このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

ルパン「マッカーサーの置き土産」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 14:40:34.07 ID:VlCWi+240
注意
『ルパン三世』のオリジナルSSです。
原作、アニメ、TVスペシャルなどとの相違点あり。
パラレルワールドだと思って読んで頂けたら幸いです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479620433
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

おまんじゅう美味しい(もぐもぐ) @ 2020/03/31(火) 23:23:08.30 ID:fJe7aZiq0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1585664588/

麗奈「おめでとう?……って何かした?」 @ 2020/03/31(火) 22:46:13.20 ID:ck40bRMD0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1585662372/

【ナナシス】「ふたりの恋のうた」【はる☆ジカ】 @ 2020/03/31(火) 20:46:26.31 ID:BbFVFFVY0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1585655186/

主人公「安価とコンマで武装探偵社の一員として活動する」【文豪ストレイドッグス】 @ 2020/03/31(火) 18:08:56.10 ID:zelJpVOtO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1585645736/

(´・ω・`) @ 2020/03/31(火) 17:46:28.14 ID:wAlpoEqD0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1585644387/

シャミ子「ジュースとお酒を間違って買ってきてしまった...」 @ 2020/03/30(月) 23:32:43.47 ID:fHdH46K/0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1585578763/

荒木比奈「何百回目のプロポーズ」 @ 2020/03/30(月) 23:00:17.66 ID:nJ12rVXd0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1585576817/

【ゆるゆり】京子「悪い子は・・・がー!」 @ 2020/03/30(月) 22:28:31.72 ID:7XWkS4Le0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1585574911/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 14:41:15.09 ID:VlCWi+240
 ────
 ──

 ─PM09:32 アメリカ合衆国 ニューヨーク─


「……」スッ

 ピピッ プシュウゥゥゥゥゥゥ…

「……ヌフフ」

「見つけたぜ、お宝の在り処ちゃん」ニヤ…


 ────


 ビーーーーー! ビーーーーー! ビーーーーー! ビーーーーー!

<侵入者あり、ファイルの保管庫をやられました!>

「何としても捕らえろ、あれは軍事最高機密だ」

「総司令部の名に賭けて、侵入者を外に出すな」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 14:42:04.83 ID:VlCWi+240

 ────


 ババババッ─ ババババッ─

「……けっ」タタタッ─

「なんでぇ本丸は案外穴ぼこだらけじゃんか」ポイッ

 シュウウウゥゥゥゥゥ……

 ゲホゲホッ マエガ…

「色々用意したってのに、興ざめだねー」

「──っ!」バッ─

 バリイィィィィン─

「ほいじゃあ、お邪魔しました〜!」



 『マッカーサーの置き土産』


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 14:42:53.42 ID:VlCWi+240
 ────
 ──

 ─AM10:21 アメリカ合衆国 某所 ルパンのアジト─


 シャアアァァァーーーーー─…

 …………。

 ……。

ルパン「ふぃー、仕事したあとのシャワーは最高だね〜」

次元「で、何を盗んできたって?」

ルパン「ん……」ファサッ

次元「これか、おめえさんが持ち出したGHQファイルってのは」

ルパン「かつて日米間で大戦があったのは言うまでもねえ。
    敗戦後しばらくの間アメちゃんに統治され、憲法までもが書き換えられた」

次元「その間に作られたのが、このファイルか」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 14:46:01.88 ID:VlCWi+240

