このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

淫魔「安価とコンマで魔王をやっつけるんだ!」勇者「ちょっと待て」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 10:39:59.61 ID:YdomVG+pO
勇者「お前、魔物…だよな?」

淫魔「魔物だよ?」

勇者「魔物なのに魔王をやっつけるってどういうことだ?」

淫魔「だって、ボクも魔王が大嫌いなんだもん」

勇者「……いや、戦力が増えるのは嬉しいっちゃ嬉しいんだけどな…」

淫魔「だから、ボクも連れてって!」

勇者「んー…なら、一つ約束してくれ。そうするなら許す」

淫魔「約束?」

勇者「こう…エロい事は極力まで我慢してな?」

淫魔「エロい事?」

勇者「…ところで、牛乳は好きか?」

淫魔「大好き!でも、男の人の白いえきた」
勇者「それだよそれ!そういうのは我慢!」

淫魔「はーい…これってそんなにエロいのかな?」

勇者「凄いエロい、と言うか下品だからな…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433295599
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【こみっくがーるず】かおす「今回は津波で流される倭猿の絵を描きました!」 @ 2018/10/24(水) 10:35:28.06 ID:DZduaev0O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540344928/

【シャニマスSS】凛世「プロデューサーさま……このようなこと……いけません……」 @ 2018/10/24(水) 00:11:57.62 ID:FUpAkIMto
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540307517/

寝こさんの寝台車 12両目 @ 2018/10/24(水) 00:00:30.87 ID:EcH2V4180
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1540306830/

ルキトレ「Pさんの生活を管理します♪」ニマニマ @ 2018/10/23(火) 23:04:09.19 ID:Y0CEq08z0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540303448/

モバP「凛がいっぱい」 @ 2018/10/23(火) 22:39:30.80 ID:2+ZDfncJo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540301970/

モバP「虎視眈々佐久間まゆ」 @ 2018/10/23(火) 13:46:22.70 ID:WK/4e/8R0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540269982/

ssnipdatmateって無くなった? @ 2018/10/23(火) 09:34:34.56 ID:RwSq9Z1uO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540254874/

ssnipdatmateって無くなった? @ 2018/10/23(火) 09:33:46.95 ID:sHKfXoq9o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540254826/

2 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 10:41:26.01 ID:YdomVG+pO
※安価は不適切と判断した場合、指定レスをずらす場合があります
※エロには期待しないでね
3 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 10:47:22.55 ID:YdomVG+pO
淫魔「ところで、勇者って他に仲間はいないの?」

勇者「仲間?いるにはいるんだが、今は別件をこなすために一度離れてるんだよ」

淫魔「じゃあ、ボクが仲間になっても大丈夫だよね?」

勇者「どうかなぁ…敵意が無いと言っても魔物だし、あいつが受け入れてくれるかどうか…」

淫魔「じゃあ、キミが説得して!」

勇者「自分でなんとかしようって気はないのか」

淫魔「何とか…何とか…変装?」

勇者「だな。魔法で何とか出来ないのか?」

淫魔「うーん…ちょっとやってみる!えい!」


コンマ↓1
50以上orゾロ目で人前に出しても問題ない
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 10:48:41.75 ID:SHzuQQWmO
気に入らない展開は無視するってこと?
なら最初から安価スレなんて立てるな
5 :>>4 「不適切」とは、無意味な文字の羅列とか、どう考えても作れそうにない物を指します。 ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 10:54:43.79 ID:YdomVG+pO
ポン!

淫魔「どう?」

勇者「おお、それなら問題ないな」

淫魔「じゃあ、これで会いに行こう?」

勇者「会いに行くは良いけど、まずは要件を片付けないとだな。
   この辺りに悪い魔物が住み着いてるって聞いたんだが…」

淫魔「悪い魔物ならこっち!」

勇者「知ってるのか?」

淫魔「うん、人間の飼ってる牛を勝手に食ったりしてるのを見たもん」

勇者「そりゃ助かる…連れてってくれ」
6 :例えばセリフ以外で「あああああ」なんて書かれても流石に思いつきませんよ… ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 11:04:37.43 ID:YdomVG+pO
・・・・・

勇者「おんどりゃあぁ!!」

ザシュッ!…ドスン…

淫魔「やったやった!」

勇者「よしよし…後は討伐した証にこいつの体を切り取って…と」

淫魔「全部持って帰らないの?」

勇者「流石にデカすぎるな…後で仲間も連れてきたほうが良いか?」

淫魔「そうしよ!もったいないもん!」

勇者「そうだな。ところでお前、淫魔以外に名前はないのか?」

淫魔「他の名前?考えたこともないや…」

勇者「マジか……ちなみに戦えるか?」

淫魔「戦えなくはないけど…敵の足止めとか?」

勇者「…分かった、とりあえず青魔と名乗っておくんだ」

淫魔「分かった!」

勇者「んじゃ、一度村に戻るぞ」
7 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 11:17:37.30 ID:YdomVG+pO
村の宿屋


「勇者さん、お疲れ様で…その子はどこから?」

勇者「この子?新しい仲間で青魔って言うんだ」

淫魔改め青魔「い…ゲフン、青魔です!」

「はじめまして、私は僧侶と申します。
 攻撃魔法が使えるのなら、私たちも助かるのですが」

勇者「んー…攻撃魔法はまだ覚えてなくて、どちらかというと妨害魔法担当だな」

僧侶「そうなのですか…では、武器と防具を少し見繕ってきますね」

勇者「あんま無駄遣いはしないでくれよ!」

青魔「武器…そういえばボク、武器を使って戦うのはやったこと無いや」

勇者「人間は基本的に武器を装備しないとやってられないからな…
   悪いけど、敵を殴るときは武器で頼むぞ」

青魔「うん!」

・・・・・

僧侶「お待たせしました。青魔ちゃん用に準備してきた(↓1)という武器です」

青魔「ほぇー…」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 11:19:55.67 ID:nQaaGRd30
ウォーターメイス
9 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 11:32:00.15 ID:YdomVG+pO
僧侶「ウォーターメイスです。青ですし…ね?」

勇者「どうだ、手に馴染むか?」

青魔「……うん!」

僧侶「良かったです…後は防具なのですが、私と同じ物でも大丈夫ですか?」

青魔「大丈夫!」

勇者「…ところで、属性が込められた武器なんてよく見つけ出せたな?」

僧侶「私の方の仕事、黒幕が人間だったのです…」

勇者「それを横取ってきたと」

僧侶「そうではなく、いわゆる賞金首という方みたいで…お金がかなり増えまして」

勇者「賞金首!?よく生き残れたなおい…」

僧侶「私も、ただ後方で回復を行うだけではないのですよ?」
10 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 11:44:03.36 ID:YdomVG+pO
翌日/街道


僧侶「それにしても青魔さん」

青魔「なに?」

僧侶「失礼なのですが、こう…不浄な気を感じ取れてしまうのですが…」

青魔「不浄な気?」

勇者「あー…俺が出会った時、魔物に追い詰められてたからか?」

青魔「へ?ムグッ」
勇者(悪いけど、話を合わせてくれ!)

僧侶「あの、お二人共?」

勇者「いや、あの時を思い出したらこの子、精神的に辛くなったみたいでな…」

青魔「…うん、あのモンスターに、ボクはなぶられかけたんだ…
   勇者、あの時はありがとね」

僧侶「そうだったのですか…不躾なことを聞きました。お許しください」

青魔「ううん、僧侶さんもあまり背負い込まないでね!」

勇者「それで、次の街に付いたら仲間を探そうと思うんだが…どんな感じの奴を探すべきだ?」

僧侶「そうですね…やはり(↓1)を探してもらえると助かります」


※安価は選択肢
1・物理攻撃が強そうな方
2・攻撃魔法が使える方
3・回復魔法が使える方
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 11:44:49.74 ID:Ouz6b4VWo
12 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 11:54:12.43 ID:YdomVG+pO
僧侶「物理攻撃が強そうな方を探してもらえると助かります」

勇者「分かった。僧侶は買い出し、青魔は俺と一緒に仲間探し、これで頼めるか?」

青魔「はーい!」
僧侶「分かりました」

勇者「よっしゃ…と言いたいけど、次の街への最後の関門ってやつだな」

僧侶「これは…大きなサソリですね」

勇者「見るからに固そうな…青魔、一緒にぶん殴るぞ!」

青魔「分かった!」

僧侶「上への警戒は怠らないでくださいね」

勇者「尻尾が見るからに毒持ってるしな…」

青魔「横から殴れば楽だよ!」

勇者「横か…分かった!」
13 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 12:03:48.32 ID:YdomVG+pO
・・・・・

勇者「ぜぇ…ぜぇ…な、何とかなったな…」

青魔「もう疲れた〜…」

僧侶「ふぅ…魔力も使えませんし、早急に街に入ってしまいましょう」

勇者「ああ…青魔、歩けるか?」

青魔「うん、それくらいなら」

勇者「んじゃ、行くぞ!」

青魔「おおーっ!」

僧侶「全く、元気なんですか…ん?」

青魔「勇者って魔物相手だと元気一杯なんだね!」フリフリ

僧侶(あれは…尻尾?私の見間違いでしょうか…?)ゴシゴシ

勇者「そうでも…おい」

青魔「どうしたの?」

勇者(尻尾が出ちまってる!)
青魔(…あっ!)ポン!

僧侶(……)

勇者「そうでもないぞ?苦手な魔物だってこの先出るかもしれないし」

青魔「その時はボクが頑張るね!」

僧侶(……見間違いでしたか。青魔さんが勇者さんになつき過ぎるので幻視でもしたのでしょうか)
14 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 12:11:45.39 ID:YdomVG+pO
翌日/街の酒場


勇者「さて、腕っ節の強そうな奴は、と…」

「腕っ節?なら、戦士を探してるってことかい?」

勇者「そんな感じだな。マスター、オススメの人はいるか?」

マスター「そうだな…斧を担いでこの辺りを魔物をよく叩きのめしてるのがいるな」

勇者「ちなみに性別は?」


コンマ↓2
下一桁が奇数なら男、偶数なら女
ゾロ目の場合はさらに何か起きる
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 12:15:51.37 ID:BfKwdEbA0
もけけ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 12:19:07.64 ID:MkGMQcYMo
17 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 12:37:24.12 ID:YdomVG+pO
マスター「女だ。強い女は好きかい?」

勇者「程度によるな」

カランカラン

「マスター、オレンジジュースをジョッキで」

マスター「あいよ…おっと、雇いたい人が来てるぞ」

「雇いたい?自分を?」

マスター「ああ…兄さん、この人がさっき言った女戦士だ」

勇者「…予想してたよりは細いな」

「細いって…それより、自分を雇ってくれるのってキミ?」

勇者「ああ。勇者っていうんだが、魔王とかをぶん殴りに行かないか?」

「魔王を…分かった、自分も行く!」

勇者「よし、よろしく頼む。ちなみに名前は?」

「女戦士っていうんだ!よろしく、勇者!」

勇者「んじゃ、軽く乾杯といこう。マスター、俺はレモンサイダーで!」

マスター「あいよ」
18 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 12:46:47.78 ID:YdomVG+pO
宿屋


勇者「ということで、今から仲間になる女戦士だ」

女戦士「よろしく!」

僧侶「よろしくお願いします」
青魔「よろしくね!」

勇者「この周りの魔物ならサクサク片付けるぐらいの力があるそうで、お金も少し分けてもらった。
   明日は俺と僧侶の武器を買い換えてから出発でいいか?」

僧侶「分かりました…ところで、4人で一部屋となると流石に辛くなりますね」

青魔「ボクは勇者と一緒に寝る!」

女戦士「自分は床でも寝れるから、ベッドがいっぱいでも大丈夫!」

勇者「状況次第だな…でも、僧侶は優先的にベッドで寝てくれ。
   今後は出来るだけ敵を倒しながら行って、2部屋借りれるようにするか」

僧侶「…それが賢明ですね」
青魔「じゃあ、ボクが勇者と同じ部屋!」

勇者「…2部屋なら2部屋で、部屋の分け方もあるんだった」
19 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 12:57:59.11 ID:YdomVG+pO
数日後/洞窟内部


勇者「カンテラ持ってきててよかった」

僧侶「暗闇は厄介ですね…」

女戦士「突然魔物が出てきてもおかしくないよね」

勇者「ところで青魔はそんな進んで大丈夫か?」

青魔「うん!ボク、夜でもよく目が見えるんだ」

勇者「夜更かししまくってたのか?」

青魔「そうじゃないよ!って、なんか出てくる!」

勇者「よし…青魔は下がれ!俺と女戦士で何とかする!」
女戦士「よーし!」

僧侶「では、カンテラは私が預かります」
20 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 13:19:16.25 ID:YdomVG+pO
洞窟最深部


勇者「あ、あれ…?」

「こんなところで人間共と鉢合わせるか…」

僧侶「…土の四天王で間違いありません…」

女戦士「いきなり親玉の一体!?」

土の四天王「ちょうど良い、お前たちを殺して魔王さまに首級を捧げるとしよう…」

青魔「させないよ!」

勇者「仕方ない…絶対に諦めるなよ!」

僧侶「無茶を言いますね…閃光魔法!」

女戦士「うわっまぶしっ!」

土の四天王「くっ…眩しい…」

勇者「先手…もらった!」
21 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 13:34:55.28 ID:YdomVG+pO
・・・・・

勇者「…はぁ…はぁ…」

土の四天王「…むね…ん…!」ドサッ

勇者「…勝てた…よな…」

青魔「…やった…やったよ、勇者!」

僧侶「はぁ…不意打ち過ぎてどうなることかと思いましたが」

女戦士「終わりよければ全て良し、だね!」

勇者「それで…そこに宝箱があるんだが…」

青魔「ボクが開けてくる!」

女戦士「あ、ちょっと!」

パカッ…シュー

勇者「なっ…煙!?」

女戦士「ごほっごほっ…」

青魔「ひゃあぁぁ〜!」



僧侶「…何ですかこれは…」

勇者「…青魔が…(↓2)…?」


※安価は選択肢
1・淫魔に戻っちまった
2・男になっちまった
3・いや、無事だよな
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 13:41:46.89 ID:VIeL/ukyO
3
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 13:43:57.39 ID:BfKwdEbA0
1
24 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 14:11:45.64 ID:YdomVG+pO
勇者「…青魔が…淫魔に戻っちまった…」

淫魔「どうなってるの?って、あれ…?」

僧侶「…!」

女戦士「青魔…だよね!?」

淫魔「あの…えっと…」

僧侶「動かないで!」

淫魔「ひゃい!?」

土の四天王「く…くくく…貴様らも…魔物…に…」

勇者「え…な!?」

僧侶「どうしまし…勇者さん!?」

女戦士「自分もなんか変…?」

勇者「宝箱の中身を確認してから、急いで洞窟を出る!
   青魔!箱の中には何がある!?」

淫魔「えっと…なんか玉がある!」

勇者「それを持って付いてきてくれ!」

淫魔「分かった!」
25 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 15:14:49.12 ID:oFwOMbFVO
洞窟近辺


勇者「うわ、右腕がウロコだらけ…」

僧侶「背中が少し重たいですね…」

女戦士「僧侶は背中に羽が生えちゃってる!」

淫魔「女戦士は…左腕が変!」

女戦士「え?…うわひゃあ!?」

勇者「…部分的に体が魔物になっちまったってか…僧侶、治癒魔法は効きそうか?」

僧侶「…はっ!」パァッ…

女戦士「き、効くみたいだね…自分にもお願い!オークの腕は怖い!」

勇者「俺にも頼む」

僧侶「はいっ!」パァッ…

勇者「助かった…青魔は…ちょっと待ってくれないか?」

僧侶「……いえ、青魔さんは治癒魔法で治せません…」

女戦士「どういうこと!?」

僧侶「勇者さん…知ってて招き入れましたね?」

勇者「…ああ」

女戦士「へ!?」

淫魔「ごめんね、女戦士…ボク、元々淫魔なんだ」

勇者「でも、魔王を倒したいという気持ちは本物だったので連れてきた、というわけだ。
   まさかこんなに早くバレるとは思わなかったが」

僧侶「はあ…魔王軍の間者…スパイである可能性は考えないのですか?」

勇者「その時はその時」

僧侶「…………」

淫魔「僧侶、さん、…お願い、こんなボクにも、魔王をやっつけるお手伝いをさせて!」

勇者「俺からも頼む」

僧侶「…女戦士さんの判断を仰ぎましょう」

女戦士「自分!?えっと…魔物だってことを隠してたのは悪いと思うけど、この子は自分たちを裏切るとは思えないんだ」

僧侶「では、この子を連れて行くことには賛成と?」

女戦士「うん、自分も淫魔…青魔を信じる!」

淫魔「女戦士…」

僧侶「はあ…この状況では、反対も出来ません
   しかし、青魔さん」

淫魔「はいっ!」

僧侶「もし私たちを裏切るならば、相応の報いを受けてもらいます。
   その場合、あなたは私だけでなく、勇者さんと女戦士さんの信頼も裏切ったことになりますから」

勇者「だそうだ…淫魔、いや、青魔…引き続き、俺に力を貸してくれ」

淫魔「…うん!」

女戦士「良かったね!」

僧侶「ただし、街に入る際には私たちと初めて会った時のような変装はしてくださいね」
26 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 15:17:04.76 ID:oFwOMbFVO
次の更新は夜になります
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 15:23:39.39 ID:tDnvec2PO
乙!
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 16:00:52.92 ID:VDP4rXlBO
乙です
なかなかもって期待
29 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 21:34:21.96 ID:2nCvwuHgO
その夜/街の宿屋


勇者「2部屋頼む」

「24ゴールドになりますが大丈夫ですか?」

勇者「ああ」

「では、こちらが部屋の鍵となります」

勇者「ありがとう」

僧侶「2部屋借りれましたか?」

勇者「ああ…ところで、今日はどう部屋を分ける?」

女戦士「今日もじゃんけん!」

青魔「それじゃ、最初はグー!」

僧侶「じゃんけん…ぽん!」


安価&コンマ↓1
安価はエロ展開を出すか否か
コンマは3で割った時の余りが無い(割り切れる)なら青魔、1なら僧侶、2なら女戦士
※00はもちろん青魔になります
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 21:41:48.40 ID:tDnvec2PO
出す
31 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 21:57:43.38 ID:2nCvwuHgO
僧侶「…では、今日は私が勇者さんの部屋となります」

勇者「分かった。青魔と女戦士で1部屋だけど…むやみに騒ぐなよ?」

青魔・女戦士「「はーい!」」

勇者「んじゃ、また翌朝な」


・・・・・


勇者「…ふぅ」

僧侶「どうしました?」

勇者「いや、僧侶と二人きりって結構久しぶりだな…って」

僧侶「淫魔…青魔さんが入ってからは基本的に三人一部屋
   女戦士さんが入って以降はじゃんけんに負けっぱなしでしたから…」

勇者「少し、疎遠になってたかもな」

僧侶「……勇者さん」

勇者「どうした?」

シュル…パサッ

僧侶「しばらく疎遠にした罰を…今から受けていただきます」

勇者「え…ちょ…!?」

僧侶「…これは、淫魔さんの力に当てられた…不慮の事故なんです…」

勇者「いや、言い訳を作らなくても…わっ!?」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 22:02:17.72 ID:9GUjKM0No
僧侶の性別ってどっちだろう
戦士だけ性別ついてるけど
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 22:04:25.88 ID:You4IN/7O
(ホモスレか?)
34 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 22:19:56.69 ID:2nCvwuHgO
・・・・・

青魔「人間のトイレって便利だね…」

ギィ…

女戦士「クゥ…クゥ…」

アッ…アン…

青魔「…この声…まさか?」

・・・・・

勇者「はっ…はっ…本当に…本当に良いんだな!?」パンパンパン

僧侶「来て…淫魔の…せいに…して…あっ…!」キュゥ

勇者「くっ…!」ドプッ…!

