このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

咲「私は、普通の文学少女です」 京太郎「大嘘」  その2 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆OtZIp/YaIxCt [saga]:2012/08/25(土) 13:37:39.11 ID:tPIlRm5h0
咲「小ネタが入り乱れるこのSSも、ついに2スレ目突入だね!」

京太郎「本編もあるにはあるけど、ほとんど滞ってるのが実状だからね、しょうがないね」ヤレヤレ

咲「ま、まあ、とある人は『SSは小ネタの集合体』という偉大な言葉を遺したし」

京太郎「どこの誰なんだそれは……まあ、ともかく」

京太郎「ほれ、咲。ここに書かれたものを読み上げてくれ」カサッ

咲「えーと、なになに――『厨二病、部キャプ、ギャグ、たまにシリアスといったごった煮SSスレです』」

咲「『そして、メインは――』」ハッ

京太郎「……おい、どうした咲?」

咲「だ、だって京ちゃん……こ、こんなの違うもん!」カァァ

京太郎「えーとどれどれ……って、なにっ!?」ギョッ

京太郎「こ、これは何かの間違いだよな……そ、そんなわけ」アタフタ

淡「何をそんなに慌てているんだか――あら、何か落ちたわよ?」

淡「えーと、『メインは、京咲!』」

淡「って書いてあるわね……って、あら?」キョトン

咲「」カァァ

京太郎「」カァァ

淡「えーと――顔を赤らめながら絶句してるおバカな二人に代わって、ここからは私が担当するわね」

淡「そうね……このSSだと一部のキャラが原作と随分と異なるわ」

淡「たとえば、この私が敬語キャラのままだったり」

淡「照先輩の口調が男勝りなものだったり」

淡「原村和が大天使になってたり」

淡「風越のキャプテンが――いえ、やめましょう」

淡「えっと、あの二人はまだ絶句しちゃってるけど――まあ、始まれば直るでしょ」

淡「というわけで、始まり始まりー!」

淡「あ、前スレはこれね」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1343818936/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1345869458
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

モバP「杏ぅーーーー!!!!」 @ 2019/06/16(日) 07:05:30.13 ID:Yaa4v9l7O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560636330/

須賀京太郎は静かに暮らしたい 衣「第11章に至れり!」【咲-Saki-安価】 @ 2019/06/16(日) 05:31:02.26 ID:8uYyzmml0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560630661/

スレたテスト @ 2019/06/16(日) 01:52:53.94 ID:CLiGh7ZAO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/zikken/1560617573/

須賀京太郎は静かに暮らしたい 咲「α章?いつの話?」【咲-Saki-安価】 @ 2019/06/16(日) 01:37:40.04 ID:oG3GZ2Gh0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560616660/

三峰結華「さぁ、このレンズの屈折率は?」 @ 2019/06/16(日) 01:31:22.26 ID:f/Tco6pf0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560616282/

俺の作ったオリキャラでバトル安価とコンマ @ 2019/06/16(日) 01:12:50.53 ID:ZTs5O4WlO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560615170/

[モバマス][遊戯王]乃々「剣道LV5段ですけど」[きたせん] @ 2019/06/16(日) 00:59:01.34 ID:bTYNR26mO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560614341/

【ミリマス】私という撫子の @ 2019/06/16(日) 00:03:31.79 ID:RAUxaTtJ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560611009/

2 : ◆OtZIp/YaIxCt [saga]:2012/08/25(土) 13:41:30.28 ID:tPIlRm5h0
というわけで、京太郎がよく出てくるSSです。
そのため、苦手な方はご注意を――
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/08/25(土) 13:52:32.30 ID:KwVN2mZAO
バイプッシュか・・・
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/25(土) 14:10:07.40 ID:F/RhnDTIo
パイプッシュ?(難聴)
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大分県) :2012/08/25(土) 14:30:03.03 ID:/nbtInRC0
パイスラッシュ?(難聴)
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [saga sage]:2012/08/25(土) 14:54:57.08 ID:gX1OCdJ80
パイズリッス?(難聴)
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/25(土) 15:17:52.00 ID:F/RhnDTIo
前スレ>>993

つまりそれはあれか、

神津京太郎
明智衣
銭形ワハハ
長谷川穏乃
遠山咲

でG4視点のスレ立てろって事だな。誰かはよ
8 : ◆OtZIp/YaIxCt [saga]:2012/08/25(土) 15:18:58.31 ID:tPIlRm5h0
難聴兄貴が多すぎるんだよなあ……
せっかくスレを立てたのに恐縮だが、少し休ませてもらおう!(ボーグ脳)

あ、あと前スレ>>1000がなかなか面白い意見書いてると思った(小並感)


和「――あ、あの京太郎くん?」

京太郎「よう和。どうした?」

和「あ、あの、その――ま、麻雀部に入りませんか?」

京太郎「は? 麻雀部?」


穏乃「――わっ。懐かしいな、これ」

憧「しず? 何見てるの?」

穏乃「あ、憧。いや、この写真なんだけどさ――」

憧「ああ、阿知賀こども麻雀クラブの――」

憧「あ、和がいる!」

穏乃「そうだねー、和のカッコ、やっぱりおかし――あれ?」

憧「ん? どしたの?」

穏乃「い、いや――そっか、こいつもいたんだ」

憧「なにない――あっ!」

穏乃「そーいえば、和と一緒にここに来て」

憧「あたしたちと一緒に麻雀打ってたっけねえ――」



二人「何してるんだろうね……京太郎(くん)」
9 : ◆OtZIp/YaIxCt [saga]:2012/08/25(土) 15:20:28.35 ID:tPIlRm5h0
……>>1000の案を試しに書いてみたら、なんかそれだけで話ができそうな気がしてきた――
あれ、これなら阿知賀勢と京ちゃんが……?
アリですね。
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/25(土) 15:22:44.65 ID:u5Mu3X5IO
>>1
おつっ!


スレ立ててやってもええんやで(ニコリ)
11 : ◆OtZIp/YaIxCt [saga]:2012/08/25(土) 15:23:29.88 ID:tPIlRm5h0
×ない→○なに

>>7
魔物が二人いる時点で、大抵の犯罪者は捕まえられそうなんだよなあ……
これもう(ミルキィとG4どっちが強いか)わかんねえなあ。
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/25(土) 15:27:40.37 ID:F/RhnDTIo
>>11
照キュールとかコーマキアとか入れるんや
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/25(土) 15:28:23.15 ID:YN3P4UI30
この話もみたいと思った(小並感)
じゃああわあわが幼馴染だった展開とかとかー……って今とあまり変わらない気がするね!
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/25(土) 15:31:59.77 ID:guBp6EzW0
>>9
なるほど……。これはスレ立てる価値ありやね(ニコリ)
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(岐阜県) [sage]:2012/08/25(土) 15:35:32.78 ID:xSOpJZle0
これは言いだしっぺの法則やろなぁ……
ん? 前スレ>>1000さんよぉ??(ゲス顔)
16 : ◆OtZIp/YaIxCt [saga]:2012/08/25(土) 15:43:11.29 ID:tPIlRm5h0
――小学六年生時。

玄「おおっ!? こ、これは立派なおもちをおもちで……」

和「えっ?」

京太郎「……」

京太郎(へぇ……)

京太郎(「おっぱい」は「おもち」って言い換えられるんだ)

京太郎(今度、お母さんに話してみようっと)

京太郎(――ところで)

穏乃「ん?」ペターン

憧「なによ?」ペターン

京太郎「いや……二人は、おもちおっきくないなあ、って」

穏乃「おもち?」キョトン

憧「なんのことだろ?」キョトン

玄「こ、こらっ、京太郎くん!?」バッ

京太郎「わっ、く、玄姉ちゃん?」

玄「お、おお、男の子が気安く、おもちなんて言っちゃいけません!」アタフタ

京太郎「は、はいっ!」

和「……京太郎くん?」ジトッ

京太郎「うっ……ご、ごめん、和」


あれ、ネタが浮かんでくるぞ……?
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/25(土) 15:45:05.46 ID:HOH/KE8ro
これはええなぁIHでの再開とかでも膨らみそうだ
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/25(土) 15:49:15.11 ID:F/RhnDTIo
これは非常にすばらですね!
wktkしてきた

>>15
俺は別の京太郎スレやってて出来ないから・・・君に期待する
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/08/25(土) 15:50:30.60 ID:7fCgzJFN0
この京太郎は貧乳フェチだったら面白いな
20 : ◆OtZIp/YaIxCt [saga]:2012/08/25(土) 16:42:43.44 ID:tPIlRm5h0
咲日和の2巻と阿知賀編の漫画版を買った。
というわけで、それを読んで幅を広げようと思う。まあ、今はこんな感じで。


晴絵「――しっかし、まあ」

京太郎「?」キョトン

和「?」キョトン

晴絵「京太郎と和は、いつも一緒にいるなあ」ニヤニヤ

京太郎「なっ!?」ビクッ

和「はいっ!?」ビクッ

穏乃「そうだそうだ! ずるいぞ、京太郎」

憧「あたしらだって和と遊びたいのにさー」

玄「うんうん。なんか京太郎くん、和ちゃんを独り占めしちゃってるよね」クスクス

京太郎「や、やめろって! こ、こいつとはそーいうんじゃ……」アタフタ

和「そ、そうですよ! そ、その――京太郎くんとは、別に」アタフタ

晴絵「ふふふ、そうムキになることはないよ」

晴絵「『仲良きことは美しきかな』ってね! ははっ」ニコッ

京太郎「ううう……」カァァ

和「……もう」カァァ


穏乃「……なんか和、いつもと調子違うよねえ」ヒソヒソ

憧「そうだよね。あたしと話してる時なんて、あんまり顔変えないのになあ」ヒソヒソ

玄「やっぱり、幼馴染パワーはすごいんだね」ヒソヒソ

和「――とりあえずそこの人たちは静かにしてください」ビシッ

京太郎「やめてくれよな、ホント――」ハッ

京太郎「……『やめるのです、ボクたち!』」ボソッ

玄「……!」ビクッ

玄「きょ、京太郎くん!? な、なにを――!」アタフタ

京太郎「この前、玄姉ちゃんの家に行ったとき、宥姉ちゃんが――」

玄「ちょ、ちょっとこっちでお話ししよっか?」グイッ

京太郎「イテテ……」
21 : ◆OtZIp/YaIxCt [saga]:2012/08/25(土) 16:44:02.18 ID:tPIlRm5h0
玄「いい、京太郎くん? もうそのセリフは禁止だよ」ビシッ

京太郎「どうして?」

玄「そ、それは、その……」モジモジ

玄「は、恥ずかしいから――」カァァ

京太郎「えええ……」

京太郎「かっこいいのに」ボソッ

玄「へ?」キョトン

京太郎「だってさ、宥姉ちゃんが言ってたけど、これいじめてる奴らに言ってやったんでしょ?」

京太郎「それって、すっげえかっこいいじゃん」

玄「か、かっこいい……?」

京太郎「うん」コクッ

玄「そ、そうかな――?」テレテレ


穏乃「――なんか玄さん、顔真っ赤にしてるね」

憧「ふーん……あれは『ふぉーりんらぶ』ってやつかなあ」クスクス

穏乃「えっ……憧、なにそれ?」

憧「この前、お姉ちゃんが読んでる雑誌にそんなことが――」

穏乃「へぇぇ……憧、難しい言葉知ってるね。すごいや」キラキラ

憧「えへへ……」テレテレ

和「……」ムッ


玄「かっこいい……かあ」ウットリ

京太郎「はぁ、やっと戻ってこれた――」

和「京太郎くん?」ゴゴゴゴ

京太郎「あ、和……」

京太郎(なんか怖い、ような)

和「そ、その……」モジモジ

和「ま、まだそーゆうのは早いですからね!」ビシッ

京太郎「はあっ!?」

和「ほら、麻雀しますよ! ほら、穏乃と憧も!」

穏乃「はいはーい!」

憧「まったく……和ったら」クスッ

晴絵(――最近の子どもはませてるなあ)シミジミ
22 : ◆OtZIp/YaIxCt [saga]:2012/08/25(土) 16:45:06.25 ID:tPIlRm5h0
……あれ? このスレ、どういうSSを書く所だったっけ?
このままじゃ、メインは京咲(大嘘)ってことになりかねないよ、やばいやばい。

まあ、書いてて楽しいからね、しょうがないね。
一旦、ここまででオナシャス。
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/25(土) 16:46:10.22 ID:klvDankdo
すばらっ
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/25(土) 16:46:34.04 ID:HOH/KE8ro
最高やでにいちゃん
こっち終わらせてからの展開も期待しちゃうわ
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/25(土) 16:48:16.80 ID:guBp6EzW0
もっと色々なヒロインで書いてくれてもいいのよ?
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/25(土) 16:55:47.83 ID:col1MY/SO
子供はませてるなぁ

が孕ませてるに見えた死にたい
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/08/25(土) 17:16:58.12 ID:kACrpnEb0
乙乙
ああ^〜もう癒される〜〜
28 : ◆OtZIp/YaIxCt [saga]:2012/08/25(土) 18:58:24.61 ID:tPIlRm5h0
とりあえず、再開という名の小ネタ。
これでおそらく、一旦、京太郎 IN 阿知賀もおしまい……? 
思いつくままに行きます。


ピシャーン! ゴロゴロゴロ・・・

京太郎(……もしかして結構、天気ヤバい?)

京太郎(参ったな。買い物、無理言ってでも断ればよかった)

京太郎(まったく、お母さんは――あ)ピクッ

京太郎(松実館……玄姉ちゃんと宥姉ちゃんの家、か)

京太郎(この旅館、なんか気持ちよさそ――わっ!?)

ガッシャーン!

京太郎「イテテ……バカか、俺は」

京太郎(自転車でコケた――うう、低学年以来だぞ、こんなの)

京太郎「ま、まあいいや、行くか――イテッ!」ズキッ

京太郎(な、何気にいてえぞ、これ?)

京太郎(まずったなあ……あれ?)

京太郎(松実館から、誰か出てきた――?)


玄「なんか、音がしたような――」キョロキョロ

玄「あれ……きょ、京太郎くん!?」タタッ

京太郎「あ、玄姉ちゃん、こんにち――」

玄「ど、どど、どうしたのそれ! ひ、酷いケガ……!」オロオロ

京太郎「い、いやそんな、大したことない――」

玄「大したことあるよ! すっごい切れてるじゃない」

京太郎(――今更ながら傷をしっかりと見てみると、なるほど、こりゃ結構酷い)

京太郎(転んだ時に、車輪にでも巻き込まれちゃったのかな?)

玄「うーん……よしっ! 京太郎くん、おいで!」ガシッ

京太郎「え、ええっ!? そ、そんなの悪いって」

玄「いいのいいの! ほら、おいで!」

京太郎「う、うう……はい」

玄「素直でよろしい」ニッコリ
29 : ◆OtZIp/YaIxCt [saga]:2012/08/25(土) 19:14:22.16 ID:tPIlRm5h0
――松実館内。

京太郎「――イテッ」

玄「ごめんね、ちょっと染みちゃうかもしれないけど――」チョンチョン

京太郎「い、いや、いいよ……仕方ねえし」グッ

玄「おっ、京太郎くん、いい子だね。強いぞ」ヨシヨシ

京太郎「うっ……く、玄姉ちゃん、子ども扱いしないでくれよ」

玄「どうして? 京太郎くんは、大事な後輩だよ?」キョトン

京太郎「あーもう! そうじゃなくて!」

玄「??」パチクリ

京太郎(――はぁ、ダメだ。こんな顔をしてる玄姉ちゃんには何を言ってもムダだ)

京太郎(……そういえば、ここは)

京太郎「ねぇ、玄姉ちゃん?」

玄「ん? どうしたの、京太郎くん?」ヌリヌリ

京太郎「いや、あのさ……ここって、客室? だよね」

玄「うん、そうだよ」マキマキ

京太郎「い、いいのかな、使っちゃってて」

京太郎「その――お客さんとか来ない?」モジモジ

玄「ああ、それなら大丈夫。ほら、天気がこんなでしょ? だから、お客さんの入りも悪いんだよ」ピタピタ

京太郎「そ、そっか……」

玄「そうなの――っと。はい、一応おしまい」パッ

京太郎「ありがと、玄姉ちゃん……って、わっ」

京太郎(すごい――消毒液かけてくれただけじゃなく、ガーゼとかまで)

京太郎(それに、すっごい上手……お母さん、あんまり上手くできないのに)

玄「? どうかした、京太郎くん?」

京太郎「――玄さんって、いいお嫁さんになりそう」ボソッ

玄「……へ?」ピクッ
30 : ◆OtZIp/YaIxCt [saga]:2012/08/25(土) 19:15:43.20 ID:tPIlRm5h0

京太郎(テレビで料理が上手い女の子とか出ると、お母さんは決まってこう言うんだよなあ)

玄「きょ、京太郎くん……それって」アタフタ

京太郎「――えっ? どうしたの玄姉ちゃん?」

玄「い、いい、いやそのね? そ、そりゃ旅館の娘だし、こーいうことは出来るようにしてるけどね」アタフタ

玄「そ、その――わ、私はまだお、お嫁さんとかには……」モジモジ

玄「そ、そりゃ、女の子のよく見る夢ではあるけど、わ、私なんてまだまだ――」カァァ

京太郎(……)

京太郎(前の、「おもち」発言の時も思ったけど)

京太郎(玄姉ちゃんって、女の子らしい? のかな)

京太郎(少なくとも、穏乃よりはずっと……憧は、これからどうなるのかよく分からないけど)

京太郎(いや、でも)


――もう、京太郎くん! な、なに言ってるんですか!――


京太郎(――あいつも、か)

玄「わ、私! 京太郎くんの自転車見てくるね」スクッ

玄「い、一応、安全な場所には移したけど、この風じゃどうなるかわかんないから――じゃ、じゃあ!」タッ

京太郎(――あ、行っちゃった)

京太郎(玄姉ちゃん、すっごい顔赤かったな……いつも麻雀クラブで見るのとは違った、ような)
31 : ◆OtZIp/YaIxCt [saga]:2012/08/25(土) 19:23:56.41 ID:tPIlRm5h0
ザアアアアアア・・・
ゴロゴロゴロ

京太郎(――天気悪すぎないか?)ブルッ

京太郎(玄姉ちゃんも戻ってこないし……なんか不安だな。ちょっと寒いし)

京太郎(ちょっと、移動を――)スクッ

京太郎(そ、そんな離れた所には移動できないけどさ)


――隣の部屋(?)


京太郎「――あ、温かい」カラカラ

京太郎(ここ、落ち着くな……寒かった所から移動してきたせいかもしれないけど)

京太郎(よく見たら、真ん中にあるテーブルに炬燵が付いてるんだ――そうだな)

京太郎(ちょっと失礼して)ヨッコラセ


ムギュッ

?「……ひゃっ!」


京太郎「……ムギュ?」

?「うー……なんか踏まれた?」ムクッ

?「……」キョトン

京太郎「あっ!」

?「あー、京太郎くんか。おはよー」ペコッ

京太郎「お、おっす……そ、その、宥姉ちゃん」

宥「うんー、今日はどーしたのー?」ポワー

京太郎(寝起きのせいか寝ぼけてるのかな?)

京太郎「あー、いやその……」カクカクシカジカ
32 :天気予報はマジで適当  ◆OtZIp/YaIxCt [saga]:2012/08/25(土) 19:38:27.87 ID:tPIlRm5h0
京太郎(説明してるうちに、宥姉ちゃんも目が覚めてきたみたいだ)

宥「そうだったんだ……たしかに天気、酷いね」ブルッ

京太郎「うん――なんだか心配だなー、って」

宥「うーん……あ、そうだ」

宥「テレビテレビ、と――うん、リモコンあった」

京太郎「え、宥姉ちゃん?」

宥「えへへー……それっ」ピッ

京太郎「なになに――あっ!」

宥「ふふっ、だったら天気予報を観ればいいんだよ」

宥「これを観たら、天気分かるもんねえ」ニコニコ

京太郎(宥姉ちゃん、おっとりしてるけど、気が利くなあ……どれどれ)

>エー、ナラケンニケイホウガダサレテイマス

京太郎「……ん?」

宥「わわっ、随分と大変なことになってるね……」ブルッ

京太郎「う、うん、そうだね――」

カラカラ

玄「あ、京太郎くん、ここにいたんだ」

京太郎「あ、玄姉ちゃん……ご、ごめん、勝手に移動しちゃって」ペコッ

玄「ううん、いいよいいよ」

玄「安全な場所に自転車移動させてたら、時間かかっちゃって」

玄「――あ、お姉ちゃんも起きたんだ」

宥「うん。おはよう、玄ちゃん」ニコッ

玄「うん、おはよっ」ニコッ

京太郎「……」

京太郎(――二人とも、「おもち」おっきい)ポワー

京太郎(……って、こんなこと考えてたらまた和に怒られちゃうって!)ブンブン
33 : ◆z1KX.vtUso [saga]:2012/08/25(土) 19:40:07.77 ID:tPIlRm5h0


宥「――でね。警報が出ちゃってて」

玄「ええっ!? そ、それって結構大変じゃあ――」チラッ

宥「うん、このままだと――」チラッ

京太郎(……宥姉ちゃんと玄姉ちゃんが不安そうに俺を見る)

京太郎(――あれ? 警報出てるってことは)

京太郎「俺、家に帰れない……?」ボソッ

玄「うーん、まあ多少の無理を覚悟の上だったら!」グッ

京太郎「そ、そっか……じゃ、じゃあ早く帰らないと」スクッ

玄「ああ、待って待って!」アタフタ

京太郎「……え?」キョトン

玄「いや、だからね――その……後輩たる京太郎くんをそう無責任に送り出せるわけないよ!」エッヘン

宥「うん、そうだよ京太郎くん。このままじゃ今日はもう、外に出られないかもしれないし――」

京太郎「えっえっ……?」

玄「――お姉ちゃん、大丈夫だよね?」

宥「うん。私からお父さんたちに話してみるよ」

玄「そっかお願い!」

京太郎「ね、ねえ玄姉ちゃん……は、話が見えな――」

玄「京太郎くん……」


玄「今日はここにお泊りしてもらって、いいかな?」

京太郎「え、えええええっ!!?」
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/08/25(土) 19:41:16.26 ID:iltOwtKAO
京ちゃんっば和にしっかり躾られてるな
35 : ◆z1KX.vtUso [saga]:2012/08/25(土) 19:41:31.65 ID:tPIlRm5h0
一旦、ここまでにしてもいいかな?(迫真)
とりあえず、また後で続きが書かれる可能性が――
このままだと、ボーリング姉貴の登場が危ぶまれるんだよなあ……

(こんなところでぶったぎって)すまんな。
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/25(土) 19:42:18.56 ID:HOH/KE8ro
ヒュー、最高だぜ
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/08/25(土) 19:43:36.51 ID:zy0yiwEH0
乙〜
京ちゃんは小学生の頃からおもち星人だったのか
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/25(土) 19:47:25.60 ID:klvDankdo
要するにこの京太郎幼馴染フェチなんじゃねーか!
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/25(土) 19:50:57.21 ID:nXnaJHQJ0
小学生の頃、一輪車でこけたら車輪が片足を軸に回転して大きな傷になった上にコンクリの上だから傷口に石粒がめり込みまくったことを思い出した

京ちゃんが子供の時からジゴロすぎてハーレム形成される予感しかしない
しかし、この設定の場合だともしかして咲ちゃんはぼっちになってるんだろうか…
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/25(土) 19:52:32.20 ID:lfrjqsb7o
>>39
姉を追って白糸台に入学したとかありそうだけどな
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/08/25(土) 20:43:29.97 ID:iltOwtKAO
むしろ高校に入ってから咲と知り合う→友達のいない咲を放っておけず世話を焼く京ちゃん→フラグ立ってるから和が分かりやすく嫉妬
とか
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/25(土) 20:56:03.98 ID:BP0FPSWAo
良いね
でも奈良に京太郎いたら、長野はどうするんだ
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/25(土) 21:01:12.05 ID:ss3IIr6n0
そういや奈良県北部に警報がなかなか出なくて小中と悔しかったなー
あれはやっぱり大仏の加護だったのだろうか
44 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/25(土) 23:15:09.71 ID:RArKpMGp0
オ○ラさんがかっこよかった(小並感)
まあ、特番のことはいいや。さすがに、ミル○ィと咲は絡めるのが難しいし……
じゃけん、続き書きましょうねー。


京太郎「……」プルルルル

京太郎「あ、もしもし――そう、俺だけど……うん、うん」ガチャッ

京太郎「俺は大丈夫……あ、あのね」

京太郎「――そう、今日はこども麻雀クラブの先輩の家に……」

京太郎「うん……うん、ありがとう。じゃあ、また――」ガチャッ

京太郎「はぁ……」チン

玄「お疲れさま」ポンッ

京太郎「あ、玄姉ちゃん……OKだって」

玄「そっか! 良かったねえ」ニコニコ

京太郎「――ごめんね」

玄「……ん?」キョトン

京太郎「だってさ――い、いきなり泊まることになっちゃったし」

京太郎「……」

玄「……あのねぇ」ハァ

玄「京太郎くん。そんなに縮こまられると」

玄「むしろ、気を遣っちゃうよ?」

京太郎「で、でもさ」

玄「まったく――」

玄「らしくないよ、こういう時はね――」

玄「……ほら」

京太郎「――」

京太郎「あ……」

京太郎「ありがとう、玄姉ちゃん」

玄「ん、よろしい!」ニッコリ

京太郎(――はぁ、敵わねえなあ)

玄「それじゃ、部屋一つ空けといたから」

玄「そこに移動しよっか」

京太郎「う、うん」
45 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/25(土) 23:21:49.41 ID:RArKpMGp0
――松美館・客室

玄「さあさあ、入って入ってっ!」ガラッ

京太郎「わっ……」ビックリ

玄「どう、どう?」

京太郎「すっごい綺麗……」キラキラ

玄「でしょー?」

玄「ここはね、私とお姉ちゃんが掃除したんだよ」

京太郎「……やっぱりすごいな、二人とも」

玄「まあそこは、小学生と中学生の違い、ってやつだね!」エッヘン

京太郎「……早く」

玄「ん?」

京太郎「早く、でっかくなりたいな」

京太郎「もう少しで和の背に追いつけるから」

玄「――京太郎くん」ジッ

京太郎「な、なに?」

玄「焦っちゃダメだよ」

玄「大丈夫だよ――」

玄「私たちが付いてるから」ニコッ

京太郎「……そんなの」

京太郎「そんなの、根拠ないじゃん」プイッ

玄「ぐっ、い、痛い所を突いてきたね」

京太郎「……」

京太郎(そう、根拠なんてない。なのに――)

京太郎(なんでこんなに、安心してるんだろ……?)
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/08/25(土) 23:22:48.11 ID:BEFo3kWKo
おっぱいがでっかくなりたい?(難聴)
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/08/25(土) 23:32:04.28 ID:qYgEmyrZ0
ここはいつから京玄スレになったんや…
48 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/25(土) 23:33:02.63 ID:RArKpMGp0
玄「とりあえず、布団はここね。あとは――」テキパキ

京太郎「うん、うん」コクコク

玄「よしっ! まあ、こんなところかな?」

玄「京太郎くんのことだから、おかしなことはしないだろうし」

京太郎「『おかしなこと』って」

玄「えっ? え、えーとまあ、その……?」ビクッ

玄「……」

玄「ま、まあ、そーゆーことだよ!」ウンウン

京太郎「えええ……玄姉ちゃん、ズルいよ」

玄(……)

玄(そうだよね、中学生と小学生は全然違うもんね……)

玄(――わ、私なに言ってんだろ?)カァァ

京太郎(……玄姉ちゃんが変な顔してる)


玄「あ、そうだ! とりあえず、お風呂入らないとね!」

京太郎「う、うん……その」

京太郎「一人だよね?」

玄「――え?」キョトン

玄「あ、当たり前でしょ!」カァァ

京太郎「よ、良かった……」

玄「だ、大体私たちは、その――」クドクド

玄「――へ?」ピクッ

京太郎「だってさ、うちだと時々お母さんが入ってこようとするから」

京太郎「さ、さすがに恥ずかしいよね」アハハ

玄「……」


京太郎「く、玄姉ちゃん!? ど、どうしたの?」

玄(――は、恥ずかしすぎて、顔を上げられない)ズーン
49 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/25(土) 23:35:45.61 ID:RArKpMGp0
>>47
?「前スレ>>1000、なんとかしろ(無責任)」
そこから阿知賀スレに発展させてるのはアホ作者だからね、しょうがないね。

お気づきだろうか……レスが50に辿りつこうとしているのに、未だに咲ちゃんは影も形も見せてないということに――
こんなんじゃスレ違いにしかなんないよー(棒読み)

??「京ちゃん――? 奈良で何してるのかなあ?」
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/25(土) 23:39:05.38 ID:ss3IIr6n0
>>49
ここの咲さんは迫ってくる途中でこけちゃいそうだからあんまり怖くないなー
51 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/25(土) 23:46:22.65 ID:RArKpMGp0
玄「じゃ、じゃあね――その……」アセアセ

京太郎「う、うん。浴室の使い方は分かったから――玄姉ちゃん、大丈夫?」

玄「だ、だいじょぶだいじょぶ……」

京太郎(――玄姉ちゃん、なんか色っぽい?)

京太郎「そ、それじゃね、玄姉ちゃん」バタン

玄「う、うん――またね、京太郎くん」バタン


――松美館・廊下

玄「はぁぁぁ……」

玄(私は何をしてるんだろう……?)

玄「――こうしてても仕方ないし、一旦部屋にでも」スタスタ

宥「あ、玄ちゃん」バッタリ

玄「わっ、お姉ちゃん? どうしたの?」

宥「う、うん……そのね?」キョロキョロ

玄「どうかした?」

宥「いや――京太郎くん、お風呂に入るでしょ?」

玄「あ、うん。さっき私が部屋を出たら、行っちゃったよ」

宥「そ、そっか――忘れちゃったんだ」ハァ

玄「……え?」

宥「あのね、玄ちゃん?」

宥「京太郎くん、さっき思いっきり転んじゃったんだよね?」

玄「う、うん、そうだよ」

宥「あの時、雨が降り始めてて」

宥「そんな時転んじゃったら、きっと――」

玄「……!」ハッ

宥「京太郎くん、幸い服に汚れとかは付かなかったけど」

宥「きっと、結構濡れちゃってるよ」

宥「だから、その……い、一応、予備の、その――子ども用の下着を、持ってきたんだけど」スッ

玄「……」

宥「で、でも京太郎くん、入っちゃったんだよね? だ、だったら――」

玄「――」
52 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 00:03:28.68 ID:BbmnxHt40
――浴室

京太郎「あー、さっぱりした」

京太郎「んじゃ、そろそろ出ようかな……」

京太郎「――あ」ハッ

京太郎(やばっ……そういえば)

――脱衣所

京太郎(――が、頑張れば何とか履ける、かな?)オズオズ

京太郎(……よ、よしっ! な、なんとかなる、はず)グッ

京太郎「さて、部屋に戻るか」クイッ

コンコン

京太郎「……あれ?」


――松美館・廊下

玄(――結局)スタスタ

玄(どっちが持っていくか決めあぐねて)

玄(私が持ってくることになったけど――随分、遅れちゃったなー)ハァ

玄(京太郎くん、もう出ちゃったかなあ……)

玄「い、一応ノックしとかないとだね」

玄「――京太郎くーん? 入るよー?」コンコン



玄「あれ? 返事がない?」

玄「ま、まあノックしたし……いい、よね?」

玄「きょ、京太郎くん! か、替えの、その、服を持ってき――」カチャッ



京太郎「」

玄「」



京太郎「――く、玄姉ちゃん?」ビックリ

玄「な、なな、なんで?」アタフタ

京太郎「いや、ノックしたから出ないと、って思って――」

玄「そ、そんなカッコで出てきちゃダメだよ!」バッ

京太郎「……げっ」

京太郎(しまった! 家でいっつもこんなカッコしてるせいで――)

玄「も、もう! と、とにかく、早くこれに着替えて!」カァァ

京太郎「あ、ありがと、玄姉ちゃ――」

玄「は、早く行って! わ、私出てるからね!」バタン

京太郎「う、うん」イソイソ
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/08/26(日) 00:05:13.71 ID:JuHBTHzco
なんという逆ラッキースケベ……
間違いなくショタコンの毒牙にかかる
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/08/26(日) 00:14:01.77 ID:/qIR9FEa0
そら(金髪ショタは)そう(伝説やアラフォーにとっては垂涎もの)よ
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/26(日) 00:15:42.38 ID:GzeFlEOqo
でも一個下だぞ?
56 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 00:15:48.69 ID:BbmnxHt40
――数分後。

京太郎「……」シーン

玄「……」シーン

二人(気まずい……)

京太郎「あ、あのさっきは、その――」アセアセ

玄「えっ!? あ、いや、その」アセアセ

玄「わ、私もちょっとうっかりしてたかなー、って思う所あるし」ウンウン

玄「こ、ここはおあいこってことで!」ビシッ

京太郎「わ、わかった」コクコク

玄「う、うん――」コクコク

京太郎「……」シーン

玄「……」シーン


宥「あ、二人とも」カチャッ

京太郎「あ、宥姉ちゃん……」

玄「あ、お姉ちゃん……」

二人(助かった……!)ホッ

宥「あ、着替えたんだね。似合ってるよ、その寝間着」ニコニコ

京太郎「あ、ありがと」

玄「お、お姉ちゃんの見立てに間違いはないからね! うんうん」コクコク

京太郎「だ、だよねー」コクコク

宥(……?)

宥「――なにかあったの?」

玄「い、いやなーんにもなかったよ!」ブンブン

京太郎「う、うん! 特に何も!」ブンブン

宥「そっかー……?」

宥(――まあ、いいか)

宥(二人とも顔がリンゴみたいに真っ赤になっちゃってるし……)

玄「……」チラッ

京太郎「……」チラッ

二人「ううう……」カァァァ

宥(――可愛い)クスッ
57 :前スレ>>1000 [sage]:2012/08/26(日) 00:17:43.00 ID:RxTEIE7no
>>49
お、俺は悪くぬえ!アルセーヌが悪いんや!
58 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 00:23:41.39 ID:BbmnxHt40
>>55
前スレで咲ちゃんと親しくなってから言ったように、京太郎は昔はかなり背が低かったという設定。
それは、このスレでも適用されます。

あー、そうだ。
せっかくだし、ちょっと遊ぼう。
これから、京太郎就寝イベントのようなものが始まります。
というわけで、昨今の時流に乗って、軽い安価みたいなことをしてみたいと思います。
さて――

京太郎(――布団も敷いたし、そろそろ寝るか)

京太郎(うわっ、この布団寝心地よすぎだろ……あれ?)ピクッ

俺が寝ようとしていると――


1.玄姉ちゃんがやってきた

2.宥姉ちゃんがやってきた


とりあえず、この二つのどっちかで。
それでは、↓7までで多数決。
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/26(日) 00:24:37.27 ID:nAuWALdlo
1
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 00:25:06.86 ID:acU/DKT8o
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 00:25:26.68 ID:HVI7Zp/2o
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 00:25:27.02 ID:H1YMZqqBo
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/08/26(日) 00:25:33.83 ID:JuHBTHzco
2
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/26(日) 00:25:56.86 ID:GzeFlEOqo
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(鹿児島県) [sage]:2012/08/26(日) 00:28:08.26 ID:B1aMH4t5o
1
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 00:31:25.08 ID:RxTEIE7no
きれーに割れたな
67 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 00:44:28.03 ID:BbmnxHt40
すっごく綺麗に分かれてビックリした(小並感)
じゃけん、玄姉ちゃん来室ルート。

京太郎「ノックの音がする――いいですよー」

玄「あ、京太郎くん?」カチャッ

京太郎「く、玄姉ちゃん!? ど、どしたの?」アタフタ

玄「あ、えと、その――い、今から寝ようとしてたのかな?」

京太郎「う、うん」コクッ

玄「そっか――ちょっとお話ししてもいい?」

京太郎「いいよ」

京太郎「――正直、目が冴えちゃってて」

玄「そっか、なら良かった……お邪魔します」


玄「へ、へぇ、京太郎くんって結構真面目なんだね?」キョロキョロ

京太郎「どうして?」

玄「だ、だって――最近の若者は夜更かしする子が多い! って、この前のテレビで」

京太郎「……もしかして、玄姉ちゃんは」ジトッ

玄「……わ、私は違うよ!? だ、だって、旅館のお手伝いだってあるんだから!」アセアセ

京太郎「あ、そっか」

玄「も、もう――」

玄「年上を、からかって……」ボソッ

京太郎「……」

京太郎(――なんで玄姉ちゃん、ここに来たんだろう?)

京太郎(さっきから何かを言いたいみたいなんだけど)

玄「むーっ……」

玄「わ、私は」

京太郎(何を……)

玄「私は、お姉ちゃんなのに――」ズイッ

京太郎「えっ?」キョトン

玄「……あっ!」サッ
68 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 01:00:37.20 ID:BbmnxHt40
京太郎「ね、ねえ……玄姉ちゃん?」

玄「――ふんだ」プクッ

京太郎「……ねえってば」

玄「……京太郎くんは」

玄「京太郎くんは、きっと」

玄「私のこと、頼りないって思ってるんだ」

玄「さ、さっきだって、私は――」

京太郎(……)


――私が一緒にいるから――

――大丈夫だよ――


京太郎(――これが)

玄「私、京太郎くんに、先輩らしいこと何もしてあげられてない」

玄「……お姉ちゃんの方がずっと気が回るし」

京太郎(これが、さっきロビーで元気づけてくれた玄姉ちゃんなのか?)

京太郎(――ああ、そっか)

玄「わ、私なんて――」

京太郎「ね、玄姉ちゃん?」

玄「ひゃっ!? きょ、京太郎くん?」ビクッ

京太郎「――コホン」

玄「?」


京太郎「――俺が一緒にいる」

玄「……?」

京太郎「えっと、その……玄姉ちゃん、たしかにそそっかしいところもあるし、突っ走っちゃうところもあるけど」アセアセ

玄「うっ……」

京太郎「で、でも! そ、それでも俺の大事な――その――だ、大事な先輩だよ」アタフタ

京太郎「だ、だから――!」
69 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 01:03:33.85 ID:BbmnxHt40
玄「……」

玄「……もう」

玄「京ちゃんってば――」クスッ

京太郎(あ、笑った)

玄「……そうだよね」

玄「京ちゃん、まだまだ頼りないんだから」

玄「私がしっかりしないとね!」

京太郎(――おかしい、なんか気に食わないぞ?)ムッ

玄「……ありがとね、京ちゃん」ボソッ

京太郎「えっ……?」

玄「ところで! さあ、京ちゃん?」ズイッ

京太郎「え、え?」

玄「旅館の夜! 寝る前にすることと言えば!?」

京太郎「えっと……トイレに行く?」

玄「ちがーう! い、いやたしかにそれもそうだけど」

玄「――恋の話、だよ」クスッ

京太郎「ああ、なるほど。『恋』か――」

京太郎「――って、えええええっ!?」ビクッ
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/26(日) 01:07:42.34 ID:GzeFlEOqo
急に京ちゃん呼びだと……!?
71 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 01:09:33.89 ID:BbmnxHt40
玄「さあさあ……で、京ちゃん? 京ちゃんの好きな子といえば――!?」

京太郎「あ、あの玄姉ちゃん?」

玄「やっぱり和ちゃん? あの可愛さも、スタイルも凄いよねえ……それとも」

玄「穏乃ちゃん? いいよねえ……あんなに元気な子はこの時代、そうそういないよ」

京太郎「ねえってば」

玄「あ、それとも憧ちゃん!? うん、断言するけど、あの子将来――『化け』ちゃうよ?」

玄「すっごい子になるんだろうなー……」

京太郎「ねえっ」

玄「あ、それともまさかの――」

京太郎「ねえっ!」

玄「わわっ!?」


玄「え、えと、ごめんね、京太郎くん?」

京太郎「い、いや別にいいよ――」

京太郎(……)

京太郎(――なんだろう?)

京太郎(なんか胸がモヤモヤする)

京太郎(なんでだろ――?)

玄「ご、ごめんね――い、いきなり好きな子とか言い出したら困っちゃうよね?」エヘヘ

京太郎(そうだ……好きな子の話題とか出されたからだ)

京太郎(俺はまだ、恋なんてしたことない。この12年間、誰にも――)

京太郎(そりゃ、可愛いって思う奴は結構いる)

京太郎「それこそ、和とか穏乃とか憧とか――それに」

玄「ね、ねえ、京太郎くん?」

京太郎「玄姉ちゃん――俺」

玄「?」



下二ケタのコンマ


01〜20 「――そろそろ寝ないと。すっごく眠いんだ」

21〜70 「そ、その3人じゃ、ないよ――あと、赤土先生でもない」

71〜99 「く、玄姉ちゃん……?」


ここから↓5

(作者の余興に付き合ってもらってしまい)すまんな。あと、どれになってもそこまで変動とかしないから、気軽にオナシャス。
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/26(日) 01:10:29.26 ID:GzeFlEOqo
うん
73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 01:10:44.21 ID:H1YMZqqBo
高いのこい
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 01:10:52.92 ID:acU/DKT8o
いけ
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/08/26(日) 01:11:02.87 ID:JuHBTHzco
オラァ
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/26(日) 01:13:23.31 ID:nAuWALdlo
てい
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/08/26(日) 01:16:06.73 ID:JuHBTHzco
ほぅ……松実姉妹か……
78 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 01:21:14.22 ID:BbmnxHt40
>>70
完璧なミスだ……京太郎くんで補完してください。

さて――

京太郎「俺が好きなのは――そ、その」

玄「……?」

京太郎「そ、その三人じゃないよ――あと、赤土先生でもない」

玄「……へっ?」キョトン

京太郎「お、俺が好きなのは――」


京太郎(――ちょっと待てよ、俺?)

京太郎(……あの3人じゃない? 恋なんかしてない?)

京太郎(――じゃあ)

京太郎(……もしかして)

京太郎(――ホントに?)バッ


玄「や、やだなあ京太郎くんってば」

玄「な、なんだ、こども麻雀クラブの、同い年の子だと思ったのになー」

玄「あ、あはは……じゃ、じゃあね京太郎くん。へ、変な話しちゃってごめ――」スクッ

京太郎「ま、待って!」

玄「……?」

京太郎「く、玄姉ちゃん――」


01〜20 「……その、これからもよろしく」

21〜60 「――その人は、こども麻雀クラブにいるよ」

61〜99 「やっぱり俺は、玄姉ちゃんのことが――!」

↓5
79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 01:21:41.94 ID:RxTEIE7no
姉妹丼か
80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 01:21:47.87 ID:oURmHkFTo
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 01:22:07.16 ID:RxTEIE7no
kskの構え
82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 01:22:09.02 ID:H1YMZqqBo
咲のことが
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 01:22:14.98 ID:acU/DKT8o
きめろ
84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/08/26(日) 01:22:15.62 ID:CiAp8MN/0
どや
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 01:22:29.39 ID:RxTEIE7no
>>83
ヒューッ!
86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/26(日) 01:24:24.33 ID:nAuWALdlo
キタデー
87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/08/26(日) 01:24:36.21 ID:JuHBTHzco
>>83
なかなかのなかなかだね
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 01:32:28.01 ID:xSsDLyah0
京咲もいいけどたまにはこういうのもいいよね
俺はどっちでもいいけど
89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/08/26(日) 01:33:34.86 ID:JuHBTHzco
のどっちがいいけど?(難聴)
90 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 01:38:31.34 ID:BbmnxHt40
京太郎(――もう、いい)

京太郎(この気持ちが、恋なのかそうでないのか――そんなの、もうどうでもいい)

京太郎(今、問題なのは――)ジッ

玄「あ、あの京太郎くん? ど、どうしたのかな?」アセアセ

京太郎「玄姉ちゃん」

玄「は、はいっ!」ビシッ

京太郎「やっぱり……」

京太郎「やっぱり俺は玄姉ちゃんのことが――」


玄「ストップ!」バッ


京太郎「……え?」

玄「きょ、京太郎くん? お、落ち着こっ? ねっ?」

玄「――きょ、今日は色んなことがあったよね」

玄「ふ、普段は和ちゃんと沢山お話ししてるから」

玄「その――と、突然こういう展開になったら、驚いちゃうんだよ、きっと」

京太郎(――玄姉ちゃん)

玄「……じゃ、じゃあね! ほ、ホントごめんね! きょ、京太郎くんにはいっぱい迷惑を――」

京太郎「玄姉ちゃん」

玄「……」ビクッ

京太郎「――らしくないよ。こ、こういう時にさ、その――はぐらかしてどっか行っちゃうなんて」

玄「……」

京太郎「だ、だから、俺は――」

玄「やめて――!」



京太郎「俺は、玄姉ちゃんのことが好きなんだ!」
91 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 01:40:27.36 ID:BbmnxHt40


玄「……」

京太郎「……」

玄「……」

京太郎「……そ、その」

玄「……京太郎くん?」

京太郎「え?」

玄「バカ……!」


ポロポロ・・・


京太郎「えっえっ!? ど、どうしたの玄姉ちゃん?」

玄「わ、私だって――」

京太郎「……」

玄「私だって、そんな風に感じてたよ!」

玄「でも、でも――そ、それは恋じゃないよ!」

玄「だ、だって――そ、そんな、こんなことは……」グスッ

京太郎「――玄姉ちゃん」スッ

玄「だ、だめ来ないで……今、私」


ギュッ


京太郎「――たまには、俺のことも頼ってよ」

玄「――」ハッ

京太郎「いっつも一番の先輩だってことで張り切ってるけど」

京太郎「たまにはこうして、頼ってもいいよ」

京太郎「お、俺は、まだ――頼りには……うわっ、震えて声が出ないや」

玄「……いいの?」

京太郎「え?」

玄「ホントに私で……」

京太郎「――そりゃまあ」

玄「――はぁ、まったく」

玄「京太郎くんは、バカなんだから」

京太郎「うっ、和にもよく言われる」

玄「――京太郎くん」

京太郎「うん」


玄「いいんだね、頼りにしても?」

京太郎「……どんと来てよ、玄姉ちゃん?」

玄「まったく、もう――」クスッ


槓!
92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 01:40:35.17 ID:O0Y7YVRIO
和「」
93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 01:43:00.63 ID:O0Y7YVRIO
ちょーおつだよー

のどっちは犠牲になったのだェ
94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 01:44:54.54 ID:H1YMZqqBo
エピローグが気になるな。おさななじみとか
95 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 01:48:27.81 ID:BbmnxHt40
な、なんだこのSSタイトル詐欺は……
でも、しょうがないですね!(マジキチスマイル)
ま、まあ、前スレに京咲成分は結構大量に投入したし……(震え声)

あ、後日談とかはなかなか辛いかもしれません。
和たちに説明するとかその辺もありっちゃありかもしれませんが――
これこそ気が乗り次第、ですかね。


さて、また意見を聞かせてほしい。


1.ええい、宥姉を出さないとは何事だ! ルート分岐を書くんだよ、おう。

2.ねえねえ、姉妹二人同時には出てこないの??

3.早く和との小ネタかくんだよ、おう早くしろよ。

4.穏乃や憧はどうなるんですかねえ……

5.京太郎くん! 清澄だった頃のきみに戻ろう!

とりあえず、これまた多数決かな。
今の時間の人数的には――

ここから↓9

ここまでの多数決とさせてください。お願いします。
96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 01:48:53.95 ID:H1YMZqqBo
97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 01:49:45.74 ID:acU/DKT8o
98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/26(日) 01:50:11.99 ID:nAuWALdlo
4もきになるが3
99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 01:50:12.89 ID:oURmHkFTo
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/08/26(日) 01:50:39.07 ID:q2o1eN0eo
101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 01:50:48.15 ID:O0Y7YVRIO
3
102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/08/26(日) 01:52:06.63 ID:KxC6yjEG0
3
103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 01:52:26.72 ID:xSsDLyah0
1
104 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 01:58:01.30 ID:BbmnxHt40
ここまでで決まり、かな。

みんな和好きなんすねえ。
よしっ、じゃあ和と京太郎のSSを書こうか。
設定はとりあえず、このままってことで。
105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 01:59:57.70 ID:RxTEIE7no
ほう・・・ほう・・・!
106 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 02:05:36.62 ID:BbmnxHt40
和「……」ツン

京太郎「――の、和……」

和「なんですか、変態・京太郎さん?」ジトッ

京太郎「うっ、ごめんなさい」

和「はぁ……」

和「たしかに玄さんは、私たちの面倒をよく見てくれますし――」

和「尊敬できる方ではありますが」

和「個人的に、ああいった言動は少し……」ギュッ

京太郎「……」

京太郎(――まあ、「おもち」発言はなあ)

京太郎(こいつの家、キビシーお父さんとお母さんが仕切ってるし)

京太郎「――でも、まあ」チラッ

京太郎(無理もないんだよなあ)

京太郎(正直、こいつの、その、「おもち」は目立つし)カァァ

和「――何か、良からぬことを考えてますね?」ジトッ

京太郎「うっ……そ、それより、明日のテストなんだけど」

和「京太郎くん?」ゴゴゴゴ

京太郎「うっ、す、すみませんでした……」

和「ふぅ、分かってくれればいいんです」

京太郎(……)


京太郎(阿知賀こども麻雀クラブに和と入って)

京太郎(結構、経ったような気がする)

京太郎(でもまあ、赤土先生に指摘されたように)

京太郎(俺はこいつとばかり話しちゃってるような――)

京太郎「うーん……」
107 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 02:12:43.42 ID:BbmnxHt40
京太郎(で、まあ色々あって)

和「――それで、ここはこうなります。ほら、台形の公式ですよ」チラッ

京太郎「えーと……うえ足すした割る2? だっけ?」グルグル

和「……はぁ」

和「本当に授業を全く聞いてないんですね、京太郎くんは」ジトッ

京太郎「うっ、す、すいません――」

和「はぁ……」

和「とにかく。ここからここまでやってみてください」

和「――そうしないと、夏休みの宿題、増えちゃいますよ?」

京太郎「あ、ああ――」

京太郎(和の家は厳しいから)

京太郎(俺の家でテストの勉強をしようということになったんだけど)

京太郎(――う、薄着のせいか、こいつの、その……)チラッ

和「……」カリカリ

京太郎「お、おもちが気になってしょうがない……」

京太郎「ううっ、い、いかんぞ京太郎! こ、これじゃ、あの玄姉ちゃんと一緒じゃないか!」

京太郎「で、でも……」

京太郎(うーん――)


1.それとなく指摘してみる。

2.ま、まあいっか。ほっとこう。


↓4
108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 02:13:19.63 ID:H1YMZqqBo
109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 02:13:33.37 ID:acU/DKT8o
110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県) [sage]:2012/08/26(日) 02:13:40.98 ID:ZQSPY/Ct0
111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 02:14:14.47 ID:oURmHkFTo
112 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 02:16:10.46 ID:BbmnxHt40
和「……あら、京太郎くん? 手が止まってますよ」

京太郎「あ、ああ、わりい」

和「もう――しっかりしてくださいね?」

京太郎(ま、まあ気になるけど)

京太郎(言ったらきっと、勉強にならなくなっちゃうだろうしなあ)

京太郎(まあ、いっか)

和「はい、京太郎くん? この問題を――」

京太郎「……やべえ、さっぱりわからない」

和「……はぁ」
113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 02:17:17.50 ID:rwRMm2QDo
のどっちの生かされない秀才設定
114 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 02:23:54.74 ID:BbmnxHt40
――後日

京太郎「結局、宿題が増えた……」ガックシ

和「自業自得ですよ、まったく」ハァ

京太郎(――原因の一部は和にある、なんて言えるわけもないか)


穏乃「あれー? 京太郎、宿題増やされたの?」

憧「――うわっ、こども麻雀クラブの恥だよ、恥」

京太郎「う、うっせえな。恥、恥って言う方が恥ずかしいんだぞ」

憧「自分で何言ってるのかも分かってないのか」ヤレヤレ

京太郎「なにをー!」

穏乃「わっわっ、京太郎も憧もやめなって」

憧「いいっていいって、わかってるから。ま、京太郎は宿題を頑張ってくれたまえ」ニッコリ

京太郎「こんにゃろお……」グヌヌ

和「……」モジモジ

京太郎(――あれ?)


京太郎(そっか。こいつ、あっちから自分に対して話しかけられたときはしっかり応じるけど)

京太郎(自分から入ってこないんだよな――)

穏乃「でも、私ギリギリだったし! ほら見なよ!」パッ

京太郎「うわっ……見事に×ばっかり」

憧「いや、あんたが言うな」ビシッ

和「……」オズオズ

京太郎(……!)ハッ


1.「ほら、和」ヒソヒソ

2.「今日はクラブないし、帰ろうか」ヒソヒソ

3.「ははっ、穏乃も俺と同レベルだな!」ニカッ

↓4
115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 02:25:09.62 ID:VEhCdpO9o
3
116 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/08/26(日) 02:25:16.41 ID:c39nU7fio
1
117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 02:25:29.97 ID:oURmHkFTo
1
118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/26(日) 02:26:21.03 ID:nAuWALdlo
1
119 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 02:34:56.22 ID:BbmnxHt40
京太郎「ほら、和」

和「……あ、あの」

穏乃「ん? どした和?」

憧「そういえば、和は宿題なんて出されてないよね?」

和「は、はい……あの、穏乃?」

穏乃「ん? どした?」

和「いえ、その――宿題なら、私も手伝える所は手伝いますから」

穏乃「……えっ?」

和「な、夏休み中は、色んな所へ行くかもしれませんし……」

和「だから、その――」

穏乃「……えへへ」

和「……?」

穏乃「のーどか! ありがとね!」

和「えっ、えっ……?」

穏乃「いやー、和ってそんなに優しかったんだー……ふふっ、頼りにしてるよ!」

和「あ、はい……お願いします」

穏乃「なんで和が固くなっちゃってんのさ」

和「そ、そうですね……ふふっ」


京太郎「……」

京太郎(二人でずっと仲良さそうに話し込んでいるな……)

憧「やるじゃない」

京太郎「わっ、なんだ憧か」

憧「なんだとはなによ。へぇー、やっぱり――」

京太郎「何がやっぱりだ」

憧「いや、京太郎は和のことを気にかけてるんだねー、って」

京太郎「え?」

憧「……ねぇ? もしかして」

京太郎(うわっ、目が怪しいぞこいつ)

憧「京太郎ってさ――」

京太郎(――いっつも憧の奴に負かされてるし)

憧「和のことが……」

京太郎(……ここらでズドンと――!)


1.「そういう憧はどうなんだよ?」ズイッ

2.「おーい和ー、穏乃ー! 一緒に帰ろうぜー!」

3.「――さあな?」フッ
120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 02:35:18.20 ID:H1YMZqqBo
121 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 02:35:27.02 ID:BbmnxHt40
うっかりしてました。
ここから↓3で。
122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 02:35:42.28 ID:H1YMZqqBo
123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 02:35:52.36 ID:acU/DKT8o
124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/08/26(日) 02:36:02.26 ID:c39nU7fio
3
125 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 02:47:08.73 ID:BbmnxHt40
なんという一体感……


京太郎「――さあな?」フッ

憧「あ、なにその余裕そうな顔は。なんかむかつく……」

京太郎「いやいや。『和のことが――』か……へぇ」ニヤニヤ

憧「な、なにさ」

京太郎「お前な、こういう言葉があるぞ」

京太郎「『人に物を訊ねる時は、まず自分から』ってな」

憧「そ、そんなの知らないよ」ムッ

京太郎「へぇ、頭がいい憧さんがこんなことも知らないのか、ちょっとがっかりだ」ヤレヤレ

憧「むっ……!」カチン

憧「な、なにさ! 人が大人しくしてれば、えらそーに!」

京太郎(――挑発、成功)

憧「わ、私にはそんな人は――」

京太郎「へえ、どんな人だ?」ニヤニヤ

憧「えっ、だ、だからその――」

京太郎「さっきお前は、『和のことが――』って言っただけだよな」

京太郎「つまり、俺はその後の言葉なんて知ったこっちゃない」

憧「そ、そんなの――!」

京太郎「言い掛かりっていうんなら、早く言ってみろって。いやー、俺も聞きたいなあ……」

憧「う、ううっ……」

憧「……し」

憧「穏乃ー! 和ー! 一緒に帰ろー!」クルッ


穏乃「あ、うん! じゃあよろしくね和!」ニコッ

和「はい、こちらこそ!」ニコッ


京太郎「……憧さんが逃げたぞー」ボウヨミ

憧「……ふ、ふん。『せんりゃくてきてったい』よ」プイッ

京太郎(なんか難しい言葉を使いだした)ウワァ

京太郎「負け惜しみ?」キョトン

憧「う、うっさい! ほら、もう帰るんだから!」ガチャガチャ

京太郎「はいはい――っと」ガチャガチャ
126 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 02:48:46.33 ID:BbmnxHt40
京太郎(……いやーしかし)

京太郎(憧の奴を負かせたって思うと、なんというかその)

京太郎(グッとくる、っていうか……)ジーン

憧「な、なに勝ち誇った顔してんの!」

京太郎「いやー、別に?」

憧「むぅぅ……」


穏乃「うひゃー、随分派手に戦ってたみたいだねえ」

和「……」ジッ

穏乃「……和?」

和「え、ええ、そうですね――まったく、教室内ではしたない」ジッ

穏乃「――?」キョトン
127 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 02:52:08.53 ID:BbmnxHt40
――夏休み。

京太郎(この言葉に胸を躍らせない学生がいるだろうか、いや、いない!)

京太郎(さて、算数の宿題は、最悪後で和と一緒に片づけることにしてっと)

京太郎(今日は遊びにでもいこうかな?)

京太郎(――そういえば)

京太郎(みんな、ケータイ持ってるんだよな、考えてみれば)

京太郎(穏乃はそれでよく家に連絡してるし)※咲日和2巻・参照

京太郎(そうと決まれば――電話だ!)

京太郎(……あれ、誰にしようとしてたんだっけ?)


