このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

国王「魔王を倒せば無罪放免だ」勇者「今までの罪が帳消しかー、いいよ♪」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [saga]:2012/11/06(火) 19:37:22.25 ID:234ceQv80
書き溜めはしていません、下手ですが自己満足でかいていきます

残虐非道な勇者をあまり見ないので、書いてやろうと思いました

あ、エロとかありません、勇者だけが楽しそうに冒険する話です

三年前

グリント王国・倉庫

キルル「ワタクシを誰だと思っているの!?グリント王国・国王の娘、キルル・グリントよ!」

キルル「そんなワタクシをこんな所に監禁して、ただじゃすまないわよ!!」

青年「・・・フフ、好きですよ」

青年「強情な女性は、特にね」

青年「ギャップがね、興奮するんですよ」

青年「怒りの目を向けていたのに・・・いつしか、助けを乞うようになるんです」

青年「その願いが届かぬまま、朽ち果てる姿は素晴らしいの一言・・・」

キルル「なんなの、あんた・・・気持ち悪いわね!」

衛兵「お嬢様!?そこにおられるのですか!?」ドンドン

キルル「衛兵!ワタクシはここです!早く中に!ワタクシを助けなさい!」

ドン ドン ドン

衛兵「くそっ!頑丈な扉だな、お嬢様!必ずお助けいたします!」

衛兵「シェイド隊長!こっちです!」

衛兵長・シェイド「キルル様はこちらか!斧だ、斧を持ってこい!」

キルル「シェイドの声だわ!シェイドー!ワタクシはここよ!」

青年「そろそろバリケードが破られるね、それじゃあ」

青年「人生最後の、お楽しみを堪能しようかな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1352198242
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

モバP「19歳になった橘ありすに勝てない」 @ 2020/05/31(日) 03:07:38.69 ID:zcfde6Ug0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590862058/

末原「こりゃもう終わりかなって思ったときからが勝負や!」漫「先輩……」 @ 2020/05/31(日) 02:36:46.86 ID:6LO6VK2u0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590860206/

「ねえ、大丈夫かい?」 @ 2020/05/31(日) 02:23:00.06 ID:uUnHeNjQ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590859379/

【ガンダム】ウルフラム「安価とコンマで一年戦争(欧州戦線)」その7 @ 2020/05/30(土) 22:57:25.61 ID:Em98O5wC0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590847045/

my vision was enhanced,ridden with anxiety,but i couldn’t sit quietly.  @ 2020/05/30(土) 22:29:56.09 ID:oV0bpsyDo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1590845395/

サイト「愛してるよ、ルイズ」ルイズ「わ、私も、あんたのことを……」 @ 2020/05/30(土) 22:13:07.57 ID:A9YfU/XoO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590844387/

【安価・コンマ】僕「青春学園テニス部?」Part2 @ 2020/05/30(土) 19:43:50.77 ID:cmYaY3HpO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590835430/

あなたは神を信じますか? @ 2020/05/30(土) 18:48:57.96 ID:xnZdRgzI0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1590832137/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/06(火) 19:43:06.07 ID:y4sCdILk0
面白そうっすね
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/06(火) 19:47:22.62 ID:xpHZvxiuo
はよ
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [saga]:2012/11/06(火) 19:55:04.84 ID:234ceQv80
二十分後

グリント王国・お城

国王「ええい!娘はまだ見つからんのか!?」

大臣「ご安心ください」

大臣「城の衛兵百人に捜索させておりますので、必ずや見つけ出して見せます」

国王「むぅ・・・だといいのだが」

衛兵「た、たた大変です!」

国王「娘が見つかったのか!」

衛兵「あ・・・あの・・・」

大臣「・・・落ち着け、冷静になってから報告するんだ」

衛兵「は、はい・・・」

衛兵「その、キルルお嬢様を発見したのですが」

国王「よかった・・・見つかったか、どこにいるのじゃ」

衛兵「それが、誘拐した輩に・・・我々が着いた時には・・・・」

国王「な・・・・なんじゃと・・・」

衛兵「申し訳ありません!」

大臣「王様、少し休まれますか?」

国王「・・・・」

国王「よい・・・娘の遺体を運んできてくれ」

衛兵「そ、その件なのですが・・・」

大臣「遠慮はいらん、報告を」

衛兵「はい、倉庫にて監禁されていたようなのですが」

衛兵「あの・・・どれがキルルお嬢様ので、どれが衛兵なのか・・・・」

国王「どういう意味なのじゃ?」

衛兵「救出に向かった衛兵が返り討ちにあったのです」

衛兵「衛兵のほとんどが、原型をとどめておらず・・・」

衛兵「キルルお嬢様と衛兵の肉片の区別が・・・さっぱりで」

大臣「なんということだ・・・」

国王「まるで・・・魔物ではないか・・・・」

衛兵「こちらの被害も大きく、無傷の者が三名に軽傷者が二名」

衛兵「死亡者が・・・92名です・・・」

国王「ばかな!?」

大臣「城の衛兵が・・・相手は!?」

衛兵「現在は地下牢にて、籠城しているもようです」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [saga]:2012/11/06(火) 20:05:17.04 ID:234ceQv80
グリント王国・地下牢

