このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

仗助「承太郎さんの娘さんッスよ!」 第六部『(ジョー)スター・オジョーチャン』 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/07/14(木) 21:04:13.65 ID:M9I+NPXM0

じょりん「いっけなァ〜〜〜いッ!遅刻ちこくぅ〜〜〜ッ!」

 じょりん「アタシ、クウジョウジョリーン!ナウくてヤバイ15歳!現役ピチピチのJKローリング!」

 じょりん「アメリカから日本の杜王町にカムヒアして10年のタイムがロングタイムアゴー!今はぶどうが丘高校のピカピカ1年生!」

 じょりん「だけどもけれど大ピンチ!仗助お兄ちゃんが朝起こしてくれなかったから猛ダッシュ!帰ったらオラるからね!」

じょりん「そこの角を曲がればストレートに学校まで一直線!がんばれアタシ!バンガレジョリーン!駆け抜けて性春よ!」ゴーイングステディー

 ダダダダダ バッ

じょりん「アッ!」

 ドッシ〜〜〜ン☆

じょりん「いっつぁーい!もうッ!どこに眼球はめ込んでるのよこのドットコスットイ!」プンスコ

えるめぇす「イテテ・・・あァ〜〜〜ン!?てめーがぶつかってきたんだろうがよォーッ!」

じょりん「☆!?うっそ!超イケメンベリートゥーベリー!」ドキドキドッキーン☆

じょりん「遅刻の登校途中でイケメンジャリボーイとぶつかるなんて、めちゃめちゃロマンティックあげるよって感じじゃ〜〜〜ん!」ウヒョルン


 〜〜〜

承太郎「という夢を見たんだが、どう思う仗助」

仗助「いよいよもってヤバイッスね承太郎さん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468497853
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

VIPクラシック まとめブログを作って一攫千金を狙うぜ!!! @ 2019/06/17(月) 12:03:56.95
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/vip4classic/1560740636/

真美「ベランダ一歩、お隣さん」 @ 2019/06/17(月) 01:06:17.43 ID:MwWLOLhm0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560701177/

【ミリオン】のり子「願いが叶うお守り!?」 @ 2019/06/16(日) 23:08:39.23 ID:LpkB5FKZ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560694118/

佳奈多(今更直枝に甘えたいとか言い出せない・・・) @ 2019/06/16(日) 22:31:43.25 ID:oY3tpC+g0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560691902/

ウォースパイト「私youtuberになるわ!」 @ 2019/06/16(日) 22:28:17.36 ID:Fh9fFs+JO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560691697/

Jump up HIGH!! @ 2019/06/16(日) 20:30:53.26 ID:lwgQk+QR0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1560684652/

ペコリーヌ「140連だにゃ〜♪」 コッコロ「140連だにゃ〜♪」 @ 2019/06/16(日) 19:12:59.50 ID:LG02DQ1r0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560679979/

アスカ「かぐや様は告らせたい?」 弐 @ 2019/06/16(日) 19:11:08.85 ID:06DERQ3xO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560679868/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/14(木) 21:25:36.69 ID:X1rszuZd0
ついに来たか!!
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/14(木) 21:26:30.62 ID:m7S0Ib/y0
3ゲト
4 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/07/14(木) 21:27:52.46 ID:M9I+NPXM0
このスレッドは

仗助「承太郎さんの娘さんッスかァ〜!?」から続くシリーズです。基本的に過去スレを見なくてもなんとなーくわかるので問題ないと思います
内容はジョジョ原作をマイルドに平和にしたものです。四部終了直後に徐倫が杜王町に来た、というものです。5歳です。

現在放送中のアニメ四部のネタバレを含む可能性があるので注意
常にネタを募集しています。なにか使えそうなネタがあればください
更新はスローになると思います
5 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/07/14(木) 23:14:34.79 ID:M9I+NPXM0
じょりん「――ってなもんで遅刻ギリギリアウトだったけどイケメンディーとマグレで出会っちゃったの☆」キャルン

えふえふ「フーン、大変だったね」

じょりん「っつゥーかヤバイっしょ!?この始まり方ってまるっきり少女漫画丸出しOKじゃん!?ア〜ア、学校なんてほっといてあのイケメンとバックレダッシュパーティーしたかったなァ〜ッ」ウワノソラー

えふえふ「バックレダッシュパーティーってなに?」

じょりん「イケてる男女が学校サボって一日中騒ぎまわるのよ!人気者しか行けないアメリカらしいパーティ!」

花京院「ハイハーイ、みんな席についてー。ハイ、先生が来てから皆が座るまで8秒経過しましたーDIOがいたら全滅でーす」

じょりん「ゲッ、センコー来るのはっやーい。つか一時間目まだだしほんだし!職員室に居場所ないから早めに教室に来たって推理をしましたアタシ」

えふえふ「じょしこーせーを少しでも長く見ていたいから早く来たんだと私はにらんでいる」

花京院「ハイ、そこうるさい。僕は52オーバーの人しか興味ありません。今日は皆さんに新しい転校生を紹介します。入っておいでー」

 ガラ

えるめぇす「・・・えるめぇす・こすてろです。15です。ウス」

じょりん「☆!?!?ウッソォ〜!朝のイケメンツケメンX-MENじゃ〜ん!」ドッキンコ!

えふえふ「えっ、あれが?・・・スカートはいてるけど」

じょりん「ガーン!ドラマティックに出会ったメンズが女装趣味ピーポーだったァ〜ッ!マジアリエナイザーって感じ〜!」オーマイガットトゥギャザー

えふえふ「じょりんが女装趣味のカマさんと付き合っても、私達は友達のままだよ」ジョソウシテテモイケメンナラOKユウテマスー

えるめぇす「アタシは女だ!」


 〜〜〜

承太郎「という展開だったんだが、男のような見た目の女でも男じゃないから安心だと俺は思う。仗助はどう思う?」

仗助「承太郎さんていつからそんな風になっちまったんスかね」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/14(木) 23:37:30.51 ID:510hdA3uo
8秒でDIOいたら全滅でーすでクソワロタ

新スレ乙
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/20(水) 20:32:25.00 ID:z+wI5c+g0
乙!
たまにはガッツリ
アメコミネタが欲しいっス
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/27(水) 18:43:59.82 ID:78D/c+6z0
アナスイに暴れてもらいたい
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/31(日) 07:20:54.13 ID:JRqFod+Co
タイトルのもじり好き
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/08/05(金) 17:27:32.04 ID:hXVCERKI0
安定の承太郎
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/08/29(月) 22:09:40.10 ID:JWq5XjDJ0
ほしゅ
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/03(土) 10:06:13.18 ID:u8+ZtadA0
俺たちはこのスレをずっと見ているぞ
13 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/06(火) 22:15:49.46 ID:JlZrzyX00

仗助「今月の財布状況・・・残り2020円・・・オリンピックかあ・・・」

仗助「・・・俺もバイトすっかなァ〜・・・」グッ

じょりん「ジョースケー!おなかがせなかとガッチャンコするくらいペコペコじょりんちゃんだよ〜!おひるたべよー!」ドタバタ

仗助「もう昼飯の時間かよ。お袋はコステロさん家の人と映画に行ってるし、俺がなんかするっきゃねーッスかァ〜・・・」

じょりん「いっておくがな!じょりんさんはシタがコえてるんだ。ハンパなりょうりじゃあちゃぶだいがえしになるのがオチですよ」

仗助「冷蔵庫の中には・・・」ガキョ

仗助「ちくわしか入ってねえ!獅子丸しかよろこばねえよこれじゃあ〜ッ!」

じょりん「ごーはーんっ、ごーはーんっ」ツクエドンドン

仗助「・・・・・・食べに行くかァ・・・」

じょりん「ワーイ!」ピョンスピョンス

仗助「FFはポルナレフさんと一緒に水族館に行ってるし、エルメェスは来てないし、徐倫と俺の分だけならなんとかなるだろう。外食にするぞ外食ゥーッ」

 〜〜〜

じょりん「で、どこにたべにいくの?トニオんトコ?ホットパンツのハンバーガーやさん?」

仗助「いーやっ、今日は新しい飯屋を開拓しようぜー。行ったことないトコに行ってよー、今後通うべきうまい店を探すんだよ〜ん」

じょりん「でもマズかったらどーする?めしだいはらわずにかえる?」

仗助「おめーやっぱ承太郎さんの子なんだな」
14 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/06(火) 22:22:01.39 ID:JlZrzyX00
じょりん「あ!ジョースケみろ!ロッテリアがあるぞ!」

仗助「ロッテリアってよォ〜・・・たまーに食いたくなるけどよォー、一回食うと『もうしばらくはいいかな〜・・・』ってなるよなァ〜。いや、うまいんだがよー、なんつゥーか濃いってゆーかよォー」

