このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

双葉杏「コタツがない!」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/15(木) 18:36:32.24 ID:RvVc5m5n0
ピンポーン

P「はいはい」

ガチャ

泰葉「来ちゃいました」

P「はいよ。いらっしゃい…?」

P「泰葉だけか?」

泰葉「はい。そうみたいです」

P「杏達は?」

泰葉「さぁ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400146582
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

じもあい! Over the Rainbow @ 2018/12/15(土) 01:59:24.07 ID:Du1qL5SdO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1544806764/

【モバマス安価】P「大人アイドルがおかしくなった?」 @ 2018/12/15(土) 00:01:13.93 ID:e0fa9pJv0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544799673/

俺「安価でマリアと旅をする」【ドラクエX】 @ 2018/12/14(金) 23:22:26.58 ID:Q5IJ4Ml8O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544797346/

うさぎごや 242匹目 @ 2018/12/14(金) 23:18:55.59 ID:Vb0tQ8Ddo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1544797135/

長富蓮実「ザ・ラストガール」 @ 2018/12/14(金) 23:03:44.76 ID:wXX+fiS7o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544796224/

なんJSS部 @ 2018/12/14(金) 22:25:59.79 ID:vG3y2xzDo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544793958/

テストスレ @ 2018/12/14(金) 21:27:24.52 ID:krm8F8H20
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544790444/

【モバマスSS】森久保「拓海さんと猫カフェへ」 @ 2018/12/14(金) 21:25:27.71 ID:O5ZKDDlR0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544790327/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/15(木) 18:41:32.91 ID:3pI2wO6no
あの3人組か?期待
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/15(木) 18:45:40.03 ID:RvVc5m5n0
泰葉「私だけでは不満ですか?」

P「いや、そうじゃなくてね………ふむ」

泰葉「?」

P「いやぁ、せっかく杏の為にとっておきの飴を用意したのに、残念だなぁ!」

泰葉「そうなんですか?」

杏「マジで!?」

イヴ「あ、杏さーん」

P「やっぱりいやがったか」

杏「しまった…!図ったな!プロデューサー!」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/05/15(木) 18:49:37.69 ID:Ui48z5/M0
あのはっちゃけ先輩かな
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/15(木) 18:56:15.62 ID:RvVc5m5n0
P「まったく。なんでこんな事を…」

杏「いやぁ、プロデューサーと泰葉が二人だけだとどんな会話するのかなぁ、って思ってね」

P「はぁ?」

イヴ「いちゃいちゃが見たかったらしいですぅ」

P「いちゃいちゃて…」

泰葉「いちゃいちゃしますか?」

P「しません」

泰葉「そうですか…」

P「泰葉?」

泰葉「私はいつでもウェルカムですよ?」

杏「ひゅーひゅー」

イヴ「愛ですね〜」

泰葉「照れますね」フフッ

P「なんだこれ」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/15(木) 19:01:08.18 ID:pVbF0UJFo
岡崎先輩とのイチャコラがみたいんじゃあ
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/15(木) 19:03:48.28 ID:RvVc5m5n0
杏「まぁまぁ、いつまでも立ち話も何だし、中に入ろうよ」

P「うん。それ俺のセリフな?」

泰葉「おじゃまします」

イヴ「します〜」

P「はいはい。…ブリッツェンは?」

イヴ「下で待機してますよ〜?」

P「ウチは大丈夫だから呼んできてやりな」

イヴ「は〜い」

杏「ふーん。これがプロデューサーの部屋かぁ…」

P「なんだ?」

杏「なかなか良い所に住んでんじゃん」

P「お陰様でな…ってか何様だよ」

杏「プロデューサーのアイドル様?」

泰葉「Pさんのお嫁さん?」

P「待って、ちょっと待って…」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/15(木) 19:16:55.30 ID:RvVc5m5n0
P「杏はまぁ分かる」

杏「もっと崇めるべきだよね」

P「泰葉さん?」

泰葉「はい?」

P「お嫁さん?」

泰葉「違いましたか?」

P「いつから?」

泰葉「さあ?」

杏「ラッブラブ〜」ヒュー

P「違うから」

泰葉「違うんですか?」

杏「まぁまぁ、まだ時間はあるし、ゆっくり既成事実作ればいいさ」

泰葉「ふむ…」

P「作らないから!」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/15(木) 19:52:55.83 ID:RvVc5m5n0
杏「さて、泰葉の将来の夢も判明したし」

