このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

モバP「二足の草鞋」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/29(火) 23:57:33.16 ID:P77SK3380
こんばんは。

モバマスSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451401052
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【ダンガンロンパ】安価とコンマで作成したキャラクターでコロシアイ学園生活【安価進行】 @ 2019/06/25(火) 22:32:58.90 ID:Dy6meBWPO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1561469578/

【コンマ・安価】リキシマン「超人界の頂点にたつ」旧:キン肉マンSS PART19 @ 2019/06/25(火) 22:07:52.89 ID:0iSwdcgOO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1561468072/

■ 萌竜会 ■ @ 2019/06/25(火) 20:52:26.48 ID:kOoCgfCv0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1561463546/

■ 萌竜会 ■ @ 2019/06/25(火) 20:52:08.72 ID:1ZIkCXuf0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1561463528/

■ 萌竜会 ■ @ 2019/06/25(火) 20:51:52.53 ID:HmpaiTo/0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1561463512/

■ 萌竜会 ■ @ 2019/06/25(火) 20:51:34.19 ID:JICXdFKO0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1561463494/

■ 萌竜会 ■ @ 2019/06/25(火) 20:51:16.08 ID:kOoCgfCv0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1561463476/

■ 萌竜会 ■ @ 2019/06/25(火) 20:50:56.72 ID:1ZIkCXuf0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1561463456/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/29(火) 23:59:41.18 ID:P77SK338o
事務所

有香「Pさん。いいでしょうか?」

P「どうかしたか?」

有香「アイドルって…なんでしょうか」

P「なんだろうなぁ。どう思いますちひろさん」

ちひろ「えっ、私に振るんですか…そうですね」

ちひろ「ファンの方に笑顔と勇気を与えるのかなぁって…どうでしょうか」

P「だそうだよ」

有香「お…押忍!」

P「しかし、いきなりどうした。そんなこと聞いてきて」

有香「い、いえ、別にふと思っただけです」

P「そうか。それならいいけどな」

有香「はい。勇気と笑顔ですか…中々難しいですね」

P「寧ろ得意そうなイメージだけどな」

有香「あ、あたしなんかまだまだです」

有香「でも、そういうアイドル目指して頑張りますっ!押忍!」

ガチャ

菜々「お疲れ様でーす」

蓮実「お疲れ様です」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:00:10.49 ID:9qkP6/nUo
P「お、二人ともお疲れ」

菜々「レッスンが多いと体が凝りますよねぇ」

蓮実「確かにそうですね。でも、一歩一歩のステップが大事ですから」

菜々「蓮実ちゃんは真面目な子ですねぇ……」

蓮実「私からしたら自主練を隠れてやってる菜々さんの方が真面目だと思いますけど…」

菜々「あは、あははは。それは秘密で」

P「ほどほどにな」

菜々「あ、はーい…怪我したら元も子もないですもんね」

蓮実「レッスンはあくまでレッスンですからね」

有香「なんかお二人に負けられないですねっ!」

有香「早速自主練に…」

P「ほどほどにしとけよ」

有香「押忍!」

ガチャ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:00:39.28 ID:9qkP6/nUo
菜々「げ、元気いいですねぇ…若いです」

蓮実「一歳年上ですよ」

菜々「あっ、えっ、そうでした。やっぱり運動してると違いますねぇ」

蓮実「確かに瓦とか割れる。と以前話してましたね」

P「それは凄いな」

菜々「ナナがやったら手首を折っちゃいそうです…」

P「ウサミンパワーでなんとかなりませんか?」

菜々「ウサミンパワーをなんだと思ってるんですか…」

蓮実「…ふふ」クスクス

ちひろ「あれってコツがあるんでしたっけ?」

P「なんかありそうですけどね。結局は鍛錬の賜物ってイメージですけど」

菜々「確かにそうですねぇ」

蓮実「一念岩をも徹すという感じですかね」

P「そうかもな」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:01:08.64 ID:9qkP6/nUo
レッスン室

有香「……ふぅ」

有香「がんばらないとっ!」

P「おーい有香」

有香「はっ!はいっ!」ビク

P「あ、悪い悪い。驚かせちゃったか」

有香「い、いえ。大丈夫です…あ、いえ、ちょっと待って下さい」

P「?」

有香「汗掻いてるんでそんなに近寄らないで頂けると…」

P「ほれ」

有香「あ、タオル…ありがとうございます」

P「ほどほどにな。もう菜々さんも蓮実も帰ったし」

有香「…押忍」

有香「……」

P「……」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:01:37.73 ID:9qkP6/nUo
P「アイドルってさ」

