このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

モバP「なぁ、凛」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:26:28.80 ID:S2jmRBA40

凛「何?」

P「お前ってさぁ……」

凛「?」

P「結構、友達多いよな」

凛「……どうしたの急に。友達いないように見えるって言いたいの?」

P「いやいや、そうじゃない。ほら、卯月と未央とか、加蓮と奈緒みたいなユニットも勿論、結構皆と交流あるだろ」

凛「……まぁね。でも、それはプロデューサーがやってる事じゃない?
  私は言われた通りにユニットで動いてるだけでさ」

P「結構キツイとか見られたりするけどさ。人が集まってくるような体質なんだな、きっと」

凛「……そうかもね。この事務所にいると、基本的に一人でいる事少ないから」

P「いるよなぁ……そうやってあんまり喋らないけど他人を引き寄せる人……。
  なんだろうな、空気か、カリスマか?」

凛「カリスマって言うのは、言い過ぎじゃない?」

P「いや、そういうのも才能とかの一つだし、こういう言い方でも大仰じゃないと思うぞ。
  俺は、正直羨ましい」

凛「……そう」

P「それに、俺に言われて動いてるだけって言ったけどさ。
  それだけじゃ別に仲良くしようって気もおきないだろ?」

凛「そうかな」

P「そうだよ」

凛「……そっか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377699988
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【ミリマス】松田亜利沙が写真撮影を依頼される話 @ 2020/11/27(金) 00:00:13.36 ID:zlRaz8c80
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606402813/

麦野「好きな男を攫って物にするのは暗部の常識でしょ」 @ 2020/11/26(木) 22:36:47.62 ID:Or8qE2Zw0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606397807/

■ A雑総督府/萌竜会本部 ■ @ 2020/11/26(木) 21:20:36.48 ID:Fd6AGtjl0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1606393236/

アプリで付き合ったことあるやつちょっと来い @ 2020/11/26(木) 11:58:41.98 ID:W4Ao5errO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1606359521/

三葉ムツミ「どうにかしてタカトシ君をオカズにしたい」 @ 2020/11/25(水) 23:58:30.68 ID:HVJ4KGRV0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606316310/

リーネ「芳佳ちゃん、何それ?」 芳佳「耳かきだよ」 @ 2020/11/25(水) 23:12:25.11 ID:euR5DOCUO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606313545/

【モバマス】はっぴーばーすでーとうまいふれん @ 2020/11/25(水) 20:28:56.65 ID:bNcP7q9DO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606303736/

侑「あれ?ここどこだっけ?」かすみ「私が先輩を支えます!」 @ 2020/11/25(水) 18:45:57.05 ID:yiYqiAfTO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606297557/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:26:50.26 ID:S2jmRBA40

P「うーん……まぁ話はそんだけ」

凛「ふふっ、何それ」

P「いや、ふと思っただけだから」

凛「……そっ」

P「まぁいいや。仕事に戻ろ、書類馬鹿みたいに残しちゃってるし」

凛「言うだけ言って仕事に戻るって……」

P「え、何かダメか?」

凛「うーん、ダメだね」

P「えー。それこそ何ソレだろ」

凛「じゃあ仕事終わったら何処かに食べに行こうよ。そうしたら、許してあげる」

P「横暴だなぁ。まぁ良いけど。どうせ家帰っても一人で飯食うだけだし」

凛「じゃあ決定ね。私はここで待ってるから、終わったら言って」

P「んー」


――
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:29:12.01 ID:S2jmRBA40


P「なぁ、凛」

凛「何?」

P「雫ちゃんってさぁ、胸105cmあるんだったっけ?」

凛「……何でそれ私に聞くの?」

P「いや、俺の記憶が正しいかなと思って。で?」

凛「で? って……まぁ、合ってるよ。私もあの数字には驚いたから記憶に残ってる。
  ……ところで、何でそんな事聞くの? この食事中にさ」

P「いやな。どっかの格ゲーでさ、キャラのスリーサイズが登録されてるヤツがあったんだけど、その主人公がな……。
  あ、その人男なんだけど、胸部が113cmあるって書いてあったから、
  もしかしたら俺も鍛えたら雫ちゃん超えられるんじゃないかと」