衛兵長「・・・・」

青年「さっきまでの威勢はどうしたの?」モグモグ

衛兵長「・・・魔物め」

青年「じゃあアンタは人間様だ、そうなると別におかしくないよ」ムシャムシャ

衛兵長「本当に狂ってる・・・!」

青年「だからさぁ、狂ってる俺からすると」パクパク

青年「アンタらの方が狂ってるよ、頭おかしいんじゃないの?」ゴックン

衛兵長「人間を食う奴に、言われる筋合いはない!」

青年「怒った怒った♪アンタの部下だもんね、これ」

青年「あ、骨しか残ってないや」

青年「・・・しゃぶる?」

衛兵長「私を貴様と一緒にするんじゃない!」

青年「捕らえられてる癖に、威勢は良いよね、君たち」

青年「結局最後は、プライドも恥も何もかも・・・全て失うのにね」

青年「でも、アンタにはしばらく手はださないよ」

衛兵長「・・・何?」

青年「今、籠城してるからさ」

衛兵長「人質というわけか」

青年「ううん、違うよ」

衛兵長「・・・では、なんだというのだ」

青年「籠城で大事なのは、食料だよ?」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [saga]:2012/11/06(火) 20:25:34.42 ID:234ceQv80
三年後

グリント王国・お城

衛兵「報告します」

国王「申せ」

衛兵「魔王討伐に向かっていた勇者・ウィルが、モルド村近辺にて死亡していたとのことです」

大臣「くっ・・・またしてもか」

国王「もうこの国には、勇者が・・・・」

大臣「・・・王様、地下牢のあいつを使う時です」

国王「・・・・」

国王「・・・やむを得ん」

国王「地下牢の最奥を開放せよ、最後の勇者をここに連れてまいれ」

衛兵「はっ!」

地下牢・最奥

衛兵「・・・むぐっ!?なんだこの臭いは・・・・」

看守「おや?どうしました?」

衛兵「看守か、国王の命で参ったのだ」

衛兵「ここを開けろ、王の間に連れていく」

看守「で、できませんぜ!そんなこと・・・!」

衛兵「とっとと開けんか!このような臭い場所に、長居できるか!」

看守「は、はいぃ・・・」ガチャガチャ

キイィィィ

衛兵「・・・ますます臭いが強くなっていくな・・・・」

「誰だ・・・?」

衛兵「私は衛兵だ、貴様をここから」

シャッ

衛兵「ッ・・・・!?」ドサッ

看守「ひいぃ!?」

青年「あーあ、死ぬなら全部話してから死ねよ」

看守「ああ・・・!」ガクガク

青年「看守さーん、この人は何しに来たの?」グイッ

看守「あぐっ!・・・」

青年「教えてくれよ」

看守「ひゃ、ひゃいぃ!」

看守「な、なんでも・・・王の間に連れてい」

青年「OK♪」ガシッ

グギィッ

看守「・・・・」ドサッ

青年「王様が俺に用事か、なんじゃろな」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [saga]:2012/11/06(火) 20:47:21.10 ID:234ceQv80
グリント王国・お城

