このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

提督「艦娘性処理係」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/09/27(日) 12:06:13.33 ID:pZFLnE0F0
このスレは安価で提督に艦娘の性欲を処理するスレです。

初SS、初スレ建て、初安価なので不手際も多くあると思いますがご了承ください。

文章力を鍛えるにはエロが一番ってエロイ人が言ってた。

↓提督の性別

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443323173
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

渋谷凛「就職活動を」本田未央「してみたい?」 @ 2019/11/20(水) 00:07:43.98 ID:qoXxFcO/0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574176063/

凛「we are fish(私たちは魚です)」 @ 2019/11/19(火) 23:50:04.81 ID:L+oyX6LV0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574175003/

博多弁女「うちは今、幸せやけん」関西弁彼女「もちろんうちも幸せや」 @ 2019/11/19(火) 23:37:48.00 ID:t1qd9MMpO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574174268/

ライラ「大好きな背中」 @ 2019/11/19(火) 22:40:06.68 ID:gbdzVW420
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574170806/

【ミリマス】静香「ユートピア」 @ 2019/11/19(火) 20:23:09.49 ID:6s/A4gNC0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574162589/

西住みほ「赤ちゃんできちゃった....」 @ 2019/11/19(火) 19:53:32.32 ID:pWzKMw3sO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574160812/

【バンドリ】市ヶ谷有咲「隣でりみが寝てる」 @ 2019/11/19(火) 17:51:11.02 ID:i75xN+h90
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574153470/

蘭子「混沌電波第192幕!(ちゃおラジ第192回)」 @ 2019/11/19(火) 06:12:20.16 ID:nI191EuFO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574111540/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 12:08:22.85 ID:VNKBKSlCO
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 12:08:25.36 ID:Esj47uU2o
オカマ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 12:08:42.77 ID:P02OpG620

提督に処理させる でいいの?
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/09/27(日) 12:10:02.61 ID:pZFLnE0F0
女提督(以下提督)「・・・・・・・・・・」カリカリカリカリ

コンコン

提督「・・・・・はい」

↓艦娘
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 12:11:03.93 ID:tBZwIX510
阿武隈
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/09/27(日) 12:14:05.41 ID:pZFLnE0F0
SS書くのってこんなに緊張するのか・・・めっさ手震えとる
↓阿武隈のせいへく(SかMか)
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/27(日) 12:14:34.06 ID:P02OpG620
どM
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 12:17:51.86 ID:KneErotR0
百合か、そっ閉じ。
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 12:20:05.84 ID:xdRceMrlo
      ∧_∧      ∧_∧
     _( ´∀`)    (´∀` )
  三(⌒),    ノ⊃    ( >>1 )   糞スレは・・
     ̄/ /)  )      | |  |
    . 〈_)\_)      (__(___)

         ∧_∧  .∧_∧
         (  ´∀) (´∀` )
       ≡≡三 三ニ⌒) >>1 .)    立てんなって
        /  /)  )  ̄.| |  |
        〈__)__)  (__(___)

           ∧_∧  ,__ ∧_∧
          (    ´)ノ ):;:;)∀`)
          /    ̄,ノ'' >>1  )   言ったろうが
         C   /~ / /   /
         /   / 〉 (__(__./
         \__)\)
                      ヽ l //
            ∧_∧(⌒) ―― ★ ―――
            (    ) /|l  // | ヽ   ヴォケがーー!
           (/     ノl|ll / / |  ヽ
            (O  ノ 彡''   /  .|
            /  ./ 〉
            \__)_)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/27(日) 12:26:09.33 ID:pZFLnE0F0
阿武隈「艦隊が母港に帰投しましたぁ!」ガチャ

提督「阿武隈・・・お疲れさま」

阿武隈「えっと、今日の最後の演習は、小破が二艦、中破が一艦でした。あたし的にはとってもOKです!」

提督「そう・・・阿武隈がそういうのなら、あの娘たちもそろそろ出撃してもらおうかしら」

阿武隈「えへへ・・・それと・・・あの、提督ぅ」

提督「どうしたの、阿武隈」

阿武隈「えっと、その、まだかなぁって・・・」

提督「なんの話かしら」

阿武隈「えぅ・・・あの・・・」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/09/27(日) 13:00:25.39 ID:pZFLnE0F0
提督「冗談よ・・・ほら、こっちにきなさい」

阿武隈「もう! 忘れられちゃったかと思ったじゃない!」

提督は阿武隈を手招きし、提督室の隣にある仮眠室へと連れていく。仮眠室は質素なベッドと、申し訳程度の毛布、そして大量の‘オモチャ’が置いてあるだけだ。仮眠室とは名ばかりの、性処理部屋だ。
部屋に入り、カギを閉めたかとおもうと、提督は強引に阿武隈の唇を奪う。手を阿武隈の後頭部に回し、阿武隈に逃れる術はない。もっとも、逃れようとも思わないのだが。

阿武隈「んぅ・・・む、ちゅぅ・・・」

阿武隈も提督の行為を待ち望んでいたかのように、互いの舌を絡め始める。これだけでも、開発されてしまった阿武隈にとっては濡らしてしまう。むさぼるように舌を嘗め回しあったあと、

提督「んふふ・・・そうだ、‘歯磨き’、しましょっか」

阿武隈「えっ、あっ・・・はい。んむぅ」

提督は再び阿武隈の口内に舌をねじ込み、阿武隈の歯と歯茎の間に舌を滑らす。
ゆっくり、ゆっくりと少しずつ、焦らす様に阿武隈の奥歯から前歯にかけて舌でなぞる。
気づけば、阿武隈は提督の身体をきつく抱きしめていた。いつの間にか、太ももに愛液が滴る。

阿武隈「はっ・・・ひぇぃ・・・」

阿武隈に訪れる、身体を燻る快楽。しかし、この感覚がのちのち大きなものに変わることを知っている阿武隈はその身もだえするような刺激に身を任せる。
反対側も同じように、焦らしていく。その間も、阿武隈阿の身体には淡い快楽が襲いつづける。じっくりと歯を嬲って‘歯磨き’が終わる。

阿武隈「ふぇぁ・・・んああぁ!?」

‘歯磨き’が終わったと油断していた阿武隈の口内に、もう一度暴力的ともいえる快楽が襲う。焦らしに焦らされた阿武隈の口の中の上・・・硬口蓋をおもいっきり提督の舌が舐る。

阿武隈「あひゅぅぅぅ///」

はしたなくも、阿武隈はキスだけでイってしまった。
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/27(日) 13:03:33.84 ID:HZkh7KN00
          ,.ィ彡 干三≧、、                                       、wミミミミ主彡彡ミゞ,
        /彡彡'"`ヾミミミヽ   いつだっていつだって 君と2人でいたよね         ミミシ"~~_,,.,__~"'ヾ乍t
        ,イ///     ヾヽヽヽヽ  いつだっていつだって 君のこと考えてたんだ        ミミ' ' ´_,.,_!_,,..,,_ ヾミ
      /川/,. ― 、  , ―ヽ川川   君もそうで 君も同じ 気持ちふたつあるだけで     'ミ ィ彡'"`'W'"~`'ミ 'ミ
      /川リ!,,.:==:、  ,.:==::..、V川{!   この先も この先も 生きれる気がしていたんだ     ミ ィtッァ 〉 ( ttッァ、 }}
      /川川ィ'{:::}>; ;,ィ{:::}>::..}}川ハ   君が呼んだ 私は君の中の私                }} "´ ,.. / "ヽ 丶、 {{
     /川川、`¨¨´、__,:`¨¨´..:/川{{{(  悲しみ 憎しみ 創り出すのは偶像           (}   /`^ー^ヘ、 `'{)
    ハハ川∧゙゙" _,..:.:...,_ ゙゙":/川川ハ!  君が作った幻は 本当なんかじゃない          、 ノ :.:.:_J_:.:.ヽ  ,!
    ,ハ川川川ヘ、 `゙ご´ .::/川川川ハ 過去の君の 都合のいい 思い出のパッチワーク   _ヽ /"二゙二`ヽ ,イ
    }川川川川}}ゝ、___ イ川川川川                                 ´:::::::::::>、  '⌒  ノ 〉`ー-
    |川川川川jj  :.:.:.:.:.:.:.:.|川川川川}!                                 ::::::::/ 〉 ` ニニニ´  /::::::::::::
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 13:07:14.78 ID:SGHWshLzO
終  了
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/09/27(日) 13:28:01.52 ID:pZFLnE0F0
阿武隈「ごめんなさい・・・イっちゃったぁ///」

提督「キスだけでイっちゃうなんて、はしたない子ね」

阿武隈「んうぅ、だってぇ////」

阿武隈は誘うように身体をくねらす。阿武隈の異常性癖はまだまだ収まりがつかないどころか、これから顔を出すと言ったところだろうか。

提督「阿武隈・・・じっとしててね」

阿武隈「・・・うん」

提督は阿武隈をベッドにあおむけに寝かせ、‘オモチャ’の中から、縄を取り出す。もちろん、肌が傷つかないよう、きちんと手入れされている。

阿武隈「あはぁ・・・それすきぃ」

阿武隈はもはやいつもの阿武隈ではない。目の焦点があっておらず、ただこれからくる快楽に期待し、待ち望んでいる。提督はそんな阿武隈に答えるように、阿武隈をすこしきつめに縛る。

阿武隈「ふぅぅんぅ///」

両手足縛られ、さらに乳房にも秘所にも縄がかかり、締め付けられているにも関わらず、阿武隈は嬌声を上げた。ベッドには、すでに阿武隈の愛液でシミができている。

提督「ちょっと締めすぎたかしら・・・でも、阿武隈にとってはご褒美よね、ねぇ、阿武隈」

阿武隈「ふぁぃ///」

縄で締め上げられた阿武隈にはまたもや焦らすような快感と、かすかな痛みが迫ってくる。だが、その快楽は‘歯磨き’の比ではない。

阿武隈「ひぎぃ!!」

提督「まったく、縛られて、こんなに乳首立てるなんて・・・」

提督は阿武隈の乳首を引っ張りながら、にこやかに言い放つ。

提督「これはすこし、オシオキが、必要ね」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 13:33:33.79 ID:2E/iyu5Fo
期待
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 13:34:17.20 ID:bK85/jD6o
変なんがいるががんばってほしい
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/09/27(日) 13:48:16.34 ID:pZFLnE0F0
提督「阿武隈、これが見えるかしら?」

阿武隈「ろう・・・そく・・・」

提督「そう、あなたの大好きな蝋燭よ」

提督はもったいぶるように、阿武隈の目の前で蝋燭の火をゆらす。光源の少ない仮眠室では、蝋燭の火は幻想的にゆらめいていた。
阿武隈は蝋燭の火に、釘づけになるとともに、すこし残念に思った。蝋燭なら、なんども提督にしてもらった。たしかに熱くて、身体に染み込むような感覚は大好きではあるものの、せっかくのオシオキなのだから、もっと激しいものがよかったのに、と思った。しかし、その考えは大きく裏切られた。

