このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

魔王「もうだめぽ」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/08/06(木) 22:49:45.08 ID:o/mTkc7U0

魔王「無理じゃん。もうこれ絶対無理じゃん」

側近「行けます。まだ行けますって」

魔王「無理だろだってこれもー!何よあの勇者!」

魔王「勇者の後ろにいる敵兵ほとんど元俺らの兵士じゃん!魔物じゃん!」

側近「まさかモンスターテイマーとは思いませんでしたね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438868984
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【安価】男「お…俺がエヴァに乗るんですか!?」【エヴァンゲリオン】 @ 2021/03/09(火) 19:32:17.38 ID:Z/G/Sb9m0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1615285937/

ココア「うさぎ料理?…」 @ 2021/03/09(火) 01:56:07.01 ID:V/hpam1ho
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1615222566/

きみたちぃ〜 @ 2021/03/09(火) 00:10:19.36 ID:TXqUGpYF0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1615216219/

荒潮「カミサマ」 @ 2021/03/08(月) 02:18:01.93 ID:3gV1RL+U0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1615137481/

【ミリマスSS】ReTie @ 2021/03/08(月) 00:53:34.63 ID:kYcqc/lG0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1615132414/

【ミリマスSS】田中琴葉はイケメンらしい @ 2021/03/08(月) 00:07:12.22 ID:Pb5RWNl50
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1615129631/

ウルフ・オブ・A雑・スレッド @ 2021/03/07(日) 21:35:11.05 ID:EoGY3IKT0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1615120510/

【デレマス】あなたに入れるおいしい……泥水 @ 2021/03/07(日) 15:53:13.47 ID:/3EIJbkDO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1615099993/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/08/06(木) 22:55:50.28 ID:o/mTkc7U0

魔王「誰だよもー勇者とか所詮人間だから低レベルのモンスターでも数で押せばその内死ぬとか言った奴!!」

魔王「全然倒れてないじゃん!!どんどん倒してレベル上がっていってんじゃん!!」

魔王「その上なによ?

倒したモンスターが?可哀想だから?

拾った薬草与えたら?懐かれて?

仲間になりました?」

魔王「意味分かんねぇよ!!何ポだよ!!」

側近「最初期に裏切ったスライムなんかもうスライムっていうか水で出来た竜みたいな見た目してますもんね」アレハヤベーワ
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/08/06(木) 22:59:58.07 ID:o/mTkc7U0

魔王「つーかマジで誰だよあんな作戦提案した奴」

側近「えーっと……あぁ、ワニ魔人さんですね」

魔王「ちょっと制裁食らわしてくるわ。どこいんのソイツ」

側近「今はもう勇者の右腕ですけど」

魔王「はぁぁぁぁぁぁ!!?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/08/06(木) 22:59:58.21 ID:htFUjwlgo
期待
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/08/06(木) 23:04:00.78 ID:o/mTkc7U0

魔王「え、なんで?」

側近「ワニ魔人さんですねー、元々部隊隊長さんだったんですが、何でも上司に捨て駒にされた所を勇者に助けてもらったそうで」

側近「『後ろから撃たれる上司より背中預けれる人間の方が遥かにマシだ』って裏切ったそうです」

魔王「」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/08/06(木) 23:08:19.41 ID:o/mTkc7U0

魔王「誰だそんなアホな真似した奴はぁぁぁぁ!!!」

側近「えーっとですね……四天王の一人、吸血鬼さんですね」

魔王「アイツかー。根暗だなーって思ってはいたけどまさか自分の部下捨て駒にするまで性根が腐ってたとは……。
とりあえずここに呼べ、今すぐに。アイツ今どこいんの」

側近「あ、今はもう勇者のトコのマスコットですね」

魔王「ごめんチョット意味わかんない」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/08/06(木) 23:12:47.32 ID:o/mTkc7U0

魔王「え、マスコット?なんで?アイツ性格は暗かったけど結構身長高くてルックスも良かったよね?

側近「なんでも勇者にやられそうになって、今わの際になんとか最後の力を振り絞って小動物化した所、勇者に捕獲されて
なぁなぁで捕まってたら情が移ってしまったようで」

魔王「捕まってるのに情が移ったの!?」

側近「そこはほら、モンスターテイマーですから」

魔王「そうだった!!」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/08/06(木) 23:15:25.62 ID:o/mTkc7U0

魔王「まじかよー……え、それじゃあさ、逆にウチの軍って今どんくらいなん?兵力的に」

側近「二人です」

魔王「は?」

側近「魔王様と私の二人だけです」

魔王「はぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!?
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/06(木) 23:18:06.71 ID:o/mTkc7U0

魔王「え、マジで?」

側近「マジです」

魔王「勇者に対抗できるのが俺ら二人とか、そういう話ではなく?」

側近「現在我々の領内において、です」

魔王「そのレベルで!?」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/06(木) 23:21:52.08 ID:o/mTkc7U0

