このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

モバP「ウサギまみれ」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 20:08:33.02 ID:o7YqrjOt0
一応続編です

モバP「猫だらけ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1369574428/

モバP「犬づくし」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370001288/


のんびりと書いて行きます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370344112
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

私をもっと崇めなさーい! @ 2019/02/22(金) 00:06:27.27 ID:9rnorr410
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1550761586/

【イナズマイレブンGO】剣城「疲れたな...」堕天使「その2!」【安価・コンマ】 @ 2019/02/21(木) 23:52:12.08 ID:SOdHaZGP0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550760731/

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル17曲目! @ 2019/02/21(木) 23:26:55.86 ID:QdeE3pLa0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1550759215/

曜「Aqoursがお送りするラジオ!」ダイヤ「スクールアイドル放送局ですわ!」 @ 2019/02/21(木) 22:59:04.59 ID:SSLg2Z5a0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550757544/

花粉症辛い @ 2019/02/21(木) 22:32:18.72 ID:DyWR6vZv0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1550755938/

マーティ・マクフライ「えっ? ドク、糞を漏らしたのかい?」 @ 2019/02/21(木) 22:25:58.44 ID:GHbflzSB0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550755557/

NARUTOにまた異物が紛れ込みました Part.1 @ 2019/02/21(木) 21:42:47.99 ID:mJzm/ZEhO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550752967/

双海真美13歳 趣味:メール、『ぼんさい』 @ 2019/02/21(木) 19:41:28.24 ID:aKL+wyJA0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550745687/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 20:10:26.30 ID:TTvCrJTCo
期待
ウサギといったらあの人ですよね!
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 20:16:13.70 ID:9tiiiBVNo
俺の嫁が出ると聞いて
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/04(火) 20:22:12.77 ID:o7YqrjOt0
P「戻りましたー!」

ちひろ「おかえりなさーい!」

P「いやいや、今回も大変だった....」

ちひろ「で、どうだったんですか?」

P「思った以上にバッチリですよ!」

美羽「お客さんたち喜んでくれましたね!」

頼子「....ええ、そうですね....」

レナ「私もつい興奮しちゃったわ!やっぱりライブっていいわね!」

P「みんなお疲れ様、とってもいいライブだったぞ」

ちひろ「なんだかんだで3組目の動物ユニットですよね」

P「ですね」

ちひろ「犬、猫ときてウサギとは....プロデューサーさんったら♪」

P「べ、別に変な意図はないですよ....」

ちひろ「本当ですかぁ?」

P「もちろんです!この『ドライラビッツ』はもっと健全な感じなんですからっ!」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 20:27:02.72 ID:px0gWEqAO
ウサミン星人がいないだと
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 20:30:09.76 ID:Lk1G7THoo
ウサギ乾いてるんです?
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 20:30:13.91 ID:kDSNc+bdo
一番大切な人がいない気がするウサ
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 20:30:20.16 ID:RSqBVQGjo
ウサミン死亡確認
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 20:30:24.06 ID:TTvCrJTCo
ミミミン……ミミミン……
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/04(火) 20:31:32.91 ID:o7YqrjOt0
レナ「健全って言ってもこんなに胸元が空いてるんじゃ説得力ないわね」ピラッ

P「そ、それはレナさんの魅力を最大限アピールするためで....」

レナ「ふーん....あら?どこ見てるのPさん♪」

P「べ、別にどこも.....」

美羽「むぅ...」

頼子「......」ジーッ

レナ「でもこのメンバーはちょっと意外だったわ」

P「そうですか?」

レナ「ええ、ウサギって言うからてっきり菜々ちゃんが来るものだと思ってたから」

美羽「あっ、それ私も同じこと思ってました!」

頼子「私も...」

P「ああ、それも考えたんだけど....」

P「ただどうしてもな....菜々がメンバーに入ると他が割を食うというか....」

頼子「というと?」

P「あいつちょっとキャラがその....濃すぎてな、ユニットに入れづらいんだよ」

レナ「....なるほどね」

美羽「すごいです!他の人に影響を及ぼすほどのキャラの濃さ!私も見習わなきゃ!」

ちひろ「.....濃すぎるのも問題なんですよ、美羽ちゃん」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 20:35:50.53 ID:uOr3YwS20
お前ならやってくれると信じていたよ。
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 20:36:24.45 ID:CYjHNl6k0
ウサミンがいないとは…
でもPの言い分もなんか納得
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 20:38:01.62 ID:7VEnDp2yo
http://i.imgur.com/E5nv4Kx.jpg
http://i.imgur.com/FPmZWfd.jpg
矢口美羽(14)

