このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

僕が死んで6年目 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/04(日) 17:46:24.32 ID:FuN7Elty0
僕がこの世を去ったのは桜が芽吹く出会いと別れの季節。春だった。
同級生が、今年で大学を卒業するという時期に僕は一人、部屋で酒を飲んでいた。
このところ一週間はこのまんまだった。趣味で溜め込んでいたお酒もそろそろつきていた。
不安と恐怖を紛らわすために普段では考えられないような量の酒を無理矢理、胃に流し込む。
なんで僕がこんな思いをしなくちゃならないんだ。
僕は一週間前大きな事故を起こしてしまった。人を一人、車で轢いてしまったのだ。
新入社員の歓迎会の後の飲酒運転が原因だった。
だが、このところの俺は、
『あの夜、僕の頭は冴えていたはずだ。あの事故はあいつがいきなり飛び込んできたのが悪いんだ。
なんであいつのせいで僕が警察になんか怯えないといけないんだ。全部あいつが悪いんだ。』
と逃げるようにして思い込んだ。
本当は気づいているのに。あの夜、信号が赤だったのを軽い気持ちで無視したんだ。
だから、悪いのは自分なんだ。あの子はなにも悪くない。

僕が自殺したのは、この日の夜だった。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1352018784
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

シンジ「視聴者の皆さん、聞いてください」 @ 2020/05/26(火) 20:32:14.16 ID:2ZZ8SjRu0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590492733/

【グラブル】ジータ「ジークフリートさんってちょっと色っぽいよね」 @ 2020/05/26(火) 19:55:42.86 ID:/h/H9RVf0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590490542/

雛菜「第1回透先輩会議を始めま〜す」 @ 2020/05/26(火) 19:18:25.26 ID:YlSRBWfKO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590488305/

花騎士 SS 団長「これはお見合いと言えるのか?」 安価 @ 2020/05/26(火) 18:28:28.56 ID:wXuzfzBKo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590485308/

狂わしい765プロの女たち @ 2020/05/26(火) 17:19:44.53 ID:/xt0cV5N0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590481184/

シンジ「流石にもう怒った」【エヴァ】 @ 2020/05/26(火) 15:51:37.69 ID:y/4HZL8g0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590475897/

助けてくれ @ 2020/05/26(火) 12:05:12.49 ID:4izOlk630
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1590462312/

【イナイレ】【安価】によるグレートロード @ 2020/05/26(火) 11:18:44.72 ID:nSHSJChs0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590459524/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/04(日) 17:49:38.85 ID:FuN7Elty0
目を覚ましたとき、目が痛くなるような真っ白な天井がそこにはあった。
「ようやく目が覚めましたね」
右の方から突然聞こえてきたのは聞いたことのない女の声だった。
僕は、彼女の顔を見ようと仰向けの状態から首だけ傾けようとする。
「うっ!」
首が激しく痛んだ。首に手を当ててみる。首の回りをぐるっと一周痣のようなものがかこんである。
そうか、そうだった。俺は首を吊って死んだんだったな。思い出しても頭が痛くなる。
あのとき、ライトで一瞬目に入った少女の顔が目に浮かぶ。
「大丈夫ですか!?」
女が俺の顔をのぞいてくる。
次の瞬間僕は表現できないような叫びをあげた。