提督「そうねえ・・・まずは、太ももからいこうかしら」

そういって、提督はゆるやかに蝋燭を傾ける。そして蝋燭から蝋が滴り、阿武隈の太ももに垂れた。

阿武隈「あびゃぁぁぁぁああああぁぁぁああああああ!??」

想定外の熱が、阿武隈を襲った。熱い!熱い!!いつもの蝋からは考えられないほどの熱さに、阿武隈はもがこうとするものの、縄に縛られていてピクリとも動けない。

提督「熱いでしょ?そろそろ阿武隈も並のオシオキじゃ、堪えてないみたいだからさあ」

そういいながら、再度反対側の太ももにも垂らす。

阿武隈「ぐぅううぅぅううううあづいぃぃぃぃいいいぃ!!!」

提督「だから、蝋燭を変えてみたの。普通の蝋燭だから、もしかしたらちょっと辛いかもなーなんて思ったけど、

阿武隈「ひぃいいいぃいぃいいいいゆるひて!!ゆるひてぇぇぇぇぇぇぇえええ」

提督「その様子じゃあ、いい感じみたいね」

提督は話ながら、阿武隈の太ももからおなかにかけて蝋を垂らす。
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 13:50:09.10 ID:W6XzBpBw0
女提督ならスレタイに書いとけゴミが
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 13:51:53.80 ID:Esj47uU2o
    i`i
    | .|_,.、/'i
   ノ'" ニヽイ
  r〈   くン      __
  ト-'r、ィ-へ7  _Σニ'ゝ=<ーァ
  Y   ̄' |'"´       ̄`ヽ、
  |     |___,,.._ゝ___    ,  `ヽ、
  |     イ-'/´ ̄/ ̄ハ`""''ヽ、ィ _i
  |     / /| /-!、レ' | ハ_ !  `''〈   こいつ最高にアホ
  .|    | / レ'ー=、  レ,.=、、7 ハ |
   |    .| | | ""   .  ヒ_ノイ/ /__!イ
   |、__  |,|  |  rー--、   "i ト !ソV、
 ト、,ト、,___,.ィ! ', ト、 ヽ.__,ノ  ,.イ ハ' ̄'`
i\ |      ヽ|`「>ーr=i'"レヘレヽ|
〉  ヽ、    イ´ Σ>o<{ハヽ、ィ'i_ 
ゝ、_  `ヽr-'"´ 、  /   i  〉, フ  
 ∠  >ヽ.  Σ>o<{  _,イ  イイ. 
  レへ,  ハ   / ⌒  |__,.-ヘ.7  
      '⌒!,ヘ/ 、   , ト,   \ 
        r〉 '   i   ヽ'〈´   〉
       / /   !  ヽ ヽ、 /
      /  /       ,イ `く
     /   /     _rヘo'_    ヽ、
   rく /       レiヽ_7  ヽ  」、
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 13:58:31.88 ID:I1+5lX8AO
>>19
>>2に言えよ
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/09/27(日) 14:02:57.11 ID:pZFLnE0F0
ちょっとお出かけ

支援あざます
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 14:14:31.49 ID:tbQzvSw2O
あびゃああで噴いたw
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 14:17:57.94 ID:VlgsMju7O
FXで有り金全部とかした人の顔をしたような悲鳴が聞こえて
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:05:25.56 ID:TRRJrRP+0
おつ
待ってる
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:10:07.88 ID:fq7jq4rlO
安価ならスレタイに安価って書けやゴミクズ
さっさと依頼出してこいや
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:16:05.82 ID:ZqY8BC51O
■ HTML化依頼スレッド Part34
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440982252/
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:18:46.82 ID:bK85/jD6o
安価君遅かったね
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:19:30.88 ID:kTsihd+VO
我々は1が何故このようなスレッドを立てたのかという疑問を解決する
ため、1の故郷である群馬県に向かった。
「まだ日本にこんなところがあったのか…」思わず口に出てしまった
言葉を同行した上司に失礼だと咎められた。
小人が住むような小さな家、ツギハギだらけの服を着る農夫たち、
そして彼らは余所者で身なりのいい我々を監視する様に見詰めている。
高度成長だの、神武景気だの、オリンピックだので浮かれていた我々は
改めて農村の現状を噛み締めていた。ボロ屑のような家に居たのは
老いた母親一人。我々を見るなり全てを悟ったのか、涙ながらに
「息子が申し訳ありません」と我々に何度も土下座して詫びた。
我々はこの時初めて1を許そうと思った。
誰が悪い 訳ではない、農村の貧しさが全て悪かったのだ。
我々は1の母親から貰った干し柿を手に、
打ちひしがれながら東京へと帰路についた。
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:20:34.29 ID:e797x0U+O
>>28
お前みたいに時間持て余してる暇人じゃねえんだよカス
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:21:27.35 ID:5rMsDs1iO
___   ━┓  ___    ━┓
     / ―  \  ┏┛/ ―\   ┏┛
    /  (●)  \ヽ ・. /ノ  (●)\  ・
  /   (⌒  (●) /. | (●)   ⌒)\
  /      ̄ヽ__) /   |   (__ノ ̄  |
/´     ___/     \        /
|        \          \     _ノ
|        |          /´     `\
--------------------------------------
このスレはあなたにとって役に立ちましたか?

 ○ 非常に役にたった
 ○ 役にたった

 ○ どちらともいえない
 ○ 役に立たなかった
 ○ 全く役にたたなかった
 ○ むしろ見てくれた連中に謝罪が必要
 ● タヒんで詫びろ
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:30:18.59 ID:5ekJnA4IO
そもそも安価なら安価って書いとけば良いのに非安価スレ開いたらいきなり安価が始まって百合スレになってたらそりゃ百合嫌悪厨もキレるわな
ほんとスレタイに安価と付けない詐欺スレは害悪だわ
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/09/27(日) 15:34:51.64 ID:pZFLnE0F0
阿武隈「んぎぃぃぃいいいぃいいぃぃぃ!!!」

身体の中でただ一つ動く、頭を錯乱したように振りながら、必死に阿武隈は抵抗する。

提督「大丈夫、大丈夫、艦娘は一般人より丈夫だし、それに・・・ほら」

提督は阿武隈の密壺に手を差し込む。

阿武隈「はぁんぅ!!なんで、あたし!」

そこはぐっしょりと濡れそぼり、次なる刺激を求めてただひたすらに愛液をたらし続けていた。

提督「んふふ・・・阿武隈、あなたは70度を超える蝋で責められて、はしたなくイってしまうド変態なんだから、素直になればいいのよ・・・快楽に身を任せて・・・ね?」

阿武隈「提督・・・ふぐぅぅぅぅぅぅぅ!!」

提督はこんどは阿武隈の乳首を重点的に責め始めた。次々と溶けたばかりの蝋が阿武隈の乳首を包み込む。阿武隈はさっきと同じように、熱さに耐えられず、身をよじらせる。しかし、阿武隈は別の衝動も抱き始めていた。

阿武隈(なんで・・・どうして・・・)

阿武隈は自覚してしまったのである。自分自身がこの灼けるような熱さに、頭が白くなるほどの快楽が伴っていることを。目の奥が点滅しているのはこの熱さに、身体が耐えられないのか、それとも、チカチカしてしまうほどの快楽が自分を襲っているのか・・・

阿武隈「にいぃぃぃぃぃいいいぃぃぃぃいい!!」

そんな禅問答のようなことを考えていると、また、蝋が追加される。お腹に、肩に、首に、手足に、無遠慮ながらも阿武隈を気持ちよくするために、どんどん垂らされる。

阿武隈「もうむひ、むりなあああああぁぁぁあああああぁぁぁあああ!」

阿武隈を責めている提督はというと、阿武隈の悲鳴を心地よく感じながら、阿武隈の限界を考慮していた。いくら艦娘といえど、体力の限界はある。それも、まだまだあるにはあるのだが、一度休ませてあげることにした。

提督「阿武隈、よく頑張ったわね・・・」

阿武隈「あ・・・ていとくぅ・・・」

提督がふっと火を消す。蝋が固まった阿武隈の身体を、手で労わりながら蝋をはがしていく。

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:36:54.86 ID:a1Q858Oh0
まーたいつもの奴が暴れてんのか。こんなことして何が楽しいんだろ?
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:38:06.44 ID:KpMrR/PZO
> >>1>>3>>5>>7>>9>>11>>13>>15>>17>>19>>21 .┌───────────┐a.jp hb.jp c.jp
> >>2>>4>>6>>8>>10>>12>>14>>16>>18>>20>>22 │ 2ch新名所「orzタワー」 .│d.jp he.jp https://■■■■■
> >>2>>3>>5>>7>>11>>13>>17>>19>>23>>29>>31.├───────────┘a.jp ttps:// ttps://■■■■■
> >>1>>2>>4>>8>>16>>32>>64>>128>>256>>512 \●  目指せ容量落ち!!https:// ttps:// ttps:// ttps://
> >>1>>4>>9>>16>>25>>36>>49>>64>>81>>100   ■) b.jp ttps:// ttps:// ttps:// ttps:// ttps://■■■■■■■■■■
> >>1>>8>>27>>64>>125>>216>>343>>512    < \https:// ttps:// ttps:// ttps:// ttps:// ttps://■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps:// ttps:// ttps:// ○| ̄|_c.jp ttps:// ttps:// ttps:// ttps:// ttps://■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps:// ttps://    ●| ̄|_●| ̄|_https:// ttps:// ttps:// ttps:// ttps:// ttps://
> ttps:// ttps:// ttps:// ttps://   ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_d.jp■■■■■■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps:// ttps://  ●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_>>1https://■■■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps:// ttps:// ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_e.jp■■■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps:// ttps://●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_>>2https://■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps://    ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_f.jp■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps://   ●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_>>3https://■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps://  ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_g.jp■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps:// ●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_>>4https://■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps://○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_h.jp■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps://    ●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_>>5https://■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps://   ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_i.jp■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps://  ●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_>>6https://■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_j.jp■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_>>7https://■■■■■■■■■■
> ttps://     ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_k.jp■■■■■■■■■■
> ttps://    ●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_>>8https://■■■■■■■■■■
> ttps://   ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_l.jp
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:38:14.64 ID:7r6rZ0ceO
> >>1>>3>>5>>7>>9>>11>>13>>15>>17>>19>>21 .┌───────────┐a.jp hb.jp c.jp
> >>2>>4>>6>>8>>10>>12>>14>>16>>18>>20>>22 │ 2ch新名所「orzタワー」 .│d.jp he.jp https://■■■■■
> >>2>>3>>5>>7>>11>>13>>17>>19>>23>>29>>31.├───────────┘a.jp ttps:// ttps://■■■■■
> >>1>>2>>4>>8>>16>>32>>64>>128>>256>>512 \●  目指せ容量落ち!!https:// ttps:// ttps:// ttps://
> >>1>>4>>9>>16>>25>>36>>49>>64>>81>>100   ■) b.jp ttps:// ttps:// ttps:// ttps:// ttps://■■■■■■■■■■
> >>1>>8>>27>>64>>125>>216>>343>>512    < \https:// ttps:// ttps:// ttps:// ttps:// ttps://■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps:// ttps:// ttps:// ○| ̄|_c.jp ttps:// ttps:// ttps:// ttps:// ttps://■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps:// ttps://    ●| ̄|_●| ̄|_https:// ttps:// ttps:// ttps:// ttps:// ttps://
> ttps:// ttps:// ttps:// ttps://   ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_d.jp■■■■■■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps:// ttps://  ●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_>>1https://■■■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps:// ttps:// ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_e.jp■■■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps:// ttps://●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_>>2https://■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps://    ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_f.jp■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps://   ●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_>>3https://■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps://  ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_g.jp■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps:// ●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_>>4https://■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ttps://○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_h.jp■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps://    ●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_>>5https://■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps://   ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_i.jp■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps://  ●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_>>6https://■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_j.jp■■■■■■■■■■
> ttps:// ttps:// ●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_>>7https://■■■■■■■■■■
> ttps://     ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_k.jp■■■■■■■■■■
> ttps://    ●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_>>8https://■■■■■■■■■■
> ttps://   ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_l.jp
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:39:11.59 ID:6kY02OzXO


