このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

十代「デュエルカーニバル?」 遊星「それは何だ?」 遊馬「大会だぜ!」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 00:12:08.64 ID:OCHRpEbv0
遊矢「大会?」

遊馬「ああ!それぞれの次元のデュエリスト達を混ぜた大会だぜ!」

十代「面白そうじゃねえか」

遊星「それはいいな」

遊矢「場所は?」

遊馬「場所か・・・」

十代「言い出しっぺの遊馬の次元でいいんじゃね?」

遊星「いつにする?」

遊馬「じゃあひと月後って事にしようぜ」

遊矢「カイトさんと鬼柳さんがデュエルするかもしれないんだよな・・・」

遊星「付き合いも長いが俺達同士でデュエルなんて滅多に無かったからな」

十代「楽しみにしてるぜ!」

遊馬「おう!それまでしっかり腕を磨こうぜ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427037128
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

塩見周子「煎餅ババア」 @ 2022/08/14(日) 14:04:57.71 ID:a8uQb+4u0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1660453496/

殿岡大輔を認知症にしようとしてるジタミと壺と国連 @ 2022/08/14(日) 12:33:54.52 ID:HV7YO5GmO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1660448034/

たきな「千束が悪いんですよ。」千束 「」 @ 2022/08/14(日) 12:14:57.14 ID:VFsNjMja0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1660446896/

1が気長に歴代ポケモンを1からプレイする予定のスレ29 @ 2022/08/14(日) 12:07:16.71 ID:m6oaRPYXo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1660446435/

【メイプルストーリー】【安価・コンマ】おかしな世界で生きる @ 2022/08/13(土) 20:10:22.17 ID:x1TqVm550
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1660389021/

【やりすぎ都市伝説】あの名作アニメ映画に隠された裏テーマ @ 2022/08/13(土) 17:13:23.09 ID:feBZn3qP0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1660378402/

VIPでガンダムVSシリーズ避難所【マキオン】 @ 2022/08/13(土) 12:55:19.68 ID:ybZNlGhNo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1660362919/

VIPでガンダムVSシリーズ避難所【マキオン】 @ 2022/08/13(土) 12:47:20.34 ID:hZ6miG3zo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1660362439/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 00:18:09.31 ID:OCHRpEbv0
遊馬「ってわけだ」

カイト「そうか」

シャーク「大会って事は俺らが戦うかもしれねえし」

カイト「俺が亮やジャックと戦うかもしれんのか」

遊馬「どうだ?」

シャーク「いいじゃねえか!なあ?」

カイト「ああ」

遊馬「じゃあ早速・・・」

小鳥「遊馬!ハートランドがまた現れたわ!」

遊馬「また!?」

カイト「まだ生きていたのか」

シャーク「仕方ねえな・・・行こうぜ!」

遊馬「大会までまだまだ時間がある。しっかり鍛えねえとな!」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 00:26:57.25 ID:OCHRpEbv0
遊馬「ハートランド!」

ハートランド「やあ」

シャーク「やあじゃねえだろ!」

カイト「今度は何が目的だ?」

ハートランド「決まっている!復讐だ!」

遊馬「相変わらずしぶとい野郎だぜ・・・それで復讐っていうのは?どうせ、また」

ハートランド「貯水タンクに人間を蠅化させる薬を混ぜ込んだ」

カイト「・・・貴様!」

ハートランド「驚いただろうね!今度こそ私の勝ちだ!」

小鳥「そんな事をすれば・・・」

ハートランド「みんな蠅になる!さらばだ!」

カイト「注意を呼びかけろ!」

遊馬「絶対に許さねえぜ!ハートランド!」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 00:29:58.47 ID:OCHRpEbv0
カイト「クリス!」

V「・・・」ブーンブーン

カイト「くっ・・・蠅になってしまったか」

W「どうなってやがるんだカイト!?」

カイト「ハートランドがまた動き出した」

X「またか」

カイト「奴は人間を蠅化させる薬を混ぜ込んだらしい」

W「だからVが」

X「Wはカイトと共に行動しろ!」

カイト「クリスは」

X「今はまだ私が動く時ではない」

W「・・・行こうぜ」

カイト「ああ」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 00:34:39.55 ID:OCHRpEbv0
シャーク「ってわけで水を飲むんじゃねえぞ」

アリト「心配するなって!」

ギラグ「俺らがそんなドジを踏むわけ」

ドルべ「みんな!この水道水は飲まない方がいいぞ!」

ミザエル「ま、まさかドルべ・・・いや」

ドルべ「ううっ・・・こ、これは・・・」

璃緒「ドルべ!」

ドルべ「・・・」ブーンブーン

シャーク「ドルべ!」

ミザエル「許さんぞハートランド!」

シャーク「手分けして探し出すぞ!」

アリト「どのみちロクな奴じゃねえんだ!」

ギラグ「見つけ次第殺るぞ!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 00:43:50.27 ID:OCHRpEbv0
遊馬「・・・」

小鳥「どうしたの遊馬?」

遊馬「いやハートランドも大会に混ぜようかなって」

小鳥「どうして!?」

遊馬「何度も何度も・・・それこそ俺や十代さん、遊星さん、遊矢にとっても因縁深いだろ?」

小鳥「そうだけど・・・」

遊馬「だから俺はハートランドとデュエルしたいんだ!」

小鳥「十代さん達はどう思うのかな?」

遊馬「俺は賛成してくれると思う」

小鳥「でも」

遊馬「デュエルを通せば誰とだって仲良くなれる!そうじゃねえのか?」

小鳥「うん!」

アリト「遊馬!ハートランドを生け捕りにしたぞ!」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 00:53:12.98 ID:OCHRpEbv0
カイト「・・・来たか」

シャーク「吐けよハートランド!」

W「Vを元に戻しやがれ!」

ハートランド「くっ・・・殺せ」

アリト「遊馬を連れて来たぜ」

遊馬「ハートランド・・・」

ハートランド「何度でも生き返るからな!私のような小悪党はしぶといんだ!」

遊馬「逃がしてやる。だから蠅になった人達を戻す薬とか出してくれ」

ハートランド「逃がす!?」

シャーク「何言ってやがんだ!」

ミザエル「逃がしたところで何の得にもならんぞ!」

遊馬「その変わり一つだけ条件があるんだ・・・いいよな?」

ハートランド「・・・」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 01:02:18.86 ID:OCHRpEbv0
ハートランド「大会か・・・なるほど、君達を一網打尽にできそうだ」

シャーク「調子に乗りやがって」

ハートランド「・・・これを受け取りたまえ」

カイト「何だこれは」

ハートランド「薬の解毒剤・・・足りなければ同じような薬を作れるだろカイトならば」

カイト「フッ、どうだろうな」

遊馬「出てくれるよな!」

ハートランド「私とて腐ってもデュエリストだ。約束は守る」

シャーク「ったく・・・約束違えたら承知しねえからな」

遊馬「1ヶ月だ!約束は絶対に守れよ!」

ハートランド「ではまた会おう。デュエリストの諸君!」

シャーク「信用できんのか?」

カイト「知るか」

ギラグ「大会?」

遊馬「それはな・・・」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 01:11:38.62 ID:OCHRpEbv0
W「面白そうじゃねえか、満足と決着つけるのにはちょうどいいぜ」

アリト「色んな野郎が居るからな」

ギラグ「俺はボマーとデュエルしてえな」

ミザエル「私はカイザー亮だな」

遊馬「カイトやシャークにもデュエルしたい相手が居るだろ?」

シャーク「俺は黒咲だな。それに万丈目の野郎も」

遊馬「カイトは?」

カイト「誰が相手でも構わん」

小鳥「そういう遊馬は?」

遊馬「十代さんと遊星さんに決まってんだろ!2人の先輩は絶対に超えてやるぜ!」

遊馬「それに遊矢もな・・・強くなったもんな!」

カイト「俺から見ればまだまだってところだ」

遊馬「誰が相手でも楽しいデュエルがしたいぜ!なあ小鳥!」

小鳥「うん!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 01:17:40.76 ID:OCHRpEbv0
数日後

小鳥「デュエルするの?」

遊馬「できるわけねえだろ。メンバー見てみろよ」

小鳥「無理に元気なのって疲れない?」

遊馬「まあな・・・」

小鳥「もういいんじゃない?」

遊馬「小鳥」

小鳥「・・・」

遊馬「人間は誰でも二面性がある。俺だって例外じゃねえんだぜ?」

小鳥「うん」

遊馬「裏表のねえ人間なんて逆に俺は嫌だぜ」

小鳥「そうだよね・・・」

遊馬「1ヶ月後か・・・先が思いやられるぜ」





11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 01:18:19.47 ID:OCHRpEbv0
続く
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/23(月) 01:28:28.93 ID:Xop+sHtu0
これは期待
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/23(月) 01:30:40.58 ID:bWR1NB/DO
拳と拳でも遊馬VSユートとか見れるな
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/23(月) 06:41:06.84 ID:nt8vTYf40
じゃあなぜ提案したんだ……
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/23(月) 07:23:55.60 ID:8Wz5UF+wO
アークファイブアニメ本編にジャックとクロウが出るとか、本当にこのシリーズスレみたいなことになるんじゃないだろうか
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/23(月) 07:28:46.72 ID:DCfLUFxRO
まさか一ヶ月休載のお知らせ?
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/23(月) 14:07:22.36 ID:OCHRpEbv0
ジャック「全員でデュエルか」

クロウ「面白そうじゃねえか!俺も一度はユーゴや黒咲とデュエルしてえって思ってたんだぜ!」

ブルーノ「僕も出てもいい?」

遊星「当然だ」

ジャック「ならば早速、その日まで特訓と行こうか」

クロウ「特訓っつっても」

遊星「いつも通りやればいいんじゃないか?」

ジャック「・・・それもそうか」

アキ「遊星!空から無数の石板が落ちてきてるわ!」

遊星「何!?」

ジャック「石板だと・・・まさか」

遊星「イリアステルのあれと同型のやつかもしれん」

クロウ「行こうぜ遊星!」

遊星「ああ!」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 17:29:03.42 ID:OCHRpEbv0
遊星「これは酷いな」

ジャック「プラシド・・・あそこにプラシドが居るぞ!」

クロウ「プラシド!」

プラシド「お前達か」

ジャック「貴様の仕業か!?」

プラシド「どうだかな」

クロウ「てめえ!」

鬼柳「こりゃ酷いな・・・何があったんだ?」

ボマー「石板だらけだぞ」

ジャック「さっさと吐かんか!」

遊星「まだイリアステルの仕業だとは限らない。少し落ち着こう」

鬼柳「黙ってねえで何とか言えよ、お前も」

プラシド「・・・知らん」

遊星「どうやら本当に知らないようだ」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 17:39:54.71 ID:OCHRpEbv0
ジャック「何かわかったか?」

遊星「いや何も」

クロウ「遊星でもわからねえか」

ブルーノ「き、君は本当に知らないのかな?」

プラシド「・・・」

ジャック「何処へ行く気だ!」

プラシド「貴様らと馴れ合うつもりは毛頭無い」

クロウ「そういう言い方はねえだろ!」

プラシド「人間程度ではわからん事があるんだ。少しは理解しろ鳥頭が」

クロウ「あ、あの野郎!」

ブルーノ「少し削って分析してみようか」カリカリ

遊星「そうしてみよう」

プラシド「・・・」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 17:46:14.20 ID:OCHRpEbv0
プラシド「ホセ!どういう事だ!?」

ホセ「あの石板か」

ルチアーノ「僕達が知らないんだからプラシドが理解できるわけないじゃん」

プラシド「くっ・・・」

ホセ「神が怒っている」

プラシド「怒る?何にだ?」

ルチアーノ「プラシドが遊んでばかりだから怒ってるんじゃない?」

プラシド「誰が遊んでいるだと?俺は働いているだろ」

ホセ「最近のお前と来たら何かあると飛び出して」

プラシド「黙れ!」

ルチアーノ「キヒヒヒヒ!」

プラシド「何が怒っているだ。笑わせるな」

ホセ「何処へ行く」

プラシド「決まっている。不動遊星のところだ」

プラシド「だが勘違いするな。俺はこの件の謎を解明するために動くだけだ」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 17:53:22.20 ID:OCHRpEbv0
遊星「これは・・・どうやらイリアステルの物では無いな」

ジャック「何故そう断言ができる!?」

遊星「俺達の痣を見ろ」

ジャック「なっ!?」

クロウ「何かが起こる前触れか!?」

遊星「恐らくは俺のシューティング・スター・ドラゴンの時のように・・・」

鬼柳「おい!石板の様子がおかしいぞ!?」

ボマー「何かが飛び出して・・・ぐわああああああああああ」

クロウ「ボマー!!」

遊星「あれはカードか!?」

ジャック「追うぞ遊星!」

鬼柳「待ちやがれ!」

クロウ「ボマー・・・仇は討ってやるからな!」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/23(月) 17:57:00.55 ID:Xop+sHtu0
貴重なボマーが…
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 18:00:19.88 ID:OCHRpEbv0
鬼柳「カードと追っかけっこか・・・満足させてもらうぜ!」

パシッ

ジャック「1枚掴んだか!」

遊星「何のカードだ?」

鬼柳「煉獄龍オーガ・ドラグーン・・・」

クロウ「おい!何かこっちに迫ってくるぞ!」

遊星「仕方がない・・・」ゴソゴソ

ジャック「それは何だ?」

遊星「万能虫取り網だ。これで捕らえるぞ!」

クロウ「虫取り網何かで・・・」

ジャック「勝手に網に引っかかったぞ!?」

遊星「・・・このカードを見てくれ」

ジャック「こ、これは!」

クロウ「似てやがる・・・俺達のドラゴンに」

遊星「それに残りのカードが飛んで行った方向は・・・」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 18:09:31.71 ID:OCHRpEbv0
遊星「そうか・・・わかった。回収しに行くから待っててくれ」

クロウ「何だって?」

遊星「アキと龍亞、龍可のところにも行ったらしい」

ジャック「早く回収した方がいいぞ。このカードは普通じゃない」

遊星「俺の推測だが俺達のドラゴンに酷似した闇のカードだろうな」

クロウ「けど鬼柳は使いこなしてるぜ。見ろよ」

鬼柳「ヒャーハッハッハ!!!」

遊星「こいつは厳重に保管しておこう。それに残りのカードも」

プラシド「不動遊星!」

遊星「プラシドか」

プラシド「聞かせろ。何があった」

遊星「これだ」

プラシド「・・・これは何だ?」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 18:13:18.08 ID:OCHRpEbv0
プラシド「そんな事があったのか」

遊星「お前も見つけたら」

プラシド「そんなものは自分自身で見つけ出せ」

ジャック「そうだ。こんな奴に頼る事などない」

クロウ「そうだぜ!」

遊星「・・・」

プラシド「斬るならやってもいい」

遊星「斬る?」

プラシド「俺が見つけたらば煮るなり焼くなり好きにしてもいいだろ」

遊星「ああ・・・」

プラシド「また一つ俺に借りができたな」

遊星「この借りはいつか返す」

プラシド「そんなものはいらん!俺を見くびるな!」

遊星「なら頼んだぞ」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 18:22:55.20 ID:OCHRpEbv0
ツァン「コナミ!これ見てよ!」

コナミ「何これ?」

ツァン「えーっと・・・冥界龍ドラゴネクロ」

恵「天穹覇龍ドラゴアセンション」

コナミ「変なカードだ・・・」

ツァン「・・・」

恵「・・・」

コナミ「俺達もそろそろ帰るか」

ツァン「うん」

恵「・・・」

ツァン「このカードはどうすんの?僕はいらないよ」

コナミ「俺が預かっておく」

恵「はい」

コナミ「さてと俺達の次元に帰るか」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 18:26:40.77 ID:OCHRpEbv0
遊星「ところでプラシド」

プラシド「何だ」

遊星「お前も遊馬主催の大会に出るか?」

プラシド「くだらん事を」

ジャック「逃げる気か」

プラシド「バカバカしいだけだ、何が大会だ」

クロウ「遊星は出るぜ」

プラシド「・・・出るのか?」

遊星「ああ」

プラシド「フッ、ならば俺も出てやるか」

ジャック「手加減はせんぞ」

鬼柳「大会?みんな出るのか?」

遊星「勿論」

鬼柳「って事はファンサービスもでやがるな!満足できそうだぜ!」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 18:30:52.10 ID:OCHRpEbv0
数日後

遊星「残り日数はまだまだあるな・・・」

ブルーノ「クロウやジャックは?」

遊星「修行らしい」

ブルーノ「遊星はしないの?」

遊星「少し考えたい事があってな」

ブルーノ「考え事?」

遊星「ああ」

ブルーノ「そうだ!遊星も戦いたいデュエリストは居るの?」

遊星「俺は・・・みんなと戦いたいな」

ブルーノ「1人選ぶとしたら」

遊星「そうだな・・・」

ブルーノ「うん」

遊星「権現坂だな」





続く
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 19:30:46.71 ID:9y0ojcBrO
ゴンちゃんか
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/23(月) 20:00:40.01 ID:rTLGl+i/O
不動(遊星)のデュエルVS不動のデュエルか
TFSPで権ちゃんにロード、フォーミュラの召喚口上あったのは嬉しかった
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 20:08:47.64 ID:OCHRpEbv0
カイザー「大会か」

万丈目「だと十代は言っていた」

エド「すっかり十代の伝言係だな」

万丈目「誰が伝言係だ!」

ヨハン「大会・・・遊矢とか出るのか?」

万丈目「出るだろうな」

カイザー「面白くなって来たな」

エド「それで十代は?」

ヨハン「また旅?」

万丈目「セレナに言ってくるとか言っていた」

エド「またセレナか・・・」

カイザー「俺も一から修行し直すか」

エド「僕は・・・まあ出るよ」

ヨハン「ワクワクするぜ!」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 20:13:42.08 ID:OCHRpEbv0
セレナ「大会?」

十代「セレナも出るだろう?」

セレナ「・・・お前は」

十代「勿論出るに決まってるじゃんか!」

セレナ「・・・」

十代「もしかしたら俺とセレナがデュエルするかもしれねえな」

セレナ「お前と私が!?」

十代「ワクワクするだろ?」

セレナ「そ、そんなもの・・・嬉しくないぞ」

十代「それでな、大会が始まるまで俺と・・・」

セレナ「?」

十代「ちょっと待ってろ」

セレナ「言いかけたらな最後まで言え!」

十代「そこに居ろよ。動くんじゃないぜ」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 20:22:56.73 ID:OCHRpEbv0
北斗「やめろって真澄!」

刃「こいつらヤバいって!あの連中だろ!?」

真澄「ここで引き下がったら私は・・・融合使いの汚名は融合使いの私が晴らすわ!」

オベリスクフォース「スタンダード風情が生意気な口を」

オベリスクフォース「クズはクズらしく大人しく狩られろよ」

北斗「ぼ、僕・・・黒咲さんを呼んでくる!」

刃「野郎!俺も参戦するぜ!」

真澄「あんた達のせいで融合使いが・・・どれだけ大変な目にあってると思ってるのよ!」

オベリスクフォース「はあ?底辺が何言ってんだ?融合は融合次元の物なんだよ。お前らは真似してるだけで」

十代「その子が底辺ならお前らはど底辺だろうぜ」

北斗「こ、この人は・・・」

十代「っていうか融合は融合次元の物だって?笑わせるなよ。お前らにデュエル資格あると思ってんのか?」

オベリスクフォース「遊城十代!」

十代「お得意のゲームでかかって来いよ。数は6人か・・・目を瞑ってても勝てるぜ」

オベリスクフォース「デュエルで奴をカード化させてやれ!」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 20:28:16.03 ID:OCHRpEbv0
十代「ったく、何処にでも居るな。ゴキブリかよこいつら・・・」

北斗「遊城十代・・・さん?」

十代「おう!お前らは遊矢の友達だったか?」

刃「友達じゃねえ!」

十代「そうか・・・大丈夫か?」

真澄「あ、ありがとう」

十代「3人はどういう集まり?」

北斗「LDS・・・」

十代「じゃあ大会出ようぜ!」

刃「大会!?」

真澄「私はパスするわ」

北斗「真澄!」

十代「どうしたんだ?」

刃「色々あるんだ・・・」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 20:35:25.42 ID:OCHRpEbv0
十代「融合次元のせいで真澄は落ち込んでるんだって?」

