き放した態度を取る

>>316
316 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/26(土) 18:15:50.93 ID:UgR7jUmG0
1
317 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 18:28:29.63 ID:Tw5tVHVh0
男「『心配かけてごめん、いまメールに気づいた!怪我とかは特にないよ、魔女なんて俺にとっては恐れるに足りない存在だからね』」

男「『住所は一応○丁目×の△だけど、鹿目さんも学校で疲れてるだろうから無理してまで来ないほうがいいよ』」

男「『まあ、一人暮らしだし誰かが遊びに来てくれたら嬉しいけど、明日も学校があるからね。本当に気にしなくていいから!』……と」

prrrrr

男「もう返信が来た……早いな」

男「『丁度帰ろうとしてたところなので、帰りにお伺いしますね。さやかちゃんも一緒です』か」

男「さて……本当にすぐ来るなら時間にして15分後くらいか。その間何をしていよう?」

↓2
318 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/26(土) 18:32:25.85 ID:UgR7jUmG0
パントマイム
319 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 18:32:30.85 ID:3MHbrRg/o
色々見らてても問題ないように掃除片づけ
320 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 18:39:10.46 ID:Tw5tVHVh0
男「ここはやはり部屋の片付けを行うべきだな。似た状況の男性の9割以上が同じ選択をするだろう」

男「居間から取り掛かるか」



男「よし、終わったぞ。10分経過か。次は……」

1.PCに起動パスワードを設定する
2.溜まっている洗濯物を洗濯機に隠す
3.トイレにカメラを設置する

↓2
321 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [ sage]:2012/05/26(土) 18:39:52.32 ID:5YZOIAFlo
3
322 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/26(土) 18:40:00.77 ID:UgR7jUmG0
323 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(三重県) :2012/05/26(土) 18:40:40.78 ID:2gP7NH+h0
3
324 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 18:43:50.23 ID:Tw5tVHVh0
男「PCはあまり見られたくないな。調子に乗った美樹さやかが勝手に見る可能性がある今、パスワードは絶対に設定しておくべきだ」



男「よし、終わったぞ」

ピンポーン

男「来たか。はーい」

1.ドアを開ける
2.チャックを開ける

↓2
325 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/05/26(土) 18:45:12.42 ID:xlj2XASAO
なんでだよ、盗撮だろ
安価した
326 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 18:45:49.43 ID:3MHbrRg/o
327 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 18:54:37.66 ID:Tw5tVHVh0
ガチャ

まどか「あっ……こんにちは」

男「こんにちは、鹿目さん」

まどか「……///」

さやか「おーっす、先輩!かわいいかわいいさやかちゃんがお宅に訪問しちゃいましたよ!」

男「さようなら、美樹さん」

さやか「んー、態度の悪いホストだなあ?今日のあたしは客だぞ?丁重に扱いたまえよー?」

男「……」

男(え、これキレていいんだよな?)

1.ノリに付き合う
2.マジギレして頭をはたく

↓2
328 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/05/26(土) 18:56:11.88 ID:l883lrtAO
1
329 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/26(土) 18:56:15.44 ID:pRbFBMxco
330 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 19:08:44.96 ID:Tw5tVHVh0
男「ええっ、勘弁してくださいよ!俺こういう毒舌キャラで売ってこうとしてるんスから!」

さやか「あーダメダメ!毒舌キャラとかあたし好みじゃないから。ちゃんと接待してくれないと他のホスト指名しちゃうよ?」

男「げっ、それは勘弁!今月ノルマ達成厳しいんスよ、ちゃんとやるからこのままでおなしゃっす!」

さやか「うーん、仕方ないなあ?じゃあ早く案内してくれたまえ!」

男「あざっす!!まま、とりあえず上がってくださいよ!」

さやか「うむ、くるしゅうない!」

まどか「てぃひひ……変なの、二人とも」


男「えっと、ドリンク何にします?」

さやか「何があるの?」

男「コーヒーと麦茶と牛乳」

さやか「すくなっ!えー、じゃあコーヒーで」

まどか「あ、わたしは麦茶で」

男「あざっす!コーヒーイーガー!ムギイーガー!!」

さやか「王将かよ!ホストじゃないのかよ!」

まどか「?」

男「ちょっと入れてくる」

さやか「自分で入れるのかよ!誰に向けて出したオーダーだったんだよ!」

まどか「てぃひひひ!」
331 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 19:17:53.03 ID:Tw5tVHVh0
男「お待たせ」

さやか「おっ、早いね。コホン。このコーヒーの豆の産地はどこかしら?」

まどか「さやかちゃんまだやってる……」

男「ウチのコーヒーは本物だよ。ハワイコナのエクストラファンシーだ」

まどか「うぇひひひっ、男さん、さっき冷蔵庫からブレンディ出してたでしょ?」


まどか「それで男さん、今日はどうして学校休んじゃったんですか?」

さやか「そー、それだよ!あたしの嫁のまどかが授業中もずっとそわそわしてて、嫉妬に狂いそうだったんだけど?」

まどか「ちょ、ちょっとやめてよさやかちゃん……!」

男「ああ、それは……」

男(どうしよう)

↓2
332 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 19:19:01.49 ID:3MHbrRg/o
ちょっと野暮用があって
333 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/26(土) 19:21:57.09 ID:pRbFBMxco
鹿目さんが一回告白を受けてくれたのが嬉しくて家で悶々としてた
334 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 19:39:02.68 ID:Tw5tVHVh0
男「いや、その……鹿目さんが昨日、俺の告白を受けてくれたのが嬉しくて……」

まどか「あ……」

男「布団の中で身悶えしながら鹿目さんの事を考えてたら、こんな時間になっちゃった!フヒヒッ!!」

まどか「……///」

さやか「あ、アホかあんた!そんなの本人の目の前で言うべきことじゃないでしょ!?」

男「えっ、どうして?」

さやか「いや、だって布団の中でとか……男の人のそういうのは……」

男「は?好きな相手の顔思い浮かべて幸せな気分に浸るのって悪いことなの?」

さやか「いや……でも……まどかには、そういうのはまだ……」

まどか「さやかちゃん……ねえお願い、わたし、もう……」

さやか「があーーー!駄目駄目!!あ、そうだ!エイミーはどこにいるの!?あんたのことだからどうせろくに世話もしてないんでしょ!」

男「エイミーならさっきから俺の襟首にしがみついてる」

さやか「えっ」

男「ほら」クルッ

「にゃー」

まどか「わっ、ほんとだ」

男「おい、服が伸びるから降りろ」

男(俺はエイミーの首をひっつかんで、そのまま↓2した)
335 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/26(土) 19:40:06.64 ID:KGzk3Wkoo
床にそっとはなした
336 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 19:40:11.27 ID:uFR71qDH0
ムツゴロウ
337 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/05/26(土) 19:41:23.19 ID:xlj2XASAO
M字開脚でさやかの顔に押し付ける
338 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 19:51:07.23 ID:Tw5tVHVh0
男「猫は舌を触ってやると喜ぶんだ。ほれほれ」

「ふにゃぁ……」

男「よーしよしよしよし!」

男(俺はそのままエイミーに顔を近づけ、顔を甘噛みした)

男「はむはむ」

「〜〜〜〜〜!」プルプル

さやか「うわ……」

まどか「よ、喜んでる……のかな?」

男「君らもやる?」

さやか「いや、あたしはいいかなー、あはは……」

まどか「ええと、普通に抱っこしてみたいかなー……なんて」

男「……ごめんなエイミー。お前、俺の家に住んだばっかりに鹿目さんに嫌われちゃったらしい」

まどか「い、いえいえ、そんな!嫌ってなんかないです!」
339 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 20:00:24.14 ID:Tw5tVHVh0
男「まあ、こんな感じで俺も元気だしエイミーも快方に向かってるよ」

まどか「あ、はい。うぇひひ、よかったね、エイミー……」ナデナデ

さやか「くっ……まさか真面目に世話をしているなんて……」

男「明日はちゃんと学校行くから。心配かけてごめんな、鹿目さん」



男「二人とも帰ったか……」

男「さて、ここに二人の使ったストローがある」

男「俺はこれを……」

1.それぞれ鼻に一本ずつ差し込み、匂いを楽しみながらオナニー
2.口に交互にくわえて二人とキスした気分になりながらオナニー
3.二人が座った座布団に顔を埋め、ストローで肉棒を刺激するオナニー

↓2
340 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/26(土) 20:03:17.25 ID:pRbFBMxco
美樹さやかの使ったストローを本人だと思って拷問
341 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 20:03:24.29 ID:3MHbrRg/o
342 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage saga]:2012/05/26(土) 20:10:13.41 ID:KGzk3Wkoo
オナニーから離れろwwww
343 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 20:14:06.12 ID:Tw5tVHVh0
さやか『んっ……な、何コレ……体が熱い……!?』

まどか『ふぁ……わたし、なんだかヘンだよ……///』

男「ふふふ、ようやく効いてきたようだな。お前らの飲み物に媚薬を混ぜておいたのさ」

さやか『あんた、なんてことを……!』

男「小うるさい口だ。少し塞いでやるか」ストローチュパチュパ

さやか『んぁっ……、抵抗できない……悔しい!』ビクンビクン

まどか『おとこさぁん……わたしもぉ……』

男「ふふ、かわいいやつだ。んっ……」ストローチュパチュパ

まどか『んんっ……ぷはぁ……///』

男「さて、まずは二人の舌で俺のモノを綺麗にしてもらおうか?」

さやか『抵抗できない……悔しい!』ビクンビクン

まどか『はぁい……おとこさんのおちんちん、はやく出してください……///』

男「ふふ、いいぞ。さあ、存分に奉仕してもらおうか!うっ」ドピュ

男「ふう……」
344 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/26(土) 20:14:43.79 ID:pRbFBMxco
毎回だが男はえーなwwwwww
345 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 20:29:11.63 ID:Tw5tVHVh0
prprprprpr

男「ん……電話か」

男「ショウさんからだ。何の用だ」ピッ

男「もしもし。世界一イケメンな男です」

ショウ『よう、ちょっと話があるんだけど今時間あるか?』

男「んー……大丈夫」

ショウ『よっしゃ。実はまたちょっと人手が足りないんだわ。今週の土曜日3〜4人。いけるか?』

男「何のバイト?」

ショウ『いくつか候補があるから選んでくれ。ただし他にも頼んであるから早い者勝ちな』

ショウ『これとこれとこれだ』

男「うーん……」

1.町内会の催しごとの手伝い
2.老人ホームの一日ヘルプ
3.某アイドルのコンサートの裏方

男「決めた。↓3にする」
346 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/26(土) 20:30:24.01 ID:UgR7jUmG0
1
347 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/26(土) 20:30:36.06 ID:cG2aDBQqo
348 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 20:30:38.56 ID:3MHbrRg/o
349 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/05/26(土) 20:30:40.33 ID:l883lrtAO
3
350 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 20:30:42.93 ID:uFR71qDH0
3
351 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/05/26(土) 20:31:54.44 ID:KGzk3Wkoo
この一体感である
352 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 20:38:00.26 ID:Tw5tVHVh0
男「コンサートの裏方にする」

ショウ『おっ、即決とは流石だな』

男「まあ興味があるからね。今度の土曜日に見滝原でコンサートをやるアイドルといえば↓3だろ?」

ショウ『ほー、詳しいな!その通りだよ』

1.如月千早
2.シェリル・ノーム
3.巴マミ
353 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/26(土) 20:38:47.78 ID:UgR7jUmG0
3
354 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/05/26(土) 20:39:39.34 ID:xlj2XASAO
355 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 20:39:48.26 ID:BiXBCl/H0
356 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 20:40:32.42 ID:uFR71qDH0
3
357 : ◆XWbYHsHbTc :2012/05/26(土) 20:46:44.21 ID:UO0ZyqkS0
なんてキチガイじみた安価なんだ・・・。



まあそれがいいんですけどね。
358 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 20:47:28.38 ID:UO0ZyqkS0
くそ、トリップ付けちまった。
すみません。
359 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 20:51:50.21 ID:Tw5tVHVh0
男「巴マミは実はクラスメイトなんだ」

ショウ『そうなのか?くぅー、羨ましい!俺もアイドルのクラスメイトとか欲しかったな!』

ショウ『やっぱりクラス内でも1ランク上の存在なのか?つかお前はどうだ?仲良いのか?』

男「いや、巴さんがアイドルになったのは最近のことだからね。それ以前と今とではみんなの態度はそんなに変わらないよ」

男「あと俺は先週部屋に呼ばれた」

ショウ『マジか!?』

男「マジ。そして食ったよ」

ショウ『!?お、お前、やるな……』

男「あ、これはオフレコで頼むよ」

ショウ『ああ……なあ、お前卒業したら俺の店来ねえ?』

男「フッ……考えておくよ」プツッ



男「それにしてもあのケーキは良い物だったな……また食いたい」

男「あ、わざとだからな?」

男「さて、このバイトには俺を含めて4人で取り掛かる必要がある」

男「誰を誘う?」

↓1から3人埋まるまで
360 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 20:52:34.69 ID:BiXBCl/H0
好感度がない織莉子先輩
361 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/05/26(土) 20:52:35.95 ID:xlj2XASAO
マミさん
362 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 20:52:39.05 ID:uFR71qDH0
マドカァ
363 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/26(土) 20:52:40.46 ID:pRbFBMxco
ほむほむ
364 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 21:00:15.81 ID:Tw5tVHVh0
男「織莉子ちゃんか……そもそも今どこにいるんだ?」

男「暁美さんが監禁しているらしいけど、さっき暁美さんの部屋に行った限りではそんなことが出来そうなスペースは無かったぞ」

男「まあとりあえず、明日暁美さんに聞いてみるか」

男「そしてマミさんか……主役と裏方、両方をこなすことになるのか」

男「まあいけるだろ。どうせ歌も口パクだろうし、大した負担にはならないはずだ。俺が誘う以上は必ず来てもらうぞ」

男「あとは鹿目さんか……小遣いが足りないって言ってたし、快諾してくれるといいんだが」

男「いや、待てよ?バイトをするには親の許可がいる、みたいなことも言ってたな。これはどうなるんだ?」

男「まあ、面倒なことは全部明日だな。明日解決しよう」
365 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/05/26(土) 21:01:06.60 ID:l883lrtAO
マジでマミさん誘うのかwwwwww
366 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 21:13:39.93 ID:Tw5tVHVh0
男「さて、裏サイトにアクセスしよう」

男「FORMULAがコラ作りを引退して、コラブームも終焉を迎えるものかと思ったが……新参も続々入ってきてまだブームが続いてるようだな」

男「男同士が裸で絡み合うコラを作っている、女子に人気のスレが特に勢いあるな」

男「まあ俺が標的にされない限りはどうでもいいや。放置放置っと」

男「今日もチャットにFORMULAがいる。入ろう」


OKOTO「やあ!」

FORMULA「あ……」

FORMULA「よかった、また来てくれたのね……」

OKOTO「?」

FORMULA「昨日、待ってたのに……来なかったから……」

FORMULA「コラ作りをやめたから、やっぱりもう来てくれないのかなって思っちゃって……」

FORMULA「貴方、ドライなところがあるから……気が変わって愛想つかされたのかなって」

OKOTO「一日来なかっただけじゃん。毎日インしてるFORMULAが変わってるんだよ」

FORMULA「そ、そう?うん、そうよね……」

〜〜〜〜〜

男(友情が重いぞ……暁美さん……)

1.悪い気はしない
2.この子はちょっとおかしい

↓2
367 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/05/26(土) 21:14:29.58 ID:UgR7jUmG0
2
368 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/05/26(土) 21:14:53.61 ID:l883lrtAO
369 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/05/26(土) 21:15:03.34 ID:qsF+SnPNo
2
370 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 21:22:49.51 ID:Tw5tVHVh0
OKOTO「まあ、暇な時はなるべくインするようにするから。こっちも話が合うのってFORMULAくらいしかいないんだよね」

FORMULA「えっ!そ、そう?」

OKOTO「そうそう」

FORMULA「ふふ……なんだか照れるわね」

OKOTO「ほぼ毎日自慰行為につき合わせてる癖に何を今更照れることがあるのん?」

FORMULA「ちょ、ちょっと!そういうストレートな物言いはやめてもらえる!?」

〜〜〜〜〜

男「……」

1.もっとセクハラする
2.しない

↓2
371 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 21:23:25.29 ID:j8dmP16Wo
111111111111111111111111
372 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 21:23:35.28 ID:uFR71qDH0
1
373 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) :2012/05/26(土) 21:23:46.55 ID:pRbFBMxco
1
374 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 21:29:28.48 ID:BiXBCl/H0
メガほむだったら「えっちぃのは・・・嫌いです・・・・////」とか言うかもな・・・・
やべぇ興奮してしまう!
375 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 21:33:52.66 ID:Tw5tVHVh0
OKOTO「いや、照れることないでしょ?私とFORMULAはお互いの打った文字を見て擬似的なセックスを何度も何度もした仲なんだから」

FORMULA「な、な……」

OKOTO「初めて会った時はあなたとこんな深い関係になるだなんて思ってもみなかったけど……」

OKOTO「今となってはあなた、私が一日来ないだけでへこんじゃうくらい私との擬似セックスにハマっちゃってるもんね」

FORMULA「ち、違うわよ!あれはあの子とのこれからのあり方を確かめるためで、別にはまったとかそういうのじゃ」

OKOTO「じゃあもう十分に試行したはずでしょう?これからはああいうのは無しで、普通に趣味なんかの話をする友達になろう?」

FORMULA「そ、それは……まだ、十分とはいえないと思う……。だって、私のあの子への気持ちは今もはっきりしないままで……」

〜〜〜〜〜

男「……」

1.もっともっとセクハラする
2.しない

↓2
376 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 21:34:55.05 ID:DtiufhIIO
2
377 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/05/26(土) 21:35:03.25 ID:xlj2XASAO
378 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 21:41:14.97 ID:uFR71qDH0
いいぞもっとやれ
379 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 21:44:57.80 ID:3MHbrRg/o
たまには引いて焦らすのも有効
380 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/26(土) 21:45:25.59 ID:pRbFBMxco
いや、もう畳み掛ければいいだろどうせほむほむだし
381 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 21:48:27.40 ID:Tw5tVHVh0
OKOTO「いや、もう認めちゃいなよ……あなた、私の打鍵した文字見て興奮して、モニターの前で下半身裸になってびしょびしょのアソコいじってるんでしょう?」

FORMULA「な、なんてこと言うの!?そういうのじゃないのよ!本当にもうやめてよ!」

OKOTO「なんで恥ずかしがる必要があるの?ここはネットなんだから、現実みたいに体裁を気にする必要はない」

OKOTO「思うままに自分を曝け出すのがここでの正しいありかたなんだよ?」

FORMULA「……」

OKOTO「私もあなたの打鍵した文字でオナニーしたことあるしね。あなたには(裏技)で私の名前がその好きな子の名前に見えてるわけだけど……」

OKOTO「私の方にはそうは見えない。ここにいるのは私とFORMULAであって、私はFORMULAとの擬似的セックスを楽しみながら自分を慰めてるんだよ」

FORMULA「……!」

OKOTO「いつも左であそこをいじりながら右手で文字を打ってるよ。そんな私のことを貴方は気持ち悪いと思う?」

FORMULA「それは……気持ち悪いだなんて、思うわけないけど……」

〜〜〜〜〜

男(いじってるのは肉棒で、俺はFORMULA=暁美さんだと知っているから成り立つ行為なんだが……)

1.オナニーのやり方を聞く
2.もうやめる

↓2
382 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/05/26(土) 21:49:06.45 ID:pRbFBMxco
1
383 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/05/26(土) 21:49:19.03 ID:l883lrtAO
384 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 21:50:43.57 ID:uFR71qDH0
1 ヒャッハー!
385 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 22:03:27.90 ID:7u1xCCdvo
ふひっ
386 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 22:09:40.74 ID:Tw5tVHVh0
OKOTO「ねえ、私達って友達だよね?」

FORMULA「今更何を言ってるのよ……そんなの当たり前じゃない」

OKOTO「さすがにオナニーのやり方を書くのは照れがあるなって今思ったんだけど」

FORMULA「それも当たり前でしょ……」

OKOTO「私だけ恥ずかしい思いをするのはずるくない?」

FORMULA「……」

OKOTO「ねえ、FORMULAはいつもどうやってオナニーしてるの?」

FORMULA「そんなこと、友達だからって答えるわけがないわ」

OKOTO「……そう……。あなた一昨日、私に対して友情を感じるって言ってくれたよね」

OKOTO「あれと同じことを私も感じていたのに。この子とならお互いの顔を知らなくても……」

OKOTO「ううん、お互いの顔を知らないからこそ。なんでも、どんな恥ずかしいことでも相談しあえる友達になれるって思ったのに……」

FORMULA「そ、そんな言い方はずるいわ。いくら友達でも限度というものがある!」

OKOTO「そうだよね……。私が先走って勝手に話してしまっただけ。FORMULAはそんな馬鹿な私に付き合うことはないよ……」
387 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 22:12:49.48 ID:Tw5tVHVh0
FORMULA「……」









FORMULA「PCデスクの前で、椅子にタオルを敷いて……貴女とああいうチャットをしている内に興奮してきて」

FORMULA「最初はいつも太ももをすりあわせているだけで我慢できるんだけど、場が進むと直接指であそこに触れてみたくなってくるの」

FORMULA「そうして我慢できなくなって、あそこをいじりはじめてしまうと、私はチャットを打つのが遅くなる……」

FORMULA「チャットを進めないと想像上のあの子とのやり取りが止まってしまうわ。それでもチャットを進めずにあそこをいじることを続けていると……」

FORMULA「私は現実に戻ってしまうの。これはあの子じゃない、私は何をしてるんだろうって……」

FORMULA「だから、チャットを進める手を止めるわけにはいかない。でもあそこはいじりたい……そんなジレンマを抱えながら私は……」

OKOTO「ちなみに一番弱いところはどこ?」

FORMULA「はぁ……もういいわ……クリトリスよ……」

FORMULA「こんな事、現実に顔を知ってる相手の前なら、相手が誰であろうと絶対に言えないわね……」

OKOTO「ふーん、メモっとくね」

FORMULA「や、やめなさい!」

OKOTO「道具は使う?」

FORMULA「いえ、使ったことは無いわ」

OKOTO「イク時にどんな声出すの?」

FORMULA「声はずっと殺しているわ……。けど、終わったあと、少し寂しくなっていつもあの子の名前をつぶやくの……」
388 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 22:17:04.87 ID:Tw5tVHVh0
OKOTO「ふーん……今日はする?」

FORMULA「する」

〜〜〜〜〜

男(暁美さんとエロチャを楽しんだ)


男「さて……寝るか」

鹿目さん★★★☆☆
美樹さん☆☆☆☆☆
マミさん★★★★☆
暁美さん(FORMULA)★★★☆☆
杏子ちゃん☆☆☆☆☆
ゆまちゃん☆☆☆☆☆
織莉子ちゃん☆☆☆☆☆

鹿目さん★★★☆☆
美樹さん★☆☆☆☆
マミさん★★★★☆
暁美さん(FORMULA)★★★★☆
杏子ちゃん☆☆☆☆☆
ゆまちゃん☆☆☆☆☆
織莉子ちゃん☆☆☆☆☆
389 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 22:17:33.17 ID:uFR71qDH0
マドカァ・・・
390 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 22:17:44.39 ID:BiXBCl/H0
ゆまちゃんとは接触させたくないな・・・・・
391 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 22:18:36.42 ID:Tw5tVHVh0
きりがいいのでここまでにします

お疲れ様でした
392 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/05/26(土) 22:19:12.19 ID:7u1xCCdvo
ファッ!?
393 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) :2012/05/26(土) 22:19:52.60 ID:pRbFBMxco
まどかへの好感度の伸び悩みがwwwwww
てかついにさやかへの好感度が生まれたか……
394 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/26(土) 22:21:07.84 ID:uFR71qDH0
乙 このスレは良いスレだな・・・ふぅ・・・
395 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2012/05/27(日) 20:35:21.54 ID:sq3AHLrE0
月内は更新できなさそうです
396 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2012/05/30(水) 20:44:40.91 ID:ohTilxFd0
ところでエロは無い方がいいんですかね
どっちにしても大したもの書けませんけど
397 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/30(水) 23:24:22.87 ID:R/XWg2Fko
エロ目的で来てるわけじゃない(キリッ
まぁ好きに書いていいと思うよ
398 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/05/31(木) 00:57:46.02 ID:oTVv8kBxo
がっちがちでもアレだから、エッセンス程度にあればいいよ エロは良いものだ・・・
399 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/03(日) 14:18:57.28 ID:Br/1kj5Z0
男「ん……」

男「なんだ、もう朝か……っていつもより1時間早く起きてしまったぞ」

男「どうしよう。少し早く学校に行くか?それとも何か他の事をするか?」

>>400
400 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/03(日) 14:24:28.72 ID:S9dQYd4yo
一時間耐久[田島「チ○コ破裂するっ!」]
401 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/03(日) 14:24:55.21 ID:XFWbPTtJ0
マミさんが活躍している動画でも見る
402 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/03(日) 14:29:44.98 ID:Br/1kj5Z0
男「一時間耐久オナニー……か?」

男「待ってくれ。俺は昨日の夕方、鹿目さんと美樹さんの使ったストローでオナニーをした」

男「更に夜も暁美さんとチャットでオナニーをしたんだぞ」

男「この上でまだ俺にオナニーをさせるつもりなのか……?」

男「……」

男「わかったよ……やるよ」

男「一時間でも二時間でもやってやる。さあ、誰でオナニーするのか選んでくれ」

↓2
403 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/03(日) 14:36:55.38 ID:XFWbPTtJ0
たまには織莉子姉さんを思い出してあげてください
404 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/03(日) 14:41:35.07 ID:M+Dr3WKAO
知久
405 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/03(日) 14:53:51.08 ID:Br/1kj5Z0
男「知久か。それなら直接家まで行って本人を見ながらした方がよさそうだな」

男(俺はそのまま学校に行けるよう急いで制服に着替え、鹿目さんの家へと向かった)


男「ふんふふーん……」

ドサッ

男「ん?」

男(すれ違ったOLが突然転んだぞ)

「ったた……」

男(どうやら靴のかかとが折れたらしいな)

男「……」

1.大丈夫ですか、と声をかける
2.品定めする
3.指をさして大笑いする

↓2
406 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/03(日) 15:01:54.81 ID:S9dQYd4yo
2
407 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/03(日) 15:03:32.44 ID:XFWbPTtJ0
1
408 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/03(日) 15:13:45.33 ID:Br/1kj5Z0
男「んふっwだ、大丈夫ですかっ……w」

「ああ、うん……ってなんだよ、笑うことないだろ……」

男「いえっ、笑ってないですよ……んふふっwww」

「ちぇっ」

男(大丈夫とは言ってもOLは地面に座り込んだままだ。よし、ここは……)

↓2
409 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2012/06/03(日) 15:19:17.76 ID:Br/1kj5Z0
ちょと出かけます
次は火曜の夜で
410 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/03(日) 15:21:10.50 ID:NrU3GpCP0
おんぶ
411 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/04(月) 06:10:57.66 ID:n9O9T6sE0
男(俺はOLに近づき、背を向けて屈み込んだ)

男「どうぞ」

「?」

男「おんぶしてあげます。どうぞ遠慮せず」

「いやいや……」

男「歩けないんでしょう?俺が貴女を背負って会社まで連れて行ってあげますよ」

「……くく、はははっ。なんだそりゃ。アンタ、その制服見滝原中のだろ?」

「あたしの勤めてる会社まで行って戻ってきたら遅刻だって。気持ちだけ受け取っとくよ」

男「いえ、遅刻くらいいいんです。綺麗なお姉さんをおんぶすることだけを生きがいにしているので」

「あはは!あたしがお姉さんって……うん、やっぱりまだまだ捨てたモンじゃないね」

「でも学校はちゃんと行きなよ。あたしもどうせこのままじゃ仕事にならないしね。一度家に帰って靴を履き替えたいからさ」

男「じゃあ家まで背負わせてください!お願いします!」

「おっ、食い下がるね……うん、男はそれくらいの根性がないとね。いいよ、どうせ近いからお言葉に甘えるとしようか」

男(OLが背中に乗っかってきた)

「よし、じゃああっちに……」

男「……」

1.あっちに行く
2.持ち帰る

>>412
412 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/06/04(月) 06:21:44.18 ID:N2dzJ6dwo
413 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2012/06/04(月) 06:23:05.25 ID:n9O9T6sE0
今後は時間あるときに、最後のレスが安価になるように書ききりでちょっとずつでも更新して行こうと思います

次のリアルタイム更新は火曜日夜です
414 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/06/04(月) 06:27:20.77 ID:N2dzJ6dwo
把握
もともとVIPからの移住なのにしっかり続けてるだけでも偉いな
415 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/04(月) 10:22:02.14 ID:0Hhw3MSbo
416 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/04(月) 21:53:44.23 ID:n9O9T6sE0
男「任せてください、余裕です」ザッ ザッ ザッ

「悪いね、じゃあ頼んだよ」

男「……」ザッ ザッ ザッ

「……」

男「……」ザッ ザッ ザッ

「そこ右で」

男「御意」ザッ ザッ ザッ

「……」

男「……」ザッ ザッ ザッ

「着いたよ」

男「本当に近い!」

「あはは。靴が壊れたのが家のすぐ近くだったのは実は幸運だったのかもね」ポチポチ...