[ゴンベッサ-先原直樹]

ネット上でゴンベッサと呼ばれている、都道府県ssの後書き「で、無視...と。」の作者。2013年に人気ss
「涼宮ハルヒの微笑」の作者は自分であると自称し、物議を呼んだ。詳しくは「ゴンベッサ」で検索

1990年3月30日生 岡山県津山市出身 血液型B型
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:40:17.21 ID:YS+vHN6GO
■ HTML化依頼スレッド Part34
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440982252/
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:40:58.96 ID:sZgQOftpO
>>34
句点ニキくっさ
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:42:01.10 ID:4SbhV28ZO
         ___
         |    |
         | や |
         |. ら |
         | な |
         | い |
      ,,,.   | 夫 | ,'"';,
    、''゙゙;、).  |    | 、''゙゙;、),、
     ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙
     ‖  `i二二二!´ ‖
     昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌
    | ̄:|_|;;;l"二二゙゙l;;|_| ̄:|
    |  :|::::::| |;;;;;;;;;;| |::::|  :|
    |  :|::::::|┌─┐|::::|  :|
 ./゙゙└‐┴ ┴l,,,,,,,,,,l┴┴‐┘゙゙゙゙\
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  ̄|三|三三|三三三三|三三|三| ̄
   |  |:::  |: :    : : |::   |  |
   |  |:::  |: :    : : |::   |  |
  /_|:::  |: :     : :.|::  :|_ヽ
 _|___|;;;;;;;;;;|,;,;,,,,,,,,,,,,,,,;,;,|;;;;;;;;;;|___|_
 l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l


          ____
        /      \
       / ─    ─ \   さて、いい加減に
     /   (●)  (●)  \
     |      (__人__)     |  やらない夫を生き返らせるお
      \    ` ⌒´    ,/
       /     ー‐    \


          ____
        /      \
       / ─    ─ \    ゆうて いみや おうきむ
     /  (ー)  (ー)  \
     |      (__人__)     |   こうほ りいゆ うじとり
      \    ` ⌒´    ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     やまあ きらぺ ぺぺぺぺ
     /      ,⊆ニ_ヽ、  |
    /    / r─--⊃、  |    ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺぺぺぺ
    | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


         ___
         |    |
         | や |
         |. ら |
         | な |
         | い |
      ,,,.   | 夫 | ,'"';,
    、''゙゙;、).  |    | 、''゙゙;、),、
     ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙
     ‖  `i二二二!´ ‖
     昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌         __  _
    | ̄:|_|;;;l"二二゙゙l;;|_| ̄:|       _| |_|_|_| ┌――┐
    |  :|::::::| |;;;;;;;;;;| |::::|  :|      .|_ _|  .└―┐ |  _
    |  :|::::::|┌─┐|::::|  :|       .∧ | | ∧   ┌―┘ .| |_|_|「|
 ./゙゙└‐┴ ┴l,,,,,,,,,,l┴┴‐┘゙゙゙゙\.   ∨ |_| ∨   └――┘ l二ノ
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  ̄|三|三三|三三三三|三三|三| ̄
   |  |:::  . / ̄ ̄\.|::   |  |
   |  |:::. /   _ノ  \  |  |
  /_|:::...|   ( ●)(●) :|_ヽ
 _|___|;;;;;;;|    (__人__).;;;;;|___|_   復活するだろ常識的に考えて
 l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.|     ` ⌒´ノ.;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
  ||i ||( ̄)|         }( ̄) ||i i|
  |i  i | |ヽ        } | | |i i|
   ||  | | ヽ     ノ .| |  ii
._>-へ \ \>    </ /ノ  :.\_
    :/从へ、     ノ从rーヘ_
.__::ノ    :ノ`⌒Y⌒´::  \
        ::┘   :│   ゚
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:43:05.61 ID:NdMVSbp0O
            {!
      彡三ミヽ  `ヽ                              Mr.カラーは
      '⌒ヾミヽ   `ー、                  _____
          ヾ、     \              /⌒  ⌒ \    有機溶剤がタップリ使われてるんだお
       _    `ー―、                /(○ ) (○ ) \
     彡三ミミヽ         (⌒(⌒(⌒ヽ     /:::::: ,(● ● )、 :::::: \
    彡彡'   ヾ、    _  \ ヽ ヽ  (⌒)  |   ,' _,,.--、,  ',   |  だから臭いは当然として
           `ー '       ヽ:::::::::::    |.  \  l/r,二⌒ユヾ i  /
                 /⌒   ヽ   (  ヽ /  ''''´ ̄ ̄`    \   健康にも決して良くはないんだお
            ィニニ=- '       .\     V               ヽ
          ,ィ彡'
        //


   / ̄ ̄\
  /ノ  ヽ、_  \
. ( ●)( ●)   |   おk、把握した
 |(人__)   U  .|
  | ⌒ ´      |   分かったからそれ以上近付くな
.  |        |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>  n∩n   .n∩n
   | ∩_||_||_|   |_||_||_∩
    | |ー   ∩ ∩   ー|
    .ヽ  ( ノ ヽ )  ノ


      {!
彡三ミヽ  `ヽ
'⌒ヾミヽ   `ー、                  _____      タダでさえプラモ翌用具、
    ヾ、     \               /⌒  ⌒ \
 _    `ー―、               /(○ ) (○ )  \   接着剤やパテは有害な成分が多いんだお
三ミミヽ         (⌒(⌒(⌒ヽ     /:::::: ,(● ● )、 ::::::  \
'   ヾ、    _  \ ヽ ヽ  (⌒)   |   ,' _,,.--、,  ',    |
     `ー '      ヽ:::::::::::    |.  \  l/r,二⌒ユヾ i  /  それにヤスリがけした時に飛ぶ粉だって
           /⌒  ヽ   (  ヽ /  ''''´ ̄ ̄`    \
      ィニニ=- '       .\    V               ヽ  肺に入れば馬鹿にできないお
    ,ィ彡'
  //


./ ̄ ̄\
. ノ  ヽ、_ \
●)( ●)  |  ああ、お前の主張は尤もだよ
(人__)   U |
. ⌒ ´     |  分かったからそれ以上近付くなって
|        |
ヽ      /
 ヽ     /
  >  n∩n   .n∩n
  | ∩_||_||_|   |_||_||_∩
  | |ー   ∩ ∩   ー|
   .ヽ  ( ノ ヽ )  ノ


`ヽ
  `ー、                  _____      そもそも健康被害はやらない夫だけの問題じゃないお
     \               /⌒  ⌒  \
`ー―、                /(○ ) (○ )  \   家族の事だって考えなきゃダメだお
       (⌒(⌒(⌒ヽ     /:::::: ,(● ● )、 :::::::  \
   _  \ ヽ ヽ  (⌒)  |   ,' _,,.--、,  ',     |
ー '      ヽ:::::::::::    |.  \  l/r,二⌒ユヾ i   /   だから塗料選びは
     /⌒  ヽ   (  ヽ /  ''''´ ̄ ̄`     \
ィニニ=- '       \    V                ヽ  それらの事を考えて慎重に行うべきなんだお
彡'
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:46:01.53 ID:VigCBxUhO
ー提督'sROOMー

提督「クゥーン……クゥーン……」zzZ

ヲ級「……」トコトコ

提督「ヴォー……」zZ

ヲ級「司令官」

提督「ゥーン……あぁヲーちゃん……? お帰り」

ヲ級「ただいマ」

提督「……ンゴ」zzZ

ヲ級「……そうカ。ここガ……私の『ただいまを言う場所』なンだ」

提督「シュー……」zz

ヲ級「司令官」

提督「ゥーン……?」

ヲ級「私ハ……ずっとお前にただいまを言いたイ。お前に『お帰り』ヲ言ってほしい」

提督「オッス……」

ヲ級「……もう私は普通の深海棲艦にも戻れなイ。こんなに色んなことを知ってしまっタ。お前に会ってしまったかラ」



『あれはもしや大破した艦娘!?』

『ところでヲ級、夜中腹減んないっすか?』

『よかったなヲーちゃん!』

『お前は俺たちの仲間だ! 絶対にまもるっ!』



『人の心を持っている……痛み……生きてる証拠だよ……』



43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:48:19.06 ID:x690T7VtO
   _   / ̄`ヽ、 
     \`フ′/  | ̄__ 
   f'ー-、_,ソ  ,′  レ´ _/ 
   ヽ    |  l   ! ̄  _`ーァ 
    \  ヽ !  / '´ ̄ , ´
      \_,ゝ、_,ノ、__ , ‐´  ナwwwwwwwwwwwwゾwwwwwwwwwwwwノwwwwwwwwwwwwクwwwwwwwwwwwwサァーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 
      / ,   、 `ヽ 
       J  ー      し 
      \       ,fへ 
      , ー'^'┬─'T´  ノ 
       `ー─ ′  `'''''´ 

J( 'ー`)しYowwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwJ( 'ー`)しYowwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwJ( 'ー`)しYowwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwJ( 'ー`)しYowwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 
J( 'ー`)しYowwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwJ( 'ー`)しYowwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwJ( 'ー`)しYowwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwJ( 'ー`)しYowwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439576084
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/09/27(日) 15:48:40.31 ID:pZFLnE0F0
固まった蝋をはがし終えた提督は、阿武隈の頭を撫でた。