http://i.imgur.com/GVZBslC.jpg
http://i.imgur.com/sggmbf5.jpg
古澤頼子(17)

http://i.imgur.com/3hPa3W8.jpg
http://i.imgur.com/K4atbRB.jpg
兵藤レナ(27)
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 20:44:26.79 ID:ioYo39g60
謎の保育士「…」
謎の科学者「…」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/04(火) 20:48:49.73 ID:o7YqrjOt0
P「というわけで美羽!今回はお前がドライラビッツのリーダーだ!」

美羽「は、はい!私、一生懸命頑張ります!」

P「頼子とレナさんも美羽の事サポートしてやってください」

頼子「...はい、やってみます....」

レナ「ふふっ♪任せてPさん!」

美羽「ただ、この衣装はちょっと恥ずかしいですけど.....」

P「そんなことないさ、とっても似合ってるぞ」

美羽「そ、そうですか?」

P「バッチリだ!ウサギの耳もカワイイしな、自信を持て!」

美羽「エヘヘ、プロデューサーさんに言われたら自信出てきたかも....」

P「その調子だ美羽!頑張れ!」

美羽「はい!がんばっちゃいます!」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 20:55:27.41 ID:Ag6AxMOpo
ロボがいないウサ
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/04(火) 20:56:22.66 ID:o7YqrjOt0
−−−翌日−−−


P「......で、どうしてこうなった....」

美羽「あっ、おはようございますプロデューサーさん!」

P「おはよう美羽、早速だがそれは一体何だ?」

美羽「これですか?やっぱりユニットのリーダーになったからには常にそのユニットの事を第一に考えなきゃって....」

P「うん、いい心がけだと思うけどな....」

P「....その着ぐるみはなんなんだ?」

美羽「リーダーって事は他のメンバーとの違いを出した方がいいかなって考えたんです!どうです?似合いますか?」

P「えーっと....」

美羽「あっ!決め台詞も考えとこうかな!みうさぎピョーンピョン♪どうでしょ?」

P「ダメだコイツ、はやくなんとかしないと.....」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 21:08:38.18 ID:Hwk1wbvD0
ああ、またみうさぎが暴走した…
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/04(火) 21:12:32.52 ID:o7YqrjOt0
レナ「おはよう...って、どうしたの美羽ちゃん?おもしろい格好して」

P「おはようございますレナさん、どうも迷走してるみたいで....」

美羽「キャハッ♪ラブリー14歳!....これもなんか違うなぁ.....」

レナ「あはは、ちょっと張り切りすぎみたいね.....」

頼子「これはこれでおもしろい.....かも?」

P「ただのイロモノだろこれじゃ....」

美羽「うさうさ〜♪....いや、控えなさい♪のほうが....」

P「美羽、別に誰かのマネをしなくてもいいんだ」

P「お前はお前の持ち味を出せばいいんだよ」

美羽「私の持ち味....ですか?」

P「ああ、美羽はそのままで十分可愛いんだから」

美羽「そ、そうですか.....」

P「昨日も言ったろ?自信を持て」ナデナデ

美羽「ひゃっ....///」カアァァァ
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 21:12:49.63 ID:uOr3YwS20
普通に美少女なのになあ……
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 21:13:54.14 ID:RSqBVQGjo
残念な美少女
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/04(火) 21:30:01.96 ID:o7YqrjOt0
頼子「プロデューサーさん....」

