このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

榊原里美「危ない橋を渡る」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:03:39.55 ID:OtqXJeVAo
アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。

当SSはアイドル名「ことわざ」でタイトルをつけているシリーズです。

以前のお話に戻る場合はSS wikiを通ってください。
http://ss.vip2ch.com/ss/%E3%80%90%E3%83%87%E3%83%AC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%80%91%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%8F%E3%81%96%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

前回
早坂美玲「能ある鷹は爪を隠す」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398173428/


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1398758619
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

マリィ「また来たの」ユウリ「また来たよ」 @ 2020/05/29(金) 08:24:16.76 ID:rm7ItJZ70
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590708256/

【モバマス】同じ漢字を三つ重ねて @ 2020/05/29(金) 01:05:01.42 ID:teVD+A6p0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590681901/

【安価】クロスオーバー・タッグマッチ @ 2020/05/28(木) 23:36:42.63 ID:hJ2BrSIN0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590676602/

隣人「あのー?」男「んー?」ゴクゴク @ 2020/05/28(木) 15:37:02.37 ID:xevQcMal0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590647822/

【安価】円堂「あれから1年、この時がやっときたんだな!」【クロスオーバー】 @ 2020/05/28(木) 12:15:11.93 ID:yqdxlfyo0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590635711/

【ガンダムSEED】俺「安価でC.E世界で戦う」PHASE-04 @ 2020/05/28(木) 11:55:25.26 ID:q59i57giO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590634525/

【安価】幼馴染「私達ずっと一緒だよね」僕「当たり前じゃん」 @ 2020/05/28(木) 09:52:39.65 ID:hSBr4Fq70
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590627159/

茜「さいきっく・おいろけビーム!!!」武内P「!!?」 @ 2020/05/28(木) 03:45:13.29 ID:B8KbTUhbO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590605113/

2 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:04:20.56 ID:OtqXJeVAo

 ─ 前回のお話 ─

・美 玲 と デ ィ ー プ キ ス し た

3 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:16:51.04 ID:OtqXJeVAo

 ─ いつもの病院 ─

医者「間違いないですね、逆流性食道炎です」

モバP(以下P)「そうですよねー・・・」

医者「まぁ、軽度だったのでしっかり治しましょう」

P「放っておいたら食道ガンとかになりますしね」

医者「そういう事です。Pさんは病気などに意識高い人ですし医者としても助かります」

P「ありがとうございます」

医者「ホントなら医者が使われないのが一番いいんですがねー」

P「あはは・・・」
4 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:19:15.67 ID:OtqXJeVAo


P(先日、美玲と舌を絡めるようなキスをしてしまった)

P(俺も正直、酔っていたせいで押し倒された後は美玲の起こす行動は全て拒まずに受け入れてた)

P(拒んで彼女の体を弾けずに・・・俺は美玲からの唇の欲求に答え、初心な舌の試行錯誤に身を委ねてしまった)

P(そして、酔いが醒めた後に『14歳の子になにやってるんだ』と自分を追い込み、今に至る)

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 17:19:48.56 ID:xa/ARNr1O
さとみん期待
6 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:20:22.40 ID:OtqXJeVAo

P(・・・お酒止めよう。美玲も半ば勢いでやってしまったのだろう)

P(性行為にまで発展しなくてよかった、と捉えよう。過去に起こした罪は消えない、どんどん積みあがるだけ)

P(ネガティブを直さなければ俺はいつか自分で自分を殺す)

P(誠実に・・・誠実に・・・誠実に生きるんだ)
7 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:23:58.52 ID:OtqXJeVAo

 ─ 事務所・事務室 ─

千川ちひろ「プロデューサーさん、もうそろそろでは?」

P「え?ああ、そうですね。準備してきます」

P(今日は午前中に我が○○プロのアイドル候補生『喜多見柚』の裁判が行なわれる)

P(彼女の両親が意識不明で病院で入院中であり、その間の柚の面倒を見てくれる保護者として親の妹夫婦が名乗り出た)

P(だが、この妹夫婦は姉である柚の母親を嫌っており、その逆恨みとして柚を虐待していた)


喜多見柚「Pサン、いこっ」


P(偶然、彼女を見つけた俺が新たな保護者を名乗り出て、妹夫婦とは絶縁させる。そのための裁判だ)

P(普通なら示談などで終わる内容だったはずだが、それさえも拒否されたので裁判をやる事になったというワケだ)


P「おう。ここに戻る時は新たな喜多見柚になっているといいな」

柚「なんかPサンがセンチメンタルな事言ってる」

P「悪いかっ、柚のことが心配なんだよ」

柚「絶対勝てる!まちがいないよー」
8 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:24:52.67 ID:OtqXJeVAo

P(彼女は巴や響子、亜季ちゃんや保奈美が献身的にサポートしていたおかげで物凄い勢いで心のキズを癒していった)

P(今日、裁判に勝ち、改めて○○プロの一員にしてあげたい)

P(無論、彼女がそれを望むのならば)


藤居朋「あっ、P。準備できたの?変装は万全よ」

大原みちる「こちらも準備OKです!みんなで勝てるよう、カツサンドも用意してます!」

P「あれ、お前達もついてくるの?」

朋「当然じゃない、柚ちゃんは勝ち取ってPが保護者になるんでしょ?」

みちる「つまりあたしたちの妹になるって事じゃないですかー」

P「・・・そうなのかな」

柚「いいよー、Pサンの妹なら退屈しなさそう♪」

P「家族関係を軽く見ちゃダメです」

朋「いいじゃない、あたしもみちるも一人っ子だし、柚ちゃんみたいな妹欲しいもの」

P「うーん、まぁ、傍聴席なら問題ないかな。傍聴マニアっているらしいし」



P(たまたまオフの朋と柚と同じ候補生のみちるが付いて来た。これから物事が中心になる柚の支えになればいいか)
9 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:26:20.26 ID:OtqXJeVAo

 ─ 家庭裁判所 ─


P(裁判はかなりあっさりに進められていった)


P「私が喜多見さんに出会ったときは気温が10℃以下の状態でした。そこで薄着で2日間外で生活する事を強いられていました」


P(俺は柚側の証人として登壇、正直あまりにもあっさり進みすぎて大丈夫とは思ったが・・・)






サイバンチョ「保護者としての権利はPさんに移ります」




柚「か、勝てた・・・」

P(うっそでしょ、1時間経つか経たないかぐらいだぞ・・・?)

