このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

男「デスノートを拾った」 幼「……」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:31:28.62 ID:smpOzCta0
幼「デスノートってジャンプで連載中の漫画よね?」

男「ああ」

幼「久しぶりだってのに、何?」

男「まあまあ。幼だったらどうする?」

幼「書いた名前の人が死ぬってあれ?」

男「それ」

幼「……冗談でしょ?」

男「まあとりあえず幼だったらどうする?」

幼「そうね……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456057888
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

えっ、久しぶり!元気してた? @ 2020/11/28(土) 20:00:14.87 ID:Ov9egv9S0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1606561214/

【ダンガンロンパ】俺「安価でコロシアイ学園生活を生き残る」part12 @ 2020/11/28(土) 14:39:48.89 ID:kOPp3MVTO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606541988/

千早「進撃の巨人?知らないわ。」 @ 2020/11/27(金) 22:31:53.54 ID:GGDBQggm0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606483913/

【魔王城でおやすみ】スヤリス姫「クッパ城でおやすみ」 @ 2020/11/27(金) 19:43:31.85 ID:RGvx+Kal0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606473811/

古泉「不思議探索で朝比奈さんと長門さんの3人で回ることになりました・・・」 @ 2020/11/27(金) 19:34:30.09 ID:OIOyL2yi0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606473269/

【ミリマス】松田亜利沙が写真撮影を依頼される話 @ 2020/11/27(金) 00:00:13.36 ID:zlRaz8c80
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606402813/

麦野「好きな男を攫って物にするのは暗部の常識でしょ」 @ 2020/11/26(木) 22:36:47.62 ID:Or8qE2Zw0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606397807/

■ A雑総督府/萌竜会本部 ■ @ 2020/11/26(木) 21:20:36.48 ID:Fd6AGtjl0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1606393236/

2 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:31:53.66 ID:smpOzCta0
幼「漫画では犯罪者を殺してたけど、私だったら怖くて無理だなあ」

幼「たぶん一度も使わないままだと思う」

男「幼らしいな」

幼「そうかな?」

男「うん」

幼「……それで男だったらどんな風に使うの?」

男「僕だったらまあ一つかな」

幼「いや、どんな風に使うのって」

男「気が向いたら教えるよ」

幼「ずるいー」
3 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:32:22.11 ID:smpOzCta0
<翌日>

男「体の調子はどう?」

幼「ばっちしだけど」

男「良かった。それで明日だけど、ショッピング行かない?」

幼「いいよ」
4 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:33:11.01 ID:smpOzCta0
<翌日>

幼「何かすごく注目されてたね」

男「まあ、ティーン向けのファッションショップだったからね」

幼「やっぱり男と一緒にいるのが珍しかったのかな」

男「……そうじゃない?」

幼「まあいいや、そこのカフェで休憩しよ」

男「いいよ」
5 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:35:08.75 ID:smpOzCta0
<翌日>

幼「疲れたー」

男「ぐたーってしてるね」

幼「昨日出歩いたからだー」

男「じゃあ今日は家でのんびりしようか」

幼「たまにはこういう日もいいよね」
6 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:35:40.40 ID:smpOzCta0
<翌日>

幼「ねえ、空ってどうして青いの? 海が反射してるから?」

男「違う、レイリー散乱だ」

幼「……? レイリー散乱って何?」

男「……ごめん、アニメの知識だから分からない」

幼「気になる」

男「今から調べるから」
7 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:36:06.08 ID:smpOzCta0
<翌日>

幼「たまには料理を作ってみた」

男「ごちそうになります」

幼「ほら、男の好きなハンバーグ。あーん」

男「……あーん」

幼「どう、おいしい?」

男「……懐かしいな。おいしいよ」

幼「良かった」
8 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:36:34.08 ID:smpOzCta0
<翌日>

幼「ひとよひとよに?」

男「ひとみごろ」

幼「ひとなみに?」

男「おごれや」

幼「ふじさんろく?」

男「おうむなく」

幼「ふたよしくしく?」

男「……分からない」

幼「よし、勝ち!」

男「いや、勝負だったの?」
9 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:37:01.45 ID:smpOzCta0
<翌日>