ルパン「その通り、カテゴリーとしては軍事機密だから流石に苦労はしたがな。
    ま〜俺の手にかかりゃあちょろいもんさ」

次元「わからねえな。こんな物騒なもん盗むたあ」

ルパン「それがよ? 最近になって国連の中で密かに話題になってるのが、
    このGHQファイル……通称『マッカーサーの手記』だ」

次元「そらまた一体……」

ルパン「この文言の中にはな、ある特殊なパターンで構成された暗号が隠されている。
    そう明かしたのが、アーサー・マッカーサー4世ってわけさ」

次元「四世……あの元帥の息子か」

ルパン「現在最高峰のスパコンによって解析が行われているらしいが、
    未だにその謎は明かされていない」

ルパン「だからそのファイルの暗号を先に解き明かして、
    ルパン様がお宝を手に入れちゃおうってわけ」

次元「なるほどな……で、その最高機密の話はどこから出たんだルパン?」

ルパン「えっ? いや、まあ……そりゃあ……」タラタラ

次元「……また、あの女か」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 14:47:50.04 ID:VlCWi+240

 ────
 ──

 ─AM11:12 アメリカ合衆国 ニューヨーク とある喫茶店─


?「じゃあ、あのルパン三世が盗み出したってこと?」

?「どこかから、情報が漏れていた。
  君を疑るわけではないが、ご同行願えるかなミス不二子」

不二子「……あら、穏やかじゃないわね。
    今日はゆっくりとデートを楽しむ予定じゃなくて?」

?「事態が変わった。『マッカーサーの手記』の暗号を
  他の人間に解かれるわけにはいかない」

?「私達の機関を甘く見ないほうがいい。君のことも全て調べさせてもらっているよ。
  今日君に単身で会ったのは、私個人の計らいだ」

不二子「……私を抱え込むっていうのなら、貴方について行ってもいいかも。
    ねぇ、ラーク事務総長?」

ラーク「話が早くて助かるよ」

不二子「この対処は貴方の計らい? それとも機関の方針?」

ラーク「どちらでもあるし、どちらでもない。
    ただの保険さ。手荒な真似をするつもりはないが、君はルパンの弱みだからね」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 14:49:33.14 ID:VlCWi+240

 ────
 ──

次元「じゃあつまり、不二子がマッカーサーのせがれから情報を引き出した、と?」

ルパン「どんな手を使ったのかは知りたくもねえけどよ……」イジイジ

次元「んなこたあどうでもいいんだよ。それで、その情報を国連にタレこんだってか」

ルパン「そゆこと。まあ、不二子にしか出来ない芸当だわな」

次元「国連まで利用しようたあ、がめつい女だぜ……」

次元「じゃあ、おめえに情報を流した理由はなんだ。
   暗号を解かせるだけ解かせて、あとはいつも通りなんてことはねえだろうな?」

ルパン「不二子には不二子の仕事があるのさ。
    俺たちの犯罪ファイルを全て抹消するって仕事がな」

次元「……仕事の物々交換、ってわけか」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 14:50:53.05 ID:VlCWi+240

 ────
 ──

 ─PM02:46 ニューヨーク 国際連合本部─


 コンコンッ

ラーク「タックスか?」

タックス「はい、お連れしました」

ラーク「通してくれ」

 ガチャッ

?「お会いできて光栄であります、ラーク事務総長」ビシッ
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 14:52:12.65 ID:VlCWi+240

ラーク「ルパン逮捕のエキスパートである君を呼んだ理由は
    聞いているね、ミスター銭形」

銭形「はっ! 必ずやルパンを逮捕し、GHQファイルを奪還してみせます」

ラーク「では、捜査に入りたまえ」

銭形「失礼します!」バタンッ

 …………。

ラーク「……なぜ隠れる、君は今日付けで私の秘書官だ」

不二子「顔馴染みなのよ、銭形は」コソッ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 14:54:11.76 ID:VlCWi+240

 ────
 ──

ルパン「ここをこうして、それからこう……」カタカタ

次元「どうだ、何か分かったか?」

ルパン「じぇーんじぇん。スパコンが未だに解析出来ないのも無理ねえぜ」

ルパン「本当に暗号なんてあんのか? このファイル……」カタカタ

次元「不二子も、おめえさんの頭に賭けたんだろうがな」

ルパン「俺ぁただの人間だっての……」カタカタ

 …………。

ルパン「…………俺の頭に賭けた、ねぇ」

 カタカタ… カタカタ…
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 14:54:48.21 ID:VlCWi+240

