このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

藤岡「オレは、いつもの南カナが好きだ!」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/11(水) 20:56:11.71 ID:RRze1JE20
みなみけのSS

カナが若干キャラ崩壊、と言うかほぼ「おせんべいが開きましたわ」状態

エロは無しにする予定だけど、需要があればやるよ

じゃ、始める

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426074971
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

VIPクラシック まとめブログを作って一攫千金を狙うぜ!!! @ 2019/06/17(月) 12:03:56.95
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/vip4classic/1560740636/

真美「ベランダ一歩、お隣さん」 @ 2019/06/17(月) 01:06:17.43 ID:MwWLOLhm0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560701177/

【ミリオン】のり子「願いが叶うお守り!?」 @ 2019/06/16(日) 23:08:39.23 ID:LpkB5FKZ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560694118/

佳奈多(今更直枝に甘えたいとか言い出せない・・・) @ 2019/06/16(日) 22:31:43.25 ID:oY3tpC+g0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560691902/

ウォースパイト「私youtuberになるわ!」 @ 2019/06/16(日) 22:28:17.36 ID:Fh9fFs+JO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560691697/

Jump up HIGH!! @ 2019/06/16(日) 20:30:53.26 ID:lwgQk+QR0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1560684652/

ペコリーヌ「140連だにゃ〜♪」 コッコロ「140連だにゃ〜♪」 @ 2019/06/16(日) 19:12:59.50 ID:LG02DQ1r0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560679979/

アスカ「かぐや様は告らせたい?」 弐 @ 2019/06/16(日) 19:11:08.85 ID:06DERQ3xO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560679868/

2 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/11(水) 20:57:24.36 ID:RRze1JE20
カナ「…」パリン

藤岡「…」

カナ「…」ボリボリ

藤岡「あの、南?」

カナ「そうですか。藤岡さんのような方に好意を寄せられるのは、光栄ですわ」ニコッ

藤岡「えっ、えっ?」
3 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/11(水) 20:59:07.51 ID:RRze1JE20
カナ「あら、お茶が切れてしまいましたわね。新しいのを淹れて参りましょう」スタスタ

藤岡「…あの、チアキちゃん」

チアキ「どうした?」

藤岡「何か、伝わってないみたいだけど…」

チアキ「あー、そうだな」

チアキ「藤岡の気持ちは、中々伝わりにくいものらしい」

藤岡「そんな…」ガクッ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/11(水) 20:59:59.00 ID:drAdhCAXO
期待
5 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/11(水) 21:02:30.85 ID:RRze1JE20
内田「でもでも! いきなり告白はびっくりしたね〜」

吉野「そうだね〜。ちょっとドキドキしちゃった」

カナ「ただいま戻りました。藤岡さん、お茶の御代わりはいかがですか?」

藤岡「あっ、うん、お願い」つ旦

チアキ(カナの奴、いつまでふざけてるつもりなんだ?)

カナ「…」トクトクトクトク

藤岡(南、どうしたんだろ? いつもはか、可愛い感じだけど、今日はちょっとおしとやかな…)
6 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/11(水) 21:06:08.17 ID:RRze1JE20
ハルカ「ただいま〜」

チアキ「お帰りなさい、ハルカ姉さま」

カナ「お帰りなさいませ、ハルカお姉さま」ペコッ

ハルカ「えっ…。カ、カナ、どうしちゃったの!?」

カナ「どうしたと言われましても…。私はいつも通りですわ」ニコッ

ハルカ「いやいやいやいや、これはもはや別人よ? 別人!」

カナ「別人ではございません。私はハルカお姉さまの妹のカナですよ?」

ハルカ「…う〜ん」クラクラ

内田「ハルカちゃんが頭を抱えてる…」
7 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/11(水) 21:11:59.14 ID:RRze1JE20
カナ「あっ、そろそろお夕飯の時間ですわね。皆さんは食べて行かれますか?」

内田「わ、私はいい…」

吉野「私もこれで失礼するね」

カナ「藤岡さんは?」

藤岡「えっ、オ、オレは…」

チアキ(藤岡)ボソッ

藤岡(何、チアキちゃん?)ボソボソ

チアキ(今日はとりあえず帰った方がいいんじゃないか?)ボソボソ

藤岡(う、うん、そうみたいだね。何かわかったら教えてくれる?)ボソボソ

チアキ(ああ、わかった)ボソボソ

カナ「…」ジーッ
8 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/11(水) 21:14:07.89 ID:RRze1JE20
藤岡「オレも今日は帰るよ」

