このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

美琴「何、やってんのよ、アンタ」垣根「…………ッ!!」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/16(月) 23:16:59.69 ID:3Kis9j990
・初SSです。

・学園都市のレベル5、トップ3が主役です。
その中でもメインは垣根と美琴。

・時系列? なにそれ美味しいの?
完全なパラレルワールドだと考えてください。

・上条さんはびっくりするくらい空気。
登場するけど本筋には一切絡まない。

・キャラ崩壊・キャラブレあり。

・脳内補完・スルースキルのない方はバック推奨。

・ストーリーが無理やりかも。

初めてなので文章の拙さ、設定の矛盾などあると思いますが読んでいただけると嬉しいです。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1342448219
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

思い出の中でじっとしていてくれ @ 2024/02/29(木) 07:24:18.73 ID:276NWImm0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1709159057/

うるう寝こ @ 2024/02/29(木) 00:00:25.00 ID:q13pbWKgo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1709132424/

(安価&コンマ)謎のツールを巡る戦いpart2(仮面ライダー555) @ 2024/02/28(水) 22:51:34.36 ID:+O2l6YaI0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1709128293/

失敗したことのない人間というのは、挑戦をしたことのない人間である @ 2024/02/28(水) 22:26:29.94 ID:kTEal2Ly0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1709126789/

月を見るたび思い出せ @ 2024/02/28(水) 15:40:01.71 ID:APlENQtQ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1709102401/

くろこです。3 @ 2024/02/27(火) 21:40:24.73 ID:MVa63cMlo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1709037624/

屋根裏Bearは独りきり @ 2024/02/27(火) 20:31:50.36 ID:AjGxl1ye0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1709033509/

深海誠 @ 2024/02/26(月) 22:12:59.70 ID:nJ7vidRT0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1708953179/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/16(月) 23:17:52.50 ID:3Kis9j990
序章 ハジマリ Encounter.

「超電磁砲(レールガン)の観察、ねえ…」

質素なソファに腰掛けている茶髪に整った顔立ち、ホスト風の服装をした少年―――垣根帝督は気だるそうにつぶやいた。
ここは学園都市の暗部組織のひとつである『スクール』のとあるアジトだ。
第三学区にあるとある高層ビルの一二階。かなりグレードの高い人が利用するホテルで、プール等の屋内用レジャーなら一通り揃っている。
今『スクール』がいるのは、年間契約で借り切っているその中でも特に高価な一室だ。
部屋は非常に広く、三LDKは軽く超えている。

豪華な装飾のなされた机の上にはなにかの書類が積まれている。
そのどれもが一枚でも一般人が目を通せば、それだけで「処分」の対象となる重要なものだ。
データではなく紙というアナログなものを媒体としているのは、クラッキング対策のためだ。
この学園都市には様々な能力者がいて、中にはクラッキングにも使える能力も存在する。そこであえてアナログを用いることで、データの流出を防いでいるのだ。
重要なデータは全て紙に記され、『スクール』のリーダーである垣根へ届けられる。そして垣根がそれを記憶し終えると、ただちに焼却処分されるのだ。
無論膨大なデータの数々を短時間で全て暗記するなど到底できたものではない。しかし学園都市第二位の頭脳はそれを可能にする。
こうすることでデータ流出の可能性を潰し、かつ重要なデータは垣根だけが知ることで他の構成員が拷問・精神感応(テレパス)にかけられても漏れることもなくなくなるという仕組みだ。
ちなみにこのシステムは『スクール』独自のものだ。
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/16(月) 23:19:45.52 ID:3Kis9j990
「仕方ないでしょ。もし超電磁砲と戦うような事態に陥ってしまった場合、なんとかできるのはあなたしかいないんだから」

そう答えたのは金髪にホステスのようなドレスを着た少女だ。年の頃は十代半ばから後半に見える。

「超電磁砲は『表』の人間だ。暗部に堕ちてないどころか、学園都市の広告塔だろうが。
そんな奴を何故観察なんかする必要がある?」

垣根の疑問はもっともだった。
超能力者(レベル5)の中でただひとりまともな人格を有すると評される第三位の超電磁砲。
彼女は名門ではあるものの普通の学校に通い、普通の暮らしを送っている。
常盤台という超お嬢様学校に所属する美琴は、こんな『闇』からは縁遠いように思える。
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/16(月) 23:22:03.23 ID:3Kis9j990
彼女は八月に『絶対能力進化計画(レベル6シフトプロジェクト)』を止めるために研究所を破壊してまわった。
その際に『アイテム』と交戦しているのよ。
そして超電磁砲はそれを一人で退けた」

『絶対能力進化計画』といえば第一位をまだ見ぬ絶対能力者(レベル6)へと到達させるための実験だ。
ただし、第三位のクローン体『妹達(シスターズ)』を二万人殺害するという残虐非道な方法で、だ。
正義感の塊のような超電磁砲―――御坂美琴にはそれが許せなかった。
彼女はあらゆる手段を使い妹達を救おうとした。
研究所を破壊し、樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)にクラッキングをかけ、ついには命まで捨てようとしたのだ。

垣根にはどうしてたかがクローンのためにここまで必死になれるのか全くもって理解の外であったが、ともかく

「『アイテム』をねえ… あそこには第四位がいる。それを単騎で退けるとは大したもんだ。
流石は学園都市第三位ってとこか」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/16(月) 23:24:14.75 ID:3Kis9j990
「それだけじゃないわ。彼女は九月半ばの『残骸(レムナント)』の件にも関わっている。
超電磁砲が『表』の人間でありながら『闇』に触れる機会が増えていること、『アイテム』を退けた実績があること。
これらを考えると、『スクール』でなくとも今後他組織が活動するうえで障害となる可能性がある、とのことよ。
暗部の存在が露呈してもまずいしね。
まあ、これはあくまで上から聞かされた話。実際にはもっと違う理由があるかもしれないけどね」

「ふーん。まあどの道上からの命令じゃ仕方ねえか。これも仕事だしな」

「あなたのやるべきことは超電磁砲の戦力分析、友好関係の調査等々。
でも期限はとくに定められていなくて、ゆっくりやればいいらしいわよ」

「あぁ? なんだそりゃ?」

期限が定められていない裏の仕事などそうはない。
暗部では期限を守れないような、「使えない」と判断された人間はあっさり切り捨てられるからだ。
わずかな例外を除き、代わりなどいくらでもいるのだから。暗部は弱肉強食。弱い者から死んでいくのだ。

「まあいいや。それならお言葉に甘えて、ゆ〜っくりやらせてもらいますかね」

垣根帝督は立ち上がり、大きく伸びをして言った。
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/16(月) 23:25:28.60 ID:3Kis9j990








「さて、と。どうしたもんかね」

垣根は超電磁砲がよく訪れるという公園へ足を運んでいた。
今日は一〇月二日の平日で、時刻もちょうど下校時間にあたる。

とりあえずなんとなくで来てはみたものの、御坂美琴を見つけたところでどうすべきか思案する。
話を聞くにナンパして接近する、というようなやり方はまず間違いなく成功しない。
何人もの人間が彼女にナンパを行い、そのことごとくが撃退されている。
尾行するにも長期的に行えば見つかってしまう危険性がある。

(遠くから双眼鏡かなにかで観察すべきか? ……いやいやねーよ。なんだその探偵ドラマみてぇな絵は)

(……まるで考えてなかったな。どうにもやる気の出ない仕事だ。さて、どうしたもんか)

様々な思考をめぐらせていると、なにやら大声で叫んでいる少年と少女の声が聞こえた。

「待てっていってんでしょうが! 逃げんなコラー!!」

「おま、ちょ、頼むからビリビリは止めてくださいお願いします! あぁもう、不幸だー!!」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/16(月) 23:28:37.60 ID:3Kis9j990
垣根があぁうるせえな、と何気なくそちらに顔を向けた時、少年を狙って放たれたであろう電撃が目の前までせまっていた。
少女もそれに気付いたようで、あわててそらそうとしたが、時すでに遅し。
光速で飛来してきた電撃は無防備な垣根を直撃し、その体を大きく弾き飛ばした。

顔を真っ青にしてかけよってきたのは電撃を放った張本人である少女。

「あっ!? す、すみません!! 大丈夫ですか……!」

激しく取り乱し今にも泣き出しそうな少女に、一緒にいた少年が声をかける。

「落ち着け御坂! とにかく早くこの人を病院に連れて行かないと……」

「……その必要はねえよ」

垣根はむくりと起き上がると、パンパンと服を叩いて汚れを落とす。
垣根帝督は学園都市の誇る七人の超能力者の第二位だ。
加えてこの少女の放った一撃も戯れ程度のもの(この少女にとっては)であった。
この程度でやられるほどヤワではない。

とは言っても、不意打ちを許してしまったのも事実だ。
この少女が何者か知らないが、本気には程遠いであろう今の電撃もそこそこのものだった。
もし今の攻撃が全力だったら。意図的に自分を狙ったものであったら。
それを今のようにまともに食らえば、流石にタダではすまなかったであろう。
常に死と隣り合わせなのが暗部だ。隙を見せれば死ぬ。
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/16(月) 23:31:20.88 ID:3Kis9j990
見てる人いるのかな?
一旦風呂入ってきます。出たらまた投下します
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/16(月) 23:32:40.16 ID:C6a5zTZeo
私待ーつーわ
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/07/16(月) 23:36:59.96 ID:SLW19g/g0
とりあえず乙
待ってる待ってる待ってるよん
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/16(月) 23:37:30.91 ID:w8CdMHNIO
見てるで
時系列無視ってことだけど一応超能力実験と残骸の時系列は踏まえてってことでいいのかな
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/16(月) 23:56:33.75 ID:1vHqfXSDO
私。待っている。
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/07/16(月) 23:57:20.78 ID:Zs9YYE750
待機

こういう珍しい組み合わせは好き
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 00:28:13.75 ID:JmGF+Vf80
ただいま
風呂にカサカサ動く名前を言ってはいけないまっくろくろすけがいて戦慄した。

みんなのレスって書く側からすると凄い嬉しいことに気付いた
どんな下らないレスでもしてくれると1はアホみたいに喜びます

絶対能力進化計画と残骸は踏まえてます
言っちゃうと13巻や15巻の内容は起きてないまま10月まで行った感じです

では続き投下
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 00:31:51.37 ID:JmGF+Vf80
血生臭い戦場と違って、外に出て気が緩んでいたのかもしれない。
もっと気を引き締めなければ、と反省しているとおずおずといった様子で少女が話しかけてきた。

「あの……本当に申し訳ありませんでした。大丈夫ですか? お怪我などは…」

「あぁ、大丈夫だって。心配すんな」

「とりあえず病院にいきましょう。歩けますか?」

「だから大丈夫だっての。しつけえぞ、大体俺は……ッ!?」

学園都市第二位の超能力者だぞ? と続けそうになってあわてて口を閉じる。
自分の情報を明かすべきではないと判断したからだ。相手が『表』の人間であるならなおさら何も知らないほうがいい。
垣根帝督は自らをクソッタレの外道だと自称するが、それでも暗部の中ではまだ人間味のあるほうだ。
敵対する者であっても小物は見逃すし、無関係な人間を巻き込まないよう配慮もする。

「俺は……何ですか?」

「いや……気にするな。それよりお前……」

だが情報を明かさなかった一番の理由は。
そして故意ではないとはいえ、いきなり能力をぶつけてきた少女を全く糾弾しない理由は。
先の攻撃の威力に、常盤台の制服、肩に少しかかるくらいのショートの栗色の髪。
目の前にいる少女は、探していた人物に酷似しているのだ。

「お前……超電磁砲か?」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 00:33:21.45 ID:JmGF+Vf80
それを聞いた途端、隣のツンツン頭の少年は気付かなかったようだが、垣根は少女の目つきがわずかながら変わったことに気付いた。
超電磁砲は『絶対能力進化計画』をはじめ学園都市の闇に何度か触れている。
そのせいか警戒心は強いようだな、と思いながらとりあえずごまかすことにする。

「有名だからな。御坂美琴さん、だったかな?」

「ええ、それで合ってます」

やはり、と思う一方で厄介だな、とも思う垣根。

(どうする。ツラが割れたのはいただけない、か? それにさっきの警戒心。これは思ったより面倒な仕事になるかもしれねえぞ。
それにこのツンツン頭の男も気になる。超電磁砲の関係者のようだが……)

「ところでそちらの方は? 御坂さんのお知り合い?」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 00:36:34.53 ID:JmGF+Vf80
「俺は上条当麻っていいます。御坂とはまあ喧嘩友達みたいなもんです」

「ちょっと喧嘩友達って何よアンタ!」

「だってお前がいつもビリビリするから、って待て待て待て! さっきこの人に誤射したばっかだろうが!」

美琴も流石にそれについては心底反省しているようで、それを聞くとすぐにごめん、とつぶやき電撃をおさめ、もう一度垣根に申し訳ありませんでした、と頭を下げた。

「だから別にいいっての。とくに怪我したわけでもねえし」

(しかし…… 第三位と喧嘩友達とは、こいつも高位能力者の可能性が高いな。ってか喧嘩友達ってなんだそりゃ)

「あなたのお名前を伺ってもよろしいですか?」

「ん? あぁ、俺は垣根帝督」

美琴に聞かれ、名前くらいなら問題ないだろう、と考えた垣根は素直に答えた。
偽名など考えていないし、名前からでは何もつかめないだろう。

「垣根さん、ね。自慢じゃないですけど、手加減してたとはいえあの電撃は結構な威力だったはず。
それをまともに食らっても平然としてるってことは、垣根さんも能力者ですか?」

その結構な威力の電撃を人に向けてぶっ放すなよ、という心のツッコミを入れながらどう答えるべきか思案する。
もう無能力者(レベル0)で押し通すことは出来ない。
となるとこちらの情報を明かせない以上、嘘の能力をでっちあげなければならないのだが……
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 00:38:44.70 ID:JmGF+Vf80
「……物質生成(マテリアクリエイト)。大能力者(レベル4)だ」

とりあえずそれっぽい能力を言ってみた。
実際当たらずとも遠からず、といったところか。生み出す物質がこの世界にあるかないかの違いはあるが。

学園都市第二位の超能力者、垣根帝督の有する本当の能力は『未元物質(ダークマター)』。
この世界には存在しない素粒子を生み出し、操作する能力。
これを使えば物理法則全般を塗り替えることが可能、という恐ろしいシロモノだ。

「大能力者だなんて…… 上条さんにはとんと縁がないですよ。
でも能力で防いだって言っても何があるかわからないし、やっぱり病院に行きましょう」

「そうですよ垣根さん。今は大丈夫でも、後々問題が出てくる、なんてこともあるんですよ。私が悪いんだし、私もついていきます」

「だーから大丈夫だってさっきから何度も何度も……あークソ」

思わず垣根は頭を抱えそうになる。
なにか思惑があるわけでもなく、純粋に人を心配しているのがビシビシ伝わる。
これだから『表』の人間は…… と思うが『表』の人間がみんながみんな「こう」なわけではないだろう。
大抵の人間は相手が無事だと分かればそそくさと逃げるように立ち去るのではないか。
誰だって問題は起こしたくないし、面倒ごとには関わりたくない。

ところがこの二人はその「大抵の人間」には含まれないらしく、頭を縦にふるまで諦めない気がする。
それどころか力ずくでも連れて行くぞ、的なオーラまで出ているような気までする。
なので垣根は、

「はいはい分かりました、病院に行きますゥ。これで満足かオラ」

おとなしく折れることにした。

「分かってくれましたか、良かった。じゃあ行きましょう」

「いや、一人でいいんだが」

「何言ってるんですか、私たちもついていきますよ」

「……もう勝手にしやがれ」

はぁ、と垣根は大きなため息をつくのだった。
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/17(火) 00:45:55.86 ID:twqMR4KI0
なんという俺得!
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 00:49:07.17 ID:JmGF+Vf80








「うん、何も異常はないね? 安心していい」

「良かったぁ〜」

向かった病院で診察を受けた垣根たちだったが、カエルのような顔をした医師―――冥土帰し(ヘヴンキャンセラー)の言葉を聞いて一番安堵したのは美琴だった。

「良かったですね、垣根さん。上条さんもホッとしましたよ」

「だから最初から大丈夫だって何度も言ってんのにそれをお前らが無理やり……」

「ただ御坂美琴さん? 君ほどの能力者が人に向けてその力を振るうのはいただけないね?
今回はなんともなかったが、もしかしたら大変なことになっていたかもしれない。それが分からない君ではないだろう?」

「う……。はい…… 肝に銘じておきます」

今回の一件は美琴には相当こたえたようで、バツが悪そうにうつむいている。

「まあ御坂も反省してるようだし、これでビリビリされることもなくなりそうだしで、上条さんとしては大助かりですよ」

「それより君たちは早く帰ったほうがいい。そろそろ完全下校時刻だね?」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 00:55:34.96 ID:JmGF+Vf80

 



「ほら。やっぱなんともなかったじゃねえか」

病院を出た三人は立ち話をしていた。
夕日によって赤色に染まった病院の入り口付近。
完全下校時刻が近いといっても病院は比較的往来が多いようだった。

「まあまあ、病院に行ったおかげで本当になんともなかったって分かったんですし。
なんにしろ安心しましたよ」

「どこまで心配性なんだテメェらは……
それと敬語はいらねえよ、名前も呼び捨てでかまわねえ」

「わかったわ。えっと……垣根? 私も呼び捨てでいいわよ」

「垣根、俺も普通に上条って呼んでくれ」

「おう。つかお前ら帰んなくていいのかよ。時間ヤバいんじゃねえの?」

「げっ、本当だ。ならさ、最後帰る前に垣根のメアド教えてくれよ」

上条が携帯を取り出してそう言うと、美琴もなら私にも、と続いた。
垣根はあっさり了承し、互いの連絡先を交換しあい解散となった。
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 01:03:48.62 ID:JmGF+Vf80







(なんとかうまくいったか)

垣根が二人にフレンドリーに接し、連絡先の交換まで快諾したのには理由があった。
そもそも垣根が御坂美琴に接近したのは『スクール』の任務があるからだ。
どうやって観察を行うかが問題であったが、こうして“友達ごっこ”をしておけばそれもやりやすい。

二人に声をかけられた時から垣根はこちらに考えをシフトしていた。
連絡先の交換も、上条が言い出さなければ自らが提案するつもりでいた。
病院へ行くのは面倒だったのでそれは回避したかったのだが……

ともかく、これで怪しまれずに観察ができる立場におさまることができた。
その上、おそらく高位能力者であろう御坂美琴の知人にも接近できた。

(出だしは上々。やっぱ意外と楽できそうだ)

そんなことを考えながら、垣根も帰路につくのであった。


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 01:09:15.15 ID:JmGF+Vf80
垣根は自宅に着くとシャワーをあび、ゴロンとベッドに横たわった。
テレビやパソコンはあるものの、漫画やゲームといった娯楽系の物は一切置かれておらず、彼くらいの年の少年にしては質素な部屋だ。
その時、垣根の携帯が鳴った。

確認してみれば表示されている名前は「心理定規(メジャーハート)」。
スクールの一員であるドレス服の少女だ。
この心理定規というのは彼女の名前ではなく能力名であり、それがそのまま彼女の通称となっている。
第一位の一方通行(アクセラレータ)と同じだ。彼もまた、「一方通行」という能力名が彼の通称となっている。

「もしもし。俺だ」

体をおこし電話にでた垣根がそう言うと、心理定規の静かな声が返ってきた。

『調子はどう? あなたが初日から失敗してないか心配になってね』

「何の問題もねえ、むしろ好スタートだ。大体俺がこんなんで失敗するわけねえだろ。馬鹿にしてんのか」

学園都市第二位であり、昔から暗部にいた垣根は暗部の中でも最も優秀な部類に入る。
その彼が、こんなちょっとした偵察のような仕事でミスを犯すはずがない。
ましてや相手は超能力者とはいえ『表』の人間。心配する必要など全くないことは心理定規も分かっているはずだった。
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 01:12:08.62 ID:JmGF+Vf80
『あらやだ、ちょっとした冗談よ。冗談の通じない男はモテないわよ?』

「いちいちカンに触る野郎だなテメェは…… さっさと用件を言え。死ぬか?」

垣根はこの少女の飄々とした態度や物言いが好きではなかった。
『闇』に生きる人間は友情や信頼などでつながっているわけではない。
利害の一致だったり、利用したり利用されたり。暗部の人間が関わりあう理由などこんなものだ。
垣根も心理定規とはあくまで仕事上だけの関係と割り切ってはいるのだが、それでもやはりこういう反応をされるとイラついてしまう。

『それは遠慮するわ。で、用件だけど、上からの命令で「たとえ敵対しても超電磁砲は殺すな」ですって』

「理由は?」

『やっぱり超電磁砲クラスの『表』の有名人を消すのはコトなんだそうよ。
それはそうでしょうね。あなたも言ってたように彼女は学園都市の広告塔なわけだし』
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 01:13:48.50 ID:JmGF+Vf80
御坂美琴はその実力と性格から多くの人望を集めている人間だ。そんな彼女が突然姿を消せば大騒ぎになるのは自明の理。
風紀委員(ジャッジメント)や警備員(アンチスキル)も全力で捜索するだろうし、彼女と親しかった人間も黙っていないだろう。
圧力をかけることもできるが、もともと警備員は有志によるボランティア。つまりお人好しの集まりだ。
中には個人的に動く者もいるだろう。風紀委員も同様だ。彼女の知り合いたちは圧力をかけられたからといって諦めはしないだろう。
そうなれば暗部の存在が露呈するリスクも高まってしまう。
その程度で暴かれるほどこの街の『闇』は浅くはないが、本来学園都市の『闇』はその存在を疑われることもあってはならないのだ。

「了解。まあそもそも俺の正体に気付かせなければいい話だ」

今日の感触ならばすぐにどうこうはならないだろう。ならばこれからもうまく立ちまわればよい。

『用件はそれだけ。あと報告は定期的にするように、だってさ』

「分かった。じゃあな」

ピッ、と通話を切ると床に携帯を放り投げて、ドサッとベッドに倒れこむ。
夕食もまだ摂っていないが、もう体が重い。
垣根はこみ上げてくる睡魔に抗わず、そのまま眠りにおちた。
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 01:18:33.59 ID:JmGF+Vf80







窓から差し込む朝の眩しい日差しで垣根帝督は目を覚ました。
あくびをかみ殺しながら時計を見ると、時刻は午前は八時前。
昨日寝たのは相当に早い時間帯だったはずだ。よっぽど熟睡していたらしい。

とりあえず昨日歯磨きしていないせいで口の中を不快に感じた垣根は歯磨きと洗顔を済ます。
次にさっきから激しく自己主張している腹を黙らせなくてはならないのだが、そこで床に落ちている携帯が光っているのに気付いた。
拾い上げて見てみると、上条から遊びの誘いのメールが届いていた。
今日は仕事の予定もないし“友達ごっこ”を続けより親密になる必要がある。
垣根は了承の旨を伝えた後、着替えながら飯をどうするか思案する。
料理は軽いものならできるが、面倒なのもあってたいていはコンビニかファミレスで済ませている。
結局この日も外食でいいか、と思った垣根はファミレスへ向かった。
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 01:19:59.29 ID:JmGF+Vf80
「いらっしゃいませー。おひとり様ですか?」

「ひとりで。禁煙席で頼む」

「でしたら、あちらの席へどうぞ」

まだ朝早いせいか店内に人はほとんどいなかった。所狭しと並べられたテーブルには四、五人座っているのみだ。
店内にはどこかの歌手の新曲だという歌が耳障りにならない程度の音量で流されている。
そういった流行に疎い垣根は知らないが、放送によると一〇代層を中心に大ヒットしているアーティストらしい。

(とはいえ、本当かどうか分かったもんじゃねえがな。こういうのは往々にして誇張して言うもんだ)

こんなものにまで猜疑的に捉えている自分に気付き、やはり自分は友情だとか信用だとかとは全く縁のない人間であると改めて思う。
この疑り深さは暗部で培われたものか、垣根が元から持っていたものなのか、はたまたその両方か。
今となってははっきりしなかった。

案内された席についた垣根はいつも頼んでいるものを注文した。
中には少々割高なものもあるが、『闇』に生きる超能力者である垣根には金なんて掃いて捨てるほどある。使い切るほうが難しい。
ドリンクバーを飲みながらしばらく待つと注文したものが運ばれてきた。

「ご注文は以上でおそろいでしょうか?」

「ああ」

「では、ごゆっくりどうぞ」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 01:22:39.72 ID:JmGF+Vf80
料理に手を伸ばしながら何気なく窓の外に目をやる。
今日は土曜日で、学校が休みなため平日なら登校時間にあたるこの時間でも学生の姿はほとんど見られない。
人口の八割が学生のこの学園都市では、学生がいない、というだけで一気に人が少なくなる。
だがちらほらと僅かながら学生の姿も見られた。その中のひとりの女の子と偶然目が合う。御坂美琴だ。

美琴は少し驚いたようだが、すぐにこっちへ向かってきた。
ファミレスに入った美琴は店員と何事か話すと、垣根のいる席へと歩いていく。

「やっぱり垣根だ。こんなところで何してんの?」

「見てわかんねえのか。飯だ飯」

美琴は少し呆れたような顔をして言った。

「こんな朝っぱらから外食って……。まあいいわ。私も一緒にかまわないわよね?」

「構わなねぇが、お前こそこんな朝っぱらから何してんだよ、常盤台のお嬢様が」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 01:24:33.99 ID:JmGF+Vf80
「ルームメイトの子が風紀委員でね、朝から仕事が入っちゃったらしくて。暇になったからコンビニに立ち読みに行こうと思ってたの」

「学園都市第三位が朝から立ち読みかよ……」

「うっさいわね。私だって普通の中学生よ。それと、第三位だとか超電磁砲って呼ぶの止めてくれる?
あまりそう呼ばれるの好きじゃないのよ」

垣根にはその気持ちが理解できた。
超能力者であるというだけで超能力者は忌避される。
近づいてくる物好きは下心見え見えの連中ばかり。
そういう奴らはみんな垣根帝督を『垣根帝督』として見てはいない。
彼らにとってはあくまで『第二位』であり、それ以上に『未元物質』という知的好奇心を満たすための研究対象に過ぎないのだ。

「悪かったよ、御坂。ところで上条からメールきてたか?」

「きてたわよ。垣根とせっかく知り合ったんだからもっと仲良くなりたいとか言ってたわね」

垣根は内心上条を嘲る。正直者は馬鹿をみる。
あの少年はいわゆる善人で、人を疑うとかそういう行為をよしとしないのだろう。
だが、だからこそ簡単に利用される。騙される。裏切られる。
おかげで垣根としてはずいぶんやりやすくなったのだが。
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 01:25:56.79 ID:JmGF+Vf80
「ずいぶん恥ずかしいセリフを吐くんだな」

「そういう奴よ、アイツは。人の気も知らないで……」

「で、御坂はそんな上条に落とされたクチか」

仕事柄、他人の感情の動きを読むのに長けた垣根には美琴が上条に恋心を抱いていることなどすぐに分かった。
美琴が分かりやすすぎるとも言う。
垣根が落ち着いた様子でいるのと対照的に、それを聞いた美琴は思わず口に含んでいた飲み物を吹き出した。

「アッ、アアアアアンタ!! 突然何を言い出すのよ!?」

口元を拭きながらそう言う美琴の顔はすでに赤くなっている。

(おいおいマジか。どんだけうぶなんだよ)

もともとサディストの気がある垣根は少し遊んでみることにした。

「バレバレだっつーの。むしろなんで隠せてると思ってるのかわかんねえよ。
で、アレか? 告白はもうしたのか?」

美琴の顔はもう林檎のように真っ赤になっている。
誰が見ても美琴が上条に惚れてるのは明らかなのだが、とうの本人は必死に否定する。

「こっ、告白って……! べ、別に私はあんな奴なんか全然……!」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 01:29:09.74 ID:JmGF+Vf80
そんな美琴を見て、垣根は内心ニヤニヤしながら美琴を追い詰めていく。

「なんだまだしてないのかよ。あいつ押しに弱そうだから強気にせめれば落とせそうだがな。
そうだな、キスでもかましてやれば一発じゃねえか?」

「キ、キキキキキキス……キスって…え、と、キス!?」

プシューと蒸気をあげながら顔をゆでタコにする美琴。
なんか「キスキスキス……私とあいつが……ふにゃー」とか言っている。

少しやりすぎたか、と思った垣根は食事を続けながらとりあえず美琴の意識を現実に呼び戻すことにした。

「おーい御坂ー、帰ってこーい」

垣根が美琴の顔の前で手をヒラヒラさせながら呼びかけると、ようやく美琴は意識を取り戻したようだった。
話が脱線しすぎたので元に戻すことにする。もう彼の気は済んだようだ。

「話を戻すぞ。上条はどこで何するとか、時間とか言ってなかったのか?」

「あー、そういえば聞いてなかったわ。とりあえずメールで聞いてみる」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 01:34:19.08 ID:JmGF+Vf80
美琴が上条にあっさりメールを送っているのを見て、垣根は少し関心する。

(意外だな。こいつのことだから、メール一通送るのにもテンパって時間かかるもんだと思ったが)

実際垣根の予想は正しい。このように何気ない会話はあまり意識しなければ何の問題もないのだが、自分から上条を誘うときは大変なのだ。
何度も打ち直してどこもおかしくないか確かめ、返事が遅ければ送ったメールに問題がなかったかまた確認する。
返信があれば送られてきたメールを見てニヤニヤする。
そんな美琴を見るたび彼女のルームメイトは嫉妬の炎を燃やしているのだった。

上条からの返信は早かった。美琴は送られてきたメールを読み上げる。

「場所はどこでもいい 一日空いてるから時間もいつでもいい、だそうよ」

「要するにノープランなわけか。めんどくせえ、俺とお前がもうここにいるんだ、上条もここに来させろ」

「まあどこでもいい、いつでもいいって言ってるしね。わかったわ」

美琴が上条へメールを送り、携帯をしまうとちょうど美琴の注文した料理が運ばれてきた。
垣根はもうほとんど食べ終わっている。

美琴は料理に手をつけようとするが、なにかを思い出したように手をとめ、ゲコ太モデルの携帯をとりだして画面を確認する。

「あちゃー、やっぱりだ。充電するの忘れてた。これはもうすぐ切れるわね」

「お前電撃使いだろ? 能力で充電できねえのか?」

第三位の超電磁砲の真価は出力ももちろんだがその広汎な応用性にこそある。
第一位の操る「ベクトル」ほどではないにしろ、「電気」もまた多くの事象に関連しているのだ。
美琴ほどの電撃使いともなると、その応用範囲は電子レベルにまで及ぶ。

「能力で充電、か。考えたこともなかったわね。やってみますか」
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 01:39:07.64 ID:JmGF+Vf80
今回はここまで。
1に書き忘れたけど、独自解釈・オリ設定あり。
割り込みも大歓迎。むしろ割り込めください。

さっきも言ったけどどんな下らない、中身のないものでもレスがつくと凄くうれしいです
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海) [sage]:2012/07/17(火) 01:39:56.49 ID:prTeJLIAO
乙!
期待しかしてませんw
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/07/17(火) 01:45:33.23 ID:2pYSGhgBo

まあ期待して読ませてもらうよ
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/17(火) 01:46:07.80 ID:M5wYhFV3o

期待してる
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 01:47:19.85 ID:JmGF+Vf80
いつから今回の投下はここまでだと錯覚していた……?

やっぱりもうちょっと経ったら命を刈り取る形をした投下をします。
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/07/17(火) 01:48:57.50 ID:gDIE2PAr0
乙だぜ!
続きに期待
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/07/17(火) 01:52:38.27 ID:ATZJ24pa0


更新頻度はどのくらいになるかね?
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/17(火) 01:56:30.08 ID:7ffi7avy0
乙 
美琴の観察任務の真意も気になってるが、豪華な机に質素なソファという、その組み合わせの妙もすごく気になっている。
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 02:07:21.08 ID:JmGF+Vf80
1です。
さっきはここまでと言いましたが、少しだけ命を刈り取る形をした投下をします。

>>39
先の事は分からないけど、しばらくは2、3日に1回はいけるはず

>>40
それが学園都市クオリティー……ごめんんさい。適当に補完お願いします
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 02:10:23.91 ID:JmGF+Vf80
美琴は携帯からバッテリーを取り外し、右手で握り締めた。
必要な演算を終えるとビリッ、という音と共に小さな紫電が走った。
バッテリーを携帯に取り付け、電源を入れ確認してみると、バッテリー残量は最大になっていた。

「うまくいったようね」

「便利だなおい」

いつでもどこでも、充電器なしで、しかもほんの数秒でフル充電できるのだ。
美琴の能力の応用の中でも最も実用的な使い方のひとつだろう。

「でもこれやりすぎるとあっというまにバッテリーが死にそうね。もともとこんなやり方想定して作られてないんだから」

「それでも便利だろ、流石応用力の第三位。なあ御坂、他にはどんな応用ができるんだ?」
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 02:14:22.50 ID:JmGF+Vf80
これはチャンスだ、と垣根は内心思った。この自然な会話の流れでは不審に思われることもないだろう。
応用力の広い第三位の戦力調査において、どのような応用を効かせられるのかを知ることは重要な意味を持つ。
能力者同士の戦いでは、相手の情報を持っているというのは非常に有利に働くのだ。

「んー…… いろいろあるけど、やっぱ一番は磁力かしら」

(磁力)

垣根は頭の中で反芻する。ここから先は一言たりとも聞き逃してはならない。

「磁力で金属製のものを集めて即席の盾にしたり、移動手段として使ったり、ね。
まあ一番よく使うのは砂鉄ね。意外と使えるのよ、砂鉄」

美琴の砂鉄操作は攻防ともに優秀である。
砂鉄を剣の形に形成した砂鉄剣は表面を砂鉄の粒子がチェーンソーのように回転しているため、わずかでも触れればザックリと切り裂かれる。
剣にしなくとも、巻き上げた大量の砂鉄を竜巻のようにして放つといった使い方もしたことがある。
また防御においても、砂鉄で壁を作って固めれば砲弾を何十発と浴びせられようとビクともしない防御力を誇る。

「あとはクラッキングとしての手段かな?」

直接的な攻撃としての使い方より、非合法な研究や実験を行う科学者やそれを指示する上層部が恐れるのはこちらの使い方だろう。
超能力者の超電磁砲が全力でクラッキングをかければ、おそらくほとんどのセキュリティはなんなく突破されてしまうだろう。
彼らにとって研究データは死守すべきもの。幾重もの厳重なプロテクトをかけて保管してあるだろうが、相手は超能力者。
破られぬ保証などどこにもない。
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 02:16:42.99 ID:JmGF+Vf80
その点、垣根帝督の率いる暗部組織『スクール』はあえてアナログを用いることでサイバー攻撃に対処しているため問題はない。
垣根が気にしているのはあくまでも直接的な攻撃手段としての使い方だ。

しかしここで美琴は話をやめて、食事に集中してしまった。
垣根としてはもっと話を聞きたいところだったが、深追いはしないでおくことにした。
まだ知り合って間もないし、この仕事に期限は設けられていない。急いてはことを仕損じるともいう。

それからは世間話や談笑をし、美琴が食事を終えると二人は店をでた。
店の前で上条を待つこと数分。息を切らせた上条が姿を現した。

「はぁ、はぁ、わりぃ、遅くなった」

「気にすんな。数分くらいしか待ってねえ」

実際はファミレスの中で談笑していた時間も含めるとそこそこの時間待ったことになるのだが、そのおかげで美琴の情報を得られたため文句はなかった。

「こいつもきたし、どこ行こうか」

「俺はどこでもいいけどよ。上条はなんかあるか?」

「んー。俺は服が欲しいな。セブンスマートとかどうだ?」

誰も異議を唱えなかったので、三人は第七学区のセブンスマートへと足を運んだ。
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 02:18:38.33 ID:JmGF+Vf80
今度こそここまで。

また明日更新します。
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/17(火) 02:21:48.46 ID:M5wYhFV3o
セブンスミスト?
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 02:28:18.39 ID:JmGF+Vf80
>>46
セブンスマートじゃひぐらしだ
セブンスミストだった死にたひ
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/17(火) 02:38:43.11 ID:sEfaZEeSO
今更だけどカプ要素あるなら今のうちに注意を書いてくれまいか
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/07/17(火) 02:41:30.35 ID:JmGF+Vf80
>>48
カップリングはありません
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/17(火) 03:50:27.56 ID:twC+bLDDO
ん?クソスレ予感するな…いや、クソスレだな
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/17(火) 13:08:12.10 ID:QhkoD+fDO
なら見なければいいんじゃないかな
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/17(火) 16:18:06.00 ID:u4Fe/4VDO
乙!楽しみに待ってる!
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/17(火) 17:25:15.99 ID:twqMR4KI0
>>50
自分が上手くss書けなくて嫉妬してるんですね、わかります。
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/17(火) 17:50:41.77 ID:1Pop3jJIO
荒らしは無視するとして
>>1トリ付けようぜ
55 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 21:38:44.81 ID:JmGF+Vf80
1です。
トリップつけるの初めてなんですが……
ちゃんと出来てるかな?

それとクソスレなのは否定しないです。ストーリー無理やりだし。
1の注意事項を二度読みしてもらって、ちょっと駄目だと思ったら引き返したほうがいいかも

ではトリがちゃんとできてたら以下投下
56 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 21:40:36.64 ID:JmGF+Vf80
第七学区きっての大型スーパーであるここセブンスミストは、その品揃えも非常に豊かだ。
服をはじめ他にも多くのものが取り揃えられていて、多くの学生たちに利用されている。
セブンスミストに着くと、三人は四階へ向かった。
四階は一フロアすべてが衣服類売り場で、普通の服はもちろんのこと、パジャマに下着に水着まで各種取りそろえられている。
時刻は午前一一時前。あまり人も多くはないようだった。

「中々品揃え良いじゃねえか。上条はどんなの買うんだ?」

「上条さんはおしゃれとか全然分からんので、適当ですよ。着れればいいって感じで」

上条当麻はおしゃれや流行に基本無頓着だ。自分がおしゃれしてもモテない男が必死になってるみたいで嫌らしい。
主に「モテない」のあたりを聞かれたらクラスメートをはじめ多くの人から叩かれそうだが、本人は本気でそう思っているからタチが悪い。

(こんな近くにテメェに惚れてる女がいるってのに…… 第三位も苦労するわけだな)

心の中で美琴に同情する垣根。
だがこの二人がうまくいかないのは上条の超がつくほどの鈍感っぷりはもちろん、美琴が素直になれない、いわゆるツンデレであるからなのだが。
57 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 21:43:00.06 ID:JmGF+Vf80
「垣根はどうなんだよ?
まあ今着てる服もホストっぽいけど似合ってるし、男の俺から見てもイケメンだしモテモテなんでしょうね〜」

ジトッ、と垣根を見つめる上条。モテない(と本人は思っている)男の僻みである。
だが、確かに垣根帝督は非常に整った顔立ちをしている。これに対して異議のある者は少ないであろう。
おまけに身長も高いときた。容姿においては間違いなく上条より数段上のイケメンである。
しかし昔から『闇』に生きてきた垣根は色恋沙汰とは無縁であった。

「んなことねえよ。それと上条。次ホストって言ったらぶち殺す」

上条は美琴に「でも垣根ってイケメンだと思うよな?」と囁いた。

「私に振るな! で、でも、まあそう……じゃないかしら?」

顔を赤くする美琴。小さな声で「佐天さんや初春さんは食いつきそうね…… 特に佐天さん」と呟いている。

「何ブツブツ言ってんだ。上条も服買いにきたんだからさっさと選べ」

「ちょっと垣根も選ぶの手伝ってくれないか? お前センスありそうだし」

なんで俺が、と不満を漏らしながら結局手伝う垣根。
美琴は自分も服を見てくると言いどこかへ去っていった。
58 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 21:54:35.89 ID:JmGF+Vf80
「……まあ、こんなもんだろ」

垣根はあまり深く考えず割と適当にコーディネートしたのだが、上条はいたく気に入ったようだった。
お前に頼んで正解だった、とかモデルにでもなった気分だ、とか言いながら鏡を見てニヤニヤしている。

「マジでありがとな、垣根。大事に着るぜ」

「割とマジできめえからニヤつきながら礼言うな。てか礼なんていらねえよ、俺は適当に選んだだけだ」

垣根は環境のせいもあるが、とりわけファッションにこだわりがあるわけではない。
本当に暇な時にファッション誌に目を通すことはあるが、パラパラとめくって終わりといった程度だ。
おそらくこのセンスは垣根に元から備わっているものなのだろう。

「それより早く買ってこい。俺は先に御坂のところに行ってるから」

上条は服を持ってレジへ向かった……のだが、どうやらよほど気に入ったらしくその機嫌の良さは誰の目からも明らかだった。
終いにはスキップでもしそうな勢いだ。
59 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 21:57:22.75 ID:JmGF+Vf80
(上条がスキップ……気持ち悪ぃ。ただその一言につきる。死ね)

気色悪いもん想像させんなクソが、と理不尽な悪態をついて美琴の元へ足を運んだ。
垣根が美琴を見つけた時、美琴は鏡の前で服を自分にあわせているところだった。
それだけなら何の問題もない。美琴が持っている服がゲコ太のデザインされた物凄く子供っぽいパジャマでなければ。

「……お前、そういう趣味なの?」

垣根が聞くと、彼が近くにいるとは思ってもいなかった美琴は激しく動揺した。

「え、ちょ、アッ、アアアンタ! なんでここにいるのよ!?」

「上条の服選びが終わったからきただけだ。それより……」

美琴が持っている服に目をやる垣根。
垣根の目線に気付いた美琴は、あわてて手を後ろにまわし服を隠した。
60 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 22:00:25.08 ID:JmGF+Vf80
「こっ、これはその、別に私が欲しいとかじゃなくて、なんていうかその…うぅ……
そう! 友達よ! 友達にこれを買ってくるよう頼まれたの!!」

必死に言い訳する美琴。本当に必死である。
誰が聞いても今搾り出したとわかる言い訳をし、これでごまかせたと本当に思っているのか、妙にやりきったような表情を浮かべる美琴。
美琴の持っている服はどう見ても小学生が着るようなものだ。それを美琴が着るのは無理があると思う垣根。

(こんなのが第三位なのかよ)

俺はこんな奴と“友達ごっこ”なんかして何やってるんだ、と思い大きなため息をつく。
それを見てごまかせてないどころか軽く馬鹿にされてると感じたのか美琴は、

「な、なによ! 子供趣味だって言うの!? 別にいいじゃない、パジャマなんだから誰かに見せるわけじゃないし、ゲコ太かわいいし!!」

開き直った。
61 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 22:01:55.98 ID:JmGF+Vf80
「そのゲロ……ゲロ助? ってなんだよ」

「ゲコ太よ、ゲ・コ・太! 知らないなら教えてあげる。ゲコ太ってのは緑で乗り物に弱くてね……」

誰がゲロ助だゴルァ!! と言わんばかりの鬼気迫る表情で訂正し、ベラベラとゲコ太について語り始める美琴。

「……それですぐにゲコゲコしちゃうのよ。でもそこがまたね……」

(あ、これ地雷踏んだわ)

垣根が話を聞き流していると、買い物を終えた上条がやってきた。

「おせえぞ上条。こいつなんとかしろ」

垣根が呆れ顔で美琴を指差す。
美琴は「ちょっと、ちゃんと聞きなさいよ! まだ話は終わってないのよ!」と、まだまだ話す気マンマンである。

そんな美琴を見て垣根に悟ったような表情を向ける上条。
上条も過去に同じような経験があるのかもしれない。
62 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 22:03:31.25 ID:JmGF+Vf80
「あー……御坂? 用事はすんだし、どっかに移動したいと思うのですがどうでせう?」

そう上条に言われて、ようやく話をやめる美琴。
話に夢中になりすぎていたのを恥じているのか、若干顔が赤い。

「そ、それで、どこに行くのよ? 特に提案がないならゲーセンとかどう?」

「俺はいいけど。垣根は?」

「別にいいぜ」

先ほど美琴の子供趣味を知ってから興が削がれた垣根は正直帰りたかったのだが、学園都市のゲーセンには能力を使うものもある。
ゲーセンという遊びの場でも、よく観察すれば能力使用時のクセなどなにかつかめるかもしれない。

「決まりね。行きましょう!」
63 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 22:05:40.08 ID:JmGF+Vf80








学園都市には地下街が多い。地震大国である日本では耐震性の強いものが必要なため、そのテスト用として多く掘り返されたのだ。
そしてゲームセンターは騒音対策のため地下街に設けられることが多い。
三人が訪れたのも、そんな地下街にあるゲーセンのひとつだった。

休日の真昼間ともなると、ゲーセンには人がごった返している。
人口のほとんどが学生のこの街では、こうした娯楽施設の混雑は激しいのだ。
垣根はこういった人ごみが好きではないが、来てしまったからには目的を果たすことにする。

「だいぶ混んでるなあ」

「はぐれたら置いてくからね。なんかやりたいものある?」

「混んでるっていってもはぐれるようなレベルじゃねぇだろ。あのパンチングマシーンとかどうだ?」

垣根が指差したのは、能力をぶつけて数値を出す能力者用のものだ。
もっとも肉体強化系よりも発火能力者や空力使い等が圧倒的に多いことを鑑みれば、「パンチングマシーン」と呼んでいいのかいささか疑問がある。
64 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 22:08:06.26 ID:JmGF+Vf80
「別にいいけど、やっぱだいぶセーブしないといけないのがなぁ…… 超能力者でも使えるの作ってくれないかな」

いくら能力者用といっても七人しかいない超能力者が全力でその力をぶつければ、間違いなく壊れてしまう。
美琴は身体検査(システムスキャン)の時ですら目一杯セーブしなければまともに計測できないのだ。
超能力者が思う存分力を振るえる機会など、まず存在しない。

「超能力者なんて一人で軍隊と戦える奴らだろ。その力に耐えられるパンチングマシーンがあったらそれはそれで怖えぇよ。
……さて、じゃあ御坂にはトリを担当してもらうとして、まずは俺からいきますか」

垣根も本当は超能力者、しかも美琴より上位なのだが、二人には大能力者の物質生成ということで通っている。
力の加減を間違えないように、大能力者相当の力を演算し出力する。
65 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 22:12:03.70 ID:JmGF+Vf80
ガンッ!! と気体をまとわせた右手で思い切り殴りつけると、パンチングマシーンは大きく後ろにのけぞった。
少しして表示されたスコアは、ランキングのかなり上位に食い込むものだった。

「垣根も中々やるわね」

「すげぇじゃねぇか、垣根! 大能力者ともなるとやっぱすごいんだなぁ……」

「何そんな感心してんだ。ほら、次は上条だぜ」

垣根はすでに起き上がってこちらを見ているパンチングマシーンを指差し言った。
今まで全くの不明だった上条の能力が判明するかもしれない。
そう期待して、一挙手一投足も見逃すまいとじっと見つめていただけに、上条の言葉は垣根にとって驚愕に値するものだった。

「いやいや、上条さんは無能力者ですからね。遠慮しときますよ」

「……なんだと?」
66 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 22:13:18.32 ID:JmGF+Vf80
無能力者。この少年は確かにそう言った。
無能力者とはつまり、なんの力もないということだ。
だが、初めて会った時この少年は「御坂とは喧嘩友達」とも確かに言ったのだ。
超能力者と無能力者が喧嘩友達?

「……どういうことだ?」

ぼそりとつぶやく垣根。
ゲームセンターの喧騒の中ではその小さな声は二人には聞こえてなかったようだ。
いろいろ思案していたが、今ここで考えても分からないと思い二人に目をやると、ちょうど美琴の計測が終わったところだった。
パーンという大きな音と共に表示されたスコアは堂々の一位。それもぶっちぎりである。
67 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 22:16:53.87 ID:JmGF+Vf80
「ま、こんなもんね」

「流石御坂先生……やっぱ高位能力者は世界が違いますよ」

遠い目をしてそう言う上条を見て、本当に無能力者なのか、と思う垣根。
その後もクレーンゲームやシューティングゲーム、軽い食事をとったりして過ごしたのだが、垣根はずっと上条のことが気になっていた。
考えても仕方ないと思いはしたのだが、やはり気になってしまう。
本人に聞くのが一番簡単なのだが、なんとなくタイミングが見つからない。
68 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 22:22:14.65 ID:JmGF+Vf80





三人は(垣根は微妙だが)時間を忘れ遊びまわった。気付いたときには午後七時。
完全下校時刻はすでに過ぎている。
もう十月だ。暗くなるのもだいぶ早くなっている。
街灯から供給される光のせいであたりは微妙に薄暗く、真っ暗よりもかえって不気味に感じられる。
あたりには人はあまり見られない。

「全然時間に気付かなかったわね。黒子からのメールと着信が……マナーモード解除するの忘れてた……」

「こんな時間までつき合わせて悪りぃな、御坂。お前んとこの寮監厳しいんだろ?」

「ええ、私の首とれないかしら……」

きついお仕置きを想像したのか、しきりに首をさすっている美琴。

「垣根も。時間大丈夫か?」

返事を返そうとしたその時、突然後ろから誰かに声をかけられた。
69 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 22:23:12.56 ID:JmGF+Vf80
「よお兄ちゃんたち。俺たちちょ〜っと金に困っててなぁ? 貸してくれね? 心配すんなよ、ちゃんと返すからさあ」

振り返ってみれば、いかにもな連中が八人ほど。
学園都市の、主に路地裏を住家とする彼らは武装無能力者集団―――スキルアウトと呼ばれる者たちだ。
もっとも、全員が全員無能力者というわけでもないようだが。

改めて自分たちのいる場所を確認してみると、路地裏の入り口にあたる場所であった。
しかも完全下校時刻をとうにすぎているので人通りはあまりない。
なるほど、スキルアウトに絡まれてもおかしくない場所のようだった。

「ちょっとこっちで商談しようか?」
70 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 22:23:57.95 ID:JmGF+Vf80
三人を包囲しながら路地裏へ引きずり込もうとするスキルアウト。
彼らは非常にツイてなかった。目をつけたターゲットの中には、超能力者が二人もいたのだから。

真っ先に動いたのは美琴だった。全身に帯電させながら右手をあげる。

「悪いわねー、アンタみたいな連中にかまってる暇はないのよ。怖ーい鬼さんが待ってるから、ッね!!」

御坂美琴の一撃によりスキルアウトたちは成す術もなく倒れていったが、攻撃の範囲外にいた二人のスキルアウトが能力を使って反撃に出た。

「テ、テメェら!」

「調子にのんじゃねぇ!」

一人が掌を上条に向ける。放たれたのは小さな火球。発火能力者(パイロキネシスト)だ。
しかしそれは突き出された上条の右手に触れた瞬間、バギン!! という音をたて霧散した。

「き、消えた!?」

「いきなり何しやがる!!」

上条は呆気に取られている男の顔面を思い切り殴り飛ばした。
完全にノックアウトされたようで、男が起き上がる気配はない。
71 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 22:25:52.66 ID:JmGF+Vf80
「カズーッ!! ちくしょおぉぉ!!」

もう一人のスキルアウトが念動力(テレキネシス)で路地裏に落ちている小石や何かの金属片を浮き上がらせ、今度は垣根に向けそれらを射出する。
垣根は避けることもなく、全て直撃したが垣根には傷一つつけられなかった。

「ひっ……! バケモンだぁー!!」

「うるせぇ」

ドゴッ!! と垣根に見事なボディブローをもらった男はそのまま崩れ落ちた。
あたりには気を失っている男が八人転がっている。

「……これ、どうすんの?」

「ほっときなさい。風紀委員か警備員が見つけて拾ってくれるでしょ」

「酷でぇ……」

「俺は御坂に一票だな。面倒くせぇ」

それより、と垣根は上条に向き直った。
72 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 22:26:57.93 ID:JmGF+Vf80
「さっき雑魚が撃った火球。お前の右手に触れたら消滅しただろ。
あれは一体なんだ? お前は無能力者なんじゃねぇのか」

「雑魚って…… あー、たしかに無能力者だけど、俺の右手には変な力があってさ。
『幻想殺し(イマジンブレイカー)』っていってな、異能の力ならなんでも打ち消せるんだよ」」

「私の電撃も打ち消しちゃうのよ。腹たって仕方ないわ」

それを聞いて驚愕したのは垣根。

「な、に!?」

能力を打ち消す能力。どんな系統の力なのか? いや、それよりも―――

超能力者の一撃をも打ち消す?

触れるだけで超能力者も含め全ての異能を無に帰す力。
垣根自身の能力も常識では測りきれないものだが、これもまたとんでもない力だ。
73 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/17(火) 22:28:34.30 ID:JmGF+Vf80
投下ここまで。
三日以内にはまた更新できると思います……多分。

なんと パンチングマシーンが おきあがり なかまになりたそうに こちらをみている!!
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/17(火) 22:32:40.36 ID:4ZcYM5hDO



削板がパンチングマシーン計ったら
ベジータが計った時みたいに木っ端微塵になるの?
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2012/07/17(火) 22:45:42.37 ID:+5wzPOIM0
乙です

面白いから期待
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福島県) [sage]:2012/07/17(火) 22:47:54.68 ID:M14hmfg60
垣根が上条に興味を示し始めるというこの流れだと、
上条さんが空気になるという未来があまり想像できないが。。。
そうか。上条の幻想殺しはパンチングマシーンに美味しくいただかれるのか。
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/07/17(火) 22:50:52.87 ID:P5T+Dzjx0
なんでカップリングないだけでクソスレなんだよカスが
78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/17(火) 22:51:56.10 ID:G0U0g+6b0
珍しい組み合わせだな
乙&期待
79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/07/17(火) 22:51:59.62 ID:P5T+Dzjx0
なんでカップリングないだけでクソスレなんだよカスが
80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/17(火) 23:36:07.61 ID:f//1Qj860
確かにこの三人の組み合わせ新鮮かも乙です
それにしてもスキルアウトェ…同情するよ
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/18(水) 04:58:26.44 ID:jaJbVhnDO
若干全体の流れがどこかで見たことがある気がしなくもないけど、ここからの展開が楽しみです。

乙!
82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/18(水) 20:55:25.65 ID:H4/TY/Al0
・上条さんはびっくりするくらい空気。
登場するけど本筋には一切絡まない。

本筋はわからんが空気ではないんじゃないか?
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/18(水) 21:17:09.25 ID:JSd8StdIO
それ第一位のことじゃね?w
84 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:06:48.10 ID:nE0vsstG0
1です。
上条さんは日常パートでは出てきますが、本筋では途端に空気になります

では以下投下
85 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:08:21.60 ID:nE0vsstG0
「上条。ちょっと右手借りるぞ」

垣根は上条の右手を自身の右手でつかみ、握手するような形になった。
演算を開始する。『物質生成』ではなく『未元物質』として、つまり全力で能力を発動させる。が、

(発動しない?)

