このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

塞「千里山と合同合宿!?」 怜「せやでー」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 21:38:18.82 ID:g+LDK+Tv0
塞「私たち、似たもの同士ね」 怜「せやなぁ」http://ex14.vip2ch.com/i/responce.html?bbs

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387111098
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

グリシャ・イェーガー「うおおお!!!」沙都子「!?」 @ 2021/04/13(火) 23:21:55.40 ID:cNgfDMp90
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1618323715/

ゲーム製作雑談スレ@GEP @ 2021/04/13(火) 22:17:45.60 ID:4dYNFKJX0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1618319865/

■ 萌竜会 ■ @ 2021/04/13(火) 21:25:25.82 ID:eV/vl5pJ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1618316725/

【神様になった日】ひな「花見に行くのじゃ!」 @ 2021/04/13(火) 19:16:00.50 ID:vP13kn1X0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1618308960/

あんこDEワンピース @ 2021/04/13(火) 16:56:18.65 ID:gwXwUIbGO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1618300578/

a雑避難所 @ 2021/04/13(火) 13:12:33.58 ID:EYGVlNqNO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1618287153/

ss速報が落ちた時の移転先候補スレ @ 2021/04/13(火) 11:12:06.17 ID:A0+5XVSmo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1618279925/

てすと @ 2021/04/09(金) 17:04:22.93 ID:uZo52Fo80
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1617955462/

2 :ミスった… [saga]:2013/12/15(日) 21:39:57.83 ID:g+LDK+Tv0
>>1のssの続きです

リクエストされたから書いてみます

三年生なのに合宿? などのツッコミは無しでお願いします

更新は不定期になると思います
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 21:46:59.52 ID:g+LDK+Tv0
8月後半、宮守高校麻雀部

白望「補習…ダルかった…」 グテー

エイスリン「シロ、パンタベル?」

白望「ん…」 パクッ

塞「相変わらずだね、シロは」

豊音「なんだか餌付けされてるみたいでかわいいよー!」

胡桃「でも…あれで成績上位だから、ほんと驚きだよ…」

白望「留年するほうがよっぽどダルい…」

塞「あー、なるほどね…」

豊音「うぅ、シロが羨ましいよー…」

胡桃「豊音はもっと勉強する!」

エイスリン「……」 ウツムキ

塞「あれ、エイちゃん…?」

エイスリン「ミンナハ、ニホンニノコレル…」

エイスリン「デモワタシ、クニニカエラナクチャイケナイ…」 シュン

豊音「そういえば、そうだったよー…」

胡桃「エイちゃん…」

エイスリン「ミンナト…ハナレバナレニナッチャウ…」 ウルッ

白望「…大丈夫だよ、エイスリン」

エイスリン「…シロ?」

白望「離れてたって…私たちが仲間ってことは変わらない…」

エイスリン「…っ!」

豊音「シロの言うとおりだよー!」

胡桃「シロ、珍しくいいこといったじゃない!」

塞「それに私たちも…いつか絶対NZに遊びに行くから!」

エイスリン「…ミンナァ」 ポロポロ

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/15(日) 21:47:17.62 ID:VFmnUHvzo
http://kastanie.web.fc2.com/ex14url/
ここ使うと正しいURLでるよ
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/15(日) 21:49:02.59 ID:BZA6rRXBo
おつー
コクマがあるから合宿おかしくないと思うで
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/15(日) 21:49:22.47 ID:g+LDK+Tv0
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1386250565
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 21:50:14.92 ID:g+LDK+Tv0
できた!
>>4さんありがとう!
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 21:52:32.65 ID:u2166cfHO
ガラガラ

トシ「やっぱりここにいたのかい、あんたたち」

胡桃「あ、トシ先生」

塞「どうかしたんですか?」

トシ「実はねぇ、ちょっとあんたたちに提案があるんだけど…」

豊音「…提案?」

トシ「あんたたち…合宿してみたいとは思わないかい?」

塞胡豊「「「合宿!?」」」

エイスリン「ガッシュク…?」

白望「みんなで何処かに泊まって、練習したりいろいろすること…」

エイスリン「…ッ! タノシソウ!!」

塞「ちょっ、ちょっと待ってください!?」

胡桃「私たちインターハイ終わって、引退したんじゃ…」

豊音「それに、麻雀部ももう休部になるって…」

トシ「ああ、そのことかい」

トシ「休部届けは出してないから、まだ麻雀部はのこっているよ」

トシ「それにあんたたち、合宿なんてしたことないだろ」

塞「ま、まぁ…」

トシ「9月になったらみんな忙しくなるだろうし、最後に思い出作るのも悪くないとおもってねぇ…」

塞「先生…」

9 :コクマのこと忘れてた… [saga]:2013/12/15(日) 21:56:46.27 ID:u2166cfHO
白望「いいんじゃない…合宿」

胡桃「シロ!?」

塞「あんた、ダルくないの!?」

エイスリン「ワタシモ、ガッシュクシタイ!」

豊音「エイスリンさんも…」

カキカキ、パッ

塞「何これ…私たちが遊んでる絵と、矢印の先に飛行機?」

胡桃「シロ、訳して!」

白望「つまり…NZに帰る前に、私たちと思い出をもっと作りたいってこと?」

エイスリン「…ッ!」 コクッ

胡桃「エイちゃん…」

塞「…決まりだね」

塞「やろう、合宿!」

エイスリン「ヤッター!」

胡桃「…まぁ、勉強は合宿中にもできるしね」

豊音「うわー、合宿ちょー楽しみだよー!」

トシ「ふふ…」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 22:01:55.85 ID:u2166cfHO
トシ「ああ、ひとつ言っとくことがあるんだけどね…」

胡桃「何ですか、それって…?」

トシ「実は…合宿はうちだけでやるんじゃないんだよ」

豊音「えっ…!?」

白望「合同合宿…」

塞「いったい何処と…?」

トシ「それはね…」

〜♪〜♪

塞「あ…私だ」

胡桃「こら塞、学校ではマナーモードにする!」

塞「ごめんごめん…」

トシ「構わないよ、電話出ても」

塞「あ、すいません…」

ピッ

トシ「…そろそろ、向こうも聞かされたことだろうしねぇ…」

エイスリン「エッ…?」

豊音「どういうことですか?」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 22:06:35.67 ID:u2166cfHO
塞「もしもし?」

怜『もしもし…久しぶりやな、塞!』

塞「あっ…怜! 久しぶりだね!」

胡桃「怜って…」

豊音「千里山の園城寺さんのことだねー」

塞「で、どうしたの? いきなり電話くれるなんて…」

怜『せやった…塞はもう聞いたんか?」

塞「聞くって何を…?」

怜『ああ、聞いとらんのか』

怜『実はな…千里山と宮守で合同合宿することになったんや!』

塞「千里山と合同合宿!?」 ガタッ

4人「……!?」

塞「マジなの、それ…?」

怜『マジマジ、うちの監督がいっとったからな!』

怜『今度の連休で、岩手に行くらしいわ』

塞「こっちに来るの、怜たちが!?」

怜『せやでー』

怜『…あっ、そろそろ切らな。それじゃ、楽しみにしとるからなー』

ピッ

塞「ちょっ、怜!?」

塞「……」

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 22:09:16.11 ID:u2166cfHO
塞「トシ先生、これって…」

トシ「ふふ…どうせやるなら合同合宿でもしようかと思ってねぇ…」

トシ「…で、何処とがいいかって考えてる時に、ちょうど千里山の監督から連絡がきて…」

トシ「向こうは練習試合のつもりだったらしいけど、無理言って合宿にしてもらったのさ」

塞「な、なるほど…」

豊音「うわー、また生で江口さんや清水谷さん、園城寺さんに会えるよー!!」

豊音「ちょー楽しみだよー!」

エイスリン「ワーイ!」

胡桃「そこ、はしゃがない!」

胡桃「わかってる? 千里山だよ、全国ランキング2位の強豪だよ!?」

胡桃「そんなところと合同合宿だなんて…」

白望「胡桃…考えすぎ…」

エイスリン「クルミ、Take it easy!」

胡桃「うぅ、だって…」

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 22:13:22.12 ID:u2166cfHO
塞「ん、ちょっと待って。次の連休って…」

塞「み…3日後じゃないですか!?」

胡桃「あっ、そういえばそうだ…」

塞「トシ先生、合宿ってどこで行うんですか?」

トシ「一応…温泉宿で行うことになってるよ」

塞胡豊「「「温泉!?」」」

エイスリン「…オンセン?」

白望「Hot spring…だね」

エイスリン「Hot spring!? Wow!!」

塞「い、いいんですか? そんなところで…」

トシ「モチロンさ、部費も余ってたし、思い出作りにはちょうどいいだろ?」

トシ(ま、ほんとは私の財布からもちょっと出したんだけどね…) フゥ


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 22:16:18.85 ID:u2166cfHO
豊音「温泉とか私、初めてだよー!」ピョンピョン

エイスリン「Me too!!」

胡桃「エイちゃん、さっきからテンション上がって英語混じりになってるよ…」 アハハ

白望「温泉…ダルくなさそう…」

塞「よーし、みんな!」

塞「合宿に向けて、ちょっと練習しようか!」

胡桃「そうだね…全国2位相手に、恥ずかしい麻雀なんてできないし…」

豊音「麻雀するの、インターハイ以来だよー」

エイスリン「ハヤクハジメヨウ!」

白望「私パス…ダルいし…」

胡桃「こらシロ、合宿は温泉だけじゃないんだからね!」

塞「さ、卓の準備しよ!」

白望「はぁ…わかった」

ダッコシテ
ジブンデアルク!
ヤレヤレ…

トシ(ふふ…)

トシ(インターハイ以来、この子達のこんな楽しそうな顔、見たことなかったねぇ…)

トシ(やっぱり…合宿計画して、成功だったねぇ…)
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 22:18:45.21 ID:KPDLAzH+O
今日はここまで
次回から合宿スタートします
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/16(月) 23:03:18.34 ID:w4ACi2bFo
乙乙
期待してる
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/17(火) 02:29:57.85 ID:xmnq9NKf0
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 19:56:31.04 ID:z6BNPScJO
そして、合宿当日

塞「ついにこの日がきたね…」

白望「…そうだね」

胡桃「今日から3日間の合宿…」

エイスリン「トヨネ、メニクマデキテル」

豊音「あはは…昨日興奮し過ぎてあんまり眠れなかったんだよー…」

胡桃「もう、小学生じゃないんだから!」

塞「…それ、胡桃が言えるの?」

胡桃「う、うるさい、そこ…!」

プップッー!

トシ「おはよう、みんな揃っているかい?」

エイスリン「トシセンセイ!」

塞「はい、みんな揃ってます!」

トシ「じゃあ…出発する前に、雀卓積むの手伝ってくれるかい?」

白望「運ぶのダルい…」

エイスリン「シロ、モンクイワナイ!」

豊音「みんなでやったら、きっとすぐ終わるよ」

白望「…はぁ、仕方ない」

オ、オモイ…
シロ、チャントチカライレテ!
ダル…

〜数分後〜

塞「はぁ、やっと積みおわった…」

豊音「結構重かったよー…」

トシ「みんな、ご苦労様…」

トシ「それじゃあ車に乗って。出発するよ」

白望「疲れた…ダル…」 グテー

塞「はや…っ!?」

エイスリン「イツノマニノッタノ…?」

胡桃「あんた、一番働いてなかったでしょーが!」

トシ「まぁまぁ、いいじゃないか…」

トシ「さ、早くしないと待ち合わせの時間に遅れるよ」

胡桃「そ、そうだった!?」

塞「みんな、早く乗ろう!」

豊音「うわー、ワクワクしてきたよー!」

トシ「じゃあ、出発しようかねぇ…」

エイスリン「Let's go!」

白望「……Zzz」

胡桃「もう寝てるし…」

ブロロー

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 20:19:18.76 ID:z6BNPScJO
〜合宿会場〜

塞「 」

胡桃「 」

白望「…ダル」ファ〜

塞「…先生」

塞「ここで合ってるんですよね…?」

トシ「ああ、もちろんだよ」

豊音「うわー!!」 キラキラ

エイスリン「How wonderful!!」キラキラ

塞「めっちゃ大きいんですけど…!?」

胡桃「予想の大分斜め上を行ってるよ…」

塞「どー見ても、インハイの時のホテルよりすごい…」

白望「温泉以外にも…いろいろあるっぽい…」

豊音「こんなところで合宿なんて、ちょー楽しみだよー!」

白望「広すぎて移動ダルそう…」

胡桃「あんたはそればっかりねっ!」

塞「あ、そういえば…」

塞「先生、千里山の方たちはいつ頃…」

トシ「んー、そろそろ来る頃だと思うんだけど…」

ウワ、メッチャデカイヤン!?
オチツキーヤ、セーラ
ショウガクセイヤナインデスカラ…

塞「あっ…!」

トシ「おや、噂をすれば何とやらだねぇ」


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 20:27:56.07 ID:z6BNPScJO
怜「あっ、塞たちいたで」

竜華「てことは、ここで合宿するってことやよな…」

泉「ちょっと豪華すぎやしませんか…?」

セーラ「ええやんええやん、めっちゃ楽しそうやん!!」

浩子「相変わらずですね…江口先輩は…」 ハァ

雅枝「こらセーラっ! あんまり興奮し過ぎんなや」

セーラ「わかってますよー監督!」

トシ「…久しぶりだねぇ、雅枝」

泉「あの人が…熊倉トシさん…」

浩子「プロの世界では、結構有名な人やなぁ…」

雅枝「トシさん…ご無沙汰しとります…」

胡桃「あの人が….千里山の監督の、愛宕雅枝…」

豊音「現役のプロで、姫松の愛宕姉妹のお母さんだねー」

トシ「悪いねぇ、こっちのわがままに付き合ってもらっちゃって…」

雅枝「いえいえ、他ならぬトシさんの頼みやったんですし…」

トシ「そういえば、インターハイではあんたの娘たちに、随分世話になったよ…」

雅枝「こちらこそ、トシさんの教え子たちと打てて、いい経験になりましたよ…」


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 20:32:53.41 ID:z6BNPScJO
竜華「こんにちは!」 ペコッ

塞「へ…あ、どうも…」 ペコッ

竜華「千里山の部長、清水谷竜華です」

竜華「今日から3日間、合宿よろしくお願いします」 ペコリ

塞「えっと…宮守の部長、臼沢塞です」

塞「こちらこそ、あの千里山と合同合宿できるなんて光栄です…」

塞「よろしくお願いします…」ペコリ

塞「……」

塞「…ねえ」

塞「今のやりとり…必要だったの? 私たち、別に初めて会う訳じゃないし…」

竜華「いやー、こういうことは一応しとかなあかんかなー、って思うて」 アハハ

塞「は、はぁ…」

怜「ごめんな、塞。 竜華、変なことにこだわるクセあるから…」

竜華「ちょっ、怜!? ひどないか、それ…」 ガーン

セーラ「まぁ竜華やしなぁ…」

浩子「仕方ないですね…」

泉「そーですね…」

竜華「うわ、セーラたちまで…っ!?」ガガーン

塞「…プッ、ウフフ」

怜「ほら、塞にまで笑われとるで竜華」

竜華「うぅ…」

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 20:38:21.00 ID:mKy0WhQW0
竜華「まぁ、一応お互い自己紹介しとこか!」

塞「そうね、そっちの後輩の子たちは会うの初めてだし」

塞「じゃあ、私たちからするね!」

胡桃「鹿倉胡桃です、どうぞよろしく!」

セーラ「おっ、そっちは小学生混ざっとるみたいやな」 ニヤニヤ

胡桃「う…うるさい、そこ!」

白望「小瀬川白望…」

浩子(えっ、それだけ…!?)

豊音「姉帯豊音だよー、会えて嬉しいよー!」

泉(…デカっ!?)

エイスリン「My name is Aislinn Wishart,Nice to meet you!!」

竜華「な、ナイストュミーチュー…」

怜「たどたどしいで、竜華…」

塞「で、私が「次は私らやな」…」

塞「ちょっと、怜!?」

怜「アンタのことはみんな知っとるからパスや」

塞「ええっ!?」 ガーン



23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 20:42:23.80 ID:z6BNPScJO
怜「園城寺 怜や、よろしく…」

塞「なんで私だけ…」 ブツブツ

怜「そんないじけんといてな…」

エイスリン「サエ、ゲンキダシテ!」

セーラ「俺は江口セーラや、よろしくな!」

白望「そういえば…なんで学ラン…?」

セーラ「ええやろ、スカートなんかスースーしてはいとれんわ!」

胡桃「名前はいかにも女の子っ名前だけど…」 ププッ

セーラ「…なんやてっ!?」

胡桃「さっきのお返しよっ!」ビシッ!

浩子「2年の船久保 浩子です、2回戦では従姉妹たちがお世話になったとか…」

豊音「えっ!? 愛宕さんたちの従姉妹なの?」

浩子「えぇ、まぁ…」

塞「言われたら…確かに似てるね、あの二人と」

泉「1年の二条泉です、どうぞよろしく!」

豊音「わー、1年生だよー!」

豊音「なんだか妹みたいで、ちょーかわいいよー!」

エイスリン「 カワイイ!」

泉(い…妹って…)

胡桃「ごめんね…うちの部、3年生しかいなかったから…」

泉「あぁ、なるほど…」

竜華「で、ウチが清水谷竜華や!」

白望「うん、知ってる…」

竜華「反応薄っ!?」 ガーン


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 20:48:28.73 ID:z6BNPScJO
雅枝「おーい、そろそろ入るでー」

トシ「みんな行くよー」

塞「あ、はーい」

竜華「わかりましたー」

ゾロゾロ

竜華「…なあなあ、ウチら同い年やし、塞って呼んでええか?」

塞「え…うん! 私も竜華って呼んでいい?」

竜華「モチロンやで!」

セーラ「おっ、じゃあ俺のことセーラって呼んでくれや!」

胡桃「じゃあわたしは胡桃…あ、こいつのことはシロって呼んであげて」

白望「ダル…」

豊音「わたしは豊音だよー」

エイスリン「エット…」 オロオロ

塞「エイちゃんはエイちゃんだね!」

竜華「エイちゃんかー、かわええなぁ」

エイスリン「エヘヘ//」

セーラ「なんかロックな感じやなー」

怜「その永ちゃんとちゃう!」 ビシ

エイスリン「…?」

竜華「怜は怜やな!」

怜「せやな…あ、この子は船Qって呼んであげてや」

浩子「お、園城寺先輩…!?」

エイスリン「フナキュー!」

豊音「泉ちゃんは泉ちゃんだねー」

泉「い、泉ちゃんですか…」

セーラ「よっしゃー、まず風呂や、風呂!」

胡桃「こら、まず練習でしょ!」

セーラ「えー、そんなー」 ガクッ

雅枝「当たり前やろが、アホっ!」 ポカッ

セーラ「いてっ!?」



25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 20:53:35.40 ID:z6BNPScJO
練習場所

豊音「うわー、広ーい!」

泉「和室なんですね…」

怜「もう雀卓準備されとるな…」

塞「…ねぇ怜、気になってたんだけど、なんで怜たち3年生が合宿に来てるの?」

怜「あぁ、それな」

怜「竜華とセーラな、実はコクマの代表やねん」

塞「コクマ!?」

怜「そ…せやからコクマに出ん他県の人と練習しようってことで参加しとるんや」

塞「へぇー、なるほど…」

怜「わたしも実は補欠のメンバーなんやで」

塞「えっ!? すごいじゃん!」

怜「まぁ、わたし病弱やから出る機会なんかないと思うけどな…」

雅枝「よーし、さっそく始めるで!」

トシ「じゃあ、千里山と宮守…二人づつ卓に着くようにしてちょうだい」



26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 21:03:52.24 ID:z6BNPScJO
怜「塞、覚えとるか?」

塞「もちろん、あのことでしょ?」

塞「約束通り、怜のこと塞いであげる」 ゴゴゴ

怜「こっちこそ…一発ツモ、見せたるで」 ゴゴゴ

塞「シロ、あんたも入って!」

白望「はぁ…仕方ない」 ダル

竜華「じゃ、ウチも入るでー」

怜「頼むわ、竜華」

セーラ「じゃあ俺らはここで打とうや、胡桃」

胡桃「いいわよ、絶対負けないからね!」

セーラ「おっ、言うやないか」ニヤ

豊音「わたしたちも入ろー、泉ちゃん!」

泉「あっ…はい」

泉(また3年生だらけ…)

泉(…いや、今度こそ負けへんっ!) ゴッ

浩子「ほな、ウチは牌譜とっとりますわ」

エイスリン「ワタシモミテル!」



27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 21:07:41.19 ID:z6BNPScJO
A卓

竜華「ほな、よろしく!」 東

白望「…ダル」 南

怜「よろしゅう…」 西

塞「よろしく」 北

塞「……」 フキフキ

怜「なんや、モノクルつけるんか?」

塞「ん、まぁね…」

竜華「なんか、カッコええな!」

塞「ふふ、ありがと竜華」

浩子(さて、臼沢さんか…)

浩子(この人、結構興味があった人やからな…)

浩子(たっぷりデータ取らしてもらうで…) ニタリ

エイスリン「フ、フナキュー?」 ゾクッ

B卓

胡桃「よろしくお願いします」東

セーラ「おう、よろしく!」 南

豊音「よろしくねー!」 西

泉「よろしくです…」 北

豊音「セーラと麻雀が打てるなんて、ちょー感激だよー!」

セーラ「いやいや、そんな大袈裟やで!」

胡桃「私語はやめてさっさと始める!」ビシッ

泉(負けへん…)

泉(絶対負けへん…っ!) ゴッ

28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 21:22:10.38 ID:z6BNPScJO
東1局

塞(まずは塞がないでおこう…) コトン

竜華「……」 コトン

白望「……」 コトン

怜「……」

キィィィン

塞(…っ!)

