このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

兵藤レナ「ルーム」相馬夏海「シェア」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/13(火) 23:03:52.53 ID:iKGsK7TSo
モバマスお姉様勢のSS

だーちゃんSS書いてたらすっかり溜まったままでした

R-18&エロ初なので悪しからず

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421157832
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【モバマスSS】猫な雪美 @ 2019/02/22(金) 23:35:52.50 ID:U1aQCAbc0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550846151/

夢見りあむ「現地参戦!ただしVR!」砂塚あきら「踊るネット民」 @ 2019/02/22(金) 23:25:07.18 ID:+t41tDL80
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550845507/

【Fate】聖杯を勝ち取れ!【安価とコンマ】 @ 2019/02/22(金) 22:44:26.35 ID:ItIQN3FS0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550843066/

にゃんにゃんにゃん @ 2019/02/22(金) 22:22:23.26 ID:qJeYIrt/0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1550841742/

アーガ世界【安価・コンマ有り】 @ 2019/02/22(金) 21:44:17.91 ID:S76C2ZbiO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550839457/

不死講 @ 2019/02/22(金) 19:53:22.66 ID:Q3Zc+mWd0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550832802/

C.C.「トイレ」スッ @ 2019/02/22(金) 13:19:14.82 ID:qpdJnwZRO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550809154/

みくにゃんのうた @ 2019/02/22(金) 08:31:42.25 ID:FiqVWAaI0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550791901/

2 :1 :2015/01/13(火) 23:04:28.45 ID:iKGsK7TSo
兵藤&相馬P「うーん....」

千川ちひろ「プロデューサーさん、何頭抱えてるんですか?」

P「そのですね、今借りてるアパートが建て替えするんで引っ越さなきゃいけないんですよ」

ちひろ「そうなんですか」

P「えぇ、それで次の物件探してるんですけど、どうしても事務所から近いとこがなくてですね」

ちひろ「そういえば今のところは事務所から数駅ですもんね」

P「そうなんですよ それに慣れちゃったんで今更遠くってのも」
3 :1 :2015/01/13(火) 23:04:55.18 ID:iKGsK7TSo
?「Pさんっ!」ムギュ

P「んぁ!?レナさん?!」

兵藤レナ「あーたりっ!流石はPさんね」

P「まずは離れてくださいよ ちひろさんがガン見してますよ?」

レナ「しょうがないわね 折角だから見せつけていいんだけど?」

P「冗談はよしてくださいよ」

レナ「んもー つれないわね」
4 :1 :2015/01/13(火) 23:05:22.90 ID:iKGsK7TSo
レナ「ところで、ちひろさんとなに話してたの?」

ちひろ「プロデューサーさんの引っ越しについてですよ」

レナ「あれ?Pさん引っ越しするの?」

P「えぇ、建て替えで」

レナ「それで?いいとこ見つかった?」

P「それが、事務所から近いとこが見つからなくて」
5 :1 :2015/01/13(火) 23:05:49.75 ID:iKGsK7TSo
レナ「確かにPさんの家この近くよね?」

P「えぇ、それで次も近くがいいんですけどね」

レナ「ふーん?……ねぇ、ちひろさん?Pさん貰っちゃっていい?」

P「ファッ?!」

レナ「なにそんなに驚いてるのよ 家に一部屋余ってるから貸してあげるって話しよ」
6 :1 :2015/01/13(火) 23:06:27.22 ID:iKGsK7TSo
ちひろ「あぁ、そういうことですか」

P「いやいや、いくらなんでもアイドルとプロデューサーが同居ってやばいじゃないですか!」

レナ「ちひろさん?Pさんが私の家に住めば、Pさんの住宅手当出さなくていいのよ?」

ちひろ「はっ! その手があったか! プロデューサー!住みましょう!今すぐ!」

P「え?そんなの有りですか!?ってか住宅手当ってなんですか、給与明細にも書いてありませんよ!?」

ちひろ「一万円です」

P「いやいやいや!今までもらってないですって!」
7 :1 :2015/01/13(火) 23:06:54.36 ID:iKGsK7TSo
ちひろ「レナさん、そこのうるさいプロデューサーさんはとっととお持ち帰りしてください」

