このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

岡崎泰葉「マイ・パッション」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 16:55:27.32 ID:sFJRaXSc0
アイドルマスターシンデレラガールズより、岡崎泰葉のSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370764527
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【マジカルバナナ】モンキー・D・ルフィ→モンキー→倭猿→池沼 @ 2018/12/17(月) 16:04:02.84 ID:L4TTtSu1O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1545030242/

うまる「うまるはまとめサイト巡回で忙しい!」←ネトウヨ自白してるようなものだよな @ 2018/12/17(月) 07:58:10.60 ID:8NhAQjYXO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1545001090/

【少女歌劇SS】なな「純那ちゃんと華恋ちゃんの仲を引き裂こう!」ひかり「よしきた」 @ 2018/12/17(月) 00:51:50.05 ID:lxHV4z1M0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544975509/

道明寺歌鈴「バスルームマーメイド」 @ 2018/12/16(日) 23:51:16.06 ID:pUh8l9DQo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544971875/

小日向美穂と冬夜の温もり @ 2018/12/16(日) 23:36:00.57 ID:Wi4dcB/qO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544970960/

【たぬき】小日向美穂「魔女とケーキと誕生日」 @ 2018/12/16(日) 23:13:26.74 ID:kbM1fmIl0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544969606/

恋鐘「縄跳びなんて久しぶりやね〜♪」タユンタユンッ! 三峰「…」 @ 2018/12/16(日) 22:47:51.00 ID:4Pb5mc3h0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544968070/

【艦これ】放送禁止 ある艦娘の映像記録 @ 2018/12/16(日) 22:07:52.84 ID:p4LMnKJ/0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544965671/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 16:55:57.36 ID:sFJRaXSc0

初めて会ったときのこと……ですか。
覚えてますよ、もちろん。

今までのことは、全部覚えてます。

私とプロデューサーとの最初の出会いは、現場でのことでした。

5月の、初めくらいのある日。
今でもライブのときにはお世話になる、例の劇場で、です。

その頃にはもう、私がアイドルになってから、しばらく経っていました。

私は子どもの頃から、モデルや子役のお仕事を通して、芸能界に生きてきました。
アイドルの活動を始めたことに、何かきっかけがあったわけじゃありません。

……ここからはアイドルの活動、なんて、きちんとした線はないですからね。

事務所の都合とか、売り出し戦略だとか……。
そういうものに流された結果だったと思います。

当時は、そのことに不満を感じませんでした。
というよりも、不満を感じる余裕はなかったという方が正しいのかな。

私の居場所は、もうそこにしかなかったですから……。

誰も迎えてくれない、人ひとり分のスペースでしかないものだったけど。
それでもそこが、私の唯一の居場所でした。
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 17:00:44.16 ID:sFJRaXSc0

例の劇場では、定期的にライブバトルという名前のイベントが行われます。

ソロならソロで、ユニットならユニットで、エントリーすると対戦相手が決まって。
そこでお互いに一曲を披露して、勝ち負けを決めるというイベントですけど……。

……ふふっ、今さら説明するまでもないですよね。

とにかく、そのある日に、私の対戦相手に選ばれたのが、プロデューサーだったんです。

……あ、プロデューサーじゃない。
プロデューサーが担当していたアイドルの人、です。

そのときの私は、思い上がりとかはなしに、今日は勝てるだろうと思いました。
この世界に入ったのは昨日今日のことじゃないし、それなりに自信はあったんです。
見るからに入りたての新人さんに、負けたくないという気持ちもありました。

でも……お察しですか?

……はい、私は負けました。新人さん相手に。
負けたってことは、やっぱり思い上がりだったのかも。

たくさんライブバトルをすれば、たまには、そういうこともあるから……。
だから私にとって、負けたことそのもののショックは、そんなに大きくなかったです。

……本当ですよ?
ああ、今日は負けか、って……そのくらい……。

……。

…………いえ、嘘です。そんなに軽くはなかった……かな。

けれど、それよりもショックだったのが、そのすぐ後のことでした。
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 17:05:18.04 ID:sFJRaXSc0

 ………………………… ◇ …………………………


「プロデューサー! 私、勝ったよ!」

「おう、おめでとう! 頑張ったな!」

ライブバトルが終わって、一息ついていた私の耳に、そんな会話が聞こえてきたの。

いかにも新人さんらしい、元気のあり余った声だと、そのときの私は思いました。
……今思うと、負けてちょっと悔しかったんじゃないかなって。

私の目の前で、相手だった女の子は、プロデューサーに飛びつきました。
プロデューサーの方も、笑いながらその子を受け止めてあげていて……。

二人して飛び跳ねてました。

何やってるんだろうって、思いました。
ライブバトルで一度勝ったくらいのことで、鬼の首を取ったように……。

喜んでいられるのは最初だけなのに、と呆れました。

けれど、そう思うよりもっと、羨ましさもありました。
あんなふうに一緒に喜んでくれる人は、私にはいなかった。

勝っても褒めてくれないし、負けても慰めてくれない。
……いや、むしろ、それだけなら、まだ……。

私の知ってる大人は、勝って当然、負けたら役立たず。
人を褒める言葉には、いつだって何か裏がある。そういう人たち。

……あの子のプロデューサーだって、ああ見えて、どうせそうなのよ。
……そうに決まってる。

帰り支度をする私は、一人でした。
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 17:10:32.29 ID:sFJRaXSc0

劇場を出る前に、私は掲示板に立ち寄って、これからのライブ予定を確認しました。

何のためか……って?

