このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

真琴「野球拳ってのをやってみたい!」栞「いいですね!」祐一「アホか」【Kanon】 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:17:04.99 ID:RMiR6sdZ0


全員に奇跡が起きた。
秋子さんは事故にあったけど無事退院
栞の病気は治った
真琴はきつねだったけど人間の姿で戻ってきた
あゆは生きてた。けど体は小学生のままだ
舞も生きてた。ちびまいを自分に受け入れた
祐一は私市淳
佐祐理さんはまだ弟さんのこと、完全にはふっ切ってないけど心の支えがあるから大丈夫かな

注:このSSはアンソロジードラマ『水瀬さんち』のネタを含むかもです

注:もう全部書きためてます。短編です

注:ふと思いついたネタです。ゆるーい感じで進むかと思われます



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1352553424
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

提督「霞との関係を秘密にしたい」 @ 2020/05/31(日) 05:28:30.22 ID:RjayCTzr0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590870509/

モバP「19歳になった橘ありすに勝てない」 @ 2020/05/31(日) 03:07:38.69 ID:zcfde6Ug0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590862058/

末原「こりゃもう終わりかなって思ったときからが勝負や!」漫「先輩……」 @ 2020/05/31(日) 02:36:46.86 ID:6LO6VK2u0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590860206/

「ねえ、大丈夫かい?」 @ 2020/05/31(日) 02:23:00.06 ID:uUnHeNjQ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590859379/

【ガンダム】ウルフラム「安価とコンマで一年戦争(欧州戦線)」その7 @ 2020/05/30(土) 22:57:25.61 ID:Em98O5wC0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590847045/

my vision was enhanced,ridden with anxiety,but i couldn’t sit quietly.  @ 2020/05/30(土) 22:29:56.09 ID:oV0bpsyDo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1590845395/

サイト「愛してるよ、ルイズ」ルイズ「わ、私も、あんたのことを……」 @ 2020/05/30(土) 22:13:07.57 ID:A9YfU/XoO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590844387/

【安価・コンマ】僕「青春学園テニス部?」Part2 @ 2020/05/30(土) 19:43:50.77 ID:cmYaY3HpO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590835430/

2 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:17:27.97 ID:RMiR6sdZ0

4月某日
真琴の部屋

パラパラパラ・・・・
真琴「♪〜」

祐一(落ち着くなぁ・・・)