1.和

2.憧

3.穏乃

4.赤土先生

5.松実館

↓5
128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/26(日) 02:52:36.12 ID:nAuWALdlo
1
129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 02:53:04.84 ID:H1YMZqqBo
また玄ちゃんルートにも惹かれるが1
130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/08/26(日) 02:53:23.14 ID:c39nU7fio
1
131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/08/26(日) 02:58:08.01 ID:CZjoSrpIo
あえての4とか
132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 02:58:11.61 ID:DlTnUzlZo
4
133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 03:01:27.84 ID:rwRMm2QDo
安価の雨だな
134 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 03:11:47.28 ID:BbmnxHt40
(流れ変わったな……)

京太郎「よしっ、赤土先生だ!」

京太郎(正直な話、麻雀の強さで行ったら和には全然勝てないし)

京太郎(憧にもまだまだ――穏乃と時々いい勝負ができるくらいなんだ)

京太郎(だったら……こういう機会を逃しちゃいけないよな)ピッ

京太郎「……」プルルルル

晴絵『はい?』ガチャッ

京太郎「あ、もしもし! あ、あの須賀京太郎です!」

晴絵『ああ、京太郎くんか。どした? なんかあった?』

京太郎「え、えーとその――ま、麻雀を」

晴絵『ん?』キョトン

京太郎「麻雀を打ちたいんですけど……」

晴絵「え? でも今日はクラブもないし」

晴絵『――ま、まあ私にだって予定はないけどさ!』プイッ

京太郎(……なんで夏休みなのに、どこか投げやりなのかな赤土先生)キョトン

京太郎(――大学生? だからかな。まあそれはいいとして)

京太郎「――あ、あの……俺を指導してもらえませんか?」

晴絵『……え?』

京太郎「お、俺。和にも憧にも追いつけなくて……穏乃ともどんどん差が開いてっちゃうような気がして」

京太郎「だ、だから――!」

晴絵『――そっか、わかった』

京太郎「え?」ピクッ

晴絵『そうだな……12時に学校集合、でいいね?』

京太郎「は、はいっ。ありがとうございます!」

晴絵『ふふっ、教え甲斐がある子だね』ニコッ

晴絵『それじゃまた後で――あ、そうそう』

京太郎「はい?」

晴絵『誰か呼んでもいいからね?』

京太郎「……へ?」

晴絵『それじゃねー』ピッ
135 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 03:13:12.93 ID:BbmnxHt40
京太郎「……」

京太郎「――どうしよっかな」

京太郎(たしかに一対一なら、赤土先生につきっきりで教えてもらうし、先生からもっといろんなこと聞けるかも)

京太郎(でもまあ、楽しさを求めるのなら、人を呼んだ方がいい、のかな?)

京太郎「うーん……」

この中から3人を選んでください。


1.和

2.穏乃

3.憧

4.玄

5.宥

6.灼

※あ、あと麻雀シーンはほとんどキンクリになるであろうことをここに記しておきます。

では、↓5
136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/26(日) 03:13:55.87 ID:GzeFlEOqo
ksk
137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/26(日) 03:15:38.85 ID:nAuWALdlo
あえて4,5,6
138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 03:17:58.18 ID:oURmHkFTo
王道の123
139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/08/26(日) 03:18:16.16 ID:ibT30PNJ0
1 2 3
140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 03:18:20.80 ID:DlTnUzlZo
145
141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/08/26(日) 03:18:28.89 ID:c39nU7fio
秘密特訓って感じだから4,5,6
142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/08/26(日) 03:19:06.13 ID:q2o1eN0eo
>>138
143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 03:21:26.03 ID:rwRMm2QDo
>>140
まさかアンタおもちで・・・
144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 03:23:03.87 ID:DlTnUzlZo
>>143
なぜばれたし……
145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 03:32:12.41 ID:rwRMm2QDo
>>144
自分の匂いって無臭に感じるだろ?
自分と同じ匂いもしかり
つまりそういうことだ
146 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 03:33:24.11 ID:BbmnxHt40
結構、面白そうな面子になりましたね……
そういえば和って、宥や灼とは一切面識がなかったんだっけ?
あと、阿知賀女子学院と穏乃たちの小学校って別モノ……?

>>143
その発想はなかった。素直に感心しちゃったヤバイヤバイ。


京太郎「――よしっ、とりあえず決まり!」

京太郎「みんなノってくれたし……いざ、学校へ!」


――学校。

京太郎「――こんにちは!」

玄「あ、京太郎くん! こんにちは」

宥「……ううっ、寒い――あ、京太郎くん、こんにちは」

京太郎「玄姉ちゃんも宥姉ちゃんも夏休みだよね?」

玄「そうだよ!」

宥「ふふっ、楽しみだなあ……」

京太郎「ホントですよね――あ、和も来てたか! おす!」

和「……珍しいですね」

京太郎「なにが?」

和「この練習、京太郎くんが自分から提案したんでしょう?」

和「――そんなにやる気、あったんだなーって」

京太郎「へへっ、バカにすんなよ?」

京太郎「俺はそのうち、和も憧も倒して、そこにいる玄姉ちゃんや宥姉ちゃんにも勝って――」

京太郎「――いつかは、赤土先生にだって!」

晴絵「おやおや、本当に元気がいい子だねえ」

京太郎「あ、先生。こんにちは」

晴絵「はい、こんにちは……さて」

晴絵「さっそくだけど、卓につこうか」

玄「はいっ!」

宥「は、はいっ」

和「わかりました」

和「お願いします!」

晴絵「それじゃあ―1局、行きますか!!」
147 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 03:34:28.96 ID:BbmnxHt40
>>144
>>145
二人は、どういう集まりなんだっけ?


とりあえず、麻雀については素人も同然だっていうのは、前スレから見てくれている人には分かると思う。
というわけで、不得意分野で頑張ってもしゃーない。

だから、一位通過した人に応じてイベント発生という、なんとも簡略的なシステムにしよう。
元々、安価スレじゃなかったし……(震え声)

あ、あと、「その人」が一位になったからといって、「その人」に直接的に関係するイベントがあるとは限らないです。
そういうことで!


京太郎(――さて、そんなわけで、1局終えた)

京太郎(1位は――)


1.さすが玄姉ちゃん!

2.宥姉ちゃん、凄い!

3.和に負けた……うう、悔しい。

4.つ、強すぎる……これが、阿知賀のレジェンド――!

5.ウソだろ……俺が、この人たちに勝てたのか!?


↓4
148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 03:35:46.93 ID:H1YMZqqBo
149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/26(日) 03:36:28.09 ID:nAuWALdlo
図太くなれない俺は4
150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/08/26(日) 03:36:46.69 ID:ibT30PNJ0
1
151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 03:37:34.16 ID:DlTnUzlZo
ここで負けたらレジェンゴwwwwwwwwwwww どころじゃないから4
152 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 03:51:10.27 ID:BbmnxHt40
ふんふむ……

晴絵「よっしゃ、ロン! 24000!」

京太郎「って、俺かよ!?」ガーン

晴絵「はいはい、これで京太郎くんのトビで終了……かな?」ニカッ

京太郎「ちぇー……はい、どうぞ」チャリン

晴絵「うんうん……いやー、なんだかんだでトップっていうのは悪くないね」ホクホク

玄「す、すっごく強かったですね」

宥「あ、温かくなかった、よ」

和「……私もまだまだ、ですね」

晴絵「いやーでも、みんな強くなってるよ」


晴絵「――あれ、そういや」ピクッ

京太郎「……な、なんですか先生?」

晴絵「京太郎くん――よく頑張ったね」ニヤニヤ

京太郎「はい?」

晴絵「だってほら……今日の面子は」

京太郎「なにが……って」ハッ


京太郎(み、みんなおもちがでかい)

京太郎(玄姉ちゃんレベルで一番下――はは、ありえねえ)

京太郎(そ、それに、みんな薄着だし……まあ、一人例外はいるけど)チラッ

京太郎(こ、これは目に毒だ……!)カァァ

晴絵(――この反応、初々しーねぇ)ニヤニヤ

和「ちょ、ちょっと先生! きょ、京太郎くんに何を――」ハッ

晴絵「さてさて? ねえ、京太郎くん? なんか言いたいことは――」

京太郎「……和」ジッ

和「え?」

玄「わわっ、これなに、修羅場かな?」キラキラ

宥「多分違うと思うよ……玄ちゃん」ブルブル

京太郎「あのな――」

和「……は、はい」

京太郎「俺は……」


1.「ごめん、やっぱなんでもない!」

2.「……おもちが」

3.「やだなーもう、赤土先生! やめてくださいって」


※1位が先生だったことで、「おもち」会話が始まりました。

↓4
153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/08/26(日) 03:52:35.19 ID:rLjCNW8so
kskst
154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/08/26(日) 03:52:52.82 ID:c39nU7fio
1
155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 03:53:18.87 ID:oURmHkFTo
1
156 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 03:53:31.41 ID:DlTnUzlZo
ここがフロンティアか…… 2
157 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 03:53:33.77 ID:rwRMm2QDo
1
158 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/08/26(日) 03:54:35.62 ID:c39nU7fio
>>156
どんだけおもち推しだよw
159 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 03:56:13.76 ID:DlTnUzlZo
いや上3つはそこそこ狙ってたが、まったくそんな気無いのに4連続で取ってしまったわ
自重する
160 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 04:10:52.00 ID:BbmnxHt40
ひゅー!


京太郎「おもちが……」ボソッ

和「――はい?」ピクッ

京太郎「おもちが、目の毒で――!」グッ

和「……え?」ピクッ


玄「わわわ、そ、そんなことが」カァァァ

宥「おもちって――ああ、胸のこと……って、ええっ!?」カァァァ

晴絵(おやー、意外とはっきり言える子だったんだねえ)ヘェ


和「きょ、京太郎くん」アタフタ

京太郎「は、はいっ!」

和「私の前でそーいう話をしちゃダメだと」ビシッ

和「――なのに、なんで」ウルッ

京太郎(――ううっ、和が怒りを通り越して悲しんでるようにすら見えてきた)

京太郎(なんか、可哀想だ……)

京太郎(でも――)

京太郎「なあ、和。それでも俺にも言いたいことはあるよ」

和「い、いきなり開き直らないでください! は、はしたない……」カァァ


玄「まさか、おもちがここまではやっちゃうなんてねえ」シミジミ

宥「玄ちゃんったら、もう……」ハァ

晴絵「……」
161 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/26(日) 04:12:14.31 ID:GzeFlEOqo
5人で麻雀してたのか……
一人余るな
162 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 04:12:32.70 ID:BbmnxHt40
京太郎「正直さ、同じクラスで」

京太郎「お前のおもちを見るたびに」

京太郎「――なんか、俺が俺じゃなくなっていくような気がしてたんだ」

和「い、言ってる意味がわかりません。け、結局エッチなだけじゃないですか」プイッ

京太郎「違うんだよ!」ズイッ

和「!」

京太郎「そ、その――い、今まで俺が見ていた和のイメージが」

京太郎「おもちだけに塗りつぶされちまいそうで――」

京太郎「で、でも! そうなったら、俺は和本人を見れてないってことじゃん?」

和「……」

京太郎「そ、そんなの嫌だ――!」

和「はぁ、京太郎くん……それでも私は――」


晴絵「まあまあ和。そうカッカするなよ」


和「せ、先生……?」(←今更だけど、和はレジェンドのことなんて呼んでたっけ?)

晴絵「いいかー? この年の男子はエロの塊だぞー?」ニヤニヤ

和「う、うそっ! そ、そんなこと……」カァァ

晴絵「だからなー、そういうことをからかい抜きでちゃんと伝えるってなー」

晴絵「実際、すっごく勇気要るもんなんだよ」

晴絵「そりゃたしかに――私たち女性の目からすれば」

晴絵「須賀くんは女の敵! みたいに思われちゃうかもしれないけどさ」チラッ


玄「は、はは……とはいえ、私にも原因はあるしなあ」

宥「うーん――京太郎くん、そーいう子じゃないって分かってるし」
163 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 04:14:16.78 ID:BbmnxHt40
>>162
そろそろ頭が働かなくなってきた証拠だってはっきりわかんだね。
まあ、その辺は各自好きなように補完していただければ……(無責任)

晴絵「――だそうだ。で、和?」

和「……」ハッ

晴絵「和はさ、きっと窮屈だったんだよな?」

和「……!?」バッ

晴絵「いや、胸の話じゃない」

晴絵「今まで厳しいしつけを受けてきたんじゃないかなって思うわけ」

晴絵「――でもさ、京太郎くんは別に、あんたのことを取って食おうだなんて一言も言ってないよ」

晴絵「むしろ、思春期の青少年にはありがちな問題だと思うけどねえ」

和「……ううっ」

京太郎「――なぁ、和」

和「京太郎くん?」

京太郎「いきなり変なこと言ってごめん。でも――」

京太郎「俺、もっと和と仲よくなりたいし」

京太郎「こういうことは俺だってあんまり話したくなかったんだけどさ……」カァァ

和「京太郎、くん」カァァ



玄「わわわ、青春だね、お姉ちゃん!」

宥「そうだねー……温かいねえ」

晴絵「……うん」

晴絵(一歩ずつ、一歩ずつ進んでいけばいいんだよ、二人とも――)


※和ルート(仮)のためには、「おもち」問題を払拭しなければいけませんでした。
ので、この進み方はある意味、理想的なものです。
ま、まあこんな小学生いないけどな……(困惑)
164 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 04:17:37.74 ID:BbmnxHt40
これで最後ですかね。

帰り道――

和「……もう、京太郎くんったら」テクテク

京太郎「ご、ごめんな、和」テクテク

和「……ホント、ですよ」

和「……」

和「あ、あの」

京太郎「ん?」

和「い、今でも――その」モジモジ

和「わ、私の、む、胸、気になりますか?」モジモジ

京太郎「……え?」ピクッ

和「こ、答えてください。気になります!」カァァァ

京太郎「――あー、それは」


1.「和の顔も含めて、すっごい気になってる」

2.「もう、気にしてないよ」

3.「……答えられないっての」

↓4
165 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 04:20:31.95 ID:DlTnUzlZo
のどっちのおもちは反則級。自分が同級生なら絶対気になって見てしまう

踏み台の1
166 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 04:21:23.88 ID:HVI7Zp/2o
167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 04:21:40.01 ID:H1YMZqqBo
168 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州) [sage]:2012/08/26(日) 04:21:40.15 ID:Vewu7joAO
まあ、昨今の子供向けアニメや漫画でも高校生顔負けの恋愛劇繰り広げる小学生なんてザラですし
169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州) [sage]:2012/08/26(日) 04:23:42.25 ID:Vewu7joAO
すまん
170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/26(日) 04:25:18.18 ID:nAuWALdlo
3
171 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 04:29:59.77 ID:BbmnxHt40
3ってことでいいな。

京太郎「……答えられないっての」

和「へ?」キョトン

京太郎「だってさ、さっき先生や玄姉ちゃんたちのおかげで少しは理解してくれたかもしれないけどさ」

京太郎「……それでも、やっぱりまだ抵抗あるだろ?」

和「そ、そんなこと……」グッ

京太郎「――嘘つくなって、震えてるじゃん」

和「う、うう……」ブルッ

京太郎「――そーゆーこと」

和「?」

京太郎「お前も俺も、まだまだそーいう気になりきれない」

京太郎「だから、今日はその……一歩前進! ってことで」グッ

和「……そう、ですね」

京太郎「よしっ、それじゃ帰ろうか、和!」タッ

和「はいっ!」タッ
172 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 04:31:36.60 ID:BbmnxHt40
とりあえず、今日は安価の真似事みたいなものになってきちゃったけど――
正直、面白かったんだよなあ……
でも、他の安価スレでは凄く細かい設定とか取り決められてるし。
俺はそこまで作る根気とかもなさそうだし――うん、今みたいな感じにゆるーくやってきたいです。

今回新しいことをしてみたわけだし、何か意見あったら書いてってください! お願いします! 
173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 04:33:55.22 ID:H1YMZqqBo

みんな可愛かった。次はあわあわと幼馴染だったら編だな!
174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 04:36:02.81 ID:oURmHkFTo
安価もたまにはいいんじゃないんですかねえ

選択肢はともかく自由台詞安価にすると無茶苦茶になりやすいよ!
小ネタだから本編との関係を気にせず無茶苦茶したい時には超おすすめ

おつです
175 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 04:36:36.71 ID:DlTnUzlZo
乙 最後おもち押しからの連続取りすぎた。すまぬすまぬ
176 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/26(日) 04:41:29.39 ID:nAuWALdlo
乙やで、楽しかった
とりあえず文学少女一段落したら
これの高校編とか期待してもいいんですよねぇ?
177 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/08/26(日) 06:50:30.18 ID:0bLv+Qlr0

ところで2スレ目は平行世界設定でやっていく予定?
178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/08/26(日) 08:03:35.84 ID:pZQT6hz00
咲ちゃんと和ちゃんが大好きです
179 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海) [sage]:2012/08/26(日) 09:47:55.90 ID:oPsJQZVAO
修羅場きたい
180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2012/08/26(日) 10:27:28.03 ID:bF0BNSXzo
ここまで長野がチラリとも顔見せてない
181 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 11:20:56.33 ID:BbmnxHt40
とりあえず、起きました。
明日から少し予定が詰まっているので、書きたいように書けるのは今日くらいになっちゃうかな……。

とりあえず、今後どうするか。
ここら辺もまた、皆さんの要望をお聞きしたい。


1.小学生の和たちとの交流ルートを続けよう(提案)→中断したところからの続きになります。

2.さあ、世界線を跳び越えよう(提案)→清澄行くかー


↓7までの多数決。
はい、よーいスタート(棒読み)
182 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 11:22:24.11 ID:rPEK0OSSO
1を終わらせてから2をやろう
1で
183 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/26(日) 11:22:54.45 ID:GzeFlEOqo
スレタイ詐欺だーとか騒がれるのは見たくないけど……
ぶちゃけのどっち派だから1ww
184 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 11:23:08.50 ID:H1YMZqqBo
185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/08/26(日) 11:24:06.20 ID:iXQINSS3o
1があんまり長いなら2で
186 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/26(日) 11:33:26.32 ID:GAcfXW+bo
187 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/08/26(日) 11:33:36.91 ID:Npb7KpAAO
188 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県) [sage]:2012/08/26(日) 11:34:44.29 ID:dYdh8U0Ro
2
189 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 11:40:37.98 ID:BbmnxHt40
また綺麗に分かれましたね……
よしっ、個人的にはどっちも書いてて楽しいからいいんだけど、とりあえず清澄に一旦帰ろうか。

……あ、阿知賀も惜しいから、また頃合い見て再開してもいいかな?

――???

京太郎「……あれ?」

京太郎「俺、たしか和たちと一緒に麻雀打ってたはずじゃあ――」

?「よっ!」

京太郎「わっ!?」

?「久しぶりだな。まあとりあえず――」

?「しばらくは休んでな」

京太郎「に、兄ちゃん、誰――?」

?「まあまあ――」

?「それじゃな、まあ、いずれ分かるさ」

京太郎「ちょ、ちょっと!?」



――長野県・清澄

京太郎「……」

京太郎「なんか変な夢? だったな――」

京太郎「……」

京太郎「――登校時間までまだ間がある、か」

京太郎「……」

京太郎「まあ、いいや」


清澄編・再開――
190 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 11:47:56.68 ID:BbmnxHt40
――登校時。

京太郎「……」テクテク

咲「あ、京ちゃん!」ポンッ

京太郎「お、咲。おっす」サッ

咲「うん、おはよっ!」ニコッ

京太郎「……」ジッ

咲「……えっ? きょ、京ちゃん――どうかした?」ピクッ

京太郎「――ん?」ジッ

咲「い、いやその――じっと見つめてるからどーしたのかなあ、って」モジモジ

京太郎「……いや」プイッ

京太郎「なんでもねえや、行こうぜ」スタスタ

咲「あ、もう! 京ちゃん、待ってよー!」タッ

京太郎(……うーん、何かが引っ掛かるような)

京太郎(まあ、俺には関係ないことだよな)



1.「でも違和感は、はっきりさせるべきか?」

2.「……とっとと学校行くか」


↓3

※当スレ安価は余興のようなものなので、そこまで深く考えないでください。
191 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 11:49:57.51 ID:rwRMm2QDo
1
192 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 11:53:16.91 ID:acU/DKT8o
193 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 11:56:47.74 ID:8SCaO7xIO
2
194 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 11:59:41.55 ID:BbmnxHt40
京太郎「……とっとと学校行くか」スタスタ

咲「はぁ、はぁ――ね、ねぇ京ちゃん」

京太郎「ん?」

咲「京ちゃん、何か変だよ? 調子悪いなら――」

京太郎「いや、大丈夫だから」

京太郎「――あ、そうだ」ポンッ

咲「え?」キョトン

京太郎「もしもの時は、咲に頼らせてもらおうかな」

咲「あ――」

咲「うん……」

京太郎「お、よろしくな」
195 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 12:03:32.24 ID:BbmnxHt40
京太郎(――さて、学校に着いた)

京太郎(咲も靴を履きかえ、連れ立って教室へ)

京太郎(……あれ? 今日、何もなかったよな?)


1.とりあえず、普通に授業受けよう。

2.――あれ? 気づいたらすべての授業が終わってた?

3.うわ、前でAとBが仲良さそーに……


↓5

まったりムード。
196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/26(日) 12:06:08.57 ID:GAcfXW+bo
197 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 12:10:14.29 ID:O0Y7YVRIO
1
198 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 12:11:19.37 ID:acU/DKT8o
199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/08/26(日) 12:13:52.19 ID:Y6bv9aZHo
3
200 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 12:14:44.89 ID:ljuBjGnjo
1
201 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 12:18:44.67 ID:BbmnxHt40
京太郎「――とりあえず、普通に授業受けるか」

咲「……あ、京ちゃん」ピクッ

京太郎「ん?」

咲「えへへ、あのね……しゅ、宿題を――」モジモジ

京太郎「嫌だ」

咲「えええっ!?」ガーン

京太郎「自分でやりなさい」

咲「そ、そんな――ううっ」グスッ

京太郎「早めに来たおかげで結構時間余ってるんだから」

京太郎「――ほら、自分の力でやってみろって」

咲「むー……ふんだ、わかったよ!」プイッ

京太郎(子どもか、お前は……)ハァ
202 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 12:23:03.56 ID:BbmnxHt40
咲「……」カリカリ

京太郎(――さて)チラッ

咲「……むー」

京太郎(あいつ、この前の授業聞いてなかったな)

京太郎(ぜんっぜん手が進んでねえし)

咲「……」チラッ

京太郎「ん?」ジッ

咲「――!」カァァ

咲「……ふんだ」プイッ

京太郎「……はぁ」

京太郎(あーあ、なんかムキになって顔真っ赤にしちゃってるよ)

京太郎「さて、と――」


1.助け舟でも出してやっかな

2.いいや、心を鬼にしてたまには自分で――

3.A! B! 実はさー……


↓4
203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 12:23:41.01 ID:H1YMZqqBo
204 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/08/26(日) 12:24:08.60 ID:Y6bv9aZHo
2
205 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 12:24:42.50 ID:0lLD1XM9o
1
206 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/26(日) 12:25:01.89 ID:GAcfXW+bo
207 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 12:37:23.09 ID:BbmnxHt40
咲「……ううっ」グスッ

京太郎「ほれ、咲」ガタッ

咲「ううっ……あれ、京ちゃん?」キョトン

京太郎「いいか、そこはな――」カリカリ

咲「あ、そっか――」カリカリ

京太郎「ん」コクッ

咲「……」モジモジ

咲「そ、その」

京太郎「どした?」

咲「あ、ありがとね」ニコッ

京太郎「――ホントだよ」

京太郎「たまには、俺に頼らずにやれよな?」

咲「うん――うん!」ニッコリ


――休み時間。

京太郎(――はぁ、まったく)

京太郎(こうして咲は、無事に宿題を提出できた)

京太郎(――咲は相変わらず、俺に頼ってばかりだ……)

咲「ねぇねぇ、京ちゃん!」パタパタ

京太郎「ん? なんだよ、咲?」

咲「あのね、あのね……」ズイッ

京太郎「うん」

咲「――今日、うちに映画け○おん! のブルーレイが届くんだよ」エッヘン

京太郎「……マジか」

咲「うんうん! 大マジ!」ニコニコ

京太郎「――そ、そっか」

咲「でね、京ちゃん!」

咲「今日は家で、それを観ようと思うんだけど――どうする?」チラッ

京太郎「俺は――」


1.「今日は部活だろ?」

2.「お、いいね。それじゃ行くか」

3.「――だったら、俺の家で観ようぜ」

4.「……ちょっと和と話したいことが」※阿知賀ルートとの繋がりが匂わされます――が、そこまで深い話には……
208 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 12:37:50.76 ID:BbmnxHt40
おっと、ミス。
ここより、↓5
209 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 12:37:54.46 ID:H1YMZqqBo
4
210 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 12:38:23.88 ID:acU/DKT8o
211 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/26(日) 12:38:41.24 ID:GAcfXW+bo
212 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 12:38:50.55 ID:UrzcWoLMo
3
213 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 12:39:50.28 ID:9o/6aKrWo
3
214 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(三重県) [sage]:2012/08/26(日) 12:40:46.89 ID:vEqxXmlBo
3
215 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 12:51:26.23 ID:BbmnxHt40
京太郎「――それだったら、俺の家で観ようぜ」

咲「……え?」キョトン

京太郎「いや、さ――その」

京太郎「最近、テレビの近く掃除しといたし」

京太郎「結構、綺麗に映ると思うんだよ」

咲「うーん……そうだね」

京太郎「まあ咲が自分の家で観たいならそれでもいいけど」

咲「う、ううん、特には――」

京太郎「そっか……」

京太郎(――部活があったような気もしたけど、実際今日はお休みだったな、そういえば)※1を回避したため。


京太郎「じゃあ、うちに来るってことで」

咲「う、うん――そ、それはいいんだけど」モジモジ

京太郎「ん?」

咲「い、一回家に帰ってからじゃないと、その――持ってこれないから」

京太郎「あーそっか……」ポリポリ

京太郎「うーん」


1.それなら、咲の家で観ようか?

2.いいよ。待ってるから、後で来てくれ。

3.それなら、咲が来るまで昼寝でもしてよっかな? ※夢の中で……


そこそこ展開が変動するかも(無責任)

↓8
216 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 12:52:48.51 ID:H1YMZqqBo
217 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 12:52:50.72 ID:9o/6aKrWo
3
218 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 12:53:17.12 ID:ljuBjGnjo
2
219 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 12:55:29.63 ID:acU/DKT8o
220 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/08/26(日) 12:56:35.74 ID:sPZLe9wao
1
221 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 13:00:20.69 ID:oURmHkFTo
1
222 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 13:00:22.56 ID:9o/6aKrWo
ksk
223 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 13:00:31.39 ID:DlTnUzlZo
3
224 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 13:05:15.75 ID:BbmnxHt40
京太郎「んじゃ、咲、後で来てくれよ」

京太郎「そうだな……それまで昼寝でもしてるからさ」

咲「わっ、京ちゃんってば、だらしないねー」ニヤニヤ

京太郎「……朝、宿題を泣きそうになりながらせがんできたのはどこの誰だったか――」ゴゴゴゴ

咲「ご、ごめんなさい――」グッ

京太郎「ったく……」ヤレヤレ


京太郎(授業が終わり)

京太郎(咲と途中まで一緒に帰って、別れて)

京太郎(俺は家に着くと簡単に着替えて)

京太郎(リビングのソファでのんびりとしていた――)


京太郎「やば、ホントに眠くなってきた……」ウトウト

京太郎(あ、こりゃマズい――)

京太郎「……」
225 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 13:11:52.04 ID:BbmnxHt40
――??

京太郎「……ありゃ?」

京太郎「ここは――」

?「あ、兄ちゃん」オーイ

京太郎「ん……ありゃ、どっかで見覚えあるような」

?「ちょっと、とぼけないでよ!」プンスカ

京太郎「ははっ、わりーわりー」

?「もう……」

京太郎「――あ、そっか」

?「そうだよ。さっき途切れてから、結構経ったんだからね」エヘヘ

京太郎「うん、すっげえ簡単に言うと……」


?「へぇぇ……じゃあ、つまり」

京太郎「そう――俺はおま……」


――須賀家・リビングルーム

京太郎「……うっ」パチッパチッ

京太郎「――わっ。俺、寝落ちしてたか……」ゴシゴシ

京太郎(……なーんかまた目覚めわりいな)ウーン

ピンポーン!

京太郎「――わっ、来たか。今、開けるぞ!」スクッ


※和に会うか、軽く眠るか、そのいずれをしたので、少し話せました。今んとこ、おまけ要素みたいなイメージで。
226 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 13:19:40.74 ID:BbmnxHt40
咲「もう……京ちゃんってば」ハァ

京太郎「うっ、すまねえ」

咲「そうだよ。お客さんが来るんだから、もっと丁重にもてなしてほしかったなあ」ニヤニヤ

京太郎「……何様だ、お前は」ムッ

咲「お客様だよー」クスクス

京太郎「……はぁ、もういいよ」

咲「ふふっ……それじゃ、始めよっか」スッ

京太郎「……あっ」


京太郎「――咲」

咲「な、なに、京ちゃん?」ピクッ

京太郎「その――」


1.着替えてきたのか

2.飲み物くんでくるわ

3.――ちょっと変な夢を(←上レスの選択肢を選んだために出現)


↓5
227 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 13:20:28.69 ID:DlTnUzlZo
3
228 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 13:21:00.45 ID:iNDFc4Wx0
1
229 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 13:21:01.11 ID:acU/DKT8o
230 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 13:22:17.99 ID:n4Uk775Po
231 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/08/26(日) 13:22:18.19 ID:Npb7KpAAO
232 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 13:29:31.36 ID:O0Y7YVRIO
1
233 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 13:32:06.56 ID:BbmnxHt40
京太郎「ちょっと飲み物くんでくるわ」

咲「あ、ありがと」

京太郎「――なにがいい? アイスティーでいいか?」スッ

咲「あ、うん」


京太郎(……うん、まあ)コポコポ

京太郎(――映画鑑賞前におかしなこと言うもんでもなかった、かな?)


――映画鑑賞中

京太郎「……」ジーッ

>アズニャーン? ドウシテベッドニコモッチャウノ?
>ウ、ウルサイデス!!

京太郎「……うわっ」グッ

咲「ああ、ホントに可愛いねえ」ウットリ

京太郎「これは確かに――破壊力高いな」

咲「ふふっ、あ○さちゃんは可愛いんだから」ニコッ

京太郎「……ああ、そうだな」


咲「……」

咲「――でも」ボソッ

京太郎「?」

咲「○ずさちゃんみたいな子は二次だから可愛いのは分かるんだけど」

咲「――私」

京太郎「そうだな……和とかが」

咲「あ、台詞横取りしないでよ」プイッ

京太郎「わりいな……」

咲「うん、やっぱりちょっと――」

京太郎「……」


1.珍しいな、咲がそんなこと言うなんて

2.まあ、和とか部長とか、美人だよな

3.――映画に集中しようぜ

↓4
234 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 13:35:38.94 ID:DlTnUzlZo
3
235 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 13:36:49.30 ID:O0Y7YVRIO
1
236 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 13:37:02.79 ID:oURmHkFTo
1
237 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 13:37:09.84 ID:9o/6aKrWo
1
238 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 13:46:11.70 ID:BbmnxHt40
京太郎「珍しいな、咲がそんなこと言うなんて」

咲「……え?」ビクッ

京太郎「だってさ――」

京太郎「中学の頃とか、俺と話すのが精いっぱいで」

京太郎「周りの人の、そーいう容姿みたいなことを口にすることなかったのに」シミジミ

咲「わ、私だって人並みくらいには、そーいう興味は――」アタフタ

京太郎「違うよ。それを俺に言ったりなんてしなかっただろ?」

咲「――ま、まあそうだけどさ」カァァ


京太郎「……変わってるんだなあ」

咲「え?」キョトン

京太郎「ほら、映画も、もうクライマックス」

京太郎「軽○部の子たちも変わるように、きっと俺たちも」

咲「京、ちゃん?」

京太郎「だから、咲がそーいうことを言ってくれるようになったのは――」

京太郎「結構、嬉しかったりする」

咲「――そ、そっか」カァァ

京太郎「おう」



――スタッフロール――

咲「――」

咲「京ちゃんはさ」ボソッ

京太郎「ん?」

咲「京ちゃんは、その――」

咲「や、やっぱり……」カァァ

京太郎(咲が何を言おうとしているのか)

京太郎(わかるっちゃわかる……けど)

京太郎「……咲」

咲「は、はいっ」ビクッ

京太郎「俺はな――」


1.お前みたいなちんちくりんもいいと思うぞ

2.和は和、お前はお前でいいんじゃないか

3.――いや、やっぱなんでもねえや

↓4
239 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 13:47:17.28 ID:9o/6aKrWo
1
240 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/08/26(日) 13:47:20.09 ID:lyDZgitso
1
241 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 13:49:50.04 ID:HVI7Zp/2o
242 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 13:50:00.75 ID:DlTnUzlZo
1
243 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/08/26(日) 13:50:09.16 ID:Y6bv9aZHo
1
244 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 13:51:11.36 ID:iNDFc4Wx0
この一体感…!
245 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 14:04:07.13 ID:BbmnxHt40
京太郎「お前みたいなちんちくりんもいいと思うぞ」

咲「――へ」

京太郎「いや、たしかに和はスタイルもすげえいいし、可愛いもの好きとか最高かもしれないけど」

咲「……ち、ちんちくりんってなにさ! もう!」プイッ

京太郎「――それでも俺は、お前みたいなアホな天然もいいと思う」

咲「京ちゃんのバカ――って、えっ?」ピクッ

京太郎「たしかに和とは違うけど、だからって全然劣ってるわけじゃねえっての」

京太郎「……お前は咲。俺の、中学からの顔見知りだろ」

京太郎「だから、その――そう、自信なくさないでくれ」ポリポリ

咲「京ちゃん……」

京太郎(……)

京太郎(あれ、慰めるだけだったつもりが)

京太郎(なんか方向性がおかしなことになってるような――)


咲「……」

京太郎「……お、おい、咲?」

咲「――ズルいよ」

京太郎「へ?」ボソッ

咲「そ、そんなこと言われたら――」ズイッ

京太郎「わわっ、さ、咲!?」

咲「……あれ? なんでこんなに熱いんだろ」

京太郎「……おい、咲」


1.ば、バカっ! 顔が近いって ※前スレみたいな距離感の京咲に――?

2.(……俺は――)※現行スレの玄ちゃんみたいになる可能性が微レ存?

3.――気がつくと、俺は自室のベッドにいた ※(意味深)ですが、阿知賀とのリンクがあるだけです。

4.……今日はこの辺りで切り上げよう。


☆ここが分かれ目です。のんびりじっくり、いきましょう。

↓9まで多数決。
246 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 14:04:40.32 ID:H1YMZqqBo
3
247 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/08/26(日) 14:05:27.99 ID:lyDZgitso
2
248 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 14:05:58.88 ID:iNDFc4Wx0
2
249 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 14:06:10.62 ID:9o/6aKrWo
2
250 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/08/26(日) 14:06:12.67 ID:Y6bv9aZHo
2
251 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 14:06:19.92 ID:DlTnUzlZo
2
252 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/26(日) 14:10:50.18 ID:t0NUsIBgo
2
253 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中国・四国) [sage]:2012/08/26(日) 14:12:30.20 ID:fEQvY57AO
2
254 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 14:13:20.38 ID:acU/DKT8o
255 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/26(日) 14:14:58.43 ID:nAuWALdlo
2
256 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 14:18:55.80 ID:hIbDBbOh0
何この一体感(驚愕)
257 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 14:26:50.76 ID:BbmnxHt40
はぇー、すっごい多い……


咲「わわっ、な、なんでぇ……?」カァァ

京太郎「……」

京太郎(……俺は――)

京太郎「咲……?」ズイッ

咲「きょ、京ちゃん……?」ビクッ

京太郎「――お、俺は、その」

京太郎(……中学の頃、会ったとき)

咲「な、なに……?」チラッ

京太郎(――俺はただ、こいつをほっとけないって思った)

京太郎(……もしかしたら、とはあんまり考えないようにしてたけど)

咲「ど、どーしたの?」アタフタ

京太郎(目の前でこんなに顔を赤くして)

京太郎(あっちこっち目を泳がせるこいつを見て――)

京太郎「何も思わないわけ、ない」

咲「えっ、えっ……?」プシュー

京太郎「咲」

咲「……」

京太郎「俺――」



01〜20 ……わ、わるかった咲。そ、そろそろ遅いし――

21〜80 ……咲に言わなきゃいけないことが

81〜99 大好きだ、お前のことが


運命の分かれ道。
↓6の人、頼む!
258 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 14:28:34.02 ID:iNDFc4Wx0
ラブコメ漫画にありがちなギリギリのところで結ばれないっていう展開も好きではあるから低くても高くてもおいしいです
259 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 14:28:34.35 ID:DlTnUzlZo
まずは踏み台
260 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 14:32:03.88 ID:acU/DKT8o
どれでもおいしい
261 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 14:32:42.40 ID:ljuBjGnjo
どれも捨てがたい
262 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中国・四国) [sage]:2012/08/26(日) 14:34:01.81 ID:fEQvY57AO
263 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 14:34:08.54 ID:9o/6aKrWo
どれでもいいから困る
264 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 14:41:42.43 ID:BbmnxHt40
京太郎「……咲に言わなきゃいけないことが」

咲「……へ?」キョトン

京太郎「――中学の時」

京太郎「初めて会ったとき、すっげえビクビクしてて」

京太郎「正直、こいつ、変なヤツだなって思った」

咲「うっ……」グッ

京太郎「でも」

京太郎「一緒にいることが増えて」

京太郎「気付いたら、何も気兼ねなく話せてることに気付いたんだ」

咲「――」

京太郎「だからさ、その……」

京太郎「えっと……俺は、な」

咲「――!」ビクッ

京太郎「お前のことが――」

咲「ま、待って京ちゃ――!」アセアセ


01〜20 「……わ、わりい咲」

21〜60 「お前のことが好きだったんだよ!」

61〜80 京太郎、抱きしめる

81〜99 咲、抱き着く


↓5
265 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 14:42:54.43 ID:46QZe+m/0
00だとエロゲ展開か
266 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 14:42:54.53 ID:9o/6aKrWo
これもう判定いらないんじゃね?ってくらい美味しい
267 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 14:43:23.12 ID:n4Uk775Po
ほいほい
268 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/26(日) 14:43:40.22 ID:nAuWALdlo
フヘヘ
269 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 14:43:45.69 ID:DlTnUzlZo
ほい
270 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 14:44:04.92 ID:acU/DKT8o
てい
271 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 14:53:50.46 ID:hE+8OiK5P
前スレ面白かったのにいつの間にか小ネタ集から安価スレに変わっちゃってた
272 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 15:00:19.55 ID:BbmnxHt40
>>271
すまんな。正直、小ネタを一から生み出し続けるのは限界だと感じてたから。
この選択肢、なに選んでも基本的な展開はほぼ同じ。小ネタもまた書けたらやりたいな。


京太郎(――目の前で、泣き出しそうにしている奴がいる)

咲「……も、もう、いいよ」アタフタ

京太郎(それが赤の他人でも嫌な気分になるのに、それが――)

咲「ご、ごめんね京ちゃん。わ、私、そろそろ……」スッ

京太郎(それが、幼馴染だった日には――)

ダキッ

咲「……え?」

京太郎「……」

咲「きょ、京ちゃん?え、え、なに、これ――!?」カァァ

京太郎「咲」

咲「うう、やめてよ……は、はなし――」ジタバタ

京太郎「やだ」

咲「……!」ビクッ

京太郎「離さねえよ」

咲「う、ううっ……」グスッ


咲「ど、どうして京ちゃん?」

京太郎「なにが?」

咲「い、いきなり――変、だよ」

咲「だってさ、さっきまでただ映画観てただけだよ?」

咲「そ、それなのにいきなり――だ、抱き着く、なんて」カァァ

京太郎(興奮してるせいか、口がよく動いてる)

京太郎「……俺はな」

咲「京、ちゃん……」

京太郎「咲のことが――」
273 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 15:09:10.73 ID:BbmnxHt40
――図書室

咲「……」カキカキ

咲「――」ジーッ

咲「……わわっ」カァァ


京太郎「ん? どした、咲?」ムクリ

咲「きょ、京ちゃん!? お、起きてたの?」アセアセ

京太郎「いやまあ、寝てたけど――」フワァァ

咲「そ、そっか、よかった……」

京太郎「――? そういや、咲」

咲「な、なにかな?」ビクビク

京太郎「なんか書いてたみたいだけど……もういいのか?」

咲「う、うん! も、もういいから!!」ブンブン

京太郎「なんだ、そっか――ふぁぁ、ねみい」


咲(ほっ……京ちゃんが寝起きで良かったよ)

咲(……)

咲(――ラ、ラ○べ書いてみようって思っただけなのに)

咲(き、気づいたら、恋愛モノになっちゃってたよう)カァァ

咲(……な、名前は違うけど、その――い、イメージしちゃってたのは事実だし)

咲(――○ノベらしさを出そうと、夢の中での話とか軽く書いてみたのはよかったのかな?)


京太郎「ふわぁぁ、ねみぃねみぃ……あ、そうだ、咲」

咲「ひゃっ!? な、なに京ちゃん?」ビクッ

京太郎「……今度、読ませてくれよ、それ」チラッ

咲「え、えっ!?」

京太郎「いやその、咲が書いたヤツ、ちょっと読んでみたいし」

咲「だ、ダメダメ! 絶対、ダメ!」ブンブン

京太郎「えーっ、マジかよ。つまんねーの」

咲(……う、ううっ)カァァ
274 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 15:10:45.88 ID:46QZe+m/0
なん・・だと・・?
275 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 15:11:04.23 ID:9o/6aKrWo
文学少女オチかぁ。分かってたけど分かってたけど
276 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/26(日) 15:13:41.94 ID:nAuWALdlo
これはこれで美味しいからいいんだ
277 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 15:13:56.40 ID:BbmnxHt40
さて、何というかおかしなオチですが、こんな感じで。
結局、咲ちゃんは妄想し、京ちゃんはそれにツッコミを入れるという関係でした。

夢の中での話とか完全にご都合主義の後付けだって、はっきりわかんだね。

あと、先ほどレスしたように、小ネタを考えるのが難しくなってきてます。
大体書けるようなイベントは前スレでやっちゃったような気もするし――

個人的には、結構阿知賀の方書くのも楽しかったりするけど……このままで行こうかな。
(楽しめなくなっちゃったら)すまんな。
278 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/26(日) 15:19:18.77 ID:SOmJGNk00
楽しいでーうちはノープロブレムや
和もあるならあわあわもやな(ニコッ
279 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 15:24:26.14 ID:9o/6aKrWo
前スレ本編と小ネタの>>1のレスがほとんどだったし、ネタが尽きるのは仕方ない

こういう形式も良いと思うでー
280 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 15:24:55.29 ID:rwRMm2QDo
キラークイーン「チッ、スタンばってた俺は取り越し苦労だったって訳か」
281 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2012/08/26(日) 16:18:33.03 ID:bF0BNSXzo
これも夢オチにはいるかな?
282 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 17:30:52.68 ID:KVkmRJrMo
ここから京和ですね(ニコ
283 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 19:16:42.37 ID:1JayBs880
京ちゃんが起きてたとかあったから一瞬キンクリな展開があったと思ってしまった
284 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 21:29:31.01 ID:BbmnxHt40
再開します。

とりあえず、この形式で。明日からもしかするとそうそう書けなくなるかもしれないし。
自分の思うようにやりたい、と思ってる。


――須賀家・京太郎の部屋

京太郎「――ふわぁぁ……」

京太郎(眠すぎるぞ、これ)ゴシゴシ

京太郎(さっき、咲の隣で寝たものの、寝心地はあんましよくなかったからなあ)

京太郎(……さて)チラッ

京太郎(まだ時間は9時か――高校生が寝るような時間じゃねえし)

京太郎(それに、勝ってきた漫画も読みたいところではあるけど……)ペラッ


京太郎「さて――」


1.寝る(→バトンタッチ、阿知賀編)

2.漫画を読む(→清澄での日常、継続)


↓7まで多数決でお願いします。
285 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 21:29:50.90 ID:H1YMZqqBo
1
286 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 21:30:04.89 ID:9o/6aKrWo
2
287 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 21:30:13.79 ID:acU/DKT8o
288 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 21:30:13.89 ID:n4Uk775Po
289 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中国地方) [sage]:2012/08/26(日) 21:30:15.83 ID:/Wa4SS4No
290 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/08/26(日) 21:30:56.36 ID:Npb7KpAAO
291 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 21:31:14.02 ID:ch+uZZoY0
2で
咲ちゃんかわいい
292 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 21:33:05.51 ID:9o/6aKrWo
貴重な清澄スレだからか圧倒的だな
293 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 21:37:50.14 ID:BbmnxHt40
京太郎「――いーや」

京太郎「やっぱり、漫画を読もう」ペラッ

京太郎「ここで中断するには惜しすぎる」


京太郎(その日)

京太郎(俺は夢を見ることなく、眠りこけた)

京太郎(だからだろうか、翌日妙に目覚めはよく――)


――通学路

咲「あ、京ちゃん! おはよっ!」ニコッ

京太郎「おっす、咲」

咲「あ、今日は目が覚めてるみたいだね」

咲「昨日なんて、目を開けてるのも辛そうだったのに」クスッ

京太郎「まあな。これでも俺は模範的生徒だぞ」

咲「――模範的生徒がそんな頭でいいのかな?」ジーッ

京太郎「あ、咲! こんにゃろ」

咲「ほらほら、早く行こうよ、京ちゃん!」タッ

京太郎「あー、くそっ! 学校着いたら決着つけてやるからな!」

咲「ご自由にー」ニコニコ



☆清澄編、継続です
294 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 21:40:19.81 ID:BbmnxHt40
原点回帰。

咲ちゃんと京太郎が出てくるという条件付きで、小ネタ希望お願いします。
た、たまには小ネタも書いて調子を取り戻したいし……。
295 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 21:41:29.78 ID:oURmHkFTo
普通の文学少年京ちゃんとやんちゃな咲ちゃん
296 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 21:41:36.50 ID:H1YMZqqBo
うっかり好意を寄せてくれてる女の子の前で咲さんのことを恋人だと言ってしまう京ちゃん
297 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 21:42:59.55 ID:9o/6aKrWo
京ちゃんのラノベ新規開拓に付き合う咲ちゃん
298 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 21:43:19.22 ID:n4Uk775Po
>>296
どこの姫松だよそれ

とりあえず聖地巡礼でもしようぜ
299 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/08/26(日) 21:43:50.54 ID:e2O7O35m0
背中合わせの読書会
二人の読み物はイッチに任せる
300 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 21:44:35.46 ID:HVI7Zp/2o
京太郎と咲父の会話を盗み聞きする咲
301 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 21:55:09.71 ID:BbmnxHt40
なかなかたくさん出ましたね……嬉しいなあ(歓喜)
さて、書いていきます。

>>295
ちょっと二人のキャラが変わったみたいな感じで?


――教室

京太郎「……」ペラッ

咲「京ちゃん、京ちゃん!」パタパタ

京太郎「……」チラッ

京太郎「――お、咲か」ペラッ


咲「……あ、あのね」

京太郎「……うん」ペラッ

咲「――むっ」

咲「こら、京ちゃん。人と話をする時は本から目を離して――」ズイッ

京太郎「……」パタン

京太郎「――ほれ、早く」

咲「あ――その、その……えっと」

咲(わわっ、京ちゃんに慣れない注意なんてしちゃったもんだから、内容を忘れちゃったよ)アタフタ

京太郎「……もういいな。読書に戻るぞ」ペラッ

咲「きょ、京ちゃん! もう……」プイッ

京太郎「……」ペラッ
302 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 22:01:06.46 ID:BbmnxHt40
咲「――ふんだ」プクーッ

咲(……最近、読書ばっかしてるんだから)

咲(……)

咲(――あれ? 私も文学少女って京ちゃんに言ったんだよね?)ハッ

咲(……思い返してみると)


――咲の部屋

咲「わー、妹ちゃん可愛いよお」ウットリ


咲「……わわっ、これ来週どうなるんだろ?」ワクワク




咲(……あれ? アニメばっかり観てるような――)ハッ

咲(こ、このままじゃいけない!)ガタッ



――放課後・部室

咲「こんにちは――って」ガチャッ

京太郎「……お、咲か」ペラッ

咲「……京ちゃん、いたんだ」

京太郎「まあな……」ペラッ

京太郎「――咲にも」ボソッ

咲「えっ?」

京太郎「咲も呼ぼうとしたけど、いなかったから」ペラッ

咲「――あっ」

咲「そ、そんな気にしなくてもいいのに」アセアセ

京太郎「……そう」ペラッ

咲「……えへへ」

咲(――これだから京ちゃんは憎めないんだよね)クスッ
303 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 22:18:57.81 ID:BbmnxHt40
咲(――さて、と)ゴソゴソ

咲「……京ちゃん」スッ

京太郎「……どした?」

咲「――わ、私も京ちゃんには負けないからね」

京太郎「……は?」ピタッ

咲「……」ジッ

咲(――京ちゃん、また難しそうな小説読んでる……)

咲(ラ、ラ○べばっかり読んでちゃいけないよね、うん!)グッ

咲「よしっ」

京太郎「――は?」

咲「わ、私だって京ちゃんに追いつくんだから」ビシッ

京太郎「……あー」チラッ

京太郎「――咲。お前が読もうとしてるその本の作者だけど」

咲「もういいよ! さあ、読書しよっ」ペラッ

京太郎「――はぁ」ペラッ


――数秒後

咲「……???」プシュー

京太郎「ほら、言わんこっちゃない」パタン

咲「え? え? なにこれ?」アタフタ

京太郎「お前が読もうとしてるその本の作者――村○龍だろ?」

京太郎「その人、一ページにふんだんに文を詰め込むわけだ」

咲「……???」キョトン

京太郎「――普段○ノベばかり読んでるお前にゃ、まだ無理だってこと」

京太郎「どうしても一般に比べて、文の量は落ちるからな」

咲「――ううっ」

咲「こ、これじゃ、京ちゃんに追いつけないよお」グスッ

京太郎「――読書は、テキトーにやれって」

咲「え?」


京太郎「あのな、咲。読書してるからって、すげえヤツになれるわけじゃないぞ?」

京太郎「お前の場合、もっと沢山の人と話せるようになることから――」

咲「ううっ……耳が痛い」ガクッ

京太郎「――でも、ま、頑張れ」

咲「……?」

京太郎「お前が頑張ってるのは、俺にも、その、何となく分かるつもりだから」

咲「京ちゃん――」
304 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 22:20:44.34 ID:BbmnxHt40


久「あら、二人して読書会?」ニヤニヤ

咲「」ビクッ

京太郎「わっ、部長!?」

久「へぇ、なになに――わ、二人とも随分と難しそうな本読んでるわねえ」

京太郎「ま、まあ」

咲「――ううっ」ビクビク

久「……ははーん」

久「――咲?」

咲「は、はいっ!?」

久「……本を読んでるからって、距離が縮まるわけじゃ――」

咲「――!?」

京太郎「ぶ、部長! お、俺たち読書続けたいんです!」ガタッ

久「はいはい。それじゃ、頑張りなさいね」クスクス


京太郎「お、おい、咲?」

咲「……だ、大丈夫だよ」カァァァ

京太郎(ウソ付け、これでもかってくらい顔赤らめやがって)ハァ
305 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 22:29:05.76 ID:9o/6aKrWo
寧ろ最近はラノベの方が難解だと思ってしまうな……
306 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 22:35:18.90 ID:BbmnxHt40
結局、読書への興味はわかなかった模様の咲ちゃんでした。


>>299
すまん……読書ネタ、ここで使っちゃったから、それで補完してください。

さて、次行くか。


>>296
書こうとしたけど、書けませんでした……(小声)
前スレのAとBの痴話喧嘩みたいな話の時に、ちょっとシチュエーション違うけど似たようなものを書いたと思うから
そっちで補完お願いします。

>>297
……最近のラノベ全く知らないけど、いいかな?
これ、書いてみようと思う。
307 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 22:40:44.33 ID:46QZe+m/0
>>305
最近でいうとホライゾンとかは確かにそうだな
妙な言い方だけど、フィクションに対する予備知識や理解が無いと読めない
308 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 22:42:44.79 ID:BbmnxHt40
――書店

咲「――さて、京ちゃん?」ジッ

京太郎「お、おうっ」

咲「……ラノベ開拓をするということの意味――わかるよね?」

京太郎「は?」

咲「は? じゃないよ」ズイッ

咲「いい? 出版社やレーベル」

咲「それによって私のおススメも変わっちゃうんだから。ほら、しっかり考えて」

京太郎「……は、はい」ハァ


京太郎(――変なスイッチ入ってんなあ、コイツ)

京太郎(なんだかんだで俺もラノベ好きだからということで)

京太郎(咲におススメを教えてもらいに来ただけなんだけど……)


咲「さ、京ちゃん。どんなのがいいのかな?」ニコニコ

京太郎(――目がキラキラしてる。はっきりわかんだね)
309 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 22:44:19.07 ID:9o/6aKrWo
リクしながらうちも長い事新規開拓してないなー。今はそうでもないけど昔は途中で音信不通になるのが多かった。現役時代買ったものが完結した試しがない

>>307
ホライゾンってあれ分厚くねwwwwww
310 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/08/26(日) 22:52:56.24 ID:e2O7O35m0
なら未完だがグイン・サーガはどうだろうか、読み応えあるぞ
311 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 23:11:49.26 ID:BbmnxHt40
京太郎「あー、そうだな……最近、一般小説はシリアスなのばっかりで飽きてきたから」

京太郎「ここはひとつラブコメでも――」

咲「ラブコメ、だね」フムフム

咲「でも、ラブコメはそれこそどんなレーベルからでも出てるんだよねえ……」ジッ

咲「京ちゃん、前はどこの物を読んでたっけ?」

京太郎「えっ、そりゃ――」エート

京太郎「定番の電○文庫だよ」

咲「ふむふむ――」

咲「それならM○文庫とかは気色が違うし……角○スニーカーは最近作品が少なくなってきてるし」ブツブツ

京太郎(――自分の世界へ入っていくのか)

京太郎「お、おい咲? そ、そんなレーベルとかには拘んねえから」

京太郎「お前のおススメするのを頼むよ」

咲「えっ、そ、そっか――じゃ、じゃあ」


咲「まずはこれ! さ○ならピアノソナタ! 音楽知らなくても大丈夫! これはとにかく本当に沁みるよ!」

咲「次は、変○王子と笑わない猫。! とにかく、主人公もヒロインもかわいい!」

咲「あとは、あとは――」ゴソゴソ


京太郎(……ごめんなさい店員さん、こいつが勝手に本置き場に塚を築いてしまって)ハァ

京太郎「さ、咲。その辺で――」

京太郎「俺もほら、予算ってのがあるしさ」

咲「ええーっ……」フマンゲ

咲「だったら、最初に薦めた二つだけでも買ってこうよ! ね?」ズイッ

京太郎「わ、わかったわかった」
312 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 23:13:57.96 ID:oURmHkFTo
悪魔のミカタと円環少女とROOM NO.1301が大好き
313 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 23:21:05.30 ID:BbmnxHt40
――京太郎・自室

咲『感想、早めに聞かせてよね!』


京太郎「って、別れ際に咲のやつに言われたものの」

京太郎「――これ、読み終わるよな?」ウーム

京太郎「本を読むのが好きとはいえ、そんなにペース早いわけじゃないんだけど……まあいいや」

京太郎「さよならピ○ノソナタからいくか」ペラッ


――しばらくして

京太郎「……いや、すごいわ」パタン

京太郎「洋楽もクラシックもほとんどわからない俺だけど、これは――」

京太郎「あ、あと、ヒロインの○冬かわいすぎるだろ……先輩も、○晶もいいけど」

京太郎「――ああ、いいなあ。主人公がモテすぎだとは思ったけど――まあそこは、いい意味でラノベらしいし」

京太郎「……」


――咲の部屋

咲「……あー、やっぱり、ラブコメっていいよねえ」

咲「京ちゃんのおかげで、久々に読み返してるけど……ふふっ」クスッ

咲「主人公がモテすぎってのがちょっとあれだけど――まあ、そこはラブコメらしいし」

咲「……」


――翌日

京太郎「お、咲。お、おっす……」ビクッ

咲「あ、おはよ、京ちゃん――」カァァ

京太郎「――な、なんで顔赤らめてんだよお前」アタフタ

咲「そ、そういう京ちゃんもなんかおかしいよ?」アセアセ

京太郎「……」

咲「……」



京太郎(……こいつが「あのキャラ」に似てると思ったら、なーんか妙に意識しちまう)

咲(――ううっ、何か京ちゃんみたいなタイプだったよ、昨日のキャラ……ち、違うのに)
314 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 23:23:00.38 ID:9o/6aKrWo
ラブコメって昔から1番多くて新規開拓しにくいよなー。自分で買うより他で読んだ事の方が多い
315 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 23:24:00.46 ID:BbmnxHt40
ここまでです。
あ、あとすまん。聖地巡礼も、たしか前に似たようなことやったような気もするからなしで。
次の咲の親父さんと京ちゃんの話終わったら、ちょっくら阿知賀編で遊びたいけど、いいかな?
316 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 23:26:31.65 ID:9o/6aKrWo
おつやでー。流石にそろそろネタが無くなってきたね。これ以上だと更にディープになりそう
317 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 23:27:44.65 ID:HVI7Zp/2o
咲親やってくれるのかー、嬉しい
318 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 23:30:20.13 ID:n4Uk775Po
そろそろ咲ちゃん達ももう一足踏み込むべきかもしれない

>>1の望みのままに

このスレが京咲の数少ないオアシスなんでな、続けてほしいんであちが編いいんじゃないか
319 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/26(日) 23:34:13.19 ID:BbmnxHt40
>>316
>>318
さっきの安価出した時のノリでの京咲もいいとは思うんだけど
個人的に「くっつきそうでくっつかない」っていう関係が大好きみたいでな……
でもそれを実際に書こうとすると、すごく難しいんだよね。これまでごまかしながらやってきたんだけど。

>>317
少し待ってて。すぐに投下します。
320 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 23:36:22.65 ID:n4Uk775Po
>>319
いや十分>>1はやってるぜ?

