このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

亦野「やばい」末原「私にいい考えがある」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:23:57.35 ID:rCJjKqtW0
※咲・阿知賀編の最新話のネタバレあり。単行本派の人はご注意を。
※キャラ崩壊・独自設定あり
※微クロスオーバー?


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1352859837
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

設計者「安価で平和に町を作るよ」 @ 2020/06/03(水) 17:34:52.95 ID:wSQep6J8o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591173292/

【ガンダムSEED】俺「安価でC.E世界で戦う」PHASE-05 @ 2020/06/03(水) 14:20:41.67 ID:lvH/jpFRO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591161641/

ちひろ「嫌われ薬を飲んだはずのモバPが生き生きしてる」 @ 2020/06/03(水) 06:49:06.50 ID:VIsBNzX00
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591134546/

八幡「由比ヶ浜と結婚したが障害者が生まれた」 @ 2020/06/03(水) 00:30:57.83 ID:aLFPha/j0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591111857/

【シャニマス】シャニP「膝枕をしよう」 @ 2020/06/02(火) 23:20:14.09 ID:/e/3Qn160
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591107613/

【かくしごと】可久士「姫がとんでもないものを持っていた」 @ 2020/06/02(火) 22:07:30.08 ID:NP7mRMxF0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591103249/

男「綾鷹を選ぶ者」 @ 2020/06/02(火) 13:15:18.44 ID:uMTTeTyH0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591071318/

悟空「ご、悟飯がオラの子じゃねぇ?」 @ 2020/06/02(火) 00:39:13.18 ID:00dsC1pO0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591025952/

2 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:24:11.05 ID:rCJjKqtW0
恒子『前半戦終了ー!現在最下位の新道寺が追い上げを見せるも未だに順位は変わらず。しかし白糸台の点数が削られ、各校の点数が並びつつあります!』

恒子『これは白糸台が今年初めて玉座から降りるという展開もありえるのかーーっ!!』

恒子『後半戦まで少し休憩を挟みます。CMの後もチャンネルはそのまま!』

健夜『これ国営放送だからCMないよねっ!?』

哩「ふう」

哩「(姫子……後半も気張っぞ)」

灼「(ハルちゃん……)」

浩子「(データうんまー)」

亦野「……ちょっと外します」ガタッ
3 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:24:45.39 ID:rCJjKqtW0
廊下

亦野「……」テクテク

亦野「(まずい……前半だけでかなり削られた)」テクテク

亦野「(点差はまだ十分にあるとはいえ、現時点で軽く三万近い失点)」テクテク

亦野「(いや、こんなのは長いスパンで見れば稀によくあることだ)」テクテク

亦野「(淡も後に控えていることだし、この準決で白糸台が負けることはありえない)」テクテク

亦野「(だが)」テクテク

亦野「(正直、後半もこのままでは危ない)」テクテク
4 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:25:23.95 ID:rCJjKqtW0
亦野「(決勝ではこんな無様を晒さないよう調整できるとは思うが、今日は最悪だ)」テクテク

亦野「(どのくらい最悪かというと、このままではマイナス五万以上の収支になりそうなくらい最悪)」テクテク

亦野「(白水は格上、鷺森は意味わかんないブーストかかってて船久保はなんか露骨に狙ってきてる)」テクテク

亦野「(でも、別に神代やら天江といった怪物がいる卓というわけではない)」テクテク

亦野「(後援会やOBには私がただただ不甲斐なく見えているだろうな……)」テクテク

亦野「(3連覇が期待される今年にレギュラーになれたのは嬉しかった)」テクテク

亦野「(だがその分全ての相手から警戒され、強豪相手だとこの様だ)」テクテク

亦野「(結局私は、そこらの県代表エース以上怪物未満でしかなかった)」テクテク

亦野「(強豪3人からの警戒を突破できるほどの圧倒的な力は持っていなかった)」テクテク
5 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:25:49.91 ID:rCJjKqtW0
亦野「(でも来年は)」テクテク

亦野「(来年の私は今よりずっと強くなる。強くなってインハイ4連覇に貢献し、宮永先輩がいなくとも白糸台は最強なのだと世間に思い知らせなくてはならない)」テクテク

亦野「(だが)」テクテク

亦野「(例え決勝で活躍して今年優勝しても、今日の準決勝のことは記録にも記憶にも残る)」テクテク

亦野「(普通の県代表チームならまだ温情をかけて貰えただろうが私がいるのはチーム虎姫)」テクテク

亦野「(あれだけマスコミに史上最強チームだと騒がれたのにこの始末)」テクテク

亦野「(来年レギュラーとして使ってもらえるか?)」テクテク

亦野「(後半で白水他2名をかわしつつ和了りまくれば……できていれば前半にやってる)」テクテク

亦野「(つまるところ今の状況は)」ピタッ
6 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:26:33.23 ID:rCJjKqtW0


亦野「やばい」


末原「私にいい考えがある」
7 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:27:28.25 ID:rCJjKqtW0
亦野「!?」

末原「『誰だ?』って聞きたそうな表情してんで自己紹介させてもらうがよ、私ぁお節介焼きの末原恭子。姫松の控室からあんたが心配なんでくっついて来た!」

亦野「初対面だよな!?」

末原「ええつっこみや。感動的やな。だが無意味や」

亦野「……で、姫松の大将がなんのようですか」

末原「ほう。私を知っているとは……光栄やな」

亦野「決勝にくる可能性が高い学校のレギュラーぐらいは把握しています(ファッションは随分変わったようだが)」

末原「そりゃそうや」ワハハ

亦野「……用がないならこの辺で失礼します。もうすぐ後半戦なので」

末原「まあ待ちなさい」

亦野「……なんですか。さっきも言いましたが私たちは初対面。仲良く話す間柄では、」

末原「今のままやとあんた、やばいんやろ? 私がこの状況をなんとかできるって言ったらどうする?」
8 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:27:59.07 ID:rCJjKqtW0
亦野「(何っ!?  いや、末原恭子は関西でも有数の分析家。白糸台とは別の視点の対戦相手のデータや対応策を持っているだろう。確かにそれがあれば私の状況は改善されるかもしれない。しかし)」

亦野「……信用できませんね。姫松高校のあなたが、他の三校ならともかく、私たち白糸台にそんな利敵行為をする理由がない」

末原「うーん、誤解があるようやけど……私は白糸台やなくてあんたの味方やで」

亦野「どういうことですか?」

末原「私は自分たち姫松があんたらの三連覇を阻止できるなんて思ってない。宮永照がいるうちは勝ち目なんてないからな」

亦野「(それはそうだろうが……なんだこいつ)」

末原「だから私はな、かわいい後輩たちのためにせめて来年のシード権が欲しいんや」

亦野「……それはもう達成できるんじゃないですか。永水が消えた今なら」

末原「……そっちのブロックの阿知賀しかり、今年はダークホースが嫌に多い。このままじゃ姫松は準決勝で負ける。だから戦力増強が必要でな、あんたの力を借りたい。代わりに私はあんたに力を貸す。ギブアンドテイクや」

亦野「? どうしてそこで私が出てくるんですか」

末原「最初に言ったやろ、『私にいい考えがある』ってな」

亦野「?」
9 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:28:27.01 ID:rCJjKqtW0



末原「私とあんたが『合体』するんや」


10 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:29:06.30 ID:rCJjKqtW0

亦野「変態だーーーーっ!!!」ダッシュ!