仗助「焼き肉たらふく食った後は『もう一ヶ月は焼き肉は食わなくていいや』ってなるのとおんなじだよなァ〜。だけど月に一度くらいはロッテリア食いたくなるよなァ〜。絶品チーズよりもよー、フツーのチーズバーガーの方が好きだなー俺。ダブルチーズのバーガーによー、トッピングでチーズパティ一個追加してトリプルチーズバーガーにすんのが好きでなァ〜」

じょりん「だれもきいてないのにじぶんのこのみをかたるヤツっているよね」

仗助「お、こんなトコに定食屋があるじゃあねーか。徐倫、どうだ?定食屋でキメにしないか?焼き鯖とかしょうが焼きとかあるぞ」

じょりん「きょうはそーゆーキブンじゃない」

仗助「いっちょ前に女っぽいことぬかしやがって・・・」

じょりん「あ!ジョースケ、あれは!?あのおみせは!?」

 《らあめん、ワンチェン》

仗助「ほー、こんなトコにラーメン屋なんかあったのか。しっかし・・・古いなオイ。ツタが店の外観に巻きついてるぞ。甲子園球場みてーだな」

じょりん「いらはいいらはい!」ガララ

仗助「オイ!俺はまだここって決めてねーのに勝手に入るな!」
15 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/06(火) 22:27:42.96 ID:JlZrzyX00
じょりん「おじゃましますのオジャマムシ!」

ワンチェン「いらっしゃいホーイ」

仗助「中も古いな・・・ブラウン官のテレビ、ゴルゴとこち亀で満載の本棚、ベトベトの床にテーブル・・・このご時世ではなかなか珍しいぞこの店」

じょりん「なにしてんのジョースケ!はやくすわってすわって!」

仗助「はいはい・・・」ギキキ

じょりん「メニューよんで!」

仗助「はいよ。えーと、お前はお子様ランチでいいか?」

じょりん「オトナのレディーがおこさまランチなんかたべませんよ!こどもじゃあないんですから!」

ワンチェン「水をお持ちしたチョー。注文お決まりでしたら呼んでウー」コト コト

じょりん「みずもってきてくれてありがとう!」

仗助「お、ちゃんとありがとう言えるんだな。えらいぞ徐倫」

じょりん「ふふん」ドヤサァ
16 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/06(火) 22:48:39.39 ID:JlZrzyX00
仗助「俺は決めたけど徐倫はどーするんだ?チャーハンでいいか?」

じょりん「これにする!」ビッ

仗助「ワンタンメンだな。あ、すんませーん」

ワンチェン「お決まりホーイ?」

仗助「えーと、こってりワンチェンラーメンにトッピングで煮玉子のせてくださいッス。それとワンタンメン。小さいお椀も付けてもらえます?」

ワンチェン「かしまこりましたウー」

じょりん「ジョースケ、みえん。りょうりするとこみたい」

仗助「ん?厨房の中が見たいのか?カウンター席に真っ先に座ったと思ったらそういうことか」

じょりん「イスになってくれジョースケ!」

仗助「はいはい。ヒザ上に乗せて・・・」ストン

じょりん「ふ・・・こんなレディーをヒザにのせられることにかんしゃしな!」

ワンチェン「アマリロテリ〜♪アマリロドリ〜♪」グツグツ

じょりん「あれはなにをやってるの?」

仗助「ラーメンの麺をゆでてるんだ。あのままだと食えたもんじゃないからな」

ワンチェン「湯切りするチョー」シャッシャッ

じょりん「わ!なにやってんだあれ!すごいいきおいでそんなのかんけいねえってやってるぞ!」

仗助「湯切りっつーんだよ。あれくらいすごいスピードでやんないと美味いラーメンにならないんだ」

ワンチェン「大げさに湯切りするのはただのパフォーマンスだホーイ。こんなことしなくても全然関係ないんだチョー」

仗助「えっ」

じょりん「ジョースケしったかおつ!」
17 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/07(水) 00:41:21.83 ID:/IBwcdlP0
ワンチェン「おまたせしましたホーイ」ゴトゴト

じょりん「おお・・・あつあつじゃあないか」

仗助「おめー火傷すんじゃあないッスよ。ほれ、このお椀によそってやるから食べな」

じょりん「きがきくじゃん。これからもそのちょうしで」

仗助「子供は世話がかかるッスねまったく。んじゃ俺も自分のを・・・おお・・・スープに膜ができてるぜ。すっげーこってり具合だ」ズズ・・・

仗助「っくゥ〜ッ!この身体によくないものを食ってるって感じがたまんねーッスよォ〜ッ!ジジイになってからじゃあキツくって食えねーだろうけどよォーッ、今のうちにたらふく食っておこーって気分になるぜーッ!夜中の12時またぎに食うカップ麺とか卵かけご飯とかよォ〜ッ、健康をブッ壊して食ってるっていうハイリスク感がテンション上がるっつゥーかさァ〜ッ」

ワンチェン「あなたギャンブルやらないほうがいいチョー」

じょりん「このギョーザ、おハシでつかめない!」グニュニュ

仗助「ギョーザじゃなくてワンタンだ。レンゲですくって食えばいい。だが中に入ってるスープがスゲー熱いから気をつけろよ。ハッキリ言って罠だ」

じょりん「あっづゥァ!」

仗助「だから言ってんでしょォーがッ!」

18 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/07(水) 00:50:31.48 ID:/IBwcdlP0
お久しぶりですネタがないけど二か月放置すると過去ログにいくらしいからなんとか書くだけ書いてきます
書いてもらってるネタを使えばいいんだけどなかなか思いつかなくて・・・アメコミがっつりネタやったらジョジョ読者おいてけぼりになっちゃうから控えてます。アナスイ暴れさせるにもなにをすれば・・・
ネタ常に募集してます。見てる人がいてくれるなら続けてこうとは思ってます。見守ってくれててありがとうございます
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/07(水) 02:51:33.13 ID:cMYfcuxxo

無理すんなよ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/07(水) 03:43:22.66 ID:ZKg6xbxE0
この世界の岩人間達が気になる
まだ出てきてなかったよね?
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/07(水) 15:02:08.65 ID:1su8+zRi0
>>20
出てきた


全キャラ集まってSBRレースをするとか
タイムスリップして1部とか2部の世界に行ったりする壮大なヤツとか面白いと思う
22 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/08(木) 15:32:39.60 ID:AUUOT0rZ0
>>19
ありがとう。気楽に書いてきます

>>20
ヨツユだけ書いた気がするけど何をやったか、どうなったかがマジで覚えてない。本当に覚えてない・・・

>>21
ありがとう。さっそくだが使わせてもらいまっす
23 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/08(木) 16:52:49.47 ID:AUUOT0rZ0
じょりん「あちちあち」ングング

仗助「脂っこくてウメーなオイ。週1で食いたくなっちまうぜ。こんなラーメン屋があったとはなァ〜ッ」ズズ

ワンチェン「100年煮込んだスープだから濃厚ホーイ」

仗助「フーン、100年ねェ・・・それ大丈夫なんスか?衛生面でよォーッ」

じょりん「100ねんっていったらDIOがまだげんえきのころか」

仗助「今もバリバリだろあの人」

ワンチェン「DIO!?アナタ達DIOの知り合いウー!?」

じょりん「うん!あそびあいて。まえにおにごっことかしたりしたよ」

仗助「なんだDIOもこの店に来てるんスか?」

ワンチェン「ワタシ昔DIOにひどい目合わされたチョー!アナタ達DIOのツレならお代はいらないホーイ!そのかわりDIOにこのお店のことナイショにしといてほしいウー!」

仗助「ウソッ!?マジッスか!?お代チャラ!?ラッキー!あのハート趣味の吸血鬼も役に立つもんだなァ〜オイッ。こんどから買い物の時にDIOの写真持って行くべきかなァ〜ッ」
24 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/08(木) 17:07:13.65 ID:AUUOT0rZ0

仗助「いやァー儲けたなァ〜オイッ。タダで昼飯たらふく食えたぜーッ」

じょりん「アメリカにいたころ、パパとごはんたべにいったときもよくおかねはらわずにかえったことがあったけど、ジョースケもパパににてきたな」

仗助「ゲ・・・マジかよ。俺あんな過保護なポンコツ親父になりたくねーよ」


吉良「それには私も同感だな」

仗助「!」

じょりん「?だれー?」

吉良「やあお嬢ちゃん。私のことは・・・私ではなく彼に聞くといい・・・なあ、東方仗助」

仗助「・・・吉良・・・てめ〜ッ・・・」

じょりん「キラ?」

吉良「フフフ・・・かわいらしいお嬢ちゃんだ・・・その綺麗な『手』・・・すごく惹かれるよ・・・」

仗助「オイッ・・・てめーそれ以上徐倫に近づくんじゃあねーぞ。指一本でも触れたら・・・どーなるかわかんねーぞ・・・俺自身がなァ〜ッ・・・」

吉良「これはこれは・・・おっかないな・・・なにもしたりしないさ・・・私にだって『好み』がある・・・さすがに10歳にも満たない女を相手にするのは道徳心が壁になる。だが・・・フフ、実にキレイなおててだ――」スッ

仗助「オイッ!近づくんじゃあ――」

 ストーンフリー『おらぁ!』バゴン!

