このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

ロケット団「ジャリボーイ・・・///」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/01(水) 22:02:13.68 ID:UCmZLlA60

セレナ(サトシ・・・)の続編です!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427893333
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

俺「安価で勇者パーティに加入する」 @ 2021/05/12(水) 23:28:58.50 ID:QgbQtI2Io
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1620829738/

勇者「戦いの規模のインフレが止まらないんだが」 @ 2021/05/12(水) 22:57:32.53 ID:J9Hp3vuX0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1620827852/

ごーごー生徒会 @ 2021/05/12(水) 20:45:32.67 ID:gNAuwpgj0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1620819932/

「長年勘違いしてたこと」といえば? @ 2021/05/12(水) 18:29:08.09 ID:u5KkXVQwo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1620811747/

【悲報】弓使いの強キャラ、ガチで存在しない… @ 2021/05/12(水) 12:21:08.22 ID:HLEvkF+Yo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1620789667/

れんげ「ひか姉、帰ってこれないん?」ひかげ『あたりめーだろ』 @ 2021/05/11(火) 22:58:35.64 ID:E5BODn820
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1620741515/

とうとうVIPまで余所でやってくださいになった @ 2021/05/11(火) 21:52:16.09 ID:AiK8TMmIo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1620737535/

【アイマス】IAソロ部門決勝戦【安価】 @ 2021/05/11(火) 13:50:56.52 ID:sA5pEUVe0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1620708656/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/01(水) 22:10:43.33 ID:4nRf8vJw0


サトシとセレナの出来事があった次の日。


シトロン「サトシ、セレナ!朝で・・・」

ユリーカ「どうしたの?お兄ちゃん。」チラッ

シトロン「わぁー!ユリーカは見ちゃダメです///」

ユリーカ「何でよ〜。ぶぅー。」プンプン

サトシ「んー。んぁ?もう朝?」ウトウト

シトロン「はい!朝です!それよりも、何で裸で寝てるですか///しかも寄り添って・・・」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/01(水) 22:20:49.68 ID:4nRf8vJw0


サトシ「良いじゃねーか、裸位。」ポリポリ

セレナ「ふぁ〜。もう朝?」ゴシゴシ

シトロン「はい!それよりも、服着て下さい///」

セレナ「裸・・・キャアアアアアアアアアア!シトロン!とりあえず部屋から出てって!今着替えるから!///」ガバッ

シトロン「・・・サトシは良いんですか?」

セレナ「サトシは良いの!///早く出てって!」バシ

シトロン「は、はい〜っ」バタン
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/01(水) 22:31:18.11 ID:xUOn8IbL0

サトシ「シトロンは出てったか・・・」フゥー

セレナ「まさか、ばれてないよね?」

サトシ「う〜ん、どうだろう。あいつこういう時、意外に鋭いんだよな〜・・・」ポリポリ

セレナ「・・・ねぇ、サトシ。」

サトシ「ん?っ///」チュ

セレナ「・・・おはようのチュウ///」

サトシ「あぁ、おはよう///」ダキッ


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/01(水) 22:45:34.48 ID:4nRf8vJw0

数分後・・・


シトロン「遅いですよ!二人とも。ご飯さめちゃいますよ?」

サトシ「わりーわりー!じゃ、頂きまーす!」パクッ

セレナ「ごめんねシトロン。いただきます。」ハムッ

ユリーカ「セレナ、セレナ。昨日あの後どうだった?」コソコソ

セレナ「!!げほっげほっ。どうしたの急に?」コソコソ

ユリーカ「べっつに〜?ちょっと気になって・・・」コソコソ

サトシ「また二人でコソコソ話して、どうしたんだよ?」

セレナ「う、ううん。何でもないの///」

サトシ「ふぅ〜ん。」

シトロン「・・・サトシ、後で話があります・・・」ボソッ

サトシ「?」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/01(水) 22:47:10.51 ID:ro72S03R0
ショートヘアになってセレナが俺の中で大正義になった
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/01(水) 22:48:22.29 ID:UCmZLlA60

俺寝るわ。
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/01(水) 22:50:18.02 ID:UCmZLlA60


これ一応、セレナのショートヘアver.です。
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/01(水) 22:52:51.05 ID:xUOn8IbL0

私そろそろ寝るんで、明日書きます。
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/02(木) 09:00:51.62 ID:B4JClf730