真琴「あれ?これ、どういうこと?」

真琴「うんうん・・・」

祐一「? どうした?」

真琴「祐一。これ、どういうことなの?」

祐一「おう、見せてくれ」


3 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:18:03.63 ID:RMiR6sdZ0

祐一「ふんふん・・・あぁ野球拳か」

真琴「ねぇ、これなんで服脱いでんの?」

祐一「ん、いや、これはそういう遊びなんだ」

真琴「?」

真琴「服、脱いで・・・それで?」

祐一「いや、終わり」

真琴「なにが楽しいの?」

祐一「身も蓋もない事を言うなよ!」

4 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:18:32.55 ID:RMiR6sdZ0

真琴「楽しいのかなぁ・・・」

祐一「男だったら、女の裸を見たら楽しいんじゃないか」

祐一「・・・たぶん」

真琴「ふーん・・・」

真琴「ゆ、祐一は、真琴の裸みたいの?」

祐一「え・・・・」

祐一「ま、まぁ、見た事はあるし・・・うん」

真琴「あんた、もうちょっと気遣うとかしなさいよ!」

祐一「じ、じゃあそんな恥ずかしいこと聞くな!」

5 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:19:12.64 ID:RMiR6sdZ0

真琴「でも・・・ちょっとやってみたいなぁ。これ」

祐一「野球拳をか?」

真琴「うん」

祐一「いや、二人でやってもつまらんのじゃないか」

真琴「じゃあ美汐も呼ぶ!」

祐一「天野の裸・・・・」

祐一「いや、いらねぇ」


美汐「そんな酷な事はないでしょうっ!」

6 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:19:42.38 ID:RMiR6sdZ0

祐一「うわぁぁっ!?」

真琴「み、美汐?」

美汐「こんにちは、相沢さん、真琴」

祐一「お前、いつから・・・・」

美汐「相沢さんが、真琴を膝枕してあげてるところからです」

祐一「つ、つまり最初からか」

真琴「全然気付かなかった・・・」

7 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:20:12.81 ID:RMiR6sdZ0

美汐「相沢さん。あなたはひどい人です」

美汐「恋人がいるにもかかわらず、真琴を侍らせるなんて」

祐一「侍らせるて。いや、真琴は大切な家族だから」

真琴「そ、そうよ」

美汐「じゃあ私にも膝枕してください」

祐一「まるで意味が分からんぞ!?」

8 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:21:08.47 ID:RMiR6sdZ0

美汐「話を戻しますね」

真琴「うん」

祐一「いやいや」

美汐「野球拳ですよ。やりましょう」

祐一「いや・・・・それっておかしくないかな」

美汐「どうしてですか?」

美汐「女性の裸体を見る事が出来ると言うのに」

美汐「はっ!!」

9 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:22:12.29 ID:RMiR6sdZ0

美汐「まさか、相沢さん・・・!!」

美汐「男色家なのですか!(歓喜)」

祐一「違ぇよ! なんでそうなるんだよ!」

美汐「では、野球拳をしていただけますね?」

祐一「だからなんでそうなるんだよ!」

真琴「男色・・・って何?」

10 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:23:18.83 ID:RMiR6sdZ0

美汐「いいではありませんか」

美汐「今は名雪さんは部活。チャンスですよ」

祐一「なにがチャンスなのかまったくわからん」

美汐「いいじゃないですか・・・やりましょうよ〜」

ガラッ
栞「話はきかせてもらいました!!」

11 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:24:05.40 ID:RMiR6sdZ0

祐一「栞!?」

真琴「あんた今、押し入れから・・・」

栞「祐一さん!野球拳ですよ野球拳!」

栞「やるしかないじゃないですか!!」

祐一「いや・・・・って、香里までなにしてんだ!」

香里「ごめんなさい相沢くん・・・栞を止められなかったの」

香里「だからせめて見張りには行こうかと」

12 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:24:33.05 ID:RMiR6sdZ0

栞「い、いきなり脱げだなんて、」

栞「祐一さん・・・大胆すぎます」

美汐「相沢さん・・・裸がみたいなのなら、私だって!」

香里「相沢くん・・・・栞をよろしくね」

祐一「待てお前ら脱ぎだすんじゃねぇ!!」


ガラッ
佐祐理「あははー、面白そうですね」

13 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:25:25.18 ID:RMiR6sdZ0

祐一「佐祐理・・・・・」

真琴「佐祐理、いま窓から・・・・」

ビシッ
舞「私も居る」

祐一「佐祐理・・・と舞」

祐一「ああまた話がややこしくなる・・・」

14 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:25:56.05 ID:RMiR6sdZ0

佐祐理「お土産も持ってきました。どうぞ〜」

栞「わぁっ、ワッフルです〜」

佐祐理「お知り合いの方にいただいたんです」

佐祐理「どうぞ〜♪」

祐一「す、すっごい甘そうなハチミツ・・・・」

祐一「そ、そうじゃなくてだな、佐祐理!」

舞「私も居る」

祐一「どっちでもいいよ!!」

舞「よくない」

15 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:26:33.98 ID:RMiR6sdZ0

もふもふ
栞「わー、すっごい甘いです♪」

美汐「私はもっと和風な味の方が・・・」

香里「これは・・・名雪が喜びそうね」

真琴「いや・・・すごい甘いわ。名雪でも無理・・・」

舞「みまみまみま」

佐祐理「あははー、里村茜という方から頂いたんです」

祐一(どこかで聞いた名前だな?)

