このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

男「アイドルの巴マミと同じクラスなんだけど…」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/11(金) 01:43:14.88 ID:Ex5Sf5/Q0
http://logsoku.com/thread/hayabusa.2ch.net/news4vip/1336010458/
http://logsoku.com/thread/hayabusa.2ch.net/news4vip/1336271814/
http://logsoku.com/thread/hayabusa.2ch.net/news4vip/1336881641/
http://logsoku.com/thread/hayabusa.2ch.net/news4vip/1337260257/
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1337431389/
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1339624466/
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1340547199/
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1341771576/
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1344877712/
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1349683111/の続き

ルール
・選択肢のある安価を選択肢以外で踏んだ場合基本下
・安価の指定先を書き忘れた場合は↓2
・QBは見えないし触れない


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1357836194
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

モナカ「安価とコンマで恋のQPをやるの〜♪」新月「その2さ」 @ 2024/02/21(水) 00:28:25.81 ID:eiDUCHuU0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1708442905/

大正・昭和生まれスレ @ 2024/02/18(日) 22:44:59.39 ID:/gAWMEKx0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1708263899/

【GANTZ】俺「安価で星人達と戦う」part2 @ 2024/02/18(日) 14:35:20.96 ID:OVpLPeK+O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1708234520/

イケパンみっちん38 セイント・ギロチン @ 2024/02/17(土) 23:55:52.22 ID:8M0h/YKbO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1708181752/

凛として咲く花の如く @ 2024/02/17(土) 22:14:08.98 ID:VOVcZeLU0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1708175648/

【劇場版安価】上里「MISSING ACE」【禁書】 @ 2024/02/17(土) 21:23:19.29 ID:4rPIL2iz0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1708172598/

さくらみこ「インターネッツのチロメで」星街すいせい「クロームね」 @ 2024/02/17(土) 17:48:16.53 ID:DPxFqjvco
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1708159696/

ママーッ!! @ 2024/02/17(土) 11:41:57.11 ID:3fozlnH0o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1708137717/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/11(金) 01:47:35.96 ID:TfqMQQ5Go
>>1
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/11(金) 01:48:21.40 ID:ss3ojWBeo
>>1
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/11(金) 01:51:29.50 ID:DfBbpxaOo
>>1
新スレ立ったし寝るか
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/11(金) 02:00:47.12 ID:Ex5Sf5/Q0
男「家捜しするとか言ってた……」

織莉子「えっ!」

男「なんか金目の物とか漁りに行くって言ってて。目が据わってて止めるに止められなかった」

織莉子「こ、困るんだけど……ちょっと、男のお友達なんでしょう! ちゃんと止めてくれないと」

男「友達……? いや、違うぞ。あのおっさんとはさっき会ったばっかりだ」

織莉子「!?」

男「ズボンに穴空いてて困ってるみたいだったから、なんとかしてやれないかと思って声をかけただけだ」

男「俺は困っている人を見たら放っておけない性分だからな、ははw」

織莉子「え、ええー……」

織莉子「じゃあ今、全然知らない人が家の中を勝手に歩きまわってるの……?」

男「そういうことになるな……どうする織莉子ちゃん? とりあえずおっさんを止めに行くか?」

織莉子「あ……そ、そうね。男、悪いんだけど一緒に来てもらえる?」

男「お安い御用だ」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/11(金) 02:09:37.90 ID:Ex5Sf5/Q0
男(俺達がさっき記者のおっさんが入っていった部屋の前に着くと、同時におっさんが織莉子ちゃんの部屋から現れた)

ガチャ

記者「ここもハズレか……なに!?」

織莉子「ひっ」

男(自分の部屋から知らないおっさんが出てくるのを目の当たりにした織莉子ちゃんは、息を呑み、その場で硬直してしまった)

織莉子「……」ガタガタ

記者「あ、いや……それはその……」

男(どうしよう)

↓2
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/11(金) 02:14:07.73 ID:8lUwfQqmo
どさくさにまぎれて織莉子の胸をもむ
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/11(金) 02:14:14.89 ID:TfqMQQ5Go
早く出ていって下さい!警察を呼びますよ! と言いながら記者にアイコンタクト
9 :今日はここまでです [saga]:2013/01/11(金) 02:32:33.08 ID:Ex5Sf5/Q0
男「おい、そこの部屋で何をしていた!」

記者「……」

男「まさか本当に家捜しなんて馬鹿な事をするとは……早く出て行ってくれ! 警察を呼ぶぞっ!」パチパチ

男(言いながら、俺は記者のアイコンタクトを送った)

記者「! ……わ、わかった……」

男(お前らに言われるがままにアイコンタクトをしてみたが、特に何か意図があったわけではない。それでもおっさんは勝手に何かを感じ取って俺に従うことにしたようだ)

男「あ、待て、何か盗んだりしていないか?」

記者「いや、そんな事は……」

男「そう言われてもな。状況からして持ち物検査くらいはしておかないと」パチパチ

男(再度のアイコンタクト。これにも特に意味はなかった)

記者「! わかった、疑われたままというのも気分が悪いからな。思う存分チェックしてくれ」

男「よし、動くんじゃないぞ……! 織莉子ちゃん、少しだけ待っていてくれ」

織莉子「え、ええ……」

男「……」

ペタペタ

男(おっさんにドラマやアニメでよく見るような服の上からのボディチェックを施す)

男「なんで日曜日におっさんの身体をまさぐらないといけないんだ……?」

記者「し、知るか。いいから早くしてくれ」

男「……」

1.特に何か盗ったりはしていないようだな……。
2.こ、これは! 女物の下着じゃないか!

↓2
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/11(金) 02:36:26.83 ID:TfqMQQ5Go
1 乙
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/11(金) 02:37:50.89 ID:IqEbaruoo
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/11(金) 11:03:11.61 ID:EFsR1AgDO
そこは1にしとけよww金ヤバいだろww
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/01/11(金) 19:18:26.46 ID:9f/obV1/0
ここは没収して自分のものにする展開……ッ!
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/14(月) 16:01:15.86 ID:tlG3tSak0
男(俺はポケットに仕舞っておいた織莉子ちゃんのブラジャーを二人の死角から取り出した)

男「こ、これは! 女物の下着じゃないか!」

記者「!?」

織莉子「!?」

男「おい、貴様! どうしてこんな物を持っているんだ!?」

記者「し、知らない! 俺の物じゃないぞ!」

男「こんな大きくてやらしいブラジャーがお前の物であってたまるか! くんくん。むっ、織莉子ちゃんの匂いがする……」

織莉子「や、やめて!」パシッ

男(織莉子ちゃんにブラジャーを取り上げられた……)

男「まさかそのブラジャーは織莉子ちゃんの物なのか……?」

織莉子「……」

男「き、貴様〜! 織莉子ちゃんを辱めた報いを与えてやる!」

記者「違う! 俺は本当にそんな物知らない!」

男「黙れ! 織莉子ちゃん、俺がこいつを見張っている間に警察を呼ぶんだ!!」

織莉子「え、ええ……」タッタッタッタ

男「……ふう、行ったか」

記者「お、おい! 一体どういうつもりなんだ!?」

男「↓2」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/14(月) 16:03:02.45 ID:Zykv35N40
スケベしようや
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/14(月) 16:14:04.68 ID:rSQBUgTDO
さっさと逃げろ
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/14(月) 16:27:17.43 ID:KjpHWPEio
せっかくのオカズが・・・
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/14(月) 17:13:41.38 ID:tlG3tSak0
男「さっさと逃げるんだ。俺が上手くごまかしておくから……!」

記者「何?」

男「織莉子ちゃんがそっちの方に部屋に行きそうだったから仕方なく着いてきたんだ。そしたら記者さんが部屋から出てきて……」

男「あの場はなんとか織莉子ちゃんをこの場から遠ざける必要があった。だから警察を呼びに行ってもらったんだ」

男「大丈夫、今の内に逃げれば捕まりっこないさ。更に俺が警官に記者さんの風貌をいい加減に伝えておけば完璧だ。さあ、早く逃げるんだ!」

記者「わ、わかった!」ダダッ
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/14(月) 17:18:29.49 ID:tlG3tSak0
織莉子「警察を呼んだわ。……あの人は?」

男「くっ、すまない織莉子ちゃん……あいつ刃物を持っててさ」

男「玄関の方に走っていったから多分逃げられたと思う」

織莉子「え……!! だ、大丈夫なの! どこか切られたりしてない!?」

男「ああ、大丈夫だ。しかし恐怖のあまり犯人がどんな顔だったか記憶から吹っ飛んでしまった。これじゃあ警察が来ても奴の特徴を上手く伝えられないかも……」

織莉子「い、いいのよそんなこと。男が無事ならそれで……」

男「すまない……」

織莉子「それに犯人の顔ならカメラに映っているはずだから大丈夫よ。気にしないで」

男「……」



男(数時間後、記者が巡回中の警官にあっさり捕まったと警察から連絡が入った)
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/14(月) 17:20:05.97 ID:Ugrwboe2o
アウトーデデーン
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/14(月) 17:25:58.71 ID:rSQBUgTDO
セキュリティ強固すぎだろwwww
安価下
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/14(月) 17:56:06.61 ID:tlG3tSak0
男「今日は悪かった。知らなかったとはいえあんな奴を家に上げてしまって」

織莉子「いいえ、男は悪くないわ。困ってる人を見て放っておけなかったんでしょう?」

男「ああ……でもな……」

男(これでまた仕事は失敗か……金、どうしよう……)

織莉子「もう! 落ち込まない!」

男「……」

織莉子「……男、頭を出して」

男「ん? ああ……」

織莉子「……」ナデナデ

男「む……」

織莉子「悪い人から私を守ってくれて、ありがとう」

織莉子「ふふ……これで男に助けられたのは二回目ね」

男「織莉子ちゃん……」

男「ありがとう織莉子ちゃん! 元気出たよ!!!」

織莉子「どういたしまして」

男「よーし、明日もがんばるぞ!」ダダダッ

織莉子「勉強かしら? 受験生だものね。ええ、頑張って」
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/14(月) 18:08:40.86 ID:oZEtmEt5o
さすが男だ
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/14(月) 18:09:35.98 ID:tlG3tSak0
男「織莉子ちゃんのナデナデのおかげで少し勇気が湧いて来たぞ。気を取り直して新しいバイトに励もう!

男「早速ショウさんに電話だ。ん? いつの間にかメールが届いてるな」

男「ショウさんからか。なになに……」



やる気あんのか、コラ? お手つきは一回までだ。
お前にはまだこっちの仕事は早かったみたいだな、もう追加の仕事はまわさねーから。

志筑嬢の護衛だけはしっかり完遂して来い。
それさえ出来ないようならお前には普通のバイトも任せられねーぞ。



男「……」

男「帰ろう」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/14(月) 18:10:31.19 ID:tlG3tSak0
男「帰ってきたぞ。さて、どうしよう」

↓2
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/14(月) 18:16:45.38 ID:D/dhchgco
幼馴染の家に花火を撃ち込む
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/14(月) 18:20:42.82 ID:gC5uWuTSO
ごめんなさいメール
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/14(月) 19:17:24.54 ID:gtyK1wefo
ショウさんに?
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/14(月) 19:27:12.30 ID:gC5uWuTSO
一応そのつもりで。
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/14(月) 21:00:51.36 ID:tlG3tSak0
男「ショウさんにごめんなさいメールを送るぞ」

男「謝れば済むという問題ではないが、それでも今回の俺のポカでショウさんには迷惑をかけたからな」

男「これは俺の申し訳ないと思う気持ちをせめてショウさんに伝えたい、その一心で送るメールだ」

男「……」ポチポチ


すまんショウさん。
しかし美国議員は俺の彼女の父親だったんだ。これは単純に運が悪かった……。
あとあの記者は少し態度が大きすぎないか? あれじゃあ真面目に働く気も失せるってもんだ。もう少し対等な立場で仕事がしたかったぜ。
ついでにいうと記者が下着を盗んだのは俺の与り知らぬところで起きた出来事だ。そこまで面倒見切れない。
総合すると俺は悪くない。悪いのはあの記者だな。



男「送信……っと」

男「……」

prrrrprrrr

男「返信だ。即レスとはさすがだな、ショウさん」



言い訳ばっかしてんじゃねーーーーー!!!###



男「中指を立てた写メ付きか……いい年してお茶目だな……」

男「よし。暁美さんに今日の報告と、明日の志筑さんの護衛の段取りを話しに行って寝よう」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/14(月) 21:07:16.22 ID:oZEtmEt5o
でも本当に「記者が勝手に下着を盗んだ」なら、男が責められるのはお門違いだよな

あくまでそれが本当ならな
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/16(水) 21:35:09.99 ID:Ax6km8aI0
まだかな
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/16(水) 23:46:46.95 ID:+KEvm/AI0
男「暁美さん、入るぞ」コンコン

ほむら「先輩?」

ガラッ

ほむら「何か用? こんな時間に……」

男「は? 暁美さんが毎日報告しろって言ったんだろ。わざわざ来てやったのに酷いな」

ほむら「あ……そう、だったわね」

ほむら「貴方が守るとは思ってなかったから、失念していたわ……」

男「……」

ほむら「悪かったわ」

男「↓2」


1.引越しお疲れ様
2.貧乳
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/16(水) 23:48:28.74 ID:dHIOgoVSO
1
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/16(水) 23:49:05.47 ID:HNQK8ytKo
1
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/16(水) 23:57:03.16 ID:+KEvm/AI0
男「まあいいか。引越しお疲れ様」

ほむら「ええ。明日の一番に退院して、そのまま学校に行くことになっているから」

男「そうか。それで放課後はそのまま暁美さんの部屋に行けばいいんだな?」

ほむら「……私の部屋に来るつもりなの……?」

男「いや、だって暁美さんの体なんだからそうしないと不自然だろ。もしお互いの家に戻っても、どうせ次の日には入れ替わってるんだし」

男「そしたら俺の身体の俺が暁美さんの部屋から登校することになるぞ。もうややこしいから帰る家は身体準拠にしよう」

ほむら「……」

男「……」

ほむら「……」

ほむら「仕方、ないわね……」

男「やったー。ふひひっ!!」

ほむら「き、気持ち悪い笑い方をしないで!」
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/17(木) 00:02:01.00 ID:3VthbLD80
男「それでそっちの方なんだけど、明日は朝から志筑さんの家に行くことになってるから」

ほむら「そう」

男「初対面だからな。ちゃんと挨拶するんだぞ」

ほむら「わかってる」

男「よし……それじゃあ次は今日あったことの報告だが……」



男「ふう、報告も済んだことだし帰るか」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/17(木) 00:03:03.97 ID:3VthbLD80
男「家に帰ってきたぞ。今日はもうオナニーして寝よう」

男「誰でオナニーしようかな?」

↓2
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/17(木) 00:05:02.77 ID:o/9vIYSao
まどほむ
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/01/17(木) 00:06:59.51 ID:0pyYwlXBo
ほむら
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/17(木) 00:19:26.83 ID:MTzwu/BDO
今回は真面目に攻略するためにホムニーしまくろうか(提案)
42 :今日はここまで [saga]:2013/01/17(木) 00:20:34.07 ID:3VthbLD80
男「当然暁美さんでオナニーだ」

男「去年授業で使ったスケッチブックが見つかったので、そこに暁美さんの裸体を描いてオカズにするぞ。一度実物を見ているのでどんなポーズも思いのままだ」

男「……」サラサラ

男「出来た。頬を赤らめながらM字開脚のまま自分の指で性器くぱぁの暁美さんの絵だ!」

男「我ながら上手くかけたもんだ。これならどこに展示しても恥ずかしくないぞ」

男「しかしオナニーに使うにはちょっと味気ない気がするな。何かアクセントを付け加えたいところだ」

男「よし……内股から性器にかけて ←男先輩専用 と落書きをして……」

男「更に吹き出しをつけて……男先輩! ほむらは早く先輩の赤ちゃんが欲しいので、今日も頑張ってくださいね! ……と」

男「完璧だな。よし、今日はこれでオナニーだ」

男「はぁはぁ……」シコシコ

男「はぁはぁ……うっ」ドピュ

男「ふぅ……あ、なんだか急にすごい眠気が……」

男「……Zzzzz」
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/17(木) 00:23:20.15 ID:MTzwu/BDO
おい最悪のパターンじゃねぇかwwww
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/19(土) 16:58:05.09 ID:QMS3Jbfjo
そういえば携帯で動画もとってたな
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/19(土) 17:06:40.57 ID:MNKSYr+To
さすがに男相手とはいえ人様の物を勝手に漁るのは…
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/19(土) 23:22:48.15 ID:36teJMtT0
ほむら「Zzz....」

ほむら「はっ」

ほむら「……む、朝か。時間は……7時だな」

ほむら「お、食事が用意してある。腹も減ってるし食っておこう」



ほむら「ふう……ご馳走さん」

ほむら「用意されていた制服に着替えて、と……カバンも持ったし……」

ほむら「よし、行くか」



看護婦「退院おめでとう、暁美さん。勉強も遅れてて大変だろうけど……頑張ってね」

ほむら「うむ」

看護婦「体育の授業、無理しちゃダメよ。今の貴女の状態だときっとランニングだけでも辛いだろうけど、時間をかけて少しずつ体力をつけていってね」

ほむら「任せろ。じゃあ達者でな」

看護婦「……大丈夫かしら……」



ほむら「さて、始業の時間まであと30分。ここから歩いていったら着くのはギリギリになるな。少しゆっくりしすぎたか?」

ほむら「よし、ここは……」


1.無理せず早歩きで。
2.初日から遅刻はまずい、走ろう。

↓2
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/19(土) 23:23:15.60 ID:qJppztGSO
2
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/19(土) 23:23:47.22 ID:iom4zuRe0
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/19(土) 23:35:36.80 ID:36teJMtT0
ほむら「学校まで走るぞ。行くぞ!」

HP 10/10


ほむら「はぁ、はぁ……」タッタッタ

HP 7/10

ほむら「はぁはぁ……はぁはぁ……」タッタッタ

HP 4/10

ほむら「はぁ、はひ、はひ……は、はあぁ……」タッタッタドテドテ

HP 1/10

ほむら「は、はぁ……はぁ……み、見えた……学校だ……」ドテドテドテ

HP 0/10


ほむら「うっ……!」

ほむら(その時、俺の心臓に鋭い痛みが走り、間もなく目の前が真っ暗になり全身から力が抜けていった)

ほむら「ここまでか……」

ほむら「すまない、鹿目さん……どうか君だけでも生き残ってくれ……」

バタッ

GAME OVER
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/19(土) 23:36:13.69 ID:3nNt49gyo
弱すぎるww
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/19(土) 23:37:09.71 ID:qJppztGSO
ええええ
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/19(土) 23:38:09.57 ID:I6o9f9Eoo
なんか久々な気がするGAME OVER
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/19(土) 23:43:06.47 ID:36teJMtT0
ほむら「はっ、夢か……」

ほむら「うーむ、まあ遅刻してもいまの俺は暁美さんだし、別に先生に睨まれても痛くないからいいか」

ほむら「気持ち急ぎながら歩こう」



ほむら「着いたぞ。学校だ」

ほむら「まずは職員室だな。転校生は朝のHRに担任と一緒に行くのが相場だろう」スタスタ




−職員室−

ガラッ

ほむら「私がほむらよ」

早乙女「……暁美さん、やり直しです。職員室に入るときのマナーというものがあるでしょう?」

ほむら「わかったわ」

ピシャ

ほむら「よし、気を取り直して……」

ガラッ

ほむら「↓2」
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/19(土) 23:43:33.80 ID:wC8rLjWho
失礼します
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/19(土) 23:43:54.38 ID:3nNt49gyo
失礼します
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/19(土) 23:44:06.21 ID:qJppztGSO
たのもォォォ!!!!!
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/19(土) 23:50:09.08 ID:36teJMtT0
ガラッ

ほむら「失礼します」

早乙女「うーん、50点。いいですか、職員室にはちゃんとノックをしてから入りましょう」

早乙女「あ、でもちゃんと失礼しますを言えたのは偉いですね。声もハッキリしていたのでやっぱり60点かな?」

ほむら「子供扱いするなよ、ババア。お前のそういうところ入学したときからうざかったぜ」

早乙女「!?」

ほむら「って私は今入学したところだったわ。すみません、先生。少し記憶が混同してしまって……」

早乙女「わ、私が相手じゃなくても女の子が今みたいな口を利いてはいけません!」
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/20(日) 00:13:18.33 ID:3lwOK+w40
早乙女「それじゃあ、いよいよ暁美さんのこのクラスでのデビューの時ですね」

早乙女「先に先生が教室に入るから……暁美さんは私が呼んだら入ってきてね?」

ほむら「わかりました」



ほむら(廊下で待ってると早乙女ののろけ話が聞こえてくる)

早乙女「ペチャクチャ!!」

ほむら(どうやら彼氏とはまだうまくいってるみたいだな……)

早乙女「ペチャクチャクチャペチャ!!」

早乙女「ハイ、ナカザワクン!」

ほむら(長いぞ、おい!)

「や、やはり前もって彼氏の好みを訊ねておいたのがよかったのではないかと……」

早乙女「その通り! デキる女はここが違うのです!」

早乙女「女子のみなさんは彼氏に出す料理を独り善がりで作ってしまわないこと!」

早乙女「あと、男子のみなさんは彼女の出した料理は喜んで食べてあげましょう!」

早乙女「コホン! はい、それから……今日はみなさんに転校生を紹介します」

早乙女「暁美さん、いらっしゃい」

ほむら「お、やっと出番か」



ガラッ

ほむら「……」スタスタ

ガヤガヤ カワイー ウワスゲエビジン

ほむら「……」スタスタ

ほむら(教壇に立って、と……)

早乙女「はい、それじゃあ自己紹介いってみよう!」

ほむら(この時のために暁美さんから大体の流れを聞いておいたんだよな)

ほむら(この場面では、確か……)

ほむら「↓2」


1.暁美ほむらです。よろしくお願いします。
2.美樹さやかです。好きな男子は上条恭介です。
3.早乙女ババア、加齢臭、くっさ〜。
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/20(日) 00:13:47.44 ID:gHxynfLgo
2
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/01/20(日) 00:14:14.62 ID:TwqNEUGJ0


今回だけはがまんしろよwww
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/20(日) 00:24:24.85 ID:3lwOK+w40
ほむら「暁美ほむらです。よろしくお願いします」ニコッ

おおーーーっ

ほむら(男子の声があがった)

ほむら「ちょろいわ」

ほむら「男子なんざこのかわいい顔でちょっと微笑みかけてやればイチコロよ、ふふっ」

ほむら「このクラスの男子は、全員なんでもいうことを聞く奴隷クンに調教決定だな」ファサッ

「「「「「…………」」」」」

ほむら「あ、やばい、声に出てた……まあいいか」
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/20(日) 00:36:01.27 ID:3lwOK+w40
ほむら(あ、鹿目さんだ)

ほむら「……」ジーッ

まどか「ふぇ?」

ほむら「……」ジーッ

まどか「……」ソワソワ

ほむら(かわいい)



ほむら「HRが終わって休み時間になったぞ」

ほむら(女子達が俺の机の周りに集まってくる。転校生にとっての通過儀礼である質問攻めの時間だ)

「女王様? ねえ、女王様なの? 前の学校でもそうだった?」

ほむら「東京のミッション系の学校よ」

「ねね、さっき言ってた調教ってどういう意味?」

「前の学校にも奴隷クンがいるの?」

ほむら「やってなかったわ」

ほむら(くそっ、こいつらのせいで鹿目さんに話しかけられない……)

ほむら「うっ、心臓が痛い! 緊張しすぎたせいで持病で死ぬ!」

「ええっ! ほ、保健室に連れて行かないと……!」

「あたしも! 行く行く!」 

ほむら「お構いなく……」ガタッ

ほむら「ピンクの人にお願いしますから」


63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/20(日) 00:41:23.48 ID:hizm7imSO
相変わらず>>1は面白いのを書くな
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/20(日) 00:46:06.17 ID:3lwOK+w40
ほむら「……」スタスタ

まどか「え?」

さやか「お?」

仁美「あら?」

ほむら「鹿目まどかさん。貴女がこのクラスの保健係よね」

まどか「へ……えっと、あの……」

ほむら「連れて行ってもらえる? 保健室」



ほむら(保健室までの道を鹿目さんと一緒に歩く……)

まどか「えっと、あの……わたしが保健係だって、どうして……」

ほむら「……」

まどか「……」

ほむら「↓2」


1.早乙女先生から聞いたの。
2.早乙女のババアから聞いたの。
3.私ね……未来から来たんだよ……!
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/20(日) 00:47:39.74 ID:YvkpoQ0Bo
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/20(日) 00:47:39.95 ID:XdwAQOB6o
3
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/20(日) 00:56:55.62 ID:3lwOK+w40
ほむら「話したところで伝わるわけがない」

まどか「そ、それってどういう……」

ほむら「だって……だって私は……」

ほむら「貴女とは、違う時間を生きているんだもの……!!」

タッタッタッタ ギュッ

まどか「うぇ!?」

ほむら「すーはーすーはー……くんかくんか」

ほむら「はーいい匂い……」

まどか「暁美さん!?」

ほむら「私ね……エロいことしたいんだよ……?」

まどか「や、やめてよ!」ドンッ

ほむら「ぎゃあ!」ドテッ

HP 8/10

ほむら「いてて……」

まどか「あっ、ご、ごめんね暁美さん!」
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/20(日) 01:06:35.15 ID:3lwOK+w40
ほむら「ちょっとスキンシップをとっただけなのに、酷いわ鹿目さん……」

まどか「うー、いきなりはびっくりするよぉ……」

ほむら「手、貸してもらえる?」

まどか「あ、うん……」スッ

ぎゅっ

ほむら「どっこいしょ」スクッ

ほむら「気を取り直して保健室に行きましょうか」

まどか「どっこいしょって、ママみたい……」



ほむら「……」スタスタ

まどか「え、えっと……暁美さん……?」

ほむら「ほむらでいいわ」

まどか「ほむらちゃん。え、えーっと、変わった名前だよね」

ほむら「……」

まどか「あ、変な意味じゃなくてね!? その、か、かっこいいなーなんて!」

ほむら「……」スタスタ

ほむら(えー、確かここで……)

ほむら「……」クルッ

ほむら「鹿目まどか。貴女は自分の↓2を尊いと思う? ↓4を大切にしてる?」
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/20(日) 01:07:48.02 ID:rU+aP+TIO
貞操
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/20(日) 01:08:14.76 ID:3T+K/p7AO
処女まんこ
71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/20(日) 01:11:48.46 ID:hizm7imSO
貞操観念
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/20(日) 01:12:22.72 ID:brEBHfJDo
貞操観念
73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/20(日) 01:22:51.99 ID:3lwOK+w40
ほむら「鹿目まどか。貴女は自分の処女まんこを尊いと思う? 貞操観念を大切にしてる?」

まどか「えぇ!?」

ほむら「処女膜チェックの時間よ。現代の若者の性は乱れているから私が正さないといけないわ」

ほむら「早く保健室に行きましょう。今日は保健の先生はお昼までいないはずだから、じっくり時間をかけて貴女の処女膜をチェック出来るわ」

まどか「ほ、ほむらちゃん……? ちょっと怖いよ、冗談ならやめてほしいかも……?」

ほむら「……ええ、そうね。今のは冗談よ。ビューティージョーク。ほら、だから早く保健室に行きましょう」

ほむら「二人で、ね……」

ほむら(俺は鹿目さんの手を掴もうと腕を伸ばした)

まどか「ひっ!」ビクッ

ほむら(が、鹿目さんに手を引っ込められてしまった)

ほむら「……」

ほむら「怖いの? 処女膜チェックが……」

ほむら「どうしてかしらね。女同士なのだから、やましいことが無ければ怖くなんてないはずだけど」

まどか「そ、そういう問題じゃなくて……」

ほむら「生徒手帳に書いておくわ。鹿目まどか、非処女の疑い強し……」サラサラ

まどか「やめてよ!?」
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/20(日) 01:27:52.83 ID:3lwOK+w40
ほむら(そうこうしている内に保健室に着いてしまった)

まどか「え、と……じゃ、わたしはこれで……」

ほむら「待って」

まどか「な、何?」

ほむら「貴女と話している内に具合が良くなったわ。一緒に教室に戻りましょう」

まどか「あ、あはは……そうなんだ……」
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/20(日) 01:28:20.23 ID:3lwOK+w40
今日はここまでです。ありがとうございました。
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/20(日) 01:30:04.97 ID:brEBHfJDo
おつ
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/20(日) 09:17:38.52 ID:xFWtD/GLo

これ知られたら絵のことも合わせて殺されるぞwwwwww
78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/20(日) 13:33:27.51 ID:KAgkWixro
片方が死ぬともう片方も日が終わると同時に死ぬ仕様だから殺されない
良かったな男
79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/20(日) 21:54:51.02 ID:xFWtD/GLo
てか>>62みるとほんとルート入った時と全然違うなwwwwww
80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/21(月) 02:08:05.81 ID:N5fkXhky0
あのシリアスな始まりはどこへいったのか
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/21(月) 22:51:14.10 ID:3CVo19wM0
−数学の時間−

ほむら「うーん、去年やったところだしつまらん……退屈だ……」

教師「えー、ではここを……あー。暁美。解いてみなさい」

ほむら「は? 私は今日転入してきたばっかりなんですが」

ほむら「私が授業で習った事がない可能性がある問題を前に出て解かせるつもりなんですか? 頭大丈夫ですか……?」

教師「うっ、た、確かに。すまん……」

ほむら「チッ……まあいいわ」ガタッ

カッカッカッ カッカッ

ほむら「どや?」

オォーッ ザワザワ すげぇ!

教師「せ、正解だ。なんだ、出来るんじゃないか……だったら素直にやってくれてもいいだろう……」



−体育の時間−

教師「はい、それじゃあまずは全員ランニング5周!」

ほむら「先生」

教師「なんだ」

ほむら「私は退院したばかりなのでランニングは遠慮したいんですけど」

教師「駄目だ、先生は特別扱いはしないぞ。リハビリだと思って走りなさい」

ほむら「心臓が悪くて入院してた子どもにいきなり5周もランニングさせる奴があるか!!!」

ほむら「この体罰教師!! 訴えてやる!!!」

教師「うっ、わ、わかった……」

教師「しかし心臓が悪いだなんて俺は知らなかったんだ。体罰は言いすぎだろう……」



ほむら「はぁーーーっ!!」バッ

教師「跳び箱10段飛びだと……!?」

ほむら「どや?」

スッゲー元気じゃん 走りたくないだけだったんじゃ? クレーマーだ……。



−昼休み−

ほむら「何故かみんな俺に話しかけてこなくなってしまった」

ほむら「そういえば昼飯はどうすればいいんだ。弁当も金もないぞ……」

ほむら「……どこかに金が落ちてないか探しに行くか。無かったらその辺の下級生からちょっとだけ借りよう。この顔なら喜んで貸してくれるはずだ」
82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/21(月) 22:55:37.89 ID:3CVo19wM0
ほむら「金……金……」キョロキョロ

ほむら「金……どこだ、俺の金……」キョロキョロ

???「ほい」パッ

ほむら「うおっ!」

ほむら(いきなり目の前がぼんやりとし始めた)

ほむら「なんだなんだ?」

ほむら「あ、眼鏡がない……おい、人の眼鏡を勝手に取るな。誰だ」

???「さあ、誰かな?」

ほむら「この声は……↓2だな!」
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/21(月) 23:02:08.23 ID:SNuoQ1gMo
もう一人のボク
84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/21(月) 23:08:12.53 ID:+EW7VR6j0
可愛い女の子のさやかちゃんだな
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/21(月) 23:19:11.45 ID:3CVo19wM0
ほむら「この声は……美樹さんね。可愛い顔して人の物を盗むなんて最低ね、この泥棒猫!」

???「ハズレ。不正解だったので眼鏡は没収」

???「そういうことでさいなら」タッタッタ

ほむら「ちょ、待てよ!」

ほむら「お、おい。どうするんだこれ……前とか全く見えないぞ……?」

ほむら「くっ、とりあえず教室に戻るか。えーっと……こっちだな多分」

ほむら「ぎゃあ!」ドテッ

HP 7/10

ほむら「いてて、なんかにつまづいたぞ。段差か?」

ほむら「ちくしょう、なんで俺がこんな目に……くそっ、くそっ……」

???「ほむらちゃん……?」

ほむら「その声は……可愛い美樹さん!」

まどか「ち、違うよ。わたし。まどかだよ」

ほむら「鹿目さんだったのね。ねえ鹿目さん、私の眼鏡を持った女を見なかった?」

まどか「見てないけど……えっと、メガネ失くしちゃったの?」

ほむら「かけてたら盗られたのよ」

まどか「えー……」
86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/21(月) 23:28:52.08 ID:3CVo19wM0
ほむら「鹿目さん。私、前が見えなくて困ってるの。悪いんだけど教室まで手を引いてくれないかしら」

まどか「あ、うん……」

ほむら「ありがとう。それじゃお願いね」



まどか「ねえ、ほむらちゃん」

ほむら「何かしら?」

まどか「先生の言う事はちゃんと聞かないとダメだよ……あれじゃあほむらちゃんが先生達に良く思われないよ……」

ほむら「善処するわ」

まどか「うーん……」



まどか「はい、教室に着いたよ」

ほむら「ありがとう、鹿目さん」

まどか「ほむらちゃんの席は……あれ」

まどか「ねえ、ほむらちゃんの机にメガネがおいてあるんだけど、これってほむらちゃんのだよね」

まどか「はい」

ほむら「? ……あ、本当ね。これでなんとか見えるわ……」

ほむら「それにしても、この眼鏡というものは煩わしいわね……どうしてコンタクトレンズにしないのかしら?」

まどか「わ、わたしに言われても」
87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/21(月) 23:41:56.50 ID:3CVo19wM0
ほむら「一緒に置いてあるこれは、弁当箱?」

まどか「そうみたいだね」

ほむら「うーん……」

ほむら「中沢君」

中沢「!? は、はい! なんでしょう」

ほむら「この眼鏡と弁当箱を私の席に置いていった不届き物は誰だったのかしら?」

中沢「あ、それは3年の女子の先輩が……」

ほむら「そう。ありがとう」



ほむら(なるほど、犯人がわかったぞ。こんな犯罪行為をするのは幼馴染しかいない)

ほむら(イケメンの俺のために弁当を作ってきたが、恥ずかしいからこんな回りくどいことをして俺に弁当を渡しに来たわけだな)

ほむら(よし、この弁当はありがたくいただいてやろう。お礼はまあ、明日俺の顔を写した写メでも送ってやるか)



まどか「ね、ほむらちゃん」

ほむら「?」

まどか「お弁当、一緒に食べようよ。わたしのお友達もまだちゃんと紹介してないし」

ほむら「↓2」
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/21(月) 23:42:22.85 ID:3CVo19wM0
今日はここまでです、ありがとうございました。安価下
89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/21(月) 23:45:33.34 ID:UR3oN2t3o
特別に行ってやるわ。ありがたく思いなさい
90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/21(月) 23:52:49.66 ID:k2Y+3vbXo

べ、別に鹿目さんとお弁当一緒に食べたいんじゃないんだからね!(ソワソワ
91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/22(火) 11:39:37.04 ID:8FFYQ4/Bo
この男、何がしたいんだ。。。
92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/22(火) 20:46:10.45 ID:gg+rUZMT0
ほむら「貴女が私と食事を?」

まどか「えっと、ダメかな……?」

ほむら「ダメというか、よくそんな図々しい事が言えるわね」

まどか「……」

ほむら「……」

ほむら「その神経の図太さ、貴女ってちょっとアレな人なのかしら?」

まどか「そ、そうなのかな……」

ほむら「少し貴女に興味が出てきた。観察対象としては面白いかも。特別に行ってやるわ、ありがたく思いなさい」

まどか「うん、ごめんね……」
93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/22(火) 20:59:30.44 ID:gg+rUZMT0
ほむら(鹿目さんに連れられて屋上に来たぞ)

まどか「お待たせー、みんな」

仁美「あら、まどかさん。係のお仕事、お疲れ様です」

さやか「遅いぞー、まどか! ……あれ、転校生も一緒なの?」

ほむら「……」

まどか「あ、うん。お昼一緒にどうかなって。いいよね?」

さやか「もちろん! でかしたぞー、まどか! 話題の転校生の昼休みは我々が独占した!」

まどか「てぃひひ。ほむらちゃん、とりあえず座ろっか」

ほむら「ええ」



まどか「えっとね、ほむらちゃん。この子が……」

さやか「美樹さやかだよ。よろしくね、ほむらちゃん」

ほむら「よろしく」

まどか「そういえばさっき、ほむらちゃん、わたしとさやかちゃんを間違えてなかった? もしかしてさやかちゃんの事知ってたのかな?」

ほむら「知らないわ。そんなことあったかしら?」

まどか「え、き、気のせいかな……?」

仁美「暁美さん、私は志筑仁美と申します。どうぞよろしくお願いしますね」

ほむら「↓2」
94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/22(火) 21:03:48.66 ID:surBHXi40
あなたたちに上条恭介は渡さないわ
95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/22(火) 21:03:58.70 ID:103AHpnBo
よろしくお願いしますわ
96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/22(火) 23:13:07.38 ID:gg+rUZMT0
ほむら(俺は手の甲を口に添え、声高く笑いながら応えた)

ほむら「おーっほっほっほっほっ!! こちらこそよろしくお願いしますわ!!!」

まどか「!」ビクッ

さやか「!」ビクッ

ほむら「仲良くしてさしあげてもよろしくってよ!?」

仁美「は、はい……」

まどか「……」

さやか「……」

ほむら(しまった、志筑さんは金持ちだからこうやって対応するもんだと思ってたのに……)

ほむら(三人とも反応が微妙だ。まあ別にいいか)

ほむら「美樹。お茶を淹れてちょうだい」

さやか「続けるのかよ!?」
97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/22(火) 23:37:00.53 ID:gg+rUZMT0
ほむら「ごめんなさい、今のは忘れて」

ほむら「改めまして、私は暁美ほむら。みんなよろしくね」

仁美「はい。よろしくお願いしますね」

さやか「いや、忘れろって言われても」

まどか「さやかちゃん、ほむらちゃんはずっと病院にいたから……」

さやか「あ、そうか……うん、ちょっと緊張しちゃってたんだね。わかったよ」

さやか「こっちこそよろしくね。ほむらちゃん」

ほむら「ええ。それじゃあ気を取り直して食事にしましょう」

さやか「だねー」

カパッ

ほむら(俺が幼馴染の持ってきた弁当箱を開けると、一面の白米の上で薄焼き卵と桜でんぶによる男女のまぐわいを模したデコレーションがなされていた)

ほむら「見て鹿目さん。これはエロイわ」

まどか「うぇっ!?」

さやか「ぶはっ」

仁美「あら……」

ほむら「桜でんぶで肌の紅潮を表現したのね。見た目ばかりに気をとられて塩っ気が足りなさそうに見えるけど、ご飯が二層になっていて間にうなぎが挟まっているわ」

ほむら「合格」パクパク
98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/22(火) 23:42:03.57 ID:gg+rUZMT0
ほむら「ご馳走様でした」

さやか「変態弁当のお味はいかがでしたかな?」

ほむら「興味があるなら同じ物を作らせるけど……」

さやか「誰に? いや、いらないけど」

ほむら(見回すと、もう全員あらかた食事を終わりかけている)

ほむら(誰かに話をふってみようかな?)

