このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

はやり「みんなのアイドル瑞原はやりだよーん☆」堀之内「さすがですね」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 21:18:25.18 ID:RDucNC130
  春の選抜大会1回戦会場にて

船久保「残念やな、それロンや」ニヤリ

車井「なぬ!」

堀之内『晩成高校の車井百花、またもや千里山女子の船久保浩子に振り込んでしまいました』

車井「なんでまた……」ウルウル

船久保「あんたのデータはもう丸裸や」ジュルリ

はやり『ひろぴょんのデータ麻雀はさすがだね☆車井さんもう手も足も出ないね☆』

船久保「次もよろしく頼むで」ニヤニヤ

車井「ひっぐ……」

はやり『まさに車井百貨店状態だね〜☆』

堀之内『出ましたねはやり節、このままでは晩成がトンで試合終了でしょうか?』

はやり『もはや時間の問題だよ〜ん☆』

船久保「ドシーン!!ロンや!!」

車井「そんなぁ……」グニャー

堀之内『車井またまた振り込んでしまいました、これで晩成高校は……』

はやり『はややっ!トンじゃったよ〜☆』

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457525904
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

テスト @ 2018/11/14(水) 21:15:26.07 ID:+BYKaVSX0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aneken/1542197725/

冷泉麻子「そど子卒業に際して」 @ 2018/11/14(水) 19:05:49.00 ID:Nn2yIfhz0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542189948/

【デレマス】智絵里「奈緒ちゃんたちとの秋の一幕」 @ 2018/11/14(水) 17:27:04.84 ID:NzZ+Gdqd0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542184023/

testスレ @ 2018/11/14(水) 13:32:41.79 ID:cRHlYvPxO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542169961/

testスレ @ 2018/11/14(水) 13:14:56.60 ID:N7HN5TprO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542168896/

testスレ @ 2018/11/14(水) 13:14:24.13 ID:ETeo3ZXeo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542168863/

うららハウス 【19軒目】 @ 2018/11/14(水) 05:19:24.43 ID:u4mZHChF0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1542140363/

唐澤貴洋「当職と心ある15人の弁護士たち」 @ 2018/11/13(火) 23:53:36.98 ID:uviXQjDcO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542120816/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 21:20:11.85 ID:RDucNC130
車井「うわあああああん!!!」ポロポロ

船久保「なかなか美味かったであんたのデータ……」ニヤリ

堀之内『2回戦に進出したのは大阪代表の千里山女子です』

あの夏の大会から早数か月、今は春のセンバツ大会が開かれていた

堀之内『2位は広島代表万能倉高校、3位は山形代表の天童大付、そして最下位は奈良代表晩成高校でした』

はやり『万能倉高校といえばあの大沼じぃじの母校でもある古豪だよん☆はやりも高校時代に何度も対戦してるとこだよ!』

堀之内『瑞原プロが高校で活躍してたというと10年前ですね、たしかに島根と広島は近いですし対局も多そうですね』

はやり『はぅわ!?吉原さ〜ん女の子に年齢のこと言うのはご法度だぞ〜☆はやりん激おこポンポコ丸だよ〜☆』プクーッ!

堀之内『私は堀之内ですよぉ、しかし相変わらず千里山女子は強いですね』

はやり『愛宕監督の指導の賜物だね☆そんなことより中州さん!』

堀之内『堀之内ですよぉ』

はやり『今度はやりの新曲が出るんだプー☆その名も【キラキラchop】だよ!アップテンポでキュアキュアなロックナンバーだよ!絶対買ってね〜ん☆』

堀之内『わたくしも購入して聴きたいと思います』

船久保「この調子で全部のデータを食らい尽くすで」ニヤニヤ

はやり『千里山女子は今年やると思うよ!わぁい千里山!はやり千里山女子大好き!』

堀之内『では今日の放送はここまでです、また次の試合でお会いしましょう』

はやりノシ『まったね〜☆プップクプー☆』
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 21:23:38.71 ID:RDucNC130
堀之内「お疲れ様です瑞原プロ」

はやり「堀之内さんもおつかれ〜、今日も楽しかったよ〜」

堀之内「瑞原プロはなんでも知ってますからわたくしも実況してて非常に楽しいです」

はやり「はやり大したこと言ってないよ〜、いままで麻雀で経験してきたことを口にしてるだけだよ〜」

堀之内「たしかに経験豊富ですからね瑞原プロ」

はやり「コラぁー!まるではやりがおばさんみたいな言い方やめてよ〜!」プクーッ!

堀之内「それはそうとこれから二人で飲みにいきませんか?」

はやり「う〜んどうしよかな〜」

堀之内「以前二人で行ったショットバーなんですけど、オシャレな雰囲気で瑞原プロもなかなか気に入ってたところですよ」

はやり「あそこね〜、たしかにシャレオツでナウいバーだったよね〜」

堀之内「よろしければまた二人で」

はやり「あ!ごめーん堀之内さん!はやりこのあと用事があるんだったよー!」

堀之内「それではしょうがないですね」

はやり「このあとイチゴの国の王女様とのお食事会があるんだったよ〜、めんごめんごー!」

堀之内「アイドルは大変ですね」

はやり「ホントだよ〜、でもアイドルはやめられないよね!じゃバイバーイ!」トテトテ

堀之内「はいまた次の試合に」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 21:25:21.86 ID:RDucNC130
  テレビ局廊下にて

  トテトテトテトテ・・・・・・

はやり「フフンフフンフフーン♪」ハヤリハヤリ

  ア!ハヤリンダッ! チョーカワイイヨー ワハハ

はやり「はやや〜はやや〜♪」トテトテ

AD「瑞原プロお疲れ様です!」ペコッ!

