このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

P「そろそろ契約が切れるわけだが」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:43:50.31 ID:xVVgIxg60
高木「ある二人の親が子供を取り合ったときに、とある提案をされたそうだ」

高木「両者で子供を引っ張り合ったらどうか、と」

高木「今回の一件の本質はまさにそれなのだが・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432989820
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

蘭子「混沌電波第204幕!(ちゃおラジ第204回)」 @ 2020/12/01(火) 08:14:07.33 ID:DORzs2J2O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606778047/

寝こさんの寝台車 37両目 @ 2020/12/01(火) 00:00:22.10 ID:kkD8Y0Hl0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1606748419/

【CLANNAD】椋「もうすぐチャイム鳴りますよ。教室に戻らないと」 @ 2020/11/30(月) 22:31:53.61 ID:KlEBZU5C0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606743113/

【安価】善子「暇ね……」 @ 2020/11/30(月) 12:02:28.52 ID:Zy2G6fS40
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606705348/

久川凪「とうとうナギノシスなラップが世間を席巻する時が来たようですね」 @ 2020/11/30(月) 00:15:05.36 ID:ywkF7hND0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606662905/

【神様になった日】空「兄貴と一緒に寝るし」 @ 2020/11/30(月) 00:04:12.44 ID:ZFQ3nMSQ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606662252/

【ミリマスSS】百合子「ジュリアさんが、窓辺でギターを弾いていたんですよ」 @ 2020/11/29(日) 22:29:26.15 ID:wSaDm1qQO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606656566/

スマホゲームに転生した件について @ 2020/11/29(日) 21:36:48.59 ID:G6eT6hH50
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606653408/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:44:29.17 ID:xVVgIxg60
------------------
高木「みんな君を信頼してくれている。もっとうちにいないかい?」

P「そういってくれるとうれしいです。しかし皆Bランク以上になった今13人プロデュースはさすがに厳しくて・・・」

高木「それなんだが、来月から律子君もプロデューサーとして活動を始めることになったからある程度解決できると思うぞ」

P「そうなんですか?助かるなぁ」

高木「どちらが誰を担当するかは二人で話して決めてくれたまえ」

P「はい。とりあえずみんなと面談してみようと思います」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:46:04.18 ID:xVVgIxg60
P「じゃあまず律子ー」

律子「私もですか?」

P「今後の方針について話したいし」

春香「あの〜順番は?」

P「あー、律子以降は誰からでもいいぞ」

美希「わかったの」

千早(・・・これはおそらく担当の割り振り会議ね)

響(プロデューサーの担当は先着順の可能性も・・・)

美希(ぜったいハニーの担当にしてもらうの)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:47:42.36 ID:xVVgIxg60
春香(おそらく・・・律子さんに何人か回される・・・)

千早(年少組以外は皆彼に気がある・・・いや、このまま担当が続けばあの3人もきっと・・・)

真(きっと数人はプロデューサーの担当から外される・・)

雪歩(担当を外れたら最後・・・)

あずさ(出し抜かれるわ・・・みんなに・・・)

美希(ゼッタイハニーの担当にしてもらうの)

やよい「う・・?」

亜美「なにやら不穏な空気を感じますな」

真美「順番はどうすんの?」

美希「じゃんけんでいいんじゃない?」(美希にかかれば順番なんて関係ないの)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:48:45.33 ID:xVVgIxg60
P「で、律子は誰を担当するんだ?」

律子「そうですね。亜美、真美、やよいの3人をプロデュースしようと思ってます」

P「なるほど・・もうあと3人くらいプロデュースしないか?」(9人でもまだしんどいし・・・)

律子「9人くらい余裕でしょう?」

P「いや、ランクが上がってきて俄然忙しさが増してるし、スタドリ飲みすぎて体がやばいんだ」

P「今月いっぱいで終わると思ってたからこそ無理やり頑張ってたけど、そろそろ限界で・・」

律子「・・なるほど。もう少しすれば彼女たちもセルフプロデュースを覚えますし、そこそこ楽にはなりそうですが」

P「そのもう少しが問題なんだ・・・頼む律子!」

律子「そこは彼女たち次第でしょうか。むりやり担当を変えてモチベーションが下がっても困りますし」

P「そんなもんかな・・?律子の方が優秀そうだけどなぁ・・」

律子「・・朴念仁」ボソッ

P「・・?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:49:22.50 ID:xVVgIxg60
P「今後の方針なんだけど―」