怜「…リーチ」 ビシッ

塞「来た…」 コトン

竜華「……」 コトン

白望「うーん…」 コトン

怜「…」 ニヤ

怜「ツモ、2000・4000」

塞「ほ、ホントに一発…」

白望「…ダル」

竜華「怜…あんま無理したらアカンで…」

怜「うん、わかっとるよ…竜華」

塞「……」

東2局

怜(今日は調子ええな…)

怜(よし、もう一回…)

…ガッ

怜(っ!? なんやこれ…)

怜(まるで…なんかに縛られとるような…)

怜(…あれ?)

怜(未来が…視えへん…っ!?)

怜(…はっ!) チラ

塞「……」 キッ

怜(なるほど…)

怜(これが…塞ぐってことか…) コトン

塞「ロン、7700」

怜「…はい」 ジャラジャラ

竜華(なっ!? 怜が、振り込んだ…!?)

白望(塞…)

塞(ふぅ、やったわね…)

怜(やるやないか…塞)


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 21:28:22.89 ID:z6BNPScJO
オーラス

怜(ところどころ塞いでこないけど…)

怜(要所では、キッチリ塞いでくる…)

怜(おかげでラスやで…)

塞(はぁ…はぁ…)

塞(薄墨と違って…毎局塞がないといけないから…きっつい…)

塞(オーラスでトップ…)

塞(ラスの怜との点差も結構あるし…)

塞(もう、塞がなくていいよね…)

怜(どうやら、もう塞ぐ気は無いみたいやな)

怜(なら…私も勝ちたいし、ちょっと無理させてもらうで…っ!)

怜(ダブル…いや、トリプルやっ!)

キィィィィン

怜「…っ!」 フラッ

竜華「怜!?」

怜「…大丈夫や、竜華」

塞(あっ…ヤバイかも…) キッ

怜(今更遅いで…もう視えたわ)

数巡後

怜「リーチ」 ビシッ

塞(…げっ!?)

怜「…ツモ、4000・8000」

塞(倍満…っ!?)

塞(ま、捲られた…)



30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 21:32:06.14 ID:z6BNPScJO
竜華「ありがとうございました…」 3位

白望「お疲れ…ダル…」 4位

怜「はぁ…はぁ…」 1位

塞「ふぅ…ふぅ…」2位

竜華「怜! あんだけ無理したらアカンって言うたやろっ!」

怜「あはは…ごめん、りゅーか…」

白望「塞…無茶しすぎ…」

塞「いやー、負けたくなくて…」 アハハ

竜華「ホンマに大丈夫か、怜?」

怜「大丈夫…って言いたいけど、ちょっと横にならせてもらうわ…」 フラッ

塞「ごめん、私も…」 フラッ

竜華「なら膝枕したろか?」 オロオロ

怜「いや、いいわ…それより竜華は、自分の練習してや…」

怜「コクマの代表なんやし…」

竜華「怜…」

怜「船Q、代わり頼むわ…」

浩子「わかりましたわ、先輩」

塞「エイちゃん、バトンタッチ…」

エイスリン「ワカッタ! サエ、ヤスンデテ」

浩子「…あの、お二方、座布団いりますか?」

塞「あ、ありがと…」

怜「恩にきるで船Q…」

ゴロン

塞「あー、きっつ…」 グテー

怜「生きるんて…つらいなぁ…」 グテー

浩子「…それじゃ、ウチらは始めましょか…」

エイスリン「ヨロシク!」

竜華(怜…ありがとな…)

白望(はぁ…ダル)


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 21:36:56.15 ID:z6BNPScJO
一方、B卓東3局

胡桃「ロン、3900」

泉「うっ、はい…」

泉(また振ってもうた…)

泉(船久保先輩のデータで、この人はダマしかしてこんって分かっとんがに…)

泉(それでも、全然気配がわからへん…っ!)

東4局

セーラ(へぇー、綺麗なダマやないか)

セーラ(さすがは、ダマ麻雀に徹しとるだけあるで…)

セーラ(…でもな)

セーラ(俺はダマで安い手刻むより…)

セーラ「リーチ!」

胡桃「…っ!」

泉(江口先輩まで…っ!?)

セーラ(リーチかけて高い手アガるほうが好きなんや!)

セーラ「ツモ、3000・6000!」

泉(跳満親被り…)

胡桃「ぎゃー、捲られた!」

豊音「うわー、すごいよー!」

セーラ「へっへー!」


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 21:43:42.42 ID:z6BNPScJO
南2局

泉(よしっ! 逆転の跳満手張ったで!)

泉(裏乗れば倍満やしここは…)

泉「リーチ!」

胡桃(これはオリだね…) コトン

セーラ(泉、手ェ高そうやな…) コトン

豊音「んー、高そうだねー」

豊音「…まぁ、追っかけるけどー」

豊音「通らばリーチ!」

泉(追っかけリーチか…あっ!?)

セーラ(これが、船Qの言っとった…)

胡桃(ついに来たね…先負!)

胡桃(先制した者を後ろから縊く…)

豊音「ロン、12000だよー」

胡桃(背向の豊音…!)

泉(ぎゃ…逆に跳満振りこんでもうた…) カタカタ

南3局

泉「ポン!」 コトン

泉(もう点もほとんど無いし、ここは速攻でアガらな…)

セーラ(今度は速攻か…)

胡桃(…でも、豊音の能力は、先負だけじゃないよ)

豊音「ポンだよー」

泉(そっちも速攻!?)

セーラ「……」 コトン

豊音「ポン」

胡桃「……」コトン

豊音「それもポンだよー」

泉「……」 コトン

豊音「ポン」 コトン

泉(裸単騎…しかもバレバレの混一やないかっ!?)

泉(……あれ?)

泉(…裸単騎っ!?)

豊音「ぼっちじゃないよー」

豊音「ツモ、6000オールだよー」

泉「 」

胡桃(友引…) 3位

泉「 …トビました」4位

セーラ「うひゃー、やられた〜」 2位

豊音「やったー、トップだよー!」

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 21:50:20.02 ID:z6BNPScJO
A卓

エイスリン「〜♪」

浩子(エイスリン・ウィッシュアート…)

浩子(地区大会では、あの園城寺先輩や宮永照を抑えて和了率全国1位…)

浩子(牌譜見る限り、平均13巡以内にはテンパっとる…)

浩子(とんでもない速さやで…)

エイスリン「……」 コトン

浩子(…まぁ、弱点はある)

浩子(…それは、牌譜が綺麗すぎるってことや…)

浩子(まるで…自分で自分の理想の牌譜を書いてるかのように…)

浩子(そこに穴がある…) キラン

浩子「ロン、2000」

エイスリン「…っ!? …?…?」

竜華(なんや? 浩子にしちゃ変なアガりやな…)

浩子(綺麗すぎるからこそ、こういうイレギュラーには対応できひんってことや…) ニヤ

次局

浩子「ロン、5200」

エイスリン「エッ…!?」

竜華(また変なアガりや…)

浩子(クックック…)

浩子(ごちそうさんです…) ニタリ

エイスリン「…っ!」 ビクッ

白望(エイスリン…)

34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 21:53:58.42 ID:mKy0WhQW0
オーラス

エイスリン「……」 ブルブル

竜華「…むぅ」

浩子(清水谷先輩は、いまいち調子出てへんみたいやなぁ…)

浩子(まぁ大方、園城寺先輩が気になっとるんやろ)

浩子(なら今回は、このまま勝たせてもらいますわ…)

白望「うーん…」

白望「……」

白望「ちょいタンマ…」

竜華「へ…ああ、ええよ」

浩子(…うげっ!?)

浩子(確かこの人、長考しだしたら高い手つくっとる合図やったはず…)

白望「…リーチ」

浩子(リーチっ!? 止めれるか…?)

〜数巡後〜

白望「ツモ、4000・8000」

浩子(無理やった…) ガビーン

白望「お疲れ様…」 ←1位

竜華「あー、また3位か…」 ←3位

浩子「お疲れさんでした…」 ←2位

エイスリン「……ウゥ」 ←4位


35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 21:57:02.52 ID:mKy0WhQW0
数時間後

泉「 」 ズーン

セーラ「お、おい…大丈夫か泉?」

泉「あ、はい…」

泉(結局焼き鳥やった…)

エイスリン「…シロォ」 ポロポロ

白望「泣かないで…ダルいから…」ナデナデ

浩子(ありゃりゃ、やり過ぎたかな?)

エイスリン「…っ!!」 カキカキ、パッ

浩子(なんや、眼鏡にでかいバッテンが…)

白望「眼鏡は嫌い…ってことじゃない?)

浩子(えぇー…)

竜華「怜! 身体はどうなんや?」

怜「うん、もう大丈夫やで竜華」

竜華「よかった…」 ホッ

竜華「…もう無茶したらあかんで」

怜「わかっとるよ、竜華…」

胡桃「もう! だらしないわよ、塞!」

塞「えぇー、ちょっとくらい心配してよ…」

胡桃「うるさい! 無茶するほうが悪い!」

塞「うわ、冷たっ!?」

トシ「みんな、お疲れさん」

雅枝「とりあえず、練習はここまでにしとこか」

セーラ「…っ! てことは…」

トシ「あぁ、自由時間だよ」

セーラ「おっしゃぁぁ!」

豊音「温泉だよー!」


36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 21:58:23.32 ID:mKy0WhQW0
今回はここまでです

次は温泉シーンからです
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/19(木) 22:58:51.60 ID:l0y42bRXo
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/20(金) 19:37:55.90 ID:xjadq7u/0
泉ガンバレ〜
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/21(土) 13:08:09.04 ID:yHl2sXie0
竜華本気だせば強いんだけどな…
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/22(日) 21:10:42.35 ID:91gXzwKn0
地力 怜ちゃん 無極天はほぼ隙ないしね
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/24(火) 21:11:06.70 ID:Eb/NOZ+fO
竜華も泉も次の練習では目立たせるよ

あとちょっとしたら投稿します
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/24(火) 21:33:57.95 ID:Eb/NOZ+fO
昼食を終え

セーラ「おっしゃー、さっそく風呂行こーぜー!」

豊音「ちょー楽しみだよー!」

胡桃「そこ、騒がない!」 ビシッ

塞「いいんですか、ほんとに?」

トシ「もちろんだよ、行っておいで」

エイスリン「トシセンセイハ?」

トシ「私と雅枝はまだやることあるから、後から行くことにするよ」

雅枝「あー竜華、セーラが騒ぎすぎんよう、見張り頼むな」

竜華「はい、心得てます」

浩子「いつまで凹んどんねん、泉! いい加減切り替ぇや」 ヤレヤレ

泉「うぅ…わかってますよ…」

竜華「楽しみやなぁ、怜!」

怜「せやなぁ、りゅーか」

白望「塞、だっこして…」 ダル

塞「自分で歩けっ!」

セーラ「よーし、俺が一番乗りやー!」 ドタドタ

豊音「あーずるいよー、私も行くよー!」ドタドタ

胡桃「走らない、そこ !」 ビシッ

ワーワーキャーキャー

トシ「…いいのかい、コクマもあるのに温泉なんて?」

雅枝「えぇ、もちろんです」

雅枝「インハイ終わってからも、ずっと麻雀漬けやったんです」

雅枝「ここらでちょっと、息抜きくらいさせてあげなきゃあかんでしょう」

雅枝「あの子らも、学生なんですし…」

トシ「ふふ、そうだねぇ…」

トシ「ほんとは、娘たちもつれてきたかったんじゃなかったのかい?」

雅枝「…部活じゃなきゃ、そうですね」 ハハハ

トシ「ふふ…」

トシ「…さ、私たちも用事済ませて、早く温泉に行こうかね」

雅枝「そうですね」

43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/24(火) 21:43:40.46 ID:Eb/NOZ+fO
脱衣所

エイスリン「〜♪」 ヌギヌギ

竜華「うわ〜エイちゃん、肌白くて綺麗やなぁ」

エイスリン「エヘヘ// リューカモキレイダヨ!」

竜華「いやいや、そんな〜//」

白望「塞、脱がせて…」

塞「それくらい自分でしてよ、もう!」

白望「はぁ…ダル」

怜「……」 ジー

塞「へ、どうしたの怜?」

怜「…いやなぁ」

怜「塞、胸は竜華ほとじゃないけどなぁ、腰のくびれがすごいなぁ…」

塞「え、そうかな…」

怜「スタイルもええし…なんかエロいなぁ」

塞「え、エロいって…」

白望「お尻も大きい…」

塞「…おいシロ」 ツネリ

白望「痛いしダルいからやめて…」

塞「そういう怜だって、結構胸あるじゃない」

怜「そうか?」

怜「…まぁ、周りには竜華やあんたの相方がおるから目立たんけどな…」

白望「痛い痛い…いつまでつねってるの塞…」

豊音「塞、シロが可哀想だよー」

エイスリン「サエ、ハナシテアゲテ」

塞「…はいはい」 パッ

白望「…はあ、痛かった」
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/24(火) 21:53:27.52 ID:Eb/NOZ+fO
胡桃「…うぬぬ」

浩子「どうしたんです、鹿倉さん?」

泉「なんでうなっとるんで…あ」

竜華「シロも大変やな〜」 ボイン

白望「うん…大変…」 ボイン

塞「いやいや竜華、同情しなくていいからね」 ポヨン

怜「塞、ちょっとは落ち着きぃや…」 ポヨン

胡桃「……」 ペタン

泉「……」 ペトン

浩子「……」 ペッタンコ

胡桃「うぬぬ…」ギリギリ

泉「ぐぬぬ…」ギリギリ

浩子「…チッ」

セーラ「何うなっとんねん、お前ら…」

泉「先輩はわからないんですかっ!」

セーラ「なんのことや…ってああ、胸か」

セーラ「あんなん、あったって重いだけやろ」 ハァ

胡桃「シャラップ!」 ビシッ!

泉「それは持たざる者が言ったらあかん台詞ですよっ!」

セーラ「も、持たざる者って…」

泉「あー鹿倉さん、泉、その人に何言っても無駄でっせ」

泉「…言えてますね。女子校で唯一、学ラン着てるような人ですからね」

胡桃「私たちの気持ちなんかわかるわけないよね!」

セーラ「えぇー」

セーラ(言えへん…ホントはちょっとだけ願望あるやなんて、死んでも言えへん…)

豊音「楽しみだね、エイスリンさん!」

エイスリン「ウン、タノシミ!」


45 :>>44訂正 [saga]:2013/12/24(火) 21:55:06.37 ID:Eb/NOZ+fO
胡桃「…うぬぬ」

浩子「どうしたんです、鹿倉さん?」

泉「なんでうなっとるんで…あ」

竜華「シロも大変やな〜」 ボイン

白望「うん…大変…」 ボイン

塞「いやいや竜華、同情しなくていいからね」 ポヨン

怜「塞、ちょっとは落ち着きぃや…」 ポヨン

胡桃「……」 ペタン

泉「……」 ペトン

浩子「……」 ペッタンコ

胡桃「うぬぬ…」ギリギリ

泉「ぐぬぬ…」ギリギリ

浩子「…チッ」

セーラ「何うなっとんねん、お前ら…」

泉「先輩はわからないんですかっ!」

セーラ「なんのことや…ってああ、胸か」

セーラ「あんなん、あったって重いだけやろ」 ハァ

胡桃「シャラップ!」 ビシッ!