P「んっ?どうした頼子?」

頼子「その...私にも持ち味があるでしょうか....?」

P「持ち味?そりゃあるさ」

頼子「でも私、知ってるかもしれませんけど....自分を表現するのが苦手で.....」

頼子「こんな私が....上手く観客の心に響くライブができるかどうか....」

P「確かに頼子はあんまり感情を表に出す方じゃないとは思うけど....」

P「だけど、それは出会ったころの話だろ」

頼子「出会ったころ.....」

P「そう、今の頼子はだいぶ表情が豊かになってきてるじゃないか」

P「気付いてないかもしれないけど、ライブの時のお前はすごくいい顔をするようになったぞ」

頼子「そう....ですか?」

P「もちろんだ、ファンは頼子がミステリアスなようでいて実は結構情熱的なところもわかっているはずさ」

P「それも十分持ち味なんだ、だから持ち味がないんじゃないかなんて思う必要はないんだぞ」

頼子「....はい」
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 21:48:35.66 ID:9tiiiBVNo
>美羽「キャハッ♪ラブリー14歳!....これもなんか違うなぁ.....」

ウサミン星人「はい?」(威圧)
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 21:55:15.87 ID:bpTpjdby0
ウサミン「ちょ、ちょっと!なんか違うってどう言う事ですかぁー!?」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/04(火) 22:07:17.68 ID:o7YqrjOt0
レナ「ふふっ♪さすがはPさんね」

P「レナさん...」

レナ「ねえPさん、私はどう?持ち味あるかしら?」

P「レナさんの持ち味はとってもセクシーで、魅力的なところですよ」

レナ「へえ....なかなか言うわね」

P「魅力的じゃなかったら貴方をスカウトしてません」

レナ「あらあら、事務所で口説くつもり?」

P「そ、そんなつもりは....ただ正直な感想を言っただけで....」

レナ「冗談よ♪貴方が正直な人だってことは知ってるもの」

美羽「わあ...やっぱりレナさんは大人です!」

頼子「私も....あれくらい言えたら....」

ちひろ「はいはい、みんなとイチャイチャするのはその辺にしてください、お仕事あるんですから」

P「....はい」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/04(火) 22:30:54.88 ID:o7YqrjOt0
−−−−−−−−


P(美羽たちのライブも今のところ好評だな)

P(ただ....美羽はまだ己の方向性に迷ってるようだが.....)

P(うーむ....そう悩まずに普通にしてればいいと思うんだがなぁ....)


ガチャッ


P「戻りま....」

美羽「ひゃっ!お、おかえりなさいプロデューサーさん!」

P「ただいま美羽、なんで衣装着てるんだ?」

美羽「ちょ、ちょっとイメージトレーニングを....」

P「イメージトレーニングねぇ....」
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 22:53:20.22 ID:izfGM5VI0
ミミミン! ミミミン! ウーサミン!(憤怒)
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 23:06:12.98 ID:+GV/XerpO
お前ら落ち着けよ…俺も先生がいなくて真顔で読んでるけど、十分面白いだろ
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/04(火) 23:06:54.83 ID:o7YqrjOt0
P「まだ悩んでるのか?」

美羽「プ、プロデューサーさんはそのままでカワイイって言ってくれますけど....」

美羽「どうしても不安になるっていうか....」

美羽「私には頼子さんみたいな知性もレナさんみたいなセクシーさもないし....」

P「まあ確かにそういった個性はないけどな....」

P「だからって無理して個性を身につけなくたっていいんだぞ」

美羽「そう言ってもやっぱりリーダーとしては特徴が欲しいっていうか.....」
P「心配性だなぁ美羽は....」

美羽「あっ!でもこの前クラスの男子たちが私の事ウワサしてるの聞いちゃったんですけど.....」

P「ほほう、美羽の事をか?どんなだ?」

美羽「その.....」モジモジ

P「?」

美羽「『矢口は結構胸がおっきいな!』って.....」

P「そ、それは....」

美羽「や、やっぱりそっち方面でアピールしていけばいいんでしょうか?」
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 23:14:54.71 ID:B0rlStfr0
逆に考えるんだ
アナベベさんは違うユニットとして登場する可能性がある、と考えるんだ
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 23:15:56.66 ID:Ag6AxMOpo
ユニット名「捕らえられたウサミン星人」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 23:35:44.52 ID:jHRc/BpC0
14で81って普通に巨乳だよね
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 23:39:00.90 ID:m1kOQX8wO
揉みたくなるね
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/04(火) 23:44:29.64 ID:o7YqrjOt0
P「ちょ、ちょっと待て美羽!あのな....」

