このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

ちひろ「飲むんでしたら…………」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/01/14(木) 21:07:48.82 ID:7tgcFgJw0
赤羽根P「飲むか」
武内P「一緒に飲みますか?」
赤羽根P「小鳥さんも呼んでいいか?」

の続きになりますが読まなくても大丈夫です

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452773268
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

ココア「ココロの鍵は」チノ「あなたの中に」 @ 2020/12/04(金) 23:25:54.73 ID:5Cb5mwJmo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1607091954/

モバP「やってしまった…」 @ 2020/12/04(金) 22:45:07.03 ID:XP3Q3tRk0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1607089506/

目が覚めるとあなたは今までの記憶を失っていた @ 2020/12/04(金) 21:00:35.77 ID:5NmZARBa0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1607083235/

安価で超大陸を生きる @ 2020/12/04(金) 05:08:52.27 ID:wl9JRmD/0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1607026131/

結城晴「白菊ほたるは男の子」【モバマス】 @ 2020/12/03(木) 08:35:36.41 ID:oPJxEUlo0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606952136/

【ポケモン】男「フェローチェが背中から降りてくれない」【人化あり】 @ 2020/12/03(木) 01:12:33.27 ID:e06mHWPT0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606925553/

旅にでんちう @ 2020/12/02(水) 21:37:03.36 ID:Rp7l907sO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1606912623/

喜多見柚「忙しくても、いいんだよ」 @ 2020/12/02(水) 20:45:42.36 ID:Ykv3zRZ+O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606909542/

2 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/01/14(木) 21:11:44.71 ID:7tgcFgJw0
武内P「一緒にどうですか?」

ちひろ「ありがとうございます。あ、一人誘ってもいいですか?」

赤羽根P「大丈夫ですよ。小鳥さんも呼んでますし」

ちひろ「ありがとうございます。じゃあ後で合流しますね」パタパタ



3 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/01/14(木) 21:18:12.89 ID:7tgcFgJw0
《居酒屋》

武内P「千川さん遅いですね……」

赤羽根P「すぐ来るだろ」

ちひろ「すみません!遅くなりました!」

赤羽根P「あ、お疲れさまです。お隣の方ですか?」

ちひろ「はい」

武内P「あ、はじめまし…………て」

美城「…………その挨拶は不適切だな」

武内P「…………お久しぶりです」



4 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/01/14(木) 21:25:06.07 ID:7tgcFgJw0
赤羽根P「お前の知り合いか?」

武内P「……上司です。そして……」

美城「別にお前がどこで誰と飲もうが気にしないが」

美城「ちひろと飲むときは私も呼べと言っているだろう!」

武内P「千川さんの高校のときの先輩らしいです……」

美城「聞いているのか!」

武内P「……はい」

小鳥「武内さんの上司ということは……」

美城「………すまない、少し取り乱した。はじめまして、私は美城だ。346プロで常務をしている」
5 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/01/14(木) 21:31:27.26 ID:7tgcFgJw0
赤羽根P「はじめまして、765のプロデューサーをしています」

美城「噂はかねがね聞いているよ。君のようなとても優秀な人間はなかなかいない」

赤羽根P「いえ、まだまだです」

小鳥「はじめまして、音無小鳥といいます。765の事務員をしています」

美城「はじめまして。君のこともよくちひろから聞いている。美人で優秀な人間だと」

小鳥「美人だなんてそんな……」

6 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/01/14(木) 21:38:45.98 ID:7tgcFgJw0
赤羽根P「なに飲みますか?」

美城「ではビールを頼む」

ちひろ「私も同じもので」

赤羽根P「すみませーん!ビール五つお願いします!」

武内P「…………」

美城「そんなに私が隣に座るのが嫌か?」

武内P「いえ、美城常務がこういう場所に来ることに少し驚いていただけです」

美城「私だって来るさ。別に嫌いではないからな」

7 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/01/14(木) 21:46:59.14 ID:7tgcFgJw0
ビールオモチシマシター

