このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

雪歩「見ちゃったんだから……仕方がないよね?」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 01:22:41.36 ID:pjiR0QqBo



          閲 覧 注 意



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1381508561
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【相談】彼女にどうしてあげればいいか分からない 【百合】 @ 2019/07/17(水) 17:52:34.56 ID:FqnTR9NSO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1563353554/

安価でワイを育成してプロ野球選手にするスレ @ 2019/07/17(水) 16:49:00.51
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/vip4classic/1563349740/

【魔法少女まどかマギカ】俺「安価でワルプルギスの夜倒す」part15 @ 2019/07/17(水) 12:25:07.72 ID:85R5InsqO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563333907/

果南「二人だけの秘密だよ」 @ 2019/07/17(水) 05:51:35.82 ID:zErl41JR0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563310295/

アクマと僕と,ときどき友達 @ 2019/07/17(水) 04:42:42.25 ID:bX4lPTXu0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563306161/

【デレマス】世紀末戦隊 シンデレンジャイ @ 2019/07/17(水) 03:37:26.01 ID:MzgrX5gS0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563302245/

モバP「同棲することは有効」 @ 2019/07/17(水) 02:59:03.34 ID:rOw6GU+v0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563299943/

【ペルソナ5】双葉「ラブプラスだっ」 @ 2019/07/16(火) 23:30:09.67 ID:0U+aLE2U0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563287409/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/10/12(土) 01:27:52.74 ID:pjiR0QqBo

朝からずっと、数えていたんだけど。

「おはようございまーす!」

事務所に響いた元気な声。

1回目。

あ、でも。

私もいたし、これはノーカウントにしておこうかな

「おはよう、春香」

「おはようございます、プロデューサーさん」

うん、それはダメ。許されない。

1回目

「それで、今日のスケジュールは――」

2回目

スケジュールなんて自分で管理できてるよね?

お仕事のことだからってノーカウントにはできないかな

第一、私はちゃんと全部把握してるんですよ?

だから、一々誰かに聞かないで私に聞けばいいと思うよ?
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 01:32:33.76 ID:pjiR0QqBo

「おはよう、やよい」

「おはようございますーっ」

はい、3回目

全員に律儀に挨拶するのは、

本当に良いことだと思う。

でもね?

それでも許せない、

だって、笑ってる

私以外の誰かに、

私の大切なモノを曝け出しちゃってる

事務所に来てから、

事務所を出るまで……計39回

「……………」

いつもよりちょっと多いかな?

これはもう、

私を怒らせるつもりだって考えても良いんだよね?
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 01:44:43.74 ID:pjiR0QqBo

「天海さんは高校生だよね?」

「え、はい。そうですけど」

「いーなぁ、まだまだ若くて羨ましい」

「あははっ充分お若いじゃないですか」

40回目、41回目

相手から話しかけてきたとか関係ない。

反応した時点でカウントする。

春香ちゃんの吸った空気春香ちゃんの中に浸透して行って、

春香ちゃんの一部となって、春香ちゃんによって生み出された貴重な空気が、

私ではないだれかの体に入っていく。

それだけじゃない

穢れたその他大勢の人達と春香ちゃんが会話することによって

穢れしかない穢れ達の穢れた体が生み出した穢れた空気が、

春香ちゃんの体を侵していってしまう

そのままいたら春香ちゃんまで穢れて病気になって死んじゃうよ

そんなのだめ。

だから何度も、手紙や電話で教えてるのに。

『 誰 と も 喋 る な 』って

何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も
何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も
何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も
何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も
何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も
何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も

 な の に 

プロデューサーに泣きついたりするんだから。

だから、私決めたんだ。春香ちゃん

春香ちゃんが誰かと何かをするたびにカウントして行って

一定以上だったら――おしおきしよう。って
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 01:49:10.19 ID:pjiR0QqBo

「そういえば、春香」

「はい」

撮影が終わるやいなや、

プロデューサーが直ぐに駆け寄っていく

「どうだ? 今のところ」

「まだ……何も」

春香ちゃんの不安そうな表情。

握られた携帯

なんだろう?

オーディションの結果?

ううん、そんなわけない、

春香ちゃんの全ては把握してる

……なら、不安そうにしてるのって、何?

脅迫でもされてるのかな?

それとも……ストーカー?

「……いない、よね?」

あたりを見渡しても不審な人影は見当たらない。

大丈夫だよ、春香ちゃん。

春香ちゃんは私が守るからね
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 01:56:35.99 ID:pjiR0QqBo

けど、それはそれ、これはこれ

撮影中もちゃんと数えてたからね?

414243444546474849505152535455

657585960616263646566768697071

727374757678798081828384858687

88990919293949596979899100101............

チョット、しゃべりすぎじゃないかな?

体の中……よごれちゃってナイ?

あ、そうだ

水筒の中をちゃんと私のモノに変えておいたからね?

雪歩特製のお茶だよ?

市販の量産されたゲテモノなんて春香ちゃんがさらに穢くなっちゃうだけ

春香ちゃんのために、春香ちゃんを思って、

春香ちゃんのためだけに作った大切なお茶

大事に飲んでね?

ちょっとすっぱかったりするかもしれないけど、

そこはほら、良薬口に苦し。ですぅ

それを飲んでちゃんと体の中をキレイキレイしなきゃ
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/12(土) 02:00:23.58 ID:WLL50xtco
まさかのゆきはる
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 02:13:24.73 ID:o2J4e6PUo

「あれ……?」

「どうした?」

「水筒……中身増えてる……?」

春香ちゃんは疑り深く水筒を振り、

中身が増えていることに気づいちゃったみたい

「気のせいじゃないか? あんまり気にしすぎないほうが良いぞ」

「そうですよねっ」

にこっと笑う春香ちゃんは本当に可愛い

でも、あれは私じゃなくてプロデューサーに向いているみたい

イライラする

どす黒い感情ばかり湧き上がってくる

「……ずるい」

私は影から見てるくらいしかできな――

「いやぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

意識がどこかへと飛んでいた私を呼ぶのは、春香ちゃんの悲鳴だった
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/12(土) 02:19:24.36 ID:qo5b4TNDO
閲 覧 注 意 が怖くて仕方ない
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 02:22:30.55 ID:A1JBg+koo

「っぅ、おえっげほっけほっうぅっ」

溢れた私のお茶が、春香ちゃんの吐瀉物と混ざり合っていく

やっぱり、口に合わなかったのかな……?

でも、ちゃんと体の中のもの吐き出せたみたい。

よかった……春香ちゃん。綺麗になった

「おえっえ゛ぅっ」

「雑巾持ってく――雪歩? まぁいい、すまないが手伝ってくれ!」

プロデューサーが私を見つけてしまった

最後まで見つからずに影で見守る予定だったけど、

見つかっちゃったし仕方がないよね?

とりあえず、春香ちゃんには口直しに飲み物を買ってあげよう

こぼれたお茶はちゃんと回収して、次はちゃんと飲んでもらえるものになるよう研究しなきゃ

毎回吐き出させるのも、春香ちゃんには辛いだろうし……けど

春香ちゃんが私の再三の忠告も無視してそのほか大勢と話すのがいけないわけで、

それはつまり春香ちゃんの自業自得というかなんというか。

撮影所の一室に漂う春香ちゃんの体内の酸性の強い香り

みんな嫌悪感を感じているみたいだったけど、私は大好きだよ?

だって、春香ちゃんのだもん
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 02:24:21.03 ID:A1JBg+koo

一旦乙
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/12(土) 02:37:27.80 ID:XF+lT+PXo
はるるんが……

雪歩のお家事情をみちゃった765アイドルが調教される優しい話だと思ったのに
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/12(土) 05:12:10.60 ID:o0JU1Ovpo
プロデューサーかと思いきや、春香さんか…
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/12(土) 07:21:26.64 ID:4tqqUHbDO
雪歩は一途だなぁ
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 10:19:32.58 ID:3hMFU9n4o

「汚いのに……ごめんね」

汚いわけがない。

春香ちゃんのものなら、

吐瀉物だって、

たとえ排泄物だって、

綺麗で美しくて、清らかで、神聖的なものだって思うし

「ううん、気にしないで」

「ごめんね、雪歩……」

「大丈夫だよ。私が春香ちゃんの傍にいるから」

春香ちゃんの髪はサラサラだった

なでてあげるとふわっと匂いが弾けて鼻腔いっぱいに満たしてくれる

悲しそうな春香ちゃんの声

ほんの少し虚ろな瞳

焦燥した春香ちゃんの表情は、少しだけ私の心を痛める

やっぱり吐き出させるのは止めておいた方が良いかな
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 10:29:51.96 ID:3hMFU9n4o

