このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

春香「体感型超能力バトルゲーム?」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 00:08:16.93 ID:ECThJkxPo
P「ああ、うちにテスター兼宣伝役を頼まれてな」

社長「皆が試作機で遊んでいる様子をそのままCMにするそうだ」

真美「え!それって真美たちは遊んでるだけでいいってこと?」

律子「そういうことになるわね」

亜美「そういうことならやるっきゃないっしょ→」

P「他のみんなはどうだ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385219296
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

モバP「ナチュラル同棲佐久間まゆ」 @ 2019/02/20(水) 01:04:57.87 ID:E8QgPEjz0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550592297/

渋谷凛「夕空とカレー」 @ 2019/02/20(水) 00:39:12.53 ID:QG61bbmB0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550590751/

星梨花「まつりさんのお城に行きたいです」【ミリマス】 @ 2019/02/20(水) 00:15:51.41 ID:1/zxA0lS0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550589351/

遊佐こずえはカロリー不足 @ 2019/02/19(火) 21:17:18.14 ID:/3yrQCADO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550578638/

【Zガンダム】俺「安価で今度こそエゥーゴ倒す」part6 @ 2019/02/19(火) 14:56:14.88 ID:Hy0/8mKgO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550555774/

蘭子「混沌電波第185幕!(ちゃおラジ185回)」 @ 2019/02/19(火) 05:18:11.12 ID:S5jbR8q3O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550521091/

【安価・コンマ】吾郎「野球しようぜ!」パワプロ「えっ?」Part2【MAJOR】 @ 2019/02/19(火) 03:25:59.41 ID:lNm7pZbWO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550514359/

【速報】あの伝説の2ch荒らし「F9鋼兵」がss速報に降臨中!! @ 2019/02/19(火) 00:49:50.49 ID:HIuZqKmZO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550504990/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 00:10:12.24 ID:ECThJkxPo
春香「私はいいですよ?楽しそうですし」

千早「私は、こういうのはあまり……」

真「ボクはオーケーです!」

雪歩「うう……ゲームで戦うなんてわたしには無理ですぅ……」

やよい「みんなでゲームなんて楽しそうですー!」

伊織「どうしてこの伊織ちゃんがゲームなんてやらなくちゃいけないのよ……」

響「ゲームでも負けないぞ!自分完璧だからな!」

貴音「わたくしは、げえむには疎いのですが……」

美希「めんどーなのー……」

あずさ「私、昔からゲームは苦手でして〜」

小鳥「うーん。賛否両論って感じですね」

律子「そうですね……ていうか何でプロデューサーと私まで……」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 00:11:32.59 ID:t+VAabSPO
立て乙

前にモバマスで似たようなの書いてなかった?
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 00:11:41.34 ID:ECThJkxPo
社長「……ふむ。君達、ちょっと社長室に来たまえ。あ、P君はここで待っててくれ」

P「?……はぁ」

ゾロゾロ……バタン

イイカネキミタチ……
エエー!ホントウデスカ!?
ウム

P(何話してるんだろう……)
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 00:13:14.42 ID:ECThJkxPo
バァン!

P「お?みんなもういいのか──」

千早「はい!精一杯頑張ります!」

雪歩「全員埋めてみせます!」

伊織「ゲームだろうがなんだろうがやってやろうじゃない!」

貴音「全身全霊を持って望みましょう……!」

美希「ハニー!ミキ頑張るの!」

あずさ「うふふ〜」

律子「……ふふ」

小鳥「ああ……私も出たかった!」

社長「心配無用!今回は何故か音無君も是非、とのことだ!」

小鳥「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! 」

P「」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 00:14:44.11 ID:ECThJkxPo
P「社長!皆に何て言ったんですか!?」

社長「なに、ちょっとしたご褒美を用意しただけだよ」

社長(優勝者はP君との交際を認める……というご褒美をね)

P「ちょっとって……」

P(なんか皆凄い眼をしてるんだけど……)

社長「ちなみに君が勝ったら給与を倍にしよう」

P「本当ですか!?」

社長「もちろんだとも」

P(これは……給料の為にも……)

(((プロデューサーと付き合うためにも……)))

全員(負けられない!)

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/11/24(日) 00:15:05.19 ID:UbJQti5R0
何言ったのか簡単に予想付いてしまうなwww
>>1乙P南無
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 00:15:55.98 ID:ECThJkxPo
当日

スタッフ「それでは、本日はよろしくお願いいたします」

P「こちらこそ、よろしくお願いします」

ヨロシクオネガイシマス!

スタッフ「えー。では皆さんもうご存知だと思いますが……改めて、今回の仕事内容をご説明させていただきます」

ハーイ!
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 00:17:09.08 ID:ECThJkxPo
スタッフ「今回は体感型の試作ゲームとのテストプレイということで、こちらのカプセル型の装置に入ってゲームをしていただきます。操作方法は後ほど」

スタッフ「今回はバトルロイヤル方式となっておりまして、最後まで勝ち残った方が優勝者ということになります」

スタッフ「与えられた能力をいかし、優勝するために頑張ってください。尚、優勝者の方には景品も用意してあります」

スタッフ「以上、何かご質問は…………無いようですので、操作方法のご説明に移りますね」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 00:18:03.93 ID:ECThJkxPo
スタッフ「──以上で全てのご説明が終了いたしました。早速、皆さん名前の貼ってあるカプセルに入ってお待ち下さい」

社長「みんな、頑張りたまえ」

ハイ!

スタッフ「高木社長、あちらのモニタールームへどうぞ」

社長「うむ」

スタッフ「それでは只今より、テストプレイを開始します」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 00:21:33.94 ID:ECThJkxPo
焦点を当てるキャラ>>12

>>3
人違いです
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 00:22:59.05 ID:DrDsh3YGO
わた春香さん
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 00:30:05.92 ID:ECThJkxPo
春香「うーん……やっぱり緊張しちゃうなー」

春香(でも負けたらプロデューサーさんが……)

春香「よしっ!頑張ろう!」

春香「さてと……名前とか入力して……と」

春香「よし!あとは私の能力が出るのを待つだけ!」

春香(強い能力がでますように……)
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 00:37:30.62 ID:ECThJkxPo
『 天海春香さんの能力は…「錯覚奇術師(マニックトリック)」です 』

春香「 『錯覚奇術師(マニックトリック)』……えっと詳細は……相手に幻覚を見させたりする……か」

春香「うーん……強い……のかな?」

春香「ま、いっか!頑張ろっと!」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 00:41:34.45 ID:ECThJkxPo
春香「あ……景色変わった」

春香「へー町の中で戦うんだね」

春香(あ!あれは……>>16!」


ありえない安価は安価下で
能力はとあるサイトで名前を入力してでてきたものを参考にしています
他に似た能力があったとしても決してパクったわけではありません
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 00:43:54.03 ID:5wKmg/Z1o
美希
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 01:01:16.09 ID:ECThJkxPo
春香(あれは……美希!)

春香(どうしようかなー。……えっと首の後ろのボタンを押せば勝ちなんだったよね)

春香(じゃあこっそり近づいて押せば……ああでも確かこの様子宣伝に使うんだよね)

春香(やっぱり正々堂々としないと評判下がっちゃうかな?でも相手の能力も分からないのに馬鹿みたいに姿を現すのもなぁ……)

春香(じゃあ宣戦布告してから幻覚見せてボタン押そっと)
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 01:14:27.61 ID:ECThJkxPo
春香「じゃあ早速……美希ー!」

美希「!春香……!ここで会ったが百年目なの!」

春香(ここで…… 『マニックトリック』!)

美希「!春香が消えたっ!?」

春香(ふぅ……あとはこのまま近づくだけ──ってあれあれ?)

春香(なんでかな?どうして──)

美希「じゃあ……頼むの『春香』」

「うん、分かったよ。美希」

春香(どうして、私がいるの……?)
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 01:22:11.45 ID:ECThJkxPo
春香(え?見間違いじゃ……ないよね)

美希「ねえ『春香』……春香のこと見える?」

春香?「うん。見えるよ……あそこに立ってる」

美希「ふーん……じゃ、倒しちゃって……なの」

春香?「分かった」

春香(まずい!あの……えっと……ああもう!私の偽物には能力使ってないから見えてる!……『マニック──)

春香?「『マニックトリック』!」

春香(!?)
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 01:32:35.51 ID:ECThJkxPo
春香(何!?偽物が消えた?偽物も私と同じ能力使えるの!?)

美希「本物の春香……何が起きてるかわからないだろうから一応教えておいてあげるの」

美希「ミキの能力は……『 囁(ファントム) 』」

春香(…………)

美希「さっきの偽物の春香……めんどーだから偽春香にするの──はミキの作ったものなの」

春香(…………)

美希「…………」

春香(…………え?終わり?)

春香(そんなちょっと考えれば分かること、いちいち言わなくても──)

コツ

春香(!)バッ!

偽春香「あちゃー音立てちゃった……失敗失敗」

春香(いつの間にこんな近くに!)
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 01:41:06.26 ID:ECThJkxPo
偽春香「しょうがないな……もう一回やりなおそ……」ス…

春香(まずい!また位置が分からなくなる!)

春香(一か八か……えいっ!)

スカッ

春香(うっ……やっぱり見えないからパンチも当たらな──)

美希「……え?」

春香(……ん?)
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 01:49:48.22 ID:ECThJkxPo
美希「春香……何をしたの!」

春香(……?)

美希「どうやって『偽春香を消した』の!?」

春香(……ふーん)

春香「なるほどね……」スゥ

美希「!……春香」

春香「……美希も知らなかったんだね」

美希「……何がなの」

春香「美希の能力で作ったもの……触ったら消えるみたいだよ?」

美希「──っ!」
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 01:58:08.36 ID:ECThJkxPo
美希「そ……そんな筈ないの! 『ファントム』!」

偽春香「」ズオッ

春香「『マニックトリック』ッ!」スゥ

美希「うっ……」

偽春香「!」

『残念だけど……美希の負けだよ』

偽春香「あっ──」シュン

美希「あ……」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 02:06:58.13 ID:kMImgyqHo
なんか前に見たような気がしたけどあれはスタンドバトルだったか
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 02:08:17.78 ID:ECThJkxPo
美希「う……あ……」ヘタッ

『バイバイ……美希』

ポチッ

美希「こんなのってないの──」

シュン!

春香「ふぅ」スッ

春香(……よかった、最初に美希と当たれて)

春香(もし終盤に当たってたら、他の皆の偽物も使ってきたかと思うと……)

春香「……ま、いっか」

春香「さーて、次は誰かなー?」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 02:13:22.06 ID:ECThJkxPo
春香vs美希
勝者──春香

次に焦点を当てるキャラ>>29
選択可能キャラ(春香、千早、真、雪歩、やよい、伊織、真美、亜美、あずさ、律子、響、貴音、小鳥、P)

>>24
正直あのssには結構影響受けてます
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 02:15:11.65 ID:kMImgyqHo
ksk
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 02:29:24.50 ID:ECThJkxPo
というか案外時間かかったので今夜は終わりで
ついでに安価出しときます
焦点を当てたキャラが戦うキャラ>>31
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 02:38:41.12 ID:975VWJFE0
あえてP
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 08:36:26.61 ID:E+TRvfgCo
ksk
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 10:12:00.63 ID:X02MuCE8o
伊織
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 10:35:13.85 ID:ECThJkxPo
P「……はぁ」

P(給料二倍につられて何も考えてなかったけど……)

P(これ、俺が優勝したらマズいんじゃないか?)

P(テストプレイだけならともかく……宣伝にも使うわけだし)

P(一応、スタッフさんは気にしないで下さいと言ってたけど……うーん)

P「……まあそれはそれとして」

P(俺の『能力』。できれば試しに使ってみたいんだが……もしそれで他の皆にバレたらって考えると……)

P(せめて……最初の相手とは能力を知られていない状態で戦いたい)

P「ん?あれは……伊織か」
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 10:37:51.20 ID:ECThJkxPo



錯誤(スティグマ)
叛逆巡回(ハウリングサン)
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 10:38:44.34 ID:ECThJkxPo
すいません>>33は誤送信です
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 10:46:30.29 ID:ECThJkxPo
P「……伊織」

伊織「っ!……あら、誰かと思えばプロデューサーじゃない」

P「……随分気合い入ってるな」

伊織「当たり前でしょ?絶対私が優勝してやるわ」

P(……本当に社長は何て言ったんだろう)

伊織「それで?声をかけてきたってことは……私と戦うつもり?」

P「もちろん、そのつもりだ」

伊織「ふーん……いいわ、どっからでもかかってきなさい」
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 11:02:02.96 ID:ECThJkxPo
P「…………」

P(分かりやすい挑発……伊織の能力は攻撃的なものではないのか?)

伊織「……どうしたの?来ないのかしら?」

P(だけど、俺の能力も攻撃的じゃない……取りあえず、慎重に距離をつめ──)

伊織「……来ないのね?なら──こっちからいくわよ」

P(っ!マズい……『距離をとらないと』!)

伊織「…………」テクテク

P(……!? 伊織はどう見ても普通に歩いてる!)

伊織「…………」テクテク

P(なのに……なんで!)

伊織「…………」テクテク

P(なんで距離が詰まっていくんだ!?)
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 11:13:11.01 ID:ECThJkxPo
伊織「……ふう」ピタッ

P(違うッ!伊織が速いんじゃない!)

伊織「さよなら、プロデューサー」スッ

P(俺が『動いていなかった』んだッ!)

P(い、伊織の手が伸びてくる……うおおおおおおおお!)



P「『 叛逆巡回(ハウリングサン) 』ッ!」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 11:22:10.43 ID:ECThJkxPo
…………………
…………
……


P「……ぐうっ!」

P(あ、頭が……痛い!)

伊織「……?いきなりどうしたのよ?」

P「う……伊織……」

P(……気付いてないのか?俺との距離が離れたことに──)

P(『時間が戻った』ことにッ!)

P(どうやら、どういう理屈かは分からないけど……俺の能力は自分の記憶だけそのままに、時間を戻せるらしいな)

P(……いや、説明には『過去に戻る』と書いてあった。だったらむしろ──『時間跳躍』か?)

