このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

【咲‐Saki‐】健夜「私はあの人を忘れない」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/12(月) 22:28:33.52 ID:gyTxN+7Y0
・注意
これは咲、小鍛治健夜を主人公としたSSとなります。
キャラの変質がございます。
畜生注意。
クロスオーバーになります。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1352726913
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

提督「霞との関係を秘密にしたい」 @ 2020/05/31(日) 05:28:30.22 ID:RjayCTzr0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590870509/

モバP「19歳になった橘ありすに勝てない」 @ 2020/05/31(日) 03:07:38.69 ID:zcfde6Ug0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590862058/

末原「こりゃもう終わりかなって思ったときからが勝負や!」漫「先輩……」 @ 2020/05/31(日) 02:36:46.86 ID:6LO6VK2u0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590860206/

「ねえ、大丈夫かい?」 @ 2020/05/31(日) 02:23:00.06 ID:uUnHeNjQ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590859379/

【ガンダム】ウルフラム「安価とコンマで一年戦争(欧州戦線)」その7 @ 2020/05/30(土) 22:57:25.61 ID:Em98O5wC0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590847045/

my vision was enhanced,ridden with anxiety,but i couldn’t sit quietly.  @ 2020/05/30(土) 22:29:56.09 ID:oV0bpsyDo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1590845395/

サイト「愛してるよ、ルイズ」ルイズ「わ、私も、あんたのことを……」 @ 2020/05/30(土) 22:13:07.57 ID:A9YfU/XoO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590844387/

【安価・コンマ】僕「青春学園テニス部?」Part2 @ 2020/05/30(土) 19:43:50.77 ID:cmYaY3HpO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590835430/

2 : ◆rZjF6kPgAE [saga]:2012/11/12(月) 22:29:40.30 ID:gyTxN+7Yo
では、少量ではありますが投下
3 : ◆rZjF6kPgAE [saga]:2012/11/12(月) 22:33:10.58 ID:gyTxN+7Yo

【2010年 東京 全国女子麻雀大会決勝会場】 
 


 
 
 『さぁ、とうとうこの時間になってしまいました!女子団体決勝戦がまもなく開始いたします!』



 
 
