このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

上条「そいつは……突然現れた!」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :ミディえもん [saga]:2014/04/15(火) 01:02:22.41 ID:55YWxFLo0
※注意!

サンデーCM劇場verを覚えてる人ならピンときたかもしれませんが、このSSは『金色のガッシュ!!』と『とある魔術の禁書目録』のクロスオーバーSSです。
本作品は基本ガッシュ側の魔物に禁書側のキャラクターがパートナーとして付きます。
また、都合により一部のキャラクターの基本設定が多少違う事があります。
なお、勢いで思いついたはいいですが、改めて考えてみると思った以上にこのSSのバランス調整等が難しいため、シナリオはガッシュと禁書を行ったり来たりします。
あと更新は不定期、かつ>>1の禁書は新約1巻で止まってます。

以上の点が問題ないという方は生温かい目で見守ってやってください。無理という方はそっ閉じをどうぞ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397491342
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

うんちスレ @ 2019/10/24(木) 05:48:53.16 ID:fToAKJClO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571863733/

武部沙織「人が恋におちる瞬間をはじめて見た」 @ 2019/10/24(木) 05:05:18.00 ID:KtGLV8S50
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571861117/

女神「異世界を救ってください」 男子「はあ?」 @ 2019/10/23(水) 23:32:49.44 ID:yiHp0ukO0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571841169/

穂乃果「生前葬」 @ 2019/10/23(水) 22:17:43.34 ID:wCufUrPo0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571836663/

旅はでんちゅうと共に! @ 2019/10/23(水) 22:10:39.08 ID:Fe/6FTPKO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1571836239/

【アイマス】真「目を閉じて見るハッピーエンド」 @ 2019/10/23(水) 22:09:36.60 ID:TL91zfWYO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571836176/

【ペルソナ5】屋根裏のゴミ「計画的に子作りしよう」 @ 2019/10/23(水) 21:31:08.59 ID:K1c66aO00
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571833868/

【安価】ナッパ「どうにかして」ベジータ「フリーザを倒すぞっ!」 @ 2019/10/23(水) 19:46:37.69 ID:OmD257NMO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571827597/

2 :ミディえもん [saga]:2014/04/15(火) 01:03:06.98 ID:55YWxFLo0
バサッ、バサッ…

「クンクン……うん…近いぞ……」

「もうすぐだぞ、オオワシ殿。昼型なのに夜通しスマナイ!」

「日が昇ったらごはんを獲るから、がんばってくれ!」

「クワクワクワ!」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/15(火) 01:03:13.81 ID:FqyUz+0i0
さ、最愛ちゃんは出ますか!!
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/15(火) 01:03:35.68 ID:8DCfGKBr0
期待してますわー
5 :ミディえもん [saga]:2014/04/15(火) 01:04:12.67 ID:55YWxFLo0


   LEVEL.1
   ヒーロー、上条当麻

6 :ミディえもん [saga]:2014/04/15(火) 01:05:13.15 ID:55YWxFLo0
ーーモチノキ町ーー

  チュン…チュン…

上条「朝か……今日は何すっかな……」

隅のほうにオカルトグッズがちらほら見られる散らかった部屋で、上条当麻は目覚めた。

  コンコン

詩菜「当麻さん、御飯ですよ。起きてくださいな」

母、上条詩菜が部屋のドアをノックし、朝食の時間を告げる。現在時刻は7時ちょうど、朝食を食べるには調度良い頃合いだ。

だがーー

上条「あとで……」

ーー上条は、それを拒否した。
7 :ミディえもん [saga]:2014/04/15(火) 01:06:16.83 ID:55YWxFLo0
詩菜「あらあら当麻さんったら、今食べないと学校に遅れますよ?」

上条の説得を試みる詩菜。母親としては当然の行動であろう。

だが、その言動には力がこもっていない。

むしろ上条を刺激しないように、それでいて、何かに怯えるように、ドア越しで上条からは見えないが、少し強張った笑みを浮かべながら詩菜は上条に声をかけていた。

上条「学校に行って……陰口叩かれて、傷作って、それでどうするんだよ」

詩菜「……っ」

その言葉が、ドアの向こうの詩菜の声と表情を悲痛なものへと変えた。
8 :ミディえもん [saga]:2014/04/15(火) 01:07:43.45 ID:55YWxFLo0
上条「……学校に行ってもどうせ授業はよくわからねーから家に居てもいいじゃねーか……」

詩菜「でも当麻さん、この間の子みたいに当麻さんを心配してウチまで来てくれる人だって……」

上条「プリント届けに来ただけだろ……」

詩菜「…………」

上条「どうせ日直かなんかで嫌々来て母さんの手前心配してみせただけだっての……」

詩菜「当麻さんそんな言いk上条「うるせぇ!!もうほっといてくれよ!!」

詩菜「……っ」

言葉を遮られた詩菜の顔に浮かんだ感情は、怒りではなく、悔しさと無念だった。

上条「…………チッ」
9 :ミディえもん [saga]:2014/04/15(火) 01:08:34.59 ID:55YWxFLo0


  「コラ貴様!母上に向かってうるせぇとはなんだ!!」

10 :ミディえもん [saga]:2014/04/15(火) 01:09:10.11 ID:55YWxFLo0
上条「は?」

突然窓のほうから聞こえた聞きなれない声に反応して上条が窓のほうを見るとーー

ブリ「」ビチビチビチビチビチ!

オオワシ「」バッサバッサバッサバッサ!

上条「…………」

オオワシ「」バッサバッサ バリーン!

上条「………」ゴシゴシ

ブリ「」ビチビチビチビチビチ!