有香「は、はいっ!」

P「なんだろうな」

有香「は、はぁ…」

P「有香は確か入ってきた時は『最強のアイドル』を目指してるって言ってたな」

有香「な、懐かしいですね」ポリポリ

有香(今聞くと凄い恥ずかしい…)

P「最強ってなんだろうな」

有香「な、なんでしょうね」アハハ

P「俺もそこは分からない」

有香「…あたしも、自分で言ってて分からないって言うのは変なんですけど、誰にも負けたくない。って思いがあったんだと思います」

P「なるほどな」

有香「はい」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:02:06.63 ID:9qkP6/nUo
有香「あ、あと…最近はですね。実は…」ゴニョゴニョ

P「どうかしたか?」

有香「あ、いえ、菜々ちゃんとか蓮実ちゃんとか見てて…可愛い感じの恰好もいいのかな…って」

P「可愛い恰好も似合うよな」

有香「そ、そんなことはないですっ!押忍!」

P「照れ隠しが下手にもほどがあるな」

有香「うっ…」カァァ
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:02:35.64 ID:9qkP6/nUo
有香「そ、そう言えばPさんはどうしてここに?」

P「流石にもう帰ろうと思ってな」

有香「あ、すみません!すぐに帰り支度します!」

P「ゆっくりでいいぞ。遅いから送るよ」

有香「え、あっ、いえ、そんな迷惑でしょうし」

P「気にするな」

有香「…はい」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:03:04.39 ID:9qkP6/nUo
車内

有香「わざわざすみません!」ペコリ

P「気にするな。練習熱心なのは悪いことじゃないしな」

有香「そう言って貰えると嬉しいですっ!」

P「しかしわざわざ一人でやらなくても良かったんじゃないか?」

有香「な、なんか気恥ずかして…」アハハ

P「努力してる姿を見せるのは恥ずかしいか」

有香「そうですね…えへへ」

P「実はさ」

有香「はい?」

P「新しい仕事の話があるんだ」

有香「わ、私にですかっ!?」

P「まぁ、まだ確定って訳じゃないけどな」

有香「?」

P「ほら、向こうはやっぱり演技を見てからみたいで」

有香「それはその通りですね! でも、お仕事かぁ…一体どういう役どころなんですか?」

P「えっと、確か――」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:03:33.36 ID:9qkP6/nUo
P「――という役だったはずだ。詳しい所はともかく大筋はそんな感じだと思う」

有香「なるほど…!」

P「やるか?」

有香「勿論ですっ!」

有香「た、ただ…」

P「どうかしたか?」

有香「あたしがその、可愛い役なんて演じられるのかなぁって…」

有香「あっ!別に不服があるとかそういう訳じゃないんです!」

有香「ただファンの人とかに可愛いとか思われてるのかなぁって…。ほら、菜々ちゃんとか蓮実ちゃんとかはそういう風に言われてるイメージが付くんですよ!」

P「可愛いってなんだろうな」

有香「な、なんでしょう。やっぱりこうフリフリとかしたの着て。とかって感じじゃないんですかね!」

P「フリフリかぁ、まぁ確かに菜々さんとか蓮実とかはそんな格好してるよな」

有香「ですよねですよね!!」

P「そういうの着たいってことか?」

有香「着たくない。って言ったら嘘になります」

P「だよな」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:04:02.74 ID:9qkP6/nUo
P「今回の役どころってさ」

有香「は、はいっ!」

P「普段は中華料理屋の看板娘なんだよな」

有香「そうみたいですね」

P「あくまで個人的なイメージなんだけど、看板娘って明るくて凛々しい感じで笑顔が可愛い感じなのかなって思うんだ」

有香「なんとなく分かります」

P「そう考えるとやっぱり有香が一番合ってるなと思ってさ」

有香「ふぁいっ!?」

P「どうかしたか?」

有香「そ、それは…押忍!」

P「?」

有香「あ、やっ、それってもしかして…その、あたしのこと可愛いって…!?」

P「そうだな」

有香「お、お…す」カァァ
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:04:31.56 ID:9qkP6/nUo
有香「流石Pさんです。あたしのことをいつもしっかり見ててくれます…!」

