このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

凛「ああ、あこがれのポケモンマスターに」  - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:07:11.24 ID:KZ31zWl20
凛「めざせポケモンマスター」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397994922/

凛「めざせ」 卯月・未央「ポケモンマスター!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402064241/

の2スレの続きです


・ポケットモンスター×アイドルマスターシンデレラガールズのクロスSSです
・アイドルたちがポケモン世界を冒険します
・本SSの舞台はオリジナルの地方、アイマス地方です
・各世代から色々なポケモンが登場します
・ゲームとも、アニメとも異なるオリジナル設定が存在する可能性があります


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407859621
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

モバP「やってしまった…」 @ 2020/12/04(金) 22:45:07.03 ID:XP3Q3tRk0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1607089506/

目が覚めるとあなたは今までの記憶を失っていた @ 2020/12/04(金) 21:00:35.77 ID:5NmZARBa0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1607083235/

安価で超大陸を生きる @ 2020/12/04(金) 05:08:52.27 ID:wl9JRmD/0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1607026131/

結城晴「白菊ほたるは男の子」【モバマス】 @ 2020/12/03(木) 08:35:36.41 ID:oPJxEUlo0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606952136/

【ポケモン】男「フェローチェが背中から降りてくれない」【人化あり】 @ 2020/12/03(木) 01:12:33.27 ID:e06mHWPT0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606925553/

旅にでんちう @ 2020/12/02(水) 21:37:03.36 ID:Rp7l907sO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1606912623/

喜多見柚「忙しくても、いいんだよ」 @ 2020/12/02(水) 20:45:42.36 ID:Ykv3zRZ+O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606909542/

白雪千夜「アリババと四十人の盗賊?」 @ 2020/12/01(火) 22:49:20.98 ID:6NLLeJ5C0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606830560/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/08/13(水) 01:08:50.52 ID:60rn5L9BO
ラブライブかと思ったわ、なんだ
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/08/13(水) 01:12:24.74 ID:47p2Ry0J0
早く帰れエレ糞民
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/08/13(水) 01:16:35.95 ID:QKJXInDEO
fateかと思った
5 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:18:23.23 ID:KZ31zWl20
≪あらすじ≫
シンデレラ団の事件も無事解決し、旅を再開した凛
8人目のジムリーダー、真奈美に勝利し無事に8つのジムバッジをゲット
チャンピオンロードを越え、遂にポケモンリーグへとたどり着く
ライバルたちも続々と到着し、ポケモンリーグがいよいよ始まろうとしていた
6 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:21:05.58 ID:KZ31zWl20
勘違いさせてしまい申し訳ありません
一応このSSではアイドルたちに苗字がないという設定なので、こう表記せざるを得なかったんです


7 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:25:29.64 ID:KZ31zWl20
【モバマス】とでも付けるべきでしたね、すみません


ポケモンリーグ

未央「いやぁ、いよいよだね!」

凛「そうだね」

卯月「何だか緊張してきちゃった……」



奈緒「本戦に進めるのは32人……まずは予選を勝ち抜かねーとな」

加蓮「大丈夫、私達ならきっと行けるよ」



きらり「杏ちゃーん、がんばろーねっ☆」

杏「まぁ、今回ばっかりは杏も本気出しちゃうもんねー」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/08/13(水) 01:26:28.49 ID:FROnaAlzo
凜って名前のキャラが多すぎるんだよなぁ
9 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:27:15.84 ID:KZ31zWl20
幸子「まずは予選、ですか」

志希「そうそう。ここで大部分が脱落しちゃうんだよね〜」

晶葉「ま、心配はいらんだろうがな」

幸子「……」

美玲「? どうした、幸子」

幸子「えっ、あ、いいえ、何でもないです」

輝子「……?」

志希「……にゃふふっ」

幸子「なっ、何ですか」

志希「いやー、なーんでもないよー?」ニヤニヤ

乃々「…………もしかして」
10 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:30:21.62 ID:KZ31zWl20
翌日

凛「予選はリーグ戦……か」

凛「みんなバラバラのブロックになったから……当たるとしたら本戦になるね」

凛「きっと、みんな勝ち上がってくる」

凛「私も勝ち上がらなきゃね」

凛「さて」

凛「みんな……行くよ」
11 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:39:32.14 ID:KZ31zWl20
…………

凛「ふぅ……これで予選突破、だね」

凛「みんなはどうなったかな」



未央「いっけージュカイン、トドメのリーフブレード!」

ジュカイン「ジュカ!」ズバズバ

ニャオニクス「ニャオ〜」バタンキュー

「そっ、そんにゃ!」

未央「やったよジュカイン! 私達の勝ちだよ!」

ジュカイン「ジュカ!」
12 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:40:46.79 ID:KZ31zWl20
凛「未央、やったね」

未央「しぶりん!」

未央「その様子じゃ……勝ち上がったみたいだね! いやぁ、やっぱり速いねーしぶりん」

凛「まぁね……でも、流石に皆強敵揃いだね」

未央「そうだね……ポケモンリーグで戦ってるってことは、みんな厳しいジム戦を勝ち抜いてきた凄腕ってことなんだよね」

未央「そんな中でも、私たちは戦える……強くなったんだって、今さらながら実感したよ」

凛「油断はダメだよ、未央?」

未央「わかってるって! 油断なんて絶対にしない。どんなトレーナーが相手でも全力で立ち向かっていくよ!」
13 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:43:06.56 ID:KZ31zWl20
卯月「2人とも〜っ」

未央「しまむー!」

凛「卯月!」

凛「どうだった?」

卯月「えへへ……な、なんとか私も勝ちぬけたよ!」

凛「ということは……」

未央「3人とも本戦進出!」
14 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:43:50.35 ID:KZ31zWl20
卯月「……」

凛「どうしたの? 卯月」

卯月「まだ、実感が湧かないんだ……私が、こんな大舞台に立つ日が来るなんて……思ってもいなかった」

未央「しまむー……」

卯月「始めは、ただ2人の後を追うだけで……何の目標もなく旅をしていただけだったのに」

卯月「今はこうして、2人と肩を並べて……ううん、2人と戦えるんだ……」

卯月「2人がいたから、私はここまで来れたんだよ」

卯月「ありがとう……」
15 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:47:07.81 ID:KZ31zWl20
凛「卯月……」

未央「ど、どうしたのさ突然」

卯月「ずっと言おうと思ってたけど、言えなかったから……」

卯月「でも、やっと言えた……何だかすっきりした気分だよ」

未央「あはは、とにかく、無事に3人とも予選突破ってことで」

未央「本戦で当たっても負けないからね!」

卯月「私だって!」

凛「私も……負けないよ」
16 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:48:07.50 ID:KZ31zWl20
ワァッ

凛「?」

未央「この歓声……何かあったのかな」

卯月「あっちの方みたいだよ!」

未央「白熱したバトルが繰り広げられてるーとか?」

凛「行ってみようよ」

タタタタタッ
17 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:49:56.21 ID:KZ31zWl20
ドヨドヨ ドヨドヨ

未央「やっぱり、誰かバトルしてる!」

凛「あれは……杏?」

卯月「凛ちゃん……知り合い?」

凛「そうだけど、何で杏がこんなに注目されて……」

凛「!」

バサバサッ

未央「あ、あれ……」

卯月「……綺麗なポケモン……」
18 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:51:00.95 ID:KZ31zWl20
杏「いいぞーフリーザー」ドヤ

フリーザー「フリー」バサッ

凛「あのポケモンは……」

フリーザー こおり/ひこう れいとうポケモン
氷を操る伝説の鳥ポケモン
空気中の水分を凍らせて雪を降らすという
尻尾をなびかせ飛んでゆく姿は非常に美しい

凛「フリーザー」

凛(もしかして……あのポケモンが、杏が言っていた秘密兵器……?)
19 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:53:10.71 ID:KZ31zWl20
乃々「す、凄い……」

美玲「な、何なんだッあのポケモン!?」

晶葉「フリーザー。伝説とも称されるほどに非常に希少なポケモンだな。私も実物を見たのは初めてだが……」

志希「まさかここで見られるなんてね〜。来て正解だったよっ」

晶葉「見た目に違わず非常に強力なポケモンだ。しかも……」

輝子「しかも?」

晶葉「フリーザーはプライドが高いとも言われている。それがいちトレーナーの元に下るとは……あのトレーナー、相当な使い手だな」

幸子「あの、だらしなさそうな女の子がですか? とてもそうは見えませんが……」

志希「ヒトもポケモンも、見た目じゃないんだよ〜幸子ちゃん☆」

志希「けど……ふっふっふ、あたしの想像以上におもしろくなりそうだよ、この大会!」
20 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:54:48.34 ID:KZ31zWl20
杏「あれ、凛じゃん。見てたの?」

凛「お疲れ……途中からね」

杏「そっかー」

凛「あのポケモンが前に言ってた秘密兵器?」

杏「そうだよー。大会が始まった今となっては、もう秘密でもなんでもないけどね」

未央「え? どういうこと?」
21 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:56:27.18 ID:KZ31zWl20
杏「……誰?」

未央「あっ、初めましてだね! 私は未央! しぶりんの幼馴染で、親友だよ!」

卯月「私は卯月だよ。えーっと……」

杏「杏は杏だよ」

卯月「よろしく、杏ちゃん!」ナデナデ

未央「いやぁー凄いねぇ―。こんなに小っちゃいのにポケモンリーグに出場して、しかもあんな凄いポケモンを持ってるなんて!」ナデナデ

杏「……ねぇ凛。この子らもしかしなくてもさ」

凛「そ、そうだね……2人とも」
22 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:57:48.01 ID:KZ31zWl20
未央「え、えええええええええ!? 17ァ!?」

卯月「う、嘘……!」

杏「もう何回目だろ、こんなやり取り……」ハァ

凛「流石に仕方ないんじゃないかな、その見た目じゃ……」

杏「まぁ、何かと便利な面もなくはないんだけどさ……気にしてないわけじゃないんだよ?」

凛「杏でもそういうの気にするんだ」

杏「失礼な」

未央「いやぁー、てっきり10歳くらいかと……ところで、さっき言ってた秘密ではないって……」
23 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 01:59:44.18 ID:KZ31zWl20
杏「いや、本戦出場者の登録ポケモンの情報はパソコンから調べられるって事なんだけど……知らなかったの?」

未央「え、そうなの? ……あ、いや、も、もちろん知ってたけどねーあはははは」

杏「登録した6匹のポケモン以外は基本的に使えないから、そのデータを見て対策を練ってわざや持ち物の調整をする……常識でしょ」

未央「あははは……」

卯月「未央ちゃん……」

凛「危なかったね、未央……」
24 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 02:00:47.92 ID:KZ31zWl20
杏「ま、そういうわけで今見せたところでどうってことはないんだよね。結局は対策されるんだし、出し惜しみして負けてもアホらしいしね」

未央「な、なるほど……」

杏「とにかく、優勝してチャンピオンになるのはこの私だからね。チャンピオンになったら自伝を出版するつもりだからその時はよろしくね〜」

卯月「す、凄い自信だね……」

凛「でも、その自身の裏には確かな実力がある……強敵だよ」

未央「……」
25 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 02:03:49.72 ID:KZ31zWl20



凛「奈緒、加蓮」

奈緒「よぉ、凛。そっちはどうだ?」

加蓮「ま、その顔を見れば……聞くまでもないみたいだね」

凛「2人も、勝ったんだね」

奈緒「ああ、当然さ」

加蓮「せっかくここまで来たんだから……凛には負けないよ」

凛「言うね。『また』やっつけてあげるよ」

奈緒「うぐ……あ、あの時のことはもう言うなって」

凛「ふふ、冗談だよ。楽しみにしてるよ」
26 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 02:06:47.54 ID:KZ31zWl20
加蓮「余裕って感じだね、凛」

奈緒「まぁ、しょうがないさ。あいつは始めから、ここだけを見て努力してきたんだ。急ピッチでここまで来たあたしたちとは地盤が違う」

奈緒「ま……それでも負けないけどな。勝つのはあたしだ」

加蓮「『あたしたち』、じゃないんだ」

奈緒「? 当然だろ。あたしは加蓮にも勝つつもりだからな」

加蓮「なっ……い、言うじゃん奈緒。今まで奈緒が私に勝ったことあったっけかなぁ〜っ」

奈緒「いや、結構あったろ」
27 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 02:08:06.08 ID:KZ31zWl20
そして……

凛「決勝トーナメントの組み合わせ……発表されたの?」

未央「そうそう! リーグ会場の正面エントランスのモニターに表示されてるみたい!」

卯月「もう大勢のお客さんが見に来てるみたいだけど……」

凛「気になるし、もっと多くの人が来るかもしれないから、今から行こう」

未央「そうだね、行こう!」

タタタタッ
28 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 02:10:34.42 ID:KZ31zWl20
ザワザワ ザワザワ

未央「うわ、凄い人だかり」

卯月「うーん、ここからじゃ見えないね……」

凛「何とか……進んでいこう」



未央「よいしょ……ふぅ、何とか抜けられたね」

凛「それで、トーナメント表は……」

凛「!」

未央「!」

凛「これは……」

卯月「…………っ!」
29 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 02:13:23.15 ID:KZ31zWl20
http://i.imgur.com/cYpx6iU.png


30 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 02:17:46.41 ID:KZ31zWl20
今回はここまでです
前回から一週間ほど空いてしまいましたが、ここからは通常ペースでの投稿になります

本線が長くなりそうなので、予選は全カット
そして展開が読みやすいトーナメント表。一回戦ごとにシャッフルすべきだったか
名前が記載されているのは主要登場人物に、四天王であることが判明してあるとときんです
その他四天王やアイドルも記載されていないだけでちゃんといますし、登場します

では読んでくださった方、ありがとうございました
31 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/13(水) 02:21:09.96 ID:KZ31zWl20
あ、四天王は前回大会のベスト4という設定です
前回大会の優勝者は蘭子ですが、前チャンピオンとときんに勝ちチャンピオンとなったので、繰り下がりでとときんが四天王というわけです
ゲームで言う4人目、つまり一番強い四天王となります
32 : [sage]:2014/08/13(水) 20:29:26.07 ID:OywA8Ewp0
乙。フリーザー出てきたってことは、準伝は出そうだな。
しかし杏のパーティ、存在感出てきたら全員ぶっとばされそうだがどうなんだ?
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/08/13(水) 20:40:24.62 ID:6AmBs1AJo
いま、君の目の前で存在感を放つ!!(AA略)
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/08/13(水) 21:22:55.65 ID:cd0mR9bMo
モエルーワ
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/08/13(水) 22:41:26.80 ID:cS91yadI0
おつです。
初戦からうづりんの対戦か
ちゃんみおが決勝で会おうフラグを立てないことを祈る
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/08/14(木) 01:12:46.57 ID:RC+M1wUe0

トーナメントずいぶん多いけど消化しきれるんかな?
メイン以外はダイジェストになるんだろうか
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/08/16(土) 05:29:02.92 ID:b+tHmMTj0
改めて読んで気付いた。未央の最後の相手みくじゃん。あの猫パでここまで来たというのか?
38 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/16(土) 23:45:51.79 ID:zVw9LTE/0
>>32
準伝説に関しては、設定上複数存在し得るポケモンは出る可能性ありですね
具体的には三犬とUMA以外は可能性ありです

>>36
メイン以外のストーリーに関係ない部分は基本省略、メイン同士は多少削りつつもやるつもりです

>>37
ぶっちゃけ誰でも良かったんですけどね。なんとなくです

遅くなりましたが投下していきます
39 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/16(土) 23:47:36.83 ID:zVw9LTE/0
卯月「一回戦……」

未央「しまむーと、しぶりんが……」

凛「いきなり……か」



ザワザワ ザワザワ

未央「え、えーっと、2人とも……」

卯月「……」

凛「……」
40 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/16(土) 23:48:37.68 ID:zVw9LTE/0
凛「卯月」

卯月「凛ちゃん」

未央「……」ゴクリ

凛・卯月「負けないよ!」

未央「……」

卯月「……」

凛「……」

未央「えっ、それだけ?」
41 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/16(土) 23:50:50.99 ID:zVw9LTE/0
未央「2人とも、もっとこう他に言う事があるんじゃ……」

未央「こんなに早く当たるなんて、とかさ!」

凛「勝ち抜けば、いつかは当たることになる。結局頂点に立てるのは1人だけなんだから、それがちょっと早いだけだよ」

卯月「私も、覚悟はしてたから……」

卯月「それに、凛ちゃんには一度負けてるから、リベンジする機会がこんなにも早く来て……むしろ嬉しいくらいだよ」

未央「しまむー……ほんと、変わったね」

卯月「えへへ……そうかな」
42 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/16(土) 23:51:39.10 ID:zVw9LTE/0
凛「むしろ未央が大丈夫なの? 私達とは反対側だから、当たるとしたら決勝だよ?」

未央「うっ、そうだった……」

未央「まぁ、出来るだけ頑張るよ……じゃあ2人とも、決勝で会おう!」

凛「未央……それ負けるフラグじゃ」

卯月「あはは……」

未央「冗談だって! ……あれ、そういえば私はどっちを応援したらいいんだろう」

凛「どっちも応援すればいいんじゃないの?」

未央「うーん、それもそっかー?」
43 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/16(土) 23:53:35.62 ID:zVw9LTE/0
ピッ

凛「さて、と」

凛(卯月とのバトルは久しぶりだな……)

凛(……前は勝ったけど、あれから時間が経って私も卯月も強くなった)

凛(今度はどうなるか、分からない)

凛(しっかり対策していかないとね)