彼女は、僕が車で轢いてしまった女だったからだ。
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/04(日) 17:52:09.44 ID:FuN7Elty0
彼女はすごく慌てた様子で、
「ど、どうしました!?」
と聞いてくる。
「…大丈夫……もう、大丈夫だから」
僕は体を起こして彼女にいった。
「本当に、大丈夫ですか?」
慌てる彼女を見て、僕は諭すように、
「大丈夫だから」
というと、彼女は少しムスッとしたような表情で、
「わかりました、けど無理はだめですよ」
と僕に投げかけた。この様子だと僕が自分を轢いた本人だと気づいてないらしい。
額に汗が流れているのがわかる。呼吸はようやく落ち着いてきた。
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/04(日) 17:56:40.01 ID:FuN7Elty0
自分も起きたらここにいたということ。
最初はベッドがひとつだけだったが、ここにきて一週間後に起きたらベッドがもうひとつ増えていてそこに僕が寝ていたということ。
そして僕が一番興味を持ったのは白い箱のことだ。
僕が最初あけたときには、なにもなかった。すると彼女は、
「次は自分が欲しいと思ったものを頭の中に思い浮かべてあけてみて」
と僕になげかけた。そういえば、起きたときからなにも口にしていない。
僕は、なにか食事をとりたい。僕の好物の鳥の唐翌揚げを頭に思い浮かべ、箱を開けた。
するとそこには、出来上がってすぐのような唐翌揚げがいくつか皿にのってでてきた。
唐翌揚げだけではさみしい。ご飯もほしい。そう思い浮かべて箱を開ける。
だがそこにはなにもなかった。
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/04(日) 18:00:59.97 ID:FuN7Elty0
そこから彼女は説明を続けた。この箱は1日1度しかつかえないということ。
そもそもここでは、食事を摂らなくても生きていけるということ。
僕は、説明を受けながら唐翌揚げを口に運ぶ。味はするがおなかが満たされることはなかった。
さらに彼女は説明を続けた。この箱から出てきたものは1日の終わりとともに消えてしまうということ。
1日の終わり、次の日の始まりには鐘の音が響くということ。
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/04(日) 18:03:04.00 ID:FuN7Elty0
それから、彼女のこともいろいろ教えてもらった。
彼女の名前は、佐藤秋音(さとうあきね)というらしい。
住んでいたところを聞いてみたら、僕の住んでいたアパートのすぐ近所だった。
なんで死んだのかも教えてくれた。案の定彼女は僕が殺してしまったらしい。
それの犯人は僕なんだと言ってしまおうかと思った。
いって楽になってしまいたかったのかもしれない。それに一刻も早く謝りたかった。
でもできなかった。これからずっと同じ部屋に住もうという人間にばらしてしまったら、こんな風にはもうはなせないかもしれないから。
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/04(日) 18:05:56.39 ID:FuN7Elty0
説明が終わると、つぎは僕が質問に答える番だった。年齢や、住んでいるところ、通っていた大学。
そして、自分が死んだ原因。僕は正直に自殺と答えた。
彼女は僕がなぜ自殺したのか聞こうとはしなかった。
僕もこのことを言ってしまったら彼女にこのことはいいたくなかった。
そこからは、お互いの住んでいるところの特徴などの話で盛り上がった。彼女とは気が合うようだ。
そこから僕ら二人はずっと話していた。時計がないから正確な時間はわからないがこんなに人と話したのは初めてだった。
毎日なにを話しても話題がつきることはなかった。暇なときには毎回、白い箱から将棋盤と将棋駒を出して一日中たたかったりしたりした。
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/04(日) 18:09:38.26 ID:FuN7Elty0
ある日僕は彼女にこんな質問をしてみた。
「僕たち、いつになったらここを出られると思う?」
すると彼女はこういった。
「おばあちゃんが昔いってたんだ。人間は死んだらすぐにどこかで生まれ変わるんだって。
でも私たちが生まれ変わってないってことは、前の人生から次の人生に移る前にしないといけないことがあるってことじゃないかな?」
僕の方が彼女より年上なのに彼女は僕より物知りだったりする。
「それって、前の人生に未練があったとか、そういうことかな?」
「そんなこと私に聞かれたってわかんないよ」
そんな言葉をかわした後、僕らは将棋を再開した。
ぼくが彼女のことを好きになるのに時間はかからなかった。
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/04(日) 18:12:19.96 ID:FuN7Elty0
僕らは今まで、鐘の音がなるたびに、ベッドの柱に将棋の駒で傷をつくりきざんできた。
それを数えてみるともう三年近くここにいることがわかる。
三年も話して、三年も将棋をしてよく飽きがこないなと我ながらあきれる。
三年も立っているのに、俺の容姿も彼女の容姿も全くかわることはなかった。
そうか、三年か。本当なら彼女は子供もできて幸せな家庭をきづいてたのかな。
そんなことを考えたとき、心から申し訳ないと思った。
自分の注意力が足りなかったがために、彼女の華々しい人生は幕を閉ざされたのだ。
自然と涙がこぼれてきた。涙がとまらなかった。
「ど、どうしたの?」
突然の涙に驚いたのだろう。僕は彼女にすべて話そうと決意した。
彼女が誰に殺されたのか。なぜ僕が死んだのか。
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/04(日) 18:13:25.26 ID:FuN7Elty0
すべて話し終わっても、彼女への申し訳ないという気持ちがつきることはなかった。
彼女は驚く素振りも見せず、目にいまにもこぼれおちそうな涙を浮かべて、ほほえみながらこういった。
「知ってたよ、最初から」
僕は驚きを隠せなかった。じゃあ今までの彼女は、そんな相手に優しくせっしてくれてたのか。
「僕が、憎くないのか?」
自然とそんな言葉がでていた。
彼女は落ち着いたゆっくりとした口調で話始めた。
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/04(日) 18:17:00.41 ID:FuN7Elty0
「最初はもちろん憎かったわ。だから白い箱の仕組みに気づいたとき、私はこう願ったの『私の生きていた世界の様子をみせてほしい』って。
私を殺した相手がどんな人間だったのか知りたかったの。そしてあけてみて中に入ってたのは小さいおもちゃのような望遠鏡だった。
その中をのぞいたときに見えたのはお酒に囲まれた汚い部屋よ。その中にあなたがいた。私はそれを見たとき悔しくてたまらなかったわ。
なんでこんな人間のために私が死ななきゃいけないのって。でもね、望遠鏡をずっと見てたら気づいたの。あなたが泣きながら呪文でも唱えるかのように
、ごめん、ごめんってつぶやいてるところ。あなたがロープで首を吊るところも見た。このときには、私の中に死んだばかりのころの気持ちなんてもうなくなってたわ。
むしろ反省したくらいよ。だからあなたがここにきたときから、憎んでなんていなかったわ。それに、」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/04(日) 18:28:12.02 ID:3zYZCvId0
なぜかここで言葉をとめた。そして、涙をぽろぽろこぼしながら続けた。
「ここであなたと話してるうちに好きになっちゃったしね」
僕は気づいたら彼女の体を抱きしめていた。
「ありがとう。ほんとうにありがとう。僕も好きだよ。
そして、本当にごめん。」
彼女からも僕に抱きついてきた
「ううん、いいの。こっちこそ、ありがとうね。」
彼女がそういい終えたとき、突然眠気が襲った。全身の力が抜けていく。彼女は、それにきづくと耳元でささやいた。
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/04(日) 18:28:43.11 ID:3zYZCvId0
「あなたが死ぬ瞬間に思ったことって、私に謝りたいってことだったんじゃない?」
そうだ。僕は、彼女に謝りたくって自殺したんだ。
「じゃあ、未練がなくなった僕は、いなくなってしまうのかな?」
彼女は軽く首をふってこういった。
「ううん。あなたはここで一度しんで生まれ変わるの。元の世界でね。だから、私たち、もう会えなくなるね。」
僕は唇を噛み締めた。せっかく思いが通じ合ったのに。彼女の涙が僕の肩に落ちていく。
「しかたないよ。こういう運命だったんだよ。」
「また、会えるよな?」
「きっと、ね。」
その最後の言葉を聞いて僕は深い眠りに落ちた。
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/04(日) 18:29:25.42 ID:3zYZCvId0
小学校の入学式。初めて会う友達、初めての学校、初めての教室に胸を躍らせ、教室のドアを開ける。
誕生日の順番に左から右へと席が並ぶ。ランドセルを机においていすに腰を下ろす。