朋(ミッチー、外出るまで喜んじゃダメよ)

みちる(朋さんこそ、口元が緩んでますよ)
10 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:27:21.76 ID:OtqXJeVAo

 ─ 裁判所・前 ─


一同「「やっっったぁぁぁぁぁっ!!!」」

朋「良かったね、柚ちゃん!これで晴れてこの○○プロのアイドルになれるよ!」

みちる「あ〜、感動しすぎて予備で持ってきてたバターロールがフゴフゴフゴ・・・」

柚「こ、これでアタシ、自由なんだよね・・・?」

P「ああ。俺の監督下という縛りが付くが、柚が変な事しない限りはあってないようなものだ」

柚「大丈夫だって♪アタシは○○プロでアイドル一直線やる気だしー」

朋「さぁて、すぐに帰って皆に報告しないと!」

みちる「亜季さんや保奈美さんが心配してましたしね」

柚「・・・うん!みんなのおかげだヨ!!」

P「・・・ははっ」

柚「あ、Pさん」

P「どうした?」

柚「改めて言うね。アタシを、○○プロのアイドルとして雇ってください!!」

P「・・・もちろん、大歓迎だ!ぐすっ」

朋「ちょっとぉ、Pったら泣いちゃって」

P「うぅ、もう年かなぁ」

みちる「ああっと、明日たくさんのパン作ってもらうようお母さんに連絡してきますね!」

柚「こりゃ明日はパーティだね!えへへっ、楽しみだなぁ・・・」
11 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:27:58.43 ID:OtqXJeVAo

「キーキー!!なんで!ア゛ア゛ァ゛ァ゛!!!」

P「・・・おっと、とっとと逃げよう」

朋「そうだね、あの金切り声聞いてらんないよ」

P「みんな、早く車に」

柚「・・・あたっ!!」

P「柚!」
12 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:28:29.87 ID:OtqXJeVAo

柚「き、気が抜けて足挫いたっぽい・・・」

柚叔母「ああああああ!!!あんたねぇ!!!」

P「(マズい!目に入ったか!)柚、立てるか?車に戻ってろ!」

柚「た、たてな・・・」


柚叔母「アタクシから!!子供を!!奪ってるんじゃ!!ねーよ!!!」


ブンッと空を切るを音を鳴らしながら、柚の叔母は手にあったショルダーポーチを俺に叩きつけてきた。




P「あがあぁっ!!!?」



柚「Pサンッ!!!!!!!!!」




13 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:29:42.33 ID:OtqXJeVAo

 ─ またいつもの病院 ─

医者「出て行った4時間後に別な怪我で病院来るとかどんな星の下に生まれたんですか、アナタは」

P「あはは・・・アイドルにやってもらったタロット占いが『塔』の逆位置だったもんで・・・」

医者「災難ってレベルじゃないですよ、まったく」

P「これ・・・どれくらいで治りますかね」

医者「痛みはすぐ引くだろうけど・・・しばらく様子見だね」

P「マジデスカ」

医者「医者が嘘言ってどうするんだよ」

P「はははは・・・・・・」

医者「とりあえず無理はしないこと、いいね?」

P「わ、分かってます」
14 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:30:24.82 ID:OtqXJeVAo



P(柚の叔母が振り回した凶器は俺の下まぶたに当たり、金具が軽くガリッとひっかかった)

P(おかげで打撲と傷口から入ったばい菌で腫れあがり片目は見えない状態になってしまった)

P(ちなみにあの後、叔母の方は警備員に連れていかれ、俺は見てないが叔父の方はたまたま一緒にいた警察を殴ってしまい連行)

P(おそらく、どちらも塀の向こう送りだろう・・・)


P「しばらく美玲生活(眼帯)かな・・・」

15 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:31:57.58 ID:OtqXJeVAo

柚「Pサン!!!!」

P「こらっ、病院では静かに」

柚「あっ、ごめん・・・」

P「気にすんな、俺がこうやって庇ってなければ柚が怪我してたんだ」

柚「うん、でも・・・」

朋「ほらほら、でもじゃないの。せっかく自由になれたんだから♪」

みちる「笑顔で行きましょう!」

柚「う、うーん」

P「ほら、お前の兄貴分が大丈夫だって言ってるんだから」

柚「兄貴分って・・・」

P「俺のことだよ。しばらく保護者、つまりしばらく兄貴」

朋「ははっ、妹分3人は面倒見切れるの?あにき♪」

みちる「お兄ちゃんは心配性とかいろいろ抱えてますしねー」

「お兄様・・・?」

柚「そ、それじゃあ、よろしくお願いするね。おにーサン」


P「お前らここぞとばかしに兄と呼びやg・・・・・・ちょっと待って」

3人「?」
16 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:32:35.52 ID:OtqXJeVAo

P「今お前らの中で『お兄様』なんて呼んだの誰だ?」

朋「違うけど」

みちる「お兄ちゃんの聞き間違いじゃないですか?」

柚「ただでさえおにーサンでも恥ずかしいんだけどなー」

P「んじゃ誰・・・?」クルリ



P(振り返ったその先に青みがかった髪の少女が立っていた)

P(え・・・?あの子、じゃないよね・・・?)


?「お兄様・・・!?」


P(え?え?)
17 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:33:04.15 ID:OtqXJeVAo



?「おにいさま!!!!」ダキッ



P「え゛!?え゛!?え゛!?」


朋「   」
みちる「   」
柚「   」


?「ずっと・・・ずっと会いたかったですぅ・・・Pお兄様・・・」


P「ドウイウコトナノ・・・?」

18 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:33:52.02 ID:OtqXJeVAo

 ─ 事務所・事務室 ─


?「すぅ・・・すぅ・・・」

ちひろ「それで、その方はどちらの方なんですか?」

P「え、えっと・・・さぁ?」

ちひろ「さぁ?って言われても困りますよ」

小松伊吹「やっぱPの名前を呼んでたわけだし、家族とかじゃないの?」

P「残念だけど、俺は一人っ子で従妹は残念ながら朋とみちるの2人だけだよ」

伊吹「それじゃあ、やっぱり隠し子!!」

P「なわけあるか!!」

ちひろ「でもプロデューサーさんの名前知ってる以上はなんとも・・・」
19 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:34:20.71 ID:OtqXJeVAo