凛「……」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:30:05.73 ID:S2jmRBA40

P「どうかな? いけると思う?」

凛「……さぁね」

P「そうか……」

凛「……超えてどうするの?」

P「え? うーん……どうするんだろうな。八極拳使えるようになるんじゃない?」

凛「……寝言はいいからご飯食べようよ。冷めちゃうよ」

P「はい」

凛「おいしいね、ここのハンバーグ」

P「あぁ。ついつい食べ過ぎちゃいそうだな……あ、太ったらダメだぞ、怒るぞ」

凛「ふふっ、わかってるよ」



――
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/28(水) 23:30:49.84 ID:d9LpIIIn0
ギガンテックテイガー?
いや、あいつはもっとあるか。
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:32:18.57 ID:S2jmRBA40

P「なぁ、凛」

凛「今度は何?」

P「楓さんってさぁ……普段からあんなニコニコしてる人なの?」

凛「え?」

P「いや、凛この前ユニット組んだろ? その時の様子とか見てるだろうから、聞いてみたんだけど」

凛「……どうかな。でも、そんなにニコニコってしてた印象は無いかな。
  時々薄い笑いは浮かべてたけど……基本普通だったと思う」

P「ふん……そっか。俺が仕事してる時ずっとニコニコしながらあの人コッチ見てたから、何が楽しいんだろうと思ってさ。
  俺でダジャレでも考えてたのかね」

凛「ふーん……」

P「何であんなずっと笑ってられるんだろうな」

凛「……いつもニコニコしてるのはプロデューサーだと思うけどね」

P「えぇ? 俺が?」

凛「奈緒からかおうとしてる時とか、なんかしょうもない事でも思い付いた時とかそんな顔してるよ。
  しかもしょっちゅう」

P「えぇー、俺そんな顔してるかな……」

凛「してるよ」

P「うーん……」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/28(水) 23:33:26.96 ID:s+K+lsasO
なにこのP可愛い
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:34:04.90 ID:S2jmRBA40

凛「楽しいんでしょ。良くわからないけど」

P「まぁ、そうなんだろうな。これからはもうちょっと顔引き締めるか、凛のプロデューサーなんだしな。よし」

凛「……私みたいに無愛想なのよりは、良いと思うけど」

P「別に凛は無愛想じゃないだろ。結構俺と話してる時表情変わるぞ」

凛「……まぁ、それはプロデューサーに釣られるから……」

P「あ、すいません。このパフェ下さい。はい、これですこれ」

凛「……」

P「あ、凛もデザート頼むか?」

凛「……いい、いらない」

P「はい、お願いします」

凛「自分から会話振っておいてこれだもんなぁ……ループしないけど卯月と話してるみたい……」

P「なんか言った?」

凛「何でもない」

P「そうか」

凛「……」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:35:18.41 ID:S2jmRBA40

P「……うーん……」

凛「どうしたの?」

P「いや、パフェでなんかダジャレでも考えようと思ったけど思い浮かばなくて……。
  やっぱりあの人頭の回転はやいんだなぁ」

凛(題材難しくない?)

P「ダメだ、思い浮かばない……俺センス無いんだな……」

凛「落ち込まないでよ……楓さんは、ほら、慣れてるからすぐ出るんだよきっと」

P「そうかな」

凛「そうだよ」

P「そうか……そうだなっ」

凛「……単純だなぁ」

P「何が」

凛「何でも。ほら、デザート来たよ」

P「あ、早い。うわぁ凄いなぁ、デカイっ。ははっ、良いなぁこれ。あ、凛も食べようよ。
  スプーン二つ来たしさ」

凛「ふふっ、わかったから、そんなにはしゃがないでよ。恥ずかしいよ」

P「えぇ? あぁそう……」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/28(水) 23:36:42.45 ID:fO0ru2QPo
雫ちゃんにぱふぇぱふぇして欲しい
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:38:47.72 ID:S2jmRBA40