提督「阿武隈・・・いいコね・・・」

阿武隈「あうぅ・・・ていとくぅ、前髪触るのやめてってばぁ///」

阿武隈は照れながらも、やさしくなでてくれる提督に、なされるがままだった。

提督「阿武隈、今日のはどうだった?ちょっときつかったかしら?」

阿武隈「うん・・・とっても熱かった。でも・・・」

提督「でも?」

阿武隈「その・・・なんでもない!」

提督「何よ、教えてくれてもいいじゃない」

そういいながら、提督は阿武隈の前髪をくしゃっと手でいじる。

阿武隈「あっ・・・」

提督「ん?いやだったかしら?」

阿武隈「ううん・・・その・・・提督に前髪いじられるの、嫌いじゃない。ううん・・・

提督「?」

阿武隈「この前髪も、身体も、心も、全部・・・提督のものだから」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:49:03.40 ID:YfjxG8i/0
>>42
ヲい。スレ間違えてるぞ
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/09/27(日) 15:49:10.39 ID:FI+PDCjHO
   _   / ̄`ヽ、 
     \`フ′/  | ̄__ 
   f'ー-、_,ソ  ,′  レ´ _/ 
   ヽ    |  l   ! ̄  _`ーァ 
    \  ヽ !  / '´ ̄ , ´
      \_,ゝ、_,ノ、__ , ‐´  ナwwwwwwゾwwwwwwノwwwwwwクwwwwwwサァーwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 
      / ,   、 `ヽ 
       J  ー      し 
      \       ,fへ 
      , ー'^'┬─'T´  ノ 
       `ー─ ′  `'''''´ 

J( 'ー`)しYowwwwwwwwwwwwJ( 'ー`)しYowwwwwwwwwwwwJ( 'ー`)しYowwwwwwwwwwwwJ( 'ー`)しYowwwwwwwwwwww 
J( 'ー`)しYowwwwwwwwwwwwJ( 'ー`)しYowwwwwwwwwwwwJ( 'ー`)しYowwwwwwwwwwwwJ( 'ー`)しYowwwwwwwwwwww

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439576084
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:50:10.21 ID:LBinPT7tO


                        ||.| |
                        | 仁¨}
                        トr‐{ |
                        }┴ |_| __
                  マ ∨イハ>  ̄     ヽ
                     <二 > ´      Y     ∧
                >-∠__ /   {      |、      、  /⌒ヽ
               { ,′   '    .∧ {     | ∨  }  、 ∨    }
                  '. { l   |   {/_uYノ   トーヽ }   }  j    ,′
              从′ハ|{  从i心ヽ 八衍下  八 !二ニ=ァ
                ∧{:八人  {ヽー‐    ー‐// }  }二ニニ./
                 V-=\\乂///-'- //.人  八ノヽ 、ニ.′
                 ≧=-ハ 込、 {/⌒ヽ}.uイ  .イ    .У
                    '..   ∧   {>ーijく{  ∧      /
                   ∧   }   {     }   {    / /
                   / ∧  八 .| -' ー |  八  / ./
         __         ∧   l |     | l    /        - ― .、
        ./´   `  、       `/ .Y      Y ... ヽ ´     > ´      ヽ
      .′    }  \      { :ゞ':      ::ゞ' }    /   .{       }
      {        ヽ   \    八          八   /   ./        八
       八         '.  />、  !       i    u. }  /ニヽ  /   .i   /
.      ∧         l/ニニニニ\ }    .≠、     /ニニoニ.\'    J  /,--、
        / ∧      /ニニニニニ/ヽ  / :::: ヽ  ‘^\.ニニニニ\.    r'⌒ ノ´
       / ∧ u /ニニニニ=- ´   丶       /     ` くニニニニ.\  / .('´
       /  ヽ/ニニニニ/       {  {!    ′      }ヽニニニニニ/ヽ フ
            ∨ニニ/ V   {    .人  |{  ./        .′ \ニニ./ i イ
               V/   '.  し     ヽ.ヾ イ       .′   。 イ //
            ヽ    '.           Y  r,      /    ∩ /´
              ∧     '.、   (ヽ_、_i_.}_, _ノ ー゙|.∩Y´ ̄ ヽノノ /っ
               / ∧     ι   r≦ニ=-‐=ニ`Y、_. | j(.|  j^ー'´_ノ´    _
     o゜         / }. ___ γ、ヽ..゙=ニ_ニ=-ハ . j.{八//⌒ィ==〉_,-‐='、ノ
      ι    .⊂ニ=-/. ` ̄ ̄ ̄ ノイ/ll...-‐≠ ⌒ヾ、:..ノ(、/,へ/   { \
.        u       /.    /(ノjl. ).ll...ニ ̄二ニ=. ヾ'⌒ヽ、     ┼=ニつ
               _,'_,. '´/ィノ ,ィヽll/ 二.゙-−=ニ_`¨¨ヽヽ ≧=-ヽ\、}
             (二ノ..,r'ノ rノ /'´--..,イj..゙----------=≦} ヽヽ
             c ゚ / , '´. __/______゚o__.|  `ヾ)
               ゚ イ.  ゝ'.. / `ヽ       /´
                /ノ             }         {

ブイイイイィイィインブィイィイイイン
装置が奇妙な動作音を上げ、その場で回転した。
「あっがぁああああ!!!アァアアアアアぁぁァアアア!!
私は断末魔のような悲鳴を上げた。けれでも、その悲鳴の中に隠しきれない絶頂の声が混ざる。
装置は目に止まらない程でスピードで回転し、私は色々なものを噴出した。
回転の力によってびしゃびしゃと周りに飛び散るも、私はそんなことも気にも留めることができなく、再び絶頂した。
何度も何度も絶頂し、気絶してはすぐさま死ぬかのような衝撃で目が飛び起き、そこからはもう繰り返しを起こすだけだ。
漏らしてしまった罰なのか、ご主人様の姿はすでに消えていて、私は部屋にこの状態のまま放置され、ただ絶頂を繰り返すのであった。

↓1 放置時間 (半日や一日等。なお、どのような時間であっても、次は脱出パートです。最大値は丸一日)
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:50:40.82 ID:babkHyL4O
うすらCOLDだからマジでSTOP IT

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443207465
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:51:18.09 ID:/eFaIJtIO

lw´- _-ノv「ただ、私達がやろうとしているのは街を攻め落とす事じゃない。王と話をしたいだけ」

(^ω^ )「入れたとして、城まで行けるかお。こっちは実戦経験もない素人達だお」

lw´- _-ノv「絶対無理ね。間違いなくその前に鎮圧させられる」

(^ω^ )「……なら」

lw´- _-ノv「だから、式典の最後よ」

(^ω^ )「最後かお」

lw´- _-ノv「王はほとんど城から出られない。だけど、式典の最後だけは街を歩いてまわり民に姿を見せるわ」

lw´- _-ノv「これも、あくまで慣例だから絶対かと言われたら確約はできない。けど、まず間違いないと思う」

lw´- _-ノv「幼い王を公家や商家が都合よく操っているなんて噂はどこでも耳にする」

シューが「まぁ、噂とは言い切れないけど」と付け加えた。

lw´- _-ノv「……もっと悪いと、とっくに王は死んでいて一部の騎士たちの私欲のために政治が行われているなんて噂まである」

lw´- _-ノv「だから、王は生きている。今の政治は自分がやっているって見せる必要があるのよ」

lw´- _-ノv「先王がそれを辞めた年に直轄の村々で暴動が起きてから、その意味合いが強くなったの」

(^ω^ )「そうなのかお」

lw´- _-ノv「ちなみに、全部ビイグルさんに聞いた話だから」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:52:07.23 ID:l1xvq7P/O





1学期編
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430741052/


普久間島編
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431256879/


2学期編
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432031582/


キモオタ過去編
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434613498/


2学期 終盤編
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436710941/






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438694872
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:52:47.39 ID:UIb4/yzLO
 \クソスレ ワッショイ!!/

     ∬∬
     人
     (_)  
    (__)
    ( __ )
    (・∀・∩)  
    (つ  丿
    ( ヽノ 
    し(_)
  ∬∬   ∬∬
   人    人
  (_)   (_) 
 (__)  (__)
( __ ) ( __ )
 ( ´∀`∩( ´∀`)
(((つ  ノ(つ  つ))
 ヽ ( ノ ) ) )
 (_)し′(_)_)
夏だなあ
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:53:28.13 ID:+rR7L0rkO
ー裏山ー

のび太「」ククッ

のび太「アハハハハハハハ、僕は無敵だぁ!!このノートさえあれば誰も僕に逆らえない!はむかうやつは皆死刑だ!!」

のび太「出てこいよリューク、新世界の王の誕生を祝って乾杯だ」ポイッ

リューク「オォ!リンゴォォォオ!」バサッ

リューク「しかしノートを手に入れてから三日三晩でこの狂いっぷり。もう50人は殺ったんじゃねぇか?」カジッ

のび太「狂ってたのは元からさ。あの狸に出会ってから僕の感覚は次第に狂っていったんだ」カジッ

のび太「このノートの魅力はなんといっても融通が利くことだね。狸の道具にも人を殺せるものはあったけど、対象の死ぬ直前までの行動を操作できるものはなかった。それに規制もあったしね」

のび太「このノートなら正規の道具じゃないから、あんまり派手なことをしない限り未来警察に嗅ぎつけられる心配もまずない」

リューク「言うようになったじゃねぇか」クックッ


出木杉「………」
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/09/27(日) 15:54:17.43 ID:pZFLnE0F0
ここまで荒らし様が沸いていただけるとは感無量
ひとまず阿武隈だけでも書ききります
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:55:24.23 ID:qt1+MKhIo
ここで荒らしをスルー出来ないあたり作者も作者だな
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:55:50.85 ID:a3QczHjgO
△月×日
・不知火
 17駆が復活したらしいので通常営業に戻ります 詳細は別紙に それと16駆は休暇が出ます。

・初風
 私がおごるから間宮行きましょう 昼過ぎに集合ね

・天風
 やった! やった!

・時風
 白玉ぜんざい! もなか! アイス!
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:56:34.66 ID:iqHmCp+hO

>>845


とのことですが、結婚はしないのですか?



