このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

安心院「SS作ってみようかな」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/02(金) 12:06:12.16 ID:lgndw7p+0
安心院「やぁ。みんなの永遠のアイドル安心院さんだぜ。
今日は僕のスキル‘もしもの世界で起こったもしもの話’《ショートストーリー》を使って
    ふわふわ系日常物語やらハチャメチャ系冒険活劇などはたまたドロドロ系学園愛憎劇までやってみることにしたんだぜ」



安心院「まぁせいぜい期待せずにウィンドウを閉じてくれよ。ちなみに時間軸は生徒会選挙終了後だから、よろしく☆」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1351825572
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

お姉ちゃん(15)「大きくなったら結婚してくれる?」男(7)「やだ」 @ 2020/06/05(金) 01:16:51.46 ID:KzHMXUyn0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591287411/

勇者と魔王と安価とコンマ @ 2020/06/04(木) 23:17:31.11 ID:W1jGQiIF0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591280250/

【イナズマイレブン】円堂「今日から中学生だ!」【安価】 @ 2020/06/04(木) 13:55:25.81 ID:d3ky/AYq0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591246525/

【イナズマイレブン】サッカーバトル部を作ろう【安価】 @ 2020/06/04(木) 12:16:56.92 ID:OjI06eFwO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591240616/

芳乃「立ちバナナありすって言うんですけど、」未央「橘ありすだろ」 @ 2020/06/04(木) 00:38:29.45 ID:dnUnUvtE0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591198709/

【エヴァ】アスカが影響されてるようです【ss】 @ 2020/06/03(水) 23:13:18.26 ID:Ka3mKluk0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591193597/

【ガルパン】×【古畑任三郎】 零距離射撃 @ 2020/06/03(水) 21:25:24.21 ID:s1pUPJta0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591187123/

パー速ママスレ本舗8 @ 2020/06/03(水) 19:20:06.31 ID:PXAcN5s80
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1591179606/

2 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/02(金) 12:08:12.18 ID:lgndw7p+0
何か気になる事とかあれば言って下さい。
とても参考になります
3 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/02(金) 12:10:08.31 ID:lgndw7p+0
part1

〜〜お悩み相談〜〜



安心院「さて、みんな集まったようだね」

メンバー紹介

安心院なじみ


黒神めだか

球磨川禊

阿久根高貴

人吉善吉

黒神真黒

名瀬夭歌(黒神くじら)

不知火半袖




善吉「安心院さん今日は一体なんだってんだ?」

めだか「うむ、今日私はボーリングの球でキックベースをしようと思っていたのだが」

球磨川『え!?めだかちゃんもはや人間やめちゃった系?』

めだか「」ガッ

球磨川『ガフッ』

不知火「いくら相手が球磨川先輩だからって改神モードでぶん殴ること無いんじゃないかなお嬢様」アヒャヒャヒャ


安心院「そろそろ本題にいくぜ?」


善吉「ああ。すまない安心院さん」

安心院「人吉くんは物分りがいいね。そういう所好きだぜ?」

めだか「!?」

名瀬「!?」

善吉「え!?いや?あの・・・!?」

安心院「冗談に決まってるだろ?」

善吉「・・・」

不知火「あひゃひゃひゃ」
4 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/02(金) 12:13:22.39 ID:lgndw7p+0
安心院「さて、今日はこの箱庭学園の・・・いや《めだかボックス》不満をぶつけてもらう」


阿久根「それは一体どういう事です?」

安心院「読んで字のごとくさ。この物語、《めだかボックス》に対して君達というキャラクターは少なからず不満があるはずだろ?」

真黒「所謂、メタ発言ってやつだろうけどそれを聞いてどうするつもりだい?まさか君が僕らの不満を解消してくれるのかい?」

安心院「いやいや、興味があるだけさ。君達という登場人物の不満がね」

真黒「・・・」

安心院「納得いかないかい?真黒くん?」

真黒「いや、君が僕の愛しの妹達に危害を加えるような事ならば全力で阻止するが、この件に関しては君の言い分を信用しよう」



善吉「そうは言われてもいきなり不満をぶちまけろって言われてもなぁ」

安心院「おや?僕は君にだって不満があるように思えるが?
    君だけじゃない、ここにいる全員がこのマンガに対して不満があるんじゃないのかい?」



善吉「・・・たとえば俺のかませ犬っぷりとか?」

球磨川『確かにあれはひどいね』

名瀬「善ちゃんの持ち味でもけどな」

めだか「ある意味でおいしい役割だと思うぞ」

善吉「俺だってたまには格好よくキメたいんだよ!」

真黒「適材適所ってやつだよ。善吉くん」

安心院「人吉くんにはヒーローは似合わないぜ?」

善吉「ひでぇ!安心院さんまで!俺を主人公にするとか言ったのに!」

名瀬「まぁ、善ちゃんはガヤではやし立てるのが似合ってると思うぜ?」

善吉「師匠まで・・・」

不知火「あひゃひゃひゃ!だってさ!諦めなよ。人善」

善吉「ちくしょう・・・」


めだか「私はそういうところも好きだぞ?」

善吉「めだかちゃん・・・」


安心院「ラブコメは余所でやってくださーい」
5 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/02(金) 12:20:22.60 ID:lgndw7p+0
安心院「さてこんな感じで次は高貴くん。なにかあるかい?」

阿久根「正直、不満が無い訳でもないですよ」

安心院「ああ〜高貴くんはそういうのありそうだね。中々にして貧乏くじを引いてるよね君は」

球磨川『んん〜?そうかな?』

阿久根「え?」

球磨川『だって高貴ちゃんはイケメンで柔道会のプリンスで何でも出来ちゃう万能型の天才でしょ?なにが不満なのさ』

阿久根「・・・球磨川さん。あなた分かってて言ってるんじゃないですか?」

球磨川『ええ?なにが?高貴ちゃんみたいな人気者の不満なんて僕には理解できないよ』ニヤニヤ

阿久根「・・・」

善吉「ちょ!球磨川先輩!」



球磨川『事実ファン投票の結果だって・・・あ!』



球磨川『そっか〜!前回の人気投票で高貴ちゃんはいい結果残せなかったんだね!前回の人気投票は1位は誰だっけ?めだかちゃんだったかな?』

阿久根(第1回投票と比べたら順位上がりましたけどね)

めだか「・・・」


球磨川『え!?え!?えええ!?僕!?本当に?まるで夢みたいだよ。僕は人気投票で1位になるために今まで生きてきt』ドゴ!