凛「じゃあお先に」パクッ

P「あぁっ」

凛「ん……おいしい。ほら、プロデューサーも食べないの?」

P「先に食うなよずるいぞ、元はと言えば俺のなのに……それにいらないって言ったじゃないかさっきは」

凛「食べて良いって言ったのはプロデューサーだよ。早い者勝ちなのこういうのは」

P「くそっ……あぁチョコも食べた!」

凛「ふふっ、おいしいなぁ。あ、早く食べないと無くなっちゃうよ本当に」パクッ

P「あぁっ酷い。バナナまで食べた……」

凛「ふふっ……落ちこまないでよ。ほら、何なら、私が食べさせてあげよっか?」

P「え、良いの?」

凛「……普通のプロデューサーならそこで、いや、ダメだぞ凛。アイドルとしての自覚が……とかいうべきだと思うけど」

P「あぁー……失念してた」

凛「……ほら、プロデューサーの分もちゃんと考えながら食べてるから、プロデューサーも食べてよ」

P「そっか、ならいいや。ん、いけるなこれ」

凛「……ふふっ」


――
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/28(水) 23:39:51.99 ID:ZTEZQa0Ko
あれ? 同じタイトルで以前あったような……

続き?
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:40:04.55 ID:S2jmRBA40

P「なぁなぁ、凛」

凛「ん、何?」

P「若葉ちゃんの運転する車に乗った事ある?」

凛「え……無いけど」

P「俺、あるよ」

凛「そう……」

P「うん」ニコニコ

凛「(……自慢したいだけなのかな……)というかあの人、免許持ってるんだね」

P「二十歳だし持ってるでしょそりゃ」

凛「まぁ、そっか……でも、どうして乗ったの?」

P「え? あぁ、この前の仕事先でさ。美世ちゃん達と車乗る機会あったから、その時にね。
  私も運転できるんですよーって、数百mもあるか無いかの長さだったけどさ」

凛「ふーん……でもさ、それってハワイの話でしょ?」

P「うん」

凛「日本の免許じゃ……ダメなんじゃないの?」

P「そん時私有地内だったし、大丈夫だよ」

凛「……あぁ」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:42:10.89 ID:S2jmRBA40
>>12 グーグル先生で検索してこのタイトルまんまはなかったから使ったんだが、やっぱり似たようなのあったか
   ただまぁ、その人では無いよ。期待させたなら悪い




P「ただまぁ、日本じゃ仕事の時は車に乗せられないしなぁ……事故とかあったら大変だし」

凛「そういう不祥事とか、ニュースで流れるしね。どうしてもイメージ悪くなるし」

P「あぁ、だから俺達が運転とか送り迎えしてるんだ。
  凛も来年からバイクの免許取れるようになるけど、もし取るんだったらそういうのに気をつけるんだぞ?
  他のアイドルにも言ってる事だけどな、拓海とかさ」

凛「わかってる。でも多分取らないよ。車だけ取ると思うから、まだ先の事だし」

P「まぁなぁ……俺もバイク乗るの怖いから……」

凛「でも良いんじゃない? プロデューサーの運転する車、静かで結構好きだよ?」

P「え? そうかな、そんなに上手いかな?」

凛「うん。車酔いする人でも、あんまり酔わないんじゃないかな」

P「うーん、それはどうだろ。酔う人は臭いで酔ったりするからね」

凛「そっか……色々あるんだね」

P「まぁな。でも、そう言って貰えるなら嬉しいな。あんまりそういう評価とか聞けないしさ」

凛「もう送って貰うっていうのが慣れてきちゃってるからね」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:43:10.33 ID:S2jmRBA40

