このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

兄「妹よ、愛とはなんだ?」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/14(日) 23:59:43.14 ID:t582azDh0
妹「言葉」

兄「愛とはなんだ?」

妹「名前」

兄「愛とはなんだ?」

妹「漢字」

兄「愛とはなんだ?」

妹「目」

兄「……それはeyeじゃないのか?」

妹「口で言われても違いがわからない」

兄「数秒前にお前が漢字と言ったばかりだが、なぜ英語にした?」

妹「気分」

兄「なら仕方ない」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373813982
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

エロゲスレ避難所 @ 2020/02/28(金) 13:23:47.82 ID:2jxaukdCO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1582863827/

RPGツクールと見せかけた池田貴幸おにはち応援スレ @ 2020/02/28(金) 12:38:12.67 ID:M7wew19yO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1582861092/

ほむら「安価でワルプルギスの夜を倒してまどかを助ける」 @ 2020/02/28(金) 04:27:19.21 ID:906KMVi90
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582831638/

(´・ω・`) @ 2020/02/27(木) 23:11:28.51 ID:RxAv8IDD0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1582812688/

ひかり「スクールアイドル…?」海未「舞台少女?」 @ 2020/02/27(木) 22:56:59.98 ID:iu4Zg7nk0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582811819/

【Zガンダム】俺「安価でティターンズと戦う」part4 @ 2020/02/27(木) 19:15:56.37 ID:WEdExwgrO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582798556/

30代vipper集まれ!! @ 2020/02/27(木) 18:50:55.88 ID:OX80Z4cc0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1582797055/

【安価】姉「朝起きたら体が縮んじゃってた」妹「お姉ちゃんかわいい」 @ 2020/02/27(木) 01:50:18.48 ID:S+Zii+ki0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582735818/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:00:40.68 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、恋愛相談がある」

妹「するな」

兄「なぜだ?」

妹「キモい」

兄「なぜキモい?」

妹「兄の恋心なんぞ、知りたくない」

兄「知れ。そして的確な答えを導き出し、兄に伝授しろ」

妹「やだ」

兄「そうか」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:01:51.87 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、ゲームばかりしてないで、兄の目を見て話せ」

妹「断る」

兄「なぜだ?」

妹「私の目が腐る」

兄「お前の兄は、特殊ななにかを発して他人の目を腐らせるのか?」

妹「そう」

兄「そうだったのか」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:02:47.02 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、夕食はなにが食べたい?」

妹「魚肉ハンバーグ。レタスとキュウリとトマトのサラダ。あと、みそ汁と白米」

兄「ドレッシングはなににする?」

妹「今日はごまのやつ」

兄「みそ汁なんだが、卵を入れようと思う」

妹「ん」

兄「溶き卵とそのまま、どっちがいい?」

妹「そのまま」

兄「すぐに作ろう」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:03:46.58 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、いただきますを言え」

妹「いただきます」

兄「うむ。美味いか?」

妹「普通に食える程度には」

兄「充分だ。ところで、先程の続きだが、好きな人が出来た」

妹「その話を続ける気なら、舌を引き抜く」

兄「……」

妹「……」

兄「……」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:04:44.41 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、ご馳走様をしろ」

妹「ご馳走様でした」

兄「皿はそのままでいいぞ。兄が片づけてやろう」

妹「運ぶくらい、自分でする」

兄「いい子だ。風呂が沸いてるから、入って来い」

妹「その前に、お皿を洗う」

兄「それは兄の仕事だ」

妹「偶にはやらせろ」

兄「兄の生き甲斐を奪おうとするな」

妹「わかった。やらない」

兄「よろしい」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:06:23.05 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、バスタオルを忘れただろ? ここに置いておく」

妹『ん』

兄「では、リビングに戻ってるぞ」

妹『……偶には一緒に――』

兄「一緒に、なんだ?」

妹『……なんでもない』

兄「そうか。では、ゆっくり浸かってろ。ちゃんと百まで数えるんだぞ?」

妹『……いーち。にーい。さーん』

兄「偉いぞ。この兄は小さかった頃、一、十、百の三テンポで終わらせてたからな」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:08:40.89 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、髪を乾かしてやろう」

