このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

佐久間まゆ「Pさんに構って貰いたいんですけど、どうしたら良いと思いますか?」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/01/31(土) 20:24:03.93 ID:QBSgRGq60
※キャラ崩壊

※人によっては、ちょっと胸糞





渋谷凛(※以下凛表記)「は?」

まゆ「Pさんに構って貰いたいんですけど……」

凛「いや、ちゃんと聞こえてたけどさ……何、どうしたの急に」

まゆ「ほら、最近忙しくなってきたじゃないですかぁ……」

凛「まあね」

まゆ「それで、まゆ達もお仕事に慣れてきて、Pさんは年少組の子達についたりして」

まゆ「まゆ達ぐらいの人には、あまり付いて来てくれなくなりましたよね?」

凛「まぁ、そうだね」

まゆ「あと凛ちゃんは、まゆがPさんの事をどう思ってるかも知ってますよね?」

凛「……うん、まぁ……ね」

凛「……それで何?寂しいからプロデューサーに構って貰いたいけど、どうしたら良いのかわからないって事?」

まゆ「はい、そうなんですよぉ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422703443
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

シャミ子「桃分が足りない…」 @ 2019/11/15(金) 11:06:57.30 ID:5WmJBcba0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573783617/

明くる日の魔法みたいなファンタジー @ 2019/11/14(木) 22:46:22.42 ID:xu+0eOEA0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573739182/

【イナイレ安価】あなた「俺がこの手で世界を変える」 @ 2019/11/14(木) 20:46:47.42 ID:bqsYrFhHO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573732007/

オリキャラとガルパンキャラでポケモン安価 @ 2019/11/14(木) 19:23:30.56 ID:H1Q4J2+V0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573727010/

【安価とコンマ】スーパーロボット大戦WS【スパロボ】 @ 2019/11/14(木) 10:24:04.13 ID:EA8KCjBr0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573694643/

輿水幸子「電気…」白坂小梅「あんま…」 @ 2019/11/14(木) 01:05:40.19 ID:ftC0TLhn0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573661139/

🐲… 🤫しっ……3日に1度しか現れないなんJドラゴンだ… @ 2019/11/14(木) 01:01:05.74 ID:pUERSZwrO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573660865/

【安価・コンマ】鬼滅の飛天御剣流【鬼滅の刃】 @ 2019/11/13(水) 21:48:15.61 ID:oM5Gvf840
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573649295/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 20:34:29.46 ID:JEUe8J4fO
コP期待
3 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/01/31(土) 20:40:12.80 ID:QBSgRGq60
凛「……うん、それは分かったけどさ……」

まゆ「どうしたんですかぁ?」

凛「まゆは、何でそれを私に聞いたの?」

まゆ「ほら……凛ちゃんはこの事務所が出来た頃から居て、Pさんと一緒にいた時間も長いじゃないですかぁ」

凛「そうだね」

まゆ「それでPさんとも、すごく仲が良いですよね」

凛「……そうだね……うん……まぁ、悪くないかな……///」

まゆ「そんな凛ちゃんなら、Pさんの事も良くわかってると思いますし、Pさんに構ってもらうにはどうしたら良いか、適切な助言をくれると思ったんです」

凛「……ふーん、なるほどね」

凛(……どういう事?私がプロデューサーの事をどう思ってるかは、まゆもわかってる筈)

凛(それなら、私達は言ってしまえばライバル……そんな私と敵対はしても、わざわざこんな事を聞きにくるなんて……)

凛(一体、何を考えて……)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 20:41:12.36 ID:bsOZP7ZL0
コP兄貴オッスオッス!
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 20:54:26.50 ID:m1kMUHhh0
え、コP酉変わったの?
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 20:55:16.13 ID:EwI1s0Sl0
コPさん初遭遇やったー!
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 20:56:42.98 ID:hJ9bOnYP0
初遭遇だwwうれしいわ
8 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/01/31(土) 20:57:43.98 ID:QBSgRGq60
凛(……!)

凛(……なるほどね、わかったよ……まゆが何を考えているか……)

凛(遂に決着をつけようって事だね……プロデューサーの正妻が私かまゆのどちらか……)

凛(……そういう事だよねっ!?)