めだか「球磨川!貴様!」

善吉「待て!めだかちゃん!」



球磨川『めだかちゃん僕だったら殴っていいと思ってるでしょ・・・』ボロッ

名瀬「今のは球磨川の旦那が悪いよ」



めだか「止めるな善吉!そいつを殺せない!」


阿久根「僕も今日ばかりは君の言う事は聞けそうに無い」

善吉「阿久根先輩まで!」


球磨川『どうしたのさ二人とも?もしかしてファン人気とか意外と気にしてた訳?はっずかし〜
    めだかちゃんはこの漫画のタイトルにもなってる看板キャラだし、高貴ちゃんはイケメン、天才っていう触れ込みだったもんね〜』

めだか「ぐ・・・」

阿久根「・・・」

球磨川『それが話が進むにつれてめだかちゃんは可愛さを失い、人外異端な部分ばかり取り上げられて人気は低迷
    高貴ちゃんはだんだん出番が無くなって行き、テコ入れしようにも後の祭りだし』

めだか「貴様・・・」

阿久根「手を貸しますよ。めだかさん」


球磨川『ちょ!やめ・・・冗談だって!』

めだか「」

阿久根「」

球磨川『こわ!顔怖いよ!二人とも!善吉ちゃんもこの二人を止めようよ!』
6 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/02(金) 12:23:15.13 ID:lgndw7p+0
不知火「あひゃひゃひゃ!球磨川先輩が見る見るうちに赤黒くなって行くよ人吉。助けなくていいの?」

善吉「ありゃあ、デビル自業自得だろ・・・」



安心院「まあまあ。落ち着きなって」



安心院「まずは二人とも自分の人気を理解してるようだね」

めだか「安心院さん・・・」

阿久根「そのつもりです」



安心院「そしてそこのボロ雑巾もとい球磨川くん。生きてるかい?」

球磨川『気にかけてくれるけど助けてはくれないんだね安心院さん』

安心院「僕はそこまで甘くないからね」

球磨川『そんな邪険にされるとさすがの僕も嬉し泣きしそうだよ』

安心院「それはよかった」



安心院「まぁファン投票に関しては出番とかの兼ね合いもあるからね。
    阿久根くんもめだかちゃんも本編で活躍できることを祈ってなよ」

めだか「・・・はい」

阿久根(俺もう何週も出番無いんだけど)



善吉「真黒さん。二人に人気が出るような特訓とかしてあげたらいいんじゃないですか?」ヒソヒソ

真黒「これはそういう簡単なことじゃないんだよ。善吉君」ヒソヒソ

善吉「真黒さんでも無理なんですか?」ヒソヒソ

真黒「いくら僕でも神の見えざる手に介入する事は出来ないよ」ヒソヒソ
7 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/02(金) 12:27:23.70 ID:lgndw7p+0
安心院「んじゃ次はくじらちゃん。おっと名瀬ちゃんと呼んだほうがよかったかい?」

名瀬「どっちでもいいよ別に」

安心院「君は何かこの漫画に対して不満とか無いのかい?」

名瀬「まぁあるっちゃあるが・・・」

安心院「そう。じゃあ話てごらんよ」

名瀬「別に、不満があるが現状を受け入れられてない訳じゃねぇよ」

安心院「あぁ、君はそういう子だったね。逆境や困難こそに自分の居場所を見出すような」

名瀬「そう、だから別に人に話すような不満なんてねぇよ」


真黒「そう言わずに話してごらんよ、僕の可愛いくじらちゃん」

名瀬「あぁ〜強いて言えばコレかな」

真黒「お兄ちゃんを指してコレは無いだろぉ?」

めだか「それに関しては全力で同意します」

真黒「全く二人とも素直じゃないなぁ」


安心院「真黒君のそれはもう病気というか衣・食・住・妹って感じだね」

真黒「いいや!
   (妹の)衣
   (妹の)食
   (妹の)住!」

真黒「これに尽きる」

安心院「うん!ドン引きだYO☆」

真黒「深い愛情なんて物はそれだけで理解されにくい物さ」


名瀬「ていうかお兄ちゃんよぉ・・・少年誌じゃなかったら確実に俺ら妹に手出してるだろ・・・」

めだか「ご安心くださいくじ姉。このめだかが全力でそれを阻止し、悪をこの世から駆逐してみせます!」

真黒「安心して二人とも妹を傷つけるような事はお兄ちゃんしないよ」

めだか「黙れ!畜生風情が!」



善吉「敵すら愛するという設定どこいったんだよ、めだかちゃん」

不知火「そんな物ご都合主義に食いつぶされてどっか行ったよ」

球磨川『まさにジャンプって感じだね』

名瀬「一回ポジションチェンジしてみるか?俺ら妹の苦労が分かると思うぜ?」

球磨川『絶対いやだ』ニコ
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/02(金) 12:28:14.93 ID:lUihYh5Po
見ているぞ
9 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/02(金) 12:29:12.39 ID:lgndw7p+0
安心院「真黒くんは変態だけど君達姉妹に手を出すことは無いと思うから安心していいぜ(安心院さんだけに)」