「雪歩……私、怖いよ」

「え?」

膝を抱えて頭をそこに埋めた春香ちゃんは、ガタガタと震え、

消え入りそうな声で呟いた後に続く、

「電話が着信履歴いっぱいになるのが怖くて、電話番号を何度も変えた。なのに、止まらないの!」

力いっぱいの叫び声のような言葉

「春香ちゃん?」

「手紙をね! お母さん達がチェックして止めてくれるのに……気づいたら机の中に入ってるの!」

「落ち着いて……?」

頭を抱えて目を見開いて激しく震える春香ちゃんは、

痛々しいとか、嘆かわしいとか、

可愛そうだとか、おかしい奴だとか、

そういった同情や中傷を受け付けないような。

もっと形容し難く、異様なものだった
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 10:41:37.66 ID:3hMFU9n4o

「何度も何度も! お母さんやお父さんと喧嘩しちゃった!」

「春香ちゃん」

春香ちゃんがオーバーヒート寸前の採掘機の唸りのような声を上げて遮ってしまう。

周りのスタッフさん達が奇異の表情で春香ちゃんを見つめてる

蔑んだ目で見てる

そんな汚らわしい目で見ないで

春香ちゃんを馬鹿にしないで……

「なんでそういう悪戯するのって嫌だって言ってたのにって!」

「春香ちゃん」

私の声が届かない。

春香ちゃんの精神的なものがダメになってきてるのかもしれない

かくなる上は……

「家の中なら安全だって思ったのにッ!」

「春香ちゃん!」

「っ!?」

優しく、でも、強く

私は春香ちゃんの体を抱きしめた
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 10:54:15.42 ID:3hMFU9n4o

「ゅ、き……ほ……」

「大丈夫だよ、私が守ってあげる。私がそばにいてあげるから」

「っ……だめ、あんなの……」

「春香ちゃん……私と一緒にいようよ。ね?」

電話や手紙が怖いなら、

私がそれらもすべて管理してあげればいい

お父さんやお母さんじゃ無理でも、

私なら完全そして完璧に守れるから――でも

「春香ちゃんが嫌なら、私は引くよ。でも、もしも壊れそうで、助けて欲しいなら」

私は春香ちゃんから離れ、目の前に手を差し出す

「この手を取って、助けてって言って」

「でも……本当に怖いの。危ないの……もしかしたら雪歩が危険にさらされるかもしれないッ!」

「春香ちゃん」

私が首を横に振ると、

春香ちゃんは驚いて私を見つめた

「大丈夫だよ、私はこう見えても……強いから。だから、守らせて。春香ちゃんのこと」

「っ……約束してくれる? 危ないこととか、絶対にしないって。私のために無理したりしないって」

「うん、春香ちゃんを不安にさせたりしないために一緒になるのに、そんなことするはずないよ」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/12(土) 10:55:23.63 ID:rMU89H3zo
雪歩が悪魔みたいだ
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 11:01:14.53 ID:3hMFU9n4o

「わかっ……た。雪歩と一緒にいる。もう、家に帰るのも嫌だから」

「春香ちゃん……」

再び震えだした春香ちゃんを抱きしめる

震えは止まらなかったものの、少しだけ弱くなって、

負の感情しか表せなかった春香ちゃんの表情は、

少しだけ明るさを取り戻していた

「雪歩、春香。車回してきた。帰るぞ」

「……はい」

「プロデューサー、私の家に向かってください」

「え?」

「春香ちゃんも一緒に暮らすことに決めました」

私たちの突然の同棲宣言に驚きつつも、

プロデューサーは少し考えてから頷いた

「みんなから遠く離れるより、雪歩や伊織のような強さのあるところにいた方が安全か……」

なんでそこで伊織ちゃんを出すんだろう?

あんなお金だけの家じゃ何も守れないよ……

守れるのは私だけ。守っていいのは……私だけ
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 11:11:24.23 ID:3hMFU9n4o

車の運転中、

赤信号で止まると、プロデューサーが振り向いた

「春香、具合の方は?」

「………………ちょ……っとは」

「プロデューサー、春香ちゃんは今はそうっとしておいてあげてください」

「すまん……気になって……」

隙あらば春香ちゃんと話そうとするプロデューサー

後ろから刺殺しちゃいそう

でも、春香ちゃんが傍にいるからそんなことはしない

加えて、ようやく春香ちゃん自身を手に入れられたから、

今の私は機嫌がとっても良いんですぅ

今までのお話カウンターを全部なかったことにしてあげちゃうくらい優しい

だから、怒ったりはしません

「雪歩……」

「大丈夫だよ、もうすぐ私の家に着くからね」

「うん、ごめんね」

「私こそごめんなさい……こうなるまで手を伸ばさなくて」

「ううん……助けるって守るって、言ってくれただけで……私、幸せだよ」

春香ちゃんの明るい笑顔

私だけに向けられる、私のための笑顔
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 11:17:55.95 ID:3hMFU9n4o

車内では家に着くまでずっと、

春香ちゃんは私の腕にしがみついていた

親離れ出来ていない子供のようなその愛らしさ

そうでなくても可愛い春香ちゃんがそうなると、

可愛いじゃ足りなくなって、

とたんに言葉が失くなってしまう

黙り込んだら黙り込んだで、

春香ちゃんは私の顔を見上げてくる

一方で、私も春香ちゃんの方を見つめているわけだから、

目と目が合う……瞬間好きだと気づいたのは、

もう随分と前のこと。

私にはない前向きな心と姿勢

私にはないその明るさが、私は羨ましくて、憧れていて、

春香ちゃんの屈託のない満面の笑みに私は心奪われ、一目惚れしちゃったんだよね
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 11:35:58.07 ID:3hMFU9n4o

私だけに向けてほしいって思った

いつでも向けてもらえるファンが妬ましくて、

時間があるときは春香ちゃんのファンとして正面から春香ちゃんを見たりもしていた

それでも満たされなかった

ライブが終わると春香ちゃんが見えなくなって、

関係者だからって控え室に行けば春香ちゃんに会えて

『ライブ、大成功だったよ!』

なんて笑顔で言うけれど、満たされない。

その理由に気づくのに時間がかかったのは私の汚点

どんなに可愛い笑顔でも、

どんなに綺麗な笑顔でも、

どんなに明るい笑顔でも、

私のための笑顔ではなかったんだって。

天海春香による萩原雪歩のための笑顔ではなくて

天海春香によるファンへの笑顔だったり、

ライブが成功したことによる笑顔だったり、

面白いことがあったからの笑顔だったり、

私だけのものにしたいって思った

誰かに向けられた笑顔なんていらないって思った

私のためだけに笑って欲しい。そう思った
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 11:45:29.67 ID:3hMFU9n4o

初めてみた私への春香ちゃんの笑顔が、

私をそんな萩原雪歩にした

春香ちゃんの為ならなんでもできる

春香ちゃんの為なら何を犠牲にしたっていい

春香ちゃんの為なら春香ちゃんを苦しめることさえ厭わない

そうやって……ずっと頑張ってきて、

ようやく春香ちゃんが私のモノになろうとしてる

「春香ちゃん」

「なに?」

「春香ちゃんのこと、大事にするからね?」

「ありがとう」

春香ちゃんの笑顔は私のもの

春香ちゃんの全ては私のもの

私だけが触れていい

もしもそこに割り込もうっていうなら

私はたとえ事務所の仲間だって殺す
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 11:52:58.13 ID:3hMFU9n4o

「すまないが、雪歩。春香を頼む」

「はい、任せてください」

「あの、プロデューサーさん。私……」

春香ちゃんの深刻そうな表情

それだけでプロデューサーは何かを察してくれるらしく、

ちょっと嫉妬してしまった

「春香が辞めたいって言うなら俺は止めない……止められるようなものでもないからな」

「………………」

「守ってやるって言ったのに……済まない、春香」

「……ごめんなさい」

2人して謝って、悲しそうな表情をする

春香ちゃんはアイドルをやめちゃうのかな?

それでもいい、ううん、むしろ大歓迎だよ……でも。

「一応、しばらくは仕事から抜いておく。ゆっくり休め。ご両親には俺から連絡するからな」

「お願いします……」

そしてようやくプロデューサーは消えて、

私と春香ちゃんだけ。

2人の時間になってくれた
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 12:08:05.90 ID:3hMFU9n4o

早速私の部屋へと案内してベッドへと座らせる

私の生活が春香ちゃんと密着し、そして混ざり合っていく

私しかいなかった空間には、

春香ちゃんが入り込んできている

この部屋はもう……私と春香ちゃんの部屋

息を吸えば春香ちゃんと私の匂い

ずっと夢だった、オゾン層なんかよりもずっと貴重な空気

それを私はこれからずっと堪能できるんだよね?

