このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

春香「だって私達みんな……765バスターズだもんね!」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :ミガサ [saga]:2013/08/31(土) 21:44:59.38 ID:zdMp10sy0
前スレ

P「チーム名は……765バスターズだ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365676584/

を読んでからでないと、物語が理解できないと思います。


注意
・超展開あり
・ご都合主義あり
・時間軸はかなり滅茶苦茶
・呼称の変更あり

それでもよろしいという方は、続きをお読みください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377953099
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

ここの奴らって底辺無職ってマジ? @ 2019/09/23(月) 16:19:49.68 ID:zodmyEeBO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569223189/

【ミリマスSS】草薙星蘭「ぷっぷかさん・・・?」 @ 2019/09/23(月) 15:50:22.12 ID:FoB+MLQF0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569221421/

奏「ご褒美にキスでもして貰おうかしら?」 モバP「わかった!」ブチュー! @ 2019/09/22(日) 21:59:09.26 ID:FMubTUSF0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569157149/

俺「雛見沢村に安価で住む事になった」魅音の双子の妹、4音でーす! @ 2019/09/22(日) 21:02:28.77 ID:h9CpVWUAO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569153748/

【イナズマイレブン】天馬「円堂監督……」【安価】 @ 2019/09/22(日) 20:55:07.71 ID:1Lqiw6720
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569153307/

真姫「まきフレンド」 @ 2019/09/22(日) 20:30:39.45 ID:OsKkgBirO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569151839/

【咲安価】「この試合に、東2局はきませんよ!」【オリコンマ】 @ 2019/09/22(日) 19:37:40.01 ID:z1lz3gVz0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569148659/

夢ならばどれほどよかったでしょう @ 2019/09/22(日) 16:31:46.36 ID:ZQTS6Aido
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1569137506/

2 :第未章「IF」 [saga]:2013/08/31(土) 21:47:08.11 ID:zdMp10sy0
世の中には「IF」という物が存在する。

それは、数多の可能性。

それは、【彼】が見る可能性があった夢。

【彼】が見た、夢。

3 :第未章「IF」 [saga]:2013/08/31(土) 21:48:29.83 ID:zdMp10sy0
例えば、悲しい夢。

「誰か……助けてよ……ハニー……」

いじめられていた少女を、助けられなかった夢。

「指……が……あ、ああああああ!嫌ああああ!!Pさああああん!!」

誰かを救うために、犠牲を払った夢。

「にぃに……寒いよ……」

背中を押してもらえず、立ち止まった夢。

「私は……やっぱり、【水瀬】伊織なのね……」

名前の枷に、縛られた夢。

4 :ミガサ [saga]:2013/08/31(土) 21:48:58.72 ID:zdMp10sy0
例えば、幸せな夢。

「プロデューサーさん。私……今、凄く、幸せです」

一番目の少女と添い遂げる、夢。

「きっと……優も、喜んでくれますよね」

歌姫と共に歩む、夢。

「うっうー!みんなみんな、いい子に育つんですよー!」

大家族と一緒に暮らす、夢。

「んっふっふー!今日から、Pは亜美のカレシなんだからねっ!!」

一人の妹と手を繋ぐ、夢。
5 :ミガサ [saga]:2013/08/31(土) 21:50:11.34 ID:zdMp10sy0
「IF」は新たな「IF」を生み出す。

同時に、「IF」は夢の中に蓄積されていく。

蓄積された「IF」は、本来存在し得なかった「IF」でさえも作り出す。

さぁ、

あの日終わってしまった夢の続きを、始めましょう。

6 :第間章「夢の分かれ道」 [saga]:2013/08/31(土) 21:54:31.46 ID:zdMp10sy0
ニア・セーブ1:「一つの夢が終わる時」
 ・セーブ2:春香END
 ・セーブ3:千早END
 ・セーブ4:真END
 ・セーブ5:小鳥END
 ・セーブ6:美希END
 ・セーブ7:律子END
 ・セーブ8:やよいEND
 ・セーブ9:伊織END
 ・セーブ10:響END
 ・セーブ11:雪歩END
 ・セーブ12:あずさEND
 ・セーブ13:亜美END
 ・セーブ14:壊れたセーブデータ
7 :第間章「夢の分かれ道」 [saga]:2013/08/31(土) 21:55:15.54 ID:zdMp10sy0
  セーブ1をロードしますか?