それは、私にはプロデューサーがいなかったから。

……いたかもしれないけど、いないのと同じことだった。

スケジュールは週の初めに配られたけど、それだけ。
誰も私のことなんて気にしてない。他のことは、自分でやります。
だから、今後の予定に変更はないか、見られるときに見ておきたかったんです。

出演者の欄を、上からずーっと指でなぞっていくと、ほどなくして二つめの私の名前。
対戦相手は、今日と同じ。

……次は、勝ちたいな。

勝つために、何をしたらいいか。
あの子の弱点はどこだろう。

掲示板に載った相手の名前をじっと見つめて、彼女のパフォーマンスを思い出した私。

「おっ、さっきの人発見!」

すると、後ろから、聞き覚えのある声がしました。

何かなとは思ったけど、自分に向けてのものだとは思わなかったから、私は振り向かなかった。
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 17:15:24.38 ID:sFJRaXSc0

「こら。さっきの人、じゃないだろ。覚えてないのか」

「うえ……。だって私、自分のステージで手一杯だったんだもん」

「まあ、今は仕方ないか……で、あの子は……えーと…………なんて子だっけ」

「なんだいなんだいプロデューサー、私と一緒じゃん!」

「一緒にするな。俺は今から思い出す…………――ああ、そうだ。泰葉。岡崎泰葉って子だ」

自分の名前が聞こえてきて、私は振り向きました。
つい、反射的に。

でもそのときには、彼らはもう、劇場を出て行くところでした。

楽しそうにお喋りしながら、お互いに笑顔で、よく晴れた外へ。
……眩しい光の中に、入っていくように。

それにしてもあの人たちは……まったく、大きな話し声。

掲示板に向き直りながら、私は不思議な気持ちになりました。

長いこと呼ばれることのなかった自分の名前。
しかも……下の名前です。

それが、直接じゃなくても、赤の他人のプロデューサーに呼ばれるなんて。
きっと普段から、人を名前で呼んでいる人なんだろうな。


 ………………………… ◇ …………………………
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 17:20:23.81 ID:sFJRaXSc0

それから少しして、私は劇場を出ました。

その日は天気がよくて、自動ドアを抜けた瞬間、お日様がすごく眩しかったのを覚えています。

それに、暑かった。
熱中症に注意してくださいって、天気予報が呼びかけるくらいだったと思います。

早く事務所に帰ろうと足を向けたところで、だけど、私はすぐに立ち止まりました。
だって、そこで、変な人を見つけたの。

私の目の前で。
スーツ姿の男の人が、地べたに両手をくっつけて、地面の声を聞いていたんです。

ぺちゃんこの蛙みたいな格好でした。
……そうそう、そんな感じです。……お上手ですね。

……もしその人が自動販売機の前にいるんじゃなかったら、私は110番したかもしれません。

今日は暑いから、飲み物を買おうとしたのかな。
そして、小銭を自動販売機の下に落としちゃったのかな。……って。

事情はなんとなく、予想できましたけど、近寄りたいとは思いませんでした。
逆から帰ろうかとも、ちらっと考えました。

この上なく怪しかったんだもの。

考えてみたら、言葉を交わしたのはこのときが初めてだから……。
あまりスマートな出会いとは、言えないですね。

ちなみに、後になってこの感想をプロデューサーに話したとき。
口止め料だって言って、ヘアピンを買ってくれました。


…………あっ。

……まあ、ばれなければ……大丈夫ですよね?
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 17:25:23.85 ID:sFJRaXSc0

 ………………………… ◇ …………………………


「どうかしましたか?」

私は男の人に、上から声をかけました。
その人は、くるりと頭を回して私の顔を見ましたが、起き上がろうとはしませんでした。

「五百円玉を落としちゃってね」

私に声だけを返して、男の人はまた、自動販売機の下を覗きこみました。
それから、独り言のように、言葉が続きました。

「いいことの後には悪いことが来るんだなあ」

「……はあ」

いいことって、何だろう。
ライブバトルで私に勝ったこと?

「人間万事塞翁が馬とは、よく言ったものだよ」

……よくわからないけど、そこまで大袈裟な話じゃないと思うの。

人に見られても、慌てた様子はまったくなくて。
這いつくばって探しものを続ける度胸に、私は呆れてしまいました。

体面とか、プライドとか、そういうものはあなたにはないの?

それから、私が呆れたわけは、もうひとつ。

「……その五百円玉って、これですか?」

男の人の足元の、光る金色を指さして、私は聞きました。
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 17:30:20.70 ID:sFJRaXSc0

「助かったよ。ありがとう、見つけてくれて!」

「どういたしまして」

男の人に、冗談に感じるくらい、上機嫌な声で、私はお礼を言われました。

まるで、私が何か特別なことをしたかのように。
特別なことは何もしてないのに。

たった五百円をこうも大事にするなんて、貧乏なところなのかな。
そのときの私が、そう思ったことは内緒です。

「君は……さっき、俺たちと勝負をした子だよね。岡崎泰葉さん」

「はい、そうです」

さっきの会話を聞いていたから、覚えられていたことには驚かなかった。

……驚かなかったけど、目を伏せて、言葉少なに答えた私。
負けを思い出すのは、悔しい。

この人の笑顔にも、何か含みがあるんじゃないかって、そんな気がしました。

「見つけてくれたお礼だ、君にも奢るよ。お茶かジュースか、どれがいい」

けれど、私の内心なんて、会ったばかりのこの人には知るよしもないことです。

自分と担当アイドルの分なのか……。
既にペットボトルを2本、片手で取り出した男の人は、私にそう言いました。
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 17:35:47.10 ID:sFJRaXSc0

「えっ……その、結構です」

「まあそう言わずに。ライブの後で喉渇いてるだろう?」

咄嗟に断った私でしたが、男の人は気にしたふうもなく勧めてきます。

……せっかくなので、お茶を買ってもらいました。

……この日は暑かったから。
それに、事務所の人には期待できない親切が……。
プロデューサーがアイドルにしてくれるような気遣いが、嬉しかったから。

「……君は慣れてるみたいだね」

お礼を言って、お茶のペットボトルを受け取ると同時、男の人に言われました。

慣れている。
芸能界に……という、意味かな。

この人もプロデューサーなら、アイドルの年季は、見ただけでわかるのかも。
そのときの私は、そう解釈しました。

「そう見えますか?」

「うん。……って、しまった。そろそろ戻らないと、待たせすぎで怒られるな」

我に返ったように、男の人はお釣り口を確かめて、私に背を向けました。
誰を待たせているのかなんて、聞かなくてもわかります。

さっきの、この人が担当しているアイドルの子だろう。

「それじゃあまた、次のライブバトルで」

帰り際に、私のまだ知らない、私をまだ知らないプロデューサーは。
次は負けない、と意識していた私の心を見透かすような言葉を置いていきました。
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 17:40:20.89 ID:sFJRaXSc0