・・・・・

青魔「…僧侶、さん…ボクのせいにでもしないと、踏み出せないよね…」

女戦士「Zzz…」

青魔「…ボクも変な気分…またトイレに行こうかな…」



女戦士「…うーん…」
35 :>>32-33 すまない、女なんだ!書くタイミングを逸してました! ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 22:27:19.54 ID:2nCvwuHgO
翌朝

勇者「よく眠れたか?」

女戦士「うん!」

僧侶「はい」

青魔「えっと…その…」

勇者「どうした?」

青魔「…ゆうべは、お楽しみでしたね?」

勇者「ブッ…!」

僧侶「…やはり、バレてしまいましたか…」

女戦士「どういうこと?」

青魔「えっと…とにかく、僧侶、さんは思ったより休めてないってこと!」

僧侶「いえ、ご心配なく」

勇者「ゲホッ、ゲホッ…」

青魔「だ、大丈夫!?」

勇者「一応、大丈夫、だ…」


僧侶(青魔さん)

青魔(…今後も、いざという時はボクのせいにしてもいいですよ)

僧侶(…ありがとうございます)

青魔(でも…ボクたちも…)
36 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 22:41:15.69 ID:2nCvwuHgO
翌日/魔王軍の砦


勇者「もぬけの殻だな」

僧侶「たぶん、土の四天王を私たちが倒したことが原因なのでしょう」

女戦士「じゃあ、通過する?」

勇者「いや、残党を討つついでに探索しようか」

青魔「賛成!」

・・・・・

勇者「とは行ったものの…本当にもぬけの殻だな」

青魔「強い魔物に率いられた軍って、その強い魔物がやられたら一瞬で無くなるから…」

僧侶「まさしくその状況なのでしょうね。あ、宝箱です」

女戦士「中身は…なんだか強そうな棒?」

僧侶「青魔さん用に持っていきましょう。そろそろ一番奥ですが」

ガチャ

勇者(キョロキョロ)

僧侶「…本当に何もないですね」

勇者「いや…あった。椅子の後ろってよくある配置だしな
   では、オープン…これは(↓2)?」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 22:44:08.70 ID:1ONFxXl80
女神のアミュレット
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 22:45:11.75 ID:huW9j+S9O
思い付かないので、良さそうな↑
39 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 23:03:38.68 ID:2nCvwuHgO
勇者「なんかカラフルな…これはネックレス?」

僧侶「アミュレット、というものですね。聖なる気が物凄いです」

青魔「ボクには付けられなさそう…」

女戦士「これは僧侶が持ってようよ!」

勇者「賛成。というわけで付けてみ?」

僧侶「それでは失礼…!?」

勇者「どうした!?」

僧侶「力が…みなぎります!」

勇者「なんか物凄いアミュレットなんだな…って、青魔はどうしたんだそんなに離れて」

青魔「な、なんでか知らないけど、僧侶、さんが怖くなって…」

勇者「聖なる気…って事は、魔物の嫌いな雰囲気がバンバン出てるってことか」

僧侶「では、外したほうが良さそうですね」カチャ

女戦士「僧侶が強くなるなら、自分たちももっと前に出ていいよね?」

僧侶「不意打ちされると怖いですが、それは青魔さんに期待しましょうか」

青魔「う…うん!」
40 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 23:17:49.39 ID:2nCvwuHgO
数日後/船の上

勇者「Zzz…」

女戦士「勇者?おーい、起きてー!」

勇者「ん…あまり起こさないでくれ…」

青魔「船酔い?」

勇者「かもな…起きてるとなんか辛いんだ」

僧侶「そうですか…では、食事も持ってくる形にしますね」

勇者「助かる…」

青魔「…浮遊魔法!」

勇者「ん…?」フワッ…

青魔「船酔いは揺れが辛いからだ…って前に聞いたことがあるから、揺れを感じないようにすれば!」

勇者「なるほどな…でも、まだ辛さは取れてないし、もう少し寝かせてくれ…」

僧侶「しかし青魔さん、彼を浮かせ続けてると魔力が足りなくなりませんか?」

青魔「浮遊魔法って、皆が思うより魔力を使わないんだ」

僧侶「なるほど…」

ドスン!

女戦士「わわっ!?」

僧侶「何が起きたんでしょうか」

青魔「ボク、ちょっと見てくる!」ダッ
41 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 23:21:15.67 ID:ob2CEg41O
数分後

ガチャ

僧侶「お帰りなさい」

女戦士「何かあった?」

青魔「(↓2)」


※安価は選択肢
1・波がぶつかっただけで、何もないって!
2・おっきなイカが来てる!
3・水の四天王に見つかっちゃった…
4・(他に思いつくものがある場合、フリーワードでどうぞ)
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 23:23:09.72 ID:huW9j+S9O
ksk
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 23:25:00.99 ID:drsKb5iL0
44 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/03(水) 23:47:59.90 ID:ob2CEg41O
青魔「なんかおっきなイカが来てる!」

女戦士「イカ?」

僧侶「イカですか…この船に対する攻撃の意志はありますか?」

青魔「えっと…」

コンマ↓1+2
合計が101以上でもう一回揺れる
99以下ならその後は揺れない
20の倍数なら別の何かが起こる
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 23:49:55.97 ID:skj393rqo
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/03(水) 23:50:33.50 ID:huW9j+S9O
はい
47 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 00:05:31.47 ID:fwuD4iX3O
ドスン!

青魔「わっ!?」

僧侶「攻撃の意志があると見たほうが良さそうですね…勇者さん」

勇者「ん、うーん…どうした?」

僧侶「敵襲です」

勇者「マジか…船の上だとどう戦ったものか」

女戦士「とにかく、一度甲板に行こう!」


・・・・・


勇者「…でけぇ」

女戦士「うわぁ…!」

僧侶「…防御魔法」

青魔「みんなに浮遊魔法!」

勇者「おっ…なんか空を自由に飛べそうだ」

青魔「ただ、ボクは何も出来なくなるから…みんな、お願い!」

女戦士「分かった!」

僧侶「青魔さんが離れるのならば、このアミュレットを付けても問題ないですね」カチャ

勇者「よし、仕掛けるぞ!」ヒュン!

女戦士「よっと…はあぁぁ!」ブォンブォン!
48 :唐突なネタで申し訳ない ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 00:18:51.34 ID:fwuD4iX3O
・・・・・

女戦士「これで…ラストぉ!」ザシュッ

勇者「よし、あとは胴体だけだな…んなろぉぉ!」ザシュッ

青魔「あとちょっと…!」

ウゾウゾ…

僧侶「…青魔さん!左!」

青魔「えっ…!?」

勇者「なにっ…!?」

女戦士「…間に合えぇぇ!」

青魔(どうすれば良いのかな…三択で急いで考えてないと…(コンマ↓1)
   1・ボクが浮遊魔法を切れば、返り討ちに出来るかも…(33以下)
   2・女戦士が助けに来てくれるかな…(34〜89)
   3・諦めたほうが良いのかな…(90以上))
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 00:20:07.17 ID:09PthOyKO
1
50 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 00:25:17.41 ID:fwuD4iX3O
青魔「…ごめん、勇者!」

勇者「おっと…!」

青魔「冷凍魔法!!」

ピキィィン…

女戦士「トドメぇ!」バキィン!…ドスン!

勇者「よし…そのまま、死んじまえ!」ザシュザシュザシュ…ザンッ!

ズブズブズブ…

勇者「青魔、早く!」

青魔「うん!浮遊魔法!」

勇者「…よし!」ヒュン!
51 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 00:31:19.56 ID:fwuD4iX3O
・・・・・

勇者「ちょっと、肝を冷やしたな…」

僧侶「どっち付かずだったら、青魔さんは船から弾き飛ばされてたかもしれません」

青魔「勇者、見捨ててごめん!」

勇者「いや、自分の身を守るのも重要だし、気にすんな。
   むしろ、よく決断できたな」ワシワシ

青魔「うん…後、女戦士も、飛んできてくれてありがとう!」

女戦士「自分も青魔を守れたよね?」

青魔「うん!」

僧侶「…船はまもなく港に着くようです。後片付けを済ませましょう」
52 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 00:35:22.86 ID:fwuD4iX3O
港町


勇者「地面に足がつくのって安心できるな」

僧侶「何を言ってるんですか、先程まで空を飛びながら戦ってたのに」

女戦士「おーい!宿屋の予約取れたよ!」

勇者「今回も部屋割なんだが…それぞれで別行動して、その流れで部屋に入るか」

僧侶「でしたら、今回はご遠慮します」

勇者「え!?」

僧侶「いえ…青魔さんか女戦士さんと一緒に部屋に入ってください
   私は…満足しましたので」

勇者「ま、満足?」

女戦士「せぇーの…最初はグー!」

青魔「じゃんけんぽん!」

(↓2)「あう、負けたー…」
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 00:36:11.88 ID:09PthOyKO
あえて女戦士
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 00:37:54.08 ID:/+LKr2hEO
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 00:39:03.44 ID:09PthOyKO
って逆だ
あえて青魔だorz
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 00:50:29.25 ID:QQ2Xjy8mO
どんまい
ところでこれ負けたら勇者と相部屋?
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 00:51:51.50 ID:/+LKr2hEO
ん?そう言えばどっちなんだろ
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 00:56:40.74 ID:09PthOyKO
>>31でじゃんけんに負けっぱなしだったと僧侶が言ってるから、勝った方が勇者と一緒かと
なので「あえて青魔」だった…
59 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 00:57:38.91 ID:fwuD4iX3O
青魔「やったー!」

女戦士「あう、負けたー…」

僧侶「では、勇者さんは青魔さんとごゆっくり。
   女戦士さん、少々お買い物にお付き合いください」

女戦士「はーい」

勇者「日が暮れるまでには宿屋に来いよー!
   んじゃ、俺達も散歩と行きますか」

青魔「うん!」


青魔「…あ、これ欲しい!」

勇者「なになに…マジカルメイス?にしては、何か嫌な予感がするな」

青魔「勇者、耳を貸して」

勇者「なんだ?」

青魔(ボクは魔物だから、呪いが掛かってるのはむしろ有効なんだ)

勇者(どういうことだ?)

青魔(呪いって、「魔物が有利に、人間が不利に」なるものだから…)

勇者(あ、あぁー…なるほどな!)

「お客さん、このメイスがほしいのかい?」

勇者「ああ、そろそろ鈍器も使おうかと思ってな」

「いまなら安くしとくよ!」

勇者「買った!」

「まいど!後、持つときは手袋を付けておくと良いよ」

勇者「おっと、手袋は持ってないな…青魔、悪いが代わりに持ってくれ」

青魔「うん!」

勇者「よし、戻るか」



「バカな客だ…あれは呪われたメイスだというのにな」
60 :もちろん、勝ったほうが勇者と相部屋です ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 01:03:30.72 ID:fwuD4iX3O
宿屋


勇者「呪われた武器を売るなんて、ふざけたやつだと思ったけど…」

青魔「すっごく使いやすい!」ブン!ブン!

勇者「魔物がいる俺達のパーティーだとむしろ良いやつなんだよな…なんだろう、この複雑な感情」

青魔「勇者?」

勇者「おっと、すまんすまん…」

<ガチャ
<タクサンカイスギテシマイマシタネ
<ソウリョサンハセツヤクスルヒトカトオモッタ

勇者「僧侶たちも戻ったか…んじゃ、明日に備えて」

青魔「ね、ねぇ…!」

勇者「どうした?」

青魔「あの…(↓2)!」
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 01:05:19.63 ID:09PthOyKO
ボクも勇者とエッチしたい
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 01:06:22.98 ID:/+LKr2hEO
63 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 01:12:40.14 ID:fwuD4iX3O
青魔「ボクも勇者とエッチしたい!」

勇者「え…いや、俺は僧侶とやっちまったし、俺から禁を破ったから仕方ないか」

青魔「勇者が僧侶、さんとエッチしてたの見ちゃってから…ボクの本能?が疼いちゃって…」

勇者「そうだな…我慢させてすまなかった。今晩だけはエロいの解禁だ」

青魔「わーい!」ポン!

淫魔「勇者、今夜はずっと付き合ってね!」

勇者「加減はしてくれよな?」

<トントン

勇者「ん?」

<オンナセンシサンガネテカラデオネガイシマス

勇者「たはは…どうする?」

淫魔「うーんと…じゃあ、(↓1)」


※安価は選択肢
1・外に出よ?
2・少し我慢する!
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 01:17:03.62 ID:09PthOyKO
↑指定で選んでもらってるから、連取りみたくなっちゃうけど、2
65 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 01:19:36.04 ID:fwuD4iX3O
ごめんなさい、連続3回は流石にレスずらしとさせていただきます…

↓先着1つ
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/04(木) 01:22:43.59 ID:21hwf+Hf0
2
67 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 01:33:10.86 ID:fwuD4iX3O
淫魔「少し我慢する!」

勇者「分かった、んじゃ外で軽く汗を流してくる」

淫魔「行ってらっしゃい!」


・・・・・


ガチャ
勇者「ただいま」

淫魔「おかえり!」

<トントン

淫魔「どうしたの?」

<オヤスミナサイ

勇者「…つまり、オッケーってことだな」

淫魔「うん…勇者の白い液体、いっぱいちょうだい?」

勇者「淫魔が満足できるかは分かんないぞ?」
68 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 01:44:57.31 ID:fwuD4iX3O
勇者(…満足させられるか分からない、と最初に俺は言った。しかし…)


淫魔「ハヒッ…ハッ…ゆうしゃぁ…すごぉい…」

勇者「俺はまだ満足できてないぞ?」

淫魔「ボクも…もっとのみたいよぉ…」

勇者「んじゃ!」ズブッ

淫魔「そっち…そっちは違うのぉ!」

勇者「直接体に飲ませるのも…悪くはないだろ?」ズズズ…

淫魔「ひうっ!」

勇者「行くぞ…!」パァン

淫魔「あひっ!?」


・・・・・


僧侶「…で、いつの間にか心をへし折ってしまったと」

勇者「だ、大丈夫だよな…?」

淫魔「アヘ…アァ…」ドクドク

僧侶「はぁ…夜が明けてもまだダメなようなら、また呼んでください。
   これはもう一晩泊まらないとダメそうですね…」

パタン

勇者「…どうしよう、これ」
69 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 01:51:32.74 ID:fwuD4iX3O
翌日

勇者「おはよう」

女戦士「おはよー!ところで青魔は?」

勇者「寝てる。僧侶が叩き起こすから、俺達は先に飯を食ってろってさ」

女戦士「へぇー」



淫魔「ゆうしゃ…ボクに…もっと…」トローン

僧侶「はぁ…この状態に効くかは分かりませんが…治癒魔法」パァッ…

淫魔「…あれ?僧侶、さん?」

僧侶「どれだけやったんですかあなた達は…昨晩のあなた達は、俗に猿と呼ばれるそうですよ」

淫魔「へ!?そ、そこまでやったの!?」

僧侶「そうです。おかげで私は夜中に叩き起こされました。
   淫魔も、勇者の力にはかなわなかったのですね」

淫魔「え、えーっと…」

僧侶「早く変装してください。ご飯を食べに行きましょう」

淫魔「う、うん」ポン!

