このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

渋谷凛「ほらハナコ、おいで!」モバP「わんわん!」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:11:31.54 ID:vYAtpV3wo
凛「はあっ…はあ…忘れ物忘れ物…」ガチャッ

P「!?」ササッ

凛「…あれ?プロデューサーだけ?」

P「え?あ、ああそうそう!最近営業が多かったから、俺だけ書類溜まっててなーHAHAHA」カタカタ

P(バレてない?良かった…)

凛「ふーん…あんまり無理しちゃダメだよ?」

凛「プロデューサーが休んじゃったら、皆が困るんだから」

P「そ、そうだな!じゃそろそろ切り上げて帰るよ。ありがとな、凛」

凛「…ところでプロデューサー?」

P「ん?」

凛「さっき何を隠してたの?」

P「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376399491
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

モバP「虎視眈々佐久間まゆ」 @ 2018/10/23(火) 13:46:22.70 ID:WK/4e/8R0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540269982/

ssnipdatmateって無くなった? @ 2018/10/23(火) 09:34:34.56 ID:RwSq9Z1uO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540254874/

ssnipdatmateって無くなった? @ 2018/10/23(火) 09:33:46.95 ID:sHKfXoq9o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540254826/

上条当麻「インデックス。昼メシは何がいい?」 @ 2018/10/23(火) 05:11:01.58 ID:+PBulC0CO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540239061/

俺「俺が買った製品の強度が偽装されてただって!?」 @ 2018/10/23(火) 01:00:26.07 ID:tvG5fBuZ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540224025/

スライサー「もう肉なんか切りたくない!!」 @ 2018/10/22(月) 22:41:24.58 ID:2heYXViIO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540215684/

Rに移転されるバグがあるらしいんだが @ 2018/10/22(月) 22:29:21.68 ID:5ex94c59O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540214961/

【避難所】VIP発の仮想通貨『VIPS』作ったったwwwwwwww @ 2018/10/22(月) 21:35:51.53 ID:ywpVB0yJO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1540211751/

2 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:14:52.30 ID:vYAtpV3wo

凛「確かココの引き出しに何か隠してたよね?」ガラッ

P「ちょっ、ダメー!」バッ

凛「なにそれ?雑誌?」

P「凛さん、今回はマジでカンベンしてください…何でもしますから!」アセアセ

凛「…見せて」ジトー

P「いや、だからホントに今回は

凛「いいから見せて」キッ

P「………は、はい…」スッ

凛「何これ…?へ、変態…マゾ犬……調教…?」

P「」
3 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:17:14.55 ID:vYAtpV3wo

凛「…」

P「…」

凛「…」

P「いや、あ、あのこれはたまたまそこに置いてあったというか、そもそも俺のじゃ

凛「…プロデューサーって」

P「ふぇっ?」

凛「こういうのが好きだったんだね」ニッコリ

P「」
4 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:19:12.05 ID:vYAtpV3wo
P(アカン、目が笑ってないヤバい)

P「えっと、その…本当に申し訳ありませんでした!」ドゲザー

凛「…」

P「…」

P(どうしようこの沈黙超気まずい…)
5 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:19:59.53 ID:vYAtpV3wo

凛「…ほらプロデューサー、じゃなくて、ハナコ」スッ

P「えっ」

凛「お手」ニッコリ

P「」
6 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:21:21.40 ID:vYAtpV3wo

P「り、凛?何言ってるんだ?俺がそんなことするわけ

凛「さっき何でもするって言ったのはどこのワンちゃんだっけ?」ニッコリ

P「」

P「え、えっとその、アレはその場の勢いでっていうか…」

凛「言うこと聞かないなら、さっきのことちひろさんに教えちゃおうかな」ボソッ

P「」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/13(火) 22:21:42.42 ID:TwHLsMIxo
なにこれうらやましい
8 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:22:47.40 ID:vYAtpV3wo
P(仕方ない。ここは従うしか…)

P「…わ、わんっ!」ポン

凛「!?」ゾクゾクッ

凛(何だろう、今の感覚…)

凛(病みつきになりそうかも)ドキドキ
9 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:25:52.63 ID:vYAtpV3wo

凛「つ、次は、お座り!」

P「わんわん!」チョコン

凛「さ、さすがハナコだね。よしよし」ナデナデ

P「きゃい〜ん…/////」

凛「じゃ、ご褒美に…」

凛「もっとナデナデしてあげる」ギュッ

10 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:27:00.94 ID:vYAtpV3wo

P「く、くぅ〜ん…///」テレテレ

P「…って違う違う!ちょっと待て凛!」ジタバタ

P「そ、その色々当たってるっていうか、その…」ゴニョゴニョ

凛「ふふっ」ナデナデ

凛「ハナコはそんなふうに喋ったりしないよ?」ボソッ

P「」
11 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:27:55.57 ID:vYAtpV3wo

P(凛の吐息が耳に当たってくすぐったいし甘い匂いが…ってこれじゃ本当に犬みたいじゃないか!)