まゆ「……あのぅ、凛ちゃん?」

凛「……ん?あぁ、ごめんごめん……ちょっと考え事しちゃって」

まゆ「そうですかぁ……それで、どうしたら良いと思いますかぁ?」

凛「うーん……ちょっと、わかんないかな」

まゆ「そうですかぁ……」シュン

凛「……だから、一緒にどうしたら良いか考えてようよ」

まゆ「えっ?」

凛「まゆが、どうしたらプロデューサーに構ってもらえるか、一緒に考えてあげる」

まゆ「本当ですかぁっ?」

凛「うん」

まゆ「ありがとうございます、凛ちゃん!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 20:59:03.36 ID:1wxBGqmco
前回トリ晒し酷かったもんね
疲れてるなら無理しないように

支援
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 21:05:57.07 ID:zoKfEJa0o
初遭遇とかさすがに臭すぎ
11 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/01/31(土) 21:11:48.14 ID:QBSgRGq60
凛(良いよまゆ……その勝負、乗ってあげる)

凛(そして決めよう……どちらがプロデューサーの正妻か……)

凛(私は……負けないよ!)

まゆ(良かったぁ、一緒に考えてくれるって言ってくれて……断られたりしたら、どうしようかと思いましたぁ)

まゆ(凛ちゃん、たまに私の事を睨んでる様な気がしたから、もしかしたら嫌われてるのかと思ってたけど……私の勘違いだったんですね)

まゆ(凛ちゃんならPさんの事を良く知ってるから、これでPさんに構って貰えるようになりますよね)

まゆ(凛ちゃんが良い子で良かったぁ……ちょっとクールでキリッとしてるから勘違いしてたけど、やっぱり優しい子だったんですねぇ)
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 21:27:31.76 ID:8GG/DyRdO
天使
13 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/01/31(土) 21:32:56.04 ID:QBSgRGq60
まゆ「……それで、どうしましょうかぁ?」

凛「うーん、そうだね……私が思うに、まゆは良い子過ぎるんじゃないかな」

まゆ「良い子過ぎる……ですかぁ?」

凛「うん……まゆは、プロデューサーにワガママとか言わないでしょ?」

まゆ「そうですねぇ……やっぱり、Pさんの事を困らせたくはないですし……」

凛「それじゃダメなんだよ」

まゆ「そうなんですかぁ?」

凛「うん、プロデューサーは面倒見が良いからね……ちょっとくらいワガママを言う子の方が、可愛がって貰えるよ」

まゆ「なるほど……そうなんですねぇ」

凛「うん」

凛(ふふふ……前にまゆと同じ相談を未央にしたら、私がいま言ったのと同じ事を言われて)

凛(いざやってみたら散々恥ずかしい思いをして、プロデューサーにも怒られてばっかりだったからね……)

凛(これでまゆがプロデューサーを怒らせて、プロデューサーのまゆに対する好感度が下がった所で私がアプローチをかければ……)

凛(そうすれば、プロデューサーは私のもの……ふふ、この勝負……もらったよ、まゆ)

まゆ(やっぱり凛ちゃんは、Pさんの事を良く知ってるんですねぇ……凛ちゃんに相談して、本当に良かった、うふふっ♪)
14 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/01/31(土) 21:41:06.03 ID:QBSgRGq60
まゆ「でもワガママとか構って貰うには、具体的にどうしたら良いんですかぁ?」

凛「うーん……あ、ちょうど周子がプロデューサーの近くにいるよ」

凛「周子なら参考になりそうだし、ちょっと様子を覗いてみようか」

まゆ「はい」

 ゴソゴソ
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 21:42:09.08 ID:O6lJzMLWO
>>5
前にコP失敗して鳥漏らしちゃってたからな。連続で。
16 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/01/31(土) 21:51:32.82 ID:QBSgRGq60
P「…………」カタカタ