ポケモンセンターを後にしたサトシ達は、ジムバッチを取るべく、次の町に旅に出た。


サトシ「それにしても、次のジムまですごいあるな〜。」

セレナ「でも、そっちの方が旅って感じで良いんじゃない?」ギュウ

サトシ「セレナ、あまりくっつくなよ///気付かれたらどうすんだ///」コソコソ

セレナ「そっ、それもそうね///」パッ

シトロン(サトシ・・・。もう気付いてますよ・・・)ハァー

ユリーカ「?」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/02(木) 09:16:03.83 ID:+MdUeeta0


サトシ「ふぅ、ちょっとここで休憩するか!」

セレナ「そうだね!私、マカロン作って来たよ!」パカッ

サトシ「おぉー!よーし、みんな出てこーい!」ポワーン

ピカ!ヤコヤコ ケロケーロ ヌメラ

セレナ「私も、出てきて!」ポワーン

フォコ チャムチャム

ユリーカ「デデンネ、おやつだよ〜」

デネデネ

シトロン「・・・・」

ユリーカ「お兄ちゃん、ポケモン出さないの?」

シトロン「・・っえ、あぁ。皆さん、出てきて下さい!」ポワーン

ハリハリマロー ホルホル シャー

シトロン「・・・はぁ。」


ユリーカ「?」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/02(木) 11:28:29.88 ID:95pUJ+z80

サトシ「どうしたんだ?シトロン。さっきからため息なんてついて。」

シトロン「どうもこうもありませんよ。昨日のユリーカの罠に・・・」

ユリーカ「サトシ!ピカチュウがいないよ!!」

サトシ「え!?」

シトロン「僕のハリマロンもいないです!」アセアセ

セレナ「と、とりあえず探しましょ!!」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/02(木) 12:24:00.62 ID:95pUJ+z80


〜ロケット団side〜


昨日のサトシとセレナの行いを見たロケット団は・・・


コジロウ「なんだよ。昨日のアレ・・・。頭から離れなくて寝れなかったぜ・・・」フラフラ

ソーナンス「ソ〜〜〜〜〜〜〜ナンス!」

ムサシ「ただのジャリンコだと思ってたのに・・・」ハァ

ニャース「そんにゃ事言ってないで、さっさとピカチュウを捕まえるニャ!」

コジロウ「つっても・・・」

ムサシ「どんな顔であいつらの前に出るのよ〜」

コジロウ「大体、カントーやジョウト、ホウエンにシンオウは何も無かったじゃないか。イッシュはそんな暇無かったし・・・」

ムサシ「仲良かったって言ったら、シンオウのジャリガール位よね〜・・・」

ニャース「ん〜〜、いい加減にするにゃー!」ミダレヒッカキ

ムサシ「ソーナンス、よろしく。」サッ

ソーナンス「ソ〜〜ナンス!」カウンターシールド

ニャース「にゃ〜」ボロッ

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/02(木) 12:35:12.24 ID:95pUJ+z80


ニャース「だっ、だったらジャリンコにバレずにピカチュウを捕まえれば良いニャ!」

ムサシ・コジロウ「どうやって?」

ニャース「良い案があるニャ!」ビシッ

ゴニョゴニョゴニョ

コジロウ「なるほど!それなら。」ボン

ムサシ「ピカチュウをゲット!サカキ様もお喜びだわ♪」


ロケット団「幹部昇進、支部長就任、良い感じ〜♪」

ソーナンス「ソ〜〜〜ナンス!」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/02(木) 12:43:09.07 ID:+MdUeeta0


コジロウの効果音、ボンじゃなくてポン、です。
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/02(木) 15:08:46.26 ID:B4JClf730

ニャース「確かジャリンコのポケモンの中に、食いしん坊のハリマロンがいたはずニャ。そいつを囮にするにゃ。」

ニャースはマカロンをばらまく。

コジロウ「でも、そんなに上手くいくかな?」

ニャース「やってみないと分からないニャ!」

ムサシ「ちょっ、ちょっとコジロウ///」コソコソ

コジロウ「なん〜〜っっ!!」モゴモゴ

ムサシ「声でかいわよ///それよりも、あれ!」コソコソ

コジロウ「〜〜///何でこんな所にジャリンコが///」コソコソ

ムサシ「しかも見てよ。あのふたり、またイチャついてるわよ///」

ニャース「二人とも、何やってるニャ?」

ムサシ・コジロウ「し〜!」

コジロウ「見ろ!アレ。」

ニャース「ジャリンコ!これはチャンスだにゃ。」

コジロウ「やっぱり気まずいな・・・」

ニャース「何いってるニャ!作戦結構だにゃ!」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/02(木) 15:32:52.51 ID:+MdUeeta0