美羽「はい?」

P「お前はわからないかもしれないが14歳というのは多感な時期でもあるんだ」

P「特に男子は色々とお盛んだったりする」

美羽「オサカン?」

P「だから美羽のその....胸を見てそう思うのも無理はないんだ....」

美羽「は、はあ....」

P「しかしだな!お前もそういう方向で売り出そうとは今のところ考えていない!」

P「俺はお前のウサギのように愛らしくて無邪気なところを押していきたいんだ」

美羽「愛らしくて無邪気、ですか.....」

P「そうだ、だからお前は胸とかそっち方面をアピールするのはまだ早いってことだ」

美羽「なるほど.....」
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/05(水) 00:03:27.63 ID:S1bUKhzL0
P「わかってくれたか?」

美羽「わかりました!まだ早い、ですね!」

P「そういうことだ」

美羽「でも、愛らしくて無邪気ってホントですか?」

P「まあな、あとお前は横で見てるとすごくなごむんだよ」

美羽「なごむ?」

P「何事にも一生懸命だけど結構ポカをやらかすからな、見てておもしろいし、なんか....なごむ」

美羽「ひ、ひどいですよぅ!本気でやってるのに.....」

P「悪い悪い、そう怒るな」ナデナデ

美羽「もう....」

P「でもお前が一生懸命頑張るってのは一つの個性だと思うぞ」

美羽「それが個性?」

P「ああ、何事にも一生懸命ってのはやろうとするとすごく難しいんだ」

P「でも美羽は当然のようにレッスンも仕事も一生懸命だろ?もちろんライブでお客を喜ばせようとすることだってな」

P「それってすごく大切な個性だと思うぞ」ナデナデ

美羽「プロデューサーさん....」
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/05(水) 00:11:28.75 ID:S1bUKhzL0
美羽「エヘヘ、やっぱりプロデューサーさんは優しいです!」

美羽「それに、私の事を本当によく見てくれて....」

美羽「私、そんなプロデューサーさんが大好きです!」

P「大好きって.....おいおい」

美羽「プロデューサーさん♪」ダキッ

美羽「これからも、私にいろいろ教えて下さいね!」

P「ああ、もちろんだ」

美羽「それで....さっきの話なんですけど....」

P「?」

美羽「胸とかをアピールするのは『まだ早い』って事は.....」

美羽「....もう少し大きくなったらしてもいいって事ですか?」

P「っ!?」

美羽「私も胸とかアピールすれば、プロデューサーさんもドキドキするのかなぁ......」

P「ダ、ダメダメ!お前がそういうの考えちゃイカン!」
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/05(水) 00:21:00.71 ID:S1bUKhzL0
−−−夜−−−


P(美羽の奴、なんとか迷いを吹っ切ったみたいだな)

P(一番年下のあいつにリーダーをやらせるのはちょっとした冒険だったが.....)

P(これで一皮むけてくれそうだな、よかったよかった)


ガチャッ


頼子「お、お疲れ様です....」

P「おう、お疲れ頼子....ってお前もか....」

頼子「ちょ、ちょっとだけ....」

P「まっ。普段のお前のキャラから言うとバニーっていうのはなかなか縁がなさそうだもんなぁ」

頼子「....だから、少しでも慣れておこうと思って....」

P「うん、いいことだと思うぞ」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/05(水) 00:23:26.18 ID:s6YNvEl+0
ここまででお月見相葉ちゃんの話題が一回もないとか絶望した!
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/05(水) 01:35:12.47 ID:jUt8W25co
おおう、みうさぎ可愛過ぎるんじゃ
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/05(水) 20:57:43.44 ID:GwPggeKk0
頼子「やっぱり....バニー姿は、恥ずかしいですね...///」