伊織「……まあいいわ、来ないのならこっちからいくわよ」
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 11:27:22.04 ID:ECThJkxPo
P(来る……!)

伊織「…………」テクテク

P(さっき俺は……距離をとろうとした)

伊織「…………」テクテク

P(今度は……逆に前に出る!)

伊織「…………」テクテク

P(…………あれ?)

伊織「…………」ピタッ
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 11:30:05.65 ID:ECThJkxPo
P(ま、まただ──)

伊織「さよなら、プロデューサー」スッ

P(また動いていなかった!)

P「くっ…… 『叛逆巡回(ハウリングサン)』ッ!」

………………
…………
……
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 11:38:40.59 ID:ECThJkxPo


P「うぐ……!」

P(頭が痛いのは副作用みたいなものなのか?……くそっ!)

伊織「……プロデューサー?」

P「……伊織」

P(さっきから、動こうとしても、気づいたら動いていない……でも能力は使える……つまり)

P「……お前の能力は『体を動かせなくする』能力だな……?」

伊織「……!」

伊織「ええ、そうよ……正確にはちょっと違うけど」

伊織「私の能力は『 錯誤(スティグマ) 』……相手が思った動きをできなくする能力」
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 11:44:05.14 ID:ECThJkxPo
P「やっぱりか……」

伊織「……でも、なんで分かったのかしら?まだ一度も使ったことなかったのに……」

P「…………」

伊織「……ま、いいわ……分かったからってなんとかできるわけじゃないし……じゃあ、いくわよ?」

P(来る……)

伊織「…………」テクテク

P(……だがな伊織)

伊織「…………」テクテク

P(……能力さえ分かればこっちのものなんだよ!)

伊織「…………」テクテク
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 11:49:21.73 ID:ECThJkxPo
伊織「…………」ピタッ

P(……今だ!)

伊織「さよなら、プロ──」

P(止まったままでいろッ!俺!)ダッ

伊織「え!?」

ガンッ

P「ぐはっ……」

伊織「……な、なんでいきなり壁に走っていって激突してんのよ」

P「……『 叛逆巡回(ハウリングサン) 』ッ!」

………………
…………
……
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 11:56:15.72 ID:wPgUd2XFo
やだ熱い闘い
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 11:59:19.11 ID:ECThJkxPo
P「……っ!」

P(……ふう、大分慣れてきた)

伊織「来ないのなら──こっちからいくわよ」

P(……駄目だな、『動くな』じゃちょっと意味が曖昧すぎた)

伊織「…………」テクテク

P(……あれ?でもどうすればいいんだ?)

伊織「…………」テクテク

P(前に進むのも、後ろに退くのも駄目なんだろ?)

伊織「…………」テクテク

P(……あれあれ?)

伊織「…………」ピタッ

伊織「さよなら、プ──」

P(ええいままよ!俺よ動くな!)ダッ

ドンガラガッシャーン

伊織「え?」

P(……お?)

伊織「え?なんで、動いて──」

P「 叛逆巡回(ハウリングサン)」
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 12:05:59.23 ID:ECThJkxPo
…………………
……………
………

P(……ふう)

P(……時間跳躍をして過去に戻ると、全く同じ未来にはならないのか?)

伊織「来ないならこっちから行くわよ?」

P(えっと、つまり……)

伊織「…………」テクテク

P(俺は……)

伊織「…………」テクテク

P(望んだ結末になるまで……)

伊織「…………」テクテク

P(何度も何度も……)

伊織「…………」ピタッ

P(繰り返さなくちゃいけないのか?)

伊織「さよ──」

P(もうどうにでもなれ!俺よ動くなッ!)
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 12:10:25.25 ID:ECThJkxPo
……………
…………
………

P(あれから何度も繰り返した……)

P(どんな行動をとるかは、完全にランダムのようだった)

P(時にはジャンプし……)

P(時には伊織にパイタッチし……)

P(何度も何度も繰り返した……)

P(そしてようやくッ!この時が来たッ!)

伊織「ちょ、ちょっと!離れなさいよこの変態!」

P(俺は今──伊織を押し倒しているッ!)
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 12:13:55.26 ID:ECThJkxPo
P「ついに来たッ!勝利の時が!」

伊織「くっ……この……!」ジタバタ

P「無駄だ伊織!俺よ!『手を動かすな』!」

伊織「くっ──」

P「」ナデナデ

伊織「……えっ?」

P「あれ?」
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 12:19:21.44 ID:ECThJkxPo
P(えー?)ナデナデ

P(嘘だろ?)ナデナデ

P(そうか……当然だよな……体の動きがランダムなら、手の動きもランダムだよな……)ナデナデ

伊織「…………」プルプル

P(はは……)ナデナデ

伊織「いつまでやってんのよこの変態プロデューサーッ!」

P「うおっ!?ヤバッ!『 叛逆巡回 』!」
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 12:22:41.84 ID:ECThJkxPo
…………………………………
……………………………
……………………
……………
………



P「……俺の勝ちだ……伊織」

ポチッ

伊織「……まさか初戦敗退だなんてね──」

シュン

P「…………」

P「…………」

P「…………」

P「…………疲れた……」
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 12:24:19.44 ID:ECThJkxPo
Pvs伊織
勝者──P

次に焦点を当てるキャラ>>53
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 12:25:10.11 ID:DrDsh3YGO
ksk
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 12:25:40.18 ID:MUIJysLw0
あずさ
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 12:34:54.87 ID:ECThJkxPo
あずさ「あらあら〜」

あずさ(素敵な町並みね。こんなところに戦いなんて、似合わないわ)

あずさ(でも、プロデューサーさんのためにも頑張らないと、いけないわよね?)

あずさ「あら?あれは……>>60?」
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 12:35:29.48 ID:CunQ6XeDO
ksk
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 12:39:48.82 ID:zc+Lu8ib0
まっこまっこりーん
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 12:45:31.96 ID:wPgUd2XFo
りつこ
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 12:46:02.86 ID:CunQ6XeDO
ちはや
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 12:49:45.34 ID:5wKmg/Z1o
まこと
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 12:50:05.35 ID:CunQ6XeDO
ぴよ
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 13:21:10.24 ID:ECThJkxPo
あずさ「あれは……音無さん?」

あずさ「音無さ〜ん!」

小鳥「あずささん!?」

あずさ「よかったわ〜。一人はさみしいもの〜」

小鳥「……あずささん?」

あずさ「はい。なんでしょう?」

小鳥「私たちは今ゲーム中なんですから……もうちょっと緊張感を持って下さい!」

あずさ「あら〜そうでしたね〜」

あずさ「でも……それは音無さんにも、言える事ですよ?」

小鳥「へ?」
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 13:45:01.47 ID:ECThJkxPo
ガシィ!

小鳥「ピヨっ!?」

あずさ「 『深淵(ダークネス)』……」

あずさ「気づきませんでしたか?音無さんの後ろに穴が開いて、そこから手が伸びてきてたことに……」

ガシガシィ!

小鳥「っ!う、動けな……」

あずさ「うふふ。せめてトドメは、私の手でさしてあげますね?」

小鳥「…………」
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 13:55:09.67 ID:ECThJkxPo
あずさ「……音無さん?どうかしましたか?」

小鳥「……あずささん。『影』を……見て下さい」

あずさ(影……?私の?)チラッ

あずさ「?」

あずさ(何かしら……何も、おかしなところはないけれど……)

小鳥「……昔々、あるところに、お姫様がいました」

グググ…

あずさ「あら?」

あずさ(私の影が……ドレスを着たような姿に……?)
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 14:02:11.02 ID:ECThJkxPo
小鳥「……しかし、お姫様はある日、美しさゆえに王妃に城を追い出されました」

あずさ「…………」

あずさ(これが……音無さんの能力かしら?でも……)

小鳥「王妃は何度かお姫様を殺そうとしますが、失敗してしまいます」

あずさ「……音無さん。ボタン、押してもいいですか?」

小鳥「も、もう少し待ってください!」

あずさ「…………」
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 14:14:17.35 ID:ECThJkxPo
小鳥「ある日、城を追われ森で小人と暮らしていたお姫様の所に、変装した王妃がやって来ました」

あずさ(あ……新しく影が出てきたわ。……近づいてくる)

小鳥「王妃は、お姫様に毒リンゴを渡しました……それを食べたお姫様は……」

小鳥「『死んでしまいました』」

あずさ「!まさかっ!」

小鳥「そのまさかです!くらえッ!『 平面童話(シンメトリーサーフィス) 』ッ!」

あずさ「…………」

ポチッ

小鳥「ピヨ!?ちょ、ちょっと待──」

シュン

あずさ「…………」

あずさ(音無さん……能力に恵まれませんでしたね……)

あずさ「みんなもこんなのだと、楽よね〜」

あずさ「そう思わないかしら?……>>68
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/11/24(日) 14:17:47.61 ID:aS8IJLcA0
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 14:24:08.75 ID:q/+Rh2tQo
ちはや
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 14:25:06.26 ID:DrDsh3YGO
りっちゃん
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 14:39:01.38 ID:ECThJkxPo
あずさ「そう思いませんか?……律子さん」

律子「そうですね……私も思いますよ。あずささんが相手で良かった……って」

あずさ「あらあら〜それは……どういう意味ですか〜?」

律子「そのまんまの意味ですよ?あずささん相手なら……負ける気がしませんから」

あずさ「…………」

律子「…………」
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 14:50:02.88 ID:ECThJkxPo
あずさ「『 深淵(ダークネス) 』」スゥ

ガシィ!

律子「…………」

あずさ「これでもまだ……負ける気がしませんか?」

律子「ええ。しませんね」

あずさ「……あらあら」

ポチッ

律子「…………」

あずさ「さようなら、律子さん」クルッ

律子「…………」
71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 14:55:53.42 ID:ECThJkxPo
律子「…………」ダッ

ダダダッ

あずさ「はっ!?」バッ

あずさ(あら?……何で律子さん……動いて……え?)

あずさ「くっ……『ダークネス』!」

ガシガシィ!

律子「……あーあ、このまま勝てると思ったんですけどね」

あずさ「律子さん……あなた、どうして……」

律子「言いましたよね?……あずささんじゃ、勝てませんよって」
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 15:19:26.06 ID:ECThJkxPo
あずさ「これが律子さんの能力……なんですね?」

律子「はい。『不死矛盾(アナザーハッピーエンド)』……と言います」

あずさ「……どういう能力なんですか?」

律子「教えるわけないじゃないですか──と言いたいところですけど、特別に教えてあげますよ」

律子「『相手が能力を使用している間は死なない』能力です」

あずさ「──っ」

律子「つまり、こうやってあずささんが能力で私を動けなくしている間は私はボタンを押されても死なない、ということです」
73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 15:27:48.25 ID:ECThJkxPo
あずさ(そんな……)

律子「で、どうしますか?あずささん」

あずさ「どうするって……」

律子「このままずっとこうしていますか?」

あずさ(……それはだめ。他の皆が来たらやられちゃう)

律子「それとも……逃げて、私が他の子に倒されるのを待ちますか?」

あずさ(良い案……でも、多分私じゃ律子さんから逃げられないわ)

律子「それとも、素手で私と戦いますか?」

あずさ(……だめ。私じゃ多分勝てない……それに)

律子「その場合、仮に勝ってもイメージが悪くなっちゃいますけどね……」
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 15:35:08.77 ID:ECThJkxPo
あずさ「う……」

律子「さあ、どれにしますか?私はどれでも構いませんよ?」

あずさ(勝てない……?私じゃ、律子さんには適わない?)

律子「早く決めたほうがいいですよ?」

あずさ「わ、私は……」

あずさ(やっぱり、適わないかもしれないけど……素手で……)

律子(ちなみに、ここの様子は後でプロデューサーも見るんですよ?)ボソッ

あずさ「!」
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 15:42:32.40 ID:ECThJkxPo
あずさ(プロデューサーさん……)

あずさ(やっぱり、私のみっともないところを見たら……私のこと、嫌いになっちゃいますか?)

あずさ(あれ……でも……負けたら、プロデューサーさんは他の子のものになっちゃう……)

あずさ(負けたら……奪われる?)

あずさ(じゃあ……勝ったら?)

あずさ(勝てば……少なくとも、誰かにとられることはない……)


じゃあ──勝たなきゃ、いけませんよね?
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 15:47:07.58 ID:ECThJkxPo
あずさ「……律子さん」

律子「どうしましたか?あずささん」

あずさ「私、不思議に思うんです……」

律子「……はい?」

あずさ「私の能力……『ダークネス』は……穴を作って、そこから手を出す能力です」

律子「いきなりなんなんですか?そんなことより──」

あずさ「穴の向こうには、何があるんだと思いますか〜?」

律子「…………え?」
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 15:57:24.32 ID:ECThJkxPo
あずさ「私、すごく気になるんですよ〜」

律子「あ、あずささん?」

あずさ「ですから律子さん──見てきてくれませんか〜?」

律子「じ、冗談……ですよね?」

ガシィ
ガシィ
ガシガシガシガシガシ!

律子「ひっ……」

ズル……ズル……

律子「わ、わかりました!あずささん!私の負けです!だから──」

ズル…ズル…

あずさ「あらあら〜うふふ……」

律子「いやあああああああああああっ!」

ズズズズズズズズズズズズズズズ
……シュン

あずさ「さようなら……律子さん。うふふふふ……」
78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 16:00:58.46 ID:ECThJkxPo
あずさvs小鳥
勝者──あずさ
あずさvs律子
勝者──あずさ

とりあえずこのくらいで一休み
次に焦点を当てるキャラだけ安価出しときます>>81

ちなみに焦点を当てられたキャラが必ずしも勝者になるわけではありません
79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 16:03:13.28 ID:q/+Rh2tQo
ちはや
80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 16:03:27.89 ID:CunQ6XeDO
ksk
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 16:14:09.78 ID:kMImgyqHo
やよい
82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/24(日) 16:14:43.32 ID:P8Hf+wUFO
蜊譌ゥ
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 19:00:41.94 ID:ECThJkxPo
やよい「…………」

やよい(うー……みなさんどこにいるんでしょうか……)

やよい(プロデューサーとお付き合いするためには隠れてたほうがいいけど……)

やよい(やっぱり、やるからには楽しみたいです!)