はやり「君もおつ〜☆」ハヤリハヤリ

プロデューサー「はやりちゃん今日も良かったよぉ!また次も頼むよぉ!」

はやり「は〜いよろしくプー☆」トテトテ

マホ「あ、あの……」

はやり「ん?出待ちのファンかなー?」

マホ「はいです!はやりちゃんのファンです!」

室橋「こらマホ!はやりちゃんなんて呼び方瑞原プロに失礼だろ!」

マホ「ご、ごめんなさいです……」シュンッ

はやり「はやりちゃんでも大丈夫だよー☆むしろ嬉しいぐらいだよーん☆」

室橋「じゃ、じゃあ私も!はやりちゃんサインください!」

φはやり「いいよ〜☆」キュッキュッ

室橋「ほ、本物のはやりちゃんだ……」

マホ「東京に来て良かったです!」

φはやり「二人はなんのために東京へ来たのかな?」キュッキュッ

室橋「春のセンバツに出場する先輩の応援に来ました!」

マホ「清澄高校の原村和先輩です!」

はやり「あ、あの原村さんかぁ……はいサインだよ」

マホ「ありがとうです!」

室橋「ありがとうございますはやりちゃん!このサインは我が家の家宝にします!!」

はやり「どういたしまして〜ん☆」ハヤリハヤリ

サインをし終わると瑞原はやりは近くにある自分の楽屋へと入っていった
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 21:33:30.25 ID:RDucNC130
   ガチャン

はやり「ただいま皆の衆〜☆」

  シーン・・・・・・

はやり「まぁ誰もいないけどねーん☆」

ふとテーブルを見るとそこには大量のお菓子と果物が置かれていた

はやり「差し入れかな〜」ヒョイッ

その中からイチゴをひとつつまみ口に入れる

はやり「はやりはイチゴ大好き〜☆」モグモグ

はやり「……」モグモグ

はやり「大好き……」モグモグ

はやり「……」モグモグ

はやり「ハァ……」スッ

ため息をつくと瑞原はやりをその場に腰を下ろす

はやり「甘いものばかりだなぁ……」ヒョイッ

はやり「……」ポリポリ

はやり「……」ポリポリ

はやり「……」ポリポリ

はやり「……」

はやり「ハァ……」

ふと壁に掛かった鏡を見るとそこには疲れた顔をしている瑞原はやりの姿があった
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/09(水) 21:54:34.25 ID:mi/ecynso
城之内に見えた
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 22:01:37.12 ID:RDucNC130
はやり「疲れた顔してるな……」

はやり「……」

はやり「う〜ん……」ペタペタ

頬や額に触れてみる

はやり「なんだか昔より張りが無くなった気がする……」

はやり「……」

はやり「今年で29歳だもんね……」

瑞原はやりは自分の肩を揉む

はやり「最近なんだか肩がこるな……」モミモミ

はやり「疲れもなかなかとれないし……」モミモミ

はやり「……」モミモミ

はやり「ハァ……」

はやり「ってなんだか最近ため息が多いな……」

はやり「……」

はやり「このままアイドル続けても大丈夫なのかな……」

???「おやおや瑞原さん、なかなか疲れたご様子ですねえ」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 22:03:32.07 ID:RDucNC130
はやり「だ、誰おじさん?!」

???「ホーホッホッホ」

瑞原はやりが後ろを振り向くとそこには見知らぬ中年男が立っていた……

はやり「え?え?」

???「わたしこう見えて甘いモノには目がないのです」サッ

はやり「こ、来ないで!」

???「この苺大福いただきますねえ」モグモグ

はやり「なんですかあなた!人呼びますよ」

???「いえいえわたしは怪しいモノではありません」

はやり「どう見たって怪しいよ!」

???「まあそんなに怯えないでください」ドサッ

はやり「座っちゃった……」

???「お茶も一杯いただきすね」ゴクゴク

はやり「やっぱり人を……」

???「大丈夫ですよ瑞原はやりさん、わたしはこういうモノです」サッ

そういうと男は懐から取り出した名刺を瑞原はやりに渡す

はやり「ココロのスキマお埋めします?喪黒福造?」

喪黒「実はセールスマンなんです……」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 22:07:25.55 ID:RDucNC130
はやり「セールスマン?そんな私欲しいモノなんて……」

喪黒「いえいえわたしは物品を売りつけようとしているわけではありません、わたしの取り扱うのはココロです……」

はやり「ココロ?」

喪黒「はい、現代人は誰もが多かれ少なかれココロに悩みや不安を抱えているモノなのです……
   そこでわたしは悩みに押しつぶされそうになっている人々を救済しているのです……」

はやり「(思いっきり怪しい……)もしかして宗教かなにかですか?はやりそーゆーの興味ないですよーん!」

喪黒「いえいえそんな安心してください、瑞原さんを騙して金品を奪おうなんて思っていませんから……
   わたしは無償でお客様の不安の種を摘み取る簡単に言えばボランティアのカウンセラーみたいなモノです……」

はやり「残念ながらはやりはココロに悩みなんて抱えてないよーん☆はやりはいつでも元気元気!!」

喪黒「ではナゼ先ほど疲れた顔で鏡を眺めていたのですか」

はやり「そ、それは仕事の後で疲れていたから……」

喪黒「あなたは体力的だけではなく精神的にも参っているのですそれが顔に出ているのです」

はやり「違うよ!はやりはそんな……!」

喪黒「瑞原はやりさん」ズンッ

はやり「な、なんですか……」

喪黒「正直に言うのですあなたは最近アイドルを続けることに少し疲れているのではないですか……」

はやり「!!そんなこと……」

喪黒「無いとは言わせませんよあなたが先ほどお菓子を見てウンザリした顔をわたしは見逃しませんでしたよ……」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 22:11:42.75 ID:RDucNC130
はやり「それは今はお腹空いてないからという意味で……」

喪黒「いいえあなたは本当はそういうモノは好きではないです、本当に食べたいモノは……」ガサゴソ

そういうと喪黒福造はカバンからあるモノを取り出す……

喪黒「こういうモノではありませんか……」サッ

はやり「そ、それは……!」

喪黒がカバンから出したのは焼き鳥の缶詰だった……

喪黒「ホーホッホッホ……」

はやり「はっ!ナーンチャッテ!はやりはアイドルだからそーゆーおじんくさいのは……」

喪黒「そうアイドルだからこういうあまりアイドルに似つかわしくないモノは食べない、いや食べられないのです」

はやり「え……」

喪黒「アイドルとしてのイメージを壊してはいけない……だから本当にしたいことを我慢しているのです……」

はやり「そんな……」

喪黒「瑞原さんはアイドルを演じることに疲れてきているのです」

はやり「たしかにちょっとはそうかもしれませんけど少し休めばこれぐらいの疲れ……」

喪黒「いいえいけませんこのままなにもしないでアイドルを続けると……ドンッ!!」

はやり「ひぃ!!」

喪黒「と鬱積したモノが弾け大変なことになってしまいます」

はやり「そんな……」

喪黒「そんな瑞原さんを救いたいのですわたしは……」

はやり「……」

喪黒「ホーホッホッホッ……」

はやり「……」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 22:13:54.65 ID:RDucNC130
  BAR 魔の巣にて

はやり「今年ではやりも29歳です……アイドルを続けても良いのかという疑問が最近頭に浮かんで……」

喪黒「アイドルを続けることに迷いが生じ始めているということですな……」

はやり「はい……」

喪黒「やはりそうでしたか、テレビであなたの解説を聞いていてもところどころ戸惑いを感じることが多々ありましたからねえ」

はやり「や、やっぱりわかりましたか……」

喪黒「一般の人にはわからない小さな違和感ですがわたしにはチャーンと伝わってきましたよ……」ングング

マスター「……」キュッキュッ

はやり「来年には30の大台に突入です……このままでいいのでしょうか……」

喪黒「スパっとアイドルをやめてしまえば楽になりますよ……」

はやり「いや辞めたいわけでは!」

喪黒「もちろん分かってますよ、マスター瑞原さんに水割りを一杯」

マスター「……」トンッ!