↓2
99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/22(火) 23:42:41.28 ID:wIFfiP3SO
さやか
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/22(火) 23:42:55.08 ID:MW+MWGzuo
さやか
101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/22(火) 23:42:58.68 ID:Z4B+FH3Wo
まどか
102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/22(火) 23:54:54.42 ID:surBHXi40
もっとペースを上げて欲しい
103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/23(水) 00:00:56.36 ID:uHQyZDnj0
ほむら「ところで美樹さん」

さやか「んー?」

ほむら「ししとうが残っているみたいだけど……」

さやか「……」

さやか「えへ♪」

ほむら「苦手なの?」

さやか「そういうほむらちゃんこそ、漬物が残っているようですなぁ?」

ほむら「これはナスビね。青い食べ物なんてこの世に必要ないのよ」

さやか「もったいないなあ。おいしいのに」

ほむら「貴女のししとうもね」

さやか「……」

ほむら「……」

さやか「えいっ」パクッ

ほむら(美樹さんが俺のナス漬けを取って食った)

ほむら「↓2」


1.私も、えいっ
2.ど……ドロボーーーッ!!
104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 00:01:42.84 ID:3zT32YDU0
105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 00:02:01.43 ID:7izDrrdzo
1
106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 00:02:03.54 ID:3zT32YDU0
107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/23(水) 00:12:25.73 ID:uHQyZDnj0
ほむら「私も、えいっ」パクッ

さやか「えへへー。やったね、一件落着だ」モグモグ

ほむら「食べながら話さないで」モグモグ

さやか「ほむらちゃんもね」モグモグ

仁美「素晴らしいですわー」



ほむら(昼休みが終わり、午後の授業が始まった)

ほむら「はぁ……退屈だ」

ほむら(早乙女の授業なんて真面目に聞く奴がどこにいるんだ? 全く、早く終わればいいのに……)

ほむら(嘆いていても仕方が無い。ここは4コマ漫画でもノートに書いて暇を潰そう)

ほむら(4コマ漫画の基本は各コマに起・承・転・結の役割をきっちりと与えることだ・。それさえ出来ていればどんなネタでもそこそこ読めるものになる)

ほむら(まずは1コマ目、起の部分だな。鹿目さんが暁美さんのところにやってきて、暁美さんが一言……)




まどか『ほむらちゃん!』

ほむら『まどか。↓2』
108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 00:13:11.38 ID:rBsv8tGSO
どうしたの?!そんなにムキムキになって!
109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 00:13:33.66 ID:3zT32YDU0
110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 00:13:38.94 ID:7izDrrdzo
おはよう 今日もムキムキね!
111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 00:13:41.04 ID:y+nydLQDO
すっぽんぽん大賞受賞おめでとうファサ
112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 00:15:25.57 ID:PuJSSr6jo
おい白スクまどかは関係ないだろ
113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/23(水) 00:20:48.69 ID:uHQyZDnj0
まどか『ほむらちゃん!』

ほむら『まどか。……!? どうしたの、そんなにムキムキになって!』


ほむら(よし、いいぞ。まさに「何かが起こった」状態だ。これなら読み手の心を掴みとること間違いなしだ!)

ほむら(続いて2コマ目、承の部分だな)

ほむら(鹿目さんがムキムキになった理由が鹿目さんの口から語られるぞ。果たして何か目的があって故意でそうなったのか、それとも……?)


まどか『↓2』

ほむら『まあ! 驚いたわ!』
114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 00:22:39.45 ID:IpCG/pCCo
実は私、魔法少女になったの!
115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 00:22:46.66 ID:7izDrrdzo
だって、ほむらちゃんみたく、かっこよくなりたくて!
116 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 00:23:11.82 ID:PuJSSr6jo
垂れ乳にならないように胸筋鍛えたらハマっちゃったんだ
117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/23(水) 00:29:20.64 ID:uHQyZDnj0
まどか『ほむらちゃん!』

ほむら『まどか。……!? どうしたの、そんなにムキムキになって!』

まどか『だって、ほむらちゃんみたく、かっこよくなりたくて! 』

ほむら『まあ! 驚いたわ!』


ほむら(なるほど、鹿目さんは暁美さんに憧れて筋肉ムキムキになったということだな)

ほむら(よし、次は3コマ目。転の部分だ。鹿目さんの願いを聞いて、暁美さんはなんと答えるだろう?)

ほむら(ここの内容次第でオチである4コマ目の結も自動的に決まるようなものだからな。よく考えて展開していこう)


ほむら『↓2』

まどか『え……!?』
118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 00:31:45.98 ID:PuJSSr6jo
その強靭な身体でか細い私をへし折るつもりなのね!?
119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 00:33:32.43 ID:7izDrrdzo
立派になって・・・これで思い残すことは無いわ・・・
120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 00:33:38.27 ID:cykHw64AO
それで魔女化の恐れがある魔法少女にならなくてすむのね
121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/23(水) 00:45:24.87 ID:uHQyZDnj0
まどか『ほむらちゃん!』

ほむら『まどか。……!? どうしたの、そんなにムキムキになって!』


まどか『だって、ほむらちゃんみたく、かっこよくなりたくて! 』

ほむら『まあ! 驚いたわ!』


ほむら『立派になって……これでもう、思い残すことはないわ……』バタッ

まどか『え……!?』


まどか(ほむらちゃん……わたし、がんばるよ。ほむらちゃんが今まで守ってきてくれたっこの街を、これからはわたしが守るんだ)

まどか(大丈夫、わたしのはこの鍛え抜かれた鋼の肉体があるから。人間は筋肉があればどんな苦難だって乗り越えられるんだよ)

まどか(だから安心して。いつかきっと向こうでまた会おうね……ほむらちゃん)



ほむら「ふう……」

ほむら「駄作だな。さっぱり意味がわからん」

ほむら(もう一本書くかまずは起だ)


さやか『ほむら!』

ほむら『美樹さん。↓2』
122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/23(水) 00:45:51.74 ID:uHQyZDnj0
今日はここまでです、ありがとうございました。安価下
123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 00:46:36.82 ID:PuJSSr6jo
その尻の肉付きは嫌味ね
124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 00:47:33.02 ID:7izDrrdzo
125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 00:58:05.15 ID:y+nydLQDO
乙ー
126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 02:11:04.63 ID:wddvYtAN0
乙乙
127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 07:45:55.74 ID:384jG1mIO
128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/23(水) 09:24:09.56 ID:uHQyZDnj0
さやか『ほむら!』

ほむら『美樹さん。その尻の肉付きは嫌味ね』



ほむら(とりあえず暁美さんが美樹さんに突っかかるところからはじめよう)



さやか『嫌味ってどんな味?』ペロン

さやか『うぐぐ……うーん、届かないや』

ほむら(美樹さんは嫌味を甘味とか辛味みたいな味の種類のことだと思って、その場で尻を出して舐めようとするが、当然舌が届かない)

ほむら(そこで暁美さんが一言)

ほむら『↓1』
129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 09:29:02.13 ID:t+plufQ50
あなたはどこまで愚かなの…!
130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 09:31:28.38 ID:y+nydLQDO
不定期すぎるわwwwwどういうタイミングに来るんだよwwww
安価下
131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/23(水) 09:35:28.96 ID:uHQyZDnj0
さやか『ほむら!』

ほむら『美樹さん。その尻の肉付きは嫌味ね』


さやか『嫌味ってどんな味?』ペロン

さやか『うぐぐ……うーん、届かないや』

ほむら『貴女はどこまで愚かなの……!』


さやか『あーっもう! 誰かあたしの代わりにあたしのお尻を舐めて!』

↓1『わかった』


ほむら(自分の尻の味を確かめたいという本来の目的も忘れて、誰でもいいから尻を舐めてくれと叫ぶ美樹さん。そこに登場する人物は……)
132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 09:36:18.02 ID:82JNSWOAO
上条
133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 09:37:25.67 ID:PuJSSr6jo
さっきのマッチョまどか
134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/23(水) 09:46:26.38 ID:uHQyZDnj0
さやか『ほむら!』

ほむら『美樹さん。その尻の肉付きは嫌味ね』


さやか『嫌味ってどんな味?』ペロン

さやか『うぐぐ……うーん、届かないや』

ほむら『貴女はどこまで愚かなの……!』


さやか『あーっもう! 誰かあたしの代わりにあたしのお尻を舐めて!』

上条『わかったよ、さやか』


上条『ふっ! ふっ!』パンパン

さやか『あぁ〜っ、モ、モンスターっ!』

ほむら『なんで本番を始めてるのかしら!?』



ほむら(ふう、完成だ)

ほむら(今回はなかなかの出来だ。オチとか結構自信あるぞ!)

ほむら(おっ、しかもちょうど授業も終わる時間だな)

キーンコーンカーンコーン

ほむら「鹿目さん、鹿目さん。授業中に4コマ漫画を書いたのだけど」

まどか「えっ、授業中は授業聞いてないとダメだよ……」

ほむら「はい、鹿目さんも出ているのよ」

まどか「わたし? うーん、ちょっと見てみるね」

ほむら「……」ワクワク

まどか「……」

ほむら「……」ワクワク

まどか「ほむらちゃん……これ、さやかちゃんには絶対見せちゃダメだよ……?」

ほむら「え、つまらなかったかしら……?」
135 :今朝はこれだけ [saga]:2013/01/23(水) 09:53:54.49 ID:uHQyZDnj0
ほむら(午後の授業が終わって放課後になった)

さやか「ほむらちゃーん! あたしとまどか、帰りに寄り道するけど一緒に来ない?」

ほむら「? 志筑さんは来ないの?」

さやか「なんかしばらくは一緒に帰れないんだって。朝も今まで一緒に通ってたんだけど、それもナシって」

ほむら(ああ、例の依頼の件で俺と登下校してるんだな)

さやか「うーん、これはオトコの匂いがしますなぁ!」

ほむら「そうね。非処女クソビッチ仁美と呼びましょう」

さやか「行きすぎだっつーの! で、来る?」

ほむら(どうしよう)


1.行く
2.尾行する
3.鼻孔をほじる

↓2
136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 09:58:29.68 ID:y+nydLQDO
イク
137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 10:12:40.09 ID:PuJSSr6jo
1
138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/23(水) 14:35:59.60 ID:IgXdQXtco
乙乙!
139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 13:39:19.33 ID:t9vhJzYo0
ほむら「もちろん行くわ」

さやか「はいよ。それじゃあ帰る準備してくるからちょっと待っててね」



さやか「それじゃあいこっか」

まどか「うん!」

ほむら「ええ」

さやか「そーだ。今日はほむらちゃんの転校祝いってことで何かおごったげるよ」

まどか「あ、それいい考えかも! 行こうよ!」

ほむら「え、いいわよそんなの」

ほむら(鹿目さんに奢られるのはちょっとな)

さやか「遠慮すんなってー!」

まどか「そうだよ。それに、ほむらちゃんに座ってゆっくりお話出来たらなって思うし……」

さやか「はい決定!」

ほむら「強引ね……その強引さで今まで何人の男の精を吸ってきたのかしら……?」

さやか「いや、それはねーから」

まどか「……あ、あのね。さやかちゃん。お小遣いの日の前だから、あんまり高いのは……」ボソボソ

さやか「わかってるって」ボソボソ

さやか「そんじゃ、いつも使ってるハンバーガーのお店で」



さやか「着いたね。ささ、ほむらちゃん、好きなのを選びなよ」

ほむら「↓2をお願いするわ」
140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/26(土) 13:43:12.49 ID:aK0Q6UnB0
ハンバーガーひとつ、照り焼きバーガーひとつ、ちーずばーがーひとつ、フライドポテトにナゲット、シェイクにそれから面倒だわ、メニューの上から下まで全部よ
141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/26(土) 13:43:24.76 ID:qjU4f6on0
絶品タワーチーズバーガー(5段)
142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/26(土) 14:06:08.18 ID:YrcJsZrT0
一つをみんなで食べるんだよな?
143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/26(土) 14:07:12.08 ID:KM/xjWulo
じゃないとほむらの体には入りきらなくね
144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 14:12:45.81 ID:t9vhJzYo0
ほむら「絶品タワーチーズバーガーをもらおうかしら」

さやか「うはっ。がっつりいきますなぁ」

ほむら「5段で」

さやか「5段!? 食べられるの……?」

ほむら「任せて」

まどか「さ、さやかちゃん。ごめん、わたし、そんなにお金ない……」ボソボソ

さやか「わかってるって」ボソボソ

まどか「ごめんね、本当にごめん……明日絶対返すから……」ボソボソ



ほむら「流石、大きいわね……とりあえず写メ撮りましょう」パシャ

さやか「あ、あたしも」パシャ

まどか「てぃひひ」パシャ

ほむら「いただきます。このままだと食べきれないからバラしてお弁当のお箸で食べましょう」



ほむら「……」モグモグ

ほむら「参ったわ。肉2枚で限界よ。あとは二人に任せるわ」

まどか「……」

さやか「えーと……」

ほむら「何? 限界と言ったら限界なのよ。これ以上食べたら戻してしまうわ」

まどか「……そっか。じゃあ仕方ないね。さやかちゃんも食べようよ」

さやか「あー、あたしもホットドッグ食べたからあんまり食べられないかも」

まどか「……」
145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 14:28:36.84 ID:t9vhJzYo0
まどか「はー、お腹いっぱいだよぉ……」

さやか「頑張ったね、まどか!」

ほむら「ご馳走様。なかなかおいしかったわ」

まどか「パパにご飯いらないってメールしないと……」カチカチ



さやか「あー、この後ちょっとCD屋寄っていい?」

ほむら「着いていくわ」

まどか「わたしも平気だよ」

さやか「悪いね」



ほむら(CD屋に着いたぞ。鹿目さんは試聴中で美樹さんは何か探しているな……)

ほむら(うーん、暇だ。オナニーでもしよう……)

ほむら「さすがにここではちょっとな。駐車場のどこか人目にないところでしよう」
146 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 14:37:26.77 ID:t9vhJzYo0
ほむら「ここならカメラも死角だし、人も来ないだろう」

ほむら(俺は駐車場の片隅に三角コーンを持って陣取った)

ほむら「ん……はぁはぁ……」スリスリ

ほむら(股間にコーンの先端を擦り付け、感触を楽しんだ……)

ほむら「んはぁぁぁぁぁ……っ」ビクンビクン

ガコーン

『きゅっぷ』

ほむら「しまった、盛り上がった勢いでコーンを蹴り飛ばしてしまったぞ!」

ほむら「もう一個コーンを取りに行かないと」



ほむら「よし、再開だ」スリスリ

ほむら「はぁはぁ……」スリスリ

ほむら「んぁぁぁぁぁ!!」ビクンビクン

ガコーン

『きゅっぺ』

ほむら「また蹴ってしまった……」

ほむら「ええい、仕切りなおしだ」

ほむら(その後も俺は盛り上がってはコーンを蹴り飛ばすという行為を何度も何度も繰り返した)

ほむら(すると……)
147 :とりあえずここまで [saga]:2013/01/26(土) 14:47:50.86 ID:t9vhJzYo0
まどか「ほむら、ちゃん……?」

ほむら「鹿目さん? どうしてこんなところに」

まどか「そ、その子をいじめてたのってほむらちゃんなの? だ、ダメだよそんなの!」

ほむら「その子って……人のクリトリスを勝手に擬人化しないでもらえるかしら?」

まどか「ワケわかんないよ……」

さやか「まどかー。ほむらちゃーん。二人して何やってるのさ」

ほむら「美樹さんまで。なんでこんなところにみんなして集まっているのかしら……?」

まどか「んー? まどか。それ何、ぬいぐるみ?」

まどか「えっとね、今ほむらちゃんがこの子に……」

ほむら「……あら、そんなことより、なんだか周りの景色がおかしくないかしら……?」

まどか「え……?」

さやか「あ、あれ、何ここ!?」

ほむら(うーん、どうやらこれは魔女の結界らしいな。時間を戻す前に織莉子ちゃんとキリカちゃんが学校を占拠した時に似ているぞ)

ほむら「ここに留まっては危険よ。逃げましょう、二人とも!」
148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/26(土) 15:49:58.64 ID:3yvuylnDO
おつですばい
149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/26(土) 21:35:23.42 ID:JJSWkkb+o
クリトリスの擬人化wwwww
150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 21:35:55.17 ID:t9vhJzYo0
さやか「逃げるってどこに!?」

ほむら「とにかくここから逃げるのよ!」

まどか「ど、どっちに行くの?」

ほむら「こっちよ!」ダダダッ



ほむら「はぁはぁ……」

さやか「さ、さっきから結構走ってるのに……この駐車場ってこんなに広かった!?」

まどか「なんか怖いよぉ……」

さやか「もー! 一体何がどうなってんのさ!」

ほむら「あ」

まどか「?」

ほむら「囲まれた……」

「○□×〜」「×!」「△○○」「〜〜〜」

まどか「何、これ……?」

ほむら(これは魔女なのか、使い魔なのか? 判別が出来ん……)

ほむら(どっちにしてもとにかくやばい。この身体じゃろくに逃げることも出来んぞ)

「「「「「がおー!」」」」」

まどか「きゃぁぁぁぁぁ!!」

さやか「う、うわぁぁぁぁぁ!!」

ほむら「↓2」


1.鹿目さん、危ない!
2.美樹さん、危ない!
3.ふ、二人の命を差し出す! だから私だけは見逃して!
151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/26(土) 21:37:11.43 ID:SpYKn5GAO
2
152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/26(土) 21:37:31.75 ID:KM/xjWulo
1
153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 21:56:51.74 ID:t9vhJzYo0
ほむら「鹿目さん、危ない!」ガバッ

ほむら(俺は鹿目さんを敵の攻撃から庇うため、床に彼女を押し倒した)

まどか「えっ……!」

「がぉー!」バキッ

ほむら「ぐあっ!」

HP 2/10

ほむら「ぐぐぐ……」

まどか「ほむらちゃん!? ねえ、しっかりして!」

まどか「なんで……わたしなんかのために……!?」

ほむら「……嬉しかったの」

まどか「え……?」

ほむら「転校してきて間もないのが理由にならないくらい勉強と運動が出来なくて、しかも根暗で友達のいないコミュ障のこの私こと暁美ほむらなんかに話しかけてくれる奇特な人がいたことが……」

まどか「そ、そうなんだ。それってほむらちゃんの事と全然違うような気がするけど……それに話しかけてきたのはほむらちゃんの方だし……」

ほむら「鹿目さんに出会えて本当によかった。もっと一緒に居たかったけど、私はもうここまでみたい」

ほむら「私はもう持ってあと数秒の命よ……」

まどか「そんな! や、やだよ、諦めないで!」

ほむら「……」ガクッ

ほむら(俺は死んだフリでこの場をやり過ごすことにした)

まどか「ほむらちゃん! やだ、やだよ! せっかく友達になれたのに……」

まどか「ほむらちゃーーーん!!」

ほむら「あ、でも……鹿目さんが処女膜検査させてくれたら生き残れるかもしれないわ」ムクリ

まどか「ほむらちゃん!?」

ほむら「鹿目さん、私のためにパンツを脱いで見せてもらえるかしら」

まどか「え、あの……」

さやか「アホかーーーっ!!」パシーン

ほむら「ぐあっ」

マミ「あ、危ないところだったけどもう大丈夫よ。使い魔は私が全部倒したから……」
154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 22:04:34.47 ID:t9vhJzYo0
ほむら「あら、巴さん。来てくれたのね」

マミ「ええ。間に合ってよかったわ」

ほむら「間に合った? 何に?」

マミ「ええと、それはもちろん貴方達が襲われる前に使い魔を退治するのが……」

ほむら「間に合ってないのだけど? 奴らの攻撃で私の背中に傷がついてしまったわ」

マミ「えっ!? ご、ごめんなさい! すぐに治療するわ!」

ほむら「……早くして」



マミ「ごめんなさい。攻撃を受けていたことに気づかなくて……」

ほむら「はぁ……まあいいわ。治療を受けて病院代が浮いた私は、特別にイケメンの兄さんには貴女の怠慢を黙っていてあげる」

マミ「あ、ありがとう……」

HP 10/10
155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/26(土) 22:05:13.81 ID:yHlZQDEDo
さすが男ブレない
156 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 22:18:54.74 ID:t9vhJzYo0
マミ「ええと、改めまして……私は巴マミ。キュゥべえと契約した魔法少女よ」

まどか「魔法……」

さやか「少女……?」

ほむら「……」

マミ「今のは使い魔って言ってね、私達魔法少女が戦うべき相手である魔女の手下なの」

マミ「魔女自身はどうやらここからは移動してしまったようね……魔女がまだここに残っていたら、三人とも本当に危なかったわ」

さやか「ふえー……なんか、いきなり過ぎてまだ本当のことだって受け入れられないなあ……あ、あたしは美樹さやかです」

まどか「えと、私は鹿目まどかです」

ほむら「私の事は知ってるわね」

マミ「ええ、もちろんよ暁美さん」

マミ「三人とも、もしよかったらこれから私の家に来ない?」

マミ「キュゥべえが見えるっていうことは、鹿目さんと美樹さんには魔法少女の才能があるはずなの。契約するかどうかは別にしておいて……」

マミ「二人には、魔法少女の存在についてある程度の説明をしておく必要があると思うから」

さやか「ど、どうするまどか……?」

まどか「どうしよう……」

ほむら(まずいぞ、このまま二人を勧誘させてしまっては契約の可能性が高くなる!)

ほむら(よし、ここは……)

ほむら「は?」

マミ「?」

ほむら「魔女がこの街にいるのになんで探しに行かないのかしら?」

マミ「えっと……使い魔がやられたばかりの魔女は、魔法少女を警戒して隠れるのに必死になるはずだから、しばらくは人を襲わな……」

ほむら「そんなの絶対とは言えないじゃない!!」

マミ「!?」
157 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 22:33:18.34 ID:t9vhJzYo0
ほむら「鹿目さん、美樹さん、行ったらダメよ! この人がここにいた魔女を倒すまでは、邪魔してはいけないから!」

まどか「え、でも……」

マミ「だ、だから大丈夫よ。しばらくは魔女もおとなしくしているはずなんだから……」

ほむら「鹿目さん……魔女を放っておいて、次に運悪く犠牲になるのが貴女の大事な家族や友達じゃないという保証はないのよ」

まどか「!!」

ほむら「魔女は心の弱っている人間を狙いやすいと聞いたことがあるわ。つまり、襲われやすい施設の最有力候補は病院……」

さやか「!!」

ほむら「わかったでしょう? 巴さんは魔女を倒すのに忙しいの。だから今お呼ばれするなんてとんでもないことなのよ」

まどか「うん……」

さやか「確かにそうだね……」

マミ「え」

ほむら「じゃあそういうことで。巴さん、魔女退治頑張ってください」

マミ「ま、待って!? あ、じゃあせめて魔法少女体験コースっていうことで、魔女退治を見学するっていうのはどうかしら!」

マミ「これなら魔女を探しながら説明も出来るし、いいアイデアじゃない!?」

ほむら「↓2」


1.それならまあ……。
2.そんな危険なことに私の友達を巻き込まないで!
158 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/26(土) 22:34:11.52 ID:dnRYMeAHo
1
159 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/26(土) 22:34:17.27 ID:V7XCvv1AO
1
160 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 22:44:37.65 ID:t9vhJzYo0
ほむら「それならまあ……でも、私達の安全は確保出来るんでしょうね」

マミ「も、もちろんよ。こう見えても私、魔女退治には結構自信があるのよ」

ほむら「……」



マミ「これを見て。これはソウルジェムと言って私が魔法少女である証なの」

まどか「へえー」

さやか「綺麗ですね!」

マミ「これを通じて魔力の波動を感じ取れば、その内魔女を見つけられるはずなんだけど……とりあえず実際に見てもらいましょうか」

マミ「……」

マミ「あら、やだ……結構近くに反応があるわ」

マミ「行ってみましょう。三人とも私に着いてきて!」



マミ「反応があるのは、この、使われていないビルからね」

ほむら「そう」

マミ「変身して……」パアアアア

マミ「ここから結界の中に入れるけど、みんな気をつけて。中には魔女以外にも使い魔が多くいるはずだから」

まどか「は、はい」

さやか「な、なんだか夢みたい……」
161 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 22:52:40.62 ID:t9vhJzYo0
マミ「守りが手薄ね……すぐに追いかけたのが功を奏したってところかしら」

ほむら「どや?」

マミ「もうすぐ最深部のはずよ。気を引き締めて!」



マミ「着いたわ!」

「グゥ……」ゴゴゴ

マミ「……見て。あれが魔女よ」

さやか「うわ、グロい……」

まどか「あんなのと戦うんですか……?」

ほむら「↓2」


1.大丈夫よ、鹿目さんは何があっても私が守るわ。
2.美樹さん、女は度胸よ。ビビらないで。
3.おしっこ行きたい。
162 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/26(土) 22:53:36.40 ID:yHlZQDEDo
163 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/26(土) 22:53:50.02 ID:YrcJsZrT0
164 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 23:07:11.39 ID:t9vhJzYo0
ほむら「美樹さん、女は度胸よ。ビビらないで」

さやか「いや、んなこと言っても……」

ほむら「美樹さん」

さやか「な、なんだよ」

ほむら「見て……」



まどか「う、うう……やっぱりちょっと怖い……マミさん、平気かな……」



ほむら「私は何があっても彼女を守るわ。貴女はどうなの?」

さやか「あ、あたしは……」

さやか「……くはー! しっかりしろ、あたし!」パンパン

ほむら(美樹さんは突然、両手ではさむようにして自分の頬を叩きはじめた)

ほむら(完全に発狂している。どうやら追い詰めすぎてしまったようだ)

さやか「うん、もう大丈夫! あたしの嫁であるまどかの事を、転校生一人だけに任せるわけにはいかないからね!」

さやか「まどかもほむらちゃんも、このさやかちゃんが守ってみせるからねー!」

ほむら「そう」

さやか「あれ、反応薄いよ!?」
165 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 23:31:23.00 ID:t9vhJzYo0
マミ「それじゃあ行ってくるわ。三人ともここから動かないでね」

ほむら(マミさんは俺たちを即席の結界の中に残し、魔女のところに走っていった)



マミ「はっ!」ターン

ほむら(どうやらマミさんは、距離を取っての銃攻撃で体力を奪う作戦をとったようだ)

マミ「やぁっ!」ターン

ほむら(……よく見ると、魔女のいる場所から床の中を伝って何かがマミさんのいる場所に近づいてきている)

ほむら「巴さん、足元!」

マミ「えっ? ……あっ!」

ほむら(魔女の触手のようなものがマミさんの脚に絡みつく。完全に捕らえられたマミさんは、そのまま宙吊りにされてしまった)

ほむら「くっ、遅かった……!」

マミ「っ!!」ターン

ほむら「銃を撃って反撃を試みるが、地に足が着いていない今の状態では狙いが定まるはずもなく、銃弾が床に穴を空けるだけの空しい結果に終わった。

魔女「捕らえたぞ、魔法少女……久々の獲物だ。存分に楽しませてもらうぞ」

シュルシュルシュル

腕に、腰に……そして牛に搾乳するかのごとく、乳房を囲い込むように触手がマミさんの身体に向かって伸ばされる。

マミ「くっ、ふざけないで……あうぅぅぅっ!!」

当然マミさんは抵抗するが、全身を触手で固められた今、その抵抗は全くの無意味な行動であった。

−−−魔法少女・巴マミは魔女に敗北したのだ。

魔女「まずはその豊満な胸を拝ませてもらおうか」

ビリビリビリィッ

マミ「!? きゃああああああぁぁぁっ!!」

服を破り取られ、自分の胸が露わになったことに気付きマミはその顔を恥辱に歪ませる。

魔女「ふふ、その反応……お前、処女だな」

マミ「っ、そ、それがどうしたというの!?」

魔女「嬉しいのよ。今からお前の処女膜を私のこの触手でさやか「うるさい、アホかーーーーーっ!!」パシーーーン

ほむら「痛いっ!」

ほむら(待ってる間暇なので、妄想を垂れ流していたら美樹さんが脳天にチョップしてきた)
166 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 23:37:04.21 ID:t9vhJzYo0
さやか「あんたね、ちょっとは真面目にマミさんを見守りなさいよ!」

まどか「マミさん、負けないで!!」

ほむら「はいはい……」

ほむら「がんばれ、巴さーん」



ブンッ

ガッシャーーーン

マミ「くぅっ!?」

まどか「っ!」

ほむら(触手に捕らえられたままのマミさん。魔女に振り回され、壁が崩れて壊れるほどの勢いで背中から叩きつけられてしまい、そのまま壁にめり込んでしまった)

ほむら「↓2」


1.あぁーーーっ! 巴さんがやられたーーーっ!!
2.あぁーーーっ! 巴さんが太ったーーーっ!!
167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/26(土) 23:37:43.95 ID:l9AknPGUo
2
168 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/26(土) 23:37:55.98 ID:YrcJsZrT0
169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 23:51:10.19 ID:t9vhJzYo0
ほむら「あぁーーーっ! 巴さんが太ったーーーっ!!」

まどか「ふと……え!?」

ほむら「見て鹿目さん! あの壁のめり込んだ巴さんの姿を!」

ほむら「さっきまでよりずっと太って見えるでしょう!?」

まどか「え……あ、うん……確かにそうかも……?」

ほむら「きっとコルセットが壊れて、無理やり矯正してスカートの中に隠していた腹の肉が解放されたんだわ!」

さやか「ちょっと、今そんなことどうでもいいでしょ!? 女の子は自分をよく見せたいって誰だって思ってるんだから、見なかったことにしてあげなよ!」

ほむら「だけど一瞬であんなに太られたら無視できないわ!」

まどか「……やめてよ! 太ってない! マミさんはやっぱり太ってないよ、何かの見間違いだよ!」

ほむら「鹿目さん、貴女……! 自分を殺してまで巴さんを庇うの……!?」

まどか「だ、だって……マミさん、私達のために戦ってくれてるのに! 馬鹿にするなんてひどいよ!」

ほむら「っ……!」

ほむら「わかったわ……貴女がそこまでの覚悟なら、私も付き合う……今の太った巴さんは見ていないことにする……」

ほむら「だけど覚えておいて。この道が荊の道だということを」

ほむら「そして、人が太ったのに気付かない者は、自分が太ってもそれに気付けないものだということにも……」

さやか「……わかった」

まどか「……うん」
170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/26(土) 23:57:26.37 ID:qjU4f6on0
コルセットwwwwwwwwww
171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/27(日) 00:09:55.00 ID:gVf9Hwm30
マミ「ふう……ようやく片付いたわ」

マミ「どうだったかしら? 魔法少女がどういうものか、少しはわかってもらえたかしら?」

ほむら(途中から誰も見てなかったんだが……)

ほむら「……かっこよかったわ……」

まどか「は、はい……かっこよかったです……」

さやか「メチャかっこよかったっすよ、マミさん……」

マミ「? どうしてみんな目を逸らすの……?」



マミ「今日はもう遅いから、詳しい説明はまた明日ね」

マミ「三人とも気をつけて帰るのよ」

「「「はーい」」」



さやか「いやー、すごかったね……」

まどか「だねー……」

ほむら(二人の中の魔法少女への想いは……正直よくわからん)

ほむら(印象操作をしておきたいところだけど、魔法少女について詳しい説明を受ける前にそれをしても効果は薄いだろう)

ほむら(今日のところは大人しく帰るか)

ほむら「それじゃあ、私の家はこっちだから……二人とも、お疲れ様。転入祝い、残してしまったけれど本当に嬉しかった」

さやか「おー、また明日学校でね」

まどか「ばいばい、ほむらちゃん」



ほむら(その夜、鹿目さんからメールが一通届いた)

使い魔から庇ってくれてありがとう。ほむらちゃんがいなかったら、きっとわたしが怪我していたと思います。
てもね。助けてくれたのは嬉かったけど……危ないことはもうしないでほしいな。
ほむらちゃんはもう、わたしの大事なお友達だから。お友達がわたしのために傷つくのは悲しいです。
それじゃあお休みなさい。また明日学校でね。

ほむら「……」

ほむら「いい子だ……こんないい子なのに、どうして死んでしまったんだ……?」

ほむら「よし、返信だ」ポチポチ

↓2
172 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/27(日) 00:10:21.17 ID:gVf9Hwm30
今日はここまでです。ありがとうございました。安価下
173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/27(日) 00:11:28.50 ID:vSjxRaf9o
ありがとう。だけどそれは私も同じよ。
貴女には傷ついてほしくないの。
174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/27(日) 00:18:28.76 ID:pin+nVPr0
ほむら本人より良好な関係築けてて笑ったwwww
175 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/27(日) 02:02:30.41 ID:J5TlZlrDO
ほむらの努力とはなんだったのか…うごご…
176 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/27(日) 02:09:24.16 ID:ykebd8lro
最後の方はもう何やっても無駄だと諦めてただけだから(震え声)
さやか…うん
177 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/27(日) 09:38:07.29 ID:cUslYWvzo

メ、メガほむ時代なら同じか上だし…
178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/27(日) 11:07:06.96 ID:uI+ZYm8h0
乙乙
ほむほむ本人はコミュ症だから…
179 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/02(土) 00:12:21.34 ID:8Q6/3ZQ90
ほむら「ありがとう。だけどそれは私も同じよ。貴女には傷ついてほしくないの」

ほむら「私の手で貴女のその処女膜をぶち破る日まで、絶対に誰にも貴女を傷物にはさせないわ……と」

ほむら「よし、暁美さんに会いに俺の家に行くぞ」



ガラガラ

ほむら「お疲れー」

男「……」

ほむら「それじゃあ早速今日の報告をしようか」

男「……」

ほむら「ん、何だ? どうして一言も話さないんだ。ひょっとして具合が悪いのか?」

ほむら「俺の身体を勝手に体調不良にされたら困るんだが……」

男「報告の前に……」

ほむら「?」

男「何か私に言うべき事があるはずよ」

ほむら「言うべき事……?」

ほむら「↓2」
180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/02(土) 00:18:52.07 ID:xwZ1aEMC0
鹿目さんの次に愛してる
181 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/02(土) 00:21:02.46 ID:ckmC6sxAO
あぁ胸が薄くてごめんなさい
182 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/02(土) 00:37:32.79 ID:8Q6/3ZQ90
ほむら「あ……悪い悪い、あの絵の事だろ?」

ほむら「胸が小さく書かれてたのが気に入らなかったんだな? 忠実に再現したとはいえ、気がつかなくてごめんな」

男「……」

男「……覚えていなさい……」



ほむら(報告会が済んだので暁美さんの部屋に戻ってきた)

ほむら「鹿目さんから返信が来てるぞ。なになに……」

もー、ほむらちゃんってばそればっかり。
ダメだよ、ふざけてばっかりじゃ……それにわたしにセクハラなんてしてもつまらないでしょ?
ほむらちゃんは勉強も運動も出来るんだから、もっとちゃんとしてたらいいのに。
そしたらきっとすぐに素敵な彼氏が見つかるよ。

ほむら「……」

ほむら「私はレズよ、男に興味は無いわ。鹿目さんを狙ってるのもガチです……と」

ほむら「よし、今日は寝るか」
183 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/02/02(土) 00:38:59.07 ID:cWkqydAd0
おい!本物はまだそうじゃないだろ
こいつはホントリュウセイさんもドン引きの男だ
184 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/02(土) 00:43:32.15 ID:oVJZfjBGo
だからリュウセイさんはいいって
185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/02(土) 00:46:20.42 ID:8Q6/3ZQ90
男「……む」

男「朝か……ふぁぁ」ムクリ

ゴン!