幼「たまには一人で過ごす」

幼「男は仕事のようだ」

幼「…………」

幼「…………」

幼「…………」

幼「あー、もう退屈」

幼「早く帰ってこないかなー」

男「ただいまー」

幼「あ、帰ってきた!」
10 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:37:27.17 ID:smpOzCta0
<翌日>

幼「……♪」

男「何か上機嫌だね」

幼「昨日は男とあまり一緒にいれなかったから」

幼「今日は存分に甘えさせてもらうからね」

男「おてやわらかに」

幼「じゃ、ほら、膝かして」

男「はいはい」

幼「……♪」
11 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:37:54.69 ID:smpOzCta0
<翌日>

男「たまには料理を作ってみた」

幼「チャーハンか。男って料理出来たんだー」

男「まあ……そりゃね」

幼「食べていい?」

男「いいよ」

幼「……おいしい!!」

男「良かった」

幼「ちょっと味付け濃いけど」

男「男の料理なんてそんなもんだよ」
12 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:38:21.72 ID:smpOzCta0
<翌日>

男「今日から二泊三日の旅行だ」

幼「温泉かー。楽しみ!!」

男「電車内ではしゃがないの」

幼「えーだって楽しみなんだもん。男は違うの?」

男「……違うと思う?」

幼「思わない」

男「ま、その通りだよ」
13 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:38:57.56 ID:smpOzCta0
<翌日>

幼「そっちの湯加減はどうー?」

男(女湯の方から声がする。恥ずかしい)

幼「ねえ、男ー!」

男「……」

幼「あれ、男聞こえてないのかな。じゃあもっと大きな声で……」

男「ああもう……こっちの湯加減もいいよー!」

幼「あ、聞こえてたんだったら早く返事してよー!」
14 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:39:32.20 ID:smpOzCta0
<翌日>

幼「おみやげは……これ、三十個入りか。ちょうどいいかな」

男「そんなにたくさんかってどうするの? 二人じゃ食べきれないよ」

幼「あ、そっか。じゃあ、こっちで」

男「じゃあ会計して」

幼「……終わったよ」

男「それじゃ帰ろうか」

幼「えーもう帰るのー! あっという間だった」

男「楽しい時間っていうのはあっという間に過ぎるものなの」

幼「また来ようね!」

男「……そうだね」
15 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:40:09.28 ID:smpOzCta0
<翌日>

幼「はぁ……はぁ……」

男(はしゃぎすぎたのか熱が出た幼)

男「大丈夫?」

幼「だい……じょーぶ」

男「タオル変えるからね。ほらゆっくり寝て」

幼「ありがと」

男「…………」

幼「zzz」
16 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:40:42.15 ID:smpOzCta0
<翌日>

幼「ふっかーつ!!」

男「昨日とは打って変わって元気だね」

幼「まあね!」

男「看病したかいがあったよ」

幼「看病……」

男「……ん? どうかしたの、幼?」

幼「男。本当に……ありがとうね」

幼「男だけだよ……こんなに……」

男「どうしたの、また熱がぶりかえした?」

幼「……ひっどーい。私だって普通に礼くらい言えるんだからね!」
17 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:41:16.09 ID:smpOzCta0
<翌日>

幼「ねえ、もしさ。大気中の酸素の割合が40%だったら呼吸って今の二分の一で済むのかな?」

男「いきなりどうしたの?」

幼「いや、ちょっと気になって」

男「……何かで聞いたけど、酸素20%っていうのはそれ以上でも、それ以下でも生命はここまで繁栄しなかったって話のはず」

幼「へえー」

男「いや、自分でした質問にもうちょっと興味を持とうよ……」
18 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:41:50.93 ID:smpOzCta0
<翌日>