泉「それは持たざる者が言ったらあかん台詞ですよっ!」

セーラ「も、持たざる者って…」

浩子「あー鹿倉さん、泉、その人に何言っても無駄でっせ」

泉「…言えてますね。女子校で唯一、学ラン着てるような人ですからね」

胡桃「私たちの気持ちなんかわかるわけないよね!」

セーラ「えぇー」

セーラ(言えへん…ホントはちょっとだけ願望あるやなんて、死んでも言えへん…)

豊音「楽しみだね、エイスリンさん!」

エイスリン「ウン、タノシミ!」


46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/24(火) 22:07:20.14 ID:Eb/NOZ+fO
浴場

豊音「うわー、ちょー広いよー!」

泉「結構いろんなお風呂ありますね…」

セーラ「よーし、さっそく入ろうやー!」

胡桃「こら、まずはかけ湯でしょ!」

セーラ「おー、そやったそやった」 バシャ

浩子「やれやれ…」

怜「りゅーか、露天湯もあるみたいやで」

竜華「そうかー、じゃ、そっち行こか」

塞「あ、わたしも」

白望「露天湯…よさそう…」

浩子「ウチも行きますわ」

セーラ「俺は最初にこっちの風呂に入っとるわ」

泉「ウチもそうします」

豊音「私もこっちにいるよー」

エイスリン「ワタシモ!」

胡桃「じゃあ、私もこっちにいるわ」

竜華「うん、わかったでー」

塞「じゃあ、行こうか」


47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/24(火) 22:16:13.56 ID:Eb/NOZ+fO
豊音「ん、なんだろこのお風呂…」

泉「炭酸泉ですね、これ」

豊音「炭酸泉?」

泉「姉帯さん、知らないんですか?」

豊音「うん、私こういうとこ初めてだから…」

泉「なるほど…入ってみたらわかりますよ」

チャポン

豊音「なんだかぬるいねー」

泉「ふふっ、体をよく見てみてください」

豊音「体? …あっ!」

豊音「あ、泡がいっぱいついてるよー!」

泉「これは文字通り、炭酸水のお風呂なんですよ」

泉「このお風呂に入ってたら、血の巡りがよくなったり、あと肌にもいいらしいですよ」

豊音「へぇー、そうなんだー」

豊音「……」

ペロッ

豊音「…味しないね」

泉「ちょ、ちょっと、何やってるんですか!?」

豊音「え…だって、炭酸ってことはサイダーと同じってことでしょ?」

豊音「だから、舐めたらサイダーの味するのかなーって」

泉「いやいや! あれはちゃんと砂糖とかいろんなもので味付けしてあるんですよ!」

豊音「そ、そうだったんだ、知らなかったよー!」

泉(な…なんやこの人…)

泉(純粋過ぎる…)


48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/24(火) 22:24:28.80 ID:Eb/NOZ+fO
セーラ「おっしゃー、サウナはいるか!」

エイスリン「サウナ?」

セーラ「おー、エイちゃんも一緒に入ろうや!」

エイスリン「ウン!」

胡桃「だ、大丈夫なの、エイちゃん?」

エイスリン「モチロンダヨ、クルミ!」

セーラ「おっ、なんや、胡桃はサウナ苦手なんか?」

胡桃「に、苦手じゃないわよ! わたしも入る!」

セーラ「そうこなくちゃなぁ!」

ガチャ、ムワー

胡桃「うっ…」

エイスリン「アツイ…」

セーラ「いやいや、それがええんやろ」

エイスリン「…ソウダネ、ワタシガンバル!」ギュ

胡桃「エイちゃん…」

〜数分後〜

エイスリン「……」 プルプル

胡桃(あー、そろそろまずいかも…) ダラー

セーラ「ふぃー」 ←余裕の表情

胡桃「ああ、もう無理っ!」 ダッ

エイスリン「ワタシモ!」 ダッ

ガチャ

胡桃「はー…はー…」

エイスリン「シ、シヌカトオモッタ…」

セーラ「なんや二人とも、だらしないなー」 ガチャ

胡桃「あんたが強すぎるのよっ!」

エイスリン「You are too tough!」

セーラ「えー、そうかなぁ…」

胡桃「もう…エイちゃん、露天湯行こ!」

エイスリン「ロテンユロテンユ!」

セーラ「あー待った、俺も行くって!」

豊音「私たちも行こー、泉ちゃん!」

泉「は、はい」

49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/24(火) 22:28:16.94 ID:Eb/NOZ+fO
露天湯

白望「あー」 ダラー

塞「シロ、あんたよくその格好で沈まないわよね…」

白望「まあね…」

怜「うーん…生きるんて、いいこともあるんやなぁ」

竜華「何いっとんねん、怜…」

浩子「これ、源泉かけ流しみたいですね…まぁ、泉質は知りませんけど」

怜「てことは体にもいいってことやよな、病弱な私にはぴったりやなぁ」

竜華「またそのアピールかいな…」 ヤレヤレ

塞「竜華も大変だね」

竜華「ホンマやわ… 怜、いっつもこのアピールするからな…」

怜「だって私はホンマに病弱やから!」 ドヤ

竜華「自慢することやないやろっ! …てか、またそのアピールか!」

塞「あはは」

白望「ふー」 グテー
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/24(火) 22:35:02.83 ID:Eb/NOZ+fO
竜華「しかし、塞はスタイルえぇよなぁ」

塞「いやいや、竜華だってスタイルいいじゃん」

竜華「あはは、おおきに」

竜華「でも、ウチは塞みたいに腰がキュってしとるわけやないから、ホンマ羨ましいわ」

塞「…そうかな//」

白望「やっぱり尻が大きいから…ぐぼっ!?」

浩子「…っ!?」

塞「シロ…その口1回塞いであげる…」 グググ

白望「ぐぼっ…ごぼっ…っ!?」 ブクブク

竜華「おお落ち着きぃや塞っ!?」

怜「シロが死んでまうでっ!?」

塞「…ふん、助かったわね…シロ」 パッ

白望「ペッ、ペッ…温泉だからしょっぱい…」

竜華「…ほっ」

怜「…でも、シロのスタイルも結構いいよなぁ」

塞「そうなのよねー、こんなダルがりなのに…」

怜「特に…この膝が」

塞「…ひ、膝?」

怜「やっぱ、膝枕ソムリエとしては、見逃せん膝やわ」

怜「…なぁシロ、上がったら膝枕してくれへんか?」

塞「…はぁ!?」

竜華「ちょっ、怜! アンタにはウチがおるやろが!」

怜「でも…シロの膝をテイスティングできんのは今しかないやないか!」

竜華「いやいや! 他人の膝に行かんでもええやろ」

怜「ええやん、たまにはっ!」

竜華「アカンッ!」

塞「…なにこの喧嘩」

浩子「あーすんません、ウチではこれが日常茶飯事ですから…」

白望「…ダル」


51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/24(火) 22:40:03.80 ID:Eb/NOZ+fO
セーラ「ひゃっほー、露天湯やー!」

エイスリン「ロテンユヤー!」

豊音「露天湯だよー!」

胡桃「こらそこ、騒ぐなっ!」 ビシッ

竜華「あ、セーラたちも来たんか」

塞「どうだった、中のお風呂?」

エイスリン「セーラ、タフ!」

塞「へ?」

胡桃「あー気にしないで塞…結構よかったよ」

豊音「炭酸泉、すごかったよー!」

泉「露天湯…やっぱいいですね、この解放感」

セーラ「うーん、なんか泳ぎたくなってきた!」 バッ

竜華「わっ、セーラ!」

怜「おるよなー、こういう子供…」

胡桃「こら、こんなところで泳ぐな!」

セーラ「まあまあ、ええやないか!」

ピューン…バンッ

セーラ「…ぐはっ!?」

塞「っ!? タオルがセーラの顔にヒットした!?」

「なにしとんねん、セーラ…っ!」

セーラ「げっ…監督…」





52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/24(火) 22:43:30.66 ID:Eb/NOZ+fO
雅枝「まったく、あれほど人様に迷惑かけるなっていったやろが!」

セーラ「すんません、反省してます…」

雅枝「…ホンマかぁ?」 ギロッ

セーラ「もちろんですっ!」

怜「…なぁ、船Q」 ヒソヒソ

浩子「なんです、先輩?」

怜「監督もえらいスタイルいいけど…いま何歳なんや?」

塞「あっ、それ私も気になる」

浩子「すんません、わすれましたわ」

怜「なんや…聞いたりせんのか?」

浩子「いや…聞いたら…おばちゃんに殺されかねないんで…」 カタカタ

怜「あー」

塞「なるほど…」

雅枝「何か言ったか、浩子っ!」

浩子「いえ、何も!」

浩子(今度洋榎たちに聞いてみっか…)

「あんたたち、わたしも忘れちゃ困るよ」

豊音「トシ先生!」

トシ「まったく、雅枝の方ばかり向いて…」

トシ「わたしだって、まだまだ現役だと思うんだけどねぇ…」 ←形容しがたい悩殺ポーズ

塞「 」

白望「 」

胡桃「 」

竜華「 」

怜「 」

セーラ「 」

浩子「 」

泉「 」

雅枝「と、トシさん…」

豊音「え、ええっと…」

エイスリン「How terrible…」

トシ「冗談のつもりだったんだけどね…」 ズーン

塞「すいません、冗談に聞こえませんでした」


53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/24(火) 22:45:06.32 ID:Eb/NOZ+fO
今回はここまで

次回は卓球とかカラオケとかいろいれするところから始まります

54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/24(火) 23:01:39.42 ID:0sBZCxTdo
乙です
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/25(水) 04:16:59.86 ID:DIj/oQND0

俺もまざりたい
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/26(木) 02:14:10.90 ID:WnhPT/Pwo
乙ー!
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/28(土) 18:08:02.82 ID:DNRe7gGc0
いまカラオケ描写を書いてますが、歌詞ってどこまで書いていいもんなんですか?
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/28(土) 20:24:49.52 ID:ds75rBX+o
ブログですら歌詞バリバリ書いてる位だし
ましてここなら気にしなくていいように思う
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/28(土) 20:51:47.90 ID:DNRe7gGc0
>>58
ありがとう、年内にがんばって投稿します
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/29(日) 21:44:53.81 ID:7qN2FNVzo
やったー!
期待してますー!
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 20:48:38.53 ID:r6T23i+k0
有言実行、今年最後の投稿始めます

62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 20:52:01.04 ID:r6T23i+k0
顧問以外は風呂を上がり…

塞「しかし…トシ先生のアレは、冗談と言ってもねぇ…」

白望「きつかった…」 ダルー

塞「…あんた、さっさと着替えないと風邪ひくわよ…」 アキレ

白望「ダルい…着させて…」

塞「あっ、浴衣ある」← ガンスルー

白望「ひどい…」

塞「毎回毎回相手すると思うな!」

怜「りゅーかー、髪といたるでー」

竜華「あ、ありがとーな、怜!」

竜華「〜♪」

怜「しかしなぁ、竜華も私みたいに短くすれば楽なんになぁ…」 ←ブラシでときながら

竜華「えー、ウチ、長い方が好きやねん」

怜「ふーん…」

泉「 」 ズーン

豊音「ど、どうしたの泉ちゃん…!?」

泉「い…いや、実は…体重が少し…」

豊音「き、気にしちゃだめだよー!泉ちゃん、スマートで綺麗だよ!」

泉「そ…そうですかね…?」

豊音「そうだよー!」

泉「あ、ありがとうございます、姉帯さん…」

63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 20:56:17.74 ID:r6T23i+k0
浩子「おや、これは…」

セーラ「牛乳ビンの自販機やん、俺コーヒー牛乳買うでー!」 ガコン

エイスリン「ナニ、コレ?」

セーラ「これか? これは日本の風呂上がりのトラディションドリンクやで!」

浩子「それをいうならトラディショナルドリンクですよ、先輩…」

セーラ「あ、そうやったっけ?」

エイスリン「traditional…oh!」 キラキラ

セーラ「…そや! それならエイちゃんにトラディショナルな飲み方も教えたる!」

エイスリン「…?」

浩子(えっ、それって…)

セーラ「…ゴクッ…ゴクッ」←腰に手を当てつつ

セーラ「はー、うまいっ!」

浩子(やっぱりか…)

セーラ「…どや、エイちゃん?」

エイスリン「…っ! ワタシモヤル!」

ガコン

エイスリン「…コクッ…コクッ」←腰に手

エイスリン「ハー、ウマイッ!」

セーラ「せやろー!」

タッタッタッ

胡桃「ストォォォォォップッ!!」

浩子「わっ、鹿倉さん!?」

胡桃「エイちゃん! それ覚えちゃいけない文化だから! 若い子はやらないから!」

エイスリン「…ソウナノ?」 キョトン

胡桃「あんたもあんたよ! エイちゃんになんてこと教えてんのよっ!」

セーラ「えー、いいやん別に…」 ブー

胡桃「うるさい、そこっ!」

塞「何騒いでんだろ、胡桃?」

白望「さぁ…」



64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 20:59:37.34 ID:r6T23i+k0
脱衣所をでて…

豊音「浴衣とか、はじめてだよー!」

塞「胡桃はともかく、まさか豊音に合うサイズもあるなんてね…」

胡桃「ちょっと、どういう意味よそれ!」

白望「そのままでしょ…」

胡桃「うぅ…」

胡桃(実際これ、子供用らしいから反論できない…)

セーラ「おっしゃー、この後何する?」

竜華「せやなー、どうする?」

浩子「いろいろあるみたいですね」

泉「卓球なんてどうです?」

怜「おっ、定番やな」

エイスリン「タッキュウ?」

塞「あー、table tennisだよ」

エイスリン「ワタシ、シタコトナイ」

豊音「私もだよー」

竜華「じゃあ、卓球やろーか」

セーラ「せやなー、腕がなるわ!」

白望「あー私パス、ダルいし…」

怜「私も、病弱やし…」

竜・塞「「こらっ!」」


65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 21:01:46.78 ID:r6T23i+k0
卓球場

セーラ「よし、さっそくやるか!」

塞「人数も人数だし、ダブルスにしよーか」

竜華「せやな、じゃあチーム分けするで」

〜チーム分け後〜

エイスリン「シロ、イッショダネ!」

白望「うん…」

セーラ「俺は泉とかー」

泉「よろしくです」

豊音「がんばろーね、胡桃!」

胡桃「う…うん…」

胡桃(身長差が…)

怜「船Q、迷惑かけるけどよろしくな」

浩子「いやいや、こちらこそ」

竜華「ウチは塞とやな!」

塞「部長同士だね、よろしく!」

塞「….よし、このチームで総あたりといきますか」

セーラ「おーし、絶対勝つでー!」

エイスリン「シロ、ガンバロ!」

白望「ダルいけどがんばる…」

66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 21:05:08.07 ID:r6T23i+k0
〜以下、ダイジェストでお送りします〜

豊音「よーし、サーブいくよー」

怜「お手柔らかになー」

胡桃(あれ…卓球台って、こんなに大きかったっけ?)

豊音「それー」

スカッ

怜「……」

浩子「……」

豊音「あはは、ごめん…もう一回いくよー」

スカッ

怜「……」

浩子「……」

胡桃「……」

豊音「……」

怜「あの…豊音って、運動苦手なん?」

豊音「……」

豊音「うわぁぁぁん、ごめんなさーい!」

浩子「い、いや!? 泣かんといてください!」

怜「…てか、胡桃も大丈夫か?」

怜「身長が…」

胡桃「……」

胡桃「…うぇぇぇん」

怜「わわ、胡桃まで泣かんといてな!?」

67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 21:08:41.27 ID:r6T23i+k0
泉「はい!」 コン

白望「…ダル」 コン

セーラ「おりゃ!」 コン

エイスリン「エイ!」 コン

セーラ「なかなかやるやないか!」

泉「あ、ヤバ…っ!」 スコン

エイスリン「シロ、チャンス!」

泉(ま、まぁ小瀬川さんならそんな早い球は打てんやろ…レシーブも江口先輩やし…)

白望「……」 グッ

カコンッ!

セーラ「っ!?」 ヒュン

泉「なっ…江口先輩が動けんだやて!?」

泉(なんてスマッシュや…っ!?)

エイスリン「シロ、ナイス!」 ハイタッチ

白望「ん…」 パンッ

塞「あー気をつけてね、あいつ結構運動神経いいから」

竜華「へー、人は見かけによらんなぁ」

セーラ「…油断しとったわ」 ゴゴゴ

泉(うっ、江口先輩がマジや…)

セーラ「こっからは本気でいくで、シロっ!」

白望「はぁ、ダル」

竜華「セーラも本気みたいやな」

塞「私たちもがんばろ、竜華!」

竜華「合点や、塞!」

怜「うむむ…隙がない…」

浩子(なんつーバランスのとれたチームやねん!?)


68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 21:10:34.95 ID:r6T23i+k0
竜華「これが決勝戦やな!」

塞「3勝同士だからね」

エイスリン「カトウ、シロ!」

白望「うん…がんばろ」

セーラ「くっそー、結局勝てへんかった」 ガクッ

泉「仕方ないですよ、あの2組強過ぎですよ…」

浩子「どっちが勝ちますかね?」

怜「うーん、微妙やなぁ…」

浩子「エイスリンさんは初心者なのにコースつくのうまいですし、小瀬川さんにはあのスマッシュが…」

怜「かと言って、竜華と塞の総合力は計り知れんからなぁ」

泉「どっちが勝ってもおかしくないですね」

胡桃「身長が…身長が…」 ズーン

豊音「うわぁぁぁん、全敗だよー!」

セーラ「あー、ドンマイやな…」

竜華「よし、いくでー!」

エイスリン「マケナイヨ!」

塞「覚悟してね、シロ!」

白望「ダルいけど、勝つ…」


69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 21:13:09.47 ID:r6T23i+k0
試合終了

塞「くっ…」ガクッ

竜華「ま、負けた…」

エイスリン「ヤッター、シロ!」 ダキッ

白望「ん…」 ギュ

塞「…むっ」

怜(……ん?)

セーラ「結局あのスマッシュ返せんだな…」

浩子「でも、いい勝負でしたね」

泉「そうですね」

胡桃「身長が…」ズーン

セーラ「いつまで言っとんねん…」

竜華「あー、疲れた…」

塞「でも、まだ夕ご飯まで時間あるね」

怜「どうする、この後?」

泉「カラオケもあるみたいですよ、ここ」

豊音「カラオケ!?」 バッ

怜「お、立ち直った」

エイスリン「カラオケ、ヤリタイ!」

豊音「私もだよー!」

竜華「じゃー、カラオケやるか!」

怜「カラオケとか久しぶりやなぁ」

セーラ「おっしゃー、歌って卓球の鬱憤晴らすでー!」

塞「ほらいくよー、胡桃」

胡桃「身長が…」 ズーン

白望「そっとしとこう…ダルいし」

塞「はぁ…ほんとに置いてくよ」

スタスタ

胡桃「身長…って!」

胡桃「うわ、置いてかないでー!」

スタタタタ

70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 21:42:38.02 ID:r6T23i+k0
カラオケ部屋

セーラ「おっしゃー、歌うでー!」

豊音「歌うよー!」

泉「こういうとこのカラオケ機って、そんな新しくないと思ってましたけど…」

怜「結構新しいやつやな、これ」

浩子「採点機能もついてますね」

白望「採点ダルい…」

竜華「えー、あったほうが面白いで」

胡桃「あんまり厳しくなきゃいいけど…」

塞「じゃー、トップバッターは誰にする?」

エイスリン「ハイ、ワタシ!」

竜華「おー、張り切っとるなーエイちゃん!」

塞「じゃー、エイちゃんからね、使い方わかる?」

エイスリン「No problem!」

怜(外人さんやから、やっぱ洋楽かなぁ?)

セーラ(楽しみやな!)


71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 21:46:34.97 ID:Lc99wEmWO
エイスリン「北の〜酒場通りには〜♪」

エイスリン「長〜い〜♪」

竜華「………」

塞「………」

エイスリン以外(ど、ド演歌ぁ!?)