P(凛も変なスイッチ入ってるし一体どうしたら…)

12 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:28:57.07 ID:vYAtpV3wo

凛「…ねぇ、プロデューサーは知ってる?」トンッ

P「ふぇっ」ドサッ

凛「…犬はね、先にメスが発情するんだよ?」
13 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:31:36.32 ID:2VEPzEMQo

P(どうすればいいか考えてるうちに、押し倒されてしまった…)

P「ちょ、凛、何を…つーか顔が近…ひゃっ」ビクッ

凛「…あぅ、んっ」ペロペロ

P「ちょ、首は、やめっ…」ゾクゾクッ

14 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:32:56.81 ID:2VEPzEMQo

凛「ん……ふろ、りゅーさー…」ペロペロ

P「あっ、ぐ、ん……」ビクビク

凛「……今なら、好きにして、いい、よ?」ボソッ


15 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:34:48.80 ID:2VEPzEMQo

P(ああ、このまま凛わんわんにぺろぺろされたままわんわんしてしまいたい理性がもうヤバい)

P(でも俺達はあくまでアイドルとプロデューサーで、ましてや凛はJKだし…)

P(止めるなら今しか…)
16 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:36:06.77 ID:2VEPzEMQo

P「り、凛!」ガシッ

凛「!」ビクッ

P「そ、そういうことは大切な人とすべきだし、俺はあくまで凛のプロデューサーで…ってあれ?」

凛「……う、うぅ…ぐすっ」ポロポロ

P「」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/13(火) 22:36:45.40 ID:RHvaQXNvo
ドSっぽくない娘に蔑まれると興奮するよね
18 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:37:48.71 ID:2VEPzEMQo

P「え、えっと、こういうときはどうしたら……」オロオロ

凛「…ひっぐ、違うの。その、プロデューサーは、悪くないよ」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/13(火) 22:38:19.26 ID:sIYvHEJmo
しぶりんはどうしてこうなってしまったんだろう
どこで変態になってしまったんだ……
20 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:39:12.38 ID:2VEPzEMQo

凛「ただ、プロデューサーに、手首を捕まれて、いざああいうことするって思ったら、急に、怖くなっちゃって…」

凛「プロデューサーがそういうつもりじゃないって分かったら、ホッとして涙が出てきちゃった…」
21 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:40:14.72 ID:2VEPzEMQo

P「そ、そういうことだったのか。でも、そもそも何で俺を押し倒したり…?」

凛「…それはその、最近プロデューサーと一緒にいられなかったから…」グスッ
22 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:41:58.31 ID:2VEPzEMQo

凛「プロダクションが大きくなるにつれて、色んなアイドルが入ってきて」

凛「それだけプロデューサーと、一緒に過ごす時間が少なくなっていって」

凛「それを何とかするにはこうするしか、ないのかなって…」

P「…」
23 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:42:58.42 ID:2VEPzEMQo

凛「…やっぱり、あんなことした後だし、ぐすっ、プロデューサーに、嫌われても仕方な

ギュッ

凛「…ひゃっ!」ビクッ

凛「プ、プロデューサー…?」

24 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:44:20.84 ID:2VEPzEMQo

P「ごめんな、凛。今まで凛の気持ちに気づいてやれなくて…」

P「凛は俺が悪いんじゃないって言ってくれたけど、さっきみたいなことさせちゃった原因は俺にある」

P「これからは昔みたいにはいかないかもしれないけど、できるだけ凛と一緒にいられるようにするから…」

凛「…本当?」ウルウル

P「ああ、約束する。だからその…」

凛「?」

凛「…その?」
25 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:45:23.85 ID:2VEPzEMQo

P「そ、そろそろ離してもいいか?つ、つい勢いで抱きついちゃったけど恥ずかしくなってきたってゆーか、えっと…///」

凛「…ダメ。もうちょっとだけでいいから……このままで、いて」ギュー

P「…///」
26 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:47:14.22 ID:2VEPzEMQo

P(凛はちょっとだけって言ったけど、それからかなり長い間、二人で抱き合っていたと思う)

P(凛は相変わらず、いい匂いがして、華奢だけど、めちゃくちゃ柔らかった)

P(いつからか、凛の心臓の音が伝わってきて、俺の心臓もこんなふうに脈うってるのかと思うとまた何だか恥ずかしくなってきたし…)

P(夜の二人っきりの事務所には、お互いの息遣いしか聞こえなくて、余計にドキドキした)
27 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:48:08.63 ID:2VEPzEMQo

P「そ、そろそろいいか?」パッ

凛「…あっ……うん…」

凛「……プロデューサーの、馬鹿」ボソッ

P「…ん?何か言ったか?…ってもう真っ暗じゃないか!」

P「一人じゃ危ないし、せっかくだから送ってくよ」

凛「こういうところがズルいんだよね…」ボソッ

P「?」

28 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:50:10.50 ID:2VEPzEMQo

P「そう言えば、もう事務所出ちゃったけど忘れ物か何か取りに来てたんじゃないのか?」テクテク

凛「…まだ忘れたわけじゃないんだよ?」ピタッ

P「えっ」

凛「ちゃんと家まで私を引っ張って行ってね、ハナコ」ギュッ

P「」
29 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:51:30.52 ID:2VEPzEMQo

凛(実はあの本がその忘れ物だったなんて、今さら言えないよね)

凛「ふふっ♪」



〈おしまい〉

30 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 22:53:40.87 ID:2VEPzEMQo
三日遅れたけどしぶりん誕生日おめでと!
今度はみくかアーニャの書きたいです
レスくれた人ありがとう
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/13(火) 23:08:45.50 ID:TwHLsMIxo
もっと書いてどうぞ
32 : ◆h3cJuoxIvA [sage]:2013/08/13(火) 23:11:58.41 ID:2VEPzEMQo
読み返したら全然SMっぽくないね…
その他にもお粗末な点が多々あるかもしれないけど初SSなので許してください…
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/13(火) 23:25:31.65 ID:P6xWJQoM0
実はその本がチッヒーの物で同僚的にもどうしようかと考えを巡らせたりしていたらしぶりんが来た
ってとこまで妄想したけどそんなことはなかったぜ!
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/13(火) 23:44:45.56 ID:b4Axkjolo
中高生がそんな本を所持してるのはまずいな
俺が直接凛から受け取ろう
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/14(水) 12:09:39.34 ID:oWrn/OMMo
15歳でこれか…将来は大物になるな
9.53 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)