このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

響子「あげて・もらって」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/10(水) 00:04:39.81 ID:ib/jJrbK0
女子寮のキッチンで生クリームを泡立てている私。その傍では凛ちゃんが黙々といちごのヘタ取りに勤しんでいる。
お菓子作りについてはこの日のためにかな子ちゃんや愛梨ちゃんからコツを聞いてきたから……うん、大丈夫。

オーブンから漂う香りが部屋を満たし、頃合いかなと声を掛ける。

「凛ちゃん、ちょっと手伝ってもらえますか?」

今日は、私と凛ちゃんの誕生日。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470755079
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

やあ、ダニエル! @ 2019/07/16(火) 02:23:20.51 ID:Qv30Ye6Ho
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1563211400/

泰葉「やることが……やることが多い……!」 @ 2019/07/16(火) 01:28:04.06 ID:mY4uKMXi0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563208083/

やる夫が正史を書くようです46 @ 2019/07/15(月) 23:25:51.04 ID:7S2r6L+X0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563200750/

僕はほたるちゃんを幸せにしてみせる。 @ 2019/07/15(月) 21:15:32.67 ID:zPcQXE1G0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563192932/

デレマス明治妖怪譚 『油取り』 @ 2019/07/15(月) 20:32:10.37 ID:vSb2yMPS0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563190330/

■ 萌竜会 ■ @ 2019/07/15(月) 19:57:52.77 ID:XpEX13a70
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1563188272/

■ 萌竜会 ■ @ 2019/07/15(月) 19:57:19.81 ID:e8VAO3Se0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1563188239/

■ 萌竜会 ■ @ 2019/07/15(月) 19:56:52.68 ID:sQYuv39L0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1563188212/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/10(水) 00:05:26.83 ID:ib/jJrbK0
………
……


数日前、女子寮で私たちの誕生パーティーを開いてくれると聞いたので、私は凛ちゃんにある相談を持ちかけることにした。

「うん、それは構わないけど……誕生パーティーの主役がケーキを作るって、変じゃないかな?」

「確かにそうかもしれません。でもそうしたいし、凛ちゃんにもお願いしたいんです!」

続けて理由を説明すると、凛ちゃんは納得してくれたみたい。
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/10(水) 00:06:08.53 ID:ib/jJrbK0
「凛ちゃんは普段お料理やお菓子作りをしますか?」

「いや、あんまり……足引っ張らないように努力するよ」

「そんなに気負わなくて大丈夫ですよ。私もお料理はできてもお菓子作りはそんなに得意じゃないので、2人で一緒に作りましょう!」

「響子はどうして料理が好きなの?」

「うーん、食べる人の心を満たしてあげられるから、ですかね」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/10(水) 00:07:23.11 ID:ib/jJrbK0
………
……


それから、私は凛ちゃんにボウルを渡す。

「教えますから、泡立ててみてください」

凛ちゃんはぎこちなく手を動かすけれど、うまくいかないみたい。

「なかなか大変だね……ハンドミキサーを使えば、負担も少ないんじゃない?」

「手で泡立てたほうが、キメが細かくてやさしいクリームができるんですよ」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/10(水) 00:08:33.46 ID:ib/jJrbK0
オーブンから焼き上がったスポンジ生地を取り出して、 一緒にクリームを塗っていく。

「普段はこういうことしないから、手際よく進める響子が頼もしく思えるよ」

「料理もお菓子も、作るときは共通の大切なことがあるんです」

「共通の……それは?」

「食べてもらう人の事を想いながら作ることです」

「……うん、とても大切なことだね。覚えとく」

凛ちゃんがやさしく微笑んだ。
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/10(水) 00:09:33.76 ID:ib/jJrbK0
女子寮のラウンジから、賑やかな声が聞こえてくる。
今ごろみんなで会場の飾り付けをしてるのかな。
誕生日の当人がケーキを作るのはおかしいかも知れないけど、それでも。


誕生日は、生まれてきたことをお祝いする日。
そして、お祝いされる側は、日頃の感謝をお返しできる日。
あげて・もらって……だからこそ、2人で作ることにした、私たちの誕生日ケーキ。
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/10(水) 00:11:01.47 ID:ib/jJrbK0
仕上げにいちごを乗せていって、しばらくしたら、いちごの入ったボウルの上でお互いの手が止まる。
いちごは残すところ、あと1個。

「一緒に乗せましょうか」

「うん、私も同じこと思ってた」

2人でいちごをつまんで、最後の1個を盛り付けて――
完成したケーキは、お店で売られるものよりどこか不恰好で、だけど素敵なもの。
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/10(水) 00:11:51.79 ID:ib/jJrbK0
「響子、誕生日おめでとう」

「ふふ、凛ちゃんも誕生日おめでとう」


さぁ、ケーキを会場に持っていこう。
たくさんのおめでとうと、ありがとうを込めて。
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/10(水) 00:13:40.65 ID:ib/jJrbK0
短いですが以上です。誕生日おめでとう。
ここまで読んでくださった方に、バースデーケーキを。
3.85 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)