怜(え、なんかえらい予想が外れたんやけど…)

胡桃(て言うか、無駄に発音がいい…)

セーラ(ま、まぁこういうのもありやよな…)

エイスリン「フゥ、オソマツサマデシタ」 ペコッ

竜華「あ、あのエイちゃん…」

塞「一応聞くけど、誰にその歌教えてもらったの?」

エイスリン「トシセンセイ!」

塞(ですよねー)

エイスリン「ニホンノウタ、ウタイタカッタ」

エイスリン「ダカラ、センセイニオススメキイタ!」

竜華「そ、そうなんか…」 アハハ

白望「上手だったよ…」

エイスリン「ホントニ?」

胡桃「発音もよかったし、こぶしがきいてた」

浩子「あ、点数出ますよ」

ドラムロール〜♪

スクリーン「90点!」 バンッ

泉「高っ!」

豊音「スゴイよー、エイスリンさん!」

エイスリン「ヤッター!」

セーラ「よーし、エイちゃんに続くでー!」

72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 21:51:54.50 ID:Lc99wEmWO
セーラ「ゆ〜め〜じゃーない、あれもこれも〜♪」

塞「おぉ、これはまた定番を…」

竜華「まぁ、セーラらしい曲やな!」

セーラ「そしてか〜がやく」〜♪

セーラ「ウ・ル・ト・ラソゥ!」 ヘイ

セーラ「…ふぅ、歌った歌った!」

泉「お見事でした」 パチパチ

セーラ「へへ…まぁ、こりゃ高得点いったやろー」

ドラムロール〜♪

スクリーン「72点!」 バンッ

セーラ「 」

胡桃「……」

怜「……」クク

浩子「何というか…微妙ですね」 プクク

セーラ「うるせー、笑うな浩子ー!」

竜華「次だれ歌うー?」

豊音「私が歌うよ!」

怜「おぉ、豊音か」

胡桃(豊音、どんな曲歌うんだろ…?)

豊音「よーし、がんばるよー!」


73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 21:54:30.11 ID:Lc99wEmWO
豊音「せーかいにひ〜とつだーけのは〜な♪」

怜「おぅ、これは…」

胡桃「名曲だね」

泉「なんだか、姉帯さんらしい曲ですね」

豊音「もっともっととーくべつな オンリーワン♪」

豊音「ありがとうございましたー」

竜華「豊音らしいええ歌やったでー」

豊音「ありがとー」

豊音「大事なのはオンリーワンだよー!」

塞「そうだね、豊音!」

セーラ「…おっ、点数でるでー」

ドラムロール〜♪

スクリーン「66点!」 バンッ

エイスリン「Oh…」

セーラ「あー…」

泉「えっと…」

豊音「……う」

豊音「うわぁぁぁん、セーラより点数低いよー!」

胡桃「わわ!? 豊音、落ち着いて!」

セーラ(俺よりって…)

白望「…ナンバーワンにならなくてもいい」

塞「そ…そうだよ、点数なんて関係ないよ」

竜華「豊音、めっちゃうまかったでー、オンリーワンやで!」

豊音「…ほんと?」 グスン

豊音以外「もちろん(です)!」

豊音「…えへへ、そうかな//」

塞(ふぅ、よかった)

竜華「次はだれやー?」

浩子「泉、行ったれ」

泉「えっ…ウチですか!?」

怜「おー、泉かー」

セーラ「期待しとるでー」

泉「…じゃあ、がんばります」

74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 21:56:15.86 ID:Lc99wEmWO
泉「こ〜いしちゃったんだ、なのに、気づいてなーいでしょ〜♪」

セーラ「ほう…」

浩子「堅実にいきよったか…」

泉「指先で送る君へのメッセージ♪」

泉「…どうでしたか?」

浩子「普通やなぁ」

セーラ「もっとぶっとんだやつ期待しとったで」

泉「ええっ!?」

怜「…まぁ、普通にうまかったけどな」

胡桃「セーラよりは点数高いと思うよ」

セーラ「何やて!」

塞「あ、採点でるよ」

ドラムロール〜♪

スクリーン「62点!」

泉「 」

セーラ「こ、これは…」

怜(セーラ越すどころか)

白望(ワースト出した…)

エイスリン「ド…ドンマイダヨ!」

泉「…」 ズーン

豊音「元気だして、泉ちゃん!」

泉「姉帯さぁん…」 ウゥ

豊音「よしよし」 ナデナデ

竜華「き、気を取り直して次行こう!」

白望「胡桃でいいんじゃない…次」

胡桃「えっ、まあいいけど…」

セーラ「まさか、子どもっぽい曲やないよな」 ニヤニヤ

胡桃「うるさい、そこっ!」



75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 21:59:42.21 ID:Lc99wEmWO
胡桃「ほ〜ら、あなたにとって♪」

セーラ「お、また定番の曲を…」

塞「胡桃、カラオケきたらいつもこれ歌ってるよ」

胡桃「響け、恋のう〜た♪」

竜華「ヒュー! 」 パチパチ

白望「やっぱうまいね…」

胡桃「ちゃ、茶化さないでよ//」

セーラ「照れとるやんけ〜、このこのー」

ドラムロール〜♪

スクリーン「87点!」 バンッ

怜「ここに来てこの高得点か…」

エイスリン「ヤッタネ、クルミ!」

胡桃「ありがと、エイちゃん!」

セーラ「よっしゃ、次は浩子やな!」

浩子「はいはい、あんま歌得意やないんですけど…」

塞(ん〜、どんなの歌うか予想できないなぁ)
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 22:03:52.96 ID:Lc99wEmWO
浩子「わ〜たしは、わ〜たしと♪」

塞「うぉ…!?」

胡桃「予想外だよ…」

怜「ファンなんやって、船Q」

浩子「わたーしはいーきたは恋心と♪」

泉「相変わらず上手いですね…先輩」 パチパチ

セーラ「イメージと合わんけどな!」 ニヤニヤ

浩子「いいでしょ…好きなんですから」

ドラムロール〜♪

スクリーン「88点!」

竜華「おぉ〜」

豊音「すごいよ、船Q!」

浩子「いえいえ…」

泉「あと歌ってないのは、4人ですか」

セーラ「よーし、勝負しようや!」

エイスリン「ショウブ?」

セーラ「竜華と怜、シロと塞…この2人組同士の合計点を競いあうんや!」

怜「また変なことを…」 ハァ

竜華「ええやん、面白そうやん!」

浩子(なんで最初から勝負せんかったんやろ?)

泉(まぁ…しとったらウチ、確実に足ひっぱっとったけど…)

白望「ダルい…」

塞「まあまあ、いいでしょ」

塞「じゃ、最初はシロね」

白望「えぇ〜、ダル…」

エイスリン「シロ、ファイト!」

豊音「がんばれー!」

胡桃「負けないでよ!」

白望「はぁ…仕方ない…」


77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 22:06:27.57 ID:r6T23i+k0
白望「見えないものを見よ〜としてー♪」

セーラ「うぉ…!?」

泉「選曲が意外ですね」

竜華「でも…上手い」

怜「やっぱ…人は見かけによらんなぁ」

白望「Oh yeah ah〜♪」

怜「いや〜、すばらやで」

セーラ「ほんま上手かったわ〜!」

豊音「さすがシロだよー!」

白望「ダルかった…」

浩子「点数はどうですかね?」

ドラムロール〜♪

スクリーン「92点!」 バンッ

エイスリン「スゴイ!」

泉「これはレベルが高い…」

塞「よしっ!」

胡桃「ナイスシロ!」

怜「むぅ、やるなぁ…」

竜華「怜、これは本気でいかなアカンで」

怜「はぁ、まあ病弱なりにがんばるわ…」

竜華「はいはい、がんばりや!」



78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 22:09:15.37 ID:r6T23i+k0
怜「消〜えそうに、咲きそうな〜、つ〜ぼみが♪」

竜華「…うぅ」 グスッ

セーラ「なんで泣いとんねん…」

塞「まぁ…わからなくはないけど…」

竜華「…せやろ」

泉(この選曲…わざとやろ…)

胡桃(上手いんだけどね…)

怜「蕾を探してる〜、そ〜らに〜♪」

豊音「感動だったよ〜」 グスン

怜「おおきに」

浩子「こりゃ、高得点が期待できそうですね」

ドラムロール〜♪

スクリーン「92点!」 バンッ

胡桃「シロと同点っ!?」

セーラ「こりゃあ、勝負の行方は部長の二人に委ねられたな…」

塞「うわぁ、マジで…」

エイスリン「サエ、ガンバレ!」

豊音「いけー、塞!」

塞「うう、プレッシャーかけないでよ…」

胡桃「塞、いつものあの台詞!」

塞「…はいはい」 フゥ

白望「いける…塞?」

塞「ま…ラクショーってことで!」



79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 22:11:41.40 ID:r6T23i+k0
塞「ず〜っと前から〜、き〜みがすきーでした♪」

セーラ「うーむ、やるなぁ…」

胡桃「さすがは塞!」

怜「……」

塞「明日こそキミをさそお〜うかな〜♪」

塞「ふぅ〜」

泉「すごいですね、臼沢さん!」

浩子「いや〜、敵ながらあっぱれです!」

塞「あはは、ありがと」

白望「お疲れ…」

怜「…結果はどうや?」

ドラムロール〜♪

スクリーン「95点!」 バンッ

豊音「今日最高点だよー!」

竜華「うむむ…」

セーラ「こりゃ、プレッシャーやなぁ」

浩子「まぁ最高状態の清水谷先輩ならいけるでしょ」

竜華「いやいや!? カラオケに関係ないやろそれ!」

怜「…りゅーか」 トントン

竜華「ん、なんや怜」クルッ

怜「がんばってな!」 ニコ

竜華「おっしゃー、はりきっていくでー!」

泉(相変わらずチョロい…)

胡桃(バッカみたい…)

塞(怜って、意外と小悪魔なのかな?)

怜「…ん?」

80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 22:16:21.74 ID:r6T23i+k0
竜華「遊びたい! 絶対! とゅたい、たい、たい♪」

豊音「竜華らしい明るい曲だよー」

怜「やっぱ上手いなー、竜華…」

竜華「あいわな joyと joyと joyと POPなベイベー♪」

竜華「joyと joyと joyと Happyなピーポー♪」

塞「むむむ…」

竜華「ふう、どうやった?」

セーラ「さすがやでー、竜華!」

エイスリン「Great!」

浩子「あとは結果ですね」

泉「あ、点数でますよ」

ドラムロール〜♪

胡桃「…ごくっ」

怜「緊張やな…」

白望「……」

81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 22:17:28.49 ID:r6T23i+k0
スクリーン「94点!」 バンッ

塞「うわっ!?」

セーラ「おー!?」

豊音「やったー、勝ったよー!」

泉「い、一点差…」

胡桃「これは名勝負だったね…」

竜華「うーん、負けてもうたかぁ…」

怜「お疲れ様、竜華」

竜華「ごめんな怜、負けてもうたわ」

怜「…でも、上手かったで、りゅーか」

竜華「怜…」

塞「いい勝負だったね、竜華!」 スッ

竜華「塞…うん、ええ勝負やった!」

竜華「でも…次は負けへんからな!」

塞「うん!」

ガシッ

セーラ「おぉ、勝負の後の…」

豊音「感動の握手だよー!」

パチパチパチパチ

胡桃「あ、そろそろ時間だね」

浩子「早よ行かんと監督にどやされますよ」

エイスリン「ディナーダヨ!」

白望「ご飯…何かな?」

セーラ「楽しみやなー」

塞「…うっし」

竜華「なら、行こか」


82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 22:19:18.86 ID:r6T23i+k0
夕食後

エイスリン「リューカ、ニホンゴオシエテ!」

竜華「ええで!…あ、じゃあエイちゃんは英語教えてくれへん?」

エイスリン「モチロン!」

セーラ「うわー、なんで勉強せなあかんねん…」

胡桃「受験生だからにきまってるでしょ」

セーラ「えー、どうせ俺プロに行くし…」

胡桃「考えが甘いっ!」 ビシッ

豊音「なるほどー、こうするんだね!」

怜「せや…で、ここはこういう…」

塞「怜は教えるのうまいねー」

怜「まぁな」 ドヤ

塞「ドヤ顔しないでよ…」

竜華「エイちゃんの英語、わかりやすいなー!」

エイスリン「リューカモワカリヤスイ!」

泉「日本人と外人が組んだら無敵ですね」

浩子「…いや、そうでもない」

竜華「なんやこの計算…」 ズーン

エイスリン「mathematics…ムヅカシイ…」 ズーン

泉「ああ、数学は万国共通の難しさなんですね…」

エイスリン「…シロォ」

竜華「シロ、教えて!」

白望「はぁ…ダルい」

ガラッ

雅枝「おー、精が出るなー」

竜華「監督!」

トシ「塞、これが部屋割りだよ」

塞「ありがとうございます、先生」

塞「…っ!?」

83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 22:20:18.84 ID:r6T23i+k0
塞「先生、これって…」

トシ「ふふ…」

トシ「どうせなら、親睦深めようと思ってねぇ」

怜「私、塞と一緒の部屋や」

セーラ「俺は胡桃とやな」

胡桃「げっ…」

セーラ「なんやその反応…」

泉「ウチは姉帯さんとです」

豊音「わー! よろしく、泉ちゃん!」

泉「こちらこそ…」

浩子「ウチはエイスリンさんとですね」

エイスリン「……」 ムフー

浩子(警戒されとる…)

竜華「ウチはシロとやな!」

白望「よろしく…」 ダル

トシ「ふふ、仲良くやるんだよ」

雅枝「私らは下の階におるから、なんかあったら言うんやで」

塞「わ、わかりました…」


84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/30(月) 22:21:57.20 ID:Lc99wEmWO
今回はここまで。 カラオケの選曲は割とテキトーです、すいません

次回は各部屋の様子からです

それではよいお年を…
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/30(月) 22:31:34.27 ID:nCB9dotWo
乙です
86 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/13(月) 20:10:03.57 ID:Ng4/NVhA0
浩子&エイスリン

エイスリン「……」 ジー

浩子(まだ警戒しとる…)

浩子(練習であれだけ狙い撃ちしたからなぁ、無理ないか…)

浩子「あの…」

エイスリン「…!」 カキカキ、パッ

浩子(なんや…銃持った兵隊?)

浩子「いや、わからないんですけど…」

エイスリン「…」 カキカキ、パッ

浩子(増えた…)

浩子(……)

浩子(こんなん…わかるかぁぁぁぁ!)

浩子(小瀬川さんやないんやし、解読なんかできるわけないやろがぁぁぁ!) ウガー

エイスリン「……」 ムー

浩子(なんかだんだんイライラしてきた…)

浩子(…こうなりゃ、目には目を、絵には画で対抗や) スッ

浩子「…」 ←タブレットを操作

エイスリン「…?」 キョトン

浩子「…はい」 ←兵隊の画像

エイスリン「…っ!?」 ビクッ

カキカキ、パッ

浩子(今度はミサイルか…なら)

浩子「…これで」 ←P○C-3の画像

エイスリン「っ!!!」

カキカキカキカキ

___

_____

_______

87 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/13(月) 20:19:46.84 ID:Ng4/NVhA0
エイスリン「ゼェ…ゼェ…」

浩子(勝った…!)

浩子(向こうはいちいち描き直さんなんけど、こっちは操作するだけやからな)

浩子(文明の利器の勝利やで!) ニヤ

エイスリン「ウゥ…」

浩子(…って、何ムキになっとったんやろ、子供やあるまいし) ハァ

浩子「あの、エイスリンさん」

エイスリン「ヒッ…!?」

浩子「いやいや、なんもしませんよ!」

浩子「というか、なんでそんなウチのこと警戒しとるんですか?」

エイスリン「フナキュー、レンシュウノトキ、コワカッタ…」

浩子「まぁ、あんだけ狙い撃ちしてましかたら、無理もないですけど…」

エイスリン「ソレニ…キヨスミノジホウ、オモイダシタ…」

浩子「清澄の次鋒?」

浩子(あぁ、そういやあの人もウチみたいな打ち方しとったな…)

浩子(確か眼鏡も掛けとったし)

浩子(きっと、トラウマが蘇ったんやな…)

エイスリン「…デモ、ゴメンネフナキュー」

浩子「えっ…」

エイスリン「フナキューハ、フナキューダヨネ」

エイスリン「ワタシガ、カッテニオビエテタ…」

エイスリン「ホントニ、ゴメンナサイデシタ」 ペコ

浩子「……」

浩子「わかってくれたなら、それでいいですよ…」


88 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/13(月) 20:29:33.81 ID:Ng4/NVhA0
しばらくして…

浩子「…で、これが学校祭でメイド喫茶した時の江口先輩です」

エイスリン「Oh、カワイイ!」

浩子「大変でしたよ…先輩にメイド服着せるの」

エイスリン「フナキュー、スゴイ!」

エイスリン「セーラノシャシン、コンナニ!!」

浩子「まだまだありますよ、見ますか?」

エイスリン「……」 フルフル

浩子「そうですか…」

エイスリン「マッテテ…」 カキカキ

エイスリン「…ハイ!」 パッ

浩子「これは…臼沢さんですか?」

エイスリン「コンドハ、ワタシガカク!」

カキカキ、パッ

浩子「今度は…鹿倉さんと姉帯さんですね」

浩子(しかし…エライ身長差やなぁ…)

カキカキ、パッ

浩子「これは小瀬川さん…」

浩子(あれ、さっきの3人のより絵が若干上手なってるような…)

エイスリン「サイゴハ…」 カキカキ

エイスリン「ハイ!!」 パッ

浩子「あ、これウチですか…」

浩子「……」

絵←ごちそうさんです顔の浩子

浩子「…ウチ、こんな顔してましたか?」

エイスリン「シテタ!」

浩子(ハァ…今度からは表情気にしようかな…)



89 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/13(月) 20:34:50.79 ID:Ng4/NVhA0
エイスリン「……」 ウツムキ

浩子(あれ、急に落ち込んでもうた…)

浩子(……)

浩子「…やっぱりいやですか、ウチとの相部屋」

エイスリン「…!」

エイスリン「チ、チガウヨッ!?」 アタフタ

浩子「そうですか…」

エイスリン「…デモ」

エイスリン「デキタラ、シロトイッショガヨカッタ…」

浩子「……」

浩子「好きなんですか、小瀬川さんのこと?」

エイスリン「…ッ!?」 ビクッ

エイスリン「ナンデワカッタ!?」

浩子「さっきエイスリンが描いた絵…」

浩子「小瀬川さんのだけ、他の絵より上手く見えましたから」

エイスリン「……」

エイスリン「シロ、ワタシヲマージャンブニサソッテクレタ…」

エイスリン「シロ、ワタシノオンジン」

エイスリン「ダカラ…スキ」

浩子(なるほどねぇ…)


90 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/13(月) 21:04:19.05 ID:Ng4/NVhA0
浩子「…こんなこと、ウチが聞くのも差し出がましいんですけど」

浩子「告白は…しないんですか?」

エイスリン「……」 フルフル

浩子「えっ…なんで…」

カキカキ、パッ

浩子(ん…桜に、飛行機にのるエイスリンさん?)

浩子(……あっ!)