P「まぁ、プロデューサーだしな」

有香「そ、そうですね!押忍!」

P「お、そろそろだ。お疲れ様」

有香「ありがとうございました!また、明日からもお願いしますっ!」

P「また、明日この話改めてするな」

有香「は、はいっ!」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:05:01.05 ID:9qkP6/nUo
翌日

事務所

P「有香。いいか?」

有香「お…はいっ!昨日の話ですか?」

P「そうそう。それで、これが資料だから目を通してくれ」

有香「はいっ!」ペラ

有香「お…おぉ!」

P「ピッタリだろ?」

有香「心が高鳴りますね!」

P「演技を見せてからだけどな」

有香「が、頑張りますっ!押忍!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:05:30.15 ID:9qkP6/nUo
有香「……」ペラリ

菜々「何見てるんですかー?」ヒョイ

有香「あっ!これ、お仕事が貰えるかもしれないんです!」

菜々「わー、凄いですね!えっと…アクション物ですか?」

有香「はいっ!」

菜々「ナナじゃ絶対出来ませんから出来る人は凄いなぁって思いますよ」

有香「菜々ちゃんだって出来ますよ!」

菜々「い、いや、きっと体がバキバキになっちゃいますって!」


菜々(ただでさえ、今のレッスンでも体痛い時あるのに…)

有香「あっ!菜々ちゃんにお願いがあるんですけど……」

菜々「なんですか?」

有香「えっと…――」

菜々「――なるほどっ!合点承知の助です!」

有香「承知の助…?」

菜々「あっ!なんでもないですっ!」テヘ

菜々「そ、そうだ!ちょっと待っててくださいね!」ダッ

有香「はい…?」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:05:59.43 ID:9qkP6/nUo
事務所

菜々「あ、Pさん今大丈夫ですか?」

P「どうかしましたか?」

菜々「ちょっとお時間頂いてもいいですか?」

P「構いませんけど…」

菜々「それじゃ、こっちにどうぞ!」

P「は、はぁ…」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:06:28.66 ID:9qkP6/nUo
応接室

有香「押…こんにちは〜♪」

P「ゆ、有香?」

菜々「なんでも練習がしたいみたいで付き合ってくれませんか?」

P「か、構いませんけど…服は菜々さんのですか?」

菜々「いえ?ちひろさんの私物ですよ」

P「そうなんですか…」

有香「は、恥ずかしいですね…スリットがこんなところまで…!」サッ

菜々「確かにちょっと過激ですね」

有香「こ、これも試練です!」

菜々「それじゃ、折角なんでPさんをお客さんだと思って接客してみましょうか♪」

有香「押忍!」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:06:58.36 ID:9qkP6/nUo
有香「お待たせしました〜♪」

P「悪いな」

有香「いえいえ。あっ!えっと…Pさんはお得意さんですからもう一皿オマケしちゃいますね!」ニコニコ

菜々「その意気ですよ!」

P「菜々さん教えるの手馴れてますね…」

菜々「まぁ、ちょっとはやってたことなんで…」ポリポリ

有香「Pさん!」

P「どうした?」

有香「あ、あたし…か、可愛いです…か?」カァァ

P「可愛いと思うぞ。ね。菜々さん?」

菜々「勿論ですね。なんて言うか…眩しいです」

有香「ま、眩しい…?」

菜々「なんかキラキラしてます」

有香「ありがとうございますっ!」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:07:27.48 ID:9qkP6/nUo
有香「そ、そろそろ着替えてきますね…」

有香(流石にちょっと恥ずかしいかな)

P「あぁ、お疲れ様」

菜々「おつかれさまです〜」

バタン

菜々「可愛かったですね〜♪」

P「ですねぇ」

菜々「太ももが眩しかったです…」

P「なんだかおじさんみたいな感想ですね…」

菜々「でも分かりませんか?鍛えられて無駄がないすらっとした太ももですよ?」

P「確かに分かりますけどね」

菜々「そういうの除いても有香ちゃんって可愛いですよね〜」

P「分かります」

菜々「ナナにもあんな時期があったんですよねぇ?」

P「なんで疑問形なんですか…」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:07:56.89 ID:9qkP6/nUo
数日後

控室

有香「……」ソワソワ

P「落ち着かないか?」

有香「は…はい。なんか緊張して…」

P「特訓したんだから大丈夫だろうに」

有香「かもしれないですけど!」

P「まぁ、そりゃ落ち着かないか」

有香「…押忍!」

有香「そうだ…!空手の型に付き合って貰ってもいいですか!」

P「型?」

有香「はい!緊張がほぐれるんですよ!」

P「なるほどな」

有香「お願いしますっ!」スッ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:08:25.92 ID:9qkP6/nUo
有香「――ありがとうございます」フゥ