P「………」

ピンポーン

P「お」

泰葉「はーい」

P「えっ?」

ガチャ

イヴ「お待たせしました〜」

ブリッツェン「ブモッ!」

泰葉「おかえりなさい」

P「良かった…」

杏「あやうく言い逃れにくい事態になる所だったね」フヒヒ

P「人事みたいに」

杏「人事だし」

P「そうかよ…」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/15(木) 20:05:24.10 ID:RvVc5m5n0
杏「うむ。改めて全員揃った所で…」

P「所で?」

杏「家捜しじゃー!」

泰葉「おー!」

イヴ「わーい!」

P「ちょっと待てぇ!」

杏「やっぱりベットの下?」

P「何が!?」

杏「ナニが」

P「ないから!」

杏「じゃあ本棚の裏か!」

P「俺は思春期の中学生か!」

杏「本当にないの?」

P「ないよ?」

泰葉「ないんですか?」

P「泰葉ぁ…」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/15(木) 20:19:11.15 ID:RvVc5m5n0
P「お前らはしゃぎすぎ!」

杏「いやぁ、初のプロデューサーんちだからね」

イヴ「テンション上がりますぅ」

泰葉「です」

P「はぁ…。とりあえずお茶入れてくるから大人しくしてて」

イヴ「はーい」

杏「仕方ない。家捜しは番組の後半だね」

P「させねぇよ!?」

泰葉「それでPさん」

P「ん?」

泰葉「どこに座れば?」

P「そこらへんに適当に座ってくれていいぞ?」

泰葉「いえ、あの…」

P「ん?」

泰葉「コタツはどこに?」

P「……うん?」

杏「あぁ、確かにないねー」

イヴ「一大事ですぅ」

P「………んん?」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/15(木) 23:39:20.28 ID:RvVc5m5n0
P「いやいや、流石にもうしまってるよ」

泰葉「……そう…ですか」シュン

P「や、泰葉…?」

ブリッツェン「ブモォ!」

イヴ「コタツ机見つけたそうです〜!」

杏「よっしゃ!」

P「さっきから静かだと思ったら!」

イヴ「あ、一緒に布団とコードもありましたよぉ」

泰葉「さぁ、Pさん!さぁ!」

P「え?」

杏「設置設置!」

P「はぁ!?」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/15(木) 23:47:14.55 ID:RvVc5m5n0
P「どうしてこうなった…」

杏「はぁー、これこれ」

泰葉「落ち着きますね」

イヴ「まったりです」

泰葉「あ、みかんとおせんべはありますので…」

イヴ「わーい」

P「すっかり事務所と同じになったし…」

杏「こうなる運命だったのさ」

P「なんだかなぁ」

泰葉「まぁまぁ、Pさんもどうぞ」

P「うん。俺んちだけどな?」

杏「細かいことは気にしない」

イヴ「ですよぉ」

P「………はぁ」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/16(金) 00:01:23.18 ID:N3b9y/nT0
杏「あ、そういえばさ」

P「ん?」

杏「さっき言ってたとっておきのアメは?」

P「ああ、あれな………はい」

杏「こ、こいつはっ!」

P「サルミアッキだ」

杏「く、黒い悪魔ぁ!」

イヴ「あ、懐かしいです〜」

泰葉「黒飴?」

杏「ふざけないでよ、プロデューサー!」

P「ある意味とっておきだろ?」

杏「これはいらない」

イヴ「じゃあ、私が貰ってもいいですか?」

杏「えっ?」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/05/16(金) 00:07:13.02 ID:csi2UW9i0
世界一マズい飴か
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/16(金) 00:08:59.84 ID:PbViDOz1o
腐ったタイヤから作るって言うあれか
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2014/05/16(金) 00:14:03.88 ID:pYX9158yo
味は確かにタイヤっぽいが素材はちゃんと食える物使ってるよとマジレス
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/16(金) 00:14:52.40 ID:N3b9y/nT0
イヴ「うまうま」

杏「普通になめてるし…」

P「ほら、イヴはあっちの出身だから」

杏「あ、そっか」

泰葉「ひとつくださいな」

イヴ「どうぞぉ」

P「あっ!」

杏「ちょっ!」

泰葉「んー?」パク

泰葉「…っ!!!〜〜〜〜!!!」ジタバタ

杏「あぁ、あぁ!」

P「ほら、ペッしなさい!ペッ」

泰葉「んんーーー!」イヤイヤ

杏「なんで!?」

P「ほら、はしたないくないから!」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/16(金) 00:26:21.19 ID:N3b9y/nT0
泰葉「はぁ…」ケホッ