北斗「無差別に人をカード化させて次元を侵攻してるんでしょ?」

刃「そりゃ融合の肩身も狭くなるぜ」

十代「じゃあ・・・何だっけ?」

北斗「志島北斗」

十代「北斗は大会に出るか?」

北斗「僕は・・・」

刃「俺は出るぜ!勝鬨の奴が出るなら俺は出る!この竹刀で今度こそ!!」

十代「威勢がいいな!」

刃「へへへ!当たり前じゃねえか!でも・・・今の俺の剣技で勝鬨に」

十代「剣ならプラシドって奴に聞けばいいぜ、かなりの腕前だから」

刃「そんなに!?」

十代「遊星の次元に居るぜ!」

刃「不動遊星と言えばシンクロ・・・そこにプラシドって奴が・・・ありがとよ十代さん!」

刃「おかげで俺の剣の腕がまた上がりそうだぜ!」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 20:39:10.28 ID:OCHRpEbv0
十代「北斗はどうする?」

北斗「僕は・・・」

十代「何を使うんだ?」

北斗「エクシーズ」

十代「エクシーズなら遊馬だ」

北斗「九十九遊馬か・・・」

十代「どうよ北斗」

北斗「黒咲さん・・・」

十代「へ?」

北斗「僕は黒咲さんに勝ちたい!どうすればいいんだ十代さん!」

十代「柚子の兄ちゃんか?強いもんな」

北斗「強いどころじゃないさ」

十代「聞かせてくれよ。何でそんなに勝ちてえんだ?」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 20:54:02.98 ID:OCHRpEbv0
北斗「黒咲さんとは付き合いが長いけど今だに謎なんだよ」

十代「謎?」

北斗「遊勝塾の子供達とは仲がいいし」

十代「いい事じゃねえの」

北斗「でも笑わないんだよ・・・驚くほど」

十代「確かに笑ってるとこ見たことねえな」

北斗「この前も子供達に誘われて少年野球クラブに助っ人として加入してた」

十代「マジで!?」

北斗「あの独特の威圧感で審判を言いくるめたって、自分は小学生だと」

十代「さすがは柚子の兄ちゃんだぜ!」

北斗「同じエクシーズコースの先輩として越えたいんだ」

十代「超えるべき壁・・・やれよ北斗!黒咲も絶対に大会に出る!」

北斗「・・・出ようかな」

十代「困った時は遊馬を頼ってみろよ。きっと力になってくれるぜ」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 21:07:52.44 ID:OCHRpEbv0
真澄「はあ・・・」

十代「あ、居た居た」

真澄「十代・・・さん」

十代「北斗も刃も出るってさ」

真澄「そう・・・」

十代「真澄はどうすんだ?楽しいデュエルしようぜ!」

真澄「・・・デュエルする気分じゃないわ」

十代「・・・融合次元か?」

真澄「あいつらのおかげで私たち融合使いは」

十代「そんなもん気にすんじゃねえよ」

真澄「そんなこと言ったって、現に色々なところで暴れてるじゃないの!」

十代「あいつらはデュエリストでも無ければ融合使いでもねえ・・・けど真澄はデュエリストだろ?」

十代「堂々とすりゃいいんだぜ!文句言う奴には融合次元なんかと一緒にすんじゃねえって言ってやれよ!」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 21:16:42.24 ID:OCHRpEbv0
オベリスクフォース「見つけたぞ遊城十代!」

十代「また出やがったか・・・」

真澄「しつこい!」

十代「人数が増えてるな・・・数が多ければ勝てると思うなよ?」

オベリスクフォース「2人纏めて倒してやる!」

十代「デカい口を叩きやがって、俺1人で十分だっつうの」

真澄「私もやるわ!」

十代「いいよ。俺だけで」

真澄「でも」

十代「こんな奴とデュエルしたら悪い病気が移っちまうぞ」

オベリスクフォース「人を病原菌みたいに!」

十代「頑張れよ真澄、困った時は俺を呼んでくれてもいいからさ」

真澄「・・・」

十代「な?」

真澄「・・・ありがとう。十代さん」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 21:23:11.17 ID:OCHRpEbv0
セレナ「遅い・・・遅い」

十代「お待たせ!」

セレナ「遅い!何をしてたんだ!?」

十代「ちょっとな」

セレナ「さっき私に話そうとした事はなんだ?」

十代「俺と旅をしねえか?」

セレナ「お前と・・・旅?」

十代「大会が始まるまでな。色んなところを見てみたいだろ」

セレナ「お、お前と旅なんて・・・」

十代「嫌か?嫌なら別に」

セレナ「そこまで言うなら・・・行ってもいいぞ。そんなに私と旅がしたいなら」

十代「じゃあ、支度しようぜ!」

セレナ「言っとくがお前が情けないから行ってやるんだからな。か、感謝しろよ」

十代「ありがとなセレナ」

セレナ「フン・・・」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 21:31:52.23 ID:OCHRpEbv0
数日後

柚子「え?」

真澄「十代さんは」

柚子「十代さんか・・・」

遊矢「十代さんに何か用?」

真澄「用ってわけじゃないわよ!」

遊矢「何でムキになってるんだ?」

柚子「十代さんは風来坊だから」

遊矢「基本的に自由気ままだから」

真澄「そう・・・」

柚子「用があるなら」

真澄「少し聞きたい事があっただけ!用って程じゃないわよ!」

柚子「真澄が十代さんなんて」

遊矢「珍しいよな・・・」





続く
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/23(月) 21:58:43.55 ID:nt8vTYf40
ユベルさんのストレスが
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 22:20:57.32 ID:9y0ojcBrO
十代かっこいいもんな

でも、真澄ちゃんは柚一筋ですよね!
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 23:42:35.60 ID:OCHRpEbv0
遊矢「柚子も大会に?」

柚子「うん!」

遊矢「でもな・・・」

柚子「デュエルでしょ?それにこっちにはハリセンがあるし」

遊矢「もしかしたら俺と当たるかもしれないぞ」

柚子「その時は・・・」

遊矢「お互い全力で・・・?」

柚子「うん」

遊矢「・・・」

柚子「・・・」

ガチャッ

ユート「遊矢!大変な・・・失礼する」

黒咲「何だ?何かあったのか!?遊矢と瑠璃が!?」

ユート「何も無い何も無い何も無い」

黒咲「ユート!何かあったんだな!!」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 23:52:37.17 ID:OCHRpEbv0
黒咲「吐け」

遊矢「・・・」

柚子「・・・」

ユート「そんな事よりも隼」

黒咲「そうだったな・・・」

柚子「何かあったの?」

ユート「俺達の住居が焼けた」

遊矢「焼けた!?」

黒咲「ああ・・・」

柚子「まさか融合次元が」

ユート「いや多分、違うと思う」

黒咲「大会前に焼けるなんて・・・」

ユート「・・・」

柚子「ならあの人に頼めばいいんじゃない?黒咲は知り合いなんでしょ?」

黒咲「あの人?瑠璃の考えに従うか・・・」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/23(月) 23:59:16.72 ID:OCHRpEbv0
赤馬「勝鬨勇雄が無数の狼を千切っては投げ千切っては投げか・・・ランサーズ入りさせるか」

黒咲「赤馬零児!」

赤馬「・・・」

遊矢「社長って感じだよな。この部屋」

柚子「本当にね」

赤馬「・・・何の用だ?」

黒咲「家が焼けたから新しい家をくれ」

赤馬「・・・」

ユート「・・・」

遊矢「・・・」

赤馬「今月の月謝を払えば考えよう」

ユート「隼・・・どうしてLDSに入ったんだ?月謝代がバカにならないんだぞ」

黒咲「社長ならば月謝ぐらいでガタガタ言うんじゃない」

赤馬「わかった。ならば私から一つだけ提案がある」
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 00:07:30.43 ID:bQvAC7fJ0
遊馬「デュエルカーニバルに?別にいいぜ!」

カイト「何者だ。こいつは」

遊矢「赤馬零児って言って社長なんだ」

シャーク「いくつだよ」

赤馬「16歳だ」

シャーク「そんなわけねえだろ!」

黒咲「俺も最初は驚いた」

遊馬「しかも靴下履いてねえしマフラーしてるぜ!」

赤馬「・・・」

カイト「無口だな」

柚子「うん」

赤馬「そして君達を・・・いや遊城十代と不動遊星らを筆頭にランサーズに迎え入れたい」

遊馬「・・・は?」

シャーク「意味がわからねえよ・・・こいつヤバいタイプの人間じゃねえか?」

ユート「多分・・・大丈夫だと思いたい」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 00:14:23.93 ID:bQvAC7fJ0
遊馬「そのダンサーズって?」

赤馬「ランサーズだ」

シャーク「何が目的だよ?」

赤馬「来るべき有事に備えて、君達の実力はよく知っている」

遊馬「なら必要ねえじゃんか」

赤馬「何?」

カイト「俺達は常日頃からデュエルをしている」

シャーク「たまに十代や遊星達の力も借りるけどな」

遊馬「今更チームを作ったって?」

赤馬「融合次元は君達を狙っている。特に遊城十代はセレナを連れ何処かに行ってしまった」

遊馬「まあ心配はいらねえよ。楽しいデュエルをしようぜ!社長!」

赤馬「ああ」

黒咲「先ほどの約束を守るな?」

赤馬「・・・」

黒咲「待て!」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/24(火) 00:19:01.30 ID:DJR/uZSy0
ようやく赤馬登場か
素良君も来ないか
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 00:32:02.33 ID:bQvAC7fJ0
カイト「赤馬零児か・・・」

遊馬「そういや黒咲が約束がどうとか騒いでたけど何かあったの?」

ユート「俺の家が焼けた」

シャーク「マジかよ。どうすんだ?」

ユート「それをずっと考えて居るんだが・・・」

カイト「・・・セレナの家はどうだ?」

遊矢「いいかもしれないな!あそこって寮みたいで空き部屋いっぱいあるし」

柚子「でもセレナって十代さんと旅に出てるし」

遊馬「電話すりゃいいじゃねえか」

遊矢「あ、そっか」

カイト「引越しを手伝ってやろうか」

ユート「すまない」

黒咲「あの嘘つきが・・・」

ユート「隼!新しい家が決まったぞ!」
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 00:43:17.39 ID:bQvAC7fJ0
十代「マジで!?そいつは一大事だぜ!」

セレナ「ぐーぐー」

遊馬「セレナはいいって?」

十代「疲れてんのか寝てるぜ」

遊馬「寝てるんじゃな」

十代「いいんじゃね?」

セレナ「ぐーぐー」

遊馬「けどセレナの事だからキレるぜ」

十代「じゃあ聞いてみる。セレナ!おーいセレナ!」

セレナ「うるさい・・・」

十代「ユートと黒咲に部屋を貸してやってもいいよな?」

セレナ「好きにしろ・・・」

十代「だってよ」

遊馬「ありがとな十代さん!」

セレナ「ぐーぐー」

十代「ハハハ、いびきかいてるぜ」
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/24(火) 11:06:51.20 ID:ZtbbsrjDO
セレナ可愛い
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 14:57:18.55 ID:bQvAC7fJ0
遊馬「いいってよ」

ユート「色々すまないな」

遊馬「別にいいって、なあ!」

シャーク「そういう事だぜ」

カイト「荷物とかあるのか?」

黒咲「そんなものはない。それよりも新しい家とは?」

ユート「セレナの家だ」

黒咲「瑠璃の!?」

ユート「家と言っても寮みたいなものだろ?だから」

黒咲「ユート!さっさと行くぞ!」

シャーク「大丈夫か?」

ユート「大丈夫・・・だと思いたい」

カイト「いつまで黒咲は柚子とセレナを瑠璃と思い込んでるんだ」

ユート「隼の中には瑠璃が何人も居るんだ」

遊馬「いいじゃねえか!俺だってカイトやシャークが何人居ても楽しいぜ!」

遊矢「そういうものなのか?」

柚子「私にはよく分からない」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 15:05:30.47 ID:bQvAC7fJ0
遊馬「しかし寮だよな・・・十代さんと遊星さんは何考えてんだ」

黒咲「瑠璃が居ない!?瑠璃の側に居る猫も!」

柚子「セレナなら十代さんと旅に出たわ」

黒咲「十代・・・俺に許可無しに瑠璃を連れ出すとわ・・・」

シャーク「お前の許可なんて必要ねえだろ」

黒咲「俺の妹だ。カイトと凌牙も十代が勝手に妹と弟を連れ出したら嫌なら気持ちになるだろ」

カイト「・・・」

黒咲「それと一緒だ」

シャーク「一緒じゃねえよ!」

黒咲「瑠璃を遊矢に取られ瑠璃を十代に取られまだ見ぬ瑠璃はシンクロ男に・・・くっ・・・」

カイト「バカかお前は」

黒咲「バカだと・・・誰がバカだ」

シャーク「お前」

ユート「隼!カイトと凌牙とデュエルがしたいなら大会で決着をつけるんだ!」

黒咲「・・・わかった。大会でお前達とは決着をつける」

遊馬「ユートも大変だな」

ユート「慣れたさ・・・既にな」
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 15:14:30.09 ID:bQvAC7fJ0
ユート「部屋はここでいいな。なるべくセレナの部屋から離しておかないと」

遊矢「黒咲と凌牙さんは?」

カイト「外で睨み合ってる」

柚子「・・・」

ユート「ところでデュエリストは何人ぐらい集まるんだ?」

カイト「知らん。だが結構な人数のデュエリストが集まるだろうな」

遊矢「カイトさん」

カイト「何だ?」

遊矢「いや・・・あのさ」

遊馬「ユート!絶対にデュエルしようぜ!」

ユート「約束しよう。俺も遊馬とは戦ってみたい」

柚子「あのね、カイトさん」

遊矢「いいよ。俺が言うから」

カイト「言いたい事はわかっている。帰るぞ遊馬、凌牙」

遊馬「睨み合ってるねえで帰ろうぜ!」

シャーク「チッ」

黒咲「フン」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/24(火) 15:15:04.88 ID:5EF5SBU1O
このシリーズの黒咲の破綻っぷりなんか好き
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 15:20:06.93 ID:bQvAC7fJ0
数日後

小鳥「ユートと黒咲さんの引越しの手伝いしたんだ」

遊馬「ああ」

小鳥「けど笑えるよね、黒咲さんって柚子さんやセレナも瑠璃って・・・」

遊馬「小鳥」

小鳥「・・・」

遊馬「行方不明の妹に似た人間を妹の名で呼んで何か問題あるのか?」

小鳥「え、でも・・・」

遊馬「問題あるのか?」

小鳥「・・・」

遊馬「あるのか?」

小鳥「・・・無い」

遊馬「なら笑ったらダメだろ」

小鳥「ごめん・・・」

遊馬「わかればいいんだよ」

小鳥「・・・」

遊馬「でも似た人間が少し多すぎるぜ・・・神様は何を思って似た人間を創造したんだろうな・・・」





続く
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/24(火) 16:23:22.20 ID:y3yAN3eno
最初は仕方ないが違うって言ってるのに何度も呼ぶのは問題あるだろ
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 18:38:02.83 ID:bQvAC7fJ0
ガタガタガタ

ユート「隼」

黒咲「この音は何だ?」

ガタガタガタ

ユート「わからん・・・もしや泥」

黒咲「瑠璃が帰って来たかもしれない」

ユート「セレナが?」

黒咲「そうだ」

ガタガタガタ

ユート「様子を見に行ってみる」

黒咲「俺も行こう」

ガタガタガタ

ユート「気どられずに慎重にだ」

黒咲「・・・」

ガタガタガタ

ユート「何なんだ一体・・・?」
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 18:57:23.85 ID:bQvAC7fJ0
ユート「音の正体はセレナの部屋からか」

黒咲「瑠璃が帰って来たのか?」

ユート「泥棒の可能性もある」

黒咲「泥棒だと?なら許せん」

ガタガタガタ

ユート「入るか」

黒咲「ああ」

ガチャッ

ユート「これは・・・」

黒咲「窓が開いていたのか、猫が侵入しているなんて」

ユート「意外とだらし無い子なんだな・・・」

黒咲「6匹か・・・外に出しておくか」

ユート「そうしよう」

黒咲「ほら出て行くんだ」

ユート「ここがセレナの部屋の中か・・・」
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 19:08:39.86 ID:bQvAC7fJ0
黒咲「瑠璃にしては女の子らしさの無い部屋だぞ」

ユート「色々な本が置いてあるな」

黒咲「爬虫類図鑑に昆虫図鑑、甲殻類図鑑・・・」

ユート「行こう」

黒咲「ユート」

ユート「どうした?」

黒咲「・・・日記がある」

ユート「読むんじゃないぞ」

黒咲「それぐらいわかっている」

ユート「あの子は日記をつけるタイプなのか」

黒咲「知らん」

ユート「・・・やめよう。プライバシーに関わる問題だ」

黒咲「・・・」

ユート「隼」

黒咲「ああ・・・そうだな」

ユート「戸締りはちゃんとしておこう」
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 19:18:26.57 ID:bQvAC7fJ0
カイト「何?日記だと」

シャーク「あのセレナが?」

ユート「ああ」

カイト「柚子ならわかるが・・・本当にセレナなのか?」

ユート「多分な」

シャーク「・・・」

ユート「そう言えば遊馬の姿が見えないが」

シャーク「遊馬なら何か用があるとか言って」

カイト「日記か・・・セレナの部屋なら融合次元へのアカデミアの手がかりがあるかもな」

シャーク「忍び込むっていうのかよ!?」

カイト「そうじゃない」

ユート「だが勝手に見るのはどうかと思うぞ」

カイト「・・・」

シャーク「・・・」

ユート「・・・」

カイト「黒咲は大丈夫なのか?」

シャーク「野郎を1人にしとくと大変な事になると思うぜ」

ユート「まさか隼が・・・まさか」
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 19:27:32.82 ID:bQvAC7fJ0
アユ「セレナお姉ちゃんが?」ヒュッ

黒咲「そうだ」カキーン

タツヤ「意外と女の子なんだね」

アユ「好奇心旺盛な不審者なら見たよね」ヒュッ

黒咲「いや」カキーン

タツヤ「嘘でしょ!?」

黒咲「そんなに驚くな」

アユ「次はスライダーで行くよ!」

黒咲「・・・」

アユ「えいっ!」ヒュッ

ククッ

黒咲「確かに瑠璃だが・・・妹の日記を勝手に見る兄が何処にいる!」スカッ

アユ「不審者にも常識があるんだ・・・逆に凄い」ヒュッ

ククッ

タツヤ「いつか見るんでしょ?」

黒咲「・・・どうだろうな」スカッ

タツヤ「不審者は変化球に弱いね。ちゃんと見ないと」

黒咲「くっ・・・」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 20:08:34.61 ID:bQvAC7fJ0
ユート「見ろ。子供達と野球をしているだろ」

カイト「みたいだな」

シャーク「ああ」

カイト「だがアユ達と何で野球を」

ユート「少年野球クラブに所属しているから隼は」

シャーク「少年!?」

ユート「俺も最初は驚いたがもう慣れた」

カイト「野球か」

ユート「隼は見ての通り不審者だがあの様に子供達に懐かれている」

シャーク「それで一度パクられたんじゃねえか」

カイト「まあ・・・いい事だ」

シャーク「行こうぜ」

ユート「・・・」

アユ「えいっ!」ヒュッ

黒咲「・・・」

ククッ

黒咲「そこだ!」カキーン

タツヤ「やったー!」

黒咲「フッ」
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 20:17:17.05 ID:bQvAC7fJ0
数日後

ガタガタガタ

ユート「またか」

ガタガタガタ

黒咲「何かが侵入しているんじゃないか?」

ガタガタガタ

ユート「戸締りはちゃんとした筈だが」

ガタガタガタ

黒咲「・・・今度は何の音だと思う」

ガタガタガタ

ユート「さあな」

ガタガタガタ

黒咲「どうする」

ガタガタガタ

ユート「・・・また見に行くか」

ガタガタガタ

黒咲「ああ」





続く
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 21:05:09.12 ID:bQvAC7fJ0
ユーゴ「遊星!大会ってマジかよ!?」