 ────
 ──

 カツカツ… ガチャッ

ラーク「どうだね、解析の方は?」

解析班「いえ、何の数字が出てきただけで」

ラーク「数字?」

解析班「はい。『34』という数字が出てきただけです」

ラーク「……続けろ。ルパンに出し抜かれる前にな」

解析班「は、はいっ」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 14:56:26.32 ID:VlCWi+240

 ────
 ──

ルパン「『34』……ここで手詰まりだ」

次元「なんの数字だ?」

ルパン「わからねえ……だが、何か意味があるはずだ」

ルパン「GHQファイル……『34』の数字……」

ルパン「…………、んー?」

次元「どうしたルパン?」

ルパン「わか、ちゃったかも? いや、しかし……」

次元「しかし……なんだよ」

ルパン「こりゃあ、俺の手に余るお宝かもしれねえ」スクッ

次元「……おい、何してるんだ」

ルパン「荷造りだよ、次元も急げ」

次元「いったいどこに行こうってんだ?」

ルパン「決まってるだろ。かつてのGHQ統治下……日本だよ」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 14:57:39.47 ID:VlCWi+240

 ────
 ──

 prrrrr… prrrrr…

ラーク「……私だ」

『ニューヨーク管理局の情報によると、
 ルパン三世と次元大介がアメリカを発ちました。行き先は東京です』

ラーク「なに、日本に向かった……? 分かった」ガチャッ…

ラーク「……まさかルパン……暗号を」

不二子「まんまと出し抜かれちゃったようね……」

ラーク「っ……! 貴様が流したんだろうが、その情報を!」

不二子「やだ、いい大人が私にあたらないでよ。
    決め付けなんて酷いわ……」

ラーク「……まあいい、何としてでも最後は私達が目的を果たす」

ラーク「タックス! いるか!」

タックス「は、はいぃ!」

ラーク「ミスター銭形と特殊部隊を日本に派遣しろ、今すぐにだ!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 14:58:40.12 ID:VlCWi+240

 ────
 ──

 キィィィィーーーーン─…

 ─AM09:43 東京 羽田空港─

ルパン「はい到着〜、久々だなぁ」

次元「で、これからどうするんだ?」

ルパン「お姉ちゃん、アイスクリーム二つ〜」

店員「お味はいかがなさいますか?」

ルパン「お姉さんのおススメでお願い」

店員「はいっ、かしこまりました」

次元「…………」

ルパン「ほれ、次元ちゃん」

次元「抹茶か……甘いのは苦手なんだよ」

ルパン「まあまあ、せっかく帰ってきたんだからさ」

ルパン「ペロペロしたら……これ着てすぐに向かうぞ」

次元「ん……だっせぇ色のスーツだな」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:02:21.75 ID:VlCWi+240

 ──

職員「はぁ……東京都民すべての戸籍謄本ですか?」

ルパン「はい〜。過去の事件をちょっと調べてまして」

ルパン「戦後直前の資料を拝見したいんですよ。
    年代の方は1945年から5年間のものでよろしくさん」

職員「……少々お待ち下さい」

ルパン「よろしく〜」

次元「……おい、どういうこった」コソ…

ルパン「まあ大人しく資料を待とうぜ」

職員「……すみません。現在追っている事件について、
   上司の方にお訊きたいのですが。
   お繋ぎしてもらってもよろしいでしょうか?」

次元「……っ!」

ルパン「少々お待ちを、今掛けますので……」ピッピッピ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:03:40.02 ID:VlCWi+240

ルパン「どうぞー」

職員「……代わりました。はい……」

次元「誰に掛けたんだよ」コソ…

ルパン「五右衛門ちゃんに頼んどいたのよ」コソコソ

次元「マジか、アイツに務まるのかよ……」

職員「はい、では……ありがとうございます。
   それではこちらへ」

ルパン「はいはい〜」

次元「……奇跡だな」ボソッ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:06:52.28 ID:VlCWi+240