青魔「勇者ー!待ってよー!」

僧侶「ちょっと、体を……もう…」
70 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 01:59:20.22 ID:fwuD4iX3O
翌々日/海底の神殿

勇者「…なあ、青魔?」

青魔「どうしたの?」

勇者「昨日から、何か凄まじくなってないか?」

女戦士「自分が入る暇がないよー!」

僧侶「武器がパワーアップした上に、勇者さんとアレだけやってたら予想できることですけどね…」

青魔「へへっ!あ、また魔物!」ブォン!

「グヘラッ!」ベチャ

勇者「…女戦士どころか、俺も要らなくなりそうだなこれ」

僧侶「勇者さんは何を言ってるんですか」

女戦士「ぐぬぬー…」
71 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 02:10:01.88 ID:fwuD4iX3O
神殿最深部


「ふむ、わが軍が殲滅されてると聞いたが、勇者一行だったとはな」

勇者「まあな…水の四天王、悪いが倒れてもらうぞ」

水の四天王「そうもいかんな…そこの魔法使い」

青魔「ボク?」

水の四天王「貴様はなぜ、魔物でありながら我らに反抗するのだ?」

青魔「だって、ボクは魔王が大嫌いなんだもん」

勇者「まあ、そういうことだ…魔物だから寝返らせるつもりだったんなら残念だったな」

水の四天王「自分の意志がダメならば…フンッ!」ピンッ!

青魔「ぐっ…!?」

水の四天王「強引に操るまでよ」

青魔「うくっ…勇者…!」

勇者「くそっ…」


コンマ↓1
15以下/勇者「…青魔、ごめん!」
16以上/僧侶「待ってください、青魔さんの様子が…」
ゾロ目/ところで女戦士は?
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 02:17:44.51 ID:C/jU7DC1o
73 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 02:30:19.28 ID:fwuD4iX3O
僧侶「待ってください、青魔さんの様子が…」

勇者「ん…あれ?」


水の四天王「な…なんだ、この力は…」

青魔「くうっ…捕まえたよ…!」

水の四天王「なっ…離せ!」

青魔「やだ!勇者!女戦士!」

勇者「よし」
女戦士「青魔を離せぇぇ!」

水の四天王「離そうとしても、離せな」ザシュッ!

女戦士「嘘つきは八つ裂きだ!あっははは…!」ザシュザシュザシュ

勇者「待て、女戦士!」

女戦士「…あっ」
すり身「」

僧侶「…こんなに刻まれては、流石に蘇生も難しいですね」

勇者「女戦士って、こんなに暴走する子だっけ?」
74 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 02:37:46.87 ID:fwuD4iX3O
・・・・・


女戦士「うん…自分って、怒ると訳が分からなくなるんだ」

僧侶「バーサーカーの素質がある、と言うことでしょうか?」

青魔「でも、女戦士は四天王の一人を殆ど一人でやっつけたんだよ!」

勇者「だな…まあ、今後は落ち着いてくれるよな?」

女戦士「うん…でも、また変になったらごめんね」

勇者「まあ、それはそれで青魔がなんとかしてくれる…よな?」

青魔「うん!拘束魔法!」ガシッ!

女戦士「えっ…青魔!?」

青魔「操縦魔法!」

女戦士「ちょ、ちょっとー!?」

青魔「解除!」

女戦士「わっ!」ドテッ

僧侶「…水の四天王の操る魔術を横取りしたのですか」

青魔「うん!ごめんね、女戦士!」

女戦士「そういうことなら早く言ってよ!」

勇者「力を得たところで、この宝箱をパカッとな」

女戦士「これって…(↓2)?」
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 03:01:26.10 ID:k4FeC3v4O
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 03:01:40.64 ID:zzilAxvPo
不可知の腕輪・右(装着者の肉体が透明になる)
不可知の腕輪・左(装着者の装備が透明になる)
77 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 03:08:58.09 ID:fwuD4iX3O
勇者「…腕輪が2つ」

青魔「これ…左右が決められてるみたい」

勇者「腕輪なのにめんどくさいなそれは」

青魔「魔法のかかった装備ってそういうものだよ」

女戦士「じゃあ、左用のを付けてみる!」

勇者「おいおい、分からないのに付けたら」

パッ

青魔「…あ…えっと…」

女戦士「どうしたの?」

僧侶「…下を見てください」

女戦士「下?…あ、あれ!?」

青魔「裸…だよ?」

女戦士「あ…あわわ…」

勇者「う、後ろを向くから早く腕輪を取れ!」

女戦士「え、えぇぇー!!??」
78 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 03:11:48.67 ID:fwuD4iX3O


勇者「腕輪は外したか?」

僧侶「大丈夫です」

勇者「んじゃ…女戦…し…」

鎧と剣「今度はどうしたの?」

勇者「…青魔、これは一体?」

青魔「右腕はさっきと逆で、体だけ見えないようにするみたい」

鎧と剣「これは左右セットで装備するものだね!」

勇者「…分かったから腕輪は外してくれ」
79 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 03:22:53.17 ID:fwuD4iX3O
港町


勇者「玉も2つ目をゲットしたし、次はどこに行くか…」

青魔「決まってないの?」

勇者「いや、距離が同じぐらいなんだよ…
   ここから北方向に行くと風がいつも強く吹く渓谷があって、おそらく風の四天王がいる」

僧侶「もう片方は真逆の南側です。こちらは火山地帯で、魔物の活発な動きが確認されてます。
   おそらく火の四天王でしょうか?」

勇者「二人はどっちに行ってみたい?」

青魔「(↓1)」
女戦士「(↓2)」

※別れた場合はコンマの少ないほうが優先されます
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 03:29:29.23 ID:yqqhU1jGo
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 03:45:38.63 ID:ECreqWXeO
エルフの里に寄りたい
ダメなら渓谷
82 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 03:52:20.32 ID:fwuD4iX3O
青魔「風の方!」
女戦士「その前に、行ってみたいところがある!」

勇者「行ってみたい所?」

女戦士「東の方なんだけど、エルフの里があるんだって!」

僧侶「エルフの里…ですか…」

勇者「…ただ、そこに行くなら一時的に青魔は一人にしないといけなくなるだろ?」

僧侶「そうですね…エルフの方は魔物から受けた被害が甚大ですし…」

勇者「申し訳ないけど後回しだ。さっきの二択ならどっちが良い?」

女戦士「じゃあ自分も風の方!」

勇者「んじゃ、明日出発な!」

僧侶「分かりました」
青魔・女戦士「「おおーっ!」」

女戦士(じゃあ、今晩は…!)

勇者(…少し、酷いことをしてみるか)
83 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 03:53:24.44 ID:fwuD4iX3O
次の更新は朝、遅くともお昼前です
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 04:05:56.72 ID:zzilAxvPo
乙です
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 04:06:28.42 ID:BxckISSpO
乙!
86 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 09:27:41.59 ID:KndhM0zaO
その夜/港町の宿屋

女戦士「今日は自分が勇者と一緒!」

僧侶「ですね…では、少しだけ助言を」

女戦士「助言って何?」

僧侶「…心を強く持ってください」

女戦士「え…え!?」

青魔「でも、勇者はきっと近くにいる!」

女戦士「自分、二人が何言ってるかわからない…」

勇者「…ところで、俺は死んでないんだけど」

僧侶「比喩表現です」

勇者「比喩でも酷いからな…んじゃ、僧侶と青魔はまた明日」

僧侶「おやすみなさい」
青魔「おやすみ!」



女戦士「勇者…ちょっと、付き合って!」

勇者「付き合うって、もう夜になるのにか?」

女戦士「うん!戦う装備をして、宿屋の前に来てね!」タッタッタッ…

勇者「…どういう事なんだ…?まあ、あの酷い事をする準備ができるだけ良いんだけどな…」
87 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 09:36:33.85 ID:KndhM0zaO
港町郊外の森


勇者「海に近いのにこんな森があるんだな」

女戦士「潮風がどーのこーのだって聞いたけど、とにかくここのモンスターは水の力を持ちやすいんだって」

勇者「森の中なのに水属性か…厄介だな」

・・・・・

勇者「ひらけたところに出たな…もしかして、汗を流すつもりで?」

女戦士「そうそう!それじゃ、行くよ!」

勇者「それなら仕方ないな…行くぞ」
88 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 09:43:55.10 ID:KndhM0zaO
・・・・・

勇者「よし…そろそろ帰らないか?」

女戦士「うん!後、帰ったら…ね!」

勇者「…たぶん、青魔だろうなぁ…」

・・・・・

女戦士「ふんふんふふーん♪」

女戦士「強くなるのって楽しいね、勇者!」


女戦士「…あれ、勇者?」

女戦士「勇者!?えっ…どこ!?」


コンマ↓1
(3で割り切れない)
ドスッ
女戦士「ぐっ…な、なに!?」

(3で割り切れる、もしくは00)
勇者「ここだ…なんで泣きそうなんだ?」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 09:47:37.31 ID:gxe65TIH0
90 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 09:59:05.04 ID:KndhM0zaO
ドスッ
女戦士「ぐっ…な、なに!?」

カチャカチャ

女戦士「え…鎧を外してる…や、やめてよ!」

グググ…

女戦士「う、動けない…!」

女戦士(木に押し込まれてる…早く、ずらさないと…)

カチン…ドサッ

女戦士「鎧が取れちゃった…やだ!やだ!」ズリズリ

ビリッ

女戦士「ひっ…ダメ!勇者…勇者!」

??(………)


コンマ↓1
30以下なら現実は非情である?
31以上なら救いの手はある
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 10:00:17.78 ID:xIZZ9F4LO
非情
92 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 10:09:32.98 ID:KndhM0zaO
「女戦士、俺だ」

女戦士「勇者…どこ!?助けて…!」

フッ

女戦士「ひゃっ!」ドサッ

スゥ…

勇者「…悪い、さっきのも俺だったんだ」

女戦士「えっ…嘘、だよね…?」

勇者「いや、マジだ…とはいえ、怖がらせすぎたな…すまない」

女戦士「…うわぁぁん!」

勇者「よーしよし…怖かったな…」



女戦士「…でも…勇者、素っ裸だよ?」

勇者「水の四天王の時に手に入れた腕輪、あれを使ったんだ」

女戦士「…んもー!」ポカポカ

勇者「すまんすまん…」

ドサッ

勇者「…え?」
93 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 10:17:51.86 ID:KndhM0zaO
女戦士「自分は怒った!こうなったらここでヤッちゃう!」

勇者「おいおい、ここは魔物が出る森で」

女戦士「知らない…もん…!」ギチチ…

勇者「…待て、まさかお前も男を知らな」
ブチィッ
女戦士「くうぅぅ…!!」

勇者「女戦士…!?」

女戦士「はぁ…はぁ…後は…こうやって…!」ズズズ

勇者「無茶するな…辛くなったら、言えよ…?」

女戦士「辛くない…もん…」
94 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 10:25:27.61 ID:KndhM0zaO
・・・・・

女戦士「出して…出して…よぉ…♪」ピョンピョン

勇者「言われなくたって…」ギュッ

女戦士「へっ!?」

勇者「受け取るんだ!」ドピュピュッ!
女戦士「ひゃ…来てる…よぉ!」

・・・・・

勇者「…一旦戻るか。続きをやるにしても、一度戻らないとだな」

女戦士「勇者が服を破ったから、自分はこのままじゃ帰れない!」

勇者「そういやそうだった…でも、こんな夜更けになっちまったし、人はいないだろ、たぶん…」

女戦士「多分ってひどい!」

勇者「まぁまぁ…」
95 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 10:28:12.69 ID:KndhM0zaO
翌日/港町の宿屋


青魔「ゆうべはお楽しみだった?」

女戦士「うん!」

勇者「一応は、な」

僧侶「…とりあえず、北の渓谷の方まで行きましょうか」

青魔・女戦士「「はーい!」」

僧侶「…勇者は渓谷に着くまで、この荷物を全て持ってください」

勇者「はいはい」
96 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 10:29:34.15 ID:KndhM0zaO
次の更新はお昼です
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 13:22:11.79 ID:FGuFbb3h0
乙です
98 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 15:11:54.92 ID:FldcnU45O
数日後/風の渓谷


勇者「僧侶…そろそろ機嫌を直してくれ」

僧侶「道具を悪用して強姦まがいなことをやる人は、まだ許せません」

青魔「勇者…やり過ぎだよ!」

女戦士「で、でも、自分は…」

僧侶「女戦士さん、申し訳ありませんがあなたがどうこうではないのです。
   万一、あなたにやったことを私たち以外にやってしまったら…勇者…さんは牢獄行きなんですから」

勇者「…あれ、私たち?」

僧侶「…コホン。さて、目的地に着きましたが」

勇者「予想より風が強いな…四天王はどこにいるんだ?」

女戦士「……こっち!」

青魔「分かるの!?」

女戦士「たぶん!」

僧侶「多分…ですか」 

勇者「でも、頼ってみるのも手だと思うぞ?」

僧侶「そうですね…荷物、少し持ちますよ」

勇者「そういや目的地までだったな」
99 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 15:37:57.14 ID:FldcnU45O
女戦士(キョロキョロ)

青魔(クンクン)

勇者「…女戦士はこう…強くなったって感覚はないか?」

女戦士「強く…周りが見えるようになった?」

勇者「それはそれでだな」

僧侶「魔物しか見えてないことが結構ありましたからね…
   …しかし、私には実感できるほどの何かはないです」

勇者「あれは…うーん…」

僧侶「「淫魔にあてられた、自分の意志ではない行為」だったからでしょうか」

勇者「心のどこかで、俺を拒んでいたのかもな?」

青魔「勇者ー!僧侶、さーん!」

勇者「どうした!?」

青魔「見つけたよー!」

勇者「今行く!」
100 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 15:45:51.16 ID:FldcnU45O
風の渓谷・洞穴


僧侶「風の流れで削られたものでしょうか」

勇者「ありえる」

青魔「ほら、これ!」

勇者「…これは…(↓3)?」

※安価は選択肢
1・風の四天王か
2・宝箱か
3・一体何なんだ
101 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/04(木) 15:46:31.19 ID:FldcnU45O
短くて申し訳ないですが、次の更新は夜になります
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 15:48:40.42 ID:FGuFbb3h0
乙です
2
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 15:51:50.20 ID:e1QnNQxmo
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 15:53:31.35 ID:kX13xQH7o
2
ミニスカートの仲間を入れてくるべき場所だった
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/04(木) 16:27:07.01 ID:f+9lOGUA0
加速なんてしないよ絶対
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/04(木) 16:28:33.83 ID:BxckISSpO
乙!
107 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 00:36:47.03 ID:bXc0jkNjO
勇者「…これは…宝箱か?」

女戦士「…待って、なんだか嫌な予感がする!」

勇者「嫌な予感…か…でも、開けてみないことには、だな」

青魔「じゃあ、ボクが開ける!」

僧侶「大丈夫なのですか?」

青魔「たぶん…」

僧侶「たぶんではダメです…識別魔法」キンッ!