〜ポケモンside〜


ピカチュウ「ピカピカ!ピカチュー(ハリマロン!食べ過ぎだって。)」

ハリマロン「ハリハリ、マロー!(上手いんだから、しょうがないだろ!)」ハムハムハム

テールナー「フォン、フォンフォン。(そんなに食べるといざというときに動けませんよ。)」

ハリマロン「ハリハリー♪ハリ?(大丈夫だよー♪あれ?)」ハムハム

ピカチュウ「ピカピカ?(どうした?)」

ハリマロン「ハリー♪ハリハリハリ♪(ポフレが落ちてる♪やった♪)」パクパクパク

ピカチュウ「ピカ?ピカピカ!ピカピー!(え?ちょまてよ!サトシー!)」

テールナー「フォンフォン、ファホ。(あのふたり、ラブラブですわ。)」

ピカチュウ「ピカ。ピカピー!(ちっ、使えねー。ハリマロンー!)」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/02(木) 15:35:11.12 ID:95pUJ+z80

すみません。マカロンじゃなくてポフレでした。

後、ポケモンの泣き声、テキトー何で、よろしくお願いします。
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/02(木) 17:10:17.93 ID:95pUJ+z80


〜ロケット団side〜

ニャース「!ハリマロンが食いついたニャ。」

コジロウ「ピカチュウもついてきたぞ!」

ムサシ「良い感じじゃない?♪」

ニャース「今だニャ!」ポチットナ

ウィーン ガシッ

ピカチュウ「ピカ?!(何?!)」

ウィーン getダゼ

ピカチュウ「ピカピカ!ピーカヂー!!(くそっ!おりゃー!!)」ビリビリビリ

コジロウ「はっはっはっ。無駄無駄!この箱は電気はもちろん、防音対策までしてるのだ!」

ムサシ「外には聞こえないのよ!」

ピカチュウ「ピカ?!・・・ピカピ。(え?!・・・サトシ。)」

ニャース「ピカチュウもゲットした事だし」

ロケット団「帰る!」フワァ


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/02(木) 17:24:12.80 ID:B4JClf730


〜サトシside〜

サトシ「ピカチュウ〜!駄目だ。出てこいヒノヤコマ!」ポワーン

ヒノヤコマ「ヤコヤコ!」バサバサ

サトシ「上からピカチュウとハリマロンを探してくれ!」

ヒノヤコマ「ヤコ!」バサァバサァ

サトシ「よし、俺達も二手に別れよう。」

シトロン「そうですね!じぁあ僕はサトシと・・・」

セレナ「サトシと私はこっちに行くわ!行こ、サトシ!」

サトシ「あぁ!行こう!」

タッタッタッタッ

シトロン「・・・・・ハァ。行きましょう、ユリーカ。」

ユリーカ「お兄ちゃん、何か今日おかしいよ?」

シトロン「良いんですよ。あまり気にしないで下さい。」トボトボ





21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/02(木) 17:28:54.72 ID:X32te6H2O
スレタイだけ見るとコジロウとニャースもサトシが好きだと思ってしまう
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/02(木) 17:45:34.84 ID:B4JClf730


〜ヒノヤコマside〜

※ヒノヤコマだけなので、普通に書きます。


ヒノヤコマ「うーん、なかなかいねーな。てゆーか、サトシとセレナ、イチャイチャし過ぎたろ。ポケモン達も気付いてるぞ。」バサッバサッ

ヒノヤコマ「つーかどこ行ってんだよあの二匹。迷惑掛けやがって。ふざけんじゃねー。」

バサッバサッバサッ

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/02(木) 18:01:31.39 ID:B4JClf730