ジャック「ユーゴか」

ユーゴ「遊星は?」

クロウ「遊星なら出かけてるぜ」

ユーゴ「んだよ・・・大会ってマジか?」

クロウ「おう!」

ユーゴ「そりゃ面白そうだぜ!どんなデュエルになるんだろうな?」

ジャック「まあ馴染み深いメンバーが集まってるんだ・・・きっと」

ブルーノ「遊星!」

ユーゴ「遊星なら居ねえって」

ジャック「何かあったのか?」

ブルーノ「改造デュエリストだよ!」

ユーゴ「よし・・・おい!行こうぜ、ジャック!クロウ!」

クロウ「あ、待てユーゴ!」

ジャック「全く元気な奴だ」
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 21:09:52.02 ID:bQvAC7fJ0
「シュッシュッシュッ!」

ユーゴ「あれは何の改造デュエリストだ?」

クロウ「わかるか?」

ジャック「見たところサソリの改造デュエリストってところか」

ユーゴ「このデュエルは俺が仕切らせてもらうぜ」

ジャック「1人でやれるのか?」

ユーゴ「まあ見てろよ!」

「イーッ!」

「イーッ!」

「イーッ!」

クロウ「仕方ねえから俺達はこいつらの相手でもしてやるか?」

ジャック「そうするか」

「シュッシュッシュッ!」

ユーゴ「来いよサソリ野郎!デュエルだ!」

「デュエル?お前が噂の不動遊星か!?」

ユーゴ「遊星じゃねえ!俺はユーゴだ!」
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 21:15:43.76 ID:bQvAC7fJ0
「シュッ!」

ユーゴ「おっと・・・野郎はハサミを武器にしやがるのか」

「シュッ!シュッ!」

ユーゴ「一発でも喰らえばアウトだな・・・なら、どうすっかな」

「避けてばかりじゃ俺は倒せんぞ遊星!」

ユーゴ「だから俺は遊星じゃねえ!」

「シュッ!」

ユーゴ「ユーゴだ!」ガンッ

「ぐあ・・・ぐわあああ・・・!」

ユーゴ「弱点が見えたぜ!」

「弱点!?」

ユーゴ「てめえの弱点はハサミの付け根だぜ!」

「わかった所で・・・この俺を倒せるのか!?」

ユーゴ「うるせえ!やるしかねえだろうが!」

「不動遊星!」

ユーゴ「チッ!俺はユーゴだ!!!」
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 21:19:57.90 ID:bQvAC7fJ0
クロウ「ユーゴは!?」

ジャック「安心しろ。戦っている!フンッ!」

「イーッ・・・」

クロウ「中々いいデュエルしてやがるぜ」

ジャック「だな」

「イーッ!」

クロウ「なら俺達も負けるわけには」

ジャック「いかんな!」

「イーッ!」

「イーッ!」

「イーッ!」

ジャック「ええい!散れ雑魚共!」

クロウ「しつけえんだよ!」

「イーッ!?」

クロウ「ユーゴ!絶対に勝ちやがれ!」

ユーゴ「任せとけ!」
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 21:23:54.69 ID:bQvAC7fJ0
ユーゴ「付け根・・・付け根を・・・ぶん殴る!」ガスッ

「オォ・・・!」

ユーゴ「もう一発!」ガスッ

「シュッ!」

ガッ

ユーゴ「ちゃんと周りみやがれ!」

「ハサミが壁に・・・!」

ユーゴ「これで狙い打ちができるぜ!なあ!」

「ま、待て!」

ユーゴ「ネオドミノシティは壊せねえぜ!」

「卑怯者!」

ユーゴ「誰が卑怯だ!オラァ!」ドガッ

「ぐぐっ!」

ユーゴ「悪い事してっと天罰が当たるんだよ!」ドガッドガッドガッ

「オオッ!」

ユーゴ「こいつで最後だ!」
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 21:35:39.86 ID:bQvAC7fJ0
ジャック「待て、もういい」

ユーゴ「ったく世話焼かせやがって・・・」

クロウ「改造デュエリストってのはある程度倒せば元の姿に戻るんだとよ」

ユーゴ「じゃあツラを拝ませてもらうか・・・こいつ!」

ジャック「お前だったのか!?」

沢渡「いてて・・・何やってんだ俺?」

クロウ「沢渡じゃねえか!」

ジャック「悪の組織は身内にまで手を出して来たか」

沢渡「ジャックにクロウ・・・白遊矢」

ユーゴ「だから俺は・・・もういいや」

ジャック「お前も成長したという事か、改造デュエリストを1人で倒すなんて」

ユーゴ「おいおい!俺を遊矢と一緒にすんじゃねえぞ?俺は後輩かよ」

クロウ「まあ俺らから見ればユーゴも遊矢だって凌牙とかも後輩みてえなもんだぜ」

ジャック「そして仲間でもある。対等のな」

ユーゴ「仲間・・・へへへ」

沢渡「何があったんだよ?そうだ!何か大会があるってマジか!?」

ジャック「元気な奴だな。お前は」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 21:41:33.49 ID:bQvAC7fJ0
数日後

ジャック「マンモスの化石だと?」

遊星「発見してな。掘り出して来た」

ユーゴ「そんじゃ帰るわ。おい、乗ってけよ」

沢渡「まあ大会だろうがこの俺が勝つんだけどな・・・そいつが遊矢でも万丈目でもジャックでも」

ジャック「良かろう!ならばお前と当たれば全力で叩き潰してくれるわ!」

沢渡「よく言うぜ!」

ユーゴ「俺は遊星・・・っつうかこの次元の奴らとなら誰とでも戦いてえぜ!」

遊星「俺も楽しみにしている」

ユーゴ「おう!」

沢渡「ほら行けよ」

ユーゴ「じゃあな!」

沢渡「大会で会おうぜ!」

ジャック「・・・ところで大会はどういう感じでやるんだ」

クロウ「トーナメントか?結構な数になるだろうぜ」

ブルーノ「どうするの?」

遊星「そこは・・・遊馬とでも話し合ってみる」





続く
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/24(火) 22:20:21.44 ID:ZtbbsrjDO
デュエルとは肉体と肉体のぶつかり合い
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 22:59:04.05 ID:bQvAC7fJ0
セレナ「これが飛行機か・・・?」

十代「いや俺らが乗ってるのはセスナって言ってな・・・凄えだろ俺?」

セレナ「何が」

十代「運転だよ運転」

セレナ「は?」

十代「俺ってさ得意なんだよな。乗り物操作すんの」

セレナ「言ってる意味がわからん」

十代「本当は免許ねえと運転しちゃダメなんだぜ?俺の真似はすんなよセレナ」

セレナ「だ、誰がお前の真似なんてするか・・・絶対にやらんからな!」

十代「へへへ」

セレナ「それにしても空から見る景色は初めてだ」

十代「嬉しいか?」

セレナ「・・・う、嬉しくない」

十代「そうか、残念だぜ」

セレナ「だがお前が良かれと思ってやったんだから、別に悪くはないぞ・・・」

十代「マジかよ?そいつは良かったぜ!」

ユベル「・・・」
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 23:09:05.64 ID:bQvAC7fJ0
ユベル「十代」

十代「どうした?」

ユベル「何か来るぞ」

十代「・・・モンスターだな」

ユベル「どうする?」

十代「やるしかねえじゃん、セレナに気がつかれないようにな」

ユベル「わかった」

十代「そろそろ目を瞑って耳を塞いだ方がいいぜ」

セレナ「何故だ?」

十代「そうしないとデュエルができなくなっちまう。一瞬だけ目と耳を」

セレナ「デュエル!?それは困るな、わかった。目を瞑って耳を塞ごう」

ユベル「今だ十代」

十代「空中戦ならフェザーマンとエア・ハミングバードだぜ!召喚!」

フェザーマン「十代」

ハミングバード「モンスターか?」

十代「どうやら近くに居るらしいぜ。頼むよ!」

フェザーマン「わかった!」
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 23:16:13.53 ID:bQvAC7fJ0
フェザーマン「何も居ない・・・ん?あれは何だ」

ギロチン・クワガタ「ギチチチチチ!!!」

ズブッ

ハミングバード「グアッ!」

フェザーマン「エア・ハミングバード!」

ハミングバード「き、聞いた事がある・・・旅客機を事故と見せかけ襲撃するモンスターが・・・」

フェザーマン「それが奴なのか!?」

ハミングバード「恐らく・・・不覚だ・・・」

フェザーマン「君は十代の元へ戻り傷を癒した方がいい」

ギロチン・クワガタ「ギチチチチチ!」

フェザーマン「奴は私が食い止める!」

ハミングバード「頼む・・・援軍を呼んで・・・」

フェザーマン「早すぎて姿が見えん・・・そこだ!」

ギロチン・クワガタ「ギチチチチチ!」

フェザーマン「避けられたか!?」

ギロチン・クワガタ「ギチチチチチ!」

フェザーマン「くっ・・・」
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 23:22:16.14 ID:bQvAC7fJ0
ハミングバード「十代・・・」コンコン

十代「その傷はどうしたんだ!?」

ハミングバード「モンスターだ・・・!」

セレナ「ん?」

十代「セレナ!あそこに珍しい鳥が居るぞ!」

セレナ「鳥!?」

十代「頼むぜネオス」

ハミングバード「奴は速すぎるぞ」

十代「ありがとよ。ゆっくり休んでくれ」

ハミングバード「すまないな」

ネオス「エア・ハミングバードをここまでやるなんて・・・行ってくる!」

十代「ああ!」

セレナ「居ないぞ」

十代「ん?居ねえか」

セレナ「嘘ばかり付くな!」

十代「嘘ついてねえじゃんか、ちゃんと前見た方がいいぜ」

セレナ「ふん」
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 23:30:45.90 ID:bQvAC7fJ0
フェザーマン「ハァハァ・・・」

ネオス「フェザーマン!」

フェザーマン「ネオスか・・・気をつけろ。奴は」

ネオス「ならばコンタクト融合をしよう」

フェザーマン「私と君とで!?できるのか?」

ネオス「我々は融合の申し子である十代のモンスター・・・不可能な事などない!」

フェザーマン「わかった!やろうネオス!」

ネオス「私とフェザーマンとでコンタクト融合!」

ギロチン・クワガタ「ギチチチチチ!」

フェザーマン「新たな融合HERO!その名はフェザーネオス!」

ギロチン・クワガタ「ギチチチチチ!」

フェザーネオス「フェザーネオスには効果はない・・・だがしかし、動体視力が大幅にアップ!」

フェザーネオス「そこだ!」ガッ

ギロチン・クワガタ「ギチッ!?」

フェザーネオス「やっと捕まえた・・・エア・ハミングバードの仇を討たせてもらう!」

フェザーネオス「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァーッッッ!!!」

ギロチン・クワガタ「ギィーッ!!!」

フェザーネオス「やれやれだ・・・」
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 23:40:26.87 ID:bQvAC7fJ0
十代「そうか、サンキュー」

セレナ「見ろ、タヌキ!あの建物が小さく見えるぞ!」

ファラオ「ニャッ」

十代「楽しそうで良かったぜ」

大徳寺「あの子はよくファラオとお喋りしてるにゃ」

十代「・・・いきなり出て来るなよ!ビックリするじゃんか!」

セレナ「何だこいつは!?」

十代「大徳寺先生って言ってな。俺の先生さ」

セレナ「先生?十代の先生?何か透けているぞ」

十代「だって幽霊だからな」

セレナ「何だ幽霊か・・・」

十代「普段はファラオを腹の中で住んでてさ」

セレナ「タヌキの?」

大徳寺「セレナちゃんは野良猫を拾っては家に入れてあげてるにゃ」

十代「へえ」

セレナ「くっ・・・そ、そんなの嘘だ!まさか私を見てたのか!?」

十代「そうキレるなよ、いいんじゃね?そういうの」

セレナ「くっ・・・」
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 23:49:58.14 ID:bQvAC7fJ0
セレナ「あの幽霊が居たならもっと早く言え・・・恥をかいたぞ」

十代「ハハハ」

セレナ「・・・」

十代「そんなに大徳寺先生が驚いたのか?」

セレナ「同じ家に住んでいたら家族なのか?」

十代「うーん・・・」

セレナ「遊星達はそうじゃないのか?」

十代「家族が欲しいのか?」

セレナ「いや・・・」

十代「なら家族みたいなもんだろ。遊星達のように絆で繋がってりゃさ」

セレナ「絆・・・しかし私はタヌキや幽霊とは付き合いが短いぞ」

十代「これから作るんだって!」

セレナ「これからか・・・」

十代「それにお前が住んでる家・・・ていうか寮か?あそこにはユートと黒咲も居るしな」

セレナ「・・・」

十代「さてと!早く行こうぜ!宿だ宿」

セレナ「宿?」

十代「もうすぐ着くさ」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/24(火) 23:57:35.96 ID:bQvAC7fJ0
数日後

カイザー「もう行くのか?」

十代「泊めてくれてありがとうな」

カイザー「大会はもうすぐだが遊星や遊馬とは話し合ったのか?」

十代「そういうのはあいつらに任せてる」

カイザー「先輩のお前がそれでは示しがつかんだろ」

十代「いいんだよ。柄じゃねえし」

セレナ「変なところに家があるんだな。下が見えんぞ」

十代「それにセレナには色々と経験させたいし」

カイザー「・・・そうか」

十代「ああ!」

セレナ「ここから落ちたら」

十代「行くぞセレナ!」

セレナ「お、驚かすな!」

十代「じゃ大会で会おうぜ!」

カイザー「遅刻はするなよ十代」

十代「当たり前じゃんか!最高にワクワクしてんだぜ!」





続く
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/25(水) 00:06:26.56 ID:I4N9lYGn0
遊矢「101・・・102・・・103・・・」

柚子「頑張ってるわね遊矢」

遊矢「身体作っとかないとな!柚子はどうだ?」

柚子「うーん・・・そうだ!お弁当作って来たんだけど、休んで食べない?」

遊矢「うん」

柚子「何か腕が太くなったね」

遊矢「そうか?」

柚子「勝てるといいね。先輩達に」

遊矢「・・・うん」

ユーゴ「居た!」

遊矢「ユーゴ!?」

ユーゴ「美味そうじゃねえか!一つ貰うぜ!」

柚子「あっ!」

遊矢「どうかしたのか?」

ユーゴ「ちょっと付き合えよ」

遊矢「は?」

ユーゴ「いいから来いって!」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/25(水) 00:13:33.19 ID:I4N9lYGn0
ユーゴ「あれ見ろよ」

遊矢「あの赤帽子?」

柚子「あの人って確か遊馬くんの次元の」

遊矢「え?遊星さんじゃなかったか?」

柚子「遊馬くんよ」

ユーゴ「変な奴だろ?」

遊矢「確か十代さんの次元にも居たとか・・・学生時代に」

ユーゴ「やべえよ!絶対にやべえ奴だって!」

遊矢「ヤバい奴って融合次元とか改造デュエリストやハートランド的な?」

ユーゴ「だって変じゃねえか!」

柚子「私達だってこうして行ききしてるんだし別に・・・」

ユーゴ「ちょっと聞いてくる!」

遊矢「待てよユーゴ!」

ユーゴ「おい!」

コナミ「な、何?」

ユーゴ「てめえは何だ!」
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/25(水) 00:20:38.47 ID:I4N9lYGn0
コナミ「まさか遊星の知り合いとか・・・不良に絡まれたのかと」

柚子「ごめんなさい」

遊矢「コナミさんが何者なんだってユーゴが」

コナミ「俺が?」

ユーゴ「まさか敵じゃねえよな?」

コナミ「俺・・・いや俺達は別次元のデュエリストさ」

遊矢「じゃあ十代さんや遊馬の?」

コナミ「それぞれの次元に居る。例えば十代の次元では社会人で遊星の次元では学生、遊馬の次元ではAV女優」

コナミ「そしてそれぞれの次元での事を共有しているんだ」

柚子「AV・・・」

遊矢「俺達は別に職業差別はしないけど、それぞれの次元に居るって事は・・・本来の次元は?」

ユーゴ「俺が当ててやるよ・・・デュエルモンスター次元は100パー違うな。DT次元!遊星が言ってたDT次元!」

コナミ「いや違う」

遊矢「何処?」

コナミ「人はTF次元と呼ぶらしいんだ」

柚子「TF次元か・・・」
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/25(水) 00:28:32.55 ID:I4N9lYGn0
遊矢「十代さん次元、遊星さん次元、遊馬次元」

柚子「私達の次元にエクシーズ次元、シンクロ次元、融合次元、多分儀式次元」

ユーゴ「そんでデュエルモンスター次元、DT次元・・・TF次元か」

遊矢「この世には二十三の次元があるとか言ってたよな」

柚子「まだありそうね。別次元が」

コナミ「うん」

ユーゴ「何か困った事がありゃいつでも呼んでくれよ!」

コナミ「ありがとう」

遊矢「デュエリストは助け合いって事さ!」

柚子「遊矢も徐々に先輩達に似てきたね!」

ユーゴ「イチャイチャして嫌んなるだろ?」

コナミ「いや俺にも彼女が居るから大丈夫」

ユーゴ「あ?」

コナミ「この写真の」

ユーゴ「見ねえよ!自慢かよ、てめえ!!」

コナミ「ち、違う!」
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/25(水) 00:36:07.17 ID:I4N9lYGn0
ユーゴ「TF次元だってよ」

遊矢「十代さん達は知ってると思うけど」

柚子「ユート達には一応言っとこうか?」

ユーゴ「内緒にして後で度肝抜いてやろうぜ!」

遊矢「別にいいけど」

ユーゴ「そんじゃ俺、帰るわ」

柚子「何処に住んでるの?」

ユーゴ「いい家を見つけてな。あそこだぜ!」

遊矢「あ、あれ!?」

柚子「あれってセレナが住んでる・・・」

遊矢「それにユートと黒咲も」

ユーゴ「おうよ!少しうるせえけどな、さすが遊星が作っただけあってよ・・・」

柚子「何か騒がしそうな家ね・・・」

遊矢「ユーゴは黒咲と相性が悪いからな・・・瑠璃の件で」

ユーゴ「ま、普段は遊星の次元でブラブラしてるからよ」

遊矢「まあ喧嘩しないで」

柚子「が、頑張ってね」
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/25(水) 00:44:58.91 ID:I4N9lYGn0
数日後

ユーゴ「遊星・・・居ねえのかよ」

ブルーノ「遊星ならサラセニアの改造デュエリストとデュエルしに行ったよ」

ユーゴ「ふーん・・・」

ブルーノ「何か用?」

ユーゴ「何か道具貸してもらおうかなって思ったりして」

ブルーノ「ちょっと待ってて!確かスペアポケットに・・・」ゴソゴソ

ユーゴ「何かドバッと食い物が出る奴がいいぜ」

ブルーノ「それならこれがベストだね」

ユーゴ「何だそりゃ?」

ブルーノ「これは頼んだらその食べ物が出てくるテーブルかけだよ」

ユーゴ「サンキュー!遠慮無く借りるぜ!」

ブルーノ「くれぐれも悪用しちゃダメだよ!」

ユーゴ「大丈夫だぜ!」

ブルーノ「何か心配なんだよね・・・」





続く
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/25(水) 01:27:09.69 ID:ncPWSkmDO
長編よりいつもみたいに短編にすればいいのに
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/25(水) 01:35:14.14 ID:8Rjd8yReO
とりあえず久々にコナミ君が見れて満足
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/25(水) 05:30:20.79 ID:tsoKsuvfO
くれ悪じゃぞー
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/25(水) 08:12:34.30 ID:7BwiCz8to
「遊」で検索かけてるけど短編だと見逃す可能性もあるからな―
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/25(水) 20:22:31.07 ID:I4N9lYGn0
カイト「・・・おい」

「げっ・・・て、天城カイト!?」

カイト「寄ってたかって女1人を甚振るのは関心せんな」

「くっ・・・」

カイト「わかったら去れ」

「は、はい」

「し、失礼します!」

ねね「あ、ありがとうございます」

カイト「・・・」

ねね「わ、私!光焔ねねと申します・・・あの人達にはいつもいつもデュエルの相手をさせられて」

カイト「言わばカモか」

ねね「・・・」

カイト「ハートランド学園の生徒か?困った事があれば九十九遊馬か神代凌牙を訪ねればいい。何とかしてくれるだろ」

ねね「あ、あの!」

カイト「礼ならいらん。じゃあな」

ねね「あの人が天城カイトか・・・」
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/25(水) 20:31:12.26 ID:I4N9lYGn0
アリト「なあ・・・ザリガニって食えんのかな」