上条「……」

ガッシュ「我が名はガッシュ・ベル!」

上条「…」

ガッシュ「おまえ、上条刀夜の一子、上条当麻だな!!?」

上条「」

ーーオオワシにつかまり、ブリを担いだ子供が、一糸纏わぬ姿で部屋に侵入してきた。
11 :ミディえもん [saga]:2014/04/15(火) 01:20:32.08 ID:55YWxFLo0
とりあえずプロローグ終了的な意味でここまで。(続き全然書いてないなんて言えな……)
久しぶりにSS書いてみてわかりましたが地の文考えるの大変ですわ。まぁこのSSの場合地の文ないとあまりにも無機質な文になってしまうので仕方ないですかね(笑)
次回の投下予定は未定ですが多分土曜日にはできると思います。
次回は第一話終了までやる予定です。
終わり方は決まってるけどそれまでの大きな編の構想が全然できてない拙いSSですが長い目でみてくれるとありがたいです。
それではまたのちほど。
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/15(火) 01:23:34.64 ID:2odgTc0L0
ヲイヲイ大丈夫かよ上条さん
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/15(火) 01:24:03.77 ID:7mERaXCAO
感想が長い

三行で
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/15(火) 01:25:23.86 ID:v7gwy5z00
これは期待
上条さん不幸属性持ちみたいだけど幻想殺しはどうなるんかな
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/15(火) 01:42:27.19 ID:8DCfGKBr0
まあ上条さんは普段は馬鹿だけど戦闘面は頭働くんでガッシュとは相性いいのかもしれないな
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/15(火) 04:25:19.10 ID:Q3dip/yD0
モアイさんは不要
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/15(火) 08:29:15.70 ID:sorfy3Q50
>>16
絹旗スレを荒らし回っては潰してるアンチさんちーっす!
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/15(火) 08:34:46.98 ID:f4QrgGHv0
普通の家に暮らしてるのに、禁書側のストーリー展開できるのか?
まあ前置き、後書き共にくどくて気持ち悪い
さっさと依頼を
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage ]:2014/04/15(火) 13:42:24.84 ID:NgJOFCqO0
上条さんがまだ中学生かな?
20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/04/15(火) 20:08:25.66 ID:kh5n3y0S0

ガッシュSSは少ないし途中でエタりやすいので、取り敢えずどんな形であれ完結させてくだしあ
それと、感想とかは三行以内に収めるのが好まれますよ(馴れ合い自体好まない人も多いですが)

>>14
アンサートーカーというチート超能力があってだな

>>19
原作設定だと小学校入学のころから学園都市で暮らしてるし、普通に高校生でしょ
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage ]:2014/04/16(水) 02:15:32.25 ID:rbM60JmYo
スレタイだけ見てパシフィックリムかと思った
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/16(水) 03:29:14.13 ID:7YPBrLzJ0
期待できないのでさっさとHTML化することをミサカは>>1に偉そうに提案します
23 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 19:54:08.66 ID:wvf+GhL+0
>>3
それなりに先になるでしょうけど多分でます。

>>14
幻想殺しはチートすぎるかなぁとか思ったけど調整すればなんとかできそうだったので出します。

>>19
一応中三のつもりです。

それでは投下していきます。
24 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 19:54:38.08 ID:wvf+GhL+0
上条「…………」

金髪の子供の派手な登場に対して、上条はリアクションを取ることすらしない。

ただただ、絶句していた。

相手は自分のことを知っているようだが、自分にはこんなブリを担いだ金髪太郎の知り合いはいない。

上条「おい、おm……」

ガッシュ「父上におまえのことを任された!手紙も預かっている!」ゴソゴソ

上条「…………」

ガッシュ「これだ!」つ□

上条「…………」つ□⊂

上条は手紙を受け取り、読み始めた。
25 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 19:55:09.09 ID:wvf+GhL+0
――当麻へ

――久しぶりだな。遅ればせながら、14歳の誕生日おめでとう!

――さて、唐突だがお前に手紙を渡した子は「ガッシュ・ベル」

――イギリスの森の中で死にかかっているところを助けたら、命を救ってくれたお礼に何か恩返しがしたいと言い出してな。

――そのとき私の頭には、お前の姿が浮かんだんだ。

刀夜『私には当麻という一人息子がいる。……元々運の悪い子ではあったが、最近は特に不運がひどくなってきてな……不運を恐れるあまり学校にも行かなくなってしまった』

刀夜『どうか、当麻を不運から護ってやってはくれないか?』

ガッシュ『わかりました!!命に代えても当麻を護ります!』

――と、いうわけだ。少々変わったところもあるが、とてもいい子だ。

――誕生日プレゼントとして受け取ってくれ。

P.S.

――その子は自分の家がどこにあるのかも忘れてしまったらしい。

――その子がいつも持っている『赤い本』が唯一の手がかりだが……見たことのない文字で、私の知り合いの考古学教授でも解読できなかった。

――今度帰ってきた時に、学園都市にでも行ってみるつもりだ……それまであの子が本を失くさないよう気にかけてやってくれ。

――じゃあまたな。母さんを、頼んだぞ。

――刀夜

26 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 19:55:52.96 ID:wvf+GhL+0
上条「…………」

上条「…………」チラッ

ガッシュ「」バリボリバリボリガツガツガツガツ!

ブリ「」

上条「…………」

今までもらった中で、一番嬉しくない誕生日プレゼントだった。

上条「……なるほど、わかった……これは父さんの字だし、夢でもなさそうだ……」

きっと上条を不幸から護るというのは建前で、本当は記憶を失くして行くアテのないコイツをウチに住まわせる理由を作ってやりたかったのだろう。

上条は勝手にそう解釈して、現実を受け止めることにした。

上条(にしてもなんでオオワシなんだよ……普通に今度帰ってくるときに一緒に連れてくれば……)

詩菜「当麻さん?どうかしましたか?」

上条「…………」

――母さんを、頼んだぞ。

手紙の最後の一文に込められた父の本当の意図を悟った上条だった。
27 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 19:56:25.29 ID:wvf+GhL+0
上条「あー……、悪い、母さん。やっぱり飯食うから準備してくれ」

詩菜「あら。あらあら!すぐ準備しますね」タタタタ

無論、上条は御飯を食べた後学校に行く気なんてさらさら無い(少なくとも詩菜はそう思ってないだろうが)。

ただ、ガッシュの説明と自分の気分を落ち着かせるために朝食を食べたくなっただけだ。

上条(母さんの説得かぁ……父さん信じてもらえんのかなぁ……にしても)チラッ

上条はおもむろに『赤い本』を手に取った。

上条「この本が唯一の手がかりねぇ……」ペラッ……

表紙をめくってみる、見たこともない文字がずらりと並んでいた。当然、読めるワケがない。

ガッシュ「さぁ当麻!ごはんを食べて学校に行くぞ!」

上条(ていうかこれ読めてもコイツの日記ってわけじゃあなさそうだし何かわかるともってはぁ!?」

突然聞こえた予想外のセリフに、上条の口から間の抜けた声が出た。

ガッシュ「何を不思議がっている、当麻は学生であろう?例え不運だろうと学生が学校に行くのは当たり前ではないか」

上条「――――」

『赤い本』を持つ手に力がこもる。

ガッシュ「この私が来たからにはもう不運など気にせずヌァッ!?」ガッ

口より先に、手が出ていた。

上条は『赤い本』を置くこともしないまま、ガッシュの胸ぐらをつかみ、告げる。

上条「てめぇに俺の何がわかるんだよ……!」

ガッシュ「とう……ま……!?」

上条「俺を護るだかなんだか知らねぇけど――」

震えるその声は、怒りにも、悲しみにも、あるいは妬みにも聞こえた。

上条「――ふざけるのもいい加減にしやがれ!!」
28 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 19:56:53.08 ID:wvf+GhL+0
――上条家、キッチン――