そう思っただけで体が疼いてしまう

「雪歩の部屋……初めてだね」

「うん、思えば呼んだ事なかったよね……もっと、普通なときに呼びたかった」

「ごめん……」

「ううん、謝らないでっ春香ちゃんは何も悪くないから」

これからはずっと一緒だよ。春香ちゃん

未来永劫、永遠不滅の同棲生活だよ、春香ちゃん

えへへ、春香ちゃん。

ふふふ、春香ちゃん。

どんな時でも春香ちゃんが見える

画像とか動画じゃなくて、本物の春香ちゃんが見える

そんな最高の同棲生活が、始まった
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 12:10:01.63 ID:3hMFU9n4o

中断
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/12(土) 12:16:18.23 ID:CKRUlqr2o
この雪歩は生理周期とかも全て把握してそうだな…

はるるんに救いはあるのか?
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/12(土) 16:47:46.54 ID:02MIbv27o
どうなるのか気になる、期待
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/12(土) 17:10:27.32 ID:agN/q1zUo
春香「私がアイドルだから」の人かな?
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/12(土) 18:02:04.05 ID:0VdxsNado
>>30
な、なんだって!?
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 18:38:42.30 ID:DT4z1T7Wo

「ねぇ、雪歩」

「どうしたの?」

「今更だけど……私を家に泊めても平気なの?」

何を言ってるのかわからなくて一瞬戸惑っちゃったけれど、

春香ちゃんがお父さん達のことだよ。と、

心配そうに訊ねてきて思い出す、

この家が私達の家ではなかったという事実

うん、別に忘れていたわけじゃないんだけど、

そんな心配とか全く必要ないから、

もはや私と春香ちゃんの家といっても問題はないんだよね

「大丈夫。自分の家だって思ってくれて良いよ」

「うん……ありがとう」

不安そうな春香ちゃん。

私はなんの躊躇もなく抱きしめた
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 18:45:04.72 ID:DT4z1T7Wo

「雪歩っ?」

「大丈夫だよ」

今までは影から見ているだけだったりして、

春香ちゃんにこうして抱きつくなんてできなかった

むしろ、

春香ちゃんが私やみんなに対してそうやって励ましてくれていた

自分の体しか抱きしめたことなかった私の腕が、

春香ちゃんの体をその細い面積一杯に感じ取って、

そのあったかさとか、やわらかさとか、

色々なものを教えてくれる

「大丈夫……私が守るから」

「雪歩……」

至福の一時

何人たりとも侵すことの許されない

大切なこの時間を割く、耳障りな音

ヴーヴーヴーッ

「ひっ!」

「携帯?」

音源は春香ちゃんの携帯電話だった
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 18:51:28.68 ID:DT4z1T7Wo

「やだっ、やだっやだぁっ!」

途端に大きく震えだす春香ちゃん

その恐怖に駆られた表情が私を視界に収め、

けれども、私は突き飛ばされてしまった

「なんでっ変えたのにっかえたのにぃっ!」

頭を抱えて激しく振りながら、

一歩、また一歩と携帯から遠ざかっていく

「っ……」

尻餅をついたお尻が鈍く痛い

でも、うん。

春香ちゃんにされたことなら私は別にいいかなって思う

それよりも……携帯。

でも、そんなことよりも春香ちゃん

「春香ちゃん、落ち着いて!」

「怖いっ怖いっ怖いよっ……助けて、助けてっ……」

収まらない春香ちゃんの暴走を、

「春香ちゃん!」

私の大声で中断させる

なれないそれが喉へと痛みを走らせたけれど……関係ない
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 18:58:28.07 ID:DT4z1T7Wo

「ぁ……」

「大丈夫、私がそばにいるから」

「ぅ……」

呆然とする春香ちゃんは、

正直に言えば……痛々しいものだった

茫然自失、光のない瞳はどこか遠くを見ていて、

乱れた髪と制服がその荒れた精神を物語り、

開いたままの口から滴る春香ちゃんの唾液がその余裕のなさを伝える

ヴーッヴーッヴーッ

いつまでもしつこく鳴り響く電話

「宛先は……そっか」

非通知

つまりは公衆電話ってこと

「もしもし」

『       』

「……………」

『       』

「……春香ちゃんなら、私が守りますよ」

『       』

あくまで無言

これは……さすがに精神的に来るものがあるよね
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 19:16:16.22 ID:DT4z1T7Wo

私の手法としては、

あくまで、誰かとの会話をさせないことであって、

春香ちゃんを精神的に追い詰めるような電話や手紙は一切していなかった

それは言うまでもなく、

春香ちゃんが笑えなくなったりしたら本末転倒だから

何度も行うとは言え、

それら全てには必ずどうしてそうするのかっていう理由

つまり【誰とも喋るな】というものがあり、

やめて欲しければ誰とも喋らなければいいという解決策がある

けれど、春香ちゃんはプロデューサーに泣きついちゃったんだよね。

だからこそ、私はやりすぎたのかと思ってお話カウントに切り替えた

お話しすぎるなら、注意しようとか

ちゃんと春香ちゃんが精神的に追い詰められないようにしておこうって

なのに……無言電話なんてあまりにひどい……
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 19:22:21.66 ID:DT4z1T7Wo

無言電話は、

無言でいることによって、

解決策を一切与えないどころか

何をされるかわからないという強い恐怖と不安を植え付けてくる

それが私の【誰ともしゃべるな】っていう電話と手紙に混ざることで、

春香ちゃんはあんなにも追い詰められることになった……

しかも、

私が電話や手紙を止めてからも

着信履歴を埋め、尚且つ家に入り込んで机の中にまで手紙を忍ばせたりした

「本当にダメダメな私……穴掘って埋まっちゃいたい……」

元々春香ちゃんを支配したいと思う人が私一人だなんて思ってなかった

だからこそ、私は見守るために影でいた

いざというときに助けられるように、笑顔をなくさないために影でいた。なのに

「私……あなたのことを許せません」

『         』

「春香ちゃんが好きなのは理解できます、でも、だからってこれは酷いじゃないですか……」

『         』

「春香ちゃんが笑えなくなったら、どうするんですか!?」

『         』

あくまで無言。

それが私の怒りを高めていく
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 19:27:31.35 ID:DT4z1T7Wo

「春香ちゃんは渡さない……」

『         』

「春香ちゃんは私が守ります」

『         』

「あなたには指一本触れさせないッ!」

どこの誰かは知らないけれど、誰だろうと関係ない

私は春香ちゃんを守る

「ふふっ……感謝もしてます」

春香ちゃんには聞こえないように、

声を潜めつつも、

相手には聞こえるように笑う

だって、この人が追い詰めたことで

春香ちゃんとの同居が叶ったんだから

「あなたのおかげで、春香ちゃんと同棲できるんですから」

無言で煽ってくるなら

私からは有言の煽りのプレゼントを
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 19:29:27.43 ID:DT4z1T7Wo

『      』

『       』

『        』
 
『         』

『          』

『           』

『            』

『             』

『              』

『               』

『                』

『                 』

『                  』

『                   』

『                    』
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga!red_res]:2013/10/12(土) 19:32:30.36 ID:DT4z1T7Wo



               『   死   ね   』




         『   絶   対   に   殺   す   』


41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/12(土) 19:39:35.51 ID:DT4z1T7Wo

ブツッ

ツーッ、ツーッ..........

「……………」

「……ゆ、雪歩?」

「……あっ、ううん。平気だよ。終始無言だった」

無言電話でも何が平気なのか、

正直に言うとわからないけれど……でも。

「携帯は私のを使っていいよ」

「で、でも……」

「電話番号。変えても無駄なんだよね?」

だとしたら、

春香ちゃんは携帯電話を持たない方がいい

でも、それは多分無理だから

「私が春香ちゃんの携帯を使う。メールはお互いに安全なものを共有。ダメそうなのは私が止める。電話も同じ」

そうすることで、

この無言電話も引き受けるのは私

春香ちゃんは精神的にも負担は減ってくれるはず
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/12(土) 20:35:37.20 ID:2udQeXEao
事故った、中断
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 01:03:10.74 ID:dpgKB5hdo
まさかもう一人いたとは
はるるんは人気者だからね、ちかたないね
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 01:12:53.57 ID:FcsXqDEro
見返して思ったが撮影所で春香が乱れた時
雪歩のモノローグは嘲笑ったりしてないな

真剣に春香の心配してるね
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 10:26:06.63 ID:oFRFuGSoo