男(上体を起こすと頭に上にタライが落ちてきた)

男「痛いっ!」

男「いてて……な、なんだいきなり? くそっ、とりあえずカーテンを開けて……」

ブスブスブスッ

男(カーテンの前に立つと、床に置いてあった大量の画鋲が足の裏に刺さった)

男「おぎゃああああああ!!」

ドテッ ぶすぶすぶす

男「ひぎぃぃぃ!!」

男(痛みで尻餅をつくと、そこに更に画鋲が刺さる。俺は軽いパニック状態に陥った)

男「だ、誰だこんなところに画鋲を撒いた馬鹿は!?」

男「暁美さんだな!? くそっ、なんて卑劣なまねをするんだ! 絶対に許さないぞ!!」
186 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/02(土) 00:54:42.24 ID:8Q6/3ZQ90
男「な、なんとか画鋲を全部抜くことが出来たか……」

男「ああもう時間が無い。早く志筑さんの家に行かないとまた依頼を達成出来ないぞ!」

男(俺はさっさと制服に着替えて志筑さんの家へと向かった)



男「着いたぞ、ここが志筑さんの家だな……」ピンポンピンポーン

男「なんて立派な家なんだ。織莉子ちゃんの家もなかなかだったけど、これは格が違うな」ピンポンピンポンピンポンピンポーン

男「さっさと誰か出ろよ、おらっ! おらっ!」ピンポンピンポーン

『はい』

男「男ですが」

『……はい。仁美様は間もなく支度を終えられます。今しばらくお待ちを』

男「ちっ、早くしろよ……せっかく早く来たのに」
187 :ここまで [saga]:2013/02/02(土) 01:04:07.17 ID:8Q6/3ZQ90
仁美「お待たせしました。おはようございます、男先輩」

男「おはようさん。それじゃあ行くぞ」

仁美「はい」



男「……」テクテク

仁美「……? あの、先輩」

男「うん、どうした志筑さん」

仁美「いえ。昨日初めてお会いした時と、随分とイメージが違っているので」

仁美「佇まいからして、まるで別人のように。何かあったのですか?」

男「↓2」
188 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/02(土) 01:05:14.70 ID:ZCHsxR8SO
何も、ながった……!
189 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/02(土) 01:06:31.46 ID:qOUHNr9co
日によって、性格を変えてるんです
190 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/02(土) 01:06:33.27 ID:36ZIWCBD0
ちょっとした記憶喪失だよ
191 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/02(土) 01:06:55.34 ID:flfJPP/do
すまない
自分でも驚く位浮き沈みが激しいんだ。迷惑をかけてしまう事もあるかもしれない
192 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/02(土) 01:07:58.72 ID:oVJZfjBGo
男なら性格変えるとか普通にできそうだわ
193 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/02(土) 02:01:04.53 ID:36ZIWCBD0
幼馴染が言うにはその気になればなんでも出来るからな
194 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/02(土) 02:03:44.87 ID:36ZIWCBD0
空も飛べるはず
195 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/02(土) 02:14:33.57 ID:Z/HYpssho
さすがのほむらも明日は報復できないな
196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/02(土) 06:08:15.80 ID:VP/NaW2ko
乙乙!
197 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/02(土) 17:12:18.94 ID:FIPL0u27o


まあ、まどかに対するときとそれ以外で性格が違うと言っても過言ではないくらい対応変わるしな……
198 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/03(日) 19:34:28.26 ID:aWhET48w0
男「日によって性格を変えてるんだ。そういう芸風なんだ」

男「お嬢様を退屈させてはいけないからな。ちょっとしたサービス精神だ」

仁美「はあ、そうでしたの。お気持ちは有難く頂戴しますけれど、私は別に退屈しているわけではありませんのでご無理のないように……」

男「わかった。しかし、俺の芸能力を以ってすれば志筑さんを朝から笑い死にさせることくらいは余裕で出来ることを忘れないでくれ」

仁美「あらあら、朝から死なされては困ります。男先輩を取り締まるボディガードを新しく雇わないといけませんね」

男「はっはっは。こいつは一本取られたぜ!」

仁美「ふふふ……」

男(俺は志筑さんを教室まで送り届け、自分の教室へと向かった)



男「教室に着いたぞ。ふう……」

マミ「男君」

男「ん? なんだ巴さん」

マミ「今日もお昼、一緒に食べましょうね。ちょっと話しておきたいことがあって……」

男「ああ、わかった。今日も弁当楽しみにしてる」

マミ「ふふ、ありがとう」

男(マミさんは自分の席に戻っていった)

幼馴染「男」

男「ん? なんだビッチ、金ならないぞ」

幼馴染「今日のお昼、久しぶりに一緒に食べない? ちょっと用があるから」

男「ああ、わかった」

幼馴染「それじゃあ後で」

友「男!」

男「ん? なんだ友」

友「今日の昼飯一緒に食おうぜ! 男と話がしたいな!」

男「死ね。気持ち悪いんだよ」

友「へへ、それじゃあ後でな」

男(友は自分の席に戻っていった)
199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/03(日) 19:35:43.63 ID:aWhET48w0
男「昼休みになったぞ。誰のところに行こう?」

1.マミさん
2.幼馴染
3.友
4.志筑さん

↓2
200 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/02/03(日) 19:38:57.22 ID:DSOEm7nE0
個人的には幼馴染は忠告しにきたんだと思うが……
安価↓
201 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/03(日) 19:39:29.42 ID:4xz8e/W1o
1
202 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/03(日) 20:16:47.58 ID:aWhET48w0
男「巴さん、昼飯食いに行こう」

マミ「あ、男君。ええ、行きましょう」



マミ「はい、召し上がれ」

男「やったー、巴さんの弁当だ。今日も俺は世界一の幸せ者だ!」

マミ「また大げさなんだから」

マミ「それでね、男君。食べながらでいいから聞いてもらえるかな……」

男「うん、何だ?」モグモグ

マミ「昨日私は、見回り中に使い魔と遭遇してそれと戦ったの。それだけなら別に珍しいことではないんだけど……その結界の中に暁美さんが居てね」

男「何、暁美さんが?」

マミ「ええ。その様子だと本人からはまだ聞いてないのね?」

マミ「彼女は私が着く前に、使い魔の攻撃から友達をかばって怪我をしてしまったみたいなの。それはもう魔法で治したから平気なはずなんだけど……」

マミ「きっと暁美さん、あんなところに取り込まれて怖かったと思う。助けた後に私にきつく当たってきたんだけど、今思うと恐怖によるパニックが続いていたせいかもしれない」

マミ「男君に彼女の心のケアをしっかりしてあげてほしいな……」

男「↓2」
203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/03(日) 20:18:19.33 ID:EEv3Nc9Yo
分かった
任せておけ
204 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/03(日) 20:18:28.36 ID:FIwHWuQK0
いえ、寝起きに罠仕掛けられるくらい図太いんで大丈夫です
205 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/03(日) 20:55:31.96 ID:aWhET48w0
男「いや、それは心配ないな」

マミ「? それはどういう……」

男「……」カチャカチャ ズルッ

男「これを見てくれ」

男(俺はズボンとパンツを下ろし、今朝暁美さんの罠で穴だらけになった尻をマミさんに見せた)

マミ「ぶーーーーっ!!」

男「よく見てくれ。穴があるだろう?」

マミ「い、いきなり何をしているの!! 穴って、それを私に見せてどうしようというの!?」

男「暁美さんに空けられた穴を見てもらって、暁美さんが元気なのを証明しようと思って」

マミ「貴方達、兄妹で一体何をやっているの!」

男「な、何をそんなに怒ってるんだ? あ、すまない! 食事中はまずかったか!」

マミ「食事中じゃなくてもやめて!」




男(その後、お前らのせいで起こったマミさんの誤解を解くのに昼休みを丸ごと使ってしまった)

男「……というわけで、暁美さんは精神的にも至って健康だ。心配かけてすまない」

男「それと、これは俺から。暁美さんを助けてくれてありがとう」

マミ「い、いいのよ。これは魔法少女の務めだから……」

男「巴さん……やっぱり君は素敵だ」

マミ「男君……」
206 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/03(日) 21:10:17.93 ID:aWhET48w0
男「午後の授業が始まったぞ」

男「よし、寝よう」

男「Zzzzz...」



男「放課後だ。昇降口で志筑さんと待ち合わせをしているので早速向かうぞ」



男「……遅いな、こっちはとっくに靴を履き替えて志筑さんの下駄箱の前で待ってるっていうのに」

男「もしかしてもう帰ったとかじゃないよな? ……一応靴箱を確認しておくか」

ガタッ

男「ふむ、普通に志筑さんの靴が置いてあるな」

男「クンクン……」

男「うん、間違いない。これは志筑さんの靴だ」

バタン

男「少し待つか……」
207 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/03(日) 21:50:15.47 ID:aWhET48w0
仁美「お待たせしました」

男「お疲れさん。遅かったけど何かあったのか?」

仁美「ええ、少し先生に頼まれ事をされて……今回は先輩の連絡先がわからずメールが出来ませんでしたが、次からは遅くなる時は連絡を入れますので」

男「いや、ちょっと待つくらいは別に構わないんだけど」

仁美「いけませんわ。待ち合わせをした以上、時間通りに来られない場合は一報入れるのが常識です」

仁美「そこに立場は関係ありません。人と人との間の礼儀ですから……はい、赤外線通信の準備が出来ました」

男「そか……ほい」



男「そこで俺は友に言ってやったんだ。お前の場合は警察に追われる側だろう?ってな……」

男(帰り道、俺は友が14歳の時にバイクを欲しがって店に行って追い返された時の話を志筑さんにしてやった)

仁美「ふ、ふふふ……! 友さんという方、随分と型破りな方ですね……一度会ってみたいわ」

男「いや、会うのは止めたほうがいいな」

仁美「まあ。……それにしても昨日の男先輩は、最初の挨拶の後は登下校の最中も全く口を開きませんでしたのに」

仁美「今日はうって変わってよくお話しになるんですのね。今日一日で随分印象が変わりました」

男「うん? 静かな方がいいか?」

仁美「いいえ、そういうわけではありませんけど……昨日は先輩がどういった方かわからずに、終始無言になって正直少し気まずい思いをした部分がありましたから」

男「そうか、それは悪かったな……」

仁美「いえいえ。こうして話し相手になっていただけるのなら、私としては歓迎致しますから」
208 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/03(日) 21:57:25.21 ID:aWhET48w0
男「到着」

仁美「はい。今日一日お疲れ様でした」

男「それじゃあまた明日の朝」

仁美「帰り道、お気をつけて」



男「さて、フリーになったけどどうしようか?」

↓2
209 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/03(日) 22:01:50.93 ID:iOHrdj/vo
ksk
210 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/03(日) 22:05:33.26 ID:SLlcPtrfo
まどかの様子を見に行く
211 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/03(日) 23:34:12.70 ID:aWhET48w0
男「鹿目さんの様子を見に行くぞ」

男「うーむ、しかし鹿目さんが今どこにいるのかわからないな」

男「可能性としてはまあ、自宅かマミさんの部屋のどっちかにいそうなものだが……」

男「いや、待てよ? もしかすると暁美さんも一緒にいるんじゃないか?」

男「よし、メールで聞いてみるか。鹿目さんがどこにいるか知ってるか?と」ポチポチ

男「……」

prrrrprrrr

男「返信だ。何なに……」



私が一緒にいるから貴方が知る必要は無い。



男「……」

男「↓2……っと」ポチポチ
212 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/03(日) 23:35:09.14 ID:aWhET48w0
今日はここまでです。ありがとうございました。安価下
213 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/03(日) 23:35:26.33 ID:p/4Bi8i/o
そんなに鹿目さんを独占したいのかこのクソレズビッチめが!
214 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/07(木) 15:32:58.87 ID:OmU8Tmh0o
マミさんかわいい
215 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/08(金) 20:38:23.41 ID:WGtrjnuT0
まともじゃないな
216 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/09(土) 00:11:07.04 ID:n1X90oAto
まともなのが珍しいし
217 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 13:14:12.66 ID:8CtEt0QIo
まともじゃないのがまともじゃないのさ
218 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/11(月) 14:46:07.29 ID:45lIfwC90
男「そんなに鹿目さんを独占したいのかこのクソレズビッチめが!」ポチポチ

男「そうか、読めたぞ。俺がいないのをいいことに鹿目さんを人目のないところに連れ込んでエロいことをするつもりだな! そうはさせないぞ! ……っと」

男「こうしてはいられない! 早く鹿目さんを探しに行かないと!」

男「↓2だ! ↓2に探しに行くぞ!」


1.マミさんの部屋
2.鹿目さんの家
3.見滝原の街
4.風見野の街
219 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 14:47:46.19 ID:0c4JxYsio
3
220 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/11(月) 15:00:28.71 ID:KUvBHj3K0
3
221 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 15:01:06.15 ID:KUvBHj3K0
さーせん、さげ忘れてました
222 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/11(月) 15:18:21.19 ID:45lIfwC90
男「見滝原のどこかにみんなはいるはずだ。必ず探し出すぞ!」



男「はっ……はっ……!」ダダダ

男「はぁっ……はぁっ……!」ダダダ

男「……む、今視界の端にちらりと映ったピンクは……」

男「やはり鹿目さんか。よし、後をつけるぞ!」



まどか「マミさん、大丈夫かな。また魔女と戦うって言ってたけど……」

さやか「うーん、少なくともあたし達を連れていく余裕がないくらいの強敵ってことなんだろうね。マミさんなら平気だって思いたいけどさ」

ほむら「……」

まどか「ほ、ほむらちゃんはどう思う?」

ほむら「貴女達が気にするようなことじゃないわ」

ほむら「巴マミは自分の意思で戦いに赴いている。仮にそれで命を落とす事になっても二人が負い目を感じる必要はない」

まどか「……」

さやか「……」



男「流石は暁美さんだ。このままでは人間関係が悪くなっていくことは間違いないぞ」
223 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/11(月) 15:25:14.82 ID:45lIfwC90
まどか「あ、あのねほむらちゃん。そんな言い方ってちょっと……わたしはイヤだなー、なんて……」

ほむら「事実を言ったまでよ。もし巴さんがいなくなっても、安易に彼女の代わりにこの街を守ろうだなんて発想はしないことね」

さやか「あんた、朝からちょっと変だよ……?」

さやか「マミさんとケンカでもしたの? そうでなくたって機嫌の悪い日ってのは誰にでもあるだろうけどさぁ……」

ほむら「……」



男「くっ、このままでは喧嘩に発展してしまう可能性もあるな。なんとかしないと」

男「ここは……↓2だ」


1.暁美さんにだけ見えるようにちらちらと姿を見せる
2.鹿目さんにだけ見えるようにちらちらと姿を見せる
3.メールで暁美さんを強制撤退させる
224 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 15:28:46.81 ID:t8R9uZWK0
ここは 下 だ
225 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 15:28:59.40 ID:fH1zfweYo
2

意味あんのかこれ…
226 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 15:29:08.80 ID:n7+WGIHu0
強制遭遇
227 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 15:38:24.74 ID:MyAwA7Uvo
いやまどかとほむらで見つかった時の反応は全然違うだろ
228 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/11(月) 15:39:16.79 ID:45lIfwC90
男(俺は鹿目さんにだけ見えるようにあらゆる場所から姿をチラ見せした)

男(曲がり角の向こうから……)

男「……」チラ

まどか「?」

男(電柱の陰から……)

男「……」チラ

まどか「……!」

男(看板の上端から顔だけを出して……)

男「……」チラ

まどか「あ、あのっ!」

さやか「何さ、まどか……」

まどか「えっ? ち、違うの。あそこの陰に……」

さやか「……? 何もないじゃん」

男(美樹さんの後ろの角から……)

男「……」チラチラ



まどか「ご、ごめんねふたり共! ちょっと行かなきゃいけないとこあるから!」タッタッタ

ほむら「……」

さやか「え、ちょっとまどか?」



男「鹿目さんがこっちに走ってくる……」

↓2


1.挨拶して連れ出す
2.抱きとめて誘拐する
3・ギリギリ追える速度で逃げる
229 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/11(月) 15:48:13.20 ID:n7+WGIHu0
230 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 15:49:16.41 ID:n7+WGIHu0
231 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/11(月) 16:02:26.40 ID:45lIfwC90
まどか「あ、あの!」

男「やあ。会いたかったよ、鹿目さん」

まどか「あの、わたし、昨日また魔女と会って……!」

男「その話はここじゃまずいんだ。こっちに来てくれ」

まどか「あ、はい……でも、友達が一緒なんです」

男「いいからいいから」ギュ

まどか「あ……」

男(俺は鹿目さんの手を握って走り出した)



男「ここまで来れば大丈夫かな?」

まどか「はぁ……はぁ……」

男「あ、ごめんな……ちょっとペース早かったかな……?」

まどか「はぁ……い、いえ。わたしが……はぁ……どんくさいから……」

男「落ち着いて呼吸を整えて。もう慌てることはないから」

まどか「は……は……」
232 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/11(月) 16:16:48.62 ID:45lIfwC90
まどか「もう大丈夫です」

男「そうか。ごめんな、急に走らせて」

まどか「いえ、いいんです、これくらい……この前はあなたに助けてもらったし……」

まどか「あの。名前を教えてくれませんか」

男「俺の名は男……君と同じ見滝原中学の三年生だ」

まどか「男さん。やっぱり先輩だったんだ」

男「今日連れ出したのは、君にどうしても話しておきたいことがあってね」

まどか「話しておきたいこと?」

男「おっと、その前に約束してほしい。今日ここで俺と会った事と、俺から聞いた事は誰にも話さないでくれ」

まどか「え、どうして……」

男「約束出来るか?」

まどか「は、はい……」

男「……よし」

↓2


1.暁美ほむらを信用するな
2.キュゥべえを信用するな
3.一目惚れって信じるかい?
233 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 16:18:58.97 ID:n7+WGIHu0
234 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 16:19:32.67 ID:n7+WGIHu0
235 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/11(月) 16:32:23.97 ID:45lIfwC90
男「キュゥべえ……ってわかるかな?」

まどか「! は、はい。今日知り合いました!」

まどか「かわいいですよね。ちょっと大人びてるけど猫みたいで……男さんも魔法少女のこと、知ってたんですね」

男「奴は悪者だ。信用するな」

まどか「え?」

男「奴の口車に乗せられて悲劇の最期を迎えた少女は数知れない……俺は、君をその中の一人にはしたくないんだ……」

まどか「そ、そんなのいきなり言われても……悪い子だって決め付けるなんて、よくないよ」

男(くっ、いきなり言っても信じてはもらえないか……)

男「↓2」


1.いきなり悪かった。だが奴をよく思わない人間が確かに居ることを心の片隅には留めておいてくれ
2.ソウルジェムが濁りきるとどうなるかを、奴が答えるまで質問し続けてみろ
3.だったら俺が根も葉もないことを言ってキュゥべえを陥れようとしているっていうのか?
236 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 16:37:19.98 ID:n7+WGIHu0
237 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 16:38:34.41 ID:n7+WGIHu0
3→1→2を順番に話す
238 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 16:40:45.61 ID:MyAwA7Uvo
全部って会話噛み合わねえだろ
239 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 16:43:52.79 ID:nYMwRBzio
2
240 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/11(月) 16:45:00.16 ID:45lIfwC90
再安価でお願いします

↓2
241 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 16:45:41.74 ID:n7+WGIHu0
242 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 16:46:20.40 ID:n7+WGIHu0
243 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 16:46:25.61 ID:MyAwA7Uvo
244 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 16:47:29.38 ID:MyAwA7Uvo
連投うざ
245 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 16:48:29.68 ID:lrIlFEBxo
こいつさっきから一人で安価取ってるな
246 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 16:49:17.35 ID:n7+WGIHu0
自重するぜ
247 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/11(月) 16:53:59.92 ID:45lIfwC90
男「なら……ソウルジェムが濁りきるとどうなるか、奴に質問してみるんだ」

男「奴ははぐらかそうとするだろうけど、質問にしっかり答えるまでそれを続けるんだ。そうすれば俺の言ってることが本当だとわかるはずだ」

まどか「は、はい……」

男「それじゃ、また。最初の約束を忘れないでくれよ」

まどか「はい……」



男「ふう、帰宅したぞ」

男「何をしようかな?」

↓2
248 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/11(月) 16:54:43.58 ID:45lIfwC90
夜まで離席します 安価下
249 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/02/11(月) 16:55:23.66 ID:0c4JxYsio
まどかでオナニー
250 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/11(月) 21:32:39.50 ID:n7+WGIHu0
まだか
251 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/11(月) 23:14:59.19 ID:45lIfwC90
男「鹿目さんでオナニーだ」

男「はぁはぁ……はぁはぁ……」シコシコ

男「いいぞ、鹿目さん。もっときつくしゃぶってくれ。君の舌技こそ魔法そのものだ」

男「……うっ!」ドピュ

男「ふう……よし、寝るか」

prrrr prrrr

男「ん? 電話か。誰だこんな時間に」

男「マミさんか。はしもしもし」

マミ『男君……』

男「どうした巴さん。元気が無いじゃないか」

マミ『私……私、どうしたら……』

男「? なんだ、どうしたんだ一体」

マミ『あの、今から会えないかな……?』

男「↓2」


1.電話で済ませてくれ
2.どこに行けばいい?
252 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 23:18:37.30 ID:ST/I5fz8o
253 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 23:19:13.51 ID:0c4JxYsio
2
254 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/11(月) 23:29:39.37 ID:45lIfwC90
男「どこに行けばいい?」

マミ『今は、私の部屋にいる……』

男「わかった、すぐ行く」

ピッ



男「……」ピンポーン

ガチャ

マミ「男君……?」

男「俺だ。上げてくれ」

マミ「うん……」



男「いきなりどうしたんだ。何かあったのか?」

マミ「……」

男「……」

マミ「……」

男「巴さん。黙ってちゃわからないぞ……」

マミ「……男君……」

マミ「もしもね、魔女が私達魔法少女の成れの果てだったとしたら……」

マミ「魔法少女がいつか魔女になる運命にあったとしたら、男君はどうする……?」

男「↓2」


1.魔女は倒さないといけない!
2.そんなあり得ない話をされても答えられないな
3.要領を得ないな、もっと詳しく頼む
255 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 23:30:25.64 ID:0c4JxYsio
3
256 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 23:32:16.29 ID:ST/I5fz8o
257 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/11(月) 23:38:19.73 ID:45lIfwC90
男「要領を得ないな、もっと詳しく頼む」

マミ「……」

マミ「ぅ……ひっく……」

男(マミさんは泣き出してしまった……)

↓2


1.やかましい、うっとうしいぜっ!
2.泣き止むまで待つ
3.肉棒をしゃぶらせる
258 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 23:38:59.41 ID:0c4JxYsio
2
259 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 23:39:54.49 ID:n7+WGIHu0
260 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/11(月) 23:54:45.04 ID:45lIfwC90
男「……」

マミ「ひぅ……ぐすっ……」

男「……」

マミ「……う、うぅ」

男「……」

マミ「私……わた、し……」

男「……」

マミ「魔女に……」

男「……」

マミ「なり……たく……」

男「……」



ピシッ



男「……ん?」
261 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 00:13:21.31 ID:SvMFt026o
ダメなのかwwwwww
262 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 00:16:51.64 ID:jVIw3Z5/o
このスレ的にはしゃぶらせるべきだったな
263 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 00:18:09.41 ID:YTHkaKI+0
男(マミさんは魔女になってしまった)

男(どうやら鹿目さんがキュゥべえにグリーフシードの件をしつこく聞いた結果、キュゥべえは魔法少女の魔女化を正直に話し……)

男(一緒に居たマミさんも魔法少女の真実を知ってしまったらしい)

男(鹿目さんはあれから、ずっと家に引きこもっている。彼女は自分の行動がマミさんを追い込んでしまったと思っているようだ)



男「……」

ほむら「貴方は悪くない」

ほむら「いいえ、むしろよく頑張ったわ。いつかの時間軸で、私が真実を話しても、その時は誰にも信じてもらえなかった」

ほむら「貴方はよくやったのよ……」

男「でもなぁ。結果が伴わなければいくら頑張っても意味がないだろ」

男(かつての仲間はみんな死ぬか、街から出て行ってしまった。この街にはワルプルギスの夜と戦えるのはもう暁美さんしか残っていない)

男「どうしようか。一人じゃ勝てないのはもうわかってるだろ」

ほむら「……」

男「あ、そうだ。もう一度時間を巻き戻して一ヶ月前からやり直そう」

ほむら「そうね……」

男「今度はもっとうまくやるぞ。俺に任せろ」

ほむら「……」

男「よし、明日か明後日にはワルプルギスの夜が来るんだろう? 早速過去に戻ろうぜ」

ほむら「時間を巻き戻す魔法は、ワルプルギスの夜が来る当日でないと使えないの」

男「何、そうなのか? 不便だな……」

ほむら「そういうことだから、今日はここまで」

男「しょうがないな。それじゃあまた明日」

ほむら「……ええ。この一ヶ月、久しぶりに少しだけ希望が持てた気がする。それだけは感謝しているわ」

男「そうか。じゃあお休み」

ほむら「ええ」

ほむら「……さようなら」


GAME OVER
264 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 00:18:44.76 ID:FWwfybixo
それでも男なら…男ならなんとかしてくれる…!
265 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 00:20:52.25 ID:YTHkaKI+0
男「はっ、夢か……」



マミ「……」

マミ「ぅ……ひっく……」

男(目の前のマミさんが泣き出してしまった……)

↓2


1.やかましい、うっとうしいぜっ!
2.肉棒をしゃぶらせる
266 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 00:21:28.69 ID:k5jy7jbVo
267 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 00:21:35.74 ID:jVIw3Z5/o
2
268 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 00:22:07.00 ID:J0FVWDLio
269 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 00:39:14.91 ID:YTHkaKI+0
男「……」ジィィーー ゴソゴソ

ボロン

男「巴さん、俯いていないで」

マミ「私……わたし……」

男「これをしゃぶれや!」

ズボッ

男(俺はマミさんの頭を掴み、口に肉棒を容赦なく突っ込んだ)

マミ「……んんぅっ!?」

男「……」ズコズコ

マミ「ふぅ……ん、んぅぅ!!」

男「うっ」ドピュ

マミ「んううぅぅっ!?」

マミ「こふっ! こほっ……!」

マミ「い……いきなり何をするの!? こんなの、こんなの……最低じゃない……!」

男「巴さん!」

マミ「っ……な、何!?」

男「これで巴さんは、俺の彼女から俺の女になった……」

男「だから……何があったのか話してくれ。尋常じゃなく落ち込んでいる巴さんの様子を見れば、重い話だということはわかる」

男「今のは、俺自身が何があっても巴さんを守る覚悟を決めるのに必要な行為だったんだ。手荒になってしまってすまなかった……」

マミ「……」

男「……」

マミ「うがいを……してくるわ……」
270 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 00:43:56.75 ID:k5jy7jbVo
ひでぇ話だ
271 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 00:51:57.60 ID:SvMFt026o
でも>>262の通りこのスレらしい
272 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 00:55:43.25 ID:k5jy7jbVo
ひでぇ話だ(褒め言葉)
273 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 01:05:35.15 ID:9WClgnyH0
エクスッカリバーーーー!!(股)
274 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 01:10:03.96 ID:YTHkaKI+0
マミ「今日、魔法少女の才能のある後輩がね……」

男(マミさんは今日起こった事を俺に話してくれた。どうやら鹿目さんはマミさんの前でキュゥべえに魔法少女の真実を吐かせてしまったらしい)

マミ「……魔法少女は、いつか魔女になる。街の人達を助けて回っていたつもりの私だって……いつかは……!」

マミ「私はどうすればいいのかな……ねえ、男君……」

男「え、そんなの簡単な話だろ……?」

男「巴さんはそんな事気にしないで、今まで通り戦い続ければいい」

男「巴さんは超強いからな。要は負けたりせずにグリーフシードの供給を絶やさなければいいんじゃないか」

マミ「それは、そうなんだけど……」

マミ「でも、ずっと勝ち続けていける保証なんてどこにもないのよ……?」

男「そんなのみんなそうだろ……世の中のサラリーマンのほとんどはリストラに怯えながら戦ってるんだぞ……?」

男「はっきり言って、それで戦うのをやめるのは甘えだぞ……ビビリでヘタレ、正義の魔法少女巴マミから一般市民Mに格下げ……」

マミ「ちょっと待って、戦うのをやめるなんて言ってないじゃない!」

男「え、じゃあやっぱり今まで通り戦えばいいんじゃないか」

マミ「そうだけど……!」

マミ「そうだけど、私……!」

ぎゅっ

男(俺はマミさんを優しく抱きしめてやった)

マミ「男、君……」

男「わかってる、わかってるさ」

男「怖いよな。戦いに疲れる時だってあるだろう」

男「そんな時は俺を頼ってくれ。俺に出来る事ならなんだってするからさ」

男「うまい食事も用意するし、怖くて眠れない夜には巴さんが寝付くまで傍にいる。だから……」

男「↓2」
275 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 01:12:57.75 ID:jVIw3Z5/o
ヤらせてくれ
276 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 01:13:05.77 ID:wKg7lMcro
正義の魔法少女として、最期まで生きてくれ
277 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 01:13:31.37 ID:SvMFt026o
俺の女だ
278 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 01:22:33.74 ID:vVLJXQeoo
あれ?こいつ本当に男か?
まともな主人公してるじゃん
279 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 01:24:17.45 ID:0lyjdsRV0
※イマラチオのあとです
280 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 01:24:23.60 ID:YTHkaKI+0
男「性技の魔法少女として、最後までやらせてくれ」

マミ「え?」

男「間違えた。正義の魔法少女として背後からやらせてくれ?」

男「違う。性技の魔法少女とシて背後から孕ませてやる!」

マミ「け、けだもの……?」

男「失礼な事を言わないでくれ」

マミ「男君の方が私に対して失礼だと思う……」

男「何?」

マミ「はぁ……もういい……」

マミ「なんだか悩むのが馬鹿らしくなってきたわ……」

男「じゃあセックスしよう」

マミ「今日は帰って」

男「……」

マミ「帰って!」

男「仕方ない……」

マミ「男の人って、みんなこういうことばかり考えてるのかしらね……」

男「当たり前だろう!?」

マミ「開き直らないで!」



男「追い出されてしまった……」

男「仕方ない、帰ろう」
281 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 01:27:28.26 ID:YTHkaKI+0
男「ふう、帰って来たぞ」

男「今日はなんだか疲れたな。報告を済ませて、その後で早いとこ↓2をした後に寝よう」
282 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 01:28:37.16 ID:k5jy7jbVo
びっくりするほどユートピア!で[田島「チ○コ破裂するっ!」]
283 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 01:29:04.92 ID:wKg7lMcro
マミさんで自慰る
284 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 01:44:26.55 ID:YTHkaKI+0
男「よし、報告も済んだしマミさんでオナニーしよう」

男(俺はこの日のために用意したマミさんオナニーのテーマを歌いながら肉棒をしごいた)

男「マーミーオーナーニー! サワリーエ パイチチクビヤー レイプシーンヤー!
  マーミーオーナーニー! サワリーエ パイチチクビヤー レイプシーンヤー!
  チクビーサーワリィヤ アナルーモー サーワーリーヤー
  インモーソーリーィヤ ミルゼェーィ ヴァーギーナー
  マーミーオーナーニー! マーミーオーナーニー! オッパイヤーーー!!」シコシコ


prrrrprrrr

男「ん? メールか。幼馴染からだ」シコシコ

男「何々。窓を閉めてやれ、だと? ……うっ」シコシコ

男「ふぅ……確かにオナニーの時は窓は閉めておいたほうがいいな。明日からはそうしよう」
285 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 01:50:49.74 ID:YTHkaKI+0
男「よし、寝るか。今日は火曜日だから、明日は水曜日だな」

男「お休みーZzzz」




↓2

1.ほむら「今日は水曜日だ。頑張るぞ」
2.男「今日は木曜日だ。頑張るぞ」
286 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 01:51:25.60 ID:0lyjdsRV0
287 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 01:51:51.74 ID:wKg7lMcro
1
288 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 01:58:17.47 ID:YTHkaKI+0
ほむら「……は」

ほむら「ふう、朝か。今日も頑張るぞ」

ほむら「心なしか身体が軽い。少しこの身体の慣れてきたような気がする」

HP 12/12

ほむら「さて、朝のニュースを見ていたらまた時間ギリギリになってしまったけど……」

ほむら「どうする?」


1.走る
2.早歩き

↓2
289 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 02:00:41.34 ID:0lyjdsRV0
290 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 02:01:33.76 ID:wKg7lMcro
2
291 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 02:01:49.83 ID:vVLJXQeoo
2
292 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 02:09:13.16 ID:YTHkaKI+0
ほむら「まあ間に合うだろ」

ほむら(俺は早歩きで学校に向かった)



早乙女「暁美さん、遅刻です」

ほむら「あらら」

早乙女「あららじゃありません!!」



ほむら「最初の授業が終わったぞ。どうしよう?」

1.鹿目さんに話しかけよう
2.美樹さんに話しかけよう

↓2
293 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 02:09:39.93 ID:YTHkaKI+0
今日はここまでにします。ありがとうございました。
安価下
294 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 02:10:05.10 ID:k5jy7jbVo
295 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 12:00:16.16 ID:pE4VVc460
マミさん可愛い
296 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 12:06:59.76 ID:gguLrNTDO
泣き止むのを待つ→魔女化
肉棒くわえさせる→生きる

どういうことだオイ
297 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 12:11:35.08 ID:NwlPutTv0
don't sink feel
298 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 12:14:56.01 ID:jXw80Ouoo
沈むなとな
299 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 12:21:37.81 ID:gguLrNTDO
感性を沈めるな?
300 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 19:23:15.20 ID:Wa5ZwcE10
考えるな 感じろ じゃない? ピリオドないけど
301 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 19:25:20.39 ID:MSKdqCgwo
それは分かるが綴りがおかしい
302 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 19:31:09.89 ID:Wa5ZwcE10
thinkだな 読みで判断した
303 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 19:36:26.55 ID:jXw80Ouoo
わかっててやったんや
304 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 21:36:27.24 ID:gguLrNTDO
ほむらに惚れられる
時間遡行
QB擬人化
QBが妹として転校してくる
→クソスレ

まどかと付き合う
時間遡行
ほむらは妹(嘘)
マミと付き合う
マミに肉棒くわえさせる
→良スレ

何故なのか
305 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 21:38:07.17 ID:jXw80Ouoo
織莉子と付き合うが抜けてる
306 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 22:02:43.69 ID:SvMFt026o
面白いから
307 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 22:21:09.52 ID:xeAk476DO
肉棒はポークピッツ?フランクフルト?
308 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/13(水) 10:50:25.31 ID:1qFO4OkAO
マミ√の時よかマシだろ
309 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/16(土) 18:36:52.08 ID:cs8NU41e0
まだか
310 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 18:44:58.75 ID:VdtegrQy0
don't think. feel !
311 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 20:16:46.83 ID:aIK061bVo
dont sink, fall!
312 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/16(土) 22:28:28.23 ID:wTpmQf9c0
ほむら「鹿目さん、おはよう」

まどか「ほむらちゃん……」

まどか「昨日はごめんね、わたしのせいであんなことになっちゃって……」

ほむら(やっぱり、自分のキュゥべえへの追求でマミさんが魔法少女の秘密を知ってしまった事を気にしているようだ)

ほむら「鹿目さんは悪くないわ。巴さんはさすがにショックを受けていたみたいだったけど」

ほむら「でも、事実は事実だもの。鹿目さんが何もしなくても、遅かれ早かれいつかは知ることになっていたはずよ」

まどか「だ、だけどマミさんが……今朝だって学校に来てないみたいだし……」

ほむら「そうなの? それじゃあ後でまた部屋に励ましに行ってあげましょう」

まどか「……そんなの行けないよ、行けるわけない。わたし、マミさんの事傷つけたのに」

ほむら「↓2」


1.随分と薄情なのね
2.そんな事言わずに顔だけでも出しましょう
3.じゃあ私と美樹さんだけで行くわ
313 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 22:29:16.58 ID:zCbJIGUSO
2
314 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 22:29:34.67 ID:Dd+TjDF3o
315 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 22:40:36.29 ID:hTXUJVdRo
このままだとレズのほむやんにまどかが奪われてしまう
でも中身は男なわけで…うーむ
316 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/16(土) 22:41:49.44 ID:wTpmQf9c0
ほむら「そんな事言わずに顔だけでも出しましょう」

まどか「……」

ほむら「このままずっと巴さんと会わないでいるつもりならそれでもいいけれど……」

まどか「違うよ。違うけど、昨日あんなことがあったのにどんな顔して会いに行けばいいのかわからないの」

ほむら「違うのなら、尚更早く会いに行くべきね。こういうのは時間が経つほど後が辛くなるわよ」

まどか「……そう、なのかな」

ほむら「そうよ。間違いないわ」

ほむら「↓2」


1.放課後、美樹さんと三人で巴さんの部屋に行きましょう
2.今すぐ学校を抜け出して巴さんに会いに行きましょう
317 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 22:42:58.51 ID:zCbJIGUSO
2
318 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 22:44:43.22 ID:QEfCaJOFo
319 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 22:47:04.40 ID:CCo8MfTqo
>>315
3Pすればいいじゃないか
320 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/16(土) 22:57:44.65 ID:wTpmQf9c0
ほむら「今すぐ学校を抜け出して巴さんに会いに行きましょう」

まどか「えっ」

まどか「い、今すぐ? ダメだよそんなの、まだ授業あるのに」

ほむら「別にサボりたくて抜け出すわけじゃないんだし構わないでしょう。かわいい後輩が突然訪ねてくるサプライズに、巴さんは喜びの余りにアヘ顔ダブルピースね」

まどか「先生に怒られるよぉ! それにきっとお家にだって……」

ほむら「……そう、残念ね。鹿目さんは絶望の淵に立たされ苦しむ巴さんを助けることよりも、自分が親や先生に怒られないことの方が大事なのね」

まどか「う……」

ほむら「まあいいわ。巴さんの部屋には私一人で行くから。鹿目さんの分まで巴さんを励ましておいてあげるから安心して」

ほむら「それじゃ」

まどか「あ……」
321 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/16(土) 23:36:37.88 ID:wTpmQf9c0
ほむら(俺は鞄を手に取ると、職員室からの死角を利用し、誰にも見つからないように学校から脱出した)