末原「おーっと、逃がさへんよ」ガシッ

亦野「は、離せ!」ジタバタ

末原「暴れんなよ!暴れんな!(押し倒し)」

亦野「うわーん! 犯されるー! 助けて宮永先輩ー!!」ジタバタ

末原「ち、力強いなあんた。お、抑えきれん……よく聞け。『合体』いうんはいやらしい意味でもフュージョン的なもんでもポタラ合体的なもんでもない。私の中の力をあんたに受け渡すっていうことや」サワサワ

亦野「さっ、触んな! 弘世部長ー! 尭深ー!!」ジタバタ

末原「こいつっ、まるで聞いてない! ……まあええ、続けるで。私がこの能力『合体』に目覚めたのは昨日でな。詳しいことは自分でも分かってない。分かってるのは波長のあった人間に力を渡すことでそいつを強化できること、逆にそいつから力を借りて自分を強化できるってことぐらいや」サワサワナデナデ

亦野「ひぅ! もうこのさい淡でもいいからーっ!! 誰か助けて―ー!!!」ジタバタ

末原「私と波長があったのがあんたってわけや。それじゃあ合体すんで。明日の私たちの準決勝では逆に力借りるからなー」ブシュッ
11 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:29:37.61 ID:rCJjKqtW0



亦野「嫌! やめ、アッーーーー!!!」


12 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:30:09.22 ID:rCJjKqtW0
恒子『もうまもなく後半戦スタート……なのですが、亦野選手がまだ席に戻っていないようです。どうしたのでしょうか?』

健夜『作戦を練り直しているのではないでしょうか。亦野選手はこれほど失点したのはレギュラーになってから初めてのようですし……慎重になるのも分かります』

恒子『後半での盛り返しに期待! と、いうわけですね!』

哩「(釣り人さん……さっき廊下で騒いでいたようやけんど、なんかあったか?)」

???「お待たせしました」

哩「(来たか……!?)」

灼「え?」

浩子「あ?」

三人「「「(((誰だ(や)コイツ!?)))」」」
13 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:30:37.80 ID:rCJjKqtW0
哩「(180近い身長、服の上からでも分かる強靭で筋肉質な肢体……制服パッツンパッツンになっとる)」

灼「(さっきまでの三倍は鋭い眼光。髪型は……亦野さんとあまり変わらな)」

浩子「(ところどころ亦野に似た要素あるけど、思いっきり別人やないか! 影武者か!? 影武者のつもりなんか白糸台!? インハイでこんなギャグ仕込むなや!!)」

???「どうしたんですか? 早く場決めをしましょう」

哩「(いやいやいや)」

浩子「(そのまま通すんかい!)」

哩・浩子「「((でも))」」

???「……何か?」ギロッ

哩「いや……」

浩子「別に……」

哩・浩子「「((恐くて指摘できん))」」ガクブル
14 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:31:18.58 ID:rCJjKqtW0
哩「(眼ぇ鋭っ!)」ガクブル

浩子「(なんやあれ! 何人殺したらあんな眼ができるん!?)」ガクブル

灼「あの」

???「なんです?」

哩「(阿知賀?)」

浩子「(まさか)」

灼「亦野さんじゃあ、ない、です、よ……ね?」プルプル

哩・浩子「「((言ったーーーー!!!))」」

哩「(よく言った! 涙目になって震えながらもよく言ったぞ阿知賀!!)」

浩子「(流石は二年生で部長を務めるだけはあるわ。素敵! 抱いて!)」

???「ふむ……確かに別人に見えるかもしれない」

灼「?」
15 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:31:46.62 ID:rCJjKqtW0
???「(『末』原さんの力で進化し、白糸台の副『将』として相応しい強さを手にした私は今までの『亦野誠子』ではない)」

???「(つまり、今の私は名乗るなら)」

???「末野」

灼「え」
16 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:32:14.85 ID:rCJjKqtW0





末野「今の私のことは『末野(すえの)将子(しょうこ)』と呼んで欲しい」


三人「「「完全に別人じゃねーか!!!」」」



17 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:32:40.57 ID:rCJjKqtW0
白糸台選手控室

尭深「」ブーッ(お茶を噴きだす音)

淡「セー……コ、なの? 『アレ』?」

菫「いやいやいや、それはない。誰だあのマッシヴ」

照「……誠子だよ、多分」

菫「何っ!?」

照「誠子……今は末野さん、かな。感じる力は強くなってるし性質も変わってるけど、末野さんの本質は変わっていない」

菫「お前その言い方だとアイツ完全に亦野じゃなくて末野さんになってるぞ」

照「……まあ、多分大丈夫だよ」

菫「多分て」

淡「テルーがそういうなら、そうなの、かな?」

尭深「……おかしいな。急須の中のタイムマシンどこに行っちゃったんだろう」ガチャガチャ

菫「渋谷、お前は落ち着け」
18 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:33:06.49 ID:rCJjKqtW0
実況・解説席

恒子「ねえ、すこやん。あれいいの?」

健夜「うーん。見た目変わったし何か混じってるけど、雀士として見るなら彼女は亦野さんで間違いないよ。それなりに力のある人たちならちゃんと分かると思う」

恒子「ごめんすこやん。あなたのそういうところだけは付いていけない」

健夜「?」
19 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:33:42.20 ID:rCJjKqtW0
廊下

末原「フフフ、成功や。まあ悪魔(赤阪)に魂売ってまで手にいれた力やし、失敗したら目もあてられんかったが」

末原「……これで私も外道(赤阪)の仲間入り、か」

末原「それでもええ……アイツに勝てるなら」

末原「宮永、咲」


末原「私が倒すべき相手や」
20 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/14(水) 11:36:37.59 ID:rCJjKqtW0
とりあえず導入部を。あんまり長くならないとは思うけど先を越されないうちに書きたかったので。
続きは今日の夜か明日の昼にでも。

元ネタはバンブーブレードの末野さんを使った亦野さんのコラ画像です。あれ初めて見たときは感動しました。

それではまた。
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/11/14(水) 11:45:14.62 ID:NWy0qO/wo
乙!
ついに人間をやめたか末原先輩……
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東) [sage]:2012/11/14(水) 12:05:34.49 ID:FhQkVtQAO
腹筋崩壊ww 訴訟
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/11/14(水) 12:14:40.13 ID:jh6BEvbAO
これはヤバい
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/14(水) 12:45:21.86 ID:9PPhAWkIO
草生えた、訴訟
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/14(水) 13:18:23.29 ID:eQpYBW5Jo
ふりふりのリボンつけるの期待してたのに・・・
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(鹿児島県) [sage]:2012/11/14(水) 19:43:14.38 ID:alrg5Cak0
なんだこのスレ…
合体後(意味深)の亦ニキ想像して吹いた
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/14(水) 20:22:40.68 ID:NuJyG3xh0
マタンゴ
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/14(水) 20:37:14.96 ID:optuCthio
ゴスロリ亦野さん登場かと思ったら

これは期待
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/14(水) 21:11:57.44 ID:2FMUD/bzo
末原+亦野=末野
そういうのもあるのか・・・
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) [sage]:2012/11/14(水) 21:16:06.74 ID:2BFSRrB+o
リボンをつけて亦原にフォームチェンジ!
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [saga]:2012/11/14(水) 21:45:22.92 ID:CMJ8g8V+0
バンブーか、この発想は無かった

そういえば、タマちゃんと咲ちゃん入れ替わってても気が付かれない気がする
同じあぐり絵だからもっとクロスさせるべき
32 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/15(木) 12:52:18.34 ID:tD1nZVkY0
中途半端ですけど約束の時間なんで投下します。にしても誠子さんをフルフル、じゃなかった、フリフリで可愛くする……その発想はなかった。
私はまだまだ未熟者のようです。あと、注意事項追記します。

※方言はテキトー
※麻雀のルールがあやふや

大丈夫な人は続きをどうぞ。
33 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/15(木) 12:52:45.29 ID:tD1nZVkY0
千里山女子選手控室

セーラ「……何が起きたんや」

雅枝「全国ではよくあること……とは言わんけど、ないわけではないな」

セーラ「マジ!?」

雅枝「実際にあんな風に変身したヤツを見たのは初めてやけど、麻雀においては『ありえない』なんてことはありえへんからな。この程度のことでイチイチ驚いてたらあかんで」

セーラ「……浩子のヤツ、驚きすぎてエラい顔になってますけど」

雅枝「愛宕の女ともあろうもんが情けない。まあ、元が誰かに似て美人やからなんとか見れた顔になっとるけどな」

セーラ「突っ込みませんよ」

雅枝「ノリ悪いなー。……でも実際問題、少し不味いかもしれん」

セーラ「浩子なら大丈夫ですよ!」

雅枝「だとええけど……」

雅枝「(にしてもあの選手から感じる気配……まさかあの女が裏にいるんか?)」
34 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/15(木) 12:53:12.85 ID:tD1nZVkY0
プレスルーム

優希「全国って凄いところだじぇー」

和「なんですかあれは……悪ふざけが過ぎます」

優希「悪ふざけ?」

和「どう見ても別人じゃないですか! ああいう悪戯を全面的に否定する気はありませんが、TPOは弁えて欲しいです」

西田「あはは、確かに。いくらなんでも影武者はやりすぎよねー。記事にしてもユーモア溢れすぎちゃうわ」ワハハ

久美子「ですよねー」ワハハ

恒子『……大会運営側からの審査結果がでました。今現在あの卓にいる彼女は『亦野誠子』選手と同一人物であるという確認が取れたそうです。……いや、私も何を言ってんのかすべてがわっかんねー、なんですけど。運営がそう言えって……』

優希「じょっ!?」

西田「はあっ!?」

久美子「えー!?」

和「SOA!!!!」
35 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/15(木) 12:54:01.45 ID:tD1nZVkY0
運営委員「……はい……はい。本人という確認取れました。このまま後半戦開始とします」

末野「始めましょう」

哩「」

浩子「」

灼「……はい(助けてハルちゃん)」
36 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/15(木) 12:54:33.09 ID:tD1nZVkY0
後半戦東一局

浩子「(ちょっと度肝抜かれたけど、見た目は麻雀に関係あらへん! 本人どうこうも運営がいい言うとるんやからこの場は嫌でも納得しとかんと……まともに打てなくなる)」タンッ

哩「(落ち着け私……この配牌なら)」

哩『(リザベーション・三飜(スリー)!』ガシャンガシャンガシャン

灼「(色々あって忘れてたけど私たち阿知賀と白糸台との差は一万とちょっと。満貫直撃で逆転できる点差)」

灼「(……そうだ弱気になるな。私は、私たちは強い)」

灼「(いくら彼女の威圧感が強いと言っても、私はもっと強くて重いものを背負ってる!)」タンッ

パシィ!(牌が取られた音)

灼「えっ」

末野「面ッ!!(ポオオォォォーーッン!!)」バシィーン!!