「もしもし。あ、知久さん。実は靴のかかとが壊れちゃってさあ。悪いんだけど階段の下でいるから替えを持ってきてもらえる?」

「……よし」ピッ

「旦那がすぐに来てくれるってさ。ありがと、助かった。おかげでストッキングを汚さずに済んだよ」

男「……」

1.旦那……?結婚してたのか?俺の気持ちを弄んだんだな!?
2.知久?
3.いえいえ、こっちもおっぱいが背中に当たって気持ちよかったですよ。

>>417
417 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/04(月) 21:54:40.39 ID:V8lTUGrJ0
2
418 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/04(月) 21:54:47.82 ID:rnE31ab40
3
419 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/04(月) 22:11:59.36 ID:n9O9T6sE0
男「知久?」

「ん、旦那の名前だけど?」

男「知久は鹿目系の知久?」

「系っていうか……まあ鹿目知久だね。なんだ、知り合いだったのか?」

男「いえ、知りませんよ」

「ん?じゃあなんで苗字を知ってるんだい」

男「鹿目系の知久って眼鏡かけてて喋りに抑揚が無いやつですよね?」

「ぷっ、なんだそりゃ」

男「僕は知久、まどかの父親だよ。特技は家事全般で好きなものは家族のみんなさ」(棒読みの裏声)

「うひゃひゃひゃひゃ。思いっきり知ってるんじゃないか!」

男「実は今朝も知久に用事があって来ました」

「ん?そうだったのか……おっ、来たよ」
420 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/04(月) 22:23:58.75 ID:n9O9T6sE0
知久「お待たせ、詢子さん……と、男君かい!?いったいどうしたんだい、こんなところでこんな時間に」

知久「っと、その前に靴だね。はい、どうぞ」

「ありがと。あー、男君っていうんだ?そういえばまだ名前を言ってなかったね」

詢子「あたしは鹿目詢子。よろしくね、男君」

詢子「靴が壊れたときに偶然居合わせてね。ここまで運んでくれたんだ。まさか知久さんと知り合いだとは思わなかったよ」

知久「ああ。彼はまどかの友達でね。そうだ、エイミーは元気にしてるかい?」

男「怪我はまだ治ってませんけど、心配いらない程度には元気です」

知久「そうか、よかった……」

詢子「あー、すまない。時間を食っちまったからもう行かないと!男君、知久さんに用事があるんなら早く済ませて、学校には遅刻しないようにしなよ!じゃあね!」タッタッタ

知久「行ってらっしゃい、気をつけて!」

男「tr」

知久「ん?えーと……僕に用事があったのかい?」

男「あ、はい……」

男(まずいぞ、まさか本人を前にしてオナニーしに来ましただなんて言えるわけが無い!)

男(よし、ここは……)
421 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/04(月) 22:29:35.86 ID:n9O9T6sE0
男「トイレ貸してください」

知久「えっ?」

男「漏れそうなんです……家のトイレ詰まっちゃって……もう知久パパしか頼れる人がいないんです……」

知久「あ、ああ……いいよ、洗面所は玄関を上がってすぐ右手にあるよ」

知久「僕はちょっと庭でやることがあるから」

男「はい、ありがとうございます!」ダダダッ
422 :今日はここまで [saga]:2012/06/04(月) 22:47:03.69 ID:n9O9T6sE0
ガチャ

男(靴を脱いで鹿目家に上がった)

男「さて、玄関を上がってすぐ右手だったな」

男「ここか。引き戸になってるな」ガラガラ


まどか「パパー?歯磨き粉もう切れそうだったよ」

男(鹿目さんがいるぞ)

まどか「うーん……いまいちなような……」パサッ

男(鏡の前で髪をいじっている。結うてはほどいて、を繰り返しているようだ)

まどか「んーーー……ねえパパ、このセットの仕方、男の人から見てどうかな?」クルッ

まどか「」

男(振り向いた鹿目さんは制服のシャツの第一ボタンを外した楽な格好だった。ちょっとエロスを感じるぞ)

まどか「え、えっ……あの、男さん……?な、なんでここに……」

男(どうしよう)

↓3
423 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/04(月) 22:52:38.10 ID:+pbNy7sAO
レイプ
424 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/04(月) 22:53:46.11 ID:DPfsngado
ママンとの熱い夜のことを話す
425 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/04(月) 22:53:52.15 ID:0Hhw3MSbo
おはよう鹿目さん、今日もかわいいね
426 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/04(月) 22:54:52.35 ID:cBHQG8rdo
すけべ使用や
427 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/04(月) 23:42:25.72 ID:DPfsngado
しかしここのまどかはかわいい
どう見てもデレデレなのにマミさんやほむほむより好感度が低いのが怖いが
428 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/06/05(火) 00:46:54.00 ID:u22BFHZ10
>>427
あれは まどか→男 の好感度じゃなくて
男→まどか の好感度だから実際には
一番好感度が高いのはまどかだと思う
429 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 18:55:57.62 ID:VQ4BTcR70
男「おはよう鹿目さん、今日もかわいいね」

まどか「あ、ありがとうございます……」

男「髪、上げてないとそんな感じなんだね。鹿目さんの新たな魅力が発見出来て嬉しいな」

まどか「〜〜〜っ///」

男「ちょっと匂いを嗅いでもいいかな……布団から出たばかりの朝一番の鹿目さんの匂いが嗅ぎたい」

まどか「あ、だ、だめ……」

男(拒否する言葉を無視して、洗面所の戸を閉め、鹿目さんに近づいた)

男「本当に嫌だった抜けてくれていいから」

男(鹿目さんを腕の中に収めると、いつものように鹿目分の摂取を開始した)

男「すんすん……すんすん……」

まどか「だ、だめです……パパが来ちゃう……」

男「知久は庭で用事があるらしい」

まどか「っ……」

男(ここからどうしよう)

>>430
430 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 18:57:07.53 ID:+sUVdhnUo
耳を甘噛み
431 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/05(火) 18:57:50.61 ID:2atPpmvAO
後ろから指で鎖骨撫でる
432 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 19:10:06.62 ID:VQ4BTcR70
男「好きだ、鹿目さん」

男(鹿目さんの耳元で、全力のスイートヴォイスで囁いた)

まどか「はぅ……」

男「好きだ。好きだ。好きだ。好きだ……」

男「嗚呼、なんで俺達は人間という形を持っているんだ?身体という壁が邪魔でこれ以上鹿目さんに近づけない」

まどか「っ……」

男「こんなに愛おしいのに……ああ、いっそ鹿目さんのことを食べてしまいたい」

男(俺は鹿目さんを抱きしめたまま彼女の後ろに回り……)

男「はむ」

男(鎖骨を指でなぞりながら耳を甘噛みした)

まどか「ひゃぁっ」

男「驚いた声もかわいい」

まどか「はー……はー……」

男(羞恥からか、鹿目さんの呼吸が荒くなってきたぞ)

男「……」

男(いかん、遊んでる場合じゃなかった。早く知久でオナニーしないと)
433 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 19:13:28.37 ID:0aCP+OxB0
そろそろ現実から戻って来い!
アララギさんも引くレベル!
434 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 19:16:11.59 ID:VQ4BTcR70
男「さて……もっとこうしてたいけど、学校もあるしここまでにしとこうか」パッ

まどか「あ……」

男「今日はちょっとトイレを借りに来たんだ。家のが壊れてしまってね」スタスタ

まどか「あ、はい……」

男「ここかな」ガチャ

男(トイレに入った)


男「さて……」ガラガラ

男(やっぱり思ったとおりだ。トイレの小窓から庭で作業する知久が見えるぞ)

男(さて、どうする……?)

1.ここでオナニーする
2.超小型遠隔式カメラを設置して後でオナニーする

↓2
435 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/05(火) 19:17:39.28 ID:2atPpmvAO
436 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 19:18:04.30 ID:+sUVdhnUo
2
437 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 19:18:42.47 ID:0aCP+OxB0
438 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 19:29:06.71 ID:VQ4BTcR70
男(時間も押している。この場でオナニーするのは諦めて、カメラを設置してトイレから出よう)

男(便器の中から見上げるアングルが撮れるよう、便座のフチにカメラをセットした)

男(サイズが恐ろしく小さいのもあるが、このカメラは便器と色が非常に似ている。おそらく見つかることはないだろう)

男(よし、出るぞ……おっと)

ジャーーーー

男(一応ちゃんと流さないと怪しまれるかもしれないからな)ガチャ



男(洗面所から出ると鹿目さんがいた)

まどか「あの、男さん!えと、パパが朝ご飯食べていかないかって……」

男(どうしよう)

↓2
439 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/05(火) 19:33:42.36 ID:V4sbRb9s0
御馳走になる
440 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 19:37:21.79 ID:yocPtmiTo
頂く
441 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 19:43:06.53 ID:+sUVdhnUo
ごっつあんです!
442 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 19:51:36.78 ID:VQ4BTcR70
男「えっ、いいの?マジ助かるわ〜至れり尽くせりだわ〜」

まどか「てぃひひっ」


まどか「男さんはここに座ってください!」ガタッ

男「ありがとう」

知久「やあ、まどかのわがままにつき合わせてしまってすまないね」

まどか「ぱ、パパ!」

知久「あ、ご、ごめん!えっと、僕の家庭菜園で作った野菜を誰かに楽しんで欲しくてね。ははは……」

「うー」クイクイ

男「ん?」

男(気がつくと幼児にズボンを引っ張られていた)

「にーちゃ、だれ?」

男(……)

↓2
443 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 19:53:15.83 ID:0aCP+OxB0
お兄ちゃん
444 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/05(火) 19:53:31.64 ID:2atPpmvAO
股間を手でパンパンして性別を確かめる
445 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 19:56:35.83 ID:VQ4BTcR70
男「……」パンパン

「んぅー?」

男「タマがある。チンもだ。お前さては男の子だな」

「うん!」パンパン

男(男児が俺の股間をパンパンし返してきた)

1.うっ……!
2.お、おい、やめろよ!

↓2
446 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/05(火) 19:57:21.69 ID:V4sbRb9s0
447 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 19:57:23.65 ID:+sUVdhnUo
1
448 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 20:03:33.34 ID:VQ4BTcR70
男「うっ……!」

「たまがあるー!ちんもだー!」

まどか「? あっ、たっくん!もー、何やってるの」

まどか「ごめんなさい、男さん。この子、弟のタツヤです」

男「ふぅ……いや、いいよ。タツヤ君、俺は男だ、よろしくな」

タツヤ「うん、よーしくー!」

知久「さあ、食事が出来たよ。まどか、配膳を手伝って」

まどか「はーい」

男(鹿目家で朝食を楽しんだ)
449 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 20:09:06.25 ID:VQ4BTcR70
男「それじゃ、行ってきます。朝ごはんご馳走様でした。すごくおいしかったです」

知久「ああ、お粗末さま」

まどか「行ってきまーす」

知久「行ってらっしゃい、まどか」

タツヤ「たまがある!ちんもだー!」パンパン

知久「こ、こらぁ!ダメじゃないか、そんなことしちゃ!」

男(タツヤ君は将来きっと性犯罪者になるな……)



男「そういえば鹿目さん、今日は髪を下ろしてるね」

まどか「あ、はい……えと、たまには、いいかなって……」

男「↓2」
450 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/05(火) 20:10:33.75 ID:2atPpmvAO
美樹さんと被るな
451 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 20:10:34.94 ID:+sUVdhnUo
惚れなおしたよ
452 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 20:15:57.35 ID:VQ4BTcR70
男「うん、やっぱりいいね。惚れ直す」

まどか「てぃひひ……」

男「あーかわいい……やっぱり食べちゃダメかな?」

まどか「もー、大げさだよ……。一応リボンも持ってきてるんですけど、せっかく褒めてもらったから今日は一日このままでいようかな……」

男「……」

1.じゃあ俺がそのリボンを使うよ
2.バイトの話をする

↓2
453 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 20:18:11.15 ID:+sUVdhnUo
1
454 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 20:18:26.56 ID:yocPtmiTo
1
455 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 20:29:51.50 ID:VQ4BTcR70
男「じゃあ俺がそのリボンを使おうかな」

まどか「え?」

男「俺がいつもの鹿目さんみたいな髪型になる」

まどか「……ぷっ。うぃひひひひ……!い、いいですよ。じゃあちょっと後ろ向いててください」

男「おう」

まどか「てぃひひ……」サッサッ

男「……」

まどか「出来ましたよ。はい、鏡」サッ

男「!!」

男「……う、美しい……!」

まどか「あはははは」

男「一瞬美を司る神アフロディーテが降臨してしまったのかと思ったぜ」

まどか「うぃひっ、うぃひひひっ!はー、はー……てぃひひひっ」

男「……」

1.あまりに美しいのでこのまま登校する
2.これはないわ

↓2
456 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/05(火) 20:30:31.35 ID:V4sbRb9s0
457 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/05(火) 20:30:36.73 ID:6OAUA8iC0
458 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 20:30:47.77 ID:+sUVdhnUo
1
459 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 20:35:08.97 ID:VQ4BTcR70
男「おっと、このままだと美しすぎて遅刻してしまうな。行こう、鹿目さん」

まどか「えっ、ええっ?本当にそのまま行くんですか!?」

男「行くぞ鹿目さん。集合場所まで競走だ」ダダッ

まどか「あ、待ってくださいー!」タタッ


男「よし、余裕で先に着いたぞ」

さやか「ん、男せんぱ……ぶふっ、あんたなんてアタマしてんの!?」

仁美「あらあら……それはまどかさんのリボンなのでは?」

男「……」

↓2
460 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 20:40:27.36 ID:+sUVdhnUo
似合うだろ 惚れるなよ?
461 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 20:40:30.81 ID:6OAUA8iC0
うらやましいだろ
462 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 20:52:29.08 ID:wDQ2YLIwo
ぬううううううううううううううううううう
463 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 20:55:13.72 ID:VQ4BTcR70
男「羨ましいだろ?この俺の美しさが。妬むなよ?この俺の麗しさに」

さやか「あ、アホですか、あんたは……」

仁美「ふふふ……ええ、とてもよく似合っていますよ」

男「美樹さん、言ったそばから妬むなよ。まあ、美樹さんじゃこういうアクセサリは似合わないだろうから気持ちはわかるが」

さやか「むっ……」




タッタッタ……

まどか「はー、はー……お、追いついたぁ……」

まどか「もー……いきなり走り出すからびっくりしたよ、男さ……ん……?」

さやか「いやいや、やっぱりあたしのまどかヘアーが一番だって」

男「アホか。俺のマミさんロールの方がセクシーだろ」

仁美「いえいえ、ここは私の早乙女先生スタイルでひとつ……」

まどか「み、みんな何やってるの……?」

さやか「あ、まどかも参加する?……って既にさやかちゃんカットになってるじゃないかー!?さすがはあたしの嫁!いいチョイスだぞー!?」
464 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 21:01:13.70 ID:VQ4BTcR70
男「教室に着いた」

男(しまった。鹿目さんにバイトの話をするのを忘れていたぞ)

男(鹿目さんの参加には恐らく両親の許可が必要だ。早めに鹿目さんに参加の意思を持ってもらう必要がある。昼休みには鹿目さんを誘って食事するぞ)

マミ「おはよう、男く……ん……?」

男「おはよう巴さん」

マミ「あの、その髪型は……?」

男(しまった。短い髪で無理やりマミさんロールにしたまま戻すのを忘れていたぞ)

男(どうしよう)

↓2
465 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 21:02:32.20 ID:6OAUA8iC0
リスペクトです
466 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 21:03:25.61 ID:+sUVdhnUo
467 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 21:13:02.40 ID:VQ4BTcR70
男「巴さんリスペクト」

マミ「そ、そう……でも、男の子がやるにはちょっと不向きな髪型かなって思うけど……?」

男「似合うかどうか、向いてるかどうかなんて関係無い。巴さんってマジスゲーから俺も真似たかったんだ」

マミ「うーん……まあ、男君がやりたいなら別にいいけど」

マミ「でも、笑われても知らないわよ?」

男「大丈夫だよ、巴さんのその髪型もみんな陰では笑ってるから」

マミ「え?」

男「ところでさ……ちょっと相談があるんだけど」

マミ「聞き間違いかしら……えっと、何?」

男「今度の土曜日なんだけど、ちょっと時間取れない?」

マミ「今度の土曜日?ごめんなさい、その日はコンサートがあるの。一日中会場にいるから時間は取れないわ」」
468 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 21:15:29.77 ID:6OAUA8iC0
ひでえwwwwww
469 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 21:21:45.09 ID:VQ4BTcR70
男「いや、もちろん把握してるよ。でも大丈夫。お願いしたいのは会場で済ませられる用事だから」

マミ「? どういうこと?」

男「ちょっとしたバイトに参加してほしいんだ」

マミ「……???コンサート会場で?」

男「うん。巴さんのコンサートの裏方のバイト」

マミ「……」

男「どうせ歌とかって口パクなんだろ?ちょっとくらい仕事増えたって巴さんなら余裕でこなせるってw」

マミ「……え、ええと……つまり、私にコンサートの主役と裏方の両方をやれっていっているの……?」

男「その通り!」

マミ「出来るわけないでしょ!」

男「なっ……!?」

男(まさか断る気か……まずい、完全に計算外だ……!!)


1.諦めて他の人を誘う
2.詭弁を並べてその気にさせる

↓2
470 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/05(火) 21:22:38.20 ID:PTwv8bTo0
471 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 21:22:41.09 ID:+sUVdhnUo
2
472 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 21:45:47.53 ID:VQ4BTcR70
男「巴さん……!俺だってこんな辛い仕事を巴さんに押し付けるのは本当に辛い!」

男「でも……これは巴さんのためを思ってのことなんだ!!」

マミ「わ、私のためって……どういうこと?」

男「新しいアイドルなんていうものは年間何百人と誕生するものだ。だけどテレビをはじめとする様々なメディアで長く活躍できるのはその中でもほんの一握りのみ!」

男「ほとんどのアイドルはデビューから数年もしない間に引退してしまう。芸能界は厳しい世界だ」

男「増えない仕事と少ない給料。厳しい生活。いくら頑張っても生活は豊かにはならない。理想と現実の差に絶望してみんな諦めてしまうんだ」

男「でも、そんな世界でも華々しく活躍し続けるアイドルは確かに存在する。そんな真のアイドル達と夢半ばで散っていくアイドル達の差はなんだ?」

男「それは……アイドルとしての自分の事を客観的な目で見られているかどうかだ!」

マミ「!……そ、その心は……?」

男「それはバイトが終わってから説明する」

男「巴さん、君は今回のバイトで、ファンが君とふれあうためのコンサートという『場』がどのようにして作られているのかを知ることになるんだ」

男「今が大事な時期だ。今回のバイトは君が真のアイドルになるためには欠かせないステップなんだよ」

マミ「で、でも……」

男「事務所から与えられた仕事をこなすだけで真のアイドルになれると思っているのか!」

男「言われたことをやるだけなら子供でも出来るぞ!」

マミ「!!」

男(よし、後一押しで承諾してくれそうな気がする!)

男(とどめの一言だ!)

男「↓2!」
473 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 21:48:14.29 ID:no4IqHHd0
あきらめんなよ!
474 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 21:48:15.90 ID:+sUVdhnUo
僕と契約して、真のアイドルになってYO!
475 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 22:05:52.85 ID:VQ4BTcR70
男「僕と契約して、真のアイドルになってYO!」

マミ「!!」

男「……」

マミ「……」

男「……」

マミ「昔ね、それに似た台詞に誘われて私は魔法少女になったわ……」

男「さよか」

マミ「これはきっと宿命なのね。いいわ……やってあげる。時間の調整は任せてもいいんでしょうね?流石にステージに出ているときは他の事は出来ないわよ」

男「任せろ」

マミ「キュゥべえ……あなたは本当に私のことを騙していたの……?」ボソ

男「ん?なに?」

マミ「ううん、なんでもない。楽しみにしているわ。男君が私に何を示してくれるのか……」

男「ああ、黙って俺について来い……必ず巴さんを小林幸子にしてやる」

マミ「そ、それはちょっといただけないわ……」
476 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 22:08:15.46 ID:0aCP+OxB0
QB「騙していないよ。一部のことを黙っていただけだよ」
477 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 22:15:51.94 ID:VQ4BTcR70
幼馴染「男」

男「ん?幼馴染か」

幼馴染「聞いてた。バイトがあるって。私も参加したい」

幼馴染「男の持ってくるバイトは割がいいから好き」

男「あー駄目駄目。もう定員埋まってるから」

男(嘘だけど)

幼馴染「……」ゲシッ

男「やめろ。ズボンが汚れる」

幼馴染「……ねじ込んで」

男「嫌。つーかいつも俺の事無視する癖に金が絡んだときだけはなしかけてくんな、このアバズレクソビッチが!」

幼馴染「アバズレクソビッチでも淫乱公衆肉便器でもいいからお金は欲しい」

男「わかったわかった。じゃあキャンセル待ちにしといてやる。感謝しろ淫売」

幼馴染「ちっ……それで手を打つ」ゲシッ

男(最後に蹴りを入れて去っていった)

男(口ではああ言ったものの、実は予備人員が出来るのはありがたい。定員を用意出来なかったら声をかけよう)
478 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/05(火) 22:19:05.54 ID:VQ4BTcR70
すみません、今日はここまでで
次は明日か明後日の夜に少しだけ
479 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/05(火) 22:19:36.33 ID:+sUVdhnUo
乙マミ
480 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/06(水) 00:54:36.12 ID:KnGz92RNo
幼馴染の存在すっかり忘れてた
481 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/06(水) 20:32:31.47 ID:cqRNucCe0
男「午前の授業が終わった。鹿目さんを昼飯に誘うぞ」

男「ぼっちにするのは可哀相だからマミさんも誘おうかな?」

>>482
482 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/06/06(水) 20:33:24.84 ID:/vRj2T1AO
みんな誘おう
483 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/06(水) 20:41:38.89 ID:cqRNucCe0
男「よし、みんな誘うぞ」

男「巴さん、昼飯一緒に食おうぜ」

マミ「うん、いいわよ」

男「幼馴染も」

幼馴染「一回500円」

男「このビッチ!お前なんか願い下げだ!」

男「友、昼飯食おうぜ!」

マミ「友君は今日欠席よ」

男「委員長!」

委員長「嫌よ」

男「受験失敗して風俗嬢になれ」

男「結局二人か……マミさんって人望ないな」

マミ「男くーん?早く行かないと時間無くなるわよ?」

男「わかった」
484 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/06(水) 20:50:51.18 ID:cqRNucCe0
男「よし、俺は鹿目さん達を誘ってくるから巴さんは先に屋上で場所を取っていてくれ」

マミ「オーケー。わかったわ」



男「よし、二年の教室に着いたぞ」

男「鹿目さん、昼飯……一緒に食おう?」

まどか「男さん?はい、ご一緒します!」

男「いい返事だ!」

さやか「ん、あたしも一緒していい?」

男「もちろんだ。元から誘うつもりだったぞ!」

ほむら「私も行くわ」

男「いいね!賑やかな食事になりそうだぜっ!」

男「あれ、志筑さんは?」

さやか「なんか係の仕事があるらしいよ。先生に呼ばれてた」

男「そうか、残念だ……よし、じゃあ行こうか!」

まどか「はい。今日はどこで食べるんですか?」

男「そうだな……」

1.屋上にしよう
2.中庭にしよう

↓2
485 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/06(水) 20:54:51.34 ID:sWE/8MXSO
2
486 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/06(水) 20:54:58.03 ID:d4ycY6m1o
屋上に行こうぜ…久しぶりにキレちまったよ・・・
487 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/06(水) 20:57:13.71 ID:KnGz92RNo
わかめ…………wwwwwwwwwwwwwwwwww
488 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/06(水) 21:09:31.32 ID:cqRNucCe0
男「屋上だな。ここで食べると美樹さんがうっかり物を壊すかも知れない」