周子「ねーねーPさーん、お腹すいたーん」

P「そうかー」カタカタ

周子「ごはん連れてってー」

P「俺が仕事中なのが、見てわかんないのか」

周子「良いじゃーん、ちょっとくらいー……連れてってー」

P「また今度なー」カタカタ

周子「ぶー、つまんなーい」
17 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/01/31(土) 21:59:15.46 ID:QBSgRGq60
凛「……どう、まゆ?参考になりそう?」

まゆ「……はい、これでやってみます」

凛「うん、まゆならきっと上手くいくよ」

まゆ「そうですかぁ?うふふ、ありがとうございます」

凛(ふふふ、これでまゆが怒られれば……)
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 22:01:43.29 ID:f2JoU2/Ko
純情ままゆとアホの子しぶりん?
19 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/01/31(土) 22:14:50.55 ID:QBSgRGq60
―――――

P「…………」カタカタ

まゆ「Pさぁん」

P「ん?まゆか、どうした?」カタカタ

まゆ「……えっと……お、お腹……空きましたぁーん……」

P「…………」ピタッ

まゆ「……あ、あの……Pさん?」

P「……ぁ、あぁゴメン!恥ずかしがりながら、お腹空いたって言うまゆが、あまりに可愛いもんだから」

まゆ「か、かわっ……!///」カァァ

P「それで、お腹空いたって?何処かゴハンでも食べに行くか?」

まゆ「えっ、良いんですかぁ?お仕事の途中じゃ……」

P「あぁ、大丈夫だぞ……ちょうどキリも良いし俺もお腹空いたしな」

まゆ「本当ですかぁ?うふふ、ありがとうございまぁす」

P「よし、じゃあ行くか」

まゆ「はぁい♪」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 22:16:28.60 ID:1wxBGqmco
(かわいい)
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 22:25:18.62 ID:NYvo4T+o0
なんだ、天使かと思ったら女神だったのか
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 22:25:45.75 ID:m1kMUHhh0
(かわいい)
>>15 なるほどな、ありがと
23 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/01/31(土) 22:35:52.53 ID:QBSgRGq60
凛「まゆ、どうだった?」ニヤニヤ

まゆ「成功しましたぁ♪」

凛「えっ」

まゆ「え?」

凛「そ、そっか!良かったね、成功して!」

まゆ「はい、これも凛ちゃんのおかげですねぇ……凛ちゃん、ありがとうございまぁす♪」

凛「……せ、折角だし、次いってみようか」

まゆ「次ですかぁ?でも、もうPさんには構って貰えましたし……」

凛「いやっ、ここは畳み掛けるべきだよ!そうすれば、もっとプロデューサーに構って貰えるようになるよっ」

まゆ「もっと……Pさんに……」

凛「うん」

まゆ「凛ちゃんがそう言ってくれるなら、やってみます」

凛「うん、その意気だよ」

まゆ「まゆの為に……凛ちゃん、本当にありがとうございまぁす」

凛(このままじゃマズイ……次こそは……!)
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 22:37:03.82 ID:MSGTLj9No
シオミーとままゆでPの態度違いすぎませんかねえ…
アイドルプロデューサーが個人的な好意で待遇に差をつけたらアカンだろ
25 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/01/31(土) 22:38:26.20 ID:QBSgRGq60
まゆ「次は、どうしましょうか?」

凛「うーん……あ、ちょうどフレデリカがプロデューサーの近くにいるよ」

凛「フレデリカなら参考になりそうだし、ちょっと様子を覗いてみようか」

まゆ「はい」

 ゴソゴソ
26 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/01/31(土) 22:52:03.02 ID:QBSgRGq60
確かに周子とまゆの差がヒドイですね
失礼しました