〜シトロンside〜


シトロン「ユリーカ、何で昨日セレナとサトシをくっつかせる様な真似をしたんですか?」

ユリーカ「だってセレナ、サトシのこと好きって言ってたもん!」

シトロン「昨日も言いましたが、小さな親切、大きなお世話ですよ。」

ユリーカ「お兄ちゃんはあの二人をくっつけたくないの?セレナがあんなにサトシを思ってるのに、それに気付かないサトシが悪いんだよ!」キッパリ

シトロン「確かにくっついて欲しいですけど。と言うか、もうくっついてますよあの二人。今朝を見る限り・・・」トボトボ

ユリーカ「そうなの?やったね!セレナ♪」

シトロン「くっついたは良いんですが、それを越えてしまいました・・・」

ユリーカ「どーゆうこと?私分かんなーい!」

シトロン「ユリーカはまだ知らなくて良いんですよ。さぁ、早くピカチュウ達を探しましょう!」

ユリーカ「え〜。ぶぅー」プンプン


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/02(木) 22:07:20.31 ID:+MdUeeta0


〜ポケモンside〜


ハリマロン「ハリハリー♪ハリ・・・。マロ?(上手い上手い♪ねぇピカチュウも・・・。あれ?)」キョロキョロ

ヒノヤコマ「ヤコ?ヤコヤコ!(あれ?ハリマロン!)」バサッバサッ

ハリマロン「ハリ?ハリハリー!マロ!(ん?ヒノヤコマー!こっちこっち!)」ノシ

ヒノヤコマ「ヤコ!ヤコヤコ!・・・ヤコヤコ?(何やってんだよ!さぁ帰ろう!・・・ピカチュウは?)」

ハリマロン「ハリー。ハリハリマロ〜。(分かんない。急にいなくなって〜)」

ヒノヤコマ「ヤコ!?ヤコヤコ!ヤコ!(何!?とりあえずサトシ達の所に帰ろう!話しはそれからだ!)」バサッバサッ



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/02(木) 22:25:35.30 ID:+MdUeeta0


〜サトシside〜

サトシ「ピカチュウ〜!ハリマローン!」

セレナ「こんだけ探してもいないなんて・・・。サトシ!ヒノヤコマがハリマロン連れて帰ってきたわ!」

サトシ「ほんとだ!おーい、ヒノヤコマー!」ノシ

サトシ「よかったー、無事か?・・・あれ、ピカチュウは?」

ヒノヤコマ「ヤコ!ヤコヤコ!」

サトシ「え!?途中で離れた?ほんとか、ハリマロン。」

ハリマロン「マロー」ショボン

サトシ「くそ。どこ行ったんだ、ピカチュウ。」

ヒノヤコマ「ヤコヤコ!」

サトシ「あぁ!もう一度上から探してくれ!」

ヒノヤコマ「ヤコー」バサバサ

サトシ「・・・ピカチュウ。」

セレナ「大丈夫よ、サトシ!ピカチュウは必ず見つける!」

サトシ「ありがとう、セレナ。」ダキッ

セレナ「///」ギュウ

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/02(木) 22:50:23.89 ID:B4JClf730


〜シトロン・ユリーカ・ロケット団side〜


シトロン「おーい!ピカチュウ〜!ハリマロン!どこですかー?」

デデンネ「デネデネ〜」

ユリーカ「どこに行ったんだろう。あれ?お兄ちゃん、あれ!」

シトロン「あっ、あれはロケット団の気球ですね!まさか、あいつらに・・・」

ユリーカ「とりあえず、サトシ達に知らせなきゃ!」

シトロン「ふっふっふっ。こんな時の為に作ったナイスなマシン!シトロックギア、オン!その名もこっそり伝える君です!」

ユリーカ「そのまんま・・・」

シトロン「とりあえず、サトシ達に今の現状を伝えましょう!行ってこい!こっそり伝える君!」ウィーン



コジロウ「いゃー、こんなにうまくいくとはな!」

ムサシ「ジャリンコの顔を見ずにピカチュウゲット♪なんて最高じゃない!」

ニャース「そう浮かれてると、足元すくわれるにゃ。」

ムサシ「ん?何かこっち近付いてない?」

バサッバサッ ヤコー!

