このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

恭介「よしお前ら、エロゲを買いに行こう」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/10(水) 20:16:37.40 ID:gQ0K51+kO
極寒(ごっさむ)と言っても差し支えないこの頃。恭介は恥じらいなく、ただの買い物に誘うような口調で言った。ただし、それが買い物気分で乗れるような提案でないことは明らかだった。少なくとも同じ部屋にいる男達にとっては。

「ねえ謙吾…今、恭介なんて?」

自分の耳が信じられなかった理樹は隣の謙吾に聞いた。

「エロゲを買いに行きたいらしい…」

反応を見る限り謙吾も理樹と同じ気持ちだったようだ。

「エロゲってなんだ?」

ただし、名詞の意味すら理解出来ていない真人は別だった。

「エロいゲームのことだ」

依然、堂々とした口振りで話す恭介。真人はその解説のおかげでエロゲのことを「マリオがナイスバディなお姉さんになったゲーム」と理解した。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455102997
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

ドライブスルー・鳥 @ 2020/02/19(水) 20:37:12.14 ID:0mf18/BJo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1582112232/

【安価】僧侶「あ、起きた?」 @ 2020/02/19(水) 19:39:10.50 ID:7XrwdRkpO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582108750/

花騎士 SS 団長「友人からエロ本預かっちまった」 安価 @ 2020/02/19(水) 15:23:29.48 ID:vWaMhyW6O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582093409/

[モバマス][遊戯王]まゆ「まゆ、もっと(デュエルを)好きになりたいです」[きたせん] @ 2020/02/19(水) 08:51:15.41 ID:srRgMvxTO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582069875/

京極真「自分は高校生空手家、京極真」 @ 2020/02/19(水) 08:01:13.57 ID:qzgJ7R3I0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582066873/

モバP「おかしい話ですよ、輿水さん」 @ 2020/02/19(水) 06:40:51.83 ID:t6NAEtZ+O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582062051/

工藤新一「お前、案外可愛いとこあるよな」宮野志保「か、かわっ……!?」 @ 2020/02/18(火) 23:24:38.80 ID:5ksJ/A01O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582035878/

新 幻想物語【安価・コンマ】3 @ 2020/02/18(火) 22:37:04.58 ID:cZ/dLYs7O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582033024/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/10(水) 20:17:33.76 ID:gQ0K51+kO
旅の途中だから更新が途絶えまくるかもしれん
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/10(水) 20:20:29.46 ID:31ClKY7to
また自転車で日本横断してるのか
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/10(水) 20:25:36.54 ID:UT33SmQ4O
同じ恭介でも、リトバスのとまどマギのが同時に二つもスレ立ってるから紛らわしいwwww
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/10(水) 20:35:12.33 ID:gQ0K51+kO
「なるほどな、恭介もそういうのに興味あったのか」

と、真人。

「まあ興味あるっちゃあるな」

と恭介。
もちろん、彼と付き合いの長い理樹は、その「興味」とは”未知の領域に踏み込むこと自体”のことを指すと知っていた。そしてそんなフォローを口に出す代わりに抗議の叫びをあげた。