 ──

ルパン「…………」ペラ…

次元「…………」ペラペラ…

ルパン「……いた。この人だ」

次元「おい、そろそろ教えてくれてもいいんじゃねえか?」

ルパン「『マッカーサーの手記』の謎……それは簡単な洒落に過ぎなかったのさ」

次元「洒落だと?」

ルパン「ああ、『34』という数字。それが隠されていた『GHQファイル』。
    この二つを合わせないと謎は解けなかったんだ」

ルパン「ファイルは日本語で『記録』。それを平仮名に起こしてから、
    戦前の横書き表記にする。それを今の読み方にするんだ。
    つまりは逆さ読みだな」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:08:59.59 ID:VlCWi+240

次元「逆さ……『クロキ』か?」

ルパン「ご名答〜。それに加えて『34』、これは単純に読んで『ミヨ』だ」

次元「……『クロキミヨ』、人名か」

ルパン「ああ。それでここに来て調べてみたら、予想通り」

『黒木ミヨ 当時二十五歳』

次元「お宝の匂いはまるでしねえな」

ルパン「ああ。だが、ちょっと興味が湧いちまった。
    ここまで調べたらな」

次元「……ったく、あとはお前だけでやれよ。
   今回は俺すら必要ねえヤマだ」

ルパン「そうだな。付き合ってくれてあんがとよ」

次元「……先に飲んでるぜ。早く終わらせるんだな」

ルパン「おっ、いいね〜」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:10:55.27 ID:VlCWi+240

 ────
 ──

 ─AM11:50 東京 某所─

銭形「むぅ……ルパンが東京に」

銭形「ファイルと関係があるのか?」ズルル─

銭形「……何が目的だ、ルパン」

店主「警部さん、替え玉は」

銭形「二玉」ズルル─

 ────

 ─AM12:10 東京 とある居酒屋─

?「それで、今はルパンだけで行動していると」

次元「ああ。それにしてもよく市職員を騙し通せたな五右衛門」

五右衛門「う、うむ……少々口調には苦戦したでござるが」

五右衛門「まったく、ヤツの酔狂にもほとほと呆れるばかりだ」

次元「まあ、ゆっくりあとで話でもきこうぜ。
   酒の肴くらいにはなるだろう」

五右衛門「確かに、そうでござるな」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:12:34.19 ID:VlCWi+240

 ────
 ──

 ─PM02:11 東京 文京区 某所─

ルパン「……」ピンポーン

?「はい、少々お待ちくださいー」

 ガチャッ

?「……えっと、どなたです?」

ルパン「庭先のお花、綺麗だね〜。君は、ここの家主さん?」

?「いえ……母は今買い物に出ています」

ルパン「そうか。じゃあ君でいいや、かわいこちゃんだし。
    ちょっと付き合ってくれないか」

?「えっ、いやあの……貴方は、どちら様ですか?」

ルパン「通りすがりのマッカーサー、ってまっさーかー!」

 …………。

?「え、えっと……怪しい人?」

ルパン「……ごめんね、冗談。ただのおじさんです」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:14:59.97 ID:VlCWi+240

 ──

ルパン「美鈴ちゃんか、ごめんよ急に連れ出しちゃって」

美鈴「いえ、なんだか悪い人ではなさそうだから」

ルパン「もしかしたらわるいわるーい泥棒さんかもよ〜」

美鈴「ふふっ、それこそまさかですね」

ルパン「へへへ……まさかだよねぇ〜……」

美鈴「それで、なんで突然訪ねて来たんですか?
   思い当たる節がないのですが……」

ルパン「ちょっと、君のばあちゃんについて訊きたかったもんでさ」

美鈴「おばあちゃん……?」

ルパン「そう。君のばあちゃんと、粋な外国人について」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:15:43.81 ID:VlCWi+240