やよい「あ!>>86がいました!」
84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 19:02:51.76 ID:CunQ6XeDO
ksk
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 19:03:15.18 ID:MUIJysLw0
双子
86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 19:03:32.74 ID:CunQ6XeDO
87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 19:28:47.09 ID:ECThJkxPo
やよい「あ!響さんがいました!」

やよい「響さーん!」

響「…………」スッ

やよい「……あれ?」

やよい(響さんが角を曲がっていっちゃいましたー……聞こえなかったんでしょうかー?)

やよい「とにかく、追いかけなきゃ!」ダッ
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 19:32:42.44 ID:ECThJkxPo
やよい「…………」タッタッタッ

クルッ!

やよい「いました!」

やよい「響さーん!!」

響「…………」スッ

やよい「……?」

やよい(聞こえてる……よね?)

やよい「……もう一回!」ダッ
89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 19:36:46.69 ID:ECThJkxPo
やよい「…………」タッタッタッ

クルッ!

やよい「響さーん!!!」

響「…………」スッ

やよい「???」

やよい(……響さん……わざと無視してる?)

やよい(うーん……でも、響さんがそんなことするかなあ?)

やよい「……もう一回だけ!」ダッ
90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 20:02:36.60 ID:ECThJkxPo
やよい「…………」タッタッタッ

クルッ!

やよい「ひーびーきーさーん!!!」

響「…………」スッ

やよい「…………」

やよい(やっぱり……避けられてるんだ)

やよい「うーん…………だったら他の人と戦おっかな──」クルッ

響「…………」スッ

やよい「……え?」

やよい(今、響さんが……いた?)

やよい「…………」クルッ

響「…………」スッ

やよい(や、やっぱり……!)
91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 20:09:40.55 ID:ECThJkxPo
やよい(分かりました!これは……響さんの能力です!)

やよい(……でも、ただ姿を見せるだけの能力に、何の意味があるんでしょーか?)

やよい(うーん…………)

やよい(分からないけど……とりあえず見たらそこにいるんだよね)クルッ

響「…………」タッ

響「…………」スッ

やよい(……あれ?)
92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 20:12:50.34 ID:ECThJkxPo
やよい「今……響さんがちょっと近くに来てたような……」

やよい「……みまちがいかな?」

やよい「…………」

やよい「…………」

バッ!

響「…………」タタッ

響「…………」スッ

やよい「!」

やよい(やっぱり!みまちがいじゃない!)
93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 20:21:32.56 ID:ECThJkxPo
やよい(響さん……まるで『だるまさんがころんだ』みたいに……近づいてきてる……!)

やよい「……!?」

やよい(い、いつのまにか……!)

やよい(いつのまにか、別れ道がなくなってる!一本道になっちゃってる!)

やよい(それに、空も夕方みたいになってる!)

コツ

やよい「!」バッ!

響「…………」ダダダッ

響「…………」スッ
94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 20:28:10.22 ID:ECThJkxPo
やよい(こ、今度こそ分かりました……響さんの能力)

やよい(相手を一本道に閉じこめて……少しずつ追いつめる能力です!)

やよい(……こうなったら……やるしかありません)

やよい「…………」

やよい「…………」

コツ

やよい「!」バッ!

響「…………」ダッ

やよい「響さんごめんなさい!」

やよい「『 装弾叫喚(ブラッディカーニバル) 』っ!」カチャ

ダン!ダン!

ウギャー
95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 20:34:04.33 ID:ECThJkxPo
やよい「あ……」

やよい(道と空が戻った!)

やよい「…………」ダッ

タッタッタッ

やよい「響さん!大丈夫ですか!?」

響「うう……ひどいぞ!やよい!」

やよい「ご、ごめんなさい!」

響「うー……ゲームじゃなかったら、死んでたかもしれないぞ!」

やよい「ごめんなさい……ところで響さん」

響「ん?」
96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 20:40:08.31 ID:ECThJkxPo
やよい「手を上げてほしいかなーって」カチャ

響「!?」

やよい「どうしましたかー?」

響「や、やよい!ちょっと待って!」

やよい「待ちません……自分でボタンを押すか、私に押してもらうか、決めてください!」

響「う……分かったぞ。自分で押すさー」

ポチッ

シュン

やよい「……うっうー!やりましたー!」
97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/24(日) 20:42:11.16 ID:hefiNdIxO
やよいは賢いなぁ
98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 20:44:35.38 ID:ECThJkxPo
やよいvs響
勝者──やよい

次に焦点を当てるキャラ>>102
相手>>104

先程『双子』というレスがありましたが亜美か真美が登場する前ならば選択可能ということにします

ちなみに響の能力名は『逢魔刻(メビウス)』です
99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 20:45:35.97 ID:CunQ6XeDO
ksk
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 20:46:42.85 ID:DrDsh3YGO
ksk
101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 20:49:55.25 ID:t7OEeX78o
美希
102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 20:50:13.93 ID:CunQ6XeDO
雪歩
103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/24(日) 20:51:46.83 ID:0VZJ02Yd0
蜊譌ゥ
104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 20:51:49.78 ID:kMImgyqHo
105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 20:52:05.84 ID:CunQ6XeDO
真美
106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 21:05:02.77 ID:ECThJkxPo
雪歩「ふふ……ふふふ」

雪歩(優勝したら……プロデューサーとの交際を認めてもらえる……ふふ)

雪歩(待ってて下さいね……プロデューサー)

雪歩「あ……真美ちゃんだ……」
107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 21:13:08.96 ID:ECThJkxPo
雪歩(……わざわざ正面から挑む必要ないよね……そんな事して負けたくないもん)

雪歩(『不在数奇(ミッドナイトアンダーグラウンド)』……)ガシ…

グググ……ガパァ

雪歩(私の前にある空間に穴を開けた……後は手を入れて)スッ

雪歩(真美ちゃんの首のボタンを押すだけ──!?)ジュウ

雪歩「ああああああっ!」
108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 21:22:31.10 ID:ECThJkxPo
雪歩(あ──熱いッ!)

雪歩「──はっ!?」

真美「ゆきぴょーん……峰打ちはなしっしょー?」

雪歩「…………闇討ちのことかな?」

雪歩(しまったな……声さえあげなければ、確実に仕留めれたのに……)

真美「ふーん……ゆきぴょんの能力は『空間に穴を開ける能力』なんだー」

雪歩(……最悪だ。手を引っ込める所見られたんだ……)
109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 21:42:52.94 ID:ECThJkxPo
真美「んっふっふ〜……ゆきぴょんの能力を知ってしまったからには、真美のも教えなくちゃねー」

雪歩「……?」

真美「公平さは力だよ?ゆきぴょん。……ま、これはスタンドじゃないけどね」

雪歩(……意味分かんない。けど、まあいい……自分から能力明かしてくれるのなら、好都合だよ)

真美「真美の能力はねー『 灼熱猟奇(ブルーブラッド) 』っていって、体温を上げる能力なんだよ!」

雪歩「……へえ、そうなんだ……」
110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 21:51:00.66 ID:ECThJkxPo
真美「……ねえ、ゆきぴょん。どったの?元気ないけど……」

雪歩「……そう?私は元気だよ?」

真美「……ふーん。まあいいや、行くよッ!」ダッ!

雪歩「『不在数奇(ミッドナイトアンダーグラウンド)』……」ガパァ

スッ

真美「あー……やっぱり、穴の中に隠れたりできるんだね……」

真美「……さーて!ゆきぴょんはどっから来るのかな?」

雪歩『(……いかないよ?リスクを犯すなんて馬鹿げてるもん……それに)』

雪歩『(このままでも、勝てるし)』
111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 21:55:25.77 ID:ECThJkxPo
真美「…………」キョロキョロ

真美「…………」キョロキョロ

真美「ねーゆきぴょーん……来ないのー?……それとも、もう逃げたの?」

真美「……はぁ。つまんないなー。真美もう行っていいー?」

真美「…………」

真美「もういいや、行こーっと」クルッ

ザクッ

真美「……え?」
112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 21:58:42.97 ID:q/+Rh2tQo
かーなーしみのーむこーへと
113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 22:03:27.10 ID:ECThJkxPo
真美「……嘘……あ、足の先が……!」

ドク…ドク…

真美「──『ない』ッ!」

ドク…ドク…

真美「う……ああああああああああああッ!」

スッ

雪歩「……どう?真美ちゃん……痛い?」

真美「ゆ……ゆきぴょんッ!何してくれてんのっ!?」

雪歩「……?何って……穴を開けておいて、真美ちゃんが足を入れた時に閉じたんだけど……」

真美「そういうこと訊いてるんじゃないッ!」

雪歩「あ、そう。……ごめんね?でも……私、どうしても勝ちたいから……」
114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 22:05:36.67 ID:wPgUd2XFo
ヴァニラじゃねーか!
115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 22:11:59.31 ID:ECThJkxPo
真美「だ、だからって──罪悪感とかないの!?」

雪歩「え……?だって……ゲームだし」

真美「だからって──」

雪歩「……そういうの、もういいよ。……で、降参してくれるの?くれないの?」

真美「う……」

雪歩「降参した方が──痛い目みずにすむよ?」

真美「……『嫌だ』!」

真美「真美は絶対に負けない!ゲームを只の手段だって思ってるゆきぴょんには──絶対に!」

雪歩「…………残念だよ、真美ちゃん」
116 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 22:18:39.58 ID:ECThJkxPo
雪歩「『不在数奇(ミッドナイトアンダーグラウンド)』」スウッ

真美「はあ……はあ……」

真美「うっ……なんとか立てる……でも……」

ドク…ドク…

真美「……ぐっ」

雪歩『「あ、そうだ。これ……返すね」』

ポイッ

真美「……!真美の足!」パシッ

雪歩『「まあ……もう用済みだろうけど」』

真美「……ううん!そーでもないよ!ありがとね、ゆきぴょん!」

雪歩『「……?」』
117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 23:16:11.11 ID:ECThJkxPo
雪歩『(……なんで礼を言われたのかな)』

雪歩『(……まあいいか、それより、どうしよっかな)』

雪歩『(警戒されると……やりずらいんだよね……)』

雪歩『(とりあえず……真美ちゃんの様子をみてから……だね)』

スッ

雪歩(……うずくまってる?……頭をフードで隠して……)

雪歩(…………)

雪歩(……怪しい)

雪歩(でも……真美ちゃんがどんな罠を作れるの?体温を高くするだけの能力で……)

雪歩(……触ると、溶けるぐらい熱い……とか?)
118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 23:21:38.76 ID:ECThJkxPo
雪歩(じゃあ、その辺の石を……)ヒュッ

コツン

雪歩(……何ともない?)

雪歩(???)

雪歩(分からない……真美ちゃんの狙いが、分からない)

雪歩(……でも……だから、何?)

雪歩(たかが熱くなる能力……そもそも、負ける筈がない……)

雪歩(見た感じ、手でボタンを覆っているわけでもない……もういいや、押しちゃえ)
119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 23:30:13.11 ID:ECThJkxPo
ピタッ

雪歩(っ!熱……い?……違う!熱いんじゃない──冷たい!)

パキパキ…

雪歩「ああっ!」

雪歩(凍っていく!私の手が!)

真美「んっふっふ〜どうかな?ゆきぴょん。だんだん凍っていく気分は!」

雪歩「真美ちゃん!?」

雪歩(真美ちゃんが──二人!?)

真美「あ、ちなみにうずくまってる方はただの氷の塊だよん」

雪歩「氷……?真美ちゃんの能力は、体温を高くする能力なんでしょ!?」
120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 23:31:14.73 ID:DrDsh3YGO
アイドルがダークサイドに落ちてて怖い((((;゚Д゚)))))))
121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 23:40:52.71 ID:ECThJkxPo
真美「違うよ?言ったっしょ?真美の能力は体温を上げる能力だって」

雪歩「……どう違うの」パキ…

真美「体温を『−1℃』上げれば、それは『1℃』下げたってことでしょ?」

雪歩「……公平さは力とか言ってた癖にっ……!」パキパキ…

真美「嘘はついてないよー?」

真美「……それより、そろそろリタイアしたら?もう二の腕まで凍ってるよ」

雪歩「………………」パキパキパキ…

雪歩「…………許さないよ……真美ちゃん」

真美「…………」

雪歩「真美ちゃんは私を!本気で怒らせたッ!」

真美「……ゆきぴょん」

雪歩「こんな腕──いらない!」

スパァン

真美「っ!」
122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 23:46:26.89 ID:ECThJkxPo
雪歩「……今回は退いてあげる……でも、いずれ必ず真美ちゃんは殺す──私の手でッ!」スウッ

真美「…………」

真美「…………」

真美「……はぁ〜何とか助かった……」

真美「怖すぎだよゆきぴょん……能力も……ゆきぴょん自身も……」
123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/24(日) 23:49:10.48 ID:ECThJkxPo
雪歩vs真美
──引き分け

とりあえず今日はここまでで
安価だけ出しときます
焦点当てるキャラ>>126
相手>>128
124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 23:50:54.39 ID:DrDsh3YGO
ksk
125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 23:59:01.61 ID:pBFaMyD4o
ksk
126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/24(日) 23:59:15.31 ID:CunQ6XeDO
千早
127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/25(月) 00:13:36.59 ID:SkzmEXKGo
亜美
128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/25(月) 00:13:54.93 ID:S85LBP7wo
129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/25(月) 00:14:17.41 ID:KVkri2nDO
お姫ちん!
130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 20:14:25.75 ID:VU1/PF34o
千早「…………」

千早(最近のゲームは凄いわね……まるで本当に町を歩いているみたいだわ)

千早(…………)

千早(……ゲームなんだから、少しぐらい……その……自分の外見をいじれてもいいんじゃないかしら)

千早(…………)ペタペタ

千早「……くっ」

千早「…………あら、あれは……真ね」
131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 20:29:13.23 ID:VU1/PF34o
千早「真」

真「千早!?」バッ!