魔王「無理じゃん……やっぱ無理じゃん……」

側近「いけますって。魔王様ならいけるって私信じてますから」

魔王「いや無理だってお前……アレみてみ?開場直前のコミケみたいになってんぞ」

側近「大丈夫ですよ、魔王様なら行けますって」

魔王「いやー無理だろこれは」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/06(木) 23:23:43.31 ID:o/mTkc7U0

魔王「もうだめぽ」

側近「諦めたらそこで試合終了ですよ?」

魔王「今そういうのいいから」

側近「すみません」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/06(木) 23:27:00.08 ID:o/mTkc7U0

魔王「もう無理でしょこれは」

側近「白旗でも振りましょうか」

魔王「なんか材料あったかな……あ、シーツ使うか。棒は……柱折ったらいいかな」

側近「本気にしないでください冗談ですから」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/06(木) 23:29:05.36 ID:o/mTkc7U0

魔王「割と本気でサー、どうすんのよ実際問題」

側近「爆笑問題みたいですね」

魔王「黙ろう、魔王様そろそろプッツンしそうだから、そういうのは少し黙ろう」

側近「すみません」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/06(木) 23:31:19.52 ID:o/mTkc7U0

側近「割と真面目な案としては、まぁ正面突破ですね」

魔王「俺ら二人だけでいけるか?」

側近「ターン制ですから最初は良くても数の暴力でぶっ殺されますね」

魔王「ダメじゃん」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/06(木) 23:35:57.88 ID:o/mTkc7U0

側近「あとはこの城に可能な限りの罠を仕掛けるとか」

魔王「例えば?」

側近「宝箱にミミック仕込むとか」

魔王「悪くはないが、ミミックはどこにいるんだ?」

側近「Amazonのお急ぎ便ならギリ間に合うんじゃないですか?」

魔王「魔王今気づいた、お前も結構切羽詰ってんだな」

側近「正直キてます」

魔王「マジでごめん」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/06(木) 23:42:34.85 ID:o/mTkc7U0

側近「で、もう一つ案があるのですが」

魔王「ほうほう」

側近「逃げる」

魔王「さすがの魔王もこれには苦笑い」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/06(木) 23:44:19.56 ID:o/mTkc7U0

側近「いえ、割と真面目に逃げません?」

魔王「え、なにその熱い手のひら返し。さっきまでなんかイケイケドンドンだったじゃん」

側近「死なば諸共かなーって」

魔王「やだこの子以外に脳筋」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/06(木) 23:48:02.35 ID:o/mTkc7U0

側近「で、どうします?私側近ではありますけど軍師ではないので、こんなモノしか思いつきませんよ?」

魔王「死ぬのはイヤだしなぁ……かといって敵前逃亡する魔王ってのもどーよ?」

側近「どうせ魔王さまが逃げたって困る人はいないですし」

魔王「っかしーなー、何故だか涙が出くるわ、っかしーな」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/06(木) 23:53:16.98 ID:o/mTkc7U0

側近「兵もなし、民もなし、罠もなし。玉砕するか隠遁するか、二つに一つじゃないですか?」

魔王「…………」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/08/07(金) 01:51:39.02 ID:53s6h4X90
保守
いったいどうなる…!?
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/08/07(金) 03:20:19.71 ID:tEa9LKUF0
というかもうこいつ魔王じゃなくね?
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/08/07(金) 05:11:08.29 ID:1lN1jTImo
側近がいるからギリセーフじゃね
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/07(金) 22:59:58.50 ID:JMQS93LD0

魔王「俺さぁ……」

側近「はい?」

魔王「俺さ、元々魔王になりたくてなったんじゃないんだよね」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/07(金) 23:04:30.77 ID:JMQS93LD0

魔王「ほら、俺らが生まれた頃って、まだ魔界も人間界に進出してなくて、魔界戦国時代みたいな感じだったじゃん?」

側近「そうですね。あの頃はまだ魔界が人間界に干渉することも、その逆もなかったと聞きます」

魔王「そんな時にさ、俺の親父は、まぁ結構腕っぷしも強くて、面倒見もよくて、周りからヨイショされて、ガキだった俺とかーちゃん残して戦場に行ったわけ」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/07(金) 23:08:53.94 ID:JMQS93LD0

魔王「つっても、精々素人相手にそこそこ有利に戦える、ぐらいの腕だったらしいのよ」

魔王「そんな、せいぜい喧嘩ぐらいしかした事ない奴がイキナリ戦場に行って、場数踏んでる兵士相手に戦えると、戦って勝てると思う?」

側近「……難しいでしょうね」

魔王「難しい、じゃなくて無理。運否天賦とか関係なく、無理」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/07(金) 23:17:05.38 ID:JMQS93LD0