凛(……)
44 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/16(土) 23:55:21.12 ID:zVw9LTE/0
ワァァァァァァァァァァァァァァァ

『さぁ、いよいよ始まりましたポケモンリーグアイマス大会決勝トーナメント!!』

恵磨『実況は私、ポケモンバトルがあるならどこでも実況します、恵磨と!!』

瑞樹『私、瑞樹の解説でお送りするわ』

恵磨『瑞樹さん! 今年の大会、どう見られますか!』

瑞樹『そうね……常連の出場者に四天王……さらに初出場のルーキー……今年はなかなかの粒揃いだわ。面白いバトルが見られるんじゃないかしら』

恵磨『なるほどー、期待できそうですね!』
45 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/16(土) 23:57:02.37 ID:zVw9LTE/0
恵磨『さてさてここで一度大会ルールのおさらいをしましょう!』

恵磨『一回戦と二回戦は登録されたポケモン6匹のうち3匹を使用してのバトルになります!!』

恵磨『3回戦からは6匹のポケモン全てを使用したフルバトル!』

恵磨『どちらかのポケモンが戦闘不能になった時点で試合は終了です!』

恵磨『なお、今大会を通して、止むを得ない事情がある場合を除き、登録した6匹の個体以外の使用は禁止されています!』

瑞樹『変更可能なのは道具やわざのみということね。そこでトレーナーの真価が問われるわ』

恵磨『ルール説明は以上ですね! ということで早速一戦目、いってみよー!!』
46 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/16(土) 23:59:10.31 ID:zVw9LTE/0
ワァァァァァァァァ

瑞樹『一回戦一戦目は……いきなり彼女からね』

恵磨『そう! 最初のバトルはこのアイマス地方四天王が一人、愛梨選手だぁぁぁ!!』

ワァァァァァァァ

愛梨「……」ザッ

瑞樹『前回大会で現チャンピオンに敗れた前チャンピオン……雪辱を晴らすことができるのかどうか……最注目選手といっても過言ではないわね』

恵磨『さぁさぁさぁそんな愛梨選手の相手はー!?』
47 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/17(日) 00:04:15.39 ID:i9vq1eHX0
ワァァァァァァァァ

凛「……」

「試合、見なくていいのか?」

凛「!」

モバP「よっ」

凛「ここ関係者以外立ち入り禁止じゃなかったっけ?」
48 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/17(日) 00:05:44.65 ID:i9vq1eHX0
モバP「まぁまぁ、かたいこと言うなよ……見つからなきゃいいんだよ。見つかったらその時はその時だ」

凛「はぁ……で、どうしたの?」

モバP「いや、試合前に叱咤激励でも……と思ったけど必要なさそうか?」

凛「……これでも結構緊張してるんだけどね……」

モバP「そうなのか? 意外だな……卯月は平気そうだったけど」

凛「卯月の所にも行ったんだ」
49 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/17(日) 00:07:20.96 ID:i9vq1eHX0
モバP「まぁな……しかし、凛と卯月が一回戦で当たるとはな」

凛「遅かれ早かれ戦うことにはなってたよ」

モバP「確かにな。でも俺は凛にも、卯月にも、未央にもいい所まで行ってほしいんだ。。それこそ上位独占するくらいの勢いでさ」

凛「それはそうかもしれないけど……もう決まったものはどうしようもないよ」

モバP「そうだな……ま、俺はどっちも応援してるからさ。頑張れよ」

凛「……うん」
50 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/17(日) 00:14:12.90 ID:i9vq1eHX0
モバP「あれ、凛……それ」

凛「?」

モバP「俺があげたマスターボール……だよな」

凛「ああ、これ?」チャラ

凛「もうボールとしての機能は無いけど、せっかくもらった物だから……ペンダントにしてるんだよ。モバPもお守りにって言ってたでしょ?」

モバP「……」

凛「とにかく……せっかくの大舞台での卯月とのバトル……楽しんでくるよ」

モバP「…………おう!」
51 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/17(日) 00:16:03.08 ID:i9vq1eHX0

ワァァァァァァァァァ

モバP「終わったみたいだな」

凛「私達の対戦は次の次だね」

モバP「結果は……四天王愛梨の快勝みたいだな」

モバP「さて、俺は客席に行くよ」

モバP「……ちゃんと見てるからな。最高の試合を見せてくれよ!」

凛「…………もちろん!」
52 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/17(日) 00:17:33.30 ID:i9vq1eHX0
………………

ワァァァァァァァァァァァァ

恵磨『決まったーーー!! 第二試合、勝者は……』

凛「いよいよ、か……」

凛(モバPと話して……少しは緊張がほぐれたかも)

凛(……ありがとう……)

凛「ふぅ……」

凛「……」

凛「よし……行こう!」
53 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/17(日) 00:18:43.71 ID:i9vq1eHX0
ワァァァァァァァァァァァァァ

恵磨『続いて行くぞー! 第三試合だー!!』

恵磨『まず入場してきたのは凛選手だー!!』

凛「……」

ワァァァァァァァァァァ

恵磨『そしてー! 卯月選手も入場だー!!』

卯月「……」
54 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/17(日) 00:20:49.42 ID:i9vq1eHX0
ワァァァァァァァァァァ


瑞樹『どちらも大会初出場……どんなバトルを見せてくれるかしら?』

恵磨『さぁ、準備はいいかー!? それでは……』





恵磨『バトルッ!! 開始だァァァァ!!』

凛・卯月「いけっ!」ポンッ
55 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/17(日) 00:24:03.39 ID:i9vq1eHX0
凛 手持ちポケモン

・ゲッコウガ ♂ Lv.65 げきりゅう
みずしゅりけん/くさむすび/???????/みがわり
やんちゃなせいかく まけずぎらい

・ムクホーク ♂ Lv.63 いかく
からげんき/ブレイブバード/インファイト/はねやすめ
いじっぱりなせいかく うたれづよい

・ドリュウズ ♀ Lv.62 すなかき
ドリルライナー/アイアンヘッド/じわれ/いわなだれ
せっかちなせいかく ものおとにびんかん

・サンダース ♀ Lv.62 はやあし
シャドーボール/かみなり/でんこうせっか/でんじは
おくびょうなせいかく ひるねをよくする

・ジヘッド ♂ Lv.61 はりきり
???????/かみくだく/ドラゴンダイブ/ほえる
なまいきなせいかく ちのけがおおい
56 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/17(日) 00:29:08.38 ID:i9vq1eHX0
チャーレムを忘れてました、ごめんなさい

・チャーレム ♂ Lv61 ヨガパワー
とびひざげり/しねんのずつき/れいとうパンチ/ビルドアップ
おだやかなせいかく しんぼうづよい
57 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/17(日) 00:33:15.91 ID:i9vq1eHX0
話全然進んでませんが、今回はここまで
バトルは次回からです

現在モバPの多くはコミケのため東京でしょうか
僕は不参加ですが、参加する方は是非楽しんできてください

読んでくださった方、ありがとうございました
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/08/17(日) 02:09:54.83 ID:bY/Pincr0
乙 本筋以外はダイジェストか 仕方ないね!
さて楓さんに出番はあるかな・・・(楓P感)
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/08/17(日) 06:21:05.98 ID:qhBUZOjr0
サザンドラまでもう少しだな
60 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 00:44:41.48 ID:7B5M0Lev0
遅れましたが、投下していきます
最近本当に遅れていて申し訳ないです。理由(言い訳)としては書く時間がなかなかとれないのと、バトル描写が多く苦戦しているといったところです
まさか勢い1桁まで落ちるとは思っていませんでしたが……
とにかく、完結まで頑張っていきたいと思いますのでお付き合いください
61 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 00:46:01.65 ID:7B5M0Lev0
卯月「マリルリ!」

マリルリ「マリ!」ポンッ

凛「チャーレム!」

チャーレム「チャー!」ポンッ

恵磨『卯月選手はマリルリ、凛選手はチャーレムを繰り出したァー!!』

凛「マリルリ……」
62 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 00:46:44.52 ID:7B5M0Lev0
卯月「マリルリ!」

マリルリ「マリ!」ポンッ

凛「チャーレム!」

チャーレム「チャー!」ポンッ

恵磨『卯月選手はマリルリ、凛選手はチャーレムを繰り出したァー!!』

凛「マリルリ……」
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/08/22(金) 00:47:14.28 ID:++uCiNzDO
待ってた
64 :連投ミス失礼 ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 00:48:13.73 ID:7B5M0Lev0
凛(卯月との前のバトルでも出てきた……見た目に反してとんでもないパワーを持ってるポケモン)

凛(しかも相性は悪い……どうする?)

凛(……サンダースなら、マリルリ相手に有利に立ち回れる)

凛(ある程度のダメージは覚悟して、一旦退く!)

凛「戻って、チャーレム!」

凛「お願い、サンダース!」

サンダース「ダース!」ポンッ

恵磨『おっと凛選手、相性の悪いマリルリ相手にサンダースへ交代!!』

瑞樹『この隙にマリルリはどう出るのかしら』
65 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 00:50:04.66 ID:7B5M0Lev0
卯月「マリルリ、アクアテール!!」

マリルリ「マリ!」ドガッ

サンダース「ダァ……ス!」ズザザ

恵磨『強烈な一撃がサンダースにヒット!!』

凛「サンダース、大丈夫?」

サンダース「ダース!」ザッ

凛「行くよ、かみなり!」

サンダース「ダース!」ゴロゴロゴロゴロ

卯月「! 避けて、マリルリ!」

マリルリ「マリ!」バッ
66 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 00:50:57.13 ID:7B5M0Lev0
ドォォォン

凛「でんじは!」

マリルリ「!」

サンダース「ダース!」バリ

マリルリ「マリ……!?」バチバチ

凛「よし……」

凛(とりあえずこれでマリルリの動きは制限できる)

凛(次の卯月の手は……)
67 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 00:52:25.33 ID:7B5M0Lev0
卯月「マリルリ! からげんき!」

凛「!」

マリルリ「マリ!!」ドゴォッ

サンダース「ダッ……」バッ

凛「……危ない……!」

凛(からげんき……状態異常の時に威力が上がるわざ……!)

瑞樹『でんじはを逆手に取ったわね……読んでいたのかしら』

恵磨『さぁさぁ、ここからどうなるかー!!』

凛(元のパワーと相まってとてつもないパワーだね……)
68 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 00:53:58.51 ID:7B5M0Lev0
凛(やっぱりあのマリルリは危険……!)

凛「サンダース! 一気に攻めるよ!」

サンダース「ダース!」バッ

恵磨『おおっとこれはァ!』

マリルリ「マリ!?」

サンダース「ダー!」ババババッ

恵磨『速い速い! サンダース、高いスピードでマリルリを翻弄する!』

瑞樹『ただでさえ素早いサンダース……マヒも合わさってマリルリはついていけてないわね』

卯月「くっ……」
69 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 00:55:46.68 ID:7B5M0Lev0
凛「サンダース! シャドーボール!」

サンダース「ダース!」ボッ

マリルリ「マリ……!」ドカッ

卯月「負けないでマリルリ、地面に向かってからげんき!」

マリルリ「マリ!」ドゴォッ

ドバババッ

凛「!」

サンダース「ダース!?」ドバッ

恵磨『マリルリ、地面にからげんきを放ちつぶてを飛ばしたぞォ!』

瑞樹『全方位に対する攻撃はスピードのある相手に対し有効ね。これはうまい攻撃よ』
70 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 00:56:41.55 ID:7B5M0Lev0
恵磨『そして動きが止まったところをォ!』

卯月「マリルリ! じゃれつく!」

マリルリ「マリ♪」バッ

凛「ッ……! サンダース!」

ポコポコポコ

恵磨『すかさず追撃だーー!!』

サンダース「ダース……」ヨロッ

恵磨『サンダース、なんとか持ちこたえたが満身創痍だ!』
71 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 00:57:39.73 ID:7B5M0Lev0
瑞樹『今のところ卯月選手が有利ね……さて、ここからどうなるかしら』

卯月「まだまだ行くよ! アクアテール!」

マリルリ「マリ!」バッ

凛「避けて、サンダース!」

サンダース「ダッ……」バッ

マリルリ「マリ!」ブン ブン

サンダース「ダー!」ババッ

恵磨『サンダース、避ける一方だぞー!』
72 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 00:58:58.31 ID:7B5M0Lev0
幸子「ちょっとちょっと! まずいんじゃないですかコレ!」

輝子「し、素人の私達にも……押されてるってわかるな……」

晶葉「何言ってるんだ。まだまだ序盤だろう」

美玲「でも、このまま相手が勢いづいたらヤバいんじゃないのか?」

志希「確かにそうかもねー。でもね、勢いなんてのはそう長くは続かないし……」

志希「形勢なんてものもちょっとしたことで変わったりするものなんだよ?」

晶葉「とはいっても、そのキッカケは自身で見つけるか、あるいは作り出さなければいけないがな……」

志希「とにかく、まだ焦る必要はないんじゃないかな〜」
73 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 01:00:59.75 ID:7B5M0Lev0
マリルリ「マリ!」バチッ

サンダース「ダース!」

恵磨『ここでマリルリの猛攻がストップ!』

凛「! 今のうちに体勢を立て直して!」

サンダース「ダー!」タッ

凛(よし……何とか攻撃の手は止められた)

凛(ここは……)
74 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 01:02:16.45 ID:7B5M0Lev0
凛「……」

サンダース「ダース」ジリ

卯月「……」

マリルリ「マリ」ジリ

卯月・凛「「戻って!!」」

シュンッ

卯月「頑張って、バシャーモ!」

凛「行って、チャーレム!」
75 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 01:03:38.39 ID:7B5M0Lev0
バシャーモ「バシャ!」ポンッ

チャーレム「チャー!」ポンッ

卯月「……!」

恵磨『おおっとぉ、ここで同じタイミングでの交換!』

恵磨『卯月選手はバシャーモに、凛選手はチャーレムへとポケモンを換えたぞ!!』

瑞樹『これ……凛選手の方、卯月選手の交換を読んでの交換ね』

恵磨『え?』

瑞樹『マリルリは麻痺しているとはいえ、まだまだダメージは少ないから、相性の悪いサンダースの相手を長くすることはできない』

瑞樹『攻撃が途切れて体勢を立て直された時が交換時だと踏んだんでしょうね』

瑞樹『交換先のポケモンまで読んでの交換かはわからないけれども……』
76 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 01:10:43.19 ID:7B5M0Lev0
凛(良し……上手くいった)

凛(卯月のポケモンのリストを見たとき、タイプの上でサンダースに有利なポケモン……つまりじめんタイプのポケモンはいなかった)

凛(なら、卯月のエースポケモン……バシャーモで来る可能性が高いと思ったんだけど……)

凛(まさか自分でもここまで上手くいくことなんて思わなかった……)

凛(とにかく、流れはこれで引き戻した)

凛「次はこっちの番だよ、卯月!」

卯月「……負けないよ、凛ちゃん!」
77 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 01:12:38.18 ID:7B5M0Lev0
凛「チャーレム、初めての実戦……行くよ!」

チャーレム「チャー!」ビシッ

凛「ビルドアップ!」

チャーレム「チャー……」コォォォ

チャーレム「チャ!」ビキビキ

瑞樹『物理攻撃と物理防御を上げる……バランスのいいわざね』

卯月「バシャーモ、ブレイブバード!」

バシャーモ「バシャァ!」ゴォッ

凛「しねんのずつきで迎え撃って!」

チャーレム「チャー!」キィィィン
78 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 01:15:59.26 ID:7B5M0Lev0
ドゴォッ

バシャーモ「バシャ……!」ゴゴゴゴゴゴ

チャーレム「チャー……!」ゴゴゴゴゴゴ

ドン

バシャーモ「バシャ」ザザ

チャーレム「チャー」ズザザ

恵磨『パワーは現時点で互角かー!?』

卯月「なら……」

凛「スピード勝負……!」
79 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 01:16:57.77 ID:7B5M0Lev0
チャーレム「チャー!」ドガガガ

バシャーモ「バシャ!」ガガガガ

凛「スピードも……」

卯月「互角……!」

凛「それなら……」

卯月「わざで勝負だよ!」

凛「しねんのずつき!」

卯月「スカイアッパー!」
80 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 01:19:05.16 ID:7B5M0Lev0
ドガッ

恵磨『またもぶつかり合う2匹のポケモン!!』

バシャーモ「バシャ……」ザッ

チャーレム「チャー……」ザッ

卯月「まだまだ!」

凛「これから!」

81 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 01:20:17.66 ID:7B5M0Lev0
…………

ワァァァァァァァァァァ

?「すっげぇ、これがポケモンリーグかよ……!」

ザッ

真奈美「かくとうタイプどうしのバトルはなかなか白熱した戦いになるからな」

真奈美「まぁ、よく見ておくといい。きっといい経験になる」

???「あれが真奈美さんが言ってた凛さんと卯月さんですか?」
82 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 01:21:44.76 ID:7B5M0Lev0
真奈美「ああ……きっと、次世代を背負って立つであろうポケモントレーナー達だ」

???「あれが……」

真奈美「そうだ」

?「なぁ、真奈美さんが持ってるそれ、何なんだ?」

???「そう言えば、私も気になっていたんです。何ですか、それ?」

真奈美「これか?」チャラ

真奈美「これは……まぁ、お届け物、とでも言ったところかな」

真奈美「まぁ、受け取ってもらえるかどうかは別だが……」
83 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 01:23:05.75 ID:7B5M0Lev0
?「ふーん? よくわかんねーけど」