めだか「その根拠はどこから来るのですか安心院さん」

安心院「さっき名瀬ちゃんも言ったけど少年誌だしね」

めだか「わかりました。安心院さんがそう言うならばこちらも我慢しましょう。
ですがこれ以上行き過ぎた場合はこちらも手加減は出来ないでしょう」

真黒「めだかちゃん・・・」ジーン


安心院「いや、これ全然感動とか出来るような事じゃねぇから」

名瀬「結局、現状維持か。まぁそれでいいんだけどな」



阿久根「善吉くん」

善吉「なんですか?阿久根先輩」

阿久根「俺、昔は真黒さんに憧れてた時期があったんだけど今すごい後悔してるよ」

善吉「奇遇ですね。俺もです」
10 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/02(金) 12:30:54.91 ID:lgndw7p+0
安心院「さて最後は不知火ちゃんだ。何かあるかい?」

不知火「んん〜私は特にないかなーほぼ全シリーズ通してちょこちょこ出番あるし、人気もある程度安定してるし」

安心院「君みたいなキャラは最初から最後までずっと外野で主役をはやし立てるポジションだから、喰いっぱふれる事はないだろうね」

不知火「さすがの私は主役を喰うような真似はしようと思わないしね」アヒャヒャヒャ





安心院「まぁこんな所か。今日は楽しかったよ。色々と参考になったしね」

善吉「今日は一体なにが目的だったんですか?」

安心院「んん〜みんなの不満を聞きたかっただけだぜ?」


めだか「それの理由という物があるはずです」

安心院「今後の制作活動の取材みたいなもんさ」


名瀬「製作活動?俺みたいに改造人間でも作る気か?」

安心院「そんなサイエンティストでもないさ」


真黒「では何を製作するというんです?」

安心院「ちょっとした書き物さ」


阿久根「小説でも書くんですか?」

安心院「そんな高尚な物じゃないさ。ただ・・・」



安心院「SS作ってみようかな」



安心院「って思っただけさ」





球磨川『ドヤ顔でスレタイ回収してみせた安心院さんであった』プークスクス

安心院「君って奴はつくづくムカつくヤローだね」


終わり
11 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/02(金) 12:39:21.71 ID:lgndw7p+0
短いですがこれで一旦終わり。
思いついたらまた何か書きます。

〜〜ちょっとしたおまけ〜〜

入れようか迷った変態度アップな真黒さん


安心院「真黒君のそれはもう病気というか衣・食・住・妹って感じだね」

真黒「いいや!
   (妹の)衣
   (妹の)食
   (妹の)住!」

真黒「これに尽きるね」

安心院「うん!ドン引きだYO☆」

真黒「深い愛情なんて物はそれだけで理解されにくい物さ」


球磨川『真黒ちゃんそろそろ二人の部屋のゴミ箱とか漁りそうだよね』

真黒「そんな事しないさ。二人が出したゴミ袋を回収して中身を解析し、
   何を食べ、何を見て、何をしたのかを確認し、生理周期を把握し、
   使用済ナプキンから経血の量を割り出し、二人にあったメーカーの生理用品をオススメする程度さ」

球磨川『・・・』

善吉「球磨川先輩がドン引きのあまりに絶句したーーー!!そしてこれは本当にヒドイ!!」

真黒「まだまだ序の口だぜ?そうそう生理用品で言うとね、」

善吉「ストーーープ!!それ以上はだめだ!本当に!」




めだか「」ブルブルブルブル

名瀬「」ガタガタガタガタ

安心院「安心しな二人とも(安心院さんだけに)僕が今からあの変態を宇宙空間に放り出して来てやるよ」


善吉「待ってください!真黒さんなりの愛情なんです!どうかチャンスを!!」

真黒「ま、法を犯すようなことはするつもりはないよ」

阿久根「十分犯罪です」



おまけでした。


真黒さんの変態っぷりはまだまだこんなもんじゃない気がする。
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2012/11/02(金) 12:49:31.14 ID:c83YDjlq0

これからも期待してるよ
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/11/02(金) 13:20:26.23 ID:HhhHHWsAO
乙です。
善吉と球磨川の見せ場をぜひ。
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/02(金) 18:50:46.25 ID:1yiG57cx0

古賀ちゃんみたいなすっごく微妙な位置のキャラをプロデュースする感じの話をぜひ
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/02(金) 22:49:52.64 ID:VRxN6upIO
次週のジャンプ読んだら阿久根さん泣いて喜ぶかもな
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/03(土) 13:00:31.10 ID:vHLTVzcIO
めだかちゃんはコミックスで大ショック受ける可能性がなきにしもあらずだけどな
17 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/05(月) 08:44:58.83 ID:JuzKcZLJ0
またちょろっと書きました。
また人気投票ネタです。

今週号が結果発表とかさっき知ったんだぜ。
18 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/05(月) 08:48:28.72 ID:JuzKcZLJ0
〜〜残酷だけどこれ人気投票なのよね〜〜


安心院「やぁ、人気投票の結果が今週号で発表される事をすっかり忘れてた安心院さんだぜ」

安心院「つい先日キャラの人気うんぬんのネタを書いたら中々タイムリーなネタだったらしい」

安心院「まだ結果を知らない人もいるだろうから全部は言わないが、トップ3は全員男の子だ」

安心院「4位以下はまた別途発表があるらしいよ」

安心院「最近割りと出番の多かった僕は何位なんだろうね。悪平等は順位とかどうでもいいけどちょっぴり気になるぜ」



安心院「まぁ今死んじゃってるから所謂《終コン》ってやつなんだろうけどね」



善吉「そんな事無いですよ。安心院さん」

安心院「おや人吉くん、僕を慰めに来てくれたのかい?」

善吉「そういうんじゃ無いですが、ただ・・・めだかボックスのSS作品じゃ安心院さんがスレタイに入ってる事多いですし、
   話題に上る事も多々あります。それにまだ本編でどうなるか分からないじゃないですか」

