このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

黒ギャル「うちが恋愛応援団長になったげようか?」男「別にいいよ」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/25(日) 00:22:27.86 ID:kA9H4/rAO
『男』と『黒ギャル』その他による日常系ドタバタラブコメSSになる予定です。

黒ギャル参考画像
http://pics.dmm.co.jp/mono/movie/adult/h_275tdbr38/h_275tdbr38pl.jpg

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1353770547
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

提督「霞との関係を秘密にしたい」 @ 2020/05/31(日) 05:28:30.22 ID:RjayCTzr0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590870509/

モバP「19歳になった橘ありすに勝てない」 @ 2020/05/31(日) 03:07:38.69 ID:zcfde6Ug0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590862058/

末原「こりゃもう終わりかなって思ったときからが勝負や!」漫「先輩……」 @ 2020/05/31(日) 02:36:46.86 ID:6LO6VK2u0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590860206/

「ねえ、大丈夫かい?」 @ 2020/05/31(日) 02:23:00.06 ID:uUnHeNjQ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590859379/

【ガンダム】ウルフラム「安価とコンマで一年戦争(欧州戦線)」その7 @ 2020/05/30(土) 22:57:25.61 ID:Em98O5wC0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590847045/

my vision was enhanced,ridden with anxiety,but i couldn’t sit quietly.  @ 2020/05/30(土) 22:29:56.09 ID:oV0bpsyDo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1590845395/

サイト「愛してるよ、ルイズ」ルイズ「わ、私も、あんたのことを……」 @ 2020/05/30(土) 22:13:07.57 ID:A9YfU/XoO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590844387/

【安価・コンマ】僕「青春学園テニス部?」Part2 @ 2020/05/30(土) 19:43:50.77 ID:cmYaY3HpO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590835430/

2 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/25(日) 00:24:57.61 ID:kA9H4/rAO
******

男「(俺の名前は……まあ、『男』と言う事にしといてくれ)」

男「(俺は、市内の高校に通うしがない高校一年生だ)」

男「(友人からはよく『歳の割に冷めてる』なんて言われるが……)」

男「(まあ、その話は取り敢えず置いといて)」

がらっ

女生徒A「……ねえねえ来たよ」

女生徒B「くすくす……」

男「………………」

男「(……女子からのこんな反応も今やすっかり慣れっこだ)」

男「(まあ、俺みたいな一般的に『オタク』と言われてる奴には妥当な扱いだろう)」

男「(しかし、この娘だけは……)」

黒ギャル「すー……すー……くすぴー……」

男「(彼女の名前……まあ、彼女も『黒ギャル』としておこうか)」

男「(染めた髪に焼いた肌、はだけた制服、派手な化粧、香水の匂い)」

男「(彼女は俺が最も苦手とするタイプで、入学当時に彼女を見た時は正直関わりたくないと思ったもんだ)」

男「(それが今は……)」

男「おい」

ぽんっ

黒ギャル「……ふにゃ」

男「起きろよ」

黒ギャル「……んん、ああ、男君か……ふぁぁ、おはよ」

男「おはよ、じゃないよ。なんでホームルームも始まってない朝っぱらから熟睡してんだ」
3 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/25(日) 00:26:05.46 ID:kA9H4/rAO
黒ギャル「……朝早くから目が覚めちゃったんだからいーじゃん……」

男「それに、そこは俺の席だ。どいてくんないと座れないんだがな」

黒ギャル「……いーじゃん、こっちの方が座り心地いいんだからさ」

男「同じ型の椅子だから座り心地もクソも無いだろ」

黒ギャル「……ん」

くいっくいっ

男「ん?」

黒ギャル「……前、前。代わりにうちの席座ってていいよ」

男「……やれやれ」

〜〜〜〜〜〜

担任「さぁて出席取るぞ……って、男、何やってんだ?」

男「はあ。黒ギャルちゃんが俺の席からどいてくんないもんで、仕方なしに膝に座ってます」

担任「それでまだ起きない黒ギャルも黒ギャルだな……」

〜〜〜〜〜〜

〜昼休み〜

ちょいちょい

男「旦那、旦那」

黒ギャル「旦那って何よ、花も恥じらう乙女に対して失礼じゃない?」

男「自分で言ってて罪悪感感じないか?」

黒ギャル「……もう話聞いたげない」

男「ごめんて」

黒ギャル「……もー、何?」

男「ちょっとさ、相談したい事があるんだ。放課後、時間取れないか?」

黒ギャル「……そ、相談?」

男「無理だったらいいんだけど」

黒ギャル「……いや……大丈夫だよ」
4 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/25(日) 00:27:12.66 ID:kA9H4/rAO
〜〜〜〜〜〜

〜放課後〜

きーんこーんかーんこーん

女生徒A「ねえ、今日マクド寄ってかない?」

女生徒B「うん、行く行くー」

がさごそ

黒ギャル「さぁて、と。ねえ、男君。どうすんの?相談って?」

男「うん……ここじゃ何だから、帰りながらでいいか?」

黒ギャル「うん、いいよ」

男「じゃあ行こうか」

がたっ

女生徒B「……ねえねえ、あの2人、一緒に帰んの?」

女生徒A「……えー?マジ似合ってないんですけど」

女生徒B「……援交?」

くすくす

黒ギャル「……ちょっと何なのよあいつら、感じ悪いなー」

男「ほっとけほっとけ、いつもの事だからさ」

〜〜〜〜〜〜

〜帰り道〜

黒ギャル「……で、相談って?」

男「うん……あのな、笑わずに聞いてくれるか?」

黒ギャル「……な、何よ」

男「女の子に告白するとして、どう言う台詞が良いかなと思ってさ」

黒ギャル「こ、こここ告白ぅ!?」

男「いいじゃないか、俺が女の子に告白したって……何だよ」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/25(日) 00:28:45.86 ID:snKDiuy80
お前さんほんっとに黒ギャル大好きなのな
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/11/25(日) 00:28:56.58 ID:vCHO/DkSO
またお前か
楽しみにしてるよ
7 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/25(日) 00:30:21.26 ID:kA9H4/rAO
黒ギャル「いや……別に悪かないけど……誰?」

男「え?相手?……あのさ、隣のクラスの清楚子ちゃん。知ってる?」

黒ギャル「あー……あの娘ねー……」

男「何だよその反応は」

黒ギャル「男君、あんなAKBみたいなのが好きなの?」

男「何だよそれ。好きになるタイプなんて人それぞれじゃないか」

黒ギャル「まあ、そりゃそうだけどさ……」

男「で、どうなんだろうな?やっぱりムードとか必要なんかな?」

黒ギャル「………………」

男「……聞いてるか?」

黒ギャル「……え?ああ、うん、聞いてるよ」

男「例えば君だったら、どんな告白されたら嬉しい?」

黒ギャル「え……うん、やっぱり……素直に気持ち言ってもらって、素直に好きって
言ってくれる方がいいかな」

男「やっぱりそうなのか……色々考えてたんだけどな」

黒ギャル「……まあ、うちは告られるより好きになる方が多いんだけどね……」

男「……ん?何か言った?」

黒ギャル「えっ?あ、いや、何にも……」

男「そっか……うん、それで行ってみよう。今日は話聞いてくれてありがとな」

黒ギャル「……うん」

男「結果報告すっからなー」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/25(日) 00:30:53.03 ID:snKDiuy80
無謀なことを
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) :2012/11/25(日) 00:30:55.87 ID:VjOVhplO0
楽しみ
10 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/25(日) 00:32:32.18 ID:kA9H4/rAO
今回はここまで。
続きは未定です。
11 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/25(日) 00:34:04.45 ID:kA9H4/rAO
>>5
特に武藤クレアとERIKAが好きです。
泉麻那は例のニコ生のアレを見てからどっか飛んで行きました。
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/25(日) 00:35:22.32 ID:snKDiuy80
>>11

申し訳ないが誰だかわかりません
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/25(日) 00:39:31.42 ID:+EZG+/sIO
童貞晒しあげ
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/25(日) 01:15:26.86 ID:tY224lSqo
>>1が関西人なのは分かった
15 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/25(日) 01:52:23.97 ID:kA9H4/rAO
>>14
ざっくり行って西日本在住なのは間違い無いですか関西ではないですよ。
つうか何故?
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/11/25(日) 02:30:33.07 ID:lCMaB5Dlo
なんで深夜のほうにも立ててんの?
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/11/25(日) 02:58:14.11 ID:tX5aTsKi0
ひとつひとつ、キチンと書き終わってから次の書きはじめろよ糞が
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/25(日) 04:47:46.57 ID:7ZY0ZVhIO
くさい
19 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/25(日) 09:48:15.50 ID:kA9H4/rAO
******

〜入学してすぐの頃〜

黒ギャル『あー、職員室どこなんだろ……』

黒ギャル『この学校、何でこんなに広いのよ!』

黒ギャル『今日中にこの書類先生に渡さないと間に合わないのに……』

たたたたたっ

がくっ

黒ギャル『きゃっ!』

ずだだだだだっ!

……………………

黒ギャル『いったぁ……』

黒ギャル『もう、何なのよ今日は……職員室見つかんないし階段からこけるし……』

黒ギャル『…………っ!いたっ!』

黒ギャル『足が……めっちゃ痛い……どうしよう……』

黒ギャル『……よいしょっと……いたたたっ!』

がくん!

黒ギャル『ダメ、痛くて立てない……』

女生徒B『……えー?何あの娘?ケガ?』

女生徒A『先生呼んでくる?』

女生徒B『……いいよ。それより映画遅れるよ』

女生徒A『あ!もうこんな時間!』

たたたたたっ

黒ギャル『ちょっと……』

黒ギャル『誰か……助けてよ……』
20 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/25(日) 09:49:04.91 ID:kA9H4/rAO
男『(さぁて、帰るか帰るかっと……ん?)』

男『(何だあの娘は?あんな所にうずくまって)』

男『(……パンツ丸見えだな)』

男『(……今晩のおかず決定)』

男『(いやいやいや)』

黒ギャル『(………………)』

黒ギャル『(何こいつ……じろじろ見てんなよ……)』

男『……ねえ、大丈夫?』

黒ギャル『……えっ?』

男『何か立てなくなってるみたいだけど』

黒ギャル『うっさいなぁ……関係ないでしょ、あっち行ってよ』

男『……あっそ』

黒ギャル『(………………)』

黒ギャル『(うう……痛いよぅ……)』

〜〜〜〜〜〜

男『だからって無理する事ないだろっての』

黒ギャル『……うるさいなあ。……つうかお姫様抱っことかやめてくれる?
パンツ見えちゃうんだけど』

男『今更気にしたって仕方ないだろ……っと、保健室に着いたぞ』
21 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/25(日) 09:49:50.34 ID:kA9H4/rAO
黒ギャル『………………』

男『……何やってんだよ』

黒ギャル『……え?』

男『ドア開けてくれよ。俺両腕が塞がってんだからさ』

黒ギャル『あ……ああ、ごめん……』

がらっ

男『すんませーん、ケガ人でーす』

黒ギャル『ちょっと!恥ずかしいからやめてよ!』

男『だってケガ人には違いないじゃないか』

保健室の先生『はい、どうしたの?』

男『あ、この娘階段踏み外して足ケガしちゃったみたいで……よいしょっと』

保健室の先生『あらあら、大変ね。じゃあ、あっちのベッドに座って』

黒ギャル『ちょっと!『よいしょ』とか、うちがまるで重いみたい……』

男『じゃ、俺はこれで』

黒ギャル『……あ、あの……』
22 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/25(日) 09:50:40.67 ID:kA9H4/rAO
******

〜教室〜

ギャル友「あのさあ」

黒ギャル「……何?」

ギャル友「ちょっとあんたに確認しときたい事があるんだけどさ」

黒ギャル「な、何よ」

ギャル友「答えにくかったら答えなくてもいいんだけど」

黒ギャル「………………」

ギャル友「…………?」

黒ギャル「……うん、やっぱりバレちゃった?」

ギャル友「やっぱりそうだったの!?」

がたっ

黒ギャル「ちょ、そんなに大きな声で言わないでよっ!」

ギャル友「んー、やっぱりそうだったのかぁ」

黒ギャル「……ごめんね、まだ処女で……」

ギャル友「えっ」

黒ギャル「えっ」

ギャル友「………………」

黒ギャル「………………」

黒ギャル「/////////////」

ギャル友「……あのさ、あたしが訊きたかったのはそー言う事じゃなくて、
男君との事だったんだけど……」

黒ギャル「お、お、男君?」

ギャル友「動揺し過ぎだって……ね、あんた達さ……付き合ってんの?」

黒ギャル「つつつ付き合ってる?」

ギャル友「……何とかなんないの?それ……」
23 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/25(日) 09:51:28.00 ID:kA9H4/rAO
ギャル友「だってさあ、あんた達たまに一緒にお昼ご飯食べてるし、
こないだだって一緒に帰ってたじゃん」

黒ギャル「あ、あれは男君が相談があるって言うから一緒に帰った
だけであって、お昼ご飯食べてるのもたまたま席が前と後ろだからで
あって、付き合ってるなんてそんな……」