垣根の組み立てた計算式に狂いはない。キチンと演算もできている。なのに何も起きないということは、可能性はただひとつ。
上条当麻の『幻想殺し』は、第三位だけでなく、第二位の『未元物質』すら完封するということだ。

垣根帝督は自身の能力に絶対の自信を持っている。それは驕りでもなんでもなかった。
第三位以下など足元にも及ばないし、第一位だって反射の隙をつけば攻撃を通すことができる。
ゆえに未元物質が通用しない者など存在しない、そう考えていた。
86 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:10:04.13 ID:nE0vsstG0
だが、上条当麻には通用しなかった。

「垣根? なんか難しい顔してどうした?」

手を離した上条が垣根の顔を覗き込む。どうやら戸惑いが表情に出てしまっていたらしい。

「あ、あぁ……大丈夫だ、なんでもねえよ」

「でも確かに不思議よねー、アンタの右手。もういっそちょん切ってやろうかしら……って時間!!」

スキルアウトや右手のことで話し込んでいたが、三人はもともと帰るところだったのだ。
完全下校時刻など完全に無視している。

「あぁ……これはまずい本当にまずい……ってことでごめん私帰るわじゃあねまた遊ぼうね!!」

早口で一方的にまくしあげた美琴は猛スピードで去ってしまった。
上条は美琴を送っていくつもりだったようだが、もう帰ってしまったので諦めたらしい。
87 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:11:23.62 ID:nE0vsstG0
「じゃあ、俺たちも帰r……」

そこまで言ってなにかを思い出したようにピタリと動きが止まる上条。
現在時刻はおおよそ一般家庭での夕食の時間にあたる。しかも今日は朝から遊んでいたので昼食の時間も帰宅していない。
つまり、家では白い修道服を着たシスターが……

「インデックスのこと忘れてたあああああ!!
ごめん垣根俺帰るわじゃあな気をつけろよ!!」

美琴と同じく早口でまくしあげて去っていく上条。「上条さんの頭に穴がー!」などと叫んでいるのが聞こえてくる。
嵐のように去った二人と対照的に、垣根は静かに自宅へと歩き出した。

あの右手のことが頭から離れない。たしか『幻想殺し』といったか。
超能力者の能力をも打ち消す、謎の力。
88 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:14:11.27 ID:nE0vsstG0
だが、垣根は冷静になって考えていた。
上条の幻想殺しはたしかに恐ろしいが、あくまで打ち消すだけだ。
防御には優れていても、攻撃手段は殴る蹴るといったものしかない。
ならば距離を離せばいい。一番いいのは飛翔することか。
飛んでしまえば上条は手の出しようがない。後は上条が力つきるまで上空からいたぶればいいだけだ。
もしくは異能を使わないで―――拳銃などで攻撃すれば防ぐ手段はないはずだ。

つまり、『幻想殺し』は破れなくとも、『上条当麻』は破ることができる。
『未元物質』が『幻想殺し』に及ばなくとも、『垣根帝督』は『上条当麻』を撃破できる。

そう考えた垣根は再び絶対の自信が全身に漲るのを感じた。
自信を持つということは能力者にとって必要不可欠だ。
89 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:16:18.44 ID:nE0vsstG0
能力者の能力は『自分だけの現実(パーソナルリアリティ)』を土台として発動する。
演算能力があっても『自分だけの現実』が脆弱では能力は発現しない、あるいはしても低レベルになるのだ。
『自分だけの現実』とは簡単に信じる力・妄想力と言ってもいい。
たとえば潜在的に温度操作の能力を秘めている人でも、水は火にかけなければ沸騰しないと信じ込んでいれば温度操作の能力は顕現しない。

つまり、思い込みや自尊心の強い者ほど強度の高い能力が発現しやすいともいえる。
それが超能力者ともなると、その『自分だけの現実』の強固さは計り知れない。
超能力者は人格が破綻している、と言われるのもこれに由来しているのだろう。『闇』に生きている者が多いのも理由のひとつであろうが。
たとえば、第一位の一方通行。第二位の垣根帝督。第四位の麦野沈利。第五位の食蜂操祈。
みな傲岸不遜といってもいい性格の持ち主だ。
第三位の御坂美琴だけが例外とされるが、彼女とてそれを誇示はせずとも自らの力に自信を持っていることに違いはない。
90 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:18:04.03 ID:nE0vsstG0
問題はねえ。妙な右手を持ったところで、それが勝敗を決するわけじゃない)

落ち着いて対処すれば上条は敵ではない。美琴は自分には遠く及ばない。
垣根は冷静かつ客観的な分析の結果、油断さえしなければあの二人を下せると判断した。
だが、美琴の能力使用などお遊び程度のものしか見れていない。あの程度ではあまり参考にはならない。
まだ全般的に情報が足りない。美琴の協力者になり得る者もまだ上条当麻しか判明していないのだ。
幻想殺しにいたっては分からないことが多すぎる。

(帰ったら調べさせるか。超能力者すら無効化するほどの力だ。暗部になんらかの情報があってもおかしくねえ)
91 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:24:09.03 ID:nE0vsstG0




垣根は自宅につくなりすぐに『スクール』の上役に連絡をとった。

『垣根帝督、なにか用ですか?』

「上条当麻。幻想殺し。これらについて徹底的に調べ上げろ。どんなロックがかかっていてもだ」

『それは今回あなたが就いている任に関係が?』

「大有りだ。分かったらさっさとやれ」

『承りました。結果は追って連絡します』

必要最低限の事項のみを伝え、すぐに通話を切る。
仲良くおしゃべりするような関係でもないし、したいとも思わない。
学園都市の上層部など垣根が一番忌み嫌っている手合いだ。

ベッドに腰掛け、コンビニで買ってきた弁当を開けようとしたその時、携帯がけたたましく鳴った。
ディスプレイを確認する。

『非通知』

調べるにあたってなにか聞きたいことでもあるのか、あるいは報告の催促か、と思って電話にでると、そのどちらも外れだった。

『ひとつ大切なことをお伝えするのを忘れていました』

「なんだ」

『次の『仕事』についてです―――』
92 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:27:05.37 ID:nE0vsstG0








御坂美琴はその日、ルームメイトに起こされて目を覚ました。

「おはようございます、お姉様」

「……う〜ん。おはよう、黒子」

伸びをしながらルームメイトに挨拶を返す美琴。
彼女の名前は白井黒子。美琴と同じ常盤台中学の一年生で、美琴をお姉様と呼び敬愛している。
彼女たちのいる部屋は常盤台中学の女子寮の一室だ。
お嬢様学校らしい上品な部屋だが、ところどころに美琴の趣味で置かれたゲコ太グッズがある。

「まだ首が少し痛いわね。全く、もうちょっと加減してくれてもいいじゃない」

着替えながらブツブツ呟く。
美琴は昨日門限を破ったため、寮監から制裁を食らっていた。
この寮監というのが問題で、半端な強さではないのだ。
常盤台中学の入学条件の一つに強能力者以上というものがある。それはつまり、常盤台生は全員強能力者以上ということ。
寮監は身ひとつでそんな生徒たちを軽くねじ伏せてしまうのだ。
たとえ、相手が大能力者や果ては超能力者であっても。
一体彼女は何者なのだろうか。
93 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:28:15.34 ID:nE0vsstG0
「そういえばお姉様、昨日は聞けませんでしたが、あんな時間までどちらへ行かれてましたの?」

「ちょっと友達と、ね」

美琴がそう返すと、何故か白井の様子が一変した。

「友達……? 時間的に常盤台の方ではないし、初春でも佐天さんでもないとなると……
はっ!! あの類人猿ですのね!? そうなんですのね!? むきぃぃぃぃぃ!!
お姉様は渡しませんわあぁぁぁぁぁ!!!」

発狂した白井は美琴に飛び掛った。
彼女は美琴を愛するあまり、たびたび変態的な行動にでる。
それを美琴が軽くあしらう、というのがいつもの展開なのだが……

「ちょっ! 離れなさいよアンタ! いやらしい手つきで触んなってか朝からサカってんじゃないわよー!!」
94 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:29:34.64 ID:nE0vsstG0
白井の手が美琴の顔や肩をなでていく。このままでは胸にまでいきそうだ。
いつもならこの辺で美琴が電撃で撃退するのだが……

(駄目。やっぱり今までみたいには撃てない)

美琴は垣根を誤射してから、無闇に力を振るわないようにしていた。
あの時も垣根が能力者でなければどうなっていたか分からない。これは冥土帰しにも忠告されたことだ。
しかし、現在進行形で背中に張り付いている変態をどうにかしなければ自らの貞操が危ない。
そこで美琴は間違っても事故にならないように、繊細な調整の末に電撃を放った。

「ああああん! いつもより刺激が足りないですわよ! この程度では黒子の愛を止めることはできませんわ!!
……はっ!? もしやこれは焦らしプレイ!? 新境地の開拓!?
今日のお姉様は女王様タイプですnあばばばばばばば!!」
95 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:30:33.01 ID:nE0vsstG0
しかしやはり撃退するには火力が足りなかったようで、少しだけ威力を上げることにする。
電撃を浴びながら恍惚とした表情を浮かべて悶えている白井を見て、美琴は大きなため息をついた。
変態要素さえなくなれば、友達想いの心優しい後輩なのだが。

いまだに余韻にひたっている白井に一言断ってから、美琴は洗面所で洗顔や歯磨きを済ませる。
ようやく通常モードに戻った白井の身支度が整うのを待って、一緒に朝食をとるため食堂に向かった。




この日、美琴はえらくご機嫌だった。授業の内容は全く頭に入ってきていないが、さして問題にはならない。
常盤台が大学レベルの授業を行っているとはいえ、学園都市第三位の頭脳を持つ美琴には今さら改めて聞かされるようなものでもないのだ。

一般に、学園都市において能力者のレベルと頭の良さは比例する。
学園都市第一位とは即ち、学園都市最高の頭脳の持ち主を指すように。
だが、注意しなくてはならないのはレベルの高さ=頭の良さは成り立っても、頭の良さ=レベルの高さが成り立つとは限らない、ということだ。
いわゆる必要条件だとか十分条件の話である。
96 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:34:57.86 ID:nE0vsstG0
『素養格付(パラメータリスト)』、というものがある。
それは学園都市の最高機密のひとつで、全ての学生の才能が記録されている。
それはつまり誰が無能力者止まりで、誰が超能力者にまで上り詰められるのかが人目で分かるということだ。

弱冠十四歳で美琴が超能力者の第三位まで至ることができたのは、その『素養格付』に証明される才能があったからというだけではない。
それはハードルを置かれると飛び越えずにはいられないという性格に裏打ちされた長年の弛まぬ努力によるところが大きい。
そういったところも高く評価され、美琴は多くの人間に尊敬されている。
後輩や同輩ならともかく、先輩にまで「御坂様」と呼ばれたりもするのだ。
御坂美琴は輪の中心に立つことはできても、輪に混ざることはできないとは白井黒子の談である。
実際、この言葉は的を射ている。
美琴が友達として対等な関係を望んでも、周りからすれば美琴は尊敬の対象であり、対等にはならない場合がほとんどだ。

対等に見てくれる存在がいない。この孤独は超能力者の宿命のようなものでもある。
だからこそ自分を『第三位』でも『超電磁砲』でもなく、『御坂美琴』として見てくれる友人たちは非常に大切な存在なのだ。
それは白井黒子であり初春飾利であり佐天涙子であり、そして上条当麻であった。
しかし、最近新しくもうひとり自分を対等に見てくれる友達ができた。
97 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:38:36.43 ID:nE0vsstG0
それが美琴をご機嫌にしている、理由。

その友人の名は垣根帝督。
初め、彼が超電磁砲か、と問うてきたときは若干警戒もした。もしかしたら偶然ではなく故意的に接触してきたのではとも深読みした。
超能力者だと分かって近づいてくる者にいい思い出がないからだ。

だが彼は美琴が超能力者だとわかっていながら、恐れも、特別扱いもせずに普通に接してくれた。
友達になれるかもしれない。上条当麻のように、垣根となら対等な関係を築けるかもしれない。美琴はそう思った。
もしかしたら気付いていないだけで、邪な目的があって接触してきたのかもしれない。でも、それでも、人を疑うよりは信じたいから。

ある日、美琴と垣根と上条の三人で遊びに行った。
朝、出かけた先で偶然垣根を発見し、一緒に朝食をとった。上条との関係をおちょくられ、新しい能力の使用法を教えてくれた。
セブンスミストで、ゲコ太パジャマを合わせているところを垣根に見られ、言外に子供趣味だと馬鹿にされた。
ゲームセンターでは、レースゲームでビリだったことを二人にからかわれた。
ボーリング場では、垣根といつまでもほぼ互角だったため、上条を置き去りに二人で負けるものかと意気込んだ。
その後も完全下校時刻を過ぎても遊び続けた。

美琴が内心わずかながら感じていた疑いは跡形もなく消え去った。
軽口だし、見た目もホストやチンピラのようだけど、決して悪い人じゃないと、そう思った。
たとえ向こうがそう思っていなかったとしても、美琴にとっては垣根はもう友達になっていたのだ。
98 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:39:52.92 ID:nE0vsstG0
結局今日は最後まで授業に身が入らなかった。
特に予定もないのでまっすぐ帰ろうとすると、メイド姿の少女に声をかけられる。

「みさかみさかー、なんでそんなにご機嫌なんだー?」

土御門舞夏。繚乱家政女学校に通うメイド見習いである。
見習いとはいえ彼女は実地研修も許されるエリートメイドだ。その研修先がここ常盤台中学なのである。
ただし、本人曰く「完成されたメイドさんよりもある程度不完全なメイドさんのほうが需要が高い」らしい。
彼女はいつも清掃用ロボットの上に乗りクルクルと回っているのだが、流石に学内では乗ってはいない。

「ああ土御門。別に大したことじゃないわよ」

「そうかー? ニヤニヤして気持ち悪いぞー。上条当麻となにか進展があったのかー?」

「なんでそうなるのよっ!」

即座に反論する美琴。
99 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:40:47.44 ID:nE0vsstG0
一方の舞夏はその反応を図星だと捉えたのか、むふふと意味ありげに笑った。

「うむうむ。若きことは良きかな良きかな。青春してるなー、みさか」

「だから違うっつーの!」

舞夏はもうそう決め付けてしまっているらしい。
だが今回は本当に上条関連ではないので、必死に否定する美琴。その必死さが勘違いの一因であることには気付かない。

「照れなくていいんだぞー。さて、みさかの話を聞いてやりたいのはやまやまなんだが、私はもう行かなければならないのだ。
用事があるからなー。ではまたなー、みさか」

一方的に納得して舞夏は去っていった。残された美琴は本日二度目のため息をついた。

(土御門の勘違いが始まる前に本当のこと話せばよかったかなー)

そう後悔するが、それはそれで気恥ずかしい。普通は友達がひとり増えたからといってここまで上機嫌にはならないだろう。
だが美琴は違う。彼女は有能で、人望があるからこそ孤独なのだ。この孤独は同じ超能力者にしか分からないだろう。
そんな美琴だから、対等な友達ができた、というのは一大イベントだったのだ。

寮に帰ると、白井が美琴のベッドに寝転がり、枕に顔を埋めていた。
100 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:48:37.11 ID:nE0vsstG0
「……何やってんのよ、アンタ」

美琴はバチバチと全身に電撃をまとわせている。

「ハァハァ……お姉様の臭いがしますわ……ってお姉様!?」

美琴の臭いをかぐ悪癖にひたっていた白井だが、バチバチという音に顔をあげるとそこには紫電を纏う怒れる雷神の姿があった。
白井はひきつった笑いをつくりながら弁明する。

「お、おほほほ……嫌ですわお姉様。なにか勘違いをなさっておりませんこと?
わたくしはつまづいて転んだだけですわ。たまたま倒れた先がお姉様のベッドだっただけですのよ……」

いつもならここは軽いのが一発飛んでくるような場面だ。
しかし美琴はあっさりと電撃をおさめ、まあいいわ、と自分のは白井に占拠されているため白井のベッドに倒れこんだ。
101 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:49:33.15 ID:nE0vsstG0
拍子抜けしたような表情をした白井だったが、すぐになにか思いついたようだった。

「お姉様。やっぱりなにか良いことがおありに? ずっと嬉しそうなお顔をなさってていますし、昨日お帰りが遅かったのもそれでしょう。
類人e……もとい、例の殿方でもないといっておりましたし、どうしたんですの?」

「まぁ、言っても問題はないかな。友達ができたのよ」

「お姉様……」

白井はその一言で全てを理解したようだった。
彼女は美琴のパートナーとして誰よりも近くで美琴を見てきた。
対等に見てくれる存在が美琴にとってどれほどありがたいかくらい知っている。
美琴はやはり嬉しそうに話し出した。

「垣根帝督っていってね。見た目こそ不良みたいだけど、良い奴よ。そういえば大能力者って言ってたから、アンタと同じね」
102 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:50:55.43 ID:nE0vsstG0
「垣根さん、ですの。機会があれば一度お会いしてみたいですわね、その殿方と」

「今度黒子も一緒に来る? きっと仲良くなれるわ」

「よろしいんですの?」

「構わないわよ。一応垣根に確認はとるけどさ。じゃあ予定が決まったら連絡するわね」

美琴は携帯を取り出し、次はいつ遊べるか、というメールを垣根に送信した。

「時にお姉様。三日後は予定大丈夫ですの? 初春が久しぶりに四人で遊びたいと言ってますの」

この四人というのは御坂美琴、白井黒子、初春飾利、佐天涙子のことだ。ちなみに初春は白井と同じ風紀委員である。
前はしょっちゅうこのメンバーで遊んでいたものだが、言われてみれば最近はあまり四人そろったことはないような気がする。
特に予定も入っていないので了承すると、美琴はシャワーを浴びにバスルームに向かった。

(四人そろうのは久しぶりね。そういえば佐天さんとはだいぶ会ってないわね)

熱いシャワーを浴びながらふと佐天のことを考える美琴。
佐天涙子は初春と同じ柵川中学校に通っている一年生だ。
彼女は無能力者で、超能力者である美琴とは色々あったが、間違いなく親友であると胸をはって言える。

(三日後には佐天さんにも会えるのかぁ。なんだか楽しみになってきたわね―――)
103 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:52:06.31 ID:nE0vsstG0
投下終了。
一回の投下量が多いか……?

減らしてもいいかな?チラッ
104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(兵庫県) [sage]:2012/07/18(水) 23:53:15.79 ID:NvdBla1co

負担でないのなら、このままでお願いします
105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/18(水) 23:55:36.55 ID:t6UHXn100

>>1のやりたいようにやってください  (かなしいけどね)チラッ
106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/07/18(水) 23:59:30.62 ID:zLee4kVAO
ぶっ通しで読んだ
楽しみなスレがまた一つ増えたわ

なるべく早く書いてくれると嬉しいが無理して原作者のように質が下がったら困るww
107 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/18(水) 23:59:54.02 ID:nE0vsstG0
そういえばスクールの上役は「そーいうお子様にウケるビジュアルの能力じゃないかw」
しか出てないのでグループの上役と同じような言葉遣いにしました。

これにて序章 ハジマリ Encounter. は終了となります。
次回投下からは新章となります。タイトルは

第一章 竜虎相見える Level5_Level5.

です。内容を妄想してもらえれば嬉しいです。
108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/19(木) 00:07:36.98 ID:zb+X7NzDO
主人公って言われてるのに一方通行ェ……
109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/19(木) 01:03:47.80 ID:idSwXnhIO
これ最初から上条さん出てないほうがよかったんじゃね?
ぶっちゃけこれで本筋一切絡まないとか無理っつーか不自然だろ
110 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/07/19(木) 02:07:25.84 ID:MMWw0PiG0
>>109
たしかにそうかもしれませんね。
なんというか、上条さんは日常の象徴なんだよ! 今考えたんだけど。

このSSのストーリーは全体的に無理やりというかゴリ押しというか、不自然なところだらけなので
そんな欠陥品でも気にしないぜ! という人にしか向かないかもしれません……
111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/19(木) 02:23:22.60 ID:obYOzuGSO
いや、読者の理解を求める前に、とりましっかり読み直して、矛盾や綻びを推敲とかした方がいいんでなーい?せっかくのが勿体ないじぇ
112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/19(木) 07:05:37.08 ID:G3x0kATk0
まだ序盤でどんな本筋になるのか見えてないのにそう決め付けるもんじゃないと思う

113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/19(木) 08:03:16.31 ID:axln5MYJo
同意だな
自由にやってよ期待してる
114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/19(木) 13:45:49.92 ID:idSwXnhIO
まあ確かに早計だったな
すまん忘れてくれ。俺も楽しみにしてるよ
115 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:10:17.99 ID:MMWw0PiG0
みんな優しくて濡れちゃう///

投下します。量は減ってるかも
116 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:11:00.88 ID:MMWw0PiG0
第一章 竜虎相見える Level5_Level5.




「仕事だ」

金髪にサングラスをかけた筋肉質な男―――土御門元春は同室にいる他の三人に告げた。
夜遅くに緊急召集がかかったせいか、みな不機嫌そうな顔をしている。

「面倒くせェ。どうせまたゴミみてェな雑魚散らしだろォが」

ソファに腰掛けている白髪で赤い眼をした缶コーヒを飲んでいる少年――― 一方通行。
彼は七人しかいない超能力者の第一位だ。つまり、学園都市最強の能力者。

「自分たちに回ってくるような仕事にまともなものがあるとは思えませんし。仕方ありませんよね」

そう言ったのは貼り付けたような胡散臭い笑顔を浮かべている海原光貴。

「それで、仕事の内容は?」

髪を頭の後ろで二つにまとめ、上半身はサラシを胸に巻きブレザーを羽織っているだけで、下はミニスカートという露出度の高い女性、結標淡希。


土御門元春、一方通行、海原光貴、結標淡希。
彼ら四人を総称して『グループ』と呼ぶ。
垣根帝督率いる『スクール』と同じく、社会の裏にいながら表舞台を守るために活動している学園都市の暗部組織だ。
117 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:11:58.68 ID:MMWw0PiG0




「ある組織が一般人を攫って人質にとり、とある人物の殺害を目論んでいる。
人質を救出しそれを未然に防ぐのがオレたちの仕事だ」

「はァ? そンなの警備員の領分じゃねェのか。なンで『グループ』が動かなきゃいけねェンだ」

「その組織がどこなのかは分かってるんでしょうね?」

結標は軍用の懐中電灯を弄びながら聞いた。
彼女の有する能力は『座標移動(ムーブポイント)』。転移する際に手を触れる必要がない、空間移動系最高とも言われる能力だ。
彼女はこの自由度の高すぎる力に基準を設けるために軍用ライトを使用している。

「第四位率いる『アイテム』。オレたちと同じく学園都市の闇に潜む組織だ。
『アイテム』のこの行動は上層部から与えられた仕事ではなく、独断によるものらしい」
118 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:12:43.22 ID:MMWw0PiG0
「なるほどなァ。上からすれば飼い犬が勝手に暴走してんのが気に入らねェってか。
ハッ、くっだらねェ。任務が人質の救出だけなら結標だけで十分だろ。わざわざ俺まで呼びつけてンじゃねェよ」

「いいや、一方通行。お前にこの仕事は断れないさ。絶対にな」

「……なンだと?」

帰ろうと思っていた一方通行はその言葉にピクリ、と身を震わせた。
一方通行の脳裏をよぎったのは黄泉川や芳川、そして打ち止め(ラストオーダー)といった者たちを人質にとられた可能性。
もしそうなら目の前の金髪野郎を挽き肉にしなければならない。

「勘違いするな、オレもそこまで命知らずじゃないさ。
最初に言っただろう? 『アイテム』は人質をとってある人物を殺そうとしてる、ってな」

「もったいぶってないで早く言いなさい」

「それで? その『アイテム』は誰の殺害を?」

「第三位の超能力者―――超電磁砲 御坂美琴」
119 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:13:26.10 ID:MMWw0PiG0
「なンだと!?」

「御坂さんですって……!」

「だから言っただろう? お前にこの仕事は断れない。
まあ、それは海原にも言えることだがな」

暗部にいる者は暗部にいるだけの理由が存在するものだ。
それは人によって様々であるが、『グループ』のメンバーはみな『表』に生きる大切な人を守るために戦っている。
そして海原光貴の守りたい人こそがその超電磁砲、御坂美琴なのだ。

そして一方通行には御坂美琴の間に複雑な事情がある。
絶対能力進化計画。妹達。
加害者と被害者というにも語弊のあるなんとも形容しにくい関係なのだが、一方通行は彼女と同じ顔をした少女たちを守ると誓っている。
当然、それはオリジナルである御坂美琴も例外ではない。

「事情が変わった。オイ、もっと詳しく話を聞かせろ」
120 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:14:12.72 ID:MMWw0PiG0
「まず、救出対象の人質に取られた一般人というのは何者なの?」

「『佐天涙子』」

土御門はおおよそ暗部とはかけ離れた生活を送っている少女の名を口にした。
当然、三人は佐天のことなど知っているはずもなかった。

「どなたです?」

「佐天涙子は『闇』とは一切関わりのない普通の女学生だ。柵川中学一年。能力も無能力者」

「要するに完全な一般人なわけですね。それで、その方が人質にとられてしまったわけですか」

「この佐天涙子というのは超電磁砲の親友らしい。
友人を傷つけられた超電磁砲がどういう行動に出るか、彼女の性格を考えれば明らかだろう?」

ここにいるメンバーは全員美琴と関わりがある。
土御門だけは直接的に関わったわけではないが、海原はもともと美琴を守るために暗部に入った。
一方通行はあの『実験』で自らの命をなげうってでも妹達を守ろうとする美琴を見ている。
結標も『残骸』の件で『実験』の再開を、悲劇を繰り返させないために動いた美琴と対峙した。
そんな彼らは美琴が友達を見捨てるような人間ではないことをよく分かっていた。
121 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:15:09.85 ID:MMWw0PiG0
「不幸にもこの子は超電磁砲を誘き寄せるエサに選ばれてしまったわけだな」

「その子が選ばれたのに理由はあるの?」

「超電磁砲の親友で無能力者だったからやりやすかったからだろう。
他に目を引いたのは『幻想御手(レベルアッパー)』くらいのものだ」

「『幻想御手』? それはなんですか?」

「『幻想御手』か。聞いたことがあンぞ。たしか共感覚性を使って脳波のネットワークを構築、演算能力を底上げするとかそンなヤツだろ」

『幻想御手』は木山春生という科学者がある子供たちを助けるために開発したものだ。
これを使えば簡単にレベルが上がる。そこに偽りはない。ただ、払わされる代償も大きかった。
無能力者の佐天は大能力者の白井や超能力者の美琴にコンプレックスを抱いていて、危険だと感じていながら『幻想御手』に手を出してしまった。
その結果彼女は全てを失いかけたが、この一件は彼女を精神的に成長させるいいきっかけとなったようだった。

ちなみに一方通行は知る由もないが、『幻想御手』は『妹達』のミサカネットワークを参考に作られたものである。
122 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:16:04.23 ID:MMWw0PiG0
「大体合ってる。佐天涙子はそれを使って痛い目を見たようだな」

「まぁそんなうまい話ないわよね。代償なく簡単にレベルがあがるなんて」

能力開発とは本来年単位の時間をかけてじっくりと行うもの。
短時間で急激にレベルがあがるなど、まずありえないのだ。

「話がそれてンな。『幻想御手』なンてどォでもいい。
その女を拾ってオリジナルがどォこォされちまう前に『アイテム』を潰せばいいンだろ」

「『アイテム』の殲滅は依頼にない。もう一度言うがオレたちがやるべきは人質の救出、超電磁砲殺害の阻止だ」

「結局同じことだと思うけど。
けど超電磁砲は『表』の人間よ? 『アイテム』がそこまでして狙う理由は何?」

「待て」

土御門は端末を操作し暗部のデータを引き出した。
学園都市の最暗部である『アイテム』と同等のセキュリティレベルを持つ『グループ』の権限を使って、第三位に関する情報を検索。
すると、目を引くものがひとつ。

「……これだな。八月に超電磁砲は『アイテム』と交戦、これを退けている。
理由になりそうなものはこれくらいしか見つからない」
123 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:17:24.08 ID:MMWw0PiG0
それを聞いた一方通行はハッ、と嘲うように口元を歪めた。

「よォするに、負け犬の集まりが今さらになって復讐しようとしてるってかァ?
なンとも情けない犬共だ。しかもそのために『表』の人間を巻き込もうたァな。
いよいよもって救いようがねェ。負け犬は負け犬らしく隅っこでちぢまってろってンだ」

一方通行が許せないのはそこなのだ。
彼は『表』の人間を『闇』に巻き込むことをよしとしない。悪党には悪党なりのルールがある。
一般人を巻き込まないというのは、『闇』に生きる以上最低限守らなければならないルールだと一方通行は考える。
だからこそ、許せない。
佐天涙子という『表』の人間を巻き込もうとしている『アイテム』が。
くだらない復讐のために御坂美琴を狙う『アイテム』が。

(だがクソ共の大掃除は二の次三の次だ。先ずは人質の一般人とオリジナルからだな)
124 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:18:21.91 ID:MMWw0PiG0
「一般人を巻き込んで事を起こそうとしてるなら、早く動くべきでは?」

そう提案したのは海原。「一般人」とは言ったものの、それは佐天と美琴というより美琴ひとりを指すニュアンスが強い。

土御門が答えようとした瞬間、彼の携帯がけたたましく鳴った。
相手は『グループ』の上役。応答すると、一言二言交わしてすぐに電話は終わった。
PDAに送られてきた情報を確認すると、土御門は珍しく少し焦ったような表情を浮かべチッ、と舌打ちした。

「マズいことになった」

「どうしたの?」

「『アイテム』がどこで事を起こすか、その場所が分かった。
第十学区にある廃棄された研究施設。もう戦闘が始まっているらしい」

それを聞いた三人の顔色が変わる。
一方通行は近代的なデザインの杖を手に跡が残るほど力強く握り締めた。

(オリジナルの殺害……させるかよ、絶対に!)

「行くぞ、今すぐだ」

各々が動き出す。能力を使った戦闘がメインであるため、準備といった準備もあまりない。
今から行って間に合うのか。着いた時には全て終わってしまっている可能性もある。
間に合うと信じて、否、間に合わせるしかない。

(オリジナルは第三位の超能力者。
以前にも『アイテム』を一度撃退しているらしいし、そう簡単にやられはしねェはずだ。
とはいえ、敵は超能力者も擁する暗部組織だ。
おまけに目的のためには一般人を巻き込むことも厭わないときた。危険な相手に変わりはねェ、か―――)
125 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:19:13.56 ID:MMWw0PiG0









『グループ』が動き出す数時間前。

この日、御坂美琴は友人である白井黒子、初春飾利、佐天涙子の四人で遊んでいた。
今四人はとあるファミレスにいた。

「こうして四人そろうのは久しぶりですね」

「そうだねー。白井さん身長も胸も全然成長してませんね!」

初春と佐天は学校が終わった後直接ここへ来たので二人とも制服姿だ。
美琴と白井も制服なのだが、こちらは常盤台中学の校則で外出時も制服着用が義務付けられているからである。
オシャレにも興味深々な年頃なのでこの規則は非難轟々かと思いきや、意外とそうでもないようだ。
常盤台には美琴のような例外もいるものの、やはり深窓のお嬢様が多いので服屋にいって気に入った服を買って着る、といった行為には縁がないのかもしれない。

「こんな短時間で成長してたら怖いですの! 佐天さんがおかしいだけですわ」

フン、と顔を背ける白井。確かに佐天の胸は中学生にしてはかなり大きいと言えるだろう。
126 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:20:10.10 ID:MMWw0PiG0
「うらやましいわね〜その胸」

美琴は自身の胸を見てハァ、とため息をついた。
美琴も白井も年齢的に普通サイズなのだが、いかんせん周りがメロンばかりなので相対的に小さく見えてしまう。

(でも、母さんはあんなだし……これから、よね?)

半ば自分に言い聞かせるようにそう思う美琴。
現実には胸の大きさは遺伝とはあまり関係がないと言われている。
胸骨や胸筋は遺伝の要素を受けるかもしれないが、大きさとなると話は別。
だが生活習慣によって変わるため、美琴も努力すればいくらでも可能性はあるのだ。

「もう胸の話はやめましょうよ〜。私たちがみじめなだけです。どうせ佐天さんのひとり勝ちなんですから」

初春が唇を尖らせて抗議する。
佐天はニマァ、と笑みを広げて初春に抱きついた。

「拗ねる初春も可愛いぞ〜!!」

「きゃあ! もう、やめてください佐天さん!!」

四人がガールズトークをしていると、注文したデザートが運ばれてきた。
店員がそれぞれの前にそれぞれの品を置いていくが、初春と白井、特に初春は他の二人より明らかに多めだった。
127 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:20:42.91 ID:MMWw0PiG0
「初春……ちょっと多くない?」

「そうですかー? これくらいは普通です。これ新商品なんですよ」

平気な顔でケーキを頬張る初春。テーブルには大きなパフェや違う種類のケーキなどもある。
どれも「ウルトラミサイルパフェ」やら「ハイパープラズマショートケーキ」やらとんでもない商品名だ。
そのボリュームも名前負けしないものになっている。
どんどんそれらを消化していく初春に、佐天は「あはは……」と乾いた笑い声をあげた。

「黒子……太るわよ」

それを聞いた白井は目を光らせ口を歪めて美琴に掴みかかった。

「お姉様は今言ってはならないことを言いましたのいくらお姉様といえどそれは禁句ですの
言わないでくださいまし言わないでくださいまし言わないでくださいましぃー!!」

キィー! と金切り声をあげる白井を必死におさえつける美琴。
佐天にも協力してもらいようやく白井が平常通りに戻ったころには、初春は大量にあったデザートのほとんどを食べつくしていた。
128 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:21:20.42 ID:MMWw0PiG0









「「「特殊部隊?」」」

佐天の言葉に三人は思わず聞き返してしまう。

「そうですよ! 非合法な特殊部隊! 表舞台の裏で暗躍する組織! なんかロマンがありません?」

「ロマンって……佐天さん……」

「まーたなにかの都市伝説ですの?」

呆れた目で佐天を見る白井。
佐天はいわゆるミーハーで、いろんな噂話や都市伝説に興味を示す。
それがきっかけで事件に巻き込まれたこともある。
それが理由で、三人はあまり都市伝説に入れ込みすぎないで欲しいと思っているのだが、佐天のこの気質は簡単には変わらないようだ。

「都市伝説じゃないですよ。誰でも一度は想像しません?
存在が隠された組織。なんか事件とかを圧力で揉み消したり、それに所属する特殊な戦闘訓練を受けた部隊!
はっ、もしかしたら超能力者もいたりして!?」
129 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:22:05.57 ID:MMWw0PiG0
「佐天さん……妄想が膨らみすぎよ」

そう注意したのは美琴だが、彼女は佐天の話がそれほど妄想でもないことを知っていた。
もちろん、佐天はただの想像で話しているのだが、美琴はそういった『闇』の存在を知るほどには暗部に関わっていた。
量産型超能力者。絶対能力者進化計画。残骸。
どれも、一般人ではその影もつかめないほどの暗部だ。

佐天がそういったものの存在を知ったわけではないと分かっていても、学園都市の『闇』を知る美琴にはあまり笑える話ではなかった。
もしかしたら、もしかしたら佐天が持ち前の好奇心で『闇』と関わってしまうかもしれない。
そうなったら間違いなく佐天はただではすまないだろう。
もちろんそんな可能性など皆無に等しい。学園都市の『闇』は、一般人の好奇心でたどり着けるほど浅くはない。
それでも気分のいい話ではなかったので、美琴は「妄想だ」と切り捨て、さりげなく話をそらそうとした。

「え〜、絶対あると思うのにな〜」

「まあ確かに風紀委員や警備員でも上からの命令で動けなくなったりすることもありますけど、おそらく統括理事会でしょうし。
そのような怪しげな組織があるとは思えませんわね。映画かなにかの影響ですの?」

「そんなことよりも佐天さんもデザート食べましょうよ。ここ美味しいですよ〜」

「初春……追加注文したの?」
130 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:26:12.13 ID:MMWw0PiG0
初春は結構な量を食べていたのに、さらに追加注文していた。
これだけ甘いものを食べて太らないのはもう一種の才能のようにも思える。
ちなみに一応言っておくと、彼女とて体重を全く気にしていないわけではない。
なのに何故こんなに甘いものを食べるのか。彼女曰く、「そこに、それがあるからです」だそうだ。
世界の誰もが納得する理由である。多分。

それからも四人は話に花を咲かせた。ネタは尽きないのだろうか、と疑問を抱くほどに。
美琴はこの何気ない日常を噛み締めていた。
当然だと思っていた日常は、ちょっとしたことで驚くほど簡単に失われることを分かっていたから。
だからこそ、こうした一コマ一コマを大切にしたい。

もともと放課後の集まりだったので、それほど時間に余裕があったわけでもなかった。
門限が近かったので美琴と白井は二人に別れを告げ、帰路についた。

「久しぶりにみんなで話せて楽しかったですの」

「そうね。あの二人には大体なんでも話せるし。やっぱり持つべきものは友達よね」

「わたくしもお姉様にはなんでもオープンですわよ? たとえばわたくしの溢れんばかりのお姉様への愛とか……」

「それは永遠にしまっときなさい」
131 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:26:46.52 ID:MMWw0PiG0
寮に着き、食事を済ませて後は風呂に入って寝るだけになった時、白井の携帯が鳴った。
白井の携帯は見た目はやたら近未来的だ。
だが肝心のその実用性はというと、白井曰く「小さいから画面が見にくい、無くしやすい、ボタンが押しにくい」で三拍子そろっているらしい。
美琴も見た目だけのただのハッタリ携帯という評価を下している。
美琴は買い換えれば? と提案もしたことがあるのだが、これより近未来的な携帯が出ればすぐにでも買い換えたい、だそうだ。
あくまで重要なのは見た目がどれだけ未来的かどうかであるらしい。

「もしもし、白井ですの。初春、こんな時間になんですの? これからお姉様との熱い夜が待っていますのに…… ッ!?
それは本当ですの!?」

電話に出た白井が突如大声をあげる。なにか嫌なことが起きたのは明白だ。

「分かりましたの。すぐに向かいますわ!」

「ちょっと黒子、なにがあったの!?」

白井は一瞬動きを止め、美琴に話すべきか逡巡したようだったが、すぐに口を開いた。
美琴も無関係ではないと判断したのだろう。
132 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:27:41.95 ID:MMWw0PiG0
「……実は、佐天さんが何者かに攫われたらしいですの。
わたくしたちと別れた後。佐天さんと初春が二人でいる時に」

「……ッ。佐天さんが……。初春さんは今どこに?」

「今は風紀委員の一七七支部にいるらしいですわ」

「すぐに向かうわよ黒子。空間移動(テレポート)お願いね」

「了解ですの!」

白井が美琴の手を掴むとすぐに二人の姿が掻き消える。
白井の有する能力は空間移動。文字通り空間を移動する能力であり、あらゆる三次元的制約を無視できる。
大能力者の彼女の空間移動は最大重量一三〇,七kg、最大飛距離八一,五mであり、連続で自身を転移させることで時速にして二八八kmもの速度を出すことができる。
これを使えば普通に支部に向かうより遥かに速く着くことができる。
門限もとっくに過ぎていたが、そんなことはお構いなしに空間移動し続ける。今は親友が危ない。

白井と美琴は闇に沈んだ街を舞う。
133 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/19(木) 22:32:55.74 ID:MMWw0PiG0
投下終了。
更新停滞中の某神SSとストーリーがだいぶ被ってることに気付いて慌ててる今日このごろ。
今さら変えられないのでこのまま行くしかないんですが……

みなさんの暖かすぎるコメントに感動し、矛盾とかできるだけ減らそうと頑張ってます。
ですが大筋はもう変更できないので無理やりな話なのはそのままだと思われます……

後になって「ストーリーめちゃくちゃだろ」とか言うなよ!
警告したんだからねっ!!
134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/07/19(木) 22:45:16.51 ID:s1BEOzuo0
乙!!

正直細かいところにまでいちいち突っ込む方がどうかと思うから、気にしなくていいよ
最近は「俺は原作に詳しいんだ。だからこんな細かい違いにも気が付ける!」みたいに勘違いした読者様が多いからね
最後まで応援するから頑張って書き上げてください!
135 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/19(木) 22:51:11.76 ID:9gmXkMtDO

面白いから好きな様に書いてくれ
136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/19(木) 23:29:39.51 ID:ml+yxsJy0
アカン!待ち切れへんわ!何か色々面白過ぎる!うぅ…何で批判する奴がいるのか分からない。
137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2012/07/19(木) 23:35:46.27 ID:V7viYUtl0
乙です
138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/19(木) 23:42:58.70 ID:Itm8nlQDO
乙!
見返した時に気分悪くなるから居ない相手に攻撃するのやめて欲しい
139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/07/19(木) 23:59:21.99 ID:z43q3iaAO


むぎのんの性格がロシア前なら復讐に走るのも頷けるな
ただ、人質なんて取るか?
140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/20(金) 01:18:08.31 ID:LRJrU4a10
>>139

>>1が言っただろ
後になって「ストーリーめちゃくちゃだろ」とか言うなよ!
警告したんだからねっ!!
141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/20(金) 01:34:17.41 ID:LTXAxI6DO
1にキャラ崩壊・キャラブレありってちゃんと書いてある
142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/20(金) 02:04:33.13 ID:SQL2yYhIO

一方さん普通にグループ入りしてるのか
13巻と15巻なかったことになってるなら今も普通に黄泉川家に居候してるのかと思ってた
143 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/20(金) 21:29:22.86 ID:Nsujh2cA0
こんばんは
少しだけ投下します。

セロリはグループに入ってますが黄泉川宅にて暮らしています。
しかし13巻や15巻などはなかったことになってます。
ここらへんが1に記した時系列スルーというやつですね
144 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/20(金) 21:30:19.48 ID:Nsujh2cA0
「初春さん!!」

支部に着いた二人が見たのは、パソコンでなにかの作業をしている初春の姿だった。
彼女の目は赤く腫れており、かなり号泣したであろうことが窺い知れる。

「白井さん! 御坂さんも! すいません、私、何もできなかったんです……!
佐天さんが目の前で連れ去られるのを見てることしか出来なくて……!!」

二人の姿を認めると、初春は再び泣き崩れてしまった。
初春飾利には力がない。親友が誘拐されるのをただ見ていることしか出来なかった彼女の悔しさはどれほどのものか。

「落ち着きなさいな、初春。どういう状況だったんですの?」
145 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/20(金) 21:31:01.77 ID:Nsujh2cA0
白井とて落ち着いてなどいられなかった。だが三人そろって熱くなったところで、状況は好転しない。
努めて冷静に振舞う白井を見て初春も落ち着きを取り戻したのか、ぽつぽつと話し始めた。

「……お二人と別れた後、ちょっと寄り道して佐天さんと一緒に帰ったんです。
その帰り道の途中に、車が私たちの近くに止まって、三人か四人くらいの黒服の人が降りてきて……
いきなり佐天さんを攫っていきました……。私も佐天さんも抵抗したんですが……
ただ、何者かは分かりませんが間違いなく素人じゃありませんでした。誘拐も本当にあっという間でした」

「最初から佐天さんが狙いだったってことね。それで初春さんは何してるの?」

初春の広げているノートパンコンにはメモリーカードが挿さっている。
どうやら先ほどからこれを解析していたようで、ディスプレイには複数のウィンドウが開かれている。
この状況で作業しているのだから、なにか関係のあるデータなのだろうと当たりをつけた美琴が尋ねた。
146 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/20(金) 21:31:29.57 ID:Nsujh2cA0
「これはその人たちの一人が落としたものです。
なにかしら手がかりがあるかと思って。ロックも甘いのでもうすぐ解析できますよ」

言って初春はディスプレイに目をやり、キーボードに指を走らせる。
解析は初春に任せて、美琴と白井は犯人について考え込む。

「まず思い浮かぶのはスキルアウトですが、初春の口ぶりだとそれはなさそうですわね。
どうやらプロの犯行のようですし」

「初春さんを無視して佐天さんだけを誘拐したってことは、最初から佐天さんだけを狙った犯行。
超能力者の私や風紀委員としてスキルアウトとかを捕まえまくってるアンタならともかく、佐天さんは完全な一般人だし言い方は悪いけど無能力者。怨恨の線は薄そうね」

「かと言って身代金目当てでもないようですの。
そうなら佐天さんだけを攫った理由が説明できませんし、なにより学園都市の学生のほとんどが親元を離れての寮生活ですから」

(佐天さんを誘拐すること自体が目的ではない? もしかしたら目的は他にあって、佐天さんはそのための踏み台?
佐天さんを攫うことで起こりうる事態……もしかしたら……)
147 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/20(金) 21:32:20.71 ID:Nsujh2cA0
美琴はひとつの可能性に行き着いた。
外れて欲しい可能性。実際この推測が当たっている確率は低いだろう。
だが、そうなら最悪だ。佐天の命も危ない。

「……お姉様? どうかしましたの?」

どうやら表情に出てしまっていたようで、白井が心配そうに美琴の顔を覗き込む。
白井としても美琴が心配なのだ。
美琴のパートナーを務められるのは自分だけだと自負している白井は美琴の性格をよく知っている。
直情型であれこれ考えるより先に体を動かすタイプ。親友を傷つけられた彼女がどう動くかなんて火を見るより明らかだ。
そういう時こそ自分が冷静にならなければならない。
美琴のストッパーとならねばならない。白井はそう考えているのだ。

「解析できました!!」

作業を終えた初春が叫ぶ。二人はすぐにやってきてディスプレイを覗き込んだ。
表示されていたのはとある施設の設計図。
148 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/20(金) 21:33:00.13 ID:Nsujh2cA0
「施設の設計図みたいです。調べてみたところ、第十学区にある廃棄された研究施設のようですね」

「第十学区といえば、人気も少なく研究施設が多く立ち並ぶ学区ですわね」

「それも第十学区の中でも特に人気のないところにあるみたいです」

そこに佐天がいるのか。もしかしたら罠かもしれない。
だが行くしかない。手がかりは他にないのだ。
美琴はすぐに向かおうとしたが、白井に呼び止められた。

「お姉様」

「止めても無駄よ。佐天さんは私の親友なんだから」

「止めるつもりはありませんの。ただし、私も行きますわ。
そもそもどうやって第十学区まで向かうつもりだったんですの?
わたくしの空間移動で行くのが一番速いですわよ」
149 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/20(金) 21:33:28.09 ID:Nsujh2cA0
美琴は少し悩んだ。もし犯人が美琴の想像通りだった場合、大規模な戦闘になる可能性がある。
そこに大切な後輩を連れて行っていいのか。怪我を負わせてしまうのではないか、と。
だが、次の白井の言葉で美琴は折れることにした。

「お姉様、佐天さんはわたくしの親友でもありますの」

「……そうね。そうよね。じゃあ黒子、頼んでもいいかしら?」

「お任せを!」

「お二人とも、気をつけてくださいね。無事に帰ってきてくださいよ」

そう言う初春は悔しそうな表情を浮かべていた。佐天が攫われるのを見ていることしか出来なかったうえ、今も二人を見送ることしか出来ない。
おそらくそれがどうしようもなく悔しいのだろう。
150 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/20(金) 21:34:18.77 ID:Nsujh2cA0
「……初春、あまり自分を責めてはいけませんの。
監視カメラなり衛星なりをジャックして施設の動きを見張っててくださいまし。妙な動きがあったら教えてくださいな」

「ははは〜さらっと凄いこといいますねー白井さん」

「出来ないんですの?」

返事は分かっている。白井は初春の情報処理能力の高さをよく知っている。
それこそ、本当に衛星にクラッキングをかけられてもおかしくないほどの腕を初春は持っている。

「まさか」

初春も軽い笑みを浮かべてそう返してやる。
適材適所、初春はサポートに徹してこそその力を発揮する。なにも最前線で戦えないからといって悲観することはない。
彼女もまた、違う形で戦いに望む。

美琴は二人のやりとりを見て満足そうな笑みを浮かべると、二人に向けて号令をかけた。



「それじゃあ、行くわよ!!」
151 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/20(金) 21:35:22.47 ID:Nsujh2cA0
投下終了。
短すぎワロタ
これ投下しないほうがよかったんじゃね?

152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/07/20(金) 22:53:28.05 ID:YrmQKv1k0


んなこたぁない
好きなペースで投下するがよろし
153 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/07/21(土) 00:22:28.48 ID:Z9sf+Ial0
やべ みんな予想以上に怒ってるんじゃね……?
出来るだけ頑張るから許してくだせー
154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/21(土) 00:51:11.26 ID:CDnymLAO0
乙 楽しんで読んでるから安心して

155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/07/21(土) 01:37:13.10 ID:KcnxP3nIo
156 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/07/21(土) 01:37:49.92 ID:z+q0jYTWo

157 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/21(土) 08:31:00.47 ID:7XTVXRouo
うっせ
気にせずやれや
158 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/07/21(土) 08:41:42.27 ID:XGCPnStuo
乙!
159 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [saga sage]:2012/07/21(土) 13:48:19.26 ID:DVXTG/7a0


何、エタるよりかは遥かにマシだと考えるんだ
160 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/21(土) 14:53:00.77 ID:q61xz2CDO
157はなんでそんなに偉そうなの?
161 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/21(土) 21:33:58.66 ID:ezlejLMw0
鼓舞してるんでしょ たぶん悪気はない
162 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 21:41:52.09 ID:Z9sf+Ial0
何故お前らはそんなに優しいのか

今日も投下します
163 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 21:42:29.87 ID:Z9sf+Ial0









佐天涙子は手首に鈍い痛みを覚えて目を覚ました。

「うっ……。こ、ここは?」

あたりを見渡すとそこはまるで人が使っていた研究室のような部屋だった。
すぐ近くには学生が使うような勉強机があり、その上には何冊もの科学的な参考書や文献が整然と並べられていた。
壁には視力検査用の紙が掛けてあり、流し台の隣にはコーヒーメイカーが置いてある。
ベッドも三つほど並べられていて、入り口のドアの上を見ると『RESTORE ROOM』と書かれた札が下がっている。
だが、そのどれもがそれなりに埃を被っているあたり放置されてそう短くないようだった。

痛みを感じた手首は後ろ手に縛られていた。動かすとロープが食い込んで痛みが走る。
よく見ると足首も同じように縛られていたが、こちらはそれほどきつくはない。
とりあえず身を起こし、記憶の整理を試みる。
初春と一緒に帰っている途中に怪しげな連中に襲われて、それから……
164 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 21:43:11.02 ID:Z9sf+Ial0
「それから……どうなったの?」

こんな知らない場所にいるのだから、気絶させられて連れ去られたのだろうか。
状況を理解してきたところで、外からコンコン、とドアをノックする音が聞こえてきた。

「目を覚ましましたか」

ドアを開けて入ってきたのはやはり少女だった。
年齢は佐天と同じくらいに見える。つまり一二、一三くらいか。
ニットのワンピースを着ていて、肩に届かないくらいの長さの茶髪。
この少女は。

「絹旗最愛、といいます」

絹旗最愛。学園都市の暗部組織『アイテム』の一員であり、大能力者の高い戦闘能力を誇る。
絹旗は机がかぶっている埃を払ったが、それによって埃が舞い上がりケホケホと咳き込んだ。
「埃のくせに喧嘩売ってんですか」と訳のわからないキレ方をして、机に腰掛けて話し始めた。
165 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 21:43:52.21 ID:Z9sf+Ial0
「まず最初に言っておきますが、私たちは貴女に危害を加えるつもりは超ありません。
私個人としても一般人の貴女を利用するのはわずかばかりの良心が超痛みます」

あれだけ強引に誘拐しておいて、この少女は危害は加えないという。
佐天からしてみれば危害を加えられないのはありがたいのだが、では何のために攫われたのか。
とにかく聞きたいことは色々ある。答えが返ってくるかはともかく。
質問しようとしたところで再び手首に痛みが走る。やはり必要以上にきつく縛られているようだった。

「痛っ……」

思わず声を出した佐天を見て、絹旗はすぐに原因に気付いたようだった。

「どうやら相当きつく縛ってあるようですね。ちょっと待ってください」

そう言うと、絹旗は拘束を緩める。解いて自由にしてくれたわけではないが、かなり楽にはなった。
166 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 21:44:18.73 ID:Z9sf+Ial0
「あ、ありがとう」

絹旗は一瞬何を言われたのか分からない、といった表情をしていたが、すぐにクスッと笑った。
嘲笑したわけではない。佐天を馬鹿にしたような笑みではない、素直な笑みだった。

「全く、超おかしな人ですね、貴女は」

「えっ? な、なにが?」

「だって貴女は突然得体の知れない連中に超誘拐されたんですよ?
もっと泣き叫ぶなり抵抗するなりが超普通です。それをしないどころか攫った相手に礼をいうなんて……
貴女、本当に超一般人なんですか?」
167 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 21:45:13.14 ID:Z9sf+Ial0
絹旗に言われて佐天は自分でも驚くほど冷静でいることに気付いた。
たしかにこの少女の言う通り、もっと取り乱してもいいはずだ。こういった状況に慣れているわけでもないのだ。
スキルアウトに絡まれた時のほうがよっぽど動揺していた気がする。

「多分……あなたが悪人には見えないから、かな」

「は?」

思わず気の抜けた声を出す絹旗。佐天に言われた言葉をすぐには理解できなかったようだ。

「……何言ってんですか。貴女を攫った犯人の一味にかける言葉とは超思えませんね。
超正気なんですか?」

「うん。自分でも変だとは思うけど、なんかあまり悪い人には見えない」
168 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 21:45:50.03 ID:Z9sf+Ial0
「……だとしたらそれは貴女の超勘違いってやつですよ。たしかに一般人はあまり巻き込みたくないと思ってはいますが、それだけです。
私はただのクソッタレですよ。人を超殺したことも一度や二度じゃない。もともとそういう屑野郎が超集まるところなんですよ」

佐天はギクッとした。目の前の少女はどう見ても自分と同じくらいの年齢だ。
そんな彼女は何度も人を殺した経験があるという。一体どうしてそんなことになってしまったのか。
殺人をしたことがあるというだけで異常なのに、まだ幼さの残る少女がそれをしているという異常。

「……あなたは、何者なの?」

「その質問には超お答えできません。話すわけにもいきませんし、貴女も知らないほうが超幸せだと思いますよ」

「私を攫った理由は?」

「残念ながらそれも超お答えできません。ですが、おとなしくしていれば貴女は無傷で超解放されるはずです。
私たちのリーダーもそう言ってましたし」
169 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 21:46:50.80 ID:Z9sf+Ial0
踏み込んだ質問には答えない。予想通りといえば予想通りであったが、なんとなく佐天は慣れていると感じた。
この少女はこういった行為を過去にもしたことがあるのだろうか。殺人まで経験してるくらいだ。
佐天は少し質問を変えた。個人的に少し気になっていることがあった。

「じゃあ質問を変えるね。あなたは能力者なの?」

「はい。詳細は超話せませんが、大能力者です」

大能力者。軍隊において戦術的価値を見出せるほどの強大な力。
この少女はさきほど「もともと屑野郎が集まるところだ」と言った。
推測するに、おそらくこの学園都市には想像もつかないような血にまみれた世界が存在する。
それこそ、昼ファミレスで話していたような。
そして、絹旗はその世界に所属している。そこは力のない者は生きていけないような世界なのだろう。

「望んだわけでもないですけどね。ちなみにリーダーは超能力者ですよ」
170 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 21:47:36.37 ID:Z9sf+Ial0
なんて恐ろしい世界なんだろう、と佐天は思った。
何故この少女がそこまで堕ちたのかは分からない。だが、絹旗は「望んだわけじゃない」と言った。
もしかしたら、望まぬ大きな力が発現したばかりにそんな世界に堕ちてしまったのかもしれない。
もし絹旗が自分のように無能力者だったらどうなっていただろう、と考える。
佐天は絹旗の住むような『闇』について何も知らない。無能力者でも関係なく堕ちる者は堕ちるのかもしれない。
でも、やはりそういう世界では高位能力者のほうが重要視されるのではないか、と佐天は思う。
リーダーが超能力者、という話からもそれは窺えた。
171 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 21:48:20.38 ID:Z9sf+Ial0
もし、絹旗が無能力者だったらどうなっただろう?
もし、そのリーダーが超能力者じゃなかったら?
もし、自分が超能力者だったら自分もここまで堕ちていただろうか?

もし、もし、もし。
そんなifをいくら考えても仕方ないと分かっていても、やはり考えてしまう。
かつて佐天は力のない自分に嫌気がさして、力ある者を妬み『幻想御手』に手を出した。
だが、こういう世界を知ってしまうと大きな力があるからといってそれが良いことだとは限らないとも思えた。

無力故に力を欲した佐天と。
おそらくは力を持ってしまったが故に、こんなところまで堕ちてしまった絹旗。
172 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 21:52:14.63 ID:Z9sf+Ial0
力があるのとないのと、どちらが幸せなのだろう?
佐天は無能力者だが、普通に学校に通い、普通に友達を作り、普通に生活を送っている。。
日常生活で無能力者だからといって特別不便があるわけでもない。
つい自虐的になってしまうことと、スキルアウト等に絡まれた時に身を守る方法がないくらいだろう。
だが、前者は自分の気持ちの持ちようの問題だし、無能力者なんて珍しくもない。なにせ学園都市の学生の六割が無能力者なのだ。
後者においてもそういう時のために風紀委員や警備員がある。
能力者の方が進学に有利に働いたりもするが、無能力者だからといって進学できないわけでもない。

そう考えると、佐天には望まぬ大きな力を持った人のほうが、いくらか語弊があるがよっぽど不幸に感じられた。
発現する能力の種類やレベルを選ぶことはできない。
それはつまり才能のない人間を苦しめると同時に、大きすぎる力を“持ってしまう”ことも避けられないということで。
能力が発現した時から大能力者、なんてことは稀だ。普通は時間をかけて努力しレベルアップしていくものである。
しかし“稀”ということは、少なからずそういう人間も存在するということ。
絹旗がその“稀”だったのかどうかは分からないし、それは一般に羨ましがられるものであるはずだ。
だが、そのせいで『闇』に堕ちた者からすればそれはどうなのか。
173 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 21:54:14.52 ID:Z9sf+Ial0
無能力者にはそういった高位能力者の悩みを理解することが出来ない。
たとえば学園都市第三位の御坂美琴。超能力者を努力で勝ち取った彼女にもまた、大きな力を持つが故の苦悩があるはずだ。
それこそ血の滲むような努力の果てに勝ち取った超能力者の称号。
それはたしかに彼女に栄光をもたらしたのだろうが、果たしてそれだけだったのか。
絹旗のように、その力を持ったことにより生じた苦しみがあったのではないか。
174 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 21:55:04.25 ID:Z9sf+Ial0
勝手に力のある白井や美琴を妬み、強者には自分のような弱者の気持ちなんか分かりっこない、と信じていた。
美琴にも超能力者特有の悩みがあるだろうに、彼女は親身になって無能力者を理解しようとしてくれた。
それなのに、向こうは理解しようと努力してくれたのに。
こっちは理解しようとしなかったばかりか、超能力者に無能力者の苦しみが分からないように無能力者には分からない苦しみが超能力者にあることに気付きもしなかった。

「…………ッ」

ギリッ、と歯を食いしばる佐天。
175 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 21:58:12.69 ID:Z9sf+Ial0
醜い。佐天はそう思った。一方的に嫉妬を剥き出しにしたことが情けない。
対照的に御坂美琴はなんと強いのだろう。
美琴には遠く及ばないと思った。力の強弱とは違った部分でも、彼女の足元にも及ばない。
佐天はこの時、何故美琴があれほどまでの人望を有しているのか、何故白井黒子があれほどまでに美琴を慕っているのか、真に理解できたような気がした。

佐天は知る由もないが、超能力者は美琴だけでなく力を持ったが故の悲劇がある。
第一位には分かりやすい悲劇がある。彼があれほどの力を持っていなければ、『実験』が行われることもなかっただろう。
第二位と第四位も同じようなものだ。あまりにも強大すぎる力を持った二人は『闇』の中の『闇』、最深部まで沈んでしまった。
第三位はその力を見初められて本人の与り知らぬところで悲劇が生まれた。『妹達』という巨大な首輪から逃れることはできない。
第五位にも『闇』との接点があるが、彼女の場合その能力が人格形成に多大な影響を与えた。力を持ったために他人を一切信じることができなくなってしまった。
第七位は他と比べれば軽いが、その複雑怪奇な能力が科学者の興味を引いた。研究所をたらいまわしにされ、体と脳を散々いじくられた。

強すぎる力は悲劇を招く。もし彼らが無能力者だったら、果たしてどうなっていたか。
176 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 21:59:35.80 ID:Z9sf+Ial0






沈黙する佐天を、絹旗はじっと見つめていた。なにかに苦しんでいるようにも見える。
彼女が何を考えているのかは分からないが、この状況だ。意外に気丈そうだったが、やはりまいっているのかもしれない。
絹旗は一般人を巻き込んだことを苦々しげに感じていた。

―――『アイテム』の目的は、御坂美琴を殺すことだった。正確には、『アイテム』のリーダーである麦野沈利の目的は、だが。
八月に美琴と交戦し、撃退された時から麦野は美琴へのリベンジ戦を決意していた。
だが、『絶対能力進化計画』を知り、このまま放置したほうが面白そうだと彼女は思った。
このまま学園都市の『闇』の底に沈め。苦しんだ挙句無様に死んでいけ、と。
しかし計画は頓挫。その後の『残骸』事件も解決され、結局美琴は一度も『闇』へ堕ちることもなく日常へと帰っていった。
それが麦野には面白くなかった。
いつでもハッピーエンドになるわけじゃない。学園都市の『闇』の深さを骨の髄まで教えてやろう、と考えたのだ。
つまりこれは、上層部の依頼でもなく、『アイテム』としての行動でもなく、麦野沈利個人の暴走といえる。
177 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 22:00:30.72 ID:Z9sf+Ial0
もともと彼女は頭に血が上ると周りが見えなくなり、思慮の欠けた行動をとりがちになる。
美琴を誘き出す作戦も、本来もっと練ったものになるはずだった。
だが美琴の性格を考えた結果、彼女の仲間を攫えばそれだけで十分だと麦野が判断したのだ。
これには一刻も早く美琴を殺してやりたいという麦野の思いもあった。
美琴への殺意ばかりが先行し、普段なら使わないだろう人質という手段も躊躇わなくなっていた。
そこでエサに選ばれたのが、佐天涙子。
結果この作戦は非常に単純ではあるが、たしかな成果を挙げることとなった。
178 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 22:01:09.45 ID:Z9sf+Ial0
『アイテム』のメンバーはこれに反対した。
絹旗最愛、滝壺理后、フレンダ=セイヴェルン。
この三人、特に前者二人は一般人を巻き込むことに強い抵抗があったのだ。
しかし麦野に逆らうことは出来なかった。それでもせめてと三人が麦野に確約させたのが、佐天涙子を無傷で開放すること。
正直絹旗はその約束も守られるか危惧していた。麦野沈利とはそういう人間だ。
特に最近の暴走は目に余る。ついていけない、彼女はそう感じていた。

絹旗は佐天の監視役だが、彼女に危険が迫った場合逃がしてやるつもりでいた。滝壺とフレンダにもそれは話してある。
麦野の逆鱗に触れることになるかもしれないが、それでも悪党なりのルールというものがあった。
一般人を巻き込まない。これは絹旗にとって守るべきことだった。

絹旗がこれからどうするかについて思いを馳せていると、彼女の携帯が鳴った。
ディスプレイを確認する。表示されていた名前は、『麦野沈利』。
179 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/21(土) 22:03:18.80 ID:Z9sf+Ial0
投下終了。
馬面は犠牲になったのだ……
180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/21(土) 22:08:31.10 ID:LI/dvJDDO

まさか馬/面に……?
181 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/21(土) 22:12:30.41 ID:5yyl25BZ0
アイテム…4人…う/ま/づ/ら


イヤぁぁぁぁぁ?
182 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/07/22(日) 00:40:04.14 ID:O9DbAyVF0

いやいや、浜面が加入する前の話だろww



・・・お前のことは忘れないよ浜面
183 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/07/22(日) 01:02:33.98 ID:mehnXQoAO

15は正直エツァリの見せ場だけでよかった
184 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/22(日) 01:11:46.62 ID:GeiWRt0DO
一方通行と垣根の頂上決戦がどうでもいいとか
185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(岡山県) [sage]:2012/07/22(日) 17:13:31.92 ID:TskAFOia0
あの戦い自体は良かったが、一方通行の物言いには始終イラつかされた覚えがあるな
186 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/22(日) 20:04:32.29 ID:ziJSR0240
乙  垣根はまだまだ出てこないのかな
187 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海) [sage]:2012/07/23(月) 01:28:42.24 ID:Z3+P7KWAO
「そもそも、何で俺とオマエが第一位と第二位に分けられてるか知ってるか」

「その間に、絶対的な壁があるからだ」

ここ好き
188 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/23(月) 01:53:09.54 ID:E+7jcJjG0
>>187
そのセリフ見てよく「たいして差無くね?」とかいう奴いるけど、確かにあるんだよね。一方通行の本当の能力って、未知のベクトル、法則を解析、演算する能力?らしいから、工場長が一方通行よりも演算能力が高ければあんな事に…(´;ω;`)
189 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/07/23(月) 02:02:12.24 ID:UuTXsGyqo
未元物質解析されて通用しなくなって、パワーアップしても黒翼には一方的にやられた
190 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/23(月) 08:51:32.81 ID:seOuTHKIO
>>187
そのセリフ見ていつも思うんだけど、
順列って利益によるもので強さ関係なくね?
191 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(佐賀県) [sage]:2012/07/23(月) 10:27:02.78 ID:Dsf8JpImo
黒翼はAIM力場そのものを操ってそうだから、未元物質のレベルが上がっても歯が立ちそうにない

>>188
未知のベクトルを解析している間に別の未元物質で攻撃すればいいだけ
ぶっちゃけ、空気を変質させて窒息させれば一発だろうけど
さすがに変質した空気を元に戻すとかは無理だろ
192 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/07/23(月) 10:36:57.03 ID:1agrTPQco
科学者の思う利用価値は一方さんだけど、一般人がロマンを感じるのは垣根くん。

垣根くんも暗部を辞めて客寄せパンダをやればええんや!
193 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/07/23(月) 10:42:43.23 ID:/pmGbFdIO
話の都合上仕方無かったんだろうが、わざわざ能力の説明なんてしなけりゃ負けなかった気がする
194 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/07/23(月) 13:34:38.99 ID:/AyhdDDso
>>191
一方は未知の物質がある世界そのものを解析したんじゃないか?
195 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/23(月) 14:08:53.54 ID:iQteCnG80
原作の地の文を見るに黒翼と覚醒白翼は互角
一方通行と垣根が互角なんじゃなくて、翼が互角って意味な
垣根は黒翼に潰されたんじゃなく、謎ベクトルにやられたんだしな
まぁ黒翼状態じゃなけりゃあの謎ベクトル攻撃は出来ないだろうが

序列についてはよく分からない
利益順ってのは麦野がそう言ってたってだけだし
実際今まで下位が上位に買ったことは一回もない
それに本当に利益順だったとしても、第五位>第二位とか、第四位>第一位とかだと違和感あるのは事実
第何位とか言ったら普通強さだと思うしな

それにレベル5同士の力の差ははっきり描写しないではぐらかしてる
ハッキリとした差がある場合は一方通行vs美琴、垣根vs麦野みたいに描かれるけど
第三位〜第七位までは団子だと思ってる
196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/23(月) 17:34:42.44 ID:VXstcmIDO
第七位も別格だろ
197 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2012/07/23(月) 18:05:57.02 ID:uZrPTVdt0
なるほどね、為になりました
でも、第七位は別次元だと思うwww
198 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/23(月) 18:17:20.78 ID:iQteCnG80
第七位は俺は過大評価だと思ってるな
偽典入れた場合の話だが、美琴の攻撃全振りを防御全振りで完全には防ぎきれなかった
あれが垣根だったら間違いなく無傷だぜ、超電磁砲以上の衝撃波や原子崩し防いでるしな

防御全振りであれってことは、軍覇が攻撃に移れば防御が疎かになるわけで
そうなるとダメージを受けるのは避けられない
第七位は第三位や第四位より強いかもしれんが、そこにそれほどの差はない
そして訳分からんくらい強い上位二名には遠く及ばないと思ってる

第一位と第二位は美琴の攻撃を完全防御できる 第七位は全力防御しても完全には防ぎきれなかった
軍覇はスピードあるが垣根は音速の三倍以上の速度にも対応してるし、上位二人は空も飛べる
第一位はそもそも反射があるからな 大天使の攻撃さえギリギリだがそらせたんだから軍覇じゃ破れるわけない
覚醒したらどうか知らんが、今じゃ
一方通行>>>垣根>>>>>>>軍覇≧美琴≧麦野

こんな感じだと思ってる


199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/23(月) 19:23:27.68 ID:IjRmRV3DO
まあそうかもな
一方通行vs美琴、垣根vs麦野なんかは文字通り手も足も出ないまさに絶対的な壁だが、軍覇は美琴の攻撃を多少なりとも食らってるからな

絶対的といえるような差はなさそう
200 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/23(月) 20:36:00.53 ID:41Gj5vMko
軍覇は単に防御がど下手なだけのような気もする。
201 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/07/23(月) 20:43:32.27 ID:eUPnjC6uo
強さ議論はよそでやれよ
202 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/23(月) 21:08:01.02 ID:E+7jcJjG0
>>198
垣根は音速の三倍以上の速度にも対応してるし
そんな事何処にも載ってねぇよ。

っていうか、何で俺の一言で強さ議論になってんの?てっきり>>1が来たかと思ったジャマイカ( ゚Д゚)
203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/23(月) 21:25:37.12 ID:iQteCnG80
>>202
15巻のP300で、一方通行が音速の三倍以上で射出した小石、衝撃波を垣根が相殺してる
P301の「二人の体が交差する。空気が爆発し、数秒遅れて、ズバァ!! という爆音が鳴り響く」
とあるから一方通行も垣根も音速超えてるし、やっぱ上位二人は別次元だと思う
第三位以下じゃどうにもできないだろうな
204 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/07/23(月) 21:28:55.26 ID:qg+4I7y7o
そうなんだ、すごいね!
205 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2012/07/23(月) 21:35:35.92 ID:uZrPTVdt0
詳しく知らなかったから過大評価してたわwww
やっぱり第一位と第二位は文字通り別次元なのなwww
206 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/07/23(月) 22:17:16.48 ID:1ML1S5PJ0
おまえらとりあえず落ち着け


強さなんて結局かまちーのさじ加減だとなぜわからん
207 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/07/24(火) 00:26:34.02 ID:PiTuCFHDO
期待あげ
208 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/07/24(火) 00:34:50.51 ID:ubAeComG0
一方通行ってAIM力場のベクトル操れないのかな
やり方次第で相手の能力使えなくしたり、逆に能力を強める事も出きるんじゃね?
209 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/07/24(火) 00:45:14.38 ID:jPxGrj9AO
音速の三倍なんて無茶な速さだよな

ベクトルを操作するとしても出来るのかそんなの
210 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/07/24(火) 00:45:37.48 ID:WrIKMcEL0
新たに話題を出そうとするな
お前ら関係ない議論だけで何レス消費する気だ
211 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/24(火) 01:03:08.55 ID:VjjdFOYIO
>>1が質問してそれに対して強さ議論するならまだわかるけどなんでこー脈絡なく関係ない話を延々としてレス食い潰すのか理解できん
正直SSを読みにきてる俺としてはお前らの強さ理論なんかこれっぽっちも興味ないんだからマジでよそでやれ
212 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/24(火) 01:05:04.23 ID:PiTuCFHDO
やってるから出来るとしか言えないな

一方通行は力の量も操れるってことかな?
213 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(佐賀県) [sage]:2012/07/24(火) 01:05:16.98 ID:JKoaZw8yo
1位の能力は既知のベクトルの完全制御と、未知のベクトルの解析
2位の能力は未知の物質の生成と制御、つまり未知のベクトルの生成
1位と2位は、ウイルスとワクチンみたいにイタチごっこで、戦い方次第で逆転できそう
多分能力自体の序列じゃなく、本人たちの演算性能の差だろう

3位と4位は、電気と電子で既知のベクトルだから無理
5位は脳波とか電磁波だから無理
6位は知らん

7位は、本人どころか1位と2位を研究、解析できてる学園都市ですら理解不能、つまり未知のベクトル
無理解でなんとなくで使っているだけでも第3位や魔神もどきとバトル出来てるから、
理解して制御できれば1位や2位と競えるんじゃないかね

というか、オッレルスの力と同質っぽいから、魔術というかテレズマに近い能力なのかもね
214 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/07/24(火) 01:07:20.11 ID:SFL2MG+co
この流れ三年前も見たぞ
215 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/24(火) 01:18:10.25 ID:Ty3HrQHg0
これ、俺が切り出したからこの話題でたの?俺が工場長の事言ったからこの流れになったの?だとしたら、すみません。だから強さ議論は頼むから他スレ言ってくれ。頼むから下らないレスでスレを埋めないでくれ…。




もしかしてこれも下らないレス?
216 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/24(火) 07:46:56.40 ID:pjY/JctDo
投稿来たのかと思ったら糞みたいな強さ議論だったでござる
217 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/24(火) 17:29:36.80 ID:N0kd4gsC0
こんにちは
二日空いたけど、今日の夜投下するでござる
時間的に「明日」になるかもしれないけど……

>>1個人としては強さ議論してもらっても気にしないです。
ですがそれを不快に思う方がいるようなので控えたほうがいいかもしれません
ちなみに>>1>>198とほぼ同意見です。
少なくともこのSSでは>>198とほぼ同じとして展開していきますので、ご理解いただければ
218 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/24(火) 18:47:02.38 ID:pt1dflSDO
削板の評価は音速やら耐久やらより作中最強クラスとか理解が足りないけど力はそう変わらないって発言からだと思う
つまりまだよくわかんないんだろう
オッレルスはこれから実力発揮する場面が出てきそうだネ
219 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/07/24(火) 19:07:30.35 ID:N0kd4gsC0
本来俺がこう言うのはまずいかもしれないけど、SS2巻の後書きについて
最強ランクってのは軍覇じゃなくてもレベル5なら最強ランクと言ってもいいと思う
たしかに魔術サイドいれればもっと強いのはいるけど、作中でも軍隊と一人で戦えるという訳分からんスペックだし
反則発言についてはその後書かれている通り 理屈がないから順序とか何も決められないからって意味で、ありえんほど強いって意味じゃないと思ってる

余計荒れるような発言しちゃったけど、夜に投下するから許してくれよな!
きっとそれで鎮まるはず!
220 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/24(火) 20:26:53.95 ID:sEzFw0FIO
速報で良かったなーVIPなら叩かれまくってたな
まぁキャラなり設定がおかしいところが多々あるけど既に言い訳してるしなー
221 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/07/24(火) 20:40:50.33 ID:mFMwK3fAO
期待して待つのみよ
222 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/24(火) 21:55:21.53 ID:PiTuCFHDO
設定がおかしいところってどこよ?
223 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 00:44:29.42 ID:Qx8SU8E50
>>220
設定がおかしいところなんていくらでもあるでしょうが、参考までに教えてくれませんか?