?「でも、すっげぇなぁ……なぁ、オレ達も本当にあんな風になれるのか?」

真奈美「なれるさ。そのために、今はきっちりと学んでおくんだ」

???「というか、そうしてもらわないと困りますよ。私なんか住んでいた街から連れて来られたんですから……」

?「そんなこと言って、ホントは嬉しいんだろ? あの真奈美さんに特訓してもらえてさ、あ・り・す・ちゃん?」

ありす「なっ……そ、そんなワケありませんよ!」

ありす「ていうか晴さん、あなたと私が同レベルで扱われているという事実が私には理解できないんですけど……!」

晴「はぁ!? 何だと、この……」
84 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 01:24:10.87 ID:7B5M0Lev0





真奈美「やれやれ、困った子たちだ。ほら、こんな所で喧嘩をするんじゃないぞ」

真奈美「さて……苦労して入手したんだが……彼女は受け取ってくれるかな」チャラ


85 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/22(金) 01:26:32.84 ID:7B5M0Lev0
今回はここまでです

ありすと晴は真奈美さんがあの後次世代を育てるために弟子にした的な感じです
次回には決着まで書きたいと思います
それと、多分次回最後の安価を行うと思います

読んでくださった方、ありがとうございました
86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/08/22(金) 04:40:38.88 ID:xkTQ+47D0
87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/08/22(金) 20:45:27.16 ID:nts5p7BB0
乙。
卯月パーティの補完としてほぼ必須な地面いない時点で凛にかなり後れを取ってるな。
88 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/27(水) 22:49:54.33 ID:BEuDSdmJ0
最近投下が非常に遅れており、大変申し訳ありません
現在忙しい状態にあり、9月半ばまではこの状態が続くと思います
完結は必ずさせますので、ご容赦ください

次回投下ですが、明日、遅くとも明後日には投下できそうですので、もうしばらくお待ちください
89 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:07:20.16 ID:Bl7DqutB0
大変遅れました
投下していきます
90 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:08:39.72 ID:Bl7DqutB0
バシャーモ「バシャッ」ドガガ

チャーレム「チャー!」ガガガガ

凛「……!」

卯月「……!」


真奈美「……現時点でお互いのパワー、スピードはほぼ互角」

真奈美「だが相対的なレベルで見ればバシャーモが上」

真奈美「チャーレムはとくせいの力があってこそなんとか食らいついているようだな」

真奈美「…………互角だからと言って決着がつかないという訳ではない」

真奈美「お互い消耗し、いずれはどちらかが膝をつく……だがバシャーモのとくせいは……」
91 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:09:25.42 ID:Bl7DqutB0
ドガガガガガ

バシャーモ「バシャ……」ザッ

チャーレム「チャー……」ザッ

恵磨『お互い一歩も引かない熱い戦いだー!』

瑞樹『そして……勝負はここからのようね』

凛「……まずい、か」

卯月「そうだよ、凛ちゃん……バシャーモのとくせいは……もうか!」

バシャーモ「バシャア……」ユラ
92 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:10:30.95 ID:Bl7DqutB0
ゴォッ

バシャーモ「バシャ……!」メラメラ

恵磨『バシャーモの手足から、激しい炎が噴き出したぞー!!』

瑞樹『もうか、ね。体力を消耗すると、ほのおわざの威力が飛躍的に上昇する』

瑞樹『形勢が傾いたといえるわね』

恵磨『さぁ、ここからお互いどのように動くのかァ!?』

卯月「ここからがバシャーモの本当の力、だよ……!」

凛「……!」

卯月「一気に決めるよ……!」

バシャーモ「バシャア!」ゴォッ

凛(! ……来る、あのわざ!!)

バシャーモ「バシャ……ッ」ゴゴゴゴゴゴ
93 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:12:14.09 ID:Bl7DqutB0
卯月「……ブラストバーン!!」

バシャーモ「バシャァァァァァァ!!」ドバッ

ゴゴゴゴゴゴッ

チャーレム「チャー……!」

凛「っ……!」

凛(どうする!? 避ける、躱す、受け流す、打ち消す……)

凛(無理だ、このパワー、範囲……!)

恵磨『強烈な爆炎がフィールドを包み込むゥゥゥ!!』

ゴゴゴゴゴゴゴ……

卯月「……」ゴクリ

バシャーモ「バシャ……」
94 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:13:23.01 ID:Bl7DqutB0
ゴゴゴ……

チャーレム「チャー……」バタンキュー

凛「……ごめん、チャーレム……」

恵磨『チャーレム、ダウーン!』

凛「戻って!」

恵磨『いよいよ戦局が動き出した1回戦第3試合、ここからどう向かうのか!? ますます目が離せないぞ!』

瑞樹『とはいえ、ブラストバーンは強力だけどその分反動も強烈なモノよ』

バシャーモ「バシャ……!」ブシュゥゥ

凛「サンダース!」

サンダース「ダース!」ポンッ

凛「かみなり!」
95 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:14:44.86 ID:Bl7DqutB0
サンダース「ダース!」ゴロゴロ

ドォォォォォン

バシャーモ「バシャァ……ッ」

ガクッ

卯月「バシャーモ!」

バシャーモ「バシャ……!」ガクガク

凛「耐えた……!?」

卯月「まだだよ、凛ちゃん……!」

瑞樹『ここで耐えていなかったら……形勢は逆に凛選手のものだったでしょうね』

瑞樹『切り札をここで見せたということは、耐える自信があったという事かしら』

卯月「ゴメンねバシャーモ、もう少しだけ頑張って……!」
96 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:15:50.13 ID:Bl7DqutB0
バシャーモ「バシャ……バシャ!!」ゴォッ

卯月「私も……頑張るから!」

凛「本当に……強くなったね、卯月!」

卯月「ここまで来て、ようやく凛ちゃんに追いついたんだもん……」

卯月「絶対に……」

凛「絶対に……」

凛・卯月「負けない!!」

卯月「ブレイズキック!」

凛「シャドーボール!」

バシャーモ「バシャ!」ゴォォォ

サンダース「ダース!」バシュ
97 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:17:17.62 ID:Bl7DqutB0
バシャーモ「バシャァ……!」ドゴォッ

サンダース「ダァースッ……!」

恵磨『火炎を纏った強烈な蹴りがサンダースに決まる……が!!』

恵磨『バシャーモもシャドーボールをもろに喰らってしまったぞぉ!?』

ゴゴゴゴゴゴ……

サンダース「ダァ……!」グググ

バシャーモ「バシャ……」ガク

恵磨『バッ……バシャーモ、ダウーン!』

ワァァァァァァァァァァ
98 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:18:32.68 ID:Bl7DqutB0
卯月「……!」

凛「よしっ……!」

サンダース「ダァ……!」グググ

瑞樹『サンダースも限界が近いわね』

瑞樹『ここでお互いにまだ出していないポケモンが1匹……』

瑞樹『凛選手はギリギリで耐えたサンダース……卯月選手は相性が悪くマヒしているとはいえ、まだ余裕のあるマリルリ』

瑞樹『またペースは卯月選手に傾きつつある……』

恵磨『やっぱりさっきの反動の時に押し切れなかったのが原因なんでしょうか?』

瑞樹『そうね。……でも』

恵磨『? でも?』

瑞樹『決着まで……そう長くはない……根拠はないけど、そんな気がするわ』
99 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:20:01.09 ID:Bl7DqutB0
卯月「お願い、マリルリ!」

マリルリ「マリィ!」ポンッ

凛「サンダース! かみなり!」

卯月「マリルリ、躱してじゃれつく!」

マリルリ「マリィ!」サッ

サンダース「ダース!」

凛「でんこうせっか!」

サンダース「ダース!」バッ

ドカッ
100 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:22:33.04 ID:Bl7DqutB0
マリルリ「マリ……!」

サンダース「ダース……」グラ

サンダース「ダー……」ドサッ

恵磨『サンダースダウーン!』

凛「……お疲れ様、サンダース」

凛「……」

凛「ゲッコウガ!」

ゲッコウガ「ゲコ!」ポンッ

凛「いくよ、くさむすび!」

マリルリ「マリ?」シュル

卯月「! マリルリ、上に跳んで!」

マリルリ「マリ!」バッ
101 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:23:35.85 ID:Bl7DqutB0
凛「みずしゅりけん!」

ゲッコウガ「ゲコ!」シュババババ

マリルリ「マリッ……」ビシビシビシ

卯月「じゃれつく!」

マリルリ「マリィ……!」バッ

凛「みがわり!」

ゲッコウガ「ゲコ!」ポンッ

ポカポカポカ

マリルリ「マリ?」

身代わり人形「」ボロ
102 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:25:18.63 ID:Bl7DqutB0
ゲッコウガ「ゲコ」ザッ

ズバババババッ

マリルリ「マリィッ……!」

卯月「! マリルリ!」

恵磨『おおっとぉ、凛選手の猛反撃! 圧倒的スピードでマリルリを翻弄だ!』

凛「くさむすび!」

卯月「もう一度跳んで避けて!」

マリルリ「マリ!」バッ

マリルリ「マリ!?」バチッ

ゲッコウガ「ゲコ」シュル

バシィィィン
103 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:27:08.88 ID:Bl7DqutB0
マリルリ「マリッ……!!」ドサッ

卯月「マリルリ……!」

恵磨『マリルリ……ダウーン!! ゲッコウガ、目にもとまらぬ早業でマリルリを仕留めた―!!』

瑞樹『あのゲッコウガ、相当鍛えられているわ。おそらく、あのポケモンが凛選手の切り札……!』

凛「さぁ……これでお互いにラスト1体」

凛「決着をつけよう、卯月……!」

卯月「凛ちゃん……」

卯月「うん、行くよっ!!」

卯月「お願い、チルタリス!」

チルタリス「チルー!」ポンッ
104 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:29:41.68 ID:Bl7DqutB0
チルタリス ドラゴン/ひこう ハミングポケモン
美しいソプラノの鳴き声で奏でられたメロディは、聴く者を魅了する
綿雲に紛れて上昇気流に乗り、大空を舞う
心で通いあった人がいるとやわらかく美しい羽根でそっと包み込みハミングする

瑞樹『卯月選手最後のポケモンはチルタリス……』

瑞樹『相性で見ればチルタリスが有利だけど……』

卯月「最後まで、諦めないよ!」

凛「……」

卯月「りゅうのはどう!」

チルタリス「チルー!」ゴォッ

ゲッコウガ「ゲコッ」バッ
105 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:30:31.11 ID:Bl7DqutB0
卯月「! ムーンフォース!」

チルタリス「チル!」パァァァァァ

ゲッコウガ「ゲコ」シュババッ

恵磨『速い速い、ゲッコウガ、止まらないー!!』

卯月「ならっ……」

卯月「うたう!」

チルタリス「チル〜」チルー

ゲッコウガ「ゲコッ!?」

凛「!」

恵磨『ああっとこれはー!』
106 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:32:38.19 ID:Bl7DqutB0
ドサッ

ゲッコウガ「ZZZ……」グーグー

チルタリス「チル〜♪」

瑞樹『うたう……相手を眠らせるわざ!』

瑞樹『交換が効かないこの状況! 勝つのは……』

卯月「決めるよ! ムーンフォース!」

チルタリス「チルー」コォォォォォォォ

恵磨『チルタリス、無防備のゲッコウガに向けて攻撃を放つー!!』

恵磨『遂に決着の時かー!?』

チルタリス「チルー!」ゴォォォォォォ

ドォォォォォォォォォン
107 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:34:28.22 ID:Bl7DqutB0
卯月「……」

チルタリス「チル……」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ

身代わり人形「」ブスブス

卯月「!?」

恵磨『みがわり!?』

瑞樹『まさか……こんなにすぐに起きるはずは』

瑞樹『……! もちもの……』

卯月「ラムのみ……!?」

凛「正解だよ! ……ゲッコウガ!」

ゲッコウガ「ゲッコ!」

卯月「上!?」
108 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:36:10.63 ID:Bl7DqutB0
凛「行くよ……ハイドロカノン!!」

ゲッコウガ「ゲコ!!」ゴォォッ

恵磨『ゲ、ゲッコウガ……多量の水を圧縮している……!!』

ゲッコウガ「ゲコォォォ……」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

凛「発射!」

卯月「りゅうのはどう!」

ゲッコウガ「ゲコ!!」ドッ

チルタリス「チルー」ボォッ

ドガガガガガ
109 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:37:53.17 ID:Bl7DqutB0
恵磨『うおおおおおお! ハイドロカノンとりゅうのはどうがぶつかり合う!!』

チルタリス「チ、チル……!」ググググググ

瑞樹『しかし……これは……』

ググググググ

チルタリス「チルッ……」

瑞樹『パワー不足……』

ゲッコウガ「ゲコォッ!」ドゴォッ

バシャァァァァッ

卯月「うっ……」

凛「……」
110 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:39:03.56 ID:Bl7DqutB0
ゴゴゴゴゴゴゴ……

チルタリス「チルー……」バタンキュー

ゲッコウガ「ゲコ」ザッ

卯月「……!」

恵磨『ち……チルタリス、ダウゥゥゥゥゥゥゥン!!』

恵磨『卯月選手、3体のポケモンが戦闘不能になったので……』

恵磨『勝者、凛選手ーーーーーーーーー!!』

ワァァァァァァァァ
111 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:40:37.23 ID:Bl7DqutB0
卯月「……」

凛「……」

卯月「ありがとう、ごめんね……」

チルタリス「チルー……」

凛「ありがとう、ゲッコウガ」

ゲッコウガ「ゲコ!」ビシ
112 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:42:02.18 ID:Bl7DqutB0





凛「卯月」

卯月「凛ちゃん……」

凛「ありがとう……いい勝負だったよ」

卯月「こちらこそ……ありがとう」

凛「…………」
113 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:42:56.49 ID:Bl7DqutB0
卯月「……本当はね、わかってたんだ」

凛「……?」

卯月「2人に追いついた……って言ったけど、私には未央ちゃんや凛ちゃんみたいにスゴい才能があるわけじゃなかった」

卯月「もし1回戦で凛ちゃんと当たっていなかったら、私も少しは上に進めたかもしれないけれど……」

卯月「優勝することは……きっとできなかったと思う」

卯月「あっ、勿論、さっきは本当に全力で戦ったよ? 凛ちゃんに勝つつもりで、必死に」

卯月「でも、勝てなかった」
114 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:44:40.20 ID:Bl7DqutB0
卯月「2人の隣に並んだつもりだった……でも、本当は並べてなんていなかった」

卯月「本当は心のどこかで分かっていたのかもね」

卯月「…………私っていうポケモントレーナーの限界は、ここまでみたいだよ」

卯月「でも、さっき凛ちゃんと戦っているときは……ほんの少しの間だったけど……同じ場所に立っていられたような気がするよ」

凛「卯月……」

卯月「ごめんね、こんな話をして……」

凛「……」

卯月「2回戦も、頑張ってね。私、応援してるから!」
115 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:46:28.30 ID:Bl7DqutB0
凛「…………卯月」

凛「私は……ずっと3人いっしょだと思ってるよ」

凛「これまでも……これからも」

凛「強さなんて、関係ない」

卯月「……凛ちゃん……」

凛「……2回戦……次も勝つよ。卯月の分まで」ザッ

卯月「…………」
116 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:48:01.68 ID:Bl7DqutB0
モバP「やぁ、卯月」ザッ

卯月「! モバPさん……」

モバP「見てたよ、お前たちの試合…………惜しかったな」

卯月「そんな、そんなことは……」

モバP「いや、お前とポケモン達はよくやったさ。どっちが勝ってもおかしくない試合だった」

モバP「……人とポケモンの道は何も戦うことだけじゃない」

モバP「その人とポケモンの数だけ、道はあるものさ…………なんてな」

卯月「…………」
117 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:49:09.66 ID:Bl7DqutB0
モバP「ここまで頑張ってきたんだ……自分やポケモン達の事を見つめ直す、いい機会になるんじゃないか? まだまだ人生は長いんだしさ」

卯月「……」

モバP「ま、とにかく、お疲れ様……本当に、よく頑張ったな」

卯月「モバPさん……」ポロ

卯月「…………ッ」ポロポロ

モバP「本当に……よく頑張ったよ」ポン
118 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:50:09.44 ID:Bl7DqutB0




凛「……」

真奈美「初戦突破、おめでとう」

凛「! 真奈美さん」

真奈美「やぁ」

凛「来てたんですね」

真奈美「あぁ。君に用があってね」

ありす「……」

晴「……」

凛「その2人は?」

真奈美「あぁ、あの後私が見つけて弟子にした子たちだ。2人とも大きな才能を秘めている」
119 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:51:13.40 ID:Bl7DqutB0
凛「へぇ……私は凛、よろしくね」

ありす「ありすです、よろしくお願いします」

晴「お、オレは、晴って言うんだ……よろしく」

凛「それで真奈美さん……私に用って?」

真奈美「君に届け物を……ね」チャラ

凛「! それって……」

真奈美「あぁ、ちひろが……シンデレラ団ボスが所有していた『キーストーン』だ」
120 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:53:13.76 ID:Bl7DqutB0
真奈美「まさか君が『メガシンカ』したポケモンをも倒していたとは驚きだったが……」

真奈美「当然ながら奴は独房の中だ。ポケモンも警察で厳重に管理している」

真奈美「我々も始めはただのペンダントかと思っていたのだが……所持品の検査をしてみれば、キーストーンだと発覚してな。危うく見逃すところだった」

真奈美「この地方では非常に珍しいものだ、どうやって手に入れたかは知らんが、あんな奴が持っていていいものではない」

真奈美「メガシンカとは本来、トレーナーとポケモンの絆の力によって起こる現象だとされているのだからな」

凛「絆……?」

真奈美「奴はポケモンに洗脳を施すことで無理矢理にメガシンカの力を行使していたのかもな」
121 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:54:53.41 ID:Bl7DqutB0
真奈美「……まぁ、それはそれとして」