「急にどうしちゃったのさ恭介!?え、エロゲなんて…健全な学生が興味持つものじゃないよ!」

「へえ、理樹はまだ俺たちが健全な学生だと思っていたのか」

「俺を巻き込まないでくれ」

恭介のあらゆる突拍子のない提案にはもう慣れたつもりの謙吾だったが、今回は自身の保険に入るだけで精一杯だった。

「そんなことして何になるのさ!」

なおも続ける理樹。しかし喋りながらも他の2人は薄々諦めに入っていた。何故なら恭介と口喧嘩で勝てた試しがなかったからだ。

「よく考えてみろ、エロゲってだいたい学園ものか、そうじゃなくても主人公は学生だろ?」

「知らないよ…」

「ゲームに限らず物語を楽しむにはみんな出来る限り主人公に感情移入したいはずだ。だのに学生がエロゲをするのはご法度。これっておかしくないか?」

恭介の口調はヒートアップしていて、もはや周りが見えていなかった。

「だから俺は俺でいるため…エロゲをする!学生である今エロゲをすることが最大の楽しみ方であり、エロゲに対する礼儀だっ!」

「なるほどな。恭介の言いたいことは分かった…」

余裕を取り戻した謙吾が話に割り込んだ。
理樹は心の中で本当に分かったのか疑問を抱いた。

「恭介…もしかして俺たちも買いに行くのか…?その…エロゲを」

「もちろんだとも」

理樹はみんながエロゲと連発することに少々羞恥心を持っていたが、今はそんなことを気にしている暇はない。

「ええーっ!絶対嫌だよ!それがもし見つかったらどうするのさ!?」

「見つからないから心配するな」

「いやいやいやいやいや!!」

あまりに根拠のない保証に理樹はいつもの言葉を多めに繰り返してしまった。
そんな哀れな男子高校生を尻目に恭介は財布の中身を確認し、問題無しと見ると3人に言った。

「お前らも買うか?」

3人は首を横に振った。動きはシンクロしていた。
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/10(水) 20:38:31.93 ID:gQ0K51+kO

…………………………………………



結局、恭介1人の巧みな口車に乗せられてしまった3人はエロゲが手に入るであろう街まで来てしまった。
しかし理樹の目はまだ抵抗することを諦めていなかった。今回だけはなんとかしてこの男を止めなければ将来どうなるか分かったものではない。

「ねえ考え直してよ恭介!それだけ買ったところでする所なんかないよ!?」

「学校のPCを使えばいい。図書室には一つだけ角度的に誰かに見られることのない絶妙な配置の台があるのを知っている」

「よ、よく見つけたねそんなところ……じゃなくて!!」

「なんだ、まだ文句があるのか?」

「そ、そうだ…僕らそもそもエロゲ買っていい年じゃないよっ」

「ふむ…確かにお前らは17歳だ。しかし俺の年は?」

解答者はその答えが頭に浮かび上がり、とうとう説得することを諦めた。
その様子を見届けた謙吾は静かに敗者の肩を叩き、労った。
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/10(水) 20:39:41.67 ID:gQ0K51+kO


ゲーム屋に着くと、恭介は迷うことなく目的のコーナーに3人を案内した。理樹はそれらが平然と他のゲームに混ざって置かれていることにびっくりした。あまりゲーム屋自体寄らないにしても今までよく気付かなかったものだ。

「これだ!というものを探してみてくれ。パッケージを見るだけなら法に触れていないからな」

と、恭介。

「ううむ……」

と、謙吾。

「見るだけでも抵抗あるんだけど……」

と、理樹。

「アクション系のエロゲってどの辺だ?」

と、真人。
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/10(水) 20:48:44.28 ID:gQ0K51+kO

………………………………

しばらくして4人が長方形の箱を持って再び集った。
謙吾と理樹は顔が真っ赤に燃えていた。

「さて、互いに成果を発表しようじゃないか。まずは言い出しっぺの俺から」

そう言って恭介が取り出したのは夏を思わせるパッケージのゲームだった。

「もう箱の絵からして名作臭がしないか?説明によると人形劇で生計を立てている旅人がぶっ倒れた先に金髪美少女が現れたってシチュエーションだ。考えただけでも心が躍るな!そんでこの主人公の声優も緑川って奴らしい。初めて聞く名前だがこいつは期待出来そうだぜ!」

恭介の説明が終わったと見るや次は謙吾が自分が持ってきた物の解説を行った。恥ずかしいことはできるだけ早くに終わらせたいのだ。

「さあロマンティック大統領の腕前を拝見させてもらうぜっ!」

「お、俺が持ってきたのはこれだ…」

謙吾が持ってきたのは春を思わせるパッケージのゲームだった。

「説明によると始業式が始まったばかりの高校が舞台だ。主人公は桜舞い散る高校に続く坂道で不思議な少女と出会い、恋に落ちていく…しかもこのゲームの魅力は、とあるルートではなんと結婚後まで話が続くということだ」

「へえ、付き合って終わりとかじゃないんだね」

理樹が思わず興味ありげに呟く。
しかし恭介は逆に眉をひそめていた。

「謙吾…確かにそのストーリーは関心を引くんだけどな…」

「な、なんだ…?」

謙吾は自分が何かミスを犯したんじゃないかと焦った。
そしてその予想は当たっていた。

「パッケージを見てみろ。どこかにR-18って書いてあるか?」

「ハッ!?」

そう言われて初めて気がついたのだった。自分が持ってきたのはそもそもエロゲじゃなかったんだと。

「なんでエロゲじゃないのに持ってきたんだ謙吾っちよぉー」

普段バカにしている…というか本物のバカの真人にまで言われた謙吾は苦しい言い訳をするしかなかった。

「じ、人生……かな?」

「何言ってんだこいつ」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/10(水) 21:02:34.33 ID:gQ0K51+kO