さてさて、投下しますぜ
224 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/25(水) 00:55:08.86 ID:pE+Jlds30
まってた
225 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 00:56:09.96 ID:Qx8SU8E50









「ここね」

美琴と白井は研究施設に到着していた。
かなり大きめの施設だ。何故廃棄されたのかは知らないが、物は多く残されているようだった。

「どこから入るかが問題ですの。やはり定石通り裏口にでも回って……」

「正面突破あるのみよ」

そう言うと美琴は策を巡らす白井をよそに正面玄関の扉を破壊して入っていってしまった。
もともと美琴は小細工をする気はなかった。するだけ無駄だと分かっていたからだ。

「ちょ、ちょっとお姉様!? いくらなんでも正面からは……」

「コソコソしたって無駄よ黒子。私たちが来たことはもうバレてると見て間違いないわ」
226 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 00:57:20.79 ID:Qx8SU8E50
白井はどこか釈然としない様子だったが、あまりにも美琴が自信ありげに断言するので黙ってついていくことにしたようだった。
廃棄されてどれほど経つのか、あたりにはよく分からない機械やらが散乱していて、かなり埃がたまっていた。
コンセントのようなものもいたるところにのびていて、それらに混じって明らかに場違いなぬいぐるみが多数置かれていたことに美琴と白井は気付かなかった。

しばらく進むと、少し大きな部屋に出た。
天井の一部は吹き抜けになっており、見上げるとそれなりの高層建築物であることを改めて実感する。
壁には多くのモニターと操作端末がついており、その隣には巨大な一枚の硬質ガラスが張られている。
覗いてみると中は少し下がっていて、培養カプセルらしきものが立ち並んでいた。
美琴はそれを見て妹達を連想し、苦々しげな表情を見せた。
もしかしたらあのカプセルは本当に妹達用で、ここも『絶対能力進化計画』の研究所のひとつだったのかもしれない。
227 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 00:57:48.67 ID:Qx8SU8E50
「今までと打って変わって、途端に研究所らしいところに出ましたわね」

入り口からここまでの間、あまり研究所といった感じの場所ではなかった。
つまり、おそらくはここから先がこの研究所の核ということだ。

「ここからはいつ何が起きても不思議じゃないわ。黒子も気をつけ……ッ!?」

瞬間。
美琴は何者かが上から迫ってくるのに気付いた。
美琴は常に全身から微弱な電磁波を発している。それは本当に弱いものであり、AIM拡散力場と同じく常人にそれを知覚することは出来ない。
しかし、超能力者ともなると電磁波の反射の具合で正確な空間把握が可能となる。
その電磁波の範囲内であれば視覚外であっても認識可能だし、迎撃も可能。つまり彼女に不意打ちは一切通用しないのだ。
あくまで“彼女”には。

上のフロアから吹き抜けを使って飛び降りてきた襲撃者の狙いは、美琴ではなく白井だった。

「黒子ッ!!」
228 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 00:58:31.03 ID:Qx8SU8E50
白井も美琴に言われ襲撃者の存在に気付いたようだったが、遅い。

ドゴッ!! と。
嫌な音がした後、襲撃者に殴り倒された白井はそのまま倒れこんだ。

「く、ろこ……? 黒子!?」

慌てて白井に駆け寄る美琴。どうやら頭部を殴打されたようだ。
白井の体をゆさゆさと揺さぶる。意識のない人間を強く揺さぶるのは危険なのだが、美琴はそれを失念していた。
白井が目を覚ます様子はない。
大事な後輩の危機に正常な判断を下せなくなり激しく取り乱した美琴に、襲撃者の声が背後からかかった。
229 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 00:59:39.32 ID:Qx8SU8E50
「超安心してください。気絶させただけです」

冷静さを取り戻して確認してみると、たしかに気を失っているだけのようだった。
しかし白井が傷つけられたことに変わりはない。美琴はその眼に怒りの炎を燃やしながら振り向いた。

「アンタ、誰の後輩に手ぇ出したか分かってんでしょうね……!!」

バチバチ、と全身に電撃を走らせる。
深くフードをかぶった襲撃者は降参、といった具合に両手をあげた。

「私ではどうひっくり返っても貴女には勝てませんから。目的は超達成したわけですし、ここは退かせてもらいます」

両手をあげた襲撃者の袖から小さなカプセルが零れる。それはそのまま床に落ちて割れ、中身が噴出した。
白い煙のようなものが立ち込める。
襲撃者がそれに乗じ逃げ出したのに気付き美琴は逃がすまいと電撃を放とうとしたが、煙が目にしみて演算に集中できない。
僅かな演算の遅れにより襲撃者を取り逃がしてしまった。追おうとしたが、もはや目にしみるどころか激痛が走り、その場に膝をついた。
230 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 01:00:42.30 ID:Qx8SU8E50
(これ……催涙性のガスか……! それもやたらと強力な……油断した!)

しばらくしてようやく痛みが引いた時にはとっくに襲撃者は消えていた。どこに行ったのか見当もつかない。
美琴は硬く拳を握り締めたが、すぐにふぅ、と一息ついて全身の力を抜いた。
逃がしてしまったものは仕方ない、これから切り替えて行こう。そう考えた美琴はとりあえず白井をどこかへ運ぼうとした。

だがその瞬間、息つく間もなく二度目の襲撃がかかった。
後ろ上方から壁を破壊しながら―――否、溶かしながらといったほうが正確か―――青白い光線のようなものが恐るべき速度で迫ってくる。
すぐに察知した美琴は咄嗟に横に跳びそれをかわす。
一瞬前まで美琴がいた場所には溶けたような大穴があいていた。
当然、壁も床も柔らかくはない。しかし光線はまるで紙かなにかのようにやすやすと突き破ってきた。

(あ、危なかった。これは……)
231 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 01:01:41.72 ID:Qx8SU8E50
なにかが頭にひっかかったが、すぐに二撃目三撃目が飛んできたので考えている暇はなかった。
そのまま後ろへ移動してかわすと次から次へと光線が撃ち込まれてくる。
狙いは美琴。白井は標的になっていないことに気付いた美琴は、急いでその場を離れた。これで白井が巻き込まれることはない。
光線の狙いは的確だった。
すぐに回避しきれなくなった美琴は、磁力を用い高速かつランダムに、立体的に動いて回避を試みた。
幸いここは研究所。壁も床も全て金属だ。
だが、それでも光線は狙い違わず美琴の通った場所を貫いていた。少しでも動きを止めたら直撃するだろう。
金属も紙のように貫くあれを受けたらただでは済まないのは明らかだ。
美琴の背中に冷たいものが流れた。
232 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 01:02:39.35 ID:Qx8SU8E50
(おかしい。いくらなんでも狙いが正確すぎる。向こうに私の居場所を特定できるような能力者が?
いや、それよりこれはあの時の……)

美琴にはこの光線に見覚えがあった。
『絶対能力進化計画』を止めるために研究所を破壊して回っていた時に交戦した女性が使っていたものだ。
やたらと狙いが正確なのもその時と同じ。以前は黒髪の少女がその女性をサポートしていたようだったが、今回も同じなのだろう。
おそらく今交戦している相手はその女性と同一人物。ならば、

(予想通りね。敵は学園都市の暗部の連中。目的は佐天さんではなく私。
全く、悪い予想に限ってあたるこの現象は一体なんなのかしら、ねッ!!)
233 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 01:04:08.24 ID:Qx8SU8E50
美琴はこの一方的な状況を打破すべく、光線が撃ち込まれたその瞬間に入れ違いのようにコインを弾いた。
超電磁砲。学園都市第三位たる彼女の代名詞でもある。
光線によって空いた穴に音速の三倍もの速度で超電磁砲が撃ち込まれ、轟音を立て巨大な穴を空けた。
その大穴の中を進んでいくと、女性二人の姿が見えた。
一人は長めの茶髪に明るい色のコートを着ている。
もう一人はジャージを着ているのだが、こちらの少女は何故か疲れ果てている様子で今にも倒れてしまいそうだ。

「滝壺、あんたはもういいわ。『体晶』の使いすぎよ。二人と一緒に下がってなさい」

「むぎの……。うん、分かった」

(体晶……?)

黒髪の少女の能力に関わる何かだろうか。
麦野と呼ばれた女性は滝壺という少女を下がらせると、美琴の目前に立った。
その立ち振る舞いは堂々としていて、そこらの能力者とは比較にならない気迫があった。
ニヤリと獰猛な獣のように笑って、言った。

「よう。久しぶりだなァ、超電磁砲」
234 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 01:05:26.32 ID:Qx8SU8E50









美琴と麦野が対峙したころ、『アイテム』のメンバーであるフレンダ=セイヴェルは美琴の侵入を内心ビクビクしながら待ち構えていた。
というのも、彼女は八月に美琴と戦った経験があり彼我の戦力差をよく分かっていたからである。
もとより彼女の役割は美琴を倒すことではなく、麦野がやってくるまで足止めすることだった。
それでもその前にこちらが倒されてしまう可能性が高かった。
実際美琴は既に麦野と交戦状態に入っているのだが、施設が広すぎるせいか、それとも防音性が高いのかそれに気付いていなかった。
235 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 01:06:36.84 ID:Qx8SU8E50
そんなフレンダだから、何者かが侵入してきたことに気付いた時は焦っていた。

(ちょ、ちょっとマジで来ちゃったの!?
なんでよりによって私のとこに来るのよ!? 不幸って訳よ〜!!)

ビビリながら確認してみると、それは茶髪で長身の男性。御坂美琴ではなかった。

(誰? 一般人なわけはないし、『アイテム』でもない。
超電磁砲の仲間ってのが一番線が通る、かな? ならあいつを仕留めれば撃破ボーナスがゲットできるって訳よ〜!)

(超電磁砲じゃなければどうにでもなる。あの時みたいに施設中に仕掛けておいて正解だったって訳よ)
236 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 01:11:54.63 ID:Qx8SU8E50
起爆用リモコンを用い男の近くにある爆弾を仕込んだぬいぐるみを四つ爆発させる。
何も知らずに歩いていた男は爆発に飲み込まれた。
轟音と共にあたりが粉塵につつまれる。
だがフレンダは攻撃の手を休めない。
起爆用ツールであらかじめ床、壁、天井問わず張り巡らせておいた導火線に着火させる。
本来はドアなどを焼ききるために使うものだが、それを攻撃に応用したフレンダ独特の使い方だ。
それにより男の真上の天井がコマ切れに切断され、大量のコンクリート片が男へ降り注ぐ。

(完 全 勝 利)

間違いなく死んだ。不意をついてのあれで生きているはずがない。
勝利を確信したフレンダは狂喜乱舞している。

「いぇ〜い!! ボーナスゲットォ!!
結局このフレンダ様にかかればこんなもんって訳よ!!」
237 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 01:12:35.82 ID:Qx8SU8E50
早くもギャラの使い道を考えていたフレンダだったが、突如吹いた謎の突風に思考を中断する。
明らかに自然風ではない。第一ここは屋内だ。
まさか、と思い先ほど男を潰した瓦礫の山を振り返るフレンダ。
すると、振り返った彼女の目前にコンクリート片が迫っていた。

「!?」

咄嗟に身を捻りギリギリで回避に成功する。
何事かと再び瓦礫の山を確認すると、そこにはたしかに潰したはずの男が立っていた。

無傷。
フレンダの攻撃は全て命中した。明らかに耐えられるものではなかった。
だというのに、目の前の男は傷ひとつ負ってないどころか埃すら被っていなかった。
238 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 01:19:10.76 ID:Qx8SU8E50
(能力者? それも高位の…… ちっ、面倒な……!)

「痛ってえな」

本当にそうなのか分からないほど自然に、男は言った。

「そしてムカついた。まずお前から粉々にしてやる」

「くっ……!」

男の能力がどういうものかは分からない。
だがフレンダは仲間の絹旗最愛のような能力だと推察した。
『窒素装甲(オフェンスアーマー)』。
周囲の窒素を集めて鎧とし、攻守共に優れた力を発揮する大気操作系亜種。
それは銃弾程度では傷ひとつつけることはできない。

この男も爆弾と天井の崩落を無傷で切り抜けているあたり、そうした防御系の力なのは間違いない。
だがフレンダは無能力者。それが分かったところでどうしようもなかった。
彼女にできるのは、男の防御を貫けることに賭けて最高の一撃を叩き込むことのみ。
239 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 01:19:39.23 ID:Qx8SU8E50
男がゆっくりと近づいてくる。
対してフレンダは冷や汗を浮かべながら背中にこっそりと手を回し、導火線の起爆用ツールを取り出す。

(あと少し。あと三歩……いや四歩)

(今だ!!)

フレンダは数本の起爆用ツールを使い、何本かの導火線に着火する。
それは先ほどと同じく男の真上の天井を切断し、そのまま男へ降り注ぐ。
違うのはコンクリート片に混じり予め仕込んでおいた三〇、いや四〇はあろうかという爆弾入りのぬいぐるみも降り注いでいたこと。

またも轟音を立て瓦礫が男に直撃するも、やはり無傷。
だがそれでいい。これで倒せないのは先の攻撃で分かっていたことだ。
フレンダはスカートの下からライターのような物を落とした。
スタングレネード。
それは床に着いたと同時にバァ!! と炸裂し、男の視覚と聴覚を潰す。
240 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 01:20:21.55 ID:Qx8SU8E50
予め耳栓を装着していたフレンダはすぐさま追撃を図る。
スカートの中から何かを六つ取り出した。
それは三〇cm程度の長さの棒の先に、サメのような目と牙が描かれたスペースシャトルの形をしたものが取り付けられていた。
それを両手の人差し指と中指、薬指、そして小指を使ってそれぞれ挟み動けなくなっている男へ向け射出する。

フレンダの取り出したそれは携行型対戦車ミサイルの弾頭。
恐ろしい速度で突き進む弾頭は数m程進んだところで着火し、爆炎を撒き散らしながら男に着弾する。

ドッガァァァァン!!!!

途轍もない爆発音をたて弾頭は爆発した。
それだけではない。その炎が大量のぬいぐるみに一斉に引火し、四〇ほどの爆弾が起爆する。
ドン!! と建物が一瞬真下からの衝撃を受けたかのように大きく縦に揺れた。
次々とさらなる爆発音が追加され、あたりを爆炎が舐め尽す。
241 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 01:21:13.69 ID:Qx8SU8E50
耳栓をつけていなかったらフレンダの耳がどうにかなっていただろう。
スカートの中から学園都市製の酸素スプレーを取り出し、爆発によって失われた酸素を補給する。
とにかくこれで終わった。フレンダは今度こそ勝利を確信していた。

(ここまでやって生きてたらバケモンって訳よ。万一生きてたとしてももう死にかけのはず)

壁や天井は大爆発によって吹き飛ばされ、彼女の体を熱波が襲う。
何に引火したのか、どんどん炎は燃え広がりあたりはもう火の海だ。
勢いを増した炎がフレンダの仕掛けた多くの導火線を伝い、いたるところに設置した爆弾仕込みのぬいぐるみに引火しながら施設全体に回っていく。
施設のあちこちから爆発音が聞こえ、火の手は大きくなる一方。
明らかにもうこの施設は駄目だ。
普段爆弾を使う時は自らの安全のために威力を抑えるフレンダが、危険を承知の上でここまでしたのはそうまでしなければあの男は倒せないと思ったからだ。
さっさとここを離れようと背を向けた時、聞こえるはずのない声がした。

聞こえるはずのない、声がした。

「あ〜あ。聞きてぇこともあったんだが、もういいや。
もう一度言うぜ。ムカついた」
242 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 01:24:31.69 ID:Qx8SU8E50
フレンダの動きがピタリと止まる。
何か背中に冷たいものが走る。冷や汗が止まらない。
ゆっくり、ゆっくり振り返ると無傷の男がすぐ近くまで歩いてきていた。
一瞬、視界に純白の翼のようなものが映ったような、気がした。
あれだけやって尚傷ひとつつけられないこの男。

(ま、さか……超能力者!?)

あれをまともに食らえば防御能力を持つ大能力者、絹旗最愛でも間違いなく耐えられない。
しかし学園都市にはたった七人だけ、あらゆる常識を根底から覆す圧倒的存在がいる。
それが超能力者。
『アイテム』のリーダー、麦野沈利と同じ。
彼女の力を幾度となく見てきたフレンダは超能力者というのがいかに圧倒的なものであるか理解していた。
それは凶暴で、理不尽で、強大で、常識の外にいる存在だ。
243 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 01:25:37.61 ID:Qx8SU8E50
「あ…あぁ……」

ガタガタと体が震えだす。歯もガチガチと鳴り出した。
彼女が“恐怖”というものを真に理解した瞬間だった。

男はついにフレンダの眼前に立ち、口の端を吊り上げて言った。
244 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 01:26:15.26 ID:Qx8SU8E50






「絶望しろコラ」






瞬間、ゴァ!! と男を中心に正体不明の爆発が巻き起こる。
フレンダはあっさりと吹き飛ばされ、下へと降りる階段に取り付けられている手すりに背中を強かに打った。
手すりはその衝撃で壊れ、フレンダ=セイヴェルンはそのまま男に見下ろされながら下層へと落下していった。
245 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/25(水) 01:31:23.43 ID:Qx8SU8E50
投下終了。
今更だけど、初春の頼んだウルトラミサイルパフェとハイパープラズマショートケーキの元ネタが分かった人は何人いるのか……

ちなみに>>1はコテコテの文型です。なので、物理的なツッコミは一切受け付けません。一切受け付けません。

それにしてもフレンダを倒したこの男……一体何者なんだ(迫真)
246 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/25(水) 01:50:13.56 ID:pE+Jlds30
こんなとこで切られると続きが気になるじゃないか 乙!

自分も文系だからツッコめない 
ただ前回に引き続き今回も運の無かったフレンダに救いの手があることを願う  元ネタはあれだよな
247 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/07/25(水) 02:54:24.47 ID:XXo11dIuo
248 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/07/25(水) 03:07:19.81 ID:4DCn7EMAO
工場t…じゃない…誰なんだ(迫真


乙!
そういや2回交戦したらしいね
249 : [sage]:2012/07/25(水) 09:47:31.30 ID:gGa/+ZUvo
250 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/25(水) 10:26:38.12 ID:L73jKGEE0

ここにグループも来たら第一位、第二位、第三位VSアイテムか…むぎのんに勝ち目が見えない
そろそろスレタイ回収かな?
251 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/25(水) 13:47:26.80 ID:udWonLG20
>>1

軍覇の強さは多分かまちー次第だろ…修行してから強くなった!ってのもあるかもしれないし、そもそも戦闘描写が少ないしな、情報が無い。

そういや、このスレ見て思ったけど、軍覇もオッレルスの、原石を使い潰せばどうなるかとかだけで、最暗部って気付いてたあたり、ただのギャクキャラじゃ無いんだよな。

>>198
軍覇好きの俺から言わせてもらおうか…せめて!御坂.むぎのんと同じ強さは無いと思うぞ!ソース?何それ?美味いの?
252 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(鹿児島県) [sage]:2012/07/25(水) 14:21:26.09 ID:gJnovRE40
初春が頼んだのやつの元ネタってドラゴンボールだよね...

フレンダを倒した奴って垣n
253 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/25(水) 15:16:39.33 ID:NPAWlLPIo
軍覇の説明できない力は一方通行にとって相性は悪そうだよな
オッレルスと同質のものだからそらすくらいしかできないと思う
254 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/25(水) 18:21:47.75 ID:PjYut7jDO
相性悪いも何もないだろ
もしかしたら綺麗に反射されるかもしれないし、そうでなくともそれるんなら一方通行にダメージを与える術はない

軍覇の攻撃は全て当たらず、一方通行はなんの制限もなく好きな攻撃ができる
少しでも触れられれば逆流でゲームオーバー

積んでるだろ
255 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/25(水) 18:27:20.61 ID:zMh7sK6IO
つか、このスレ軍覇出てないやん
256 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/25(水) 19:22:47.47 ID:KRDynXPvo
>>255
まったくだな
257 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/25(水) 21:05:01.80 ID:NhFVbHHqo
また始まったか うんざりだな
258 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/07/25(水) 22:51:07.44 ID:Qx8SU8E50
書き溜めが音速の三倍でなくなっていってるのと、リアルが忙しくなってきてるので更新ペース落ちるかもしれません
三日〜一週間ペースでいく……と思います
もしかしたらもうちょい遅くなるかも

二度目の受験つらいお
259 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/25(水) 23:22:39.14 ID:BqVOJH4S0
全力で応援してる。
260 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/25(水) 23:31:26.20 ID:8Afx09UIO
何故受験を控えている状態でSS投下を始めるのか
ちょっと考えればこうなることぐらいわかるだろボケてんのかこいつ
261 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 00:00:47.69 ID:pf0bY5mp0
>>1 了解した
262 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/07/26(木) 00:11:45.73 ID:Uetzc/9go
受験の息抜き程度にやってくれればいいさ
263 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 00:16:12.35 ID:+8qp93gIO
どうせこっちはこっちで勝手になんちゃって強さ議論してるんだろうしな
もしかしてssなしでも充分機能すんじゃねーのかこのスレ
264 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(佐賀県) [sage]:2012/07/26(木) 00:54:01.16 ID:IHYoFdilo
軍覇の能力は科学サイドでは解析不能な未知の力だからな、かまちーがどう定義するかによるだろう
反射できるのか、逸らすだけなのか、直撃受けるのか
逆に、レールガンですら痛い止まりだから、大抵の物理攻撃は耐えるだろうし、一方通行の間接攻撃もあまり効果ないな
そもそも一方通行自体は一般人以下の動体視力だから、音速以上で動く軍覇に攻撃を当て切れないだろうね

互いに決め手がない持久戦になったら、体力皆無の一方通行が先にバテるんじゃないかね
265 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 01:27:31.96 ID:aZ0Zyz8DO
その超電磁砲は3割程度だがな
一方通行のベクトル投下は核シェルターぶち抜くレベルだし、触れられれば逆流でお陀仏

そもそも一方通行は垣根と音速戦やってたり大天使と戦えてるし、軍覇の攻撃は全て効かないんだから(大天使でもそらされる)軍覇じゃどうにもできないよ

そもそも黒翼と白翼あるし
266 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 01:28:29.27 ID:b77FcFySO
どうしてその話を続けたいんだ?
ここで読みたいのは>>1のSSなんだよ
感想ならともかくスレチな雑談は控えてくれないか
267 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/07/26(木) 01:32:55.37 ID:1RzJrzut0
>>260
それでも当分は最低一週間に一回は投下できるし、息抜きにもなるしね
しばらくは書いてるこっちも楽しめるからって理由ですた
クオリティは低くても意外とSS書くの楽しい

それと不快に感じる方が大半のようなので強さ議論はやめたほうがいいかと
たしか禁書用の強さ議論スレがあったからそちらで
268 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/07/26(木) 01:41:26.03 ID:1RzJrzut0
続けてだけど確認したいことが
今15巻手元にないから確認できないんだけど、垣根のセリフの「痛ってえな」って「痛ってぇな」とどっちが正しいの?
誰か原作で確認しろ下さい 「え」か「ぇ」の細かい違いだけどね
269 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 01:46:34.05 ID:wLRVk+4IO
ホレ誘導
禁書強さ議論スレ 17
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/6947/1334752872/
強さ議論したい方はこちら&以降そういった書き込みはスルーで
270 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/07/26(木) 12:12:26.89 ID:3L800pho0
面白ければどっちでもいいんじゃない
271 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/07/26(木) 13:21:49.64 ID:xI9L6utAO
軍覇は北欧玉座が使える可能性あるからなあ
まだ判断には材料が少ない
>>268
えだと思われる
272 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 13:52:13.22 ID:kLKW0zPDO
>>268
絹旗と一方通行の攻撃で
「痛ってえな」って言ってるよ
今読んで気付いたけど垣根は「痛ってえな」って言った後
「そしてムカついた」って言ってるな
273 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/07/26(木) 14:10:21.49 ID:1RzJrzut0
ほうほう「痛ってえな」で確定ってことでおkかな?
「そしてムカついた」は知ってるよん このSSでのフレンダ戦でも言わせてるし
多分ていとくんの口癖みたいなものなんだろうね

今日か明日には投下できそうだぜヒャッハー
274 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 14:39:53.77 ID:l5JR2DIIO
北欧玉座?北欧王座じゃないのか?
275 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/07/26(木) 14:47:36.02 ID:xI9L6utAO
>>274
「ぎょくざ」だと勘違いしてた
「おうざ」だっけ?
276 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/07/26(木) 14:50:24.94 ID:xI9L6utAO
フリズスキャルブ
北欧王座か
277 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 14:52:32.24 ID:l5JR2DIIO
>>275
>>276も言ってるが確か王座。てか、原作で削板が北欧王座使える描写あった?おせーて
278 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 15:07:49.97 ID:kLKW0zPDO
ないけどオッレルスと同じく説明できない力を使ってるらしい
だとしたら一方通行に攻撃届くんじゃねぇの
279 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 15:18:16.55 ID:aZ0Zyz8DO
ねぇよ
反射されないにしても絶対そらされる
何度も言ってるが、大天使でもそらされるんだぞ
今まで真正面から貫いたのはエイワスのみ

っつか散々注意されてるしもうこういう議論はやめるわ
反応したオレが言えることじゃないが、お前も強さ議論をふっかけるような発言は控えようぜ
280 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 15:34:30.79 ID:9YyUZaTIO
だから少なくともこのスレに出てないキャラの強さ議論は辞めろって
281 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/07/26(木) 15:45:46.39 ID:NJ4uGibAO
空気読めないで持論で喋るのはキモオタの特徴ですね^^^


>>1来たと思って開いたのにくだらない議論スレとかイライラするからやめて欲しいです^^^
282 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/07/26(木) 15:47:40.25 ID:xI9L6utAO
>>277
原理がオッレルスと同じなんじゃなかったかな?
力を理解すれば〜とか言ってたし
283 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 17:47:18.88 ID:9vC4L1MDO
>>279
マジで説得力無いな
284 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 17:51:25.01 ID:l5JR2DIIO
削板最強説浮上か?
285 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県) [sage]:2012/07/26(木) 18:10:40.55 ID:V+lPXCqt0
>>279
一方厨臭いなお前
286 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/07/26(木) 18:12:35.92 ID:Vktc0qWNo
強さ議論とかどうでもいいから
287 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 19:22:12.38 ID:1RzJrzut0
>>283,285
じゃあお前らは軍覇が一方通行に勝てると思うのか?
今まで異能で反射を力押しで破ったのはエイワスだけなのは事実
そもそも反射破れば倒せるってわけじゃないのは木原くんと垣根が証明してる
一掃は無理だったし、ギリギリだったけど神の力の攻撃をそらせたのも事実
質や量が軍覇の攻撃>大天使っていうなら話は別だが

一方厨のつもりはないが最強と言われてる第一位だし
黒翼に一瞬で高度3000mまで行く白翼まである
一瞬を一秒とするならおよそマッハ9だ
一瞬で3000mは原作の地の文にかかれてるし、ユーラシア大陸を飲み込むレベルのテレズマ砲を相殺できてる

それでももっと強いのはいるし、無敵とは言わんが軍覇にどうにか出来るレベルじゃないのは明らかだろ

それでも軍覇が勝てると思うなら根拠を言ってくれ
このままじゃお前らが軍覇厨にしか思えんから
288 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 19:29:04.62 ID:4gArVci1o
>>287
>>269
289 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 19:51:00.16 ID:l5JR2DIIO
将来的に可能性が有るな
科学サイドで唯一と言っていいんじゃないか?
290 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 19:59:36.76 ID:1RzJrzut0
>>288
済まなかった
つい熱くなってしまった
291 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 20:09:25.11 ID:l5JR2DIIO
>>267
>>287
はよ続き書け
292 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 20:18:29.13 ID:T2b1wcvUo
>>290
トリップ外してもID変わってないですよ
恥ずかしいな
293 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 20:21:33.15 ID:T2b1wcvUo
>>1
ID変わってませんよ
294 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 20:22:00.67 ID:no18u64Eo
……次からどんな顔してSS読めばいいのかわからない……
295 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 20:52:24.94 ID:NDwHw43IO
え、なにこれどうなってんの?
296 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/07/26(木) 21:05:43.17 ID:z1deG9xAo
敬語使わずに外野と馴れ合うのはいいけどさ(むしろ個人的には敬語使ってるのに違和感感じるし)
コテ外してただの外野としてレスしようとしたのはちょっとな
どんな顔でこれから反応すればいいのかわからないの
297 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/07/26(木) 21:08:28.16 ID:1RzJrzut0
強さ議論見てるうちになんか黙ってられなくなってな……
トリだけ外して少し参加したんだ、すまない
離れたい人はどうぞ……
俺はあまり耐性ないんだぜ
298 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 22:12:04.16 ID:H9vC4L1M0
>>1
気にするほどのことでもないと思う 続き待ってるから好きなペースで投下よろしく
299 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/07/26(木) 22:17:10.38 ID:1RzJrzut0
なんか冷静に考えたらすげぇ馬鹿らしい上になんか情けないな……
これは黒歴史だわ……
だが投下はやめん

みんないなくなって誰も見なくなっても、もともとSSなんて作者のオ○ニーだからな!
一人でも続けるぜ!
300 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/07/26(木) 22:18:44.19 ID:sjQuLVZUo
見なかったことにしてやるから気を取り戻して書くんだ>>1
301 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/07/26(木) 22:55:41.12 ID:yaLIqzR80
まってる
302 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 23:07:51.17 ID:NDwHw43IO
自分で「議論やめましょうね!」キリッとか言っといて実は部外者装って自分も議論に参加してましたてへぺろ☆(・ω<)
俺はこういう我慢もできない人間だから離れたければご自由に。でもssは[田島「チ○コ破裂するっ!」]だから勝手に続けるぜえ〜


マジでなめてんなこいつ
耐性がないんだったらはっきり言えよこのスレではss以外の議論は禁止にしますってさ。バカなの?
少なくともその[田島「チ○コ破裂するっ!」]を純粋に楽しみにしてる人たちからしたらお前がしたのは裏切り行為の何者でもないから
そこらへんよく考えてこれからどうするかしっかり決めろよ
303 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/26(木) 23:09:56.47 ID:NxLlJM/IO
だから田島って誰だよ
304 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/07/26(木) 23:49:53.72 ID:1RzJrzut0
今回の一件(裏切り)については謝罪します、すみませんでした

うん、俺の言えたことじゃないがやっぱ強さ議論はやめよう
当然、もう混ざったりはしないぜ

もうこいつは駄目だと思った方が離れるのは止められないし止めるつもりもありません
不快に感じながら嫌々SS読む義務も意味もありませんし、それは当然だと思うので

投下をやめるつもりはありません それでも楽しみにしてくれてる方も少なからずいるようですし
仕方ねぇから見てやるよ、みたいな方もいるかもしれませんし
ですが先ほども言った通り誰もいなくなっても投下は続けるつもりでいます


……さてまるで何事もなかったかのように投下します
305 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/26(木) 23:51:45.48 ID:1RzJrzut0









第三位と第四位。二人の超能力者は静かに対峙していた。

「やっぱりあんたね。私は会いたくなかったけど」

相手は超能力者。それも第四位だ。
出来れば相手などしたくはなかった。もともと美琴の目的は佐天の救出であって、麦野を打倒することではない。
だが、麦野の目的は美琴を殺すことだ。交戦は避けられそうになかった。
麦野は獰猛に嗤って言った。

「あのまま大人しく闇の底まで沈んでいればよかったものを。
テメェも超能力者なんだ。いつまでも綺麗でいられると思ってんじゃねえぞガキが。
テメェを見てるとムカつくんだよ、いつも救いがあるとでも?」

「いつだって最後はハッピーエンド、なんて思ってないわよ。
私だって学園都市の『闇』を少しは知ってる。そんな甘いとこじゃないってのも分かってるつもり。
でも私は簡単には堕ちてやらない。躊躇いなく人を殺せるアンタや……第一位みたいには絶対なってなんかやらない」
306 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/26(木) 23:52:32.71 ID:1RzJrzut0
「ハッ、笑わせんな。知ってんだぜぇ、超電磁砲?
テメェが不用意に提供したDNAマップのせいで二万体ものクローンが製造され、その半分ほどが死んだ。
これだけの悲劇の元凶であるテメェが何を今さら善人ぶってやがんだ。
第一、テメェはその力のたった一%でも振るえばあっさりと人を殺せる化け物なんだよ。
そんな大量殺人犯が、化け物が、人並みに生きようなんて夢をみてんじゃねぇ」

「なるほどね。つまり、アンタは堕ちずに『表』に生きてる私が羨ましいんだ?
全く見苦しいったらありゃしないわね」

美琴は出来るだけ相手を小馬鹿にしたように答えると、麦野の様子が一変した。
憎悪を隠しもせずに醜く顔を歪め、彼女の能力である原子崩し(メルトダウナー)を怒りに任せ四、五発美琴に発射した。
原子崩しは電子を粒子でも波形でもない曖昧な状態にとどめることで、外部の影響を受け付けない擬似的な壁をつくる能力だ。
それを高速で叩きつけることで対象を貫く特殊な電子線となる。正式名称は『粒機波形高速砲』。
簡単に言ってしまえばなんでも貫く破壊光線なのだが、これは電子の操作という部分で電撃使いと共通するところがある。

美琴はそれを利用し、放たれた全ての原子崩しに干渉し曲げてみせた。これは八月に戦った時にも利用した技術だ。
ちなみに言うと、麦野もまた美琴の電撃に干渉して曲げることが可能である。
307 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/26(木) 23:53:09.56 ID:1RzJrzut0
「笑わせんじゃねえぞクソガキ!
私が『そっち』に憧れてる? はっ、ふざけるなよ。私みたいなゴミはもうとっくにそんな段階は通り越してんだよ!
テメェなんかに何が分かる!? 私の居場所はヘドロみてぇな『闇』の底なんだよ!!」

美琴の発言がなにかに触れたのか、感情を爆発させる麦野。
けれど、彼女は気付いているのだろうか。本当に『表』に未練がないのなら、何を馬鹿なことを、と鼻で笑えたはずだ。
「とっくに通り越した」ということは以前は『表』へに憧れがあったが、今はそんなことを言えないほど深くに来てしまったということ。
つまり、今さら「戻りたい」なんて言えないだけで戻れるものなら戻りたい、という思いが少なからずあるということで。

美琴はそれに気付いたのか、小馬鹿にしたような表情を緩めて口を開いた。

「もしかして、アンタは……」
308 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/26(木) 23:54:12.61 ID:1RzJrzut0
突然、ドン!! と。
建物全てが揺れるような大きな衝撃が走った。
足元が揺れ、体制を崩す二人の超能力者。
更にドォン!! となにかが爆発するような爆音が鳴った。それは一度きりではなく、連続して何度も鳴り続けた。
ここで美琴は、あることに気付いた。
夏休みに麦野たちと交戦した時、施設中に爆弾を仕掛けていた少女がいなかったか?

「くっ……―――」

あの少女が誰かと戦っていてこれらを使ったのか、それともなにかのきっかけで偶然爆発したのか。
いずれにしろ、建物の中にあったものにも引火して火の手まで上がっていた。
振動は止まらない。爆発もまだ続いている。大きくなる火。
見切りをつけた美琴は磁力を使いその場から離れた。麦野との戦いなどどうでもいい。
どこから脱出するかを考えていると携帯に着信が入った。
こんな時に誰かと思い一応確認してみると、『初春飾利』。
309 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/26(木) 23:54:50.24 ID:1RzJrzut0
「もしもし!」

『御坂さん! すぐに脱出してください!! すぐに施設全体が火の海になります!!』

初春は白井に言われた通りずっと施設の監視をしていたのだろう。
だが、美琴はまだ目的を果たしていない。

「それは分かってる! でも佐天さんがまだ見つからないのよ!!
ういは―――」

そこでひときわ大きい揺れがきて、それによりバランスを崩した美琴は携帯を落としてしまった。
美琴の手を離れた携帯はそのまま勢いよく燃える炎の中へと消えていった。
少しの間それを見つめていたが、すぐに行動を再開した。時間がない。
一刻も早く佐天を助け、白井を回収して脱出しなければならない。出来なければ待っているのは死だ。
……それが美琴自身の死か友の死かは分からないが。
310 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/26(木) 23:55:46.27 ID:1RzJrzut0
佐天は崩落に巻き込まれてはいないだろうか。白井のところに炎は広がっていないだろうか。
逸る気持ちを抑え、まずは居場所の分かっている白井のもとへ向かう。
煙を吸わないように持っていたハンカチで口元を抑え、自身の出し得る最高速度で来た道を戻る。
そして吹き抜けのある部屋までなんとか戻ってきた美琴の視界に入ってきた光景は。

「い、ない?」

―――誰もいない空間だった。
もしかしたら麦野たちに連れて行かれたのだろうか。そうだとしたら最悪だ。探して、取り戻して、佐天も救出する。
とても間に合う気がしなかった。もうこの部屋にも火がまわり始めている。
状況を理解した途端、目に熱いものがこみ上げてきた。泣いてる時間などない。分かっていても止まらなかった。
美琴は涙を流しながら絶叫した。

「くろ、こ……黒子ー!!!!」

床にドン! と両拳を叩きつける。
あの時白井を抱えてでも連れて行けば良かったのだろうか?
敵は自分を狙った暗部だと薄々気付いていたのだから気絶させてでも巻き込ませないべきだったのだろうか?
絶望する美琴。だが、そんな彼女の耳に聞きなれた後輩の声が入ってきた。
311 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/26(木) 23:56:32.40 ID:1RzJrzut0
「全く……勝手に殺さないでくださいまし、お姉様」

はっとした美琴が声がしたほうを振り向くとそこには白井黒子の姿があった。
しかも佐天をその肩に担いで。どうやら佐天は気を失っているようだった。
白井は足取りもフラフラしていて体のあちこちに傷を負っていたが、人間ひとり担いで立っていられる程度の余裕はある。

「黒子……! 無事だったのね! 良かった……。本当に良かった……!!
佐天さんも無事ね。私、もう駄目かと……」

再会を喜ぶ二人だったが、もはや何度目だか分からない爆発音を聞いて顔を見合わせた。
白井とも佐天とも合流できた。ならばもうここに用はない。脱出あるのみだ。

「つもる話は後ね。早く脱出を……」

「ここはわたくしの空間移動で!」

佐天を担いだまま美琴に触れて演算を開始する白井。
最大重量ギリギリであったが、何回かの空間移動を繰り返し、崩落しているところや炎の壁を越えあっけないほどあっさりと脱出に成功した。

ついに二人は自分たちをジッと見つめる視線に気付くことはなかった。
312 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/26(木) 23:57:10.39 ID:1RzJrzut0






美琴が離脱した直後、麦野沈利も脱出を試みていた。
この爆発の発端はまず間違いなくフレンダの仕掛けた爆弾だろう。
お仕置きどころじゃ済まないな、などと思いながら脱出の最短ルートをたどっていく。
美琴を誘い出す場所をここに決めた時に勝手は全て頭に叩き込んである。
絹旗と滝壺の二人はおそらくもう脱出しているだろう。
フレンダは―――どうだろうか。
この爆発が本当にフレンダのものなら、彼女は何者かと交戦したことになる。
だが麦野にはそんなことはどうでも良かった。
代えなどいくらでも効くし、第一暗部に身を置いている者以上殺すも殺されるも紙一重であることを承知しているはずだ。
313 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/26(木) 23:57:47.59 ID:1RzJrzut0
もうこの場所に留まる意味はない。原子崩しを使って障害物を破壊していると、トン、と背後に何者かが降り立った。
こんな時に何者か。『アイテム』のメンバーではないはずだ。美琴が戻ってきたとも考えにくい。
麦野は考えるのをやめ、ただの邪魔者として排除すべく振り向きざま原子崩しを放った。

それだけで全て終わるはずだった。
原子崩しは破壊力の一点においては超能力者最強と言ってもいい。また、その特性上いかなる手段を用いても「防ぐ」ことはできない。
事実今まで麦野には原子崩しが効かなかった相手などただの一人もいなかった。
初めて現れた唯一の例外が御坂美琴だったが、彼女とて干渉して曲げる程度が限界だった。
つまり、ありえないのだ。現れた人物が誰であろうと。

原子崩しが。

「防がれた」なんて。
314 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/26(木) 23:59:18.80 ID:1RzJrzut0
自らの攻撃が通用しなかったことを知った麦野は瞠目した。ありえない。彼女の頭を支配したのはその一言だった。
彼女の攻撃を防いで見せたのは、純白に輝く一枚の翼。
美しさと、まるで異世界から引きずり出してきたかのような異質さを併せ持つその翼は、ひとりの青年の背から伸びている。

左右三対、計六枚の翼を展開するその青年は薄く笑った。





「初めまして、だな。―――垣根帝督だ。ヨロシクな、第四位?」
315 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/27(金) 00:01:13.06 ID:SjYnBVza0
非常に短いですが投下終了
楽しみにしてくれている方のためにもこれから頑張ります
316 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/27(金) 00:07:31.85 ID:/dukaIx50

まあ気を取り直して頑張れ
317 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/07/27(金) 00:12:10.54 ID:Z6/hgjJAO
>>275-276って俺やん

>>287
軍覇は鬼耐久力ありそうだしバッテリ切れになる可能性もなくはないんじゃないか?
正面切ってなら負ける確率のが高いと思う
なんにせよ現状ではなんとも言えない
318 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/27(金) 00:12:14.92 ID:p8254IDq0

気楽に楽しませてもらってる身なんで、そんなにお気遣いなく
>>1にも楽しく書いてもらいたいと思ってる
319 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/07/27(金) 00:13:36.62 ID:Z6/hgjJAO
おうレス見る前に書いちまったぜ…
すまない
320 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/27(金) 00:14:07.27 ID:R2habocIO

周りも原因の一端とはいえ今回のはちょっとな…
まあ反省して次にいかせばいいさ
321 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/27(金) 00:30:15.93 ID:hG1ZqKfy0

わりとあっさり麦琴から垣麦に移行したな

議論スレで〜って言っておいて議論するみたいな矛盾をやらなければ、議論や雑談に>>1が混ざってても別にいいよ
言ってる内容がおかしくなければ気にならない
322 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/07/27(金) 01:03:20.97 ID:H4mBXpnR0
強いて気になることを挙げるとすればミサカはたぶん垣根のことさんづけする
323 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/27(金) 01:03:59.44 ID:kWpl3Q8g0
>>269でやれ

いい加減にしろよ…、こ・こ・は強さ議論する場所じゃねぇんだよ!誘導まできてんだからそっちでやれよ…、これじゃ無限ループになるわ。

軍覇は反射貫通する→一方通行は翼がある→バッテリーが切れるまで→でも一方(ry

どうしてこうなった…(;_;)
324 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/27(金) 01:09:06.89 ID:AAiMiRWDO
まあこっちも金払って見てるわけじゃないし、1が見てくれって頼んだわけでもない

1も反省してるみたいだし、もうこの話はここまでにしようや
325 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/07/27(金) 01:14:49.61 ID:cEDG6Pyao
乙!
326 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/27(金) 01:26:42.52 ID:SjYnBVza0
黒子の空間移動の限界重量は130,7kg
美琴の体重が45kg、佐天が46kg、黒子が不明
……黒子の体重が39kg以下の可能性もないとは言い切れんッ!!

>>322
ミサカって美琴ですよね?
最初は敬語使うと思うし、このSSでも使わせましたよ
ですが美琴は敬語苦手のようですし……誰にでもフランクに話すというか
ですので友達になって、向こうから「敬語いらない」って言われたら普通に喋るんじゃないかと思いました
327 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/07/27(金) 01:34:20.59 ID:Z6/hgjJAO
言ってる事は分かるがお前の態度がAA略
>>326
それで間違いないと思う
美琴は気に入らない奴は呼び捨てかアンタ呼ばわりだし、対等な友達が出来たとしたらおそらく呼び捨てかと

婚后さんとかはさんつけしてるから微妙な線か?
328 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/07/27(金) 01:38:13.04 ID:Z6/hgjJAO
>>323
後揚げ足取るようで悪いが軍覇が反射貫通するなんて言われてないからな

おそらくだが軍覇vs一方は大体>>264通り
制限無しの垣根なら軍覇完封しそうだけど
329 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/27(金) 01:49:23.85 ID:2jZvxsQDO
学習能力が無いのか
それとも他人の言葉は耳に入っても頭までいかないのか
330 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/07/27(金) 02:06:09.92 ID:Z6/hgjJAO
>>305
あんた と アンタで分けたのは何か理由があったのか?
331 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/27(金) 04:04:44.42 ID:yMK6KvGIO
好きにすりゃあいいさお前の建てたスレだから
でも頭悪い屑だなこいつ
332 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/27(金) 04:20:57.38 ID:mx3aLSQSO
人品卑しいレスする奴だ
333 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/27(金) 11:51:02.93 ID:AAiMiRWDO
お前という人となりが良く分かるレスだな

謝罪もしてるんだしもう良いじゃないか
オレはSSが見たいんだ
334 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/07/27(金) 13:32:50.69 ID:mmmLt74/0
なんでこここんなにめんどくさく荒れてるの?
335 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/27(金) 13:57:31.38 ID:Nx1FI0GIO
強さ議論したいバカが張り付いてんだろ
336 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/27(金) 20:58:44.69 ID:mo/POk/p0
強さなんてじゃんけんだろ
337 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/07/27(金) 21:13:22.66 ID:go681LeAO
議論スレでやれよ安価向けないと自分が言われてるってわからないの?池沼多すぎだろ

夏厨か?
338 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/07/27(金) 21:14:29.62 ID:IAQnMgS80


このSSすっげぇ楽しみにしてるから、めげずに頑張って欲しい

あと頼むから強さ議論とか粘着質な批判とかやめてください俺はこのSSが読みたいんですお願いします
339 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/07/27(金) 21:29:42.63 ID:Kn9cu1lp0
この>>1の言い方、やってることを考えると荒れるのは当然だろうな
偉そうな事言って自分があほな事してるんだから

まぁ懲りたんなら黙って投下してほしいな
後、黙ってられないから一言だけ 
一方通行が軍覇に負けるわけねえだろ軍覇なんぞネタキャラじゃねえか
340 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/27(金) 21:38:30.91 ID:8254IDqDO
一言多くて説得力無いのう
341 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/27(金) 21:41:51.15 ID:KGipOhUDO
>>339
うわぁ…
342 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/27(金) 21:42:54.17 ID:R2habocIO
夏はこういうアホが本当に増えるなあ
343 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/07/27(金) 21:44:08.59 ID:Svt+6+7Po
夏休みはまだはじまったばかり…!
344 :名無しNIPPER [sage]:2012/07/27(金) 21:55:04.78 ID:Z6/hgjJAO
結局一言のせいで説得力がないって訳よ
345 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/27(金) 23:28:45.17 ID:SjYnBVza0
よし、今日も投下できるぜ

では続き投下していきます
346 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/07/27(金) 23:30:14.88 ID:cEDG6Pyao
頼むから強さ発言しないでくれ
荒れるし
347 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/27(金) 23:33:00.75 ID:SjYnBVza0




「垣根、帝督……?」

麦野には聞き覚えのない名だった。しかし相当な強者であることに間違いはない。
いかなる理屈なのかは知らないが原子崩しを防いだこの男の天使のような翼。こんなもの見たことがない。
一体どんな能力なのか。

「……ハッ、ナンだよその翼? メルヘンからようこそってか?」

「心配するな。自覚はある」
348 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/27(金) 23:33:44.90 ID:SjYnBVza0
余裕。それがこの男からは見てとれた。
自分が第四位だと知りながら、その気になればいつでも始末できるといわんばかりの余裕。
麦野は間違いなくこの男は超能力者であると結論付けた。
超能力者が七人しかいないのは分かっているが、原子崩しを防いだ垣根帝督が大能力者以下ということは有り得ない。
第三位が超電磁砲、第一位が一方通行であることは知っている。となるとこの男は……

「テメェ……第二位か?」

「正解。まあ超電磁砲と一方通行を除けば俺しかいねえからな」

麦野は歯噛みした。まさかこんな大物が現れるなんて予想外だ。予想できるはずもなかった。

「第二位様がこんなとこまで来て何の用だ?
まさかこんなとこまで来て偶然なんて言わねえよなぁ?」

「一応目的はあったんだが、どうやらもうそれは果たされたみてぇでな。
そのまま帰ろうとしたんだが、なにやら第四位様の姿が見えたからよ、せっかくだしデートにでも誘おうかと思ったわけだ」
349 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/27(金) 23:34:30.01 ID:SjYnBVza0
麦野の体が僅かに震える。
垣根の圧倒的存在感、気迫に圧されているのが分かった。
戦わずして感じる絶望的なまでの戦力差。だが相手がどれだけ強かろうと背を向けて逃げるような麦野ではなかった。

「ほう? 第二位様に気にかけてもらえるなんて光栄だね」

「お前じゃ第三位には勝てねえよ」

突然垣根から放たれた脈絡のない言葉にピクッ、と麦野の体が先ほどとは違う意味で震える。
おそらくはあまり自覚せずに抱いているであろう第三位への大きなコンプレックス。
御坂美琴は七人の超能力者の中では最年少であり、また唯一努力によりそこまで上り詰めた人物でもある。
美琴が超能力者になる前、つまり超能力者がまだ六人だったころ麦野沈利の序列は第三位だった。

ある時突然もたらされた新たな超能力者誕生の知らせ。
麦野は最初それに大した興味も抱かなかった。自分に絶対の自信を持っていた彼女は他者になど興味を示すことはなかったのだ。
超能力者にまともな道を歩けないことを麦野は知っていた。イカれた科学者どものオモチャが増えた、程度にしか認識していなかった。
350 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/27(金) 23:35:16.47 ID:SjYnBVza0
だが、新たな超能力者の序列を聞いた時、麦野は己の耳を疑った。

『新超能力者、「超電磁砲」を第三位に据える』

なんだそれは。ふざけるな。第三位? そこは私の席だ。譲る気はない。私が第三位だ―――

既に暗部にドップリ浸かっていた麦野は上に抗議したが聞き入れられる訳もなく。
御坂美琴が新たに第三位となり、“元”第三位、麦野沈利は第四位に転落した。

八月に美琴と遭遇した時、麦野の心は踊った。
ここで超電磁砲を仕留めれば、自分のほうが優れていることを証明できる。そう思った。
その時美琴はすでに心身ともにボロボロだった。冷静に対処すれば遅れをとることはないお、そう思った。
だが、美琴の実力は想像以上。応用を利かせてあの手この手を使ってくる。
そして最終的に地の利を生かした美琴の戦略により、麦野は敗北した。しかも美琴は最後、落下していく麦野を助けようとまでした。
351 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/27(金) 23:36:16.03 ID:SjYnBVza0
気に入らない。ガキのくせに、『闇』を知らないお嬢様のくせに。あんな奴に第三位の座を奪われ、あまつさえ情けまでかけられたことが許せない。
気に入らない、気に入らない、気に入らない。御坂美琴の全てが気に入らない。

麦野は今だって自分のほうが美琴より優れていると信じて疑わない。
だが、過去戦った時、美琴には大きすぎるハンデがあったのに敗北した事実があるが故に垣根の言葉にすぐ反応できなかった。

「お前だって内心気付いてんじゃねえのか?
そもそも超電磁砲はズタボロだったってのに三対一で戦って取り逃がしたって時点でもう話にならねえんだよ」

垣根が言っているのは純然たる事実だった。
ただ、実際にあったこと出来事を言っているだけだ。
麦野は血が出るほど強く拳を握り締めた。

「うっせぇんだよクソメルヘンがァ!!!」
352 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/27(金) 23:37:59.36 ID:SjYnBVza0
耐え切れなくなった麦野は垣根を力で黙らすべく、原子崩しで攻撃を仕掛けたが垣根の翼に触れた途端あっさりと霧散してしまった。
愕然とする麦野の顔を見て垣根は笑った。まるで誰かを絶望させるのが楽しくてたまらない、というように。

「そんなチャチな力で俺を殺れると思ったのか? 自惚れてんじゃねぇぞ格下が。
格が違うんだよ、格が。工夫次第でどうにかできるレベルをとうに超えちまってんだよ。
……まあ、そういうことだ。あんまり俺の仕事を増やすんじゃねえぞ。じゃあな」

施設全体に完全に炎がまわりきり、もはや脱出は絶望的だった。
それを知っての行動か、垣根は会話を打ち切り翼の一枚を床に向けて振るう。
するとあっさりと硬い床は切り裂かれ、麦野が立っている側の床が崩れ下へと落下していった。
二人がいたのは施設の六階。度重なる爆発や麦野の原子崩し等によっていたるところに大穴が空いていた。
運の悪いことに、下層へと落ちた麦野は五階では止まらず床に空いていた穴を通って更に下層へと姿を消し―――やがて見えなくなってしまった。
353 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/27(金) 23:38:36.74 ID:SjYnBVza0
穴を覗き込んでみると下で炎が燃え盛っている。それを見た垣根はくるりと振り返りその場を離れていった。
炎の中へ消えた麦野の生死は分からないが、垣根にはもはやどうでもよかった。

彼は目的の妨げにならないような“小物”は見逃す主義なのだ。

翼を消失させ数歩歩いたところで、ズガン!! と大きな音をたて天井に大穴が空いた。
爆発などで自然にできたものではない。明らかに誰かが破ったような穴。
こんなとこにこんなタイミングで来るなんて物好きだな、と先ほどの自分は棚に上げどこか他人事のように考えながら振り向いた垣根の顔に浮かんだものは驚愕。
直接会ったのはこれが初めてであるが、垣根は知っていた。

白い髪。白い肌。赤い眼。
淀み濁った白さを持つ男。裂けたように大きく口元を歪めて嗤っているこの男が。

―――学園都市の、第一位だということを。

「一方通行……」
354 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/27(金) 23:40:17.25 ID:SjYnBVza0









『グループ』が研究所に向かって出発した時、一方通行は一人先に向かっていた。
彼の能力を使えば車などとは比較にならないスピードを出せる。その気になれば戦闘機と追いかけっこさえ出来るのだ。
バッテリーの残量など気にかけて入られなかった。
そして途轍もない速さで到着した彼が見たのは、激しく炎上する施設。

(クソっ、遅かったか……オリジナルはどォなった?
すでに脱出したのか、それとも……)

そこで一方通行は考えるのを止め、火の海の中に飛び込んでいった。
核さえ跳ね返す『反射』が働いている以上、どれだけ激しい炎だろうと建物が倒壊しようと彼が傷を負うことは万に一つもない。

炎や落下物は全て反射し、障害物を強引に破壊して建物内部を捜索するも美琴どころか誰一人見つからない。
それが良いことなのか悪いことなのか測りかねていると一方通行の視界に人影が映った。
何者かは分からない。それが男性であることは遠目にでも分かったため、美琴ではないということになる。
そうなると『アイテム』か、と推測した一方通行が人影の前に姿を現すとそれはこちらを見て驚いたような表情を浮かべた。
『アイテム』の第四位かとも思ったが、それもない。第四位の詳しい情報は持っていないが、女性だということは知っていた。
355 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/27(金) 23:41:14.61 ID:SjYnBVza0
目の前にいる人物は長身の男性だった。
茶色い髪に整った顔立ちをした男は一方通行を見て小さく呟いた。

「一方通行……」

ニヤリと嗤って、答えた。

「よォ。会ったばっかなのに悪いけどさァ、オマエは『アイテム』の人間か?
なら聞きたいことがあるンだよなァ。できれば自発的な協力を仰ぎてェンだが……」

こんな時にこんな場所にいる者が一般人であるわけはない。
今ここにいるということは可能性はただ二つ。
御坂美琴の関係者か、『アイテム』か。
一方通行のようになんらかの目的を持って来た他組織の人間という可能性もあるが、その可能性は低いと判断して彼は問うた。
可能性は二つといっても、一方通行は前者の可能性は皆無だと確信していた。
この男からは自分と同じような“臭い”を感じたのだ。
血に染まった、悪党の臭いを。
356 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/27(金) 23:41:58.57 ID:SjYnBVza0
普通の人間ならそれだけで殺せそうなほどの威圧感を露にする一方通行に対し、その男は同じく笑って答えた。

「まさか第一位までもが来るとはな。俺は『アイテム』じゃない。
垣根帝督。学園都市第二位の超能力者だ」

自己紹介するのは本日二回目だ、という垣根。
一方通行は眉を顰める。まずないと考えていた可能性が正解だったらしい。
だが、ならばこの男も何か目的があってここに来ているはずだった。ここにいるということは、美琴がらみの目的である可能性が高い。
返答次第では生かして帰すことはできない。

「第四位は片付けた。第三位は生きていて脱出済み。人質になった一般人も無事だ。
もう俺の用事は済んだ。お前の用事も今ので済んだろ?」
357 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/27(金) 23:43:18.33 ID:SjYnBVza0
一方通行が質問する前に垣根が口を開いた。
垣根の言っていることが本当なら、一方通行の目的はすでに果たされているということになる。

「信じる理由がねェな」

「疑う理由もないだろ?」

敵からもたらされた情報を疑うのは当然だろう、と思いながら垣根をジッと睨みつける一方通行。
対して垣根はただ不適に笑うだけ。

施設の崩壊など気にかけずに対峙する二人の超能力者。
どちらも崩壊に巻き込まれてもケロリとしていられるような化け物だ。そういう意味で二人には時間はいくらでもあった。
しばらく向き合っていた二人だったが、先に折れたのは一方通行だった。
垣根が真実を口にしていると断定できない以上、やはり自分の目で確かめたい。
のんびりおしゃべりしている時間などない。
それに、先ほど垣根は第二位だと言っていた。
電極のバッテリーもここにくるまでに大分使っていたし、第二位という大物と無理に事を構える必要はないと判断したのだ。
358 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/27(金) 23:44:28.47 ID:SjYnBVza0
垣根は一方通行の目的に気付いている。
それだけでなく、『実験』のことも知っているようだった。
一方通行自身そんなことは分かっていた。
一万人もの妹達を殺した自分が、妹達やそのオリジナルを守りたいなんて思うことが馬鹿げてるということくらい。
ただ、それでも守ると決めたのだ。悪党だろうとなんだろうと、悪党という括りにもこだわらずそのためには何にだってなる。何だってすると。
一方通行はたった一言、吐き捨てるように言った。

「オマエには関係ねェ」

「そりゃその通りだ。ただ忘れるなよ一方通行。俺たちみてぇな悪党は二度と『表』にゃ戻れねぇ。
弱者を守るために戦ってれば善人になれる、なんて思うな」

垣根はそう言い残すと炎の中に消えていった。
防護服を着ているわけでもないのに、服にも髪にも火が燃え移ることはなかった。
一方通行はその姿が完全に見えなくなるまで、彼の背中をずっと睨んでいた。
359 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/27(金) 23:46:03.56 ID:SjYnBVza0
投下終了
新約5巻でのていとくん復活を願う
360 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/07/27(金) 23:49:09.82 ID:SjYnBVza0
一つミスが
>>357>>358の間にこの一行が抜けていました

「決まったようだな。それにしても笑えるな。テメェが超電磁砲を気にかけるなんてよ。
自分が何したか忘れたわけじゃねえだろう」
361 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/27(金) 23:56:14.00 ID:N9ChK3EDO

むぎのん…
362 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/27(金) 23:57:45.52 ID:GJFTY/MH0

フレンダ…
363 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/28(土) 00:04:31.93 ID:3hx9Y684o
>>350
麦野(冷静に対処すれば遅れをとることはないお!)