浩子「エイスリンさん、来年の春に帰国するんですか?」

エイスリン「…ウン」

エイスリン「ソシタラ、シロトハナレバナレニナル…」

浩子(海を越えた遠距離恋愛か…)

浩子(キツいよなぁ、そりゃ…)

エイスリン「ソレニ…シロニハサエガイル」

浩子「臼沢さん?」

エイスリン「シロトサエ…ツキアイナガイ」

エイスリン「ダカラ…ワタシハイイノ…」

浩子「……」




91 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/13(月) 21:14:22.79 ID:Ng4/NVhA0
浩子「…それでいいんですか?」

エイスリン「…エッ?」

浩子「それで…エイスリンさんは後悔しないんですか?」

エイスリン「……」

浩子「自分の思い伝えんまんまで国に帰ったら、エイスリンさんは絶対後悔する」

浩子「ウチは…そう断言しますよ」

エイスリン「デモ…」

浩子「振られるのが怖いんですか、遠距離恋愛が嫌なんですかっ?」 バンッ

エイスリン「…ッ!」

浩子「そんな事考えとったら、キリないですよ」

浩子「無駄にあれこれ考えるより、ぶつかってみる」

浩子「帰国するにしたって、思い伝えてからにせんと」

浩子「そのほうが、後悔しないんとちゃいますか?」

エイスリン「……」

浩子(うわ…何ガラでもないこといっとんのやろ、ウチ)

浩子(自分でも訳わからへんわ…)



92 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/13(月) 21:18:39.11 ID:Ng4/NVhA0
浩子「…すんませんでした、部外者がわかったような口きいて」

浩子「気にせんといてください」

エイスリン「……」

エイスリン「…グスン」

浩子「エ、エイスリンさん!?」

エイスリン「ワタシ、ホントハイヤダッタ」 ポロポロ

エイスリン「シロニ、ナニモイワナイデNZニカエルノガ…」

エイスリン「デモ、ダレニモコノコトハナセナカッタ…」 グスン

浩子「……」

エイスリン「アリガト、フナキュー!」

浩子「へ…?」

エイスリン「フナキュー、ワタシニユウキクレタ」

エイスリン「ホントニ、アリガトウ!!」 ニコッ

浩子「ど、どういたしまして….」



93 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/13(月) 21:26:03.52 ID:Ng4/NVhA0
浩子「あ、もうこんな時間」

浩子「明日も早いですし、もう寝ましょうか」

エイスリン「ウン…」

浩子「ん、どうしたんです?」

エイスリン「フナキュー」

浩子「はい」

エイスリン「フナキューハ、セーラノコト、スキ?」

浩子「 」 ゴホッ

浩子「いやいやいや、そんな感情ウチにはないですよ!」

エイスリン「ソウナノ?」

エイスリン「デモ、セーラノシャシン、タクサン…」

浩子「あ…あれはただの趣味ですよ!!」

浩子「そういう意味で集めとるんとちゃいます!」

エイスリン「ソウナンダ…ゴメン」

エイスリン「ジャア…オヤスミ、フナキュー!」

浩子「おやすみなさい」

94 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/13(月) 21:29:53.74 ID:Ng4/NVhA0
エイスリン「スゥ…スゥ…」

浩子「……」

浩子(別に…)

浩子(別に江口先輩に対して、そんな感情はない)

浩子(そりゃまあ…女子校なんに学ラン着とる先輩は、かっこいいと思うけど)

浩子(写真かて、先輩をからかうために撮り始めたもんやし…)

浩子(全く他意もない)

浩子(…でも)

浩子(準決勝の時、江口先輩が阿知賀の一年とくっついとった時…)

浩子(めっちゃ嫉妬しとったよな、ウチ)

浩子(気にすることでもないんに…)

浩子(……)

浩子(…あぁ、もう!)

浩子(何ガラでめないこと考えとるんやウチはっ!)

浩子(さっさと寝よ、さっさと…)


95 :>>94訂正 [saga]:2014/01/13(月) 21:31:18.39 ID:Ng4/NVhA0
エイスリン「スゥ…スゥ…」

浩子「……」

浩子(別に…)

浩子(別に江口先輩に対して、そんな感情はない)

浩子(そりゃまあ…女子校なんに学ラン着とる先輩は、かっこいいと思うけど)

浩子(写真かて、先輩をからかうために撮り始めたもんやし…)

浩子(全く他意はない)

浩子(…でも)

浩子(準決勝の時、江口先輩が阿知賀の一年とくっついとった時…)

浩子(めっちゃ嫉妬しとったよな、ウチ)

浩子(気にすることでもないんに…)

浩子(……)

浩子(…あぁ、もう!)

浩子(何ガラでもないこと考えとるんやウチはっ!)

浩子(さっさと寝よ、さっさと…)


96 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/13(月) 21:36:57.73 ID:Ng4/NVhA0
今回はここまでです。最近忙しくて全く続きが書けませんでした、申し訳ない

とりあえず残りの4組をこれから頑張って書きます、今しばらくお待ちください

追伸: 全国編見ましたが、宮守が千里山と同じ扱いですごくよかった(小並感)

97 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/13(月) 21:50:43.31 ID:f+0rJ6G1o
乙です
98 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/01(土) 00:08:47.40 ID:5vPszeibo
期待してますー!
99 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/01(土) 21:03:16.37 ID:A7AotWiN0
怜&塞

塞「ここがわたしたちの部屋ね」

怜「ふぅん、結構ええ部屋やなぁ」

塞「あ、お茶あるよ…飲む?」

怜「ええんか?…じゃあいただくわ」

塞「オッケー」

コポコポ

怜「塞、お茶入れるの上手いなぁ」 ズズッ

塞「そうかな?」

怜「なんか…おばあちゃんがいれてくれたお茶の味みたいやで」

塞「…はい?」 ゴゴゴ

怜「いや冗談です」

塞「ならばよろしい」 フゥ

怜(塞って、意外とキレやすいんやな…)

塞「でも、今日ホント楽しかったね」 ズズッ

怜「せやなぁ」

怜「私も…他校の人たちとこんなに遊んだん初めてやったから、ホンマ楽しかったわ」

塞「とっても充実した一日だったね!」

怜「…練習ではくたばっとったけどな」

塞「…それは言わないでよ」 ズーン


100 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/01(土) 21:10:46.51 ID:A7AotWiN0
怜「さて…塞」

塞「何よ?」 ゴクン

怜「恋バナしよか」

塞「…ブフォ!?」

塞「ゲホッ…ゲホッ…」

怜「なんで驚いとんねん…」

怜「お泊りといったら恋バナに決まっとるやろ!」

塞「誰が決めたのよ、そんなこと…」

塞「第一、私好きな人なんていないし…」

怜「嘘やな」

塞「…は?」

怜「おらんかったら、カラオケであんな曲なんか選ばへん」

塞「…う」

怜「それに、卓球しとった時…」

怜「塞、エイちゃんがシロに抱きついた時、ムッとしとったやろ」

塞「…!」 ギク

怜「塞の好きな人って…」

怜「シロやないんか?」

塞「……」

塞「……」 カァァ

怜「図星やな」


101 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/01(土) 21:17:56.54 ID:A7AotWiN0
怜「わかるでー、私も。シロってモテそうやもんなー」

塞「うん、めっちゃモテる」

塞「あいつ、いつもはダルそうにしてるけど、やるときはやるやつだから」

塞「性格もクールだし…」

怜「ふーん…」

怜「塞とシロはどれくらいの付き合いなんや?」

塞「高1のとき、私とシロと胡桃が麻雀部に入って、それからかな」

塞「最初はびっくりしたよ」

塞「この世の中にあんなにダルそうにしてる人がいるんだ、てね」

塞「…でも、一緒にいるうちにだんだん楽しくなってきて…」

塞「それで…かな」

怜「なるほどなー」 ズズッ

塞「……」

塞「…うぅ//」 カァァ…

怜「なんで今更恥ずがしがっとんねん…」

塞「だ、だって…」

塞「今まで…誰にも…このこと話したことなかったから…//」 モジモジ

怜(カワイイ…)



102 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/01(土) 21:34:07.78 ID:A7AotWiN0
塞「そ…そう言う怜はどうなのよ!」

怜「わたし?」

塞「怜はさ、竜華のことどう思ってるの?」

怜「好きやで」

塞「即答!? しかもためらいもなく…」

怜「…正直言って、竜華以外は私が竜華が好きやって知っとるで」

塞「はぁ…」

塞「…ん、じゃあなんで付き合ってないの?」

怜「それはな…」

塞「それは?」

怜「竜華が鈍すぎんねん」

塞「はい?」

怜「これでも私な、竜華にめっちゃ大好きアピールしとるんやで」

怜「例えば…」

塞「例えば?」

怜「膝枕とか膝枕とか膝枕」

塞「膝枕だけっ!?」

怜「まぁそれは冗談で、ホントはいろいろとしとるんやけど…」

怜「竜華、天然やから全然気付いてくれんねん…」 ハァ

塞「あぁ…なるほど」

怜「まったく! アピールするんも結構恥ずかしいっちゅーんに!」 プンプン

塞「苦労してるんだね、怜…」


103 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/01(土) 21:40:17.24 ID:A7AotWiN0
怜「塞はどうするんや?」

塞「なにがよ?」

怜「シロにはいつ告白するんや?」

塞「…っ!?」

塞「い…いつかするわよ…」

怜「あかんでぇ、それじゃあ」

怜「グズグズしてたら、他の子にとられてまうで〜」

塞「あ、煽らないでよ!」

怜「フフフ…」

怜「…ま、まだ卒業まで時間あるんやから、ゆっくり頑張りや、塞」

塞「怜…」

怜「ふあ〜、そろそろ眠なってきたわ…」

塞「明日も早いし、もう寝る?」

怜「せやな…」

塞「じゃあ…おやすみ、怜」

怜「おやすみ〜」

ゴロン

怜「…すぅ」 Zzz

塞(シロに告白か…)

塞(……)

塞(…うん、いつか、絶対に…)



104 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/01(土) 21:44:11.09 ID:A7AotWiN0
遶懆庄
105 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/01(土) 21:45:43.79 ID:A7AotWiN0
遶懆庄
106 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/01(土) 21:46:42.78 ID:A7AotWiN0
すいません、文字化けしました
107 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/01(土) 21:47:11.39 ID:A7AotWiN0
遶懆庄
108 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/01(土) 21:48:53.21 ID:A7AotWiN0
遶懆庄
109 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/01(土) 21:57:51.83 ID:A7AotWiN0
遶懆庄
110 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/01(土) 21:58:48.93 ID:A7AotWiN0
誰か助けて、文字化けが終わらない
111 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/01(土) 21:59:41.09 ID:o/K38qBAo
とあるスレでよく出た文字化けだけど、竜華ですよね…
112 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/01(土) 22:00:00.97 ID:ijcE98jto
直しようがないんだけど…
「竜華」って打とうとしたんだろうか
113 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/01(土) 22:01:46.01 ID:A7AotWiN0
はい、竜華です
114 :竜華は後回しにします [saga]:2014/02/01(土) 22:04:57.01 ID:A7AotWiN0
115 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/01(土) 22:06:30.22 ID:A7AotWiN0
すいません、今日は中止します

また明日投稿します
116 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/01(土) 22:13:59.21 ID:WbTmmYPko
乙です
117 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/01(土) 22:15:07.69 ID:ijcE98jto
必要ないと思うけどテストスレで試した結果
竜華の後ろに全角スペース入れるだけで回避はできた
118 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/02(日) 08:10:52.26 ID:cRyIClxN0
竜華&白望

竜華「結構広いな部屋やなー!」

白望「はぁ…ダル…」 グテー

竜華「うわっ!? いつの間に椅子に…」

白望「荷物重かった…」

竜華「えー、ウチのより軽いやんか…」

白望「私にとっては鉄の塊みたいなもの…」

竜華「そら大げさやろが!」 ビシ

白望「そうかな…」

竜華「ちゅーか、なんでシロはいつもそんなダルそうにしとるんや?」

白望「えっ…うーん」

白望「…ダルいから」

竜華「理由になってへんやん!」 ビシ

白望「えぇ…」

竜華「…ぷっ」

竜華「アハハ、シロってツッコミ所満載やなぁ」

白望「どうも…」

竜華「あ、お茶ある…飲むか?」

白望「いただきます」


119 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/02(日) 08:12:35.26 ID:cRyIClxN0
白望「…美味しい」 ズズッ

竜華「そうかー、おおきに!」

竜華「…でも、今日はホンマ楽しかったな」

白望「そうだね…」

竜華「麻雀部引退する前に、ええ思い出ができるわ!」

白望「それはよかった…」

竜華「シロもすごかったなー、卓球やっとった時」

竜華「キャラに合わず、運動得意やったんやなー!」

白望「まぁ…ダルかったけど…」

竜華「ホンマかっこよかったでー」

白望「ありがとう…」

竜華「……」

白望「……」 ダルー

竜華(か…会話が続かへん…) タラー

竜華(どないしよ? このままなんも話さんがは気まずいし…) アセアセ

白望「…竜華」

竜華「ん、なんや?」

白望「別に、気まずいだなんて思ってないから…」

竜華「…っ!?」

竜華「そ…そうか。 ごめんな、あんま話のネタなくて…」

白望「気にしてないよ…別に…」

竜華「シロ…」

竜華(……)

竜華(…せや)

竜華(ちょっと気になる事、聞いてみるか)

120 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/02(日) 08:14:55.16 ID:cRyIClxN0
竜華「…なあ、シロ」

白望「ん…なに…?」

竜華「シロは塞のこと、どう思っとるんや?」

白望「…どうゆうこと?」

竜華「いやな…塞って怜みたいに、体力削って麻雀しとるやんか?」

竜華「そのことを、シロはどう思っとるんや?」

白望「どうって…」

白望「……」

白望「…時々、無茶しすぎだなぁ…って思うくらい、かな…」

竜華「…それだけ!?」

白望「…うん」

竜華「え…いや、もっと思うことないんか…?」

白望「全然…」

竜華「な、なんで…」

白望「んー、それは…」

白望「塞のことを…信じてるから、かな」

竜華「…!」


121 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/02(日) 08:25:32.96 ID:cRyIClxN0
白望「塞は部長として、いつも私たちを引っ張ってくれた」

白望「部長として、自分のことよりも、チームのことを常に考えてくれてた」

白望「試合の時だって、どんなにボロボロになっても、チームのために頑張ってた」

竜華「……」

白望「…それに」

白望「私たちが塞を心配しても…塞はいつも『ラクショー』って言って、みんなに心配かけさせないように振舞ってた」

竜華「…っ!」

白望「だから」

白望「私は…私たちは…どれだけチームがピンチでも」

白望「塞なら…きっとなんとかしてくれる、って信じてる」

竜華「そうなんか…」

白望「…ごめん、信じてた、のほうが正しい」

竜華「…?」

白望「私たちの高校での麻雀生活は、もう終わったから…」

竜華「あ…」

白望「…でも」

白望「塞が部長だったからこそ、私たちはインターハイに出れたんだって思ってる」

白望「だから…みんな塞に感謝してる」

竜華「シロ…」
122 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/02(日) 08:29:25.72 ID:cRyIClxN0
白望「竜華は…?」

竜華「…えっ」

白望「竜華は怜のこと、心配してるの…?」

竜華「っ!? なんで…」

白望「練習のとき…ずっと怜のこと、気にしてるように見えたから」

竜華「……」

竜華「やっぱバレとったかぁ…」 アハハ

白望「……」

竜華「あの子…病弱なんに、いっつも無理しようとするからなぁ」

竜華「正直、めっちゃ心配なんよ…」

竜華「インハイでも、実際倒れとるし…」

竜華「…それなのに、国麻の控えにも選ばれてもうた」

竜華「もし、怜が試合に出たら…」

竜華「また…倒れてまうんじゃないかって…」

竜華「そう考えたら、ウチ…」

白望(うーん…)
123 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/02(日) 08:47:26.00 ID:cRyIClxN0
白望「竜華」

竜華「…?」

白望「もっと…怜のこと、信頼してあげたら」

竜華「…っ! そないなこと言ったって…」

白望「怜が病弱なのは、よくわかった…」

白望「心配する気持ちも…当然だと思う」

竜華「やったら…」

白望「…でも、心配しすぎるのも、ダルいだけじゃないかな…」

竜華「なっ…!」

竜華「…だ、ダルいわけなんか、ないやろがっ!」

白望「今日の練習で、竜華は集中し切れてなかった様に見えた」

竜華「そんなこと…」

白望「それに…」

白望「一番ダルくなるのは、怜自身だと思う」

竜華「…っ!?」

白望「きっと…怜は自分のせいで竜華が集中できなくなることが、一番ダルいって考えてるんじゃないかな…?」

竜華「……」

白望「…まぁ、全部私の勝手な推論でしかないんだけど…」

白望「もし不快に思ったのなら、謝る…」

124 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/02(日) 09:06:16.70 ID:dSdYuUWxo
続ききてるー!
125 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/02(日) 09:15:37.36 ID:hPyh0Qi1o
このオトンとオカンの会話みたいな空気いいな
126 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/02(日) 09:33:43.55 ID:cRyIClxN0
竜華「…いや、シロの言うことも、一理あるわ」

竜華「シロの言うとおりウチ、怜のこと心配し過ぎて、練習に集中しきれてなかったこと、よくあったわ」

竜華「怜もきっと、このこと気にしとるわな…」

白望「……」

竜華「ウチも、ちょっと自分の考え改めなあかんかもなぁ…」

白望「そう…」

白望「…うーん、話過ぎた、ダル…」

竜華「そうか…そろそろ寝る?」

白望「うん…おやすみ…」

竜華「いやいや! 布団入りぃや、風邪ひくで!!」

白望「…はぁ、ダルいけど仕方ない」 ゴソゴソ

竜華「…シロ!」

白望「ん…?」

竜華「今日は、ありがとうな!」

竜華「シロのおかげでウチ、なんかちょっとだけスッキリしたわ!」

白望「…どういたしまして」

竜華「ほな…おやすみ!」

白望「おやすみ…」
127 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/02(日) 09:34:51.39 ID:cRyIClxN0
文字化けの原因は&を半角にしてたことでした

昨日はほんとすいませんでした
128 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/02(日) 09:40:27.46 ID:cRyIClxN0
泉&豊音

豊音「うわー、ちょー広いよー!」

泉「そうですね…」

泉(ホンマなんなんや、この人は…)

泉(こんなにデカくて、しかも麻雀強いのに…)

泉(中身は、とんでもなく純粋や…)

豊音「私、こういう所に泊まりの初めてだから、ワクワクするよー!」 ピョンピョン

泉「わわ、飛び跳ねないでください!危ないで…」

ツルッ

泉「…あ」

ドテッ

泉「だ…大丈夫ですか、姉帯さん!?」

泉(頭からいったで…)

豊音「……」 ウルッ

豊音「うわぁぁん、ちょー痛いよー!!!」

泉「ええっ!? い…いま頭見て見ますね…」

豊音「うわぁぁん!!」

泉「…だ、大丈夫ですよ! タンコブもできてないですし、すぐに痛みもひきますって」 スリスリ

豊音「…うぅ、ありがとね泉ちゃん」 グスン

泉(うぅ…かわいい//)

泉(こんな言葉ないけど…この人まるで、デカイ小動物やで…)
129 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/02(日) 09:45:37.71 ID:cRyIClxN0
豊音「やっと痛みひいたよー」

泉「よかったですね!」

泉「…あ、お茶あったんで淹れておいたんですけど、飲みますか?」

豊音「うん、ありがとー泉ちゃん!」

コポコポ

豊音「とっても美味しいよー!」

泉「いえいえ…」

豊音「今日は温泉入ったり卓球したりカラオケで歌ったり…」

豊音「本当に楽しい一日だったよー!」

泉「ウチも、なんか久しぶりにリラックスできました」

豊音「練習でも、泉ちゃんみたいな強い人たちと打ててちょーワクワクしたよー!」

泉「え…」

泉「…いやいや、ウチなんて全然ダメですよ」

豊音「そんなことないよ」

豊音「あの千里山で一年生でレギュラーになるだなんて、本当にすごいと思うよー」

泉「….っ!!」 ビクッ

豊音「明日の練習でも…あれ?」

泉「……」 ポロポロ

豊音「…ふぇっ!?」

130 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/02(日) 10:22:40.02 ID:cRyIClxN0
豊音「わわわ…ど、どうしたの泉ちゃん!?」