ギャル友「……ふうん」
24 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/25(日) 09:52:29.00 ID:kA9H4/rAO
今回はここまで。
続きは未定です。
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) [sage]:2012/11/25(日) 10:50:58.90 ID:FdONP+9AO
黒ギャルの人か
期待してる
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/25(日) 11:04:32.58 ID:+EZG+/sIO
処女で初心な黒ギャルですか…妄想極まってますね。童貞拗らせ過ぎですよ?
何故、気持ち悪いオタクと恋愛関係、肉体関係になるんでしょうね
作者様の願望、理想の展開なんでしょうが正直気持ち悪いです
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/25(日) 11:15:20.78 ID:28akVsDr0
そもそもSS自体が妄想なのに何言ってんの?
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/25(日) 11:18:50.43 ID:qvRSvw5y0
そもそもお前の頭が妄想の塊で童貞拗らせてるのに何言ってんの?
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/25(日) 11:29:35.42 ID:tY224lSqo
>>15
マクドナルドの略し方
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/25(日) 11:31:54.12 ID:K3yJKtUI0
関西はマクド
関東はマック
だっけ?
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) [sage]:2012/11/25(日) 11:58:58.70 ID:FdONP+9AO
>>30
8割以上の人はそう略すね…
たまに例外もあるみたいだけど
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/25(日) 12:14:11.20 ID:glxYzyEDO
今度はどのくらい書いたら投げ出す予定ですか?
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/25(日) 12:22:32.10 ID:+Ojvwva3o
なんでこっちにもたってんだよ
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/25(日) 12:24:26.78 ID:YRhG9IjH0
すげえ気持ち悪い
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/25(日) 18:31:15.08 ID:6KHYW7oDO
頑張って
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県) [sage]:2012/11/26(月) 04:25:45.37 ID:p/y/v0poo
期待
今度こそ完成させてくれ
37 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/26(月) 15:24:13.21 ID:7tPNktaAO
******

黒ギャル「あー、もう!膝なんかに座んないでよ!学校はそー言う店じゃねーんだから!」

男「毎朝毎朝、君がいつまでも俺の席からどかないから悪いんじゃないか」

黒ギャル「オプション料金取るよ?」

男「……いくらだ」

黒ギャル「ホントに財布を出すな!」

黒ギャル「もー、あんたが上に座ってたから脚が痺れちゃってジンジンするじゃんか……」

男「………………」

黒ギャル「…………はっ!」

男「ていっ!ていっ!」

ぺしっ!ぺしっ!

黒ギャル「いたっ!いたっ!痺れてる脚を叩くなっ!」

……………………

イケメン「何だかんだ言いつつも……」

ギャル友「仲良いんだよねー、あの2人……」

〜〜〜〜〜〜

〜昼休み〜

イケメン「よう、飯食おうぜ飯」

男「何で野郎2人で昼飯食うんだよ。お前はギャル友ちゃんと食えば
いいじゃないか」

イケメン「いいじゃねーかつれないなあ。小学校からの俺とお前の仲じゃん。
それに、アイツ隣のクラスの友達と一緒に食ってるから寂しいんだよ」

男「なんだ、お前その歳で離婚秒読みか?」

イケメン「離婚って何だよ離婚って。まあ、学校でまでベタベタして
らんねーからな」
38 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/26(月) 15:24:46.65 ID:7tPNktaAO
男「……学校の外ではベタベタしてんのか」

イケメン「……まあ、そりゃ付き合ってるからな」

男「チンコもげろ」

イケメン「何でだよ。チンコもげたらアイツとエッチ出来なくなるじゃん」

男「ギャル友ちゃんのアソコももげろ。むしろ気持ちいい所全部もげろ」

イケメン「おいおい、随分とやさぐれてんな。お前もさぁ、彼女とか
作りゃいいじゃん」

男「おうおう、言って下さるじゃないか。この俺様の顔面偏差値を
知ってて言うか?」

イケメン「……俺は男だからお前のルックスがどうとか判んないけどさ
……好きな娘とかいねーの?」

がたっ

どさどさっ

イケメン「……お前って解りやすい動揺するよな」

男「……隣のクラスのさ、清楚子ちゃんって知ってるか?」

イケメン「……清楚子ちゃん?……あー、あの娘か。AKBの小嶋陽菜
っぽい」

男「……みんなそう言うのな……」

イケメン「何だよ、褒めてんじゃん……つうか、勝算はあんのかよ」

男「……マリナーズ川崎の打率ぐらいには」

イケメン「よく解らんが要するに極めて低いって事な……ってか
喋った事とかあんのか?」
39 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/26(月) 15:25:58.02 ID:7tPNktaAO
男「……?お前とは小中高と一緒だけど、中学の時に同じクラスに
いたじゃん」

イケメン「……いたか?」

男「正気ですかイケメンさん」

イケメン「ははは、悪りぃ悪りぃ。俺、興味の無い女にはとことん
興味が無いタチでさ」

男「くー……余裕の発言だな」

イケメン「リサーチはしてんのか?」

男「リサーチ?」

イケメン「おいおい、リサーチもしてねぇのかよ。俺なんかギャル友に
告る前には彼氏の有無はもちろんありとあらゆる情報をだな……」

男「お前なら相手に彼氏がいようがいるまいが余裕だろうが」

イケメン「解ってねぇなぁ。いいか、良く考えてみろ。例えば仮に
ギャル友に彼氏がいたとしてだ。俺に告られて俺に乗り換える。
で、そんな女が俺からまた別の男に乗り替えないって言い切れるか?」

男「ほー……」

イケメン「いやそんなに真っ直ぐに感心されても」

男「まあ、あれだな……中学ん時も業務連絡ぐらいしか話した事ないし……」

イケメン「ところで……お前、本当にその清楚子ちゃんでいいのか?」

男「……?どう言う意味だよ」

イケメン「……いや……まあ、いいや」
40 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/26(月) 15:26:38.47 ID:7tPNktaAO
******

男「(とは言っても……)」

清楚子「でねー……なんだー」

クラスメイト「えー?マジで?」

男「(イケメンの言う通り……面識が無いも同じなんだから……
それで付き合おうってのも確かにムチャな話だよな……)」

男「(でもなぁ……んー……)」

くるっ

どんっ!

男「わっ!」

黒ギャル「きゃっ!」

男「……何だ、黒ギャルちゃんか」

黒ギャル「……びっくりしたぁ。……こんなとこで何やってんの?」

男「え?あ、いや、別に……」

黒ギャル「別にって何にも無しにこんなとこにいる訳無いでしょ……あ」

クラスメイト「ね、今日帰りにボウリング行かない?」

清楚子「あ、行く行くー♪」

黒ギャル「………………」

男「………………」

黒ギャル「ストーカーかっ!」

ぽかっ

男「いててっ!ストーカーじゃねえよ、ちょっと遠くから見てただけ
じゃないか!」

黒ギャル「それをストーカーって言うのっ!」

ぽかぽかっ

男「いてぇって!何でそんなに当たりがキツいんだよっ!」

黒ギャル「ったく……そんなに清楚子ちゃんが好きなの?」
41 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/26(月) 15:27:54.14 ID:7tPNktaAO
男「な……何だよ」

黒ギャル「ほんっとーに好きなの?」

男「お、おう」

黒ギャル「……そう。なら解った。今からうちに付き合え」

男「へ?」

黒ギャル「間抜けな顔しないっ!このままストーカーしてても仕方ない
でしょ!」

〜〜〜〜〜〜

がーっ

先輩「いらっしゃいま……あ、黒ギャルちゃんじゃん」

黒ギャル「ちわーっす、先輩」

先輩「……その子がさっき電話で言ってた男君?」

黒ギャル「はい。すいません、無理聞いてもらっちゃって」

男「な、何だよここは」

黒ギャル「うちの先輩がやってる美容院だよ」

男「美容院って……」

先輩「でも……いいの?」

男「はい?」

先輩「うちの若いスタッフのカットモデルになってくれるんですって?」

男「はいいぃぃぃ?」

黒ギャル「右京さんかっ!」

先輩「黒ギャルちゃん……何か彼に話が伝わってないみたいなんだけど……」

黒ギャル「いえ、大丈夫です!思う存分、いじり倒してやって下さい!」

男「待て待て待て、俺は何も聞いてないぞ」

黒ギャル「ここまで来てウダウダ言わない!今のもっさいカッコで
清楚子ちゃんに告って成功する訳ないでしょ?」
42 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/26(月) 15:28:33.81 ID:7tPNktaAO
〜小一時間後〜

スタッフ「はい、終わりでーす。お疲れ様でした」

男「……うっわー……」

黒ギャル「……ほう……」

先輩「男君ってパーツパーツは決して悪くないから、問題はどう磨くか
だけだったみたいね」

男「……何か歌舞伎町のホストクラブの入り口に『夢咲逢夢』とか言う
名前で顔写真出てそうな感じになってんだけどさ……」

黒ギャル「いいでしょ?そんくらいの方が女子ウケが良いんだって」

男「あーあー、眉もこんなに細くなっちゃって……」

黒ギャル「そんなのは細くしたって言わないの。整えたって言うのっ!」

先輩「男君、女の子に告白するみたいだけど……?」

男「え?……ああ、まあ……予定ですけどあくまで予定は未定でして」

黒ギャル「予定とか言わない!男は言い出したら即実行!」

先輩「まあ、男も女も見た目だけが全てじゃないけど、少しは自信ついた?」

男「ええ、まあ……この鏡ってほんまもんの鏡ですよね?」

先輩「うふふ。まだ自分の変身っぷりについて来れて無いみたいね」

黒ギャル「よし、明日、清楚子ちゃんに告るんだぞ?」

男「待て待て、いきなり言うな、心の準備がいるだろっての」
43 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/26(月) 15:30:10.47 ID:7tPNktaAO
今回はここまで。
続きは未定です。
44 :アセロラ :2012/11/26(月) 16:51:58.27 ID:y1NmYASL0
こんな黒ギャル居なくね?
でもこれはこれで良いと思う。
紫煙
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/26(月) 22:08:30.87 ID:JGckfTXqo
黒ギャルってより幼馴染
46 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/26(月) 22:14:51.89 ID:7tPNktaAO
〜〜〜〜〜〜

〜男が帰ってから〜

先輩「自分で言うのも何なんだけど、彼、随分変わったね」

黒ギャル「うちもびっくりしましたよ、まさかあんなになるなんて」

先輩「女の子に告るのかぁ……ねえ、彼って童貞なのかな?」

黒ギャル「せせせ先輩っ!いきなり何を言い出すんですかっ!」

先輩「一応外見はガラッと変わって少しは自信がついたんだろうけど……
異性に好きだって言うにはある程度の自信が必要だからね……誰も
自信なさげにうじうじしたのに告られても嬉しくないから……過剰
なのもアレだけど」

黒ギャル「は……はあ」

先輩「特に男ってセックスしてるかしてないかで自信の持ち方が
全然違うしね」

黒ギャル「んー……アイツとはそんな話した事無いですから……
彼女いた事ないとは言ってましたし、多分童貞……だと思いますけど」

先輩「まあ……今から好きな娘に告る男にセックスして来いってのも
変な話だけどね……ふふふ、あたしが童貞奪っちゃおっかなぁ?……なぁんてね」

黒ギャル「……………………」

先輩「ちょちょちょっと、冗談だってば!そんなに怖い顔しないでよ」

黒ギャル「……え?……うち、そんな顔してました?」
47 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/26(月) 22:15:41.32 ID:7tPNktaAO
黒ギャル「……あ!いっけない、こんな時間だ!もう帰んなきゃ……
失礼します!今日はありがとうございました!」

ぺこり

たたたたたっ

先輩「………………」

先輩「……相変わらず、あの娘は不器用だねー……」

******

〜翌日〜

だだだだだだだっ!