可愛い
364 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/07/28(土) 00:17:29.38 ID:aw8nMh3AO
追いついた。乙
楽しみなスレが増えた
365 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/07/28(土) 00:18:19.95 ID:sHHVdRd7o
>>363
( ^ω^)
366 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/07/28(土) 01:12:23.22 ID:siCtigvQo


新訳5巻って発売日決まった?
367 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/28(土) 01:48:38.37 ID:k+64U06DO
屑スレだな
368 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/28(土) 01:50:32.43 ID:nbtNlVJIO
屑なのは>>1の人間性だけだ
369 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/07/28(土) 02:00:06.74 ID:oOZpIQWM0


>>363
同感。これは不意打ちだったww
370 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/28(土) 02:05:38.71 ID:7yVhut8DO
そう思うなら黙ってスレ閉じろよ、そうすりゃお前らも不快な思いしないで済むし万事解決だろ

なんでわざわざ突っかかるのか
いつまでも粘着して人格攻撃してるお前らの方がよっぽど救えないわ
371 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/28(土) 05:29:43.88 ID:87Q0ThTo0
>>339
言ってる事が矛盾してんだろ(笑)
>>1が謝ってんのに、何偉そうな態度とってんだよ。お前はどこぞの王様かよ(笑)
>>1の事ボロクソ言っといて、自分も強さ議論してんじゃねぇか。アホだと思うなら見んなボケ。
372 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/07/28(土) 07:01:21.04 ID:yNqQFcPN0
なるほどのれが噂の夏で頭が狂った人々か・・・
良いもの見させてもらった
373 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/28(土) 09:15:48.40 ID:3ca68dUDO
むぎのんはVIPPERだったのか・・・
374 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/28(土) 10:15:07.47 ID:nbtNlVJIO
このスレに王様に罵声を浴びせる不敬な輩がいるな
375 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/28(土) 11:06:20.89 ID:87Q0ThTo0
>>374
サーセンしたぁ!
376 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/07/28(土) 12:56:48.62 ID:ZVwn+/aAO
>>300上からすぎじゃね?^^^
377 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/28(土) 14:43:27.82 ID:7yVhut8DO
>>374
もういいからお前はスレ閉じろ
378 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/28(土) 14:57:18.45 ID:nbtNlVJIO
>>377
上からすぎじゃね?
379 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県) [sage]:2012/07/28(土) 16:33:17.81 ID:BMWqJver0
>>378
輩すぎじゃね?wwwwww
380 :名無しNIPPER [sage]:2012/07/28(土) 17:00:34.86 ID:ZNMvHB8AO
燃料あるとすぐこうなるのな
381 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/07/28(土) 18:19:04.74 ID:W4ATve90o
>>1
一回レス禁止にしないとどんどん荒れるぞ
382 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/28(土) 20:01:51.59 ID:3hx9Y684o
レス禁止なんて言ったところで書き込みは相変わらず出来るから無意味な気が
383 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2012/07/28(土) 21:54:15.58 ID:NjQB1umA0
乙です!

フレンダ大丈夫かな...
384 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/07/28(土) 22:28:14.92 ID:NrJ1JI6+o
>>383
俺の隣で寝てるよ
385 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/29(日) 00:31:20.97 ID:r2J+rv2DO
それアックアじゃね?
386 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/07/29(日) 00:49:50.32 ID:Ma6Ba5xQ0
結局、乙ってわけである
387 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/07/29(日) 12:42:52.54 ID:yA7s+EUIO
このスレにいるやつ全員あたまおかしい
388 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/29(日) 12:48:23.34 ID:BebdKGTDO
何をいまさら
このスレにいるやつ俺含め全員レベル5だぞ
頭おかしいに決まってる
389 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2012/07/29(日) 13:11:39.81 ID:Zz9KesVR0
レベル5って自分だけの現実(パーソナルリアリティー)が
強いから人格に歪みが出るんだっけ?
390 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/07/29(日) 14:09:42.01 ID:Cy0lhGcg0
>>389
俺もよくわからんけど多分、恐らくそうだと思われる。
もしくは元から性格とかその手のものが他人よりも枠から外れてるから(常識的な面で)LEVEL5に
なれたんだと思われまっする。
391 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2012/07/29(日) 15:27:57.39 ID:/JGF/Kfe0
>>388
スマン、おれ無能力者だけど仲間に入れてくれないか?
392 :名無しNIPPER [sage saga]:2012/07/29(日) 17:41:13.31 ID:onzkIjCAO
馴れ合いでレス消費すんな死ね
393 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2012/07/29(日) 21:53:49.18 ID:/JGF/Kfe0
>>392
すみません
394 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/07/30(月) 03:03:21.57 ID:Mw+7Subn0
なんか荒れてると思ったら・・・
もう許してやれよクソガキばっかりだな
395 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海) [sage]:2012/07/30(月) 06:21:36.91 ID:Ea1qSlMAO
>>394
まぁまぁ許してやれよ
あとageんなよ
396 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/30(月) 12:19:54.20 ID:wf45CoMIO
なんでこんなに荒れてんの?
397 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/30(月) 17:37:27.48 ID:N0uu6gBDO
クソガキと自分がクソガキと自覚してないやつがいるから
398 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/30(月) 21:12:13.71 ID:+aRRLpHIO
クソガキがクソガキを煽り更なるクソガキを生む
399 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/07/30(月) 23:02:18.89 ID:2XKDQahNo
その音が響き渡ればブルースは加速してゆく
400 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/31(火) 01:42:51.14 ID:tKSGwnGIO
見えない自由が欲しくて 見えない銃をうちまくる
本当の声を聞かせておくれよ〜
401 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/31(火) 02:02:33.16 ID:25QeZQ9V0
>>397>>400
お前らwwwwww
402 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/07/31(火) 03:23:26.41 ID:Z1+1y5dIO
これはスクショ撮って保存すべきでつね



個人的には>>399のレスが一番すごいと思います(自画自賛)
403 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/02(木) 22:24:31.32 ID:O0UhDF+Z0
一週間ほど空いてしまいましたが、投下します!
404 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/08/02(木) 22:26:09.45 ID:O0UhDF+Z0









「お疲れさん」

その後バッテリーの限界まで炎の中を捜索し続けた一方通行だったが、土御門から『超電磁砲の無事を確認した』という報告を受けて施設から脱出していた。
現在は海原に散々せかされながらようやく到着した『グループ』の車に乗ってアジトへと戻っている最中だ。
一方通行以外の三人は到着するなりすぐに引き返す形となる。

「私たち来た意味ないじゃない」などとブツブツ文句を言っている結標を無視して一方通行は質問した。

「超電磁砲だけじゃなく佐天って奴も無事なンだろォな?」
405 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/02(木) 22:28:05.56 ID:O0UhDF+Z0
「ああ。超電磁砲と一緒に脱出したそうだ」

ところで、と前置きを置いて土御門は助手席から後部座席へ振り返った。

「『アイテム』の連中はどうした?
超電磁砲が生きて脱出できているということは倒されたのか?」

「いや、一度も『アイテム』とは遭遇しなかったから分からねェ。
分からねェが、第四位は死んだらしい」

「死んだ?」

疑問の声をあげたのは土御門ではなく結標だ。

「それだと殺ったのは超電磁砲ってことになるわよ?
あの子に人を殺せるとはとても思えないんだけど」
406 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/02(木) 22:29:27.34 ID:O0UhDF+Z0
「いや違ェ。殺したのは第二位……垣根帝督っつったか」

「第二位…だと……?」

「ああ。施設の中で遇ったンだ。
確かめたわけじゃねェが、始末したと言っていた」

「その第二位もどこかの暗部組織に所属してるの?」

「第二位はたしか『スクール』の所属のはずだ。
だが『スクール』の目的はなんだったんだ? 『アイテム』の殲滅か?
だがオレたち『グループ』が既に動いているんだ。そんなことをすれば鉢合わせするに決まってる。
……いや、待て」

土御門は少々考え込んでから口を開いた。

「そもそも今回の依頼はあまりにも急だった。
依頼を受け、お前たちを招集し、仕事内容の説明も終わらぬ内にもう事件発生だ。
まるで……」
407 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/02(木) 22:30:40.51 ID:O0UhDF+Z0
「まるで他組織に依頼するはずだったのにそれが駄目になって、急遽『グループ』に回ってきたみたいね」

土御門の言葉を結標が引き継ぐ。

「つまり、今回の仕事は本来『スクール』のもンだった。
だが何らかの事情によりそれが『グループ』へと回ってきたってことか。
だがこれだと結局『スクール』があの場に現れたことが説明できねェぞ」

たしかに不自然だった。普通上層部が同じ仕事を複数の組織に依頼することはない。
単純に意味がないし、最悪暗部組織同士の闘争に発展する可能性があるからだ。
上からすれば自分たちの駒同士が潰しあっても何の利益もない。
ただ単に、顎で使える駒が減ってしまうだけだ。
上層部がそんな非生産的な事態を自ら引き起こすとは思えない。

(それとも本当に『グループ』と『スクール』に同じ依頼をしたのか……)
408 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/02(木) 22:32:21.95 ID:O0UhDF+Z0
「……」

車内に沈黙が降りる。
誰もがその疑問に答えることができなかった。
上層部が何を考えて指示を出しているかなど分かるわけもないのだ。
彼ら『グループ』は学園都市の最暗部と言ってもいい組織だが、そんな彼らであっても上層部からすればただの駒。
彼らはチェス盤の上に配置されているだけで、実際にその“駒”を動かしてゲームを進めるプレイヤーは統括理事会を始めとする上層部の人間だ。
駒は抗うことも出来ずただ使われるだけ。
そしてチェスでは一度やられた駒は二度と復活はできない。

その沈黙を最初に破ったのはずっと黙っていた海原だった。

「まあいいじゃないですか。御坂さんは無事だったんですから」

「まァ、たしかにどォでもいいわな。
上が何を考えてこォしたのか知らねェが、俺とその周りに被害がないなら何でも構わねェ」
409 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/02(木) 22:33:28.79 ID:O0UhDF+Z0
「それにしても超電磁砲にゾッコンね……海原、あんたもロリコンなの?」

ブフッ、と思わず噴出す海原。いつものポーカーフェイスはどこへやら、明らかな困惑の表情を浮かべていた。

「な、何を言い出すんですか結標さん……第一御坂さんは一四歳で、ロリと言われるような年齢では……
というかあんた『も』?」

まるで他にもロリコンがいるかのような口ぶりだ。すると結標は黙って一方通行のほうを指差した。
当の一方通行はそんな会話など耳に入っていないのか、「ハズレだ」と言っていつの間にか買っていた缶コーヒーを窓から投げ捨てていた。
ちなみにこれ、窓から捨てた空き缶が後続の車に当たると普通にフロントガラスが割れたりすることもあるので、絶対に実行してはいけない。

「一方通行は典型的なロリコンよね」

名指しで汚名を着せられた一方通行は無視も出来ずに珍しく狼狽した。

「ロ、ロリコッ……!?」
410 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/02(木) 22:35:35.23 ID:O0UhDF+Z0
「言い逃れは出来ないわよね、打ち止めと一緒に暮らしておいて。
彼女、実際はまだ〇歳よね? 肉体年齢にしても九歳〜十歳って話じゃない。アウトよアウト」

……一方通行にしてはそういった疚しい気持ちは一切ないのだが、何も知らない世間一般から見ればアウトであろう。

「……上等だァ、喧嘩売ってンならいくらでも買ってやンよォ。
また派手にブッ飛ばされてェのかァ?」

「下らん話をしてないで静かにしろ」

土御門が制止するも、熱くなった彼らは止まらなかった。
どころか、その矛先は土御門にも向けられた。

「あんたなんてロリコンかつシスコンじゃない。最悪な男ね」

「シスコン!? ならお前だってショタコンだろうが!! そもそもお前なんかにメイドの何がわかる!!」

「そんなもの分かりたくもないし、ショタコンじゃないわよ! 失礼ね、あんたたちみたいな変態と一緒にしないでくれる?」

「『たち』てなンだコラ」

「一方通行は学園都市第一位のロリコンだからにゃー」

「弾くぞ無能力者」

「まあまあ皆さん少し落ち着いて……」

「ストーカー野郎は下がってろォ!!」

暗部組織に属する者とは思えない会話を繰り広げる彼らを乗せて、車は夜の街を駆けていく。
411 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/02(木) 22:41:49.39 ID:O0UhDF+Z0









誰もいない『スクール』のアジトに垣根帝督はいた。
今ここにいるのは彼一人。
あたりはグチャグチャになっている。たとえ強盗が入ってもこうはならないだろう。
部屋の中に小さなクレーターのようなものまで出来ている。
垣根が暴れたのだろうことが推察できる。
彼の頭を支配しているのは一方通行のことだ。
412 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/02(木) 22:42:29.55 ID:O0UhDF+Z0
一方通行があそこに来たのは依頼された仕事でもあるのだろうが、美琴が関わっていたから必死だったというのは容易に分かった。
一方通行は第三位のクローン体『妹達』の上位個体である打ち止めを保護し、教師だかなんだかの家に転がり込んでいるはずだ。
一万人以上殺してきた妹達に演算補助を受け、殺してきた妹達と一緒に暮らし、妹達の母体である御坂美琴を気にかける。
そのどれもが垣根には理解できないものだった。

(テメェは俺と同じクソッタレの悪党だろうが。
善人を守るために戦ったって罪は帳消しにはならない。散々殺してきた奴ら相手に、テメェは何を考えてやがる?)

(……まさか本気で今さらやり直せるとでも思ってんのか)

だとしたらとんだお笑い種だ。一万人も殺した人間に更生の余地などあるわけもない。
なのにその遺族ともいえる打ち止めと同居するという神経が垣根には理解できなかった。
打ち止めも打ち止めだ。何故大量殺人犯である一方通行と平然と接していられるのか。
それが垣根には分からない。理解できなかった。
一方通行のことも、打ち止めのことも。
413 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/02(木) 22:44:14.26 ID:O0UhDF+Z0
だが、垣根がイライラしている理由はもうひとつあった。
それは何故『グループ』があそこに現れたのか、ということだ。一方通行は「オマエは『アイテム』か?」と問うてきた。
それはつまり、単純に美琴が危ないというだけでなく『アイテム』が動いているという情報を上層部から聞かされていたということだ。

何故上は『スクール』と『グループ』に同じ依頼をしたのか。
垣根は三日ほど前に『アイテム』が超電磁砲を狙っている可能性があるから、その時がきたら超電磁砲を守れ、というおおよそ暗部らしくもない命令を受けていた。
『アイテム』の主要戦力は第四位。狙われた美琴自身が第三位であり、そこに第二位の『スクール』を投入したのだ。
更に第一位の『グループ』まで必要になるとは思えなかった。
414 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/02(木) 22:45:02.68 ID:O0UhDF+Z0
(そんなに俺は使えねぇか。第二位だけじゃ不安だからやっぱり第一位を使いましょう。これで安心ですねってか?
ふざけやがって。どういう意図があるのか知らねぇが、舐めた真似しやがって……!!)

(……待てよ、だがそれはそうまでするほど超電磁砲に死なれると困る理由があるってことか?
この俺も真っ青になるほどにイカれた上層部のことだ、そうだとしてもまたネジの外れた実験でもするためだろうが―――)

(だとしたら、どこまでも災難だな、超電磁砲)
415 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/02(木) 22:45:43.91 ID:O0UhDF+Z0









佐天涙子が目を覚ました時、目に入ったのは見慣れぬ天井だった。
住み慣れた寮の天井ではない。
体を起こそうとするがどうも体が重く、思うように動かせなかった。

「う……。ここは……病院?」

「佐天さん……! 気がついたのね!!」

「とりあえず一安心、ですわね」

「佐天さん……。良かった、本当に……!」
416 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/02(木) 22:46:53.42 ID:O0UhDF+Z0
部屋の中を見渡すと、そこにいたのは大切な親友たち。
記憶が混乱していてまだハッキリとしないが、どうやらずっと看ていてくれていたようだった。
佐天は日に二度も気絶、記憶の混乱を経験するなんてもしかしてかなりレアな体験なんじゃないだろうかなどと下らないことを思いつつ。
記憶の整理をしてみると、途中からノイズがかかったようにぼやけていて思い出せなかった。

「たしか、地震みたいに揺れた後、解放してくれて、教えてくれた道を行ってると……あれ、分からないや」

絹旗は麦野からの電話を受けた後、どこかへいなくなってしまったがすぐに戻ってきた。
その後、爆発が起き炎が広がった時、絹旗は佐天を解放しただけでなく出口への道順まで教えていた。

「超気をつけてくださいね」

なんて一言まで添えて。
417 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/02(木) 22:47:37.69 ID:O0UhDF+Z0
その道を進んでいる時に、突然視界が暗転し、目覚めたらここにいたというわけだ。
気絶していたということは、上からの落下物にでも頭を打ったか。
いずれにせよ、何らかの要因で気絶してしまったのは間違いないようだ。

うーん、と考え込んでいると美琴たちが呼んできた病院の先生がやってきた。
その後、佐天は念のためと精密検査を受けることとなり、三人はもう夜遅いからと帰宅することになった。
三人は帰れと言われた時は渋っていたが、佐天が「大丈夫だから」と伝えると最終的には納得したようで、「お大事に」とだけ言って帰っていった。
418 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/02(木) 22:49:35.26 ID:O0UhDF+Z0
投下終了
次回も出来れば一週間以内に……多分!

419 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/02(木) 22:50:51.66 ID:5YShTr90o
420 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/02(木) 22:55:24.05 ID:EpKAOtxm0
乙  次も楽しみに待ってる
421 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/02(木) 23:21:00.45 ID:D7bsNhCDO
乙!
422 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/08/03(金) 00:06:33.19 ID:DuhJL1mL0
今更ながら一つだけ補足? です
一方通行は嗤う、垣根は笑う という表記にしているのは一方通行は寄らば斬る的な怖さ
垣根は笑顔で腕を肩に回してくる怖さ というのを見たからです

そんなこと誰も聞いてないって? 知ったこっちゃねぇんだよ!
423 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2012/08/03(金) 02:29:48.69 ID:oXCp9lOa0
乙です
424 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/03(金) 03:54:51.81 ID:OhF9khQIO

口悪かったり自演したり…そこは辞めてくれよ
425 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海) [sage]:2012/08/03(金) 05:11:46.57 ID:CaLI4hnAO
>>424
もう終わった話だろうが
いつまでも言ってんじゃねえよ
426 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/08/03(金) 07:08:37.84 ID:Iwjhufw0o
>>425
だったら無視すればよかったのに。燃料乙
427 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/03(金) 12:26:19.08 ID:YQ09mnQO0
>>424

元はと言えば強さ議論してた奴らの所為だろssで場違いな事やってるし、誘導までしてんのにここで議論するし、そもそも軍覇出てないのに。
まぁ何度注意しても何故上から目線なの?とかいう馬鹿は絶えないだろうけど。





打ち止めたんペロペrうわなにするやめ
428 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/08/03(金) 22:16:34.23 ID:DuhJL1mL0
すみません
上から目線にしたつもりはなかったのですが……
細けぇことはいいんだよ! みたいなネタのノリのつもりだったのですが>知ったこっちゃねぇんだよ!
気に障ったのならごめんなさい
429 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/03(金) 22:43:41.63 ID:OhF9khQIO
粛々と投下してろ
馴れ合うな気持ち悪い
VIPに行けよ屑が
430 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/03(金) 23:01:41.06 ID:HTw3cseDO
気持ち悪いとか屑だとか思うんなら出てけばいいんじゃね?

嫌な気分になるためにスレ来てるわけじゃないだろう
431 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/03(金) 23:10:27.70 ID:znjn6HtDO
>>429
君の様なレスを「表現の自由の乱用」と言います
432 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/04(土) 01:24:02.40 ID:lxnlY4Aq0
一つのレスに何個レスしてんだよ
黙ってろよお前ら
433 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/04(土) 08:30:44.52 ID:EEc8rstIO
荒れる要素たっぷりだね
自業自得だね
434 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/04(土) 09:08:39.92 ID:OcOGTNLr0
>>432でいい感じに収まったのに
>>433みたいなの書き込む馬鹿が居るから荒れんだよ、そもそも強さ議論なんざしなかったら>>1が書く事もなかったろ、人の弱みに漬け込んで弄んでじゃねえよ。



と夏厨になりそうな俺が言ってみる。
435 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/04(土) 20:28:12.95 ID:lpkay8s70
皆で静かに待ちましょう。
436 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/04(土) 20:37:19.60 ID:OcOGTNLr0
>>1 5巻の情報

超巨大文化祭『一端覧祭』準備真っ最中の学園都市に戻ってきた上条当麻。インデックス
や美琴との日常が戻ってくる――はずが、彼を全否定する、最強の『敵』が出現する。

インちゃんキタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!!

帝督(´;ω;`)

最大の敵だからまず工場長はあり得ないお
437 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/04(土) 23:07:46.94 ID:FGbWBQyDO
マジか
ていとくん……
いつ帰ってきてくれるんだい……
438 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2012/08/05(日) 22:00:10.67 ID:XuS5CARE0
一端覧祭=復活記念祭だと信じてる
439 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 19:42:09.28 ID:xv5I1eEz0
それでも俺は垣根復活を信じてる……ッ!

というわけで投下します
440 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 19:43:15.05 ID:xv5I1eEz0




そして翌朝、まだ街も目覚めきっていない午前六時半。
佐天涙子は早くに目を覚ましていた。
いつもならまだ寝ている時間だ。昨日遅くまで検査していたのに、何故か早くに覚めてしまった。
検査の結果は「異常なし」だったが、念には念をということで数日間の入院を医師に求められた。
佐天としては早く復帰したかったのだが、有無を言わさぬ物言いだったので渋々ながらも承諾したわけだ。

今の佐天は若干の気だるさこそあれ、動き回るくらいは何の問題もない。
頭には包帯が巻いてあり、体のあちこちにもガーゼがあてられているが、どれも痛みは引いている。
佐天にあてがわれた部屋は個室だったので、他人に気を使う必要もない。
単に病室が空いていたのか、それとも女子中学生という多感な時期である佐天に気を使ったのか。
なんにせよ、個室というのはやはり気が楽だった。
441 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 19:43:53.14 ID:xv5I1eEz0
カーテンを大きく開け放つと、まだ上がりきっていない太陽の光が室内に満たされた。
うーん、と大きく伸びをしながらとりあえず散歩でもするか、と何となく考えた佐天は部屋を出て行った。
本来なら勝手に病室を抜け出すのはよろしくないのかも知れないが、彼女は基本的に自由な女の子なのだ。

まず彼女が向かったのは自動販売機。適当なものを買った後に中庭に向かおうとしていたのだが……

「何にしよう?」

ここ学園都市では実験品の意味合いもあって、個性的というか独創的というか、意味不明なものが多数ある。
その分淘汰されていくのも早いのだが、それでも新しい商品が次々と開発されていくのだ。
たとえばカツサンドドリンク、きなこ練乳、うめ粥、黒豆サイダー、ヤシの実サイダー、いちごおでん、レインボートマトジュース、熊のスープカレー等々……
442 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 19:44:50.72 ID:xv5I1eEz0
少しばかり悩んで佐天が選んだのはヤシの実サイダーだった。美琴が美味しいと言っていたのを覚えていたからである。
硬貨を投入し、ボタンを押す。すると引き換えに飲み物が出てくる。
学園都市であっても、自販機のこの形態は変わらなかった。
清掃ロボットのように、自律プログラムを組み込んで動く自販機にする、くらいはやってもいいんじゃないかなどと考えている佐天。
押し売りしてくる自販機などどう考えても目障りだろうが、そういった変化が見られないということは自販機はこれが一種の完成形なのかもしれない。

買ったばかりのそれを持って中庭にあるベンチに腰掛けると、そよ風が髪をなびかせ頬を撫でる。
朝早いとはいえ流石に病院内では既にそれなりの人が動き始めていた。
443 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 19:45:29.79 ID:xv5I1eEz0
幸い、この中庭には佐天一人。奇麗に整備されている中庭をまるで独占しているようで、満足感にも似たものを覚える。
もう一〇月も半ばに入り、衣替えも済みずいぶんと肌寒くなってきている。
しかし今日はまだ早朝だというのにまるで春のようなポカポカとした暖かさを感じる。
気を抜いたらそのまま寝入ってしまいそうだった。

美琴たちはお見舞いにくると言っていたが、今日は平日。つまり学校が終わるまでは病院を訪れることはできない。
それは同時にそれまで佐天が暇であることも意味していた。
今は暇であるのが嫌だった。何かをしていたかった。黙って風に揺られる草や木々を見つめている佐天。
444 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 19:46:08.66 ID:xv5I1eEz0
(暇、退屈、手持ち無沙汰。有り余る時間……嫌い。
いろんな考えが頭の中に……)

絹旗という少女は無事にあの研究所から脱出できたのだろうか。
これからどんな顔して美琴に接すればいいのだろうか。

絹旗のその後についてはどうしようもない。ただ無事であることを願うだけだ。
……ここで佐天は自分の考えに思わず笑ってしまった。自分を攫った相手の身をここまで案じるなんて。
あの少女に言われた言葉が頭の中でリフレインする。

(……全く、超おかしな人ですね、貴方は)

やっぱり私は変なのかな、と思う佐天。それでも無事でいてほしいと思う。
きっと、そう願うのは悪いことじゃない。
だが今彼女を悩ませているのはむしろ後者のほうだった。
445 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 19:47:02.52 ID:xv5I1eEz0
御坂美琴。
自分が過去どれほど醜かったかを理解すると同時に、美琴の強さも理解した佐天はどう接すればいいのか分からなくなっていた。
しかも今回の一件では自分のせいで美琴たちを危険に巻き込んでしまった。この事実も佐天を苛んでいた。

(やっぱり御坂さんってすごいなぁ……私なんかとは全然違うや)

ここで佐天は考えが良くない方向に向かっていることに気付き、はぁ、とため息をついた。
こうした傾向はやはり簡単には治らないようだ。
先ほど買ったヤシの実サイダーを開けて一気に呷る。中々美味しい。

こうやって卑屈になり、美琴や白井を高嶺の花だと考えたことで『幻想御手』を使用してしまったのだ。
たしかに彼女たちは非常に優れた力と人間性を有しているだろうが、それでもただの中学生と変わらないところを佐天は何度も見てきた。
446 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 19:47:47.90 ID:xv5I1eEz0
(御坂さんは趣味が子供っぽいし漫画は立ち読みするし、白井さんは初春みたいに甘いものが好きで欲望に忠実で……)

いくら高位能力者とはいえまだ中学生。
それに美琴は尊敬されたり特別扱いされることを嫌っていることを佐天は知っている。
結局いつも通りに接するのが一番なのかな、という結論にたどり着きかけたところで、彼女の目は前方にある窓越しにトイレから出てきたひとりの少女を捉えた。
肩にかかるくらいの茶髪に、おそらくは常盤台のものであろう制服を着ている。

(……御坂さん!?)

だが、すぐに佐天はその考えを取り下げた。この時間彼女はまだ学校にいるはずだ。
常盤台の制服に見えたがそうではなかったかもしれないし、そうだったとしても短めの茶髪など常盤台に何人もいるだろう。
たまたま彼女のことを考えていたからそう見えただけだろうと佐天は結論づけ、意識を戻すためのジェスチャーとして一気に缶ジュースの中身を飲み干した。
時計を見てみるとだいぶ時間が経っていた。ずいぶんと物思いに耽っていたらしい。
朝食の時間になってしまう、と彼女は足早に病室に戻っていった。
447 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 19:49:27.96 ID:xv5I1eEz0









美琴と白井、初春が佐天のお見舞いに現れたのは一五時半ばごろだった。
三人とも学校が終わってすぐにやってきただろう。佐天は嬉しそうに微笑んだ。

「わざわざお見舞いに来てくれるなんて、お姉さんは嬉しいぞ〜」

「きゃあ!? ちょっと、抱きつかないでください〜!」

「ほ〜らスカートも捲っちゃうぞ〜!!」

「ひゃ!? 抱きつかないでください、捲らないでください!!」
448 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 19:50:38.28 ID:xv5I1eEz0
少し用が出来てしまったので一旦終了
一時間〜二時間後に投下再開します
449 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/06(月) 20:02:03.67 ID:W+Nqj2uDO
450 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/08/06(月) 20:12:28.23 ID:gdTB/V650
乙です!
次も待ってます
451 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 21:00:57.84 ID:xv5I1eEz0
いつものようにじゃれあう佐天と初春。
スカートを捲られることが日常になってしまっている初春は気の毒としか言いようがない。
佐天は自分が女子中学生であることに感謝すべきだろう。
これが男だったら警備員のお世話になってしまう。

「入院してても相変わらずね……。怪我はもういいの?」

「あ、はい。っていうかもともと大した怪我じゃなかったんですけどね。
すいません……私のせいで危ない目にあわせてしまって。白井さんにも」

「それと……助けてくれてありがとうございます」

頭を下げる佐天に美琴と白井は顔を見合わせて苦笑した。

「どういたしまして。でもあまり気にしないで。私たちが勝手にしたことだから」
452 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 21:02:15.10 ID:xv5I1eEz0
「そうですの。それに礼なら初春に。救急車や警備員に連絡してくれたのは初春ですのよ。
意識のなかった佐天さんや立っているのが限界だったわたくしは、あそこで保護していただいていなければ危なかったかもしれませんわ」

「白井さんが空間移動で二人を連れてくれば良かったんですよ(笑) あ、でも白井さんのお腹じゃ制限重量超えちゃいますか^ ^;」

「う〜い〜は〜る〜?」

「きゃああ〜! やめてください〜!!」

初春の頭を両の手でグリグリする白井。こうなるの分かってるんだから初春も余計なこと言わなければいいのに、と思う美琴。
もう何度も繰り広げられた光景。日常に帰ってきたことを実感できる光景だ。

「ねえ。佐天さんを攫った連中の捜査はどうなってるの?」

戯れている風紀委員二人に美琴はずっと気になっていた質問をした。
聞いておいてなんだが全く何も掴めていないだろう、と美琴は考えていた。
あれが学園都市の『闇』に潜む組織だということは、『表』の治安維持機関である風紀委員や警備員では何も分からない、いや“分からせてくれない”だろう。
453 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 21:04:07.83 ID:xv5I1eEz0
「それが……分かる分からない以前に、捜査すらさせてくれませんの。
上層部からかなりの圧力がかかっているようでして……。警備員のほうも同様だと聞きましたの」

グリグリを止めた白井から返ってきた答えは、果たして美琴の予想通りのものだった。

「そうなんですよね。個人的に調べようと思っても手がかりひとつないんじゃ……。
それでも頑張ってはみたんですけど、今回ばかりは駄目そうです。ごめんなさい、佐天さん」

頭を下げた初春に、佐天は一瞬呆気にとられたようだがすぐに慌て始めた。

「えっ!? ちょ、ちょっとやめてよ初春。
別に私は気にしてないし、何も分からないってのも予想できてたから……」

絹旗との会話から、だろう。
佐天にはこの答えは驚くようなものではなかったようだった。
454 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 21:04:45.44 ID:xv5I1eEz0
「あ、そういえば御坂さん、今日の朝この病院にいました?」

話を逸らす意味も含めて佐天は朝見かけた常盤台生だろう女性のことを尋ねた。
美琴は何のことか分からない、というような表情を浮かべた。

「朝? 私は学校にずっといたけど……」

「御坂さんと会ったんですか?」

「いや、それっぽい人を見かけたってだけだけど。
でもあれは御坂さんだったと思うんだけどな〜」

「お姉様はわたくしと一緒に登校しましたから。見間違いでは?」

「まあ学校にいたっていうし。勘違いだった、のかな?」

「……」

その後もとりとめのないおしゃべりを楽しみ、美琴たちが帰ろうとした時、佐天が美琴を呼び止めた。
455 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 21:05:36.59 ID:xv5I1eEz0
「あっ、御坂さん!」

「? どうしたの?」

「ごめんなさい。そして、ありがとうございます」

それを聞いてますます何を言われているのか分からない、というような表情を浮かべる美琴。

「お礼ならさっき言ってくれたじゃない。っていうか、ごめんって……」

「さっきのとはまた別のですよ。でも気にしないでください。
あたしがどうしても言いたかっただけですから」

「結局、よく分からないけど……受け取っておくわね」

そう言ってニッコリと笑う美琴。それを受けて佐天も満面の笑顔を浮かべる。

「それじゃ、私たちは帰るわね。体、気をつけて」

「はい。それじゃあまた」
456 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 21:06:33.90 ID:xv5I1eEz0
時刻は五時をまわったころで、学生たちの帰宅ラッシュがピークを迎える時間だ。
なにやらメイドについて熱く語っている青髪の人や金髪の人、おでこを大きく出した巨乳の女子学生など。
そういった学生たちに混ざって美琴、白井、初春の三人も帰宅していた。

「全く佐天さんってば、入院しても全然変わらないんですから」

「むしろ何も変わってなくて良かったじゃありませんの。幸いすぐに退院できるようですし」

「たしかにそれは良かったですけど……」

「退院の時には盛大にお祝いしてさしあげますの。きっと喜んでいただけますわ」

「あ、いいですねそれ! 退院パーティかぁ……
って御坂さん? さっきからどうしたんです?」

「えっ!? あ、ごめん。ボーッとしてた」

白井と初春が話してる横でなにか考え込むようにしていた美琴は、急に話を振られてごまかすように両手をパタパタと振った。
白井も心配そうに美琴の顔を覗き込んで言った。
457 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 21:07:39.33 ID:xv5I1eEz0
「お疲れですの? もしそうでしたら今日は早くお休みなさいませ、お姉様」

「うん、ありがとう、黒子。でも大丈夫よ。
あ、そういえば私ちょっと用事を思い出したわ。すぐに帰るから、じゃね!!」

美琴は一方的に話を打ち切ると走りだしてしまった。
ポカーンとしていた二人だったが、先に我に帰った白井が大声をあげる。

「ちょ、お姉様!? お待ちになって! もう門限ですわよ!?
お姉様! お姉様ぁぁぁぁ!!」

門限までには間に合わせるわ、という返答が小さく返ってきたが、白井の大声に通行人が何事かとまじまじと見つめていた。
顔を赤くして恥ずかしそうにしてる初春にそれを小声で指摘され、同じく赤くなった白井は初春を連れそそくさとその場を去っていった。
458 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 21:08:48.44 ID:xv5I1eEz0









御坂美琴は佐天の入院している病院、つまり先ほど出てきた病院に戻ってきていた。
佐天が見かけたという美琴に似ている少女に心当たりがあったからだ。
予想通りなら佐天が間違えたのも無理はない。というか、それが普通だろう。そしてその少女“たち”はこの病院にいるはずだった。

結局その探し人が探し人なのでそこらをうろうろしているはずもなく、冥土帰しに居場所を聞くこととなった。
美琴が目の前のドアをコンコンと二回ノックすると、中から「はい」という平坦な声が返ってきた。

「入るわよ」

ガチャリ、とドアを開けるとそこにいたのはまさに御坂美琴。
違いと言えば感情のない瞳、頭にかけられた暗視ゴーグル、首にかかっているネックレス程度。
それは御坂美琴の軍用クローン『妹達』だった。

「お姉様……?」
459 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 21:10:06.20 ID:xv5I1eEz0
「やっほー。突然でごめんね。アンタはそのネックレスを見るに一〇〇三二号、で合ってるかな?」

「はい。たしかにこのミサカはあの人に御坂妹と呼称されるミサカ、正確にはミサカ一〇〇三二号で間違いありません、とミサカは報告します」

「うんうん、元気そうでなによりね」

「ところでお姉様はどのような用事があってミサカの元を訪ねてきたのですか、とミサカは疑問を露わにします」

「そのことなんだけど、今日の朝ここに入院してる私の友達がアンタを見たらしいのよね」

「おや、ご友人に目撃されていたとは。このミサカとしたことが、とミサカは自身の行動の問題点を洗い出しにかかります」

「別にそれは見間違いってことでごまかせたけどさ。アンタたちは……その、少し……なんだから、気をつけなさいよね」

「……? なんですか、とミサカは小声でボソボソ言うお姉様に聞こえねーよと突っ込みたい気持ちを押し殺して平静を装います」

「アンタね……もう、言ってやるわよ! アンタはちょっと特殊なんだから、あんまり知り合いとかに見られるとマズいでしょうが!!」
460 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 21:10:56.61 ID:xv5I1eEz0
御坂妹は美琴の軍用クローンだ。
人間の生体クローンの製造など学園都市にあっても認められていないし、これは国際法で定められている禁止事項でもある。
当然学生のIDも持っていない。要するに、大っぴらに暮らせる身分ではないのだ。
既に都市伝説レベルではあるが妹達の噂も出回っていて、そのことで美琴も奇異の目で見られた経験がある。
だが、美琴は保身のために御坂妹に注意したのではない。むしろ御坂妹のことを思ってだ。
クローンの存在が公になれば彼女たちがどういう扱いを受けることになるか。
人は異端の者に恐怖し、それを嫌悪する。自分とは違う存在が恐ろしいのだ。これは世界中の人種差別にも通ずる考えでもある。
では、クローンはどうか。普通の人々からすれば彼女たちは間違いなく異端であり、理解の外にある存在だろう。
非常に残念ではあるが、迫害される理由は十分だろう。

更に最悪のケースとしては、彼女たちが“処分”されてしまう可能性。
学園都市上層部・マッドサイエンティストたちが彼女たちをどう思っているかは『絶対能力進化計画』の時に既に分かっている。
彼らは妹達を道具のように扱っているわけではない。文字通り“本当に道具としか思っていない”のだ。
461 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 21:11:32.41 ID:xv5I1eEz0
もしその存在が世界にも明るみにでれば学園都市が世界中から痛烈な批判を浴びることとなるのは間違いない。
学園都市の存在を快く思わない者たちも好機到来とばかりに潰しにかかるだろう。
あの『実験』が失敗に終わった以上、沈静化のためにも“処分”する、というのは上の考えそうなことだ。

いずれにせよ妹達は一般人と同じように暮らすことなどできないのだ。
だが、美琴はどんな生まれ方をしていても妹達全員を本当の妹だと思っている。
彼女たちのために出来ることは何でもしてやりたいし、危険が迫っているならいかなる手段を以ってもそれを取り除く。
たとえ世界全てが彼女たちの敵に回ったとしても、自分だけは妹達の味方でいると胸を張って誓える。

「それはミサカがお姉様の生体クローンであるという事実が露見するのを防ぐためでしょうか、とミサカは何かに期待して聞き返します」

「アンタたちにはさ、出来るだけ普通の暮らしをして欲しいのよ。大切な妹だもん」

「妹……お姉様の、妹……フフ」
462 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 21:12:19.87 ID:xv5I1eEz0
「? なにブツブツ言ってんの。それからあまり『クローン』って言わないで。
そりゃ事実かもしれないけど、アンタたちひとりひとりが別個の『人間』なんだから」

「お姉様がそう望むなら、とミサカはお姉様の意思を尊重します」

そういう御坂妹の表情は相変わらず感情の色は薄いものの、たしかに喜びが見て取れた。
……だが自分と同じ顔をした人がブツブツ言いながら小さく笑っているというのは、なんだか不気味ですらある。

「ありがと。あ、それと携帯って持ってる?」

「冥土帰しに念のためと持たされているのがありますが、とミサカはカエル医者の過保護さを報告します」

「ならアドレス教えてよ。今度一緒に買い物でもいかない?
知り合いにさえ会わなければ双子で通るし」
463 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 21:13:02.26 ID:xv5I1eEz0
「わかりました。予定の合う日であれば。楽しみにしておきます、とミサカはさりげなくハードルアップを謀ります」

「コラ、本音駄々漏れよ。……まあ期待しててよ」

アドレスの交換を終えた美琴は「忘れないでくださいよ」と御坂妹に釘をさされながら部屋を出た。
美琴は彼女の不器用な笑顔―――というよりニヤけ顔ではあるが―――を思い出してふと顔をほころばせた。
少しずつ、少しずつではあるが彼女たちにも個性や感情が芽生え始めている。その事実を知って、嬉しくないわけがない。

(やっぱりあの子たちは人形なんかじゃない。一万人いようと二万人いようと一人として同じ子なんていない)

美琴は御坂妹との買い物プランを考えながら寮に向けて歩みを進めた。
464 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/06(月) 21:16:50.46 ID:xv5I1eEz0
投下終了。
これにて第一章 竜虎相見える Level5_Level5. は終了です。
次回投下からは第二章になります。サブタイは 回り始める歯車 The_Thid_Birth.

ではまた一週間以内に!
465 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/06(月) 21:31:25.84 ID:NsjXwdk9o
乙!
466 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/06(月) 21:38:36.18 ID:IFEZKiTS0

不穏なタイトルで読むのがコワイわ
467 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/06(月) 22:04:16.76 ID:UxeTzpO00

ていとくんがこれからどう絡んでいくか気になる
468 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/08/06(月) 22:05:55.12 ID:gdTB/V650
おつおつ
次も楽しみにしてます
469 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/08/12(日) 19:36:02.41 ID:vbAO9UA10
人生で初めて熱中症を経験した……
そして何故冠模試はあんなに難しいのか

投下します
470 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:36:35.88 ID:vbAO9UA10
第二章 回り始める歯車 The_Thid_Birth.




一〇月一八日、午前一一時。
以前の白井と垣根を会わせるという約束がようやく果たされ、御坂美琴、垣根帝督、上条当麻に白井黒子の四人は路上に集まっていた。
何かと予定が合わなかったり、佐天の退院祝いをしたり風紀委員があったりで美琴、垣根、上条の三人で遊ぶことはあっても白井が混ざることはなかったのだ。

「初めまして、殿方さん。わたくし、常盤台中学一年の白井黒子と申しますの」

「垣根帝督。よろしくな」

「それとわたくしはお姉様の露払いを務めさせてもらってますの。
貴方はいかにも人畜無害そうな類人猿と違いそうなので申し上げておきますが、お姉様に手を出そうなどと考えないように」

どう考えても初対面の人間に対するものとはとは思えない発言をした白井の顔は凶悪に笑っていた。
明らかに牽制している。
たしかに垣根は手の早そうな見た目をしているが、それにしたって初対面でこれはどうなのだろう。
471 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:37:09.52 ID:vbAO9UA10
「お、おう……」

(なんだコイツ……レズかよ)

「コラ黒子、何馬鹿なこと言ってんの」

「おい上条、お前類人猿だってよ」

垣根が上条に囁く。類人猿と言えば最も人に近いサル類だ。
チンパンジーやオランウータン、ゴリラ等がこれに類する。
いくら上条とはいえ、これと同列というのはいささか言いすぎではないだろうか。

「上条さんは白井にはよくそう言われるんですよ。
流石にちょっと傷ついてますよ……」

わざとらしく大げさにしょげかえる上条。

(こんな奴があの一方通行を……ねぇ)

垣根は数日前に『スクール』の上役である電話の男から上条、幻想殺しに関する依頼の結果報告を受けていた。
それによると幻想殺しはどういった理屈なのか全く分からないが、上条はこれまで何人もの強敵を撃破してきたという。
にわかには信じがたいが、その上条に倒された敵の中に一方通行が含まれていたのだ。
学園都市第一位、一方通行が無能力者である上条によって倒され、『絶対能力進化計画』は頓挫。
472 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:37:38.37 ID:vbAO9UA10
(たしかに、あの妙な右手があれば『反射』は破れるだろうが……)

第一位である一方通行の力は『反射』ではない。
『反射』など、能力の応用の一つでしかないのだ。
あらゆるベクトルを自在に操るという力を持つ彼は触れただけで人間を瞬殺することもできるのだ。
それを打ち倒したということは、上条はそれらを打破する“何か”を有しているのだろう。
幻想殺しだけではない、“何か”を。

(それにあの変態空間移動系能力者(テレポーター)だ)

垣根は彼女を見たのは初めてではなかった。
『アイテム』を潰しにある研究所に潜入した際、美琴と白井、そして佐天がが空間移動で脱出した瞬間を偶然目撃している。
473 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:38:09.62 ID:vbAO9UA10
(大能力者の空間移動能力者。サポートに徹せられると厄介だな)

チラッ、と白井のほうに目を向けると白井が美琴の胸に顔をうずめ頬ずりしていた。
美琴も引き剥がそうとしているのだが、全く離れる様子がない。

(うわぁ)

「ほら御坂も白井もいつまでやってんだ? 今日は遊ぶんだろ?
またゲーセンでもいくか?」

「カラオケですの!!」

突如カッと目を見開く白井。

「こういう時はカラオケと相場は決まってますの。
異論は認めませんわ!」キリッ

ようやく美琴の胸から離れ声高々に叫ぶ。

「キリッ、としてんじゃねえぞ」
474 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:38:52.05 ID:vbAO9UA10
だが反対意見は出なかったので一行は第七学区内にある、白井たちがよく利用するというカラオケボックスに向かった。









外と比べ二〇〜三〇年ほど技術が進んでいると言われるこの学園都市にあっても、カラオケボックスはそれほど変化していない。
変化といえば採点機器と防音性の進歩くらいのものだ。
と言ってももともと歌うだけの個室なので、自動販売機と同様これで既に完成しているのかもしれない。
しかし学園都市の一部のカラオケボックスに積まれている採点機器が異常に厳しいという噂がある。
外から来たプロの歌手が歌って六〇点超えたとか超えなかったとか。
この噂の真偽はともかくとしても、こうした無駄な方向性における無駄のない無駄な努力は学園都市ではそう珍しくない。
475 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:39:21.00 ID:vbAO9UA10
「さて、まず採点の有無はどうしますの?」

「ナシだろ。採点厨うぜえし」

「私も構わないわよ」

「ではなしで、と」

「俺の意見は聞かれもしないんですね……
だがトップバッターは俺がいくぜ!!」


    カルマ/BUMP OF CHIKIN


「何という王道ですの……」

「まあ、これ入れときゃ間違いはねえわな」
476 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:39:54.76 ID:vbAO9UA10
   『ガラス玉ひとつ落とされた♪ 追いかけてもひとつ落っこちた♪』


「これが…上条だと……?」

「意外とやりますのね……」


   『かーなーらーずー♪ 僕らは出会うだろー♪』


   『おんなじ鼓動の音を目印にーして♪』


「これなんかのゲームの主題歌らしいな? 俺は知らんけど」

「あ、私も聞いたことあるわよ。
そのゲームは知らないけど結構それで知れ渡ったとか」

「外部のゲームらしいしな」


   『鏡なんだー♪ 僕ら互いに それぞれーのーカールマを映すためのー♪』


   『僕らーは♪ ひとつーになるー♪』


「久しぶりだったから不安だったけど大丈夫っぽいな」
477 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:40:31.30 ID:vbAO9UA10
「ア、アンタにしては、頑張ったほうじゃない……?」プイッ

「ツンデレ乙」

「何よ垣根ぇ!」

「ま、お猿さんにしてはたしかにやった方でしょうが、所詮は類人猿。
ここはわたくしが実力の違いというものを見せ付けてやりましょう」


   水色の雨/八神純子


「おいババァテメェいつの時代の人間だ」

「黒子……悪くはないんだけどなんか、ね……」

「名曲は時が経っても色褪せませんの! あとババアとか言った茶色いの覚悟しときなさいな!」

「茶色いの!?」

「俺はこの曲知らないなぁ」

「無理もないわよ……」
478 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:41:04.57 ID:vbAO9UA10


   『ああー♪ 水色の雨ー♪』


   『私の肩を抱いて♪ 包んで降り続くのー♪』


「うん。知らないけど、昔の曲なのは分かった」

「ババァやるじゃねぇか。で昔の曲を聴くとすぐに昔のって分かる現象はなんなんだろうな?」

「たしかに何故か分かるよな〜」

「御坂は知らねぇの? 常盤台だろ?」

「知らないわよ! 常盤台だってそんなの教えてるわけないでしょ」


   『ああー♪ 崩れてしまえ♪』


   『跡形もなく流されてゆく♪ 愛の形♪』


   『忘れてよ♪ 忘れてよ♪ 愛したことなど♪』


「ババァ声だからか妙に合ってるな」

それを聞いた白井が歌いながら鞄を垣根の頭上に空間移動する。
虚空に現れた鞄はそのまま重力に引かれ落下し、垣根の頭を打った。

「痛ってぇなババアァァァァァァ!!」
479 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:41:46.63 ID:vbAO9UA10


   『咎める言葉なら♪ 素直に聞けたわ♪』


   『微笑んでーいただけーの♪ 懐かしい日々♪』


   『ああー♪ 崩れてしまえ♪』


   『跡形もなく流されてゆく♪ 愛の形♪』


「わたくしの実力、お分かりいただけましたの?」

「ああ。ババァだけど上条よりは上手かったな。ババァだけど」

「大事なことじゃないので二回も言わなくていいんですの!!
というかわたくしはまだ中学生ですのよ!!」

「じゃあ次私がいくわよ」


   Time goes by/Every Little Thing


(なん…だと……?)

「ELTにTime goes by……流石は超能力者……分かってやがるじゃねえか」
480 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:42:19.48 ID:vbAO9UA10
「私この曲大好きなのよ〜。垣根も?」

「当然だ。疑いようのない名曲だからな」

「流石はお姉様。お上品な選曲ですわ」

「白井はなんであんなのにしたんだよ……」


   『Wow wow wow♪』


   『きっと きっと誰もが♪ 何かたーりないものを♪』


   『無理に♪ 期待しすぎて♪ 人を♪ 傷つけーている♪』


「すげぇな御坂……かなり上手いよ」

「これが第三位の実力か……」

「あぁ、お姉様の美声に黒子の胸はいっぱいですの!
ああお姉様、うっかりボイスレコーダーを忘れてしまった愚かな黒子をお許し下さいまし……」

(うわぁ)
481 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:43:03.06 ID:vbAO9UA10
   『kissをしたり♪ 抱き合ったり♪ 多分それでよーかったー♪』


   『信じあえーる喜びもー♪ 傷つけあーう悲しみもー♪』


   『いつかありーのままにー♪ 愛せるように♪ Time goes by……』


「これはいいものだ……」

「ELTだからな」

「垣根はELT好きなのか?」

「ELTだからな」

「垣根のキャラが崩れてきた……?」


   『安らぎーとかー♪ 真実ーとかー♪ いつも求めてーたけどー♪』


   『もう一度思い出ーしてー♪ あんなにも愛したーことー♪』


   『「アリガトウ」が言ーえるー時がくるーまで♪ Say good bye……』


「……ッ! ……ッ!」ビクンビクン

(うわぁ)
482 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:44:13.17 ID:vbAO9UA10
   『残されたー傷跡が消えた瞬間♪ 本当ーの優しさの意味が分かるよ♪ きっと♪』


   『過ぎた日に背を向けーずにー♪ ゆっくり時間(とき)を感ーじて♪』


   『いつかーまたー笑って♪ 会えるといいね♪ Time goes bye……』


   『Wow wow wow……』



「ふぅ……。素晴らしい歌声でしたの、お姉様」

「ちょっと待てババァ」

「でも本当に良かったよ、御坂」

「……ッ! フ、フン! これくらいどうってことないわよ!!」

「? なに怒ってるんだ、あいつ?」

「kissをしたり抱き合ったり、それで良かった」ボソボソ

「っなッ!!」

「会えば喧嘩してた、意地を張ればなおさら隙間広がるばかり」ボソボソ

「な、何よう! ただの歌詞じゃない!!」
483 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:45:08.25 ID:vbAO9UA10
「俺は別にただ歌詞を読んでるだけだし? 何だと思ったんだよ?」

「シラジラと……」

「もう一度思い出して あんなにも愛したこと」ボソボソ

「〜〜ッ!/// うるさいうるさーい!!」

「さて、次は俺だな」

「無視すんな!
……何よもう、垣根ぇ……」


   激動/UVERworld


「垣根……やはり分かってやがる!」

「UVERとは。中々できるようですわね」

「白井もこういうの分かるんだな。お嬢様学校だからそういうのに疎いのかと」
484 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:45:43.10 ID:vbAO9UA10
「この曲前奏長いのよね。失敗しろ垣根ーっ!」

(ここまで上条、ババァ、御坂……全員かなりハイレベルだった)

(焦るな俺、焦るな垣根帝督。落ち着けばなんてことはねえ。第二位の実力を見せてやるぜ!!)


   『研ぎ澄ますeyes♪ 聞き飽きたフレーズやー♪』


   『誰かのコピーじゃ満たされないんだよ♪』


   『末期のドス黒のベストプレイ♪ インザハウス♪』


「第一線のステージで♪ これっぽっちも負ける気がしねーな♪」

「アンタまで……ノリノリね」

「激動は上条さんの中で一番の名曲なのですよ」


   『所詮青のせかーいにー♪ 閉じ込められて笑う♪』


   『見えていたー物までー見失って僕らは♪』


   『思い出の海の中溺れてゆくのーにー♪』


   『『次のpassport♪』』
485 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:46:17.39 ID:vbAO9UA10
『上条テメェ入ってくんじゃねぇ!』

「落ち着きなさいな、みっともないですわよ。……―――間奏、終わるぞ」

「っていうかみんなもっと驚きなさいよ。
垣根、上手いなんてもんじゃないわよこれ」


   『拍車はかからーずーとも♪ 思いに移ろいはない♪』


   『必死で集め彷徨った空っぽのストーリー♪』


   『大切なー思ーい出も少し置いてゆこう♪ 全て背負ーったままじゃ渡るには重くてー♪』


「とんでもない歌唱力だな」

「さて、次は何を歌いましょうか」

「また古臭いのじゃないでしょうね」

「名曲は色褪せませんの!」


   『Round1♪ ダッセー位置から吠えてな♪』


   『そうしてまた出会った時にーはー♪ 少し色濃く抱きしめてーくれー♪』


   『上手く置いていけたら♪ 溺れないで♪ 捨てないで♪ また会ーえるからー♪』


「「Rebel one!!」」
486 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:46:54.49 ID:vbAO9UA10
「突然何叫んでんのよアンタら!?」


   『Rebel one♪ turning point♪』


「少し見直しましたわよ垣根さん。まさかここまでやろうとは……」

「ハッ、ババァとはレベルが違うんだよレベルが」

「なんか三人のテンションについていけないわ……」

「あー気分いいぜ。ここは俺が二連続でいくぜ!」

「お待ちなさいな! 次はわたくしですのよ!」

「うっせぇぇぇぇんだよババァァァ!!! カラオケナメンなァァァ!!」

「落ち着けよ二人とも。ここは間をとって上条さんが……」

「あ、私がもう入れちゃったわよ」

「「「はぁ!?」」」

「いつまでもゴチャゴチャやってるのが悪いのよ」
487 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:47:41.69 ID:vbAO9UA10


   明日への扉/IWiSH


「「「譲ろう」」」キリッ

(なんだ……一体なんなんだ、御坂のこの選曲センスは……ッ!!)

「なんつーか……綺麗な曲歌うんだな、御坂」

「お綺麗で美しくかつ凛々しいお姉様ですから。
その点、誰でも思いつくようなありふれた選曲をした貴方は通行人B、ということですわね」

「酷でぇ……」


   『光る汗♪ Tシャツ♪ 出会った恋♪ 誰よりも輝く君を見て♪』


   『占い雑誌♪ ふたつの星に♪ ふたりーの未来を重ねてみーるのー♪』


   『いつの間にか♪ 隙間空いた♪ 心ーがー満たーさーれてく♪』


   『見つめていたい♪ 微笑んでいたい♪』


「流石は常盤台の歌姫ですの……」

「そんな称号ないだろ……」
488 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:48:09.02 ID:vbAO9UA10
「次に歌うのは俺だからな!」

「あ、わたくしがもう入れてありますの」

(なん…だと……?)