妹「ん」

兄「ここに座れ」

妹「ん」

兄「スイッチをオンにしたドライヤーを左手に、櫛を右手に装備。行くぞ」

妹「櫛は痛い。素手でやれ」

兄「わかった。始めるぞ」

妹「ん」

兄「うむ。やはり妹の髪は手触りが良いな」

妹「……別に嬉しくない」

兄「この兄が嬉しいのだ。長いから、少々乾かすのに時間がかかるがな」

妹「大変?」

兄「そんなわけがない。もっとじっくり堪能したいほどだ」

妹「シスコン変態野郎」

兄「最高の褒め言葉だ。もっと罵れ」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:10:22.27 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ。もういい時間だ。早く部屋に戻って寝ろ」

妹「まだセーブが出来ない」

兄「そのゲーム、フィールド上ならどこでもセーブが出来たはずだ」

妹「ちっ」

兄「舌打ちはダメだ。舌打ちをしたらいけない」

妹「なんで?」

兄「口調は人それぞれだが、舌打ちは万人を不快にする。故にダメだ」

妹「はいはい」

兄「セーブが出来たな。では、部屋に戻れ。兄は戸締りの確認をした後、部屋の電気を消して寝る」

妹「お休みなさい」

兄「お休みなさい」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:13:32.94 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、今日もお日様が昇ったぞ」

妹「まだ眠い……」

兄「それでも目を覚ませ」

妹「……うん」

兄「アイロンをかけた服は、机の上に置いたからな」

妹「……うん」

兄「朝食は食パンと、スクランブルエッグと、ちりめんじゃこサラダと、牛乳だ」

妹「……うん」

兄「今日は何曜日だ?」

妹「……うん」

兄「よし、待ってろ。今からこの部屋でくさやを焼いてやる」

妹「やめろ」

兄「おはよう」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:14:46.26 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、忘れ物はないな?」

妹「あるわけない」

兄「ハンカチは?」

妹「ある」

兄「ポケットティッシュは?」

妹「ある」

兄「宿題は?」

妹「しつこい」

兄「確か、今日は給食ではなく、弁当の日だったな」

妹「……」

兄「うっかり屋さんめ」

妹「うっさい」

兄「弁当はこれだ。ちゃんとナップサックに入れておけ。ランドセルには入らないだろうからな」

妹「ん」

兄「では、いってらっしゃい」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:16:04.35 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、学校から兄は帰って来た」

妹「ん」

兄「またゲームをしているのか? 目が悪くなるぞ」

妹「視力10.0」

兄「お前はどこの民族で育った?」

妹「我が家」

兄「うむ、その通りだ。やるな妹。一本取られたぞ」

妹「上手い事は言ってない」

兄「ふむ、言われてみればそうだな。ところで、宿題はやったのか?」

妹「授業中に終わらせてる」

兄「流石我が妹。この兄とは違ってよく出来てる。とても誇らしいぞ」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:16:54.47 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、それはそれとして報告がある」

妹「なに?」

兄「なんと、この兄に彼女が出来た」

妹「許さない」

兄「なぜだ?」

妹「すぐ別れろ」

兄「いや、こちらから申し出てすぐに別れるというのは……」

妹「ならケータイを貸せ。私が言う」

兄「……妹の頼みでもそれは聞けない」

妹「貸せ」

兄「そうだ、明日家に連れて来る。その時に彼女の素晴らしい人となりを知れ」

妹「死んでしまえ」

兄「……」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:18:07.48 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、夕食が出来たぞ。部屋に籠ってないで出て来い」