杏「全部なめきった」スゲェ

P「まったく、変に頑固なんだから」

泰葉「個性的な味、ですね…」

イヴ「美味しいのに。ねぇ、ブリッツェン?」コロコロ

ブリッツェン「ブモー」ボリボリ

杏「あとはイヴ達にあげよう」

泰葉「い、異論ありません…」

P「はい、お茶」

泰葉「ありがとうございます…」コクコク

杏「泰葉は頑張った」ウン

泰葉「世界って凄いですね…」

P「…泰葉は世界レベル目指さなくていいからな?」

泰葉「?」
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/16(金) 00:53:31.01 ID:bK0NdeKlo
そんなことを言うと彼女が来てしまう……
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/16(金) 01:16:08.29 ID:Iq3rpONDO
買っとんでるけどよかった
サルミアッキだろうと平気でクリアする先輩はいなかったんや…

ぺっしなさいって言われてるときの、服とか考えずに(味に)耐えようと
じたばたする先輩考えたら股間がやばい
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/16(金) 11:32:17.86 ID:CgRMsqeio
世の中にはドリアン飴なんてものもあってだな
サルミアッキは食べたことないけどあれはトラウマ
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/16(金) 13:09:05.84 ID:g6/Le+Ee0
ジンギスカンキャラメルの国の人なんだからサルミアッキ位余裕っしょ
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/16(金) 14:43:02.16 ID:jzrt7NkkO
このパイセンは、もしベッドの下からいやらし本を発見したりしたら
どんな行動を取るのだろうかねぇ
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/17(土) 00:30:59.20 ID:CVfxWFwT0
P「落ち着いた?」

泰葉「はい…。ご迷惑をおかけしました…」

P「なんのなんの……じゃあ、俺はそろそろ準備してくるわ」

杏「よろー」

イヴ「楽しみですぅ」

泰葉「お手伝いしましょうか?」

P「いや、今日はお客さんだからのんびりしててくれ」

泰葉「あ……はい」

P「その代わり、期待するなよ?」

杏「プロデューサーの手料理に期待が高まる」

イヴ「何が出てくるんでしょうか〜?」

P「だからハードル上げんなって…」

泰葉「Pさんのなら、例え消し炭でも完食しますよ?」

P「いやいや、流石にそこまで酷くはないから……」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/17(土) 00:42:42.33 ID:CVfxWFwT0
杏「さあ。プロデューサーが居なくなった所で…」

イヴ「所で?」

杏「家捜しの再開だー!」ヒャッハー

泰葉「おおっ!」ワクワク

杏「プロデューサーにはバレないようにね」

イヴ「はーい」

泰葉「いえっさー」


P(………丸聞こえだけどなー。まぁ、いいけど)
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/17(土) 00:55:13.44 ID:CVfxWFwT0
杏「まずは、無いと言ってたベットの下から……」ガサゴソ

泰葉「んー……」ガサゴソ

イヴ「ないですねー」ガサゴソ

杏「ハズレか…」チッ

P(だからないって…)

杏「じゃあ次は本棚の裏?」

イヴ「暗いです〜」ンー

杏「何もない…かぁ…」チェー

泰葉「……あ」

杏「どうした?」

泰葉「私の写真集がありました」

杏「ほほう!」

杏「どれどれー?」

イヴ「あ、私のもありますよ〜」

杏「ん?……ってなんだ、事務所のほとんどあるじゃん」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/17(土) 01:06:32.60 ID:CVfxWFwT0
泰葉「杏さんのもありますね…」

杏「うわっ!しかも名前順にしてるし」

イヴ「几帳面です〜」

泰葉「あれ?……でも、なんで全部2組ずつあるんでしょう?」

杏「ホントだ」

イヴ「なんででしょう〜?」

杏「んー……」ティン!