勇者「嫌な予感の正体は分かったか?」

僧侶「…なるほど…つまり、宝箱の中身は(↓2)です」

※安価は選択肢
1・モンスター、要するにミミック
2・呪われた装備品
3・危険な罠
4・(他に思いつくものがあればフリーワードで)
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 00:43:39.00 ID:N9jHpeiMO
3
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 00:59:15.34 ID:e/OBQWDkO
2
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 00:59:23.75 ID:zwjreAplO
青魔を強化
2
111 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 01:15:50.34 ID:bXc0jkNjO
僧侶「…つまり、宝箱の中身は呪われた装備品です」

勇者「なるほどな…青魔、開けていいぞ!」

僧侶「えっ…?」

パカッ

青魔「…変な指輪が入ってた!」

僧侶「青魔さん、その指輪は呪われてるのですが… 」

勇者「呪われてるなら、青魔にとっては好都合、だろ?」

青魔「うん!」

僧侶「えっ?」

女戦士「呪われてると好都合って、どういうこと?」

青魔「呪いって、つまり「魔物に有利になる」んだ!」

僧侶「あ、なるほど…」

女戦士「青魔は付けても大丈夫ってこと?」

勇者「と言うか、今使ってるメイスも呪われたものだしな。
   ところで青魔、付けた感想は?」

青魔「…なんだか、魔力がみなぎってくる…っていうのかな?」

僧侶「砦にあったアミュレットの魔物版でしょうか」カチャ

勇者「おいおい、アミュレットを装備すると青魔が困らないか?」

青魔「…ううん、怖くなくなった!」

僧侶「不浄の気の放出で相殺する形となるのですね」

女戦士「あれ、そうなると自分と勇者が危ない?」

僧侶「いえ、他人に影響を及ぼすレベルではないと思います」

勇者「青魔がそう言うのに敏感、ってだけ…だよな?」

青魔「うん、だから女戦士も勇者も大丈夫!」

僧侶「私もこれを常々付けられるので強くなれますね」
112 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 01:36:01.15 ID:bXc0jkNjO
風の渓谷・風の根元


勇者「ぶっ…つよっ…!」

僧侶「………!」グググ…

女戦士「僧侶!?大丈夫!?」

青魔「僧侶はボクが後ろから押すから、女戦士は前に出て!」

勇者「ど…こだ!四天王!」

サクッ

勇者「痛っ!」

女戦士「えっ!?」

僧侶「…かま…いたち…です…」

女戦士「かまいたち?」

青魔「確か、強すぎる風は万物を傷つける…ってどこかにあった気がする」

サクッ

女戦士「いっ…!」

勇者「このままじゃ…厳しいぞ…!」

青魔「あの風が出てくる穴…あれを塞げば!」

勇者「よし…!」

僧侶「主よ…我らを…押し返す…風を…止めよ…!
   雷撃…魔法…!」

ドゴォォン!
113 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 01:49:38.44 ID:bXc0jkNjO
女戦士「風が弱まった!」

僧侶「はぁ…はぅっ」ドサッ

青魔「僧侶、さん!?」

勇者「雷撃魔法は本来、僧侶の使える魔法じゃない。無理やり使ったんだろうな。
   青魔、気付け薬を使ってくれ」

青魔「うん!」

勇者「さて、風の四天王は…?」

女戦士「…あれ?もしかしてそこでひっくり返ってるのって」

亀「」

勇者「いや、まさかな」

女戦士「…やっぱり、この亀から嫌な予感を感じるんだ」

勇者「これで魔物じゃなかったらちょっと滅入るぞ…
   青魔、ちょっと来てくれ」

青魔「なーに…あ、これが風の四天王だ!」

勇者「よし、滅多切りにする」

女戦士「おー!」
青魔「おー!」
114 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 01:59:05.00 ID:bXc0jkNjO
・・・・・

勇者「玉も見つかったし、このまま南に進んで一気に攻めたいが…
   女戦士、どうしてもエルフの里に行きたいか?」

女戦士「うん、自分はエルフを見たことがないもん」

青魔「でも…魔物のボクは嫌われちゃうよね」

僧侶「まず、仲間にするかどうかから疑問符ですが」

勇者「お、僧侶」

僧侶「私達はあくまで魔王を倒しに行くのが主目的です。
   人が多ければそれに越したことはないですが、エルフの中に我々についてきてくれる方がいるかどうかは…」

女戦士「でも、見るだけなら良いよね?」

勇者「俺も見てみたい」

青魔「うーん…ボクは気乗りしない」

僧侶「では…」

コンマ↓1
49以下/僧侶「先に火の四天王を倒してから行きましょう」
51以上/僧侶「一度エルフの里に行ってみましょう」
00と25の倍数/誰かが来るようだ…
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 02:00:07.99 ID:70wIuOEN0
ほれ
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 02:00:36.73 ID:Yylwphkx0
1
117 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 02:03:26.73 ID:bXc0jkNjO
僧侶「一度エルフの里に行ってみましょう」

勇者「よし、決まりだな…ただ、青魔はどうする?」

青魔「ボクは…港町で待ってるよ」

勇者「分かった…お金は渡しとくから、宿屋で休んでてくれ。
   無理に鍛えなくてもいいからな?」

青魔「うん…勇者、お土産話を持ってきてね?」

勇者「もちろん!」

女戦士「ごめんね、青魔…それじゃ、出発しよ!」

僧侶「どちらにしても、一度港町に戻らなければいけませんが」
118 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 02:14:55.30 ID:bXc0jkNjO
十数日後/エルフの里近辺


勇者「後ちょっとだな…」

僧侶「…万一、我々に矢を向けてきたらどうしますか?」

勇者「一目散に逃げる」

女戦士「えぇー!?」

勇者「俺達の敵はあくまでも人々をいじめる魔物、それと魔王だけだからな?」

僧侶「もっともです…が、万一私や女戦士が…エルフに殺されてしまった場合は…」

勇者「…その時は、そのエルフだけをボコボコにする。
   俺一人で、だぞ?」

女戦士「僧侶が死んじゃったら、自分は我慢できないかも」

僧侶「私も、強引にエルフを殺めるかもしれません」

勇者「…言ってて、物騒になってきたな。とりあえず、里まで行ってみようか」


コンマ↓1+2
合わせて121以上で歓迎ムード
39以下で険悪ムード
40の倍数なら何かが起こる
それ以外(41〜119、かつ80ではない)なら特に偏りはない
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 02:20:09.61 ID:zwjreAplO
はい
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 02:20:49.43 ID:70wIuOEN0
121 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 02:26:07.72 ID:bXc0jkNjO
更に数十分後/エルフの里


勇者「やっと着いた…」

「あら、人間?珍しいわね?」

女戦士「すごい!本物のエルフだ!」

僧侶「そこまではしゃぐことですか…」

「その様子だと、どうやら里を見に来ただけのようね。
 付いてきて。軽くだけど、里を案内するわ」

女戦士「ほら!二人共!早く行こう!」

勇者「…女戦士って、たまに体力が無尽蔵になるんだな」

僧侶「まあ、その方がらしいといえばらしいです」
122 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 02:42:31.78 ID:bXc0jkNjO
・・・・・

勇者「ん…なんか良さげな武具がいっぱいあるな」

「手前味噌だけど、里で作った武具には自信があるの。
 皆さんもどう?」

勇者「んじゃ…この斧と…僧侶はこの服でいいか?」

僧侶「ええ、それに杖も買っておきたいですね」

女戦士「この鎧と、斧ももう一つ!」

勇者「お金は…足りるな。すまん、これらを買いたい」

店員「ありがとうございます…ところで皆さん、こんなに武具を買ってどちらに?」

勇者「まあ、港町から魔物を退治してくれと頼まれててな」

僧侶(…あれ?)
勇者(むやみに魔王の名を出す必要もないだろ?)

「…ごめんなさい、聞こえてるわ」

勇者「なっ!?」

「この耳は飾りじゃないってこと。魔王の名を出すってことは、あなた達は勇者一行かしら?」

勇者「そんな感じだ」

「なら、この里で勇者について行きたいって意気込んてる子がいるから…会ってくれるかしら?」

女戦士「仲間!?」

僧侶「仲間になるならありがたいですね」

勇者「とりあえず、会うだけ会わせてくれ。連れて行くかはまた相談で」
123 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 03:17:49.47 ID:bXc0jkNjO
エルフの里・家


「ここに住んでるわ」コンコン

「誰…?」

「勇者さんが来たわよ」

勇者「話をしに来たぞ!」

パタ、パタ…ガチャ

「本当に…勇者さん…?」

僧侶「はい、間違いなく勇者さんです」

「…!?」

「弓使い、とりあえず服を着てきなさい。勇者さんが困ってるわよ?」

・・・・・

弓使い「弓使い…です…」

勇者「勇者だ。こっちが僧侶、こっちが女戦士」

僧侶「よろしくお願いします」

女戦士「よろしくね!」

「さて…私はお邪魔みたいだし、少しお暇するわ。
 話が終わったら、武具屋に来てね」

パタン

勇者「…さて、弓使いだっけ?」

弓使い「はい…」

勇者「…見た所、戦う根性がなさそうだが…大丈夫か?」

弓使い「…多分…」

勇者「多分、じゃついていけなくなるぞ」

女戦士「…勇者、ちょっと自分に任せて」

勇者「ん?なにかあるのか?」

女戦士「思い当たる節があるよ。
    …弓使い、君の親はどこにいるの?」

弓使い「…パパも…ママも…殺されちゃった…」

女戦士「そうなんだ…でも、君は弓を使って自分たちに付いていこうとしてるけど…なんで?」

弓使い「魔物が…魔物が、憎いの…!」

女戦士「……ねぇ、もし自分たちについていったとして…目の前で人が魔物に殺されたら…どうする?」

弓使い「…ッ!」ギリッ

女戦士「…あるいは、もし自分たちの正体が魔物だとしたら」
ダンッ!
弓使い「殺す!騙したなら報いを受けろ!」キキキキ…

女戦士「…うん、それだけの根性があれば、大丈夫だよ」

勇者「落ち着け、弓使い。俺たちは正真正銘の人間d」
弓使い「うるさいうるさい!お前たちは魔物だって言った!」

僧侶「はぁ…治癒魔法」パァッ…

弓使い「くぅぅ…ぅ…」バタッ

勇者「…つまり、女戦士の同類?」

女戦士「そう!多分、起きたら部分的に忘れてると思う!」

勇者「それはそれで良いんだけど…ちょっと厄介だな、青魔のこともあるし」

僧侶「そうですね…勇者さん、ちょっと下世話な相談になるのですが」

勇者「どうした?」
124 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 03:26:42.36 ID:bXc0jkNjO
・・・・・

「…そう、連れて行くのね」

弓使い「…先生…行ってきます…」

僧侶「先生、ですか?」

弓使い「うん…弓の、先生…」

先生「そういえば、名乗るのを忘れてたわね」

勇者「俺も聞くのを忘れてた…」

先生「弓使い」

弓使い「はい…」

先生「あなたは魔物全部が憎いかもしれないけど、世の中には人を助ける魔物もいる。
   それだけは、忘れないでね…そして、そのような魔物を見たら、あなたも助けるのよ?」

弓使い「………」フルフル

勇者「…まあ、そんなすぐに信じろってのも無理があるか」

弓使い「しん…じる…?」

勇者「何でもない」

女戦士「では、お世話になりました!」

先生「ええ、魔王を倒し、この里に送り返すまでがあなた達の仕事だからね?」

女戦士「うん!」

勇者「んじゃ、一度港町まで戻るぞ」
125 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 03:36:13.61 ID:bXc0jkNjO
数日後/港町


勇者「…何だ、この騒ぎ?」

僧侶「嫌な予感がします」

「あ!あなたは!」

僧侶「貴方は宿屋の…どうされましたか?」

「実は、青魔さんが南の魔物に連れ去られてしまって…!」

勇者「はぁっ!?」

僧侶「南の魔物の仕業だと断定した証拠は?」

「この紙が部屋においてあって…」

勇者「なになに…?」

あおまはこのひのしてんのうがあずかった
くやしかったらかざんまでしょうぶしにこい

ひのしてんのう

僧侶「…子供の落書きですか?」

弓使い「違う…これ、本物…!」

女戦士「誘拐されたってこと!?」

勇者「うわぁ…」

「ごめんなさい、私が確認しなかったばっかりに…」

僧侶「確認したとしても、さらったのは魔物でしょうから死ぬ可能性が有りました。
   生きて教えてくれただけでも、ありがたいです」

勇者「とりあえず薬とかを買い込んだら、すぐに南の火山に行くぞ!」
126 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 03:44:14.37 ID:bXc0jkNjO
数日後/火山地帯


勇者「暑い…」

女戦士「やあっ!」ブォン!

弓使い「くたばれ!」パシュッ

勇者「後ろの二人も熱い…」

僧侶「それは熱くなるでしょう…仲間を魔物に囚われてしまったのですから」

勇者「だな…僧侶、冷化水を頼む」

僧侶「はい」

勇者「ンクッ、ンクッ…ぷはっ…よし、行くぞ!」

女戦士「うん!」

弓使い「ああ!」


コンマ↓1+2
火の四天王に会った時点での、勇者パーティーの消耗度を決めます
数字が大きいほど、温存が出来てることにします。ただし、今回に限り00は100とみなします
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 03:45:13.53 ID:/SW+JyXYo
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 04:06:14.37 ID:UpATzzeuo
129 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 04:48:22.40 ID:bXc0jkNjO
・・・・・

勇者「ふう…ここが火の四天王の住処か?」

僧侶「みたいですね。しかし…」

勇者「しかし、な…」


女戦士「勇者〜!待って〜!」
弓使い「キュウ…」


勇者「…あの二人は道中で全力を出しすぎだ!」

僧侶「弓使い用の矢は、もうギリギリの本数しかありませんね」

・・・・・

勇者「…さて、これから踏み込むわけなんだが…」

女戦士「自分から入る!」

勇者「さっきまでバテバテだったろ…今回は青魔の件もあるし、最初は俺が入る
   で、僧侶、女戦士、弓使いの順番だ」

弓使い「…私は、最後…?」

勇者「俺達の中では新参だし、後ろから見てて欲しい。
   できれば俺だけでなんとかしたい、しな」

僧侶「無茶を言いますね…勇者一人で片付けた魔物なんて最初ぐらいでしょう」

勇者「そりゃそうだが…」

僧侶「話が出来そうなら説得して何とかしてください。
   無理そうなら私たちが突入します」

勇者「分かった…二人も、一応準備はしといてくれよ?」

女戦士「うん!」

弓使い「わかった…」
130 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 04:56:43.28 ID:bXc0jkNjO
次の更新は朝…ってもう朝ですが、数時間ほど休憩します
ちなみにエロ展開は後2〜4回の予定です
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 06:35:08.00 ID:P5XxbfYhO
乙です
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 07:08:11.16 ID:N9jHpeiMO
乙!
133 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 09:56:13.26 ID:bXc0jkNjO
火山地帯・火の四天王の住処


勇者「勇者が勝負に来たぞ!」

青魔「勇者!」

勇者「青魔!…ところで、火の四天王は!?」

青魔「後ろの上を見て!」

勇者「…へっ?」

「はーっはっはっ!ひとりでくるとは…えっと、おろかもの!」

勇者「…台本?しかも子供…?」

「とーう!」ヒュー
勇者「おい、そんな高いところから落ちたら!」
「どらごんちぇーんじ!」バサッ!…スタッ

勇者「翼…!?」

「あたちがひのしてんのう!まおうに、えっと、さからうおろかものをやっちゅけ…!」

勇者(今噛んだよな…?)

「うう…ふぇぇ…」

勇者「えっと…青魔、俺はどうすればいいんだ…?」

青魔「とりあえず、付き合ってあげて!」

勇者「とりあえずってなんだ…」

・・・・・

僧侶「…これは反応に困りますね」

女戦士「えっと…強そうなんだけど、子供?」

弓使い「魔物…許せない…」キキキキ…

女戦士「待って!」
134 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 10:08:22.76 ID:bXc0jkNjO
・・・・・

火の四天王「あくのゆうしゃめ!あたちがまっくろにしてやる!」

勇者「えっと…ハッハッハ!貴様に俺が倒せるかな?」

火の四天王「やぁっ!」ブォン!

勇者(…やばい!)スッ

ドゴン!

勇者(…!?)

火の四天王「もー、よけたらだめー!」

勇者「簡単に当たる俺だと思うなよ!」

火の四天王「むー!スゥー…」

勇者(ブレスか!)ダッ!

火の四天王「…ぶぉー!」

勇者(広っ!?間に合うか!?)


コンマ↓1
70以下で間に合わない(25以下でさらに酷いことに)
71以上かゾロ目で間に合う
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 10:23:16.59 ID:WlXYlxqDO
はい
136 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 10:31:51.99 ID:bXc0jkNjO
勇者「だあぁぁ!」

ボオッ!

青魔「勇者!」

火の四天王「やったー!」

勇者「…ケホッ…軽くあぶられた程度で済んだか…」

青魔「勇者!大丈夫!?」

勇者「まあ、なんとかな」

火の四天王「…ゆうしゃ!」

勇者「…どうした?とどめを刺すのか?」

火の四天王「えっとね…あそんでくれて、ありがとー!」

勇者「遊び…はは、遊びか……おい!避けろ!」

火の四天王「うん!」ピョン
ヒュン!

勇者「弓使い…」

弓使い「遊びはそこまでだ、魔物が!」
137 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 10:44:45.97 ID:bXc0jkNjO
僧侶「勇者さん、大丈夫ですか?回復魔法!」キラキラ…

勇者「大丈夫だ。だが弓使い、なんでいきなり撃ったんだ?」

弓使い「勇者を燃やしたからで十分だ…たとえガキでも、許さねー!」パシュッ!

火の四天王「えいっ!」パキッ

弓使い「んだと…!?」

勇者「…女戦士、一度弓使いを止めてくれ!」

弓使い「んでだよ勇者!」
女戦士「落ち着いて!」ベシッ

僧侶「しかし、勇者に攻撃し、怪我を負わせたことは許されません。
   ごっこ遊びで終わらせるわけには行かないのです」スッ

青魔「ボクもちょっとやり過ぎだと思う…お灸は据えなくちゃ」スッ

勇者「僧侶…青魔…」

女戦士「勇者、大丈夫?」

勇者「大丈夫だ…だが…僧侶!青魔!それに火の四天王も!」

僧侶「どうしましたか?」
青魔「どうしたの?」
火の四天王「なーに?」

勇者「一旦休戦だ!」

僧侶「え?」
138 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 11:00:12.71 ID:bXc0jkNjO
・・・・・

僧侶「つまり、あなたの部下が持ってきた食事によって、その姿になってしまったと」

火の四天王「うん!」

勇者「人型の魔物は意外とよく見るけど、元々人型でない魔物がそうなるのってよくあることなのか?」

青魔「ううん…たぶん、その部下が悪巧みをしてて、それにやられたんだと思うよ」

僧侶「それに伴う精神年齢の低下、というのも考えられますね」

女戦士「えっと…つまり、この子は悪い人に騙された?」

青魔「悪い魔物だけど、そうだね」

僧侶「識別魔法」キンッ!