吉良「あぶえー!」ドバァー
25 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/08(木) 17:26:48.36 ID:AUUOT0rZ0
吉良「はぐ!?な・・・なん・・・」ドクドク

じょりん「ひとつ、アタシにさわろうとするんじゃあねー。アタシはハナがいいんだ。おまえからはDioみてーなニオイがする。アブないやつはニオイでわかる」

吉良「が・・・さ、触ってもいないのに・・・殴るなんて・・・」ボタボタ

じょりん「もうひとつ、アタシをおじょうちゃんとよぶんじゃあねー」

仗助「・・・さすが承太郎さんの血だ」

吉良「ぐッ・・・お、落ち着け・・・私は戦いに来たわけじゃあない・・・本当だ・・・何も悪事はしていない・・・税金だって払ってるし、アニメの違法ダウンロードだってやっていない・・・」

仗助「どうやら・・・戦う気はねーみてーだな・・・徐倫、警戒するこたぁねーぜ。こいつは知ってるからなァ〜ッ。俺や承太郎さんの拳の味をよォ〜ッ・・・」

じょりん「ジョースケ、こいつてき?」

仗助「吉良吉影っつースタンド使いだ。ずっと昔からこの杜王町に巣食っていた犯罪者だ。こいつは女性の『手』が好きでな・・・綺麗な女性の手を見るとところかまわずペペロペロペロ〜ンってやるんだ」

じょりん「チカンさんか」

仗助「ああ。すれ違った女性の手を急に舐めたりしてな・・・そのたんびに女性にビンタされて狂いもだえるんだ。喜びでな。で、警察につかまって、釈放されるとまた手を舐める。その繰り返しだ」

じょりん「アホじゃん」

仗助「で、まあなんやかんやあって重ちーとトラブって重ちーを病院送りにして、俺達でアベンジ(復讐)してやったんだ。吉良をボコボコにして入院してたみてーだが、もう退院したのかよ」

吉良「フフ・・・こんせつてーねーな紹介をありがとう・・・わかったかな?私がどういう人間か」

じょりん「Dioとどうるいってことがな」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/08(木) 18:38:52.62 ID:fms/rR5zo
川尻さんの方はまだ元気でやってるっけ
27 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/08(木) 19:32:38.74 ID:AUUOT0rZ0
仗助「で・・・だが、てめー、どういうつもりで俺の前にツラ見せてんだァ〜ッ?オイ・・・昔のことは忘れて友人になりましょうってーんじゃあねーよな?」

吉良「・・・正直に言おう・・・私のスタンド能力・・・『キラークイーン』の第三の爆弾『バイツァ・ダスト』・・・時を吹き飛ばし・・・過去に戻る能力・・・覚えているな?」

じょりん「じかんもどせるの!?すげー!ドラえもんみてー!」

吉良「あれはかなり限定的な能力でね・・・本当に追い詰められた時にしか使えない。しかも戻せるのは数十時間くらいだ。さらに時間が戻っていることに気づけるのは対象の一人だけ・・・」

じょりん「ケッ、しょっぱいのうりょくだな!」

仗助「時間を巻き戻せるなんて力はよォー、そう簡単に使えるもんじゃあねーってこったな。で、それがどーしたんだオイ」

吉良「・・・入院生活中・・・本当に大変だった・・・この川尻浩作の顔になってからというもの・・・川尻浩作の妻が毎日のようにお見舞いに来てな・・・綺麗な女性だが・・・私の『好み』ではない・・・相手が私に好意を持ってくれている女には興奮しないタチでね・・・」

仗助「ドがつくヘンタイじゃあねーか」

吉良「ウンザリしていた・・・正気を保つために私は脳内でスタンド能力のシミュレーションを繰り返していた。『バイツァ・ダスト』をコントロールできるようになるために・・・」

吉良「そして、私は『バイツァ・ダスト』をコントロールできるようになったのだ!ある程度だがな。しかもまだ未知数でね。自分でもどれくらいの時間、どれくらいの人数、どれくらいの頻度で時間を吹き飛ばせるのかわからないんだ」

吉良「そこで・・・だ・・・東方仗助・・・お前を『過去に送る』ことにしよう・・・実験さ」ブワアアア〜ッ ドン!

じょりん「それが『キラークイーン』か。なんだか・・・さくがもうちょっとがんばってねってカンジだ。たいへんなんだろうけど」

仗助「てめー!何をす――」

吉良「『キラークイーン』!『バイツァ・ダスト』!」

 タ〜イム!ボッカ〜〜〜ン!

じょりん「わあ!ダサイばくはつおん!」
28 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/08(木) 20:21:35.60 ID:AUUOT0rZ0







じょりん「・・・んん・・・ここはどこ?ゆうえんち?」キョロキョロ

仗助「無事かよ徐倫。どうやらよォ〜ッ・・・ここは『過去』みてーだな・・・吉良の『バイツァ・ダスト』がマジに作動したんだったらの話だがな・・・それで・・・問題はどれくらい過去に来たかってことだな」

じょりん「おとといくらいかな?」

仗助「しかも・・・ここは杜王町じゃあなさそうだぜ・・・なんだかよー・・・環境というか風が違うぜ」

じょりん「あ!みてジョースケ!だいいちむらびとはっけん!」



ジョナサン(少年)「・・・む」


少年A「エ〜リナッ!エ〜リナッ!泣き虫エ〜リナッ!」テンテン♪

少年B「やーいやーい泣き虫エリナ〜!」テンテン♪

エリナ「・・・」

ジョナサン「あれは・・・女の子をいじめるなんて、英国紳士の風上にもおけない連中だ!僕が紳士としての指導をしてやる!」ダッ
29 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/08(木) 21:13:10.97 ID:AUUOT0rZ0
仗助「ありゃいつの時代の格好だ?映画とかに出てくるような衣装じゃあねーか・・・一体何十年昔なんだここはよー・・・」

じょりん「あのひとみたことある!DIOがあのかおになってたよ。たしかアタシのすんごいむかしのおじいちゃんだとか」

仗助「DIOが?・・・ということは・・・まさかあれはジョナサンおじいちゃんか!?・・・そんでもってジョナサンおじいちゃんが子供の時代ってことは・・・100年くらい前なのかよォーッ!ここォーッ!」


少年A「なにか言い返してみろよ泣き虫エリナ〜」ヤーイヤーイ

少年B「泣き虫な上に弱虫なのかよ〜」ヤーイヤーイ

ジョナサン「やめるんだー!君達ィーッ!」タタタ

エリナ「おらぁ!」ボゴバゴ

少年A「ぐえっ!」

少年B「ぶへっ!」

ジョナサン「!?」ビクッ

エリナ「はァ〜ッ・・・まったく、男のクセにヤワいわね・・・やれやれだわ・・・」パンパン

エリナ「・・・」ジロ

ジョナサン「ひっ」ビクッ

エリナ「なに?あなたもエリナパンチを味見したいの?」

ジョナサン「い、いや・・・その・・・」

エリナ「この二人は女の子と話したいただの子供よ。でも一人でやる勇気がないから二人でやる。さらに真正面から話すのが恥ずかしいからいじわるする。私、そういうコスい奴を見るとムカッ腹が立つのよね」

エリナ「あなたも私にちょっかい出したいなら・・・一人で、正面から来なさい。もしあなたのことをちょっとでも『イイな』って思ったら・・・話し相手くらいにはなってあげるわ」ザッ・・・


ジョナサン「・・・・・・僕あの子と結婚する」ジョボジョボ
30 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/08(木) 21:27:34.39 ID:AUUOT0rZ0
仗助「おいおいおいおいおい〜〜〜ッ!どォーすんだこれェ〜〜〜ッ!100年前にタイムスリップだァ〜ッ!?んなムチャな展開いくらなんでもナシだろオイィーッ!」

じょりん「みてみてジョースケ!でっかいトンボ!」

仗助「おめーはなんで焦ってねーんだよッ!戻れなかったらどうすんだって話だよォーッ!100年前にゃテレビもゲームも冷蔵庫もねーんだぞ!どうやって暮らせっつゥーんスかァ〜ッ!」