カナ「そうですか。ではまた明日、学校でお会いしましょう」

藤岡「うん、じゃあね」ドタドタ

カナ「…」

ハルカ「みんな帰ったわね。カナ、本当にどう…」

カナ「ごめん、ちょっと部屋に戻る」パタパタ

ハルカ「あっ…」
9 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/11(水) 21:15:32.18 ID:RRze1JE20
カナ「藤岡のあほー!」

カナ「なっ、なっ、なんなんだ! いつもの私が好き!?」

カナ「あんなの、こ、こ、こく、告白とか言うやつじゃないのか!」

カナ「それもみんなの前で…、あいつはとんでもないバカ野郎だ!」

カナ「〜//」カアッ
10 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/11(水) 21:18:06.13 ID:RRze1JE20
カナ「いや、まて、少し落ち着くんだ、私」

カナ「前にもこんな事あったな。確か…」

カナ「そうだ! 『隙だらけだ』と藤岡に言われた事があったな」

カナ「と言う事は…。つまり、いつもの私は隙だらけだと、藤岡は言ったのか。うん、間違いない」

カナ「また聞き間違いをしてしまうとは、お恥ずかしい…。だが、これで私が何をすべきかははっきりした」

カナ「藤岡の前では、常におしとやかな私でいて、隙を無くすぞ!」





チアキ(そういう事か。全く、世話の焼ける姉だ)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/11(水) 22:15:16.84 ID:lWZcd+Udo
いつものカナちゃんじゃない
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/11(水) 23:08:37.71 ID:C3sEHwJhO
藤岡弘。で再生すると新たな世界がみえるよ
13 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 15:17:57.01 ID:F1Wyvp0T0
―翌日、学校―

カナ「おはようございます、ケイコさん」

ケイコ「えっ…。誰?」

カナ「私です、ケイコさんの学友の、南カナですよ」ニコッ

ケイコ「あっ、ご、ごめん。髪下ろしてるから、と言うより色々違い過ぎて…」

カナ「もう、ケイコさんったら」クスッ

藤岡(南、昨日のままだ。本当にどうしたんだろう…)
14 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 15:21:23.96 ID:F1Wyvp0T0
リコ(藤岡くんのレア顔…! でも、何だか元気が無い…)

藤岡「…」ジーッ

ケイコ(ああ、これはたぶん藤岡くん絡みね…)

カナ「ミユキさんは、今日も可愛らしいですわね」ナデナデ

ミユキ「今日のカナちゃん、何だか大人っぽーい!」

カナ「そうですか? うふふっ」
15 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 15:23:42.26 ID:F1Wyvp0T0
ケイコ「カナちょっと来てくれる?」

カナ「はい、構いませんよ」

ケイコ「リコー、ちょっと」チョイチョイ

リコ「何?」

ケイコ(しばらく藤岡くんの相手をしていてくれる?)ボソッ

リコ(えっ!? きゅ、急にそんな事言われても!)

ケイコ「藤岡くーん、リコが話あるんだって」

リコ「えっ、ええっ!?」
16 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 15:29:08.18 ID:F1Wyvp0T0
ケイコ「さ、いこ」グイッ

カナ「あっ、はい…」

藤岡「どうしたの?」

リコ「その、あえっ、えと…!」

リコ(お、落ち着いて! 何でもいいから話をするのよ!)

リコ「いい、いつもより元気が無いみたいだけど、何かあったの?」
17 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 15:34:01.48 ID:F1Wyvp0T0
藤岡「あっ、顔に出てた…?」

リコ「」コクコク

藤岡「その、こんな話を女の子にするのは情けないんだけど…」

藤岡「南の様子がいつもと違うでしょ? その原因がさっぱりわからなくて」

藤岡「オレが悪いなら一言謝りたいんだけど、そのチャンスも中々つかめないから…」

リコ「そうなんだ。確かに今日のカナはへん…、じゃなくて、大人しい感じだったけど」
18 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 15:36:18.89 ID:F1Wyvp0T0
リコ(…あれ、これってもしかしてチャンス?)