詩菜「当麻さーん?早く食べないとお味噌汁冷めちゃいますよー?」

 <「ふざけるのもいい加減にしやがれ!!」

詩菜「あらあら。当麻さんったら、ふざけてもふざけてなくともお味噌汁は冷め「のああああぁあああああああっ!!!!」バガァ!

詩菜「…………」

詩菜「」ハッ!

詩菜「とっ、当麻さん!?」バタバタ

上条詩菜の背筋に嫌な汗が流れる。

息子の叫び声と大きな音、これだけで救急車を呼ぶに足りえる事態が起こっていたことも過去にあった。

彼女は急いで息子の部屋までの階段を駆け上り、ドアを開ける。

そこには――

上条「お…お…、お…おおお…おまえ何者だーーーーっ!?」

ガッシュ「ウヌゥ、ガッシュ・ベルと言っておろう」

上条「とぼけんな!口から電撃出したことについてだ!」

ガッシュ「人の口から電撃など出るわけなかろう」

――若干焦げた部屋で、子供に対して警戒心全開の息子の姿があった。
29 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 19:57:22.67 ID:wvf+GhL+0
――通学路――


上条(ちくしょう……朝から変なのがやってくるし……しかもそいつに殺されそうになるしで散々だぜ……)

――――

――

上条「――ふざけるのもいい加減にしやがれ!!」

  カッ!

ガッシュ「」コォオオ…!

上条「へ?」

マズイ。

直感が、上条にそう告げた。

上条「――!」ドンッ

思わずガッシュを突き飛ばす。

ガッシュ「」ゴッ!

上条「のああああぁあああああああっ!!!!」バッ!

ガッシュの口から放たれた電撃が、上条の頭上ギリギリを通過していった。

――

――――

上条(何が『少し』変わったところもある、だ!口から電撃だすなんて聞いてねぇよ!)

結局のところ――

上条「不幸だ……」

――上条当麻は不幸だった。

????「」ササササッ
30 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 19:57:49.79 ID:wvf+GhL+0
――モチノキ第二中学校――


  ザワザワ…ザワザワ…

上条「…………」ガラッ

上条が教室に入った途端、教室内の音が消えた。

上条「…………」

  ヒソヒソ…ヒソヒソ…

  チッ、キタノカヨ アノ ヤクビョウガミ……

  ヤベーヨ オレ セキ チカイカラ キヲツケネート……

上条「…………」スタスタ ストッ ガチャガチャ

慣れてると言わんばかりに自分の席に着き、学生鞄を開け、授業の準備をする上条。その間も、陰口は続いていた。

上条(ん……?)

鞄を開けると、教科書やノートがなかった。

代わりに入っていたのは――

上条「不幸だ……」

――ガッシュが持っていた、『赤い本』だった。
31 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 19:58:40.67 ID:wvf+GhL+0
――一時間目、数学――


先生「突然だが今から抜き打ちテストを行う」

  エエー

  マジカヨー

  ホラヤッパリ ロクナコト オコラネェ

上条「…………」

ガ???「…………」


――二時間目、体育――


教師「今日は持久走だ!」

  エエー

  ナイワー

  ヤッパ カミジョウ イルト イヤナコト バッカダワ

上条「…………」

ガッ??「…………」


――三時間目、総合――


教師「図書室で調べ学習だ、各自与えられたテーマについてノートにまとめ、再来週の授業の時に提出するように」

上条「のおおおっ!?」ドンガラガッチャン!

  ドウシタ!? 

  ホンダナ カラ カミジョウ ニ ホンガ オチテキタンダヨ

  ナンダヨ マタアイツカ

  アブネー、アイツニ チカヅカナイデ セイカイダッタワ

上条「…………」

ガッシ?「…………」
32 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 19:59:06.77 ID:wvf+GhL+0

――四時間目、社会――


黒板「遠山先生は急用のため自習です。」

  マジカヨ、カミジョウ イルノニ イイコトアルッテ メズラシイナ

  イヤ、ウワサニヨルト トオヤマセンセイノ オヤガ コウツウジコ ニ アッテ ヤバイラシイゼ

  ソウイエバ アイツ カミジョウニ テイセイノート ダセッテ イヤミナ カオデ シツコク イッテタモンナァ

  ヤベー、ヤクビョウガミサン マジパネェッス

上条「…………」ペラッ…

ほらな。と上条は思った。

上条(結局俺が学校に来て何になるってんだ。不幸な目にあって、不都合な出来事に対する責任を押し付けられて、陰口叩かれるだけだ)ペラッ…

上条(まぁ、でも……)ペラッ…

上条(『あの時』みたく誰かを巻き込まなかっただけ今日はマシかもな……)ペラッ…

退屈しのぎに遊び感覚で読んでいた『赤い本』をめくりながら、上条は昼休みに早退しようと決めた。

上条(にしてもこの本……曲がりなりにも本なんだからページごとにちょっとした共通点ぐらいあってもよさそうな……ん?)

『赤い本』をめくる上条の手が止まった。

上条(なんだこの色の違うところ……?第一の術……ザケル……?)

それは『読める』というよりも『理解できる』と言ったほうが正しかった。

『どの文字がどう読める』のではなく、『ここにそう書いてあると理解できる』のだ。

上条(なんだこれ……?)