さやか「ど、どういう意味だよ!」

男「さ、行こうか鹿目さん」

さやか「スルーすんなー!」

まどか「うぃひひ……」


男(屋上に行くと既にマミさんがシートを広げていた)

男「よし、食うか……」

まどか「ね、さやかちゃん。おかず交換しよ?」

さやか「いいよー。じゃああたしはまどかパパ特製のたまご焼きね」

まどか「じゃあわたしは、えーと……その春巻きもらってもいいかな」

さやか「おっけー、じゃあはい」ヒョイ

まどか「ありがと。じゃあこれ……」ヒョイ

ほむら「……」

マミ「……」パクパク

男(暁美さんは鹿目さんと美樹さんのやり取りを物欲しげに見ている。マミさんはマイペースで自分の弁当を食べているな)

男(どうしよう)

↓2
489 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/06(水) 21:10:21.94 ID:d4ycY6m1o
発狂しながら肘で首に触れようとする
490 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/06(水) 21:11:15.93 ID:9KBNMJeIO
俺の本能が叫ぶのさ、貴様らを犯せと
491 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/06(水) 21:25:12.47 ID:cqRNucCe0
男「俺の本能が叫ぶのさ、貴様らを犯せと」

男(俺はみんなを犯すためにチャックに手をかけた)

男(すると、次の瞬間いきなり物陰に移動していた)

男「なんだこりゃ……」

ほむら「貴方、今何をしようとしたのかしら」

男「いや、ちょっとちんこを出してみんなを犯そうと思ったんだけど……」

ほむら「……」ドスッ

男「おぎゃ!」

男(肘鉄を食らってしまった)

ほむら「今度まどかにおかしなものを出そうとしたら、その状態で職員室に放り込むわよ……」ギロッ

男「うお……すごい迫力だ……」


まどか「あ、男さんとほむらちゃん。どこ行ってたの?」

さやか「んー?ほーんのちょっと目を離した隙に二人で物陰に行くとは……これは怪しいですなあ!」

ほむら「ちょっと彼に用があったの。大したこと無い用事だったからすぐに済んだわ」

マミ「え、なになに?どうしたのかしら?」パクパク
492 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/06(水) 21:33:33.80 ID:cqRNucCe0
男「あー、鹿目さん。今度の土曜日って暇かな?」

ほむら「……」

さやか「……」

まどか「ど、土曜日ですか?はい、空いてますけど……」

男「じゃあちょっと……」

ほむら「ダメよまどか!休みの日に異性と遊ぶなんて不良のすることだわ!断りなさい!」

さやか「そーだそーだ!」

男「……」

まどか「えと……?」

ほむら「……」

さやか「……」

男「ちょっとお願いしたいことが」

ほむら「無いわよね?男先輩は下級生の女の子に助けを求めるなんて情けないことはしないはずだわ」

さやか「そーだそーだ!」

男「……」

ほむら「……」

さやか「……」

まどか「うーんと……いいですよ。何の用事か知らないですけど」

ほむら「!?」

さやか「!?」

493 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/06(水) 21:38:30.56 ID:R6HHOLb70
ちょろいなwwwwww そしてマミさん空気
494 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/06(水) 21:46:50.93 ID:cqRNucCe0
男「そうかそうか。じゃあ一日きりのちょっとしたバイトに参加してほしいんだ」

マミ「あら、鹿目さんも誘うのね」

まどか「バイトですか?うーん、それだと一応家族に許してもらってからじゃないと……」

男「やっぱりそうか。大丈夫そうかな?」

まどか「多分、大丈夫だと思います。内容にもよると思いますけど」

男「ああ、巴さんのコンサートの裏方……まあ雑用だな。難しいことは何もないと思うよ」

まどか「あ、はい。それならきっと平気です。今晩メールしますね?」

男「うん、頼むよ」

ほむら「まどかぁ……」

まどか「な、なんかごめんね、ほむらちゃん……」

ほむら「まどかぁ……」

まどか「ほ、ほら!パパの作ったからあげあげる!すっごくおいしいよ!」

ほむら「はむっ……」モグモグ

さやか「バイトかぁ……あたしもやってみたいかも」チラッ

男(……)

男「あ、それと暁美さん」

ほむら「!!な、何かしら?」

男「織莉子ちゃん誘いたいんだけどどこにいるの?」

ほむら「な、なんで美国織莉子なのよ!私を誘う流れだったでしょ今!」

男「いや、俺の中では最初から織莉子ちゃんの流れだったんだ。ちなみに織莉子ちゃんで定員いっぱいになるから」

ほむら「美国織莉子はダメ。絶対無理よ。彼女の目的を忘れたわけじゃないでしょう?」
495 :今日はここまで [saga]:2012/06/06(水) 21:51:33.93 ID:cqRNucCe0
男(そういえば鹿目さんを殺すのが織莉子ちゃんの目的なんだったな……)

男「うーん……」

1.いいから織莉子ちゃんを出せ(GAME OVERになります)
2.仕方ない、暁美さんを誘おう
3.仕方ない、美樹さんを誘おう
4.仕方ない、幼馴染を誘おう

↓2
496 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/06(水) 21:52:33.03 ID:AhZX+vSe0
497 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/06(水) 21:52:35.07 ID:R6HHOLb70
2
498 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/06(水) 21:52:39.74 ID:jq+PvNrpo
499 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/06(水) 21:52:44.22 ID:d4ycY6m1o
3
500 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/06(水) 21:52:54.24 ID:sWE/8MXSO
1だろォ
501 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/06/06(水) 21:53:05.08 ID:btFJ5qeIo
502 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/08(金) 20:04:56.80 ID:fdh0ONCj0
男「仕方無いな。じゃあ織莉子ちゃんの代わりに暁美さんが働いてよ」

ほむら「! ……そうね、人手が足りないのは貴方から美国織莉子を遠ざけた私にも責任があると言えるわ」

ほむら「構わないわ。私もそのバイトに参加してあげる。私が出る以上、まどかにはひとかけらの苦労もかけさせないものと知りなさい」ファサァ

まどか「てぃひひ。ほむらちゃん、気持ちはうれしいんだけど……わたしもやるからにはちゃんと働きたいよ」

男(よし、あとは鹿目さんの両親から許可が出れば4人揃うな)

さやか「むむ……なんであたしじゃなくてほむらなんだよ。あたしもマミさんの晴れ舞台を手伝いたい!」

男「なんでってそりゃお前、>>503だからだよ」
503 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/08(金) 20:05:54.06 ID:4IIns0E7o
ほむらとも少しは仲良くなりたいからさ
504 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/08(金) 20:06:06.73 ID:8i1g+MvSO
KY
505 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/08(金) 20:19:36.20 ID:fdh0ONCj0
男「こんな機会でもないと暁美さんの俺に対する好感度を上げるチャンスがないだろ」

さやか「え、コウカンド?何それ?」

男「その人が俺の事をどれだけ好きかっていう度合いだよ」

男「言ったらなんだけど美樹さんの俺に対する好感度は既にMAX近いはずだからな。もうこれ以上あげる必要はないんだ」

さやか「そ、そんなわけないでしょ!あんたに対してそういうの全然ないから!」

男「照れるなよ。あ、今、更に俺の事が好きになったな?そろそろ告白イベントが来そうだな」

さやか「なってない!来ない!もーこの先輩やだ……」

マミ「うふふ……美樹さんも最近男君とちょっと仲良くなってきたんじゃない?」

さやか「なってないです!」
506 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/08(金) 20:22:17.57 ID:fdh0ONCj0
男「昼休みと午後の授業が終わって放課後になった」

男「どうしよう?」

↓2
507 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/08(金) 20:25:06.00 ID:wXLNmmmoo
072
508 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/08(金) 20:25:08.10 ID:xYoGew2IO
池沼の真似しつつ廊下をクロックアップしながら全力疾走
509 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/08(金) 20:25:15.35 ID:8i1g+MvSO
誰かの体操服クンカクンカ
510 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/08(金) 20:41:50.91 ID:fdh0ONCj0
男「巴さん、真のアイドルへの道程その1だ」

マミ「な、何なのそれは?学校で何かしないとダメなの?」

男「当たり前だろ。むしろ日常生活でこそ一流と二流の差が出るんだ」

男「キムタクを知ってるだろう?彼がオフでも常に『キムタク』を演じているのは有名な話だ」

マミ「た、確かに聞いたことがあるわ……なるほど。一流を目指すなら、常日頃から私は巴マミであり続けなければならないということね?」

男「そうだ。だから巴さんらしくあるために今から俺と廊下を全力疾走しよう」

マミ「私はそんな事したことないんだけど!?」

男「黙れ!今からするのはただ走るだけじゃなくて使い魔相手のシャドートレーニングだ!」

マミ「!?」

男「やればわかる!道は後から出来る!行くぞ、先行しろ!」

マミ「わ、わかったわよ……」
511 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/06/08(金) 20:42:21.10 ID:+SukIc8AO
>>508
何の意味があるんだwww
512 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/08(金) 20:52:39.33 ID:fdh0ONCj0
マミ「はっ、はっ、はっ……」タッタッタッバルンッバルンッ

男「あ、巴さん、あそこの窓に使い魔」ダダダッ

マミ「えいっ!バキュン!」

男「えいっ!バキュン!」

男(巴さんは瞬時に、年季の入った射撃態勢へと切り替え架空の使い魔を撃退した!)

男(流石はベテラン魔法少女だ……動きを真似るのだけで一苦労だぜ)

男「よし、ペースを上げるぞ!」

マミ「はっ、はっ、はっ……」タッタッタッバルンッバルンッ

男「あ、あそこに使い魔。しかも大量にいる」ダダダッ

マミ「大変!放置しては市民が犠牲になるわ!!」

マミ「パロットラマギカエドゥインフィニータ!」

男「ハラヘッタラマミサンオヤトゥーインフィニータ!」

マミ「うふふ……これ結構楽しいわね」

先生「巴!男!何やっとるんだお前らは!?廊下を走るんじゃない!」

マミ「あ……」

男「しまった……池沼の真似なんてしてたら先生に怒られるに決まってるじゃないか……!」

男「誰だよこんなことやれって言い出したのは……」

男(その後、マミさんと二人で先生に叱られた)
513 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/08(金) 20:54:26.67 ID:wXLNmmmoo
>>512
>男(流石はベテラン魔法少女だ……動きを真似るのだけで一苦労だぜ)

>男「しまった……池沼の真似なんてしてたら先生に怒られるに決まってるじゃないか……!」

















おい
514 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/08(金) 21:03:02.80 ID:fdh0ONCj0
男「さて、帰宅したぞ」

「にゃー」

男「おお、よしよし。出迎えご苦労」

男「さて、裏サイトに行くか……」

〜〜〜〜〜

FORMULA「OKOTO!」

OKOTO「ん?」

FORMULA「ふふふ、今度の土曜日、例の子と遊びに行くことになったのよ」

OKOTO「おー、おめでとう」

FORMULA「今まで放課後に遊びに行くことはあったけど、休みの日に会うのはこれが初めてだわ!」

FORMULA「まあ、余計な男と女が二人付いて来るのが残念だけど……」

OKOTO「……」

1.友達の友達には優しくね
2.その二人をくっつけてしまえばいい
3.そんなことよりセックスしましょう

↓2
515 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/08(金) 21:03:45.28 ID:kb2KJz3m0
516 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/08(金) 21:04:08.61 ID:/orrerw9o
2
517 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/08(金) 21:04:12.25 ID:8i1g+MvSO
3
518 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/08(金) 21:14:38.13 ID:fdh0ONCj0
OKOTO「その子と二人で遊びたいならその余計な二人をくっつけちゃえばいいんじゃない?」

FORMULA「!……なかなかいい考えだわ」

FORMULA「うーん、でも。今回は一応目的があるからそういうわけにもいかないのよね」

FORMULA「だけど、その発想は今までにしたことがなかったわ。もしかすると今私が抱えている悩みを解消できるかも知れない……」

OKOTO「そっか。まあ頑張れ」

FORMULA「何よ、適当な返事して」

OKOTO「……」

1.喜びが文面から伝わってくる
2.妬ける。私のFORMULAを返せ
3.そんなことよりセックスしましょう
519 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/08(金) 21:15:25.75 ID:/orrerw9o
1
520 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/08(金) 21:16:23.79 ID:kb2KJz3m0
521 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/08(金) 21:16:31.95 ID:lS6vPr260
1
522 :指定忘れてた。全部1だから1でいいね [saga]:2012/06/08(金) 21:25:59.04 ID:fdh0ONCj0
OKOTO「いや、嬉しそうだなって」

FORMULA「え……そんなのわかるものなの?」

OKOTO「いつもよりハイテンションだし。きっとモニターの向こうの貴女はいい顔をしてらっしゃるんだろうね」

FORMULA「う……確かにそう言われると舞い上がっていたかも知れない。ちょっと照れるわ」

OKOTO「FORMULAが幸せそうなら私は幸せだよー」

FORMULA「な、何よ……」

OKOTO「うんうん」

FORMULA「何がうんうんなの……」

OKOTO「あ、ちょっと電話。この部屋二人用だし空けようか?」

FORMULA「別にいいわ。長くなるようなら勝手に落ちるから」

〜〜〜〜〜

男「鹿目さんからか……」

ピッ

男「↓2」
523 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/08(金) 21:30:15.32 ID:xYoGew2IO
はいこちら警察
524 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/08(金) 21:30:18.00 ID:wXLNmmmoo
おう金寄越せ
525 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/08(金) 21:30:32.74 ID:9XxAt9wAO
まんこ写メして送れ
526 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/08(金) 21:36:59.38 ID:fdh0ONCj0
男「おう金準備できたんか?はよ20万寄越せ!」

『……』

男「おら、はよ払わんかい!家族がどうなってもええのんか!?」

『……鹿目詢子ですが』

男「……」

『はぁ……あんた、ウチの子に何してくれてるのさ……?』

男「いや、ちょっと冗談でして……」

『……悪いけど、今後はまどかには近づかないでくれ。あいつにはあたしからいっとくから』プツッ ツーツー

男「……」

1.窓を突き破って二階から飛び降りる
2.ガス管からガス一気飲み
3.冷凍豆腐で頭骨粉砕

↓2
527 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/08(金) 21:37:25.57 ID:kb2KJz3m0
528 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/08(金) 21:37:48.85 ID:/orrerw9o
2
529 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/08(金) 21:39:12.75 ID:wXLNmmmoo
>3.冷凍豆腐で頭骨粉砕

冷凍じゃなくとも生の豆腐に340km/hで自分からぶつかれば死ねうらしいぜ
530 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/08(金) 21:39:35.32 ID:lS6vPr260
3
531 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/08(金) 21:39:53.85 ID:fdh0ONCj0
男「よし、ここは楽に死ねると噂のガス自殺だ」

ギュポッ

男「スーハー」

男「エンッ」バタッ

GAME OVER
532 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/08(金) 21:41:27.05 ID:fdh0ONCj0
男「はっ、夢か……」

プルルルルル

男「あ、電話が鳴りっぱなしだったか。鹿目さんからだな、よし出るぞ」ポチッ

男「↓2」
533 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/08(金) 21:42:29.94 ID:kb2KJz3m0
バイトの件どうだった?
534 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/08(金) 21:42:32.96 ID:lS6vPr260
アイラブユー ハニー☆
535 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/08(金) 21:54:16.33 ID:j/uwuEQCo
また死ぬぞwwwwww
536 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/08(金) 22:03:13.14 ID:fdh0ONCj0
男「アイラブユー ハニー☆声が聞きたくてUZUUZUしてたよ!」

『……』

男「うぅーんっ!どうしたんだい?早くいつものプリティーボイスを聴かせておくれよっ!」

『……鹿目詢子ですが』

男「こんばんは、ご母堂。今朝は会社に間に合いましたか?自分の力が及ばすご母堂を遅刻させてしまったらと一日中気が気でありませんでした」

『くくく……切り替え早いね、アンタ』

男「なんの事でしょう。自分は常にこの調子ですが」

『まあいいや。ウチの娘をバイトに誘ったんだってね?親として挨拶をしておかないとって思ってね』

男「……」

『まどかは今までウチで大事に育ててきた子だ。自分でお金を稼いだことないて無いし、一日限りとはいえ、大人たちと一緒に責任抱えて仕事をするなんて初めての事なんだ』

男「中二ならそういう子がほとんどだと思います」

『かねえ。ま、そういう事情だから何かしらの失敗をすることもあるかも知れない』

『アンタ、あいつの先輩なんだろ?あいつもあんたの事悪しからず思ってるみたいだ』

『……さっきの第一声を聞く限りじゃ、それだけじゃ無さそうだけどね』

『だからさ、もしあいつが失敗したら、きっちりフォローしてやってくれよ。真面目な子だから同じ失敗は何度も繰り返さないはずだ。そこは保障する』

『……な、頼まれてくれるよね?』

男「↓2」
537 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/08(金) 22:04:13.67 ID:kb2KJz3m0
任せてください、こう見えてやる時はやるんですよ
538 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/08(金) 22:04:15.00 ID:4IIns0E7o
娘さんのことは私に任せてください。絶対に幸せにして見せますよ
539 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/08(金) 22:05:17.46 ID:lS6vPr260
もちろんです この僕にどーんと任せておいて下さい お母様!
540 :今日はここまで [saga]:2012/06/08(金) 22:17:39.96 ID:fdh0ONCj0
男「娘さんの事は私に任せてください。絶対に幸せにして見せますよ」

『おいおい……なんだよ、あいつ。ちゃんといるじゃないか。熱狂的なファンが……』

『……まあ、そこまで言った以上はバイトの件はあんたに任せていいんだね?』

男「はい!」

『それ以降の事は追々話すとしようじゃないか。そうだ、今度ウチに夕飯食べにおいでよ』

『ウチのコックが腕によりをかけてうまい料理を出すからさ。な?』

男「いいですね!」

『それにしても……そっかぁ……あいつも隅に置けないねえ……』

『あっと、こんな時間に悪かった。明日も学校なんだ。あんまり夜更かしさせちゃいけないね』

プツッ

男「……」

男「鹿目さんの家族と飯を食う約束をしてしまったぞ……」

男「なんとなくだけどあれは社交辞令じゃなかった気がする。その内誘いが本当に来るぞ……」

男「どうしてこんなことになってしまったんだ……」

1.FORMULAのせいだ
2.美樹さんのせいだ
3.もういい、寝る
541 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/08(金) 22:19:01.61 ID:kb2KJz3m0
542 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/08(金) 22:19:07.71 ID:4IIns0E7o
2
543 :今日はここまで [saga]:2012/06/08(金) 22:20:46.20 ID:fdh0ONCj0
また指定忘れた >>540から↓2で

話が全然進まなくてすまない
544 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/06/08(金) 22:31:15.42 ID:ven0MhjFo
2
545 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/08(金) 22:42:22.47 ID:khNykEDx0
2
546 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/08(金) 23:06:07.94 ID:9aus8AAIO
>>543
乙!楽しんでるから気にするなよ
547 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/08(金) 23:13:31.46 ID:fMqUfvjGo
きららマギカの表紙はこの男視点なんじゃないかと思えてきた
548 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/09(土) 19:38:45.01 ID:gMBPfoWK0
男「そうだ、美樹さんのせいだ。彼女がもっとしっかり鹿目さんと俺の仲を妨害していればこんなことにはならなかったはずだ……!」

男「いよいよ許せなくなってきたぞ、美樹さやか……!そっちがその気ならしょうがない。これだけはしたくなかったが、最後の手段を使わせてもらう」

男「……」カタカタ

男「あった、素人ハメ撮り画像掲示板」

男「えーと、これと……これもいいな……」

男「よし、素材はこんなもんでいいか」

男(俺は画像編集ソフトを立ち上げ、決戦へと臨んだ)


美樹さやかのエロ画像ください!

1.OKOTO
これがあると色々と助かるんです!

2.OKOTO
>>1 ほらよ
○○.jpg

3.OKOTO
>>1 これでいいのか
△△.jpg

4.OKOTO
>>1 あったよ
□□.jpg

5.七誌
>>2-4
抜いた

6.nanasi
>>2-4
神加工乙
知ってる顔だからなおさら抜ける

7.なかざわっ……
>2-4
神コラ降臨


男「ふぅ……一仕事終わったな」

1.自分の作った画像で抜く
2.FORMULAの相手をする
3.他の子で抜く

>>549
549 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/09(土) 19:39:37.09 ID:kJ786aw6o
鹿目さんで抜く
550 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/09(土) 19:48:29.33 ID:gMBPfoWK0
OKOTO「戻ったよー」

FORMULA「お帰りなさい。ねえ、今日はまだ時間はあるの?」

OKOTO「ごめん、用事出来た」

FORMULA「そう……わかったわ」

OKOTO「ごめんね、お疲れー」

〜〜〜〜〜

男「さて、鹿目さんで抜くか」

まどか『ひどいよ男さん。さやかちゃんにこんなことするなんて……』

男「うるせえよ、俺に逆らったのが悪いんだ。あんまり口ごたえすると鹿目さんも同じ目に遭わせちゃうよ?」

まどか『うう、ひどいよー』

男「さあ、エロコラを作られたくなかったら俺のいうことを聞くんだ。まずは服を脱いでもらおうか?」

まどか『恥ずかしい……』シュルシュルパサッ

男「うっ……」ドピュ

男「ふぅ……さて、寝るか」
551 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/09(土) 19:56:25.93 ID:gMBPfoWK0
〜〜〜〜〜

友『なあ男。まんこってしってるか』

男『しらない。なんだそれ?』

友『なんでも女の子にはみんなついてて、男の子はそれをみたことがないとはずかしいらしいぜ』

男『そうだったのか……じゃあおれたちもはやくまんこみないといけないな!』

友『だな!あと、まんこをみたことない男の子はどうていっていうらしいぜ』

男『ふーん』

幼馴染『……』テクテク

男『おっ、幼馴染がいる。おーい幼馴染。おれたちにまんこ見せてくれ!』

幼馴染『死んで』テクテク

男『ちぇ。まんこみそこねた……』

友『だなー、おしかった!』

男『よし、どうていじゃなくなるためにまんこを見る旅にでかけようぜ!』

友『おう!』

〜〜〜〜〜
552 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/09(土) 20:00:09.51 ID:gMBPfoWK0
男「ふぁ……朝か」

男「昔の夢なんて久しぶりに見たな。友のろくでもなさ加減は昔からだったというわけだ」

男「さて、学校に行こう」

男(鹿目さん達と学校に向かった)



男「教室に着いたぞ。朝のHRまで何をしようかな」

↓2
553 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/09(土) 20:01:52.76 ID:kJ786aw6o
kskst
554 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/09(土) 20:01:56.31 ID:/5OOvObe0
まどかとにゃんにゃん
555 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/09(土) 20:10:08.22 ID:gMBPfoWK0
男「鹿目さんとにゃんにゃんだと……?」

男「HRが始まるまで2年の教室になんていたら遅刻扱いになってしまうじゃないか」

男「まあ、別に良いけどな」



男「鹿目さん。昼休みまで待ちきれずに会いに来ちゃったぜ」

まどか「えっ、あの、もうHR始まりますよ!?」

男「一嗅ぎだけ!ちょっとだけ嗅いだら戻るから!」

まどか「えー……」

男「すんすん……すんすん……はー、やっぱり鹿目さんの匂いは最高だ」

まどか「うう、もー……またクラスのみんなに冷やかされちゃう……」

男「くんかくんか……」

ほむら「……」ギリッ
556 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/09(土) 20:13:14.63 ID:gMBPfoWK0
男「午前の授業が終わった」

男「昼休みはどうしよう?」

↓2
557 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/09(土) 20:16:00.37 ID:/5OOvObe0
皆を誘って飯
558 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/09(土) 20:16:25.50 ID:kJ786aw6o
559 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 01:41:25.55 ID:J5SAfcKDo
560 :根落ちしました、すんません [saga]:2012/06/10(日) 06:39:04.29 ID:V8xZ/18L0
男「よし、巴さん。またみんなで昼飯食おうぜ」

マミ「うん、そうね。それじゃあ私はまた場所をとっておけばいいかしら?」

男「そうだな……」

男「>>561
561 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/10(日) 07:01:35.48 ID:UlhWhC/AO
自分で判断しろ
562 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 07:16:13.64 ID:V8xZ/18L0
男「アイドルのくせにいちいち確認を取るなよ。そんなことも自分で判断出来ないのか……?」

マミ「な、何よ……そうね、男君は鹿目さんに早く会いたいだろうから……やっぱり私が場所を取っておけばいいわよね。行ってくるわ」

男「違う!交代でやるから今日は俺が場所取りだ!」

マミ「えっ、交代制だったの?」

男「ったく。前から思ってたけど今ので確信した。巴さんってちょっとアレだよな」

マミ「アレって何よ……」

男「もういい。早くみんなを呼んできてくれ!」スタスタ

マミ「な、なんなのよぉ……」


男「屋上に着いたぞ。さて、シートを敷こう」イソイソ

男「……暇だな……」

男「よし、誰かにメールでも送ろう」

男「誰にしようかな」

↓1
563 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/10(日) 07:31:41.10 ID:OMYY3V9Ko
さやか
564 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 09:06:10.18 ID:V8xZ/18L0
男「美樹さんに送ろう」

男「思慮が浅くて色は青。態度はでかいが肝小さい。これなーんだ?と」ポチポチ

男「……」

男「返信だ。『なぞなぞ?なんだろ。青がポイントになりそうだよね』か」

男「正解は美樹さやかでした、と」ポチポチ

男「……」

男「お、みんなが来た。おーい、ここだよ!」

さやか「あ、あんたはー!いきなりメールしてきて何失礼極まりないこと言ってるんだよ!」

男「え……面白くなかったかな……」

さやか「真面目に答えを考えて損したよ!」

男(みんなで昼飯を食べた)
565 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 09:11:46.15 ID:V8xZ/18L0
男「放課後になったぞ。さて、帰るか」

友「おーい、男ォ!一緒に帰ろうぜェェェ!!!」

男「うおっ!なんだお前、なんでちょっとマッチョになってるんだよ!」

友「いやー、昨日ちょっと色々あってさ」

男「色々あったなら仕方ないか……」

男(どうしよう。一緒に帰るか?)