赤羽根P「とりあえず乾杯しませんか?」

ちひろ「そうですね」

赤羽根P「ではお疲れさまでした、乾杯!」

『乾杯!』

小鳥「美城さんと千川さんは先輩後輩同士って聞きましたけど……」

美城「あぁ。子どもの頃から家が近所でな」

美城「それと別に敬語など使わなくていい。自由にしてくれ」

赤羽根P「いえ、やっぱりこっちのほうが喋りやすいので」

小鳥「私も誰に対してもこうなので……」

美城「…………そうか」シュン

8 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします [saga]:2016/01/14(木) 21:50:37.26 ID:7tgcFgJw0
ちょっと休憩
9 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/14(木) 22:27:07.44 ID:CZmIFJzKo
パワハラや
10 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします [sage]:2016/01/14(木) 22:40:55.79 ID:N6FeVYHDO
これには武内くんもテンションだだ下がりww
11 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします [sage]:2016/01/14(木) 22:59:32.08 ID:DmJnWAdDo
よし、みっしー×ちっひー、だな
12 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします [sage]:2016/01/15(金) 10:06:43.13 ID:otd6oxxY0
飲食の時に(仲良くない)上司と一緒だと、色々気使ったり話合わせたりして全然楽しくないからな…
13 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/01/15(金) 21:29:20.72 ID:ktA/LwUN0
そういえばいい忘れていましたが勝手な設定など入ってます
14 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/01/15(金) 21:41:42.03 ID:ktA/LwUN0
赤羽根P「千川さんの高校時代ってどんな感じだったんですか?」

美城「今とそこまで変わらないな。眼鏡をかけていたくらいか」ゴクゴク

小鳥「ちひろさんって眼鏡だったんですねー」

ちひろ「似合わなかったので今はコンタクトですけどね」

美城「なにをいう!眼鏡のちひろも十分可愛かったではないか!」

赤羽根P「……なぁ……この人もしかして……」

武内P「……はい。先輩の想像通り……」

美城「今も可愛いがあのときも可愛かったなぁ……」

武内P「千川さんラブの人です」

赤羽根P「……人って見かけによらないんだなぁ……」

15 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/01/15(金) 21:48:55.91 ID:ktA/LwUN0
小鳥「美城さんは学生時代どんな感じでした?」

ちひろ「けっこうモテてましたよ。告白もけっこうされてましたし」

小鳥「へー、羨ましいです」

美城「私はちひろ以外に興味はなかったからな。それ以外はどうでもいい」

武内P「…………」ゴクゴク

小鳥「ならちひろさんもモテたんじゃないですか?」

ちひろ「私は全然でしたよ。そんな話しは1つも……」

美城「ちひろはモテモテだったぞ」

ちひろ「え」







16 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/01/15(金) 21:57:22.68 ID:ktA/LwUN0
美城「ラブレターもけっこう来ていたがちひろを支えられるような人間からではなかったので廃棄しておいた」

ちひろ「いや、なにしてるんですか」

武内P「さすがにそれは……」

美城「チャラチャラしたようなやつにちひろをやれるか!?お前は自分のアイドルをどこの馬の骨ともわからんプロデューサーに託せるか!?」

武内P「……自分が間違っていました」

赤羽根P「間違ってないぞ!?いや、確かに託せないけどちひろさんはアイドルじゃないからな!」

美城「私にとってアイドルみたいなものだ!こんなにも可愛いんだぞ!」ゴクゴク

ちひろ「少し落ち着きませんか?」

美城「私はそれを守りたかったんだ……!」

ちひろ「ちょっと落ち着け」ガシッ

美城「……ごめんなさい」

17 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします [sage]:2016/01/15(金) 22:04:51.27 ID:0TI0oROoo
これを待っていた
18 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/01/15(金) 22:26:55.73 ID:ktA/LwUN0
ちひろ「私のラブレターの件はもういいです。今に始まったことではないので」