「春香ちゃん、それでどうかな?」

「でも無言電話が……」

「大丈夫。非通知に出なければいいだけだよ。ううん、着信拒否にしても良い」

でも、

たまにみんなが携帯忘れたとか充電が切れたとかで、

公衆電話を使ったりしてるから……特に四条さん

携帯電話を持ってるのに、なぜか公衆電話を使うことが多いんだよね

固定電話と携帯電話はそのフォルムが全く違うから、

ああいう【受話器】の方がいいって四条さんは言ってた。けど。

「四条さんにはちゃんと携帯電話使ってくれるようにお願いしよう?」

「う、うん……」

春香ちゃんがここまで追い詰められてると知ったら、

四条さんだって使いにくいからって理由で断ったりはしないと思う

「一応、携帯の交換は私達だけの秘密にしとこう?」

「みんなには教えておいたほうが……」

「ううん、どこから情報が漏れるかわからないからダメ。油断した結果が電話番号だよ」

「っ……」

そもそも、漏れるとかどうとかいうより

部外者に犯人がいる可能性は極めて低いんだけれど……

それはさすがに言えないよ
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 10:32:32.46 ID:oFRFuGSoo

せっかく少し元気になってくれたのに

また……暗い表情ばかりになっちゃった

「………………」

「………………」

許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない

許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない

許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない

許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない

ぜったいに許さない

死ねって言った

絶対に殺すって言われたけれど……ううん、ごめんなさい

私があなたを殺しちゃいます

「さて」

「ひっ」

パンッと手を叩くと、春香ちゃんはビクッと震え、

体を抱きしめて縮こまってしまった

「あ……ごめんね。春香ちゃん」

「う、ううん、ごめんなさい、ごめんなさい……ひっく……うぅっごめんなさい……」
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 10:40:58.91 ID:oFRFuGSoo

春香ちゃんは泣き出してしまった

しかも、謝りながら。なんの罪もない春香ちゃんが。

何も悪くない春香ちゃんが、

怖くて、怖くて、でもそれ以上に、

私にでさえ怯えてしまう

どんな些細なことにでさえ怯えてしまうことが申し訳なくて……泣いてる

「春香ちゃん」

「ごめんなさいっごめんっごめんねっ……」

「春香ちゃん……っ」

「怖い、怖いの……何もかもっもうやだよぉ……」

「…………………」

今日は春香ちゃんを抱きしめてばかり。

春香ちゃんと同棲できること。

最初は嬉しいと思った。夢が叶ったとか思ってたけれど、違うよ……

ここにいるのは春香ちゃん

私が好きな春香ちゃん。大好きな春香ちゃん

でも、本当に大好きなのは、憧れているのは、明るくて元気な春香ちゃん

こんな弱々しい春香ちゃんを見たかったわけじゃないよ
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 10:54:05.38 ID:oFRFuGSoo

「春香ちゃん」

「雪歩……」

春香ちゃんの体を優しく揺さぶり、

名前を呼んで顔を上げさせる

「私が守る。絶対に守る。だから――」

いつものように優しく、自然な声で

そして、いつも春香ちゃんが見せてくれるような温かい笑顔で、いう

「――春香ちゃんの笑顔、私は見たいな」

「……雪歩」

「それさえあれば、私凄く頑張れる。男の人と1対1で会話しちゃったり、大型犬とじゃれあったりできちゃう!」

春香ちゃんが口を挟むの遮って、話を続ける

「男の人と会話するだけじゃなくて、握手会とか記念撮影とか、寄り添ってやっちゃってもいいよっ」

それくらいに、私にとっては特別なものなんだから……

「ほかにはね、犬に囲まれながら男の人と暮らしたりだって――」

「……あは。あははっ」

春香ちゃんが小さく笑う。

元気さが少し足りないけれど、笑ってくれる

「それはスキャンダルだよ、やっちゃダメ」

「わ、解ってるよぉ……でもっ春香ちゃんの笑顔は――」

「ありがとう」

「へ……」

「すごく嬉しい。雪歩がそれで頑張れるなら。私は雪歩のために頑張る。いつだって、笑ってるから」

そう言った春香ちゃんは、

悲しみの名残、その涙を一筋の流れに変えて消し去っていく

残ったのは、明るく元気で優しく温かい

いつもの春香ちゃんの笑顔だった
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 11:03:39.08 ID:oFRFuGSoo

「そうと決まれば、雪歩。お夕飯どうしよっか!」

「う〜ん。有り合わせでも色々なもの作れますけど……」

いざという時のために、

様々な物を用意しているから、

ありあわせと言えるかどうかは怪しいけど

「あ、それもそうなんだけど、お世話になるのは私だし、もしよければ一緒に料理しない?」

「は、春香ちゃんが作ってくれるの!?」

「う、うん……嫌、かな?」

「そんなことないよ。嬉しい、すごく嬉しい!」

春香ちゃんと一緒にご飯食べたり出来るだけですごく嬉しいのに、

その食べる料理が春香ちゃんの手料理なんてことになったら

食べることがもったいなくて食べられないくらいに嬉しい

「あはは、喜んでくれて嬉しい」

「あ……ごめんね。燥いじゃって」

「ううん、静かでいるより、私はその方が気が楽になるから良いよ」

「そうだよね……この家にいるときは、楽しくさせてあげるよ」

「おーっ期待しちゃおうかなー」
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 11:16:01.38 ID:oFRFuGSoo

すごく楽しい半日だった

生きてきた中で

これほど幸せな気分になれたことは一度もない

そう断言できる程に幸せな時間だった

春香ちゃんと一緒にご飯作って、

一緒にご飯を食べて、

一緒にお風呂に入って……

ずっとずっと、笑っていた気がする

春香ちゃん自身も、

辛いこと、悲しいこと。

全部忘れて笑顔でいてくれた。

しかも、それらは全部私のための私に向けられたもの。

私が望んだものが手に入った、最高の日だった
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 11:32:03.05 ID:oFRFuGSoo

「ねぇ……雪歩」

「どうかしたの?」

「ありがとう」

「……お礼なんて良いよ。したいことしただけだから」

私は元々、

支配したいとかいろいろ考えていたとは言え、

結局は表に出られず、

影の静観者として春香ちゃんを見ていることしかできず、

出来たのは喋らないでっていう忠告くらい

でも、ほんとうはこうやって寄り添い会いたかった

笑い合いたかった

これだって、誰か……ううん、別に誰かって言うほど、

不特定ではないよね

その人のおかげで動機が出来たからやれただけで、

だからこそ、追い詰められるまで私は何もできなかった
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 11:39:48.93 ID:oFRFuGSoo

「それでもだよ」

「え?」

そんな自己嫌悪に陥る私の頭を

春香ちゃんは優しく撫でてくれた

「雪歩のしたいことで私は元気になれた」

「……………」

「ありがとう、雪歩」

笑顔。

また笑顔

私を暖かくしてくれる笑顔

「春香ちゃん……私ね、春香ちゃんのこと、好き」

「え?」

「友達として、仲間として……女の子として」

「それって」

「うん、異性を好きになるような気持ちを。私は春香ちゃんに抱いてる」
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 11:43:19.66 ID:1z0VW8N/o
アイドルにストーカーとかタイムリーなネタだな
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 11:44:44.25 ID:oFRFuGSoo

それは普通の人から見たら、

気持ちの悪いことなのかもしれない。

でも、気持ち悪いって言われたり、思われたりしても、

私が春香ちゃんを好きな気持ちが揺らいだりすることはない

かといって、伝えるべきかどうかって聞かれたら、

今までの私は、

断られたりするのが怖いからって逃げていたけれど、

でも。今の私は。

幸せすぎて、嬉しすぎて、

温かくなってる今の私は我慢できなかった

だまり続けて溜め込んだこの気持ちを、

伝えないでおくことなんて無理だった

「……気持ち、悪いよね。女の子が女の子に。なんて」

「…………………」

「でも、安心して。黙ってるのが嫌だっただけだから。答え求めたりとかしないから」
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 11:54:15.82 ID:oFRFuGSoo

私は春香ちゃんに背を向けた

同じベッドの中

私の体温と春香ちゃんの体温が布団の中を暑くして、

パジャマなんて脱ぎたくなるほどに暑かった

でも、それは外的要因だけではなくて、

私自身が春香ちゃんといることで

ほんの少し高揚していて、加えて勢いで告白してしまったからというものもある

汗で下着が張り付いて少し気持ちが悪い

呼吸が少しだけ荒くなっていく

「気持ち悪く、ないよ」

そんな私の耳が捉えた声

「私は全然、気持ち悪いとか、おかしいだなんて思わない」

嘘だと思った頭に響く、春香ちゃんの言葉

「だって……私も雪歩のこと。好きだから」

信じられないと、振り向こうとした体を押さえ込む、春香ちゃんの体

それらはすべて――リアルだった
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/10/13(日) 11:54:57.73 ID:4gS2tSeY0
http://jump.vip2ch.com/http://livedoor.blogimg.jp/tmg24news/imgs/1/3/13770cdb.jpg
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 12:03:19.74 ID:oFRFuGSoo

「春香ちゃ……」

「正直ね、雪歩を初めて見たとき。守ってあげたいなー支えてあげたいなーって思った」

前の私は、

臆病で、弱くて、犬も男の人も苦手で、

何事にもネガティブで、自信が持てない

そんなダメダメな人

「でも、話していくうちに、仕事していくうちに、そんな雪歩はどんどん変わっていった」

いまでも犬や男の人は苦手。

でも、

少しは前向きに考えられるようになった

少しは自信が持てるようになった

「凄いなぁって思った。私は全然変わることできないのにって、ちょっと嫉妬してた」

それは春香ちゃんの笑顔が、

私を助けてくれていたから。支えてくれていたから。

それに、私だって凄いって、憧れてたんだよ? 春香ちゃん
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 12:15:23.05 ID:oFRFuGSoo

「そのせいかな、雪歩を見る時間が多くなった。探す時間が多くなった」

見る時間が多いのは多分……

私が春香ちゃんのことを見守るようになったから。

でも、探してくれたのは春香ちゃんの意思……?