勇者「どうしたんだよ識別なんて」

僧侶「原因の識別です…反応が(↓1)」

※安価は選択肢
1・ありました、つまり食事に魔力が込められてたんですね
2・ありませんでした、つまり食事の中にそういう食材があったんですね
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 11:06:49.59 ID:AfqvLurxO
1
140 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 11:23:01.34 ID:bXc0jkNjO
僧侶「…反応がありました、つまり食事に魔力が込められてたんですね」

勇者「…火の四天王、君は元の姿に戻りたいか?」

火の四天王「うーんと…もどりたい!そしたら、ほんきでたたかえる!」

勇者「分かった」

僧侶「では、私がなんとかしましょう。解呪」
「おーっと、解呪されては困るなぁ!」

勇者「ん…?」

火の四天王「あ、ぶかだ!」

僧侶「つまりあの人…いや、魔物が悪いと」

部下「バレちまったんなら仕方ない!おめぇら!」

ザザザッ

勇者「予想通りの展開だ…」

僧侶「予想出来た最悪の展開、ですね」

女戦士「どうしよー!?」

青魔「弓に魔法使い…遠すぎてボクの魔法でも届かないや…」

部下「取引だ!火の四天王を渡せば、オーブはくれてやる!」

弓使い「う…うーん…」
女戦士「起きた?」

勇者「渡さなかったら?」

部下「火の四天王ともども、ここでお陀仏だ!」

火の四天王「…ぶか!ゆうしゃよりおろかものだ!」

部下「愚かで結構!さぁ、どうする!」

女戦士「…という状況なんだって」
弓使い「…分かった…」スチャ
141 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 11:40:04.56 ID:bXc0jkNjO
勇者「流石に数が多すぎて、防御魔法掛けられても耐えられなさそうだ」

僧侶「困りましたね」

部下「後10秒で決めるんだ!10!9!」

勇者「ブレスは?」

火の四天王「まだだめなの!」

部下「7!6!」

女戦士(…僧侶、2のタイミングで解呪して!)

僧侶(良いんですか?)

部下「4!3!2!」

弓使い「うるさい!」パシュッ
僧侶「解呪魔法!」ピキッ!

部下「なっ!?」サッ
火の四天王「…はあぁぁぁぁ!!」ドゴゴゴ…

弓使い「主に楯突くなんてゲスな野郎だ!オレはそういうのが大っ嫌いなんだ!」パシュパシュ!

青魔「部下の方に突っ込んで!」

勇者「ああ!」



部下「な、何をしてるんだ!撃て!撃て!」

「撃っても意味はないよ…」

部下「な…火の四天王…さま…!?」

火の四天王(真)「お前を信頼した私が馬鹿だった…滅びてもらおう。
         …勇者、茶番に付き合っていただけるか?」

勇者「茶番…よし、」スッ

僧侶「斧を持ち上げて、どうしたんですか?」

火の四天王(真)「フッ!」ボン!

勇者「…来た!」ガァン!

女戦士「斧が、真っ赤に!?」

勇者「こんちくしょぉぉ!」ズドン!

部下「グワァァァ!!」
142 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 11:46:17.30 ID:bXc0jkNjO
・・・・・

火の四天王(真)「私に刃向かっていたものを全て滅することが出来た…人間に救われようとはな」

勇者「まあまあ…ただ、俺達の目的はまだ完全には終わってない」

火の四天王(真)「…そうだな。全身全霊でお相手しよう!」

僧侶「防御魔法・改!」
青魔「浮遊魔法を全員に!」

弓使い「さっきのことがあっても、手加減はしねーぞ!」
女戦士「負けないよ!」

勇者「…行くぞ!」
火の四天王(真)「来い!」
143 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 11:47:16.51 ID:bXc0jkNjO
次の更新は昼過ぎです。
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 12:26:42.51 ID:PSz3oESpO
乙です
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 15:07:21.82 ID:N9jHpeiMO
乙!
146 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 15:18:00.21 ID:bXc0jkNjO
このレス以降、火の四天王の(真)表記は省略します
・・・・・

勇者「…はぁ…はぁ…うぐっ」ズザッ

青魔「勇者!」

僧侶「…これで最後の回復魔法です」キラキラ…

勇者「すまん…ジリ貧だな」

女戦士「はぁ…自分も…キツイ…」

弓使い「くそっ、なんで矢の刺さりが浅いんだよ!」

火の四天王「先ほどまでは人の子の姿だったとはいえ、私は龍だからな」

勇者「そういやドラゴンチェンジって言ってたっけか…」

火の四天王「…一つ、勝負を受けてもらおう」

勇者「勝負?この戦い以外でか?」

火の四天王「この戦いの延長線だ。5人で力を合わせ、一撃を叩き込んで欲しい。
      私をよろめかせたら、負けを認めよう」

勇者「この状況で、か…無茶を言うな…」

火の四天王「もちろん、霊薬を人数分出そう。万全の状況からの一撃を見たいからな。
      弓使いのために矢も数本出す」

弓使い「魔物の施しなんか要らねー…最後の1本でなんとかしてやる!」

勇者(クイッ)
僧侶(ゴクッ)
青魔(スィッ)
女戦士(ダバァ)

弓使い「お前らー!?」

勇者「万全の状況からの一撃、って言ってたろ?」

青魔「せっかく貰えるなら、貰っちゃおうよ!」

女戦士「やる気いっぱいになってきた!」

僧侶「私たちの「全力」をお見せしなくては、失礼だと思いませんか?」

火の四天王「そういう事だ」

弓使い「…くそっ、後悔させてやるからな!」グイッ
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 15:45:00.34 ID:yS0i7Bhso
部下「霊薬にも魔翌力をいれておいた」
148 :火の四天王は、もちろん西洋のドラゴンです ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 15:50:26.79 ID:bXc0jkNjO
勇者「よろめかせる程の一撃を狙わなきゃいけないから、一点に仕掛ける」

弓使い「…足は…ダメ…?」

青魔「ドラゴンの足って、下手したら一番固いから…」

僧侶「胴を狙って一撃叩き込むのが良さそうですね。火の四天王さんも、それを望んでるでしょうし」

勇者「作戦はこう…と言っても、単純なものだけどな。
   僧侶は全員に強化魔法、そして俺たちは胴の…あの赤が濃い所、あそこに全力で叩き込む。
   青魔は冷凍魔法で援護してくれ」

青魔「下の方だよね?上の方は逆鱗だよ?」

勇者「流石に全回復したとはいえ、逆鱗に触っちまったら俺達は終わりだ…頼むぞ!」

「「「「おー!」」」」


・・・・・


火の四天王「準備は良いか?」

勇者「ああ…3、2、1!」

僧侶「参ります…強化魔法・改」ゴォッ
青魔「冷凍魔法!」

勇者「うりゃぁぁぁ!」ブォン!
女戦士「だあぁぁぁ!」ブォン!
弓使い「倒れろぉぉ!」パシュッ!


コンマ↓1
5〜95で成功
4以下は失敗
96以上と00は…!?
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 15:51:38.03 ID:Hwu/QH2K0
はい
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 16:07:39.80 ID:Ip1+21DBO
ウッソだろお前!?
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 16:14:24.83 ID:WlXYlxqDO
その5%にはぶっこまなくてよかったのに
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 16:18:41.17 ID:Hwu/QH2K0
何というかスマン
153 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 16:21:18.65 ID:4l7Zfwq2O
ドグシャア!!……カランカラン…

勇者「………駄目だ、手応えがない…」

女戦士「いててて…」ジーン

火の四天王「響きはしたが…よろめく程ではないな」

弓使い「くっ…ちっくしょぉぉぉ!!」

僧侶「あれでも、足りない…ですか…」

青魔「あうう…」

勇者「俺達の完敗だ…出直そう…」

火の四天王「ちょっと待て」

勇者「どうした…俺たちを捕まえるか?」

火の四天王「そうではない。その根性と先ほどの件に免じて、私もついていこう」

弓使い「はあ!?」

僧侶「それは嬉しいのですが…しかし、私たちについてくるということは」

火の四天王「ああ、魔王に反逆させてもらう」
ボン!
火の四天王(幼女態)「このすがたなら、あやしまれないよ!」

僧侶「出来れば大人の姿になってもらえると…」

火の四天王「おとなだと、ばれちゃうもん…」

勇者「はあ…とりあえず、名前はどうする?」

火の四天王「なまえ…なまえ…りゅうむすめ!」

勇者「…青魔、この名前は大丈夫か?」

青魔「たぶん大丈夫!」

弓使い「魔物がパーティーに入るなんてありかよ!?」

僧侶「ありです」
青魔「うん!」

火の四天王改め龍娘「よろしくおねがいします!」

勇者「ああ、よろしく」

女戦士「勇者!玉を見つけたよ!」

勇者「…よし、港町まで戻るか」
154 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 16:27:54.66 ID:4l7Zfwq2O
数日後/港町の宿屋


勇者「6人ともなると、流石に3部屋準備すべきだよな…」

僧侶「いえ、2部屋にしましょう」

勇者「割り振りは…まあ、俺・弓使い・龍娘だよな」

弓使い「私…龍娘は…ちょっと…」

龍娘「えー?」

勇者「…じゃあ、青魔なら?」

弓使い「それなら…いいよ…」

青魔「今晩はよろしくね!」

弓使い「うん…」

勇者(……青魔の正体ばらしも兼ねて、酷いドッキリでもする)ポカッ
僧侶(あまり酷い真似はしないでください)
勇者(分かってる)

僧侶「では、女戦士さんと龍娘さんは少し付き合ってください」

女戦士・龍娘「「はーい!」」

勇者「…まだ日が沈むまで時間があるな…でも良いか。部屋に入るぞ」

青魔「うん!」
弓使い「うん…」
155 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 16:30:49.07 ID:4l7Zfwq2O
また短いですが、次の更新は夜です。
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 16:44:04.64 ID:N9jHpeiMO
乙!
157 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/05(金) 16:49:45.32 ID:4l7Zfwq2O
すいません、安価アンケートを1つだけ…

安価↓1〜3 次の更新ではどちらのシーンを書きますか?(エロ展開に影響します!)

1・勇者と弓使いと青魔(弓使いがひどい目にあいます)
2・僧侶と女戦士と龍娘(龍娘が…!?/ちょっと特殊な描写有り)
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 16:52:33.10 ID:Hwu/QH2K0
乙です
2も気になるが1で
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 16:57:08.29 ID:VkGlwdOso
龍娘は勇者との絡みがみたいから1だなー
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/05(金) 17:05:32.38 ID:/SW+JyXYo
1で
161 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 01:01:01.72 ID:z7veT94fO
宿屋のすぐ外


勇者「………と言う訳で、窓に月が映ったら合図するから、淫魔の姿で入ってきて欲しい」

青魔「うん…でも、弓使いがまた暴れないかな?」

勇者「正直、一か八かの賭けな部分はある。下手したら俺や青魔が大怪我するかもな…」

青魔「一応、弓矢は隠しておいてね」

勇者「ああ」


・・・・・


弓使い「…遅い…」

勇者「すまん…軽く買い物してから、宿で食べるか」

弓使い「青魔さん…は…?」

勇者「また別のものを買いたいんだと」

弓使い「分かった…」

勇者「…にしても、最近は腹がよく減るな…」

弓使い「火の…四天王…」

勇者「ああ、あの戦いはキツかった…と言うより、俺の心も折れた」

弓使い「折れたら…だめ、だよ…」

勇者「大丈夫だ、今は治ってる」

弓使い「…そう…」



青魔(………)
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 01:04:06.28 ID:9kIakhQcO
キタカッ!!
163 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 01:13:26.26 ID:z7veT94fO
夜更け


勇者「…眠れない」

弓使い「青魔さん…遅い…」

勇者「そうだな…またさらわれるとか洒落にならないぞ」チラッ

弓使い「…どう、したの…?」

勇者「こう、気が詰まって仕方ない。窓から空気を入れよう」キィ…

弓使い「涼しい、ね…」

勇者「だな…」

フワッ…

勇者「なっ!?」

「ふふっ…わざわざ窓を開けてくれてありがとうね」

弓使い「魔物…!?」

「あ、ダメだよ」パチン!

弓使い「ぐっ…動け…ない…!」

勇者「弓使い!」

「キミはもっとダメ」パチン!

勇者「うあ…!?」

「…さあ、淫靡な夜にしよう?」
164 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 01:19:26.33 ID:z7veT94fO
弓使い「くそっ…ここでも、オレは…!」

「…ふふっ…ねえ、そこのエルフさん?」

弓使い「んだよ…」

「キミ、男の味って知ってる?」

弓使い「どういう意味、だよ…」

「知らないんだ…じゃあ、教えてあげないとね」

弓使い「おい…勇者に何をする気だ!」

「ぼ…私の目を見て…」キィン…

勇者「え…あ、あれ…」フラッ

弓使い「勇者…!」

勇者「か、体が…ちょ…わっ!」ドサッ

弓使い「なぁっ!?」ドサッ

「男の味は、まず口同士で、ね…」
165 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 01:27:45.09 ID:z7veT94fO
・・・・・

弓使い(…あの後、オレはあちこちを舐められた。口はもちろん、顔や…む、胸まで!)

・・・・・・

弓使い「ちくしょう…勇者、目を覚ませよ…!」

「無駄だよ…彼はしばらくb…ケフン、私の人形だもの」

勇者「……」トローン

弓使い「自我まで取られてんのか…くそっ…」

「さあ、本題に入ろうかな」

勇者「……」スルッ…ボロン!

弓使い「うぇ!?何やってんだ勇者!」

「今からこの肉棒が…キミの中に入るんだよ…」

弓使い「おい…そういうのはダメ、だ!」

「ダメじゃない…キミは、このゆ…男の人に、滅茶苦茶にされたいんでしょ?」

弓使い「そ、そう言うつもりだとしても…魔物のせいでなんて…!」

「ほら…だから、私が仲介してあげるの」

弓使い「そうじゃ…そうじゃねぇ…!」


コンマ↓1
偶数、もしくはゾロ目でネタバラシ
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 01:29:26.68 ID:9kIakhQcO
はい
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 01:29:28.89 ID:mTa+xIda0
q
168 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 01:43:00.28 ID:z7veT94fO
「…やっぱり…そうじゃ、ないよね」

弓使い「ん?この声…まさか!」

勇者「……」クラッ…バタッ

弓使い「おい!?」

「うん…ボクなんだ。」

弓使い「青魔…てめぇ、裏切りやがったのか!」

勇者「…待て待て!俺が悪かった!」

弓使い「…なんで勇者が謝るんだ?」

勇者「黙っててすまん…青魔は、この淫魔が変装した姿なんだ」

淫魔「でも、ボクは勇者と一緒に魔王をやっつけたい…だから…」

弓使い「…チッ、龍娘をすんなり受け入れたのは、そういうことかよ…」

淫魔「…ごめんね」

弓使い「んじゃ、どうしてこんなことをしたんだ…!
    オレの…こ、股間を壊すつもりか!?」

勇者「そこまでは流石に…」
青魔「本当は入りきったあとでネタバラシをしようかなって…」

弓使い「……!」ドタッ!

淫魔「わっ!?」

弓使い「…オレを強姦しようとした罪は、この際許してやるよ。
    だが…オレの心に火を付けた責任ぐらいは、負ってもらうぞ…?
    オレは…女でもいけるから、な…!」

淫魔「え、えぇっ!?」

弓使い「勇者もだ…オレたちに、ぶちこめ…!」

勇者「……マジか」
169 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 01:51:27.49 ID:z7veT94fO
・・・・・

弓使い「あはっ…はは…どうした淫魔!もう、バテてんのか!」クニクニ

淫魔「ち、違うよ…弓使いが、ヒャッ!」

勇者「二人相手って、かなり、キツイな!」パンパンパン!

淫魔「ダメ、こんな…責められたら…ボク…ボク…!」ビクッ!