ガッシュ「…………」

――――

――
33 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 20:00:04.74 ID:wvf+GhL+0

  キーン コーン カーン コーン

上条(やっと終わった……)ガタッ パタン

給食時間終了のチャイムが鳴ると、上条は立ち上がり、『赤い本』の入った学生鞄を持って、廊下側に向かって歩き始めた。

ガッシュ(ヌ?なぜ帰り支度を……?ほかの者はまだ帰らぬぞ……)

上条「…………」ガラッ スタスタスタ

生徒がたむろする廊下にもかかわらず、御丁寧なまでに上条の進む方向に勝手に道は開け、上条はその道をさっさと進んで行く。

  ナンダ アイツ カエルノカ  ホットシタワー

  ザワザワ……ザワザワ……

上条「…………」スタスタ

喧騒の中、誰も上条に話しかけようとはしない。むしろこっちに来るなと迷惑そうな目で上条の背中を睨み付ける者がほとんどだった。

ガッシュ(と…当麻……!!!)カサカサカサ


  「え?結局、上条もう帰っちゃうの?まだ昼休みな訳よ?」

34 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 20:07:55.07 ID:wvf+GhL+0
上条「…………」ピタッ

ガッシュ「!」

だがそんな中、上条に声をかける者がいた。

????「久しぶりに来たんだから、最後までいるべきな訳よ!」

上条「フレンダか……」

フレンダ=セイヴェルン。

金髪碧眼で、よく脚線美を自慢している上条のクラスメイトである。

上条「じゃあな」スタスタ

フレンダ「ちょっ!?無視しないでほしい訳よ!」タタタタッ

慌てて上条の前に回り込むフレンダ。

そんなフレンダを見て、上条はため息をついた。

上条「おまえ、もう俺には近づくなって言っただろ」

フレンダ「そ、そんな話聞いてないって訳よ」プヒュープヒュー

上条「吹けてないぞ、口笛」

フレンダ「け、結局!上条は今日最後まで学校にいるべきな訳よっ!」

上条「おまえ……それ本気で言ってんのかよ……」

フレンダ「もちろ「いい加減にしろ!」

フレンダ「」ビクッ!
35 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 20:09:42.30 ID:wvf+GhL+0
突然の怒鳴り声に、フレンダは身を硬くした。

上条「おまえあんなことがあったのにまだ懲りてないのか!?俺はお前が怪我する原因を作った疫病神だぞ!?さっさと俺から離れろよ!」

フレンダ「…………」

フレンダは、少し前に一度怪我をしている。

その原因は、上条と一緒に体育倉庫の整理をしていた際、落ちてきた用具の下敷きになったというものだった。

それ以来上条に対する周りの風当たりは強くなり、上条は滅多に学校に行かなくなった。

フレンダ「…………」

上条「…………じゃあな」スッ

  クイッ

上条がフレンダを避けて通ろうとすると、急に袖をつかまれた。
36 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 20:11:05.19 ID:wvf+GhL+0

上条「あん?」

フレンダ「…………」キュッ

上条「……おい、離せよ」

フレンダ「確かに……もう怪我するのは勘弁な訳よ……でも少なくとも……」

上条「ん?」

フレンダ「少なくとも、あれはただの偶然で、上条は別に何も悪くない……」

上条「…………」

フレンダ「それに私は、あの時自分が入院するような怪我を負ってまで、私をかばってくれた上条に感謝してる訳よ……だから――」

フレンダ「――結局、あの時から上条は私にとって、ヒーローだって訳よ」

上条「…………!」

フレンダ「間違っても、疫病神なんかじゃない」

上条「…………」

フレンダ「だから、ちゃんと最後まで……ね?」スッ

フレンダは上条に手を差し出した。

上条「う……」スッ

フレンダが伸ばした手に、上条は右手を差出し――

上条「うるせぇっ!」パシン!

――吐き出すような声とともに、その手を振り払った。

フレンダ「え……?」

上条「とにかく俺は帰るんだ!」バッ


ガッシュ「バカモノ!!!」

37 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 20:12:08.77 ID:wvf+GhL+0

上条「えっ?」

聞き覚えのある、しかし本来ならこんなところでは聞くハズのない声が響く。

ガッシュ「お前のことを思って止めてくれているのに!!無視して帰るとは何事だっ!!!」

上条「」

フレンダ「え?」

ガッシュ「あ……」

  ナンダナンダー? コドモガイルゾー

上条「ちょっとガッシュさん!?あなたここでなにしてるんでせうか!?」ガシッ

ガッシュ「いや、私は当麻を護るために影からこっそりと見守って……」

上条「勝手に学校入ってくんじゃねぇーーーーーーーーーーっ!!!」
38 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 20:12:58.36 ID:wvf+GhL+0

フレンダ「あ、あの……上条?この子は……?」

ガッシュ「我が名はガッsモガッ!?」

上条「なんでもないぞ〜フレンダ。ええ、上条さんはこんな子供知りませんとも〜」

ガッシュ「何を言うか!私は当麻を不運から護るたモゴゴッ!!」

上条「余計なことを言わんでいい!!……ハッ!?」

  ザワザワ……ザワザワ……

  ダレダヨ ガッコウニ コドモ ツレテキタ ヤツハヨー

上条「ちくしょーーーーー不幸だぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!」ダダダダッ!!
39 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 20:14:59.81 ID:wvf+GhL+0


――校舎裏――


ガッシュ「よかったのう当麻、おまえを嫌わない子もいるではないか…」

上条「ご、ごまかすんじゃねぇ……」ゼェゼェ

ガッシュ「よし、当麻!友達作り作戦を決行するぞ!!」

上条「は!?ちょっと待て!なんだそれは!?だいたい俺はそんなこと頼んだ覚えはねぇぞ!?」

ガッシュ「母上殿から頼まれたのだ!」

上条(余計なことをぉぉおおおっ!!!)