>>566
566 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/10(日) 09:13:15.11 ID:JIbUA4Qjo
マッチョになったくらいで俺に勝てると思うなよ、公園で決闘だ
567 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) :2012/06/10(日) 09:14:03.20 ID:CaYz1URAO
で?
568 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 09:22:11.29 ID:V8xZ/18L0
男「マッチョになったくらいで俺に勝てると思うなよ。公園で決闘だ」

友「えっ……な、なんで怒ってるんだよぉ、男。男と喧嘩なんてできねぇよ……」

男「マッチョになったからっていい気になってる友に制裁だ。格の違いを見せてやるぜ」

友「えー……や、やめようぜ。男に勝てるなんて思ってねえよぉ……」

男「ふん、その筋肉はハリボテか?ご立派な上腕二等筋をしやがって」サワサワ

友「よ、よせよ。くすぐったいから」

男「なんだこの大臀筋は。こんなので俺に勝てると思われてたなら心外だな」サワサワ

友「ひゃぁっ。どこ触ってんだよ!もういいから帰ろうぜ」

男「……」

↓2
569 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) :2012/06/10(日) 09:23:44.92 ID:CaYz1URAO
本当にお前は帰りたいのか…?
570 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 09:25:20.09 ID:ryZldzbIO
今日は帰さないぜ
571 :出かけるのでまた後で [saga]:2012/06/10(日) 09:39:01.65 ID:V8xZ/18L0
男「今日は帰さないぜ。どこか寄り道してこう」

友「おっ、いいね!じゃあゲーセン行こうぜ!」

男「おう、行くか!」


男(校門まで行くと鹿目さんが立っていた)

まどか「男さん。一緒に……あ、お友達と一緒だったんですね……」

男「うん。ちょっと寄り道して行こうと思って。こいつは友っていうんだ。危険人物で犯罪者予備軍だからあんまり近づいたらいけないぞ」

友「男ー、この子誰だ?」

男「鹿目まどかさんだ。2年の後輩で巴さんや俺の友達だ。あといい匂い」

まどか「あはは……」

友「いい匂いなのか?ちょっと嗅いでみていい?」

まどか「う……」

男「ダメだ」

友「そっか……残念」

男「鹿目さんが怖がるだろ?そんなことしちゃ絶対ダメだ!」

まどか「ほっ……。えっと、さやかちゃんが用事で先に帰っちゃったから、男さんと一緒に帰ろうと思ったんですけど……お友達と一緒なら今日は遠慮しておこうかな……」

1.一緒に遊びに行く?
2.ごめんな、気をつけて

572 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/06/10(日) 09:39:48.90 ID:Sf84ev9Vo
1
573 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 13:21:27.25 ID:+Fhay6iUo
1
574 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 20:02:01.23 ID:V8xZ/18L0
男「よかったら一緒に来る?この間のゲーセンに行くつもりなんだけど」

まどか「え、いいの?」

男「いいよな、友?」

友「どっちでもよろしい!」

男「早乙女先生ネタはやめろよ。聞かれたらまた説教食らうぞ」

まどか「うぃひひ……じゃあご一緒させてもらいます」

男「うん、行こう」



まどか「そういえば、お二人は早乙女先生の授業を受けたことがあるんですよね」

男「ああ。俺と友と巴さんと、あと幼馴染っていう子は三年間同じクラスだったんだ。で、1・2年の担任が早乙女先生」

友「俺、あのババアに何度も職員室呼ばれた!死ね行き遅れ!」

まどか「ば、ばばあって……だ、だめですよ、そんな言い方しちゃ……!」

友「やだね。何度も言っちゃうよ!ババア!ババア!うひひひっ!」

まどか「はぅ……」

男(鹿目さんが助けを乞う目で俺を見ている)

男(これはやばい状況だ。友をこのまま放置すると俺のイメージまで悪くなってしまうぞ!)

男(どうしよう)

>>575
575 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 20:07:52.92 ID:+Fhay6iUo
ここはビシッと叱り、良い所を見せる(キリッ)
576 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 20:22:22.58 ID:V8xZ/18L0
男「よさないか、友!先生の事を中傷するのはよくないぞ!今すぐやめるんだ!」

まどか「男さん……」

友「えっ……」

男(鹿目さんの尊敬の眼差し、友の捨てられたチワワのような目が同時に俺に向けられた)

友「な、なんだよ……男だっていつもは」

男「黙れーーーッ!!」バキッ

友「あぶっ」ドテッ

まどか「男さん!?」

男「見損なったぞ友。俺の知っているお前は師を敬い規律を重んじる志の高い男だったはずだ」

友「えっ……俺ってそうだったのか……」

男「そうなんだよ。な、今のお前はちょっと疲れてて自分を見失ってるんだ。ここは一の親友である俺を信じて先生の悪口はやめようぜ?」

友「うーん……男がそういうなら、やめとこうかな……」

男「わかってくれると思ってたぜ、友!鹿目さん、こいつはちょっと変わってるけど根はいい奴なんだ」

男「だから、その……告げ口とかだけは、勘弁してやってくれないかな……?」

男(友をかばうそぶりを見せて印象を少しでも回復しないとな)

まどか「いえいえそんな!告げ口なんて全然考えてないですから!」

男「ありがとう、鹿目さん!だから大好きだ!」

まどか「え、えへへ……」

男「さあ、気を取り直してゲーセンに行こう!」
577 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 20:27:45.70 ID:a0Ie8UQIO
男ゲスいwww
578 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/06/10(日) 20:28:30.25 ID:Sf84ev9Vo
男「俺を好きにならない人間は邪魔なんだよ」
579 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 20:30:51.43 ID:V8xZ/18L0
男「さて、ゲーセンに着いたぞ」

男「どれで遊ぼうかな?鹿目さんは門限があるだろうし、時間きっかりで終わるのがいいよね」

まどか「あ、はい。そうしてもらえると助かりますけど……でも、男さんの遊びたいのをやってもらってもいいですよ」

男「いやいや、明日はバイトもあるし、俺も鹿目さんの帰る時間に合わせるよ」

まどか「てぃひひ、ありがとうございます」

男「よし、じゃあ……」

1.スーパーDQNカート
2.ストマックパンチャーHITOMI
3.魔法少女まだかマギカ 〜結界が結ぶ絆〜

↓2
580 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 20:31:31.21 ID:+Fhay6iUo
2
581 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 20:31:34.76 ID:1weEaxQM0
582 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 20:42:26.80 ID:V8xZ/18L0
男「これにしよう。魔法少女まだかマギカ 〜結界が結ぶ絆〜」

まどか「えと、これってその間のパチンコのアニメの?」

男「そうだな。登場人物達を操作して人間を食べる悪い奴を倒すゲームだ。4人まで協力プレイも可能だぞ」

まどか「へー、協力プレイですか。面白そうですけど、足を引っ張っちゃわないかな……」

男「ははは。俺もやったことないし、どうせそんなに進めないだろうから気にすることないよ。ゲームオーバーになるまで頑張ろう」チャリンチャリン

まどか「は、はい!頑張ります!」

男「あ、友は自分で出せよ」

友「おう!」チャリン

男「さて、キャラ選択画面だ。俺は……」

1.無難なパラメータの主人公「まだか」だ
2.パラメータは低いが協力な自動回復スキルを持つ「さかな」だ
3.パラメータが優遇されているが被弾時に一定確率で即死するマイナス特殊能力を持つ「マムさん」だ
4.敵のターゲットを取る分身を出して味方を守れる特殊能力を持つ「あんこ」だ
5.パラメータは低いが最強の特殊能力を持つ「ごもら」だ

↓2
583 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 20:44:08.72 ID:a0Ie8UQIO
4
584 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 20:44:27.41 ID:zVQdAsh7o
2
585 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 20:50:00.45 ID:V8xZ/18L0
男「よし、俺はこの耐久力に優れた『さかな』で先陣を切る」

友「じゃあ俺は遠距離攻撃で敵の数を減らして自動回復をより有用に出来る『マムさん』だな」

男「さすがだ友。わかってるな!」

友「へへ、照れるなぁ」

まどか「あ、あの、わたしはどうすれば……」

男「鹿目さんは↓2のキャラを選んでくれ」
586 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/10(日) 20:50:54.44 ID:t2BmqBxg0
587 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 20:51:48.36 ID:+Fhay6iUo
1
588 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 21:00:31.47 ID:V8xZ/18L0
男「遠距離攻撃の出来る『まだか』だな。俺が突っ込んでターゲットを取って、二人が狙撃で敵を減らしていく作戦を取ろう」

まどか「はい!えっと、ところでターゲットって?」

男「敵は自分を殴った奴を狙ってくる。俺が逃げながらちまちま殴って敵を引き付けると、二人は安全圏からの攻撃が可能になるっていうことだ」

まどか「な、なるほど……。囮になるつもりで回復能力のあるキャラを選んだということですね?」

男「いや、安価だから」

まどか「え?」

男「あ、うん。囮になろうと思って。鹿目さん、こういうの慣れてなさそうだから安全な役のほうがいいと思って」

まどか「えへへ……すみません、何から何まで気を遣っていただいて」

友「おーい、始まるぞ」
589 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 21:10:44.61 ID:V8xZ/18L0
男「始まったな。よし、行くぜー!」ドドドドドド

まどか「男さん、頑張って!」ビシュッ ビシュッ

男「おう、そっちもな!」ドドドドド

友「おらっ、死ね!死ね!」ターン ターン

男「二人とも、敵の数を減らすことを念頭に置いてくれ!小さい奴は大体ライフも低いからすぐ倒せるはずだ!」ズバッ!

まどか「はい!」ビシュッ ビシュッ

男(俺達は順調にザコ敵を狩っていった。最初は矢を外すことも多かった鹿目さんだが、段々と慣れてきたようでミスも無くなってきた)

男(作戦はうまくいったようだな。二人は無傷で、俺も自動回復とチキン戦法のおかげでほとんどダメージを受けていない)

男「……! 中ボスが出てきたか!」

男「↓2!」

1.俺は中ボスのターゲット取りに徹するからまずは二人でザコを殲滅してくれ
2.友の必殺ゲージが溜まっている。必殺技を出してくれ
3.もうダメだ……おしまいだ……。
590 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 21:11:35.40 ID:a0Ie8UQIO
1
591 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 21:11:47.13 ID:+Fhay6iUo
1
592 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 21:23:46.94 ID:V8xZ/18L0
男「よし、中ボスだけは俺が引き付ける!まずは二人でザコを片付けてくれ!」

まどか「わかりました!」ビシュッ ビシュッ

友「おう!」ターン ターン

男「あっ、食らった……うおっ、一撃でライフが3分の1も減ったぞ!」

まどか「わわ……敵がこっちに来ましたよ!」

男「焦るな、近い奴から二人で集中して倒していけばほとんどそっちまでたどり着けないはずだ!」

友「だな。とにかく撃ちまくろう!」ターン ターン

まどか「は、はい……!」ビシュッ ビシュッ

男(よし、中ボスの攻撃に2発まで耐えられるくらいにまで回復したな)

男「おらっ!」ザクッ

ドコッ

男「うわっ、こいつの範囲攻撃広すぎだろ……」

男「ライフが半分以下になったぞ。一撃が重過ぎる……」

男「行動パターンもわからないし、逃げよう」ダダダッ

友「男、ザコは片付いたぞ」

まどか「はー、なんとかほとんど無傷で倒せました」

男「おっ、じゃあ早いとこ中ボスも頼む」

友「わかった」ターン ターン

まどか「はい!」ビシュッ ビシュッ
593 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 21:35:09.23 ID:V8xZ/18L0
男(その後、同じ戦法でステージ1のボスを倒した俺達だったが)

男(ステージ2が始まって早々。初期配置がプレイヤー近くの敵に攻撃を受けた、友の操る『マムさん』がいきなり即死のマイナス能力を発動させてリタイヤ)

男(俺と鹿目さんだけでは押し寄せる敵の群れを捌くことも出来ず……)

まどか「あっ、やられちゃった……」

男「うーむ、俺もここまでだな……」

友「なんだよー、もうちょっと頑張れよなー」

男「最初にリタイヤしたくせに何言ってるんだ」

友「俺のせいじゃねーし!マムさんがマムったのがいけないんだ!」

男「まあそうだな、マムさんマジで使えねーわ。次はもうあいつ選ぶなよ」

友「おう、たりめーよ!」

男「それにしても100円でよく遊べたほうだったな」

まどか「そうですね、楽しかったです!」

男「よし、それじゃあ帰るか。鹿目さんもそろそろ門限だろ?」

友「えっ、もう?まだ遊び足りないんだけど」

まどか「あ……えと、わたしなら一人でも帰れますから」

男「……」

1.そう?気をつけて
2.鹿目さんと二人で帰るから

↓2
594 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 21:35:53.98 ID:+Fhay6iUo
2
595 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 21:35:54.35 ID:InihGJW70
596 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/10(日) 21:35:59.03 ID:t2BmqBxg0
2
597 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 21:45:58.73 ID:BJeYA5ido
残念でもないし当然
598 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 21:49:42.89 ID:V8xZ/18L0
男「鹿目さんと二人で帰るわ。友は好きなだけ遊んで帰れよ」

友「えっ……」

男「ちなみにここのゲーセン金曜夜はハッテン場として有名らしい」

友「や、やっぱり俺も帰る……」

まどか「はってんば……?」



男「鹿目さん。明日なんだけど、朝9時に現地入りしないといけないから、8時頃に迎えに行くよ」

まどか「あ、はい。よろしくお願いします」

友「へへ、俺も明日はバイトなんだ。この間の雇用主さんに気に入られて、直接声掛けてもらった!」

男「ふーん」

まどか「あっ……あれ、仁美ちゃんじゃないですか?」

男「ん、志筑さん?」

まどか「はい、やっぱりそうですよ。仁美ちゃーん!」タッタッタ

仁美「あら、まどかさん……?」

まどか「仁美……ちゃん……?」
599 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 21:56:35.32 ID:V8xZ/18L0
男「志筑さん?腹パンマスターの志筑さんじゃないか!」タッタッタ

仁美「男先輩も一緒でしたのね〜うふふ」

まどか「お、男さん……仁美ちゃんの首に……」

男「ん、何これ?タトゥー?駄目だぞ志筑さん。こんなの入れてたら大阪市職員になれないぞ」

まどか「ち、違うよ!これは魔女の口づけっていって、これがついてる人は魔女に狙われてるんだよ……!」

男「え……つまり……」

まどか「きっと、魔女が近くにいるんです。大変……ほむらちゃんとマミさんに連絡しないと……!」

男「よし、じゃあ俺が↓2で鹿目さんが↓3に電話だ!」
600 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/10(日) 21:58:13.23 ID:t2BmqBxg0
ksk
601 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/10(日) 21:58:21.87 ID:UlhWhC/AO
ジャパネットたかた
602 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 21:58:42.58 ID:nRVcgeIto
ほむら
603 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 21:59:25.53 ID:+Fhay6iUo
通販会社じゃねーかwwwwwwww
604 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 22:08:10.81 ID:V8xZ/18L0
男「鹿目さんは暁美さんの電話を!」

まどか「わ、わかりました!」

男「……」ポチポチ

『お電話ありがとうございます。ジャパネットたかたです!』

男「ども、テレビ見ました。パソコン安いっすねw一ついただけます?」

『お買い上げありがとうございます!お届け先はどちらで?』

男「鹿目さん、美樹さんの住所ってどこ?」

まどか「う、うん!工場街の方に向かってる……!……え、さやかちゃんの住所ですか?○区の×−×−×ですけど……」

男「名前は美樹さやかで住所は群馬県見滝原市○区×−×−×です」

男「あ、代引きで」

男「ふうー」プチッ

まどか「ほむらちゃん、すぐ来てくれるって……!」

男「ああ、こっちもすぐ届くはずだ!」

まどか「届く……?えと、マミさんすぐ来てくれるんですね?」

男「あ、志筑さんが廃工場に向かったぞ!追いかけよう!」ダダダッ

まどか「は、はい……!」タタタッ

友「え、何?わけわからん」ダダダッ
605 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 22:17:45.41 ID:V8xZ/18L0
「……」

「はぁぁー……」

男「なんか生気の無い人達ばっかり集まってるな……みんな魔女の口づけを受けてるのか?」

まどか「きっとそうです……魔女の口づけを受けた人達はみんなああなっちゃうんです……!」

友「あの、すいません。これってなんかのイベントですか?」

おっさん「……」

友「無視すんなよ、オヤジが!」ボカッ

おっさん「ぎゃ」ドテッ

まどか「?」クルッ

男(まずいぞ、友のDQN行為を鹿目さんに見られたら友達の俺まで品性を疑われる!)

男(なんとかして鹿目さんの気を引かないと!)

1.あっ、志筑さんがリストカットしようとしてる!
2.へえ、じゃあ鹿目さんの口づけを受けた人は……どうなっちゃうのかな?
3.うっ、俺にも魔女の口づけが……。

↓2
606 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/10(日) 22:18:18.15 ID:t2BmqBxg0
607 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (関東) [sage]:2012/06/10(日) 22:18:19.56 ID:jOQ0bE+40
608 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 22:18:23.13 ID:+Fhay6iUo
2
609 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 22:23:22.30 ID:txjklcYIO
この友人って、傭兵としてしごかれてんだよな…?
610 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 22:35:03.80 ID:V8xZ/18L0
男「あぁーーーっ!やべぇ!口づけ受けて即リストカット!志筑ナマ自殺無修正!!!」

まどか「ええっ!?」クルッ

男「すまん、よく見たら手ぶらだった」

まどか「は、はぁーっ、びっくりした……」

男「お、全員廃工場に入っていくな。俺達も行こう」

まどか「は、はい」


「今の時代、俺の居場所なんてねえんだよ……」

「疲れた……」

「はぁ……」

男「うーん、見てるだけで陰鬱になるな、これは……」

まどか「……!」

「……」ドポポポポ....

まどか「あれ……混ぜちゃいけない洗剤……?」

まどか「ダメ……それはダメー!」タタタタタ

ガシッ

仁美「あら、いけませんわ〜!神聖な儀式を邪魔するなんてとんでもないことですのよ!」

まどか「離して!このままじゃみんな死んじゃう!」

まどか「お、男さん!」

男「え、何?」

↓2
611 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 22:36:08.88 ID:txjklcYIO
鼻からフォー(お米で作った麺)を射出して妨害
612 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (関東) [sage]:2012/06/10(日) 22:36:13.74 ID:jOQ0bE+40
とりあえず、仁美に腹パンだ
613 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 22:36:20.11 ID:H314qltA0
愛の鞭
614 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 22:45:11.64 ID:V8xZ/18L0
男「え、やだよ……またカウンターされる……」

男「あ、そうだ。おい友!あのワカメみたいな髪の子が腹パンしてほしいってさ!」

友「マジかよっ!?あんなかわいい子に腹パン出来るなんて最高じゃん!」ダダダッ

友「しゃあっ!」ブンッ

仁美「……ふっ!」パシッ シュッ

友「うおっ!?」ヒョイ

男「すげー。志筑さんのカウンター腹パン避けた」

まどか「えいっ!」ドンッ

仁美「あら……?」ヨロッ

まどか「っ……」タタタタタ バッ

まどか「やぁ……!」ポーイ

男(鹿目さんが洗剤の入ったバケツを窓の外に放り投げた)

「何しやがる……!」

「邪魔するな……」

仁美「あらあら、いけませんわね……」

男「なんかみんなキレてるぞ……」

まどか「お、男さん……」
615 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 22:51:36.15 ID:V8xZ/18L0
男「よし、あそこの部屋に逃げ込むぞ。ドアノブにカギがついてるから中から鍵をかけられるはずだ」

まどか「は、はい……!」

友「おう!」

バタン ガチャ

男「ふう……」

ドンドン ドンドン あけろぉぉぉぉ

まどか「ど、どうすれば……」

男「見ろ、あそこに小さいが窓がある」

友「本当だな」

男「ここは……」

1.鹿目さんだけ逃がそう
2.し、死んでたまるか!俺だけでも逃げてやる!
3.三人でドアを押さえて暁美さんが来るのを待とう

↓2
616 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/10(日) 22:52:06.28 ID:t2BmqBxg0
617 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 22:52:07.34 ID:+Fhay6iUo
1
618 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 22:52:07.52 ID:nRVcgeIto
1
619 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 23:01:19.36 ID:V8xZ/18L0
男「鹿目さん、あそこから外に出ててくれ」

まどか「え!?で、でも男さんと友さんは……」

男「後でいいよ。鹿目さんも自分が先輩の立場だったら絶対に先には逃げないよね?」

まどか「う……わ、わかり……ました……」

男「よし、じゃあ後ろ向いて?」

まどか「……?」

男(俺は鹿目さんの足の間に頭を入れ、一気に肩車の体勢に入った)

まどか「ひゃあぁぁっ!?」

男「よし、これで窓まで届くね」

まどか「あ、は、はい……。あの、今度からは一声かけてからお願いします……」

男「……すんすん」

まどか「……!?」

男「すんすん!すんすん!くんかくんかっ!」

まどか「え、や、やです、男さん!恥ずかしいです……!」

男「……」

1.くんかくんか!くんかくんかっ!!
2.窓まで移動する

↓2
620 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/10(日) 23:01:51.03 ID:t2BmqBxg0
621 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 23:01:55.34 ID:+Fhay6iUo
2
622 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 23:01:56.40 ID:8Ox0jKAM0
2
623 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 23:01:57.79 ID:5PaoBwCx0
624 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 23:13:26.65 ID:V8xZ/18L0
男「冗談だ。俺は紳士なのでこの体勢の間は鼻で呼吸はしない」

まどか「うぅ……///」

男「よし、着いたぞ。外の状態を確認してから、ゆっくり、足から出るんだ」

男「外に出たら物陰に隠れてるんだぞ。大丈夫、すぐに俺達も出るから」

まどか「はい……気をつけて……」


男「ふう、行ったか」

友「男ー。あいつら全員ぶっとばしに行っていい?」

男「アホか。ドアを開けたら俺まで巻き込まれるだろ。どうせすぐに暁美さんが来るから、それまで大人しくしてるぞ」

ほむら「……」

男「うおっ!本当に来た!」

ほむら「まどかは……?まどかは今どこにいるの!?」

男「↓2」
625 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/10(日) 23:13:48.87 ID:t2BmqBxg0
今逃がしたところ
626 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 23:13:54.72 ID:nRVcgeIto
心配するな。そこの窓から逃がした
627 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 23:21:36.18 ID:AQ5m13Mmo
あいつがもう消した!
628 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 23:22:30.91 ID:V8xZ/18L0
男「まどかはまどから逃げたwwwwwなんちてwwww」

ほむら「っ!」パチーン!

男「痛てぇーーー!!魔法少女の力で殴るな!!」

ほむら「ふ、ふざけないで……!あの子はいまどこ!?」

男「だからそこの窓から逃げたって言ってるだろボケ!」

ほむら「嘘を言わないで!そこから入ってきたけど会わなかったわ!」

男「その辺の物陰に隠れてろって言ったんだよ!」

ほむら「……」

ほむら「う、嘘ね」

男「今納得したよね?」

ほむら「……」

男「ちゃんと謝って?」

ほむら「………さぃ」

男「え、何聴こえない」

ほむら「……!この魔力は……魔女!」

男「いや、魔女とか後でいいからまず謝って?」
629 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 23:32:07.43 ID:V8xZ/18L0
『@^「0;@:。』

ほむら「結界が張られた……!話は後よ、まずは魔女を倒すわ!」バッ

男「いや、まずは先に殴ったことを謝ろうよ」グイ

ほむら「は、離して!邪魔しないで!魔女との戦いは命がけなのよ!」

『ケケケケケケケケケ』

ほむら「はっ……」

(ねえ、ほむらちゃん。どうしてわたしを殺したあなたがまだ生きてるの?)

(二人で一緒にがんばろうって言ってくれたよね?なのにわたしを殺してほむらちゃんだけ生き延びるなんてずるいよ)

(ね、ほむらちゃん?早くほむらちゃんも死んじゃいなよ。わたし、ずっとほむらちゃんのこと待ってるんだよ)

ほむら「ぅ……」ペタッ

男(暁美さんは何故か突然その場にへたりこんでしまった)

男「おーい、暁美さん?倒すんなら早くしちゃってよ。無敵のスタープラチナでなんとかしてくださいよーwww」

ほむら「……」

男「……?」

1.おっぱい
2.スカート

↓2
630 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 23:32:31.58 ID:RpbZ2RFY0
631 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 23:32:33.08 ID:+Fhay6iUo
1
632 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 23:43:26.73 ID:V8xZ/18L0
男「暁美さん?」フニフニ

ほむら「……」

男「……」

友「おっ、いいな!俺も触りたい!」

男「駄目だ」

男「……」

男(暁美さんが戦闘不能、マミさんは呼んでないので来ない、友はアホ)

男「あわわわわ……」

『ケケケケケケケ』

友「うわっ、なんだこれ?俺の過去?」

男(俺の頭の中にも過去の記憶が流れ込んできた……)

〜〜〜〜〜

男「おらああああああ!!」ダッ

まどか「えっ!?」

さやか「!?まどか危ない!下がって!」

男「うっひょおー!いただきぃ!!」モミモミ

さやか「いっ……嫌ぁぁぁー!」

まどか「さやかちゃん!やめて、さやかちゃんに酷いことしないでー!」

男「うおっ!揉み間違えてた!正しくはこっちですね」モミモミ

まどか「ひぃっ……!は、離して!」

〜〜〜〜〜

男「巴さん!!!好きだーーーーーー!!!」

男「アイドルとして活躍する前から君が好きだった!!」

男「三年になって同じクラスになる前から!入学式で君を見たときから俺は君に心奪われていたんだ!」

マミ「えっ、あ、あの……」

男「男を手玉に取るその色香!!金さえ貰えればテレビで世の男共のオカズになる事も厭わない強かさ!!」

男「君のビッチ臭さに俺は心底惚れ込んだんだ!!」

ざわざわ

マミ「!?……か、からかってるの、男君……?」

男「俺は本気だクソビッチ」

マミ「……すみません、先生……。少し気分が悪いので保健室に行ってきます……」
633 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 23:44:22.05 ID:BJeYA5ido
ろくな思い出がねぇ…
634 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 23:44:43.42 ID:+Fhay6iUo
やりたい放題wwwwwwww
635 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 23:46:40.18 ID:V8xZ/18L0
ずざーっ

まどか「!!……えっ?」

さやか「え? えっと、先輩……ですよね?あたし達に何か用ですか?」

男「にゃーーご」

まどか「!?」

さやか「!?」

男「にゃおーーん」ペロペロ

さやか「ひゃああぁっ!?嫌っ、ちょっと離れてよ!」

男(まずい、間違えた!!)