弓使い「壊れ…ちまえ…アッ…責任…取って…!」

勇者「弓使い…!」

弓使い「来るなら、来い…!」

淫魔「だめ…だめ…!!」

勇者「くうっ…!」ドプッドプッ…!
弓使い「あはっ、キタキタァ…!!」ビクン!
淫魔「イッちゃうよぉ…!」プシャァァ…
170 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 01:56:13.37 ID:z7veT94fO
翌朝/宿屋・勇者たちの部屋


淫魔「アッ…アハッ…」チョロロロ…

弓使い「ヘッ…ハッ……勇者の、バカ…」ドク…ドク…

勇者「ハァ…ハァ…さ、流石に…やり過ぎた…」

弓使い「…ゆう、しゃ…」

勇者「あ、あぁ?」

弓使い「…青魔は、許す…よ…」パタッ

勇者「…気絶、しちまったか…ところで、僧侶、は…?
   着替えて、呼ば、ない、と…」
171 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 02:01:43.83 ID:z7veT94fO
宿屋・僧侶たちの部屋


勇者「…はぁ…?」

女戦士「もう、もう…許して…!」

僧侶「ごめんな、さい…勇者…」

龍娘「あ、おはよー!」

勇者「どういう状況なんだ、これ…」

龍娘「えっとね…たぶん、だれかがあたちのくびにさわったから…」

勇者「触ったから?」

龍娘「…おちんちんがはえたの!」

勇者「ちょっと待て、理解が追いつかない」

龍娘「えっとね、こういうときはこうだって!
   きのうは、おたのしみだったよ!」

勇者「……」ズーン…

龍娘「どうしたの?」

勇者「…龍娘、せめて僧侶は治癒してやってくれ」

龍娘「うん!」パァッ…
172 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 02:12:41.22 ID:z7veT94fO
・・・・・

勇者「要するに、女戦士が龍娘の首筋に触れちゃって」

僧侶「怒る代わりに怒張した…あの…棒が生えてきまして」

女戦士「夜通しヤラれちゃった…」

勇者「俺達も人のこと言えないけど、何やってんだ…」

弓使い「…魔物…怖い…!」

龍娘「くびにさわっちゃ、めー!」

青魔「龍娘が人の姿で良かったよ…」

勇者「全くだよ…」

僧侶「…それで、玉は4つ集まりましたが…魔王の住処へはどこに行けば良いのでしょうか?」

勇者「いや、玉は5ついる。四天王とは別に、魔王直属の隊長も持ってるらしい」

龍娘「えっとね、たいちょーはぼちのしたにいるんだって!」

青魔「墓地?ということは…」

僧侶「おそらく、不死のものでしょう…私がなんとかしなくてはなりませんね」

勇者「とはいえ、どこの墓地にいるのか…情報を集めないと、だな」

弓使い「……」カタカタ…

女戦士「どうしたの、弓使い?」

弓使い「知ってる…けど…怖い…」

僧侶「…なるほど。もう一度エルフの里に行く必要がありそうですね」

勇者「よし…行くとするか」
173 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 02:13:44.41 ID:z7veT94fO
少し休憩をはさみます…3時ぐらいから再開です
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 02:16:04.60 ID:9kIakhQcO
一旦乙です
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 03:01:02.23 ID:KHEAfrGKO
乙!
176 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 03:07:53.08 ID:z7veT94fO
数日後/エルフの里周辺・共同墓地


僧侶「…盛大に荒らされた後がありますね」

弓使い「…あの時…みんな、死んじゃった…」

女戦士「エルフの里の、魔物強襲事件…!」

勇者「あれか…って、なんで女戦士が真っ先に知ってるんだ?」

女戦士「…あの時ね、自分も救援に行ってたの!」

勇者「えっ!?」

僧侶「意外でした…」

女戦士「自分は里の外で戦ってたから、里のみんなは知らないけど…」

青魔「だから、エルフの里に行きたがってたんだね」

女戦士「うん」

龍娘「えっと…えっと…」トテトテ

勇者「あ、おーい!?」

龍娘「ここ!」

僧侶「…確かに、他の墓地の穴より深いですね」

勇者「…弓使い、覚悟は良いな?」

弓使い「…うん…」

僧侶「では、突入します」
177 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 03:22:56.18 ID:z7veT94fO
・・・・・


ヴォォォ…

勇者「やっぱりゾンビとかそういう奴ばっかりか!」

女戦士「うわーん!切っても切っても倒れないよー!」

龍娘「スゥー…」

青魔「みんな下がって!」

龍娘「ぶぉー!」ゴォォォ…

僧侶「…さすが、体を変えても四天王ですね」

龍娘「…ケホッケホッ」

女戦士「大丈夫!?」

龍娘「うん!」

僧侶「…属性付与魔法・火」ポワッ…

勇者「斧が赤く…?」

僧侶「龍娘さんから技術を頂きました。これで不死のものでも軽く倒せるはずです」

女戦士「ありがと!」



弓使い「…クソッ…」

僧侶「どうしましたか?」

弓使い「アンデッド相手だと、普通の弓矢は役立たねぇな…って思っただけだ」

僧侶「たしかに…しかし、矢で斬りつけることは出来るのではないですか?」

弓使い「先生から習ったのは、弓で遠くの敵を討つことだけだ」

僧侶「そうでしたか…」
178 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 03:34:21.52 ID:z7veT94fO
共同墓地地下・最深部


勇者「途中から何故か整備が極端に行き届いてたな…なんでだ?」

青魔「たぶん、拠点として今も使ってるってことだと思うよ」

勇者「つまり、敵は万全な状態か」

弓使い「…龍娘…」

龍娘「なーに?」

弓使い「隊長って…どんな、魔物…?」

龍娘「えっとね…いやなやつ!」

僧侶「嫌な奴、ですか?」

青魔「ボクも、隊長が卑怯な魔物だって噂は聞いてる」

女戦士「あの事件の時も、罠で仲間が沢山捕まったんだ…」

弓使い「………」

勇者「…俺達6人、全員で生きて出るぞ!それぞれで援護を怠るなよ!」

「「「おーっ!」」」
僧侶「もちろんです」
弓使い「…うん」
179 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 03:50:47.29 ID:z7veT94fO
バァン!

勇者「勇者が来たぞ!」

「来たのか…まあ良い、いでよ!我がしもべ!」

ヴゥゥゥゥ…

勇者「ゾンビが…たった二体?」
僧侶「…まさか!」

弓使い「……嘘…」カランカラン…

女戦士「ね、ねぇ…どうしたの!?」

青魔「女戦士…あのゾンビは、たぶん…」

龍娘「…むぅー!おろかもの!おろかもの!!」

「ああ、俺は愚か者さ…紳士ぶって勝ちを優先しない四天王に比べればな」

勇者「…水の四天王って、そんな紳士的だったか?」

僧侶「微妙なところですが…少なくとも、この魔物よりは紳士でしょう」

「さあ勇者共…武器を捨てろ!」

勇者「引き換え条件は?」

「このしもべを生き返らせたうえで返してやろう」

弓使い「……」フルフル

僧侶「…弓使いさん」

勇者「捨てなかったら?」

「ここがお前たちの墓穴となるだけだ」

弓使い「………」

勇者「下りてこないのか?」

「人間共と対等な位置で語るなど…状況を知れ!」

青魔「…どうする?」

龍娘「ひをふいても、たりなさそう…」

女戦士「……弓使い!」
180 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 04:01:32.11 ID:z7veT94fO
弓使い「……銀の矢」

僧侶「はい」スッ

弓使い「…」カツッ…

勇者「そうか…僧侶、弓使いに属性を付けてやってくれ」

僧侶「ええ…属性付与魔法・火」ポワッ…

青魔「ボクも、手伝うよ…集中魔法!」スゥ…

「何をやっている…死ぬ覚悟でも出来たか?」

勇者「いや、殺す覚悟なら出来たようだ」

青魔「…拘束魔法!」ガシッ!

「なっ…!?」

青魔「操縦ま…ほう…!」

「ぬう…ちょこざい!」ガガガ…

青魔「逃さない…逃さないよ…!」

龍娘「そこになおれっ!」ギンッ!

「なっ…あぁ…!?」ズズズ…

女戦士「…こっちから来たよ!」
勇者「よし…僧侶、弓使いたちを頼む」

僧侶「はい…」
181 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 04:08:07.37 ID:z7veT94fO
「貴様ら…どういうことか分かってるのか!」

弓使い「分かるよ…パパとママと…お別れ…」

「そうだ!また一家団欒したくないのか!?」

弓使い「……それは、無理だって…分かってる…」

僧侶「死人は…よほどうまく行かなければ帰ってこれません
   ましてや、数年前だともはや無理です…それを安易に生き返らせるなどと…」

青魔「…弓使い…早く…!」
龍娘「おろかものに、せいぎのやをうっちゃえ!」

弓使い「…オレ…いや、私は…里を…守る…!」

「やめろぉぉ!」
弓使い「…ごめんなさい、パパ、ママ」パシュッ
182 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 04:15:38.17 ID:z7veT94fO
・・・・・

弓使い「…勇者…これ、玉…」

僧侶「弓使いさんの母上の、体の中に隠されてました」

勇者「…ごめんな、弓使い」

弓使い「ううん…」

龍娘「…ごめんなさい」

弓使い「…なんで…?」

龍娘「あたちが、もっとはやくたいちょーをやっつけてたら…」

弓使い「…龍娘の、せいじゃ…ない…」

女戦士「…エルフの里のみんなに、伝えないといけないよね」

弓使い「うん…あと、これ…パパが、持ってた…」

青魔「これって…(↓2)?」
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 04:18:39.55 ID:KHEAfrGKO
エルフの髪飾り
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 04:21:28.32 ID:4EyVVfYIO
↑と武神の腕輪
185 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 04:43:08.04 ID:z7veT94fO
青魔「これは、髪飾り?」

弓使い「…たぶん、ママの…」

勇者「綺麗に残ってるな…僧侶、一応識別魔法を」

僧侶「はい…識別魔法」キンッ!

勇者「どうだ?」

僧侶「…人間に有利な魔法が掛かってるようです」

弓使い「私が…付ける…」パチッ

女戦士「…なんだろう、雰囲気が変わった?」

弓使い「……パパ…ママ…ありがとう…」

青魔「えっと…弓使いのもやもやが取れたのかな?」

龍娘「うん!なんだかすっきりしてる!」

弓使い「…もう一つ…これは、腕輪…」

僧侶「識別魔法…これにも魔法が掛かってますね」

弓使い「…女戦士…付けて…」

女戦士「良いの!?」

弓使い「うん…」

スポッ…

女戦士「…凄い、なんだか凄い!」

勇者「何がどう凄いんだ?」

女戦士「弓使い、ありがとう!」

弓使い「…お礼は…パパと、ママに…」

女戦士「うん!
    …弓使いのお父さん、お母さん、あなたの子供は、自分たちが守っていきます!」

僧侶「さて、長居する必要もありませんね…弓使いさん」

弓使い「なに…?」

僧侶「…父上と母上の遺体は、どうしますか?」

弓使い「…ここに、置いとく…」

僧侶「…分かりました」

弓使い「パパ…ママ…行ってきます…!」
186 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 05:11:00.49 ID:z7veT94fO
数時間後/エルフの里


僧侶「…となりました。首魁である魔王軍隊長を討ったことにより、しばらくは平穏になるかと思われます」

先生「なるほどね…ありがとう」

弓使い「先生…ありがとう…」

先生「こちらこそ。親御さんは、残念だったけど…」

弓使い「ううん…きっと、背中を…押してくれた…」

先生「…そうね。親御さんも、仇を取ってくれて、嬉しいと思うわ。
   皆さんお疲れでしょう?私が宿を手配するから、今日はゆっくりと休んでいって」

僧侶「ありがとうございます…さて、そうなると部屋割なのですが」

勇者「龍娘は俺、青魔は僧侶だな。今回も2部屋か?」

僧侶「2部屋でしたら、前回に引き続き弓使いさんも勇者さんでお願いします
   女戦士さんも前回に引き続き、私の部屋に入れます」

勇者「…大丈夫か?」

弓使い「…いい、よ…」

龍娘「よろしくねー!」

僧侶(後、勇者さん)
勇者(どうした?)
僧侶(龍娘さんの首には、絶対に触らないでください)
勇者(状況しだ)ポカッ
僧侶(わざわざ逆鱗には触れないように、お願いします)


先生「お待たせ!ちょっと宿が一杯で、(↓3)部屋しか取れなかったけど、大丈夫かしら?」


※安価は選択肢(数字限定)(エロ展開に影響します)
2(勇者と龍娘のせいで、弓使いがまたひどい目に…)
3(勇者と龍娘の二人っきり。この場合は安価に続きあり)
4(勇者は一人だけど、青魔が龍娘に挑もうとして…)
187 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 05:11:40.26 ID:z7veT94fO
続きはたぶん7時半頃です
安価にかかった場合は上の数字
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 05:22:02.39 ID:mpgRgV8AO
ksk↓
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 06:32:49.83 ID:KHEAfrGKO
3
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 07:37:06.93 ID:eYQlUDhfO
3
191 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 07:53:00.42 ID:z7veT94fO
先生「宿は3部屋しか取れなかったんだけど、大丈夫かしら?」

勇者「3部屋なら十分だな」

僧侶「はい。鍵をいただけますか?」

先生「ええ…弓使い」

弓使い「なに…?」

先生「少し、オトナになったかしら?」

弓使い「……?」

先生「まあ、分からないならそれでも良いわ。それじゃあ、また明日」

弓使い「……!?」

勇者「どうしたんだ、そんなオロオロして」

弓使い「…勇者…オトナに、なるって…何…?」

勇者「…うーん…どう捉えたら良いんだそれ」

青魔「たぶん…龍娘以外はもうオトナなのかも!」

龍娘「どーゆーこと!?」

僧侶「それはそうと、3部屋となりましたので女戦士さんにも鍵を渡します」

女戦士「じゃあ、弓使い!一緒に寝よ!」

弓使い「…うん…」

僧侶「青魔さんは私と」

青魔「分かった!じゃあ、また明日!」

勇者「おう、また明日な!じゃあ龍娘、行くか?」

龍娘「むー…ゆうしゃ!あたちをおとなにして!」

勇者「だからどういうこっちゃ?」
192 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 07:58:04.07 ID:z7veT94fO
エルフの里・宿屋


龍娘「ふんふふーんふーん♪」

勇者「…龍娘」

龍娘「なーに?」

勇者「その…大人の姿は、まだダメか?」

龍娘「…まだ、だめ!まおーをやっつけてからね!」

勇者「そうか…」

龍娘「…でも、どうしてもなら…ぼちにいこ?」

勇者「墓地?墓地…(↓1)」
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 08:04:35.76 ID:eYQlUDhfO
母地?行ってみるか
194 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 08:08:36.68 ID:z7veT94fO
勇者「…母地?言ってみるか」

龍娘「むー、なんかへんなことかんがえた!」

勇者「いや…いや?」

龍娘「むー!!」プンスカ

勇者「すまん、とにかく墓地にはいつ行くんだ?」

龍娘「えっとね…つきがしずみかけたら!」

勇者「…一度寝たほうが良さそうだな」

龍娘「あたちもごはんたべて、ゆっくりねむりたいもん」

勇者「分かった」
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 08:14:47.47 ID:eYQlUDhfO
普通に墓地だったか
母地=火山地帯・火の四天王の住処に行くのかと思った
196 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 08:20:35.62 ID:z7veT94fO
夜明け前/エルフの里周辺・共同墓地


勇者「………」ペコ

龍娘「………」ペコ

勇者「…さて、一体何をするんだ?」

龍娘「…はぁぁぁ…!」コォォォ…

勇者「………!」カチャ

……………

龍娘?「ふう…こんな感じか」

勇者「…まさか、人の姿を維持したまま、大人になるなんてな」

龍娘?「これでも、私は龍だからな…この体では龍女とでも名乗っておこう」

勇者「この姿でついてくればいいのに、どうしてわざわざ子供に?」

龍女「簡単なことさ、大人だと魔王にバレてしまう…いや、隊長を討った時点で既にバレてるかもしれないな」

勇者「そうなのか…」

龍女「それより…ヤりたいのだろう?」

勇者「あ、あぁ…」

龍女「ただ、常々言ってるのだが首には触らないで欲しい…私がどうなるか、分からないぞ?」スルスル…

勇者「逆鱗ってやつだな」カチャカチャ…

龍女「そうだ…さあ勇者、私は準備できたぞ」

勇者(…すまん、ここで眠る人たち…そして弓使いの父さんと母さん…)

龍女「…今からここでまぐわうことを、許してもらおう」
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 08:26:27.03 ID:eYQlUDhfO
やってる最中に子供になったり大人になったりすれば、二度美味しいんじゃないかと思った
198 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 08:26:49.13 ID:z7veT94fO
・・・・・

勇者「すげぇ…これまでより、強くて…!」

龍女「ハッ…ハッ…龍を…ナメて、もらっては…ハフッ…困るぞ…!」

勇者「あぁ…」
  (今なら、首に手を回せる…)

龍女「やめ、たまえ…アッ、本当に、知らないぞ…ハッ…」

勇者(どうする…)


安価&コンマ↓1
安価は触るか否か
コンマは2桁の数字を足した答えが4の倍数である場合、安価の内容が逆になる
(例えば13・62・91等)
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 08:32:24.46 ID:VV2wduv/o
触る
200 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 08:42:24.99 ID:z7veT94fO
龍女「やめ…るんだ…!」

勇者「…すまん、龍女」サッ

龍女「あ…あぐ…!」

勇者「!」チュー…

龍女「ん、んぅ…ぷはっ!」ドンッ!

勇者「痛っ!」

龍女「…警告は、したぞ…」ギュッ!

勇者「くっ!?」

龍女「…途中で、力尽きるなよ…!」ズプッズプッ!

勇者「えっ…なっ!?」(激しすぎる!?)

龍女「孤独な、龍は…アッ、欲求、不満…なんだ…!」パシン!

勇者「ぐっ…!」ドピュッ!