  ・はい  ニア・いいえ
8 :ミガサ [saga]:2013/08/31(土) 21:55:44.38 ID:zdMp10sy0
  セーブ1をロードしますか?

  ニア・はい  ・いいえ
9 :ミガサ [saga]:2013/08/31(土) 21:57:21.28 ID:zdMp10sy0
   セーブ1をロードしました

  






―――新たな夢が生まれました―――
10 :ミガサ [saga]:2013/08/31(土) 21:57:50.14 ID:zdMp10sy0
―――夜 事務所―――

真美「真美ね、あの時ずっと好き【でした】なんて言ったけど……」

真美「本当は今でも、大好きだよ。兄ちゃん」

P「……俺は」

真美「返事は言わなくっていいよ。知ってるから……」

真美「じゃあね。真美、もう行くよ」

P「……」
11 :ミガサ [saga]:2013/08/31(土) 21:59:20.58 ID:zdMp10sy0
真美「バイバイ、兄ちゃん。ちゃんと事務所には来ないとダメだよ?」ガチャッ

P「……」

P「(本当に、いいのか?)」

P「(ここで俺は―――真美を引き止めないで)」

P「(……いや、いいんだ)」

P「(これは真美が決めたことなんだ。昔みたいに、無責任な事を言ったり、無責任な事をする訳にもいかない)」

P「(俺も真美も……もう、大人なんだから)」

P「……」
12 :ミガサ [saga]:2013/08/31(土) 22:00:18.84 ID:zdMp10sy0
P「(本当に、そうか?)」

P「(俺は昔の俺に、胸を張れるような大人になったか?)」

子P「(なれてないね)」

P「(?!)」

子P「(全然なれてない。俺が夢見てた大人とは程遠いな)」

P「(俺……?)」

子P「(なぁ、俺がこの頃に夢を見てた大人ってどんなんだっけ?)」

P「(それは……)」
13 :ミガサ [saga]:2013/08/31(土) 22:01:03.71 ID:zdMp10sy0
子P「(くだらない雑務をこなして、だけどまるで聖人のように振舞って)」

子P「(本当に、それが俺の憧れてた大人か?)」

P「(……そうじゃないのか?)」

子P「(俺らの憧れてた大人ってさ)」

子P「(悩んでる人間をカッコよく助けられる、そんな大人じゃないか?)」

子P「(聖人じゃなくて、ずる賢いところもあって)」

子P「(それでいてやけに熱血で。悩みを解決するためならプライドだって捨てて、危険だって省みない。そうだろ?)」

P「(だけどそれは、ドラマやアニメの中の話で)」
14 :ミガサ [saga]:2013/08/31(土) 22:02:28.89 ID:zdMp10sy0
子P「(じゃあ子供の頃、俺が頑張ってた事は一体何だ?)」

子P「(チームなんか作って、誰かの悩みを解決するために奔走して)」

子P「(そんなテレビの中の大人になりたかったからだろ?)」

P「(……)」

子P「(そろそろさ、俺に見せてくれよ。大人ってヤツをさ)」

子P「(ちょうど今、目の前で悩んでるヤツがいるじゃねぇか)」

P「(そう、だな)」
15 :ミガサ [saga]:2013/08/31(土) 22:03:26.07 ID:zdMp10sy0
子P「(そいつを助けられなくて、何が大人だよ)」