P「大丈夫か?」

有香「はい。緊張がほぐれました」

P「落ち着いたか?」

有香「…た、多分」

P「有香。とりあえず座ってみてくれ」

有香「は、はい!」ストン

P「アクション映画の主演って中々大変なんだろうな」

有香「ま、まぁ…そうですね」ポリポリ

P「さっきもやってたけど空手って型が大事なんだな」

有香「そう…ですね!」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:08:54.53 ID:9qkP6/nUo
P「なぁ有香」

有香「は、はいっ!?」

P「…武闘の武と舞踏の舞。まぁ、武闘と踊るとか演じるってのは語源は一緒なんだってさ」

有香「な、なるほど…?」

有香(いきなり、なんだろう…)

P「確かに言われてみると似てる所もあるよな」

有香「あり…ますかね?」

P「すり足とかって元々そっちの言葉だし」

有香「あ、そうなんですねっ!」

P「役を貰って演じるってのは舞うことに似てると思うんだ」

有香「……」

P「そしてそれは、さっき見せてくれた空手の型にも通ずるところがあると思うよ」

P「空手とアイドル。どっちも頑張ってきた有香だから出来ない訳がない」

P「流れるように華麗な舞いを見せてくれ」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:09:23.68 ID:9qkP6/nUo
有香「あ、あたしはPさんが期待してくれるようなアイドルになれてるか…分かりません」

有香「まだまだ、最強のアイドルには遠くてゴールなんてとてもじゃないけど見えないし…」

有香「だけどっ!こうやってお仕事貰えて可愛い恰好とかカッコいいアクションのが出来るのはPさんのおかげですっ!」

P「そりゃ俺は有香のプロデューサーだしな」

有香「はいっ!この一歩が目標に近づく一歩だと信じてます!」

P「その意気だ」

有香「あの…一つだけお願いを聞いて貰ってもいいですか…?」

P「どうした?」

有香「『頑張れ』と一言言ってください」

P「頑張れ!」

有香「はいっ!」

有香「あたしにとってPさんの一言は魔法の言葉です!」

有香「さっきの話難しくてよく分かりませんでしたけど、いつも通りにやれば出来るってことですよね!」

有香「明るく凛々しくやり遂げてみせますからっ!」

有香「この拳で心、貫いてきます!」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:09:52.61 ID:9qkP6/nUo
数日後

事務所

ちひろ「お茶どうぞー」

P「あ、どうもありがとうございます」

ちひろ「いえいえ。そう言えば有香ちゃん評判良かったんですね」

P「えぇ役どころにぴったりだったらしいですから」

ちひろ「まぁ、確かにぴったりな感じですよね」

ガチャ

有香「おはようございます!」

P「おはよう」

ちひろ「おはようございます」

有香「あ、今日もお願いします!」ペコリ

P「今日は撮影だったな」

有香「はいっ!ワクワクしてます」

ちひろ「気を付けて下さいね」

有香「はいっ!」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:11:13.01 ID:9qkP6/nUo
車内

有香「この間はありがとうございました」

P「この間?」

有香「頑張れ。って言って下さったじゃないですか」

P「あぁ、そうだな」

有香「あの言葉があたしを支えてくれたんですっ!」

P「それは良かった」

有香「Pさんは、ほ、本当に私の大切な……」ゴニョゴニョ

P「大切な?」

有香「あっ、えっと、そ、尊師です!師匠です!」

P「そ、そうか。それはありがとう…?」

有香「はいっ、どういたしまして」

有香「これからもしっかり見てて下さいね。いつかあたしの拳が、想いがPさんに届いて誰にも負けない最強のアイドルになるまで!」ニコ

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/30(水) 00:11:59.89 ID:9qkP6/nUo
終わりです。

読んで下さった方ありがとうございます。

冬コミ行く方は気を付けて下さい。
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/30(水) 00:21:31.30 ID:qTKy4urCo
乙 押忍にゃんかわいい
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/30(水) 01:39:36.12 ID:VMH2ehhso

関係ないけど尊師というとアレを思い出す…
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/30(水) 07:26:16.22 ID:30zVKVZ20
乙です。押忍にゃんはやっぱり可愛いですな
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/30(水) 14:33:28.51 ID:qTKy4urCo
>>27
輝子ー輝子ーショコショコ輝子ー
16.75 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)