龍女「ハァ…私は、欲深いぞ?」

勇者「…あぁ…!」
201 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 08:51:40.42 ID:z7veT94fO
翌日の昼前


龍女「ハァ…ハァ…ごちそうさま…」

勇者「お粗末さま…だっけ、か…僧侶達が、心配してる、だろうな…」

龍女「そうだな…せめて、服を着なくては、な…」

「誰が心配してるのでしょうか?」

勇者「!?」
龍女「なっ…!?」

僧侶「…全く、勇者さんがいつまで経っても戻ってこないので、探しに来てしまいましたよ」

弓使い「…ハレンチ…ハレンチ…!」

青魔「一晩中でも負けないんだ…ドラゴンって凄い!」

龍女「龍だからな……待て、なぜ私を知ってる?」

女戦士「だって、見た目が殆ど龍娘を大きくした形だもん!」

龍女「…そういえばそうだな…これ以上は魔王に悟られかねん、元に戻るとしよう」フワァァ…

勇者「…んしょ…今回ばかりは、死ぬかと思った…」パタパタ

龍娘「…だから、くびにさわっちゃ、めーっていったの!」

僧侶「…」ジー

勇者「…ハハハ…」
202 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 09:07:57.78 ID:z7veT94fO
エルフの里近辺


勇者「さて、玉は5つ揃った。後は魔王城に行くだけなんだが…」

僧侶「魔王城は、地面が繋がってないのですよね」

龍娘「あたちも、ひとはのせられないよー」

弓使い「…船…借りよ…?」

女戦士「そうしよう!」

勇者「船…俺、船はちょっと…」

青魔「ボクがまた浮遊魔法をかけてあげるから、ね」

勇者「空を飛べたら楽なんだけどな…ないか」

僧侶「一度足を踏み入れられたら、転移魔法で飛べるようになると思います」

勇者「…それしか無いか」

青魔「それじゃあ、港町に戻ろう!」

龍娘「おー!」
203 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 09:29:25.78 ID:z7veT94fO
数日後/港町・造船所


「船を買いたいだぁ?おめーさん、いくら掛かるのか分かってるのか?」

僧侶「申し訳ないのですが、分からないのです。ですので、大まかな予算を教えていただければ」

「何人乗りの予定だ?」

僧侶「6人です」

「6人なら、あー…30万ゴールドが予算か?」

僧侶「分かりました。では、失礼します」



勇者「高っ…」

女戦士「高いねー」

僧侶「どうしたものでしょうか…」

「あら、青魔ちゃん!」

青魔「あ!宿屋の人!」

「無事に帰ってこれてよかったわね〜、あ、勇者さんたちもお久しぶり!」

勇者「お久しぶり…なんだよな」

「それで、何を困ってたの?おばさんで良ければ、話に乗るわよ?」

僧侶「やや大きめの船を買おうと思ってたのですが、予算が足りなくて…」

「船?流石に船を買うほどのお金は…あ!」

女戦士「どうしたの!?」

「あなた達、この辺りの魔物を狩ってくれたのよね?」

青魔「うん!…つまり、どういうこと?」

「私が町長に話をしてみるから、宿屋で待ってて!
 今晩は特別に無料よ!」タッタッタッ…

青魔「…どういうこと?」

勇者「さあ?でも、宿屋がタダになるならそれを使わない手はないな」

僧侶「一度宿屋まで行きましょう」
204 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 09:36:05.53 ID:z7veT94fO
港町・宿屋


勇者「えーっと…何部屋だ?」

「もしかして、勇者様たちですか?」

勇者「ああ、そうなんだが…」

「女将より連絡が有りまして、本日は無料でご利用できます。
 ただし、最大でも2部屋となりますが…」

勇者「分かった。じゃあ、鍵を頼む」

「はい、こちらになります」

勇者「…さて、どう別れる?」

僧侶「…今回は勇者さんに一任します」

勇者「おいおい…それじゃあ、適当に言うぞ」

青魔「ゴクリ…」

勇者「今日は(↓1)と(↓3)が俺の部屋、残りの3人はもうひと部屋で頼む」


※同じ人が指定された場合は↓3のみレスずらし
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 09:51:46.22 ID:ZTFMAxIDO
弓使い
206 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 12:03:50.60 ID:z7veT94fO
自演で申し訳ないですがksk
万一安価だったら上
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 12:06:04.05 ID:F2axpOOtO
寝落ちしてた
僧侶
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 12:06:45.54 ID:mpgRgV8AO
僧侶
209 :今後は連続レス安価にします… ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 12:39:44.35 ID:z7veT94fO
勇者「今日は弓使いと僧侶が俺の部屋、残りの3人はもうひと部屋で頼む」

僧侶「分かりました。では、青魔さんにもう片方の鍵をお預けしましょう」

青魔「ありがと!それじゃあ、女戦士と龍娘はボクについてきて!」

バタバタバタ…

勇者「静かに歩け…って遅かったか」

弓使い「…勇者…」

僧侶「…話によると、弓使いさんを初めて抱いた時も強姦まがいだったとか…」

勇者「ゲッ…話しちゃったのか…」

僧侶「ゲッ、じゃありません。弓使いさんが本当に心折れたらどうするつもりだったんですか」

弓使い「だから…勇者、また…して…」

僧侶「…拒否権はありませんから」

勇者「良いのかそれで」

僧侶「今回は横にいますので」

弓使い「僧侶も…おねがい…」

勇者「…だってよ」

僧侶「ダメです。私は神に使える身ですから」

勇者「よし、青魔を呼ぶか」

僧侶「勇者さん?」

弓使い「……」オロオロ
210 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 13:01:13.27 ID:z7veT94fO
宿屋・青魔たちの部屋


青魔「僧侶、さんを操って欲しい?」

弓使い「うん…」

青魔「急にどうしたの?」

弓使い「…勇者に…また、やってもらう…から…
    だけど…僧侶は…頑な…」

青魔(…もしかして、僧侶、さんもそんな気分にして欲しいのかな?)

弓使い「…青魔の、時と…同じ、ように…」

青魔「…うん!でも、出来なかったからごめんね」

弓使い「分かった…」

テクテク…パタン

青魔「…ねえ、女戦士」

女戦士「どうしたの?」

青魔「淫魔のボクが言うのも変だけど…ボクたち、結構淫乱だよね」

龍娘「いんらん?」

青魔「みんな、結構エッチなことを考えてる、ってこと」

龍娘「ちがうもん!あたちちがうもん!」

女戦士「最後に仲間になった龍娘はともかく、弓使いはどうなんだろう?」

青魔「うーん…これはボクが悪いのかな?」
211 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 13:14:39.82 ID:z7veT94fO
夕方/宿屋

「勇者さん!青魔ちゃん!」

勇者「あ、女将さん…だっけ?」

女将「そうよ…あら!そういえば名乗ってなかったわね!
   それはともかく、船は町長が出してくれるって!」

勇者「えぇっ!?」

女将「勇者さん達が周りの魔物を片付けてくれたから、街は大助かりなの。
   町長としては、ここで恩に報いたいって!」

青魔「やったー!ボク、僧侶、さんに報告してくる!」パタパタ…

勇者「…ちなみに、どんな船だ?」

女将「10人ぐらいは乗れそうな帆船だって言うから、皆が乗っても大丈夫!」

勇者「マジか…後でお礼を言いに行かないとな。ともかく、話を付けてくれてありがとう」

女将「いいのよ〜、あなたは勇者である以上に、この宿屋の常連さんなんだから!」

勇者「そういやそうだった…」

女将「それでは、ごゆっくり!」

勇者「どうも!…さて、部屋に戻るか」


安価アンケート↓1〜3 ※安価は選択肢
1/勇者・弓使い・僧侶
2/青魔・女戦士・龍娘(ちょっと特殊な描写あり)
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 13:16:16.29 ID:9kIakhQcO
1
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 13:18:14.27 ID:ZTFMAxIDO
1
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 13:23:55.81 ID:qkJy/Mz/o
1
215 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 13:56:21.00 ID:z7veT94fO
ガチャ
勇者「僧侶、青魔から聞いたか?」

僧侶「………」ボー…

勇者「…おーい、僧侶ー?」

僧侶「…勇者…私は、また淫魔にやられました…」

勇者「この様子、今回こそ青魔の仕業か…」

僧侶「熱い…」シュルシュル…

勇者「ちょっと待て、流石にまだ早い!」

僧侶「日が出ててもいいです…」…パサ

勇者(弓使いは…いない?)

僧侶「勇者…さん…」

ガチャ
弓使い「ただいま…」

勇者「ああ、お帰り…は良いんだが、弓使い、僧侶が青魔にいたずらされたみたいで」
弓使い「いいの…私が、頼んだ…」ガサゴソ

勇者「えっ!?」

弓使い「あの時、言った…私は、女でも…いける…」

勇者「それならそれで、なおさら僧侶をなんとかしてくれ…」

弓使い「…お先に、どうぞ…」

勇者「……」ズーン…

僧侶「…もう、ダメです!」グイッ
勇者「わっ!」ボフッ
216 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 14:09:37.37 ID:z7veT94fO
・・・・・

勇者「また…出る…!」パン!パン!

僧侶「ごめ…なさ…!」

勇者「うぅぅっ…!」ドピュピュピュ…

僧侶「あぁぁぁぁ…!!」ビクン!

・・・・・

僧侶「ゆう…しゃ…さ…ん…」ピクピク

勇者「…やり過ぎた」

弓使い「…ここから…」ピタ

僧侶「…へ…?」

弓使い「こう…」
クルン
僧侶「あっ…」
トクッ…トクッ…

弓使い「横取り…気持ち、良い…!」
僧侶「返して…くだ…さい…」

勇者「…弓使い…暴走してなくても結構…アレだな」

弓使い「そう…?」
217 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 14:33:02.22 ID:z7veT94fO
・・・・・

勇者(結局、あの時と同じ3人羽織となった…ただ、前回と決定的に違う点がいくつかある)

・・・・・


僧侶「勇者…勇者!もう…嘘は、付きません、からぁ!」

勇者「青魔の、せいに、しないで…自分で、求めるん、だな!?」スパンッ!スパンッ!

僧侶「はいぃ…私は、勇者の、おちんちんが、すき、なんですぅ!」キュゥ…

勇者「はぁぅっ!?」ドプッ!

僧侶「あはぁぁぁ…!」ビクッ!

弓使い「僧侶だけ…ずるい…私も…!」


・・・・・


弓使い「そ、そう…私…も、好き…!」ポンッポンッ

勇者「どういう…?」

弓使い「女、でも、いけルンッ!…だけ…ど…アハッ…」ギュッ…

勇者「…つまり、男の、方が…?」

弓使い「そう…でも、ゆう、しゃの、だけ…!
    …もう、げん、かい…!」ポンポンポン!

勇者「えぇい、取ってけ!」ドピュピュピュ…

弓使い「来た…キタァ…♪」ビクビクッ!
218 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 14:46:31.54 ID:z7veT94fO
翌朝/宿屋・青魔たちの部屋


勇者「…僧侶は神の教えに背いて、完全に自分から求めてしまい、
   弓使いは女「でも」いけるってだけで、男とやるほうが好き、らしい」

青魔「…勇者、ボクは怖くなってきたよ…」

勇者「青魔もそう思うか…龍娘、またで申し訳ないけど二人に治癒魔法を頼む」

龍娘「はーい!」トタタタ…

勇者「今更だが、なんで逐一俺を求めるんだろうな?それも青魔の魔力に頼ってまでも」

青魔「うーん…」

女戦士「なんとなくだけど、自分は皆が勇者を気にしてるからだって思う」

勇者「俺を?そういや男は俺だけだよな」

青魔「ハーレム、というものだよね!」

勇者「ハーレム?確か、男一人に女が沢山、だっけか?」

青魔「そう!」

女戦士「そういえば自分、ここ最近勇者とまともに触れ合えなかった…」

勇者「…ちなみに、昨日は流石に龍娘の首に触れちゃった…なんてことはなかったよな?」

青魔「うん、昨日は流石に大丈夫だったよ」

女戦士「…もうコリゴリ!」フルフル
219 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 14:56:02.22 ID:z7veT94fO
宿屋・受付

女将「あら、お盛んな勇者さん!」

勇者 ズルッドシーン!

青魔「あわわ…勇者!?」

勇者「いたた…会って一言目がそれ!?」

女将「あらやだ、私はここの店主だもの…あれこれ知ってるのよ?」

僧侶「…コホン、ご迷惑をお掛けしてます」

女将「大丈夫よ〜、今後ともご贔屓にしてくれるともっと嬉しいんだけどね」

青魔「それで、僕達の船はどこ?」

女将「港の一番右側にあるって言ってたわ」

勇者「分かった…色々と世話になった!」

女将「ええ…ご武運を祈ってるわよ!」
220 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 14:58:25.84 ID:z7veT94fO
次の更新は夕方です

なんか色々変な方向に向いてしまってるような…

221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 15:10:23.99 ID:9kIakhQcO
乙です
変な方向?に進んでいくのは、安価スレではよくある事
222 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/06(土) 17:14:49.06 ID:xo6PiY5JO
夕方/船の上

勇者「Zzz…」

女戦士「相変わらず船だと寝てばっかり!」

僧侶「勇者は船がダメですから…仕方ないです」

弓使い「あの…魔王って、どんな魔物…?」

青魔「魔王は文字通り、魔物の王だよ。でも、ボクみたいに魔王に従わない魔物も少なからずいるみたい」

女戦士「ちなみに特徴は?」

龍女「簡単に言えば、(↓1)、(↓2)、(↓3)な(↓4)だ」

僧侶「…いつの間に大人になったんですか」


※安価制限
↓4のみは性別を指定してください
また、↓1〜3は安価内容そのままで並び替えることが有ります
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 17:24:51.34 ID:9kIakhQcO
巨大な翼が生えている
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 17:40:47.96 ID:KHEAfrGKO
美形
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 18:04:23.76 ID:9kIakhQcO
駄目だったらズラして
頭の上に輪っかがある
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/06(土) 19:48:59.82 ID:wQcTkjMRo
親指サイズで聖母のような女性
227 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 00:57:05.60 ID:SUL7VNGnO
今起きた…申し訳ありません
後、流石に1回の安価で連取りはご遠慮頂けると助かります

(↓3)のみ再安価、↓先着1つ
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/07(日) 01:01:28.11 ID:n2fLGUyJO
様々な魔法を自在に操る
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/07(日) 01:05:33.69 ID:n2fLGUyJO
書き忘れたけど人を操る魔法だとか淫乱な気分にさせるとか手の届かない背中の痒みを収めるとか……とにかく色々(作者におまかせ)
230 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 01:17:05.35 ID:SUL7VNGnO
龍女「簡単に言えば…巨大な翼が生えてて」

女戦士「うん」

龍女「美形で」

弓使い「…びけ、い…?」

龍女「様々な魔法を自在に操る」

僧侶「……」ゴクッ

龍女「親指サイズで聖母のような女性だ」

勇者「…はぁ?」

龍女「おそらく龍の血を引いてるとは思うが、カリスマとはちょっと違う…こう、可愛さがあるんだ」

青魔「でも、ボクはそんな魔王が嫌いなんだ…」

勇者「じゃあ、なんで各地の魔物は人間を襲うんだ!?」

龍女「一つに、彼女直属の部下であった隊長の独断がある。彼は極端な魔物至上主義者でな…
   もう一つは、青魔とは違う方向に魔王を嫌ってる魔物が沢山いる、と言う事だ」

弓使い「…じゃあ…話、出来る…?」

龍女「もう一人の直属の部下である側近、あれを倒さないと難しいだろうな」

勇者「そうか…火の四天王、その話を信じるぞ?」

龍女「その呼び方は久々だな…私の子供版に近いと考えてみてはどうかな?」

僧侶「……あー…」
231 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 01:23:07.59 ID:SUL7VNGnO
龍女「ところで勇者、君は起きてても大丈夫なのかい?」

勇者「おかげ様でな…青魔の浮遊魔法に助けられてる」ナデナデ

青魔「えへへ…♪」

僧侶「とにかく、魔王とあってもすぐには戦わない方向でお願いします」

弓使い「…友達…なれる、かな…」

女戦士「なりたいなー!」

龍女「そろそろ到着だ…港は無いから、海岸から乗り上げるぞ」
ボンッ!
龍娘「まおーをやっつけよー!」

勇者「その前に側近を倒さないとダメみたいだけどな」
232 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 01:31:34.46 ID:SUL7VNGnO
翌日/魔界島・魔王城の城下町


ワイワイガヤガヤ…

勇者「魔王のお膝元でも、町ってあるんだな…」

青魔「昔はこういうところなんてなかったんだけど…なんでだろうね?」

龍娘「えっとねー、いまのまおーがつくったんだって!」

「そこのおねーさん達!」

僧侶「はい…?」

「このおせんべいはどうだい!」

女戦士「あ、おいしそー!」

弓使い「…勇…男…」

勇者「(ナイス!)…6枚でいくらだ?」

「6枚で30ゴールド!と言いたいけど、あんた達にはちょっと負けて24ゴールド!」

勇者「よし…はい」

「ありがとね!皆で食べな!」ガサッ

勇者「はいよ…よし、食べながら歩くか」

僧侶「お行儀が悪いですよ」

女戦士「まあまあ、お祭り気分でね!」

龍娘「(パリッ)…おいしーい!」

勇者「(パリッ)…あー、香ばしい、というのかこれは」
233 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 01:38:07.44 ID:SUL7VNGnO
魔王城・城門


勇者「…城門は開けられてるが、中に入ればすぐに衛兵が来そうだな…」

青魔「…でも、なんだか様子がおかしいよ?」

弓使い「………喧騒…聞こえる…」

僧侶「中で小競り合いでもしてるのでしょうか」

女戦士「すぐに戦いになるのかな?」

龍娘「うーん…そうだ!」
ボンッ!
龍女「…勇者たちにはすまないが、この姿で行かせてもらう。
   攻撃してくるなら、振り払えばいい」

勇者「第三軍ってやつだな…よし、入るか!
   これでラストだ!行くぞ!」

「「「「「おーっ!」」」」」
234 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 01:44:22.16 ID:SUL7VNGnO
テクテクテク

「お前たち、何者…火の四天王様!?」

龍女「…ああ、私だ」

「ということはこっちの男、勇者か!」

勇者「そうだが…何か?」

「お前たちが来たら魔王様のもとに連れてくるよう言われてる。付いてこい!」

青魔「…すんなりだね」

僧侶「無用な争いをしなくて良いなら、それに越したことはありませんが」

弓使い「……喧騒…やんだ…」

龍女「喧騒がやんだ?となると、戦力を集中させてる可能性があるな」

女戦士「うー…」キビキビ

勇者「落ち着け、女戦士」

女戦士「う、うん…自分、こういうところは初めてで…」

勇者「俺だって初めて…じゃないが久々だよ」

青魔「ボクも初めて…」
235 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 01:58:16.13 ID:SUL7VNGnO
魔王城・玉座の間