子P「(俺達はまだガキだ。そうだろ?)」

P「(……その通りだ)」

子P「(ガキが責任やらなんやらを背負おうとするんじゃねぇよ。むしろあの頃みたいにリスクを楽しもうぜ)」

子P「(それに、いつもアイツらに言ってたじゃねぇか)」

P&子P『(やるんなら、自分のやりたいようにやれ)』

子P「(それで、今俺は何を考えてる?何をやりたいんだ?)」
16 :ミガサ [saga]:2013/08/31(土) 22:03:52.19 ID:zdMp10sy0
P「(……やりたい事なんて、考えてる事なんて、そんなの最初から決まってる)」

P「(俺はまだ真美がアイドルを辞める事に……納得なんてしてない)」

P「(だから……全力で引き止める!)」

P「真美っ!!」

真美「っ!?な、何さ兄ちゃん。そんな大きな声出して……」

P「あ、えっと……」
17 :ミガサ [saga]:2013/08/31(土) 22:04:29.77 ID:zdMp10sy0
P「答えはいらない、わかってる、なんてお前は言ってたけどさ」

P「ちゃんと、オールスターライブの後に……答えるから」

真美「……」

P「悩んで悩んで、ちゃんと答えを出すから」

P「だから……待っていて欲しい」

真美「……兄ちゃん、約束、だかんね」

P「ああ」
18 :ミガサ [saga]:2013/08/31(土) 22:04:58.67 ID:zdMp10sy0
真美「真美も納得できるような答え、出してね」

P「約束する」

真美「……わかった。じゃあね!」バタン

P「……」

P「よし……もう、後戻りはできないな」

P「もしかしたら俺の方がここからお別れになるかもしれないけどな……上等だ。そんくらいのリスクがあった方がいい」

P「そうだ、真美には後で謝らないといけないな。約束破ってごめんって」

P「千早と春香と真と亜美以外の全員に伝えて、久しぶりにチームとして集合しないとな」

P「なんてったって俺たちは―――全員揃って、765バスターズだからな!」
19 :ミガサ [saga]:2013/08/31(土) 22:05:36.19 ID:zdMp10sy0
今日はここまで。

また、新しいスタートです。

それではここまで読んでくださった方々、ありがとうございました!
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/31(土) 23:01:05.98 ID:j9NIcRG6o
やっと更新きた!と思ったらこれは超大作の予感…
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/31(土) 23:26:00.00 ID:VEzcf+OPo
乙!

しかしセーブデータの数的に14スレ分行きそうな予感・・・
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/09/01(日) 00:32:52.95 ID:WP160lCp0
面白いな
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/09/01(日) 10:07:51.67 ID:FZL/4L4to
スレタイがどうしてもだもんげに見えちゃうYO
24 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/02(月) 01:32:40.55 ID:2eEtfrqDO
セーブが14あって亜美真美が別にあるなら壊れたあのセーブはなんだろう?と考えて足りない人物が思い浮かんだ
セーブ14はお姫様関係なんだろうなーと思った乙
25 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/17(火) 12:10:12.55 ID:m6OkSepjP
続きはよ
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/09/23(月) 05:47:54.29 ID:VFjR7lZDO
>>25
まだ一ヶ月もたってないんだ気が早いぜ
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/02(水) 12:07:08.50 ID:b1fs7ktAO
1ヶ月たったか・・・
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 02:48:42.52 ID:sNV1D/NDO
続き書かなくてもいいからせめて生存報告がほしい…
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/16(水) 02:21:09.41 ID:ru1LpBpDO
このままだと2ヶ月いきそう…
30 :ミガサ [sage]:2013/10/16(水) 09:40:00.85 ID:ABkG5IlR0
えーっと、こんにちは。>>1です。