側近「ですが、魔王様のお父上は……」

魔王「あぁ、先代魔王その人だ」

魔王「つまりどういう訳か、親父はあんな修羅場をくぐり抜けたって訳だ」

魔王「そして、どうやってくぐり抜けたか、って事になるんだが……」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/07(金) 23:22:11.84 ID:JMQS93LD0

魔王「聞いちまえば、簡単な話だった」

魔王「腕っ節では敵わない。求心力も、兵の数も練度も金も武器も領土も何もかも足りない、敵わない状況で親父がやったのは」

魔王「ただ、ひたすら待ったんだ」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/07(金) 23:25:57.31 ID:JMQS93LD0

魔王「兵士の数が足りない。なら集まるまで待つ」

魔王「金がない。なら足りるまで待つ」

魔王「敵が強い。なら弱るまで待つ」

魔王「連度が低い。なら高まるまで待つ」

魔王「そうして親父は自分の持ち札が最高に高まった状態で、相手の持ち札が最弱に弱まったところで」

側近「行動した、と」

魔王「イグザクトリー」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/07(金) 23:29:01.28 ID:JMQS93LD0

側近「しかし……この状況でその戦法は」

魔王「成功率はまず無いし、出来るかどうかも分からんし、そもそもやる意味がない、か?」

側近「……はい」

魔王「然り。全くもって無意味だ」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/08/07(金) 23:29:07.45 ID:8AcSjen60
もう変なプライドなんて捨てて隠遁でいいんじゃないかなww
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/07(金) 23:31:07.16 ID:JMQS93LD0

魔王「無意味だが……これは必要な事だ」

側近「……?意味がわかりかねます」

魔王「ま、ようするに、だ」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/07(金) 23:36:16.63 ID:JMQS93LD0

魔王「色々回りくどく言ったけど、あー、まぁ、なんだ」

魔王「俺の敵討ちは頼んだぜ、ってこと」

側近「は?魔王様、それは」

魔王「お前生きる、俺死ぬ、だから仇討ちよろぴこー」


―――魔王はキメラの翼を側近に使った!


側近「魔王様、何を……!?」

魔王「タイミング見誤んなよ。じゃあの」


―――側近は遥か彼方に吹き飛ばされた!
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/08/07(金) 23:36:59.86 ID:A/lqSJSSO
<◯><◯>
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/07(金) 23:46:23.12 ID:JMQS93LD0

魔王「……うし」

魔王「後顧の憂いも無くなった、これで本当に失うものは何もなし」

魔王「後は座して待つのみ、か……」

魔王「……やっぱ親のひいたレールの上走るのはダメだな、二世なんて碌なことならん」

魔王「……大人しくかーちゃんの畑継いでときゃ良かったぜ」




35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/07(金) 23:52:53.10 ID:JMQS93LD0

勇者「お前が魔王か!」

魔王「よく来たな勇者。随分俺の仲間と仲良くなったそうじゃないか」

勇者「全員お前やお前たちのやり方にはついて行けなくなったんだとさ!さぁ、さっさと構えろ!この戦争を、俺が終わらせる!」

魔王「さよか。けど気をつけろよ勇者」

魔王「所詮、お前はただの人間だ。あまり荷を背負いすぎると、いつか必ず後悔するぞ」

勇者「戯言に聞く耳はもたん!いくぞ!!」

魔王「忠告はしたぜ、勇者。……かかってこい、このイナゴ野郎が」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/07(金) 23:53:52.25 ID:8V9Ss8z10
魔王いいやつじゃん
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/08(土) 00:00:23.45 ID:dyS7Hxzn0


―――勇者軍と魔王は、それから三日間に渡り戦い続けました。
魔王はその恐るべき力で、かつての同胞を意に返さず殺し続けました。
勇者はその度に慟哭し、天より与えられし剣を振るい、地より与えられし鎧を鮮血に染め、
海より与えられし盾で仲間をこれ以上失うものかと掲げました。
そして遂に、三日目の日が沈む頃、勇者とその仲間たちによって、魔王は大地に伏しました。
ようやく、『人々』に平和が訪れたのです。
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/08(土) 00:03:37.32 ID:dyS7Hxzn0

その時魔王は勇者に対し、こう言い残しました。


魔王「精々俺の言葉を覚えておけ、勇者。
俺を倒してもいつか第二の魔王がまた現れる。ゆめゆめその事を忘れるな……!!」


―――それから四十年余。
未だ、『人々』は平和でした。

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/08(土) 00:09:30.35 ID:dyS7Hxzn0



けれど、確かに。その芽は時間をかけて少しづつ少しづつ樹木へと成長しているのでした。



40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/08/08(土) 00:10:07.10 ID:dyS7Hxzn0
 とりあえず終わり。
もしかしたら続きを書くかかも
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/08/08(土) 00:12:28.85 ID:xSSQOVUso
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/08/08(土) 07:12:58.73 ID:p7JgRVFdo


側近がどうなったか気になるね
13.53 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)