真奈美「早苗君や警察の者たちとも話したのだが……これを君に託そうと思って、ここまで来たんだ」

凛「! そのペンダントを、私に……?」

真奈美「ちひろを倒し、アルセウスを鎮め、奴の野望を打ち砕いた……そして、ポケモンを心から愛する君は、これを手にするに相応しいと判断してのことだ」

凛「…………」

真奈美「現在判明しているところだと、君の持つポケモンではチャーレムがメガシンカすることができるそうだ」

真奈美「詳しいことは私にもあまりわからないが……トレーナーの持つキーストーン、そしてポケモンに持たせるこのメガストーンが共鳴することで起こるらしい」スッ

凛はキーストーンを手に入れた!
凛はチャーレムナイトを手に入れた!
122 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:55:43.89 ID:Bl7DqutB0
真奈美「勿論、使うかどうかは君の自由だ。大会規定には違反していないが、ズルだと思う気持ちがあっても不思議ではない」

真奈美「ただ、ひとつ……教えておこう」

真奈美「恐らくこの地方に存在するメガシンカ使いは、ちひろ……今は君か、君を除けばたった一人だ」

凛「!」

真奈美「チャンピオン蘭子……彼女もまた、ポケモンを愛し、絆の力を手にしたポケモントレーナーだ」

凛「蘭子も、メガシンカを……?」

真奈美「……それだけ伝えておこう。まだ次の試合まで時間は十分あるんだ。じっくり考えればいい」

真奈美「さ、観客席に戻るぞ、ありす、晴」

ありす「はい」

晴「はーいっと」トトト
123 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:56:57.29 ID:Bl7DqutB0
凛「…………」

凛「メガシンカ……か…………」

凛(あのメガバンギラスの力……普通のバンギラスとは明らかに違った強さだった)

凛(よく分からないけど、とにかくメガシンカは特別な力だってことだよね)

凛(そんな『特別』を、私が使ってもいいのかな)

凛(…………確かに、何だかズルしてるみたいな気分だ)

凛(真奈美さんはああ言ったけど)

凛(私だけがこれを受け取るのは間違っているような気もする)
124 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 21:59:13.38 ID:Bl7DqutB0
凛(もしこの力を使って、たとえば未央と戦ったとして……それはフェアな戦いって言えるんだろうか)

凛(未央は、そもそもメガシンカのことだって知らない可能性もある)

凛(いや、多くのトレーナーが知らないはずだ)

凛(蘭子はどうだろう……蘭子のあの戦いは、テープが擦り切れるくらい見てきた)

凛(だから知っている。少なくとも1年前の時点で、蘭子は公式戦でメガシンカを使っていない。メガシンカを使わないで、ポケモンリーグの頂点に立ったんだ)

凛(……私は……)
125 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/08/31(日) 22:04:31.70 ID:Bl7DqutB0
投下がかなり遅れてしまい、本当に申し訳ないです
ここへきてバトル描写に苦戦するようになってまいりました。今回の投下分も、あまり自分で納得できていない部分が多いです
まだまだ時間はかかりますが、どうか最後までお付き合いください

そして、ここで恐らく最後の安価になります
凛がメガシンカを使うかどうか
1使う
2使わない
3蘭子と戦うまで使わない

次回投下を開始するまでに多かった案を採用します

それでは読んでくださった方、ありがとうございました
126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/08/31(日) 22:07:55.97 ID:VQlImTolo
乙です 
安価は1で

泣くほど悔しいならまだまだ伸びるさ
127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/08/31(日) 22:08:16.43 ID:UTjymfUs0
3
128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/08/31(日) 22:08:54.87 ID:YsI6yi990
3 ただ蘭子戦前にメガシンカを公式戦以外で試しておいた方がいいと思うけど
129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/08/31(日) 22:09:08.19 ID:+H7IvE2DO
使わない
130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/08/31(日) 22:12:19.25 ID:aXfZq6Rb0
乙。
凛以外にメガシンカするトレーナーがいるのなら1.
131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/08/31(日) 22:14:32.04 ID:0rxwrADqo
3、ただし蘭子が使った場合のみ
132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/08/31(日) 22:14:54.17 ID:aXfZq6Rb0
すまん。130訂正。3で。
133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/08/31(日) 22:58:18.10 ID:FgGamD7DO
134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/08/31(日) 23:12:48.92 ID:TeLxSRjC0
1
135 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/08/31(日) 23:45:56.44 ID:sltpoTXxo
>>131
これに1票
136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/08/31(日) 23:55:26.89 ID:TmskmT0o0
>>131
俺もこれに一票
137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/01(月) 00:42:12.42 ID:+LpQt9ueO
3 蘭子とメガシンカ勝負
138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/01(月) 00:57:38.94 ID:qSJWUDSF0
3
139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/09/07(日) 05:15:18.18 ID:cKuGoXBA0
3で確定かな……ダメ押しで3。
140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/15(月) 11:49:28.17 ID:U8V7RtSBO
>>131
これで
141 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 22:53:15.62 ID:5FbGNu9Z0
2週間ぶりです
またまた前回から間が空き、申し訳ありません
ですがSSを書く十分な時間を取れるようになったので、これからはペースを速められると思います

安価については3番、複数の方からの意見をいただいて、蘭子がメガシンカを使用する場合のみのしようという事にします

それでは投下していきます
142 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 22:54:22.36 ID:5FbGNu9Z0
凛「……メガシンカ……か」チャラ

凛(……)



恵磨『続いて行くぞー、1回戦第4試合だーーーーー!!』

ワァァァァァァァァァァァァ

凛「……」
143 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 22:55:00.52 ID:5FbGNu9Z0
ありす「真奈美さん」

真奈美「どうした、ありす」

ありす「メガシンカの力……いつか、私にも使えるようになりますか?」

真奈美「……あぁ、ありすがポケモンの事を信じ、大切に育てれば……きっといつかその機会はやってくる。もちろん、晴もな」

晴「へっ、当然だぜ。メガシンカだろうが何だろうが、やってやる!」

真奈美「……」
144 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 22:55:54.57 ID:5FbGNu9Z0
………………

ワァァァァァァァァァァ

恵磨『1回戦第8試合終了ーーーー!! これで本日の対戦は終了だ!!』

瑞樹『明日は1回戦の残り半分が行われるわ。皆さん、明日もぜひご来場くださいね』

加蓮「奈緒、やったね」

奈緒「おう、楽勝だっての。加蓮も続けよ!」

加蓮「当然!」


きらり「にょわー! 杏ちゃーん、きらり勝ったよー!」

杏「はいはい、見てたよ。おめでと」

きらり「杏ちゃんも、明日の試合、がんばがんばー、だよー!」

杏「頑張る……か。ま、ちょっとくらいならね」
145 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 22:57:02.95 ID:5FbGNu9Z0
凛(奈緒もきらりも1回戦は無事に突破したね)

凛(4回戦……準決勝でどちらかと当たることになるかもね)

凛(そして……)

凛(…………うん、決めた)

凛(この力は……今はまだ使わない)

凛(他のトレーナーが使えない、知らないっていう状態は……やっぱりフェアじゃないと思う)

凛(特に未央とは……対等な条件で戦いたい)

凛(ただ……蘭子)

凛(蘭子もメガシンカを使うというのなら……私も使う)

凛(そういう事にしておこう)

凛(でも、本当かどうかは分からないし、一応蘭子に確認とっておかないとね……)

凛(そもそも、蘭子と戦うためにはまだ多くの強敵を倒さないといけないんだ。上ばかり見ていられないね)
146 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 22:58:57.48 ID:5FbGNu9Z0
凛(……とはいえ、ぶっつけの本番でメガシンカを実践するっていうのも危険だよね)

凛(メガシンカがどんなものなのか、しっかり私が理解しておかなきゃならないし)

凛(となると、試合の外で実際に試してみるのが一番なんだけど……)

凛(野生のポケモンじゃ、正確には把握できないか……?)

凛(大会に出ていなくて、強いトレーナー……)

凛(ここで真奈美さんに頼むのもね……)

凛(……! そうだ)
147 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 23:00:06.57 ID:5FbGNu9Z0


卯月「凛ちゃん、どうしたの?」

凛「卯月! 急に呼び出してゴメン」

凛「……ちょっと付き合ってほしいことがあるんだ」

卯月「付き合ってほしいこと?」

凛「チャーレム!」ポンッ

チャーレム「チャー」

卯月「凛ちゃん? ポケモンを出して……一体」

凛「卯月もポケモンを出してほしいんだ……できればバシャーモを」

卯月「凛ちゃん……? できれば説明をしてほしいな〜って」

凛「試したいことがあるんだ。チャーレムとほぼ互角のバトルをしたバシャーモなら、きっと上手くいく」

凛「それに、今説明はできないんだ。バトルが終わったらするから……ごめん」
148 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 23:01:18.70 ID:5FbGNu9Z0
卯月「…………」

卯月「よく分からないけど、凛ちゃんの頼みなら……わかったよ。バシャーモ!」

バシャーモ「バシャ!」ポンッ

卯月「さっきは弱気なところをみせちゃったけど……ちょうどいいリベンジの機会、本気で行くよ!」

凛「もちろん……そうじゃなきゃ意味がないからね。私も、本気で行くよ!」

凛(見様見真似だけど……あのときのちひろがやっていたように)チャラ

卯月「!?」

凛「行くよチャーレム……メガシンカ!」

チャーレム「チャー!」

カッ
149 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 23:02:24.00 ID:5FbGNu9Z0
バシャーモ「バシャ!?」

卯月「これは……!?」

凛「……!」

シュウウウウウウウウ





メガチャーレム「チャー」ザッ

凛「凄い……」

卯月「チャ、チャーレムの姿が……!?」

凛(これが……メガシンカ)

凛(ただ立っているだけなのに、こっちにまでオーラがひしひしと伝わってくる……)

凛(チャーレムの、秘めたる姿……!)
150 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 23:04:35.82 ID:5FbGNu9Z0
凛「……卯月」

卯月「!」ハッ

凛「行くよ」

卯月「バシャーモ、構えて!」

バシャーモ「バ、バシャ!」

メガチャーレム「チャー!!」ゴォッ





151 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 23:06:18.85 ID:5FbGNu9Z0
……………………

バシャーモ「バ、シャ……!」ガク

卯月「バ、バシャーモ!」

メガチャーレム「チャー」ビシ

卯月「強い……今日戦った時よりよりも、ずっと……」

卯月「バシャーモが手も足も出ないなんて」

凛「ここまでにしよう、卯月」

チャーレム「チャー」フワッ

卯月「も、戻った?」

凛(戦いが終わったらちゃんと元に戻るんだね。あくまでバトル中の一時的なパワーアップ、か)
152 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 23:07:14.04 ID:5FbGNu9Z0
凛「ゴメンね、卯月」

卯月「もう、ひどいよ凛ちゃん。何の説明もなく凄いことするんだもん」

凛「メガシンカを知らない状態の相手と戦うと、どういう反応を見せるのか、見たかったから……」

卯月「悪役みたいだったな、さっきの凛ちゃん」

凛「あ、悪役……」

凛「でも、今のでやっぱり決めた。メガシンカは使わない」

卯月「どうして? せっかく凄い力なのに」

凛「チャーレムがバシャーモに勝てた理由……単純にパワーアップしたってのもあるだろうけど」

凛「卯月、凄く動揺してたでしょ。大会の時と違って、ちゃんとした指示が出来ていなかった」

凛「卯月が普段通りに落ち着いて指示が出来ていれば……もっと戦えていたはずだよ」
153 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 23:09:33.28 ID:5FbGNu9Z0
凛(私も、少なからず動揺してたしね……なんとか勝てたから良かったものの、あの時はかなり危なかった)

凛「とにかく、メガシンカは使わない……蘭子と戦うまでは」

卯月「蘭子ちゃんもメガシンカを使うんだよね? 一体メガシンカって何なんだろう?」

凛「私にも……真奈美さんだって詳しくは分からないみたい。謎が多いって」

卯月「メガシンカ、か……」

卯月「まぁ、凛ちゃんが決めたことだしね。私からは何もいう事は無いよ。頑張ってね、凛ちゃん」

凛「ありがと、卯月」
154 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 23:10:35.47 ID:5FbGNu9Z0
翌日

恵磨『カラっと日が照りつけております、本日の天気は晴れ! 日差しが強い状態であります!』

瑞樹『強い日差しはバトルへと影響を及ぼす……この状況を生かすも殺すも、トレーナー次第ね』

恵磨『さて、本日決勝トーナメント2日目は1回戦の後半となります、本日で上位16名が決定されることになります!!』

凛「ここなら、よく見えるね」

卯月「そうだねっ」

晶葉「やぁ。我々もご一緒していいかな?」

志希「やっほー、凛ちゃーん♪」

幸子「こんにちは、凛さん。それと……」

乃々「卯月さん、ですね……昨日の凛さんの対戦相手の……」

美玲「一緒に居るってことは、知り合いか何かなのか?」
155 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 23:11:59.35 ID:5FbGNu9Z0
凛「卯月と私は幼馴染なんだ。あと、今日試合がある未央も」

輝子「そ、そうなんだ……」

卯月「みんな凛ちゃんの知り合いなの?」

凛「まぁね」

志希「よろしくー卯月ちゃん! 早速なんだけどハスハスしてもいいかな?」ガバ

卯月「へっ?」

晶葉「止めろバカ」

幸子「この人はまた……」

輝子「お、オチカヅキの印にこれ、あげる……ちいさなキノコ……フヒ」

美玲「そんなんも持ってきたのか……」

凛(……集中して試合見れなさそうだな……)

乃々(同感です……)
156 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 23:13:31.68 ID:5FbGNu9Z0
凛「まずは第9試合だけど……こっちの方、四天王だよね」

晶葉「そうだな……前回大会準優勝、蘭子、愛梨に次ぐ実力者だ」

志希「あー、のあにゃんね」

卯月「のあ……にゃん?」

志希「個人的な知り合いなんだー。他のヒトとは違った独特な匂いがするんだよー」

晶葉「匂いの話なんか聞いてない」

晶葉「彼女は確かドラゴンタイプの使い手だ。かなり手強いぞ」

凛「へぇ……」
157 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 23:14:54.04 ID:5FbGNu9Z0
きらり「杏ちゃん、どーお? 見えゆー?」

杏「あーうん、大丈夫。見える見える」

杏「四天王のあ、かー。杏と当たるんだろうなぁ……あーやだやだ、凄い強そうじゃんか」

杏「ま、ドラゴン使いっていうんなら杏に分はあるかなー。とりあえず、お手並み拝見ということで」

きらり「杏ちゃん、まずは1回戦を勝たなきゃだよー?」

杏「分かってるよ、きらり」
158 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 23:16:12.87 ID:5FbGNu9Z0
みく「のあにゃん、のあにゃん、頑張ってね!」

アナスタシア「私達は負けてしまいましたが……勝ってください、ね」

のあ「もちろんよ、みく、アーニャ」

のあ「今年こそは優勝、そしてチャンピオンへと私はなる」

みく「おお、珍しくのあにゃんが熱いにゃ!」

のあ「……というかあなたたち、本戦出場者ではないのだからここへは立ち入り禁止じゃ……」

みく「細かいことは」

アーニャ「気にするにゃ……です」

のあ「ふっ……まぁいいわ」

のあ「…………」キッ

のあ「…………出る」
159 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/15(月) 23:20:55.09 ID:5FbGNu9Z0
今回はここまでです
のあにゃんの選出についてですが、個人的ににゃんにゃんにゃんをもう一回出したかったというのと、四天王はできるだけ年齢が低い子は出したくないという理由からです
ワタルさんによるとドラゴンは聖なる生き物らしいので、雰囲気にも合うんじゃないかとドラゴン使いに
ドラゴン使いは薫ちゃんでも良かったんですけど9歳でポケモンリーグはさすがにやり過ぎかなと思ってやめました

読んでくださった方、ありがとうございました
次回投下はなるべく早くに出来るよう努めます
160 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/09/15(月) 23:23:29.82 ID:Frb3e1Pj0
9歳でやり過ぎなら1歳しか変わらないのに何度もポケモンリーグに出てるサトシさんは一体…
161 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/09/16(火) 00:15:01.58 ID:Hnjlkoxe0
サトシさんは十年くらい旅してるからへーきへーき
162 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/09/16(火) 00:51:49.66 ID:tEoggC380
サトシさんは17年も旅を続けてるベテランですよね菜々さん
163 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/16(火) 03:49:12.98 ID:jRzc8DiJo

菜々(再放送結構してるみたいだし話しても大丈夫ですよね…ビクビク)
164 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/16(火) 04:36:58.07 ID:z4SyToFgO
何となくだか、クリムガンは出さないでほしい。ゲームでもアニメでもコミックでも出番あるから思考停止感半端ない。
165 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/16(火) 20:53:55.71 ID:OycKmZiDO
トレーナーにはかいこうせんするのあにゃん
166 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/19(金) 10:20:05.78 ID:xfXU2qHto
今更だが同年代だとまゆのニンフィアだけ夢特性教え技ありのガチ構成なんだな
167 :</b> ◇.2RVExwkajVj<b> [saga]:2014/09/22(月) 19:36:42.84 ID:TLx9dJdK0
またまた遅れてしまいましたが、投下していきます