 アナウンサーの張りのある良く通る声が響く。
 
 それは親友の自分が良く知っていることだ。
 
 ただ思うのは、決勝戦なのにこのテンションはどうなんだろう、というくらいだ。
 
 自分の時はどうだったろう、しっとりとしていたような気がする。
 
 まぁ、こういうのは上の……放送局の都合かどうかは知らない。
 
 実況で盛り上げるのも一つの視聴率増大方法。
 
 そこにプロ解説として過去のチャンピオンの私を入れてさらに視聴率アップ。
 
 麻雀が一般に大きく広まっている今ならそうしなくてもいいような気もするんだけどなぁ。

 そんな私の呟きは今はもれ出ていない。

 マイクに電源が入ってないから当然だ。

 私は様子を見ると手元のマイクを引き寄せ、スイッチをONにする。

 うん、これでOKだ。



4 : ◆rZjF6kPgAE [saga]:2012/11/12(月) 22:35:19.12 ID:gyTxN+7Yo



 そんなことを思いながら私は視線を戻す。
 
 私の視線の先。
 
 モニターには決勝へと駒を進めた高校の先鋒選手が己の席へとゆっくりと足を進めているのが見えた。
 
 
 『今年度は歴代の名門校を退け、出現した新顔が多く存在します!ですが、それをまるで興味ないかのように頂に座する昨年王者、宮永照ー!!』
 
 『その圧倒的な力に他の選手たちがどう抗うかが見物でしょう!』
 
 
 そこでふと、アナウンサー………こーこちゃんこと、福与恒子が私を見る。
 
 その目は「何か一言!」というものだ。
 
 その観察眼が事実であるように、こーこちゃんは屈託の無い笑みを浮かべて私へとマイクを突き出した。

 慣れたものだけど、やっぱりいきなりとなると顔は引きつってしまうものだ。

 私はそのマイクを退け、自分のマイクをしっかりと握る。

 どうせなら、言うことはしっかりと言っておくべきだから。
 

 恒子「小鍛治プロ!20年前の経験から何か一言どうぞー!」
 
 健夜「20年前じゃないよ!?10年前だって!!あと私はアラサーだよー!!?」
  



5 : ◆rZjF6kPgAE [saga]:2012/11/12(月) 22:37:23.96 ID:gyTxN+7Yo

 もはや名物。
 
 それくらいにはやり慣れた恒例のやり取り。
 
 もはや普通になりつつあるこの掛け声を終えるとお互いが自然と雀卓に並ぶ選手たちへと視線を向けた。
 
 場が整う。
 
 それを感じ取るようにこーこちゃんが息を小さく吸い込む。
 
 これから始まる試合の前口上。

 それが今から始まるのだ。


 恒子「さて、これまで様々な打ち筋を見てきた訳ですが、小鍛治プロ!」
 
 健夜「はい、何でしょう」
 
 恒子「この大会が進むにつれ、所謂“能力”というものが話題になりつつありますが小鍛治プロの見解は如何でしょうか!」
 
 
 ガバッ、とこーこちゃんが身を乗り出す。
 
 リアクションは何時も通りだけど口調は少し改まっている感じだ。
 
 それに受けるように私も口調を冷静にし、問いを受ける。
 
 問いは能力。

 いきなり突っ込むなぁ、とか思いつつ、その言葉をなぞった。



 
6 : ◆rZjF6kPgAE [saga]:2012/11/12(月) 22:38:42.23 ID:gyTxN+7Yo



 【能力】

 何を馬鹿な、とか、ありえない、とか言われるだろう発言だ。
 
 デジタル派からすれば理解に苦しむしかないオカルトであるそれ。
 
 だけど当然のように例年、大会で言われていることだ。
 
 大会参加者には常に“能力者”が存在する。
 
 麻雀において多くの要素を占める運すらも喰うと言われるそれ。
 
 私はそれに小さく、「はい」と返した。
 
 
 健夜「はい、私も良く耳にします。実際にプロ雀士にもそういった傾向を持つ雀士は多く存在します」
 
 
 私は言葉を繋げる。
 
 自らのスタイルを持続して発動させ、そのスタイルを使いこなすことの出来るセンス。
 
 その全てを含めて呼ばれる『能力者』。
 
 先鋒戦の選手で言えば東場において圧倒的な火力を持続させる清澄の片岡選手は能力者と言うべき存在だろう。



7 : ◆rZjF6kPgAE [saga]:2012/11/12(月) 22:40:32.94 ID:gyTxN+7Yo
 
 


 「そして、また一つ。牌に愛された子、という呼び名もあります」
 
 
 視線をずらす。
 
 和了平均ドラ枚数5枚以上。
 
 文字通り、その卓のドラ全てをその手に従える阿知賀の松実玄選手。
 
 ドラに限定した支配者。
                                            ドラ
 名付けてドラゴンロードとまで言われるその能力はこれもまた一つの『牌に愛された子』だ。
 