国王「お主か、お主がか・・・」

大臣「・・・名前はなんというのだ?」

青年「・・・・」キョロキョロ

大臣「何故そんなに周りを気にする?」

青年「いや、なんとなく」

国王「使いに向かわした衛兵は一緒ではないのか?」

青年「あー、衛兵はね」

青年「看守とお友達だってもんだから、お昼ご飯食べてましたよ」

国王「・・・まぁいい」

青年「あ、名前を聞いてんだっけ」

大臣「よい、お前はもうじき勇者になるのだからな」

青年「・・・なるほど」

国王「魔王を倒せば無罪放免だ」

青年「今までの罪が帳消しかー」

青年「いいよ♪」

大臣「では、勇者の証を受けとるがよい」

青年「遠慮なく〜」

青年は勇者の証を手に入れた、職業が勇者になった

勇者「これで俺は勇者か、テンションあがる〜♪」

国王「我が国最後の勇者なのだ、必ず魔王を倒してくれ」

勇者「はいはーい」

大臣「では、任せたぞ」

勇者「あれ?こんだけ?」

国王「なにがだ?」

勇者「軍資金ぐらい貰ったっていいだろ」

国王「アイーダの酒場に行け、仲間が待っている」

勇者「仲間から金せびんのが勇者って嫌じゃん!」バッ

衛兵「おい!」カチャ

衛兵「国王に向けた手を、ゆっくり下ろせ」

国王「魔法が使えるのか、当然と言えば当然か」

勇者「勇者に剣を向けるのが衛兵の仕事なのかよ」

衛兵「国王をお守りするのが役目だ」

勇者「・・・お前、いつ衛兵になった?」

衛兵「なに?」

勇者「勇者の素朴な疑問だ、答えてくれよ」

衛兵「・・・二年前だ」

勇者「その一年前に、何があった?」

衛兵「確か、キルルお嬢様の誘拐事件があって・・・衛兵の大半が犠牲になったのだったな」

勇者「あれ俺」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [saga]:2012/11/06(火) 21:06:53.69 ID:234ceQv80
今日は寝ます、明日のPМ7:00ぐらいに再開します

グリント王国・アイーダの酒場

勇者「へへ♪」

勇者「あの衛兵のビビり方ときたら、良いもんみれたぜ」

勇者「・・・すいませーん、仲間くださーい」

アイーダ「あ、勇者様ですか?」

勇者「見て分からんか」

アイーダ「失礼ですが、勇者のあか」

勇者「だまらっしゃい」シャッ

アイーダ「かはっ・・・・・」ドサッ

勇者「えーと・・・」ガサゴソ

勇者「あったあった」

勇者は、アイーダの酒場・登録表を手に入れた

勇者「こいつと、こいつと・・・こいつにしようかな」ペラ ペラ

勇者「・・・これはいらないや」

勇者は、アイーダの酒場・登録表を捨てた

勇者「宿屋にいんのか、こいつに呼んでもらうべきだったな、残念」

グリント王国・宿屋

受付「いらっしゃいま」

ザクッ

受付「ぐぶっ・・・」ガクッ

勇者「どんまい」ガサガサ

勇者は、宿泊名簿を手に入れた

勇者「まずは、102号室か」

102号室

勇者「はいドーン!」バタン

「うわぁ!?」ガシャーン

勇者「・・・椅子から転げ落ちるほどかな、迎えに来たよ」

勇者「魔法使いのフェイト君」

フェイト「・・・は、はぁ」

勇者「よし、次行くぞ」

フェイト「えぇ!?」

201号室

勇者「うおりゃぁ!」ドーン

「なにものだ!?」クルッ

勇者「ほう、なかなかの腕前とお見受けする」

勇者「ぶとうかのライズ君」

ライズ「なんだアンタ」

勇者「204号室にいる、僧侶のエイミーも連れていく!」

ライズ「は?」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [sage]:2012/11/06(火) 21:17:12.40 ID:eEDUO7fj0
勇者こええええええええええ
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/06(火) 21:32:06.36 ID:7KyGIpkGo
安易に♪を入れるのは、碌な書き手じゃないわ
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/11/06(火) 23:55:24.46 ID:saOquRAdo
支援する
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/11/06(火) 23:56:19.50 ID:nt8er4vWo
ゾッとしたわ
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2012/11/07(水) 00:00:27.86 ID:NUiLD2BQo
こいつのほうが魔王だろ
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [saga]:2012/11/07(水) 19:02:39.53 ID:nlRsfZtQ0
♪入れるの好きだけどなー、感情が分かりやすくて