レナ「ちひろさんがそう言うならありがたく貰ってくわ」

P「ちょっとレナさんも何言ってるんですか」

ちひろ「転居届は私が出しとくので、それじゃ市役所行ってきます」

P「そんなー」
8 :1 :2015/01/13(火) 23:17:46.24 ID:iKGsK7TSo
数週間後


レナ「これで引っ越し完了ね」

P「すいません、居候させてもらっておまけに引っ越しまで」

レナ「引っ越しって言っても随分と荷物少なかったじゃない」

P「元々少なかったんですけど、更に整理したんですよ」

レナ「そうなの?まぁ、生活道具ぐらいならうちのがあるから大丈夫よね」

P「すみません……」

レナ「もう、一緒に暮らすんだから謝るのは無しよ?」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/13(火) 23:28:57.20 ID:MQoJPQmnO
相馬夏美だ。間違えるなトーシロが
10 :1 :2015/01/14(水) 21:53:51.50 ID:x0dNI14Lo



P「あれ?レナさん、夕飯の準備ですか?」

レナ「ええ、そうよ、ちょっと待っててね」

P「なにか手伝いましょうか?」

レナ「そんな、私がやるからいいわよ」

P「一緒に暮らすんだからなんとやら、って言ったのはレナさんてすよ?」

レナ「Pさんも随分と言うわね それなら手伝ってちょうだい」

P「任せてください、これでも自炊はしてたんですから」

レナ「ホント?期待しちゃうわよ?」
11 :1 :2015/01/14(水) 21:54:21.46 ID:x0dNI14Lo
レナ「ホントに上手じゃない…」

P「昔、洋食屋でバイトもしてたんですよ」

レナ「私より上手いんじゃないの?」

P「そんなことないですよ、レナさんの作ったのみたいな大層なものは出来ないですよ」

レナ(食事で胃袋掴むつもりが、逆につかまれちゃうなんて)
12 :1 :2015/01/14(水) 21:55:08.63 ID:x0dNI14Lo
レナ「それじゃあ、いただきましょうか」

P「そうですね」

ガチャ

?「ただいまー レーナー 夕飯なにー?」

P「ん?って、夏美さんっ!?」

相馬夏美「え?!Pさんがなんでここにっ?!」
13 :1 :2015/01/14(水) 21:55:51.93 ID:x0dNI14Lo
夏美「で?」

P「レナさんは夏美さんと一緒に住んでて」

夏美「レナはPさんに部屋を貸す話をした時にその事を言わなかったと」

レナ「あれー?言わなかったけなぁー?」

夏美「なにバレバレのとぼけ方してるのよ」
14 :1 :2015/01/14(水) 21:56:31.88 ID:x0dNI14Lo
P「やっぱり部屋貸してもらうのマズいですよねぇ…」

夏美「ちょっとPさんっ Pさんが気にすることじゃないわよ」

レナ「そうよねー」

夏美「レナは黙ってて」

レナ「はーい」
15 :1 :2015/01/14(水) 21:58:00.73 ID:x0dNI14Lo
夏美「まぁ、レナの言うとおり部屋は余ってるし、今更同居人が一人増えたとこで問題はないし、Pさんさえ良ければ住んでも良いわよ」

P「ホントですか夏美さん ありがとうございます」

夏美「それに、レナの保護者が増えると思えは」

レナ「ちょっとー何よその言い方はー」
16 :1 :2015/01/14(水) 21:58:36.46 ID:x0dNI14Lo
-----

P「いいんですか?先にお風呂いただいても」

レナ「私達がいいって言ってるんだから遠慮しないでどうぞ」

P「そうですか?それじゃ頂いちゃいますね」

バタン
17 :1 :2015/01/14(水) 21:59:26.52 ID:x0dNI14Lo
夏美「で?レナ?一体どういうつもりなの?」

レナ「夏美だってPさんと一緒に暮らせて満更じゃないの?」

夏美「それは…そうだけど、それならレナだってPさんと二人の方がいいんじゃないの?」

レナ「だってここ夏美の名義で借りてるんだから、Pさんの希望の物件となるとここぐらいしかないわよ?」

レナ「それに、他の人と取り合いになるぐらいなら夏美と半分づつにした方が確実だし」
18 :1 :2015/01/14(水) 21:59:57.59 ID:x0dNI14Lo
夏美「ちょっとそれって!」