妹『……』

兄「なんと、今日もお前の好きな魚肉ハンバーグがあるぞ」

妹『……』

兄「お腹が減っただろ?」

妹『……』

兄「うむ、我ながらこの肉じゃがは中々の出来だ。芋がホクホクしている」

妹『……』

兄「このきんぴらゴボウも程よい辛さで白米が進む」

妹「……人の部屋の前の廊下に座って食うな」

兄「みっともない兄を見たくなければ、一緒にリビングで食うぞ」

妹「……うん」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:19:07.30 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、話とはなんだ?」

妹「私は彼女なんて認めない」

兄「それは悲しい。だが、彼女と会えば、すぐに納得してくれるはずだ」

妹「認めない。でも、会って話すくらいはしてやる」

兄「嬉しいぞ、妹よ」

妹「その上で、全否定してやる」

兄「少しくらい、認める努力を――」

妹「しない」

兄「……」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:21:18.12 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、今日は学校が終わったらすぐ帰るんだぞ」

妹「わかってる」

兄「この兄もなるべく早く帰ろう。無論、彼女を連れて」

妹「絶対」

兄「約束は必ず守ろう」

妹「当然。じゃないと、一晩考えた否定作文四百三十九枚が無駄になる」

兄「一晩で作文用紙四百枚以上も文字で埋められる才能を、肯定の方に回して欲しかった」

妹「無理」

兄「……」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:23:02.83 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、今帰ったぞ」

妹「おかえり」

女「お、お邪魔します」

妹「それが彼女?」

兄「それなんて失礼な言い方はするな。紹介する。女さんだ」

女「お、女です。初めまして」

妹「ふん、思ってたより地味な人」

兄「この口の悪いのが妹だ」

女「兄さんからお話は伺っています。本当に可愛い子ですね」

兄「自慢の妹だ」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:25:10.10 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、兄はお茶とお菓子を用意する。仲良くするように」

妹「いや」

兄「こんな妹だが、少しの間だけ相手をしてやって欲しい」

女「うん。わかりました」

兄「では、少し席を外す」

妹「……」

女「え、えっと、妹さんは来年中学生ですよね? 心配とかありますか?」

妹「そんな無駄話はいらない。単刀直入に最低限の質問をする」

女「は、はい。どうぞ」

妹「あんたはアレのどこが良いの?」

女「それはその……」

妹「言えない?」

女「い、言えます! 兄さんは、とても落ち着いてて、とても格好よくて……」

妹「ふーん。落ち着いてて格好がよければ誰とでも付き合うんだ」

女「そんな事ありません!」

妹「どうだか」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:26:19.58 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、たった数分で空気が重いぞ」

妹「誰のせいだと思う?」

女「……ごめんなさい」

兄「なぜ女さんが謝る。悪いのは全てこの兄のせいだ」

女「兄さん……」

妹「ふん」
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:27:21.41 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、少し話してわかったと思うが、女さんは見た目通りふわふわしてる人だ」

妹「猫被ってるだけ」

兄「猫被ってるのはこの兄だ」

子猫「にゃー」

妹「……どこで拾って来た、その子猫」

女(そもそも、いつ頭の上に乗せたのでしょうか? 先程まで、手に持ってさえいなかったはずですが)

兄「可愛いだろ」

妹「可愛いけど……」

兄「抱いてみるか?」

妹「……ちょっとだけ」

兄「うむ、素直でよろしい」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:28:51.39 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、猫の抱き心地は良いか?」

妹「……まぁまぁ」

兄「では没収」

子猫「にゃー」

妹「あっ……」

兄「そんな顔をするな。次に、女さんに抱きついてみろ」

女「わ、私にですか!?」

妹「いや」

兄「この猫も可哀想に。妹が女さんに抱きつけば保健所に行かなくても済んだのだが……」

妹「卑怯者め」

兄「どうする?」

妹「……くっ。あんた、両手を広げて」

女「ば、ばっちこーい!」
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:30:53.62 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、女さんの抱き心地はどうだ?」