じょりん「そのうちなんとかなるよ。いつもそうじゃん」

仗助「そりゃそーかもしれねェーけどよォ〜ッ・・・」

じょりん「とりあえずさ、あのこどもにいろいろせつめいしてゴハンたべさせてもらおうよ」

仗助「ジョナサンおじいちゃんに事情説明しても理解してくれるわけがねーが・・・他にアテもねーし、ジョースター家の人ならなんとかしてくれるかもしれねーか・・・」

じょりん「よーし、100ねんまえのジョースターけにおじゃまするぞ〜!」


じょりん「あ、でっけーおやしきにはいってくぞ。もしかしてあれがアタシのむかしのいえ?」

仗助「すげー・・・ジョースター家って名家とは聞いていたがあんなデケー屋敷があったのかよ・・・」

じょりん「むこうからなんかハコがきたよ」

仗助「ありゃ馬車だ馬車。昔の車だよ」

じょりん「ガソリンじゃなくてウマではしってたのか。エコだねエコ」

仗助「中から誰か出てきた。・・・まさか、あれが・・・ジョジョの歴史で一番有名なシーンの一つかもしれないあの名場面か!今が!」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/08(木) 21:29:19.92 ID:kuZ1wVxRO
すいませんこのエリナさん、中の人つながりでゾイド/0のリノンさんに思えてきたんですが
32 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/08(木) 21:31:48.01 ID:AUUOT0rZ0

ジョナサン「君が・・・ディオ・ブランドーだね」


ディオ「そういう君はジョナサン・ジョースター」


じょりん「アタシはクウジョウジョリーン!」バーン

ディオ「!?」ビクッ

ジョナサン「な、なんだ君は!?」ドキィ

仗助「わー!すんませんすんません!オイッ!行くぞ」ペコペコ


仗助「てめー徐倫!なに二人の初対面を邪魔してんだッ!ここで変なことするとその後の歴史が大きく変わっちまうかもしれねーだろッ!」

じょりん「じこしょうかいするじかんなのかなーって」

仗助「あれを邪魔したらDIOとジョースター家の悶着が変化しちまうかもしれねーんだ。あんまり歴史を変えるようなことはすんじゃあねーよ」

じょりん「アタシはれきしをつくりたいの!」

仗助「大志を抱くのはいいけど正攻法で作ってくれ」
33 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/08(木) 22:29:43.00 ID:AUUOT0rZ0
ジョナサン「君達、一体何者だい?この辺の者じゃあないみたいだが・・・」

じょりん「わ・・・こっちきた」

仗助「ビビるな徐倫。ここでヘンな奴だと思われたら門前払いされるぞ。なんとかジョースター家に取り入ろうとするんだ」ヒソヒソ

じょりん「ビビってねーし!」

ジョナサン「なにをこそこそしているんだい。僕はジョナサン・ジョースター。君達は?」

仗助「あ、ども。俺は仗助っていいます。こっちは徐倫」

じょりん「アタシはクウジョウジョリーン!」バーン

ディオ「!」ビクッ

ジョナサン「なにか・・・なにをしているんだい?ここは僕の家の眼の前だ。泥棒に入ろうと下見しているんじゃあないかと疑ってしまうんだが・・・」

仗助「い、いやいや!違うんスよ!実は・・・俺達日本から来たんスけど行くアテがなくて困ってまして・・・」

じょりん「おウチがないの・・・」ウルウル

仗助「で、この辺りで優しい紳士だと有名なジョースター卿の所へ行けば慈悲を与えてくれるかもって思いまして・・・ハイ」

じょりん「ごはんたべたい・・・」ウルウル

仗助「ずうずうしいとは思いますが、ジョースター卿に・・・数日でいいので寝床と食事を与えてもらえればと・・・幼い妹もいますし、どうか慈悲を・・・」

じょりん「おふとんほしいよぉ・・・」ウルウル

ディオ「・・・JOJO・・・そう呼んでもいいかい?この連中、どう見ても怪しいと思う。適当に追い返すほうがいい」

ジョナサン「うーん・・・悪いけど、家に知らない人を上げるわけにはいかないよ。嘘を並べて侵入しようとしている泥棒かもしれないし――」

じょりん「はぁううぅ・・・」ウルウル

ジョナサン「わかった。父さんに聞いてみるよ」

ディオ「JOJO!?ほだされたのか!?こんなこどもに!」
34 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/08(木) 23:40:30.87 ID:AUUOT0rZ0

ジョージ「ようこそディオ君。君のお父さんから話は聞いているよ。単身赴任するから君を預かってほしいと。歓迎するぞ。ハッハッハ」

ディオ「ありがとうございますジョースター卿」ペコォーッ

ジョージ「うん?そちらの兄妹は・・・?」

じょりん「アタシのなはクウジョウジョリーン!」バーン

仗助「東方・・・仗助です」ペコ

ジョナサン「日本人らしいんだけど、行くアテがないんだって。父さん、ウチに泊めてあげるのはどうだろう」

ジョージ「ふむ・・・しかし素性も知らぬ異国の者を家に入れるのは・・・・・・大歓迎さ」ニコッ

ディオ「!?」

仗助「ほ、本当ッスか
35 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/08(木) 23:43:31.24 ID:AUUOT0rZ0

ジョージ「ようこそディオ君。君のお父さんから話は聞いているよ。単身赴任するから君を預かってほしいと。歓迎するぞ。ハッハッハ」

ディオ「ありがとうございますジョースター卿」ペコォーッ

ジョージ「うん?そちらの兄妹は・・・?」

じょりん「アタシのなはクウジョウジョリーン!」バーン

仗助「東方・・・仗助です」ペコ

ジョナサン「日本人らしいんだけど、行くアテがないんだって。父さん、ウチに泊めてあげるのはどうだろう」

ジョージ「ふむ・・・しかし素性も知らぬ異国の者を家に入れるのは・・・・・・大歓迎さ」ニコッ

ディオ「!?」

仗助「ほ、本当ッスか!?イイんスか!?」

ジョージ「英国紳士は困っている人間を放ってはおかない。アテが見つかるまで面倒を見よう。自分の家と思ってくれてかまわないよ」

じょりん「やったー!ヒゲのおっちゃんありがとう!」

ジョージ「ジョージ・ジョースターだ。パパと呼んでもかまわないよ、ジョリーンちゃん」

じょりん「うん!ヒゲジョージ!」

ディオ「・・・」
36 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/08(木) 23:52:37.32 ID:AUUOT0rZ0
仗助「いやァ〜、なんとかなるもんだなァ〜オイ」ヤレヤレフー

ディオ「・・・なあ・・・僕はこの家の者じゃあない。まだな・・・いずれは法的に僕がこの家の主になるかもしれんが、まだ来て初日だからとやかく言うつもりはない。ジョースター卿が君達を受け入れたことに文句を言うつもりはない・・・」

ディオ「だが君と同じ部屋で寝るのはごめんだ!なぜ相部屋なんだ!ここは僕が一人で使うハズだったんだぞ!」

仗助「細けェーこと言ってんじゃあねェーッスよ。十分広いぜ〜ッ、この部屋」ヒロビロー

ディオ「そういう問題じゃあないッ!僕だけのもののハズだったんだ!それをいきなり現れて半分奪っていく君に腹がたっているんだ!」

仗助「ナアナア・・・ディオさんよォー・・・もめ事はナシにしようぜ。これから仲良くやってかなきゃあならない間柄じゃあねーか。あんたの『狙い』をよォー・・・あんまりバラされたくはねーだろう?」

ディオ「!」ギク

仗助「心配すんじゃあねーよ。お前のことをチクる気はねー。変に介入して歴史が変わっちまうのはマズイからよォーッ。だから、なっ?なっ?お互い邪魔しないで・・・平和に暮らそうよォ〜ん」

ディオ「・・・こッ・・・こいつ・・・気づいているというのか・・・僕の目的をッ・・・」ギリ

仗助(ジョジョのアニメ見といて正解だぜ〜ッ。あれで大まかだがディオとジョースター家の歴史を学んだからよォ〜)
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/08(木) 23:59:40.31 ID:4Koym/2AO
じょりん達のセリフがひらがなやカタカナばかりで読みにくいのが難点なんだよなこのシリーズ……
それが持ち味何だろうけど
38 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/09/09(金) 00:07:39.09 ID:va/gSVjl0
>>28
吉良と顔入れ替えて、吉良としての生活を楽しくやってるテイで。今まではぼーっとしてたけど全く新しい生活が楽しい的な

>>31
世代もドンピシャな男の子だけどゾイド全く知らんのよ・・・メダロット派だから

>>37
すまんのう・・・書いてていつも「これわかりづらいな・・・」とは思ってるんだけど今更変えるのもなあ・・・
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/09(金) 06:30:35.65 ID:/I88nlp/0
花京院の8秒クソワロタ