レナ「夏美が譲ってくれるなら手加減無しでPさんを狙ってもいいのよ?」

夏美「私だってPさんの事は正直好きよ?でもいくらなんでも二人でPさんをってのはダメじゃないの?」

レナ「そもそもアイドルとプロデューサーの恋愛がご法度なんだから、二人でシェアしたところでもうアウトなのは変わらないと思うけど?」
19 :1 :2015/01/14(水) 22:02:10.65 ID:x0dNI14Lo
レナ「まぁ、Pさん次第だけとね」

夏美「それはそうかもしれないけど」

レナ「だから、Pさんがその気になってくれるように二人で誘惑しちゃいましょ?」

夏美「誘惑って!///」

レナ「夏美もおこちゃまじゃないんだからわかるでしょ?そういうことよ」

夏美「///」

レナ「そうなったら早速作戦会議よっ」
20 :1 :2015/01/14(水) 22:03:31.41 ID:x0dNI14Lo
-----

Pの部屋

P「ふぅ…一時はどうなるかと思ったけど助かった」

P「でも、プロデューサーとアイドルが同居ってやばいよなぁ」

P「まぁ、ちひろさんが大丈夫って言うなら大丈夫なんだろうけど」

P「あと人裏でいろいろ根回ししてるって噂聞くし」
21 :1 :2015/01/14(水) 22:03:58.37 ID:x0dNI14Lo
ガチャ

レナ「ねぇPさん」

P「なんですかレn…ってうわぁ!?」

P(やべぇよネグリジェ?ってやつなの?スケスケだよ)

レナ「Pさんどうしたの?」

P「あ、いやぁその……その格好は?……」

レナ「普段からこれよ?どうしたの?」

レナ「それに夏美だって」

P「へ?」

夏美「…///」

P(Oh…///)

レナ「そんなことよりPさん 一杯飲みましょ?」
22 :1 :2015/01/14(水) 22:05:22.04 ID:x0dNI14Lo
P(どうしてこうなった)

P(ネグリジェの女性に挟まれてお酒飲むとか)

P(お母さんこれはなんの苦行ですか)

レナ「さぁPさんどうぞ」ムニュ

P(ムニュって!ムニュって!!)

夏美「っPさんっ」ムニュ

P(うぁああ!もうどうにでもなれって)
23 :1 :2015/01/14(水) 22:06:02.29 ID:x0dNI14Lo
-----

レナ「結局Pさん酔いつぶれちゃったわね」

夏美「なんかすごい勢いで飲んでたけど」

レナ「でも意識はしてたみたいよ?チラ見してたし」

夏美「もはやあれはガン見よ」
24 :1 :2015/01/14(水) 22:06:29.38 ID:x0dNI14Lo
-----

P(それから)

レナ「お風呂上がったわよー」

P「って下着っ!レナさん服着てください!」
25 :1 :2015/01/14(水) 22:07:48.14 ID:x0dNI14Lo
夏美「PっPさんっ」ムギュ

P(なんかホラー映画見てたら胸を当てられてるんですけど)
26 :1 :2015/01/14(水) 22:08:14.51 ID:x0dNI14Lo
P「最近二人ともスキンシップが過激すぎるよ…」

P「俺が男だってわかってんのかなぁ…」

P「今日は残業だから二人には会わないけど」

P「って何ホッとしてるんだよ…仕事仕事……」
27 :1 :2015/01/14(水) 22:09:44.13 ID:x0dNI14Lo
レナ(Pさん今日は残業なのね)

夏美(って何隠れてるのよ)

レナ(まぁまぁ、他のみんなも今日は帰ったみたいね)

夏美(さっき下でちひろさんに鍵渡されたし)

レナ(それなら作戦実行よ)

夏美(あっちょっと?何するつもりなの?)