P「でもとってもよく似合ってるぞ」

頼子「そう....でしょうか...なんだか変な気分....」

P「カワイイぞ頼子、本物のウサギみたいだ」

頼子「あ、ありがとうございます.....」

P「頼子、ウサギの鳴き声ってどんな声だ?」

頼子「鳴き声....ですか?」

P「美羽とかに聞かれたんだけど答えられなくてさ」

頼子「ウサギは....声帯が無いので....殆ど鳴きません」

P「なーんだそうだったのか、さすがに頼子は物知りだなぁ」

頼子「いえ、そんなことは.....」

P「おっ、見ろよ頼子、そういえば今日は満月だぞ」

頼子「...ええ、そうですね」
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/05(水) 23:05:29.21 ID:GwPggeKk0
P「綺麗な満月に、隣にはカワイイウサギか」

頼子「わ、私がウサギ....ですか?」

P「まあ今の格好もそうだけどさ、頼子は結構おとなしいからな」

P「殆ど鳴かないウサギとはある意味共通点があると言えるかもしれないぞ」

頼子「ふふっ、そういえばそうかもしれませんね....」

P「でもたまにしか鳴かないウサギの声を毎日聞ける俺はある意味ラッキーかもな」

頼子「プロデューサーさん....」

P「まっ、最近はたまにじゃなくてよく鳴くようになったかもしれないけど」

頼子「ふふっ、それは心を許せるから.....安心していられるからなんですよ?」

P「そうか?」

頼子「ええ....信用できる人の前ではウサギも気を許して....心の内をさらけ出せるんです」

P「なるほどな、そんなに俺を信用してくれるならこんなにうれしいことはないよ」

頼子「.....」

P「どうした頼子?」

頼子「いえ、なんでもありません.....」



頼子「月が....綺麗ですね.....」

P「ああ、そうだな」
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/05(水) 23:15:52.90 ID:GwPggeKk0
頼子「プロデューサーさんはまだお仕事ですか...?」

P「まあな、片付けておきたいのがまだ残ってるし」

頼子「じゃあ...これをどうぞ...」

P「なんだこれ?時計か?」

頼子「晶葉さんに....作ってもらったんです」

P「晶葉が?へぇ、目覚まし時計みたいなものか?」

頼子「....はい、プロデューサーさんは時間に追われて大変そうなので....」

頼子「これなら...遅れることはないと思いますから...」

P「ありがとう頼子」

頼子「晶葉さんにも...言ってあげて下さい....」

P「ああ、そうするよ」

頼子「じゃあ私はこれで失礼します.....」

P「おう、気をつけてな」
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/05(水) 23:25:11.20 ID:GwPggeKk0
頼子「.....プロデューサーさん?」

P「んっ、どうした?」

頼子「その....この前のことなんですけど....」

P「この前?」

頼子「私....『表情が豊かになってきた』って言われた事....本当に嬉しかったです」

頼子「これからも....プロデュースよろしくお願いします」ペコリ

P「頼子....」

頼子「それじゃあ...無理しないで下さいね....」バタン

P「何だよ....ちょっとウルッと来たじゃないか....」グスン

P「....ここを押せばいいのかな?」ポチッ


『時間だぞプロデューサー!さあ、元気を出して仕事だ!』


P「これは晶葉の声か....これは?」ポチッ


『Pくん、時間ですよぉ?遅れたら...めっ!ですよっ♪』


P「なるほど、これは亜里沙さんか」
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/05(水) 23:44:56.37 ID:GwPggeKk0
P「ここは?」ポチッ


『ほらほらPさん?もう時間だよ!楽しいお仕事の時間!』


P「この声は夕美か、元気でるなぁ....」

P「んで、最後のこれは?」ポチッ


『....プロデューサーさん、もう時間です....』


P「ラストが頼子ってわけか」


『私、精一杯がんばります.....でも....』


『無理はしないで....』


P「頼子....ありがとな....」

P「....これで寝坊はしなくなりそうだな」
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/05(水) 23:47:06.38 ID:7LHAXs2L0
イイハナシダナー
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/05(水) 23:49:44.76 ID:jUt8W25co
いいねぇ、納得の人選だな
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/06(木) 00:47:20.56 ID:d627TbHS0
−−−数日後 夜−−−−


P(頼子があんな事言ってくれるなんて感動してしまったな....)

P(最初は目もろくに合わせてくれなかったあいつが俺を心配してくれるなんて.....)

P(感動だぜ全く....この目覚まし時計もいい感じだし...)

P(こりゃよりいっそう頑張らないとな、残業にも身が入るってもんだ!)