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/10(土) 08:04:53.04 ID:zgC2byFo0
乙!
ディオと仗助の絡み面白くなりそうw
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/26(月) 22:20:40.23 ID:IEWP8y/t0
乙!
スピードワゴンとかジョースター卿が吸血鬼になったら面白そう
歴史が大きく変わるけどwwww
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/26(月) 22:27:00.81 ID:+OC2F4mVo
スト様はどうなったんだっけ
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/29(木) 17:01:32.95 ID:TsOAiP1X0
バック トゥ ザ フューチャーみたい
44 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/10/17(月) 00:11:19.12 ID:y8qbfpb00

ジョナサン「パクパクムシャムシャバクゥーッガシャガシャズビビ〜ッ」

ジョージ「JOJO!マナーが成っていないぞ!なんだその食べ方は!ダニーを見てみろ!」

 ダニー<カチャカチャ・・・ スッ・・・

ジョージ「ダニーの方がナイフとフォークを上手く使っているぞ!それにディオも!」

ディオ「フッ・・・(ここに来る前にテーブルマナーはキチンとマスターしてきたのさ)」カチャカチャ

ジョージ「行儀の悪いのはJOJOだけだッ!ほら、日本からの客人も・・・」

じょりん「ばくばくもぐもぐおいしおいし!」ガブガブ

仗助「ッあァ〜ッ!チクショーッ、なんで右利きなのにフォークを左手で使わにゃならねーんだよッ!ヤメだヤメーッ!フォークとナイフを逆さに持ってハシにしてやるぜーッ!俺ってあったまイイィーッ!」

ジョージ「・・・・・・その・・・まあ、家族団欒の食事くらい無礼講でいいか」

ディオ「えっ」

じょりん「ヒゲジョージもこーやってたべるといいよ。シュンなしょくざいをたべるならてづかみがいちばん」モグモグ

ジョージ「よーし!パパジョージも手で食べちゃうぞー!」ベチアベチアモグモグオイシー

ディオ「・・・」
45 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/10/17(月) 00:17:43.09 ID:y8qbfpb00

じょりん「はぁぁ〜・・・」キラキラ

ジョージ「うんうん。実に似合っているよ徐倫ちゃん。キレイなおべべだ」

仗助「なんかスンマセンッスねェ〜、徐倫に服買ってもらっちゃって。イギリスの女の子の服ってよー、いかにも女の子女の子してっからよー、徐倫は慣れてねーだろ」

じょりん「これがアタシ・・・なんかシルバニアファミリーみたい」キラキラ

仗助「っつーかスカート履いてる徐倫ってスゲー違和感だなァ〜ッ。エルメェスや億泰が見たら大笑いしてるぜ」ウシシ

じょりん「やかましいっ!チャカすんじゃあないぞッ!ジョースケ!」ゲシゲシ

仗助「て、てめー!女の子らしくなったのはガワだけかよ!中身もも少し乙女になりやがれッ!コラッ!」

ジョージ「JOJOが生まれる前に買った服だったんだが、役に立ったようで良かったよ。実は私は子供に女の子がほしくってね、男の子だった時はそりゃあもうガックリきてなァ」

ジョナサン「えっ」

ジョージ「今のは忘れろ」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/10/18(火) 17:36:20.49 ID:jqDdx+fi0
ワロタww
47 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/10/19(水) 22:41:16.36 ID:RW7monWC0

じょりん「ひれぇー!」

仗助「このゴルフ場並に広い土地が一面ジョースター家の土地なんスかァ〜ッ!?」

ジョージ「うむ。少し持て余しているがな」

じょりん「くさむしりとかどうしてるの?」

ジョージ「お手伝いさんにやってもらっているんだよ。何人も雇うから大変さ」

じょりん「こんなにひろいと『おてつだい』ってレベルじゃあないな。アタシもたまにかーちゃんのしょっきあらいとかそうじとかおてつだいするけど、これはムリ。ヤダ。ヤメヤメ」

ジョージ「む・・・確かにそうだ。彼らも大変だものな・・・給料を上げておこう」メモメモ

仗助「この土地ってよォー、なんか意味あるんスか?持ってるだけ?有効活用できてない感じ?」

ジョージ「むう・・・維持費だけがかさんでる状況だ。ぶっちゃけ困ってる。いっそ一面農園にしてやろうかと思うくらいだ」

じょりん「じゃあゆうえんちにしようよ!こどもはタダであそべるやつ!なまえはポルナレフランド!」

ジョージ「いいねェーッ。名案だッ。完璧。すぐに企画書を作ろう」

仗助「まて」
48 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/10/19(水) 22:52:41.07 ID:RW7monWC0

じょりん「ジョナ!あそびにいこう!」フリフリ

ジョナサン「いいよ。父さんにもらったそのドレス、似合うね」

じょりん「だぁろぉ〜?アタシくらいスーパーなキャンギャルならなにきてもにあうのさッ!」

ジョナサン「じゃあ僕達は出かけてくるよ、ディオ、仗助」

仗助「徐倫、ジョナサンじいちゃんにメーワクかけんなよ。ドレスは走りづらいから気をつけて。ケガしたらヘンに触らず俺に任せろ。虫に触るな。草を食べちゃダメだぞ」

ディオ「フン、小さな女の子とお出かけかいJOJO。おままごと用のエプロンでも買いに行くんだろう?」

ジョナサン「うっ・・・」ショボン

仗助「ドラ」ドボ

ディオ「でゅっ!・・・は、腹を殴るなんて・・・」

じょりん「きにするなジョナ。いこいこっ」

ジョナサン「うん・・・僕泣かないもん」グスン

仗助「テメーこの金髪ヤロー、今度ジョナサンじーちゃんイビって泣かせてみろ。今度はアゴの骨砕いて舌の置き場無くしてやるからな」

ディオ「ぶぐ・・・吐きそうだ・・・めまいもする」
49 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/10/20(木) 00:30:12.99 ID:kPWP+7WG0
じょりん「ダニ〜?このぼうをよ〜くみてね〜?」フリフリ

ダニー「(・×・)))」クンクン

じょりん「いくよ〜・・・おらぁ!」ドヒュン!

ダニー「(`・×・´)!」ダッ タタター パッシィア!

じょりん「おー!すごいすごい!くうちゅうキャッチ!ダニーえらいえらい」ナデナデ

ダニー「(・×・)」フンス

ジョナサン「ずるいよ徐倫ちゃん。僕もダニーと遊びたい!」

じょりん「しかたないなぁ、やらせてあげる」スッ

ジョナサン「やったー。よーし、ダニー!真の御主人さまが誰か思い出させてあげるよ!」グッ

ジョナサン「ジョースター選手!振りかぶって投げましたー!」ポーイ

ダニー「(-×‐)・・・」

ジョナサン「ダニィー!なにを寝てるだぁー!」

 ヒューーー・・・ コツンッ

じょりん「あっ、だれかヒトにあたっちゃったよ」

ジョナサン「し、しまった!まさか当たるなんて――」


エリナ「・・・・・・」ドドドドドドドドド

ジョナサン「あ・・・あ・・・」ジョボジョボ

じょりん「ジョナおしっこもらしてるよ」

 ヒューーー
50 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/10/20(木) 00:42:39.00 ID:kPWP+7WG0
エリナ「・・・それで?どういうつもりなのかしら」ズイ

ジョナサン「いや・・・あの・・・」ガタガタ

エリナ「女の子に振りむいてほしいからって木の棒を投げつけて気を引こうとしたってことかしら?・・・」

ジョナサン「ひぐっ・・・ごめ・・・」ガタガタ

じょりん「ごめんなさい。ダニーとなげっこあそびしててあたっちゃいました」ペコ

エリナ「あら、彼女連れだったの?ずいぶん礼義正しいわね。えらいえらい」ナデナデ

じょりん「ちょっと!こどもあつかいしないで!アタシはもうおとなのレディーなんだから!」

エリナ「そうね。ボーイフレンドと一緒に遊んでるなんて私よりよっぽど大人だわ。ちゃんと謝れるなんて立派だわ。ビビって何も言えない誰かさんと違って」

ジョナサン「うう・・・」ブルブル

じょりん「ジョナはこんじょうねーなー」

エリナ「本当ね。男のクセにこのフニャ野郎が」

じょりん「ふにゃ?」

エリナ「ママがパパに言ってたの。意味は教えてくれなかったわ」
51 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/10/20(木) 00:48:39.80 ID:kPWP+7WG0
じょりん「アタシはクウジョウジョリーン!おねーちゃんのおなまえなんてーの?」