千早「……?どうかしたの?」

真「あ、えっと……その。……千早が……いきなり襲ってくるんじゃないか……って思って」

千早「どうしてそう思ったのかしら?」

真「いや……千早のことだから、『景品』のためならなんでもするんじゃないか……って」

千早「……そうね」
132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 20:38:05.88 ID:VU1/PF34o
千早「最初はそんな風に考えていたわ……でも、今は違う」

千早「私は、このゲームを楽しみたいと思っているわ……皆といっしょにね。真もそうでしょう?」

真「千早……うん!そうだね!」

千早(大体、仮にも社長である人物が簡単にアイドルとプロデューサーの交際に許可を出すとは思えない……それに)

千早(愛さえあれば……許可なんて必要ないもの)
133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 21:10:57.68 ID:VU1/PF34o
千早「それより……そろそろ始めていいかしら」

真「分かった……いつでも来なよ!」

千早「……『叫喚(イグジット)』!」ボオッ!
真「『妄想博覧会(エンドレスブレイン)』!」ポン!

真「……ってうわあっ!」バッ

ボジュウウウウ

真「び、びっくりした……千早の能力って、炎を出す能力だったのか……」

千早「そういう真は……えっと、剣を出す能力かしら?」

真「ちがうよ、僕のは思った物を出す能力。……それにこれは剣じゃなくてレイピアって言うんだよ?」
134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 22:28:02.32 ID:VU1/PF34o
千早「そう……でも、それっていわゆる『王子様』の武器なんじゃないかしら」

真「う……」

千早「それに、真って空手を習ってるんでしょう?」

真「…………いいだろ別に!」

千早「まあ……いいけど」

真「……『妄想博覧会(エンドレスブレイン)』ッ!」ポポポポポン!

千早「…………」

千早(真が六人に増えた……でも)

真「「「行くよ千早っ!」」」ダッ

千早「……無駄よ」ボオッ!

真「「「あ……」」」
135 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 22:40:53.02 ID:VU1/PF34o
千早「こうして周囲を炎で囲めば……いくら増えても私に近づくことすらできない」

真「「「ずるいよ!」」」

千早「別にずるくないわ……それより、喋るのは一人にしてくれないかしら」

真「…………」

真「……分かった!千早を倒す方法が!」ポン!

千早「……!」

千早(……ホース!)

真「くらえっ!」ブシュー!

千早「そんな水……炎の威力を上げれば!」ゴオッ!

ジュワアアア

千早「あ……!」

千早(しまった!蒸気で何も見えない!)

「「「うおおおおおおお!」」」

千早(くっ……一斉に向かってくる!)
136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 22:47:42.48 ID:VU1/PF34o
千早(……どうする?……ゲームを楽しみたいと言ったのは事実。許可なんか必要ないと思ってるのも事実!……でも!)

千早(ごめんなさい……!それでも私は……勝ちたい!)

千早「『 叫喚(イグジット)』ッ!」ゴオッ!

「「「うわああああああっ!?」」」

千早「真……ごめんなさい」

「……非道いよ、千早……」

千早「ごめんなさい……」

「せっかく出した防護服が燃えちゃったじゃないか!」

千早「……え?」
137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 22:50:57.83 ID:VU1/PF34o
ブオッ!

真「「「うおおおおおおおッ!」」」

千早「あ……」

千早(しまっ──)

ポチッ
138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 22:53:57.28 ID:VU1/PF34o
千早(ああ……)

千早(……負けた……)

真「ふう……危なかった。もうちょっと火力があったら負けてたよ」

千早「……そう。ざんね──」

シュン

真「……千早の分まで、頑張るからね」
139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 22:56:21.31 ID:VU1/PF34o
千早vs真
勝者──真

次に見るキャラ>>142
140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/25(月) 22:57:06.15 ID:KVkri2nDO
ksk
141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/25(月) 22:57:49.41 ID:S85LBP7wo
ksk
142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/25(月) 22:58:15.16 ID:XJYdicfK0
お姫ちん
143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/25(月) 22:58:31.13 ID:KVkri2nDO
たかね!
144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/25(月) 23:06:31.66 ID:BPV1uOvQo
今まで出たのはで合ってる?

春香 VS 美希
伊織 VS P
あずさ VS 小鳥
あずさ VS 律子
やよい VS 響
雪歩 VS 真美
千早 VS 真
貴音 VS ???
145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 23:17:43.99 ID:VU1/PF34o
>>144
合ってます
146 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 23:34:25.32 ID:VU1/PF34o
貴音「…………」

貴音(やはり、『げえむ』の世界では普段と少し勝手が違いますね)

貴音(ですが、普段の世界では使えない能力があるので、よしとしましょう)

貴音(……おや、あれは……)

貴音(誰でしょうか……もう少し近づかなければ、分かりませんね)

貴音(……ふむ、>>150でしたか)
147 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/25(月) 23:37:00.08 ID:A/ve10Mxo
あみ
148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/25(月) 23:43:27.74 ID:Vo2+HAYLo
ksk
149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/25(月) 23:50:12.91 ID:S85LBP7wo
ksk
150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/25(月) 23:51:05.11 ID:KVkri2nDO
亜美
151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 00:35:00.17 ID:QeoLG199o
貴音(ふむ……亜美でしたか)

貴音「亜美」

亜美「ん〜?あ!お姫ちんだ!」

貴音「他者と出会ったならば、とるべき行動は一つ……いざ尋常に、勝負と参りましょう!」

亜美「いいよ?亜美、負けないかんね!」

貴音「ええ……わたくしも、同じ気持ちです」
152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 00:39:20.82 ID:QeoLG199o
亜美「じゃー行くよ?『 重力戯画(サイコロジカルオーバーフロー)』っ!」ビュン!

貴音「!」

亜美「んっふっふ〜!亜美のマッハパンチをくら──」

フワッ……トス

亜美「──え!……え?」

亜美「……嘘っしょ!?亜美、いつのまに投げられて──」

貴音「……亜美」スッ
153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 00:45:22.10 ID:QeoLG199o
貴音「亜美……わたくしの眼を、よく見るのです」ジッ

亜美「お、お姫ちん……!」

貴音「……『亜美』」

亜美「…………う……あ……」

貴音「……『亜美』」

亜美「…………お姫ちん……」

貴音「……『亜美』」

亜美「…………お姫ちん」

貴音「『亜美』、『亜美』、『亜美』──」

亜美「お姫ちん、お姫ちん、お姫ちん──」
154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 00:53:58.18 ID:QeoLG199o
貴音「……さあ亜美、わたくしに亜美の能力を教えるのです」

亜美「……亜美の能力は……『重力戯画(サイコロジカルオーバーフロー)』……重力を操る能力……」

貴音(なるほど……先程のあの速さは、亜美にかかっている重力をわたくしの方向に向けたからでしたか……)

貴音「……さあ、亜美。わたくしと共に参りましょう」

亜美「……うん……お姫ちん」

貴音(わたくしの能力……『溶解思念(りきっどすふぃあ)』は、些か攻撃力に欠けますゆえ……このまま亜美を操り、他の皆と戦うとしましょう)
155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 00:56:49.53 ID:QeoLG199o
貴音vs亜美
勝負中止

今回はこのぐらいで
また安価だけ出しときますね

次のキャラ>>160
相手>>162
156 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/26(火) 01:08:23.57 ID:8UcjrYCDO
ksk
157 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/26(火) 01:10:03.00 ID:hlZ8Fdsjo
ksk
158 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/26(火) 02:39:08.90 ID:ilTp1lhho
春香
159 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/26(火) 04:02:50.10 ID:35pq+/hlo
ksk
160 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/26(火) 04:18:21.28 ID:8UcjrYCDO
Pで
161 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/26(火) 06:58:29.58 ID:7bNoW+iiO
漆黒の意思を手に入れた雪歩
162 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/26(火) 08:06:33.05 ID:0ZsGp/rPo
163 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/26(火) 13:26:00.28 ID:IHXLOOiFo
お姫ちん強すぎる。
164 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/28(木) 14:00:12.84 ID:CfeLAC7Xo
P「……頭痛い」

P(伊織に勝った後も何回か能力の実験してたからなぁ……ていうかスタッフは何でこんな副作用つけたんだよ)

P「……ん」ピタ

P(……十字路か)

P(まあ、とくに曲がる必要もないし……このまま、まっすぐ行くかな)スタスタ
165 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/28(木) 14:08:37.04 ID:CfeLAC7Xo
P「…………」スタスタ

スタスタ……ガクン!

P「うおっ!?」

P(な……なんだ!転んだのかッ!?)

P「!……あ……ああ……」

P(……違うッ!俺の下半身が──無くなってるッ!)

P「『叛逆巡回(ハウリングサン)』ッ!」
166 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/28(木) 14:20:04.06 ID:CfeLAC7Xo
……………………
………………
…………


P「……!はあ……はあ……」

P(……な、何だったんだ?今のは……)

P(刃物で切られたとか、そんなんじゃあない……下半身が丸ごと『消えていた』ッ!)

P(……十字路まで戻ってきたのか)

P(……よし、今度は右にしよう)スタスタ
167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/28(木) 14:22:27.52 ID:CfeLAC7Xo
P「…………」スタスタ

スタスタ……ガクン!

P「なっ……!」

P(嘘だろ!?こっちもかよ!)

P(『 叛逆巡回(ハウリングサン)』!)

…………………
……………
………

168 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/28(木) 14:31:46.07 ID:CfeLAC7Xo
P「…………」

P(……正面だけでなく、右でも)

P(多分、左でも同じ事が起きるはず……なら!)ダッ!

P(来た道を引き返すッ!)

P(……できるだけ逃げたりはしたくなかったんだが……仕方ない)

P(相手の能力も居場所も分からない以上は、こうするしか──)

バタッ

P(……嘘だろ?)

…………………
……………
………
169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/28(木) 15:09:11.30 ID:CfeLAC7Xo
P(さっき逃げたとき、下半身全部は消えなかった……膝下だけだった)

P(……おそらく、この辺りに敵がいるんだ。俺がどの道を進んでも攻撃できるように……だが、予想外な方向へ俺が走ったため、慌ててうまく狙いを定められなかった)

P(つまり、相手は空間に作り出しているんだ……俺を呑みこむ、『穴』のようなものを)

P(穴……か。もしかして──)

P「……雪歩」
170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/28(木) 15:14:52.82 ID:CfeLAC7Xo
『「…………」』

スウッ

雪歩「何で……分かったんですか?私がいること……」

P「……いや、なんとなくだ」

P(本当に雪歩だったのか……当てずっぽうだったのに)

雪歩「そうですかぁ……でも……嬉しいです。プロデューサーが私を感じてくれて……」

P(……今の台詞は絶対に宣伝には使わないでもらおう)
171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/28(木) 15:39:46.57 ID:CfeLAC7Xo
P「……雪歩。お前の能力は、空間に穴を開ける能力……ってことでいいんだな?」

雪歩「はい」

P「そうか……ところで、首から下は出さないのか?」

雪歩「…………見たいですか?」

P「!」ゾクッ

P(何だ?雪歩の様子が変だ……)

雪歩「……どうなんですか?」

P「あ、ああ……えっと」

P「見たい……かな」
172 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/28(木) 15:51:47.01 ID:CfeLAC7Xo
雪歩「……そうですかあ……でも、ごめんなさいプロデューサー……今は、見せられません」

P「……そ、そうか」

雪歩「ゲームが終わったら、ちゃんと見せますから……待っててくださいね?」

P「……え?」

グイッ!

P「なっ……!」

P(後ろから引っ張られて……!『ハウリング──)スカッ
173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/28(木) 16:01:04.12 ID:CfeLAC7Xo
シュン

雪歩「あれ……?頭だけ残すの失敗して、半分ぐらいしか残ってなかったのに……消えた?」

雪歩「ボタン押さなくても……殺したら消えるのかな?」

雪歩「……つまんないな……首だけ持っていこうと思ったのに……」ボソッ
174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/28(木) 16:02:16.06 ID:llGNqU3Io
雪歩、どうしてこうなった
175 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/28(木) 16:03:15.03 ID:CfeLAC7Xo
Pvs雪歩
勝者──雪歩

次のキャラ>>174
相手>>177
176 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/28(木) 16:03:57.19 ID:CfeLAC7Xo
ミス

次のキャラ>>178
相手>>180
177 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/28(木) 16:04:25.83 ID:KSQBgZ2Bo
御姫ちん
178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/28(木) 16:04:49.16 ID:Dc+NXR0DO
あずさ
179 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/28(木) 16:32:04.23 ID:XVMDMUTOo
春香
180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/28(木) 17:05:09.14 ID:Dc+NXR0DO
まこと
181 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/28(木) 18:48:22.24 ID:FOXoDr69o
Pの能力もチート並みだと思ったが雪歩にやられるとはな…
182 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/29(金) 20:05:13.58 ID:Xg5YbsDYo
楽しみ
一応出尽くしたのか
183 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 01:34:14.08 ID:izA3SDvso
あずさ「…………」

あずさ(あの時……律子さんは『消えた』)

あずさ(見えなくなったんじゃなくて……消えた。それはつまり、ボタンを押す以外にも勝利方法がある……ってことよね?)

あずさ(……説明にはなかったと思うけど……まあ、好都合かしら?)

あずさ(プロデューサーさんは……誰にも渡さない)
184 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 01:41:43.81 ID:izA3SDvso
真「……あずささん!」

あずさ「あら……真ちゃん」

あずさ(……真ちゃんがどんな能力かは分からないけど……さっさと終わらせたほうがいいわよね?)

あずさ(『 深淵(ダークネス)』……)ズズ…

ガシィ!

真「っ……!て、手が……!」ググ…

あずさ「うふふ……早速だけど……さよなら、真ちゃん」
185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 01:45:37.42 ID:izA3SDvso
グッ

あずさ「……あら?」

グッグッ

あずさ(……どういうこと?ボタンが押せない……!)

真「……へへっ。残念でしたね?あずささん!」

あずさ「!」

あずさ(……よく見ると、首に何か巻いてあるわ……色が似ていて気づかなかったけど)
186 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 01:51:24.73 ID:izA3SDvso
真「僕の能力で、肌色の首輪を作って着けておいたんですよ……こんな風に不意打ちされた時のために!」

あずさ「……あらあら。……でも、関係ないわよ?」

真「?」

あずさ「こうやって……!」グイッ!