次は理樹の番だった。理樹のチョイスには恭介も注目していた。何故ならばこの3人の中で理樹は唯一こういった物の趣向を明かしていなかったからだ。

「僕はその…これなんだけど」

ずっと背中に隠していたものを3人に見せた。理樹の持ってきたのは冬を思わせるパッケージだった。

「説明によると主人公は両親の都合で叔母さんの所にやっかいになったんだ。7年前まではよく訪れていたにも関わらず、主人公には当時のことが思い出せずにいた。そんな中、彼はそこで出会った5人の少女達と交流を深め、幼い頃の大切な記憶を取り戻していく物語だってさ」

「ほー…18禁だな?シチュエーションは正に俺好みだな」

珍しくお眼鏡にかなったようなので理樹は少し嬉しくなった。しかしその時点でもうエロゲを買う空気に飲まれていることに理樹はまだ気付いていなかった。

「じゃ、そろそろ俺が見せる時が来たようだな……」

真人は自分が真打ちだと勝手に思い込んでいた。3人にそんな気は毛頭なかったが、果たしてどんな代物を持ってくるかという意味では一番注目された存在でもあった。

「こいつだ!タイトルはAngel Beats! って言うらしい」

「あっ」

誰かが「これは触れてはいけない奴だ」とでも言いたげな声を出した。

「なんか1st beatとか書かれてるけどどういう意味なんだろうなー………っておいどうした恭介?」

すかさず恭介がそれをひったくると元の位置に戻した。

恭介「さ、結局候補は俺の奴と理樹の奴の2つに絞られた訳だが…」

真人「ちょっと待て!なんで俺のはスルーしたんだよ!!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/10(水) 21:08:23.31 ID:5zMXJRShO
真人いけない、それ以上はいけないんだ
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/10(水) 21:09:44.71 ID:UT33SmQ4O
分割はないよなー……(遠い目
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/10(水) 21:23:07.92 ID:QQIjLIEA0
「まず多数決で行ってみよう。俺の奴がいい人!はーい!」

理樹は、そもそも恭介が買うんだから恭介が選べばいいのにと思ったが、彼が何より形にこだわる性格だという事は知っていたので敢えて沈黙した。

「ここは俺が名乗りを上げさせてもらおう」

謙吾が挙手した。

「おお!理由を聞こうじゃねえか!」

「ああ。聞いてみればそのゲーム、巫女が出るらしいじゃないか!その相手役の声優の名前がなんとなく気にくわんがな」

既に周りは修学旅行の夜のような雰囲気だった。
謙吾は、もはやここまで来たならいちいち周りのイメージが崩れようと関係あるまいと半ば自暴自棄な気持ちになっていた。

「他には?」

「俺は理樹の方につかせてもらうぜ。お前がそっちなら味方になってやんねえとな」

真人の言っていることは意味不明だった。せっかく仲間になってもらった理樹も話がこじれるだけだと逆に迷惑に思ったくらいだった。
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/10(水) 21:32:08.24 ID:gQ0K51+kO
「なるほど2対2か……結局こうなっちまったなぁ…」

理樹はなんとなくこの組み合わせが嫌いだった。何故かと言われると上手く説明出来ないがとにかく好きにはなれない。
と、そこへ店の入り口から聞き慣れた声が4人に向かって伸びた。

「わふ?もしかして…リキ、それにみなさんも!」

その人物とは、もしエロゲに出ようものならすぐさま規制を食らってゲーム会社自体が潰れるようなフォルムを持った少女だった。幸いここはエロゲではないが。

「「(能美)ク、クド(公)!!」」

「わふー?」

白のマントと帽子を身にまとってミニマムな(親父ギャグではない)クドと呼ばれた少女がこちらを覗き込む。幸い、恭介が何を持っているかまでは分かっていない様子である。
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/10(水) 21:39:34.71 ID:QQIjLIEA0
続く(∵)