男「んほっにょおーーーーん」ペロペロ

まどか「ひっ!?や、やだっ、やだあっ!助けてさやかちゃん!!」


〜〜〜〜〜

男「身に覚えがねえーーーーー!!!」

友「男ー。なんか自分のオナニーしてるシーン何度も見せられた」

男「知るか」
636 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/10(日) 23:49:13.82 ID:/J2Ez41Jo
魔女の方が精神汚染されそうだww
637 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 23:49:33.69 ID:V8xZ/18L0
男「おい友。なんか武器になるもの持ってないか?」

友「ある。金属バット」スルスル

男(よし、お菓子の魔女の結界で蓄えた魔力を……)

1.魔法で使う
2.友の金属バットに使う
3.取っておく

↓2
638 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 23:50:01.52 ID:zVQdAsh7o
639 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/06/10(日) 23:50:18.03 ID:KWGjYMaNo
640 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 23:50:21.50 ID:nRVcgeIto
641 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 23:50:33.37 ID:UrywtpHio
3
642 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/10(日) 23:53:21.88 ID:V8xZ/18L0
男「よし、友、ちょっと貸せ!」

友「ん?おう」

男「はぁぁーっ!魔力充填!マジカルバット!」

男「よし、これで……」

1.友に返して周りのテレビを壊しまくる
2.暁美さんのアタマにフルスイング
3.半狂乱になって友をぶん殴る

↓2
643 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/10(日) 23:53:42.99 ID:t2BmqBxg0
1
644 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 23:53:45.13 ID:nRVcgeIto
1
645 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/10(日) 23:53:45.25 ID:+Fhay6iUo
1
646 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 00:04:12.93 ID:0vG7CR/o0
男「よし友。これはボーナスステージだ。周りのテレビはいくら壊しても誰も文句は言わないぞ」

友「マジかよっ!?よっしゃ男!バット返してくれよ!」

男「おう!」

男(俺は暁美さんから借りた拳銃でいいか。結構ごついからグリップで叩けばテレビくらい壊せそうだ)


友「うっひょおーーー!!」バコーーーン

男「うひゃひゃひゃひゃwwww」ゴッ ゴッ バリン

友「にゃっははははははは!!!」バコーーーーン

男「にひひひひっwww」ゴッ ゴツッ ボコン

友「わぉーーーーーー!!」バコーーーーーーン

男「OKOTOはボクでーーーすwww暁美さん見てるーーーーー?wwww」ゴッ ゴッ ボコリ



男「ふう、大体壊し終わったな!」

友「ひゃあああーーーっ」ブンッ

男「うおっ!」ヒョイ

男「こらーーーー友!お前いい加減敵と味方の区別くらいつけろ!!」

友「あっ……ご、ごめんなぁ男……俺、男だって気づかなくて……」

男「全くとんでもないグズだなお前はwこんなお前の友達なんて俺じゃないとやってられないぜwww」

友「男ぉ……グスン」

男「よし、残るは空中に浮かぶあのでかいテレビだけだな」

男「死ね!」ズゴォーン ズゴォーン ズゴォーン
647 :ちょっと風呂 [saga]:2012/06/11(月) 00:06:46.27 ID:0vG7CR/o0
男「結界が解けたな」

友「男ぉ……」スリスリ

男「寄んな!キモイんだよ!」ゲシッ

ほむら「んっ……」

男(暁美さん、ようやく起きたみたいだな……)

男「↓2」
648 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 00:07:44.98 ID:7QDeQH00o
ぺったんこ(ボソッ
649 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 00:07:47.77 ID:U0/JxOFCo
大丈夫か?魔女は俺が始末しておいたぞ
650 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 00:07:47.81 ID:XDPKP6lxo
無事で良かった・・・魔女は俺たちが倒した 安心してくれ
651 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 00:09:06.62 ID:OYqMmJs2o
ないちち(裏声)
652 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 00:30:05.16 ID:0vG7CR/o0
男「大丈夫か?魔女は俺が始末しておいたぞ」

ほむら「え……?」

男「じゃ、明日朝9時現地だから。遅れないでね」スタスタ

ほむら「ま、待って……」スクッ

ほむら「あ……」ガクッ

ほむら「うう……」

男「……」

1.金属バットで頭フルスイング
2.指を指して大笑いする
3.顔の前で屁をこく

↓2
653 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/11(月) 00:31:48.12 ID:Bk4p+RFW0
2
654 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 00:32:11.74 ID:XDPKP6lxo
2
655 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 00:35:53.23 ID:7QDeQH00o
酷い選択肢しかねえ
656 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 00:38:51.01 ID:0vG7CR/o0
男「ぎゃははははは!た、助けにきたのにwww何もしないでやられてwwwww腰wwwぬwwwかwwwwしwwてwwww」

男「立てwwwwないwwwwww」

ほむら「う……ううう……」

男「……」

ほむら「うううううう……ぐすっ……まどかぁ……ごめ、ごめんなさ……い……」

男(なんかマジ泣きし始めた……)

男(どうしよう)

↓2
657 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/11(月) 00:40:51.94 ID:z6YKWetAO
まどか連れてくる
658 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 00:41:00.60 ID:v4uTiHQB0
おんぶ
659 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 00:41:01.61 ID:XDPKP6lxo
優しさで洗脳する
660 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 00:41:10.32 ID:SfGg0HMIO
3.顔の前で屁をこく
661 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 00:55:21.83 ID:0vG7CR/o0
男(俺は暁美さんに背を向けて屈み込んだ)

男「……」

ほむら「まど……かぁ……ぐすっ」

男「……」

ほむら「ひくっ……ひくっ……」

男「……」

ほむら「まどかぁ……」

男「……」

男(埒があかないので暁美さんに後ろからのしかかった)

ほむら「きゃっ」

ほむら「な、なん……ですか……?」

男「おんぶして」

ほむら「……うう……」ベチャ

男「あふん」

男(暁美さんが力なく崩れたせいで、俺が押し倒したみたいな形になった)

男「どうにもならん……」スクッ

男「友。鹿目さん連れてきてくれ」

ほむら「ぐすっ……ぐすっ……」
662 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 01:00:40.86 ID:0vG7CR/o0
友「男ー。鹿目さん呼んできたぞー」

まどか「ほむら……ちゃん……?」

ほむら「……」

男「さっきから鹿目さんの名前呼びながら泣きじゃくってるぞ」

まどか「ええっ?」

ほむら「まどか……?」

まどか「うん……わたしだよ、ほむらちゃん」ギュ

男「表で待ってるから。落ち着いたら出てきて」

まどか「あ、はい……」



友「俺帰る。明日朝早いから」

男「おう。お疲れ」

男「ふう……本当に疲れた」

男「ん、メールか。美樹さんからだ」

男「なになに、『ずっと好きだった人と恋人同士になれました^O^』」

男「知るか!!」


番外編/その日の上条

見る
見ない

↓1
663 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 01:00:44.57 ID:7+Dm/DHIO
男がおんぶさせんのかよwwwwwwww
おんぶするもんとばかり思ってたわwwwwww
664 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 01:00:57.87 ID:XDPKP6lxo
見よう
665 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 01:01:04.46 ID:v4uTiHQB0
見ない
666 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 01:02:29.56 ID:hsAn1Opdo
>>663
最初はほむほむをおんぶしようとしたけど泣いてばかりで埒があかないので自分をおんぶさせようとした
667 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 01:23:38.28 ID:0vG7CR/o0
数時間前

上条(……ついに医者に宣告されてしまった……)

上条(僕の左手はもう動くことは無い……僕はこの先、何を糧に生きていけばいいんだ……)

上条(……いけない。今は何も考えないでおこう。現実と向き合うのが辛すぎる)

上条(そうだ、裏サイト……。昨日はチェックしていなかったからな。今見てしまおう)カタカタ

上条(……目新しいスレは、特にない……かな?……!?)

上条(美樹さやかのエロ画像ください、だって!?な、なんてスレを立てるんだ!こんなのさやかがかわいそうだろ!)カチッ カチッ

上条(くっ、こんなハメ撮り写真とさやかの顔を合成するなんて……酷い!なんて奴だ、このOKOTOって奴は!)ムクムク

上条(絶対に許せない……!さやかは僕の大事な友達なんだ!少しうざい時もあるけど、それでもずっと僕の傍にいてくれた……!)

上条(……いてくれた、さやかが……こんなあられもない姿で、他の男に貫かれて……)

上条(……)

上条(さやかは……僕のバイオリンがすきだって言ってくれた。じゃあバイオリンを弾けない僕の傍からはいなくなってしまう……?)

上条(そしたら、僕の知らないところで僕の知らない男と、この画像みたいな事を……?)

上条(……なんだ、この気持ちは……すごく切ない)

さやか「おーっす恭介!お見舞いに来たよ!」ガラッ

上条「うわあああああっ!!」バタン

さやか「え、何いきなり?」

上条「な、なんでもないよ!今日もお見舞いありがとう、さやか!」

さやか「いやいや、好きでやってることだから気にしなさんなって!」

上条(えっ、今好きって言った!?)

さやか「それよりまたレアなCD持ってきたからさ!一緒に聴こ!」

上条「あ、ああ、うん。ありがとう。さやかの持ってきてくれるCDは僕にとって数少ない楽しみだよ」

上条「さ、いつもみたいにイヤホンを片方ずつつけて……」

さやか「うん!」

♪〜〜♪

上条(さやかの顔がこんなに近くに……い、今まで意識したことなかったのに!あんな画像を見たせいだ……!)

さやか「……ん?どしたの、恭介。こっちじっと見て……」

上条「じー……」

さやか「……?///」

上条(普通、中学生にもなったら男子とこんなに顔を近づけて音楽を聴くなんてしないよね……)

さやか「きょ、恭介?あの、あんまり見つめられると、その……」

上条「さやかはさ……僕を誘っているのかい?」

さやか「えっ……?」
668 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 01:29:15.72 ID:0vG7CR/o0
男「今、心底どうでもいい光景を見せられた気がする」

男「……」

まどか「男さん」

ほむら「待たせたわね」

ほむら「魔女の精神攻撃で完全に意識を奪われていたわ。少し前の記憶が全くないのはきっとそのせいね」ファサァ

男「……」

1.何事もなくてよかった
2.明日9時現地。遅れるなよ
3.まどかぁ……ぐすん、ひっく……

↓2
669 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 01:30:52.29 ID:q5RtoBNDo
3
670 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 01:30:53.03 ID:hsAn1Opdo
>>540のどうでもよさそうな選択肢がこんな結果を生むなら、みんな死ぬしかないじゃない!

3
671 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 01:30:53.37 ID:U0/JxOFCo
1
672 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 01:30:55.97 ID:7QDeQH00o
673 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 01:38:28.11 ID:0vG7CR/o0
男「まどかぁ……ぐすん、ひっく!」

ほむら「……何の真似かしら?」

男「えーん、しくしく!まどかに慰めて欲しいよぅ!」

ほむら「そ、そんなこと言ってないわよ!」

まどか「男さん……ほむらちゃんがかわいそうです……」

ほむら「まどかぁ……」

まどか「よしよし……」ナデナデ

男「帰るかー。警察にはそこの公衆電話から通報しておいたから」

まどか「はい。……今日もありがとうございました」
674 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 01:41:03.61 ID:0vG7CR/o0
男「さて、帰宅したぞ」

男「今日はFORMULAの相手をするか?」

(※書き溜めが「つり橋プレイ」しか出来てないので自動的にそれになります)

↓2
675 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 01:42:26.12 ID:v4uTiHQB0
する
676 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 01:42:27.25 ID:U0/JxOFCo
する
677 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 01:42:29.42 ID:XDPKP6lxo
する
678 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/11(月) 01:43:53.09 ID:Bk4p+RFW0
気持ちやさしめにお相手
679 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 01:51:40.42 ID:0vG7CR/o0
OKOTO「こんばんは」

FORMULA「OKOTO〜」

OKOTO「FORMULA〜」

FORMULA「私はもう駄目かもしれないわ……」

OKOTO「え、どうして?いや、別に話さなくてもいいけど」

FORMULA「詳しい部分はぼかして話すけど、実は今日、例の子が危機に陥ったから助けに行って」




FORMULA「で、その男に手柄を全部奪われた上に泣き顔を見られてしまったの……」

OKOTO「だっさ。FORMULAだっさ!」

FORMULA「なによ……わかってるわよ。私は今日最高にださかったわよ」

OKOTO「うん、まあそれでオナニーして全部忘れようと思ったわけだね」

FORMULA「そうよ!今から私はオナニーをして嫌なことを全部忘れるのよ!」

OKOTO「あはははは。FORMULAがはっちゃけてきて嬉しいな」
680 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 01:52:14.39 ID:0vG7CR/o0
まどか「こんな大吹雪の雪山で車が故障しちゃうなんて、不運だったねほむらちゃん……」

ほむら「え? ええ……。ごめんなさい、まどか。私が付いていながら貴女をこんな危険な目に遭わせてしまって……」

まどか「ううん、わたしの方こそごめんなさい!天気予報で絶対に吹雪くっていってたのに、滑りたいだなんてわたしがワガママ言っちゃったから!」

まどか「そうだよ……全部わたしが悪いんだよ。ううっ、ごめんねほむらちゃん!」

ほむら「そんな事ない!まどかは悪くないわ!」

まどか「悪くないって、どう悪くないっていうの!?どう考えても大吹雪の中出掛けたがったわたしのせいだよね、悪くないっていうならわたしが悪くない根拠を示してよ!」

ほむら「そ、それは……」

まどか「ほら、やっぱりわたしが悪いんでしょ。いい加減なこと言わないで。嫌いになっちゃうよ?」

ほむら「ごめんなさい、まどかぁ……」

まどか「反省してるならいいよ、仕方ないから許してあげる」

ほむら「ありがとう、まどか!」
681 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 01:52:57.81 ID:0vG7CR/o0
まどか「それよりそろそろ車を出て移動しないと。このままじゃ生き埋めだよ」

ほむら「そうね、もうドアも雪のせいで開かなくなってしまったわ。窓から這い出ましょう」

まどか「うん、行こう……。こんな前も見えない大雪の中を歩くのは怖いけど、わたしのこと守ってね。ほむらちゃん……」

ほむら「もちろんよ!例えどんな状況に陥っても貴女のことは私が守るわ!」

まどか「かっこいいほむらちゃん!」

〜〜〜〜〜

まどか「はぁ……はぁ……大雪の中、もう30分以上は歩いたよ、ほむらちゃん……」

ほむら「頑張って、まどか!きっともうすぐ私達の泊まっているペンションにたどり着けるわ!」

まどか「う、うん……頑張る。帰ったら温かいラーメンを一緒に食べようね」

〜〜〜〜〜

まどか「はぁ……。はぁ……。ごめん、ほむらちゃん……わたし、もう駄目みたい……」

ほむら「そ、そんな……!諦めないでまどかぁ……」

まどか「ううん、駄目だよ……もうわたしには手足の感覚が無いんだ……」

まどか「ねえ、ほむらちゃん……わたしの事は置いて、ほむらちゃんだけで行って。ほむらちゃんだけでも生き延びて……」

ほむら「い、嫌よ!まどかを見捨てるなんて私には出来ないわ!」
682 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 01:53:48.74 ID:0vG7CR/o0
まどか「いいんだよ、ほむらちゃん。わたしはほむらちゃんがわたしの事を見捨てただなんて絶対に思わない」

まどか「わたし、この状況でようやく自分の気持ちに気付けたの。わたしはほむらちゃんの事が大好きなんだって」

まどか「ほむらちゃん……わたしに最後の思い出をちょうだい。キス、してほしいな」

ほむら「まどかぁ……」

まどか「こっちからしちゃうね。んっ……んむぅ……」

ほむら「んぅ……ちゅ……れろれろれろれろれろれろれろれろ!まどかぁ……まどかぁ……ぺちゃぺちゃぺちゃれろれろれろ!……くちゅくちゅくちゅ!」

まどか「激しいよぉ、ほむらちゃん……」

ほむら「まどか、まどかぁ……」

まどか「ありがとう、ほむらちゃん……じゃあ、わたし、もう眠くなっちゃったから……」

ほむら「嫌ぁー!まどかぁーーーーー!!!」

「おーい!」ブロロロロロ

ほむら「!!」

さやか「おーい!まどかー!ほむらー!助けに来たぞー!」ブロロロロロロ
683 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 01:54:29.47 ID:0vG7CR/o0
まどか「一時はどうなることかと思ったね、ほむらちゃん!」

ほむら「ええ、でもまどかが無事で本当に良かったわ」

まどか「えへへ……」

ほむら「ねえ、まどか。あの時言ったことって本当だったの?」

まどか「あの時?」

ほむら「まどかが、その……私のことを、す、す」

まどか「好きって?」

ほむら「え、ええ……」

まどか「あの時のほむらちゃんかっこよかったよ。わたしを守る為に必死に頑張ってくれて、まるで王子様みたいだったなって」

ほむら「照れるわ、まどか……」

まどか「わたしはほむらちゃんのこと大好きだよ。ねえ、キスのその先、今しよっか?」

ほむら「まどかぁーーーー!!」

まどか「ひゃあ!もう、急に押し倒したらびっくりしちゃうでしょ?」

ほむら「まどかぁ……」

まどか「ほら、服、脱がせてあげるね?後でわたしのも脱がせて貰うから」
684 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 01:55:21.90 ID:0vG7CR/o0
まどか「ほむらちゃんの体、すごく綺麗……」

ほむら「まどかの体も綺麗だわ」

まどか「胸、触るね」

ほむら「私のは小さいから……恥ずかしいわ、まどかぁ……」

まどか「そんなほむらちゃんの胸が好きだよ。キスするね。ちゅ」

ほむら「んっ……ぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ!!」

まどか「下も触るね。もう今日は最後までするから」

ほむら「まどかぁー……好きぃ……」

〜〜〜〜〜



男「普通にチャHしてしまった……」

男「回線の向こうの相手が暁美さんだと思うと興奮してきたぞ」

男「はぁ……はぁ……うっ」

男「ふぅ……寝るか……」
685 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 02:02:25.80 ID:0vG7CR/o0
〜〜〜〜〜

友『でもさ男。まんこっていったいどうやったらみれるんだ?』

男『さあな……とりあえずおんなをみたらかたっぱしからまんこをみせてもらうようたのんでみよう』

友『そうだな!』

男『あっ、そこの人!まんこみせてくれませんか?』

『何この子……』

友『どうも、まんこみせてくださーい!』

『キモ……』

男『そこのかわいい姉妹の人!ふたりそろってまんこみせてくださーい!』

『? まんこ……?』

『モモ、相手にしちゃダメだ!行くよ!』

男『うーん、なかなかみれないな……』

友『そうだな……おれ、今日はもうめしのじかんだ。かえる』

男『おう。俺はもうちょっとがんばる』

男『すいませーん、そこの人、まんこみせてもらえませんか?』

『……?』

〜〜〜〜〜
686 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 02:09:02.46 ID:0vG7CR/o0
男「ふぁ……また昔の夢か」

男「よし、今日はバイトの日だ。そこそこ頑張るぞ」


男「おはよう、鹿目さん」

まどか「おはようございます!」

知久「おはよう、男君。今日はまどかの事をよろしく頼むよ」

男「任されました」


男「おはよう、暁美さん」

まどか「おはよう、ほむらちゃん!」

ほむら「おはよう、まどか」

男「おはよう、暁美さん」

ほむら「……」

男「おはよう、暁美さん」

ほむら「……おはよう、ございます。男先輩」

男「うん、じゃあとりあえず控え室に行こうか。巴さんに顔見せする約束になってるから」
687 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 02:11:27.52 ID:0vG7CR/o0
マミ「あ……おはよう、みんな。今日はよろしくね」

まどか「おはようございます、マミさん!」

ほむら「おはよう」

男「↓2」
688 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 02:12:19.09 ID:7QDeQH00o
おはようマミさん
689 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 02:12:50.37 ID:U0/JxOFCo
オッス!マミ!
690 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 02:12:52.86 ID:sNjx3+GSO
おっはー
691 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 02:12:59.46 ID:SfGg0HMIO
カレーは飲み物ですよね
692 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 02:21:12.56 ID:0vG7CR/o0
男「オッス!マミ!すっげーひれー舞台だなー!オラワクワクしてきたぞ!」

マミ「ふふ。男君が立つわけじゃないでしょ?私、頑張るから今日はお客さんとしても楽しんで行って欲しいな」

男「いや、仕事だからそれは無理」

マミ「もう。そこは嘘でも楽しむって言ってよ」

マミ「女の子の気持ちは複雑なものなのよ?ちゃんと考えて受け答えしないでいて、見放されちゃってもしらないわよ?」

男「は?」

男(誰だこいつは……?マミさんにこんな女子力溢れる余裕ぶった振る舞いができるわけないぞ)

男(どうしよう)

↓2
693 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 02:22:55.40 ID:hsAn1Opdo
もしかして魔女の仕業では…?
694 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 02:23:00.24 ID:XDPKP6lxo
ならば本気でお相手しよう
695 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 02:23:08.03 ID:q5RtoBNDo
カレーは飲み物ですよね!?
696 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 02:36:08.18 ID:0vG7CR/o0
男(ならば本気でお相手しよう。その気取った仮面を引っぺがしてやる)

男「あートイレはどこだぁ?よく場所がわからないからここでしちゃおうかなぁー?」

男(どうだ、これはさすがに焦りを禁じえないだろう!?)

マミ「あらあら。そんなことでカーペットを汚しちゃったら弁償は免れないわよ?私達、ここは借りているだけだからなあなあでは済まされないし……」

男「くっ……」

男(今に見ていろ。絶対にほえ面かかせてやる)

マネージャー「マミさん、警備の方強化しときましたんでもう安心ですよ!」

マミ「ありがとうございます。何事もないといいんですけど……」

まどか「警備?」

マミ「あ、うん……あなた達も一応知っておいたほうがいいわよね」

マミ「実はね、今朝事務所に脅迫状が届いたのよ」

男「なに、脅迫状だと」

マミ「ええ。今日のコンサートを中止にしないと巴マミを殺すって……」

ほむら「……」

まどか「ええっ!?そ、それじゃあマミさん、コンサート開いちゃったら危険なんじゃ……」

マミ「それは危険かもしれないけど……でも、やめるわけにはいかないわ。私には、私を待ってくれている大勢のファンがいるんだから」

マミ「脅されたくらいでコンサートを中止にはしないわ。大丈夫、負けるもんですか!私、魔法少女なんだから!」
697 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 02:40:20.98 ID:0vG7CR/o0
男(マミさんは直前の打ち合わせに向かった)

まどか「うう、殺すだなんて……マミさんに限っては大丈夫だと思うんですけど、やっぱりちょっと怖いです……」

ほむら「大丈夫よ、まどか。巴マミはいくつもの修羅場を乗り越えてきたベテラン魔法少女。彼女に限ってつまらないことで命を落とすなんてありえないわ」

男「そうだな。巴さんに限ってそんなことは絶対にありえないだろう」

男「だけど……なんとなく胸騒ぎがする。少し怪しい奴がいないか会場内を探してみることにする」

まどか「気をつけてくださいね……?」
698 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 02:42:14.42 ID:v4uTiHQB0
強行すんなよwwww
699 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 02:47:52.15 ID:0vG7CR/o0
男「さて、怪しい奴はいないか……?」

「こら、クソガキ!勝手に離れるなって言っておいただろうが!」ボカッ

「もう、お父さん!すぐ殴るのはよくないって言ってるでしょ!」

「痛いよー、蘭ねーちゃーん!」

男「うーむ、あの家族連れは特に怪しくないな……」

「へへ、それにしてもラッキーだったな。剣持のオッサンが期待の新星アイドルのコンサートのチケットを丁度二枚くれるなんて!」

「もう、はじめちゃんったらまた鼻の下伸ばして……シャキッとしてよ、恥ずかしいでしょ」

男「よし、あの高校生カップルも怪しくないぞ」

「ま、待ってよ真理!」

「モタモタしないでよ、透。いい席は早く取らないと無くなっちゃうんだから」

男「あの大学生カップルも全然怪しくないな」
700 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 02:59:39.89 ID:C6j2YWBIO
絶対事件起こるじゃねえかwwwwwwww
701 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 02:59:44.05 ID:0vG7CR/o0
男「ん?あの男、一人だけスーツ姿で浮いてるぞ。少し後をつけてみるか」

「……」

男(よし、このまま後ろを……)

「……」クルッ バキッ

男「おぎゃあ!」バタッ

「おれの背後に立つな……」スタスタ

男「いてて……まあ特に怪しくはなかったかな」

「ダメだよ、ソーニャちゃん!やっぱりよくないよー!」

「あーもううるさい!仕事の邪魔だからついてくるなって言ってるだろ!」

男「うん、特に怪しくない」

男「ん、同じクラスの榊原君に見崎さんじゃないか」

「ああ、おはよう男君」

「……おはよう」

「今日のコンサート楽しみだね」

男「ああ!」

「それじゃ行こうか見崎」

「突然だけど聞いて、榊原君。昨日私の義眼で見た巴さんは……死の色が濃厚だった……」

男「あの二人も当然怪しくないな」



まどか「あ、おかえりなさい!」

男「ただいま。怪しい奴は一人もいなかったよ」

ほむら「そう……ただのイタズラなら良いのだけれど……」
702 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 03:02:32.25 ID:0vG7CR/o0
すみません、続き考えてからまた来ます
703 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 03:03:03.17 ID:0vG7CR/o0
あ、今日はここまでです
704 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 03:03:04.37 ID:U0/JxOFCo

絶対死人出るなww
705 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/11(月) 03:41:58.67 ID:9QrF6JTZo
フラグ立ちすぎワロタ
706 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (関東) [sage]:2012/06/11(月) 07:23:35.85 ID:IL7exmi80
>>699の真理と透ってだれ?
あとここにいーちゃんがいたらどうなっていたんだろう?
707 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 09:14:18.27 ID:U0/JxOFCo
>>706
かまいたちの夜(推理ゲーム)の主人公とヒロイン
708 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 21:58:44.56 ID:0vG7CR/o0
男「巴さん。打ち合わせは終わったのか」

マミ「ええ。打ち合わせと言っても必要な事は事前に伝えられているし、いくつか確認事項があっただけだから」

まどか「会場を見てきましたけど、すごい数のお客さんですね……。なんだか緊張してきました……」

男「うふふ、鹿目さんが歌うわけじゃないのに、緊張する必要なんてないのよ?」

マミ「あら。男君、私の真似かしら?なかなか似ていると思うわよ」

男「チッ」

ほむら「えっ?」

まどか「え、今のマミさんが言ったんじゃ?」

男「俺だ。コツは本人になりきることだな」

ほむら「そんな……似ているってレベルじゃなかったわよ、今のは……」

マミ「私の体調が悪いときは男君に声を当ててもらおうかしらね?うふふ……。それじゃあ、そろそろスタンバイしてくるから」

まどか「は、はい!応援してます、がんばってください!」
709 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:04:18.65 ID:55dCgKog0
マミさんが天使すぎて生きるのがつらい
710 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 22:09:14.41 ID:0vG7CR/o0
男「よし、じゃあまずは全員このスタッフ用に制服に着替えるぞ」

ほむら「制服なんてあるのね……」

男「まあ制服と言っても特製っていうわけじゃない。どこにでも売ってるようなもので男は白のカッターシャツに黒のスラックス、女はスラックスの代わりにスカートのシンプルなものだ」

まどか「わかりました。じゃあ着替えてきますね」

男「↓2」

1.行ってらっしゃい
2.俺も一緒に着替えていいかな?
711 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/11(月) 22:09:33.21 ID:3TR6JtdR0
712 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (関東) [sage]:2012/06/11(月) 22:11:14.02 ID:IL7exmi80
1
713 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:11:17.57 ID:9tRzQXmmo
1
714 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:11:19.85 ID:55dCgKog0
1
715 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 22:11:38.53 ID:0vG7CR/o0
カッターシャツとワイシャツって意味同じなんですね。

>>710はワイシャツに変えといてください
716 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 22:16:07.41 ID:0vG7CR/o0
男「行ってらっしゃい。貴重品は出来れば身につけておいてね」

まどか「はーい!」

ほむら「わかったわ」


男「さて、俺も着替えるか」

スパパパパッ

男「ふう、完了」

男「おっと、チャックが開いたままだったぜ」ジィー

男「さて……」

1.二人が戻るのを待つ
2.覗きに行く

↓2
717 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/11(月) 22:16:45.80 ID:3TR6JtdR0
1
718 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:16:49.39 ID:7QDeQH00o
なんか最近比較的真人間になってる気がする
719 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/11(月) 22:17:03.00 ID:o8z6OkQVo
1
720 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 22:19:12.67 ID:0vG7CR/o0
男「よし、覗きに行くぞ」

男「どっちを覗きに行こう?」

1.演者用控え室
2.スタッフ用更衣室

↓2
721 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/11(月) 22:20:13.75 ID:3TR6JtdR0
2
722 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/11(月) 22:20:20.34 ID:o8z6OkQVo
723 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 22:25:44.02 ID:0vG7CR/o0
男「よし、控え室を覗くぞ」


男(控え室に着いた。早速中を見てみよう)ソーッ

マミ「……」ゴソゴソ

男(丁度マミさんが着替えている途中だ。やはり下着姿になるとすごいな)

男(うへへ……)

マミ「……男君……?」

男(! やばい、バレたのか……?)