「はじめまして。よろしくね。」
右となりの席の人に話しかけられる。たのうえ さき。名札にはそう書いてあった。
その子の顔を見て返事をする。
「こっちこそ、よろしく。」
初めてのはずなのに懐かしい感じがした。
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/04(日) 18:30:52.06 ID:3zYZCvId0
おしまい
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/04(日) 18:31:50.04 ID:ATGEeYwlo
おつ
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/04(日) 20:14:53.21 ID:VR4pYf/Fo
もう少し読みたかったけど乙
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/11/04(日) 21:02:48.73 ID:uzwrCciBo
乙でした

でも、タイトル回収してよw
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/04(日) 21:28:33.21 ID:znxNgHOSo
おつ冷たい文
が読みやすかったです
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/04(日) 22:51:55.79 ID:tKLglcSm0
一応わかりにくかったところ解説しときます。
タイトル回収は、白い天井の部屋で死んで六年目、つまり生まれて六年たったということです。
また、彼女は死ぬ瞬間主人公を殺したいと願ったから主人公が白い天井の部屋で死んだ時に、未練がなくなり、生まれ変わります。
なので、誕生日は一緒になります。
そして、一応
SATOU AKINE
↓並び替え
TANOUE SAKI
と名前をアナグラム(?)にして継がせ、小学校で生まれ変わりとして再会を果たした、ということにしました。

これで以上です。読んでくださって、ありがとうございました。
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/05(月) 13:45:49.52 ID:/gjjACkNo
小学校入学時に既に6才だから、「6年目」だと合わないのよ
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/22(木) 21:26:36.57 ID:zveG+K7W0
おつ
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/22(木) 21:48:32.70 ID:onUHaxk80

なぜかABを思い出してしまった
11.20 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)