上条(話を逸らしてごまかすか……)

上条「そういえばお前がその、着てる?スポーツバッグ、どうしたんだよ」

ガッシュ「母上殿に作ってもらったのだ!それで友達作り作戦を……」

上条「そうだ、この本、勝手に持って行って悪かったな。返しとくぞ」つ□

ガッシュ「ウヌゥ、それは私が当麻の鞄に入れておいたのだ!だから謝る必要はないぞ!」

上条「おまえが原因かぁあああああああっ!!」

ガッシュ「この格好で持ち歩くとなると少し不便だからの」

上条「不便だからの、じゃねぇよ!教科書無くて職員室に余り借りに行くの気まずかったんだぞ!?」

ガッシュ「ウ、ウヌゥ……スマヌのだ……」

上条「くっそ……俺はもう帰るからな!」スタスタ

ガッシュ「ま、待て当麻!お前がいないとこの友達作り作戦はできぬのだぞ!」

上条「一人でやってろ!俺はやらないからな!」

ガッシュ「な、ならば……友達作り作戦2を決行するまでだ……」

上条「2?」

ガッシュ「これから私が教室に行き、一人一人に当麻の友達になってくれと土下座してくる!」スタスタ

上条「わかった!やる!やるから!そんな恥ずかしいことはやめてください!!」ガシッ
40 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 20:15:41.66 ID:wvf+GhL+0

ガッシュ「ならば友達作り作戦を決行するぞっ!」

上条(ちくしょう、不幸だ……)

ガッシュ「これだ!」バッ

ガッシュはどこからともなく文字が書かれた布を取り出した。

そこに書かれていたのは……

上条「ヒーロー……大作戦……?」

ガッシュ「学校には『不良』という輩がいるのであろう?ならば当麻がその不良を倒し、からまれているものを助けるのだ!」キラキラ

上条(いつになく目が輝いてるな……)

ガッシュ「不良の被害者は多いようだからの、そいつを倒せば必ず当麻はみんなから感謝される!」

ガッシュ「当麻がいいやつだという噂が不幸だということ以上に広まれば、友達など向こうから寄ってくるわ!」

上条「でもおまえ、どうやって不良にからまれてるやつを探すんだ?」

ガッシュ「そ、それは……」

上条「だろ?そんな都合よくいくワケ――」

上条「――!」

ガッシュ「当麻?」

上条「あった…」

ガッシュ「ヌ?」

上条「ガッシュ、耳を貸してくれ、なんとかなるかもしれない」

――――

――
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/19(土) 20:16:00.63 ID:ZmHItcvF0
なんだ、禁書の設定を全く活かしてない名ばかりの糞ssか
どうせ上条さんが幻想殺しを持つ以外は、何の設定もないんだろ?
42 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 20:16:23.89 ID:wvf+GhL+0


――放課後、屋上への階段――


ガッシュ「ここだな……」

――上条『いいか、ガッシュ……』

――上条『この学校には毎日のように屋上にカモを呼び出してカツアゲやってる浜面ってやつがいる』

――上条『そいつを俺とお前の二人で倒すんだ!』

――上条『俺は職員室に用事があるから少し遅れていくが……』

――上条『奴がいたら俺が行くまで足止めしていてほしい』

――上条『つらいと思うが頼む!』

ガッシュ「何を言う……当麻のためならそのくらい朝飯前だ……!」

  ガチャ

ガッシュ「いたな……ん?あの子は……」

浜面「いぃからよこせってんだよ!」

フレンダ「や、やめてほしいって訳よ……」

浜面「ぁあ!?」グイッ

フレンダ「ひぃっ!?」

ガッシュ「その女の子から手を放せ!でくの坊!!!」

浜面「んだとコラァ!って、ガキ……?」

フレンダ(あ、あの子は廊下で上条と一緒にいた……)

ガッシュ「ヒーローの当麻が来るまで私が相手だ!!!」
43 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 20:17:16.27 ID:wvf+GhL+0


――生徒玄関――


  ワイワイ…ガヤガヤ…

上条(思いのほか、上手くいったな……やっとあいつから逃げられる……)

上条(恩返しだかなんだか知らねーが、義理でこんなことやられても迷惑なんだよ……アイツに俺の不幸の何がわかるってんだ……)

――おい上条、お前球団どこファンだよ?はぁ!?俺と一緒かよ!?だから弱いんじゃねーかチクショー!昨日負けたのもお前のせいだ!この疫病神!

――はぁ?居眠り運転の車が突っ込んできてウチのクラスの給食が全部パー!?怪我したっていう給食当番は誰?え?上条!?またかあの疫病神!給食返せ!

――くらえ疫病神!神殺しの聖石だ!

上条「…………チッ」

合唱部員「ねぇモブ子、フレンダ見なかった?」

上条(……フレンダ?)

モブ子「ん?どうしたの?」

合唱部員「合唱部で行くコンサートのチケット代集めに行ったっきり戻らないのよ……」

上条(チケット代集め……浜面の絶好のカモだな……)

上条(ま、もしフレンダだとしてもガッシュがいれば大丈夫だろ……電撃出せるんだし)

上条「…………」

――ガッシュ『友達作り作戦決行だ!』

上条「…………」

――フレンダ『結局、あの時から上条は私にとって、ヒーローだって訳よ』

上条「…………」

上条「どうせ黒焦げの不良がいるだけだと思うけど、覗きに行くだけ行ってみますかね……」トントン
44 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 20:18:29.59 ID:wvf+GhL+0


――屋上に続く階段――


上条(焦げ臭い……臭いはしないな……)スッ

屋上のドアの前に立ち、上条は屋上の様子を覗いてみた。

そこには――

浜面「…………」ニヤニヤ

ガッシュ「…………」ボロボロ

上条「――――!」

――黒焦げの不良ではなく、傷だらけのガッシュがいた。

上条「バ……カ……」

上条(なんで……お前がボロボロなんだよ?電撃出せるんじゃなかったのかよ?)

上条「どうして……」

フレンダ「もうやめて!!結局、お金なら渡す訳よ!だからもうこの子を殴らないでほしい訳よ!」ババッ

ガッシュをかばうように浜面の前に立ちふさがるフレンダ。

ガッシュ「そのバカに渡す金はない……渡すんじゃない!」

しかし、そのフレンダをガッシュは押しのけ、制止する。

フレンダ「あなたもいい加減逃げて!!」

上条(そうだ!逃げろよ!お前みたいな子供がアイツに勝てるワケがないだろうが!!)

ガッシュ「私は平気だ……それより、もうすぐ当麻が助けに来てくれる」

上条(!!アイツ……この状況でまだ……!!)

ガッシュ「そしたら安心だ……二人一緒に戦うから、こいつもすぐ倒せる!!」

上条(ぐっ……)
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/19(土) 20:18:53.00 ID:ZmHItcvF0
浜面も確かに原作じゃスキルアウトだが少なくともこんなキャラじゃない
自分で気持ち悪いって自覚してる?
46 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 20:19:00.61 ID:wvf+GhL+0

浜面「ハッ、さっきからそればっかり言ってやがるな……」

上条(クソ……アイツ……本気で信じやがって……!!)

浜面「バカが!!いい加減気づきやがれ、お前はあの疫病神に騙されたんだよっ!!」バキッ!