ってか、思ったより好評で良かった




エイミー「えへへ、勇者様のパーティーに参加できるなんて嬉しいです」

ライズ「にしても、いきなりで驚いたぜ」

フェイト「・・・あれ?受付の人、寝てるのかな」

フェイト「寝ちゃ駄目ですよー、起きてくだ」

返事がない、ただのしかばねのようだ

フェイト「うわぁっ!?・・・こ、これって!?」

ライズ「死んでるじゃねぇか・・・」

エイミー「そ、そんな・・・」

勇者「あー、それね・・・魔物だった」

フェイト「ま、魔物!?」

勇者「そうそう、人間に化けてたんだろね」

ライズ「こいつぁ、見事に化ける魔物がいたもんだな」

エイミー「ど、どうして分かったんですか」

勇者「それはあれだよ、勇者だもん」

勇者「そんなのに構っていても時間の無駄だから、早く行こうぜ」

勇者「おっと、ステータスを確認しておこう」

勇者:LV88 HP9002 МP1584

装備品:ぬののふく 所持品:勇者の証

フェイト:LV32 HP1532 МP1340

装備品:木の杖 ぬののふく 炎のペンダント 所持品:なし

ライズ:LV69 HP5830 МP270

装備品:ぶとうかのふく 気合いのハチマキ 所持品:なし

エイミー:LV40 HP987 МP2066

装備品:木の杖 魔術師のローブ 所持品:やくそう アモーレの水 聖水
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(兵庫県) [sage]:2012/11/07(水) 19:18:45.01 ID:+ew3Guk9o
名前表記か
職業覚えるのがめんどくさいな
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [saga]:2012/11/07(水) 19:31:57.99 ID:nlRsfZtQ0
フェイト「あ、僕ってエイミーさんよりLV低いんだ・・・」

エイミー「す、すみません」

ライズ「さすが勇者だ、一番強いのか。今度、手合わせ願いたいものだ」

勇者「おいおい、待て待て」

ライズ「どうした」

勇者「お前ら、金は?」

フェイト「宿屋代で・・・」

エイミー「アイテムを買ってたら・・・すみません」

ライズ「金なんて必要ないぜ!」

勇者「はぁ・・・まじか、いや、まじか」

勇者「金がなかったら、お前らの食料とかどうすんだ」

ライズ「自給自足も悪くないぞ」

勇者「・・・もういい、先に門の所で待ってろ」

グリント王国・武具屋

主人「いらっしゃいませ、何をお求めでしょうか」

勇者「いや、国王からの使いで来た」

主人「へ?」

勇者「勇者の証だ、王様がお呼びだぞ」

主人「あ、はい!」

勇者「留守番は任せろ!」

主人「お願いします〜!」

勇者「・・・へぇ、売上はまぁまぁだな」

勇者は、食料と710Gを手に入れた

勇者「仲間の為に奮闘するなんて、俺は神様か!」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [saga]:2012/11/07(水) 19:52:57.71 ID:nlRsfZtQ0
登場人物増えてくから・・・すまぬ

グリント王国・門

勇者「うおーい、俺に感謝しなさーい」

エイミー「あ、勇者様が袋を抱えてきたよ」

フェイト「・・・お金持ってたんだ」

ライズ「さすが勇者だぜ」

勇者「はい、じゃあ出発!」サッ

ライズ「うおっと、俺が荷物がかりかよ」

エイミー「時間も時間ですし、お昼にしませんか?」

フェイト「そうしましょうよ!お腹ペコペコです」

勇者「知るか、行くぞ」

フェイト「そんな〜・・・」

エイミー「我慢だよフェイト君!」

フェイト「は、はい!」

勇者「・・・確か、次の村はあっちだったか」

ライズ「くそっ、荷物が邪魔で戦えないぜ!」

ライズ「フェイト、持ってくれよ」

フェイト「も、持てませんよ〜」

ライズ「うるせぇ、俺は戦闘要員だからよ!」

エイミー「ちょ、ちょっとライズさん!」

勇者「・・・ライズ、お前が持て」

ライズ「な・・・分かったよ」

勇者「それと、戦闘は俺がやる」

ライズ「こんなヒヨッコ共と共闘じゃ、きついんじゃないのか?」

フェイト「ちょっとライズさん!」

エイミー「私たちだって、戦えます!」

勇者「・・・・」

勇者「お前ら、戦闘に参加して良いって言われたか?」

エイミー「え?」

フェイト「言われてませんけど・・・」

勇者「戦闘は俺がやる、誰にも譲らん」

エイミー「そんな!私たちはパーティーでは?」

勇者「はぁ、いいか良く聞け」

勇者「フェイト、お前は魔法の知識があるよな?」

フェイト「え、ええまぁ」

勇者「俺はあまりない、お前は俺に魔法を教えろ」

勇者「エイミー、お前は回復魔法と魔物の知識が豊富なんだろ?」

エイミー「ほ、本で勉強しました」

勇者「じゃあ、その勉強した事を俺に教えろ」

勇者「それが、お前たちをパーティーに加えた理由だ」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [saga]:2012/11/07(水) 20:16:44.28 ID:nlRsfZtQ0
ごめんなさい、中断します

今日のPМ11:50に再開します

草原

魔物が現れた!