P「多分、下の名前が一致してるだけだとは思いますけど」

ちひろ「だからと言って連れて来ちゃったら誘拐ですよ!!?」

P「ウッ・・・だって、離れてくれなかったんですもん・・・」

ちひろ「そしてそのまま事務所に到着したらプロデューサーに抱きついて寝ちゃってました、ねぇ・・・」

P「俺も何がなんだか・・・」

伊吹「まぁ、起きたらいろいろ聞いてみればいいんじゃないかな?人違いだけど、Pは悪い人じゃないから変な事はしないし」

P「お、おう・・・」

P(こないだの美玲の事があるから俺からは変なことをしないとは言い切れないんだよなぁ・・・)
20 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:35:04.02 ID:OtqXJeVAo

 ─ 事務所・会議室 ─

西川保奈美(○○プロのアイドルが憩いの場として使っているこの会議室)

保奈美(普段ならお菓子と紅茶のいい匂いがするのですが、今はちょっと違うようで・・・)



相原雪乃「本当にそこまでしかやってないのですね?」

早坂美玲「は、はいぃ・・・(正座辛いッ)」

雪乃「本当に本当にやってないのですね?」

美玲「はいッ!!」

雪乃「本当に本当に本当にやってないのですね!?」

美玲「は、は、は、はいィッ!!!」

雪乃「本当に本当に本当に本当に・・・」

美玲「ひぃぃぃいいぃぃッ!!」

保奈美「雪乃さん、そこまでにしてあげて・・・」

雪乃「こ、コホン・・・////」
21 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:35:58.21 ID:OtqXJeVAo

保奈美「美玲ちゃん、ほ、本当にディープキスしたのね?」

美玲「い、イエスだッ・・・!」

雪乃「○◆△※ω−аШы〆」ゴゴゴゴゴゴ

保奈美「雪乃さん!口から音が漏れてる!!!」

雪乃「と、取り乱しましたわ・・・」


保奈美(なんでも巴ちゃんがちひろさんにこの事を言った時に芽衣子さんに聞かれていたらしく、そのまま雪乃さんの耳へ)

22 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:36:38.48 ID:OtqXJeVAo

並木芽衣子「でもよくそんな事したね〜」

美玲「・・・・・・自分でもよく分かんない。確かにウチはプロデューサーの事は好きだぞ、でも迷惑はかけないって考えてたつもりなんだけど・・・」

芽衣子「温泉パワーのせいだね、間違いないよっ」

美玲「温泉のせいか・・・、そうだなッ!温泉のせいだ!!」

美玲(巴に押されたのと先輩の女優に背中押されたのもあるけど・・・一番は温泉のせいだなッ!)

雪乃「旅と温泉、確かにハメを外しそうな組み合わせですわね」

保奈美「だから、美玲ちゃんを許してあげてください」

雪乃「う〜ん・・・まぁ、今回は見逃しておきたいのですが・・・」

美玲「ほっ・・・」

雪乃「『Pさんとどこまでやったかランキング』で美玲さんが今一位なのですわ・・・」

美玲「へっ・・・?」
23 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:37:18.59 ID:OtqXJeVAo

芽衣子「私はキスまでしかやってないよー」

雪乃「私はほぼ何もしてませんわ」

保奈美「論外です」

美玲「へっ?」

雪乃「一番進んでるのは口でエッチした美玲ちゃんに・・・」

美玲「わぁぁぁぁッ!!わぁぁっぁぁあああぁぁぁあぁッッ!!!////」

芽衣子「別にキスぐらい、いいと思うけどね」

雪乃「そうは問屋が卸しません。健全な上で交際をするべきですわ」

芽衣子「なーんて言っちゃって、雪乃さんもやりたいんじゃないんですか?」

雪乃「(ギクッ)・・・そんなわけありません。Pさんのお側にいたいのは確かですが、私たちはプロのアイドルです」
24 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:37:54.60 ID:OtqXJeVAo

芽衣子「自ら不利になるような事はしないって?」

雪乃「当然ですわ。ただの女性の私とアイドルの私は別人だとしても、ファンの人はそうは見ないのです」

雪乃「好きな方とは節度を持って付き合うべきですわ」

芽衣子(そーいえば前に雪乃さんが『キスしてみせます!』って智香ちゃんや亜季ちゃんの前で言ってたような・・・ダブルスタンダード?)

美玲「・・・う、う〜ん」

雪乃「ひとまず今回は美玲ちゃんの事は不問にしますが、ほどほどにしてくださいね」

美玲「はーい・・・」

保奈美「そうだ。先ほどPさんも帰ってきましたし、スケジュールの方を確認しにいきましょ」
25 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:38:27.53 ID:OtqXJeVAo


 ─ 事務所・事務室 ─


雪乃「・・・・・・」ゴゴゴゴゴゴ

保奈美「ゆゆゆゆ、雪乃さん抑えて!!!」

美玲「だ、ダメだぞッ!!殺人は犯しちゃダメだぞォッ!!」

雪乃「別に・・・殺しはしませんよ・・・?」ニッコリ

伊吹(こええええええええええ)

芽衣子「Pさん、その子だれ?」

P「俺も知らん・・・(全員の視線が刺さるけど雪乃さんの視線は人を殺しかねん!!)」
26 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:39:12.32 ID:OtqXJeVAo

伊吹「なんかねー、Pを兄と勘違いしてるみたいなんだよね」

芽衣子「妹?」

P「これ限りは本人から聞かないといけない、けどこの状況だとね」

保奈美(Pさんの腕にがっしりとしがみ付き、鎖骨らへんを枕にするようにしてスヤスヤと寝ている・・・)

雪乃「いもうと・・・妹・・・ですか・・・」ゴゴゴゴ

美玲「妹ならミッチーとかも知ってるんじゃないのか?」

伊吹「いやいや、そもそもPが知らないことを朋とミッチーが知ってるわけないって」

美玲「それもそうか」

雪乃「・・・・・・」ゴゴゴゴゴ
27 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:40:00.93 ID:OtqXJeVAo

ガチャ

大和亜季「大和亜季軍曹、ただいま到着しました!」

雪乃「亜季ちゃん・・・」

亜季「はい、なんでしょ・・・ってひぃっ!!?」

雪乃「あと、伊吹ちゃん・・・」ゴゴゴゴゴ

伊吹「へぇっ!?」

雪乃「今日は私たちのレッスン十倍にしましょう・・・」ズゴゴゴゴゴ

亜季「い、イエス、マム!!!」

伊吹「えーっ、嘘でしょ・・・」



美玲(3人はレッスン場に行った。あっ、保奈美が「まだ候補生だったから良かったわ・・・」って顔してるぞッ)

28 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:40:34.52 ID:OtqXJeVAo

芽衣子「それにしてもPさんが眼帯かぁ、どうしたのっ?」

P「いやぁ、柚の叔母が暴力的でね。持ってたバッグが当たってズバッと」

美玲「・・・・・・」ジー

P「どうした、流石にガン見は恥ずかしいぞ?」

美玲(ひらめいたッ!!)