   『傷つくことから逃げー出してー♪ いつもただ遠回りばーかり♪』


   『少し幅の♪ 違う足で♪ 一歩ずつ歩こうね♪』


   『耳元で聞こーえるー二人ーのメロディー♪ 溢れー出すー涙こらえて♪』


   『抑えきれない♪ この気持ちが♪ 二五時の空から♪ 光る滴として降り注いだー♪』


   『言葉が今♪ 時を越えて♪ 永遠を突ーき抜けるー♪』


   『たどり着いた♪ 二人の場所♪ 長すぎた旅のあと♪ 誓った愛を育てよう♪』


「久しぶりに思い切り歌うとスッキリするわね」

「カラオケはストレス解消にいいっていうしな」

「上条はよく来るのか?」

「上条さんには金が……」

「苦学生かよ」

「うるせい! 高位能力者にこの苦しみは分からんでしょうね!!」

「次は黒子? さて、一体何を入れて……」
489 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:48:41.55 ID:vbAO9UA10


   way to answer/fripSide


「流石の私でもこれは予想外だったわ」

「これ比較的最近の曲だよな? この間ファミレスで流れてたな」

「また俺は知らない曲だな。でも古臭い曲じゃないっぽいな」

「わたくしはオールラウンダーですのよ」


   『I can't look back anymore! "Time out" or "Endless maze"?♪』


   『何を信じて生きる?♪ 傷つくこと予想は出来ーてーいたつーもりーでもー♪』


   『日常を行き交う♪ 不安なささーやき♪ 吹き飛ばーしてー取り戻すのー♪ ...真実を!♪』


「なんだよ、やれば普通に出来るじゃねぇかババァ」

「なんかこの曲やたら身近に感じるのよね〜。うまく言えないけどさ。
なんか、私と関係があるような……」

「良い曲だな……」
490 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:49:20.37 ID:vbAO9UA10


   『守りーたーいなら立ち向ーかうだけー♪ 独りじゃない♪ 分かるでしょう?♪』


   『可能性に溢れる明日へー♪ きーみーと向かおう♪』


   『高鳴った鼓動が♪ 刻んだ誓いは♪ わたーしたーちをー繋ぐ絆ー♪ もう迷わない!♪』


   『間違いも♪ 正しさも♪ 自分の出す"答え"誇れーるものーだーからー♪』


「そういや昼飯どうするよ? もう一二時だぜ」

「カラオケは二時間で入れたから後一時間強……。
ここで食べればいいんじゃない?」

「うおおい! カラオケのメニューは割高なんだぞ!
上条家の財政をこれ以上圧迫する気か!」

「ならアンタは一人ここを出て食べる? それとも私たちが食べてるのを黙って見てる?」

「ふ、不幸だ……」

「ならさっさと注文しちまおうぜ」
491 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:49:58.18 ID:vbAO9UA10


   『Get and hold your solid faith!♪ Shoot now! Shout now! Ready go!♪』


   『譲れない♪ 夢がある♪ こーのー手で叶えーたい♪』


   『どんなー痛みも乗り越ーえられるー♪』


「……キングポテト、カレーうどん、鳥の唐揚げ、とろ〜りオムライス、マルゲリータピザをひとつずつ。
和風ハンバーグ、ライスをふたつずつでお願いします。……え? あぁ、はい。お願いします」

「ここってどれくらいで来る?」

「恐ろしく早いわよ。どんな方法を使ってるの分からないけど、初めて見た時はそれはそれはびっくりしたもんだわ。
いやマジでホント、怖くなるわよ」


   『あーのー笑顔がー今もー強さーをーくれーるからー♪』


   『I trust one light in my heart...♪ "way to answer"!♪』


「お待たせしました。キングポテトとカレーうどん、和風ハンバーグ二つにライス二つでございます」ガチャ

(こいつ……迅い!)
492 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:50:38.74 ID:vbAO9UA10
「ではごゆっくりどうぞ♪」

「危ねぇぇぇぇぇ! 分かってますの!? 歌ってる時に店員が入ってきた時の気まずさ、本当に分かってるんですの!?
そもそも後半ほとんど聞いてなかったですわね!!」

「ヒステリックは良くねぇぞババァ。お前の分も頼んでやったんだから感謝しろよ」

「すみませ〜ん、鳥の唐揚げ、とろ〜りオムライス、マルゲリータピザになります」ガチャ

「ほら黒子、このオムライスはアンタのだから食べなさい」

「ちょっと待て垣根ェ!!!」

「な……なんだよいきなり?」

「びっくりしましたの……」

「お前……その手に持ってるのは何だよ?」

「あん? レモンじゃねぇか」

「ふざけるなよ……」

「何なんだよお前さっきから」

「ふざけるなって言ってんだ!!
お前は自分のやろうとしてることが分かってるのかよ!?
唐揚げにレモンをかけるなんてのはな、本来の唐揚げの味を〜〜〜〜〜〜だ。
いいぜ。それでもまだお前がレモンをかけるっていうなら、まずはその幻想をぶち殺す!!」
493 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:51:25.52 ID:vbAO9UA10
「何言ってるか全然分かんないけど、もう唐揚げなくなったわよ」

「なん…だと……?」

「さっさとカレーうどん食えよ。冷めるぞ」

「お、おう」

「待ちなさい黒子! いつの間にかピザが半分くらいになってるじゃないの!」

「ふざけんなババァァァ!!」

「早い者勝ちですの!!」









「飯も食ったけど残り四〇分くらいか。なら後半戦開幕といこうじゃねぇか。
まずは俺からだ。俺の美声に酔いしれやぁぁぁ!!」


   STILL WAITING/Sum41


   『So am I still waiting for this world to stop hating♪』


   『Can’t find a good reason,can’t find hope to believe in♪』


「なんという歌唱力……英語まで行けるとはやるじゃねぇか垣根!」

「たしかにこの歌声は認めざるを得ないですわね」


   『This Can’t last forever time won’t make things better♪』


   『Can’t find a good reason,can’t find hope to believe♪』
494 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:51:56.97 ID:vbAO9UA10
「どうだ俺の十八番はァ!!」

「凄いわよ、うん。かなりマジで。でもずいぶん派手な歌詞ね。
流血だの戦争だの銃だの……」

「向こうの曲はそういうのが多いですわね。国家も過激ですから」

「え? お、おうそうだな、派手だったな!」

「お前が英語出来ねえのは分かったから無理すんな。
中学生にも劣る英語力なんだろ?」

「中学生って言ったって常盤台じゃねぇか!!」









   『白く果てなーく染められて♪ 君の影がーかき消されても♪』


   『僕はすぐにたどりーつける♪ 偽りなき思いがあるからー♪』


「おおー!!」

「やはり御坂はできる……ッ!」
495 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:52:26.23 ID:vbAO9UA10


   『男ならー♪ 誰かのたーめに強くなれ♪ 女もそうさー♪ 見てるだけじゃ始まーらーない♪』


「上条の野郎、また当たり障りの無い選曲を……」


   『chAngE!♪ 靡かない流されないよ♪ 今感じることに素直でいたいの♪』


   『誰かの思い通りにはさせないわ♪ chAngE!♪ 何度でも生まれ変わるよ♪ 悲しみを抱きしめて♪ 走り出そう♪』


「ババァ声の本気だと……!」

「これは黒子の十八番ね」


   『瞳をそらさなーいでー♪ うまく言葉にー出来ないけど♪ 胸の深く君を求めている♪』


「垣根さん、女性の歌にも対応できるんですのね……」

「もう歌手になりなさいよアンタ」
496 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/12(日) 19:53:37.82 ID:vbAO9UA10
投下終了
完全なカラオケ会でした。うん、話進んでないね
カラオケは台本形式のSSでやるべきだと実感しました
497 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/08/12(日) 20:18:07.81 ID:uyBkl4Gk0


こういう息抜き回もいいんでないの
498 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/12(日) 21:24:27.09 ID:yw+ZuX0DO

一方通行がカルマ歌うMAD思い出したわw
499 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/12(日) 23:18:16.68 ID:pLqRbOH/0
乙  章始まりは上条さんの出る日常パート回でしたか  平和はいいね
500 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/13(月) 01:28:49.71 ID:uhtm54NDO
494の美琴の歌何なの?
501 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/08/13(月) 04:44:40.62 ID:2yXSar5AO
ステイルの中の人がアップを始めたようです
502 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/15(水) 11:03:00.31 ID:d9Y8SsEP0
上条さんがいなくて寂しいインちゃんは今頃、自動書記化して学園都市を破壊してるだろう。よし!俺が宥めに行ってやろう。


垣根に同意だわ、光速の速さの電撃止めるとか、人間ちゃうやろ上条さん。確か、光速は音速の88万倍以上だよな。







えっ…
垣根\(^o^)/オワタ

503 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/16(木) 21:28:58.74 ID:4/PJeDeYo
日常パートもいいけどちょっとしつこい感じもしたな
504 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 16:12:38.70 ID:dmtcJOXa0
突然ですが投下します

>>500
fripsideのtrusty snowですね

>>503
それはカラオケパートがですか? それとも日常パート自体が?
後者ならすみませんが、日常パートはまだけっこう続きます
これからの展開的にそれなりの量の日常パートを入れる必要があるので……
でもしつこいと言うほど日常パート入れてないですよ……ね? まだカラオケしかやってませんし
505 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 16:15:27.66 ID:dmtcJOXa0









時間ギリギリまで使った四人は二時間ぶりに店外へと出ていた。

「二時間しか経ってないのにずいぶん久しぶりに外に出た気がするわね」

「それだけ楽しんでいたということですわね」

「俺も思いっきり歌ってすっきりしたぜ。垣根はキャラ崩壊しかけてたけどな」

「カラオケは人を自由にするのさ」

現在の時刻は午後一時三〇分。
まだまだ真昼間である。

「これは集合時間ミスった感がすごいな」

「あー……どうするよ?」

「とりあえず喫茶店でも行かない? そこで休憩がてら考えましょうよ」
506 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 16:16:51.31 ID:dmtcJOXa0




その喫茶店は壁がレンガ造りに見せるデザインが為されていて、どことなく古風な雰囲気のする店だった。
店内にはいくつも花が活けてあり、客はまばらに入っている。
壁にはファミレスにあるような大型のテレビが取り付けられていて、ニュースやらスポーツやらを店内へ流している。
四人は適当な席に座り、それぞれ飲み物のみを注文した。

「喫茶店って絶滅危惧種じゃねえのか? 学園都市じゃあまり見ないが」

「たしかに喫茶店の数は年々減少傾向にあるらしいですわね」

喫茶店が減っている理由についてははっきりしない。
単純にファストフード店やファミレスに押されたのだという意見。
コーヒーメイカーなどの進歩により自宅でも気軽に上質なコーヒーが飲めるようになったからだという意見。
時代の変化により、曲を聴きながらゆったりとコーヒーを飲む、という行為を楽しむ心のゆとりがもてなくなったからだ、という意見まである。
理由はどうあれ、喫茶店が減ってきているのは学園都市にあっても例外ではないらしかった。
507 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 16:17:55.54 ID:dmtcJOXa0

「でも『学舎の園』には結構あるわよね」

「『学舎の園』っていうとアレか、常盤台を始めとする四つのお嬢様学校が集まってるってやつ」

「お嬢様がたくさんいるところだからこそ喫茶店が残ってるんだろ。
喫茶店で優雅にお茶を飲むお嬢様……絵になるじゃねぇか。……御坂みたいな例外はあるけど」

「ぬわぁんですって〜?」

美琴は以前垣根を誤射した時から極力人間への能力の使用を控えている。
それは白井や上条に対しても同様だったのだが、ビリビリされないと分かると途端に上条の美琴に対する態度は強気なものへと変わったのだった。

「ババァも例外だろ」
508 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 16:27:08.30 ID:dmtcJOXa0
「貴方は朝からババァババァと……!
ロリコンなんですの貴方は!?」

「別にお前の年齢がババァだと言ってるわけじゃねえよ。
お前の声と趣味がババァだと言ってんだ」

「どっちにしろ納得できませんわよ!?
そもそもわたくしの名前は白井黒子ですの! ほら、リピートアフターミー!!」

「白井黒子」

「分かればよろしいんですの」

「長げぇから白黒子でいいか? つーかお前白いのか黒いのかハッキリしろよ」

「よくないですの! 白は余計なんですのよ!?」
509 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 16:27:40.59 ID:dmtcJOXa0
「だ、駄目だ、まだ笑うな……
こらえるんだ……し…しかし……」

必死に笑いをこらえる美琴。だが既に決壊寸前だ。
そこに垣根が止めを刺す。

「ならオセロでどうだ?」

「プッ」

「ブフゥ」

垣根の言葉を聞いた美琴が、そして上条が同時に思わず吹きだした。
中々斬新なあだ名である。
飲み物を口に含んでいた美琴は吹きだしたそれを綺麗に拭きながらもプルプルと震えている。
510 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 16:28:22.07 ID:dmtcJOXa0
「オセロって…オセロって……
あーはっはっはっは!! 駄目、もう無理!」

腹を抱えて爆笑する美琴。
するとそれにつられるように上条も爆笑しだす。

「笑ってんじゃねぇですのぉ!! 今すぐこれをアナタの体内に空間移動して差し上げてもよろしいんですのよ!?」

いつも太ももに装備している金属矢を二、三本取り出して上条へそれを投げる仕草をする。

「なんで俺だけ!?」

「最近気付いたが、上条といるとあらゆるマイナスがお前に向かうんだな。
喜べ上条。この上なく優秀な弾除けだぞお前」

「不幸だぁー!」
511 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 16:29:08.16 ID:dmtcJOXa0









「そういえば垣根って学校どこなの?」

美琴が注文したフレンチトーストに手をつけながら質問した。

「長点上機学園」

「マジかよ!? 長点上機といやぁ常盤台とも並ぶ超エリート校だろ?」

「長点上機ですの……大覇星祭の恨み、忘れておりませんわよ」

「ただし籍だけな」
512 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 16:44:39.25 ID:dmtcJOXa0
「えっ、どういうこと?」

「そのままだよ。籍だけは置いてあるけど通ってないんだ。
まぁ色々あってな。そこはあんまり聞かないでくれ」

「ふーん……」

長天上機と言えば上条の言うように常盤台と並び評される超名門校だ。
だが前者は高校、後者は中学校であることを考えると、異常なのはそれと張り合える常盤台の方かもしれない。
また、長天上機は能力でなくとも一芸が突出していればやっていける。だが常盤台は強能力者以上でなければ入学することは許されない。
こうすると長天上機の方がオープンな感じを受けるかもしれないが、実際はそうではない。
513 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 16:45:26.12 ID:dmtcJOXa0
長天上機は非常に殺伐としており、また徹底的な能力至上主義であるため、在籍する学生も自身の能力向上以外には一切目を向けないことが多い。
各教室もセキュリティロックが施され、徹底した防音対策のせいで基本的に物音一つしないのだ。
世界最大級のサーバーが置かれているという噂もあり、他にも何かと黒い噂の絶えない学校である。

一方常盤台は、その教育方針が『義務教育終了までに世界に通用する人材を育成する』ことであるがゆえに、能力だけでなく礼儀作法もしっかりと叩き込まれる。
派閥争いのような争いはここでも見られるのだが、やはりその教育方針ゆえか比較的オープンな校風である。
ちなみに能力開発においては長天上機は珍しい能力の開発に優れ、常盤台はポピュラーな能力の開発に優れるとされる。

ここで何となく会話が途切れ場が静かになったので、垣根は何気なくテレビのほうへ目をやった。
画面にはいくつもの報道内容が縦に羅列されており、アナウンサーが一つずつ詳しい内容を読み上げている。
学園都市のニュースは学園都市内だけでなく、当然全国のニュースも報道している。
514 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 16:46:08.35 ID:dmtcJOXa0
『一〇月九日の学園都市独立記念日に、第三学区の国際展示場で講演を行う予定だった一澤暁子氏が誘拐された事件の続報です―――……』

   『要求は一億円 小中学生ら十数名を人質に』

   『衆議院議員の枝先富夫氏が多額の賄賂を受け取る……』

   『台風一三号 勢力を保ったまま九州に上陸か』

   『五年に渡る執念の逃亡劇に終止符…… 溜麻蓮、ついに逮捕へ』

アナウンサーはさっきまで読んでいたニュースを読み終え、次のニュースの読み上げにかかった。
515 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 16:49:13.07 ID:dmtcJOXa0
『今朝の午前八時ころ、小中学生の登校用のバスがジャックされる事件が発生しました。
犯人は要求が飲まれなければ人質を一人ずつ射殺すると宣言しており、警備員は慎重な対応を―――……』

「ホント、学園都市に限らず事件は尽きないのな」

「特に学園都市では能力というものがあるので余計に、ですわね。
そのための風紀委員ですが」

「風紀委員……ね。暴走した能力者を鎮めるための能力者による組織。
違いは掃除する方が善か否か、か」

垣根の言葉の後半はほとんど呟きになっていて、三人には聞き取れなかったようだった。

「? どうした、垣根?」

「なんでもねえよ」
516 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 16:51:23.99 ID:dmtcJOXa0
風紀委員が非行に走った者を捕らえる『表』の治安維持機関であるように、『闇』にもそれに対応する組織は存在する。
それが『グループ』であり『スクール』であり『アイテム』。
正確にはこれらの暗部組織もひとつひとつ存在理由は違う。
だが、反乱分子の鎮圧であったり『表』へ害為す者の削除だったりと“治安維持”に従事している組織は少なくない。

しかし風紀委員と暗部組織では決定的な違いがあると垣根は考える。
前者は不当にその力をかざす者を正しい力の使い方で以って鎮圧する。
そしてその後捕らえられた者は正当な場で正当な処罰を受けることになる。

一方後者は暴力を振るう者をより強大な暴力で制圧する。血で血を洗うのだ。
制圧する側もされる側も悪党。
そしてこちらでは極一部の例外を除き制圧対象は全てその場で処刑される。
つまり風紀委員のすることを『逮捕』とするなら、暗部組織は『粛清』だ。
これに必要悪という面を見出す者もいるが、いずれにせよやっていることは人殺しに他ならない。


517 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 16:53:17.08 ID:dmtcJOXa0
「でも風紀委員っていっても大抵は地味な仕事ばっかりよね。
コンビニの前掃除したり、迷子を案内したり、落し物を探したり。
まぁそれも仕事だし大変なんだけどさ」

「なんだ、まるで実際に体験したみたいじゃないか」

「色々あってね。七月に一日風紀委員やったことあるのよ。
それまではもっとドンパチやるのを想像してたから、拍子抜けだったわよ」

「そういったものも蔑ろにせず、信頼を勝ち取っていくことが大切なんですわよ。
風紀委員は皆に頼られる存在でなくては―――っと、失礼しますわ」

そこで携帯が鳴り、白井は言葉を止め電話に出る。
518 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 17:07:17.83 ID:dmtcJOXa0
「……なんだよ、あの携帯? ただの棒にしか見えないぞ」

上条が美琴に耳打ちする。
美琴はアハハ、と乾いた笑みを浮かべて答えた。

「黒子の趣味なのよ。どんなに使いにくくても、近未来的なSF携帯がいいんですって」

「……分かりましたわ。それでその馬鹿共は―――何ですって?
丁度良いですわ。今わたくしはその銀行の目の前にいますから。では」

「何かあったの?」

「申し訳ありません。風紀委員の仕事が入ってしまったので、わたくしは行かなくては」

「……白井は風紀委員だったのか?」

「垣根は知らないよな。そうなんだよ」
519 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 17:07:53.25 ID:dmtcJOXa0
「それより事件でしょ? 私も手伝うわよ」

「お姉様、いつも注意しているようにこれは風紀委員の仕事ですの。ですからお姉様は……」

「銀行強盗、か。あそこだろ?」

垣根は座ってコーヒーを飲みながら窓越しに見える銀行を指差した。
その銀行は全てのシャッターが下りていて、まるで閉まっているかのようだった。

「なんで分かるんだよ?」

「バーカ。くるくるパーかお前は。
風紀委員が動いて銀行っつったら銀行強盗以外何があるよ。
それにこいつが『今目の前にいる』っつったろ。
ここから見える銀行は二つだが、あっちの方には普通に客が出入りしている」
520 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 17:09:50.71 ID:dmtcJOXa0
「うっ……な、ならなんで早く突入しないんだよ!? 急がないと……」

「馬鹿ね。中の犯人は人質をとってる可能性が高いわ。ヘタに刺激すると人質の命が危ないわよ」

「わたくしの空間移動なら中に入れますけど、中の状況がまるで分からないのに転移するのは危険すぎますわ」

「うぅ……」

三人から次々と駄目出しをされ、半ば本気で落ち込む上条。

「と言ってもこのまま放置するのもね。どうしたらいいかしら……」

三人が頭を悩ませていると、突然ドォォン!! という音をたて銀行のシャッターが内部から破壊された。
空いた穴から大きめの鞄を持った三人の男が現れる。
見れば、どう見ても学生の顔つきではない。
三人とも学園都市では数少ない大人だった。
521 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 17:11:02.61 ID:dmtcJOXa0
「どうやらあれこれ考える必要はなくなったようですわね。逃がしませんわ」

白井はレジに壱万円札をバン! と叩きつけた後、空間移動でその姿を消した。

「私たちも行きましょう!!」







三人がそこに着くのにかかった時間はせいぜい三〇秒程度だっただろう。
しかしその間に二人が既に白井の手によって無力化されていた。
追い詰められた最後の一人は一丁の拳銃を取り出し、店内にいる拘束された店員にその銃口を向けた。
522 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 17:12:15.19 ID:dmtcJOXa0
「動くな、動くなよ! 動いたらこいつらをぶっ殺すぞ!」

その言葉が聞こえたのか店内の店員や客たちから悲鳴が漏れる。

「クソッ、クソッ……! なんだって風紀委員がこんなに早く……!!」

「大人になってまで何をやっているんだか。歯、食いしばったほうがよろしくてよ?」

「えっ……!?」

男がその意味を測りかね、思考に一瞬ながら空白が生じた時を白井は逃さなかった。
自身の能力空間移動を再度発動させると、男の持っている拳銃に数本の金属矢が突如出現し銃身を貫く。
これで拳銃はもう使い物にならなくなった。

「なっ……」

そして男の意識がまた拳銃へ戻った時、突然伸びてきた上条当麻の拳により男は吹き飛ばされ、気を失った。
523 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 17:16:13.00 ID:dmtcJOXa0
「大丈夫か、白井!」

「どう見たら大丈夫じゃないように見えますの?
余計なお世話ですのよ」

「どういうこと?」

美琴が発した疑問の言葉に二人はそちらへ意識を向ける。
美琴は男たちが持っていた鞄をごそごそと漁っていた。

「どうかしましたの、お姉様?」

「ないのよ……」

「ないって、なにが」

「あいつらが奪ったであろうお金がないのよ!
銀行内の様子を見るに強奪は成功したはず。成功したから逃げようとしたんだろうし……
でもこのあいつらが持っていた鞄には一円たりとも入ってないのよ!」
524 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/18(土) 17:17:51.15 ID:dmtcJOXa0
「「まさか……!?」」

血相を変えた美琴と白井はどこかへ走り去っていってしまった。
慌てて追いかける上条。
白井が向かっていたのはその銀行にあった職員用の出入り口だった。
その近くから何を言っているのかは聞き取れないが男の声がする。

「やはり……! 風紀委員ですの! 大人しくお縄に…って……あら?」

白井が先ほど装着した風紀委員の腕章を見せながら入り口に駆け込んだが、そこには予想外の光景が広がっていた。
一組の男女が気を失っているのか倒れている。
その脇には大量の紙幣の詰まった鞄があり、無理やり詰め込んだであろう一部の紙幣が入りきらずに零れていた。
そして、そこに無事な姿で立っている一人の男。

「よう、ちょっと遅かったな」

それは垣根帝督だった。
525 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/08/18(土) 17:19:40.16 ID:dmtcJOXa0
今日はここまでです
気をつけないと上条さんがすぐ空気になるよ……
526 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/08/18(土) 17:37:32.44 ID:ScvD4TUP0

527 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/18(土) 18:02:13.67 ID:m2SVXuP5o


しつこいって言ったのはカラオケに関してだ
でも個人的な感想だから>>1の好きなようにやってくださいな
528 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/18(土) 18:30:04.92 ID:QAW2osuDO

上条さんがアホの子に…
いや、元々こんなだったか?
529 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/08/18(土) 19:17:12.43 ID:Ae3f4Dug0
垣根の運動神経って一般人と比べてどうなんだ?
一方通行は運動音痴
上条は能力防げるケンカならかなり強いらしい
美琴は運動神経はかなり良いらしいね
でも垣根は運動能力に関して説明される場面見たこと無いんだが、実際どうなんだ?
530 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/18(土) 19:35:50.85 ID:xEADYHtDO
レベル5勢なら
一方通行はモヤシ、だが木原くンの攻撃や上条さんに殴られまくっても耐えてたから意外と耐久力あり?

垣根は体格いいし初春の肩を外したし結構あると思う中学生の肩を片足で外すってのが凄いかどうか分からんが、運動神経悪いってことはないだろう

美琴は至近距離での原始崩しを全段回避したり、上条を一日中追い回したことから少なくとも女子中学生のレベルではない

麦野はレスラー

食蜂さんは女子中学生並

軍覇はあの身体能力は能力によるものだから、素でどれくらいかは分からない
だが間違いなくいいだろうなと思う
531 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/18(土) 20:13:36.17 ID:tPguevrDO
麦野はレスラーでふいたwww

>>1乙です
532 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/08/18(土) 20:30:57.15 ID:Z0iIQTS70
>>530
なるほど
でも軍覇はどっかで能力を攻撃に回しながら、ビルの壁を走ってたのを見たような気がするんだよな
533 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/18(土) 20:53:23.04 ID:xEADYHtDO
どっちも能力だろう
美琴が磁力操作と電撃を同時にやるようなものだ

534 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/18(土) 22:18:43.16 ID:cH6qUIvh0
日常パート乙! 飴はたっぷり甘くだ
535 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(栃木県) [sage]:2012/08/18(土) 23:45:50.63 ID:yxvV7Tr7o
>>1乙!!
536 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/19(日) 15:26:08.87 ID:OP+nQu190
>>530
むぎのんの身体能力集めた、コピペとかですまん。
たった一発ぶん殴るだけで浜面に吐き気を催させつつその腹を橋の欄干に食い込ませたり、地上数メートルはあると思われる橋の上から線路に飛び降りつつ地面に手を突き刺したり、浜面が限界になるほど走って逃げ続けたにもかかわらず平然として追ってきたり、爆発を受け吹っ飛んだ直後の浜面に追い付いて正確に耳の中にドライバーを差し込んだり、拳銃弾を何発も食らって立ち上がったり、女子高生とはいえそれなりの重さがあるであろう滝壺を片手で引きずった挙句投げ捨てたり、やっぱり3メートルの高さにある通路から金網の上へ、その金網の上から飛行機を格納できるくらいの広さのある最下層へ華麗に着地したり、蹴りの一発で浜面を数メートル宙に舞わせたり、その蹴りを7?8発も連続で放てたりするステキ具合。
多分、ていとくんと能力使わずにやったら、麦のんが勝ちそう…
537 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2012/08/19(日) 20:23:39.27 ID:UApmSFRjo
クソみたいな長文書くいてないで宿題やって寝ろ
538 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/19(日) 20:33:40.43 ID:ZSCM/2zLo
コピペって書いとるやないか
まあ無駄レスではあるけど
539 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:16:13.27 ID:/h7Do+830
よし、投下できるぜ!

>>536
おぉう……麦野マジレスラー
540 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:17:20.47 ID:/h7Do+830









「ご協力感謝いたしますわ」

四人は駆けつけてきた警備員に強盗犯たちの身柄を引き渡した後、再び先ほどの喫茶店へ戻っていた。
というのも、身柄の引渡しが済むとすぐに喫茶店の店長を名乗る男が白井にお釣りを渡したいと言ってきたからだ。
白井は「別に構わない」と言ったのだが、店長は「利用していない分の料金は受け取れない」と譲らなかったため戻ってきたのだった。

「別に。気まぐれだ気まぐれ」

「上条さんはいまだに事態が飲み込めていないのでせうが……」
541 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:18:08.56 ID:/h7Do+830
「囮、ですわよ」

白井がそう言うと美琴もそれに同調した。

「表から出てきた奴らは周りの目を引きつけるためのデコイ。
その間に仲間が奪った大金を持って裏口からトンズラって計画だったのよ」

「垣根さんはいつそれに気付きましたの?」

「奴ら三人がシャッターを吹き飛ばして出てきた時」

「最初からじゃねぇか!」

「どこで分かったの?」

「まずあいつらが学生じゃないのは一目で分かった。
まだ子供の学生ならいざ知らず、大の大人が銀行強盗を計画してるんだ。
よっぽどの馬鹿じゃなけりゃあんな派手な爆発を起こして注目を引くようなドジを踏むわけがねえ。
加えていかにも金が詰まってますと言わんばかりの必要以上にデカい鞄。
更にあいつらは逃走の足を何も用意してなかった。多分どこかで仲間に拾ってもらう計画だったんだろうな。
んで、裏口を確認してみるとすぐ近くにエンジンがかかったままの車が一台。
こりゃビンゴってことで金を運んできた二人をブッ飛ばしたってわけ」
542 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:18:44.05 ID:/h7Do+830
「ま、それにしたってお粗末が過ぎる計画だがな」と付け足して再び頼んだコーヒーに口をつける垣根。
説明を聞いた三人は唖然としていた。

「……お前、凄げぇんだな」

「ホントよ。ずいぶん聡いのね」

「……アナタ、風紀委員になりません? いや、割とマジでですの」

「せっかくのお誘いだけど遠慮させてもらうよ。
そういうの、ガラじゃねぇんだ」

暗部組織のリーダーが風紀委員とは何の冗談か。
白井はそれは残念ですの、と呟いてため息をつく。
本人の言った通り結構本気のスカウトだったらしい。
543 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:19:27.86 ID:/h7Do+830
「っつーかお前空間移動系能力者だったんだな。
空間移動系能力者ってかなりレアなんじゃなかったか?」

既に例の施設で見たため、知っていることだが初見のように振舞う。

「レアもレア。学園都市全域に五八人のみですの」

「たしか自分を飛ばせれば大能力者だったな。そうなるとお前は大能力者ってことか」

「そうですの。一度に複数の物体を飛ばせる空間移動能力者は五八人中一九人しかいないんですのよ」

フフン、と誇らしげに胸を張る白井。
自分の能力に自信を持っているようだった。
たしかに空間移動は防御不能かつ攻撃が回避を兼ねるという優秀な性能を持つ。
加えて風紀委員の訓練を受けている白井黒子を倒せる者はそう多くはないだろう。
544 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:20:21.14 ID:/h7Do+830
「まぁわたくしは今は飛距離八〇m、重量一三〇kgくらいが限界ですけど、数年後には超能力者になってるかもしれませんわよ?」

「無い胸を張るな。
それに数年後ってお前生きてんのか? その声じゃそろそろお迎えが来るころだろ」

「慎ましやかなバストと言っていただきたいですわね!
それと何度も申し上げている通り、わたくしはババァじゃありませんの! まだ中学生ですのよ!?」

美琴は何故か垣根の白井に対する「無い胸を張るな」に敏感に反応し、自らの胸を見下ろしため息をついている。
上条は恒例となりつつある垣根と白井の争いを「ははは……」と乾いた笑いを浮かべて見ていることしかできなかった。
更にヒートアップし能力まで使い始めたあの空間に入っていく勇気は上条には無かったようだ。

しばらくすると、白井は先ほどの事件の件で呼び出しを受け、先に帰っていった。
残された三人は喫茶店を出ると、美琴の提案で同じ第七学区にある本屋へと向かう。
545 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:22:02.00 ID:/h7Do+830


超大型書店『Water William』。
これは学園都市内部だけの書店でありながら、その大きさは日本一と言っても過言ではないレベルだ。
六階建てになっており、絵本から漫画、雑誌、小説に論文、外国の文献など何でもござれだ。
ここに来れば揃わないものはないという評判が立つほどで、学生はもちろん、大人や研究者まで幅広い層の人間に利用されている。
しかもここ、『世界一の品揃え』がモットーらしく、ないものは注文すればどんなに遅くても一週間以内には取り寄せて並べてしまうのだ。
もちろん、それが外国のものであっても例外ではない。
おまけにその際には、日本語訳されたものと原本どちらも取り寄せて並べてしまうというのだから恐れ入る。
ちなみにこれは全く関係ない話なのだが、ここの店長はガチムチな体で有名だという。

ともかく、三人はそんな凄い書店にいるのだった。
現在彼らがいるのは三階で、主に論文や文献など、学問的なものが並べられているフロアだ。
546 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:23:03.04 ID:/h7Do+830
「うへぇ〜……見てるだけで頭痛くなるな……」

「アンタの頭が空っぽだからでしょ」

しかし、実際上条でなくても頭が痛くなるような専門的なものばかりが置かれている。
今三人がいるのは世界史で出てくるような、そんな本ばかりが並べられているコーナーだった。
『神学大全』、『純粋理性批判』、『リヴァイアサン』、『人間悟性論』、『方法叙説』、『新オルガヌム』……
どれもそのタイトルを聞いたことこそあっても、普通なら目を通すことのないようなものだ。

「っつーか図書室で十分じゃねえの? 常盤台の図書室なんてどうせ馬鹿げたデカさなんだろ」

常盤台中学の図書室は垣根の言う通り尋常ではない大きさである。
二階構造になっており、隅から隅までビッチリと本が並べられていて、とても中学校の図書室とは思えない貯蔵量を誇る。
547 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:23:40.37 ID:/h7Do+830
「いつもならそうするんだけどね。タイミング悪く、貸し出し中だったのよ」

美琴が手に取った分厚い本を見つめながら上条が尋ねる。

「そんな本何に使うんだよ?」

「そりゃあ何ってナニに……うぉ!?」

ほんのりと顔を赤くした美琴に思いっきり足を踏まれる垣根。
中々に痛かったらしく、つま先を押えながらピョンピョンと跳び跳ねている。

「学校の課題で、レポート書かなきゃいけないのよ!」
548 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:24:39.47 ID:/h7Do+830
「学校の課題で、レポート書かなきゃいけないのよ!」

「どんな恐ろしいレポートだよ……」

「少なくともアンタは一生縁のないだろう内容よ」

「上条さんは縁なくてもいいと思います!」

「ほらアンタも。いつまで跳び回ってるのよ」

「誰のせいだよ……」

「アンタのせいでしょ……」
549 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:32:18.39 ID:/h7Do+830
何冊か手に取った美琴は、それをカゴへと入れる。
店内に置かれているカゴで、本屋やスーパー等でよく見るようなものだ。
カゴを持った上条と、垣根と美琴はレジへと向かう。
誰が言い出したわけでもないのに、自然と上条が荷物持ちになっている点も注目だ。

「そういや俺も欲しいもんあるんだけど、いいか?」

「なら買うもん全部入れてからまとめて会計しようぜ。面倒くせえし」

「別にいいけど。何が欲しいのよ?」

「ただの漫画だよ」

「予想通りの回答どうもありがとう」

「ここで『参考書だよ』とか言ってくれれば……」
550 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:33:50.45 ID:/h7Do+830
「上条さんに何を求めているのでせうか」

三人が喋りながら向かったのは一階だ。
このフロアには主に雑誌や漫画、ライトノベル、ゲーム攻略本などが置かれており、学生が多く集うフロアだ。
先ほどの三階のようなフロアは基本的に人が少ないのだが、ここは違う。
今日が休日だということも手伝って、やはり学生の姿が多く見られた。

「で、何買うんだ?」

「昨日発売した新巻を、な」

漫画コーナーには数え切れないほどの漫画がズラッと並べられている。
漫画というもの自体かなり種類のあるものだが、それにしたってここの店は異常だった。
551 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:34:41.73 ID:/h7Do+830
「ん、なになに……『期待の新作、盲目のシェナ』。なんだこりゃ?」

「あ、それ地雷だからやめたほうがいいわよ。私読んだけど、もう訳が分からないもの」

「ちなみにどんな話なんだ?」

「主人公はシェナっていう女子高生。生まれつき目が見えない。
色々あって、赤世っていう異世界の存在を知るんだけど、目の手術があったから行かず。
でも家は貧乏だから、お金が足りなかったシェナの父親は賭博に手を染めてしまう。
荒れてしまった父親が原因で、両親は離婚、一家はバラバラ。
シェナは深い心の傷を負ってしまい、専用の施設に入れられてしまう。
結局目の手術も受けられなかったんだけど、施設の先生から目に頼らず気を感じる方法を教わる。
いざ卒業試験って時、施設内で密室殺人事件が発生。シェナはたまたま居合わせた自称探偵と手を組んで……ってとこまで読んだわ」
552 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:35:15.13 ID:/h7Do+830
「何それカオス」

「常識が通用しねえ……」

赤世という異世界はどうしたのか。そもそもジャンルは何なのか。
何と言うか、突っ込みどころしかない話だった。
美琴がそこまで読んだことが驚きである。
普通ならもっと序盤で投げ出してしまうだろう。

「何が期待の新作だよ。駄作どころの騒ぎじゃねえだろ……」

「最新巻では胃の手術を行ったんだけど手術ミスがあって、訴訟を起こしたらしいわよ」

「いやもう意味分かんねえってマジで」
553 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:36:49.22 ID:/h7Do+830
「学園都市の外にはこれと似たような名前の有名作品があるらしいから、それはいつか読んでみたいわね」

「俺が買うのは普通の漫画ですよ?」

上条は買いたい漫画をカゴに入れ、今度は二階へと向かう……前に、

「ちょっと俺トイレ行ってくるわ。上条も来いよ」

「いや、俺は別に……」

「いいから来いよ」

「はい!」

何故かドスの聞いた声で繰り返され、言い知れぬ恐怖を感じたのか上条は大人しく従った。
554 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:37:40.69 ID:/h7Do+830
「御坂は四階で買い物しといてくれよ。後で金渡すからさ。
あれだ、『三日で分かる現代建築と中世建築』ってやつ」

「アンタ建築なんて興味あるの……?
いや、まぁいいけどさ」

「んじゃ頼んだぞー」

そう言うと垣根は上条の襟元を掴み、ズルズルと引き摺っていった。
しかしトイレには向かわず、本棚に隠れ美琴の視界から消える。
美琴が垣根からの頼まれ事を果たそうと動き出すと、垣根は上条を引っ張って後をつける。

「お、おい、何やってんだよ?」

「これは見なきゃ損だろ。御坂なら期待できるぜ」
555 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:38:38.86 ID:/h7Do+830
「何の話だ?」

「御坂に頼んだ『三日で分かる現代建築と中世建築』。
あれ一八禁コーナーの入り口にあるんだよ」

「鬼だ……」

垣根の頼んだ本は言った通り一八禁コーナーの入り口にある。
当然一八禁コーナーの入り口には垂れ幕がかけられているが、この書店はそれが隙間だらけなのだ。
つまり、本を取ろうと近づけば嫌でも中のピンク空間が視界に入ってしまうということだ。
耐性が一切ない美琴にはかなり難易度の高いミッションだろう。
そもそも人口のほとんどが学生であるこの街において一八禁コーナーが必要なのかは疑問だが、強い要望によって設置されたらしい。
学生には大学生も含まれる。それと二割の大人たちにはやはり必要だったようだ。
556 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:39:26.01 ID:/h7Do+830
「見失っちまう。急ぐぞ上条」

「ちょ、ちょっと待ってくれ……!」

何だかんだ言いながらしっかりとついてくる上条。
二人揃っていい性格している。

美琴を追って四階へやって来た二人。
決してバレないような位置へと移動し、ソッと美琴を覗き見る。
美琴はウロウロと歩き回っていた。
目当ての本がどこにあるか探しているのだろう。
そして少し経ってようやく見つけたようで、そちらへと歩いていく美琴の足が……不意にピタリと止まった。
557 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:40:03.10 ID:/h7Do+830
(気付いたか、御坂……
さあ、どうする? 近づかなければ本は取れないぜ?)

ニヤニヤしながら美琴の反応を楽しむ垣根。
やはり彼はサディストの気があるらしい。
美琴があまりにも良い反応するのが悪い、と彼は言う。

(…………)

一方、無言で穴があくほど凝視している上条。
この男は一体何を期待しているのだろうか。
558 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/21(火) 15:41:52.38 ID:/h7Do+830
投下終了
黒子って可愛いですよね
559 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/21(火) 15:46:00.35 ID:Z0fAq1kDO
糞スレ乙
560 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/21(火) 15:53:34.29 ID:Xcw8iPuPo
乙ー
黒子可愛いと思うよ
561 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2012/08/21(火) 16:58:00.66 ID:8fbZiqGa0

実際ピンク空間ってちら見しちゃうよね
562 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/21(火) 16:58:46.83 ID:tBYwBt9F0

垣黒スレとかないのかな
563 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2012/08/21(火) 17:02:04.36 ID:8fbZiqGa0

実際ピンク空間ってちら見しちゃうよね
564 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2012/08/21(火) 17:02:38.70 ID:8fbZiqGa0
連投スマン
565 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/21(火) 18:07:21.10 ID:9+HBzQHDO
>ちなみにこれは全く関係ない話なのだが、ここの店長はガチムチな体で有名だという。

つまり18禁コーナーはアッー!クアな本ばかり…
566 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/21(火) 19:19:53.20 ID:cYHGyDie0

女子中学生にアホないたずらすんなやw
567 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/21(火) 20:15:59.57 ID:a5ZWZqQuo
うむ。黒子は可愛い
可愛い
568 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/21(火) 20:16:51.60 ID:a5ZWZqQuo
ごめん。忘れてた

569 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/22(水) 19:47:19.50 ID:q4M69ba+0
美琴もかわいい
570 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/08/22(水) 22:28:15.95 ID:Jq4wySmDO
黒子可愛い
571 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/08/23(木) 02:21:40.21 ID:GTg3rrGl0
垣根わろた
572 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/08/23(木) 02:24:11.82 ID:GTg3rrGl0
573 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/08/23(木) 02:39:24.73 ID:9SeVlFCAO
>>572
上げんな…
574 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 16:48:33.75 ID:FB3Gv2890
黒子好きが意外といて嬉しい
まあ一番はミコっちゃんなんですけどね!
湾内さんも最近>>1の中で株価が急上昇しています

さて投下します
575 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 16:49:48.23 ID:FB3Gv2890
美琴はずっとオロオロしている。
意を決して進んだかと思えば、必ず途中で立ち止まってしまう。
離れていても彼女の顔が赤くなっているのが分かる。
周りから見れば彼女は完全に不審者だ。
もっとも、少し離れたところにそんな彼女を覗いている更なる不審者が二人いるのだが。

進んで止まって戻って、進んで止まって戻って。
そんなことを何度か繰り返していた美琴だが、ついに覚悟を決めたのか、大股でズンズンと本に近づいていく。
そして周りをキョロキョロと確認する美琴。
誰かに見られるのが嫌なのだろう。
一応確認しておくと、美琴が取ろうとしている本は『三日で分かる現代建築と中世建築』であって、決してアダルトなものではない。
よって、美琴に恥ずかしがるようなことは何もないのだが、純真すぎる彼女にはそれでもハードルが高いようだ。
576 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 16:50:37.24 ID:FB3Gv2890
しかし今、本は美琴の目の前にある。
手を伸ばせば届く距離だ。
これをとれば終わりだ。それで全て終わり。
深呼吸して、彼女は手を伸ばし、ついに―――終わらなかった。
彼女の指が本に触れるか、といったところで大きく一八禁コーナーの垂れ幕が開いた。
中から客が出てきたのだ。
学園都市では比較的珍しい大人だ。一八禁コーナーにいたのだから当然だが。

「ひゃ!?」

その男に気付いた美琴が反射的に奇妙な声を出してしまう。
ビクッ、と体を震わせ、伸ばしかけていた手を光速で引っ込める。
577 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 16:51:14.16 ID:FB3Gv2890
まるで悪戯しているところを目撃された子供のような反応だった。
男はそんなおかしな反応をしている美琴に目をやったが、すぐにどこかへ立ち去っていった。
手にアダルトなDVDを持って。
この人の名誉のため内容は伏せるが、その性癖を如実に表すものであった。
それを見てしまった美琴は顔がプシューとなっている。
顔の赤さも相まって、まさにゆでタコといった感じだった。


(GJ!! GJだぞオッサン!!)

そんな美琴を覗き続けている垣根は、心の中で全力のグッジョブを男に送っていた。
彼は本気で美琴の反応を楽しんでいた。
もはや完璧なセクハラである。
先ほどから何度も美琴からのメールや電話が来ているが、彼はその悉くを無視している。
578 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 16:51:51.49 ID:FB3Gv2890
(…………)

上条は何も言わず、やはり黙ったまま凝視し続けていた。
上条も垣根と同じく、美琴からの連絡を全て無視している。
本当にこの二人は何をやっているのだろうか。


せっかくの決意を男に粉々に打ち砕かれた美琴は意気消沈していた。
一度行くと決めたのに、それが挫かれるともう動けなかった。
それでも何度かトライしてはいたのだが、やはり途中で動きが止まってしまう。
一度いいところまで行ったのだが、今度は一八禁コーナーに入っていく人間によって阻止されてしまった。
そんなこんなでずっと足踏みしていた美琴だったが、突然その表情が明るくなった。
頭の上には豆電球が飛んでいるようにも見える。どうやら何か思いついたようだ。
579 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 16:52:44.48 ID:FB3Gv2890
彼女はスカートのポケットからゲームセンターで使われるようなコインを三枚ほど取り出した。
超電磁砲を使う際に彼女が好んで弾体とするものだ。
それを磁力を用いて浮かせ、目当ての本のページの間に滑り込ませる。
続けて滑り込ませたコインに再度磁力をかけ、手元へと引き寄せる。
するとコインに引っ張られ、本も一緒に手繰り寄せられた。
こうして彼女はようやく本を手にすることに成功したのである。

「よしっ!!」

思わずグッと拳を握り締め、勝利の余韻に浸る美琴。
一方それを見ていた垣根はワナワナと震えていた。

(俺が見たかったのはこれか? いや、断じて違う!
こんなことがあっていいのか? 許されるのか!? 否、許される訳がねえ!!)
580 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 16:53:13.90 ID:FB3Gv2890
「異議ありだ!!」

思わず叫ぶ垣根。
あたりにいた客たちが何事かと垣根たちの方を見つめる。
美琴もその声に気付いたようだが、それが垣根であるとまでは分かっていないらしい。
上条は垣根の服を引っ張り、小声で囁いた。

「おい、バレちまうぞ! 早く離れないと……」

「クソッ、これが世界の選択か……」

美琴が本をレジへ持っていった時には、垣根と上条は姿を消していた。
581 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 16:53:56.16 ID:FB3Gv2890









「いやー、悪いな。トイレ混んでてよ。な、上条」

「ああ。あんなに混んでるとはなー」

完全な棒読みで言い訳する二人。
一方、完全な羞恥プレイとなった美琴はプンプン怒っている。

「電話にも出ないしメールも返さないし、全く……
それに何なのよあの本は……」

「ん? 俺が頼んだのは『三日で分かる現代建築と中世建築』だったはずだが、何かおかしかったか?」
582 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 16:55:10.74 ID:FB3Gv2890
美琴、墓穴を掘る。
垣根の依頼自体には何も問題はないのだ。
ニヤニヤしながら白々しくそう言う垣根。

「な、なんでもないわよ!!」

プイ、と顔をそらす美琴。
美琴から本を受け取り、垣根は代金を渡す。
当然彼は建築になど興味はない。よってこの本も必要はない。
ただ美琴に羞恥プレイをさせるためだけに買わせたのだから。
この本は一度も開かれることもなく、どこかのゴミ箱に捨てられるのだろう。
ああ、世は無情である。

(あれの見学料が六八〇円なら安いもんだな。
結末は不本意だったが)

十分反応を堪能した垣根と上条はようやく美琴いじりをやめ、買い物へと戻った。
583 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 16:55:48.20 ID:FB3Gv2890


彼らは当初の目的通り二階へやって来ていた。
ここは主に受験用の参考書や赤本などが売られているフロアだ。
上条には全く無縁のフロアである。
さて、なのに何故上条がここへ行きたがっていたかというと、それは教科書を買うためである。

不幸の具現化である上条は、つい先日持ち前の不幸さで英語の教科書をなくしていた。
それも自宅内で。
学生寮であるためそう広くない室内。しかもリビングでなくしたのだ。
常識的に考えれば少し探せば見つかるはずである。
当然だ。狭い一室でなくなった物が、どこか遠くへ行ってしまうわけがないのだから。
だが、何とも不思議なことに、教科書はどこを探しても出てこなかった。
部屋の隅から隅まで、トイレや浴室まで探したのだが、見つからなかったのだ。
同居人である大食いシスターが食べたのかと考えてしまうほど完璧に行方不明だった。
そこで上条は発見を諦め、ここで新しく買おうと考えたわけだ。
584 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 16:57:36.45 ID:FB3Gv2890
教科書自体はあっさりと見つかり、会計を済ませたところで垣根と美琴が上条を呼んだ。
彼らは何冊かの参考書を手に取り、何事か話している。

「はいはい、一体なんでせう?」

「ほら、お前って馬鹿だろ?
留年しないためにも何か参考書の類も買ったほうがいいんじゃねえの?」

普通に酷いことをさらりと言った垣根が持っている本のタイトルは『無能力者でもよく分かる! 数学はじめる編』。
地雷臭しかしないタイトルである。

「上条さんには今さらですのことよ……
ま、でもありがとな、垣根」

「は?」

「一応心配してくれたんだろ?」

「……頭ん中メルヘンだなオイ」
585 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 16:58:15.22 ID:FB3Gv2890
「今さらなのは分かってるけど、少しでも努力しなさいよ。
補修受けたくないでしょ?」

美琴が持っているのは垣根のと同じシリーズのもので、タイトルは『無能力者じゃちょっとキツい!? 数学基本編』。
突っ込みどころの多いタイトルだ。
どうやらこのシリーズは全編こんな名前のようだ。

「無能力者じゃちょっとキツいって書いてあるじゃん。
上条さんは無能力者ですよ」

「っつか何だよそのタイトル……
別に無能力者でも数学は出来るだろうが……」

「このシリーズこんなのばっかりよ。ほら」

美琴が差し出した本を見てみると、『低能力者にピッタリ! 数学実践編』
『異能力者のあなたに! 数学応用編』『強能力者なら十分! 数学演習編』
『大能力者ならやる必要なし!? 数学挑戦編』。
586 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 16:59:10.02 ID:FB3Gv2890
「意味が分からん……」

「大能力者ならやる必要なしって売る気あんのか?」

「超能力者用はないのね……何故か残念だわ。」
そういやアンタ、苦手科目はなんなの?」

「英数国だな。後は理科か。社会もだな」

「全滅じゃねえか」

救いようのない男である。
主要五科目が全滅とは留年も夢ではないかもしれない。
特に彼は英語が酷く、いや他の科目も負けず劣らず酷いのだが、教師に「お前は一生一人鎖国してろ」とまで言われてしまうレベルである。
かつて携帯アプリの『らくらく英語トレーニング』をダウンロードし、英語の学習に取り組んだことがあった。
だが、そんな携帯アプリなんかで長続きするはずもなく、三日坊主で終わってしまっていたのだ。
587 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 16:59:38.53 ID:FB3Gv2890
「流石にそれは情けないわよ……
そうね、とりあえず英語だけでもやりなさい」

「なんで英語なんだ?」

「英語はこれからも役立つし、文型でも理系でも絶対使うからだろ」

「垣根正解。美琴センセーが教えてあげるから、アンタは単語ひたすら覚えなさい」

美琴は一冊の英単語帳を手に取り、さっさと会計してしまった。
美琴の買った単語帳は高校生、主に受験生に好評なものだ。
要するに、上条のために良質なものを選択したのである。

「はい、これ。私の奢りね。
代金代わりに必死にそれやること」
588 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:00:14.70 ID:FB3Gv2890
美琴は上条に単語帳を手渡し、そう言った。
上条当麻は律儀な男である。女の子に奢られるという行為を良しとしないだろう。
そこで美琴が考えたのが、この代償行為である。
代金代わりにそれをやれ。普通ならこんなことを言ってもあまり効果は見込めないだろうが、相手は上条である。
繰り返すが、彼は律儀な男である。多少言われていることがむちゃくちゃであろうと、応えようとするだろう。
それに彼は恋愛方面を除けば人の心が分からないような男ではない。
美琴が善意で助けてくれようとしている、と分かっているはずだ。
そしてこの予想は的中し、後に彼は必死に努力することとなる。

上条は結局素直に単語帳を受け取り、鞄へとしまった。

「ま、とりあえずこんなもんかな。
二人とも、他に何か買いたい物ある?」
589 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:01:10.67 ID:FB3Gv2890
美琴の問いに二人は首を横に振った。
意外と長時間ここにいたようで、時間を確認してみるとおよそ五時三〇分。
今から帰れば完全下校時刻丁度に帰宅、という時間だ。
三人は『Water William』を後にし、それぞれ解散した。
上条はスーパーの特売に行くといってどこかへ走り去っていった。
去り際に垣根に「美琴を送っていくように」と言い残したが。

途中まで、といってもほんの短い間だけだが帰り道が同じなこともあり、垣根と美琴は一緒に帰っていた。
二、三分ほど歩いたところで垣根が飲み物を買うと言って近くの自販機へと向かう。
すぐに戻ると言ったら美琴は「ここで待つ」と言っていた。

少し歩き、自販機まで辿り着いた垣根が小銭を入れようとしたところで、近くから話し声が聞こえてきた。
590 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:01:45.98 ID:FB3Gv2890
「なあ遊ぼうぜぇ〜。固いこと言ってないでよ」

「あ…あの、その……こ、困ります……」

「可愛いなぁすっかり固くなっちゃって。
俺の伝家の宝刀も固くなっちゃったよ〜ん」

「抜かずの名刀ってか? ギャハハハ!!」

「この子に鞘をとってもらおうかな〜ん」

「お前の鞘はとれないだろwwww」

「そんな……ッ! そんなことが許されるのか!?
俺が、この俺が! これから女子中学生とにゃんにゃんする俺が!
未だに包茎! こんなことって許されるのか!?」

「ひっ……!?」

「あーやっぱどうでもいいやそんなの。
この子の可愛さで俺の股間の斬馬刀がヤバイ」

「俺の性欲は五三万だ。しかも一枚服を脱がすごとに遥かにアップする。
今君が着ている服はブレザーにカーディガン、ワイシャツにスカート。
そして靴下に下着。……この意味が分かるな?」

「だっ、誰か……!!」
591 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:03:12.27 ID:FB3Gv2890
怯えきっている女の子と、それに絡んでいる三人のスキルアウト。
学園都市では大して珍しくもない光景だ。
いや、あそこまで頭がアレなスキルアウトは珍しいかもしれないが。
しかし見れば女の子は美琴と同じ常盤台の制服を着ている。
ということは確実にあの子は強能力者以上なのだが、抵抗している様子は見られない。

(戦闘には使えねえ能力なのか……
それとも人に能力は使えない、とか日和った考え方してんのか。
常盤台なんていうお嬢様学校ならあり得るのかもな)

垣根は知っている二人の常盤台生を思い浮かべる。
一人はいきなり雷撃をぶっ放してきたし、もう一人も空間移動でピュンピュン物を飛ばしてくる。
あの少女はそんな二人と違って、本当のお嬢様なのかもしれない。
592 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:04:14.06 ID:FB3Gv2890
ここで垣根には二つの選択肢があった。
見捨てるか、助けるか。
いつもの垣根なら、考えることもなく即断即決で前者を選ぶだろう。
あの子がこれからどうなろうと、自分には一切関係ない。よってどうでもいい。
そう考えるのが垣根帝督だ。

だから、この時の垣根はどうかしていたのだろう。
何を思ったか、見捨てないという血迷ったことを考えた垣根は明らかに普通ではない。
ただ何となく気が向いた。目の前で騒いでいる馬鹿共が鬱陶しい。
そんな理由で垣根は動いた。
いつもなら絶対取らないだろう行動を取ることにしたのだ。

垣根はスキルアウトの一人をいきなり殴り飛ばした。
不意をつかれたスキルアウトはそのまま倒れこみ、気絶した。
垣根に気付いた他の二人が彼を挟み込む。
593 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:05:21.47 ID:FB3Gv2890
「なんだぁテメェは? いきなり何してくれてんだコラァ!!」

「うっせえな。キャンキャン吠えるな鬱陶しい。
臭っせえ息撒き散らしてんじゃねえぞ。バイオハザードでも引き起こすつもりか」

「テメェ!! 生きて帰れると思うなよコラ!!」

「それは俺のセリフだ。ま、安心しろ、殺しゃしねえよ。
殺す価値もねえ、お前らみてえな三下にはな」

「ずいぶんデカい口叩くじゃねえか。
俺ら二人を相手に勝てるとでも思ってんのか?」

「アレか? スキルアウトじゃ長々と御託を並べるのが流行ってんのか?
いいから黙ってかかってこいよ三下が。少しでも俺に勝てると思うならな」
594 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:06:32.48 ID:FB3Gv2890
その言葉に激昂したスキルアウトが襲い掛かってくる。
一人が放ったパンチを後ろに跳んで回避し、空振ったその腕を左手で掴み思い切り手前へ引っ張る。
体重をこめたパンチをかわされ、前のめりになっていたところを引っ張られ、男はそのまま前方へ倒れ込む。
だが完全に倒れる前に、無防備に晒された男の頬を垣根が右の拳で思い切り殴り飛ばした。

早業だ。ほぼ一瞬の内にこれを繰り出し、男を無力化した垣根はもう一人へと意識を向ける。
仲間があっとう間にやられたのに驚いたのか、動きが見られなかったが、すぐに拳を握り締めて向かってきた。
男の繰り出したパンチが当たる直前に垣根はその長い足を使い、器用に足払いをかける。
漫画の一コマのように見事なまでに綺麗に倒れ込む男。
595 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:07:32.77 ID:FB3Gv2890
「足元がお留守だぜ、ってな」

倒れている男の腹を踏み潰すと、一瞬苦しそうな声をあげたがすぐに動かなくなった。
三人のスキルアウトは彼に能力を使わせることすら出来なかった。
垣根はその能力はもちろんだが、体術に関しても優れていた。
いかなる状況にも対処できるように、だ。
AIMジャマーやキャパシティダウンが使用されれば、能力は使い物にならなくなる可能性がある。
キャパシティダウンなら未元物質を使えば対処できるかもしれないが、確証はない。
体術だけではない。彼は銃器の扱いに関しても優れている。

「ったく、猿共が。話にもなりゃしねえ」
596 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:08:28.52 ID:FB3Gv2890
「あ、…あの……」

「ああ?」

スキルアウトに絡まれていた女の子がおずおすといった風に口を開いた。
スキルアウトだけでなく、それを一蹴した垣根に対しても少なからず恐怖にも似たものを覚えているようだ。

「あの……た、助けていただいてありがとうございます!」

ペコリ、と頭を下げる女の子。
それでも危ないところを救われたことに感謝の気持ちは感じていたようだ。

「あの、私の名前は湾内絹保といいます。
良かったらお礼を……」
597 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:08:56.37 ID:FB3Gv2890
「ああいいっていいって、そういうのは。
別にお前を助けたいと思ったわけじゃなく、あいつらが目障りだっただけだ。
目障りだからブッ飛ばした。そしたら結果的にお前が助かった。それだけだ」

そう言って背を向けて立ち去ろうとする垣根。
だがその背中に湾内は声をかける。

「ま、待ってください!
せめて、お名前を聞かせてください……」

垣根はゆっくりと首だけ動かして、答えた。

「垣根。垣根、帝督だ」
598 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:09:41.22 ID:FB3Gv2890




「お疲れ様」

その後、当初の予定通り自販機で飲み物を買って戻ってきた垣根にかけた美琴の第一声だった。
普通なら「何してたの」とか、「遅い!」とか言われそうなものだが……

「いつから見てやがったオマエ」

「アンタがスキルアウトをのしたあたりからかな」

ハァ、と大きなため息をつく垣根。
だったら美琴に任せればよかったのだ。
あんなガラにもないことをやった自分が急に馬鹿らしく思えてきた。
599 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:10:09.39 ID:FB3Gv2890

「ありがとね。湾内さんを助けてくれて」

「ん? 知り合いだったのか?」

「私の後輩で、黒子の友達よ。良い子なんだけど気が弱くてね」

「あれがお嬢様ってやつじゃねえのか? お前や白井が異常なんだよ」

「なんですって〜? 言ってくれるじゃない」

「だが事実だ」
600 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:11:37.21 ID:FB3Gv2890









垣根帝督が美琴と別れ自宅へ着いたのは一九時近くだった。
シャワーを浴びて、夕食を摂って。
水曜日と土曜日の週に二回、夜の二一時から二二時ごろに決まってそれはやってくる。
携帯が鳴る。

『非通知』

(……チッ)

『スクール』の制御役。
必ずこの日、この時間になると報告を催促する電話がかかってくるのだ。
垣根帝督はこの制御役が嫌いだ。それだけではない。
他の上層部の連中も、統括理事会も、そしてなにより統括理事長アレイスターが憎い。殺意さえ抱いている。
601 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:12:19.95 ID:FB3Gv2890
だから。
上層部からの連絡で気分が悪くなることは今までも多々あった。
しかし最近、いつになくこの連絡にイラだっていた。
垣根は自分でもその原因が分かっていない。
ただ何故か腹が立って仕方ない。
報告が終わるまでの間、こみ上げる怒りを押さえるのが大変なのだ。

何とか無事に報告を終えた垣根は携帯をベッドへ思い切り投げつける。
だが、息つく間もなく再び携帯が鳴る。
ベッドをドン、と拳で殴りつけ、相手を確認する。心理定規からだ。
それを見て一層不機嫌になる垣根。
心理定規からの着信など、彼にとってプラスになるはずがなかった。
602 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:13:03.99 ID:FB3Gv2890
「なんの用だクソ女」

『開口一番にそれ?
女の子に対しての言葉とは思えないわよ』

「……悪いが今の俺はお前のクソくっだらなえ戯言を笑って受け流せる状態じゃねえ」

『あらあら。それは大変ね。何があったのかしら?』






「―――……オマエ。死ぬか?」






垣根の声色がガラッと変わる。
彼以外誰もいない部屋に殺気が充満する。
普通の人間なら縮みあがって涙を流し命乞いするほどの。
暗部の人間であってもガタガタ震えてしまうほどの。
603 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:13:48.52 ID:FB3Gv2890
そんな殺気が、彼から発せられている。
目つきも鋭くなり、その視線だけで人を射殺せそうだ。
そしてその殺気は電話越しでも十分に伝わったのだろう。
心理定規は馬鹿ではない。引き際は心得ていた。
これ以上続ければ、垣根の逆鱗に触れてしまうことを理解していた。

『分かったわよ。私は超電磁砲がどんな人間だったのか聞きたかっただけ』

「なんでお前がそんなことを気にする」

『クローンのために命を捨てようとした超電磁砲。
超能力者の中で唯一まともな人格者だと言われる超電磁砲。
実際にどんな人間なのか、気になるじゃない?』
604 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:14:39.74 ID:FB3Gv2890
「お人好し。御坂もその知人もだが、究極のお人好し。
困ってる人間がいれば助けるし、他人を傷つけるくらいなら自分を傷つけるタイプ。
騙すより騙されろを地で行く奴だ」

『ふうん。噂通りなのね。……安心したわ』

「あ?」

『何でもないわ。あなたは今とても不機嫌なようだし、もう……
あ、最後に一つ聞きたいんだけど、私が電話する前制御役から連絡はあった?』

「あった」

冷淡な返事だった。

『そう。それじゃ私は』
605 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:15:07.13 ID:FB3Gv2890
垣根は何も言葉を発さず、心理定規が何か言い終わらぬうちに通話を切断した。
携帯を投げ捨てる。最近投げ捨てることが多くなっていた。
それは通話が終わった際、彼は必ず不機嫌になるからだ。
そして彼に電話をかけてくる者など、心理定規か『スクール』の制御役くらいのものだ。

(一体なんだってんだ。俺は何故こんなにもイラだっている? 俺は何に対してこんなにも怒りを覚えている?)