ってことでネタ考えなきゃなあ
321 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/26(日) 23:39:02.81 ID:9o/6aKrWo
>>319
いやいや十分楽しませてもらってる。良い京咲が見れるのはこのスレだけ!って感じだしなー
322 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/26(日) 23:41:10.34 ID:n4Uk775Po
>>321
他の学校に行くのばかりでボス役かヤンデレ枠ばかりだからなァ咲ちゃん・・・
323 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 00:05:40.17 ID:Goy1dfwY0
これで、(清澄編)一旦おしまい、かな。

――宮永家

咲父「ほい、須賀くん」カタッ

京太郎「あ、ありがとうございます」ペコッ

咲父「……どうかな?」

京太郎「あ、美味しいです――お茶淹れるのお上手なんですね」

咲父「いやいや。東京に行った妻に、しごかれたものだからね」ニコッ

京太郎「そうなんですか――」ズズーッ

咲父「ああ、気に入ってくれたのなら、なによりだ」ニコニコ

京太郎「はい」

咲父「うむ」

京太郎「……」

咲父「……」



京太郎(――どうしてこういう状況になったのかというと)
324 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 00:07:22.72 ID:Goy1dfwY0

咲「わっ、京ちゃん……そ、それ反則だよ!」アタフタ

京太郎「勝った者勝ち、だろ? そんなとこでボーっとしてる方が悪いんだよ――っと!」ガシガシ

咲「わわっ!?」アワアワ


京太郎「――COM混じってんのに最下位か、咲」プッ

咲「むーっ……次は絶対に倒すからね!」ジトッ

京太郎「お、望むところだ!」


咲父「ただいまー……っと、あれ?」ガチャッ


京太郎「……」ハッ

咲「あ、お父さんだ。お帰り!」

咲父「ああ、ただいま――あ、やっぱり須賀くんだったか」フム

京太郎「こ、こんにちは」ペコッ

咲「でも、どうしてわかったの?」

咲父「いや、彼の靴が玄関にあったからね――」

咲「あ、そっか」

京太郎「――あ、咲。俺、そろそろお暇しなきゃ」ガタッ

咲「へ?」キョトン

京太郎「いや、あのさ――今日、お袋の手伝いしなきゃいけなかったから」

京太郎「ご、ごめんな」

咲「……う、うん?」

咲(――あれ? さっき、ゲーム続けるって言ってなかったっけ?)

京太郎「そ、それじゃな、咲。あ、咲のお父さんも――お邪魔しました」ペコリッ

咲「あ、京ちゃ――」


咲父「……なあ、須賀くん? 少しばかり時間をつくれないかい?」


京太郎「……」

咲父「――無理に、とは言わないが」ニコニコ

京太郎「か、構いません」

咲父「それは良かった――それじゃ咲」

咲「は、はいっ?」

咲父「そのゲーム片づけたら、ちょっと席を外してくれないかな?」

咲父「須賀くんと二人で話したいから――」

咲「え? え?」アタフタ



京太郎(――そして、今に至る)
325 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 00:17:56.07 ID:Goy1dfwY0
正直、咲の親父さんのキャラは、こんなんじゃないと思うんだよね、それ一番(ry
あと、これ一応、中学時代のお話です。


京太郎(……なんとなく、咲の親父さんが呼び止めたわけもわかるような気がする)

咲父「それで、須賀くん……」

京太郎「は、はいっ!」ビクッ


京太郎(だってそうだ。中学生にもなって、こんなに女子と親しくなってるなんて)

京太郎(普通、おかしいだろうし)


京太郎(――お、怒られるのかな?)モジモジ

咲父「――いつもありがとう」ニコッ

京太郎「……え?」キョトン

咲父「君のおかげで、咲が楽しそうに学校に行ってくれるようになった」

咲父「本当に、感謝してるんだ」

京太郎「えっ、あの――」

京太郎「ちょっと待ってください」

咲父「ん?」

京太郎「べ、別にその、さきさ――宮永さんは、俺がいなくたって」

京太郎「ふ、普通に学校に来てましたし」

京太郎「そ、そんな感謝されても――」アタフタ


咲父「須賀くん、それは違うよ」


京太郎「……え?」ピクッ

咲父「咲は、『楽しそうに』学校へ行くようになった。今までとは全然違うんだよ」

京太郎「……」
326 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 00:26:53.66 ID:Goy1dfwY0
咲父「――ぼくも、咲から君の話を聞いた時は、驚いたよ」

咲父「『友達ができたの』っていうもんだから、女の子だとずっと思ってたのに――」

京太郎「……で、ですよね」


咲父「君が男の子だと知った時、ホントは少し怖かった」

京太郎「……?」キョトン

咲父「いや、その――やっぱり中学生にもなると、女の子は女の子と固まるのが普通だからね」

咲父「ところが、咲は――」

咲父「君という『友達』のことをとても嬉しそうに話すんだから」

京太郎「咲が……?」

咲父「うん」コクッ

咲父「――でも、ぼくもこうして君と何度か顔を合わせたけど」

咲父「うん、君はいい子だった」

京太郎「……そ、そんなこと」カァァ

咲父「照れることはないよ。実際、だから咲は、君と一緒にいるんだと思うから」

京太郎「ううっ……」モジモジ


咲父「なにはともあれ」

咲父「――これからも、咲とよろしく頼むよ、須賀くん」ニコッ

京太郎「……!」

京太郎「は、はいっ」ペコッ

咲父「うん、よろしい」ニコニコ

京太郎(……)

京太郎(――なんだろう?)

京太郎(咲が俺のことを話してるって聞いた時)

京太郎(熱くなったような、気がした)ドキドキ
327 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/08/27(月) 00:35:51.71 ID:oZkLyw7p0
小ネタか……部活メンバーで奈良へ旅行⇒阿知賀メンバーと遭遇⇒修・羅・場!
328 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 00:39:04.62 ID:Goy1dfwY0
――それから

京太郎「それじゃ、お邪魔しました」ペコリッ

咲父「うん。またおいで」

京太郎「はい――ありがとうございます」


咲「……ねぇ、京ちゃん?」ズイッ

京太郎「ん? どした咲?」

咲「ちょ、ちょっとこっちに来て」グイッ

咲「あ、お父さんは来ちゃダメだからね!」アセアセ

咲父「わかったわかった。いってらっしゃい」ニコニコ


京太郎(――庭に連れてこられた)

咲「さあ、京ちゃん? さっき、お父さんと何を話してたの?」ズイッ

京太郎「――いや、別に」

咲「……えー」ムッ

咲「じゃ、じゃあさ」アセアセ

咲「へ、変なこと言ってなかった?」アタフタ

京太郎「……」


――咲はね、君のことをよく話すんだよ――

――すごく嬉しそうにね――


京太郎「いや、言ってなかったぞ?」ボウヨミ

咲「そ、その間はなに?」

京太郎「別にー」

咲「むぅ……」

咲「京ちゃんのバカ」ボソッ

京太郎「なんでだよ……」

咲「な、なんか顔がニヤけててやだ」カァァ

京太郎「はぁ……?」


咲父(……何を話し込んでるのかな、あのお二人さんは)クスッ
329 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 00:43:57.20 ID:Goy1dfwY0
中学生時代だからか、発言も子どもじみてるね、しょうがないね。
まあ、そんなこんなで清澄編、一旦おしまい。

少し休憩して、阿知賀のお話やります。
あ、あと、安価は解放しますね。小ネタでは使わないようにしていたので。


【はじまり】

――??

京太郎(――)

京太郎(……あー、またこれか)

京太郎(なんか今回は、少し)

京太郎(普通には戻れそうもねえや)

京太郎(――ま、いっか)

?(……)

京太郎(頼んだぞ、そこの誰かさん?)

?「――うん!」

京太郎(んじゃ、おやすみ――)

?「またね、にいちゃん!」



――京太郎の部屋

京太郎「……ふわぁああ」

京太郎「――なんか変な夢、見てたような気が」

京太郎「……ま、まあいいや」

京太郎「お母さんに起こされる前に、起きよっと……」


――……にいちゃん!――


京太郎「……」

京太郎「――ま、いっか」
330 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/27(月) 00:56:07.50 ID:R6SawpSKo
電撃の恋愛系って言ったら半月でしょ
シリアス分多めだけどコメディも所々あるぞ!
331 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 01:37:34.67 ID:Goy1dfwY0
じゃあ、始めましょう。少し休みすぎちゃったかな。

これから、安価スレみたいになりますが、お願いします(設定を考えるとは言っていない)


京太郎「それじゃ、行ってきます!」

京太郎母「あら、行ってらっしゃい。気をつけてね」

京太郎「はーい!」


京太郎(――夏休みだ!)

京太郎(理由が分からないけど、すっごく楽しい!)

京太郎「――でも」

京太郎(これからどこに行くか、全然考えてなかったな……)

京太郎(どうしよう?)


1.神社に行こうかな

2.旅館に行こっと

3.あ、そういえばボーリング場が――

4.和の家、行ってみようかな

5.麻雀クラブにでも……


↓5
332 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/27(月) 01:38:40.82 ID:elkELhKPo
4
333 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/27(月) 01:39:03.20 ID:Fz+oytcYo
4
334 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/27(月) 01:40:31.09 ID:X7siRtl3o
1
335 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/08/27(月) 01:41:01.30 ID:V54M26oUo
2
336 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/27(月) 01:41:25.36 ID:bhv7aF8zo
4
337 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 01:50:40.10 ID:Goy1dfwY0
――原村家前

京太郎(――やっぱり和と会いたいな、って思ったから来てみたけど)

京太郎「和のお母さん、ちょっと怖いんだよなあ……」

京太郎(――でも、やっぱりここまで来たし)

京太郎「……」

京太郎(お、押しちゃった――!)


和母「はい、原村ですが――」ガチャッ

京太郎「あ、の、和、ちゃんのお母さん」アセアセ

京太郎(――うわっ、声が!)

和母「……ああ、京太郎くんね。おはよう」

京太郎「お、おはよう、ございます」

和母「えーと、和になにか御用かしら?」

京太郎「えっと、その……」アタフタ

京太郎「あ、会いたいな、って――」モジモジ

和母「……」フム

和母「京太郎くん」

京太郎「は、はいっ」

和母「私は、何か理由もなく遊びに誘うことを」

和母「あんまりいいとは思わないの」ジッ

和母「わかってちょうだい。私はあの子が大切で――」


京太郎「……」

京太郎(――和のお母さんは、和が大事なんだな、やっぱり)

京太郎(……俺は)


1.分かりました。お邪魔しました。

2.……ごめんなさい。それでも、和と――

3.――和のお母さん、それはちょっと……
338 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 01:51:08.10 ID:Goy1dfwY0
↓3で。すみません。
339 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/27(月) 01:52:44.96 ID:X7siRtl3o
3
340 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/27(月) 01:53:26.20 ID:bhv7aF8zo
2
341 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/08/27(月) 01:54:05.48 ID:21oox7Mgo
3
342 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/27(月) 02:00:17.14 ID:R6SawpSKo
奈良編いらんなぁ
長野ののどっちが可愛かったのに
343 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 02:05:57.41 ID:Goy1dfwY0
>>342
すまんな。長野編もこっちも楽しいからね。
また長野編も書くよ。今日はあれで打ち止めだろうけど。


和母「じゃあ、そういうことでいいかしら、京太郎くん」

京太郎「――和のお母さん、それはちょっと……」

和母「えっ?」

京太郎「あ、あの……」

京太郎「じ、実際に和と会って話もしてないのに」

京太郎「そ、そうやって――その、き、決めつけないでほしい、です」

和母「……」

京太郎「あ、あの、俺――」

和母「……わかったわ」

京太郎「……えっ?」

和母「ただし、私も二人の話し合いに参加させること」

和母「それでいいわね?」

京太郎「――は、はいっ!」

和母「じゃあ、ちょっと待っててね。今、和を呼んでくるから」バタン

京太郎「……」


――少しして。

和「お、お待たせしました、京太郎くん」ハァハァ

京太郎「あ、和。おはよっ」

和「お、おはようございます……」アセアセ

京太郎(……)

京太郎(――和の髪の毛がちょっとおかしいような……)

和母「ごめんね、京太郎くん。ちょっと時間かかっちゃって……」

京太郎「い、いや、大丈夫です」

京太郎(――穏乃や憧のお母さんは少しの間なら玄関に上げてくれたけど)

京太郎(まあ、仕方ないか)
344 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 02:08:04.87 ID:Goy1dfwY0
和「それで、その――」モジモジ

京太郎「うん」

和「わ、私とどこかへ遊びに――いえ、お出かけしたいということでしたが」

京太郎「……」チラッ

和母「……」ジッ

和「どこか行きたいんですか?」キョトン

京太郎「……」

京太郎(俺は――)


1.ちょっと散歩したい

2.……神社、行かないか?

3.河原行ってみよう、河原!


↓3
345 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/27(月) 02:08:42.02 ID:khR0U2bxo
346 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/27(月) 02:09:29.78 ID:X7siRtl3o
2
347 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/27(月) 02:11:57.99 ID:Fz+oytcYo
2
348 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/27(月) 02:12:06.71 ID:bhv7aF8zo
1
349 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/08/27(月) 02:14:18.69 ID:9ApfKdVQ0
3
350 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 02:18:40.44 ID:Goy1dfwY0
京太郎(――和のお母さんは、俺のことをまだ疑ってそうな感じだし)

京太郎「じゃ、じゃあさ! 神社、行ってみようぜ!」

京太郎「そこなら、穏乃や憧もいるかもしれないし!」

和母「……あら」ピクッ

京太郎(――よしっ、これなら)チラッ


和「それはいいかもしれませんね……夏休み中、二人にもお会いしたいですし」クスッ

和母「――穏乃ちゃんと憧ちゃんが、ねえ」

和「お母さん……?」

和母「ええ、それならいいわよ」

和母「ちゃんと目的地もはっきりしてるし」ニコッ

京太郎(……俺と二人で遊ばせたくなかったのかな?)

京太郎「まあいいや、行こっ、和!」ダッ

和「は、はいっ!」ダッ

和母「行ってらっしゃい」
351 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/27(月) 02:20:33.93 ID:F1HaNjpso
そういえば憧ちゃんの家は神社だっけか
352 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 02:26:43.68 ID:Goy1dfwY0
>>351
なお、憧ちゃんの手伝いの腕はあまり芳しくない模様。


和「……」テクテク

京太郎「……」テクテク

和「――あ、あの」モジモジ

京太郎「ん? どした、和?」

和「……」

和「わ、私のお母さん」

和「その――京太郎くんにおかしなこと言いませんでしたか?」ジッ

京太郎「……」

和「お、お母さんは、その――少し、過保護? みたいなところがあって」モジモジ

和「そ、その――わ、私が男の子と……」カァァ

京太郎「和?」

和「は、はい?」ビクッ

京太郎「……あのな」


1.ま、まあ言われたといえば言われたけどさ

2.そんなに気にしてると、楽しめないって!

3.……俺、和のお母さんに嫌われてるのかな?

↓3
353 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/08/27(月) 02:29:10.18 ID:V54M26oUo
2
354 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/27(月) 02:29:20.73 ID:khR0U2bxo
355 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/27(月) 02:30:12.07 ID:X7siRtl3o
2
356 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 02:35:26.22 ID:Goy1dfwY0
京太郎「そんな気にしてると、楽しめないって!」

和「……え?」キョトン

京太郎「ほら、行こうぜ早く!」ダッ

和「わっ、京太郎くん!?」アタフタ

京太郎「モジモジしてると置いてくぞー!」

和「ま、待ってください!」タタタッ


京太郎(――まあそりゃ、何も思わなかったかって言ったらそうじゃないけどさ)

京太郎(とにかく、せっかく二人で出られたんだし)

京太郎(――楽しまないと損だよな)
357 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 02:46:45.48 ID:Goy1dfwY0
――神社

京太郎「……ふぅ、結構、距離あったな」

和「きょ、京太郎くん――速すぎ、です」ハァハァ

京太郎「いやいや、そんなスピード出してねえって」

京太郎「和が体力なさすぎ」

和「むっ……ひ、酷いです」カチン

京太郎「ホントのことだし」

和「京太郎くん!」


京太郎(言い合いながら、賽銭箱の前まで来たわけだけど――)

京太郎「……あれ?」

和「どうしたんですか、京太郎くん?」ジトーッ

京太郎(まだジト目か――)

京太郎「い、いや、今」
358 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 02:50:19.58 ID:Goy1dfwY0
京太郎「――やっぱり、お前らか」

穏乃「い、いやー……あはは」エヘヘ

憧「いやそりゃねえ、京太郎が和と一緒にいるし」

憧「せっかくなんかいい『むーど』だったから出ていくのはちょっと、って思ってね」ニヤニヤ

穏乃「そうそう! なんか二人、仲良くしてたからさ!」ニコニコ

京太郎(――うん、この二人同じようなこと言ってるけど、絶対違う意味だ)ハァ

京太郎(ったく、憧のやつは……)ジトッ


和「ま、まさか本当に会えるなんて――」

京太郎(和は和で驚いてるし。まあ、俺も驚いたけど)

京太郎「――あー、まったく」


1.和、会えて良かったな。

2.……憧、お前はニヤニヤすんな。

3.穏乃は元気だなあ……


↓5 そろそろ眠たい……
359 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/08/27(月) 02:51:42.55 ID:V54M26oUo
2
360 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/27(月) 02:51:51.77 ID:khR0U2bxo
361 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/27(月) 02:56:37.96 ID:X7siRtl3o
2
362 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/08/27(月) 03:02:20.26 ID:eZJ8cEDRo
3
363 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/27(月) 03:02:44.91 ID:elHVcrB5o
3
364 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 03:11:52.00 ID:Goy1dfwY0
京太郎「――穏乃は元気だなあ」

穏乃「えっ、私が? えへへ、そりゃー元気だよ」エッヘン

穏乃「だって、夏休みだよ!? 楽しまなくちゃ損だよ、損!」キラキラ

京太郎(……いや、学校がある日もお前はそんな感じだけどな)ツッコミ

京太郎(まあ元気なのはいいことだよな、うん)フムフム


憧「――京太郎?」チョイチョイ

京太郎「な、なんだよ、憧?」

憧「……ほら、あれ」ヒソッ

京太郎「――ん?」チラッ


和「……」モジモジ


京太郎(ポツーンっていう漫画の音が聞こえてくるみたい――)ウワァ

憧「――声かけてあげなくていいの?」ツンツン

穏乃「あ、二人で何話してんのー?」ニコニコ

京太郎「……」


1.お、そうだな。憧と穏乃も来いよ。

2.あ、そうだな。行ってくるわ。

3.憧と穏乃が行ってやってくれないか?


↓3 このオチ書いたら、今日はおしまいかな。
365 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/27(月) 03:13:15.35 ID:X7siRtl3o
2
366 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/27(月) 03:16:00.83 ID:+DGyE0Bto
367 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/27(月) 03:16:30.07 ID:elHVcrB5o
1
368 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 03:31:24.41 ID:Goy1dfwY0
京太郎「お、そうだな――和と穏乃も来いよ」スッ

憧「……え?」

穏乃「んー、どしたのどしたの?」キョトン

京太郎「あのさ……和のヤツ」

京太郎「もっと、二人と話したいっていうようなこと前に言ってたんだ」

京太郎「だからさ、その――」

憧「……はぁ、まったく」ヤレヤレ

京太郎「?」


憧「京太郎は、ホントに和が気になるんだね?」

穏乃「えっ、和……おーい、和ー!」ダッシュ

憧「あ、しず! もう、早すぎるよ……」ハァ

京太郎「ははっ――んじゃ、行くか」ヨッコラセ

憧「あ、ちょっと京太郎は待ってて」

京太郎「……?」

憧「いーい? こういう時は女の子が優先されるの。えっと、『れでぃーふぁーすと』?」

憧「だから、男の子はここで待ってるの。いい?」ビシッ

京太郎「……いや、よくない」マテマテ

憧「もう! 私たちが先に行かないと、和はあんたとばっかり話しちゃうでしょ」ビシッ

京太郎「……あ」

憧「わかった? それじゃ、行ってくるね」タッタッ


京太郎(――へぇ、憧のやつ)

京太郎(よくからかってくるヤツだと思ってたけど、意外と気遣いできるんだな)フーン

憧「……そ、それに」クルッ

京太郎「……?」

憧「和と仲よくしたいのは、私たちだって同じだし」ボソッ

京太郎「え?」

憧「も、もういいよ! 行くね!」カァァァ
369 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 03:33:36.56 ID:Goy1dfwY0

京太郎(――へぇ)

京太郎(顔赤い憧なんて、初めて見た)

京太郎(――穏乃は言うまでもないけど)


穏乃「そういえば、和はどうして――」クスクス

憧「ね、和? 京太郎のやつって――」ニヤッ

和「……は、はい」ニコニコ


京太郎(おお、和があの二人と一緒に笑ってる)

京太郎(これは一歩前進、かな)

和「……」チラッ

京太郎「あ、やばっ」

京太郎(そろそろ行かないと、だな)



憧「――まったく、京太郎って変なヤツ」ヒソヒソ

穏乃「え? どこがどこが?」ヒソヒソ

憧「……まだ穏乃には早いんじゃないかなあ」ヒソヒソ

穏乃「えー、教えてよケチ!」ヒソヒソ

憧「あはは」ヒソヒソ
370 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 03:36:40.48 ID:Goy1dfwY0
今日はここまでにします。

自分が何を書いていきたいか、分からなくなってきたんだよなあ……
この阿知賀の安価の話も、決して書いてて楽しくないわけじゃないんだけど――もう清澄の方の小ネタも尽きてきちゃったし、
今後のスレの展開、もうわかんねえな。

しばらく書くまでに間が空いちゃうかもしれないので、もしも何か希望とかアドバイスみたいなものがあったら
ドシドシ書いていってください。

それじゃ、また。
次に来るときはもう少し、頭の中をクリアにして書いていきたい(切実)
371 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 03:37:34.15 ID:Goy1dfwY0
あ、そうそう。

余談ですが、今の阿知賀の話は
清澄の京咲成分を薄めたほのぼの京和路線です。

選択肢次第では、他のヒロインも……?
372 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/27(月) 07:20:11.28 ID:9I8SifUIO
オツヤデー

やえ先輩オナシャス!
373 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/27(月) 09:13:58.78 ID:Fz+oytcYo

あこちゃんとの関係も良いねぇ
374 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/08/27(月) 10:33:00.14 ID:13gKmlF/0
咲と京太郎が飯田線で究極超人あ〜るの聖地巡礼デートとか見てみたいなぁと思ったけどさすがに今の高校生があ〜るみたいな古いマンガは読んでないか
375 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/08/27(月) 17:08:27.65 ID:SBcmwsoAO
>>374
「きみが〜きみが〜好きなんだ〜♪あぁ言い出せん、言い出せん、飯田線のバラ〜ド〜♪」
あ〜るは面白かったなぁ
376 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 19:14:30.36 ID:Goy1dfwY0
……なんとなく、思いのままつらつらと書いていたら、おかしなものが仕上がってしまった。

今回、くどい地の文つきです。
ガチで京咲を書きました。
それでは、とりあえず投下します。
377 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 19:16:52.68 ID:Goy1dfwY0
 その日――
 室内にて、緊迫の一時を迎える二人がいた。

「……」
「……」

 二人の間に交わされる視線は、いざ合おうとするや、それとなく一方が逸らし
 もう一方はそのことに顔の赤みを増す。
 少年は今、母親が留守にしていることに心の底から安堵した。
 そうだ、何で自分は少女に馬乗りになりながら、顔を赤らめているのか。
 さっさと離れてしまえば――

「――お、おい」
「……」
「……うっ」

 何故、自分の身体は言う事を聞いてくれないのだろうか。

 すぐそこにある少女の顔が、これでもかと言わんばかりに赤らんでいるから?
 自分の胸の下で、少女のささやかな胸が上下していることに動揺しているから?
 それとも――

 自分がよく知っているその少女の顔が、まるで別人であるかのような艶やかさを発しているから?

 そのどれであったとしても、自分が少女の上から離れられないという事実には変わりない。
 下にいる少女にせよ、何も言わず、ただ息を震わせるのみ。
 ――普段、自分に向けられる「バカ」という言葉が、どれほどありがたかったことか。
378 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 19:19:19.27 ID:Goy1dfwY0
 そもそも、発端からして非現実めいている。
 そうだ、自分が「ラブコメ」などという単語を口に出さなければよかった。
 自分は軽い気持ちでそう言って、少女も純粋にそれに乗った。
 それがいけなかった――
 
 少年と少女の間に、男女の性差による垣根というものは、ほぼ存在しないも同然だった。
 いや、それは正確ではないだろう。
 それならば文頭に、「甘く見積もっても中学時代までは」という但し書きを置かねばなるまい。
 彼ら自身が気づいていなかっただけで、実際は――


 少年はいつもそうするように、少女を自室に招き入れた。
 ベッドの上に座り込み、二人は話して、笑い合う。
 純粋で、平凡な時間――
 しかし、二人が気づかないうちに、歯車は回り始めていた。

 
「――あ、そろそろ私、帰らないと」

 笑い合っているうちに、少女が時計を見て、言った。
 つられて、少年も時計を見る。

「うわ、随分遅くまで話し込んでたな」

 少年は、少し驚いた様子で言った。
 とはいえ、無理もないだろう。
 ただの会話ではなく、二人のおススメの作品を言い合い、実例として少女が持ってきた本などを共に見る
 といった半ば鑑賞会の様相を呈していたのだから。
379 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 19:20:25.29 ID:Goy1dfwY0
「それじゃね、京ちゃん。また、明日」
「ああ、じゃあな、咲」

 少年に少女は別れを告げ、立ち上がろうとした――が

「……わわっ!?」

 その瞬間、バランスを崩してしまう。
 長い間二人で話し合っていたからだろう、足が突然の刺激に耐えられず――

「咲!?」

 少年は、そんな少女を後ろから抱え上げようとする。
 しかし――

「……!?」

 ずっと座り込んでいたのは少年も、足の痺れについては同じだった。
 「ミイラ取りがミイラになる」という諺のごとく、二人は共にバランスを崩す。
 お互いの足がもつれあい、体が反転し、そして――
380 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 19:22:03.15 ID:Goy1dfwY0
「……」
「……」

 現在に至る。
 足が痺れているのだから、このような状態のままでもしょうがない――
 最初のうちこそ二人は心中で納得していたものの、時が経つにつれて、それも言い訳のように思えてきた。
 
 もつれ合ったまま、10秒近く経過した。
 10秒――しかしこの時の二人には、それは5分にも、あるいは10分にも感じられていただろう。

 胸の鼓動が弾み、互いが互いの心音を意識せざるを得ない。
 少年の目に映る少女の顔は、今にも破裂しそうなほど赤みを帯びており、目元には恥ずかしさのためか涙が滲んでいる。
 少年が、普段「ちんちくりん」などと形容する少女。
 しかし今、少年はそんな少女のことを素直に

 ――可愛い

 そう、感じた。


 目の前で何かを言おうと口を開き、けれどすぐに口を閉じてしまう少女。
 彼女は今、何を考えているのだろうか――
 しかし、いつまでも少女にばかり苦労をかけるわけにはいかない。
 少年は口を開こうとした。
 一抹の名残惜しさを振り落とすかのように

 少年の口が開く――
381 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 19:24:28.56 ID:Goy1dfwY0
「ただいまー! あら、京太郎、いるの?」

 玄関のドアが開く音。それに続くように響く女性の声。

 瞬間、二人の身体が離れる。
 少年は勢いに任せて後ろを向いて座り込み
 少女も同じようにして慌てて座る。
 二人はちょうど、背中合わせの体勢になった。

「ねぇ、京太郎ー」
「あ、ああ帰ってるよ!」
「あら、そう――咲ちゃんも」

 なんでわかったんだ、と内心動揺したものの、考えてみれば咲の靴はそのまま沓脱ぎに置かれたままだ。
 それに、別におかしなことがあったわけではない――

 ――うん、おかしなことなんてなかった。

「さ、咲なら、そろそろ帰るってさ! こんな時間だし!」
「あ、そうなの。わかったわ」

 母親ののほほんとした声に、少年は呂律が回らないまま応じる。
 納得したらしい母親がリビングに入っていくのを足音で確認すると、ふぅっと大きく息をついた。



「……あ、あの、京ちゃん?」
「お、おう、咲」

 背中合わせになったまま、先ほどから黙ったままの少女が静かな口調で問いかけた。
 恥ずかしさを必死に抑えているその声音に、少年の口調も知らず硬いものになる。
382 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 19:26:39.63 ID:Goy1dfwY0
「……ご、ごめんなさい」
「――な、なんでお前が謝るんだよ?」

 背中合わせになったまま、二人はぎこちない会話を続ける。
 今、顔を見るわけにはいかない。話ができなくなってしまう。
 二人とも、それがよく分かっていたから。

「だ、だって、その……こ、転んじゃったし」
「あ、ああ、まあ仕方ねえ、よ」

 言葉が途切れ途切れになりながらも、二人は必死に言葉を交わしていった。
 言葉は震えたまま、相手の耳に辿りつく。

「――わ、わたし。そ、そろそろ帰るね」
「……お、おう」
「そ、その――また、明日、ね」

 いそいそと準備をし、少女は少し乱れた制服を直すと、立ち上がる。
 今度は転ばなかった。
 少年は、後ろ向きのままだ。

 少女が身支度を終えてドアへ向かっていくとき、少年は一心不乱に自室の壁を見つめていた。
 やがて、パタンとドアが閉まる音と、少女が自分の母親に挨拶する声。そして、ガチャッと玄関のドアが開いて閉まる音。
 そんなあれこれが、少年の耳に入っては、消えた。

 何も言わず、ベッドに少年は寝転んだ。
 乱れた制服も、今はどうだっていい。
 ただ――

「……熱っ!」

 何もしなくても赤くなり、熱くなる自分の身体をどうするか。
 それが今夜の懸念事項になりそうだ、とうまく機能しない頭で思った。




 少年はまだ良かった。

「――わわっ、ど、どうしよう」

 少年の家を後にした少女。
 彼女の場合、自宅までの帰路を歩きながら、その「熱」と格闘しなければならなかったのだから――
383 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/27(月) 19:27:39.58 ID:Goy1dfwY0
ここまで。
……なかなか神経を使った(小並感)
少し休んだら、また軽いノリでSSを書いていくかも。

(こんな長ったらしくなって)すまんな。
384 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/27(月) 19:27:44.87 ID:Dlbnmw/To
>>377
> すぐそこにある少女の顔が、これでもかと言わんばかりに赤らんでいるから?
> 自分の胸の下で、少女のささやかな胸が上下していることに動揺しているから?

なぜか
「すぐそこにある少女の胸が、これでもかと言わんばかりに膨らんでいるから?」
という謎な一文に空目した
385 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/27(月) 20:29:11.67 ID:QNKpVh2k0
この、このギリギリで行き着かない甘さ…! たまらんね
386 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/27(月) 21:00:21.83 ID:H8P6GN7co
おつおつ
やっぱ京咲はたまらんね
387 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/08/27(月) 21:04:47.81 ID:bhv7aF8zo
京咲は良いものです
388 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/27(月) 21:50:26.86 ID:/t+7o67to
わた咲ちゃんの胸だってきっといつかは膨らむよ!
389 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/27(月) 22:08:37.38 ID:+DGyE0Bto
もう阿知賀編は別スレ建てちゃっていいんじゃないかな
390 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/28(火) 00:07:27.38 ID:IRy59Taf0
結構長いこと昼寝? してたみたいだ。
そうだねえ……>>389の言う通り、そろそろ阿知賀に関しては、別個にやった方がいいのかなあ。
その時は安価スレにせず、小ネタ集みたいになるだろうけど。

【その翌日】

――麻雀部・部室

京太郎「……さ、咲?」オズオズ

咲「――な、なに、京ちゃん?」ビクッ

京太郎「い、いや、き、昨日忘れてっただろ、これ?」スッ

咲「あっ……!? ご、ごめん、京ちゃん」

京太郎(――教室では、まだまだ身体が熱くて渡せなかったからな)

京太郎「ほ、本ごと忘れんなって。ほら」

咲「あ、ありがと」オズオズ

ピトッ

京太郎「――!?」バッ

京太郎(指がっ!)

咲「ひゃっ!?」ビクッ

京太郎「……あー、わ、わりい咲」アタフタ

咲「う、ううん、だ、大丈夫」

京太郎「そ、そっか」

咲「うん」

京太郎「……」カァァ

咲「……」カァァ
391 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/28(火) 00:15:56.57 ID:IRy59Taf0
久「――いつにも増して、おかしな2人ねえ」ズズーッ

まこ「そうじゃのう……」

まこ「心なし、いつもより顔も赤いような――」

和「――ええと」

和(いつもなら、軽口を言い合って笑ってる二人が)チラッ


京太郎「そ、それじゃ! お、俺、ちょっと外出てくるわ!」ガタッ

咲「あ、きょ、京ちゃん!?」ビクッ


和「――顔、とても赤い」ボソッ

久「和」ポンッ

和「ひゃっ!?」ビクッ

和「ぶ、部長?」

久「いやいやー」

久「あの二人を穴が開くほどじっと見つめてるものだからね」ニヤニヤ

久「優希がいたら、あの子は何かやらかしちゃうかもしれないけど」

和「は、はあ……」

和「……」チラッ


京太郎「じゃ、じゃあな咲!」ダッ

咲「きょ、京ちゃんってば……」カァァ


久「ほら、また見てる」

和「――こ、これは別に、そういうものでは!」アセアセ

久「ん? どういうものなのかしら?」

和「ううう……」カァァ
392 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/28(火) 00:36:21.90 ID:IRy59Taf0
どうするもんかな……スレを建てようか、建てまいか。
まあ、それは抜きにして。
小ネタどうぞ。なんか最近、すぐに胸が痛くなるような……。
393 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/28(火) 00:37:43.94 ID:5hlYGID+o
咲さんと和とあわあわの、京ちゃんを見てて一番胸が痛くなる時
394 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/28(火) 00:40:22.72 ID:uUlwv95Ro
二人っきりで体育倉庫に閉じ込められちゃったぞ!
相手は和か咲のどっちかがええかな
395 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/28(火) 00:44:46.80 ID:Arf030Y4o
体育で二人でストレッチしてすごい触れ合っちゃってドキドキする咲京オナシャス!!
396 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/28(火) 00:46:56.01 ID:KE+ajqOIO
咲に引きずられてオタク趣味に目覚めたのどっち
397 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/28(火) 00:49:31.12 ID:iYymq1njo
部長の陰謀で咲と京太郎がロッカーに閉じ込められる展開オナシャス!!
398 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/08/28(火) 00:50:47.13 ID:hvcSjWiu0
>>392
両方とも書くなら問題ない、片方エタりかねないならやめた方がいい……知らんけど
過去編みたいなものだしスレ建てるほど関係ない話かはわかんねぇ〜。
399 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/28(火) 00:53:18.81 ID:KE+ajqOIO
書きたい時に書いてくれるのがいいと思う
すれたてると
400 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2012/08/28(火) 00:53:27.99 ID:E9pKPpm6o
似顔絵大会
401 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/28(火) 00:53:31.70 ID:uUlwv95Ro
イッチのネタ降臨と書く速度次第だけどこっち終わってから立てるんが無難かね
阿知賀も好きだからどっちも読みたいってのは本音なんだけど
402 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/28(火) 00:54:20.01 ID:KE+ajqOIO
スレを立てると、両方とも書き切らないといけないような感じになるし
403 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/08/28(火) 00:55:43.81 ID:LcLBPrPbo
こっちで書いてもいいんでないの、わざわざスレ分けなくても

まあ新しく立てた方があちが目当ての人も来るかもしれないけど
404 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/28(火) 01:48:08.90 ID:IRy59Taf0
すまん、小ネタ希望してくれた人には悪いんだけど、凄まじく身体がおかしいから今は無理かも。
元々、身体も精神も豆腐なもんで……すまんな。

あと、スレ建てに関してはありがとう。感謝します。
とりあえず、こっちでやりたい時にやる方針で。


――高校生・登校時

咲「昨日、変な夢見たんだ」

京太郎「え? どんな?」

咲「うん。まだ小さい頃――小学生くらい?――の京ちゃんが」

咲「私が見たことない所で、同じくらいの年ごろの子たちと楽しそうにしてる夢」

京太郎「へぇー……おかしな夢だな」

咲「京ちゃん、長野から出たことないよね?」

京太郎「まあ、修学旅行の時とか、お前と東京行ったりした時以外はな」

咲「ふむふむ……」

咲「もしかしたら」

京太郎「?」キョトン

咲「――京ちゃんが恋愛ゲーム主人公よろしく、記憶を失った設定なのかなー、なんて思ったりもしたけど」

京太郎「……ちゃんと記憶あるって」アキレ

咲「まあ、そうだとしたら」

咲「今、私とこうして話もしてなかったかもしれないよね」

咲「――うん、なんか妙に現実感ある夢だったなあ」シミジミ

京太郎「……」


京太郎「少なくとも、今俺は咲と話してる」

咲「……うん」

京太郎「それでいいんじゃないか」

咲「そだね」

咲「……それでいいよね」クスッ

京太郎「ああ」

咲「――うん」ニコニコ
405 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/28(火) 01:50:10.37 ID:IRy59Taf0
――小学生・下校時

憧「昨日、お姉ちゃんが言ってたんだけどさ」

穏乃「うん」

憧「――気になってる男の人が、他の女の人と一緒にいる夢を見るとね」

憧「その人に対する『好き』っていう気持ちがおっきくなってる証拠なんだって!」キラキラ

穏乃「へぇぇ……なんかすごいね」

穏乃「憧のお姉ちゃん、大人だなあ」パチクリ

憧「そんなことないって」クスッ


京太郎(――この二人の話って、ちゃんと伝わってるのかな?)ウーン

和「……」モジモジ

京太郎「――和?」

和「い、いえ、なんでも!」アタフタ

京太郎「まだ何も言ってないけど……」

和(……言えませんよね)

和(大きくなった京太郎くんが、同じくらいの女の人とお話ししてる夢を見た、なんて――)カァァ
406 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/28(火) 01:50:44.79 ID:IRy59Taf0
とりあえず、ホントすまん。
持ち直したら、また始めます。今はもうだめかもだけど。
407 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/28(火) 01:59:28.72 ID:Lyo4Wx57o
           / ̄ ̄\
            |  寝   |    -─-
            |  な   |.:'´::::::::::::::::::::::::\
            |  さ  |:::::::/{:::::ト、:::::::::::::::
            |  い  厶|:/ノ\トY:::::::::::|
               \___乂V| ┃   ┃ V):::::リ
                  人  ヮ  ,ィ/|/
                   アTLチ\
                   /\_|/_/ハ
                     / Y ート-'7  |
408 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/28(火) 02:49:09.36 ID:zl+nOWlp0

お大事にー
409 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/08/28(火) 17:59:18.01 ID:/X8W5Z5k0
お大事に
410 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/28(火) 21:47:42.64 ID:sh1dNegE0
お大事になー
あと、原点回帰ならあわあわもそろそろやってきてもいいと思う(小並感)
411 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/28(火) 22:43:21.35 ID:IRy59Taf0
復帰しました。やっぱり友人の力は偉大だって、はっきりわかんだね。

さて、小ネタ書いていきますね。

>>393
ちょっと変わっちゃうかもしれないけど、やってみようか。

【咲の場合】

和「――と、こうなるわけです。わかりますか?」トン

京太郎「……おお!」

京太郎「やっぱすげえな、和は。そっかー、こうなるわけか――」

和「お役に立てたようで嬉しいです」ニコッ

京太郎「ありがとな。やっぱり教えてもらうなら和だな」

和「……!」ハッ

和「あ、ありがとうございます」カァァ

京太郎「ああ。俺もいつか自分でちゃんとできるように――」

和「――!」ビクッ

和「い、いえ! その……」アタフタ

京太郎「ん?」

和「……あ。ち、違うんです」カァ

和「い、いつか、そうなれるといいですね、須賀くん」ニコッ

京太郎「うん、そうだな」

和「……はい」コクッ


咲「……」


――やっぱり教えてもらうなら和だな――


咲(――なんで)

咲(何で、胸がザラザラするんだろう?)ギュッ

咲「私だって……」ボソッ

優希「ん? 咲ちゃん、どーしたじぇ?」

咲「……! う、ううん、なんでもないの、優希ちゃん」アタフタ

優希「そっかー……?」ウーン

咲(――ちょっとだけ、苦しいや)
412 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/28(火) 22:49:23.65 ID:IRy59Taf0
【和の場合】

和(……先ほど)

和(須賀くんがそう言ってくれた時)

和(――正直にいえば、私は)ギュッ

和(彼に、そのままでいてほしいと願ってしまいました)

和(だって、そうなれば――)チラッ



京太郎「……咲?」ポンッ

咲「……あ、京ちゃん」

京太郎「なーんか元気ないぞ? 大丈夫かよ」ジッ

咲「……」ハッ

咲「――な、なんでもないよ」アセアセ

京太郎「そっか。それならいいんだけど」ホッ

咲「……うん。なんでもない」ボソッ



和(……)

和(――私はやっぱり)

和(宮永さんが、羨ましいのでしょうか)

和(……頼ってくれるだけで嬉しいと)

和(そう思っていたのに)ギュウ

和「はぁ……」ボソッ


久「いやー、青春してるわねえ」ズズーッ

まこ「あんたって人は……」ハァ

優希「――のどちゃんも咲ちゃんも、何かおかしいじぇ?」キョトン
413 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/28(火) 22:56:24.14 ID:IRy59Taf0
【淡の場合】

淡「……」カチカチ

TO:須賀京太郎
本文:最近、調子はどう?

淡「……」ウーン

淡「――いや、あんたじゃなくてあんたのとこの麻雀部よ」カチカチ

淡「……これじゃ、おかしいわね」ヤレヤレ

淡「やっぱり、やめますか」パタン


淡(――こうして)

淡(考えては消すという作業を)

淡(何度、繰り返したんだろ)

淡「……なんだかなー」ボソッ

淡(頭でチラつくのは、あの子の姿)

淡(宮永咲――いや、咲ちゃん)

淡(全国大会で話した時の、まるで小動物みたいな仕草)

淡(私が持っていないものを、素で持っていたあの子)

淡(……)


淡(あの子に対して私は)

淡(あいつのことを何でもないと、そう言ったんだっけ)

淡(――はてさて)

淡「もう、寝よっと」


淡(大抵、明日になれば)

淡(少しざわつきそうなこの胸も、また戻るんだ)

淡(だから……)スッ

淡(早く、寝かせてよね――)ギュッ
414 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/28(火) 22:58:35.24 ID:IRy59Taf0
他人が持っていないものを羨んだりするのは、青春モノ特有の展開なんだよなあ……
正直、最近の自分みたいな――いや、チラ裏か。やめよう。

書いてて楽しかったな、これは。
さて、次だ。

>>395
中学生時点で知り合ったら、体育が男女混合で行われることは殆どない(はず)。
その辺はこじつけでも何とかなりそうだけど、>>394の体育倉庫ネタを書こうと思うから、それで補完頼みます。
415 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/28(火) 23:05:05.97 ID:IRy59Taf0
思いつくまま、どっちもいこうか

【咲の場合】

咲「……」

京太郎「……」

京太郎「――あ」

京太郎「そういやどっかで、こんな場面見たことあるなあ」

咲「……う、うん」

咲「そうだよね。ク○ナドでこんな所、あったよねえ」

京太郎「だよなあ。フツー、ありえねえっての」

咲「ホントホント。あんなのゲームの中だけだよ」

京太郎「まったくだ……」

咲「だよねえ……」

咲「――つまり、私たちは」

京太郎「うん。『フツー』じゃなかった、ってことだな」

咲「……」

京太郎「……」

二人(どうしてこうなった)
416 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/28(火) 23:12:12.49 ID:IRy59Taf0
京太郎(きっかけは、さっきの体育の終了間際)

京太郎(体育教師に使いを頼まれた俺は)

京太郎(このラインカーを片づけに来た)

京太郎(さて着いてみれば、そこには咲もいて)

京太郎(聞けば、女子の方の体育も終わり、咲は片づけを頼まれたらしい)

京太郎(扉を開け放したまま作業をしていると、他の体育教師がやってきて)

京太郎(中にいる俺たちに気が付かずに、扉を閉めてしまった)

京太郎(――お互い、体育倉庫に近い所にいたのが運のつき、ってことだったのか)

京太郎(……状況整理おわり)


咲「ね、ねぇ、京ちゃん?」オズオズ

京太郎「……おう」

咲「そ、そのうちだれか気づいて、開けに来てくれるよね?」ウルッ

京太郎「――どうかな」

咲「え?」

京太郎「朝、担任が言ってただろ。今日、次の時間は自習だって」

咲「――あ」ハッ

京太郎「しかも、それを挟んで昼休み」

京太郎「――さて、困ったな」ヤレヤレ

咲「……ううっ」

京太郎(……俺が心配してるのはこの状況だけじゃない)

京太郎(前に、部室で一夜を明かすことになったときも)

京太郎(こいつは――)

咲「……く、暗いよ。怖いよう」ガタガタ

京太郎(ほらきた)
417 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/28(火) 23:27:24.01 ID:IRy59Taf0
咲「ううっ……ぐすっ」

京太郎(――さて、どうしたもんか)

咲「は、早く出たいよう」モジモジ

京太郎「――なあ、咲?」

咲「……な、なに?」グスッ

京太郎「……とりあえずだ。ここでマットの上で助けを待っててもしょうがない」

京太郎「できることはしたい――というわけで」チラッ

咲「う、うん」


京太郎「誰かー! 開けてくれー!」ドンドン

咲「だ、誰かー……」

京太郎「……ダメみたいだな、おい」

咲「そ、そんなあ」ウルッ

京太郎(――言わずにいたけど、咲の声はか細くて、とても聞こえるもんじゃない)

京太郎「もう、待つしかないかもな」

咲「――ううっ……わっ!?」グラッ

京太郎「――おい!?」


ドサッ!

咲「い、いたた……なに、これ?」

京太郎「――ああ、ロープか」

京太郎「それにつまずいて転んだんだろ――って!?」ハッ

咲「……え? なに?」

京太郎(転んだせいか、咲の体操着はめくれ上がってしまっていた)

京太郎(腹の上あたりまで見えてしまうほどに――いや、下手すれば、『あれ』の端くらいまでは)

京太郎(……なんで、咲が転んだあたりにピンポイントで上の小窓から日の光が差し込んでいるのとか)

京太郎(んなこと突っ込んでもキリがない)
418 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/28(火) 23:28:05.62 ID:IRy59Taf0

咲「……京ちゃん、なんでそこでじっとしてるの?」

京太郎「――え? いや、その?」

咲「どこ見てるの――って! きゃっ!」バッ

京太郎(あ、気づいたらしい)

咲「も、もう! わ、分かってたなら、早く教えてよ!」アセアセ

京太郎「今、言おうと――」

咲「う、ウソだもん! 京ちゃんのバカ!」アタフタ

咲「そ、そこでじーっと見てたじゃない! エッチ!」カァァ


京太郎「……」

京太郎(――この辺はさすが女子というべきか)

京太郎(そういう方面に話が進むと、さっきまでの怖さとかは薄れちまうらしいな)

京太郎(まあ、咲らしいといえば咲らしいか)

咲「……? な、なに、京ちゃん?」キョトン

京太郎「――いや、なにって?」

咲「さ、さっきから何で戻ってこないの?」

京太郎「いや、その……言うべきか言わないべきか」ポリポリ

咲「えっ……わわっ!?」

京太郎「あ、気づいた」

京太郎(そう、さっきのせいで被害を受けたのはシャツだけじゃなくて)

京太郎(半ズボンの脇から、チラッと見えてしまったものもあった)

京太郎(――さて、その白い布きれを教えるか教えまいかと迷っていたら)

咲「うう……京ちゃんなんて、きらいだもん」グスッ

京太郎「……わりい。すまんかった」

咲「……もう、いいよ」

咲「は、早くこっち来て」

京太郎(今になって、怖かったことを思い出したらしいな)

京太郎「はいはい、今行くよ」
419 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/28(火) 23:33:57.45 ID:IRy59Taf0
京太郎(――このハプニングの後)

京太郎(俺たちは、なかなか気まずい時間を過ごした)

京太郎(とはいえ、咲は束の間の恥ずかしさよりも、暗闇の怖さに震えて)

京太郎(ありがたいことに、厳しいお咎めはなかったけど)

京太郎(――ただ、ビクビクしてるこいつを見るのも嫌だった)


――昼休み

咲「……や、やっと出られたね」ハァ

京太郎「そうだな――大丈夫か?」

咲「う、うん――なんとか」

京太郎「そっか……」


咲「――京ちゃん」ジッ

京太郎「ん?」

咲「……さ、さっきは!」ビシッ

咲「さっきは言えなかったんだけど――その」

咲「わ、私がああいうことになったら、み、見てないで」アセアセ

咲「す、すぐに言ってほしいかな、って――」カァァ

京太郎「……」

京太郎「ああ、すまん」

咲「――わ、分かってくれればいいよ」プイッ

京太郎「……」


京太郎(――この前)

京太郎(俺の家で『あんなこと』があってから)

京太郎(……なぜか、咲に対して冷静になれない時がある)

京太郎(それまで、偶然に胸に触れたり、着替えを見ちまったりしたことはあるけど――)

京太郎(――いったい?)
420 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/28(火) 23:36:44.40 ID:IRy59Taf0
和の方は書けなかった……咲の場合でネタ切れです、すみません。
この前の出来事、っていうのは、作者がくどい地の文つきで投下した『あれ』です。

少し、休みます。
終わったら、>>396やろうかな。

あ、あと、似顔絵大会は、描写とか難しかったり、かき分けが大変そうなので、なしで――すまんな。
ロッカー(意味深)も、今回で似たようなお話をやってしまったので……ごめんなさい。
421 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/29(水) 00:03:20.74 ID:pH15wajJ0
咲「く、悔しいけど、やっぱり○ロと○レンスはいい夫婦だよ!」

京太郎「ああ、そりゃたしかだ。あの作品は、ラブコメ成分も社会派成分もあって、おいしいよな」

咲「うんうん! どっちも上手だよね」

京太郎「ああ、まったくだ」


和「……」

和(お二人が話している話題とは、もしや)

和(――この前、偶然つけたら流れていたあの作品では?)

和(――)
422 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/29(水) 00:09:12.36 ID:pH15wajJ0
和「み、宮永さん」オズオズ

咲「あれ、原村さん? どしたの?」キョトン

和「い、いえ、その――」

咲「……?」

京太郎「お、和。どうかしたのか?」キョトン

和「あ、須賀くん……あ、あのですね」カクカクシカジカ


咲「……ほ、ほんとに!?」キラキラ

和「は、はい」

和「その――前々からお二人が話している作品がどのようなものなのか」

和「少し、興味が湧いたもので」モジモジ

京太郎(――なんだこの展開)

咲「じゃ、じゃあ! 今日の夜もやるらしいから」

咲「み、観よっ!」ギュッ

和「は、はあ――」

京太郎(……無理もないか。たぶん和、夜遅くにアニメやってることに驚くタイプだっただろうし)


――原村家

和「……」

和「――で、では」ポチ

和(今日もお父さんとお母さんはいない――絶好のチャンス!)


和「わっ、う、映りました!」

和「……」ジーッ

和「――へぇ。最近のアニメはよく出来てますね……」

和「……」


和「――ああ」

和「30分、あっという間でしたね」

和「こ、これは、たしかに――お二人とも可愛らしいです」クスッ

和「……」

和「あのお二人の声は、まるで」ボソッ

和「い、いや、やめましょう!」ブンブン
423 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/29(水) 00:12:48.56 ID:pH15wajJ0
京太郎(咲の勧めにしたがって、少しアニメに興味が湧いたらい和だったけど)

京太郎(厳しい親御さんということで、夜に起きることやアニメを録画することに難色を示されたらしい)

京太郎(……まあ、他人の家庭だ。とやかく言う事でもないか)


咲「こ、これ読んでみて!」

和「は、はい……」


京太郎(代わりと言ってはなんだけど)

京太郎(最近、和は咲からラ○べを少しずつ借りるようになったそうな)

京太郎(まあ咲も、大人しめなヤツしか貸さないつもりらしいから、その点安心だけど――)


和「ふふっ、可愛らしいですね」

咲「で、でしょっ!」


京太郎(まあ、なんだ)

京太郎(――和って、本当になんというか、その)

京太郎(いい子なんだな、と)
424 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/29(水) 00:13:36.39 ID:pH15wajJ0
ちょっとキリ悪いけど、この辺で。
まだ頭がおかしいような気もしますし、この辺で切り上げようと思います。

やっぱ夏バテなのか……?
425 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州) [sage]:2012/08/29(水) 00:15:18.18 ID:pK1aLHiAO



ギアスとかも是非のどっちに見せたいもんだ
426 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/29(水) 00:18:41.60 ID:B0an40uV0

お大事にやでー
427 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/29(水) 00:18:48.88 ID:NJK3A+7Mo
乙やでー
428 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/29(水) 02:14:58.47 ID:n3N0TqY50
乙ゥ〜あわあわあわあわあわいい
夏は怖いでガクブル。倒れんように気をつけてな
429 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/08/29(水) 13:03:06.85 ID:Ij/WlSLz0
おつ
430 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/08/29(水) 15:46:27.84 ID:s/kkWeTk0
咲ちゃんかわいい
431 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/08/29(水) 16:17:52.03 ID:tyEY0WnAO
かわいい咲ちゃんと天使な和ちゃんの両方が見れるのはこのスレだけ!(血涙)
432 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/29(水) 21:18:47.01 ID:pH15wajJ0
今日はもう、すっげえ暑かったゾー
やめたくなりますよね、東京ー。


さて、小ネタ募集します。
今回は、清澄・阿知賀両方で、どうぞ。
……あ、別に、阿知賀編小学生に限らなくてもいいや。のんびりやろうと思う。
433 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/29(水) 21:34:30.02 ID:NJK3A+7Mo
阿知賀は京ちゃんとのどっちが二人とも長野に転向したってことでええんかな?
OKなら高校生になって再開した話が見たい
434 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/29(水) 21:52:26.08 ID:pH15wajJ0
すまん。やっぱりまだ、調子が少しおかしい。
出してくれた>>433にはすまないけど、今日はそろそろ休む。

まだ何か希望あったら、書いていってどうぞ。


咲「……東京って怖いところだね、京ちゃん」

京太郎「長野県民でよかった……」
435 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/08/29(水) 22:21:10.52 ID:6RegsGMAO
ここの咲ちゃんは腐女子の素養はあるのか否か
436 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/29(水) 22:37:04.94 ID:+ddQVHQP0
清住麻雀部事件簿File1「京ちゃん(一時的に)記憶喪失事件」……ナンテナ
437 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/29(水) 22:47:38.40 ID:p32T/KPYo
いかがわしいホテルが立ち並ぶ通りに迷い込んでしまった
咲さんと京ちゃんがみたい
438 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/29(水) 22:54:27.68 ID:BgrCX2fGo
色々あって和の私服を借りている咲の街でばったり出会う京太郎
439 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/29(水) 22:59:56.61 ID:HasKtMC5o
>>438
……なんでそんな残酷な提案ができるの?(震え声)
440 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/29(水) 23:39:07.53 ID:qEV7vktEo
アニメ一期シリアスEDの、恐ろしいほど似合わないあの服か
441 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/29(水) 23:50:04.08 ID:RhdA2/7k0
咲を呼び止めるときに和と言いかける京ちゃん
442 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/30(木) 00:37:59.21 ID:XIcJf7Dqo
>>438
色々あって(理由)和の私服を借りている(状態)咲の街で(場所)ばったり出会う(状況)京太郎(人物)

「咲の(舞台になってる)街」で「和さんの私服を来てる京太郎さん」に誰かがエンカウントした

としか読み取れないんだけどあってる?(震え声)
443 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/30(木) 00:49:31.35 ID:HHKYfo9Uo
本当は咲の〜じゃなくて咲と〜と書くつもりだったんじゃないか?
和の服着てる咲と街でばったり出会う京太郎、なら意味通るし
444 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/30(木) 00:50:47.58 ID:UTgPBE+1o
そんな事になったら胸の部分の布地がッ!!
445 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2012/08/30(木) 01:49:37.55 ID:mQX4vOfho
和「宮永さんのお家に泊まるにあたって着替えを借りたのですが胸の部分が…」
446 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/08/30(木) 02:20:12.64 ID:15GlRkv50
>>445
胸の部分がどうこうとか以前にちゃんと着れるのか?
胸で引っかかって裾が超短くなりそう
447 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/30(木) 07:10:51.27 ID:sFgn1y92o
乙、咲ちゃんと和ちゃんが仲良くしてるのは良いですな(百合的な意味では無くて)

リクは咲ちゃん達「Roof-top」へ行くで
448 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/30(木) 17:48:40.28 ID:uCuwCcAM0
京ちゃん、東京は良いところやで。あわあわにも会えるよ!
449 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 00:22:31.12 ID:/PfHIZ4D0
すまん、沈み込んでるうちにたくさんの希望が出てたみたいだな。
正直、まだこうして書いてる方が落ち着くかも。
というわけで、少しずつ書いていきます。
……題材的に書くことができないのがあったら、ごめんなさい。


>>433
唯一の阿知賀! 
……とはいえ、すまん。
ある意味、過去編というよりパラレルワールド的なノリだから、そういうのは無理かも……
というより、ただ作者にそのシチュエーション書ける力量がないだけか。
阿知賀でなら、また別な感じのものを書きます。

>>435
カンちゃんスレ、完結編出たんだっけ?
まあ、あれほどのクオリティには到底及ばないだろうけど、少しなら書けそう。
やってみます。
450 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 00:32:30.64 ID:/PfHIZ4D0
※作者が住む町にある書店をイメージしてます。

――書店

咲「……ふふっ」

咲(ついに――)

咲(ついに、一人でラノベを買えた!)