                     -‐  ´ ̄  ヽ、
                    /: : : : : : : : : : : ヾ:ヽノ_
                 ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
              , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :':    うむ…プロポーズはして結婚を前提にして付き合ってるのだがな…
                / : : : : : : : : : : : : : :-:.; : : : : : :',
              ,イ: : : : : : : : : :-‐: :´: :ノ {: : : : : : i   中々、私も公務で急がして、入籍もしていない
               l: : : : : : : : : : : : : :./ _,.ヽ: : : : ;
              ': : : : : : : :_; :‐:、'" ,ィッ‐, .} : : ノ   おっと、中佐と違って私は一筋だ。アリシア以外の女性など考えられんよ
              ヽ: : : :/   .:;       ; : :/
                  ): : i     :::j     ; : (
              -、: : : :、    __   -:'": : :,ゝ
                 \:.;.ヽ.  ` ー ´  ,.イ: :/
                     `i.rゝ__、   ./イ,i
                   l.r'ト=ニ.T.ニ=イ_.l
                     j乂ゝ_`|´_/_)l
                 ,.―-=ー .{ ー=  `ー _,. __
.      , -―- 、-ー Tヽニ,..、   ̄``.!'" ̄  ,. --、ニ‐_ー===ー 、
     ,lニニ -ーヽニニト.ニニニ)     .!    (ニニニ=ィ二i.T' ̄ , ーィ
.     i ' i .l .i .l .!」ニニ!_  ̄ rニニニ, .! rニ== 、 ,. -,仁ニY l .i .! .! .!.}
     l l .{ ll_j ノイニ二l  ̄ {ニニニニ! | lニニニニ} _ノニニニゝ'-Lノ-ィ
     ,ニニニlニニニニ', ̄ 'ニニ二j .l .!二ニニノ _/二二ニニ/二ニj
      {ニニニ,ニニニニヽー ヽ>'"_ .! ,__` ー"   ,イニニニニ,ニニニ!
      ヽニニニ,ニニニニ二\ ,.-≦ニl.|.lニ≧- 、./ニニニニニ,ニニニノ
        }ニニ二iニニニニニニ`ニ二二j !.!ニニニニニニニニニiニ/ニ}
.       {ニニニ!ニニ二二二\ー=-'" .| `"'-‐'/二二ニニニlニニニヽ



木星開発事業についてはどうですか?



            /                   \
       /                        ヽ
      ,                           ハ    正直、謎だ。何せ、我々の送った親書が届くのに2年
.      /             、              '
     /             ノjハ            i    その返事が返ってくるのに更に2年
      ′           // ゝ           l
    |            > 'ノ , ィ´ Y          !    4年も経てば、互いの状況などがらりと変わるし
    l         ィ´i ィ=r― trィ ヽ       i
     {        ,ィrtンヽ`    ̄ "   }       l    ただ、MSを動かすのにヘリウム3は必須だからな
      Y   l /`  ´ / !         !        八
      ヽ   ハ    ,           j!         /    蔑にするはずがない
        <   ハ     、 -       /ノ l   !  /
         `ヽ  ,    、`_ 一   く/  j  _ ィ
           ヽ ゝ、   -      ン ー ´イハ
           ノ  \   i    /l  , <、 く,_∧
           ` ー ≧ 、r ‐ ´ , < ´,ィ   ! rヾ∧
                 fミーr 彡 , <,ィf  ノ !  /{> 、
                    ト !l i  j   ィ! ー '/


57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:57:09.37 ID:9FnOP5nQO
◆はじめに◆

※本スレは【サイバーパンクニンジャ活劇小説ニンジャスレイヤー】の二次創作安価スレです

※進行はコンマ(投下レス時間下2桁)が握っています。高い方が遥かにイイ。00は100とします

※ニンジャを作ってネオサイタマを駆け抜けろ

※アナタは悪逆非道に生きてもいいし、生きなくてもいい

※サイバネ改造、薬物ドーピング推奨な

※記述重点

※連取りは安価下

※卑猥は一切ない

1スレ目
ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1439110889/

2スレ目
ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440240770/

3スレ目
ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440843799/

4スレ目
ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441711584/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442847036
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:57:50.89 ID:iLwlfc8rO
 
愛宕「そんなこと言われたって、私達にはどうしようもないわ。そういう風に生まれるんだもの」

提督「ああ、同感だ。それはお前達のせいじゃない」

提督「だがお偉いさんは、艦娘が人間に酷似しているがゆえに、恐れているんだと思う」

提督「人間と同じ欲望、人間と同じ思考。それでいて人間よりも強い……恐れずにはいられないだろう」

愛宕「それは私達が……人間に向かって牙を剥くかもしれない、ってこと?」

提督「ハッキリ言えばそうだ。極端な話、仮に艦娘同士が結託してクーデターでも起こされてみろ」

提督「おそらく止めようがない。止められるにしても大きな犠牲は免れない」

提督「そして、それに至る道はどこから通じているのか。それも俺達には知りようがない」

提督「だから大本営は艦娘が妙な情報に触れて思想的に悪影響を受けないよう、そういうのを遮断してるんだ」
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 15:58:52.80 ID:2irBFG3mO

鹿児島に行けば超常現象から逃げられると思っていたが嘲笑うかの様にまた誰かを傷つけてしまった。

哩も咏さんもこの子もそうだ。訳も分からない超常現象に巻き込んで生命の危機に晒した。

家に引きこもって行動しなければいいと考えたがそれは親を巻き込むかもしれないと考えたらできなかった。

生きずらい世の中だ。強くてニューゲームの気分が虐められてニューゲームの気分だ。

神様や幽霊なんて前世は信じてなかったが今は認めるしかない。神様や幽霊は存在して理不尽に殺しにくる。

勘弁してくれ、神様。誰もあんたに愛してくれなんて望んでいないし、加護がほしいなんて思った事もない。

困った時に祈る位であんた達は十分だ。

だからこれ以上、俺たちにかまわないでくれ。

『断る』

無慈悲なその声と共に俺は意識を失った。

そして次に目が覚めたのは冬休みが終わり三学期が始まる一月の半ばだった。

「………生きてる」

その実感だけがただただありがたかった。

tips 公開

鹿児島異変
薄墨初美の変異

tips分岐

転校する覚悟
中学校は何処に行く?

clear報酬

1.麻雀力
2.オカルト(カンスト
3.執事力
4.恋愛

↓1

クリムゾン道場

まこ「難産以前にここで[ピーーー]気でおったらしいの。生存値4以下で確殺の予定じゃった。難易度は上から国之狭霧神と九面、九面、国之狭霧神となっておったの。九面は狭霧の香りがする京太郎を害悪と判断してそれをどう凌ぐかばかり考えておった。じゃが九面と狭霧同時でしかもクリティカルの恩恵で初美が加害者ではなく被害者になったのも予想外じゃった…まあ、今回以降は人的災害が死亡フラグになっとるからそうそう即死はないはずじゃ」

まこ「ヒロイン情報と質問は今回は一つのみ。ただ詳しく答えようかの」

↓3
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:00:17.72 ID:if9a5z8oO
【このスレについて】
ショタSS、画像、声、のうp。ショタに関する雑談などなど。
作家さん絵師さん等の職人さん大歓迎。

まとめ http://wiki.livedoor.jp/vipshota/
避難所(パー速) http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1408885719/

初めての方はまとめサイト・テンプレを読んで下さい。
過度の馴れ合い(顔うp・ちんこうp・うp希望等含む)や違法な物のうpは止めて下さい。
職人さんが作品を投下している時の雑談は控え目に。 雑談の時は名無し推奨です。
ショタに関するものならどんな投下も大歓迎!
職人さんはいつでも遠慮なく作品を発表しに来て下さい。
SSは原則としてまとめに格納、絵はうp時に宣言した場合はまとめ格納拒否できます。
皆さんの投下をお待ちしています!

【エロゲ】
このスレから派生して製作していたショタエロゲについては以下の通りです。
エクレール『黒白の翼』(エロゲDLはこちらから):https://www.dropbox.com/s/66jgh7rtghl1fyb/%E9%BB%92%E7%99%BD%E3%81%AE%E7%BF%BC.zip

【100のお題】
このスレで作ったショタお題です。ネタ切れで困っている職人さん、参考程度にいかがでしょうか。
http://wiki.livedoor.jp/vipshota/d/shota100list
【ショタキャラまとめ】
古今東西のショタキャラたちの一覧。どんどん追加してください
http://wiki.livedoor.jp/vipshota/d/shotalist
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:01:23.53 ID:+tndE/h2O
「じゃあ、試してみようか」
 そう言うと彼女はそのほっそりとした腕を伸ばして、私の逸物をそっと指で擦り始める。
彼女の指先が亀頭に触れるのと同時に、肉棒の芯が疼くのを感じた。少しずつだが着実に
私の中の肉欲が膨らみ始めている。目の前にいる清純な白人美少女の子宮に
黄色人種の野蛮な種を植え付けたい、私の子供を孕ませて末永く暮らしたいという、そんな欲求。
「ふふ、包茎、なんだね」
 彼女の人差し指の爪が亀頭の先割れにつぷぷっと突き刺さる。鋭い刺激に思わず身体が跳ねた。
そんな私にはお構いなしに彼女は余った皮を残った指で剥き払う。ぷっくりと怒張した亀頭のカリ裏が
彼女の鼻先にぎゅっと押し付けられる。彼女のまじまじとした視線がペニスの膨らみを一層増加させる。
「ふふ、フェロモンいっぱい出してるね。繁殖用の魅了フェロモン」
すんすんと匂いを嗅いでふるふると悶える少女。きっと今、彼女も私を魅了するためにフェロモンを出している。
「……しちゃおっか、もう」
 彼女の青紫のパンティがしゅるしゅると降ろされる。白い糸が彼女の秘部とパンティの間に引かれる。
同時にフェロモンまじりの熱気がむっと溢れ出してきた。思わず唾液を飲み込む。
「あのね、本当はね、もうね」
 愛らしい彼女の膣口が私の亀頭にちゅうっと吸い付く。もう、限界だ。耐えられない。
「お腹の中に、ボクと君の子――」
 押し倒すと同時にそのピンクのみずみずしい唇を無理矢理奪う。
「――ふふ、コトバはいらないよね。でも、言っておきたいの」


「愛してるよ。ジャップ」
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:03:44.10 ID:6BVtH4/FO
光彦「凄いですね・・・性を変えるなんて・・・これは僕以外に応用すればボロ儲けですよ」

コナン「バァァーーロォォォ」

コナン「だけどまだ試したことがないんだよ!だから光彦で試すのさ」

阿笠「そうじゃ・・・うまく行けば三人でワシが5光彦君が3新・・・コナン君が2で分け前を分配じゃ」

コナン「宣伝は俺に任せろよ」

阿笠「では行くぞい」ポチ


光彦「あっ・・・ん・・・ハァハァ」

光彦「見た目は・・・髪がさらさらに・・・声も高くなってますね」

光彦「それにどことなく柔らかい感じが」

コナン「男特有のゴツゴツした感じがなくなってるな」

阿笠「それより・・・ほらのぅおめこの方は?」

光彦「」ゾクッ

光彦「ち、近づかないで下さいよ!!気持ち悪い」

阿笠「あ、すまん」

コナン「どーやら心も変わったらしいな。博士に嫌悪感を抱いてやがる」

光彦「コナン君//」

コナン「で?どうなんだ?」

光彦「ないですね。それどころか女性器がきちんとあります」

阿笠「ほほぅ・・・それにしてもよくそれが女性器だと」

光彦「童貞が許されるのは小学生までですよ」

阿笠「・・・」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431714108
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:06:59.01 ID:h4KYrYlQO
風呂は心の洗濯っていうのにどうして俺の心はここまで汚いんだろう。口を開けばおっぱいおっぱい。心開けばちんちんちんちん。人工無能ですらあきれ返るほど。
まてよ。その理論で行くと俺は真に心開いてるのは加賀一人ということになるのか?えっまさかそんな。確かに加賀には俺の痴態のほとんどを見られてるけどそれはない。
あれはもう心開けば開くほど距離も一緒に開いていくやつだよ。素直に生きるのがこんなに大変だなんて。変態だなんて。