コジロウ「お、おい。あれってまさか・・・」ガクブル

ムサシ「ジャリボーイの・・・」ガクガクガク

ロケット団「ヒノヤコマ?!」

ソーナンス「ソ〜〜〜〜〜ナンス!」

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/02(木) 22:53:36.33 ID:cuYtcLWxo
コジロウ「ジャリボーイ…///」

サカキ「ジャリボーイ…///」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/02(木) 23:01:58.20 ID:B4JClf730

きょうはもう眠いんで、またあした。
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/03(金) 08:19:12.62 ID:wjAJ88m/0


〜サトシside〜


サトシ「ピカチュウ〜!ハリマローン!」

ギュルルル ドカーン

セレナ「きゃっ!」ドン

サトシ「大丈夫か?セレナ。」

セレナ「う、うん大丈夫。あれ?あのロボット・・・」

ロボット「シトロンサマヨリ、デンゴンヲアズカッテオリマス。」

サトシ「やっぱりシトロンのだ!早速見てみよう!」ポチットナ

ウィーン ザザザ

※このシトロンは映像です。

シトロン「サトシ!先程こちらに、ロケット団らしき気球を見つけました!近くにヒノヤコマもいます。もしかしたら、ピカチュウはロケット団にさらわれたのではかと・・・。とりあえず、少しの間、こっちで時間を稼ぐので、早く来てください!」

プツン

サトシ「とりあえず、先を急ごう!ロボット、道を案内してくれ。」

ロボット「ショウチシマシタ。」

サトシ「行こう、セレナ!」

セレナ「うん!」

タッタッタッ


30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/03(金) 09:03:55.26 ID:kRxgd0xr0


〜シトロン・ユリーカ・ロケット団side〜


ニャース「と、とりあえず、ヒノヤコマをおっぱらうにゃ!」

コジロウ「そうだな。行け!マーイーカ!」ポワーン

ムサシ「あんたもよ!バケッチャ!」ポワーン

コジロウ「マーイーカ、サイケコイセン!」

ムサシ「バケッチャ、シャドーボール!」

マーイーカ「マーイーカ!」ビビビビ

バケッチャ「バケッチャ!」ドーン

ヒノヤコマ「?!」ヒョイヒョイ

シトロン「あれはマーイーカとバケッチャ!やっぱりロケット団か!」

ユリーカ「どうすんの?お兄ちゃん!」

デデンネ「デネデネ!」

シトロン「僕も戦います!出てきてください、レントラー!」ポワーン

レントラー「シャー!」

シトロン「レントラー!あの気球にスピードスターです!」

レントラー「シャー!」キラキラ ヒューン

プス

ロケット団「ん?」

ヒュゥー

コジロウ「気、気球に穴が・・・」

ムサシ「空いたってことは・・・」

ニャース「落とされるニャ・・・」

ヒュゥーーーー

ロケット団「うわーーーーーーーーーー」

ドスーーン


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/03(金) 12:33:07.28 ID:kRxgd0xr0


サトシ「おーい!シトローン!」

シトロン「やっと来てくれましたか、サトシ。!ハリマロン!」

ハリマロン「ハリハリ〜!。」

セレナ「で、気球はどこなの?」

シトロン「はい。先程レントラーのスピードスターで穴を空けて落としました。マーイーカとバケッチャが見えたんで、やっぱりロケット団かと・・・」

サトシ「それなら。おーい、ヒノヤコマー!」

ヒノヤコマ「ヤコ!」

ユリーカ「やっぱりサトシのヒノヤコマだったんだ〜。」

サトシ「あぁ、上から探してもらったんだ。ヒノヤコマ、上からロケット団の気球を探してくれ。」

ヒノヤコマ「ヤッコヤッコ!」バサッバサッ

サトシ「俺達も探そう!」


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/03(金) 14:57:09.77 ID:kRxgd0xr0