ほむら「よし、脱出成功」

ほむら「マミさんの家に向かうか」スタスタ

「ま、待ってほむらちゃん!」

ほむら「?」

まどか「はー、はー、はー……お、追いつけた……」

ほむら「鹿目さん。どうしたの、もう次の授業が始まってるわよ」

まどか「はー、はー……そ、早退届け出してきたの。頭痛いからって」

まどか「ほむらちゃんの分も出しておいたよ。私が病院まで付き添うことになってるから……」

ほむら「え……」

まどか「てぃひひ……ね、ちゃんと申し込みすれば、怒られずにマミさんの部屋に一緒に行けるでしょ」

ほむら「ふ、不良がいるわ……」

まどか「え?」

ほむら「先生を騙して私用のために学校を抜け出すなんて鹿目さんはとんでもない不良少女だわ……もう救いようがないワルね……」

ほむら「正直引くわ……」

まどか「そ、そんな言い方おかしいよ。それなら勝手に学校を抜け出そうをしたほむらちゃんの方がもっと悪い子でしょ?」

ほむら「勝手に学校を抜け出る? なんのことかしら、私はちゃんと早退届けを出してここにいるのよ?」

まどか「え……それってわたしが出したやつだよね……?」

ほむら「こわいわー! カツアゲとかされたらたまらないから逃げないと!」タッタッタ

まどか「ま、待ってよ! そんなのずるいよ、ほむらちゃん!」タッタッタ

ほむら「不良だわ、まごうことなき不良娘だわ! しかも追いかけてくるし、追いつかれたら私は何をされるのかしら!?」タッタッタ

まどか「ちょっと待って、止まってよほむらちゃん!」タッタッタ

ほむら「こわいわー、カツアゲされるわー」タッタッタ

まどか「待ってってば! ほーむーらーちゃーん! ……てぃひひ!」タッタッタ

まどか「もー、本当に不良みたいになっちゃうよ!? 待てー、ほむらちゃーん!」

ほむら「きゃー!」

まどか「捕まえた!」

ほむら「不良に捕まってしまったわ……」
322 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/16(土) 23:44:35.70 ID:wTpmQf9c0
ほむら「私を捕らえてどうするつもりなのかしら、この不良は……」

まどか「どうもしないよぉ。ほらほら、早くマミさんの部屋に行こ?」

ほむら「陵辱されるかと思っていたのに残念ね……わかったわ」

ほむら(鹿目さんはマミさんを訪ねることに対して少し前向きになったようだ)



ほむら「着いたわね」

まどか「う、うん」

ほむら「インターホンを鳴らすわ」ピンポーン

ほむら「……」

まどか「……」

マミ『はい……?』

ほむら「↓2」
323 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/16(土) 23:45:01.84 ID:wTpmQf9c0
今日はこれだけです。安価下
324 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 23:45:25.54 ID:8My2FF3Lo
男先輩を返せ!この泥棒猫!
325 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 23:45:39.44 ID:zCbJIGUSO
うなれ私の右ストレートォ!ズドム
326 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 23:51:51.90 ID:hTXUJVdRo
なんでこんなスレなのにまどかはこんなに可愛いの?アホなの?
327 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 23:59:47.97 ID:CCo8MfTqo
ほむらはお兄さん(男)が好きという設定を積み上げていこう(提案)
328 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/17(日) 00:13:15.90 ID:UmTDHe3e0
まどっちきゃわわ
329 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/17(日) 14:19:37.00 ID:Yw/znXKr0
続きはまだか
330 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/17(日) 15:30:18.65 ID:D5upCrRzo
少しは待てよ早漏
331 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/18(月) 08:45:01.21 ID:y9sCYI5y0
ほむら「この泥棒猫!! 兄さんを返して!!!」

『!?』

まどか「ほむらちゃん!?」

ほむら「兄さんがここにいるのはわかっているのよ! 早くドアを開けなさい!!」

『え、ええ? ちょっと待ってね……』

ガチャ

マミ「いきなりどうしたの、暁美さん……に、鹿目さんまで」

マミ「お兄さんはこの部屋にはいないんだけど、何か勘違いしていない?」

ほむら「居るか居ないかは中を見ればわかることよ。お邪魔するわ」ズイッ

マミ「あ、ちょっと! もう、一体なんなの……?」

まどか「あ、あの! ほむらちゃん、マミさんを励ましたいんだと思います。さっきもそう言ってたし……」

マミ「え、暁美さんが?」

マミ「……そうなの? いつも私に厳しいから、嫌われてると思ってたのに……」

まどか「あの、わたしも上がってもいいでしょうか?」

マミ「あ、うん……」



ほむら「兄さん、どこ!?」

マミ「だ、だから居ないって言ってるじゃない……」

まどか「もー。マミさんに迷惑だよ、ほむらちゃん……」

ほむら「スンスン、スンスン……」

ほむら「……嘘ね。この部屋、昨日は無かった精液の匂いがするわ」

マミ「え!?」

まどか「そんなわけないですよね、マミさん?」

マミ「あ、あの……そ、それは! それは違うの!」

まどか「……マミさん?」

ほむら「その反応、間違いないみたいね」

ほむら「貴女、この部屋で兄さんとセックスしたわね」
332 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/18(月) 08:48:18.37 ID:OxQMSmeS0
カオス
333 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/18(月) 09:04:00.91 ID:y9sCYI5y0
マミ「ま、待って! 違うの!」

ほむら「違うって何が違うの!? 昨日私達が帰った後に兄さんがここに来たんでしょう!!」

ほむら「そして貴女は兄さんとセックスをしたのよ!! この匂いが何よりの証拠だわ!!」

まどか「に、匂い? そう言われると……わ、わわ……」

マミ「し、していないわ! お兄さんも来ていない!」

ほむら「兄さんが来ていないならこの匂いは何なの!? 貴女もしかして浮気を……この淫乱クソビッチ!」

マミ「う……」

マミ「や、やっぱり来たわ。お兄さん……」

ほむら「ほら、やっぱり来たのでしょう? そして弱っている姿を見せつけ誘い受けの形でセックス&セックス……」

マミ「そ、それはしていないわ! 本当よ!」

ほむら「じゃあこの匂いはなんなの!! 口で咥えて射精でもさせたのかしら!?」

マミ「う……」

まどか「ま、マミさん……!?」

ほむら「なんてことなの……兄さんの貞操がこんな泥棒猫に奪われてしまうなんて……」

ほむら「鹿目さん、口をきいたら駄目よ。あの口は肉棒をしゃぶるためについてる口まんこだから会話するとこっちまで穢れるわ」

マミ「そ、そんな……」

ほむら「黙りなさい、巴口まんこマミ」

マミ「変なミドルネームをつけないで!?」
334 :今朝はこれだけ [saga]:2013/02/18(月) 09:19:32.82 ID:y9sCYI5y0
まどか「あ、あの、マミさん……」

マミ「鹿目さん……わ、私は……」

まどか「か、換気扇回してもいいですか……?」

マミ「鹿目さぁん……」



ほむら「ふう……ようやく空気が澄んできたわね」

マミ「……」

まどか「あ、あはは……」

まどか「そ、それにしても、マミさん彼氏いたんですね!」

ほむら「私の兄さんよ」

まどか「へー、それで二人は知り合いだったんだね。いいなあ、マミさんの彼氏ならきっと素敵な人なんだろうなあ……」

ほむら「もちろん超絶イケメンのいい男よ」

まどか「ううん、顔とかじゃなくってね? きっと頼りがいがある大人っぽい人なんだろうなって」

マミ「そうでもないわよ……」

まどか「え、じゃあどんな人なんですか?」

マミ「……そんなことより! 貴方達、学校はどうしたの?」

まどか「はぅ……」

ほむら「↓2」


1.サボタージュ
2.サボリング
3.サボッシュメント
4.サボティクス
335 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/18(月) 09:20:37.37 ID:tCKUA97ko
4
336 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/18(月) 09:28:20.82 ID:Loo+lp8Qo
3
しかしこの選択肢に意味はあるんだろうか
337 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/18(月) 09:29:12.44 ID:OxQMSmeS0
3
338 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/18(月) 11:39:07.70 ID:HcSykoNuo
二股かけてる上にまどかにも色目使ってるのに、こんなにあっさりと付き合ってることを吹聴していいのか?ww
339 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/18(月) 11:45:19.07 ID:BhcDcZiAO
>>336
このスレでは日常茶飯事だ、気にするな
340 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/18(月) 11:56:47.94 ID:QJl0tg0H0
まどっちとマミさんの可愛さの前ではどうでもいい事だ
341 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/18(月) 16:08:19.32 ID:f6bL4YAco
重婚ワンチャンあるで
342 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/18(月) 18:09:28.93 ID:BhcDcZiAO
その中にほむほむは含まれますか?
343 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/19(火) 22:45:15.03 ID:cVTk0QE20
ほむら「サボッシュメント」

マミ「サボったのね? そういうことする人達には何も教えて……」

ほむら「勘違いしないで」

マミ「勘違い?」

ほむら「サボったのは貴女の方よ。私達はサボった貴女にパニッシュメントをしにきたの」

マミ「そんなこと言われても、私だって、ただ休みたいから休んだわけじゃないのよ」

ほむら「それじゃあ、私達はただ休みたいから休んだのだと貴女は言うのね?」

ほむら「可哀想な鹿目さん。先輩を励ますために生まれて初めて仮病まで使って早退したのに……当の先輩からサボリ呼ばわりされて……」

まどか「わ、わたしはいいよ、それくらい……」

ほむら「あーーーーーーっかわいそう!」

まどか「ほむらちゃん……」

マミ「……」

マミ「……そうね、私のために二人共来てくれたんだものね……」

マミ「ごめんなさい、私が間違っていたわ。ええと、彼氏の話をすればいいのかしら……」

ほむら「↓2」


1.そんなのはいいからお茶を出しなさい
2.そんなのはいいからおっぱいを出しなさい
344 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/19(火) 22:46:54.14 ID:g6OWx+W7o
1
345 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/19(火) 22:47:12.76 ID:P9zWxTaz0
346 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/19(火) 22:51:30.43 ID:ureCe3/f0
347 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/19(火) 23:04:02.18 ID:cVTk0QE20
ほむら「そんなのはいいからお茶を出しなさい。喉が渇いてしまったわ」

まどか「し、失礼だよほむらちゃん!」

マミ「そういえばそうね……ごめんなさい。すぐに用意するわ」

まどか「う、ごめんなさい……マミさん……」



ほむら「ふう。何の取り得もない巴さんだけど、お茶の腕前とおっぱいだけは一人前ね」

マミ「あ、ありがとう……?」

まどか「もー! さっきからほむらちゃんマミさんに失礼すぎるよ!」

まどか「マミさんはお茶だけなんかじゃないですよ。マミさんの魔法少女姿、すごくかっこよかったですから」

ほむら「↓2」


1.確かにそうね
2.魔法なんてただのズルじゃない
348 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/19(火) 23:05:37.78 ID:g6OWx+W7o
1
349 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/19(火) 23:07:40.71 ID:gsuMh6YMo
2
350 :今日はここまで [saga]:2013/02/19(火) 23:32:18.59 ID:cVTk0QE20
ほむら「魔法なんてただのズルじゃない」

マミ「……」

まどか「ズル……?」

ほむら「ある日いきなりわけのわからない相手から渡されたのでしょう? 努力もなしに得た力なんていくらすごくても自慢にならないわ」

ほむら「むしろそんなものを使って人より優位に立とうとするなんて、ただの卑怯者じゃない。鹿目さん、貴女、巴さんに騙されてるわよ」

まどか「そ、そんな言い方って……」

マミ「私は……だって私は、ずっと魔女と戦ってきたから……」

マミ「普通の人と違って、時間がなかったから……他に誇れるものがなくったって、しょうがないじゃない……」

マミ「それに、鹿目さんだってかっこいいって言ってくれるし……」

ほむら「はいはい」

ほむら「じゃあ巴さんは一生鹿目さんだけに魔法少女の実績でも自慢してるといいわ……今週は魔女を何体倒した、使い魔をたくさん倒しただとか」

ほむら(俺は鹿目さんが魔法少女になる気を無くすよう、きつめの言葉で煽った)

まどか「ほむら……ちゃん……」

マミ「……」

マミ「ごめんなさい……せっかく来てくれたのに悪いんだけど、今日は二人共帰ってもらえるかしら……」

マミ「少し、一人にしてほしいの……色々考え事もしたいし……」




ほむら「追い出されてしまったわ」

まどか「ほむらちゃん……どうしてあんなこと……」

まどか「ひどいよ、マミさん絶対傷ついてるよ。ねえ、どうしてあんなこと言ったの?」

ほむら「↓2」


1.全て巴さんのためなのよ。今にわかるわ。
2.全て鹿目さんのためなのよ。今にわかるわ。
351 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/19(火) 23:33:56.99 ID:g6OWx+W7o
1
352 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/19(火) 23:34:55.92 ID:P9zWxTaz0
353 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/20(水) 00:54:02.09 ID:a5jhYXWp0
ていうか、いつ魔女になってもおかしくない状態だな・・・
354 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/20(水) 00:57:34.98 ID:ICUdr0sUo
ていうか、肉棒しゃぶらせなかったら魔女になってたし
355 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/20(水) 20:51:53.93 ID:uMaBXQiAO
>>354
ならもう一度しゃぶらせよう(純粋)
356 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/20(水) 22:41:28.91 ID:+gGFElU7o
>>355
ここは発想を逆転してマミのをしゃ(ry
357 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/20(水) 23:29:12.20 ID:5RR38/bHo
>>356
二つあるからまどっちにも手伝って貰おうか
358 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/21(木) 20:01:30.76 ID:+S1K21/t0
まだか
359 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/21(木) 20:02:34.01 ID:CiWxvWjpo
マギカ
360 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/21(木) 20:32:40.04 ID:krwF8ZZJ0
ほむら「全て巴さんのためなのよ。今にわかるわ」

まどか「マミさんのため……?」

ほむら「巴さんにとって今の状況は、自力で立ち直るにはハードすぎる」

ほむら「荒療治になったけれど巴さんには必要なことだったのよ、さっきのは」

ほむら(俺はこの場を凌ぐために適当にそれっぽい事を言った)

まどか「……」

ほむら「お願い鹿目さん、何も言わずに私を信じて」

まどか「……うん、わかった」

まどか「ほむらちゃんが何を考えているのかわからないけど……わたし達、友達だもんね」

まどか「信じるよ、ほむらちゃんのこと」

ほむら(ちょろいわ)

ほむら「ありがとう、鹿目さん。それじゃあ早退届けを出した以上、家にも連絡が行ってるでしょうし。今日はもう帰りましょうか」

まどか「あ、そうだね。さっきパパからまっすぐ帰ってくるようにってメールが来てたんだった」
361 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/21(木) 20:33:26.67 ID:krwF8ZZJ0
ほむら「さて、鹿目さんと別れて一人になったけど……」

ほむら「どうしよう?」

↓2
362 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/21(木) 20:36:13.02 ID:qHVPlvc4o
ksk
363 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/21(木) 20:37:24.13 ID:RGKKKLdVo
織莉子でも探す
364 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/21(木) 20:42:33.79 ID:krwF8ZZJ0
ほむら「織莉子ちゃんでも探そう」

ほむら「うーむ、しかしまだ昼前だぞ。普通に学校にいるんじゃないのか?」

ほむら「とりあえず家に向かうか」



ほむら「着いたぞ、織莉子ちゃんの家だ。インターホンを鳴らそう」ピンポーン

ほむら「……」

ほむら「誰もいないようだ……」

ほむら「仕方ない、街でもぶらつこう。その内会えるかも知れないし」
365 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/21(木) 20:56:07.57 ID:krwF8ZZJ0
ほむら「……」スタスタ

ほむら「……」スタスタ

ほむら「……」スタスタ

ほむら「……当たり前だが織莉子ちゃんなんて影も形もないじゃないか……」

ほむら「くそっ、なんでこんなことをさせるんだ。時間を考えろ時間を」

ほむら「もういい、帰ってオナニーでもしよう」

ほむら(俺は暁美さんの家へと向かって歩き出した)

「あっ。そこの君、ちょっといいかな?」

ほむら「ん?」

「いきなりごめんね! 僕はこういうものなんだけど……」

ほむら(若造がいきなり名刺を差し出してきた)

ほむら「芸能事務所? なんの用かしら、AVなら出ないわ」

「いやいやいや、ウチはそういういかがわしい事務所じゃないから! ちゃんとしたとこだよ!」

ほむら「ふーん」

「君、かわいいよね。アイドルとか興味ない?」

ほむら「ないわ。残念ながら私こと暁美ほむらは極度のコミュ障なの」

「そう言わずに話だけでも聞いてよ。ちょっとそこでお茶でも飲みながらさ! もちろんおごりだよ」

ほむら「食事もしていい?」

「あはっ、いいよ。ちゃっかりしてるね! どの辺がコミュ障なんだい?」

ほむら「二日の内一日、コミュ障になる呪いがかかってるのよ。ちなみに一ヶ月後には完全に呪われて毎日コミュ障になる予定よ」

「よ、よくわからないけどとりあえず行こうか……」
366 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/21(木) 21:11:56.66 ID:krwF8ZZJ0
ほむら「それでアイドルだったかしら」モグモグ

「うん。ウチの事務所は立ち上げて間もなくてね。アイドルの数が足りてないんだ」

「それで街に出て、アイドルの素質のありそうな子に声をかけて勧誘してるってわけさ」

ほむら「そう、大変そうね」モグモグ

「いやいや、だけど君みたいな子に出会えるなんて今日はついてるよ! あ、一応聞くけどもうどこかの事務所に所属してたりは……」

ほむら「するわけないでしょう。コミュ障なのに」モグモグ

「そうかい! それじゃあ本題に入るけど、ズバリ! 君に僕達の事務所にアイドルとして入ってもらいたい!」

ほむら「興味ないわ。ご馳走様」

「ええっ、どうしてだい!? そんなこと言わずにさあ、ちょっとだけでもいいから見学とかしていってよ!」

ほむら「興味ないと言ってるのよ」

「む、むむ……ほ、本当にタダで食事だけして帰るつもりなんだね!?」

ほむら「その通りよ」

「うーん、少しも悪びれないその堂々とした態度……絶対アイドル向きだと思うんだけどなあ……」

「頼むよ、僕達を助けると思ってちょっとだけでいいから事務所に来てくれ!」

ほむら「嫌よ」

「そこをなんとか! お願いだ!」

ほむら「嫌よ」

「そこをなんとか! お願いだ!」

ほむら「嫌よ」

「そこをなんとか! お願いだ!」

ほむら「嫌よ」

「そこをなんとか! お願いだ!」

ほむら「しつこいわ!」

「た、頼むよぉぉぉぉぉ……!! 今月一人も誘えてないんだよぉぉぉぉぉぉ……!!」

「今日てぶらで帰ったらクビになっちまうよぉ、お願いだから見学だけでもしてくれよぉぉぉぉぉぉ……!」

ほむら「こ、こいつ……!」

ほむら「あ、私はダメだけどアイドルに素質がありそうな子を紹介するわ」

「ほ、本当かい? かわいい子かい?」

ほむら「かわいいかわいい。しかも今在宅中で暇にしてるはずだ」

「よ、よし……それじゃあ紹介をお願いしようかな……!」

ほむら「その子の名前は……↓2」


1.巴マミよ
2.鹿目まどかよ
367 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/21(木) 21:14:49.09 ID:tHtCuLCzo
2
368 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/21(木) 21:15:08.46 ID:RGKKKLdVo
369 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/21(木) 21:17:00.01 ID:+S1K21/t0
マミさんすでにアイドルじゃん
370 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/21(木) 21:17:50.25 ID:RGKKKLdVo
そういやそうだった…
スレタイなのに忘れてた
371 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/21(木) 21:18:25.80 ID:HlKrgjS8o
この時間軸じゃアイドルじゃないっぽかった気がする
まさかこれがきっかけで…
372 :今日はこれだけ [saga]:2013/02/21(木) 21:19:12.01 ID:krwF8ZZJ0
ほむら「えっちな身体がウリの巴マミよ。住所はこのメモに書いてあるから早く行ってきなさい」

「巴マミだね!? わかった、行ってくるよ!」

ほむら「じゃあ支払いよろしく」



ほむら「しつこい若造だったな、全く……」

ほむら「疲れたし帰って昼寝でもするか」
373 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/21(木) 23:38:07.47 ID:o0BrpFmno
今はアイドルのマミからカツアゲしてたピンク髪を守ろうと頑張っている
374 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 00:54:01.77 ID:l0qMSrFAO
さて、明日はしゃぶらせないとな!
375 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 12:16:38.63 ID:OGLqtrOx0
相変わらず男は、なんの意図もない行動をまるで何か意味があるようなタイミングでやるな
376 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/22(金) 21:31:54.45 ID:jEuPvml60
ほむら「Zzzz……」

ほむら「む……ああよく寝た。時間は……4時過ぎか」

ほむら「これからどうしよう?」

↓2
377 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 21:32:58.47 ID:84FsGtIDo
ksk
378 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 21:33:12.40 ID:9jqmFV6a0
金稼ぎ
379 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/22(金) 21:39:19.48 ID:jEuPvml60
ほむら「金稼ぎでもするか」

ほむら「うーむ、しかしこの身体で出来る稼ぎ方なんてそんなに思いつかないぞ」

ほむら「パッと思いつくだけでこんなところか。どうしようか……」


1.売春
2.万引き
3.カツアゲ

↓2
380 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 21:40:49.60 ID:aNsJrtss0
3
381 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 21:40:52.65 ID:NNWqw0two
3
382 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 21:41:15.74 ID:9jqmFV6a0
ロクな選択肢が無い
383 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 21:43:19.92 ID:HyXSns05o
まどかルートで友に現金差し出させたこともあるしな
384 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/22(金) 21:52:46.87 ID:jEuPvml60
ほむら「カツアゲでもして稼ぐぞ」

ほむら「そうと決まれば善は急げだ。早速街に出かけよう」



ほむら「街に着いたぞ。さて、適当に中学生でも捕まえて脅して金取るか」

ほむら「どいつにするかな……なるべく育ちのよさそうな上品な顔したやつがいいな」

ほむら「……おっ。よし、すました顔して歩いてるあいつにしよう」

ほむら「おい、そこのお前。ちょっと止まれ」

男「? ……何?」

ほむら「ちょっとそこの路地裏に来いや」

男「……別にいいけれど」



ほむら「有り金出せや」

男「……いくら?」

ほむら「もちろんあるだけ全部だ!」

男「全部って……何に使うの? お金、貯めるんじゃなかったの?」

ほむら「ごちゃごちゃ言わずに出せよ! 殴るぞ!!」

男「……」

ほむら「フッ……ビビッて声も出せないようだな」

男「それじゃあ、はい。財布ごと渡すけどそれでいい?」

ほむら「うむ」

男「はあ……無駄遣いしないでね」



ほむら「よし、無事に金を手に入れられたぞ」

ほむら「この金を使って……↓2をするぞ!」
385 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 21:55:28.98 ID:eqS2YGqdo
パーティーの準備
386 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 21:55:37.85 ID:NNWqw0two
387 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 21:59:30.48 ID:9jqmFV6a0
競馬で稼ぐんじゃなかったのかよ
388 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 22:02:07.93 ID:4R/GEF+DO
男って誰かと思ったら男だった
389 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 22:07:31.80 ID:9jqmFV6a0
中身がほむらの男だな
390 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/22(金) 22:12:49.22 ID:jEuPvml60
ほむら「パーティーの準備だ。今日はパーッとやろう」

ほむら「名目はもちろん俺と鹿目さんの出会いを祝う会だ。早速人を集めるぞ」ポチポチ



まどか『えっ、パーティー? ……わたしとほむらちゃんの?』

まどか『う、うーん……マミさんがあんな状態なのに、そんなことしてていいのかな……?』

ほむら「じゃあ巴さんも参加させましょう。会場は巴さんの部屋で」

まどか『えー……』



さやか『パーティー? いきなり何よそれ……ていうか、祝うのはまどかとの出会いだけかよ』

ほむら「仕方ないわね。それじゃあ美樹さんも混ぜてあげるわ。私と鹿目さんと美樹さんの会で」

さやか『それじゃあって。まあ別にいいんだけど』

ほむら「巴さんの部屋に集合ね」

さやか『はいよー』



仁美『パーティー、ですか? せっかくのお誘いですけれど、しばらくは私用での外出は控えさせていただいてますので……』

ほむら「そんな……私達、友達だと思っていたのに……」

ほむら「こういう時って友達のためになにがなんでも出るものなんじゃないかしら?」

仁美『うーん、ですけど家の事情で……ああ、どうにかならないかしら……』

ほむら「お願い、志筑さんにも来て欲しいの! 私と鹿目さんと美樹さんの出会いを祝う会!」

仁美『……』

仁美『あ、用事を思い出しましたのでこれで……』プツッ
391 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/22(金) 22:18:43.95 ID:jEuPvml60
ほむら「結局このメンバーなのね……」

さやか「なんか……」

まどか「昨日も一昨日もこうだったような……」

ほむら「まあいいわ。お菓子の準備は出来てるから巴さんの家に向かいましょう」



ほむら「着いたわね。お邪魔します」

ガチャ

さやか「ちょ、いきなり入るの!?」

まどか「だ、ダメだよ!」

「ティロ・フィナーレ!!」

ほむら「む、この声は……」

まどか「マミさん?」
392 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 22:19:40.32 ID:HyXSns05o
きちんとツッコミを入れるさやかと、ツッコミを入れられない仁美、性格が出るなwwwwww
393 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 22:21:02.86 ID:PykgTzMHo
自分だけハブられてるのも結構違うと思うぞ
394 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/22(金) 22:32:39.21 ID:jEuPvml60
ほむら「……」コソコソ

さやか「え、何なに? なんでこんなところでティロ・フィナーレ?」

ほむら「しっ。……何か悪い事が起きている予感がするわ。音を出さずに着いてきて」

さやか「う、うん……」

まどか「ま、マミさん……」



ほむら「……」ソーッ

ほむら(俺達は気配を殺しつつ、リビングルームを覗き込んだ)



マミ「ティロ・フィナーレ!」ビシィッ



ほむら(リビングではマミさんが姿鏡に向かって一人でポーズをとっていた)

まどか「……?」

さやか「マ、マミさんは何をやってるんだろう……」



マミ「これも少し違うわね……もっと女の子らしさが前面にでたほうが……」

マミ「よし……ティロ・フィナーレ!」

マミ「……これはいいわね。今までで一番かっこいいポーズだわ」

マミ「だけどまだまだ。もっといいポーズがきっとあるはずよ」



ほむら「……」

さやか「……」

まどか「……」



マミ「行くわよ! ティロ・フィナーレ!」



ほむら「↓2」


1.キャーかっこいい!
2.何やってるんですか、巴さん
3.鹿目さん、美樹さん。今日はもう帰りましょう
395 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/22(金) 22:33:09.06 ID:jEuPvml60
今日はここまでです。ありがとうございました。

安価下
396 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 22:33:11.37 ID:NNWqw0two
1
397 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 22:40:34.62 ID:4R/GEF+DO

これは恥ずかしい
398 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 22:54:09.32 ID:aNsJrtss0
乙 アイタタタターーー
399 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 22:59:44.56 ID:HyXSns05o


これはひどい
400 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/22(金) 23:23:40.81 ID:n8yQYoSLo

(ちょろい)
401 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/24(日) 01:16:41.45 ID:LF+MVIuB0
まだか
402 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/24(日) 01:37:17.42 ID:pCSEqluuo
今の投下間隔がそれほど遅いとは思わんが
403 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/24(日) 02:05:18.75 ID:gfhzyfM7o
この前から早漏がこのスレに張り付いてるからな
404 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/24(日) 03:02:36.75 ID:PrzWc5Yeo
男のオ○ニー並だな
405 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/25(月) 18:02:01.96 ID:m02IvzMl0
いつでもこい
406 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/26(火) 18:58:27.93 ID:hI2oNISh0
1.スーパーDQNカート
2.ストマックパンチャーHITOMI
3.魔法少女まだかマギカ 〜結界が結ぶ絆〜
407 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/26(火) 21:47:24.85 ID:hEg+Ntks0
ほむら「キャーかっこいいわ!!」

マミ「え!?」

まどか「!」

さやか「ちょっと!?」

ほむら「今のポーズかっこいいわ。なんていうか……女の子らしさが前面に出ていて……」

ほむら「もう一回見せてもらっていいかしら?」

マミ「あ……あう……」

ほむら「どうしたの、顔が真っ赤よ巴さん!?」

マミ「あなた達、どうしてここに……?」

さやか「す、すいませんマミさん! 勝手に入っちゃって……!」

まどか「あ、あの、マミさんの声が聞こえたから、何かと戦ってるんじゃないかって思って、それで……」

ほむら「それよりさっきのポーズをまた見せて頂戴」

さやか「おーい! あんたも謝りなさいよ!」

マミ「う、ううぅ……」
408 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/26(火) 21:59:47.70 ID:hEg+Ntks0
ほむら「改めましてお邪魔するわ」

マミ「はい、いらっしゃい……」

ほむら「これ、ケーキ持ってきたから切り分けてきて」

マミ「はいはい……」



ほむら「それで、どうして部屋に一人で篭ってあんな真似をしていたのかしら」

マミ「……」

さやか「……」

まどか「……」

マミ「……」

まどか「い、言いにくい事なんですか?」

マミ「そういうわけじゃないけれど……」

マミ「……ううん、やっぱり鹿目さんの言うとおり、私は後ろめたさを感じてるのかもしれないわ」

さやか「何かあったんですか? あたし達に出来る事があるなら手伝いますよ!」

マミ「うん……」

マミ「あのね、私……アイ」

ほむら「そういえばまだ乾杯をしていなかったわね。みんなグラスは行き届いているかしら?」

まどか「あ、うん……」

さやか「大丈夫だけど」

マミ「私もよ」

ほむら「あ……話の腰を折ってしまったかしら。ごめんなさい、続けていいわ」

マミ「ええ。実は私、アイドルになろうかと思って……」

まどか「え……?」

さやか「え、ええええ?」

ほむら「えーっ」
409 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/26(火) 22:00:33.13 ID:TkHRPX/Qo
えー(棒)
410 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/26(火) 22:17:40.77 ID:Ph15qw3Q0
な、ナンダッテー
411 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/26(火) 22:23:58.97 ID:hEg+Ntks0
マミ「実はさっき、鹿目さんと暁美さんが帰った後にね。芸能事務所のスカウトの人がここに訪ねてきて……」

ほむら「口車に乗せられて、言われるがままにアイドルになる約束をしたのね?」

マミ「す、少しは悩んだわ!」

マミ「悩んだし、熱心に説明してくれるスカウトさんには悪いけれど、最初は断ろうかと思ってたの……だけど……」

マミ「NOを言い渡そうとした時、さっき暁美さんに言われた事を思い出したの」

まどか「ほむらちゃんの?」

マミ「ええ。考えてみればその通りなのかも知れないって思って」

マミ「それで、とりあえず事務所の見学だけでもしてみようかなって思い直したわ」

さやか「あんた、マミさんに何か言ったの?」

ほむら「魔法しか取り得がない、その魔法も普通の人からしたらズルだって」

さやか「あんたね……!」

マミ「いいの美樹さん。私はその言葉をかけてもらってよかったと思ってるわ」

さやか「う、うーん……」

マミ「他のアイドルの人達、みんな一生懸命で輝いていた」

マミ「夢に向かうために努力し続けている姿を見て、私は自分が魔法少女になって失った『本当の自分』が彼女達と同じ道を歩む事で見つけられるんじゃないかって考えたの」

まどか「……」

さやか「……」
412 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/26(火) 22:25:30.45 ID:hEg+Ntks0
マミ「だから……突然だけど。ううん、突然現れた新しい道だからこそ私は運命を感じたわ」

マミ「私も、アイドルになってみたい……って、思えたの」

まどか「マミさん……」

マミ「ごめんなさい。見滝原は私が守るだなんて偉そうに言っておいて……」

マミ「幻滅されちゃったかな……?」

さやか「そ……そんなわけないですよ!」

まどか「はい! わたし、マミさんがアイドルとして活躍するところ、見てみたいです!」

マミ「あ、ありがとう、二人共。……あの、暁美さんはどう思う?」

ほむら「……いいんじゃないかしら。応援するわ」

マミ「……!」

マミ「みんな……ありがとう……暁美さんにまで認めてもらえるなんて、結構自信ついちゃったかも……!」

ほむら「それはそうと今日集まったのは私と鹿目さんと美樹さんが出会った事を祝う会なのよ」

マミ「あら、そうなの? ……え?」

ほむら「そろそろ乾杯していいかしら」

マミ「あ、ええ……どうぞ……」
413 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/26(火) 22:41:33.80 ID:hEg+Ntks0
マミ「ええと、それでね……みんなに相談なんだけど……」

ほむら「?」

マミ「今度所属する芸能事務所、いま、アイドルの数が足りてないらしくって……」

マミ「みんな自身でもいいし、お友達でもいいんだけど、誰かアイドルに向いていそうな子っていないかしら?」

さやか「え、えええーーーっ!? それってもしかして、あたし達もアイドルデビューするってことですか!?」

マミ「う、うーん。誰でもいいっていうわけじゃないし、実際に事務所に入る前にスカウトさんの審査があるから絶対にっていうわけじゃないと思うけれど……」

さやか「あ、そうですよね……あはは……」

まどか「もー。さやかちゃん早とちりしすぎだよぉ」

マミ「だけど、これって滅多にないチャンスだと思うし、興味があるなら一度スカウトさんに会ってみるだけでもどうかしら」

さやか「あー……」

まどか「わ、わたしはアイドルなんてとてもできないです……」

さやか「うーん……やっぱりあたしもちょっと。どう考えてもアイドルなんて柄じゃないし」

ほむら「私もパス」

マミ「あら、残念ね……もしもみんなと一緒にアイドルになれたら、とても素敵だと思ったんだけど」

さやか「んー。……あのさ、まどか」

まどか「?」

さやか「あんた行きなよ」

まどか「え、えー……無理だよ、絶対むり。わたしにアイドルなんて出来るわけないよ。全然かわいくないし」

さやか「いや、あんたならいけるって。本気で」

マミ「……」ソワソワ

ほむら(マミさんが鹿目さんに期待の視線を浴びせている……)

まどか「む、無理だってば! ……それにね、マミさんが近くにいたら、わたしなんて全然活躍できないよ?」

マミ「……うう」

ほむら「……鹿目さん」

まどか「なに? ほむらちゃん」

ほむら「↓2」


1.巴さんを超えられるわ
2.巴さんは肥えているわ
414 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/26(火) 22:42:18.14 ID:TkHRPX/Qo
2
415 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/26(火) 22:42:39.36 ID:EsEq9VBwo
1
416 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/26(火) 22:43:20.31 ID:UuxDlnxDO
417 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/26(火) 22:46:21.85 ID:N9sOxfVAO
真面目か
418 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/26(火) 22:54:02.14 ID:hEg+Ntks0
ほむら「貴女なら……巴さんを超えられるわ。貴女がアイドルの星になるのよ」

まどか「もー、ほむらちゃんまで。そんなこと言っても無理なものは無理だよ」

マミ「鹿目さん!」

まどか「! ……は、はい……」

マミ「一度会うだけでいいから……ね、先輩の顔を立ててあげるくらいつもりで! お願い!」

まどか「あ、あはは……マミさんもですか……」

まどか「うーん、マミさんがそこまでいうなら、会うだけならいいですけど……」

マミ「ほ、本当!? ありがとう!」

まどか「で、でも、本当に会うだけですよ? あと、もしスカウトの人に場違いだーなんて言われちゃっても、みんな笑っちゃダメだからね?」

さやか「大丈夫大丈夫。あんたなら絶対いけるって!」

ほむら「アイドル鹿目まどかの誕生ね!」

マミ「ありがとう、鹿目さん!」

まどか「はー、なんか変な事引き受けちゃったなあ……」
419 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/26(火) 23:06:06.72 ID:hEg+Ntks0
男(その後、スカウトの眼鏡にかなった鹿目さんは、直ちに事務所所属のアイドルとなった)

男(そして、何事にも真剣に取り組む性格のおかげで、訓練も捗り異例の速さでアイドルデビューを果たすことになる)

男(幸運が味方したこともあり、彼女の天使のような性格はネットを伝って多くの人間の認知するところとなり、ファンの数はうなぎ上りに増えていった)

男(結果、彼女はアイドルを始めてからわずか20日ほどという信じられない短期間でトップアイドルになってしまった。あと反動でマミさんは仕事が全然無くなって魔女になって死んだ)

男(そして……)



男「しまった……鹿目さんのおっかけばっかりやってたら、いつの間にか雑貨ちゃんへの支払い期限日になってしまった……」

男「どうしよう、金なんて全然ないぞ……」

男「……ああああああ! まじでどうしよう。あと200円しかない!」

チャリンチャリン

ガシャコン

男「……あと80円……」

男「どうしてこんなことになってしまったんだ……」

GAME OVER
420 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/26(火) 23:06:34.51 ID:hEg+Ntks0
今日はここまでです。ありがとうございました。
421 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/26(火) 23:07:17.23 ID:k97LkjPEo

どういうことだおいww
アイドルデビューで自信をつけさせるのは駄目なのな
422 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/26(火) 23:07:59.07 ID:UAiQOth6o
ジュース飲んでんじゃねーよハゲ!
423 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/26(火) 23:08:33.95 ID:9aMF5yVHo
ジ飲ハ
424 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/26(火) 23:09:20.82 ID:EsEq9VBwo
毎度のことながらまともな選択肢は選んだら駄目だな、うん
425 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/26(火) 23:15:07.47 ID:TkHRPX/Qo
十中八九こうなると思った
第一アイドルになったらなかなか合ったりprprできないだろ!
426 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/26(火) 23:15:35.46 ID:hI2oNISh0
じゃああの選択肢をを選べってのか
427 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/26(火) 23:17:27.34 ID:sIC1/p5Ho
やっぱはっちゃけた方がいいな、そっちの方が楽しいし
さやかちゃんの時ははっちゃけすぎておかしくなったような気もするが
428 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/26(火) 23:39:22.40 ID:BnL+9kUZ0
何処まで巻き戻る
429 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/26(火) 23:51:59.16 ID:UuxDlnxDO