シャーク「飯食いに行く前に気持ち悪りい話をしてんじゃねえよ」

ギラグ「あいつらエビだろ?食えるんじゃねえか」

ドルべ「海老の事なら遊馬に聞いた方がいい。遊馬はエビに詳しい」

璃緒「凌牙!あれ!」

シャーク「何だ?何かあっ・・・」

ミザエル「!?」

ベクター「おいおい・・・冗談だろ?」

ねね「カ、カイトさん!」

カイト「ついて来るな」

シャーク「カイトが女と歩いてやがる・・・どうなってんだ」

アリト「嘘だろ・・・?」

璃緒「しかもあの子うちに学園の生徒じゃない?」

ベクター「あららァ〜!あの天城カイトが女子中学生に手を出しちまうなんてェ!」

ギラグ「・・・もしもし遊馬か?俺だ」

アリト「おい!俺だよ俺!よく聞けよ遊矢!」

ベクター「もォ〜し、十代?俺だ俺・・・は?女の子みたいな声してんな・・・誰だお前?」

ドルべ「遊星、私の話を落ち着いて聞いてくれ」

シャーク「一斉に電話しやがった・・・」
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/25(水) 20:41:39.68 ID:I4N9lYGn0
遊馬「聞いたぜシャーク!」

小鳥「カイトに彼女ができたんだって!?」

シャーク「あれ見ろよ」

小鳥「あっ・・・あの子」

ギラグ「知ってんのか?」

アリト「遊矢なんて電話口で驚いてたぜ?」

ドルべ「遊星もだ」

ベクター「十代の代理みたいなのに怒鳴られたぜ」

ギラグ「何かあの女の子のこと知ってんのか?」

小鳥「あ、うん・・・遊馬もシャークも噂で聞いてないかな?ねねちゃんの事」

シャーク「ねね・・・もしかして」

小鳥「いじめられてるって噂」

遊馬「いじめ!?そんな話なんて俺の耳に入って来ねえぞ」

璃緒「いじめって影でコソコソやってる事が多いから」

アリト「だから俺達の耳にも入って来ねえってわけか」

ミザエル「だがそのいじめられっ子の彼女とカイトが何故?」

遊馬「・・・聞いてくればいいんじゃねえか?」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/25(水) 20:48:05.92 ID:I4N9lYGn0
遊馬「カイト!」

カイト「遊馬か」

ねね「あっ・・・」

遊馬「怖がらなくてもいいぜ。俺はいじめ何てしねえから」

シャーク「何があったんだお前?」

カイト「こいつが絡まれていたので排除したまでだ」

遊馬「カイトらしいぜ」

小鳥「単刀直入に言うけどカイトの事が好きになったのかな?」

ねね「そ、そんなんじゃないです・・・あの」

アリト「とりあえず、お前をいじめてる奴らを呼び出しな」

ギラグ「俺達がデュエルで成敗してやるぜ!」

ねね「・・・ううっ」

ベクター「あーあ!泣かしちまった!ナッシュの顔面が怖えからなんじゃないの?」

シャーク「てめえ!」

ねね「人に優しくされたのって初めてで・・・それに学園でも中心人物の人達が私に声なんて」

遊馬「もしかして友達になりてえのか?カイトと」

ねね「・・・はい」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/25(水) 20:57:00.34 ID:I4N9lYGn0
遊馬「どうなんだカイト?」

カイト「なりたくば勝手にしろ、俺は構わん」

小鳥「じゃあ」

カイト「だがこいつを手助けするな」

ミザエル「なぜだ?」

カイト「いじめとは自分で立ち向かわなければ意味は無い。もし遊馬や凌牙が助けてもこいつの真の成長には繋がらない」

ドルべ「なるほど」

ねね「自分で立ち向かう・・・」

遊馬「よし、じゃあ飯でも食いに行こうぜ!V達も呼ぶか?」

アリト「っつうか誰だよ彼女なんて言ったの!」

ギラグ「早とちりも大概にしろよ!」

シャーク「てめえらじゃねえのか」

カイト「ねねだったな。俺の仲間にお前より少しマシだがウジウジしていた奴が居る」

ねね「してた?今はどうなのです」

カイト「恋人ができ浮かれては居るが・・・少しは成長した。まだまだグズで甘いがな」

ねね「なら私も」

カイト「先ずは自分で立ち向かえ・・・何度でも何度でもな」

ねね「はい!」
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/25(水) 21:10:52.67 ID:I4N9lYGn0
数日後

カイト「俺に女は不要だ。切るぞ」

ハルト「誰から?」

カイト「柚子が俺に・・・」

プルプルプルプルプルプル

カイト「・・・今度は遊矢か、あれはデタラメだ」

ハルト「みんな兄さんが心配なんだよ。いい歳して彼女ができた事が無いなんて」

カイト「ハルトも俺ぐらいの歳になればわかるさ」

フェイカー「そんなカイトに吉報じゃ」

カイト「吉報?」

フェイカー「見合いじゃ」

カイト「どういう・・・ことだ・・・!?」

フェイカー「お前もそろそろ大人になれ」

カイト「俺にはやるべき事がある。大会が始まるんだ・・・だから」

フェイカー「詳しくは後日伝える」

カイト「・・・どいつもこいつも何故、俺に女を作らせたがるんだ」





続く
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/25(水) 22:14:40.26 ID:gX307WH90
誰が相手なんだ…
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/25(水) 22:16:59.34 ID:T/sxsUxrO
ベクターと十代が連絡取り合う仲なのかww
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/25(水) 22:36:44.14 ID:W02xYRoDO
皆兄さんがロリコンにならないのかと心配なんだよ…
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/25(水) 22:38:45.64 ID:N6pcY9MBo
少なくともブラコンでショタコンだからな
ライバルがドラキチやシスコンだから比較的マシに見えなくもない
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/25(水) 23:07:52.49 ID:I4N9lYGn0
カーリー「大変なんだから!」

鬼柳「お?」

カーリー「あれ?遊星とジャックは?」

鬼柳「カイトに女ができたって騒いでてよ。俺らは留守番頼まれたってわけだ。な!」

プラシド「・・・」

鬼柳「大変な事ってのは?」

カーリー「この写真」

鬼柳「こいつは悪の組織の戦闘員・・・それに拘束されてるのはボマーじゃねえか!」

カーリー「遊星達に報告した方がいいかなって思ったんだけど・・・」

鬼柳「なら俺らでやってやるよ」

カーリー「あなたは信用できそうだけど・・・こっちは」

鬼柳「安心しろって、こいつの剣の腕前はハンパじゃねえから」

プラシド「・・・」

カーリー「じゃあ」

鬼柳「行こうぜ!悪の組織をぶっ潰しに」

プラシド「くだらん・・・だが付き合ってやってもいい。俺の剣の腕を試すにはちょうど良い」
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/25(水) 23:16:06.54 ID:I4N9lYGn0
鬼柳「ここだな。そんじゃ早速」

プラシド「待て」

鬼柳「何だ?」

プラシド「罠があるかもしれんぞ」

鬼柳「関係ねえよ」

プラシド「・・・お前はバカか」

鬼柳「度胸と圧倒的な力でやってやるだけよ!それが俺の満足だぜ!」

プラシド「チッ、なら勝手にしろ」

鬼柳「勝手にさせてもらうぜ。おーい!鬼柳京介がやって来たぞ!!!」

「イーッ!」

「イーッ!」

「イーッ!」

鬼柳「面倒な事は抜きだ!正面から押し切ってやるぜ!」ゴスッ

「イーッ・・・」

鬼柳「どうした!デュエルは始まったばかりだぜ、かかって来い!俺を満足させてみろ!」

プラシド「奴が目立つお陰で中が手薄になったか、今のうちに・・・」
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/25(水) 23:24:28.36 ID:I4N9lYGn0
プラシド「何処かにこのアジトの指揮官が居るはずだ」

「ギェギェギェーッ!」

プラシド「出たな、改造デュエリスト」

「不動遊星の仲間のプラシドだな」

プラシド「仲間だと?勘違いするな!俺は奴の敵だ」

「我が組織の情報によれば不動遊星、ジャック・アトラス、クロウ・ホーガン、ブルーノ、鬼柳京介、ボマー、プラシド、ユーゴは要注意人物の筈」

プラシド「そんな物は貴様らが勝手に決めた事だ。デュエルと行こうか・・・」チャキッ

「ギェギェギェーッ!その鈍刀で俺の鎌に挑むか!」

プラシド「鎌?カマキリの改造デュエリストか」

「そう!その命を頂戴するぞ!」

プラシド「・・・甘いな」

サクッ

「ギエエエエエエエエエ!!!」

プラシド「その程度の鎌で俺に挑むとは笑止な。出直して来い」

「くっ・・・こうなれば奥の手だ!人質を出せ!」

「イーッ!」
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/25(水) 23:30:25.16 ID:I4N9lYGn0
ボマー「す、すまない・・・」

プラシド「勝てぬとわかって人質を盾に使うか、下劣な奴よ」

「これでお前も迂闊に動けまい!動けばこいつを」

プラシド「それはどうかな」

「な、何だと!?」

プラシド「俺からすれば、そいつは人質として何ら価値はない」

「ぐぬぬ」

ボマー「私に構うな!そいつを斬れ!」

プラシド「元よりそのつもり・・・何か言い残す事があれば聞いてやろう」

「本当にいいのか!仲間ではないのか!?」

プラシド「くどい!敵の捕虜になる奴などデュエリスト失格」

「何て残忍な奴だ」

プラシド「奥の手の人質も失敗のようだな」

「だ、黙れ!まだ鬼柳京介用の人質として活用できる!」

鬼柳「できねえんだよ!カマキリ野郎!!!」ドゴッ

「ブッ!?」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/25(水) 23:37:31.61 ID:I4N9lYGn0
プラシド「随分と時間がかかったな」

鬼柳「戦闘員が多すぎてよ。参ったぜ」

「鬼柳京介!動けば人質を!」

鬼柳「人質?何処に居るんだ人質なんて」

「に、逃げたのか・・・いやここに居る」

ボマー「くっ・・・殺せ」

プラシド「デュエル中によそ見とは改造によって頭まで虫になったようだな」ザッ

「し、しまっ!」

プラシド「冥土の土産に味わって逝くがいい・・・俺の剣技を!」

ザンッ

「・・・き、斬れてない。こけおどしか」

鬼柳「6回ってところか」

プラシド「いや8だ」

「8・・・?どういう意味だ」

プラシド「貴様を斬った回数だ」チャッ

「ぐっ・・・がはっ・・・」
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/25(水) 23:47:46.82 ID:I4N9lYGn0
数日後

鬼柳「カイトに女が居ねえ!?嘘かよ!」

遊星「とカイトは言ってた」

ジャック「だが見合いをするそうだ」

クロウ「ボマーも大変な目にあったんだってな?」

ボマー「いや鬼柳とプラシドに救われたよ」

ジャック「そのプラシドは何処へ行った」

鬼柳「さあな」

遊星「あいつの事だから、またフラッと現れるだろ」

クロウ「だな」

鬼柳「っつうか見合いってマジか?カイトが?」

ブルーノ「そうだって言ってたよ」

鬼柳「見合いか・・・」

遊星「ああ」

鬼柳「何で見合いなんてするんだ?」

遊星「知らん」





続く
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 00:04:55.21 ID:6UpMo7ar0
エド「・・・勝手に触らないでくれないか?」

セレナ「別にいいだろ。減るもんじゃない」

エド「十代・・・この子を僕に預けて何処に行ったんだ」

セレナ「おい」

エド「ダメなんだよ、この手の子供の扱いは」

セレナ「聞いているのか?無視するな」

エド「・・・何か用かな?」

セレナ「十代は」

エド「知らないよ。すぐに帰って来るって」

セレナ「この飾ってあるのは何だ」ポキッ

エド「あっ!ほら言わないこっちゃない。トロフィーが折れたじゃないか」

セレナ「折れたらくっ付ければいい。接着剤とかいうやつで」

エド「君は十代から何を学んでいるんだ」

セレナ「な、何だっていいだろ!」

エド「嫌だな・・・苦手なんだよ僕」

エド「こういうお嬢さんって感じの子は」
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 00:13:23.13 ID:6UpMo7ar0
セレナ「お前の家は何で亮のように崖の上に建ってないんだ?それに大きい」

エド「家なんて人それぞれだろ。君は違うのか?」

セレナ「十代はまだ帰って来ないのか?」

エド「十代・・・さっきも言ったように何か用事があるって」

セレナ「そうか・・・」

エド「・・・」

セレナ「これはお前のデッキか?見させてもらったが・・・」

エド「勝手に見たのか・・・感想は」

セレナ「お前は十代のファンなのか?」

エド「は?」

セレナ「十代と同じHEROだぞ」

エド「僕のHEROと十代のHEROは違うんだ」

セレナ「どんな風に?」

エド「光と闇・・・かな」

セレナ「意味がわからん」

エド「なら聞くなよ・・・我儘だな」
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 00:26:10.03 ID:6UpMo7ar0
セレナ「他にHEROを使うデュエリストは居るのか?」

エド「僕と十代以外に?」

セレナ「例えば・・・あの明日香とかいう奴は」

エド「彼女は使わないよ。君は彼女にやたらと敵意を剥き出しにしているらしいが」

セレナ「べ、別に敵意なんて向けていない・・・」

エド「ならいいけど、仲良くした方がいいんじゃないか?」

セレナ「誰があんな女と仲良くするか・・・絶対にせんからな」

エド「それは十代が何か関係してるのか?」

セレナ「十代は関係ない!すぐに十代の話を出すな!」

エド「君が何かと十代の話を出すんだろ?」

セレナ「くっ・・・」

エド「まあ君の身の上には同情するし十代を師匠のように慕う気持ちはわかるが」

セレナ「師匠?」

エド「僕は亮からそんな風に聞いているが」

セレナ「私の方が上だ・・・十代なんて大した事がない。だ、誰も慕っていないだろ・・・」
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 00:33:26.38 ID:6UpMo7ar0
セレナ「・・・」

エド「眠いのなら寝てもいいよ」

セレナ「絶対に寝ないからな・・・!」

エド「そうやって意地を張っても意味は無い」

セレナ「・・・」

エド「このまま眠りについて」

セレナ「ぐーぐー」

エド「眠ったか」

十代「悪りいなエド!」

エド「静かにしろ。眠ったところだ」

十代「眠っちまったのか?」

セレナ「ぐーぐー」

エド「何処へ行ってたんだ?」

十代「ちょっとな」

エド「話を聞かせろ。この子の面倒は結構大変だったぞ」
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 00:54:01.97 ID:6UpMo7ar0
十代「これだよこれ」

エド「何だそれ?」

十代「リボン」

エド「リボン・・・彼女がしてるのと同じ?何で?」

十代「あいつ毎日、同じのしててさ」

エド「わざわざ買ってきたのか?」

十代「ツッパってるけど女の子だしな」

エド「お前が女の子に気を使うなんて・・・」

十代「ムチャクチャ気を使ってたじゃんか、明日香とかレイとか」

エド「そうだったか?」

十代「ああ!」

セレナ「・・・十代か?」

十代「寝てろよ。いいよなエド」

エド「好きにしてくれ」

十代「寝てる時は大人しいんだよな。まあまだ子供だから仕方ねえか」

エド「ああ」
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 01:13:31.31 ID:6UpMo7ar0
数日後

十代「お、新しいリボンしたんだな?」

セレナ「お前が買って来たんだ・・・仕方が無いからしてやってるだけだ」

十代「いいかセレナ、女の子なんだから同じ物を付けてばっかじゃダメだぜ」

セレナ「なぜだ?」

十代「そりゃ女の子だからじゃないか?交互に使ってけばいいんだよ」

セレナ「交互に?」

十代「自分で洗濯してな」

セレナ「洗濯ぐらい自分でできる・・・料理だって」

十代「セレナの作ったエビフライ美味かったもんな」

セレナ「そ、そうか?」

十代「ああ」

セレナ「お前がどうしてもって言うならまた作ってやってもいいぞ・・・どうしてもならな」

十代「じゃあ作ってくれよ。頼むから」

セレナ「仕方がないから作ってやる。材料を買って来い」

十代「わかったぜ!」

セレナ「そんなに美味かったのか・・・何か嬉しいな」





続く
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/26(木) 01:26:49.47 ID:yiULb/DtO
セレナが可愛くてにやにや不可避
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 01:33:02.04 ID:6UpMo7ar0
遊矢「万丈目さんだ」

柚子「何してるんだろ?」

万丈目「黒咲はRRに沢渡は妖仙獣か・・・」

柚子「万丈目さん!」

遊矢「何やってるの?」

万丈目「何だお前達か!?驚かすな!」

遊矢「だってコソコソしてたし」

万丈目「コソコソ?俺が?」

柚子「うん」

万丈目「バカめ!視察だ!視察!」

遊矢「へえ」

万丈目「お前も彼女とイチャイチャしてないで真面目にやれ!」

万丈目「聞けばカイトも」

遊矢「カイトさんは違ったんだって」

万丈目「違う!?」

柚子「って言ってたわよ」

万丈目「ったく誰かが早とちりしたんだな・・・」
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 01:48:05.19 ID:6UpMo7ar0
万丈目「この際だから言っておくぞ遊矢!」

遊矢「う、うん」

万丈目「白昼堂々とイチャイチャするんじゃない!」

柚子「誰もイチャイチャしてないわよ!」

万丈目「いいや、お前もいつかはあのカップルのようになる!」

未知夫「んんっ鉄平・・・」チュパチュパ

大漁旗「未知夫ォ・・・」チュパチュパ

万丈目「なる!絶対になる!」

遊矢「恥ずかしくてできるわけないじゃんか!」

万丈目「やっとるんだろ?正直に吐け!」

遊矢「・・・」

柚子「・・・」

万丈目「何だ?まさかしてないんじゃ」

遊矢・柚子「3回」

万丈目「ほら!澄ました顔してこれだ・・・十代は何をこいつらに教えとるんだ」
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 01:55:06.40 ID:VbLHlDIQo
ミッチー....
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 01:55:56.83 ID:6UpMo7ar0
遊矢「万丈目さんだって彼女ぐらい」

万丈目「それは嫌味か!?」

遊矢「じゃなくて・・・」

万丈目「十代もあの腕白娘と旅をしているんだったな?」

柚子「そうだけど」

万丈目「ロリコンになったか十代め・・・」

柚子「確かに十代さんとセレナの歳は結構離れてるけど」

遊矢「それだけどロリコン扱いは」

万丈目「性の乱れだな。けしからん事だ」

オベリスクフォース「見つけたぞエクシーズ次元の残党!」

万丈目「融合次元の外道共か、帰れ帰れ」

オベリスクフォース「負け犬風情が生意気な」

遊矢「エクシーズ次元の残党?何処に居るんだ」

柚子「黒咲もユートも居ないし」

オベリスクフォース「その全身黒はまさにエクシーズの象徴!」

万丈目「頭も悪ければ目も悪いのか・・・マヌケ共が」

オベリスクフォース「な、何!」

万丈目「真のアカデミアのデュエルを叩き込んでやる!来い!」
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 02:07:04.51 ID:6UpMo7ar0
オベリスクフォース「くっ・・・何だそのモンスターは」

万丈目「アームド・ドラゴンLv10にVWXYZだ」

オベリスクフォース「ゆ、融合でもエクシーズでもシンクロでも無いのか!?」

オベリスクフォース「聞いた事も無いぞ!」

万丈目「外道の上にアホとは救いようのない奴らだ!」

万丈目「貴様らがアカデミアを名乗るのは1000・・・否!1万年早いわ!」

オベリスクフォース「くっ!」

万丈目「そして俺が見た融合使いの中でも下の下!差し詰め道端に落ちている犬の糞の如く!」

遊矢「頑張れ万丈目さん!」

柚子「融合次元を懲らしめて!」

オベリスクフォース「た、退散だ・・・」

オベリスクフォース「勝てる気がしない!」

万丈目「逃がすか愚か者!彼方まで吹っ飛べ!!!」

ドゴォォォォォォォォォ

オベリスクフォース「アアアアアアアアアアア」

万丈目「フン、この俺の拳を受けた奴は暫くは身体に痺れを訴え立つ事ができん」

オベリスクフォース「お、俺は悪くないんだ!すっ飛んでったあいつに仕方なく!」

万丈目「邪魔だ。帰ったら小学一年生のドリルでもしてデュエルの勉強をする事だな」
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 02:13:16.59 ID:6UpMo7ar0
万丈目「どうだ俺のデュエルは!」