ポケモン世界の10歳とアイマス世界の10歳はかなり違うような
ポケモン世界だと成人扱いらしいですし……
168 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/22(月) 19:42:29.70 ID:TLx9dJdK0
のあ「お疲れ様……カイリュー」

カイリュー「カイ」バサ

カイリュー ドラゴン/ひこう ドラゴンポケモン
広い海のどこかに住んでいると言われている
難破した船を陸地まで誘導する心優しいポケモン
大きな体格で荒れ狂う海をものともせず飛び回る海の化身

恵磨『圧倒的ィィィィィィ!! 四天王のあ、苦戦することなく見事にストレート勝ちを決めたああああ!!』

みく「やったぁ! のあにゃん、おめでとうー!」

アナスタシア「パズドゥラヴリャーユ……おめでとうございます、のあ」

のあ「2人ともありがとう……でも、ここからよ」
169 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/22(月) 19:43:19.25 ID:TLx9dJdK0
ワァァァァァァァァァァァ

杏「はぁ〜やだやだ。おっかない」

きらり「杏ちゃ〜ん?」

杏「分かってるって。まずは目の前の一戦、でしょ?」

杏「さて、さっさと終わらせて今日はもう早く寝たいんだ」

杏「出し惜しみなしで行くよ」
170 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/22(月) 19:44:30.92 ID:TLx9dJdK0
…………

恵磨『さぁ、続いては1回戦11試合!』

恵磨『杏選手と……あやめ選手だー!』

ワァァァァァァァァ

あやめ「ニンッ、お互い全力で戦いましょう!」

杏「そうだね」

瑞樹『彼女が杏選手ね。ああみえて17歳だとか……羨ましいわね』

恵磨『えーと、解説の瑞樹さん?』

瑞樹『あ、あぁ……ごめんなさい』

瑞樹『何でも彼女は、かなり珍しいポケモンを連れているんだとか』
171 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/22(月) 19:45:53.71 ID:TLx9dJdK0
恵磨『そうですね。予選でも大きな話題を呼びました。果たして本戦でもその姿を拝むことはできるのでしょうかー!?』

杏「なーんか煽られてる気分だよねぇ……まぁ」

杏「見せるんだけど……フリーザー!」

フリーザー「フリー!」ポンッ

ワァァァァァァァァ

恵磨『出た―! フリーザーだ!!』

瑞樹『非常に珍しい鳥ポケモン……美しいわ』

あやめ「ムムッ……これは手強い相手です! ですが、負けません!」
172 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/22(月) 19:47:11.13 ID:TLx9dJdK0
あやめ「いざ、テッカニン!」ポンッ

テッカニン「テッカ」ブブブ

テッカニン むし/ひこう しのびポケモン
あまりに速すぎて姿を捕えることが出来ず、透明であるとさえ思われることもあるポケモン
上手に育てないと頭痛がするほどの大音量で鳴き続ける
進化の際に残した抜け殻は、別のポケモンへと生まれ変わる特殊な性質がある

恵磨『あやめ選手はテッカニンを繰り出したぞ!!』

テッカニン「テッカ」

瑞樹『全てのポケモンの中でもトップクラスの素早さを持つポケモンよ。フリーザーといえど、捉えることは難しいんじゃないかしら』

あやめ「さぁ……行きますよ! シザークロス!」

テッカニン「テッカ」ビュンッ

フリーザー「フリ?」ズバッ
173 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/22(月) 19:49:19.53 ID:TLx9dJdK0
恵磨『鋭い爪がフリーザーを切り裂く!』

フリーザー「フリ」

あやめ「いいですよ、テッカニン! その調子です!」ニンッ

瑞樹『けど、フリーザーはあまり意に介していないようね』

あやめ「小さなダメージも積み重なれば! つばめがえし!」

テッカニン「テッカ」ビュン

幸子「気のせいか、スピードがさらに速くなってませんか?」

晶葉「気のせいではない。テッカニンのとくせい『かそく』だ。時間が経つほどに加速していく……放置しておけば厄介なことになるな」

美玲「目が追いつかねーよ、反則だろ、あの速さ!」

輝子「あんなのに、攻撃を当てられるのか……?」

凛「直線で捉えるのは難しいかもね……だけど、面での攻撃……広い範囲を攻撃するわざなら、捉えることは可能だよ」
174 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/22(月) 19:50:38.49 ID:TLx9dJdK0
杏「フリーザー、ふぶき!」

フリーザー「フリー!」ブォッ

あやめ「! テッカニン!」

テッカニン「テッカ!」ビュンッ

ブォォォォォォォォォォォォォォ

恵磨『フィールドを凄まじい冷気が襲う!! どうなったァ!?』

テッカニン「テッカ……」パキパキ

あやめ「テ、テッカニン!」

恵磨『テッカニン、モロに喰らってしまったー!!』

瑞樹『テッカニンはその超スピードで吹雪の範囲外へ逃げようとしたみたいだけれど……それを逃さないほどの方範囲をカバーする攻撃……凄まじいわね』

あやめ「く……も、戻ってください」

あやめ「まだです、忍の底力、見せます!!」
175 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/22(月) 19:52:07.30 ID:TLx9dJdK0
…………

杏「フリーザー、ぼうふう!」

フリーザー「フリー」ブワッ

アギルダー「アギ―!」ヒューン

ドサッ

アギルダー「アギ……」バタンキュー

恵磨『アギルダー戦闘不能! ということで……勝者杏選手―!!』

ワァァァァァァァァァァァ

瑞樹『結局フリーザーだけで勝ってしまったわね……恐ろしいわ』

杏「うん……こんなもんかな」
176 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/22(月) 19:53:36.10 ID:TLx9dJdK0
あやめ「そ、そんなぁ……」ガックリ

凛(……やっぱり、あのフリーザーをどう攻略するかが杏との戦いのカギになる、か……)

凛(とはいえ私が杏と当たるとなるとそれは決勝で、つまりそれは未央が負けた時……)

凛(未央は……)



未央「……」

未央「フリーザーに……杏ちゃん、か・・・…」

未央「強敵だね……」
177 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/22(月) 19:57:39.30 ID:TLx9dJdK0
凛「あとは加蓮だけど……」

加蓮「……」ザッ

凛(・・・…心配なさそうかな)




……………

加蓮「……ふぅ……良し」

奈緒「加蓮!」

加蓮「奈緒!」

奈緒「やったな、加蓮!」

加蓮「ありがと……次は2回戦だね。お互い頑張ろ」
178 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/22(月) 19:58:59.49 ID:TLx9dJdK0
……………

凛「明日は2回戦……私の試合もある」

凛「対戦相手の事は入念に調べておかないとね……」

凛「さて、と……」ピッ

「……」ザッ

凛「ん?」クル
179 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/22(月) 20:00:51.37 ID:TLx9dJdK0
「あなたが凛ちゃんですね!!!」



凛「うわっ!?」ビクゥ

「次の対戦相手ということで、ご挨拶にきました!!」

凛「た、対戦相手……?」ミミガ

「はいっ! 私、炎ポケモンの使い手……茜と言います!」

茜「よろしくお願いします! ボンバー!」
180 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/22(月) 20:03:49.72 ID:TLx9dJdK0
短いですが今回はここまで

あやめ殿は好きなんですが使用ポケモンをイメージしやすかったのでやられ役になってしまいました
割と当て馬ポジが多くなりそうなんで、そこはご了承ください。嫌いなアイドルやポケモンなんていませんよ

読んでくださった方、ありがとうございました
181 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/22(月) 20:19:59.69 ID:qCti2fs8o
乙です
182 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/22(月) 21:15:41.25 ID:FbG1TvB0O
乙。来ましたよ茜?。何かみなぎってきたぞ?これマジで唯一王出番あるかも知れないぞ??そして今ガブが出ないってことは、ちゃんみお最悪のタイミングで遭遇する可能性あるな。
183 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/09/22(月) 21:17:28.60 ID:/CvbvtCY0
>>182 sageようね
184 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/22(月) 22:04:55.18 ID:FbG1TvB0O
ものの見事に忘れてました。すまぬ。ここでアロー出てほしくはないんだよな。ガブとセットで出して、チッヒ再来をやってほしい。
185 :</b> ◇.2RVExwkajVj<b> [saga]:2014/09/30(火) 23:21:18.57 ID:/gU0x+M/0
元のペースに戻していきたい(キリッ ごめんなさい、もう少しはやく投下できるよう努力します
というわけで、遅れましたが、投下します

関係ないけどアーニャくっそかわえええええええ
186 :トリップおかしい?  ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/30(火) 23:22:37.14 ID:/gU0x+M/0
茜「よろしくお願いします!!」

凛「あ、うん……よ、よろしく」

茜「私! 今回が初めての大会出場なんです!! 凛ちゃんもそうなんですよね!」

凛「あ、うん……そうだよ」

茜「歳も近いし、だから、仲良くなれたらいいなと思って!」

凛「そうなんだ……」

凛(声大きい)
187 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/30(火) 23:28:50.93 ID:/gU0x+M/0
茜「お互い全力を尽くして、熱いバトルにしましょうね!!」

凛「う、うん」

茜「それじゃあ私はトレーニングに行きます! また明日です!!」ダーッ

凛「……行っちゃった」



凛「あの子が明日の対戦相手……茜、か」

凛「ほのおポケモン使いって名乗ってたけど……確かに登録されてるポケモンに炎ポケモンが多いね」

凛(全部で4匹……か)
188 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/30(火) 23:31:44.66 ID:/gU0x+M/0
凛(私のポケモンで有利に立ち回れるのはゲッコウガとジヘッド)

凛(ドリュウズはほのおが弱点でもあるから少し戦い辛くなるかも)

凛(……この場合、茜は私がゲッコウガとジヘッドを出してくることを読んでる可能性もあるのかな)

凛(ほのおポケモンで固めたのは相手の選出を絞ることで読みやすくする為……?)

凛(んー……どうなんだろう)

凛(…………)
189 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/30(火) 23:44:30.62 ID:/gU0x+M/0
翌日

恵磨『2回戦第1試合……四天王・愛梨、難なく勝利だー!!』

瑞樹『目を引くような派手さは無いけれど……ポケモンに戦術、他も全てが高水準で纏まっている堅実な強さが彼女の持ち味ね』

恵磨『前大会のリベンジを果たすべく、着実にチャンピオンへの道を切り開いていく四天王最強のトレーナー! 果たしてどうなるのか!!』

凛「……」

凛「次、か……」

恵磨『さぁさぁさぁ! 続いては2回戦第2試合!』

恵磨『激突するのは今大会の期待のルーキー同士!』

恵磨『凛選手とー!』

凛「……」ザッ
190 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/30(火) 23:57:23.76 ID:/gU0x+M/0

恵磨『茜選手だー!』

茜「全身全霊、全力全身で戦います!」



幸子「出てきましたよ!」

未央「しぶりーん! 頑張れ―!」

卯月「凛ちゃーん!」

晶葉「また増えたぞ……」ハァ

志希「大会出場者の未央ちゃんだねー♪ 卯月ちゃんと同じく凛ちゃんの幼馴染なんだってさ」

乃々「凛さんもいないし静かに見れません……」
191 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/09/30(火) 23:59:24.99 ID:/gU0x+M/0
茜「凛ちゃん……負けませんからね!」ビシッ

凛「! こっちこそ……負けないよ、茜」

恵磨『使用ポケモン3体! どちらかのポケモンが倒れた時点で試合は終了!』

恵磨『試合……開始ィィィ!!』

ワァァァァァァァァァァァァァァァァ

凛「行くよ……」

凛「ジヘッド!」

茜「ヒヒダルマ!」

ジヘッド「ジヘ!」ポンッ

ヒヒダルマ「ヒヒ!」ポンッ
192 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/01(水) 00:00:29.93 ID:W5XpzDNT0
ヒヒダルマ ほのお えんじょうポケモン
体内で1400度の炎を燃やすことで圧倒的なパワーを作り出す
戦いで傷つくと岩のように丸まって傷を癒す

ヒヒダルマ「ヒヒ!」ボボボ

瑞樹『凛選手はジヘッド……茜選手はヒヒダルマね』

凛(……やっぱり)

凛(会ったばかりで、少し話した程度だけど……茜は熱血で、真っ直ぐな性格なんだって分かった)

凛(未央とは違うベクトルで明るいタイプ……気は合いそうだけど)

凛(ほのおタイプ使いって名乗っていたのは、ブラフじゃなくタイプエキスパートとしての誇り……)

凛(嘘をつくようなタイプにも見えないし)

凛(……てことで素直にほのおタイプに有利なポケモンで攻めていくことにする)

凛(勿論そう簡単にはいかないんだろうけど)
193 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/01(水) 00:02:40.96 ID:W5XpzDNT0
凛(あのヒヒダルマ……だっけ)

凛(凄いパワーを持ってそう……)

凛(まずは様子を窺う)

凛「ジヘッド、かみくだく!」

ジヘッド「ジヘ!」ゴォッ

茜「避けてください!」

ヒヒダルマ「ヒヒ!」バッ

凛(スピードは……遅くは無い。少し速いって程度?)

凛(でもジヘッドよりは速い……上手く捉えられるか)

茜「ヒヒダルマ! ばかぢからです!」
194 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/01(水) 00:04:34.07 ID:W5XpzDNT0
ヒヒダルマ「ヒヒ!」ドゴォッ

凛「うわっ!?」

ゴゴゴゴゴゴゴッ

恵磨『こっ、これはー! なんというパワー!』

未央「地面をかち割ったー!?」

卯月「ジヘッドはあく・ドラゴンタイプ……! あんなのが当たったら……!」

凛「くっ……ジヘッド! 下がって!」

ジヘッド「ジヘ!」ザッ

凛(やっぱり、あのパワーは危険! ジヘッドも……ゲッコウガやドリュウズも)

凛(いや、私のほとんどのポケモンを1発で持って行きかねない威力)

凛(ただ……ばかぢからは反動で攻撃力と防御力が下がるわざ……乱発はしてこないはずだし、使えば使う程威力は下がる)

凛(それでも迂闊に隙は見せない!)
195 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/01(水) 00:06:44.06 ID:W5XpzDNT0
凛(ジヘッドの今の遠距離攻撃は『アレ』だけ……)

凛(見た感じ、あのポケモンの耐久はそう高くない……一発入れば倒せるとは思う)

凛(……)

凛「ドラゴンダイブ!」

ジヘッド「ジヘ!」ゴォッ

ヒヒダルマ「ヒヒッ」サッ

凛(使うか……?)

ドゴォッ

ヒヒダルマ「ヒヒッ」ピョンッ

凛(……)

凛(……杏は……出し惜しみをしなかった!)
196 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/01(水) 00:08:10.80 ID:W5XpzDNT0
凛(今ここで! 使う!)



凛「ジヘッド、りゅうせいぐん!」

ジヘッド「ジヘ!」ボッ

未央「!」

卯月「あのわざ!」

茜「!」

ヒヒダルマ「ヒヒ?」キキッ

恵磨『凛選手のジヘッド、空中に向かって何かを撃ち出したぞ!?』

瑞樹『あれは……』

未央「私達も教えてもらった、究極技の一つ……!」
197 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/01(水) 00:08:57.90 ID:W5XpzDNT0
ボンッ

茜「うわっ!?」

ヒュー ヒュー

恵磨『撃ち出した光弾がはじけて……まるで隕石のように降り注ぐゥゥゥゥ!』

瑞樹『ドラゴンタイプ最強のわざ……りゅうせいぐん!』

茜「あわわ……よ、避けてくださいヒヒダルマ!」

ヒヒダルマ「ヒヒ!」

凛「まだまだ未完成のわざだけど……!」

凛「威力は十分だよ……!」
198 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/01(水) 00:11:30.24 ID:W5XpzDNT0
ドドドドドドドドドドドドドドドド

茜「ヒヒダルマ―!?」

凛「どう……!? これなら……」


ゴゴ


凛「!」

ゴゴゴゴゴゴゴ

ヒヒダルマ「ヒヒー」ゴロン

茜「良かった!」

ゴゴゴゴゴゴゴ

凛(姿が……変わった?)
199 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/01(水) 00:12:55.58 ID:W5XpzDNT0
短いですがここまで
次回こそは早めの更新を目指します

読んでくださった方、ありがとうございました
200 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage ]:2014/10/01(水) 05:44:17.39 ID:IyXNAinDO
乙。
ダルマモードだと?これは読めなかった。
201 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/02(木) 03:38:00.49 ID:/TnqNOgb0
じゃあサイコキネシスやかえんほうしゃを覚えてるのか
202 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/06(月) 20:58:33.09 ID:l//UnWlnO
オバヒ撃たれたら不味くないか?
というよりダルマの振りはどんな感じだろうACぶっぱ余りDかなぁ?
203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/07(火) 22:02:04.59 ID:wtcfU4lf0
アニメやポケスペっぽい世界観なんだからゲームとはあくまで違うっしょ
個人的に茜ちゃんが努力値個体値厳選とかしてるとキャラ的にうーんってなる
204 :</b> ◇.2RVExwkajVj<b> [saga]:2014/10/07(火) 23:46:41.79 ID:c4tfyp3x0
投下していきます

ぶっちゃけ僕自身がバトル苦手なので、ガチで考えると戦法とか構成とかむちゃくちゃな部分もあると思います。行き当たりばったりなところも多いですしね
努力値や個体値、厳選などについては深く考えないようにしています
ちひろさんは何となくガチなイメージだったのでガチっぽくしましたし、アニメでもシンジのような厳選をするやつもいますけどね……
205 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/07(火) 23:48:53.93 ID:c4tfyp3x0
凛「あの姿……」

ヒヒダルマ「ヒヒ」ゴゴゴ

凛(……)

凛(ポケモンの中には特定の条件下で姿を変えるものもいる……それは知ってる)

凛(たとえばロトム……日菜子とちひろの持っているロトムは姿が違った)

凛(……姿だけじゃない、タイプも変わっていたんだっけ)

凛(こいつも『そう』なのかは分からないけど……)

凛(手足が短くなって……まるでダルマみたいな見た目になってる)

凛(あれじゃあかくとうタイプのわざは満足に扱えないんじゃ?)