P「ん?今誰かいたか?…気のせいか」
28 :1 :2015/01/14(水) 22:11:21.17 ID:x0dNI14Lo
更衣室

夏美「ってこれっ///」

レナ「あなたも着てたじゃない それ」

夏美「こんなのじゃなかったわよ」

レナ「それ特注で仕込んでもらったのよ」

夏美「ほんとにこれで行くの?」

レナ「夏美が行かないなら私だけで行くけど?」

夏美「もー……行くわよ」
29 :1 :2015/01/14(水) 22:36:57.95 ID:x0dNI14Lo
ガチャ

P「あれ?ちひろさん忘れ物ですか?っておわっ!」

P(目の前にいるのはレナさんと夏美さんの二人)

P(着てるのは二人が前に仕事で着たバニーの衣装だが……)

P(本来隠れてるはずの箇所の布が無い)
30 :1 :2015/01/14(水) 22:38:19.19 ID:x0dNI14Lo
レナ「ねぇPさんこれどう?特注で作ってもらったんだけど」

夏美「えぇと……どう?///」

P(やばいですって)

夏美「その…Pさん?///」

レナ「完全に固まってるわね」

P()チーン
31 :1 :2015/01/14(水) 22:38:45.98 ID:x0dNI14Lo
ムニュ

P(やべぇ柔らかい)

レナ「Pさんどうかしら?」

夏美「これでいいの?」

P(ってあれ?)

P(両脇から胸を顔を押し当ててきて…)

P(ってかおっぱいどころかポッチまで)

レナ「Pさんが反応してくれないから悪いのよ?」
32 :1 :2015/01/14(水) 22:39:15.66 ID:x0dNI14Lo
P「って二人とも!」

夏美「ひゃぁ?!Pさん」

P「どういうつもりですか最近っ!俺も男なんですから!あまりそういうことされると」

レナ「どうって…ねぇ?」

夏美「Pさんになら私…///」

レナ「…だそうよ?私も同じよ?」

P「だからって」

レナ「二人でPさんの事襲っちゃっても良いんだけど?」

夏美「Pさん…///」

プツン
33 :1 :2015/01/14(水) 22:41:48.35 ID:x0dNI14Lo
P「二人ともこっち!」

夏美「ってきゃあ!?」

レナ「ようやく反応してくれたわね」
34 :1 :2015/01/14(水) 22:42:41.41 ID:x0dNI14Lo
仮眠ベッド

モミモミモミ

レナ「んもうPさんったら」

P「レナさんにはこうですっ!」クニッ

レナ「あんっ」

P「こんな乳してっ」クニクニッ

レナ「だっダメっ」ビクンッ

P「夏美さんもですよ」グチュ

夏美「ちょっ!んんっ///」

P「こんなところまる出しにしてっ!」グチュグチュ

夏美「いっちゃうっ」ブシャッ
35 :1 :2015/01/14(水) 22:44:03.61 ID:x0dNI14Lo
P「さて、どっちから行きますか」

レナ「私よ私」

夏美「やだっ私からよ」

P「二人とも嫌らしく股開いて恥ずかしくないんですか」

夏美「恥ずかしいわよ」

レナ「でもそうしないとPさんしてくれないんでしょ?」
36 :1 :2015/01/14(水) 22:44:41.47 ID:x0dNI14Lo
P「そうですとも!」ズブッ

夏美「ああんっPさんのきたぁ!」

レナ「もう夏美ったらずるい」

レナ「それなら…」ペロッ

夏美「ちょっと!乳首っ」

レナ「早く私に変わってもらうんだから」

夏美「そんなのだめぇ!」

P「夏美さんは欲張りですね」ズブッズブッ

夏美「そうなのぉ!だからPさんもっとしてぇ!」

P「言われなくともっ」ズブッズブッパンパンッ
37 :1 :2015/01/14(水) 22:45:47.56 ID:x0dNI14Lo
レナ「ほらほら夏美、イッちゃいなさいよ」クリクリ

レナ「って!ひゃあっ!?」

P「レナさんも待ってる間暇でしょ?」パンパンックニクニッ

レナ「だからってそこはぁ」ビクンッ

P「ほら夏美さんもっ」

夏美「あんっほらレナもっ」クリクリ

レナ「もう!二人してぇ」ビクンッ
38 :1 :2015/01/14(水) 22:46:40.19 ID:x0dNI14Lo
P「ほら!夏美さんいきますよ!」パンパンパンッ