遊矢「さすが十代さんのライバル」

柚子「うん!」

万丈目「俺からすれば十代もカイザーもまだまだ」

遊矢「それは嘘でしょ」

万丈目「ぐぬぬ・・・」

柚子「けど万丈目さんだって」

万丈目「決めた!俺はここの次元に移住する!」

遊矢「な、何で!?」

万丈目「面白そうな予感がするからだ!確か十代と遊星の作ったオシリスレッド風の寮があるな?」

柚子「あるけど・・・あそこに住むの?」

万丈目「当然!あそこは俺のホームみたいなものだ」

遊矢「ふーん・・・ホームって?」

万丈目「ああ!」

遊矢「そういう事か」

万丈目「荷物を纏めて来る」
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 02:23:23.51 ID:6UpMo7ar0
数日後

ズガガガガガガガガガガガガガガ

ユーゴ「うるせえよ!朝っぱらから何事だ!?」

万丈目「決まっている。改築工事だ」

ユート「だが朝からはどうなんだ」

黒咲「お前には常識が無いのか!?」

万丈目「少しの間だけ我慢しろ!」

ユーゴ「てめえ!」

遊矢「案の定、喧嘩してるな・・・」

ユート「いくら十代の仲間だからと言ってもやっていい事と悪い事があるぞ」

黒咲「お前!二つの部屋を一つにしようとしているな!」

万丈目「それが万丈目スタイルだ」

ユーゴ「んな意味不明なスタイルがあってたまっかよ!デュエルだ!」

ユート「俺も参戦しようか」

万丈目「何人でも来るがいい!」

遊矢「今度はもっと大きい家を遊星さんに作ってもらうか」

柚子「そうね・・・」





続く
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 04:55:33.49 ID:VbLHlDIQo
万丈目はいいキャラだよな
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 16:58:56.75 ID:6UpMo7ar0
シャーク「何作ってんだ?」

カイト「大会に向けてな」

シャーク「三沢に遊星それに赤馬まで居るのか」

カイト「俺とクリスと親父だけでは人手が足りん」

シャーク「で?俺に何をしろって」

カイト「こいつを見ろ」

シャーク「何だこりゃ?」

カイト「時期にデュエルモンスター次元から何かが来る。俺にもわからんがな」

シャーク「そいつとデュエルしろってか?マジかよ」

カイト「遊馬が不在の今、お前とバリアン七皇、それにWやVぐらいしか頼む相手が居ない」

シャーク「まあ任せとけよ」

カイト「頼むぞ」

シャーク「ところで見合いはどうなんだ」

カイト「知らん。そんな事は俺の管轄外だ」

シャーク「チッ、いいじゃねえか見合いぐらいよ」

カイト「さっさと行け」
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 17:03:32.59 ID:6UpMo7ar0
アリト「どんなモンスターなんだ?」

シャーク「さあな」

ミザエル「どんなモンスターであろうとも負けるわけがない」

ベクター「とか何とか言っちゃってよォ〜すっ転んでも助けてやんないよ?」

ミザエル「貴様!」

ドルべ「やめろミザエル」

ミザエル「くっ・・・」

W「カイトからは何も聞いてねえのか?」

シャーク「カイトもわからんらしい」

ギラグ「空が割れてやがる・・・来るぞ!」

ワイト「オオオオオオオオオオオオ!!!」

璃緒「ワイト?ワイトなら」

W「ワイトはワイトでも・・・何だあの数は!」

シャーク「相当な数だぜ!」

ベクター「おいおいおい!冗談じゃねえぞ!」

アリト「でもやるしかねえよな!」

シャーク「ああ!」
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 17:14:03.90 ID:6UpMo7ar0
アリト「ソオラァ!!!」

ギラグ「すっ飛べ!!!」

ミザエル「一向に減らんぞ!」

ワイト「シャッ!」ドスッ

ドルべ「ううっ・・・」

璃緒「ドルべ!」

ベクター「だらしねえぞドルべ!」

W「どっかに親玉でも居るんじゃねえか?」

シャーク「ワイトの親玉って言えば・・・ワイトキングか!?」

アリト「ワイトキングをぶっ潰せばいいんだな!」

ギラグ「探せ探せ!ワイトキングを!」

シャーク「この数と俺達の人数じゃやべえぞ・・・」

ワイト「オオオオオオオオオオオオ!」

ハートランド「なら数を増やせばいいんじゃないか?神代凌牙!」

蝉丸「俺ら四悪人が加われば百人力よ!」

蚊忍者「そういう事ってか?」

クラゲ先輩「骸骨野郎!お前ら俺の何個下だ。アァン!?」
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 17:19:51.50 ID:6UpMo7ar0
アリト「見つかったか!?」

シャーク「あの王冠だ!W!」

W「俺達のファンサービスを味合わせてやろうぜ凌牙!」

ベクター「っつうか何で助けに来たんだお前?」

ハートランド「勘違いしないでくれたまえ、我々は助けに来たわけじゃない」

蚊忍者「あんな骨集団に大会を潰されちゃ」

クラゲ先輩「公の場でてめえらを倒せなくなるからに決まってんだろ!」

蝉丸「俺らはあくまで四悪人だぜ。誰が好き好んでお前らを助けるかよ」

璃緒「凌牙!ダブルキックよ!」

シャーク「ぶっ飛べワイトキング!」

W「これが俺とこいつのファンサービスキックだぜ!」

ガキッッ

ワイトキング「オォォ・・・」

アリト「やったぜ!」

シャーク「頭を失ったから一目散に逃げてくぜ」

W「何で急にこんなにもワイトが出てきやがったんだ?」
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 17:37:47.07 ID:6UpMo7ar0
シャーク「ハートランド達は?」

ベクター「知らねえ」

璃緒「事件は無事解決とか言って満足気に」

シャーク「いつもは奴らが起こす癖によ」

アリト「本当だぜ」

W「野郎達も大会に出るんだよな」

シャーク「遊馬が来いって言ったから」

ミザエル「悪さをすれば我々で取り押さえればいい」

ギラグ「大丈夫か?」

ドルべ「すまない」

シャーク「撤収だ!」

ベクター「飯食いに行こうぜ」

アリト「どうせ極東チャンピオンが居るんだしな」

W「俺か?」

璃緒「ほら早く行きますわ」

W「チッ・・・聞いてねえぞ」
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 17:44:29.05 ID:6UpMo7ar0
数日後

璃緒「そう・・・わかったわ」

シャーク「誰からだ?」

璃緒「柚子さんよ」

シャーク「柚子か・・・しかし遊矢はカイトをユートは遊馬を頼りにしててよ」

璃緒「凌牙にも居るじゃない」

シャーク「誰が?」

璃緒「黒咲さん」

シャーク「く、黒咲・・・絶対に嫌だぜ」

璃緒「どうして?」

シャーク「鮫と隼は相性が悪いんだよ」

璃緒「は?」

シャーク「だから相性が」

璃緒「そんなわけないでしょ何言ってんだか」

シャーク「だから」

璃緒「凌牙」

シャーク「・・・」

璃緒「鮫と隼の相性何て始めて聞いたわ。そんな馬鹿馬鹿しい事があるわけないじゃない」





続く
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 18:33:17.09 ID:6UpMo7ar0
クロウ「遊星・・・遊星は?」

ジャック「遊馬のところに居るらしいぞ」

クロウ「忙しいんだな。あいつも」

ブルーノ「何かあったの?」

クロウ「凄えもの見つけてよ」

ブルーノ「ふーん・・・凄い物って?」

クロウ「ああ!」

ブルーノ「お宝!?」

クロウ「チームユニコーンの連中と穴を掘ってたら見つかったんだぜ」

ジャック「宝か」

クロウ「見に行かねえか?」

ブルーノ「僕は留守番しておくよ」

ジャック「なら俺が確認しに行ってやるか」

クロウ「早く来いよジャック!」

ジャック「そう急かすな」
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 18:43:08.73 ID:6UpMo7ar0
ジャン「いや掘り合ってたら偶然見つかってな」

アンドレ「正直言って驚いている」

ブレオ「あれを見て御覧」

ジャック「確かに宝だな」

ボマー「ぐわああああああああああああ」

クロウ「ボマー!」

ジャック「何事だ!?」

「アッアッアッアッアッアッ」

クロウ「何処から声がするんだ!?」

「その宝は我々の組織の重要な資金となる!渡させはしないぞ!」

ジャック「組織?」

クロウ「てめえ!改造デュエリストか!?」

「その通り!」

ジャック「姿形が見えんぞ!」

クロウ「何処にいやがるんだ!」

「アッアッアッアッアッアッ!」
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 18:47:42.91 ID:6UpMo7ar0
ボマー「・・・」

クロウ「立てるか?気をつけろよ!改造デュエリストが」

ボマー「オオオオッ!!!」

ババババババババババババ

ブレオ「オォン!」

アンドレ「オォン!」

ジャン「アォン!」

ジャック「いきなり何をする!?」

クロウ「チームユニコーンの連中をぶん殴るなんて・・・どうしちまったんだよ!」

ボマー「・・・」

ジャック「どうやらデュエルでボマーを拘束するしか無いぞ」

クロウ「みてえだな」

ボマー「・・・!」

ジャック「ハァッ!」

ボマー「デリャァッ!!!」

ジャック「何という拳圧・・・これが黒き暴風というやつか!?」

ボマー「ハァッ・・・」
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 18:59:19.01 ID:6UpMo7ar0
ボマー「デリャァッ!!」

ズザザザザ

ジャック「くっ・・・防ぎきるのがやっとだぞ」

クロウ「おい!改造デュエリストの野郎は何処だ!出て来い!」

ボマー「アッアッアッアッアッアッ!俺ならここだ!」

ジャック「貴様ァ!ボマーの身体に!」

ボマー「俺は他人の身体に憑依する事が可能なカメレオンの改造デュエリスト!」

ジャック「カメレオンだと?」

ボマー「先に散った同胞の仇を討たせてもらうぞ!」

クロウ「チクショー・・・何か追い出す方法はねえのかよ」

ジャック「デュエルだ・・・俺達はデュエリスト!ならばデュエルでボマーに憑依した奴を!」

クロウ「それしかねえな」

ジャック「許せボマー!」

ボマー「バカめ!力ならば俺のが上!」

ジャック「それはどうかな」

ボマー「何だと!?」

ジャック「貴様に力を上回った力を見せてやろう!荒ぶる魂をバーニング・ソウルを!」
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 19:05:12.46 ID:6UpMo7ar0
ジャック「オオオオッッ!!!」ドガッ

ボマー「ヌッ!」

ジャック「デリャァッ!!!」

ボマー「ぐっ・・・仲間をボコスカ殴るか・・・己!」

ジャック「仲間だからこそだ!」

クロウ「ボマー!そんなカメレオン野郎に負けんじゃねえぞ!」

ボマー「バカめ・・・俺が身体を乗っ取っている時は・・・時は・・・」

クロウ「ボマーの精神力を舐めんじゃねえ!」

ボマー「ジャックのバーニング・ソウルによって目が覚めた様だ・・・私の肉体から・・・出て行け!」

「オッ!?」

ジャック「出おったな改造デュエリスト!」

「ただのデュエリストが改造デュエリストを・・・」

ジャック「ならば頭に刻むがいい!たとえ肉体を改造しても精神力が弱ければ意味は無い!」

「ま、待て!宝は諦める!だから逃がしてくれ!」

ジャック「問答無用!聞く耳など持たぬわ!!!」

「ぎゃああああああああああああああああああ」
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 19:09:22.94 ID:6UpMo7ar0
数日後

ブルーノ「宝はどうしたの?」

ジャック「あれならば恵まれない子供達に寄付をしておいた」

クロウ「そっちの方がよっぽど役に立ちそうだしな。俺達が持っても」

ブルーノ「うん!」

ジャック「それよりも遊星から連絡は?」

ブルーノ「作ってた奴が完成したって」

クロウ「そうか、あと一週間だもんな」

ジャック「どのようなデュエルをするかは知らんが腕が鳴る」

クロウ「おう!」

「聞いたぞ・・・ならば邪魔をしてやる・・・」

ジャック「少しパトロールでも行ってくるか」

クロウ「俺も付き合うぜ」

「俺をコケにするなんて・・・」

「遊星の肉体を乗っ取り今度こそ・・・」





続く
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 19:30:57.47 ID:6UpMo7ar0
カイト「これで完成だな」

三沢「ああ!」

遊星「ところで赤馬」

赤馬「?」

遊星「大会ではみんなを指揮してくれないか?」

赤馬「私が?私は部外者だ。九十九遊馬にやらせた方が」

カイト「社長ならばそれぐらいやってもいいだろ。それに遊馬じゃ収集がつかなくなる」

三沢「君が資金援助してくれたおかげで作れたのだからな」

赤馬「・・・わかった」

遊星「さて俺は帰る・・・だが招かれざる客が居るようだ」

三沢「遊星も気がついて居たか」

カイト「コソコソ隠れてないで出てくるがいい」

赤馬「・・・そこだ!」シュッ

グサッ

「ああっ・・・!」

遊星「改造デュエリスト!」

三沢「こいつが噂の改造デュエリストか!?」
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 19:38:00.90 ID:6UpMo7ar0
遊星「俺を始末にでもして来たのか?」

「アッアッアッアッアッアッ!その通りだ!」

赤馬「カメレオンか」

「先のデュエルではジャックに敗れたが再改造を受けた!今度は負けはせんぞ!」

遊星「いいだろ。なら俺が」

赤馬「私が行こう」

カイト「気をつけろ。改造デュエリストは通常のデュエリストの3倍の力を持つらしい」

赤馬「わかっている」シュルッ

三沢「マフラーを外した?」

赤馬「デュエル!」

「遊星!なぜお前が来ないのだ!?」

赤馬「彼が出るまでもない。私がお前を倒す」

「後悔するなよ!再改造を受けた俺の新しい力を見ろ!」ビューン

三沢「舌が伸びた!?」

赤馬「やはりカメレオン・・・そう来ると思っていた!」

バサッ

遊星「なるほど・・・カメレオンの舌に対抗しマフラーを外したわけか」
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 19:44:22.97 ID:6UpMo7ar0
「ぐぬぬ・・・舌を・・・!」

赤馬「・・・」ギュッ

「は、離せ」

赤馬「ならば離そうか」パッ

「イテッ!こいつ・・・!」

遊星「改造デュエリストはデュエルに勝てば元のデュエリストに戻る」

赤馬「この男はどうしてこのような姿に?」

遊星「俺達の次元に居る悪の組織が改造したんだ」

赤馬「悪・・・デュエリストを改造する組織か」

「イーッ!」

「イーッ!」

遊星「戦闘員か」

カイト「こいつらは俺達が片付けてやるか」

赤馬「デュエルの続きだ。立ち上がれ」

「くっ!お高く止まるんじゃない!」

赤馬「・・・」
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 19:51:31.59 ID:6UpMo7ar0
「こうなれば力で!」

赤馬「確かに改造されたおかげかお前はデュエリストの限界を超えている!」

「ブツブツと!」

赤馬「力も速さも!」

「オオオオッ!」

赤馬「だがしかし!」

「オラァッ!」

赤馬「まるで全然!」

「避けるなァ!」

赤馬「この私を倒すには程遠いんだよねェ!」

ガゴッッッッッッッ

「ぬわああああああああああ」

赤馬「このデュエルの勝者は私だ」

遊星「こっちも終わったぞ!」

カイト「元のデュエリストに戻って行く」

遊星「これでまた一人、デュエリストを救えた」
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 20:00:59.92 ID:6UpMo7ar0
遊星「いいデュエルだった」

カイト「ああ」

赤馬「ところで君達はセレナの居場所を知らないか?」

遊星「セレナなら十代さんと旅をしている」

赤馬「遊城十代とか」

カイト「あいつに何か用なのか?」

赤馬「いや特に・・・少しな」

遊星「そうか」

赤馬「では一週間後」

カイト「大会でな」

赤馬「・・・」

遊星「セレナと赤馬はどういう関係なんだ?」

カイト「俺が知るはずがない」

遊星「それもそうか」

カイト「兄・・・ではないか」

遊星「・・・いやあり得るかもしれない」

カイト「確かに赤馬のセレナの話をした時の目は黒咲と凌牙のような目だった。まさか!?」

遊星「断言はできないがセレナの兄である可能性が高い」
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 20:05:53.80 ID:6UpMo7ar0
数日後

セレナ「クシュン!」

十代「また花粉症か?」

セレナ「そ、そんなんじゃない!」

十代「鼻水垂れてるぞ」

セレナ「鼻水が!?」

十代「嘘に決まってんじゃん」

セレナ「くっ・・・」

十代「さっき会ったヨハンはどうだった?俺の親友でさ」

セレナ「お前に似て腹が立つ奴だった。お前の方が酷いがな」

十代「そんなに酷いか?」

セレナ「ふん」

十代「もうすぐ旅も終わっちまうな」

セレナ「お、終わるのか・・・」

十代「大会が始まるまでって言ったろ?」

セレナ「・・・」

十代「どうした?まさか旅が終わるのが嫌だったりして」

セレナ「ち、違う!やっと終わって嬉しいだけだ!」

十代「ふーん」

セレナ「終わりか・・・」





続く
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 20:22:27.87 ID:6UpMo7ar0
セレナ「な、何だこれは・・・!」

十代「万丈目?お前まで住み着いてたのかよ!」

万丈目「昔を思い出す懐かしさだ」

ユート「セレナか」

ユーゴ「お前に客だぜ」

セレナ「客?」

黒咲「瑠璃!」

セレナ「こいつ・・・ではないな」

赤馬「私だ」

セレナ「赤馬零児・・・!」

十代「知り合いか?」

赤馬「セレナ」

セレナ「帰れ!私はお前のおかげで大変な目にあったんだぞ!」

黒咲「お前!瑠璃によからぬ事をしたのか!?」

ユート「隼、話がややこしくなるから少し黙っていてくれ」

赤馬「君は遊城十代だったな」

十代「ああ!遊城十代だぜ!」
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 20:28:11.19 ID:6UpMo7ar0
十代「そんな事があったのか?」

ユーゴ「けどよ、それってこいつには責任ねえんじゃないか?」

ユート「確かに」

十代「赤馬はセレナを助けてやろうと思ったんだよな?」

赤馬「そうだ」

十代「だってさ」

セレナ「こいつは疫病神だ」

赤馬「・・・」

黒咲「瑠璃が軟禁される原因を作ったのか!何て事を!!」

ユート「隼」

黒咲「・・・」

十代「仲直りしろよ。いい奴そうじゃん」

セレナ「こんな奴・・・いい奴じゃない」

十代「困った女の子を助ける赤馬は白馬の王子様ってやつだな。あ、赤馬だから赤馬に乗った王子か」

セレナ「それは何だ?」

十代「運命っつうか、何だろな?」

ユート「後に恋人同士・・・簡単に言えば遊矢と柚子のようになるかもしれないという事だ」
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 20:37:03.23 ID:6UpMo7ar0
セレナ「こんなの絶対に嫌だぞ」

十代「なら手紙から始めりゃいいんじゃね?赤馬はどうよ」

赤馬「私は一向に構わん」

ユーゴ「ノリのいい奴だぜ」

セレナ「くっ・・・」

ユーゴ「ツッパってるけど好みのタイプってのがあるだろ?ちなみに俺は」

セレナ「好み?」

十代「カッコいいとか頭のいい奴がいいとか熱い奴がいいとか」

セレナ「・・・」

十代「モンスターに例えればわかるか?」

セレナ「せ、戦士族・・・」

十代「赤馬は何族だ?」

赤馬「私はどちらかと言えば悪魔族だ」

十代「残念!惜しいな赤馬!」

ユーゴ「そんなもんでわかるわけねえだろ!いい加減にしろ!」

十代「わかんねえか?なら仕方ねえな」
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 20:47:42.88 ID:6UpMo7ar0
セレナ「もう帰れ!大会で決着をつけてやるからな!」