はあ。精液を凝固させないためにフィギュアを冷水で洗っているせいで精神的につらい。寒い。一瞬でも阿賀野と疑似ソーププレイができるんじゃないかと期待した俺がばかだった。
冷えた精液の冷たさもなんだか悲しい。ひどく悲しい。冷めた精液ってなんであんなにも心を凍えさせるのか。

はあこんな時に如月がお背中流しに来てくれたら最高に幸せなのに。加賀が来たら死合わせだけど。
いやだめだろよく考えたらこんなときにきたらこのフィギュ野はなんだってなるだろ。自覚したらなんだかオナホを洗ってるときを思い出してきた。最悪だ。あのなんとも言えない事務的で冷静に女性器の模倣品を濯いでる時間。傍から見たら間抜けその物の姿。
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:09:26.23 ID:d7NlQ1n9O
⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン
⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン
⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン
[アジフライ王国(キリッのドボドボ王子こと荒巻スカルチノフwww ★] [アジフライ王国(キリッのドボドボ王子こと荒巻スカルチノフwww ★] [アジフライ王国(キリッのドボドボ王子こと荒巻スカルチノフwww ★]
[ヅラ] [ヅラ] 2005年の耐震偽装問題において、偽装を行った建築士がかつらを使用していたことから
[アタタタタタタタタタタタタタタタタタ] [アタタタタタタタタタタタタタタタタタ] 阿部寛。北斗の拳のアニメシリーズにおいてケンシロウ役で出演したことから
[田島「チ○コ破裂するっ!」]
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:12:03.66 ID:QmkoWJGGO

キョン「…………」

朝倉「…………」

長門「……」

キョン「……いくら人の道の外にいようと、見ていいものと見ちゃだめなもんがある」

朝倉「これは……後者の様だったわね」

キョン「ああ……だが、朝比奈さん本人は成功と思ってるみたいだから、そうしておこう」

朝倉「そうなんだ……というかキョンくんがあんな透明化じゃなくて一瞬で透明にしてあげればよかったんじゃないの?」

キョン「そうすりゃハルヒは驚かんだろう、最初のうすーいリアクションの様にな」

キョン「それに、言ったろ? 俺は俺達も楽しむ合宿にしてやる、ってな」

キョン「ちょいちょいと起こるハプニングは俺が意図的に操作したもんと思ってもいいぞ、俺がおもしろくなるようにするモンだから」

朝倉「迷惑極まりないわ」

キョン「まぁ、朝比奈さんはやり遂げたんだ、結構すごいことまで……」

朝倉「そう、ね……」

キョン「朝倉も……頑張れよ」

朝倉「あれを!!?!?」ガーーン!!!

キョン「いや、あそこまでとは言わんが……」

朝倉「……まぁ、観察対象に飽きられても困るしね」

朝倉「程々に、最善を尽くすわよ」

キョン「期待しておこう」

長門「……」ピクッ

キョン「どうした、長門?」

長門「…………夕飯」

キョン・朝倉「「あぁ……」」
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:16:45.86 ID:oa5YFvpHO

                      /:::/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    /::::/:::/:::::::/:::::::::::::::::::\::::::::ヽ    半月も報告や連絡が滞ってしまってすいません
                  /:::::/:::::/::/:::::/::::/:::::::::::::::l:::::::U::::::::::、
                 /:::::::::::::/:/:::::/:::l::j:l::::::::::::l:::l::::::::::i:::::i:::::、
              j::::U:::::/::;:::::/l::/l::l:l::::::::::::!l::!l:::::l::::l:::::i:::::i    ご心配をおかけして大変申し訳ありませんでした
              i:::::j:::::::l::::l:::l-{:{十l:l:::::::::::l }:l l:::::l::::l:::::i:::::i
              i:::lj::::::::l::「l::l l:l`{ ト{:::{:::::j Tl''ト::l::::l::::::l:::::l
              i:::l:::::::::ト::l トl _  トい:/'"j l::ノl::::l::::::l:::::}    間が悪くばたばたしてしまっていた次第です
                   i::j::::::::::l彡=ミ`    V --__ j/ l::::l::::::l:::::l
                l:j:::l:::八         '"~~_ j::/l:::l::!l:::j
                 j:l:::l:::::l::\       ''     //ノ::l::l }ノ    シルバーウィークってなんだったのでしょうね
                 ノ::l:::l:::::l:人    _      //:::::l::l::j
                  //::l:::l:::::l::::::l\ `ー- "   イ/::::ノj::l::{
               //:::::ゞヽ::l::ィ代     -‐ 水"::::::::/:::从人    お騒がせしてしまって申し訳ありませんでした
                 /:::::::::::::/ l  \  / } ト::::::::::::::l
            /::::>''"/  i  ハ /ハ l  ゙、 `<{
           -‐''"    /   l /\ V / 癶j  ヽ    ̄ ヽ
         /       /    l / `Y ̄ Y   l    }         l     また新しいスレッドが迎えられましたのも
         { ヽ     \   K   い_/   l  /     / l
            l  `、     \ l∧  / ハ /:l 〈    l /  {
         ノ   ゙、 l    /  l:.∧/   ∨:.:l  ヽ    l /   ハ     気にかけて下さっていた皆さんのお陰です
         {    ゙、 l  /  l:.:.:∧    /:.:.l   Y  l/     }`、
        /l     ゙、l  {    l:.:.:.:.∧  /:.:.:.:l   l  /    /ノ::::\
       /:::l     i  ∨   ト:.:.:.:∧ /:.:.:.:.:l  l  j    / l::::::::::::\        本当にありがとうございました
     /:::::::::l  ゙、  l  V   l:.:\:.:..V.:./:.l  l  l    /  l::::::::トミ::`''ー--‐
  ー-‐彡/:::::::::::l   `、  i   ∨  l:.:.:.:.:.\∨:.:.:.:l  l  l   /  lヽ:::::i   ̄
     /:::::::::::::::l    ヽ l   ∨ l:.:.:.:.:.:.:.l }:.:.:.:.:.l  l   l  /   { V::i      本スレッドでもどうぞよろしくお願いいたします
    /:::::::::::l:::::::l     \   V !:.:.:.:.:.:.:l l:.:.:.:.:.:l j   {/    }  i:::i
   /:::::/::/l::::::::l      ヽ  V l:.:.:.:.:.:.:.{{:.:.:.:.:.:l !  /    /  /   i::}
   /::::/l:::l l:::::::l  \    i   ゙、!:.:.:ー--rr―:.:.l l  /  /  !   l::l
  /::::/ l:::l l:::::::l    ミ  l   j:.:.:.:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.:.:.!l  / /   lヽ  l:j    今週月末までも微妙に立て込んでいる関係で
  /::::/ l:::l l:::::八      `ー、 j:.:.:.:.:.:.:イ「 ̄:.:.:.:l //     l::::ハ jノ
  j::::l  l:::l い::{ ヽ        }ノ:.:.:.:.:. ̄Tl:.:.:.:.:.:.:∨        ト::::::i/
  l::::l   !::l 、:::::i ト、       ∨:.:.:.:.:.:.:.:jl:.:.:.:.:.:.:./       j V:::}     もう少しお時間を頂くことになってしまいそうですが
  {::::l   い  \∨ハ        ∨:.:.:.:.:.:‖:.:.:.:.:.:/       /  }:::j
  λ{   \   ソ  ゙、       ∨:.:.:.:/\:.:./      /l  ノノ
   \      /   ゙、       ∨:/:::::\/      / { /      地道に積み重ねていきたいと思います
         }     \      ∨::::::::::ノ      /   \
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/27(日) 16:16:47.50 ID:HZkh7KN00
 特に誰かに目撃されるという事も無く私達は無事提督の自室に着いた。
「汚い部屋だが勘弁してくれ。とりあえずベッドにでも腰掛けてて。」
 汚い部屋と形容したがそこまでの汚部屋という訳でもなくそれなりに整理はされている。提督は奥で軍服を脱いでいる。これからする事を考えると少し不安だが後はなるに任せるしかあるまい。

「…初霜。もうそちらは大丈夫かな?」
「準備」を終え私の隣に座った提督はそう尋ねてくる。
「…はい、準備万端ですよ。」
 その言葉を合図に提督は私を自室のベッドに押し倒した。鍵はかけてあるし、提督の自室なら執務室の様に急に誰かが入って来るという事も無いだろう。

 怖い

 だが、同時に提督と一つになりたいという願望が心に浮かぶ
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:17:27.44 ID:ZhG+XIvQO
側近「乳揉み師、25歳、女です」

魔王「す、すばらしい!!!」ハァハァ

側近「チッ」

魔王「おい、今回はお前が勧めてきたのだから俺に非はない」

側近「安価は絶対ですから」

魔王「本当にお前側近か?初っ端からキャラ崩壊し過ぎだろ」


数分後


乳揉み師「側近様!おっぱい揉みたいです」モミモミ

側近「もう揉んでるではありませんか」

魔王「これが俗に言う百合か」ハァハァ

側近「キモイですよ?」

魔王「……でだ、本当に勇者討伐の旅に出てくれるのか?」

乳揉み師「もちろんです!人間のおっぱいこそ至高!揉みしだく所存であります!」ニヤニヤ

魔王「お、おう」

巫女「ま、魔王様」ツンツン

魔王「どうした、マイプリンセス」キリッ

巫女「身の危険を感じます」ブルブル

魔王「ん?どういうこと──」
乳揉み師「およ?そこにいるのは巫女ちゃん?」ニヤッ

巫女「!」ビクッ

乳揉み師「その発育途中のちっぱい、もらった!」

巫女「や、やめてくださいっ」

魔王「ゆ、ゆりゆりパーティー」ハァハァ

側近「チッ」
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/27(日) 16:17:51.78 ID:HZkh7KN00
 そう言って初霜もこたつへ潜り込む。
 戦闘においても私生活においてもしっかり者(若干天然気味な所はあるが)な彼女だが、人である以上弱点も勿論ある。

 その弱点の一つがこたつだ。
 というのも彼女、一度こたつに入るとたちまちだらしなくなってしまう。普段のしっかりしている様子など嘘の様にぐでーんのだらーんのでろーんになってしまうのだ。何となく擬音で察して欲しい。