灼「ぐわああああああっっ!!」

浩子「あ、阿知賀ーー!!?」
37 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/15(木) 12:55:09.33 ID:tD1nZVkY0
宿舎の一室

美穂子「……酷い!」

池田「ポン1つにどんなリアクションなんだし」

久「……私たちは思った以上の魔境に来てしまったようね」

まこ「じゃのう」
38 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/15(木) 12:55:35.44 ID:tD1nZVkY0
千里山女子選手控室

雅枝「殺気と麻雀イメージが融合して物理ダメージになる。ないわけではないな」

セーラ「……監督」

雅枝「『浩子なら大丈夫』、なんやろ。一回信じたなら最後まで信じなさい」

セーラ「……はい!」
39 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/15(木) 12:56:03.31 ID:tD1nZVkY0
阿知賀女子選手控室

穏乃「あ、灼さーん!!?!」

憧「え? 何? 何が起きたの!?」

晴絵「落ち着きな、2人とも。実際に竹刀で叩かれたわけじゃない」

玄「え、灼ちゃん今、ポンされた瞬間、自分で噴き飛んでたような、え? 竹刀?」

晴絵「白糸台の次峰の弘世菫のシャープシュートしかり、麻雀に対して固有の感覚を持つ子は多い。さっきまでの亦野はそれが釣りだったはずなんだが……剣道、それもあそこまで殺気だったものに変化するとは」

憧「いやいや、確かに白糸台の弘世と戦った人間は何かに体を貫かれる感覚に襲われるって聞くけど」

穏乃「灼さん完全に物理ダメージ喰らってますよね!? 額から血がでてるし!!」

玄「うわわわわ!? ホントだ、早く止めないと!」
40 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/15(木) 12:56:33.44 ID:tD1nZVkY0
晴絵「待ちな、玄。運営は止めてない。問題ないと判断されたんだ」

玄「でも!」

憧「晴絵! 見損なったわよ! あんなに慕ってくれた灼さんよりも自分の因縁が大事なの!!」

晴絵「そんなわけないだろうがっ!!」

憧「!!」

晴絵「麻雀ダメージの深刻さは私が身を持って知っている。今すぐにでも灼の元に駆け出したい」ギュッ

憧「なら!!」

晴絵「でも、アイツはまだやる気だ。戦う覚悟を決めた雀士を止めるなんてこと……私には、できないっ……!」ギリッ

憧「まだやる気って……」

穏乃「ああ!! 灼さんが立った!! 立ったよ!!」

憧「!!!」
41 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/15(木) 12:57:12.46 ID:tD1nZVkY0
灼「ぐ、う」ヨロッ

哩「大丈夫と!?」

浩子「(ただのポンやないっ!!)」

灼「問題……な……」

末野「……」

灼「……中断して、ごめ、続けて、いい、よ」ガタッ

末野「分かった」タンッ

浩子「(こいつっ!)」

灼「……」

灼「(痛い、な。泣きそ)」

灼「(でも)」

灼「(あの時は、もっと痛かった)」
42 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/15(木) 12:57:40.01 ID:tD1nZVkY0
灼「(十年前、ハルちゃんが負けたあの時、私の心は今よりずっと痛かった!)」

灼「(それに何より)」

灼「(あの時のハルちゃんが味わった痛みは、この程度じゃなかったはずだから!!!)」タンッ

哩「(阿知賀、こいつ……)」タンッ

パシィ!

哩「(来た!)」

末野「胴オォォォ!!(ポオオォォォーーッン!!)」バシィーン!!

哩「ぐうっ!!」ビシッ

浩子「(耐えた!?)」

哩「ふふ……私は、飛ばん!」

末野「……」タンッ

哩「(と、カッコつけてはみたものの)」ズキズキ

哩「(……折れとるな、これ)」ズキンズキン

哩「(そいでも、阿知賀の二年生部長も耐えてる。ここで倒れたら姫子に笑われっとよ!)」
43 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/15(木) 12:58:16.37 ID:tD1nZVkY0
新道寺女子選手控室

姫子「ああっ!!」ビクンッ

美子「!! 大丈夫!?」

姫子「今の感覚……不味いばい! 部長のアバラが何本か逝った!!」

仁美「はあ!? これも政府のせいか!!」

姫子「このままじゃ、ぶ、部長が殺される……!」

煌「姫子、あなたが部長を信じなくてどうするの!!」

姫子「! 花田……」

煌「あの人は私たち新道寺のエース、骨の一本や二本折れた程度で止まってくれるとでも?」

姫子「……部長は強か人よ。例え手足が拘束されようが千切れようが卓に座り続ける人ばい」

煌「わかっているなら」

姫子「うん……すまんかったと、花田。部長の相棒である私があの人を信じなくて、誰があの人を信じられっとーー!!」

煌「すばらっ!」
44 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/15(木) 13:01:48.05 ID:tD1nZVkY0
とりあえずここまで。もうちょっとキリのいいとこまで書きたかったんですけどね。
書き貯めて一気に投下するか、少しずつでも定期的に投下するか、悩みどころです。

それではまた、今日か明日の夜にでも。
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/15(木) 13:26:35.20 ID:UGHWWtzMo
僕の知ってる麻雀とちが……ああ、咲ならいつものことか
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/11/15(木) 13:42:00.55 ID:QoIlnr9AO
こんなの絶対おかしいよと思ったがよく考えれば何時もの麻雀だな問題ない
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/11/15(木) 13:49:10.23 ID:CQOBdXjHo
ポンで流血するくらいだとアラフォーは晴ちゃんにどんだけのことしたんですかねぇ・・・
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/11/15(木) 13:56:36.91 ID:QoIlnr9AO
レジェンド……大会以降の高校生活を病院のベッドの中で過ごしたのか……
それじゃ退部しても仕方ないね
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州) [sage]:2012/11/15(木) 16:29:16.59 ID:BGKYlVVAO
鳴くとき面とか胴とかいうの反則じゃね?
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) :2012/11/15(木) 17:29:41.08 ID:b/zjHdAyo
バックに描き文字でポオオォォォーーッン!!とか出てるから大丈夫
51 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/16(金) 22:56:42.51 ID:37kCbVkm0
投下予告破って申し訳ない。明日投下します。
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/11/16(金) 22:57:33.16 ID:tNnK8iUNo
乙 舞ってる
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/16(金) 23:26:17.06 ID:hje8KcEIO
亦野は犠牲になったのだ……
阿知賀と新道寺を活躍させる点数調整のための犠牲に……
その犠牲にな
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/17(土) 00:14:22.94 ID:IK8amVBto
予言しとこう
亦野さんは決勝卓でグランドフィッシャーに進化する
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/17(土) 01:55:10.79 ID:zRSedaFuo
面、胴と来たら次は……ゴクリ
56 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/17(土) 20:35:54.97 ID:+h04e6EG0
私は三年前から亦野さんの活躍を待っていたのに……それなのに!

投下します。
57 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/17(土) 20:36:20.97 ID:+h04e6EG0
東一局続きから

末野「ヒット」

浩子「(そこは変わらんのか! ……てか二副露してから一巡目で!?)」

末野「ツモ、3000・6000」

哩「くっ(リザベーション不達成か)」

灼「(せっかく詰めた差が……)」

浩子「(親っ被り……いや、それよりもこの速度。さっきまでとは段違いやないか! もうちょい分析しなけりゃ細かいことは分からんが……取りあえず鳴かせたらアカン!!)」

哩「(これで大将戦のこの局で姫子んが和了るのは至難……! この速度相手に次も縛りをかけるんか否か……)」
58 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/17(土) 20:37:03.64 ID:+h04e6EG0
東二局

末野「籠手ェイッ!!(ポォオン!!)」

浩子「ッッッッ!!!!」ビシィッ!