咲(これでもう、京ちゃんに頼ることもないね!)

咲(早く帰って読もうっと――あれ?)ピタッ

咲(普通の小説に混じって何かがある……?)ハッ

咲「ま、まさかこれって……!」スッ


――そう、そのまま飲み込んで、ぼくのエク○カリバー

咲「」

咲(な、なにこれ!?)アセアセ

咲(さ、最近の本屋さんにはこ、こんなものが――!)

咲(……あ、そういえば)

咲(私が前にラノベコーナーを物色してたら)

咲(京ちゃんが、そ、その、何かエッチな文庫のエリアにいたっけ?)カァァ

咲(ひょ、表紙もなんか可愛い女の子だったし――さ、最近はそーいうの多いのかな?)ジーッ

咲(はっ……!)

咲(と、とにかく! な、なんでじっと見てるの、私!)アタフタ

咲(は、早く戻さないと――)スッ

咲「……」ピタッ

咲「――う、ううっ」モジモジ
451 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 00:44:58.64 ID:/PfHIZ4D0
あ、この会話、書店内なので(小声)です。

京太郎「――あれ、咲?」

咲「!?」ハッ

咲「きょ、京ちゃん!? な、なな、なんで!?」アセアセ

京太郎「? いやその、何となく寄ってみただけだよ」

京太郎「俺が本好きなのは知ってるだろ――って、お前、顔真っ赤だぞ? どした?」ズイッ

咲「な、なんでもない! なんでもないよ!」ブンブン

京太郎「……変な奴だな」

京太郎「――ん? お前、その手にあるのって?」ピタッ

咲「……あっ!」

京太郎「ん? なーんかこの帯、見覚えあるような――エ○スカリバー」

咲「み、見ちゃだめっ!」バッ

京太郎「――へぇぇ?」ニヤニヤ

咲「な、なに?」カァァ

京太郎「いやー、咲さんや」

京太郎「たしかにある漫画には、『○モが嫌いな女子なんていません!』という名言があったけど」

京太郎「まさか、『あの』咲さんがねえ……」ニヤニヤ

咲「ち、違うもん! こ、これは――!」

咲「そ、そんなこと言ったら、京ちゃんだって――エ、エッチな本の前でニヤニヤしちゃって!」

咲「は、恥ずかしいよ!」ビシッ

京太郎「うわっ……」グッ

京太郎「――いやまあ、俺は健全な男子高校生ですし?」

咲「うっ、開き直られた……」

京太郎「咲さんがねえ……」ニヤニヤ

咲「も、もうやめてよ! ほ、ほら、早く出よ――」グイッ
452 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 00:45:46.22 ID:/PfHIZ4D0

京太郎「あ、そうだ」

咲「な、なに?」

京太郎「お前、ここにいるってことはラノベでも買いに来たんだろ?」

咲「――ま、まあ」

京太郎「買うの、手伝ってやろうか?」

咲「……え?」キョトン

京太郎「ま、まあ、必要ねえならいいけどよ」

咲「――」

咲「ううん、いいよ、もう。だって、ほら」スッ

京太郎「……自分で買えたのか、それ」ビックリ

咲「うん!」ニコッ

咲「いつまでも頼ってるわけにはいかないし」

京太郎「――そっか、それならいいけどさ」

咲「あ、京ちゃん、なんか残念そうだね」クスッ

京太郎「ち、ちげーよ! こ、これは」

咲「へぇぇ、『あの』京太郎さんがねえ」ニヤニヤ

京太郎「う、うっせえ! ほら、早く出るぞ!」

咲「はーい」ニコニコ

京太郎「ああ、もう……!」ポリポリ
453 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 00:47:13.81 ID:/PfHIZ4D0
一転攻勢する咲ちゃんは久しぶりだった(小並感)
ちょっと二人とも照れやすすぎないですかね……?

さあ、次いこうか。

>>436
記憶喪失京ちゃん、か……なかなか無いシチュエーション。
少し待っててください。
454 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 01:03:54.38 ID:/PfHIZ4D0
――書こうと思ったけど、長くならざるを得ない話になりそう。
ごめんなさい、書けませんでした。
不調というのもあるかもしれないけど、あんまり長くなりそうなのは小ネタでは無理かも――すまんな。

次、いきます。

>>437
これなら、いけるか……?
すみません、時間かかってます。
455 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 01:10:35.07 ID:/PfHIZ4D0
――全国大会期間

京太郎「――いや、まさか夜に買い出しに行くことになるとは」

咲「でも、夜の東京ってなんか新鮮だよね……」

咲「長野じゃ見れそうにないよ、こーいう景色」キラキラ

京太郎「まあな――とはいえ、やっぱ長野の景色が恋しいな」シミジミ

京太郎「……なんかさ、たしかに東京は凄いけど」

京太郎「建物をどんどん増やすことで、どんどん人の心の余裕はなくなっていくんじゃないか、って」ウーム

咲「わ、京ちゃん。なんか、詩人みたいだよ?」クスッ

京太郎「あのなぁ……俺は思ったままのことを――」ハッ

咲「……? 京ちゃん?」キョトン

京太郎「――やっぱ、東京は怖いわ」ボソッ

咲「え? なになに?」

京太郎「――よし、気づいてないな」

京太郎「とっとと歩こう、今すぐ」スタスタ

咲「わ、わけわからないよ、京ちゃ――!!?」ハッ

京太郎(気づいたか、こいつ……)ハァ
456 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 01:16:52.84 ID:/PfHIZ4D0
咲「……」

京太郎(無言で顔を赤らめられると、とても困るな……)

京太郎(――夜の東京の街)

京太郎(これは、ちょっと刺激がなあ……)ウーム


咲「――ね、ねぇ?」

京太郎「……ほら、無駄話しないで、早く――」

咲「きょ、京ちゃん!」

京太郎「……なんだよ?」ピタッ

咲「――そ、その」モジモジ

咲「わ、私も! や、やっぱり長野の方がいいやー……なんて」

咲「こ、こういうのは、わ、私にはちょっと――」カァァ

京太郎「……」

京太郎「俺もだよ」ボソッ

咲「……?」

京太郎「――こういうものは、慣れたくねえ」

京太郎「……ほら、もう話は終わり。とっとと行くぞ」スタスタ

咲「……」

咲「――うん」


>オマエ、キョウハナカナカヨカッタナ
>モ、モウ! ヤメテヨ!

京太郎「……」スタスタ

咲「――」カァァ

京太郎「と、とっとと行くぞ」スタスタ

咲「あ……う、うん」パタパタ

京太郎(――やば、声震えてなかったか、今?)カァァ

咲(……ううっ、顔がすっごく熱いよ)カァァ
457 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 01:21:46.59 ID:/PfHIZ4D0
普段、なかなか突っ込んだところまで話すくせして、意外と純朴な田舎少年・少女な二人を書きたかった(切実)
夜の東京の街は怖い、はっきりわかんだね(実体験)
もしも歩くことがあれば、気を付けてくださいね……(震え声)

さて、次いくか。

>>445
和ちゃんが咲ちゃんの服を借りるというシチュエーションが色々と出たけど、これが書きやすそうかな?
書けるようなら書いてみます。しばしお待ちを。

あ、あと、ROOF−TOPの希望出してくれた人。俺はそこをよく知らないから書けそうにない、すまんな。
458 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/08/31(金) 01:39:37.34 ID:OSF8l/2AO
>>457
ROOF−TOPはアニメ版の染谷先輩の家
雀荘+喫茶店(メイド)
459 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/31(金) 01:41:03.35 ID:S68pumWwo
>>457
京ちゃんが和さんの服を借りる展開は?(迫真)
460 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/31(金) 01:43:05.72 ID:IId/nv8U0
なんでや!夜も星が見えなくてつまらないだけで怖い町じゃないやろ!
京ちゃんがあわあわと咲ちゃんを交流させようとするとかとかー
461 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/31(金) 01:47:44.11 ID:GW7nKmSW0
イッチは一体どんな目にあったというのか
462 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 02:20:38.02 ID:/PfHIZ4D0
さて、書きますか。

>>458
(咲本編のアニメは観た癖に)知らなかった。
それなら、書けるか……?

>>459
え、なにそれは……(ドン引き)

>>460
(同じ東京人だけど)すまんな。

>>461
ま、まあ多少はね……?(迫真)
463 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 02:27:59.18 ID:/PfHIZ4D0
和「おじゃまします」ペコリッ

咲「さあさあ、入って入って!」ウキウキ

和「あ、その――お、親御さんは……?」オズオズ

咲「あ、うちのお父さん、仕事だから今日はいないって」

咲「お母さんは、お姉ちゃんと一緒に東京にいるんだ」

和「あ、そうだったんですか」

咲「だから、今日は気兼ねなくあがっていいよ」ニコッ

和「あ、ありがとうございます……」モジモジ

和(――久しぶりかもしれませんね。お友達の家に上がらせてもらう、というのは)


咲「――お待たせ」ガチャッ

和「あ、どうぞおかまいなく」ペコリッ

咲(……やっぱり原村さんって、お嬢様なのかなあ?)

咲「あ、ごめん。アイスティーしかなかったんだけど……」アセアセ

和「いいですよ。アイスティー、好きですし」ニコッ

咲(……完璧な笑顔)キュッ

咲「あ、その、だったらよかったな、って」

和「はい、ありがとうございます。それでは――!?」ハッ

咲「わっ!?」ガシャンッ

ビシャッ!


咲「い、いたた……ご、ごめん、原村さ――って!?」ハッ

和「……え、ええ、その――だ、大丈夫ですよ?」アセアセ

咲「ちょっと!? そ、それ、大丈夫じゃ――!」

咲(ビショビショで透けちゃってるよ……)カァァ

和「え、ええ、ちょっと濡れちゃいましたね」

咲「それ、ちょっとどころじゃないって! は、早くお風呂に――」クウイッ

和「え、あの――宮永さん?」キョトン

咲(ううっ……お、同じ女の子なのに、目に毒だよう)カァァ
464 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 02:32:35.42 ID:/PfHIZ4D0
咲(――さて)

咲(私、宮永咲)

咲(15年間生きてきて、最大の失態……)


和「あ、あの――その」モジモジ

和「ふ、服をお借りして申し訳ありません……」

咲「あ、いや! その、それは、全然――!」アタフタ

咲(――あれ? こんな服だったっけ?)ジッ

和「は、はい――そ、その」モジモジ

和「少し……その」チラッ

和「……」カァァ

咲「あ、む、胸がきついよね! ご、ごめんね!」アセアセ

和「い、いや、その――」

咲「あ……」ハッ

和「……」カァァ


咲(――バカだ)

咲(原村さんは私のことを思って、何も言わないでいてくれただろうに)

咲(勝手に暴走して、謝っちゃった――私って、ほんとバカ)ズーン
465 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 02:40:18.32 ID:/PfHIZ4D0
和「――あ、あの! ふ、服が乾くまで時間かかりそうですし!」アセアセ

和「な、なにか、その――み、宮永さんが好きなことでも……」ニコッ

咲(……)

咲(――なんなんだろう、この目の前にいる天使は)

咲(自分も気まずいはずなのに、あろうことか私のようなバカ者に気を遣ってくれている……)

咲「……敵わないなあ」ボソッ

和「?」キョトン

咲「あ、ごめん! じゃ、じゃあ、その――」アタフタ


和「――それでは、ここを」パチッ

咲「あっ……!」ハッ

和「さあ、宮永さんの番ですよ?」ニッコリ

咲「ううっ……」


咲(――何をトチ狂ったのか)

咲(私たちは、普段、使うことも皆無に等しいオセロをやり始めている)

咲(……なにやってんだ、私は)ハァ

咲(そして、埃を被って、かなり長い間使われていないことが丸分かりだったはずなのに)

咲(原村さんはおかしな顔一つせず、私とオセロに興じてくれている――)

咲「うーん、これは敵わないなあ……」ボソッ

和「? もしかして、降参ですか?」キョトン

咲「い、いや! その!」アセアセ


咲(――そして)

咲(オセロをやって、見えてきた意外な事実)

咲(……原村さんは)


和「ふふっ、オセロが好きな宮永さんに勝てるのは、嬉しいです」クスクス


咲(――天然サディスト!)
466 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 02:49:50.79 ID:/PfHIZ4D0
和「じゃあ、私の勝ちですね」ニコッ

咲「ううっ……」

和「――こういうゲームをやるのは久しぶりです」シミジミ

咲「?」


和「……一時期」

和「奈良の学校に通っていたことがあり」

和「そこにいる子たちと仲良くなったのですが――」

和「その子たちとは、麻雀以外は外で遊ぶくらいしかなかったので――」ハァ

和「運動が苦手な私は、大変でした」クスッ

咲「そ、そうだったんだ……」

咲(言葉とは裏腹に、凄く楽しそうだ)

咲(――その頃の原村さんは、どんな子だったんだろう?)

咲(もし、その子たちに会えたら聞いてみたいところだけど――まあ、ないか)

和「――ですので」

咲「え?」

和「こうして、麻雀以外のテーブルゲームを久々にできて」

和「新鮮でした」

和「ありがとうございます、宮永さん」ペコリッ

咲「……あ」

咲(――うーん、この天使)

咲「こ、こっちこそありがとね、原村さん!」アセアセ

和「ええ、こちらこそ」

咲「え、いや、それはこっちだよ!」ズイッ

和「感謝の度合いでは、負けませんよ?」ズイッ

咲「ううっ……」

和「ふふっ、宮永さんったら――」

咲「は、原村さん!」

咲(……天然サディストだ、この子は)

咲(うっ、でも、それがいいという矛盾――!)


咲(――こうして)

咲(色んなお話をしているうちに、時は流れ)

咲(原村さんの服も乾き、彼女はそれを着て帰って行った――)



咲(その後、その服のとある一部分が伸びきって使えそうになくなったことは、言うまでもない――)

咲「……べ、別にいいもん」グスッ
467 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 02:51:17.55 ID:/PfHIZ4D0
自分で書いてて、こんな子がいるのは二次だけでいいなって思った(小並感)

あ、あと、ROOF−TOPの話は、申し訳ない。
考えてみたんだけど、いい案が浮かばなかった。
というわけで、小ネタはここまで、かな?

あ、阿知賀ネタで一ついくか……?
468 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/08/31(金) 02:51:25.59 ID:FIRXEf5E0
どの部分なんですかねぇ(ゲス顔)
469 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 03:20:07.07 ID:/PfHIZ4D0
さて、やはり今はここまでかな。

穏乃と京ちゃん、山へ行くの巻とか
京ちゃん、町中で憧を目撃とか
京太郎、ボーリング場へ、とか
赤土晴絵、京太郎と二人で、とか――

考えてみたけど、さっぱりいい案浮かばず。

うーむ……今回、清澄たくさん書いたんで、なんか阿知賀で良い案あったら教えてください。
あと、最初に阿知賀希望してくれた人。こんな経緯だから、ネタが決まらないと書けないかもしれない。すまんな。
470 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 03:23:19.96 ID:/PfHIZ4D0
あ、そうだ(唐突)
特に阿知賀で希望なければ、清澄でも全然かまいません。
471 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/31(金) 03:26:53.36 ID:S68pumWwo
ドラゴンを統べるクロチャーと「どらごん」さん
472 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2012/08/31(金) 04:33:34.06 ID:Qqcd/BgXo
まさか自分が適当に書いたのが短編になるとは(驚愕)
阿知賀なら足湯あったよね足湯なら男女無いし
473 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/31(金) 07:04:18.21 ID:u1PfovCU0
全然具体的じゃないけど
憧がオタクになるきっかけを作る京太郎
474 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/08/31(金) 08:58:04.27 ID:I0KN1daAO
清澄麻雀部事件簿File2「嶺上探偵宮永咲 消えたお菓子の謎を追え!」


あんま詳しく無いから知らんけど、探偵もののラノベってある?
475 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/08/31(金) 10:19:19.26 ID:1ZokDlf+0
そういや咲さんって電王から平成仮面ライダーに入ったりとかしないの?
476 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/08/31(金) 10:44:36.92 ID:FIRXEf5E0
小ネタが思いつかないなら4,5行で終わる会話ネタ2,3個とかでもいいと思うのよー
477 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/08/31(金) 11:23:24.79 ID:I0KN1daAO
あと、定番だけど入れ替わりネタが見てみたい

京←→咲とか咲←→タコスとか京←→久とか咲←→久みたいなのを想像するだけで楽しい
478 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/31(金) 12:57:42.99 ID:AiXijzcQo
たとえ残酷と言われようが俺は咲←→和を推す
479 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/08/31(金) 13:39:02.75 ID:I0KN1daAO
>>478
和←→タコスを考えてた

京太郎にじゃれつく和とか色々捗らね?
480 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/31(金) 16:31:49.58 ID:uV3Er9+to
今更だけどいかがわしいホテルネタありがとう
481 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 22:24:03.35 ID:/PfHIZ4D0
再開しましょうか。
ちょっとかかるかも。

>>471
どらごんさん? を検索してみたものの、わからない……もしかして、阿知賀編に関係してるのかな?

>>472
ほほう……その案、いいかも。
482 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 22:37:22.72 ID:/PfHIZ4D0
晴絵さんは基本的に全員呼び捨てだったみたいね……

【足湯】

穏乃「――はぁ」ウットリ

憧「気持ちいいねえ……」ウットリ

玄「あはは。二人とも、目がとろけちゃってるよ」

和「――え、ええ。なかなかいいものですね」

晴絵「そうして喜んでもらえると、連れてきたこっちも嬉しくなるね」ニコッ

晴絵「……京太郎はどう?」チラッ

京太郎「――」ポワポワ

晴絵「あれ?」

京太郎「……はっ!? あ、ああ、先生? どうかしたの?」アセアセ

憧「うわっ、京太郎、ださっ……」

穏乃「すっごい顔してたね、今」ニヤニヤ

和(――それはお二人も同じじゃあ……)アキレ


京太郎「う、うるさい、そこの二人!」ビシッ

京太郎「し、仕方ねえだろ、気持ちいいんだから……」

玄「……京太郎くん、顔真っ赤だよ」クスクス

京太郎「マジ!?」ハッ

憧「――はぁ。やっぱり、男子ってガキだね」ヤレヤレ

穏乃「まあまあ、憧。しょうがないよ」

穏乃「そんな京太郎を私たちがきっちり鍛えてあげないといけないんだよ」

憧「――うわあ」ジトッ

京太郎「……憧なんて、こっちからお断りだ」プイッ

憧「京太郎、大丈夫だよ。穏乃がみっちり世話してくれるらしいから」

穏乃「うんうん。まずは山と町の往復から始めよっか!」ニコッ

京太郎「……いやだな、それ」ウワァ
483 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 22:37:59.96 ID:/PfHIZ4D0
和「……」

和(この人たちは、落ち着いてお話することができないのでしょうか?)ハァ

玄「和ちゃん?」

和「……? 玄さん、どうかされましたか?」

玄「いや、その――」

玄「楽しんでるかなー、なんて……」アセアセ

和「……」

和「――ええ、とても気持ちいいです」

玄「そ、そっか! なら、良かったあ」ニコッ

和(……可愛い方ですね)クスッ


晴絵(――ふむ)

晴絵(上級生グループの親睦を深めようと、何となくノリで連れてきたものの)

晴絵「成功、かな?」
484 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 22:41:16.95 ID:/PfHIZ4D0
特に山もオチもない、そんな阿知賀のまったりした小噺でした。
阿知賀編だと、京太郎と穏乃と憧の掛け合いで、特に筆が乗る感じがする。
……三人は、どういう集まりなんだっけ?

んじゃ、次か。

>>473
ああ、そういえば――最初の方で、慌てる憧と腹黒穏乃みたいな話書いたなあ……(遠い目)
やってみようか。
485 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 23:07:07.89 ID:/PfHIZ4D0
子供向けの児童書に、ラノベのイラストレーターが表紙を描いてるケースが多くなってるらしい。
というわけで、そんなイメージで。

――教室

京太郎「……」ペラッ

憧「――あれ、京太郎? なに読んでんの?」

京太郎「……なんだ、憧か」チラッ

憧「むっ、なんだとはなんだ。アホ京太郎」ジトッ

京太郎「あーうっせ。読書の邪魔すんな」ペラッ

憧「へぇぇ……」ニヤッ

憧「――それっ!」バッ

京太郎「あっ!?」


憧「え、なになに……うわっ、なにこの絵?」

憧「――あんた、こーいうの好きなの?」ジトッ

京太郎「か、返せ!」バッ

京太郎「ったく。人がなに読んでたって関係ねーだろ」

憧「……ふーん」

憧「ま、いいや。言われてみれば、別に京太郎が何してよーと関係ないし」

京太郎「わかればいいんだよ」ペラッ

憧「――」ムッ

憧「ふんだ!」プイッ

京太郎「……なんだあいつ?」アキレ


――書店

憧(――なんとなく立ち寄っちゃったけど)

憧(……あ、これ。京太郎が読んでたやつだ)

憧(――)キョロキョロ

憧(……)ペラッ

憧(――うわっ、やっぱこーいうの好きなんだ、あいつ)

憧(……この前、テレビでやってたっけ? こーいう絵って流行りなのかな?)

憧(……)ペラッ


>アリガトゴザイマシター!
486 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 23:07:51.98 ID:/PfHIZ4D0

憧(……)

憧(――ど、どーすんの、これ?)カァァ

憧(こ、こんなところ誰かに見られたら……)キョロキョロ

京太郎「あ、バカ憧だ」

憧「――!?」ビクッ

京太郎「あれ? なんか本でも買ったのか?」キョトン

憧「な、なにもしてないよ、バカ!」プイッ

京太郎「――そっか? うーん……それじゃ、また」

憧「あっ……」

憧(――って、なんで呼び止めてんの、私?)

京太郎「ん?」キョトン

憧「……な、なんでもないよ!」プイッ

京太郎「――わけわかんねえ奴だな」アキレ

京太郎「まあ、いいや。また明日な」

憧「……ふ、ふん。また、明日――」


憧「……」テクテク

憧(――なんで)

憧(なんで私は、あの時……)

憧(……ま、いっか。また明日、ってね)

憧(――)

憧(私、なにしてんだろ?)アレ?
487 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 23:09:01.62 ID:/PfHIZ4D0
今時の小学生が何をしてるのかさっぱりわからないんで、完全に適当です。
ただ、パソコンの時間とかに、ニコ動とか見たりしてるイメージ。
そういえば、明日から子供たちは学校か……(遠い目)

ちょっと休みます。
しばらくしたら、再開、するかも。
488 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 23:31:26.86 ID:/PfHIZ4D0
>>475
仮面ライダー、わからない……すまんな。

>>477
お、人格入れ替わりは面白そうだな。
ちょっと時間かかるかもしれんけど、やってみようか。

>>478
こ、この小ネタSSは一応ほのぼの路線だから……(震え声)
(ちょっとした修羅場も書けない作者で)すまんな。


……もしかしたら、今日はここまでかも。
人格入れ替わりは、ゆっくり書いていこうかな、とか考えてる。
明日から9月だし、心機一転がんばります。
489 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/08/31(金) 23:32:13.65 ID:Nhz9nCQgo
乙やでー
490 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/08/31(金) 23:32:22.28 ID:/PfHIZ4D0
京太郎「明日から9月……」

咲「夏の終わり――」

京太郎「――咲」

咲「――京ちゃん」


京太郎「宿題は、見せないからな?」

咲「ううっ、ひ、酷いよ、京ちゃん……」
491 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/31(金) 23:34:01.70 ID:S68pumWwo
千里山にも「どらごん」さんはいるんやで(懸命)
492 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/31(金) 23:36:28.96 ID:QNzGb3cZ0
お、入れ替わりネタ考えてくれるんか、サンキューイッチ
ちなみに、別に京ちゃんや咲が入れ替わらなくても、イッチが面白そうな組み合わせで考えてくれれば満足です
493 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/31(金) 23:39:45.16 ID:QNzGb3cZ0
×イッチが面白そうな組み合わせ
○イッチが面白そうだと思った組み合わせ

すまんな
494 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/01(土) 01:32:27.48 ID:jUvAMNMf0
人格入れ替わりモノは結構手がかかりそうだな……遣り甲斐ある。
他にも小ネタ出して、ええんやで?(ニッコリ)
なんでもいい(意味深)から
495 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/01(土) 01:35:21.48 ID:XICwWU2Uo
たまたま京ちゃんが忙しくて、気付けば外に全然出てない咲さん
496 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/01(土) 01:42:52.48 ID:CkK1DVhD0
シズと咲の立場入れ替え
497 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/09/01(土) 03:31:42.73 ID:istpBj8O0
山登りが大好きな咲と文学少女な穏乃だと……!?
498 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/01(土) 03:58:30.00 ID:pk46SVzj0
みんなが楽しそうにネト麻したりチャットしたりしてるのに参加できない咲さん
499 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2012/09/01(土) 05:26:47.22 ID:rWtR3SIto
まこちゃんがメガネ屋行ったら商品入れ替えでサンプルだてメガネいっぱいもらったからみんなでかけてみた(和はザマス眼鏡希望)
自分で書いてなんだがまこちゃんにすごい違和感が、やっぱりワカメがしっくりくるな
500 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/01(土) 13:44:22.95 ID:bK8Z+ZSF0
夏も終わるけど肝試しとか
501 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/01(土) 17:27:41.17 ID:3OrXCuTF0
京太郎のジャージを借りる穏乃
502 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/01(土) 18:40:39.36 ID:r6jcEZ+v0
あわあわと咲ちゃんの入れ替わりとかとかー
503 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/02(日) 03:40:50.54 ID:DP2eT+/K0
やべえよ……やべえよ……(体調)
ごめん、もう少し時間かかりそう。
結構、堪えてる……

面白そうな小ネタ案、色々出してくれたのにすまんな。
ああ、早く書けるようになりたい。


京太郎「――ほら、咲! とっとと宿題提出しろ!」

咲「ううっ……あ、あと、五分だけ」
504 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/02(日) 13:27:00.86 ID:JPUry0p6o
スレは大丈夫やからゆっくり休んで元気になってなー
505 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/09/03(月) 04:41:14.94 ID:scNo45Zgo
無理しちゃあかんで
506 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/09/03(月) 22:16:40.24 ID:n/YLfjcw0
半ば開き直りに近い形ですが、戻ってきた。
小ネタをゆっくり書いていこうと思う(小並感)

ごめん、人格入れ替わりモノはまだかかりそう。


>>495
京ちゃんに影響されすぎじゃないですかね……?
書いてみよう。


咲(――ふふっ)

咲(キ○トくん、かっこいい)ウットリ

咲(ア○ナちゃん、かわいい)ウットリ

咲(うふふ……)

咲(――)

咲(……あれ?)

咲(もしかして、私)

咲「……夏休みになって、一度も外に出てない?」ハッ


咲(――気のせいでもなんでもなく、そうだ)

咲(一週間前、京ちゃんたちは、奈良の親戚のお家に行ったんだ)

咲(『お土産買ってきてやるよ』とか、言ってたっけ……)

咲(……)

咲(こ、このままじゃまずい!)ガタッ
507 : ◆HPzqh93ntjyb :2012/09/03(月) 22:27:15.22 ID:n/YLfjcw0
咲(と、とりあえず外に出よう!)アセアセ

咲(お父さんがお仕事でいないからって、ついついだらけちゃったよ……)

咲(……)

咲(――でもなあ)アレ?

咲(続きも観たいしなあ)

咲(そもそも、お腹も減ってないし、この一週間も冷蔵庫の余り物で何とかなっちゃったし)

咲(うーん……)

咲(――)


――その夜


咲(……なんだか)ウツラウツラ

咲(ずっと家にいるのに、疲れちゃった、ような……)ウトウト

咲(――あれ?)ピリリッ


咲「はい、もしもし?」ピッ

京太郎『あ、咲?』

咲「あ、京ちゃんか……」

咲「――って、京ちゃん!?」ガバッ

京太郎『お、おう、そうだけど……なんだよ、いきなり』

咲「い、いや、なんでもない! なんでもないよ!」アセアセ

京太郎『そっか……まあ、いいけどよ」

咲「……」

咲(――なんで)

咲(なんで突然、胸のつっかえが取れたみたいに)キュッ
508 : ◆HPzqh93ntjyb :2012/09/03(月) 22:27:50.75 ID:n/YLfjcw0
京太郎『ところで、咲?』

咲「ど、どうしたの?」

京太郎『いやー、あのさ』

京太郎『お土産、買ってきたんだよ』

咲「……あ」ハッ

京太郎『明日、お前ん家、行っても――』

咲「だ、だったら!」

京太郎『わっ!?』

咲「だったら、その――ど、どっか行こうよ」

咲「せ、せっかくだし……」

京太郎『……俺も疲れてるんだけどなあ』ヤレヤレ

咲「そ、そこをなんとか!」

京太郎『――わかったよ』

京太郎『んじゃ明日、橋で待ち合わせな』

咲「う、うん! ありがと!」

京太郎『へいへい。それじゃ』ピッ

咲「……」


咲(――不思議だな)

咲(今、こんなに外に出たい気持ちになってる、なんて……)

咲(――なんでだろ?)ニコニコ
509 : ◆HPzqh93ntjyb :2012/09/03(月) 22:43:04.92 ID:n/YLfjcw0
今回のネタに出てきたアニメは観てないんだよなあ……
それじゃ次、いきましょうか。

>>471
これ、どうやって書こうかな……
ごめんなさい、ちょっと思いつかなかった。

>>496
……なんだかどうなるか分からないけど、やってみる?
つまり、二人のキャラが変わる、ってことかな。


――清澄

咲「――遅いよ、京ちゃん!」ニコッ

京太郎「はぁはぁ……お、お前が早すぎんだよ」

咲「えー、そんなことないよー」クスッ

咲「よくお姉ちゃんと駆けっこしてたからかなー」

京太郎「――お前ら、姉妹そろってアクティブか」

咲「まあ、せっかくこんな自然があるのに」

咲「外に出ないのは損だと思うんだよ、私」ウンウン

京太郎「……まるでずっとインドア派だった俺に対する嫌味みたいだな」

咲「さー、それはどうかなあ?」ニヤニヤ

京太郎「こんにゃろ!」

咲「あっ、京ちゃんが怒った! 捕まえられるものなら、捕まえてみなよー」ダッ

京太郎「は、はやっ……くそっ」


京太郎(――活発なのはいいと思うんだけど)

京太郎(もう少し、落ち着きがあればなあ……)


――阿知賀

憧「……あれ? しずだけ?」ガチャッ

穏乃「あ、憧か――」ペラッ

憧「また、何か本読んでるの?」

穏乃「う、うん、まあね……」エヘヘ

憧「ふーん――」

憧「せっかく、こんな自然あるんだから、少しは外に出てみるのもいいかもよ?」

穏乃「あ、あはは」

穏乃「私、体力ないからさ……」

憧「そっか」

穏乃「こうして本読んでる方が、落ち着くんだよねえ」ペラッ

憧「――まあ、しずがそれでいいなら、私はいいと思うけどね」ニコッ

穏乃「あ、ありがとね、憧……」エヘヘ


憧(――欲を言えば)

憧(もう少し、積極的になってほしいかな、とは思うけどさ……)
510 : ◆HPzqh93ntjyb :2012/09/03(月) 22:44:54.29 ID:n/YLfjcw0
お互い、似合わなすぎんよー。
書いててなんか面白かった(小並感)

さて、次は。

>>498
ネット絡むと書くのが難しいんだ。すまんな。

>>499
なるほど……ちょっと待っててくださいな。
511 : ◆HPzqh93ntjyb :2012/09/03(月) 23:03:03.34 ID:n/YLfjcw0
――メガネ屋

まこ「……なんであんたらまでついて来るんかいのう?」ハァ

久「まあまあ」

久「そこまで根を詰めて練習することもないでしょう?」

久「たまには息抜きも必要よ」クスッ

まこ「――お前さん、ただ面白そうだからついてきただけじゃ……」

久「さ、みんな。まこの買い物が終わるまで自由行動。あんまりはしゃいで、サンプルを落としたりしちゃダメよ?」

優希「わかったじぇ!」

和「はい」

咲「わ、わかりました」

京太郎「おっす」

まこ「……あんたたちは」ヤレヤレ


京太郎(――しかしまあ)キョロキョロ

京太郎(結構、でかいメガネ屋もあったもんだな)

京太郎(こうして見ると、メガネにも色々あるんだなあ……)

優希「あ、京太郎! ちょっと来い!」

京太郎「ん? なんだよ?」

優希「ほれ! どうだじぇ?」ビシッ

京太郎「……」

京太郎(――サングラスをかけて、何やらポーズを取っている)

京太郎(……)

京太郎「お前にゃ、5年早いな」

優希「んなっ!? お、お前、なんてことを!」カチン

京太郎「――いいか、優希? そーいうのは、そもそも似合う人と似合わない人がいてだな」

京太郎「たとえば……」チラッ

久「あら? どうしたの、須賀くん? 優希?」

京太郎「――ほら、これ見よがしにポーズ取ってるあの人を見てみろよ」

優希「う、ううっ……か、完全に使いこないしてるじぇ」

京太郎(まあ、部長は含みがありそうなタイプだからな)

久「……須賀くん? なにかおかしなこと考えてない?」ジトッ

京太郎「いいえ、なんにも」

久「んー?」ズイッ

京太郎(――サングラスかけたままだと、余計に腹黒そうというか……)

久「須賀くん、今度二人でお話しましょうか?」ニコニコ

京太郎「だから、何も思ってませんて!」


優希「むー……部長、たしかに様になってるじぇ」

優希「かくなる上は――のどちゃん!」

和「……え? どうしました、優希?」

優希「これをかけるんだじょ!」ズイッ

和「えっ、これは……」
512 : ◆HPzqh93ntjyb :2012/09/03(月) 23:04:11.54 ID:n/YLfjcw0
京太郎「……ふぅ、やっと解放された――ん?」

優希「あ、京太郎! のどちゃんを見るんだじぇ!」

京太郎「……?」

和「――あ、あの?」モジモジ

京太郎(――まさかの、『ざますメガネ』!)

優希「のどちゃん、クイってやってみて、クイって!」

和「こ、こうでしょうか……?」クイッ

京太郎(……おおお)

京太郎(和、こういうのが似合うなんて意外だな……)

京太郎(意外と、Sなのか?)アレ?

和「……なんだか、須賀くんがとても失礼なことを考えているような気がします」ジトッ

京太郎「き、気のせいだ」

優希「こら、犬! 私ののどちゃんに何を――」

京太郎「だからなあ……」
513 : ◆HPzqh93ntjyb :2012/09/03(月) 23:10:22.15 ID:n/YLfjcw0
京太郎「……はぁ、疲れた」ヤレヤレ

京太郎「――メガネかけると印象変わるもんだなあ」

京太郎「あれ?」ピタッ


咲「……」

京太郎(――)ハッ

京太郎(……あ、あれは)

咲「――あ、京ちゃん」クルッ

咲「な、何か、メガネってかけるの面白いね」エヘヘ

京太郎「……」

咲「京ちゃん?」キョトン

京太郎「――あ、いや、なんでもねえよ」

咲「? なんか、怪しい……?」ズイッ

京太郎(――うっ)

京太郎「ほ、ほら! そろそろ染谷先輩も終わるだろうし)

京太郎「そ、そろそろ外せって!」

咲「むー……」

咲「なんだか納得いかないけど――」スッ

京太郎(ほっ……)

咲「ほら、行こっ、京ちゃん」

京太郎「お、おう」


京太郎(……おかしいな)

京太郎(普段、見慣れてるせいか)

京太郎(咲がまるで、別人みたいに……)


――あ、京ちゃん――


京太郎(はっきり言おう)

京太郎(綺麗に、見えたんだ――)
514 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/03(月) 23:14:20.23 ID:euq/rj+so
ザマス眼鏡が出ると、咲日和2巻のかじゅしか思い浮かばない
515 : ◆HPzqh93ntjyb :2012/09/03(月) 23:15:22.84 ID:n/YLfjcw0
久「ほら、次はこれかけてみてよ、まこ」

まこ「――部長」

まこ「あんたは、わしをおもちゃにでもしてるのか?」ジトッ

久「あら? なんのことかしら?」

まこ「わしはもう目的を果たしたんじゃ!」

まこ「ほら、とっとと帰って――」

久「ええ? そんなに似合ってるのにもったいない」

まこ「……」

まこ「似合ってる……?」

久「ええ」

久「まこ、色んなメガネが似合うのねえ――」シミジミ

まこ「そ、そうかいの……?」カァァ


和「――まだもう少しかかりそうですね」クスッ

優希「……部長」アキレ

咲「でも、染谷先輩も楽しそうだし」

京太郎「しばらくはいいんじゃねえかな――」
516 : ◆HPzqh93ntjyb :2012/09/03(月) 23:18:38.28 ID:n/YLfjcw0
ここまでになります。
今日は書いたような気がする……
>>514
ざますメガネって正式名称だったのか……(ググった後の感想)
このSSの和は、天然Sだからね、しょうがないね。

さて、肝試し――書けるかなあ……
もしもダメだったらすまんな。少し、休もうと思う。
517 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/03(月) 23:19:57.63 ID:euq/rj+so
久まこ
一里ある

オツヤデー
518 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/03(月) 23:20:27.43 ID:c2ATpW/Jo
久まこは正義
519 : ◆HPzqh93ntjyb :2012/09/03(月) 23:47:18.70 ID:n/YLfjcw0
すまん……肝試しはなかなか大変かも。
でも、もう少しやってみたい気も……保留でお願いします。

というわけで、とりあえず、穏乃ジャージネタでおしまい、かな。


――麻雀クラブ

きっかけは、憧が何となくお茶を淹れてみようとしたことだった。
憧曰く、「将来のためのなんちゃら修行」だそうだ――俺にはよくわからないけど。
まあそんなわけで、憧がお茶を持ってきた――その時。

穏乃「……わっ!?」ビシャッ

憧「あ、ごめん、しず!」

穏乃「だ、だいじょぶだいじょぶ……あちゃー、でも」パタパタ

和「結構ひどく、濡れてしまいましたね……」

穏乃「ま、まあ、このジャージ、すぐ乾くから! うん!」ニコッ

京太郎(……どうかな、結構ひどく濡れちゃったような)


京太郎「あー、その、穏乃?」

穏乃「ん? どーかした、京太郎?」

京太郎「いや、あのな……」

京太郎「――ジャージなら、似た感じのやつ、持ってるぞ」

穏乃「え?」キョトン

京太郎「だ、だからさ」

憧「ちょ、京太郎!?」

憧「い、一応、しずは女の子だよ!?」アセアセ

穏乃「おーい、憧ー……『一応』はちょっと」

和「そ、そうですよ、京太郎くん! し、穏乃はこれでも、その――」モジモジ

穏乃「……ああ、もういいや、うん」ハハハ

京太郎「――と、とにかく!」

京太郎「そんな濡れてるの着てたら、風邪ひいちまうかもしれないだろ?」

京太郎「持ってくるから、待ってろって」ダッ

憧「あー、行っちゃったよ」

和「ですね」

穏乃「わ、私の立場は……」


憧(――まあ、なるべく早めに着替えた方がいいだろうし)

憧(私と和も持ち合わせがないし……それに)チラッ

穏乃「ん? なに、憧?」キョトン

憧(――しずは気付いてない)

穏乃「え、そ、そんなじっと見られても……」テレテレ

憧(――うん、やっぱり)ジッ

和(透けてますね……これは)ジッ

穏乃「ふ、二人ともなんなのさー」カァァ
520 : ◆HPzqh93ntjyb :2012/09/03(月) 23:58:25.43 ID:n/YLfjcw0
京太郎「ほれ、持ってきたぞ」

穏乃「あ、ありがと、京太郎……」

穏乃「……」チラッ

京太郎「ん?」

憧「――あのねえ、京太郎?」ハァ

和「なんで、こういう時になると気が利かないんですか……」ジッ

穏乃「……あ、あはは」テレテレ

京太郎「……!」

京太郎「――ご、ごめん!」ダッ



穏乃「――わわっ、な、なんかこれ」

憧「うーん……思った通りというか」

和「ピッタリ、と言いますか」

憧(まあ、京太郎、結構小柄だからなあ)

穏乃「で、でも、なんか」

穏乃「ほ、他の人のジャージだと照れるね」アハハ

憧「まあ、そこはしょうがないんじゃないかな――さて」

憧「おーい、京太郎! 終わったよー!」

京太郎「も、もういいか……?」ガチャッ

穏乃「うん……あ、ありがとね、京太郎」モジモジ

京太郎「――お、良かった。サイズ、合ってるみたいだな」

憧「京太郎、小柄だもんねー」ニヤニヤ

和「ですね」クスッ

京太郎「なっ!? こ、これでも、中学に――いや、高校くらいには」

和(――妥協しましたね)
521 : ◆HPzqh93ntjyb :2012/09/04(火) 00:00:47.41 ID:Rca4fwiO0
穏乃「……えーと、京太郎?」

京太郎「ん?」

穏乃「これさ……洗ってから返すってことで、いいかな?」モジモジ

京太郎「いやいや、別に心配すんなって」

京太郎「洗わなくても、うちで洗濯なら――」

穏乃「う、ううん!」ブンブン

穏乃「か、貸してもらったものはちゃんとしないと――」カァァ

和(――なんだか、穏乃らしくないというか)

憧(……しずが赤くなる所なんて、始めて見たかも)

京太郎「そっか? じゃあ、頼んだ」

穏乃「う、うん! 頼まれた!」ビシッ

京太郎「なんだ、それ」クスッ


憧「――んじゃ、そろそろ帰りますか」

和「ですね」

京太郎「お、そうだな」

穏乃「……そ、そうしよっか!」アセアセ
522 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 00:02:38.09 ID:W27wBYJVo
裸ジャージだからなあ
523 : ◆HPzqh93ntjyb :2012/09/04(火) 00:03:49.68 ID:Rca4fwiO0
――穏乃の部屋

穏乃「……よしっ、これで」ピッ

穏乃「明日には、返せる、かな?」

穏乃「……」ジーッ

穏乃(――他人のジャージを着るなんて)

穏乃(考えてみたら、男子のジャージって……)アレ?

穏乃「――わわっ」カァァ

穏乃「も、もう寝よう、うん」ガバッ


――憧の部屋

憧(――しずの顔)

憧(なんか、いつものイメージと違った、ような)ウーン

憧(そう、なんか……)

憧「年上の人たち、みたいな……?」
524 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/09/04(火) 00:04:35.17 ID:q59/Q1Z1o
シズかわええ
525 : ◆HPzqh93ntjyb :2012/09/04(火) 00:05:46.44 ID:Rca4fwiO0
こんな感じで変なオチ……
たまには穏乃メインってのも面白かった。

さて、そろそろ終わったか。
希望あったら、書いてってください。
ネタは、清澄でも阿知賀でも、他のキャラでも構いません。

……ごめん、淡の人格入れ替わりモノも、ちょっとかかるかも。
書くのって難しいなって改めて思った(小並感)
526 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 00:07:01.20 ID:s1g+MMus0
男を知ったか、シズよ
527 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 00:07:26.75 ID:W27wBYJVo
じゃあ京太郎×小走先輩
528 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/09/04(火) 00:07:57.10 ID:hlpBqlozo
のどっちパパと京ちゃんで一つ
529 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 00:08:32.29 ID:s1g+MMus0
京太郎、シズ、照、咲が幼馴染とか?
530 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 00:08:40.89 ID:6wNOXqa4o
おいおいなんで匂いかがないんだよ
531 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 00:08:41.28 ID:NQb62VQ1o
小学二年生くらいの指にマメ作ってる女の子と京ちゃんが夢はでっかく世界チャンピオンを目指す話とかでもいいの?
532 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/09/04(火) 00:09:05.29 ID:q59/Q1Z1o
部室で寝てる京太郎を見て各人の反応とか
533 : ◆HPzqh93ntjyb :2012/09/04(火) 00:19:00.98 ID:Rca4fwiO0
>>530
ごめんなさい……そういう定番を忘れてはいけなかった(戒め)


――穏乃宅・洗濯機前

穏乃「……さて、と」ヌギッ

穏乃「そろそろ洗濯しちゃわないとね――」パサッ

穏乃「……」ジーッ

穏乃「結局」

穏乃「結構、長い間着ちゃってたんだなあ……」シミジミ

穏乃「……」

穏乃「――な、なんか変な気分」カァァ

穏乃「い、いつもはこんな風にジャージ見ても」

穏乃「おかしな気分になんて……」

穏乃「――」


スゥッ・・・


穏乃母「あら、穏乃?」ガチャッ

穏乃「――!?」ビクゥッ

穏乃母「ジャージ、洗濯するの?」

穏乃「う、うん! そ、そう!」アセアセ

穏乃「ちょ、ちょっと汗かいちゃってさー」アハハ

穏乃母「……あら、そう」

穏乃母「洗濯なら、お母さんが――」

穏乃「う、ううん!」ブンブン

穏乃「た、たまには私が洗濯するよ!」

穏乃「せ、洗濯くらい自分でできないとね!」ビシッ

穏乃母「……へえ」

穏乃母「じゃあ、お願いしちゃおうかな」ニコッ

穏乃「う、うん! 任せて!」


穏乃母「……」

穏乃母「洗濯くらい自分で、か――ふふっ」クスッ

穏乃母(あの子も、『女の子』らしくなってきた、ってところかしらね?)シミジミ


穏乃(――)

穏乃(み、見られなかった、よね!?)

穏乃(……)

穏乃(――こ、これは)

穏乃(予想以上に恥ずかしいぞ……!)カァァ
534 : ◆HPzqh93ntjyb :2012/09/04(火) 00:20:41.55 ID:Rca4fwiO0
たまに、この頃の穏乃たちが小学生という設定忘れそうになるんだよなあ……
でも考えてみれば、某バスケアニメはそれどころのレベルじゃなかったという話を思い出した。
観てないから詳しくないのが惜しいけど……あれで小学生、か(意味深)

そんなこんなで、重大なネタ提供ありがとう、>>530
535 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/09/04(火) 00:21:26.42 ID:L8081AHAO
やっと京穏の時代が来たか
536 : ◆HPzqh93ntjyb :2012/09/04(火) 00:22:09.12 ID:Rca4fwiO0
あ、ちなみに、蛇足かもしれないけど、母は重大な場面を見てなかったってことでどうか一つ。
しばらくの間、穏乃がこの件で悶々としたことは言うまでもない……。
537 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 00:24:09.03 ID:W27wBYJVo
ジャージ[田島「チ○コ破裂するっ!」]と申したか
538 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/09/04(火) 00:27:23.84 ID:cjF13u2AO
清澄が合宿で松美館に泊まるとか
長野でも阿智我でもおいしい
539 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/09/04(火) 03:15:19.85 ID:q59/Q1Z1o
シズシズやばいなこれは
540 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/09/04(火) 10:39:05.91 ID:cjF13u2AO
シーズシーズシーズシズお猿の子♪
吉野山から、やーって来た♪
シーズシーズシーズシズ女の子♪
裸ジャージの女の子?
541 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/09/04(火) 12:26:27.67 ID:K1bmIkW30
高鴨穏乃の裸ジャージを肩車したい
542 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 12:38:52.00 ID:O/pgxT6uo
>>541
身は俺が山に返しとくわ
543 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/09/04(火) 19:23:20.85 ID:TbuPiogA0
>>541
ジャージを肩車するのかww
544 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/04(火) 22:52:16.00 ID:Rca4fwiO0
書きますよー、今日は。

レス見ると、なんだかんだで穏乃は愛されてるってことがはっきりわかんだね。
「猿」っていうたとえもきっと、愛されてる証拠だよ!

あとは、王者先輩か……漫画版だと、5コマに満たない登場シーンの不遇な先輩。
アニメ版の台詞のおかげで、今では愛されキャラになったんすねえ……

?「『魔王』とか言われる私の立場は……」


さて、やりましょうか。
人格入れ替わりモノを、つらつらと書いていこう。


咲「そういえば、あの騒動の顛末って――」

京太郎「おいバカやめろ」
545 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 22:55:01.70 ID:s1g+MMus0
お猿は桃尻だから(迫真)
546 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 23:02:35.09 ID:O/pgxT6uo
小走先輩8コマ出てるから(震え声)
547 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/04(火) 23:04:25.89 ID:Rca4fwiO0
――???

「あー、よく寝たなあ……」フワァァ

「あいつのおススメのアニメは面白いんだけど――」

「先が気になって、つい徹夜気味になるぜ、まったく……」ノビー

「あーあ、学校行きたくねー……ん?」ハッ


(――おかしい)キョロキョロ

(俺の部屋、こんな色合いだったか?)

(それになんか――匂いも)スゥッ

(全然違うような……はっ!?)

(――)フニフニ

(……あるはずの『モノ』がなく)

(ないはずの『モノ』がある――ささやかではあるけど)

(……と、とにかく! あ、姿見――って!?)


咲「……」

咲「――」ハッ

咲「なーんだ、夢か」

咲「妙にリアルな夢だな、チクショウ……」ギューッ

咲「痛くない、だと……」

咲「……」


プルルルルル


咲「……はい、もしもし」ピッ

京太郎「あ、京ちゃん!?」

咲(――うへえ、なんだこの野太い『京ちゃん』は)

京太郎「あ、朝起きたら、な、なんかいきなり背が高くなったなあって」

京太郎「そ、それで、その――な、なんか、し、下の方の感覚が……な、なんか!」アセアセ

咲(……錯乱してるせいか、言わなくていいことまで言ってるな)

咲(――不思議だ、こうしてあいつが慌ててるところを考えると)

咲(不思議と、『俺』の気持ちが落ち着くってのは)

咲(ただ――)

京太郎「ど、どうしよう、京ちゃん……」グスッ

咲「とりあえず、『咲』」

咲「――落ち着こうぜ」

咲(それに、その声で『京ちゃん』言われるのは、なんというか、寒気がする……)ゾクッ
548 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/04(火) 23:15:36.21 ID:Rca4fwiO0
――さて。
こういう時、どうすればいいのか。
生憎、俺もあいつもこういう事態になったことは(当然ながら)一度もない。

というわけで、偉大なフィクションに倣うしかないんだろう。
それこそ、古くには『転○生』、最近では『ココ○コネクト』といった作品がある。
前者は規制が緩かったせいか、色々な意味で過激だった――まあ、今はそんなこと言ってる場合じゃない。

とにかく。

咲「おやj――お、お父さん! い、行ってくるね!」アセアセ

咲父「……?」

咲父「あ、ああ。行ってらっしゃい」

咲「お、おう――じゃなかった! はーいっ!」ダッ

咲父(――??)


咲(――危ない所だった)

咲(いや、明らかに親父さん動揺してたけどさ)

咲(……)


電話の後で、いつもの橋のところで会おう、と決めた。
こういう時、家に籠ってても、事態は進展しない――はずだ。先例に倣えば、の話だけど。
というわけで、外で会おう、ということになったわけだ。

しかしまあ、女子ってのはこんなに面倒なものだったのか。
制服に着替えるだけで、なかなかのタイムロスだ。
俺の場合ブレザーだからすぐに終わるが、女子の方はセーラー服。
慣れないもんで、なかなか手間取った。
それに――

京太郎(……って、なに考えてんだ、俺は!)ブンブン

……まあつまり、そういうことだ。
服を脱いで、制服に着替える――ただそれだけで、気が気じゃない。理由はお察しというものだ。
――あいつは、その辺の障害をちゃんと乗り越えられたのだろうか?
549 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/04(火) 23:22:08.26 ID:Rca4fwiO0
京太郎「……」カァァ

咲「――」

咲(思った通りだった)

京太郎「あ、お、おはよっ……」モジモジ

咲(ここまでだとは思わなかった)

咲(というより、こんなに顔を赤らめられると、こっちもつられて赤くなりそうだ)

京太郎「あ、あの! きょうちゃ――」

咲「お、おはよっ! きょ、京ちゃん!」ニコッ

京太郎「……!」

京太郎「お、おは――おう! さ、咲!」アセアセ
550 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/04(火) 23:22:46.74 ID:Rca4fwiO0
以下、(小声)

咲(――バカッ! 電話であれほど釘をさしといただろ)

京太郎(ううっ……ご、ごめんなさい)

咲(――とにかく、原因も何もかもが不明だ)

咲(『ふ○せんかずら』なんてものもいないだろうし……)

京太郎(あ、京ちゃん。あれ観たんだね)

咲(まあ、お前があれだけ熱心に勧めるからな――まあ、それはともかく)

咲(いいな。とにかく、学校じゃ気をつけろよ……)

京太郎(は、はいっ!)
551 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/04(火) 23:30:33.35 ID:Rca4fwiO0
――放課後

京太郎「……」ズーン

咲「――きょ、京ちゃん! ぶ、部室、行こっ!」ニコッ

京太郎「あ、きょ……咲か」ハハハ

咲(すっげえ疲れてるな、コイツ)


そんなこんなで、放課後まで俺と咲は乗り切った。
こういう日に限って、「体育」という科目はあるわ、トイレに行くのすら躊躇するわ、AとBと咲の会話をはらはらしながら見守るわ――イベントには事欠かない一日ではあったけど。
特に疲れたのは……


1.「体育」のとき

2.「トイレ」のとき

3.「AとBと咲の会話」のとき


↓7まで多数決でオナシャス。
552 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 23:31:20.98 ID:Boq1wJDZo
553 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 23:31:22.29 ID:NQb62VQ1o
554 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 23:33:15.65 ID:s1g+MMus0
あえての3
555 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 23:34:45.05 ID:W27wBYJVo
2が王道
556 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 23:35:52.81 ID:6wNOXqa4o
1
557 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/09/04(火) 23:37:44.67 ID:hlpBqlozo
そらもう3よ
558 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/09/04(火) 23:39:06.70 ID:Rqrn3zuh0
2
559 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/04(火) 23:56:17.56 ID:Rca4fwiO0
意外と拮抗しましたね……

そりゃ、トイレの時だ……

咲「……!」ハッ

咲(――ま、まさか、これは!)

咲(朝から無意識に緊張してたせいで誤魔化してたけど……)ピクピク


A「お、おい、須賀……お前のヨメさん、凄い顔してるぞ」ウワァ

B「う、うん、凄い顔ね、宮永さん……」

京太郎「よ、ヨメさんって……そ、そんな」カァァ


咲(――やばいな、そろそろ不審に思われ始めてる)

咲(い、行かないとダメか……ううっ)ガタッ


――女子トイレ前


咲「」

咲「……い、今更」ボソッ

咲(今更、躊躇ってる場合じゃ、ねえ!)ガチャッ

咲(と、とにかく、脇目も振らず、空いてる場所へ――って!)

咲「空いてない……だと」


咲(や、やべえ……)

咲(ぜ、全部が個室だからか……男子の時とは全然違う!)

咲(――もしかしたら、中で『よからぬ』ことをしてる生徒もいるんだろうけど)

咲(んなことどうでもいい! は、はやく――!)モジモジ


生徒「はー、すっきり……あ、ご、ごめんね、宮永さん!」ハッ

咲「い、いや! き、気にすんn……気にしなくていいよ、うん!」ブンブン

生徒「そ、そう……ど、どうぞ」

咲「さ、サンキュ……あ、あはは、ありがと」ソソクサ

生徒(――??)キョトン
560 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/04(火) 23:56:54.15 ID:Rca4fwiO0
咲「……洋式、か」シミジミ

咲「せめてもの救い、だな……」シュルッ

咲「……」ストン

咲(――あれ?)ハッ

咲(なんかフツーに『してる』けど、あれ?)ジッ

咲(……)

咲(――とんでもねえ羞恥プレイだな、おい)カァァ

咲(だ、ダメだ! こ、こんな状況を見ようとしちゃ!)ブンブン

咲(うっ、さ、咲……!)


ジャアアアア


咲「……」ゲッソリ

咲「――たかが」

咲(たかがトイレに行くだけで、一生分の神経を使い果たした)

咲(燃え尽きたぜ……真っ白によ)


――教室


咲「……つか、れた」ガクッ

京太郎「あ、きょ、京ちゃ――さ、咲」アセアセ

京太郎「ど、どうした、んだ?」ジッ

咲「……」

咲「――ごめんな」

京太郎「えっ? えっ?」キョトン


――その後の休み時間

京太郎「……つか、れた」ガクッ

咲(こいつもか……)ハァ

京太郎「ううっ……トイレ、怖いよう――」グスッ

咲(……心の底から同意)
561 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 23:58:19.59 ID:W27wBYJVo
咲ちゃんは京ちゃんのリー棒をつまみ上げたわけですよね?(迫真)
562 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/09/05(水) 00:03:38.13 ID:yDTiOQjlo
ああ放銃ってそういう…
563 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/05(水) 00:10:40.66 ID:zPCX2Y0j0
さて、その日――
部活もなく、俺たちは普通に帰っていた。
とはいえ、仮に部活があったしても、適当な理由を付けて帰っていただろうけど……

その帰り道。

京太郎「……あっ」

咲「……あれ?」

瞬間――本当に、わずかな時間で。
俺たちは……

京太郎「元に、戻ってる……」

咲「……みたい、だね」

俺たちは、互いに元に戻ったらしい。

きっかけはよくわからない。
その後の帰り道、人格が変わっていた時のことを思い出し顔を赤らめながらも、俺たちは可能性について話し合った。
しかし、原因などまったくわからなかった――

とはいっても、考えるだけ無駄なのかもしれない。
何年か前に放映していた、『どっち○どっち!?』というドラマでも、さっき挙げた『○校生』でも、
きっかけなんて、二人で抱き合いながら階段を転がり落ちたから入れ替わった、なんてものだったからだ。
探ろうとするだけ無意味なのだろう――うん。


ただ、考えてみれば。
原因が分からないというのは、つまるところ、またいつこうなってもおかしくない、ということでもある。
不吉な予感は、こうして――


1.当たった(→人格入れ替わりネタ、継続)※咲ちゃんにはならないはず。

2.過ぎ去っていった(→一旦、おしまい)

どうすっかな……



↓5まで多数決。
564 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/09/05(水) 00:12:49.75 ID:yDTiOQjlo
2
565 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/05(水) 00:13:37.15 ID:CMrbO6kNo
566 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/05(水) 00:16:31.04 ID:tnp7/Ay2o
せっかくなので1
567 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/05(水) 00:17:24.59 ID:P+h/g6xDo
1
568 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海) [sage]:2012/09/05(水) 00:20:27.71 ID:Zi9OwXUAO
じゃあ、2かな
569 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/05(水) 00:20:46.80 ID:vwEnicSKo
1
570 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 00:24:27.74 ID:zPCX2Y0j0
とりあえず、おしまいってことに……

他の小ネタもあるし、これだけにこだわるわけにもいかないかもしれんな。
また次の機会に、ってことでオナシャス!