エリナ「エリナよ。エリナ・ペンドルトン」

じょりん「ぺんぼるぼん?」

エリナ「ペンドルトン」

じょりん「アタシのおばあちゃんのおばあちゃんのおかあちゃんとおんなじなまえだー。あのねー、こっちはジョナサン。アタシのおじいちゃんのおじいちゃんのおとうさんとおなじなまえ」

エリナ「へえ・・・」ジロリ

ジョナサン「・・・ごめんなさい」ビクビク

じょりん「エリナばーちゃん、ジョナのことスッゲーウザがってるけどアタシにめんじてともだちになってあげてくれない?ジョナってともだちがアタシとジョースケとダニーしかいないんだ」

ジョナサン「ちょっ!徐倫ちゃんそんな!僕こんな怖い人――」

エリナ「・・・」ジー

ジョナサン「ハッ・・・その・・・さっきのことは謝るよ・・・徐倫ちゃんの言うことは気にしないで・・・僕みたいな奴が君と友達になんて――」

エリナ「いいわ。友達になってあげる」

ジョナサン「なれるわけが・・・・・・ってええ!?な、なんで・・・」

エリナ「かわいいレディーに言われたら、断るわけにはいかないわ」

じょりん「やったー!よかったなジョナ!アタシがふたりのキューピッドだよ!」バンバン

ジョナサン「は・・・ハハハ・・・なんだかフクザツだ・・・おっかない・・・」

エリナ「それに、ビクビクしてて面白いし」ニヤ

ジョナサン「!」ビクゥ
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/10/25(火) 23:01:57.17 ID:tacypRPA0
なんだかんだで楽しそうだな
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/11/02(水) 20:08:42.64 ID:ejJUHib90
こら!じょりん!ジョナは敬意を払って「ジョナさん」と言いなさい!

仗助vsディオのボクシング楽しみにしてます
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/11/27(日) 12:38:35.13 ID:GzE1mAo+0
ほしゅ
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/11(日) 19:29:44.52 ID:wtb3sm7a0
保守
56 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/12/13(火) 23:00:16.70 ID:039FM50w0

ディオ「RYッ!」ボグア!

ジョナサン「ぶげぇー!」ドサッ

仗助「おーおー、イイのもらったなァーッ」

じょりん「やりかえせジョナー!」ヤイヤイ

ジョージ「君達、一体何の騒ぎだ。ウチの庭先でなにをやっとるだ」

仗助「ボクシングッスよボクシングゥー。原始から続く人類の本能ってヤツッスかァ〜ッ、男の闘争本能ってヤツッスかァ〜ッ」

じょりん「あのねー、なんかねー、ジョナとディオがおかねをかけてショウブしてんの」

仗助「勝った方が10ポンド総取りでボクシングしてるんスよーッ」

ジョージ「なるほどそういうことか。平和でなによりだ」

ディオ「フフーン、立てJOJOォーッ。まだまだこんなもんじゃあないぞ・・・」シュッシュッ

ジョナサン「ううッ・・・」フラフラ

ジョージ「あんまりダーティなファイトをするんじゃあないぞ。私は書斎にいるからな」

じょりん「なぐりあいみないの?」

ジョージ「息子がボコボコにされる姿を見たくないわない・・・」

57 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/12/13(火) 23:13:43.99 ID:039FM50w0
ディオ「れんだれんだれんだ」ズムズムズム

ジョナサン「うぐっ!ぐふっ!ぶへっ!」ドムドムドム

ディオ「トドメだJOJOォ〜ッ!ディ〜オアッパー!」ボッギャァーン!

ジョナサン「グピィーッ!」ブゲェー

じょりん「KO!しあいしゅーりょー!はいそれまでよー!」ピピーッ

ディオ「フッ・・・10ポンドはもらったぞJOJO」

ジョナサン「ぐふッ・・・今日はこれくらいで勘弁してあげるよディオ・・・」ゴフッ

ディオ「いつでも再戦を受け付けているぞ・・・ただし、今度からは20ポンドは用意するんだなッ・・・フフッ」

じょりん「つづきましてェー、だいにしあいをかいししまーす」

ディオ「RYッ!?」

じょりん「ジョースケせんしゅのにゅーじょー!ドンドンパフパフー!」ヤヤァ!

仗助「万雷の拍手を送れ」ザッ

ディオ「ジョースケとも勝負するというのか!?聞いていないぞッ!」

じょりん「あーこわいんだー」ヤーイヤーイ

ジョナサン「ブランドービビってるゥー」ヤヤイ

ディオ「フン!」ズム

ジョナサン「ボディッ!」グフ

ディオ「いいだろう・・・ただしジョースケ!君にもJOJOと同じものを賭けてもらおう・・・」

仗助「いいぜ・・・俺の『10ポンド』を賭ける!ジョージの親父さんからもらったおこづかいの『10ポンド』をよ〜〜〜ッ」

ディオ「グッド!金さえあればそれでいい・・・フフ、金さえあればな」ニヤ
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/14(水) 20:09:43.49 ID:AfLyt7AU0
乙乙!l
じょりん可愛い
59 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/12/16(金) 20:02:05.94 ID:z6Dz58560
ディオ(フン・・・軟弱な東洋人なんぞブチのめしてやる・・・いつだって勝つのはこのディオよ!仗助!貴様のようなお調子者は好かん!徹底的に痛めつけてやる!目とかに指いれたりしてやるぞ!)

じょりん「ふぁいっ!」カーン

仗助「ドラァ!」ドボ!

ディオ「オボッ!」ブフッ ガクッ

じょりん「だうーん!はいジョースケさがってさがってー!カウントはいりまーす」

ディオ「あぐぐ・・・頭痛がする・・・吐き気もだッ・・・」ガクガクブルブル

じょりん「いーち、にーい、さんま(3)のしっぽー(4)、ゴリラ(5)のむすこー(6)」

ジョナサン「ちゃんと数えようね」

ディオ「ううッ・・・た、立たねば・・・」フラフラ

じょりん「ぞっこう!」

仗助「いくぞオアアー!」グア

ディオ「ま、まずいッ・・・このままでは・・・クリンチで逃げるしかないッ!」ガバッ

じょりん「ありゃ、ディオとジョースケだきあってるよ」

ジョナサン「あれはクリンチと言って、ハグのようにひっつくことで相手の動きを封じるんだ。数秒したらレフェリーが止めに入って、二人を引き離し、試合を仕切り直すんだよ」

ディオ「はあ・・・はあ・・・」ハアハア

じょりん「だきあってハアハアいってるよー」

ジョナサン「語弊がある言い方しないでくれよ」
60 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/12/16(金) 20:18:45.95 ID:z6Dz58560
仗助「テメーディオッ、離れやがれッ。クリンチで体力回復してんじゃあねーぞこのオカマヤロー」グイグイ

ディオ「ハアハア・・・じょ、ジョースケ・・・話がある・・・『取引』をしないか・・・」

仗助「?・・・」

ディオ「ぼ、僕は負けたくはない・・・JOJOが見てる前で・・・まして小さな女の子が見てる前で君にボコボコにされるなんて格好が悪いじゃあないか・・・勝たせてくれ・・・」ハアハア

仗助「テメェ〜ッ・・・八百長持ちかけるってーのかよォーオイッ・・・それってよォー・・・かなり腰ぬけの弱虫だよなァーオイッ」

ディオ「ハアハア・・・か、金を出す・・・勝者総取りの10ポンドに、さらに10ポンド上乗せしよう・・・ハア・・・20ポンドだ・・・20ポンドで私に『勝ち』を『売ってくれ』」ハアハア

仗助「30」

ディオ「RYッ」

仗助「30ポンドで話をつけようじゃあねーか・・・『勝ち』を売ってほしいってんならよォ〜ッ・・・30ポンドで売ってやるって言ってんだぜェ〜ッ。苦情や返金はお断りだがよォーッ」

ディオ「さ、30だとッ・・・法外だッ!ボったくりだ!悪徳商法だッ!」

仗助「じゃあ全治2週間をくれてやるぜェーッ」グッ

ディオ「RYYッ・・・わ、わかった・・・30で手打ちにしよう・・・」

仗助「決まりだな。毎度あり」ニヤ

ディオ「い、いいかッ・・・くれぐれも自然にな・・・ヤラセだとバレたら立つ瀬がないからなッ・・・」

じょりん「はいはい、はなれてはなれて、おきゃくさんちかいよー」グイグイ

じょりん「しきりなおし!」ピー

仗助「うう〜っ、な、なんてパワーだディオ〜、クリンチでいっきに体力をもってかれた〜」ウー

ディオ「RRYYY・・・大根役者め・・・」
61 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/12/16(金) 20:39:39.46 ID:z6Dz58560
ジョナサン「な、なんだってッ!?ディオはあの状態からジョースケにダメージを与えていたなんてッ!そこに驚くッ!あなどれぬッ!」

じょりん「ジョースケがんばー!」

仗助「うう〜、もうダメかも〜」フラフラ

ディオ「RRR・・・アホしかおらんのかココには・・・だがしかぁ〜しッ!貧弱貧弱ゥーッ!ジョースケェ〜ッ!貴様なんぞこのディオにとっては相手にもならんということよなァ〜ッ!」

仗助「いいからさっさとやれって言ってんですよ」

ディオ「Rッ・・・わ、わかった」

ディオ「くらえェ〜い!一撃必殺ディオディオナックルパーンチ!」グアオー!バクーン!