浩子「くぁwせdrftgyふじこlp(痛い痛いいたいいたいいたいいたいイタイイタイいたいいたいーーーーー!!!)」ビクンビクン

※防具なしで籠手なんかされたら大の男でも泣きます。今回はイメージですので問題ありませんが良い子の皆さんは真似しないように。面や胴もね!

浩子「グスン(愛宕の女は泣かん!! だけどこれで一副露、さっきと同じなら後一回鳴かれる前に手を進めな……)」

灼「(捨牌とさっきの鳴きからすると……これなら鳴けないはず)」タンッ

末野「面ッ!!(ロオオォォォーーッン!!)」バシィーン!!

灼「うわああああああああ!!」ドカーン!

浩子「あ、阿知賀ーー!!? また飛んだーー!!」

灼「(和了られ……!?)」
59 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/17(土) 20:37:36.24 ID:+h04e6EG0
白糸台選手控室

菫「ふむ。剣道のルール的には今の和了りの方がそれっぽいな」

淡「どーゆーことー?」

菫「私もそこまで詳しくないが、剣道の大会とかだと三本勝負で二本先取した方が勝ちなんだ。今の亦野、いや、末野さんはポンやロンの宣言で一本取っている。一局目もポンと言う名の一本は二回だったろ?」

淡「そーいやそーだね」

菫「一局目の和了では誰にもダメージを与えていなかった。ツモだけは一本に変換できなかったということだろう」

淡「へー。……それでも結構強いよね」

菫「二副露なら一巡後にツモ。一副露ならもうちょっと様子見なきゃ分からんが……多分二、三巡以内に誰かから出和了る。どっちにするかは臨機応変に、ってところか」

菫「もともと大会上位クラスの速度はあったが……今のヤツは速度だけなら魔物級に匹敵するぞ」

淡「ま、なんにせよこれで前半の分は取り返せるでしょ。セーコも首の皮が繋がって万々歳ってね♪」

菫「大星……先輩に対して口が過ぎるぞ」

淡「チッウッセーナ(小声)……反省してまーす」

菫「シャープシュート(物理)!!!」バシュッ

淡「あわわ! 本物の弓矢取りださないでよ! 助けてテルー!!」

尭深「(この人たち……既に『末野さん』の存在を受け入れている!?)」

照「……」

照「……それじゃあ駄目だよ、誠子」

尭深「……えっ。宮永先輩?」

照「……なんでもない」
60 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/17(土) 20:38:08.09 ID:+h04e6EG0
ダイジェスト

末野「面ッ!!(ポオオォォォーーッン!!)」バシィーン!!

灼「ぐわああああああっっ!!」ドカーン!

浩子「あ、阿知賀ーー!!!」



末野「胴オォォォ!!(ポオオォォォーーッン!!)」バシィーン!!

哩「ぐふっ!!」ビシッ!

姫子「ああっ!! 部長のさっきとは反対側のアバラが逝った!」ビビクンッ

煌「逆胴で一本取るとは……すばらです」



末野「籠手ェイッ!!(ポォオン!!)」バシィーン!!

浩子「ひぐぅ!!!」ビシィッ!

セーラ「うっわ、浩子の手がどす黒く腫れあがっとる……」ウワチャー

雅枝「涙と鼻水で顔面もえらいブッサイクになっとるなー」
61 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/17(土) 20:38:34.02 ID:+h04e6EG0
末野「面ッ!!(ロオオォォォーーッン!!)」バシィーン!!

灼「うわああああああっっ!!」ドカーン!

浩子「あ、阿知賀ーー!!!」



末野「胴オォォォ!!(ロオオォォォーーッン!!)」バシィーン!!

浩子「げふうっ!」ビシッ!

セーラ「……折れました?」

雅枝「ギリギリ折れてないな。あいつはアバラ折れても打てるタイプの雀士やない。あれは多分皮膚の方がダメージ強いな」

セーラ「……つまり?」

雅枝「鞭で叩かれたみたいに痛い」

セーラ「うわあ」



末野「籠手ェイッ!!(ロォオン!!)」バシィーン!!

哩「あぁんっ!」ビシィッ!

姫子「ああぁんっ!!」ビビクンッ!

仁美「えっ(アエギゴエ?)」

美子「えっ(カンジタノ?)」

煌「すばらくない」

62 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/17(土) 20:39:03.82 ID:+h04e6EG0
南三局

白糸台:178200

千里山:90500

新道寺:52100

阿知賀:79200


恒子『いよいよ副将戦も大詰め、南三局。前半で大きく失点した亦野! 後半では目覚ましい活躍を見せ、だいたい副将戦開始時まで点数を戻しました。しかし阿知賀女子は三位に転落。二位を千里山女子に明け渡してしまった!』

健夜『後半戦開始時に白糸台との差が一万ほどでしたからね。亦野選手としても積極的に狙っていった感じですね』


浩子「(とりあえずは二位浮上。でも前半稼いだ分ほとんど取り返された……というか手と腹めっちゃ痛い)」←籠手5回・胴2回

哩「(稼げてはいる。だが、ヤツの速さに対抗するためとはいえ縛りが全然できとらん。この配牌……ここで強めに縛っとくか?)」胴6回・籠手3回

末野「……」

哩・浩子「「((てか))」」


灼「ハルちゃん……ハルチャ、ン……ハル、ちゃん……ハル……ちゃ…………(ブツブツ」面14回


哩・浩子「「((アウトォォォオオオーーーー!!!))」」
63 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/17(土) 20:39:33.78 ID:+h04e6EG0
哩「(頭ばっか狙われても今までよく頑張った! だからもう休め!!)」

浩子「(身体が小さいばっかりにさっきから毎回ぶっ飛んで……額から出てる血やらぶっ飛んで転がった時にできた傷やらでボロボロやないか! しかも絶対叩かれ過ぎで頭おかしいことになっとる!!)」


灼「ハルちゃ……ネクタイ洗った、よ……褒め……」タンッ


哩「ああっ!(その字牌は!)」

浩子「(不味すぎる!)」



末野「面ッ!!!(ポオオォォォーーッン!!!)」バッシィーン!!!



灼「ぐっ、がああああああああああああああッ!!!!!」ドッカーン!!!!!



阿知賀女子控室

晴絵「あ、灼ぁーーーー!!!」
64 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/17(土) 20:40:09.76 ID:+h04e6EG0
灼「(やっぱり、無理、だったのかな)」

灼「(誰よりも凛として強く、皆の憧れだったあの人)」

灼「(あの人にできなかったことを、私みたいなチンチクリンが成し遂げようだなんて)」

灼「(ハルちゃん……皆……ごめ)」


ガシッ!


灼「(あれ、床じゃな)」

???「まったくもう、ニワカなんだから……見てらんないわね」

灼「あれ、なんで……?」



やえ「なに諦めかけてんのよ、鷺森」


阿知賀女子控室

穏乃・玄「こ、小走さん!!?」
65 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/17(土) 20:42:16.52 ID:+h04e6EG0
亦野さんと末原先輩が主人公だと思った? 残念! 阿知賀のネクタイレズ灼ちゃんでした!