コジロウ「っててててて。何なんだよ〜まったく。」

ニャース「だからいったにゃ、足元すくわれるって!」

ムサシ「でも、穴空けたの、ヒノヤコマじゃないわよね?」

コジロウ「そういえば、そうだな。別の方から・・・。まさか!」

ヒノヤコマ「ヤコー!ヤッコヤッコ!」バサッバサッ

コジロウ「げ!あのヒノヤコマ・・・」

サトシ「いた!おい!ピカチュウを返せ!」

ムサシ「『おい!ピカチュウを返せ!』と言われたら。」

コジロウ「返してあげぬが世の情け。」

以下略。

サトシ「おい!ピカチュウはどこだ!」

コジロウ「へへ〜ん、知らないよーん!」

ニャース「そうにゃ!ピカチュウが歩いている所を捕まえて、この防音電気対策ボックスにいるなんて、知らないニャ!」

セレナ「・・・言ってるじゃない。」

ニャース「ニャに?!しまったニャ!」

ムサシ「何やってんのよ、あんたは!」ゴツン

コジロウ「・・まぁいい。これを見ろ!」バーン

ピカチュウ「〜〜〜〜!!」

サトシ「ピカチュウ!」

セレナ「なんて酷いことを!」

コジロウ「な、なるべくお前ら二人の顔は見たくなかったんだけどな・・・」

ムサシ「実際会ってしまうと、甦ってしまうのよね〜」ハァ

シトロン「ま、まさかあなた達、昨日の事を・・・」

コジロウ「はーい、そこまで!これ以上思い出させないでくれ!///」

サトシ・セレナ・ユリーカ「?」

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/03(金) 19:26:57.32 ID:wjAJ88m/0


サトシ「何言ってるか分かんないけど、ピカチュウを助けよう!ルチャブル、君に決めた!」ポワーン

セレナ「出てきて!テールナー」ポワーン

ルチャブル「ルチャ!

テールナー「テルテル。」

コジロウ「げっ、あの二人で来んのかよ〜。」

ムサシ「ま、まぁいいわ。ダブルバトルといきましょ!」


サトシ&セレナ VS ムサシ&コジロウ
ルチャブル テールナー バケッチャ マーイーカ

サトシ「ルチャブル、空手チョップ!」

セレナ「テールナー、かえんほうしゃ!」

コジロウ「マーイーカ、かわしてサイケコイセン!」

ムサシ「バケッチャ、シャドーボール!」


ドーン ズドドドドン


シトロン「その間にピカチュウを・・・」コソコソ

ニャース「何やってるにゃ?」ニヤッ

シトロン「ニャース!そういえば、なんであなた達がサトシ達の事を知ってるんですか?」コソコソ

ニャース「それはだにゃ、ピカチュウを捕まえようと、おみゃー達のいるポケモンセンターにいったにゃ。そしたら、ジャリンコ達が///」コソコソ

シトロン「なるほど。そういうことですか。でも、覗き見するのは感心しませんね」コソコソ

ニャース「しょうがないにゃ!偶然出くわしただけにゃ!でもあの二人、この先どうするにゃ?」コソコソ

シトロン「分かりません。僕もそれをサトシに聞こうとしました。」ガチャ

ピカチュウ「ピカ!」ヒョイ

ニャース「にゃに!?おみゃーやったな!」

シトロン「話に付き合ってくれて、ありがとうございます。ピカチュウ、十万ボルト!」

ピカチュウ「ピーカージュー!」バチバチバチ

ニャース「ニャーーーー!」ビリビリ

シトロン「さ、早くサトシの所に!」

ピカチュウ「ピカ!」タッタッタッ


34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/03(金) 21:35:06.08 ID:X4bbgbC70


ピカチュウ「ピカピー!」バッ

サトシ「!ピカチュウ!良かった〜。無事だったか!」ギュウ

ピカチュウ「チャー!!」スリスリ

コジロウ「なんでピカチュウが?!」

ムサシ「何やってんのよ!ニャース。」

ニャース「油断したにゃ・・・」

サトシ「ありがとな!シトロン。」

シトロン「いえ。そんなことより・・・」

サトシ「あぁ。ケリつけるぜ!ピカチュウ、十万ボルト!」

セレナ「テールナー、かえんほうしゃ!」

バリバリバリ ボーー

コジロウ「おい、これって・・・」ガクブル


ドカーーーーーン!!

ムサシ「これが愛の力って奴ね・・・」

コジロウ「これからあいつらの愛を邪魔しちゃいけないな。」

ニャース「それよりも・・・」

ロケット団「やな感じ〜〜!!」

ソーナンス! マーイッカ! キラン☆

サトシ「やったな!」グッ

セレナ「うん///」

シトロン「・・・・・・」

ユリーカ「お兄ちゃん?」

シトロン「・・サトシ、お話があります。」








35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/03(金) 21:39:25.50 ID:wjAJ88m/0

見事ピカチュウを助けたサトシ達。ロケット団もこれからは二人の恋を応援するらしく、もうピカチュウを諦めた。そんなとき、シトロンがサトシに何を話すのか!サトシとセレナの今後はどうなるのか!

続く!
to be contined!


22.15 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)