P「そうかもなぁ……ん、拓海で思い出したけど」

凛「何?」

P「特服さ、着させて貰ったんだよ。特服」

凛「トップク?」

P「特攻服。ほら、最初見ただろ? あの紫のさ、色々縫い込んである」

凛「あぁ、あれか……初めて見た時は、まだこんなの着てる人いるんだって驚いたけどね」

P「俺も正直驚いたよ。でもさぁ、俺ああいうの着てみたかったんだよなー。
  つい最近、着させてってお願いしてみたら良いって言ってくれて、それで着てみたんだよー」

凛「プロデューサー、不良に憧れてるの?」

P「うん? いや違うよ。ただ俺の好きな漫画でさ、ああいうの着た主人公がいるんだよ。
  後ろにはー下がれないーってヤツ、知らない?」

凛「いや、知らないけど……」

P「あ、そう……まぁ、女の子には興味無いヤツなのかもなぁ……」

凛「普通、そういうのになりたいって子はあんまりいないと思うよ」

P「確かにな。まぁそれでさ、着てみたんだよ。結構あれ生地固いんだな。
  着てみてさ、腕組んでやろうと思ったけどサイズちょっと小さいのもあってあんま自由に動かないんだよあれ」

凛「へぇ。まぁ確かに、作業着っぽいもんねあれ。丈夫に出来てるんじゃない?」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:44:01.44 ID:S2jmRBA40

P「うん、そうそう。で、臭いも嗅いでみたんだよ」

凛「臭い?」

P「あぁ。ガソリンとアスファルトの臭いでも染みついてるかなぁと思ったら、普通に拓海と同じ石鹸の匂いだった……」

凛「……」

P「何か臭いかいだら拓海に凄い怒られたけどな。良い匂いって言ってるのに、あんな顔真っ赤にして怒らなくても良いのにさ……。
  なんかわたわたしながら脱がされちゃったよ……」

凛「……そう」

P「しばらく目も合わせてくれなかった……そんなに失礼だったのか?」

凛「……さぁね。偶には自分で考えてよ」

P「は?」

凛「ほら、前見てよ。信号変わってるって」

P「お、おっと……」

凛「はぁ……」

P「そんな溜息つかないでよ……」

凛「つきたくもなるよ……」

P「何で?」

凛「……普通さ、女の子が自分の服をどうでもいい男の人に着させると思う?
  それがどういう形であれさ」

P「ふん……まぁ、普通は無いだろうな」

凛「ヒント終了。後は自分で考えて」

P「……はい」

凛「はぁ……あ、ちょっとコンビニ見かけたら寄ってくれない?
  買い物したいから」

P「ん、了解。俺もなんか飲み物買お」


――
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:45:21.04 ID:S2jmRBA40

P「んー……なぁ、凛」

凛「何?」

P「凛は猫、飼わないのか?」

凛「え、猫?」

P「うん。結構どっちも飼ってる人いるって聞くし、凛も猫の方も好きだろ?」

凛「うーん……確かに飼いたいと言えばそうだけど……」

P「まぁ……色々あるか、飼えない事情は」

凛「うん……猫も好きなんだけどね……」

P「そっか……」

凛「でも、どうしたの急に。猫の話なんて」

P「ん? いやなぁ、この前みくと初めて猫カフェ行ったんだよ。この猫用のエサ見たら思い出したんだけど」

凛「……ふうん、それで?」

P「行ったはいいんだけど、犬猫アレルギーなのすっかり忘れててさ……」

凛「あぁ……うちに来た時もなんか鼻ズルズルさせてたね」

P「ん、よく覚えてるな。えぇと、それで鼻水三日も治らなくてさ……大変だったんだよ……。
  まぁみくは喜んでたから良いんだけど……」

凛「そう……良かったね」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:45:58.21 ID:S2jmRBA40