幼「今日は男と二人で買い物!」

男「はしゃぐなって」

幼「はい、はーい! 今日のごはんは何にしますか!」

男「そうだな……カレーとかどう?」

幼「カレー作るの!?」

男「まあ頑張ってみるよ」

幼「楽しみ! ……あ、おかし買っても良い?」

男「300円までな」

幼「ケチー」

男「うちにお金の余裕はありません」

幼「まあいいや、選んでくる」

男「行ってらー。……あ、そうだ果物売り場に行かないと」
19 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:42:17.55 ID:smpOzCta0
<翌日>

幼「えー今日もカレー?」

男「昨日はあんなに喜んでたのに……」

幼「そりゃ好きだけど朝昼晩ずっとカレーは……」

男「二日目のカレーおいしいだろ?」

幼「おいしくても、連続は嫌……」

男「……んー、ならカレーうどんにアレンジするか」

幼「それなら大丈夫!」

男「ちょっと待ってて」

幼「分かった!」
20 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:42:44.44 ID:smpOzCta0
<翌日>

幼「やーだー。行かないで!」

男「だから仕方ないだろ。親に呼び出されたんだから。それに日帰りだから、夜には帰ってくるって」

幼「でも……」

男「たまには顔を見せないとな」

幼「…………」

男「……幼も一緒に帰らないか」

男「昔と同じでおまえんち俺の実家の隣だし」

幼「ごめん。……ちょっと無理」

男「……ま、そっか」

男「いい子でお留守番してくれよ」

幼「……分かった」
21 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:43:11.08 ID:smpOzCta0
<翌日>

幼「海だー!!」

男「ご機嫌取りのつもりで連れてきたけど、楽しんでるみたいだな」

幼「ほら、男も泳ごうよ」

男「……そうだな!」

幼「ほら、私を捕まえてみせて!」

男「言ったなあ?」

幼「あ、ちょっと待って、まだスタートって言ってない……!」

男「問答無用!」

幼「きゃっ!」

男「ははっ……どうだ、幼、楽しいか!」

幼「うん、楽しい!」
22 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:43:39.26 ID:smpOzCta0
<翌日>

男「今日は遊園地に来た」

幼「ジェットコースター楽しかった!!」

幼「もう一回乗ろうよ!!」

男「……次で五回目だよ?」

幼「ほら、早く早く!」

男「あんま絶叫系好きじゃないんだけど……」

幼「その後はコーヒーカップにメリーゴーランドに……あ、最後は観覧車に乗るんだからね!」

男「はいはい。幼様の仰せのままに」
23 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:44:07.56 ID:smpOzCta0
<翌日>

幼(今日は夜景の見えるレストランでディナー……)

幼「ね、ねえ、本当にお金大丈夫なの?」

男「心配するなって、この日のためにちゃんと蓄えている」

幼「な、ならいいけど……」

男「落ち着かないか? やっぱりいつも通り家の方が良かったか?」

幼「……ううん。一度はこういう体験してみたかったし」

男「そっか……なら良かった」

幼「ねえ男……私、今幸せだよ」

男「僕も同じだ」
24 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:44:35.76 ID:smpOzCta0
<翌日>

男(翌日……まあレストラン帰りの、まだ0時を回ったばかりの夜なんだけど)

男「ほら、付いたぞ」

幼「おーー、男ぉー。サンキューッ!」

男(酔っぱらった幼を介抱しながら家に着く)

男「ほら、ちゃんと靴脱いで」

幼「んー、やだー。男が脱がしてー」

男「……こんなに酒癖が悪いとは思わなかったな」

男(その後も悪戦苦闘しながら、幼のベッドに寝かせることに成功する)

男「それじゃおやすみ」

幼「……やだ」

男「え……?」
25 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:45:02.05 ID:smpOzCta0
男(幼が服の袖を握っている)

男「どうしたの、幼?」

幼「今日は一緒に寝るの」

男「一緒に……って」

幼「…………」

男「寝れないのか? なら、子守唄でも……」

幼「そういう意味じゃないの!」

男「……」

幼「……だって、今日は……今日は!!」

男「……分かったよ」

男(僕は幼の待つベッドに上がる)