1.逃げる
2.ゴリラのふりをしてごまかす

↓2
724 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:26:35.69 ID:4toyk2xIO
1
725 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/06/11(月) 22:26:49.83 ID:/u050XZ7o
726 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:37:55.39 ID:v4uTiHQB0
ゴリラwwwwwwwwww
727 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 22:39:06.48 ID:0vG7CR/o0
男「ウホウホッ!ウホウホッ!!」

男(頼む、これでなんとかなってくれ……!)

マミ「……なんだ、ゴリラかぁ……」

男(ふう、なんとかごまかせたみたいだな)

シュルルル パシッ

男「ん?」

グイッ

男「うおっ!」ズザザザザーッ

男(部屋の中に引きずりこまれた!)

マミ「鍵、閉め忘れてたのね……」

バタン ガチャ

マミ「もう……ダメでしょ?女の子の着替えを覗いちゃいけないなんて小さな子供でもわかってるわよ?」

男(マミさんが下着姿のままで説教してきた)

男「ふっ、ふへへへっ!すみませんっ!」

マミ「まあ、でも、男君ならまだよかったのかな?写真なんて撮られたらさすがに大事だし……」スルスル

男「だな。俺も覗いたのが俺でよかったと心から思う」

マミ「はいはい。それじゃあ私も着替え終わったし早く出て行ってね?」

男「……」

1.出て行く
2.様子がおかしい(マミさんルート確定)

↓7レス多数決
728 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 22:39:10.25 ID:q2q7zLgco
>>718
言ってるそばからキチってきたぞ
729 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/11(月) 22:39:30.84 ID:3TR6JtdR0
1
730 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (関東) [sage]:2012/06/11(月) 22:39:34.29 ID:IL7exmi80

731 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/11(月) 22:39:52.75 ID:z6YKWetAO
732 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/11(月) 22:39:56.58 ID:q2q7zLgco
2
733 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/11(月) 22:40:07.25 ID:o8z6OkQVo
2
734 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:40:11.78 ID:lNfc3XbIO
2
735 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:40:19.91 ID:55dCgKog0
1
736 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:40:24.06 ID:v4uTiHQB0
マミさん人気ない……
737 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:41:05.02 ID:v4uTiHQB0
って思ったら以外に人気あったわ
738 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:41:07.13 ID:9tRzQXmmo
1
739 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:41:53.52 ID:55dCgKog0
1か 接戦だったな
740 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:43:22.87 ID:9tRzQXmmo
覗けばルート確定すると誰が予想できたのだろうか…
741 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/11(月) 22:44:41.06 ID:o8z6OkQVo
クソァ!マミさんマミマミしたいよ!
742 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:45:30.35 ID:C6j2YWBIO
もうマルチエンディングでいいんじゃないかな
誰ルートでもいいけど潰しあいにならないかだけ心配
743 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:45:41.64 ID:4toyk2xIO
前もフラグ立ちそうになってたけど
ある程度マミさん→男の好感度はあるのか
744 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/11(月) 22:47:15.22 ID:z6YKWetAO
>>736
まどか期待だろ
745 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:48:49.89 ID:55dCgKog0
そうか ルート決定ってことは、マミさんの好感度はかなりの物ってことなのか・・・わからん
746 :今日はここまで [saga]:2012/06/11(月) 22:48:54.16 ID:0vG7CR/o0
男「ふひひひっ、サーセン!」ガチャ バタン


男「ふう、警察の世話になることかと思ったぞ」

男「痴漢の冤罪って怖いもんな。まあ俺は情強だから身分証出してトンズラするが」

男「おっ、二人が戻ってきたな」

まどか「お待たせしました、男さん!」

ほむら「……」

男「さて、俺たちの仕事だけどディレクターのアシスタントのアシスタント、つまりアシスタントアシスタントディレクターだ」

まどか「???」

ほむら「つまり、あそこにいるADのお兄さんの指示に従えばいいのね?」

男「その通りだ。早速指示を受けているから、ここにいる三人で作業を振り分けるぞ」

男「今ある仕事は、控え室の整理、弁当の注文、カメラ所持者のチェックだな」

まどか「カメラ所持者?」

男「コンサートは撮影禁止だからな。俺たちの場合は、客席を周ってカメラらしき物を持ってる人がいたら席番号を大人のスタッフに伝えるだけでいい」

まどか「えっ、撮影って禁止されてるんですか?」

ほむら「まどか、こういうイベントの風景や空気はその場限りの物よ。記録に残そうなんて無粋だわ」

男「映像や画像を勝手に販売する奴とか、ネットに流して喜ぶ奴もいるだろうしね」

まどか「なるほど……」

男「よし、じゃあ控え室の整理を↓1、弁当の注文を↓2、カメラ所持者のチェックを↓3が担当することにしよう」
747 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:49:19.79 ID:55dCgKog0
まどか
748 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:49:34.89 ID:v4uTiHQB0
749 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/11(月) 22:49:44.75 ID:3TR6JtdR0
ほむら
750 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:51:32.76 ID:C6j2YWBIO
あれ?
結局マミさんの仕事なくね?
751 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/11(月) 22:52:12.54 ID:9tRzQXmmo
まどかには比較的楽な仕事になったか
752 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 18:11:20.38 ID:GtvneOT00
男「よし、控え室の整理を鹿目さん。カメラ所持者のチェックを暁美さん。弁当の注文を俺が担当することにしよう」

まどか「はい!」

ほむら「承知したわ」


男「よし、俺の仕事は弁当の注文だ。関係者は俺達を含めて全部で16人居る」

男「幕の内弁当とお茶を人数分注文すればいいな。よし、手早く電話で済ませよう」ポチポチ

男「もしもし−−−」

男(俺は弁当の注文を無難に終わらせた)


男「さて、とりあえずはフリーになったな。そろそろ開演の時間だが……」

AD「バイト君。暇なら巴さんに何か不備不足が無いか聞いてきて」

男「わかりました」
753 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 18:23:22.49 ID:GtvneOT00
男「巴さん」

マミ「ん、何?男君」

男「そろそろ開演だけど何か聞いておく事とかあるか?」

マミ「ううん、特にないかな。ありがとう」

男「そうか。ところで、今のところイベントは滞り無く進んでいるし、やっぱり脅迫状はイタズラだったんだろうな」

マミ「そうね、私はまだまだ駆け出しだもの。誰かに恨まれるような功績もないし、私を妨害して得をするような人なんていないはずよ」

男「そういうもんか?しかし、それにしてもあんなことがあった以上もう少し警備を強化してもよさそうなもんだけどな」

マミ「ふふ、心配してくれてるの?これでも警備は新人アイドルにしては厳しくしてあるのよ。私にもっと商品価値があればね……」

男「うーむ、それにしてもしかし、ジジイの警備員ばかりだぞ。巴さん、こんな警備で大丈夫か?」

マミ「大丈夫よ、問題無いわ」

男「そか……じゃ俺はもう行くから」

マミ「ええ。そっちもお仕事がんばってね」


男「さて、またフリーになったぞ。どうしよう」

1.控え室に行こう
2.客席を見て周ろう

↓2
754 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 18:24:50.19 ID:jPQz56oXo
755 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (関東) [sage]:2012/06/12(火) 18:28:12.81 ID:hqjec5VO0
756 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 18:42:15.94 ID:GtvneOT00
男「客席を見て周ろう。暁美さん一人だと手が足りないかもしれない」

男(俺は観客席へと移動した)

男「うーむ、マミさんのファンなんて大人の男ばかりだと思っていたけど」

男「こうして見ると小さい子ややおばさんも結構いるんだな」

男「……」

男「なるほど、聞き耳を立ててみてわかったが、事故で両親を失ったマミさんの境遇に同情してるんだな」

男「まあどうでもいいか」

男「おっ、暁美さんがいたぞ」


オタク「あ?だからどうやって俺がカメラ持ってるって証拠だよ?」

ほむら「間違いなくさっき見たわ。私の目をごまかせると思っているのかしら。早く鞄の中身を見せなさい」

オタク「そんな事言ってもしも鞄の中にカメラが無かったらどう落とし前つけるつもりだよ?ああ?」

ほむら「『もしも』なんて考える必要はないわ。愚か者が相手なら私は手段を選ばない」


男「……何をやってるんだあいつは……。注意するのは他のスタッフに任せろって言っただろ……」

男「どうしよう」

↓2
757 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (関東) [sage]:2012/06/12(火) 18:45:15.96 ID:hqjec5VO0
ほむらを注意して、オタクは他のスタッフに任す
758 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/12(火) 18:45:21.30 ID:FBkGl+TAO
[田島「チ○コ破裂するっ!」]
759 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) [saga]:2012/06/12(火) 18:46:52.75 ID:FBkGl+TAO
>>758
オナニー
760 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 18:56:15.52 ID:GtvneOT00
男「よし、オナニーしよう」

男(俺は他から見えないように、開いている席にうずくまるとオナニーを始めた)

ほむら『さあ、早く見せなさい。言い逃れは出来ないわよ』

オタク『そんなに言うなら見せてやるよ。ほれ』バサバサ

ほむら『こ、これは……カメラが無い!?そんなはずはないわ、私は確かに見たのに!』

オタク『へへ、これで俺の身の潔白は証明されたわけだ。それじゃあ落とし前をつけてもらおうか?』ボロン

男『そうだな。俺の指示を無視して勝手に客に注意した落とし前もつけてもらうぞ』ボロン

ほむら『ひっ……ち、近寄らないで……』

男『さあ、その両手で俺達の肉棒をしごいてもらおうか。早くしないと鹿目さんに君の失態が伝わることになるぞ』

ほむら『それだけはやめて!わ、わかったわ。それじゃあまずは男の物から……』ニギッ

男「うっ……」

男「ふう、さて、どうしようかな」

↓2

761 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) [saga]:2012/06/12(火) 18:59:27.95 ID:FBkGl+TAO
ほむらはスタッフじゃない近所の池沼なので気にしないで下さいとオタクに謝る
762 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 18:59:33.35 ID:NQlyVRdko
控え室に行こう
763 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 19:08:01.77 ID:GtvneOT00
男「俺しーらないっと。控え室に行こう」

男(俺は精液と暁美さんを残してその場を去った)


男「控え室に着いたぞ」ガチャ

男「鹿目さん、調子どう?」

まどか「あ、男さん……!」

男(マミさんのボストンバッグが荷物置き場から落ちている。中身がぐちゃぐちゃだ)

まどか「あ、あの!口が開いたままだったから、閉めようと思ったら……物がいっぱいでうまく閉まらなくって、それで勢い余ってひっくり返しちゃって……」

まどか「ごめんなさい、すぐに片付けますから……!」ゴソゴソ

男「↓2」
764 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/06/12(火) 19:09:14.76 ID:32GZFxhIO
オナニー
765 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 19:09:33.42 ID:jPQz56oXo
手伝うよ(イケメンスマイル)
766 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) [saga]:2012/06/12(火) 19:09:50.52 ID:FBkGl+TAO
呆れた。もう帰っていいよ
767 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 19:21:07.17 ID:GtvneOT00
男「手伝うよ」(イケメンスマイル)

まどか「あ、ありがとうございます……」ゴソゴソ

男「……」

まどか「……」ゴソゴソ

男「……」

まどか「……」ゴソゴソ

男「……」

まどか「……あの、男さん……?」

男「ん?」(イケメンスマイル)

まどか「えと、手伝ってもらえるんじゃ……?」

男「え、手伝うの?」

まどか「あ、はい……手伝ってもらえると、助かります……」

男「オッケー。一緒にがんばろう」

男「えーと、これは下のほうかな……」

まどか「これはここに……」

男「で、これはここ……」

まどか「あ、これって……」

男「よし、こんなもんだな。物がいっぱいって言ってたけどちゃんと整頓すればすっきりしたもんじゃないか」

まどか「あ、はい……あの、男さん」

男「ん?」

まどか「今日のマミさん、ちょっと様子がヘンだった、ような気がしたんですけど……」

男「え、そう?」

まどか「はい、なんだか上の空っていうか。この鞄だって、いつものマミさんならもっとちゃんと整頓してると思うんです」

男「そういえばさっきも更衣室の鍵を閉め忘れたまま着替えてたな……」

まどか「……え?」

男(まずい、うっかり口走ってしまった!このままでは着替えを覗いたことがばれてしまう!)

男(なんて言い訳しよう)

↓2
768 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/12(火) 19:22:24.44 ID:PPaQnReO0
たまたま通りがかって
769 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 19:22:27.26 ID:32GZFxhIO
雄々しい物音がしたから…
770 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 19:22:27.53 ID:jPQz56oXo
さっき子供が迷い込んでてさ
771 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/06/12(火) 19:23:28.76 ID:mgKeqe3AO
言い訳などせぬ
772 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 19:24:19.43 ID:GtvneOT00
>>767
× 男「そういえばさっきも更衣室の鍵を閉め忘れたまま着替えてたな……」

○ 男「そういえばさっきも控え室の鍵を閉め忘れたまま着替えてたな……」

でお願いします
773 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 19:33:24.63 ID:GtvneOT00
男「いや、その……ものすごい雄々しい音がしたからさ」

男「ブボボッ!モワッて」

男「あんな脅迫状がきてたから、俺、巴さんが心配でつい控え室にノックしないで入っちゃって……」

男「結局巴さんの屁の音だったんだけど」

まどか「えっ、ま、マミさんの……?」

男「だから、決してわざとじゃないんだ。信じてくれるかい?」

まどか「あ、はい……」

男「ありがとう、鹿目さん!」ギュ

まどか「あっ……」

男(俺は鹿目さんに抱きつくと、いつもの如く匂いを嗅いだ)

男「すんすん……すんすん……」

まどか「……」

男「すんすん……すんすん……」

まどか「……すー……はー……」

男「!?」

まどか「すー、はー。すー、はー……」

男「か、鹿目さんが変態になった……」

まどか「てぃひひっ」

まどか「いつもされてるから、お返し、だよ……」

男(顔真っ赤だぞ、鹿目さん)

男(どうしよう)

↓2
774 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 19:35:10.72 ID:SfkPsa7SO
ぶっちゅー
775 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 19:35:15.90 ID:NQlyVRdko
キスをしてもいいか聞く
776 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 19:45:49.63 ID:GtvneOT00
男「キスしたくなってきた」

まどか「え……?」

男「鹿目さんとキスしたい。鹿目さんと舌を絡ませあったり、鹿目さんの歯茎や唇、口の中のすみずみまで嘗め回したい」

まどか「……」

男「キスしてもいい?」

まどか「だ、ダメだよ、そんなの……」バッ

男(鹿目さんの体が離れていった)

まどか「ごめんね……」

男「……」

1.無理やりキスする(ほむらルート確定)
2.諦める

↓7レス多数決
777 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 19:46:05.66 ID:NQlyVRdko
2
778 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 19:46:30.65 ID:dHu9wtpho
II
779 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/12(火) 19:46:32.74 ID:FBkGl+TAO
780 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 19:46:45.11 ID:6WVrLdPso
781 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 19:46:47.46 ID:jPQz56oXo
782 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 19:46:48.71 ID:XHNUfU8IO
2
783 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (関東) [sage]:2012/06/12(火) 19:47:21.12 ID:hqjec5VO0
絶対、ほむらとまどかを間違えただろうwwwwwwwwwwwwww
誤植じゃなかったらほむらルートに行きたいけど、2
784 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 19:47:26.87 ID:32GZFxhIO
2
785 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 19:47:35.61 ID:6WVrLdPso
無理やりするとなぜほむらになるんだろう?
786 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 19:47:44.11 ID:dHu9wtpho
もう決まったな
満場一致ワロス
787 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 19:53:08.89 ID:Gj7jzxnB0
なんでほむらルートなんだよwwwwww
風が吹けば桶屋が儲かるってかwwwwwwwwwwww
788 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 19:53:48.22 ID:GtvneOT00
男「じゃあクンカクンカで我慢する」ギュ

まどか「はい?」

男「くんかくんか!くんかくんか!」

まどか「ひゃあっ」

ガチャ

ほむら「男?」

男「すんすんすん!くんかくんか!」

まどか「だ、だめぇ……!ほむらちゃん、見てるから……!」

ほむら「……」ギリッ

男「ん、何?」

ほむら「ADのお兄さんが呼んでたわ……!」

バタン

男「残念だ。もう行かないといけないらしい」

まどか「あ、は、はい……行ってらっしゃい」

男「片付けがんばってね。終わったらこの場で待機で」ガチャバタン
789 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 20:06:09.83 ID:GtvneOT00
AD「おう来たかバイト君。もうすぐ午前の部が終わるから、タオルとドリンク持って舞台袖に居て。あと巴さんはお昼ゼリー飲料で済ますから、それもコンビニで買ってきて」

男「わかりました」


男「よし、準備完了」

マミ「ふう……」

男「お疲れ様、巴さん。はいタオル」

マミ「ありがとう」

男「ドリンクここに置いておくから。飲み終わったらまたここに戻しておいて。後で俺が片付けておく」

マミ「わかったわ」


男「控え室に戻ってきたぞ」

男「鹿目さん、悪いんだけど巴さんのお昼はゼリー飲料らしい。近くのコンビニで買ってきてくれるかな」

まどか「はい、わかりました!」

男「面倒だろうけど領収書もらってきてね。上様でいいから」

まどか「は、はい……。やったことないけど頑張ります」

ガチャ

弁当屋「ども……」

まどか「あ、失礼します……」

バタン

男(入れ替わりで弁当屋が入ってきた。帽子を深くかぶったやせた男だ)

弁当屋「ここに置いときますんで……」

ガチャ バタン

男(置くだけ置いてすぐに帰って行ったな……)
790 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (関東) [sage]:2012/06/12(火) 20:07:32.09 ID:hqjec5VO0
安価なら、弁当をよく調べる。爆弾の可能性があるかもしれん
791 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 20:07:48.31 ID:6WVrLdPso
その可能性はあるな
792 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 20:12:18.01 ID:GtvneOT00
ガチャ バタン

マミ「ただいま」

マネージャー「いや、よかったよマミさん。これでまたトップアイドルに近づけたね!」

マミ「ふふ、確かに私も手応えを感じました」

マネージャー「ささ、上着脱いでこのハンガーにかけて」

マミ「ありがとうございます。……あっ」スポーン

マネージャー「うあっ!いたたたた……」

男(マミさんの手からハンガーが飛んでマネージャーの顔に当たったぞ)

マミ「ご、ごめんなさい!手が滑ってしまって……。大丈夫でしたか?」

マネージャー「あ、ああ。大丈夫。マミさんがしっかり結果を出してくれる喜びのほうが大きいからなおさら平気さ」
793 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (関東) [sage]:2012/06/12(火) 20:13:59.77 ID:hqjec5VO0
このマネージャー、本当にいい奴だったら死ぬな。
捕まるのは主人公
794 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 20:20:05.50 ID:GtvneOT00
マミ「本当にごめんなさい……」

マネージャー「ははは、気にしないで!それじゃあバイト君、僕達は外にでていよう。これからマミさんがここで着替えるからね」

男「わかりました」

ガチャ バタン

マネージャー「クソッ イテェナァ……!!」ブツブツ

男「ところで午後の部はいつ始まるんですか?」

マネージャー「え!?あ、ああ!あと1時間後だよ!」

男「そうですか。それまでは休憩というわけですね」

マネージャー「そうなるかな」ニコッ

ブツンッ

マネージャー「……な、なんだ!停電か!?」

男「……」

男(嫌な予感がする……)

マネージャー「くそっ、何も見えないぞ!一体どうなっているんだ!?」

男(この人ちょっとうるさいな……)
795 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 20:22:30.24 ID:GtvneOT00
パッ

男「あ、復旧しましたよ」

男(時間にして一分くらいか……)

マネージャー「なんなんだ、一体……そうだ、マミさんは大丈夫か?」

コンコン

マネージャー「マミさん?大丈夫かい?」

男「返事が無いですね」

マネージャー「マミさん?マミさん!?」

ドンドン!ドンドン!

マネージャー「た、大変だ……!二人で体当たりしてドアを壊そう!」

男「え?」

男(どうしよう)

↓2
796 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 20:22:45.55 ID:6WVrLdPso
とうとうマミクラ推理編の開始か
797 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 20:24:47.13 ID:jPQz56oXo
ピッキング
798 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 20:31:37.36 ID:GtvneOT00
男「壊す必要はないですよ。すぐに開けますから」

マネージャー「な、なんだって?」

男(俺は隠し持っていたコンバスの針を鍵穴に差し込んだ)

男「……」ゴソゴソ カチッカチッ

マネージャー「ピ、ピッキングかい?すごいね……」

男「コンパスで出来るかボケ!!」ガンッ

バタン

マネージャー「あ、開いた……!すごい蹴りだね、一発で鍵を壊すなんて……!」

男「そんなことはどうでもいい。巴さんはどうしてるんだ」スタスタ

マミ「……」

男(椅子に座ってるな。寝てるのか?)

男「巴さん、起きてくれ」ユサユサ

マミ「……」フラァ

バタン

男「え?」

マネージャー「う、うわああああ!死んでる!!」

男「え?」

男(床に倒れ伏したマミさんの脈を取った)

男(……確かに死んでいた……)
799 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/12(火) 20:32:29.59 ID:eiOzQTEUo
えっ
800 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 20:33:10.45 ID:Gj7jzxnB0
wwwwwwwwwwwwww
801 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 20:33:20.29 ID:jPQz56oXo
ゾンビが死ぬわけないだろ
802 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 20:42:11.95 ID:GtvneOT00
まどか「ひっく、ひっく……マミさぁん……」

AD「なんてこった……」

マネージャー「うう、マミさん!なんでこんなことに……!」

男「うーむ……まさか本当に死ぬとは……」

ほむら「……」

マネージャー「畜生!誰がこんなことをしやがったんだ!絶対に捕まえて警察に突き出してやる!」

男(……犯人の目星はついている。どうやって発表しよう……)

男「は、は……」

男「はーっくしょい!」

「!!」プスッ

男「ん?」

(目の前の壁に針が刺さってるぞ。角度的に後ろの眼鏡のガキの位置から出たものだな)

男「お前今朝会った家族連れのガキだな」

「え?なんのことかな?ボクわかんない!」

男「おい、ちょっとその時計見せてみろ」グイ

「や、やめてよー!」

男「なんだこりゃ、照準装置か?お前今これで俺の事狙ってただろ!」

「えー?ボクわかんないよー!これってただのオモチャだよー?」

男「言い訳するんじゃねえー!」ボコッ

男(俺はガキの腹を思い切り蹴り上げた!)

「うぼぅぁ!」バタッ

男「ふう、気絶したか。キレる中学生をなめるなよ」
803 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 20:48:04.77 ID:GtvneOT00
まどか「? 男さん?」

男(やばい、ガキを蹴って気絶させたなんて事がバレたら鹿目さんに幻滅されてしまう!)

男(咄嗟の判断で俺はガキを壁を背にもたれさせ、自分はその横で壁に向かってうずくまった!)