事務所に帰ると、空気が少し、ざわついていました。

大人たちが一つの机に群がって、何か話しています。

荷物を肩から降ろしながら、私はちょっとだけ、考えました。

仕事中に邪魔をするなって怒られるから、普段は話しかけないけど。
今日はいつも通りじゃないみたいだから、私は声を出してみました。

「何かあったんですか?」

「……」

……何人かが振り向いて、何人かは私を無視して元の通りに向き直りました。
一人だけが答えてくれました。

「お前には関係ないことだ」

「……そうですか」

それならそれでいい。
どうしても知りたいわけじゃないもの。

どうせまた、誰がやめるのやめないのって、騒ぎになっているだけだろう。
アイドルの仕事がつまらないとか、そんな理由で。

私は大人たちから離れて、そのへんに置いてあった雑誌を手に取りました。

雑誌を開いて。
余所のプロデューサーに奢ってもらったお茶を飲もうとして。

ペットボトルのキャップを回そうとした私の手は、ふと止まりました。

小さな特集に。
さっき見たプロダクション名と、アイドルの子が、載っていました。


 ………………………… ◇ …………………………
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 17:45:22.31 ID:sFJRaXSc0

……初めて会ったときの話は、これで終わりです。

次にプロデューサーと会ったのは……次のライブバトルのときです。

それまでの間に受けたお仕事では、会いませんでした。
プロデューサーだけじゃなくて、今の事務所のみんなにも、誰にも。

……こういうことを言うのは、よくないのかもしれないけど。
受けるお仕事の質が、今の事務所と昔の事務所で違ったんじゃないかな。

プロデューサーなら絶対にやらせないだろうなって思うようなお仕事も。
昔の私は、してました。

……え?

……ああ、それは、ないです。
似たようなことは、しましたけど。……そこまでは。

事務所は、私が売れなくなったら、そういうこともさせようと考えてたみたいです。
だから、あのときは……思ってた以上に、際どい時期だったのかもしれない。

やらずに済んだのは、プロデューサーのおかげです。

きっかけになったのは、たぶん、次のライブバトルの後の会話でした。
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 17:50:27.91 ID:sFJRaXSc0

 ………………………… ◇ …………………………


初めて相手をした日から、数週間後。

私の目の前には、いつかどこかで見たような光景がありました。

「……」

「プロデューサーっ! うわーい☆ ひゃっほー♪」

「わかったわかった、嬉しいのはわかっ――あぶなっ、ちょっ、落ちつけ!」

喜び勇んで自分のプロデューサーに飛びかかっていく相手の女の子と。
笑ってそれを受け止めて、倒れそうになっている、プロデューサー。

また、この前と同じことをやってる。
だけど……微笑ましい、なんて思う余裕はなかった。

胸の内で、密かにリベンジを狙って挑んだライブバトルに……。
私は、負けました。

勝つための努力は欠かさないできたつもりだった。でも、勝てませんでした。

この日、相手のパフォーマンスの方が優れていたことは、認めざるを得ません。
最初に相まみえたときよりも、レベルが格段に上がっていました。

私だってこの日のために、レッスンルームを借りて、一人練習を重ねたのに……。

私の努力が不十分だったのか、相手の努力が上だったのか……。
どっちにしても、勝てなかったのは同じこと。

……悔しい。

知らないうちに、私は衣装の裾を強く握っていました。
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 17:55:20.11 ID:sFJRaXSc0

「プロデューサー、私この前、お洒落なカフェ見つけたんだ! 帰りに寄ってこ?」

「いいけど、そういうお誘いは衣装を脱いでからしろ」

「えっ……脱げ? そんなっ……ダメだよ、まだ私、こ、心の準備が……」

「馬鹿なこと言ってないで、はい、気をつけ、汗拭いてやるから。終わったら早く着替えておいで」

「はーい♪」

目を逸らしたいのに、どうしても心がそっちを向いてしまう。

仲の良さを隠そうともしてない、そんな会話が聞こえます。

……ううん、隠す必要なんてない。
本当はこれが、プロデューサーとアイドルの、理想的な関係。

裏方で作業をしていたスタッフの皆さんも、和やかに二人を包んでいました。

そこに交われないのは、私だけ。
異物、邪魔者、蚊帳の外、……表す言葉は、何でもいいけど。

仲睦まじい二人の姿に、胸がきゅうと締めつけられるような気がして。
追い出されるように、私はステージ裏を抜けました。

「はあ……」

ステージ裏と廊下を仕切る、固い金属の扉に背を当てます。
うつむいて、衣装の裾を掴みっぱなしでいた手を、ふと離しました。

分厚い扉越しでも聞こえる声に、じくじくと疼く胸を……その手で押さえました。

「……いいなあ」

本当は気づいていました。
……あの人たちを初めて見たときから。誤魔化しては、いましたけど。

私は嫉妬していた。私は寂しかった。
比べてしまって……すごくすごく、寂しい。
すぐそこにあるように見えたものは、私からずっと遠い場所にしかないものなんだ。
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 18:00:19.85 ID:sFJRaXSc0