男「だーっ!」

男「こんな慣れない髪型するもんだから、セットに時間かかったじゃないか!」

男「がーっ!遅刻するーっ!」

〜〜〜〜〜〜

がらっ

男「ぜー、はー、ぜー、はー……な、何とか間に合ったか……」

女生徒A「…………?」

女生徒B「………………」

男「(ん?なんだこの教室の空気は……)」

男「(まあ、いいや。とっとと席に座ろう)」

女生徒B「……ね、転校生?」

女生徒A「さあ……そんな話は聞いてないけど……」

黒ギャル「……おはよー♪今日は随分遅かったじゃん」

男「セットに時間かかったんだよ!……今までこんな髪型した事
ないんだからさ」

黒ギャル「……前髪ちょっと乱れてるよ」

男「え?……ああ、もうダッシュで来たからな」

黒ギャル「直したげるよ……よっと」
48 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/26(月) 22:16:33.59 ID:7tPNktaAO
男「いいよ、自分でやるよ」

黒ギャル「ダーメ。今日は清楚子ちゃんに告る大事な日なんだからさ、
キチッとしないと」

男「しーっ!声がデカいよ!」

イケメン「……おい、お前……」

男「おい、ちょっと待て。入って来た時からちょっと違和感があるんだがよ……」

女生徒C「あのー……」

男「え?」

女生徒C「そこ、男君って人の席なんですけど……」

男「…………おい」

黒ギャル「…………まさか……うちもちょっとびっくりしてんだけど」

男「……おい、お前だけは俺が誰だか解るよな?な?」

イケメン「………………?」

がらっ

担任「うーす、おはようさん」

女生徒B「起立、礼」

クラス「おはようございます」

担任「……?何だ君は。どこのクラスの生徒だ?そこはうちのクラスの
子の席なんだが……」

男「…………マジかーっ!」

〜〜〜〜〜〜

イケメン「いやいやいやおいおいおい」

男「せめてなぁ……せめて長い付き合いのお前だけはと思ってたんだが」

イケメン「ははは、悪かったよ……しかしアレか、最近の美容院って
整形もしてくれんのか?」

男「それ以上言うとガチでギャル友ちゃんに猥褻行為するぞ?」
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/26(月) 22:16:42.34 ID:qwUw1mZIO
黒ギャルである必要性皆無じゃん
こんな黒ギャルおらんて
50 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/26(月) 22:17:31.34 ID:7tPNktaAO
ギャル友「でもさあ……やっぱ声だけは変わりようがないから男君だって
解るけど、言われないと気付かないよ?」

男「んな事あるかよ。ちょっと眉毛整えて、髪型と髪の色変えた
だけだぞ?」

ギャル友「いやいや、女だって化粧で変わるんだから、男も髪型
とかでも変わるんだって」

イケメン「その証拠によ……ほれ」

男「ん?」

女生徒B「………………」

女生徒A「………………」

男「……めっちゃ見られてるんだけどよ」

ギャル友「そりゃあ見るよ、だって今の男君すっげーイケメンだもん」

男「つまり以前の俺はブサメンだったと」

イケメン「んな事言ってねえよ。お前、元々が良かったんだよ。でねぇと
こんなにイケメンになる訳ねぇじゃん」

男「何だかくすぐったいぞ」

ギャル友「ところで……どうしてまたそんなに大変身しようと思ったの?」

男「コイツコイツ。黒ギャルちゃんに連れられてな」

黒ギャル「そうそう。男君ね、今日隣のクラスの清楚子ちゃんに
告るんだよ」

イケメン「え?マジで?」

黒ギャル「だから、昨日学校が終わってから先輩の美容院で大変身
させたげたんだ」
51 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/26(月) 22:18:35.29 ID:7tPNktaAO
イケメン「うん、その判断は正しいな」

男「何だと」

ギャル友「でも、すげー変わったし、大丈夫だよ。あたしもイケメン
いなかったら好きになるかも知んないもん」

イケメン「………………」

男「あ、泣いた」

〜〜〜〜〜〜

男「で、何で君がついて来るんだよ」

黒ギャル「男君の人生の新しい門出を見守る母親の気持ち」

男「良く舌噛まなかったな」

黒ギャル「さて、着いたぞー」

男「ちょっと待て」

黒ギャル「?どしたの?」

男「ドキドキする……やべー、緊張がなんともはや……」

黒ギャル「もー、ここまで来てやめるっての?」

がらっ

黒ギャル「ねぇ、清楚子ちゃんいる?」

男「わっ!馬鹿、お前……」

女生徒D「清楚子ちゃん?いないよー」

黒ギャル「あれ?いないの?」

女生徒E「あ、あたし何か体育館の方へ行くの見たよ」

黒ギャル「体育館?オッケー、あんがと」

〜〜〜〜〜〜

黒ギャル「トイレ、終わったぁ?」

男「ああ、何とかな」

黒ギャル「もー、何でこんな時にトイレかな?」

男「仕方ないだろ、昔っから緊張すると小便したくなるんだよ」
52 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/26(月) 22:19:19.32 ID:7tPNktaAO
黒ギャル「さぁて、体育館に着いたけど……誰もいないね」

男「今日は運動部も部活休みなのか……誰もいないな」

黒ギャル「でも、確かにこっちに行ったって言ってたしねー」

……………………

黒ギャル「ん?何か向こうの方で声がする……」

たたたっ

男「おいおい……何だよ……何であいつこんなに張り切ってるんかな……」

ひょい

黒ギャル「清楚子ちゃ…………」

黒ギャル「………………っ!」

清楚子「んっ……んっ……ああんっ!」

彼氏「はぁ……はぁ……マジやべ……」

ずっちゅ、ずっちゅ、ずっちゅ

ぱん!ぱん!ぱん!

黒ギャル「(……ちょ……)」

黒ギャル「(ちょっと……清楚子ちゃん……こんな……ヤってるって……)」

黒ギャル「…………っ!」

男「……………………」

黒ギャル「……お……男……君……」

くるっ

どんっ

……たたたたたっ

黒ギャル「…………ちょっと……待って、男君!」
53 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/26(月) 22:20:18.45 ID:7tPNktaAO
今回はここまで。
続きは未定です。
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/27(火) 00:02:21.58 ID:hsfE/0Fpo

とにかく投げっぱなしはやめてくれよ
55 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/27(火) 03:48:40.77 ID:rOELjfrAO
******

イケメン「おいおい、マジかよ……」

ギャル友「それはちょっと……どう言っていいんだろ……」

黒ギャル「……どうしよう……うちがあんなに煽ったりしなきゃ……」

イケメン「黒ギャルちゃんは悪かねぇさ。悪いのは……」

ギャル友「……男君は?」

イケメン「……あそこ……頭からタオル被って突っ伏してるよ」

たたたたたっ

ギャル友「黒ギャルちゃん……」

黒ギャル「………………」

黒ギャル「あ……あの……男君……?」

男「………………」

黒ギャル「ご……ごめん……うちが何も考えないであんなに……」

男「………………」

がらっ

彼氏「おい、男ってヤツいるか?」

黒ギャル「………………っ!」

イケメン「……おいおい、清楚子の彼氏じゃねぇか」

ギャル友「……清楚子も一緒だね……」

清楚子「……ね、アイツ」

彼氏「………………」

つかつかつか

どかっ!

黒ギャル「っ!」

女生徒A「……ちょっと……何なの?」

彼氏「おい」

男「………………」

彼氏「……おいっつってんだろが!」

どかっ!
56 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/27(火) 03:49:36.05 ID:rOELjfrAO
ギャル友「……ちょっと!」

彼氏「……ああ?」

ギャル友「あんたいきなり他人の教室に来て何なんだよ、話があるんなら……」

彼氏「うるせー黙ってろ……おい!」

ぐいっ

男「…………っ!」

彼氏「おい清楚子、コイツか?」

清楚子「……うん」

彼氏「おい、てめぇ何俺の女に手ぇ出してくれてんだよ」

男「…………え?」

清楚子「……バックレてんなよ、私知ってんだから。あんたが前から
私の周りストーカーみたいにウロウロしてんのをさ」

男「……それは……」

どんっ

男「……っ!」

彼氏「それとよ。お前……昨日覗いてたよな?体育館の裏で」

黒ギャル「(…………っ!)」

彼氏「お前何なん?俺らの見てシコッてたの?なあ?」

男「あれは……」

彼氏「なあっ!」

男「………………」

女生徒A「……ね」

女生徒B「……何?」

女生徒A「先生呼んで来ようよ。あいつら普通じゃないって」

女生徒B「……そうだね」

彼氏「お前さぁ……最近調子くれてるみたいじゃん?この髪型とかもさ。
何考えてんの?ねぇ?」
57 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/27(火) 03:50:18.44 ID:rOELjfrAO
清楚子「……あんたさぁ」

男「………………」

清楚子「キモいんだから、キモいなりに大人しくしててくれる?
こっちだってあんたにストーカーされて変な噂立てられて迷惑してるんだからさ」

彼氏「……あー……何かムカついて来たわ……」

ぐいっ

男「…………っ!」

黒ギャル「…………男君っ!」

ばきぃっ!

どさっ!

男「っ!」

ギャル友「黒ギャルちゃんっ!」

イケメン「おいっ!」

清楚子「ちょ……ちょっと……」

黒ギャル「…………うっ…………いたっ…………」

男「………………」

男「てめぇぇっ!」

がっ!

イケメン「やめろっ!」

男「っ!、は、離せっ!」

イケメン「落ち着けっ!お前が手ぇ出すこたねぇ!手が汚れるだけだ!」

男「くっ…………!」

彼氏「……んだとぉ?上等じゃねえか」

イケメン「………………」

彼氏「言っとくが俺ぁ強ぇからな。先輩にボクシング習ってるしよ。
その鼻潰してモテなくしてやろうか?ああ?」

イケメン「……ボクシングとかどうでもいいけどよ……お前、俺と
やるからには覚悟はあるんだよな?」
58 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/27(火) 03:51:06.18 ID:rOELjfrAO
彼氏「……なにぃ?」

イケメン「……覚悟も無いのに人に喧嘩売りに来たのかよ」

ずいっ

彼氏「…………っ」

イケメン「……一個教えていてやるよ。喧嘩に勝つには力とか関係無い。
その後の事に覚悟があるかどうかなんだよな」

イケメン「……俺は覚悟があるが……どうする?」

がらっ

担任「おいっ!何をやってるんだ!」

彼氏「……ちっ。おい、行くぞ」

男「……………………」

清楚子「ストーカーの上に他人のエッチ覗くとか…………ホントキモい。死ね」

〜〜〜〜〜〜

イケメン「ふぃーっ、やっと校長の事情聴取が終わったぜ」

男「……悪かったな」

イケメン「あ?……いいっていいって、気にすんな。それより……」

どんっ

男「……な、何だよ」

イケメン「ごまかしてんじゃねぇよ、気付いてんだろ?」

男「ごまかす?何をだよ」

イケメン「お前……本当に気付いてないのか?」

男「ちょっと意味が……」

イケメン「……まあいいや。これ以上俺がどうこう言える事でもねぇしな」
59 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/27(火) 03:52:10.17 ID:rOELjfrAO
今回はここまで。
続きは未定です。
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/27(火) 08:31:03.00 ID:Me1SGMGco
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/27(火) 08:39:45.68 ID:fqONTCtDo
次からは清楚子じゃなくて醜悪子だなwwwwwwwwww
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/27(火) 08:53:33.17 ID:a2eP6lPb0
清楚でもなんでもねぇな
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/27(火) 08:56:26.91 ID:qfBZM5FIO
読んでて恥ずかしくなる…
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/27(火) 09:48:06.70 ID:GvYHKqyOo
当初の男のキャラ位置づけとは大分かけ離れてるしな元が良かったとかそんなレベルじゃない
それに参考画像()が痛い
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/27(火) 10:17:31.25 ID:MTETFuL7o
SSなんて所詮妄想だし別にいいんだけどさ、流石にこの黒ギャルが現実味なさすぎて寒いというかさ
まぁ結局途中で放り投げるんだろうけどさ
66 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/27(火) 12:26:41.76 ID:rOELjfrAO
******

黒ギャル「いったぁ…………」

ギャル友「大丈夫?」

黒ギャル「うん……何とか。唇とか切れちゃってるけど、後は腫れてる
だけだから」

ギャル友「……あのさあ」

黒ギャル「何?」

ギャル友「この際だからぶっちゃけて訊くけど……あんた、男君の事……」

黒ギャル「……うん、好きだよ」

ギャル友「そ、即答……」

黒ギャル「てか……どして知ってんの?」

ギャル友「知ってるも何も、バレバレじゃん。あんたはギャルで男君は
オタクで、言ったら一番真逆にいるのにいつもいつも2人でいるし……
それに、男君に身体触られても全然嫌がらないし、何より清楚子の
彼氏からかばって殴られるなんて……どうして?」

黒ギャル「どうしてって……自分でも良く解んない。入学して、席が
前と後ろになって、話す様になって……何で好きなんだろ?」

ギャル友「あたしに訊かれたって解んないよ……」

黒ギャル「朝、男君の席に座っちゃってるのも……何だろな、間接的
でもいいから男君と一緒にいたいって思っちゃってるのかも」

ギャル友「だったら、告ればいいじゃん」
67 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/27(火) 12:27:31.84 ID:rOELjfrAO
黒ギャル「告ろうと思ったんだけど……先に男君に清楚子ちゃんが
好きだって相談されちゃってさ……」

ギャル友「だからって何で男君を美容院に連れてったりして橋渡し
みたいな事すんのよ?何でわざわざ自分が辛くなる様な事すんの?」

黒ギャル「だってさ……あのまま男君の事想ってたって辛いだけだし……
それならいっそのこと清楚子ちゃんと付き合ってくれた方が……諦め付くじゃん」

〜〜〜〜〜〜

〜放課後〜

きーんこーんかーんこーん

女生徒B「さー終わった終わったー」

……………………

男「…………なあ。紫地に白のハイビスカス柄の旦那」

黒ギャル「……人のブラの柄を実況しないでくれるかな?ん?」

男「今日、一緒に帰んないか?ちょっと……話があるんだ」

黒ギャル「……え?今日?……うん、別にいいけど……」

黒ギャル「(話…………話って何だろ?)」

黒ギャル「(……………………)」

〜〜〜〜〜〜

〜帰り道〜

男「あのさ……ごめんな」

黒ギャル「……え?」

男「俺のせいで殴られちゃったり……傷、大丈夫か?」
68 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/27(火) 12:28:26.65 ID:rOELjfrAO
黒ギャル「……キスしてくれたら治るから、そしたら許したげる」