 鎮守府では寒い中での士気高翌揚の為という言い訳で、このくらいの時期になると各所にこたつを出す。待機中や非番の時には自由に入って良い事になっており、この時期は至る所で暖を取る者や妖精さん達の姿を見る事が出来る。

 無論中には「かえって士気の低下になる」とそれを快く思わない者(具体的に言うと伊勢がいつも以上に怠けて困る日向と、本人の体温が高いせいで一緒に入った者が漏れなく焼き鳥になり、挙句そのまま熱源にされかねない加賀。)も居るが、現代日本は民主主義国家だ。
その原則は鎮守府にも当てはまる。こたつ撤去反対派の数が圧倒的な現状、当面こたつが取り払われる事は無いだろう。何だかんだでそんな中でも皆しっかり戦果は上げている。
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:18:08.44 ID:UM7dT6usO
  .__________________________
 |一|二|三|三|七|八|八|E| 1.| 2.│ 4.|  |  |
 |萬|萬|萬|萬|萬|萬|萬|筒|索|索|索|北|  |
 └─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:18:57.98 ID:lOBwIXmcO
言峰「かくして、聖杯戦争は幕を閉じた…」

言峰「やはり聖杯は、人類の手にはあまる代物だったということか…」

イリヤ「こんなつらい結末になるなんて…あたし…!」

凛「何それっぽく終わらせようとしてんの!?あのアホ、今回徹頭徹尾下ネタに走ってただけじゃん!!」

言峰「ばっかお前、真面目な聖杯戦争なんてアホの作者に書けるわけねーだろ!!」

言峰「とりあえずイリヤあたりに『おち○ぽ』って100回言わせておけば皆喜んでくれるんだよ!!」

凛「よろこばねーよ!!ssだからって馬鹿にしすぎだろ!!」

言峰「おち○ぽォ?」

イリヤ「おち○ぽォ?」

凛「腹立つ!!お前ら腹立つ!!」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:19:16.92 ID:++xYfosJO
 捻じ曲げられた糸は、歪められる原因となった応力が消えた時その弾性に従い元の形へと戻る。ならば同様に世界を決定付ける糸たちも、俺というイレギュラーが消えた時、いつか元の姿へと収束するのだろうか。
 答えは見つからない。結局のところ、宇宙の中に住む我々に宇宙の広さが計り知れないように、神の視点を持てぬ我々に世界線の構造もまた解明しきれないのだろう。我々は結局、ただの人なのだから。
 けれどもこれだけは言える。

 この身が──例えば消えても──意思は残留し未来のあなたにいつかは辿り着くだろう。

 塗り替えられた記憶を宿し──
 震えて歪む定めを乗り越え──
 絡みあう糸たちの軌跡を辿り──
 孤独を抱き、避けられない痛みと共に燃える。

 神に抗いし騎士たちは進むだろう──ふりむかずただ前へ。
 時を見つめる者のまなざしさえすり抜けて。



Steins;Gate「二律背反のライデマイスター」
 
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/27(日) 16:20:24.75 ID:HZkh7KN00
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:        第
‐-、;:;:   ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:     ;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:      ┐ 四
   丶       ;:;:;:;:;:;:;:;:;: (゚)(゚)ミ ;:;:;:;:;:;:;:;:;: 野  昏  章
    |        ;:;:;:;:;:;:  ノ   ミ  ;:;:;:;:;:;:;:: 獣  睡
    |         ;:;:;:  つ  (        と   レ
    |         ;:   ノ    ー、     化  イ
    |           /    人 `i      し   プ
__-‐´´|  (´・ω・∩  / ,ソ.   / ) |      た  !
   ...,|  (つ   ノ⊂ ) |   / (メ      原
..,,,=''´   ヽ  ( ノ    / ⌒ 、ヽ       住
      (_)し'     ( <    ヾ )       民
              ⊂_)  ⊂_)     └ 
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/27(日) 16:21:41.36 ID:HZkh7KN00
                    ∩    / ̄ ̄ ̄ ̄
   (゚)(゚)         (・ω・´)/ /  <  こ↑こ↓
  彡  と      /       /      \____
_ノ   ー、     / /|    /
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/27(日) 16:22:22.14 ID:HZkh7KN00
::::|_____          
::::|       ||          
::::|(゚)(゚)     ||
::::|  と  < へぇーすっごいおっきいっすね〜
::::|  .⌒l    ||
::::|  i |.   ||
::::| _/,イ    ||
::::|_ノ  |   ..||
::::|   ヽ   .||      (´・ω・)  < 入ってどうぞ!
::::|⌒>  )  .||___ ⊂   / つ
::::| / / ̄ ̄ \     人  Y
  (_つ      \  ,し (_)
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/27(日) 16:23:08.34 ID:HZkh7KN00

 |  まず うちさぁ・・・屋上…あんだけど、焼いてかない?
 \_ ______
    V          (^)(^)ミ
              ノ   ミ < あ^〜いいっすねぇ
              つ  (、_
            /⌒    ,  )
 _______( ⌒`γ⌒~  ノ____
 |  (`・ω・´)   `,ー-^ー一'/       |
 |  (    )   /     /       :|
/ ̄( (  (  ̄ ̄( (⌒>  )  ̄ ̄ ̄ ̄/|
|| ̄ (_(_) ̄ ̄(_) (_ つ ̄ ̄ ̄ ̄||
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:23:15.54 ID:B2nR845OO
Chapter1



 俺たちはこれから、35年かけて世界をねじ曲げる。そのために、旅立つ。敢然と顔を上げ、運命に立ち向かっていく。行ったら戻ってこれない一方通行の旅。でもそれは、閉ざされた2日間よりもずっと刺激的で──
 そして何より、可能性に満ち溢れている──
 そう信じたい。それが、生きるということだから。
 俺たちは手を繋いだまま、屋上から下の階へと続く扉へ向かう。途中、鈴羽が不安げに呟いた。

「きっと、大丈夫だよね……岡部倫太郎……」

「ああ……」

 もしかしたら未来は変わらず、鈴羽は記憶を失うかもしれない。それどころか、俺たち2人とも記憶を失うかもしれない。でも2人なら──
 俺が止めていた時間の針を再び動かしてくれた鈴羽とならきっと──
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/27(日) 16:24:02.86 ID:HZkh7KN00
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| あぁのどかわきますね〜      
\___  ______     のどかわかない?
      V           ___なんか飲み物持ってくる?
 ̄ (=)(=)  ̄ ̄ ̄ \     \    (・ω・´)\
 彡   と      \     \   (つ  .つ   <ちょっと待っててね !
/⌒     ⌒ヽ    \    \   .( 、 ^ヽ ^ヽ \
  /\    \ \   \    \    (__)_)  \
/   \    \      \   \________\
      \
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/27(日) 16:24:45.14 ID:HZkh7KN00
      ヽ:;:;:;:;:;;;/
       ヽ;:;/
        V
        :;: ,.       サッー!(迫真)
   ,.-"~ ̄;;:;;;;  ̄``ヾ
   !    ;:;:;:;    !
   !``ー ;;::;;:;;; ─,"´!
   ! ,.-= = = =-、|
    !ー-−──;:: :::|
     l:::::::::::::::::::::":::::::l
    l::::::::::::::::::::::::::::::j
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/27(日) 16:25:15.38 ID:HZkh7KN00
                                     `ヽ
   _________            ,.-‐┬‐┬ァ    ヽ
      ̄`ー、_   l::::::::}ヽ          -ニ、__l_;:='/     ゙i
           `ー┴‐'"´             ー─‐        ゙i
                                         i!
                                          i!
                 /        ヽ               i! 
          ///     /            \      ////    i!
          '///  /       ',/       ',     //////    l   
          //   !          l        l     ////     l
               、        ,' 、        ,'            i!
                ヽ . _ .. '  ヽ . _ .. '            i!
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/27(日) 16:25:57.25 ID:HZkh7KN00
         (=)(=)
      /⌒彡   と
     / ,イ  |_|彡^ヽ\       (´・ω・`)    お待たせ!
    /  / iヽ    ~ゝ ) )      ( つロ⊂) < アイスティーしかなかったけどいいかな?
   ( \ 〉     / i /        `u-u' 
    \、 \    (__ノ
     「ミソ      |
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:26:29.70 ID:EVP2KXUso
コピペスレやんけ(大歓喜)
よっしゃとっておきのコピペ探して貼ったろ
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/27(日) 16:26:54.16 ID:HZkh7KN00
┏━━━━━┓
┃   / \  ┃
┃ /     \┃
┃ (゚) (゚)ミ  ┃
┃ 丿     ミ ┃
┃ つ   (  ┃
┃   )  (   ┃
┗━━━━━┛
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:29:12.49 ID:S/ZiZOZnO
ー鎮守府正面ー

暁「んー、今日もいい天気!」

雷「たまにはゆっくり過ごすのもいいわよね」

響「ダー」

電「なのです」

高翌雄「あら、みんなは今日はお休み?」

愛宕「駆逐隊療養の日、ね♪」

球磨「クマたちも休むかクマ?」

鳳翔「巡洋も大切なお仕事ですよ」

那智「その通りだ。さっさと出発するぞ」

球磨「お、酔っぱらいが来たクマ。二日酔いしてないかクマ〜?」ニヨニヨ

那智「……生憎と一発で酔いが冷めたよ。アレを見たらな」

高翌雄「あぁ……私もです」

雷「? 何かあったの?」

愛宕「え〜っとね……」

――ドドドドドド

提督「はっ、はっ、はっ、はっ! もう勘弁してくれ!」

ヲ級「待て司令官! まだ半分も食べてないぞ!」

鳳翔「おや……噂をすれば、ですね」
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/27(日) 16:29:28.41 ID:HZkh7KN00
      /      /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ |  |
       |[]::       |  |
       |──── |  |
       |[]::       |  |
       |_____|  |
      |____ |  |  
 (´・ω・`).彡( )( )/|  |   さようならお兄ちゃん…
 (   ⊃ ̄ ̄ ̄|  |/    
 ..`u-u'____|/
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:33:46.68 ID:kfMwbIGsO

真美「こんなところでなにしてるの?」

亜美「これはかなり驚いてるね…」

真美「無理もないか、私達 元気いっぱいだから、病院とは無縁に見えるんだろーねー」

亜美「ていっても、ここ、パパの仕事場だしー、お弁当 届けに来ただけだしー」

唐澤(そういえば…、ここは『双海クリニック』だったナリ)

真美「それよりー、今日、人が混んでてまだまだ時間あるんでしょー?」

亜美「亜美たちと遊ぼうよー」

唐澤「け、結構です(敬語)」

真美「そんなこと言わずにさー」

亜美「そうだよー」

唐澤(こ、この2人は苦手ナリ…)ギュルルルル…

唐澤「あっ」

真美「は?」

亜美「え?」









唐沢(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!)