劇場を出る前に、いつものように掲示板の前に立っていると。
控え室に繋がる通路から、相手の女の子が出てきました。

大きな鞄を肩にかけていて……側にプロデューサーはいませんでした。

今日は、先に気づいたのは私。そんなことを思いました。
でも、先に声をかけてきてくれたのは向こうでした。

「あっ、岡崎泰葉さん」

「こんにちは」

その子は、私の名前を覚えてくれたようでした。
私は初日から覚えていましたけど……それは何故かといえば、私が負けず嫌いだから。

私に勝った新人さんの名前を、忘れられるはずがないもの。

「……岡崎さんは、セルフプロデュースなんですか?」

挨拶を交わした後、ずいぶんと馴れ馴れしい口調で、そんなことを聞かれました。

「厳密には違うけど……ほとんどは。……それがどうかしたんですか?」

「いいえ。でも、そうですか。すごいなあ」

何の意味もなさそうな、ただそれだけの感嘆。
私は面食らいました。

すごいなあ、って。……それって。

「私はプロデューサーに頼りっきりだから……すごいなあと思って」

取りようによっては、当てつけにも聞こえる台詞だったけど、そうは思わなかったな。
そういう子じゃなさそうな、印象でした。

「……頼れるプロデューサーがいるのは……幸せよ」

つい、口から出た呟きが、相手の子に届いたのかどうかは……わかりません。
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 18:05:59.21 ID:sFJRaXSc0

「おーい、お待たせー。……って、あれ?」

横合いから聞こえた声に、私とその子は一緒に振り向きました。

視線の先には、中途半端に手を挙げた男の人が一人。
その人は、私のことを見ていました。……私のことを、覚えてるだろうか。

「君は……」

「えへへっ、お知り合いだよっ☆」

私の横に並んで、場を制して、相手の子は言いました。
思わず横を見る私に、彼女は惚れ惚れするようなウインクを決めました。

……なんて馴れ馴れしい。

事務所にはこんな人はいなかったから、驚いたけど、嫌な気分じゃなかったです。

「そうか……そうか……」

「ん? プロデューサー? どうしたの?」

「お前にもついに、友達ができたのか……っ! 父さんは嬉しいぞ!」

「……いや私、友達くらいいるよ」

「真面目に返すな! そこは乗るところだろ!? 滑っちゃったじゃないか」

冷めた言葉、慌てた言葉、でもどっちも、冗談だとわかる。

……なんだろう。この、愉快な気持ち。

「ふふっ」

私は笑い声を漏らしてしまいました。
人のやりとりを見て笑うなんて、いつ以来のことだったかな……。
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 18:10:01.81 ID:/03JWT0xo
先輩可愛すぎる
こんなになるまで放っておいた事務所はあかん
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 18:10:30.95 ID:sFJRaXSc0

「……そうか、君はやっぱりセルフプロデュースの子だったのか」

少し世間話をした後。
相手の子のプロデューサーに、私はそう言われました。

ええ、ほとんどは。だけど、それがどうかしたんですか? と。
さっきと、同じような言葉を返すと、プロデューサーは笑いました。

「前に会ったとき、この子は一人で行動することに慣れているなと思ったんだ」

慣れてるみたいだね、とは、そういう意味だった。

慣れている。……慣れ。

……そう、その通りよ。私は一人でも平気……なんだから。
寂しいのは、我慢しないと。
我慢しないと……もっと寂しくなる。

「この前と今日は勝てなかったけど……次は、あなたたちに勝ちます」

二人を交互に見据えて、私は宣言しました。
心からそう思っているかのように、きっぱりと言えたと思う。

他意なんて、ない。

すると、男の人の顔色が、少し変わった。
気分を害したわけじゃ、ないようだけど……。

「……ちょっと、俺の目を見てくれる?」

いきなり、今までとは種類の違う、真面目な声を出されて、私は戸惑いました。
戸惑ったままで、顔が勝手に動いて、その言葉に従ってしまう私。

相手の子が助け船を出してくれました。

「なぁに、プロデューサー。また女の子口説こうとしてるの?」

「またってほどしょっちゅうは口説いてない!」

……えっ。
それじゃあ、今から私を口説こうとしてることは、否定しないの?
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 18:12:44.84 ID:14Y1D/Uro
http://i.imgur.com/PYzY0Ek.jpg
http://i.imgur.com/32KwhKH.jpg
岡崎泰葉(16)
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 18:15:14.88 ID:sFJRaXSc0

余裕があるのかないのか、わからないことを思った私の目を。
相手の子のプロデューサーは覗きました。

じいっと。

心の奥底まで見透かすように。

覗いて、それで、何がわかったのか。
居心地の悪さに身じろぎしたら、ふうん、と納得して身を引いてくれました。

「……あの、何ですか?」

わけもわからず凝視されるのは、気持ちのいいことじゃない。
いくらか語気を強めた私。

「いや……うん」

歯切れ悪く、唸られました。
言うか言わないか、迷っているような……そんな印象。

相手の子も、私を見て、そして自分のプロデューサーを見ました。

「何なの? プロデューサー、はっきりしてよね」

二人の女の子に、一人の男性が詰め寄られている図。
端から見たら、どんなシーンに見えたかな。

その、二人分の視線を受け止めて……プロデューサーは私に向かって訊ねました。

唐突に。

「君は……アイドルやってて、楽しい?」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 18:20:04.33 ID:sFJRaXSc0

問われた台詞に、声が詰まりました。
咄嗟に、何も返せなかった。

楽しい? どうして、そんなことを聞くの?
そんなの……そんなのは…………。……あれ。

簡単に出せると思った答えは、出ませんでした。

私は……アイドルのお仕事を、楽しめている……のかな。

アイドルだけじゃない。芸能界のお仕事、全て。

……初めの頃は……私がずっと小さい頃は、頑張ることで、みんなが喜んでくれた。
私は嬉しかった。求められている気がして、誇らしかった。お仕事は楽しかった。

……それが虚像にすぎないと気づいたのは、いつのことだっただろう。

いつからか、誰も私を見てくれなくなって。
陳列棚の隅っこに追いやられた売れ残りみたいに、その存在を忘れられて。

今は……。

「……」

返事もできずに、うつむくだけが、私の精一杯でした。

「あー……本来、こういうのは御法度なんだけど……」

言いづらそうに切り出した声で、私は目を上げました。
次は何を言われるか。身構えたところで。

「君、うちの事務所に来ないか?」

「「ええっ!?」」

二人分の驚いた声が、大して広くないスペースに響きました。
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 18:25:06.81 ID:sFJRaXSc0