泉「へ……あっ!」

泉「す、すいません!」 ゴシゴシ

泉「こんなに楽しい合宿なのに、なんで泣いてるんですかね、ウチ…」

泉「ホンマ、気にせんといてください」 アハハ

豊音「わ…私、何かマズイこと言っちゃったかな…」 アワワ

泉「いやいや、ほんと何でもないんですよ!」

泉「だから…」 ウルッ

泉「…あ」 ゴシゴシ

豊音「…」

豊音「…何か、悩みごとがあるの?」

泉「……」

豊音「もし私でよかったら、話してみてくれないかな?」

泉「…えっ」

泉「で…でも…」

豊音「学校は違うけど、私は上級生だよー」

豊音「下級生の相談に乗るのは、当然だよ!」

泉「…!」

泉「…わかりました」

131 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/02(日) 10:31:58.69 ID:cRyIClxN0
泉「自信を…なくしたんです」

豊音「自信?」

泉「ウチ…いえ、私、全国ランク2
位の千里山で、一年生にしてレギュラーになれて…」

泉「ホンマ…嬉しかったんです」

泉「それで、レギュラーになれた自分は、日本で最強の高校一年生やって思ってました」

泉「そうとでも思っとらな、なんか押し潰されそうな気がして…」

豊音「……」

泉「…でも、結果は…散々なものでした」

豊音「そ、そんな…一回の結果だけで…」

泉「それだけじゃありません」

泉「私、同学年で敵なのは原村だけやと思ってました」

泉「でも、そうじゃなかった」

泉「原村と同じ清澄の…宮永咲」

豊音「宮永さんかー、確かに強かったよ」

豊音「決勝でも、すごい活躍だったね…」

泉「他にも…同校の片岡、白糸台の大星、阿知賀の高鴨と新子、劔谷の森垣、有珠山の真屋…」

泉「みんな、私より活躍した人ばかりです」

泉「特に決勝戦見とったら…正直、何が高一最強や、って思いましたよ」

豊音「…むむ」

泉「…先輩方は、私にはまだ伸びしろがある、って言ってくれました」

泉「でも…来年再来年、その人たちに追いつける…追い越せる自信が」 ウルッ

泉「正直…ないんですよ…」 グスッ

豊音「……」
132 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/02(日) 10:43:57.82 ID:cRyIClxN0
豊音「…泉ちゃん」

泉「……」

豊音「他人と比較しても、仕方ないないよ」

泉「…っ!」

泉「そんなこと言ったって….っ!」

泉「私は、宮永のように嶺上開花も…大星のようにダブリーも…原村みたいなデジタル打ちも…姉帯さんのような追っかけリーチもできないんですよ…っ!!」

泉「なんの取り柄もない、ただの凡人なんですよ…っ!」 ギリッ

豊音「そんなことないよ!」

豊音「…宮永さんと打った時は、何かとんでもないものを感じたよ」

泉「……」

豊音「でも…今日の練習で、泉ちゃんからも同じものを感じたよ」

泉「…えっ?」

泉「じょ、冗談はやめてください!!」

豊音「冗談じゃないよ!!」

豊音「確かに、泉ちゃんには宮永さんみたいな嶺上開花や、私みたいな追っかけリーチは出来ないかもしれない」

豊音「でも、泉ちゃんには泉ちゃんにしかない長所があるよ」

泉「そんな…」

泉「私に…長所なんて…」

泉「…時々、勝ち気な所があるって言われるくらいで」

豊音「それだよ!」

泉「…えっ?」

豊音「どんなに強い相手と打っても、絶対に怯まない…」

豊音「それが…泉ちゃんの強さだよ!」

泉「…っ!」
133 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/02(日) 10:51:48.65 ID:cRyIClxN0
泉「…初めてです、自分の短所だと思ってた所を、長所だって言ってもらえるなんて…」

豊音「……」

泉「そうですよね…」

泉「まだ戦ってもいないのに、なんでビビってんですかね、私…」

泉「インターハイで私、自分らしさを見失ってたみたいです」

豊音「泉ちゃん…」

泉「でも…姉帯さんのおかげで、それを取り戻せそうです」

豊音「それはよかったよー!」

豊音「泉ちゃんには、まだ2年もあるんだからきっとやれるよ!」

豊音「…私と違って、ね」 シュン

泉「姉帯さん…」

泉(そっか…姉帯さんは今年で…)

豊音「…ご、ゴメンね、ひとりで落ち込んじゃって」

泉「いえ…」

泉「私…来年再来年…きっと姉帯さんのぶんまで活躍してみせます!」

豊音「うん、そのいきだよー!」

泉「はい! 姉帯さん…」

豊音「豊音でいいよー! 苗字だとなんか堅苦しいし」

泉「へ…じゃあ…」

泉「豊音さん…こんな私の相談に乗ってくれて、本当にありがとうございました!」

豊音「いやいや、たいした事じゃないよー」

豊音「明日の練習もがんばろ、泉ちゃん!」

泉「はいっ! 豊音さん!!」

134 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/02(日) 10:53:07.51 ID:cRyIClxN0
セーラ&胡桃

セーラ「うっひょー、広い部屋やなー」

胡桃「うるさい、そこっ! 騒いだら他のお客さんに迷惑でしょ!」

セーラ「堅いこと言うなや、胡桃ー」 バンバン

胡桃「常識でしょ!」

胡桃「…はぁ、よりによってアンタと同じ部屋だなんて」

セーラ「ええやんええやん、気にすんなって!」

胡桃「気にするわよ…なんかアンタ、寝相悪そうだし…」

セーラ「そんな見た目で人を判断すんなや!」

セーラ(まぁ…実際悪いらしいけどな…)

セーラ「胡桃こそ、夜中に一人でトイレに行けんのとちゃうかー」 ニヤニヤ

胡桃「ば…バカにしないでよ! 子供じゃあるまいし」

胡桃(今も…ちょっと怖いけど…)

胡桃「…もういい、寝る!」

セーラ「えー、夜更かしはお泊りの基本やで」

胡桃「何言ってんの、明日も早いでしょ!」

セーラ「いいやろー、ちょっとくらい夜更かししようやー」 グリグリ

胡桃「痛い痛い! もう、わかったわよ!」

セーラ「やった!」
135 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/02(日) 10:57:26.56 ID:cRyIClxN0
胡桃「はぁ、やれやれ…」

セーラ「でもなぁ、胡桃はちょっと堅すぎとちゃうんか?」 ズズッ

胡桃(いつの間にお茶を…)

セーラ「なんかまるで、クラスの委員長みたいな感じやで」

胡桃「いいでしょ、別に…」

胡桃「こうでもしてないと…なんか…舐められそうな気がして…」

セーラ「舐められる? なんで?」

胡桃「見ればわかるでしょ! 私、人より大分背が小さいから」

セーラ「なんやそんなことか…」

胡桃「そんなこと!?」

セーラ「他人にどう見られようと、胡桃は胡桃やろーが」

セーラ「そんなん気にしたって、しゃーないで」

胡桃「むぅ…」


136 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/02(日) 10:59:20.06 ID:cRyIClxN0
胡桃「…セーラはどうなのよ?」 ズズッ

セーラ「俺?」

胡桃「アンタだってあんな格好してて、周りの目気にならないの?」

セーラ「もちろんや!」

セーラ「…まぁ、中学入りたての時は、冷やかしてくる奴が何人かいたけどなぁ…」

胡桃(へぇ…意外…)

セーラ「でも…竜華や怜みたいに、普通に接してくれる友達のほうがたくさんおったで」

セーラ「それに…冷やかしてきた奴らとも、後から仲良くなったし」

胡桃「ふーん…」

セーラ「やから、外見なんか関係ないんや」

セーラ「大事なのは中身やで!」 ニッ

胡桃「…!」

胡桃(大事なのは中身…か)

セーラ「…でもなぁ、不思議なんや」

胡桃「何が?」

セーラ「高校でも冷やかしてくる奴おるんかなー、って思っとったんやけどなぁ…」

セーラ「寧ろ、中学の時より話しかけられるようになった気がするんや! それも、先輩後輩関係なく」

胡桃「…は?」

胡桃(それ…モテてんじゃん…)

セーラ「よくわからんけど、学ランでいるのもいいことあるんやなー、ってホンマ思うわ」

胡桃「バッカみたい…」 ボソ

セーラ「ん、なんか言った?」

胡桃「何でもないっ!」

137 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/02(日) 11:01:12.37 ID:cRyIClxN0
セーラ「そういや…」

胡桃「何よ?」 ズズッ

セーラ「今日の練習で、結局胡桃との決着つかんだな」

胡桃「…いやいや、セーラのほうが私より稼いでたでしょ?」

セーラ「あの対戦での一位は豊音やったやん!」

セーラ「俺は一位にならな勝った気がせんねん!」

胡桃「何それ、バッカみたい…」

セーラ「なんやて!」

胡桃「でも…お望みとあらば、いつでも勝負するわよ!」

胡桃「私も、負けたままは癪だし」

セーラ「そうこなくっちゃ!」

セーラ「第一、ダマしかせんような奴に負けたくないしな」

胡桃「なんですって!」

セーラ「そりゃそうやろ、リーチせな麻雀は楽しくないで」

胡桃「人の麻雀スタイルにケチつけないでよ!」

胡桃「セーラのほうこそ、バカみたいに高い手作ればいいってもんじゃないでしょ、麻雀は!」

セーラ「なんやと!」

胡桃「何をー!」

ワーワーギャーギャー

※この後、1時間ほど続きました


138 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/02(日) 11:03:28.58 ID:cRyIClxN0
今回はここまでです

前の投稿から大分時間空いて、さらに昨夜はごたついて、ほんと申し訳ないです
139 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/02(日) 12:17:27.11 ID:hfZytc9eo
140 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/02(日) 16:34:48.31 ID:ClJGYEbHo
乙です
141 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/08(土) 20:13:38.56 ID:NCQ5uEmfO
翌日

セーラ「うーん、よく寝たでー」 ググー

怜「あっ、おはようセーラ」

セーラ「おっ! 珍しいな…怜がこんな早くに起きるなんて」

怜「塞が結構早起きでな、一緒に起きてもうたんや」

セーラ「そうやったんか…」

怜「全く、おばあちゃんかって思たわ…」

セーラ「おい怜、後ろ…」

怜「後ろ…?」 クルッ

塞「……」 ←仁王立ち

怜「あっ…すいませんすいませんすいません」

塞「…ふん」

塞「…あれ? セーラ、胡桃は?」

セーラ「一緒に起きたはずやけど…」

胡桃「うぅー、おはよう」 ゲッソリ

塞「あ、胡桃…って」

塞「…なんかあんた、顔色悪くない?」

胡桃「全部そこにいる男女の寝相のせいよ!」ビシッ

セーラ「お、男女ぁ?」

胡桃「夜中じゅう私のこと蹴るわ殴るわで、全然寝れなかった…」

怜「あぁ…セーラの寝相は、ひどいって言葉で済ませれるもんやないからな…」

塞「なるほど…」

セーラ「しゃーないやろ! 寝とるんやから全然わからへんし」

胡桃「うるさい! 少しくらい直す努力をするっ!!」

セーラ「なんやてー!」 グググ

胡桃「なにをー!」ギギギ

塞「やれやれ…」

怜「喧嘩するほどなんとやら…やな」



142 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/08(土) 20:26:51.81 ID:NCQ5uEmfO
浩子「なに朝から騒いどるんですか、先輩…」ハァ

セーラ「おー、おはよー浩子」

エイスリン「オハヨー、ミンナ!」

胡桃「おはよー、エイちゃん!」

怜「エイちゃん…船Qとの相部屋、どうやった?」

エイスリン「タノシカッタ!」

カキカキ、パッ

塞「ん…誰この人、かわいい!」

怜「これ…もしかしてセーラか?」

塞「えっ、セーラ!? これが…!?」

エイスリン「セーラノシャシン、カワイカッタ!」

セーラ「浩子! お前まさか…」

浩子「はて、なんのことやら…」

エイスリン「セーラ、オヒメサマミタイダッタヨ!」

セーラ「うわあぁぁぁ、浩子ぉぉぉ!!!」 カァァァ

浩子「ええやないですか、減るもんやないんですし」 ククク

泉「みなさん、おはようございます」

怜「おはよー、泉」

豊音「みんなおはよー!」

塞「おはよー、豊音」

豊音「…あ、泉ちゃん、頭にホコリついてるよー、とってあげるねー」 ヒョイ

泉「あ…ありがとうございます、豊音さん」

怜(…ん?)

胡桃(豊音…さん…?)

怜「泉、いつの間に豊音のこと名前で呼ぶようになったんや?」

泉「えっ…いやまぁ、いろいろありまして…」

怜「いろいろって…はっ、まさか…」 ドンビキ

泉「ちっ…違いますよ! 別におかしなことはありませんでしたよ!」

怜「はいはい、よーわかったでー」 ニヤニヤ

泉「信じてくださいよ先輩っ!?」

胡桃「…で、本当は何があったの豊音?」

豊音「えっ…普通に仲良くなっただけだよー」

塞「さすがは豊音…」


143 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/08(土) 20:40:22.90 ID:NCQ5uEmfO
雅枝「朝から元気やなー」

セーラ「あっ、監督! 」

浩子「おはようございます」

トシ「おはようみんな、よく眠れたかい?」

胡桃「トシ先生、おはようございます」

トシ「塞、みんな揃ってるかい?」

塞「ええっと…あ」

雅枝「竜華、みんな揃っとるか?」

シーン…

雅枝「なんや、竜華まだ起きとらんのか?」

セーラ「あれ、珍しいな…」

塞「…まさか」

怜「なんや、塞?」

塞「多分…竜華は起きてる」

怜「えっ…?」

塞「問題は…」

タッタッタ

竜華「塞〜!」

セーラ「あっ、遅いで竜華!」

竜華「ごめんごめん…って、それどころじゃない!」

竜華「塞! 実は…」

塞「…シロが起きないんでしょ?」 ハァ

竜華「そ、その通りや!」

塞「やっぱりかー…」

胡桃「もう、シロったら合宿だってのに何やってんだか!」

塞「…仕方ない、みんな行こうか」

エイスリン「ワカッタ!」パッ ←シロを叩き起こす絵

豊音「よーし起こすよー!」

胡桃「シロのやつ、説教じゃ済まさないからね!」

塞「…あ、先生たちは先に朝食食べててください」

トシ「はいはい、わかったよ」

塞「お願いします」 タッタッタ

竜華「……」 ボーゼン

セーラ「行ってもうた…」

怜「大変やなぁ、塞たちも」

雅枝「…馴れてますね、あの子たち」

トシ「ふふ、そりゃねぇ」

浩子(す…すごいな…)

泉(宮守って…)


144 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/08(土) 20:52:22.45 ID:NCQ5uEmfO
朝食後

白望「眠い…」 ファァ

塞「何言ってんのよシロ…」

胡桃「もう、あれだけ千里山の人たちに迷惑かけちゃダメって言ったのに!」

豊音「さすがに今回は擁護できないよー」

エイスリン「シロ、ハンセイ!」

白望「…はい」

竜華「ま、まあまあ…」

怜「なんだかんだで一応時間通りやし」

セーラ「俺だって寝坊くらいするしな!」

竜華「やから、それくらいにしといてあげてや」

塞「…竜華たちがそれでいいなら、仕方ない」

胡桃「ほら、シロもお詫びとお礼言う!」

白望「…すいませんでした、そしてありがとうございます」

竜華「もう寝坊したらあかんでー」

白望「…善処します」

雅枝「みんな、朝食済ましたなー」

竜華「はい、監督」

塞「あの…すいませんでした、ご迷惑をおかけして」

雅枝「あぁ、気にしてへんで」

雅枝「…その代わり、今日の練習は昨日以上に気合い入れてな!」

塞「は…はいっ、もちろんです!」

雅枝「おっし、15分後に練習開始や! わかったか?」

全員「はい!」

白望「…ダル」

シロ以外 「…おいっ!」 ビシ

145 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/08(土) 21:08:46.47 ID:xZQeyzm70
15分後

セーラ「さーて胡桃、決着つけるか」

胡桃「望む所よ!」

胡桃(絶対、潰す!)

豊音「がんばろーねー、泉ちゃん!」

泉「はいっ! 豊音さん」

エイスリン「ガンバル!」 グッ

浩子(さーて、今日もデータ集めまくりますか) ニヤリ

エイスリン「フナキューモ、ガンバロ!」

浩子「へっ…あ、はい」

白望「ダル…」

塞「こら、さっきも言われたでしょ…」

塞「昨日以上に気合い入れていけ、って」

白望「…わかってるよ、塞」

塞「もう…」

竜華「怜」

怜「わかっとるよ、今日は無理せんよう気をつけるって」

竜華「いや、そうやなくて…」

怜「え…?」

竜華「今日も、がんばろうな!」 ニコッ

怜「……っ!」

怜「…当たり前やろ、私がいつ手抜きで麻雀したことあるんや?」

竜華「あはは、そうやったな…」

怜「竜華こそ、コクマの代表なんやし頑張らなアカンで」

竜華「うん、昨日の分まで頑張るで!」

怜(…そうや、竜華)

怜(私のこと気にせんと、気合い入れて練習してな)

怜(…さて、私も竜華にいらん心配かけんよう、気をつけなアカンな)


146 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/08(土) 21:20:46.31 ID:xZQeyzm70
A卓

カラカラカラ

竜華「……」

浩子(面子は清水谷先輩と臼沢さん、そして姉帯さんか…)

塞(豊音かー、張ったら塞ぐとしますか…)

豊音(うーん、楽しみだよー!)

竜華(さて…)

怜ちゃん『りゅーかー』 パッ

竜華『あ、怜ちゃん』

怜ちゃん『手助けしたろか、りゅーか?』

竜華『…いや、今日は自分の力で頑張るわ』

怜ちゃん『そうか…じゃ、がんばりやりゅーか!』 スゥゥゥ

塞(…今、竜華の隣に、モノクル越しで何か見えたような…)

竜華(今日は…始めから全力でいくで!) スゥ

竜華(体温…鼓動…呼吸…)

竜華(五感を…研ぎ澄ます!) キッ

浩子(なっ…初っ端からゾーンに入ったやて!?)

塞(なに…あれ?)

豊音(なんだか…今の竜華、ちょっと怖いよー)



147 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/08(土) 21:31:05.30 ID:xZQeyzm70
数巡後

竜華「…リーチ」

塞(リーチ!? 豊音の追っかけが怖くないの?)

浩子(いや、リーチしたってことはおそらく…)

豊音(うう…追っかけたくても、まだ三向聴だよー)

竜華「…ツモ、2000・4000」

浩子(げ…)

塞(…速っ!?)

豊音(やられたよー…)

〜次局〜

塞「リーチ!」 キッ

浩子(…む)

豊音(今度は塞かー、追っかけたいけど…)

浩子(おそらく、塞いどるんか…)

〜数巡後〜

竜華(……) コトン

塞(竜華は自風の対子落とし、オリたかな…) コトン

浩子(七対子自風待ちやけど、なかなかこんな) コトン

豊音(んー、客風かー)

豊音(現物だし、これは通るよねー) コトン

竜華「…ロン、6400」

豊音「え…は、はい!」

塞(自風の対子落とししていて、客風シャボ!?)

浩子(しかも…ウチの当たり牌止めとるで…)

豊音(これが…関西最高平均獲得素点をマークした…)

塞(竜華の、真の実力…っ!)