P「良くないよ。そう言えば、留美さんも俺と同じアレルギーだったっけ。大変だよなぁ、本人猫好きなのに」

凛「あの人もそうなの?」

P「あぁ。この前道端で猫見つけて、じゃれようとしてたよ。にゃーって言って猫呼んでた」

凛「……そっ」

P「凛もわんって言って犬呼ぶの?」

凛「そんな訳ないでしょ……普通に名前呼んでるよ」

P「そうか。まぁそりゃそうだろうな」

凛「……あぁ、良かった。本気で聞いてた訳じゃないんだ……」

P「そんな訳ないだろ。俺を何だと思ってるんだ」

凛「……プロデューサー、そういうの好きなの?」

P「何が?」

凛「そうやって……動物の真似、してみるとかさ」

P「え? さぁ……どうだろうな。まぁ確かに留美さんがああやってるとこ見た時は可愛いとは思ったけど」

凛「……ふうん」

P「まぁ、ギャップってのもあるんじゃない。そういうのも、大事だと思うよ」

凛「そう……」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/28(水) 23:46:38.85 ID:ZTEZQa0Ko
>>14
ええんやで
探したら モバP「なぁ、凛」凛「・・・何?」 だった
↑とは書き方もテーマも違うから気にせず続けて、どうぞ(凛P歓喜感
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/28(水) 23:49:51.38 ID:rd/8UPrDO
ハンナ「…」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:54:02.08 ID:S2jmRBA40


アリガトーゴザイマシター


P「まぁいいや。さてと、買う物買ったし帰ろうか」

凛「……」

P「何突っ立ってるんだ。ほら、おいで」

凛「……わんっ」

P「あ?」

凛「な、何でもない」

P「……」

凛「……」

P「……」

凛「な、何?」

P「……今の加蓮達に話してやろ」

凛「やめて」
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:54:42.57 ID:S2jmRBA40

P「ははは、さっきのパフェのお返しだ」

凛「……怒るよ」

P「はいすいませんでした」

凛「……ふぅ」

P「いやぁしかし……別に犬呼ぶ訳じゃないのに、どうしてそれやる意味あったんだ?」

凛「……プロデューサーには一生分かんないよ」

P「えぇ?」

凛「行こう。もう遅いし」

P「……そうだな」

凛「……」

P「なぁなぁ、今のもう一回……」

凛「……」

P「はい、何でもないです」


――
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:55:12.06 ID:S2jmRBA40


P「……なぁ、凛」

凛「何?」

P「俺達がこうして組んで……もう少しで二年だな」

凛「……どうしたの急に」

P「いや、ただ何となく」

凛「……何か、あったの?」

P「いや、なーんにも。ただ本当に、ふとそう思っただけ」

凛「……そう」

P「……まぁ、何だ……ありがとうな、その……こんな俺についてきてくれて」

凛「……本当に大丈夫? なんか、病気とかになったの?」

P「だから大丈夫だって。生まれてこのかた体だけは丈夫だし、健康診断にも行ってるよ……」

凛「じゃあ、どうしてそんな事言うの?」

P「いや、こういうのってさ、こう忘れそうになった時に口に出した方が、良いのかも知れないと思ってさ。
  その環境に慣れて、そういう気持ちを忘れたらいけないから」

凛「……」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:56:42.55 ID:S2jmRBA40

P「俺は……基本的に仕事の要領も悪いし、まだこの世界入って日も浅いし、迷惑ばっかりかけてるからさ。
  本当に、いつもしっかりしてくれてる凛には、感謝してるんだよ」

凛「……うん」

P「あぁ……何と言うか……と、とにかく、これからも俺の相棒としてだな……。
  よろしく……頼むよ」

凛「……」

P「えっと……何か言ってくれないと、困るんだが……」

凛「ふふっ……」

P「あ?」

凛「あははっ……何それ。自分から言い出して、何で恥ずかしがってるの?」

P「しょ、しょうがないだろ……思い立ったら、つい口に出ちゃうんだよ……」

凛「それは知ってる。プロデューサー、単純だもんね」

P「単純じゃないぞ、俺だって電子回路のように複雑怪奇なんだ」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:58:28.86 ID:S2jmRBA40

凛「それに天然だし」

P「違うよ」

凛「そうだよ」

P「凛の方がそうだよ」

凛「何で私が」

P「犬の真似しちゃうような子の方が天然だろうが」

凛「あ、あれは……魔が差したんだよ」

P「ほう」

凛「ほ、ほら。前見なよ。また信号変わってるって」

P「あ、本当だ」

凛「ふぅ……」

P「……まぁ、さっき言った事を、俺はいつもちゃんと思ってるって事だから……な」

凛「……そう」

P「……もう少しで着くよ」

凛「うん……わかってる」

P「……」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/28(水) 23:59:26.10 ID:S2jmRBA40