マトモな選択肢が駄目ってのが今回は特に酷いなwwww
そしてマミさんの扱いww
430 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/27(水) 18:24:39.34 ID:tFgeUnXjo
マミさんめんどくせぇなwwwwwwww
431 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/01(金) 22:19:32.90 ID:Kqb+mtKf0
まだか
432 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/02(土) 08:04:32.48 ID:tSJf++PAO
このルートどんなエンドがハッピーなんだ…
433 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/02(土) 10:32:26.33 ID:x8uyxLSAO
>>432
ほむらと結ばれちまえばいい
434 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/02(土) 17:08:02.69 ID:AwMWCYX4o
解せぬ
435 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/02(土) 18:12:11.86 ID:RJOPqCeU0
なんでageてんだよ・・・>>1来たかと思ったわ[ピーーー]
436 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/03(日) 17:18:10.34 ID:a1w8RnRp0
ほむら「はっ夢か……」

まどか「む、無理だってば! ……それにね、マミさんが近くにいたら、わたしなんて全然活躍できないよ?」

マミ「……うう」

ほむら「……鹿目さん」

まどか「なに? ほむらちゃん」

ほむら「巴さんは肥えているわ」

マミ「え?」

さやか「……!?」

まどか「ちょっと、ほむらちゃん!?」

ほむら「こんなに太っている巴さんでもアイドルになれるんだから、鹿目さんにもアイドルの才能があるに決まっているわ」

マミ「え、え……」

マミ「あの、私、太ってないわよ……?」

さやか「そ、そうだよ! マミさんはどう見ても普通でしょ!」

まどか「ほむらちゃん、マミさんに失礼だよ!」

マミ「そ、そうよね? もう、暁美さんったら!」

ほむら「……後輩に気を遣わせてまで自分をごまかすのね」

ほむら「まあいいわ。とにかく、鹿目さんはアイドルになる気がないみたいだし、巴さんは諦めて一人で頑張るしかないわ」

マミ「うぅ……」
437 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/03(日) 17:42:34.56 ID:a1w8RnRp0
ほむら「それじゃあケーキを食べましょうか」

さやか「あ、そうだね!」

まどか「ほむらちゃん、ご馳走になります」

ほむら「巴さんもたくさん食べてね。アイドルは身体が資本だからたくさんカロリーを摂らないと」

マミ「え、ええ……」



ほむら「それじゃあ今日はもう帰るから」

マミ「暁美さん、ごちそうさまでした」

まどか「マミさん、アイドル活動がんばってくださいね!」

さやか「あたしら応援してるんで! イベントにも絶対行きますよ! あー、今のうちにサインもらっておいた方がいいかな?」

マミ「くすっ。気が早いわよ、美樹さん。まだ正式にアイドルになったわけじゃないのに」

さやか「あはは、あたしの目に狂いはないですよ! マミさんなら1ヶ月でトップアイドル間違いなしっす!」

まどか「もう、さやかちゃんはー……」

ほむら「ほら、二人共もう行くわよ」

マミ「あ、待って暁美さん!」

ほむら「?」

マミ「その……ありがとう」

マミ「午前も今も、私を励まそうと思って来てくれたのよね?」

マミ「態度はちょっと厳しかったけれど、その奥にある貴女の本当の気持ち、凄く嬉しかった……」

ほむら「↓2」


1.馬鹿……そういうのは、気づいてても言わないのが大人なのよ。
2.は? デブが何か意味のわからないことを言ってるわ……。
438 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/03(日) 17:43:24.24 ID:OG7roUcr0
439 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 17:43:27.87 ID:1eXIEvXho
1
440 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 17:43:41.73 ID:CglTZ+Tz0
441 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 17:44:49.35 ID:NLyH56wEo
このスレではまともな選択肢は地雷
442 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/03(日) 18:02:04.71 ID:a1w8RnRp0
ほむら「馬鹿……そういうのは、気づいてても言わないのが大人なのよ」

ほむら(俺は目線を逸らし、恥ずかしそうにしながら言った)

さやか「お? おー……ほ、ほむらちゃんが照れてる……」

まどか「かわいい……」

ほむら「ば、馬鹿! もう行くわよ!」

まどか「あ、待ってよほむらちゃん! えと、それじゃあマミさん、また!」

さやか「お邪魔しました!」

マミ「ええ。またね、みんな」



ほむら「鹿目さん、美樹さんと別れて暁美さんの部屋に戻ってきたぞ」

ほむら「今日はもう時間も遅いし、報告を済ませてだらだら過ごすか……」



ほむら「Zzzzzz....」



1.ほむら「今日は金曜日だ。頑張るぞ」
2.男「今日は土曜日だ。頑張るぞ」

↓2
443 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 18:03:12.77 ID:wCFzXLR8o
444 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/03(日) 18:03:18.96 ID:OG7roUcr0
445 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 18:03:20.34 ID:1eXIEvXho
2
446 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/03(日) 18:14:05.60 ID:a1w8RnRp0
男「……は。朝か」

男「ふう、今日は土曜日で学校は休みだったな。よし、校外での活動を頑張るぞ」

男「まずは腹ごしらえだ。何か食うものは……」

男(俺は冷蔵庫を覗いてみた)

男「……おい、何もないじゃないか」

男「くっ、暁美さんの仕業だな。電話で文句を言ってやる」

prrrrrrr prrrrrrr

ほむら『はい』

男「おい、食い物がないぞ」

ほむら『私の知った事じゃない』

プツッ ツーツー

男「……」


1.もう一回かける
2.外に買いにいく

↓2
447 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/03(日) 18:15:26.91 ID:OG7roUcr0

そしていつものキチガイ行動
448 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 18:15:27.96 ID:1eXIEvXho
1
449 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 18:16:25.06 ID:CglTZ+Tz0
いきなり三日後か
450 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/03(日) 18:30:38.02 ID:a1w8RnRp0
男「……」

prrrrrrr prrrrrrr

ほむら『はい』

男「おい、話の途中で切るな」

ほむら『貴方と話してると疲れるのよ……』

男「それこそ俺の知った事じゃない」

ほむら『……』

男「それより飯がないんだ。食ったのは暁美さんだろう?」

ほむら『食事くらい買いに行けばいいでしょう』

男「何故か金がないんだ……財布ごと無くなってる……」

ほむら『……ああ……』

ほむら『そういえば、貴方の財布を預かったままだったわ……』

男「なんだと? いつの間に盗んだんだ! この泥棒!」

ほむら『はぁ……届けに行ってあげるから、そこで大人しく待っていなさい』

プツッ ツーツー

男「……」




ピンポーン

男「おはよう」

ほむら「はい、財布。それじゃ」

男(暁美さんは即座に去ろうとしている)

男「待て!」

ほむら「……何?」

男「↓2」
451 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/03(日) 18:32:20.31 ID:a1w8RnRp0
しばらく離席します。安価下
452 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 18:32:24.23 ID:1eXIEvXho
一緒に飯でも食いに行こう
453 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/03(日) 22:32:32.43 ID:a1w8RnRp0
男「朝飯はもう食べたのか!!!」

ほむら「学校が休みの日は朝は食べないから」

男「何? それはいけないな!」

ほむら「別にいいでしょう。食べなくても行動に支障はないんだから」

男「食べた方がより精力的に動けるかもしれないだろう」

ほむら「……それは、そうかも知れないけれど」

男「よし、食べに行くぞ。先輩であるこの俺が二人の合計額の半分出してやる」

ほむら「……まあ、いいけど……」

男「よし、時間的に開いている店も限られているし↓2に行くぞ」


1.喫茶店
2.マクドナルド
3.吉野家
454 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/03(日) 22:33:05.46 ID:OG7roUcr0
455 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 22:34:28.13 ID:CglTZ+Tz0
1
456 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/03(日) 22:54:43.70 ID:a1w8RnRp0
男「近くの喫茶店に行こう。軽く食事をするのにちょうどいいモーニングセットがあるぞ」



男「着いたな。すみません、モーニングセット二つ」

「はい。コーヒーはホットでよろしいですか?」

男「はい」

「ゆで卵にトーストのAセットとホットドッグのBセットがございます。どちらもサラダがつきますが」

男「じゃあ俺はBで。暁美さんは?」

ほむら「私はA」

男「……え、何? 聞きとれなかった」

ほむら「私は、A」

男「んん? すまん、よく聞こえなかった。もう一度……」

ほむら「だから、私はA」

男「自己紹介ご苦労さん」

ほむら「?」

ほむら「……!!」ゲシッ

男「痛い。蹴るな」

「AとBをお一つずつ。コーヒーはホットですね。かしこまりました」
457 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/03(日) 22:58:37.51 ID:a1w8RnRp0
男「ふう、暁美さん新聞見るか?」

ほむら「いらないわ。もう何度も見たもの」

男「それもそうか……」

男(俺一人だけ読んでるのもなんだしな……)

男(ここはひとつ、暁美さんの事をもっとよく知るために何か質問でも投げかけてみるか」

男「暁美さん」

ほむら「何?」

男「↓2」
458 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 23:01:27.04 ID:zPfg4eaAO
俺の体で鹿目さんとセックスできるとしたらどうする?
459 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 23:01:59.43 ID:1eXIEvXho
460 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 23:02:03.96 ID:CglTZ+Tz0
461 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 23:02:40.72 ID:wAjD1SXG0
たいやきは、腹から食べる派?

それとも、皮とあんを別々に食べる派?
462 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 23:02:50.23 ID:NJ/UbDJ3o
これはほむほむ揺らぐだろwwww
463 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 23:12:25.58 ID:6MCOn3WDO
このほむら別に変態ほむらってワケじゃないだろwwww
464 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 23:14:23.16 ID:CglTZ+Tz0
そういえば裏サイトでチャットしてたよな
465 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 23:16:46.58 ID:aUfWl6xRo
            (^)(^) ヾヽ   よっしゃ!!!
            彡  とノ│    レズやんけ!!
            /⌒  ⌒ /
           (__⌒つ /
            ノ  /
            (   ヽ
   (´・ω・`)∩ノンケ/ 人 )
   (⊃   )   //, /
    `u-u'    し' ヽつ

安価下
466 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 23:17:26.64 ID:6MCOn3WDO
あれ…そういえばそうだった…
ずいぶん長いこと裏サイト関連の話なかったから忘れてたわ
467 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 23:17:49.14 ID:NLyH56wEo
まどかルートじゃほむまどのエロゲやったりまどかの下僕?になってたし十分変態
468 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/03(日) 23:31:34.04 ID:a1w8RnRp0
「お待たせしました。お先にコーヒーをどうぞ」

男(テーブルにコーヒーが置かれた)

男「もしも……もしもだぞ……」

ほむら「……」

ズズ……

男(暁美さんはコーヒーをすすりながら、俺の次の言葉を待っているようだ……)

男「……もしもだな……」

ほむら「何? 早く言って」

ズズ……

男「もしも俺の身体で鹿目さんとセックスできるとしたらどうする?」

ほむら「ぶふっ」ビチャ

男「うわっ汚い」

ほむら「けほっ……あ、貴方、こんな店の中で、朝から……」

ほむら「信じられない。余りにも下品だわ……」

男「いや、でもせっかくこんな状態なんだし、今しか出来ないことってあるかと思って」

ほむら「遊んでるんじゃないのよ、私達は……!」

ほむら「それにまどかの気持ちだって……」

男「そうか……すまん。鹿目さんとの性交を賞品にすれば、暁美さんがもっと頑張れるんじゃないかと思ったんだが……」

男「悪かった。この話は無かったことに」

ほむら「当たり前でしょう。くだらないことを考えないで」

男「すまない、よかれと思っての事だったんだ」

男「今この時しか味わえない快感を暁美さんにプレゼントしたくてさ」

ほむら「……」

男「だって想像してみてもくれ。暁美さんの肉棒が鹿目さんの熱い熱い膣内に侵入して、締め付けてくる快感を得られるんだぞ」

男「しかも出し入れするたびに鹿目さんの襞が暁美さんのカリをこすってきて、快楽の絶頂に達した暁美さんはそのまま鹿目さんの中で……」

ほむら「も、もういいから黙りなさい!」

男「え、でも……」

ほむら「いらないから、そんなの……というか他のお客さんに聞かれると嫌だから、やめて」

男「そうか……でも、気が変わったらいつでも言ってくれ。尽力させてもらう」

ほむら「……」
469 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/03(日) 23:32:39.69 ID:a1w8RnRp0
今日はここまでにします。ありがとうございました。
470 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 23:32:45.91 ID:1eXIEvXho
471 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 23:35:16.00 ID:aUfWl6xRo
472 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 23:48:14.86 ID:OwHn1zb0o
473 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/04(月) 20:33:14.92 ID:IIbDut+Xo


実はけっこう考えてそうだなww
474 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/04(月) 23:00:55.47 ID:K17DAqX1O

おもしれー
475 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/05(火) 18:25:50.99 ID:oIuLCnFc0

安定の面白さ
476 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/06(水) 20:34:55.61 ID:WxwH/tUb0
おい
477 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/07(木) 22:15:33.32 ID:IEj9uMQ30
男「ごちそうさん」

ほむら「ご馳走様」

男「それじゃあ出るか」

ほむら「ええ」



「お会計700円です」

男「↓2」


1.財布を忘れたので貸しておいてくれ
2.ここは暁美さんが出してくれ
3.ここは俺に出させてくれ
4.一人350円ずつだな
478 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/07(木) 22:16:08.33 ID:yG2fVaFSO
479 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/07(木) 22:17:06.27 ID:NoBcCF+uo
480 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/07(木) 22:19:43.93 ID:IwjBkF9L0
ワロタ
481 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/07(木) 22:37:47.93 ID:IEj9uMQ30
男「ここは暁美さんが出しておいてくれ」

ほむら「……? どうして私が……」

男「俺達はいまや運命共同体だ。お互いの目的を果たすためにも、信頼関係を築いておくにこしたことはないだろ?」

男「そこでだ。社会で活躍してる親戚からきいた話によると、親睦を深めるには交代でおごりあって何度も食事するのがちょうどいいらしいんだ」

ほむら「……」

男「ここで半分ずつ出したら、その……次に暁美さんを誘う口実が出来ないじゃないか……?」

男「だから、ここは暁美さんが払っておいてくれないか」

ほむら「別にそんなことしなくても、時間が合えば食事くらい……」

男「そういわずに頼む。恥ずかしい話だが、こうでもしないと次に暁美さんを上手く誘えるかどうか不安で……」

ほむら「……」

男「頼む」

ほむら「……それじゃあ、次の機会には先輩が私の分まで払ってくれるということなのね?」

男「↓2」


1.その通りだ
2.どんな高いものでもいいぞ
3.いや、次は次だから……。
482 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/07(木) 22:39:07.36 ID:vDT9KSMEo
483 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/07(木) 22:39:08.65 ID:1xQen0c2o
1
484 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/07(木) 22:48:21.28 ID:IEj9uMQ30
男「その通りだ。暁美さんは賢いな」

ほむら「馬鹿にしているように聞こえるわ」

男「よし、話は決まったようだな。それじゃあ早く支払いを済ませよう。店員さんが待ってるぞ」

「いえいえ」

ほむら「あ、すみません……」



男「ふう、食事も済んだし今日も頑張るか」

ほむら「それじゃあ、私はやることがあるからこれで」

男「おう、気張れよ」

ほむら「そっちも頑張って」



男「さて、フリーになったしこれからどうしよう?」

↓2
485 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/07(木) 22:49:24.01 ID:yG2fVaFSO
kskst
486 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/07(木) 22:50:12.38 ID:vDT9KSMEo
鹿目さんに会いに行こう
487 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/07(木) 23:08:12.65 ID:IEj9uMQ30
男「鹿目さんに会いに行こう」

男「俺は今、鹿目さんに会いたくてたまらないぞ。早く会ってエロい事がしたい……」

男「よし、鹿目さんの家に行こう」



男「鹿目さんの家の近くまで来たぞ。さて、どうやって接触しよう」

男「とりあえず家の周りからばれないように中の様子を覗き見してみるか」

男「……ん? あれは……」


ほむら「……」コソコソ


男「……そうか、暁美さんも鹿目さんの様子を見に来ていたんだな。声をかけてみよう」

男「おい、お前!!!」

ほむら「ひっ!?」

男「貴様〜! 人の家をこそこそと覗き見するとは変態そのものだな!」

ほむら「せ、先輩?」

ほむら「……お、脅かさないで!」

男「逆ギレとはみっともないな」

ほむら「……!!」グリグリ

男(怒った暁美さんが俺の足をぐりぐりと踏みつけてきた)

男「い、痛い! やめろ!」

ほむら「まどかの様子を見るのは私が担当するから、貴方は貴方の仕事をして!」

男「わ、わかった……」



男「くそっ、追い払われてしまった……」

男「次はどうしよう」

↓2
488 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/07(木) 23:09:12.88 ID:NoBcCF+uo
通報
489 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/07(木) 23:10:56.35 ID:IwjBkF9L0
巴宅へ
490 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/07(木) 23:35:16.96 ID:IEj9uMQ30
男「マミさんの家に行こう」

男「一昨日電話でアイドルになることを聞いてから一度も連絡とってないからな。多分忙しいんだろうが……」

男「今の時間ならきっとまだ自宅にいるはずだ。鹿目さんに会えなくて寂しい俺の心を癒してくれるのはマミさんしかいない」



男「着いたぞ」ピンポーン

男「……」

マミ『はい』

男「俺だ。開けてくれ巴さん!」

マミ『男君? ちょっと待ってね』

パタパタパタパタ

ガチャ

マミ「おはよう。どうしたの、こんな時間に」

男「……」

男「↓2」


1.巴さんに会いたくって……
2.どうしたのじゃねえだろ、連絡も寄越さず何遊んでるんだ?
3.飯でも食いにいかないか?
491 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/07(木) 23:35:45.22 ID:IEj9uMQ30
今日はこれだけです。安価下
492 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/07(木) 23:35:57.68 ID:mTAIeTKX0
493 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/08(金) 00:03:46.96 ID:JyJCzeVm0
494 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/08(金) 00:22:46.83 ID:CS6o0ybf0

ほむほむもマミさんも可愛いわー
495 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/08(金) 09:33:46.50 ID:xe+tdrbAO
さて男はマミさんに何をするのやら
496 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/08(金) 09:39:30.57 ID:qYz+CWeIo
マミさんが絡んでくるとゲームオーバーになる確率が跳ね上がるからなあ
497 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/08(金) 13:13:57.06 ID:N82VwFt8O
初期男と比べてずいぶん丸くなったなw
498 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/08(金) 17:32:42.65 ID:2u/FHS760
初期より今の方がいいな
499 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/08(金) 18:40:16.67 ID:/lrgskvGO
初期がいいなやっぱり
男らしい
500 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/08(金) 20:29:00.66 ID:qQhlAdya0
初期ってどこら辺のところを指すんだろうね……
501 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/08(金) 20:47:29.02 ID:SSy7mdjpo
織莉子の死体を死姦してた頃じゃね
502 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/08(金) 21:04:56.43 ID:lRFTng8jo
メントスコーラ辺りじゃね
503 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/08(金) 21:54:20.82 ID:S0wpOA95o
いきなり自殺未遂を働いた上に関係ない他人をはらませたとか言い出し、呼び出しをシカト
その上問い詰めてきた後輩に腹パンかまそうとして返り討ちにあい、その後いきなり迷惑かけた相手に告白したあたりか
504 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 08:20:11.48 ID:aCL1ozjAO
マミルートでは挿入せずスマタレイプしてたな
505 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 11:15:43.43 ID:pmf9AF1mo
読み直してみたら初期の男マジキチだったwwww
だんだん慣れてきたせいでわからなかったぜ…
506 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/09(土) 12:17:45.27 ID:GVCL3KMG0
裏サイトはどうなってるんだ
507 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 19:43:33.67 ID:GVCL3KMG0
男は出来ると思い込めば何でも出来る能力だったか?滅茶苦茶だな
508 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 21:49:20.21 ID:izCrBOXWo
でも常人よりちょいすごい程度だし
キュゥべえはそれでも見えないし
509 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/09(土) 21:51:26.39 ID:6Ndw7KkQ0
男「巴さんに会いたくって……。学校にも来ないし、忙しくなるとは聞いていたけど、どうしても我慢出来なくなって来てしまったんだ……」

マミ「あ……」

マミ「ご、ごめんなさい。昨日一昨日とレッスンに夢中になっていて、他の事が考えられなくて」

男「そうか、俺の事なんて完全に忘れてたってわけだな……」

マミ「う……」

マミ「あ、そ、そうだわ。ちょっと上がっていかない? お菓子もあるし」

男「……ああ、いただこうかな……」



マミ「お待たせ。何もない部屋だけどゆっくりしていってね」

男「ありがとう」

ズズ……

男「あーうまい……巴さんに会えなくて傷ついた俺の心が癒されるようだ……」

マミ「そ、そう? それならよかったわ」

男「ところで巴さん、レッスンってどんな事するんだ?」

マミ「え? うーん……レッスンって言っても、まだ私は入ったばかりだから大した事はしていないの」

マミ「最初にしたのは、まずは基礎体力作りってことで走り込みだったし」

男「そうなのか……そんなの魔法少女である巴さんにとっては無意味だろうし、面倒なだけだっただろ?」

マミ「……ううん、そんなことないわ」

マミ「私、アイドル活動で魔法は一切使わないって決めたから」

男「なんだって?」
510 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/09(土) 22:17:39.04 ID:6Ndw7KkQ0
マミ「暁美さんに言われたの。魔法なんて、努力もせずに突然得た力に過ぎないって」

マミ「そんなものを使って人より優位に立とうとするなんて卑怯なんじゃないかって」

男「なに、暁美さんがそんなことを? それは巴さんに対して失礼だろ……許せん……」

マミ「いいの。確かに私としては、ただもらっただけの力じゃない、相応の対価を支払ってるって言い返したい部分もあるけど……」

マミ「魔法の存在を知らない人からすれば、そんなのは知った事じゃないもの。確かにズルだって思われても仕方ないと思う」

男「……」

マミ「魔法少女として生まれ変わってから、私は務めを果たす事だけを考えて生きてきたわ」

マミ「だけど……契約の本当の意味を知って、私は生きる道しるべを失ってしまった」

マミ「そんな時に暁美さんに言われて気づいたの。魔法少女だからって必ず魔法を使う必要はない。無理してでも普通の人間として生きていくことだって出来るんじゃないかって」

マミ「暁美さんのおかげで、もう一度自分の生き方を見直してみようかなって考えられるようになったのよ」

男「巴さん……」

マミ「……あ、もちろんグリーフシードはちゃんと手に入れないといけないから、魔女退治はちゃんとするわよ?」

男「ああ、そうだな」

男「楽に考えていこう。生活習慣の見直しみたいなものだ」

マミ「ふふふ……そうね、確かにそんな感じかもしれない」

男「それに……」

マミ「わかってるわ」

マミ「疲れた時には頼ってくれ……だったわよね? ちゃんと覚えてる」

マミ「男君の事も頼りにしているわ」

男「……」


1.ああ、その時は任せろ!
2.俺に出来る事なんて限られているだろうけどな……。
3.肉棒をしゃぶらせる
511 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/09(土) 22:18:35.79 ID:aJX8bivi0
512 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 22:18:52.52 ID:GVCL3KMG0
513 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/09(土) 22:31:43.27 ID:6Ndw7KkQ0
男「まあ、俺に出来ることなんて限られているだろうけどな……」

男「それでも巴さんにの役に立てるなら、出来る事はなんでもさせてもらうつもりだ。なんと言っても俺は巴さんの彼氏だからな」

マミ「ありがとう。……本当に嬉しいな」

男「今日はこの後暇か?」

マミ「あ……ごめんなさい。今日も午前からレッスンがあるの」

男「そうか……遊びにでも行こうと思ったけど残念だ」

マミ「ごめんね。時間が取れたらきっと……」

男「ああ、楽しみにしてる」

男「それじゃあ、今日のところはもう帰ろうかな。出かける準備もあるだろうし」

マミ「あ、うん……」

マミ「男君、今日は来てくれてありがとう。私、もっとがんばれる気がする」

男「おう、頑張れ!」

男(俺はマミさんの部屋を後にした)



男「さて、次はどうしよう?」


1.見滝原をうろつく
2.風見野をうろつく

↓2
514 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 22:32:42.11 ID:cK4Q3At/0
2
515 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 22:33:22.34 ID:8pXa+svzo
516 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/09(土) 22:45:09.61 ID:6Ndw7KkQ0
男「風見野にいくか」

男「杏子ちゃんを仲間にしないといけないしな。学校が休みの日に行っておくべきだろ」



男「風見野についたぞ。さて、杏子ちゃんはどこかな?」

男「色々歩き回って探してみるか」

男(俺は風見野の街を歩いた)

男「……ん? あそこのおもちゃ屋にいるのは……」



「おい、見ろよこいつのミニ四駆! 古くせー!」

「いつの時代のだよ、バッカじゃねーの! そんなの今時通用しねーよ!」

ゆま「う、ううー……!! やめてよ、古くないもん!!」



男「……」


1.大変だ、助けに入らないと!
2.関係ないので立ち去る。早く杏子ちゃんを探そう。

↓2
517 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 22:47:59.51 ID:bryMaBSAo
518 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 22:48:01.71 ID:A1ErxW3do
1
519 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 22:48:02.44 ID:vvI6WNtAO
520 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/09(土) 22:57:26.26 ID:6Ndw7KkQ0
男「大変だ、助けに入らないと!」

ダダダダッ

男「おい、そこのガキ!」

ガキ「あ? なんだよてめー」

がき「関係ないだろ、どっか行けよ!」

男「いじめはやめろ、見苦しいんだよ」

男「見苦しいって意味わかるか? お前らの行動は視界に入るだけで気持ち悪くなるんだ。よって俺も被害者なので関係なくない」

ガキ「は? 意味わかんねー。いじめてねーし、本当の事言っただけだし」

男「君、そのミニ四駆見せてみろ」

ゆま「え? う、うん……」

男(ゆまちゃんからミニ四駆が手渡された)

男「ふむ……」

ゆま「あのね、それ、大事なミニ四駆なの。パパが小さい時にずっと使ってたって。すっごく速いんだよ、ずっと前にパパが自慢してた」

ガキ「昔の話だろ!」

がき「今では全然速くねーよ、バーカ!」

男「黙りなっ!!!!」

ガキ「!」

がき「!」
521 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:01:56.14 ID:GkCyxjJDO
なんだこの男、まるで好青年かのようじゃないか…
安価下
522 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:03:14.92 ID:cK4Q3At/0
大丈夫だ、これはマジキチ行動の前の静けさだよ
523 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/09(土) 23:08:28.13 ID:6Ndw7KkQ0
男「このマシンが速くないだと? お前らの目はとんだ節穴だな」

がき「なんだって!」

男「このマシンはお前らのゴミ四駆よりよっぽど速いぞ。持ち主の愛情が込められているからな」

ガキ「こいつ、ふざけんなよ! 俺らのマシンがそんな古いのに負けるわけないだろ!」

男「ほう……だったら試してみるか?」

ガキ「当たり前だ! 絶対勝って泣かせてやるからな!!」

男「ふっ、バカなガキどもだ。君、このマシンちょっと借りるぞ」

ゆま「え……で、でも……」

男「大丈夫だ。君のお父さんの相棒は絶対にあんな奴らに負けたりはしない。少しだけ俺にこいつを任せてくれ」

ゆま「……う、うん! がんばって、おにーちゃん!」

男「ああ!」

男(俺達は店内に設置されたミニ四駆用のコースに移動した)



男「よし、じゃあ勝負は3台で走って最初に3周した奴が勝ち、で文句ないな」

がき「おお!」

ガキ「見てろよ、てめー!」

男「それじゃあシグナルON……」

ピッ……ピッ……

男「スタート!!」
524 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:10:18.57 ID:GVCL3KMG0
思い込んだら何でも現実になる能力があるからな
525 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:14:07.60 ID:cK4Q3At/0
ガキの四駆ぶっ壊すんじゃね?
マジキチ行動的に考えて
526 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/09(土) 23:19:25.12 ID:6Ndw7KkQ0
ギィィィィィィィィ……!!

がき「へへ……どうした、もうすぐ周回遅れだぜ」ニヤニヤ

ガキ「なんだよ、やっぱり口だけかよ!」ニヤニヤ

男(くっ、やはり最新のマシンなだけあって速いな……)

男(というか俺はなんでこんな無謀な勝負を挑んでしまったんだ……? こんなもん勝てるわけないじゃないか……走り出したら技術介入の要素もないし……)

ガキ「よし、もうすぐ3周終わりだ!」

がき「くーっ、また2位かぁ!? ガキには全然勝てないぜ!」

男「おらぁ!!」パシッ

ガキ「!?」

がき「!?」

男(俺はガキのマシンをコースから拾い上げ……)

バキッ グシャ

男(その場で床に叩きつけ、踏み壊した)

ガキ「なああーーーーーっ」

男「おらっ!」パシッ

バキッ グシャ

がき「ぎゃあああああああーーーーっ」

男(続いてがきのマシンも拾い上げ、同じように踏み壊す)

ギィィィィィィィ……

男(そうこうしている間の遅れてきたゆまちゃんのマシンがゴールにたどり着いた……)

男「ゴール……俺達の勝ちだ」
527 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:20:18.96 ID:bryMaBSAo
やりやがったwwwwww
528 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:21:03.25 ID:cK4Q3At/0
安定のキチガイwwwwwwww
529 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:24:24.72 ID:gxIpdM940
俺達の勝ちだ、じゃねーだろwwwwww
530 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:27:32.61 ID:pmf9AF1mo
ワロタwwwwwwww
531 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/09(土) 23:27:39.86 ID:6Ndw7KkQ0
ガキ「うわーーーん! 俺のマグナムがーーー!」

がき「ソニックーーー!! うあーーーーん!」

男「よかったな、パパのミニ四駆が勝って」

ぽんぽん

ゆま「……えー……」

男「じゃあ俺はこれで」



男「ふう、思わぬ寄り道をしてしまったな」

男「気を取り直して杏子ちゃんを探そう」

「ちょっと待ちなさいよ!」

男「ん?」

さやか「あんた、あたしの従兄弟になんてことするのさ……!」

さやか「いきなり人の物壊すなんておかしいんじゃないの!?」

男「↓2」
532 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:27:58.69 ID:ItJgtGcAO
これこそ男だ…!俺達の男だ…!
533 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:28:10.53 ID:izCrBOXWo
さすが男ゲスい
534 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:28:21.86 ID:A1ErxW3do
虐められる側の気持ちを教えてやったのさ
535 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:28:38.98 ID:GVCL3KMG0
536 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/09(土) 23:28:40.52 ID:6Ndw7KkQ0
今日はここまでです。ありがとうございました、安価下
537 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:28:49.58 ID:izCrBOXWo
下でオネシャス!
538 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:28:50.45 ID:A1ErxW3do
539 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:29:23.17 ID:pmf9AF1mo

うぜーガキだと思ったらさやかの従兄弟とかワロタ
540 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:29:50.46 ID:cK4Q3At/0
じゃあ、あの子を虐めていたガキどもには何ら非がないと?
541 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:31:10.07 ID:GVCL3KMG0
542 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 23:51:19.84 ID:izCrBOXWo
543 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 08:45:18.38 ID:DFQxOKVBo


クソガキはさやかの従兄弟かよwwwwww
どの時間軸でも男と青は仲良くなれない運命か
544 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/10(日) 19:22:39.41 ID:CP8L+HWT0
男「いじめられる側の気持ちを教えてやったのさ」

さやか「いじめ? あの子達が?」

男「ああ。あのガキ共が女の子を叩いて喜んでいたから放っておけなくてな」

さやか「……嘘、そんな……」

男「聞けば、女の子の持っていたミニ四駆が古い物だったから叩いたんだとか?」

男「強い道具を持って自分が強くなったと勘違いしたんだろうな。滑稽だぜ」

男「女の子の持っていたミニ四駆だって、彼女にとっては父親の形見の大事な物だったのにな」

さやか「……!」

男「家族の思い出を一方的に蹂躙されてるのを見て黙っていられるほど俺は大人じゃない」

男「俺を警察に突き出すか? 好きにしろ。俺は間違った事はしていないし、それで罰を受けても後悔なんてあるわけない」

さやか「……」

さやか「ちょっとここで待ってて……あの子達にそれが本当かどうか確かめてくるから……」

さやか「あんたの言ってる事が確かなら、あの子達から女の子に謝らせないと。それにあんたにもちゃんと謝らせてほしい……」

男「ああ。俺は逃げも隠れもしないぜ」

さやか「……」タッタッタ

男(美樹さんはゆまちゃん達のいるおもちゃ屋に向かって行った)

男「さて、杏子ちゃんを探しにいくか」
545 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 19:24:14.15 ID:MbdoFesU0
待たないのかよ
546 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/10(日) 19:24:49.66 ID:CP8L+HWT0
男「杏子ちゃんはどこにいるんだろう?」

男「暁美さんの話を参考にするなら、とりあえず↓2だな」


1.ゲームセンター
2.杏子ちゃんの教会
547 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 19:25:12.73 ID:9PpLmYI5o
さやかちゃんちょろい
壊したのは事実なのに
548 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 19:25:41.05 ID:rNJsRSYo0
549 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 19:43:32.69 ID:w8DxwRYA0
筋が通ってるようで全く通ってないのが男らしい
550 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/10(日) 19:45:43.45 ID:dcjm2C+t0
球磨川と合わせたらおもしろそうだwwwww
551 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/10(日) 19:46:39.19 ID:CP8L+HWT0
男「ゲームセンターに着いたぞ」

男「杏子ちゃんはどこだ?」キョロキョロ

男「うーむ、いないな……他を探すか」

男「……ん? メダルが落ちてるな。3枚も。清掃が行き届いてないんじゃないか、まったく……」

チャリンチャリンチャリン

男(俺はメダルを拾うと、近くにあるスロットマシンに投入してマシンを回した)

ポチポチポチ

男「……」

男(7が9個揃った……)

ジャラジャラジャラジャラジャラ……

男「…………」









男「はっ、もう昼過ぎか……」

男「うーむ、大型メダルプッシャーに移動して箱3つ分にまでメダルが増えてしまったぞ」

男「なんだか俺一人だけが出してるみたいで申し訳ないな。隣の女の子とかずっと飲まれっぱなしじゃないか」



杏子「チッ……んだよ、やっぱり全然面白くないじゃん……」



男「ん? よく見ると杏子ちゃんじゃないか!!!???」

杏子「うわっ!」

ドテッ

杏子「……いってー……」

男(俺の大声に驚いたのか、杏子ちゃんは椅子から転げ落ちて尻餅をついてしまった)

男「↓2」
552 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/10(日) 19:47:44.80 ID:dcjm2C+t0
大丈夫か?これいるかい?つメダルが入った箱一つ
553 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 19:50:40.31 ID:MbdoFesU0
大丈夫か?って君は杏子ちゃんじゃないか、久しぶり!
554 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 19:51:08.62 ID:pG4MehcAO
隙あり! まんこゲット!
555 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 20:03:55.88 ID:BI/YeIE7o
滲み出る白々しさ
556 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/10(日) 20:52:48.98 ID:CP8L+HWT0
男「大丈夫か? って君は杏子ちゃんじゃないか、久しぶり!」

杏子「……はぁ?」

男(杏子ちゃんは尻の埃を払いながら俺を睨みつけてきた)

男「俺だよ。ほら、従兄弟の男。懐かしいなあ……」

杏子「知らねーよ。見たことも聞いたこともないし」

男「そうか、まだお互い小さかったもんな……でも俺はすぐに君が杏子ちゃんだとわかったぞ……」

杏子「ふーん」

男「あ、メダルいるか? わけてやるよ」

杏子「いらない。タダより高い物はないってな」

男「そう言わずに受け取ってくれ。一人じゃ使い切れそうにないし……助けると思って……」

杏子「いらないって言ってるじゃん」

杏子「つーかそれくらいすぐに無くなるだろ? アタシはさっきから……っと……」

男「……なんだ、飲まれっぱなしなのか?」

杏子「……うぜえ」

男「プッ。ムキになった挙句負けるなんてゲームがヘタクソなんだな、杏子ちゃんは。まあ女の子らしくてかわいいが」

杏子「はぁ!? ふざけんじゃねえ! こんなのアンタが景気良く出してたから面白いのかなって思って試しにちょっとやってみただけだ!」

杏子「本当はこんなゲーム、全然興味ねーんだよ!」

男「全然興味ないならやるなよwwwww顔真っ赤だぞwwww」

杏子「てめー、いい加減にしろよ! うぜえんだよ!」バキッ

男「ぐあっ!」ドテッ
557 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 21:10:45.41 ID:w8DxwRYA0
低姿勢からの煽り、さすが男さんですわ
558 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/10(日) 21:16:52.80 ID:CP8L+HWT0
男「いてて……ふ、ふん。ゲームが下手くそで勝てないから暴力に訴えてきたか……」

杏子「まだ言うのかよ。立て、もう一回ぶん殴ってやるから」

男「へへ……殴って気が晴れるんですかねえ、それならどうぞどうぞ」

杏子「こんなゲームで負けたからってどうとも思わないけど、アンタのそのニヤケ面が気にくわねえ……」

男「へー、じゃあどんなゲームで負かしたら杏子ちゃんの泣き顔が見られるのかな?wなんなら勝負してあげようかw」

杏子「……へっ」

杏子「その言葉を待ってたんだ。来い」



男(俺達は店の前に設置されたダンスゲームの前に移動した)

杏子「これだ。このゲームで勝負しろ」

男「ふむ……」

杏子「アタシが勝ったらこの場で土下座して、さっきアタシを馬鹿にした事を謝ってもらうからな」

男「いいぞ、俺も音ゲーは得意だからな」

男「その代わり俺が勝ったら俺の言う事をなんでも一つ聞いてもらう」

杏子「上等じゃん。一つと言わずいくつでも聞いてやるよ」

杏子「アタシはこのゲームをやりつくしてるんだ。一つのミスだってあり得ないね」

男「ふふ……」
559 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 21:19:05.89 ID:rNJsRSYo0
杏子いかんぞ
そいつには強く思えば何でも実現してしまう能力が
560 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/10(日) 21:38:34.47 ID:CP8L+HWT0
男(俺と杏子ちゃんのダンスバトルは熾烈をきわめた)

男(俺もミスはしないが杏子ちゃんも全くミスをしない。始めは引き分けに苛立っていた様子の杏子ちゃんだったが、一つのミスで勝負が決まる状況であることを認め、今ではゲームへ全意識を集中させていた)

男「くっ……」

杏子「……」

タタタタタタタッ タタッ タンッ

男(思ったよりもやるな、杏子ちゃん。やり尽くしているというのはハッタリではなかったか……)

男(このまま勝負が続けば……恐らく先にミスをするのは俺の方だ)

男(杏子ちゃんはおそらく体力を補助する魔法を使っている。勝負ももう最高難度の物のみを選び続けて10曲目だというのに、汗をかくどころか息切れすらしていないのが証拠だ)

男(どうする……?)