148 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/08(土) 21:38:00.63 ID:xZQeyzm70
B卓

泉(トン発、鹿倉さんが江口先輩にいきなりダマ跳を直撃させた)

泉(次局、負けじと江口先輩が倍満ツモ)

胡桃「やるじゃない!」

セーラ「そっちこそ、ダマ跳喰らった時は驚いたで!」

白望(…はぁ)

白望(二人とも熱くなり過ぎて…ダルい…)

白望(……)

塞『昨日以上に気合い入れていけ、って』

白望(気合い…ね)

白望(熱くなるのは、ガラに合わないけど…)

白望(寝坊して、ちょっと申し訳ないし…)

白望(めんどくさいけど…)

白望「…ちょいタンマ」

泉「…っ!」

白望「…これかな」 コトン

〜数巡後〜

白望「…深い所にいたなぁ」

白望「ツモ、3000・6000」

セーラ「…げっ!?」

胡桃「くそー、今度はシロか!」

泉(……うぅ)


149 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/08(土) 21:48:08.44 ID:xZQeyzm70
泉(また…またやられてまうんか…)

泉(昨日みたいに、インターハイの時みたいに…) ギリッ

豊音『どんなに強い相手と打っても、絶対に怯まない…』

豊音『それが…泉ちゃんの強さだよ!』

泉(…っ!)

泉(そうですよね、豊音さん…)

泉(ウチは…ウチはこんなところでビビっとる訳には、いきませんよね…)

泉(来年…宮永や原村に追いつき追い越すためにも…)

泉(絶対…勝つ!) ゴッ

〜次局〜

泉(…言っとるそばから九種九牌かいな)

泉(流局したほうがエエかもしれへんけど…)

バシッ

泉(ここは、強気でいく…っ!)

セーラ(…ほう、気合い入っとるみたいやな、泉)

〜数巡後〜

泉(き、き、き…来た!)

泉「ツ、ツモ! 8000・16000です!」

胡桃「ウソ…っ!?」

白望(国士無双…)

泉「やっ…やった…!」

セーラ「すごいやないか、泉!」

泉「あ、ありがとうございます、先輩!」

泉「でも…」

セーラ「なんや、どうした?」

泉「あの…先輩、親被りですよ…」

セーラ「へ…?」

セーラ「あ、ホンマや… 」 ガーン

胡桃「バッカみたい…」



150 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/08(土) 21:53:02.34 ID:xZQeyzm70
〜数時間後〜

トシ「みんな、そろそろ終わりにしようか」

怜「やっと終わりか〜」 フゥ

竜華「怜ー、膝枕したろか?」

怜「ありがと、りゅーか」 トコトコ

塞「……」 トコトコ

白望「…塞、どこ行くの?」

塞「…えっ、いや、ちょっと御手洗いに」 トコトコ

白望「……」

セーラ「くそぅ、結局一回も一位になれへんかった…」

胡桃「ま、私にダマ跳振り込むようじゃ、そりゃね」

セーラ「一回だけやろが! その後倍満アガがったし…」

セーラ「次こそは勝つからなっ!」

胡桃「ふん、返り打ちにしてくれる!」

豊音「泉ちゃんすごいよー! 役満アガるなんて!」

泉「ありがとうございます! これも…豊音さんのおかげです!」

豊音「いやいや、泉ちゃんの実力だよー」

浩子(くっくっく、データが大量やで…) ポチポチ

カキカキ

エイスリン「フナキュー!」 パッ

浩子「はい…ん?」

絵 ←根金際しゃぶりつくす時の顔

エイスリン「イマノフナキュー!」

浩子「か、描んでくださいよ…恥ずかしい…」 カァ


151 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/08(土) 21:54:29.31 ID:xZQeyzm70
今回はここまで

やっと終盤に入りました
152 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/08(土) 22:12:47.10 ID:rk/gQpQCo
乙です
153 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/10(月) 08:42:48.14 ID:Rz7dDhRK0

竜華かっこいいよ竜華
154 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/15(土) 23:15:25.87 ID:1hJJ/YNMo
闘牌時と普段のポンコツっぷりのギャップが竜華の魅力
155 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/03/05(水) 04:39:06.90 ID:40LH16xs0
続き待ってます
156 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/05(水) 20:51:31.80 ID:tpUpBWQ0O
怜「ふぅ、疲れた〜」 ポスン

竜華「お疲れさん、怜」 ナデナデ

怜「ん…」 〜♪

怜「結果はどうやったん、竜華?」

竜華「今日は…ラスには一回もならなかったで」

竜華「…まあ、トップもそんなにとってへんけどな」

怜「…予想通りやな」

竜華「え?」

怜「竜華は私みたいに何回も未来視れるわけやないし、セーラみたいな打点の高さもないからなー」

竜華「…膝の上からウチのことバカにせんでや、メゲるわ…」

怜「でも、竜華はすごいわ」

怜「何もせんでも読みが鋭いし、打ち回し方もセーラの何倍もうまいで」

セーラ「何か言うたか、怜?」 グリグリ

怜「痛い痛い、ジョーダンやって!」

セーラ「まあ…竜華の安定性は、関西トップクラスやからな!」

セーラ「俺、ホンマ尊敬しとるで!」

怜「私もやで、竜華!」

竜華「いや〜、それほどでも…//」

怜「…ま、あんま褒めすぎても調子乗るからアカンけどな」

セーラ「せやな、洋榎や荒川 憩もおるし」

竜華「なにこの手の平返しっ!?」


157 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/05(水) 21:02:54.93 ID:Auiyd4FZ0
竜華「なぁ…怜」

怜「なんや、竜華?」

竜華「ウチって…お節介なんか?」

怜「…!」

怜「……」

怜「…せや」

怜「竜華は、ホンマどうしようもないお節介さんやでー」

竜華「ちょっ、怜!?」

怜「…でも」

竜華「…?」

怜「私は…そんなどうしようもないお節介さんの竜華のことが…」

怜「大好きやで!」 ニコッ

竜華「…っ!」

竜華「と…怜ー!!」 ギュー

怜「わわ、竜華! 胸が…息が…」

竜華「ウチも大好きやでー、ときー!」 ギュー

怜「もがが…」 バタバタ

泉「清水谷先輩、まだ園城寺先輩の本当の気持ちに気づいてないですよね…」

浩子「天然やからな、仕方ないで」

泉「それなのにあれは…」

セーラ「怜にとっちゃ生き地獄かもな!」

浩子「はぁ、やれやれですね…」

竜華「怜ー!」 ギュー

怜「もがが…」 ジタバタ

豊音「二人共、ちょー仲良しだねー」

胡桃(ほんとにそれだけなのかな…?)

胡桃「…あれ、シロは?」

豊音「え、さっきまでいたのに…」

胡桃「もう! 疲れたから充電しようと思ったのに!」

エイスリン「サガシテクル!」 タッタッタッ

胡桃「あ、エイちゃん…」

豊音「行っちゃった…」

158 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/05(水) 21:08:40.30 ID:Auiyd4FZ0
〜自販機コーナー〜

塞「…はぁ」 グテ

塞(あー、キッツ…)

塞(怜も豊音も、塞ぐの大変だわ…)

塞(まぁ…みんながいる前で、こんな不甲斐ない姿はもう見せたくないし…)

塞(もうしばらく休んでこ…)

「何してるの、塞…」

塞「え…シロ!?」

白望「トイレに行ったんじゃなかったの…?」

塞「い、いやー、ちょっとね…」 アハハ

白望「ふぅん…」

塞「シロこそ、なんでここに?」

白望「自販機コーナーにきて、やることは一つしかないよ…」

塞「そりゃそうだけど…」

白望「まぁ、ダルかったんだけど…」

塞「そこは相変わらずだね…」

ピッ、ガコン

塞(買ったのはカルピスか…)

白望「塞」

塞「ん、なに?」

白望「何飲みたい?」

塞「…へ?」

白望「たまにはおごる…」

塞「え!? い…いいの?」

白望「うん…」

塞「じゃ、じゃあ…烏龍茶」

白望「…わかった」

ピッ、ガコン

白望「はい」 スッ

塞「ありがと…」


159 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/05(水) 21:18:40.90 ID:Auiyd4FZ0
白望「また無茶したの?」 ゴクン

塞「いや…無茶ってほどじゃないけどさ…」 ゴクン

白望「…ウソだね」

塞「は…?」

白望「無茶してなきゃ、こんなところで休んでないでしょ…」

塞「…むぅ」

白望「…あんまり無茶しすぎても、ダルいだけだよ」

塞「わかってるわよ、それくらい」

塞「でも、私だって勝ちたいからさ…」

白望「もう…」 ボソ

塞「…?」

白望「もう…インターハイの時みたいなこと、起こって欲しくない」

塞「…!」

塞「……」

塞「それも…心得てるつもりよ」

塞「もう…みんなに迷惑かけたくないし…」

白望「うん…」


160 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/05(水) 21:27:29.38 ID:Auiyd4FZ0
塞「珍しいね、シロがそんな言葉かけてくれるなんて」

白望「…私だって、あんなことがあったら心配するよ」

塞「ふーん…」

塞「…ん? じゃあ、それまでは心配してくれてなかったの?」

白望「心配してなかったというより、心配しても無駄だったのほうが正しい」

塞「は?」

白望「塞、強がりだし…」

塞「まぁ、そうだけどさ…」ブスッ

白望「でも…」

塞「…?」

白望「塞のがんばりがあったからこそ、私たちはインハイに出れたんだって」

白望「私も、他のみんなも、そう思ってるよ」

塞「…っ!」

塞「……」

塞「…ありがと」 グスッ

塞「私も…シロやみんなに、ホント感謝してる」

白望「ん…」


161 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/05(水) 21:43:24.77 ID:Auiyd4FZ0
タッタッタッ

エイスリン(シロ、どこにいるのかな?)

「てかシロ、カルピス飲むの遅すぎでしょ」

「そうかな…」

エイスリン(あ、シロと…サエの声?)

エイスリン(あそこからだ…)

塞「遅すぎよ! 私の烏龍茶のほうが量多かったのに」

白望「いっきに飲むのダルい」

塞「ハァ、相変わらずね…」

塞「いい加減その体質、治したらどう?」

白望「体質だからどうしようもない…」

塞「ですよねー」

白望「塞こそ、その腰ま…」

塞「……」 ギロリ

白望「…なんでもない」

塞「よろしい」

白望「…そんなに気にすることじゃないでしょ」

塞「…なんか嫌なのよ」

塞「こう…ここまで腰まわりがいいのも…」

白望「…自分で腰まわりいいって言ってる」 クス

塞「か、からかわないでよ!」

エイスリン(……)


162 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/05(水) 21:53:23.40 ID:tpUpBWQ0O
エイスリン(シロもサエも、楽しそう…)

エイスリン(………)

ヒョコ

エイスリン「シロ、ミツケタ!」

白望「エイスリン…」

塞「どうかしたの、エイスリン?」

カキカキ、パッ

塞「ん…ああ、胡桃が充電したがってるのか」

エイスリン「ウン!」

白望「はぁ…ダル…」

塞「じゃあ、ここにずっといるのもあれだし、そろそろ戻ろうか」

白望「ダルい…塞、おぶって」

塞「誰がやるか!」

白望「えー、じゃあエイスリン…」

エイスリン「…ハイ!」 ←シロを蹴っ飛ばす絵

白望「自分で歩けってことか…」

塞「ほら、さっさと行くよ」

白望「ダル…」 ノロノロ

エイスリン「……」

塞「…?」

塞「どうしたの、エイスリン?」

エイスリン「…ッ! ナンデモナイ!」

塞「早く行こ!」

エイスリン「ウン!」



163 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/03/17(月) 03:35:05.58 ID:CME4rYHs0
続きー
164 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/03/24(月) 08:18:38.26 ID:kTfti442O
>>1です
最近忙しくて続き書けてませんでした
只今終わりまで書いているところです
165 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/03/24(月) 21:04:10.00 ID:VLk3t7A9o
把握
166 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/03/24(月) 23:34:15.09 ID:srYp1QLzo
やったぜ。
167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/04/13(日) 20:23:31.40 ID:ira8L8CsO
>>1です
終わりまで書くとまだ時間かかりそうだから、9時から1回切りのいいところまで投稿します
168 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/13(日) 20:28:12.48 ID:8XjRaVyc0
まつてる
169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/04/13(日) 21:02:53.38 ID:ira8L8CsO
塞「ただいま」

豊音「あっ、おかえりー!」

白望「疲れた…」 グテー

胡桃「充電充電!」

塞「うわ、早っ!」

胡桃「大分待ったんだから、たっぷり充電させてもらうからね!」

白望「はぁ…ダル…」

セーラ「なんや、ホンマ子供みたいやなぁ」 ニヤニヤ

胡桃「う、うるさいっ!」

エイスリン「オヤコ!」

胡桃「エイちゃんまで…」

怜「むむむ…」

泉「どうしたんです、先輩?」

怜「やっぱ…見逃せん膝やなぁ」

竜華「まだそんなこと言っとんのか」 ペシ

浩子(やれやれ…)

雅恵「みんな、お疲れさん!」

トシ「ここからは自由時間だよ」

全員「やったー!」

雅恵「ただし、他のお客さんに迷惑かけんようにな!」 ギロ

セーラ「わ、わかってますよー監督」 アセ

170 :前スレ ×雅恵→??雅枝 [saga]:2014/04/13(日) 21:08:17.81 ID:ira8L8CsO
以外、ダイジェストでお送りします

カポーン

白望「はぁ…」 ボイン

怜「生きるんて、いいこともあるもんやなぁ…」 ポヨン

白望「同感、ダルいだけじゃない…」

竜華「温泉入ってなに言っとんねん…」 ボイン

塞「二人とも大袈裟でしょ…」ポヨン

泉「…温泉はこんなに気持ちいいのに」ペタ

浩子「なんですかねぇ、この…」 ペタ

胡桃「敗北感…」ペタ

三人「「「はぁ…」」」

エイスリン「…?」

豊音「どうしたのかなー、溜息ついて…?」 キョトン

セーラ「ほっといてええでー、どうせしょうもないことやし」

三人「「「うるさい、そこっ!!!」」」

セーラ「えぇ…」

171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/04/13(日) 21:19:30.93 ID:ira8L8CsO
セーラ「…おっ! 胡桃、 あれ!」

胡桃「何…?」

看板「足つぼマッサージ」

胡桃「…え」

セーラ「行ってみよーや、胡桃!」

胡桃「い…いいわよ、別に」

セーラ「なんや、痛いのがいやなんか?」 ニヤニヤ

胡桃「ち、違うわよ!」

胡桃「だいたい、痛くなる人って身体の何処かが悪い人でしょ!」

セーラ「なら行こーや! 俺らは身体どこも悪くないやろ?」

胡桃「…仕方ないわね」

セーラ「そうこなくっちゃ!」

〜数分後〜

胡桃「ぎゃあぁぁぁぁ!!!」

セーラ「痛い痛い痛いぃぃぃ!!」

浩子「クックック、いい顔してますねぇ江口先輩…」 パシャパシャ

セーラ「やめろ浩子ぉぉぉぉ!」 バタバタ

エイスリン「……」 カキカキ


172 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/04/13(日) 21:24:21.48 ID:ira8L8CsO
白望「あ〜」 ガタガタ

怜「極楽やな〜」 ゴトゴト

塞「いつまで座ってんのよあんたたち…」

白望「このままずっと…」

塞「バカ言ってんじゃないの!」

白望「マッサージチェアがこんなに気持ちいいものだなんて知らなかった…」

塞「はいはい…」 アキレ

怜「うーん…」

竜華「気持ちよさそうやなぁ、怜」

怜「うん…」

竜華「ウチの膝枕とこれ、どっち気持ち…」

怜「膝枕」 キッパリ

竜華「即答かいなっ!?」

怜「当たり前やろ! 竜華の膝枕に勝るものなんかないで!」

竜華「…相変わらずやな」 クス

塞「ただのおっさんじゃん…」

怜「塞こそ、おばあちゃんみたいやでー」

塞「誰が!!」

白望「ダル…」

エイスリン「……」 カキカキ



173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/04/13(日) 21:28:57.24 ID:ira8L8CsO
泉「いろいろありますね、お土産」

豊音「どれにするか迷うねー」

泉「…あ、これ美味しそうですよ、豊音さん」

豊音「ホントだ、ちょー美味しそうだよー!」

泉「…ふふ」

豊音「…へ、どうしたの?」

泉「あ、すいません…」

泉「ウチ、初めて豊音さんと会った時、身長大きいですし麻雀も強かったから…」

泉「正直、豊音さんのことが怖かったです」

豊音「……」

泉「…でも、豊音さんの素顔を知って」

泉「今、こうやって一緒にお土産選んで」

泉「それが…とっても楽しいです!!」

豊音「…私も、とっても楽しいよー!」

豊音「…あっ、そうだ!」

泉「…?」

豊音「…あった、これ!」

泉「ストラップですね…でも、どうして二つなんですか?」

豊音「一つは泉ちゃんにだよー!」

泉「…私に?」

豊音「ふたりでお揃いのもの買いたかったんだけど、嫌だったかな?」

泉「豊音さん…」

泉「いえ、とっても嬉しいです!」

豊音「えへへ、よかったよー//」

エイスリン「……」 カキカキ

174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/04/13(日) 21:32:23.42 ID:ira8L8CsO
夕食後

豊音「美味しかったねー!」

エイスリン「ウン!」

怜「でも、もうこれでここでの夕ご飯も最後かー」

竜華「なんか寂しいなぁ」 シミジミ

怜「私なんか、またここに来れるかどうかわからへんからなー」

竜華「はいはい…」 ハァ…

塞「重いー、シロ、さっさと立ちなさいよ!」

白望「満腹で動きたくない」

胡桃「だらしないなーもう!」

セーラ「おーいみんなー、この後暇かー?」

浩子「そりゃ、暇ですよ」

セーラ「なら、俺の部屋に全員集合や!」

泉「何かするんですか?」

セーラ「ふっふっふ、温泉でみんなで集まってすることは一つやろ!」

怜「麻雀?」

セーラ「さんざんやったやろ!」 ビシッ

胡桃「…わかった、勉強だ!」

セーラ「真面目か!」 ビシッ

セーラ「ったく、これに決まっとるやろ!」 バッ

豊音「それは…ウノとトランプだねー」

竜華「二つやんけ、一つやなくて…」

セーラ「細かいことはえぇんや!」

塞「…けど、面白そう!」

セーラ「よっしゃ、さっそくやろーか!」
175 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/04/13(日) 21:38:36.19 ID:ira8L8CsO
セーラ
176 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/04/13(日) 21:40:16.99 ID:ira8L8CsO
セーラと胡桃の部屋

セーラ「…で、どっちやる?」

竜華「この人数でどっちか一つやる気か!?」

怜「そら多すぎやろ…」

セーラ「えー、じゃあ分かれるか」

エイスリン「ワタシ、UNO!」

胡桃「自信ありげだね、エイちゃん」

エイスリン「トクイ!」

塞「私もウノかな」

白望「トランプ…」

豊音「私はウノにするよー」

胡桃「じゃあ私はトランプ」

怜「私は…ウノやな」

竜華「ウチはトランプにするで!」

浩子「ウチもウノにします」

泉「じゃあトランプで」

セーラ「俺もトランプや!」

セーラ「おっしゃ、さっそくやろーか」



177 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/04/13(日) 21:44:11.47 ID:ira8L8CsO
トランプ組

セーラ「大富豪でええな?」

竜華「異議なしや!」

胡桃「ルールはどうするの?」

泉「8流しJバック縛り有り階段有りスペ3返し都落ち有りでどうです?」

セーラ「それでいくかー」

竜華「じゃ、カード配るでー」

シャ、シャ、シャ

竜華「スペ3誰や?」

胡桃「あ、私だ」

セーラ「おし、絶対勝つでー!」

竜華「負けへんで!」

白望「ダル…」

泉「お手柔らかに…」

胡桃「こっちこそ!」




178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/04/13(日) 21:54:34.73 ID:ira8L8CsO
セーラ(ククク…)

セーラ(手札が9以上しかない、しかもジョーカーもある)

セーラ(ペアはちょっと少ないけど、これは勝ちやろ…)

胡桃「はい!」 スペ4

竜華「きざんでこか!」 クラ5

泉「ですね」ダイ6

白望「…ちょいタンマ」

セーラ(…!?)