妹「……」

兄「素直に言わなければ、この猫は……」

妹「……悪くない」

兄「良い点を五個あげなければ……当然、心からの言葉で」

妹「おっぱいがふかふか。良い匂い。温かい。落ち着く。心地良い。おっぱいが大きい」

女「そ、そんなに大きいかなぁ……?」

兄「一個多めに言うほど気に入ったようだ、女さん」

女「ふふっ、私も妹さんを抱きしめてて凄くいい気分です」

妹「……今だけ、頭撫でるのを許してやる」

女「ありがとうございます」
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:32:41.04 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、改めて問おう。お前の中で女さんはどんな人になった?」

妹「抱き枕」

女「今晩、一緒に寝てあげましょうか?」

兄「それはダメだ。妹がいるとは言え、男の家に泊まるなど、女さんのご両親が心配する」

女「そうでした……残念です」

兄「代わりと言ってはなんだが、妹を連れて帰ってもいい」

女「本当ですか?」

妹「無理。絶対に無理。この家を離れて寝るなんて無理」

兄「どうしてもか?」

妹「どうしても」

兄「そうか」

女「あ、あの。今度の休日もお邪魔します。その時、妹さんとお昼寝をさせて貰えたら嬉しいです」

妹「そういう事で」

兄「わかった」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:34:04.97 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、格闘ゲームで女さんをタコ殴りにするのはどうかと思うぞ? 十戦して一度も攻撃を喰らわないほど」

妹「手加減するの苦手」

女「下手でごめんなさい……」

兄「ところで、女さん。妹を膝の上に乗せているが、平気か? 足は痺れていないか?」

女「大丈夫ですよ。妹さん、とても軽いですから」

妹「ふん」

兄「鼻を鳴らしながらも女さんから離れないほど気に入ったか。兄は嬉しいぞ。なぁ、猫」

子猫「にゃー」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:36:14.35 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、もう夕方だ。兄は女さんを送って来る」

妹「そんな必要はない」

兄「まだ言うか」

女「えっと、すぐ近くなので、別に送って頂かなくても……」

妹「家、どこ?」

女「このマンションの三階です」

妹「近っ。えっ? なんでそんなに近いの? 下の階じゃん」

兄「聞いて驚くな。女さんは数日前、偶然このマンションに引っ越して来たんだ」

女「家族と一緒にですけどね」

妹「嫌み妬み抜きで、送る必要はない」

兄「近かろうと遠かろうと、男が女性を送るのは義務だ。なにかあったらどうする」

妹「ウチと女さんの家との距離じゃ、絶対になにも起こらない」

女「初めて私の名前を口にしてくれましたね! ありがとうございます!」

妹「あっ……ニヤニヤすんな、馬鹿兄」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:38:33.34 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、女さんを送り終えたぞ」

妹「……」

兄「なぜ、リビングの隅で膝を抱えている?」

妹「……うっさい」

兄「ついうっかりとは言え、女さんの名前を口にするほど心を開いた事は、個人的にとても嬉しいのだが」

妹「一生の不覚」

兄「お前はまだ、十二年弱しか生きていない」

妹「十二年弱の不覚」

兄「それが正しい日本語なのか、馬鹿な兄にはわからん。お前はわかるか? 猫」

子猫「にゃー」

兄「うむ。妹の言葉なら大抵は正しいはずだった。猫に言われるまで気付かないとは、兄としてまだまだだな」

妹「子猫と会話すんな」
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:39:48.61 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、休日とはいえ、早起きを怠るのはよくない」

妹「まだ寝かせろ……」

兄「仕方ない。猫ボディプレス」

子猫「にゃー」

妹「ぶふっ!」

兄「目が覚めたか?」

妹「おい、子猫を顔面に放るなんていい度胸だな」

兄「兄に手をあげるか。ご褒美だな。いくらでも殴れ」

妹「遠慮なく」

兄「ありがとうっふ!」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/15(月) 00:39:59.38 ID:jfc7wEde0
ギャ…ギャバ…
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:41:36.36 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、女さんが遊びに来たぞ」