男「………………」

すっ

黒ギャル「わっ!本当にキスしようとすんなっ!この野郎!」

男「惜しい。もう少しだったのに」

黒ギャル「はぁ……やっぱり見た目は変わっても男君は男君だわ……」

黒ギャル「あの……それで、話って……?」

男「え?もう終わったけど」

黒ギャル「……は?」

男「いや……君に謝りたかったんだよ。怪我させちゃった訳だし」

黒ギャル「……あ……そう……」

黒ギャル「(なぁんだ……)」
69 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/27(火) 12:29:13.14 ID:rOELjfrAO
******

〜数日後〜

イケメン「うーっす」

ギャル友「あ、おはよー」

ぽんっ

ギャル友「……何よ」

イケメン「お前知ってるか?……清楚子がよ、彼氏と別れたの」

ギャル友「……はあ?マジで?」

イケメン「マジもマジ、大マジよ。こないだ教室で怒鳴り合いの
喧嘩しててさ、清楚子が彼氏ひっぱたいて終了」

ギャル友「……ひょっとして、この前の一件が原因?」

イケメン「いや、そりゃ関係無いだろ。前にもしょっちゅう怒鳴り合いとか
掴み合いの喧嘩してたらしいしさ。どっちにしても時間の問題だったのさ」

ギャル友「……男君は知ってるのかな?」

イケメン「いや、アイツぁまだ知らないと思うけど……」

ギャル友「わざわざ教える必要も無いしね……でも、もし男君が知っちゃったら……」

イケメン「そりゃねーだろ。だってこないだの清楚子の捨て台詞聞いたか?」

ギャル友「『キモい、死ね』」

イケメン「そこまで言われてよ、相手が別れたからって気持ちが
揺らぐたぁ俺には思えないな」

ギャル友「だといいけど……」
70 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/27(火) 12:30:00.38 ID:rOELjfrAO
男「何がいいんだよ」

イケメン&ギャル友「うわっ!」

男「朝っぱらからカップル2人がコソコソすんなよ。もっと爽やかに
内緒話しろよ」

イケメン「何だそりゃ」

男「……ああ、そうか。昨夜の2人の熱い夜の話をしてたのか」

ギャル友「は……はあ?」

男「全部もげろ」

イケメン「相変わらず意味わかんねー……」

男「……あれ?ハイビスカスは?」

イケメン「とうとう名前で呼ばなくなっちまったってか」

ギャル友「黒ギャルちゃんね、体調が悪いから休むって。今朝メールあったよ」

男「何だ休みかよ。今日のアイツのブラの柄楽しみにしてたのに」

ギャル友「はぁ!?」

男「つうか、体調悪いってどこが悪いんだ?……もしかしてこないだの……」

ギャル友「いや、そう言う訳じゃないんだけど……とにかく体調が、ね」

男「……?ふぅん」

がらっ

イケメン「ん?誰か来た……って、え?」

ギャル友「せ、清楚子……っ!」

清楚子「あ、あの……男君……いるかな?」
71 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/27(火) 12:30:52.53 ID:rOELjfrAO
今回はここまで。
続きは未定です。
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/27(火) 12:49:00.29 ID:2LAbBjKr0
清楚じゃなくてビッチだろ
フられたら即乗り換え
73 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/27(火) 13:17:51.73 ID:rOELjfrAO
>>72
清楚子、と言う名前はあくまで見た目で付けた名前です。
見た目と中身は一致しないと言う事は現実でも往々にしてありますので。
74 :アセロラ [sage]:2012/11/27(火) 15:09:12.05 ID:sStrPwXH0
いや、もうビッチやん
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/11/27(火) 15:56:23.36 ID:jVH0mEzyo
実際こういうタイプのが糞女多いぞ
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/11/27(火) 16:33:48.52 ID:yrw3i+zXo
おまえら他人の妄想キャラに自分で設定つけすぎww
周りの清楚っぽい女だって裏じゃ何してるかわかんねーし派手なギャルも好きな男には尽くすタイプかもしれねーじゃんww

まぁどっちにしろ関わることはないんですけどね
77 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/27(火) 16:50:13.49 ID:rOELjfrAO
〜〜〜〜〜〜

女生徒B「……ねえ、清楚子だよ」

女生徒A「こないだあんだけこっちで大騒ぎしといて、良く顔出せるよねー」

女生徒B「つうか、学校でヤってたんでしょ?」

女生徒A「男の事キモいとか言ってたけど、自分の方がよっぽどキモいじゃん」

男「………………」

イケメン「んだよ、あの女……って、おい」

すたすた

男「……何か用か?」

清楚子「あ、男君……こないだは、ごめんね」

男「いや、別に……まあ、謝られても……謝るのは君にストーカーした
俺の方なんだしさ」

清楚子「その事なんだけど……私ね、あの時どうかしてたみたいなんだ」

男「………………」

清楚子「男君にあんな酷い言葉浴びせちゃったって、何度も何度も
悩んじゃって……いつ謝ろうって、そればかり考えてて……」

ぷるぷる

イケメン「……おい、どした」

ギャル友「……かーっ、ムカつく……自分が彼氏と学校でヤってたの
バレたからって好感度回復キャンペーンかよ……」

イケメン「ま、見た目と中身は必ずしも一致しねぇって事か……」
78 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/27(火) 16:50:40.30 ID:rOELjfrAO
清楚子「でね……私なりに色々考えて……やっと自分自身の気持ちに
気付けたんだ」

男「………………」

清楚子「男君が純粋に私の事を思ってくれてる……それに応える事が
私が出来る精一杯の事なんだって」

つーっ……

清楚子「ぐすっ……やだ、涙が止まんない……どうしよう……」

イケメン「……女って……怖いなぁ……」

清楚子「……男君。好きです。こんな私で良かったら……付き合って下さい」

ギャル友「ぐぬぬ……衆人環視のもと、男君に告白する事でイメージアップ
ってか……」

イケメン「まあ、清楚子は他の学年にも清楚で通ってたからなあ。
それで教師のウケも良かった訳だし、本人もこのままじゃヤバいと
思ってんじゃねえか?」

男「………………」

男「……困ったなあ、泣くなよ」

清楚子「だって……私……」

男「いくら泣いて見せたって、腹ん中のどす黒いのはどうやっても
隠せないしね」

清楚子「…………っ!」
79 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/27(火) 16:51:48.57 ID:rOELjfrAO
男「君に振られたから言う訳じゃないが……あの日の最後の言葉、
ありがたく頂いとくよ」

清楚子「……ふざけんじゃねえっ!わざわざあたしが付き合ってやろう
ってんのに、随分な態度じゃん!ふん、そうやってずっと童貞やってろ!
キモオタ!」

ばんっ!

つかつかつかつか

ギャル友「……てでーん。清楚子、アウトー」

イケメン「なあ、ああ言う静かな喧嘩の場合、大事な事って何か解るか?」

ギャル友「……何?」

イケメン「先にキレた方が負けなのさ」

〜〜〜〜〜〜

ギャル友「いやー、あたしはスッとしたよ!」

イケメン「聞いた話だと清楚子の奴、彼氏と喧嘩した時にもキレて
相当な感じだったらしいからな」

ギャル友「…まあ、これで化けの皮が剥がれたし、周りの清楚子を見る目
も少しは……って、あれ?男君は……?」

イケメン「え?アイツならさっさと帰ったぜ。何か黒ギャルちゃんの
お見舞いに行くとか言ってたけど」

ギャル友「ええええっ!?」

イケメン「な、何だよデカい声出して。黒ギャルちゃん体調が悪いんだろ?
お見舞いぐらい……」

ギャル友「……違うの、黒ギャルちゃんの体調不良は……もう!」
80 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/27(火) 16:52:49.62 ID:rOELjfrAO
今回はここまで。
続きは未定です。
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/27(火) 17:38:17.56 ID:fqONTCtDo
自称清楚子ざまぁwwwwwwwwww
あとは堕ちるだけだなwwwwwwwwwwww
地獄見ろやクソアバズレビッチwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

いやーすっきりしたわーイケメンは中身もイケメンだな
82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/27(火) 17:39:43.29 ID:nVpXGJip0
イケメン中身イケメンだ
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/27(火) 19:21:21.59 ID:qfBZM5FIO
流石にキャラがおかしすぎると思うよ?
それに見た目で名前決めるなら、主人公はキモヲタって名前にしなきゃ!

まぁいいか、いつエタるか楽しみでしょうがないから大目に見るよ!
84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/27(火) 19:31:16.36 ID:dgiCwuoDO
熱狂的なファンもいるしこの作者は安泰だな
これ放棄して新しいの書きはじめても勝手に付いてくるしww
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/27(火) 19:53:09.18 ID:OZj9vNMG0
>>83

発狂IOさんちーっす
86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/27(火) 19:57:00.38 ID:qfBZM5FIO
>>85
おう、ちっすな。
ごめん、ちょっと今風邪引いてるからつまんないよ
87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/27(火) 20:06:55.46 ID:dgiCwuoDO
今じゃなくていつもつまんない煽りしかしないのに風邪のせいかよ
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/27(火) 22:07:24.20 ID:8m4fabzso
風邪ならSSなんて見てないで寝ろよ
89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/27(火) 23:20:09.14 ID:vYclX7JXo
>>87
挨拶して貰えてると思ってるんだから
そっとしといてあげたら?
90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/11/27(火) 23:27:35.78 ID:mgOJFjsTo
悪びれもせずエタった奴のSS
意味の無い黒ギャル固執で違和感あり
中身はどっかで見たような展開というかパクリ継接ぎ
色んなSS読んでる奴には見飽きた展開

91 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/28(水) 12:19:30.44 ID:CWB4tShAO
******

男「えーっと……ここのアパートの……308号室か。あったあった」

ぴんぽーん

……………………

?『はーい』

がちゃ

?「はい、どなた?」

男「(うわっ、えらく若い女の人だな……姉ちゃんか?)」

男「あ、黒ギャルちゃんのクラスメイトで男って言います。黒ギャルちゃん、
今日体調が悪いって学校休んだからお見舞いに」

?「あー……体調が……ね。あ、上がって下さい」

男「あ、すいません。お邪魔します」

男「(しかしアイツに姉ちゃんがいるなんて聞いた事無いし……
そもそも一人っ子だって聞いた気が……)」

男「(この女の人だって、こないだの美容院の先輩さんと同じ二十歳
ぐらいだし…………)」

男「(……ああ、親戚の人か)」

?「黒ギャルちゃーん、お友達がお見舞いに来て下さったわよ」

黒ギャル「……んー?誰ー?」

?「男さんって方よ」

黒ギャル「……えっ!?」

?「……ちょっと、少しは部屋を片付けなさい!せっかくお見舞いに
来て下さってるのよ?」

黒ギャル「だぁってぇ、いきなり来るとか聞いてねーし!」
92 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/28(水) 12:20:14.96 ID:CWB4tShAO
?「あ、すみません、みっともないとこ見せちゃって。この子ったら
私に似ちゃってだらしないから……あ、今お茶入れますからね」

男「あ、いえ、お構いなく」

男「………………」

男「………………何?」

〜〜〜〜〜〜

〜黒ギャルの部屋〜

男「(うーむ、ここが黒ギャルの部屋か……)」

男「(やはり黒ギャルも女の子、らしい部屋だな……何か微かに
いい匂いもするし)」

黒ギャル「……ちょっと、何深呼吸してんのよ。座りなよ」

男「うん、じゃあお邪魔します」

黒ギャル「ってか、それでベッドに座るかな……まあいいや」

男「あ、ほれ。これお見舞い」

黒ギャル「あ、ありがとー……わっ!これぬるぽ堂のシュークリームじゃん!」

男「君甘いのが好きだって聞いた様な気がしたからさ。そこのシュークリーム、
クリームたっぷりで有名なんだぜ」

黒ギャル「んー、おいひい♪」

男「……って、早速食ってるな……」

がちゃ

?「お茶が入りましたよ……紅茶で良かったかしら?」

男「あ、すいません」

?「じゃあ、ゆっくりして行って下さいね」

がちゃ
93 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/28(水) 12:21:00.75 ID:CWB4tShAO
男「なあ」

黒ギャル「ん?なに?」

男「今の女の人って……」

黒ギャル「……あー、やっぱり男君もか……うちのママだよ」

男「えっ?君の母ちゃんなのか……えっ?その、結構早く産んだとか、
そう言うの?」

黒ギャル「ママ若作りでねー、あれでも人並みにおばさんなんだよ」

男「へえ……」

黒ギャル「………………」

ぐいっ

黒ギャル「言っとくけどうちのママに手ぇ出すなよ?」

男「出す訳ねーだろ!俺には熟女属性なんてねーよ!」

黒ギャル「じゃあ良かった♪うちのママ、何か彼氏出来たっぽい
からねー」

男「……え?彼氏……?」

黒ギャル「え?……ああ、うち母子家庭なんだ。言ってなかったっけ?」

男「いや……」

黒ギャル「うちが3歳の時にママが離婚してね。そっからずっと2人で
暮らしてるんだ」

男「そっか……俺んとこと同じだな……」

黒ギャル「……え?」

ぴろぴろぴろん♪

男「あっと、悪い、親父からメールだ」

男「………………」

男「……やれやれ、またかよ」

黒ギャル「……どうしたの?」
94 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/28(水) 12:21:54.01 ID:CWB4tShAO
男「親父から、今日は帰りが遅くなるってさ。親父、最近お気に入りの
行きつけ見つけたみたいでさ。帰りにしょっちゅう寄ってるんだ」

黒ギャル「ふぅん」

男「……ところで、今日なんで休んだんだ?風邪か?……」

黒ギャル「えっ?……あー……まあ、その……体調が、ね」

男「?何だよ気になるじゃないか」

黒ギャル「……いいのっ!体調が不良なの!」

男「……ん?何だこりゃ……鎮痛剤?……『頭痛、歯痛、生理痛に……』」

黒ギャル「わーっ!」

ばっ!