はやり「ありがとうございます……」

喪黒「あなたはアイドルを続けることがイヤなのではなくただ疲弊しているだけ……
   アイドルである自分のイメージを崩してはならないと必死に色んなことを我慢しているのです……」

はやり「たしかにアイドルはイメージが大事ですから……」

喪黒「若い頃なら人気を得るためにそのような苦労も苦にならなかったでしょうが安定を手に入れた今」

はやり「本当にこのままでいいのかと迷いが……」

喪黒「それならそのストレスを発散させればいいのです……」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 22:16:53.28 ID:RDucNC130
はやり「発散?いったいどうやって?」

喪黒「それはついてきて頂ければわかります……」スタッ

そういうと喪黒は椅子から立ち上がる……

はやり「あの喪黒さんどこへ……」

喪黒「瑞原さんに紹介したい店があるのです」

はやり「どんな店?変なお店じゃ……」

喪黒「いえいえ至って普通のお店です」

はやり「やっぱはやり怖いから帰りま……」

喪黒「いいのですか瑞原さん、本当にこのままなにもしないと……」

はやり「わ、わかりました!い、行きます!」

喪黒「そんなに怖がらなくても大丈夫ですよきっと瑞原プロにとって実に楽しい場所ですから」トコトコ

はやり「楽しい場所ですか……」トコトコ

喪黒「はい、瑞原さんがココロの奥で望んでるようなところです……」トコトコ

はやり「はぁ、あ、それでは失礼します……」

  ギィッ……

マスター「……」キュッキュッ
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 22:19:48.81 ID:RDucNC130
  夜の街にて

喪黒「……」トコトコ

はやり「……」トコトコ

喪黒「……」トコトコ

はやり「……」トコトコ

喪黒「……」トコトコ

はやり「あの喪黒さんどこまで行くんですか?」トコトコ

喪黒「もうすぐですよあとちょっと歩いたところにありますから」トコトコ

はやり「はぁ」トコトコ

二人は魔の巣を出たあと繁華街から離れ閑散とした路地裏を歩いていた……

はやり(ホントにこんなおじさんのこと信用しても大丈夫なのかなぁ……)

喪黒「たしかに怪しいおじさんですがそれは見た目だけですので安心してください」

はやり「はわわ!?聞こえてたんですかっ!?」

喪黒「お客様のココロの声に応えるのが仕事ですから……」トコトコ

はやり「す、すごい……」

喪黒「おやおや見えてきましたよ目的地が」サッ

はやり「あそこは……」

喪黒福造が指をさした先には薄汚れた雑居ビルが建っていた……

はやり「あ、あそこでなにをするんですか!やっぱはやり……」

喪黒「時間も遅いですしさっさと行きましょう」トコトコ!

はやり「待ってください喪黒さん!」トコトコ!
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 22:33:20.52 ID:RDucNC130
喪黒「ではビルに入るますよ……」トコトコ

はやり「はい……」ソーッ

ビルに入ると外観と同じく中も寂しくガランとしていた

はやり「ゴクリ……」

喪黒「目的の場所は地下にあります……」トコトコ

はやり「……」

瑞原はやりは今更ながら後悔していた……喪黒福造についてきたことを……

はやり(もしかしてひどい目に遭わせられるんじゃ……そもそもなんでついてきたんだろ……)

喪黒「……」トコトコ

はやり(一時の気の迷いでこんなおじさんに……うううはやりのバカバカ!)

喪黒「今更後悔してもしょうがないですよ瑞原さん、もう覚悟を決めてついてきてください」トコトコ

はやり「ううう……はい……」トコトコ

喪黒「では階段を降りますよ」

  カツン……カツン……

はやり「……」

喪黒「ホーホッホッホッ」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 23:28:08.21 ID:RDucNC130
  カツン……カツン……カツン……

はやり「……」トコトコ

喪黒「この廊下の突き当りに目的の店があります……」トコトコ

地下のフロアは常夜灯がポツリポツリとあるだけでひどく暗かった

はやり「こ、こんなとこにお店なんかあるんですか?」

喪黒「はい、知る人ぞ知る穴場的スポットです」トコトコ

はやり「他にお店は……」

喪黒「いえありません、ここにある店舗は今から瑞原さんにご紹介する店だけです」トコトコ

はやり「はぁ」トコトコ

目を凝らし廊下の奥を見ようとしてもいかんせん暗いためによく見えなかった……

はやり(いったいどんなお店があるんだろう……)トコトコ

喪黒「そろそろ見えてくるハズです……」トコトコ

はやり「あっ!光だ!」

すると廊下の奥のほうでぽーっと明かりが灯っているのが見えてきたのだ……!
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 23:31:00.88 ID:RDucNC130
  カツン……カツン……カツン……カツン……

喪黒「あそこのお店です瑞原さん」トコトコ

はやり「あそこになにが……」トコトコ

喪黒「もうすぐ瑞原さんにも察しがつくと思います」トコトコ

はやり「は、はぁ……」トコトコ

そして徐々に明かりへと近づいていく

はやり「え!アレはもしや……」トコトコ

よく見るとその明かりの正体は赤提灯だったのだ……

喪黒「さぁ付きましたよ」

そして店の戸には暖簾が掛かっていたのだ……!

はやり「まさかここは……」

  ガラガラ!

喪黒「ご主人今日大丈夫ですかあ」

主人「おう喪黒さん久しぶりじゃねェか!」

はやり「あの喪黒さん……」

喪黒「実はここ居酒屋なんです」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/09(水) 23:31:41.78 ID:Lq9elO100
今回の犠牲者ははやりんか
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 23:33:36.81 ID:RDucNC130
はやり「い、居酒屋?!」

喪黒「立ち話もナンですし店に入りましょう」

はやり「ちょ、ちょっと喪黒さん!」

そういうと喪黒はカウンターの席に腰を下ろす

主人「久々に来たと思ったらこんな良い姉ちゃん連れてくるなんてアンタも隅に置けないねェ!」

喪黒「なあにご主人も女将さんがいるじゃないですかあ」

主人「あんな文福茶釜みたいな女いたくて一緒にいるんじゃないよホントに!」

喪黒「ホーホッホッホッ、あんまり言うと女将さんまたへそまげて家出してしまいますよ」

はやり「あの喪黒さん!はやり居酒屋なんてそんな……」

喪黒「アイドルに似つかわしくはないと?」

はやり「そうですアイドルは居酒屋なんて行きません!誰かにバレたらはやりのイメージが……!」

喪黒「大丈夫です、言ったでしょうここは穴場的スポット、都会にポッカリと開いた秘密基地みたいなモノです」

はやり「でも……」チラッ

客1「ングング!プハァーッ!」

客2「いやぁ仕事のあとの一杯はたまらん!」

客3「このためだけに生きてるみたいなモンだよ!」ングング!