千早「以前も言ったように海外進出を考えてます。」

P「なるほど」

千早「これからも一緒にやっていきましょう、プロデューサー」ニコッ

P「あ、ああ。」(千早・・よくぞ成長したな・・・)ホロリ

P「で、担当のことなんだけど」

千早「一緒に海外来てくれるんですよね?」

P「もちろんだ」(約束したしな・・千早は今後も面倒みよう)

千早「よしっ」グッ

P「?」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:49:48.84 ID:xVVgIxg60
P「今後の方針なんだけど―」

春香「はいっ!これからも一生懸命頑張ります!」

P「具体的には?」

春香「そうですね・・やっぱりドームですよ、ドーム!」

P「そうか。もっと上を目指すなら今までとはちょっとプロデュースを変える必要があるかもな」

P「そこでだ、り「プロデューサーさん!」」

春香「これからもプロデュース、お願いしますね♪」

P「えっ、いやだから「約束しましたよね?」」

春香「私をトップアイドルにしてくれるって。もしかして忘れちゃったんですか?」ウルッ

P「!・・い、いや、忘れるわけないだろ」ハハ・・

P「今後もよろしくな、春香」

春香「はいっ!」(やったっ!!)
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:50:17.76 ID:xVVgIxg60
雪歩「だ、男性恐怖症の克服を手伝ってもらうにはプロデューサーの方がよくて・・!」

P「そ、そうだよな!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:51:22.69 ID:xVVgIxg60
あずさ「約束破ったら、めっ・・ですからね?」ボイーン

P「は、はい!」(運命の人探すんだっけか)
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:51:54.44 ID:xVVgIxg60

貴音「私が必要と言ってくれたプロデューサーがいいのです」

P「そ、そうか・・」(言ったな、確かに・・・)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:53:40.48 ID:xVVgIxg60

真「やっぱり男のファンを増やすには男のプロデューサーがいいと思うんです」

P「な、なるほど・・」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:54:44.58 ID:xVVgIxg60

響「プロデューサーが自分を961プロから引っ張ってきたのに・・・もう自分には興味なくなっちゃったのか・・?」ウルッ

P「そ、そんなことはないぞ!これからも面倒みるって!!」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:55:16.04 ID:xVVgIxg60

P「やばいぞ・・・あっという間に7人担当することに・・・」

P「あとは伊織と美希か。なんとしても律子に担当してもらおう・・!」


美希「じゃあ、次は美希なの」

伊織「ぐっ・・じゃんけん全敗なんて・・・・」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:55:57.66 ID:xVVgIxg60
P「今後の方針なんだけど―」

美希「美希ね、もっとキラキラしたいの!」

P「そうか。じゃあ次は律子にプロデュースしてもらおうな!(直球)」

美希「むー。ハニーじゃなきゃ、や!」

P「律子のこと嫌いなのか?」

美希「律子、さんは嫌いじゃないけど、美希はハニーが好きなの!ハニーじゃなきゃやなの!」

P「おおう。。」(いかん、流されるな!!)

P「まぁあれだよ、俺も7人担当しているわけだし・・な?」

美希「なんで他の人はプロデュースして美希は担当しないの!?ひーきなの!!」

P「贔屓って・・・」

美希「プロデューサーは美希が嫌いになっちゃったの・・?」グスッ

P「そ、そんなわけないだろ!」アセアセ

美希「だってぇ・・担当外れるなんて・・」グスッ グスッ

P「は、外れるなんて言ってないって」

美希「ホント!?」

美希「じゃあこれからもよろしくお願いしますなの!でこちゃん呼んでくるね!」ガチャッ

P「あ、おい待て美希ーーっ」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:56:27.60 ID:xVVgIxg60


P「次は絶対負けんぞ」クワッ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:57:51.90 ID:xVVgIxg60