生存報告、といいますか、保守といいますか……展開が中々思いつかず、更新が途絶えてしまっているのが申し訳ない……

終わらせたいとは思っています。なので、どうか長い目で見守ってくださるとありがたいです……
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/16(水) 11:39:35.68 ID:PH2JBMV0o
応援してる
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 16:46:27.05 ID:L2s/FgsAO
報告乙。
気長に待ってるぜ。
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 21:27:01.94 ID:plyIxeyko
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/23(水) 12:56:52.40 ID:B53gFvuDO
気長に待つよ
35 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:11:18.66 ID:t14TbnUD0
こんにちは。

できているところまで更新いたします。
36 :第真章「AN C@LL」 [saga]:2013/11/02(土) 21:12:59.04 ID:t14TbnUD0
―――事務所―――

P「ごめんなみんな。せっかくの休日なのに集まってもらって」

響「それは別にいいぞ。それより、真美が事務所を辞めるって本当なのか?!」

P「ああ。アイツ自身がそう言ってた」

伊織「……どうして?」

P「アイツの親父さんが重い病気で、手術しなくちゃ治らない病気なんだ」

P「だけど手術が成功する確率は五分……もし失敗してしまった時に、アイツは病院を手伝いたいからって……」

美希「そんなの……あんまりなの!」
37 :タイトルはわざとです スペルミス等ではありません [saga]:2013/11/02(土) 21:14:01.66 ID:t14TbnUD0
亜美「……ちかたないよ。真美だって、悩んで苦しんで決めた事なんだと思うし」

真「亜美……」

P「そうかもしれない。でも俺はまだアイツが辞める事に納得してない」

亜美「えっ」

律子「納得してないって……子供ですか貴方は」

P「ああ、俺は子供なんだよ。ずっと前からな」

P「俺はアイツに辞めて欲しくない。だから、引き止める」

春香「!」

千早「……何か、策が?」
38 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:15:33.53 ID:t14TbnUD0
P「策なんかない」

小鳥「じゃあどうするんですか?」

P「要はアイツが辞めたくないって思えばいいんだ、だったら、そう思わせるような何かがあればいいんだ」

雪歩「その……何かって?」

P「それが分からないから、こうやってみんなを集合したんだ。俺1人じゃ限界もあるしな」

やよい「みんなで考えよーって事ですね」

P「ああ、そうだ。昔みたいに、作戦を思いつくんだ」

律子「……プロデューサー」

P「なんだ?」
39 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:16:58.04 ID:t14TbnUD0
律子「私は……この会議には参加できません」

美希「律子さん?!」

P「……そっか。お前はそう言うと思ってたよ」

律子「私達は昔の私達じゃないんです。それに……真美自身は、それを本当に望んでいるんですか?」

P「望んでいると思いたい。アイツは辞めたくないって言っていたからな」

律子「でも、もしそれが真美の、みんなの足枷になってしまったら……」

P「……」

律子「……すみません」

P「謝る事なんてない。これは俺が勝手に始めようとしている事だしな」
40 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:18:07.01 ID:t14TbnUD0
P「お前らの中に、律子のような理由でこの会議に参加したくないヤツがいるなら言ってくれ」

P「俺は引き止めない」

亜美「……ごめんなさい。亜美、真美の気持ち知ってるから」

P「そっか。仕方ないな」

雪歩「私も……ライブに、集中したいので……」

P「わかった。雪歩、ダンス、頑張れよ」

あずさ「……ごめんなさい」

P「謝らなくていいです。あずささんはみんなのまとめ役ですから。近くにいてあげてください」
41 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:19:04.05 ID:t14TbnUD0
響「うう……自分は……」

P「響も無理して参加しないでいい。お前がダンスや歌を一番頑張ってるのは知ってるから」

伊織「やよい。行くわよ」

やよい「えっ、でも、伊織ちゃん……」

P「やよいだって忙しいだろう?大丈夫だから。伊織はやよいの事、頼んだぞ」

小鳥「……私、は」

P「小鳥さんも。律子の穴埋めで忙しいでしょう?だから、無理しないでいいです」

P「……さて」
42 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:19:59.60 ID:t14TbnUD0
P「残ったのは……春香、千早、美希、真か」

