このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

真「恋する方法」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/06/16(月) 23:43:50.62 ID:4R+NdB7Xo

 友達の境界線を超えるという意味で、ボクは昔から女の子が好きだった。

 スポーツをしたり、遊んだりする仲間が男の子。その中で恋をするということはなかった。
 ……そういう関係だったからこそ、思考が男の子っぽくなっていったのかな、と思う。

「真ちゃん、何を読んでるの?」

「『恋する方法』って本」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402929830
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

蘭子「混沌電波第183幕!(ちゃおラジ第183回)」 @ 2018/12/11(火) 07:18:46.79 ID:SG3wumYiO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544480326/

『オリジナル』勇者と山賊 @ 2018/12/10(月) 22:00:08.45 ID:fqdDmCaz0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544446807/

『オリジナル』勇者と山賊 @ 2018/12/10(月) 21:46:38.52 ID:vin4gTOdO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544445998/

【艦これ】わらしべ長者伝説-アキヅキ-【安価/コンマ】 @ 2018/12/10(月) 20:44:12.11 ID:ALq3m+MD0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544442251/

【セーラー服】パー速でモンスト【美少女戦士】 @ 2018/12/10(月) 15:51:00.49 ID:5p/UXti+0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1544424660/

【デレステ】江上椿「いろいろな写真」 @ 2018/12/10(月) 09:20:48.64 ID:1yJNuF7A0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544401248/

JAP「とろサーモン久保田はクズ!性格悪い!」海外「なあJAP・・・」 @ 2018/12/10(月) 07:51:23.32 ID:kLNOoof9O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544395883/

荒木比奈「インソート100」 @ 2018/12/10(月) 00:43:54.59 ID:DSvNJt5LO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544370234/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 23:44:28.48 ID:4R+NdB7Xo

「なんか、聞いたことあるなぁ」

「ほら、あずささんの主演映画の原作だよ。小説なんだ」

「そうなんだ! あの映画、原作があったんだね」

 雪歩……ボクの大切な友達は隣に座って、興味深い、というように本を覗きこむ。
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 23:45:08.14 ID:4R+NdB7Xo

 彼女が何気なく近づけてくる顔の、髪の毛の香りにドキドキした。

「読む?」

「うんっ」

 雪歩は満面の笑みでボクから本を受け取った。
 ボクは頭をかいた。雪歩は自分自身の魅力に、もう少し気づくべきなんじゃないか、って思う。
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 23:46:00.74 ID:4R+NdB7Xo

 ――他の娘とはズレている、小さいようですごく大きい感覚の差が、ボクには窮屈に思えた。

 女の子は男の子を好きで、男の子は女の子を好きになる。
 それが”普通”に思えなくて、でも変わってると思われるのが嫌で、隠してきた。

「へぇ、原作も面白そう……」

 いくら人を好きになっても、告白なんてしなかった。
 友達として良好な間柄ならば、そのままの方が心地よいはずだ、と心に境界線を引いていた。
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/06/16(月) 23:46:10.89 ID:HAGP2GHl0
え?もしかして真ちゃんが王子になる感じですか?
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 23:46:29.45 ID:4R+NdB7Xo

「読み終わったら、貸してくれる?」

「うん、いいよ」

「えへへ、ありがとう」

 雪歩がはしゃいで笑うその姿がまぶしく映った。
 バニラアイスみたいに白い肌がきれいだ。
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 23:46:59.11 ID:4R+NdB7Xo

「……真、ちゃん」

「ん?」

 彼女はボクの手を掴んで、ぎゅっと握ってみせた。
 伝わる力の強さが、ボクの背筋を伸ばす。

「私、今度のソロコンサートが終わったら、その」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 23:47:28.48 ID:4R+NdB7Xo

 ボクがきょとん、としている間に、雪歩が顔を真っ赤にして言った。

「プロデューサーに、告白……しようと、思って…………」

 そのまま俯いてしまうのは、恥ずかしさが勝ったんだろうか。
 手のひらで顔を覆っている雪歩に、ボクは声をかけようと思った。

「雪歩」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 23:48:03.71 ID:4R+NdB7Xo