男(どう……)

男「……ん?」

男「なんだ? ゲームの画面が止まったぞ」

男「故障か? おい、どうする杏子ちゃ……」



杏子「」



男「……」

男(杏子ちゃんが片足をあげて半目になったまま止まってる……)

男「おらっ」ドンッ

杏子「」ドテッ
561 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 21:44:41.81 ID:wST2uvAe0
何故突き飛ばすww
ほむほむか?
562 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 21:45:30.44 ID:BI/YeIE7o
新手のスタンド攻撃かっ!
563 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/10(日) 21:49:33.81 ID:CP8L+HWT0
男「よし、俺の勝ちだ!」

男「……」

男「どうしよう、ゲームが止まったままだ」

男「というか周りの人間が全員止まってるんだが……気持ちわる」

男「……」

男「待っててもしょうがないし帰るか。 ん、あれは……」



ほむら「……」タッタッタ



男「おーーーーい、暁美さん!」

ほむら「!?」

男「丁度よかった。杏子ちゃんと遊んでたんだが、いきなり杏子ちゃんが死んだように止まって困ってたんだ」

男「どうすればいいんだ」

ほむら「……というより……」

ほむら「どうして先輩は動けるの。時間を止めているのに……」

男「何、時間を?」

ほむら「……今はいいわ。後で話しましょう。急ぎの用事があるから私はこれで」

男「……」


1.着いていく
2.見送る

↓2
564 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 21:50:40.23 ID:w8DxwRYA0
2
565 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 21:50:43.76 ID:/auR7T2jo
2
566 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 21:54:21.01 ID:/auR7T2jo
前回はほむらの邪魔して失敗したんだっけか
567 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 21:55:09.52 ID:dyquNxSIo
やめて…!杏子ちゃんにイタズラするつもりなんでしょう!エロ同人みたいに!
568 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 21:58:37.66 ID:MbdoFesU0
前回っていつの事だっけ
569 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/10(日) 22:02:05.92 ID:CP8L+HWT0
男「ああ、うん。なんか知らんが頑張れ」

ほむら「……」ファサァ

男(暁美さんはファサァしながら去っていった)

男「うーむ、暁美さんの魔法のせいなのか?」

男「魔法が解けたら杏子ちゃんも元に戻るかな? よし……」




男「何食わぬ顔で時間が戻ったらゲームを再開しよう」

男「と思ってる間に戻った! とっ、はっ!」

杏子「−−−なっ……?」

男「よし、パーフェクト! 俺の勝ちだーーーーーーやったーーーーーーー!!!」

杏子「え?」

男(杏子ちゃんは地面に倒れたまま、何が起こったのかわからないといった表情で俺を見上げている)
570 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:04:40.50 ID:/auR7T2jo
>>568
さやかルート。男のせいで救助が間に合わなかった
571 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:09:21.25 ID:JsC7Y1lRo
>>570
さやかルー……ト…?
おかしいな魔女ルートなら知ってるんだが……
572 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:11:24.48 ID:k3wrQFkIo
さやかルートは非常識な行動もこのスレでは必要だが
時にはまともな行動も必要だと言うことを学べた
ようはメリハリだね
573 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:12:36.61 ID:BI/YeIE7o
バージニア√は悪くなかった
惜しむらくはオクタが取られたことかな
574 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:14:20.94 ID:pXthYmADO
今はふざけてる時じゃないメリハリを持って行動しよう→マミ魔女化
肉棒加えろオラァ→回避

安価下
575 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:15:15.43 ID:MbdoFesU0
ハッピーエンドじゃないと
576 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:16:13.84 ID:BI/YeIE7o
マジレスするとさやかルートは誰も攻略する気がなくて
ふざけてただけだと思うわ
577 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/10(日) 22:17:32.05 ID:CP8L+HWT0
男「ふう、俺の勝ちだな」

杏子「え……ちょ、ちょっと待って。なんでアタシ、地面に……」

男「ふむ、恐らく疲労で足がもつれたか何かだろうな」

男「まあ、杏子ちゃんはよく頑張ったよ。俺には及ばなかったようだが……」

杏子「あ、あり得ねー! 何かの間違いだろ、絶対おかしいって!」

杏子「やり直しさせろよ! 次は絶対に」

男「決闘を侮辱するんじゃねえーーーーーっ!!!!」

杏子「!!」ビクッ

男「なんだよ、やり直しって! 真剣勝負にそんなもんあるわけないだろ!?」

男「幻滅したぜ杏子ちゃん……! 俺にここまで着いてこられた奴は、今まで他にはいなかったのに!」

男「女だてらに大した子だって、ようやくライバルに巡り合えたって思えたのによぉ!?」

男「化けの皮が剥がれたら、みっともなく負けを認めない子供だったってか!? この卑怯者がぁ、恥を知れよ!!」

杏子「な……卑怯者って……!」

男「ちっ、もういい。俺は杏子ちゃんにはもう完全に興味が失せた。どうせ約束も反故にする気なんだろう? 勝手にしろ」

男「俺は杏子ちゃんに使う時間がもったいないからもう行くぜ。じゃあな……」

男(俺は杏子ちゃんに背を向けて歩き出した)

杏子「……っ」

杏子「ま、待てよ……」

男「……」スタスタ

杏子「悪かったよ、どうかしてた……勝負はアタシの負けだ……」
578 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:18:44.44 ID:pXthYmADO
チョロすぎワロタ
安価下
579 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:22:29.65 ID:pG4MehcAO
マミさんに対してはとにかく干渉しないといけないんじゃないか?
声をかけずに待ってたから魔女になったと
580 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/10(日) 22:25:06.83 ID:CP8L+HWT0
男「……」ピタッ

男「そうか、負けを認めてくれるんだな。……ありがとう、どうやら俺はライバルを失わずに済んだようだ」

杏子「……」

男「なんでも言う事を聞いてくれる約束だったな? よし、ここじゃなんだからどこかに移動しようか」

男「↓2に行こう」
581 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:27:42.95 ID:BI/YeIE7o
俺の家
582 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:27:47.77 ID:pG4MehcAO
ラブホテル
583 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:27:52.97 ID:k3wrQFkIo
ラーメン屋
584 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:29:46.61 ID:/auR7T2jo
ラブホテルなんかに行ってどうするんだ
ヤるなら暁美さんの家だろう
585 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:31:26.28 ID:9PpLmYI5o
え?ラブホテルってほむホームのことだろ?
586 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:31:31.90 ID:BI/YeIE7o
ラブホテルなら他人に話聞かれないし(震え声)
587 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/10(日) 22:34:52.95 ID:CP8L+HWT0
男「ふふふへへ……」ヌロォ

男(俺は舌なめずりをしながら、杏子ちゃんの身体をつま先から頭まで見回す)

杏子「……」

男「頂くよ、君の大事な物をね……」

杏子「っ……」

男(そして手を引いて、近くにあるラブホテルへと向かった)



係員「学生は利用出来ないので……」

男「あ、はい……すんませんでした……」



男「今のは冗談だ」

杏子「そうかよ……」

男「俺の家に行くぞ。他の人間には聞かれたくないからな」
588 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:38:53.99 ID:BI/YeIE7o
ですよねー
スマントズマwwwwww
589 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:50:11.30 ID:9P4i30ch0
でもおとなしくついて来る杏子wwwwww
かわいいですなww
590 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:51:29.85 ID:Yz3glN7jo
ワロタ
591 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 22:51:34.09 ID:jj9XmeB8o
ロッソッソwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
592 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/10(日) 23:02:44.97 ID:CP8L+HWT0
男「……というわけなんだ。で、杏子ちゃんにもワルプルギスの夜を倒すのに力を貸してほしい」

杏子「……」

杏子「嫌だね」

男「なんだと?」

杏子「先週も同じ事を頼まれたけどさ」

杏子「アンタ、ほむほむの仲間か?」

男「ブフッ!」

杏子「あ?」

男(いかん、杏子ちゃんが真剣な顔でほむほむとか言い出したので思わず吹き出してしまった……)

男「あ、ああ。ほむほむは仲間なんだ……フヒッ!」

杏子「何がおかしいんだよ」

男「いや、全然おかしくない」

杏子「……とにかく、ワルプルギスの夜と戦うなんて話なら断固お断りだ。遊びの延長戦で命賭けられるかよ」

杏子「強制するっていうんならどこまででも逃げてやる。卑怯者でもなんでもかまわない。アタシは自分の命が惜しい」

男「……」

杏子「何か他の命令にしなよ。金でもテストの問題でもなんでも用意してやるよ」

男「↓2」


1.じゃあ金を……。
2.じゃあテストの問題を……。
3.じゃあ結婚しよう……。
593 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/10(日) 23:03:28.46 ID:dcjm2C+t0
594 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 23:03:35.16 ID:rNJsRSYo0
3
595 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 23:03:36.70 ID:/auR7T2jo
1
596 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 23:03:39.88 ID:jj9XmeB8o

597 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 23:07:08.08 ID:BI/YeIE7o
えんだあああああああああああああああああ
598 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 23:08:09.12 ID:jj9XmeB8o
イヤアアアアアアアアアァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァッァァッァァァァァァァ!!!!!!
599 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/10(日) 23:11:58.08 ID:dcjm2C+t0
平常運転の男
600 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 23:13:13.44 ID:9PpLmYI5o
これで3股か
601 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/10(日) 23:26:36.86 ID:CP8L+HWT0
男「じゃあ結婚しよう……」

杏子「は?」

男「……ずっと心配してたんだ。佐倉神父の一家があんなことになって、杏子ちゃんも行方不明になったって聞いて」

杏子「……」

男「小さい時にした約束を覚えているか?」

杏子「いや……さっきも言ったけど、全然覚えてない」

杏子「アンタの事だって全く。従兄弟なんてのも嘘だと思ってたし……」

男「まあ、本当に昔の話だ。覚えて無くてもしょうがない」

男「俺と杏子ちゃんはさ、大きくなったら結婚しようねって約束したことがあるんだ……」

杏子「な……」

杏子「従兄弟同士って結婚できないだろ……!?」

男「いや、出来る」

男「本当は遺伝の関係でよくないとは言われてるけど、俺って母親の連れ子だからそれも関係ないしな」

杏子「デタラメだろ……?」

男「いや、全部本当だ」

男(デタラメだ)

男「大きくなったらまた会おう。その約束だけを信じて、ずっと杏子ちゃんだけのことを思って生きてきた……」

男「今、行方不明になってた杏子ちゃんと再会出来て、もう我慢ならなくなったぞ」

男「杏子ちゃん。俺と結婚を前提に付き合ってくれ」

杏子「ふ、ふざけんじゃねー! 誰が今日会った奴なんかと……!」

男「だから今日初めて会ったわけじゃないんだ」

杏子「!」

男「……わかった、杏子ちゃんの気持ちも理解できる。いきなり言われても納得出来ないよな……」

杏子「当たり前だろ!」

男「俺も少し譲歩しないといけないよな。こういうのはどうだ……?」





男「というわけで、杏子ちゃんとしばらく同居することになった」

ほむら「そう」
602 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 23:28:09.87 ID:rNJsRSYo0
口八丁手八丁とはこのことかwwwwwwww
603 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 23:30:55.66 ID:k3wrQFkIo
流石男だ
落す気に全力になれば口と恐るべき行動力で物にしちまうな
604 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 23:34:16.19 ID:wST2uvAe0
ほむほむ
605 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/10(日) 23:39:13.70 ID:CP8L+HWT0
男「隙を見て妊娠させようと思うんだが……」

ほむら「そうなったら杏子の自業自得よ。私には関係ないわ」

男「……」

ほむら「それで、時間停止の件だけど。今から検証するから少し付き合って」

男「わかった」

・・・・・

・・・



男「ふむ……」

ほむら「……どうやら、時間停止中でも先輩だけは動けるみたいね」

男「加えて、暁美さんが時間停止中の他人に触るとその人間が動き出すのに対して……」

ほむら「先輩の場合は他人に触っても、その人間の時間は止まったまま」

男「うーん、便利なのは間違いないんだろうが……」

男「自分でコントロールできないんじゃあまり役には立ちそうにないな。さっきみたいなグッドタイミングで暁美さんがたまたま時間を止めてくれるのはそうそう起こらないだろうし」

ほむら「……確かに、いつまで時間が止まったままなのかもわからないのでは、時間が止まっても効率的には動けないでしょうね」

男「まあ頭の片隅には置いておこう」

ほむら「ええ」

男「それじゃあ帰るかな」
606 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/10(日) 23:51:00.51 ID:CP8L+HWT0
男「ただいま」

男「……」

男「杏子ちゃん?」



男「どこにもいない……」

男「まさか逃げたのか?」

男「そんなに俺が嫌なのか……なんだか悲しくなってきたぞ……」

男「ふ、ふぇぇ、ふぇぇぇぇぇ……」

ガラガラッ

男(玄関の戸が開く音だ!)

男「おねーちゃん!?」

杏子「……あ?」

男「わーい、おねえちゃんだ!」

杏子「おねえちゃんじゃねえ、杏子だ! 気色悪いんだよ!」

男「キョーコ、どこいってたの?」

杏子「コンビニに食い物買いに行ってただけだ……っていうかお前が行けって言ったんだろ」

男「わーい、ごはんだ!」
607 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 23:51:34.28 ID:rNJsRSYo0
きめぇwwwwwwwwww
608 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 23:51:50.77 ID:BI/YeIE7o
なんで幼児化してんだよwwwwww
609 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 23:52:32.15 ID:k3wrQFkIo
泣き方wwwwwwww
610 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 23:53:41.43 ID:jj9XmeB8o
草不可避
611 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/10(日) 23:56:00.59 ID:CP8L+HWT0
男「男、これきらーい」

杏子「……!」

杏子「バカヤロウ!! 食い物を粗末にするんじゃねえ!!」

男「うぐぐ……。うう、ごめんなさい……」

男「ふ、ふぇぇぇぇぇぇ……」ポロポロ

杏子「ぴ、ピーピー泣くな。もう怒っちゃいないからさ……」

杏子「ちゃんと全部食うんだぞ……」

ぱぁ〜〜〜〜〜〜っ

男「もぐもぐあふあふ! えふっ、えふっ!」

杏子「ゆっくり食えよ……」

男「キョーコ! ぜんぶ食べたよ!」

杏子「はいはい、ゴクローさん」

男(まあ、悪くないかな……)
612 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 23:56:32.34 ID:jj9XmeB8o
ああ^〜もう草生えるう〜〜
613 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 23:56:39.63 ID:rNJsRSYo0
悪いわwwwwwwww
614 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 23:57:40.27 ID:k3wrQFkIo
男の見た目ってどんな感じなんだ?ww
普通の一般的な高校生がこれをやったって考えるときも過ぎるww
615 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 23:59:47.05 ID:f25CwZwmo
なんでゆま化してるんだよwww
男は中学生だけど無理だわ
616 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/11(月) 00:00:55.19 ID:ZDKv09Sy0
杏子って何歳なんだろうな
新作の予告で制服きてたから、中学生だろうけど
617 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 00:05:42.75 ID:h0Em7Izo0
あんこちゃんマジ世話焼き上手
618 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 00:08:53.50 ID:cGc+bxWDO
まさかのハーレムエンドクルー?
619 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/11(月) 00:13:04.80 ID:2B/1uUIR0
男「それじゃあ風呂も済んだし寝るか……」

杏子「ああ……」

男「おいで、杏子ちゃん」

男(俺は布団を開けて杏子ちゃんを迎え入れる体勢になった)

杏子「いや、居間で寝るし……」

男「そうか……」

男「寝よ」

男「Zzzzzz....」



男「はっ……」

男「急に目が覚めたぞ。今何時だ?」

男「11時か」

男「そうか、オナニーしてないから目が覚めたんだな……よし、しよう」

男「せっかく杏子ちゃんが家にるんだし、杏子ちゃんの寝顔を見ながらオナニーするぞ」

ガラッ

杏子「……くー……くー……」

男「へへへ……」ボロン

男「ふっ……ふっ……」シコシコ

男「無防備な寝顔を見ながらのオナニーは最高だぜ……」シコシコ

杏子「……モモ……」

男「……」

杏子「父さん……母さん……」

男(家族の夢を見ているのか……)

杏子「ごめんな……さい……」

男「……」


1.オナニーをやめて寝る
2.肉棒をしゃぶらせる

↓2
620 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 00:13:46.18 ID:ZDKv09Syo
1
621 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 00:13:48.66 ID:J+7njXI80
622 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/11(月) 00:13:55.72 ID:XrLZsjf40
たまには空気読んで1
623 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 00:14:03.08 ID:zV33LkgAO
2
624 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 00:18:00.84 ID:cGc+bxWDO
ラブホテルがアウト、これは>>1の「杏子には非エロ選択肢で行け」という合図に違いない
安価下
625 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 00:19:19.56 ID:IUCVoOJqo
なあにまだ我々には杏子ルートが残っている
626 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/11(月) 00:25:22.76 ID:2B/1uUIR0
男「オナニーなんてやめよう。彼女の尊厳に対する冒涜だ……」

男(俺は自分の部屋に戻って休む事にした)

ドッ

男「あっ」ドテッ

男(暗くて足元が見えないせいで杏子ちゃんの足につまづいた……)

男「うっ!」ドピュ

男「しまった、転んだ拍子に肉棒が杏子ちゃんのふとももに当たって射精してしまった……」

男「いてて、顔も打ったし……くそっ、なんてザマだ」

ポタポタ

男「鼻血まで出てきた……ああーっ、杏子ちゃんの内股に落ちていく……!」

男「布団に染みが出来たじゃないか、くそっ」

男「鼻血をティッシュで拭いて……と、よし!」

男「ああ、もう疲れた……自分の部屋に戻るのも面倒だし、このまま杏子ちゃんの隣で寝よう」

男「お休みー」
627 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 00:26:10.71 ID:J+7njXI80
これはwwwwww
628 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 00:26:25.27 ID:l7+OiukDo
そういや一応ほむらルートなんだよな
マミさんとか杏子といい感じすぎて忘れそうになるけど
629 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/11(月) 00:27:05.04 ID:2B/1uUIR0
ほむら「……ふぁぁ、朝か」

ほむら「今日は日曜日だな。学校は休みだし……どうしよう?」

↓2
630 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/11(月) 00:27:43.81 ID:2B/1uUIR0
今日はここまでです。ありがとうございました。安価下
631 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 00:27:47.99 ID:hBDek7RJo
暁美さんで[田島「チ○コ破裂するっ!」]
632 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 00:31:27.56 ID:1mA3JCsF0
競馬で金稼ぎ
633 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 00:32:17.26 ID:6uN2i4yho
てめえwwwwwwwwwwwwwwwwww乙
634 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 00:46:11.29 ID:IUCVoOJqo

オ○ニーで始まる1日とはこのスレらしいじゃないですか
そして毎度尻拭いしてるほむらさんありっすwwwwwwww
635 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 00:50:39.77 ID:shc9fmmJo
見かけはヤったように見えるな
636 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 00:50:55.37 ID:p+KgW4V5o
637 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 00:53:27.65 ID:ZDKv09Syo
これは修羅場になるな
638 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 00:55:59.46 ID:h0Em7Izo0

ほむほむマジ災難だな
639 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 11:34:52.74 ID:l7+OiukDo
またぬううううううされるぞwwwwww
640 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 15:52:38.23 ID:zV33LkgAO
ゆま「もぐもぐあふあふ! えふっ、えふっ!」
杏子「ゆっくり食えよ……」
ゆま「キョーコ! ぜんぶ食べたよ!」
杏子「はいはい、ゴクローさん」



男「もぐもぐあふあふ! えふっ、えふっ!」
杏子「ゆっくり食えよ……」
男「キョーコ! ぜんぶ食べたよ!」
杏子「はいはい、ゴクローさん」

どうしてこうなった
641 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 17:31:32.95 ID:qP/hxDbg0
まあ、パンツの中とかには異常はないから誤解で終わるかな
642 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 17:31:32.87 ID:qP/hxDbg0
まあ、パンツの中とかには異常はないから誤解で終わるかな
643 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 19:05:24.18 ID:dXdG3iZu0
>>641-642
お前、時間を遡行してやがる……暁美ほむらか!?
644 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/11(月) 19:59:23.43 ID:1mA3JCsF0
なんだって
645 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 21:54:36.95 ID:6uN2i4yho
本当かい!?
646 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/11(月) 23:55:35.29 ID:y5XLyOfmO
だめーー
647 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/12(火) 22:28:06.76 ID:f+206fSu0
ほむら「暁美さんでオナニーをしよう」

ほむら「またイラストを書くか。俺とセックスしてアヘ顔になってる暁美さんでも」

サラサラサラサラ...

ほむら「よし出来た。台詞も忘れずに入れておこう」


男『始めは嫌がってたのに今ではすっかりおちんぽの虜だな。ここか、ここがええのんか』

ほむら『あひぃぃぃぃんおちんぽしゅごいのぉぉぉぉぉぉ!! ほむらのメス穴もっともっと突いて突いてぇぇぇぇぇ』


ほむら「完璧だな。俺はもしかして同人作家とかでもやっていけるんじゃないか?」

ほむら「テンション上がってきた! それじゃあオナニーするか!」スリスリクチュクチュ

ほむら「ほむっ、ほむほむほむっ!! ほむぅぅぅぅぅん!!」プシャアアアアビクンビクン

ほむら「……ふぅ……」

ほむら「朝起きて最初にやる事がオナニーなんてお前らは頭がおかしいんじゃないのか?」

ほむら「次は何をしよう」


↓2
648 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/12(火) 22:29:44.24 ID:7PQYXrmHo
杏子ちゃんに泥棒猫!って言いに行く
649 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/12(火) 22:29:47.84 ID:HbMJta5U0
ほむらに会いに行こう
650 :今日はこれだけ [saga]:2013/03/12(火) 22:41:21.53 ID:f+206fSu0
ほむら「暁美さんに会いに行こう」

ほむら「このイラストは……とりあえず壁にでも貼っておくか、セロテープで」

ほむら「じゃあいくぞ」



ほむら「着いた。どうやって入ろうかな?」


1.インターホンを鳴らす
2.合鍵で入る

↓2
651 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/12(火) 22:41:55.30 ID:7PQYXrmHo
652 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/12(火) 22:42:11.88 ID:EokUf3+l0
2
653 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/12(火) 22:42:13.99 ID:ESQhjxn+o
654 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/15(金) 19:46:07.46 ID:I275pwKno
はよ
655 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/15(金) 20:08:01.59 ID:lTnVDKCb0
まだか
656 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/15(金) 20:33:35.70 ID:rKjRXSx4o
せっつくほど間隔空いてないだろ
657 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/15(金) 20:34:55.27 ID:LZqYGQWA0
つかageんな
658 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/16(土) 15:26:28.69 ID:BKM2z66oo
もうすぐこのスレが続いて1年目なんだよな
感慨深い

今でもこのスレは俺の憧れだ
659 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/16(土) 22:02:49.68 ID:X7JdczSu0
一年経ってたのか
660 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/16(土) 22:10:06.23 ID:Ex7GSfrvo
あげんなっつてんだろボケ
661 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/17(日) 01:39:30.14 ID:lZX+8Fl0o
1年間ってすげーな
感服するわ
662 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/17(日) 03:10:04.28 ID:vl3eapvBo
あなたはこの1年間何をしていましたか?
663 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/17(日) 03:26:01.42 ID:o/RmdU8Wo
ずっとしこってたなぁ
664 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/17(日) 12:11:59.02 ID:jc9NJwHDO
シコるか!
665 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/18(月) 16:58:27.94 ID:pYzC7LV30
ほむらルートだから全員と別れないと駄目だよな
666 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/18(月) 17:03:52.08 ID:1jPIJlNLo
お前がそんなくだらないことを言うためにageたことで何人がぬか喜びさせられたか
667 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/18(月) 17:10:15.22 ID://pYzhuZo
ageてるのはいつも末尾0
そりゃそうか
まぁageたところでわかんないけど
668 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/18(月) 18:47:21.06 ID:VJZVhrP6o
>>665
レベル30じゃん
669 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/18(月) 22:05:57.36 ID:A3YAuZe5o
ほむら(と共闘)ルートじゃん
670 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/19(火) 16:45:52.37 ID:87BMNsNz0
好感度って表示しないの?
671 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/19(火) 16:57:05.80 ID:7948zk9to
はぁ…
672 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/19(火) 16:59:17.04 ID:0Cn2m+17o
sageもわからない人はお願いだからROMってて
673 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/19(火) 18:04:03.76 ID:DY3E44gDO
端末0が迷惑かけてすみません

同じ携帯として恥ずかしい
674 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/19(火) 19:24:30.41 ID:CDAjMtZuO
末尾0は普通のブラウザから開いたパソコンまたはスマホな
675 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/19(火) 19:59:21.74 ID:1GxXPGkDO
前回から10レス伸びてる、更新来てたのか!?→馬鹿がageてただけ
はぁ…
676 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/20(水) 03:52:26.52 ID:H5FiCpQl0
新規者に厳しすぎるんだよなぁ…



もう少し優しめでいけ
677 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/20(水) 04:11:42.83 ID:w4//NMx3o
新規云々前の話だろ…
678 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/20(水) 07:20:43.67 ID:bNVTnHF7o
sageもできないような奴は新規だろうが何だろうが叩かれるだけだろ
今更当たり前のこと言わせんな恥ずかしい
679 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/20(水) 10:19:50.23 ID:4Jz2IV35o
正直sage忘れるやつよりこぞって叩きに来る奴らの方が……
無駄にレス伸びて投下かと思うじゃん、雑談ですらない不愉快な流れでしかない
一言「下げ忘れてんぞ」であとはスルーすりゃいいじゃん……
680 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/20(水) 22:12:26.23 ID:y2F3CCOOo
正味叩きたい材料が欲しいだけ
正義面してるから尚の事達が悪い
681 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/20(水) 22:17:11.63 ID:umC5kaNbo
そりゃ>>1が来る前に4回もageられりゃ頭にも来るわ、何が正義だテメーこそ冷静ぶってんじゃねーよハゲ
682 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/20(水) 22:59:56.24 ID:DKjG+uVP0
最低限ローカルルールくらい守れよってそんなおかしいことか
初犯なら一言注意すればいいっていうのもごもっともな話だけど
683 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 00:01:29.82 ID:Iw38XV0fo
落ち着けよお前ら…
男に掘らせるぞ
684 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/21(木) 01:23:55.11 ID:nOg4KyVR0
ほむら「合鍵で入ろう」カチャ

ほむら「お邪魔します」



杏子「……くー……くー……」

男「……Zzzz....」

ほむら「うーむ、二人ともまだ寝ているな……」

ほむら「どうしよう?」


1.杏子ちゃんだけ起こそう
2.暁美さんだけ起こそう
3.二人とも起こそう

↓2
685 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/21(木) 01:25:12.47 ID:SyRZ+qHo0
686 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 01:25:14.31 ID:tUyMIi5ro
3
687 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 01:25:15.22 ID:ytJPgM5Co
2
688 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 01:25:18.07 ID:0gmgDwDSO
1
689 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 01:25:37.05 ID:yhZqHoono
1
690 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/21(木) 01:40:41.35 ID:nOg4KyVR0
ほむら「き、きぃぃぃぃぃーーーーーっ!!」

杏子「んなっ!?」ガバッ

男「!?」ビクッ

ほむら「ちょっと杏子ちゃん!! これはどういうこと!! 二人で何をしているの!!!」

杏子「え、え? ほむほむ?」

杏子「何って、寝てただけ……っておい、なんでお前がアタシの布団で寝てるんだよ!」

男「……え、あ……」

ほむら「杏子ちゃんのアバズレクソビッチ!! 兄さんを誘ってエッチなことをしていたのね!!」

杏子「してねーよ! ここにいるのだって、こいつが無理やり泊まらせてここで寝ろっていうから寝てただけだ!」

杏子「つーか何て格好してんだよ。早く服着ろよ!」

男「……」イソイソ

ほむら「嘘ばっかり!」

ほむら「じゃあその股のところにある染みは何なのかしら!? どう見てもセックスした後じゃない!」

杏子「はぁ!? 何言って……」

杏子「……ぁ……」

ほむら(内股の精液と血に気づいた杏子ちゃんの顔がみるみる内に青ざめていった)
691 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/21(木) 02:30:04.03 ID:nOg4KyVR0
すみません、中断します
また昼か夜か
692 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 02:38:35.37 ID:o5OTsk9Yo
693 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 02:39:26.53 ID:J6hV720ko
694 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/21(木) 07:48:47.02 ID:xZQs1eu8O
おもろー
695 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 08:15:43.51 ID:o5MbNBJDO
処女膜無事か確かめようwwww
696 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 09:22:56.45 ID:8jWDwaMAO
>>695
男が女同士だからと確認するんですねわかります(ゲス顔)
697 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 09:48:09.82 ID:nztJSafSO
>>681
そりゃ>>1が来る前に何回もレスさられりゃ頭にも来るわ、何が正義だテメーこそ冷静ぶってんじゃねーよハゲ
698 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 10:12:42.03 ID:xJLFbqyfo
蒸し返すなks
699 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 11:56:09.29 ID:QBoxW/B40
遅レスな上にへたくそな改変で後半の文章が噛み合ってないっていうね
改変するにしてももうちょいがんばれよ
700 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/21(木) 13:56:13.76 ID:6hmUn25dO
専ブラ入れろや糞共が
701 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 16:59:57.01 ID:jcTWjoDyo
無駄にスレ埋めんなやハゲ共が
702 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/21(木) 17:15:27.13 ID:1ej9rv0n0
この男は見た目はいいのか?
703 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 17:18:00.39 ID:ytJPgM5Co
自称イケメンだが客観的には描写なかたような気が……
704 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 17:28:17.64 ID:1ej9rv0n0
大目標
まどかに魔法少女の契約をさせずに生き残らせる。

中目標
一ヶ月後のワルプルギスの夜を、被害を少ないままに撃破する。
美国織莉子からまどかを守る。

小目標
美樹さやかを生き残らせる。
巴マミを生き残らせ、仲間にする。
佐倉杏子を生き残らせ、仲間にする。
対ワルプルギスの夜用の武器の調達。
お互いが元の身体に戻る方法を見つける。
705 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 17:42:26.41 ID:1ej9rv0n0
まどかルート
さやかルート
マミルート
ほむらルート
杏子ルート
ゆまルート
織莉子ルート
キリカルート
仁美ルート
恭介ルート
知久ルート
詢子ルート
タツヤルート
早乙女ルート
中沢ルート
ショウさんルート
友ルート
幼馴染ルート
委員長ルート
めがほむルート
男ルート
706 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 17:49:50.57 ID:1ej9rv0n0
2.さやか
自分のしたことの全てをなげうって、男はまどかとの面倒な関係を断ち切ろうと彼女を無視し始めた。
こうなった全ての責任は自分にあると思い込み、悲しみに暮れるまどか。
そんなまどかを彼女の親友が放っておくはずがなかった。
放課後の空き教室に閉じ込められ、まどかのクラスメイトの女子達に裁判という名の制裁を受ける男。
プライドを踏みにじられた男の復讐劇が今、幕を開ける。
「だ、誰だー!恭介の鼻とちんちんすげ替えたのはー!」

3.マミ
「俺のタイプはマミさんだったはずだ。どうしてこうなった……」
当初の目的を思い出し、軌道修正を図るために男はまどかに自分がした告白の取り消しを申し出た。
納得いかない素振りのまどかをよそに、男はマミにアプローチをかけ始める。
誘いにはのるものの、しかし心ここにあらずといった様子のマミ。
それでも根気強く仕掛けてくる男に、マミは自分の悩みを打ち明けた。
「だけど、私にはそこまでしてもらうほどの価値があるのかしらね……」

4.ほむら
なんとなくいい雰囲気になったため、つい勢いでまどかに迫りそれとなくOKを貰い恋人関係になった男。
まどかと二人蜜月の時を過ごすが、幸福な時間は長くは続かなかった。
流されるままに迎えたワルプルギスの夜。見滝原に迫る危機を前にまどかは魔法少女になることを決意。
まどかの魔法によって脅威は一瞬で取り除かれたが、それによって魔翌翌翌力を使い果たしたまどかは、男に自分のソウルジェムを砕くことを望む。
魂を砕かれ動かなくなったまどかの前で立ち尽くす男。その場に現れ手を差し伸べたのはほむらだった。
「貴方にあの子との出会いをやり直す機会をあげてもいい。永遠の迷路に踏み込む覚悟があるというのなら、この手を取りなさい」

5.杏子・ゆま
遊び半分で好きでもない女の子にアプローチをかけ、気持ちを弄んでしまったことに引け目を感じた男は、彼女と顔を合わせるのを避けるため不登校児になる道を選んだ。
朝は寝てすごし午後から夜にかけて街に出るのを繰り返す生活をするうち、同じような生活を送る佐倉杏子・千歳ゆまと深く関わりあうようになる。
そんな折、珍しく一人おぼつかない足元でふらふらと街をさまようゆまを見かけた男。
話を聞くに、自分のために風邪薬を盗もうとした杏子が失敗して警察に連れて行かれたため、途方に暮れているとのことだった。
「お兄ちゃんは、顔にヤケドの跡がついた女の子って嫌い?」

6織莉子
「これ、男にあげるわ。大きくなったらまた会おうね。これはその約束のしるし」
「おう。なかなか立派なカブトムシだな」
「もう!宝石だって言ってるじゃない!」
707 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 22:29:19.00 ID:vwNDq4LFo
まどかルートは他のに比べると純愛っぽくて面白かったな
708 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 23:54:39.86 ID:J6hV720ko
まどっちマジメインルート
709 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/22(金) 00:16:11.53 ID:rkYyPY3t0
ほむら「ほら、やっぱりセックスしたんでしょう」

杏子「ち、違う……そんなワケ、ないだろ……?」

ほむら「動かぬ証拠があるのに往生際が悪いわ。淫乱杏子ちゃん」

杏子「ふ、ふざけんな! とにかく違うんだって! そんなことあるわけ……!」

ほむら「処女膜から声が出ていないわ。よく聞こえない」

杏子「……〜〜〜っ! おい! てめえもなんとか言えよ、何かの間違いだろ!?」

男「……え、何が……?」

杏子「とぼけてんじゃねえ!」ガシッ

男「ぁぅ……!」

ほむら(杏子ちゃんが暁美さんの胸倉を掴んで怒鳴っている)

ほむら(まずい、このままでは俺の体が杏子ちゃんに殺されてしまう! しっかりしろ暁美さん……!)

パチパチ

ほむら(俺は至らない今の状態で出来る限りの、最高のエールであるウィンクを暁美さんに送った)

男「……え? あ……」

杏子「……!!」ギリギリ

男「杏子……」

杏子「あぁ!?」

男「愛してる……幸せにするから……」

男「お腹の赤ちゃんのためにも、こんなことはやめようぜ……」

杏子「……な……!」

ドサッ

男「あぅっ!」

杏子「あ、あか……あかちゃ……!?」

ほむら「そんな、杏子ちゃんのお腹の中にもう兄さんの子供がいただなんて……」

ほむら「悔しいけど、これは私の負けね。祝福してあげるわ二人共」

杏子「あか……あか……?」

ほむら「セックスしたら赤ちゃんが出来るのは普通の事じゃない。何を驚いているのかしら杏子ちゃんは……」

杏子「……う……」ジワッ

杏子「ば、ばかやろーーーーーーー!!」ダダダダッ

ガラララッ ダダダダダ

ほむら(杏子ちゃんは涙目になりながら家を出て行ってしまった……)
710 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/22(金) 00:18:36.80 ID:iRa5q8O8O
杏子かわえー
711 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/22(金) 00:29:24.97 ID:/LlMUtzto
杏子ちゃんあんまり性知識持ってなさそう
712 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/22(金) 00:29:56.24 ID:rkYyPY3t0
男「先輩、貴方、本当に杏子に手を出すなんて……」

ほむら「隣で寝ただけで別に何もしてないんだけど」

男「じゃああの汚れはなんだというの? 今更嘘はやめなさい。こんなことになったからには、杏子に対して責任を取らないといけないでしょう」

ほむら「あれは隣でオナニーしてたら暴発してかかっただけだ。血はこけたときに出た鼻血」

男「……」

ほむら「……」

男「……」

ほむら「いや、本当だぞ。エッチされてずっと寝たままなんてありえないだろ?」

ほむら「それに、俺が本当に手を出してたら、杏子ちゃんはあまりに気持ちよさに今頃俺の肉奴隷と化していたはずだ。そうなってないのが手を出していないという証拠だな」

男「……確かに、杏子が寝たままなのは、あり得ないかも知れないけど……」

ほむら「だろ? なのになんであんな愛してるとか赤ちゃんとか言い出したんだ」

男「あ、貴方が昨日杏子を妊娠させると言っていたから……」

ほむら「あんなの冗談に決まってるだろ。暁美さんは冗談も通じないのか? 俺が悪いみたいに言うな」

男「だったら私が悪いとでもいうの!? 咄嗟のことだったし、そもそも貴方があんな状態で寝ていたのが原因なはずでしょう!」

ほむら「↓2」
713 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/22(金) 00:33:56.60 ID:HiR6H3h/o
でも、そんなの関係ねぇ
714 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/22(金) 00:34:30.15 ID:/LlMUtzto
とりあえず杏子ちゃんを探してきてくれ
715 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/22(金) 00:35:17.03 ID:78WkBy1AO
俺が悪かった
716 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/22(金) 00:42:52.52 ID:rkYyPY3t0
ほむら「はいはい、わかったわかった。いいからとりあえず杏子ちゃんを探してきてくれ。あのままじゃよくないだろ」

男「自分に不利だからといって話を勝手に終わらせないで!」

ほむら「うるさいな。じゃあ俺が悪かったってことでいいから」

男「ふざけないで! 貴方はどこまで人を馬鹿にすれば……!」

男「大体、杏子に関する事は貴方がなんとかするのが最初の取り決めだったはずよ! 私に今の状況をどうしろというの!」

男「貴方は、どうしてそう……いい加減なことばかり……!」

ほむら「↓2」
717 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/22(金) 00:47:50.46 ID:78WkBy1AO
鼻毛出てるぞ
718 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/22(金) 00:48:11.52 ID:KoNIo2BKo
まぁまぁ、チンコしゃぶってやるから少し落ち着け
719 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/22(金) 00:48:39.77 ID:eN7cWFlB0
最低だwwwwwwwwwwww
720 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/22(金) 01:04:19.25 ID:rkYyPY3t0
ほむら「まぁまぁ、チンコしゃぶってやるから少し落ち着け」

ほむら(オレは暁美さんの側に近づいて膝立ちになった)

ほむら(うーむ、ちんこなんてしゃぶりたくないけど……俺のだし、別に汚くないからチャレンジしてみようかな?)