P「伊織、今後お前のプロデュースは律子に担当してもらう」

伊織「え!?ちょ、ちょっと待ってよ・・」

P「心配することはない。なんなら俺の時よりもずっと売れると思うぞ!」

P「ということでーー「まっ、待ちなさいよ!」」

伊織「な、なんで私のプロデュース外れちゃうのよ・・・」

伊織「私がわがままだったから?」ウルッ

P「ち、ちがうぞ!年度も変わることだし心機一転するためにだな・・」アセアセ

伊織「でも、春香や千早や美希は今まで通りプロデュースするんじゃない・・・」

P「そ、それはだな・・あいつらはまだ手がかかりそうだし・・・・」

P「伊織はもうAランクじゃないか。そろそろ俺がいなくても大丈夫じゃないか?」

伊織「なっ・・・でもっ・・」

P「分かってくれ、伊織。おれもカツカツなんだ・・・」

伊織「うっ・・」

伊織「アンタが忙しいのはわかってるけどっ・・でもっ・・・」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:59:21.07 ID:xVVgIxg60
伊織「行かないで・・行かないでよっ・・・グスッ」

P「!・・」(伊織が泣くなんて・・なんて破壊力・・・)

P「・・・」(だがしかし、ここで引くわけにはいかん!)

P「なぁ伊織。何も今生の別れってわけじゃないんだ」

P「アイドルとプロデューサーの関係は終わり、それだけだよ」

伊織「そ、それじゃあこれからはどういう関係になるの?」

P「そうだなぁ・・・」(なんて答えるのがベストか・・ちょっとからかってやろうか・・・)
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 21:59:53.02 ID:xVVgIxg60

P「恋人、ってとこかな?」キリッ

伊織「ええっ!?//////」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 22:00:40.25 ID:xVVgIxg60
伊織「そ、そりゃいつかはそうなると思ってたけどっ・・・」

P「なーんて・・ってあれ?」

伊織「じゃあこれからは水瀬家にふさわしい作法を私がきっちり叩き込んであげるわ」

P「え?はは・・・なんか大変そうだな・・今のは無しってことに」

伊織「は、はぁ?何言ってるのよ!?いまさらさっきの言葉引っ込めたらぶっ飛ばすわよ!!」

伊織「今度は私がしごいてあげる。毎日ね♪」

P「ははは・・お手柔らかに頼むよ・・・」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 22:01:19.79 ID:xVVgIxg60
P「はいじゃあ発表しまーす」

P「春香千早美希貴音あずささん響雪真は引き続き俺がプロデュースする」

律子「亜美真美やよい伊織は私がプロデュースするわ」

春香(勝ったっ・・・)

美希(さらばなの、でこちゃん・・・)

千早(ライバルが一人減ったようね・・・)

真(ご愁傷様、伊織・・・)

P「それともう一つ報告がある」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 22:01:53.56 ID:xVVgIxg60


P「ぼくたち結婚します」

伊織「にひひっ」



春香美希千早「ファッ!?」

真雪歩響貴音あずさ「ファァァァァッ!?」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/05/30(土) 22:02:42.82 ID:xVVgIxg60
------

高木「あえて手を引っ張るのをやめることで転がり込んでくるものもある」

高木「それが今回の件から得られる教訓だとは思わないかね?」

小鳥「そもそも私にはチャンスすら回ってこなかったんですが」

高木「そこはホラ、うん・・・」



婿養子END.
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 22:31:04.04 ID:iGd6a9FcO
乙乙

もちろん他のendも書いてくれるんだよな?な?
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 22:43:09.43 ID:8v/N31cDO
まだあと12人もいるやろ?
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 22:45:44.36 ID:y1dcVf3XO
13人の間違いじゃないかしら・・・ピヨ
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 23:09:21.94 ID:1hZPoGsA0

最初と最後の社長の語り好きだ
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/31(日) 02:25:41.80 ID:3kQyn9Xno
他に書いたやつおせーて
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 13:22:06.36 ID:E7eXAh9R0
>>27
P「あぁ〜あいつらちょろすぎんよ〜」
とか
P「やよいみたいな娘が欲しい」
とかかな。パターン全然違うけど。
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/02(火) 12:56:05.72 ID:++KPYiIgo
いいssだった、かけ値なしに
11.55 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)