「最初は雪歩のように変わりたかったのかも……ううん、そんなのも建前だね」

春香ちゃんは小さく笑うと、話を続けた

「私はきっと、最初から雪歩が好きだった。守りたい、支えたいっていうのも多分その波状でしかなくて」

「………………」

「今みたいに……そばにいたかったんだと思う。気持ちを伝えられなくていいから、傍にいたいって」

春香ちゃんの抱きしめる力が強くなっていく。

暑苦しくて、

汗がポタッと滴り落ちていった
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 12:21:26.62 ID:oFRFuGSoo

「……雪歩さ、私のライブ、舞台袖じゃなくて観客席で見ててくれたよね」

「え……?」

「ずっと見てた。ずっと解ってた。私……あれすごく嬉しかったんだよ?」

私が見てたこと知ってた? 分かってた?

じゃぁ、あのライブとかでの笑顔は……

「それだけじゃなくて、楽屋にまで来てくれたしね」

「うっ……」

「すごい励みになった。あんな脅迫にだって負けてやるもんか! って、私頑張れるって」

脅迫……

春香ちゃんにとって、

私の電話も、手紙も、無言電話も、机の中の手紙も、水筒も

全部脅迫だったんだよね……

「でも、ごめんね。負けちゃった。雪歩にだけは……こんな私見せたくなかったのに」

「春香ちゃん……」

「こんな私でも。好き? 明るくない、元気じゃない私でも。雪歩は――」

最後まで言わせず、強引に体を反転させて春香ちゃんの唇を奪った
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 12:28:55.68 ID:oFRFuGSoo

「んっゅ、雪歩……」

「好き。大好き、どんな春香ちゃんでも、私は好きだよ」

どんな春香ちゃんだって私は大好き。

元気がなかったり、

弱々しい春香ちゃんは確かにいつもの春香ちゃんには劣るかもしれない

でも、だからって嫌いになるわけじゃない

一部でも嫌いな部分があるなら、

それは愛してるなんて言えない

どんな部分でも嫌いにはならず、

相手を好きでいる、心から受け入れてこそ愛なんだから

「春香ちゃん……好きだよ」

「私も……好きだよ。雪歩」

ゆっくりと、唇を重ね合わせ、

両手はいつの間にか春香ちゃんの両手と恋人繋ぎになっていた

世間からは間違ってると言われるかもしれないし、

気持ち悪いって言われるかもしれない、

親からは蔑まれ、離縁されるかもしれない

だとしても……私は春香ちゃんを好きでいたい。愛していたい
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 12:42:43.92 ID:oFRFuGSoo

互いに好きだと言い合った昨日

ちょっと頑張っちゃった翌朝は、ちょっとどころじゃなく辛かった

「雪歩、おはよう」

「おはよう……春香ちゃん」

いつもの朝に春香ちゃんがいる

そんな最高の日がいつまでも続くといいな。なんて

だから、私は今日。やらなきゃいけないことがある

「雪歩は今日仕事入ってるの?」

「うん、ごめんね」

「ううん、仕事なら良いよ……私は、付いていかない方が良いよね」

邪魔になるって思ってるのかな

でも……そんなことは――

ヴーッヴーッ

「っ!」

「大丈夫、千早ちゃんだよ」

非通知は着信拒否にしちゃったもんね
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 12:49:26.72 ID:eJkFmSPRo
まさかの共依存・・・
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 12:50:06.25 ID:oFRFuGSoo

『もしもし、春香?』

「う、うん」

千早ちゃん達からなら、

一応春香ちゃんに出てもらうしかない。

ここで私が出たりしたら、

やっぱり不自然だと思うし。

『春香の家はさすがに遠いから平気かしら……』

「えっと、どうしたの?」

『実は、昨日の夜変な人が家にきたのよ』

「変な人? だ、大丈夫なの!?」

『だ、大丈夫よ。ただカーテン越しにベランダに入る人影が見えただけだから』

……それはあんまり大丈夫だって言えないような気もする

でも、なんで千早ちゃんのところに?

「そ、それで……どうしたの?」

『流石に見る勇気はなかったし、不安で眠れなかったわ。それよりも、その様子なら行かなかったのね』

「う、うん」

『よかった……一応事務所でみんなに話す予定だから。来れたら来てくれるかしら』

「解った」
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 12:58:58.13 ID:oFRFuGSoo

スピーカーモードにしておいたおかげで、

話は全部聞くことができた

……不審者

多分、私が電話に出て、私が守るって言った上に、

同居してるなんて言ったから……

「雪歩、どうしよう……みんなにまで……」

「大丈夫だよ、大丈夫」

怯える春香ちゃんをなだめながら、必死に考えを巡らせていく

正直なところ、

春香ちゃんを独り占めしたいとか思うのは千早ちゃんだって思っていた

弟さんを失ったことを押さえ込み、悪い記者によって暴かれたあの事件

救い出してくれたのは他でもない春香ちゃんだったし、

弟さんを失った経験から、

春香ちゃんを絶対に失いたくない、自分のそばに置いておきたい

そうやって支配欲に駆られて……と。

だけど……違う?

もしかしたら765プロにいる身内のだれでもない……?

だとしたら、どうやって春香ちゃんの電話番号とかを?
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 13:07:31.22 ID:oFRFuGSoo

もちろん、

私の伺い知れないところで、ほかの子が春香ちゃんに好意を抱いてる可能性はある

やよいちゃんだって、いつも「春香さんのこと好きですよー」って言うもんね

でも、やよいちゃんが無言電話したりはしないと思う。というか、性格的に絶対無理

だからつまりその他の誰かになるけど……そんな素振り見せてくる人はいない

となると、

ファンのだれかとか、一般人が犯人になるけれど、

それはそれで電話番号とかをどうやって……?

「あ……そっか」

「雪歩?」

【机の中に手紙が入れられていた】

「そっか……そうなんだ……」

「ど、どうしたの?」

犯人は……春香ちゃんの家の中に入れちゃうんだ

お父さんやお母さんは手紙や電話で協力する以上、

友達と言われたところで上げてあげるような油断はしないはず

つまり、【不法侵入】が容易にできてしまうようなモノを作り、

それを使って自由に出入りして色々調べたり……あれ? じゃぁ……
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 13:17:30.15 ID:oFRFuGSoo

まって。

不法侵入出来てしまうからって、

電話番号を知るなんて普通は無理

だって、携帯電話なんて肌身離さず持ってるものだから

「雪歩、どうしたの?」

「春香ちゃん……事務所まで一緒に行こう?」

「うん、お願い」

肌身離さず持っている携帯電話

その電話番号とかを知る方法はいくつかある

春香ちゃんの友達、知り合いで連絡先を知っている人

それが、一番優しい答え……

あとは――

春香ちゃんが寝ている横で携帯電話を操作する

もしくは。

部屋を盗撮、盗聴して春香ちゃんが操作しているのを直接見る

「じゃぁ、行こう?」

これは教えられない。

ごめんね、春香ちゃん……何も言えなくて、ごめんなさい
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 13:25:07.99 ID:oFRFuGSoo