杏「さては片方は使う用だな!」

泰葉「使う用?」

杏「そりゃあもちろん…」

P「違う!」

泰葉「あ……。何に使うんですか?」

P「使わないよ!」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/17(土) 01:20:00.28 ID:CVfxWFwT0
杏「じゃあ何なのさー」

P「貰ったのと自分で買ったのだよ」

杏「はあ?」

イヴ「貰ったのに、買うんですか?」

P「一応な。雑誌のグラビアとかは買ったのしかなかったりもするけど」

杏「もったいない…」

P「これでもプロデューサー兼ファンだからな。買えるものはなるべく買うようにしてるんだよ」

イヴ「へー……」

P「まあ、これくらいしか金の使い道がないんだけどな…」トオイメ

杏「流石社畜は違うね〜」

P「否定しにくいなちくしょう!」

杏「24時間働けますか?」

P「………20時間なら…」

杏「マジで!?」

P「最近はないけどな…」

イヴ「そういえば前はよく残ってましたよねぇ」

泰葉「あの…あまり無理はしないでくださいね…?」

P「おう…」
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/17(土) 01:35:55.31 ID:CVfxWFwT0
P「最近はのんびりやってるから、大丈夫だよ」

泰葉「私に出来ることなら言ってくださいね?」

P「ありがとな…」

杏「それで、結局どこに置いてんの?」

P「何が?」

杏「だからナニを」

P「なんでそんなにこだわるんだよ?」

杏「プロデューサーの弱みになるかなーって?」

泰葉「Pさんの好みを研究する為?」

イヴ「楽しそうですから〜?」

P「……お前らなぁ」ハァ

杏「まさか本当にないとか?」

P「ないよ」

杏「じゃあどうやって処理してんのさ!」

泰葉「処理?」

P「…………ノーコメントで」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/17(土) 01:43:23.54 ID:CVfxWFwT0
杏「なかなかに頑固だね」

P「ってか、お前だって一応アイドルなんだからもうちょっとさぁ…」

杏「大丈夫大丈夫。泰葉やイヴならともかく、杏だよ?」

P「いや、それは、うーん…」

杏「それに、スキャンダルや炎上するようなヘマはしないって」

P「そこはまぁ、信頼してるけど…」

泰葉「あの……ところでPさん」

P「ん?」

泰葉「お鍋、噴いてませんか?」

P「えっ?…うわっ!」

杏「あーあー…」

イヴ「あ、でもいい匂いしてきましたー?」クンクン

泰葉「お腹の空く匂いですね…」クンクン

杏「捜索は打ち切りかー…。まいっか」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/17(土) 02:35:07.13 ID:x8qysMQDO
先輩、探しておいて意味わかってないのか…
やばい教えてみたくなる
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/17(土) 15:22:05.99 ID:0Q107blTo
泰葉は芸歴長いし絶対知ってると思うんだよなぁ
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/20(火) 00:59:58.20 ID:jcUYuhSD0
P「はいよ、おまたせ」

イヴ「はーい」

泰葉「楽しみです」

杏「それで、結局何鍋なの?」

P「うむ。これだ」オープン

泰葉「これは…」

イヴ「きのこ鍋?」

杏「だね」

P「輝子から大量に貰ってな」

泰葉「輝子ちゃんから?」

P「なんでもCDデビューのお祝いだそうだ」

杏「なんでプロデューサーが貰うの?逆じゃね?」

P「いや、くれるって言うからさ…」

杏「ふーん…」
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/20(火) 01:12:36.64 ID:jcUYuhSD0
杏「じゃあやっぱり言うべきかな?」

P「何を?」

杏「ヒャッハー!」

P「えっ?」

杏「フハハハハ!キノコ!しいたけ!エリンギ!松茸!シメジ!舞茸!ナメコ!ベニテングタケー!」ヒャッハー!

P「ちょっ…」

杏「さあ!キノコミサのハジマリだー!」

P「おい…」

杏「ふぅ…………疲れた」

P「はやっ!」

杏「さあ、食べよう」

P「お前なぁ…」
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/20(火) 01:20:07.98 ID:jcUYuhSD0
杏「いや、やっぱりお約束かなって?」

P「あのなぁ、ウチにはすぐ真似する子供達がいるんだからもう少し気をつけろよ」

杏「えっ?」

イヴ「ひゃっはー♪」

泰葉「キノコノコノコキノコの子ー♪」

イヴ「キノコミサですぅ!」

泰葉「えりんーぎまいたけぶなしめじー♪」

杏「あー…」

P「な?」

杏「なんか…ごめん」

泰葉「さあ、食べましょう」

イヴ「お腹すきましたぁ」

P「…………」

杏「た、食べよっか?」

P「うん」
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/20(火) 01:33:26.33 ID:jcUYuhSD0
P「じゃ、改めて、いただきます」