祐一「じゃなくて!」

16 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:26:59.29 ID:RMiR6sdZ0

舞「祐一、うるさい」

栞「そうですよ!反対しているのは祐一さんだけですよ」

祐一「いやいやいやいや!!」

祐一「香里は良いのか!?」

香里「み、見るだけでいいわ」

栞「何言ってるの?お姉ちゃんもやるんだよ」

香里「えぇ!?」

17 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:27:26.78 ID:RMiR6sdZ0

美汐「これで味方はいなくなりましたね」

祐一「無理やりすぎるだろふざけんな!!」

栞「無理やりなのはいつものことですよ」

栞「奇跡が起こったとか・・・」

真琴「それ以上だめ、栞」

香里「駄目よ。言っちゃいけないこともあるわ」


ガチャ
あゆ「奇跡と聞いてやってきたよ!!」

18 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:27:57.91 ID:RMiR6sdZ0

祐一「帰れ!!!」

あゆ「うぐぅ・・・・ひどすぎるよ」

真琴「いきなりっていうか無理やりすぎるわ」

香里「あんた、いつ入るかずっと外で考えてたでしょ?」

あゆ「うん。今を逃したらもうないかなって」

祐一「なんだこのカオスな空間」

真琴「真琴の部屋、そんな広くないから狭い・・・」

19 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:28:57.71 ID:RMiR6sdZ0

祐一「と、言うわけで居間に降りました」

真琴「誰に説明してんのよ」

佐祐理「祐一さん、お茶いれますね〜」

祐一「あぁ・・・・」

栞「祐一さん、お手洗いどこですか?」

祐一「そこ出て曲がったとこ」

美汐「祐一さんの子供のころのアルバムはどこですか!」

祐一「多分秋子さんが持ってると思うけどやめろ」

舞「祐一、お腹すいた」

祐一「さっきワッフル食っただろうが!!」

香里「相沢くん、」

祐一「もうお前らちょっと落ち着け!!」

20 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/10(土) 22:29:23.45 ID:RMiR6sdZ0
休憩します
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/11/10(土) 23:15:46.50 ID:Q/0NXvwWo
期待
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/11/10(土) 23:19:03.40 ID:2MJUad3ko
前はごっつええのパロだったが今回のは
23 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 12:18:52.26 ID:FYVcLO+30
>>22
ガキの使いですよ〜
再開しますね これで終わりです
24 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 12:19:49.13 ID:FYVcLO+30

祐一「で、結局やるのか」

あゆ「当たり前だよ!」

祐一「何が当り前なのかさっぱりだ」

祐一「まぁお前ら好きにやればいいんじゃないか」

栞「何言ってるんですか!祐一さんが参加しないと意味ないんですよ」

祐一「俺が全員とやるわけ!?」

美汐「何を当り前な事を?」

祐一「お前らホントおかしいだろ!?」

25 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 12:21:26.97 ID:FYVcLO+30

祐一「天野、あゆ、真琴、栞、香里、佐祐理、舞、俺」

祐一「8人いるんだから4組でやればいいじゃないか・・・」

祐一「って! やりたくはないんだぞ?」

美汐「まったく、仕方ありませんね」

栞「祐一さん、わがままですよ」

佐祐理「あははー、もう。しょうがないですねー」

舞「祐一。欲張り」

真琴「なんか香里もやる流れになってるわね」

香里「いつの間にか数にいれられてたわ・・・」


26 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 12:23:19.96 ID:FYVcLO+30

あゆ「うぐぅ・・・取りあえず、祐一くんが一回やれば?」

祐一「まったく意味がわからん!」

祐一「話の通る人間を誰か連れてきてくれ・・・」

佐祐理「あははー、それでは、佐祐理とやりましょう」

祐一「なに乗り気になってんだ佐祐理!」

美汐「ずるいです。私が最初です」

祐一「最初って何回もやらせる気満々じゃねぇか待て!」

栞「私ですよ最初は!」

真琴「祐一大変ね・・・」

27 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 12:25:27.32 ID:FYVcLO+30