>>16は以下のように訂正させて下さい


P「…………」カタカタ

周子「ねーねーPさーん、お腹すいたーん」

P「そうかー」カタカタ

周子「ごはん連れてってー」

P「キリの良い所になるまで、ちょっと待っててくれ」

周子「良いじゃーん、ちょっとくらいー、お腹すいたーん」ユサユサ

P「揺らすなって、もうちょっとだから」カタカタ

周子「はーやーくー」ユサユサ

P「……あーっ、もう!わかったよ、ほら行くぞ」ガタッ

周子「さっすがPさーん」

P「まったく……」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 22:54:09.01 ID:EjDlIkRho
外野の意見に流されず自由にやっていいんやで。
あんまdis酷かったら自分は閉じるけども。
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 22:57:45.48 ID:6CpqxgIAO
>>24
例えば奏と奈緒がPにキスしてと要求してきたとして同じ対応するかどうか
奏の場合はいつものことだから流すような感じになるんじゃないかな?
奈緒の場合は何回かイジってその後「こういう事は大事な人の為に取っとけ」的な事を言うんじゃない?
要するに好意とかじゃなくて、前者が挨拶とかに似たようなものなんじゃないかな?
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sagesaga]:2015/01/31(土) 23:00:31.97 ID:pWr/crd3O
よっしゃまゆスレやんけ!
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 23:08:47.77 ID:lod2xAL9O
うるせえ!行こう(ドンッ!
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 23:08:49.55 ID:MSGTLj9No
>>28
別に議論するつもりはないからご説ごもっともでいいけど
P「俺が仕事中なのが、見てわかんないのか」と
P「……ぁ、あぁゴメン!恥ずかしがりながら、お腹空いたって言うまゆが、あまりに可愛いもんだから」が
挨拶とイジリと同列に感じるならそうなんでしょうな
32 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/01/31(土) 23:19:48.40 ID:QBSgRGq60
フレデリカ「ふー、寒い」

P「そういえば、今日はファッション誌の撮影だったな……室内とはいえ、この時季にその格好は確かに寒そうだな」

フレデリカ「そうなのー、そんな訳で人間湯たんぽが欲しいなー!ほらほらプロデューサー、ここ空いてるわよ♪」

P「何言ってんだよ、行かないぞ」

フレデリカ「えー!おかたいっ!寒い中、撮影を頑張ったフレちゃんをもっと労ってよ!」

P「えっーと毛布は……」キョロキョロ

フレデリカ「寒いのー!早くあっためてー!」ボフンボフン

P「ソファーで跳ねない!」

フレデリカ「あっためてあっためてー!」ボフンボフン

P「ああ、あったあった……はい、毛布」バサッ

フレデリカ「ぶー、冷たい」
33 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/01/31(土) 23:22:49.61 ID:QBSgRGq60
凛「……どう、まゆ?参考になりそう?」

まゆ「……はい、これでやってみます」

凛「うん、まゆならきっと上手くいくよ」

まゆ「そうですかぁ?うふふ、ありがとうございます」

凛(ふふふ、これでまゆが怒られれば……)
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 23:48:22.20 ID:DR38pkTkO
>>31
鬱陶しいな
嫌ならそっ閉じしとけやks
35 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/01/31(土) 23:48:35.55 ID:QBSgRGq60
―――――

まゆ「……寒いです」

P「その格好じゃなあ……なんでそんな格好で来たんだ?」

まゆ「朝は大丈夫だと思ったんですけど……はぁ……な、なんだか人間湯たんぽが、欲しいですねぇ……Pさぁん……こ……ここ、空いてますよぉ……?」

P「……は?いやいや、何言ってるんだよ……ダメだろそんなの」

まゆ「そんなぁ……P……Pさぁん、あたためて……く、下さぁい……」ポヨンポヨン

P「……ちょっと待ってろ、今毛布を……後、ソファーで跳ねないように」キョロキョロ

まゆ「……P、Pさんが……い、良いです……あ……あたためて下さぁい……」ポフンポン

P「…………」

まゆ「Pさぁん……」ポヨンポヨン

P「……これで勘弁してくれ」バサッ

まゆ「あっ……Pさんの上着……」

P「これで良いか?」

まゆ「……はいっ、うふふ♪」
36 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/01/31(土) 23:50:52.50 ID:QBSgRGq60
凛「まゆ、どうだった?」ニヤニヤ