リコ(カナと藤岡くんの距離が開いている間に、私が近づけば…)

リコ(うん、いけるかも。私とカナって似てるとこあるし、可能性はゼロじゃないわ)

リコ「大丈夫じゃないかな。きっと、いつもの気まぐれよ」

リコ「それよりも、藤岡くんが元気が無い方が大変だと思う。カナも話しかけ辛くなっちゃうと思うわ」

藤岡「そっか…。ありがとう、相談に乗ってくれて」ニコッ

リコ(藤岡くんの笑顔ー!)
19 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 15:38:01.08 ID:F1Wyvp0T0
―空き教室―

ケイコ「それで、何があったの?」

カナ「何の事でしょうか?」

ケイコ「…藤岡くんは来ないから、安心して」

カナ「」ビクッ

ケイコ(この反応…。やっぱりね)

カナ「じ、実はさ…」

カナ「藤岡にいつもの私は隙だらけだと言われたので、自分を変えようと…」

ケイコ「…え?」
20 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 15:41:49.77 ID:F1Wyvp0T0
ケイコ「ごめん、全く話が見えてこない。もうちょっと詳しく話してくれる?」

カナ「ああ、かくかくしかじか…」

ケイコ「四角いムーブ…。なるほどね」

カナ「そういう事だから。あっ、くれぐれも藤岡には内緒にしてくれよ!?」

ケイコ(カナ…。普段があれなだけに、恋にこんなに奥手だとは思わなかったわ)

ケイコ(これは、私が何とかしないと。面倒な事になるのも嫌だし)

ケイコ「わかったわ。しばらくはさっきのカナのままで我慢する」

カナ「我慢って何だよ…。まあ、よろしくな」
21 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 15:51:34.11 ID:F1Wyvp0T0
―放課後、みなみけ―

トウマ「こんちはー」

藤岡「お邪魔しまーす」

カナ「いらっしゃいませ、トウマさん、藤岡さん」

トウマ「…なあ、藤岡。これ誰だ?」

藤岡「み、南だよ」

トウマ「はあ、これがカナ!?」

カナ「はい、私ですよ」
22 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 15:54:06.11 ID:F1Wyvp0T0
トウマ「ぶっはっはっはっ! 何だこれ、似合わねー!」ゲラゲラ

藤岡「こら、トウマ…!」

藤岡(あ、でも、これでいつもの南に…)

カナ「トウマさん、人の事を笑うのは良くないですわ」

トウマ「だ、だって…! あー、おかしい」

カナ「それに、淑女たる者、殿方の前で大口を開けて笑うなんて…。はしたないですわよ」

トウマ「…はっ?」
23 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 15:55:21.38 ID:F1Wyvp0T0
藤岡「えっ、今なんて…」

トウマ「カナ、ちょっとこっち来いよ!」グイッ

カナ「わわっ、いきなり引っ張らないで下さい」

ヒソヒソ…

コソコソ…

藤岡(何を話してるんだろ、全く聞き取れない)
24 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 16:03:00.44 ID:F1Wyvp0T0
トウマ「まあその、何だ…。たまにはそういうカナもいいんじゃないか? うん」

カナ「そうおっしゃって頂けると、光栄ですわ」ニコッ

藤岡(あれ、笑顔のはずなのに南が笑っていない気がする)

カナ「ゆっくりして行って下さいね。私はお茶を入れて参ります」ペコッ スタタッ

藤岡「…トウマ、南と何話してたの?」

トウマ「聞かないでくれ…」ガクッ

藤岡(手がかり無しか。オレから聞いても答えてもらえなさそうだし、もうチアキちゃんを待つしかない)
25 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 16:08:13.13 ID:F1Wyvp0T0
チアキ「ただいまー」

藤岡「あっ、お帰りチアキちゃん!」

チアキ「藤岡、来てたのか」

藤岡「うん、それで、この前の件は…」

チアキ「ああ、あれか。心配するな、時間が解決してくれる」

藤岡「ど、どういう事?」

チアキ「とりあえず、お前が今できる事は、私を膝の上に座らせる事だけだ」ストッ
26 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 16:12:01.02 ID:F1Wyvp0T0
チアキ「ほうっ…//」

トウマ「あっ、チアキずりーぞ!」

チアキ「ここは私の特等席だ、ずるいも何も無い」

カナ「あらあら、二人とも喧嘩は良くないですわ」

トウマ「だって、チアキがー!」

カナ「トウマさんは、私の膝の上で我慢しましょう」ストン

トウマ「のわっ、何すんだよ!」

カナ「はいはい、トウマさんは良い子良い子」ナデナデ

トウマ「撫でるなよ、バカ!」
27 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 16:14:43.71 ID:F1Wyvp0T0
藤岡(時間が解決、か。手がかりが無い以上仕方ないんだけど、もどかしいな…)