女「妹さん、私が得意なゲームを持ってきました!」

妹「相手をしてやる。五体投地をして感謝しろ」

女「はい」

兄「本当にやろうとするな。しかもウチの玄関先で」

女「ご、ごめんなさい……」

妹「ちなみに、どんなゲームを持って来たの? 見せて」

女「はい」

妹「……トランプって」

兄「ゲームだな。テレビは使わないが」

女「普通のトランプじゃありませんよ? トランプ式の麻雀です!」

兄「……」

妹「……」
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/15(月) 00:45:44.23 ID:KwFGouXa0
妹かわゆす^^

ジッパーおろした
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:50:14.09 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、兄は女さんを侮っていた」

妹「奇遇。私も同じ事を思った」

女「兄さん、それロンです。これで八連荘ですね」

兄「なんだ、この人の強さは」

妹「今回含めて、あがりが全部役満って……」

兄「飛びなしにしたのは失敗だった。終わる気がしない」

女「えへへ。運頼みの遊びは凄く強いんですよ、私」

妹「宝くじ買ったら大金持ち一直線の才能だよ」

女「どうなんでしょう? 親から、二十歳前に宝くじを買うと、ダメな人になるから止めなさいと言われていまして」

兄「若い内から金持ちになって金銭感覚を狂わすな、という意味だろう」

妹「よく出来たご両親だと思う」

女「自慢の両親です!」

兄「ただ、娘にトランプの麻雀を与えるのはどうかと思うがな。今更だが、妹もよくルールを知っていたな」

妹「兄の部屋にあった、哲と言う漫画とアカギと言う漫画を読んだ」

兄「なるほど」



32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:52:20.14 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、桃鉄で兄妹揃って借金塗れのところ悪いが、兄は少し抜けるぞ」

妹「まさか、始めて一年以内に桃太郎ランドを買われるとは……」

女「兄さん、どこかに出かけるのですか?」

兄「昼食を作る」

女「お手伝いをさせて下さい」

兄「女さんはお客さんだ。そんな事はさせられん。それより、ぶっとびカードで毎回ゴールするのを止めて下さい」

妹「おかしい。絶対にこのゲーム、バグってる」

女「なんか、すみません……あっ、またゴールしちゃいました」

妹「うがぁぁぁあ」
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:54:54.97 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、悔しい気持ちはわかるが、飯を食え」

女「こ、今度は格闘ゲームをしましょう! やった事ありませんがRPGでも構いませんよ!」

妹「同情するな、小娘が」

兄「お前の方が小娘だ、妹。それより食うぞ。いただきます」

女「いただきます」

妹「……いただきます」

兄「手軽に素麺と天ぷら数種類にしたが、いかがだ?」

女「美味しいですよ。天ぷらもサクサクしてます。凄いですね。私、こんなに上手く揚げられませんよ」

妹「こんなもの、誰だって出来る。女さんに才能がないだけ」

兄「……ふむ、では妹。揚げてみるか?」

妹「……えっ?」

兄「材料なら心配するな。まだ多少残っている」

妹「……だ、誰にでも出来る事じゃなかった、かも」

女「仲の良い兄妹で羨ましいですね、子猫さん」

子猫「にゃー」
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:56:56.39 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、腹を出して寝ると、この季節でも風邪をひくぞ。全く」

妹「すー……すー……」

女「ふふっ、気持ち良さそうに寝てますね」

兄「妹に抱きつかれたままで暑苦しくないか?」

女「いえいえ、そんな事はありません。むしろ、とても心地良いですよ」

兄「ならよかった」

女「話で聞いていた通り、本当に可愛い妹さんですね」

兄「こんな兄と兄妹でいる事が勿体ないくらいだ」

女「そんな事を言ったら駄目ですよ。妹さんが悲しんでしまいます」

兄「気を付けよう」

女「ところで、兄さんたちのご両親は? 休日なのに、お二人共お仕事なのですか?」

兄「二人は……」

女「二人は?」

兄「……」

女「えっ、あっ、ご、ごめんなさい……失礼な事を……」

兄「どこかで元気に暮らしてるはずだ。妹とは毎晩メールか電話をしてる」

女「紛らわしい雰囲気を醸し出さないで下さい!」
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 00:58:27.14 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、女さんが大事な話をするそうだから、絶対に起きるな」