>>3
まあな。どこまで行ったかは想像にお任せするぜ
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/10(水) 22:26:22.06 ID:lXMIpqheO
リトバスエクスタシーは誰にも選ばれなかったんだね……
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/10(水) 23:44:08.89 ID:S3fkEuWpo
これは期待
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/11(木) 00:32:34.66 ID:qCxyw14Xo
緑川…?
氷河流なら知っているんだがなあ…
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/13(土) 21:30:32.06 ID:+/9yzln7O
すまんな
ここのところ体力が消えゆくばかりでなかなか更新出来ねえんだ
3日以内には更新したい
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/14(日) 00:29:51.14 ID:X5pViHLjo
おう、待ってるぞ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/14(日) 04:41:02.77 ID:EcZBE1Zr0
>>17
俺もその声優さん好きだ

青川 輝さんも良いよな
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/15(月) 12:21:53.52 ID:Fquu6YtJ0
うぁあああああ!!他のスレ見たら今日はバレンタインじゃねえか!せっかくチョコを貰える(かもしれない)祭典に俺はなんで放浪してんだよ!っていうかそんなことよりバレンタインssとか全く考えてもなかったわ!
仕方がねえ、今日でこのssをなんとか終わらせて俺もこのウェーブに乗るぜ!
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/15(月) 12:37:15.76 ID:LuFd6DWxo
>>21
頑張れお前のss愛してるぞ






というわけで恭介×理樹のバレンタインお願いします
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/15(月) 13:12:24.23 ID:Fquu6YtJ0
クド「テヴアのお爺さんが今度は日本のカセットゲームというものをやってみたいというので探しに来たのですが……皆さんも何かをお探しですか?」

クドリャフカは、この4人とそれほど離れた歳ではないにも関わらずその身体の成長具合から中学生に見られることも少なくなかった。当人にとっては悩みの種であるものの、周囲の人間はその苦悩すら母性本能を奮い立たせる材料に過ぎず、結果として可愛がられる傾向にあった。
しかし今はそんなことはどうでも良かった。恭介は、彼女のような真面目で無垢な少女にエロゲを購入する姿を見られるとどうなるか頭の中でシミュレーションをしてみた。

…………………………

恭介「うっ、これは違うんです!」

クド「わふー!恭介さんはエロゲオタだったんですか!?キモーイ!なのです!」

鈴「エロゲオタが許されるのは30過ぎた孤独なおっさんだけだな」

クド&鈴「あはははは(ガッハッハッハ)!」

…………………………


恭介「…………………」

恭介は、自分の今置かれている状況を瞬時に理解すると、いまだに唖然としている3人に素早く、クドに聞こえないよう声をかけた。

恭介「おいお前ら…今すぐ能美をあっちにやれ…!そうじゃないと全員これから卒業まで後ろ指を指されて過ごす事になるぞ…っ!!」

口ではそう言いながらも実際そうなるのは自分だけだろうなと思った。しかし、そうでも言わないと、3人に死ぬ気で協力してもらわないと想い描いた未来が実現するのはほぼ確実だった。

理樹「どどどどうしよう!」

不意の事態に理樹はまだ混乱していた。しかし、奇跡的にも謙吾と真人は全く同じ解決法を同時に思い付いた。そして2人はお互いの目を見てそのことを理解し、実行に移した。長年のライバルであり、良き友である彼らだからこそ出来ることであった。
謙吾はクドの元へ接近すると、彼女の視界をほぼ自分で覆い尽くし、そのすぐ後ろには真人がスタンバイした。

クド「あ、あの…どうされたんですか?」

急に距離を詰められたクドリャフカは戸惑いながらも後ずさりした。しかし謙吾は、そのまま下がられて、恭介の持っているものを知られる前にミッションをスタートさせた。

謙吾「能美!突然だが俺達の反復横跳び競争を見ていてくれ!どっちが多く飛べたか数えてくれないか!?」

真人「用意スタートォ!フッ!フッ!フッ!フッ!」

謙吾「フッ!フッ!フッ!フッ!」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/15(月) 13:28:48.26 ID:Fquu6YtJ0
ミスった
修正
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/15(月) 13:31:02.30 ID:MPnZcoStO
「テヴアのお爺さんが今度は日本のカセットゲームというものをやってみたいというので探しに来たのですが……皆さんも何かをお探しですか?」