男「……ああ、そう言う事か」

黒ギャル「もー!////////」

男「しかし、生理痛って学校休むほどしんどいもんなのか?」

黒ギャル「いつもはそんな事無いんだけど……今日に限ってね。ベッドから
起きられなかったもん。量も多かったし」

男「そこまで言わなくていいです」

こんこん

黒ギャル「……あ、ママだ」

黒ギャル「………………」

こんこん

がちゃ

黒ギャル「何よ、すぐ開ければいーじゃん!」

黒ギャル母「だって……年頃の2人がいるんだもの、邪魔しちゃったら……」
95 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/28(水) 12:22:42.42 ID:CWB4tShAO
黒ギャル「アホかっ!うちはまだ処女だし、第一生理中だっ!」

男「それはさすがにぶっちゃけ過ぎやしませんか」

黒ギャル母「お母さん今からお店に行って来るからね。ご飯作って
あるから、お友達もご一緒してもらいなさい」

黒ギャル「え?男君の分のご飯作っちゃったの?……男君、大丈夫?」

男「え?……ああ、どうせ今日親父遅いし、カップラーメンでも
食おうかなって思ってたんだ。……ご馳走になります」

〜〜〜〜〜〜

男「うん、美味いな。これぞおふくろの味って感じかな?」

がつがつ

黒ギャル「ほんっと、美味しそうに食べるねー。ママが見たら喜ぶわ」

男「ところでおばさん『お店』って言ってたけど……」

黒ギャル「うん、居酒屋やってんだ」

男「へぇ、だからこんなに料理が上手なんだな」

もぐもぐ

黒ギャル「男君のお母さんとどっちが上手?」

男「え?ああ、俺、母さんいないんだ」

黒ギャル「……えっ?」

男「元々身体が弱かったらしくてさ。俺産んだ時に死んじゃったんだ」

黒ギャル「あっ……ごめんね」

男「いいっていいって。親父と男二人暮らしっての、俺ん中じゃ
当たり前になってるし」
96 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/28(水) 12:23:28.86 ID:CWB4tShAO
黒ギャル「……ねえ、今日何か変わった事あった?学校で」

男「ん?……ああ、あったと言えばあったな」

黒ギャル「え?何があったの?」

男「清楚子に告られた」

黒ギャル「えっ…………」

男「……?何て顔してんだよ。……いきなり教室来てさ、何言い出すかと
思えば涙ボロボロ流して実は好きでした付き合って下さいってさ」

黒ギャル「……それで……どうしたの?」

男「え?どうしたって……あの事があるんだぞ?ちょっと嫌味言ったら」

黒ギャル「言ったら……?」

清楚子『……ふざけんじゃねえっ!わざわざあたしが付き合ってやろう
ってんのに、随分な態度じゃん!ふん、そうやってずっと童貞やってろ!
キモオタ!』

男「……ってブチキレられた」

黒ギャル「うわぁ……清楚子ちゃんって大人しそうで先生達にも
評判良かったのにね……てか、彼氏は?」

男「彼氏?別れたらしいぞ。俺遠巻きに見てたが凄かったぜ。清楚子の
あのAKB顔の下にどんだけ隠してたんだってカスワードのオンパレード」

黒ギャル「へぇ……」

男「まあ……もう恋愛とかはいいや」
97 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/28(水) 12:24:16.14 ID:CWB4tShAO
黒ギャル「え?」

男「正直もうめんどくさいし、まあ俺にも原因はあったんだけど、
まだダメージも残ってるしな」

黒ギャル「……清楚子ちゃん、ストーカーがどうのって言ってたけど……
どこまでやってたの?」

男「どこまでって……まあ、隣のクラスに行って遠巻きに眺めるぐらいかな。
それだけだよ」

黒ギャル「その、家の前まで行って待ち伏せとか、下着盗んでくんかくんかとか」

男「殴るぞ……いくら何でもそこまでやらねーし、第一俺は清楚子の
家なんか知らないよ。彼氏がいた事すら知らなかったんだからさ」

黒ギャル「……そんな、遠巻きに見るだけでストーカー扱いされてたの?
そんなんうちだって中学の時の好きな先輩にいっくらでもやったのに……」

男「……まあ、取り敢えず俺はもういいや。……一生童貞確定なのは
悲しいけどな」

黒ギャル「……でも、どっかで男君の事好きな娘いるかも知んない
じゃん。その時はどうすんの?」

男「その時?その時は……まあ、鮮やかに断るかな。もうあんなのは
懲り懲りだよ」

黒ギャル「…………そう」
98 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/28(水) 12:25:19.12 ID:CWB4tShAO
今回はここまで。
続きは未定です。
99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/28(水) 12:59:33.70 ID:Py7RYrzmo
乙乙
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/11/28(水) 15:00:45.19 ID:dbj6RXCgo
男父と黒母がくっついてごにょごにょってとこか
101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/28(水) 15:40:45.54 ID:VotPOMVpo
そして男父が母彼氏になると・・・
102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/28(水) 15:42:26.71 ID:Pn2tbCFIO

予測しても書き込むなよ…
103 :アセロラ [sage]:2012/11/28(水) 17:21:20.22 ID:30Y8JkOD0
その居酒屋はもしかして・・・
104 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/29(木) 16:45:57.10 ID:JFXcKSyAO
******

男「ふぁぁぁい、うーす」

ギャル友「あ、おはよー」

黒ギャル「くすぴー……」

男「またコイツは俺の席で座ってんのか」

ギャル友「そんなに座り心地って変わるの?」

男「んな訳ないだろ……今日のブラはパープル時にブラックのドット柄か……」

ギャル友「こらー!」

男「仕方無い、こないだ膝に座って怒られたからコイツの席に座るか」

ぽんっ

イケメン「よーっす」

男「何だその挨拶は」

イケメン「よう、知ってるか?」

男「何だよ」

イケメン「清楚子と彼氏だよ。退学だってよ。た・い・が・く」

男「退学?何でまた」

イケメン「こないだの一件だよ。あの馬鹿彼氏が黒ギャルちゃん
殴っちまっただろ?それと、学校内でヤってたのがマズかったってさ」

ギャル友「やっぱりねー」

イケメン「うちの学校って校則とかはわりかし緩いけどさ、何つうか
そう言う不純異性交遊ってのにはムチャクチャ厳しいからな……それと」

ギャル友「……それと?」

イケメン「妊娠してたってよ、清楚子」

男「妊娠!?」
105 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/29(木) 16:47:23.72 ID:JFXcKSyAO
イケメン「ああ、付き合ってからしょっちゅう学校内でヤってたらしいし、
こないだの大喧嘩も妊娠が原因だってよ。彼氏が堕ろせって迫って清楚子が
拒否ったとか」

黒ギャル「んんっ……何……?ギャル友ちゃん妊娠したの……?」

男「あ、起きた」

イケメン「清楚子の話してたんだよ。かくかくしかじか」

黒ギャル「……えー?マジで?」

ギャル友「ちょっと待って。こないだ清楚子が男君に告って来たのは、
イメージ回復キャンペーンと言うよりは……」

イケメン「……上手い事男を落としてエッチして、あわよくばお腹の
子供の父親にしようって魂胆だったか……」

男「やだー女って怖ーい」

黒ギャル「何でいきなりオネエになんのよ……」

ギャル友「……どうなるんだろね」

イケメン「知るか知るかほっとけ。身から出た鯖だ」

〜〜〜〜〜〜

〜市内のラブホにて〜

リーマン「くひひ……ほ、本当に1万でいいんだよね」

清楚子「うん、いいよ。んで、フェラは+5000円で、生は+1万。
中出し+5万。アナルは+……3万だよ」

リーマン「う……わ、解ったよ」
106 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/29(木) 16:48:13.30 ID:JFXcKSyAO
ぱさっ

清楚子「いち、にい………っ!」

清楚子「(10万5000円……このキモオヤジ、全部ヤる気かよ……)」

リーマン「……さ、早速頼むよ……くひひ」

かちゃかちゃ

するっ

リーマン「ほ、ほら、もうこんなになっちゃってるんだよ」

清楚子「(うわっ……包茎じゃん……)」

リーマン「い、今剥くから……」

ずるん

リーマン「さ、しゃぶってよ」

清楚子「う……うん」

清楚子「(うっ……くっさ……)」

清楚子「(………………)」

ぱくっ

リーマン「うひっ!」

〜〜〜〜〜〜

男「ただいまー」

男「……って、誰もいねーか……親父もまだ帰って来てないし」

どさっ

男「ふぅ…………」

……………………

男「……何だかなぁ……」

男「別に……清楚子に未練がある訳じゃないんだけど……何だろな、
この気分……」

男「……清楚子の事が好きだった時はそれなりに楽しかったりしたんだけど」

男「今は……空っぽっつうか……張りが無くなった感じかな……」
107 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/29(木) 16:49:08.29 ID:JFXcKSyAO
******

〜学校昇降口にて〜

ギャル友「黒ギャルちゃん、おはよー」

黒ギャル「あ、おはよーふぁぁぁ」

ギャル友「何ー、また寝不足?」

黒ギャル「しっかり11時には寝たんだけどなぁ」

ギャル友「はやっ!……つうか、寝過ぎもあんまり良くないらしいよ」

黒ギャル「いーじゃんいーじゃん健康的でさ」

がちゃ

ふわっ

ぱさっ

ギャル友「ん?何か下駄箱から落ちたよ?」

黒ギャル「え?何これ……手紙?」

がさがさ

『黒ギャルちゃん

放課後に、東校舎裏で待ってます。

D組 オタ男』

……………………

ギャル友「ら……ラ」

黒ギャル「ブ…………」

イケメン「…………レ」

男「ター?」

黒ギャル「わっ!2人とも、いつの間にっ!」

イケメン「D組のオタ男って言やあ、コミケとかの同人誌サークル
運営してる、その業界じゃちょっとは名の知れたヤツじゃねーか」

ギャル友「……相変わらずあんたの情報収集能力はスゴいわね……」

男「なるほど、どおりでラブレターからは俺と同じ匂いがするはずだ」

黒ギャル「匂うなっ!」
108 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/29(木) 16:50:24.75 ID:JFXcKSyAO
〜〜〜〜〜〜

〜昼休み〜

イケメン「おい」

ぽんっ

男「何だよ」

イケメン「どうすんだよ、お前」

男「何がだよ」

イケメン「何がって……お前、本気で言ってんのか?」

男「意味がさっぱり解らんのだが」

イケメン「D組のオタ男だよ。あいつ、放課後に黒ギャルちゃんに
告るつもりなんだろ?」

男「見物に行くか?」

イケメン「…………ったく、お前ってヤツぁ……辞書で調べたが
朴念仁って言うんだぞ!」

男「何を怒ってんだよ、変だぞお前」

イケメン「もういいや。好きにしろ!」

〜〜〜〜〜〜

〜放課後〜

黒ギャル「さて……まあ、手紙もらっちゃった以上無視るワケにも
いかないから来ちゃったけど……」

……………………

男「イケメンのヤツ、何であんなに怒るんだろうな……まあいいや、
俺だけで見物するか……っと、誰か来た」

……………………

オタ男「あ、黒ギャルちゃん……来てくれたんだね、良かった」

黒ギャル「オタ男……君?」

オタ男「ごめんね、あんな手紙で呼び出しちゃって」

黒ギャル「うん、別にいいけど……」
109 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/29(木) 16:51:18.14 ID:JFXcKSyAO
男「(頑張れ黒ギャル!そしてオタ男!)」