「……」

「プロデューサー、やっぱり口説いてる!」

私が固まったのを見てとって。
相手の子は、茶化したふうを装って、口を挟んでくれました。

でも、男の人は何も続けない。

ただ、私が答えるのを……待ってる。

「……考えさせてください」

私の口から出た言葉は、それでした。
急に言われても、答えられない。

こんな、何の脈絡もない切り出し方で。

遠い場所のことだと思ってたのに、それが目の前に現れたら……誰だって混乱します。

この人たちも、この人たちの事務所のことも、私は何も知らなかったし。
今の事務所よりもいいところだなんて保証はないし、それに。

……それに、私の中の何か……固くしこった部分が。
その提案に飛びつきそうになる心を引き留めていました。

「……そうかー」

振られることに慣れているのか、どうなのか……。
腕を組む彼は、あまり残念じゃなさそうでした。
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 18:30:11.75 ID:sFJRaXSc0

「それじゃあ名刺だけ、渡してもいいかな。受け取ってもらえる?」

言いながら、ケースから、一枚の紙を取り出した男の人。
差し出された小さな紙を、このとき、受け取っていなかったら。

「もしもその気になったら、連絡してくれ」

……私はどうなっていただろうか。

「ならなかったら、事務所の人に話しても、捨てても構わないから」

相手の子が窺うように私を見てるのはわかりました。
けれど私は、ひたすら名刺に目を落としていました。

事務所の名前の下に添えられた、プロデューサーの文字。

もし、私が望んだら。
……この人は私のこと、ちゃんと見てくれる、のかな。

「何かあったときは、遠慮しなくていいからね。ごめんな、変なこと言って」

ケースをしまいながら、私にそんな言葉を投げかける、私の目の前の、男の人。
……名刺をつまむ指に、力が入りました。

……今になって、思うなら。
プロデューサーはこのときにはもう、全部、見抜いてた。


彼らとは、その日はそれで、別れました。
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 18:31:13.55 ID:sFJRaXSc0
続きを考えるので30分ほどください。

あと、画像ありがとうございます。
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 19:00:20.81 ID:sFJRaXSc0

事務所に帰ると、大人たちが会議室にこもって何事か話していました。

薄いスチール戸の向こうから、話し声が聞こえます。

葉の伸びた観葉植物、煤けたソファ、書類の積まれた事務机……殺風景な部屋。
他に気を引くものもなくて、私は大人たちの話し合いを聞き流しました。

『こっちは……まあ、予想通りの出来だな』

『ああ、まだ当分は心配いらない』

『……こっちは?』

『駄目だな。昔ほどには見込めなくなった。使えるうちに使っておこう』

『こいつはまだ“綺麗”だからな。その価値はある』

ぞくりと、背中に悪寒が走った。

誰も私の名前を出してはいない。だけど嫌な予感は膨らむ。

私がここで聞いてることを、戸の向こうの大人たちは知ってるのかもしれない。
そんな気がして……背筋が寒くなりました。

根が生えたように、その場で私が棒立ちになっていると。
やがて話し声が止み、戸が開きました。

その場を離れるかどうか、猶予する暇もなかった。

「お? 帰ってたのか」

会議室から出てきた大人の一人に、声をかけられました。
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 19:05:19.60 ID:sFJRaXSc0

そのとき私は、名刺を貰ったことを正直に話すつもりでいました。

もちろん、向こうの提案は魅力的だった。
憧れていた関係に、私も入れてくれるという話だったんだから。

でも、今の事務所だって。
不満はあっても、私を育ててくれた事務所であることに、変わりはない。

だから……そう、揺らぐ心を抑えていたのに。

「今日はどうだった」

「負けました」

「そうか」

いっそさっぱりとした表情で、その人は私に言ったの。

「お前も、そろそろだな」

「……」

……ああ、やっぱり。勘違いじゃ、なかった。
私もいつか、と漠然と予想して、恐れていたことが、今、来た。

「あの……」

「何だ?」

呼び止めようとすると、その人は、妙に迫力のある口調で言いました。
顔は笑っていたのに、その目は、凍ってた。

「まさか嫌だなんて言わないよな?」
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 19:10:17.37 ID:sFJRaXSc0

言外に、私の居場所はここにしかないという事実を、突きつけられました。

その途端に。
指が震えて、喉が詰まって、変な物でも入ったみたいに、鼻の奥がつーんとした。

言われた通りにやりさえすれば、褒めてもらえた。
そうしないと、居場所を奪われた。
言われた通りにやりさえすれば、認めてもらえた。
だから、そうしてきた。

なのに、どうして誰も。
家族も、同級生も、事務所の大人も、お仕事先の人も、誰もかもみんな。

どうして、私のことを見てくれないの?

嫌だ。

そんなことをしてまで、生き残りたい世界じゃない。

嫌だ、違う。そうじゃない。
私が欲しかったものは、何?

やらされたことじゃなくて、私がやりたかったこと。


――アイドルやってて、楽しい?