(一体、なんだってんだ―――)
606 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/26(日) 17:16:50.81 ID:FB3Gv2890
投下終了
次回投下からはシリアスパートに入ります

ストーリーの荒さが露呈されていくよ……
607 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 17:23:34.94 ID:ODdYlGgDO

スキルアウトェ…
608 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/08/26(日) 19:10:23.67 ID:ozCs/36AO
抜かずの宝刀wwwwww
609 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 20:17:59.81 ID:THiIQGev0

美琴ですらアレなんだし、湾内さんにはスキルアウトの会話のほとんどが理解できなかったに違いない  
610 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 20:54:44.91 ID:1+2HLm5b0
美琴イジリ最高です
ごちそうさまでした
611 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 21:44:05.16 ID:YnNABPDR0
美琴が可愛すぎて困る
乙でした!
612 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/08/26(日) 23:17:11.13 ID:XlJFTkig0
乙!
垣根△
613 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 18:12:39.88 ID:NHwmQa4W0
こんにちは
ではシリアスパート投下します

正直怖いけどね!
614 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 18:17:38.03 ID:NHwmQa4W0









一〇月一九日、午前一一時三〇分。
もうほとんど昼といっていいこの時間になってようやく、学園都市第一位の一方通行は目を覚ました。
ここは第七学区にあるマンション『ファミリーサイド』の一室で、教員兼警備員をやっている黄泉川愛穂の家だ。
一方通行と打ち止めは紆余曲折あってここに居候しているのだ。
最初は第一位の座を狙う輩に襲撃され、黄泉川たちに迷惑をかけるのでは、と考えたが幸いこれまでにそのようなことは起きていない。
615 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 18:24:33.24 ID:NHwmQa4W0
あくびを噛み殺し、ベッド脇にある杖をとって起き上がる一方通行。
杖の先にある昆虫のような四本の脚が器用に床をつかまえる。
この杖にはいくつかの細工が施されている。これもその一つで、歩行をより容易にするために重量感知センサーを取り付けてあった。
もっとも、この杖の仕掛けの本領は別にあるのだが。

一方通行が部屋を出てリビングに入ると、そこには家主である黄泉川はもう仕事でいなかったが、他に二人の女性がいた。
一人は女性と表現するには幼すぎる打ち止め。
もう一人は芳川桔梗。『絶対能力進化計画』にも携わっていた研究者だったが、今は職を失いここに居候している。
616 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 18:33:41.01 ID:NHwmQa4W0
「おはよーってミサカはミサカは寝ぼけてるアナタにダーイブ!!」

「朝から鬱陶しいからくっつくなクソガキ」

そう言って一方通行は飛びついてきた打ち止めに三連続の手刀を食らわせる。
しかし今は一一時三〇分。朝といえるかは疑問である。

「いたっ、痛い! なんで三回もチョップするのってミサカはミサカは……
っていうか朝じゃないよ! もう昼だよってミサカはミサカは訂正してみる!」

「あァはいそうですねェ俺が悪ゥござンしたァ」

「ムキーッ! 軽くあしらわれてる!! ってミサカはミサカは怒りを露にしてみたり!」
617 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 18:35:17.75 ID:NHwmQa4W0
頬を膨らませてプンプンしてる打ち止めを無視して芳川のほうに目を向けると、彼女は優雅なティータイムを堪能していた。

「おはよう、一方通行」

「おはようございますゥ。今日も変わらぬニートっぷりで何よりですねェ」

「ニートなんて人聞きの悪い。働く意思のある者は無職でもニートとは言わないのよ?」

「俺ァオマエが職探ししてる姿なンざ一回たりとも見たことねェがな」

「……ほら。わたしって甘いから」

「清々しいニート宣言だなオイ」

ハァ、とため息をついて洗面所に向かい、洗顔と歯磨きを済ませてからテーブルにつく。
テーブルには黄泉川が作った朝食がラップをかけて置いてあった。
618 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 18:36:16.61 ID:NHwmQa4W0
「……煮込みハンバーグ、か」

「煮込みハンバーグ、ね」

「煮込みハンバーグだねってミサカはミサカはよく分からないけど流れに乗ってみたり」

「なァ芳川。まさかこれも……」

「みなまで言わなくていいのよ。その通りよ」

「……そォかよ。黄泉川の野郎、とォとォこンな大技まで会得しやがったのか」

ここの家主である黄泉川愛穂の料理は美味い。
見た目も、匂いも、味も、何の問題もない。
619 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 18:36:59.37 ID:NHwmQa4W0
問題なのはその作り方であって、彼女は料理のほとんどを炊飯器で作ってしまうのだ。
彼女曰く「焼く、煮る、蒸すと何でもありの便利アイテム」らしいのだが、つまりこの煮込みハンバーグでさえも―――
一方通行が「大技」と表現した理由がこれだ。


「……食えなくはねェな」

もしこれがマズければ、このふざけた調理法について文句も言えるかもしれない。
だが普通に美味しいので彼らは結局強くは言えないのだった。
そもそも居候である彼らに、家主の出す料理に文句をつける権利があるのか疑問だが。
620 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 18:41:24.05 ID:NHwmQa4W0
「素直じゃないわね、相変わらず」

「この人の『食えなくはねェな』は美味しいって意味だからってミサカはミサカは通訳してみる!
素直になれないツンデレさんなのよってミサカはミ痛っ!!」

一方通行は打ち止めが喋り終わらぬ内にまたしても手刀を食らわせる。
ブーたれる打ち止めに芳川がふと思い出したように声をかける。

「そういえば打ち止め、今日調整あるの忘れてないわよね?」

「ちゃんと覚えてるよ! 昨日もそれ確認したじゃんってミサカはミサカは暗に子供扱いされた気がするんだけどー!」

「そォなのか? 聞いてねェぞ」

「本来はもうちょっと先だったんだけどね。打ち止めがネットワークの調子が悪いっていうから早まったのよ」

「はァ? そりゃどォいう意味だ」
621 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 18:43:07.95 ID:NHwmQa4W0
ミサカネットワークによる演算補助を受けている一方通行にとっても無視できない話だった。
そもそもミサカネットワークは同一の脳波パターンを持つ妹達が構築しているものである。
一方通行のつけているチョーカー型電極のように電子情報をやり取りしているわけではない。
ミサカネットワークはどれほど距離が離れていても繋がるし、チャフ等を用いてもジャミングは出来ない。
つまりミサカネットワークの不調とは本来ありえないことである。
それが起きたというならネットワークを統括制御する上位個体、打ち止めに注目するのは妥当である。

「うーん、調子が悪いってほどじゃないんだけどね。
最近たまにネットワークにノイズがかかったみたいな、何かに干渉されたようなおかしな感じがするのってミサカはミサカは告白してみたり。
でもね、たまにだしほんのちょっとで一瞬だけだからミサカの勘違いかもしれないのってミサカはミサカは追加報告してみる」
622 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 18:46:59.56 ID:NHwmQa4W0
「あァそいつは大いにありえるな。オマエだからな」

それを聞いてまたしても怒り始める打ち止めを無視して芳川に質問する。

「調整とやらは何時だ?」

「もう出なくてはいけないわね」

芳川はテーブルの上にある小型の電波時計を確認して答えた。

「ンで? 誰がこのガキ連れて行くンだ? まさか一人で行かせるわけじゃねェンだろ」

「それはもちろん愛穂が……」

「黄泉川は仕事だろ」
623 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 18:49:06.16 ID:NHwmQa4W0
「……」

「なンでそこで自分が行くって言えないンですかねェ!?」

「……ほら。わたしって甘いから」

「それを聞くのは二度目だクソッタレ。それ言えば許されると勘違いしてねェか?」

芳川はニート、というのは半ば冗談で言っていた一方通行だったが、もしかしたら本物なのかも知れないと思った。
とはいえ彼も就職して働いているわけではないし、付き添いに率先して立候補するタイプではないのであまり人の事は言えなかったりする。

「しょォがねェ。俺が行く」

「え? あなたが来てくれるのってミサカはミサカは大はしゃぎ!」
624 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 18:51:04.57 ID:NHwmQa4W0
ソファに座ったまま足をバタバタさせてはしゃぐ打ち止め。
一方通行は冷蔵庫から取り出した缶コーヒーを飲みながら言った。

「勘違いしてンじゃねェよ。チョーカーの様子がおかしいからあのカエル野郎に用があるだけだ。
オマエはあくまでついでだ」

あっという間にコーヒーを飲み終わるとそのまま玄関に向かう。慌てて後を追う打ち止め。

「わっ、ちょっと待ってーってミサカはミサカは金魚のフンのようについて行ってみたりー!」

「いってらっしゃい、二人とも」

一歩も動かずまだティータイムを満喫している芳川に対して、一方通行は「帰ってくるまでにハリーワークにでも行っとけ」と言って玄関のドアを閉めた。

「それにしても……チョーカーの様子がおかしい、ね」

芳川はお茶を一口飲んで笑った。

「心配性なのね、怖い顔して」
625 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 18:54:38.47 ID:NHwmQa4W0









「それで、あのガキはどォなンだ」

一方通行は冥土帰しの病院にいた。
打ち止めがミサカネットワークの不調を訴えている件について話を聞いていたのだ。
一方通行が言っていた「チョーカーの様子が変」というのはただの嘘。
本人の言っていた通り勘違いの可能性もあるだろうが、何故か打ち止めの話が気になって仕方なかった。
それに、ミサカネットワークによる演算補助を受けている自分にも無関係な話ではない。
626 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 18:55:42.58 ID:NHwmQa4W0
「ふむ。調べてみたところ、たしかにミサカネットワークが何かに干渉された痕跡が見つかったね?」

冥土帰しは座っている回転式の椅子を回し、机から一方通行へと向き直った。

「ほんの僅かな痕跡だったから大変だったよ。
打ち止めがこれに気付いてくれたのは奇跡と言っていいかもしれないね?」

「気付いてなければこのまま見過ごされてたってことか」

「いや、いずれにせよ打ち止めや他の妹達の調整の時に僕が気付いたと思うけどね?
だけどおかげで早期発見できた」

「打ち止め及び妹達への影響は?」

「それは今のところ問題ない。これからは分からないけどね?」
627 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 18:56:46.84 ID:NHwmQa4W0
それと、と冥土帰しは前置きして、

「先ほど僕は『干渉』という言葉を使ったけどそれは正確ではないね?
あれは本来ミサカネットワークの外にある者が無理にアクセスしようとした……という風に感じたよ」

「失敗したってことか?」

「打ち止めは最近違和感を感じると言っていただろう?
つまりアクセスを試みたのは一回だけではないんだね」

「……どォいうことだ?」
628 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 18:58:25.66 ID:NHwmQa4W0
ミサカネットワークは同一の脳波パターンを有している妹達だからこそ構築できたもので、異なる脳波パターンを持つ者が侵入することは出来ない。
一方通行の演算を妹達に補助させた際には、冥土返しは間に双方の波長を合わせる変換機を噛ませることでこの問題をクリアした。
とはいえ、それでも一方通行がミサカネットワークにアクセス出来るようになったわけではない。
あくまで一方通行のチョーカー型デバイスは彼自身の演算に一万人もの妹達の演算をプラスし、彼にフィードバックするためのもの。
これによって得られる恩恵は歩行能力や言語能力、時間制限ありの超能力のみだ。
ミサカネットワークを介して妹達が出来ること―――意思の疎通や記憶、経験の共有など―――が一方通行にも出来るようになったわけではない。
アクセスするための変換機を作ることが出来れば可能になるかもしれないが、少なくとも一方通行はそんな変換機を知らなかった。
629 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 18:59:47.12 ID:NHwmQa4W0
だが一方通行はある一人の人物の存在を思い出した。
ミサカネットワークへの侵入を唯一可能とするだろう、少女を。

(オリジナル……第三位の超能力者。
全ての妹達の母体であるオリジナルならアクセスできるかもしれねェ。
それにオリジナルは最強の電撃使い(エレクトロマスター)。やってやれないことはないはずだが……
だが、それでは……)

「オリジナル……超電磁砲なら出来るンじゃねェか?」

一方通行は一つの疑問を抱きながらも冥土帰しに質問した。
他の可能性が思いつかなかったからである。
630 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 19:00:45.96 ID:NHwmQa4W0
「たしかに彼女ならアクセスできてもおかしくない。
妹達の脳波パターンとはつまり彼女の脳波パターンだからね?
しかし、仮に彼女だとしてアクセスしようとした理由が分からない。
それに侵入者は侵入した形跡の隠滅まで図っている」

一方通行も同じ疑問を持っていた。
御坂美琴がミサカネットワークにアクセスしたとしても得られるものは多くはない。
僅かに得られるものも『表』に暮らしている彼女には必要のないものばかりだ。
何らかの理由によってアクセスする必要性が生まれたとしても、彼女は妹達の誰かに許可をとるはずだ。
631 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 19:05:30.63 ID:NHwmQa4W0
一方通行は美琴の人となりをよく知っている。
妹達のために命すらなげうとうとした彼女が、何の断りもなくネットワークに介入するとは思えなかった。
どんな害が出ないとも限らないのだ。しかもそれによってダメージを受けるのはおそらく妹達の脳。
美琴がそんな危険を冒すはずがない。
もし許可をとっていればそれはミサカネットワークを介し打ち止めにも伝わっているはず。
しかし打ち止めはそんなことは一言も言っていなかった。
そもそも、美琴がミサカネットワークの存在を知っているかどうかすら分からない。

「オリジナルじゃねェとなると、どこかのクソがアクセスできるようにするデバイスを作ったってことか?」

「まぁそうなるね? ただしそれが誰か、その目的までは分からないけどね?」

「チッ。……まァいい。
妹達に害がないならとりあえずはそれでいい」

そう言うと一方通行は立ち上がり、杖をついてカツカツという音をたて部屋を出て行った。

「邪魔したな」
632 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 19:07:01.22 ID:NHwmQa4W0






「……一方通行」

一人だけになった部屋で冥土帰しはポツリとつぶやいた。
実は一方通行には話していない可能性が一つあった。

冥土帰しは窓から空を見上げた。
文句なしの快晴で、数羽の鳥が空を飛びまわっていた。
彼は窓のないビルがある方角に視線を向ける。

(これはただの予想だ。根拠なんてない。
でももしそうなら……アレイスター。君は―――)

冥土帰しの表情からは、感情を読み取ることは出来なかった。
633 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/08/28(火) 19:08:48.21 ID:NHwmQa4W0
今日はここまで
こんな風に、シリアスパートは空気だった第一位さんに担当してもらいます
これからはしばらく美琴と垣根は登場しなくなります
634 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/28(火) 20:01:20.13 ID:i/BMGFiDO
635 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/28(火) 23:25:40.33 ID:ymAlWUIFo
乙です
どうなっちゃうんだこれ…
636 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/08/29(水) 00:01:27.64 ID:2fAbhvRf0
乙〜
637 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:07:52.18 ID:Yxuein120
>>1です。投下開始します
638 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:09:46.70 ID:Yxuein120






「ただいまー! ってミサカはミサカはちゃんと挨拶できる良い子!」

「おー。遅かったじゃん打ち止め、一方通行」

「……文句はこのガキに言ってくれ」

打ち止めの調整が終わった後、一方通行はすぐに帰ろうとしたのだが打ち止めの「あ、あのクレープ食べたい」発言から始まり。
アイスだの服屋だのに付きあわされ、一方通行自身が空腹になってしまったのでファミレスで昼食をとり。
その後も打ち止めの思いつき発言に散々振り回された結果、この時間の帰宅となってしまったのだった。
現在時刻は六時三〇分。
完全下校時刻を過ぎているが超能力者である一方通行がついているからか、今はプライベートな時間だからか、黄泉川は責めることはしなかった。
639 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:10:50.93 ID:Yxuein120
バタバタと慌しく靴を脱ぎ、黄泉川に飛びつく打ち止め。

「ただいまヨミカワー!」

それを優しく受け止める黄泉川。
浮かべている暖かい表情はまるで子を迎える母親のそれであり、傍から見れば完全な親子である。
とはいっても顔は似ていないが。
そこにカツカツと近づいてきた一方通行は大きな母性の塊に顔を埋める打ち止めを引き剥がし、ピッと玄関を指差す。

「靴はちゃンと揃えろ。いつも言ってるだろォが」

「うう〜。ごめんなさい。つい忘れちゃうのってミサカはミサカは言い訳してみるんだけど……」
640 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:11:34.33 ID:Yxuein120
ウルウルと瞳に涙を湛えてジッと一方通行を見つめる打ち止め。
だが一方通行の表情は変わらず、もう一度玄関を指差すと諦めたのか大人しくトボトボと歩き出した。
一方通行は妙なところで真面目だったりする男なのである。

「あっはっはっはー! お前はいい父親になりそうじゃん?」

「それは勘弁願いたいなァ。ガキのお守りはもう腹一杯だ」

「とかなんとか言って、本当はお前も楽しんでるんじゃないのか?
こんな時間まで打ち止めに付き合ってたんだからな」

「……チッ」

降参、といった風に顔を背ける。
基本的に彼は黄泉川には勝てないのだ。
学園都市第一位という最強の座に君臨しているが、力とは違う何かによって彼は敗北する。
641 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:12:51.16 ID:Yxuein120
「っつゥかオイ、黄泉川。朝の煮込みハンバーグ。ありゃなンだ」

「何って……煮込みハンバーグじゃんよ」

何を当然のことを、といった表情で答える黄泉川。

「炊飯器で作ったンだろ。どこでそンな技会得しやがった」

「……? 素材入れてスイッチを押すだけじゃん?」

「……いや、もォいい。俺が間違ってた」

頭を振ってため息をつく一方通行。
もはや黄泉川の技術は何かの能力なのではと本気で思う。
普通に料理を作っている全ての人の頑張りが馬鹿みたいではないか。
642 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:13:37.53 ID:Yxuein120
「あらお帰りなさい。遅かったのね」

リビングに入るとそこにはティータイムを満喫している芳川がいた。
激しくデジャヴを感じる。
何だろう、見たことがあるとかそんなレベルじゃなくすごく最近に、具体的に言うと八時間前くらいに見た気がする。

「オマエ、朝からずっとそうしてたンじゃねェだろォな?」

「流石にそれはないわ。安心なさい一方通行」

「で? ハリーワークには行ったのかよ?」

「愚問ね」

「そォだな。愚問だったな」
643 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:14:15.96 ID:Yxuein120
答えは分かりきっていたのに聞かずにはいられなかった一方通行。
しかしこれでは本格的なニートである。いつか「働いたら負けだと思ってる」をリアルに言いだしかねない。

「オイ黄泉川。この腐れニート処分しなくていいのかよ」

「んー。まあ働いてくれたほうがいいけど、なんだかんだ私も今の生活気に入ってるじゃん」

「……オマエがそンなだからこォなンだよ」

「でもでも、ヨシカワがいなくなっちゃったらやだー! ってミサカはミサカは唐突に登場してみる!」

「ふふ。安心しなさい、わたしはどこにも行かないわよ」

「パラサイト宣言もらいましたァ」
644 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:14:49.54 ID:Yxuein120









「そォいや今日はずいぶんと早いお帰りだったじゃねェか。サボッって来たのか?」

夕食の時間。
グツグツと音をたてているすき焼きの鍋から肉のみを狙ってとりながら一方通行は黄泉川に尋ねた。
一方通行と打ち止めが帰宅したのは六時三〇分。
この時間に黄泉川がもう帰ってきているというのは中々珍しいことだった。
645 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:16:10.90 ID:Yxuein120
「それはないじゃんよ。特になにがあったってわけでもないけど、今日はたまたま早くに帰れただけじゃん」

「待ちなさい一方通行。さっきから肉ばかりとって、わたしの分はどうなるの」

「ハッ、ニートに肉にありつく権利は存在しねェ!」

言いながら二人は箸を器用に動かし激しい肉争奪戦を繰り広げていた。
一方通行が一枚の肉に箸をのばすと芳川がその肉を奪い取る。
芳川が肉をとれば一方通行が芳川の箸を叩き肉を手放させる。
二人にとってこれはもはや戦争だった。
方や肉食の超偏食男に、方やニートだ。
646 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:16:52.69 ID:Yxuein120
一方通行が痺れを切らし、首に取り付けられているチョーカーのスイッチを入れようとする。
このスイッチを切り替えれば、その瞬間から一方通行はただの無能力者から核の直撃を受けても傷一つつかない最強へと変貌する。
しかしそれを見た黄泉川が、

「ちょ、ちょっと待つじゃんよ。肉ならまだたくさんあるからお前らちょっと落ち着け。
一方通行もそんなことで能力使おうとするなじゃん」

「……チッ。ほらよ」

落ち着きを取り戻した一方通行が、先ほどから肉を獲得できずにいじけていた打ち止めの皿に肉を取り分けてやる。
それを見た打ち止めが満面の笑みを浮かべて礼を述べると、一方通行は目を逸らし「……オゥ」とだけ呟いた。
647 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:17:41.88 ID:Yxuein120
「こうなればもはやわたしを止める者はいないわ。ここからはわたし無双ね」

「オマエマジでなンなの? 馬鹿なの? 死ぬの? むしろ俺が死なせてやろォか」

「桔梗もいい加減にするじゃん」

黄泉川にバシッ、と頭を叩かれた芳川の目に涙を浮かべ「痛たぁ〜い、ってヨシカワはヨシカワは……」という姿に一方通行は本気で殺意を覚えたという。
648 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:18:13.45 ID:Yxuein120









その日の夜、三人が寝静まったころ。
一方通行はベランダに出て夜風に当たっていた。

(少し寒ィな)

もう一〇月も後半。
僅かに吹く風は一方通行の体温を確実に奪っていく。
だが同時に頭も冷えて冷静に考えられる気がした。
一方通行が考えているのは件の『侵入者』についてだ。
ミサカネットワークにアクセスしているらしい侵入者。
それはやはりオリジナルの御坂美琴ではない、と一方通行は思う。
649 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:19:34.12 ID:Yxuein120
(あの善性の塊みてェな奴が妹達に負担をかけるような真似をするはずがねェ。
となると、やはり専用のデバイスを作ったということになるか。つまりイカれた研究者共が一枚噛んでやがるな)

そんな変換機を研究者でもない者に作れるはずがない。
しかもミサカネットワーク接続用デバイスを作れたということは犯人は妹達の存在を知っているマッドサイエンティスト。
上層部が絡んでいるとなると一筋縄では行きそうになかった。

(だが何故、ミサカネットワークに侵入を?)

それについてはいくつかの仮説があるが、やはりどれも推測の域を出ない。
現段階ではあまりにも情報が不足しすぎている。
650 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:21:58.39 ID:Yxuein120
(まだ手持ちのカードが足りなさ過ぎる。
結局分かったのはどォやらオリジナルじゃないことは間違いなさそォってことだけか)

御坂美琴といえば一方通行には気になっていることがあった。
以前『アイテム』との一件以来、彼女はどうしているのか。
もう普通の暮らしに戻っているのだろうが、何となく確証が欲しかった。
一度気になってしまうと中々落ち着かない。
どうしても確認をとりたくなった一方通行は携帯を取り出し、電話をかける。
三コール、四コール……五コール目に入るかといったところで相手が応えた。
651 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:23:38.75 ID:Yxuein120
『何の用だ。仕事はないぞ』

大変不本意だが、聞けば誰だか即答できる程度に聞きなれた声が流れる。
土御門元春。『グループ』のブレインだ。

「違げェよ。聞きたいことがあってな。
でなけりゃ誰が好き好ンでオマエなンざに連絡するってェンだ無能力者」

『どちらにせよ時間を考えて欲しいな。……で? 聞きたいことっていうのは?』

「超電磁砲はどうしてる」

『……なぁ〜るほどにゃー。
ずっと気になってたのかにゃー? その顔で似合わないぜい』
652 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:25:07.03 ID:Yxuein120
突然口調がおどけたものへと変わる。
仕事時とそうでない時で使い分けているようだが、この喋り方をされると一方通行は激しくイラッとする。

「その馬鹿口調は止めろ。そンでさっさと質問に答えろよ。
それとも体に聞いてやろォか?」

『そうカッカするな。心配しなくても第三位は無事だ。
いつもの日常に帰っているさ』

またもや口調を変えた土御門の言葉を聞いて一方通行は息をつく。
僅かに白くなった息が風に流され煙のように霧散していく。

「そォか。ならそれでいい」

『あの研究所の焼け跡からは死体は一つも出てこなかった。
第四位もな。お前が会ったという第二位か、上層部が「回収」したのか。
いずれにせよ、「アイテム」は事実上の壊滅だ。それはつまり超電磁砲を狙う者もいなくなったということだ』
653 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:25:53.21 ID:Yxuein120
「……」

『……』

携帯越しの二人の間に沈黙が流れる。
それを先に破ったのは土御門だった。

『……一方通行。お前は彼女を―――』

「分かった。俺が聞きたかったのはそれだけだ」

一方通行は土御門が喋り終わらぬ内に言葉を被せ、強引に会話を終了させた。
まるでそれ以上聞きたくはない、といった風に。
土御門も何か察したようで、それ以上追求してくることはなかった。
654 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:26:32.65 ID:Yxuein120
『……そうか。ならいい。じゃあな』

一方通行が答える間もなくそこで通話は切断された。
携帯をポケットにしまい、再び息をつく。
分かっている。土御門に言われるまでもなく、分かっている、つもりだ。

(……オリジナルとのことは、いつまでもそのままにはしておけねェよな。
分かってる。一番俺が分かってる。俺は恐れてる。
怖いンだ。オリジナルと対峙する、その時が)

絶対能力。妹達。打ち止め。絶対能力進化計画。超能力者量産計画。
一方通行と美琴の間にある問題は複雑で、そして深すぎる。
655 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:27:14.85 ID:Yxuein120
今までも一方通行を責め立てる者は何人もいた。
「お前みたいな悪党に救いはない」「散々人を殺したくせに」。
こんな言葉は飽きるほどに聞かされた。
だがそうやって非難した者はその悉くが悪党だった。
その悉くが人殺しだった。その悉くが部外者だった。

しかし彼女は、御坂美琴は違う。
彼女は善人で、その手は血塗られておらず綺麗なままだ。
妹を一万人以上殺された姉と、妹を一万人以上殺した殺戮者。

(だからっていつまでも逃げてはいられねェ。
いずれは、必ず―――)
656 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:27:48.41 ID:Yxuein120
ベランダから外の景色を眺める。
景色といっても今は深夜なので夜景というべきか。
いたるところがネオンでライトアップされ、幻想的な光景を創り出す。

科学の街、学園都市。

『表』と『闇』の温度差は非常に激しいが、こうして見れば非常に美しい街だ。
ここはマンションの一三階。街の遠くまで広範囲に渡って見渡せる。
この光景のどこかに彼女はいる。

一方通行は部屋の中へと戻っていく。
彼の体は完全に冷え切ってしまっていた。
657 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:29:06.11 ID:Yxuein120









それから二日後。
一方通行は完全に精神的にノックアウトされていた。
自室のベッドに身を沈め、盛大にため息をつく。

(っつゥかよォ、情報なさ過ぎンだろォが。
どォしろってェンだコラ)
658 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:29:45.49 ID:Yxuein120
彼が優先したのは美琴の問題ではなく侵入者の方だった。
無論、前者についてもいずれケリをつける。だが後者はタイムリミットがあるかもしれないのだ。
冥土帰しが言っていた通り、今は妹達に影響はないがこれからどうなるかは分からない。
従って一方通行は侵入者を見つけ出すべく行動を始めたのだが……
何をすればいいか全く分からなかった。
当然である。彼が持っている情報は何者かがミサカネットワークに侵入している、科学者が関わっている、ということだけなのだから。
659 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:30:29.27 ID:Yxuein120
学園都市上層部が絡んでいることは間違いない。
そこで一方通行は第一位の頭脳を活かし、クラッキングを試みた。
相当に深いところまで探りを入れた。
だが出てくるのは彼にとってどうでもいい情報ばかり。それにしたって機密レベルは最高クラスのものばかりなのだが。
どうやら彼の求めている情報は最上位機密らしく、どうやっても出てはこなかった。
上に顔のきく土御門を頼るという選択肢もあったが、即座に却下した。
『グループ』とは仲良しチームなどではなく、利害でのみ繋がるドライな関係だ。
これは一方通行の個人的な問題であるし、かなり危ないところまで入り込んで何も出てこなかったのだから土御門が知り得る情報が進展をもたらすとは思えなかった。
660 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:31:17.94 ID:Yxuein120
もう一つ、芳川桔梗に意見を求めるという選択肢。
芳川はあれでいて優秀な科学者だ。
『絶対能力進化計画』にも関わり、何より妹達の最終ロットである最終信号(ラストオーダー)に関する知識を持っている。
だが一方通行はこれも却下した。

理由は二つ。
まず単純に芳川では何も分からないだろうからだ。
『闇』に精通し高い技術力を持ち、妹達についても詳細なデータを知る冥土帰しに分からなかったのだ。
関係者とはいえ一研究員に過ぎなかった彼女にはどうしようもないだろう。
そしてもう一つ。
芳川をこの一件に巻き込みたくなかったからである。
一方通行は憎まれ口ばかり叩いてはいるが、しっかりと守るべき対象に彼女も入れているのだ。
661 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:32:34.86 ID:Yxuein120
しかしこうなるともう何をすればいいか分からなかった。
とっかかりとなる情報すらないのだ。
そこで一方通行がとった行動が『絶対能力進化計画』時の研究所を回る、というものだった。
『実験』時にそのほとんどが美琴によって破壊されたが、一基だけ破壊されていない。
そしてその後『実験』を行う研究所は、引継ぎ先として計一八三施設にまで拡大した。
これらのほとんどは破壊されず、『実験』が中止になった今も使われてはいないが、建物は残っている。

とはいえ、一方通行はこの行動に意味があるとは最初から思っていない。
『実験』中止後は露見するとまずいデータは全て隠蔽・消去したはずだ。
仮にデータが残っていたとしても、それが侵入者を発見する手がかりになるとは到底思えなかった。
『絶対能力進化計画』と今回の件には何の関係もないはずである。
662 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:33:11.82 ID:Yxuein120

(だが他に当てが……というよりやることがねェンだよなァ。
とりあえず今日の分は消化しとくか。それ以降は何か考えねェとマズイな)

一方通行は二日前から施設回りを行っているが、予想通りというべきか収穫はゼロだ。
今日の分は消化する、と決めたからにはすぐ行動。
ベッドの脇にある杖をとり家を出る。
向かうは同じ第七学区にある研究所跡。
663 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:33:53.70 ID:Yxuein120







施設回りを行っているとはいえ、二〇〇近くもある研究所を片っ端から見て回っているわけではない。
回っているのは現在一方通行が住んでいる第七学区内にあるものだけだ。

前述の通り、一方通行はこの行動に意味を見出していない。
いうなればこれは、次の一手を考えるまでの猶予期間のようなものだ。
664 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:34:24.34 ID:Yxuein120
今一方通行は目的の施設、バイオ医研細胞研究所の中にいた。
かつて『絶対能力進化計画』を裏で行い、表向きには細胞の研究所を装っていた施設。
やはり放置されて時間が経っているせいであたりは埃だらけだった。
少し歩くだけで埃が舞い上がり、肺に悪そうなところだ。
制御室のような部屋にたどり着いた彼はそこにあるコンピュータを立ち上げる。
物音ひとつしない静かな空間にキーボードをカタカタと叩く音だけが響く。
しかし三〇秒もすると一方通行はコンピュータの電源を落として部屋から出て行ってしまった。

(やァっぱりなンもねェな。当たり前だけどよ。
しかしマジでこれからどォする。どう動けば―――……)
665 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:35:23.45 ID:Yxuein120
一方通行の体が突然固まる。
彼の赤い瞳はある一点に固定されていた。
それは床にある足跡だ。
この施設は埃がずいぶんたまっているため、ただ歩くだけで新雪の上を通ったかのように足跡が残る。
彼が来た方向を見ると床に残っているのは一方通行の足跡と杖の小さな跡。
しかし逆方向へと伸びる通路に残っている足跡は間違いなく彼のものではない。
その道を通ってはいないのだから。しかもその足跡はまだ真新しい。
それが意味するところは一つ。
666 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:35:51.56 ID:Yxuein120
誰かが、いる。
この足跡を辿った先に。

しばらく固まっていた一方通行だったが、やがてまたゆっくりと歩き出した。
何者かの残した足跡を追うように。
全神経を研ぎ澄ませて警戒を怠らない。
誰だか知らないが、今さらこんな廃棄された研究所に用があるとは思えない。
敵の目的は自分である可能性がある、と一方通行は考えていた。
理由は、とか居場所を知った方法は、とかそういうことは一切彼は考えない。
この先にその答えを持っている者がいるのだから、そいつに“質問”すればいいだけだ。
667 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:37:05.46 ID:Yxuein120
いつどこから襲撃を受けても対応できるように警戒を続けながら進む。
すると自然、歩くスピードは遅くなる。
本来かかる時間の数倍もの時間をかけ、辿り着いた先は会議室。
足跡はこの中に消えている。
息を整えた後、扉を開けた直後の襲撃に備えるためチョーカーを能力使用モードへ切り替える。
これで何をブチ込まれようと一方通行には傷どころか塵一つつかない。

一方通行はバンッ!! と一気にドアを蹴破る。
そこに待っていたのは銃弾の嵐でも、グレネードでも、武装した兵でもなかった。
668 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:38:03.60 ID:Yxuein120
少女。高校生程度の年だろう。
制服姿で、頭にはカチューシャをつけて髪を後ろへ流している。
缶コーヒーを飲んでいるその少女は、突然入ってきた一方通行に驚きもせずに落ち着いた声で言った。

「全く。ドアは静かに開けて欲しいけど。埃が舞うだろ。
私も女の子だし、少しは気を使って欲しいものだけど」

「オマエは……」

「ようこそ第一位、一方通行。正直結構待ったけど」
669 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/01(土) 23:40:58.22 ID:Yxuein120
怪しげな人が登場したところで終了

シリアスパートに入るからしばらく垣根と美琴は出ないと言ったな、あれは嘘だ
見直してみたら意外とシリアスパート短かったです
おそらく後三、四回の投下でシリアスパートは終わります……多分

それが終われば最後……かもしれない?日常パートへ戻ります
670 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/01(土) 23:49:24.55 ID:2lA6i0ZDO

ヘソ出しカチューシャさんキタ!
671 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/01(土) 23:55:09.93 ID:wkW1w0gq0
おお意外な人が出てきた
乙 今回も面白かった  続きも期待してます 
672 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/02(日) 00:10:11.43 ID:4fHtsK0So
ハリーワーク……
間違っちゃいないかwwwwww
673 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/02(日) 02:30:48.10 ID:LxBlo+PJ0
今回次回予告というものをやってみたり
ええ、天使同盟のパクリです
674 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/02(日) 02:55:13.96 ID:LxBlo+PJ0


「テメェみてェな豚とよろしくする気はサラサラねェよ。丸焼きにしてやろォか」
学園都市最強の超能力者――― 一方通行(アクセラレータ)




「もうあんな悲劇を生み出させはしない。絶対だ」
統括理事会のブレイン―――雲川芹亜




「統括理事会の一人であるというだけではああいう悲劇を止めるには足りなかったのだ」
統括理事会の一員―――貝積継敏
675 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/02(日) 03:03:28.71 ID:LxBlo+PJ0
訂正
一方通行のは

「オマエみてェな豚とよろしくする気はサラサラねェよ。丸焼きにしてやろォか」
学園都市最強の超能力者――― 一方通行(アクセラレータ)

ですね
676 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/02(日) 03:24:35.55 ID:xtwVsmPgo
乙!天使同盟ェ
やっぱ予告いいね。次回が気になってくる。出来れば続けてくれ
677 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/02(日) 04:27:39.68 ID:u+7pngx10
ヨッシー可愛い
678 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/02(日) 15:21:49.04 ID:hiBnJc/DO
ヨッシーって芳川か?
可愛いか?ww
ニートだぞ
679 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/02(日) 21:48:45.39 ID:u+7pngx10
>>678
テメェは俺を怒らした。可愛いだろうが主に声が!
言っとくがおっさんではない
680 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/02(日) 21:52:44.95 ID:hiBnJc/DO
BBAはちょっと……
681 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/02(日) 22:16:49.78 ID:4fHtsK0So
ちょっとうるさいです
682 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/07(金) 23:41:50.02 ID:AXIcdSbE0
さてさて、投下しますぜ
あ、>>1個人的には雑談は歓迎ですよ
683 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/07(金) 23:56:55.94 ID:AXIcdSbE0
その会議室にはUの字型の大きな机が置かれていた。
いかにも会議室といった風な部屋の中に、明らかな異物が一人。
第一位と分かっている男を前にのんびりとコーヒーを飲んでいる少女。
一方通行はバッテリー節約のため一旦電極を通常モードに戻し、持参していた拳銃を抜く。

「オマエは誰だ」

拳銃を突きつけられても少女は全く動じない。
何でもないことのように、淡々と答えた。

「雲川芹亜。統括理事会のブレインだけど」

「何だと?」

一方通行の表情が変わる。
彼は統括理事会に良い印象を持っていない。
いや、暗部の人間で良い印象を持っている者など一人たりともいないだろう。
684 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/07(金) 23:57:38.23 ID:AXIcdSbE0
「そンなビチクソの集合体が俺になンの用だ。返答次第ではオマエを弾く」

脅し、ではないだろう。
学園都市最強はそれを躊躇わない程度には人を殺し慣れている。

「たしかに、統括理事会は腐れ外道の集まりだけど。
だが真面目に働いているのにそいつらと同列に扱われている善人がいるのもまた事実だけど」

「……質問に答えてねェな。俺は何の用だって聞いてンだよ。
たしかにそンな哀れな奴もいるのかもしれねェが、今は関係ねェ」

「関係ないことはないけど」
685 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/07(金) 23:59:04.73 ID:AXIcdSbE0
そういうと雲川は机の上に置いてある携帯端末を一方通行へと向ける。
そのモニターに映っているのは男の顔。
それなりの年を数えているように見える。

『統括理事会の一人、貝積継敏だ。よろしく、一方通行』

「……オマエみてェな豚とよろしくする気はサラサラねェよ。丸焼きにしてやろォか」

『やれやれ。ずいぶんと警戒心が強いな。まぁ第一位に対して統括理事会を信じろというほうが無理な注文か』

「一方通行。さっきも言ったように、統括理事会にも極少数ながら善人は存在するけど。
こいつはその一人だ」
686 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/07(金) 23:59:52.96 ID:AXIcdSbE0
「ンな寝言みてェな言葉は信用できねェ。
統括理事会だと。オマエらがやって来たことを考えてからその汚ねェ口を開け」

統括理事会は学園都市の最上部だ。
学園都市で行われる非合法な研究・実験には全て統括理事会が絡んでいるといっていい。
それは『量産型超能力者』であっても『絶対能力進化計画』であってもそうだ。
こんな狂った実験にGOサインを出すような連中を信じられるわけがない。

『そう。あの「実験」のことは残念だった。申し訳ないとおもっている』

「アァ?」

突然訳のわからないことを言い出した貝積に一方通行が訝しげな声をあげる。
687 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:10:18.62 ID:QwkuR3+w0
「『絶対能力進化計画』」

「……ッ」

「私はあの『実験』を知っていた。二万人ものクローンを使い潰す狂気の実験。
私はあれを止めようとした。止められるものなら止めたかったけど」

そう言う雲川の拳は強く握り締められ、軽く震えていた。

「私には出来なかった。止められる悲劇は止めたいと思うけど。
止められない悲劇は止められない。私の力はそんな程度だった訳だけど」

『統括理事会の一人というだけではああいう悲劇を止めるには足りなかったのだ。
すまない、一方通行。私が『実験』を止められていたら、君は……』
688 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:11:40.20 ID:QwkuR3+w0
「愉快な勘違いしてンじゃねェぞ豚が。
たしかにあの『実験』はネジの外れたモンだった。
それを強力に推し進めた統括理事会と、絶対能力なンてモンに取り付かれた研究者共は一〇〇回死ンでも足りねェくらいのクソだが」

そしてそれは自分も同様に。
だが、と区切ってから彼は続けた。

「あの『実験』に参加を決めたのは俺だ。
誰に強制されたわけでもねェ。俺は俺の意思で『実験』を受諾し、俺の意思でアイツらを殺し続けた」

「君ならそう言うと思ったけど。
だが私が力及ばずあの悲劇を食い止められなかったのは事実だけど。
その結果君も、超電磁砲も、妹達も傷つけることになってしまった訳だけど」
689 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:14:03.63 ID:QwkuR3+w0
雲川は語気を強めて言った。

「あの悲劇は止められなかった。だが今回は違う。
もうあんな悲劇を生み出させはしない。絶対だ」

そう言う雲川の目は強い意思の力に満ちていた。
いつもの否定する独特の語尾も入っていない。
彼女の本心からの言葉だった。誓いと言ってもいい。

「いつもの私なら利益にならない行動はとらないけど。
これは事情が違う。統括理事会のブレインとして、というより雲川芹亜個人のリベンジマッチ。
幸い貝積も協力してくれるようだしな」

「ちょっと待て。
何の話をしてやがンだ。今回は違うってェのはどォいう意味だ。
まさか『絶対能力進化計画』でも再開させよォってンのか?」
690 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:15:04.82 ID:QwkuR3+w0
『そういうわけではないさ。今君が追っている件についてだ』

「ミサカネットワークへの侵入者」

貝積と雲川の言葉に眉をピクッとさせる一方通行。
もし二人がこれに関する情報を持っているならどんなものでも欲しかった。
今、彼に欠けているものは決定的に情報なのだから。

「何故それを知っている。答えてもらおォか」

「なに。あのカエル顔の医者に聞いただけだけど。
私たちはあの医者に借りがあってな。その対価として依頼されたのだけど。
まぁ頼まれなくともやっていたがな」
691 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:16:35.34 ID:QwkuR3+w0
『君は今情報不足で苦しんでいる。そこで我々の知る限りの情報を教えよう』

「代償は?」

「普段の私なら相応の対価を要求するところだけど。
今回は何もなしだけど。言っただろう? これは私個人のリベンジマッチだと。
強いて言うなら確実に計画を叩き潰す事だ」

「……」

無言で雲川を睨みつける一方通行。
たしかに情報は喉から手がでるほど欲しい。
だが同時に二人を信用できないのも事実だった。
692 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:17:11.64 ID:QwkuR3+w0
統括理事会の一人とそのブレイン。とても信用できる相手ではない。
どんな奇麗事を並べられても、それを鵜呑みにできるほど一方通行は正直者ではなかった。
そして、これだけ疑われるのが当然と言えるほどのことを統括理事会は行ってきている。

『やはり信じられないか?
ならこう考えるといい。君は私たちを利用するのだ。
私たちは勝手に君に情報を渡す。その真偽や使い方は君自身が決めればいい。
君にとって私たちは体のいい情報源だ』

「……聞いてやろォじゃねェか。
ただし、その後オマエらの指図は受けねェぞ」

『それで構わない』
693 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:18:00.25 ID:QwkuR3+w0
「さて、この話は私からするけど。
ミサカネットワークへの侵入者。単刀直入に言うがこれは妹達だ」

雲川がサラリと述べた真実。
だが一方通行は驚くでもなく否定するでもなく、ただ疑問を感じていた。
雲川の言は続いた。

「“ミサカネットワークにアクセスできるのが妹達だけだというなら、侵入者も妹達だと考えるのは妥当だろう”?」

「どォいうことだ。ミサカネットワークは妹達間で構築されている。
妹達なら侵入なンて形には間違ってもならねェはずだ。
何せ正規の方法でアクセスすりゃいいだけだからな」
694 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:18:28.60 ID:QwkuR3+w0
「たしかにその通りだけど。侵入者はその輪の外にいる妹達だけど」

「何を言ってやがンだ。ミサカネットワークには二〇〇〇一人全てが繋がっているハズだ。
そンな例外なンざいるわけが―――……ッ!?」

思わず息を飲む。
一方通行は気付いてしまった。
否定したい可能性に。決して認めたくない可能性に。

「ま、さか……」

一方通行の言うように、ミサカネットワークに繋がっていない妹達など存在しない。
既に死んでしまった妹達とて生前は繋がっていたのだ。
しかしそれがいるというなら、それは―――
695 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:21:02.98 ID:QwkuR3+w0








  サ ー ド シ ー ズ ン
「“第 三 次 製 造 計 画”」







696 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:23:12.17 ID:QwkuR3+w0









  サ ー ド シ ー ズ ン
「“第 三 次 製 造 計 画”」








697 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:23:51.61 ID:QwkuR3+w0
雲川の口から発せられた単語。
これが侵入者の正体だった。

「妹達でありながら、現行の妹達の輪の外にいる者たち。
私たちの調べたところによると、第三次製造計画の妹達のスペックは従来のものとは比べ物にならんらしい。
おそらくは第三次独自のネットワークを構築するだろうし、そうなれば第三次に全てで劣る今の妹達は『処分』されてもおかしくないと思うけど」

「……ゃがったのか」

一方通行は血が出るほど強く拳を握り締めた。
体が震える。頭が沸騰しそうだ。
彼はその怒りを抑えることなく、ぶちまけた。
698 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:24:53.79 ID:QwkuR3+w0
「作りやがったのか、また!
クソ共のクソっぷりを甘く見てた!!
また勝手に妹達を生み出して、前のは用済みですってか!?
フッッザケンじゃねェぞォォォォ!!!」

以前のデータを元に、より良いものを作り出す。
それはまるで植物か何かの品種改良。
妹達はただのものとしてしか扱われていない。
その品種改良に成功したならば、旧式のものはもはや必要ない。
それを平然と行っているのが、この学園都市上層部なのだ。
もしこれを御坂美琴が、上条当麻が聞いたら一方通行と同じく怒り狂うだろう。
699 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:25:27.72 ID:QwkuR3+w0
彼は絶叫し、近くにあった椅子を思い切り蹴り倒す。
どうしようもないほどの怒りがこみ上げる。
頭がおかしくなってしまいそうだった。
今目の前に首謀者がいたら自我を保っていられるかすら分からない。
その様子を見た雲川はニヤッと笑う。

「君ならそういう反応をしてくれると思ったけど。
私たちは第三次製造計画を止めたい。君と目的は一致していると思うけど。
さっきも言ったが、私たちは知ることの出来た情報を提供する。君はそれを利用して第三次を叩き潰す。これでどうだ?」
700 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:27:15.01 ID:QwkuR3+w0
「なンでも構わねェ。クソ共が、一匹残らず粉々にしてやる!!」

『そんな君に朗報だ。いや、朗報という言い回しはおかしいか』

ずっと黙っていた貝積の声が雲川の携帯から流れてきた。

『第三次製造計画はまだ本格起動していない。
今なら悲劇を最小限にとどめることができる』

それを聞いて一方通行は深呼吸して落ち着きを取り戻そうとする。
頭に血が上っていては止められるものも止められないかもしれない。
ここは冷静になって考えなければいけない場面だと思った。
701 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:28:35.19 ID:QwkuR3+w0
少しして、一方通行は全身に入っていた力を抜く。
深呼吸を何度か繰り返し、荒くなった呼吸を落ち着ける。
怒りが消えたわけではない。しかしある程度頭は冷えた。

「……第三次製造計画がまだ動き出していないってのはどォいうことだ。
ミサカネットワークに侵入しているのは第三次の妹達なンだろ」

「繰り返すが私は第三次の妹達は第三次独自のネットワークを構築すると読んでいるけど。
第三次はプロトタイプもまだ完成していない状況らしい。
そこでとりあえず現行のミサカネットワーク接続テストでも行ったんじゃないか?
それが侵入者とやらのことだと思うけど。いや、一応妹達なんだから『侵入』という言い方は適切じゃないか?」
702 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:29:46.42 ID:QwkuR3+w0
それを聞いた一方通行はあまり時間は残されていないと感じた。
プロトタイプの完成がいつになるかは分からない。
だが完成してしまえば終わってしまえば後は早い。
こういうものは一番最初が難しいのだ。
しかしそれが終われば後は作業を繰り返すのみ。
完成したプロトタイプの設計図を製造ラインに乗せるだけで機械的に量産されてしまう。
潰すならプロトタイプが完成していない今だ。

「首謀者は誰だ。挽き肉にしてやる」

「流石にそこまでは分かっていないけど。
言わなかったか? いかに統括理事会の一人といえど、限界はあるんだけど」
703 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:30:46.11 ID:QwkuR3+w0
『第三次製造計画のことだって、私だけでは掴めなかっただろう。
協力者がいたからこそだ』

「協力者、だと?
ハッ、上の意向に楯突こうとしてるオマエらに協力する馬鹿がいンのかよ?
ハッキリ言って自殺行為だぜ」

「彼女は貝積と同じく鬼畜共と同列視されてる善人だけど。
親船最中。聞いたことくらいあるだろ?」

「あァ、あの胡散臭せェババァか」

親船最中は子供に選挙権を与えるべく活動している女性だ。
各地で公演を開き、自分自ら舞台に立って演説している。
統括理事会の一員というだけで命を狙われる理由は十分だ。
にも関わらず彼女は防弾装備もつけずに公衆に身を晒す。
704 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:31:40.98 ID:QwkuR3+w0
ここ学園都市では人口の八割が学生、つまり未成年だ。
選挙権を持たない八割ものマジョリティはたった二割のマイノリティが定めたことに抗う術がない。
そこで立ち上がったのが親船最中。
彼女の体を張った態度に感銘を受けたのか、公演を行うために満場近くにまで人が入るのだ。

だが一方通行はやはりそれを素直に信じてはいなかった。
上っ面だけ取り繕って裏で汚いことをやってる人間などいくらでもいた。
親船もその類の人間だと決め付けていた。
彼は疑うという行為が骨の髄まで染み付いている人間なのだ。
705 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:32:25.33 ID:QwkuR3+w0
『とにかく、私たちももう少し詳しいところまで調べている。
やはり難航しているがな』

「何か分かったら連絡するけど」

話はここまでのようだ。
それを感じた一方通行は杖をついて出口へ向かう。
が、突然彼は振り向いて尋ねた。

「そォいやオマエ、なンで俺がここに来ると分かった?」

雲川は既に空になっている缶コーヒーを弄びながら答えた。
706 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:34:23.88 ID:QwkuR3+w0
「簡単なことだけど。
どうやらお前は『実験』関連施設を回っているようだったからな。
第七学区で君がまだ行っていないのはここだけだったからだけど。
よっぽど情報に飢えてたんだろう? 私たちを存分に頼ってもらって構わないけど」

「そォかよ。じゃあ精々利用させてもらうとすンぜ」

「ウロウロする君より確実に会える第三位のほうに行ってもよかったのだがな」

それを聞いた一方通行の行動は早かった。
再び拳銃を抜き雲川へと向ける。まさに早業。
今の動作を表すならその一言がピッタリだった。
もし彼がそのまま引き金を引いていたなら、きっと雲川は何が起きたかすら理解できずに命を落としていただろう。
707 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:35:09.03 ID:QwkuR3+w0
「落ち着け。君が彼女を『闇』に関わらせたくないと思っているのは分かっているけど。
私とて善人である第三位を巻き込むのは心が痛いけど。何よりも第一位を表立って敵に回すようなことはしないさ」

「……言っとくが妹達やオリジナル、その他関係者に手ェ出してみろ。
その日がオマエの命日だ」

「肝に銘じとくけど」

一方通行は今度こそ振り返らずに会議室を後にした。

(第三次製造計画……必ず、潰す。
塵一つ残さず、二度と再起の余地なンざ与えはしねェ)
708 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:36:01.02 ID:QwkuR3+w0




「行ったか」

雲川は一方通行が姿を消した後、小さく呟いた。

『大丈夫か?
奴が狙うのは彼の方だと思うが』

「たしかにやりにくい私たちより第一位が先だろうけど。
まぁ大丈夫だろうけど。仮にも第一位だからな。
それよりも問題はこちらだけど。
奴が第一位ではなく目障りな私たちを優先する可能性もない訳じゃないけど」
709 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:36:27.13 ID:QwkuR3+w0
『そう、だな。
だがこちらには簡単には手を出せまい。
奴にも立場があるからな』

雲川はそこで通信を切り、立ち上がって伸びをする。

「まぁ、それは置いといて次は『グループ』だけど。頼むぞ」

(忙しくなるぞ。私の貴重な睡眠時間が削られてしまうかもしれないけど)
710 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:42:24.90 ID:QwkuR3+w0
投下終了
はい、第三次製造計画のお話でした
第二章のタイトルは当初 The Third Season.にしようかと思ったのですが、思いっきりネタバレだったので。
考えた末、The Third Birth.という表現に落ち着きました

このタイトルを見て「あ、第三次製造計画のことだな」と分かった方も多かったのではと思います
711 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/08(土) 00:51:30.79 ID:QwkuR3+w0
    次回予告




「大根おろしみてェにすり潰されてェか」
学園都市最強の超能力者(レベル5)―――一方通行(アクセラレータ)




「一方通行はどこで何してるのよ?」
『グループ』の構成員―――結標淡希




「丁度いい、仕事だ」
『グループ』の構成員―――土御門元春




「統括理事会の一人がモニター越しとはいえ、直接依頼してくる仕事とは一体何でしょう?」
『グループ』の構成員―――海原光貴
712 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 01:05:39.98 ID:CK9nC8pF0

いい感じに盛り上がってきた  次回も楽しみにしてる
713 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/08(土) 01:05:53.76 ID:iSgjonYEo
714 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 18:31:54.06 ID:7cz3pBBDO

「奴」って言ってるってことは、雲川と貝積はもう首謀者が誰かわかってるのかな?
715 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 18:44:06.65 ID:5FaxRufFP

計画放置してまた作られたらキレるって何言ってんだこいつって思ったけど
これはまだロシア編やってない頃の話か
716 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/12(水) 22:50:12.28 ID:ImPygdtRo
昼に鯖落ちてた?
717 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/13(木) 23:49:52.22 ID:WhvQRzrS0
投下開始しますぜー
結標って変換するの面倒すぎワロタ
718 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/13(木) 23:50:20.18 ID:WhvQRzrS0









バイオ医研細胞研究所を後にした一方通行が向かったのは第七学区にある冥土帰しのいる総合病院だった。
杖をついていたせいかフロントのあたりで女性看護師に声をかけられた。
冥土帰しの居場所を聞き、教えられたところへ行くと彼は診察中のようだった。
診察室の前で壁に背を預けジッと待つ一方通行。
彼が再びここへやってきたのは聞きたいこと―――否、“問い質したいこと”があったからだ。
719 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/13(木) 23:50:48.91 ID:WhvQRzrS0
どれほど待っただろうか。
一人の男子学生が診察室から出てきた。どうやら最後の患者だったようだ。
男子学生は一方通行を見て一瞬怯えたような表情を見せる。
無理も無い。一方通行の容姿や目つきは一般人には些か刺激が強すぎる。
逃げるように立ち去る男子学生には目もくれず、男子学生の出てきた部屋を見ると中には冥土帰し。

「やぁ。待たせてしまったね? まぁ中に入るといいよ?」

一方通行は中に入るとドアを閉めた後カギをかけた。
勧められた椅子にも座らず、冥土帰しに詰め寄った。
720 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/13(木) 23:52:26.28 ID:WhvQRzrS0
「答えろ。何故第三次製造計画を知っていた。何故俺に黙っていた」

それを聞くと冥土帰しは若干表情を変えた、ように見えた。

「まず一つ目の質問だけどね?
知っていたわけじゃなくて、気付いたんだよ。でももしかしたら、程度の認識だったしね? 
確証もないのにまた彼女たちが作られてるなんて言えないだろう?」

一方通行は無言だった。

「二つ目についてだけどね?
これも今言った通りだよ。確証がないうちに言いたくはなかったからさ。
でも第三次製造計画を知ってるということは彼女たちに会えたんだね?」
721 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/13(木) 23:52:56.65 ID:WhvQRzrS0
「会いたくて会ったンじゃねェよ」

「ああいう貸しを返させる様な真似は本当はしたくないんだけどね?
今回は事が事だからね。彼女たちのような立場の人に協力してもらえるのは心強いと思うよ?」

一方通行はチッ、と吐き捨てると背を向けて歩き出した。
その背中に冥土帰しが声をかける。

「一方通行」

「なンだ」

「無茶はするなよ」

「ハッ。誰にモノ言ってやがる」

そう吐き捨て、彼は病院を後にした。
722 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/13(木) 23:53:34.00 ID:WhvQRzrS0









夜。
完全下校時刻を過ぎて短くないため、人通りはほとんどない。
帰りがけ一方通行は電話をかけるために路地裏に入った。
あまり聞かれるのは好ましくない。
ポケットから携帯を取り出し電話をかける。
相手は土御門元春だ。
723 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/13(木) 23:54:08.35 ID:WhvQRzrS0
第三次製造計画を潰すという当面の目標はできたものの、具体的な情報は何もない。
首謀者は誰なのか。第三次を進めている研究所はどこなのか。
最初は土御門に頼ることに躊躇いを覚えていた一方通行だったが、今はなにふり構っていられなかった。
第三次製造計画を潰すチャンスは今なのだ。
本格始動するまでにはまだ幾分か時間に余裕があるようだが、手遅れになってからでは遅い。

一方通行は単独で動くことに限界を感じていた。
第三次製造計画のことも雲川たちに聞かされて知った情報だ。
こうなったら利用できるものはとことん利用してやろうと彼は考えていた。
724 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/13(木) 23:56:01.89 ID:WhvQRzrS0
土御門はすぐに出た。

『一方通行か。丁度いい。仕事だ』

「……ハァ?」

土御門の予想外の返答に反応が僅かに遅れる。

『だから仕事だ。結標と海原はもう来ているぞ』

「チッ。とりあえず俺の用を先に済まさせてもらう」

ザッザザッザザザッ。
そこで突然ノイズが走り、会話が不可能となる。
725 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/13(木) 23:56:36.62 ID:WhvQRzrS0
(なンだ……?)

電波状況に問題はない。
現に数秒前まで普通に通話できていたのだ。
それが唐突に切れたということは、答えは一つ。
何者かがチャフか何かでジャミングしてきたということだ。
そして、そんなことをするからには必ず理由がある。
今、自分は何を伝えようとしていたか。どういう単語を出そうとしていたか。

(第三次製造計画……その関係者か。
クカカ、まさか向こうから出向いてきてくれるたァな。幸先の良いこって)
726 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/13(木) 23:57:07.88 ID:WhvQRzrS0
一方通行はいつでもチョーカーのスイッチを入れられるようにしながら、路地裏を更に進んだ。
いくら路地裏とはいえ、そこはまだ通りに程近い場所だったからだ。
ある程度進むと、比較的広い場所に出た。
二棟の廃ビルに挟まれたそこは非常に汚らしかった。近くには袋につめられたゴミも放置してある。
スキルアウトが好んで住家としそうな空間だ。
そしてここは、既に『表』とは違う空間でもある。
助けが来ないのが当たり前となっている場所だ。
727 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/13(木) 23:57:58.40 ID:WhvQRzrS0
一方通行がそこに足を踏み入れた瞬間、敵が一斉に動き出した。
先回りしていたのか、廃ビルの中からいくつもの銃口を向けられる。
一方通行は裂けたような笑みを浮かべ、能力使用モードへと切り替える。
途端、ありとあらゆる方向から銃弾の嵐が彼の体を襲った。
彼が常人だったならば、ここで勝負は決していただろう。
文字通り全身蜂の巣となって死に絶えていたはずだ。

728 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:00:55.72 ID:twxM9Fxb0
「ギャッハハハハハァ!!」

けれども、彼は常人ではなかった。
今の一方通行は全てを跳ね返す最強の超能力者なのだ。
放たれた銃弾の数々は彼の体表面から数ミリのところで悉く『反射』される。
『反射』を受けた銃弾は正確に発砲者へと返っていき、自身の放った弾丸に貫かれ絶叫する。
『反射』する際、僅かにずれて襲撃者の体を貫くよう操作を加えていたためだ。
この『反射』だけで廃ビルから銃撃してきた者たちは全員沈黙した。
次に一方通行は脚にかかるベクトルを操作し、弾丸のように全身武装している目前の敵へと突っ込んでいく。
おそらく敵が装着しているベストのようなものには、防弾チョッキのような衝撃を和らげる機能があっただろう。
729 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:01:36.42 ID:twxM9Fxb0
しかし、彼の突き出された左の掌底を受けたその男はあっさりと吹き飛ばされ、鉄骨に打ち付けられ気を失った。
一方通行はそこで電極を一旦通常モードに戻し、振り返りざまに拳銃を引き抜き一人、二人と確実に撃ち抜いていく。

廃ビルの屋上から狙っていた男は不意に吹いた異常な強風に足をとられ、そのまま地上へと落下する。
当然この風は一方通行が大気を掴みそのベクトルを操作して起こしたものだ。
高所から叩き落された男には追撃をかける必要もなかった。気絶しているのか死んでいるのか、ピクリともしなかったからだ。
早くも一掃が完了してしまった。
だが、そこに更なる敵が現れる。数はたったの一。
730 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:02:16.47 ID:twxM9Fxb0
駆動鎧(パワードスーツ)。
特殊な装甲で全身を覆い、関節を電力駆動で動かすことによって生身の人間の数倍から数十倍の運動能力を叩き出す兵器だ。
その手には銃身の太い特殊な銃が握られている。対隔壁用のショットガンだ。
ショットガンは散弾銃だが、アンチマテリアルと分類される弾丸が使われていて、その一発一発が戦車を撃ち抜くレベルなのだ。
その常識外れの兵器が、ゆっくりとした動作でショットガンを一方通行へと向ける。
だが彼は動じない。彼もまた、常識外れの存在であるからだ。

放たれた銃弾はやはり全て『反射』され、放った駆動鎧を直撃する。
更に彼はそばに捨てられていた自転車のタイヤのホイールを掴み、駆動鎧へと投げつける。
731 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:04:01.57 ID:twxM9Fxb0
ただ放り投げただけだが、そこに全てのベクトルを操作する能力『一方通行』が加われば、それは莫大な破壊力を生み出すのだ。
信じられないほどの威力だったようで、駆動鎧はそれだけで既に完全に沈黙していた。

(……なンだ、こりゃ)

敵の数は多かったが、二分強であたりは静寂を取り戻していた。
呆気ない。呆気なさすぎる。
これではまるで素人だ。いくら超能力者が相手だったとはいえ、向こうから仕掛けてきてこれではあまりにお粗末ではないか。
何より、向こうは一方通行の能力すら知らなかったということが驚きだ。
732 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:04:40.49 ID:twxM9Fxb0
彼の能力を知っている者ならば、間違っても銃を乱射するような真似はしない。
先ほどのチャフにしてもそうだ。
あれは通話を妨害しただけで、彼の電極にまでは作用しなかった。
彼の情報を何一つ持っていなかった証拠だ。

「……オイ、コラ」

一方通行はガタガタ震えている最後の一人に話しかけた。
他は全滅している。

「オマエだけ残してやった意味はその容量不足の小っせェ頭でも分かンだろォが」
733 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:05:14.94 ID:twxM9Fxb0
カツカツ、とその男に近づいていく。
男は一方通行が一歩進むたび体の振るえが大きくなり、終いには過呼吸に陥りそうになっていた。

「な、なんだ、これ。はは、なんなんだよこれ。
き、聞いてない。こんな化け物が相手だなんて聞いてないぞ!」

「オマエたちの任務はなンだ」

「な、なんでこんなことになっちまったんだ……
お、俺はただ……うあっ!?」

一方通行は杖の先を男の右肩にグリグリと押し付ける。
734 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:05:46.99 ID:twxM9Fxb0
「お、俺たちの仕事は、ただ重要、機密を、知った男を、口封じするだけだったんだ……!
はっ、はっ……! 相手が誰かなんて知らなかった。知らなかったんだッ!!」

(やっぱりか。第三次製造計画を隠したい誰か……
だが、その口封じがこれとはねェ。
情報が漏れたってだけで、それが俺とは分かってねェのか?)