オタ男「あのさ……率直に言うよ……僕、前から黒ギャルちゃんの
事が好きだったんだ……でさ……
良かったら……付き合ってくれないかな……?」

男「(よし!良く言ったオタ男!)」

黒ギャル「……ごめんね。気持ちは嬉しいんだけどさ……うち、好きな
人がいるんだ」

男「(なにーっ!?)」

オタ男「あ……やっぱり……」

黒ギャル「やっぱりって……知ってたの?」

オタ男「うん。僕らのクラスでも有名だもん。黒ギャルちゃんと
男君がすごい仲がいいって」

男「(…………なに?)」

黒ギャル「うん……うちって不器用だから全然男君に気付いてもらえない
んだけど……好きなんだ。男君の事」

オタ男「その気持ちは……変わる事は無いの?」

黒ギャル「うん。何年経っても……気付いてもらえるまで待つつもり」

男「(………………)」

オタ男「……そっか。なら仕方無いや。黒ギャルちゃんの気持ちが
一番だもんな」

黒ギャル「ごめんね」

オタ男「気にしないでよ。陰ながら僕も応援させてもらうからさ」

黒ギャル「……ありがとうね」
110 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/29(木) 16:53:22.39 ID:JFXcKSyAO
今回はここまで。
続きは未定です。
111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/29(木) 17:24:56.88 ID:j/qpKm8Po
清楚(笑)子堕ちたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ところで清楚(笑)子は中絶したの?それだけ教えてプリーズ
112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/29(木) 17:30:12.19 ID:fhRYebtU0
>>111

リーマンに中だしさせて
孕んだから責任取れ作戦でしょ
113 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/29(木) 17:53:53.72 ID:JFXcKSyAO
>>111
中絶はしません。
後、今回のリーマンとは援交の上だけでの関係なんで孕んだから
どうこうは無いです。
114 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/29(木) 17:59:34.20 ID:JFXcKSyAO
あ、でもどうしようかな。一応中絶させて、ぐずぐずに堕ちて行く様を
書くのも面白いかなw
まあ、追々考えます。
115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) [sage]:2012/11/29(木) 18:25:56.62 ID:4MWJWNryo
清楚()子とかまだ出す気かよ
モブかと思ってたわ
116 :アセロラ [sage]:2012/11/29(木) 18:38:15.78 ID:P01jlh5Q0
あれ?
もしかして清楚子ってmobじゃ無いの?
それとももしかしなくても?
117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/29(木) 19:42:12.81 ID:fYweO5fho
普通いくら好きだからって遠巻きで見る事もしないよな
ストーカーじゃんそれ
118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/29(木) 21:53:14.62 ID:SSLohNuIO
清々しい程わかりやすいディス
もっと考えようぜ
119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/11/30(金) 00:02:28.58 ID:4wbcubkro
だれかオタ男にも触れてやれよww
120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/30(金) 08:27:50.40 ID:BSjybqD0o
オタ男君の性格は潔かったです(小学生並の感想)
121 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/30(金) 16:32:08.32 ID:62X9IeUAO
******

〜黒ギャル母の居酒屋にて〜

常連A「おーいママさん、ビールもう1本下さーい」

黒ギャル母「はいはーい……はい、こちら鰈の煮付けね」

男父「あ、どうも」

常連B「ママさん、こっちにもお銚子〜」

黒ギャル母「はーい」

ちょいちょい

男父「……はい?」

常連A「どう?飲んでる?」

男父「はは、ちびちびやってますよ」

常連A「最近、良く来てるじゃないか」

男父「そうですね、このお店は料理が美味しいですから」

常連A「……それだけじゃないんだろ?」

男父「は?」

常連A「ママさんさ。若くて綺麗で……それだけでも酒の肴になるって
もんだ」

男父「……ははは、そうですね」

常連A「……おいおい、ごまかしても俺の目はごまかせねえぜ?」

男父「な、何の事で……」

常連A「男父さん、ママさんといい仲なんだろ?」

男父「え、いや……そんな」

常連A「いいっていいって。ここの常連みんな知ってるんだからさ」

男父「たはは……いや、参ったな……」

常連A「みんな羨ましがってるぜ。あんなべっぴんさんをモノに
出来たんだからな」
122 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/30(金) 16:32:35.79 ID:62X9IeUAO
男父「いやいやいや…………」

常連A「そう言やああんた息子さんがいたよな?」

男父「ええ、今高一です」

常連A「……どうだい、そろそろ身を固めちゃあ」

男父「ええ?」

常連A「ええ?って……あんたそのつもりなんだろ?」

男父「まあ……そうなればとは思ってますが……何せ彼女にもうちと
同い年の娘さんがいるみたいですからね……多感な年頃ですし、私達の
気持ちだけで一緒になるのも難しいんですよ」

常連A「あんたの奥さんのこたぁ確かに残念な事だがよ……やっぱり、
子供にとっちゃあ両親が揃ってる事が一番なんだよ。父親はどう逆立ち
したって母親にゃなれねーんだからな」

男父「……そうでしょうか」

常連A「あんたの為じゃねえ。あんたの息子さんの為に言ってるんだ。
早く一緒になって、息子さんに母親ってもんを教えてやんな」
123 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/30(金) 16:33:33.37 ID:62X9IeUAO
******

かちゃ

男父「ただいまー」

男「うーす、お帰りー……今日は随分と早かったじゃん」

男父「ははは、財布が厳しくなるからな。今日は早めに切り上げて来たよ」

男「……じゃあ最初から飲みに行かずにまっすぐ帰って来りゃいいじゃん」

男父「ま、まあ、いいじゃないか」

男「飯にするか?風呂?」

男父「……そう言う台詞は息子じゃなくて嫁さんから聞きたいなぁ」

男「俺だって親父相手にこんな台詞言いたかねえよ!」

〜〜〜〜〜〜

男「ほい、おまっとさん。晩飯出来たぜ」

男父「ああ、そうだ。今日店でお土産に煮付け貰ったんだ、食うか?」

男「へえ、美味そうな煮付けじゃん。何の魚?」

男父「鰈だそうだ。あそこのママさん、料理が上手いって評判なんだぞ」

男「だからいつもその店に行ってんのか」

男父「……えっ?……あ、ああ、まあな」

男「さぁて、食うか食うか。いっただきまーす」

……………………

男父「どうだ、鰈の煮付け美味いだろ?」

男「………………」

男父「…………?美味くないのか?」

男「え?……あ、いや、美味いよ」

男「(……どっかで……食った味だな……)」
124 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/30(金) 16:34:15.26 ID:62X9IeUAO
男父「お前の手料理も美味いんだけどな。男の料理だ、繊細さが足りない」

男「うるせーよ、誰のせいで晩飯の当番制が無くなったと思ってんだよ」

男父「誰だ?」

男「あんただよあんた!シチュー作らせて何でカレーが出てくんだよ!」

男父「あれは俺も不思議でなぁ」

男「一種の特技だぜ、あれは」

男父「って……もう煮付け無いじゃないか」

男「ああ、ごめん。余りにも美味かったからさ」

男父「また貰ってきてやろうか」

男「うん、美味いから頼むわ」

男父「……どうせなら毎日食いたくないか?」

男「さすがに毎日煮付けは飽きるって……って、何でそんな事訊くんだよ」

男父「い……いや……」
125 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/11/30(金) 16:35:21.17 ID:62X9IeUAO
今回はここまで。
続きは未定です。
126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/30(金) 17:07:41.29 ID:M6osVD0vo
127 :アセロラ [sage]:2012/11/30(金) 17:40:37.37 ID:agRbZrpE0
おつ〜
128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/12/01(土) 02:19:10.42 ID:GBQ3nFb8o
乙した
129 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/02(日) 16:38:21.83 ID:4sa58ZkAO
******

男「(んー…………)」

男「(んー…………)」

男「(何だか……モヤモヤする)」

黒ギャル『うん……うちって不器用だから全然男君に気付いてもらえない
んだけど……好きなんだ。男君の事』

黒ギャル『うん。何年経っても……気付いてもらえるまで待つつもり』

男「(……そんな事……思いもしなかったな……)」

男「(……大体、こんなオタクの俺と親しく話してくれるだけでも
おかしな話なんだが……)」

男「(それだって、友達としてだと思ってたし、俺もそのつもりで……)」

男「(オタ男をフる為についた嘘なのか?)」

男「(……いや、それならイケメンでもいいはずだ……)」

男「(そもそも……)」

男「(……何で俺はあの告白の場面を見に行ったんだ……?)」

男「(興味……?……いや……)」

ちょいちょい

男「……ん?」

黒ギャル「ちょっと……話があるんだけど……いい?」

〜〜〜〜〜〜

男「何だよ、話ってさ」

黒ギャル「あのさぁ……」

黒ギャル「………………」

男「?」

黒ギャル「……見てたでしょ?オタ男君がうちに告るとこ」
130 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/02(日) 16:39:10.86 ID:4sa58ZkAO
男「え?……あ、いや……まあ、うん……ごめん」

黒ギャル「あれだけドタバタ走って逃げてったら誰でもバレるっつうの」

男「悪い……」

黒ギャル「全部、聞いたんだよね?」

男「……なあ。何で俺と清楚子の橋渡しみたいな事したんだよ?
言ってくれりゃあ……」

黒ギャル「言おうと思ったよ。思ったけど、先にあんな事言われたら
好きだなんて言える訳ないじゃん」

男「………………」

黒ギャル「だから、諦めようとしたんだよ。あんたと清楚子がくっついて、
そしたらうち何も言えなくなるじゃん」

男「……何で……俺を……?」

黒ギャル「何でか解んないよ……最初は、入学してすぐの時に、怪我して
動けなかったうちを保健室に連れてってくれて……そっから後は自分でも
解んない……気がついたら男君を好きになっちゃってたんだもん」

男「(……覚えとらん)」

黒ギャル「………………」

黒ギャル「あー!すっきりしたぁ!」

男「……へ?」

黒ギャル「すっきりしたっつったの。溜まってたモノすっきり出して、
気持ちいいなぁ」

男「………………」

黒ギャル「話ってこれだけ。今うちが言った事、余り気にしないでね。じゃ」
131 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/02(日) 16:39:59.69 ID:4sa58ZkAO
〜〜〜〜〜〜

男「(………………)」

担任「〜〜だから、ここはこうなる。解ったな?あ、因みにここは
テストに出ないぞ」

男「(んー…………)」

ちょいちょい

黒ギャル「……何?」

男「……今日はシックにブラック」

黒ギャル「……そう。授業中だから静かにしてて」

くるっ

男「(おいおい…………何なんだよ)」

〜〜〜〜〜〜

〜放課後〜

男「……ふぃー、やっと1日終わったぜー……」

男「………………」

ちょいちょい

男「旦那旦那」

黒ギャル「……何?」

男「……今日暇だろ?イケメンとかギャル友ちゃんも誘ってボウリングとか……」

黒ギャル「ごめん、うちギャル友ちゃんと約束があるから」

がたっ

すたすたすた

男「…………………」

男「(……おいおい、何なんだよ!って!)」

〜〜〜〜〜〜

〜マクドにて〜

イケメン「やっぱこの季節はチーズグラコロだよな。期間限定で
しかもあっと言う間に終わっちまうが……で、相談って何なんだよ?」

男「うん……実はな……黒ギャルちゃんの話なんだがよ……」
132 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/02(日) 16:40:53.89 ID:4sa58ZkAO
イケメン「黒ギャルちゃんか……そう言やお前ら今日どうしたんだ?
何か感じが妙っつうか、余所余所しかったぞ?特に黒ギャルちゃん」

男「やっぱりお前もそう思うか」

イケメン「どうしたんだよ、喧嘩でもしたのか?」

男「実はな……こないだ、黒ギャルちゃんがオタ男にラブレター貰ったじゃん?」

イケメン「あー、アレか。アレ、結局どうなったんだろな」

男「で、俺見に行ったんだけど」

イケメン「ちょ、お前マジで見に行ったのかよ!?そりゃあ黒ギャルちゃんも……」

男「いや、その事で怒って避けてるんじゃないみたいなんだ。それより……」

イケメン「それより……?」

男「オタ男の告白断った理由ってのが……その、好きな奴がいるからってんだ」

イケメン「……で、その好きな奴ってのが……」

男「……お前、知ってたの!?」

イケメン「いや、直接本人から聞いた訳じゃないが、ありゃあバレバレだぜ」

男「……そうなのか?」

イケメン「大体考えてもみろよ。お前しょっちゅう黒ギャルちゃんに
ボディタッチしてるし、ブラの柄当てたりしてるけどちっとも本気で
怒んないだろ?」
133 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/02(日) 16:41:43.52 ID:4sa58ZkAO
男「俺を男扱いしてないと言う可能性も無きにしもあらずなんだけどな」