安心院「心配してくれてすまないね人吉君。
    君はやっぱりバトル漫画の主人公よりも学園青春ラブコメ物の主人公になるべきだぜ?」

善吉「カッ!ただでさえ俺の周りには一筋縄じゃ行かない女子が揃ってんだこれ以上はごめんですよ」

安心院「それは残念だ。僕も攻略対象に入れるかと期待したのに」

善吉「あいにく俺はめだかちゃん一筋なんで」



阿久根「人吉君。きみ俺と言う恋敵を忘れてないかい?」

善吉「あ、阿久根先輩」

阿久根「まだ惚れてるって設定は残ってるんだぜ?」

善吉「でもそれって設定が残ってるだけで生かされてないですよね?最初はめだかちゃんをめぐって柔道対決とかしたのに今じゃめっきりじゃないですか」

阿久根「う!痛いこと所を・・・」

安心院「それに阿久根君は鰐塚に乗り換えたんじゃないのかい?」

阿久根「安心院さんまで!そんな事無いですよ!彼女は俺の一番弟子です」

安心院「ふ〜ん。ま、せいぜい師弟愛を育むがいいさ。でも忘れるなよ?彼女は僕の端末であり僕なんだぜ?
    あの子に手を出したら僕にまで話しが回ってくるって事なんだから」

阿久根「・・・はい。肝に銘じておきますよ」
19 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/05(月) 08:49:26.71 ID:JuzKcZLJ0
球磨川『高貴ちゃんったらいつの間にロリコンになっちゃった訳?』


阿久根「違います!ていうかあなたにだけは言われたくないです!

球磨川『僕は興味を持ったり惹かれたりする子がたまたまロリっぽいだけさ。ほら人吉先生だって大人だろ?』

善吉「人の母親を引き合いに出すんじゃねぇ!!」

安心院「友達の母親とかレベル高いね」

球磨川『まぁ相手にもよるけどね』

善吉「お前らマジでいいかげんにしろよ!?」



安心院「まぁまぁ、落ち着きなよ人吉君」

球磨川『そうだよ。そんなことじゃまた雑魚度がアップしちまうぜ?』

善吉「雑魚度言うな!」

球磨川『じゃあ実況解説役?』

善吉「なお悪いわ!」

安心院「人吉君は今日もツッコミが冴え渡ってるね!」

善吉「出来ることならしたくなんですがね!」

安心院「なに、それも人気の一つさ」



球磨川『人気と言えばさ、また人気投票の結果が発表されたんだってね!今回はだれが1位だろう?』

阿久根「いやぁ誰でしょうね〜特に2位とかが気になりますね〜」

善吉「まぁでもやっぱ3位ってデビル渋いっすよね!!」



安心院「ほんとくだらねぇ・・・僕からしてみたら1位だろうが2位だろうが3位だろうが等しく平等で無意味で無価値な物なのによ」
20 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/05(月) 08:51:56.14 ID:JuzKcZLJ0
球磨川『あれ〜安心院さん嫉妬してるの〜?選挙編やらであれだけ出番があって色々と露出もあったのにもかかわらず3位にすら入らなかったから』

安心院「ぐぬぬ・・・」

球磨川『ねぇねぇ今どんな気持ち?アレだけ出番があってセンターカラー飾れなかった気持ち僕に教えてよ!』


善吉「あ、球磨川先輩、ストップ!!」

球磨川『へ?』

阿久根「あれ見てください・・・」



めだか「・・・」




球磨川『あぁあれはこの漫画の主人公にしてメインヒロインの・・・』

安心院「それが体育すわりで肩を落としているとは・・・」

善吉「選挙編以来だ。あんなめだかちゃんを見るなんて」



阿久根「でも安心院さんこの前、人気は本編の出番の兼ね合いで上がりも下がりもするって言ってましたよね?
    めだかさんは最近じゃずっと出ずっぱりだったじゃないですか。なのにどうして」

安心院「これは彼女が持っている動物避けの最上級ってやつさ。それが今回の結果に繋がったんだろうね」

善吉「動物除けの最上級って選挙の時の人間すらも寄せ付けなくなったアレだろ?これ以上があるんですか?」


安心院「《読者避け》って所かな。結局彼女の行き過ぎたポテンシャルに読者もついてこれなくなったって訳さ」

球磨川『作品の中での設定をリアルに反映させるとかめだかちゃんどんだけだよ(笑)』
21 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/05(月) 08:53:04.52 ID:JuzKcZLJ0
安心院「ま、でも実際4位以下の発表を見てみないことには何とも言えないけどね」

善吉「・・・はい」

球磨川『でもアレどうするの?ピクリともしないよ?』

阿久根「見ているこっちまで心が痛みます」

安心院「そっとしておいてあげようか」

善吉「ほうっておくんですか!?」

安心院「慰めるのなんて詳しい結果発表があってからでいいさ。
    下手に今どうこう言うよりもはっきりと結果が分かった後の方がこちらとしても楽だしね」

善吉「わかりました。安心院さんが言うなら」

安心院「なに、あまりにもひどく落ち込んでいるようなら人吉くんが一晩中添い寝でもしてあげればいいよ」

善吉「そそ添い寝!?」


球磨川『うぶだな〜善吉ちゃんお互い高校生なんだし添い寝程度でうろたえすぎでしょ?』

阿久根「というかめだかさんの心の傷を癒すのは俺だ!」

善吉「カッ!何言ってるんですか阿久根先輩。幼馴染の俺の役目ですよ」

球磨川『あ、僕は遠慮しておくよまた殴られそうだし』

善吉「じゃあ黙っててください!」

ガヤガヤガ 



安心院「ま、人気投票とか死んじまった僕としてはつくづくどうでもいいぜ」












平戸ロイヤル「・・・」








全員「誰だよ!そしてなんか言えよ!!」


〜〜終わり〜〜
22 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/05(月) 08:59:59.62 ID:JuzKcZLJ0
また何か思いついたら書きます。
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/05(月) 11:05:31.19 ID:91P/V0rIO
平戸ロイヤルwww
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/11/05(月) 19:59:52.00 ID:eSllyixYo
平戸ロイヤルに負ける奴がちらほら居そう
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/05(月) 20:50:45.02 ID:dqsnYjPo0
ロイヤルさんが4位だったら単行本全部買うわwwww
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/07(水) 01:46:57.52 ID:hO6aFQom0