凛(相棒、かぁ……あれだけの数のアイドルプロデュースして仕事の要領悪いとか言って、それで相棒かぁ……。
  それで、一番付き合い長い私にそれ言うんだ……言う事キツイな……)

P「ふぅ……着いたよ」


ブロロロ キキーッ


P「よいしょっと……忘れ物するなよ?」

凛「わかってる。プロデューサーと違って、ちゃんとしてるから」ガチャッ

P「あはは、まぁそうだな。それじゃあ、また明日」

凛「……うん」

P「どうした、そんな暗い顔して。別にさっきのはそういうフラグとかじゃないから大丈夫だって。
  俺はどこにも行かないから」

凛「……プロデューサー」

P「ん、何?」
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/29(木) 00:01:39.69 ID:KCoRuuih0

凛「……本当に、いなくなっちゃ、嫌だよ」

P「……大丈夫さ。俺は、丈夫だから。病気になったって、凛達の前から消えないって」

凛「……約束だよ」

P「わかった……約束する。ほら、早く家に帰った帰った。親御さん心配してるよ、きっと」

凛「ずっと……これからもずっと、私の隣に……いてね。
  病気になっても……絶対、プロデューサーは、プロデューサーでいて……」

P「……あぁ。凛も、どっかに行っちゃダメだぞ? お嫁に行くときは、せめてちゃんと結婚式に呼んでくれよ?」

凛「……それこそ、いつになるかわからないよ」

P「あはは、スピーチさせてくれよ? 俺あれやるの夢だったんだよ」

凛「……そう」

P「じゃあ、おやすみ凛」

凛「うん……」


バタンッ ブロロロ


凛「約束だからねー!」


オーウ!
ブロロロ……


凛「……」

凛「絶対……約束だよ……」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/29(木) 00:01:50.07 ID:nBrjtmlh0
いい空気。
29 : ◆S.3OfNv5Fw [saga sage]:2013/08/29(木) 00:03:21.94 ID:KCoRuuih0
おわり

ニュージェネ渋りんMM特訓記念に勢いでやった
もしこの系統でやるなら……バレンタイン手に入れたらやで(白目)

読んでくれた人ありがとう
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/29(木) 00:04:20.41 ID:pbCmVkqgo
これP死ぬフラグやん……おつ
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/29(木) 00:05:49.41 ID:dmtXtozgo
あぁ^〜
やっぱ凛は最高なんや〜
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/29(木) 00:06:45.72 ID:Ky+TNFNUo
おつ
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/29(木) 00:10:36.23 ID:rCGnB3iDo
乙乙!あとおめおめ!
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/29(木) 00:14:05.07 ID:us9xUTplo


最近SSでは変態凛ちゃんばっかりだもんなぁ・・・
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/29(木) 00:49:31.89 ID:+fsYewHwo
可愛い凛ちゃんを書いてくれて歓喜
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/29(木) 00:50:50.17 ID:pjlrrp6AO
乙…って言ったら終わりな気がして…だから
またな!(続編希望)
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/29(木) 01:00:20.06 ID:kewqoe9m0
一歩引いた凛ちゃん可愛い
続編待ってるで(ニッコリ
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/29(木) 01:00:30.13 ID:nxm12d/DO
変態凛わんも好きだけど甘々な凛ちゃんも大好きです
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/29(木) 02:42:53.85 ID:yVRjoqWAO
乙つ
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/29(木) 04:55:43.34 ID:+R66Q15po
二年っていうとそっか、もう菜々さんと同い年になるんだ
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/29(木) 09:48:35.04 ID:KW+0xrEho
乙!
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/29(木) 17:28:12.54 ID:INIqlRjN0
これはいい雰囲気の凛ちゃん
おつおつ
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/31(土) 12:14:01.63 ID:RSg0Can6o
おつー
21.91 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)