タッタッタッ!

P「おーい、美玲?どうしたんだ?」

美玲「そんな白い眼帯なんてかっこ悪いぞッ!!これ使え!!」

P「これって、お前の眼帯か?」

美玲「おうッ!白いのは痛々しいからコッチの方がいいぞ!!」

P「(つけてみた)・・・ガーゼは外せないから上から付けたけど、どうだ?」

美玲「うん、似合ってるぞッ!!」

P「似合ってるんかなー・・・」

美玲(へへへ、ペアルックだッ!!)

P「しばらく借りるかな」
29 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:42:20.49 ID:OtqXJeVAo

?「う、うぅぅん・・・ふぁ・・・」

保奈美「あっ、起きたみたい」

?「あれ・・・ここは・・・?」

P「ウチの事務所だ。ボーっとしてたのか?」

?「はい・・・そのぉ・・・暖かくて・・・」

P「それは良かった(?)キミの名前を教えてくれるか?」

?「ひどいですぅ、おにぃさまが知ってるはずですぅ・・・」

P(うぐっ、やはり俺を兄と勘違いしている。下手に気分を悪くさせてしまうとまた裁判沙汰だ、このまま勘違いさせておく方が吉かな)

P「そういうなって、この子たちは俺と一緒に働いてるアイドルたちだ」

?「ほぇぇ・・・アイドル・・・?」

P「そうだ。俺の同僚たちに自己紹介して欲しいんだ」

?「はわぁ・・・分かりました〜・・・」

保奈美「Pさんが兄の振りしてるけど、大丈夫なの・・・?」コソコソ

P「一応兄貴分歴20年以上の俺に任せとけ・・・」コソコソ
30 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:43:13.30 ID:OtqXJeVAo

?「私は榊原里美といいますぅ〜。よろしくお願いしますぅ」

美玲「えっと、ウチは早坂美玲ッ!美玲でいいぞ!よろしくなッ!」

保奈美「西川保奈美よ。まだ候補生だけどいずれ大舞台に立って見せるわ」

芽衣子「並木芽衣子だよっ!趣味は旅行!プロデューサーには結構お世話になってるんだー」

榊原里美「ほぇぇ・・・皆さんよろしくお願いします。あ、あとPお兄様がお世話になっていますぅ」

P「里美、今日はどうしたんだ?」

P(いきなり呼び捨てだけど、兄妹なら普通だよな・・・?)

里美「テレビでお兄様を見かけて、どうしても会いたくて・・・」

P「そうか、悪かったな。わざわざ来てもらうなんて」

P(俺をテレビで見て、兄と確信したのか・・・?それだと隠し子説が濃厚とも言える・・・今夜辺り、両親に電話してみるか)
31 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:44:35.06 ID:OtqXJeVAo

里美「大丈夫ですぅ、お兄様が今まで頑張ってきたのは何度も聞かされていますの」

P「聞かされた?」

里美「お母様がいつも言ってたんですの。Pお兄様は自分を犠牲にするくらいの熱血漢でカッコいい、そして女の子にモテモテだって」

芽衣子(間違いじゃないね)

美玲(かっこよくないけど、間違ってるはずがないぞっ)

保奈美(やっぱりPさんの妹・・・?)

P「お、おう(俺ってそんな評価なのか・・・?)」

里美「でもそんな素敵なお兄様をこの目で見たことがないのが悔しかったんですぅ・・・」

P「そうか・・・でも、よくあの病院が分かったな」

里美「お怪我をよくなされる人だと思ってましたから、ここらの病院を周ったんですぅ」

P(・・・・・・どうしよう、ものすごく俺の妹なんだが)

P「はははっ(乾いた笑い)里美の行動力は凄いなぁ!」ナデナデ

P(試しに撫でてみよう。もしかしたらボディタッチで撫で方が兄ではない!と気付くかもしれん)

里美「ふぁぁっ・・・きもちいいですぅ・・・」

P(ノーダメージ!)
32 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:46:22.08 ID:OtqXJeVAo

芽衣子「でもさ、これから里美ちゃんはどうするの?」

美玲「まだプロデューサーもウチらも仕事終わってないぞッ!」

P「そうだな、日が暮れたら自宅に帰るか?」

里美「ほぇ・・・出来ればPお兄様と一緒にいたいですぅ・・・」

P「と言っても俺は今日忙しいからな」

里美「お手伝いできる事があれば手伝いますぅ」

P「うーん・・・?」

保奈美「こっちで預かっておく?」

P「候補生組の所にか・・・今日はレッスン場でダンスレッスンだったな」

保奈美「皆レッスンで忙しいし、お手伝いが居てくれると嬉しいのよ。だからドリンクとかを作ってもらったりしてくれれば時間潰せるでしょ?」

P「・・・と、雑用役を頼まれているが、里美はできるか?」

里美「もちろんですの〜」
33 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:47:21.87 ID:OtqXJeVAo

 ─ レッスン場 ─

トレーナー「ワン、ツー、スリー、フォー!」

みちる「ワン、ツー、スリー、フォー!」

西島櫂「ワン、ッツー!スリーフォー!!!」

トレーナー「ほら、西島さん!体振り回しすぎですよ!!」

櫂「うぇ、難しい・・・」

柚「手足長いと大変そうだね」

櫂「まっ、練習量が物を言うから粘るよ!ワンツースリーフォー!!」

藤原肇「喋りながらだと集中できないと言いますが、どちらがいいのでしょうか・・・」

トレーナー「人によりますね、私がテンポ取ってるんで喋らない方がいい人は声出さなくてもいいですよ?」

肇「分かりました、何度か試してみますね」

柚「ミッチーはガンガン練習が上手く行ってるよねー」

みちる「アタシはいち早く朋さんと同じ舞台に立たないといけないんです!それは焼きたてのパンを提供するようにっ!!」

柚「へー」

みちる「アタシからすれば柚ちゃんが裁判の後なのにレッスン来てる方が凄いですよ」

柚「そう?あははっ、自由の身になれちゃったからね。すぐにでも動きたかったのカナ♪」
34 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:48:51.09 ID:OtqXJeVAo