面白かった
27 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/13(火) 09:39:05.66 ID:gyKAIfPY0
お久しぶりです

ロイヤルさん人気すぎるwwww
もしもロイヤルさんが4位だったら名瀬ちゃんと古賀ちゃんのドエロイレズセックス物書くわwwwwww

今回は季節外れですがバレンタインネタです。
28 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/13(火) 09:39:59.11 ID:gyKAIfPY0
〜〜一年で一番甘い一日〜〜



箱庭学園 食堂にて



善吉「なぁ不知火」

不知火「何?人吉?」

善吉「何で今日はチョコレートばっかり食ってるんだ?今、昼休みだぞ?」

不知火「なんでってそりゃ今日がバレンタインデーだからでしょ」ハムハム

善吉「いや、お前それ人から貰った奴じゃなくて自分で買った奴だろ?」

不知火「そうだよー?」

善吉「女の子だろ!?誰かにあげるとかさ。そうじゃなくても女の子同士で交換したりとかさ。
   自分で自分にってちょっと悲しくないか?」

不知火「そんな甘ったるいイベント私がすると思う?ちなみに人吉。どうしてもって言うなら一個ぐらいあんたにくれてやってもいいぜ?」

善吉「いいや。遠慮しておくよ。お前から貰ったんじゃどんなにお返ししても足り無そうだ」

不知火「あひゃひゃ!お返しなんて私がお腹いっぱいになる程度の焼肉でいいってのに」

善吉「それもうホワイトデーのお返しってレベルじゃねぇぞ!」


善吉「はぁ・・・まあいいよ。ほれ。これやるよ」

不知火「いつからバレンタインデーってのは男の子もチョコをあげるようになったのかな?」

善吉「お前には色々と世話になってるからな。これはそのお礼だよ」

不知火「・・・人吉。これってまさか手作り?」

善吉「カッ!まさか。ちゃんと市販のもんだよ」

不知火「ふーん。そういう事ならありがたく頂いとくよ」

善吉「あぁお返しとかいらないぞー」

不知火「心配しないでも元々そんなつもりないから」アヒャヒャヒャ

善吉「だと思ったよ・・・」
29 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/13(火) 09:40:33.67 ID:gyKAIfPY0
〜〜その頃 合法ロリママ先生こと人吉瞳さん〜〜

人吉瞳「はいはい〜クラスメイトの皆さ〜ん!チョコレート配りますので並んでくださーい!
    女の子でも男の子でも一人一個までですよ〜」

男A「ありがとう!瞳ちゃん!」

男B「義理でも嬉しいです!」

女A「瞳ちゃんこれって手作りじゃない?」

人吉瞳「そうですよ〜?大切なクラスメートにあげるチョコだもん張り切っちゃった☆」


「「「合法ロリママ先生!!!」」」


すっかりクラスの人気者でした。
30 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/13(火) 09:42:15.25 ID:gyKAIfPY0
不知火「ところで人吉はチョコレート貰えたのかな?」

善吉「今のところお母さんだけだな」

不知火「あひゃひゃひゃ!お嬢様からは貰えなかったって訳か」

善吉「めだかちゃんからはいつも一日の終わりぐらいに貰ってるよ。今頃お世話になった人に配ってると思うぜ」

不知火「お嬢様も大変だね〜生徒会長の職を下りてからも大忙しだ」

善吉「基本的に義理人情に厚いからな。お前の所には来なかったのか?」

不知火「ぜーんぜん。ま、期待はしないでおくよ」アヒャヒャヒャ


めだか「つれない事を言うな不知火。ほれハッピーバレンタイン」

善吉「お、噂をすれば」

不知火「ありゃ?これはこれはお嬢様。ありがたく貰っておきますよ」

めだか「ホワイトデーのお返しはいらんぞ。貴様には色々と世話になってるからな」

不知火「あひゃひゃ、人吉にも同じ事言われたよ」

めだか「む、善吉貴様もチョコをあげたのか?」

善吉「ああ。お世話になってるお礼だよ」




善吉「そいやあ、めだかちゃん。もうチョコレート渡し終わったのか?」

めだか「いいや、まだ兄貴とくじ姉、あとは−13組のやつらが残っているな」

善吉「それにしても毎年毎年ご苦労だよな。てか苦手とか言いつつ真黒さんの分まで用意してるんだな」

めだか「今年に関して言えば生徒会長としての職務を通じて知り合った人間も多い。例年に比べ数は多くなったな。
    兄貴はやらなかったらやらないでうるさいからしかたなくだ」

善吉「あの人はあげなかったら面倒くさそうだな・・・」

めだか「面倒くさそうなのではない。面倒なのだ」

善吉「あぁ・・・」




めだか「では、兄貴の所へ行ってくる。善吉また後でな」

善吉「おう。楽しみにしてるぜ」
31 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/13(火) 09:43:30.02 ID:gyKAIfPY0
不知火「ねぇ、人吉」

善吉「んん?なんだ?」

不知火「お嬢様からのチョコレートってどんな感じなの」

善吉「毎年違うぜ?去年はアニメキャラを模したヤツだったし、その前はやけにでかいチョコレートケーキだったし、それも毎年手作りだ」

不知火「それはそれは。愛されてるね〜人吉」

善吉「あいつはイベント事が好きでアレで意外と女の子だからな。こういう事には凝る性質なんだよ」

不知火「あっひゃひゃひゃ!謙遜すんなよ人吉」

善吉「まぁ、俺にくれるチョコは他の人とは違うらしいけどな」

不知火「結局のろけかよ」


善吉「んな事より、そろそろ行くぞ〜?」

不知火「あぁ先に言ってていいぜ〜チョコ後のデザート食べてくから」

善吉「チョコ後ってなんだよ!?チョコもデザートに含めろよ!」

不知火「今日ばかりは別腹だよん」


善吉「はぁ、じゃあな〜先教室いってるぞ〜」
32 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/13(火) 09:45:10.20 ID:gyKAIfPY0
不知火「まぁったく、人吉もお嬢様も甘いなぁ。甘いのはチョコだけにしとけっての」パクパクモシャモシャ