はやり「他のお客さんもいますし……」

喪黒「ここのご常連さんたちは瑞原さんのことは誰も知りませんそういうことに疎い人たちばかりです」

はやり「だ、だけど……」

喪黒「営業は夕方6時から夜0時まで休日は毎週月曜のいたって普通の居酒屋です安心してください」

はやり「は、はぁ」

主人「はいお通し」カチャ
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 23:35:12.30 ID:RDucNC130
はやり「はぅわ!?な、なんですかこれは……」

喪黒「お通しというモノです、前菜みたいなモノですな」

はやり「食べても大丈夫なんですか……」

喪黒「モチロンです、お金を取るところもありますがこの店ではタダですよ」

はやり「そうですか……」

お通しは小魚の佃煮だった

喪黒「アイドルだったらやっぱりチョコレートパフェとかのほうがいいですかあ」

はやり「そ、そんなことありません!で、ではいただきます!」パクッ!

喪黒「どうですか?」

はやり「う……」

喪黒「う?」

はやり「……美味しいです」モッキュモッキュ

喪黒「こういうモノもなかなかイケるでしょう、やはり瑞原さんはこういうモノが合ってるのです」

はやり「そうかな……?」モッキュモッキュ

主人「お飲み物は何にしやしょう?」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 23:36:34.73 ID:RDucNC130
はやり「飲み物ですか……」

喪黒「そうですモチロンお酒のことです、まさかこの期に及んでアイドルらしくリンゴジュースとか言うのではないでしょうね」

はやり「言いませんよそんな!はやりだってお酒ぐらい飲めます!」

喪黒「それを聞いて安心しました、ではご主人瑞原さんに生ビールを一杯」

主人「はいよ!」

はやり「生ビールですか……」

喪黒「瑞原さんは普段お酒はどういうモノを?」

はやり「たまにバーでワインやカクテルなんかを嗜む程度で……」

喪黒「たしかにアイドル的にはワインやカクテルなんかがオシャレでいいかもしれませんなあ」

女将「はい生一丁!」カタッ

はやり「あ、どうも」

喪黒「さぁ瑞原さん生ビールですよ、あなたが本当に飲みたいお酒はワインやカクテルなどではなくコレなのです」

はやり「う、うん……」ゴクリ

喪黒「駆け付けの一杯と言うじゃあありませんか、生ビールをグイッとホラ……」

はやり「う……んぐ!!」ングッ!

喪黒福造に背中を押され瑞原はやりはジョッキを掴み勢いよく生ビールを呷った……!

はやり「ん!ん!」ングング

喪黒「どうですか瑞原さん……」

はやり「プハァー!!美味い!なにこれ超美味しいよ!身に沁みるぅぅぅぅ!!」ニヤニヤ

喪黒「ホーホッホッホ……」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 23:39:23.55 ID:RDucNC130
はやり「キンキンに冷えたビールが体中を駆け巡るっ……!」

喪黒「どうですか初めて飲む生ビールのお味は?」

はやり「最高です!こんな美味しいモノなんですね生ビールって!」

喪黒「喜んでいただけてなによりです、さぁもっと豪快に……」

はやり「はい!ングング!プハァーッ!」

喪黒「肴も無しに飲むのもなんでしょう、ご主人適当に焼き鳥を3、4本お願いします」

主人「はいよ!」

はやり「や、焼き鳥ですか?」

喪黒「プロ雀士という職業柄やはり焼き鳥はご法度ですか?」

はやり「いえいえお願いします!」

主人「……」ジュージュー

はやり「ああ良い音……」

喪黒「ここの焼き鳥は格別ですよお」キューッ

はやり「あの喪黒さんが飲んでるそれは……」

喪黒「熱燗です、はい瑞原さんの分のお猪口」サッ

はやり「どうも……」

喪黒「さぁキューっと……」

はやり「ん……」キューッ

喪黒「……」

はやり「プハッ!これも美味しいですね喪黒さん……」トローン
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 23:42:04.81 ID:RDucNC130
はやり「ウィ〜」ニヒヒ

喪黒「なかなか楽しいでしょう居酒屋も……」

はやり「はい!すこやちゃん毎日こんな楽しいとこ来てるなんてズルいよ〜」

喪黒「あの小鍛冶さんですか、あの人はよく居酒屋に行くのですか?」

はやり「毎日のように行ってるみたいだよ〜、実ははやりも一度連れて行ってもらったことあるんだ〜」ングング!

喪黒「ほう」

はやり「でもアイドルはこんなトコいちゃいけない気がしてすぐ帰っちゃったんだ〜、でもそれがなんかココロ残りで……」

喪黒「昔から瑞原さんはこういうところを求めていたのです、ここは都会の隠れ家です好きなだけ飲んでください」トクトク

はやり「ありがとうもぐっちゃ〜ん☆」キューッ

喪黒「なかなかイケるクチですねえ瑞原さん」

はやり「こう見えてもはやりはお酒に強いほうだよ〜」キューッ

喪黒「アイドルにも休息が必要ですここで思いっきり発散してください」

主人「はいよお待ち!」トンッ!

はやり「うわぁ美味しそう!」

主人「左からモモ皮レバーかしらで」

はやり「ではかしらから……」モッキュ

喪黒「……」

はやり「ンマ〜イ!おじさんこれ美味しいよ!」

主人「へへへそれほどでもねェよ姉ちゃん」

女将「いやね鼻の下なんか伸ばしちゃって」

はやり「ハム!ハフハフ!!」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/09(水) 23:44:16.61 ID:RDucNC130
  ワイワイ ガヤガヤ ザワザワ イヒヒヒヒ

はやり「月が出た出た〜月が出た〜ヨイヨイ♪」

客1「姉ちゃんデキ上がってるな!」

はやり「おっさんも飲んでるぅ!?今日は無礼講だよ〜」ウィー

客2「おっさんだからもうこれ以上飲めましぇーん」

はやり「オヤジ!大吟醸もう一杯!」

主人「はいよ!」

はやり「ここのモツ煮は最高だよ〜」モッキュモッキュ

客4「嬢ちゃんここはなんこつもイケるよ」サッ

はやり「くれるの?!ありがとうおじいちゃん!」バリボリ

喪黒「……」

はやり「ああ美味い!そしてビールを……」ングング!