「楽しくない……」

呟いたときにはもう、私の前には、周りには……誰もいませんでした。

諦めと抗いの間で揺れる、私の心に、名刺と一緒に貰った言葉が浮かんで。

……流されるままでいるのは、もう嫌だ。
溢れそうになる何かを堪えながら、私は事務所を飛び出しました。


 ………………………… ◇ …………………………
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 19:15:34.82 ID:sFJRaXSc0

……その日のうちに、私は電話をかけました。プロデューサーに。

何を話したかは、あまりよく……覚えていないんです。
全部覚えてるって言ったのに、ここだけは、記憶が曖昧で。
……ごめんなさい。

必死……というのとは、少し、違うと思いますけど……。

いっぱいいっぱいだった、が的を射てるかな。

ごめんなさい、お願いします、助けてください、って……。
そんなことを、言ったんじゃないかと思います。

……思い出すと、顔が熱いですね。

……きっと向こうは、私の言葉が支離滅裂で、混乱したと思います。
その頃の私は、人の頼り方を知らなくて……。

でも、プロデューサーは、私の話を聞いたあと、頷いてくれました。

いえ、電話越しなので、動作はわからないんですが……。
目の前にいて、頷いているのを感じられるような……。

……うまく、言えないけど。

プロデューサーは、二つ返事で認めてくれました。
それから、数日のうちに移籍話を持ちかけてくれたんです。

話がまとまったらすぐに、自ら事務所まで来て。
私を連れて帰ってくれたプロデューサーの姿は、今でもはっきり覚えてます。

どうしてそこまでしてくれるんだろうって、当然だけど、私も思いました。

だって、それまで、直に会ったことは2回しかなかったのに。

プロデューサーにそのことを聞いたら……。
キミに一目惚れしたからだ……なんて、わざとらしく言ってました。

私にアイドルの素質を見ての打算だ、とも、言い訳っぽく言ってました。

えっと、覚えてる限りそのままの言葉を引用すると、こんな感じです。
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 19:20:11.04 ID:sFJRaXSc0

初めてライブバトルをしたときに、泰葉が俺たちを羨ましそうに見てるなって。
それはすぐに気がついた。

だけどもちろん、そんな理由で移籍なんて決められない。
そんな軽いものじゃないのは、よくわかってるだろ?

泰葉のときだって、新しい子を雇う余裕がなかったら。
見て見ぬ振りしかできなかったと思う。……残酷なようだけど。

……話を戻すと。
一度目は、事務所の都合でプロデューサーがつけられないんだろう。その程度だった。

二度目に……泰葉がステージを降りたときの様子を見て。
あまりにも辛そうな顔をするから、これは尋常じゃないなって思ったんだ。

そのあと掲示板のところで会って、少し話をしたよな。

それで、この子の事務所は……ごめん、よくないところだろうって検討がついた。
なら、この子の芽が摘まれる前に……ってな。

目とステージを見れば、その子がどんな気持ちでアイドルをやっているか、すぐわかる。

あのときの泰葉はなあ……。
すごくまっとうな目をしてるのに、つまらなそうだったぞ。

俺は、みんなに、アイドルをやるからには、アイドルの楽しさを感じてほしいから。

あともうひとつ、決め手になったのは……。
ステージの間、一度も笑ってなかった泰葉が、俺たちの会話で笑ったことかな。

ああこの子、こういう顔もできるんだって、そのときは思ったよ。
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 19:25:14.53 ID:sFJRaXSc0

プロダクションが変わったことは、私にとって、単に所属が変わっただけじゃない。
見るもの全てががらりと変わりました。

夢じゃないかと、疑うくらいに。

事務所も、寮も、レッスンルームも、どこにいても活気が感じられました。

プロデューサーの後に続いて、事務所の中に足を踏み入れた、あのとき。

私は、感動を口に出さずにはいられなかった。

真新しいのに黒々としたホワイトボード。
応接用テーブルの上に広げられた、学校の宿題。
アイドルみんなのプリクラが貼られた、書類棚。

所属してる子たちは、みんな気のいい人たちでした。

……それまで、私は、他の人とあまり関わらずにいたんですけど……。
ここに来てからは、そんなの、無理でした。

事務所と寮とで、それぞれ歓迎会を開いてもらって。
女子寮で相部屋になった子なんて、三度目の歓迎会を開いてくれたの。

大勢でやるレッスンを経験するのも、初めてでした。

誰かと一緒に練習することで、こんなに上達を感じられるなんて。
誰にも頼らないでいた私は、教え合うことの意味を、このとき知りました。

それから、何より嬉しかったのは。
私にも……支えてくれる人が、できたことです。
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 19:30:15.65 ID:sFJRaXSc0

 ………………………… ◇ …………………………


プロダクションを移籍して、久しぶりに挑んだ、ライブバトル。

因縁の劇場、なんて言ったら、どちらかというといちゃもんね。
思い出の劇場、と言い換えます。

例の劇場で、持っていたものを全て出し切って、ステージを終えた私。
息を落ちつかせるより先に、プロデューサーの姿を探しました。

つい、探してしまいました。

私がここに至るきっかけになった、今は同僚のあの子と同じように。

「プロデューサー」

ステージ裏で、大きなタオルを持って待っていてくれたプロデューサーのもとへ。
私は一目散に駆けよりました。

「勝って、きました……!」

「ああ、おめでとう! 汗拭くから、ちょっとじっとしてな」

上気した頬に、武者震いの止まらない肩に、ふんわりとした感触を得る。
温かい優しさに包まれた中で、私はその言葉を聞きました。

プロデューサーにもらった、おめでとうの言葉。

待ち望んでいた言葉が、花火のように私の中で弾ける。

……その一言が、ずっと欲しかった。

私を認めて、一緒に喜んでくれる人がいることは、こんなにも嬉しい。

ああ、駄目。抑えきれない。
じんわりと熱いものが体の芯からこみ上げてきて、私は顔をしかめました。

タオルを被せられていたから、プロデューサーには気づかれないで済みました。
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 19:35:27.90 ID:sFJRaXSc0

それから……帰るときになって。
毎度のくせで掲示板に立ち寄る私を、プロデューサーは面白そうに眺めていました。

声をかけてくれればいいのに。

私がもう掲示板を見なくてもいいことに気づいて、はっとするまで、ニヤニヤして見てるの。

意地悪よ。

「……怪しいですよ」

そう文句を言えば。

「目の保養になるから」

とか何とか、わけのわからないことを言い返してくる。

私は、変なことはしてない。

めいっぱい背伸びをして、掲示板の上の方まで目を通すだけです。
そんな私のどのへんが目の保養になるのか、さっぱりです。

「事務所に帰りましょう、プロデューサー」

呆れるのとむくれるの、その真ん中の顔をして。
私はプロデューサーのスーツの袖を引っ張りました。
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 19:40:25.05 ID:sFJRaXSc0