保奈美「みんな来てるね」

みちる「あっ、保奈美ちゃーん・・・って、むっ!」

柚「むむっ!」

保奈美「む、じゃ伝わらないわよ」

里美「ほぁ・・・候補生組の皆さんですね〜・・・」

櫂「あれ、その子だれ?」

保奈美「Pさんの妹だそうよ」

櫂「へぇ〜、朋とミッチーだけかと思ったのに」

里美「ほぇぇぇ・・・Pお兄様に妹がたくさんいますぅ・・・」

みちる「アタシは従妹だけどね」

柚「ちなみにアタシも妹になりました」

肇「えっ、本当に?」

柚「うん、そうだよ!Pサンが保護者になってくれたんだ!」

肇「あっ、なるほど・・・」

肇(Pさんの恋人も妹も競争率高いのでしょうか・・・)
35 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:49:30.97 ID:OtqXJeVAo

トレーナー「ほらほら、手が止まってますよ!」

一同「はーい!」

トレーナー「えっと、お名前伺ってもいいでしょうか?」

里美「榊原里美ですぅ、ドリンク作ったりお手伝いしろ、と言われました」

トレーナー「あっ、はい。分かりました、あそこに台所がありまして、そこに材料等があるのでお願いしますね」

里美「任されましたー」




雪乃「次は泳ぎにいきますわ!100m20本ですわ!!」

亜季「い、イエス、マム!!!!」

伊吹「うっそでしょー・・・」


櫂「あっち行っちゃダメ?」

トレーナー「ダメです」
36 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:50:00.18 ID:OtqXJeVAo

 〜 数時間後 〜

P(里美さんのことが気になるし、レッスン場覗きに来たわけだけど・・・)


一同「      」グッタリ


P「一体どうしちゃったの!?」

櫂「あ・・・あっ・・・」

P「あ!?」

柚「あますぎぃ・・・」

P「甘い!?どうしたのさ!?」

肇「あの・・・Pさんの妹さんが・・・」

P「里美が!?」
37 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:51:44.38 ID:OtqXJeVAo

 ─ 台所 ─

里美「あっ、お兄様!ちゃんとお手伝いしてますよぉ」

ドバドバドバ・・・

P「ひぃっ!?何やってるの!?」

里美「やっぱり甘い方が動いた体に良いと思いまして〜」

P(本来、市販されたスポーツドリンクの粉は2リットル用のペットボトルに対し、2リットル用と書かれた1袋を入れれば完成だ・・・)

里美「♪♪〜♪〜♪」

P(だけど、この子・・・水と粉の割合が1:1で入れてらっしゃる・・・)

里美「ゴクッ・・・今回も上手くいきました〜」

P(超甘党だこの子、普通に飲んでる時点で舌が違う)

里美「お兄様も飲みます?」

P「や、止めとくよ。さっきお茶飲んだばっかりなんだ」

P(トレーナーさんに原因を伝え、レッスン場から逃げるように仕事に戻った)
38 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:52:48.82 ID:OtqXJeVAo

数時間後・・・。


 ─ 事務所・事務室 ─

P(今日の仕事は大方終わった。あとは海や響子のお迎えをするだけ・・・なんだが)

里美「ほぁぁ・・・お兄様の従妹って事は私の従姉でもありますね〜」

朋「まぁ、そういうことになるわね」

みちる「あたしにお姉ちゃんが増えることにっ・・・!!」

柚「いきなり大家族になっちゃったねPサン」

P「4人の妹とか、妹が大量に出るゲームじゃなきゃ見れないよ・・・」

P(朋、みちる、柚が立場を生かして榊原さんを誤魔化している状態である)

P(この3人なら榊原さんを任せられそうだけど、はたして・・・)

P「それじゃあ、今日最後の仕事行ってくるなー」
39 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:54:27.01 ID:OtqXJeVAo

P(朋やみちるからの連絡は特になかった。だがずっと気になっていたせいで送迎の車の中で)

五十嵐響子「Pさん、口がへの字になってますよ?」

杉坂海「ホント、眉間にシワが寄ってるよ」

P(と、言われてしまった。なんか、放っておけないんだよ、あの子・・・)




P(送迎の仕事を終わらせ、事務所に戻ると妹4人衆の姿は無かった)

ちひろ「皆さん帰りましたよ?」

P「そうですか、榊原さんも帰りましたか?」

ちひろ「ええ、自宅に戻ってるならいいのですが・・・」

P「そうですよね。勘違いのまま行動させてしまったのですから、自宅に帰るくらいは現実であってほしいです」
40 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:56:30.88 ID:OtqXJeVAo

ところがどっこい・・・。


 ─ P宅 ─

4人「おかえりなさーい」

P「ちょっと待て、朋やみちるはしょっちゅう潜り込んでるから居るのは分かる!だが、柚と里美!なんでいるの!?」

柚「なんかお泊り楽しそーだなーと思って」

里美「お兄様と一緒にいちゃダメですか?」

P(時刻は残念ながら午後11時をむかえていた)

P「ああ、もう・・・寝るときはお前らはロフトの上、俺は下な!いいね!?」

朋「お風呂は?」

P「当然、別です!」

朋「ちぇー」

柚「もしかして普段は一緒に入ってるとカ?」

P「入ってないから。兄妹だからって問題は起こさんよ」

P(でも・・・そういえば俺、朋ともディープキスしたんだっけ・・・)

キッチンの前でずっと自己嫌悪に陥っていた・・・。
41 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:57:34.09 ID:OtqXJeVAo

Pipipipi・・・。

P「ん?電話・・・」

里美「ふぇっ、私ですぅ」

P(携帯持ってたんだ・・・)

里美「もしもし・・・あっ、お父様」

一同「!?」

里美「はいっ・・・はいっ・・・」

朋「ねぇ、連れてきちゃってなんだけどさ、里美ちゃんのパパにバレるのってマズいんじゃない?」コソコソ

みちる「そうですね・・・アタシが1日パンを我慢するくらいヤバいです」コソコソ

P「そ、それは相当ヤバいな・・・」コソコソ

柚「ましてや、成人した男性の部屋に入り込んでるんだしねー」コソコソ
42 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:58:19.74 ID:OtqXJeVAo