事務所についた私たち、

春香ちゃんを事務所に任せ、私は仕事へと行くことにした

もちろん、仕事なんて行ってられない。

今すぐ春香ちゃんの家に行って調べる

「雪歩、仕事頑張ってね」

「うん、頑張るよ」

「そうだ、お夕飯何食べたい? 今日はちょっと手間かけて煮物とかにする?」

春香ちゃんは笑顔でそう話しかけてくる。

まだ何も知らない、幸せな春香ちゃんの笑顔

「良いけど、材料はどうするの?」

「一緒に買いに行こうよ。ダメ?」

「うん、良いよ」

全部終わらせて、

それで、全部終わったよって

もう安心していいよって……お祝いしたいな

「行ってきます」

「うん、いってらっしゃい」

春香ちゃんの明るい笑顔と声を背中に受けて、私は駅へと向かった
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 13:25:49.85 ID:oFRFuGSoo

中断

そろそろ終わらせる
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 13:31:31.29 ID:V2HomcyJo
寝てる横で携帯弄られてるとか
部屋が盗聴、盗撮させてるなんて普通言えないわ


……実は犯人は千早だろって考えていました、ごめん
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 13:52:49.46 ID:InopkXdDO
72気にするな、そういう日もあるさ
71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 16:41:45.64 ID:Cgl/gLd50
いや…ちーちゃんは賢いからな
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 16:55:21.74 ID:MzlyRtgAO
ほどよい暗さですな
73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 16:59:49.30 ID:KUJMlzqSo
んあー(怒)
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 18:19:56.54 ID:gAimDzepo

「………いつまでも、いつまでも」

パタンッと、お気に入りの手帳が閉じる

今日の仕事をボイコットしたことが知れたら、

プロデューサーに怒られちゃうかな。

仕事だって……減っちゃうかもしれない

そうだとしても、私はこの選択を後悔するつもりはない

だって、大切で、大事な。

世界で一番大好きなあの子の笑顔を守るためだから

たとえ私がアイドルを辞めるとしても。

たとえ私が殺されることになるとしても。

たとえ私が人殺しになるとしても。

私は春香ちゃんを救うことが出来ればそれで良い

『まもなく――駅――駅』

電車に揺られた約2時間

決意した心は揺らがず、

握り締めた拳は、ちょっとだけ赤かった
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 18:31:50.51 ID:gAimDzepo

「あら、萩原雪歩さん……よね?」

「はい、いつも春香ちゃんにお世話になってます」

やっぱり、

事務所仲間として通っている私は、

あまり警戒はされていないみたい

普通に家に上げて貰えた

「それで、春香ちゃんが今私の家に宿泊しているのは――」

「ええ、昨日プロデューサーさんから直々にお電話を頂きました」

春香ちゃんのお母さんは深く頭を下げ、

「本当にごめんなさい。私達もどうしたら良いか解らなくて……」

そう、謝罪を述べたけれど、

別にお母さんたちが悪いわけじゃない

電話や手紙の発端は私ともうひとりの犯人だし、

むしろ悪いのは私達

「顔を上げてください、悪いのは春香ちゃんを追い詰めるストーカーなんですから」

「ストーカー……改めて聞くと不穏で嫌だわ」
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 18:40:37.91 ID:gAimDzepo

「私も嫌いです……そもそも、男性が苦手で」

「そうよね、萩原さん。苦手だって何かで聞いた覚えがあるもの」

「えっと……それで、お母様達の方でなんらかの対処はしたのですか?」

気づけば雑談にそれようとしていて、

慌てて話題を元に戻す

「一応、携帯の電話番号を変えさせたり、携帯電話自体を変更させたり、手紙を止めたりしたわ」

「それは私の方も春香ちゃんから伺っているんです。警察の方はどうでしたか?」

「相談したのよ。手紙を見せたし、着信履歴だって……でも、悪戯でしょう。じきに止まりますって」

……いつもニュースでやってるよね。

警察に相談していたのに、受け付けて貰えなかったって

「そう言われただけなんですか?」

「ええ。だからお父さんが怒っちゃってね。ウチの娘はアイドルなんだぞ! って」

「それで……」

「一応、夜間の見回りがされるようになったのよ。そのおかげかしら。送られてくる手紙は無くなったの」

それは春香ちゃんがプロデューサーに泣きついたから、

私がこれ以上は。と、止めた手紙のことだよね
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 18:57:20.37 ID:gAimDzepo

「でも、机の中に謎の手紙が入るのは止まらなかったんですよね?」

「……ええ、だから不気味で。それも相談したけれど、不審者は見当たりませんでしたって」

見回りがされているからといって

100%安全かと言われたら、

それは違うよ。と言わざるを得ない

けれど、

見回りをすることによってその危険性が減ることはあるし、

普通ならもう止めようって思うはず

もっとも、家に侵入したりする時点で普通じゃないよね

「それが無くならなくて春香ちゃんとも仲悪くなっちゃったし……ううん、私がダメなだけよね……」

「……あの、春香ちゃんの机の中に入っていた手紙って、ありますか?」

「警察に見せるためにとってあるけど……見ない方が……」

「いえ、見たいんです。あの春香ちゃんが怯えてしまう原因を」

お母さんは私を見つめ、私はその瞳を見つめ続ける

数秒の後、お母さんは小さく頷くと赤い封筒を持ってきてくれた
78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 19:07:49.22 ID:gAimDzepo

「送られてくるのは白くて綺麗な便箋。一方で、これは真っ赤なのよ」

白い便箋は私

それは当然私自身の好きな色だったし、

変に色づいているよりは

春香ちゃんに対してきついイメージを与えないと思ったから

でも、この真っ赤な封筒は、

まるで血の色のような気味悪さを感じさせる

「止めるなら――」

「いえ、平気です」

震えそうになる手を精神で強く押さえつけ、

封筒から手紙を取り出す

一枚だけのそれもまた……真っ赤だった
79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 19:46:59.02 ID:gAimDzepo
僕の春香ちゃんへ
今日も朝早くからおはよう
春香ちゃんにならどんな下着だって似合うと思うけど
春香ちゃんってあまり大人っぽい下着は履かないよね
やっぱりそれって僕以外の人に見られるのが嫌だからだったりするのかな
ありがとうすごく嬉しいよ
でも、安心して
僕はいつでもどこでも朝から晩までキミの事見てるから
だから大胆な下着を履いてくれても大丈夫だよ?
あぁそういえば昨日は大丈夫だったかな?
何回も転んでたからきっと怪我を……怪我といえば、血が出るよね。
春香ちゃんの血なら美味しく飲めるから春香ちゃん専用のヴァンパイアになりたいなぁ
あ、そうそう汗とか、排泄物とかだって僕は美味しく食べられる自信があるよ
なんたって、僕は春香ちゃんのすべてを愛してるからね
だから春香ちゃんが撮影の時とかちょっとトイレ行きたそうな時に
すかさず股下に潜り込んで――とか夢なんだけど
正直それはさせてもらえないかな
スタッフとか汚らわしいクソみたいなやつラも邪魔だし、あいつも――って
ゴメンネ春香ちゃん
これは春香ちゃんに対して愛を呟くための手紙であって
愚痴を言ったりする手紙じゃないよね
でね、つまり何が言いたいかっていうと、
僕は君が好きなんだ大好きなんだ
だからこうして毎日手紙を送っているのに
なんで遥ちゃんはいつも捨てたりしちゃうのかな
僕なんて春香ちゃんがゴミ箱に捨てたりしたティッシュとかだって
しっかりと回収して保存してるのに
それだけじゃないよ
先月、先々月その前とかの春香ちゃんの使い捨てたナプキンだって
僕はちゃんと持ってるんだから
写真を同封してあげたいけど
写真に僅かな証拠が残ったりしたらあれだから同封しません
そうそうナプキンといえば生理だよね
春香ちゃんの周期表を確認してみたけど
そろそろ生理が始まるよね
でもさ女の子だし、アイドルだからそういうのって買いづらいと思うんだよね
だから今度僕が入手しておくから安心してね
今度手紙と一緒に置いておくからね
あ、大丈夫だよ
春香ちゃんが今まで使ったやつから
春香ちゃんがいつも使ってるメーカーはちゃんと解ってるし
大きさとかその他もろもろ全部把握してるから
一応書いておくけど【―――――】ってメーカーだよね?
間違ってたら電話したときにでも違うっていってくれればいいから
そうそう、電話といえば
春香ちゃんって電話したとき泣いてたり怒ってたりするけど
僕は出来たら笑って欲しいなって
いや、僕が緊張して無言電話だからかもしれないけど
僕が聞きたいのはっていうか
春香ちゃんとしたいのは楽しい恋人との会話とかだしね
だからといって春香ちゃんの泣き声や怒鳴り声が嫌いなわけじゃないよ?
むしろ大好きだよ
いつもと違う春香ちゃんって感じでもう最高だよ
怒鳴り声なんてゾクゾクしちゃうんだ
ゾクゾクするっていえば、やっぱりオナニーだよね
僕はやっぱり春香ちゃんを見てするんだけど
春香ちゃん最近あんまりしてないよね?
溜め込むのは体に毒だよ?
だから、こんど僕とセックスしようよ
ここまでずっと我慢してきてるんだし
そろそろいいと思うんだよね
あ、アイドルだからダメとかいうのは気にしなくていいからね?
もしやっちゃったからアイドル続けられないとかなら、
僕がしっかりと責任もって君を養ってあげるからさ
養うって言えば同棲だよね
いいなぁ、春香ちゃんにいってらっしゃい、おかえりなさいってしてもらいたいなぁ
あぁ、考えただけで僕は理性が吹っ飛んで今にも迎えに行きたくなっちゃうよ
だけど最近警察が見回ってて邪魔だから無理みたいだよゴメンネ
でも安心して欲しいんだ
こうしてキミに手紙を届けられているのは
警察なんかでは僕とキミを裂く事はできない証明なんだよ
プロデューサーなんかも無能すぎて全く役に立ってないしね
だけどね、やっぱり僕とキミの間に割ってはいる奴がいるんだ
そろそろウザイし、僕たちの邪魔になるからどかそうと思うんだけど
大丈夫、春香ちゃんに迷惑かけたりしないから
僕がしっかりと責任もって処分しておくからね
あーあなんで手紙って終わりがあるんだろう
それはきっと再現がなければ僕が永遠に語っちゃうからだよね
最後に言うよ、邪魔な奴が消えたら迎えに行くからね、そして結婚しよう
愛してるよ、僕の、僕だけの春香ちゃん。
80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 19:50:24.99 ID:gAimDzepo