男「ただ、俺も初めてだからな……痛くしたらごめんよ」

幼「……男に痛くされるなら良いよ」
26 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:45:30.21 ID:smpOzCta0
<同日・昼>

チュン、チュンチュン。

男「……ん」

男(日の光に導かれ僕は起きる)

男「これが俗に言う朝チュンってやつか。いや、昼チュン……?」

男「ふわっ……あぁ……」

幼「すぅ……すぅ……」

男(隣には幼が穏やかに寝ている)

男(僕は幼を起こさないように立ち上がって、リビングに向かった)

男(おそらくやつがそこで待っているだろうから)
27 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:46:03.47 ID:smpOzCta0






















リューク「くっくっくっ。こういうときは昨晩はお楽しみでしたね、とでも言えばいいのか?」




男「……随分と人間世界の文化に染まったね、リューク」





28 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:46:33.70 ID:smpOzCta0
男「昨日は覗いたりしてないだろうな」

リューク「そんな趣味ねえっての」

リューク「おまえたちの甘ったるい日々を見ているよりアニメだっけか、そっちを見てる方が面白いっての」

男「まあ、君を楽しませるために過ごしてはいないからね」

男(冷蔵庫を開けてリンゴを取り出す)

男「ほら、今日の分」

リューク「お、ありがとな。……にしても今日でこの味ともお別れだと思うと寂しいぜ」

男「僕らよりリンゴの方が気がかりか」

リューク「何だ気にして欲しかったのか?」

男「いや、全然」

男(そう今日が……終わりの日)

男(幼が目覚めてから23日目)
29 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:47:00.36 ID:smpOzCta0
<12年前>

医者『残念ながら幼さんの目は……もう覚めないかと』

<7年前>

幼母『もう私たちにもお金が無いのよ!』

男『だったら僕が代わりに払う!!』

<2年前>

男『幼……起きてくれよ……っ!』

<24日前>

男『デスノート……?』

リューク『くっくっくっ、また奇妙なやつが拾ったもんだ』

男『まさか……本物なのか!?』
30 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:47:27.40 ID:smpOzCta0
リューク「あー、うまかった」

男「……」

リューク「それでこれからどうするんだ?」

男「もちろん幼と過ごすよ」

男「ただ……二言くらい言っておこうと思ってね」

リューク「ほう……」

男「まずは……ありがとう。デスノートを僕の前に落としてくれて」

リューク「死神に礼を言うやつがいるなんてな……」

リューク「……俺は適当に落としただけだ。感謝するならおまえの運の強さにしろ」

男「……そう」

男「じゃあもう一つ。これは言ってみたかったんだ」
31 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:47:54.07 ID:smpOzCta0





男「僕の勝ちだ。リューク」





32 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:48:21.47 ID:smpOzCta0
幼「……ん」

男「起きた?」

幼「あ、男。……おはよう」

男「おはよう」

幼「……って、私、服着てないじゃん!」

幼「わー! わー!! 恥ずかしい、こっち見ないで!」

男「そうは言っても……昨日たっぷり見たし」

幼「それとこれとは話が別なの!!」

幼「ほら、着替えるから、あっち見てて」

男「はいはい」
33 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:48:51.73 ID:smpOzCta0
幼「……」

男「……」

幼「えっとさ……」

男「うん……」

幼「その、いつだっけ……男がデスノートの話したのって?」

男「二十三日前だね」

幼「……ねえ、聞かせてくれる。男はデスノートをどういう風に使うのかを?」
34 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:49:25.38 ID:smpOzCta0
男「……説明する必要ある?」

幼「……そだね。じゃあ一つだけ」

幼「男だったら書く名前は一つ? それとも二つ?」

男「……」

幼「答えて」

男「二つ……かな」

幼「そっか」

男「……」

幼「私に付き合わなくても良かったのに」

男「……幼を一人になんて出来ないよ。危なくて見てられないからね」

幼「もう……子供扱いして」
35 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:49:55.19 ID:smpOzCta0
男「デスノートの話じゃ天国も地獄もないってあったけど」