凛(ということは……かくとうタイプは無くなった可能性がある)

凛(周りで炎が揺らめいているから……ほのおタイプであることは間違いなさそうかな)

凛(とにかく、得体が知れない……)
206 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/07(火) 23:49:27.81 ID:c4tfyp3x0
ジヘッド「ジヘ……」

凛(ジヘッドもさっきのりゅうせいぐんで消耗したみたいだし、ここは……)

凛「戻って!」シュン

凛「ありがとう……今はしっかり休んでいて」

凛「お願い、ゲッコウガ!」ポンッ

ゲッコウガ「ゲコ!」シュタ

恵磨『凛選手、ジヘッドを引っ込めゲッコウガに交代ー!』

瑞樹『さぁ、ここからお互いにどう動くか……注目よ』

凛(……どうくる……?)

茜「ヒヒダルマ!」

凛「!」ピク
207 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/07(火) 23:51:57.67 ID:c4tfyp3x0
茜「燃えていきますよ!! オーバーヒート!! です!」

凛「オーバーヒート!?」

凛(とくしゅわざ……!)

凛「ゲッコウガ! 上に跳んで!」

ゲッコウガ「ゲコ!!」バッ

ヒヒダルマ「ヒヒー」ゴァッ

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

恵磨『ヒヒダルマ、超・高温の炎を周囲へと噴出したぞー! フィールドはまさに灼熱地獄!』

瑞樹『けれど、りゅうせいぐんと同じでオーバーヒートもポケモンにとっては負担の大きいわざ……』

瑞樹『ここで放つということは……』

恵磨『何か意味がある、ってことですかね!?』

瑞樹『恐らくね……』
208 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/07(火) 23:53:22.89 ID:c4tfyp3x0
ゲッコウガ「ゲコッ……」ババッ

凛(良かった、なんとかダメージは最小限で抑えられた)

ゲッコウガ「ゲコ」シュタ

凛(オーバーヒート……とてつもない威力のわざだけど、使えばりゅうせいぐんみたいに消耗する……なら、次はもっと弱まってるはず)

凛(それにあの体型なら、満足に動けないはず)

凛(油断せずに距離を保って、確実にしとめる!)

ゲッコウガ「ゲコ……?」

凛「? ……ゲッコウガ?」
209 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/07(火) 23:54:17.58 ID:c4tfyp3x0
晶葉「ふむ……この相手……凛には相性が悪いかもな」

幸子「えぇ!? どういうことですか?」

美玲「相手はほのおポケモンを使うんだろ? ゲッコウガはみずタイプ……どう見ても有利じゃないかっ」

晶葉「凛が得意とするポケモンはスピードで相手を翻弄し、高いパワーでケリをつける速効型のポケモンだ」

晶葉「そういったタイプのポケモンは総じて防御面に不安がある……」

晶葉「そして、ほのおタイプは広範囲かつ高威力の攻撃を得意とする」

晶葉「まぁ、どんなポケモンでも広範囲の攻撃が脅威であることに変わりはないが……」

晶葉「とにかく、あまり相性がいいとは言えないな」

未央「……」

卯月「……」
210 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/07(火) 23:55:22.41 ID:c4tfyp3x0
凛「これは……」

メラ メラ

ゲッコウガ「ゲコ……」

凛(フィールドに炎が……)

凛「ゲッコウガ! みずしゅりけんを火を消して!」

ゲッコウガ「ゲコ!」シュバババババ

ジュゥゥゥゥウウウ

茜「隙あり!! 戻ってください、ヒヒダルマ!」

ヒヒダルマ「ヒヒ」

茜「次です! 頼みました、ヒードラン!」ポンッ
211 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/07(火) 23:56:30.30 ID:c4tfyp3x0
ヒードラン「ヒード」ズズンッ

恵磨『ここで茜選手、ヒードランに交代!!』

瑞樹『ヒードラン……これもなかなか珍しいポケモンね』

ヒードラン かこうポケモン ほのお/はがね
マグマのように燃え滾る血液が体中を流れている
その高熱のため、頑丈な鋼の体が所々熔けている
火山の洞穴に生息し、十字の爪を食い込ませ壁や天井を這い回る

凛(……)

凛(何とか火は消したけど……)

凛(ほのおタイプなら日の中を自由に動ける……こっちの動きが一方的に制限されてしまう)

凛(またこういう風にされると厄介だね……)

茜「行っきますよー!!」

凛(考えての行動かは……分からないけど)

凛(侮れないね……茜!)
212 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/07(火) 23:58:10.57 ID:c4tfyp3x0
ヒードラン「ヒード」ゴポポ

茜「ヒードラン、マグマストーム!」

ヒードラン「ヒード!」ゴポポポポ

ゴォォォオオオオオオ

凛「っ!」

恵磨『これはーーー!! マグマが渦を成して……』

ゲッコウガ「ゲコ……」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

恵磨『ゲッコウガを囲みこむ!!』

茜「さぁ! どうですか!?」
213 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/07(火) 23:59:22.15 ID:c4tfyp3x0
凛「ハイドロカノン!」

ボッ

ゲッコウガ「ゲコ!」ビュッ

恵磨『ゲッコウガ、ハイドロカノンで渦に穴をあけ、脱出―!!』

凛「……よし」

茜「でもそのわざ! 撃った後に隙が出来ますよね!!」

茜「だいちのちから!」

ヒードラン「ヒィィィ!!」ドズンッ

ドドドドドド

ゲッコウガ「ゲッ……!!」ドドドド

凛「ゲッコウガ!」
214 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/08(水) 00:00:17.96 ID:e6SfZKpE0
ザッ

ゲッコウガ「ゲコ……!」ゼェゼェ

凛(げきりゅうが発動してる……ほのおタイプ相手にゲッコウガが後手に回るなんて……)

凛(相性だけが全てじゃない……分かってたことだけど)

ドロ

凛(! さっきのマグマストームのマグマが……)

凛(それだけじゃない、ヒヒダルマが砕いた地面に、ヒードランが盛り上げた地面)

凛(まるで火山みたいになっていってる)

凛(フィールドが徐々にほのおタイプ……いや、茜に有利なフィールドになりつつあるんだ)

凛(本当に……手強い相手だよ!)
215 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/08(水) 00:01:56.91 ID:e6SfZKpE0
凛(またマグマストームを撃たれたらさっきと同じパターンの繰り返し)

凛(ここでケリを付ける!)

凛「みずしゅりけん!」

ゲッコウガ「ゲコ!」シュババババ

茜「その程度の威力……!」

ヒードラン「ヒー」ビシビシビシ

凛「くさむすび!」

ヒードラン「ヒ?」シュル

茜「耐えてください、ヒードラン!! ガッツです!」

ヒードラン「ヒ―!」ググ
216 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/08(水) 00:04:12.76 ID:e6SfZKpE0
恵磨『ヒードラン、ゲッコウガの攻撃にも動じない―!』

凛「動きを止めればそれでも十分……! 決めるよ!」

凛「ハイドロカノン!」

ゲッコウガ「ゲコ!!」ゴゴゴゴゴゴゴ

茜「動けなくても……マグマストームで迎え撃ってください!!」

ヒードラン「ヒィィィィ!」ゴゴゴゴゴゴ

ゲッコウガ「ゲコォッ!!」ボボッ

ヒードラン「ヒィィィィッ!」ゴォッ

ドンッ
217 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/08(水) 00:06:08.34 ID:e6SfZKpE0
恵磨『火と水がぶつかり合って、フィールドに蒸気が……!』

ジュゥゥゥゥゥウウウウウウウ

凛「……!」

茜「……!」

ヒードラン「ヒー……」バタンキュー

ゲッコウガ「ゲコ……」バタンキュー

恵磨『ヒードラン、ゲッコウガ、ダブルノックダウーン!』

凛「ありがとう、ゲッコウガ」シュン

茜「お疲れ様でした、ヒードラン!」シュン

瑞樹『これで2対2……一見互角のように見えるけれど』
218 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/08(水) 00:09:41.03 ID:e6SfZKpE0
未央「しぶりんのほうが厳しい状況にあるかなぁ……」

卯月「だね……」

幸子「どういうことですか?」

志希「単純な話。戦えば戦う程フィールドは茜ちゃんの有利なように変わっていく」

志希「凛ちゃんの方はみずタイプであるエースが倒れちゃったし」

志希「こりゃーこのまま決まっちゃうかもねーにゃははー」

美玲「そんな……!」

晶葉「だが……」

志希「?」

美玲「?」
219 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/08(水) 00:11:02.06 ID:e6SfZKpE0
晶葉「こんなことで諦めるような彼女ではない」

卯月「そうだよね……!」

未央「うん……しぶりんはこんなことじゃ折れない!」



凛(熱い……汗が滴る)

凛(地面が焼けて、マグマが流れ……気温が上がってるのかな)

凛(今の状況……間違いなく私が不利)

凛(けど……まだ勝負はついてない、負けてない)

凛(茜という強敵を超えて、この先へ進む……!)

凛(考えて、勝つ方法を……!)
220 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/08(水) 00:15:23.77 ID:e6SfZKpE0
やはり短いですが今回はここまでです
VS茜、次回決着の予定です
ヒードランは一応準伝説ですが、まぁいっぱいいるみたいだし、出してもいいですよねぇ、ということで
ヒードランは1匹見たら30匹はいると思え

読んでくだあった方、ありがとうございました
221 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage ]:2014/10/08(水) 06:16:34.64 ID:NLsuh1fHO
乙。
何か会場が終わりの大地というか原初の地球染みてきたな。
しかしニンジャ落とされたの痛い。控えに卯月完全上位交換いたらどう対応すればよいのやら。
222 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/08(水) 22:26:47.93 ID:Cf67ZoSR0

ゴキブロスのことヒードランって言うのやめろよッ!(錯乱)
223 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/09(木) 14:03:38.08 ID:3z2HB94DO
一匹みたら〜って、どう考えてもゴキブ…

乙っす
224 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/09(木) 14:35:52.71 ID:87MQeimXo
乙です
ダブルじゃ噴火ゴキブロスは厨ポケ
225 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/09(木) 19:13:32.95 ID:7axyTHppO
物理のダルマに特殊のドラン、
となると最後に出るのは物理と特殊をこなすことのできるわたブースターですね?
226 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/09(木) 20:16:00.85 ID:dPeP8uK4o
多分ダルマが両刀だしその理屈で言えば物理だよ(ニッコリ
227 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage ]:2014/10/11(土) 15:29:02.90 ID:5ETvS6H9O
前に「唯一王にも出番あるかも」といったな。アレは嘘だ。不甲斐なきブースター(速いとはいってない)よ。ボックスの狭間へ消え去れい!!!
228 :</b> ◇.2RVExwkajVj<b> [saga]:2014/10/29(水) 00:43:04.99 ID:cGFu0NzD0
早いもので、このSSを描き始めてから6か月が過ぎてしまいました

お久しぶりです、3週間もあけてしまい申し訳ありません
SSを書く時間が取れかったり、風邪をひいたり、あとはまぁ、モンスターをハンティングしたりしており色々と忙しかったのです
もうこれほど長期間空けることのないようにはします、ごめんなさい
なんとか年内には終わらせられるよう、努力します

では短いですが投下していきます
229 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 00:44:07.55 ID:cGFu0NzD0
茜「頼みます、ヒヒダルマ!!」

ヒヒダルマ「ヒヒー」ポンッ

凛「頼んだよ、ジヘッド!」

ジヘッド「ジヘ!」ポンッ

恵磨『お互い、先ほど出していたポケモンを繰り出した―!!』

瑞樹『お互いに最後の1匹は隠しておきたい……ということね』

凛(あのヒヒダルマ……この荒れたフィールドじゃ満足に動けないはず)

凛(けど、何の考えもなしに出したわけではないと思う)
230 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 00:44:47.46 ID:cGFu0NzD0
茜「ヒヒダルマ、サイコキネシスです!」

凛(サイコキネシス!? ジヘッドにエスパーわざは……)

ヒヒダルマ「ヒヒ」フワ

凛「!」

ヒヒダルマ「ヒヒヒ」フワフワ

凛「自分に……!」

凛(なるほど、自分をサイコキネシスで浮かせて移動手段を確保するってこと……!)

凛(でも移動速度はそこまでじゃない……ジヘッドでも十分捉えられる)

凛(ばかぢからは……使ってこないと見ていいはず。サイコキネシスも、ジヘッドには通じない)

凛(となると警戒するのはオーバーヒート、そしてもうひとつのわざ)

凛(今のダルマ形態への変化条件とか、いろいろ謎だけど……)

凛(両方の形態で戦えるようにしているなら、最後のわざはぶつりわざの可能性が高い……?)
231 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 00:46:38.11 ID:cGFu0NzD0
凛(断定するのは良くないけど、とりあえず最も警戒すべきはオーバーヒート)

凛(こうかはいまひとつとはいえ、あんな火力……)

凛(まともに喰らえばひとたまりもないし、これ以上フィールドを荒らされるわけにもいかない)

凛(最後のポケモンが動きづらくなる)

凛(でも、躱しさえすれば逆に相手のパワーはダウン、有利になる)

凛(相手はエスパータイプ……のはず、なら……)

凛「ジヘッド、かみくだく!」

ジヘッド「ジヘ!」バッ

ガブゥ
232 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 00:47:41.60 ID:cGFu0NzD0
ヒヒダルマ「ヒヒッ……!」

凛「よし、きまっ……」

凛「!」

凛(いや、違う!)

凛「ジヘッド、急いで離れて!!」

ジヘッド「ジヘ?」

茜「遅いです!! パワー全開っ! オーバー! ヒート!!」

ヒヒダルマ「ヒヒヒ」ゴォッ

ボボボボボッ

恵磨『な、なんとヒヒダルマ、零距離でオーバーヒートを繰り出したァ!!』

瑞樹『あれではヒヒダルマ自身もダメージを免れないわ。いくら高耐久とはいえ、馬鹿にはできないダメージのはず……』

瑞樹『畳み掛ける気ね……!』
233 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 00:48:53.52 ID:cGFu0NzD0
ヒヒダルマ「ヒヒ……」シュー

ジヘッド「ジ……ヘ……」シュー

凛(お互い……何とか耐えてはいるけど満身創痍……)

凛(次はもう耐えられない……直撃はもちろん、掠っただけでも倒れる!)

凛(でもそれは、茜のヒヒダルマも同じはず!)