「っ………」

言葉を失った

感動したとか、怒り心頭とか、

そういうなんて言えばいいんだろう

うん、今まさにこの状態

もはや何もいうことができないほど酷い内容だった

続いて気持ちが悪くなって、

吐き気を抑えようと口元を抑えると、

お母さんが手紙を取り上げ、首を横に振った

「言ったでしょ?」

「……警察は?」

「これが来たのが一昨日、即通報して取締の強化を頼んだわ」

「してくれました?」

「張り込んでくれたわ。おかげで……昨日はなかったわ」
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 19:55:22.88 ID:gAimDzepo

だから、

昨日はみんなのところに向かった?

多分、

それに加えて私が一緒にいるって言ったから

それを調べようとしたんだよね

「大丈夫?」

「大丈夫です……それより、春香ちゃんの部屋を見てもいいですか?」

「え?」

「ちょっと、気になることがあるんです」

私がそう言うと、

お母さんも同行するという条件で許可をしてくれた

もしも私の想像が正しければ

これはお母さんにも衝撃的な事

出来れば間違いであってほしい

でも……手紙の内容からして、これはきっと間違いじゃない


探した結果、部屋のあちこちからカメラと盗聴器が見つかった
82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 19:56:42.42 ID:YvYkWpHPo
中断

多分ID変わってる
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 19:58:43.17 ID:Byumbzb1o
ぎゃぁぁぁぁぁぁ手紙キメぇぇぇ
84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 20:04:44.90 ID:7OX3QGLeo
こんな長文投下できることに衝撃
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 20:10:39.20 ID:LBgh1fqlo
地味に春香と遥が混ざってるストーカー
86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 20:23:26.35 ID:Cgl/gLd50
うん、もう、これ、あれだ、


マジキチ
87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 20:27:51.93 ID:4RWNmsuJo
>>1>>1

閲覧注意どころのちゃっちいもんじゃねぇ

いいか、先にこのレスをみた奴は
絶対に本編は見るな、絶対だかんな!
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 21:00:40.35 ID:JXqYFA8Do
手紙吐き気するかもしれなかったから途中で読むのやめたわマジキチ
89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 22:14:37.51 ID:P/SZEUXjo

「そ、そんな……どうしてわかったの?」

「手紙の内容、変えても知られる電話番号などからの推測です」

手紙の内容でもはや確信していたのは、

言うまでもなかったけど……

「場所は?」

「私一応建築業の経営者を父に持つので、隠すならこのあたりかなって予測で」

というのは本音であり建前で、

本音の本音は

私だったらどの角度から春香ちゃんを撮りたいかなって考えつつ、

春香ちゃんの着替えなどが死角で行われないように、

全体を撮したりするならこの位置かなっていう考えで導き出したもの

なんてことは言えるわけないよね

「とりあえず、これを警察に持っていきましょう」

……クローゼットの中に明らかに春香ちゃんのじゃない髪の毛が落ちていたのは言うべきじゃないかな

部屋は2階だし……侵入経路は屋根裏ってことだよね? 犯人さん
90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 22:20:41.66 ID:P/SZEUXjo

「――承りました。至急手配します」

どうやら、警察は迅速に動いてくれるらしく

これから春香ちゃんの家の中をくまなく調べるらしい

専門の道具があるなら完璧に見つけられるだろうし

髪の毛とかもDNA鑑定で捕まえることが――

ヴーッヴーッ

「あ」

「萩原さん?」

プロデューサーからの電話だった

『雪歩何してるんだ!』

「ご、ごめんなさいっ」

受信早々怒鳴り声

相当怒っているみたいです……

『無事なんだな!? 今どこにいるんだ?』

「え、えっと……春香ちゃんの家」

『春香の……? そうか、誰かにそのこと教えたか?』

「い、いえ」

あ、あれ……?
91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 22:27:08.61 ID:P/SZEUXjo

おかしい

もっと怒られると思っていたのに。

『良いか、雪歩。雪歩を狙ってる男がいる』

「え?」

『雪歩が本来行くべきだったスタジオに不審者が来たんだよ』

……え?

私が本来行くべきだったスタジオに?

ということは……え?

ちょっと待っておかしいよ

春香ちゃんの家でそんなことわかるわけ……

『そこから絶対に動いちゃダメだぞ。良いな? 春香のお母さんにも説明して家には誰にも入れないようにして貰うんだぞ!』

「は、はいっ」

返事を返すと、プロデューサーさんは電話を切ってしまった

「どうしたの?」

「私を殺そうとしている人がいるみたいなんです」

あの電話でも、

あっきの手紙でも、

邪魔とか殺すとか言われてたよね……凄い恨み

私も解っちゃうのがちょっとあれだけど……ここには警察が来るよ。これるかな? 犯人さんは
92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 22:32:18.36 ID:P/SZEUXjo

「殺そうとって……」

「大丈夫です、今から警察が来るんですよね?」

「ええ、そうね。じゃぁここにいたほうがいいわ」

「ありがとうございます」

お願いしようと思っていたことを、

向こうから申し出てくれるなんて凄く嬉しい

「……春香ちゃん」

もうすぐ終わるよ

もうすぐ、犯人の正体とかが全部わかる

もう、苦しまなくていいよ

もう、泣かなくていいよ

もう、終わるんだよ。春香ちゃんの辛い生活が

       ピンポーン

「はーい」

「お母様、警察じゃない場合は……」

「うん、出ないで帰ってもらうわ」

お母さんはそう言って頷いた
93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 22:38:28.77 ID:P/SZEUXjo

思ったけれど、

犯人さんはどうやって私のスケジュールを?

それだけじゃない。

警察の見回りがある中で侵入が出来たの?

……そもそも。

私も見られてたんだよね?

じゃぁ、あの場にもいたってことだよね?

カメラマン、大道具さん、小道具さん、

衣装係に照明さん、監督さんとか……いっぱいいるし、

正直わからないけど……あれ?

そういう場所に居つつ不自然じゃなくて、

尚且つ警察の見回りを――

「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁっ」

悲鳴が空気を裂く

それを追うような速さで向かってくる足音

「あ――」
94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga!red_res]:2013/10/13(日) 22:40:52.77 ID:P/SZEUXjo



                  「 ど う も 、 警 察 の 者 で す 」



               「 貴 女 が 萩 原 雪 歩 さ ん で す ね 」




                          「 で は 」




                       「 さ よ う な ら 」


95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 22:44:48.55 ID:Cgl/gLd50
雪歩!?
96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 22:48:37.59 ID:P/SZEUXjo

最初は何の痛みもなかった

目の前でニヤっと笑う警察の服を着た中年くらいの男性の顔を見て、

あぁ、そっか

警察とか警備員なら彷徨いていても不審者ではないよね

なんて思って

私がいないことで焦ってスタジオでバレたのかな。なんて笑っちゃって

全身の血の気が引いていき、

その全てが包丁の刺さったお腹のあたりに集まって言ってるのがなんとなく解って

次第にちょっとピリッとするなぁ

なんて指をちょっと切っちゃったような感覚で構えて……

「邪魔だったんだ」

「ぁ、あっ……」

引き抜かれた包丁が視界に映る

銀色の包丁が赤く染まって血を滴らせて。

プシュッとまるで他人事のように思えるような安い音が聞こえた
97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 22:54:12.87 ID:P/SZEUXjo

せき止められていた血の流れが一気に開放され、

お腹の裂け目から血が溢れ出し、流れ出していく

痛いというよりすごく熱かった

血が抜けていって朦朧とする頭、揺らぐ視界では、

男性が笑っているっていう認識くらいしかできない

「やった、やった! これで、これで僕は!」

「……っ」

男の人が歓喜の雄叫びを上げる中、

私の体は膝から落ちて、

その上半身ですら視界に収められなくなってしまった

血が流れていく

熱い、痛い、苦しい、暑い、暑い、暑い……

あの布団の中の無した暑さなんて比較にならない厚さ

呼吸さえ、止まってしまいそうなほどのもの。

もしも春香ちゃんと携帯を交換してなかったら。

すぐにでも連絡が来たたのかな

そうしたら……こんなことにならなくて、済んだのかな……
98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 22:58:56.72 ID:P/SZEUXjo

ごめん、ごめんね春香ちゃん

お願い、許してくれるかな

「アッハハハハハハッ」

「警察だ!」

「アハハハッアハハハハッ」

気の狂った笑い声が思考の邪魔をする

警察のズボンの人が何人も増えて、

高笑いする男の人かな?