ほむら「とりあえず匂いを嗅いでみて、それから決めよう」

男「やめなさい!」ドン

ほむら「あん」バタッ

男「……貴方という人間がよくわかったわ」

男「貴方は心無い嘘ばかりを言って他人を困らせて、自分は平気な顔でいられる最低の人間……!」

男「一見善行に見えることも全て、その場を取り繕うための見た目だけの行動! 本当の貴方は自分の欲求を満たす事だけを考えている、どうしようもない人間のクズ……!」

ほむら「ふざけるな! 俺はそんな人間じゃない!」

男「まどかを助けたいと言っていたのも、私と協力すると言っていたのも、どうせ何か別の魂胆があるか心にもない事を言って今のように私を後で失望させるための事だったんでしょう……!?」

ほむら「↓2」
721 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/22(金) 01:04:46.73 ID:rkYyPY3t0
今日はここまでにします。ありがとうございました。
安価下
722 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/22(金) 01:05:31.26 ID:KoNIo2BKo
ワシを信じろ
723 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/22(金) 07:56:39.44 ID:XhuX8RylO
もう信用がないからそんなこと言われてるんじゃないですかー
724 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/22(金) 08:14:17.11 ID:RCHlAqkK0
だが男でもほむらでもマミさんが協力的になってくれるって位の友好度は稼いでるし
ほむら状態ならワルプルギス対策に必要な友人関係を築いてるから男は結果は出してるよな
725 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/22(金) 09:44:45.39 ID:BXkInqKAO
男の中では仲間にする=彼女にするなのか?
726 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/22(金) 11:50:25.32 ID:O8SWlN47o

いい感じにキチてこその男や
727 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/23(土) 09:13:14.79 ID:ihN49/bH0
欲求を満たすだけの行動がほとんどなのに
結果的にそれがプラスに働いてることも多いから尚たちが悪い
728 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/23(土) 17:37:56.63 ID:+d/HYT0E0
男の能力も関係してるのかも
729 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/23(土) 21:25:17.93 ID:kmW5/Sng0
このままだとゲームオーバーだな
730 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/23(土) 23:55:51.98 ID:KonT6dpt0
ほむら「暁美さんは後輩の癖にごちゃごちゃ生意気だぞ」

ほむら「暁美さんの思うようにしてたらどうせ失敗するに決まってるんだからさあ。黙って俺を信じて言うとおりにしていればいいんだよ」

ほむら「わかった? わかったら早く杏子ちゃんを探しに行けよ。な?」

男「!!……」

男「……」

男「……もう、いいわ……」

ほむら「ん?」

男「貴方を少しでもあてにしたのが間違いだった……私は私だけの力でまどかを守ってみせる……!」

ほむら「いや、暁美さんだけじゃ無理だって。先輩の言うこと聞けよ」

男「もう、誰にも頼らない」

ほむら(暁美さんはそう言って家を出て行ってしまった……)

ほむら「なんだ、生理か?」

ほむら「次はどうしよう」


↓2
731 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/23(土) 23:57:27.98 ID:AeWGzGYw0
杏子を探す
732 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/23(土) 23:58:25.98 ID:0d6Jyd/40
競馬で金稼ぎ
733 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/23(土) 23:58:37.64 ID:7sQoBpfwo
背後からほむらのズボン脱がせて逃走
734 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/24(日) 00:00:28.18 ID:PQwI28Ec0
追い出されるぞ、おい
735 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/24(日) 00:04:36.44 ID:idddvoFT0
ほむら「競馬で金稼ぎだ」

ほむら「いや、待て。どうやって馬券を買うんだ? バイトが失敗続きな今、ショウさんを頼ることも出来ないし、肝心の元手も少ないぞ」

ほむら「……」

ほむら「どうしよう」

↓2
736 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 00:05:42.79 ID:txX4YJRQ0
銀行強盗でもするか…
737 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 00:05:44.67 ID:avB6RGVso
杏子を探す
738 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/24(日) 00:06:03.15 ID:PQwI28Ec0
諦めて、杏子を探す
739 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/24(日) 00:15:27.91 ID:idddvoFT0
ほむら「杏子ちゃんを探そう」

ほむら「とりあえず風見野に行くかな。あてはないけど」



ほむら「着いたぞ。さて……」

1.ゲームセンター
2.教会
3.ぶらぶらする

↓2
740 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/24(日) 00:15:48.97 ID:PQwI28Ec0
741 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 00:16:26.43 ID:L7zos7bxo
2
742 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/24(日) 00:30:17.74 ID:idddvoFT0
ほむら「教会に行くか」



ほむら「着いた。さて、杏子ちゃんはいるかな?」

ギイィィィィ

ほむら「お邪魔しまーすwww」

ほむら「うーん、礼拝堂には誰もいないな」キョロキョロ

ほむら「奥の部屋が居住区になってるのか。見ていこう」

ガチャ

ほむら「……誰もいない」

バタン

ほむら「こっちの部屋はどうだ」

ガチャ

ほむら「誰もいない」

バタン

ほむら「こっちの部屋は……」

ほむら「……わずかに気配がある。誰かいるな」

ほむら「これは普通に生活している感じじゃないぞ。息を潜めて、見つかるまいと……まるで俺から身を隠すような……」

ほむら「どうしよう?」


1.ドアを開けて入る
2.教会を燃やしてあぶり出す
3.帰る
743 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/24(日) 00:31:14.55 ID:PQwI28Ec0


また犯罪増やすのはやめろwwww
犯罪係数がどうなっているんだろ、男は
744 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 00:31:18.70 ID:avB6RGVso
1
745 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 00:31:21.65 ID:krjuMnQNo
746 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 00:31:23.86 ID:iTLZ47RR0
747 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/24(日) 00:48:02.81 ID:idddvoFT0
ギィ……

ほむら「杏子ちゃん?」

「……」

ほむら「……」

ほむら(何かがベッドと壁の間のわずかな空間に潜んでいる。やはり杏子ちゃんじゃない……)

ほむら「おい、そこにいる奴! この不法侵入者め、やっつけてやるから出て来い!」

ほむら「シッ! シシッ!!」

ほむら(俺はファイティングポーズをとり、パンチの素振りで侵入者を威嚇した)

ほむら「びびって動けないようだな。よし、それならこっちから行ってやるぞ」スタスタ

ほむら「おらっ、顔を見せろ!」

マネキン「……」

ほむら「……」

ほむら「このコソ泥がぁー。マネキンのフリでやり過ごそうとしているようだがそうはいかないぞ!」

ダダダダッ

ほむら(後ろで誰かが走り去る音がした)

ほむら「……! しまった、ドアの裏に隠れていたのか!」

ほむら「くそっ、侵入者を逃がしたか……すまん杏子ちゃん。でも俺は悪くないぞ。悪いのは無用心にしてる杏子ちゃんだ」

ほむら「全部の部屋を見て回ったが杏子ちゃんは居なかったな。次はどうしよう」

↓2
748 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/24(日) 00:48:28.23 ID:idddvoFT0
今日はこれだけです。ありがとうございました。安価下
749 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 00:48:56.95 ID:txX4YJRQ0
引き続き捜索
750 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 01:04:52.40 ID:kWCq/NNc0

誰だろ
751 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 01:52:44.01 ID:Zg6iOuoDO

普通に杏子だったんじゃないの?
752 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 01:55:28.83 ID:qOZX732zo
乙 燃やせばよかったな(ゲス顔)
753 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/24(日) 02:02:19.31 ID:PQwI28Ec0

男の犯罪係数はどうなっているんだろうか?
まさか潜在犯?
754 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 20:06:03.11 ID:mvlAqPAUo
犯罪だと思ってないから余裕でゼロだろ
若しくは免罪体質者
755 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 20:16:59.07 ID:iTLZ47RR0
そもそもキチガイだからな
756 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/24(日) 21:39:55.90 ID:idddvoFT0
ほむら「引き続き杏子ちゃんを探そう。とりあえず街に戻るぞ」



ほむら「ぶらぶらしてる内に見つかるかな?」

ほむら「〜〜〜♪ ……む、あれは……?」



「へえ! あの有名な見滝原中学校で教師をなさっているんですか!」

早乙女「ええ、そうなんです! 生徒達と同じ目線に立って接する事をモットーにしていて、私がいうのもなんですがどの子ともいい関係が築けていると思いますわ」

「なるほど。優秀な方なんですね、早乙女さんは」

早乙女「優秀だなんてそんな、本当の事を……ふふふ……」



ほむら「早乙女が男連れで歩いてる……」

ほむら「声をかけてみるか」

ほむら「↓2」
757 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 21:40:40.09 ID:b5l4YoQNo
あら先生こんにちは
758 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 21:40:56.58 ID:j9hEo4rzo
あら クソビッチ センセこんにちは
759 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 21:44:47.38 ID:XkaBF/p8o
酷い!私というものがありながら!
760 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/24(日) 21:53:10.25 ID:idddvoFT0
ほむら「あら。クソビッチ早乙女先生こんにちは」

早乙女「……!?」

「? き、君は……?」

ほむら「私はそこのビッチの教え子よ。名前は暁美ほむら。貴方こそ何者なのかしら、先週連れていた男と違うようだけど……」

早乙女「あ、暁美さん? 先生は今ちょっと大事な用事の途中です。何か用があるなら明日また学校で……」

ほむら「用事ってそこの男をこます事かしら……邪魔したら悪かったわね」

早乙女「暁美さん!!」

「……」

早乙女「も、もうこの子はまた! すみませんね、この子はちょっとおふざけが過ぎる事があって……」

ほむら「↓2」
761 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 21:54:30.51 ID:1V3MjVP/o
ふざけているのは先生の顔面でしょう?
762 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 21:54:37.10 ID:iTLZ47RR0
お邪魔みたいなので帰ります
763 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 21:54:39.40 ID:txX4YJRQ0
男のおふざけが過ぎる貴女がどの口で言うのかしら?
764 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 21:54:39.76 ID:ZUw0cLoKo
765 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/24(日) 22:14:45.58 ID:idddvoFT0
ほむら「なんだか呼ばれてないみたいなので帰ります。先生、300人斬りまであとちょっとでしょう? 頑張って」

早乙女「暁美さん!!!!!」

ほむら(早乙女は顔を真っ赤にして俺に向かって詰め寄ってきた)

ほむら「こわ。逃げよう」

ダダダダダッ



ほむら「ふう、逃げ切れたか……」

ほむら「周りをよく見たら、ここはもう風見野じゃないんだな。隣町か」

ほむら「早乙女のせいで無駄な移動をしてしまったな。やれやれ……」

ほむら「……ん? あれは……」



「ほらっ、さっさと歩きな! 置いてくよ! 全くグズなんだからこの子は……!」

ゆま「ご、ごめんなさい……置いていかないで、ママ……」



ほむら(ゆまちゃんと母親らしきオバサンだ。オバサンがゆまちゃんを怒鳴りつけている)

ほむら(父親らしき男も近くにいるが、我関せずといった様子で携帯をいじっているぞ)

ほむら「どうしよう」


1.母親を諌める
2.父親を蹴る
3.ゆまちゃんを誘拐する

↓2
766 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 22:15:10.84 ID:qkxggKKso
3
767 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/24(日) 22:15:22.59 ID:PQwI28Ec0
3
768 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 22:15:27.01 ID:iTLZ47RR0
3
769 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 22:18:33.45 ID:xRP+5dngo
このロリコンどもめ!
770 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 22:20:35.83 ID:b5l4YoQNo
ヒャッハー!困ってる幼女は誘拐だー!
771 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/24(日) 22:28:50.37 ID:idddvoFT0
「さっさと行くよ!」スタスタ

ゆま「うぅ……」

ゆま「ま、まって……」

ほむら「どうしたのゆまちゃん。転んでしまったの?」

ゆま「え? う、うん……」

ほむら「あらあら、かわいいお洋服が汚れちゃってるじゃない。埃を払わないとね」パサパサ

ゆま「ありがとう、おねーちゃん……」

ほむら「よしよし。ゆまちゃんはちゃんとお礼の言えるいい子ね。ご褒美に、はい。あめ玉をあげるわ」

ゆま「わあ……!」

ゆま「はむっ。……えへへ、甘い! ありがとう!」

ほむら「いいのよ。子供は国の宝だから、みんなで育てないとね」

ほむら「そうだ、もしよかったらもっとお菓子のあるところに連れて行ってあげるけど……」

ゆま「ホント!? いく! ……あ、でも……ママとパパにきいてからじゃないと……」

ほむら「ふふふ。実はね、そのお菓子はママとパパがゆまちゃんのために用意してくれたものなのよ。ゆまちゃんがかわいいからプレゼントにって」

ほむら「だから遠慮することなんてないのよ。二人とも先にそこに行ってると思うし……」

ゆま「ママとパパが!? い、いく! ゆまも連れて行って!!」

ほむら「わかったわ。それじゃあ私に着いてきてね」

ゆま「うん!」
772 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 22:30:09.11 ID:iTLZ47RR0
周りからは姉妹にみえるよな
773 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 22:31:52.17 ID:txX4YJRQ0
誘拐完了
774 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 22:34:18.94 ID:L7zos7bxo
流石に手馴れてるな
775 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 22:35:15.38 ID:iTLZ47RR0
男の家か?ほむらの家か?
776 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/24(日) 22:37:10.89 ID:idddvoFT0
ほむら(俺はゆまちゃんの手を引いて風見野へと続く道を歩いた)

ほむら(すると……)

ほむら「……? なんか周りの景色がおかしい……ここはどこなんだ……」

ゆま「おねーちゃん。ねえ、ここどこ?」

ほむら「私が知りたいわ……」

ゆま「?」

ほむら(歩みを止めて周りをよく見よう)

ほむら(……まずい、これは魔女の作る結界だ。なんでこの体の時にばかり遭遇するんだ……しかも今は子供連れだぞ……)

ゆま「おねーちゃん、どうしたの?」

ほむら「……」


1.ゆまちゃんを置いて走って逃げよう
2.何かに身を隠そう
3.とにかく動き回ろう

↓2
777 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/24(日) 22:37:54.98 ID:PQwI28Ec0
3
778 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 22:38:05.76 ID:L7zos7bxo
2
779 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/24(日) 22:54:55.55 ID:idddvoFT0
ほむら「ゆまちゃん、ちょっとそこの物陰に」

ゆま「? うん」



「Ijndgcujskx」



ほむら(……やっぱりか。使い魔がうろつき始めた)

ゆま「あれ、なに……?」

ほむら「静かに」

ゆま「こ、こわいよ……!」

ほむら「静かに。見つかるとまずい」

ゆま「や、やだ……! ママ、パパ、どこ!? どこにいるの!?」

ほむら(ゆまちゃんはパニックを起こしたのか、立ち上がって大きな声で両親のことを呼んでしまった)



「snikcmsahaj」



ほむら「み、見つかった……!」



「Kfivoemauxk〜〜!!」

ゆま「え!? い、いや……いや、こないで……!」



ほむら(くっ、どうする!?)


↓2
780 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 22:55:39.21 ID:iGuHp21SO
ゆまちゃんの盾になる
781 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 22:56:06.85 ID:qkxggKKso
ゆまを抱えて逃げる
782 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/24(日) 23:04:41.82 ID:idddvoFT0
ほむら「ゆまちゃん!」

バッ

ほむら(俺は物陰から飛び出し、ゆまちゃんの体を抱きかかえた)

ほむら「お、重い……」バタッ

ほむら(が、この貧弱な体ではゆまちゃんを抱えたまま走ることすらままならずにその場でこけてしまった)

ゆま「あうっ」

「sozmehygfiuxz〜〜!!」

ほむら「あ、あわわ……俺まで見つかってしまったぞ、どうする……?」

↓2
783 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 23:07:59.18 ID:nuezwitb0
盾になる
784 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 23:07:59.25 ID:L7zos7bxo
>>780
785 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 23:08:03.10 ID:ZUw0cLoKo
魔法で攻撃を試みる
786 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/24(日) 23:23:32.71 ID:idddvoFT0
ゆま「ぁっ……」フラッ

ほむら「き、気絶した? おい、しっかりしろゆまちゃん! 今寝たら死ぬぞ!!」

「edthjodvfser!!」

ほむら「くっ……ぐぐぐ……!!」

ほむら「う、うわああああああ! ゆまちゃんのためなら死ねる!!!!」

バッ

ほむら(俺は向かってくる使い魔の前にゆまちゃんを守るべく立ちふさがった)

「sergsrwyymnum〜〜!!」ヒュッ

ドッ

ほむら「ぐああああああああっ!! やられたああああああああっ!!」

「〜〜〜〜〜!!」ヒュッ

ドッ

ほむら「ごああああああああああーーーっ二回死んだ!!」

ほむら「ぐっ、む、無念……」

「おいおい、何諦めてんのさ。せっかく助けにきてやったのに」

ほむら「!? ……そ、その声は杏子ちゃん!?」

友「俺だ!」

ほむら「なんだ友か……」
787 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 23:25:09.72 ID:1V3MjVP/o
なんでだよwwwwww
788 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 23:28:02.49 ID:L7zos7bxo
予想外すぎるww
789 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/24(日) 23:28:20.61 ID:idddvoFT0
ほむら「なんでもいいけどお前使い魔の手刀が腹に刺さってるぞ……」

友「あれ、本当だ……おかしいな……ちゃんと受け止めたはずなのに……」

ほむら「何が助けに来ただ、この役立たずが」

友「ご、ごめんな男……」

ほむら「俺は帰るけど、俺が脱出するまではそいつの相手をちゃんとしとけよ」

友「ああ、わかった。それは任せてくれよ〜!」

ほむら「さて、ゆまちゃんを背負って帰るか……」

ほむら(俺は魔女の結界を後にした)
790 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/24(日) 23:28:54.90 ID:idddvoFT0
今日はここまでです。ありがとうございました
791 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 23:29:41.22 ID:ZUw0cLoKo

何か変だ。本当は友じゃない?
792 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 23:38:12.58 ID:xRP+5dngo
なんで友はほむらの中身男だって知ってるんだ
俺が見落としてるだけで接点あったりする?
793 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 23:39:59.07 ID:ZUw0cLoKo
>>792
特に接点はなかったはず
794 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 23:46:23.97 ID:txX4YJRQ0
友って一体何者なんだろ…?
このスレ最大の謎だ…
795 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 23:48:42.91 ID:7iPfB0e5o
ただのキチガイだと思ってたのに
796 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/25(月) 00:05:19.57 ID:2UVRgfdDO

どういうことなんだ…
797 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/25(月) 00:13:34.82 ID:xuN0Jt2Lo

幼馴染いるし男の友人は謎ばっか
798 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/25(月) 06:43:29.69 ID:Jqy20/s/0
どう考えても一番の謎は男だな
799 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/25(月) 18:54:21.81 ID:ebsq5DEk0
ワルプルギスと戦う時はどっちの体になるんだ
800 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/25(月) 18:57:35.92 ID:LtTuIiCAO
男の方が強そうだな
801 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/25(月) 19:17:07.78 ID:yVUnMQeI0
実はすべて男の妄想で精神病院エンドでも今更驚かないぞwwww
802 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/25(月) 19:49:42.73 ID:ebsq5DEk0
友は傭兵のアルバイトやってて、幼馴染は魔法少女なんだよな
803 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/25(月) 20:41:23.85 ID:PdqsotuUo
きっと友は魂のレベルで見分けてるんだよ

ゲームセンターでの話?
うっ 頭が……
804 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/25(月) 21:24:37.29 ID:xuN0Jt2Lo
>>801
か、かまいたちの夜2(震え声)
805 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/26(火) 01:19:43.28 ID:nsvVMSLTO
tes
806 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/26(火) 11:56:45.97 ID:id3q3BOeo
テストスレにいって、どうぞ
807 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/26(火) 16:30:11.44 ID:pptsqWnj0
あすみはまだか
808 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/26(火) 19:56:27.39 ID:g7WWOgeFo
みんなsageような
809 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/27(水) 16:13:43.51 ID:qaSvaC150
本当に面白いな
810 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/27(水) 17:31:47.18 ID:Gs6zcAFmo
どうしてどいつもこいつもメール欄にsageと入れないのか
811 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/27(水) 17:35:27.26 ID:QQ3IzdmXo
>>810
それはね 君みたいにスルー出来ない奴を釣って楽しむ為さ いい加減学ぼうや
812 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/30(土) 17:46:24.01 ID:cdbQEV8U0
あすみルートは
813 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/30(土) 21:06:48.55 ID:EoqCx+hpo
あすみって・・・誰だよ・・・
814 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/30(土) 21:15:21.64 ID:zKr9WJfHo
(^o^) わ た し で す 
815 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/30(土) 21:20:54.96 ID:cdbQEV8U0
神名あすみ で検索してみろ
816 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/30(土) 21:22:49.08 ID:UBsq3BnDO
あすみとか糞どうでもいいです
817 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/30(土) 21:26:17.61 ID:DMQUZmhZo
そんなに好きなら自分で書けば?

あすみとやらについては一切知らんがマナーを弁えない人間の勧めるキャラにいい印象は持てん
818 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/30(土) 21:34:24.45 ID:zKr9WJfHo
身の程弁えない限り書かれる事は無いだろうな
件のdis目的による確信犯なのかは兎も角として

どっちにしろウザい
819 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/30(土) 22:20:26.44 ID:3phCG5nS0
ほむら「なんとか脱出できたか……」

ゆま「……」

ほむら「起きてゆまちゃん。ゆまちゃーん!」ペシペシ

ほむら(俺はゆまちゃんの頬を手の平で軽く叩いた)

ゆま「う、うぅん……」

ゆま「……おねー、ちゃん……?」

ほむら「おはようゆまちゃん。悪い使い魔は私がやっつけたからもう大丈夫よ」

ゆま「……」

ゆま「ママとパパは……?」

ほむら「さあ……死んだんじゃないかしら? 一緒に結界に巻き込まれただろうし」

ゆま「え……!?」

ゆま「や、やだよそんなの……! どこ!? わたし、むかえに行く……!」

ほむら「やめなさい。無駄死にするだけよ」

ゆま「その中……だよね……!?」

ほむら(結界の入り口を指差してゆまちゃんが言った)

ほむら(まずいぞ、このまま入らせるわけにはいかない……! なんとか止めないと!)


↓2
820 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/30(土) 22:24:19.25 ID:aPoNcSbEo
ksk
821 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/30(土) 22:24:29.81 ID:YLvLljR+0
貴方を酷く扱う大人なんて捨て置きなさい
私が貴方の面倒を見てあげるわ
822 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/30(土) 22:33:49.44 ID:3phCG5nS0
ほむら「貴女を酷く扱う大人なんて捨て置けばいいでしょう」

ゆま「そんなこといわないで! ひどいよ、おねーちゃん……!」タッタッタ

ほむら「待ってゆまちゃん! 親なんて別に死んでもいいじゃない? ゆまちゃんはかわいいから、私が面倒を見てあげるわ」

ゆま「や、やだ! ママとパパがいい……! おねーちゃんのことなんて、わたし、しらないもん!」

ほむら「……!」


1.生意気いうんじゃないよ! と言って叩く
2.勝手にしなさい! と言って見捨てる
3.感動した! と言って自分が入る
4.一人にしないで! と言って一緒に入る

↓2
823 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/30(土) 22:34:45.60 ID:0bPWSxYV0
824 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/30(土) 22:35:09.48 ID:Q5u3aMNe0
825 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/30(土) 22:35:14.67 ID:aPoNcSbEo
4
826 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/30(土) 22:38:53.88 ID:zKr9WJfHo
827 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/30(土) 23:01:08.77 ID:3phCG5nS0
ゆま「ママ、パパ……」タッタッタ

ほむら「ま、待ってゆまちゃん……私を一人にしないで……」フラフラ

ほむら(俺はゆまちゃんを追って、再び結界に足を踏み入れた)



ゆま「パパ! ママ! どこー!?」

ほむら「……」

ゆま「パパー! ママー!」



ほむら(そして……)

ゆま「……あ……」

ほむら「うっ、グロい……」

ほむら(さっき見たゆまちゃんの両親が、無惨に変わり果てた姿で床に打ち捨てられている)

ゆま「……」ペタ

ほむら(流石にショックが大きかったらしく、ゆまちゃんはその場にへたりこんでしまった)

ほむら「酷いな、手足がバラバラじゃないか……とりあえず写メ撮っとこう」パシャパシャ
828 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/30(土) 23:16:08.97 ID:3phCG5nS0
スウゥゥゥ.....

ほむら「お、結界が解けた」

ほむら「どっかの魔法少女が魔女を倒したのかな? 行くわよゆまちゃん。どういうわけか死体が残ってるし、ここにいると警察が来るわ」

ゆま「……」

ほむら「ちょっと、どうしたのゆまちゃん? 聞こえてないの? そんな死体なんてほっといて早く行きましょう」

杏子「……おい」

ほむら「あら、杏子ちゃん。杏子ちゃんだったのね、ここの魔女を倒したのは」

ほむら「ちょうどいいわ。ゆまちゃんが言う事を聞いてくれないのよ、杏子ちゃんからも移動するように言ってあげてくれないかしら」

杏子「どいてろ」ドン

ほむら「あん」ステン



杏子「……災難だったね」

杏子「でも現実なんてこんなもんさ。震えたって泣いたって、死んだ両親は帰ってこないよ」

ゆま「……」

杏子「生き残った幸運に感謝するんだね」

ほむら「酷いわ! それが両親を失ったばかりの子にかける言葉なの!?」

杏子「うぜえ! あっち行ってろ!」ドン

ほむら「あん」ドテッ
829 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/30(土) 23:23:46.80 ID:3phCG5nS0
ゆま「……」

杏子「……」

ゆま「……」

杏子「……」

杏子「そんな顔したって、誰も助けちゃくれないよ」

杏子「ほら」ヒョイ

ほむら(杏子ちゃんがポケットから棒付きの飴を取り出す。手早く包装を剥がすと、それをゆまちゃんに差し出した)

ゆま「……」



ほむら(……杏子ちゃんがいるし、ゆまちゃんはもう大丈夫だろう)

ほむら「見てても暇だ。どっか行こう……」

ほむら(俺は二人を残してその場を後にした)



ほむら「さて、次は何をしようかな?」

↓2
830 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/03/30(土) 23:24:18.08 ID:3phCG5nS0
今日はこれだけです。ありがとうございました。安価下
831 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/30(土) 23:24:20.41 ID:DOWUV1Fqo
ほむらを探す
832 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/30(土) 23:25:23.58 ID:UBsq3BnDO
乙、安価取るの早すぎィ!
833 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/30(土) 23:38:05.93 ID:kwczVNVr0
834 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/30(土) 23:41:58.84 ID:NZW23JJ3O

>>832 ワロタ
835 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [縺輔£]:2013/03/31(日) 02:11:50.82 ID:3a3PDh/A0
相変わらず面白いな。
安価の処理が超一流だし、

全盛期の魔夜峰央のハチャメチャ主人公みたいだ
836 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/31(日) 02:13:01.13 ID:Q6vvm64Ko
時々文字化けしてるのを見るがメール欄が文字化けしてるのは初めて見た
837 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/31(日) 06:43:19.24 ID:djb8ir9b0
>>827見て
コープスパーティーの森繁を思い出した
838 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/01(月) 00:56:02.90 ID:WtUnmZ1r0
ほむら「暁美さんを探すか」

ほむら「多分鹿目さんの家にいるだろう。行ってみよう」



ほむら「着いたぞ」

男「……」コソコソ

ほむら(暁美さんが電柱の陰から鹿目さんの家を見守っている)

ほむら「やっぱり居たな。おい暁美さん」

男「……」クルッ

男「……」フイッ

ほむら(暁美さんは俺を一瞥するも、またすぐに鹿目さんの家の監視に戻ってしまった)

ほむら「おい、無視するな」

男「邪魔よ。あっちに行って」

ほむら「なんだと? まださっきの事で怒ってるのか」

ほむら「早く機嫌を治せ。俺たちは鹿目さんを守ろうと誓った仲間じゃないか、喧嘩してもいいことはないだろ?」

男「……」

ほむら「おい、なんとか言え!」

まどか「あれ、ほむらちゃん?」

男「!」

ほむら「鹿目さん?」

ほむら(俺は暁美さんを、鹿目さんから見えないように死角に押し込んだ)

ほむら「奇遇ね、こんなところで」

まどか「わたしの家、この近くなんだ。ほむらちゃんこそこんなところで何してるの?」

ほむら「↓2」
839 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 01:01:04.08 ID:pXgHfcJZo
あなたのお父様に「お小遣いあげるからおいで」と荒い息でハァハァ言われたから来たのよ
840 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 01:01:33.93 ID:/kOTunJgo
貴女に会いたくて・・・
841 :今日はこれだけ [saga]:2013/04/01(月) 01:12:35.73 ID:WtUnmZ1r0
ほむら「貴女に会いたくて……住所を調べて来ちゃった」

まどか「えー……調べてって、どうやって調べたの……?」

ほむら「調べたのは嘘よ。貴女が帰るのを尾行していたら、たまたま家にたどり着いただけ」

まどか「帰るのについていったら家に着くのは当たり前だよ!? ていうか、尾行なんてしないでよ……」

ほむら「ごめんなさい……」シュン

まどか「う、うーん……せっかくだし上がっていく? 何もないけど……」

ほむら「↓2」


1.ごめんなさい、今忙しいの
2.いいの? 喜んでお邪魔するわ
842 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 01:13:14.70 ID:/kOTunJgo
2 乙
843 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 01:13:17.80 ID:9qx3W7V/o
844 :少し延長 [saga]:2013/04/01(月) 01:38:13.36 ID:WtUnmZ1r0
ほむら「いいの? 喜んでお邪魔するわ」

まどか「うん。それじゃ行こう!」

ほむら「ええ」

男「……」



ほむら(ここが鹿目さんの部屋か……少女趣味だ。ぬいぐるみがたくさんあるぞ)

まどか「ちょっと待っててね、飲み物持ってくるから。あ、ジュースでいいかな?」

ほむら「出来れば牛乳がいいわ。私はこの小さな胸に凄くコンプレックスを持っていて、日々大きくしようと努力しているの」

まどか「そ、そうなんだ。わかった、牛乳だね」

ほむら(鹿目さんが部屋から出て行き、俺一人が残された)

ほむら(何をして時間をつぶそうかな?」


↓2
845 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 01:43:10.37 ID:pXgHfcJZo
ぬいぐるみに盗聴器を
846 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 01:44:31.87 ID:emzUDbguo
下着を物色
847 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/01(月) 02:00:42.94 ID:WtUnmZ1r0
ほむら「下着を物色しよう」

ほむら(俺は置いてあるタンスを開け、下着を探した)

ほむら「あったあった。ふむふむ、流石に織莉子ちゃんの物と比べると迫力が落ちるな……」

ほむら「だけどこれはこれで魅力がある。どれ、匂いもチェックしておくか」

ほむら「……ほむっ! ほむほむほむっ!!」クンクン

ガチャ

まどか「お待たせー」

ほむら「ほむほむっ! ……ほむっ!?」クンクン

まどか「……何してるの、ほむらちゃん……?」

ほむら「……」

ほむら「ご、ごめんなさい……実はさっき、ちょっとうんちをちびってしまって……」

まどか「えぇー……」

ほむら「下着を貸してほしかったのだけど、恥ずかしくて言い出せなくて……ごめんなさい、ごめんなさい……」

まどか「あ、うん……大変だったね……」

ほむら「そういうわけだから、鹿目さんのパンツ、一枚貰って行くわね」

まどか「そ、それはやめてよ。着替えが欲しいなら新品をあげるから……」

ほむら「新品なんて悪いわ。鹿目さんが履き古したので結構よ」

まどか「わたしがやだよ。ちょっと待っててね、もうタンスは開けちゃダメだよ?」

ほむら「わかったわ」
848 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/01(月) 02:12:21.73 ID:WtUnmZ1r0
ほむら(再び鹿目さんが部屋を出て行ったので、俺はまた鹿目さんのパンツの匂いを嗅ぎ始めた)

ほむら「ほむほむっ! ほむ! ほむむむっ!!」クンクン

まどか「お待たせー」

ほむら「ほむ?」

まどか「なんでまだパンツ持ってるの!?」

ほむら「鹿目さんがタンスを開けるなっていうから戻せなくて……」

まどか「だからって持ってなくてもいいよね!? ……あーもう、恥ずかしい……」

ほむら(鹿目さんに手に持っていたパンツをひったくられた)

まどか「……はい、新品の下着。汚れたのは……このビニール袋に入れて、捨てちゃおっか」

まどか「トイレで履き替えてきてね。あ、今日は家族はみんな家にいないから安心して」

ほむら「うう、ありがとう鹿目さん……」

まどか「いいんだよ。困った時はお互い様だよね」

ほむら「その……ここまでしてもらって悪いのだけれど、出来れば私がお漏らししたことは……」

まどか「うん。クラスのみんなにはナイショだよ」

ほむら「ありがとう!」

ほむら(俺は新品の下着を持ってトイレに向かった)
849 :ここまで [saga]:2013/04/01(月) 02:21:48.78 ID:WtUnmZ1r0
ほむら「うーん、咄嗟に嘘をついたけど、別にうんこなんて漏らしてないんだよな」

ほむら「まあいいか。せっかくトイレに来たんだしとりあえず小便でもするか」

スルスル

ほむら「……」チョロロロロロロ

ほむら「ふう……」

ほむら「便器の脇についているこのボタンはウォシュレットだな。よし、意味もなく押すぞ」ポチッ

シャアアアアアア

ほむら「……」

ほむら「……!! こ、これは……思いのほか気持ちいい……?」


1.馬鹿な事はやめよう
2.オナニー出来るんじゃないか?


