このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

QB「Twenty-first century magic boys and girls」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(富山県) :2012/11/12(月) 15:56:31.33 ID:UokOcRE50
ーーー1969年

カツマタ「月面に立ったアームストロング船長とオルドリン大佐は良いけど、月の周りをグルグル回っていただけのコリンズ中佐が可哀想だ」

ケンヂ・ヨシツネ・マルオ「……」ポカ-ン

QB「ふむ…」


ーーー1970年

ボカッ ドカッ

少年A「お面なんか被りやがって!!」バッ

少年B「気持ち悪ぃんだよ〜」

サダキヨ「…」


サダキヨ「…」

カツマタ「ふふふっ」

サダキヨ「!!」

カツマタ「むふふっ…」

サダキヨ「何見てるの…?」

カツマタ「これだよ」スッ つ“よげんの書”

サダキヨ「よげんの書…」

カツマタ「ケンヂ達が考えたんだ。面白いだろうなぁ、こんな未来が来たら…」

サダキヨ「……。ねぇ、友達になってくれる…?」


QB「ほう…成る程」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1352703391
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

▼ 萠龍会 ▼ @ 2020/06/06(土) 16:28:38.26 ID:inmiqiqd0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1591428518/

穂乃果「雨があがったら」 @ 2020/06/06(土) 16:13:29.98 ID:C64DeSw80
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591427609/

VIP落ちた @ 2020/06/06(土) 13:16:44.58 ID:b/JHwZ200
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1591417004/

【モバマス】恋はストロベリームーン @ 2020/06/06(土) 10:43:55.99 ID:hHwqlfVDO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591407835/

【イナズマイレブンGOクロノ・ストーン】天馬「皆ともっと仲良くなりたい」【安価】 @ 2020/06/06(土) 09:57:57.66 ID:eJzzjP+H0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591405077/

【リトバス】理樹「ストーカーに狙われるようになった」 @ 2020/06/06(土) 01:34:01.19 ID:3998YRn80
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591374840/

【イナイレ安価】クロス・オリオン @ 2020/06/06(土) 00:14:53.35 ID:EA/3YXpu0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591370093/

月を見るたび思い出す @ 2020/06/05(金) 22:46:05.37 ID:2b6aeKr40
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591364765/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(富山県) :2012/11/12(月) 15:59:14.72 ID:UokOcRE50
(※ 注:富山)
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/12(月) 16:01:28.99 ID:VzQM1nIp0
畜生…
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(富山県) :2012/11/12(月) 16:18:51.63 ID:UokOcRE50
ケンヂ「“マンハク”…?なぁ、“マンハク”って何だ?」

カツマタ「知らないんだ、ふふふっ」

ケンヂ「」イラッ

カツマタ「世界中の国が集まって、未来都市を造るんだよ」

ケンヂ「未来都市!?なぁみんな“マンハク”って知ってるか!?」

カツマタ(あのケンヂが僕の話に夢中だ!!万博万歳、万博万歳!!)

QB(うわっコイツ気持ち悪ぃなぁ〜)

ケンヂ「なぁもっと話聞かせてくれよ〜」

カツマタ「万博は大阪で開催される」

ケンヂ「大阪かよ〜」

カツマタ「僕は大阪に親戚が居るから、来年は毎日万博に行こうと思ってるんだ…!!」

クラスメイト一同「おぉ〜凄ぇ〜いいなぁ〜」

カツマタ「」ニヤッ


サダキヨ「やっぱり真っ先に行くのはアメリカ館かな〜。ねっ、“ともだち”」

カツマタ(キモッ)

サダキヨ「いつ行く?夏休み始まったらすぐ?」

カツマタ「行かないよ」

サダキヨ「……えっ?急に駄目になったの…?」

カツマタ「うるさいなぁっ!!いつからそんな口利くようになったんだ、サダキヨ?」

サダキヨ「…」

カツマタ「それからさぁ、お前のお面貸せよ」

サダキヨ「えっ…?///」

カツマタ「おい、赤くなってんじゃねぇ。気持ち悪い…」

サダキヨ「わかったよ…。でも、お面で何するの…?」

カツマタ「僕の存在を消すのさ…」

QB「話は聞かせて貰った!!それが君の願いだね!?だったら今すぐ僕と契約してよ!!」パッ

カツマタ「!!」ガタッ

サダキヨ「うわっ」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(富山県) :2012/11/12(月) 16:51:09.92 ID:UokOcRE50
カツマタ「何だこれ…?お前が出したのか、サダキヨ。こんな時にふざけんなよな」

サダキヨ「嫌、違うよ!!急に何も無い空間から白いのがフワァッと…」

カツマタ「そんな訳あるか。コイツをどうやって出したんだ?」

サダキヨ「違うよ、僕はこんなの持って…

カツマタ「嘘つけ。こんなの持ってんのお前くらいだろ」

QB「やれやれ、酷い言われようだね」

サダキヨ「うわっ喋った!?」

カツマタ「こんなもんでいちいち驚くなよ。どうせ玩具だろ」

サダキヨ(ていうか今この人形、僕の事を酷い風に言ったよね…!?)