赤馬「わかった」

ユーゴ「相当恨まれてやがるな」

十代「まあいい奴だから大目に見てやってくれよ」

赤馬「・・・」

ユート「帰ってしまったがいいのか?」

セレナ「好きにさせておけばいい」

十代「けど追い返すみたいな感じだったぜ」

セレナ「・・・どうでもいいだろ」

十代「戦士族好きなんだな?」

セレナ「適当に答えただけだ・・・真に受けるな」

十代「俺の周りに戦士族を使う奴って言ったら・・・誰か居たっけ?」

ユーゴ「確か遊星がそうじゃねえか?ウォリアー系のモンスター持ってるしよ」

十代「遊星!?確かに遊星はカッコいいよな。何でもできるし」

万丈目「お前もHEROだろ。戦士族だ」

十代「俺?そんなわけねえんじゃんか、なあ?」

セレナ「あ、当たり前だ!お前のどこがカッコいいんだ!ちゃんと鏡を見ろ!!」

十代「ほら全否定されちまったぜ」
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 20:56:25.38 ID:6UpMo7ar0
遊矢「十代さん!」

柚子「戻って来てたんだ」

十代「頑張ってるか?もうすぐ大会だから」

遊矢「当たり前じゃん」

柚子「十代さんはどうなの?」

十代「絶好調だぜ!」

柚子「十代さんが居るって事はセレナも?」

十代「一緒に帰ってきたけどまた不貞腐れててさ」

遊矢「セレナと旅して大変だった?」

十代「そりゃ大変だったぜ。我儘言うしな」

柚子「やっぱり」

十代「でも楽しかったぜ。我儘の方が張り合いあるしな」

遊矢「遅れないでよ十代さん」

十代「当たり前だろ。頑張れよ遊矢、柚子」

柚子「元気そうで良かったわね」

遊矢「ああ」
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/26(木) 21:01:04.49 ID:6UpMo7ar0
数日後

遊馬「どうだ様子は?」

カイト「見てみろ」

遊馬「すげえ集まってるな」

シャーク「大まかな事は赤馬に任せたんだろ?」

カイト「ああ」

遊馬「どうすんだ?」

カイト「適当に予選でもやってふるい落とすんだろ」

小鳥「楽しみだね遊馬!」

遊馬「小鳥」

小鳥「・・・」

カイト「グズグズするな」

シャーク「さっさと行こうぜ!」

遊馬「今からでもムチャクチャワクワクしてきたぜ!」

小鳥「うん!」





続く
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/26(木) 21:03:49.38 ID:a6Ix37vQ0
赤馬と黒咲が兄弟かもしれないのか
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/26(木) 21:10:25.27 ID:B/XAfOBDO
サソリは知り合いでカメレオンは2話構成
遊星編は仮面ライダーかな?
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/26(木) 21:35:49.63 ID:I03KynhWO
バトルロイヤル開いちゃうポンコツ社長
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/26(木) 22:41:31.18 ID:FeooanaDO
時折小鳥に対して見せるドライな遊馬の態度に草
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/26(木) 22:46:36.58 ID:XlnwbD3SO
いよいよ本編か
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/26(木) 22:58:41.14 ID:6UpMo7ar0
赤馬「〜であるからして、ここに集まってもらった総勢1万人のデュエリストには」

沢渡「前フリが長えよ!」

黒咲「さっさと始めるべきだ!」

クロウ「そういうのいいんだよ!」

アリト「もういいじゃねえか!」

万丈目「俺達を野たれ死にさせる気か!」

赤馬「・・・選手代表・九十九遊馬」

遊馬「は?聞いてねえぞ」

遊星「お前が言い出しっぺなんだ」

遊矢「頑張れよ遊馬!」

十代「ビシッと決めてやれ!」

柚子「て言うか1万人も集まったんだ」

璃緒「口コミですわ」

アキ「デュエリストはお祭りごとが好きだから」

明日香「本当よね」

遊馬「みんな!拳と拳で!ルールを守って楽しくデュエルしようぜ!かっとビングだ!!!」

「オオオオオオオオオオオオオオオオオオッッッッッッ!!!!!!!!」
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/26(木) 23:05:37.16 ID:6UpMo7ar0
赤馬「第一予選はジャンケン」

シャーク「ジャンケン!?」

万丈目「ジャンケンで何がデュエルだ!」

カイザー「いやデュエリストがチャレンジする事は全てデュエルだ」

エド「それぐらい常識だ」

十代「万丈目!最初はグー!」

万丈目「ジャンケンポン!」

十代「よし!俺の勝ちだぜ!」

万丈目「くっ・・・チョキを出したのが俺の敗因か・・・次は負けんぞ!」

赤馬「次?君は敗退だ」

万丈目「バカな!?まだ始まってもいないだろ!」

カイザー「周りを見てみろ。もう始まってるぞ」

「グー!」

「チョキ!」

「パー!」

十代「いえーい」

万丈目「ふざけるな!無効だ無効!」
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/26(木) 23:11:53.55 ID:6UpMo7ar0
遊馬「さて・・・俺は」

カイト「遊馬」

遊馬「いきなりカイトかよ。まあカイトとデュエルが俺の初陣ってのも悪くねえな」

カイト「最初は」

遊馬「グー!」

カイト「ジャンケンポン!」

遊馬「・・・あいこか」

カイト「フッ・・・ジャンケンポン!」

遊馬「またあいこみてえだな!ジャンケンポン!」

カイト「ポン!」

遊馬「ポン!」

カイト「ポン!」

遊馬「カイト・・・とことんやりやがるぜ!」

カイト「遊馬は攻撃的なグーを2度出したな・・・次もグーで来るだろうな」

遊馬「これで決着をつけてやるぜ!最初はグー!」

カイト「ジャンケン!」

遊馬・カイト「ポン!!」

カイト「・・・俺の勝ちのようだな。言い出しっぺの癖に予選敗退とはまだまだ甘いなお前は」

遊馬「チクショー!マジかよ!?マジで負けちまったぜ!」
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/26(木) 23:19:33.37 ID:6UpMo7ar0
遊星「ジャンケンポン!」

ディマク「グーだ・・・私の勝」

遊星「それはどうかな」

ディマク「何だと不動遊星!?お前はチョキを!」

遊星「確かに俺はチョキを出した。だが俺のチョキは特別製でな!」

ディマク「特別製・・・?それはどういう意味だ!」

遊星「俺のチョキは・・・グーをも砕く!」

グググ

ディマク「わ、私のグーが!?」

遊星「砕かれたグーはパーと化す。よって俺の勝ちだ!」

ディマク「さすがは不動遊星・・・認めよう。私の負けだ」

ジャック「どうだ遊星!」

クロウ「勝ったんだな!」

遊星「ああ」

鬼柳「どうやらみんな勝った・・・って言いたいところだけどよ」

タツヤ「ポン!やったー!プラシド兄ちゃんに勝った!!」

プラシド「・・・」

遊星「プラシドは負けたか・・・」
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/26(木) 23:27:24.02 ID:6UpMo7ar0
遊矢「さてと俺の相手は」

ハートランド「私が相手をしてあげよう」

遊矢「Mr.ハートランド!」

ハートランド「断言しよう!君はパーを出す!最初はグー!ジャンケン!」

遊矢「ポン!」

ハートランド「なっ!?グー!?バカな!?なぜ!」

遊矢「俺がパーを出すと思ったんだろ?ならハートランドは絶対にチョキを出すって思っただけだ」

ハートランド「ぐぬぬ・・・しかし!四悪人はまだ」

ユート「ポン」

ユーゴ「ポン」

蚊忍者「まさかの予選敗退ってかァ!?」

クラゲ先輩「コラァ!なーに先輩に勝ってんだ!」

ユート「これはデュエルだ」

ユーゴ「ウダウダ言ってんじゃねえぜ!」

セレナ「ポン!」

蝉丸「くっそ・・・」

セレナ「ガッチャ!楽しいデュエルだったぞ!」

遊矢「えぇ・・・」

ユート「!?」

ユーゴ「マジかよ・・・」

セレナ「ハッ!?」
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/26(木) 23:34:07.98 ID:6UpMo7ar0
柚子「さすがは璃緒さん・・・さっきからあいこばかり」

黒咲「瑠璃!頑張るんだ!俺がついてるぞ!」

シャーク「てめえ!外野は黙ってろ!!」

黒咲「ならお前も妹の応援をしろ!」

シャーク「知らねえよ」

黒咲「璃緒!凌牙は薄情な兄だな」

璃緒「うるさいから黙ってて!」

柚子「黒咲はあっちに行きなさいよ!」

シャーク「ほら見ろ怒られたじゃねえか」

黒咲「・・・」

カイト「お前達は勝ったのか?」

シャーク「まあな」

黒咲「当然だ」

シャーク「お前は?」

カイト「遊馬を破った」

シャーク「遊馬・・・空気読めよお前」

柚子「ジャンケン・・・」

璃緒「ポン!」

柚子「・・・勝った!」
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/26(木) 23:41:49.72 ID:6UpMo7ar0
赤馬「これで第一予選は終了だ。第二予選は3時間後、それまで休憩を取るように」

アストラル「遊馬!どうだ勝てたのか?」

遊馬「ハハハ!それが負けちまってよ!カイトに」

アストラル「そうか・・・相手がカイトなら仕方がない」

遊馬「悪かったな、せっかく来てくれたのに」

小鳥「もしも次の大会があれば絶対に優勝だよね遊馬!」

遊馬「当然だぜ!」

アストラル「十代や遊星は?」

遊馬「予選通過したぜ!」

遊星「アストラルか」

十代「相変わらず全裸なんだなお前!」

アストラル「遊矢とユートの姿が見えないな・・・白い遊矢!?」

遊星「あいつはユーゴと言うんだ」

アストラル「言わばそっくりさんか・・・」

十代「遊矢なら柚子と話してるぜ」

遊馬「ユートはさっき黒咲と便所に行ってたな」
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/26(木) 23:46:45.90 ID:6UpMo7ar0
アリト「予選落ちしたのはメラグだけか?」

璃緒「そうよ」

ギラグ「そういやドルべが居ねえな」

ミザエル「ドルべならおたふく風邪で寝込んでいるだろ」

璃緒「負けたことだしドルべの看病でもしてくるわ」

シャーク「頼むぜ璃緒!」

ベクター「そっちも長男坊がいないんじゃないの?」

W「兄貴は行く気あったけど」

V「まだ動く時じゃないって」

アリト「それよりも遊馬が負けちまうなんて」

カイト「これはデュエルだ。文句はないだろ」

ギラグ「そりゃそうだけど」

シャーク「遊馬の仇は俺が討つ!いいな!」

カイト「フッ」

シャーク「覚悟しろよカイト!てめえとはまだ決着がついてねえしな!」

カイト「そう言えばそうだったな。凌牙とのデュエルも」
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/26(木) 23:55:15.07 ID:6UpMo7ar0
黒咲「ガッチャ?瑠璃がか?」ジョロジョロジョロ

ユート「ああ」ジョロジョロジョロ

カイザー「彼女はそういうタイプなのか?」ジョロジョロジョロ

万丈目「十代に何か仕込まれたんじゃないか?」ブリブリブリ

黒咲「十代!?やはり・・・瑠璃との交際は認めんからな」ジョロジョロジョロ

ユート「落ち着け」ジョロジョロジョロ

黒咲「シンクロ男と瑠璃の交際も認めんからな」ジョロジョロジョロ

ユート「ユーゴは関係ないだろ」ジョロジョロジョロ

万丈目「俺が予選落ちなんて・・・」ブリブリブリ

カイザー「そういう時もある」ジョロジョロジョロ

万丈目「しかも紙が無い!?紙!」ブリブリブリ

黒咲「さてと行くか」

万丈目「待て!紙を寄越せ!」

ユート「ああ」

万丈目「紙だ紙!」

カイザー「少し臭すぎるぞ。ちゃんと食生活を考えるべきだ」

万丈目「おい!カイザー!ユート!黒咲!」

万丈目「紙を俺に渡せ!!!」
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 00:03:14.82 ID:X1MDInG60
赤馬「第二予選はモンスターリフティングだ」

遊矢「モンスターリフティング!?」

ジャック「それは何だ!」

赤馬「そのままモンスターを持ち上げるんだ」

クロウ「よし!やってやるぜ!」

沢渡「持ち上げられるわけねえだろ」

権現坂「ヌッ!」

柚子「えいっ!」

鬼柳「おっさんはともかく女の柚子も持ち上げてるぜ?」

沢渡「意外と軽いんじゃねえか・・・なら俺も!」グッ

コキッ

沢渡「いてて!腰が!!!」

「沢渡さーん!」

アキ「くっ・・・胸の重みとモンスターの重みが重なって持ち上げられないわ!」

シャーク「こいつは力じゃねえみたいだな」

エド「ああ、デュエリストのデュエルエナジーを活性化させたデュエリストこそ持ち上げられるみたいだ」
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 00:08:55.87 ID:X1MDInG60
剣山「ザウルス!」

ボマー「ぐわあああああああああ」

ゴーシュ「何っつうノリだ・・・こいつは!」

ギラグ「お、重いぜ!」

遊星「力持ちは軒並み持てないようだ・・・ならば」

ジャック「策でもあるのか?」

遊星「ああ!こうして・・・こうすれば!」

ユーゴ「さすが遊星だぜ!」

パシュッ

遊星「くっ!?何だこの激痛は・・・!」

ドッシャァンッッ

鬼柳「遊星・・・おい遊星!」

ブルーノ「遊星が下敷きになっちゃったよ!」

クロウ「大丈夫か遊星!?」

遊星「だ、誰かが俺の足を狙撃したようだ・・・」

ジャック「何だと!?」
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 00:18:10.39 ID:X1MDInG60
十代「遊星が敗退なんてな」

セレナ「・・・」

十代「持ち上げられたか?」

セレナ「・・・お、お前のせいで恥をかいたぞ!何がガッチャだ!!」

十代「予選は?」

セレナ「できるわけが無いだろ!」

十代「そうか・・・残念だったな」

セレナ「くっ・・・ま、また修行の旅に付き合ってやってもいいぞ」

十代「旅?また旅がしたいのか?」

セレナ「勘違いするな!私はただ強くなりたいだけだ!1人でもできるが仕方が無いから行ってやってもいいだけだ!」

十代「ふーん」

セレナ「そ、それに・・・」

十代「それにどうした?」

セレナ「少し楽しかったぞ・・・少しだからな。調子に乗るんじゃないぞ」

十代「わかった!じゃあ旅しようぜ、セレナ」

セレナ「・・・さっさと持ち上げて来い」

十代「そんじゃ応援よろしく頼むぜ!」
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 00:26:47.42 ID:X1MDInG60
沢渡「ったく腰が痛いぜ・・・それで遊星が狙撃されたって」

黒咲「本当なのか?」

クロウ「ああ・・・っつうか黒咲も落ちたんだな」

黒咲「それを言うな」

ジャック「狙撃手はこの会場の中に隠れているはずだ」

鬼柳「俺達も探すからよ。手伝ってくれよ」

黒咲「それは構わんがカイトやユートには?」

ジャック「言わん方がいいだろ」

遊馬「話は聞いたぜジャックさん!」

クロウ「それじゃ俺とクロウ、ジャックはあっちを探すから」

遊馬「俺と黒咲と沢渡はこっちだな!」

ジャック「皆が大会を楽しんでいる」

クロウ「くれぐれも気がつかれねえようにな!」

遊馬「任せてくれよ!なあアストラル!」

アストラル「しかし大丈夫なのか?彼らは」

遊馬「黒咲と沢渡?大丈夫だって!」
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 00:42:43.50 ID:X1MDInG60
沢渡「狙撃手ってどんな奴なんだ?」

黒咲「俺に聞くな」

アストラル「どの位置で遊星を狙ったか、そして頭では無く脚を狙ったわけが」

遊馬「狙った場所って関係あんのか?」

アストラル「本気で遊星を始末するなら頭を狙うはずだ」

沢渡「それにライフルなんて」

黒咲「俺の経験からではバラして収納していたのだろう」

沢渡「経験?」

黒咲「俺はレジスタンスだ」

遊馬「あっ!あの女怪しくねえか!?」

アストラル「確かに」

沢渡「遊星を狙う奴・・・改造デュエリストじゃねえか!?」

遊馬「確かに改造デュエリストなら遊星さんを狙う!」

黒咲「待てそこの女!」

「チッ」

遊馬「逃げやがった!ますます怪しいぜ!」
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 00:51:24.57 ID:X1MDInG60
遊馬「何者だお前!」

「私は改造デュエリスト・・・遊星の抹殺を命に受けやって来たのだ!」

沢渡「蜂の改造デュエリストみたいだな」

アストラル「抹殺ならばなぜ脚を」

「決まっている。モンスターに押し潰されればジワジワと」

黒咲「何という卑劣な女だ」

遊馬「その腐った根性を叩き直してやろうぜ!かっとビングだ!!」

沢渡「かっとビング!?」

黒咲「何も驚く事はない」

沢渡「できねえよかっとビングなんて!」

遊馬「デュエリストなら誰でもできるぜ!」

沢渡「クソ!やればいいんだろやれば!」

遊馬「じゃあ行こうぜ黒咲!沢渡!」

遊馬・黒咲・沢渡「かっとビングだ!!!俺!!!」

「ぎゃああああああああ」

アストラル「これで悪しき魂は浄化された」
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 00:58:20.19 ID:X1MDInG60
遊星「そうか、狙撃手を制圧できたか」

鬼柳「さすがだぜ!」

沢渡「遊矢は予選突破したか?」

黒咲「ユートは?」

遊馬「シャーク達は?」

ジャック「遊矢、ユート、ユーゴは突破したぞ」

クロウ「それに凌牙もカイトもな!」

鬼柳「それと亮とエドもだってよ」

遊馬「やったぜ!」

黒咲「次は何をやるんだ」

沢渡「ジャンケンにモンスター上げだろ?赤馬零児の事だから・・・」

遊星「借り物競争だと言っていたな」

沢渡「借り物競争!?」

黒咲「だが俺達にはもう関係の無い話だ」

遊馬「ジャックさん達は頑張ってくれよ!」

ジャック「お前達の分まで頑張ってやろう」

クロウ「まあ見てろって!」
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/27(金) 01:30:31.31 ID:bYv/0zdDO
セレナもすっかり十代の真似を
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/27(金) 08:36:47.65 ID:m1kf/eAR0
デュエルって?
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/27(金) 09:36:25.70 ID:ysCBiIX1o
ああ!
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 19:43:23.60 ID:X1MDInG60
カイザー「第三予選は借り物競争・・・ゴーシュのパンツか」

ゴーシュ「俺がゴーシュだ!パンツを貸してやるよ!」スルスル

カイザー「君の分まで勝ち抜いてみせる」

エド「氷室のパンツ・・・氷室という男は居ないか!?」

氷室「俺だ」

エド「お前のパンツを貸してくれないか?」

氷室「ああ」スルスル

ヨハン「剣山!お前のパンツを貸してくれ!」

剣山「喜んであげるドン」スルスル

十代「えーっと・・・セレナのパンツか・・・セレナ!セレナ居るか!?」

遊矢「セレナならさっき会場の外に出たけど、ギラグさんのパンツか・・・」

ギラグ「受け取れ遊矢!」スルスル

ジャック「権現坂!褌を俺に渡せ!」

権現坂「受け取れジャック殿!」スルスル

勝鬨「自分は自分のパンツか・・・」

ユート「ボマーのパンツ」

ユーゴ「矢最豊作っての居るか!?パンツくれパンツ!」
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 19:57:15.47 ID:X1MDInG60
セレナ「見ろ、このデュエリストは強そうだぞ」