祐一「で、結局どうすんの?」

栞「祐一さん、一回だけ、どうですか?」

真琴「収拾つかないし、一回だけやれば?」

香里「そうね」

祐一「・・・まぁ真琴が言うならやってやるよ」

祐一「で、誰が?」

佐祐理「佐祐理がやります」

28 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 12:26:30.31 ID:FYVcLO+30

祐一「佐祐理、いいのかよ?」

佐祐理「いいに決まってますよ。祐一さんですから」

栞「待ってくださいって!私が最初ですってば!」

美汐「私です」

あゆ「ボクが最初だよ!」

舞「ぽんぽこたぬきさん。私」

真琴「あんたたちじゃんけんでもして決めたら?」

香里「全然話が進まないわ・・・」

29 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 12:27:13.52 ID:FYVcLO+30

栞「勝ちました!勝ちました!私が最初です!!」

美汐「くっ・・・」

佐祐理「・・・・・もう」

佐祐理「まぁ、最初に貧相な体を見てもらった方が、後の方が・・・」

栞「・・・そうですね。私って貧相ですから」

栞「貧相な私は穴掘って埋まっておきますぅ」

祐一「お前と似てるアイドルの話はやめろ!」

30 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 12:28:40.73 ID:FYVcLO+30

栞「行きますよ、祐一さん」

祐一「あぁ好きにどうぞ」

栞「むー、乗り気じゃありませんね」

祐一「最初からそうだよ!?」

栞「行きます!あうと、せーふ、よよいのよいっ」ぐー
祐一「・・・・・・・・・」ぱー

祐一「・・・・・あ」

真琴「掛け声ってこれであってるの?」

香里「三味線弾ける人いないでしょ」

31 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 12:29:37.00 ID:FYVcLO+30

栞「ま、負けました・・・・」

祐一「ありゃりゃ」

栞「も、もう・・・そんなに私の裸がみたいんですか」

舞「祐一、えっち」

佐祐理「祐一さん、えっちです」

あゆ「うぐぅ・・・・祐一くん、えっちだよ」

美汐「祐一さん・・・妖艶ですね」

祐一「ちょっと待て何だこの仕打ちは!!」

真琴(美汐、使い方間違ってる)

32 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 12:30:04.95 ID:FYVcLO+30

祐一「一回負けただけじゃないか!」

祐一「さっさと脱げ栞!!」

栞「ぬ、脱げだなんて・・・・」

祐一「っ・・・!!」

香里「何を言っても不利になるわね、相沢くん」

祐一「そのようだな・・・」

栞「分かりました。それでは脱ぎます」


栞「ストールを」


33 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 12:45:57.71 ID:FYVcLO+30

栞「きゃっ・・・恥ずかしいです」

舞「祐一、変態」

佐祐理「祐一さん、えっちですー」

祐一「俺もうやめていいかな!」

美汐「駄目ですよ、最後まで脱がしてやってください」

祐一「すっごい嫌なんだけど!!」

真琴「気持ちは分かるわ・・・」

34 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 12:46:37.80 ID:FYVcLO+30

数分後・・・・

栞「と、とうとうあとは下着だけに・・・・」

舞「祐一、やっぱりえっち」

祐一「・・・・・・・・」

真琴「良い具合に全勝してるわね」

祐一「・・・ああ。それだから余計になんか嫌だ」

祐一「なんか俺が変態みたいになってるやん」

栞「すっごくはずかしいです・・・」

あゆ「うぐぅ・・・栞ちゃん、意外とあるんだね」

祐一(それには同意しておこう・・・・)


35 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 12:59:16.02 ID:FYVcLO+30

祐一「はぁ・・・・・・」

栞「なっなんですかそのため息は!!」

栞「美少女の下着姿が見えているというのに・・・」

美汐「やはり祐一さん、男色家・・・・」

祐一「違ぇって!!」

祐一「なんかもう疲れてきた・・・」

香里「相沢くん。これでも飲んで落ち着いて」

祐一「ありがとう香里・・・」

36 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 13:01:44.40 ID:FYVcLO+30