凛「攻めていくよ! りゅうせいぐん!!」

茜「受けて立ちますよ凛ちゃん! オーバーヒート!」

ジヘッド「ジヘェッ!!」ゴォッ

ヒヒダルマ「ヒヒー!!」ブワッ
234 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 00:49:58.09 ID:cGFu0NzD0
ドドドドドドドドド

凛「くっ……」





凛「どうなったの……?」

ゴゴゴゴゴ

凛「!」

ジヘッド「ジヘ……」バタンキュー

凛「!」

ヒヒダルマ「ヒヒー」フワフワ
235 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 00:51:03.91 ID:cGFu0NzD0

茜「やりましたよヒヒダルマ! ナイスガッツです!!」

恵磨『ジヘッドダウーン!!』

ワァァァァァアアアア

恵磨『これで2対1ーー! 凛選手、後が無くなったぞー!!』

凛(まずい……2対1なのは問題じゃない。ヒヒダルマはもう弱り切って、パワーもがっくりと落ちてる)

凛(問題なのは茜の3匹目)

凛(ここで私が最後のポケモンを出すと、もう交代はできない……けど茜は、私のポケモンを見てから『後出し』で最後のポケモンを選べる)

凛(こっちの出方次第で、いくらでも手を変えることができるんだ)
236 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 00:51:45.01 ID:cGFu0NzD0
凛(それに対して私が出来るのは、現状を見つつ、茜の残りのポケモンに幅広く対処できるポケモンを選ぶこと……)

凛(……このフィールド条件、茜の他のポケモンを考えると……そして……)

凛「ドリュウズ!」

ドリュウズ「ドリュ!」ポンッ

恵磨『凛選手、3匹目はドリュウズ―!』
237 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 00:52:58.19 ID:cGFu0NzD0
凛「ドリュウズ、アイアンヘッド!」

ドリュウズ「ドリュ!」ドガ

ヒヒダルマ「ヒヒー」バタンキュー

恵磨『ここでヒヒダルマダウーン!』

ワァァァァァァァァ

瑞樹『1対1……互角に見えるけれど、茜選手はここでポケモンを選ぶ余地があるわ』

瑞樹『茜選手が依然有利だと言えるわね』

凛(そう、そしてここで茜が出すポケモンは……)

茜「ラスト一匹……燃えていきますよ、ゴウカザル!!」

凛(……やっぱり、ゴウカザル)

ゴウカザル「ゴウ!」ポンッ
238 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 00:55:14.04 ID:cGFu0NzD0
ゴウカザル ほのお/かくとう かえんポケモン 
頭で燃える炎のように激しい性格のポケモン
両手両足に炎を纏い、独特の格闘わざを用いて戦う
素早い動きで相手を翻弄する

ゴウカザル「ゴウ」シュタタン

ドリュウズ「ドリュウ……」ジリ

凛「……」

茜「……」

凛(相性で言えばお互いに弱点を突ける状態……)

凛(けどすばやさはゴウカザルの方が上……)

凛(……地面が荒らされて遮蔽物が多い……マグマで通れないところも多いけど)

凛(これを使わない手は無い……けどそれは茜も同じ。むしろ可動範囲ならゴウカザルの方が上……)
239 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 00:56:16.10 ID:cGFu0NzD0
凛(すぐにでも攻撃を仕掛けたいところだけど、慎重に、けれど迅速に動きを読んで、対応するしかない……集中しなきゃ……)

凛(あとは、アレの使いどころ……)

凛「ドリュウズ、まずはあいての出方を窺うよ」

凛「……」ゴクリ

茜「じゃあ、こっちから行っちゃいますよ! ゴウカザル、インファイト!」

ゴウカザル「ゴウ!」シュバッ

凛「!」

ドリュウズ「!」サッ

凛「よし、かわし……」

ゴウカザル「ゴウ!」シュタ

凛「!」

ゴウカザル「ゴウ!」ブン

ドリュウズ「ドリュ!?」ガッ

恵磨『おおっとゴウカザル、インファイトを躱されるもしなやかな動きで切り替えし、一撃を加えたぞー!!』
240 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 00:57:17.42 ID:cGFu0NzD0
凛「大丈夫、ドリュウズ!?」

ドリュウズ「ドリュ……」ザッ

ゴウカザル「ゴウ」

茜「その調子です! ガンガン行きますよ! だいもんじ!」

ゴウカザル「ゴォォ!」ボォォォ

凛「かわして、ドリュウズ!」

ドリュウズ「ドリュウ!」

241 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 00:59:43.18 ID:cGFu0NzD0
未央「……」

卯月「凛ちゃん……」

幸子「大丈夫でしょうか……」

美玲「そこだッ……いけっ、いけっ」

晶葉「ふむ……」



ドリュウズ「ドリュッ……」サッ

ゴウカザル「ゴウ……」ドドド

恵磨『ドリュウズ、ゴウカザルの怒涛の攻撃を紙一重で躱し続ける―!』
242 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 01:00:27.34 ID:cGFu0NzD0
瑞樹『けれど……足場の条件もあってドリュウズはどんどん追い詰められていっているわ』

凛「……く」

凛(……ゴウカザル……)

凛(ヒヒダルマみたいにバカみたいなパワーでガンガン押すわけでも、卯月のバシャーモみたいにスピードとパワーで直線的に攻めるわけでもない)

凛(2体には劣るけど高いパワー、なによりその素早さと何でもこなす器用さ・柔軟さでの変則的な攻めが厄介だ)

凛(もう後がない……打って出ないと……負ける!)

凛(……)

凛「ドリュウズ!」
243 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 01:01:44.03 ID:cGFu0NzD0
ドリュウズ「ドリュ!」ピク

茜「おっと、させませんよ! くさむすび!」

ゴウカザル「ゴウ!」シュルル

ドリュウズ「ドリュ!?」シュル

凛「くさむすびまで……っ!?」

凛「ゴメン、ドリュウズ……いわなだれ!」

茜「!?」

ドリュウズ「ドリュ!?……ドリュ!」ガラガラガラ

ガラガラガラ

恵磨『おおっと……!?ドリュウズ、いわなだれで自分ごとゴウカザルを攻撃ー!!』
244 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 01:03:11.24 ID:cGFu0NzD0
茜「ゴウカザル! 大丈夫ですか―!?」

ボッ

ゴウカザル「ゴウ!」ザッ

茜「気を付けてください、瓦礫の中からいつ飛び出してくるか分かりません!!」

ゴウカザル「ゴウ」

凛「……」

凛「ドリュウズ! ドリルライナー!」

ボコ

ゴウカザル「?」

茜「えっ!?」
245 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 01:04:32.72 ID:cGFu0NzD0
ドリュウズ「ドリュゥゥ!」ドガッ

ゴウカザル「カッ……!?」

恵磨『な、なんと、ドリュウズ、ゴウカザルの足元から飛び出してきた―!』

恵磨『周囲にはヒードランが発生させたマグマが流れ、土の温度もかなり高かったはず、にも関わらず土中を掘り進んだというのかー!!』

凛「……このために持たせたんじゃなかったけど……まぁ、結果オーライかな」

ドリュウズ「ドリュ」カリ

瑞樹『あれは……オッカのみね!?』

茜「ほのおタイプの威力を半減する木の実……!」

凛「それでも少なくないダメージを受ける事になって……ごめんね、ドリュウズ」

凛「でも、これで決められる……! 必殺の一撃!」
246 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 01:05:20.01 ID:cGFu0NzD0



凛「じわれ!!!」




ドリュウズ「ドリュウウウウウウウウ!!」ゴォォォォ



247 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 01:07:16.21 ID:cGFu0NzD0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ゴウカザル「ゴウ……ッ」

バカッ

茜「なっ……ゴ、ゴウカザル―!!」



…………
248 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 01:08:40.68 ID:cGFu0NzD0
恵磨『ゴウカザル、戦闘不能……よって勝者はぁ……凛選手だァー!!』

ワァァァァァァアアアアアアアア

卯月「やったー!」

未央「しぶりーん!!」

晶葉「まったく冷や冷やさせてくれるな……だが、見事な勝利だ」

志希「ふぅ〜ん、にゃるほどにゃるほど……」

輝子「す、凄かった……な……」

幸子「えぇ、凄い戦いでしたね……」

美玲「あぁ、やっぱりポケモンリーグってすごいんだな」

乃々「これが、ポケモンリーグ……ポケモンバトル……」
249 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 01:09:56.86 ID:cGFu0NzD0
凛「ふぅ……危なかった、本当に」

凛「ゴメンね、無茶をさせて……後はゆっくり休んで」

ドリュウズ「ドリュ!」グッ

茜「完敗です! 凛ちゃん!」

凛「茜」

茜「私、ほのおタイプのポケモン使いですから、相手がオッカのみを使ってくることは予測できていたんです! でも、あんな風に使うなんて、予測できませんでした!!」

凛「まぁ、私も咄嗟に思いついただけなんだけどね……もう少し遅れていたら、私の負けだったところだよ」
250 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 01:11:19.97 ID:cGFu0NzD0
茜「私、この大会が初参加で……もう負けちゃいましたが、後悔してません!!」

茜「だって凛ちゃんや、他にもいっぱいに凄いトレーナーがいるって、実感できたんです!! 悔しいのは確かですけど、それ以上に新しい目標が出来て嬉しいんです!!」

茜「また1から出直しですね! 凛ちゃんは、3回戦、頑張ってくださいね! 応援してますから!」

凛「ありがとう、茜。またバトルしようね」

茜「はい!!」

251 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 01:14:07.32 ID:cGFu0NzD0
凛「……」フゥ

奈緒「お疲れ、凛」

凛「奈緒。そっか、次の試合は奈緒だっけ」

奈緒「あぁ、凛と当たるとしたら準決勝だな。ま、見てなよ! 凛に続いてあたしも勝って見せるからさ」

凛「ふふ……頑張ってね」

奈緒「おう!」
252 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/10/29(水) 01:20:52.30 ID:cGFu0NzD0
多少強引な展開は大目に見てほしいのです
というわけで今回はここまで

次回はなるべく早くに投下できるように努めます
では、読んでくださった方、ありがとうございました
253 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/29(水) 09:49:24.57 ID:TbhBsYG4O
豚・軍鶏「猿は我らの中でも(耐久的な意味で)最弱勝ったと思うのはまだ早い」
254 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage ]:2014/10/29(水) 12:29:12.91 ID:sauk3u7NO
上から殴られるお前らの方が耐久的には不安定だろ(特に豚)。
そして次の相手は前チャンピオン、とときん。タイプ統一なのかそれとも違うのか。
255 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/29(水) 14:26:24.69 ID:Ddw3qH8/o
>>253
糞鳥「どれも大差無いじゃん」
256 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/29(水) 23:35:18.31 ID:hfZJr9fX0
おつおつ
奈緒がすごいフラグを立てているがきにしないぞ!
11月は3周年に新作ポケモン発売と盛りだくさんで投稿大変かもだけどいつまでも待ちます
257 :</b> ◇.2RVExwkajVj<b> [saga]:2014/11/17(月) 23:41:13.85 ID:Daukq3MX0
相変わらずの超スローペース。申し訳ない
もうすぐORAS発売だし、それでポケモン熱が再燃すると思うので、もっと早く書けるようガンバリマス
年内に終わるのか怪しいというかほぼ不可能そうですけど……

では短いですが投下していきます
258 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/17(月) 23:45:14.69 ID:Daukq3MX0
未央「お疲れーしぶりん!」

卯月「おめでとう、凛ちゃん!」

凛「ありがとう、未央、卯月」

凛「流石に強敵だったよ……どっちが勝ってもおかしくなかった」

晶葉「これであと2回勝てば優勝、蘭子と戦えるというわけだ」

未央「おっと、このちゃんみおの事を忘れてもらっちゃあ困りますな!」

未央「しぶりんを倒して優勝するのはこの私だよ!」
259 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/17(月) 23:46:06.06 ID:Daukq3MX0
凛「その前に未央は2回戦でしょ。ちゃんと対策は出来てるの?」

未央「もっちろん! このちゃんみお、相手の事は精緻に探りですね……」

凛「それで、奈緒はどうなってる?」

卯月「うん、結構押してるっぽいよ」

凛「へー、ほんとだ。この分じゃ大丈夫っぽいかな」

未央「あっれぇ」
260 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/17(月) 23:51:39.69 ID:Daukq3MX0
奈緒「……とどめだ、シャンデラ!」

シャンデラ「デラ〜」ゴォッ

奈緒「いっけぇぇぇぇ!!」

恵磨『決まったァーーー!』

恵磨『2回戦第3試合、勝利したのは、奈緒選手だー!!』

奈緒「ふぅ……よしっ」


凛「勝ったね」

卯月「次は……えっと」

未央「きらりんだねー!」
261 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/17(月) 23:53:53.59 ID:Daukq3MX0
凛「……まぁ、これも大丈夫でしょ」

卯月「きらりちゃんのポケモン、予選でもすごく目立ってたもんねー」

凛「まぁ……ホエルオーは流石にインパクトあるよね……」

未央「ある意味じゃあんちゃんのフリーザー以上に注目浴びたんじゃないかなー」

凛「目に入れるなって方が無理な話だしね」



きらり「ホエルオーちゃーん☆ とびはねる!」

ホエルオー「ホエエエエエ」ドドドドドドドドドド

瑞樹『こっ……これは……』
262 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/17(月) 23:54:34.44 ID:Daukq3MX0
恵磨『迫力すっげえええええええええッ!!』

未央「うわぁぁこっちまで地響きが伝わって来てるよ!」

卯月「す、凄い迫力……!」

輝子「ポ、ポケモンってあんなのも、いるのか……!?」

乃々「わ、私達のポケモンの、何倍、いや何十倍もありそうなんですけど……」

晶葉「いやまぁ……確かにホエルオーはポケモンの中でも最大クラスの大きさを誇るが……」

志希「あれはその中でも格別だねー。まっさに規格外中の規格外!」

未央「しかもホエルオーってみずタイプでしょ?あのサイズのポケモンがハイドロポンプでも撃ったらとんでもないことになりそうじゃない?」
263 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/17(月) 23:56:25.72 ID:Daukq3MX0
凛「……さすがにきらりもその辺は弁えてると思うけど……」

卯月「スタジアム自体がかなり広いけど、小さいところとかどうしてるんだろうね……」

未央「確かに―! ちょっと謎だね」


恵磨『勝者ー、きらり選手ーーー!!』

ワァァァァァァァァ

きらり「おっすおっすばっちし☆ ホエルオーちゃん、頑張ったにぃ!」

ホエルオー「ホエー☆」

瑞樹『これで2回戦1日目は終了……後半は明日の開催ね』

恵磨『そして1日開いた後に準決勝、翌日に決勝というスケジュールですね!!』

瑞樹『最強のポケモントレーナーが決する日も近いわ……それでは、また明日。解説の瑞樹と』

恵磨『実況の恵磨でしたー!!』

ワァァァァアアアアア
264 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/17(月) 23:58:20.21 ID:Daukq3MX0
未央「さぁて、しぶりんもなおっちもきらりんも順調に勝ち進んで、次は私の番だねー」

凛「そういえば、次の未央の相手はどんなトレーナーなの?」

未央「えっ、さっきはスルーしたのに今聞くの?」

未央「えーっとね、相手も大会初出場みたい」

未央「櫂って人で……見た感じ、みずタイプポケモンの使い手みたいだね」

卯月「みずタイプかー……でも、みずタイプだとあんまり陸上フィールドを俊敏に動けなさそうだけど……」

凛「そうとも限らないよ。みずタイプの中にも、陸上での戦いが得意なポケモンはたくさんいる」

卯月「そっか、そうだよね……私のマリルリや凛ちゃんのゲッコウガも陸上が得意なポケモンだし……」

未央「むしろ、厄介なのは……」

凛「……」
265 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/18(火) 00:01:16.37 ID:V/yFP/7G0


凛「さて、と」

凛「……私の次の試合まではまだ時間があるけど」

凛(次の相手は……四天王最強、前チャンピオン、愛梨……)

凛(はっきり言って、強敵、強敵過ぎる)

凛(蘭子とのあの試合……何度も見たから、分かる)

凛(蘭子に負けこそはしたけど、あの試合はどっちに転んでもおかしくはなかった)

凛(トレーナーとしての実力も、経験も、ポケモンの練度も……私より上だ)

凛(そして、蘭子へのリベンジのために、前よりもっともっと強くなってるはず)

凛(ここからは6対6のフルバトル……ポケモンを出す順番、もちもの、わざ……そして私、トレーナーの力量がより一層要求される)

凛(相手のポケモン……そこから予想される戦術、展開。それらを予想して、もう一度私のポケモン達も見直す)

凛(…………)
266 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/18(火) 00:04:08.63 ID:V/yFP/7G0
翌日

恵磨『さーーーーあ、さぁさぁ始まります、ポケモンリーグアイマス大会第2回戦後半!本日も実況はこの恵磨と!!』

瑞樹『解説の瑞樹でお送りするわ』

恵磨『それじゃあ早速ー!! 試合開始だー!! 2回戦後半!』

のあ「いくわよ……カイリュー!」

カイリュー「カイ、リュー!」ゴォ

杏「フリーザー」

フリーザー「フリー」コォォォォ



凛「ふわぁ……」フワー

こずえ「ふわぁ……」フワー
267 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/18(火) 00:06:02.29 ID:V/yFP/7G0
卯月「凛ちゃん、寝不足?」

凛「相手の分析をしてたら、ずいぶん遅くなっちゃったみたいでさ……」

乃々「というか、また増えてません……?」

茜「ボンバー!!」

文香「あの、お邪魔でしたでしょうか……?」

乃々「いや、そういうわけでは……」

志希「まぁまぁ、にぎやかな方が楽しいでしょー! んー、何だか不思議な匂いだね」ハスハス

こずえ「ー……?」

晶葉「見境なしか」
268 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/18(火) 00:07:31.26 ID:V/yFP/7G0
凛「けどやっぱり、あの2人は別格だね」

卯月「うん……他の選手たちもみんなとても強いのに、それをあっさりと……」

輝子「……あ」

美玲「あッ、出てきたぞ!」



恵磨『さぁー、続いてはー!』

未央「……」

恵磨『未央選手とー!』

櫂「……」

恵磨『櫂選手の登場だー!!』
269 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/18(火) 00:11:26.01 ID:V/yFP/7G0
ワァァァァアアアアア

瑞樹『と……いうか、あの恰好……まっ、まさか!』

未央「み、水着……!?」

恵磨『な、なんと櫂選手、競泳水着での登場だー!!』

櫂「あたしはみずタイプ使いのトレーナーであると同時に、水泳選手でもあるんだ! いわば勝負服ってヤツかな!」

ワァァアァァァアアア

未央(何という圧倒的個性……勝てるのか私は!?)