ちひろ「ですけどこういう場所でする話ではないですし、犯罪紛いのことをしていたのが記者にでもバレたらどうなりますか?」

美城「……346プロに迷惑がかかります」

ちひろ「それ以外に所属しているアイドルにも迷惑がかからないとも言いきれませんよね?だからあれほど………」


赤羽根P「……ちひみしか?」

武内P「なにを言ってるんですか……」

小鳥「おいしい餌場ですピヨ……」

武内P「音無さん!?」

19 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/01/15(金) 22:38:58.72 ID:ktA/LwUN0
ちひろ「はぁ……もういいです。顔を上げてください」

美城「…………」グスッ

ちひろ「私のためを思ってやっていたことなんですよね……ありがとうございます」

美城「ちひろ……」

ちひろ「ですけど二度としないでくださいね。私だってもう子どもではないですし」

美城「……わかった」グスッ

赤羽根P「いい話だな……」

小鳥「そうですね……」

武内P「……もしかして先輩たちも酔ってます?」

ちひろ「それに……」


ちひろ「やるなら絶対バレないようにしないと、ね?赤羽根さん、小鳥さん」ニコ


赤羽根P「大丈夫ですよ、誰にも言いませんから」

ちひろ「ありがとうございます。もし……」トン

赤羽根P「え?」

ちひろ「言いふらしたりなんてしたら……覚悟してくださいね?」

赤羽根P「……ハイ」

小鳥「プロデューサーさん!?顔が真っ青ですけど大丈夫ですか!?」




20 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/01/15(金) 22:46:23.69 ID:ktA/LwUN0
今日はここまでにします
21 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします [sage]:2016/01/15(金) 23:27:41.07 ID:NS01pZoDO
おっつ
このシリーズを待ってた
22 : ◆HbpyZQvaMk [sage]:2016/01/27(水) 23:59:06.12 ID:/s1hhJkIO
テスト終わったら書きます
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/07(日) 01:33:53.23 ID:r7eH46eo0
来週には書きます……
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/11(木) 10:16:29.48 ID:DwBHNs0f0
舞ってる
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/14(日) 11:10:14.53 ID:hNgZC2R00
今日書きます!

待たせてしまって申し訳ない……
26 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/02/14(日) 21:29:05.22 ID:hNgZC2R00
美城「君たち二人はどうなんだ?」

小鳥「え?」

赤羽根P「俺たちですか?」

美城「そういう浮いた話はないのか?」

小鳥「まったくなかったですねー」

赤羽根P「俺も……特になかったです。むしろ学生のときは俺より武内のほうがモテてましたよ」

美城「ほう……少し興味深いな」

ちひろ「私も聞きたいです♪」

武内P「いえ、そんな……たいしたことはありませんでしたよ……」

赤羽根P「ほう……何度も告白されていたのを俺は知っているぞ」



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/14(日) 21:39:33.97 ID:bUq7hwW/0
お、来てれぅ
28 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/02/14(日) 21:39:48.30 ID:hNgZC2R00
小鳥「え」

ちひろ「そうなんですか!詳しく聞きたいです!」

赤羽根P「ラブレターだってたくさんもらってたし何度もこいつの好みを聞かれましたよ。何度も女子から呼ばれてましたし」

美城「ほう」

武内P「ちが……なら先輩だってバレンタインにチョコいっぱい貰ってたじゃないですか!」

赤羽根P「あれは全部義理だったろ!」

武内P「あの中に本命も混ざってたの気づかなかったんですか……?」

赤羽根P「え?」

武内P「……ハート型のとか……」


29 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/02/14(日) 21:44:20.11 ID:hNgZC2R00
小鳥「あー……プロデューサーさんそういうとこありますからね……好意にまったく気づかない鈍感なところ……」