ファラオ「ニャ」

十代「何読んでんだ?」

セレナ「い、いきなり現れるな!」

十代「大会参加してるデュエリストのパンフレットか?覚えてんのか?」

セレナ「そんなんじゃない・・・別に覚える必要はない」

十代「みんなと仲良くなりたいもんな!」

セレナ「くっ・・・」

十代「俺も手伝ってやるよ。貸してみろ」

セレナ「だがお前は予選が」

十代「悪りいな落ちちまったぜ!」

セレナ「だらしない奴だ。所詮は借り物競争だろ?借りれなかったのか?」

十代「まあそんなところだぜ」

セレナ「冷たいデュエリストも居るんだな」

十代「冷たくねえさツッパってるけど根はいい奴だって、みんな知ってんだからよ」

セレナ「何処のどいつだ?私が一言文句を言ってやってもいいぞ」

十代「いいって言ってるだろ?ほらちゃんと覚える勉強しようぜ」
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/27(金) 20:00:24.02 ID:9F+pMsZDO
十代さんイケメン過ぎる…
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 20:07:12.48 ID:X1MDInG60
シャーク「十代も落ちたのかよ!?」

エド「と本人が言っていた」

ヨハン「遊馬も落ち遊星も落ち・・・か」

ジャック「このまま負の連鎖で遊矢も落ちてしまうかもしれんな」

遊矢「何で?」

ジャック「十代も遊星も遊馬も全て遊が付いているだろ」

遊矢「あっ」

クロウ「コラ!妙な脅しはやめとけよ!」

ユーゴ「流石にフェアじゃねえぞ!」

ジャック「待て!俺は脅すつもりで言ったのでは無い!」

カイト「どうだかな」

ジャック「貴様!」

カイザー「喧嘩している場合じゃないぞ。現在残っているのは80名」

ユート「馴染み深い顔も居るがまだ見た事も無い顔も居る」

遊矢「・・・第一予選で遊馬が第二予選で遊星さんが第三予選で十代さんが・・・って事は」

赤馬「これで最後の予選だ。ここから一気に8人に絞る。最終予選は・・・バトルロイヤル」

赤馬「これから8つのステージに10人ずつ別れてもらう。そして最後に残ったデュエリストが本戦出場だ」
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 20:12:54.36 ID:X1MDInG60
ユート「火山エリアか・・・」

勝鬨「ハイーッ!」

ユート「早くも来たか」

勝鬨「榊・・・遊矢?」

ユート「いや違う」

勝鬨「ホァチャァッ!!!」

ユート「何という獰猛な拳法だ・・・だが!」

ガッ

勝鬨「デュエルするたびにデュエルスタイルが変わるな。この前は喧嘩デュエルだったが・・・これは」

ユート「俺は戦火で培ったデュエルだ」

勝鬨「なるほど、貴様も闇を見てきたのか。数々の非礼をここで謝罪する」

ユート「それは遊矢本人に言ってくれ」

勝鬨「遊矢なら・・・自分の目の前に居る!ホァチャァッ!」バッ

ユート「腕が動かん・・・これは一体」

勝鬨「デュエル経穴を突いた」

ユート「これが噂のデュエル経穴か」
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/27(金) 20:20:32.09 ID:l5rQsXFO0
デュエル経穴って?
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 20:23:13.08 ID:X1MDInG60
ユーゴ「寒いな・・・氷山エリアか?氷河期かよ・・・」

シャーク「おい」

ユーゴ「出やがったな!凌牙!」

クロウ「面白そうな事やってんじゃねえか!」

ユーゴ「クロウもいやがるのか!?」

シャーク「さっさとケリをつけようぜ!」

アリト「じゃあ先攻は俺から貰うぜ!」シュッ

ユーゴ「おっと」

アリト「ほらほらほらほらほらほらァ!!!」シュッシュッシュッシュッシュッシュッ

クロウ「何て鋭いジャブを打ちやがるんだ」

シャーク「よそ見してんじゃねえ!」

クロウ「ッッ!」

アリト「そらァ!」

ユーゴ「凄えアッパーだぜ・・・マジで」

アリト「来いよ!熱いデュエルをやろうぜ!」
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 20:37:24.18 ID:X1MDInG60
密林エリア

「オォン!」

「アォン!」

「フゥン!」

「ホォン!」

「ホォン!」

オブライエン「密林エリアか・・・野獣が沢山潜んでいるな」

「イキスギィ!」

オブライエン「ん?」

「イクイクイク・・・」

オブライエン「このバトルロイヤル最初の相手か」

「ンアッー!!!」

「そうだよ」

悶絶エリア

「誰か助けてー!」

鬼柳「てめえ子供相手に何やってんだ!」

「君、名前は?」

鬼柳「鬼柳京介だ!てめえが最初の相手だぜ!!!」

ボマー「さあ逃げるんだ」
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 20:50:34.80 ID:X1MDInG60
月面エリア

カイト「お互いここに引き寄せられた感じだな」

ミザエル「そのようだ」

カイト「・・・やるか」

ミザエル「デュエル!」

カイト「ハァッ!」シュッ

ミザエル「私にフォトンモードは効かん!」

カイト「さすがはミザエル・・・ってところだな」

ミザエル「さあ・・・来い!」

カイト「オオオッッ!!!」

ミザエル「カッ!」

カイト「な、何が起こった・・・俺の身体が」

ミザエル「お前にフォトンモードがあるように私も独学でタキオンモードを身につけた」

カイト「なるほど・・・だから俺の身体が巻き戻ったのか」

ミザエル「察しがいいな」

遺跡エリア

ムクロ「ヒャッハーッ!!!」

エド「何てエキセントリックな奴なんだ!」

ムクロ「プロデュエリストのエドだってな?噂は聞いてるぜ!」

エド「Dホイールによるライディングデュエルか・・・こいつはまさにライディングデュエルの申し子だな」
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 20:56:27.33 ID:X1MDInG60
学校エリア

吹雪「確か落ちてる物を使うのがアクションデュエルだっけ?なら僕は」

カイザー「箒を使うか・・・お前らしい良い選択だ」

ジャック「亮!」

カイザー「ジャックも居たのか?」

ジャック「なるほど学校か・・・初めて見る光景だ」

吹雪「それじゃ行かせてもらうよ!」クルクル

シャッ

カイザー「いい棒術だな。いつの間に?」

吹雪「知らなかったのかい?僕は割と棒捌きが上手いんだ!」

ジャック「能天気そうな見た目とは裏腹に意外とやりおるな」

北斗「せっかく最終予選まで残れたのに化け物ばかりだな・・・」

ヨハン「こんな所でボーッとしててもデュエルは楽しめないぜ?ほら行けよ」

北斗「ちょっと・・・!」

ヨハン「楽しいデュエルをしようぜ!!」
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 21:06:10.48 ID:X1MDInG60
遊矢「柚子や権現坂は無事なんだろうか・・・」

遊矢「アストラルエリアだって書いてある」

「来るぞ遊馬!」

「来るぞ遊馬!」

「来るぞ遊馬!」

牛尾「・・・お前が榊遊矢か?遊星から聞いてるぜ」

遊矢「遊星さんから!?」

牛尾「そんじゃ俺とデュエルするか?先攻はお前にやるぜ」

遊矢「ドロー!」

牛尾「・・・ふっ」

グルッ

遊矢「くっ!腕の関節が!?」

牛尾「おいおい・・・セキュリティ相手に何も考えずにデュエルする奴があるか」

遊矢「いてて・・・」

牛尾「まだルーキーってところだな。ターン終了か?」

遊矢「いいや!もう一発!」

牛尾「威勢がいいな!気に入ったぜ!」
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 21:36:52.60 ID:X1MDInG60
遊馬「見ろよ火山エリアはユートが勝ったみたいだぜ!」

遊星「氷山エリアはアリトか」

十代「月面エリアはカイトに密林エリアはオブライエンが勝ったのか!」

セレナ「遺跡エリアは・・・炎城ムクロ?が勝ったんだな」

赤馬「悶絶エリアはボマーか」

遊馬「そういや社長は何処で落ちたんだ?」

赤馬「私はジャンケンだ・・・ジャンケンで落ちた」

セレナ「日頃の行いの悪さが出たようだな!」

十代「そういう言い方はねえだろ。学校エリアは・・・誰だかわかるか?」

セレナ「あいつは天上院・・・吹雪?」

十代「ちゃんと覚えてるじゃねえか!」

遊星「ジャックもクロウも負けたか・・・」

遊馬「アストラルエリアは・・・遊矢だ!遊矢が押してるぞ!」

十代「決まった!いいアッパーだったぜ遊矢!」

遊星「牛尾を追い込むとは・・・遊矢は着々と成長している」

赤馬「決まったな。これで本戦出場の8人が決定した!」
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 21:45:30.94 ID:X1MDInG60
牛尾「いいアッパーだったぜ。遊矢」

遊矢「ハハハ」

牛尾「けどまだむらっ気があるな。足元掬われるんじゃねえぞ」

遊矢「わかってるよ、牛尾さん」

牛尾「所でさっき押収したんだけど、これ」

遊矢「いつの間に!?」

牛尾「最初にお前を捕縛した時だ。この子はお前のこれか?」

遊矢「・・・うん」

牛尾「ったくその歳で彼女持ちか?いいねえ若いってのは」

遊矢「牛尾さんは?」

牛尾「・・・」

遊矢「・・・ごめん」

牛尾「ちゃんと持ってねえとダメだぞ。これがスリならパクれてるぞ」

遊矢「うん」

牛尾「そんじゃ帰るか」

遊矢「俺以外が誰が勝ち上がったんだろな・・・」

牛尾「そいつは見てのお楽しみって感じだろうな」
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 22:05:55.49 ID:X1MDInG60
数日後

小鳥「予選落ち残念だったね」

遊馬「・・・」

小鳥「・・・」

遊馬「なあ小鳥」

小鳥「ん?」

遊馬「デュエルってやっぱり面白いな!」

小鳥「う、うん!」

遊馬「本戦が楽しみだぜ!なあ!」

小鳥「うん!」

遊馬「誰が勝つか俺は楽しみだぜ!小鳥は誰だと思う?」

小鳥「うーん・・・カイトかな?遊馬は?」

遊馬「俺か?俺はな・・・」

小鳥「・・・」

遊馬「誰が勝っても別にいいよ。興味ねえよ別に」





続く
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 22:56:11.19 ID:X1MDInG60
天城カイトVSボマー

ユートVSオブライエン

アリトVS炎城ムクロ

榊遊矢VS天上院吹雪

遊馬「組み合わせはこんなもんだぜ!実況は俺だ!」

遊星「解説は俺が勤めよう」

十代「そんじゃ俺は驚き役だぜ!」

ユーゴ「じゃあ俺もだ!」

セレナ「私は・・・何でもいい」

遊馬「選手入場だぜ!」

ハルト「兄さーん!」

クロウ「負けんじゃねえぞボマー!」

黒咲「ユート!エクシーズ次元の底力を見せてやれ!」

ジム「オブライエン!」

ギラグ「相手が誰でもカウンターだぜ、アリト!」

鬼柳「誰か知らねえけど俺らの代表だ!満足させてくれよ!」

カイザー「頑張るんだ吹雪」

柚子「遊矢ー!」
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 23:05:50.56 ID:X1MDInG60
カイト「・・・」

ボマー「最初の相手が君か、天城カイト」

カイト「黒き暴風のボマー・・・遊星の次元ではお前以上の怪力はいないそうだな」

カイト「始めるか」

ボマー「ああ」

カイト・ボマー「デュエル!!」

ボマー「先攻は私だ!ハアアアアアアアアアアアアア」

ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ

カイト「物凄い風だ・・・!」

遊馬「ボマーさんが物凄い風を出してるぜ!」

十代「すっげえ!すげえよな!」

ユーゴ「さすがは遊星のダチだぜ!」

セレナ「ボマーはフォーチュンカップで遊星とデュエルしたと書いてあったぞ」

カイト「なるほど・・・この風が黒き暴風の正体か」

ボマー「それだけでは無い!黒き暴風の正体はここからだ!」ザッ

カイト「追い風に乗って来たかッッ!」

ボマー「これが黒き暴風の正体だ!ハアアアアアアアアアアアアア!!!」

ズダダダダダダダダダダダダダダ

カイト「ぐふっ!がはっ!ごはっ!」

遊星「黒き暴風・・・それは風+ボマーの両拳による連撃による攻撃!喰らえばひとたまりもないぞ!」
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 23:16:14.67 ID:X1MDInG60
カイト「ごほっ・・・肋が三本ほど折れたか・・・」

ボマー「私の連続攻撃の最中に攻撃を入れたか・・・面白い!」

ユーゴ「カイトの必殺技って一撃必殺のドローだよな?あの関節を固定させる」

遊星「そうだ。だがあれは時間がかかりすぎる」

遊馬「いやカイトはそれで終わる男じゃねえさ!」

十代「勉強になるか?」

セレナ「うるさい!カイトは一撃必殺のドローか・・・」

カイト「さ、最初の相手が貴様で良かった。俺にとっては・・・運がいい」

ボマー「何だと?」

カイト「ヒントが見えた・・・お前の連続攻撃で・・・俺の新しいドローが・・・!」

ボマー「ならばもう一度!ハアアアアアアアアアアアアア!!!」

ズダダダダダダダダダダダダダダ

カイト「デュエリストに同じ攻撃は通用せん!」

ボマー「これならどうだ!」シャッシャッシャッ

カイト「風のカッターか!?」

ボマー「カイトォ!」

カイト「・・・!」パンッ

ボマー「なっ・・・!」

遊馬「カイトの手が見えなかった・・・それに何の音だ?」
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 23:34:19.81 ID:X1MDInG60
カイト「達人の鞭を使用する際に空中で生じる強烈な破裂音あれは物質を超えたことを知らせる音・・・音の壁を破る音だと言う・・・」

カイト「足の指から始まる関節の連動を足首へ足首から膝へ膝から股関節へ股関節から腰へ腰から肩へ肩から肘へ肘から手首へ」

カイト「同時8カ所の加速の成功が奇跡を生む・・・遊矢・・・俺と同じドローを会得したお前ならわかるな」

遊矢「一撃必殺のドローと逆の発想だ・・・!」

カイト「・・・」パパパパパパパパパパンッ

ボマー「素晴らしい発想だ!」

カイト「勝負だボマー!」

ボマー「ハアアアアアアアアアアアアア!!!」

遊星「ボマー・・・!速さならカイトの方が上回って居るぞ!」

ボマー「ハア・・・」

パパパパパパパパパパンッ

ボマー「ブッ・・・!」

パパパパパパパパパパンッ

ボマー「ぐわああああああッッ!!!」

カイト「俺の勝ちだ・・・だがもし最初の相手がお前で無ければこのドローは完成できなかった。礼を言う」

遊馬「一回戦はカイトの勝ちだぜ!」

遊矢「カイトさん!」

カイト「何だその手は・・・」

遊矢「いや・・・ハイタッチ?」

カイト「そんな事をするぐらいなら吹雪とのデュエルに備えろ。グズが」パンッ

遊矢「ハハハ・・・」

カイト「ハイタッチをしてやるのは一度だけだ・・・今度そんな真似をすればタダではすまさんぞ」
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 23:42:54.09 ID:X1MDInG60
ユート「オースチン・オブライエン・・・雰囲気が他のデュエリストとは違うな」

オブライエン「デュエル!」

サッ

オブライエン「動きがいいな!」チャキッ

ユート「拳銃型のデュエルディスクか」

オブライエン「ファイアー!」ドシュッドシュッドシュッドシュッドシュッドシュッ

ユート「カードが弾丸代わりか!?」パッパッパッパッパッパッ

オブライエン「全て掴んだか、只者ではないな」

ユート「君こそ」

十代「オブライエンは傭兵だからな」

セレナ「傭兵・・・戦士か?」

十代「そんでもって俺の命の恩人の1人だぜ!」

セレナ「死にかけたのか!?」

十代「前に話したろ?俺を闇から救い出してくれた友達が居たって、それがオブライエンとあそこに居るジムだ」

セレナ「あいつが居なかったら今のお前が居ないのだな・・・オブライエンか」

オブライエン「相変わらず声の大きい奴だ」

ユート「君は傭兵なのか」

オブライエン「お前は」

ユート「俺はレジスタンス」

オブライエン「お互い戦闘のプロという事か」
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/27(金) 23:54:30.88 ID:X1MDInG60
ユート「先手必勝・・・いや」

オブライエン「俺の罠に気がついたか」

ユート「弾丸に気を取られている隙に地面に爆弾を埋め込んだか」

オブライエン「・・・」チャキッ

ユート「・・・ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンを召喚!」

オブライエン「ファイアー!」ドシュッドシュッドシュッドシュッドシュッドシュッ

ユート「このまま一気に決着をつける!」

オブライエン「それはどうかな」

ユート「!?」

オブライエン「そのモンスターの足をよく見てみる事だ」

ユート「ワイヤーか」

オブライエン「どうやら戦場のプロとして俺の方が一歩上だったな」

ユート「このまま落下すればダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンが・・・降参だ」

オブライエン「いいデュエルだった」

ユート「君とはまたデュエルがしてみたい」

オブライエン「俺もだ。素晴らしきデュエリストとの出会いに感謝する」
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/28(土) 00:04:20.41 ID:YzGd4M3m0
興味もないのに実況を買って出る遊馬さん
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 00:11:23.74 ID:wlXndJNP0
ムクロ「いよいよ俺の出番だぜ!」

アリト「バイク乗りか」

ユーゴ「バイクじゃねえ!Dホイールだ!」

遊馬「あのムクロさんってどういうデュエリストなんだ?」

遊星「言わばライディングデュエルの申し子という所だ」

十代「そいつは凄そうだぜ!ちゃんとメモしとけよセレナ!」

セレナ「一々うるさいぞお前!何様だ!!」

十代「そう怒るなよ」

セレナ「くっ・・・」

ムクロ「じゃあ始めるかボクシングの兄ちゃん!」ブオオンッ

アリト「上等!」

遊馬「Dホイールを手足の如く動かしてるぜ!」

アリト「ちょこまか動きやがって・・・そこだ!」シュッ

ムクロ「うっ!相当自信があるんだな・・・その拳に」

アリト「お前もバイクの腕は天下一って感じだぜ!」シュッシュッ

ムクロ「そりゃそうだぜ!俺は根っからのDホイール乗りだからな!」ブオオンッ

ユーゴ「いい奴じゃん!なあ、いい奴じゃんかよ!」

遊星「ああ」
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 00:29:34.59 ID:wlXndJNP0
アリト「カウンターだ・・・野郎が突っ込んで来たらカウンターで決めてやる」

ムクロ「よっしゃ!行くぜ!」ブオオンッブオオンッブオオンッ

アリト「来いよ炎城ムクロ!!!」

ムクロ「ヒャッハー!!!」

アリト「ギッ・・・!」ギュッ

ムクロ「あの拳の動きは俺のスピードに合わせぶち込む気だな」

ムクロ「避ける事はできる・・・だがな!」

アリト「タイミングを合わせるぜ!」

ムクロ「相手が真っ向勝負で来るなら受けて立つ!そいつがDホイーラーってもんだぜ!」

ガッ

アリト「・・・」

ムクロ「・・・」

アリト「ムクロっつったな・・・今度Dホイール乗せてくれよ」

ムクロ「ああ・・・約束するぜアリト・・・いい拳だ。掠っただけでもジンジン伝わるぜ」

アリト「へっ・・・」

ムクロ「絶対に優勝してやるよ。絶対にな」

遊馬「ムクロさんの勝ちだ!」

ムクロ「拳とDホイール・・・Dホイールの勝ちだな。次はわからねえけど」
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/28(土) 01:33:04.23 ID:hvy57lFDO
まさかの炎城ムクロが参戦とは
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/28(土) 01:43:39.72 ID:GlJyzLkE0
ムクロさんすげえな
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 13:04:15.86 ID:wlXndJNP0
小鳥「みんな頑張ってるね。次は遊矢くんよ!」

柚子「遊矢!」

遊馬「小鳥」

小鳥「あ、あまり近寄っちゃダメよ柚子さん!」

柚子「ちょっとだけ待って遊矢に渡したい物があるから」

小鳥「・・・」

遊馬「・・・」

遊矢「これは?」

柚子「御守りよ。頑張って遊矢!」

遊矢「御守りか・・・」

遊星「いいものですね十代さん」

十代「青春だぜ青春!」

ユーゴ「惚気てんじゃねえぞ!」

遊矢「ありがとう柚子!」

遊馬「小鳥」

小鳥「ほ、ほら行きましょ」
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 13:09:53.61 ID:wlXndJNP0
吹雪「遊矢くん!」