上条(そうだ……)

ガッシュ「ぐっ……!!」

上条(いい加減気づけ……バカ……)

浜面「あいつは自分の周囲の人間を不幸にする疫病神なんだよ!!」バキッ!

上条(……………そうさ………)

浜面「現にお前も、今こうやって、俺に殴られて、不幸になってる!!アイツに関わった奴は全員不幸に巻き込まれんだよ!!」ドカッ!バキッ!

上条(そうだ……みんな巻き込んじまった……父さんだって……母さんだって……フレンダだって……)

浜面「お前がヤツとどんな関係か知らねーけどなぁ……結局はお前も奴に不幸にされて、潰れんだよ!!」バキッ!

上条(そうだ……そいつの言ったとおりだ……だから…早く、騙されたと気づけ……そして……どこでもいいからとっとと逃げやがれ……)

浜面「この学校でアイツの肩を持つヤツなんざ一人もいねぇ!!先公でさえもいねぇんだ!!!」ドコッ!

上条「!」

浜面「あいつなんか永遠に学校に来なくていいんだよ!!!」

浜面「来てほしいと思ってるヤツなんか、誰もいねぇんだよ!!!」

上条「――――」
47 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 20:20:08.88 ID:wvf+GhL+0

フレンダ「そんな…そんなことは……」

ガッシュ「だまれ!!!」

浜面「ぁあ?」

ガッシュ「お前に当麻の何がわかる!!!」

上条「!」

ガッシュ「当麻は悪くない!!!だから私は当麻を助けに来たんだ!!!」

上条「…………!!」

ガッシュ「当麻は好きで不幸になってるわけじゃないんだぞ!!!」

ガッシュ「当麻の父上が言ってたぞ!小学校までは普通に友達と遊んでたって!!」

ガッシュ「中学になって、だんだん友達が自分の都合の悪い出来事の原因を当麻に押し付け始めたって!!」

ガッシュ「当麻が悪いんじゃない!!!」

ガッシュ「当麻の所為にする友達の根性が悪いんだ!!!」

ガッシュ「当麻が実際何をした!!?」

ガッシュ「今日、学校に来た当麻が実際何をした!!!」

ガッシュ「お前のように誰かを傷つけたか!?」

ガッシュ「お前みたいに弱いものから金を奪ったか!!?」

ガッシュ「学校に来なくていいのはお前のほうだ!!でくの坊!!!これ以上私の友達を侮辱してみろ!!!」

ガッシュ「おまえのその口、切り裂いてくれるぞ!!!」

上条「…………っ!!」

上条は、涙が止まらなかった。

上条(アイツ……わかったようなこと言いやがって……っ!!)

ガッシュ「当麻が今来ないのはウンコをしているからだ!!!」

上条「…は?」

ガッシュ「きっと…きっと太い……そう…アナコンダよりも太く……!金魚のフンよりも切れが最悪のヤツだ!!!」

上条(何言ってくれんだコイツーーーーーッ!!?)ゴシゴシ

フレンダ「そうよ!結局、なかなか流れずに困って時間がかかってるだけって訳よ!!!///」

上条(フレンダぁぁああああああっ!!?)ゴシゴシ

浜面「お、おう……すげぇな……」

上条(お前も信じてんじゃねえよ!!?)
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 20:20:45.97 ID:iwO0M8kV0
設定の違いが多少ってどころじゃないな
マジで荒れる前にさっさと依頼出してきた方がいい
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 20:21:39.97 ID:zqL6MCWh0
嫌(いや)なら読(よ)まなくてもいいんだよ?
50 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 20:23:09.55 ID:wvf+GhL+0
上条(くっそ、あいつらーーーーっ!!)

  バンッ!

上条「いい加減にしろ!!!誰がそんなウンコするかっ!!!」

ガッシュ「お……?当麻!」ニヤッ

上条「人がいないからって好き勝手言ってんじゃねーよ」ニヤッ

ガッシュ「ほら来たぞ!嘘つきはお前だ、でくの坊!!バーカ!バーカ!!バーカ!!!」

浜面「」ピキッ

上条「おうとも!この上条さんが来たからにはおまえなんてイチコロダボォオウッ!!?」

浜面の強烈な膝蹴りが、上条の腹に炸裂した。

ガッシュ「がんばれ、当麻!!」

フレンダ「頑張る訳よ上条!」

上条「いや、ちょ、ちょっと待…がはぁ!!」バキッ ドコッ ビターン

フレンダ「あっ、あっ上条が……!」

ガッシュ「バカッ!キックで反撃だ!!」

浜面「おるあぁああ!!!」バキイィッ!

上条「おぶぅうううぅっ!!!」ズザザザザ

ガッシュ「…………」

フレンダ「…………」

上条「勝てない……勝てないぃぃ……ムリだ……やっぱこんな作戦ムリだったんだぁあ!」

ガッシュ「何を言う!当麻が来た時点でこの作戦は成功だぞ!!!」

上条「え……?」

ガッシュ「その証拠に当麻、今、すごくいい顔しているぞ!今までで一番『生きてる顔』だ!!」

上条「『生きてる顔……』」

フレンダ「そうよ上条……結局、私も上条が助けに来てくれて嬉しい訳よ。ありがとう……」

上条「フレンダ……」

ガッシュ「ヒーロー大作戦……」ガシッ

ガッシュは上条の右腕をつかみ――

ガッシュ「成功だ!!」

――高く掲げあげた。

上条「こんなボロクソになって何が……」バッ

上条は腕を振りほどく。

上条「!」

そのとき、上条は自分の掌を見た。

汗まみれで、少し震えている、自分の右手。

上条(手に汗かいたのって、いつぶりだっけな……)

上条(でも、ボロクソになりながらも、必死になるうちにかいたこの汗って)

上条(やっぱりガッシュが言うように、生きてるって証なのかもな)
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 20:23:29.59 ID:IsCTtPUX0
確かに大抵はそっ閉じできない側に問題があるが、残念ながらこれはどうしようもない糞ssだな
マジでどんな顔して、こんな馬鹿丸出しの文を書いてるんだろうな
52 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 20:24:32.69 ID:wvf+GhL+0

上条がなんとなく納得しかけたそのとき――

浜面「何が……成功だ!?」ドカッ!