ちひろ「あー……」

美城「……君はもっと自分のことも見たほうがいい……」

赤羽根P「いや……え?」

武内P「この人『付き合ってください』って言われて素でどこに?って返す人ですから……」

小鳥「えー……」

ちひろ「それはちょっと……」

美城「ないな」

30 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/02/14(日) 21:50:32.49 ID:hNgZC2R00
赤羽根P「だって廊下でそんなこと言われても告白と思わないじゃないですか!」

ちひろ「…………」

小鳥「…………」

美城「……はぁ」

赤羽根P「そんな目で見ないでください!もう過ぎたことはいいんですよ」ゴクッ

ちひろ「赤羽根さんが残念な人なのはわかりましたけどプロデューサーさんはどうだったんですか?」

武内P「……まだ続けるんですか……」

赤羽根P「武内は全部断ってたよな」

武内P「ええ……まぁ……」

小鳥「全部……断って……いた?」

31 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/02/14(日) 21:55:21.83 ID:hNgZC2R00
赤羽根P「けっこう美人な人とかいましたけど断ってましたよ」

美城「なぜ断っていたんだ?今後の経験とは言わずとも遊びたい盛りだろう」

武内P「いえ……やはりお付きあいをさせていただくのですから結婚を前提にということでしょうし……まだ学生でしたしそこまで考えられなかったので……」

赤羽根P「バカだ」

ちひろ「バカですね」

美城「お前もか……」

32 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/02/14(日) 21:59:34.13 ID:hNgZC2R00
武内P「……なぜでしょう?」

赤羽根P「そこまで考えて告白してるのなんていないって」

ちひろ「それこそまゆちゃんくらいでしょうか」

武内P「ですが……」

ちひろ「いやもうお二人ともなにも言えない状態なんですけど……」



33 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/02/14(日) 22:12:44.79 ID:hNgZC2R00
美城「音無くん、君はどう……」

小鳥「やっぱりタケバネじゃないですかー。女性からの告白を蹴ってプロデューサーさんに愛を抱く武内さん。しかし二人の愛は許されない……だからずっと胸にしまって……ピヨ、ピヨヨヨヨ」

美城「大丈夫か?」

小鳥「ピヨッ!?」

美城「……気分が悪いのなら解散にしようか」

小鳥「えっと……あー……はい、お願いします。ここにいたらもう抑えられる気がしません……」

美城「そうか……今日はそろそろ解散にしようか」

武内P「そうですね。明日もありますし」

赤羽根P「わかりました」



34 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/02/14(日) 22:17:07.26 ID:hNgZC2R00
美城「ここは私が払っておこう」

赤羽根P「いえ、そんな!悪いですよ」

美城「……なら代わりといってはなんだが武内やちひろと仲良くしてやってくれ。友達として、な」

赤羽根P「……はい」

ちひろ「大丈夫ですか、音無さん」

小鳥「大丈夫です……」

35 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/02/14(日) 22:21:40.01 ID:hNgZC2R00
赤羽根P「小鳥さん、ほら、行きますよ」

小鳥「……はい」



武内P「すみません、いくらでしたか?」

美城「気にするな。きみにだけ払わせるつもりはない」

武内P「……ですが……」

美城「楽しい時間をくれた君たちへの礼だ。それでもまだなにかしたいのなら自分のアイドルたちにできることをしてくれればいい」

武内P「……はい。わかりました」

36 : ◆HbpyZQvaMk [saga]:2016/02/14(日) 22:22:59.26 ID:hNgZC2R00
終わりです

書く間が空いてしまって申し訳ありません

色々と勝手な設定を入れてましたがここまで読んでいただきありがとうございます!
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/14(日) 22:25:16.26 ID:kzDl8TLvo
常務のこういう混ざり方もいいね
期待
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/15(月) 12:25:50.71 ID:wAGEw/Ua0

小鳥はいつもの小鳥だな(現実逃避)
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/21(日) 21:39:28.56 ID:ivDIGC0U0
テスト
13.65 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)