仗助「ぐえー参りましたー」ポテ

ジョナサン「ディオの勝ちだァーッ!ゆるさん!」

ディオ「・・・ハアハア・・・フフ・・・フフハハハハ!一番はジョースケではない!このディオだー!」バーン

じょりん「ジョースケだいじょうぶ?アタシの『イト』でぬう?」

ジョナサン「がんばったねジョースケ。あのディオに立ち向かった君の雄姿を忘れはしない。僕は君を尊敬するよ」

仗助「ハハハ・・・いや、なに、大したことねーッスよ。ハハ・・・」

ディオ「・・・なんだこの虚しさは・・・勝ったというのに負けた気分だ・・・」

仗助「おいディオッ、後でちゃんと30ポンドよこせよ。トボけたら鼻へし折るからな」コソコソ

ディオ「RRY・・・」


ディオ(クッ・・・!JOJOから10ポンド巻き上げるつもりが逆に30ポンドも払うことになるとはッ・・・『計画』から遠のいてしまったッ・・・だが必ず!必ずや『計画』を完遂してやるぞッ!)
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/16(金) 21:33:57.54 ID:qR7GLqs20
乙ッ!
DIOの小物化がグングン進んでるな
63 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/12/16(金) 22:27:36.90 ID:z6Dz58560
 《――そして、ディオがジョースター家に養子に来てから七年の月日が流れた!》

 \ワーワー!/ \ピーピー!/ \ワーイワイワイドドンガドン!/

実況『すっごぉ〜い!ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドーのコンビネーションはグンバツだァーッ!まるで兄弟のような息の合った二人の活躍に会場は大盛況です!』


仗助「やるじゃあねーかジョナさんじーちゃんにディオの野郎〜ッ。ラグビーなんざてんで興味がなかったけどよォ〜ッ、こうしてナマで見ると迫力あるよなァー」モグモグ

じょりん「ジョースケ、そのポップコーンちょっとちょうだい」

仗助「ホレ、ぜってー歯に詰まるがな」

じょりん「あんがと。ジョースケはラグビーしないの?」モグモグ

仗助「なんつゥーかよォー、俺はあんまりスポーツ少年ってタイプじゃねーのよな〜ッ。やらなきゃなんねーってんならやるけどよー、自主的に頑張るようなガラじゃあねーのよッ」

じょりん「イマドキのコドモだなまったく」


ジョナサン「やあ徐倫ちゃん!仗助!どうだった?僕達の試合」

じょりん「ボチボチかな」

ディオ「君達、観客席で見ていたのか」

仗助「おーおー、ちゃんと見てたッスよ〜ッ。やるじゃあねーかディオ。オメーはガリ勉ヤローの運動オンチだと思ってたが、見直したぜ」

ディオ「・・・ところで、君達がジョースター家に来たのはいつだったかな・・・?」

仗助「オメーと同じ七年前だよ」

ディオ「・・・ジョリーン、お前、今何歳だ」

じょりん「5さい!」

ディオ「・・・・・・ジョースター家に来た時・・・いくつだった?」

じょりん「5さい!」

ディオ「・・・」
64 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/12/16(金) 22:34:22.97 ID:z6Dz58560

 ガチャ!

じょりん「かえったよー!」

ジョージ「皆、お帰り。どうだったJOJO、試合の方は」

ジョナサン「ただいま父さん。今日の試合スゴかったんだよ。ディオのパスを受けて、僕が機関車のように走って」

ジョージ「ゴホッ・・・ゴホッ・・・」

じょりん「ヒゲジョージかぜ?」

仗助「大丈夫ッスか?なんか数日前から咳してるッスよね・・・」

ジョージ「なに・・・心配いらん・・・ただの風邪だ・・・ルルでも飲んで寝てれば治るさ・・・ゴホ」

ディオ「・・・ジョースター卿・・・医者には?」

ジョージ「うむ・・・飯くって歯ーみがいて屁ーこいて寝ろと言われたよ・・・ゴホゴホ」

ディオ「・・・そうですか、お大事に・・・僕は部屋に戻っています・・・」スッ・・・

じょりん「カゼのときはねー、ノドにネギをまくといいんだよ。もってきてあげるねー」タタタ

ジョージ「うっ・・・ネギはニガテなんだがな・・・」

仗助(・・・そういえばよォー・・・この後ディオは『石仮面』で吸血鬼になるんだよな・・・たしか・・・だが、俺が知ってる『ジョナサン・ジョースターの物語』とは・・・だいぶ歴史が違うが・・・)
65 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/12/16(金) 22:41:06.97 ID:z6Dz58560
 バタン

ディオ「・・・」

ディオ「・・・・・・う・・・」

ディオ「ううう・・・ど、どうする!?どうすればいいのだッ!?」

ディオ「ジョースター卿はただの風邪だと言っていたが・・・きっと嘘だ!心配させまいと強がっている!」

ディオ「どうする・・・ジョースター卿が病気で死んでしまう!このままではまずい!なんとかしなければ・・・!」

ディオ「我が崇高な目的を達成するにはジョースター卿は必要不可欠だ!野望のため!俺は・・・金をたくさん貯めて、いつか『家』を買うのだッ!」

ディオ「この俺を育ててくれた実の両親に『家』を買ってやるのだ!べ、別に恩返しとかじゃあない!『お前達の子供は一人で家を買えるくらい凄いんだぞ!』と証明し、見返してやるためだ!」

ディオ「そのためには金が要るッ!ジョースター卿からのお小遣いをコツコツ貯め続けて七年・・・この豚さん貯金箱にたんまり貯め込んだのだ!」ジャラジャラ

ディオ「これからもジョースター卿からお小遣いをもらい続けなければ・・・家を買うという野望が達成できん!なんとしてもジョースター卿を救わねば!」

ディオ「こんな俺を家に迎えいれてくれて、食事や勉強、何不自由ない暮らしを与えてくれて、『家族』とまで言ってくれたジョースター卿を助けねば・・・!」

ディオ「か、金のためだがな!ジョースター卿に恩義を感じてるとかじゃあないからな!」
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/16(金) 22:44:19.84 ID:vfgn7irZ0
乙ゥーーーッ!
ディオは常識人だな。未来(現在?)のDIOは変人になってるけど
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/16(金) 23:12:53.93 ID:qR7GLqs20
今度こそ乙
なんか悪人ですら無いディオってっていいね
68 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/12/28(水) 22:40:11.02 ID:ii7WSN2z0

ディオ「なんということだ・・・隣街にまで薬を探しに来たというのに・・・ジョースター卿を救う薬がどこにもない!」

ディオ「このままでは・・・このままでは俺の計画が・・・野望が!・・・ぐっ・・・飲まずにいられない!」グビ

ディオ「あー森永ココアおいしかった」

お面屋「もし・・・もし、そこのお方・・・」

ディオ「RYッ・・・何者だッ・・・この俺に話しかけるのはッ」

お面屋「ワタクシはお面屋・・・古今東西、お面を求める行商人・・・このふしぎなお面をアナタに差し上げましょう。たった10ポンドです」

お面屋「このお面は太古のとある民族が儀式に用いていたお面で、不思議な力が込められているのです。その力がどんな力なのか、伝説に記されたその民族が滅びた今ではわかりません」

お面屋「しかし噂では・・・とてもとても恐ろしい力だとか・・・あらゆる病が治り、永遠の命を得られるとか・・・」

ディオ「RYY!?永遠の命だとぉ!?そんな仮面があるとは・・・便利な世の中になったものだ!買うぞッ!お面屋ッ!その仮面をよこせッ!」

お面屋「フォッ フォッ フォッ・・・まいどどうも・・・」

ディオ「RY〜・・・いい買い物をしたぞ!これでジョースター卿の病も治る!ジョースター卿に永遠の命が与えられ、俺は永遠におこづかいをもらい続けられるのだァ〜ッ!」
69 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/12/28(水) 23:33:35.54 ID:ii7WSN2z0
ジョナサン「うぶるる・・・この雪の中、買い物に出かけたっきり帰ってこないディオを探すことになるとは・・・」ブルル