「わめくな。わめくと首の骨をへし折るぞ。
オマエたちは誰からこの任務を受けた」

「わ、分からない……ただ電話で上層部から頼まれただけで……」
735 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:06:32.19 ID:twxM9Fxb0
「そォか。もォ眠っていいぞ」

「……え」

一方通行が男に触れた途端、ガクッと全身の力が抜け倒れ込む。
どうやら気絶しているようだった。

(チッ。情報源がテクテク歩いてきたと思ったら……
まさかここまでの三下共だったとはなァ。何にも聞かされてねェンだな)

あたりを見渡す。
襲撃してきた者たちは全て倒れているが、そのほとんどが気絶しているだけだ。
そして一方通行にはわざわざ止めを刺してまわる気もなかった。
なにせ、あまりにも小物すぎる。まさに殺す価値もないというやつだ。
736 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:07:05.19 ID:twxM9Fxb0
もっとも、ここで助かってもその後どうなるかは分からない。
だが、一方通行はそんなアフターケアをしてやるつもりもサラサラなかった。
とりあえず襲撃者たちの寿命が少しばかり延びたのは間違いないだろう。

盛大に舌打ちして携帯を取り出す。相手は土御門だ。
いらぬ妨害を受け、用をまだ済ませていない。
だが一コール、二コール、三コール……
土御門が電話に出る様子はなかった。ピッ、と通話を切って歩き出す。

(そォいや仕事だとか言ってやがったな。
そっちにかかりきりなのか? まァいい。俺はサボらせてもらいますね)

今日は質問を諦め、彼は大切な人たちの待つ家へ帰っていくのだった。
737 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:08:32.42 ID:twxM9Fxb0









その時、土御門元春と結標淡希、海原光貴の三人はキャンピングカーにいた。
彼らがいるのは第一〇学区にある、一方通行が入ったような路地裏だった。
あたりは薄汚く、好んで訪れる者はいないだろう。
だが、忌み事が行われるには丁度いい場所だった。

「一方通行はどこで何してるのよ?」
738 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:09:31.83 ID:twxM9Fxb0
結標が尋ねる。
彼らは仕事だということで集まったのだ。
ならば『グループ』の構成員である一方通行もここにいて然るべきだ。
『グループ』に限らず、こういった少数精鋭の暗部組織は個人ではなく集団で仕事にあたる。

『彼なら無理に来させなくてもいい』

そう言ったのはスクリーンに映っている一人の男性。
貝積継敏。
学園都市を仕切る統括理事会の一人で、土御門曰く統括理事会きっての善人だ。
彼は依頼主が貝積なので、血生臭いような仕事ではないだろうと推測していた。
739 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:10:18.61 ID:twxM9Fxb0
「それはどういう?」

『彼は―――』

貝積の言葉に割り込むように、土御門の携帯が鳴る。件の一方通行からだ。

「失礼」

土御門は一言断ってから電話に出る。

「一方通行か。丁度いい、仕事だ」

『……ハァ?』

電話口の向こうから一方通行の困惑したような、気の抜けた答えが返ってくる。
740 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:10:54.90 ID:twxM9Fxb0
「だから仕事だ。結標と海原はもう来ているぞ」

『チッ。とりあえず俺の用を済まさせてもらう』

「聞こうか」

ズザザッザザッザッザザザ。

唐突にノイズが走る。
一方通行との通話は切断されていた。明らかに意図的なものだろう。

「……なんだ?」

「どうしたのよ?」

「突然通話が……。
スキルアウトにでも絡まれたか?」
741 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:11:20.56 ID:twxM9Fxb0
『やはり来たか。
まぁ奴はまさか相手が第一位だとは思ってもいないだろうが』

「どういうことです? 今回の依頼に関係が?
統括理事会の一人がモニター越しとはいえ、直接依頼してくる仕事とは一体なんでしょう?」

『グループ』の面々はまだ仕事内容を聞かされていなかった。
丁度これから聞くところだったのだ。

『本題に入ろう。君たちに頼みたいのは第三―――』

「逃げるぞ」

「えっ?」
742 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:12:19.46 ID:twxM9Fxb0
土御門の言葉に誰かが疑問の声をあげたが、すぐにその答えは“やって来た”。
ドガァァァン!! と音をたて三人のいたキャンピングカーが突然爆発する。
いや、正確には外から対戦車ミサイルを撃ち込まれ、吹き飛ばされたのだ。
土御門と海原は複数ある出入り口の一つを使い脱出、結標は座標移動で。
三人はそれぞれ他の二人が無事かどうかも確認せずに逃亡を開始した。
743 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:13:37.15 ID:twxM9Fxb0
短めですが投下終了
次回投下でシリアスパートは終わります
744 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/09/14(金) 00:17:22.55 ID:JTIjfGOHo
745 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:26:14.48 ID:twxM9Fxb0
    次回予告




「……襲撃者を差し向けた奴と首謀者はイコールじゃねェってことか」
『グループ』の構成員・学園都市最強の超能力者(レベル5)――― 一方通行(アクセラレータ)




「目障りなんで始末させてもらうわ」
『グループ』の構成員―――結標淡希




「お前の守りたい者たちを危険に晒したくないのなら、今は待て。
時期を読み間違えるな。そんなことでは勝てるものも勝てなくなる」
『グループ』の構成員―――土御門元春




「あれ、どれだけの負荷がかかるか分かって言ってます?」
『グループ』の構成員―――海原光貴

746 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 00:29:39.77 ID:twxM9Fxb0
一つミスが
>>733>>734の間にこの一文が抜けていました

「イイから黙って聞かれたことにだけ答えろよ。
大根おろしみてェにすり潰されてェか」
747 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/14(金) 16:47:19.64 ID:8F5olJSDO
748 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/14(金) 16:54:03.48 ID:KnrLzw4ko
749 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/14(金) 18:13:25.79 ID:CGh8IpPDO
随所にドラゴンボールネタがあるなww
750 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/14(金) 22:05:34.41 ID:twxM9Fxb0
二日連続更新という新技を習得してみたり

ではシリアスパート最終回、投下します
751 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:06:21.23 ID:twxM9Fxb0
トリが……
752 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:08:49.76 ID:twxM9Fxb0
偶然にも同じ方向へ飛び出していた土御門と海原は細い路地裏に飛び込んでいた。
走りながら海原が口を開く。

「一体なんなんですかね?」

「オレが知るか。まああのタイミングだ。
貝積がオレたちに依頼しようとしていた仕事は奴らにとって都合の悪いものなんだろ」

「それで、どうしましょうか」

海原が後ろを振り向いて言った。
逃走する彼らの背後から完全武装した集団が追いかけてくる。
時折マシンガンを放ってくるが、二人は器用に物陰に隠れこれを回避する。
753 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:09:23.97 ID:twxM9Fxb0
「決まってるだろ。逃走一択。
邪魔になる奴だけ排除だ」

途中、二つに枝分かれしたところで二人は無言のままそれぞれ別の道を行った。
こうすれば追っ手も多少は数が減る。
自分の身くらいは自分で守れ、というのが彼ら、いや暗部でのスタンスなので一人で行動することに躊躇いはない。
だが、すぐに分かれたはずの彼らは意図せずまた合流してしまった。
このあたりは細い道が迷路のようになっているようで、土地勘のない二人は闇雲に動くしかない。
そうやっているうちに、二人はまた同じところに出てしまったのだ。
754 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:10:06.70 ID:twxM9Fxb0
「よう。しばらくだな」

「ええ。二分ぶりくらいですか?」

どちらも追っ手を振り切れてはいなかった。
二人は逃げ続けるが、向こうも中々に訓練された集団のようで、なおかつ数が多い。
一向に振り切れず、土御門は焦りを感じ始めていた。

「どうする。オレの持っている武器は拳銃だけ。
まともにやりあっても勝ち目はない。
だがこのままではいずれ……いや、待てよ」

そこで土御門は海原の顔をジッと見つめる。
海原はそれだけで何を言いたいのか理解したようで、胡散臭い笑顔は保ったまま言葉を返す。
755 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:12:14.07 ID:twxM9Fxb0
「やっぱりそうなりますか? あれどれだけの負荷がかかるか分かって言ってます?
自分のトラウィスカルパンテクウトリの槍は、一発につき一人しか標的に出来ないので現状では有効ではないですし」

「このまま蜂の巣にされたけりゃ話は別だがな」

「全く、分かりましたよ。致し方ないですね」

突然海原は走るのをやめ、ピタリとその場に静止した。
その間に土御門は物陰に身を潜める。
すぐに二人を追っていた集団がそこへやってきた。
だが先ほどまでとは打って変わって無防備に身を晒している海原を見て警戒しているようだった。
つい数秒前まで脇目も振らず逃走していたのだから当然と言えるだろう。
756 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:13:09.20 ID:twxM9Fxb0
銃口を突きつけたまま、しばらく動きを見せなかったが、海原がフッと笑うと馬鹿にされてると思ったのか一人が発砲した。
一人が動くと後は早かった。他の者たちも一斉に発砲を開始する。

だが、放たれた銃弾は海原を貫くことはなかった。
突如巻物のようなものが出現し、全ての銃弾を弾いたのだ。
それは魔道書の原典。
科学ではない、もう一つの力。
人の手では絶対に破壊することは叶わず、その知識を広めんとする人間にのみ力を与える原典。
その現所有者は海原。つまり、知識の伝道者である主を原典が守ったのだ。
757 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:13:43.80 ID:twxM9Fxb0
「魔道書の原典」

海原が呟くような、小さい声で言った。

「貴方たち科学サイドとはまた違う力ですよ。まぁ好きに解釈してください」

そこで不可解な現象が発生した。
襲撃者たちの腕が勝手に動き出し、持っていた銃器が持ち主の意思に反して頭へ向いたのだ。
困惑の声をあげる襲撃者たち。ひとりでに動き出した腕を止めようと反対の腕で押えている者もいるが、効果はないようだった。
何故か自らに牙を剥こうとしている銃器を前に、悲鳴をあげ恐怖に取り付かれる者も現れる。
758 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:14:27.73 ID:twxM9Fxb0
「自殺術式。その効果は『武器を持つ者への反抗』」

ついに引き金にかかっていた指までもが動き出し、襲撃者たちは己の意思とは無関係に放たれた銃弾によってバタバタと死んでいった。
襲撃者たちは能力者ではなかった。その全てが兵器で武装していた。それが仇となったのだ。
自殺術式は武器にしか効果がない。能力者には意味がないのだ。

「く……っ。ふふ。やはりこうなりますか」

突然頭を押えてその場に膝をつく海原。
原典の使用は使用者に多大な負担をかける。使いこなすことなど出来はしなかった。
海原はそんなに大層な魔術師ではない。原典を使いこなせるような器ではないのだ。
759 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:15:17.03 ID:twxM9Fxb0
そもそも、原典は知識の伝道者にのみ力を与える。
すなわち、海原がそれを放棄したり、彼よりも適した伝道者が現れれば原典は海原に牙を剥くということだ。
原典は、決してお手軽な兵器などではなかった。

「いやー、お疲れ様だぜい」

隠れていた土御門が姿を見せる。
敵が死亡し、危機が排除されたせいか馬鹿口調へと戻っている。
海原はそんな土御門を非難する。
傍目にはちょっと頭痛が走った程度にしか見えないが、実際にはかなりの負荷がかかっているのだ。
760 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:16:18.49 ID:twxM9Fxb0
「見てただけですか。手伝ってくれてもよかったじゃないですか?」

「オレは魔術を使うとめちゃくちゃ危ないって分かって言ってるのかにゃー?」

「あのまま蜂の巣にされたければ話は別でしたが」

おどけて言う土御門に、海原はやれやれといった風に頭を振る。
そしてあたりにころがっているたくさんの死体と血の海を指差した。

「……これ、どうするんです?」

「どうすればいいと思うかにゃー?」
761 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:17:11.55 ID:twxM9Fxb0
「下部組織にでも全て押し付けようかと」

笑顔のまま話す海原。
さらっと凄いことを言っているような気がするが、下っ端の仕事なんてこんなものだ。
土御門もニヤッと笑って返す。

「奇遇だにゃー。オレも丁度同じこと考えてたんですたい」

「それにしても、誰がこれを差し向けたのかは知りませんが、一方通行さんも襲われたのでしょうね。
電話が急に切れたのはそれですか」

「だろうにゃー。まぁアイツのことだから返り討ちにしてるぜよ。
死んでても知ったこっちゃないしにゃー」
762 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:18:25.13 ID:twxM9Fxb0
「結標さんも、ですか」

「アイツはもっと心配いらんぜよ。
空間移動系能力者なんて逃走に最適だからにゃー」









二人の予想通り、結標淡希は労せず襲撃者たちを振り切っていた。
たった一回の座標移動で、だ。
路地の脇にある廃ビルの屋上にでも移動してしまえば、それだけで相手はこちらを見失う。
相手は結標が空間移動系能力者だと知らなかったようだ。
763 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:18:57.63 ID:twxM9Fxb0
「全く、殺しにくるなら相手の能力くらい調べてきなさいよね。
このままやり過ごしてもいいけど、目障りなんで始末させてもらうわ」

彼らが彼女の能力を知っていたなら、その場に留まるという自殺行為はしなかっただろう。
空間移動系能力者は転移先の座標を正確に計算する必要がある。
よって、空間移動による点攻撃はただ走り回られるだけで命中率は極端に下がってしまう。
だが、襲撃者たちは彼女の能力を知らなかった。
故に、何も分からずただ狩られるのを待つしかなかった。
764 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:19:55.46 ID:twxM9Fxb0
座標移動に限らず空間移動系能力者は総じて逃走と追跡、そして暗殺に長けた能力だ。
彼女は持っていたコルク抜きを転移させる。
襲撃者たちは彼女を見失い、それぞれ散って捜索していたが、そのうちの一人の左肩にトン、と音をたて突如コルク抜きが出現する。
結標の座標移動は本来無音だ。この音は転移させられたコルク抜きによって周囲の肉が押し広げられた音だろう。
絶叫し、倒れ込む襲撃者。その近くにいた者たちがあちこちを見回しているが、見つけられるはずもない。
ここでも彼らは空間移動系能力者の攻撃ということには気付かず、慎重になっていた。
つまりあたりを警戒するあまり、より動かなくなってしまったのだ。
そんな彼らは結標にとって絶好の的。
765 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:20:25.42 ID:twxM9Fxb0
トトトンッ、と軽い音が幾度か連続して響く。
座標移動させられたコルク抜きは彼らの体を確実に貫いていく。
その後も何も分からずウロウロしている襲撃者たちを確実に仕留めていく結標。
ものの数分で、結標を追っていた襲撃者たちは全滅した。

「ま、所詮こんなもんよね」

土御門、海原コンビと比べると、あまりにも呆気なかった。
766 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:23:51.66 ID:twxM9Fxb0









特殊な装甲で作られたドーム状の建物。
その中のとある一室に男はいた。
部屋は空間こそ広いが、内装は質素だった。
大きな机の上には色々なものが散らかっていて、一台のパソコンのモニターにとある作戦の結果が表示されている。
その結果は“失敗”という一単語で表される簡単なものだった。
767 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:25:25.43 ID:twxM9Fxb0
「……まさか、『グループ』とはな」

その男は苦々しげに呟いた。
この男こそが雲川や貝積のいう“奴”。

「それに一方通行……
あいつらめ。まさかこんな大物に接触していたとは。
それならあの程度の連中で片付けられなかったのは当然だ」

「いかがいたしましょう」

脇に控えていたスーツ姿の男が質問した。
年は三〇くらいのこの男は、『奴』の子飼いの暗殺者だ。
768 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:26:16.78 ID:twxM9Fxb0
「親船や貝積を先に潰しますか」

「いや。出来ればそうしたいが、あちらも統括理事会のメンバーだ。
それを二人も殺すとなると、相当の政治的準備が必要となる。
まず武力で排除できる方からだろう。
……それにしても一方通行。何か策を考えねばな。
とにかく、こいつを真っ先に潰す。『グループ』はひとまず捨て置く」

そう言って、学園都市に一二人しかいない重鎮、統括理事会の一人潮岸は口の端を吊り上げた。
769 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:28:26.20 ID:twxM9Fxb0









「おっはよーってミサカはミサカは元気に朝の挨拶!」

「あァもォ分かったから静かにしろクソガキが……」

一方通行は珍しく早めに起きていた。
時刻は朝一〇時少し前。普段の彼の生活からは考えられない時間だ。
彼がこんなに早く起きたことには理由など何もない。
ただ単に、何故か目が覚めてしまった。それだけだった。
770 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:29:05.60 ID:twxM9Fxb0
二度寝しようかと思っていたところに打ち止めが「あなたのお腹にダーイブ!」とか言いながらのしかかってきたので、完全に意識が覚醒したのだった。
現代的なデザインの杖をついてリビングへ向かうと、一方通行と打ち止め以外は誰もいなかった。
今日は金曜日なので黄泉川は仕事へ。
芳川はニートなので夢の世界へ。
それぞれ向かっているため、現在この家には彼ら二人しかいなかった。

(クソガキと二人きりとか面倒くせェ……)
771 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:30:15.94 ID:twxM9Fxb0
とりあえず冷蔵庫から缶コーヒーを取り出し、一気に呷る。
一方通行の習慣だ。
テーブルを見れば黄泉川が作った朝食がラップをかけて置いてある。
黄泉川が仕事の日の朝食はいつもこうだ。
だがよく見ればそれは二人分しか置かれていない。
一方通行、打ち止め、芳川。いつも三人分が用意されていた。

ついにニートが見限られたか、とも思った一方通行だったが、台所を見れば何枚かの使用された皿があった。
打ち止めが既に朝食を済ませていたようだ。
772 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:31:02.20 ID:twxM9Fxb0
その打ち止めはと言えば、パジャマから普段着へと着替えていた。
どこかへ出かける気らしい。

「ンだァ? どっか行くのかよ?」

「せっかく良い天気だし、ミサカはちょっと散歩に行って来るのだーってミサカはミサカは娯楽を求めてみる!」

「あァそォかい好きにしろ」

「でもでも、お昼にはご飯食べに帰ってくるからってミサカはミサカは食料の確保を要請してみたり。
お昼ご飯食べたらまた出かけるけど〜」
773 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:31:33.04 ID:twxM9Fxb0
「あァ」

必要なことだけ伝えると打ち止めは行ってしまった。
彼女はその立場上、狙われる危険性もあるが、それでもずっと家に閉じ込められているわけではない。
意外と好き勝手出歩いているのだ。
携帯も持たせているし、何より何かあればすぐにミサカネットワークを通じて全てのミサカと連絡をとることが出来る。
一方通行としても、危険だからといって彼女を閉じ込めるような真似はしたくない。

打ち止めが出かけたので一人になった一方通行は、いつもギャーギャーと騒がしいリビングで静かに朝食をとっていた。
食べながら、これからの行動を考える。
774 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:32:18.74 ID:twxM9Fxb0
(さて、どォ動くか。第三次製造計画、これの存在を知ったのは進展だが、こっからが進まねェ。
なにせ第三次が進められているってことしか知らねェからな)

(この間の襲撃者共から何か得られれば良かったんだがな。
黒幕も、行ってる研究所も分からねェ。圧倒的に情報不足だ。
やはり一人では限界があるか)

食事を終えた一方通行はベランダに出て、携帯を取り出した。
相手は土御門元春だ。
もともと昨日襲撃された時に聞くつもりだったのだ。
頼るのではない。利用する。彼はそう考えることにしていた。
775 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:32:46.50 ID:twxM9Fxb0
『よう一方通行』

「よォじゃねェよ。なンでそンな友好的なンだオマエ」

『やはりその分じゃ無事みたいだな。まぁ分かりきってたことだが』

「『無事』だと?」

『昨日襲撃されただろ?』

「なンでオマエがそれを知ってる」

『お前と同じタイミングで、オレたちも襲撃されたからだ』
776 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:33:34.88 ID:twxM9Fxb0
一方通行は少し考え込んだ。
昨日の襲撃者たちは十中八九、第三次製造計画を知った一方通行を口封じするためのものだ。
それと全く同じタイミングで土御門たちもまた襲撃を受けたという。
となると、土御門たちも第三次を知っているということになる。
まずはそこをはっきりさせたかった。

「アイツらの目的は分かってンのか」

『間違いなく口封じだろうな。襲撃があった時、「グループ」は仕事の依頼を受けていた。
お前に仕事と言ったのもそれだ』
777 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:34:09.15 ID:twxM9Fxb0
「その仕事は」

一方通行の推測が正しければ、次に土御門が発する単語は―――



『第三次製造計画の粉砕』



予想通りだった。
敵は、それが『グループ』に伝えられるのを阻止しようとしたということだ。
それはつまり、『グループ』にその仕事を依頼しようとした人物は上層部の意向に反した行動をとっているということになる。
思い当たる人物は多くなかった。
778 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:36:07.76 ID:twxM9Fxb0
「貝積からの依頼か」

『そうだ。お前は既に第三次のことを聞かされていたようだな』

「依頼される前に邪魔が入ったンじゃなかったのか」

『その後にまた依頼し直されたよ。どうしても第三次を潰したいらしい。
まぁあれは統括理事会の良心だ。不思議はないな』

「第三次についてどこまで知っている?」

『グループ』が貝積から依頼を受けたというなら話は早かった。
これは上から受けた仕事であり、そして一方通行は『グループ』の構成員だ。
仕事を達成するために、メンバー間で情報交換するのは当然だ。
とは言っても、一方通行は仲良くみんなで仕事をするつもりはない。
彼は一人で計画を潰すつもりでいた。
779 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:36:56.11 ID:twxM9Fxb0
『ほとんどお前と変わらないと思うぞ。
オレも首謀者や研究所の場所は知らん。
……だが、一つお前の知らないだろう情報がある。
昨日の襲撃者を差し向けた奴だ』

「……襲撃者を差し向けた奴と首謀者はイコールじゃねェってことか」

『その通りだ。で、襲撃者のバックにいるのは潮岸だ。
統括理事会の一員。第三次製造計画のことを知った奴はみんな消されるんだとよ』
780 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:37:46.28 ID:twxM9Fxb0
統括理事会の一員、潮岸。この男がキーパーソンだ。
潮岸は間違いなく第三次の首謀者を知っているだろう。
第三次を止めたいなら、潮岸と接触する必要がある。

『まぁ落ち着け。お前の考えていることは分かる。だが、潮岸は統括理事会の一員だ。
オレたちのような連中が暴走した時のことも考えて設計されたシェルターに篭っている。
そして何より、何の正当性もなく統括理事会の一人と戦争を起こしてみろ。
上層部の全てが敵に回り、お前の守るべき者たちにも争いの火の粉が降りかかるぞ』
781 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:38:33.03 ID:twxM9Fxb0
「……チッ」

統括理事会は学園都市に一二人しかいない重鎮たちの集まりだ。
当然そんな人物と争えば、その戦火は当事者間だけには留まらない。
戦いを仕掛ければ、その瞬間から一方通行は最大級のテロリストとなる。
非人道的な実験を笑って進める統括理事会が、反旗を翻した一方通行を捕らえるのに手段を選んでくれるはずがない。
打ち止め。妹達。御坂美琴。黄泉川愛穂。芳川桔梗。
今の彼は以前と比べて守るべき者を抱えすぎている。
782 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:39:09.20 ID:twxM9Fxb0
彼自身がテロリストになるだけで済むなら、被害を受けるのが自分だけなら彼は恐れなかったかもしれない。
だが、それによって守るべき者たちが被害を受ける可能性が僅かでもあるなら、彼は動きを止めてしまう。

『今貝積と親船が動いてくれている。
彼らの準備が整えば政治的観点からスムーズに突入出来るかもしれないからな』

「で? 俺たちはただ優しい優しいお偉いさンが何とかしてくれンのを指咥えて待ってるだけかい。
言っとくがな、俺は貝積も親船も信用なンざしちゃいねェ」

貝積もだが、雲川という少女の覚悟が偽者だとは一方通行は思っていない。
あれはとても嘘とは思えない、はっきりと感じ取れる覚悟だった。
783 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:40:06.20 ID:twxM9Fxb0
だが、それでも統括理事会の一員であるというだけで一方通行は疑念を抱いてしまう。
他人を、ましてや上層部の人間を信用することなどあり得なかった。
彼は信用というものを忘れるには十分すぎる人生を歩んできていた。

『さっきも言っただろう。お前の気持ちは理解できる。
だがお前の守りたい者たちを危険に晒したくないのなら、今は待て。
時期を読み違えるな。そんなことでは勝てるものも勝てなくなる。
統括理事会を信用出来ないというのも当然だが、あの二人だけは例外だ。
それにさっきから言っているように無策に事を起こすのは危険すぎる。
いずれにせよ、今は待つしかないんだ』
784 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:40:50.75 ID:twxM9Fxb0
理解できる。土御門の言っていることは正しい。
それは理解できている。ただ納得が出来ない。
だが、だからといって駄々をこね取り返しのつかない事態を招いてしまうほど、一方通行という人間は子供でも愚かでもなかった。

「……分ァったよ、クソッタレが。
だが時間は有限だぞ。聞かされてるだろ?
プロトタイプが完成するまでが勝負だ。それが終わっちまえば後は量産するだけだからなァ。
まァプロトタイプも完成まではまだ余裕があるよォだし、ある程度の猶予は残されてるみてェだがな」
785 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:41:44.29 ID:twxM9Fxb0
『そこは貝積も親船も理解している。
今オレたちのすべきことは、ジッとその時を待つことだ』

話は終わった。
一方通行はただ一言「分かってる」とだけ返し、土御門の返事を待たずに通話を切断した。
今もどこかで妹達が作られているというのに、その命を弄ばれているというのに、何も出来ない悔しさ。
本当なら今すぐにでも乗り込みたい。イカれた研究者共を皆殺しにして、妹達を解放してやりたい。
だがそれは出来ない。今はただ座して待つのみ。
待機することが、今の仕事だ。
786 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:42:33.11 ID:twxM9Fxb0
(クソッタレが。第三次製造計画の黒幕はただ殺すだけじゃ済まさねェ。
思いつく暴虐の限りを尽くして、本気で生まれてきたことを後悔させて殺してやる)

殺すだの、生まれてきたことを後悔させるだの、どちらも漫画等では珍しくない言葉だ。
特に前者は中高生だって口にしているし、聞いている言葉だろう。
だが、一方通行のそれは重みが違う。
一方通行は逸る気持ちを抑え、室内へと戻っていく。
その時が来るまでは、やかましいクソガキの相手でもしてやろう、と珍しいことを考えて。
芳川桔梗は、まだ起きてはいなかった。
787 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:43:21.27 ID:twxM9Fxb0
投下終了
これにて第二章は終了です

次回投下は少し遅くなるかもしれません……
788 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/14(金) 22:47:28.27 ID:8F5olJSDO
乙!
789 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:50:03.64 ID:twxM9Fxb0
    次章予告




垣根、美琴、上条は平和な日々を過ごしていた―――



「中学生に勉強頼る上条か……違和感ないのが悲しいな」



「何とでも言えやい! そんなプライドは捨てましたのことよ!!」



「口より手動かしなさい」



だが少しずつ、平穏は崩れていく。
790 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 22:54:33.04 ID:twxM9Fxb0



「ていとく。何があったのか分からないけど許されないこと、やり直せないことなんてないんだよ」



垣根に、変化が起きていた。



それは本人も知らぬうちに彼を侵食し、崩していく。




「アンタ、何かあったの?」




“それ”は、押え切れないほどに増大して。


791 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 23:01:11.22 ID:twxM9Fxb0




「……おい!! お前、何してやがんだ!?」




そんな垣根の前に現れた一人の男。




「それに、お前だって苦しんでるんだろ?」




「どいつもこいつも苦しんでる苦しんでるって……テメェに何が分かる?」




「見せてやるよ、本物の根性って奴を!!」




垣根を救わんとするその男の気持ちは届くのか。
792 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 23:06:34.05 ID:twxM9Fxb0




一方、御坂美琴にもまた試練が待ち受けていた。




(なんで……だって、あの、実験はもう……ッ!!
終わった、んじゃないの? あの地獄の日々は、苦しみは、終わったんじゃないの?)




「格下が俺相手に何が出来るってンだ? 自惚れてンじゃねェぞ」




遂に出会ってしまった二人の男女。
果たしてその時御坂美琴はどう行動するのか―――




「う、あ、ああああああああああああああああああああああッ!!!!!!」



果たして、救いはあるのか。
793 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 23:12:33.82 ID:twxM9Fxb0




(お姉様はわたくしを頼ってはいただけませんのね……)




「……大馬鹿者だな、あいつは」




「お姉様は、とても優しい方です。
そして、強い。力だけではなく、何よりも心が、とミサカは呟きます」




「ミサカは……ッ、ミサカはどっちかなんて選べない!
ミサカは、二人に仲良くして欲しいよって、ミサカはミサカは絶対に叶わない願いを口にしてみる……」




「家族を殺されたんだぜ? そいつを殺して何が悪いよ。
少なくとも俺だったら間違いなく殺すね」




「私は――――――」




苦しみの果てに、少女の出した答えとは。
794 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 23:19:42.60 ID:twxM9Fxb0

「アンタは、一万人以上の私の妹を殺した」




「だから、アンタには―――」




次章、


第三章 振り下ろされる断罪の刃、愛しい貴方に最上の極刑を Execute_For_Your_Sins.




一方通行と御坂美琴が交差する時、物語は始まる。
795 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 23:24:21.36 ID:twxM9Fxb0
一度やってみたかった中二予告
後悔はしていない、反省もしていない。またやるつもりだ
796 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/09/14(金) 23:27:25.25 ID:ELHyKiAho
乙でした
797 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/14(金) 23:33:17.84 ID:twxM9Fxb0
    次回予告




「よう上条。御坂と密着した感覚はどうだったよ?」
『スクール』のリーダー・学園都市第二位の超能力者(レベル5)―――垣根帝督




「アンタのために頑張ってる私たちを差し置いて唐揚げとはどういう了見よ」
学園都市・常盤台中学の超能力者(レベル5)―――御坂美琴




「いいか! レモンはかけるなよ! 絶対だぞ!!」
学園都市の無能力者(レベル0)の少年―――上条当麻
798 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/15(土) 00:01:20.48 ID:QDez/9Iw0
え、また予告?と思ったら次章予告と次回予告の二段構えだったのか
いろいろ見所多そうで嬉しいかぎり!  乙 
799 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/09/15(土) 00:18:06.47 ID:r17rheRL0
清清しいまでの中二だな(褒め言葉)
次章が楽しみです!
800 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/15(土) 11:47:49.08 ID:DuL9FPqIO
最近厨二予告流行ってるなwww
801 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/15(土) 18:10:18.64 ID:b7Zutb+N0
おれは好きだぜ…
802 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/15(土) 19:36:53.49 ID:aUZHlV6G0
私的には一方通行だけじゃなく芳川とかもキチンと断罪されるべきだと思うんだけど、とりあえず次章期待してます
乙!
803 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/22(土) 03:59:30.59 ID:LMcF6+k30
こんな時間にひっそりと現れる>>1であった
あの、すいません、前回投下から一週間が過ぎてしまいましたがまだ投下出来そうにありません
一応生存報告ということで

そして今みたら第三章の次章予告、全然中二が足りませんね
よって、次章予告・改訂版を置いていきます
804 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/22(土) 04:00:15.32 ID:LMcF6+k30
八月の悪夢は、終わってなんかいなかった。


それは形を変え、再び御坂美琴の前に現れる。


そして垣根帝督にも、また―――




「中学生に勉強頼る上条か……違和感ないのが悲しいな」



「何とでも言えやい! そんなプライドは捨てましたのことよ!!」



「口より手動かしなさい」
805 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/22(土) 04:00:53.40 ID:LMcF6+k30




すっかり日常となった光景。


垣根はそんな日々を送っていた。


だが、垣根を異変が襲っていた。




“それ”は前から存在していた。




――(一体なんだってんだ。俺は何故こんなにもイラだっている? 俺は何に対してこんなにも怒りを覚えている?)――




だが“それ”は押え切れないほどに増大して。




(はは……未知を生み出す俺が、未知に苦しむとは何の皮肉だよ。全く上手くねえ)




“それ”は彼を内から侵食し、壊していく。
806 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/22(土) 04:02:09.50 ID:LMcF6+k30




「私はシスターだから。迷っている人を導くのが私の仕事なんだよ」




「ハッ、俺は迷える子羊ってか?
笑えねえぜクソシスター」




「アンタ、何かあったの?」




(どうしたのよ、垣根。どうしちゃったのよ。
もっと頼ってよ。友達を頼りなさいよ)




積もった“それ”は、爆発しそうになっていた。




「今の俺は機嫌がすこぶる悪い。プッツンいっちまう数歩手前だ」




そんな彼の前に現れた一人の男。




「それに、お前だって苦しんでるんだろ?」




「どいつもこいつも苦しんでる苦しんでるって……テメェに何が分かる?」




「見せてやるよ、本物の根性って奴を!!」




垣根を救わんとするその男の気持ちは届くのか。
807 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/22(土) 04:03:45.49 ID:LMcF6+k30




そして、御坂美琴。


彼女も垣根帝督と同様、日常を謳歌していた。




「う、うん。似合ってるわよ、ホントに。想像以上ねこれは」




「……その発言は遠まわしに自らを褒めているのですか、とミサカはお姉様がナルシストであるという新発見をします」




「違う違うッ! そういうつもりで言ったんじゃないわよ!
ていうか、そんなこと言ったらどうアンタたちを褒めればいいのよ!?」




クローンとオリジナルではなく、姉妹として御坂妹と接する美琴。


打ち止めとの遭遇を経て、ますます美琴の妹達への想いは強くなっていく。




「ミサカは……
ミサカは、生きるということの意味が分かりません、とミサカは心中を吐露します」




「えへへ〜、お姉様の温かさはミサカのものだってミサカはミサカは譲る気は一切なかったり!」
808 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/22(土) 04:04:19.93 ID:LMcF6+k30




だが、そんな美琴に悪夢が再来する。


ア ク セ ラ レ ー タ
たった一人の男の出現により、彼女の日常は音を立てて瓦解する。




(なんで……だって、あの、実験はもう……ッ!!
終わった、んじゃないの? あの地獄の日々は、苦しみは、終わったんじゃないの?)




「また、あの子たちを傷つけようっての?」




それは偶然か、必然か。


だがもしそれが必然であるのなら。


そうさせた神様がいるのなら。


きっと、その神様はとても意地が悪いのだろう。


遂に出会ってしまった第一位と第三位。


御坂美琴の心が、闇に飲まれていく。
809 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/22(土) 04:05:57.81 ID:LMcF6+k30




「う、あ、ああああああああああああああああああああああッ!!!!!!」




「うるさいッ!!!!
分からないのよ、もう!! 死んでしまった一万人もの妹達が、あの子が何を考えていたかなんて!!
アイツをどう思っていたのか、私をどう思っていたのか、私にどうして欲しかったのか!!
生きていたら私に何を望むのか!!
何も、何も分からない!! 好きな食べ物一つ分かりゃしないのよッ!!
だって、あの子たちは死んだ!! 死んでしまった、殺されてしまった、あの人の皮を被った悪魔にッ!!
私はもう一万人の妹に会うことも出来ない、死んでしまったから、アイツのせいで!!
あの子たちはもう喋れない、もう笑えない、気持ちを伝えることだって出来はしない!!
アイツのせいで、あの悪魔のせいで、人を殺すことなんて屁とも思わない殺人鬼のせいでッ!!
あの子たちにだって一人一人に未来があったのに!!
もう、あの子たちのことは何も分からないのよォォオォォォォオォォオォォォォォオォォォオォォ!!!!」




御坂美琴の強さ。


それは並の大人を凌駕する強さ。


しかしそんな彼女の心が、遂に限界を迎えてしまう。


とめどなく溢れ出る感情、壊れる心。




(私は負けられないだって私は姉なんだからあの子たちのお姉様なんだからあの子たちの手本なんだから
私は弱音を吐いてはいけない救いを求めてはいけない揺らいではいけない完璧でないといけないだって私は姉なんだから姉だから姉だから姉だから姉だから―――ッ!!!!)




果たして、救いはあるのか。
810 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/22(土) 04:08:14.21 ID:LMcF6+k30




(お姉様はわたくしを頼ってはいただけませんのね……)




「……大馬鹿者だな、あいつは」




「お姉様は、とても優しい方です。
そして、強い。力だけではなく、何よりも心が、とミサカは呟きます」




「ミサカは……ッ、ミサカはどっちかなんて選べない!
ミサカは、二人に仲良くして欲しいよって、ミサカはミサカは絶対に叶わない願いを口にしてみる……」




「そォだな……どォしたいンだろォな。どォすりゃいいンだろォな、俺は」




(学園都市第一位サマもずいぶんと情けなくなっちまったなァ。
……本当に、情けなくて、笑っちまうくれェだよ、クソッタレが)





人の数だけある様々な想いが交錯し、物語を紡ぎ出す。


その行き着く先は悲劇しかないのか。


苦しみの果てに、少女の出した答えとは。
811 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/22(土) 04:09:44.99 ID:LMcF6+k30




(……あァ。やっぱ、俺なンかよりオマエこそが最強に相応しいぜ、オリジナル)




(一方通行。テメェの処刑人に、御坂以上の適役がいるか?
むしろテメェみてえなクッソタレの悪党には上等すぎる処刑台じゃねえか。
……因果応報。地獄へ落ちやがれ第一位。
これ以上ない程の、最上の極刑でな)




「アンタは、一万人以上の私の妹を殺した」     「俺は、一万人以上のオマエの妹を殺した」




「殺された妹達は、もう帰って来ない」       「俺が殺した妹達は、もォ帰ってこねェ」




「アンタが、羨ましい」              「オマエが、羨ましい」
812 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/22(土) 04:10:29.31 ID:LMcF6+k30




「……やっぱり、アンタをただのうのうと生かしておくことは出来ない」




「アンタは、アンタだけは、私が、この手で―――」




次章、


第三章 振り下ろされる断罪の刃、愛しい貴方に最上の極刑を Execute_For_Your_Sins.
813 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/22(土) 04:12:01.95 ID:LMcF6+k30




次章、


第三章 振り下ろされる断罪の刃、愛しい貴方に最上の極刑を Execute_For_Your_Sins.







814 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/22(土) 04:12:33.73 ID:LMcF6+k30








一方通行と御坂美琴が交差する時、物語は始まる。







815 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/22(土) 04:18:03.72 ID:LMcF6+k30
はい、一箇所ミスりましたが次章予告・改です
中二が足りないという理由で予告をやり直すという訳の分からんアホなことしたのは多分>>1だけです

今現在出せる中二は全て出し切りました
ですが、第四章の予告は更なる中二を目指すつもりでいます
では今日から一週間以内に投下します……きっと……多分!

それまでこの中二予告を見て妄想してくれると嬉しいです
美琴が書いてて痛々しいよぉ……
だが少しでもこの予告でwktkさせられたのなら>>1の勝ちだ
816 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/22(土) 06:03:36.85 ID:ZV5aVJYAo
乙。
楽しみに待っとく
817 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/22(土) 23:01:58.05 ID:4R61QCKB0
なんでそこまで中二テイストにこだわるんだよw
好きだけどなw
美琴と一方さんのわだかまりは扱いが難しいけど楽しみにしてる
818 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/09/23(日) 14:26:42.47 ID:qX1DESueo
さすがに今回はイラッときた

やっと続ききたかと楽しみでスレ開いたのに…
819 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/23(日) 16:40:44.39 ID:mOXufcSDO
遅くなったから生存報告だと言ってるじゃないか
ついでに中二予告があるだけで
820 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/23(日) 17:45:06.50 ID:KfQszem30
>>819の言う通りただの生存報告だろ
まぁ大人しく待とうや
821 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/09/23(日) 21:22:18.05 ID:ymo1q13Xo
普通の生存報告なら1レスで済むだろ
専ブラで見たら10レス以上増えてたから更新か思ったんだよ
822 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/23(日) 21:43:37.59 ID:KfQszem30
更新なら10レスじゃ済まないと思うがな
まあもうこの話はいいだろ
俺もお前も黙って静かに待とうぜ
823 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/24(月) 01:37:28.31 ID:qMYExvyDO
むしろ中二予告で一スレ使って見せろ!
824 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:36:27.12 ID:U7R2hebo0
はい、久々に投下に来ました
何とか一週間以内に来れて安心してます

>>823
流石にそれは無理ゲーすぎますww
825 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:37:04.17 ID:U7R2hebo0




第三章 振り下ろされる断罪の刃、愛しい貴方に最上の極刑を Execute_For_Your_Sins.




垣根帝督と御坂美琴、そして上条当麻の三人はとあるファミレスに集っていた。
一〇月二二日。今日は土曜日だ。
時刻は午前一〇時過ぎ。食事の時間からは外れているものの、それなりに客が入っていた。
学生の多いこの街では、食事以外に勉強や休憩の場として使用されることも多いからだろう。
実際に必死にペンを走らせている学生の姿も覗えた。
826 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:37:34.23 ID:U7R2hebo0
「で?」

垣根が水を飲みながら上条に言った。
今日この三人が集まったのは上条からの集合命令によるものだった。
突然二人に「上条さんを助けてください」というSOSメールが届いたのだ。

「これですよこれ!!」

上条がバッグから取り出したのは二〇枚はあろうかという山のようなプリントだった。

「これを明日までに終わらせなければいけないだぞ! 上条さんに出来るとでも?」
827 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:38:27.71 ID:U7R2hebo0
何故か偉そうに胸を張っている上条。
だがたしかに一日で終わらせるというのは厳しい量だ。
上条の頭を計算に入れるとなおさらである。
科目も英語やら現代文やら数学やら世界史やら様々で、明らかに彼のスペックでは処理できないだろう。

「これを手伝わせるためにわざわざ俺を呼んだのか?」

「Oh Yes!!」

「今のが遺言ってことで構わねえな?」

「待て待て待て!! 殺さないで!?」

「ってか私中学生なんだけど?」
828 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:39:22.58 ID:U7R2hebo0
美琴が大きなため息をつく。
彼女は八月の終わりにも上条の宿題を手伝っている。
美琴からすればまたか、といった感じだろう。

「中学生に勉強頼る上条か……違和感ないのが悲しいな」

「何とでも言えやい! そんなプライドは捨てましたのことよ!!
とにかく! これを終わらせなければいけないんだ手伝ってくださいお願いします!!」

座席に座っていたので土下座ではなかったものの、額がテーブルにつくまで頭を下げる上条。
何とも情けない光景である。
829 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:39:56.35 ID:U7R2hebo0
「チッ、これっきりだからな。俺は二度と頼まれてやらねえぞ」

涙を浮かべて礼を言っている上条を無視してプリントに目を通す垣根。

「……は? え? なにこれ、簡単すぎるだろ。これじゃ差がつかないだろ」

「上条さんの学校ではそれでも差がつくんです!」

「マジかよ……ほら、こっち半分はお前やれ」

垣根はプリントの束を半分にし、片方を美琴に差し出す。
それを見た美琴は「うげっ」という声をあげ露骨に嫌そうな表情をした。
半分にしたといっても一〇枚はある。面倒くさがるのも当然だろう。
830 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:41:45.11 ID:U7R2hebo0
「……あー、やっぱ私もやるの?」

「当然だろ。俺一人でなんてやってられるか」

「はぁ。仕方ない。こうなったら速効で終わらせるわよ」

垣根と美琴は上条の筆箱からペンを借り問題にとりかかる。
流石は超能力者というべきか、簡単とはいえ解き進める速度が尋常ではなかった。
しばらくの間それをボーッと見ていた上条だが、突然店員を呼んで唐揚げを注文し始めた。
注文を受けた店員が下がるとすぐにヒュッ!! と上条の顔面を二つのお手拭が襲った。
それは見事に直撃し、上条は「ふげ!?」という奇声をあげる。
831 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:42:32.77 ID:U7R2hebo0
「人がお前の課題をやってやってんのにお前は見てるだけか? 死ね」

「アンタのために頑張ってる私たちを差し置いて唐揚げとはどういう了見よ」

「モ、申シ訳アリマセンデシタ……」

「アンタも自分のことなんだから少しはやりなさいよ。はい」

垣根と美琴からプリントを二枚ずつ渡される。
たった四枚で済んでいるのは上条の頭の程度を考慮した結果なのだろうか。

その後も黙々と問題を片付けていく二人とは対照的に、上条は「うぅ……」とかうなり声をあげている。
832 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:43:22.85 ID:U7R2hebo0
「どうした上条。知恵熱か?」

「上条さんを赤ん坊と同じにしないで!?」

「口より手動かしなさい」

「だって垣根が!」

「垣根はしっかりやってるからいいの。
っていうかそもそも垣根はアンタを助けてくれてるのよ。そこ忘れないこと」

それを見て子を叱る母親のようだ、とか考えてみる垣根。
そんな三人に上条が勝手に頼んだ唐揚げが運ばれてきた。
それを見て唐突に騒ぎ出す上条。
833 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:43:59.62 ID:U7R2hebo0
「いいか! レモンはかけるなよ! 絶対だぞ!!」

「うるせえよ。どっちでもいいわボケ」

「唐揚げは私たちが食べといてあげるから、アンタはそれを早くやりなさい」

「俺の扱い酷くね!?」

「お前のカーストはもう決まってんだよ。諦めろ」

「不幸だ……」

「っていうかカーストと言えばアンタ、そこ間違ってるわよ。
一番上なのはクシャトリヤじゃなくてバラモンでしょ」

「しっかりしろよ高校生」
834 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:45:04.97 ID:U7R2hebo0
二人に続けて非難され、しかし何も言い返せない上条。
こころなしか涙すら浮かべているように見える。
唐揚げを食べながらサクサクと解いていた美琴と垣根は、一時間もかからずに終わらせてしまった。
一方、たった四枚のプリントが未だに終わっていない上条。
というか、問題が解けないので進んでいるはずがなかった。
上条が終わらせた部分を確認する二人。

「関係詞もないのに一文に動詞が三つですって……?」

「因数分解すらまともに出来てないだと……?
因数分解って中学生の内容だろ……?」
835 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:45:31.81 ID:U7R2hebo0
「それにここ、ピョートル一世じゃなくてエカチェリーナ二世よ」

「ちなみにこの『ナリ』は形容動詞じゃなく伝聞推定の助動詞な」

「一molは六,〇二×一〇の二三乗よ。これくらい覚えてなさいよ」

「漢字間違えんなよ。
現代文で漢字落とすとか致命的だぞ」

二人に矢継ぎ早に駄目出しを食らった上条は、

「もういい! もうやめて下さいお願いします!!
これ以上上条さんをいじめないで!? 頭が破裂するぅぅぅぅ!!」
836 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:46:31.04 ID:U7R2hebo0
頭を押えてうずくまっている上条。
顔を見合わせて盛大にため息をつく垣根と美琴。
小動物のように丸まってる上条を見ても保護欲はちっとも沸かなかった。
むしろ張り倒してえ、とか思う垣根。

「なあ、上条、お前ってさ」

「……はい」

「やっぱ脳味噌小っちぇえのな」

「何その表現!? なんか凄く傷つくんですけど!?」

ケタケタ笑っている垣根と対照的に、美琴はかなり真剣な顔つきで警告した。
837 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:47:08.74 ID:U7R2hebo0
「でもアンタ、こんなんだと本当に留年するわよ?
せめてテストでくらい点とっとかないと……」

「その馬鹿に教えてやれよ美琴センセー。つきっきりで」

「ふぇ!? つ、つきっきりって……///」

一瞬で林檎になった美琴。
しかし目の前でこんな会話が繰り広げられても、美琴の気持ちに全く気付かないのが上条である。
鈍感を超えた鈍感、それが上条当麻なのだ。
もっとも、もし上条がこうした他人の気持ちに敏感だった場合、それはそれで悲劇が起きそうな気がしなくもない。
主に修羅場的な意味で。
838 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:47:43.74 ID:U7R2hebo0
「あー……テスト前はお願いしたい……かも」

「情けねえなあ空条……」

「空条!? 頭空っぽってことですか!?
ってか提案したのは垣根だろうが!!」

「……もいい」

美琴が相変わらず顔を赤くしたままボソリと呟いた。
聞き取れなかった上条は、

「え? ごめん、よく聞こえなかった」

「だから! 私が教えてあげてもいいって言ってんのよ!!」
839 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:48:29.16 ID:U7R2hebo0
そう言って照れ隠しなのか上条に関節技をかける美琴。
垣根誤射事件があって以来、美琴が上条に対して電撃を放つことは一切なくなった。
だがそれから上条の態度がやたら強気になったので、最近になって美琴は風紀委員の訓練を受けている白井を倒すほどの体術に更に磨きをかけていた。
ちなみに上条の態度がどれほど変わったかというと、変化前を知らない垣根ですら「うぜえ」と思うレベルである。
といっても、垣根はしゅっちゅう「うぜえ」とか言っているので、あまりアテにはならないかもしれない。

「いてててて! やめて下さい折れてしまいます!!」

少しして美琴が手を離す。
痛そうに腕をさすっている上条に垣根がニヤニヤ笑いながら爆弾を投下する。
840 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:49:10.78 ID:U7R2hebo0
「よう上条。御坂と密着した感覚はどうだったよ?」

「そりゃあ柔らかくて良い匂……って何言わせてんだ垣根ぇ!!」

「や、やわらか……匂い……///」

美琴の方はそれを聞いて完全に意識がどこかへ飛んでいた。
何かの妄想にでも浸っているのかもしれない。

「お前らってマジで面倒くせえのな」

「何なんだよお前さっきから……」

「それよりよ。空条が押し付けやがったプリントも終わったわけだし、ゲーセンでも行かねえか?」
841 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:49:58.54 ID:U7R2hebo0
「空条って言うのやめてくださいマジお願いします……あ、プリントのことはありがとうな。
ゲーセンはまぁ、俺は別にいいけど」

「私も賛成」

「おっ、現世にご帰還か」

「元から死んでないわよ!!」

ギャーギャーと騒ぎながら唐揚げを完食し、店を出る三人。
彼らをうるさそうにジッと見ていた客も何人かいたのだが、彼らが気付くことはなかった。
842 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:50:25.83 ID:U7R2hebo0









三人は第七学区にある地下街へとやってきていた。
各デパートの地下を繋げ、迷路のように展開されているここにも多くの学生が行き来していた。
ちなみにここは、九月一日に上条当麻と風斬氷華がイギリス清教の魔術師、シェリー=クロムウェルと交戦した地下街と同一である。
843 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:50:57.45 ID:U7R2hebo0
「んで? 何すんだ?」

「んー。私は携帯を買いたいのよね」

「ああ? お前の持ってるそれじゃ駄目なのかよ?」

「いや、これは前のが壊れちゃってその場しのぎとして買ったのよ」

「ちなみに前のが壊れた原因は?」

「あ〜……いや、ん、その、間違って踏み砕いちゃったのよ」

「俺みたいな不幸だな……」
844 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:51:37.16 ID:U7R2hebo0
美琴が携帯をなくした本当の理由は、佐天を救出に向かった際に炎の中へと落としてしまったからだ。
今美琴が持っているものは彼女の言う通り、無いと困るので急遽入手したもので、デザインや機能などを考えて自分で選んだものではなかった。

ちなみに佐天涙子は既に以前と全く変わらぬ元気を見せている。
あんなことがあったので心配していた美琴だが、彼女は予想に反して全くと言っていいほど気落ちしてはいなかった。
変化といえば、彼女があの一件以来美琴や白井に対して以前よりも更に友好的な態度をとっていることくらいだ。
別に以前は冷たくあたっていたというわけではないのだが、以前なら初春と済ませてしまうような用事でも二人を誘ったりするようになっていたのだ。
どのような心境の変化があったのかは分からないが、美琴にとっては喜ばしい変化だったようだ。
845 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:52:13.57 ID:U7R2hebo0
「いや、まぁそうかもしれないけど……」

垣根はしばらく美琴たちと行動を共にしている間に、分かったことがいくつかあった。
まず、二人は出会った時の予想通りどうしようもないお人好しであること。

そしてもう一つが、上条はとてつもない不幸体質であることだ。
三人でいた時、上条の財布だけスられたことがあった。
自販機で飲み物を買った時、壊れてもいないのに上条の時だけ飲み物が出てこなかったことがあった。
三人で歩いている時、偶然上条の足元に風で空き缶が転がってきて、見事に転んだことがあった。
ATMから金をおろす時、上条だけ絶対合っているはずなのに暗証番号が違うと表示されたことがあった。
まさに天から見放されているとしか言えないレベルで、これには流石の垣根も苦笑いするしかなかった。
846 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:53:48.24 ID:U7R2hebo0
三人はコンビニ程度の大きさの携帯ショップへとやってきた。
店内には携帯のレプリカ、いわゆるモックが大量に陳列されている。
並べられている携帯は一般的な携帯がほとんどだが、中には白井愛用の携帯のように、外部の人間が見てもそれと分からないような形をしたものもある。
この量は学園都市内部のものと外部のもので二種類あるというのも一因かもしれない。
学園都市の科学力が外と比べはるかに進んでいるとは言っても、必ずしも内部製がいいというわけではない。
どちらも一長一短であり、緊急時にはどちらのサービスがより早く復旧するか分からないので一週間以上悩む学生もいるという。

「んで? 御坂はどれ買うか決まってんの?」

上条が並べられたモックを見て問うと、美琴は一切の迷いもなく端の方にあった一つのモックを取る。
847 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:54:16.79 ID:U7R2hebo0
「これよ」

「……俺の気のせいじゃなければ、それ前のと同じじゃねえか?」

そう確認したのは垣根。
美琴が指定した携帯はなくす前のものと全く同一だった。
緑色でゲコ太モデルの携帯だ。

「しょうがないでしょ。ゲコ太が可愛いのが悪いのよ」

もはや二人にはゲコ太マニアであることを隠す気は微塵もないようだ。
以前セブンスミストで垣根にゲコ太パジャマを合わせているところを見られ、テンパっていたころと比べるとずいぶんオープンになっている。
848 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:55:27.47 ID:U7R2hebo0
「……いや、まあお前がそう言うなら構わねえけどよ」

「んじゃ、俺と垣根は外で待ってるから契約終わったら来いよ」

そう言って店外へ出ようとする上条だったが、美琴に呼び止められた。

「ちょっと待ちなさいよ。アンタとは、その、ペ、ペペペペ……」

「どうしたペペペマン」

「面白いよな。俺はゲームの中でも不幸は健在みたいで、いつも借金することになってるけど……」

「そんなお前に徳政令カードか平のまさカード」
849 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:56:04.76 ID:U7R2hebo0
「以前平らのまさカード使おうとしたけど、ボンビーに捨てられて……」

「不幸だな……」

「なんの話してんだアンタらはッ!! いいからペア契約更新しろって言ってんでしょうが!!」

桃鉄談義で盛り上がる垣根と上条に思わず大声をあげる美琴。
急に大声をあげられた二人は一瞬ビクンとしていた。

「……ペア……」

「契約……?」

「……あっ///」
850 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 18:57:20.15 ID:U7R2hebo0
はい、投下終了
次回投下は一週間以内……と言いたいですが、多分無理です
二週間以内にはきっと!!
851 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 19:08:01.58 ID:U7R2hebo0




「おいぃぃぃいぃいぃぃい!?
ちっくしょおぉぉぉ!! どうしてこうなったあぁぁぁぁ!!」
『スクール』のリーダー・学園都市第二位の超能力者(レベル5)―――垣根帝督




「ていとくは女の子に対するでりかしーが欠けてるかも」
禁書目録を司るイギリス清教のシスター―――インデックス




「分かってないわね。あの時はゲコ太とピョン子が貰えたけど、今回もそうなのよ。
前とはデザインの違うゲコ太ストラップが貰えるの」
学園都市・常盤台中学の超能力者(レベル5)―――御坂美琴




「またゲコ太かよ!? どんだけゲコリストなんだお前!?」
学園都市の無能力者の学生―――上条当麻
852 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/09/28(金) 19:08:54.95 ID:U7R2hebo0
あ、入れ忘れたけど↑は次回予告です
いや分かるとは思いますけど、一応
853 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/28(金) 19:16:03.11 ID:yESDZN3R0
乙です
みこっちゃんかわいい
854 :alpha ◆zk7IZnKOSA [sage]:2012/09/28(金) 19:40:27.32 ID:epIpI9uAO
はい、ブクマしました
855 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/28(金) 20:24:25.72 ID:tNlKk9rIO
乙です
一等地を抜くカードも忘れないであげて
856 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/28(金) 22:11:36.32 ID:RVFmDoEr0

ここの上条さんはなんだかんだ言いつつ結構幸せ者  
857 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/01(月) 13:37:29.79 ID:UWppPOazo
本人がそれに気づいてないのが一番不幸かも知れんな
858 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 22:56:30.30 ID:rr+igo730
さて、投下しに参りました
次回投下は一週間以上後?
ナンノコトデスカ?
859 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 22:58:23.84 ID:rr+igo730
>>855
そんなカードありましたっけ?
思い出せない……

>>857>>858
この上条さんは美琴や垣根とワイワイしてるただのリア充ですよね
しかも美琴と二人きりで勉強会とか もげろ
860 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 22:59:03.57 ID:rr+igo730
「……ペア……」

「契約……?」

「……あっ///」

口が滑ったという風に手で口を覆い、ついでに顔を赤くする美琴。
垣根がそれにしても一瞬で真っ赤になったり戻ったりするのはどういう仕組みなんだろうかとかどうでもいいことを考えていると、

「ペア契約って九月の末にやったアレだろ? 更新する必要あるのか?」

美琴と上条の携帯間で成立していたペア契約は、美琴がその携帯を紛失したことにより効力を失ったらしい。
どうやらそれは契約を更新する手続きを踏むことで維持できるらしいのだが、美琴はそれを上条に要求しているのである。
861 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:03:02.39 ID:rr+igo730

「分かってないわね。あの時はゲコ太とピョン子が貰えたけど、今回もそうなのよ。
前とはデザインの違うゲコ太ストラップが貰えるの。一〇月の半ばあたりから変わったらしいんだけどね。
確認してみたら、新規契約だけじゃなくて、契約更新でも貰えるらしいのよね〜」

これを逃す手はないッ! と力強く拳を握る美琴。

「またゲコ太かよ!? どんだけゲコリストなんだお前!?」

思わず絶叫する上条とは対照的に、垣根は沈黙していた。
呆れているわけではない。
いや、もしかしたらそれもあるかもしれないが、以前セブンスミストで食らったマシンガントークを恐れているのだろう。
862 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:03:44.89 ID:rr+igo730
美琴のゲコ太好きは尋常ではない。
夏にはゲコ太バッジをゲットするために、ガチャポン一つを空っぽにしたこともあるほどだ。壱万円札まで両替して、だ。
それだけではない。空にするまでやってもバッジを手に入れることが出来なかった美琴は、他のガチャポンも食い潰した。
彼女の前でヘタにゲコ太トークをするのは危険だ。
もっとも、そうしてグッズが増えるたびにルームメイトの白井黒子は可哀想なものを見るような目を彼女に向けることになるわけだが。

「『ハンディアンテナサービス』もついでに更新するわよ」

「聞いたことあるな。たしかひとりひとりの携帯を中継して、アンテナ基地まで繋げるってやつだろ」

黙っていた垣根が口を開く。
話題がゲコ太から逸れたからだろうか。
863 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:04:17.35 ID:rr+igo730
『ハンディアンテナサービス』というのは、垣根の言う通りそれぞれの携帯を中継して基地まで繋げるというものだ。
たとえば垣根の近くにアンテナ基地がなくても、美琴、上条、白井……といった風にどんどん中継アンテナを繋いでいく。
最終的にアンテナ基地の近くにいる人物まで繋がればそれで通話が可能になるというサービスだ。
もともと震災時用に空中通信網を確立するためのものらしく、簡単には断線しないらしい。

「そう、それよ。普及させる手伝いをしようってこと。
アンタもそれで……ていうかそうか。アンタの『ハンディアンテナサービス』は生きてんのよね」

「ペア契約は特定の二人の間で成立するものだけど、それは一人で大丈夫だからなぁ」

「ならペア契約だけでいいから、さっさと更新するわよ」
864 :alpha ◆zk7IZnKOSA [sage]:2012/10/01(月) 23:06:21.54 ID:/e4JZprAO
あ、更新してる
865 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:11:55.96 ID:rr+igo730
垣根に「少し待っててね」と言い残し、美琴は上条の腕を掴み店内へ連れ込んでいった。半ば強引に。
ゲコ太とやらはそんなに魅力的なのか。
いや、あれは上条とペアになりたいという気持ちの方が勝っているのだろうが。

ペア契約の更新だけでなく、美琴は携帯を買うと言っていたのである程度時間がかかるだろうと考えた垣根は少し離れたベンチへ移動する。
あたりはせわしなく人が行き来していた。
休日ということもあり、学生があちこちにいる。
中にはカップルでいる者もおり、それぞれが思い思いの休日を満喫しているようだった。
だがベンチに腰掛けてすぐ、そんな中に一人明らかにおかしい人物を目撃した。
866 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:13:36.27 ID:rr+igo730
白い修道服を身に纏った外国人らしき少女だ。
どう考えたって学園都市の学生とは思えない。
警備員か風紀委員にIDの提出とか求められないのかと微妙に失礼かもしれないことを考えていると、

「……おなかが減ったんだよ〜」

その白い人物が突然訳のわからないことをおっしゃった。

「……は?」
867 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:16:01.58 ID:rr+igo730
思わず気の抜けた声を出す垣根。
おそらく今の少女の言葉は独り言のようなものであり、垣根に向けられたものではなかっただろう。
だが、それに垣根が返事をしてしまったため、この少女は垣根を話し相手としてしまったようだ。

「おなかが減ったって言ってるんだよ」

「……」

「おなかが減ったって言ってるんだよ?」

「黙れ、そして消えろ、ついでに死ね」
868 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:17:34.52 ID:rr+igo730
垣根から容赦なく繰り出される辛辣な言葉にも一切ひるまず、ひたすら同じ言葉を繰り返す銀髪シスター。
面倒くさい奴に絡まれた、と思っていると突然少女が涙目になり始めた。
流石にこれには垣根も驚き、「お、おい、どうした?」などと声をかけてみるも、少女は止まらない。
ついには大声で泣き叫び始めてしまった。

「ヒック、お、おなかが、ヒック、減ったって言ってるのにー!! うわぁ〜〜ん!!」

「おいぃぃぃいぃいぃぃい!?」
869 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:23:27.40 ID:rr+igo730
ビクッ、と思わず体が震えた。
何で突然泣き出しているのか。というか、泣いている理由があまりにも理不尽じゃなかろうか。
あたりを行き交う人たちが立ち止まり二人の方をジッと見つめている。
ヒソヒソという話し声が垣根の耳に入ってくる。
「サイテー」「浮気したんじゃね?」「女の子泣かせるなんて……」「見た目通りのチャラさ……」「やだ、イケメン……///」

誤解だ。そう、誤解なんだ。垣根は心の中でそう叫ぶが、すでに解きようもないレベルにまで誤解が広まっている。
あまりにも理不尽だが、垣根はもう“そういう人間”だと周囲に思われている。
870 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:28:12.75 ID:rr+igo730
こんなところを美琴と上条に見られたら、と思うとゾッとする。
仕方なく垣根は少女を掴んで即その場からの逃走を図った。

「ちっくしょおぉぉぉ!! どうしてこうなったあぁぁぁぁ!!」

こういった不幸はあのツンツン頭の専売特許のはずなのに。
垣根帝督の悲痛な叫びが、地下街に響き渡った。
871 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:28:58.33 ID:rr+igo730









垣根帝督と白い修道服を着た少女はマクロナルハンバーガーというファストスード店にいた。
マクロナルハンバーガー。
一部ではマッロともマクロとも呼ばれる店だ。
ただし前者は発音しにくいということで、最近では後者が一般的になってきているらしい。
872 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:32:00.19 ID:rr+igo730
さて、何故二人がここにいるのかといえば少女が「おなか減った」とかいう訳の分からない理由で号泣し始めたため、食わせてやれば泣きやむのではと考えたためだ。
店内に入ると少女はあっさりと泣き止み、「あれもこれも全部食べたい」などとのたまったのだった。

垣根の前に置かれているのはチーズハンバーガーと烏龍茶。
少女の前に置かれているのは山積みになったハンバーガーとポテト。
どう考えても彼女の体に入りきるとは思えないのだが、彼女はそれらをバクバクと平らげていく。
こいつの胃袋はブラックホールだな、と思っていると、少女が食事に一区切りつけ、話しかけてきた。
873 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:32:44.89 ID:rr+igo730
「ありがとなんだよ茶色い人!」