P「端から見ればらんこーしてると思われてもしょうがないしな・・・」コソコソ

朋「らんこーって・・・////」

みちる「Pさん、やっぱりそういう趣味が・・・!!」コソコソ

P「んなワケあるかぃ!!」コソコソ

柚「らんこー?」コソコソ

P「知らないならそのままでいて・・・」グッタリ

里美「はい、今お兄様の家にいまして・・・そのままお泊りしようかと」

一同「!?」

里美「ふぇ?お兄様に替わってくれ・・・はい、分かりました」

里美「お兄様、お父様が声が聞きたいそうです」

P「あ、ああ分かった。大事な話があるかもしれんから、外で話してくるよ」

里美「わかりましたぁ〜」
43 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 17:59:34.54 ID:OtqXJeVAo

 ─ P宅・玄関前 ─

P「ただいまお電話替わりました。○○プロダクションプロデューサーのPです」

里美父「・・・本当にPさんかい?」

P「ええ、そうですが・・・」

里美父「・・・・・・」

P(これは怒られるかな・・・?)

里美父「本当にスマンッ!!!!」

P「え゛?」

里美父「ウチの娘がキミにずっと会いたがっててな・・・まさか本当に会ってしまうとは思わなかった」

P「ま、まぁテレビの向こうの人間ではありますが・・・」

里美父「キミがよければしばらく預かってくれないか?」
44 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:01:11.34 ID:OtqXJeVAo

P「・・・大丈夫なのですか?仮にも大事な娘さんは面識のない男性の所にいるのですよ?」

里美父「もし、キミが里美に手を出したのなら、私はキミを殺すだろう。だが・・・」

里美父「娘の暴走を止められるのは兄と認識されているキミだけだ」

里美父「悲しいが、娘の心はキミの掌中にある。出来れば手を出さないでくれ」

P「・・・手を出さないよう私の従妹に面倒見させてます(その従妹が俺を狙ってるけど)」

里美父「そうか・・・迷惑かけてすまない」

P「いえ、なぜこうなったかを教えて欲しいところですが・・・」

里美父「里美が暴走し始めたのはずっと昔の話だ。話せば長い」

P「ふむ・・・」

里美父「・・・・・・しかし今日はもう遅い。後日、私の家に来てくれないか?その時、詳しく話そう」

P「分かりました。日にちは────」
45 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:03:09.26 ID:OtqXJeVAo

P(どうやら榊原さんの父親の口調からして、俺は榊原里美さんと血のつながりはないっぽい)

P(自分の親のところに電話はしなくていいか・・・)

 ─ P宅 ─

P「里美、今日一日はここで預かっても良いと許可が出た」

里美「よかったですぅ♪」

P(流石にずっと俺の家に泊まらせるのもマズイしな)

朋「さてと、とっととお風呂入って寝ちゃおうか♪」

P(今日は朋たちがいて助かったかもしれない・・・)

46 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:04:34.14 ID:OtqXJeVAo


消灯後・・・。


P(皆が寝静まった後、1人起きていた朋は俺に話しかけてきた)

P(ロフトの上からひそひそ声で言ってるが静かなおかげか下にいる俺には十分聞こえた)

朋「ねぇP、寝たー?」

P「んー(寝たー)」

朋「起きてるじゃない」

P「んー(今寝るー)」

朋「こっちの皆は寝ちゃったわよー」

P「ん(そうか)」

朋「柚ちゃんとミッチーが里美ちゃんに抱きついて寝てる」

P「・・・よく起きないな、榊原さん」

朋「それに里美ちゃんの寝相良いんだけど、凄いわね」

P「ん?」

朋「ロケットおっぱいって言うの?重力に勝ってるんだけど」

P「・・・・・・」
47 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:05:36.22 ID:OtqXJeVAo

朋「ダメよー、P。鷲づかみしたいんでしょうけど」

P「誰がするか、4人も娘さん預かってるんだぞ。欲望よりも理性よりも恐怖が上回ってるわ」

朋「そ。じゃあアタシが触るわね」フニ

P「・・・・・・」

朋「あっ、すっごい柔らかい、ぷるんとしてる」

P「実況やめい」

朋「アタシもこれくらい大きければなぁ・・・」フニフニ

里美「んっ・・・ぁ・・・」

朋「おっと、これ以上は起こしちゃうわね」

里美「らめれす、お兄様・・・むぅ・・・」

朋「よかったわね、P。あんたに揉まれてると思ってるわよ?」

P「あぁ・・・そう・・・(耳栓どこだっけ・・・?)」
48 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:06:23.08 ID:OtqXJeVAo

朋「ねぇ、兄貴」

P「なんだ?」

朋「妹増えて嬉しい?」

P「家族が増えるのは嬉しいさ・・・だけど、俺は全部支えられるような器じゃないさ」

朋「そうかしらねー?」

P「なんだよ」

朋「2人超えたら、もう妹が1人2人増えても差がないんじゃないかしらねーってことよ」

P「・・・・・・」

朋「どうしたの?」

P「ちょっと考え事」

朋「ふーん、じゃあこっちは寝るわね。おやすみ、P」
49 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:07:54.75 ID:OtqXJeVAo

P(妹が1人2人増えても変わらない、か。確かにある程度成長した後に兄妹になったとしたならそれなりに適応できるだろう・・・)

P(だが、本当に兄妹と名乗っていいものか。柚は俺から保護者名乗ったし、ミッチーと朋は初めから従兄妹の関係。どちらも“兄みたいなモノ”)

P(でも榊原さんは俺を実の兄と勘違いしているのが難点だ。俺と彼女の間に血が繋がっている形跡はないと思う)

P(家族の血というのは物理的な血だけではない、生き方や歴史が存在する。それを築くのはそう簡単なものではない)

P(はたして、そう簡単に兄と呼ばせていいものか・・・)

P「はぁ・・・」

P(とりあえず、話聞きに行ってそれからかな・・・)
50 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:08:42.24 ID:OtqXJeVAo

翌日・・・。


P(榊原さんは当然と言わんばかりに帰宅を拒んだ。兄である俺と離れたくないとか)

P(それを知ったちひろさんや女子寮メンバーの計らいで俺が仕事終わりに榊原さんに会いに行く事を条件に、しばらく女子寮に住んでもらうことにした)