不知火「お嬢様も人吉も何を勘違いしてるんだか。私があなた達二人に何かしてあげた事なんて無のにさ〜」

不知火「私は私の為に動いただけだっつうのに」



安心院「人の好意は素直に受けるもんだぜ?半袖ちゃん?」シュタッ




不知火「・・・いきなりテレポで登場とかやめてもらえますか?安心院さん。あと、チョコください」

安心院「すまないね。悪平等の僕はバレンタインは貰いはするけど誰かにあげる事はしないんだ」

不知火「まぁ私もチョコレートなんてあげた事無いですけどね」


安心院「せっかくなんだし君も楽しんだらいいのに。お、このチョコ一個もらうよ」

不知火「コレは駄目です。あとコレも。この2個以外なら勝手に食べていいですよ」

安心院「へぇ。意外と義理に厚いんだね。半袖ちゃん」

不知火「大事な友達からのもらい物ですからね。こればっかりは安心院さんでも譲れませんよ」

安心院「なるほど。さすがの僕でもそれは食べられないな」


不知火「てゆーか安心院さん何しに来たんですか?」

安心院「チョコ貰いにきたんだぜ」

不知火「マジすか」

安心院「マジっす」

不知火「チョコなら人吉のお母さんが配ってましたよ?あとお嬢様から貰わなかったんですか?」

安心院「なるほど。その二人がいたか」

不知火「マジでチョコ目当てかよ」

安心院「僕はコレでも女の子で乙女でスイーツ(笑)なんだぜ?」

不知火「自分で言っちゃうんですね」



安心院「じゃ、そういう訳でチョコ貰ってくるよ。またね半袖ちゃん」シュンッ


不知火「だからテレポやめろっての」
33 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/13(火) 09:46:53.56 ID:gyKAIfPY0
〜〜一年一組〜〜


人吉瞳「は〜い皆さんチョコは行き渡りましたか〜?」

「「「はーい」」」

人吉瞳「義理チョコでも味は本物ですから。ちゃんと味わって下さいね〜」


安心院「まだあるかい?瞳ちゃん」シュタ


人吉瞳「わ!びっくりした。テレビのレポーターみたいな登場はやめてくれるかな?なじみちゃん」

安心院「僕の事は親しみを・・・まぁ瞳ちゃんならいいか」

人吉瞳「で、チョコレートだっけ。はい、ハッピーバレンタイン」

安心院「ふふ、ありがとう。じっくりと噛みしめるよ」

人吉瞳「それは嬉しいわね。なじみちゃんは誰かにあげたりしないの?」

安心院「あいにく僕は食べる専門なんでね」

人吉瞳「それは随分と欲張りさんね」

安心院「女の子ってのは甘いのもに目が無い生き物だろう?」

人吉瞳「それもそうね。せっかくのバレンタインだもの今日ぐらいはね」



安心院「さて、次はめだかちゃんだな。またね、瞳ちゃん」シュンッ




人吉瞳「あの子あんな食いしん坊キャラだっけ?」

善吉「誰の話をしてるんだ?お母さん」

人吉瞳「なじみちゃんよ」

善吉「安心院さんか。そういえば安心院さんに渡したい物あったんだ。安心院さんどこ行くって?」

人吉瞳「めだかちゃんにチョコもらうんだって」

善吉「そっかありがとうお母さん!ちょっくら行ってくる」

人吉瞳「もう昼休み終わっちゃうよって・・・行っちゃったか」
34 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/13(火) 09:48:32.77 ID:gyKAIfPY0
〜〜ゴーストバベル〜〜

めだか「失礼します」

真黒「お、めだかちゃんいらっしゃい。今日はどうしたの?」

めだか「−13組生に用がありまして」

名瀬「おお、あっちにいるぜ」

めだか「ありがとうございます」



めだか「失礼するぞ」

江迎「あら、黒神さん珍しいですね」

志布志「今日はどうしたんだよ?」

めだか「今日はバレンタインだろう?貴様達とは色々とあったが今は同じ学び舎に通う同士だ。受けとってくれるか?」

蝶ヶ崎「これはこれは。どういう風の吹き回しですか?」

めだか「どういう事も何も、私はお世話になっている人たちに配っているだけだが?」

志布志「ふ〜ん。じゃ、じゃあ、ありがたくもらってやるよ」

蝶ヶ崎「照れながらもしっかり受け取るんですね志布志さん」

志布志「うるせえよ。こういうの初めてなんだよ」

蝶ヶ崎「確かに。我々とは限りなく縁遠いイベントですからね」

江迎「ありがとう、黒神さん」

めだか「うむ、今後も友好的な関係を築いていこうではないか」

志布志「友好的ねぇ・・・過負荷の私達と」

蝶ヶ崎「少し前の僕達なら考えられない事ですね」

めだか「貴様達は変わった。それは私が保証する」

江迎「黒神さん・・・」


めだか「では、私はこれで失礼する。また近々お邪魔するよ」

志布志「おお〜またな〜手厚く歓迎するぜ〜」
35 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/13(火) 09:51:22.33 ID:gyKAIfPY0
めだか「お兄様、くじ姉。戻りました」

名瀬「おお、お疲れ」

めだか「お二人にも、ハッピーバレンタイン」

真黒「いや〜!嬉しいね!嬉しいよさすが僕の愛するめだかちゃん。もちろん手作りなんだろう?」

めだか「お兄様のは市販の物ですが?あ、くじ姉のは手作りです」

真黒「・・・」

名瀬「おお、すまねぇな、めだかちゃん。俺からもやるよ。俺特製のチョコだ。滋養強壮、その他諸々に効くぜ〜?」

めだか「ありがたく頂戴いたします」

真黒「くじらちゃん僕には?」

名瀬「あ、忘れてた。後でコンビニで買ってくるわ」

真黒「・・・うん」

真黒(最近妹たちが冷たいというかもはや相手にしてくれない)