さて、次は――
肝試し、やりましょうか。
少し待っててください。ちょっと休みます。
571 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 00:37:08.33 ID:zPCX2Y0j0
さて、ゆったりいきましょうか。

――合宿

夕方になって、部長がこんなことを言い出した。

久「――あんまり根を詰めてやるのもなんだし」

久「肝試しでも、しましょうか!」

咲「!」ハッ

和「?」キョトン

優希「おおっ!」ガタッ

まこ「あんたなあ……」アキレ

京太郎「肝試し、ですか」

久「そうよ」

久「せっかくこんないい所にあるんだし」

久「いい機会だと思わない?」ニコッ

まこ「部長……あんたなあ」

久「まこ。偉い人の言葉にね、『よく学び、よく遊べ』っていう言葉があって――」

まこ「……はぁ、もういいわい」ヤレヤレ


優希「肝試しかー……楽しみだじぇ!」

咲「ううっ……オバケ、怖いよう」グスッ

和「肝試し――聞いたことはありますね」フムフム

京太郎(ラーメン食べたことのない和だし、無理もないな……)
572 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 00:47:59.22 ID:zPCX2Y0j0
――夜

久「それじゃ、やりましょうか!」

優希「おー!」

咲「ほ、ホントにやるんだね……」モジモジ

和「へぇ――暗い所じゃないとできないイベントだったのですね」フムフム

まこ「……やれやれ」ハァ

京太郎「――ところで部長?」

久「ん? どうかした、須賀くん?」

京太郎「肝試しってことは、ペアとかに――?」

久「まあ、そうなるわね」

京太郎「ところで」

京太郎「俺の知る限り、そういうのを決めるために、アミダとかが用意されるはずなんですけど」アレ?

久「……」ピシッ

京太郎「……部長?」

久「――さあ、須賀くん! ここに紙とペンがあるわ!」サッ

京太郎「……結局、こうなるんですね」ハァ


優希「おい、犬! まだか!」

京太郎「ああ、もうすぐ――っと。できましたよ、部長」カサッ

久「ご苦労様……ふむ」ジッ

久「それじゃあ、下は隠してと――決めましょうか!」


※ここで、ルート分岐します。
書いてて面白そうなイベントなので、全員分書きたい気持ちではあるけど……
とりあえず、ここから清澄のキャラ限定で、書いてみてください。
いただいたレスの上から順に、イベントを書いてみようと思います。

……5人出してくださいね?(震え声)
573 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/05(水) 00:51:06.13 ID:2mi442XJ0
部長
574 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/05(水) 00:51:39.80 ID:CMrbO6kNo
タコス
575 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/05(水) 00:52:20.40 ID:tnp7/Ay2o
まこ
576 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/09/05(水) 00:52:21.97 ID:lyfzLSGSo
のどっち
577 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/05(水) 00:52:28.90 ID:OPdtUGTDO
まこ
578 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/05(水) 00:53:29.05 ID:g/qWANwIo
咲ちゃん…
579 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/09/05(水) 00:53:30.33 ID:8nEL0SQBo
さき
580 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 00:57:49.01 ID:zPCX2Y0j0
部長→優希→まこ→和→咲という順番になりました。

……さすが、メインヒロインですね(意味深)
恋愛モノにもありがちだけど、メインヒロインは最後に攻略するものだからね、しょうがないね。

じゃけん、書きましょうねー。
ちょっと待っててください。
581 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/05(水) 00:58:32.93 ID:tNqeJJoYo
ワカメイベント2回か…
582 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/05(水) 00:58:58.97 ID:xBi0ahu/0
しかしこのスレの>>1は本当に素晴らしいな
583 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/05(水) 01:12:11.96 ID:OPdtUGTDO
各所でのまこの扱いを考えると、まこが選ばれない可能性が高いからああしたけど…咲ちゃんごめんよ
584 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 01:31:31.95 ID:zPCX2Y0j0
今日は肝試し書いて、終わりですかねえ……
それじゃ、トップバッターいきましょうねー。

【部長】

久「――ねぇ、須賀くん?」

京太郎「なんですか、部長?」

久「私と一緒で、よかったの?」ニヤッ

京太郎「あたかも俺がわざと選んだような口ぶりじゃないですか、それ!?」

久「え、違ったのかしら?」キョトン

京太郎「違います! 偶然ですよ、偶然!」

久「――だって、作ったの須賀くんだし」ニヤニヤ

久「ああ、でも」

久「仮に須賀くんなら、咲とか――」

京太郎「とりあえず、部長。早く進みましょう」

京太郎「俺たちが帰らないと、残り4人もスタートできませんし」

久「……まったく、須賀くんってば」クスッ

京太郎「それはこっちの台詞ですよ……」ハァ
585 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 01:33:27.22 ID:zPCX2Y0j0
※以下のキャラでも同じルールです。

京太郎(肝試しのルールは簡単)

京太郎(この林を歩き、みんなのいる所までちゃんと戻ること)

京太郎(これだけ聞くと危ないと思うけど、実際そんなことはない)

京太郎(暗いとはいえ、完全な暗闇ってわけじゃないし)

京太郎(道もそれなりに形作られてる――おそらく、部長が下見にでも来て選定したんだろう)

京太郎(遊びにも手を抜かない人だ……そこは素直にいいと思うけどさ)
586 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 01:42:40.42 ID:zPCX2Y0j0
久「……」スタスタ

京太郎「……」スタスタ

京太郎「部長」ハッ

久「へ? どうかした?」キョトン

京太郎「そこ、気をつけてください」

京太郎「少し、せり上がってるんで――転ばないように」

久「あ……ええ、ありがとう」ヒョイッ

久「……相変わらず、気が利くわねえ」シミジミ

京太郎「日頃から、どっかの誰かさんが鍛えてくれているもので」

久「あら? それは褒め言葉かしら? それとも――」ニヤッ

京太郎「ご想像にお任せします……っと、あれ?」

久「なにかあったの?」

京太郎「いや、その――」

京太郎「――気を付けてくださいね、部長」

久「……え?」

ピョンッ

久「」

久「きゃっ!?」ズザッ

京太郎「あ、部長!」

久「す、須賀くん――こ、これって」ビクビク

京太郎「落ち着いてください、これバッタですよ、バッタ」

久「……へ?」キョトン

京太郎「動かないでくださいね――よし、取れた」

京太郎「ほいっと……ほら、もう大丈夫ですよ」クスッ
587 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 01:43:10.80 ID:zPCX2Y0j0

久「――」

久「……さ、さあ、ゴールはもう目前ね! 気を取り直していきましょう!」キリッ

京太郎「――『きゃっ!?』か」ボソッ

久「……」ビクッ

京太郎「へぇぇ……」ニヤニヤ

久「――ねぇ、須賀くん?」ビクビク

京太郎「どうかされましたか、部長?」ニコッ

久「……」カァァ

久「怒るわよ?」ジッ

京太郎(……うおっ!?)


京太郎「す、すみません」ペコッ

久「ん。わ、わかればよろしい」アセアセ

京太郎「はい……」

京太郎(――ビックリした)

京太郎(部長、あんな顔も見せるんだ……)

京太郎(赤らめた顔での上目遣い――今度、Aと議論する余地があるな)グッ

久(……なにかよからぬこと考えてそうね、この後輩ったら――)カァァ
588 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 01:45:37.79 ID:zPCX2Y0j0
普段余裕そうな子が、ふとした時に見せる困惑した仕草はかわいい(真理)
トップバッター部長、これにて終了。

さて、次いきますか。

お、原作では一番仲良いであろう優希とのコンビか……やってみましょう。
一巻時点のラブコメ咲ちゃんは関係ないだろ! いい加減にしろ!
589 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 02:03:25.03 ID:zPCX2Y0j0
よし、優希ルート、いきます。

【優希】

優希「……お、おい、京太郎!」モジモジ

京太郎「ん? どした、タコス?」

優希「タコスゆーな!」カチン

優希「い、言っとくけどな! わ、私はゆーれいなんて、こ、怖くないからな!」アタフタ

京太郎「まあ、そうだろうな」

京太郎「肝試しって聞いてあんなに喜んでたお前が」

京太郎「いきなり怖気づくなんて……ん? どうした優希?」

優希「い、犬のくせに!」カァァ

京太郎「いたいっての! あー、まったく……」


京太郎(――なるほど)

京太郎(こいつのキャラが何となくつかめてきた)

京太郎(その場の流れでノリについていくことはできるんだけど、いざ始まってみれば――)


ガサガサッ


優希「ひゃっ!?」ビクッ

京太郎「おっと……大丈夫か、優希?」ガシッ

優希「……い、犬!」

優希「は、離せ――ううっ」モジモジ

京太郎(言いながら離れようとしないし)

京太郎(……言っていいのかな、これ?)

京太郎「なあ、タコス?」

優希「だから、タコス――」カチン

京太郎「お前、もしかしてオバケ苦手?」

優希「」

京太郎(あ、図星だ、これ)
590 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 02:07:43.56 ID:zPCX2Y0j0
京太郎「あーその……ごめ――」

優希「悪いか」

京太郎「え?」

優希「オバケが怖くて、悪いか……」ゴゴゴゴ

京太郎「え? いや、別にそんな――」

優希「悪いかあ!」ガバッ

京太郎「うわっ!?」


優希「わ、私にだって、苦手なものくらいあるじぇ!」アセアセ

京太郎「わかったわかった」

優希「だ、だから、その――」

優希「まだ、は、離さないでほしいじぇ……」グスッ

京太郎「……うっ」

京太郎(――日頃の傍若無人な優希が)

京太郎(こんな表情をするとは……肝試し、恐るべし)グッ


京太郎「……」

優希「……」

京太郎「……おーい、優希さん?」

優希「……な、なんだじぇ?」

京太郎「そ、そろそろ進まないと、みんなが――」

優希「も、もう少しだけ!」ヒシッ

京太郎「へいへい……」
591 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 02:08:44.98 ID:zPCX2Y0j0
大体こんな感じの按配でいいんですかね……?
さて、お次はまこか――

他スレでは何だか扱いがあんまりよくないとの意見がありましたが、このスレでは誠意をもってあたるつもりです。
平等バンザイ。
592 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 02:21:12.34 ID:zPCX2Y0j0
さて、まこルートいきますか!

【まこ】

京太郎「あ、染谷先輩――」

まこ「ん? どうしたんじゃ、京太郎?」クルッ

京太郎「そこ、段差あるんで、注意してくださいね?」

まこ「おお、そうじゃったか。すまんのう」ヒョイッ

京太郎「いえいえ……」


京太郎(思えば――)

京太郎(こうして、染谷先輩と二人きりで話すのって初めてだな)

京太郎(いつも、部長が茶化したりするときに話したりはしてたけど……)


まこ「のう、京太郎?」

京太郎「え、あ、はい! どうしました?」アセアセ

まこ「いや、お前さんの身体になにかついとるように思って――」

まこ「おっ、取れた!」ヒョイッ

まこ「なんかの虫、だったかのう……」ヒュッ

京太郎「あ、ありがとうございます、先輩」

京太郎「……虫、苦手じゃないんですね」

まこ「ん? ああ、わしの故郷は広島じゃき」

まこ「小さい頃は、虫取りなんてものもしてたっけな……」シミジミ

京太郎「へぇぇ……」

京太郎「虫とれる人ってなんだか憧れますよ」アハハ

まこ「ほめ過ぎじゃ、京太郎」ペシッ

京太郎「ははっ……」


京太郎(不思議だな……)

京太郎(二人きりで話しても、全然気づまりしないや、この人)
593 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 02:29:45.42 ID:zPCX2Y0j0
まこ「……ところで、のう京太郎?」

京太郎「え、どうかしましたか?」キョトン

まこ「お前さん、どうなんじゃ、最近は?」

京太郎「――え、どういう」

まこ「とぼけなさんな」ビシッ

まこ「……こう言うと、部長みたいなからかいに思えるかもしれんが」

まこ「純粋な心配からじゃからな……」

まこ「咲と和のことに決まってるじゃろうが」

京太郎「……はい?」

まこ「お前さんなあ……」アキレ

まこ「――まあ、いい。なんか気勢がそがれてしまったんでな」

京太郎「あ、すみません……」

まこ「いいっていいって」

まこ「……それに、お前さんと二人の時に」

まこ「こんな話を持ち出す方もおかしかったな、うん」ニカッ

京太郎「染谷先輩……」


まこ「――わっ!?」ゴチン

京太郎「ちょ、先輩!? だ、大丈夫ですか?」

まこ「おお、痛た……」ジンジン

まこ「こ、こんな所に枝があるなんて――」

京太郎「大丈夫ですか、ケガとかは……!?」ハッ

まこ「ん? どうかしたか、京太郎?」キョトン

京太郎「い、いや、なんでも!」


京太郎(――月明かりに照らされて)

京太郎(染谷先輩の顔が映える……)

京太郎(びっくりした)

京太郎(メガネが外れた染谷先輩)

京太郎(まるで、別人みたいだ――)ウットリ
594 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 02:30:12.74 ID:zPCX2Y0j0

まこ「……おーい? 京太郎?」

京太郎「――え? あ、す、すみません」

まこ「おかしなやつじゃの……」ウーン

まこ「ほれ。メガネも見つかったし、先進むぞ」チャキッ

京太郎「あ、は、はい」

京太郎「……」

まこ「こら」ピシッ

京太郎「は、はいっ!」

まこ「せっかくわしという先輩がいるんじゃ」

京太郎「……?」

まこ「何か考える所があるなら」

まこ「相談せんかい、まったく」

京太郎「……」

京太郎「――ありがとうございます、染谷先輩」ニコッ

まこ「ん。何もないならそれでよか」ニカッ
595 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 02:31:21.67 ID:zPCX2Y0j0
染谷先輩はきっと相談に親身になってくれそう(勝手なイメージ)
普段あんまり書くことないような気もしたから、つい力が入ってしまった。書いてて楽しかった(小並感)

さて、残りのヒロインも二人、か――準メインヒロインみたいなものかな、次が。
少し待っててくださいね。
596 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/05(水) 02:38:51.87 ID:xBi0ahu/0
まこはぐう聖、はっきりわかんだね
597 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 02:54:10.81 ID:zPCX2Y0j0
お待たせ! 準メインヒロインいくけど、いいかな?

【和】

和「……き、肝試しって」

和「く、暗い道を歩くこと、だったんですね……」ブルッ

京太郎(完全に勘違いしてるな……)

京太郎「あー、いやまあ、その」ポリポリ

京太郎「え、えっと、本当なら、オバケとかが出てきたり……」

和「おばけ……?」

和「――そ、そんなのがいるんですか?」グスッ

京太郎「あー、いや今んとこは……」

和「そ、そんなオカルトありえません!」ビシッ

京太郎(ここでその台詞かぁ……)


京太郎(ある意味、予想通りと言うべきか)

京太郎(和は、怖がりだった)


和「ううっ……きょ、今日はなんだか肌寒いですね」アセアセ

京太郎(今は夏だし、きっとそれは鳥肌たってるんだよなあ……)

京太郎「なあ、和?」

和「は、はいっ、須賀くん!? ど、どうかしましたか?」ビクッ

京太郎「……その」

京太郎「怖いなら、もう少しこっち来てみたらどうかな」

和「……え?」キョトン

京太郎「い、いや、そのさ」

京太郎「……怖いのに、一人で突っ切っちゃうから、きっと」

京太郎「余計に怖いんじゃないかなー、なんて」

和「……須賀くんの、近くに」カァァ

京太郎「い、いや! べ、別に変な意味じゃねえからな!」アセアセ

京太郎(って、なんか墓穴掘ってる!?)ガーン

和「……」

和「わかり、ました――」

和「お、お願いします……」ピトッ

京太郎「お、おう……」

京太郎(――たしかに、近くに来てみたら、とは言ったけど)

京太郎(くっついてみたら、とは言ってないぞ、和……?)
598 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 03:03:48.51 ID:zPCX2Y0j0
和「……」スタスタ

京太郎「……」スタスタ

京太郎(――やばい、沈黙が苦しい)

京太郎(さっきからなんだかんだで、和の肩が触れたままだし)

京太郎(な、なんかそのせいで和の「おもち」をどうしても意識してしまうし)チラチラ

和「須賀、くん……」ボソッ

京太郎「な、なんだ、和?」

和「……その」

和「――か、肩、大きいですね、須賀くん」

京太郎「ま、まあ、な……」

京太郎(よりにもよってそういう話か、和……)

京太郎(ま、まずいぞ、これは! な、流れを変えないと)

京太郎(余計に気づまりなことになる!)カァァ


京太郎「あー、その、い、意外だなぁ」

和「……?」

京太郎「いや、さ」

京太郎「和なら、こういう肝試しも」

京太郎「『そんなオカルトありえません!』って感じで、まあさっき言ってたけどさ」

京太郎「全然考えないと思ってたんだけど……」

和「……そう、ですね」コクリ

和「……でも、やっぱり」

和「こういう暗い所は少し――」ギュッ

京太郎「怖い、か?」

和「はい……」

京太郎(――まあ、ここは卓上じゃないしな)

京太郎(和にだって、割り切れるものとそうでないものがあるんだろう、きっと)
599 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 03:06:09.26 ID:zPCX2Y0j0

京太郎「でも、その気持ちも分かるな」

和「……え?」キョトン

京太郎「いや、実はさ」

京太郎「俺も昔は、怖がりだったから」

和「須賀くんが、ですか?」

京太郎「まあ、今はなんとかなってるけどさ」

京太郎「――中学の時、『あいつ』と会って」

京太郎「一緒にいるうちに、守ってやんないとなー、って思ったわけだ」

京太郎「……だからさ、今」

京太郎「こうして和と一緒に歩いてると」

京太郎「あの時と同じような気分になるんだよ」

和「須賀くん……」

和「そ、その『あいつ』という方はひょっとして――」

京太郎「お、そろそろ出口だぞ、和」

和「……あ、そうみたい、ですね」ハッ

京太郎「よかったな!」ニコッ

和「――はい」クスッ


和(……やっぱり、そう、ですよね?)

和(ちょっと複雑な気分――なんなんでしょうか、これは?)キュッ
600 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 03:08:08.37 ID:zPCX2Y0j0
人は守るべき人がいると強くなるんじゃないですかね……?
さて、相変わらず和ちゃんだけは、なんかほろ苦い感じになっちゃうのは、なぜでしょうか。
でもまあ、阿知賀の方ではよく絡んでるから、多少はね?

さて、満を持して、メインヒロイン登場ですね。
じゃけん、書きましょうねー。
しばし、お待ちを。
601 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 03:15:38.57 ID:zPCX2Y0j0
行くぜ、メインヒロイン!

【咲】

咲「……きょ、京ちゃあん」ウルウル

京太郎「だー、もう、うっせ!」

京太郎「お前は、早く歩けっての!」

咲「ううっ……ひ、ひどい、京ちゃん」グスッ

咲「――中学の頃とかは一緒に怖がる仲だったのに」ボソッ

京太郎「あ、あの頃の話はいいだろ!」カァァ

京太郎「ほら、とっとと行くぞ!」スタスタ

咲「あ、ま、待ってよー……ううっ」

京太郎「……」

京太郎「――ほら」スッ

咲「……え?」

京太郎「早く終わらせないと、みんなに迷惑かかっちまうだろ?」

京太郎(それに、約一名はしつこくからかってきそうだし……)ハァ

京太郎「ほれ、早く」ヒラヒラ

咲「……で、でも」

咲「……」

咲「――う、うん」キュッ

京太郎「よしっ」スタスタ
602 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 03:24:25.36 ID:zPCX2Y0j0
京太郎「……」スタスタ

咲「……」スタスタ

咲(――は、恥ずかしい!)カァァ

咲(か、考えてみれば、こうして)

咲(京ちゃんと手をつないだことなんて……あったっけ?)

咲(わ、わからないや、もう……熱いよ)カァァ

京太郎「おい、咲」

咲「ひゃ、ひゃいっ!?」ビクッ

京太郎「……」

京太郎「――手、そろそろ放してもいいか?」

咲「……あっ」

咲「う、うん――」スッ

京太郎「そっか……」スタスタ
603 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 03:25:58.28 ID:zPCX2Y0j0
咲「……あ、あの京ちゃん?」ピタッ

京太郎「んー、どうかしたか?」クルッ

咲「……」

咲「や、やっぱり!」

京太郎「やっぱり、なんだ?」

咲「ううう……」

京太郎「……」

京太郎「――俺だってな」ボソッ

咲「え?」

京太郎「俺だって、恥ずかしいんだっての」

京太郎「どんくさい、ちんちくりんのお前の手を引くだけで」

京太郎「なんだって、こんなに熱くなんなきゃいけないんだか」ポリポリ

咲「……」ムッ

咲「――ふんだ! じゃあ、いいもん!」プイッ

咲「京ちゃんのバカ!」プクーッ

京太郎「……」


京太郎「――ほら、動けない」ジトッ

咲「ううっ……だってぇ」グスッ

京太郎「……」

京太郎「ほれ」スッ

咲「……」ハッ

咲「ふんだ」プイッ

京太郎「咲」

咲「……だ、だって」

咲「わ、私の手を引くの、京ちゃん嫌なんでしょ?」プイッ

咲「だ、だったら――」

京太郎「……」
604 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 03:26:59.35 ID:zPCX2Y0j0
京太郎「嫌ってわけじゃねえよ」ボソッ

咲「……え?」

京太郎「んなこと、ひとっことも言ってねえ」

京太郎「ただ――恥ずかしいだけだっての」ボソボソ

咲「京ちゃん……」

京太郎「――もういい!」ガシッ

咲「ひゃっ!?」グイッ

京太郎「時間がかかりすぎてんだから、ほら、とっとと歩け!」スタスタ

咲「ま、待ってよ、京ちゃん……」スタスタ

咲「……」

咲(――手、温かいや)キュッ

咲「えへへ……」ニコニコ


京太郎「――」

京太郎(こういう顔するから)

京太郎(ほっとけないんだよ、このバカは)ハァ
605 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 03:28:28.22 ID:zPCX2Y0j0
どこまでもメインヒロインの咲ちゃんでした。
疲れたけど、書いてて妙なテンションになれて楽しかった(小並感)
5人分書くのは骨が折れるって、はっきりわかんだね。

さて、今日はここまでかな。
こんな時間ですが、お付き合い、ありがとうございました。
また、次の機会に――

あ、そうだ。告知。
9日から11日、ちょっと所用で席を外すため、書くことはできないかと思います。
ご承知おきを。
606 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/05(水) 03:30:46.47 ID:xBi0ahu/0
乙!
咲ちゃんは可愛いなぁ!!
607 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/09/05(水) 07:07:26.82 ID:B0muCvZAO

やはりメインヒロインは格がちがった
608 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海) [sage]:2012/09/05(水) 07:51:16.33 ID:Zi9OwXUAO
乙です

メインヒロインの破壊力が異常(歓喜)
609 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/05(水) 08:30:16.78 ID:dYDv1m1IO
のどっちマジ天使!
610 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/09/05(水) 16:00:50.50 ID:PchBePp8o
俺ものどっちおしなんだけどのどっちが天使だと全体的に綺麗な流れになって
文学少女の綺麗な咲ちゃんに大体競り負ける

ifなり小話で幸せにしてあげよう
611 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 22:53:10.46 ID:zPCX2Y0j0
さて、書きますか。
BGMはラ○クで……


咲「私、ハガ○ンに使われてたのくらいしかわからないや」

咲「あ、あと、ダブル○ーのOPかな」

京太郎「○ルク初心者にありがちなんだよなあ……」


さて、とりあえず、小走先輩とのお話を書こうと思ったんですが……
どう絡めればいいのか、その辺が悩みどころ。
その辺、ここにいる人たちの知恵が欲しかったり。お願いします。

あ、あと、それに付随して、小ネタも募集していきますね。
……こうしてSSを好き勝手書けるのも、もうすぐおしまいかな。
それでも、出来る限り書き続けていきたいです。
612 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/05(水) 23:03:18.34 ID:9X8EerGEo
長野で出会うなら、晩成メンバーで旅行に来てたけど一人はぐれて涙目の所を京ちゃんに保護されるとか
ホテルからかなり遠くまで来てしまったから電車もバスもないから仕方なく京ちゃんの家にお泊りすることに…

奈良なら修学旅行とか鉄板過ぎてアレだけど…京ちゃんがどこ行こうかと迷ってる時に
「私は小3の頃から(足に)豆すら出来ない、(奈良観光の)ニワカは相手にならんよ(ドヤ」とガイドとか
613 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sagesaga]:2012/09/05(水) 23:12:48.72 ID:+o89ETIb0
阿智賀側で絡ませればいいんじゃないかな?
子供麻雀教室で実は出会ってて、将来対決をする約束をしていたとか
614 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/05(水) 23:14:38.73 ID:tnp7/Ay2o
別に小走先輩が長野県出身、高遠原中学校の生徒さんだったっておかしくはないんだぜ?
たまには長野のおばあちゃんちに遊びに来たっていいんだぜ?
すばら先輩に麻雀を教えたのは小走先輩だったっていいんだぜ?
和が部に残された小走先輩の牌譜を見て、ほんのり憧れていたっていいんだぜ?
615 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sagesaga]:2012/09/05(水) 23:18:28.10 ID:+o89ETIb0
あと小ネタだったら、部室になぜかエロ本が!
発見した時、各人の反応はいかに?(京ちゃん含む)とか
616 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 23:22:28.69 ID:zPCX2Y0j0
東○事変やでー、群青○和やでー。
これほんとすき。解散が惜しまれるんだよなあ……

さて、小走先輩について色んな案を出してくれてて嬉しい(小並感)
あと、小ネタ案として、寝てる京太郎を見た各人の反応っていうのがあったな。

さて、小走先輩案が固まるまで、それでも書いていきましょう。
しばしお待ちを……。
617 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 23:29:56.65 ID:zPCX2Y0j0
あ、そうだ(唐突)
小走先輩話書く前に、部室でのお話をやってしまいたい。
具体的には、眠ってる京ちゃんに対する反応、と、エロ本発見! の二つ。

これまた、各部員の反応の話になるんだろうけど、その際の順番は
肝試しの時と同じでいいかな?
あれ結構、いい感じの順番だったと思うから……(最後がメインヒロイン的な意味で)
618 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 23:53:44.95 ID:zPCX2Y0j0
さて、書いていこうか。

【久】

久「みんな、お疲れ……って、あら?」ガチャッ

京太郎「……」スースー

久「――須賀くんだけ、かしら?」

久「当の本人は気持ちよさそうに眠ってるけど……」ジッ

京太郎「……んう?」ピクッ

久「……」クスッ

久「――ま、いっか」

久「そのうち誰か来るでしょうし、うん」ストン

久「ゆっくりしてましょうか」ペラッ
619 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/05(水) 23:59:10.39 ID:zPCX2Y0j0
久「……」ペラッ

京太郎「……」

久「――はぁ」パタン

久「ねぇ、須賀くん?」ジッ

京太郎「……」スースー

久「――聞こえてない、か」

久「あなたは」

久「こうして、女子ばっかりの麻雀部で」

久「よく働いてくれるけど」

久「その……恥ずかしく、ならないの?」モジモジ

京太郎「……」

久「――って」

久「な、なに言ってんのかしらね、私ってば」カァァ

久「ま、まあ、いいか、うん!」グッ

京太郎「――ぶ、ちょう」

久「……」ピクッ

京太郎「……こ、こは」

京太郎「おれにも、だいじな――」ムニャムニャ

久「――須賀、くん」

京太郎「だか、ら……」

京太郎「……」

久「……まったく」

久「いい後輩を持ったものね、私も」


久「ね、ところで」

久「結局、須賀くんの『気になる』子っていうのは――」

久「なーんて。どうせ寝てるんだし、訊いたって」アハハ

京太郎「ぶ、ちょう……」

久「」ピクッ

京太郎「からかうの、は、やめ、て――」

久「……もう」ハァ

久「び、びっくりさせないでよね、まったく……」アセアセ

久「――そんなこと」

久「あっても私が困るし……」ボソボソ

久「って! な、なに言ってんの、私は!」カァァ
620 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 00:00:34.18 ID:OcHE6tcY0
ごめんなさい、おそらく今日はここまでになるかと思います。
部長は相変わらず書いてて楽しかった(小並感)

眠いな……
他のメンバーもやる必要があるとは感じてるけど、今回のシチュだと
部長と和と咲だけでいいかな……? 優希とまこには申し訳ないけど。
どうだろう――?
621 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/06(木) 00:02:02.24 ID:ECDEtiGIo
まこは外せないな
622 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/09/06(木) 01:37:28.31 ID:lGavK2eAO
>>621
こいつワカメじゃね?
623 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/06(木) 01:44:39.75 ID:heEe+TSXo
それでいいです
624 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/09/06(木) 02:31:20.32 ID:gvc3g9ut0
ワカメタコスの不遇
いつものこと
625 : ◆ncPQru4eYZqZ [saga]:2012/09/06(木) 04:25:37.04 ID:OcHE6tcY0
せっかくだし、書きましょうか。

【優希】

優希「おーっす!」ガチャッ

京太郎「……」スースー

優希「――お? 犬一人か?」ズイッ

京太郎「……すー」

優希「おお、バカみたいな顔して寝ておるわ」

優希「……」チラッ

優希「――せめて、起こさないでおいてやるじぇ」カタン

優希「感謝しろ!」ビシッ

京太郎「……」

優希「……」


数分後――


優希(――みんな、遅い)ウッ

優希(うう、これじゃ暇だじょ……)ダラダラ

優希「……」

京太郎「……」

優希「――お、おい」ボソッ

京太郎「……」

優希「――そ、そろそろ、その」モジモジ

優希「お、起きても……」ズイッ

京太郎「――う」モゾモゾ

優希「!?」ビクッ

京太郎「……すー」

優希「……び、びっくりさせるな」ドキドキ

優希「……」


優希(――おかしい)

優希(話し相手になってほしいなら、とっとと起こせばいいのに)

優希(ど、どうせ、この犬のことだし)アセアセ

優希(怒りもしないだろうし……それなのに)ジッ


京太郎「……」

優希(――まだ、こうして眠っていてほしい、なんて)

優希(そんなことも考えてるのは、なんでなんだじぇ……?)ウーン
626 : ◆ncPQru4eYZqZ [saga]:2012/09/06(木) 04:26:14.80 ID:OcHE6tcY0
優希「……」

京太郎「すー……」

優希「――」スッ

優希「……はっ!?」ビクッ

優希「わ、わたしは」

優希「な、なにをやってるんだじぇ?」アセアセ

優希「こ、こんな犬に手を伸ばしたり、なんて……」チラッ


京太郎「……ゆ、き」


優希「」ピシッ

京太郎「たこ、す」

優希「?」キョトン

京太郎「つくっ、て、やる、から……」ムニャムニャ

優希「……」

優希「――まったく」

優希「ほんとーにバカ犬だじぇ、お前は」ハァ

京太郎「……いつ、か」スースー

優希「――でも」


優希「ありがとな」ニコッ
627 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 04:35:20.14 ID:OcHE6tcY0
結局、なんだかんだで書いてしまうんだよなあ……
さて、次は染谷先輩。
酉変わってました! 許してください、なんでも(ry

【まこ】

まこ「やっとるかー」ガチャッ

京太郎「……」

まこ「――お、京太郎だけか」バタン

京太郎「……」

まこ「よー寝よってからに……」ジッ

まこ「ま、普段からあれだけ働いてるんだから、仕方かもしれんがのう」ヤレヤレ

京太郎「……」

まこ「――こりゃ、しばらく起きそうもない、か」

まこ「しゃーない。テキトーに時間つぶすか」


――数分後


まこ「……あー」グデッ

まこ「そろそろ、飽きてきたのう」

まこ「……」チラッ

京太郎「――ん」ムニャムニャ

まこ「――しかし、まあ」

まこ「ホントに気持ちよさそうに寝るやっちゃ」

まこ「……」ツンツン

京太郎「――ん」ピクッ

まこ(……面白い)ニヤッ

まこ「それそれ」ツンツンツン

京太郎「……んうう」

まこ「ほれほれ」ツンツンツンツン

京太郎「――」

京太郎「そめ、や、せん、ぱ」

まこ「」ピタッ

京太郎「――あり、がと」

まこ「は?」

京太郎「……」

まこ「――寝ぼけてるんか、こいつは?」ウーン

まこ「……」

まこ「ありがとう、か」ボソボソ

まこ「――悪い気はせんのう」シミジミ
628 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 04:37:56.00 ID:OcHE6tcY0
さて、お次は準メインか、壊れるなぁ。

>>620が言うように、このSSでもどこか切ない感じが漂ってますね……
考えてみれば阿知賀編で勝手に補完してるとはいえ
周りには活発系の子やマセてる子を始めとして、対抗馬ばっかりだったんだよなあ……(震え声)
いずれ、きっちり補完できれば、と思ってます。

さて、書いていきましょうか。
629 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 04:46:30.63 ID:OcHE6tcY0
【和】

和「……」ウーン

和「こんにちは」ガチャッ

京太郎「……」

和「――わっ!」ビクッ

和「……なんだ、須賀くんですか」ホッ

和「お、驚かさないでくだ――」アセアセ

京太郎「……すー」

和「――って、寝てるだけですか」

和(……考えてみれば)

和(ただこうして机に突っ伏してるからって)

和(私がうろたえる必要なんて、どこにもないじゃないですか)カァァ

京太郎「……」

和(須賀くんが眠っていてくれて、良かったです……)ホッ


和「――」

京太郎「……」

和「起きる気配なし、ですか」ハァ

和(――おかしいですね)

和(須賀くんが眠っているのを見て)

和(なんで、あんなにびっくりしてしまったのでしょうか……)

和(はしたない)カァァ

京太郎「……のど」ボソッ

和「」ハッ

京太郎「――か」

和「……」トクン

和「――は、はい」ジッ

和「ど、どうかしましたか?」モジモジ

京太郎「――あ」

京太郎「だい、じょう、ぶ?」

和「……!」ハッ


和(――ああ、ようやく)

和(思い当り、ました)
630 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 04:56:10.59 ID:OcHE6tcY0
和(ここに来るまで)

和(……ぼんやりと、何かを考えていたような気がしたのですが)

和(――きっと、それは)チラッ

和(……)


京太郎「……どうか、し?」ムニャムニャ

和(――彼の中での私は)

和(そんなに、頼りない表情を浮かべて)

和(近くに、いるのでしょうか……?)ギュッ

京太郎「……」

和「――須賀くん」ボソッ

京太郎「……んう」ピクッ

和「私は、大丈夫ですよ」

和「ここにいますし」

和「――それに」モジッ

京太郎「――う」

和「……」

和(――これは)

和(さすがに言えませんね)

和(……でも)

京太郎「……」スースー


和「私、須賀くんを、その――とても」

和「た、頼りにしてます、から」アセアセ


京太郎「……」

和(――)

和(い、言ってしまいました)カァァ

和(でも、きっと)

和(こんな機会じゃないと、言えないだろうから)

和(恥ずかしいだろうし、きっと凄くうろたえてしまうだろうし……それに)

和「……彼の隣には、彼女が」ボソッ

和「――いえ」

和「それでも、まだいいですか、須賀くん?」ジッ

京太郎「……んう?」ムニャムニャ

和「……」


和(――なんだか)

和(高揚してるような、締め付けられるような……)

和(変な気分ですね)キュッ
631 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 04:57:47.04 ID:OcHE6tcY0
やっぱり、どこか不憫系なヒロインじゃないか(感涙)
書いててなんだか辛くなってきたってはっきりわかんだね。

さて、次は満を持して(二度目)メインヒロイン登場ですね……
今回は、どうなるのかな……
632 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 05:01:44.63 ID:OcHE6tcY0
【咲】

咲「こ、こんにちは……」ガチャッ

京太郎「……」スースー

咲「――あ、京ちゃん」ピタッ

咲「……」

京太郎「……」

咲「――寝てる」

咲「って、見ればわかるよ」ビシッ


咲(……京ちゃんの寝顔は見慣れたものだけど)

京太郎「――んう」

咲(いつも、なにかしら違うんだよね)

咲(そこが面白いんだけど)クスッ

咲「――やれやれ、京ちゃんが寝ちゃってるんじゃしょうがないね」ガタン

咲「さぁ、読書だ!」

咲「負けないからね、京ちゃん」クルッ

京太郎「……うっ、せ」ムニャムニャ

咲(……あ、寝言)
633 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 05:06:34.95 ID:OcHE6tcY0
咲「……」ペラッ

京太郎「……」スースー

咲「――ね、ねぇ、京ちゃん?」

京太郎「……」


咲「……最近ね、不安になるんだ」

咲「こうして、麻雀部で」

咲「原村さんたちと出会って」

咲「とても、よくしてもらってるけど……」

京太郎「……」スースー

咲「これって、夢じゃないのかな、って」

咲「――京ちゃん」ジッ

咲「京ちゃんは、京ちゃんだよね?」

咲「私の――京ちゃんだよね?」モジモジ

京太郎「――ん」ピクッ


咲「……」

咲「な、なに言ってんだろ、私」アセアセ

咲「――ば、バカみたいだよ、こんなの」カァァ

京太郎「――さ、き」

咲「」ハッ

京太郎「……おま、えが」

京太郎「すき」

咲「…………!!?」ガタッ

京太郎「――な、もの、みつ、けた、なら」

咲「……」

咲「――も、もう!」プイッ

咲「きょ、京ちゃんのバカ!」カァァ

京太郎「……んう」ムニャムニャ
634 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 05:08:29.69 ID:OcHE6tcY0
どこまでいってもメインヒロインでした。
京ちゃんが寝てるのにかこつけて、恥ずかしい台詞を連発してる咲ちゃん、マジ文学少女。
私の京ちゃん(意味深)

さて、そろそろここでおしまいですかね。
あ、あと、エロ本の話は難しいかも……すみません。
次は、ニワカ先輩になるかもしれないし、もしかしたら、他の人になるかも――オナシャス。
635 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/06(木) 05:09:14.12 ID:Ht/J5pHRo
なんでもって(ry
636 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/09/06(木) 09:20:23.08 ID:d7P8znTAO
>>1おつ

メインヒロインは咲ちゃんだから仕方ないね、和ちゃんには奈良で上手くいってもらいたい
637 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/09/06(木) 12:43:18.51 ID:G3KnyIgF0
638 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/09/06(木) 13:59:20.65 ID:aRPzRW4AO
まぁ、エロ本ネタは難しいかもね

多分和が一番ムッツリだと思う
人目が無ければ食い入るように見そう
639 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/06(木) 16:04:45.31 ID:qimsC5lno
和はえろい
640 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 19:41:09.02 ID:OcHE6tcY0
完全なる趣味の小ネタ。

――須賀家

咲「……あれ? 京ちゃん、これは」

京太郎「ああ、それか。お前でもさすがに知ってるだろ、それくらい」

咲「――ビー○ルズ?」

京太郎「お、よくわかったな。サー○ェント・ペパーズだ」

京太郎「……でも、咲の口から、バンドの名前が出るだけでなんだか――」プッ

咲「わ、私だって歌手くらい知ってるよ!」ズイッ

咲「ほら、放○後ティータイムとか!」ビシッ

京太郎「……」

咲「あ、あと! 水○奈々とか!」

京太郎「――いや、もういい」

京太郎「……ク○ーンとか来ると思ったんだけどな」ハァ

咲「え? なにそれ? トランプ?」キョトン

京太郎「――」


京太郎「ところで、咲」

京太郎「――なんでこのアルバムだけは知ってたんだ?」

咲「あ、それは」

咲「だって、あのラノベにだって出てきたじゃない」

咲「ほら、さ○ならピアノソナタ――」ウットリ

京太郎「……ああ、なるほど」

京太郎「そういえば、あの小説」

京太郎「妙に○ートルズの関連用語たくさん出てきたな……」

京太郎(とはいえ……)

咲「あー、あの時の二人の描写よかったなあ……」キラキラ

京太郎(――そういう知識の大半を)

京太郎(アニメやラノベから仕入れてるのであろうこいつの行き先が)

京太郎(少し、心配だ……)ヤレヤレ
641 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 19:42:56.30 ID:OcHE6tcY0
○イーンとかビー○ルズには名曲多いから、聞いてどうぞ。

さて、本来なら小走先輩の小ネタが始まる予定だったのですが……
どうも、なかなかいいシチュエーションが思い浮かばない。
せっかく意見を募ったのに、申し訳ない。

というわけで、今日も小ネタ募集します。
……清澄書きまくったので、できれば阿知賀で誰か出してほしかったり。
もちろん、清澄とかでも、歓迎します。
642 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/06(木) 19:45:58.36 ID:Z/mb0yjVo


そんな事よりボーリングしようぜ!
643 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/06(木) 19:46:49.13 ID:/Jap9uj5o
小走やえちゃんもオタクなのか否か
私は小3の頃からこの作品を追っている、ニワカは相手にならんよ

あちがは、寒がりな宥姉とくっつきながら遊んでた所を誰かに見られて盛大に誤解されるとか
644 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sagesaga]:2012/09/06(木) 20:22:14.31 ID:9PiOEO1v0
京「親戚の赤ちゃんを一日預かることになった」(舞台はどっちでも)とか
阿智賀だったら小学生だし遠足とか運動会なんてどうです?
645 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/09/06(木) 20:29:06.88 ID:Y8WJWeL20
阿知賀のメンバーで二人っきりの雨宿りとか見たいなーチラッ
646 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/09/06(木) 20:50:40.69 ID:UX3mdGIYo
京ちゃんの一言でおしゃれや女の子っぽさに目覚めるアコちゃん
647 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 20:56:23.97 ID:OcHE6tcY0
予想以上にボーリングの話が長くなってしまった……しかも、まとまりに欠ける。
とりあえず、このSSでの阿知賀編、最後の一人? が登場するってことで。


――ボーリング場

穏乃「……とりゃーっ!」ブンッ

カコーン!

憧「うわっ、またストライク……」ビックリ

穏乃「どうだ憧! すごいだろー!」ブイッ

憧「――麻雀やめて、スポーツ選手を目指すべきだね」シミジミ

穏乃「えっ!? なんかあんまり嬉しくない……」ウーン


和「……えいっ」グッ

京太郎「――やっぱ」

京太郎「和にはきつかった、か?」アチャー

和「そ、そんなこと!」クルッ

和「……ううっ」ビクッ

京太郎「……」

穏乃「――ま、まあ、人には得意不得意があるからね」

憧「そ、そうだよね……」

和「……」プルプル

京太郎(――二人の優しさが辛いな、これは)

京太郎(まず、ボーリングをきっちりレーンに載せられないと)

京太郎(いつまで経っても――)
648 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 20:57:12.83 ID:OcHE6tcY0
京太郎(……「ボーリング場に行かない?」と言い出したのは、赤土先生だった)

京太郎(その場にいたのは、俺たちだけだった)

京太郎(――なんで突然? と思ったのは、きっと俺だけじゃなかっただろう)

京太郎(……とはいえ)


晴絵「うう……そりゃ最近、この子たち教えるのに忙しかったけどさ」

晴絵「だからって、あんたたちだけで――」ブツブツ


京太郎(壁に向かってぼやいている先生を見たら、何だか放っておけなくなった)

京太郎(……先生も大学生だし)

京太郎(何かあったんだろう――まあ、その慰め役が出来るのなら)

京太郎(それに、純粋にボーリングをやってみたかった、というのもあって、ここに来た)

京太郎(――目をキラキラと光らせる穏乃や、「ボーリングもたしなみかな」とか呟いてた憧とか)

京太郎(とても複雑そうな表情を浮かべる和の姿を、妙によく覚えている――)

京太郎(……以上、回想終わり)
649 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 20:59:09.51 ID:OcHE6tcY0
穏乃「こうしてみたら……」

穏乃「こうやって持って、グルグル、って……」

和「うっ――」ビシッ

穏乃「あれれ……?」キョトン

憧「――穏乃のやり方じゃ、きっと誰にも出来ないよ」ヤレヤレ

京太郎「……穏乃、ホントに『型破り』だもんな」ウンウン

穏乃「い、いやだなー、照れるって」テレテレ

京太郎(……これ、褒め言葉だったのかな?)アレ?


――数分後


穏乃「――赤土さん、どうしたのかな?」

晴絵「お、みんな! やってるねー」

憧「あ、戻ってきた」

穏乃「どこ行ってたんですか、赤土さん?」

晴絵「いやねー、ちょっと知り合いを見つけたもんで――」

晴絵「話し込んじゃってたの」

晴絵「――ほら、この子たちが私の生徒だよ」

?「……」ハッ

?「――あ、どうも、こんにちは」ペコッ
650 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 21:00:55.50 ID:OcHE6tcY0
穏乃「……あれ? この人って」ジッ

憧「受付にいた人、だよね?」キョトン

晴絵「ああ、この子が私の知り合い――というか」

晴絵「私のファン、かな?」ニカッ

?「ちょ、ちょっと!」カァァ

晴絵「まあまあ、そう照れないで」ニコニコ

晴絵「そういえば、自己紹介が――って」ピクッ

晴絵「あの二人は?」キョロキョロ

憧「ああ、二人なら――」


京太郎「だから、こうして構えてみたら……」

和「ううっ――だ、だめです」ヘナヘナ

京太郎「あ、そっか……うーん」

京太郎(――正直、ボーリングなんて)

京太郎(やったことあるかないかもわからないしなあ……)

京太郎(――小学生でやったことある奴の方が珍しいような)

和「……や、やっぱり」

和「私には無理、なのかも――」グスッ


?「いや、そんなことないよ」スッ


和「……え?」ビックリ
651 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 21:03:13.69 ID:OcHE6tcY0
?「いい? 余計な力なんて必要ないから」

?「――たとえば」グッ

京太郎(な、なんだこの人は?)

京太郎(さっき入口で見たような――って、あれ)

京太郎(いきなりボールを構えて……)

?「こんな風に――!」グルッ

カコーン!

京太郎「」ポカン

和「」ポカン

?「……ほら、力なんていらない」

京太郎(――すげえ)

京太郎(さっきの穏乃とは全然違って)

京太郎(力を抜いてたように見えるのに、凄い綺麗なフォーム)

和「わぁ……」キラキラ

?「――ほら、一回やってみよう」


和「――こうして」スッ

?「……うん」

和「……えいっ!」ブンッ


カコーン!


和「……」

和「――は、初めて、ピンを倒せました)

京太郎「しかも、ほぼストライク、だな」

京太郎(――残り2本、か)

?「うん、できたね」
652 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 21:06:35.94 ID:OcHE6tcY0
和「――は、はいっ!」

和「あ、ありがとうございますっ!」ペコッ


京太郎「――あの」

?「……? どうかした?」キョトン

京太郎「いや、その」

京太郎「どうもありがとうございます」

京太郎「その――」

京太郎「できなくて、凄く悔しそうだったから」

?「……」クスッ

京太郎「?」

?「いや、なんか」

?「……そういうこと言うの似合わないよ?」

京太郎「……そうですか?」

?「うん」コクリ

京太郎「――うーん」

京太郎「……あ、すみません。俺、京太郎っていいます。須賀京太郎」

京太郎「――えっと、お姉さん? は?」

?「……」

?「あらた」

京太郎「――あらた、さん?」

灼「鷺森灼――」

灼「お姉さん、になるのかな?」
653 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 21:08:46.49 ID:OcHE6tcY0
晴絵「お、和。調子いいみたいじゃないか」

憧「うわっ、すごい!」

穏乃「――さっきまで、ずっとガーターだったのに」

京太郎「ああ、それなら灼さんのおかげだよ……って、あれ?」

晴絵「ああ、あの子なら」

晴絵「仕事の途中だから、って受付に帰ったよ」

京太郎「いつの間に……?」

晴絵「まあ、忙しいからねー」


――受付


灼「……」カリカリ

灼「――お姉さん、か」ボソッ

灼(なんだか、よくわからないけど)

灼(……悪い子じゃなさそうだな)クスッ
654 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/06(木) 21:11:33.86 ID:9PiOEO1v0
レジェンドハブられてもうたん……?

ちなみに無粋な指摘だけど
 ボーリング:穴あけ作業
 ボウリング:スポーツ

まあ、気にする人はいないと思うけどね
655 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 21:11:49.62 ID:OcHE6tcY0
灼ちゃん書くのが難しすぎる……
無口系だけど、ハルちゃんのことになると必死っていう感じだよなあ……どう表現すればいいのやら。

このボーリング場で、阿知賀編メンバー全員と灼との面識ができたことになります。
……今後、出番ができるかどうかはよく分からないけど(震え声)

少し、お休み。
656 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 21:14:21.97 ID:OcHE6tcY0
>>654
正直、どう表記しようか悩んだ。
記憶が曖昧だったもんで。

でも、せっかくそう指摘してくれたし、今後この用語が出る時は「ボウリング」って書きます。
ありがとうございました。
657 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/06(木) 21:49:38.55 ID:OcHE6tcY0
ごめんなさい、今日はここまでになるかも……
ちょっと眠すぎんよー。

というわけで、色々と小ネタ案、ありがとうございました。
じっくり活用(意味深)させてもらいましょうねー。


憧(――おかしい)

憧(あいつが)キュッ

憧(あいつが、あんなこと言ってきたせいで)カァァ

憧(……)フルフル

憧(――よしっ!)グッ


憧ちゃんおしゃれ話ってこんな感じでいいんですかね……?
本格的には、次に書くことになりそうだけど。
658 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/06(木) 21:59:02.25 ID:4EyVK+pTo
ええでええで
659 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海) [sage]:2012/09/06(木) 22:50:22.16 ID:NPGSNFHAO
寝るとか甘え

嘘です、冗談です
しっかり睡眠をとって無理せず頑張ってください
660 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/09/07(金) 00:24:04.29 ID:890b3yGK0
ん?今なんでもするって言ったよね(難聴)
661 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/09/07(金) 03:21:55.69 ID:4qyu/XMqo
いいぞいいぞ
662 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 00:27:49.27 ID:nIifgb7v0
必死こいて、ない脳みそ振り絞って、みんな大好きな「あの人」を出そうと頑張ってみた。
とりあえず、プロローグ部分終わったんで、投下します。

メモ帳に書き溜めてから投下する方が、はかどりそうだと思った(小並感)
663 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 00:28:32.36 ID:nIifgb7v0
――こども麻雀クラブ

晴絵「――みんな! これに出る気はない?」ピラット

穏乃「え?」

憧「は?」

和「はい?」

京太郎「……なんですか、それ?」

晴絵「お、よくぞ聞いてくれた」ニコッ

晴絵「これはね――市内で行われる麻雀大会の告知チラシ!」

晴絵「この近辺に住む子供たちなら、基本的に参加可能だね……ちなみに」

和「――あ、条件の所に」

憧「小学6年生から中学3年生、か」フムフム

穏乃「おお! 私たちも入ってる!」キラキラ

晴絵「食いつきいいねぇ」

京太郎「――俺たちも出られるんだ」

晴絵「そういうこと」ニコニコ
664 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 00:29:38.22 ID:nIifgb7v0
晴絵「あんたたちも、そろそろこの麻雀クラブだけじゃ張り合いないでしょ?」

晴絵「たまには、外の人たちとも闘ってみるべきだと思ったの」

穏乃「なるほどー……」

憧「へぇ、面白そうじゃん」

和「――ま、麻雀大会……ですか」キラキラ

京太郎(ボウリングの時に比べて、すげえ嬉しそうな顔だな……)

晴絵「――そっか! んじゃ、全員出るってことでいいね?」

一同「はい!」

晴絵「よしっ! それじゃ、登録っと……」

京太郎「あ、先生」

晴絵「ん? どした、京太郎?」

京太郎「いや、あの――」

京太郎「だ、男子と女子で分かれないんですか?」カァァ

憧「あ、なに?京太郎、照れてるの?」ニヤッ

穏乃「うわっ、顔赤いね」クスッ

京太郎「ち、ちがっ!? た、ただ聞いてみたかっただけだっての!」アセアセ

和「――たしか、記憶によれば」

和「インターミドルからは男女に分かれる、でしたよね?」

晴絵「ん。まあ、そうだね」
665 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 00:30:19.03 ID:nIifgb7v0
晴絵「――とはいえ、今回は、男女混合だよ」

晴絵「いろんな人と打ってもらうってのが目的だし」

和「なるほど……」フムフム

憧「いやー、よかったね、京太郎! 女子とも打てるってさ!」ニヤニヤ

穏乃「よかったねー」クスクス

京太郎「お前ら……」ハァ


晴絵(……)

晴絵(――正直、普段この3人とよく一緒にいる時点で)

晴絵(あんまり、そういう所に拘らない子だと思ってたんだけど……)

晴絵(複雑なんだねえ、男の子ってのは――)ウンウン
666 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 00:31:26.23 ID:nIifgb7v0
プロローグだけ投下しました。
――試合描写は、ほとんど省略してしまうだろうな……(震え声)

もう少しだけ待っててください。なるべくすぐに投下できるようにします。
667 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/08(土) 00:35:45.52 ID:0jDHIYlyo
乙!
668 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 01:28:33.79 ID:nIifgb7v0
長くなりすぎた……じゃけん、投下しましょうねー。


――当日

穏乃「うわっ、多っ!」キョロキョロ

憧「意外と集まるもんだねー……」

和「――やっぱり、中学生くらいの方が多いみたいですね」

晴絵「まあね」

京太郎「……なんで、小6の俺たちが出られるんだろ?」

晴絵「そうだね……中3は受験の年だから」

晴絵「参加者が減ると思ったんじゃないかな」

穏乃「へぇ……」

憧「まあ理由はどうあれ、いっちょ暴れてやりますか!」フンス

和「――そうですね」グッ

京太郎「……腕の見せ所、か」

憧「あれ? 京太郎、そんなに自信あるの?」

穏乃「これは楽しみだね」

和「――京太郎くん?」

京太郎「う、うっせぇ……」
669 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 01:29:02.32 ID:nIifgb7v0
晴絵(――まあ、事実として)

晴絵(3人に比べて、京太郎が実力で劣るのは事実)

晴絵(……でも)

晴絵(こうして楽しむのに、強いも弱いも関係ない――)

晴絵(……)

晴絵(――私も)

晴絵(いつか、また……)


穏乃「――赤土さん?」

晴絵「……あ。ご、ごめん」

晴絵「じゃ、そろそろ行こうか」

憧「よしっ!」

京太郎「……か、勝つぞ」フルエゴエ

和「京太郎くん、声が――」

穏乃「楽しみだなー!」

晴絵「……」

晴絵(――あの子たちを見てると)

晴絵(いつか、また……)

晴絵(戻れるはず、だよね)
670 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 01:29:37.04 ID:nIifgb7v0
――会場内

穏乃「――よしっ、リーチ!」

憧「ロン! 12000!」

和「――ポン」

晴絵(……ふむ)

晴絵(あの3人は、さすがってところだね)

モブ「うわっ、マジか……」

モブ「うそっ――強い」

晴絵(――そりゃまあ)

晴絵(私が育てた子たちだし?)ニコニコ

晴絵(――とまあ、自惚れはここまでにして)コホン

晴絵(心配なのは……)

京太郎「……」モジモジ

モブ「ツモ! 4100オール!」

京太郎「うわっ!?」

モブ「いやー、悪いねえ……」

晴絵(――やっぱり、京太郎か)

晴絵(どこか委縮しちゃってるのが、ここからでもはっきりわかる)

晴絵(……あの子に付けさせるべきものは)
671 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 01:30:08.89 ID:nIifgb7v0
――対局後

京太郎「あ、ありがとう、ございました」

モブ「ご、ごめんな、きみ」

京太郎「い、いえ! そ、そんなこと、全然――」

モブ「いやいや……んじゃ、また!」

京太郎「は、はいっ」

京太郎「――はぁ、やっぱり」

?「……」ジッ

京太郎「俺には、麻雀は」

?「――!」ピクッ


晴絵(……行くなら今、かな)

晴絵(よし)

晴絵「――きょうた」


?「おい、きみ。そう肩を落とさないでくれ」


晴絵「……あれ?」

京太郎「――え?」

?「いいか。せっかくこうして麻雀する機会に恵まれたわけで」

?「そんなところで、落ち込まれていると困るんだよ」

京太郎「あ、あの……」モジモジ

晴絵(――うわ、何か凄い子だな)

晴絵(……さっき、京太郎と対局していた子か)

晴絵(タイミング、逃したな、これは)

京太郎「そ、その――ご、ごめんなさい」ペコリッ

?「……ああもう、じれったいな」

?「ちょっと来て」スタスタ

京太郎「え、えっ?」

晴絵(……いきなり、どこかへ動き始めた?)

