このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

鷺沢文香「貴方と私の言葉探し」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/06(月) 16:21:59.47 ID:2VnFibVe0

文香のSSです

地の分多め

鷺沢文香「言葉探し」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464655159/
の続編です。

蛇足感を感じるかもしれないので、あれで完結だと思っている方は読まない方がいいかもしれません。

ではよろしくお願いします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1465197719
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【ミリマス】星がチェックに交わって【デレマス】 @ 2020/10/20(火) 01:30:49.94 ID:DFTGjH0z0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1603125049/

「もう少し大丈夫」って乗り切ろうよ @ 2020/10/20(火) 01:02:25.97 ID:NBrrwGh60
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1603123345/

P「あいつらに会いたい」 @ 2020/10/19(月) 23:51:19.57 ID:0wVWj0kD0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1603119079/

少女「涙の夜行に彼岸花」 @ 2020/10/19(月) 21:23:05.01 ID:kXnbXFlm0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1603110184/

穂乃果 「コツコツ」 @ 2020/10/19(月) 17:47:45.82 ID:CJLyJuu30
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1603097265/

俺「安価で鬼殺隊に入るぞ!」 @ 2020/10/19(月) 14:09:06.64 ID:+LWz9sn20
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1603084146/

【俺ガイル】×【ミルクボーイ】 @ 2020/10/19(月) 01:22:39.51 ID:SupjZ7/b0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1603038159/

旅にでんちう @ 2020/10/18(日) 19:35:47.43 ID:lww+twnoO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1603017347/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/06(月) 16:22:54.89 ID:2VnFibVe0
 私と貴方の言葉探しが始まりました。
 

「文香はコーヒー飲まないのか?」
「はい……苦いのは苦手で」
「そっか……こうしたらどうだ?」

 貴方は自分のコーヒーにミルクを入れ、私に差し出しました。

「……まろやかで美味しいです」
「だろ?これで文香もコーヒーを好きになってくれると嬉しいよ」


 コーヒーの甘さを思い出しながら、
 私は自分のページにコーヒーと書きました。
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/06(月) 16:23:35.75 ID:2VnFibVe0
「文香この本、面白かったよ。貸してくれてありがとう」
「それはよかったです。……その作者の別の作品もお貸ししましょうか?」
「いいのか?なら、お言葉に甘えようかな」
 

 面白いと言ってくれたことに安堵しつつ、
 私は貴方のページに、本の作者の名前を書きました。
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/06(月) 16:24:15.31 ID:2VnFibVe0
「おっ、きたきた。冷めないうちに食べよう」
「はい…… いただきます」
「この、噛むたびに肉汁が溢れる感じが堪らないよな」

 貴方は目を輝かせながら、ぺろりとハンバーグを食べ終えました。

「美味しかったな。また来ようか」
「はい…… ぜひお願いします」


 また来ようか、その一言に喜びを感じながら、
 私と貴方のページにハンバーグと書きました。
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/06(月) 16:24:53.96 ID:2VnFibVe0
 貴方のページの言葉が私のページに生まれた時、
 貴方のことを一つ知った気がしました。

 私のページの言葉が貴方のページにも生まれた時、
 私のことが一つ伝わった気がしました。

 貴方と私のページに、同じ言葉が生まれた時、
 貴方と私の思いが一つ近づいた気がしました。

 ノートはどんどん黒くなっていき、
 貴方への思いもどんどん焦がれていきました。
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/06(月) 16:25:40.15 ID:2VnFibVe0
 貴方と言葉探しを始めてから、半年ほど時間が流れました。


 貴方のページもなかなか立派に黒くなりました。
 
 私はノートを読み返しました。

 コーヒー、ハンバーグ、…………

 どれもありふれた言葉のように思えるかもしれませんが、
 私にとっては特別な言葉でした。
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/06(月) 16:26:38.30 ID:2VnFibVe0
 読み返していくうちに、
 まるで一冊の本のようだと思いました。

 言葉自体はどれも短い言葉ですが、そこにはたくさんの思いが確かにありました。

 ミルク入りのコーヒーの甘さ
 好きな作家をおすすめするときの不安や恥ずかしさ
 ハンバーグを食べた時の溢れる喜び


 このノートの全てが私の言葉なのだ、と私は気づきました。


 そのことに気づいた途端、居ても立ってもいられなくなったので、
 私はノートを持って、貴方に会いに行きました。
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/06(月) 16:27:45.64 ID:2VnFibVe0
「文香?今日はオフじゃなかったか?」
「はい……その……プロデューサーさんに用がありまして……
 ……読んでもらいたいものがあるのです」
「ん?なんだ?」


 私の言葉
 
 貴方への思い
 
 探してください
 
 伝わってください


 私はノートを渡しました。
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/06(月) 16:28:26.68 ID:2VnFibVe0
 私は絵本作家になりました。

 言葉の世界に魅了された私は、
 
 言葉の魅力を多くの人に知ってもらおう
 少しでも言葉に触れるきっかけになったら

 そのような思いを言の葉に込め、今日も言葉を紡いでいます。
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/06(月) 16:29:19.12 ID:2VnFibVe0
「先生、コーヒーをお淹れしましょうか?」
 一息つこうかと思ったら、貴方の声が聞こえました。

「プロデューサーさん…… 二人の時は、先生と呼ばないでくださいとあれほど……」
「文香だって俺のことをプロデューサーって呼んでいるじゃないか」

 甘いコーヒーを飲みながら、あなたと言葉を交わします。


 ゆっくりとですが、光り輝く。  
 そんな日々を私は過ごしています。
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/06(月) 16:30:02.14 ID:2VnFibVe0
 私は今日もノートを開きます。

 見た目は普通ですが、たくさんの言葉で飾られた私のノート

「もっと読みたい」
 そう書かれた最初のページを見て、今までのことを少し思い出した後、
 一番新しいページを開きました。


 ずっと探していきましょうね

 思いを込め、私は言葉を飾っていきます。


 私と貴方の言葉探しはこれからも続いていきます。
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/06(月) 16:30:52.86 ID:2VnFibVe0
以上です。

すごく短くて申し訳ないです
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/06(月) 17:20:04.24 ID:X70wVIPdo
乙です
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/06(月) 17:22:19.94 ID:S70PANaL0
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/06(月) 17:53:11.48 ID:9V99hA5do
おつです
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/07(火) 01:54:03.15 ID:P3gnSTXPO
タイトルで続編だろうなと思った

5.76 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)