真「なっ!?」ズズ…

あずさ「引っ張って穴の中に引きずりこめば、勝ちだもの……」
187 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 01:54:55.45 ID:izA3SDvso
真「ぐっ……!」ググ…

あずさ「……流石は真ちゃんね、力が強いわ……でも」

ガシガシィ!

あずさ「これならどうかしら?」

真「がっ……!」ズズズ…

あずさ「……ふふっ」
188 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 01:59:06.58 ID:izA3SDvso
真「くそっ!」ズ…

真「こんなのずるいですよあずささん!」

あずさ「『ずるい』……?」

真「そうですよ!説明されたじゃないですか!『ボタンを押せば勝ちになる』って!」

あずさ「そうね……でも、実際は違ったのよ」

真「違った……?」
189 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 02:02:10.06 ID:izA3SDvso
あずさ「真ちゃんは……既に他の誰かと戦ったのかしら?」

真「え?……えっと、千早と……」

あずさ「千早ちゃんの能力はなんだったの?」

真「火を出す能力でしたけど……」

あずさ「おかしいと思わない?」

真「……何がですか」
190 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 02:10:17.62 ID:izA3SDvso
あずさ「ボタンを押したら勝ちのゲーム……なのに、千早ちゃんの能力は明らかにボタンを押すのには向いていない……」

真「……何が言いたいんですか」

あずさ「このゲームではね……相手を殺してもいいのよ」

真「!?……そんなわけ……!」

あずさ「だったら、千早ちゃんはどうやってボタンを押すのかしら?」

真「それは……」

あずさ「相手を燃やして、動きを止めないと、押せないわよね?」
191 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 02:15:50.83 ID:izA3SDvso
真「う……」

あずさ「でも、相手を燃やしたりなんかしたら死んじゃうかもしれないわよね?」

あずさ「つまり、千早ちゃんの様な能力がある時点で、他の参加者の殺害は認められてるってことになるの」

真「…………」

あずさ「もしかしたら、既に殺された人もいるかもしれないわ。……そう考えると、私はまだマシな方よ?」
192 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 02:19:51.53 ID:izA3SDvso
あずさ「多分……ゲームが進む程、殺し合いの様相は強くなる」

あずさ「殺し合いをする『覚悟』がなければ……優勝なんかできやしないわ。……真ちゃんにはその『覚悟』があるの?」

あずさ「この程度で『ずるい』なんて言ってるようじゃ、この先生き残るのは無理よ」

真「…………」
193 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 02:27:53.41 ID:izA3SDvso
あずさ「……それじゃ、そろそろお別れ──」

真「あずささん」

あずさ「……何かしら?」

真「……さっき、僕に『覚悟』はあるのかってききましたよね……見せてあげますよ」

真「見せてあげますよ……!『 妄想博覧会(エンドレスブレイン)』ッ!」ポン!

ババッ!

あずさ「!」
194 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 02:36:24.04 ID:izA3SDvso
あずさ(靴に刃を付けて、掴んでいた手を切ってる……!?)

真「やあああああああッ!」

ババババッ!

あずさ「くっ……『ダークネ──」

真「遅いッ!『エンドレスブレイン』ッ!」ポン!ガチャ!

ガァーン!

あずさ「がふっ……!」
195 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 02:38:39.56 ID:izA3SDvso
あずさ(じゅ、銃で撃たれ……!)ガハッ…

ドシャ!

あずさ「はあー……!はあー……!」

ザッ!

あずさ「はっ!」
196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 02:43:28.03 ID:izA3SDvso
真「あずささん……さよならです」

ガァーン!

あずさ「──!」

シュン

真「……なんだってやってやるさ……勝つために必要なら、人殺しだって」

真「景品のためだけじゃない……志半ばで倒れた千早のためにも!僕は優勝する!してみせるッ!」
197 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 02:45:46.09 ID:izA3SDvso
あずさvs真
勝者──真

次のキャラ>>200
相手>>201
198 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/30(土) 03:02:25.98 ID:AEoD89SDO
ksk
199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/30(土) 08:15:31.04 ID:xKb9+BiGo
Aコース思い出した
200 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/30(土) 08:25:59.50 ID:5ffiSOewo
お姫ちん
201 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/11/30(土) 10:11:27.92 ID:WapoiwE20
雪歩
202 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 20:49:26.43 ID:uNv3ZAZGo
貴音「…………」

亜美「…………」

貴音「……よい天気ですね」

亜美「……そーだねー」

貴音「……お腹が空きましたね」

亜美「……そーだねー」

貴音「…………」

亜美「…………」
203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 21:04:38.19 ID:uNv3ZAZGo
貴音(わたくしの能力で亜美を味方にしたのはよいのですが……こうもそっけないと、些か寂しくもありますね……)

貴音(……ですが、これも勝利のため。優勝するまで、亜美にはわたくしの手駒となっていただかなくては……)

貴音(…………)

貴音「……ッ!」ピタ

貴音「亜美、止まりなさい」

亜美「…………」ピタ

貴音「なにやつ!出てきなさい!」
204 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 21:11:04.53 ID:uNv3ZAZGo
『「…………」』

スウッ

雪歩「まただよ……なんでばれちゃうかなぁ……」

貴音「雪歩……!」

雪歩「四条さん……何で分かったの?」

貴音「……あれだけ『殺気』を出していれば、私でなくとも気づくかと」

雪歩「……ふふ。殺気……ね」
205 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 21:46:12.58 ID:uNv3ZAZGo
貴音「それよりも……先程『また』と言いましたね……?」

雪歩「はい」

貴音「……それは、誰に言われたのですか?」

雪歩「プロデューサーに……です」

貴音「……もしや、プロデューサーを……殺めたのですか?」

雪歩「はい」

貴音「……ッ!」ギリ
206 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 21:54:33.72 ID:uNv3ZAZGo
貴音(……落ち着くのです。今は、雪歩を責めている場合ではありません)

貴音(しかし……恐らく、雪歩の能力は空間に穴を開ける能力。下手に動けば……私達もまた、亡き者とされるでしょう……)

貴音「……亜美!雪歩にかかっている重力を上に向けるのです!」

亜美「……『 重力戯画(サイコロジカルオーバーフロー)』」

雪歩「……!?」フワッ
207 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 21:59:00.37 ID:uNv3ZAZGo
雪歩「あ、穴から出された!?でも、別の穴を開ければ──」

貴音「亜美!重力を右へ!」

雪歩「!」グンッ

雪歩「く……」

貴音「左へ!」

雪歩「!」グンッ
208 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 22:04:05.60 ID:uNv3ZAZGo
雪歩「くっ……!」

貴音「手前へ!……右へ!……奥へ!……左へ!」

グンッ…グンッ…グンッ…グンッ

雪歩「あ……ああ……め、目が回る……!」

貴音「手前へ!……そして下へ!」

グンッ……グンッ!

雪歩「う……」
209 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 22:10:58.96 ID:uNv3ZAZGo
貴音「……はあっ!」

ドゴォ!

雪歩「げふっ……!」

ドサ!

貴音「…………」バッ!

ドス!

雪歩「ぐっ……ぼ、ボタンは押させないッ!」

貴音(違いますよ雪歩……今馬乗りになっているのは、ボタンを押すためではありません!『 溶解思念(りきっどすふぃあ)』!)
210 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 22:18:13.13 ID:uNv3ZAZGo
貴音「さあ雪歩……わたくしの眼を見るのです……」

雪歩「眼……?」

貴音「……『雪歩』」

雪歩「…………」

貴音「……『雪歩』」

雪歩「…………」

貴音「……『雪歩』」

雪歩「…………」

貴音「『雪歩』、『雪歩』、『雪歩』──」

雪歩「……四条さん……」



雪歩「──何やってるんですか?」
211 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 22:25:36.42 ID:uNv3ZAZGo
貴音「なっ!?」

貴音(わ、わたくしの能力が……!?)

雪歩「……どいて下さい」ドンッ!

貴音「あ……」ドサ

貴音(……そうですか……雪歩、あなたはもう……既に……)

貴音「……『亜美』ッ!」
212 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 22:31:18.15 ID:uNv3ZAZGo
亜美「……!お、お姫ちん!」

貴音「亜美!今すぐここから逃げるのです!あなたの能力で!できるだけ遠くへ!」

亜美「え……で、でも──」

貴音「早く!」

雪歩「……逃がさないに決まって──」

ガシッ!
213 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 22:40:05.10 ID:uNv3ZAZGo
貴音「わたくしの眼を見るように……と言った筈ですよ?」ググ…

雪歩「じゃ、邪魔を……!」ググ…

亜美「お姫ちん!」

貴音「……亜美。やはり……わたくしは、表情豊かなあなたが好きなようです」

亜美「なんで!?なんで亜美を逃がそうとするのさ!」

貴音「……ふふっ。『とっぷしぃくれっと』……です」

雪歩「邪魔を……するなッ!」ブン!

スパッ

貴音「っ……!」ブシャッ

貴音(の、喉が……)
214 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 22:47:00.40 ID:uNv3ZAZGo
亜美「お姫ちん!?」

貴音『に……げ……て……』パクパク

亜美「〜〜〜〜ッ!」ポロポロ

亜美「うああああああああああああああッ!」ヒュンッ!

貴音(そう……それでよいのです……。今の雪歩に、一人で勝つのは至難……今は逃げ……いつか、『仲間』と共に雪歩を倒すのです)
215 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/30(土) 22:50:22.25 ID:ZmAiyiACo
雪歩魔王化
216 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 22:52:40.43 ID:uNv3ZAZGo
雪歩「……あーあ……やってくれましたね……四条さん」

貴音「…………」

雪歩「はぁ……まあいいや。……どうせ皆殺すんだし」

雪歩「……四条さんの腕、くっついたりしないかな?……いい加減不便だし」

貴音(なんと……隻腕だったのですね……気づきませんでした)

雪歩「……でもやっぱり、苛つくなあ……四条さん」

雪歩「楽に死ねると思わないでくださいね?」

貴音(…………)
217 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 22:54:20.65 ID:uNv3ZAZGo
貴音&亜美vs雪歩
貴音──敗北
亜美──逃走
雪歩──勝利

次のキャラ>>220
出会うキャラ>>222
218 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/30(土) 23:02:49.88 ID:ZmAiyiACo
残ってるのの誰だっけ
Pはワンチャン生きてるんじゃないだろうか
219 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/30(土) 23:22:41.43 ID:1dTMnwpDO
発動すらできなかったんだよ……

春香さんで
220 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/30(土) 23:23:40.56 ID:wphC2nO1o
やよい
221 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/30(土) 23:32:21.62 ID:o9JYi5kCo
ksk
222 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/30(土) 23:32:43.70 ID:zjcF/i48o
223 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 23:36:29.18 ID:uNv3ZAZGo
>>222
響は既にやよいに敗北しています
再安価>>224
224 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/30(土) 23:56:44.20 ID:kQ7vJrSSo
225 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/01(日) 00:04:03.59 ID:AtrX9tzXo
ゆきぽ強すぎね…?やりすぎ感が
226 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/01(日) 00:29:09.62 ID:TzerSDHZo
雪歩「「飢えなきゃ」勝てない
ただしあんなやよいちゃんなんかより
ずっとずっともっと気高く「飢え」なくては!」
227 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/01(日) 00:34:00.02 ID:ZMzQVAPbo
飢えというより病みだけど
気高くも無いしな
228 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 00:34:35.39 ID:AxQ3o9yLo
やよい「〜♪」テクテク

やよい(えへへ……響さんも倒せちゃったし、もしかしたら私……優勝できちゃうかも!)

やよい(優勝できたら……プロデューサーとお付き合いできる他にも、スタッフさんから景品が貰えるし……楽しみですー!)

やよい(あの曲がり角を曲がったら、誰かいたりするかな?)

テクテク……

やよい「……あ!真さん!」
229 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 00:38:49.23 ID:AxQ3o9yLo
真「……やあ、やよい」

やよい「……?」

やよい(なんか……真さん、様子が……)

真「……早速だけど、勝負を始めさせてもらうよ!」ガシャ!

やよい「はわわっ!?」バッ!

ガァーン!
230 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 00:45:00.49 ID:AxQ3o9yLo
真「……ちぇっ。……近くが曲がり角で助かったね、やよい」

やよい「ど、どうしたんですか!?」

真「……どうしたって、なにがさ」

やよい「え、えっと……いつもの真さんらしくないかなーって」

真「……『いつものボク』じゃ勝てないんだよ……このゲームは」
231 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 00:51:46.64 ID:AxQ3o9yLo
やよい「……?どういうことですか?」

真「……このゲームは、いずれ殺し合いになる……いや、もしかしたらもうなってるのかもしれないんだ」

やよい「……え?」

真「いつものボクみたいに正々堂々の勝負にこだわってちゃ……この先勝てないんだよ」

やよい「……う、嘘ですよね?」

真「嘘なんかじゃあない……現に、僕はもう……あずささんを殺した」
232 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 00:57:31.38 ID:AxQ3o9yLo
やよい「!」

やよい(ま、真さんが──あずささんを?)

真「そういうわけだからさ、相手を殺す覚悟がないなら……悪いけど、やよいにはここでリタイアしてもらう」

真「……でも、ボクだって鬼じゃない。やよいが自分でボタンを押すチャンスぐらいはあげるよ……どうする?」

やよい「う、うう……」
233 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 01:02:34.70 ID:AxQ3o9yLo
真「……早く決めてよ」

やよい「……わ、私には……皆さんを殺すなんて……できません!」

真「……ふぅん。じゃあ自分でボタンを押す?」

やよい「……そ、それも嫌です」

真「……そうか。だったら……ボクが、殺してあげるよ」スッ

やよい「ち、近寄らないでください!」ガチャ

真「!」
234 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 01:06:30.56 ID:AxQ3o9yLo
真「……へえ、やよいの能力も銃を出せるんだ……」

やよい「……はい」

真「……でも、それを構えてどうするんだい?ボクを殺す覚悟もないくせに」

真「……ま、念のため防弾服を着させてもらうけど」ポン!