P「.....」カタカタ...


ガチャッ


レナ「あら、Pさん?」

P「レナさん?どうしたんですかこんな時間に」

レナ「ううぅ....ちょっと年長組の飲み会があってね...」

P「大丈夫ですか?」

レナ「ええ、少し休めばよくなると思うわ....」

P「無理しちゃダメですよ、そんなにお酒強くないのに」

レナ「わかってるつもりだったんだけど.....」
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/06(木) 00:55:29.77 ID:d627TbHS0
P「ソファーで休んでてください、水持ってきますから」

レナ「ゴメンなさいね....」

P「いいんですよ、これくらい」

レナ「うふふ....ファンにこんなところ見られたら幻滅されちゃうかしら?」

P「今は俺しかいませんから大丈夫です、ハイ水」

レナ「ありがとう....」ゴクゴク

P「本当に大丈夫ですか?何ならタクシー呼びますけど」

レナ「平気よ、少し休んでいれば」

P「じゃあソファーで横になっててください」

レナ「ええ、そうさせてもらうわ」

P「無理しないで下さいね、ダメだと思ったらすぐに言ってください」

レナ「ええ、本当にやさしいのねPさんは....」

P「当然ですよ、俺はレナさんのプロデューサーなんですから」

レナ「へぇ.....」
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/06(木) 01:15:18.59 ID:FZBbPxQho
うさぎの本性はまだですかね(ゲス顔)
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/06(木) 01:40:31.42 ID:RX8Oh5ayo
マーチヘアか
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/06(木) 01:55:14.99 ID:d627TbHS0
P「.....」カタカタ...

レナ「Pさんはいつもこんな時間までお仕事してるの?」

P「うーん、いつもってわけではないですけどわりと多いですね」

レナ「大変そうね」

P「もう慣れましたから」

レナ「ふーん....」

レナ「ねえPさん、ちょっとこっちに来てくれない?」

P「えっ、なんです?」

レナ「いいから!ほら、私の隣に」

P「どうかしたんですかレナさん?」


ガシッ


P「!?」

レナ「あら、やっぱりすごくこってるみたいよ」モミモミ
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/06(木) 02:02:32.17 ID:d627TbHS0
P「ちょ、ちょっとレナさん!いいですよそんな....」

レナ「ダメよ、たまにはこうしてマッサージしないと」モミモミ

P「で、ですけど....」

レナ「いいからいいから、私に任せて」モミモミ

P(あっ、気持ちいいかも.....)

レナ「本当にお疲れ様、私たちのためにこんな夜遅くまで....」モミモミ

P「いえ、確かに疲れるときもありますけど....」

P「俺が頑張った分だけレナさんたちが活躍できるんなら、そう悪いもんでもないですよ」

レナ「あらあら、嬉しい事言ってくれるわね」

P「本当の事ですからね、さあそろそろ...」

レナ「よい、しょっと...」ポスン

P「ちょっ、何してるんですか!?」

レナ「ゴメンなさいね、私酔っ払ってるから♪」ギュッ

P(これはマズイ!今の体勢はいわゆる....)

P(た、対面座位みたいな格好に....)
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/06(木) 02:46:15.28 ID:cUmz1v8jo
http://i.imgur.com/ooKtkyw.jpg
http://i.imgur.com/UoR0n8U.jpg
池袋晶葉(14)
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/06(木) 11:59:54.99 ID:TRN3pi+H0
レナ「ウフフ、Pさん♪」ムギュッ

P「モガッ!い、息が出来な....」

P(レ、レナさんのロケットおっぱいが!)