男「こうやって一緒だったら……」

幼「うん、きっとまた来世でも一緒だよ」

男「そうだね……絶対一緒だ」

幼「……ねえ、手握って」

男「いいよ……」

幼「それじゃ」

男「ああ」



―――――――――――――――――。


36 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:50:23.76 ID:smpOzCta0




植物状態から奇跡的復活を果たし、近しい者と幸せな思い出を作って23日後死亡。




近しい者と幸せな思い出を作って23日後死亡。



37 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:50:53.93 ID:smpOzCta0
リューク「まったく……あんな人間がいるとはな」

――――――――

リューク『デスノートを使った人間は総じて不幸になる』

男『そうか……だったらリューク』

男『君は初めてデスノートを使って幸せになる人間を見れるよ』

――――――――

リューク「……ああ、俺の負けだよ」

リューク「これだから人間はおもしろ……だな」

<FIN>
38 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/21(日) 21:51:25.43 ID:smpOzCta0
終わりです。
こんな使い方出来るか厳密には分からないですけど、そこは二次創作ってことで許してください。



>>1の他の作品

葉隠「強くてニューゲーム……って、俺がだべ!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402841268/
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/21(日) 21:52:58.27 ID:evPbclyco

>>1の連載中はミスかと思ったがそういうことか
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/21(日) 21:57:51.36 ID:Vq7vMAwlO
とても良かった
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/21(日) 22:07:14.02 ID:5CDpxBLkO
俺は連載中っていう言葉で何となく結末まで読めたな
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2016/02/21(日) 22:12:32.83 ID:SITLbWwQo
え、連載中ってなんかの伏線?
誰か教えてくれ
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/21(日) 22:16:13.73 ID:Vq7vMAwlO
連載中=連載していた頃の記憶で止まっているってことじゃない?
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2016/02/21(日) 22:18:55.88 ID:QgfP9CgAo
あー、なるほどね。サンクス
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/22(月) 00:44:57.55 ID:BOjgdsW50
一応ルールに実現不可能な行動は出来ないとかあったけどこういうの見るとまた使い方の可能性を感じられた
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/22(月) 00:48:20.97 ID:dVkfN7beo
途中デスノート関係ないじゃんと思ってたら術中に嵌まってた
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/22(月) 01:45:00.33 ID:GTUBK8dl0
面白かった!! スレタイだけで判断しちゃいけないな……
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/22(月) 18:51:02.76 ID:gaZyq20nO
なるほど…よくできてるな
乙!
49 : ◆YySYGxxFkU [saga]:2016/02/22(月) 19:48:17.30 ID:ohKjDowW0
感想たくさんあざっす。調子乗って蛇足。
>>1 『連載中』12年前で記憶が止まっている。
>>3 『体の調子』起き上がったばかりの幼の心配。
>>4 『ティーン向けファッション』精神年齢が学生だけど、体が大人だから注目浴びた。
>>5 長年寝ていて体力無い。
>>11 『まあ……そりゃね』幼が知らないだけで長年一人暮らししてたから。
>>14 30個入り。学生気分抜けてないので、クラスのみんなの分を買おうとしている。
>>18 果物売り場。リンゴ買うため。

html出してきます。
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/22(月) 20:40:32.15 ID:PffDEFlZo
>>20で幼が帰るの嫌がってたのは、親に顔を会わせづらいからってことでいいのか?
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/22(月) 20:44:10.04 ID:ARyBOwzF0
中々凝ってるな
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2016/02/22(月) 21:16:39.25 ID:L8jfJEzAo
>>50
自分がもうすぐ死ぬのわかってたからじゃない?
53 : ◆YySYGxxFkU [sage]:2016/02/22(月) 22:03:32.80 ID:ohKjDowW0
幼の両親はお金が無くて延命止めようとした→殺そうとしたも同然→会う気になれない
ってイメージですが、色々思ってそうですしそこらへんは作りこみの甘さです。
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/23(火) 01:20:39.64 ID:a6nGRTFzo

デスノート終わって10年もたってるという現実に驚いた
19.46 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)