とりあえずここまで。続きは深夜か明日中には。
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東) [sage]:2012/11/17(土) 20:52:27.44 ID:vP3ZTWWAO
ちょっと末野さん鬼畜すぎんよ…
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/17(土) 20:54:10.41 ID:IK8amVBto
小走先輩それ勇み足や
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/17(土) 22:36:47.86 ID:a/JpJPiEo
哩さんやっぱりドMやったか・・・
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/11/17(土) 23:30:08.66 ID:OJtPT6Pgo
やっぱり時代はコバ×アラよな
70 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 02:35:53.44 ID:V1HxPuqb0
ちょっとだけ。寝る前に2レスだけ。
71 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 02:36:22.73 ID:V1HxPuqb0
灼「あなたは……」

やえ「ふんっ」バシッ

灼「!!」パシーン!(頬をビンタされた音)ビューッ!(傷口から血が噴き出す音)

奈良県・新子宅

初瀬「こ、小走先輩ーーっ!? 何やってんですかーー!!」

ギバード桜子「部長ざーーーん!?」

綾「ただでさえズタボロなのに……」

ひな「もうこれ以上は……」グスン

望「あらら」ニガワライ
72 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 02:37:01.37 ID:V1HxPuqb0
浩子「うわあ(よくもまあ、あんな頭からダラダラ血ぃ流してる人間の頭を刺激できるなぁ)」ドンビキ

哩「(なんてすばら……しいビンタ)」ドキドキ

末野「……」

やえ「なんで殴られたかは、分かるよな……?」ビキビキ

灼「……」

やえ『おっ、おまえらっ! 全国で無様なマネしたら承知しないかんな!!』

やえ『壮行試合してあげるっつってんの!! 奈良個人1位の私含む晩成がよ!?』

ギバード桜子『ぶちょー!』

綾『頑張ってください部長!』

ひな『ブチョーサン! ヤスイヨ!!』

お祖母ちゃん『頑張るんだよ、灼』

宥『灼ちゃん』

憧『あとよろしくっ!』

穏乃『灼さん、頑張ってください!』

玄『灼ちゃん!』

晴絵『――――あれ、君、もしかして灼?』

晴絵『大きくなったね――――すぐ分かった!』

灼「――――うん。大丈夫、分かってる。頭に上ってた血が抜けてスッキリした」ヨロ

やえ「ならいいわ。こっから逆転するんでしょ? あんな3連覇懸かってる程度で騒いでるニワカ高校のニワカ筋肉ごときに、ほぼ40年不敗っぽい私たち晩成を破ったあんたたちが負けるわけがないんだ」

灼「うん、そうだね……あのさ」

やえ「何よ?」

灼「あなたってやっぱりさ、私たちの県の王様だね――――ありがと」ニコッ

やえ「!! もーーっ! さっさと行け!!」カーッ

灼「(またいきなり怒った……やっぱこわ」

73 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 02:39:51.74 ID:V1HxPuqb0
うし。これで個人的に区切りよくなった。今日中とまではいかなくても2、3日以内に一旦完結させたい……。

ではまた昼か夕方にでも。
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州) [sage]:2012/11/18(日) 02:50:09.57 ID:YOT1h/sAO
試合中やろ?
下手したらやえと灼失格じゃね?
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/18(日) 02:52:51.25 ID:3IoExQAvo
完全に見た目違ってる人が普通に試合出れてるんだから、ちょっと喝を入れるぐらい問題無いやろ
76 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 03:12:48.84 ID:V1HxPuqb0
>>74 九州さん度々すいません、フォローしてくれる皆さん方も。
この作品では試合中のマナー規定はかなり緩く設定しています。原作の方もトラッシュトークやら部長のクソツモも容認されてるしいいよね! って感じで。まあ、灼ちゃんと小走先輩のやり取りは対局中にやるにはちょいやり過ぎた感もありますが。それでもあからさまなアドバイスではないので許して欲しいです。
それと、割とギャグ寄りなSSなんで、勢いでなんとかならないかなー、なんて甘えてる部分もあります。これからも(残り少ないですが)ツッコミ所多いとは思いますが、勢いで読ませるSS目指して頑張りたいと思います。

それでは今度こそおやすみなさい。
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州) [sage]:2012/11/18(日) 03:14:58.48 ID:YOT1h/sAO
乙やでー
此方こそ度々出過ぎたマネしてすまんかった
78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/18(日) 08:40:11.95 ID:2vwY6pFDo
末野ニキ参考画像
http://i.imgur.com/mSWOM.jpg
79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/18(日) 08:52:19.43 ID:5eWiCMylo
ソ連の裏投げJUDOマシーンの方やないですか
剣道小町の方をはよ
80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) :2012/11/18(日) 14:00:52.34 ID:ZtHigm2Ko
灼かわいそすぎる
めっちゃ笑ったけど
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2012/11/18(日) 14:02:37.68 ID:ZtHigm2Ko
あげちゃった
ごめん
82 : ◆Ui2K3L97FQ [saga sage]:2012/11/18(日) 16:31:33.39 ID:V1HxPuqb0
http://i.imgur.com/jytSc.jpg
そういやイメージ画像貼ってなかった。すいません。
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/18(日) 16:34:20.28 ID:3IoExQAvo
人殺しの目をしている…
84 : ◆Ui2K3L97FQ [saga sage]:2012/11/18(日) 16:48:46.55 ID:V1HxPuqb0
>>72 ちょっと修正

浩子「うわあ(よくもまあ、あんな頭からダラダラ血ぃ流してる人間の頭を刺激できるなぁ)」ドンビキ

哩「(なんてすばら……しいビンタ)」ドキドキ

末野「……」

やえ「なんで殴られたかは、分かるよな……?」ビキビキ

灼「……」

やえ『おっ、おまえらっ! 全国で無様なマネしたら承知しないかんな!!』

やえ『壮行試合してあげるっつってんの!! 奈良個人1位の私含む晩成がよ!?』

ギバード桜子『ぶちょー!』

綾『頑張ってください部長!』

ひな『ブチョーサン! ヤスイヨ!!』

お祖母ちゃん『頑張るんだよ、灼』

宥『灼ちゃん』

憧『あとよろしくっ!』

穏乃『灼さん、頑張ってください!』

玄『灼ちゃん!』

晴絵『――――あれ、君、もしかして灼?』

晴絵『大きくなったね――――すぐ分かった!』

灼「――――うん。大丈夫、分かってる。頭に上ってた血が抜けてスッキリした」ヨロ

やえ「ならいいわ。こっから逆転するんでしょ? あんな3連覇懸かってる程度で騒いでるニワカ高校のニワカ筋肉ごときに、ほぼ40年不敗っぽい私たち晩成を破ったあんたたちが負けるわけがないんだ」

灼「うん、そうだね……あのさ」

やえ「何よ?」

灼「あなたってやっぱりさ、私たちの県の王様だね――――ありがと」ニコッ

やえ「!! もーーっ! さっさと行け!!」カーッ

灼「(またいきなり怒った……やっぱこわ)」
85 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 20:41:36.39 ID:V1HxPuqb0
結局夜になってしまった……。今回の投下分ではいつもより闘牌描写多めなんで致命的なミスがあるかもしれません。
あと、灼ちゃんのキャラソン聴きながら書きました。

言い訳終了。投下します。
86 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 20:42:08.06 ID:V1HxPuqb0
灼「ごめん。待たせた」

末野「……かまわない」タンッ

灼「……ねえ」

末野「……」

灼「……やっぱりいいや」タンッ

末野「?」

浩子「(阿知賀……続行できるんか)」タンッ

哩「(それに、さっきまでとはなんか空気が……)」タンッ

パシィ!

末野「胴オォォォ!!(ポオオォォォーーッン!!)」バシィーン!!

哩「ッッッ!!!」ピキィ!!

哩「ふ、ふふ(もう痛すぎて逆に何も感じん。それよりも患部が熱もって熱い。意識しっかり保たせるので精一杯か……)」

浩子「(二副露いうことはツモ和了狙い! 次の亦、末野のツモの前に和了れるか……?)」

末野「……」タンッ


灼「ロン」
87 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 20:42:37.57 ID:V1HxPuqb0
哩・浩子「「((阿知賀っ!))」」

末野「(何……!?)」

灼「18000。……なに驚いてるの? 前半にも似たようなことはした。やっぱり、あなたは『強く』なってはいても『巧く』なってはいない。それはこの面打ち15回分の痛みでよく分かった」

末野「!!」

浩子「(阿知賀、進化した亦野の対応策をこの半荘で即興で!? ウチもデータ取りはしとったが――――見極めんの速すぎや!!)」

哩「(こん状況で頭に深刻なダメージを負ってまで観察に専念してたと……正気じゃなか!!)」

灼「むしろ新しい力に振り回されて切り出しがさっきよりもヌルくなってる……」

末野「貴様っ!!」ギリッ


灼「それでも、そんなニワカが相手でも――――今の私は容赦できないよっ!!」ゴッ!