晴絵(――行くべきか、行かないべきか)

晴絵(……)

晴絵(あの子に任せるか)

晴絵(何となく、あの子なら大丈夫なような気がするし)
672 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 01:30:37.28 ID:nIifgb7v0
――会場端

?「……お、やっぱり余ってたか」

?「出入り自由ということもあって、人がいない時間帯もあるからな」

京太郎「あ、あの……」

?「座ってくれ」カタッ

京太郎「――は、はい」カタッ

?「……よしっ、それじゃあ」コホン

?「今からきみに、少し指導をしたい」

京太郎「――え?」

?「さっきの対局」

?「きみはオドオドしっぱなしで、気がかりだったんだよ」

?「たしかに、周りは中学生ばかりで、委縮する気持ちはわからなくもないが」

?「――それでも、ベストを尽くすべきだった」

京太郎「で、でも!」

?「――『自信』」

京太郎「……!」ハッ

?「きみに、圧倒的に不足しているものだ」

?「――まあこれは、今年入ってきた私の後輩たちにも言えるんだが」

?「とにかく、それが足りない」

京太郎「――じし、ん」
673 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 01:31:08.87 ID:nIifgb7v0
?「……それを付けさせるにはどうすればいいか」

京太郎「――」ゴクリ

?「――とにかく、私と打ってみよう」

京太郎「……え?」キョトン

?「……こう言ったはいいものの」

?「私もまだ、手探りの状態でね。後輩にもどう言ったらいいものか――」

京太郎「……お願いします」

?「――ん?」ピクッ

京太郎「教えてください」

京太郎「……強くなりたいです」

?「それだけかい?」

京太郎「――もっと、麻雀を楽しみたいです!」

?「よしっ! それじゃあ、早速打つぞ」ニコッ

京太郎「はいっ!」


晴絵「……」

晴絵(――な、なにこの展開?)

晴絵(もしかして、私が言うべきこと、全部言われちゃった?)ハッ

晴絵(……でも、まあ)


?「――いいかい、ここで出すべきものは……」

京太郎「あ! そっか!」

?「なかなか理解が早いな、きみは」ニコッ


晴絵(――京太郎も楽しそうだし)

晴絵(結果オーライ、なのかな?)ウンウン
674 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 01:32:11.07 ID:nIifgb7v0
京太郎「――なるほどなるほど」フムフム

?「ふむ……まあ、こんな短時間ではあるけど」

?「随分、上達したんじゃないか?」

京太郎「……そういう気が、します」

京太郎「――そういえば」

?「ん?」キョトン

京太郎「あの……お姉さん? の名前って」

?「――やえ、だ」

やえ「小走やえ。中学2年さ。君は?」

京太郎「……須賀京太郎です、その――やえ、さん」

やえ「――なるほど、京太郎くんか」

京太郎「……なんか、順番おかしかったですね」

やえ「まったくだな」


晴絵「……」

晴絵(――麻雀っていうのは、本来)

晴絵(こういう交流のためにあったんじゃないのか?)

晴絵(何かを取り戻せそうな気がするな――あの二人を見てると)フムフム
675 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 01:32:38.59 ID:nIifgb7v0
――会場外

穏乃「いやー、打った打った!」

憧「いろんな人と打ったなあ……」

和「――楽しかったですね」

晴絵(3人とも充実してたみたいだな)


憧「……あれ? 京太郎は――」キョロキョロ

京太郎「ご、ごめんなさい! 遅れました……」

穏乃「あ、来た」

和「遅いですよ、京太郎くん」

京太郎「ご、ごめん、みんな……」

晴絵「――京太郎」

京太郎「……はい?」キョトン

晴絵「楽しかった?」

京太郎「――あ」ハッ

京太郎「凄く、楽しかったです」ニコッ

晴絵「ん。それは良かった」

晴絵(――いい笑顔だな)


京太郎「強くならなきゃな……約束したし」ボソッ

憧「え、なにそれ?」ピクッ

京太郎「――あ、やべっ」ハッ

穏乃「やくそく?」キョトン

和「……気になりますね」ジッ

憧「――ねえねえ? どんな人となんの約束をしたの?」ニヤニヤ

京太郎「お、お前らには関係ねえって!」カァァ
676 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 01:34:32.39 ID:nIifgb7v0
晴絵(……)


――京太郎くん、また会う時は――

――はいっ!――

――やえさんに教わった技、使えるようにしておきます!――

――ふふっ、それは楽しみだな――


晴絵(――『あれ』のことかな?)フム

憧「うわーっ、あやしー」

穏乃「なんかね、おかしいよね」

和「――京太郎くん?」ジトッ

京太郎「な、なにもないから!」

晴絵(……)

晴絵(――こっちからもお礼を言いたい気分だよ)

晴絵(あの子に)クスッ


――同時刻

やえ「……」テクテク

やえ「やえさん、か」ボソッ

やえ「また会えたらいいな、京太郎くん」ウンウン

やえ「その時は――」


――俺、いつかやえさんに勝ちたいです!――

――ほう? それなら、そのつもりで待ってていいんだね?――


やえ「……負けないからな」グッ
677 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 01:36:13.18 ID:nIifgb7v0
これで、散々延期してた小走先輩のSSは終わり、かな。
遅れてしまってすまんな。

結構、楽しく書いてた。
レジェンドが目立ってるのは、何となくそんな気分だったから。
少し無駄だったかな……読みにくかったらごめんなさい。

それでは、一旦お休みします。
今からもう一本くらい書けるかも……?
678 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/09/08(土) 01:39:34.05 ID:D8wWDmiAO
小走先輩マジぐう聖
679 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 01:41:48.69 ID:C/P93vROo

これは本編にも小走先輩出れるな
680 : ◆ncPQru4eYZqZ [saga]:2012/09/08(土) 01:57:41.40 ID:nIifgb7v0
阿知賀編で希望たくさん出してもらって申し訳ないんだけど、京咲書きたい気分が……。
灼ちゃんもニワカ先輩も出せたし、なんかリクエストあったらお願いします。

……こっちが見てて2828しっぱなしになるような京咲のシチュ、誰かいい案はないですかね?
681 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 02:00:14.80 ID:C/P93vROo
咲さん膝にのせて一つのゲームでもいっしょにやってればいいんじゃないでしょうか
682 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/09/08(土) 02:01:31.06 ID:D8wWDmiAO
>>680
夏祭りはやったんだっけ?
京太郎スレが多すぎてごっちゃになってる

バレンタインとか
修学旅行とか
683 : ◆ncPQru4eYZqZ [saga]:2012/09/08(土) 02:37:37.63 ID:nIifgb7v0
>>681
完全にカップルですね、たまげたなあ……
文量少なくなりそうだけど、やってみようか。

>>682
夏祭りなら前スレでやった覚えがあるな……
修学旅行は相当長くなりそうだし――バレンタインでもやってみようか。

いい感じのが二つ出てきて嬉しい(小並感)


――須賀家・リビング

咲「――そういえば、よく思うんだけど」ピコピコ

京太郎「ん?」ズバッ

咲「京ちゃんのお母さんとかお父さんって、あんまり見ないよね?」

京太郎「まあなー」

京太郎「共働きだしな」

咲「へぇー……」

咲「なるほど、恋愛モノの主人公とかによくあるご家庭だと思ってたけど」

咲「そんな理由が」フムフム

京太郎「お前は全部そういう目でしか見れねえのか!」ペシッ

咲「あいたっ!」

京太郎「ったく……」

京太郎「こっちとしては、お袋にお前のこと見られるだけでも」

京太郎「後で変な目を向けられるっていうのに」

咲「えっ……」ドキッ

咲「そ、それはどういう」アセアセ

京太郎「――ああ、もう!」

京太郎「ほれ、そろそろ遅いだろ、帰ったらどうだ?」

咲「あっ、なにそのあからさまな邪魔者扱いは」

京太郎「……そろそろ、お袋が帰ってくるんだよ」

咲「へぇー」

咲「いいよ、じゃあ」

咲「……京ちゃんの顔を立ててあげるってことで」

京太郎「なんだよ、それ……」

咲「――まあ、時間も遅いし」
684 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/09/08(土) 02:37:39.31 ID:r6oW4jBN0
時空が歪んで、咲と穏乃が遭遇
二人で京太郎争奪戦とかどうよ?
685 : ◆ncPQru4eYZqZ [saga]:2012/09/08(土) 02:37:58.60 ID:nIifgb7v0
京太郎「……」

京太郎(前々から気になってはいたんだけど)

咲「ん? なんか言いたそうだね、京ちゃん」

京太郎「……あのな、咲」

京太郎「――ゲームに集中してると、ついつい場所を移動するのは分かるんだけど」

咲「……え?」

京太郎「そ、その」

京太郎「お、俺の膝の辺りに座るのは――」

咲「――!?」ハッ

咲「……こ、これは!」カァァ

咲「不可抗力! そう、あくまでも偶然だよ!」ビシッ

京太郎「偶然だろうと、なんだろうと」

京太郎「お前、こんな体勢になってるのに、なんで気づかねえんだよ……」カァァ

咲「そ、それは――!」

咲(……言えるわけない!)

咲「じゃ、じゃあね京ちゃん! ま、また明日!」ダッ

京太郎「おい、咲……」

京太郎(脱兎のごとく逃げ出していったな、あいつ――)


――外

咲「……」テクテク

咲「言えるわけ、ないよ」

咲(――あの場所が)

咲(凄く居心地良くて)

咲(安心できたから、なんて)カァァ
686 : ◆ncPQru4eYZqZ [saga]:2012/09/08(土) 02:40:54.05 ID:nIifgb7v0
無理がありすぎるのは百も承知。
というわけで、イメージ図は読んだ人の胸の中に――

実は完全にカップル設定で、咲ちゃんが京太郎を弄るVerも考えましたが
それじゃこの距離感が壊れるということで、なかったことに……
あんまり夢オチも多用したくないし。

さて、バレンタインでもやろうか。

>>684
すげえ発想だ……
穏乃は結構前にジャージの件があったからね、しょうがないね。
咲ちゃんに至っては、言わずもがなだし……。
面白そう。
687 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 02:44:37.14 ID:C/P93vROo
乙、ギャルゲーじゃなくてよかった
時空が歪むんじゃ仕方ない
688 : ◆ncPQru4eYZqZ [saga]:2012/09/08(土) 02:56:33.32 ID:nIifgb7v0
――中学の頃のお話。

京太郎「……」

京太郎(ねみい……)ウーン

京太郎(やっぱ、徹夜でアニメ観るもんじゃねえな)ゴシゴシ

京太郎(おかげで、曜日の感覚すら薄れてきた……)

咲「あ、きょ、京ちゃん!」ビクッ

京太郎「――お、咲か」

京太郎「おはよ」

咲「お、おはよ、う……」モジモジ

京太郎(――なんだこいつ?)

京太郎「どうした? 熱でもあるのか?」

咲「うっ……」ビクッ

咲「そ、その――」アセアセ

咲「……」ジッ

咲「――も、もういいよ!」ダッ

京太郎「っておい、咲!?」

京太郎「……なんだありゃあ」


A「おっす、須賀」ポンッ

京太郎「お、Aか」

A「――なんだ、変化なしか」キョトン

京太郎「は? なんだよそれ?」

A「……驚いた」

A「まさか、中学生男子で、今日という日を全然気にかけない奴がいたとは」

京太郎「知るか、んなもん」

A「……お前もしや」

A「日本人じゃ――」

京太郎「しつこい」ペシッ

京太郎「――で、今日はなんの日なん……」


モブA「こ、これあげる!」

モブB「え、マジ? 俺に」

モブA「そ、そう!」

モブA「ぎ、義理だからね!」

モブB「……サンキュ」

モブA「ふん!」


京太郎「――!?」ハッ

A「……教えるまでもなかったな」

京太郎「……ああ、そうだな」

京太郎「――そうか、もうそんな」シミジミ
689 : ◆ncPQru4eYZqZ [saga]:2012/09/08(土) 03:03:25.63 ID:nIifgb7v0
――教室

B「あ、来た、バカ二人」

A「バカ言うな」

京太郎「おっす、B」

B「おはよ、須賀くん――あ、そうそう」

B「これあげるわ、義理だけどね」スッ

京太郎「お、サンキュ」

B「どういたしまして」クスッ

A「……あれ? 俺には?」

B「あんたにはないわよ」

A「ええっ!?」

B「――代わりに」ゴソゴソ

B「これ、あげる」

A「……ん?」キョトン

B「――何かしらね?」

A「……サンキュー」

B「ん」コクッ


京太郎「……」

京太郎(こりゃ、邪魔者は退散かな?)コソコソ

京太郎(――つーか)

京太郎(あれで付き合ってないんだから、わかんねえよなあ――って)

咲「」ハッ

京太郎「さ、咲っ!?」

咲「――あ、あっ」カァァ

咲「ご、ごご、ごめんなさい!」ダッ

京太郎「ええっ!?」


――休み時間

京太郎「お、おい、咲」

咲「――!」ダッ

京太郎「わっ!?」


――その後の休み時間

京太郎「――お前な」

咲「あ、そうだ!」ガタッ

咲「そ、そろそろ図書室行かないと!」ダッ

京太郎「はぁ!?」


京太郎「……どうしようもねえな、あいつ」ヤレヤレ
690 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2012/09/08(土) 03:05:05.30 ID:YpbChqXeo
このスレも遊戯王のフィールに侵されたり・・・
他よりはオタク設定だからやりやすそうだけどもうやったっけ?最近どれがどこかわかんない
691 : ◆ncPQru4eYZqZ [saga]:2012/09/08(土) 03:15:33.03 ID:nIifgb7v0
酉、安定せず。これもうわかんねえな。

――放課後

京太郎「……結局」

京太郎「放課後、か」トボトボ

京太郎「……」

咲「!?」ダッ

京太郎「――はぁ」テクテク


――昇降口

咲「――」

京太郎(……? なにやってんだ、あいつ?)

咲「……よいしょ」

咲「これで――」

京太郎「おい、咲?」

咲「」ビクッ

咲「――きょ、京ちゃん!?」バッ

京太郎「なにしてんだ、こんなところで」

京太郎「人気がないから、すげえ目立ってたぞ」

咲「え、ええっ!?」

京太郎「さて、その手にあるものは――」

咲「だ、だめっ!」サッ

京太郎「お前なあ……」ハァ

京太郎「――」

咲「……」

咲「――え、えと、あの」モジモジ

咲「京ちゃ――」

京太郎「隙アリ!」バッ

咲「わっ!?」ビクッ

京太郎「よし、もらった……油断したな、咲」

咲「か、返してよーっ!」

京太郎「やだよ……ったく、お前は――ん?」


『京ちゃん、ごめんなさい』


京太郎(――メモ書き? と、後は)

京太郎「……まさか、これは」スッ

咲「――ううっ」

京太郎「――咲」

咲「……!」ビクッ
692 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 03:16:10.72 ID:nIifgb7v0
京太郎「……今日一日」

咲「?」キョトン

京太郎「お前と話せなかった」

咲「――へ?」

京太郎「だから」

京太郎「せめて帰りぐらいは」

京太郎「お前の話を、しっかりと聞かせてもらおう」ゴゴゴゴ

咲「きょ、京ちゃん――怖い」

京太郎「当たり前だ」ハァ

京太郎「――ったく、こっちだって不安になるっての」

咲「……」

咲「ご、ごめんなさい」モジモジ

京太郎「もう、いいよ」

京太郎「――その」

京太郎「これさ」スッ

咲「……!」ハッ

京太郎「ありがたく、もらっておくから」

咲「あ――」カァァ

咲「ど、どうも」ペコッ

京太郎「――ったく」

京太郎(――こう、顔赤くして縮んでちゃ)

京太郎(責めようにも、責められないじゃねえか……!)
693 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 03:18:26.80 ID:nIifgb7v0
あ、直った。
またミスか、壊れるなあ。

とりあえず、バレンタインでした。
高校の頃よりずっと内気な咲ちゃんだから、こんなに怯えてるのも、多少はね?
――高校の頃じゃなかったのは、他のキャラの場合を書くのが大変そうだったからです。許してください! なん

さてと、今はここまでですかね。
ありがとうございました。

>>690
うおお……もう遊戯王、全然やってない。
ごめんなさい、書けそうにないな。
694 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/09/08(土) 03:27:25.70 ID:r6oW4jBN0
あれだな、天使な咲ちゃんが居る珍しいスレだなww
695 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/09/08(土) 03:27:28.59 ID:D8wWDmiAO

ここの咲ちゃんマジ癒し
696 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 03:52:55.38 ID:nIifgb7v0
そろそろ一旦寝ようかな。
京咲成分はがっちり補給できたので、清澄でも阿知賀でも、ネタどうぞ。
……たまには、部キャプでもええんやで?(ニッコリ)
まあ、このスレの方向性的に、リクエストはあんまりなさそうだけど……。


遠足とか運動会ネタは、なかなか作るのに時間かかりそうで……
あと、赤ちゃんネタは、難しいかも――すまんな。
阿知賀の雨宿りは……それならなんとか行けるかって感じですね、今のところは。
697 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海) [sage]:2012/09/08(土) 09:14:59.33 ID:Fvgq04QAO
>>694
なにゆうてんや、咲ちゃんは天使に決まってるやろ?ガクガク
698 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長野県) [sage]:2012/09/08(土) 11:41:18.68 ID:CD2jj41K0
>>697
そうだね、プロティンだね
699 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/09/08(土) 13:04:14.04 ID:rYASnMRB0
咲ちゃんがかわいくて世界がヤバイ
700 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 17:10:33.91 ID:PzqJM/ki0
前にリクエストがあった、宥姉のお話でも書きましょうか。

――松実館・座敷

玄「――どう、京太郎くん?」ジッ

京太郎「……おいしい」モグモグ

玄「そっか……良かった」ニコッ

京太郎(――きなこ餅かな、これは)モグモグ

京太郎「これ、玄姉ちゃんが?」

玄「うん――」

玄「といっても、うちの料理人さんがほとんど作ったんだけどね」エヘヘ

玄「せっかく京太郎くんが来てるんだから、ちょっと食べてもらおうって思ったんだ」

京太郎「そっか――うん、これいいと思うよ」

玄「ありがと」クスッ

玄「――あとで、穏乃ちゃんたちにも食べさせてあげよっと」

京太郎「あっ、そうだね」

京太郎「――まったく、あいつらはホントに元気なんだから」ヤレヤレ

玄「よかったの? みんなで山行くって話になってたのに」

京太郎「いや、今日はちょっと疲れてたし」

京太郎「……まあ、和が行くって言ったのには、ちょっとびっくりしたけど」

玄「――あ、そうだね」

玄「どっちかっていうと、インドア派だからねー」

京太郎(――)

京太郎(和もきっと)

京太郎(穏乃たちと仲良くなりたい、って)

京太郎(強く思うようになってるんだろうな……それはいいことか)
701 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 17:13:49.30 ID:PzqJM/ki0
宥「――うっ、寒い」ブルッ

玄「あ、お姉ちゃん」

京太郎「あ、こんにちは、宥姉ちゃん」

宥「こ、こんにちは……ううっ」ブルブル

玄「わわっ、お、お姉ちゃん、なんでここに?」

宥「――炬燵でお昼寝してたら」

宥「二人の声がしたから」

京太郎(……暇だったのかな、宥姉ちゃん)ウーン

宥「――こ、ここ、なんでこんなに寒いの?」ブルブル

玄「まあ、空調入ってるからねー……」

玄「――そうだな、お姉ちゃん、もう一枚どてらでも持ってこようか?」

宥「あ、ううん、大丈夫」

宥「少し、慣れてきたから」ギュッ

玄「――そう? それならいいんだけど」


京太郎(――空調を止める、っていうこともできたはずだ)

京太郎(けど、それをしなかったのは、きっと……)


京太郎「ありがとう、玄姉ちゃん――」ペコッ

玄「え? あ、どういたしまして」ペコッ


京太郎(――気を遣わせちゃったかな)
702 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 17:20:40.44 ID:PzqJM/ki0
――数分後

宥「――うっ」ブルッ

玄「だ、大丈夫、お姉ちゃん?」

宥「マフラーまで巻いてるのに……なんで?」ブルブル

京太郎(――そういえば)

京太郎(今日は昼から、真夏日になるとか言ってたような……)

京太郎(だから、きっと)

玄「わかった、空調の温度が下がってるんだ!」ポンッ

玄「ちょっと待ってて、お姉ちゃん!」ダッ

玄「……京太郎くん、大丈夫かな、それで?」

京太郎「あ、うん」コクッ

京太郎「気にしないで、玄姉ちゃん」

玄「わかった! ありがとね」


京太郎「……」

宥「……うう」ブルブル

京太郎「――あ、あの、宥姉ちゃん?」

宥「――きょ、京太郎くん?」ビクッ

京太郎「いや、その……」

京太郎「だ、大丈夫?」

宥「――あ」

宥「う、うん、大丈夫、だよ」ニコッ

京太郎(――明らかに無理してそうなんだよな)

宥「へ、平気だよ」アセアセ

京太郎(言い直した)

京太郎「……」

京太郎「――よっと」ピトッ

宥「――え?」

宥「きょ、京太郎くん、なにを?」アセアセ

京太郎「いや、その」

京太郎「せめて、こうやって」

京太郎「肩でもくっつけておいたら、少しは」

宥「――」ハッ

宥「そう、かもね」

宥「あ、ありがとう、京太郎くん」ニコッ

京太郎(――よかった、少し顔が赤くなってる)

京太郎(きっと、体が温かくなってるんだろな)

宥(……)

宥(あれ? なんか、体が熱いような――?)カァァ

京太郎(あ、顔が火照ってる……良かった)ホッ
703 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 17:26:31.30 ID:PzqJM/ki0
――さらに数分後

玄「お待たせ、お姉ちゃん――って、あれ?」ガチャッ

宥「……」スースー

京太郎「」ハッ

京太郎「あ、あの、玄姉ちゃん、これは」アセアセ

玄(――えーと)

玄(お姉ちゃんが京太郎くんの膝に頭を載せて)

玄(気持ちよさそうに寝ている……)

玄(――あれ? これって)ハッ


京太郎「ち、違う! 玄姉ちゃん、これは!」

玄「――なるほどなるほど、なるほどー」クスッ

玄「もしかして、京太郎くん……」

京太郎「だ、だから!」

玄「――あんまり大きな声出さないであげて」シッ

京太郎「――あ」ハッ

宥「……ううん」ピクッ

玄「……お姉ちゃん、最近」

玄「ちょっと、力入りすぎてたから」

京太郎「――そっか」


玄(――二人の姿勢には突っ込みたいけど)

玄(お姉ちゃん、すごく気持ちよさそう)クスッ

京太郎「――宥姉ちゃん」

宥「――えへへ」ニコニコ

京太郎「……嬉しそう」ホッ

玄(どんな夢、見てるんだろうな?)ニコニコ
704 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 17:29:02.65 ID:PzqJM/ki0
穏乃たちも出そうと思ったけど、考えてみれば最近、あの3人がほとんど出ていたことを思い出した。
そのせいで、松実姉妹は出番がなかったなあ、と。
というわけで、二人がメインです――といっても、宥姉メインではあるけど。

久々の松実姉妹は楽しかった(小並感)
ネタあるなら、書いてどうぞ。

明日からちょっと所用で、書けない日が続くだろうな……(震え声)
705 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 17:30:39.72 ID:PzqJM/ki0
あ、ちなみに、ちょっと補足。
最初は宥姉がウトウトしかけたときに京太郎の肩に頭が触れて、
京太郎がドギマギしてる間にズルズル落ちて、膝に頭が乗っかっちゃったって感じです。
で、そこを玄ちゃんに見られたと。

……ご都合主義? しかたないね。
706 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2012/09/08(土) 17:36:52.45 ID:YpbChqXeo
やめるのですぼくたち時代の阿智賀メンバーと京太郎で戦隊ヒーローごっこ
707 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(三重県) [sage]:2012/09/08(土) 17:39:27.19 ID:UWT5cQUQo
痴漢ごっこで遊ぶ阿知賀メンバーを京太郎がみて鼻血
708 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 17:59:03.81 ID:Jg6kbj8T0
晴絵「折角ベースがいいんだから、穏乃もたまには女の子らしい服装してみたら?」→穏乃改造計画
709 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 18:13:28.83 ID:fXZ5uAguo
サッー



>>1乙!アイスティーしかなかったけどいいかな?
710 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/09/08(土) 19:12:18.34 ID:rm88gyH90
京太郎を中心点として、阿知賀の世界と清澄の世界が融合
清澄VS阿知賀の須賀京太郎争奪麻雀大会が今、開始するとか?
711 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 19:28:24.20 ID:QNN6wzcFo
結果が分割しか見えない
712 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 19:37:31.30 ID:DIrgh4jIO
ここのみんなはぐう聖だから、その展開は無い
713 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sagesaga]:2012/09/08(土) 19:57:35.75 ID:BrmzibAb0
>>710
起点となる京太郎が小学生か高校生かで各校の反応が大いに変わるな
っつーか阿智賀京太郎も多分高校は清澄だから、展開によっちゃあり得る……のか?
714 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 20:11:08.75 ID:PzqJM/ki0
>>709
ご満悦先輩きらい。

>>710
まるで恋愛ゲームのファンディスクみたいなノリだ(直喩)
いいですね、面白そう。

このネタに関しては、もう少しここの住人で話し合ってみてほしい。
それでこっちも、書くのがスムーズになりそうだし。
……なんかそれを見てると面白いし(本心)


他のネタに関しては、戦隊ヒーロー以外ならいける、か……?
ごめんなさい、戦隊ヒーローものを見てた記憶がおぼろげで……。

ちょっと席を外します。
明日から始まる所用の準備をしたりするので……早ければ11日には再開できるかな。

今日できれば、1、2本は小ネタ希望に応えたいですね。



淡「――もうSSで、私が敬語で話すことはなさそうですね」

照「このスレと他のスレで、私たちのキャラは完全に乖離してるからな」

照「――正しいのは、他のSSだな」

淡「そうなりますよねー」

菫「……最初のノリが懐かしいな」

菫「私はほとんど変わってないような――」アレ?

照「もともと、見たままのイメージだったってことじゃないか?」

淡「まあ、『そういう』イメージで固まってますし」

菫「お前ら……」ゴゴゴゴ


誠子「――あれ? 私たちは?」

尭深「……特に、意識されてないみたい」ズズーッ

誠子「まあ、無理もないか」ヤレヤレ
715 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/09/08(土) 21:31:37.71 ID:rm88gyH90
>>713
高校生の方が面白そう。で、平行世界ネタにすればいい。
阿智賀の高校にそのまま進学した京太郎と和の平行世界と清澄の高校に進学した京太郎と和の平行世界の二つがある。
で、両世界の京太郎を中心に世界が融合したから、京太郎は清澄と阿智賀の記憶を両方持った状態で融合した世界へ
和は阿智賀と清澄の二人いる状態だけど京太郎は一人になってしまったから取り合いに……。
716 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 22:56:51.64 ID:nIifgb7v0
明日から留守にしちゃうから、今日は二つの世界が混ざり合った小ネタをやろう(提案)
元の世界の記憶を持っているヒロインを、二人(清澄・阿知賀両方から一人ずつ)決めたい。

……今の漠然とした構想だと結構長くなりそうだけど、いいかな?
あと、>>715の言うように、高校生の方が書きやすそうだ。それでいきます。

まあ、ゆっくりやろうか。
とりあえず、清澄は――あ、でも、それは咲ちゃんの方が(このスレ的に)面白いか。
それじゃ、阿知賀の5人から一人決めよう……レジェンド、すまんな(震え声)

考えをまとめたいので、多めにに取らせてもらおう。
↓10までの多数決。阿知賀編のメイン5人のうち、誰か一人を書いてください。
717 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/09/08(土) 22:57:48.31 ID:Un2p+w1Io
クンカーのシズ
718 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 22:57:51.68 ID:3Q3fxygyo
しず
719 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/08(土) 22:58:07.94 ID:gfbACcsFo
しず
720 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 22:58:32.55 ID:C/P93vROo
咲さんくるなら穏乃かなー
721 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 22:58:40.92 ID:NW5ALBm+o
しず
722 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/08(土) 22:59:48.58 ID:zsO+Sprxo
しずー
723 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 23:04:31.75 ID:nIifgb7v0
今思った。↓10じゃ、同数になってしまう可能性があったということに……俺はアホか。

しかし、一体感すげえな……これで穏乃確定ですね。それでは書いていきましょうか。お待ちください。
主人公同士が出会うことになりましたね。


――プロローグ――

以前、咲との人格入れ替わり現象が起きたとき、俺にはその原因がさっぱりわからなかった。
帰り道であっさり元に戻れたから、俺も咲もそこまで問題視しなかったためでもあるだろう。

そのしっぺ返しとして、今回の状況は生まれたのだろうか。それとも――
724 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 23:07:30.30 ID:nIifgb7v0
あ、ごめんなさい。
舞台は奈良と清澄どっちがいいかな――といっても、それはそこまで展開には影響しないかもしれないけど。

↓3までであっさり決めよう。お願いします。
725 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 23:08:56.96 ID:3Q3fxygyo
NAGANOで
726 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/08(土) 23:10:05.59 ID:zsO+Sprxo
なら
727 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 23:10:11.30 ID:C/P93vROo
奈良
728 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 23:29:26.70 ID:nIifgb7v0
ほい、それでは奈良で。
じゃあ、書いていきましょう。



――これは

久「……リーチ!」

憧「え、うそ!?」ビックリ

和「調子いいですね、部長」

灼「――へえ」



宥「――うう、寒い」ブルブル

まこ「だ、大丈夫か、あんた?」

優希「ゆ、宥さん、大丈夫か!?」

玄「あはは、お姉ちゃん寒がりだからね」



――これは、一体?

京太郎「……」チラッ


穏乃「――へぇ、咲さんってお姉さんがいるんだね!」

咲「うん、今は東京にいるんだけどね……穏乃ちゃんは?」

穏乃「ああ、私にはいないよ! 羨ましいなあ、きょうだいがいるって!」キラキラ

咲「まあね……仲はいい、かな」

穏乃「羨ましいことで」ニコッ

咲「ありがと」クスッ
729 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 23:30:01.27 ID:nIifgb7v0
京太郎(な、なんだ、これは……?)

京太郎(朝、起きて)

京太郎(フツーに学校に来て、放課後になって)

京太郎(……なんで部室に入ったら、いきなり)

京太郎「人が増えてるんだ……?」ボソッ


京太郎(――いや、待て)

京太郎(あそこで調子よく麻雀打ってるおさげの人。俺はどこかで会ったことがあるような気がする)

京太郎(あと、そこで何かをモグモグと食べてる子も、メガネをかけてる人も)

京太郎(……そうだ、間違いなく――)


優希「おい、京太郎!」

京太郎「……ん?」

灼「どうかしたの?」

宥「なんか、凄い考え込んでるみたい……」

まこ「病気かのう?」

京太郎「――あ、その」

京太郎「ごめんなさい、そうかもしれませんね」ポリポリ

京太郎(――灼さんと宥姉ちゃんはもちろん知ってる)

京太郎(そして、このメガネの人は染谷先輩、そしてこの小さい子は優希)

京太郎(――あれ? あっさり名前が出たぞ?)

優希「おーい、京太郎?」

まこ「やっぱり、なにかおかしいのう……」

灼「――帰った方がいいんじゃない?」

京太郎「そう、しましょうか」

京太郎「それじゃ、失礼します――その」

京太郎「あそこの4人にも、言っておいてくれますか?」

宥「う、うん、それは構わないけど」

玄「だ、大丈夫?」

京太郎「え、ええ、まあ――」


穏乃「……」

咲「……」

穏乃「咲さん」

咲「うん、そうだね、穏乃ちゃん――」ポチポチ
730 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 23:30:59.02 ID:nIifgb7v0

――校門

京太郎「……これは、一体?」

京太郎(なんなんだろう……?)

京太郎(メールか――なになに)


FROM:咲
SUBJECT:待ち合わせ
本文:体調大丈夫? できたらでいいんだけど、ちょっと話したいことがあるんだ。
   後で、京ちゃんの家に行ってもいい?
   穏乃ちゃんも一緒なんだけど……


京太郎「――咲、か」ボソッ

京太郎(……おかしいな、なんだか)

京太郎(記憶が――)アレ?

京太郎(……とりあえず、来てもらわないことには始まらない、か)ポチポチ
731 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 23:33:02.53 ID:nIifgb7v0
ここまで書いてみたはいいものの、やべえ展開が思いつかねえ……(絶望)

情けない話ですが、知恵を貸してください。
今の所、奈良ベースなので、阿知賀のメンバーは小学生の頃から知ってます。
そして、そこに清澄のメンバーが入り込んだ形です。

京太郎は、二つの記憶を同時に持っている、という非常にややこしい事態です……
さて、どうしたものか――なんかいい案ありますかね? 無理があるようなら、やり直すか、とりやめということに――
732 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 23:35:56.58 ID:C/P93vROo
巫女さんとか小走先輩やマホがお助けキャラ的にどうにかすればいいと思うよ!
733 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 23:44:00.26 ID:3Q3fxygyo
こういう系はオカリンしか思いつかねえ
734 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sagesaga]:2012/09/08(土) 23:47:56.91 ID:BrmzibAb0
いっそどちらにも出演してるのどっちがナビゲートないし事情を知っている的な感じにすれば……
SOAで一蹴されるか……
735 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 23:53:45.23 ID:nIifgb7v0
すげえ中途半端なところで挫折してしまった……とりあえず、投下。

――須賀家

京太郎「……座ってくれ」

穏乃「お邪魔します」ペコッ

咲「――へぇ、『こっちの』京ちゃんのおうちは、こんな感じなんだ」

穏乃「あれ? 『そっち』とは違うの?」

咲「うーん……大体同じような気も」

京太郎「二人とも、いいか?」

穏乃「あ、ごめんごめん」

咲「うん――どこから話そうかな」


京太郎「――つまり」

京太郎「二つの世界……咲がいた『長野』、そして俺が育ってきた『奈良』」

京太郎「それが、合わさったってことか」

咲「まあ、そんな感じかな」

穏乃「ややこしいよねー……で、問題なのは」

咲「私と穏乃ちゃん以外は、みんな前々からの知り合いってことになってるね」

京太郎「――で、なんでお前ら二人は、そういうことを知ってるんだ?」

穏乃「それが、私たちにもよく分からないんだよねえ……」

穏乃「でも、なんか、気づいたら――」

咲「知ってた、みたいな感じなんだよね」

京太郎「うーん……」
736 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 23:54:19.96 ID:nIifgb7v0
京太郎(――よくわからないけど)

京太郎(この状況は、なんとかしないとまずい、ような気がする)

京太郎(……そう、たとえるなら)


咲「まあつまり、シュタ○ンズ・ゲートみたいな感じ?」

穏乃「え? なにそれ?」キョトン

京太郎「――なんかそれとは違うような気しかしないけど」

京太郎「まあ、いいや。やってやるか」

京太郎「――ところで二人は、こうなっちまった原因を知ってるのか?」

咲「……」

穏乃「……」

二人「それが分からないんだよねえ」

京太郎「……そうか」ハァ

咲「ごめんね、京ちゃん?」

穏乃「でもまあ、私たちもこの状況を何とかできるように協力するよ」

京太郎「――なんだこの展開?」ヤレヤレ
737 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 23:54:49.86 ID:nIifgb7v0
咲「まあまあ、京ちゃん。物は考えようだよ」

咲「ほら、ファンディスクみたいなものだと思えば」

穏乃「ふぁんでぃすく?」キョトン

咲「あ、でも、それだとハーレムルートみたいなことにもなっちゃうのか――うわ、なんか嫌だ」

穏乃「はーれむるーと?」キョトン

京太郎「……咲、もうお前黙ってろ」

咲「ええっ!?」


京太郎(――よくわからないけど)

京太郎(何かしら、出来ることがあるはずだ)

京太郎(……よし、動くか)グッ
738 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/08(土) 23:56:24.88 ID:nIifgb7v0
……思いつかないんだよなあ。
これもうわかんねえな。

体験版はここまでです、って感じに切ろうかとも思うけど、書くのは意外と楽しかったり……
うーんやっぱり、みんなの意見を待ってみたいな。お願いします。
739 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 23:57:39.51 ID:C/P93vROo
目的意識をもてばいいんじゃないの
レギュラー争奪戦とか
740 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/09(日) 00:02:15.84 ID:f7bhdnXMo
二つの世界の共通点和・・・

が無意識に望んだみたいな?(適当)
741 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/09(日) 00:12:03.95 ID:kwlC+9mc0
――それから

久「須賀くん、買い出し頼めるかしら?」

京太郎「はい、喜んで!」

憧「うわー、相変わらず凄いねえ……」

優希「完全に雑用係になってるじぇ」

玄「でも、おかげで私たちがしっかり練習できてるわけで」

灼「感謝しないとね」

まこ「そうじゃのう――」


――時は流れて

穏乃「――リーチ!」

咲「わわっ、穏乃ちゃん早いよ」

宥「……どうしよう」

和「――」

咲「? 原村さん?」

和「……あ、いえ、なんでもないです」

穏乃「――?」
742 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/09(日) 00:13:16.30 ID:kwlC+9mc0
――何日ほど経っただろう。

京太郎「……これでもう」テクテク

咲「2週間ほど経った、かな?」ウーン

穏乃「いやー、随分長いねえ」

京太郎「……なんで穏乃は、そんな悠長に」ハァ

穏乃「だってさー」

穏乃「何とかなるって信じてるし」ニコッ

京太郎「はぁ?」

咲「――がんばれ、京ちゃん」クスッ

京太郎「お前らなあ……」

京太郎「――でも、まあ」


京太郎「そろそろ、おしまいかもな――」


咲「……なにか根拠があるの?」ジッ

京太郎「いや、なにも」

穏乃「うわー、京太郎なに言ってんの?」

京太郎「……なんとなく、だけど」

京太郎「そろそろ、綻びは見え始めた、ような気がする」

咲「わ、京ちゃん、どっかのゲームの主人公みたい」キラキラ

穏乃「……ドラ○エかなにか?」キョトン

京太郎「……」




その日の夜。

メールが、来た。

差出人は……なるほど、やっぱり。

俺は返信し、明日を待つ――


終わりは、近い。
743 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/09(日) 00:41:29.58 ID:kwlC+9mc0
よく分からないけど、長くなってすまんな。
とりあえず終わったから、一気に投下します。いきなりおかしな話を書いてしまって、悪かった。

――部室

京太郎「――よう、お待たせ」

「……」ハッ

京太郎「待ったか?」

「――いえ」

「そんなに、は」

京太郎「長いこと待ってただろ?」

「……!」ビクッ

京太郎「悪いな、待たせちまって」

「――そ、そんな!」

京太郎「……なぁ」

京太郎「――『どっち』だ?」

「……」

京太郎「二つの場所で、俺とお前は会った」

京太郎「じゃあ――」

「……」

「どっちも、です」

京太郎「……そうか」

「私は――」


「『清澄』と『阿知賀』両方の原村和、です」ニコッ
744 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/09(日) 00:42:26.88 ID:kwlC+9mc0
京太郎「……ごめんな」ペコッ

和「そんなこと――」

京太郎「いや、悪かった」

京太郎「……少なくとも、記憶を持ってる時点で」

京太郎「可能性を探ろうとしなかった、俺が悪かった」

和「……その」

和「――京太郎くんが悪いわけじゃないです」

和「これは、私のせいでした……」

京太郎「でも、結局、誰にも迷惑はかかってない」

和「……それは、京太郎くんも同じじゃないですか」

京太郎「――あ、そうか」

和「……」


和「始まりは、夢の中でした」

京太郎「……」

和「私はそこで、もう一人の『私』と会いました」

和「そこの『私』は、まるで――」

和「お人形のような服を着ていました」

京太郎(夢の中で会った相手は、『阿知賀』の頃の和)

京太郎(――ってことは、この目の前にいる和は、『清澄』がベースってことか)

京太郎(……あれ?)ハッ
745 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/09(日) 00:42:44.79 ID:bCz399vto
のどっち?(難聴)
746 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/09(日) 00:42:56.86 ID:kwlC+9mc0
和「――最初は、起きたら忘れるようなおぼろげなものでした」

和「でもだんだんと、それが実感をともなうようになってきたんです」

和「……そして」

和「私たちは、お話をするようになりました」

和「最初は些細なことしか話しませんでしたが」

和「次第に、もっと込み入った話題も出てきました」

京太郎「……それが」

和「はい。今回のことの発端です」


和「私たちはお互いのお話をしていく中で」

和「――いつしか、『一緒になれたらいいのに』と願うようになりました」

和「『阿知賀』の私、『清澄』の私」

京太郎「……」

和「――最初は夢なんじゃないか、って思いました」

和「いつの間にか世界は書き変わっていて」

和「みんなが一緒になってました」

和「そこは、とても楽しい空間のように思えました」


京太郎「――いいのか?」

和「……え?」

京太郎「そんな空間を、終わりにして」

和「――」

和「……いいんです」

和「こうした状況になって、しばらくの間」

和「『私たち』は自問しました。これでいいのでしょうか? と」

和「――最初は、『二人』とも、望んでた通りになって喜んでました」

和「でも……」

和「だんだん、そうしていることが怖くなって」

和「二つの世界が一つになった――本当にそれが正しいのか、って」

和「……分かれていたからこそ、見えていたものもあるんじゃないか、って」

京太郎「……そっか」
747 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/09(日) 00:43:56.24 ID:kwlC+9mc0
京太郎「――咲と穏乃の記憶はなんで残ってたんだ?」

和「……あれは、きっと」

和「怖かったからです」

和「――この世界のことが、何にも問題にされず、日々が過ぎていったら」

和「きっと、京太郎くんも気づかなかったはずです」

京太郎「――そう、かもな」

京太郎(最初は、びっくりしっぱなしだったし)

和「――だから、特に印象に残っていたあの二人だけは、無意識に記憶を残すことを選んでたのだと思います」


和「……そろそろ、ですね」

京太郎「――」

和「綻びが出来ていたのに、気づきましたか?」

京太郎「ああ……」

京太郎「なんとなく――そろそろだろうな、って思ってた」

和「――そういうことです」コクッ

和「それじゃあ、京太郎くん……」

和「『そっち』の私をよろしく頼みます」ニコッ

京太郎「……ちょっと待った」

和「はい?」キョトン
748 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/09(日) 00:46:30.32 ID:kwlC+9mc0
京太郎「――えっと、今俺の前にいる和は、『清澄』ベースなんだよな?」

和「――ええ。それがなにか?」

京太郎「それだったら、言いにくいんだけど……」

京太郎「なんで、俺を『京太郎』って呼ぶんだ」

和「……」

京太郎「『阿知賀』の和の呼び方を、なんで『清澄』の和が……」

和「――」


和「さあ、なんででしょうね?」クスッ


京太郎(その時の和の笑顔は、まるで――)


和「――それでは、さようなら、『京太郎くん』」クルッ


京太郎(まるで――)


和「……」

和「……ワた、シ、は」

和「『京太郎くん』ノ、こト、が――」


京太郎(天使の、ような)

京太郎(……やべ)

京太郎(いしキ、が――――)



…………
………
……
749 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/09(日) 00:48:31.71 ID:kwlC+9mc0
エピローグは少々お待ちを。
なんか無駄に大げさな話になったような――何気に和の救済ルートだった可能性が……!?

途中の過程は省きましたが、もしかしたら咲ちゃんが言ったように
「ファンディスク」的な展開があったのかもしれませんね。
750 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/09(日) 00:51:03.78 ID:oqkE9QJPo
清澄と阿知賀のどっちだ

このスレの和か可愛くて本当にうれC
751 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/09(日) 00:58:20.78 ID:bCz399vto
おつぱい
752 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/09(日) 01:18:16.05 ID:kwlC+9mc0
…………
……




――こども麻雀クラブ

京太郎「――よし、リーチ!」パシッ

穏乃「ええっ!?」

憧「そんな――私が京太郎にリーチを許すなんて!」

和「いくらなんでも京太郎くんが可哀想では……」

京太郎「京太郎くん……」ボソッ

和「はい?」キョトン

憧「うわ、なに?」ジトッ

穏乃「ど、どしたの、京太郎?」

京太郎「――あ、いや、ごめん。なんでもねえや」


穏乃「そう言えば、変な夢見たんだよ」

憧「どんなの?」

穏乃「なんかねー……おっきくなった憧とかがいて」

穏乃「たくさんの人と一緒に、麻雀やってたような――」

憧「へぇ……ね、そこの私、どんな感じだった?」

穏乃「え、その時の憧? んーとね……」

穏乃「なんか、おしゃれになってたような」

憧「ほんと!? うわ、なんか嬉しいな」ニコッ

京太郎「……たかが夢の内容に、なにを」ヤレヤレ

憧「ふん、京太郎には分からないことだよ」プイッ

京太郎「そう……」ムカンシン
753 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/09(日) 01:18:41.60 ID:kwlC+9mc0
和「――たくさんの方と麻雀、ですか」

穏乃「うん! ああ、そういえば、そこには和もいたような……」

和「そう、ですか……」

和「あ、あの」モジモジ

和「そこの私は、どんな――」ジッ

穏乃「綺麗だったよ」

和「え?」ピクッ

穏乃「なんか、和だけははっきり覚えてるんだよねえ……今の感じのまま、凄く綺麗になってた」

穏乃「――あれ? あと、もう一人、短い髪の人が……?」アレ?

和「――綺麗、でしたか」

和「なんだか、嬉しいですね」エヘヘ


憧「……なんだろう、この微妙な気分は」グッ

京太郎「なんだ、結局和の方がよく覚えられてたってことは」

京太郎「そこの憧は、大したものでも――」ニヤニヤ

憧「う、うるさい!」カァァ

京太郎「……まあ、いいんじゃね?」

京太郎「別に憧がどうなろうと――」

憧「え……?」ドキッ

京太郎「俺たちはこうして、言い合ってるんだろうなって」

憧「――なにさ、それ?」ジトッ

京太郎「何となく、だよ」
754 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/09(日) 01:22:55.49 ID:kwlC+9mc0
京太郎(――よくわからないけど)

京太郎(こうして……穏乃や憧、それに和と)

京太郎(楽しく過ごしてる時間が、凄く楽しい)

京太郎(……なんでだろう? 何か、おかしな気分なんだよなあ)


憧「ほら、京太郎!」

穏乃「山行くよ、山!」

和「――山」ピクッ

和「い、行きましょう!」アセアセ

京太郎「……わかったよ」

京太郎「んじゃ、行くかっ!」ダッ

京太郎(――だったら)

京太郎(今は、こいつらと)

京太郎(いられる時間を、大切にしよう――)


京太郎「なぁ、和?」

和「なんですか、京太郎くん」キョトン

京太郎「――綺麗に、なりたい?」

和「……はい?」ピクッ

和「な、なんですか、急に?」アセアセ

京太郎「――あ、ごめん」

和「もう――」カァァ


京太郎(……なぜかはわからないけど)

京太郎(なぜか前より、和におかしなことで話しかけることが多くなったような気がする)

京太郎(――なんでだろ?)ウーン
755 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/09(日) 01:26:58.51 ID:kwlC+9mc0
とりあえず、これにて長くなった融合モノはおしまいです。
ファンディスクな感じの小ネタも書けたら、と思ったけど、キャラが多すぎるんだよなあ……

最後に京太郎が意味ありげに、こいつらといる日々を大切にしよう、って考えてるのは
消える前に和が言った、「こういう世界じゃないと、見えない物もある」って言葉に繋げたものです。
分かりづらくて、すまんな。

戻った後の、清澄での和と京太郎は……これは小ネタにできそうなんで、敢えて今は書かないで置きます。
そのときは、和推しの人たちに喜んでもらえるような話を書きたい、と考えてます。

それでは、これで。
今からまだ書くかもしれませんが、一旦ここまでになるかも――おつきあい、ありがとうございました。




咲「――で? 結局、ファンディスクは出るの?」

京太郎「本編すら終わってないんだよなあ……」
756 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/09(日) 01:27:30.72 ID:f7bhdnXMo
おつやでー
757 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/09(日) 01:28:26.10 ID:bCz399vto
おつ!
良い話だった、掛け値なしに


マブラヴの純夏的な感じかと思ったらそうではないか
758 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/09/09(日) 01:43:15.89 ID:v+SOD1HAO
のどっちが掛け値無しのガチ天使スレが増えて俺歓喜
759 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/09(日) 01:58:01.26 ID:wFpgcMpv0
おっつ
760 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/09/09(日) 01:59:26.41 ID:zCX07sUh0
乙乙!

アイスティーしかなかったけどいいかな?(迫真)
761 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sagesaga]:2012/09/09(日) 08:32:09.60 ID:2gzlnGO10

NGシーン的な感じで、戻った後の京太郎の中身が
清澄ベース→阿智賀へ、阿智賀ベース→清澄へ とか入れ替わっても面白いかも
762 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海) [sage]:2012/09/10(月) 17:55:17.33 ID:38PxOSDAO
うにょー
763 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/10(月) 20:39:37.51 ID:Jup5xcwm0
色々あって、早く帰ってきてしまった……やれやれ、やはり弱い。
ともあれ、SSを書きましょうか。

レスを見直してたら、和のお父さんと京ちゃんが会う、っていう小ネタ希望があったけど……
どうも親と会わせる形のものは不得手なんだ。すまんな。

さて、阿知賀の微エロでもいきますか。あんま自信はないけど、面白そうだ。


――こども麻雀クラブ

憧「……あれ? 京太郎、来ないんだっけ?」

穏乃「ああ、そういえば」

玄「どうしたんだろうねー」

和「あ、京太郎くんなら、今日はクラスの男の子たちと遊ぶ、と言ってました」

憧「そっか」

玄「あ、そうそう」ポンッ

玄「他の子たちも、みんな用事があって来れないって言ってたよ」

穏乃「ふーん……」

憧「――ま、たまには」

憧「上級生の女子だけで集まるのもいいかもね」ジッ

玄「そうだねー」ジッ

和「……え、ええ」

和(なんでこの二人は、私の方を見つめてるのでしょうか?)

穏乃「――ま、それもそうだね」クスッ

和(……なんだか、嫌な予感がしますね)
764 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/10(月) 20:55:23.01 ID:Jup5xcwm0
憧「さて、和?」ニヤニヤ

和「は、はい?」ビクッ

玄「どうです、最近?」ニコニコ

和「――え?」

穏乃「……ああ、そういう」

玄「そう照れなくても……うふふ」ワキワキ

和「な、なんですかその手は!?」

憧「――いや、やっぱり」

憧「気になっちゃうよね、それ」ジッ

穏乃「まあ、玄さんの気持ちもわからなくもない、というか」ウンウン

和「ふ、二人まで!?」

玄「まあまあ、悪いようにはしないから……」ワキワキ

和「お、お断りです!」

玄「二人とも!」

憧「ほいっと」ガシッ

穏乃「よっと」ガシッ

和「――や、やめて」グスッ


玄「では、失礼して……」モニュッ

玄「おお、これはこれは……」

和「ううっ……」ビクッ

玄「また、育ちましたなあ――」シミジミ

憧「あ、やっぱり」ムニュッ

穏乃「そうみたいだね」ムニュッ

玄「ふむふむ……」モミモミ

憧「――やっぱりおっきいなあ」モミモミ

穏乃「へぇ……」モミモミ

和「も、もういいでしょう――そ、そろそろ、手を」カァァ


京太郎「こんにちはー……!?」ガチャッ


和「」

憧「」

穏乃「」

玄「――あ、あれ、京太郎くん!?」バッ
765 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/10(月) 20:56:28.79 ID:Jup5xcwm0
京太郎「……」

京太郎「あ、ごめんなさい」ペコッ

京太郎「俺、帰りま――」

憧「ちょっと待とうか、京太郎くん?」ガシッ

穏乃「まあまあ、ゆっくりしてってよ」ガシッ

和「京太郎くん?」ガシッ

京太郎「……」ハァ


京太郎「――俺は悪くな」

憧「問答無用!」

穏乃「ダメじゃないか、京太郎!」ビシッ

和「――あ、謝ってください」モジモジ

京太郎「……玄姉ちゃん?」ジトッ

玄「――」ハッ

玄「が、がんばって、京太郎くん!」ダッ

京太郎「……」


その日の夕暮れ――
三人の女子生徒に囲まれてうなだれる、一人の少年の姿がそこにはあった。
少年の言葉は、誰にも届くことはない。


京太郎「――俺が、何をしたって言うんだ」
766 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/10(月) 21:01:29.70 ID:Jup5xcwm0
あーあ、もう滅茶苦茶だよ
学校の近くで遊び終わって、部屋の灯りがついてたから行ってみたら、ダメだったみたいですね(冷静)
たまにはエロもいいものです。

……しかし、自分自身小学生の頃を思い出しても、こんな女子いたかな?
まあ、そんなことどうでもいいか(台無し)

さて、次いこうか。
穏乃改造計画か、憧のおしゃれ目覚め話か――あれ? どっちでも美味しい?
ちょっと考えてみますね。
767 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/10(月) 21:05:45.25 ID:6J7FQ0vs0
乙!
期待してるぜ!
768 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/10(月) 22:25:44.15 ID:Jup5xcwm0
穏乃改造計画おしまい。
じゃけん、投下しましょうねー。

――こども麻雀クラブ

憧「……」ジッ

穏乃「――?」キョトン

憧「……やっぱり」ジッ

穏乃「あ、憧? な、なに?」アセアセ

穏乃「そうじっと見られるのは、ちょっと――」カァァ

憧「うん、勿体ない!」ガタッ

穏乃「わわっ!?」ビクッ


憧「しず! あんた、やっぱりダメだよ!」

穏乃「え? いきなりのダメだし?」

憧「いい? あんた、女の子だよね?」

穏乃「え、そこから?」

穏乃「いやまあ、そりゃ――なんか照れるな」テレテレ

穏乃「女の子、だけど……」カァァ

憧(――ほら、この動きだけ見たって)

憧「もったいなさすぎる……」

穏乃「ちょ、憧? 落ち着いてってば」アセアセ

憧「――よし、決めた!」

憧「しず! 私の家に来なさい!」ビシッ

穏乃「ええっ!?」

憧「大丈夫! 悪いようにはしないからね……」ニコニコ

穏乃(な、なに、その意味深な顔は?)ビクビク
769 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/10(月) 22:28:28.02 ID:Jup5xcwm0
――新子家

憧「さて、そんなわけで一気に私の家に来たわけですが」

穏乃「なに、その説明口調?」

和「あ、このお茶美味しい」ズズッ

京太郎「憧の家は久しぶりだなあ……」シミジミ

憧「こら、そこの二人!」ビシッ

憧「ちゃんと聴きなさい」

和「――といっても」ピタッ

京太郎「……何で俺たちも来るんだ?」ハァ

憧「私一人じゃ、しずの改造は難しいと思ったんだ」

穏乃「……私、モノ扱いなの?」

和「――なるほど。しかし、私はお役に立てるでしょうか?」

憧「いや、普段の服を見ても」

憧「私と和のセンスは少し違う感じだからね」

憧「二人で補えば――」

京太郎「……で、俺は?」

憧「京太郎は、しずの姿を見て判定」

京太郎「は?」

憧「やっぱり、男の目は必要だと思うからね」

京太郎「……」ウワァ

京太郎(なんだろう、凄く帰りたくなってきた)

憧「帰らないでね?」ニコッ

京太郎「――わかったよ」ハァ

憧「それじゃ、二人は私の部屋に来て」

和「出来る限りやってみましょうか……」

穏乃「――はぁ。わかった、やるよ」

京太郎「じゃあな」

憧「……京太郎」ピタッ

憧「絶対、私の部屋には、来ないように」ビシッ

京太郎「――憧の部屋なんかに興味ねえっての」ハァ

憧「あ、なにそれ」ムッ

京太郎「どっちだ……わかってるよ、行かないから」

憧「……」ムーッ
770 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/10(月) 22:30:17.94 ID:Jup5xcwm0
――数分後

京太郎「……おせえ」

京太郎「よし、あと3分来なかったら帰ろう」

京太郎(――あれ? これ、3分前にも言ったような……)

憧「お待たせ!」ガラッ

和「……随分と退屈そうですね」

京太郎「そりゃまあ」

憧「――さ、しず! 入って入って」

京太郎「やれやれ、やっと……か……」パチクリ



そこには、見慣れない女の子がいた。
トレードマークとも言えるジャージを脱ぎ、全く別物の服に着替えた女の子。
その子は白いワンピースを着ていて、頭には小さな花がついていた。きっと、アクセサリーだろう。
俺たちの視線を受けてか、モジモジと足を組み替えている。顔は、ほんのりと赤い。
……ばっちり改造された高鴨穏乃が、そこにいた。



穏乃「――」モジモジ

京太郎「――」ジーッ

穏乃「な、何か言ってよ、京太郎」カァァ

京太郎「え!?」ハッ

京太郎「あ、そうだな、うん……」ジーッ

穏乃「……」モジモジ

京太郎「びっくりした」ボソッ

穏乃「え?」

京太郎「――そ、それだけ!」プイッ
771 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/10(月) 22:32:25.62 ID:Jup5xcwm0
憧「ホントに?」ズイッ

和「……そうなんですか?」ズイッ

京太郎「うっ」ビクッ

穏乃「――あ、あはは」

穏乃「ね、憧? 和? そろそろ着替えても……」モジモジ

穏乃「そ、その――正直、恥ずかしいから」カァァ

京太郎「……あー、もう!」

穏乃「……!?」ビクッ

京太郎「わかったよ、言うよ!」

京太郎「――似合ってるよ、穏乃」ボソボソ

穏乃「――」

穏乃「……も、もう、京太郎ってば」アハハ

穏乃「――じゃ、じゃあ、ホントにそろそろき、着替えたいなー、とか」アセアセ

憧「……まあ、それもそうね」

憧「京太郎の反応見たら、私と和の見立ては間違ってなかったってことがわかったし」

和「そう、ですね」

憧「それじゃ、行こっか、しず」

穏乃「……」ポーッ

和「――穏乃?」

穏乃「――あ」ハッ

穏乃「う、うん! は、早く着替えたい」アセアセ
772 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/10(月) 22:34:42.18 ID:Jup5xcwm0
穏乃「そ、それじゃね、京太郎」

京太郎「……お、おう、じゃあな」

憧「それじゃ、行こっか」

和「はい」

穏乃「……」モジモジ

京太郎「お、おう、また後で」

穏乃「――」

穏乃「あり、がと」ボソッ

京太郎「えっ!?」ビクッ

穏乃「じゃ、じゃあね、京太郎!」ダッ

京太郎「あっ……」


――帰り道

和「……あの、穏乃?」

穏乃「――」ポーッ

穏乃「あ、ごめん」カァァ

京太郎「……顔、赤いぞ、お前」カァァ

和(京太郎くんもとても赤くなってますけどね)

穏乃「う、うん――きょ、今日は暑いね、まったく!」アハハ

和(……私は少し肌寒いような気も)

穏乃「あ、そうだ!」ポンッ

穏乃「わ、私、用事思い出した! 先帰るね!」ダッ

和「あ、穏乃!」

京太郎「――行った、か」

和「そうですね……」


和(――なんでしょうか)

和(京太郎くんが赤くなってるからといって)

和(私には何の関係も――)

京太郎「……似合、ってたな」

和「――」

京太郎「穏乃……」

和「……そうですね」

和「京太郎くん、だらしがないです」ジトッ

京太郎「えっ!?」

和「もう少し、シャキッとしてください」スタスタ

京太郎「の、和……?」

和(――な、何してるんですか、私は!)
773 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/10(月) 22:38:09.84 ID:Jup5xcwm0
正直、服の描写って難しいんだよね、それ一番言われてるから。
小説読んでても、そういう描写がうまい作家は普通に尊敬するんだよなあ……
特に、女性作家はそういうのがうまい傾向にあると思う(小並感)

ともあれ、これにて穏乃改造計画おしまい。
この前のジャージ洗濯の時といい、穏乃がメインになると赤くなってばっかりですね……
赤面は正義(断言)

さて、憧ちゃんおしゃれに目覚める編はもう少しかかるかな――穏乃に力入れすぎた感があるんだよなあ。
あと、この面子で固定されたせいで、レジェンドや松実姉妹、灼ちゃんに出番がほとんどないって、はっきりわかんだね。
774 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/10(月) 22:40:04.59 ID:MwJIEpa1o
僕は最初からしずが一番可愛いと思ってました
775 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/10(月) 22:40:48.56 ID:R6u1PNWIO
これは良い小動物
776 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/10(月) 23:07:31.18 ID:Jup5xcwm0


――高鴨家

穏乃「……」

穏乃「あ」

穏乃「ジャージ――洗濯、しなきゃ」

穏乃「明日、着る服が……」

穏乃「……そう、いえば」

穏乃「最後に、スカート履いたの」

穏乃「いつ、だったっけ……?」

穏乃「――って」

穏乃「なんでこんなこと気にして……」

穏乃「……うーん」


こうして夜は更けていく――
777 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/10(月) 23:08:18.95 ID:Jup5xcwm0
終始ボソボソ独り言を喋ってるイメージでオナシャス。

憧ちゃんの話はもう少し……
778 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/10(月) 23:14:50.49 ID:kdiCODXDO
阿知賀の皆の私服姿…うっ、頭が…。
制服姿の穏乃、いや制服姿なら皆可愛かったか。
779 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/09/10(月) 23:35:27.47 ID:/F/LM5NSo
阿知賀の私服って約1名のインパクト強すぎて記憶にないな
780 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/10(月) 23:46:03.20 ID:Jup5xcwm0
1巻で玄ちゃんが灼ちゃんに会いに行ったときの、白ワンピースに麦わら帽子のファッションが好きだな、俺は。
普通に夏の女の子っぽくて可愛いと思った(小並感)

音楽聴きながらだと、どうしても思考が途切れがち、でもそれがないと書けないというジレンマ……うーむ。
まあ、憧ちゃん編は、ビー○ルズ聴きながら、のんびり投下していきましょうか。


――教室

京太郎(……おかしい)

憧「――」ジーッ

京太郎(何か、おかしい)


モブA「……あれ? 憧、どうしたの?」

モブB「なんか目つきが……」

憧「――あ、ううん、なんでもないよ」ハッ

憧「ごめんね……」ジーッ

京太郎(――うん、やっぱり)フム

京太郎(さっきからの視線はやっぱりあいつか……)

京太郎(心当たりがないかといえば、ないともいえないし……)ハァ

穏乃「――はぁ」

穏乃「やっぱり私は、このカッコでいいや」ボソッ

京太郎(――穏乃の言葉は、それはそれで気になるけど、今は)

京太郎(とりあえず、憧に……)

京太郎(――何をすりゃいいんだ?)アレ?
781 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/10(月) 23:54:03.41 ID:Jup5xcwm0
――昨日のこと。

京太郎「――あれ、憧一人か?」

憧「……あ、京太郎!?」バッ

京太郎(……あれ?)