QB「僕は人形なんかじゃないよ。僕の名前はQB!」

サダキヨ「えっ、今、僕の心を読んで…!?分かった、宇宙人だ!!宇宙人が助けに来てくれたんだ!!」

QB「まぁ、取り敢えずはそういう解釈でも直ちに問題は無いよ」

サダキヨ「…?」

カツマタ「はぁ、馬鹿馬鹿しい…付き合い切れないな。僕は出掛けて来るよ」

カツマタ(しかし何なんだアレは…。漫画のキャラクターだとしたら、今まで見た事が無い…。いや、この僕が知らない筈が無い!!僕は漫画をあんなに沢山集めてるのに…!!)

サダキヨ「うわっQB生温かい!!」

QB「やめてくれよ…」

カツマタ「何ッ!!」ダッ ガシッ

QB「ちょっ…、まぁ待て…、一旦落ち着こうか…!?ちょっ、ああっ振り回さないで…!!」

カツマタ「糞っ、間違い無い!!コイツは生きている!!」

QB「だからさっきからそう言ってるって…」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/12(月) 16:57:59.88 ID:340ywEkMo
トゥエンティーファーストセンチュリースキッツォイドマンかとおもた
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(富山県) :2012/11/12(月) 17:18:36.01 ID:UokOcRE50
カツマタ「で、その契約がその契約がどうとかの話だが」

QB「あぁ、それについては…

サダキヨ「じゃあQB、宇宙人なら僕を助けて!!」

QB「それが君の願いかい?」

サダキヨ「うん。さぁQB、僕と契約して僕を助けてよ!!」

QB「君の願いはエントロp...

カツマタ「待てぇぇい!!(クワッ」

サダキヨ「何だよ“ともだち”、今折角良いトコだったのに…」

カツマタ「はぁ!?馬鹿なの!?お前馬鹿なの!?説明も聞かずに契約なんてする奴が居るか!!」

サダキヨ「いやいや、だってQBは宇宙人だから僕を助けてくれて…

カツマタ「いやいや、大体その話意味分かんないし!!なんだよそれ!!宇宙人だったらどんなでも有りなのかよ!?」

サダキヨ「そうだけど…」

カツマタ「おい」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(富山県) :2012/11/12(月) 17:20:27.28 ID:UokOcRE50
>>6 残念、20世紀少年でしたー!!
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/12(月) 17:25:57.09 ID:eSpV4qgIO
SSが馴れ合いの手段とはたまげたなぁ

お前、富山で通じるレベルの糞ガキに成長したな。頑張ったじゃん
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(富山県) :2012/11/12(月) 17:36:14.65 ID:UokOcRE50
カツマタ「大体さ、どっから見てもコイツ胡散臭いだろ!!オーラ出まくっとるわ!!」

サダキヨ「そんな事無いよ!!なんか妖精さんみたいで可愛いじゃん!!」

カツマタ「うわぁ…これは引くわぁ…」

QB「おぇ…」

サダキヨ「ひでぇな」

カツマタ「大体さ、こんな奴に限って実は死神みたいなたったりするんだよ」

QB「」ピクッ

サダキヨ「えぇ〜。てことは、この笑顔は僕達の魂をかっさらう気で満ちてるって事?不気味だなぁ〜」

カツマタ「それだけじゃない、コイツの目を良く見てみろ。
口は笑ってても目が殺気で満ちている。これは究極の無表情だ。
作られた笑顔程恐ろしい物は無い。顔では笑ってても内心では腸が煮え繰り返ってるんだ」

QB「さっきから黙って聞いていれば好き勝手言ってくれるじゃないか、偏見も良い所だよ!!いい加減にしてくれないか!?