遊矢「吹雪さん」

吹雪「今日は楽しいデュエルをしよう」

遊矢「うん!」

吹雪・遊矢「デュエル!!」

吹雪「先攻は僕が」

遊矢「吹雪さんは一体どんなデュエルを」

吹雪「・・・」

遊矢「・・・」

吹雪「ターンエンド」

遊矢「な、何も仕掛けない!?」

吹雪「何もしないのもまたデュエルってわけさ」

遊矢「俺のターン!」ギュッ

吹雪「御守り?」

遊矢「柚子から貰ったんだ!」

吹雪「柚子・・・あの子か、素敵な女性だね。遊矢くん」
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 13:16:14.07 ID:wlXndJNP0
遊矢「先手必勝だ!先ずはダメージを与える事を考えよう!」ブンッ

吹雪「・・・」スッ

遊矢「もう一発!」ブンッ

吹雪「・・・」スッ

遊矢「避けられた・・・でも!」ブンッ

吹雪「・・・」スッ

遊矢「ま、まただ」

吹雪「攻撃だけじゃ無いよ」

遊矢「それぐらい解ってるさ!」ブンッ

吹雪「・・・」スッ

遊矢「拳がダメなら脚を使うまで!」

吹雪「・・・」スッ

遊矢「ハァッ!!!」シュシュシュッッ

ガッ

グルンッ

遊矢「な、身体が回る・・・!何で・・・!?」
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 17:15:38.06 ID:wlXndJNP0
ユーゴ「さっきからいい様に転けてるぜ遊矢のやつ」

遊馬「あれは何だよ遊星さん」

遊星「・・・柔だ」

遊馬「柔?」

遊星「護身を重視した武術だ」

十代「吹雪さんの性格じゃ拳と拳よりもそっちのが得意そうだもんな」

遊矢「・・・打つ手が無い」

吹雪「いいや、あるはずだ遊矢くん!考えてみるんだ。じっくりと」

遊矢「・・・」

吹雪「さあ遊矢くん」

遊矢「これで行こう!」バッ

遊馬「遊矢が服を脱いだぞ!」

遊矢「何で服を脱いだか俺にもわからない。でもデュエリストとしての本能がそうさせた!」

吹雪「デュエリストの本能か・・・でも僕だって負けたくは無い!」

遊矢「俺もだよ吹雪さん!オオオオオオオッッ!!!」

吹雪「捉えた!」

ツルンッ

吹雪「汗・・・遊矢くんが大量にかいた汗か・・・」

遊矢「一瞬の隙ができた!今だ!!!」

ガンッ
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 17:30:14.68 ID:wlXndJNP0
遊馬「これで準決勝のメンバーが決まったぜ!後は頼むぜ、社長」

赤馬「準決勝はこれより3時間後に始める。それまでにトイレは済ませて居てくれ」

カイザー「どうだった遊矢は?」

吹雪「いいドローをするよ。まだ痛いよ・・・」

クロウ「大丈夫なのかボマー?」

ボマー「私よりもカイトの傷の方が深そうだ。出られるのだろうか」

黒咲「まさかユートが初戦敗退とはな」

ユート「彼はそれだけ強かったってところだ。それにプロでもある」

ギラグ「どうだったバイクとやり合った感想は」

アリト「次は負けねえよ」

ジャック「しかし・・・あの炎城ムクロが」

遊星「ムクロとデュエルした事の俺達ならばわかるはずだ。あいつは強い」

小鳥「あれ?カイトが居ない」

遊馬「カイトならさっき何処かへ行ったぜ」

シャーク「仕方ねえな・・・見に行ってやろうぜ」
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 17:54:23.48 ID:wlXndJNP0
カイト「くっ・・・肋の再生にまだ時間がかかりそうか」

オブライエン「痛むのか?」

カイト「フッ・・・何とも無い」

オブライエン「だといいがな。俺は万全なお前とデュエルがしたい」

カイト「・・・」

オブライエン「それよりも気をつけた方がいい。先ほどからお前を・・・危ない!」

バンッ

カイト「!?」

オブライエン「くっ・・・遊星を狙ったやつ以外にも紛れ込んで居たのか」

オベリスクフォース「だから脚じゃなくて頭を狙えばいいって言ったのに」

オベリスクフォース「へへへ!セレナ様を拉致した遊城十代の仲間のオブライエンだったなぁ?」

オベリスクフォース「こんな馬鹿げた大会を開いて・・・何が楽しいデュエルだ!」

オベリスクフォース「デュエルとは他者を蹂躙する兵器よ。ガキの遊びじゃないのさ!」

オベリスクフォース「ここで這いつくばりな!」

オブライエン「オベリスクフォースの奴らだ・・・この会場の警備は流石にザルすぎるぞ」

カイト「融合次元のクズ共か・・・覚悟はできているんだろうな」

オベリスクフォース「お前!怪我してるんだろ?あのユーリを潰した天城カイトでも怪我人じゃ」

カイト「貴様らクズ共にデュエリストの信念は永遠に理解などできんだろうな!」

カイト「全員纏めてかかって来い!懺悔の用意はできているか!!」
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 18:02:05.49 ID:wlXndJNP0
遊矢「何か音が聞こえたぞ」

柚子「何かあったのかな?」

権現坂「あっちだ!」

デニス「あ、待って待って!」

遊矢「デニスだ。来てたのか?」

デニス「ジャンケンで負けちゃったよ。ハハハ!」

権現坂「待てとはどういう事だ?」

デニス「これは花火さ!」

遊矢「何だ花火か」

柚子「きっと誰かが花火を打ち上げたのね」

デニス「うん」

権現坂「粋な事をする御仁も居るもんだ」

デニス「さ、準決勝が始まるよ!行こう行こう!」

遊矢「応援よろしく頼むよデニス!」

デニス「勿論さ!」

柚子「今度の相手はムクロさんよ」

権現坂「かつて遊星殿とジャック殿と互角のデュエルを演じたそうだ」

デニス「おめでとう遊矢・・・この大会は君の勝ちだ。カイトもオブライエンもどっちも・・・」
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 18:15:26.17 ID:wlXndJNP0
遊矢「あれ?カイトさんとオブライエンさんが来てない」

ムクロ「どうなってやがんだ」

遊星「・・・不穏な空気だ」

十代「セレナはここに居ろ。遊馬は凌牙達を呼んできてくれ」

遊馬「あ、ああ」

遊星「赤馬!少し話がある」

十代「何かが居るぞ。手分けしてカイトとオブライエンを探すぞ」

ユート「隼!」

ジャック「何か知らんが行くぞユーゴ!クロウ!」

十代「カイザーとエドはセレナの側から離れないでやってくれ」

カイザー「何か起こったのか?」

十代「いや知らねえ」

エド「知らないのか?なら」

十代「勘だよ勘!俺の勘があの連中の気配を感じた。だからセレナを守ってやってくれ」

カイザー「融合次元だな。わかった」

エド「わかったよ。但し僕達じゃこの我儘娘は手に負えないから早く戻って来いよ十代」

セレナ「何かあったのか?」

十代「何でもねえさ、セレナは遊矢とムクロのデュエルを楽しんでろよ」
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 18:22:23.02 ID:wlXndJNP0
北斗「チームサティスファクション?」

真澄「何それ?」

鬼柳「そりゃ満足よ!どうだお前ら?こいつを着てみろ!」

刃「いいデザインしてるぜ・・・イカしてる」

真澄「ダサい。却下」

北斗「それよりも準決勝もう始まってるんじゃないか!?早く見に行かないと!」

真澄「この人がしつこく満足がどうとか語るから・・・」

刃「鬼柳さん!このジャケット最高だ!」

鬼柳「だろ?やっぱわかる奴にはわかるんだろうぜ!」

オベリスクフォース「ぬわああああああああああああああ」

北斗「な、何だ!?」

カイト「倒しても倒しても増える・・・ゾンビだな」

鬼柳「カイトじゃねえか!こいつは」

カイト「融合次元だ。オブライエンを頼む」

鬼柳「すっげえ血が出てやがる。そこの女!こいつを頼むぜ!」

北斗「な、何だこの数・・・」

刃「やるしかねえ!」

鬼柳「来いよ融合次元の悪党共!てめえらじゃ満足できそうにねえがデュエルしてやるよ!」
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 18:29:44.26 ID:wlXndJNP0
遊矢「氷上決闘場か」

ムクロ「ツルツルしてやがるぜ」

赤馬「賊が!?」

遊星「おそらく」

赤馬「何でこう私が指揮する大会は・・・戦えるデュエリストをすぐに」

遊星「それなら十代さんがそして遊馬も」

遊矢「デュエル!」

ムクロ「ヒャッハー!!!」

赤馬「大会はどうする」

遊星「中止するわけにはいかない。だから俺達が気取られずに戦う」

赤馬「そっちは君に任せよう」

遊星「大会は頼むぞ!」

遊矢「足場が不安定なのはどっちも一緒」

ムクロ「Dホイールじゃ分が悪い・・・って事もねえな!」

赤馬「・・・」

遊矢「この足場を上手いこと利用できれば・・・」
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 18:42:14.16 ID:wlXndJNP0
鬼柳「蹴散らしても蹴散らしても増えやがる・・・増殖かよ。北斗ってのはノビちまってるし」

オベリスクフォース「カードにしてやるよ!お前ら全員な!」

ユーゴ「見つけたぜクソ野郎!!!」ボコッ

オベリスクフォース「くっ・・・」

黒咲「アカデミアのダニ共が!」バキッ

オベリスクフォース「ううっ・・・」

鬼柳「遅えよ!」

カイト「どうやら形勢逆転という事か・・・」

十代「よォ」

オベリスクフォース「遊城十代・・・!」

十代「凄いと思わないか?色んな次元の奴らが手を取り合ってる」

ジャック「絆の無い貴様らでは到底無理な話だろうがな」

遊馬「呼んで来たぜ十代さん!」

十代「大会にかける奴らの思いはお前らにはわからねえと思う。他人を思いやる気持ちなんてねえだろうからな」

オベリスクフォース「だったらどうした!融合次元こそ最強の次元!他の次元などどうという事も無い!」

万丈目「俺達のパチモノ次元が何を吐かす!そんなに他の次元を荒らしたければ共食いでもしてろ!」

シャーク「どうせやり合う相手がいなくなったらてめえらでてめえらを食いそうだしな」

ユーゴ「だがせっかく来やがったんだ!俺は徹底的にやってやるよ!」

黒咲「貴様らによって傷つけられた者の恨みをここで晴らしてやる。デュエルだ!」
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 18:48:03.61 ID:wlXndJNP0
遊矢「勝った・・・!これで俺は決勝進出だ!」

赤馬「そうか・・・わかった。榊遊矢」

遊矢「?」

赤馬「この大会は君の優勝だ」

遊矢「どういう事だよ!?カイトさんやオブライエンさんは!」

赤馬「・・・」

遊矢「何かあったのかよ!」

遊馬「遊矢・・・実はな」

遊星「遊馬」

遊馬「・・・」

遊矢「こんな勝ち方・・・俺は!」

赤馬「とりあえずおめでとうと言っておこう」

遊矢「・・・」

赤馬「デュエルカーニバルの覇者は榊遊矢!」

柚子「遊矢・・・」

遊矢「・・・」
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 18:56:16.62 ID:wlXndJNP0
数日後

遊馬「さすがにカイトは怪我の治りが早いな」

シャーク「けど遊矢に言わなくてもいいのか?融合次元の事を」

カイト「俺の不覚だ。言えるはず・・・遊矢」

遊矢「カイトさん」

カイト「今度は何だ。またくだらん事じゃ」

遊矢「俺とデュエルしてくれ!」

カイト「デュエル?俺とお前がか」

遊矢「それが真の意味での決勝戦だ。カイトさんに勝ち・・・俺が優勝者になる!」

シャーク「遊矢の目がマジだぜ。いつも情けねえ顔してんのによ」

カイト「お前の勝ちだ。それでいいだろ」

遊馬「らしくねえなカイト!まさかビビってんじゃねえのか?」

カイト「俺が?」

遊馬「遊矢に負けるのが怖え!って感じなんだろ?」

カイト「・・・いいだろう。お前とのデュエルを受けて立つ」

遊馬「やったぜ!場所は何処にするんだ?」

遊矢「・・・3日後、この遊馬の次元でハートランドシティで」





続く
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 19:04:15.51 ID:wlXndJNP0
カイト「・・・じゃあ行ってくる」

ハルト「応援はいいの?」

カイト「大丈夫だ。兄さんは勝ってくる」

ハルト「うん!」

オービタル「オイラのデータによると榊遊矢の」

カイト「黙れ」

オービタル「カシコマリ!」

フェイカー「榊遊矢という少年はどういうデュエリストなんだ?」

カイト「遊馬に似ている。性格は真逆だがな」

フェイカー「真逆なのに似ているか」

カイト「ああ」

フェイカー「悔いのないデュエルを楽しむんだぞ」

カイト「わかっている」

ハルト「兄さん勝つかな?」

フェイカー「カイトの事だ・・・きっと」
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 19:14:01.16 ID:wlXndJNP0
アユ「いってらっしゃーい!」

タツヤ「カイト兄ちゃんに挑むなんてやるじゃん遊矢兄ちゃん!」

フトシ「痺れるゥ〜!」

遊矢「へへへ」

権現坂「遊矢!この男権現坂はお前が戻ってくるまで滝浴びをしているぞ!」バッ

修造「俺もだ!」バッ

遊矢「じゃあ行ってくる」

柚子「いってらっしゃい」

アユ「一緒に行かなくてもいいの?」

タツヤ「行った方がいいんじゃない?」

柚子「いいのよ。これで」

アユ「でも」

柚子「勝っても負けても遊矢が帰って来たら笑顔でお帰りなさいって言うだけで私はそれで満足よ」

タツヤ「とんだロマンチストだね」

アユ「2人ともまだ純潔を保ってるから考えが青いんだよ」

フトシ「まだまだガキの遊矢と柚子にはわからんだろうぜ・・・世間の荒波ってのがよ」
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 19:19:54.83 ID:wlXndJNP0
カイト「・・・待ち伏せか」

遊馬「そんなんじゃねえよ」

シャーク「遊矢とのデュエルは万全か?まあどっちでもいいけどな」

X「全力を出しきれカイト」

ミザエル「ドラゴン使いとは何たるかを見せてやるんだ!」

カイト「・・・フッ」

遊馬「笑ってる場合じゃねえぞ」

小鳥「もっと緊張感を持ってよ!」

カイト「ああ、そうだな」

シャーク「負けたらタダじゃすまさねえぞ!」

カイト「・・・」

シャーク「何見てんだよ」

カイト「今になって思った事がある。妹とベタベタしている凌牙よりも独り身の俺の方がマシだと」

シャーク「てめえ!」

璃緒「やめなさいよ凌牙!」

遊馬「行って来いカイト!」

シャーク「遊矢の次は俺がお前と決着をつけてやるよ!」
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 19:27:19.30 ID:wlXndJNP0
遊矢「あっ!」

ユート「やはりここを通るか」

ユーゴ「ほらな!俺の言った通りじゃねえか!」

黒咲「ユートだ。お前ではない」

沢渡「転けんじゃねえぞ遊矢!お前を倒すのはこの沢渡だ!」

勝鬨「いや自分だ」

遊矢「・・・」

ユート「カイトに勝つ見込みは?」

遊矢「全力を出すしかない」

ユーゴ「全力か?いいんじゃね、それで!」

黒咲「くれぐれも瑠璃の恋人として恥ずかしいデュエルをするんじゃないぞ」

遊矢「わかってる」

沢渡「カイトの次は俺だ!いいな?」

遊矢「ああ」

勝鬨「しかし榊遊矢が3人か・・・分身の術か?」

遊矢「それは・・・今度教える」
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 19:34:07.62 ID:wlXndJNP0
カイト「遊星か」

遊星「ああ」

ジャック「まさか優勝者でありながら優勝を認めんとわな」

クロウ「そりゃそうだろうぜ!でなきゃデュエリストじゃねえ!」

鬼柳「どうよ気分は?」

カイト「どいつもこいつも・・・」

プラシド「激励してやれば人間とは喜ぶものなのだろ?くだらん生き物だ」

ブルーノ「頑張ってカイト!」

ボマー「私に勝った君だ。少年にもきっと勝てる」

カイト「当たり前だ。最初から負ける覚悟で行く奴が居るものか」

遊星「遊矢デュエルは変幻自在だぞ・・・それ故に」

カイト「奴自信の個性が無い。身につけた一撃必殺ドローも元は俺のドローだ」

遊星「ならば、どう戦う」

カイト「いつも通りだ」

ジャック「力だな!」

カイト「力でねじ伏せる・・・最もお前ほどではないがな」

ジャック「当然だ!力を見せてやれ!」
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 19:58:06.05 ID:wlXndJNP0
セレナ「おい!」

十代「おいはねえだろ。おいは」

オブライエン「まさかカイトに挑戦を挑むとはな」

遊矢「オブライエンさん・・・俺は」

オブライエン「カイトとの付き合いも長いんだろ?なら仕方の無い事だ」

カイザー「きっと通り道で同じ事を言われたであろうな」

エド「だから僕達はあえて」

万丈目「勝て遊矢!俺はあの手のスカした奴が好かん!」

オブライエン「武運を祈る」

十代「ほらセレナ」

セレナ「くっ・・・」

遊矢「セレナも俺に何か?」

十代「ああ!そうだよな?」

セレナ「・・・が、頑張れ」

十代「可愛いとこあんだろ?応援してえってさ」

セレナ「そ、そんな事は言ってないだろ!」

十代「ガッチャ!胸張って行って来いよ遊矢!」

遊矢「うん!」
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 20:08:44.81 ID:wlXndJNP0
カイト「随分と遅かったな」

遊矢「ちょっとね」

カイト「・・・お前と出会ってどれほど経つ」

遊矢「数ヶ月ぐらいじゃないかな?」

カイト「最初は本当に遊矢の後輩なのかと疑ったものだ。余りにも精神面が弱すぎてな」

遊矢「俺は最初はヤバい人なんじゃないかなって思った・・・でもカイトさんはいい人だった」

カイト「どうだかな。だが悪くは無い気分だ」

遊矢「十代さん達とはまた別の越えなきゃいけない壁って言うんだろうな、カイトさんは」

カイト「やはりお前は似ている」

遊矢「えっ?」

カイト「お喋りはもういいだろう。デュエルだ」

遊矢「始めようか」

カイト「お前が負けたら柚子は俺が貰うというのはどうだ」

遊矢「そ、それは困る!」

カイト「冗談だ。相変わらず柚子柚子と・・・まあ今日ぐらいは説教をやめてやるか」

遊矢「・・・」

カイト「・・・」

遊矢・カイト「デュエル!!」
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/03/28(土) 20:14:02.92 ID:wlXndJNP0
数日後

小鳥「それで遊矢くんとカイトってどっちが勝ったの?」

遊馬「・・・」

小鳥「きっと凄い・・・」

遊馬「小鳥」

小鳥「・・・」

遊馬「俺さ予選落ちしただろ?」

小鳥「残念だったね」

遊馬「デュエルじゃねえけど負けは負けだ。それは認めるよ・・・ただな」

小鳥「ただ?」

遊馬「何で借り物競争が全部パンツなんだ?なあ!教えてくれよ!」

小鳥「わ、わからないよ」

遊馬「それに大会開いた意味あるのか?」

小鳥「・・・」

遊馬「結局は身内同士で戦ってたじゃねえか、どうよ」

小鳥「・・・」

遊馬「やりたい奴は勝手にやってろよ・・・何の大会なのか解らねえよ俺には」





217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/28(土) 20:44:26.13 ID:lu3xahJm0
確かになんで大会なんてことになったんだっけか
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/28(土) 22:06:15.38 ID:SIgj6aTDO
そもそもジャンケンで予選決めるってどういう事ですか遊馬先生
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/29(日) 11:13:36.62 ID:98puLAzEO

デュエルの内容はともかく全編通してわりと真面目に熱い展開で、逆に笑ってしまった
155.19 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)