 彼女の力は限定的……いや、亜種と言うべきだろう。
 
 今大会では残念ながら敗退してしまった永水の神代 小蒔選手などが正統な『牌に愛された子』だ。
 
 そこまで語ると空気が変わる。
 
 今丁度、東場の親決めが始まるところだ。
 
 それと同時に、空気が変わる。

 私には一人の少女の瞳が細められるのが見えた。
 
 来る。
 
 彼女、宮永照の力が。
 


8 : ◆rZjF6kPgAE [saga]:2012/11/12(月) 22:42:48.71 ID:gyTxN+7Yo




 それは相対する者にとっては悪夢だろう。

 牌に愛された子すらも超えかねない、『魔物』と呼ばれる力。
 
 その力は場を支配する濁流のように他の選手を飲み込む圧倒的なもの。
 
 私が語り終えると、何処か頬を引きつらせたこーこちゃんが私を見ていた。
 
 
 恒子「………うん、すこやんは絶対に『魔物』だねー」
 
 健夜「あ、あはははは………」
 
 恒子「うーん、それにしても能力者、牌に愛された子、魔物かー……後者ほど強いってこと?」
 
 
 ギシッと背もたれに体重をかけ、こーこちゃんが呟く。
 
 それに私は否定の声を出していた。
 
 
 健夜「それは違います。清澄次峰の染谷まこ選手や南大阪代表の姫松高校の愛宕洋榎選手」

 健夜「彼女たちのような何千、何万もの数多い対局で培われた技量を持つ実力者も居ますし、卓上での動きを読むことに適した眼を持つ人も居ますね」
 
 恒子「なるほど!以下に能力があろうと、牌に愛されようと、全ては卓上でしか決定されないということですね!」
 



9 : ◆rZjF6kPgAE [saga]:2012/11/12(月) 22:44:42.25 ID:gyTxN+7Yo


 
 ―――はい。
 
 私はそう答えようとして、少し言葉を飲み込む。
 
 確かに、こーこちゃんの言うとおり。
 
 全ては卓の上で決定される。
 
 如何に強くかろうと、魔物だろうと、能力者だろうと。
 
 卓の上に起こった結果は覆せない。
 
 ただ。
 
 ただ一つ、この中に出ていない言葉がある。
 
 実力者を超越し、能力という言葉では片付けられず、牌に畏怖され、魔物すら討ち取る。
 
 それが可能である枠外の存在。

 そう、幾ら山の頂に立とうとも太陽に手が届かないのと同じ。

 湖面に映る月は掬えども、実際の月を奪うことが出来ないのと同じ。

 絶対的な存在。

 それらの存在を。

 私は小さく呟く。



10 : ◆rZjF6kPgAE [saga]:2012/11/12(月) 22:45:18.84 ID:gyTxN+7Yo



 
 
 
 
 
 健夜「――――――神域」
 
 
 
 
 




.
11 : ◆rZjF6kPgAE [saga]:2012/11/12(月) 22:46:04.32 ID:gyTxN+7Yo

 
 
 
 恒子「え?しん……?ごめんすこやん、何か言ったー?」
 
 健夜「…………ううん、何も言ってないよ、こーこちゃん」
 
 
 呟きは聞こえなかったようだ。
 
 私は小さく息を吐く。
 
 言うべきではないだろう。
 
 あの人の存在は、今の麻雀文化とは正反対のそれ。
 
 互いの金を、命を喰らい合う闇の世界だ。
 
 語るべきことでは、無いだろう。
 
 私は息を吐くと決勝戦へと目を向ける。
 
 光当たる、少女たちの世界。
 
 その何処までも眩しい場所。
 
 私はその場所を眺め、思い返す。
 
 一度、踏み入れかけた世界。
 
 暗闇の世界を。




12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/12(月) 22:46:37.99 ID:BQByS1Heo
お、前にカツ丼の人で書いてた人かな?
13 : ◆rZjF6kPgAE [saga]:2012/11/12(月) 22:47:20.76 ID:gyTxN+7Yo


 
 
 ――――今から12年前。





 
 小鍛治健夜、15歳。
 





 その全てはそこから始まった。
 
 
 
 
 
 
 
 それは空風染みる、空の下の出会いだった。
 
 
 