春香「私は……私も、ずっと、真美がアイドルを辞めるって事に納得できなかったんです」

P「そうか、ありがとう」

真「謝るのと一緒で、お礼も言いっこなしですよ」

P「それでも、だよ」

美希「美希、頑張るの。真美とはまだ話したいことが沢山あるの!」

P「俺も、アイツと話したいことがあるんだ」

千早「……」

P「千早が残るのは以外だったな」
43 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:20:32.95 ID:t14TbnUD0
千早「……ほんの少し、優の事を思い出したんです」

千早「あの時私は、何も出来ませんでした。ただ、見てるだけでした」

千早「だから……今度は何かしようって、出来る事をしようって、見てるだけは嫌だって、そう思ったんです」

P「……そうか」

P「とりあえず、今日は休日だし解散にする。各自で色々考えてきてくれ」

春香「わかりました!」

真「はい!」

美希「了解なの!」

千早「……頑張ります」
44 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:21:31.55 ID:t14TbnUD0
―――Pの部屋―――

P「……」

P「駄目だ……全然、考えつかない……」

P「真美を引き止めるために、無理矢理じゃなくて、真美にここにいたいって思わせる方法……」

P「もう年かな……若い頃は奇抜な作戦をポンポン思いついたのに」ヴーヴー

P「……着信?」

P「はい、もしもし……」

P父『おう、元気にしてるか?』

P「親父?」

P父『ああ、親父だ』
45 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:22:27.78 ID:t14TbnUD0
P「なんで急にまた」

P父『事務所に電話したんだが誰も出なかったんでこっちに電話しただけだ』

P「ああ、今日は休日なんだよ」

P父『そうなのか。ならちょうどいい。お前今、暇だな?』

P「まぁ、暇だけど……」

P父『今から会わないか?』

P「会うって、親父今どこに」

P父『お前のマンションの入口の前』

P「えっ」シャーッ

P父「おーい」ブンブン

P「……マジかよ」
46 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:23:42.38 ID:t14TbnUD0
―――公園―――

P「ほい、コーヒー」

P父「おう、あんがとさん」

P「……で、何のようだよ」

P父「用なんてないさ。近くに寄ったから、息子の顔を見ようと思っただけだ」

P「そうかい」

P父「で、お前。何か悩んでるな」

P「……」
47 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:24:29.01 ID:t14TbnUD0
P父「図星か」

P「なんで分かるんだろうなぁ。毎回毎回」

P父「そりゃお前の父親だからな」

P「そっか」

P父「まぁ、詳しい事は聞かないさ」

P「ありがと」

P父「だけどな。悩みの解決法なんて、案外簡単だったりするもんだ」

P「それは経験論?」

P父「ああ。俺も何ヶ月も悩んだ事が、たった一言で解決しちまった事があるからな」
48 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:25:31.78 ID:t14TbnUD0
P「……参考までに、どんな事だったか聞いてみても?」

P父「そうだなぁ……ま、そろそろ言ってもいいかもな」

P父「結婚だ。何ヶ月も俺は悩んだんだが、アイツのたった一言で俺は決断した」

P「結婚……」

P父「実はな。今だから言えるんだが」

P「何を?」

P父「アイツ、元俺の担当アイドル」

P「……は?」
49 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:28:59.17 ID:t14TbnUD0
P父「まぁ、そんな反応になるよな」

P「いやいや待て。仮にもプロデューサーがアイドルに手を出しちゃ……」

P父「あの頃は怖かったなぁ。表向きはプロデューサーとアイドル、裏では恋人同士」

P「怖いってレベルじゃねーよ」

P父「まぁ、何が言いたいかっつーと、どんな高い壁でも、向こう側に行くのは簡単だって事だ」

P父「乗り越えるもよし、普通にスルーして横をすり抜けるもよし、穴を掘って下から抜けるのもありだ」

P父「俺はあえてその壁を無視したに過ぎない。他にもいい方法があったかもしれない」

P父「だけどな。俺が一番しっくりきたのは、隠し通すっていう、その方法だったんだよ」

P父「悩むくらいなら色々やってみろ。そんで一番しっくり来たのが、お前にとっての最善策だ」

P「……」
50 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:29:44.94 ID:t14TbnUD0
P父「っと、それじゃあそろそろ俺は仕事があるんでな」