まゆ「成功しましたぁ♪」

凛「えっ」

まゆ「え?」

凛「そ、そっか!良かったね、成功して!」

まゆ「はい、これも凛ちゃんのおかげですねぇ……凛ちゃん、ありがとうございまぁす♪」

凛「……せ、折角だし、次いってみようか」

まゆ「次ですかぁ?でも、もうPさんには構って貰えましたし……」

凛「いやっ、ここは畳み掛けるべきだよ!そうすれば、もっとプロデューサーに構って貰えるようになるよっ」

まゆ「もっと……Pさんに……」

凛「うん」

まゆ「凛ちゃんがそう言ってくれるなら、やってみます」

凛「うん、その意気だよ」

まゆ「まゆの為に……凛ちゃん、本当にありがとうございまぁす」

凛(このままじゃマズイ……次こそは……!)
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/01(日) 00:07:12.96 ID:ToO+cCblo
単純に「仕事に集中しないとマズいタイミングでちょっかい出した」と「一区切りついて緩んでるタイミングを見極めてかまって貰おうとした」という風に区別して書かれてると感じた
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/01(日) 00:40:37.38 ID:qCzArgqeo
何にしてもそっ閉じもできない人の是正に価値があるかは甚だ疑問だけどな
二次創作は個人の解釈なのに自分のイメージと同一じゃなきゃ文句付けるんだから
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/01(日) 01:22:23.80 ID:9DEP9os2o
          ,,-―――――-、
        /,         、 ヽ、
.       //         、ヽ、 ヽ
       //      .ハ    t  ヽ  i
.      ,j./.    ,イ ,   | i 、__  |  .}  |
   _ノ .||   イi´  .| ヽ  ` k  ノ |  ヽ_
    `ーz_|tλ _jtj=tj`、_N  ゞt==M、/ トz_t ‐'´
       |レ ゙iオ|::::::|    . |:::::::|`「  |  |     ボクがカワイイばっかりにご迷惑を
       |  .|.  ̄       ̄,,, .|  | |
       λ t '''   r-‐‐j    __| ./ /′
    ι .( レV`ー-..,__゙ニ´‐t‐''´rレレ'レ' 
    ι  ヽ、    (r‐tj-ュノ`く
         `ー-、/ く`六´ゝ 、ヽ
            /  |・ ・ |   |  t、 _,-tィ^ユ、
           ヒ.__ |・  ・ |  |  ノ゙'´  ||__ノ
            ノ~~ー―┴ く ヽ、  ,r'′
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/02/01(日) 01:27:48.69 ID:A/Dz3LVDO
>>31
……
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/01(日) 07:48:23.66 ID:i1viSxXEo
行間読めない繊細さんの意見なんていちいち聞いてたらだめだよ
文句言うしか能ないんだから
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/01(日) 08:46:12.10 ID:xkG+QNy70
>>31
お前さんどこに住んでる?遊びに行きたいなあ
43 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/02/01(日) 12:31:34.00 ID:+GJVbpzO0
まゆ「次は、どうしましょうか?」

凛「うーん……あ、ちょうど奏がプロデューサーの近くにいるよ」

凛「奏なら参考になりそうだし、ちょっと様子を覗いてみようか」

まゆ「はい」

 ゴソゴソ
44 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/02/01(日) 13:46:49.93 ID:+GJVbpzO0
P「…………」カタカタ

奏「…………」ソロソロ

 トントン

P「ん?」クルッ

奏「んー」

P「おっと」

 パシッ

奏「あんっ、もう……私はあなたの手帳じゃなくて、あなたとキスしたいのに」

P「お前も懲りないな……この手帳、紙製だから、段々お前の口が当たった所がふやけてきたんだけど……」

奏「そこにキスすれば、いつでも私と間接キス出来るわね」

P「そんな気持ち悪い事するぐらいなら、直接するけどな」

奏「じゃあ……」ンー

P「だからって、直接もしないけどな」

 パシッ

奏「ぅんっ、つれないのね……」
45 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/02/01(日) 13:50:02.48 ID:+GJVbpzO0
凛「……どう、まゆ?参考になりそう?」

まゆ「……はい、これでやってみます」

凛「うん、まゆならきっと上手くいくよ」

まゆ「そうですかぁ?うふふ、ありがとうございます」

凛(ふふふ、これでまゆが怒られれば……)
46 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/02/01(日) 14:08:26.29 ID:+GJVbpzO0
―――――

P「…………」カタカタ

まゆ「…………////」ドキドキソロソロ

 カタカタ

P「ん?」クルッ

まゆ「んぅー……///」

P「うわっ!?」

 バシッ!