ガキ「」

男『ふう、とんだ茶番だね。ボクにはこの事件全ての謎がとっくに解けているよ!』

AD「な、なんだって!?」

マネージャー「誰がマミさんを殺したんだ!」

まどか「男さん、また違う人の声出してる……」

ほむら「放っておきなさい」

男『この事件の犯人、それは↓2ですよ!』
804 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/12(火) 20:48:39.14 ID:t5zj0LKao
このガキ
805 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 20:48:55.43 ID:6WVrLdPso
マネージャー
806 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 20:49:59.42 ID:oWVkGW4Lo
まあ、マネージャーだろうな 
807 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 20:51:00.37 ID:GtvneOT00
男『この事件の犯人、それはマネージャーさんだよ!』

マネージャー「な、なんだとこのガキ!?言うに事欠いてなんて事を!根拠はなんだ!!」

男『根拠はねー、↓2−4だよ!』
808 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/12(火) 20:51:59.67 ID:FBkGl+TAO
なんとなく
809 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/12(火) 20:52:22.10 ID:PPaQnReO0
ハンガー
810 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 20:52:48.67 ID:dHu9wtpho
811 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 20:52:49.66 ID:oWVkGW4Lo
見ただけで、死んでいると発言したから
812 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 20:53:00.68 ID:6WVrLdPso
脈を見る前に死んでると断言
813 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/06/12(火) 20:53:07.33 ID:j3nphQWPo
ひと目見ただけで「死んでる」と言った
814 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 20:54:29.74 ID:6WVrLdPso
ドアにも鍵なんてかかってなかったのかもなぁ
815 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 20:55:44.89 ID:Gj7jzxnB0
ハンガー懐かしいな
816 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 20:55:58.07 ID:oWVkGW4Lo
>>814
それは思ったけど、ピッキングしたから判断付かなかったな
817 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 21:02:51.26 ID:GtvneOT00
男『根拠はねー、まずマネージャーさんには動機があるよね』

マネージャー「ど、動機だと!?」

男『うん。そこでうずくまってるお兄ちゃんに聞いたよ。マネージャーさんはマミさんにハンガーを投げられたんだよね?』

男『ハンガーを投げられることは人を殺す理由としては十分なんじゃないかなあ?』

まどか「???」

ほむら「滅茶苦茶ね……」

マネージャー「そ、そんなことくらいで殺すわけがないだろ!証拠はあるのか!」

男『あるよ。……これもそこのお兄ちゃんから聞いたけど、マネージャーさんはマミさんが倒れてるのを見ただけで死んでるって言い切ったよね?』

男『ただ寝てたり気絶してたりしただけかもしれないのにねー?こんなことが言い切れるのは、マミさんを殺した犯人張本人だけしかいないよ!』

マネージャー「そんな馬鹿な!マミさんは俺にとって希望の星なんだ!俺はマネージャーである以前にマミさんのファンだ!」

マネージャー「ただでさえあんな脅迫状が来てるんだ……。マミさんが倒れてるのを見て、気が動転しても仕方ないじゃないか……!」

男(……)

1.警部さん、こいつを連行しちゃってよ!
2.男の癖に言い訳がましいよ!連行しちゃってよ!
3.あれれー?間違えたかも!でも連行しちゃってよ!

↓2
818 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 21:04:31.07 ID:oWVkGW4Lo
1 全部同じwwwwww 身体検査とかしないのかwwwwww
819 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 21:04:32.11 ID:JavtQvFso
2
820 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 21:08:38.61 ID:3r2KiWcIO
まあ、いざとなったら他にも探偵いるしなw
821 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 21:12:23.04 ID:GtvneOT00
男『男の癖に言い訳がましいよ!警部さん、こんな奴早く連行しちゃってよ!』

警部「あ、ああ……毛利くんのところの子がいうのなら間違いないだろう。おい、こいつを連行しろ!」

警官「はっ!おい、さっさと来い!」

マネージャー「ちくしょう!俺は無実だ!離しやがれ!!」


警部「ふう……しかし、聞くところによると事件発生時は停電中で、マネージャーはそこにいるバイトの子と一緒だったそうじゃないか。彼はどうやって巴マミを殺害したんだ?」

男(そうだ。マネージャーには完璧なアリバイがある。彼にマミさんを殺害することは不可能だったはずだ)

男(なんでお前らは彼を警察に連行させてしまったんだ……)

男(……)

男『知らないよ!』

警部「は?」

男『なんとなくそう思ったからマネージャーさんが犯人だって決め付けたんだ!えへへ……』

警部「な……!こ、このガキ!毛利くんのところの子だからって調子に乗るな!おい、こいつをつまみ出せ!」

警官「はっ!」ガチャ ポーイ

ガキ「」
822 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 21:15:53.49 ID:GtvneOT00
男「さて、お遊びはこの辺でいいでしょう」スクッ

警部「む……なんだね、まさか君も犯人がわかったとでも言い出すんじゃないだろうね」

男「ええ、そのつもりですよ」

男「この事件の犯人、それは……」

1.AD
2.弁当屋
3.本人
4.俺
5.鹿目さん
6.暁美さん
7.美樹さん

↓3−5に正解があれば正解 無ければGAMEOVER
823 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/12(火) 21:16:16.25 ID:PPaQnReO0
2
824 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/12(火) 21:16:31.58 ID:FBkGl+TAO
加速した
825 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 21:16:45.36 ID:oWVkGW4Lo
2
826 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 21:16:49.08 ID:JavtQvFso
827 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 21:16:57.38 ID:jPQz56oXo
828 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 21:18:32.40 ID:3r2KiWcIO
3
829 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 21:20:27.89 ID:GtvneOT00
男「ADか弁当屋でしょうね多分」

警部「は?」

男「警部、ADと弁当屋を尋問してください!必ずそのうち白状するはずです多分!」

警部「……」

男「連行!連行!さっさと連行!!」

警部「……おい、このうるさい中学生を連行しろ」

男「えっ」

GAME OVER
830 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (関東) [sage]:2012/06/12(火) 21:22:25.17 ID:hqjec5VO0
まさかの本人?
どこのまどポだよwwwwwwwwww
831 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 21:24:18.15 ID:GtvneOT00
男「ちょ、ちょっと待ってください!」

警部「なんだ、我々は忙しいんだ。子供の遊びに付き合っている暇はない!」

男「全ての真相が今わかりました!もう一度だけチャンスをください!」

警部「チッ……なんだ、言ってみろ」

男「この事件の犯人、それは……」

1.鹿目さん
2.鹿目さん
3.鹿目さん
4.鹿目さん
5.鹿目さん
6.鹿目さん
7.鹿目さん

↓3−5に正解があれば正解 無ければGAMEOVER
832 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 21:24:45.97 ID:oWVkGW4Lo
ワロタwwwwww
833 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/12(火) 21:24:53.02 ID:PPaQnReO0
1
834 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (関東) [sage]:2012/06/12(火) 21:24:57.20 ID:hqjec5VO0
1〜7全部
835 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/12(火) 21:25:31.45 ID:t5zj0LKao
マドカァー
836 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 21:25:43.38 ID:jPQz56oXo
8.本人
837 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 21:28:16.53 ID:CcaVAgDwo
まさかあそこでかww
838 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 21:29:28.98 ID:GtvneOT00
男「そう、実は巴マミは死んでなかった!」

警部「は?」

男(俺は鹿目さんに近づくとそっと耳打ちした)

男「鞄の中からソウルジェム取ったのは鹿目さんだろ……!早く出して!すぐ出して!連行されちゃう……!」

まどか「え?は、はあ……」スッ

男(鹿目さんからソウルジェムを受け取った俺はすぐさまそれをマミさんの死体に持たせた)

マミ「……ん……?」

まどか「マミさん!?」

男「ほらね、死んでなかったでしょ警部さん!俺の言ったとおり!」

警部「」
839 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 21:36:40.30 ID:GtvneOT00
〜〜〜〜〜

男「オッケー。一緒にがんばろう」

男「えーと、これは下のほうかな……」

まどか「これはここに……」

男「で、これはここ……」

まどか「あ、これって……」

〜〜〜〜〜


男(そう、鹿目さんはこの時、マミさんの鞄の中にあるソウルジェムを発見し……)


〜〜〜〜〜

男「行ってらっしゃい。貴重品は出来れば身につけておいてね」

まどか「はーい!」

ほむら「わかったわ」

〜〜〜〜〜


男(俺の言った事を守り、万が一の事を考えてそれを自分で預かることにした。そして……)


〜〜〜〜〜

男「鹿目さん、悪いんだけど巴さんのお昼はゼリー飲料らしい。近くのコンビニで買ってきてくれるかな」

まどか「はい、わかりました!」

〜〜〜〜〜


男(ソウルジェムの有効範囲は約100メートル。鹿目さんがコンビニに向かったことでマミさんとの接続が切れ、マミさんの体は死んでしまったというわけだ!ふひひっ)
840 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 21:40:58.94 ID:GtvneOT00
男「ふう、被害者もいなかったことだしこれで全て解決ですね」

まどか「マミさん……!マミさぁん……!!」ギュゥ

マミ「鹿目さん……? あ、私、もしかして死んでたのかしらね……?」

警部「もうわけがわからん。撤収するぞお前ら……」

警官「はっ!」
841 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 21:56:55.61 ID:GtvneOT00
男(その後、俺達は午後の部の仕事を淡々とこなし、マミさんのコンサートは表向き無事に、好評を得て終了した)

男(後からわかったことだが、脅迫状はイタズラで停電は偶然、弁当屋はただの根暗だったらしい)

男(コンサートが終わったのは夕方だが、俺達の仕事の本番はそこから始まる)

男(面倒な後片付け。マミさんも手伝ってくれたとはいえ、それが終わったときには既に夜になっていた。そして……)


ショウ「よう男、お勤めご苦労さん!」

男「ショウさん!待ってたよショウさん!早く金くれよショウさん!」

ショウ「ははは、貪欲なやつだ。ほら、ちゃんと公平に分けろよ?」

男「ひゃっほー!ありがとうショウさん!」

ショウ「じゃ、来たばっかで悪いけどもう行くわ。他にも行くところたくさんあってな。また何かあったら連絡するからな」スタスタ

男「うん、わかったよショウさん!」

男「さて、封筒の中には1000円札が40枚入っている」

男「ショウさんのいう『公平な分配』というのは働かざるもの食うべからず、という意味だ。働きぶりに応じてメンバーの給料を変えろというメッセージだな」

男「この40枚の1000円をどのようにしてわけるか……」

男「よし、決めたぞ。鹿目さんが↓4枚、暁美さんが↓5枚、マミさんが↓6枚で残りを俺が貰うとしよう」
842 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 21:58:35.16 ID:dHu9wtpho
ksk
843 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 21:58:39.05 ID:Gj7jzxnB0
10000
844 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/12(火) 21:58:47.45 ID:PPaQnReO0
845 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 21:58:49.86 ID:jPQz56oXo
10
846 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 21:58:51.53 ID:oWVkGW4Lo
10000
847 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/12(火) 21:59:05.43 ID:RwhD5FRLo
10
848 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 21:59:11.23 ID:dHu9wtpho
1ウォン
849 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 21:59:32.30 ID:oWVkGW4Lo
>>846は10枚で訂正
850 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 22:12:34.21 ID:GtvneOT00
男「待ってくれ、ショウさん!」

ショウ「ん?」

男「頼む……何も言わずに俺に998万円貸してくれ!全部千円札で!」

ショウ「お前、その目……本気なんだな?学校やめて働いてもらうことになるぞ」

男「ああ、俺は本気だ!」

ショウ「わかった、ほらよ」ドン

男「ありがとう!」


男「鹿目さん、はい、今日の給料1万円」

まどか「ええっ、こんなに!?あ、ありがとうございます……」

男「巴さんにも1万円」

マミ「あら、別にいいのに……。今日は貴重な体験をさせてもらったしね」

男「そういうわけにはいかない。タダ働きさせるなんて不義理を俺にさせないでくれ」

マミ「うふふ、今日の男君、なんだかちょっと格好良く見えるわね」

男「そして暁美さんには一千万円」ドン

ほむら「!?」

まどか「!?」

マミ「!?」

男「じゃあ、そういうことで。今日でみんなとはお別れだから」ダダダッ

まどか「えっ、ちょ、ちょっと待ってください!男さーーーん!」



男「その後、俺はショウさんの店で年齢を偽りホストとして働き始めた」

男「過去は全て捨てたつもりだ。携帯も番号を変えたし、今勤めているのは県外の店だ。あのころの友達とは全く連絡を取っていない」

ショウ「男ー!指名入ったぞー!」

男「はい!ありがとうございます!」

女「あ、来た来た!この子チョーかわいいんだよ!」

早乙女「あら……貴方、失踪したウチの学校の生徒に似てるわね」

男「フッ、人違いですよ。俺の名はOKOTO。ホストという職業に人生を捧げた男です!」

851 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 22:13:38.90 ID:jPQz56oXo
おい
852 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 22:14:36.80 ID:dHu9wtpho
えっ
853 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 22:15:05.79 ID:KdAbFO5qo
イイハナシナノカナー
854 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/06/12(火) 22:16:25.77 ID:1KxE6VJpo
タイムベントを要求する
855 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 22:16:43.27 ID:dHu9wtpho
ハイパークロックアップせよ
856 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/12(火) 22:17:49.63 ID:PPaQnReO0
終わりじゃないよな?
857 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 22:18:28.13 ID:GtvneOT00
男「はっ、夢か……」

男「まあ、変に差をつけてもなんだしみんな均一に1万ずつでいいか」


男「鹿目さん、はい、今日の給料1万円」

まどか「ええっ、こんなに!?あ、ありがとうございます……」

男「巴さんにも1万円」

マミ「あら、別にいいのに……。今日は貴重な体験をさせてもらったしね」

男「そういうわけにはいかない。タダ働きさせるなんて不義理を俺にさせないでくれ」

マミ「うふふ、今日の男君、なんだかちょっと格好良く見えるわね」

男「そして暁美さんにも1万円」

ほむら「ありがとう。……そこそこ楽しかったわ」

男「よし、今日はこの後……」

マミ「あ、ごめんなさい。この後スタッフのみんなで打ち上げに行く予定なの」

マミ「マネージャーさん、なんでかしらね、警察に連れて行かれてたみたいで……ちょっとへこんでるのよ。普段お世話になってるから、今日は私が励ましてあげないと」」
858 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/06/12(火) 22:25:57.29 ID:OH/necjio
スタッフなのに打ち上げ連れてって貰えないの!?[ピザ]さん!!
859 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 22:27:49.21 ID:GtvneOT00
男「そうか、大変だな。警察は意味も無く任意同行とか職務質問をしてくるからな……きっとマネージャーさんもその被害に遭ったんだろう」

マミ「そうなのかしら……まあ、そういうことだから、今日はこれで失礼するわね。みんなと過ごせて楽しかったわ。ありがとう」

まどか「さようなら、マミさん!」

ほむら「巴さん。……奴の来る日がほぼ確定したわ。来週の金曜日、今から6日後の早朝よ」

マミ「そう、ついに来るのね……」

ほむら「明日、私の部屋で作戦会議を行うわ。必ず来てほしい。私はこれから杏子に会いに行くから……」

マミ「うん……一緒に頑張りましょう」


まどか「ほむらちゃんとマミさん、何の話してるんだろ……」

男「近所のパチンコ屋に江頭2:50が来るから、中学生の身でどうやってサイン貰おうかって話してるんだ」

まどか「えー……」
860 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 22:32:54.00 ID:GtvneOT00
ほむら「私も用事があるから、ここで……」

まどか「あ、うん……」

男「おう」


男「二人になったな」

まどか「はい……」

男「……」

1.帰ろうか(まどかルート確定)
2.遊びに行こうか(友ルート確定)

↓7レス多数決
861 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 22:33:18.88 ID:JavtQvFso
1
862 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 22:33:31.06 ID:gYpts8NZ0
863 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 22:33:32.23 ID:oWVkGW4Lo
1
864 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (関東) [sage]:2012/06/12(火) 22:33:39.46 ID:hqjec5VO0
865 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/12(火) 22:33:42.97 ID:T5gGn1Cgo
これだと

1

しかないだろ
866 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/12(火) 22:33:51.65 ID:FBkGl+TAO
867 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/06/12(火) 22:35:24.11 ID:j3nphQWPo
868 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/06/12(火) 22:37:46.68 ID:j3nphQWPo
友ルートワロタ
幼馴染ルートとかもあったということか
869 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 22:38:40.83 ID:JavtQvFso
トゥハートで言うところの雅史エンドか
870 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/12(火) 22:39:16.65 ID:RwhD5FRLo
スレタイがアイドルマミさんなのにまどっちルートに行くと誰が予想しただろうか
871 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 22:39:21.73 ID:oWVkGW4Lo
ただ、まどかと一緒に帰るルートなだけだよ! とかだったら笑える
872 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 22:44:43.94 ID:GtvneOT00
男「帰ろうか」

まどか「……」

男「行くぞー」スタスタ

まどか「っ……」タッタッタ

ぽふっ

男「ん?」

男(鹿目さんが後ろから抱きついてきた)

まどか「さやかちゃんだけ、ずるい……」

男「またくんかくんか合戦する?」

まどか「ずるいよ……わたしが男さんに、告白の返事するのを止めたくせに」

まどか「さやかちゃんだけ、わたしに何も言わずに上条くんと恋人同士になっちゃうなんて」

男(これは……あわわわわ……)

まどか「だから、男さん……」

まどか「好きです……」

男(あわわわわわ……)

まどか「いつもいつも、わたしの事を助けてくれる男さんのことが、好きです……」

まどか「返事が遅れてごめんなさい。わたしと、付き合ってください……」

男「↓2」
873 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 22:47:43.77 ID:SxT8wU/60
好きだよ まどか
874 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 22:47:45.05 ID:JavtQvFso
俺も鹿目さんが好きだ。喜んで受けさせてもらうよ
875 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 22:47:45.17 ID:oWVkGW4Lo
俺で良ければ、喜んで 幸せにするよ
876 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/06/12(火) 22:48:03.72 ID:j3nphQWPo
スケベしようやぁ……
877 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 22:49:39.13 ID:dHu9wtpho
スケベしようぜ!
878 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 22:49:49.38 ID:GtvneOT00
男「俺も鹿目さんが好きだ。喜んで受けさせてもらうよ」

まどか「……」ギュゥ

男「……」

まどか「……」

男(背中にしがみついて離れない……)

男(どうしよう)

↓2
879 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 22:52:59.95 ID:SxT8wU/60
顔見せてくれないかいマイハニー
880 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 22:53:00.20 ID:oWVkGW4Lo
なあ、キスしようや・・・
881 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/06/12(火) 22:54:57.07 ID:1KxE6VJpo
素晴らしい流れだ
882 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 23:05:59.10 ID:GtvneOT00
男「なあ、キスしようや……」

まどか「……」ギュウ

男「……」

まどか「……」ギュウ

男「せめて向き合った形で……」

まどか「ダメ……男さん、キスするつもりでしょ」

男「しないよ!」

まどか「てぃひひ……それでもダメ」ギュウ

男「な、なんでだ……」

まどか「すー、はー。すー、はー……」

男「!? お、俺にも鹿目さんの匂い嗅がせて!」

まどか「てぃひひひっ、ダメ!すー、はー。すー、はー」

男「なんてこった……鹿目さんが完全に変態になってしまったぞ……」


男(その後30分間、俺は鹿目さんに匂いを嗅ぎ続けられた)

男(ようやく解放されたと思ったら、鹿目さんは俺に自分の鞄を無理やり持たせて両手を塞いできた)

男(どうあってもキスさせないつもりらしい……)

男「それじゃ鹿目さん、また来週」

まどか「はい、男さん!明日、また!」
883 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 23:09:58.63 ID:GtvneOT00
男「帰宅したぞ」

「にゃー」

男「……」カプ

男(代わりにエイミーにキスしておいた)

「……〜〜〜〜〜ッ」プルプル


男「裏サイトは……」

男(いつものチャットルームにはFORMULAの『OKOTOへ。今日は用事があるのでログイン出来ません』のメッセージが残されていた)

男「うーん、今日はオナニーして寝るか……」

男「誰でオナニーしよう」

↓2
884 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/12(火) 23:10:37.90 ID:RwhD5FRLo
マミさんルート見たかったけど
まどっちかわいいからもういいや・・・
885 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 23:10:38.89 ID:JavtQvFso
まどか
886 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 23:18:40.29 ID:GtvneOT00
男「鹿目さんでオナニーしよう」

男「そういえば鹿目家のトイレにカメラを仕掛けておいたはずだ。知久に使うつもりだったが丁度いい」

男(俺はPCを立ち上げ、遠隔操作で録画を開始した)


〜〜〜〜〜

まどか『はぁ……』スルスル

まどか『……』ペタン

男(下半身裸の鹿目さんが便座に座った。彼女の秘部がアップで映される)

男(陰毛もピンクなんだな……)

まどか『……』チョロチョロ...

男「……」シコシコ

まどか『……』フキフキ

男「うっ」ドピュ



鹿目さん★★★☆☆
美樹さん☆☆☆☆☆
マミさん★★★★☆
暁美さん(FORMULA)★★★★☆
杏子ちゃん☆☆☆☆☆
ゆまちゃん☆☆☆☆☆
織莉子ちゃん☆☆☆☆☆

鹿目さん★★★★☆
美樹さん★☆☆☆☆
マミさん★★★★☆
暁美さん(FORMULA)★★★★★
杏子ちゃん☆☆☆☆☆
ゆまちゃん☆☆☆☆☆
織莉子ちゃん☆☆☆☆☆

男「さて、寝るか」
887 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/06/12(火) 23:19:16.71 ID:OH/necjio
ルート確定か……
終わりが近いと思うと寂しいな
888 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 23:20:28.12 ID:oWVkGW4Lo
まだMAXじゃないのか マミさんに逆転の可能性が・・・?
889 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 23:22:02.42 ID:jPQz56oXo
さらっとほむらがマックスなのはなんでだ
890 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 23:25:06.04 ID:oWVkGW4Lo
ほむらじゃなくて、FORMULAだからさ・・・
891 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 23:31:35.36 ID:GtvneOT00
〜〜〜〜〜

男『すいませーん、そこの人、まんこみせてもらえませんか?』

『……?』

男『まんこです。見せてくれますよね?』

『えっと……ごめんなさい、まんこっていうのが何のことだかわからなくて』

男『えーっ、知らないの!女の子はみんなまんこがついてるんだよ』

『そ、そうなの?ごめんなさい……もしよかったら、まんこが何なのか教えてもらえないかしら』

男『おれもしらない!』

『えー……?じゃあなんで見たがったの?』

男『男はまんこをみたことがないと、はずかしいらしい』

『そうなの……』

男『うーん、まんこをしらないなら仕方ないな!ほかをあたる!』

『あ……待って。ねえ、普通に遊ぶのじゃだめかしら』

『わたし、お外で遊ぶのって初めてなの。わたしに話しかけてくれたのもあなたが初めて。だからお友達になれたらなって……』

男『おれはまんこがみたい』

『うーん、じゃあ、遊んでくれたら後でお父様にまんこが何なのか聞いて見せてあげる。それならどうかな?』

男『おっ、それならいいぞ。俺は男。お前は?』

『わたしは織莉子!美国織莉子!』

〜〜〜〜〜
892 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 23:32:23.95 ID:GtvneOT00
今日はここまでです。
お休みなさい
893 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 23:32:56.83 ID:oWVkGW4Lo
乙 織莉子ェ・・・
894 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/12(火) 23:34:07.72 ID:JavtQvFso
895 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/12(火) 23:35:40.79 ID:RwhD5FRLo
896 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/06/12(火) 23:36:14.37 ID:cn2lKGPb0
わろた 乙
897 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/12(火) 23:36:45.72 ID:T5gGn1Cgo
乙 ってなんだこれwwwwwwww
898 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 23:44:34.65 ID:AzP3hxDjo
(`・ω・´)まんこみせい!
899 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/12(火) 23:49:06.26 ID:GtvneOT00
あ、ちなみに好感度はオナニーで上がります
今日は昼間にほむらでオナニーしたので好感度が上がりました
マミさんについては男は入学以来ずっとオナニーし続けてきたので最初から高い数値でした
900 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2012/06/12(火) 23:57:16.25 ID:armFigSHo

誰だと思った?残念織莉子ちゃんでした!
901 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/06/13(水) 00:01:10.24 ID:zMnDLjx5o
乙っち
初代スレから参加してたのでようやくまどっちとくっ付いたのは感慨深い
902 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 00:53:09.67 ID:ceY0vtd7o
今ループ初代スレより転載。
この伏線は回収されてしまうのだろうか

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/03(木) 16:36:40.04 ID:J3bw0Y320
男「本当、なんですっ……信じてくださいよぉ………」ボロッボロッ

先生「……」

男「ひぐっ。ひぐっ。えーん、しくしく」

先生「……お前、よく見ると結構かわいいな」

男「えっ」

先生「本当になんで半裸で来たんだ?お前のおかげで先生のココもうギンギンだぞ」

男「えっ」

先生「まあいいよ。担任には俺のほうからうまく説明しといてやる」

先生「だけどコレは貸し1だからな?俺は卒業までに必ず取り立てるぞ」

男「えっ」

先生「よし、今日はお開きだ。ほら、さっさと出るぞ」パシパシ

男「えっ」
903 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 01:01:07.07 ID:ZLkgnAcDo
なんだそのシステムwwwwwwwwww
904 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 20:28:03.48 ID:nWw03Ajg0
男「……」ムクリ

「にゃー」ゴロゴロ

男「重い。降りろ」ムンズ

「にゃん」

男(朝8時か。よし、着替えよう)ゴソゴソ

男「さて、今日は日曜日だ。どうしよう」

>>905
905 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/13(水) 20:33:02.82 ID:JFhzDmWAO
イタ電
906 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 20:34:33.51 ID:nWw03Ajg0
男「よし、イタ電でもするか。誰にしよう?」

↓1
907 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 20:34:56.55 ID:PQEdVe570
SAYAKA
908 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 20:49:18.73 ID:nWw03Ajg0
男「ここはやはり美樹さんだろう。美樹さん相手なら嘗めた真似をしてもいいという風潮が確かにあるからな」

男「……」ポチポチ

男「……」プルルルル

さやか『はい?なんか用?』

男「もう彼氏とエッチした?」

さやか『な、何よ朝から……。そんな事、あんたに話すようなことじゃないでしょ』

男「その反応はまだしてないな。今からお前の処女を貰いに行くから身体を洗って待ってろ!」プチッ

男「さて、朝飯を食うか」

ピンポーン

男「ん、誰だ」スタスタ

男「はい」ガチャ

まどか「お、おはようございます……!」

男「おはよう」

まどか「あの、わたし、朝ごはん作ってきましたから」

まどか「えと、一緒に食べてもらえたらなって……」

男(どうしよう)

↓2
909 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/13(水) 20:51:22.48 ID:JFhzDmWAO
二人分?そろそろマミさんが起きるから二人で食べるわ。ありがとう。じゃ。
910 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 20:51:28.90 ID:CKSHY8jIO
食わせろ。性的な意味で
911 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 21:06:24.85 ID:nWw03Ajg0
男「是非食べたいな。上がってよ」

まどか「はい……お邪魔します」


男(居間のテーブルを二人で囲んだ。鹿目さんが持参のバスケットを開けると中にはサンドイッチが入っていた)