P「……なぁ、親父」

P父「なんだ?」

P「いつか俺も、親父みたいなカッコイイ大人になれるかな」

P父「あん?俺はカッコよくなんかねぇよ。だが、お前はそんなカッコ悪い俺の息子だ。それは覚えておけ」

P「そっか」

P父「そんじゃ、頑張れよ。悩み盛りな子供の息子よ」スタスタ

P「ああ、じゃあな。カッコ悪い大人の親父」

P「……色々、やってみろ、か」
51 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:30:44.22 ID:t14TbnUD0
―――翌日 事務所―――

P「もしもし?ああ、はい。そうです。その件についてで―――」

小鳥「プロデューサーさん!何か届いてるんですけど……」

P「俺の机の上に置いておいてください!あ、はい。わかりました!では後ほどお伺いします!」

美希「……ねぇ」

真「何?」

美希「ハニー、お仕事の事ばっかなの」

真「そうだね……」
52 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:32:25.04 ID:t14TbnUD0
美希「本当に真美の事助ける気があるのかな」

真「あると思うよ。休日にボク達を呼ぶくらいなんだから」

美希「でもでも、あんな様子見てると不安だよ」

真「……それは、確かに」

P「すみません、小鳥さん!この資料に目を通してもらってもいいですか!?」

小鳥「は、はいぃ!」

美希「……」

千早「美希」
53 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:33:56.99 ID:t14TbnUD0
美希「千早さん」

千早「今は、プロデューサーに言われた通りにしましょう」

美希「言われた通り……」

千早「私達ができる事を、探しましょう」

美希「うん」

春香「っとっとっと!遅れましたー!」

美希「春香、遅刻なの」

春香「ご、ごめん。本屋さんに寄ったら、読みふけっちゃって……」

千早「本屋?」
54 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:35:05.20 ID:t14TbnUD0
真「春香が本屋なんて珍しい……何かあったの?」

春香「見つけたの。私にしかできないだろう事!」

美希「本当?!」

春香「うん。詳しくはまだ言えないけど、そのうちみんなにも伝えるから!それじゃレッスンの用意してくるね!」タタッ

美希「春香は見つけたの……ミキも頑張らないと」

真「ボクも……何か……」

千早「……」
55 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:35:58.45 ID:t14TbnUD0
P「はい!はい!ありがとうございます!では失礼します!」ガチャッ

千早「……プロデューサー」

P「ん?ああ、千早か。どうした?」

千早「少し、相談が」

P「……真美の事か?」

千早「はい」

P「わかった。この仕事が一段落ついたら話そう」

千早「よろしくお願いします……」
56 :ミガサ [saga]:2013/11/02(土) 21:38:24.64 ID:t14TbnUD0
書けましたのはここまで。

地道に更新していけたらいいな……
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/02(土) 21:59:32.39 ID:I1TdPHKco
乙でしたっ☆
はるるんは、何を見つけたのか……?
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/03(日) 16:16:08.86 ID:TimTJhXH0
おかえりっす〜
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/03(日) 20:44:18.73 ID:UPFmi64DO
本…メインヒロイン…こまrゲフンゲフン!乙
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/09(土) 20:12:14.76 ID:Jd0xMvHu0
>>59
こまりまっくす〜
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/01(日) 18:18:59.04 ID:AexSER9AO
再び更新が途絶えしまった・・・
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/08(日) 10:48:15.35 ID:DJgrk6/DO
一ヶ月以上経過してるんですが作者氏まだですかな?
20.01 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)