「そうだな。どこか寄ってくか?」

「え?」

プロデューサーの意外な発言に、私は戸惑いました。
事務所に帰るんじゃなかったの。

「何のためにですか?」

「何のためにって……泰葉の初勝利記念、とか」

うちのプロダクションに来てからのな、とつけ加えるプロデューサー。

「……そういうのは、いいです」

私が欲しかったものは、もう、プロデューサーがくれました。
事務所のみんなからも。

これ以上貰ったら、お返しできなくなってしまうから。

すると、しみじみと言われました。

「泰葉は手がかからないなあ」

「……どういう意味ですか?」

私は、ちょっと不安になってプロデューサーを見上げました。

……泰葉は手がかからない子。

それは、私にとっては、嬉しい言葉じゃなかった。
私のことをほったらかす理由付けに、よく使われた言葉だもの。
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 19:45:17.62 ID:sFJRaXSc0

でも、このときは私が、過敏になっていただけでした。

「他のやつらは、泰葉と違って、すぐどっか寄り道したがるんだよ」

泰葉みたいに、まっすぐ帰ろうと言ってくれる子は貴重だ。
……なんて、私を見て言う、プロデューサー。

じゃあ帰ろうか、と歩き出そうとするプロデューサーの袖を掴んだまま。
私は立ち尽くしました。

「どうした?」

寄り道したがるという、みんなの気持ちは、わかる気がします。

私がプロデューサーに気づいてもらったように。
事務所のみんなにも、きっとそれぞれエピソードがある。

この人と一緒にいたいなって。

そう思わせる人なんだ、プロデューサーは。

「……あの」

「うん?」

「私の初勝利記念、何かしてくれるのなら……ひとつだけ……」

お願いがあります。

「プロデューサー、その、私に興味を持ってほしいな……」

「……」

……たぶん。
プロデューサーは、私の言葉の意味を、推し量り損ねたと思います。
私がなぜ、今になってそんなことを言うのか、不思議に感じたんじゃないかな。

けれど、最後に残った一抹の不安を吹き飛ばすような約束を。
私をずっと見ていてくれる、という約束を、プロデューサーはしてくれました。


 ………………………… ◇ …………………………
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 19:50:27.85 ID:sFJRaXSc0

長いこと、話してしまいました。

お話しできること、他に何か、あったかな……。

……。

……何か鳴ってる。電話……私ですね。

あ、プロデューサーからでした。ふふっ。
出てもいいですか?

失礼します。

……はい、泰葉です。

はい。

はい。

……はい、わかりました。準備しますね。

……。

……ええ、次のお仕事の連絡でした。

……ふふっ、その通りです。察しが早いですね。
頑張って、歌ってきます。

ああいえ、その、おかまいなく。時間に余裕はありますから。
ほとんど準備は終わってるので、急ぎじゃないです。

……そうだ、準備といえば、この前のひな祭りに、こんなことがありました。
最後にひとつ、お話しします。
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 19:55:26.12 ID:sFJRaXSc0

 ………………………… ◇ …………………………


子どもの頃から芸能界に生きてきた人は、周りと少し違います。
お仕事が中心の生活だから、みんなと会う機会が少なくなります。

私もそう。

学校とか、季節の行事とか、ほとんどの子が普通に体験してきてること。
私には、その半分の経験もなかったんです。
ないものねだりだけど、憧れていました。

転機が訪れたのは、去年の5月。

プロダクションが変わってから、人と同じように過ごせる時間が増えてきて……。

学校にちゃんと行けるようになったし。
家の代わりに、事務所で季節の行事を楽しめるようになりました。

海、紅葉、ハロウィン、クリスマス、年末年始、節分、バレンタイン……。

忙しいお仕事の間を縫って、みんなでちょっとしたパーティをするの。

それは食事会だったり、レクリエーションだったり。例えば……。

みんなでひな壇を作ったり。

私が移籍してから初めての春、ひな祭りの季節に。

「やすおかさん、お雛様やる?」

事務所にいる人でひな壇を飾りつけているとき、私はそう聞かれました。
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 20:00:21.76 ID:sFJRaXSc0

「お雛様?」

五人囃子の笛の人を持ったまま、私は振り向きます。
飾りつけが楽しくて、私の声は弾んでいました。

「うん。事務所の倉庫にお雛様の衣装があったの、見つけたらしいよ?」

私に声をかけてきた子は、いつかのライブバトルでぶつかった、あの子です。

「面白そうだから、誰か着て写真撮らないかって」

さっきプロデューサーが言ってた、と言いながら。
その子も五人囃子の一人を慎重に持ち上げました。

「それは、つまり、私がお雛様の衣装を着る……ってこと?」

「そうそう。……あれっ、この人ってここで合ってる?」

「合ってる。……でもそれなら、お雛様は人気がありそうだけど……」

「それがさー、みんなサイズが合わないんだよねっ」

人形をひな壇に置いてから、その子は向こうを指しました。

なるほど、そっちを見ると、綺麗な衣装が机の上に広げてありました。

私の背と同じくらい……。
確かにこの事務所には、私に近い背格好の人は、私だけです。

話したり、手を動かしたりしながら、少しずつ作業をする私たち。
私は右大臣を、その子は左大臣を持ち上げました。

「ちびっこ達ときらりんは立候補してたけど、サイズが合わなくて諦めてた」

「そうなんだ……」

もしあの子がお雛様になったら、さぞかし存在感があるだろうな……。

「私の見立てだと、やすおかさんならぴったりだと思うんだよね♪」

やすおかさん、というのは、この子が私を呼ぶときのあだ名です。
私のことをそうやって呼ぶのは、この子だけだけど。

劇場で初めて名前を呼ばれたとき以外、ずっとそう呼ばれてるの。
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 20:05:34.46 ID:sFJRaXSc0