客3「良い飲みっぷりだねぇ」

はやり「プハァー!生き返るぅぅ!!」

喪黒「……」

はやり「ハーヨイヨイ♪ハーヨイヨイ♪」チャンチャンチャン!

喪黒「ドンチャン騒ぎ楽しそうですねえ瑞原さん」

はやり「はーい楽しいでーす!」

喪黒「わたしは用事がありますのでお先に失礼します、それではココロゆくまでここでお楽しみください……」

はやり「ここ紹介してくれてありがとう喪黒さ〜ん!またね〜!」

喪黒「ハメを外しすぎないでくださいねえ、ホーホッホッホ」

はやり「ビール最高!!」キャッキャッ!
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 00:49:50.54 ID:NkRK5lMJ0
  数日後 春の選抜大会2回戦会場にて

船久保「ドシーン!バターン!ハネマーン!」

伏屋「エエーッ!?」

堀之内『斐太商業の伏屋奈都、またも千里山女子の船久保浩子に振り込んでしまいました』

伏屋「なんでですか!わたし気になります!」

船久保「あんたのデータも全部お見通しや」ニヤニヤ

はやり『さすがひろぴょんだね☆彼女の分析力は時代の最先端を突き抜けてるよーん☆』

まこ「頭でっかちな麻雀じゃのう……」

船久保「この世の中すべてデータで成り立ってるんや、データを制するモノが勝負を制すんや」ニヤニヤ

はやり『はわわっ!?バトル漫画じゃ絶対にかませ犬が言うセリフだよそれひろぴょ〜ん!』

まこ「わりゃあはいつかそのデータに溺れるけぇ」

船久保「溺れてみたいもんやなデータに」ペロリ

はやり『ううう曲者同士がバチバチ火花飛ばしてるよー……』

堀之内『まさにレベルの高い攻防です』

伏屋「えい!」カチャ

船久保「それロンや!」

伏屋「やら!」

堀之内『またも伏屋振り込んでしまいました』
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 00:51:36.66 ID:NkRK5lMJ0
まこ「ツモじゃ、流しのホンイツのみじゃがのう」

堀之内『試合終了です、準決勝に進出するのは1位大阪代表千里山女子と夏の覇者の長野代表清澄高校です』

船久保「次もよろしく頼むで眼鏡ちゃん」ニヤニヤ

まこ「わりゃあも眼鏡じゃろが」イラッ

はやり『まこっちゃんとひろぴょんの攻防は見ものだったね!はやりも準決勝が楽しみだよ!』

堀之内『さすが夏の覇者と名門のキャプテンですね』

はやり『曲者どうし玄人が好む二人だね☆おならプー!ってそれくせぇ者じゃん!ナーンチャッテ☆』

堀之内『はやり節炸裂ですね』

はやり『薄野さんもはやりみたいに面白いことが言えるようになるともっと人気者になれるぞい☆』

堀之内『堀之内ですよぉ』

八木原「無念でござる……」

堀之内『埼玉代表越谷女子は惜しくも3位敗退、夏の巻き返しに期待ですね』

はやり『八木原けいこりんは大のニンジャマニアらしいよ!ハットリ君だね!どんぐりまなこにへの字口〜♪』

堀之内『瑞原プロあまりハットリ君のこと言うと年代がバレますよぉ』

はやり『あ!また年齢のこと言ったなぁ!コラァー!』プクーッ!

堀之内『そんなこんなでまた準決勝でお会いしましょう』

はやりノシ『それでは皆の衆また来世〜☆』
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 00:53:51.91 ID:NkRK5lMJ0
はやり「ふぅ〜」

堀之内「お疲れ様です瑞原プロ」

はやり「おつ〜、今日も楽しい試合だったね〜」

堀之内「なんだか今日の瑞原プロいつものよりハツラツとしてますね」

はやり「そぉお?」

堀之内「はい、少し若返った気がします」

はやり「もともとはやりは若いぞぉ!」プクッ!!

堀之内「なにか嬉しいことでもあったのですか?」

はやり「ちょっとしたストレス解消法を実践してるだけだよ〜」

堀之内「面白そうですね私にもそれを紹介してください」

はやり「堀之内さんもストレス抱えてるの?」

堀之内「モチロンです、他局のアナウンス技術は拙いのにやたら持ち上げられてる女子アナを見る度に辟易しますね」

はやり「はやや!それは深刻だよ〜!」

堀之内「それはそうと瑞原プロ、今から二人でバーにでも行きませんか?」

はやり「ごめ〜ん、今からそのストレス解消法とやらを実践しに行くんだ〜」

堀之内「それは残念です」

はやりノシ「それじゃあね堀之内さんバイバーイ!」

堀之内「はいさようなら」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 00:56:00.81 ID:NkRK5lMJ0
  居酒屋にて

はやり「かんぱ〜い!」カチン!

喪黒「はい乾杯……」カチン

はやり「喪黒さんがここを紹介してくれたおかげでなんだかスッキリしました!」

喪黒「それは良かったですねえ」

はやり「なんだか悩んでるのバカらしくなったというかウジウジしてた自分が情けないですよホント!」

喪黒「そう言えるのはここでストレスを発散してるおかげですよ瑞原さん」

はやり「本当に感謝してます!ありがとうオヤジ!」

主人「へへへどうも」

はやり「ングング!プハァー!!」

喪黒「良い飲みっぷりですねえ、この姿をビール会社に見せたらCMのオファーが来るかもしれませんよ……」

はやり「居酒屋で飲んだくれてるこんな姿が電波で流されたらはやりのファンが失望しますよ〜」ングング

喪黒「たしかに赤ら顔で生ビールをグイッとやってる姿は完全にアイドルを捨ててますからなあ」

はやり「ああもうひどーいよ喪黒さん!はやりはアイドルを続けるためにここに通ってるんだよ〜!」

喪黒「ホーホッホッホ、そうでしたそうでした」

主人「はいよレバー皮砂肝ハツだよ」カタンッ

はやり「わぁ美味しそう!!」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 00:58:51.62 ID:NkRK5lMJ0
  ワイワイ ガヤガヤ ザワザワ オーキードーキー

はやり「エンヤードットーエンヤードットー♪」カチンカチン!