イケメン「それによ……明らかにお前と、お前以外の男に話し掛けられた
時の表情が違うんだよ」

男「そうなのか?」

イケメン「まあ、お前は話し掛けられる方だから気付かないのも無理は
ねえが……何かこう、安心してるっつうか、嬉しがってるっつうか、
とにかく表情が違うんだよな」

男「むう……」

イケメン「お前もそうなんだろ?」

男「え?」

イケメン「ま、正直他の女子はお前を避けてるが、黒ギャルちゃんは
そうじゃない。お前も気軽に黒ギャルちゃんに接する事が出来るっつう
事は……そうなんだろ?」

男「実は……今日黒ギャルちゃんに呼び出されてさ。直接言われたんだ」

イケメン「直接って……好きだってか?」

男「ああ」

イケメン「で、お前はどう返事したんだよ」

男「いや……いきなりだったから、何も言えなかった……」

イケメン「かーっ!何やってんだよ!……まあ、仕方無いとこもあるかも
知れねーがよ……」

男「で、俺が黙ってたら……『言いたい事言ってすっきりした』っつって
帰っちゃったんだよな」
134 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/02(日) 16:42:45.66 ID:4sa58ZkAO
イケメン「……まあ、俺も女の気持ちなんか全部解る訳じゃないが……
はっきり言うぜ、お前も黒ギャルちゃんも不器用なんだよ。まあ、
言い方変えれば初めての経験なんでどうしていいか解んなくて自分でも
混乱してんだよ」

男「そうかな……」

イケメン「どうすんだよ。このまま、黒ギャルちゃんに避けられるままで
卒業まで過ごすのか?」

男「……あの時、何でオタ男の告白を見に行ったのか……俺なりに
考えてみたんだ」

男「……多分……気になっちゃったんだろうな。気になったって事は……
つまり、俺は……」

イケメン「人間、素直になっちまった方がいいぜ。……清楚子との
間には色々あったけどよ……一番大事なモノって意外と近くにあって
気付かない時だってあるんだ」

男「……とにかく……俺は、黒ギャルちゃんとこのままギクシャクしたまま
いるのは嫌だしな。俺なりに黒ギャルちゃんに気持ちを伝えてみるよ」

イケメン「おう、それでこそ俺のダチだ!大丈夫だよ、ぜってー
上手く行くって!」
135 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/02(日) 16:43:47.46 ID:4sa58ZkAO
今回はここまで。
続きは未定です。
136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/02(日) 16:58:37.12 ID:99h6w8PZo
いいとこで次回かwwww
気になるぜ
137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/03(月) 01:45:25.80 ID:BKjX1chno

男ってよびだされたんだっけ?
138 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/03(月) 16:42:04.05 ID:X2As+vmAO
******

男「(あれから一週間…………)」

男「(俺は……黒ギャルちゃんにろくに話し掛けられないままでいた)」

男「(……ひょっとして……もしかしたら……ずっと……)」

ぽんっ

イケメン「よっ」

男「……ああ、お前か……」

イケメン「……その感じだと、余り事態は進展してねーみたいだな」

男「そう言うなよ、こんな男女の痴情のもつれなんて初めてなんだからさ」

イケメン「そこまで大仰に考える事もねーだろーけど……俺もさ、
正直ダチ同士がこんなになってるの見たかねーし」

男「……俺だって……嫌だよ……」

イケメン「……何とかなんねーかな……」

担任「おーい、お前らまだ着替えてないのか?今日のクラスマッチ、
女子が終わったら男子だからな。遅れるんじゃないぞ」

〜〜〜〜〜〜

〜女子更衣室にて〜

わいわいがやがや

ギャル友「ふー、今日のクラスマッチ、バスケだってー。黒ギャルちゃん、
バスケやった事ある?」

黒ギャル「んー……中学の時授業でやったぐらいかなー」

ギャル友「あたしとおんなじね……一回戦はどことやるんだろ……げっ!F組かよ……」
139 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/03(月) 16:42:51.13 ID:X2As+vmAO
黒ギャル「F組だと何かあるの?」

ギャル友「黒ギャルは知らないのかー……F組、バスケ部のバスケ子が
いるんだけど……あんまバスケ部でも評判良くないみたいなんだよねー」

黒ギャル「評判?どんな風に良くないの?」

ギャル友「詳しくは知らないけど……同じバスケ部の娘がグチってた」

黒ギャル「ふぅん」

ギャル友「……ところで、そんな事よりさ」

黒ギャル「な、何よ」

ギャル友「ずーっとずーっとおかしいと思ってたんだけど……男君との事」

黒ギャル「………………」

ギャル友「今まであんなに仲良くしてたあんた達がさ、急に喋んなく
なったじゃん。どうしたの?」

黒ギャル「……男君にね……告ったの。……告ったったって言えるのかな?」

ギャル友「えっ!?言っちゃったの?ついに?で?で?」

黒ギャル「……言ったは言ったんだけど……男君から返事貰えなくて……
うちもそっからどうしていいか解んなくなっちゃってパニックに
なっちゃって……」

ギャル友「んー……あたしも経験あるもんなー。意を決して告ったのに
その場で返事もらえなかったら「あああああ」ってなっちゃうもん」
140 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/03(月) 16:43:34.76 ID:X2As+vmAO
黒ギャル「そっから……うちも男君にどう言う風に接していいか
解んなくなっちゃって……」

ギャル友「……でもさ。このままじゃダメだって、黒ギャルちゃんも
思ってるでしょ?」

黒ギャル「………………うん。うちが原因なのは解ってるけど……このまま
ギクシャクするのイヤだし……やっぱり……男君の事好きだし……」

ギャル友「じゃあ、黒ギャルちゃんの方からアプローチしなきゃ。
大丈夫、今まであんなに仲良くやって来てたんだもの、また仲直り
出来るって」

黒ギャル「…………うん」

〜〜〜〜〜〜

〜体育館にて〜

生徒「頑張れー!」

生徒「おおおおっ!」

男「な、何かすげー盛り上がりだな」

イケメン「先輩に聞いたんだけどよ、毎年このギコネコ高校じゃ
クラスマッチはものすげー盛り上がりらしいぜ。去年のクラスマッチは
野球だったんだが、乱闘ありーのジャッジ巡って抗議が30分間続きーので
すごかったらしいぜ」

男「へぇ」

イケメン「……っと、次の試合はうちとF組か……F組って言やあ、
あのバスケ子がいるクラスだな。うちからはギャル友と黒ギャルちゃんが
出るんだな」
141 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/03(月) 16:44:45.87 ID:X2As+vmAO
男「バスケ子?」

イケメン「ああ。1年にして女子バスケ部のレギュラーを勝ち取った
女子なんだけどよ、あんまりにもラフプレーが過ぎるもんだから、
他校の生徒からは『女ロッドマン』っつって嫌がられてるって話だ」

男「ほぅ」

イケメン「まあ、他にも色々あるんだが……っと、始まったぜ」

実況「さあ、今後のクラスマッチの行方を占う一戦、B組とF組の
試合が始まったー!」

男「……実況気合い入りすぎだろ……」

〜〜〜〜〜〜

実況「おおーっと、F組ターンオーバー、バスケ子選手の速攻だぁっ……
入ったぁ!これでバスケ子選手30点目ぇ!」

イケメン「おいおい、第2クォーターで30点とかマイケル・ジョーダンかよ」

男「でもさすがはバスケ部だよな。あの娘だけで30点はすげーじゃないか」

イケメン「と思うだろ?……まあ、見てな」

実況「さあF組のディフェンシブリバウンド、バスケ子選手が華麗に
B組選手をかわし、ゴールへ向かう!……っと、バスケ子選手にB組選手が
2人マークだっ!」

イケメン「さあ、あのバスケ子がこっからどうするかだ……」
142 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/03(月) 16:45:37.79 ID:X2As+vmAO
バスケ子「……っ、どけよっ」

実況「さあ、バスケ子選手、B組選手2人にマークされて思う様に
動けない!ショットクロックは残り10秒!」

バスケ子「くっ、どけっ」

どんっ

ギャル友「きゃっ!」

女生徒C「いたっ」

実況「おーっとバスケ子選手、マークを強引に突破してレイアップ!」

がこんっ!

実況「あああああっ、これはリングに嫌われた!しかもファウルです!
バスケ子選手ファウルを取られました!B組のフリースローです!」

イケメン「……な?」

男「???良く解らんぞ」

イケメン「ああ言う場合さ、力のある選手がボールを持った時、守備側が
2人マークにつく。とすると、バスケってのは5対5で試合すっから、
守備側が1人ずつマークについても攻撃側に必ずノーマークの選手が1人出来る」

男「なるほど」

イケメン「あそこでやるべきだったのは、攻撃側が常に動きながら、
ノーマークかつゴールまでのスペースを持った選手を作り、そいつに
パスを回す事だったんだよ。たとえNBAの選手でも、2人にマーク
されて最良の体勢でシュートなんか出来ねえからな」
143 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/03(月) 16:46:32.56 ID:X2As+vmAO
イケメン「バスケ子が煙たがられてんのは、ああ言うスタンドプレイも
多いからさ」

〜〜〜〜〜〜

男「あーあ、もう第4クォーターで20点も差が開いてんじゃん、
もう無理だな」

イケメン「まあ、しゃあねえさ。クラスマッチだからな、お遊びさ。
……もっとも、バスケ子は妙に張り切っちゃってるがな」

実況「さぁ、バスケ子選手がリバウンドを取り、ゴールに向かう!
駄目押しとなるか!……っと、バスケ子選手、飛んだぁっ!」

黒ギャル「はぁ……もう負けは決まっちゃってんだけど……なんか
このまま負けんのはムカつくんだよね……ていっ!」

実況「おああああっ!B組黒ギャル選手がブロックに飛んだぁっ!」

……………………

どがっ!

バスケ子「……くっ!」

黒ギャル「きゃっ!」

どさっ

……どんっ!

実況「おおーっと、バスケ子選手と黒ギャル選手が激しく接触!ボールは
リングを外れた……っと?」

会場「ざわ……」

実況「く……黒ギャル選手、倒れ込んだまま動かないっ!」

ギャル友「……黒ギャルちゃん!」

イケメン「お、おいヤバいぜ、頭打ったぞ頭!……おい審判、タイム!
……おい、行くぞ!」

男「お、おう!」
144 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/03(月) 16:47:27.74 ID:X2As+vmAO
ギャル友「黒ギャルちゃんっ!」

イケメン「おい、やべえぜ、動かすな」

男「誰か、先生呼んで来いよ!……おい!黒ギャル!」

ギャル友「ちょっと……返事が無いよ……」

担任「今救急車呼んだからな!動かすな!取り敢えず冷やせ!」

バスケ子「………………」

バスケ子「ったく……素人が余計な事すっからよ」

イケメン「なっ………」

男「おい」

バスケ子「……な、何よ」

男「……やる事が随分と大人気なさすぎやしねえか、バスケ部キャプテン
さんよ」
145 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/03(月) 16:49:24.36 ID:X2As+vmAO
今回はここまで。
続きは未定です。

黒ギャルが「告ったった」とかVIPPERになっとる……打ち間違いです。
146 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/03(月) 16:58:50.98 ID:qoOHJh57o
最近の女の子はそういう喋り方するのかと思ったわwwwwww
147 :アセロラ [sage]:2012/12/03(月) 18:26:50.58 ID:RTxuz47k0
池面中身もイケ麺すぎ
148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/03(月) 21:45:48.23 ID:MHadbMjEo
いや流石に男連中が突っ掛かるのはお門違いだろ
これどう見ても黒ギャルから当たりに行ってるし
149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/03(月) 22:21:13.47 ID:E0TOBDWOo
今の高校生はロッドマンとか知ってんのかな
150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/04(火) 03:48:20.64 ID:MHp4rt2IO
どこでこの作者の人生捻じ曲がったの?
151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/04(火) 14:18:39.15 ID:Y22wohzio
高校生くらいじゃないか?
この黒ギャルへの執着具合を見るに、所謂ビッチだと思っていた黒ギャルにちょっと優しくされて惚れちまって、でも自分からアクション起こすこともできずに卒業しちまったって感じだと思うんだが
「性格良くて優しい黒ギャル」への強い願望と夢を感じるww

いつも楽しく読ませて頂いてます
152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/04(火) 19:18:19.58 ID:eQvbc58Uo
いつから、レギュラーどころか部のキャプテンにまでなったと錯覚していた?
153 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/04(火) 19:26:24.84 ID:4i1H/3eAO
>>152
男の皮肉、とお考え下さい。
154 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/05(水) 11:05:12.24 ID:6k7LUfHAO
******

黒ギャル「(何……うち……死んじゃうの……?)」

医者『検査の…果、脳……傷は見ら……せん…した。軽……震盪で……う』

医者『念…為、安静……る形で2、3…入院……頂きます』

黒ギャル「(何……?うち……どうなっちゃうの?)」

黒ギャル「(助けて……ママ……)」

黒ギャル「(男君…………)」

…………………………

黒ギャル「(ん…………)」

黒ギャル「(ここ……どこ……?)」

黒ギャル「(白い天井……病院?)」

黒ギャル「(……誰かがうちの手を握ってくれてる……ママ?)」

黒ギャル「(……あれ?違う……ママの手はこんなにゴツゴツしてないし……
毛も生えてないし……)」

黒ギャル「(……誰?)」

黒ギャル「………………っ!」

黒ギャル「お……男君……?」

男「んー……ふぁぁぁ……よう、やっと目が覚めたか」

黒ギャル「男君……どうしてここに……?」

男「……覚えてないのか?」

黒ギャル「えっ……クラスマッチでギャル友ちゃんと着替えてて……
それで……あれ?何にも覚えて……ない……」
155 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/05(水) 11:06:03.39 ID:6k7LUfHAO
男「……おいおい、大丈夫か?自分の名前は?」