と、感情のある君達人間なら怒っている所だよ」

カツマタ「え…?」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/12(月) 18:13:25.99 ID:340ywEkMo
トゥエンティースセンチュリーボーイだったか
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(富山県) :2012/11/12(月) 18:17:43.59 ID:UokOcRE50
カツマタ「それで、契約って何よ?僕達に何をしろって?」

QB「君達には魔法少女になって、魔女と戦う宿命が課される。その代わり…

カツマタ「ふんっ」バキッ

QB「ぐはっ」ベギョッ

サダキヨ「あぁ痛そ…」

QB「何するんだいいきなり!?」

カツマタ「何するんだいじゃねーよ、分かれよ!!」

QB「はて、何の事やら…?」

カツマタ「うるせぇー!!」ボゴッ

QB「うぎゃっ!!」メキョッ ドバッ

サダキヨ「うわ、血ぃ吐いたよコイツ…大丈夫なのかよ…」

QB「もしかして魔法“少女”というのが気に障ったのかい?
だったら謝っておくが、君が男だろうと別に契約には問題ないよ。
ただ、少女が最も効率の良い契約対象だからその名称なだけで…

カツマタ「口応えすんなぁーっ!!」ドカッ

QB「ほげっ!!」ベキッ

サダキヨ「壁にめり込んでるよー。どうするんだこれ…」

QB「今度は何だい?まだ何か問題が?」

カツマタ「いや、特に理由は無いけど?ただちょっと何かムカつくから。けど何かちょっと引っ掛かってて…」

QB「ちょっと待てよ」

サダキヨ「そういえば効率がどうとかって…

カツマタ「それだーっ!!でかしたぞサダキヨ!!」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(富山県) :2012/11/12(月) 18:51:30.89 ID:UokOcRE50
QB「」

カツマタ「どういう事だ?僕達を利用する気満々なのか。」

QB「いや、その…」

カツマタ「どうなのかって聞いてんだよ!!」

QB「ひっ!!すいません!!全部話すからぁ…」

カツマタ「早く言え」

QB「君達はエントロピーって知ってるかな…?」

サダキヨ「えんとろ…ぴぃ〜?」

カツマタ「エントロピーだろ、知ってる。僕を誰だと思ってるんだ?“理科の実験大好きカツマタ君”だぞ!!」

サダキヨ「え…」

QB「なら話は早い。
僕達の惑星では、エントロピーの増大による熱的死を防ぐ為に、代わりに膨大な感情エネルギーを使うという結論に至った訳さ。
然し肝心の僕達は感情を持ち合わせていなかった。元々、僕達から見れば感情なんて珍しい精神疾患でしかなかったのさ。
そして僕達は感情を求めて、いつしかこの地球に辿り着いた訳だ。初めは驚いたよ。
それぞれの個体が別個に感情を持っている世界なんて想像だにもしなかったからね。」

カツマタ「成る程。だが、それと魔女とやらと戦うのと、何の関係があるんだい?」

QB「魔女は世に絶望をもたらす存在。
それらを君達が倒して手に入るのがグリーフシード。それらを僕達が回収してエネルギーにしてるって訳さ」

カツマタ「いや、その魔女はまずそもそもどっから生まれんの?
ていうか僕達が契約する意味が分からないんだけど。別に君達が戦えば良いんじゃないか」

QB「僕達に魔女と戦う力なんて無いよ。
君が契約すれば僕達の力を遥かに凌駕するだろう。君からはこの世界を一変させる程の因果の量を感じる」

カツマタ「だからって僕達が契約する理由にはならないよねぇ…?」

QB「僕と契約してくれれば、どんな願いでも叶えてあげるよ」

カツマタ「マジか」

サダキヨ「ちょっ、待ってよ…そういうのはもうちょっと冷静に考えないと…

カツマタ「黙れ。契約すればどんな願いでも叶うんだろ!?」

QB「あぁ。確実にその願いは遂げられる」

サダキヨ「待ってよ!!コイツは“ともだち”が言ってたように、魂を取るつもりかもしれないじゃん!!」

QB「」ピクッ

カツマタ「」ピタッ
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(富山県) :2012/11/12(月) 19:01:02.40 ID:UokOcRE50
カツマタ「サダキヨ…お前…」

サダキヨ「…何?“ともだち”…」

カツマタ「お前魂なんて信じてんの!?馬っ鹿じゃねぇの!?wwwwwwwww」

サダキヨ「」

QB「いや、確かに君達人間が“魂”と称している物に似た物は存在しているよ」

カツマタ「え」

QB「でも、僕達は“魂を取る”というよりかは、“肉体から分離してよりコンパクト且つ安全な物質に変えて保護”しているんだけどね」

サダキヨ「でも、体の中に無きゃ結局は死んだも同然…

カツマタ「その程度のリスクなら喜んで契約するけどね」

サダキヨ「」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長野県) [sage]:2012/11/12(月) 21:25:29.13 ID:2sCExqXbo
確かに生活する上で特に不便なこと無いもんな。魂抜かれても

乙女にはショックかも知れないが男の子には改造人間的な格好良さがあってむしろプラス要素だよな
10.68 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)