↓2
850 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 02:24:37.97 ID:pXgHfcJZo
851 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 02:29:08.51 ID:oJwpPt07o
2
852 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 03:09:55.25 ID:WaB82JHDO
なんでだよwwww
853 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/01(月) 07:14:30.19 ID:4oUWtiCv0
グッジョブ
854 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 09:56:36.92 ID:TK5iEQ/kO
こいつほむほむの家の 洋 式 トイレ大便失敗したんだよなぁ・・・
んで顔に出るぐらいマジギレさせた

うん、嫌な予感しかしないな
855 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 09:57:02.81 ID:TK5iEQ/kO
マジギレするほむらってこんな感じかね
http://matomagi.doorblog.jp/kiji/onihomu.gif
856 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 13:40:58.65 ID:3pboS4KG0
傍から見ると男(ほむほむ)がただのストーカーだなww
857 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 19:54:10.60 ID:oRNOQaIGo
なんだただの変態ほむらさんか
858 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/02(火) 20:05:33.29 ID:Fgbp2Gui0
ほむら「よ、よし、腰を浮かせて発射される水を性器に当てれば……!」スッ

ピタッ

ほむら「……? 腰を浮かすと同時に水が止まった。故障か……?」ストン

ほむら「もう一度……」ピッ

シャアアアアア

ほむら「おほおおおおおおーっ。よし、腰を浮かせて……」

ピタッ

ほむら「ま、また止まった」

ほむら「そうか、便座に体重がかかっていないと止まってしまうのか」

ほむら「よし、それなら……」

ほむら「まずは下半身裸になって、と。そして……」

ほむら(俺は後ろを向いて便座の上に足で立ち中腰になり、性器を水の射出口に向けた)

ほむら「おまるで用を足す時の体勢みたいだな」

ほむら「それじゃあこの状態で、水を発射させて……」ピッ

シャアアアアアア

ビチャビチャビチャビチャ

ほむら「うおっ、思ったより角度が上に向いてた!」

ほむら「くそっ、服も便座もびしょびしょだ! 早く位置を調整しないと……!」

ほむら(すり足で性器を水に近づける。その時……)

ほむら「うっ、濡れた便座で足が滑る!」

ほむら「きゃ、きゃーーーっ!」

ステーーーーン ゴツッ

ほむら(俺は便座から転げ落ち、床で頭を打ってしまった)

ほむら(意識が遠のいていく……これが「死」か、余りにも無念だ……)

ほむら「すまない……鹿目さん……」ガクッ
859 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/02(火) 20:09:05.82 ID:Fgbp2Gui0
「……むらちゃ…、ほむらちゃ……」

ほむら「……ん……」

まどか「ほ、ほむらちゃん! よかった、目が覚めたんだね!」

まどか「ねえほむらちゃん、一体何があったの!? どうして床がこんなに濡れてるの!?」

まどか「なんでほむらちゃんはそんな格好で気絶してたの!?」

ほむら「↓2」
860 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 20:10:33.92 ID:NhAxkit10
……あなた、誰?
861 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 20:10:56.55 ID:SYmLkRgZ0
862 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 20:10:59.29 ID:KextPWR8o
機械が壊れたみたい
863 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/02(火) 20:27:54.51 ID:Fgbp2Gui0
ほむら「……あなた、誰?」

まどか「……!?」

ほむら「頭が痛い……ここは一体どこなの……」

まどか「え、も、もしかして頭を打って……? あ、コブが出来てる……ねえ、しっかりして、これ何本かわかる!?」

ほむら(鹿目さんが三本の指を俺の目の前に出してきた。どうやら焦っているようだ)

ほむら「……っ!? ど、どうして私は下半身裸で……」

ほむら「い、いや……もしかして私は、貴女にレイプされるの……!?」

まどか「し、しないよ!」

ほむら「嫌ーーーっ! 妊娠させられる! 誰か助けて!!」

ほむら「このままじゃこの子の極太おちんぽが私のここに入っちゃう!」クパァ

まどか「げ、下品だよほむらちゃん……うう、ご近所に迷惑だから大声はやめようよ……」

まどか「ねえ、本当に頭打ったんだよね……? ここは後でいいから、まずは手当てしないと……」

ほむら「↓2」
864 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 20:30:16.12 ID:SYmLkRgZ0
助けて・・・
865 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 20:30:35.91 ID:KextPWR8o
じゃあ膝枕でもしてもらえるかしら
866 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/02(火) 20:44:19.33 ID:Fgbp2Gui0
ほむら「……」

まどか「ほら、行こう?」

ほむら「……膝枕……」

まどか「?」

ほむら「膝枕してくれるなら、行くわ……」



ほむら「ほむほむ、気持ちいい……」

まどか「あー……やっぱり腫れてるよ。氷、当てておくね」

まどか「ジャージは大丈夫? きつくないかな」

ほむら「鹿目さんのジャージが着心地悪いわけないわ」

まどか「そっか」

ほむら「鹿目さんのジャージに包まれながら鹿目さんに膝枕してもらえるなんて、最高の環境だわ……」

まどか「そっか。よかったね」

ほむら「……」

まどか「……」

ほむら「……」

まどか「……」

ほむら「怒ってる?」

まどか「ちょっとだけ怒ってるよ」

ほむら「↓2」
867 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 20:46:23.32 ID:MbZh2DfPo
ごめんなさい
868 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 20:46:24.44 ID:KextPWR8o
サーセン
869 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/02(火) 20:57:19.83 ID:Fgbp2Gui0
ほむら「サーセン」

まどか「……」

ほむら「……」

まどか「ちょっとここで寝ててね。氷はちゃんとコブに当てて。動いちゃダメだよ」

まどか「わたし、トイレの掃除してくるから」

ほむら「……わかったわ」

ガチャ バタン



ほむら「いたたまれない……」


1.帰る
2.待つ
3.掃除を手伝う

↓2
870 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 20:57:59.47 ID:5oBNRneDO
871 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 20:58:00.95 ID:KextPWR8o
3
872 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 20:58:12.51 ID:ZRkvSk1jo
3
狭い空間で二人きりになって掃除の邪魔に
873 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/02(火) 21:09:08.06 ID:Fgbp2Gui0
ほむら「掃除を手伝おう」ムクッ

ガチャ バタン



ほむら「鹿目さん」

まどか「え、ほむらちゃん?」

ほむら「私にも掃除を手伝わせて。私が汚したんだからちゃんと私の手で片付けないと」

まどか「もう、ダメだってば。ケガしてる人にそんなことさせられないよ」

まどか「ほら、わたしの部屋で寝ててね。掃除が終わったら戻るから」

ほむら「掃除くらい大丈夫よ。別に死ぬわけじゃ」

まどか「……ほむらちゃん!!」

ほむら「はい」

まどか「ほむらちゃんは頭を打ったんだから安静にしててよ。言うとおりにしてくれないと、本当に怒るよ」

ほむら「はい」

まどか「すぐ終わるからね。絶対だよ」

ほむら「はい」



ほむら「怖かった……大人しくしてよう……」
874 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 21:23:42.25 ID:wJgmfjv7o
やま女神
875 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 21:29:22.20 ID:nquSJeEwO
ぐう聖
876 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/02(火) 21:30:36.15 ID:Fgbp2Gui0
ガチャ バタン

まどか「お待たせ。トイレももうキレイになったから安心してね」

ほむら「ごめんなさい」

まどか「ううん、いいよ。それよりさっきは怒鳴ってごめんね」

ほむら「いいえ、全て私が悪かったの。鹿目さんがペナルティを望むなら、処女でも貞操でもバージンでもなんでも捧げるわ」

まどか「い、いいってば。それよりこれからは、ケガしてる時に無理に動いたりしちゃダメだよ?」

ほむら「ええ。胆に銘じておくわ」

まどか「てぃひひ……あ、ちょっと頭見せてね」

ほむら「ええ」

まどか「……うん、もう大丈夫だね。後は触ったり、激しい運動をしなければすぐ治るよ」

まどか「出来れば今日はお風呂は避けたほうがいいんだけど……女の子には厳しいよね。お風呂から出たら、また冷やすといいかも」

ほむら「お風呂は二日前に入ったから平気よ。明日まで入る予定はないわ」

まどか「うぇっへ……じょ、冗談だよね?」

ほむら「……」

まどか「な、なんとか言ってよ!」

ほむら「……」

まどか「……あ、そ、そうだ! ほむらちゃん、お腹空いてない? ママからお昼ごはんのお金預かってるんだ」

まどか「もしよかったら、一緒に何か食べに行こうよ。ママのおごりだよ」

ほむら(どうしよう……鹿目さんばかりにかまけていると、また暁美さんに怒られるかも……)

ほむら「↓2」
877 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 21:30:37.27 ID:IMa+h/AWo
ここのまどかはええ子やな
878 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 21:31:43.56 ID:KextPWR8o
ごめんなさい、今日はもう帰るわ
879 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/02(火) 21:50:50.48 ID:Fgbp2Gui0
ほむら「ごめんなさい、今日はもう帰るわ。ちょっと予定があるの」

まどか「あ……うん、そっか。わかったよ」

まどか「えっと、それじゃあ一緒に家を出ようね」

ほむら「ええ」



ほむら(鹿目さんと別れフリーになった。背を向けて遠ざかっていく鹿目さんの後を、暁美さんが尾けていくのが見えた)

ほむら「さて、これからどうしようかな?」


↓2
880 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/02(火) 21:51:19.44 ID:Fgbp2Gui0
今日はここまでです。ありがとうございました。
881 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 21:51:50.34 ID:KextPWR8o
おりこちゃんに会いに行く
882 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 21:52:04.09 ID:D3Yapp6+o
鹿目さん!後ろにストーカーがいるわ!
883 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 21:54:07.81 ID:pTQKRBpro
自分の思い通りの展開にしたいのなら自分で書いてください
884 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 15:16:59.08 ID:MVYsWY9AO
何の事かと思ったら一人でほぼ全部の安価取ってるんだな
萎えるわ…
885 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 17:22:46.74 ID:Skv61QAio
別に全部張り付いてスナイプしてるわけでもなさそうだしいちいち目くじら立てる必要もなくね?
文句があるなら安価とって見せろ
886 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 17:59:47.06 ID:MVYsWY9AO
文句はあるけどじゃあお前が安価取れとなる意味がわかりません。
それやっても安価が全部俺一人になるだけ。各個人が自重すべき。
887 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 18:03:02.47 ID:T08RpZYPO
別にこのスレならそんな気にならない
888 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 18:06:37.03 ID:JMlNMYF7o
一人で安価取りまくってたら、他の参加意欲が減って過疎るのはよくある 空気読んで自重するかは本人次第だけどな
889 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 18:30:27.44 ID:yxtHeIM8o
もともとVIPでやってたスレだしな
安価は取ったもの勝ちだろう
890 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 18:43:58.80 ID:d8JmbEDso
2秒未満でスナイプされるならともかく1分空いてるのもあれば数十秒もあるみたいだな
これだと取れなかった負け犬が自分の思い通りにならなくて吼えてるようにしか見えない
891 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 19:31:34.15 ID:MVYsWY9AO
一人で安価全部取るようなイカレた奴に展開を好き勝手にされるのが嫌なだけだったんだが。性癖をこれ見よがしに見せつけられるようなもんだ、そういうのは男だけでいい。
892 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 19:34:55.37 ID:MVYsWY9AO
ついカッとなってしまったが、これ以上このスレを荒らしたくないので俺のIDはあぼーんなりしてもう触らないでくれ。
でしゃばってすまんかった。
893 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 19:36:13.60 ID:+BNp6IgJo
気持ちはわからんでもないがこの話題まだ続けるの?
正直連続取得云々より萎えるんだが
894 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 19:37:43.89 ID:p6nPO3wgo
>>892
まぁなんだ。自分勝手な不満を抑えられないようなキチガイならば
スレ見ない方が精神衛生上よろしいぞ
895 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/03(水) 20:46:15.37 ID:zmguY/1D0
ほむら「織莉子ちゃんに会いに行こう」



ほむら「着いた。織莉子ちゃんの家だ。呼び鈴を鳴らすぞ」ピンポーン

ほむら「……」

ほむら「……」

ほむら「誰も出てこない……」

ほむら「仕方ない、壁をよじ登って勝手に入るか」



ほむら「ふう、侵入成功」

ほむら「うーん、庭には入れたけど家は鍵がかかってるよな」

ほむら「しかもピッキング出来るような簡単な鍵じゃない。どうする?」


1.窓を割って入る
2.庭の椅子に座って考える
3.諦めて帰る

↓2
896 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 20:48:45.34 ID:zApDkIVU0
897 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 20:49:11.70 ID:u3j+OTtho
2
898 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 20:49:11.72 ID:zApDkIVU0
899 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 20:49:56.48 ID:zApDkIVU0
900 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 20:51:23.02 ID:zApDkIVU0
901 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/03(水) 20:58:20.05 ID:zmguY/1D0
ほむら「どっこいしょ」トスン

ほむら「ふぅ……」

ほむら「今日の晩飯……どうしようかな?」

ほむら「……ん? あれは……」



カメラ「……」



ほむら「そういえば監視カメラがあったんだった」

ほむら「まいったな、綺麗に写してくれよ?」

ほむら「……」ニヤリ…

ほむら「サービスのスマイルだ。どや?」

ほむら「さて、一息ついたところで……」


1.窓を割って入る
2.諦めて帰る

↓2
902 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 21:02:15.56 ID:+BNp6IgJo

カメラも割っときたいところだ
903 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 21:02:26.35 ID:rloRJ5jPo
904 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/03(水) 21:38:02.34 ID:zmguY/1D0
ほむら「窓を割るぞ」

ほむら「回し蹴り!」ブン

バリーン

ほむら「ふう……すっきりした。中に入ろう」



おっさん「……」

ほむら「……」

ほむら(部屋の中に入ると知らないおっさんが首を吊っていた)

ほむら「ど、泥棒! 織莉子ちゃんを陵辱しにきた連続窃盗強姦魔だ!」

ほむら「だけど私に見つかったからにはもうおしまいよ。覚悟しなさい!」

ほむら「シッ! シシッ!」

ほむら(俺はパンチの素振りでおっさんを牽制した)

ほむら「シッ!」バシッ

ほむら「……やべ、当たった……」

おっさん「……」ブラ-ンブラ-ン

ほむら「宙吊りになったおっさんの体が俺のパンチで揺れている……」

ほむら「……何、サンドバッグみたいだと?」

ほむら「仏さんに失礼な事を言うな。お前らは死者を悼んだり敬う気持ちがないのか」

ほむら「うーむ、それにしてもこんなところで死体を見つけるとは……一体どうすればいいんだ……」

ほむら「逃げる? 通報する? うーん……」


↓2
905 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 21:39:26.63 ID:psny91vs0
通報する
906 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 21:39:28.80 ID:u3j+OTtho
叫び声を上げる
907 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 21:39:31.55 ID:4dwkHTK5o
蘇生をこころみる
908 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/03(水) 21:48:25.69 ID:zmguY/1D0
ほむら「んほぉぉぉぉぉーーーーっ!! あへあへあへぇーーーーっ!!」

ほむら「お、おっさんの死体見て、乳首おっきおっきしちゃいましゅうぅぅぅぅ!!」ビクンビクン

ほむら「ふぅ……」

ほむら「織莉子ちゃんいないみたいだし帰るか」

ほむら(俺はその場を後にした)



ほむら「ああ、腹が減ったな……」

ほむら「鹿目さんと飯食いにいけばよかった……あーんして食べさせあったり出来たのに……」

ほむら「言ってもしょうがない。もう鹿目さんの飯は済んでるだろうし、俺も飯にしよう」
909 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/03(水) 21:49:57.15 ID:zmguY/1D0
ほむら「もう夕方か……」

ほむら「オナニーでもして寝るか」

ほむら「誰でオナニーする?」


↓2
910 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage ]:2013/04/03(水) 21:50:25.45 ID:/hGI6LLU0
ほむら
911 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 21:50:28.81 ID:rloRJ5jPo
ほむら
912 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/03(水) 21:50:43.83 ID:zmguY/1D0
今日はこれだけです。ありがとうございました。
913 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 21:50:54.72 ID:rloRJ5jPo
914 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 22:41:15.25 ID:OLDUcN74o

きゃああああ、とか叫ぶかと思ったらこれだよ!
915 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/04(木) 08:50:36.36 ID:PGQe0zDjo
これ織莉子の父親をほむら(男)が殺したって
勘違いされるんじゃ…
916 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [縺輔£]:2013/04/04(木) 14:31:12.80 ID:o0+bySg30
予想はやめてくれ
917 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/04(木) 17:10:45.62 ID:74fJcUCC0
安価スレなら物語の展開とか決まってないようなものだし
展開をよくしようと話し合うのは普通じゃね?
まあ、このスレじゃ男の行動が予想できなさ過ぎて意味ないようなものだけどさ
918 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/04(木) 19:17:20.72 ID:MNuuDTCYo
俺ルール押し付け我侭甘ったれ坊やが多いのう
>>1がクールにスルーしてる時点で気づけば良いのに
919 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/04(木) 22:38:49.53 ID:oHBHuEOpo
男のキチガイ設定を無視してまでいい展開を目指すぐらいならその場のノリでキチガイRPを楽しむぜ

概ねその方がうまくいってるしwwwwww
920 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/05(金) 01:59:57.40 ID:yb6t8iKDO
他の安価スレみたいにキャラがある程度安価通りに動くなら考察や話し合いも必要になってくるんだが…
このスレじゃ考察や話し合いをしても男がキチガイ過ぎて全くおかしな方向へ持って行ってしまうから意味ないんだよなぁ
唯一明らかなのは真面目な方向に行こうとすると大抵ゲームオーバーになるってことぐらいか

まあそれが面白くて見てるんですけどね
921 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/05(金) 03:25:36.01 ID:TQBop8SAO
勝手にマジキチ行動しておいて悪い結果が出たら「お前らのせいでこうなった」だからな
922 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/05(金) 09:39:42.31 ID:yL74toPLo
そもそも安価なんて飾りにしかなってない気も
923 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/05(金) 13:00:36.82 ID:oO64XOk/o
無難な安価が続く方が見ててつまらんわ
924 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/05(金) 13:37:45.20 ID:yCXaZR0io
ここは、安価で物語が決まる訳じゃなくて、EDまでの過程が変わるだけで一本道だからな 適当にやっても問題ない
925 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/05(金) 15:19:20.02 ID:TQBop8SAO
適当にやった結果がさやかルート
926 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/05(金) 20:17:25.60 ID:aNc5PjiUO
>>923
全くだ
ここはカオスであってこそだ
927 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/05(金) 22:57:13.34 ID:c9tbn5VQo
>>925
安価から出てくるさやかルートだから適当でいいや臭
928 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/05(金) 23:06:19.35 ID:IItJkLvyo
バージニアルートとか言われてましたし
929 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/05(金) 23:09:33.82 ID:Zj3S1fTNo
あれは鼻ちんこで一頻り爆笑できたから満足
930 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/05(金) 23:58:28.52 ID:yb6t8iKDO
ほむらを変態行為で足止めしてマミさん殺されるとか拘束されて小便漏らすとかオクタヴィアダッチワイフにするとか
色々酷いルートだったな
931 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/06(土) 19:06:21.28 ID:GCipIdJGo
おりこルートで本気出す
932 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/06(土) 19:34:22.55 ID:CWnBtcrZo
その前の杏子・ゆまルートでも本気出そうぜ!
933 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 01:59:04.27 ID:zV/HE9H00
ロリには興味ないので
934 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/07(日) 02:04:57.63 ID:V8m9o7QDO
更新きたかと思ったわ…
もう何も言わん
935 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 13:55:52.65 ID:OIPjrhpg0
糞DO消えろ
936 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/07(日) 14:16:30.24 ID:N6gcehNPo
>>935

■ SS速報VIPに初めて来た方へ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1364178825/

とりあえず一回は↑の>>8ぐらいまでは読め。板のマナーとかルールとか書いてあるから
あと消えろとか糞とかあんまり言うな。ムダに荒れるから

何で俺がこんな自治厨見たいなこと言わにゃならんのだ
937 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/08(月) 00:21:56.53 ID:vYIw36kp0
ほむら「暁美さんでオナニーだ」

ほむら「この間撮ったオナニー動画を使うときが来たな。とことんまでやってやるぞ!」

ほむら(俺は携帯に収めた暁美さんのオナニー動画をリピートで流し始めた)



ほむら「ふぅ、体力の限界だ……全ての力をオナニーに使ってしまった、何回絶頂したかわからんぞ」

ほむら「鹿目さんのジャージに身を包まれながらだったから指が止まらなかった……ほどほどにしないといけないな」

ほむら「む、もう日付が変わりそうじゃないか。明日は学校だというのに」

ほむら「まあいいか、これ暁美さんの体だし」

ほむら「ああ、眠くなってきた……」

ほむら「Zzzzz....」





男「さて、今日も一日頑張るぞ」
938 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/08(月) 00:33:16.39 ID:vYIw36kp0
男「おはよう」

仁美「おはようございます、先輩」

仁美「今日も学校まで、よろしくお願いしますね」

男「おう」



仁美「あらあら。それではその幼馴染さんは、最初からお金が目的だったんですのね?」

男「その通りだ、あいつは金のためなら平気で人を裏切れるクソビッチなんだ」

男「志筑さんは特に金持ちだからな、そういう人間ともこれから何度も出会うだろうし、付き合っていかないといけない。気をつけろよ」

仁美「そうですのよね……見極めが難しいわ……」

男(うーん、話していてよくわかるが、志筑さんはかなり地頭がいい。理解力が高いから会話の回転が速いし、話しているとなかなか楽しいぞ)

男(アホの美樹さんとじゃ天と地の差だな。上条恭介はこの二人から同時に好かれているのか)

男(まあ俺が上条の立場なら、迷わず↓2を選ぶがな)


1.美樹さん
2.志筑さん
939 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/08(月) 00:34:03.70 ID:U/SRgDtHo
当然2
940 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/08(月) 00:43:35.61 ID:O9inBkjNo
941 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/08(月) 00:59:54.91 ID:vYIw36kp0
男「まあ志筑さんなら社会の荒波にも耐えられるだろう

仁美「?」

男「俺はまだこの歳だけど、色んな人間を見てきたから『持ってる』奴がわかるんだ。そんな俺が保障するが、志筑さんは何やっても成功するタイプだな」

仁美「くす……見ただけでそんな事がわかるだなんてあり得ませんよ」

男「そうでもないんだ。いままでに俺がこいつだと思った人物は全て大成している。今でこそ誰もが知ってる偉人の、まだ無名だった時に成功を予言したこともあるんだぞ」

仁美「まあ……それはどなたですの?」

男「木下藤吉郎とかかな……」

仁美「あらあら。先輩は見かけと違って、随分とお年をお召しになっておいでですのね」

男「教科書で奴の顔を初めて見た時、こいつはやる奴だと思ったよ」

仁美「ふふ……それでしたら私も……」



男「学校に着いたな。それじゃあ志筑さん、今日も勉強頑張って」

仁美「はい、先輩も」
942 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/08(月) 01:07:19.50 ID:vYIw36kp0
男「昼休みだ。さて、今日の昼は……」

マミ「男君。今日も一緒に……」

男「おう、行こう行こう。あ、ちょっと先に行っててくれるか。トイレに行ってくるから」

マミ「ええ。待ってるわね」



男「ふう、すっきりした」

男「マミさんが待ってるし、早く飯を食いに行こう」

「ちょっと、そこのあんた!」

男「ん?」

さやか「あんた、この間の奴でしょ。おもちゃ屋であたしの従兄弟のミニ四駆壊した……」

男「なんだ美樹さんか。忙しいからまた今度な」スタスタ

さやか「待ちなさいよ!」グイッ

男「ぐえっ」

男「え、襟首を引っ張るのはやめろ。苦しいんだぞ……」

さやか「同じ学校の先輩だったなんてね。信じられない、あれが中三にもなってやること?」

さやか「しかも嘘までついて言い逃れするし。最低じゃん」

男「↓2」
943 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/08(月) 01:11:13.40 ID:bhbPh+omo
そんなんだから幼馴染を取られるんだ単細胞
944 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/08(月) 01:11:47.47 ID:vYIw36kp0
今日はこれだけです。安価下
945 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/08(月) 01:13:19.32 ID:c/udCwU9o
>>943
946 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/08(月) 01:41:46.56 ID:KGARzKvXo

焚きつけて言い逃れするのかw
947 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [縺輔£]:2013/04/08(月) 02:23:02.19 ID:hzw6yKX70
面白いな

本当にワクワクするわ
948 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/08(月) 16:33:22.32 ID:dT3jQ+eb0
本当の事を言ったのに嘘だと思われてるぞ
949 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/08(月) 16:48:21.53 ID:PVLtvaJPo
半分くらいは本当だったよ!
950 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/08(月) 16:57:07.00 ID:0GdZWrhtO
>>948はキチガイだから触れないように
951 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/08(月) 17:32:55.61 ID:VmYvHRjm0
青とは仲良くなれない運命か
952 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/08(月) 18:54:29.44 ID:KGARzKvXo
>>951
見てる側もさやかと仲良くする気がないしな
953 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/09(火) 13:09:48.46 ID:MXdlrGT90
原作では「さやか寝取られてかわいそう!」みたいな感じだけど

……どう考えても青より緑のほうが優良物件だよな
正直同情よりうざさの方が強かったし
954 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/09(火) 16:42:49.57 ID:KzlA1qDR0
無神経だから気づかずにいじめてるんだからな
955 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/04/09(火) 16:50:30.27 ID:VueQ6Y040
どうやらこのスレの住人も男の瘴気にやられているようだ……
前は思っても書こうもしなかったのに……
956 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/09(火) 18:52:19.33 ID:jXxbBMIDO
お前らまでキチガイ自慰狂になったら誰がまどか助けんだよ!目を覚ませ!ドピュ
957 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/09(火) 20:36:02.29 ID:eX4BsFFGo
目が覚めたので[田島「チ○コ破裂するっ!」]だ
958 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/10(水) 17:01:10.05 ID:+IOs1QnU0
影響を受けたか
959 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/10(水) 17:51:48.41 ID:U8BtlM51o
まあでも、叩いてたのは嘘にしても、いじめてたのは事実だからな
男は置いといて、青のいとこがゆまちゃんに謝るべき悪いことをしたのは変わらないような
960 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/10(水) 23:34:23.17 ID:BL+pMV7I0
嘘ついたなガキ共
961 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/10(水) 23:37:03.96 ID:D2+tEKWEo
この時間に書き込む時くらいsageの確認してくれ
962 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/10(水) 23:40:18.09 ID:BL+pMV7I0
しまった
963 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/11(木) 18:23:50.55 ID:xw0AT+3d0
アホのさやか師匠
964 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/12(金) 07:53:02.08 ID:f+cYSeklo
青木さやか
965 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 17:15:33.21 ID:mEGdnz6P0
まだか
966 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/12(金) 19:57:17.35 ID:qaWgm+Zyo
書かなくていいです
967 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/13(土) 03:07:59.27 ID:vhFO4CtF0
これの続きが楽しみで一週間が過ぎるんだ

たのむ

つづきを…
968 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/13(土) 03:09:03.31 ID:vhFO4CtF0
これの続きが楽しみで一週間が過ぎるんだ

たのむ

つづきを…
969 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/13(土) 17:07:08.60 ID:eEpRFwqU0
つづきは
970 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 01:51:38.47 ID:830tzeFi0
まだか
971 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/14(日) 14:18:51.49 ID:Fc/Wt5L6o
ageんな
レス数みろ
972 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/14(日) 14:39:14.33 ID:kYVhvnfaO
まだか(笑)
973 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/14(日) 20:46:09.53 ID:hKEoa73L0
男「うるさいな……そんなんだから幼馴染を寝取られるんだ」

さやか「はぁ!?」

男「うっ、しまった。これ言ったら駄目なんだっけ?」

さやか「なんであたしの幼馴染が出てくるのよ。あんたに関係ないでしょ、意味わかんないし」

男「……」

男(どうしよう?)


↓2
974 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/14(日) 20:47:32.05 ID:6W7Nv3Qio
いやあ寝取った方とはちょっと仕事で関係ありましてね…
975 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/14(日) 20:48:10.70 ID:830tzeFi0
あのガキ共が女の子をいじめていたのは事実だ、それと俺は未来から来た
976 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/14(日) 21:16:40.85 ID:hKEoa73L0
男「まあ待て。美樹さんは俺が嘘をついたと言うが、あのガキ共が女の子をいじめていたのは事実だ」

さやか「……そんなことわかってるけど」

男「何? だったらなんでこんな風に突っかかってくるんだ」

さやか「あんたさ。だからって人の持ち物壊していいと思ってるの?」

さやか「あの子達、貯めたお小遣いでようやくあのミニ四駆を買ったんだよ。そりゃあ自慢の仕方は問題あったし女の子には悪いと思うけどさ」

さやか「やりすぎだって言ってるの。おもちゃをバカにされた仕返しがおもちゃを壊すことって、ちょっとおかしいでしょ?」

さやか「ていうかさ、あの女の子とあんたの関係は何? あの子あんたの事知らないって言ってたよ。あとなんであたしの名前知ってるの? その辺はっきりさせて欲しいんだけど」

男「俺は未来から来た!」

さやか「……うわぁ」

男「よってなんでも知っている」

男「いいだろう、話してやる。ただ込み入った話になるからちょっと人気の無い場所に移動したいんだが」

さやか「……あ、やっぱりいいわ……」

男「ん、なんでだ?」

さやか「なんていうか、電波さんとは……あ、ごめん、用事あるからこれで……」

男「そうか……」
977 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/14(日) 21:49:20.52 ID:hKEoa73L0
男「お待たせ巴さん」

マミ「男君。ふふ、もう用意出来てるわよ」

男「おう、いただきます」



男「今日も授業が終わったぞ」

マミ「男君。途中まで一緒に帰らない?」

男「すまん。ちょっとバイトがあるんだ」

マミ「そう……」

男「また明日な」

マミ「ええ。……あのね、男君。アイドルとして本格的に活動するようになったら、今みたいに自由な時間は取れなくなるかも知れないの」

男「ん? ああ、そうかもな」

マミ「だから……」

マミ「……ううん、やっぱりいいわ」

男「そうか? じゃあお疲れ」

マミ「うん」
978 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/14(日) 22:06:39.73 ID:hKEoa73L0
仁美「お待たせいたしました、先輩」

男「おう、今日も一日お疲れ様。別に待ってないぞ、早いもんだ」

仁美「先輩こそ。いつも私よりも早く校門に来てますけど、係の仕事やお友達とのご予定は平気なんですの?」

男「はは、平気平気。先週も今週も掃除当番じゃないし、係はなにもやってない完全な帰宅族なんだ」

仁美「あら、そうでしたの。意外ですわ……しっかりしていらっしゃるのに」

仁美「付き合っていただいている私がいうのもなんですけれど、係や委員会で何かするのもなかなか楽しそうではありませんか?」

男「↓2」


1.家が貧乏で……
2.本当にお前が言うなって感じだな
3.係は誰にでも出来るだろ?
979 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/04/14(日) 22:07:36.66 ID:2z6op+0W0


ここは空気嫁よ
980 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/14(日) 22:07:42.65 ID:xqlbpR9Zo
1
981 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/14(日) 22:07:53.93 ID:duPb4IDF0
1
982 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/14(日) 22:08:07.62 ID:tcVqAdNX0
983 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/14(日) 22:11:31.87 ID:duPb4IDF0
金稼がないと元の体に戻れないからな
984 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/14(日) 23:15:15.20 ID:hKEoa73L0
男「実は家が貧乏でな……バイトをしないと生きていけないんだ」

仁美「あら、そうなんですの」

男「まあ中学生でバイトなんてするくらいだからな。そこは察してくれ」

仁美「うーん、知らずとはいえ失礼な事を言ってしまったかしら……?」

男「いや、そんなことはない」

男「というか俺が思うに、係や委員会が楽しそう、というのは俺に言い聞かせたいんじゃなくて志筑さんの想いだろう?」

仁美「あらあら……」

男「俺は別に係の仕事がやりたいわけじゃないしな。金も貰えないのに学校のために働くよりも、金が入る上にこうやって必要としてくれる人のためになる仕事をする方が性にあってるんだ」

男「その点志筑さんはどうなんだ? 金持ちには金持ちの苦労があるだろう。稽古事でやりたい事が出来なかったりしてないか?」

仁美「……さすがは先輩です。実は、たまに思う事があります。もう少し自由な時間が出来たらと……」

男「まあ、俺にはどうしてやることも出来ないけどな。ただ、金持ちの家の子供に枷があるように、貧乏な家の子供にも枷はあるって思えば少しは気が楽になるんじゃないか?」

仁美「……そうですわね。忙しかったりお友達との時間が取れなかったりするのは、何も私だけじゃない。先輩はそうおっしゃりたいのですね」

男「↓2」
985 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/14(日) 23:34:06.93 ID:K2dWqUbpo
986 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/14(日) 23:34:13.89 ID:xqlbpR9Zo
そういうことさ
自分だけが不幸だと思いつめると自分で自分の不幸を増大させるだけだ
987 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/15(月) 00:25:17.02 ID:kmRLcXrDO
えっ誰だこいつ(困惑)
988 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/15(月) 00:31:28.02 ID:EbB+w6gF0
誰だよ
989 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/15(月) 00:58:08.46 ID:S/IJjE+h0
男「まあそういうことだな」

男「育った環境なんて生まれついてのものだし、変えようもないからな。深く考えないのが一番だ」

仁美「極端ですのね」

男「貧乏人はみんな極端なんだ」

仁美「ふふ……」



男「志筑さんの家に着いたぞ」

仁美「はい。今日も一日お疲れ様でした」

男「じゃあまた明日な」

仁美「はい、また明日」

「てめえ、また食材買い間違えてんじゃねえか!! これで何回目だ!!」

「ひいぃぃぃーっ、す、すんません!」

男「ん? なんか騒いでるみたいだぞ……」

仁美「あ、ええと……使用人の山中さんですね」

仁美「その、少しミスの多い方で……いつもの事ですので、お気になさらず」

男「そうか? まあ確かに俺には関係ないか。それじゃあ」

仁美「はい」
990 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/15(月) 01:04:13.15 ID:S/IJjE+h0
男「さて、次は何をしようかな……」

prrrrrrr prrrrrrr

男「ん、着信か。織莉子ちゃんからだ」

ピッ

男「はい、もしもし」

織莉子『……男』

男「なんだ織莉子ちゃん?」

織莉子『男は……私の恋人よね』

織莉子『私に何があっても、どんなことが起きても、私の味方でいてくれる?』

男「なんだ突然……」

織莉子『答えて……』

男「↓2」


1.もちろんだ。何があっても織莉子ちゃんの味方だ。
2.は? そんなの時と場合によるだろ。
991 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/15(月) 01:06:56.30 ID:Wtkf9EFlo
1と答えたいがまどかが関わってきそうだしなぁ…
まぁ1
992 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/15(月) 01:07:05.84 ID:kmRLcXrDO
993 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/15(月) 01:18:35.98 ID:VCq4a7XYo
まともな選択肢は地雷の法則がくるか
994 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/15(月) 01:22:54.33 ID:kmRLcXrDO
シモい選択肢がない時はマトモで良いはず(適当)
995 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/15(月) 01:40:02.05 ID:S/IJjE+h0
男「もちろんだ。俺は何があっても織莉子ちゃんの味方だぞ!」

織莉子『男……ありがとう』

男「何かあったんだな? 聞かせてくれ!」

織莉子『……これから私の家に来られる?』

男「大丈夫だ。すぐ向かうぞ」

織莉子『ええ……』



男「それで、何があったんだ?」

織莉子「お父様が……」

織莉子「……昨日亡くなったわ。警察は自殺と言ってる」

男「な……!」

男(昨日のおっさんは織莉子ちゃんの父親だったのか)

織莉子「だけど、お父様が自殺なんて絶対にあり得ない。お父様が世の中のために身を粉にして働き続けていた事を私は知っている。お父様は私の誇りなの」

織莉子「そんなお父様が、遺書も残さずたった一人私を置いて自殺だなんて……信じない、信じられない……!」

男「……」
996 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/15(月) 01:41:16.31 ID:S/IJjE+h0
織莉子「お父様は自殺に見せ掛け殺された。そうに違いないわ、お父様を殺した犯人を私は許さない……!」

男「いや、それはどうなんだ……? 犯人って言ったって、何か根拠でもあるのか?」

織莉子「お父様の亡骸を見つけて、警察を呼んでから気づいたの。防犯カメラに何か映ってるんじゃないかって」

織莉子「……見て、この映像を。お父様の死亡推定時刻のあたりのうちの庭よ」

男「! こ、これは……」



ほむら『……』スタスタ

ほむら『……』ドスッ



男「い、椅子に座った? か、彼女は一体……」

織莉子「この女の子の事を私は知らない。見たことも聞いたこともない。この家に縁のある人物ではないわ」

男「ぶ、不気味だ……! このタイミングで不審人物だなんて、余りにも出来すぎている! 事件に無関係だとはとてもじゃないが……」

織莉子「ええ、同感ね」

男「くっ、なんと喋っているんだ? 音声までは拾えないのか……!」



ほむら『……』チラッ

ほむら『……』



男「なっ、こっちを見た!? 何か喋っているぞ!」

織莉子「間違いないわ。この子は……監視カメラに見られている事を知っていた」



ほむら『……』

ほむら『……』ニヤリ…

ほむら『……』



織莉子「っ……!」ゾクッ

男「わ、笑った……? こっちを見て笑った後、何か喋ったぞ!?」

男「お、恐ろしい……得体が知れなさ過ぎる……!」

織莉子「おそらく……こちらを挑発してきているんだわ。『次はお前だ』と言ってるような気がする……」
997 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/15(月) 01:42:39.26 ID:kmRLcXrDO
おいwwwwww
998 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/15(月) 01:45:42.82 ID:Wtkf9EFlo
窓割ってまで侵入した奴だ、犯人に違いない!
999 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/15(月) 01:49:19.90 ID:S/IJjE+h0
男「な、なんてことだ……! 怪しすぎる、無関係とは思えない!」

織莉子「……」

男「しかし、なんらかの事情を彼女が知っているとして、どうやって彼女を探すんだ……?」

織莉子「それは……よく見て、男。彼女の服装を」

男「服装? どれどれ……なんの変哲もないジャージに見えるが……」

織莉子「ジャージは普通の物よ。だけど見て、彼女の胸元を」

男「胸元? ……あ、ああああっ!? そうか、ジャージにはゼッケンが付き物! そしてそのゼッケンには然るべくして彼女の名前も!!」

織莉子「ええ。……これが、お父様の仇の名前」

織莉子「この先一生、私はこの名前を忘れない。胸に刻んで刻んで生きていくつもりよ」



『鹿目』



織莉子「鹿目……私の敵……!」

織莉子「絶対に許さない……!!」
1000 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/15(月) 01:50:44.85 ID:rpLc0KZdo
まどか、とばっちりだー!!
1001 :1001 :Over 1000 Thread
          | |\                /| |
          | |::.::.\.________./.::.::| |
          | |:::.::.:.:.| ⊂⊃      ⊂⊃ |.:.:.::.:::| |
          | |:::.::.:.:.l∧_∧   ∧_∧|.:.:.::.:::| |  NIPは誰でもウェルカム
          | |:::.::.:.:.|,, ´∀`)  (・∀・ ,,).:.:.::.:::| |
          | |:::.::.:⊂   つ  (     つ .::.:::| |
          | |:::.::.:.:.| ヽノ____Y  人|.:.:.::.:::| |                     SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
_____| |:::.::.:.:.|,_,)       (__),_|.:.:.::.:::| |_____               http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/
          |_|,.. '"              "'  .,|_|

1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
男「今までの日常から引き剥がされたとき人間はどんな感情になるのだろうか」 @ 2013/04/15(月) 01:04:45.67 ID:69/hbRGD0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365955485/

後輩「先輩かわいい!」先輩「百合とかないわー」 @ 2013/04/15(月) 01:03:04.39 ID:nLiiESC8o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365955384/

先生「お前らは今日からB組の生徒だ」生徒「B組?」 @ 2013/04/15(月) 00:58:54.49 ID:Ccb88Cnzo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365955134/

くっさいくっさいSS速報VIPはこちらwwwww @ 2013/04/15(月) 00:44:39.76 ID:uvJ5d4PAO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365954279/

憧「ひみつのアコちゃん」 @ 2013/04/15(月) 00:19:01.47 ID:KcgInT7i0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365952741/

上条「」 @ 2013/04/14(日) 23:50:37.10 ID:rW/0NE30o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365951036/

兄者「うおおおおおおおおおおお!アクセスッ!」 @ 2013/04/14(日) 23:49:11.26 ID:JPzXeCSlo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1365950951/

【安価でFate】己が一手で未来を掴め【コンマ】 @ 2013/04/14(日) 23:18:40.51 ID:xxAD6dHf0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365949120/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

304.56 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)