私たちが仕上げの雪洞を飾ったときちょうど、プロデューサーが来ました。
片手に、お徳用ひなあられが詰まった袋を持って。

「おっみんな、ご苦労さん。綺麗に飾ってあるな」

「えへへっ♪ 私たちも、やればできるでしょ?」

「せんせぇ、ほめてほめてー!」

「クリスマスとはちょっと違う飾りつけですけど、楽しいですねぇ〜」

あっという間に、みんなに囲まれるプロデューサー。
私は作業用の布手袋をゆっくり外していて、出遅れました。

「どうだ? 衣装着られそうな人はいたか?」

袋からひなあられを出しながら、プロデューサーはみんなに聞きます。

「……」

すると、みんなは黙って私を見ました。
それも、一斉に。

さっきの話、みんな聞いてたのかな。

何だか恥ずかしくなって、手袋を外しかけた途中で、私は顔を背けました。

「ん?」

プロデューサーだけが、わかってないように首をかしげました。
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 20:10:29.68 ID:sFJRaXSc0

「おー! いいじゃん、似合ってる!」

「本物のお雛様みたいでかわいいー!」

別室でお雛様の衣装に着替えて、お披露目すると。
みんなはそう言って、褒めてくれました。

見た目は豪華な十二単だけど、軽く織られていて、動きやすい。
それに……自分で言うのは変かもしれないけど、すごく可愛い衣装。

「さすが泰葉、着こなしてるよ」

プロデューサーも褒めてくれました。

お世辞を言われるのには慣れてたけど。
こうして褒められるのにはまだ慣れないから、照れくさかった。

「それじゃあみんな、一枚撮ろうか」

そう言ってカメラを取り出したプロデューサーの腕を。
何人かが、掴んで引っ張ります。

「プロデューサーも写りましょー」

「ええ? 俺までそっちに行ったら、誰が撮るんだよ」

「いいからいいから、はいこれ持って、はいこれ被って!」

ぽんぽんと笏と冠を渡されて、目を白黒させているプロデューサー。

……この事務所には、何でもあるみたい。
クリスマスツリーも、カボチャランプも、鬼のお面も、倉庫にあったし。
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 20:20:31.17 ID:sFJRaXSc0

……なんてことを考えていたら。
カメラを取られたプロデューサーがこっちに押されてきました。

「お内裏様とお雛様、こっち向いて!」

「え、ええっ?」

混乱したまま、一枚。私は変な顔だったと思います。
こんな顔をした雛人形は、他にないんじゃないかな。

「はい、ツーショット頂きました!」

「まったく……お前たちは隙あらば俺を撮ろうとする」

ぶつぶつ言いながら、プロデューサーはカメラを取り返しました。
その間、私は固まりっぱなし。

「仕返しだ、連写してやる。にっこり笑ってろよ」

冠を被ったまま、プロデューサーはカメラを構えました。

すると、みんなが私の周りに集まってきました。
ぎゅっと身を寄せて、ピースする人は手を突きだして、その瞬間を待ちます。

「それでは……うちのお転婆どもがもう少し大人しくなることを祈ってー」

「えーっ!」

「ひどーい!」

ブーイングが飛びました。

「冗談だよ冗談」

すぐにとりなしたプロデューサーが笑って、みんなにも笑顔が戻ります。

状況についていけてなかった私だけど、だんだん、楽しい思いがこみ上げてきました。
ああ、いいな、こういうの……って。

この気持ち、他の人にも伝わるかな。

「では、うちの可愛い娘たちの大成を祈って……」

一枚。

私も含めて……みんなのいい笑顔が写った一枚でした。


 ………………………… ◇ …………………………
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 20:51:04.17 ID:MUBV0F6xo
投下とまってるがこれで完結?それともPCの不調なん?
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 20:51:06.85 ID:sFJRaXSc0



……じゃあ、そろそろ……。
はい、次のお仕事に向かいますね。

今日はありがとうございました。

……。

……えっ? 私の今、ですか?

そうですね……。

……。

……あの、私、顔が赤いかもしれないけど……笑わないでくださいね。


……今の私があるのは、あの日、プロデューサーに声をかけてもらったからです。

私が今の私でいられるのは……。
プロデューサーと、それから事務所のみんなのお陰です。

今なら、普通を夢見ることも……寂しいと思うことも、ない。

私のことを見てくれる人が、たくさんいるから。
お仕事も毎日も楽しいなって、そう思えるの。

とっても楽しいし、今が幸せ。

だから、いくら言っても足りないくらい、感謝してます。

これからも、精一杯お仕事をして……。
少しでも、プロデューサーと、事務所のみんなに、お返しができるように。

今の私の……岡崎泰葉の、目標です。
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 20:51:33.21 ID:MUBV0F6xo
あ、きたきた
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/09(日) 20:52:40.35 ID:sFJRaXSc0
以上です。すいません、これで完結です。
ご飯食べてました。

負けず嫌いな泰葉さん可愛いと思って書きました。
お付き合いいただきありがとうございました。
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 20:54:13.29 ID:wr4X9Uino
乙なの
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 20:54:53.04 ID:MUBV0F6xo


googl先生、なんで岡崎泰葉で検索すると枕って出てくるん?
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 21:06:28.79 ID:ycHuwKpp0
乙乙乙
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 21:07:08.21 ID:wBGum0aDO
乙。
地の文が多いSSって珍しい気がする。
千秋とか安部さんとか晶葉辺りで見た限りだわ多分
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 21:10:12.28 ID:jlW2OSNb0
>>46
どうやらGoogleは俺を怒らせたいらしいな……
>>1お疲れ。
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 21:48:17.11 ID:xsbU8f190
おっつおっつ☆
岡崎先輩重可愛い
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/10(月) 01:35:32.19 ID:MmUOUJBO0

岡崎先輩メインのssもっと増えろ(願望)
46.09 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)