末野「(鷺森灼……こいつもまた、白水と同じ『本物』のエースだとでも言うのか――――っ!!)」


晩成高校個人戦出場者の宿

やえ「そーだそーだ! 言ってやれ鷺森ー!!」

巽「先輩!? いつの間に!?」
88 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 20:43:06.12 ID:V1HxPuqb0
恒子『亦野、ここで親っパネに放銃ーー!! これで阿知賀が2位に再浮上ー! 小鍛治プロ、2位争いが白熱して来ましたね?』

健夜『(今の打ち回し、似ている……いや、似てて当然なのかな?)』

恒子『小鍛治プロ?(ちょい、すこやん!)』

健夜『(あ、ごめん、こーこちゃん)……そうも見えますね。でも、1位争いもまだ終わってはいませんよ』

恒子『ほー? 副将戦はもうこの一局で最後ですけど……』

健夜『麻雀は、最後の最後まで、何が起こるかわかりませんから――――』

恒子『アラサーの小鍛治プロー? 若い三尋木プロのパクリですかーー?』

健夜『そんなつもりないよっ!! わかりませんって言っただけなのに! それにアラサーだよぉっ!!!』


とある実況と解説のお茶会

三尋木「なぬ!?」ガタッ

針生「三尋木プロ、座っててください」
89 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 20:43:35.92 ID:V1HxPuqb0
南四局

浩子「(せめて大将戦の前に2位にはならんとっ!)」タンッ

哩「(なりふり構ってられん!!)」

哩『(リザベーション・七飜(セブン)!!!!』ガシャンガシャンガシャンガシャンガシャンガシャンガシャン

哩「ぐうっ!!(腹の骨折に響く……!)」タンッ

灼「ポンっ!」撥撥撥

浩子「(あーっ!! もうっ! ここでこいつが鳴くんかい!!)」

哩「(しまっ! 特急券!)」

末野「(早和了り狙いか……だが!)」

灼「」タンッ

パシィ!

末野「面ッ!!(ポオオォォォーーッン!!)」バシィーン!!!

灼「らあっ!!」バシッ!

末野「なっ!?」

哩「(あの目では追いきれん振り下ろしば合わせて!)」※イメージです

浩子「(避けずに逆に突っ込んで、竹刀が当たる場所を有効打突部位からずらした!)」※あくまでイメージです
90 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 20:44:01.74 ID:V1HxPuqb0
灼「……これだと一本取れない、よね?」ダラー

浩子「(かっこつけてるけどまた血が垂れとるで……)」

末野「(確かに……鳴けるから鳴いたが、これだと次に繋げづらい。クソ鳴きだ! さっきの跳満で焦っていたにしても、私がこんなミスを――――!!)」

灼「――――亦野さん」

末野「……今の私は末野だ」


灼「自分の名前を名乗れないほど、今の自分が恥ずかしいんだね」


末野「!!!!」

灼「いっしょに半荘二回打った仲だし、あなたが自分からそうなったとは思わない。でも――――私は前半のあなたに勝ちたかった」

末野「っ……」

灼「あ……ずっと無理してる顔してたから、つい。出過ぎたこと言っちゃったね、ごめんなさい。続けていいよ」

末野「…………」
91 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 20:45:00.38 ID:V1HxPuqb0
『あー! そうだよ!! 死ぬほど恥ずかしいさ!! 白糸台3連覇のためにと息巻いておいて、結局はこんな棚ボタに頼ってる自分がっ! 先輩や後輩が信じてくれた自分の力を信じきれない自分がっ!』

『身の丈に合わないハリボテ被って、それで自分自身がレベルアップしたと勘違いしていい気になって、穴があったら釣り糸を垂らしたい!! でもっ、それでも勝ちたかったから! 最強チームの一員に相応しくありたかったから!!』

『なのに』

『鷺森灼は! 本物のエースであるこいつが! 前半の私に、【亦野誠子】に勝ちたかったと言ってくれた!! 私を打倒すべき相手だと、虎姫なのだと認めてくれた!!!』

『……そんな素敵なチャレンジャー相手に、いつまでもハリボテを被ったままじゃあ、失礼というものだ――――!!!』


灼「……亦野さん?」

末野「」スウーー


末野「あ゛あ゛あ゛あああああああああああああああああああああああああああああああああああああッッッッッッ!!!!!!!!!」


灼「」ビクッ

哩「」ビクッ

浩子「」ビクッ
92 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 20:45:32.53 ID:V1HxPuqb0

「――――――――ふぅ」

亦野「失礼しました。いろいろ言わなければいけないこともありますが……まずは決着を着けましょう」メラッ


哩「(あ)」

浩子「(戻った)」

灼「(び、びっくりした)」ドキドキバクバク


白糸台選手控室

尭深「あっ、戻った。……良かった」ホッ

淡「さっきまでのが強かったと思うけどねー」

菫「大星、お前ちょっと黙れ」

照「……そう。それでいい」ボソッ

尭深「……宮永先輩」
93 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 20:46:00.73 ID:V1HxPuqb0
浩子「(なんや知らんが元に戻ったってことは前までのデータが使える……あんまり嘗めたらあかんで!!)」タンッ

パシィ!

亦野「ポンっ!」

哩「」パシャッ

哩「(釣り人さんに戻ったか……弱くなったはずなのに手強そうに感じると)」

哩「(だが、そいでもこの局は私が獲る! 新道寺の部長として負けられん!!)」タンッ

パシィ!

亦野「ポンっ!!」

哩「(これで)」

浩子「(三副露! ……まだや、まだ五巡は猶予がある!!)」

亦野「(得意の形にはなった……だが、気は抜けない!)」タンッ

灼「」タンッ

浩子「」タンッ

哩「」タンッ

亦野「」タンッ
94 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 20:46:36.57 ID:V1HxPuqb0
灼「」タンッ


灼『子どもの頃、一週間ずっと、大人に混じって配牌を見てた。なんでかな……?』

灼『なんて、そんなことは分かり切ってる』

灼『テレビで見た背中に、あの人のプレイに魅せられたから。そして――――私はハルちゃんの背中に追いつきたかったんだ』

灼『そんな私が、今はテレビの前で地元の子どもたちに応援される立場…………その子たちに、私の背中はどう映っているんだろう?』

灼『私はハルちゃんの背中から、ハルちゃんみたいになりたいという夢を見た。じゃあ、私も、皆に夢を与えているのかな?』

灼『ハルちゃんから繋いだこの夢を、私は――――また、繋ぎ続けていきたい』


灼「」タンッ

浩子「(ツモ切り、テンパってたか……通れ!)」タンッ

灼「……」

浩子「(セーフ!)」
95 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 20:47:14.23 ID:V1HxPuqb0
哩「(この牌は……コイツ相手だと超危険牌。そいでも通す! でないと勝てん!!)」タンッ

灼「……」

哩「(通ったかっ! 一筒!!)」

亦野「(……ツモったのは一筒か。ちょうど不要牌だし、白水が通したからそのまま合わせ打ちで問題ない、はずだが)」

灼「……」

亦野「(今の鷺森は半端じゃない。名門校のエース・部長がインハイ決勝戦で出すようなオーラに満ちていると言ってもいい。今までのスタイルとは全然違うが、大三元あたりをテンパイしていたとしても驚きはしない)」

亦野「(その上で私を狙い撃ちにするために白水のは見逃がした、なんて変態染みたことも十分に考えられる)」

亦野「(無難にオリるのも手だが……そんなのは私の麻雀じゃない)」

亦野「(不要な危険牌は既に通っていて攻めの手が整っている。なら攻めるだろ! 白糸台のフィッシャー・亦野誠子は!)」


亦野「(それに、振り込んでしまったとしても、白糸台は負けないっ!!!)」タンッ!


灼「(皆に夢を見せるために、繋ぐんだ――――伝説を)」
96 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 20:48:05.50 ID:V1HxPuqb0
哩「(何故止まる?)」

浩子「(まさかっ!)」


灼「今日から私『も』――――――――――――阿知賀のレジェンドだっ……!」


亦野「(『私』の負け、か……)」



灼「レジェンド・ロン!! 32000!!!」



白糸台:128200

千里山:90500

新道寺:52100

阿知賀:129200



恒子『…………っ! 副将戦終了ーーーーっ!!! なんとなんとなんとーーーー!! 副将戦終了時に点棒を最も多く持っている高校は白糸台ではないっ! 奈良県代表、阿知賀女子学院だあーーーーー!!!』

97 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/18(日) 20:50:12.44 ID:V1HxPuqb0
とりあえずここまで。完結が見えてきました。もう2回ほどお付き合いください。

それではまた。深夜か明日の夜頃に。
98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/18(日) 22:19:39.43 ID:5eWiCMylo
ネクスト・レジェントは君だ!
乙!
99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2012/11/18(日) 22:36:42.94 ID:24vMVysc0
ここに、新しい伝説が誕生した・・・
それにしても、涙目の末原さんが目に浮かぶ
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/18(日) 23:25:44.19 ID:64bN7OWbo
変態染みたとはひどいいわれよう
レジェンド・ロンってなんだよww
101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/19(月) 00:13:26.43 ID:ISUxki6lo
灼ちゃんかっこかわいい
最近人気出てきていいね
102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/19(月) 02:04:33.41 ID:rr2i83D70
結局最後にきったのは同順の一筒?
細かいこと言って悪いけど、
山越で狙い打ったとかじゃないとフリテン……
103 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 02:13:34.63 ID:Kyeww+nR0
>>102 細かくないっす。山越し表現するために区切り線いれるの忘れてました。