カナ「…さん、藤岡さん!」

藤岡「は、はいいっ!! なんでございますか!?」

カナ「…くすっ。どうなさったんですか、藤岡さん」

藤岡「」ドキッ

カナ「お夕飯は食べていかれますかと、先ほどから尋ねているのですが……」

藤岡「ああ、そ、そう。それじゃあ、ご馳走になろうかな」

カナ「はい、承知致しました」

藤岡(今の南の笑顔…。いつもと違うのに、凄く魅力的に映って…)
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/12(木) 17:35:51.91 ID:IVhlkMXSO
最近のみなみけはあるあるネタを仕込みすぎて初期の藤岡の報われなさが少ないからこのSSは期待
29 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 18:50:23.58 ID:F1Wyvp0T0
―翌日、学校―

リコ「藤岡くん、おはよー♪」

藤岡「ああ、おは…!」

リコ「どうしたの?」

藤岡「どうしたって、そ、その髪…」

リコ「これ? カナの真似してみたんだ。可愛い?」クルクル

藤岡(南にそっくりなツインテール…。南が二人になったみたいだ)
30 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 18:56:11.71 ID:F1Wyvp0T0
リコ(藤岡くんがじっと私を見てる…// 恥ずかしいけど、このチャンスを逃すわけにはいかないわ)

リコ「カナの明るさが私にも欲しいなーって思って。まずは形から入ってみたの」

藤岡「な、なるほどね。あははっ…」

リコ(ここで更に追加よ!)ガシッ

藤岡「!」

リコ「くらえ! バックドロー…」

リコ「あ、上がらない…」プルプル
31 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 18:59:20.13 ID:F1Wyvp0T0
藤岡「な、何してるの…?//」

リコ「カ、カナは藤岡くんを持ち上げて放り投げた事があるって噂が…!」

藤岡「そこまでなりきらなくてもいいんじゃ…」

リコ「あっ、そうだよね」パッ

藤岡「//」

リコ(藤岡くんの激レア赤ら顔ー!)

藤岡(な、なんでこんなにドキドキするんだろう。相手は南じゃないのに…)
32 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 19:02:31.07 ID:F1Wyvp0T0
カナ「リ、リコさん、はしたないですわよ!」

リコ「わっ、びっくりした! いきなりどうしたの?」

カナ「公衆の面前で女性が男性に抱きつくなんて…!」

リコ「ああ…、これくらい軽いスキンシップじゃない」ムギュ

藤岡「!」

カナ「ま、また…! ケイコさんからも、リコさんに何か言ってあげて下さい!」
33 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 19:06:24.00 ID:F1Wyvp0T0
ケイコ「別にいいんじゃないかな? 奥ゆかしさだけが女性らしさって言う価値観は、もう過去の物なんだし」

カナ「そんな…!」

リコ「ほらね、現代女性はこれくらいふつーなのよ、ふつー」スリスリ

藤岡「わわわっ…//」

カナ「ふ、藤岡さん、それくらい振り解きなさい! 男らしくありませんわよ!」

藤岡「えっ!?」

リコ「さっきから何よ、私と藤岡くんがくっついてたらダメ?」
34 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 19:12:35.73 ID:F1Wyvp0T0
カナ「ダ、ダメとかそういう問題ではなく…!」

リコ「藤岡くん、もうちょっと手伝って欲しいな。もっとカナを取り入れたいの」

藤岡「えっと…」

カナ「…」ジーッ

藤岡「ご、ごめん、またの機会に!」ピューッ

リコ「あっ…」

カナ(よくやった、藤岡! って、なんで喜んでるんだ、私は…?)

カナ(でも、もやもやしてたのがなんかスカッとしたし…。とりあえずいいか!)
35 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 19:16:43.79 ID:F1Wyvp0T0
―放課後、みなみけ―

マコちゃん「お邪魔します!」

カナ「いらっしゃい、マコちゃんさん」

マコちゃん「えっ…、どうしたんだ、カナ?」

カナ「どうしたと言われましても…、いつもの私ですわよ?」

藤岡「…」つ旦 ズズッ

マコちゃん「いやいや、おかしいだろ! いつものカナはもっとメチャクチャだぞ!」

カナ「メチャクチャだなんて…、そんな事はございませんわ」ニコッ

藤岡(誰の前でも変わらずああいう感じなんだな…、それだけははっきりした)
36 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 19:25:43.29 ID:F1Wyvp0T0
リコ「おじゃましまーす!」