レナ「私ね、貴方の事本当にすごいなと思ってるのよ?」

レナ「いつも私たちの事を一番に考えてくれて、嬉しい事があれば一緒に喜んでくれる」

レナ「悲しい事があれば一緒に泣いてくれる」

レナ「私たちの仕事を取る為に頭を下げてくれて、靴がすり減るまで歩いて....」

レナ「今までいろんな人を見てきたけどあなたみたいな人ははじめてよ」

レナ「クスッ、こんな気持ちになっちゃうのもね♪」

レナ「....シラフじゃ言えないわね、こんなことは」

P「.....」グッタリ

レナ「あら、Pさん?ちょっと大丈夫!?」
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/06(木) 12:23:38.23 ID:fg9LqXLO0
ずるいぞP 羨ましいぞP
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/06(木) 12:26:33.31 ID:TRN3pi+H0
P「はぁ...はぁ...」

レナ「大丈夫?ゴメンなさいね、ついうっかりしてて....」

P「大丈夫です、むしろ天国と地獄をかいま見た感じで.....」

P「ところでさっきはなんて言ってたんですか?」

レナ「えっ?ウフフ....ナイショよ♪」

P「?」

レナ「ところでPさん、知ってる?」

P「なにがですか?」

レナ「ウサギってね、とっても性欲が強いのよ」

P「そ、そうなんですか....」

レナ「ええ、そして今の私はウサギちゃん、だから....ね?」

P「な、なにが言いたいんですか?」

レナ「Pさん....」ススッ....

P「な、なにを....」

レナ「野暮な事聞かないで....」

P「レ、レナさん...」

レナ「クスッ、なーんちゃって!冗談よ♪」

P「....あ、あれ?」
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/06(木) 12:34:46.21 ID:FZBbPxQho
おれのロケットも上昇し始めてたのに
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/06(木) 12:40:39.03 ID:TRN3pi+H0
レナ「どう?オトナの魅力にタジタジかしら?」

P「は、はぁ...」

レナ「ゴメンなさいね、今日のところはやめとくわ」

P「今日のところは?」

レナ「ええ、まだまだライバルが多そうだしね」

レナ「でもねPさん」

P「はい?」


チュッ


P「なっ!?く、口に....」

レナ「私が負けず嫌いなの、知ってるでしょ?」

P「レナさん....」

レナ「この勝負も負ける気は無いわよ?」
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/06(木) 12:45:00.19 ID:TRN3pi+H0
P「それって....」

レナ「それじゃ、そろそろ帰るわね」スッ

P「は、はい...」

レナ「あっ、そうそうPさん?」

P「なんですか?」

レナ「ウサギってさびしいと死んじゃうって言うじゃない?」

P「まぁ、そう言われてますね」

レナ「だ・か・ら、ウサギをさびしがらせないように....」

レナ「今度はもっと刺激的な夜にしましょうね♪」

P「ちょ、ちょっと!」

レナ「じゃあPさん、また明日ね」バタン

P「......」



P「や、やわらかかったなぁ......」
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/06(木) 14:32:27.83 ID:+vqRHR3b0
どこがやわらかかったんですかねぇ…
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/06(木) 15:50:49.29 ID:TRN3pi+H0
−−−−−−


P「おはようございまーす」

美羽「おはようございます!プロデューサーさん!」

P「おっと、今日はずいぶん元気だな美羽」

美羽「はい!今日はライブですからね!今から楽しみでしょうがないんです!」

P「気合入ってるな!その調子でいくぞ!」

美羽「はい!リーダーとして恥ずかしくないライブにしますね!」

P「おう!頼むぞ美羽!」

頼子「おはようございます....プロデューサーさん...」

P「おはよう頼子、調子はどうだ?」

頼子「ええ、大丈夫です...プロデューサーさんは?」

P「バッチリだよ、お前のくれた目覚まし時計のおかげさ」

頼子「そうですか....よかった....」
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/06(木) 16:18:28.64 ID:TRN3pi+H0
美羽「むうぅぅ...二人で内緒の話ですか!?」

P「別にそういうわけじゃ....」

頼子「ええ、そうですよ、内緒の話です♪」

P「お、おい頼子....」

頼子「プロデューサーさん....誰にも言っちゃだめですよ?」

美羽「ずるいですプロデューサーさん!あっ、もしかして秘密の特訓ですか!?」

P「秘密って、おいおい....」

美羽「私にも特訓して下さいプロデューサーさん!いろいろ教えて下さい!」ギュッ!