客1「相変わらず出来上がってるな姉ちゃん!」

はやり「おっさん飲んでるかぁ!はやりに負けるなんて情けないぞお!」

客2「俺たちの薄給じゃあこれが限度よ」

客4「嬢ちゃんこれ食うかい?」

はやり「わぁ湯豆腐だ!ありがとうおじいちゃーん!」

喪黒「ご常連さんともすっかり溶け込めたようですねえ」

はやり「もうみんなはやりの舎弟みたいなもんだよ〜」グビグビ

主人「いまやはやりちゃんここの誰よりも店に馴染んじゃってるよ」

喪黒「居酒屋のヌシみたいな感じですなあ」

はやり「じゃあヌシらしくもっと飲むよ!オヤジホッピーちょうだい!」

主人「はいよ」

喪黒「ハメを外すのも良いですが、外しすぎないように気をつけてくださいね瑞原さん」

はやり「わかってるよ〜ん」

喪黒「ここはあくまでアイドル活動を続ける上でのガス抜きの場です
   ここ以外ではアイドルらしからぬ行動をせぬよう気をつけてください……」

はやり「りょうかーい!あ、ホッピー美味しそう!」

喪黒「ちょっとした油断が命取りです少しでも外で気を抜くと大変なことになりますからね……」

はやり「オーケーオーケー!はやりに関してそーゆーのは無問題だよーん!」

喪黒「ここでは好きなだけ飲んだくれてください、そして外ではしっかりアイドルを務めてくださいね……」

はやり「ん!ん!プハァー!!」ングング!
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 01:02:43.49 ID:NkRK5lMJ0
  数日後 春の選抜大会準決勝会場にて

まこ「ドーーーーン!!」バタン!

船久保「うぐっ!!」

堀之内『千里山女子の船久保浩子、またもや清澄染谷まこに振り込んでしまいました』

はやり『はやや!!やっぱりんこデータキャラはかませだった?!』

船久保「デ、データと違うやないか……」

まこ「世の中全部がデータで括れる思うたら勘違いも甚だしいのう!なにが起こるのかがわからないのが麻雀じゃ!」

船久保「くそお……」ギリッ!

堀之内『いまの振り込みで試合終了です、決勝は進出は夏の王者清澄高校』

はやり『貫録のトップ通過だね〜☆』

まこ「全部妹尾さんのおかげじゃわい」フフン

堀之内『そして2位は富山代表の七森女子高校の杉浦綾乃』

はやり『清澄と千里山女子がやりあってる間にどさくさに紛れて2位になってたねー』

綾乃「漁夫の利漁夫の利漁夫のリッキーヘンダーソンよ!」

はやり『……っ!』ギリッ!

堀之内『瑞原プロ可愛い子見て舌打ちするのやめてくださぁい』

はやり『してないよ〜!金津園さん嘘はよくないないナイジェリアだよ〜!』

堀之内『堀之内ですよぉ』

友清「ううう花田ちゃんに怒られるばい……」

堀之内『九州の名門新道寺女子は残念ながら最下位でした』

はやり『新道寺の副部長の花田煌さんはちょーこわいらしいよ〜!はやりこわくて泣いちっち☆』

堀之内『では次は決勝戦でお会いしましょう』

はやりノシ『さらばじゃ!!』
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 01:03:57.25 ID:NkRK5lMJ0
  2時間後  ビルの中にて

はやり「フフンフフンフフーン♪」

  カツン……カツン……

はやり「今日も飲んじゃおっかなー!」

今日も瑞原はやりは仕事が終わった後にあの居酒屋のあるビルに来ていた

はやり「なんだか最近毎日が楽しいな〜」ハヤリハヤリ

  カツン……カツン……

はやり「なんだからアイドルになり始めたばかりのころを思い出すよ〜」ハヤリハヤリ

はやり「これも喪黒さんがあのお店を教えてくれたおかげだよね〜」ハヤリハヤリ

はやり「喪黒さんには感謝感謝だね〜」

  カツン……カツン……

はやり「フフーン」トコトコ

そして居酒屋がある地下のフロアにつく

はやり「さぁて今日も飲むぞ〜」トコトコ

はやり「今日は焼き鳥全部制覇しちゃうぞ〜」トコトコ

  カツン……カツン……

はやり「でもなんかおかしいな見えてくるハズの明かりが見えてこないよ?」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 01:07:19.52 ID:NkRK5lMJ0
  カツン……カツン……カツン……

はやり「う〜んいつものならここまで来るとボンヤリと赤提灯の明かりが見えてくるのに……」

はやり「はぅわ!!もしかしてはやりもう老眼?!ヤバすぎだよ〜」

  カツン……カツン……カツン……  

はやり「……本当になんで明かりついてないんだろ、なにかトラブルでもあったのかな」

そして店の前まで来たのだった……

はやり「あれぇ本当に赤提灯点いてないじゃん店の中も真っ暗だし」ガタガタ

はやり「戸も鍵掛かってるなぁ……」

はやり「なんで開いてないんだろ……あ」

喪黒≪毎週月曜休みの普通の居酒屋です……≫

はやり「あちゃ〜今日月曜だから休みなのか!ガビーン!」

はやり「ハァショック……せっかく今日も楽しい思い出来ると思ったのに……」

はやり「ああもうビールの受け入れ態勢万全だったのにもうツイてないなもう!!」プンスコ!

はやり「……」

はやり「大人しく帰るしかないか今日はもう……」

はやり「ハァ……」トボトボ…

はやり「……」トボトボ…

はやり「ビールと焼き鳥食べたいな……ンモー……」プクッ
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 01:10:04.93 ID:NkRK5lMJ0
  ブロロロロロロロロロロロ・・・・・・

運転手「……」

はやり「……」

運転手「……」

はやり(ハァ……しょんぼりだな休みだなんて……)

結局瑞原はやりは帰宅するために駅前でタクシーを拾ったのだった

はやり「ハァ……」

運転手「……」

健夜『月曜雀ク!こーこすこやの深夜のすこやかレイディオ!』

はやり(ラジオが始まった……)

恒子『すこやん今日も酔っぱらいながら仕事なんて相変わらず豪快だね!!』

健夜『酔ってないよ!番組開始早々真っ赤な嘘言うのやめてよ!』

恒子『またまた!すこやんと言えば麻雀!酒!女!に目がない最後の無頼派雀士と言われてるじゃないですか!』

健夜『うううそんな昭和な人間じゃないから私……』

恒子『でもお酒には目がないですよね!』

健夜『……まぁ仕事の後のビールは好きだけどね』

はやり(いいなすこやちゃんはビールが気軽に飲めて……)
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 01:11:57.63 ID:NkRK5lMJ0
  ブロロロロロロロロロロロ・・・・・・