カナ「えっ、リコさん…?」

リコ「遊びに来ちゃった♪」

カナ「そ、そうですか…。今お茶を淹れますわね」パタパタ

リコ「藤岡くん、隣いーい?」

藤岡「あっ、うん…」

リコ「ありがと♪」トスッ

藤岡(ド、ドキドキする。本当に南が隣にいるみたいだ…)
37 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 19:30:23.69 ID:F1Wyvp0T0
リコ「カナって、普段どんな事藤岡くんにしてるの?」

藤岡「ど、どんなって言われても…」

リコ「例えば、手を握ったりはするの?」ニギッ

藤岡「!」

藤岡「た、たまにしてるけど…」

リコ「へーっ、そうなんだ。やっぱりカナみたいに明るいと、男の人と普通にスキンシップしたりするのかな?」

藤岡「ど、どうなのかな。あははっ…」

リコ(わあああっ、藤岡くんの手を握ってるー! 勢いとは言え、恥ずかしい…!)
38 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 19:33:51.27 ID:F1Wyvp0T0
カナ「あっ、リコさん! またはしたない事を…!」

リコ「えー、手くらい別にいーじゃん」

カナ「ダメです! 淑女たるものたしなみと言うものを…」

リコ「わかったわよー。じゃ、今日はもう帰るねー」つ旦 ズズッ パタパタ

カナ「は、はい、ごきげんよう…」

マコちゃん「…」
39 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 19:39:46.11 ID:F1Wyvp0T0
マコちゃん「なあ、やっぱり今日のカナおかしいよ」

カナ「そ、そのような事は…」

マコちゃん「いいや、おかしい。今のカナは、凄く無理をしてるみたいに見えるぞ」

カナ「無理なんて…」

マコちゃん「何があったか知らないけど、自分に嘘をつくのは止めた方が良いに決まってる!」

マコちゃん「その辛さは、オレが一番良く分かる。今のカナ、見てられないよ…」

カナ「…」
40 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 19:45:56.29 ID:F1Wyvp0T0
マコちゃん「今日はもう帰るよ、それじゃあ」タッタッ

カナ「はい…」

藤岡(こういう時、どう声をかけたらいいんだろう…)

チアキ「ただいまー」

カナ「お帰りなさい、チアキさん…」

チアキ「どうした、そんなバカみたいに沈んで」

カナ「…少し、お部屋で休ませて頂きます」

藤岡「あっ、お、お大事にね」

カナ「ありがとうございます、藤岡さん」
41 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 19:54:27.73 ID:F1Wyvp0T0
チアキ「藤岡、何かあったのか?」

藤岡「実は、……と言う事があって」

チアキ「ほうほう」

藤岡「オレはどうしたらいいんだろう、心配だよ…」

チアキ「そうか? 単純に限界が来ただけだと思うが」

チアキ「根が騒がしいカナが、そんなに長い間おしとやかキャラを保てるはず無いだろう」

藤岡「それは、その…」

チアキ「昨日私が言った通りになったじゃないか。そろそろだよ、安心しろ」

藤岡「…うん、わかったよ」

チアキ(全く、世話の焼ける2人だ)
42 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 19:55:42.79 ID:F1Wyvp0T0
―翌日、学校―

カナ「…」

ケイコ「おはよう、カナ」

カナ「あっ…、おはようございます、ケイコさん」

ケイコ「どうしたの? 元気が無いみたいだけど」

カナ「な、なんでもありませんわ。ご心配をおかけして、申し訳ございません」

藤岡「…」ジーッ
43 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 19:58:21.31 ID:F1Wyvp0T0
リコ「藤岡くん、おはよう♪」ダキッ

藤岡「お、おはよう…。今日もツインテールなんだね」

リコ「うん、何だか気に入っちゃって」クルクル

藤岡「そうなんだ、良いと思うよ」

リコ「ほ、ほんと!?」ドキッ

藤岡「うん」

リコ(藤岡くんに褒められたー!)