スライム「うぇへへ、な、なぁ・・・スケベしようや」

勇者「うぉっ!これが魔物か」

フェイト「え、魔物と対峙するの初めてなんですか?」

勇者「今までは、人間相手にしかなくてな」

エイミー「これはスライムという魔物です、魔物の中では最弱ですし大丈夫ですよ」

勇者「そうか、ビビるんじゃなかった」

勇者の攻撃! 長く伸びた爪が、スライムの眼球を捕らえる

スライム「うぎゃああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

スライムに2036のダメージ!スライムを倒した

フェイト「つ、強い・・・けど」

エイミー「怖い・・・」

ライズ「なかなかの攻撃だ、勇者」

勇者「魔物もそう怖くないな、安心した」

魔物を倒しながら、歩みを進める勇者一行は、小さな村にたどり着いた

ライズ「ふぅ、やっと着いたか・・・腹減ってきたぜ」

フェイト「僕もです・・・」

エイミー「そろそろお昼にしませんか?」

勇者「・・・じゃ、ここで食っとけ」

フェイト「わーい、ご飯だー」

ライズ「体力はつけないとな」

エイミー「あれ?勇者様は、お食べになられないのですか?」

勇者「食えるか、んなもん」

エイミー「おいしいですよ?」

勇者「・・・あ、いや、俺は用事があるんだ」

勇者「適当に食ってから戻るから」

エイミー「あ・・・はぁ」

フェイト「・・・おかしな勇者さんだね、変わってるというかなんというか」

エイミー「それでも、勇者様は勇者様はです・・・」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/07(水) 20:43:42.40 ID:sq29CsvDO
カニバリ勇者とは新しいな!
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/11/07(水) 22:39:15.12 ID:hsTltN2AO
気になったんだが「勇者」ってこういう世界じゃただの職業を指すのか?

別に神に選ばれたから偉いとかじゃなくて、医師が「お医者様」とか呼ばれる感覚で「勇者様」と呼ばれてるんだろうか
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [saga]:2012/11/07(水) 23:57:14.95 ID:nlRsfZtQ0
↓これでも読んでろ!でもここまで見てくれてありがとう!

もともとこの世界に勇者は存在していませんでした

人間と魔物が半々で世界を支配してました、たびたび争いが起こりました

その様子を竜が見ていました、魔法の起源とされる竜です

しかし、竜は人間に恋をしてしまうのです

竜と人間の間に赤子が出来ました、後に竜人と呼ばれる存在です

魔王は動揺しました、傍観者と思われていた竜が人間側についた、と

魔王は人間の領地へ侵攻を開始しました、全ての戦力を注ぎました

人間は激怒します、竜と竜に恋した人間の事を

魔物が攻めてくるのはお前たちのせいだ、お前たちのせいだ

竜と人間は悩みました、自分たちの惹かれあう心は悪なのだろうか

竜は魔物を迎え撃とうと考えます、恋した人間には秘密で

魔物の軍勢に、一筋の光が流れます

魔物勢は痛手を負います、人間勢もこの機を逃しません

戦争が始まりました、戦争が始まりました

長きにわたり、繰り広げられました

初めは人間が優勢と思われていました、しかし人間と魔物は体のつくりが違います

人間は繁栄が目的です、魔物は戦闘が目的です

形勢が徐々に覆されていきます、人間勢は焦り始めます

魔物が押し寄せる中、勇敢に立ち向かう者があらわれました

竜と人間の間に出来た、竜人でした

人間を束ね、魔王の城へ歩みを進めます

甚大な被害がでましたが、魔王が竜人の手によってこの世から消え去りました

人間勢は勝ちました、人間勢は喜びました

魔王を倒した竜人を、いつしか人間勢はこう呼ぶようになります

『勇者』

勇者が生まれました、人間の勇者が生まれました

そして月日が流れました、竜人の話は語り継がれました

しかし、新たな魔王が誕生しました

再び、人間と魔物による戦争が始まろうしています

伝説の勇者になる為、人間の勢いは凄まじいものです

ですが、魔物の力に惜しくも敗れてしまいます

人間の半分がこの世から去りました、もう半分は攻めずに身を守ります

国、と呼ばれる領地が誕生します

そして、国は勇者を選びます

魔王を倒すに相応しい、伝説となるに相応しい人間を選びます

選ばれた勇者は、魔王討伐の旅に出ます

勇者は、人間の希望でもあり、平和の象徴でもあります

人間は、勇者に全てを託します

魔王を、倒してくれると信じて・・・・
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [saga]:2012/11/08(木) 00:19:44.83 ID:GofSesHF0
ライズ「ふぅ〜、腹いっぱいだ」