はやり「……」

恒子『そこで私は言ってやったんですよ!お前は歩くカツオノエボシかってね!』

健夜『意味分からないよこーこちゃんその話……』

運転手「ぶふふっ……」プルプル

はやり「運転手さんそこ右に曲がってください」

運転手「は、はいわかりました」

はやり「……」

  ブロロロロロロロロロロロ・・・・・・

恒子『しかしすこやんはそろそろビールを控えたほうがいいんじゃないですか?!痛風の心配したほうが良いですよ!』

健夜『もう痛風になっちゃったから心配してもしょうがないよ……』

恒子『リスナーのみんなもビールの飲み過ぎには気をつけてね!!』

はやり(ビール飲みたい……)
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 01:13:33.32 ID:NkRK5lMJ0
  ブロロロロロロロロロロロ・・・・・・

運転手「お客さんどのへんでしょうか」

はやり「あ、ここまっすぐ行ったらじきにマンションが見えてきますのでそこで……」

運転手「はいわかりました」

恒子『ととのいました!!』

健夜『急になぞかけ?!』

はやり「……」

恒子『神成さんと掛けまして清澄高校の宮永咲さんとときます!』

はやり(ん?あれは……)

そこであるモノが瑞原はやりの目に入ったのだ……

健夜『神成さんってドラえもんの?それでそのココロは?』

はやり「運転手さんここで止めてください!!」

運転手「え、はいわかりました!」

  キキィ!!!

はやり「……」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 01:15:00.03 ID:NkRK5lMJ0
  コンビニにて

はやり「……」

  ウィーン

店員「いらっしゃいませー」

はやり「……」

瑞原はやりはコンビニに入るためにタクシーを止めさせたのだった

はやり(そういえばここのコンビニ入るの初めてだな〜)

瑞原はやりがコンビニに入った理由はモチロン……

はやり(どうせだからここで罐ビール買っちゃおう!)

そうやはりビールを買うのが目的だったのだ……

はやり(どこにあるかなビールビール〜)トコトコ

男客「……」チラッ

女客「……」ジトッ

はやり(周りのお客さんに見られてる気がするけど帽子サングラスマスクしてるしはやりだとバレる心配もないよねたぶん)

そして酒コーナー前まで来たのだった

はやり(うーんいっぱい種類があるなぁどれにしようかな……)

はやり(ふふふなんだかドキドキするなコンビニでお酒買うの初めてだもんね)

はやり(もういっそのことビール箱買いしちゃおう!)
36 :訂正 [saga]:2016/03/10(木) 01:16:30.12 ID:NkRK5lMJ0
  コンビニにて

はやり「……」

  ウィーン

店員「いらっしゃいませー」

はやり「……」

瑞原はやりはコンビニに入るためにタクシーを止めさせたのだった

はやり(そういえばここのコンビニ入るの初めてだな〜)

瑞原はやりがコンビニに入った理由はモチロン……

はやり(どうせだからここで罐ビール買っちゃおう!)

そうやはりビールを買うのが目的だったのだ……

はやり(どこにあるかなビールビール〜)トコトコ

男客「……」チラッ

女客「……」ジトッ

はやり(周りのお客さんに見られてる気がするけど帽子サングラスしてるしはやりだとバレる心配もないよねたぶん)

そして酒コーナー前まで来たのだった

はやり(うーんいっぱい種類があるなぁどれにしようかな……)

はやり(ふふふなんだかドキドキするなコンビニでお酒買うの初めてだもんね)

はやり(もういっそのことビール箱買いしちゃおう!)
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 01:18:37.10 ID:NkRK5lMJ0
はやり(おつまみは何にしようかな〜)

はやり(昔からこういう乾きモノとかにも憧れてたんだよね〜するめとかビーフジャーキーとか)

はやり(まぁいいやめぼしいモノは取りあえず全部買っちゃうおうかな)サッサッ!

瑞原はやりは気になるモノを片っ端から買い物かごに入れていった

はやり(ポテチもいいかもね〜罐ビールを片手にポテチをパリパリするの最高に楽しいそうだもん!)

はやり(その姿を想像するだけでもう……)

はやり「はやや〜」ニヤニヤ

女客「……」ジロッ

はやり(いけないいけないついつい顔がニヤけちゃった!変な人と思えわれたかもしれないよ〜)ヒヤヒヤ

はやり(まぁ変装してるしはやりとは分からないだろうけどね)トコトコ

はやり(あ!焼き鳥だ!これも買おう!)

そして酒と肴でいっぱいになった買い物かごを持ちレジへと行く

店員「……」ピッピッ

はやり(ああ早く部屋に帰って一杯やりたいな〜)

店員「……」ピッピッ

はやり(本当はあのお店で飲みたかったけどしょうがないよね、一人で部屋で飲むのもまた楽し……)

そこでふと瑞原はやりは喪黒福造に言われた言葉を思い出したのだ……

喪黒≪この店以外ではアイドルらしからぬ行動をせぬよう気をつけてください……≫

はやり「……」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 01:20:24.17 ID:NkRK5lMJ0
店員「……」ピッピッ

はやり(いまはやりがやってる行為ってアイドルらしからぬ行いなんじゃ……)

店員「……」ピッピッ

喪黒≪少しでも外で気を抜くと取り返しのつかないことになりますからねえ……≫

はやり(取返しのつかないことってなんだろう……怖いことじゃなきゃいいけど……)

はやり(で、でもでもこんな帽子サングラスをしてるんだしはやりとバレるわけ……)

はやり(だ、大丈夫だよきっとね……)

店員「あの……」

はやり「はや!?な、なんでしょうか?!」

店員「焼き鳥温めますか?」

はやり「え、あ、はいお願いします……」

店員「では……」トコトコ

はやり「……」

  ジジジジジ……

店員「……」

はやり(ううう焼き鳥温まるまで長いよ〜……)

店員「……」

はやり(なんだか急に店員や周りのお客さんにジロジロ見られてる気がしてきたよ……)

  チンッ!

店員「はい全部で3790円です」

はやり「(早く部屋に帰ろう……)はい……」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 01:21:38.44 ID:NkRK5lMJ0
   スタスタスタスタスタ……

はやり「ハァハァ……」

瑞原はやりは自宅のあるマンションまで早足で歩いていた

はやり(なんだか行き交う人がみんなはやりに注目してるように見えるよ……)

   スタスタスタスタスタ……

はやり「ううう買ったモノは重い……」ガサガサ

結局ビニール袋を2つ使うほど大量に買ったのだった……

はやり(こんな量一晩じゃ飲めないし毎日ちょっとずつやるしかないね……)

   スタスタスタスタスタ……

はやり(しかし豪勢だな〜なんだかんだでちょっと楽しみだな〜)ニヒヒ

   スタスタスタスタスタ……

はやり(やっとマンションに着いた……)

マンションの前に着き瑞原はやりは一息入れる

はやり(早歩きして汗もかいたしお風呂入ってから一杯やろうかな!)