修正したの投下します。
104 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 02:14:46.79 ID:Kyeww+nR0
>>95 修正

哩「(この牌は……コイツ相手だと超危険牌。そいでも通す! でないと勝てん!!)」タンッ

灼「……」

哩「(通ったかっ! 一筒!!)」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜1巡後〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

亦野「(……ツモったのは一筒か。ちょうど不要牌だし、白水が通したからそのまま合わせ打ちで問題ない、はずだが)」

灼「……」

亦野「(今の鷺森は半端じゃない。名門校のエース・部長がインハイ決勝戦で出すようなオーラに満ちていると言ってもいい。今までのスタイルとは全然違うが、大三元あたりをテンパイしていたとしても驚きはしない)」

亦野「(その上で私を狙い撃ちにするために白水のは見逃がした、なんて変態染みたことも十分に考えられる)」

亦野「(無難にオリるのも手だが……そんなのは私の麻雀じゃない)」

亦野「(不要な危険牌は既に通っていて攻めの手が整っている。なら攻めるだろ! 白糸台のフィッシャー・亦野誠子は!)」


亦野「(それに、振り込んでしまったとしても、白糸台は負けないっ!!!)」タンッ!


灼「(皆に夢を見せるために、繋ぐんだ――――伝説を)」

105 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 02:15:47.95 ID:Kyeww+nR0
修正終了。結構大事な場面だったのに……マジすいませんです。
106 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 04:48:41.70 ID:Kyeww+nR0
終わりに近づくにつれてミスが増える(挨拶)

あと二回と言ったな、あれは嘘だ。最後の投下開始します。

……私は末原先輩にごめんなさいしなければいけないかもしれん。
107 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 04:49:24.27 ID:Kyeww+nR0
健夜『(なんともまあ……流石に彼女と師弟関係にあるだけはあるってことかな)』

健夜『結果としては最良です。2位に固執せずに、ただガムシャラに1位を目指した結果としての逆転ですから。……とは言え、試合全体を通して見ると鷺森選手は相当数の危険なギャンブルをこなしていますが』

恒子『? 麻雀ってそんなもんじゃないですか?』

健夜『……それもそうですね』


奈良県・新子宅

初瀬「す、すっご……」

ギバード桜子「ぶちょー! すげー!」

望「あはは、レジェンドU世ってとこかな」ワハハ

綾「……か」

ひな「綾?」

綾「かっこいい……!!」キラキラキラ

ひな「ファッ!?」

綾「私っ! 将来レジェンドV世になるっ!!!」キラキラ

初瀬「(目が輝いてる……)」

ギバード桜子「じゃー私、ドラゴンロード・MkUセカンドーー!!」

ひな「意味わからん所存ー」

望「あらあら」ニガワライ
108 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 04:50:30.12 ID:Kyeww+nR0
廊下

亦野「……ふー」

末原「おつかれさん」

亦野「」ビクッ

末原「随分な結果やなあ」

亦野「…………末原さん、あの」

末原「別にええよ、言いたいことはよう分かっとる。こんなことしても自分がダメんなるだけや言いたいんやろ? そんなん承知で動いとるわ」

亦野「末原さ」末原「黙れや」ガシッ

ドンッ!(末原先輩が亦野さんを壁に叩きつける音)

亦野「ぐっ!」

末原「力ぁ借りるで。決勝までには返す」ギリギリギリ(襟元を絞め上げる音)

亦野「うぅ、あう」

末原「こっちからの一方的な押しつけとはいえ、あんたが約束を破る人間ちゃうんは分かってる。やめる様に提案しようとしてるのも完全な善意からやろ?」ギリギリギリ

亦野「うぇ、げ」

末原「でもな、余計なお世話や。気持ちとか、想いとか、そんなん全部無視してもまずは勝たなきゃあかん」ギリギリギリ

亦野「う、あ……」

末原「でなきゃな、私は失った何かを取り戻せない。『末原恭子』に戻れんのや」ギリギリギリギリギリギリ

亦野「あ」グルン

末原「だから私は……」


照「そこまでだ」

109 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 04:51:06.01 ID:Kyeww+nR0

末原「」パッ

亦野「」ドシャ

亦野「う、あ、はー、はー」ナミダメ

照「人の後輩を、随分と可愛がってくれたね」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

末原「……すまんな。昨日からどーも情緒不安定であかん。ここは退散するわ」タッタッタッタッタッ

照「あっ! ……逃げたか」

亦野「……宮永、先輩、その」

照「とりあえず戻るよ、誠子。話はそれからだ」

亦野「……はい」
110 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 04:51:39.23 ID:Kyeww+nR0
白糸台選手控室

亦野「……本っ当にすいませんでしたっ!」ペッコリン

菫「……最後のアレは仕方ない、と言いたいところだが――――お前、あの役満がくる可能性に気づいていただろ」

亦野「……はい」

菫「そうか……ま、いいさ。自分を貫いた結果だ。――――責任を取る覚悟はできているな?」

亦野「はいっ」

菫「……決勝では勝て。私と渋谷も勝つ。そして、インハイ以降も勝ち続けろ。それで誰も文句を言わなくなる」

亦野「!!!」

菫「お前は一応次期部長候補の一人なんだ。簡単には滝壺に落としてやらん」

亦野「……ありがとうございますっ!!」グスッ

菫「礼なんていらん。結果を出せ」

淡「スミレ、やっさしー」ヒュー
111 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 04:52:05.49 ID:Kyeww+nR0
菫「……その口、縫い合わせてやる」

淡「恐っ! 大将戦行ってきまーす!」

亦野「淡っ!」

淡「……なーに、セーコ?」

亦野「こんなこと、後輩のお前に言うのは先輩失格だと思う、でも…………勝ってくれ! 頼む!!」

淡「あはは、何言ってんのさー」


淡「言われなくとも、勝っちゃうのがこの私! 高校100年生の大星淡!! 私を倒したいのならば大将戦までに100万点差をつけるべきだったと、一年坊たちに教えてやるぜっ!!」ゴッ!


菫「ほとばしる馬鹿だな、おい」

渋谷「大将戦、あなた以外の一年生はひとりだけ」ズズー


亦野「……ありがとう、淡」

照「……」ヤレヤレ

照「(それにしても、姫松の末原恭子……あんな血走った眼をした女だったか?)」
112 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 04:52:51.54 ID:Kyeww+nR0
廊下

泉「清水谷部長、あの」

竜華「泉、大丈夫や」


竜華「――――勝つから」ボウッ!


泉「……!(何をいらん心配してたんや私……この人が一年生と二年生に負けるわけがない!!)」

113 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 04:53:26.03 ID:Kyeww+nR0
新道寺女子選手控室

哩「すまん、姫子。鍵ば……」

姫子「――――部長」

哩「姫子?」

姫子「後は任せてください」


姫子「部長は私を信じていてくれれば、それでよかとです」


哩「……分かった。行って来い!」

姫子「はい!!」


煌「おや? 部長、お身体の方は?」

哩「ああ、それならあの『レジェンド・ロン』とか言うのが炸裂した瞬間に治ったとよ」

煌「すばらっ!?」
114 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 04:53:55.13 ID:Kyeww+nR0
阿知賀女子選手控室

灼「……ただいま」

玄「灼ちゃーーーん!!」ダキツキ

灼「ぶふぉっ!! 玄、苦し」グヌヌ

宥「灼ちゃん、あったかすぎるよー」ポカポカ

憧「さっすが、我らが阿知賀の部長にしてレジェンドU世よね」

灼「――――え?」

憧「いや、さっき自分で言ってたじゃん。全国ネットで」

灼「」カーッ

玄「うわっ! 灼ちゃんアッツ! 顔赤っ!」

宥「あったかーい♪」

憧「あー、無我夢中で周りの状況忘れてたのね……」アタタカイメ


晴絵「――――灼」
115 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 04:54:21.85 ID:Kyeww+nR0
灼「ハルちゃん……」

晴絵「教えた期間は短いけどさ……お前は私の誇りだよ、部長」

灼「……!!!」カーーッ!