京太郎「穏乃は?」キョロキョロ

憧「し、しずなら後で来るんじゃないかな?」アセアセ

京太郎(――心なしか目が泳いでるような)

京太郎「ところで、憧?」ジッ

憧「な、なに?」ビクッ

京太郎「……」ジーッ

憧「い、言いたいことがあるなら、はっきり――」アセアセ

バサッ!

憧「」

京太郎「……」ジーッ

京太郎(――『さあ、おしゃれに目覚めよう』)ン?

憧「――!」カァァ

京太郎「……いや、あの」

憧「……」

憧「わ、私帰る!」ダッ

京太郎「えっ?」

憧「……ううっ」ガチャッ

京太郎「おい、ちょっと、憧――うわ、速っ!」

京太郎「……あれってやっぱり」


京太郎「――大人用の雑誌?」アレ?

京太郎(少なくとも)

京太郎(小学生が読むような物じゃないような……)

京太郎(表紙には、高校生? くらいの女の人が――)

京太郎(あーもう、どうすりゃ……!)
782 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sagesaga]:2012/09/11(火) 00:16:24.64 ID:wT0iq/aj0
○ートルズだとイエローサブマリンとhello goodbye、in my lifeが好き
ク○ーンだったら地獄へ道連れとYou're My Best Friend、Fat Bottomed Girls、Killer Queenかな
783 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/11(火) 00:17:38.32 ID:2fjaKtXJ0
――そして今。

京太郎(やっぱり、昨日のことが原因、だよな?)

京太郎(それ以外には特におかしなことなんて――)

京太郎(……和も穏乃も来なかったから、迂闊に話すわけにもいかないだろうし)

京太郎(――)


――放課後・昇降口

憧「……」イソイソ

京太郎「憧」

憧「――」ピタッ

京太郎「ちょっと待って」

憧「……やだよ」

京太郎「……」

京太郎「悪かった」ペコッ

憧「――えっ?」

京太郎「昨日のこと、気になってんだろ?」

京太郎「……だったら」

憧「違うよ」ボソッ

京太郎「――え?」

憧「……」

憧「昨日のは、その」

憧「む、むしろ私が――」アセアセ

京太郎「……」
784 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/11(火) 00:18:46.56 ID:2fjaKtXJ0
京太郎(――他の人がいないから、ということで)

京太郎(俺たちは昇降口に座り込み、話すことにした)

憧「――あれはね、お姉ちゃんの本なんだ」

京太郎「……へぇ」

憧「わ、私が買ってきたわけじゃ――!」アセアセ

京太郎「わかったわかった」

憧「そ、それで」

憧「間違って鞄に詰めちゃって」

憧「……ついつい、開いてただけで」ボソボソ

京太郎「……」

京太郎「なあ、憧」

憧「な、なに?」

京太郎「――俺は別に」

京太郎「お前のこと、おかしいとか思ってるわけじゃないから」

憧「……えっ?」キョトン


京太郎「――別にさ」

京太郎「小学生だからって、おしゃれしちゃいけないってわけでもないじゃん」

京太郎「……この前、穏乃を『改造』したときも」

京太郎「憧、すげえ楽しそうだったし」

憧「あ、あれは!」

憧「ただ、しずが気になっただけで――」モジモジ

京太郎「いいじゃん、それで」

憧「え?」


京太郎「――正直」

京太郎「憧は、そーいうセンスみたいなのがあると思うし」

憧「――!」ハッ

京太郎「実際、だから穏乃を『改造』しようとしたんだろ?」

京太郎「だったらさ――憧だって」

憧「ス、ストップ!」カァァ

京太郎「……」

憧「――ご、ごめん」

憧「今日は帰る」

京太郎「憧……」

憧「――」

憧「ありがと」ボソッ

京太郎「……そっか」
785 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/11(火) 00:19:26.03 ID:2fjaKtXJ0
――書店

憧(……)ジッ


――憧にはそーいうセンスみたいなのがあると思うし――


憧(――あの、バカ)

憧(……でも)

憧(――)

京太郎「……なんでここにいるんだよ」

憧「」


憧「な、なんで!?」

京太郎「ちょっと漫画見に来ただけだよ」

京太郎「……あー、なるほど」

憧「う、ううっ……」モジモジ

京太郎(――雑誌コーナーとか)

京太郎(俺は一度も来たことないけど……)

京太郎「――」

京太郎「何が、欲しいんだよ?」

憧「……え?」

京太郎「取るくらいならしてやる」

憧「――あ」

憧「そこの、ヤツ」

京太郎「これか」スッ

京太郎「ほら、レジもってけ」

憧「……う、うん」コクッ



京太郎(……は、早く出せよ、バカ!)

憧(だ、だって――!)

京太郎(ほら、レジの人困ってんだろ)

憧(……で、でも!)

京太郎(あーもう! なんで決めないんだよ!)

憧(や、やっぱり、恥ずかしい……)カァァ

京太郎(……お前なあ)ハァ



店員(……最近の小学生は)ヤレヤレ
786 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/11(火) 00:23:15.60 ID:2fjaKtXJ0
ちょっと中途半端だけど、ここまで。
こんな感じで、自分へのおしゃれに磨きをかけるようになりましたとさ。
……この店員と同じこと、きっとみんな思ってるんだろう(震え声)

>>782
お、どっちも好きな人いたか!

ビー○ルズ→ALL MY LOVING
ク○ーン→HEADLONG

が、最近のお気に入りだったり。好きなのばっかりだけどね。


さて、阿知賀書きまくったし、そろそろ京咲いくか。
身悶えするようなネタ、何か頼む。
787 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/11(火) 00:24:55.10 ID:pdhvnN/To
夜アニメ見てて思わず話したくなった時相手から電話でもかかって来ちゃえばいいんじゃないでしょうか
788 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/11(火) 00:27:03.43 ID:BFZ5OaoYo
乙やで

授業中に京ちゃんの方をちらちら見ては、教科書に京ちゃんの名前を書いては消してを繰り返し悶々とする咲
789 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sagesaga]:2012/09/11(火) 00:33:39.54 ID:wT0iq/aj0
やっぱりビー○ルズは偉大だよね
後はカー○ンターズとかA○BAとか○ビー・マクファー○ンとか、○キャットマンとか聞くかな
ちなみにマイ○ル・ジャ○ソンよりジャクソ○ファイ○のが好き
790 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/09/11(火) 00:38:05.95 ID:Y/K/L1gno
ビートルズとかクイーンって有名過ぎて最早好きかとかそういう次元を越えとる
[たぬき]好きか?とか聞かれてる感じ

色々影響されてテンプレ幼馴染的行動を試してみる咲さん
791 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sagesaga]:2012/09/11(火) 00:42:42.07 ID:wT0iq/aj0
久保コーチが目覚めたきっかけ……とか
「いい嫁さんだなぁ」発言@他の清澄部員Verとか(特に和)
792 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/11(火) 01:09:24.35 ID:2fjaKtXJ0
せっかく募っておいてなんだけど、睡魔が襲ってきたからもう少しで寝ちゃうかも……すまんな。
とりあえず次に書くときは、>>787から始めようかなと思ってる。
アニメ実況し合うって楽しそうだよなあ……。

>>789
詳しすぎぃっ! 俺、まだまだやな……
プレスリーのハートブレイクホテルがやばいな、と、たった今聴いてて思った(小並感)
……が、楽器はできないけどな(震え声)


咲「やっぱり、音楽界の希望はアニソンだよ、京ちゃん!」フンス

京太郎「そう……」

咲「日本のJPOPもたしかにいい曲は多いと思うけど」

咲「世界的に評価されてる、ような気がするもん! アニソン!」グッ

京太郎(根拠うっす……)ウワァ

咲「さすがに、私だって知ってるビー○もアニソンには――」

京太郎「あ、そのメンバーの二人、ハリウッドで賞、獲ったからな」

咲「……えっ?」ビクッ

京太郎「あと、お前も聴いたことあるラ○クは」

京太郎「何気に、世界各地でそこそこ知られてるんだぞ?」

咲「――」プルプル

京太郎「あと、そうだな……」

咲「わ、わかった! もういいよ!」アセアセ


京太郎「……俺もアニソンがもっと流行ってほしいとは思ってるけどな」

咲「大丈夫だよ! ハレ○れとか流行ったし!」ウンウン

京太郎「――まあな」
793 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2012/09/11(火) 01:30:53.74 ID:O2xPRbgio
ハルヒダンスどっかの刑務所で大人気だったよな
ガチムチコワモテ確実に何人か殺っちゃってる雰囲気のおっさんが数十人単位でおどってるのはシュールだった
794 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/11(火) 01:56:37.02 ID:2fjaKtXJ0
――宮永家

咲「……再放送、か」シミジミ

>バカナワタシヲ、トメテクレナイカナ?

>ヤクソクスル! ワタシハアナタヲーー

咲「――ああ、やっぱり」ウットリ

咲「10話は最高だね! こんなに面白い回、ないよ!」グッ

咲「……」チラッ

咲「――だ、ダメダメ!」ブンブン

咲「そ、そんな簡単に電話をかけるのは」

咲「め、迷惑だもんね! うん!」ウンウン

咲「――」チラッ

咲「……ううっ」

>メーヲトジフリカエルー

咲「――結局」

咲「終わっちゃった……」ハァ

咲「……」

咲「――なんで」

咲「あんまり満足してない、ような……」

咲「――」


咲「……はぁ、もう寝よう」ゴソゴソ

咲「バカだな、私」

咲「……」ピピピッ

咲「――え?」

咲「着信……相手は――!?」ピッ

咲「もし、もし」

京太郎「おう、咲か?」

咲「」

京太郎「――おい、どうかしたか?」

咲「い、いや、なんでも!」アセアセ

咲「と、ところで、京ちゃん?」

咲「な、なんで、電話?」

京太郎「あー、わりいな」

京太郎「……今日の、再放送」

咲「……!」ハッ

京太郎「観たかなーって」

咲「うん、うん!」コクコク

咲「すっごい面白かったね、やっぱり!」

京太郎「おお、観たか!」

京太郎「いや、やっぱり、声優ってすごいな!」

咲「ホントそうだよね!」ウンウン
795 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/11(火) 01:57:17.55 ID:2fjaKtXJ0
咲(――あれ?)

咲(なんで私、こんなに……)カァァ

京太郎「――咲?」

咲「ふぇっ!? な、なに?」アセアセ

京太郎「いや、いきなり黙っちまうから……」

咲「ご、ごめん、京ちゃん!」

咲「その……熱くて」カァァ

京太郎「――今日、そんなに暑いか?」

咲「あ、それは――!」

咲「あ、あれ?」

京太郎「……まあいいや」

京太郎「なんだかんだで、何とも無さそうだし」

咲「う、うん――」

咲(――話してるだけで)

咲(なんで、顔まで……)キュッ

京太郎「――それじゃ、そろそろ切るわ」

咲「あっ……!」ハッ

咲(――あれ? 私、何をしようと……)

京太郎「お前もそろそろ寝ろよー、じゃなっ!」

咲「きょ、京ちゃっ――!」アセアセ

ツーツー

咲「……」

咲「――もう」

咲「京ちゃんの、バカ」

咲「バカ」

咲「バカ……」

咲「――バカは、私だよね」ハァ

咲(……今日、寝られるかな?)

咲(……こんなに、熱いのに)キュッ


咲「ああ、もう! 私のバカ!」カァァ
796 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/11(火) 01:59:45.64 ID:2fjaKtXJ0
なんだこの80年代のラブコメみたいな展開は……(震え声)

やっぱ京咲はいい。なにがいいって、「京ちゃん」って書くだけで、なんか来るものがある。
アニメだと、昔からの幼馴染設定だったっけ? 
正直、中学からの幼馴染で「京ちゃん」と呼ぶにまで至るって、凄いと思うんだよなあ……

そんなこんなで、アニメで悶々とする咲ちゃんでした。
そろそろ寝るか。すげえ眠い。でも、書けて良かった。
797 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/09/11(火) 03:35:16.14 ID:yhgTcA2/o
遅くなったが乙です。
中学からの付き合いであの呼び方は、確かに何かを勘ぐってしまいますねー。
798 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/09/11(火) 13:19:10.03 ID:BL2JtWrA0
うむ
799 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/11(火) 19:56:36.73 ID:TFRUYOF2o
乙です

原作の過去のカットは京ちゃん眼力凄かったからなあ・・・
昔、狂犬みたいな京ちゃんが裏路地で咲ちゃんを助けたとか・・・そこから今の京ちゃんみたいになったとか?

――――不良と文学少女が交差する時、物語は始まる――――
800 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/11(火) 22:28:59.72 ID:94+NAZLKo
いいよね
801 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/11(火) 23:51:47.34 ID:2fjaKtXJ0
書きましょうか。
今日は外にいることが多かったような……図書館が最近のお気に入り。

>>788

――教室

咲「……」

京太郎「――」ジーッ

>デアルカラシテ

京太郎「……へぇ」フム

咲「……」

咲(――うーん)

咲(やっぱり、どうしても)

咲(興味持てないなぁ……)ハァ

咲(なんで京ちゃん、あんなに熱心そうに受けられるんだろ?)

咲(――仕方ない、時間を潰そう)ゴソゴソ


咲(……こうなったら)

咲(せっかくだし、電○大賞に応募する小説でも書こう!)グッ

咲(もしかしたら、現役高校生作家としてデビューできちゃうかも……ふふっ)クスッ

咲(さて、まずは粗筋からだよね――あれ、なんか違ったっけ?)

咲(そうそう、『プロント』だったね、うん)※正しくは、『プロット』

咲(――さて)カリカリ


――女性ばかりの『コミュニティ』にやってきた、ただ一人の少年。
彼女たちに認められるべく、彼は奮闘する……
その中で、一人の少女と親交を深めるうちに、二人は――


咲(……)ピタッ

咲(――だ、ダメだよ、これじゃ!)アセアセ

咲(ま、全く意識してないのに、なんでこうなるの!)カァァ

京太郎(……なにやってんだ、あいつ?)
802 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/11(火) 23:52:59.79 ID:2fjaKtXJ0
咲(――さあ、気を取り直して)コホン

咲(よし、『プロント』から)※正しくは(ry


――少年は、一人の少女に出会い、交流を深める。
ある日、少女の秘密がばれてしまい、泣き崩れる少女を見た少年は……


咲(……だから)ピタッ

咲(なんで、こうなるのー!?)カァァ

咲(……そういえば、前にどこかで)

咲(小説は、自分の一番印象に残ってる経験が表れやすい、とか――)

咲(……ま、まさか!)ハッ

咲(ち、違うよ、そんなこと! 絶対!)アセアセ

咲(――で、でも)

咲(ううっ……)カァァ

京太郎(……)


――休み時間

京太郎「おい、咲」

咲「ふぇっ!?」ビクッ

咲「きょ、京ちゃん……な、なにか、用、かな?」アセアセ

京太郎「……お前な」ハァ

京太郎「授業中に変なことすんな」ビシッ

咲「へ、変なこと……!?」ハッ

咲「べ、別に京ちゃんのことなんて――」アセアセ

京太郎「……何言ってんだ、こいつ」

咲「た、ただ! どうしてもそういうことを書いちゃうだけで!」グルグル

京太郎「……」

京太郎(――また何か、ロクでもないことを)ヤレヤレ

咲(な、なんで)

咲(こんなに体が熱く……?)カァァ
803 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/11(火) 23:54:53.86 ID:2fjaKtXJ0
このSSの咲ちゃんは、ちんちくりんです。
到底、魔王にはなれそうもないって、はっきりわかんだね。
……こんなSS書いてるくせに、最近全くラノベ読んでないな、やばいやばい。
ミステリーばっかりになってるんだよなあ……

さて、次いきましょう。

>>790
相変わらず影響されやすいですね……
少しお待ちください。
804 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 00:24:01.10 ID:lciCZIJc0
――京太郎の部屋

京太郎「……うん」パチッ

京太郎「朝、か――」

京太郎「ふわぁ……とりあえず、着替えよう」ゴソゴソ

京太郎「よしっ、朝飯食うか――」ガチャッ

――須賀家・リビング

京太郎「おはよー」

京太郎母「あら、おはよう」

京太郎父「おはよう、京太郎」

咲「あ、お、おはよっ」


京太郎「おー……」

京太郎「今日は、パンか」フム

京太郎母「ええ、イチゴジャムたっぷり塗ってあるから、きっとおいしいわよ」

京太郎父「宮永さんがやってくれたぞ」

咲「あ、あまりうまくできなかったけどね」カァァ

京太郎「……あ、うまい」カリカリ

京太郎母「あらあら」クスッ

京太郎父「よかったな、宮永さん」ニコッ

咲「あ、はい――よかった」エヘヘ


京太郎「――なんで咲がここで飯食ってんだよ!?」ガタッ

京太郎母「あ、やっぱりそうなるか」

京太郎父「ほら、宮永さん、言ってやりなさい」

咲「あ、あのね」

咲「そ、その――きょ、京ちゃんの家の前で待とうかなーって思って」アセアセ

咲「その辺をウロウロしてたら、京ちゃんのお母さんに見つかって」アセアセ

京太郎母「あまりにもビクビクしちゃうもんだから、いっそのこと上げちゃおうって思ってね」ニコッ

京太郎「いや、それはおかしいだろ!?」ビシッ

京太郎父「こら、京太郎。そんなに大声出すもんじゃないよ。宮永さんがビクビクしちゃってる」

咲「や、やっぱり、迷惑、だったかな?」ウルッ

京太郎「あーもう!」
805 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 00:24:33.29 ID:lciCZIJc0
京太郎「つーか、親父! 会社は!?」

京太郎父「ああ、それなら」

京太郎父「せっかく、お前のガールフレンドが来てくれたのに、挨拶をしないわけにはいかないだろう?」

京太郎父「ご飯を食べるというなら、なおさらだ」ニコッ

京太郎「……うへぇ」


――通学路

咲「あ、あの、その」モジモジ

咲「ご、ごめんね、京ちゃん……?」

京太郎「もういい」ハァ

咲「――き、昨日ね」

咲「To○eartっていう昔のアニメ観てたら」

咲「幼馴染の子が、こういうことしてて……何となく、私もやってみたくなっちゃって」アセアセ

咲「そ、それで」カァァ

京太郎「……お前なあ」

京太郎「別に俺は怒っちゃいないっての」

咲「――え?」キョトン

京太郎「ただ」

京太郎「……今度から来るときは、その」ポリポリ

京太郎「事前に言ってくれ」

咲「……あ」

咲「うん、わかった」ニコッ

京太郎(こういう顔されるから、対応に困るんだよなあ……)ハァ
806 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/12(水) 00:28:10.00 ID:h81QfsHRo
さきちゃんかわいい
807 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 00:29:42.59 ID:lciCZIJc0
咲ちゃんが言ってるアニメとは、今から実に13年前の不朽の名作です。
今観ても、○之ちゃんの漢っぷりにはびっくりするんだよなあ……。
さて、これにておしまい、かな。

あ、そうだ。
久保コーチの話は、この前のバラ○イカさんの時に書いたような感じになっちゃいそうです。
あの人がどうしてああなったかが、なかなか思いつかないもので――すみません。
808 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/12(水) 00:30:59.74 ID:uYVHls3Lo
咲ちゃんかわいすぎ
809 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/09/12(水) 00:31:15.12 ID:NBjl46NZo
さきさんにもえころされる
810 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/12(水) 00:31:16.77 ID:0nYA5apco
一期は良かったよ……レミィのメイン回だけないことを除けばな!
二期はまぁ……うん……
811 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/12(水) 00:32:21.25 ID:uYVHls3Lo
東鳩か・・・パソコン版はよくやったもんだ・・・
812 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 00:33:52.18 ID:lciCZIJc0
というわけで、小ネタの募集をしましょう。
阿知賀、清澄、なんでも(意味深)アリです。

……階下で父が大声で泣いてる。きっと、母の死を思い出してるんだろう。
なかなか辛いものがありますね……すみません、ちょっとおかしくなってるみたいです。
――はぁ、でも何もできないしなあ。

小ネタを書いていってください。それを書くことで、気持ちが上向くので。


>>810
二期の主題歌は良かったと思う(小並感)
813 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/12(水) 00:35:00.94 ID:JOZw05WNo
小走先輩と再開したけど京ちゃん強くなってないじゃん! みたいな話
814 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/12(水) 00:35:39.01 ID:0nYA5apco
>>812
ああ、主題歌は良かったよな、主題歌は
あんなあかりとギクシャクする浩之ちゃんは見とうなかった!
815 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/12(水) 00:36:10.89 ID:h81QfsHRo
小走先輩の麻雀教室2
816 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/09/12(水) 00:36:54.90 ID:TB+tHvtvo
寝ている京太郎の匂いをすーはーする和(あちが幼少版)
817 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2012/09/12(水) 00:48:10.01 ID:ku2wcQ0To
なんか目から稲妻走ったり天使になってたりリンシャンリンシャンチャンカンハイテイハイテイと確率的におかしいことになってる麻雀アニメを見た感想
818 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 00:57:17.56 ID:lciCZIJc0
阿知賀編でも募集かけたら、穏乃や憧たちをさしおいて、小走先輩の希望が二つも――
やっぱりニワカ先輩は人気じゃないか!(歓喜)

じゃけん、>>813いきましょうねー。

あ、そうだ。
阿知賀編の場合の京太郎たちが中学に上がった時、みんな一緒でいいですかね?
それとも、原作通り憧ちゃんはなしとか……

あ、ちなみに、この場合、阿知賀「女子」学院ではなくなりますね。
819 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/12(水) 01:20:34.71 ID:lciCZIJc0
>>813

――中学に上がった頃の話をしよう。
赤土先生が実業団にスカウトされ、九州へ行くことになり、こども麻雀クラブは無くなった。
小学校を卒業した俺たちは、そのまま阿知賀学院へ通うことになった。
俺、和、穏乃それに憧も一緒だ。憧は最後の最後まで迷っていたらしいが、結局こっちを選んだ。

阿知賀学院で生活を送ることになった、ということは、つまり――

――(元)こども麻雀クラブ

玄「へぇ、やっぱりみんなで来たんだね」ニコニコ

憧「……私は最後まで迷ったけどね」

穏乃「ね、憧は凄く迷ってたと思うよ」

和「――でも、みんなで来られてうれしいですね」クスッ

京太郎「それはあるな……」

京太郎「赤土先生はいなくなっちゃったけど、俺たちは一緒になったわけだし」

玄「――よしっと」ゴソゴソ

玄「さぁ、少しの間使ってなかったけど」

玄「これで使えるね!」バッ

憧「――せっかくこっちに来たんだし」

憧「やっぱりやらないと始まらないよね……麻雀」

穏乃「よしっ、それじゃあ、まずは――」

憧「和、入ってよ」

和「私ですか……分かりました」

京太郎「おう。4人は、やっててくれ」

京太郎「俺はちょっと校内を散歩するから」ガチャッ

憧「うわー……中学に上がっても」ニヤッ

京太郎「ほっとけ、バカ」


京太郎(――さて)

京太郎(散歩をしていたら見つけてしまった)

京太郎(――『麻雀大会チラシ』)

京太郎(……そういえば)

京太郎(ここで、「あの人」に会ったんだっけ)

京太郎(……)ウーム
820 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/12(水) 01:24:36.47 ID:lciCZIJc0
――会場

京太郎(……思い立ってからは早かった)

京太郎(ここで、あの人に会ったんだよな)

京太郎(――また)


「久しぶりだな、京太郎くん」


京太郎「――あ」

京太郎「お久しぶりです……」ペコッ

京太郎「やえさん」ニコッ

やえ「ああ、半年ぶりくらいかな?」

京太郎「そうでしょうね――お元気でした?」

やえ「まあね」

やえ「自由参加だったから、来てみたんだが――きみ、他の人たちは?」

京太郎「いえ、今回は俺一人です」

やえ「そうか」

京太郎「……実を言うと」

京太郎「やえさんに、また会いたかった、というか――」ポリポリ

やえ「……」ハッ

やえ「そ、そうか」

やえ「――それは嬉しいんだが、きみ」アセアセ

やえ「いきなり、そういうことは言わないように」カァァ

京太郎「は、はいっ」

京太郎(……やべえ、嬉しくて変なこと言ってた!?)
821 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/12(水) 01:25:25.68 ID:h81QfsHRo
やえさんかわいい
822 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/12(水) 01:38:00.62 ID:lciCZIJc0
やえ「――それはともかく」コホン

やえ「せっかくだ……『打とう』か」

京太郎「……そう、ですね」コクッ

やえ「楽しみだな」クスッ

やえ「きみが、私の教えを覚えてるかどうか――」

京太郎「任せといてください」

やえ「よしっ――それじゃ、いくぞ!」



やえ「……なぁ、京太郎くん?」ジトッ

京太郎「い、いやー、あはは」

やえ「なぜそこで、それを出した?」

京太郎「――うっ」ギクッ

やえ「……きみ、もしや」

京太郎「ご、ごめんなさい!」ペコッ

京太郎「し、しばらく会わないうちに、その――」アセアセ

京太郎「基礎を、サボってました!」

やえ「……はぁ」

やえ「やっぱり私の教え方が悪かったのかな……」

京太郎「そ、そんなこと!」

京太郎「や、やえさんの教え方、すっごく分かりやすかったです!」

京太郎「――だ、だから」

やえ「……そ、そうか」コホン

やえ(ここまで熱く語られると、少し照れるな)カァァ


――結局

やえ「……うむ、なんとか勘は戻ってくれたかな?」

京太郎「は、はいっ!」

京太郎「その――こ、今度会う時は!」

やえ「怪しいな」クスッ

やえ「この前も同じ言葉を聞いたような気がするね」シテキ

京太郎「……ぐっ」

やえ「――まあ、それでも」

京太郎「えっ?」

やえ「私も、京太郎くんと打つのは純粋に楽しいし」

やえ「私自身の勉強にもなるからね……」クスッ

京太郎「……やえさん」

京太郎「――アドレス、交換してください」スッ

やえ「……なんだい、唐突に?」ビックリ
823 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/12(水) 01:38:41.28 ID:lciCZIJc0

京太郎「だって」

京太郎「それ、教えてくれたら」

京太郎「いつでも会えるじゃないですか」

やえ「……」ハッ

やえ「あ、ま、まあ、そう、だな……うん」コホン

やえ「――いいよ、交換しよう」スッ

京太郎「ありがとうございます!」


やえ(――京太郎くん)

やえ(意外と、天然だったりするんだろうか)アレ?

やえ(いきなり、こんなこと言ってくるなんて――)

やえ(そ、そりゃ、私だったからいいものの)アセアセ

やえ(うーむ……)カァァ

京太郎「あの、やえさん?」

やえ「へっ? な、なんだい?」

京太郎「――交換、終わりましたよ?」

やえ「あ、ああ、そうだったか。すまなかった」

やえ「――でも」

やえ「私も、部活があるからな……今年から、部長だし」

京太郎「へぇ、凄いじゃないですか!」

やえ「まあね」フフッ

やえ「――だ、だから」

やえ「呼び出してくれても、あまり応じられない、というか」モジモジ

京太郎「構いませんって」

やえ「?」

京太郎「だって」

京太郎「……やえさんがそうして、部長として頑張ってくれた方が」

京太郎「俺に教えてくれる時のスキルも上がりそうじゃないですか」

やえ「……京太郎くん」

やえ「――今度、会う時は」

やえ「絶対に忘れない教え方を身に着けることにするよ」ニコッ

京太郎「ありがとうございます、やえさん」ニコッ

――帰り道

やえ「……」テクテク

やえ(――そういえば)

やえ(男子とメアド交換など久しぶりだな……部活関係ではともかく)

やえ(――京太郎くんの、メアド)

やえ「ま、まあ、あまり使うことはないだろうけどな!」アセアセ

やえ(――って、私は一体誰に弁解してるんだ!?)カァァ
824 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/12(水) 01:39:14.37 ID:h81QfsHRo
やえさんめんこい
825 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 01:42:49.83 ID:lciCZIJc0
展開自体は、結構シンプルになったと思う(小並感)
そんなわけで、やえさんモノでした。
あ、あと、すみません。やえさんとの麻雀特訓のリクエストですが、今回の話で書いちゃった感があるので。
すまんな。

さて、次は――

>>816
小学生から淫乱とはたまげたなあ……
まあ、このSSの和はちょっとくらいそういう行動をとってもいいと思いますが。
部長とかがはっちゃけてるし。

お待ちください。
826 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 02:01:13.43 ID:lciCZIJc0
これで最後ですかね。

――阿知賀こども麻雀クラブ

和「……こんにちは」ガチャッ

京太郎「――」スースー

和「わっ!?」ビクッ

和「って、京太郎くんでしたか……」ホッ

和「てっきり、誰もいないものだとばかり思っていたので――」

京太郎「……んう」スースー

和「……よく、眠ってますね」

和「穏乃や憧もいないようですし」

和「少し、ここで待ってましょうか」ストン


――数分後

和「……誰も、来ませんね」チラッ

京太郎「――」スースー

和「京太郎くんは、ずっと眠ってしまっているし」

和「はぁ……」

和「――京太郎くん?」スッ

京太郎「……ん」

和「はぁ……」

和「そろそろ、起きませんか?」

和「居眠りのしすぎは、身体に悪いですよ」

京太郎「――んん」スースー

和「……ダメですね、これは」

和「……」

和(――京太郎くんの寝顔)

和(こんな風、だったんですね)シミジミ

和(……って、私は何を!?)ハッ

和(――で、でも)カァァ
827 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 02:02:06.65 ID:lciCZIJc0
和「……京、太郎くん」

京太郎「……」

和「――その」

京太郎「――んう?」

和「これは、あくまで」

和「京太郎くんの健康状態を調べるためなんですからね」アセアセ

和「そ、それを忘れないでください」カァァ

京太郎「――ん?」


和「……」スーッ

和「……よし、匂いに異状はなし、と」

京太郎「んん……」

和「――あとは」スッ

和「……熱、異状なし」

和「……な、なんか看護師さんみたい、ですね」エヘヘ

和「あ、あとは――」

京太郎「……」

和「――」

和「……えと」ピトッ

和「……た、体温、い、異状なし」

和「け、健康は、大丈夫みたい、ですね」アセアセ

京太郎「……んう」

和「……!」ハッ

和(って、私は何をしてたんですか!?)カァァ

和(きょ、京太郎くんに、その――身体を触れ合わせるなんて!)アセアセ


京太郎「――あ」

京太郎「んー、良く寝た」

和「……!」ビクッ

和「あ、京太郎くん、お、おはよう、ございます」

京太郎「お、和。おはよ」

京太郎「……あれ、なんか」

和「……!?」ビクッ

京太郎「寝てる間に、誰かが――」アレ?

和「き、気のせい! 気のせいですよ!」ブンブン

和「こ、ここには私と、京太郎くんしかいませんでしたから!」

京太郎「そっか、ならいっか――でもなあ」ウーン

和(……)


和(――終わってみて、改めて思います)

和(こんなに恥ずかしいこと、やめておけばよかったです……!)カァァ
828 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 02:03:31.75 ID:lciCZIJc0
おしまい。

なんてことを……これは和は訴訟を免れませんね。
そして、空気を読んだかのように登場しない他の部員――この展開、もうわかんねえな。
ただ、ちょっとエロい和ちゃんは書いてて楽しかった(小並感)

今はここまでですかね。
楽しかったです。
829 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/09/12(水) 02:04:52.22 ID:kTpSTX6zo
乙やでー
830 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/12(水) 02:05:19.62 ID:aR1VTA+Bo
おつおつ
すばらですね
和はもっと増えるべき
831 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/09/12(水) 02:07:47.30 ID:3SM1Dp0AO
天使やフリフリの天使がおる
832 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/12(水) 02:10:57.60 ID:0nYA5apco
おお、すばら
なんたるすばらな短編か
833 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/12(水) 02:16:45.21 ID:y9MIv3i60

次はシズバージョンだな
834 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 20:03:31.64 ID:lciCZIJc0
明日は昔の友人が家に来る予定。
これもう、明日書けるかわかんねえな。

>>817
たしか前スレで似たようなこと書いたような気がする……すまんな。

小ネタは楽しいんだよね。さて、今日も募集だ。
いいんだぜ? 好きなネタを書いてくれて。
835 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/12(水) 20:05:35.70 ID:h81QfsHRo
小走先輩の話に度々登場する京太郎に焼き餅を焼く巽さん
836 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/12(水) 20:11:27.23 ID:JOZw05WNo
進路を晩成にするか阿知賀にするか皆で迷ってみたり
837 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(三重県) [sage]:2012/09/12(水) 20:13:45.99 ID:f2hOdjA+o
最近影の薄い灼ちゃんとレジェンドのイチャラブ
838 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 20:16:49.48 ID:lciCZIJc0
>>835
アニメ観てないから、巽ちゃんのキャラがわからねえ……!
また再放送してくれないかな、ホントに……
すまんな。

>>836
これならいけるか……いやホント、阿知賀編詳しくないなあ、俺は。
不甲斐ない……

>>837
まさかこのスレで、この二人の希望が出るとは……
部キャプ以外で、百合はうまく書けるかわからないけど、やってみるか。
839 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/12(水) 20:37:43.50 ID:BtW8mwhP0
さすがにスレチじゃね?
840 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/12(水) 20:41:01.13 ID:rnOEHqjqo
こまけぇこたぁいいんだよ
841 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 20:53:37.65 ID:lciCZIJc0
>>839
たまには、新しいのもいいかも、って思った。
小ネタだから、文量も多くないだろうし。

――こども麻雀クラブ、改め、阿知賀学院麻雀部

憧「……さて、そろそろ」

和「考える時期ですね」

穏乃「そうだねえ……」

京太郎「――俺は、やっぱり」

京太郎「このまま上がりたいかな、高校は」

憧「まあ、そうだよね」ウーン

穏乃「私もかなー……」

和「――正直な話」

和「晩成、という選択肢にも心惹かれるものがありますね」

憧「あ、和も?」

和「それは、まあ」コホン

和「……奈良で麻雀を嗜む中学生なら」

和「興味を持ってしまう場所だと思います」

憧「そっかー……ううん」


穏乃「――でもさー」

穏乃「ここ出ちゃったら、それは」

憧「うん」

憧「……玄や宥姉とは、離れ離れに――」

和「……」シュン

京太郎「――そうなんだよな」

京太郎「といっても、結局は」

京太郎「どっかで俺たちも離れるかもしれないわけだし」

京太郎「――まあ、俺と穏乃はここに残ることを決めちゃってるし」

穏乃「あとは、二人次第だよねえ……」ウンウン

穏乃「――よくばりかもしれないけど」

穏乃「いずれ別れちゃうんだったら、なおさら」

穏乃「みんなと高校までは一緒にいたい、かな」

憧「しず……」

和「――そう、ですよね」キュッ
842 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 21:02:59.95 ID:lciCZIJc0
憧(――そっか)

憧(離れる、ってそういうことだもんね)

憧(……もし私が)

憧(阿太峯に行ってたら――)

憧(この3人とは、もしかしたら……)チラッ


京太郎「――おい、憧?」

憧「……あ」ハッ

京太郎「どうした? なんかすげえ悲しそうだったぞ、今」

憧「――」ジッ

京太郎「?」

憧(……こいつとも)

憧(こうして、話すこともなくなってたのかも……)

憧「やだな、それ」ボソッ

京太郎「なにが?」

憧「――」ハッ

憧「い、いや、なんでも」アセアセ

京太郎「そっか――って」チラッ

京太郎「和も……」

和「――」

和「あ、すみません」

和「ちょっと、考え込んでしまって」コホン

京太郎「なにを?」

和「……きょ、京太郎くんには関係ありません」アセアセ

穏乃「……二人とも、なんか変だね」ウーン

京太郎「なんかなー」ウンウン

憧(――もしかして)

憧(和も、私と同じようなことを?)

憧(――ってことは、和も)

憧(このバカのことを……)

憧(ま、まさかね)



――結局。
二人とも、阿知賀学院高校へ進むことになる。
憧曰く、「まあ、麻雀の設備もいいし、できないことはないしね」。
和曰く、「やっぱり、そのまま高校へ進めるというのはいいと思いました」。

……でも、腑に落ちない。
俺がそのことを訊いてみたとき、なぜか二人とも目を反らして話していたからだ。
心なし、顔も赤かったような――

穏乃「……怪しいね、二人とも」

京太郎「まったくだ」

その疑問のせいか、穏乃とは意気投合してしまう所があった。
なぜかその様子を、二人ともチラチラと意味ありげに見つめていたものの――

うーん……?
843 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 21:05:12.52 ID:lciCZIJc0
大学はともかく、高校選ぶときってこんな感じじゃないですかね?
結局、なし崩し的に二人とも阿知賀学院高校へ、って話です。

……この設定の場合、灼ちゃんはどうなるんだろう?
和がいるから、姉妹含めたら5人揃っちゃうんだよなあ……まあ、その辺は適当に。

次は、少しお待ちください。
844 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/12(水) 21:07:34.17 ID:rnOEHqjqo
おつなのよもー
845 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 21:30:26.28 ID:lciCZIJc0
じゃあ、珍しい絡みでも。

――阿知賀学院・中等部
灼「――」テクテク

灼「……あれ?」ピタッ

灼「ここは……」


『阿知賀こども麻雀クラブ』


灼「……」

灼「こんなところに、麻雀クラブが」

灼「――」ガチャッ

灼(……は!?)

灼(ま、まずい……つい、開けちゃった!)アセアセ

灼「す、すみません! 間違えまし――」ペコッ

晴絵「……あれ?」

灼「」

灼「――え?」
846 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 21:41:44.14 ID:lciCZIJc0
晴絵「まさか、ここで会えるなんてねぇ」シミジミ

灼「え、ま、まあ、その」アセアセ

晴絵「この前、ボウリング場で会って以来かな?」

灼「う、うん」コクコク

灼「そ、その――は、ハルちゃんがどこにいるのか分からなかったから」ボソボソ

晴絵「――へぇ?」

晴絵「じゃあ、教えたら会いに来てくれちゃったりする?」

灼「――!」ハッ

灼「ぜ、ぜひ!」

晴絵「嬉しいねぇ」ニコッ


灼(――こんなに)

灼(嬉しくなったの、いつ以来だろう)

灼(ハルちゃんと話してるだけで、凄く……)キュッ

灼(――でも)

灼「あ、あの、ハルちゃん?」

晴絵「ん? どうかした?」

灼「そ、その――そろそろ行かないと」

灼「クラブの人に会ったら、困るし」

晴絵「――そう? まあ、別にその辺適当だし、いいんだけどね」

灼「ま、また会えるし」

灼「そ、それじゃっ!」ダッ

晴絵「あ、ちょっと――!」

ドテッ!

灼「……イタタ」

晴絵「もう、あんまり慌てるからだよ」ヤレヤレ

晴絵「ほら、診せてみな」

灼「あ、ありがと」

灼(――って!)ハッ

灼(私、ハルちゃんに抱えられてる!?)
847 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 21:43:00.83 ID:lciCZIJc0
灼(こ、これはまずい!)アセアセ

灼「だ、大丈夫だから! そ、そろそろ行かなきゃ――」カァァ

晴絵「まあまあ、そう言わないで」


京太郎「こんにちは――」ガチャッ


灼「」

晴絵「あ、京太郎。こんにちは」ニコッ

京太郎「――あ、どうも」ペコッ

灼「……!」カァァ

灼「じゃ、じゃあね、ハルちゃん!」ダッ

京太郎「え、ちょっと!」

灼「……!」ガチャッ

晴絵「――なにを恥ずかしがってるんだか」

京太郎「……灼さん、ここの中学だったんだ」

晴絵「私も初めて知ったんだけどね――」

晴絵「まあ、また会えるでしょう」ニコニコ

京太郎(――訊いていいのかな?)チラッ

京太郎(さっき、二人で何をしてたんですか? って)


――廊下

灼「……!」ハァハァ

灼(――ぜ、絶対)

灼(あの子、変なこと考えてるよ!)カァァ

灼(……ど、どうしよう?)アセアセ
848 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 21:43:33.85 ID:lciCZIJc0
中途半端ですが、この辺で。
久々に書くのもいいものですね。

さて、また募集します。
どうぞ。
849 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/12(水) 21:56:16.29 ID:h81QfsHRo
憧ちゃん、京太郎の夢を見るの巻
850 : ◆ncPQru4eYZqZ [sage saga]:2012/09/12(水) 21:59:32.03 ID:lciCZIJc0
あ、そうだ。
今日は阿知賀編のキャラが多かったので、清澄成分もオナシャス。

>>849
これはなかなか……
ところで、このSSにおける阿知賀編のメインヒロインは誰になるんでしょうかね……?
和かな、やっぱり。
851 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/12(水) 22:00:52.96 ID:MrLKv3ym0
京ちゃんの京ちゃんによる京ちゃんの為の穏乃改造計画
852 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/09/12(水) 22:01:03.98 ID:kTpSTX6zo
怪我したシズをおんぶしてシズがクンカーする話
853 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/12(水) 22:02:37.31 ID:BtW8mwhP0
咲ちゃんをプロデュース
854 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/12(水) 22:04:10.26 ID:JOZw05WNo
部室で風越ごっこか流行ったりとか
855 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/12(水) 22:12:24.42 ID:68cuZot3o
あこちゃーだろjk
856 : ◆ncPQru4eYZqZ [saga]:2012/09/12(水) 22:28:50.19 ID:lciCZIJc0
すまんな、酉が……。

今んとこ出た中で、唯一の清澄分が風越ごっこで草が生えた。
久保コーチ人気すぎだろう……
咲ちゃんをプロデュースとは……あのドラマを思い出しますね。懐かしいなあ。

やっぱり憧ちゃんがメインなんですかね。
あと、穏乃も好きな方が多いようで。
……松実姉妹とか灼ちゃん成分? ほ、他のスレで補給すればいいんじゃないかな(震え声)

それじゃ、憧ちゃんの夢からいくか。


京太郎「ところで、憧?」

憧「なに、突然?」

京太郎「――昔から見てると」

京太郎「お前は変わったなあ、って」

憧「――え?」キョトン

憧「い、いきなりなに?」アセアセ

京太郎「……あれから」

京太郎「おしゃれに気を遣い出したんだな、って」シミジミ

憧「も、もう」

憧「――京太郎、なんかおかしいよ?」モジモジ

京太郎「……いや、あのさ」

京太郎「実は――」


――憧に、言いたいことが――


憧「……バ、バカ! やめて――!」ガバッ

憧「……あ」ハッ

憧「――あれ?」キョロキョロ

憧母「憧ー! そろそろ起きなさーい!」

憧「……」

憧「――そう、だよね」アハハ

憧「夢に決まってるじゃん、バカだな」

憧「……」
857 : ◆ncPQru4eYZqZ [saga]:2012/09/12(水) 22:29:21.11 ID:lciCZIJc0
――通学路

憧(――もし)テクテク

憧(起き上がらなかったら……続きって)

憧(べ、別に聞かなくたっていいけど!)アセアセ

憧(た、ただ興味本位だよ、うん!)カァァ

京太郎「おっす、憧」

憧「」

京太郎「――ん? 熱か、お前?」ズイッ

憧「ち、違うよ、バカ!」アセアセ

憧「――い、いきなり声かけてこないでよ」メセンソラシ

京太郎「はぁ?」ジトッ

京太郎「わけわかんねーやつだな」

憧「……う」

憧(わけわからないのは、こっちの方だって!)カァァ
858 : ◆ncPQru4eYZqZ [saga]:2012/09/12(水) 22:31:03.81 ID:lciCZIJc0
ちょっと短いけど、ここまで。
まるで、定番のラブコメみたいだ(直喩)

さて、次だ。

>>851
すげえ面白そうだけど、改造計画はなあ……前に憧ちゃん達とやったヤツが限界かもしれんな。
すまん。

>>852
また匂い嗅ぎか、壊れるなぁ……(歓喜)
じゃけん、これ書きましょうね。

お待ちください。
859 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/12(水) 22:31:24.75 ID:h81QfsHRo
ひゃっほう
860 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sagesaga]:2012/09/12(水) 23:09:28.42 ID:U1DFcvPj0
前もちょっと書いたけど、原作一巻の「いい嫁さんだなぁ」のやり取りを他のメンツで見てみたい
阿智賀Verでもいいです
861 : ◆ncPQru4eYZqZ [saga]:2012/09/12(水) 23:17:33.94 ID:lciCZIJc0
――山

穏乃「ほら、早く早く!」

京太郎「ちょ、待て、穏乃……」ハァハァ

穏乃「先行ってるよー!」ピョンピョン

京太郎「――お、おう」ゼーハー

京太郎「……あ、あいつの」

京太郎「あの体力、麻雀させとくには惜しすぎるだろ……」


穏乃「とうちゃーく!」ニコッ

京太郎「――到着、か」ハァハァ

穏乃「いやー、綺麗だね!」ウットリ

穏乃「やっぱり、ここからの眺めは最高!」ウンウン

京太郎「そ、そう、だな……」

京太郎(――そういえば)

京太郎(憧は穏乃と長い付き合いなんだっけ……)

京太郎(――憧、お前すげえよ。こいつに付き合えるって)ハァ

穏乃「でも」ハッ

穏乃「京太郎と二人で来るのって初めてかな?」チラッ

京太郎「あ、ああ……」

京太郎「普段は、憧とか和が一緒だしな」

穏乃「……二人、か」ボソッ

京太郎「穏乃?」

穏乃「いや、さ」

穏乃「京太郎と二人だけってのも」

穏乃「なんか、新鮮だな、っていうか」エヘヘ

京太郎「――あー、そうかもな」

穏乃「う、うん」コクッ

穏乃「……あ」

穏乃「ちょっとこの辺り走ってくるね!」ダッ

京太郎「あ、おい、穏乃!」

京太郎「――あいつの体力は、底なしか?)
862 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 23:18:18.03 ID:lciCZIJc0

穏乃(……)ダダダッ

穏乃(――な、なんで)

穏乃(いきなり、顔が熱く……?)カァァ

穏乃(きょ、京太郎にバレたくないから走るなんて言っちゃったけど)

穏乃(いつまでこうしてれば――!?)ハッ

穏乃(や、やばい!)

ドスン!

京太郎「……穏乃!?」ハッ

穏乃「あ、いたたた」

京太郎「――また派手に転んだな」

穏乃「う、うう……」

穏乃「だ、大丈夫だよ、これくら――いった!」ズキッ

京太郎「おいおい……」

穏乃「ご、ごめんね、京太郎。そろそろ戻ろ――いたっ!?」

京太郎「バカ、歩くな!」

京太郎「……はぁ」ウーム


穏乃「――」

穏乃(やばい)

穏乃(走ってた疲れのせいなのか、それとも別のなにかなのか……)

穏乃(この熱さの原因がわからないよ……!)カァァ

京太郎「――よし、穏乃」

穏乃「ひゃっ!? な、なに?」アセアセ

京太郎「……乗れ」

穏乃「……えっ?」キョトン
863 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 23:31:38.86 ID:lciCZIJc0
――ふもと

京太郎「――ふぃー」

京太郎「ようやく、下りてこれたな、うん」

穏乃「……そ、そうだね」

京太郎「よかった」

京太郎「その足、ちゃんと診ねえとな」

穏乃「う、うん」コクコク


穏乃(――後ろに乗ってる間)

穏乃(ずっと、心臓がバクバクしっぱなしだった)カァァ

穏乃(き、きっと痛みのせい! そうに決まってるよ!)ウンウン

穏乃(で、でも……)キュッ

穏乃(京太郎に聞こえてなかったかな、この音……)

穏乃(うう、考えがまとまらないよ……!)カァァ

京太郎「――穏乃?」

穏乃「ふぇっ!?」ビクッ

京太郎「……あのさ」

京太郎「無理、すんなよ」

穏乃「……え?」

京太郎「山登りして、少しは疲れてるところで、いきなり走っちゃうから」

京太郎「ケガしたんだと思う」

京太郎「――だから」

穏乃「ち、ちがっ!」ブンブン

穏乃「そ、その……」

穏乃(い、言えるわけない!)

穏乃(よくわからない熱に浮かされてた、なんて!)

京太郎(――顔がすげえ真っ赤だ)

京太郎「あー、まあ」

京太郎「とりあえず、お前ん家まで運ぶよ」

穏乃「……あ」

穏乃「あ、ありがと」コクッ

京太郎「ん」テクテク
864 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 23:32:10.12 ID:lciCZIJc0
――町中

京太郎「……」

穏乃「――」

穏乃(京太郎の背中)

穏乃(少し、おっきくなったような気がする)

穏乃(――匂いも、変わったのかな?)

穏乃(って! な、なんで匂いを気にしてんのさ、私!)アセアセ

穏乃(で、でも――!)カァァ

穏乃「……」スーッ

穏乃「――あ」

京太郎「ん? どした?」

穏乃「な、なんでもない! なんでもないよ!」アセアセ

京太郎「そっか……」

穏乃(――やっぱり)

穏乃(「男の子」なんだよね、京太郎は)シミジミ

穏乃(――私や憧の匂いとは、違うや)エヘヘ

京太郎「……嬉しそうだな、なんか」

穏乃「ふぇっ!? そ、そんなことないって!」ブンブン

京太郎「そうかー?」

穏乃「……京太郎」

京太郎「ん?」
865 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 23:33:10.14 ID:lciCZIJc0
穏乃「――その」

穏乃「ま、まだ一緒にいられる、よね?」

京太郎「え?」

穏乃「い、いや、だから」アセアセ

穏乃「憧や和たちとか、だよ」ウンウン

穏乃(……誤魔化してるよね、これ)キュッ

京太郎「うん」

京太郎「――少なくとも、俺は」

京太郎「お前らと一緒にいて、楽しいからな」

穏乃「――」

穏乃「よ、よかった、それなら」エヘヘ

京太郎「……穏乃、なんかおかしいぞ?」

穏乃「なんでもないってば!」ブンブン


穏乃(――結局)

穏乃(家に運ばれるまで、私はずっと火照ってた)

穏乃(お母さんと京太郎が挨拶してる時も、背中に乗ってたから、恥ずかしくてしょうがなかった)


穏乃母「……須賀くん、いい子ねえ」

穏乃「う、うん。わ、悪いヤツじゃないよ」アセアセ

穏乃母「へぇぇ……」ジーッ

穏乃「ううっ……」カァァ

穏乃「――あ、お母さん! わ、私そろそろお風呂に――」

穏乃母「はいはい」クスッ

穏乃「じゃ、じゃっ!」ダッ


穏乃母「……」

穏乃母「あの子も、『女の子』か」シミジミ

穏乃母「ふふっ」クスッ
866 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/12(水) 23:35:04.80 ID:lciCZIJc0
これもう、誰がメインヒロインかわかんねえな。
とりあえず穏乃と京太郎の絡みはおしまい。

さて、次は――咲ちゃんをプロデュース、か。
BGMはあれ(某アミーゴ)ですね、間違いない……(確信)

筆が乗る、というよりは感覚で書ききった感じでした。
そのため、どこかおかしな所があったら、ごめんなさい。

それでは、次までお待ちください。
867 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/12(水) 23:36:02.68 ID:h81QfsHRo
しずしずかわいい
868 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/09/12(水) 23:36:15.25 ID:kTpSTX6zo
シズシズ可愛すぎて何もいえんわ…
ありがとありがとう
869 : ◆HPzqh93ntjyb [sage saga]:2012/09/12(水) 23:38:26.73 ID:lciCZIJc0
あ、そうだ

>>860
すまんな。
前にも似たようなもの見た気がするけど、見落としてたかも……今度それもやりましょう。
870 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海) [sage]:2012/09/12(水) 23:43:26.26 ID:wO7dYGcAO
某アミーゴって
俺達はいつでも二人で一つだった〜
ってやつ?
871 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/09/12(水) 23:44:37.75 ID:esFPP8eLo
同学年組はどっこいどっこいかな
松実姉妹、灼ちゃん、レジェンドの年長組は少し落ちる
ダークホース小走先輩が意外とヒロイン力高い
872 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/13(木) 00:19:22.68 ID:BPmqF9Sk0
今日はこれで終わりかな。
咲ちゃんをプロデュースしよう(提案)

>>870
そうだよ(歓喜)
あれは普通にいい曲だと思う(小並感)


――清澄・教室

モブA「ね、宮永さん?」

咲「は、はいっ!? な、なんでしょうか!?」ビクッ

モブB「そ、そんな緊張しないでってば」

モブA「いや、あのさー」

咲「……は、い」ビクビク

モブB「いや、ちょっと訊きたいことがあって」

モブA「ぶっちゃけ、須賀くんと宮永さんって――」

咲「……ひぅ」ビクッ

モブAB「つきあって――」

咲「ご、ごめんなさいっ!」ガタッ

咲「そ、その!」アセアセ

咲「私と京ちゃんは――」カァァ

咲「し、失礼、します!」ダッ

二人「あ、ちょっと」


モブA「はぁ……失敗だったか」

モブB「しっかしあの子、不思議な子だよねえ」

モブB「あんなに話せないのに、須賀くんのことになると、いきなり声のトーン上がっちゃうし」

モブB「……いじめたい」ジュルリ

モブA「こら、やめなさいって」ペシッ

モブA「――といっても、実際」

モブB「うん……『京ちゃん』だもんね」

モブB「この時の宮永さん、可愛かったなぁ……」ウットリ

モブA「あんたねぇ」ハァ

モブA「……諦める?」

モブB「これはなー……分が悪すぎるね、うん」コクッ

モブB「C子には私から言っとくよ」ヤレヤレ

モブA「わかった」
873 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海) [sage]:2012/09/13(木) 00:23:29.88 ID:tRXGlG5AO
乙です

確かにいい曲ですね
874 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/13(木) 00:32:42.24 ID:BPmqF9Sk0
――ベンチ

京太郎「――なるほど、そういうことか」

咲「ご、ごめんね、いきなり」シュン

京太郎「うーん……」

京太郎「――はっきり言わせてもらえば」

京太郎「お前はそろそろ、そういう会話を出来るようになった方がいい」

咲「わ、わかってるけど!」ガバッ

咲「あ、相手の人を考えちゃうとどうしても!」アセアセ

咲「きょ、京ちゃんみたいな人くらいしか……」シュン

京太郎(俺みたいな、ってどんなヤツだよ、それ……)


京太郎「――そうだな」

京太郎「じゃあまず、俺を初対面の相手だと思ってみよう」

咲「ええっ!?」ビクッ

咲「む、無理だよ、それ!」アセアセ

京太郎「なんで?」

咲「だ、だって!」

咲「わ、私と京ちゃんはもう……」

咲「――よく知った仲、っていうか」カァァ

京太郎(……聞きようによっては、とんでもねえ誤解を生むな、これ)

京太郎「お、おう、わかった……」

京太郎「そうだなー……」


――数分後

咲「あ、あの!」

モブ1「きゃっ!?」ビクッ

モブ2「ど、どうしました?」アセアセ

咲「――え、えと」

咲「そ、その本、なん、ですけど」

モブ1「え、これ、ですか?」スッ

モブ2「あ、もしかして!」

モブ2「あなたも、『マリ○て』のファン!?」ガタッ

モブ1「わっ、そうなの?」ニコッ

咲「あ、えとえと……」

咲「そ、そう、なんです――」

咲「ご、ごめんなさいっ!」ダッ

モブ1「って、ええっ!?」

モブ2「なんだったの、一体?」

モブ1「びっくりしたー……」
875 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/13(木) 00:33:11.90 ID:BPmqF9Sk0

咲「――や、やっぱり駄目だったよう」グスッ

京太郎(……こりゃ重度ですわ)ハァ

京太郎(――)

京太郎「咲」

咲「ふぇ?」キョトン


京太郎「……大事なこと訊くの忘れてた」

京太郎「お前、今の自分に不満とかないか?」

咲「不満?」

咲「うーん……それはない、かな」

咲「だって」

咲「こうして、京ちゃんとお話して」

咲「原村さんや優希ちゃんっていう同学年のお友達もできて」

咲「――そりゃ、今の子たちとだって仲よくできたかもしれないけど」

咲「私は、京ちゃんといられて、幸せだし」ニコッ

京太郎「そっか……」

京太郎(――それだったらそれでいいのかな?)