じょりん「ゆーきやこんこん、あーられーやこんこん♪フッてもフってもアナスイしつこい♪」ルンルン

ジョナサン「徐倫ちゃんは元気だなぁ・・・わざわざついてこなくてもよかったのに。この辺りはゴロツキがゴロゴロしているから危険だよ」

じょりん「しんぱいゴムヨウ!アタシはすっごくつよいんだからね!」フンス

ジョナサン「ハハ・・・たしかに、僕なんかよりよっぽど強いよね」

 「オウオウオウ〜ッ・・・見せつけてくれるじゃあねーかよォー・・・そこの兄ちゃんとお嬢ちゃァン!兄妹かァ〜?それとも禁断の恋かァ〜?犯罪のニオイがするじゃあねーか!あァ〜ん!?」ザッ

ジョナサン「ムッ!・・・いきなり失礼なことを・・・誰だ君は!」

 「『誰だ?』って聞いてきたんで自己紹介させてもらうがよォー、俺ァおせっかい焼きのスピードワゴン!アンタがその子を誘拐したんじゃあねーかとおせっかいを焼いてんのよォー!」

じょりん「あ、スピードワゴンのおせっかいやきさんだ」

ジョナサン「えっ、知っているのかい徐倫ちゃん」

じょりん「うん。このひとイイひとだよ。アタシしってるもん」

スピードワゴン「な、何ィ〜ッ・・・こ、この俺はこの一帯を牛耳ってるワルだぜ!イイ人なんかじゃあないぜ!冗談はやめとけやめとけ!」

ジョナサン「そうは言うが・・・君は僕が誘拐犯なんじゃあないかと疑っていたね。君は善い人間だ・・・スピードワゴン」

スピードワゴン「っ!・・・人にホメられるのなんて・・・小学校の頃に給食を残さず食べた時以来だ・・・アンタの名前を聞かせてくれ」

ジョナサン「ジョ――」

じょりん「アタシのなはクウジョウ・ジョリーン!」バーン

ジョナサン「ちょっ」

スピードワゴン「クウジョウ・ジョリーン・・・俺ァアンタについてくぜ!」

ジョナサン「えっ」
70 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/12/29(木) 22:58:15.06 ID:MCFEgu830
ディオ「ただいまー!」ガチャ

ディオ「フッフッフ、待っていろジョースター卿!この不思議な仮面で永遠の命を貴様にくれてやるだ」フッフッフ

ジョナサン「・・・ディオ」ザッ

じょりん「おかえりー」

ディオ「!・・・じょ、JOJO・・・それにジョリーン・・・何をしているんだ?灯りもつけずに・・・」

ジョナサン「君のほうこそ、こんな遅くまでどこに行っていたんだい?」

ディオ「ウッ・・・そ、それは・・・(マズイ!ここで俺がジョースター卿のために薬を探しに行ったなんてバレたら・・・は、はずかしいじゃあないか!な、なんとかしてごまかさなくては・・・)」

ディオ「べ、別にどこでもいいじゃあないか・・・何も悪いことはしちゃあいない・・・確かに俺は幼い頃は悪い環境で育ったが、僕はまっとうだ!」

じょりん「ほどうをクルマではしったりしてたんじゃあないだろうね」

ジョナサン「こんな時間に行き先も告げずに街を徘徊し、何をしていたかを言えないなんて・・・なにか後ろめたいことでもあるのかい?」

ディオ「なにッ!JOJO!君は僕が何か犯罪でもやってきたんじゃあないかって疑っているのか!?なにもしていないのに・・・この僕を犯罪者だと決めつけているんじゃあないのか!?」

ジョナサン「えっ、なにもそこまで言って――」

ディオ「ひどいッ!ひどいぞJOJOッ!それが紳士のすることかァーッ!」ワーン

ジョナサン「ディ、ディオ・・・」タジッ

じょりん「ジョナ、なかしちゃったらダメだよ」

ジョナサン「えっ、僕が悪いのコレ?」
71 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/12/30(金) 00:35:20.98 ID:il9X5wGf0
 「騙されちゃあいけませんぜじょりん!」

ディオ「ムッ!」

スピードワゴン「『誰だ?』って聞きたそうなカオしてっから自己紹介させてもらうがよ、俺ァスピっかい焼きのおせードワゴン!隣街からじょりんが心配なんでついてきたぜ!」

スピードワゴン「こいつはクセェー!ゲロ以下プンプン丸ーッ!」バッシィー

スピードワゴン「俺ァ知ってるんだぜ!こいつは街で有名なお面屋から謎の仮面を買っていたんだぜーッ!」

ディオ「WRRッ!・・・こ、こいつ・・・俺の秘密の計画をバラすつもりかッ・・・」

スピードワゴン「このお屋敷に来てじょりんとジョースターさんから事情を聞いてピーンと来たぜ!ジョースターさんの親父さんは病に伏せっていた!そこでこいつは考えたのだッ!」

ディオ「ッ・・・!」

スピードワゴン「ジョースター卿の病が完治したらおめでとうサプライズパーティーを開くつもりなんだぜーッ!その時用のお面を買っていたんだッ!俺にはわかるーッ!ニオイプンプンーッ!」

ディオ「RY!?」

ジョナサン「そうだったのか!ディオッ・・・君ってやつは・・・疑ってすまない!僕はなんてヒドイやつだァー!」

じょりん「むかしのディオはいいやつなんだな!みなおしたぜ!」バンバン

ディオ「MMM・・・な、なにやらおかしな方向へ進んでいる気がする・・・」
72 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/12/30(金) 00:42:24.53 ID:il9X5wGf0
ジョナサン「だがスピードワゴン、ディオがせっかくサプライズパーティーを計画していたのにバラしてしまうなんてサプライズの意味がないんじゃあないか?」

じょりん「でりかしーがねーな!」

ディオ「そ、そうだぞ。なぜバラすんだこのやろー(よくわからんがとにかく話にノってやるぜッ、ケッ)」

スピードワゴン「フフフ、いくら焼きっかいおせのワゴードスピンでもそんな無粋なことはしないぜッ・・・なぜバラしたか?・・・それはなァ〜ッ、ジョースター卿はすでに全快したんだよォ〜ん!」オロロ〜ン!

 ザッ!

ジョージ「パパ復活」ムン

仗助「どジャあ〜〜〜ん!俺がつきっきりで看病してたんだよ〜ん!前に徐倫もカゼひいたことあったもんなー」

ディオ「RYYY!?ば、バカな!ジョースター卿は不治の病じゃあ・・・」

ジョナサン「驚いたかい?ディオ。僕と徐倫ちゃんとスピードワゴンで家に帰ってきた後、父さんが元気になったのを聞いてディオにサプライズを仕掛けることにしたんだ」

じょりん「まさかディオもさぷらいずをねらってたなんておもわなかったけどね!」

ディオ「RRR・・・」

ジョージ「ディオ・・・君が私のためにパーティーを開こうとしてくれていたとは・・・心から感謝するよ」

ディオ「え、ええ・・・まあ・・・なんか違うが・・・まあいいか・・・」
73 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2016/12/30(金) 00:49:15.10 ID:il9X5wGf0
仗助「なあディオ〜ッ、街でパーティー用のお面を買ってきたんだったらよーッ、せっかくだしかぶれかぶれッ!きっとオメーに似合うぜ〜このヘンなお面はよォーッ」

ディオ「RRYッ!よ、よせ・・・この俺がこんなおちょぼ口のお面なぞかぶるものか!」

仗助「ほらほら、遠慮すんなってー」ガボ

ディオ「RYッ」

じょりん「にあうにあうー」ケラケラ

ジョージ「これなら貴族の晩餐会に参加できるな。ハッハッハ・・・ハブショ!」ベー

じょりん「わ・・・きちゃない」

ジョナサン「父さん、まだ病み上がりなんだから無理しちゃあダメだよ。ム・・・それに鼻血が出てるじゃあないか。大丈夫?」

ジョージ「ズビッ・・・ああ、すまん。甘いものが身体にいいと言われてアーモンドチョコを食べすぎたせいだろう・・・すまんディオくん、くしゃみをひっかけてしまって・・・ハンカチを――」

ディオ「オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!」ビンビンビン!ドスドスドスゥー!

ジョナサン「ゲーッ!父さんの鼻血が仮面についた途端、骨針が伸びてディオの頭にィーッ!」

仗助「俺が知ってるジョースター家とディオのお話と違う」
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/30(金) 04:31:25.91 ID:ejceV2exo
カーズ「取説付けとくの忘れてたメンゴメンゴ☆」
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/31(土) 15:42:02.47 ID:mh/3xTyu0
乙乙
続きが気になるー!
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/06(金) 14:11:15.66 ID:LYOafewd0
そういえばタイムボカン24のナレーションの人が…
56.24 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)