上条「ぐおっ!?」

――浜面の蹴りが上条たちを襲った。

浜面「茶番かましてんじゃねえぞ、てめぇら!!」パキポキ パキポキ

上条(そうだった……まだ問題は解決していない……)

ガッシュ「ヌゥ……」

上条(ガッシュ……そうだ、朝の電撃で攻撃できれば……!)ポスッ

上条「ん?」

上条の手が、屋上のコンクリ以外の何かに触れた。

上条(これは……ガッシュの持っていた『赤い本』……)

上条「…………!」

――(第一の術……ザケル……?)

――「ふざけるのもいい加減にしやがれ!」

上条(そうか……そういうことか!だからガッシュは浜面にやられても電撃を出さなかったんだ!)
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/19(土) 20:25:01.37 ID:ZmHItcvF0
ねえ、こんなの書いてて本当に恥ずかしくないのか?
少し冷静に考えてみろよ
お前の人生、こんなもん書いてて本当にいいのかよ?
54 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 20:25:34.20 ID:wvf+GhL+0
フレンダ「もういい!お金を渡す!これでもう誰も殴られることもない訳よ!!」

上条「まて、フレンダ!!金を渡すな!コイツは倒せる!!」

フレンダ「え?な、何言ってる訳よ上条!?」

浜面「ふざけたこと言いやがって!これでもくらえーーーー!!」ダッ

上条(ダッシュしてきた!?俺の後ろには壁……俺たちを掴んで壁にたたきつけるつもりか!!クソッ!時間がない!!)

上条「ガッシュ、アイツの方を見ろ!!早く!!!」

上条(そう、俺は……)

ガッシュ「ウヌ!」

上条(今日の朝、この本を持って……)

上条「絶対に目をそらすなよ!」

ガッシュ「ウヌ!」

上条(偶然この呪文を唱えてたんだ!!)

上条「『ふざけるな』!!そう、第一の術、ザケル!!!」カッ!

ガッシュ「」コォォオオオオオオオ

上条(よし!思った通りだ!)

ガッシュ「」ゴォォオオオオオオオオオオ

上条(あれ?なんか朝よりタメが大きくないか……?)

上条「マズイ!浜面!伏せろーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!」バッ

浜面「へ?」
55 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 20:27:23.03 ID:wvf+GhL+0

ガッシュ「」ゴッ


  ドゴォォオオッ!!


上条「」

フレンダ「」

浜面「」ピクピク

上条「お、屋上が……吹っ飛んだ……」ペタン

――父さん……、いや、お父様へ……

――素敵な誕生日プレゼントありがとうございます。

――その子供、ガッシュ・ベルはとてもいい子です。

――ただ……一つ気になることがあります。

――貴方からの贈り物について、初めて詳しいことを聞きたくなりました。

――お父様……そのガッシュ・ベルという子は何者なんですか?

――教えてください。俺……いや、私は今までのどんな不幸よりもこの先が怖くて仕方ありません……。
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 20:30:02.42 ID:rfoSKQGc0
記憶を失う前も少し卑屈なとこはあったが、たかが不良一人相手にふ抜けることはなかったし
浜面も含めて原作を途中までしか読んでないとか関係なく、少しはキャラを掴んだ上で書けよ
あと単純な肉弾戦でもフレンダの戦闘力は高いからな
こういう糞ss書く奴って自分で恥ずかしくならないのかね
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/19(土) 20:31:24.33 ID:ZmHItcvF0
マジで気持ち悪い
ヒキはヒキらしくネットにも出張ってこないで籠ってろよ
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 20:54:59.94 ID:6yFT6WU/o
これはひどい
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 20:57:56.06 ID:q0zxWk9r0
荒らしも内容も酷い
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 20:58:15.34 ID:5/VVGyCBo
コロコロとID変えてまで暇なやつだな
二次創作のパラレルに何ズレたこと求めてんだ
キャラの違いが嫌なら原作だけ読んでろ

上条さんとガッシュの絡み良いな
ガッシュ知らなくても読めるし面白い
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:12:28.15 ID:K7+wduY40
浜面はキャンチョメのパートナーになると思ってた
62 :ミディえもん [saga]:2014/04/19(土) 21:20:49.94 ID:wvf+GhL+0
とりあえず一話終わり
レイコムのパートナーどうすっかな……
では来週の土曜ぐらいにまた
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:25:29.50 ID:awEBi6Xeo
おつー
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:29:23.97 ID:kfV+jE540
レールガンで銀行強盗したやつでよくね
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/19(土) 21:40:38.88 ID:ZmHItcvF0
こんな糞ssに必死な擁護なこと
>>1も本気で需要あると思ってるのか?
二次創作でキャラのズレを気にするなとか訳の分からんことまで言ってる奴いるし
それこそだったらオリキャラでやればいいだけじゃん
馬鹿なの?
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:41:07.71 ID:5/VVGyCBo
乙です
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:47:10.84 ID:Iit5vRo40
とりあえず埋めるか
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:47:54.50 ID:Iit5vRo40
蝓九a
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:48:25.23 ID:Iit5vRo40
蝓九a
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:48:54.54 ID:Iit5vRo40
蝓九a
71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:49:20.46 ID:Iit5vRo40
蝓九a
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:50:01.82 ID:Iit5vRo40
蝓九a
73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:50:28.59 ID:Iit5vRo40
蝓九a
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:51:06.90 ID:Iit5vRo40
蝓九a
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:51:36.89 ID:Iit5vRo40
蝓九a
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:52:09.17 ID:Iit5vRo40
蝓九a
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:52:55.96 ID:Iit5vRo40
蝓九a
78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:53:26.09 ID:Iit5vRo40
蝓九a
79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:54:05.86 ID:Iit5vRo40
蝓九a
80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:54:44.33 ID:Iit5vRo40
蝓九a
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:55:33.45 ID:Iit5vRo40
蝓九a
82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:56:12.82 ID:Iit5vRo40
蝓九a
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:56:39.62 ID:Iit5vRo40
蝓九a
84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:57:06.56 ID:Iit5vRo40
蝓九a
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:57:42.02 ID:Iit5vRo40
蝓九a
86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:58:10.37 ID:Iit5vRo40
蝓九a
87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:58:40.39 ID:Iit5vRo40
蝓九a
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 21:59:24.55 ID:Iit5vRo40
蝓九a
89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 22:00:00.44 ID:Iit5vRo40
蝓九a
90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 22:00:35.02 ID:Iit5vRo40
蝓九a
91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 22:01:23.85 ID:Iit5vRo40
蝓九a
92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 22:01:57.78 ID:Iit5vRo40
蝓九a
93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 22:02:27.53 ID:Iit5vRo40
蝓九a
94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 22:02:53.18 ID:Iit5vRo40
蝓九a
95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 22:03:36.80 ID:Iit5vRo40
蝓九a
96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 22:04:06.01 ID:Iit5vRo40
蝓九a
97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 22:04:48.96 ID:Iit5vRo40
蝓九a
98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 22:05:21.02 ID:Iit5vRo40
蝓九a
99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 22:06:05.83 ID:Iit5vRo40
蝓九a
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 22:07:34.23 ID:Iit5vRo40
とりあえず明日からも100レスずつ埋めていくわ
見てて気味が悪いssって荒らしたくなるんだよね
101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 23:14:22.36 ID:5/VVGyCBo
アク禁喰らってもいいならお好きにどうぞ
102 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/04/19(土) 23:43:16.49 ID:imp0qEzn0