フェイト「美味しかったです、ごちそうさまでした」

エイミー「ごちそうさまです、とても美味しかった〜」

エイミー「勇者様はまだかな?遅くないかな?」

フェイト「心配だね、探しに行った方がいいのかな」

ライズ「お前らなぁ、勇者はこの中で一番強いやつだぞ」

ライズ「俺らが心配しても、意味ないだろ」

エイミー「で、でも!」

フェイト「探しに行こうにも、ここから動いたら合流できないよ」

エイミー「・・・・」ウルウル

ライズ「心配性だな、仕方ねえ」

ライズ「お前らはここにいとけ、俺が探しに行ってくる」

エイミー「ふぇ?い、いいんですか!?」

フェイト「ら、ライズさん・・・」

ライズ「すぐに戻ってくるから、お前らも警戒を怠るなよ」

エイミー「は、はい!」

フェイト「ライズさんも気をつけてくださいね」

ライズ「おう!」

十分後

勇者「うぃ〜す」

エイミー「あ!良かった・・・無事だったんですね」

フェイト「あれ?ライズさんとお会いしませんでした?」

勇者「ライズか?あー・・・ちょっとヤバい事になってな」

エイミー「え!?」

勇者「いや〜、魔物が突然襲ってきてさ〜」

フェイト「魔物が!?」

勇者「ライズがやられちまってな、魔物は俺が倒したからもういないけど」

エイミー「でしたら、私の蘇生魔法で!」

勇者「あー、あのね、魔物がものすごーく強くてね、原型とどめてないんだわ」

フェイト「ライズさんがそこまでやられるなんて・・・」

エイミー「そんな・・・・」

勇者「ま、危険はつきものだし」

勇者「ハチマキもらったし、お腹ふくれたし」

勇者「出発しようか」

フェイト「は、はい・・・」

エイミー「勇者様、顔に血がついてますけど・・・もしかして、お怪我を!?」

勇者「あ、大丈夫だから、俺は無傷だから、どこについてる?」

エイミー「口の・・・ここです」

勇者「サンキュー」ペロッ

エイミー(えっ!?)
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [saga]:2012/11/08(木) 00:33:41.61 ID:GofSesHF0
勇者「・・・どうした?」

エイミー「あ、あの・・・その、血を舐め・・・・」

勇者(あ!やっちまったか!?)

勇者「いや、これはだな」

フェイト「ちょっと二人ともー!何してるんですかー!」

勇者「ああ!今行くって!」

勇者「エイミー、これはケチャップだ」

エイミー「・・・へ?」

勇者「舐めて分かったが、これはお昼ご飯に食べた時についたケチャップだ」

勇者「血なんて舐めるわけないじゃないか!ハッハッハッ!」

エイミー「・・・・」

エイミー「そ、そうですよね!普通に考えて舐めるわけないですもんね!」

勇者(普通だろが)

勇者「そうそう、ありえないよ!さぁ、行こうか」

エイミー「は、はい」

エイミー(きっと勇者様なりに励ましてくれたんだ、ライズさんの死を悲しませない為に・・・)

フェイト「何を話してたんですか」

勇者「気にすんな、出発だ出発」

フェイト「・・ねぇねぇ、エイミーさん?」

エイミー「はい?」

フェイト「ライズさんの事は残念ですけど、ライズさんの分も頑張っていかなくちゃならないんです」

フェイト「頑張りましょう!」

エイミー「はい♪」ニコッ

フェイト「・・・・」ドキッ

エイミー「どうしましたか?」

フェイト「い、いや・・・なんでも・・・」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [saga]:2012/11/08(木) 01:10:50.67 ID:GofSesHF0
洞窟入口

勇者「ふむ、洞窟か」

フェイト「・・・もしかして入るんですか?」

勇者「それを今悩んでる」

エイミー「でも、賊が占拠していたらどうするんですか」

勇者「よし行こう」

エイミー「えぇ!?」

勇者「安心しろ、お前たちは俺が守る」

エイミー「は、はい!」

フェイト「えー!僕は嫌ですよー!」

勇者「だったらそこで待ってろ」

エイミー「暗いですね、魔法で照らしますね」

勇者「その魔法、後で教えろよ」

エイミー「任せてください!」

フェイト「・・・僕も行きますよ!それと魔法は僕が教えます!」

洞窟内部

勇者「・・・ほう、見事に何もないな」

フェイト「人が出入りした痕跡はないですね」

エイミー「何故でしょう・・・?」

勇者「先に他の勇者が探索したんだろうな、無駄足だったか」

フェイト「はぁ・・・良かったぁ」

勇者「ちっ、出るぞ」

エイミー「先行しますね」

フェイト「他の勇者が探索したとして、この先・・・僕たちが探索できそうな場所って、残ってないんじゃ・・・・」

勇者「知らん。だが、探索されていなさそうって考慮はしないといけないな」

勇者「ま、このあたりのは全部無視してかまわんだろう」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [saga]:2012/11/08(木) 01:36:23.93 ID:GofSesHF0
そろそろレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返さないと、続きはPМ7:00に書きます