まゆ「きゃっ!?」

P「まゆっ!?ゴメン、まさかまゆだとは思わず、驚いて力が……」

まゆ「いたい……」ジワァ

P「ご、ゴメンな!大丈夫か?」

まゆ「……ひっく……Pさんに……叩かれ……ふえ……」グスグス

P「ご、ゴメン……あぁえっと、どうしたら……」オロオロ

まゆ「ぐすっ……じゃあ、頭を……撫でて下さい……ひっく」

P「あ、あぁ……こうか?」ナデナデ

まゆ「……はい……」クスン

P「こ、こんなんで良いのか?もっと何か他に……」

まゆ「……じゃあ、明日のオフにまゆとお出掛けしてくれますか……?」

P「ああ、良いぞ!お詫びに、まゆの好きな所、どこでも連れて行ってあげるからな」

まゆ「……本当ですかぁ?」

P「ああ、どこでも良いぞ」

まゆ「……うふっ♪約束ですよぉ?」
47 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/02/01(日) 14:09:50.33 ID:+GJVbpzO0
凛「まゆ、どうだった?」ニヤニヤ

まゆ「成功しましたぁ♪」

凛「えっ」

まゆ「え?」

凛「そ、そっか!良かったね、成功して!」

まゆ「はい、これも凛ちゃんのおかげですねぇ……凛ちゃん、ありがとうございまぁす♪」

凛「……せ、折角だし、次いってみようか」

まゆ「次ですかぁ?でも、もうPさんには構って貰えましたし……」

凛「いやっ、ここは畳み掛けるべきだよ!そうすれば、もっとプロデューサーに構って貰えるようになるよっ」

まゆ「もっと……Pさんに……」

凛「うん」

まゆ「凛ちゃんがそう言ってくれるなら、やってみます」

凛「うん、その意気だよ」

まゆ「まゆの為に……凛ちゃん、本当にありがとうございまぁす」

凛(このままじゃマズイ……次こそは……!)
48 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/02/01(日) 14:54:36.88 ID:+GJVbpzO0
まゆ「次は、どうしましょうか?」

凛「うーん……あ、ちょうど杏がプロデューサーの近くにいるよ」

凛「杏なら参考になりそうだし、ちょっと様子を覗いてみようか」

まゆ「はい」

 ゴソゴソ
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/01(日) 18:01:17.37 ID:atkRN6GT0
ぽんこつままゆが可愛い
それでいいじゃないか
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/01(日) 18:53:02.32 ID:Mws7jSOQ0
佐久間まゆ(の恋の)担当プロデューサー:渋谷凛
51 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/02/01(日) 20:11:46.10 ID:+GJVbpzO0
P「杏ー、打ち合わせするぞー」

杏「いや」

P「はいはい、それで今回なんだけど……」

杏「杏は働かないぞー、杏を働かせたいなら飴をよこせー」

P「はい、サ○マドロップ」スッ

杏「開けて」

P「はいはい」カポッ

杏「入れて」アーン

P「じゃあ、打ち合わせな」

杏「はぁ……しょうがない、やるか」
52 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/02/01(日) 20:14:06.93 ID:+GJVbpzO0
凛「……どう、まゆ?参考になりそう?」

まゆ「……はい、これでやってみます」

凛「うん、まゆならきっと上手くいくよ」

まゆ「そうですかぁ?うふふ、ありがとうございます」

凛(ふふふ、これでまゆが怒られれば……)
53 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/02/01(日) 20:39:19.17 ID:+GJVbpzO0
P「まゆー、打ち合わせするぞー」