安心院「やっほ〜☆黒神シスターズ。僕にもチョコレートをくれるかな?」シュタッ

めだか「安心院さん!」

名瀬「ていうかよーその瞬間移動やめてくれよ・・・びっくりするから」

安心院「はは驚かせてすまないね。それはさておき、ギブミーチョコレート」

めだか「チョコですか?」

安心院「うん!チョコ!」

名瀬「なんでそんな満面の笑みなんですか」

安心院「なじみチョコ大好き!」

めだか名瀬「うさんくせーー!」


安心院「今日はバレンタインだろ?単純にチョコが食べたいだけさ」

めだか「まぁそういう事であれば。はいどうぞ」

安心院「サンキューめだかちゃん。これって手作りかい?」

めだか「もちろんです」

真黒「あれ〜?僕のは市販品だったよね!?」

安心院「名瀬ちゃんはあるのかい?」


真黒「無視!?」

名瀬「ほい。俺も手作りだぜ」

安心院「何だかんだでしっかりラッピングまでしてあるんだね」

名瀬「森ガールだからな。こういうのは手を抜かないぜ」

安心院「君は見た目に反してメルヘンチックな部分があるよね」


真黒「くじらちゃん!さっき忘れてたって言ってたじゃないか!」

名瀬「お兄ちゃんには安心と信頼こもった大手メーカーの市販品をプレゼントしてぇだけだ」

真黒「くじらちゃん・・・」

めだか「そうです。めだかもくじ姉と同じ気持ちで市販品をお渡ししたのです」

真黒「二人ともさすがは僕の愛する、可愛いくて素敵な妹達だ!!」


安心院「これ真黒くんいいようにあしらわれてるだけじゃん」
36 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/13(火) 09:52:53.92 ID:gyKAIfPY0
善吉「ああ、ここにいたか。安心院さん」


安心院「おや、人吉くんこんな所でどうしたんだい?」

善吉「安心院さんにもお世話になりましたからね。よかったらチョコどうですか?」

安心院「・・・君ってやつは律儀というか几帳面というか。ありがたくもらっておくぜ」

善吉「市販品ですけどね」

名瀬「ってか男がチョコ渡す時代になったんだな」

善吉「師匠もよかったら」

名瀬「おお、おう。ありがとう善ちゃん。ワリぃ、善ちゃんの分は後で生徒会室で渡すよ」

善吉「俺の分まであるんですか!?デビル感激っす」


めだか「まったく几帳面なヤツだよ貴様と言うヤツは」

善吉「安心しろめだかちゃんにはちゃんと別に用意してある」

めだか「ふふふ、楽しみにしているぞ」





真黒「善吉くん僕には・・・」

安心院「やめなよ真黒くん。男が男にチョコ渡すとか誰が喜ぶんだい?」

真黒「江迎ちゃんあたりかな?」

安心院「あの子は思考まで腐ってるのかよ・・・」


善吉「じゃあもうそろそろ戻ろうぜ。めだかちゃん、安心院さん」

めだか「そうだな、昼休みも終わってしまう」

安心院「そういう事なら送っていくぜ?」

善吉「へ?」

安心院「じゃあね。真黒くん、名瀬ちゃん。チョコありがたく頂くぜ」シュンッ


名瀬「テレポートって集団で行けるんだ」

真黒「本編で使ってくれればもっと展開が早くなったろうね」
37 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/13(火) 09:55:09.76 ID:gyKAIfPY0
〜〜箱庭学園 教室前〜〜

シュタッ

善吉「え!?ここ教室の前!?」

めだか「おお!さすが安心院さん!今後使用させていただきます!」

安心院「めだかちゃんそういう便利グッズ的に【完成〜ジ・エンド】を使うなよ」

めだか「まぁまぁそんな事言わずに。今度は任意の相手の場所を探れるスキル教えてください!」

善吉「何このチートな会話・・・」

安心院「今更そんな事言ったってしょうがない事ぐらい君にも分かっているだろ?」

善吉「まぁ確かにそうですけどね」

めだか「とにかく、安心院さん。送っていただいてありがとうございます」

善吉「じゃあまた後でなめだかちゃん。生徒会早めに終わらせるからよ」

めだか「無理はするなよ。生徒会の公務が第一だ」


〜〜放課後 生徒会室〜〜

名瀬「善ちゃん。ほら、さっき渡せなかったチョコ」

善吉「師匠!ありがとうございます」


江迎「あの、これ!人吉君!手作りなんだけど口に合うかな?」

善吉「江迎まで!サンキューな!」


鰐塚「私からもどうぞ、市販の物ですが」

善吉「いいんだよ。気持ちが大事なんだから。それよりも阿久根先輩には渡せたのか?」

鰐塚「いや!あの、阿久根殿のはまだ・・・」

善吉「あの人の周り女の人だらけだったろ?」

鰐塚「・・・はい」

善吉「あの人は一応プリンスって肩書きだからな。後で生徒会室に来てもらえるように言っておくよ」

鰐塚「本当でありますか?」

善吉「ああ。ちゃんと渡せるといいな。手作りチョコ」

鰐塚「何故それを!?」

善吉「そんだけ絆創膏だらけの手、見せられたら誰でも気がつくっての」

鰐塚「うう・・・」


虎居「よかったら私のも貰ってください」

善吉「お、ありがとうございます」

虎居「手作りでは無いですけどね」


善吉「いやぁ今年はいっぱいチョコ貰っちゃったな」

江迎「でも黒神さんからはまだ貰ってないんでしょ?」

善吉「ああ、放課後にな」

名瀬「じゃあ今日は早めに上がっていいぜ?」

善吉「いえ、あくまでも普通に公務をこなしますよ」

鰐塚「いいのですか?」

善吉「ああ、公務をほったらかしたとあっちゃ逆に怒られちまう」
38 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/13(火) 09:56:45.40 ID:gyKAIfPY0
〜〜放課後〜〜