 やっとの想いで声を出しても、名前を呼ぶぐらいしか出来ない。
 かすれている。たぶん、なんて言ったのかさえ伝わっていないはず。

「……真ちゃん?」

「あー、えっと。告白……だっけ」

 聞き間違えたんじゃないかって、わるあがきを試みる。
 雪歩は真剣な瞳で頷いた。本当に告白、って言ったみたいだ。
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 23:48:32.85 ID:4R+NdB7Xo

「いいんじゃないかな。プロデューサーもきっと喜ぶよ」

「そ、そうかな……なら、嬉しいけど」

 心臓のあたりを抑えながら、少し微笑む彼女。
 ボクの胸は、チクリと痛んだ。

「私、プロデューサーにお世話になりっぱなしでね」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 23:49:01.30 ID:4R+NdB7Xo

「いっつも、迷惑をかけてばかりで」

 プロデューサーのことをしゃべる雪歩は、とても嬉しそうに見えた。
 実際、嬉しいんだろう。

「雪歩。……どうしてボクに、告白するってことを言ってくれたの?」

 このままだと、プロデューサーの話が終わらない。
 身勝手だけど、雪歩が嬉しそうに喋るのを見るのが、つらかった。
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 23:49:32.71 ID:4R+NdB7Xo

「……この本」

「え?」

 強制的に話の方向を切り替えると、雪歩はボクがさっきテーブルに置いた文庫本を指さす。
 パラパラとさっきめくっていた。

「めくった時に文章が見えて、映画の台詞を思い出したの」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 23:50:33.06 ID:4R+NdB7Xo

「『奥手なわたしは、この気持ちを伝えることが出来なくて』」

 雪歩が暗唱する主人公の言葉は、映画のとおりにあずささんの声に変換された。
 目をつぶって、胸に手を当てて話す雪歩。

「『でも、気持ちを一度吐き出してしまえば、きっと怖くない』」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 23:51:00.54 ID:4R+NdB7Xo

 あの映画、ボクは春香と一緒に見たけれど。
 やっぱり雪歩も見ていたんだね。

「……だから、私は真ちゃんにまず、伝えてみたの」

 雪歩は純粋な眼差しで、ボクを見た。
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 23:51:34.31 ID:4R+NdB7Xo

 すごくチクチクする。そんなことは、言えなかった。
 力を込めて、やっと出てきた言葉でも、消えそうなボリュームだったけれど。

「頑張ってね」

「ありがとう、真ちゃん。私……勇気を出してみる」

 あの映画も、あずささんが何も気づかないまま、自分を思ってくれている男性に告白の練習をする内容だった。
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 23:52:13.86 ID:4R+NdB7Xo

 雪歩が事務所を出て行った後も、なんともいえない脱力感が残る。

「あー、まぁ、そうだよね」

 ボクが雪歩のことを好きだなんて、向こうは知らないし。そもそも性別が一緒だ、困ってしまう。
 結局、ボクが恋する方法はどこで教えてもらえるんだろう?

「……やっぱり」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 23:52:49.03 ID:4R+NdB7Xo

 強行手段を取ってでも、気持ちを伝えれば良かったのか。
 それは相手のことを考えたことと言えるんだろうか。

 いろいろな疑問が浮かんで、頭の中がまとまらない。

「あー、ダメだな、ボク」

 このままじゃ、プロデューサーの顔を見て泣いてしまうかもしれない。
 ボクは頬を伝う涙を拭って、ゆっくりと立ち上がって深呼吸をした。
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 23:57:05.32 ID:4R+NdB7Xo
終わり。次は報われる百合を。
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 23:58:53.83 ID:F6aJOtWyO
続き期待してる
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/17(火) 00:19:29.29 ID:ViQBVBRDO
百合はゴミクズ以下だな…
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/06/17(火) 00:43:50.28 ID:rvh+V0mO0
乙!

こういうパターンもあるのか・・素晴らしい
6.73 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)