玄「もっと赤くなった!」

憧「晴絵、レジェンドU世ばっかずるい! 私たちは!?」

晴絵「はは、そりゃもちろん、このチーム皆、私の最高の生徒たちさ」


晴絵「っと、浮かれるのもこの辺にして……シズ、行けるな?」

穏乃「はいっ!!!」


穏乃「今っ!! 私は!!! 猛烈に!!! 熱血しているっっ!!!!」メラメラメラメラ


晴絵「うしっ! 勝ってこい!」

穏乃「しゃあっ!!」ダッシュ!
116 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 04:54:48.41 ID:Kyeww+nR0
宥「ところで灼ちゃん……身体も服も綺麗になってるね」

灼「最後のロンで全快しました」

玄「レジェンド・ロンだねっ!」

晴絵「亦野がまだ力に馴染んでいなかったから、すぐ治ったんだ。あれが力を使いこなしていて、更にもっと強い圧力を掛けてきていたら酷かったぞ」

憧「……晴絵は喰らったことあるの?」

晴絵「……十年前のインハイでな。内臓をいくつか、ごっそりと持っていかれた」

憧「は?」玄「え」宥「ひっ」灼「……」

晴絵「ま、所詮は麻雀ダメージ。リアルダメージじゃないから時間経過で回復する。完治までは五年かかったけどな」

憧「……理解の外だわ」


灼「……ハルちゃん」

晴絵「ん?」

灼「いつか一緒にあのアラフォーぶっ殺そ!(本気)」ニコッ

晴絵「」



 亦野「やばい」末原「私にいい考えがある」

         カン!

117 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 04:55:22.73 ID:Kyeww+nR0
エピローグ


末原「上々やな。――――十分の一程度の合体でもあれぐらいの強さ、か」ヨロヨロ

末原「亦野からは力全部を借りた。それにまだ他に波長の合うやつが三人いる。いくら宮永でも五身合体して生まれる『神』には勝てん!!」

末原「勝たなきゃ、勝たなきゃあかん。でないと、私の今までの麻雀が、全部、ぜんぶ……」フラフラ

???「……」トッ

末原「あん?」

ネリー「……」
118 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 04:55:50.81 ID:Kyeww+nR0
末原「はっ。運命奏者(フェイタライザー)か……準決勝の相手にこんなとこで顔合わせるとはな」

ネリー「……」

末原「お前もAブロックの観戦か? やっぱチャンピオンは凄いな。チビりそうになったわ」ワハハ

ネリー「……」

末原「おいおい、なんか喋れや。私、なんか馬鹿みたいやん」

ネリー「……」

末原「…………『オーバーワールド』」

ネリー「!!!」

末原「それがあんたの聞きたかったことやろ? 私も詳しくは分からんけど『あっちの世界』のことは代行に少し教えて貰ったし、この力も元々はあっちのモンや」

ネリー「……」ギリッ

末原「まあ、私には関係ない。私は宮永に勝てればそれでええ。……じゃ、Bブロックの準決勝で会おうや」ヨロヨロフラフラ


ネリー「…………」

119 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 04:56:17.47 ID:Kyeww+nR0
?????


「たまらんわぁ」ホゥ


赤阪「末原ちゃん――――――ホンマにかわええんやから♪」ニッコリ




To Be Continued...?
120 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 05:00:50.72 ID:Kyeww+nR0
Bブロックの話は原作本編の準決勝が終わるまでこのSSのこと覚えてたら書く(嘘)

スレタイの話、完結! このぐらいの長さに五日もかけてしまいすいません。
読みづらい点やミスもありましたが、最後まで見てくれた皆さん、ありがとうございました。

残りのレスどうしましょう? これだけ残っててもHTML化依頼してもいいんでしょうか?
121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東) [sage]:2012/11/19(月) 06:04:40.37 ID:tL5n8kKAO
依頼は出してもいいと思う
まあ立てた本人が別な話を続けて書くのもあり

最後、怪我が治るご都合主義にワロタww
綺麗にまとまってよかった、乙
122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/19(月) 06:04:57.68 ID:eTBJRUr+o
ええんやで

末原さんが愛しい
123 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 18:54:32.18 ID:Kyeww+nR0
分かんない人が多いと思うので補足。エピローグのネタは小林立先生の前作『FATALIZER』からです。

書こうか悩んでるSSがいくつかあるので、他のスレとかでも偶に見かける次回作のアンケートみたいなのをやります。
用事すませてから投下するんで、後でもしよろしければお付き合いください。
HTML化は2、3日経ってから依頼しようと思います。
124 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 22:18:05.78 ID:Kyeww+nR0
それじゃあアンケートを。『しゃあねえな。突き合ってやるか』という方がいらっしゃれば、ご協力お願いします。

@誠子「ハンター試験?」ゴン「うん!」

HUNTER×HUNTERとのクロスSS。世界観はハンタで、登場人物もハンタ。そこに咲キャラが出ます。
最初から登場が決まってる咲キャラは、くじら島でゴンの釣り友達だという設定を持たせた亦野誠子ちゃんのみ。
後の咲キャラは安価で決めるという微安価スレ。作者の練習という意味合いが強い作品。


A【安価】宥「寒イ……寒イ……寒イカラ……」【架空戦記】

松実宥さんを主人公とした咲キャラでの架空戦記スレ予定。

大阪民国と近畿国家連合との泥沼の争いが停戦という形で終結して1年。
奈良国の元特殊部隊所属軍人であった松実宥はこの世界で何を想い生きるのか――――? ……あらすじは大体こんな感じ。
イメージはこれ→ http://i.imgur.com/qHbWY.jpg パンプキン・シザーズから結構設定を引っ張ってます。

色々構想練ってはいるけど、安価スレ初挑戦で書くには荷が重いかもしれないSS。書くにしてももう少し暖めたい感じです。

125 : ◆Ui2K3L97FQ [saga]:2012/11/19(月) 22:18:53.92 ID:Kyeww+nR0
B士栗「お姉ちゃん!」和「人違いでは?」

大神・小林立先生の怪作『FATALIZER』とのクロス。

伏線投げっぱなしで終わったこの作品に『咲-saki-』と安価を混ぜることで無理矢理完結させようという無謀なSS。
難点として、『FATALIZER』は『咲-saki-』ファンにすら人気がないので需要はほぼないということ。
それと、コミックスを随分前に売ってしまったので買い直さなくてはいけないということ。
少なくとも『咲』の方のネリーのキャラを確認したいなあ、ということ。の3点。
はっきり言って何故書く候補に入れてたのか分からないSS。


C京太郎「俺の彼女を紹介します」

短編集スレ。流行りの京太郎君をリクエストのあったキャラと恋愛漫画させます。
多分一番楽。作者に恋愛経験はないですが。



このスレは2、3日経ったらHTML化依頼しますので、それまでにあった意見等を参考にして次スレを建てようと思います。

……いつになるかは分かりませんが。 それではまたいつか、どこかのスレで。
126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/11/19(月) 22:20:40.57 ID:aFXCKIMZo
京太郎厨なんで4って言いたいけど設定的に2が心ひかれる架空戦記

2
127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/19(月) 22:20:55.96 ID:eTBJRUr+o
そりゃあD
京太郎「俺の彼氏を紹介します」できまりやろ
128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/19(月) 22:25:06.28 ID:uNWyhuADO
Cと言いたいがせっかくだからBで
129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/19(月) 22:30:55.12 ID:zW3v0LDIO
?だな
?は個人的に溢れ過ぎて食傷気味かな。
130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2012/11/19(月) 22:42:57.47 ID:E9kkzo/Fo
@で
131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/19(月) 22:45:15.44 ID:ykx8o6EKo
2が見てみたいな
132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/19(月) 22:51:38.35 ID:d1EXl060o
2がおもしろそうだなぁ。
最低野郎並みの環境に叩き込まれるおねーちゃん。
零下80度 吐く息どころか内臓さえも凍る
宥「酒をくれ…五臓六腑を焼く酒をくれ…」
133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/19(月) 23:40:31.74 ID:zW3v0LDIO
2で
134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/20(火) 16:24:03.32 ID:9662eLZv0
1で
135 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/22(木) 07:54:12.04 ID:9Xuoy/Yu0
?
136 : ◆Ui2K3L97FQ [saga sage]:2012/11/22(木) 19:40:47.94 ID:C0kw+D150
そろそろ依頼出します。ご協力ありがとうございました。
137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/11/22(木) 20:04:22.06 ID:1GsIxMnmo
2で
138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/22(木) 20:31:05.81 ID:sH3OCDNDO
2で
しかし本編準決勝って何年後って話だな
139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/23(金) 21:38:19.76 ID:By7Z3RkHo
亦野「夜這い」
というスレタイを幻視した、訴訟
61.19 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)