やよい「…………」
235 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 01:14:41.90 ID:AxQ3o9yLo
真「撃ちたかったら撃ちなよ……どうするの?」

やよい「……真さん。真さんは……本当に『覚悟』を持っているんですか?」

真「……持ってるよ、言ったろ?あずささんを殺したって」

やよい「じゃあなんで、すぐに私を殺さないんですか?」

真「……いつでも殺せるからだよ」

やよい「……だったら、今すぐ殺せばいいじゃないですか」

真「……お望みなら……そうしてあげるよ?」ガチャ
236 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 01:17:26.88 ID:AxQ3o9yLo
やよい「…………」

真「…………」

やよい「…………」

真「…………」

やよい「……撃たないんですか?それとも──撃てないんですか?」

真「……!うるさい!」ガァーン!

やよい「!」チッ!

やよい「……どうしたんですか?外れてますよ?」
237 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 01:23:56.07 ID:AxQ3o9yLo
真「う、うるさい……!」

やよい「……真さん。無理しなくても、いいんですよ?」

真「む、無理なんか……!」

やよい「してます!……だって、真さん……震えてますから!」

真「!」プルプル

やよい「無理しなくていいんです……つらかったら、やめてもいいじゃないですか。だってこれは……ゲームなんですから」

真「ぐっ……うるさい!ボクは勝たなくちゃいけないんだ!景品のためにも!千早のためにも!あずささんのためにも──」

やよい「真さん!」
238 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 01:36:56.42 ID:AxQ3o9yLo
やよい「今の真さんには優勝なんて無理です!だって……今にも泣きそうな顔してるじゃないですか……!」

真「……!」

やよい「私知ってます!真さんは、とっても優しい人だって!」

やよい「倒しちゃった千早さんとあずささんのためにも、ゲームに勝ちたいんですよね?でも、あずささんを殺しちゃった時のことが忘れられないんですよね?」

真「…………」

やよい「それでも、勝たなくちゃいけないって……そう思って、無理してるんですよね?」

真「…………」
239 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 01:44:09.06 ID:AxQ3o9yLo
真「……ねえやよい……ボクは、どうすればいいのかな?」

真「やよいの言う通りだよ。千早とあずささんの分も頑張って勝ちたいんだよ……でも!」

真「負けて悔しそうだった千早の顔が!あずささんを撃った時の嫌な感じが!撃たれたあずささんの顔が!」

真「頭から離れないんだよ!いつまでも……いつまでも!」

真「……なんで、こんなことになってるんだろうね?最初、プロデューサーから話を聞いた時はとっても楽しそうだって思ったのに……みんなで仲良く遊べるって……そう思ったのに……」

テクテク
240 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 01:49:21.20 ID:AxQ3o9yLo
ギュッ!

真「……え?」

やよい「……やっぱり、真さんは優しい人です」

真「…………」

やよい「……でも、一人で背負わなくてもいいんですよ?重いって思ったら……誰かに頼っていいんですよ?」

真「やよい……」

やよい「真さん。他の人が殺し合いをしてるからって……自分まで殺し合いをしなくちゃいけないなんてことはないんです」
241 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 01:54:54.95 ID:AxQ3o9yLo
真「でも……向こうはこっちを殺そうとしてくるんだよ?」

やよい「それでも、こっちは正しい方法で勝とうとすればいいんです」

真「……それこそ無理だよ……」

やよい「一人では無理でも、二人ならどうですか?」

真「え?」

やよい「一人ではできないことも、仲間とならできますよ?」

真「……一緒に戦う……ってこと?」
242 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 02:04:21.78 ID:AxQ3o9yLo
やよい「はい!もうこれ以上……真さんみたいな人を出さないために……」

やよい「そして、ぜーんぶ終わったら、もう一回……今度は殺し合いなんかじゃなく、普通に戦いませんか?」

真「やよい……」

真「……うん、分かった。そういうことなら……一緒に戦うよ」

やよい「本当ですか?ありがとうごさいます!」

真「……でもさあ、やよい。やよいの能力って銃を創る能力なんでしょ?どうやって戦うつもりなんだい?」

やよい「銃って言っても、色々あるんですよ?これは、麻酔銃です!」

真「へえー。だったら、ボクも麻酔銃使おうかな?」

やよい「そう言えば……真さんの能力ってなんなんですか?」

真「えっと、僕のはね──」
243 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 02:05:50.16 ID:AxQ3o9yLo
やよいvs真
和睦

次のキャラ>>245
出会うキャラ>>247
244 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/01(日) 02:13:43.27 ID:ZMzQVAPbo
やよいは天使だなあ!
245 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/01(日) 02:21:58.19 ID:88+ulGUeo
亜美
246 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/01(日) 02:53:06.93 ID:5AcnV7wJ0
247 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/01(日) 03:15:30.49 ID:6id+4qsDO
春香
248 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/01(日) 08:13:02.88 ID:VEAb7+5Ao
あれ?やよいを全員に当てれば解決じゃね?
249 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/01(日) 08:31:26.11 ID:A+kr7X74o
ゲームでの殺し合いより死なない程度のリアルファイトを選んだのだ
250 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 21:11:47.20 ID:tAY6iadbo
亜美「はあ……はあ……」

亜美(お姫ちん……ごめんね……亜美が弱いせいで……!)

亜美(亜美……絶対お姫ちんのかたきとるからね……!)

亜美(でも、亜美一人じゃゆきぴょんにはかなわない……誰か、仲間をつくらきゃ)

亜美(あ……あれは……)
251 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 21:16:02.71 ID:tAY6iadbo
亜美「はるるん!」

春香「あ!亜美……亜美?……どうかしたの?なんで泣いてるの?」

亜美「はるるん……お願い!亜美の仲間になって!」

春香「ちょ、ちょっと待って!落ち着いて……まずは話を聞かせて?」

亜美「え、えっとね──」
252 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 21:23:19.29 ID:tAY6iadbo
………
…………
……………


春香「……そっか。雪歩が貴音さんを……。それで、雪歩を倒すのを手伝ってほしい……ってこと?」

亜美「……うん」

春香「ふうん……でも、いくら雪歩が強いからって寄ってたかって倒すのは……ちょっと酷くないかな?」

亜美「……そんなのかんけーないよ。ゆきぴょんはもっと酷いことをお姫ちんにしたんだよ!?」
253 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 21:29:07.89 ID:tAY6iadbo
春香「……うん、まあそうだね」

亜美「じゃあ、仲間に──」

春香「その前に、亜美の能力を教えてもらったら駄目かな?」

亜美「え?……うん、いいよ。亜美のは、重力を操る能力だよ」

春香「へえ……じゃあ、私を浮かせたりできるの?」

亜美「できるよ?」

フワッ

春香「おおー…………もういいよ、下ろして」

スタッ
254 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 21:35:11.88 ID:tAY6iadbo
亜美「それで……仲間になってくれるの?」

春香「うーん……最後に、一つ確認。亜美は貴音さんの仇をうちたいんだよね?」

亜美「……さっきから言ってるじゃん!亜美は絶対にお姫ちんのかたきをうつって!」

春香「どんな犠牲を払ってでも?」

亜美「……え?う、うん……もちろん」
255 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 21:44:20.37 ID:tAY6iadbo
春香「……そっか。分かったよ……雪歩を倒すの、協力してあげる」

亜美「ありがと、はるるん!」

春香「それでね?一つ、雪歩を倒す方法を思いついたんだけど……」

亜美「本当!?」

春香「うん」
256 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 21:53:22.07 ID:tAY6iadbo
亜美「教えて!」

春香「簡単だよ。亜美は普通に歩いてるだけでいいの」

亜美「……え?でも、それじゃあゆきぴょんにやられちゃうんじゃ……」

春香「そうだね……でも、多分雪歩はいきなり殺しにきたりはしないと思う……足を失わせたりするぐらいなんじゃないかな?」

亜美「え……そんなの、やだよ」

春香「どんな犠牲を払ってでも仇をうちたいって……言ったよね?」

亜美「う……でも!亜美の能力はゆきぴょんを穴から出すことができるんだよ? ゆきぴょんが警戒していきなり殺しにくるかもしんないじゃん!」

春香「そんなの、穴の大きさを変えれば大丈夫だと思うよ?」
257 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 22:10:42.34 ID:tAY6iadbo
亜美「……じゃ、じゃあ亜美は攻撃されてからどうすればいいの?」

春香「亜美の足を失わせた後……多分、雪歩は姿を現す。顔だけかもしれないけど……それで十分」

亜美「……はるるんが倒してくれるの?」

春香「え?違うよ……亜美が雪歩を倒すの」

亜美「……どーやって?」

春香「雪歩にかかっている重力をなくす……それだけで、雪歩は死ぬ」

亜美「!?」
258 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 22:15:00.30 ID:tAY6iadbo
亜美「どーゆうこと!?」

春香「人間とかの生き物って、重力みたいな外からの力に耐えるために、体の内側からも力を加えてるんだって」

亜美「つ、つまり……亜美が外からの力をなくせば、ゆきぴょんは……」

春香「うん。内側からの力に耐えれなくなって……バラバラになって死ぬ」

亜美「……!」 

春香「どう?できる?」
259 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 22:18:55.63 ID:tAY6iadbo
亜美「……うん。できると思う」

春香「そっか!じゃあ、雪歩を倒すまでよろしくね!」

亜美「……ねえはるるん」

春香「ん?なに?」

亜美「……ううん、やっぱ何でもない。こっちこそよろしくね!」

春香「……うん!じゃあ行こっか!」

亜美「……そだね」
260 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/01(日) 22:21:24.56 ID:ZMzQVAPbo
春香さんいつの間にそんな残虐ファイトに抵抗がなくなったんだ
261 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 22:30:41.90 ID:tAY6iadbo
亜美(……はるるんって……ひどいね)

亜美(全く自分の手を汚さない……それでいて、亜美が重傷を負うことを前菜にした作戦を、亜美に押し付けた)

亜美(多分、ゆきぴょんを倒したら……次は重傷を負った亜美を倒すつもりなんでしょ? だから、亜美の能力を聞いたくせに、自分の能力はあかさなかった)

亜美(……でも、いいよ)

亜美(亜美は、もう優勝なんてどうでもいい……お姫ちんの仇さえうてれば、それでいい)
262 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 22:40:06.02 ID:tAY6iadbo
亜美(……でも、ただ利用されるだけってのもつまんないし……ちょっと困らせてみようかな?)

亜美「ねーねーはるるん」

春香「ん?なにかな?」

亜美「亜美がゆきぴょんと戦ってる間、はるるんは何してるの?」

春香「雪歩に変に警戒されても困るからね、ちょっと離れたとこで見てるよ」

亜美「もしもさ……亜美がゆきぴょんを倒せなかったら、どうするの?」

春香「うーん……その時は、私がやるしかない……かな」

亜美「だったら、最初からはるるんが戦えば解決っしょ?」

春香「駄目だよ……亜美が倒すことに意味があるんだから」

春香「それに……何の苦労もしないで勝利だけ手にしようなんて、虫がよすぎるよ?」

亜美(!?)
263 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 22:45:52.00 ID:tAY6iadbo
亜美vs春香
徒党結成

次のキャラ>>265
出会うキャラ>>267

>>260
春香はあくまでゲームだと割り切っているのでとくに抵抗がない……ぐらいに考えてください
264 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/01(日) 22:47:58.82 ID:jkbRZXwDO
真空で破裂ならわかるけど無重力で破裂ってなによ?

st
265 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/01(日) 22:49:40.04 ID:vqXaaG240
伏線も前振りも無しにこれは別人ってレベルだなあ
最初が普通だっただけに
266 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/01(日) 22:55:51.75 ID:TzerSDHZo
真美

もう誰が生き残ってるのかわからなくなってきた
267 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/01(日) 23:02:26.35 ID:6id+4qsDO
やよい
268 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/01(日) 23:03:47.01 ID:A+kr7X74o
春香、亜美
やよい、真
真美
雪歩
が生き残りか?
269 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/01(日) 23:47:24.18 ID:tAY6iadbo
>>264
とある漫画にそういうようなことが書いてあったので……
春香もまた漫画などで得た知識を亜美に教えただけと考えていただければ

>>265
一応初めから若干腹黒い感じで書いてはいたんですが、久し振りだったので一部の設定を忘れてこうなったのは事実です
不快に感じたのならすいません

>>268
はいそうです
270 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/02(月) 00:19:26.41 ID:zZw68h+co
真美「…………」キョロキョロ

真美(うあうあー……ゆきぴょんの存在が怖くてひと時も気が抜けないよー……)

真美(どっかの誰かに倒されてたりしないかなぁ)

真美(必ず真美を殺すとか言ってたし……できれば会いたくないよー)

真美(切り離された足もなんとかくっついたし……これがゲームでよかったよ、ほんとに)

真美(ん……やよいっち……と、まこちん?)
271 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/02(月) 00:31:35.82 ID:zZw68h+co
真美「やよいっち!まこちん!」

やよい「…………」

真「…………」

真美「なに?二人ともチームで戦ってんの?」

やよい「……え、えっと」

真「……もしかして、真美?」

真美「へ?」
272 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/02(月) 00:36:07.75 ID:zZw68h+co
真美(あーそっか……ゆきぴょん対策に氷で作った鎧──『なんちゃってホワイトアルバム』着けてるもんね、ちかたないね)

真美(……できればはっきりと断定して欲しかったなー)

真美「うん!真美だよー」

真「えっと……それは何?」

真美「んー不意打ち対策」

やよい「そ、そうなんだ……」
273 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/02(月) 00:42:56.34 ID:zZw68h+co
真美「で、二人でかかってくるの?」

やよい「えっと、真美は……その」

真「……今まで、どうやって勝ってきた?」

真美「真美、まだ勝ったことないんだ。一回だけ戦ったんだけど、勝負つかなかったし」

真「……質問を変えるよ、真美はどうやって勝つつもりなんだい?」

真美「? ボタンを押す以外ないっしょ?」
274 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/02(月) 00:49:09.13 ID:zZw68h+co
真「……このゲームには『殺害』という勝利法もあるんだよ」

真美「あ、そうなんだ?」

真「その様子だと、考えたこともないのかな?」

真美「うん。だって説明された勝利法はボタンだけっしょ? なら、それに従うのが真美のやり方だよ」

真「……なら、いいんだ。それなら、僕達は二人がかりなんてことはしない」

やよい「真さん……どうしますか?」
275 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/02(月) 01:04:05.62 ID:zZw68h+co
真「ボクがやるよ。やよいには、あの鎧は厳しいだろうからね」

やよい「じゃあ……お願いしちゃいます!」

真美「……真美は二人がかりでもいいよ?」

真「そういうわけにはいかないよ……そう決めたからね。『 妄想博覧会(エンドレスブレイン)』ッ!」ポン!