まゆ「い、いやです……」

P「それで今回は……えっ?」

まゆ「ま……まゆは、働きませぇん……」

P「え……」

まゆ「ま、まゆを働かせたいなら……働かせ、たいなら……えっとぉ……」

まゆ「……あっ!まゆを働かせたいなら……も、もっとまゆを……か……構って、下さぁい……」

P「…………」

まゆ「……あ、あの……Pさん……?」

P「……ぅ」ポロッ

まゆ「!?」

P「ごめんなぁ……そんな事、まゆが言うなんて……そんなに寂しい思いをさせてたんだな、俺……」

まゆ「いえ……そんな……」

P「まゆ、今度のオフにまたどこか行こう!」

まゆ「え、良いんですかぁ?」

P「ああ!後、今度からオフをもうちょっと合わせようか!」

まゆ「そ、そんな事まで……」

P「まゆ、今の内に色んな行きたい所、考えておけよ」

まゆ「……はぁい♪わかりましたぁ……うふふふっ」
54 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/02/01(日) 20:40:33.20 ID:+GJVbpzO0
凛「まゆ、どうだった?」ニヤニヤ

まゆ「成功しましたぁ♪」

凛「えっ」

まゆ「え?」

凛「そ、そっか!良かったね、成功して!」

まゆ「はい、これも凛ちゃんのおかげですねぇ……凛ちゃん、ありがとうございまぁす♪」

凛「……せ、折角だし、次いってみようか」

まゆ「次ですかぁ?でも、もうPさんには構って貰えましたし……」

凛「いやっ、ここは畳み掛けるべきだよ!そうすれば、もっとプロデューサーに構って貰えるようになるよっ」

まゆ「もっと……Pさんに……」

凛「うん」

まゆ「凛ちゃんがそう言ってくれるなら、やってみます」

凛「うん、その意気だよ」

まゆ「まゆの為に……凛ちゃん、本当にありがとうございまぁす」

凛(このままじゃマズイ……次こそは……!)
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/01(日) 20:45:34.38 ID:/FpyMqAwO
このぽんこつ二人でユニット組もう
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/01(日) 21:35:43.93 ID:XCevBWZWo
ままゆが可愛いんじゃ〜
57 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/02/01(日) 21:57:45.78 ID:+GJVbpzO0
まゆ「次は、どうしましょうか?」

凛「うーん……あ、ちょうど雪美がプロデューサーの近くにいるよ」

凛「雪美なら参考になりそうだし、ちょっと様子を覗いてみようか」

まゆ「はい」

 ゴソゴソ
58 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/02/01(日) 22:06:29.04 ID:+GJVbpzO0
P「…………」カタカタ

雪美「……P……」クイクイ

P「ん?おお、雪美か……どうした?」

雪美「……私を……抱いて……」

P「あぁ、はいはい……よいしょ」グイッ

雪美「ん……」

P「これでいいか?」ギュッ

雪美「……ん……違う……けど……これでも、良い……」

P「よしよし」ナデナデ

雪美「……ふふ……」
59 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/02/01(日) 22:07:37.57 ID:+GJVbpzO0
凛「……どう、まゆ?参考になりそう?」

まゆ「……はい、これでやってみます」

凛「うん、まゆならきっと上手くいくよ」

まゆ「そうですかぁ?うふふ、ありがとうございます」

凛(ふふふ、これでまゆが怒られれば……)
60 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/02/01(日) 22:16:19.04 ID:+GJVbpzO0
―――――

P「…………」カタカタ

まゆ「Pさぁん……」クイクイ

P「ん?おお、まゆか……どうした?」

まゆ「……まゆを……抱いて下さい……」

P「」

まゆ「……Pさん?」

P「……俺で、良いのか……?」

まゆ「はい、Pさんが良いです……」

P「……そうか……」

まゆ「……あの……Pさん?」

P「夜まで……待てないか?」

まゆ「夜?いえ……今が良いです」

P「そうか……それじゃ、仮眠室に行こうか……今なら誰も居ないし」

まゆ「? はい、わかりましたぁ」

 スタスタ ガチャ バタン
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/01(日) 22:17:48.31 ID:Mr11nfu+o
大成功じゃないか
62 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/02/01(日) 22:22:00.61 ID:+GJVbpzO0
凛「まゆ、どうだった?」ニヤニヤ