「魔王様!側近様!勇者ご一行をお連れしました!」

「ありがとう、衛兵さん…下がって、ゆっくり休んでください」

「はっ!」



勇者「…あー…えーと…」

「混乱してるところ失礼します。
 私、魔王様のお世話をさせてもらってる側近と申しますが…」

龍女「側近…魔王様にお変わりはないか?」

側近「ええ、お変わりありません。
   しかし、隊長と四天王の三人を亡くし、加えてあなたも裏切ったとあってだいぶ苦労されたのですよ?」

龍女「すまない…」

勇者「…側近、お前は魔王をどうしたいんだ?」

側近「…私は、魔王様をお守りするのが仕事です。
   どうしたい、と言われましても…お守りする、としか答えられません」

女戦士「はい、質問!」

側近「はい?」

弓使い「エルフの、里…襲わせたの…誰…?」

側近「エルフの里…あれは隊長の独断ではありましたが、私も認可してしまいました。
   申し訳ありません」

弓使い「……」フルフル

「側近さん、もう大丈夫です…」

側近「はっ」
236 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 02:23:03.81 ID:SUL7VNGnO
シャーッ

弓使い「…かわいい…!」

勇者「でも、親指ほど…ではないな」

「皆様、はじめまして…私が、魔物を統べさせていただいてる、魔王です」ペコッ

勇者「ああ…俺は勇者だ、で、後ろにいるのは俺達の仲間。
   …青魔、なんで彼女が嫌いなんだ?」

青魔「それはね」
魔王「いえ、私から説明させてください…」

勇者「は、はぁ…(結構押しが強いな)」

魔王「数年前…私は誤って、淫魔の数を減らす命令を出してしまったのです」

僧侶「数年前…と言うと、魔物の中でも淫魔が異様に活発化してた時期がありましたね」

魔王「私は…その原因を、淫魔の数が増えすぎたことと勘違いしてしまい…他の魔物に、淫魔を襲わせる…よう…グスッ…」

側近「魔王様、こちらを」サッ

魔王「ごめんなさい…」コシコシ

青魔「…それに便乗して、人間による淫魔の乱獲が始まっちゃって…ボクたち淫魔の数は激減しちゃったんだ」

勇者「…今は、止めてるんだよな?」

側近「はい。間違いに気づいた魔王様は、すぐに廃止の命令を出しました。
   しかし、主に隊長、及び水の四天王の各派がこれを無視したため、今でも減りつつあると思われます」

龍女「僧侶、人間の方はどうだ?」

僧侶「こちらも魔物の違法な捕獲は禁止されました。しかし、未だに無視してる人がいるのも事実です…」

勇者「…青魔も違法な捕獲、じゃないよな?」

僧侶「いえ、お互いの合意があったでしょうし、問題はないかと」

青魔「でも…ボクは、魔王を許したくないんだ」

魔王「愚昧の謗りは、謹んで受けます…
   でも…流石に、死にたくはないのです」

勇者「…いや、殺さない。話を聞く限りでは、悪いのはあの隊長みたいだしな」

龍女「隊長…最後まで、愚か者だったな」

側近「…しかし、それでは四天王の三人と隊長が納得しないのも事実です。
   勇者様、魔王様に変わりまして、1対1の決闘を申し込ませていただきます」

女戦士「ええっ!?」

魔王「側近さん…!」

勇者「断る理由はないな」

弓使い「…勇者…?」
237 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 02:28:57.98 ID:SUL7VNGnO
勇者「1対1、他の皆は手出し不要でな」

側近「魔王様…どうか、お力添えは不要でお願いします」

龍女「私が仲介人となろう。勇者と魔王、双方に肩入れしたことのある身だしな」

側近「お願いします」

勇者「どちらかが負けを認めた時点で決着…それでいいな?」

側近「問題ありません」

龍女「では…始め!」

勇者「…!」シャキーン!
側近「参ります」ヒュッ


コンマ↓1+2
合わせた数字が奇数で側近、偶数で勇者
ただし、11の倍数である場合は何かが起こる
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/07(日) 02:30:13.72 ID:iIncHxNKo
ほらよ
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/07(日) 02:30:50.44 ID:jgdZTIKRO
ほいさ
240 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 02:39:39.58 ID:SUL7VNGnO
・・・・・

ガキィン…!

勇者「………」

側近「………グハッ」ドサッ

魔王「側近さん!」

勇者「…負けを認めてくれ」

側近「そうですね…私では、敵いませんでした」

魔王「回復魔法・極…」キラキラ…

僧侶「えっ!?」

女戦士「どうしたの?」

僧侶「極の魔法は、余程の技術が必要なはずです…!」

青魔「…アレが、今の魔王に対して、魔物が大々的に逆らわない理由の一つだよ。
   今の魔王は、魔法を自在に使いこなせるんだ」

龍女「私も技術を盗もうと思ったが、大した成果はなかったな…
   勝負有り!勝者、勇者!」

勇者「…」スチャ
241 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 02:47:59.22 ID:SUL7VNGnO


勇者「つまり、この手紙を王様に届ければいいんだな?」

側近「はい。魔物を必要以上に恐れるのは、先代の魔王様による強引な進軍も一端だと思われますので」

勇者「先代…何年前だ?」

弓使い「…200…くらい…」

勇者「…気が遠くなる話だな」

僧侶「では、庭をお借りします。転移魔法は外でなければいけませんので…
   勇者さん、皆さん、行きましょう」

龍女「私はどうすれば良い?」

側近「ご同行願います。ただし、その姿では国王様に恐れられる可能性がありますね」

龍女「そうだな…」
ボンッ!
龍娘「これならいいよね?」

側近「…はい」

勇者「それじゃ、すぐ行ってすぐ戻る!」

女戦士「またねー!」

僧侶「では、行ってきます…転移魔法、勇者の国へ!」

ヒュン…!

魔王「…側近さん…私…」

側近「…戻ってきたら、直接お話されてはどうですか?」

魔王「うん…」
242 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 02:51:19.70 ID:SUL7VNGnO
夕方/勇者の国・玉座の間


王様「おぉー!帰ってきたか!」

勇者「ただ今戻りました…まずは、この手紙を。」

王様「ふむふむ…?ふむ、今の魔王に侵略の意図なし…とな」

僧侶「私達も実際に会ってきました。魔王さんも側近さんも、聡明な方だと思います」

王様「なるほどな…(↓1or2)」


※コンマ以下が多いほうが優先(00は0扱い)
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/07(日) 03:02:48.01 ID:5PMBs+dso
しかし、そう易々と信じるわけにもいかん。 勇者よ、魔王と婚姻を結ぶつもりはないか?
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/07(日) 03:19:21.96 ID:VdQttS4RO
他ならない勇者の言葉だ、ひとまずは信頼しよう
しかし、民を安心させる為にはもっと確実なものが必要だ…
国交を深める何かが有れば良いのだが…(>>243をほのめかしながら)
245 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 03:30:08.28 ID:SUL7VNGnO
王様「…他ならない勇者の言葉だ、ひとまずは信頼しよう。
   しかし、民を安心させる為にはもっと確実なものが必要だ…
   国交を深める何かが有れば良いのだが…」

勇者「何か…なんだ?」

僧侶「…思い出してください勇者さん、魔王さんは…」

勇者「…そういや女性だったな」

僧侶「そうです」

王様「そこでだ…勇者、人間の英雄と、魔物の王が手を組めば、最高だとは思わんか?」

勇者「最高…?」

僧侶「………恐れながら王様、婚姻となると、色々面倒があると思われますが」

王様「すぐにそこまでやれとまでは言わん。
   しかし、二人が仲良く並んでる状態を知らしめるだけでも、効果は絶大だと思わんか?」

勇者「…あー…なるほど…申し訳ないのですが、少し仲間と相談させてください」

王様「良い返事を待っとるぞ」
246 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 03:36:54.61 ID:SUL7VNGnO
・・・・・

青魔「えーっ!?」

弓使い「勇者…結婚…しちゃう、の…?」

勇者「流石にすぐにはそこまで行かないにしろ、まずは魔王たちと仲良くなれって話だ」

龍娘「まおーとゆうしゃがいっしょなら、うれしい!」

女戦士「うんうん、自分も賛成!」

青魔「で、でも…僧侶は!?」

僧侶「…私は一応、神に仕える身ですので」

弓使い「…逃げちゃ…ダメ…!」

僧侶「逃げ…?」

青魔「僧侶だって、勇者と最初から一緒にいたでしょ!?」

女戦士「…自分から見ても、勇者と僧侶は仲が良さそうだったよ!
    でも、王様は魔王と…だよね?」

勇者「………僧侶、青魔、そして皆」

僧侶「なんでしょう?」
青魔「どうしたの?」

勇者「俺…(↓2)」


※安価は選択肢(実際のセリフは変わります)
1・僧侶と一緒になる
2・青魔と一緒になる
3・魔王と一緒になる
4・いっそハーレムにしちゃう
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/07(日) 03:45:02.88 ID:5PMBs+dso
4
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/07(日) 03:45:15.78 ID:VdQttS4RO
4
249 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 03:55:56.38 ID:SUL7VNGnO
勇者「俺…誰かなんて選べない」

青魔「勇者…」

勇者「だから…すごく失礼かもしれないが、皆一緒になって過ごすのはどうだ…?」




僧侶「はぁ…」

龍娘「…ゆーじゅーふだん!」

弓使い「…勇者が…迷って…どうするの…」

勇者「…そうだよな…失礼だよな。すまん、あらた」
女戦士「誰も嫌だなんて言ってないよ?」

勇者「へ?」

僧侶「一緒になるくらいなら、私たちにも出来ますからね」

弓使い「後で…ゆっくり、考える…」

青魔「魔王やみんなに負けないぐらい、頑張らないと!」

女戦士「自分も負けないよ!」

龍娘「ゆうしゃのことならまけないもん!」

勇者「………皆、すまん」

僧侶「別に謝らなくてもいいと思いますよ」

青魔「ボクたち、勇者と一緒になるのもそうだけど、もう一つ魔王にお願いしたいことがあるから…」

勇者「お願いしたいこと?」

僧侶「まずは、王様に報告しましょう」

勇者「あ、あぁ」
250 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 04:03:05.14 ID:SUL7VNGnO


王様「ふむ…仲間ともども、か」

勇者「優柔不断なのは分かってるのですが、俺には決められないんです」

僧侶「何より、私たちは魔王軍四天王、及び魔王軍直属隊長を倒す実力を持つ「パーティー」です。
   全員で行けば、さらに最高だと思いませんか?」

王様「…なるほど、これは盲点だった。それなら止めんよ。
   ただ、到着したら文を寄越してくれ」

勇者「…分かりました!」

僧侶「ありがとうございます」

王様「さて、要件は以上…と言いたいが、わしからも魔王に文を届けたい。
   勇者、これを魔王、及び側近に届けてもらえないかね?」

勇者「2通?魔王宛と側近宛は別?」

王様「左様…わしからの返答、及び提案だから、なくすんじゃないぞ!」

勇者「…はい!」

王様「では、要件は以上!たまには顔を見せるんだぞ!」
251 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 04:36:08.09 ID:SUL7VNGnO
夜/魔王城・玉座の間


勇者「というわけで、これが王様からの手紙だ」

魔王「ふむ…ふむ…」
側近「…なるほど」

勇者「……ちなみに、なんて書いてあった?」

側近「お教えしますので、少々お待ちください。
   魔王様も、私が良いと言うまでは教えてはいけませんよ」スタスタ

魔王「はい…」

勇者「ここに来て、ひっ捕らえろなんて言われても困るぞ…」
僧侶「それはないと思いたいのですが…」

ギィ…ゾロゾロゾロゾロ

勇者「…嫌な予感、当たったかもな」
青魔「勇者〜…」

側近「勇者様、そして皆様、魔王様のお側に来てください」

勇者「あ、あぁ…」
ゾロゾロ…


・・・・・


側近「皆様に来ていただいたのは、極めて重要な連絡をするためです。
   魔王様、どうぞ」

魔王「…魔物の皆さん…私たち魔物は、人間との講和を結びます。
   私たちは、もう人間と戦わなくても良いのです」

勇者(…これで、ほぼ終わる、よな)
僧侶(私たちの戦いは、ですが)
青魔(ボクたち、やったんだね…!)

側近「……そして、四天王を一時解体し、八天王に増やします。
   また、直属隊長も変わります…勇者様」

勇者「ん…俺?」

魔王「…あなたを、魔王直属部隊の隊長に、任命します」

勇者「え…俺で本当に良いのか!?」

魔王「はい…形式上は私の部下となりますが、実質的には…私の、お側にいてください…」

勇者「魔王…!」

ヒューヒュー!
マオウサマヲカナシマセルナヨ!

側近「静粛に。そして、僧侶様、女戦士様、弓使い様…皆様にも魔王直属部隊に入っていただきます。
   また、青魔様を新たに水の八天王に任命し、加えて元・火の四天王共々、魔王直属部隊に入っていただきます」

龍女「私は、お役御免か?」

側近「…一応では有りますが、魔王様に逆らった罪として、四天王…八天王の位を剥奪します」

龍女「そうだったな」

魔王「…これから、よろしくお願いします」サッ

勇者「…ああ、よろしく」ギュッ

魔王「いたっ…」
勇者「すまん!」
252 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 04:51:45.60 ID:SUL7VNGnO
・・・・・


勇者「要するに、俺達に橋渡しをやれって感じか」

魔王「はい…私だけでなく、魔物を手懐けるだけの力を持つ皆さんなら…」

龍女「私も、ある意味で手懐けられたしな」

僧侶「…それでも、私たちは人間です。弓使いさんはエルフですが。
   溶け込むのも大事ですが、分けるのもある意味で大事だと思います」

側近「失礼ながら僧侶様、我々はこれまで分けすぎていました。
   なので、まずは溶け込むところから始めたいのです」

僧侶「…そうですね」

側近「さて、先程までの任命は私に対する文でした。
   魔王様、今こそ…」

魔王「はい…勇者さん」

勇者「…はい」

魔王「今晩から明後日の朝まで…私と付き合っていただけますか?」

勇者「…と言う事なんだが、大丈夫か?」

青魔「…勇者、そこでボク達に聞いてどうするの?」

龍女「せっかく魔王…様のことを知るチャンスなんだ、私たちのことは気にせず、付き合うと良い」

勇者「…即答できなくてすまん、喜んで付き合おう」

魔王「…はい…!」

女戦士「…じゃあ、自分たちは先に戻るね!」
僧侶「部屋割は後で考えましょう」
青魔「ごゆっくりー!」

弓使い「…やさしく…ね…?」
龍女「ガツガツやると引かれかねないぞ?」
側近「では勇者様、魔王様をよろしくお願いします」




勇者「…あー…まさか…」

魔王「はい…私は魔王ですから、世継ぎを生むのも重要、なのです」

勇者「………緊張するな、これ」

魔王「勇者様…優しく、お願いしますね?」




END
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/07(日) 04:53:10.76 ID:a0/EM3NHO
乙!!
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/07(日) 04:54:08.08 ID:5PMBs+dso
乙でした!
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/07(日) 05:01:58.30 ID:K0VOL/T3O

256 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 05:03:56.09 ID:SUL7VNGnO
おまけ1
翌朝/魔王城・魔王の私室


コンコン
(魔王様、勇者様、朝餉の準備が出来ておりますが)

勇者「すまん!可能なら持ってきてもらえるか!?」

(かしこまりました…それと勇者様)

勇者「どうした!?」

(そこまで声を出さなくても、大丈夫です)

勇者「ああ、すまんすまん」

魔王「…初めて、お腹が一杯になりました」

勇者「初めて?まさか魔王って」

魔王「いえ、ただの魔王です…決してサキュバスとかでは…!
   でも…勇者様と会えて、初めて…満足した…というのでしょうか」

勇者「俺で満足できるなら、それは嬉しいけどな…とりあえず、側近が来る前にいろいろ身支度しないと…」

魔王「はい!」
257 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 05:09:02.83 ID:SUL7VNGnO
おまけ2
昼/魔王城・庭園


勇者「ところで龍女」

龍女「どうした?」

勇者「魔王の特徴をいう時に「親指サイズ」って言ってたよな?」

龍女「あれか…すまない、基準を言い忘れてたな」

勇者「…つまり、龍の親指サイズ…と」

龍女「そうなる。人間で言えば子供ぐらいか?」

勇者「…てっきり人間の親指サイズで、本当に小さい人かと思ったぞ」

龍女「ははは…すまなかった」

勇者「いや、普通の人間…の子供ぐらいでよかったよ」

龍女「…私では、ダメか」

勇者「そういう意味じゃない」



今度こそEND
258 : ◆/ZsuQ/MGAE [saga]:2015/06/07(日) 05:12:25.03 ID:SUL7VNGnO
以上となります。
ちょっと淫魔が救われないSSを見たせいでカッとなって立ててしまいましたが…なんとか完結できました。ご支援、感謝します

続きは書くとしても別スレになります。
また、安価も控えめになる(どの話を書くか、程度?)と思いますが、見かけたらまたよろしくお願いします。

このスレはHTML依頼とさせていただきます。
最後に、R−18表記忘れ、申し訳ありませんでした。
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/07(日) 05:29:12.02 ID:lqlIgzdgO
乙です
楽しませてもらったぜ
次の作品も期待
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/07(日) 06:39:26.20 ID:a0/EM3NHO
乙!
261 : ◆/ZsuQ/MGAE [sage saga]:2015/06/07(日) 15:03:50.30 ID:6Hu3k9eyO
一日すら経ってませんが、続きなどを書くスレを立てました

勇者「魔王と仲良くなってから」淫魔「ボクたちの思い出」【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433653060/

よろしければ、お付き合いください。
131.49 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)