黒ギャル「……ギコネコ高校1年B組、黒ギャル……」

男「友達の名前は?」

黒ギャル「ギャル友ちゃん、イケメン君……男君……」

がらっ

黒ギャル母「……目が覚めたの?」

男「あ、おばさん」

黒ギャル母「……もう!母さん、心配したじゃないの!」

黒ギャル「ごめんね……ママ……」

黒ギャル母「男君もごめんなさいね」

男「いえ、いいですよ……それより、黒ギャルちゃん、怪我した時の
記憶が抜けちゃってるみたいなんですけど……」

黒ギャル母「そう、やっぱり……お医者さんが言ってたんだけど、
脳震盪起こした時ってその前後の記憶が無くなる場合があるんですって。
でも、検査したら脳に異常は無いみたいだから、大丈夫だろうって」

黒ギャル「……それよりママ……お店は?」

黒ギャル母「お店?あんたがこんな事になってるのにお店なんか
開けてる場合じゃないわよ」

黒ギャル「……ごめんね」

黒ギャル母「お医者さんも2、3日安静にしてれば大丈夫だろうって
言ってたから、安心しなさいね」
156 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/05(水) 11:06:42.70 ID:6k7LUfHAO
黒ギャル母「………………」

黒ギャル母「……あ、私、飲み物買って来るわね」

たたたたっ

男「あっ……手……」

ぱっ

男「……大丈夫か?」

黒ギャル「うん……まだふらふらするけど……」

男「そうか……無理すんなよ」

黒ギャル「……それよりさぁ……」

男「ん?」

黒ギャル「……今……うちのおっぱい枕にして寝てたでしょ」

男「柔らかくていい匂いだったぞ」

黒ギャル「……もう……変な事してないよね?」

男「どんな事だよ」

黒ギャル「……んっ……」

男「おい、大丈夫か?」

黒ギャル「……うん、大丈夫。ちょっとふらっとしただけだから……」

男「あんまり無理すんな、横になってろ。頭冷やすの貰って来てやろうか?」

黒ギャル「……キス……してくれたら……治るかも」

男「……はぁ?」

黒ギャル「……うそ。冗談だよ……」

男「………………」

ぎしっ

黒ギャル「…………んっ」

ちゅっ

…………………………

男「…………治ったか?」

黒ギャル「……今こんなじゃなかったらひっぱたいてる」
157 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/05(水) 11:07:34.56 ID:6k7LUfHAO
男「ひっぱたかれるのもご褒美かな……」

黒ギャル「……意味わかんねー……つうかさー……」

男「ん?」

黒ギャル「……何でこんな時にキスしてくんの……?」

男「いや、君がしてくれっつったじゃん」

黒ギャル「うち……初めてなのに……また忘れてるかも知んないじゃんか……」

男「まあ、俺も初めてなんだけどな……そしたら……またすればいいじゃん」

黒ギャル「…………ばーか」

……なでなで

男「……疲れたろ、もう休めよ」

黒ギャル「うん……その前に……もう一回……して……」

男「………………」

ちゅっ……

れろっ……

黒ギャル「……ベロ入れた……さいてー……」

男「…………俺も、好きだよ」

黒ギャル「………………」

黒ギャル「……だから、今言うなっつーの……」

男「忘れちゃったら……もう一回言うよ」

黒ギャル「んふふ……うちも、好きだよ」

男「……元気になったら、もう一回言ってくれよな」

黒ギャル「……やだよー……」

男「おいおい、何だそりゃ」

黒ギャル「ん……何だか、頭がぼーっとして来ちゃった……」

男「お休み。また、学校で会おうな」

黒ギャル「……うん……お休み」
158 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/05(水) 11:08:57.10 ID:6k7LUfHAO
今回はここまで。
続きは未定です。
159 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/05(水) 11:30:36.38 ID:OnkY+qUBo


続きが見てえです
160 :アセロラ [sage]:2012/12/06(木) 22:52:10.34 ID:QwMI0y9e0
おつ〜
早くしやがれですの!!
161 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/08(土) 13:33:13.09 ID:RiFYMakAO
******

〜学校にて〜

黒ギャル「(………………)」

黒ギャル「(……今日から学校復帰なんだけど……)」

黒ギャル「(何だか頭がもやもやする……)」

黒ギャル『……ベロ入れた……さいてー……』

男『…………俺も、好きだよ』

黒ギャル「(あれって……男君からの……告白って事でいいのかな……?)」

黒ギャル「(うちはちゃんと男君に気持ちを伝えたし……)」

黒ギャル「(だったら…………)」

黒ギャル「(……ううん、それよりも気になる事が……)」

がらっ

男「うーっす」

黒ギャル「(わ、来た)」

ぽんっ

男「よっ、生きてるか?」

黒ギャル「………………」

ぐいっ

男「わっ、何だよ」

黒ギャル「……ちょっと男君に訊きたい事があるんだけど」

男「だから何だっての」

黒ギャル「……男君てさぁ……今まで彼女いた事ないっつってたよね?」

男「今更何を」

黒ギャル「絶対に嘘だ」

男「君は一体何を言っているのかね」

黒ギャル「だって……あの時、ベロ入れたじゃん!」

男「……覚えてたのか」

黒ギャル「あんな……キスの時にベロ入れるなんて、初めてじゃ出来ないでしょ?」
162 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/08(土) 13:34:14.68 ID:RiFYMakAO
男「別に、ベロ入れるぐらい誰でも出来るだろ。それに……まあ、
俺もあの時はちょっとどうかしてたと言うか……本能に身を任せて
しまったと言うか」

ぐいっ

男「いてっ」

黒ギャル「……ホントーにキス、初めてだったの?」

男「何なんだよ。初めてに決まってんだろ」

黒ギャル「うちはキス自体初めてだったんですけど?」

男「うそん」

ぽすっ

男「うごっ」

黒ギャル「ふん、もういい!」

〜〜〜〜〜〜

〜昼休み〜

男「さぁて腹減ったなぁ……購買に行くかコンビニに行くか……」

とんっ

男「ん?何だこの弁当は」

黒ギャル「男君、今日もどうせおにぎりかパンなんでしょ?」

男「まあ、そのつもりだったけど」

黒ギャル「だろうと思って、うちが愛情込めて弁当を作って来て
あげたんだよ」

男「……弁当?俺に?」

黒ギャル「……何よ、何か不満でも?」

男「いや……」

ぱかっ

男「うわ、何か本格的だなおい」

黒ギャル「当たり前じゃん、いつもより早起きして作ったんだから」

男「……こんな手作り弁当とか、まるで付き合ってるみたいだな」

黒ギャル「えっ」

男「えっ」
163 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/08(土) 13:35:07.01 ID:RiFYMakAO
黒ギャル「ちょっと……何それ」

男「え?え?何でこんな不穏な空気?」

黒ギャル「あの時さぁ……うちに『俺も好きだよ』って言ってくれたじゃん!
あれって何だったの?」

男「いや、あれは……まあ、素直な気持ちを言ったまでの事で……」

黒ギャル「だったら……!」

男「ちょちょちょっと待ってくれよ。付き合うってのはさぁ、俺個人的には
きちんとどっちかが告白っつうか気持ちを伝えて、それでOKもらって
初めてスタートするもんだと思ってるからさ。あんな状況でってのは……」

黒ギャル「うちと付き合って下さい」

男「はい」

黒ギャル「……さ、お弁当食べよ♪」

男「……何だこれ」

164 : ◆wG3/5upN0w [saga]:2012/12/08(土) 13:36:58.51 ID:RiFYMakAO
今回はここまで。
続きは未定です。
165 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/08(土) 14:55:32.70 ID:EMQUz2D+o
周囲の様子が気になる
166 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/08(土) 16:41:00.86 ID:ElHzrYqPo
これだから童貞は…
167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/09(日) 22:41:59.84 ID:ptQZoz+oo
乙乙!
168 :暇人 [ma]:2012/12/11(火) 20:47:15.54 ID:0/2iAtmu0
早くかいて〜〜〜
169 :アセロラ [sage]:2012/12/13(木) 22:05:33.06 ID:XbSK/zRL0
Hey come on!!!
170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/14(金) 05:44:04.45 ID:nozp/Huvo
黒ギャルって書いてるけど結局脳内では普通の女の子になってるわけよ
171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/14(金) 07:57:17.79 ID:2tDdpfl1o
見た目からそういう名詞を付けてるだけだしな
172 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/16(日) 21:39:20.00 ID:V/BJhIXIO
おわったかな?
173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/18(火) 22:58:45.06 ID:XMEZl2t1o
またエタるのか
174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/18(火) 23:39:07.56 ID:DEnKVVGIO
糞みたいなスレに毎回乙乙って乙を二つつける奴いんだけど
底辺作者の馴れ合い?
175 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/19(水) 03:08:24.94 ID:pJKiabHjo
>>174
乙だけだと他の人と間違われるから
176 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/19(水) 08:36:48.48 ID:94i7dW2+o
>>175
お前なんでそう馬鹿に荒らさせる餌やるの?馬鹿なの?氏ねよ
それじゃ噛み付いてきた馬鹿の馬鹿意見を肯定してるように見えるだろが
荒らされないように乙だけレスする奴等に謝れよボケ
177 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/19(水) 10:17:43.72 ID:9ls6txRUo
と言いながら荒らす
178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/12/19(水) 10:33:38.13 ID:9YYvLtRLo
これも10日以上現れない>>1が悪い
179 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/19(水) 16:04:51.32 ID:LDgNuK4t0
>>174

発狂IOちーっす
180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/12/21(金) 09:18:04.08 ID:ZX1b/bwpo
また逃げたのかどうしようもねーな
181 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/22(土) 00:18:59.15 ID:HtOjdWFH0
スレ立て自体が荒らし同然の作者なんだからどうしょうもない。
182 :アセロラ [sage]:2012/12/22(土) 20:04:31.54 ID:1Ld7OPhB0
まだこないのか...
183 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/12/22(土) 20:33:56.66 ID:cqUFv7pOo
続きが未定とはいえこのスレに全く顔が出せんわけでもあるまいに
184 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/12/26(水) 19:58:26.09 ID:C7ZlThdSo
もしもーし?また逃げるんですかー?
185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/09(水) 19:48:16.03 ID:oXoHBZyE0
津好きは焼くーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー^^^
186 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/15(火) 18:49:39.71 ID:g9ZTiDr7o
     ...| ̄ ̄ | < 続きはまだかね?
   /:::|  ___|       ∧∧    ∧∧
  /::::_|___|_    ( 。_。).  ( 。_。)
  ||:::::::( ・∀・)     /<▽>  /<▽>
  ||::/ <ヽ∞/>\   |::::::;;;;::/  |::::::;;;;::/
  ||::|   <ヽ/>.- |  |:と),__」   |:と),__」
_..||::|   o  o ...|_ξ|:::::::::|    .|::::::::|
\  \__(久)__/_\::::::|    |:::::::|
.||.i\        、__ノフ \|    |:::::::|
.||ヽ .i\ _ __ ____ __ _.\   |::::::|
.|| ゙ヽ i    ハ i ハ i ハ i ハ |  し'_つ
.||   ゙|i〜^~^〜^~^〜^~^〜
187 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/15(火) 18:53:10.70 ID:uKv4HlPLo
おいお前ら
今度◆wG3/5upN0wのトリ見掛けたら全力で叩き潰そうぜ
188 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/15(火) 19:26:58.38 ID:XiKrg8z70
>>187
田舎の小学生並みの低レベルだなオイ
というよりなぜageたし
189 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/16(水) 17:50:08.49 ID:K3QOQiUn0
早くーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−---ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
190 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 23:56:50.38 ID:ARwCGRsso
またクズの>>1が逃げたのかよ
191 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/27(日) 23:18:28.64 ID:HqKNrBHAO
>>190
いちいちやかましいんじゃ
粘着すんなカス
192 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/27(日) 23:20:14.77 ID:FutGbttE0
>>191

ageんなクズ
193 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/27(日) 23:33:07.29 ID:5Ly+Eewdo
この流れをどうにかするには>>1がSSを投下するしかない!
194 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/28(月) 18:09:23.89 ID:oGOWpJZr0
帰ってこいよ>>1
195 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/06(水) 09:37:33.45 ID:ABRk0ay8o
2ヶ月近く書き込みが無い件
196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/06(水) 12:54:29.47 ID:8Cm/1vQLo
もういいだろ
197 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/07(木) 01:01:41.15 ID:usNmvc7Oo
安定の逃走
198 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/07(木) 23:41:36.18 ID:WyTzFs3mo
>>1
[ピーーー]氏ねじゃなくて[ピーーー]
102.54 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)