270 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/18(火) 00:17:30.99 ID:V/yFP/7G0
モブ戦は徹底的にカットしていきます
それ以外のキャラ同士はカット控えめでガンバリマス

2週間以上空けてこれだけとはよく考えたら短すぎですが、ここまで
次回はなるべく早くできたらなーと思います
271 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/18(火) 00:37:50.54 ID:nj2h5wfDO
遠坂凛じゃねえのかよがっかりだわ
272 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/18(火) 01:24:59.58 ID:18Y3iGIio
おつ
逆に櫂くんここまでの試合は水着じゃなかったのか…どんなポケモン使ってくるのか楽しみ

もうすぐORAS出るし重荷にならん程度に頑張ってほしい
273 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage ]:2014/11/19(水) 21:31:48.47 ID:fn28S0WLO
水は選手層多いからなあ。しかも素早さ低いやつでもスピード自慢するから余計分からん。まあちゃんみおにとって一番キツイのは夢ゲッコウガだろうが。
274 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/25(火) 21:09:43.15 ID:9c15ZRB20
遂に発売されましたね、ORAS
GBAで初めて買ったソフトがルビーだったので、当時のことを色々と思いだして大変楽しめました
僕は今現在レックウザの厳選でヒィヒィ言ってるところです

それでは投下していきます

275 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/25(火) 21:11:21.16 ID:9c15ZRB20
櫂「さぁ、行くよ! ニョロトノ!」

ニョロトノ「ニョロ!」ポンッ

ニョロトノ みず かえるポケモン
頭の巻き毛は王者の印。ニョロトノをリーダーに群れが出来る
鳴き声が響くと周りからニョロモやニョロゾたちが集まってくる
ニョロトノが3匹集まると合唱が始まる

ポツ ポツ

未央「……!」

恵磨『おや、急に雲行きが……』

瑞樹『ニョロトモのとくせい……あめふらし、ね』

ザー
276 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/25(火) 21:12:11.84 ID:9c15ZRB20
未央「やっぱり、雨を降らせてきたね……! エレザード!」

エレザード「エレ!」ポンッ

未央「その雨、利用させてもらうよっ かみなり!!」

エレザード「エレ!!」ゴゴゴゴ

恵磨『おーっとエレザード、早速仕掛けたぞー!』

未央「天気が雨なら、かみなりは……必ず相手に落とせる!」

櫂「戻って、ニョロトノ!」

櫂「頼むよ、ガマゲロゲ!」

ガマゲロゲ「ガマ」ポンッ

ガマゲロゲ みず/じめん しんどうポケモン
頭のこぶを振動させてパンチの威力を増大させる
こぶからは毒性の粘液を発射することもできる

ガマゲロゲ「〜♪」ケロッ
277 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/25(火) 21:13:17.19 ID:9c15ZRB20
恵磨『おっと櫂選手、すかさずポケモンを交換、じめんタイプでかみなりを無効化したぞ!!』

櫂「当然、その手は読めてたよ!」

櫂「ガマゲロゲ、じしん!」

ガマゲロゲ「ガマ!」ズズズズ

エレザード「エレ!」バッ

櫂「そこだ! ハイドロポンプ!」

ガマゲロゲ「ゲロゲ!」ブオオオオオ

エレザード「エレッ……」ドドド

未央「エレザード!」

エレザード「エレ!」ザッ

恵磨『櫂選手、エレザードが上へ回避したところを狙い撃ち!! 上手い!』

瑞樹『流れるような攻撃……みずタイプの使い手ということだけど、でんきタイプ対策はばっちりなのね』
278 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/25(火) 21:13:53.52 ID:9c15ZRB20
未央「っなら、くさむすび!」

ガマゲロゲ「ゲロッ!?」シュルル

未央「よしっ、そのままあくのはどう!」

エレザード「エレ!」ブワッ

櫂「ガマゲロゲ、脱出を……!」

ガマゲロゲ「ゲロッ……」グッ

櫂「くっ」

ドドドドド

未央「よーし、いいぞ!」

未央「一旦戻って、エレザード!」

未央「お願い、ジュカイン!」ポンッ

ジュカイン「ジュカ」ザッ
279 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/25(火) 21:14:55.79 ID:9c15ZRB20
恵磨『ここで未央選手、一旦交換のようです』

瑞樹『みず・じめんガマゲロゲに対し、くさタイプのジュカイン……ガンガン弱点をついて行くつもりのようね』

櫂「くさタイプだって当然対策済みだよ! ガマゲロゲ!」

ガマゲロゲ「ガマ!」スイ

未央「はやっ……」

櫂「れいとうパンチ!」

ガマゲロゲ「ゲロゲ!」パキパキ
280 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/25(火) 21:15:39.09 ID:9c15ZRB20
ジュカイン「ジュカ!」パキパキ

未央「リーフブレード!」

ジュカイン「ジュ……カ!」ズバ

ガマゲロゲ「ゲロゲ―!」サッ

未央「アレ!?」

櫂「へへっ……想像以上の素早さでしょ!」

瑞樹『すいすい……雨天時にスピードが倍になるとくせいね』

未央「倍になるって分かってはいても……実際に目にするととんでもない素早さだね」

櫂「さすがのジュカインでも、この素早さ……」



未央「……それはどうかな?」
281 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/25(火) 21:16:42.40 ID:9c15ZRB20
櫂「!?」

未央「行くよ、ジュカイン! もう一回リーフブレード!」

ジュカイン「ジュカ!」ヒュッ

櫂「え」

ガマゲロゲ「ゲロ?」

恵磨『はっ』

瑞樹『これは……』

ジュカイン「ジュカ」ザッ

ガマゲロゲ「ゲ……ロ?」
282 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/25(火) 21:21:39.41 ID:9c15ZRB20
ガマゲロゲ「ゲロゲ〜〜〜!?」ズババババ

恵磨『なっ……どういうことだー!? ジュカイン、とくせい発動中のガマゲロゲをあっという間に切り刻んで……』

櫂「そんな……いくらジュカインでも、今のガマゲロゲ以上のスピードは……」

未央「もちろん! 素のスピードじゃ敵わないよ! でも……」

瑞樹『なるほど! ジュカインの持っている道具……あれはこだわりスカーフね!』

ジュカイン「ジュカ」

櫂「こだわりスカーフだって!? ジュカインに……!?」

未央「えへへへ、ビックリしたでしょ!」

瑞樹『こだわりスカーフはもたせたポケモンの素早さを1.5倍にアップさせる道具……』
283 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/25(火) 21:22:40.81 ID:9c15ZRB20
瑞樹『けれどこの道具はジュカインのようなもともと高い素早さをもつポケモンに持たせるということはあまりしない……』

瑞樹『どちらかというと、素早さが高いというには一歩及ばない、そんなポケモンに持たせるのがセオリー!』

瑞樹『そのセオリーを破ってくるとは……私も思わず驚いてしまったわ』

未央「同じ技しか出せなくなるのが難点だけどね……」

未央「バトルライブでゲットしたポイントで買っといて良かったよ」

未央「さぁ! 次のポケモンを出してよ!」

櫂「へへ……今のは1枚とられたよ……けど、まだまだこれから!」

櫂「行けっ、キングドラ!」ポンッ

キングドラ「グドラー」
284 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/25(火) 21:24:01.62 ID:9c15ZRB20
キングドラ みず/ドラゴン ドラゴンポケモン
普段は海底の洞窟で身を潜め眠っている
眠りながら力を蓄えており、あくびをしただけで海流が乱れるほど
台風が訪れる時に目を覚まし、渦潮を引き起こしながら獲物を探しに行く

未央「こいつも……すいすい!」

櫂「その通り! そして素早さはガマゲロゲ以上だ!」

未央「……!」

櫂「それだけじゃない、キングドラ、りゅうのまい!」

キングドラ「グド!」キィィン

櫂「りゅうのはどう!」
285 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/25(火) 21:24:59.50 ID:9c15ZRB20
キングドラ「グドラ―!」ゴォォォ

ゴォォォォォォォ

未央「!?」

ジュカイン「カッ……!?」ドドド

ジュカイン「ジュカ……」ザザ

櫂「本当はこうげきも上がるんだけど……今回は素早さを上げるためだけに搭載したんだ」

櫂「こっちはこっちでオーバー気味だけどね……正解だったよ」

未央「……!」

ザーーーーー

櫂「さぁ、まだまだ雨は続くよ!」

キングドラ「グドラー!」ヒュン
286 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/11/25(火) 21:32:24.55 ID:9c15ZRB20
スレに投下してみるとほんとに短いですね……
短いですが今回はここまで。次回はできるだけ早くにできるようにします

モバマスの方でボイス選挙なるものが始まったそうなので、宣伝させていただきます
喜多見柚ちゃんに是非1票よろしくお願いします

それでは読んでくださった方、ありがとうございました
287 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage ]:2014/11/25(火) 21:42:00.39 ID:RFZHuLsrO
乙。一気に3匹だしてきたか。しかしちゃんみおのエレザード、乾燥肌じゃないのか。
288 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/25(火) 21:44:52.06 ID:u0sARPLLo
おつー
ちゃんみおの性格、ってかタイプ?的にはサンパワーの方が合ってそうな感じ
289 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/12/13(土) 23:40:56.75 ID:MZ2mk/eC0
今期アニメも終わりに近づいて行く中、まだまだ終わりが見えそうにありません
またまた2週間以上もあけてしまいました。申し訳ない
終わらせますよ。終わらせます。目標はモバマスアニメが終了するまでです。気長にお付き合いください

それでは投下していきます


290 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/12/13(土) 23:41:49.98 ID:MZ2mk/eC0
キングドラ「グドラー!」ビュン

未央「はっやいなぁ、もう!」

未央(まさかジュカイン以上のスピードなんて……)

未央(……けど、この雨もずっと続くわけじゃない。そう長くは降り続けないはず)

未央(キングドラにリーフブレードはそこそこ効くはず……このまま押してもいいけど)

ジュカイン「ジュカ!」ブン

キングドラ「グドラー」スイー

未央「当たらないよねぇ……」

未央「しょうがない、戻って、ジュカイン!」

未央「エレザード!」

エレザード「エレ!」ポン
291 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/12/13(土) 23:43:11.72 ID:MZ2mk/eC0
恵磨『ここで未央選手、エレザードにチェンジだ!』

瑞樹『無効化されるガマゲロゲも倒したし、かみなりでの攻撃を狙うようね……』

未央「いくよ、かみなり!」

エレザード「ザー!」バリバリバリ

櫂「キングドラ! かわせないなら……ハイドロポンプ!」

キングドラ「グドラー」ブオオオ

バリバリバリ

キングドラ「グド……!」

櫂「流石に完全に打ち消すのは無理か……!」

未央「よし……当たるし効いてる!」
292 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/12/13(土) 23:44:03.80 ID:MZ2mk/eC0
櫂「……っ、なら、こっちも押し切るまで! りゅうのはどう!」

キングドラ「グドラー!!」ゴォォォォ

ヒュン

エレザード「エレ……!」ゴゴゴ

未央「くっ……」

恵磨『お互い一歩も引かない熱い戦いだー!!』

櫂「もうすぐ雨が上がる……」

未央「その前に……!」

櫂「りゅうのはどう!」

未央「かみなり!」

エレザード「ザー!」バリバリ

キングドラ「グドラー!」ボオオオオ
293 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/12/13(土) 23:45:14.95 ID:MZ2mk/eC0
未央「……!」

櫂「……!」

キングドラ「グド……」ヨロ

エレザード「ザー……」バタンキュー

恵磨『あーっと、ここでエレザードダウンー!!』

瑞樹『キングドラは何とか持ち堪えたわね……』

瑞樹『とはいえ……』

ポツ……

櫂「雨が……」

未央「上がったね……! これでキングドラ無双タイムはお終いだよ!」

未央「これからは……私のターン!」
294 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/12/13(土) 23:47:56.53 ID:MZ2mk/eC0
未央「ジュカイン!」

ジュカイン「ジュカ!」ポンッ

櫂「そうはいかないよ! ニョロトノ!」

ニョロトノ「トノ!」ポンッ

ザー……

未央「また雨……!」

櫂「これでキングドラはまた暴れられる! まだまだ私達のターンだ!」

恵磨『ニョロトノの出現により、再び雨が降り始めた―!』

未央「これ以上雨を長引かせるわけにはいかない……ニョロトノはここで倒す!」
295 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/12/13(土) 23:49:35.14 ID:MZ2mk/eC0
未央「戻って、ジュカイン!」

未央「行くよ、ボーマンダ!」

ポンッ

ボーマンダ「ボー!」

恵磨『未央選手、3体目はボーマンダー!!』

未央「私のもう一体の切り札、いくよ!」

未央「かみなりのキバ!」

ボーマンダ「ボォ!」バチバチ

ニョロトノ「ニョロ!」

櫂「っ、速い……ニョロトノ、まもる!」
296 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/12/13(土) 23:50:59.11 ID:MZ2mk/eC0
ニョロトノ「トニョーロ!」ガガ

ボーマンダ「ボー……!」バチバチ

櫂「れいとうビーム!」

ニョロトノ「トノー!」ビビビ

未央「やば……躱して!」

ボーマンダ「ボー……ッ」バキ

瑞樹『かすった……!』

ボーマンダ「ボー……」ズズンッ

櫂「これで翼は封じたよ!」
297 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/12/13(土) 23:52:26.83 ID:MZ2mk/eC0
未央「翼が使えなくたって、ボーマンダは戦える!」

未央「りゅうのはどう!」

ボーマンダ「ボォォォォ!」ボボボ

ニョロトノ「ニョッ……!」ドドドド

恵磨『ニョロトノ、りゅうのはどうをモロに喰らったー!!』

ニョロトノ「ニョロ〜」バタンキュー

櫂「ごめん、ニョロトノ……そして、ありがとう」

櫂「ニョロトノが作ってくれたチャンスだ、キングドラ、行くよ!」

キングドラ「グド!!」ポンッ

櫂「厄介な空中でのボーマンダの機動力は封じた! 雨の降るこの状況、キングドラの素早さはボーマンダよりも上!」

櫂「ドラゴンタイプ同士の対決では、素早い方が圧倒的に有利……!」

未央「……」
298 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/12/13(土) 23:54:24.02 ID:MZ2mk/eC0
櫂「れいとうビーム!」

キングドラ「グドラァァァ!」ビビビビビビ

未央「……このわざはとっておきだったんだけど……しぶりんも使ってたし、まぁいいかな!」

未央「ボーマンダ!」

ボーマンダ「……!!」

未央「りゅうせいぐん!」

ボーマンダ「ボォォォ!」ゴォッ

櫂「!?」

ヒュー…… ヒュー……

未央「いけっ、りゅーせー!」
299 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/12/14(日) 00:00:42.79 ID:uBysLVdI0
ドドドドドドドドド

キングドラ「グドッ……!」ドドドド

ボーマンダ「ボー……!」パキパキパキ

ドドド……

恵磨『こっ、これは……昨日に続き、またしても会場に流星が降り注ぐ!!』

瑞樹『やはり、凄まじい威力のわざね……!』


こずえ「わぁー……おほしさま、ぴかぴかー……」

凛「……」

凛(私のジヘッド以上のパワー……安定性もある。完成度は未央のボーマンダの方が高い……か)

凛(けど、ジヘッドはまだまだ成長段階……進化すれば、あるいは……)
300 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/12/14(日) 00:02:36.54 ID:uBysLVdI0
ドドド……

櫂「くっ……」

未央「けほっ、ちょ、ちょっとやりすぎたかな……?」

櫂「!」

キングドラ「グドー……」バタンキュー

ボーマンダ「ボー……」バタンキュー

恵磨『キングドラ、ボーマンダ、ダブルノックダウーン!』

瑞樹『未央選手はまだジュカインが残っている……つまり』

恵磨『勝者、未央選手―!』

ワァァァッァァァァァァァア

未央「やったー! ボーマンダ、ありがとうっ!」
301 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/12/14(日) 00:03:34.73 ID:uBysLVdI0
櫂「あたし達の負け、かー」フゥ

未央「へへっ、今回はうまく作戦が回ったよ!」

櫂「さすがにジュカインのスカーフは読めなかったな。いい勝負だったよ、ありがとう」

未央「そっちのキングドラも手強かったよ! 正直危なかったかな」

櫂「次は負けないよ! またバトルしよう!」

未央「もちろん! 今度も負けないよ!」

ガシッ

ワァァァァァァッァァァァ…………
302 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/12/14(日) 00:04:33.12 ID:uBysLVdI0
加蓮「サーナイト、ムーンフォース!」

サーナイト「サナー!」ビビビ

恵磨『決まったァァァ! 2回戦最終試合、勝ったのは加蓮選手!!』

ワァァァァァァァァァ

瑞樹『これで3回戦……準々決勝へと駒を進める8人が決まったわね』

恵磨『それでは、ここで対戦の組み合わせを見てみましょう!』

恵磨『瑞樹さん、どう思われますか?』

瑞樹『そうね……今大会、やはり初参加のルーキーが目立つわね』

恵磨『8人中3人ですからね』
303 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/12/14(日) 00:06:42.00 ID:uBysLVdI0
瑞樹『しかし残る3人はみな四天王。過去の大会で好成績を収めた強者たちよ』

瑞樹『彼女らを相手にどう立ち回るか……そこが見どころね』

恵磨『なるほど! 新世代のルーキーVS四天王! 新たな四天王の誕生も予感されますねー!!』

恵磨『さて、次回の試合、3回戦からは6VS6のフルバトル! 明後日の開催となります』

瑞樹『より深く、熱い戦いが期待できるわね……』

……



凛「…………」
304 : ◆.2RVExwkajVj [saga]:2014/12/14(日) 00:15:10.05 ID:uBysLVdI0
今回はここまで

未央のエレザードはサンパワーですね。最初はにほんばれで上書きさせようかと思ったんですがエレザードは覚えないんですね
乾燥肌ならもっと楽に勝てたんでしょうけど

ここから主要キャラ同士なので長くなりそうです
次回はバトルを挟まないつもりなので少し早く投下できそうです
読んでくださった方、ありがとうございました
305 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage ]:2014/12/14(日) 00:30:34.89 ID:/t9PO7lzO
乙。とりあえず未央は決勝まで行けそうだな。あそこで加蓮負けてたら流星が負けフラグになってたぞ。
しかしこれ、奈緒が負ける予感しかしねえ。このタイミングで炎持ちの奈緒が相手するとしたら、間違いなく奴がいるぞ・
306 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/12/14(日) 00:48:22.67 ID:6j5x3CD+o
乙です
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/11(日) 14:31:06.90 ID:kLi1X7Vdo
今回のロワ、メダル枠が柚だね
月並みだが頑張れ
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/30(金) 11:53:12.94 ID:skE3r/+io
まだっすかね?
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/06(金) 21:58:21.63 ID:fgRK2bADO
あと1週間で…

まじかぁ
127.27 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)