床へと押し倒されていた

「――歩!」

そんな中見える

ううん、もう見えてすらいない

色がぼんやりと分かる程度の視界に映る

どこかで見た服装の女の子

春香ちゃんの作る煮物……食べたかったなぁ

そこで私の意識は――途切れてしまった
99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 23:08:21.85 ID:P/SZEUXjo

再び目を覚ました私が見れたのは、

お花畑でも、広い川でも、

亡くなったおばあちゃんでもなく

白い天井だった

「……っ」

「すぅ……すぅ……」

刺されたお腹は熱くはないけど痛くはあって、思わず呻く

そんな私へのあてつけのように、

可愛い寝顔を見せてくれるのは春香ちゃんだった

泣き続けたのか、目から顎の方まで、

涙の跡がくっきり残っているし

服は私が最後に見た日のままだし、ちょっと窶れてるし

かなり心配させちゃったんだろうってすぐに解った
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 23:14:47.18 ID:P/SZEUXjo

「春香ちゃん、ごめんね……」

囁くようにもらし、

春香ちゃんの頭を優しくなでる

「んぅ」

「あっ」

起こしちゃったらしい

頭を触っていた手を払い除け、

寝ぼけ眼で私を見つめてくる

「ゆきほぉ?」

「うん、そうだよ」

寝ぼけた声の春香ちゃんは本当に可愛いなぁ

抱きしめたいなぁ

でも……お腹が痛くてちょっと無理

「…………………」

「…………………」

黙り込む私達

見つめ合う私達

「………雪歩!?」

覚醒した春香ちゃんの大声

「うん」

それに応える私の小さな声

「雪歩、雪歩……馬鹿!」

「うぅ……ごめんなさい」

言い返す余地もない
101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 23:21:26.60 ID:P/SZEUXjo

「なんで無茶したの!? なんで黙ってあんなことしたの!?」

「心配かけたく――」

「すっごく心配したんだよ!? 不安だったんだよ!? 怖かったんだよ!?」

「うぅっ」

確かに、

心配かけないようにとやった結果がこれだもんね

死んだりする覚悟があったとは言え

死なずに済んだ時の言い訳を全く考えてなかったのは失敗ですぅ……

「馬鹿っ馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿雪歩! 大馬鹿雪歩のあんぽんたん!」

「そ、そこまで言わなくても……」

「ダメ足りない! 全然足りない!」

春香ちゃんはすごく怒っていた

それもそうだよね……

だって死にかけてたんだもんね……
102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 23:26:35.47 ID:P/SZEUXjo

「ばか雪歩……ばぁかゆきほぉ」

「……ごめん」

「雪歩のばぁか……ばぁか……」

だんだんと勢いがなくなって、崩れていって

俯いていく春香ちゃん

私は静かにごめんと返して

春香ちゃんの手を握った

「春香ちゃん、笑ってほしいな」

「……無理」

「頑張った私にご褒美欲しいよ」

「無茶した子にはご褒美なんてあげません」

俯いたままの春香ちゃんは

私に対してそんな嫌味を言ってくる
103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 23:37:04.37 ID:P/SZEUXjo

「……春香ちゃん」

「なに?」

「……ただいま。遅くなってごめんね?」

「………………」

家に帰ってきたわけじゃないけれど、

それでも、あの日私は出かけていって

今、ようやく目を覚まして春香ちゃんに会えたわけだから

やっぱり、ただいま。だよね

「……なにが、ただいま」

「…………………」

春香ちゃんはそういうだけでまた黙り込んで

体を震わせていた

怒っているのか、それとも……

私のその考えがまとまる前に、春香ちゃんは顔を上げた

「遅いよ! 2日も待ってたんだよ! ずっと、ずっと……もう、帰ってこないんじゃないかって!」

春香ちゃんはそう言って私の体を抱きしめてくる

そのせいか、ちょっとだけ痛みが走ったけど……我慢しよう

「ごめんね……」

「馬鹿……グスッ、馬鹿……心配してたんだから……」

春香ちゃんは泣きながら、抱きしめながら

少し間を置いて、耳元で囁く
104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 23:37:47.11 ID:P/SZEUXjo


           「お帰り、雪歩」

105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 23:46:48.96 ID:P/SZEUXjo

犯人はあの日に捕まって

だからもう、同棲する必要はなかった。だけど、

私達の同棲は終わらなかった

春香ちゃんの心の傷はそう簡単に癒える事はなく、

春香ちゃん自身が私と一緒にいることを望み、

加えて、私が無茶をしないように監視するという、

もっともな理由までついたあげく、

2時間もかかる通勤

朝早く出て夜遅い帰宅

その危険性を考えた結果、

社長やプロデューサー、私達の両親が承諾してくれた

公認の同棲

学校も、春香ちゃんは私と同じところに通うことにしたらしく、

今度転校してくるみたい
106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 23:53:43.18 ID:P/SZEUXjo

「雪歩ー、お風呂入ろうよ」

「うん、すぐ行くよ」

「一緒に――って、雪歩。何書いてるの?」

「え? あ、なんでもないよ!」

お気に入りの手帳

その中に書かれた私の秘密

その中に隠れた私の想い

「見せてよー」

「だ、だめっ見せられないよ!」

「良いじゃん、裸だって見てるんだから」

「それはそれ、これはこれ!」

いつもの明るい春香ちゃん。

元気で、明るい私の憧れの春香ちゃん

「む〜っ解った。とりあえずお風呂行こ?」

「春香ちゃん」

私たちは相思相愛で、

もう気持ちも伝え合った仲

「なに?」

「これからも、ずっと一緒にいようね」

「うん、そのために、私はここにいるんだから」

嬉しそうにそう言った春香ちゃんの笑顔は

すごく、幸せそうだった
107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 23:54:57.37 ID:P/SZEUXjo

【いつまでも、いつまでも】


いつまでも、永遠に、

変わらないものなんてないんだなぁ

あの空だって、雲だって

色を変え、形を変え、

見えたり見えなくなったりしてしまう

私とキミの関係も。

いつまでも、永遠に、

変わらないことなんて無理だと思う

だけど、空だって、雲だって

いつだって、どこでだって

そばにいてくれる。

だからね、私はキミのそばにいるよ

いつだって、どこでだって。

いつも、いつまでも……永遠に

                                    ―雪歩の詩集より―
108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 23:59:52.39 ID:P/SZEUXjo

これで終わり

色々言われてましたが、春香「私がアイドルだから」さんとは無縁

手紙の内容ほど歪愛ではなく、

むしろ春香さんで勃ってしまったことに罪悪感を感じるほどにピュアです
109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/14(月) 00:10:08.31 ID:4xpdMETlo

また書いてくれ
110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/14(月) 00:12:44.15 ID:slb6Tb5/0
いい…話、かなー?
111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/14(月) 00:14:52.04 ID:u2qviZd4o
勃ったことにって勃ったーさんなのか?
確かにあの人も変態だったが……
あと文中の色分けとか諸々から見るに昨日の

やよい「買春したいかなーって」
とか
春香「あれ……あの人……」
とかもアンタだろ
112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/14(月) 01:05:35.50 ID:YOLoh7IOo
結構面白かったおつ
113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/14(月) 03:45:58.91 ID:S+BkuCNTo
おつん!
114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/14(月) 23:49:52.04 ID:g6HLmwQ5o
おっつおっつばっちし!
115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/19(土) 15:38:08.86 ID:AMCGISkto
71.06 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)