女「態々そう言わなくても……」

兄「で、話とは?」

女「ゲームでわかったと思いますが、私、運だけは凄く良いんです」

兄「ドン引きするくらいにな」

女「引かないで下さいよ……」

兄「それで?」

女「私、今この運に凄く感謝しています」

兄「どうしてだ?」

女「兄さんと出会う事が出来て、こうしてお付き合いをさせて頂けていますから」

兄「こちらこそ、ありがとう」

女「いえいえ。しかも、妹さんや子猫さんとも出会えました。本当に運が良かったのだと思います」

兄「人はそれを縁と呼ぶ、という言葉を耳にした事がある」

女「縁も運ですからね」

兄「縁と運か……」
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 01:03:32.06 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、なんでお前は妹なんだ?」

女「ふふっ。なんですか、それ」

兄「女さんの話を聞いてふと思った。もし運がなく、妹が妹ではない状態で会っていたらどうなっていたのかと」

女「その時はきっと、私なんかより妹さんを選んでいたと思いますよ。こんなに愛らしいのですから」

兄「それはない。異性として愛するのは女さんだけだ」

女「えっ? え、えっと、その……きょ、恐縮です……」

兄「そもそも、来年大学生になる高校生が小学生に手を出したら犯罪だ」

女「それは数年後と言う脳内設定で補って下さい」

兄「……」

女「? どうしました?」

兄「……考えてみたが、やはり妹は妹としか思えん」

女「それでもこの子の事を、兄さんは愛しているのですよね?」

兄「無論だ」

女「なら、それで良いじゃありませんか。仮にお二人が兄妹ではない世界があったとしても、この世界では兄妹なのですから」

兄「正論だな」
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 01:04:51.41 ID:NqO2x70H0
兄「妹よ、そろそろ起きろ。猫爆弾を投下するぞ?」

子猫「にゃー」

妹「やめろ」

女「おはようございます、妹さん」

妹「ん、おはよう」

兄「寝起きのところ悪いが、言いたい事がある」

妹「なに?」

兄「寝ぼけながら掴んだ兄の手を解放して欲しい」

妹「……お休み」

兄「行け、猫」

子猫「にゃー」

妹「ふごっ」

女「ふふっ」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 01:07:20.92 ID:NqO2x70H0
兄「猫爆弾を投下しても兄の手を離さない妹よ」

妹「なんだ、合図一つで私の顔に飛びかかるよう、子猫を躾けた兄よ」

兄「答え合わせをしようと思う」

妹「なんの?」

兄「愛とはなんだ?」

妹「またそれか」

兄「ちなみに、この兄の中では、すでに答えが出ている。が、妹であるお前の答えも知りたい」

妹「そんなの決まってる」

兄「では、それを教えて貰おう」

妹「……離したくないって思う事。今握ってる手も、抱きついてる女さんの事も、ついでに私の頭にしがみ付いてる子猫も、全部」

兄「俺も同じだよ、妹よ」
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/07/15(月) 01:08:28.21 ID:NqO2x70H0
終わり

読んでくれた人、ありがと
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/15(月) 01:09:42.47 ID:6Fvq12Ieo
なんだかほっこりした、乙!
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/15(月) 02:10:52.21 ID:fMEQGMA0O
おつ
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/15(月) 06:50:15.83 ID:LhhcXUjAO
和んだ乙
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/15(月) 11:59:33.28 ID:DaLZ9C7SO
おつ 癒されたよ
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/15(月) 12:04:05.96 ID:mpL6Bff5O
おつ
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/15(月) 19:56:50.41 ID:yBkGudIl0
ほっこり


46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/15(月) 22:55:31.63 ID:sjwSz6HSO
乙良かった
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/16(火) 14:26:45.16 ID:Hth3Wx5SO
良かった
乙乙
23.24 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)