まどか「あんまり上手じゃないですけど、がんばって作ったんです。おいしく出来てるといいんですけど……」

男「うん、うまく出来てると思う。おいしそう」

まどか「えへへ……」

男「でも……俺はサンドイッチより……」

まどか「?」

男「鹿目さんが食べたい!」ガバッ

まどか「ひゃぁ!?」

男「な、なあ!エッチしよう!俺たち恋人同士になったんだからいいだろ!?」

男(俺は鹿目さんの胸に顔を擦り付けながら言った)

まどか「だ、だめ……そういうのは、まだ早いんだよ……!」

まどか「ねえ、普通にごはん食べようよ!男さん、おなかすいてるよね……?」

男「……」

↓2
912 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/13(水) 21:08:16.47 ID:E29nt1PUo
問答無用!
913 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 21:08:17.52 ID:F8p4cEFmo
ごめん、冗談さ
さぁご飯食べようか
914 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 21:08:19.07 ID:PQEdVe570
ふぅ・・・
915 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 21:17:03.11 ID:nWw03Ajg0
男「ごめん、冗談さ さぁご飯食べようか」

まどか「あ、うん……」

男「よし、じゃあまずはハムサンドから行こうかな!」モグモグ

男「うん、おいしい!」

まどか「……あのね、男さん」

男「ん?」

まどか「わたしね、男さんのこと好きだよ。でも、いきなり今みたいなのはちょっと……怖いから……」

男「……」

まどか「ご、ごめんね。うん、褒めてくれてありがとう。わたしもハムサンドから食べようかな」

男「……」モグモグ

まどか「……」モグモグ

男「……」モグモグ

まどか「あの、男さん……ひょっとして怒ってます?」

男「↓2」
916 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2012/06/13(水) 21:18:27.06 ID:5v2ukgVMo
うーまーいーぞー
917 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/13(水) 21:18:28.71 ID:tcAOVLw20
何故そう思うんだい?
918 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/13(水) 21:18:28.73 ID:E29nt1PUo
怒ってないよ
919 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 21:18:33.36 ID:3dDMT2rW0
怒ってないよ
920 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 21:18:33.74 ID:0Un/uo6So
ああ、ごめん
あまりにおいしくてさ
921 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 21:18:34.55 ID:PQEdVe570
すまなかった 怖い思いをさせて
922 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 21:18:39.58 ID:ojm2Di3+o
うえひひひひいいいwwwwwwwwwwwwww
923 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/06/13(水) 21:18:49.60 ID:ZR79xicAO
まどかはかわいいな
924 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/13(水) 21:19:36.01 ID:JFhzDmWAO
別れよう
925 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 21:32:12.45 ID:nWw03Ajg0
男「え、なんで?」

まどか「だ、だって……いつもみたいにお話してくれないから、怒ってるのかなって……」

男「ああ、俺、食事中はあんまり喋らないから」

まどか「そう……だったかな?」

男「他所で食べるときは、場が完全に沈黙して気まずくならない程度には喋るように気を遣うけど」

男「鹿目さんと二人なら静かに食べるのも別にいいかなって思って。やっぱり喋った方がいいかな」

まどか「い、いえ!そういうことなら!ごめんなさい、変な事言っちゃって……」

男「あ、鹿目さんが話しかけてくれる分には全然構わないからね」

まどか「はい……てぃひひ……」

男(やっぱこの子ちょろいわ)


男「ふう、ご馳走様。すごくおいしかった」

まどか「ありがとうございます!あの、男さんは今日はこの後の予定とかってありますか?」

男「↓2」
926 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 21:33:10.52 ID:p9Ona+3b0
特になし
927 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 21:33:10.60 ID:PQEdVe570
鹿目さんといちゃいちゃしたい
928 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 21:33:21.70 ID:0Un/uo6So
特に無いよ
929 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 21:33:30.28 ID:CKSHY8jIO
BPM300で般若心境を唱える練習
930 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 21:37:39.46 ID:nWw03Ajg0
男「鹿目さんといちゃいちゃしたいかな」

まどか「い、いちゃいちゃとか、そんな……あ、じゃあどこか二人でお出かけしましょう!」

男(どうしよう)

↓2
931 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/13(水) 21:38:39.21 ID:JFhzDmWAO
レイプする
932 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 21:38:45.32 ID:PQEdVe570
ショッピングにでも行こうか
933 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 21:38:47.59 ID:Y1rPM5sZ0
遊園地にでも
934 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 22:00:40.36 ID:nWw03Ajg0
男「いいね。じゃあ買い物にでも行こうか」

まどか「はい!」

〜〜〜〜〜


QB「やあ、ボクの名前はキュゥべえ!」

QB「ここでみんなに、このボクからデート中の安価形式の説明をさせてもらうよ」

QB「デート中の安価は、IN or NOT形式で男がその行動に対してどれだけ強い感情を込めるかを決定してもらうことになる」

QB「有効レスは対象レスの次から『IN』もしくは『NOT』の表示があるもの先着3レスだ。この内『IN』の数が多いほど男はその行動により強い感情を込めて行動するようになるよ」

QB「ただし、人間の持つ感情エネルギーは有限だ。あまり多くの感情エネルギーを使うと、心が疲れてしまっていざという時に強い感情を持つことが出来なくなってしまう場合がある」

QB「エネルギーの所持量は人間の固体によってまちまちだ。『IN』一つに使う感情エネルギーを1ポイントとするなら、普通の人間の持つエネルギー量は大体10ポイント前後だね」

QB「ちなみにエネルギー量に関して参考程度に話すけど、一流の格闘家で大体20。一流の演説家で25。長坂橋を一人で守った時の張飛で35だ」

QB「そして男の持つ感情エネルギー総量は……」ピピピ ボンッ

QB「うわあ、これはボクにも測定しきれないよ!事実上の無限大だね!」

QB「これだけのキチ、いや、感情エネルギーを持った子と出会ったのは初めてだ!これは上手く制御しないととんでもないことが起こってしまうかもしれないよ!」

QB「まあそれに関してはボク達インキュベーターの関与するところじゃないね。君達地球人の問題だ」

QB「せいぜいうまく男をコントロールしてよ。ボクはボクとの契約を必要としている子を探しにいくからさ!それじゃあね!」
935 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 22:02:04.97 ID:ojm2Di3+o
三行で
936 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 22:03:04.35 ID:PQEdVe570
つまり、INばっかり安価しろってことですねQBさん!
937 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 22:10:47.58 ID:nWw03Ajg0
男「よし、行こうか」

まどか「あの、なんかキュゥべえの声が聞こえた気がしたんですけど……」

男「え、そうなの?うーん、俺にはキュゥべえとかいう奴の姿は見えないからなあ。居てもわからない」

まどか「あ、そうですよね。ごめんなさい、出掛けましょう」


男「ところで鹿目さん。バイト代の使い道とかってもう決めた?」

まどか「いえ、まさかあんなに貰えると思ってなかったので……。今日はお金ありますし、男さんにいつもおごってもらってるお返しをさせてもらいますね」

男「いや、無駄使いするのはやめときなよ。1万円なんて調子に乗って使ってたらすぐに無くなるぞ」

まどか「え、そうかな……」

男「そうだよ。割り切って何か必要な物を買ってしまった方がいい。贅沢はすぐに身につくし、浪費癖がついたまま金だけ無くなったら地獄だぞ」

まどか「うー……確かにそうかも。何か必要な物とかってあったかな……」

男「例えば↓3に使うなんてどうだ?」
938 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 22:14:35.48 ID:QMsjpLRI0
939 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 22:14:51.06 ID:PVYGNaNio
ぬいぐるみ
940 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 22:14:52.11 ID:9A7ofvmMo
洋服
941 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/13(水) 22:14:52.38 ID:E29nt1PUo
マミさんの写真集
942 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 22:14:52.89 ID:QVy9snRIO
ジークンドーを習う
943 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 22:14:54.41 ID:PQEdVe570
アクセサリー
944 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 22:22:24.41 ID:nWw03Ajg0
男「気に入った服に使うなんてどうだ。買い物も金を持たずにするよりは実際に買うという選択肢を持ってした方が楽しいもんだぞ、多分」

まどか「お洋服ですか? ……いいかも……。ね、男さん。最初にまず服が売ってるお店に行ってもいいですか?」

男「ああ、いいぞ。↓2に行こう!」

1.洋服店
2.フリーマーケット
3.ランジェリーショップ
945 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/13(水) 22:22:53.74 ID:tcAOVLw20
946 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 22:22:55.02 ID:9A7ofvmMo
1
947 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 22:35:37.29 ID:nWw03Ajg0
男「よし、行こう。とはいえ俺はそういう店にはあまり詳しくない。ここは鹿目さんの好きな店に行ってくれ」

まどか「はい、わかりました。じゃあ……この間さやかちゃんと見に行ったお店でいいかな……」


店員「いらっしゃいませー」

男「……」

まどか「これもいいけど……うーん……こっちもいいかな……」

男「……」

男(女物ばっかりだ。する事がないな……)

まどか「うーん、悩むなぁ……」

男(暇だ……眠くなってきた……)

まどか「あの。これとこれだったらどっちがいいと思いますか?」

男「ああ、ピンクのでいいんじゃないかな……」

まどか「えと、どっちもピンクなんですけど……というか見もせずに言いましたよね、今……」

まどか「う……ご、ごめんなさい。退屈させちゃいましたか……?」

男(しまった、このままでは鹿目さんに気まずい思いをさせてしまう!)

男(ここは俺も楽しんでることをアピールする必要があるぞ……!)

感情エネルギーINorNOT 先着3レス
948 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 22:36:09.15 ID:9A7ofvmMo
IN
949 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 22:36:11.00 ID:PVYGNaNio
NOT
950 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/13(水) 22:36:13.58 ID:tcAOVLw20
IN
951 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 22:38:44.47 ID:PQEdVe570
in
952 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 22:41:53.72 ID:nWw03Ajg0
男「いや、十分楽しんでるよ!どの服が鹿目さんに似合うか想像しながら飾ってある服を見てたところさ!」

まどか「そ、そうなんですか?なんかちょっと恥ずかしいかな……」

男「ああ、その二つならこっちのフリフリ付きのやつがいいんじゃないかな。鹿目さんには少女趣味な服が合うと思うよ、うん!」

まどか「うぃひひ、そうかな……」

男「うん。まあでも、その二つに限らずゆっくり選ぼうよ。時間はたっぷりあるからね!」

まどか「はい、そうですね」
953 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 22:43:19.45 ID:PQEdVe570
この子ちょろいわー
954 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 22:50:37.01 ID:nWw03Ajg0
店員「ありがとうございましたー」

男(結局何も買わずに出てしまった)

まどか「うーん。欲しいと思ったのは、値段を見ると1万円以上するものだったりして買えなかったり……自分で買おうとしてわかりましたけど、高いんですね、服って」

男「まあ予算1万円ならそんなもんだ。別にすぐ使わないといけないわけじゃないからな。小遣いを積み立てて目標金額まで貯めるのもありだぞ」

まどか「そっか、取っておくのもアリなんですよね。なるほど……」

男「別に自分のための物を買うのに限る必要も無いしな」

まどか「あ、そっか。誰かにプレゼントを買うっていうのもいいですね」

男「だな。例えば両親に↓2を買ってあげるなんてどうだ?」
955 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 22:51:18.92 ID:pe/hd/86o
ケーキ
956 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 22:51:32.21 ID:QVy9snRIO
爆弾
957 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/13(水) 22:51:33.02 ID:tcAOVLw20
うえ
958 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) :2012/06/13(水) 22:51:35.05 ID:JFhzDmWAO
離婚届
959 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 22:59:18.11 ID:nWw03Ajg0
男「両親に爆弾を買ってあげるなんてどうだ?」

まどか「ば、爆弾!?」

男「ああ。詢子さんは会社勤めだからな。鹿目さんも社会に出ればわかると思うが、会社員には爆破したい相手の一人や二人必ずいるもんだ」

まどか「えー……」

男「そんな時に役立つのが娘お手製の爆弾だ。『ありがとうまどか!アンタの作った爆弾で嫌な部長の髪の毛を全部吹き飛ばしてやったよ!』」

まどか「うぇっへ!?」

男「ん?」

まどか「び、びっくりした……。ママの物真似まで出来るんですね……そっくりでしたよ……」
960 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 23:01:16.33 ID:nWw03Ajg0
男「さて、次はどこに行こう」

↓2
961 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/06/13(水) 23:01:34.29 ID:xZ7fBZg+o
ゲーセン
962 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 23:01:35.60 ID:9A7ofvmMo
アクセサリーショップ
963 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 23:15:32.95 ID:nWw03Ajg0
男「アクセサリーショップに行こう」

まどか「は、はい……。あの、いいんですか?わたしが行きそうなところばかり行ってるような……」

男「いいよ別に。一人じゃ入れないし、この機会にこういう店の雰囲気とか見ようと思ってるから」

まどか「へー、色々考えてるんですね……」

男(別に何も考えてないけどね)


店員「いらっしゃいませー」

まどか「あ、これいいかも……」

男(うーん、やっぱり暇だぞ……なんでこんなところに来てしまったんだ……)

男(よし、商品を使って遊ぼう)

男(そうだな、↓3なんかいいんじゃないか?)

1.腕に巻くアクセを数珠に見立てて陰陽師ごっこ
2.小袋に屁を封じ込める
3.パワーストーンでおはじき
4.鹿目さんに浣腸
964 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 23:16:28.12 ID:nWw03Ajg0
すみません、今日はここまでで
965 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 23:16:39.20 ID:11rinc83o
44444444444
966 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 23:16:41.62 ID:9A7ofvmMo
3
967 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 23:17:05.70 ID:QVy9snRIO
2
968 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 23:17:16.43 ID:nWw03Ajg0
あ、やばいこのスレもう終わりそう
1000まで行ったら次立てたらいいのかな
969 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 23:19:07.20 ID:pe/hd/86o
>>1000より少し前に立てて次スレへの誘導にURL貼っておくのがいい
970 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/13(水) 23:20:50.58 ID:PVYGNaNio
                                  __,,....,,__
                              ,.  ''"´     ``丶、               , ´ ̄ ̄`丶.
           ,. ´ ̄`丶.            ,. '′      ,.ヘ       `ヽ、             , '           ヽ
            , '        ヽ           /   ,/ / ./  ヽ ト、      \   .      {             '.,
        /           }          /     / ///   u. ヽ| ヽ l    ',           ',          }
          {            j         ,'      ,l/'"´``     '"´`` ,ソヽ     i          \        く
        )        ,. '′     __i    / 、 、 ,      、 、 ,    '.,  .l__         ヽ ..,,_  _,..へ. .\ __
    ,,__ / , ヘ,,_,,..  '".     ,.へ. ハl     /   ○    、    ○     l  l ハ  _,,_         ̄    ,ゝ、"´  `ヽ
   /  `Y `く            ヽ ヽ_人   l `ヽ.             /´ u l  人人_/ / _          {  (_    ,.}
.  ,'  .   !  }         ,へ.__Y´/  ヽ  l   )、ー------一ァ(   /,/  ヽ/ .ム-,' /          /    ̄\ \
  ヽ.,,_,, 人 ノ           \ ヽ. {    \|   ' Uヽ ..,,_,,.. !|′ ヽ  ′    jヽ/''"/ ./          , '       ,. ヘ〆
/ , へ    `ヽ.        r‐'ニ=ヽ'´ ゝ u             ‐-‐ |{          ノ    ソ〆ニ=-、  , '    u   .j
 / .  ',      ヽ      ノノ      _ ` 、...__..  \        /  、..,,__,,.. く_          ソ ,.'         /
'′    ',   u.   ヽ    '´   , '"´  `Y´    u   ` ー-----一'"     ノ      ``丶      /          ,.'
.      ',        ヽ   ./     _           __,,....,,_ __           __    ヽ__   /         , '
         ',         ヽ _,,/     , '´       ,..-◆-‐'::::。::::::}´: `~``ー-‐- 、_    `丶.   `ヽ′       /
         ',                 /    _,,..-‐-'"´:::::::::::::::::::::::::::::::〕 : : : : : : : : : : : ヽ ̄`丶 ヽ          /
         ',          u   ,'  , ´(::::::::◇::::::::::::::::::::::::::::::::::::( : : : : : : : : : : : : ;ノ    ) _',_     , '′
         ',              {__ (   ヽ::_:::::::::::::::::::::▽::::::::::::::ノ : : : : : : : : : :_厂    , '     `ヽ‐<.
         \        /  ``  ..,,_ ~""''' ‐-- 一' "´ `"'''"´ ̄_,."´ -‐ ' ´           ` 、
              ` ー‐ァ--‐ァ'′         ̄````゙゙゙゙゙゙゙゙``````````´´´´                     \
             /  ./                                               u    ヽ
             ,. ´                                                      ',
         , '                                                       ',
           /    u                                                       i
.          i                                                             l
        {                                                u              }
971 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/13(水) 23:25:24.22 ID:PQEdVe570
次スレを立てるのは、だいたい980超えぐらいが普通かね 勢いのあるとこだと、950ぐらいで立てるとこもあるけど
972 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/06/14(木) 02:43:07.57 ID:PuB1yj8b0
973 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/14(木) 06:57:23.88 ID:U9ZhIqB10
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1339624466/
先に立てときました
974 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/14(木) 20:55:40.46 ID:U9ZhIqB10
男「よし、パワーストーンでおはじきだ」

男「すみません店員さん。ここにあるパワーストーンって手にとって見てもいいですか?」

店員「はい、結構ですよ。もしよろしければお客様に合う物をお選びいたしますが」

男「いいですね。お願いします」

店員「ではお客様の生年月日をお教えいただけますか?」

男「1995年○月×日です」

店員「はい、それでしたらこちらが誕生石になりますね」

男「へえ、綺麗ですね!おお、なんだか手に持っただけで力が湧いてくるような……」

店員「ふふふ、そうでしょう?値段もお手ごろですし、アクセサリーとしてもお勧めですよ」

男「うーん、でも俺の小遣いだと……悩むなあ……そうだ!」

男「あの、店員さんの誕生石を教えてもらっていいですか?」

店員「?はい、私のはこれですが……」

男「よし、そこの台に置け」

店員「は? はあ……」スッ

男(角度、摩擦係数、そして何より重要なのは込めるパワー……よし、全て計算完了だ)

男「ティロ・フィナーレ!」カツッ

ゴツッ

男(よし、命中だ!)

カツッ

男(店員のパワーストーンが床に落ちる。とりあえず俺の負けは無くなったぞ)

ピタッ

男(店員のにぶつかって跳ね返った俺のパワーストーンは……台の崖っぷち、落ちる寸前でギリギリ止まった)

男「ビンゴォー!俺の勝ちですね、店員さん!」

男「ふふ、どうです?上手いもんでしょう」
975 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/14(木) 20:58:59.21 ID:xk7hJ8Uko
つまみ出されるわ
976 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/14(木) 21:07:54.14 ID:U9ZhIqB10
男「俺のと店員のと、両方の石を弁償させられてしまった……」

男「くそっ、こんな石ころなんの役にも立たんぞ。なんで俺がこんな物に金を出さなきゃいけないんだ……」

まどか「あれ、男さん、その宝石買ったんですか?」

男「ああ、うん。ちょっとね。必要無いから処分するつもりだけど」

まどか「えっ、処分って……捨てちゃうんですか?」

男「うん」

まどか「えー……勿体無い……」

男「じゃあ鹿目さんにあげる」

まどか「あ……はい。ありがとうございます……?」

男「ちなみに安物のパワーストーンだぞ」

まどか「てぃひひ、値段なんて関係ないですよ」

まどか「ところで、これってどんな効果があるんですか?」

男(効果とか全然知らんぞ……)

男「あー、確か↓1だったかな」
977 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/14(木) 21:08:26.80 ID:vpwBG/O9o
恋愛運アップ
978 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/14(木) 21:08:30.10 ID:t1EHPfoGo
強く願えば願いが叶うそうだ
979 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/14(木) 21:08:30.37 ID:oYb94z/Po
能力発動
980 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/06/14(木) 21:09:17.81 ID:rcQ0Ngi20
血尿が出にくくなる
981 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/14(木) 21:26:37.86 ID:U9ZhIqB10
男「強く願えば願いがなんでも叶うすごい石ころなんだ」

まどか「へー、ロマンチックですね」

男「鹿目さんは存在がファンタスティックだけどね」

まどか「ど、どういう意味ですか……」

男「あーそういえばそろそろ昼飯時だな。なんか食べに行こう」

まどか「ほんとだ、もうこんな時間。えと、じゃあちょっとだけ表で待ってて貰えますか?」

男「はいよ」


男「さて、スマホで近くの飲食店を検索したぞ。どこにしよう」

1.ホテルのランチバイキング(中学生以下半額)
2.サイゼリヤ
3.やよい軒
4.いつものファーストフード店

↓2
982 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/14(木) 21:27:10.95 ID:TLghFNRA0
2
983 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/14(木) 21:27:17.30 ID:vpwBG/O9o
4
984 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/14(木) 21:27:18.78 ID:t1EHPfoGo
1
985 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/14(木) 21:35:55.31 ID:U9ZhIqB10
まどか「お待たせしました!」

男「うん、じゃあこの間のファーストフードの店で済ませようか」

まどか「はい!てぃひひ……」

男「?」


男「よし、じゃあ今日は俺が席を取ってくるから、鹿目さんが注文をしてきてくれ」

まどか「はい、わかりました。男さんは何にしますか?」

男「ホットドッグのセット、ドリンクはコーラで」

まどか「はい!」


男「さて、空いてるテーブルは……ん?」

幼馴染「……」モグモグ

男「ぷっ。日曜日に一人でハンバーガー食うとか笑えるな。どれ、一つからかってやろうか」

↓2
986 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/14(木) 21:37:13.76 ID:6tVN/j4IO
レッツゴースケベ
987 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/14(木) 21:37:16.04 ID:oYb94z/Po
高速で般若心境を唱える
988 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/06/14(木) 21:37:17.12 ID:V12TX/cvo
ごめん、待った?
989 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/14(木) 21:37:34.71 ID:t1EHPfoGo
空手チョップ
990 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/14(木) 21:38:02.04 ID:oYb94z/Po
般若心経だた
991 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/14(木) 21:50:54.14 ID:U9ZhIqB10
男(とりあえず向かいに座るか)

男「……」ドカッ

幼馴染「……」モグモグ

男「まかはんにゃはらみたしんぎょう」

幼馴染「……」モグモグ

男「かんじーざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみたし」

幼馴染「……」モグモグ

男「しょーけんぎょうおんかいくう どいっさいくーやく しゃーりーし」

幼馴染「……」チュー

男「しきふいくう くうふいしき」

幼馴染「……」モグモグ

男「……」

幼馴染「色即是空空即是色」

男「!?」

幼馴染「般若心経もまともに読めないゆとりのナンパはお断り」

男「ナンパじゃない。図に乗るなよ、日曜に一人で飯食うボッチビッチ」

幼馴染「ボッチなのは男も一緒でしょ」

男「ぷぷぷ……」

まどか「お待たせしました。……あれ、お知り合いですか?」
992 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/14(木) 21:58:22.24 ID:U9ZhIqB10
幼馴染「……? 誰?」

男「鹿目さん。この女は俺の幼馴染だ」

まどか「あ、はい。マミさん達と三年間同じクラスだったんですよね」

男「そしてこの子は鹿目さん。俺の彼女だ」

まどか「うぃひ……ど、どうも……」

幼馴染「……」

男「よし、混んでるしここは相席しよう。さあ鹿目さん、俺の隣に座るんだ」

まどか「はい!」

幼馴染「……本当に彼女?男に彼女が作れたの?」

男「ふん、疑うなら見せてやろう。これが俺と鹿目さんが恋人同士だという証拠だ」

感情エネルギーINorNOT 先着3レス
993 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/14(木) 21:58:34.57 ID:vpwBG/O9o
IN
994 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/06/14(木) 21:58:43.14 ID:TLghFNRA0
IN
995 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/14(木) 21:59:02.59 ID:t1EHPfoGo
in
996 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/14(木) 22:00:28.08 ID:oYb94z/Po
IN
997 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/14(木) 22:07:34.48 ID:U9ZhIqB10
男「これが俺と鹿目さんとが恋人同士だという証拠だ!!」ババッ

男(俺は身に着けている物を全て脱ぎ捨て、産まれたままの姿になって鹿目さんの飛び掛った!)

まどか「ええええぇぇぇっ!?」

幼馴染「流石にこれは噴飯せざるを得ないかな……」

幼馴染「……」モグモグ

幼馴染「ぶふぉっ!」

男「鹿目さん!エッチしようよ!俺もう我慢できないよ!」スリスリ

男(叫びながら肉棒を鹿目さんにこすりつける。鹿目さんはうろたえるばかりの様子だ)

男「……うっ!」ドピュ



『続いてのニュースです。本日、群馬県見滝原市の飲食店で、男子中学生が白昼堂々のわいせつ行為に及ぶ事件が……』

GAME OVER
998 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/14(木) 22:08:23.64 ID:U9ZhIqB10
次スレ行きます
999 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/14(木) 22:08:32.77 ID:t1EHPfoGo
1000 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/06/14(木) 22:08:46.15 ID:oYb94z/Po
えー…。
1001 :1001 :Over 1000 Thread
   /.   ノ、i.|i     、、         ヽ
  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |
  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |
  i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|
   iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.
   .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、   /    /   /  | _|_ ― // ̄7l l _|_
   丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi. _/|  _/|    /   |  |  ― / \/    |  ―――
  /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ     |    |  /    |   丿 _/  /     丿
  'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ
 ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ                             
      ノヽ、       ノノ  _/   i     \
                                                       SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
                                                         http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/

1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
江戸川オマーン…中東さ… @ 2012/06/14(木) 22:07:12.61
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/vip4classic/1339679232/

同性に告白したもののどう頑張ればいいのか分からない @ 2012/06/14(木) 21:49:36.73 ID:ChptacAQ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1339678176/

百合最高!!(コテ)を叩くスレ @ 2012/06/14(木) 21:33:51.81 ID:pOg2T3MRo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1339677231/

ヨッシーアイランド @ 2012/06/14(木) 21:29:14.75 ID:L2jImRtAO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1339676954/

ほむら「おとぎ話を聴いてもらえますか?」 @ 2012/06/14(木) 21:26:06.94 ID:ct474AEio
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1339676766/

P「スパンキングマスター3」 @ 2012/06/14(木) 21:02:17.02 ID:qaaCKkECo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1339675336/

魔本「魔界の王決定戦を安価で行います」チェリッシュ「8ct」 @ 2012/06/14(木) 20:34:01.15 ID:e3++PEHAO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1339673641/

もっと!安価で進める魔法少女まどか☆マギカDisc3 @ 2012/06/14(木) 20:21:29.58 ID:F09NfyRf0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1339672889/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

312.44 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)