P(榊原さんはちょっと不満な顔をしていたが、了承してくれたようだ・・・)
51 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:12:24.39 ID:OtqXJeVAo

そして、約束の日・・・。


 ─ 榊原邸 ─

P(豪邸。里美さんはお嬢様だったか・・・)



里美父「ああ、よく来たね」

P「失礼します」

里美父「はははっ、本当に若いな・・・プロデューサーというイメージはもっと老けてたよ」

P「よく言われます。大学時代からプロデューサー業を営んでおりまして、この仕事は自分の天職だと思っています」


P(簡単な自己紹介の後、応接間へと迎え入れられた。対面に座り、榊原里美さんの父親はゆっくりと口を開いた)


里美父「キミは・・・里美と出会ってどう思った?」

P「どう、とは?」

里美父「そうだな・・・純粋さとか真面目とか、娘の人柄でいい」

P「そうですね・・・。自分を信じて、それを決して疑問に思わない・・・そんなイメージがありますね」

里美父「そうか・・・、やっぱりな」

P「やっぱり?となるとアナタは彼女が私のところに来るのを分かってたのですか?」

里美父「ああ。いつの日か出会ってしまうのだろうと薄々感じてた」

P「教えてください。なぜ彼女は俺を探していたのですか?」
52 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:15:13.85 ID:OtqXJeVAo

里美父「あの娘は一人っ子だ。だが、兄妹がいなかったわけではない」

里美父「私と妻の間には里美が生まれる何年も前に男の子が産まれた」

里美父「だが、その男の子は未熟児で生まれてまもなく亡くなってしまった」

P「もしかしてその子の名前は・・・」

里美父「そう、キミと同じ名前、Pだ」

P「Oh...」

里美父「ちなみに長男教というネットスラングはご存知かな?」

P「聞いたことがあります。親のモノを受け継ぐのは長男だけだという、農家などで多く見られるモノですね」

里美父「私の妻は根っからの長男教でな・・・、産んだ長男が死んでしまって心を病んでしまった」

里美父「それでも意地で子供が欲しい、次男でも長男と言い聞かせて育てるんだと自棄になった妻は再度妊娠」

里美父「結果生まれたのは生まれたのは女の子。結構無理な出産もあって妻は子供を産めない体になってしまった」
53 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:18:37.23 ID:OtqXJeVAo

里美父「そんな妻が次に浮かんだ作戦は産まれた子供に兄がいた・・・いや、兄がいる事を伝えることだった」

P「まさかと思いますが、刷り込んだんですか・・・?」

里美父「察しがよくて助かるよ・・・。そう、妻はいるはずもない兄の素晴らしさを里美に入れ込んだんだよ・・・」

里美父「生まれた時から素敵な兄がどこかで頑張っていると教えられた里美には大変苦労したさ」

里美父「一時期は、私が兄を追い出したんだ!なんて言ってきた時もあった」

P「そんな人は始めからいないのに、と」

里美父「だけどな、里美の親として悲しいかな一生懸命兄を探そうとしたり、兄に認められる人間になろうとするあの子が可愛くてな・・・」

里美父「結果、今の今まで兄は死んでいる事は伝えられなかった。情けないことに」

P「そんなことありませんよ。家族を愛する事は難しい、どうやって接すればいいのか分からないなんて事ありますから」

里美父「ははっ、すまないね」

里美父「それでつい最近、Pという名前の人が頑張っているとテレビで放映されてな」

P(多分、雪乃さんが襲われた事件の時のことかな・・・?)

里美父「そう、キミの名前とウチの息子の名前が同じだったんだよ」
54 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:19:31.05 ID:OtqXJeVAo

里美父「それを見た里美は飛び跳ねるように喜んでいたよ。母親が今まで教えてくれた事は本当だったんだ!ってね」

里美『Pお兄様は自分を犠牲にするくらいの熱血漢でカッコいい、そして女の子にモテモテだって』

P(・・・日を跨げば跨ぐほど、教育は疑問に変わる事がある。だが運悪く俺がテレビの向こうで映ってしまった)

P(彼女の中で疑問になる前に、確信に変わってしまった)

P「なんだか・・・申し訳ないことをしたような気がします」

里美父「誰のせいでもないさ。でも、キミがテレビで映ってから、里美はいずれキミの下に行くとは思っていた」
55 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:22:15.75 ID:OtqXJeVAo

P「これからの事、どうしますか?」

里美父「・・・・・・」

P(黙りこくったあと、彼は一升瓶を持ってきた。栓を開け、瓶のまま酒を飲み始める)

里美父「ゴクッ・・・ゴクッ・・・はぁっ!!」

P「そんな一気に飲まれるお体に触りますよ!?」

里美父「いいさ、どうせ止める妻もいない」

P「奥さん・・・亡くなられているのですか」

里美父「ああ、あるのは金と可愛い娘だけだ。だが可愛い娘は死んだ妻の呪いを受け、今も逃れられない!」

里美父「しかもその呪いは俺には解けないときたもんだ!ずっと娘のために戦ってきたがそろそろ限界だ!」

P「限界って・・・父親の覚悟はそんなものでいいんですか!!」

里美父「あの子の目には父親なんてものは見えてないよ。見えているのはキミだけだ」

P「私ですか・・・」

里美父「・・・なぁ、あの子を貰ってくれないか?」
56 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:25:47.68 ID:OtqXJeVAo

P「な、何を言い出すんですか!?」

里美父「俺はもう疲れたんだ。今まで悪夢の中を喜ぶように突き進んでいったあの子を何度も救い上げてきたつもりだ」

里美父「だが今回ばかりは違う。里美の中でホンモノが現れちまったんだ、あの子にとっての本当の兄が目の前に現れちまったんだ」

P「・・・・・・」

里美父「父親の願いはいつも一つ、自分の子供が幸せになること。・・・だったら俺はその願いを叶えてあげたい!」

里美父「・・・頼む!あの子を・・・!!里美を・・・!!」

P「ちょっ、榊原さん!!!」

P(里美の父親は土下座までして俺に里美さんの兄をしてくれと頼んできた・・・)

P(俺は・・・・・・どうすればいいんだ?)