14 : ◆rZjF6kPgAE [saga]:2012/11/12(月) 22:48:47.42 ID:gyTxN+7Yo
                          ____
                      ,. .:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶
                      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ヽ
                   ∠.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
               //|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                  {;'  W:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :|
                     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.|
                   /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.|
               /:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :|                               /⌒)__  /^-┐
                 /:.:./|:.:.:.:./:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.八                             {:;:;:;:;:;:;:;r‐' /:;:;:;_ノ
                    /:.:./ :|:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :l:.:.:.:.:.:.:.:.|        γ^ヽ                  , -ヽ:;:;:;:;:;:;ヽ、{:;:;:/
                    {;V′:|:.:|/|:.:i:.: :i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.i:.:.:.: |       ,nゝ::ィ′              、_/:;:;:;:}ヽ:;:;:;:;:;:;∠ニ-:、
                      八| V{\|:.i:.:.:.:.: :|:|:.:|:.:.|:.:.∧/}人  _     廴::::::ヒ=、           /:;:;:;:;/|:;:;ヽ{:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_)
                 r=Tヽ   レ'\:.:.:.乂人/∨ヽ__rf¨´く     ∫::::ヽ`          /:;:;:;:;:/ |:;:;:;:;:}ー┐:;r‐'  ̄
                    /ヽ \\   ヘ/       ∧__ ,. ' ̄     〈::_:::、}             {:;:;:;:;:;L_」:;:;:;:;:|ー-┘└――ヘ
                  /   \. \\         / ∧          |:}.|:「    ____   }:;:;:;:;:;:、_:;:;:;:_八:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;}
             /      }   ∨ヽ         》     .   }:| }:{   /´::::,――'    ヽ、_}  ̄  ヽ;:;:;:;:;:, ――′
             {           {.,.   ∨r=======ァ′        |:} .|:{   `ー、:ー、 z_ー、/:7-っ /_7   /:;:;:;ノ/^ー―、
              {\       /    マ7 ̄⌒¨¨⌒ “          ノ:l {:ヽ ,――':::::ノ/:ο://:::ハ::〈./::/ _/:;:;:/ 〉:;:;:;:;:;:;:ゝ
           人. \   /      ./                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/:;:;:/ ̄}:;:;:;:;:;:;:;:;:〉
           /  \ ヽ/       {{                                    <彡z/    ^ゝ、;:;:_」
                / ̄           ∧                                               ̄
      /     /             / \                   【Episode of “K”】
     /    ∧               /./
15 : ◆rZjF6kPgAE [saga]:2012/11/12(月) 22:50:09.82 ID:gyTxN+7Yo
序章、了


>>12
カツ丼さんで書いてた覚えないっす
人違いっす
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山口県) [sage]:2012/11/12(月) 22:53:02.44 ID:gVL3JI2qo

また巡回スレが増えたよ壊れるなぁ……
はてさて彼は全盛期の頃なのかそれとも壮年なのか……
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/12(月) 22:57:58.70 ID:WZP43z0Ao
あら、そうか
あの人もすこやんと神域で書くと言ってたからそうかと
こっちも期待
18 : ◆rZjF6kPgAE [saga]:2012/11/12(月) 23:04:34.68 ID:gyTxN+7Yo
>>17
なん、だと……
うーん、アラサーとアラサーでアラフォーがダブってしまったな……
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/12(月) 23:07:19.18 ID:oMm9rCbgo
あの人は何通りか考えてる次書く奴の一つの案って感じだったし、必ずしも被るって分けでは無さそうだけど
まぁ被り大歓迎なんだけど
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山口県) [sage]:2012/11/12(月) 23:07:55.72 ID:gVL3JI2qo
そのあの人について教えてくれると有難い
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/11/12(月) 23:39:54.06 ID:5MdgjpdAO
何はともあれ期待しとるぜい
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/13(火) 08:21:34.75 ID:YagZV8wIO
咲とアカギってクロス多いな。
アカギが絶技出して咲キャラ驚くのがテンプレに鳴ってる気がするけど、どうなるのか。
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/16(金) 01:13:14.35 ID:5Fp4gt7Lo
【あの人】?
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山口県) [sage]:2012/11/16(金) 06:27:41.86 ID:fS4Kn1Wao
おいあんたふざけたこと言ってんじゃ……
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) :2012/11/17(土) 00:13:02.05 ID:UvWeQKWzo
やめろ>>24っちゃん!
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) [sage]:2012/11/17(土) 06:05:43.53 ID:L1jdsFBJo
レジェンゴェ・・・
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/18(日) 01:10:24.96 ID:iqoy/afMo
まさかレジェンドかと一瞬思ってしまったが、やはりそんなことはなかったか。

話題に出てるカツ丼さんのは↓これのことかな?

久「これが私の四暗刻地獄待ちッ!」和「SOA」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1343408770/
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sag]:2012/11/20(火) 12:34:55.01 ID:hPVAFKfb0
期待
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/22(木) 07:07:56.08 ID:9Xuoy/Yu0
レジェンドじゃないと申すか
訴訟
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/09(日) 22:25:39.16 ID:/yKF1tiQo
ただ松実は辛い
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/10(月) 14:38:34.82 ID:fyMhkoowo
はよ
15.05 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)