夏美「名前っ呼び捨てでいいからぁ!」ビクンッビクンッ

P「わかりましたよ イケっ!夏美イケっ!」パンパンッドピュッ

夏美「んんんっあぁぁっ!///」ビクビクビクッ
39 :1 :2015/01/14(水) 22:47:33.15 ID:x0dNI14Lo
P「はぁはぁはぁ……って、夏美さんすみません出しちゃって…」

夏美「いいのよPさん…それと名前、戻ってるわよ?……」

レナ「何冷静になっちゃってるのよ 次は私じゃないの?」

P「お望みならばっ」ズブッ

レナ「きたぁ!」
40 :1 :2015/01/14(水) 22:48:27.11 ID:x0dNI14Lo
P「レナも夏美もっ!こんないやらしい格好してっ」ズブズブッ

レナ「いいっ!いいわっ!」

P「夏美さんもっ!」クニッ

夏美「んひゃあ?!ダメぇ!」

P「ダメじゃないでしょ こんな綺麗に剃って」クニクニッ

夏美「ダメよっ汚いからっ」ビクンッ
41 :1 :2015/01/14(水) 22:49:08.36 ID:x0dNI14Lo
レナ「夏美だけじゃなくて私にもぉっ!」

P「まったくレナときたらっ!」パンパンッ

レナ「あぁ!いいわよっそこっ!」ビクンッ

P「ほらっもっと!」パンパンパンッ

レナ「Pさんっ!好きっ!大好きよっ!」

夏美「Pさんっ!私も大好きっ!」
42 :1 :2015/01/14(水) 22:49:51.66 ID:x0dNI14Lo
P「それじゃあ二人とも俺のものだっ!」パンパンパンックニクニッ

P「イケっ!二人ともイケっぇ!」パンパンッドピュッドピュッ

レナ「あああぁ!Pさんのが中にぃ!!」ブシャッビクビクビクッ

夏美「私もぉおお!」ブシャッ
43 :1 :2015/01/14(水) 22:50:18.53 ID:x0dNI14Lo
P(ズーン……)

レナ「あらら、Pさん」

夏美「まったくもう」

P「あぁ、もういくら勢いとはいえなんてことを……」

レナ「もうっ男ならしゃきっとしなさい」

夏美「そうよ、あんなことしといて」

P「だからって……」

夏美「これはPさんをもっと私達にメロメロにさせるしかないわね」

レナ「あら?夏美、乗り気じゃない」

夏美「ここまで来たら腹くくるしかないわよ」

レナ「それもそうね Pさん?」

P「はい?」

レナ・夏美「「帰ってつづきするわよ」」

P「えっ!ちょっ!」
44 :1 :2015/01/14(水) 22:50:49.56 ID:x0dNI14Lo
翌朝

ちひろ「おはようございますー」

ちひろ「ってあれ?仮眠室の電気がつけっぱ」

ちひろ「まったくもう勿体無い勿体無い」パチッ

ちひろ「昨日はPさんとレナさんと夏美さんが残ってたはず」

ちひろ「あとで電気代をPさんの給料から天引きしとかないと」
45 :1 :2015/01/14(水) 22:51:28.30 ID:x0dNI14Lo
篠原礼「おはようございます」

ちひろ「礼さんおはようございます」

礼「ちょっと着替えて来るわ」

ちひろ「はい」

ちひろ「あれ?Pさんからメール」カチャカチャ

ちひろ「「急にですが今日は休暇を取らせていただきます」って」

ちひろ「まぁ、担当のレナさんも夏美さんも今日はオフだからいいけど」
46 :1 :2015/01/14(水) 22:51:54.66 ID:x0dNI14Lo
ガチャ

礼「えぇと、ロッカーは」

礼「あら?何かしらこれ」ピラッ

礼「レナと夏美の衣装?……ってこれっ///」
47 :1 :2015/01/14(水) 22:55:06.52 ID:x0dNI14Lo
おわりです
15.39 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)