「いただきまーす」

杏「もぐもぐ…うん。うまい」

イヴ「キノコ美味しいですぅ」モグモグ

泰葉「いい出汁が出てますね…」モグモグ

P「また改めて輝子にお礼言っとかないとなー」モグモグ

杏「吹きこぼれた時はどうなるかと思ったけどね」

P「お前らが変な事してるからだろうが…」

イヴ「家宅捜索楽しかったですよ〜?」

泰葉「Pさんの意外な趣味も知れました」

杏「プロデューサーじゃなかったらと思うとアレな趣味だけどね」

P「おい、アイドル」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/20(火) 01:53:06.16 ID:jcUYuhSD0
「ごちそうさまー」

P「はいよ」

杏「さあ、シメだ」

泰葉「やっぱり雑炊でしょうか?」

P「まあ、準備してるけどさ」

イヴ「やったー」

P「ちょっと待ってな」

杏「よろー」

イヴ「それにしても、キノコ美味しかったですぅ」

泰葉「そうですね。流石は輝子ちゃんです…」

杏「プロデューサーの机の下が犠牲にはなってるけどね」

泰葉「ですが、Pさん最近ずっとコタツにいますよ?」

イヴ「外から戻ったらすぐコタツに入ってますよね〜」

杏「でも、と言うかだから、と言うか…」

P「出来たぞー」
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/20(火) 01:58:40.12 ID:jcUYuhSD0
杏「あー、満腹満腹」ポンポン

P「うーん。改めて見事なイカ腹だな」

杏「セクハラだー」

P「誰がお前なんぞに欲情するか」

杏「え?ひどく……ないか」

泰葉「私なら欲情しますか?」ペロン

P「泰葉!?」

イヴ「お腹見せるんですか?」ペロン

杏「イヴまで?」

泰葉「どうでしょうか?」

P「やめなさい!はしたないから!」

イヴ「でも、ステージ衣装ではよく出してますよぉ?」

P「ステージと今は違うだろうが!」

杏「ほら、プロデューサーに襲われる前にしまいな」

P「襲わないよ!?」
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/20(火) 02:09:01.63 ID:jcUYuhSD0
P「ほら、そろそろ帰る準備しとけよ」

杏「えー?」

イヴ「お腹一杯で動けませ〜ん」

泰葉「私なら大丈夫ですよ?」

P「なんで?」

泰葉「今夜は杏さんの所に泊まると言ってますから…」

杏「おっけー」

P「いやいやいや!」

泰葉「ふつつか者ですが…」

P「泰葉さん!?」

杏「プロデューサー、据え膳は食わなくちゃね」

P「駄目だから!」

泰葉「ですが…」

P「帰ろう、な?」

泰葉「むぅ…」
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/20(火) 02:20:29.07 ID:jcUYuhSD0
P「……じゃあ、気を付けて帰れよ」

杏「じゃねー」

イヴ「ごちそうさまでしたぁ」

泰葉「それではまた明日…」

杏「じゃ、泰葉頑張って」

イヴ「お話聞かせてくださいね〜」

泰葉「はい…」フフッ

P「いやいや。泰葉も帰るんだって」

泰葉「?」

P「そんな不思議そうな顔しない」

泰葉「ですが…」

杏「口裏合わせるよ?」

P「そうじゃねえよ。な?頼むから」

泰葉「………はい」

P「……待っててやるから」

泰葉「えっ?」

P「…なんでもないよ。ほら、暗くなる前に」

泰葉「はい」エヘヘ
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/20(火) 02:21:27.88 ID:jcUYuhSD0
P「………はあ。疲れた」

P「……あ、コタツどうしよ」

P「…………………もういいや」



終わらせて
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/20(火) 02:23:43.32 ID:jcUYuhSD0
はい。なんか今回は凄いグダグダです。ごめんなさい
次、があればもう少しマシになるといいな

読んでくれた方、ありがとうございました
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/20(火) 02:27:14.16 ID:XtkIwt8ao
乙!
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/20(火) 03:04:44.13 ID:M5UQOZeXo
こんな時間に乙
次回も頼む
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/20(火) 03:11:44.35 ID:gRj08SsDO
このはっちゃけながらも乙女な先輩の破壊力よ
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/20(火) 12:20:17.13 ID:56yzNUB6o
乙。乙女な先輩が最高にかわいかった
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/05/21(水) 02:07:44.26 ID:yxXmbJ7c0
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/24(土) 00:04:42.45 ID:2eX4jt36o
おつー
19.94 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)