まゆ「性交しましたぁ♪」

凛「えっ」

まゆ「え?」

凛「そ、そっか!良かったね、成功して!」

まゆ「はい、これも凛ちゃんのおかげですねぇ……凛ちゃん、ありがとうございまぁす♪」

凛「……せ、折角だし、次いってみようか」

まゆ「いえ、もう大丈夫ですよぉ」

凛「いやっ、ここは畳み掛けるべきだよ!そうすれば、もっとプロデューサーに構って貰えるようになるよっ」
63 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/02/01(日) 22:24:54.53 ID:+GJVbpzO0
まゆ「いえ、本当にもう大丈夫ですよぉ♪」

凛「いやっ、でも……!」

凛(このままじゃ、プロデューサーの正妻がまゆに……)

まゆ「……だって、もうまゆは……Pさんと一つになれましたから……///」

凛「……は?」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/01(日) 22:31:33.47 ID:w+Xbc+EWo
微妙なコピペの崩し方がまた良い
65 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga]:2015/02/01(日) 22:39:41.02 ID:+GJVbpzO0
凛「は……えっ……?」

まゆ「その後、Pさんと正式にお付き合いする事になりましたし……これも全部、凛ちゃんのおかげですねぇ♪」

凛「付き合……」

 ガチャ

P「お疲れ様でーす」

まゆ「あ、Pさん!お疲れ様でぇす」

P「まゆ、お疲れ……凛もいるのか、お疲れ」

凛「あ、うん……お疲れ様」

P「そうだ、凛!まゆから聞いたぞ、まゆの相談に乗ってくれてたんだって?」

凛「え? あ、うん……まあね」

P「俺からも礼を言うよ、ありがとう!」

凛「あ、うん……どういたしまして」

まゆ「こうやってPさんとお付き合い出来るのも、全部凛ちゃんのおかけですよぉ。凛ちゃん、本当にありがとうございまぁす♪」

凛「あ、うん……どういたしまして」

P「よし、じゃあ帰ろうか、まゆ」

まゆ「はぁい♪凛ちゃん、お疲れ様でぇす」

P「凛、お疲れっ」

凛「あ、うん……お疲れ様」

まゆ「Pさぁん、今日の晩御飯は何が良いですかぁ?」ギュッ

P「まゆが作ってくれるなら何でも美味しいからなー、何でも良いぞ」

 イチャイチャ ガチャ バタン

凛「…………」

凛「どうして、こうなった……」















まゆEND
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/01(日) 22:40:36.94 ID:w+Xbc+EWo
おつー


まゆEND・・・?
ってことはぁ?
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/01(日) 22:42:59.72 ID:c0CHhmfno
おつおt…おや?
68 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga sage]:2015/02/01(日) 22:44:53.26 ID:+GJVbpzO0
という訳で終わり

例え900km離れた所に居ても、一途に想ってくれるまゆの様な子に出会いたかった……

Pさんの正妻は、Pさんの事を一心に想い続ける、ま佐久間まゆちゃんみたいな一途な子が、一番良いに決まってますよねぇ

こんなPさんへの愛に溢れたコピペを読んでくれた人達、ありがとうございまぁす
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/01(日) 22:45:56.20 ID:c0CHhmfno
おつおつ
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/01(日) 22:48:06.03 ID:G+kwUCcKo
おっつおっつ。
900キロも飛ばされたのか。まぁまた新しい出会いがあるよ
71 : ◆4.FEXT.UOhq0 [saga sage]:2015/02/01(日) 23:04:32.50 ID:+GJVbpzO0
もしかすると、凛ENDを期待されてる?
もしそうならすみません、既に凛ENDの書いちゃってますので……

こちらで御容赦を……
渋谷凛「プロデューサーに構ってもらいたいんだけど、どうしたら良いかな?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420259111/


でも需要ありそうなら、また書くかもです
その際は、読んでくれたら嬉しいです

72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/01(日) 23:11:54.63 ID:kNoxDaJv0
おつおつ
他の四天王でも是非
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/01(日) 23:56:32.69 ID:hgr63JIOo
いいssだった、かけ値ねなしに
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/02(月) 00:04:02.83 ID:N6RlvKot0
たーとーえ500マイルはーなーれぇーてもぉー
28.94 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)