祐一「ぶはっ!?」

香里「どう?」

祐一「どう? って、酒を飲ませる奴があるか!!」

祐一「しかもこれ、秋子さんのウォッカじゃねぇか・・・」

佐祐理「あ、おいしそうですー」

佐祐理「佐祐理にもひとくちください」

真琴「40って書いてあるわよ・・・・」

真琴「それをストレートで・・・・鬼ね」

37 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 13:02:40.33 ID:FYVcLO+30

真琴「美汐も飲む?辛口っぽいし」

美汐「いいえ、私は遠慮しておきます。お金ありませんので」

真琴「お金なんかとらないわよ」

美汐「お金もないし、今日はノーマネー。なんて」

佐祐理「あははー」

舞「うふ、うふ、うふふふ」

香里「すでに飲ませているのでした」

祐一「ちょふざけんな!!」

38 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 13:03:10.25 ID:FYVcLO+30

栞「祐一さん、さぁあと2枚ですよ・・・さぁ脱がしてください!」

祐一「もう好きにしたらいいんじゃないか・・・」

栞「好きにされるのは私です・・・」

栞「ああ、今から私は祐一さんに手籠めにされるのですね」

祐一「はいはいはいはいあうと、せーふ、よよいのよいっ」ぱー
栞「よいっ」ぐー

美汐「あら、祐一さんがまた勝ちましたね」

栞「きゃっ・・・さぁ、選んでもいいですよ」

栞「上からですか?下からですか?」

39 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 13:03:38.40 ID:FYVcLO+30

祐一「どっちでも同じじゃないのか。じゃあ下」

真琴「下から・・・意外な展開ね」

香里「お酒がすすむわー」

祐一「おっさんかお前!」

祐一「って、香里と真琴も飲んでるのか・・・」

祐一「飲んでないのは・・・・誰もいねぇ」

祐一「いつの間に全員に飲ませたんだ?香里」

40 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 13:07:46.48 ID:FYVcLO+30