P(里美さんの呪いを解くには、俺が彼女の兄ではないと言えばいい。だがその証拠は?彼女の精神はもつのか?)
57 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:26:19.29 ID:OtqXJeVAo


朋『もう妹が1人2人増えても差がないんじゃないかしらねーってことよ』


P(確かに朋は妹が増えても今更問題になるとは思えないと言っている)

P(だが、それはあくまで客観的や金銭的な問題からである。一番大事なのは本人の意思)

P(この年のまま兄妹として生まれ変われるならそんな問題は・・・)


P(生まれ変わる・・・?そうか、この手なら・・・少しずつ呪いを解くことができるかもしれない!)



P「分かりました。私の方で預かります」

里美父「本当かね!?」

P「その代わり、条件があります」
58 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:28:36.45 ID:OtqXJeVAo

 ─ 女子寮 ─


伊吹「あっ、P、おかえり」

P「ただいま。榊原さん、いや・・・里美いる?」

伊吹「いるよ、食堂でお菓子食べてる」



 ─ 女子寮・食堂 ─

美玲「おッ、帰ったな!」

亜季「おかえりなさい、であります」



里美「お兄様!おかえりなさい!」

P「ああ、ただいま」

里美「今日はどちらに・・・」

P「里美のお父さんのところに行った」

里美「お父様の・・・?」

P「はははっ、呼び出し喰らってね」

里美「な、何か変なことはされませんでしたか?」

P「条件付きで預かってもよいと言われたんだ」

里美「ほぇ?本当ですの?お兄様と一緒にいてもよろしいのですか?」
59 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:31:08.16 ID:OtqXJeVAo

P「だが、その条件は、キミがアイドルになることだ」

里美「ほぇぇ・・・アイドル・・・」

P「今はここに居候しているようなもんだ。アイドルになればここに正式に住めるし、仕事も俺と一緒にいられる」

里美「ほわぁ・・・なら、やりたいです・・・アイドル」

P「だが、里美は危ない橋を渡ることになる」

里美「危ない橋を渡るんですの?どんな橋なんですかぁ?」

P「そうだな、もう元の生活には戻れない。キミの兄はプロデューサーとして姿を変えてしまい、キミを妹扱いする事は少なくなってしまうだろう」

里美「・・・プロデューサー・・・」

P「一緒にいられる代償だ。安いもんだ」

里美「そう・・・なんですの?」

P「だよなぁ、柚」

柚「呼んだー?おにーサン?」

P「な?」

里美「兄と呼んでもいいのですかぁ?」

P「別に構わないさ。兄貴であることは変わらないからな」
60 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:31:42.18 ID:OtqXJeVAo




里美「分かりましたぁ!私、アイドルやりますの〜」




P「あっでも、そうだな・・・アイドルとして生まれ変わるんだから呼び方を変えてみるか」

里美「呼び方?」

P「普段の時はおにいちゃん、仕事の時はPさん、そう呼んでくれ」

里美「ほぇぇ・・・分かりましたぁお兄様」

P「おにいちゃん、ね」

里美「ほわぁ・・・おにいちゃんですぅ」

P「よろしい」
61 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:32:30.66 ID:OtqXJeVAo


P(後日、榊原里美は○○プロのアイドル候補生として正式に登録された)

P(彼女をアイドルとして生まれ変わらせ、彼女の心の中にある兄という存在よりも大きく育ててみせる)

P(そうすることによって呪いを少しずつ解かしていくんだ。今日はまず呼び方から入った、次は彼女の中に仲間という存在を置いてみよう)



P(自分で今までの自分を否定させようとする危険な橋渡り、悪い方向に転べばおそらく彼女の心は折れるどころの話ではなくなる)


P(でも・・・)


里美「これからよろしくお願いします〜、おにいちゃん」

P「おう」ナデナデ

里美「ほわぁぁ〜・・・やっぱりおにいちゃんは素敵な人ですぅ」


P(まぁ、俺や仲間が側にいるんだ。大丈夫だよね・・・)





終わり
62 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/29(火) 18:36:11.88 ID:OtqXJeVAo
以上です。読んでくれた方はありがとうございます。

「危ない橋を渡る(あぶないはしをわたる)」とは目的を達成するために、危険な手段をあえて使うことです。
今回は志程度に収まってますね。

今回はしんみり、をテーマに作ってみました。どうでしょうか?

さて、次回は

・イヴ・サンタクロース「月に叢雲、花に風」

その次の回に

・梅木音葉「据え膳食わぬは男の恥」

を予定しています。


ではまた。
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 18:38:12.19 ID:UwN7PSCZO
おっつー
さとみん他では見ないから嬉しい
次も待ってるよー
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/29(火) 18:40:40.73 ID:Too2PVPQ0
おつー
現在のPの怪我履歴

通り魔に腹を刺される
女子寮から飛び降りて顔面強打
崖から落ちてわき腹に枝刺さる
大学の4階から突き落とされる、このさいほぼ無傷
叔母からの鞄アタックで目元打撲と裂傷←new

次はどんな怪我を負ってしまうのか
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/29(火) 18:43:42.30 ID:hwTPUOCE0
ネガティブ不死身Pか
乙です
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/29(火) 18:53:14.11 ID:+te96X2L0
おっつおっつばっちs
親より存在しない兄に惹かれて飛び出す里美パパの気持ちが痛い程分かるわー
これで父娘関係も修復できるといいよねー
次回も待ってます
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 19:40:25.53 ID:Fm51z6+Eo
おつおつー
さとみんが性格ほわーなのに生い立ちがへヴィなのは新鮮だわ…だがそれが良い
そして満を持して訪れるイヴと(自称)Pの嫁の音葉サン…楽しみでならない
68 : ◆LhnLdWWANE [saga]:2014/04/30(水) 00:25:50.73 ID:MLMxOjZKo
読んでくれてありがとうございます。

前スレが過去スレへと移ったので誘導です。
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1398/13981/1398173428.html

あとSSwikiの方を更新しました。
西川保奈美「男子三日会わざれば刮目して見よ」
の方が抜けていたのに気付いたので追加しておきました。

>>64
本家のトラックに轢かれたり、アニメの舞台から落ちて車椅子行きまでは行ってないから・・・(棒読み)
ってあれ、そんなに大差ない・・・?

>>67
当SSシリーズは19歳組を優遇しているつもりなので頑張ってきます。
本音を言うとフレデリカとかも出したいけどキャラ濃すぎて悩む。
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/30(水) 16:43:19.02 ID:fs1hbV5No
おいおいロザミィか
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage saga]:2014/05/02(金) 23:36:12.38 ID:slfMAI0R0
分岐が消えたってことは最終はかそれに近いのかな?
ともあれ乙
45.98 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)