「一言かよ。ってか変態にも言われたが茶色い人ってなんだぶっ殺すぞ」

「だって、あなたの名前知らないもん。
名前、教えてくれるかな?」

「人に名前を聞く時はまず自分から名乗るもんだぜ」

某真っ赤な二刀流のようなことを言う垣根。

「私の名前はインデックスって言うんだよ!」

「よろしくな目次さん」

さらっと流す垣根。どう考えたって偽名だが、垣根は気にしなかった。
874 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:35:56.53 ID:rr+igo730
(いや、もしかしたら能力名かもしれねえな)

一方通行のような、心理定規のような。
ただどう見ても学園都市の学生には見えないのだが。

「むっ、とうまと同じこと言うんだね。
それよりあなたの名前は?」

「垣根だ。垣根帝督」

「よろしくなんだよ、ていとく!」

目をキラキラさせるインデックス。
垣根は彼女が完璧な『表』の人間であることを確信した。
『闇』に堕ちた人間に、こうまで悪意のない純粋な笑顔はつくれない。
875 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:36:34.92 ID:rr+igo730
「で? そのインディペンデンスデイさんはあんなところで何してやがったんだ?」

「私の名前はインデックスなんだよ! 別に独立記念日は関係ないかも!」

「冗談だよ、んで実際のとこどうなんだ?」

「えっとね、とうまはお昼ごはん用意してくれてたんだけど全然足りなくて。
それでとうまを探しに行ったんだけど途中で限界が来たっていうかもうていとくのおかげでとうまを探す必要はなくなったんだけど」

一気にまくし立てるインデックス。
垣根はそもそもとうまって誰だよとか思ってたりする。
それが上条の下の名前だとは気付かない。
876 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:40:26.69 ID:rr+igo730
垣根は彼のことを上条と苗字で呼ぶし、美琴にいたっては名前を呼ぶことすらないので覚えていなかったのだ。
だがそれにしても名前を覚えてないというのはどうなのだろう。

その間にインデックスは「店員さーん! このページ追加でお願いなんだよ!」と斬新すぎる注文をしていた。

「……いや、マジでお前なんなの? 能力なの?」

「フフン、これくらい私にとっては前菜にすらならないかも」

「マジか……いや、マジか……マジか……」
877 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:40:57.22 ID:rr+igo730
もはやそれしか出てこない。垣根が驚くのも無理はない。
どう見ても彼女の胃袋に入りきるはずのない量を美味しそうに食べているのだから。
彼女が上条家の財政を圧迫しているのだという事実を知るのはもっと後のこととなる。

「ていとくは食べないの?」

垣根の頼んだチーズハンバーガーは三分の一ほど残っていたのだが、彼は先ほどから中々それを食べようとしていなかった。
彼女はまるで「いらないなら私がもらうんだよ」的な視線を向けてきている。
どこまでも食い意地の張った少女である。
というか垣根の食いかけでも良いのだろうか。
878 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:41:27.69 ID:rr+igo730
「目の前でそんだけ大食いされりゃ食欲もなくなるわボケ」

「ていとくは女の子に対するでりかしーが欠けてるかも」

と言いながらも食べるのはやめないインデックス。
もはやため息しか出てこない垣根。
食欲が失せたとは言ったが、残すのもたしかにもったいないので残りのハンバーガーを食べていると、彼の携帯が鳴った。
確認してみれば、それは上条からのメールだった。内容はたったの一行。

『今どこにいるんだ?』

「あ」
879 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:44:44.08 ID:rr+igo730
思わず間抜けな声を出す垣根。
彼は上条と美琴の契約が終わるのを待っていたのだ。
そこにこの少女がやってきてその場を離れてしまったが、もうだいぶ時間が経っている。
契約はもう終わっていて当然だろう。
彼はそれをすっかり忘れてしまっていた。

「あー、悪いインデックス。俺はもう行かなきゃならねえ。
お前は好きなだけ食ってどこへでも行け」

「私はおなかいっぱい食べたら帰るかも。もうとうまを探す必要もないし」

モグモグとハンバーガーを口いっぱいに頬張りながら答えるインデックス。
880 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:45:31.82 ID:rr+igo730
「そうか。んじゃじゃあな」

垣根は財布を取り出し、たとえインデックスが全メニューを制覇したとしても十分足りる金額を渡す。
だがそれを受け取った当のインデックスはきょとんとした顔を浮かべ、

「奢ってくれるの? ありがとなんだよ!」

「どうせ金持ってないんだろうが。
てか最初から奢らせる気マンマンだったくせに何ほざいてんだ」

「でも本当にありがとう! あなた、とっても良い人だね!」
881 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:46:51.58 ID:rr+igo730
そう言って、ニコッと満面の笑顔を浮かべるインデックス。
その笑顔はあまりにも眩しいものだった。

「……ハッ。俺が良い人、ね。
知らないってのは幸せだなあオイ」

垣根帝督が善人であるはずがなかった。
暗部の人間である彼は悪行の限りを尽くしてきた。
もう何人の人間を殺したか覚えてもいない。
もし彼が善人だというなら、悪人などこの世に存在するのだろうか。
882 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:47:23.71 ID:rr+igo730
「でも、あなたが私を助けてくれたのは事実かも。
助けてくれたって言ってもごはんをくれただけだけど、それでも私はていとくに感謝してるんだよ」

「……言っとくが俺はクソッタレの外道だぞ。
お前なんかじゃ想像もつかないほどのな」

「そんなことないよ」

一言で切り伏せられた。
この少女の言葉には不思議な力がある。
どうしても無視することが出来ない。
垣根は隠しもせずに舌打ちし、苦々しげな表情を見せる。
883 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:48:22.16 ID:rr+igo730
「ていとくは、何かに苦しんでるように見えるんだよ」

「は?」

一体この少女は何を言っているのか。
垣根は何にも苦しんでなどいない。
だというのに、この少女は苦しんでいるという。
いつもの彼なら、耳を貸そうとも思わなかっただろう。
だが、何故か聞き流せなかった。

「もしかしたらていとく自身も気付いていないかもしれないけど。
何かに苦しんでる、無理してるように私には見えるんだよ。
これはあくまで私の想像でしかないけど、ていとくは自分の行いを悔いているようにも見えるんだよ。
ていとく。何があったのか分からないけど許されないこと、やり直せないことなんてないんだよ。
その気持ちがあれば、神様は必ずお許しになるんだよ」
884 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:50:59.85 ID:rr+igo730

それは彼女がシスターとして何人もの苦しみを抱えた人たちに接してきたからこその言葉なのか。

「ずいぶん感動的なことを言うじゃねえか」

「私はシスターだから。迷っている人を導くのが私の仕事なんだよ」

「ハッ、俺は迷える子羊ってか?
笑えねえぜクソシスター」

このシスターの言っていることはただの奇麗事だ。
やり直せないことなんていくらでもある。許されないことなんていくらでもある。
そして彼は許されないだけの事をしてきている。
885 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:51:37.55 ID:rr+igo730
インデックスは何も分かっていない。

「……だが、あいにく俺は無神論者でね。
そんな戯言に涙を流すような素直な人間じゃないんだわ」

「ていとく……」

「じゃあな」

垣根は店を出た。
インデックスの言葉が頭に残っている。
何故かあの少女の言葉は流せなかった。
何故かあの少女の言葉は胸に響いた。
何故かあの少女の言葉は忘れられなかった。
886 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:52:06.13 ID:rr+igo730

(チッ。なんなんだ、この胸のモヤモヤ感は)

垣根は無理に頭を切り替え、さきほどの会話をなかったことにしようとする。
だがどうしても頭の中をグルグルと回ってしまう。
それを押さえつけ無理やりに記憶に蓋をして、彼は上条たちのところへと急いだ。
887 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:53:18.43 ID:rr+igo730









「どこ行ってたんだよ?」

「ちょっと面倒なのに絡まれて、な」

三人は地下街にいた。
正確には垣根が地下街へ戻ってきた。
二人は滞りなく契約を終えたらしく、美琴の新携帯にはカエルのストラップがついていた。
888 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:54:04.43 ID:rr+igo730
「絡まれたってスキルアウトかなんか? 大丈夫だったの?」

美琴が心配そうな表情で聞いてくる。
彼女は本気で心配している。

「スキルアウトじゃねえよ。……ありゃ、もっと厄介な何かだ」

「?」

垣根はそれ以上語らず、ただ「ゲーセンでも行こうぜ」と言った。
やたらと垣根が早くと急かすので、上条が、

「何をそんなに慌ててるんだよ?」
889 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:54:35.15 ID:rr+igo730

先ほどインデックスと遭遇した時、彼は周囲にとんでもない誤解をされている。
あれについては垣根は不幸だったとしか言いようがないだろう。
あれからしばらく経っているとはいえ、まだあの時のギャラリーがここに残っているかもしれない。
あの視線は二度と浴びたくないと思っている垣根だった。
890 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/01(月) 23:56:27.11 ID:rr+igo730
投下終了
インデックスさんマジシスター
891 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/02(火) 00:05:01.94 ID:ziL8qZOy0
    次回予告




「敗者に人権はねえよ」
『スクール』のリーダー・学園都市第二位の超能力者(レベル5)―――垣根帝督




「垣根、アンタは相当のゲーマーと見たわ」
学園都市・常盤台中学の超能力者(レベル5)―――御坂美琴




「そう思うならもっと手心をですね……」
学園都市の無能力者(レベル0)の学生―――上条当麻
892 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/10/02(火) 00:18:31.17 ID:COb1DdU3o
乙でした
893 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/10/02(火) 00:23:38.27 ID:VRPR48YW0
乙ー
894 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/02(火) 00:31:27.71 ID:WZZcJIwk0
やっぱりここの上条さんも苦労人だった  乙  
895 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/10/02(火) 01:19:18.56 ID:lg3zxxgYo
インデックス「わたしの胃袋は宇宙なんだよ」
896 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/06(土) 18:40:22.06 ID:qknkSzp30
インデックスも苦労してんだよな。少女じゃなくてイギリス聖教には禁書目録として見られてるし…ねーちん、ステイルマジ紳士
897 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/10/08(月) 00:46:49.84 ID:sPcHSqu+0
さて、投下しますぜ

>>896
神裂さんマジペロペロですよねペロペロ
898 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/10/08(月) 00:47:26.82 ID:sPcHSqu+0
垣根はそれ以上語らず、ただ「ゲーセンでも行こうぜ」と言った。
やたらと垣根が早くと急かすので、上条が、

「何をそんなに慌ててるんだよ?」

「……周りの視線が怖えぇんだよ……!」

「え?」

先ほどインデックスと遭遇した時、彼は周囲にとんでもない誤解をされている。
あれについては垣根は不幸だったとしか言いようがないだろう。
あれからしばらく経っているとはいえ、まだあの時のギャラリーがここに残っているかもしれない。
あの視線は二度と浴びたくないと思っている垣根だった。
899 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/10/08(月) 00:48:12.83 ID:sPcHSqu+0
だが時間は昼時。昼食を済ませていない美琴と上条の希望で、食事をしてから三人はゲーセンへとやって来ていた。
やはりというべきか、かなり人が多くごった返している。
ここはいわゆる『外部系』、つまり学園都市内部で開発されたゲームではなく、外から仕入れてきたゲームが置かれているところである。
外のものであるため、当然能力を使うものも存在しない。
技術で外を遥かに上回る学園都市だが、ゲームの面白さが技術の高さと比例するとは限らないため、意外とこうした『外部系』は需要があるのだ。

そんな中、三人が最初に手をつけたのはガンシューティングだった。
見た目的によくあるようなゾンビモノのようで、三人は垂れ幕をくぐり硬貨を数枚投入する。
900 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 00:49:00.77 ID:sPcHSqu+0
ちなみにプレイするのは垣根と美琴で、上条は今回は見学だ。
おどろおどろしい音楽と共にゲームはスタートする。
どうやら舞台となる街には巨大な湖があり、そこで八〇年ほど前船の沈没事故があった。
それに乗船していた人たちは死体すらあがらなかった。
この事件に強い興味を覚えたとある大学のオカルトサークルの面々が調査のためにこの街を訪れ、そこで事件に遭遇……というストーリーらしい。

オープニングが終わり、いよいよゲームが始まった。
出現する敵はゾンビではなく、何とも形容し難い異形のものだった。。
901 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 00:49:38.79 ID:sPcHSqu+0
それらを的確に撃ち抜いていく垣根と美琴。
二人ともかなり手馴れているようで、全くダメージを食らっていない。

「へえ。二人とも上手いんだな」

「私はよくゲーセン来てるしね」

「俺も慣れてるな」

ただし本物で。
垣根だけやたら物騒な理由だが、ともあれ二人は順調に進んでいた。
しばらく進むと、場面は病院に入っていた。
902 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 00:51:28.91 ID:sPcHSqu+0
あたりは錆と血だらけの、いかにもホラーゲームといった雰囲気だ。
ここまで来ると、流石に二人ともノーダメージではなかった。
僅かではあるが、ダメージを負っていた。
襲い来るクリーチャーを倒し、初のボス戦に突入。
敵はボスだけではなく、その周りに雑魚敵がうじゃうじゃ沸いていた。

「うわっ!? な、なによこいつ!?」

「お前は雑魚を始末しろ。余裕があればボスに攻撃する、程度でいい」

垣根の指示に従い、攻撃を続けていくと、ついにボスを撃退することに成功する。
しかし美琴のライフは半分近くになっていた。
903 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 00:52:19.22 ID:sPcHSqu+0
対して垣根はまだまだ余裕がある。
ストーリーも進行していき、折り返し地点かというところでついに美琴がゲームオーバーになってしまった。

「何死んでんだ御坂。まあいい、次上条な。俺の足を引っ張るなよ?」

「うぅ……悔しい。あそこでミスらなければもっと行けたのにー!」

「ようやく上条さんの出陣ですか。俺もそれなりに慣れてるぜ!」

硬貨を投入し、コンティニューを選択。
上条も美琴に負けず劣らずの腕で、いよいよストーリーも佳境に入る。
904 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 00:53:25.91 ID:sPcHSqu+0
この頃になると流石の垣根もだいぶダメージを食らっており、油断はできなかった。
一方上条は途中参加ということもあり、半分強は残っている。

物語はどんどん進み、いよいよラストバトルが始まった。
垣根のライフはほんの僅かになっていたが、彼の表情はマジだった。
どうやら追い詰められたことで本気になったようで、まるで暗部の仕事をしているかのような表情だ。
本気モードになってからは彼はただの一度も攻撃を受けず、的確に攻撃を加えていく。
上条はラストバトルの少し前にゲームオーバーになっており、今垣根とプレイしているのは再び交代し美琴だ。
905 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 00:54:00.01 ID:sPcHSqu+0
交代してそう時間が経っていないことと、一度ゲームオーバーになったことによりプライドが刺激されたようで、彼女もまた本気モードになっている。
二人の目つきは非常に鋭く、上条は二人から発せられるオーラにビビッていた。
ラスボスは本気になった二人の猛攻によりあっさりと沈み、エンディングへと突入。

ゲームクリアだ。




「とりあえず垣根。アンタ何者よ。
初プレイでワンコインクリアとかどういうことよ」

「あれはびっくりしたな」

「言っただろ。慣れてるって」
906 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 00:54:59.48 ID:sPcHSqu+0
垣根の言う慣れてるは現実での銃器の扱いを指しているわけだが、本物の銃が扱えてもガンシューティングが出来るとは限らないような気がする。
だが実際に彼はワンコインクリアという偉業を成し遂げているため、納得するしかなかった。
というか先ほどのゲーム、ゲーセンにしては意外とストーリーが奥深かった。
出てくるクリーチャーのデザイン的にも、あれは女子中学生がやるようなものなのだろうか。

「垣根、アンタは相当のゲーマーと見たわ」

垣根がそんなことを考えていると、当の女子中学生からゲーマー認定をいただいた。
実際にはゲーセンなんてほとんど来たことはないのだが、

「いや俺は……いや、ああうん、もうそれでいいや」
907 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 00:55:50.80 ID:sPcHSqu+0
「なあ、次はあれやろうぜ」

上条が指差したのはレーシングゲームだ。
以前三人はこれで遊んだことがあり、その時には美琴が最下位で、垣根が第二位だった。
勝者の余裕というべきか、上条は負ける気はサラサラないようである。

「上等じゃない。いつかの恨みをここで晴らしてやるわ」

「俺も『第二位』だったってのが気に食わねえ。白モヤシなんぞに負けてたまるか」

垣根だけ何か違う方面でキレているが、とにかく三人はゲームをスタートし、キャラクター選択画面へと進む。

「俺はワ○オだ。こいつで上条を引き摺り下ろす!」

「なら俺はル○ージだな。まだまだ負けてやれないですよ?」

「私はキノ○オよ。前回のような無様は晒さないわ」
908 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 00:56:41.44 ID:sPcHSqu+0









「おわっ!? 卑怯だぞ垣根!」

「ハハッ、わざと下位に落ち良いアイテムを取り、それで一気に攻める! 基本だろうが!!」

「サンダーにスーパースター……このままでは!」

「待ちなさいよ! 食らいなさい!」
909 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 00:57:26.10 ID:sPcHSqu+0
「赤甲羅だあ? そんなもんで俺を蹴落とせると思ってんのか!」

「まだだぜ垣根ぇ!」

「うおっ!? テメェら二人がかりで俺を……」

「ってなんだ? み、緑甲羅!? 御坂裏切りやがったな!」

「ふん、さっきまでは垣根を蹴落とすために利用していただけよ。
ここまで来ればもうアンタは必要ないわ!」

「クソッ! いや……おお!
いつもは不幸な上条さんに救いが! これで逆転だああ!!」
910 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 00:58:05.45 ID:sPcHSqu+0
「なっ、キラーですって……! でももう遅いわ!
出でよトリプルダッシュキノコ!」

「俺はこのまま勝たせてもらうぜ!
トリプルダッシュキノコだ!」

「お、お前ら!? クソッ、間に合―――わねえ!!」


ゴール!!


一位 垣根、二位 美琴、三位 上条
911 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 00:59:51.07 ID:sPcHSqu+0
三人はかなり熱くなっていた。
もともと垣根や美琴は負けず嫌いなところがあるので、たかがゲームといえどやるからには勝つというスタンスなのだ。
上条はこのゲームは比較的得意なようで、プライドがあったようだ。
結果は見事垣根の勝利。上条が最下位という結果に終わった。

「ククッ、ざまあみろ上条。
この俺が本気になればこんなもんだ」

「一位は譲ったけど、前回の雪辱は果たしたわ。
前回優勝者が最下位なんてねぇ?」
912 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:00:43.10 ID:sPcHSqu+0
「うぐっ……だ、大体お前らアイテムに恵まれすぎだろ!
上条さんはイカばっかりでしたよ!?」

「見苦しいぞ上条。言い訳は聞くに堪えねえ」

「ずいぶん必死ね“元”優勝者」

容赦なく畳み掛ける二人。
実はこの二人、前回敗北を喫したことがかなり気に食わなかったのだ。
特に美琴は前回最下位であり、生来の負けず嫌いである彼女がそのまま引き下がるはずがなかった。
そして今回で優勝こそ逃したものの、前回自分を超え優勝した上条を最下位まで引き摺り下ろせたことに満足していた。
913 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:01:25.60 ID:sPcHSqu+0
「オラ敗北者、何か飲み物買って来い」

「なんで!?」

「敗者に人権はねえよ」

とんでもない発言をサラリとかます垣根。
色々と問題のある発言だ。
もし二五〇年法の被験者とも言われる見た目小学生の教師がこれを聞いたら、垣根は長々と説教を食らう羽目になるだろう。

「あ、私の分もお願いね〜」

ニシシと笑って指示を出す美琴。
上条に勝ったことが相当嬉しいようだ。
914 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:02:21.56 ID:sPcHSqu+0
結局上条は自販機まで走ることとなった。
それもゲーセン内に設置されている自販機ではなく、外にあるところまで。
垣根曰くそこは烏龍茶等の極普通のものが売られている、学園都市内ではレアな自販機らしい。
彼が烏龍茶を希望したため、上条はそこまで走らざるを得なくなったのだ。
ちなみに走っているのは垣根に三分以内という制限をつけられたからである。
一分でも遅れたら超電磁砲地獄という宣告を受けているので、必死なのである。

三人のいたゲーセンからその自販機までの距離はそれなりに離れている。
歩くのは論外、また走っても普通に走っては三分以内に往復は間に合わない。
必死に走ればギリギリ間に合う、といった距離だ。
垣根の課した三分という制限時間は決して無理難題ではない。
全力を尽くせば何とか間に合うという、妙に計算された現実的な数字なのだ。
915 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:03:03.60 ID:sPcHSqu+0
一一月も間近だというの汗をかいた上条は、だがしっかり三分以内に戻ってきていた。
両手に烏龍茶を三本持ち、落とさないようにしながら垣根と美琴を探す。
二人の姿はすぐに見つかった。どうやら格闘ゲームに夢中になっているようだ。

「どうしたのよ垣根? そんなことじゃこの美琴サマには勝てないわよ!」

「いい気になるなよ御坂……隙アリだ!」

「なっ!? あ、あ……負けた……」

「まんまと引っ掛かりやがって。甘いな御坂」

「アンタ……最初からレイジシステムを利用するつもりだったのね?」
916 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:04:50.78 ID:sPcHSqu+0
「その通りだ。後はお前が一瞬でも隙を見せればそれで終わりだ」

「あのー。……二人とも?」

おそるおそると言った感じで声をかける上条。
熱くなっている二人は近くにいた上条に気付いていなかった。

「ああ、上条か。どうやら三分は守ったみてえだな」

「この時期に汗かくなんてね。まあお疲れ様」

「そう思うならもっと手心をですね……」
917 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:12:01.16 ID:sPcHSqu+0
受け取った烏龍茶をゴクゴクと飲みながら、上条がふとしたように質問する。

「なあ、時間も時間だけどどうする?」

「ん、ああ。もうこんな時間なのね。ってもまだ大丈夫だけど。解散する?」

「俺はどっちでも」

「それじゃ、今日は解散するか」

まだ完全下校時刻までにはだいぶ余裕がある。
だがゲームというものは意外に疲れるものである。
918 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:12:31.28 ID:sPcHSqu+0
しかもガンシューティングやレーシングゲーム、格闘ゲームのように毎回熱くなっていたのではなおさらだ。
上条が提案する前から、自然と解散オーラというか、そういった雰囲気が漂っていたのだ。
それを感じ取った上での上条の提案である。

上条はスーパーの特売と言ってそそくさと立ち去っていった。
空気を読んだとかではなく、ただ単にこちらを優先したかっただけだけかもしれない。

「なんかアイツしょっちゅう『特売がー』とか言ってねえ?」

「『上条さんの家計は火の車なんですのことよ』とかいつも言ってるわよ。
全く、何にそんな無駄遣いしてるんだか……」
919 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:13:12.60 ID:sPcHSqu+0
実際無能力者といえど無駄遣いしなければそこまで生活に支障はない。
だが上条の場合、その奨学金のほとんどが同居人である暴食シスターの食費に消えるので、余裕がないのだった。
更にもう一つ、やたらと入院しているため医療費がかかっているのも原因の一つだろう。
もちろん垣根と美琴はそんなことを知る由もないので、二人の間には「上条は金遣いが荒いのでは」という疑いが芽生えていた。
もっとも、莫大な財産を持つ超能力者の二人のいう無駄遣いとはどれほどのものを指しているのかは分からないが。

「で、どうするよ? やっぱり帰るのか?」

「ん? 何かあるの?」

「いや、大丈夫なら軽食でも食っていかねえ?
ちょっと腹減ってんだ」

「ん、別に構わないわよ」
920 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:13:41.74 ID:sPcHSqu+0
垣根の提案により、二人はそこから最寄りの喫茶店へと向かった。
先日、白井を含めた四人で訪れたあの喫茶店だ。
店内には三人ほどしか客の姿はないが、その三人は誰もが紅茶か何かを飲みながらレポートのようなものに取り組んでいた。
どうやらここは学生が静かに勉学に励む場所としても利用されているようだ。
二人が入り口前の階段を上り店内に入ろうとすると、中から一人の男が飛び出して来た。
急なことにかわしきれず、その男は前にいた垣根とドン、とぶつかった。
金髪に、歩行に支障が出るのでは、というほどズボンを下げた下っ端臭をプンプンさせるその男は鼻を片手で押えながらわめき散らす。

「おい、テメェら! どこに目ん玉くっつけてん……!?」

その言葉を聞いた垣根が何事か言い返そうとしたが、呆然としている男を見て言葉を止めた。
921 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:14:50.04 ID:sPcHSqu+0
「おいテメェ、人様にぶかっておいて何をポカンとしてやがる。それとも降参の合図ってか?」

そんな垣根の言葉は聞こえていないかのように、男は二人を指差し叫んだ。

「お、お前らはぁー!!」

「アンタ……カズ!!」

そこで黙っていた美琴がまた男を指差して叫んだ。
これには垣根が驚いた。まさか知り合いだったとは思うまい。

「え? 何お前、こいつの知り合い?」

「違うわよ。アンタ覚えてない?
アンタとアイツと三人でセブンスミストに買い物に行った日、八人くらいのスキルアウトに絡まれたじゃない?
風紀委員か警備員が拾うだろうからって放置した奴ら」
922 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:15:25.46 ID:sPcHSqu+0
垣根は少しばかり考え込む。
思い出そうとはしてみるのだが、全く出てこない。
彼の中ではよほどどうでもいい情報として処理されていたのだろう。
いちいちつっかかってきたスキルアウトなど覚えているはずがなかった。
ちなみにこれは垣根が上条の幻想殺しについて知るきっかけとなったスキルアウトのことを指している。

「覚えてねえな」

「忘れられてるぅー!?」

垣根がサラリと言うと、美琴にカズと呼ばれた男は大げさに反応する。
非常に面倒くさい男だ。どことなく上条と似たものを感じる。
923 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:16:53.20 ID:sPcHSqu+0
「ってかなんでお前名前なんて知ってるんだよ」

「絡まれた時、一人があいつをカズって呼んでたじゃない」

「知るか」

むしろ何故美琴はそんなゴミ情報をいちいち覚えているのか。
円周率でも延々と覚えたほうがまだ有益だろう、と思う垣根。
超能力者は記憶力もまた並外れている。
現に美琴は覚えろ、と言われたのではなく不意に聞いただけの英数字一八桁の暗号を一度で完全に記憶してみせたことがある。
だが、あくまで超能力者は記憶力がいいというだけであって、インデックスのような完全記憶能力者ではない。
興味のないことや使わない情報は忘れていく。
垣根にとってスキルアウトの名前はそれ以上ない程にどうでもいい情報だったのだが、美琴にとっては違うのだろうか。
924 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:17:26.13 ID:sPcHSqu+0
「んで? そのカスは何か用でもあんのか?
ないなら二秒で消えろ、じゃなけりゃブッ飛ばす」

「カズだ、カズ! わざとらしく間違えやがってこのクソイケメンが!
羨ましいんだよボケ!!」

一人でわめき散らすそのカズに嫌気が差したのか、垣根は呆れ顔をしていると、

「その蔑んだような目はよせ!
……俺を殴りやがったクソがいないが、まあいいだろう。
お前らに決闘を申し込むぜ」

「……ほう?」
925 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:17:52.83 ID:sPcHSqu+0
完全に呆れ顔だった垣根だが、その言葉には敏感に反応した。
僅かに眉を顰め、目つきも少しだが確かに変わった。
美琴も面白そうだというような笑みを浮かべている。

「お前らにあの日やられてからずっと探してたんだぜ?
ほら、地図だ。ここが俺たちのアジト。待ってるぜ!」

そう言って無駄に白い歯を見せ、汚い笑顔を浮かべた後さっさと走り去って行ってしまった。
呆然としながらも、とりあえず渡された地図を見てみると意外とここから近い。
そして地図と一緒に手紙が一通同封されていた。
926 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:19:40.44 ID:sPcHSqu+0


『果たし上 地図のとこで持つ お前たち三人と、俺らスキルアウト三〇〇人の正々堂々とした決闘を行う マジで来い』


「……」

「……」

思わず無言になる二人。突っ込みどころが多すぎる。
先に沈黙を破ったのは美琴だった。

「あー……カズって、さ。頭、弱いの?」

本人が聞いたら間違いなく心に傷が残るだろう。
だが実際そう言われても仕方ない文面だ。
文章全体から教養のなさが滲み出ている。
927 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:20:12.90 ID:sPcHSqu+0
「もしかしなくてもそうだな。
少なくとも、上条が賢く見える程度には」

それって相当よね、と美琴は大きなため息をつく。
二人が行かなかったらどうするつもりなのだろうか。

「で? どうするよこれ?」

「決まってるじゃない」

垣根が言っているのは決闘(ただし二対三〇〇)を受けるかどうかということだ。
それを聞いた美琴は決まりきっている、とニヤリと笑った。
二人は声を揃えて言う。
928 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:21:01.75 ID:sPcHSqu+0
「「真正面から全てブッ潰す」」

「俺は無闇にケンカを吹っ掛けはしねえが、売られたケンカは買うことにしてんだ」

「いくら頭が弱いとはいえ、こんな正面から挑まれちゃあ、ねぇ?
買わない訳にはいかないでしょうよ」

ニヤニヤと恐ろしい笑みを浮かべる二人。
彼らは二人が何者か知らなかった。それが一番の不幸だろう。
そしてこの場に上条や白井といった、彼らを抑制する者がいなかったことも。
929 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:22:02.30 ID:sPcHSqu+0
「それで、こっちはたった二人だけど、向こうは三〇〇人。
どう思いますか、垣根さん?」

「ハハッ。三〇〇人。三〇〇人ねえ。
足りねえよ。全っ然足りてねえ。〇が一個抜けてんじゃねえか?」

そう笑って、第二位と第三位は動き出した。
彼らの挑戦を受けるために。
スキルアウトvs未元物質&超電磁砲という、見る者をハラハラさせる頂上決戦が行われようとしていた。
930 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:25:38.02 ID:sPcHSqu+0









その倉庫は、彼らが入ろうとしていた喫茶店からほど近かった。
複雑に入り組んだ路地裏の奥にそれはあった。
一〇分もかからず目的地に到着した二人。相当に大きい倉庫だ。
もともとは木材や鉄材を保管しておく倉庫のようで、シャッターが下ろされて入れなくなっていた。
だが中からガヤガヤと話し声が聞こえるので場所に間違いはない。
931 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:26:08.79 ID:sPcHSqu+0
御坂美琴はスカートのポケットから一枚のコインを取り出した。
それが意味するところを正しく理解しながら、垣根は彼女を止めようとはしない。
美琴の弾いたコインは音速の二倍程度で射出され、シャッターを軽くぶち破った。
全力でセーブをかけ、更に距離を置いていたため超電磁砲はそこで失速し、消えた。

突然爆音と共にシャッターが破られたため、当然中にいた総勢三〇〇人ものスキルアウトが反応する。

「な、なんだぁ!?」

「なんだあいつら!?」

「いやあいつらだよ、ターゲットは!!」
932 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:27:11.17 ID:sPcHSqu+0
「なんだあの美女美男コンビは! 絶対許せねぇ!!」

「かかれー!!」

ワーッと手に棍棒なり鉄パイプなりを持ったスキルアウトが会話も何もなく一斉にかかってくる。

「聞いた限りじゃあ、たしか決闘って言ってた気がするんだけどな?」

そう言って首を鳴らす垣根。
大能力者で通している以上、未元物質を派手に使うことは出来ないが、問題にならないだろう。
933 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:28:15.58 ID:sPcHSqu+0
全身に帯電させて駆け出したのは第三位。
一歩遅れて第二位も敵陣のど真ん中へと突っ込んでいく。
御坂美琴の放った広範囲電撃の一撃だけで、まとめて三〇人ほどがダウンする。
残りおよそ二七〇人。

ざわざわと騒ぐスキルアウトたちに向けて、第三位は高々に宣言する。




「じゃあ、始めましょうか。私たち二人とアンタたち三〇〇人の正々堂々の決闘ってやつを、ね。
―――数も質も足りていないと思うけれど」




934 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:30:24.59 ID:sPcHSqu+0
投下終了
今回は少し投下量が多かったですね

それにしてもいよいよこの戦いが始まりました……
果たしてどっちが勝つのか
実力は拮抗してると思いますし、どちらが勝ってもおかしくないと思います(迫真)
935 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/08(月) 01:39:38.75 ID:sPcHSqu+0
    次回予告




「この世は所詮弱肉強食。強ければ生き弱ければ死ぬ。
……体ぁ犠牲にして欠陥品使って、その結果がこれか?」
『スクール』のリーダー・学園都市第二位の超能力者(レベル5)―――垣根帝督




「……油断したな、能力者」
学園都市の無能力者(レベル0)たちによる武装集団『スキルアウト』のボス―――駒場利徳




「もっと自分を大切にしなさい。アンタを慕ってくれる人間を悲しませちゃ駄目」
学園都市・常盤台中学の超能力者(レベル5)―――御坂美琴
936 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/08(月) 04:16:51.75 ID:6ShKW6vDO
キモいな
937 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/08(月) 08:03:18.45 ID:O25n2183o
乙。そろそろ次スレの季節ですね。
と、ミサカは労いつつもさりげなく次回更新へのプレッシャーをかけます。
938 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/08(月) 10:08:56.77 ID:X73OV+x70
乙  なんか次も楽しそうだ  期待
939 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:34:00.19 ID:iLmFIBMi0
新約五巻、感想は色々あります
フロイライン強いとか、打ち止め食われちゃうとか、フレンダァー! とか、トールマジイケメンとか


でも、最後のていとくんが全て持っていきました

では投下
940 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:35:03.70 ID:iLmFIBMi0
垣根帝督はほとんど戦っていなかった。
周りに群がってきた者と、適当に目についた者を黙らせているだけで基本は見物に徹していた。
何せ美琴の電撃は群がる雑魚を一掃するのに非常に向いているのだ。
彼女の一撃で最低一〇人は刈れるのだから、垣根がやたらと出張る必要はない。
当然ながら二人は全くの無傷。
このあたりで自分たちがケンカを売った相手がどれほど恐ろしいかを理解した一部のスキルアウトが逃走を始めた。
この巨大な倉庫の入り口は一つではない。
複数の出入り口から何人ものスキルアウトたちが逃走していく。
941 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:36:29.40 ID:iLmFIBMi0
別にこんな小物たちは逃がしてもいいのだが、何となく垣根は後を追ってみることにした。
単純に退屈だったからかもしれないし、能力を思い切り使えないのが嫌だったのかもしれない。
この行動に深い理由はなかった。

ともあれ垣根は孤軍奮闘する美琴を残し、彼らの後を追って路地裏を進むのだった。
どんどん進んでいくと少し広めの道に出た。
頭上にはビルからビルへと渡されたビニールシートにより遮られている。
おそらくは衛星対策だろう。
そのせいで空気の流れが滞り、不快な空間と化している。
壁には落書きが為され、あたりにはATMなどの残骸も散らばっている。
942 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:38:02.68 ID:iLmFIBMi0
このあたりに入ったところで、数人のスキルアウトは姿を消した。
このエリアが彼らの拠点なのだろう。
いかにもといった雰囲気の場所で、空気も汚くあまり立ち入りたくはないところだ。

そんな閉鎖的な道を進んでいると、不意に垣根の周りに明確な影が出来る。
それはつまり、彼の上に何かがあるということだ。
何かは垣根の体目掛け急降下する。
それはそのまま垣根帝督の体をペシャンコに押しつぶした。
943 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:40:57.83 ID:iLmFIBMi0
……はずだった。
危険を察知していた垣根は、瞬時にバックステップを行い回避していた。
直後にドン!! という音が響き、砕けたコンクリート片があたりに勢いよく飛び散った。
まともに当たれば皮膚が切れてしまいそうだったが、垣根帝督は何でもないというように無傷で立っている。
少し前に垣根が立っていた場所には小さなクレーターが出来ている。
上から降ってきたそれが、地面を抉り取ったのだ。
まともに食らっていればアウトだったかもしれない。

「完全に決めるつもりだったのだが……。
今の一撃をかわすとは、やはりただ者ではないな……」
944 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:41:58.59 ID:iLmFIBMi0
感情の感じられない、どこまでも平坦な声だった。
たとえるなら妹達のような特徴を持つ声。
それはまるでゴリラのような筋肉隆々な大男だった。
黒い安物のジャケットを着ているが、少し力を入れれば弾けてしまいそうな、そんな印象すら受ける。

「テメェ、何者だ?」

「駒場利徳。……このあたりのスキルアウトを仕切っている」

「ハッ。お山の大将気取って楽しいか? ボス猿」

「……こちらにも目的があるのでな」
945 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:43:19.86 ID:iLmFIBMi0
駒場の姿が消える。
空間移動の類ではない。ただのスピードだが、明らかに常人に出せる速度ではなかった。

「……油断したな、能力者」

突然目の前に出現した駒場の蹴りが放たれる。
そのまま垣根の体がミンチになるかというところで、今度は垣根の姿が掻き消える。
これは駒場にとって予想外だったようで、彼の足はむなしく空を切った。

「……何?」

「こっちだよ、猿」
946 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:44:07.28 ID:iLmFIBMi0
垣根は目の前の駒場の背中に向かってそう言う。
あの一瞬で駒場の背後に回りこんだのだ。
だが駒場は特別慌てたりはしなかった。相変わらずの平坦な声で、言う。

「……なるほど。予想以上の強敵のようだ。
その動き、身体強化系もしくは空間移動系能力者の大能力者と推測するが」

駒場のこの予想は自然なものであっただろう。
垣根のこの動きを見たなら、そう判断するのも無理はない。
だがそれを聞いた垣根は、おかしくてたまらないと言った風に笑い出した。
947 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:45:21.67 ID:iLmFIBMi0
「ククッ……はははははは!!
こりゃあいい! 大能力者! 俺が!! はっはははははは!!」

ひとしきり笑うと、垣根は呆気にとられている駒場に向き直った。

「舐められたモンだな。ようボス猿。自己紹介しとこうか。
垣根帝督。学園都市第二位の超能力者だ」

―――ヨロシク。
垣根の背中に純白の、輝く六枚の翼が出現する。
未元物質は全力で能力を使用する際には本人の意思に関わらず発現するが、別に翼を出さなくても能力の使用が出来る。
たとえばフレンダ=セイヴェルンを蹴散らした時には翼を出していなかった。
ここでその白翼を出したのは、単に威嚇のためだ。
動物が自身の体を大きくみせるなどして、相手の戦意を削ぐように。
948 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:46:10.07 ID:iLmFIBMi0
それを見た駒場は思わず息を飲んだ。
見たこともない、あまりにも異質すぎる能力。
一体どんな力なのか、系統すら測ることが出来ない。
そして、超能力者。第二位。
駒場はようやく自分が誰にケンカを売ったのか理解したようで、その無表情な顔に僅かに焦りの色を滲ませる。

「……何だ、それは……?」

「それを説明すりゃお前がこの絶望的な状況から抜け出す手がかりになんのか?
それに、言って分かるような頭持ってないだろ」
949 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:48:19.87 ID:iLmFIBMi0
六枚の翼が、動く。
だがその前に、主導権を渡すのはまずいと思ったのか駒場が三度襲い掛かってくる。
常人には決して回避出来ない速度で、垣根に猛然とその巨体が襲い掛かる。
その足技の威力は凄まじい。先ほどコンクリートを抉ったことからも分かるように、並の防御は突き抜けてしまうだろう。
が、それも未元物質の翼を前にしてあっさりと防がれてしまう。

「くっ……」

駒場は一旦距離をとり、一丁の銃を取り出した。
引き金の手前に太いマガジンが二本突き刺さった、奇妙なフォルムの大型拳銃だ。
演算銃器(スマートウェポン)。
950 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:49:07.09 ID:iLmFIBMi0
赤外線を使用して標的の材質・厚さ・硬度・距離を正確に計測し、 即興で最も適した火薬を調合、合成樹脂の弾頭を形成して発射する。
学園都市の技術で開発された武器だ。
駒場は躊躇わずその引き金を引くが、それもやはり容易く防がれてしまう。
対象を破壊する最適な方法を演算する演算銃器にはあり得ない結果だ。

だが、今回の失敗は必然だった。
演算銃器に、この世に存在しない新物質である未元物質の解析など出来るはずもないのだから。

「……チッ!!」
951 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:49:52.37 ID:iLmFIBMi0
もはや打つ手なし。
それでも駒場は諦めることなく、何度も何度もあらゆる方法で垣根に攻撃を仕掛けた。
だが、駒場の攻撃は悉く無効化されていく。
だがここで、垣根の攻撃を受けた訳でもなく駒場の体が不意にふらついた。

「……む」

それを見た垣根が嘲うように言った。

「発条包帯(ハードテーピング)の代償か。
お前の体には相当の負荷がかかっているはずだ。それこそ俺が手を下す必要がない程にな」

「……気付いていたか」
952 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:50:59.50 ID:iLmFIBMi0
駒場の最初の奇襲や動きの俊敏さを見れば、彼がただの無能力者ではないことが分かる。
だが彼は垣根を指して「能力者」と呼んだ。駒場本人が能力者であるなら、こういった呼び方はしないはずだ。
更に彼がスキルアウトということを加味すると、高位能力者という可能性はまずない。
そこで垣根の考えた可能性が発条包帯の使用だ。

発条包帯とは駆動鎧の運動性能部分だけを切り取り独立させたものだ。
これを使えば駆動鎧と同様、通常ではあり得ない身体能力を得ることが出来る。
ただし発条包帯と駆動鎧では決定的な違いがある。
駆動鎧は通常と比べ数倍から数十倍もの身体能力を引き出すにあたり、安全装置が施されている。
パイロットの肉体を破壊しないよう、いくつもの安全装置があるからこそ駆動鎧はあの大きさなのだ。
953 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:52:33.52 ID:iLmFIBMi0
だが発条包帯にはそういった安全装置が存在しない。
よって駆動鎧と変わらぬ身体能力を得ることは出来るが、その負荷は全て使用者の肉体に跳ね返ってくることとなる。
駒場も当然例外ではなく、発条包帯により彼の体は悲鳴をあげているはずだ。

「発条包帯なんざただの出来損ないだ。
警備員の試験運用すら落ちた欠陥品だぜ」

「……ふ。その程度の覚悟は、決まっている……。
無能力者の身で、お前のような化け物と戦うと決めた時からな……」

「そうかい」
954 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:53:51.49 ID:iLmFIBMi0
明確な欠点を指摘され、それでも駒場は笑っていた。
垣根は一枚の翼を一振りする。
すると人間など軽く吹き飛ばされる程の烈風が猛烈に吹き荒れる。
あたりに落ちている廃材や巨大なATMの残骸などが浮き上がる。
それを受けた駒場が多数のガラクタと共に紙のように吹き飛ばされ、建設途中で放棄されたような鉄骨だけのビルに突っ込んでいく。
ガギィン!! と音をたて鉄骨が歪む。
背中を強かに鉄骨に打ちつけたことで駒場の口からヒュ、と息が漏れる。
酸素が全て吐き出される。
呼吸が止まる。すぐに息は戻ったが、既に彼の体の感覚は失われていた。
955 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:54:43.32 ID:iLmFIBMi0
垣根は倒れこんだ駒場にゆっくりと近づいていく。
これが、超能力者。
無能力者との圧倒的なまでの力の違い。
発条包帯などで埋めることの叶わない実力差。

「で? 体ぁ犠牲にして欠陥品使って、その結果がこれか?
身の丈に合わねえ力は身を滅ぼすぜ。一つ利口になったな?」

垣根が言う。もはや勝負は決まっていた。
いや、そもそも勝負など成立していなかった。
956 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:55:50.79 ID:iLmFIBMi0
駒場は全力で殺しにかかっていても、垣根からすれば目障りなハエを叩き落すのと何ら変わりはない。
垣根帝督という男と敵対した時点で、駒場の命運は決まっていた。

「チェックメイトだな、ボス猿。
それでもまだ演算銃器を手放していないのは褒めてやる。
どうする? まだそのオモチャ使って遊ぶ気か?」

「……」

駒場は答えない。
彼ももう理解出来ているだろう。
何をどうやっても目の前の男には敵わない、と。
垣根はそんな駒場を見下ろし、白翼を消して気になっていたことを聞いた。
957 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:56:27.23 ID:iLmFIBMi0
「何故お前は俺を襲った?
お前らの恨みを買った覚えはねえんだがな」

駒場は吐血しながらもゆっくりと話し始めた。

「もしもの……話をしようか」

相も変わらぬ平坦な声で。

「何の力もない無能力者たちを、組織されたスキルアウト以外の無能力者たちを競って襲うのが……
最近の腐った能力者たちの流行だとしたら……どうする」

垣根のまぶたが、つまらなそうに細くなる。
958 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:58:04.95 ID:iLmFIBMi0
「能力者としての優劣に、人格的な問題は考慮されない……。
中には強大な力を弱者に振りかざして、悦に浸ることしか出来ない醜い人間もいる……」

駒場はボロボロになりながらも、命乞いもせず垣根の目を見て語る。

「最近はその無能力者たちの被害が急速に拡大している……。
……先の倉庫での乱闘、あれはどうやらこちらが原因だったようだ。それについては謝罪しよう。
……だが、理由はどうあれ強大な能力者に何人もの無能力者たちが蹴散らされた、という事実が出来れば……果たしてどうなる」

能力者たちが無能力者を襲うことが流行っているという現状で、後押しするように能力者がスキルアウトを一掃したという話は広がる。
そうなれば一部の能力者たちは調子づき、自分たちは正しいと思い込み無能力者を襲い続けるだろう。
被害は更に拡大していき、やがて取り返しのつかないことになるかもしれない。
スキルアウト。
その本来の結成目的は、強大な能力者たちから身を守るためのもの。
959 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 22:59:08.57 ID:iLmFIBMi0
それを聞いた垣根は、

「くっだらねえ」

一言で切って捨てた。

「無能力者ってのはたしかに弱えぇが、それだけじゃ悪にはならねえ」

悪というのは、一方通行や垣根帝督のような人間をこそ指すのだ。
ただグレたような不良共ですら『悪』というには少し違う。
無能力者には上条当麻のような人間もいる。彼は間違いなく善人だ。
また超能力者にも御坂美琴のような人間もいる。彼女もまた紛れもなく善人。
無能力者は悪、超能力者は悪というような括りには何の意味もない。
960 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 23:00:29.46 ID:iLmFIBMi0
だが学園都市において、一般に無能力者にあまり良いイメージがないのも事実だ。
力がないからではない。ならば何故か。理由なんて分かりきっていた。

「ああいう無能力者共が邪魔者扱いされて虐げられんのは何故か、その回らねえ頭で少しでも考えたことはあるか?
それはひとえにテメェらみてえなスキルアウトが猿山の外ではしゃいでるせいだ。
権利の獲得? 安全の保証? ハッ、馬鹿かテメェは。
そういったテメェらの行動が、テメェの首を絞めてることにぐらい気付けなかったのか、クソボケ」

もっとも、と垣根は続ける。

「この世は所詮弱肉強食。
強ければ生き弱ければ死ぬ。それが真理だと思うがな」
961 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 23:02:02.50 ID:iLmFIBMi0
駒場はやはり何も答えない。

「とはいえ……こっちの都合で『表』の奴らが巻き込まれることに何も感じねえってわけじゃねえ。
オイ猿、その襲撃してるっつう能力者共は分かってんのか?」

「あ、ああ……この携帯にデータがあるが……お前、何を……?」

駒場はのろのろと携帯を取り出した。僅かに血が付着しているが、垣根は黙ってそれを受け取った。
駒場は垣根の考えが読めないようだった。
そして垣根自身も分からなかった。いつもの自分なら、こんなことには微塵も興味を示さなかったはずだ。
だがどういうわけか捨て置けなかった。
962 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 23:02:57.77 ID:iLmFIBMi0
「まさかお前が……?」

「勘違いすんな、俺はそんな面倒なことはゴメンだぜ。
ただまあ、風紀委員にでも回してやるよ。ある程度は話の分かるパンダが知り合いにいるんでな」

「パ、ンダ……?」

本人が聞いたら激怒しそうなあだ名を生み出した垣根が駒場の携帯をいじっていると、背後に人の気配を感じた。
スキルアウトの一人かと思って振り向くと、そこには息を切らした美琴の姿。
彼女がここにいるということは、スキルアウトたちとの争いは終わったのだろう。
無論、彼女の完全勝利で。
963 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 23:03:49.77 ID:iLmFIBMi0
(そういや御坂には何も言わずに出て行ったんだったな、忘れてたわ)

美琴は突然姿を消した垣根を必死に探していたのだろう。
息の荒れ具合からもそれは覗えた。

「はぁ、はぁ、はぁ……どこ、行ってたのよアンタ。
いきなりいなくなって。探したのよ」

「いや、なら電話しろよ。それで一発じゃねえか」

「あっ……」

「実は馬鹿だろお前」
964 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 23:15:58.85 ID:iLmFIBMi0
ボロボロの駒場を置いといてギャーギャー騒いでいる二人。
だが今まで駒場の前に立っていた垣根が動いたせいか、美琴がようやくその存在に気付く。

「……!! 酷い怪我……。
ちょっと、大丈夫!? っていうか、もしかして……これ、アンタがやったの?」

美琴が信じられない、といった様子で訊ねる。
垣根は軽い調子であっさりと答えた。

「ああ、ちょっと鉄拳制裁してやっただけだ。
後はソイツの自滅だぜ? なにせ発条包帯なんてモン使ったんだからな」
965 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 23:16:54.35 ID:iLmFIBMi0
僅かな嘘を交えた。
駒場がこれほどにボロボロなのは発条包帯ではなく、垣根の重い(垣根本人にとっては軽い)一撃が原因だ。
だが駒場はそれを聞いても何も言わなかった。

「発条包帯って何よ?」

「駆動鎧みてえに身体能力を増幅させるモンだ。
だが小型化の代償として、駆動鎧にはある安全装置がねえから体に負荷がかかるんだよ、こいつみてえにな」

「なんでそんなこと……」

美琴は理解出来ない、といったように顔を歪めた。
966 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 23:18:50.58 ID:iLmFIBMi0
「最近能力者による無能力者狩りが増えてるんだと。
こいつはそれを何とかしたかったらしいぜ?
自分の身を犠牲にして力のない奴らを救う。ハッ、何とも涙の出る話だな?」

「無能力者狩り……。聞いたことある。
黒子がそんな話をしてたわ。胸糞悪い話だと思ってたけど」

「この携帯にこいつが集めたその能力者共のリストがあるらしい。
パンダメントにでも渡しとけ」

垣根は携帯に付着している血を拭ってからそれを美琴に渡す。

「パ、パンダメントって……。
分かった、渡しとく。確かに預かったわ。
ていうかアンタ、携帯渡しちゃっていいの?」
967 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 23:19:39.13 ID:iLmFIBMi0
「……構わん。気にするな……」

「ん」

垣根から受け取った駒場の携帯をしまった美琴は、壁に背中を預けて座っている駒場の前で目線を合わせるようにしゃがんだ。
ポケットからハンカチを取り出し、駒場の顔に付着している血を拭き取る。

「……何の、つもりだ?」

「もうこんな馬鹿なことするのはやめなさい」

美琴が優しく、諭すように言った。

「そうもいかない……。
こうしている今も、俺のような無能力者がただ無能力者という理由だけで襲われている……。
それを、リーダーである俺が……見過ごすことは出来ない」
968 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 23:20:34.38 ID:iLmFIBMi0
「うん。アンタはスキルアウトでも、そうやって他人を思うことの出来る人間。
そんなアンタがこんな無茶して、体壊したらアンタを慕っている人たちはどうなるの?
その人たちはアンタが自分を犠牲にすることなんて望んでないと思うわよ?」

その人たちを知らない私が言っても説得力なんてないけど、と言って美琴は続ける。
駒場はこんな言葉をかけられるとは思ってもいなかったのだろう。
呆然としたような顔を浮かべて美琴の言葉を聞いている。
美琴は柔らかく、優しい笑みを見せる。

「もっと自分を大切にしなさい。
アンタを慕ってくれる人間を悲しませちゃ駄目。いい?」
969 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 23:21:16.82 ID:iLmFIBMi0
「あ、ああ……」

「ならよし!」

駒場は美琴に渡されたハンカチを握り締めたまま相変わらず呆然としている。
最後にとびきりの笑顔を見せる美琴。
それを見て垣根がボソリと呟いた。

「……あの猿野郎……落ちたか」

「ん? 何か言った垣根?」

「いや、なんでも」

さりげなくフラグが立った気がするが、美琴と駒場がくっついている光景を想像して吐き気を催す垣根だった。

(駄目だ、犯罪だ。あんなゴリラ野郎が……)
970 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 23:22:12.80 ID:iLmFIBMi0
もしかして美琴は上条と同じようにフラグ建築士の才能があるのかもしれない、と思う垣根。
容姿に関しては満点レベル。能力は最高。お嬢様。
性格良し(ただし対上条除く。彼女のツンデレが発動してしまうため)。面倒見も良く、心優しい。
惚れるのも仕方ないだろう。いや、駒場が惚れているかどうかなど実際には分からないのだが。
こんな美琴だからこそ多くの人たちに慕われているのだろう。
美琴は立ち上がって去ろうとしたが、思い出したように振り向いて、

「あ、私の知り合いの風紀委員は信用出来る良い子だから。
無能力者狩りの件は任せなさい。こういう時のための風紀委員なんだから。
それでも駄目だったら、その時は好きにしなさい。ただし自分の体は大切にね」

「……能力者。俺を殺さなくていいのか……?」
971 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 23:23:02.26 ID:iLmFIBMi0
駒場は答えず、代わりに垣根に対して話しかける。
駒場は既に殺される覚悟を決めていただろう。
それが不意に救われ、戸惑っているようだった。

「はあ? いらねえよテメェの命なんざ。
自分にそれだけの価値があるとでも思ってんのか」

「ふ……そうか」

「なんて物騒な会話してんのよアンタら」

「じゃあなボス猿。二度とツラ見せんじゃねえぞ」

「アンタ口悪すぎでしょ。……それじゃ、私たちじゃ行くわ。
安静にしとくのよ?」
972 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 23:24:08.30 ID:iLmFIBMi0
「ああ……。敗北した以上、お前たちを信じて、任せてみよう……。
まだ名乗っていなかったな……。俺は駒場利徳。お前は?」

美琴は口元に笑みを浮かべ、答えた。

「御坂美琴。一応、常盤台のエースらしいわよ?」
973 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 23:25:30.55 ID:iLmFIBMi0
投下終了
この駒場さんは原作と比べるとちょっとあれかもしれないですね
駒場を愛してやまない人にはすみませんでした

トールって垣根と喋り方というか口調が似てますよね
974 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/10/13(土) 23:26:31.76 ID:cLYVPSYxo
975 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/13(土) 23:42:44.47 ID:iLmFIBMi0




「うわあ……うっわあ……」
『スクール』のリーダー・学園都市第二位の超能力者(レベル5)―――垣根帝督




「超能力者舐めんな」
学園都市・常盤台中学の超能力者(レベル5)―――御坂美琴




「おっねえさまー!! さあ黒子と今こそ楽園(エデン)へ!!」
学園都市・常盤台中学の生徒で、美琴のルームメイト・第一七七支部の風紀委員(ジャッジメント)―――白井黒子




「アレですか? やっぱり付き合ってたり? それとももっと深いところまでいってキャー!!」
学園都市の無能力者(レベル0)の学生・美琴の親友―――佐天涙子




「いつもの発作ですよ。白井さんの持病です」
第一七七支部の風紀委員(ジャッジメント)―――初春飾利




「……もう、別にいいんじゃないかしら? 何でも」
第一七七支部の風紀委員(ジャッジメント)・白井と初春の上司―――固法美偉
976 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/10/14(日) 00:12:34.40 ID:rTV3cWbA0
乙!

977 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/14(日) 00:17:41.96 ID:m/e7xiwp0
乙です
駒場さんに春が…!
しかしすでにゲンコロ状態
978 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/10/14(日) 00:24:05.91 ID:vhK5Nuh/o
結局、乙って訳よ!
979 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/10/14(日) 00:34:52.45 ID:9mGyJcMso
チッ、乙だァ
980 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/14(日) 00:39:10.55 ID:rffizbXS0
乙  花は咲きそうにないけど春が来ただけでも幸せだよ駒場さん
981 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/10/14(日) 18:01:13.19 ID:d8tjCAqto
乙でした
982 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/19(金) 18:07:55.37 ID:VyC/IVZMo
そろそろ次スレの季節ですねぇ
983 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/10/20(土) 12:50:46.28 ID:41gZoqmq0
次の更新はこのスレでかな?
それとも次スレ立ててから?
984 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/21(日) 01:43:23.47 ID:O++2aOkC0
もう埋まりそうだな
985 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/10/21(日) 10:38:36.49 ID:vZfDJlCBo
美琴「何、やってんのよ、アンタ」垣根「…………ッ!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1350574510/
こっちでええんとちゃう?
986 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/10/21(日) 11:29:34.47 ID:CwV8T2nuo
そこはもうhtml化依頼出してるし
新スレ立てて誘導してくれるだろ
987 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/10/21(日) 15:06:15.66 ID:HrZdns1i0
次スレに期待。
988 : ◆nPOJIMlY7U [sage]:2012/10/21(日) 16:12:32.80 ID:czbZYU1J0
もうエンデュミオンの奇蹟新PV公開、そして何より
超電磁砲2期決定にテンションが上がりすぎて今の心情を言い表すにはヘッダが足りないんですけど、次回投下は次スレの予定です
間違ってたててしまった方のスレがhtml化されたら次スレたてます
ですので報告用に最低1レスは残しといてくださいな そこまで伸びるか分かりませんけど
989 : ◆nPOJIMlY7U [saga]:2012/10/21(日) 19:22:11.07 ID:czbZYU1J0
次スレ立てました
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1350814737/

このスレは埋めちゃってください
中々埋まらないようであれば>>1が自分で埋めます
990 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/10/21(日) 19:40:23.05 ID:6o0d4d0To
埋め
991 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/21(日) 20:29:34.44 ID:2rIjMauIO
992 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/10/21(日) 21:58:56.14 ID:/nndECP6o
うめー
993 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/10/21(日) 22:08:19.32 ID:TgPhYV3Z0
超電磁砲2期も楽しみだけど、時期的に禁書3期は再来年ぐらいか・・・
994 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/21(日) 23:28:09.24 ID:czbZYU1J0
埋め
995 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/21(日) 23:28:45.30 ID:czbZYU1J0
埋め
996 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/21(日) 23:29:43.56 ID:czbZYU1J0
埋め
997 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/21(日) 23:30:55.58 ID:czbZYU1J0
埋め
998 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/21(日) 23:32:03.90 ID:czbZYU1J0
埋め
999 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/21(日) 23:33:01.75 ID:czbZYU1J0
埋め
1000 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/21(日) 23:34:53.66 ID:czbZYU1J0
埋め
1001 :1001 :Over 1000 Thread
☆.。 .:* ゜☆.  。.:*::::::::::::::::゜☆.。. :*☆:::::::::::::::::: 。.:*゜☆.。.:*
:::::::::::::=:。.: *  ・゜☆  =:☆.。 .:*・゜☆.  。
:::::::::::::::::::::::::.:*゜☆  =:. :*・゜☆.::::::::::::☆
。.: *・゜☆.。. :* ☆.。:::::::::::::::.:*゜☆  :。.:・゜☆.。
::::::::::::::::: *=@☆.。::::::::::::::::::::::::::::::.:*・゜☆    =磨K☆.。
:::::::::::::::::::.:*・゜☆  :. :*・゜☆.::::::::::::::::::::::::::゜☆.
:  =: :   *  ゜☆.。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆.。 .:* ゜☆.  。.:*::::::::::::::::゜☆.。. :*☆:::::::::::::::::: 。.:*゜☆.。.:*
:::::::::::::=:。.: *  ・゜☆  =:☆.。 .:*・゜☆.  。
:::::::::::::::::::::::::.:*゜☆  =:. :*・゜☆.::::::::::::☆
。.: *・゜☆.。. :* ☆.。:::::::::::::::.:*゜☆  :。.:・゜☆.。
::::::::::::::::: *=@☆.。::::::::::::::::::::::::::::::.:*・゜☆    
:::::::::::::::::::.:*・゜☆  :. :*・゜☆.::::
   ::  !ヽ  :
   :     !ヽ、    ,!  ヽ
                 ,!  =]‐‐''   ヽ:
   :   / ´`)'´    _      !、
            lヽ /   ノ    , `     `!:
       lヽ、  /  Y    ,! ヽ-‐‐/          l
.     =@>‐'´`   l   ノ   ヽ_/          ノ:
      ,ノ      ヽ =@           _,イ:
    '.o  r┐   *   ヽ、 ヽ、_     ,..-=ニ_
    =@   ノ       ノヽ、,  !..□ /     ヽ
     ヽ        .ィ'.  ,!    ハ/    、   `!、    七夕に…
      `ー-、_    く´ =@    /     ヽ  
         ,!     `!  l              ヽ、__ノ    このスレッドは1000を超えました。もう書き込みできません。
         l     `! `! !              l
          l  . =@ ,=@ヽ、 、_ ,ィ      ノ               
         l、_,!   し'   l =@  `l     =@               ://vip2ch.com/
1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
うんこあるある @ 2012/10/21(日) 23:19:58.62 ID:7TqQbC3AO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1350829198/

フレンダ「結局、二人で」浜面「化け猫退治!?」 @ 2012/10/21(日) 22:59:18.58 ID:xVjlksxDO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1350827958/

お前らを男と見込んだ! @ 2012/10/21(日) 22:36:51.84 ID:I1kfieJDO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1350826611/

デリヘル呼んだら妹が来た @ 2012/10/21(日) 21:49:12.96
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4vip/1350823752/

伊藤カイジのESPについて研究する一日 21日。 @ 2012/10/21(日) 21:46:47.03 ID:SBLZjXv7o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1350823606/

【雑談】酒の肴は蛇とぬことAA 今日もココでフリーダムに♪VOL.178【旅好き】 @ 2012/10/21(日) 21:46:00.35 ID:sV+XH5wlo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1350823560/

アレイスター「最近、平和でつまらんから安価で学園都市に悪戯しよう」 @ 2012/10/21(日) 21:44:52.92 ID:wmgP4PYL0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1350823492/

ルルーシュ「ブリタニア人が迫害されている?」 @ 2012/10/21(日) 21:44:06.31 ID:2cFClehX0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1350823446/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

474.96 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)