めだか「善吉!」

善吉「お、めだかちゃん、待たせたな」

めだか「さ、行くぞ」

善吉「行くってどこに?」

めだか「箱庭学園にある植物園【木漏れ日】だ」

善吉「戦挙の時に俺とお母さんがタッグを組んだあそこか」

めだか「そうだ、では行くぞ」シュンッ


〜〜箱庭学園 木漏れ日〜〜

シュタッ

めだか「ほれ、着いたぞ善吉」

善吉「いきなり飛ばすなよ!びっくりするから!」

めだか「ふむ、たしかにこれは便利だな」


善吉「はぁ、しかし懐かしいなここも夏休みあの戦い以来か」

めだか「うむ、だが今日ここを指定したのは懐かしむ為ではないぞ?」

善吉「いやそれは分かるんだけど目的が見えないんだよ」

めだか「まぁよいでは無いか。ここは人目に付きにくいし、植物もよく育っている。心地よい場所だ」

善吉「まぁそうだな」


めだか「ではさっそくだが私からのバレンタインチョコだ。受け取ってくれ」

善吉「お、今年は見た目普通の形なんだな」

めだか「ああ、今年は味にこだわってみた。さっそく食べてみてくれ」

善吉「いただきま〜すっと」


善吉「はむ、うむ、」

めだか「どうだ?善吉?」

善吉「これ、今まで食べたどのチョコレートよりもうまいぞ!めだかちゃん!」

めだか「んん〜!そうか!!」

善吉「ああ!口いっぱいに広がるチョコレートの風味とほのかな苦味。それでいてまろやかな甘さが絶妙にマッチしている!
   チョコレートってこんなに香り立つ食べ物だったんだな!」

めだか「喜んでもらえてなによりだ!苦労したかいがあったものだ」

善吉「本当にありがとよ。めだかちゃん!」

めだか「その言葉を聴けただけで私は満足だよ。善吉」
39 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/13(火) 09:58:20.62 ID:gyKAIfPY0
善吉「しかし、お前が苦労したって言うこのチョコの秘密はなんなんだ?」


めだか「なぁ善吉よ」

善吉「ん?」

めだか「ここの植物園は世界各国数多くの植物が生息している。もちろんカカオもだ」

善吉「まあこんだけの規模の植物園ならカカオがあってもおかしくはないわな」

めだか「カカオというのは言わずもがなチョコレートの原料であるカカオ豆が収穫できる植物だが、今年はこれを利用させてもらった」

善吉「へ?」


めだか「今年のバレンタイン対善吉使用は、市販のチョコを溶かして成型などでは無く、
    カカオの栽培、カカオ豆収穫、ならびにチョコレートの製造全てを私一人が賄ったまさしく世界でただ一つのチョコレートだ!」

善吉「スケールがでかいわ!あと重い!!」

めだか「なんだ?おいしいと言ってくれたではないか」

善吉「おいしかったよ!!おいしかったけどさ!」



善吉「俺はめだかちゃんがくれる物ならなんだって嬉しいよ」

めだか「う、善吉・・・」

善吉「ああ〜っとそれでだな、これお前にもやるよ!」

めだか「これはチョコレート?」

善吉「ああ、他の人にあげたやつとは違う、対めだかちゃん用のチョコだ」

めだか「あけていい?」

善吉「おう。いいぜ」

めだか「これは・・・」

善吉「不恰好なチョコだろ?俺が作ったんだ」

めだか「え?善吉がか?」

善吉「お母さんが毎年チョコを手作りするから今年は教えてもらったんだ。めだかちゃんに食べてほしくて」

めだか「ありがとう」

善吉「お礼は食べてからにしてくれよ」

めだか「ああ、頂きます」


善吉「・・・どうだ?」

めだか「今まで食べたどのチョコレートよりも一番おいしいぞ。善吉!」

善吉「めだかちゃん・・・」
40 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/13(火) 10:02:42.17 ID:gyKAIfPY0
めだか「ありがとう。善吉」

善吉「いいよ。そんな大層なもんじゃねぇんだから」

めだか「いいや。私は今日ここで食べたこのチョコの味を一生忘れないだろう」

善吉「めだかちゃん・・・俺もだ。めだかちゃんが手間と時間をかけて作ってくれたチョコの味、忘れないよ」




めだか「ますます惚れたよ。善吉」




善吉「ん?何か言ったか?」

めだか「何でもない。帰るぞ」



善吉「なぁ、めだかちゃん」

めだか「なんだ?」

善吉「今日だけで何人の人間にチョコあげたんだ?」

めだか「そうだなぁ〜今日登校していた生徒に限って言えばほぼ全員にあげたはずだ」

善吉「そんなにかよ!?」

めだか「ああ、委員会連合の委員長にもきっちり渡したぞ」

善吉「はぁ〜ちゃっかりしてるな。
   だけどよそんだけ色んな人に渡してたら誰か一人ぐらい忘れてるやつとかいるんじゃないか?」

めだか「それは抜かりない。・・・はずだ」

善吉「自信ねぇのかよ!!」

めだか「いや!大丈夫だ!・・・と思う」

善吉「だめだこりゃ」ハァ

めだか「いや!そんなことは・・・」


















球磨川『あれ?僕のチョコは?』



〜〜終わり〜〜
41 : ◆2oFOuw3W8s [saga]:2012/11/13(火) 10:04:10.61 ID:gyKAIfPY0
今回はこんな感じでおしまいです。
また何か思いついたら書きます。
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/22(土) 18:28:29.73 ID:DospuSVro
あれ、一ヶ月以上書き込みないのに落ちないの?
41.20 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)