 ────

銭形「んっ、んぐぅ……!」ドンドン

銭形「っ……んなにぃ、ルパンが新宿方面に!?」

銭形「すぐに向かう、ちょっと待ってろ!」ピッ

銭形「あ、おばちゃん! お土産に団子10個!」

おばちゃん「一個サービスしとくね」

銭形「ありがとうございますッ!」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:19:20.72 ID:VlCWi+240

 ────

美鈴「マッカーサーが、おばあちゃんと知り合い?」

ルパン「ああ、『黒木ミヨ』……アンタのばあちゃんだろ?」

美鈴「ええ。そうですが……」

ルパン「少し調べさせてもらったんだがな。
    美代さんはひどい皮膚病を患っていたそうだ」

ルパン「当時だったら、莫大な医療費がかかったはずだ。
    しかし、数年後には病気は完治していた」

ルパン「特別家庭が裕福だったわけでもないのに、だ」

美鈴「……支援、してくれていたの?」

ルパン「多分、な」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:20:29.86 ID:VlCWi+240

美鈴「……私も、小さい頃に皮膚の病気を抱えていました。
   そんなに重度なものではなかったですが」

美鈴「よくお母さんに『庭に咲いてる花はね、お肌にすごい効くのよ』
   って教えてもらいました。セイタカアワダチソウのおかげで、
   私は病気を克服したんです」

ルパン「あの花は、かつて『マッカーサーの置き土産』として呼ばれてたんだ」

美鈴「そうなん、ですね」ニコッ

ルパン「やっぱり粋な野郎だぜ。ダグラス・マッカーサー」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:24:06.86 ID:VlCWi+240

 ──

 ─PM03:32 東京 とある墓場─


ルパン「東京の真ん中たあ、いい場所に埋めてもらってるねえ」

美鈴「うちの家系……おばあちゃんは、
   生粋の東京人だったらしいですから」ニコッ

美鈴「お正月と、お盆にしか来てなかったけど。
   いい機会をありがとうございます」

ルパン「いや、俺も参らせてもらえるたあ光栄だよ」

美鈴「…………」スッ

ルパン「……、……」スッ

ルパン「……ばあちゃんに挨拶はすませたかい?」

美鈴「ええ」

美鈴「また来るね、おばあちゃん」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:26:18.54 ID:VlCWi+240

 ──

美鈴「家に、古いレコードがあるんです。よくおばあちゃんが
   フォークソングを聴いていたってお母さんから聞いたことがあって」

美鈴「今日、帰ったら聴いてみようかな」

ルパン「少しは、ばあちゃんの気持ちが分かるかもな」

美鈴「ふふっ、そうですね」

美鈴「どういう関係だったのかは、あまり知りたくないけど……
   でも、きっといい人だったんでしょうね」

ルパン「ああ。軍事機密書類に名前を残すくらいには、
    ロマンチストだったんだろうぜ」

銭形「みつけたぞおおおおおおルパーーーーン!!!」ダダダダダ─

美鈴「っ!?」

ルパン「っていいとこなのに!」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:27:25.34 ID:VlCWi+240

ルパン「相変わらず見つけるのが早いこってぇとっつぁん!」

銭形「大人しくGHQファイルを返せええええ! ついでに逮捕だーー!!」

ルパン「こんなもんもういらねえよ──!」バッ

銭形「どぁっ!? ちょっと待てコラ! ルパン!」

ルパン「軍事機密なんだからしっかり回収しろよなとっつぁーん!
    ヌーフフフフ!」タタタ─

銭形「ぐぅぅ、ルパンめぇ……」ワナワナ
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:30:38.76 ID:VlCWi+240