佐祐理「さゆりがお茶と偽ってみなさんに飲ませました」

祐一「佐祐理かよ!なんでだ!!」

佐祐理「あははー、いいじゃないですか」

佐祐理「ほらぁ・・・祐一さんも飲んでください」

佐祐理「あら、コップがありませんね、仕方ありません」

祐一「いやあるよ!?佐祐理の後ろにいっぱいあるよ!?」

佐祐理「ちゅーしましょう、祐一さん。んー」

舞「ずるい佐祐理。祐一、私にも。うふ、うふふふふ」

祐一「舞キャラが違ぇ!?ってかちょ、んッ・・・」

41 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:12:35.98 ID:FYVcLO+30

こく、こく、こく・・・・

佐祐理「ちゅっ・・・ぷはぁ・・・・」

佐祐理「おいしかったですか、祐一さん」

祐一「しっ知るか!」

佐祐理「分かりませんでしたか?ではもう一度・・・」

舞「だから、次は私の番。うふふふふ」

栞「祐一さ〜ん見ててください」

栞「脱ぎますよ・・・ほら」

42 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:13:02.38 ID:FYVcLO+30

真琴「あう〜・・・・・眠い」

あゆ「すー・・・・」

香里「お子様はすでに夢の中ね」

祐一「突っ込み役が寝てしまった!?」

祐一「って舞、待てって!!」

栞「祐一さん・・・どうぞ、手を出してください」

祐一「ん?・・・って」

栞「私の脱ぎたてのパンツです・・・大事にしてくださいね。えへへ」

43 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:13:33.82 ID:FYVcLO+30

祐一「って、待て!!んなもん貰っても・・・」

美汐「わたしのも欲しいれすか?」

祐一「そんなこと言ってない!!」

祐一「あぁ、叫びすぎたのと酒で頭が痛くなってきた・・・・」

舞「私も脱ぎたい・・・暑い」

舞「祐一、早く脱がせて」

祐一「いやもうやらないよ!?栞で終わりだよね!?」

44 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:14:32.53 ID:FYVcLO+30

栞「いいえ。わたしはまだ終わっていません」

祐一「下を手でいいから隠すなりなんなにしろお前は!!」

栞「ひどいです〜。脱がせたのは祐一さんです」

祐一「いや脱いだのは自主的にだよね!?」

栞「もうこうなっては全部脱いでも変わりませんね。脱ぎます」

舞「暑い・・・もう私も脱ぐ」

45 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:15:00.85 ID:FYVcLO+30

舞「ふぅ〜。祐一」

舞「私は栞とは違う。私の私服をあげる」

舞「着て楽しんで」

祐一「何をだ!?」

舞「いいから着る。ほら、脱ぐ脱ぐ」

祐一「いや、俺負けてないよな!?」

佐祐理「あははー。さゆりも手伝います」

美汐「わたしも負けてられませんね」

46 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:15:38.93 ID:FYVcLO+30

栞「えへへ・・・凄い解放感です」

栞「お姉ちゃんも脱ご?」

香里「なっ!?いきなり何を言うの」

栞「脱いで・・・くれないの? ぐすっ・・・」

香里「分かったわよ!脱げばいいんでしょ!」

祐一「意志弱いな香里!!待て!!」

香里「もう相沢くんも脱いでるしいいかなって・・・」

祐一「っていつの間に俺パンツ一丁に!?」

47 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:16:31.24 ID:FYVcLO+30

舞「剣を使えば服だけ切ることもできる」

祐一「五右衛門かお前は!」

佐祐理「ふぇー・・・祐一さん逞しいです」

美汐「ほんと・・・触ってもよろしいですよね」

祐一「いや待って!?」

つつつ・・・

祐一「ッ!? 指でなぞんな!」

祐一「あぁぁ・・・頭がくらくらして・・・もう」

48 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:18:08.96 ID:FYVcLO+30

祐一「力が全然はいんねぇ・・・やばい!」

祐一「こ、こんなとこ名雪にでも見られてしまったら・・・!」

真琴「くー・・・・」

美汐「ふふ・・・今がチャンスですね。美坂さん」

栞「ええ・・・天野さんは左手を。わたしは右手を」

舞「私は後ろからいく」

佐祐理「では、いきますよ〜。それっ」

49 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:19:58.44 ID:FYVcLO+30

祐一「っ!?」

栞「えへへ・・・捕まえました」

美汐「もう逃げられませんね。相沢さん」

舞「祐一・・・・ふーっ」

ぞくぞくっ
祐一「くっ!?」

祐一「みみみ耳に息を吹きかけんな!」

佐祐理「あははー・・・祐一さん、観念してくださいね♪」

50 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:22:27.02 ID:FYVcLO+30

祐一(くっ・・・もう、なんでもいい気がしてきた・・・)

祐一(酒のせいか・・・いや、駄目だ・・・!)

祐一「お前ら、離れ・・・」

むにゅっ
美汐「んっ・・・」
栞「あん・・・・祐一さん」

祐一「!!」

栞「もう、あせらないでくださいよぉ」

美汐「わたしたちは逃げませんから・・・」

51 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:24:47.01 ID:FYVcLO+30

佐祐理「祐一さん♪佐祐理のもさわって・・・ほら」

祐一「佐祐、理・・・」

祐一(あぁ・・・もう、なんでもいいや)

祐一(名雪が居ないから悪いんだよな・・・・うん。悪いのは名雪だ)

祐一(もう・・・いいよな、名雪も居ないから・・・)

佐祐理「んっ・・・祐一さんっ・・・」

佐祐理「ふぇ・・・祐一さんの手が、佐祐理の・・・」

祐一「佐祐理・・・俺を、見てくれ」

香里(あ・・・相沢くんが陥落した)