真美「う、うわあああああ…もごもっmg,,,くぁwwwwせdrftgyふじこlp;@:「」

亜美「亜美の顔に大量のウンコが!!」ガーン
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:41:59.50 ID:tL5IjbpJO
 ゙l、,/ン,::::::::::_r::::::/:::::::::,:l゙::.,i´.メ .゙゚“` │゙'、:::゙l:::::: : :":::::ヽ   /
    ,}!ン',i::::::::::,/::::::i″:::::/;l゙:;,″:l゙     .| .゙l:::::゙|::::::::::::l: :::::ヽ  /
   ./,'",i::::::::::,,i::::::::l゙::::::::,i´,l゙:ノ  l゙     |. `゙l::│;;;;:::::::l:::\:::ヽ/
  ,l》゜.,i:::::::,::,::::::::::!::::::::/::,||::,!  .l゙     l  │:ト;;;;;;:::::: l:::::::\::<
  ,l″.,i:::::.,,ジl::::::::「:::::::l゙::j|'作,,,,, |       ,|,,,,イ",!|゙l;;;;;;:;:;;:|:::::::::::::::,;ヽ
  ′ l゙::::,/.゚y〔:::::::l::::::::`:i|".|:|  "ト >   "" !   ゙l|'゙l;;;;;;:::::l:::::::::::::l ヽ;|
   l゙::ノ  `l|:::::::ト::::::::,|li,,,,||   |      │  _,,,,,゙l、;;:::|::::::::::::l  ‘
   .,!::i´   |:::::::]::::::::j`゙゙llllllllllii,,,、      ,,,,iilllllllllll ゙i、;:::|,:::::::::::l
   .|,"   .l:::::l;}:::::::,l、 _,,,,,llllllllll!    .illllllll゙ ̄  .lll;;;: ;l\:::::::|
   ,l′   .|::::/,|::::::,|.'| llllllllll!!゙゙゙゛      ゙゙゙゙!llllllllliiii l゙..l;:::;|  \::|  おはらっきー☆
       |:::/ |:::::.|`レ-     .、_、_,    _--,[ .l::::l    ソ  
          ∨ ]:::,|| .l  _)    /     ヽ    l  },/ .l:::l
      、 `  .゙l::| |"'| ̄     |       |     ̄/!|   ll
       |    l.』 .l ヽ、    {       }    ,,ill゙.l゙|
        |    ||゙l .゚(゙ll,`'ヽ,,,, ヽ---- ソ   /",ケ,リ    |
""\     |   "゙l ゚l,゙l,   `l゙''------イ"" ,、./ノ,l゙    .,i´      /
   \    l    ゙l ,ビL   i |   │   ヾ.レ゜"   ,i´     /
     \  │    ゙,,,| | '‐  〕 '     /   .," |,!    l゙     /
       \  ゙l、    .| 〕`、  .|、   .l゙   ,冫,|.ト   ../   ./
        \.ヽ    .ヾl, ヽ  .゙|    l゙  .`.,l゙,l゙   ./  ,/
         \ヽ   {.,゙l, '、  ゙l   .l゙  ,:‐,':.,jレ゜  丿.,,/
             ゝ    .ヘゝ`` ゙l   l ヽ`ヽ.l「     =〃
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/09/27(日) 16:43:19.29 ID:pZFLnE0F0
提督はそういって目を瞑った阿武隈にキスをするのをぐっとこらえ、蝋燭に火を灯す。そして、無防備にさらされている陰核にむしゃぶりついた。

阿武隈「・・・提督?・・・あひゃあぁ!?提督!?」

ねっとりと陰核の根元から舌でなぞり、ついで啜るように口をすぼめる。

阿武隈「あひん、もう終わったんじゃ・・・」

提督「まだまだ足りないでしょう?」

阿武隈「もう十分・・・ひっ!?」

提督はそういいながら、陰核から口を離し、そして、その陰核に火のついた蝋燭を近づける。

阿武隈「提督・・・もう十分だから・・・ね?やめよう?」

阿武隈は恐ろしい考えが頭から離れない。ただの皮膚でさえあんなに熱かったのに、それが敏感なアソコに垂らされたら・・・
恐ろしい。とても恐ろしいのに、阿武隈からはとてつもない量の愛液が溢れていた。

提督「残念ねぇ・・・阿武隈は素直ないいコじゃないの?」

提督は阿武隈を揺さぶるように、蝋燭をゆらす。

阿武隈「素直に!しゅなおになりましゅから!それだけは!それだけはやめてぇ!」

提督「・・・・・本当にやめるの?」

提督は阿武隈から蝋燭をすこしづつ離す。

阿武隈「えっ、あっ、はい、やめてください!」

提督「・・・そう」

提督が蝋燭を阿武隈から離していく。
阿武隈にはその蝋燭が怖い。当たり前だ。あんなに熱いもの、これ以上かけられたらひとたまりもない。だから嫌だ。
・・・嫌?本当に?物足りないあの感覚がじわり、じわりと脳髄をひしめく。あたしはあたしがわからない。欲しいようで怖い。怖いようで欲しい。あの痛みが、快楽が、たまらなくなっている。蝋燭の火は綺麗な火?怖い火?それとも・・・
提督が蝋燭の火を消そうと息をすいこんだそのとき、

阿武隈「・・・待って!」

阿武隈「・・・・・てい・・・・・とく・・・・・」

提督が阿武隈を見ると、消え入りそうな声でそう言った。提督には手に取るようにわかる。あの声、あの目が一体なにを期待しているのか、なにが欲しいのか。

提督「阿武隈」

阿武隈「・・・はい」

提督「おねだり、なさいな」

阿武隈「——————っ!!」

提督「じゃなきゃ、消すわ」

提督は手持ち無沙汰のように蝋燭を左右にゆらす。今にも消えてしまいそうだ。

阿武隈「あのっ、うっ、ていとくぅ、その、」

提督「早く言わないと消すわ、3,2,1、ゼェ

阿武隈「てっ提督!あたし、もっとぐちゃぐちゃにいじめられたいのぉ!キスだって縄だって蝋燭だってうけいれるからぁ!もっとぉ!!」

提督「やっと素直になったわね、阿武隈。じゃあ、ゴホウビ、あげないとね」

そういって提督は、阿武隈の陰核に、ボタボタボタっと大量の蝋を垂らした。

阿武隈「あああああああああああああああああああああああああああぁああぁあぁぁぁぁぁぁぁぁっぁぁああああっぁぁぁあぁあああああぁぁぁ・・・」

通常では信じられないような痛み、そして決して普通の人に味わうことのできない快楽に、阿武隈は耐えられず、全身を痙攣させ、盛大に潮を吹きながら、気絶するようにイってしまった。

提督「阿武隈?阿武隈ー、ありゃま、気絶しちゃったか・・・」

阿武隈は自身に耐えられる刺激をはるかに上回ってしまい、気絶してしまった。その顔には、一筋の涙と笑顔があった・・・

阿武隈修了
↓提督の性別
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:46:02.21 ID:/xE+EKAtO
終了
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:46:12.33 ID:b6XP/8gx0
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:46:33.99 ID:gNmL1Ol5O
■ HTML化依頼スレッド Part34
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440982252/
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/09/27(日) 16:48:28.28 ID:pZFLnE0F0
安価は絶対。HTML依頼してきます。お疲れさまでした。
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:49:02.19 ID:EVP2KXUso
悪いけど全然抜けなくてつまらないからもう終わりでいいよ
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:50:17.60 ID:9u63nYmQO
ああ畜生、思い出してしまった。窓際でオナホを乾燥させていた時の事。すっかり忘れて加賀に見られた時のこと。あの時はさすがに終わったと思った。心底軽蔑されてた。TENGAならまだおしゃれなインテリアに見えなくもないけど初妹はまずい。
もうたまらなかったよあの顔。無表情から無表情に変わる瞬間。無表情にも表情って存在すると知ったね。
俺がうっかりしてたせいで加賀が執務室のテレビつけた途端再生されっぱなしのAVが流れた時の顔ったらもうね。赤面でもしてくれればよかったんだけど無表情でDVDデッキ叩き割られたからね。俺は白面だよ。ゼエエエエア!!!まあ代わりにBDデッキ買ったけど。

俺はセルフ性病が怖くてオナホは裏返して丹念に洗う派なんだがフィギュアについた精液ってどれくらいしっかり洗うべきなのかわからん。
まあ手触りが普通ならもういいのかな。シャレにならんからなセルフ性病。そんなことになったら情けなさで自殺物レベルだよな。
まあ適当に切り上げて風呂でよう。風呂でたら自己嫌悪に苛まれそうだけど如月の時もそうだったしばれないばれない。ダイジョーブダイジョーブ。
よし決まり。もう忘れてしまおう忘れて立派に執務に取り組むみんなの提督に戻ろう。決まり決まり。キマリユウナマモル。
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/27(日) 16:51:06.80 ID:HZkh7KN00
ワイのコピペのほうがおもしろいやんけ!
>>1はワイの爪の垢煎じて飲んでどうぞ
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:51:41.55 ID:qt1+MKhIo
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:52:14.94 ID:X3xi/uT7O
>>95
万理ある
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 16:57:58.53 ID:A0w3bAyTO
安価とスレタイに付けなかったクソスレの末路である
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/27(日) 17:03:01.96 ID:HZkh7KN00
スレタイに安価を付けても荒れてたんだよな・・・
それだけ艦これ関連はヘイトを集めてる事を艦豚は認識するべきやで
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 17:14:03.10 ID:oMEPSUVXO
そりゃ百合嫌悪厨も敵に回してたもんしゃーないんちゃうか?
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 17:27:00.14 ID:HZkh7KN0o
作者凝りないんゴね
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443341388/
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 17:47:59.28 ID:jnVPIT8oO
作者も臭けりゃ荒らしも臭いのが艦これ
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/09/28(月) 00:39:51.55 ID:WjdYy2Va0
それでもスレを荒す理由にはならんだろうが
マナー悪すぎ
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/28(月) 00:42:03.76 ID:VRL+Qg3kO
age荒らしが言っても説得力ねえぞ
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/28(月) 01:09:46.25 ID:+38rsC5AO
age荒らしじゃなくて作者本人だろ
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/28(月) 01:16:24.36 ID:GX4voZUro
荒らしは正義だからね
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/28(月) 01:24:21.58 ID:frhKo++XO
なるほどsagaのまま変え忘れて書き込んじゃったのかとんだ間抜けだぜ
作者スレでもフルボッコにされて残念だったな
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/28(月) 02:00:45.71 ID:rQ8ViD0RO
女提督した、既に糞スレ決定
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/28(月) 02:08:40.73 ID:eY0g8Mp9O
別に女提督は構わんがスレタイに安価って付けてなかったからな
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/28(月) 06:08:33.57 ID:0K/u7GuoO
>>92 俺は好きやったよ
荒らしには触れなさんな、乙
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/28(月) 08:47:06.58 ID:cvN/S9ZwO
あげるでー^^
88.29 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)