マジャーラ谷

勇者「うおー!高いなー!」

エイミー「うわわ・・・私、高い所だめなんです・・・」

フェイト「これは吸い込まれそうな高さだね・・・」

勇者「落ちたらどうなるんだ?どうなるんだろ?」

エイミー「ふぇぇ・・・」ガクガク

フェイト「・・・あ、降りる道は向こうにあるみたいですよ」

勇者「ん・・・そうだな・・・・」

エイミー「は、早く行きませんか?勇者様」

勇者「んー、あ」

エイミー「へ?」

勇者「あちゃー、大変な事に気づいてしまったー」

エイミー「どうしたんですか?」

勇者「えっとね、フェイト君?」

フェイト「はい?」

勇者「ハチマキ落としちゃったかも、来た道戻って探してくれない?」

フェイト「え」

勇者「ライズの形見だし、頼む!」

フェイト「はぁ、勇者の頼みなんて国王ぐらいしか断れませんよ」

勇者「すまんな、そう遠くないはずだから」

フェイト「分かりました、行ってきます」

勇者「・・・行ったか」

エイミー「はい?」

勇者「いや、なんでもないよ」ギュッ

エイミー「えっ」ドキッ

エイミー(て、ててて手を握って!?)

エイミー「ゆ、勇者様・・・?」ドキドキ

勇者「すごい高さだよな、ここ」

エイミー「は、はい」

勇者「高い所苦手って言ってたけど、大丈夫か?」

エイミー「ゆ、勇者様と手を繋いでると・・・その、平気、です」ドキドキ

勇者「そうか、なら」グイッ

エイミー「へ?」

勇者「逝って来い」ドン

エイミー「きゃっ!?」ズザザッ

勇者「生きてたら感想、聞かせてくれよ?」

エイミー「勇者・・・様?」ズルッ

エイミー「きゃあぁぁぁぁああぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぐっ!・・・・・」ヒュー ドン クルクルヒュー

勇者「おっほー!飛び出た岩にぶつかった!ぶつかったとこ赤いなー、そっから先は遠くて見えないな・・・ちぇっ」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/08(木) 02:08:58.92 ID:8r59bLbIO
クズ勇者の設定を生かしきれてないな

勿体無い
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/08(木) 04:37:03.27 ID:RxPfpTRSO
単純にツマンネ
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/08(木) 08:58:00.12 ID:1eDBnouDO
もうちょい爽快感のあるクズだったら、むしろ楽しいのにな
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage saga]:2012/11/09(金) 08:57:16.84 ID:UXc6LI+I0
使い捨てキャラに名前うぜぇ自慰だわ
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [sage]:2012/11/09(金) 17:43:58.91 ID:sFi8HkoO0
最初に、下手ですが自己満足でかいていきます

って書いてあるのは、私の幻覚なのかね
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/09(金) 18:09:11.15 ID:zkbfKwlIO
盲か?書いてあるよ
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [sage]:2012/11/09(金) 22:58:21.48 ID:sFi8HkoO0
批判の内容がね、書いてないような感じだったからね

つか続きはよ
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/09(金) 23:03:18.30 ID:Syzxl4R3o
奈良ワロタwwwwwwww
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [sage]:2012/11/09(金) 23:50:51.85 ID:sFi8HkoO0
長屋ワロタwwwwwwwwwwwwwwww
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/09(金) 23:59:11.90 ID:Wb2zZmFIO
明らかに奈良のほうが笑いの対象だな
次はIOワロタかな?
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/10(土) 00:05:41.12 ID:f0Y5EAiDO
じゃあ
IOワラタwwwwww

次はDOかな?
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/11/10(土) 03:15:55.35 ID:WZofCEo8o
DOわろたwwwwww

次はSoftBankか
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/10(土) 05:11:02.86 ID:kfKmvTr8o