52 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:25:15.69 ID:FYVcLO+30

佐祐理「は・・・い・・・」

祐一「佐祐理・・・」

佐祐理「んむっ!・・・ちゅっ・・・祐、一さん・・・」

佐祐理「祐一さん・・・佐祐理に、キスを・・・」

祐一「佐祐理とキスしたかったから・・・いきなりでごめんな?」

佐祐理「違うんです!佐祐理、嬉しくて・・・」

佐祐理「祐一さん、もう一度・・・」

祐一「おう・・・何度でも」

舞「祐一・・・私にもキス」

栞「祐一さん祐一さん、私にも!」

53 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:27:00.07 ID:FYVcLO+30

祐一(名雪で特訓してるのが役に立ったか・・・)

佐祐理「んちゅ・・・ふぁ・・んっ・」

佐祐理「・・・ふっ・・祐一、さん、祐一さんっ」

祐一「っ・・・美汐もするか・・・?」

美汐「はい・・・私も、祐一さんとキスしたいです」

祐一「じゃあ・・・こっちにおいで、美汐」

美汐「はい・・・祐一さん」

54 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:27:57.03 ID:FYVcLO+30

栞「む〜・・・つまらないです」

栞「!」

栞「では、わたしはこちらの『祐一さん』をいただきます」

祐一「っ!」

美汐「ちゅっ・・・・祐一さん、私を見ててください」

祐一(栞、やめっ・・・)

栞「わ・・・もぅ、祐一さん、逞しいですね」

舞「すごく・・・大きくなってる」

55 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:28:26.70 ID:FYVcLO+30

美汐「んむぐ・・・くちゅ・・・」

栞「さて・・・どうしましょう川澄先輩」

舞「こうする・・・・んっ・・・れろ・・・」

祐一「〜〜〜〜〜!?」

佐祐理「は〜い祐一さん、こちらですよ〜♪」

祐一(俺の手が・・・?)

くちゅっ
佐祐理「あっ・・・祐一さん・・・」

56 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:29:33.79 ID:FYVcLO+30

栞「はむっ・・・・すごく熱い・・・」

美汐「ふふ・・・祐一さんのお顔、べたべたですね」

舞「れろ・・・んー・・・ちゅっ」

佐祐理「祐一さん、もう大丈夫みたいですね・・・」

祐一「・・・?」

佐祐理「佐祐理、祐一さんの・・・ほしいです・・・」

祐一「佐祐理・・・いいのか」

佐祐理「はい・・・」

57 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:30:13.09 ID:FYVcLO+30

舞「佐祐理・・・大丈夫なの」

佐祐理「うん・・・舞、ありがと」

佐祐理「じゃあ・・・祐一さん、いきますね」

祐一「佐祐理・・・」

ガチャ
名雪「お腹すいた〜。ただい・・・」

ギロッ
名雪「祐一・・・・!?」

祐一「あ」

58 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:30:59.77 ID:FYVcLO+30






翌日

北川「おう、相沢!」

北川「って!!お前、どうしたんだ、その怪我・・・」

祐一「・・・いや、聞かない方がいい」

北川「? どうしたんだよ?」

祐一「北川。世の中には二つの事象がある」

祐一「知った方が良い事。知らない方が良い事。これは後者だ」

北川「そ、そうか」

北川「ってお前、もしかして骨が折れてるんじゃ」

祐一「ああ・・・多分な」

北川「そ、そうか・・・辛かったら言えよ?トイレとかなら付き合うから」

祐一「おう・・・サンキューな」

北川「なんか知らんけど元気出せ・・・って、美坂!おはよ・・・」

北川「美坂!!お前までなんでお前までそんな怪我を・・・」

香里「ええ・・・私は昨日鬼って言うものを初めて見たわ」

北川「な・・・何があったんだ!?お前ら!!?」

59 :へび ◆cpjwZ75Wvw [saga]:2012/11/11(日) 14:31:42.55 ID:FYVcLO+30

短編でした。おしまい。
読んでくださってありがとうございました
祐一「第一回あゆの使いやあらへんで!」 名雪「おー」 佐祐理「あははー」【Kanon】
あゆ「祐一くんが記憶喪失!?」 名雪「うん・・・」

もよろしければどうぞ
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/12(月) 01:11:01.19 ID:0Z8iM87DO
おいおい名雪…空気嫁
25.38 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)