クドリャフカは、この4人とそれほど離れた歳ではないにも関わらずその身体の成長具合から中学生に見られることも少なくなかった。当人にとっては悩みの種であるものの、周囲の人間はその苦悩すら母性本能を奮い立たせる材料に過ぎず、結果として可愛がられる傾向にあった。
しかし今はそんなことはどうでも良かった。恭介は、彼女のような真面目で無垢な少女にエロゲを購入する姿を見られるとどうなるか頭の中でシミュレーションをしてみた。

…………………………

焦る恭介。

「うっ、これは違うんです!」

蔑んだ目で見下ろすクド。

「わふー!恭介さんはエロゲオタだったんですか!?キモーイ!なのです!」

何故かいる鈴。

「エロゲオタが許されるのは30過ぎた孤独なおっさんだけだな」

「「あはははは(ガッハッハッハ)!」」

…………………………


「…………………」

恭介は、自分の今置かれている状況を瞬時に理解すると、いまだに唖然としている3人に素早く、クドに聞こえないよう声をかけた。

「おいお前ら…今すぐ能美をあっちにやれ…!そうじゃないと全員これから卒業まで後ろ指を指されて過ごす事になるぞ…っ!!」

口ではそう言いながらも実際そうなるのは自分だけだろうなと思った。しかし、そうでも言わないと、3人に死ぬ気で協力してもらわないと想い描いた未来が実現するのはほぼ確実だった。

「どどどどうしよう!」

不意の事態に理樹はまだ混乱していた。しかし、奇跡的にも謙吾と真人は全く同じ解決法を同時に思い付いた。そして2人はお互いの目を見てそのことを理解し、実行に移した。長年のライバルであり、良き友である彼らだからこそ出来ることであった。
謙吾はクドの元へ接近すると、彼女の視界をほぼ自分で覆い尽くし、そのすぐ後ろには真人がスタンバイした。

「あ、あの…どうされたんですか?」

急に距離を詰められたクドリャフカは戸惑いながらも後ずさりした。しかし謙吾は、そのまま下がられて、恭介の持っているものを知られる前にミッションをスタートさせた。

「能美!突然だが俺達の反復横跳び競争を見ていてくれ!どっちが多く飛べたか数えてくれないか!?」

「用意スタートォ!フッ!フッ!フッ!フッ!」

「フッ!フッ!フッ!フッ!」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/15(月) 13:34:54.14 ID:Fquu6YtJ0
謙吾が、左にいる時は真人は右に。
真人が、右にいる時は謙吾が左に。
つまりクドの2つの眼はむさ苦しい男しか捉えられなかった。
そうでなくともクドは素直なので謙吾の突然のリクエスト通りに2人の行き来する回数を必死に数えることに夢中で、文字通りの意味で恭介達の方は眼中に無かったのである。

「さあ早く買え恭介!俺たちが全力を出せているうちに!!」

恭介はこれほど2人に感謝したことは無かった。個人的なありがとう度で言えばあの世界にいた頃よりもはるかに気持ちは上回っていた。
しかし、まだ問題は残っている。

「さ、さあ早く買おうよ恭介!」

「いや。まだダメだ…」

苦心で掴み取ったチャンスを持っているにも関わらず、まだ足をレジへ運ぼうとしない恭介に理樹は苛立ちを覚えた。

「どうして!?」

「…………まだ…どっち買うか決めてねえ…」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/15(月) 14:34:59.27 ID:MPnZcoStO
事態が事態であるため、理樹は本日2度目のお得意のツッコミを構さざるをえなかった。

「いやいやいや!!今はそんなこと言ってる場合じゃないよ!」

「でもなぁ…急いで選択したほうが拍子抜けするゲームだったらそれこそ足止めしてくれているお前らに申し訳ない」

「じゃあ選択しなきゃいいのさ!」

「は?」

「恭介、今お金は?」

「諭吉が1人いるが…」

「そのゲームは1ついくら?」

「4千円程だ」

「じゃあ大丈夫だよね」

「おいおいおいおい!お前まさか…買わせる気か!?」

「こういう時の恭介は優柔不断なんだからこうする他ないよ」

「なあなあなあなあ!これは俺が汗水垂らしてせっせ働いた金だぜ?お前の案に乗ればほとんどパーだ!また貯金する苦労は想像出来ない!」

「『2つとも』買おう」

「だから気に入った」

そうこうしている間にも前方の両名は既に息も荒くなってきていた。しかし彼らは目的が果たされるまで絶対にスピードを緩めることはないだろう。
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/15(月) 15:09:14.03 ID:MPnZcoStO
「待ってろ!今楽にしてやる!!」