禁書関連のSSは荒らされるのが常だから、今度スレ建てるときは禁書とは無関係のスレタイにした方が良いですよ

>>100
そこまで気持ち悪いものを弾圧したい気持ちがあるのに、なんでこんなとこで燻ってるんだ?
原発とか憲法改正とか、気持ち悪くて弾圧すべきものが山ほどあるのに……
103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/19(土) 23:46:18.08 ID:9pUy/1b30
okok全然問題ないぜ
スマホだから、やるとしてもプロバイダ規制するしかないからな
104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/20(日) 00:28:54.42 ID:IWWmO9YH0
フレンダを水野の配置にしてる時点でお察し

ただ、期待はしてる
105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/20(日) 00:39:45.86 ID:x0IZeXO90
すまん、荒らした本人だが急に冷めた
くだらないことをしてすまなかった
ただ二次創作だからこそ、あまりに酷いキャラの改変には気を遣った方がいいと思うよ
クロスなら尚更
これ本当にクロスでやる意味あったのって話になるから
あと禁書もガッシュも長い作品だから原作を基本的に追っていこうとすれば確実にエタる
最初に勢いで思いついたって書いてあるけど、ある程度の構想を練って落とし所をしっかり決めといた方がいいんじゃないかな?
重ねて言うが下らないことをして本当にすみませんでした
106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/20(日) 02:02:40.88 ID:KpO7bprDO
>>105
一生ROMってろカス
107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/20(日) 05:13:55.33 ID:IfpFE8850
そこでわざわざ挑発する野郎も一生romってろカス
108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:16:42.02 ID:bZ9S9a2g0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:16:47.48 ID:8uzkmfRN0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:16:52.49 ID:ch1yFx010
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:16:58.14 ID:8uzkmfRN0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:17:03.75 ID:h34dOLM10
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:17:09.41 ID:g144Wpil0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:17:14.39 ID:iUhKgX1i0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:17:19.34 ID:g144Wpil0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
116 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:17:24.17 ID:h34dOLM10
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:17:29.11 ID:85lnpWYN0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:17:33.71 ID:bZ9S9a2g0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:17:38.48 ID:h34dOLM10
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:17:43.67 ID:85lnpWYN0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:17:48.20 ID:Gpoeqy9m0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:17:53.87 ID:ObxGkKCx0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:17:58.32 ID:85lnpWYN0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:18:02.68 ID:7qAaAl6X0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:18:07.09 ID:pP3sMhMV0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:18:12.71 ID:xZl6xL7G0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:18:16.82 ID:7qAaAl6X0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:18:22.05 ID:4q2+UXyj0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:18:26.33 ID:ch1yFx010
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:18:30.69 ID:bZ9S9a2g0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:18:34.82 ID:Uc5viYa00
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:18:39.98 ID:7qAaAl6X0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:18:44.52 ID:85lnpWYN0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:18:49.46 ID:bZ9S9a2g0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
135 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:18:53.83 ID:xZl6xL7G0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:18:58.23 ID:8uzkmfRN0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 12:19:03.53 ID:ch1yFx010
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスガ
138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/20(日) 13:47:43.25 ID:Lwe595lMo
お前の頭がスカスカなのはよく分かりました
139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:25:46.32 ID:8ZzU049/0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:25:50.43 ID:Gpoeqy9m0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:25:54.36 ID:lZiali070
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:25:58.54 ID:xZl6xL7G0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:26:03.00 ID:O52CvglQ0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:26:06.97 ID:lZiali070
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:26:11.85 ID:8ZzU049/0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
146 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:26:15.99 ID:kwRq7Vef0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
147 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:26:20.59 ID:iUhKgX1i0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:26:30.72 ID:HtH/fm0Q0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:26:35.12 ID:O52CvglQ0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:26:39.10 ID:Gpoeqy9m0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:26:43.12 ID:xZl6xL7G0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:26:47.45 ID:8ZzU049/0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:26:51.36 ID:ObxGkKCx0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:26:55.10 ID:8ZzU049/0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:26:59.23 ID:iUhKgX1i0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
156 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:27:04.14 ID:8ZzU049/0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
157 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:27:08.00 ID:xZl6xL7G0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
158 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:27:12.58 ID:kwRq7Vef0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
159 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:27:16.96 ID:Om1Gyfm90
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
160 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:27:20.70 ID:xZl6xL7G0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
161 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:27:25.25 ID:fOYuc+Ck0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
162 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:27:29.16 ID:O52CvglQ0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
163 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:27:37.61 ID:ObxGkKCx0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
164 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:27:42.44 ID:Gpoeqy9m0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
165 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:27:46.83 ID:Om1Gyfm90
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
166 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:27:50.75 ID:8ZzU049/0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:27:55.30 ID:lZiali070
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
168 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:28:05.98 ID:xZl6xL7G0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:28:11.67 ID:iUhKgX1i0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:28:16.53 ID:Gpoeqy9m0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:28:20.84 ID:8ZzU049/0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
172 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/20(日) 22:28:25.59 ID:O52CvglQ0
カスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスカスミ
173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/07(水) 16:15:49.97 ID:d46CVlR+0
たった二日で飽きるとか、お前の荒らし根性はそんなもんなのか?
174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/13(火) 15:50:12.24 ID:Jj1kLR0f0
ナンダアラシテホシイノカ
98.31 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)