はやり「これがホントのはやや歩きってね!ぷぷぷっ!」トコトコ

瑞原はやりがマンションに入ろうとすると玄関脇から黒い影がヌッと現れたのだ……

喪黒「ホーホッホッホ」

なんと喪黒福造だったのだ……
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 01:23:44.55 ID:NkRK5lMJ0
はやり「も、喪黒さん!?」

喪黒「こんばんは瑞原さん……」

はやり「ど、どうしてはやりのマンションの前にいるんですか?!」

喪黒「たまたま通りかかったので瑞原さんに挨拶しようと寄ってみたのです」

はやり「そ、そうなんだ……」

喪黒「ところで瑞原さん、両手にぶら下げてるそのコンビニ袋はなんですかあ」

はやり「これは……」ギクッ!

喪黒「見たところビールとつまみでいっぱいらしいですな」

はやり「近くのコンビニで買いまして……」

喪黒「瑞原さん私は忠告したハズですよ外ではアイドルらしくない行動はおやめなさいと……」

はやり「で、でもいつもの居酒屋がお休みだったから!」

喪黒「1日ぐらいなんですか毎週月曜日は休肝日ということでお酒を我慢すればいいのです」

はやり「だけどもやっぱり飲みたくて……」

喪黒「その気の緩みが瑞原さんのアイドル活動を台無しにしてしまったのですよ」

はやり「え……」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 01:31:20.89 ID:NkRK5lMJ0
はやり「そんなたかだかコンビニでビールを買ったぐらいで大げさだよ……」

喪黒「あなたはバラエティなどで活躍するアイドルではなくファンに夢を売る正統派なアイドルです
   そんなあなたがビール一本ならまだしも大量にビールやつまみを買いこむ姿はそれだけでファンの幻滅を誘うのに十分なのです」

はやり「でもこの帽子サングラス姿を見てはやりだと気づくハズが……」

喪黒「いいえその程度の変装ぐらいで瑞原さんの放つアイドルオーラを抑え込むことなどできません
   コンビニにいたお客さんたちはすぐにあなたが大人気アイドルの瑞原はやりだと気づかれたハズでしょう……」

はやり「そんな……」

喪黒「人気アイドルだということがアダになりましたなあ」

はやり「だけどバレたとしてもコンビニにいた人だけだし別に……」

喪黒「残念ながら今はネット社会ですコンビニでのあなたのことはもうSNSなどで広がっているハズです……」

はやり「エエーッ!!それはちょっと!!」

喪黒「もしかしたら写真なんかも隠し撮りされてたかもしれませんなあ、そしたら瑞原さんのアイドル活動は……」

はやり「そんな!!あんな姿を晒されたらはやりのアイドルとしてのイメージが!」

喪黒「今更後悔しても後の祭りです今回の失策が瑞原さんのアイドル人生にヒビを入れてしまいました
   これからどう繕ってもあなたのアイドルとしてのイメージは最終的に破綻してしまうでしょう」

はやり「じゃあどうすれば!」

喪黒「なら思い切って……」ジリッ…

はやり「な、なんですか……」

喪黒「自らアイドル人生に終止符を打てばいいのです……」

はやり「え……」

喪黒9m

喪黒9m「ドーーーーーーーン!!!!」

はやり「いやあああああああああああああ!!!!」

・・・

・・・・・・
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 01:35:48.23 ID:NkRK5lMJ0
・・・・・・

・・・

  ザワザワ ガヤガヤ ヒソヒソ ブツブツ

通行人1「ねぇなにあれ……」

通行人2「ひどいねあれ……」

早朝、瑞原はやりの部屋があるマンションの前に人だかりが出来ていた

通行人3「うわぁ……」

通行人4「人としてどうなの……」

誰も彼もが眉をひそめていた……

通行人1「ひょっとしてあれ……」

通行人2「うんきっとそうだって……」

人だかりはある人物を中心に出来ていたのだ……

通行人5「おいそいつどかせよ!!」ブーブー!

そしてそれは車も通れぬほど通行の邪魔になっていたのだ……

通行人3「やっぱそうだよね……」

そしてその人物とは……

はやり「グヒヒヒヒ!!うぃ〜!」ベロンベロン

なんとベロンベロンに泥酔した瑞原はやりだったのだ……!
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 01:40:23.39 ID:NkRK5lMJ0
はやり「うひひひひひ……」ベロンベロン

正体を無くした瑞原はやりが道の真ん中で飲んだくれていた……

はやり「ングングング!プハァー!うひひひひ……」ベロベロ

通行人4「瑞原はやりじゃんあれ……うわぁ……」

瑞原はやりの周りにはビールの罐につまみのパックそして焼き鳥の串が散乱していた……

はやり「みょ、みょう一杯……」プシュッ

完全に目が据わり呂律もロクに回っていないのだった……

通行人2「……」

はやり「はやりビール大好き……うひひひひ……」ングング!

通行人3「はやりんがあんなだったなんてショック……」

はやり「うひひひひひひひひ……あはははははは……」ベロベロ

通行人1「通行の邪魔だから起きなさいよあんた!!」

はやり「飲み終わってかりゃね〜……うぃ〜……」ベロンベロン






喪黒「あんな醜態を見せてしまったらもう誰も瑞原さんのことをアイドルとは思わないでしょう」

喪黒「しかし瑞原さんにとってはアイドルの重荷から解放されたのでむしろ良かったのかもしれませんなあ」

喪黒「さて私は三代目牌のお姉さんでも探しに行きますか……」

喪黒「ホーホッホッホッホ・・・・・・・・・・・・」

     はやり「みんなのアイドル瑞原はやりだよーん☆」堀之内「さすがですね」  カン
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/10(木) 01:45:58.99 ID:NkRK5lMJ0
以上です
読んでくれた人てんきゅー
投下してる途中で気づいたけどはやりんの相方の女子アナの名前を間違えてたので今回は大目に見てプリーズ

寝るお
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/10(木) 01:48:32.48 ID:+AIvU+JRo

はやりんっていうか湯町中の同窓はOG会とかで坂根せんせーに居酒屋連れまわされてそう
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/10(木) 03:11:07.77 ID:XI+YvM9Po

はやりん漏らしてそう
47.88 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)