竜華「麻雀だけやないんか、それ…」

胡桃「いや、偶然だよきっと」

白望「…決めた」 ハート8

泉「いきなり流した?」

白望「…次これで」 サッ

セーラ「 」

竜華「なん…やて…!?」

泉「か、革命…」

胡桃「シロ、飛ばし過ぎ!」

セーラ(俺の手がぁぁ、一気にゴミ手に…) ガーン

〜その後〜

白望「ふぅ…」 大富豪

竜華「なんとか富豪か…」 富豪

泉「危ない危ない」 平民

胡桃「さすがに同情するわ、あの手札じゃ…」 貧民

セーラ「くそぅ…」 大貧民

竜華「じゃ、2戦目いくでー」

セーラ(…次こそわ!)


179 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/04/13(日) 21:57:17.21 ID:ira8L8CsO
ウノ組

塞「じゃあ、配るね」

豊音「5人でウノなんて、私初めてだよー!」

怜「ウノかー、入院中にやった以来やなー」

浩子「また自虐ネタですか…」

エイスリン「…?」

塞「よし、配り終わった」

怜「なら、さっそくやるか」

〜数十分後〜

エイスリン「UNO!」

怜「早っ!」 赤2

豊音「ドロー、1回もしなかったねー」 ドロー

浩子「まるで自分の理想のカードを…」 ドロー

エイスリン「グウゼン!」 プンスカ

塞「じゃあ、スキップ」

エイスリン「…ッ!?」

怜「ナイス、塞!」

次巡

塞「スキップ」

エイスリン「…ッ!?!?」

その次巡

塞「スキップ」

エイスリン「」

そのまた次巡

塞「じゃあ、リバース」

エイスリン「…」 ワナワナ

怜「これは…」

豊音「ちょっとひどいよー…」

エイスリン「サエ、フサガナイデ!!」

塞「えぇ、偶然なんだけど…」

浩子(…なんやこれ)
180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/04/13(日) 22:03:58.45 ID:ira8L8CsO
浩子「よーし、ウノ!」青7

塞「むぅ…」 青8

エイスリン「ハイッ!」 緑8

怜「手札減らへん…」 ドロー

豊音「ふっふっふ」

豊音「追っかけウノだよー!」 緑5

浩子(うげ、出せへん…) ドロー

エイスリン「トヨネノセンブ!」

塞「いやいや、麻雀じゃないんだから」 緑2

エイスリン「ダセナイ…」 ドロー

豊音(手札は緑の1…)

豊音(このままなら…) 〜♪

怜「なら、これや」 黄2

豊音「…ッ!」

豊音「うぅ…出せないよー」 ドロー

豊音「…あ」 ←赤の1引いた

豊音「お友達が来たよー…」

塞「友引…」

浩子「いや、偶然でしょ」

浩子(…でも、もしかしたら) チラッ

怜「さすがにウノで一巡先は視えんからな」 ビシッ

浩子「ですよねー」


181 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/04/13(日) 22:09:32.57 ID:ira8L8CsO
〜その後〜

白望「疲れた…ダル…」

セーラ「 」

竜華「シロ、強すぎるで…」

泉「終始大富豪って、どんだけですか…」

胡桃「まさかこんなに強かったなんて…」

セーラ「…しばらく大富豪やりたくないわ」

浩子「なんか珍しく江口先輩が凹んでますね」 ププ

胡桃「そっちはどうだった?」

豊音「ちょー楽しかったよー!」

エイスリン「サエニフサガレタ!」

塞「いやいや、偶然だって!?」

怜「疲れた…ダル…」

竜華「そりゃシロの台詞や!」 ビシッ

トシ「楽しそうだねぇ、あんたたち」

塞「あ、先生…」

雅枝「やけど、そろそろ自分らの部屋に戻りぃや」

竜華「…わかりました」

セーラ「ほな、これでカード大会はお開きや」

182 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/04/13(日) 22:10:42.22 ID:ira8L8CsO
今回はここまで

次でこんどこそ終わらせる
183 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/13(日) 22:13:19.28 ID:Rnyac9p9o
乙です
184 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/14(月) 14:15:35.63 ID:6tFSQqAz0
乙!
185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/05/08(木) 11:14:07.89 ID:3ilXt8Ps0
待機
186 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/06/01(日) 10:26:21.59 ID:VrfSpqzp0
待機〜
187 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/13(金) 01:32:57.86 ID:3+uPgooPo
188 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/06/14(土) 12:14:59.54 ID:FHvO5AZXO
すいません、諸事情により書き込めない状態でした。
今日の夜投稿したいと思います
189 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/14(土) 12:53:36.30 ID:FcvDOHdKO
期待
190 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/06/14(土) 23:55:12.49 ID:sK3jmce+O
セーラ「うー、くっそぅ…」

胡桃「まだ気にしてんの…」

セーラ「当たり前や! 麻雀といいトランプといい、今日はさんざんやで…」

胡桃「クヨクヨしないっ!」 ビシ

セーラ「…でもなぁ、やっぱ勝ちたかったわ」

セーラ「もう、明日には大阪帰るしな」

胡桃「…!」

胡桃「…そっか、明日で合宿終わりか…」

セーラ「あっという間やったなぁ…」

胡桃「…そうね」

セーラ「でも、楽しかったで!」

セーラ「いままでしてきた合宿の中でも、一番やで!」

胡桃「私も…楽しかった!」

胡桃「…まぁ、セーラの寝癖には参ったけど」

セーラ「なんやて!」

胡桃「…ふん」

胡桃「次会う時までには、直しときなさいよ」

セーラ「っ!」

セーラ「…当たり前や」 ニヤ

セーラ「こっちかて、次会った時はトランプでも麻雀でもコテンパンにしたるからな!」

胡桃「楽しみにしてるわよ!」

セーラ「おーし、今日は徹夜でだべるでー!」

胡桃「なんでそうなるの!?」

セーラ「ええやん、もっと思い出作ろうや!」

胡桃「…まぁ、たまにはいいか」


191 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/06/15(日) 00:08:50.95 ID:mG4DhmmEO
浩子とエイスリンの部屋

エイスリン「……」

浩子(エイスリンさん、部屋に戻ってから黙ったまんまや)

浩子(どうかしたんやろか…?)

浩子「あの…エイスリンさん」

エイスリン「…ッ!」

浩子「具合でも…悪いんですか?」

エイスリン「ウウン、ダイジョウブ」 フルフル

浩子「よかった…」 ホッ

エイスリン「タダ…」

浩子「ただ?」

エイスリン「ズット…コノママダッタライイッテ、オモッテタ」

浩子「…!」

浩子(そうやった、エイスリンさんはもう帰国するんやったな…)

エイスリン「ワタシハ、ワガママナノカナ…」

浩子「…いえ」

浩子「ウチは、そうは思いませんよ」

エイスリン「……」

エイスリン「セッカク、フナキュータチトアエタノニ」

エイスリン「モウ、オワカレダナンテ…」 ウルッ

エイスリン「ソレニ、キットモウ…」ポロポロ

エイスリン「ソンナノ…カナシイ」 ポロポロ

浩子「……」

エイスリン「…ゴメンネ」 グスン

浩子「…確かに、もう会うことはないかもしれません」

浩子「でも、ウチは…」

浩子「…いや、ウチらは絶対、エイスリンさんのことは忘れませんよ!」

エイスリン「…ッ!」

エイスリン「…アリガト、フナキュー」 ヒック



192 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/06/15(日) 00:41:56.75 ID:mG4DhmmEO
しばらくして

浩子「……」 ポチ、ポチ

エイスリン「ナニシテルノ?」

浩子「ちょっと、写真の整理を」

浩子「あ、写真見ますか?」

エイスリン「ウン!」

ポチ、ポチ、ポチ

エイスリン「……」

浩子(エイスリンさん、卓球の時の小瀬川さんの写真見て止まっとる…)

エイスリン「…シロハ」

浩子「…?」

エイスリン「サエトハナシテイルトキ…タノシソウダッタ」

エイスリン「サエモ…オナジ…」

浩子「……」

エイスリン「…デモ、ワタシ」

エイスリン「シロノコト、スキ…」

浩子(エイスリンさん…)

エイスリン「…ゴメンネ、コンナハナシ」

浩子「…いえ、気にしてませんよ」

エイスリン「…ソウダ!」

エイスリン「コレミテ!」 パッ

浩子「こ、これは…」


193 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/06/15(日) 00:54:43.62 ID:mG4DhmmEO
泉と豊音の部屋

豊音「んー、ちょー楽しかったよー!」

泉「私も、楽しかったです!」

豊音「今度は、泉ちゃんと大富豪してみたいよー!」

泉「私も、今度は豊音さんとウノしてみたいです」

豊音「いっそのこと、どっちもやっちゃおーよ!」

泉「いいですね!」

豊音「やったー!」

泉「ふふ…」

豊音「……」

豊音「…うぅ」 グス

泉「…豊音さん?」

豊音「う…うわぁぁぁぁぁん!!」

泉「わっ…えっ!?」 アタフタ

泉「どうしたんです、豊音さん…」

豊音「だって…だって…」 ヒック

豊音「明日で…合宿おわっちゃうんだよ!」

泉(…あっ!)

泉(せやった…すっかりそのこと忘れれとったわ…)

豊音「こんなに楽しいのに、もう終わっちゃうなんて…」

豊音「そんなの、ちょー悲しいよー!」 ウワーン

豊音「それに…それに…」 グス

豊音「明日になったら、泉ちゃんたち大阪に帰っちゃうんだよね…」

豊音「そしたら…次いつ会えるかわからないよー」

豊音「もしかしたら…もしかしたら」

泉「……っ」


194 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/06/15(日) 00:55:37.39 ID:mG4DhmmEO
泉「大丈夫ですよ!」

豊音「えっ…?」

泉「絶対…絶対また会えますよ!」

豊音「…本当に?」 グスン

泉「もちろんですっ!」

ゴソゴソ

泉「この、ストラップに誓って」

豊音「…っ! それ…」

泉「このストラップは、私たちの絆の証ですよ」

泉「だからきっと、このストラップが、また私たちを導いてくれますよ!」

豊音「泉ちゃん…」

豊音「…そうだよね、絶対会えるよね!」

泉「ええ!」

泉「次会う時までに私、もっと麻雀強くなって見せます」

豊音「うん! 泉ちゃんなら、きっと強くなれるよー!!」

泉「はい、私頑張ります!」

豊音「応援してるよー!」

泉「ふふふ…」

豊音「えへへ…」



195 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/06/15(日) 00:57:10.85 ID:mG4DhmmEO
竜華と白望の部屋

竜華「シロ、強過ぎやで…」

白望「ついてただけ…」

竜華「そうか…でも、楽しかったわ」

白望「うん、私も…」

竜華「合宿最後の夜に、いい思い出ができたわ!」

白望「うん…」

竜華「シロ、今度は大阪来てな!」

竜華「ウチらが大阪のいいトコ教えたるでー!」

白望「うん…みんなで行く」

竜華「…あれ、そこは『ダルい』やないんやな」

白望「何もかもダルいって訳じゃない」

竜華「…ゴメン」

白望「それに…大阪、行ってみたいから」

竜華「っ! そうか〜!」

コンコンコン

白望「…?」

竜華「ん…誰やろ?」

竜華「はーい」
196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/06/15(日) 00:58:22.52 ID:mG4DhmmEO
怜「お邪魔するでー」

塞「失礼しまーす」

竜華「怜と塞…どないしたんや?」

塞「いや…私は何もないんだけど、怜が…」

怜「明日には大阪帰るからなー、今日の内にシロの膝を…」

竜華「まだ狙っとったんか!?」

竜華「いい加減諦めーや、怜!」

怜「いーやーやー、絶対諦めんで!」

塞(子供じゃないんだから…)

竜華「シロかて嫌やろ、膝枕されるの」

白望「…ダルい」

竜華「ほらな」

白望「でも…座るんだったらいいよ」

怜「…え?」

塞「…はぁ!?」

塞「ちょっ、なんで膝枕はダメで充電はいいのよ!」

白望「やりなれてるから」

塞「訳分かんないよ!」

怜「ホンマにいいんか?」

白望「どうぞ…」

怜「じゃあ、お言葉に甘えて…」
197 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/06/15(日) 00:59:31.92 ID:mG4DhmmEO
ポスン

怜「何やこれ…っ!」

怜「膝枕とは全く別の感覚…やけどめっちゃ落ち着くわ〜!」

白望「よかった…」

怜「膝枕なら竜華、充電ならシロが1番やなー」

塞「……」 ギリギリ

竜華「お、落ち着きーや塞…」

怜「ありがとーな、シロ」 スクッ

白望「うん…」

塞「そろそろ戻ろうか、怜」ゴゴゴ

怜「…っ!?」

塞「もう遅いし…」ゴゴゴ

怜「は、はい!」

塞「じゃあおやすみ、竜華、シロ」

竜華「お、おやすみ…」

白望「おやすみ」

バタン

竜華「大丈夫かな、怜…」

白望「…ダル」
198 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/06/15(日) 01:00:01.20 ID:mG4DhmmEO
廊下

怜「ゴメンって、塞」

塞「……」

怜「いやでもな、シロやって、いいって言ってくれたし…」

塞「……」

怜「…塞?」

塞「…グスン」

怜「わっ、えっ、ちょ、泣かんといてな!?」

塞「うるさい! この寝取り屋!」

怜「えぇ!?」 ガーン

塞「もう…怜なんて知らない!」 ヒック

怜(拗ねてもうた…)

怜「ホンマごめん、塞」

怜「いくらなんでも、やり過ぎたって思っとるわ」

塞「…ふん」

塞「次やったら、承知しないんだからね」

怜「肝に命じておきます…」

塞「でも…もう終わりだね、合宿」

怜「せやな…」

塞「いろいろあったけど、全部楽しかった」

怜「うん」

塞「思えば…あの時同じ病室にならなかったら、こんな風にはならなかったよね」

怜「運命の悪戯…ってやつやな」

塞「ふふ…」

塞「次は、大阪行きたいなぁ…」

怜「お、いつでもウェルカムやでー」

怜「そんときまでには、シロといい感じになっとってやー」

塞「そ、そっちこそ!」

怜「ふぁ〜、なんか眠なってきたわ…」

塞「そう、なら早く部屋戻って寝ようか…」

怜「せやな…」




199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/06/15(日) 01:02:09.54 ID:mG4DhmmEO
次の日

胡桃「……」 うつらうつら

塞「大丈夫、胡桃?」

エイスリン「クルミ、ネムソウ!」

胡桃「セーラの体力にはついていけないわ…」

塞「あぁ…」

豊音「グスン、ヒック…」

白望「豊音、泣かないで…」

豊音「わ、わかってるよー」 ゴシゴシ

エイスリン「トヨネ、ファイト!」

トシ「みんな、準備できたかい?」

塞「あ…はい、先生」

トシ「そうかい…なら、前に出るよ」

トシ「千里山の人たちも、直に出てるからね…」

塞「わかりました」


200 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/06/15(日) 01:03:39.07 ID:mG4DhmmEO
雅枝「トシさん、3日間ありがとうございました」 ペコ

トシ「いやいや、こっちもわがまま聞いてもらって感謝してるよ」

豊音「…グスン」

泉(豊音さん…)

セーラ「なんや、ねむそうやな胡桃」

胡桃「誰のせいだと思ってるのよ…」

竜華「塞、今までありがとうな! ホンマ楽しかったで!」

塞「私たちも、楽しかった!」

浩子「臼沢さん、これを」 スッ

塞「USB?」

浩子「中に私がまとめた合宿の写真が入ってます」

塞「うわー! ありがとね、船Q!」

エイスリン「リューカ! Present for you!」

竜華「スケッチブック?」ペラッ

竜華「…えっ、この絵ウチらやん! なにこれ、めっちゃ上手い!」

エイスリン「ワタシガカイタ!」 フンス

竜華「うわー! ありがとな、エイちゃん!」


201 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/06/15(日) 01:05:17.27 ID:mG4DhmmEO
雅枝「ほんなら、そろそろ出るか」

竜華「….わかりました」

怜「お別れやな、塞」

塞「うん…でも、また会えるよね!」

白望「今度は、私たちが大阪行く」

セーラ「おう、待っとるでー!」

エイスリン「……」

胡桃「もちろん、エイちゃんもだよ!」

エイスリン「…ッ! ウン!」

浩子「待ってますよ」

豊音「その時まで、しばらくさよならだよー、泉ちゃん」

泉「はい、豊音さん」

雅枝「じゃあ、行きますわ」

トシ「ああ、また機会があったらよろしくね」

怜「じゃあ…」

怜「またなー、塞!」

塞「またねー、怜!」

ブロロ…

塞(きっと…)

塞(きっとまた、すぐに会えるよね…怜)






202 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/06/15(日) 01:06:01.36 ID:mG4DhmmEO
〜3年後、大阪の空港〜

胡桃「エイちゃーん!」

エイスリン「ミンナ、ヒサシブリ!」

豊音「うん、ちょー久しぶりだよー」

白望「みんな揃った…」

塞「じゃあ、行こっか!」

テクテク

豊音「でねー、シロったら全然授業出てないんだよ」

エイスリン「シロ、アイカワラズ!」

白望「ダルい…」

胡桃「これでよく進級できるよね…」

塞「まあまあ…」

塞「…あ、そろそろ着くかな」

サエー

塞「この声は…!」

胡桃「あいつ、寝相直ってればいいけど…」

豊音「やっと、やっと会えるよー!」

エイスリン「ウン!」

白望「大阪、楽しみ…」

塞「そうだね…」

塞「じゃあ、応えてあげるとしますか」

塞「おーい、怜ー!」

カン!





203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/15(日) 01:55:10.87 ID:NJAyiY1Vo
乙です
204 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/15(日) 05:14:28.95 ID:apZrZnN1O
完結乙
205 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/15(日) 07:40:33.90 ID:mG4DhmmEO
>>1です
完結させるのが遅くて申し訳ありませんでした
待ってくれていた方、ありがとうございます
次はBブロック2回戦次鋒の3年生の大学生活か野依プロの田舎旅を書きたいです
206 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/06/15(日) 10:05:32.39 ID:q1CyKdS60
乙!
次回作も期待
207 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/15(日) 19:10:53.53 ID:RJR+JCTio
乙ー!
次回作も期待してますで
147.44 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)