┏━━━━┓        ┃        ┃                  ┃      ┃ @JR北梅田駅建設予定地
┃梅田スカ ┠────┗━━━━┛                  ┃      ┃ A新阪急ホテル
┃ イビル  ┠────┏━━━━┓              ┏━┫  阪  ┃ BAlbi
┗━━━━┛ ┏━┓ ┃グラン  ┃┏━━━━┓  ┃  ┃  急  ┃ C御堂筋線梅田駅
             ┃@┃ ┃ フロント .┃┃.ヨドバシ. ┃  ┃  ┃  梅  ┃ D新梅田食道街
             ┗━┛ ┗━━━━┛┃ カメラ   ┃  ┃A┃  田  ┃ EA-D通路/梅田一番街
                    ┏━━━━┓┗━━━━┛  ┃  ┃  駅  ┃ Fトラベルコート
                    ┃ 三越   ┣━━━━┓    ┃  ┃      ┃ G阪急グランドビル
                    ┃ 伊勢丹 ┃ ルクア  ┣━┓┗━╋━━━┫ 
            ┏━┓┏┻━━━━┻━━━━┫地┣━┳┛      ┃ ┏━━━━━┓
            ┃B┃┃                    ┃下┃  ┃   E   ┃ ┃HEP FIVE .┃
      ┏━━┻━┫┃  JR  大   阪   駅  .┃鉄┃D┃        ┃ ┃    ┏━━┛
      ┃梅三小路┃┃                    ┃梅┣━┻━━┳━┫ ┣━━┻┓
      ┗━━━━┛┣━━┳━━━━┳━━┫田┃ 阪急   ┃  ┃ ┃ HEP .┃
                  ┃ .F. ┃  大丸  ┃    ┃駅┃ 百貨店 ┃G┃ ┃NAVIO.┃
                  ┗━┳┻━━━━┫    ┗━┫        ┗━┫ ┃      ┃
                      ┃阪神梅田駅┣━━━┓┗━━━━━━┛ ┗━━━┛
┏━━━┳━━━┓┏━┻┳━┳┳━┛      ┃          Hヒルトンプラザ大阪ウェスト
┃ハービ.┃      ┃┃    ┃J┃┃阪神百貨店┃┏━┓    Iヒルトンプラザ大阪イースト
┃スENT..┃  H  ┃┃ I ┣━┫┣┳┳━┳━┫┃  ┃    J梅田第一生命ビルディング
┃      ┃      ┃┃    ┃  ┃┃┃┃L┃M┃┃N┃    K大阪丸ビル
┗━━━┻━┓  ┃┃    ┃K┃┗┻┻━┻━┛┃  ┃    LE-MA
            ┗━┛┗┓  ┃┏┛┏━┓┏━━┓┃  ┃    M新阪急ビル
              ┏━┓┗┓┃┃┏┛O┃┃ P ┃┗━┛    N地下鉄東梅田駅
              ┃  ┃  ┗┻┛┗━━┛┗━━┛          O梅田DTタワー
//    | |
        //Λ_Λ  | |
        | |( ´Д`)// < お前らうるせー!大阪駅周辺ぶつけんぞ馬鹿。
        \      |
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/10(土) 12:52:31.87 ID:/QYw+rcNo
日付変わったら書く気満々だったなこれwwww
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/12(月) 01:33:19.93 ID:mlgU4foDO
なんだもう失踪か?
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/10(月) 01:42:01.71 ID:CoXPKdKAo
     ...| ̄ ̄ | < 続きはまだかね?
   /:::|  ___|       ∧∧    ∧∧
  /::::_|___|_    ( 。_。).  ( 。_。)
  ||:::::::( ・∀・)     /<▽>  /<▽>
  ||::/ <ヽ∞/>\   |::::::;;;;::/  |::::::;;;;::/
  ||::|   <ヽ/>.- |  |:と),__」   |:と),__」
_..||::|   o  o ...|_ξ|:::::::::|    .|::::::::|
\  \__(久)__/_\::::::|    |:::::::|
.||.i\        、__ノフ \|    |:::::::|
.||ヽ .i\ _ __ ____ __ _.\   |::::::|
.|| ゙ヽ i    ハ i ハ i ハ i ハ |  し'_つ
.||   ゙|i〜^~^〜^~^〜^~^〜
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/12/25(火) 06:21:04.80 ID:gpCqYIpIO
     ...| ̄ ̄ | < 続きはまだかね?
   /:::|  ___|       ∧∧    ∧∧
  /::::_|___|_    ( 。_。).  ( 。_。)
  ||:::::::( ・∀・)     /<▽>  /<▽>
  ||::/ <ヽ∞/>\   |::::::;;;;::/  |::::::;;;;::/
  ||::|   <ヽ/>.- |  |:と),__」   |:と),__」
_..||::|   o  o ...|_ξ|:::::::::|    .|::::::::|
\  \__(久)__/_\::::::|    |:::::::|
.||.i\        、__ノフ \|    |:::::::|
.||ヽ .i\ _ __ ____ __ _.\   |::::::|
.|| ゙ヽ i    ハ i ハ i ハ i ハ |  し'_つ
.||   ゙|i〜^~^〜^~^〜^~^〜
32.12 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)