美鈴「あの、大丈夫ですか?」

銭形「ああ、どうも……あの男に何かされませんでしたか?」

美鈴「え、いえ。特にはなにも……」

銭形「あ、この資料の中身は見てないでしょうな!?」

美鈴「ええっ? は、はい……」

銭形「ならばよし。お礼にお団子、お一ついかがですか?」パクッ

美鈴「い、いただきます……」

銭形「むぅ、うふぁんふぇ……」モグモグ

美鈴「……」パクッ

美鈴(……ありがとう、ルパンさん)
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:31:39.35 ID:VlCWi+240

 ────
 ──

 ─PM04:23 ニューヨーク 国際連合本部─

ラーク「……は?」

ラーク「た、宝は存在しないぃぃ……?」

『はい。ルパン三世が解き明かしたのは、
 どうやら女の名前だったそうで……』

『歴史的価値のあるものは、何一つないかと……』

ラーク「ぐぐっ、ぐぐぅ……マッサーカー!!」

不二子「親父ギャグなんてさいてー……」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:34:55.22 ID:VlCWi+240

 ────
 ──

 ─PM07:43 東京 とある居酒屋─

ルパン「ええ、どういうことだよ不二子ぉ!?」

不二子『だってお宝はなかったんでしょう? 
    そんなの私の苦労と釣り合わないじゃない』

ルパン「でもさ、ちょちょいのちょいじゃない。
    パソコンでさ〜、ねっ、ねっ……?」

不二子「ちゃんと私のデータだけ消しときましたから、それじゃ・あ・ね!」ガチャッ

ルパン「……これって、俺が悪いの?」

次元「まあ、あの女にロマンもくそもねえってこった」

五右衛門「左様。とりあえず飲め、ルパン」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:35:44.64 ID:VlCWi+240

ルパン「生ビール飲んでるの? 五右衛門が?」

次元「ちっと、昼から飲ませすぎた」ボソッ

五右衛門「あとこれはポッポーでござる」

ルパン・次元「「ポッピーな」」

次元「だが、宝じゃねえってことは今回もタダ働きか」

ルパン「まあな。だが、宝みてえに美しいお話を手に入れたんだ。
    それだけで、今日の酒は格別だぜ」

次元「ふん、ならいいんじゃねえか。今回は俺と五右衛門持ちだ」

ルパン「さっすがー! 嬉しいなぁ、じゃあ何飲みましょうかね〜」

五右衛門「ホップーがいいでござるよ」

ルパン・次元「「だからホッピーだって」」



                          終わり

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/11/20(日) 15:39:44.08 ID:VlCWi+240
短いしヤマもオチも弱いですがおしまいです。
ルパンSSもっと増えてくれ乙!
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/11/20(日) 16:02:56.84 ID:KWewE7Ch0

もっと長いのかと思ってた
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/11/20(日) 16:07:17.31 ID:Q8oxythBo

ルパンssは作るのが難しそうなのがな…
何はともあれ面白かった次回にも期待
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/11/20(日) 16:10:05.15 ID:se5IJG4Zo
おつおつ
最近のTVスペシャルより大分まし
これがアニメになって40分位で以前のクオリティーに鳴ってくれないもんかねぇ
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/11/20(日) 16:26:04.20 ID:hsFXFZlho
乙、さっくり読めてたのしかった
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/11/20(日) 16:26:42.16 ID:vkCBtn9Zo


通常の30分アニメ枠で行けそう
大作もいいかどこういうショートのもいいね
38 : [sage]:2016/11/20(日) 16:33:10.71 ID:aXPVuu0A0
「ポッピー」って……
色々誤字あるけど許してつかあさい乙
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/11/21(月) 00:25:20.63 ID:YibJSKId0
おつ、良いスレだった
ちなみにコミックスだけど、ルパンが仮想空間に転送されて得た富豪の遺産の正体が、実は希少種の青いバラの保護団体だった話もある
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/11/27(日) 23:17:29.55 ID:fgRXwAX0O
本当にありそうでいいルパンSSだな。
21.99 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)