P「こら!リーダーはどこ行ったんだ!?」

美羽「リーダーだからいつもプロデューサーさんと一緒じゃなきゃだめなんです!」

頼子「じゃあ私も....二人で秘密の特訓ですね....」ギュッ
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/06(木) 16:31:38.11 ID:TRN3pi+H0
レナ「おはようございま....って、朝からモテモテねPさん?」

P「レ、レナさん....笑ってないで助けて下さい!」

美羽「レナさん!プロデューサーさんと頼子さんが秘密の特訓を.....」

レナ「秘密の特訓?あら、なら私も教えてもらおうかしら?」

P「ちょ、ちょっと!乗っからないで下さいよ!」

レナ「なんなら私がPさんに教えてあげてもいいわよ?二人っきりでイロイロと、ね?」ムギュッ♪

頼子「わ、私も....プロデューサーさんに色々と教えてほしいです....」ギュッ

美羽「ダメですよ二人とも!リーダーの私が特訓してもらうんですー!」ギュウウウウウ

P「ええい、みんな離れろ!」

頼子「嫌です....」

美羽「いーやーでーす!」

レナ「イヤよ」

P「ど、どうしたんだよみんな!?」

レナ「だって、ねえ?」

頼子「...知らないんですかプロデューサーさん?」

美羽「お話の中のウサギさんは時々....」




美羽・頼子・レナ「陽気でイタズラ好き♪」
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/06(木) 16:39:38.22 ID:TRN3pi+H0
菜々「酷いですよ、プロデューサー!」

P「どうしたんだよ?」

菜々「どうしたもこうしたもありませんよ!なんでウサギのユニットなのにナナがいないんですか!?」

P「だってお前はウサミン星人だろ?ウサギとは似て否なるものっていうか....」

菜々「そんなことありませんよ!確かにビミョーに違いますけど、それはガンダムとガンガルみたいなもので....」

P「だいぶ違うだろそれ.....」

菜々「とにかく納得出来ませーん!」

P「そうは言ってもな、お前と組むと他のアイドル達がウサミン星人になっちゃいそうだし....」

菜々「いいじゃないですか、この際ウサミン星から新たに来たってことにすれば」

P「じゃあ実際にウサミン星に連れていくか」

菜々「.......えっ?」
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/06(木) 16:42:34.70 ID:TRN3pi+H0
P「だって同じユニットでウサミン星人を名乗る以上はウサミン星を見ておかないとな」

菜々「そ、それはその.....」

P「大丈夫だって、電車で一時間だろ?」

菜々「えっと...今ウサミン星は定員いっぱいで.....」

P「じゃあダメだな、大丈夫だ!今の菜々なら一人の方がキャラが立つから!」

菜々「あの....名誉ウサミン星人という手も....」

P「却下」

菜々「ウワーン!プロデューサーのバカー!!」





おわり
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/06(木) 16:43:20.98 ID:MksdXdlfo
確かにユニット組んでるところ想像できないよな、安部さん
まぁ持ち歌的にもまったく想定されてないことが伺えるが
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/06(木) 16:44:06.96 ID:TRN3pi+H0
駄文失礼しました〜
一応このシリーズはこれにて完結です
やっぱりみうさぎはそのままの方が可愛いよ
あとレナさんは最近ちょっとお気に入りです
最後はちょっと蛇足だったかも....
ではまた〜
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/06(木) 16:52:26.81 ID:cUmz1v8jo
http://i.imgur.com/7FxMnpz.jpg
http://i.imgur.com/rTB1UAg.jpg
安部菜々(17?)
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/06(木) 17:00:55.21 ID:Q1HaeF4kO


みうさぎ可愛い!
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/06(木) 17:13:11.69 ID:GImO9vezo
最高に乙
71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/06(木) 17:30:07.72 ID:vJXkDP500
乙です
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/06(木) 18:49:53.07 ID:p/zIDU9L0
おっつ
これで最後か 好きなシリーズだっただけに残念
73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/06(木) 21:05:09.92 ID:OwM579Lqo
乙です

何でガンガルとか知ってるんですかねえ…
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/06(木) 21:08:50.11 ID:CFZQXY5xo
完結か〜ちょっと残念だけど
じゃぁ他のアニマルユニットが組めるかといえば…

自分じゃぱっと思いつかんな

何はともあれみうさぎかわいすぎ
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/07(金) 22:27:04.46 ID:3tchLM5Po
狐!
あとはニナチャーンきぐるみあたりか・・?
31.44 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)