2人は真摯に急ぎ、それでいてエレガントにレジへ向かった。
もはや彼らは隣で雷鳴が轟き、辺りが炎に包まれたとしても前しか見なかったであろう。地球上で彼らを止める者はもう、何もなかった。

「恭介…そのエロゲ、面白いといいね」

「ああ。そうでなくちゃ困るぜ」

目的地にたどり着くまでに2人の間に交わされた会話はこれのみであった。

「いらっしゃいませー…」

店員は静かに、何千回と繰り返してきたであろう台詞を2人に贈った。
いつもなら聞き流すその言葉に2人は重く頷き返した。
まず、恭介は2つの箱を店員に手渡した。レジの台に置くにはあまりに失礼な代物だったからだ。
慣れた手つきでバーコードを赤い光線によってスキャンする男。そして、その左下に記されている表記を見て、今晩の夕食を予想している顔を一瞬歪めた。
そして、遂に恭介が一番覚悟していた言葉を投げつける。

「あの…お客様、こちらの商品は18歳未満の方にはお売りすることが出来ないのですが…」

その言葉を待っていたとばかりに恭介は今まで胸ポケットにスタンバイさせておいた自分の運転免許を取り出した。
その動作を見た理樹は、数秒後に店員がお詫びする姿を思い描いて、失礼だと思いつつも少し顔をほころばせた。

「あ、これでどうっすかね…!」

恭介も理樹同様笑みを抑えきれなかった。頭の中で勝利の文字が大きくネオンを縁取り、光を放っていた。別段勝負をしていたわけでもないが。
そしてカードを手渡された店員が、それがなんであるかを確認した。しかし2人の予想とは違って、店員は、恭介が免許証を提示した動機を悟ると、そもそもそこに写っている顔の整った男と、目の前でニヤついている男が同一人物かを確認しようとはしなかった。
カードを恭介に返すと男は言った。

「あ、すいません。一応18歳に達していても学生さんにはまだ販売出来ないことになっておりまして…」

そう、恭介達の服装は完全なる制服だった。彼らを学生と言わずして何が学生か。
日本人らしく相手に理解を促してもらう口調で、宣言する店員。厳選された2本のゲームをレジの後ろに置くと、頭の中ではまた夕食の予想の続きが行われた。

「なっ………」

「あぁ…………」

現実は非情である。
もしもこの事にショックを受けず、冷静でいられたのなら未だに反復横跳びを続ける友人たちに役目の終わりを告げられただろう。
しかし、2人の頭の中は真っ白だった。何も考えられなかった。
かくして、店内では、
なおもしばらく2人の熱を帯びた汗が虚しくゴム床に滴り続けることとなったのである。




〜fin〜
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/15(月) 15:12:39.07 ID:Fquu6YtJ0
じゃあバレンタインss考えてくるかな
タイトルは
理樹「なんでチョコ?」

>>22
西園さん落ち着いてください
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/15(月) 20:16:58.63 ID:Am3Zv17SO
乙一
恭あーバレンタインが見れるって本当ですか?
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/16(火) 08:13:04.92 ID:pIcHK0GQ0
え?リトバスのキャラは全員未成年じゃないだろ?
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/16(火) 08:58:46.33 ID:Rnzo3aPIo
>>31
学生には売れないって書いてあるだろ
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/16(火) 09:07:51.14 ID:+aW/RuUrO
>>32
登場人物は全員18歳以上だぞ
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/16(火) 09:35:32.63 ID:L5BP0uk5O
>>32>>31の言ってる意味が「未成年じゃないからエロゲ買えるだろ」ということと捉えて「確かに18歳以上だけど学生だから買えないよ」と言ったんだろ
知らねえけど
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/16(火) 10:29:31.68 ID:6vVdijcio
>>12で謙吾が巫女が出るって言ってるけどAIRの事だよね?
AIRに巫女さんって出たっけ?佳乃の時の昔の話に出てたくらい?
22.43 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)