京太郎(こいつもなんか、嬉しそうだし)


咲「……」

咲(――あれ?)ハッ

咲(今私、京ちゃんといられて幸せ、とか言わなかった?)

咲(あれ、あれ――京ちゃん『たち』といられて、って言おうと思ってたのに!)アセアセ

咲(こ、これじゃあ、まったく意味が――!)カァァ

京太郎「咲」

咲「ひゃっ!?」ビクッ

京太郎「いや、その――悪かった」

京太郎「俺は……」

咲「あ、謝らないで!」

咲「わ、悪かったのは、私! うん、そうだよ!」コクコク

咲「じゃ、じゃあ、そろそろ戻らなきゃ!」ダッ

京太郎「あ、おい、咲!?」

京太郎「――いきなりなんだ、あいつ?」アレ?

――廊下

咲「――うう」スタスタ

咲(ち、違うよ! たしかに京ちゃんといると楽しいけど)

咲(あ、あのいい方じゃ、まるで――私が、京ちゃんだけを)

咲「わわっ……!」カァァ



モブB「いやー宮永さん、可愛いねえ」ニヤニヤ

モブA「……あんたは」ハァ
876 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/13(木) 00:35:20.87 ID:BPmqF9Sk0
モブBはきっと、作者の代弁者。そしてきっと、ここにいるスレ住民の代弁者でもありそう。
そんなこんなで、結局プロデュースしようと思っても、半端に終わってしまいましたとさ。

さて、今日はここまでかな?
いつも小ネタ希望サンキューな。

この場は、住民たちの軽い雑談の場にしてもええんやで?
ま、その辺は任せます。

それでは、また。
877 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(三重県) [sage]:2012/09/13(木) 00:39:03.30 ID:AQq9USB+o
乙ー
灼ちゃん押しは俺だけでいいフフフ
878 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/13(木) 02:12:10.83 ID:4bnCxZb30
南くんの恋人のパロディで咲が小さくなって京ちゃんの恋人とか
岩手で京ちゃんが小さくなったやつみて思い浮かんだ
879 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/13(木) 02:24:02.70 ID:/Ey8D6bTo
京太郎の右手が咲になっちゃうのも追加で
880 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/09/13(木) 06:47:07.73 ID:YSThrHXAO
うーむ、奈良編は和が余裕の展開かと思いきやしずしずのヒロイン力が急上昇中だな……
これが主人公力か、和ちゃんピンチ
881 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海) [sage]:2012/09/13(木) 06:52:27.36 ID:tRXGlG5AO
最近、咲での妄想が止まらない……
882 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/13(木) 09:27:55.18 ID:h+plroF4o
何が本編かわからなくなってきた
883 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/13(木) 17:08:01.93 ID:CsXpwZEJo
すべて本編
884 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/09/14(金) 14:27:17.50 ID:Oca2Ko6r0
縺繧
885 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/09/14(金) 14:27:17.45 ID:Oca2Ko6r0
縺繧
886 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/09/15(土) 10:19:30.24 ID:GFPSIocAO
京咲で踊ってみたしてみるとか(キンゲとかどうだろ)
887 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/15(土) 12:02:33.30 ID:KwRS1NXG0
>>884-885
アレ?時間が一瞬遡ってる?!
888 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海) [sage]:2012/09/15(土) 12:35:22.70 ID:u6q5a2YAO
Dメールか……
889 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/09/15(土) 18:24:17.91 ID:GFPSIocAO
>>888
Dメール!それだ!

って事でDメールを出そう(提案)
890 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/16(日) 01:06:20.43 ID:SoIkZNcl0
すまんな、投下が遅れているのにはとある原因がある。
約5年ぶりに、エ○ゲにうつつを抜かしている。それもこれも、件の友人のせいだ。
それがまた、長くて……今しばらくお待ちを。


――須賀家

咲「――あれ、なにこれ?」

京太郎「あ、バカ、咲! それは……」アセアセ

咲「『俺たち○翼はない』――へぇぇ?」ニヤニヤ

京太郎「わ、わりいかよ」

咲「あのね、京ちゃん?」クルッ

咲「大丈夫! 私は気にしないよ」ニコッ

京太郎「ほ、ホントか?」

咲「うん」

咲「貸してくれたら、とても嬉しいな」エヘヘ

京太郎「……」

京太郎(昔からの付き合いのある幼馴染の(一応)女の子に、エ○ゲを貸す)

京太郎(……なんか恥ずかしいな、これ)ウワァ

咲「いい?」キラキラ

京太郎「あ、ああ、まあ……いいぞ」

咲「やったー!」ワーイ

京太郎「……ま、いっか」ヤレヤレ


※学生がエ○ゲをやるのは、法律で禁じられています(棒読み)
891 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/16(日) 01:08:03.96 ID:m2W/tX9/o
「俺の幼馴染がこんなに可愛いはずがない」か・・・

おのれ、祝ってやる!
892 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長野県) [sage]:2012/09/16(日) 08:07:06.78 ID:ZtytqkOa0
俺つばRは前年齢対象だよ! やったね!
893 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海) [sage]:2012/09/16(日) 09:09:59.72 ID:PiKHH/mAO
俺妹、次巻で最終巻だね

咲ちゃんかわええ
894 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/17(月) 02:00:19.22 ID:omPt/ROV0
――和の場合

京太郎「――でさ」テクテク

和「へえ……」フムフム

A「お」ピタッ

京太郎「あ……なんだAか」

A「なんだとはなんだ、コンニャロ」

A「隣に大層な美人連れやがって、このこの!」

京太郎「いて、やめろって……そういや、Bは?」

A「ああ、あいつなら色々――いや、今はんなことどうでもいい!」

和「あ、あのう……」モジモジ

京太郎「やめろ、A。和が困ってる」

A「え、マジ名前呼びか!?」ビックリ

A「マジか……原村さんと言えば、クラスの壁を超えて男子生徒からの熱烈な視線を――」

京太郎「はい、ストップ」

和「……」カァァ

A「――それでも俺は聞かねばならん!」ガバッ

京太郎「は?」

A「お前、咲ちゃんはどうした!」ビシッ

京太郎「はぁぁ!?」

和「え? 宮永、さん?」

A「そうだよ。いやーあの子はもう、俺とBの間じゃ、公認の嫁さ――」

京太郎「の、和! そういや今日、部室でミーティングだったな!」バッ

和「え?」

京太郎「そ、それじゃな、A! また!」ダッ

A「あ、おい待て!」

A「はぁ……」

A「――まさか、須賀が『愛人』をねぇ」シミジミ

京太郎「……その口、縫い付けてやろうか?」ジロッ

A「すまんな」ボウヨミ

和「あ、あい、じん?」アセアセ

京太郎「よし、行くぞ、和」タッ

和「は、はいっ!」タッ
895 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/17(月) 02:01:10.90 ID:omPt/ROV0
――部室近くの廊下

京太郎「……」テクテク

和「……」テクテク

京太郎「あのさ」

和「!」ビクッ

和「な、なんでしょうか?」アセアセ

京太郎「――さっきの、バカの言葉だけど」

和「……!?」カァァ

京太郎「いや、咲が嫁で和が――」

和「い、言わないでください!」ブンブン

和「そ、その――」カァァ

京太郎「あ、そっか。恥ずかしいもんな、ごめん」

和「あ、いえ、その……」

和(い、言えません!)

和(『愛人』という言葉が――だなんて……口が裂けても!)ブンブン

京太郎「和?」

和「で、でも」

和「須賀くんは本当に、宮永さんとよく一緒にいるんですね」

和「仲が良くて羨ましいです」クスッ

和(……本当に)キュッ

京太郎「あー、まあな」ポリポリ

京太郎「中学からの付き合い、だしなあ」

和「え? 中学からだったんですか?」キョトン

京太郎「え、まあ――そうだけど」

和「てっきり、もっと小さい頃からだとばかり……」

京太郎「え、ホントか?」

京太郎「……まあ、たしかに」

京太郎「中学からこれまでずっと長い付き合いがあるのは――あいつだけ、か」シミジミ

和「……そう、ですか」

和「――羨ましい」ボソッ

京太郎「え?」
896 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/17(月) 02:01:57.69 ID:omPt/ROV0
和(……ただ、素直にそう思います)

和(中学から、今まで)

和(異性の方とこうしてお話する機会は殆どなかった私、ですし)

和(もちろん、こんなこと須賀くんに言えるわけも――)

京太郎「そっか……羨ましい、か」

京太郎「――でもさ」

和「はい?」キョトン

京太郎「俺はこうして」

京太郎「麻雀部に入って」

京太郎「……部長にからかわれたり、染谷先輩にかばってもらったり、優希の奴とバカ話したり」



京太郎「――和とこうして込み入った話ができたり」

和「――!」ハッ



京太郎「すげえ楽しいんだ」

京太郎「だからさ――」

京太郎「今から、作ってこうぜ」

和「つ、作る?」

京太郎「そ」

京太郎「麻雀部で会えたってことは何かの縁があったってわけだしさ」

京太郎「……もっと、和と」

京太郎「色々と話したりしたいな、って思ってる」

和「――すが、くん」カァァ

京太郎「って、何言ってんだろうな、俺」

京太郎「それもこれも、さっきのAのせいだ――あんにゃろ、今度会ったら」ブツブツ

和「……私も、です」ボソッ

京太郎「え?」

和「な、なんでもありません! ほら早く行きましょう!」スタスタ

京太郎「……お」ピクッ

和「な、なんですか?」

京太郎「すげえ真っ赤だぞ、和?」

和「――!」バッ

和「そ、そんなの関係ないでしょう! ほ、ほら、早く!」カァァ

京太郎「はいはい」
897 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/17(月) 02:03:13.75 ID:omPt/ROV0
京太郎(……きっと、和は気付いてない)

京太郎(こうして俺と言い合うことができるようになってる、ってことに)

京太郎(――咲)

京太郎(変わっていくのは、お前だけじゃないんだぞ)


和「……」

和「――そんなに、赤いでしょうか」ピタッ

京太郎「耳たぶまで真っ赤」

和「う、ウソです!」アセアセ

京太郎「いや、耳たぶまでは言い過ぎだったかな」

和「……!」ハッ

和「――ひっかけましたね?」ゴゴゴゴ

京太郎「さあ、なんのことやら?」

和「須賀くん!」

京太郎「ほら、早く、和!」


京太郎(――ああ)

京太郎(悪く、ねえなあ……こういうの)
898 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/17(月) 02:05:53.02 ID:omPt/ROV0
今、現在進行形でやってる某ゲームに影響されたってはっきりわかんだね。
いやー、まだ全クリしてないけど、いい青春模様だわー……
それにあてられたからか、今回はいつもよりしっとりした感じになりましたね。
書いてて、とてもしみじみできました。あと、和ちゃんも可愛い。

とはいえ、今回のSSはそのゲームよりも、ココ○コネクトみたいな感じにも――(青春モノが好きなんで)すまんな。
それじゃ、また。最近遅筆で、申し訳ない。
899 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/09/17(月) 02:09:45.71 ID:gNv5i7FAO
のどっちがガチ天使スレが増えたのはこのスレの影響(確信)
900 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/09/17(月) 02:18:55.75 ID:Z25nOSczo
そうだよ(便乗)
901 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/17(月) 05:04:39.52 ID:lHuo7ula0
京ちゃんが巨乳に対してイケメンなスレは希少
902 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2012/09/17(月) 06:32:04.89 ID:gk1vuMlAo
じゃあ次はねっとりした感じでいこうか
903 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/17(月) 06:44:01.45 ID:u8A6C8wIO
おつー

子供をつくる?(難聴)
904 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/09/17(月) 07:14:15.50 ID:jigR8MaAO
>>899
それは言えてる(確信)
前は孕村さんかおもちエロ要員ばかりだったからなぁ……
905 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/09/17(月) 14:37:10.35 ID:qwY1RcHu0
ピンクはエロい
906 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/09/18(火) 17:53:53.83 ID:SV6LnVz5o
ピンクは正義
907 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/19(水) 22:58:21.10 ID:WtJZIjYh0
ようやく、おれ○ばクリアした……遅くなって本当にすまんな。
名作だったってはっきりわかんだね。

ところで、実は明日から大学が始まってしまう。
時間があればもっと書きたいし、いろいろと話したいんだけど……残念。

なるべく更新頻度は多くしたいと考えてるけど、期待に添えられなかったらごめん。
SS書くことは好きだし、続けたいなー、と。

さて、小ネタいこうか。もう本編は(俺も含めて)みんな忘れちゃったんじゃないかな……。
ごめん、美鳥の日々みたいなネタを振ってくれた人。それ書くの難しかった(小並感)
あと、Dメールもなかなか難しそうだ。シュ○ゲってほんとすごいよな。

というわけで、心機一転、小ネタを募集します。
明日からのこともあって、そこまで長い間書けないかもしれないけど、オナシャス!
清澄でも阿知賀でも、はたまた別のなにかでも、どんとこい。


咲「うう……最高だったよ、京ちゃん」

京太郎「お、おう」

咲「特に、隼人くんが――」

京太郎「待て、咲」

京太郎「ここは教室……あとはわかるな?」

咲「……!」

咲「ご、ごめん、京ちゃん!」

京太郎(興奮すると周りが見えなくなる癖――どうにかならねえかな、これ)
908 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/19(水) 23:00:04.91 ID:M5Dxz8Vuo
風越の人達って興奮してなくても、もしかしたら登校してなくてもあんな感じなのかどうかとか
909 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/19(水) 23:19:42.92 ID:WtJZIjYh0
よし、再開第一発。風越の人たち。

――吉留さんの場合

吉留「……ふぅ、ちょっと休憩」

吉留(ああ、明日から中間か――嫌だなあ)ガックリ

吉留(あ……眼鏡が曇っちゃってる)

吉留(よいしょっと――)カチャッ


吉留(……そういえば)フキフキ

吉留(私に眼鏡を薦めてくれたのは、キャプテンだったな)シミジミ

吉留(『吉留さん、もしかして乱視なんじゃない……世界の歪(ひずみ)が見えるのは辛いわよね』って)

吉留(世界の歪、っていう言葉はいかにも文学的だったなあ……もしかしたら、文学少女だったりして)クスクス

吉留(――その時の華菜ちゃんの優しそうな眼差しったらなかったよね)

吉留(華菜ちゃん、キャプテンが本当に好きだからなあ……まあ私も、きっと深堀さんたちもだろうけど)

吉留「――よし、そろそろ再開! 頑張るぞ!」グッ

吉留(なんにせよ)

吉留(明日からの中間、なんとかしよう!)
910 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/19(水) 23:20:47.38 ID:ypQYzgu9o
死の戦が視えるわけですね
911 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/19(水) 23:32:29.03 ID:WtJZIjYh0
――文堂さんの場合

文堂「……」

文堂(長野決勝)

文堂(あのとき、私がなんとかしていれば――)

文堂「くっ……!」

文堂(いや、ダメだ)

文堂(もう終わったこと。それをいつまでも引きずっていたら――)

文堂(チームの人たちに、顔向けできないじゃないか……!)ギリッ

文堂「そういえば」

文堂「キャプテンから、言われたっけ?」



美穂子「……あら、文堂さん?」

文堂「キャプ、テン」グスッ

美穂子「どうしたの、顔が……」

美穂子「――ちょっとお話してもいいかしら?」スッ

文堂「は、い」グスグス


美穂子「……中堅戦、辛かったでしょう?」

文堂「――!」コクコク

美穂子「正直ね」ニコッ

美穂子「……ただ、あの卓は『魔境』だったわ」

文堂「魔境……」

美穂子「そう」

美穂子「卓で眠っていた魔物(モンスター)が、静かにその目を開ける――そんな幻像(ヴィジョン)がたしかに視(み)     えたもの」ゾクリ

文堂「は、はぁ……」

文堂(幻像が『たしかに』視えるって、なんか――?)アレ?


美穂子「だからね、あなたはいまだに魅了(チャーム)されてるだけ」

美穂子「いずれ、その呪縛(バインド)も解けて、晴れて自由の身――ふふっ」クスクス

文堂(……キャプテンはとても詩的だ)

文堂(時々、その整った顔に悪戯そうな光が宿ることもあるけど――正直、その時のキャプテンにはついていけない)

文堂(私がまだ未熟なだけなんだろうな、きっと)キュッ


文堂「――そうだ」バッ

文堂「いまは、雌伏のとき」

文堂「キャプテンだって、そう言ってたじゃないか」

文堂「よしっ……」

文堂「もう、悩まない!」グッ
912 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/19(水) 23:44:49.16 ID:WtJZIjYh0
なんだかんだで、後輩からも慕われるキャプテンでしたとさ。
さて、ついにご本人登場。池田……深堀……すまんな。

――美穂子の場合

――教室にて

美穂子「……」

美穂子(――ああ)ガタッ

美穂子(『右目』が、啼いてる……なぜ?)グッ

美穂子(魔力(マナ)が溜まる場所じゃないはず――それこそ、雀卓のような)


モブ「ね、ねぇ、福路さん、大丈夫?」

美穂子「あ――!」ハッ

美穂子「ご、ごめんなさい。少し、その――力が沈殿しちゃってるみたいで、その」アセアセ

モブ「え?」

美穂子「あ、その――まあ、ありていに言えば、ちょっと調子が悪いだけ。気にしないで」コホン

モブ「あ、うん、わかった……」スタスタ

美穂子「……あぶなかった」ボソッ


美穂子(前に華菜に言われた)

美穂子(『クラスとかで『右目』が啼きだしても、そういうことをクラスメイトに言うのはやめた方がいいですよ』って)

美穂子(私としては、魔力(マナ)が溜まってると、一般人(ノーマル)の人々にも悪影響だから言った方がいい、と思うんだけど……コーチもそれに関しては、あまり乗り気じゃなさそうだし)

美穂子(ああ――そろそろ癒しの水(ポーション)を注さないと!)ガタガタ


モブ「――福路さん、本当に大丈夫かな?」キュッ
913 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海) [sage]:2012/09/19(水) 23:47:25.71 ID:281G+r3AO
大丈夫じゃない、問題だ
914 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/19(水) 23:50:11.07 ID:WtJZIjYh0
麻雀部の外では一般人に合わせるコーチと、なかなか折り合いをつけるのが難しそうなキャプテンでした。

そして地区予選で『あの』上埜さんと再会し、彼女とのふれあいの中で
次第に一般の世界ともうちとけていく――って妄想が膨らみましたが、結構長くなってしまいそうなので
書けないかも。すまんな。

さて、そんなこんなで、風越日和(今考えた)もおしまいかな。
次のネタ、オナシャス。
915 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/19(水) 23:54:13.99 ID:4CcHlTbT0
池田が割と常識人だと……

武装錬金ネタ?知らんけど
916 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/19(水) 23:55:10.79 ID:ypQYzgu9o
深堀さんはー!?
917 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/19(水) 23:57:35.75 ID:dDp1Fn8i0
清澄メンバー×ハギヨシ
918 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/20(木) 00:16:15.63 ID:0OgfEBuB0
>>915
武装錬金はわからない……結構面白そうだから興味はあるんだけどな。すまん。

>>916
さすがにネタ切れ感が……咲日和の深堀さんは、マジで出来た人。キャップ、もっと頑張れ。

>>917
ハギヨシと清澄の絡みって、腐部屋の人がうまいよなー、って思った(小並感)
ハギヨシ×部長っていうのは新しいよなあ……。

ところでいいのかな、ハギヨシネタはなかなか面白そうなんだけど、京ちゃんが全く出てきてないっていうのは……
今更な懸念かもしれないけど。


ハギヨシ「……ふむ」モグモグ

京太郎「ど、どうですか!?」

ハギヨシ「美味しいですよ、須賀くん」ニコッ

ハギヨシ「腕を上げましたね」

京太郎「あ、ありがとうございますっ!」バッ


ハギヨシ「ところで」

京太郎「はい?」

ハギヨシ「――須賀くんが所属する麻雀部は」

ハギヨシ「他の部員の方は皆、女性とお聞きしましたが」

京太郎「あ、はい、そうです」

京太郎「……正直、男子一人だと、色々とキツいですけどね」ポリポリ

ハギヨシ「ふむ……」


ハギヨシ「竜門淵家に仕えております、萩原と申します。よろしくお願いします」ペコリッ

優希「じぇ?」

和「はい?」

まこ「はぁ?」

久「……ん?」

咲「え、え、京ちゃん!? こ、この人、だ、誰!?」アセアセ

京太郎「テンパりすぎだ、咲……」ハァ

京太郎「あと、初対面の相手に指さすなって」シテキ

咲「だ、だってだって!」

咲「び、びっくりしちゃって……」カァァ


京太郎「――えーと、その」

京太郎「ハギヨシさ――いや、萩原さんは、俺に料理を教えてくれてます」

久「へぇ……」ニヤニヤ

京太郎(――うわっ、意味深なチラ見きたよ)
919 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/20(木) 00:18:02.07 ID:0OgfEBuB0

京太郎「えー、それでまあ……」

京太郎「お互いに親交をさらに深めるために」

京太郎「こちらの麻雀部にお邪魔したい、というのが萩原さんの意見です」

京太郎「いきなり勝手に連れてきてしまい、申し訳ありません」ペコリッ

まこ「い、いや、それは別にいいんじゃが……」

優希「うわー、本物の執事だじぇ!」キラキラ

和「……さすがに、風格がありますね」ジッ

咲「……そっかー、京ちゃんが――あれ?」ハッ

咲(男二人、料理を教える、身体が触れ合う――わわわっ!?)ブンブン

咲(も、もしや……って、だめ! ダメだよ、こ、こんな想像しちゃ――)カァァ

咲(わ、私はノーマルだもん! そうだもん!)ブンブン

咲(杏さやよりも恭さや派だし……それに――)ブツブツ


ハギヨシ「――あの、須賀くん? こちらの方が……」

京太郎「あー、ほっといてください。そいつの癖みたいなもんなんで」ヤレヤレ

ハギヨシ「はぁ……」キョトン
920 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/20(木) 00:18:58.57 ID:0OgfEBuB0
ぶつ切りですけど、この辺で。
ハギヨシは書くのが難しい……

次は、京太郎メインでオナシャス。
921 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/20(木) 00:19:15.48 ID:6J340KG20
杏恭もあるんやで
922 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/20(木) 00:22:36.95 ID:w68FI1JOo
>>921
ギルティ杏まどこそ至高
923 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/20(木) 00:23:20.85 ID:BcO/Jpt9o
Q恭
924 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/20(木) 00:23:49.30 ID:jv5iikNeo
杏マミだろjk
925 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/20(木) 00:29:28.04 ID:6J340KG20
ホムコブだろjk

中の人ネタとか、もうやったっけ?
926 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/20(木) 00:32:47.24 ID:jv5iikNeo
>>925
狼と香辛料はした コードギアスもしたな ホライズンはしとらん
927 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/20(木) 00:35:16.87 ID:NbmktrJ8o
>>925
ヒューッであってる?
928 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/20(木) 00:35:50.04 ID:vfIRPIpmo
男京太郎、制服姿でエロ本を買う
929 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/20(木) 00:35:56.68 ID:0OgfEBuB0
ここまで超王道のまどほむなし、と。
へぇ、咲ファンとまどかファンって被るのか……?


咲「ティロ・フィナーレ!」ビシッ

京太郎「お、○ミさん」

咲「そうそう!」

咲「あの子、かっこいいよねえ……」ウットリ

京太郎「そうだな、うん」

京太郎「――そういえば」ポンッ

咲「え、なに?」キョトン

京太郎「アニメを観てて、特定のキャラが好きになることってあるだろ」

京太郎「あれってな……そのキャラが自分の持ってないものを持ってると好きになる確率が上がる、らしいぞ」

咲「へぇ……そうなんだ」フムフム

咲「……」ジーッ

咲「――まさか!」ハッ

京太郎「お、やっぱりか」ニヤニヤ

咲「も、もう……!」アセアセ

咲「京ちゃんのバカ! 大バカ!」カァァ

京太郎「ふーん、やっぱりそうだったのか……」

咲「ふ、ふんだ! ち、違うもん!」ブンブン

咲「……」

咲「ちょ、ちょっとくらいはそうかもだけど!」

京太郎(あ、妥協した)


咲「そ、そういう京ちゃんは誰が好きなの!」

京太郎「え、俺?」

京太郎「……」

京太郎「うーん、誰だろう」

京太郎「さ○か、かなあ」

咲「へぇー、そうなんだ」

咲「さ○かちゃん好きって珍しいような……なんで?」キョトン

京太郎「……」

京太郎「さ、さあ、帰るぞ」

咲「あ、ねえ、理由はー?」ズイッ

京太郎「う、うるさい!」
930 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/20(木) 00:36:35.52 ID:BcO/Jpt9o
麺恋
931 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/20(木) 00:36:46.18 ID:0OgfEBuB0
京太郎(――言えるわけねえよな)

京太郎(上○とさ○かの二人の関係)

京太郎(そういうのを踏まえた上で、今の俺と、このバカとの関係を見つめ直してみたら)

京太郎(――ああ、もうやめ! こんなのバレたら、こいつに……)ブンブン


咲「幼馴染だから、とか?」

京太郎「――!?」ハッ

咲「いや、やっぱり恋する幼馴染ってかわいいよね! まあ、幼馴染って不遇だけど……」

咲「私も幼馴染キャラ好きだけどな」

京太郎(――え、なにそれは)

京太郎(まさかこいつも)

京太郎(今の俺と同じようなこと考えてるんじゃ……!)カァァ

咲「ん、どしたの、京ちゃん? 顔、真っ赤」ズイッ

京太郎「う、うっせー」

咲「んー、どうしたのかなー?」ニヤニヤ

京太郎「だー、もう! ほら、とっとと帰るぞ!」
932 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/20(木) 00:40:17.24 ID:0OgfEBuB0
咲ちゃんは○ミさんと、何を比較したんですかねえ……
やっぱり照姉さんを見る限り、遺伝という大きな壁は――あれでも、考えてみたら愛宕姉妹とかそうじゃないな。
妹はともかく、姉の方は……。
松実姉妹は――お母さんがさぞ凄かったんだろう。

え、何の話? いや、正月に食べるおもちって美味しいよね(すっとぼけ)

さて、エロ本買いに行く京ちゃんでもいっとく?
933 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/20(木) 00:41:07.09 ID:BcO/Jpt9o
一本いっとけ
934 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/20(木) 00:47:21.38 ID:jv5iikNeo
どうせなら和に帰り道会って欲しい

バレるかバレないかはまかせる
935 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/20(木) 00:48:12.82 ID:vfIRPIpmo
何故か店員和とかそういうのもありかww
936 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/20(木) 00:52:55.26 ID:0OgfEBuB0
――書店

京太郎(……)キョロキョロ

京太郎(よし、誰もいない……)

京太郎「――ここ、か」

京太郎(大抵、咲と一緒に来ることしかないから)

京太郎(今日みたいな日は貴重――よし!)グッ


京太郎(……二次元巨乳モノ)

京太郎(あいつがいたら、色んな意味で買うことを憚られる)

京太郎(書店で自分の胸見て、いきなり顔真っ赤にして殴りかかってくる咲とか……想像するだけで恐ろしい)ブンブン

京太郎(――さて)コホン

京太郎(一冊、抜き取って)スッ


――レジ

店員「はい、次の方ー……」ピッピッ

京太郎「あ、はい、これを」スッ

店員「……」チラッ

店員「かしこまりましたー」ピッピッ

京太郎(年齢確認なし、と)ホッ

京太郎(いや、これ一応ラノベの括りに入ってるらしいから、助かった)

京太郎(……ここまでは順調)キョロキョロ

京太郎(そして、周りには咲はいない)

店員「ありがとうございましたー」ペコッ

京太郎(俺の勝ち、だ――!)


和「あら、須賀くん?」キョトン

京太郎「」
937 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/20(木) 00:56:31.74 ID:kUTHL60IO
逝ったな
938 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/09/20(木) 00:58:55.70 ID:uHGEMK0d0
オワタ
939 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/20(木) 00:59:49.62 ID:BcO/Jpt9o
ここから始めようぜ!
940 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/20(木) 01:07:08.09 ID:0OgfEBuB0
和「奇遇ですね、こんなところで会うなんて」ニコッ

京太郎「あ、お、おう……」

和「須賀くんも何か買ったんですか? 私は、小説を買ったんですけど……」

京太郎「い、いや、まあ――」

和「……須賀くん?」キョトン

京太郎(これは、マズい……)タラッ

京太郎(今、この袋の中に入っている小説は表紙からして、その、過激だ)

京太郎(こんなもの、咲ならともかく、清純な和に――!)

京太郎「の、和! お、俺、用事思い出した! ま、また明日!」ダッ

和「え、ちょっと、須賀くん……」

ポトッ

京太郎「――は?」ピタッ

和「あ、なにか落ちましたよ……はい、どうz」ピシッ

京太郎(固まったな……)


和「『ピンクの髪で巨乳な女の子をてなづける百の方法』……です、か」ボソッ

京太郎(い、言うなって!)

京太郎(やばいぞ、これは)

京太郎(特に意識はしてなかったけど、考えてみたらこのヒロインの髪はピンク色)

京太郎(ピンク色の髪で、大きなおもちの女の子――それって)

和「あ、あの、これは……」カァァ

京太郎(まんま、和じゃねえかよ!)


和「あ、あの、その……」アセアセ

和「こ、こういうのは、その――わ、私たちには、まだ早いというか、その」アセアセ

京太郎「あー、も、もうわかった!」

京太郎「ご、ごめんなさい、和さま! この借りはまた明日!」

和「え、でも……」

京太郎「今度、何でも奢りますから!」

和「――」ハッ

和「え、ええ、わかりました……その、須賀くん」

京太郎「そ、それじゃ、また!」ダッ

和「私、気にして――あ、行ってしまいました」
941 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/20(木) 01:07:56.34 ID:0OgfEBuB0
和「……あのイラスト」ボソッ

和「ピンクの髪」サラッ

和「大きな胸」ジッ

和「てなづける」

和「……」

和(わ、私も帰りましょう!)カァァ

和(――須賀くんも、男の子、なんですね)

和(って、私は何を考えてるんですか!)ブンブン

和(……)

和(――やっぱり、あのイラストを)

和(使って――って、何を考えてるんですか、私は!)ブンブン

和(い、いけません! た、たしかにもしかしたら辛うじて似ていたかもしれません――けど)

和(ち、違います! こ、こんなこと考えちゃ――!)カァァ


和(……)テクテク

和(――なぜでしょうか)

和(なぜ少し、安心しているのでしょうか……)キュッ

和(ああ、はしたない――)カァァ
942 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/20(木) 01:09:24.47 ID:0OgfEBuB0
潜在的にエロい和ちゃんでした。
部長や咲ちゃんのエロさとはまた違った感じがあるんじゃないですかね。

今はここまでになるかと。
とりあえず、今後も更新できるように頑張りたいですね。
やっぱ、SS書いて、会話してると楽しいし。
943 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/20(木) 01:10:20.11 ID:kUTHL60IO
おつ

のどっちマジ天使!
944 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/20(木) 01:19:30.72 ID:vfIRPIpmo
のどっちマジ天使

サンクス
945 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/09/20(木) 01:19:52.32 ID:8qLXYspAO
いやにピンポイントなタイトルだな>>ピンクの髪〜
だが今のラノベタイトルの風潮を考えると実際にありそうなのが怖い
946 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/20(木) 01:21:37.45 ID:jv5iikNeo
乙 のどっちマジ天使

>>945
ふつうにありそうだよな

ここは>>1に中身を書いてもらわんとなあ(ゲス顔)
947 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/09/20(木) 01:39:12.58 ID:ncmWsWd5o
乙ー
俺つばは渡会さんが可愛すぎた(小並感)
948 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長野県) [sage]:2012/09/20(木) 06:06:47.37 ID:BWblar270
フラグの折れたエンジェル
949 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/09/20(木) 07:30:06.44 ID:daPNIZ6AO
>>948
それを言われるとつらいのぅ……
阿知賀編に期待
950 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/09/20(木) 11:19:10.00 ID:fE7bvjNE0
ここの阿知賀は女子学院じゃなくて共学なんだよね
もし原作どおり女子校なら京太郎はアコチャーとあだ中のほうに行くんだろうか?
951 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/09/20(木) 12:13:23.07 ID:s5hhG1sx0
そして晩成へ
952 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/20(木) 12:19:18.09 ID:kUTHL60IO
別スレじゃないですかやだー!
953 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(鹿児島県) [sage]:2012/09/21(金) 16:30:47.67 ID:+8EKECQU0
きょーたろーは幼なじみものを買わないのか
954 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/21(金) 20:04:56.82 ID:vxWp76uf0
やっぱり、大学は身体に負担だなあ……
最低限、単位は稼がんと。他のことはさっぱりできてないし。
んじゃ、書こうか。
行きと帰りで小説読んでたら書きたくなった。


>>947
>>948
意外と俺○ば知ってる人多いのか。
フラグの折れたエンジェルには草が生えた。

>>950
あ、ここでは阿知賀は中高共学です。
ご都合主義にでも頼らないとやっていけないって、はっきりわかんだね。
ま○ろ色シンフォニーみたいな感じでどうかな?

>>951
>>952
晩成、描写少ないのによくやるな……
と思ったら、これまた描写が少ない白糸台の方は、もう18か19スレ目だっけ? 
とんでもないな……。


さて、小ネタはどうしよう。
>>953がいうような、幼馴染モノと京太郎も面白そうだし、京太郎が買ったエロ小説の中身もよさそうだ。
そうだな……とりあえず、少し考えるんで、小ネタ書いてくれたらなー、と思います。
そろそろ次スレを建てる時も近い、か?



咲「うーん。うちの高校にも、そろそろ他校からの編入っていうのがあってもいいと思うんだけどなあ」

京太郎「……それ、女子高くらいしかやらないだろ」アキレ

咲「あ、そっか……」

咲「それなら、風越みたいな女子高の方が――」ウットリ

京太郎「別にそれでもいいけど」

京太郎「俺とは別になるけどな」

咲「……!」ハッ

京太郎「いやまあ、咲は少し自立するべきだし――」

咲「や、やっぱり清澄でよかったよ、うん!」コクコク

京太郎(……これだから、このちんちくりんは)ハァ
955 : ◆HPzqh93ntjyb [sage saga]:2012/09/21(金) 20:50:49.48 ID:vxWp76uf0
なかなか思いつかないな……
小ネタ希望、あったらどうぞ。

幼馴染モノか……うーむ。
956 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/21(金) 20:55:35.95 ID:xDZ5B0Peo
姪か小さい従兄弟を散歩に連れて行ってる京太郎にばったり出くわして2人で世話することになった咲さんとかどうだろう
957 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/09/21(金) 20:59:58.57 ID:dvZMh8QSo
のどっちと京ちゃんが小難しい本を薦めあってるのを見て唸る咲さんで
958 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/21(金) 21:48:55.68 ID:vxWp76uf0
遅くなってすまんな。
それじゃ、出してくれた小ネタを書いてみよう。

>>956
なるほど……やってみるか。


――町中

咲「……ふふっ」ニコニコ

咲(やっと買えた――あの新刊)

咲(最近、一人で色んなことができるようになったなー)

咲(これなら、もう――)

咲(京ちゃんがいなくたって、平気だもんね!)グッ

咲(……)テクテク

咲(い、いや、やっぱりちょっとくらいは……)アセアセ

咲(――って、あれ?)ハッ


京太郎「――ほら、買ってきたぞ」

?「あ、ありがとー!」

京太郎「こぼさないようにしろよ」

?「うん!」ニコッ


咲「」

咲(あ、あれは――)

咲(いや、まさかね……)アハハ

咲(いくら京ちゃんだからって、そんなこと)

咲(――)

咲(事と次第によっては、『おまわりさん、こっちです』をリアルでやることにもなるのかなぁ)ドキドキ


京太郎「――あれ、咲?」ハッ

?「えー、どうしたの『京ちゃん』」キョトン

咲「お、おまわりさん、こっちです!」

京太郎「は!?」ビクッ

?「あれー?」
959 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/21(金) 22:00:44.36 ID:vxWp76uf0
咲「――びっくりしたよ、もう」

咲「だって、京ちゃんがその子に『京ちゃん』って無理やり呼ばせてるような気がして――」

京太郎「俺はお前のそのぶっ飛んだ思考回路にびっくりだよ……」ハァ

?「ねぇねぇ、『京ちゃん』のお友達なの?」ジーッ

京太郎「あ、ああ、そうだよ、うん」

京太郎「――お、こぼさないで食べられてるな。偉いぞ」ナデナデ

?「えへへー」ニコニコ


咲(……)

咲(――なんでだろう)

咲(こんなに可愛い女の子、なのに)

咲(……見てると、胸がざわつくような)キュッ

京太郎「あれ、咲? なんかこええぞ、顔とか」

咲「……」ムッ

咲「京ちゃんの、バカ」プイッ

京太郎「は?」


京太郎(――あれ? なんか、いつもの言い方と違う)

京太郎(普段より、どこか悲しそうな……なんでこんなこと気にしてんだ、俺?)


?「……」ジーッ

?「ねぇ、その――おねえ、さん?」モジモジ

咲「――え、私?」

咲「な、なにかな?」ドキドキ

?「わたし、愛!」

咲「へ?」キョトン

愛「お姉さんは?」

咲「……咲だよ、その――愛、ちゃん?」モジモジ

愛「咲お姉ちゃん、かぁ」

咲「――お姉ちゃん」ハッ

咲(あれ、なんか新鮮)

咲(――よく見ると、この子思った以上に可愛いなあ)ニコニコ

咲「愛ちゃんはいい子だね」ナデナデ

愛「ほんとー、えへへ」
960 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/21(金) 22:01:14.54 ID:vxWp76uf0
京太郎「……」

京太郎(――あれ、いきなり元に戻ってる)

京太郎(まあ、よかったよかった。なんか落ち着かなかったし)

咲「愛ちゃん、なにか京ちゃんに変なこととか――」

京太郎(前言撤回。やっぱこいつバカだ)ハァ

愛「えー、変なことって?」

愛「『京ちゃん』優しいよー」ニコニコ

京太郎「咲。あまりおかしなことは、その――」

咲「……」

咲(『京ちゃん』)

咲(……まただ、胸が)キュッ

京太郎(……こいつ、また)ハァ
961 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/21(金) 22:12:15.92 ID:vxWp76uf0
――その後

咲「へぇ。愛ちゃんは、京ちゃんのいとこなんだね」

愛「うん!」

京太郎「俺の叔母さんの娘さんなんだ」

咲「ふーん……」

咲「愛ちゃん、いくつなのかな?」

愛「私、6歳!」

咲「6歳かぁ……若いなあ」シミジミ

京太郎(お前がその言葉を言うのか……)アキレ

愛「京ちゃんとは、10コ違うの」

咲「……」ハッ

咲「そ、そうなんだ。愛ちゃん、数字数えられるんだね」ナデナデ

愛「えへへ」

京太郎「……」


――後日、通学路

咲「……」テクテク

京太郎「……」テクテク

咲「京ちゃん」ピタッ

京太郎「――え」ピクッ

京太郎「どうかしたか、咲?」

咲「ううん、なんでも」

京太郎「そっか……」


咲「……京ちゃん」

京太郎「――」ハァ

京太郎「なんだ?」クルッ

咲「う、ううん、なんでも――」

京太郎「そっか」

京太郎「……」

京太郎「その――」

咲「……」ピクッ
962 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/21(金) 22:13:43.06 ID:vxWp76uf0

京太郎「――愛だけじゃ、ないからな」

咲「え……?」

京太郎「うちの叔母さんがそう呼ぶから、愛もそれを真似してるだけだからな」

京太郎「だから、その――」ポリポリ

咲「……」カァァ

咲「ち、違うもん!」プイッ

咲「そ、そーいうのじゃないよ!」アセアセ

京太郎「そっか、じゃあいいや」

咲「ふんだ」


京太郎「……」

咲「――京ちゃん、かぁ」シミジミ

京太郎「なんだよ、しつけーぞ」

咲「ううん、なんでもない」

咲(京ちゃんの叔母さんの真似してるだけ、かぁ)

咲「……えへへ」ニコニコ

京太郎「……」
963 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/21(金) 22:15:30.59 ID:vxWp76uf0
書いてて自分でもわけわからなくなった……
つまり、咲ちゃんは何となく京ちゃんっていう呼び方について思う所があったってことで、終わりでいいんじゃない?

さて、次か。

>>957
これは咲ちゃんが嫉妬しますね……
今日は筆の乗りが悪いような気がするから、しばらくお待ちください。
964 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/09/21(金) 22:17:38.43 ID:zVPKH5VDo
愛「いとこなら結婚できるのー」
とか言い出したらどうなったの
965 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/21(金) 22:18:07.76 ID:H29s7LJIO
セーブするよおおおお!
966 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/21(金) 22:22:10.03 ID:KCRtco2yo
>>965
愛ちゃんうるさい
967 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/21(金) 22:26:32.13 ID:ubBWQdgM0
実はシズも幼馴染で京ちゃん呼びに咲さんは……
968 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/09/21(金) 22:28:59.77 ID:dvZMh8QSo
京ちゃんと呼ぶのは身内だけ……?
こりゃ身内になるのは内定してるようなもんだな
969 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/21(金) 22:35:14.41 ID:rSAHl6gDo
>>966
叔母さんが伝説級アイドルになっただろ(困惑)
970 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/21(金) 23:17:24.35 ID:vxWp76uf0
よし、いこう。


――部室

京太郎「……」ペラッ

咲「あれ、京ちゃん? 何読んでるの?」

京太郎「――これか? ノル○ェイの森だよ」スッ

咲「……」エート

咲「あ! さ、最近、映画化されたヤツだよね!」パァァ

京太郎「まあ、そうだな……」ペラッ


京太郎(――書店でも散々PV流されてたからなあ)

京太郎(今の間で、必死に記憶を探ってたんだろうな……)

京太郎(村○春樹くらい知っておいてもいいと思うんだけど)

咲「――うー、京ちゃんがつれないよ」ジトッ

京太郎「お前も本でも読んでろよ……ラノベだって、立派な読書だと思うぞ」チラッ

咲「そ、そうかもしれないけどさ……なんか、読む気しなくなっちゃった」プイッ

咲(京ちゃんと話したいのに……)ムーッ

咲(――だ、だって、そっちの方が時間が潰れるんだもん)アセアセ

京太郎(また一人で何か寸劇やってんな、こいつ)ペラッ


――数分後

和「こんにちは」ガチャッ

和「――って、宮永さんと須賀くんだけ、ですか」

京太郎「お、和か」

咲「原村さん!」パァァ

和「あ、宮永さん――どうかしましたか?」ドキッ

咲「うんうん!」コクコク

咲「酷いんだよ、京ちゃん」

咲「私のことを無視して、ずっと本ばっかり――」ジトッ

京太郎(捏造もいいとこなんだよなあ……)

和「そうだったんですか」

和「……もう、須賀くんったら」コホン

京太郎(お、和の説教モードはレアだな)パタン

 
和「たしかに、本を読むのは大事かもしれません」

和「昨今、若者の文章力低下が嘆かれてますし……そうした点では、須賀くんは勤勉なんでしょう」

和「それでも私はコミュニケーションも同等か、もしくはそれ以上には――」クドクド
971 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/21(金) 23:30:32.73 ID:vxWp76uf0
京太郎(……嬉しいなあ)ジーン

京太郎(咲ほどではないとはいえ、和も俺にはどこか遠慮したところがあったような気がしてたし)

京太郎(こうして、俺に何かを主張しようとしてくれる、っていうのは――)

和「……って、須賀くん、聴いてるんですか?」ジッ

京太郎「あ、おう、まあな」コホン

咲(ウソだ……)ジトーッ

和「まったく、須賀くんったら――あら?」ピクッ

京太郎「ん?」キョトン


和「――そ、その本は?」モジモジ

京太郎「おお、これ? ノルウ○イの森だけど」

和「――村上○樹、好きなんですか?」ズイッ

京太郎「ま、まあな」

和「……わ、私も!」

和「私も好きなんです、その作者!」パァァ

京太郎「え、マジか!?」ガタッ

和「はい!」コクコク


和「最初に読んだのは、風の○を聴け、だったんですけど……一番好きなのは」

二人「世界の○わりとハードボイルドワンダーランド」

和「……え?」キョトン

京太郎「あ、やっぱりか」ポリポリ

京太郎「春樹好きならほとんど間違いなく一番にくるよなー、それ」ニコッ

和「は、はい!」コクコク

和「最後の場面の、どこか切ない感じがたまらなくて――!」

京太郎「わかる! あと、冒険的なノリと内省的な描写の対比とか!」

和「そこいいですよね!」グッ

京太郎「同志よ!」グッ


咲「……」

咲(は、原村さんが)ワナワナ

咲(「原村さん、あなたもかー!」って叫びだしたい気分だよ……うう)グスッ

咲(――それに)チラッ


京太郎「ねじまき○は途中でダウンしちゃったんだよな」

和「ええっ!? あれ、面白いですよ!」
972 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/21(金) 23:31:42.75 ID:vxWp76uf0
咲(二人とも、凄く楽しそうで……)

咲(――なんだろう、胸が痛いや)キュッ


咲「――ふんだ、いいもん」ボソッ

咲「私には、アニメがあるもん」ブツブツ

京太郎「おい咲、聞こえてるぞー」

咲「……!」ハッ

咲「きょ、京ちゃんのバカ! 原村さんとお幸せに!」カァァ

京太郎「ちょ、なに言って――」

和「あ、み、宮永さん……その」

和「――やっぱり、須賀くんには宮永さんが」ボソッ

京太郎「へ?」

和「い、いえ、なんでもないです!」カァァ

咲「……」


咲(……ふんだ、原村さんは優しすぎるんだよ)

咲(……)

咲(――えへへ)カァァ
973 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/21(金) 23:35:08.02 ID:vxWp76uf0
本好き同士で、好きな作家が同じだとガチで盛り上がります。
ソースは、作者。
その作者と作品だけで、1時間くらいは語れたあの頃……あの子は元気にしてるだろうか(遠い目)

咲ちゃんも和ちゃんも、みんななんだかんだで京ちゃんとは好みが合う所が多いわけです。
趣味が合うって、カップルには大切だと思った(小並感)

さて、次いくか。

幼馴染モノ買う京ちゃんか、愛ちゃんに結婚できると言われ動揺する咲ちゃんとか……面白そうなネタが一杯だ。
しばしお待ちを。
974 : ◆HPzqh93ntjyb [sage saga]:2012/09/22(土) 00:19:30.99 ID:P945YzjB0
すまん、今はここまでになりそう。
やっぱ、調子がおかしいって、はっきりわかんだね。

残った小ネタは、また次の時にでも。
……そろそろスレも終わりか。次スレはもう少し書いてからでよさそうだな。

最近の展開とか見てると、しばらく咲の盛り上がりは続きそうで、書き手としても一ファンとしても嬉しい限りです。
975 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/09/22(土) 00:27:22.94 ID:GIkK5gbAO
おつ
そろそろ次スレ必要じゃね?
976 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/09/22(土) 00:35:33.67 ID:NiRmWJYM0
>>京太郎(……嬉しいなあ)ジーン

ホンマに京ちゃんの母性は五大陸に響き渡るで〜
977 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2012/09/22(土) 09:06:12.85 ID:AtGRMv+ro
授業で物理を習って漫画に突っ込みいれたくなるっての想像したけど高1って習うのどのあたりまでだ?
978 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/22(土) 09:44:11.74 ID:DcyYsykIO
ねぼし
979 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/09/22(土) 10:48:49.74 ID:FM9xzNgE0
咲ちゃんかわいい
980 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/09/22(土) 10:57:42.95 ID:pYEofrB70
咲さんかわいい
981 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/09/22(土) 11:01:58.56 ID:B84Ph7jAO
>>977
少なくともキン肉マンは小学生でもツッコめるな
ただ話の展開とかにツッコむならともかく、よっぽど変(例:ねぼし、綺麗な顔を吹っ飛ばしてやるぜ等)でなければ科学観点からのツッコミは無粋だと思う
982 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/09/22(土) 11:09:44.43 ID:Gi/aCIAAO
柳田理科雄視点より山本弘視点で見て欲しいんだな
(おかしいを立証するのでなくどう理屈をつければおかしくないか考える)
983 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/22(土) 13:38:45.24 ID:sQoizoOd0
>>977
元素記号を覚えてその原子で何が作れるって事を覚えるから(同素体とか)
真面目に考えてハガレンとか禁書シリーズにツッコミ?
984 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/09/22(土) 14:55:40.54 ID:GIkK5gbAO
京ちゃんが風邪ひいてここぞとばかりにお姉さんぶろうとあれやこれやするも元がポンコツだから失敗の連続で涙目で慰められる咲ちゃんとか良いと思う
985 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/22(土) 15:20:24.47 ID:zSMN1RGvo
某執事アニメを見たあと、執事な京太郎にお世話されるお嬢様な自分の夢を見る咲さんとか
986 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/22(土) 16:46:14.37 ID:oQZfldzj0
京ちゃんバイクの免許をとるの巻
987 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/22(土) 16:47:59.50 ID:EVqgx4O2o
二人乗りは二十歳までできひんで?
988 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/22(土) 17:45:58.85 ID:P945YzjB0
お、小ネタ希望が大量だ。
よし、書こう。

……と思ったものの、そろそろ次スレでやった方がいい感じかな。
あ、そうだ(唐突)
次スレ建てるわけだけど、何かタイトル案ないかな?
ここの住人の意見を募りたい。

「文学少女」スレの「3スレ目」っていうことがわかるようなスレタイ案。
複数出てきたら、気に入ったのを使いたいなー、と思います。

お暇な方、オナシャス。
989 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/09/22(土) 18:35:31.10 ID:m1+QUeLW0
「3スレ目」って条件が良く分からんが
咲「私は、普通の文学少女」京太郎「3ためはそうだな」
みたいな?

色々崩しても良いなら
京太郎「普通の文学少女3きちゃんだそうだ」咲「ふ、普通のだよ!」
とか?

誰か他にも案だしてくだちい
990 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(三重県) [sage]:2012/09/22(土) 18:40:43.36 ID:kM7WToxdo
咲「私は、普通の文学少女」〇〇「その3!」
とかでいいんじゃない?
あんまり奇をてらってもね
991 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/09/22(土) 19:05:13.53 ID:GIkK5gbAO
>>990
自分もこれ賛成
992 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/22(土) 19:07:54.59 ID:oKm/lveSo
どうせなら三冊目とか三巻とかが良いんじゃないの?
993 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/09/22(土) 19:11:52.04 ID:m1+QUeLW0
京咲メインみたいだからそこ変えちゃいかんと思ったけどそうでもないのか?
京ちゃん嫌な人はスレタイ見てバイバイできるし
994 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/22(土) 19:13:53.58 ID:EVqgx4O2o
咲「私は、普通の文学少女です」 京太郎「大嘘」 トシ「3」

みたいな感じでどうだろうか
995 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(三重県) [sage]:2012/09/22(土) 19:14:37.15 ID:kM7WToxdo
咲「私は、普通の文学少女」京太郎「大嘘」〇〇「その3!」
とかはどうだろうか?
996 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/22(土) 19:21:59.79 ID:6yLZ3uqKo
普通にこのスレの2の部分を3に変えるだけでいいわ
997 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/09/22(土) 19:22:19.32 ID:BJj/q7JIo
数字の部分をラノベ漫画アニメのタイトルにするという案
なおクロスだと思って入ってくる人がでる模様
998 : ◆HPzqh93ntjyb [saga]:2012/09/22(土) 19:25:56.34 ID:P945YzjB0
色々と意見アリシャス。
とりあえず、あまり変えないようにしようかな、と思った(小並感)

それじゃ、最後まで埋めてくださいな。
999 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/09/22(土) 19:28:30.72 ID:m1+QUeLW0
>>1000なら咲ちゃんが京ちゃんにラッキースケベ
1000 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/22(土) 19:28:36.34 ID:EVqgx4O2o
1000なら咲ちゃんが幸せになる
1001 :1001 :Over 1000 Thread
☆.。 .:* ゜☆.  。.:*::::::::::::::::゜☆.。. :*☆:::::::::::::::::: 。.:*゜☆.。.:*
:::::::::::::=:。.: *  ・゜☆  =:☆.。 .:*・゜☆.  。
:::::::::::::::::::::::::.:*゜☆  =:. :*・゜☆.::::::::::::☆
。.: *・゜☆.。. :* ☆.。:::::::::::::::.:*゜☆  :。.:・゜☆.。
::::::::::::::::: *=@☆.。::::::::::::::::::::::::::::::.:*・゜☆    =磨K☆.。
:::::::::::::::::::.:*・゜☆  :. :*・゜☆.::::::::::::::::::::::::::゜☆.
:  =: :   *  ゜☆.。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆.。 .:* ゜☆.  。.:*::::::::::::::::゜☆.。. :*☆:::::::::::::::::: 。.:*゜☆.。.:*
:::::::::::::=:。.: *  ・゜☆  =:☆.。 .:*・゜☆.  。
:::::::::::::::::::::::::.:*゜☆  =:. :*・゜☆.::::::::::::☆
。.: *・゜☆.。. :* ☆.。:::::::::::::::.:*゜☆  :。.:・゜☆.。
::::::::::::::::: *=@☆.。::::::::::::::::::::::::::::::.:*・゜☆    
:::::::::::::::::::.:*・゜☆  :. :*・゜☆.::::
   ::  !ヽ  :
   :     !ヽ、    ,!  ヽ
                 ,!  =]‐‐''   ヽ:
   :   / ´`)'´    _      !、
            lヽ /   ノ    , `     `!:
       lヽ、  /  Y    ,! ヽ-‐‐/          l
.     =@>‐'´`   l   ノ   ヽ_/          ノ:
      ,ノ      ヽ =@           _,イ:
    '.o  r┐   *   ヽ、 ヽ、_     ,..-=ニ_
    =@   ノ       ノヽ、,  !..□ /     ヽ
     ヽ        .ィ'.  ,!    ハ/    、   `!、    七夕に…
      `ー-、_    く´ =@    /     ヽ  
         ,!     `!  l              ヽ、__ノ    このスレッドは1000を超えました。もう書き込みできません。
         l     `! `! !              l
          l  . =@ ,=@ヽ、 、_ ,ィ      ノ               
         l、_,!   し'   l =@  `l     =@               ://vip2ch.com/
1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
眼鏡女「私が勇者!?」 @ 2012/09/22(土) 19:18:20.85 ID:ATQOChMs0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1348309100/

スレ埋まってたうわあああああ!!!  こうむ @ 2012/09/22(土) 19:17:12.49 ID:TLKs/O0+o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1348309032/

A雑ガンダムウィングスレッド @ 2012/09/22(土) 17:31:52.17 ID:INhk6u1Mo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaclub/1348302712/

【TPS】VIPでS4Lやろうずwwwwwwwwww【避難所】 @ 2012/09/22(土) 17:23:45.03 ID:DXPS8qPNo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1348302224/

【Fate】やる夫で聖杯戦争 @ 2012/09/22(土) 17:17:02.89 ID:Cg3BEoKho
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1348301822/

文句あるならここで直接言え @ 2012/09/22(土) 17:13:00.58 ID:3T9yi4reP
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1348301580/

咲&京太郎「武装神姫?」 その3 @ 2012/09/22(土) 17:04:31.15 ID:Cj0ypke2o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1348301071/

赤ひこ=ご澪 本人が否定しないから間違いない @ 2012/09/22(土) 16:41:33.54 ID:gV1tDINAo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1348299693/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

450.53 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)