真美(……燃えてるグローブ)

真「おおおおおおおおおッ!」ダッ
276 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/02(月) 01:17:54.95 ID:zZw68h+co
真「くらえッ!」

ドゴドゴドゴ

真美「……はぁ、やれやれだね……まこちん」ガシガシッ

真「なっ……ぼ、ボクの手が!」パキパキ

真美「そっか……まこちんは今自分がやったみたいに、真美がこれを『出した』って考えちゃったんだね」

真美「でも違うよ。真美は体温を下げてこれを作ってるんだ……触れるなんて、自殺行為だよ?」

真「くそっ……」パキパキ

真美「さらに!足を踏むことで!」

真「あああっ……!」

真美「まこちんはもう逃げられない……ま、さっき言ったように命はとらないよ?ちゃんとこーやって……」

ポチッ

真美「ボタンを押しておしまいっ!」
277 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/02(月) 01:25:21.88 ID:zZw68h+co
真「あ……やよい、ごめ──」

シュン

真美「次は……やよいっちだよ!」

やよい「うう……」

やよい「『 装弾叫喚(ブラッディカーニバル)』!」カチャ

ダン!ダン!

真美「んっふっふ〜効きませんなぁ」

真美「まあ、運というか……相性が悪かったね!」ダッ
278 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/02(月) 01:31:34.07 ID:zZw68h+co
ガシッ!

やよい「あ……」パキパキ

真美「さあ、もう片手は使えないけど……どーする?やよいっち」

真美「その銃でも、ゼロ距離でぶっ放せば……勝てるかもよ?」

やよい「……嫌。だって……そしたら、真美が死んじゃうかもしれないもん」

真美「優しいね、やよいっち。……ごめんね?バイバイ」

ポチッ

やよい「うん……バイバ──」

シュン

真美「……ふぅ」
279 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/02(月) 01:36:01.89 ID:zZw68h+co
真美vsやよい&真
勝者──真美

次のキャラ>>282
出会うキャラ>>284
(春香or亜美、雪歩、真美の中から)
280 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/02(月) 01:42:49.82 ID:HpAbsDS1o
ksk
281 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/02(月) 02:46:45.19 ID:ez4jlNZZo
kskst
282 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/02(月) 03:17:24.85 ID:jDtZoCVDO
雪歩
283 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/02(月) 04:50:45.64 ID:5ZAht9JL0
春香
284 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/02(月) 06:49:10.41 ID:sADmq/N40
真美
285 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/02(月) 12:14:50.51 ID:VEW4ymtDO
オワタ\(^o^)/
286 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/05(木) 00:32:25.69 ID:BPBLPpVGo
雪歩(……はぁ)

雪歩(私は、プロデューサーのために、後何人殺さなくちゃいけないんだろ)

雪歩(大体、こういうゲームって残り人数とか教えてくれるものじゃないのかな?)

雪歩(……退屈だなぁ、四条さんももういないし。……暗くて寒い……いつまでここにいればいいの?)

雪歩(でも……外にいるよりは安全だよね。またさっきみたいな目にあうよりは……)

雪歩(……あ……真美ちゃん)
287 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/05(木) 00:38:04.40 ID:BPBLPpVGo
雪歩(真美ちゃん……だよね?亜美ちゃんの能力は重力を操るらしいから、あんな風に氷の鎧は作れないだろうし)

雪歩(……どうしようかな)

雪歩(真美ちゃん、すごい警戒してる……多分、もう足を奪ったりできないだろうなぁ)

雪歩(それに、あの氷の鎧がボタンにぴったりくっついてるせいで、ボタンに触れない)

雪歩(殺したいのに……今すぐこの腕の借りを返したいのに……)
288 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/05(木) 00:45:26.94 ID:BPBLPpVGo
雪歩(ううん……方法はある。でも……できるの?)

雪歩(プロデューサーにしたみたいに、頭とかが分かれるように穴に引っ張り込めば……勝てる)

雪歩(でも……引っ張ろうとすれば、また腕を失う。押そうとしても……同じ事)

雪歩(流石に、両腕をなくすのは……以後の支障が大きいよね。ましてや、足でやるのは論外だし……)
289 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/05(木) 00:59:54.83 ID:BPBLPpVGo
雪歩(……すごいね、真美ちゃん。ちゃんと考えたんだね……どうすれば、殺されずにすむか)

雪歩(……他の人に倒されるのを待つ?……ありえないよ)

雪歩(真美ちゃんだけは……私が殺さなきゃ、気が済まない。腕のうらみは大きいよ)

雪歩(押せればいいの……何でもいいから、真美ちゃんを押せれば……それで勝てる)
290 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/05(木) 01:10:32.24 ID:BPBLPpVGo
スウッ

雪歩「……真美ちゃん」

真美「!……ゆきぴょん……」

雪歩「久し振りだね、元気だった?」

真美「……まーね」

雪歩「凄いね、その鎧……自分で考えたの?」

真美「ううん……漫画のアイデアだよ」

雪歩「へえ、そうなんだ」
291 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/05(木) 01:16:24.74 ID:BPBLPpVGo
雪歩「そういえば……亜美ちゃん、見なかった?」

真美「……見てないけど」

雪歩「……亜美ちゃんね、さっき四条さんと一緒にここに来たんだけど……逃げちゃったんだ。四条さんを残して。亜美ちゃんって……結構弱虫だったんだね」

真美「……お姫ちんはどうしたのさ」

雪歩「え?ちゃんと殺したよ?……あ、そうだ!聞いてよ真美ちゃん。このゲームってね?相手を殺しても勝ちになるんだよ?知ってた?」

真美「……知ってたよ」
292 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/05(木) 01:21:32.84 ID:BPBLPpVGo
雪歩「へえ〜……知ってたんだ?ということは……真美ちゃんも誰か殺したの?」

真美「……真美は人に聞いただけだよ……一緒にしないで」

雪歩「……ふうん。あ、ちなみに……私がそれを知ったのは、プロデューサーを殺した時だよ」

真美「っ!……兄ちゃんを……殺したの……?」

雪歩「うん……あっけなかったよ?結局、どんな能力なんだったのか分からずじまいだし」

真美「……ゆきぴょんッ!」ブン!
293 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/05(木) 01:27:06.34 ID:BPBLPpVGo
雪歩「……無駄」ガパァ

スッ

雪歩「危ないよ?……あんな大きな氷投げたら」

真美「うるさいッ!よくも兄ちゃんを……!」

雪歩「怒らないでよ……これはそういうゲームでしょ?」

真美「違う!」

雪歩「違わないよ?……まあ、いいや……バイバイ」スッ!

真美「!」
294 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/05(木) 01:31:36.53 ID:BPBLPpVGo
雪歩(……勝った。さっき真美ちゃんの作った氷……これなら、真美ちゃんに触れることができる!ちょっと凍傷になるぐらい、たいした問題じゃな──!?)

ガキッ

真美「……!」ググ…

雪歩(え?……全く動かない?なんで?)

雪歩「な、なんで耐えれて──!?」

ガシッ!
295 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/05(木) 02:01:20.64 ID:BPBLPpVGo
真美「残念だったね……ゆきぴょん!」

雪歩「ぐっ……真美ちゃん……!」パキ…

真美「なんで耐えれてるのかって?……予想してたからだよ」

雪歩「予想……?」

真美「うん。真美は、ゆきぴょんが怖かったんだよ……能力も、ゆきぴょん自身も。……だから、考えたんだ」

真美「ゆきぴょんが、以前戦った時してきた攻撃に対する対策を……!さらに、ゆきぴょんが他にどんな攻撃ができるかを!……そしたら、穴に引っ張り込んで……あるいは押し込んでくるんじゃあないかって……思いついた」

真美「だから氷の鎧を着たんだよ……触られないために。……じゃあ、触れないとゆきぴょんはどうするのか? 多分、物を使って押してくると思った……」

真美「だから、事前に首とかの部分を強くしておいたんだ」

雪歩「……っ!」パキ…
296 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/05(木) 02:08:56.29 ID:BPBLPpVGo
真美「こんな風に前もって色々考えてたからさ……ゆきぴょんが、わざわざ姿を現して挑発してきた理由もすぐ分かったよ。……真美に氷を投げさせて、それを使おうとしてるって」

雪歩「…………」

真美「……ゆきぴょんは、こんなゲームはただの手段だって考えてた……だから、初見殺しの技が一つあればそれでいいって思ってたんだよね?」

真美「でも、それなら尚更……あの時真美を逃がしちゃ駄目だった。いくら動揺してても、逃がすのだけは……やっちゃ駄目だったんだよ」

雪歩「……そう」
297 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/05(木) 02:34:16.88 ID:BPBLPpVGo
真美「……じゃあ、バイバ──」

雪歩「真美ちゃん」

真美「!」

雪歩「真美ちゃん……私の駄目な所が、真美ちゃんを逃がしちゃった所なら……真美ちゃんの駄目な所は、相手を追い詰めた後お喋りしちゃった所だよ?」

雪歩「真美ちゃんは……さっさとボタンを押しておくべきだったの」スカッ

真美「……?」ゴトッ

真美「! あう……真美の手が……」
298 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/05(木) 02:42:56.57 ID:BPBLPpVGo
雪歩「ふふふ……知らなかったよ……人や物があるところにも、穴を空けられるなんて」スカッ

雪歩「真美ちゃんの……いつまでもお喋りして私を生かしておく甘さが!私がこれに気づくチャンスをくれた……」スカッ

雪歩「こんなことなら……もっと自分の能力について考えておくべきだったよ」スカッ

雪歩「ふふ……ふ?」

雪歩(あれ……脳と首と心臓付近に穴を空けて切ったのに……消えてな──)

「甘さじゃないよ」ゴオッ

ガシッ

雪歩(!! 鎧から──ううん、鎧の後ろから──手が!?)

ポチッ
299 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/05(木) 02:56:59.99 ID:BPBLPpVGo
真美「甘さじゃないよ──真美がゆきぴょんを生かしてお喋りしてたのは……ちゃんと敗北感を感じてもらうためだった。ゲームに負けて悔しいって、そう思ってもらうためだった」

真美「それに、ちゃんと保険はかけといたもん……だから、真美には駄目な所は無かったよ?ゆきぴょん……今の気持ちはどう?」

雪歩「……悔しいよ。優勝できなかったことよりも……真美ちゃんを殺せなかったことが、何よりも──」

シュン

真美「……ゆきぴょん」

真美「結局最後まで分からなかったんだね……ゆきぴょんが負けたのは、ゲームを楽しもうって気持ちが無かったからだってこと……」
300 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/05(木) 02:58:31.47 ID:BPBLPpVGo
雪歩vs真美
勝者──真美

最後のキャラ>>302(春香or真美)
301 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/05(木) 03:55:24.04 ID:yCmgegayo
真美
302 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/05(木) 04:21:03.12 ID:OmaTxbaDO
春香
303 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/06(金) 00:05:24.88 ID:48bi9ZeJo
あまみが最後に残ったか
と思ったけど亜美はゆきぴょん倒されてがっくちして切捨てかしらん
真は最後ちゃんとしたゲームで負けれてよかったよのー
304 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 19:19:12.40 ID:CQngeBjoo
亜美「うーん……なかなかゆきぴょんに会えませんな〜」

春香「そうだねー」

亜美「……あれ? はるるん? 遠くで見てるんじゃなかったの?」

春香「うん。……でもよく考えたら、雪歩は多分周りを確認してから襲ってくるんじゃないかな? もしそうだとしたら……近くにいたほうがいいよ」

亜美「でもでも、亜美がゆきぴょんを倒すために仲間を連れてきたって思われたらどうするのさ」

春香「それでも、多分首くらいは出すはず……首さえ出ればこっちのものだよ」

亜美「……ふーん」

春香(それに、あんまり遠いと間に合わないかもしれな……ん? あれは……真美……だね)
305 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 19:25:19.67 ID:CQngeBjoo
春香(……どうしようかな。亜美と真美を会わせるのは……ちょっと気がひけるなぁ)

春香(……まあいいかな。いくら亜美でも、ここで裏切るようなことは……しない……とは、言い切れない……よね)

春香(…………)

春香「……亜美」

亜美「んー? なーにー?」

春香「ほら、あっち見て」

亜美「んんー? ……あ!真美じゃん!!」
306 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 19:35:44.22 ID:CQngeBjoo
亜美「真美ー!」

真美「! ……あ!亜美じゃん!!」

亜美「んっふっふ〜。無事だったかね?真美隊員!」

真美「ははっ!只今戻りました!亜美隊長!」

春香「あはは……元気だね、二人とも」

真美「あれ、はるるん?……亜美もチーム組んでんの?」

亜美「……まーねー」

春香「……ねえ、真美。さっき亜美『も』って言ったよね? 真美も……チーム組んでるの? 」

真美「ううん。さっき、まこちんとやよいっちが組んでたの」

春香「……ふうん」
307 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 19:43:59.80 ID:CQngeBjoo
春香「そっかー、真とやよいと戦ったんだ……。他にも……誰かと戦ったの?」

真美「……うん。ゆきぴょんと……」

春香(!)