カナ「…」ジーッ

ケイコ「…」
44 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 19:59:25.15 ID:F1Wyvp0T0
ケイコ「藤岡くん、ちょっといい?」グイッ

藤岡「えっ、な、何!?」

ケイコ「リコ、カナ、ちょっと藤岡くん借りるわよ」

リコ「えっ、突然どうしたの?」

カナ「」コクッ
45 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 20:01:34.88 ID:F1Wyvp0T0
ケイコ「ここなら2人に聞かれないわね…」

藤岡「あの、どうしたの?」

ケイコ「どうしたもこうしたもないわ…。藤岡くん、カナの事が好きじゃないの?」

藤岡「えっ//」ドキッ

ケイコ「その反応だと、カナに対する気持ちは相変わらず、って言う所ね…。もう、2人してわざわざ苦労してるんだから」

藤岡「ど、どういう事?」

ケイコ「何だかじれったくなって来たから、はっきり言わせてもらうけど…」
46 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 20:05:22.74 ID:F1Wyvp0T0
ケイコ「藤岡くんはカナの事が好きなはずなのに、ここ2、3日はリコにも好意的な反応を示している」

ケイコ「私がカナで、藤岡くんの気持ちに気づいていたら、きっとこういうでしょうね」

ケイコ「『お前は私じゃなくて、黒髪ツインテールの元気な女が好きなんだな!』って」

藤岡「そ、そんな事は…!」

ケイコ「無い、って言い切れる? 今の藤岡くんに」

藤岡「それは…。言えるよ、断言できる」
47 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 20:10:21.19 ID:F1Wyvp0T0
藤岡「だって、オレが好きなのは…」

カナ『来たな番長、また私に勝負を挑む気か!』

藤岡「活発で…、元気な……」

カナ『くすっ…。どうなさったんですか、藤岡さん』

藤岡「…」

藤岡「いや、違う」

ケイコ「何が?」

藤岡「そうか、だからオレはリコちゃんに…!」
48 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 20:12:17.22 ID:F1Wyvp0T0
ケイコ「あの、説明を…」

藤岡「ありがとう、おかげで自分の気持ちに気がついたよ!」

ケイコ「え、えっ?」

藤岡「ちょっと恥ずかしいけど、早速南に伝えて来る! それじゃ!」ダダダッ

ケイコ「藤岡くん…!」

ケイコ「…」

ケイコ「何だかあっと言う間だったけど…。これで解決って事でいいのかな?」

ケイコ「ふぅ、無駄に力を使った気がする…」ガクッ
49 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 20:13:42.71 ID:F1Wyvp0T0
藤岡「南!」バン!

カナ「ど、どうしたんですか、藤岡さん?」

藤岡「南、俺気づいたんだよ。自分の本当の気持ちに」

カナ「…」

カナ「そ、それは?」ドキドキ

藤岡「オレが好きなのは、いつもの南カナじゃない!」

カナ「えっ…」
50 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 20:15:54.35 ID:F1Wyvp0T0
藤岡「オレは、いつもとかいつもじゃないとか関係なく、南の事が好きなんだ!」

藤岡「活発で元気でも、おしとやかで大人っぽくても、オレは南が好きだ!」

カナ「なっ…!」

藤岡「南、好きだ! 愛してる! アイ、ラヴ、ユー!」

カナ「…」プルプル

カナ「何を恥ずかしい事をしてくれてるんだ、お前はー!!」ゴスッ

藤岡「ぐはっ…」
51 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 20:18:43.04 ID:F1Wyvp0T0
カナ「教室で、人前で、告白シーンを視聴者の皆様にお届けか!? どれだけ周りが見えないんだお前は!」ゲシッ ゲシッ

藤岡「ああっ、元の南に戻った…。良かった、好きだよ、カナ…」

カナ「まだ言うかー!」ゴンッ!

藤岡「あっ…」ガクッ

カナ「全く…」

カナ(少しは乙女心を考えなさいよ、このバカ野郎が…!)ボソッ

リコ「」チーン

―END―
52 : ◆ELOhNgd7TE [saga]:2015/03/12(木) 20:20:02.65 ID:F1Wyvp0T0
完結

たまにはくっつかないエンドがあってもいいよね

どうせ将来一緒になる(であろう)2人なんだし

今回は、みなみけ三姉妹(と言うよりカナ)の平凡な日常を淡々と記したって事で

では
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/12(木) 20:22:01.51 ID:LUJdeXCc0
たまにはというがssですら藤岡が報われた事あるの少ない気がするぞバカヤロウ

ともあれお疲れ様でっす
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/13(金) 23:30:01.17 ID:ROc2zamSO
感情たっぷりに読者にお届けするSSか!?
カナちゃんはバカヤロウ日本代表だけど純情乙女なので乙!
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/20(金) 17:34:48.05 ID:cgXYm6vKO

告白は日常に含めていいのかww
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/27(金) 16:48:18.01 ID:D48ansxIo
22.12 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)