亜美「え!? 真美、ゆきぴょんと戦ったの!?」

春香「こうして無事ってことは……勝てたの?」

真美「まーねー。一回目は引き分けだったんだけど……さっき、もう一回戦って勝ったんだ」

亜美「本当!? すごいじゃん真美──」

ポチッポチッ
308 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/06(金) 19:49:23.56 ID:PAmGNJa+o
えっ
309 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 19:58:05.38 ID:CQngeBjoo
亜美「……え?」

春香「……い、いつのまに……」

「ゲーム中にお喋りなんて……ちょっとのんびりしすぎだって思うな……あふぅ」

亜美「……そんな──」

春香「……ひど──」

シュンシュン

真美「み、ミキミキッ!」

美希「心配しなくても……すぐに真美もゲームオーバーにしてあげるよ?」
310 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 20:03:50.52 ID:CQngeBjoo
真美「『 ブルーブラッド』!」ゴオッ

美希「…………」シュン

真美「え、消え──」

美希「いきなり炎を出すなんてひどいの」

真美「後ろ!?このっ!」

美希「…………」シュン
311 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 20:11:13.53 ID:CQngeBjoo
真美「ま、また消えた……」

美希「無駄なの……ミキの能力は……『囁(ファントム)』」

真美「ぐっ……!」クルッ

シュン

美希「瞬間移動する能力なの」

真美「ああもう!」

美希「じゃあ、もう終わらせちゃうね?」

真美「……『 ブルーブラッドNWA』ッ!」

美希「!」
312 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 20:16:33.21 ID:CQngeBjoo
美希「こ、氷の鎧……?」

真美「これで、ミキミキは真美に触れられない……」

美希「ず、ずるいの!」

真美「そんなこといったら、ミキミキの不意打ちはなんなのさ」

美希「う……」

真美「くらえッ!」ブン!

美希「あ、危な……!?」シュン

クルッ

真美「逃げないでよッ!」ブン!
313 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 20:19:53.23 ID:CQngeBjoo
美希「い、イヤなの!そんなのに当たったら痛いに決まってるの!」シュン

真美「……!」ブン!

美希「ま、待って──」シュン

真美「……!」ブン!

美希「は、早──」シュン

真美「……!」ブン!

美希「なのっ!」ドス
314 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 20:22:19.53 ID:CQngeBjoo
美希「い、痛……」ドサ

真美「……バイバイ、ミキミキ」

美希「こんなのってないの──」

シュン

真美「…………はぁ」

ピンポンパンポーン

真美「?」
315 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 20:47:24.07 ID:CQngeBjoo
スタッフ『只今、双海真美様以外の全てのプレイヤーの敗北を確認しました。これにて、ゲームを終了いたします。双海真美様、能力を解除してお待ち下さい』

真美「……ぃやったー!!」

真美「おっとと……喜ぶのは後にして、まずは能力解除しなくちゃ」

シュン

真美「……これでよし」

春香「ありがと」

ポチッ

真美「…………へ?」
316 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 20:50:52.02 ID:CQngeBjoo
真美「え?え?なんで?なんではる──」

シュン

春香「…………」

春香「……痛い」

春香(うう……『美希と戦う幻覚』を見せたのはいいけど……まさか、いきなり氷の塊を投げてくるなんて……」

春香「……痛い……」
317 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 20:56:58.15 ID:CQngeBjoo
ピンポンパンポーン

春香「…………」

スタッフ『只今、天海春香様以外の全てのプレイヤーの敗北を確認しました。これにてゲーム終了です。しばらくお待ち下さい』

春香「……なんだ、真美が最後の一人だったんだ……」

春香(優勝かぁ……プロデューサーさんとお付き合い……えへへ)

春香(あ、でもまだ認められるだけだったよね……まあいいや、他の皆よりもリードしたのには変わりな──)

シュン
318 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 21:57:29.42 ID:CQngeBjoo

──現実世界


春香「えへへ……優勝ですよ!優勝!」

スタッフ「おめでとうございます。こちら、景品でございます」

春香「ありがとうございます!」

パチパチパチパチ


千早「……春香が優勝したのなら……まだ納得できるわ」パチパチ

真美「何言ってんのさ!あんな勝ち方無しっしょ!」

雪歩「真美ちゃん、ごめんね?亜美ちゃんも。あと、プロデューサーと四条さんも……ごめんなさい! ゲームだから……普段とは違う自分になってみようとしたら、熱くなっちゃって……」

亜美「ううん、気にしてないよ!ゲームだもんね!結局お姫ちんにも何もしなかったみたいだし」

雪歩「あ、当たり前だよぉ……」
319 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 22:06:32.71 ID:CQngeBjoo
P「何をされたか分からなかったし……俺は特に気にしてないぞ?」

貴音「ええ、わたくしもです」

貴音(…………)



あずさ「ごめんなさい!律子さん……」

律子「いえいえ、構いませんよ?」

律子(あの時は本当にぞっとしましたけど……)

真「ボクも、すいませんでした!あずささん!」
320 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 22:12:06.53 ID:CQngeBjoo

響「自分、楽しかったぞ!なあやよい?」

やよい「はい!私も楽しかったです!」



伊織「私、なんで負けたのかしら……?」

美希「やり直しを要求するの!こんなの絶対おかしいの!」

小鳥「そうですよ!私の能力だけ明らかに弱かったじゃないですか!」

社長「まあまあ……皆、落ち着きたまえ」
321 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 22:17:04.64 ID:CQngeBjoo
春香「あっ、社長!」タタタ…

社長「天海君、優勝おめでとう!」

春香「はい!ありがとうございます!……それより、あの約束って……」

社長「約束?」

春香「は、はい……優勝したら、プロデューサーさんとのお付き合いを認めるって……」ボソボソ

社長「ああ、それかね……勿論、認めるわけないだろう」

春香「えっ」

全員「えっ」
322 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 22:24:20.86 ID:CQngeBjoo
社長「えっ……じゃないだろう、君達。大体なんだね、殺し合いだのなんだの……これは、ゲームである以前に仕事なんだよ。アイドルとしての仕事なんだ」

全員「う……」

社長「私からのご褒美を目指して頑張るのはいいがね……アイドルとしてあるまじき試合の数々だったよ。スタッフからも、殆ど宣伝に使えないと文句を言われたよ」

全員「うう……」

社長「よってご褒美は無し!……と、言いたい所だが……私も鬼ではない。これからの様子を見て決めようじゃないか」

全員「……え?」
323 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 22:34:25.81 ID:CQngeBjoo
P「ちょ、ちょっと待って下さい社長!これから……とは?」

社長「む?言っていなかったかね? まだ他の対戦方式のテストプレイをしなければならないんだよ。それに、今回のも撮り直さなければいけない……そうだろう?」

スタッフ「はい。それと、このゲームは殺し合いを目的にはしておりません。本来ならば、HPが設定されるのですが、皆さんはアイドルですので、必要ないと考えたのです」

あずさ「……あら〜」

スタッフ「それでは、次回はトーナメント方式のテストプレイをお願いいたします」スタスタ

社長「……そういうわけで、これからの皆の取り組み方を見て、誰にご褒美をあげるか決めることにするよ」
324 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 22:47:25.59 ID:CQngeBjoo
全員「分かりました……頑張ります!」

春香(……ああ、せっかく優勝したのに……)

千早(やはりね……もとからこうするつもりだったに違いないわ)

真(次こそ優勝してやる……!)

雪歩(……ふふ)

やよい(次も頑張らなきゃ!)

伊織(今度こそ、この伊織ちゃんが優勝してみせるわ!)

響(次は頑張るさー!)

貴音(……此度の失態は……次で挽回するといたしましょうか)

美希(次は絶対春香を倒すの!そしてハニーを手に入れるの!)

あずさ(うふふ〜楽しみだわ〜)

律子(トーナメントね……また能力も変わるのかしら?)

小鳥(次はいい能力がきますように……!)

P(月給二倍!月給二倍!)



社長(……まあ、ご褒美はP君にあげると決めているのだがね……何とか、事前に減給の口実を見つけるとしようか……)
325 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 22:52:25.60 ID:CQngeBjoo
これで終了です、ありがとうございました
最初は社長や961勢の乱入を考えていて、能力も考えてたんですが結局没にしました
即興でしたので分かりづらかった点や不明な点があったら質問して下さい
あと次からの参考にしたいので、どの試合が一番良かったか教えていただければ嬉しいです
326 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/06(金) 23:12:39.50 ID:qonVUQVzo
乙!
面白かった

出番の少なかったアイドルたちの能力がイマイチ分かり難いところがあったかなーって
327 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/06(金) 23:21:37.93 ID:5+xx8G0ho
乙!面白かったです!

個人的には毎回1話で戦闘が完結してたのでいくつかの話を同時進行させてハラハラドキドキさせて欲しかったな
真美雪歩が一番楽しかったよ!
328 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 23:42:05.86 ID:CQngeBjoo
>>326
アイドルの能力を説明します

天海春香 『 錯覚奇術師(マニックトリック)』
相手に幻覚を見せたりする。姿を消したように見せることもできる。
認識できている相手にのみ、使用可能で偽春香のように見えない相手には使えない。

如月千早 『 叫喚(イグジット)』
炎を出す。炎である理由は『叫喚地獄』というものがあるから。
かなり強い炎をだすことができ、本気なら真は炭も残らなかった。

菊地真 『 妄想博覧会(エンドレスブレイン)』
妄想の具現化。
妄想なので現実に存在しない物も出せたが、真は剣や銃しか出さなかった。

萩原雪歩 『 不在数奇(ミッドナイトアンダーグラウンド)』
空間に穴を空ける。
何も無いところに開いた穴に物を入れると、境目で切り分けられる。雪歩が普段いたのは異次元や亜空間ではなくただの地下。
329 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/06(金) 23:49:05.05 ID:yASr6Tmko


放り込まれた律子とPの伏線がいつ回収されるかなーって思ったら
回収されなかった
まぁ勝敗が完全に表示された時点でなさそうかなと思ったけど
330 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 23:55:22.72 ID:CQngeBjoo
高槻やよい 『 装弾叫喚(ブラッディカーニバル)』
銃を出す。
銃ならなんでもいいので、本来は拳銃だけでなく狙撃銃も機関銃も出せる。バズーカや戦車も本人次第では出せるし、ティロフィナーレも可能。

水瀬伊織 『 錯誤(スティグマ)』
相手はとろうとした行動と逆の行動をしてしまう。
『〜しよう』と思うと『〜しない』になるが『〜しない』と思うと何をするかはランダム。

双海亜美 『 重力戯画(サイコロジカルオーバーフロー)』
見えている範囲の重力を操る。
向きも大きさも変えられる。春香の作戦はともかく、頭と胴体に別々の向きの強い重力をかければ雪歩に勝てたかも。

双海真美 『 灼熱猟奇(ブルーブラッド)』
体温変化。
絶対零度から超高温まで。やろうと思えば体温を上げて地下の雪歩含む全員を殺せた
331 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/06(金) 23:59:14.06 ID:CQngeBjoo
>>329
誤解を招く様な書き方をしてしまいすいません。
律子は穴の中を見たくないので自ら能力を解除し、穴に入ったと同時に死にました。
Pは穴に引き込まれる際、能力を発動する前に雪歩のミスで脳を切り離されて死にました。
332 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/07(土) 00:12:03.53 ID:DSL4m0X+o
我那覇響 『 逢魔刻(メビウス)』
終わりをなくす。
道路に使えば永遠に出られない一本道となり、人に使えば、相手は外見上は全く動かなくなる。内面がどうなるかは不明。

四条貴音 『 溶解思念(リキッドスフィア)』
洗脳。
眼を見た相手は感情や自意識を失い、命令に従うようになる。名前を読ぶことに意味はない。また、亜美を投げたのは貴音の実力。

星井美希 『 囁(ファントム)』
出会ったことのある相手とよく似た偽物を作り出す。
偽物は能力や性格は同じだが、使用者には従うようになる。また、偽物は人間に触れることはできるが、触れられると消滅する。
333 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/07(土) 00:28:08.71 ID:DSL4m0X+o
三浦あずさ 『 深淵(ダークネス)』
ある場所に繋がる穴を作る。
穴からは無数の手を伸ばすことができる。基本的にその穴の中に入れば死ぬ、例外は律子。穴の中はどこで、何が蠢いているのかは誰も知らない。

秋月律子 『 不死矛盾(アナザーハッピーエンド)』
近くにいる相手が能力を使用している間死なない。
死なないし、ボタンを押されても大丈夫。どこかの誰かが能力を使用していても使えない。あくまで近くで能力を使われている場合のみ。

音無小鳥 『 平面童話(シンメトリーサーフィス)』
影で童話を再現する。
童話を語ると、影がその通りに動く。相手をどの役に配置するかは自由。相手の影の役が童話上で死ぬと相手も死ぬ。
どんなハッピーエンドでも途中で止めれば問題ない。童話の定義は本人次第。基本的に安価で焦点を当てられないと勝てない能力。

P 『 叛逆巡回(ハウリングサン)』
時間跳躍。
記憶のみ過去に戻る。世界線は動かない。頭痛は副作用のようなもの。外から見れば未来予知。


以上、登場した能力の説明です。
まだ分からないことがあれば、質問してください。
334 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/07(土) 01:04:55.63 ID:SwBUpEHSo
とりあえず運営側に問題が有ることがわかった
完全に殺らせる気じゃねーか
335 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/07(土) 01:07:28.43 ID:As04tXSjo
確かに小鳥さんや千早の能力でスイッチ押すのは難しいよね…
336 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/07(土) 04:32:28.04 ID:00S52hXc0
春香さん勝利して怒られてるけど、誰にもケガさせてないし一番真っ当にゲームしてた気がする
337 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/07(土) 14:40:23.27 ID:+xjK05Jeo
乙ー
>>15で言ってた「とあるサイト」ってどこ?
338 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/07(土) 15:45:49.73 ID:izjRr4r2O
こんな殺し合いをゲーム中とはいえやるやつと交際したくないw

乙ですー
339 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/07(土) 15:49:29.21 ID:nGpSwWrwo
>>337
http://pha22.net/name2/
こちらのサイト?です
ただ、先に言っておくとここは別に能力を出してくれる場所でも能力名を出してくれる場所でもありません
もしそう思わせてしまったのであれば、紛らわしい書き方をしてしまい申し訳ありませんでした
340 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/07(土) 15:52:30.17 ID:+xjK05Jeo
>>339
thx、言われれば見たことあるなここwwww
能力の内容は完全に>>1オリジナルなのか、すごい
改めて乙です、トーナメント戦にも期待してていいのかな?
341 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/07(土) 16:24:32.48 ID:nGpSwWrwo
>>340
トーナメントはとくに考えてませんでしたが……需要があるようなら、その内書くかもしれません
114.37 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)